青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「くれた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

くも~ ~くら くら~ くらべ~ くり~ ~くる くる~ ~くれ くれ~ ~くれた
くれた~
~くれない くれない~ ~くれました ~くれる くれる~ くん~ ぐっと~ ぐる~ ぐるぐる~ ぐるり~

「くれた~」 8422, 91ppm, 1218位

▼ くれた~ (1722, 20.4%)

177 である 116 です 10148 であった 4234 だと 32 だった 31 だが 28 ですが 27 だから, でした 17 では 16 であります 15 かも知れない 13 だよ 12 だそう, だろう, であるが, はこの, はその, もこの 10 かい, であろう 98 だろうと, はお 7 さ, であったが, は私, は誰 6 が, じゃ, ですから, ですよ, はあの, もあの, もその 5 だつた, だらう, でございます, でしょう, はもう, は居 4 かえ, がその, だね, ですって, でも, はいい, はかの, は主人, を私

3 [18件] がこの, じゃない, だからな, だけれど, だったが, であるから, ですもの, は全く, は君, は実に, は彼, は有難い, は番頭, も彼, をおぼえ, を幸い, を見, を覚え

2 [70件] かかんべん, かそれとも, かなそんな, かもしれない, か田舎島田, が一人, が初, が当時, が彼, が此手紙, が素敵, じゃねえ, だか, だぞ, だとは, だな, だなと, だもの, だろうか, だろうが, であったろう, であると, であろうと, でしたが, ですか, には感謝, はあなた, はあり, はありがたい, はうれし, はうれしい, はお前, はそのまま, はどういう, はほんとう, はほんとに, はまだ, はやはり, はわたし, はレーヴィット氏, は今, は何, は俺, は八五郎, は利助, は嬉しい, は彼女, は成, は有難, は湯屋, は演芸画報社, は父, は編輯者, は老, は自分, は若い, は養子, もまた, も同じ, も母, も沢庵さん, も第, を, をありがたく, をその, を喜ん, を思い出し, を思い出した, を思ひ出し, を見る

1 [551件 抜粋] い, かありがたう, かい宮さん, かくれないの, かこのごろ, かしら, かその, かそれ, かそれら, かちゃんと, かという鋭い, かとお, かとさすが, かとびっくり, かとまた, かと嬉し, かと平中, かと幾度, かと思, かと思った, かと思ったら, かと思ふ, かと本当に, かと覚え, かね, かまたは, かも知れぬ, か全く, か分らない, か判らなかった, か文學者, か曾根, か来月, か水仙, か港屋, か私, か自分, か蓑笠, か門, があっ, があの, がある, がいま, がいま一人前, がうつった, がそこ, がそも, がそれで, がちょっと, がちらりと, がどんなに, がなるほど, がなんと, がひどく, がまた, がわか姉さん, がウィルソン, がフシギ, が一番私, が七月三日, が三上於菟吉, が上田食堂, が予, が二人, が五尺八寸, が仏, が伯林大使館, が余り, が例, が僕, が初め, が初めて, が前坂和子君, が南雲さん, が古い, が右, が同じ, が坪内逍遥, が大変, が失敗, が娘, が嬉しい, が嬉しく, が安達, が従弟, が得意, が数年, が新一郎, が昨夜, が最初, が月曜日, が本当に, が極めて, が此の世, が氏家印刷, が湯気, が父, が牛乳, が珍しく, が石井光次郎夫人, が碓氷貞之助殿, が私達, が綾, が若き, が語学校, が諸, が貴島, が貴方, が近所, が野沢, が長田秀雄, が附目, が隣近所, さね, じゃと思う, じゃろう, だありがとう, だからさ, だからと, だからといった, だがね, だけである, だけれども, だこれ, だし, だそれで, だっけ, だったという, だったらと, だつたらまだ, だという, だといふ, だとか, だとも, だはははは, だらうかとも, だろうかとさえ, だろうな, だわ, だわね, だ同じ, だ小生, だ愉快, だ自分, ぢや, ぢやらう, であったがと, であっただろうと, でありました, でありましょう, であるあの, であるおよそ, であるそして, である樹明君, であろうか, であろうも, でございました, でございましょうが, でございますから, でございますね, でございまする, でしょうか, でしょうその, でしょうよ, でしょう宿, ですかたじけない, ですけれど, ですな, ですね, ですぼく, ですもん, ですわ, です何, でも解っ, で御座います, で御座いますよ, といろいろ, と佐藤氏, と私, と言, どす, なぞは, なら何人, なら僕, なら私ゃ, なり, なんか素敵, について私, にはあの, にはキモ, には乃公, には感心, には私, には驚いた, にも係わらず, に対しても山谷, に対する礼状, に縋りつく, に食べ, はВОКС, はあくどい, はある, はいつ, はおきみ, はおまえたち, はお前さん, はお菓子, はかなり, はここ, はことごとく, はこれ, はさほど, はす, はそこ, はそれ, はたしか, はたつた, はつぎ, はどうして, はなんと, はねずみ色, ははなはだ, はぶこだ, はほか, はめづらし, はもうず, はもしか, はもちろん当然, はもっとも, はやっと, はやっぱり, はわし, はわれわれ, はアリー, はイタリー料理, はオソノ, はサト子さん, はシナ, はスグ, はビアトレス, はビレラフォン, はルビ, は一座, は一足後, は一週, は一間半, は丁度, は三十四五, は三日目, は三田君ひとり, は上, は上手, は下女, は世, は串, は主として, は争われず, は二十五六, は二十四五, は二十四年, は五十, は人付き, は仏, は仕上げ, は仕合せ, は他, は伊吹未亡人, は伏見, は何より, は何時, は便利, は先生, は先程, は光栄, は其の, は内儀, は出入り, は分っ, は前, は十人, は千代乃一人, は午後, は去年, は友吉, は古橋, は可, は吉川英治氏, は同じ, は同社, は同胞隣人, は君ら, は四人中, は四十五六, は外, は多分, は大, は大井先生, は大人, は大使館, は大工, は失, は奧まつ, は好都合, は妹, は姉さん, は嬉しかっ, は学校, は孫, は安川慶一君, は実に唯, は実は, は家主, は宿屋, は寛文頃, は實, は寺僧, は小澤碧童, は少なから, は島村, は幸, は店, は庭, は弟, は当の, は当り前, は当年, は思いがけぬよろこびでした, は思うつぼ, は悲劇, は意外, は愛子, は感心, は感謝, は我々, は手代, は掛り人, は支那, は文楽師匠, は於菊どの, は昔気質, は春之助さん, は有り, は有る, は有難かっ, は有難く, は木屋町, は木綿, は村松梢風氏, は村長さん, は森, は森鴎外, は横浜, は欣, は欧米, は歐米, は此処ら, は此島, は死んだ, は清岡さん, は満, は瀬川雅夫, は火掛, は煙草, は犬, は玉璽, は甥, は田中正造翁, は田端, は白石潔氏, は知らない, は石原, は石川半山, は石川啄木, は社員, は祖母, は神戸三の宮, は神田, は福田英子姉, は空, は窓越し, は箱根細工, は素子, は組織, は結局, は結構, は美しい, は腰, は至当, は良人通太郎, は英子, は英子自身, は荻生さん, は葉子, は蒔清, は藤堂駿平, は街道, は衣子, は裏, は話相手, は誰あれ, は護摩堂, は豆腐屋, は辯護士花井卓藏氏, は近所, は近頃, は郷里, は鈴木繁男君, は電気, は鮎川町, は鼓村師, は鼻垂先生, まだ一度, も, もあった, もあの老, もいつも, もお, もかく, もかの, もくる, もこういう, もこの同じ, もその頃, もつまり, もである, もどうやら, もほかならぬ, もやはり, も事実, も今, も何ん, も兄, も却って, も同氏, も商用, も嬉し, も実に, も少し, も彼女, も徒事, も徹男, も愛敬, も有難い, も此ラムネ, も氏, も永井さん, も浄妙院, も画餅, も皆, も知っ, も知らぬ, も綱田氏, も薄い, も薫さん, も蛍, も螢, も親切, も貴男, も道理, も金丸恭順, も銑さん, や夜, をいや, をかえって, をけっして, をこと, をせめて, をそのまま, をはなはだ, をみんな, をよい, をわずか, をハンケチ, を不, を人間, を取り, を喜んだ, を土産, を夢, を大事, を大層, を嬉しく, を幸, を彼, を心ひそか, を忘, を思いおこし, を手, を機, を機会, を現に, を着, を私達, を紋付, を総髪, を見本, を還, を階子段, ッて, ピヤノの

▼ くれた~ (397, 4.7%)

18 私は 13 それは 8 これは 4 それも, 僕は, 彼は 3 私には

2 [14件] おかげで, お定, かつて北田, そこまでの, そのとき加藤英倫, そのなか, その中, それが, シラフで, 人を, 暫くする, 私の, 自分は, 順平は

1 [315件] あとでは, あとは, あなたが, あの時, あの父, あの男, あまり蜘蛛, あんたは, いいじつは, いいで, いいに, いたはりすら, いたわりすらも, いちど受けた, いよいよ別れる, うちへ, おしいこと, おそくまで, おぢ, おふくろの, おれは, お元, お前たちと, お鉢という, お雪さん人が, かれら, ここへ, ことわる, このお母さん, このこと, このとき, この人, この医者, この方, この画風, この頃, これでなけれ, これによって, これも, これ程美事, さりとて食卓, しかしそれ以上, しかしなんと, しかし実母, すぐ, すぐに, すぐまた, すぐ側, そう言われ, そう言われれ, そこである, そこでは, そこで私, そこは, そこへ, そのうち十七円, そのうち見つか, そのおばあさん, そのか, その何, その大き, その容器, その山本氏, その弁護, その後大串の, その後東京へ, その意気, その明くる日, その時, その本店, その男, その種子, その絵, その顔つき, それがも, それだけなお, それと, それには, それを, それ以上の, それ以後恐ろしい, そろそろ両国, そんなに心配, そんなもの, ただ一人某博士, たちまちけわしい, ちょうどあの, どうしても人夫, どうしても酔, どうする, どれも, なにしろ場所, なにしろ患者, なるほど入口, なんだかその, なんとなくその, はじめは, ひところは, ひどく怪訝そう, ひどく酔, ふるくから, ぼくが, ぼくに, ぼくは, また私自身, まだ一度, まだ実見, まだ若かっ, まだ部屋, まだ鈴木さん, まわったり, もうそこ, もうそろそろ要塞地帯, もう乗物, もう出かけた, もう遠慮がち, もし盗人, もちろん点, もとより人, やがて忽ち意地, やがて渋い, やつと, やはりたいして愉しく, やはり何, やはり答え, ゆうべ受取った, ゆき子に, ゆき子の, ゆき子は, ゆすりの, よいと, よく見る, わが国が, カシタンカは, ジュウヴェテシエなどの, ダタイ手術の, ポンドと, 一つには, 一人一日分しか, 一体誰, 一口試みた, 一方他, 丁度この, 三十畳の, 三月縛り, 不意の, 九百ばかり, 亀は, 事実その, 事情が, 二ツの, 二十分も, 二言三言話し, 亭主が, 今では, 今また, 今年から, 今日から, 今日は, 今日ほど, 何だか外國, 何も, 何より肝腎, 何人も, 余は, 併し, 侍衆の, 偶然上を, 僕と, 僕には, 僕の, 全く分らない, 六歳か, 兵たちにとっては, 凋落の, 出入りに, 列車が, 別れ際に, 医者は, 十日ばかり, 原稿催促の, 叔父は, 取立てて, 只見川から, 向う様だって, 味は, 営業は, 嘘か, 四十年前の, 坪井は, 増し, 声色手踊なんかよりは, 外国人を, 大したもの, 大久保某の, 大半は, 大根は, 大裾野, 始めて, 婦人には, 嬉しかった, 宜い, 実は不思議, 実現しない, 家へ, 封筒の, 小林が, 床の, 強ひ, 彼らの, 彼を, 彼女の, 彼等の, 往かなかったよ, 後に, 後年ハイドンは, 徒らに, 徳田君は, 心配を, 怖いよう, 思うに, 恐らく小林, 惜しいこと, 成程, 戦後の, 所詮は, 折柄土砂降りに, 数秒の, 新子の, 於松は, 日本の, 昔風の, 星飯露宿はるばる, 昨日よりも, 書が, 最近いれた, 本人は, 本名を, 本当だ, 杳として, 栄之, 検疫官は, 歌麿が, 武蔵は, 残念だった, 母堂の, 永年の, 池田鬼神丸国重という, 決して曹操, 無作意, 焦れて, 熟し過ぎて, 物好みな, 狭い穢, 狸と, 生一本な, 甥や, 男よりも, 癪に, 目に, 目下私, 目的の, 眼が, 眼球の, 着ながし, 祝は, 私が, 私たちは, 秘密と, 稽古が, 空蝉の, 米や, 結婚し, 結局どう, 結局よんどころなし, 編集長の, 翌朝に, 耕吉は, 聞き終ると, 聴いて, 肝腎の, 腹は, 自分では, 自分の, 自分はつひぞ, 船首を, 芝居は, 芥川の, 蓄膿らしい, 蕭照が, 虎之助の, 裾模様背広連が, 親方が, 親父も, 言うには, 言葉は, 詩も, 話が, 話を, 貸家や, 近ごろ山中も, 遂に駄目, 遠慮し, 遠慮を, 邦子は, 釈迦如来の, 銀子も, 随分は, 雪の, 電磁オッシログラフと, 風邪気味な, 飛騨街道まで, 食わない, 餓鬼の, 高山の

▼ くれたので~ (397, 4.7%)

27 私は 13 あつた 8 僕は 7 わたしは 5 彼は 4 せう, それに, それを, 私も 3 あらう, 余は, 自分も 2 はなしに, ほっとした, まだほんの, 僕たちは, 安心し, 幸いに, 感謝し, 母は, 私たちは, 自分が

1 [292件] ああこれ, あたしも, あなたの, あまりの, あらうが, いい人, いささか救われた, いちおう感謝, いよいよ移転, いろいろ都合, うれしかった, うれしかつ, うれしさ, うれしそう, うんと稼い, おふくろと, お伺い, お光, お咲, お婆さんは, お島, お父さんや, お粂, お蝶, かえってその, かえって力強い, かれら, かわききらないテレビン, きょうは, くれたから, こっちも, この国, この男, これから出かける, これも, ござります, ござりまする, さう, さつ, しっかり編ん, すぐありあわせ, すっかり満足, そこでそれ, その他は, その周到, その妖, その恩, その暇, その狭い, その自動車, その著述, その間に, それが, それで, それですっかり, それで顔, たちまち親船, つかれと, つゆは, とうぶんた, どうでも, どうにか月々, どうにか無事, どこかへ, どんなにありがたかっ, なんだ, なんでも, なんとかうまく, ねむいの, ひとたびこちら, ほか, ほっとし, ほっとしました, ほっと安心, ほつと, ぼくは, まざまざと, まず児, まず半分, また木の実, また降参, みなみな, みんなが, もう久助君, もう十一時四十幾分, もう心配, やっとの, やっとほっとし, やっとらくになりました, やっと腰, やっと袖, やみくもに, やや安心, やや自分, やれやれと, ゆき子は, ようやくそうかと, ようやく命, ようやく表面, よき参考, よほど楽, よろこんだ, よろこんだらしいの, わしは, わしも, アルミの, ウグイスの, ジナイーダは, スッカリ当日の, ネッドは, パーシウスは, ブリッヂに, メグは, 一冬だけの, 一堡塁を, 一日じゅうかけずりまわっ, 一行悉く, 一郎さんは, 万事解決さ, 三人は, 三十分と, 上京したら, 下に, 主人の, 主治医は, 九郎右衛門が, 事務所は, 二つの, 今わし, 今後は, 以下の, 伊東へ, 伯母さんは, 何うも, 何にか, 何にも, 何の, 何んだ, 何處かへ, 信一達は, 傷は, 僕としては, 僕も, 兄は, 全く安全, 八五郎は, 兵馬が, 其の足, 其少年に, 内心ホッ, 冬の, 出かけて, 出来たの, 到って, 前から, 前の, 劉曄は, 加うる, 助かった, 助かったこと, 助かつ, 勿論その, 十一時ごろには, 十分十分十分である, 千六は, 午前の, 半七, 合計九十有六, 君江は, 喜しき酔ごこちに, 喜右衛門は, 四五人で, 国主に, 地は, 坪内先生に, 多年の, 大いに助, 大いに気, 大いに面白かっ, 大分懐中は, 大助かりだ, 大変に, 大胆な, 大藏は, 大變嬉, 大連滞在中は, 大骨折, 天に, 夫れ, 奥儀を, 始めてだいたい, 嬉しかつ, 嬉しくって, 嬉しく思つてこれ, 嬉しさ, 宴会は, 家に, 家の, 家内が, 専造は, 屋主は, 帆村は, 幾分か, 座敷は, 庭にも, 張訓は, 張遼は, 役人は, 彼にとって, 彼等は, 往って, 念の, 思いの外早く, 思ひの, 急いで, 房一には, 房枝に対する, 折々字引, 捨次郎は, 播重と, 文化史上の, 文芸春秋を, 新子は, 新田の, 新蔵は, 旅立つこと, 早速同じ, 早速撫で, 明智は, 會得する, 本当に嬉しい, 杏奴の, 村の, 東京へ, 森の, 気の毒に, 水筒の, 汽車に, 流石の, 海の, 清人は, 燕も, 父は, 狩屋邸の, 田端の, 男は, 痩せ弱ったと, 百姓家では, 直ぐ使へる, 直に二階, 直に目的, 私たちも, 私にも, 私達は, 稚い芽, 穴が, 空気の, 籠の, 米友も, 紹巴も, 絵と共に, 羊羮といふ, 能の, 芋銭先生は, 蚊帳の, 襲撃も, 見るから, 親戚の, 訪ねて, 話が, 話は, 諭吉が, 警部も, 豆腐料理の, 豊かで, 豹一は, 貞之進は, 質素で, 道具は, 遠くから, 選挙事務所に, 部下とばかり, 醜態を, 金吾は, 長三郎は, 関翁余等夫妻鶴子も, 靴を, 食事を, 餓死を, 魚は, 鴨の, 黄金仮面の

▼ くれたこと~ (387, 4.6%)

24 があった 17 がある 9 がない 8 になる 7 があつ 6 もあった, もある 5 である, はない, を感謝 4 がありました, があります, だった, のない 3 がなかっ, でせう, に感謝, はなかっ, は私, を思い出しました, を知った, を私

2 [17件] か, があるだろう, がうれしかっ, でしょう, では, などはその後何度, なの, に満足, はおれ, もない, をありがたく, をたいへん, をどんなに, を嬉しく, を心, を考え, を覚え

1 [221件] いかにもうつくしい, いくばくか, かも知れない, からだった, から彼女, から次第に, か知れない, があまりに, がご, がどうも, がどんなにどんなに, がなく, がばれ, がふと, がわかっ, がわかり, がわかる, が二度, が何より, が切っかけで, が嬉しい, が嬉しかっ, が彼, が書い, が私, せえなかった, そして勝手気儘, それでわざと, それに, だから, だけだ, だけだった, だけで, だけでもわたし, だけでも無上, だけのため, だけは確か, だけを微か, だったか, だつた, だと, だらうな, だろう, だろうが, だろうて, だろうね, であった, であったろう, であります, であるから, であろう, であろうがと, でおばあさん, でしょうが, でしょうに, です, ですから, でそれ, でも, と信じ, と思います, と思う, などありがたく, などもあった, などをのこらず, などを話し, などを話しました, など矢代, なるほど五郎蔵, なんかありゃしない, なんといっ, にある, にたいしてソーンダイク, についてカーライル, になりました, には土岐家, には私, にも喜び, にも非常, によって蘇生, に何一つ, に何度, に充分, に報いたい, に対してはわたし, に対しては私, に対しても菊次さん, に対して娘達, に対して意外, に対する感謝, に強いて, に御礼, に慰ん, に礼, に関係, のある, のなかっ, の一つ, の大いなる, の程度, はありません, はいう, はこの, はじつにじつに, はすでに, はすべて自分, はせめて, はその, はどんなに, はなお, はなかつた, はほか, はみんないちばん, はめったに, はやっぱり, はよう, はよく, はレコード界, は七兵衛, は不幸中, は争い, は二人, は云う, は何, は何たる, は何より, は兄弟, は少から, は少年少女, は岸本, は彼, は悉皆, は感謝, は是, は有難い, は柳屋, は欣, は独逸, は申す, は當時, は疑い, は皆僕, は祖母, は神, は私たち, は臍の緒, は言, は貴女たち, は速記, は非常, もあつ, もあります, もありやしない, もあッ, もうれし, もうれしい, もお, もございました, もその, もそれ, もなかっ, もなく, もまあ, も二三度, も幾度, も弦, も憶, も申し立てた, も申す, も算, よくね, よダーシェンカ, をありがたい, をいいなさん, をうれしく, をおぼえ, をお前, をそっくりそのまま, をつけ加えた, をなつかし, をはっきり, をぶちこわし, をも感謝, をよく, を不服, を付言, を何, を作者, を信じます, を傳, を半蔵ら, を告げた, を喜ばず, を喜ぶ, を大, を天帝, を心から, を快く, を思い, を思い出す, を思っ, を恐ろしい, を悦んだ, を感じた, を感慨深く, を折, を有難く, を横田, を満足, を無上, を知っ, を知る, を考える, を自分, を表面, を要約, を見, を身, を非常, を顧み, 但しこれ

▼ くれたもの~ (362, 4.3%)

35 である 2618 です 12 であった 9 だが, ですから 8 があった, でした 7 だった 6 だと, を 5 のよう, らしい 4 だから 3 がある, だという, であったが, であつ, であります, はこの, は実に

2 [19件] だったが, だつた, だろうと, であること, でしたから, ですが, でね, では, で決して, なの, なん, に相違, は何, は韻律, もある, もなかっ, を今, を自分, を見る

1 [145件] か, かとぞんじます, かどっち, かもしれない, か三日, か隅, か黄色い, がなかっ, が中川芳太郎君, が唯一, が急, こうありました, こそ神, さ, じゃ, だか, だけれど, だそう, だったという, だったの, だつたが, だとも, だな, だね, だのに, だろう, だ私, で, であったろう, であらう, でありまして, でありますから, であるかの, であると, であるに, である若し, でお, でご, でございました, でございます, でしたっけ, でじつに, ですからね, ですがね, ですし, ですよ, でそれ, でなくさないよう, でもあった, でわたし, で何処, で山女, で彼, で最初, で本人, で私, で経帷子, で緑青, で荷物, で諏訪山中, で質屋, で間口九尺二間, と, という, としてなんとも, としても僕等, として大いに, として彼, として忘れ, とは根本的, とばかり思っ, とばかり考え, とふと, とも思われます, と信じ, と信じます, と心, と思, と思いこん, と思いました, と思っ, と思った, と思つて, と思ひます, と思われる, と考え, と見える, などもあった, なのに, なら悪気, にあと, には千両, には如何, に対して悪い, に違い, は, はある, はその, はどれ, はどんな, はなかっ, はなん, はもう, はもちろん, はやはり, は一人, は一種, は二つ, は二日, は今, は仏蘭西人, は例, は常住, は彼, は悪, は敵, は榎実, は此, は母, は病後, は私, は老人, は肉親, は菰田家, ばかりな, もあった, も心, よ, よりはるか, らしいと, をあたし, をあんな, をその, をそんな, をつきかえした, をなぜ, をズケズケ, をムザ, を云う, を思い出し, を捨てし, を歌っ, を申しあげ, を解い, 少々とが

▼ くれた~ (286, 3.4%)

6636 です 19 だから 14 ですよ 10 だと 8 だね, だよ, ですもの 7 じゃない, だが 6 だろう, ですか, ですが 5 だな 4 だもの, でしょう 3 だそう, でしょうね, ですからね 2 かと順平, だからな, だつて, だらう, だろうね, ですから, ですがね, ですって, ですな, ですね

1 [43件] かと種吉, じゃ, じゃありません, じゃどよ, じゃないでしょう, じゃないです, じゃなく, じゃよ, じゃ警察, だからと, だがね, だけど, だけれどね, だこんな, だそれで, だだから, だっけ, だって, だってネ, だなどと, だなんて, だねえ, だべつに, だらうが, だろうが, だろうな, だ人間, だ可愛らし, だ恩, だ間違, でしょうおおかた, でしょうけれど, ですかね, ですけど, ですけれど, ですの, です久劫, でなかったらこう, では, どっせ, ならあんな, やがな, やな

▼ くれた~ (218, 2.6%)

9 があった, がある, である, もあった 5 だ, はない 4 があっ, です, もある 3 がありました, のこと, の中, の好意

2 [11件] が, があつ, があります, がない, だと, の名, の顔, もあつ, もありました, もあります, もありません

1 [126件] あり, かい顏, からはなるほど, があなた, があやしい, があるだらう, がいた, がございました, がそこ, がその, がつけ, がなかっ, がへこたれ, がほか, が一人, が世捨人, が伊那, が四十名, が待っ, が来る, が渡辺秘書, が男, が神奈川, だから, だからなあ, だが, であった, であります, であり戊辰, であり私, でしょう, でしょうその, ですが, でそんなに, でなければ, ではない, で人, というの, という者, としてたとい, とその, とは別人, とヤク, と共に機, と歩い, と貰った, なので, なん, にあ, にお礼, にききました, にだってそんな, にはお礼, にはこの, には医師, には百円, には相当, には美術史専攻, には飴玉一つ景品, にもよく, にニコライ・ゴーゴリ, に会いたい, に出会いました, に対して, に比べる, に腰かけ, のうち, のところ, のよう, の一人, の主, の事, の前, の友達, の告げ, の子供さん, の心, の横ッ面, の清純, の礼金, の親切, の金, の面影, はありません, はいない, はいません, はき, はこの, はすなわち, はだれ, はまだ, はトクチェン, は一人, は中, は他人, は何, は信実, は劇作家伊馬鵜平君, は名人, は四, は園芸, は外, は多かっ, は必, は斉彬, は旅, は無, は目白, は良寛さん, は誰, への義理, へ記念, もあったです, もなけれ, もみな敵, も信長, も多, も幾人, も知らなけれ, も聞い, も頼み手, を同類, を小馬鹿, を帰らす, を源氏, を見る

▼ くれた~ (173, 2.1%)

7 思って 5 見えて 4 いう, 思った 3 いうので, いって, 思います, 思う, 思うと, 言って 2 いっても, 云うその, 云うの, 云って, 云ふ, 同じよう, 思ふ, 番傘に, 聞いた時, 見えるな

1 [115件] ありがたし, ある, いいたげに, いいますから, いうか, いうだけの, いうなら家内, いえるかい, いくたび, いった, いつて, いまは, いやるの, いわぬばかり, いわれたいでは, うなって, おいいか, おもう, お冬, お思い, したらああ, したらおそらく, した処, すれば, せめて慰め, そう思った, その小さい, たい, どんなに喜ん, ぬかしたが, ほくそえみ更に, みえます, よろこばれる, 一同の, 主人は, 云います, 云うが, 云うこと, 云うなら家内, 云う下女, 云う事, 云う感じ, 云う菓子, 云っても, 云へる, 云わんばかりの, 何度も, 信じたらしく満足げ, 助った, 千代は, 同じ事, 同一処敷居から, 同時にただ, 同時に當座, 喜ぶ, 喜んで, 大師が, 夫婦は, 嬉しく思った, 密かに, 尾形は, 後でききました, 怒つて自殺, 思いました, 思いましたが, 思い給え, 思うか, 思うが, 思うてな, 思え, 思えば, 思ったの, 思った客, 思つた, 思つたら, 思はれる一人, 思ふが, 思わっしゃれその, 思わないわけ, 思われたその, 悦ばれること, 悦び自分, 感謝する, 抱擁し, 書いて, 末弘春吉に, 東儀与力は, 深く心, 物言いを, 申さるるの, 目を, 知ると, 答えた, 聞きそれ, 聴いて, 薄笑いを, 褒めた, 見え僕, 見え巻紙, 見え私, 言いだした, 言い疲れてや, 言う, 言うもん, 言うより, 言う純情的, 言っても, 言つてよろこん, 言わぬばかりの, 記憶する, 話した, 語った, 謝する, 谷口に, 貴方から

▼ くれたから~ (139, 1.7%)

1211 である 6 であった 2 だった, であります, です, で近頃, 私は

1 [100件] おかげ様で, お久, お関所, きみも, ことしだって, ことしだつ, このへん, この分, これで, さうし, すぐにでも, すこしも苦しい, そこへ, そのおかげ, その礼, その薬, その門人, それでよう, それで命, それで悪者, それも, それを, たいしたもの, たすかったよう, だよ, ついこちら, つひ其気, で, であつ, でありました, でありましょう, であると, であろう, でしょう, で目出度い, で自修室, とっくに顔ナジミ, とにかく助かった, どんな無理, なおさらよく分った, なお二十分間, なんです, はいと, まず向う, もう安心, もう逃げよう, もらって, やっぱり高く, やれやれと, よかった, わたしは, わるいば, オレが, カボチャも, 一命だけは, 二人で, 京都へ, 任して, 何だろう, 例を, 侍分に, 僕は, 兵馬は, 内聞に, 助かったよ, 助かったよう, 助かりましたが, 吾輩ホッ, 大したもの, 大ビクビク, 大丈夫だろう, 安心し, 対談は, 少し心, 少し食った, 幸いに, 拙者も, 来て, 東雲の, 此處まで, 汽車の, 無事であった, 焼酎を, 用意の, 登るのに, 省さんに, 真実の, 終戦の, 茶碗を, 蘇生の, 見に, 親父の, 誠に暇, 誠に有難う, 貰ったので, 貰ひも大分あつ, 逢われなかったまあ, 鉤を, 長イス, 願って

▼ くれたよう~ (97, 1.2%)

16 なもの 4 である, な気 3 に思う, に思われる 2 なこの, なわけ, にも思われた

1 [61件] だ, だから, だが, だな, であった, であったが, であるが, でした, でしたが, でしたわ, な, なあの, なかっこう, なふう, な一人, な何もかも, な川, な差配, な心地, な様子, な次第, な淡水, な研究, な私, な笑顔, な結果, な羽織, な興味, な良人, な記憶, な赤い, な輪かく, な隣家, な顔, な風情, に, にあんた, にぎごち, にし, にたちつくし, にほとけ, にも思われ, にも思われます, に両手, に五郎蔵, に今度, に北方, に多吉, に思われ, に思われた, に思召, に憶え, に春風, に暗い, に私, に考えられた, に船中一同, に若い, に身体, に首, 言うて

▼ くれた~ (78, 0.9%)

8 がある 6 があった 5 もあった 3 があつ 2 がない, さえある, それからそれ, を思い出した, を覚え

1 [46件] か, がありました, があります, がゆき子, が一度, が今, が幾度, が既に, だ, だけは感謝, だけは知つて, だけは確, だったと, ですから, でも, と心得, と思っ, などもありました, に原因, はありません, は一度, は何とも, は無い, もあつ, もある, もかつて, もない, も思, も見, をすぐ, をウロ, を云う, を何故, を光榮, を切望, を君, を囘想, を彼女, を思ふ, を恩, を感謝, を素直, を聽, を裏切る, を言, 話して

▼ くれたという~ (77, 0.9%)

3 ことが, ことであった, ことは, のである, のは, のも 2 ことを, ように, わけで, わけです, 事を, 点で

1 [47件] お秀, こと, ことた, ことである, ことでした, ことに, その親切, たびに, のが, のであった, のです, ふうに, ものさ, ものの, ような, ようにも, よろこびである, わけでしょう, わけ団子坂, んです, 下僕の, 事である, 事に対しての, 云いかた, 人であった, 古くからの, 好意に, 宿屋も, 意味で, 感じであった, 手箱の, 書付を, 点だけが, 社長の, 秘密で, 簡単明瞭な, 考えとが, 自覚は, 西瓜を, 訳じゃ, 話である, 話を, 金貨を, 顔付で, 顔附で, 風に, 食用の

▼ くれたその~ (63, 0.7%)

2 人が, 人に, 人は

1 [57件] お内儀さん, お古の, お婆さんに, お蔭である, ことが, ひとという, ぼろを, 一本だ, 一般的無秩序の, 人では, 人ばかりに, 半額ほどの, 厚意は, 友人は, 友達は, 古い壁, 名残りだった, 夜に, 女は, 子供を, 実意と, 家は, 寄宿舎が, 工業の, 年の, 廿五年間を, 待合である, 心づかいを, 情愛が, 憂欝, 手前も, 折の, 振袖は, 旅館の, 時から, 時の, 最初の, 様子に, 武士こそ, 毛利先生の, 気持ちが, 気持を, 父に, 率直さのみに, 直後に, 笛の, 美わしい, 老人は, 老爺だ, 若い友, 若い武井さん, 訪客は, 遠い昔, 長々しい, 長い鼻, 門番に, 魂の

▼ くれたって~ (63, 0.7%)

12 いいじゃ 3 いいだろう, 良かろう 2 いいはず, いいん, 好さそう

1 [39件] あんなひどい, いい, いいさ, いいでしょう, いいと, いいのに, いいよ, いいわ, いいわけ, えわけ, こう遠く, ちっともさしつかえ, ちっとも有り難く, ちょっくら四五丁, どうにも, なんの, もうだめ, よかった, よろこんで, わけな, ムリの, 仕方が, 何にも, 俺は, 分るだろう, 到底この, 可いんだ, 可じゃ, 好いで, 有難くねえや, 満更罰, 無理じゃ, 知らない婦人, 私には, 良いだろう, 赤ん坊は, 逢ったって, 駄目, 駄目だ

▼ くれた~ (62, 0.7%)

3 のこと 2 には私, にもその

1 [55件] からここ, この町, この章, だって泣い, である, でさ, でさえ魂, なんてとんと, におれ, にすらお, にその, につい, にはまるで, にはわし, にはトオサン, には何, には僕, には出, には嬉しかっ, には家中, には小料理屋, には彼, には立派, には給仕, には自分, にもまだ, にも成功, に死んだ, に置い, のお菓子, の喜び, の嬉しかっ, の富岡, の有様, の母, の語, はさすが, はもうとても, は僕ら五人, は全く, は大, は嬉しく, は平岡, は御, は重湯, もお, もオーレンカ, も同じ, も嬉しい, も露国, も高等係, よりは夐, 全くホッと, 嬉しいやら, 着いた森成さん

▼ くれたそう~ (52, 0.6%)

9 である 8 だ, です 5 だが 2 であるが, ですが

1 [18件] して, だけど, だけれど, だのに, で, でいつ, でございます, ですがね, ですね, でその, で上って, で去年, で本当に何より, で皆元気, で私, な, 云われて, 言って

▼ くれた~ (50, 0.6%)

5 どうか 3 それは 2 わかりません

1 [40件] いやでかした, げ, しらんと, しれない, しれまい, しれません, それも, たみの, つぶさに考え, どうかは, どうだ, はっきり覚え, よし, わかるよ, わしの, テかめへ, 一刻も, 人が, 何に, 俺は, 分らない, 分りません, 唯一人で, 嬉しいや, 小左衞門様, 居て, 師泰, 平次, 忘れて, 毛布が, 気の毒だ, 水際の, 知らないが, 知れない, 知れないの, 知れなかった, 知れません, 知れん, 自分を, 青蛙

▼ くれた~ (49, 0.6%)

2 土産は

1 [47件] ぬいさんにも, ねえさま, はぎも, もちやの, 人たちぞ, 人の, 人も, 仕込みだ, 信さんその, 光でない, 前方を, 医者さんだ, 友達を, 吉と, 吉の, 君を, 品は, 土産の, 声が, 妻それが, 師匠さんが, 師匠様の, 庄の, 店だって, 愛想を, 時の, 杉その, 染の, 柳が, 武家が, 汁粉の, 浪といふ, 照と, 父様が, 琴は, 白粉の, 禮に, 秀の, 綱という, 綱の, 繁さんに, 美夜ちゃんの, 花が, 花さんに, 藤さんという, 雛樣だ, 高は

▼ くれたあの~ (48, 0.6%)

2 不可思議な, 少女が

1 [44件] お上さんは, お梅さん, やさしいおじさん, 中村孤月で, 人が, 人な, 作爺さんの, 僧侶の, 兄に対して, 先生には, 劉さんの, 友達辻ヶ谷君は, 名の, 声は, 声鶯は, 女を, 姿その, 姿そのまま, 小原という, 小林くんだった, 少年です, 感動を, 憐れな, 手箱ね, 拾い屋, 日いらい, 日の, 旧師も, 時の, 村に, 棚ねエ, 楠あげる, 次郎が, 温泉町, 漁師とだけが, 猿田彦神とは, 紙幣を, 美しい奥さん, 若い旅, 若い衆に, 金鵄勲章の, 雁金検事の, 青年紳士とが, 魔法つかいの

▼ くれた~ (45, 0.5%)

5 がいい 3 がよかっ 2 がどんなに, がよい, がよっぽど, が助かる, が宜

1 [27件] が, がい, がいくら力, がええ, がかへつて世話, がどの, がむしろ, がやり, が一層, が余っ, が健康, が力, が努力, が可憐, が寒い, が心強かっ, が早い, が早道, が私, が考えごと, が自分, だつた, である, ですから, と何万金, に対して今さら, に走っ

▼ くれた~ (44, 0.5%)

2 私も

1 [42件] あの国, あの時位僕, お菜も, その乾児, その声, そんなこんなでまわした, なかなか丁寧, なつかしがり, まあけっこう, またとき, また援助, 一度も, 一方に, 中流の, 今も, 休暇中に, 会って, 僕も, 入口の, 商売にかけては, 大阪行幸の, 姉は, 家主である, 帝国ホテルでだって, 弟の, 後の, 怒った顔, 指ヶ谷町の, 暑い日, 欠席が, 歌を, 池には, 現在でも, 生涯の, 着物は, 着物も, 私は, 訪問も, 試験の, 謂わば, 酒まで, 野菜を

▼ くれたのに~ (39, 0.5%)

2 不在で

1 [37件] お前は, かえってさよ, きょうは, こっち側の, これまで, こんな著, そして死ん, ちがいない, どうした, なんにも無く, ほっぽらかして, また勇ちゃん, むしろホッと, もう出, ろくなもてなし, 一句も, 乱暴を, 二人が, 今は, 今夜は, 何の, 何も, 僕は, 出ると, 千円です, 夢の, 書くなぞ, 無理は, 留守で, 相違ございません, 相違なかっ, 看板を, 自分が, 自分は, 越前な, 違えねえだが, 顔を

▼ くれた~ (38, 0.5%)

9 違いない 3 過ぎないの 2 しても, ちが, ちがいない, 相違ない, 過ぎなかった, 違ひない

1 [14件] したところ, しろキットあなた, しろ弟子ども, しろ自分, すぎなかったが, せよ, ちがいありません, 相違ありませんでした, 相違ね, 越したこと, 過ぎない, 過ぎなかつた, 違いなかろ, 違ひありません

▼ くれたところ~ (36, 0.4%)

6 による

1 [30件] がコリー, だった, であった, であつ, である, であんた, でこっち, でそう, でそれ, ではあなた, でまた, でも想像, で大和館, で始めて, で往復, には一点一画, によります, のもの, のトルストイ, のニューオルリーンズ, の恐ろしい, の石, の神, は村境, へ佐藤さん, へ竜女, や歪んだ, を今私, を捲きつけ, を私

▼ くれた~ (35, 0.4%)

2 があった, である

1 [31件] からこれ, があっただろう, があぶないあぶない, がある, があれ, がたくさん, が一人, が不思議, が出, が来る, が鮮人, じゃない, その情け, だ, だからと, であると, です, でまた, で病院, と悪戦苦闘, には惜しげ, に言葉, はあった, は今や, は哀し, は桜枝町, は江戸神田黒門町, は落第, をもっと, を見いだす, 来る

▼ くれたこの~ (33, 0.4%)

2 両手が

1 [31件] オンコ樹は, 一重ねの, 上ない, 偶然に, 劇団の, 医者にも, 厚誼を, 子は, 宿の, 宿屋の, 寺の, 小屋, 尾根の, 年長の, 悪党の, 時ほど, 本は, 板の間に, 樹は, 珍客を, 男の, 縁も, 美しい地球, 考えも, 花に, 若い男, 袷, 貧しい老, 貴い鏡, 隣家の, 食事の

▼ くれたまえ~ (33, 0.4%)

1074

1 [12件] くらいの態度, ぐらいの台詞, なんてそんな, ねぼく, よいいかね, よもし, よケンプ, よ上ったら, よ石井さん, ドノバン, ナ, 金吾君

▼ くれただけ~ (32, 0.4%)

53 であった 2 だった, だよ, で

1 [18件] あって, だったから, であったが, であと, でさっさと, でしきりに, でその, でそれ以後, でなく君子, では, で依然, で午後, で外, で女, で振綱, で自動車, で興, 私ゃなお

▼ くれた~ (30, 0.4%)

3 がある 2 です

1 [25件] があっ, があった, がありました, が誰, だけはそれ, だと, とかろや, とそれ, とは別人, にはわたし, には接吻, には銀三十, に対して, はみな, はマダム・ルクリユ, は一体, は中西, は何人, は幾人, は誰, も, もその, も四, を失っ, を殺そう

▼ くれた恩人~ (29, 0.3%)

2 だ, だから, であった

1 [23件] さ, だが, だった, であります, である, であるから, であるという, であろうと, ですから, というもの, としてわれわれ, と持て囃されるであろう, のヘーイ少佐, の一人, の姿, の家, の目的, は上泉伊勢守, は実に, は当時大学, を国内一, を罪, 殊に主人

▼ くれたわけ~ (24, 0.3%)

4 では 3 だから, でも 2 です

1 [12件] じや, だ, だった, だったの, である, ですが, ですね, です一緒, でなかった, で可, は, はそれ

▼ くれたけれど~ (23, 0.3%)

1 [23件] あの中, いつもの, おじいさんは, しばらくいる, そうしてせっかく, その実は, その毒, それが, もういちょう, もんは, 何故か芳子, 僕の, 別に痛く, 変に, 屋根の, 来がけ, 火の, 疎い道太, 自分などは, 自分は, 荷持は, 赤いので, 重蔵も

▼ くれたやう~ (23, 0.3%)

3 だ, なもの, な気 2 である, な顔 1 であつ, なもん, な始末, な整理, な淡水, な綺麗, な運命, に云つて, に思はれる, に覚え

▼ くれたもん~ (22, 0.3%)

7 ですから 6 だから 31 だが, だよ, です, ですからね, でな, を取り返し

▼ くれたんで~ (22, 0.3%)

2 わけも

1 [20件] ありが, おら大事に, こうして俺, これだけの, せうか, そのお祖母さん, それを, たいへん安心, まあよかっ, まあ助かった, まア宜, 一緒に, 何の, 俺は, 助かった, 助かったよ, 学校を, 思ひの, 晴々する, 自分は

▼ くれたけれども~ (21, 0.2%)

1 [21件] あれは, いつも風, くたびれて, くわしいこと, さっぱり判らない, その人, その写真, それは, ほんとになく, 世間の, 何分にも, 取り上げて, 少しも, 東京へ, 清川は, 真実に, 私は, 終戰に, 自分には, 角兵衛獅子の, 豚や

▼ くれた~ (21, 0.2%)

3 のひと, の人 2 と平生通り, に礼

1 [11件] があった, だとは, でございます, ですと, に冬, に逢わなかった, のこと, の世界, の身の上, は大勢, もその

▼ くれた~ (19, 0.2%)

2 で神戸, に

1 [15件] からは永く, で私, にばか, に今度, に小, に帰る, に御, に必要, に樽, に自動車, に草鞋銭, に途中万一, の話, 云い得ないで, 決して心配

▼ くれた人々~ (19, 0.2%)

1 [19件] がますます, が多い, だった, に, にここ, に引き, の好意, の眼, の親切, はその, は今, は斯く, は皆, は草分け, は誰一人, までが, を仰ぎ見る, を祭りたい, を見

▼ くれた~ (19, 0.2%)

2 は霊岸島

1 [17件] がただ, になっ, のため, の従兄弟, の従姉, の眞鍮, の知人, の胃病, はさつ, はその, は今や, は彼, は稻垣小三郎, は財布, も子供, も然, も笑つた

▼ くれたばかり~ (18, 0.2%)

1 [18件] だ, だった, で, でこんなに, ですなわち, でなくいろいろ, でなく他, でなく卒業後, でなく友達, でなく宿, でなく気, でなく物理学, でなく菩提薩, でなく長崎, では, で御, で火事, なのに

▼ くれた人達~ (18, 0.2%)

2 のこと

1 [16件] がある, が早, であるから, にひどい, に逢う, のあった, の名, の慰労会, の災難, はそこ, は當然, は知りませんでした, への礼奉公, もあつ, も見えなくなった, 殊に久米

▼ くれたおかげ~ (16, 0.2%)

2

1 [14件] だからな, だったの, であった, であると, でかれ, でした, ですから, でどうやら少し, でわたし, で名誉, で封じ, で平均, で当時, で魔法

▼ くれたかと~ (16, 0.2%)

7 思うと 1 いうと, そればかり, 受け入れて, 思う時分, 思って, 思ふと, 胸もとが, 見えるや, 訊いた

▼ くれたかも~ (16, 0.2%)

4 知れない 2 知れないと, 知れないの, 知れません 1 しれない, しれんけれども, わかりませんけど, 知れないが, 知れないがね, 知れないのに

▼ くれた手紙~ (16, 0.2%)

1 [16件] から次, だった, でない手紙, で彼女, とはまるで, の一節, の中, の端, の返事, はまことに, をありがとう, をお, をもっ, をも読返, を出し, を受取った

▼ くれた~ (16, 0.2%)

2 を呑む, を啜

1 [12件] にも手, に熱った, はまことに, をすすっ, をすすり, をただ今, をのみ, を啜っ, を喫, を静か, を飮, を飲み

▼ くれた親切~ (16, 0.2%)

1 [16件] がありがたく, と異性, なゼーロン, な人, な南加大学, な友だち, な天使, な母, な米倉, にあの, に対する前, のかず, は忘れない, を時に, を米友, を謝

▼ くれたとは~ (15, 0.2%)

2 何うにも

1 [13件] いやどうも全く, どうも信じ, なかなか信じられなかった, まことにありがたい, もっけの幸い, 云い条, 云えあの, 何よりなん, 山羊の, 申して, 申しながら, 知らなかった, 近頃うれしい

▼ くれた人たち~ (15, 0.2%)

1 [15件] からそれ, が不思議, が作品, が親戚, であるから, にそれほど, にたいしてはいじらしい, に一わたり, に門口, はその, はどっちみち, は古く, は当然, へのあなた, を家

▼ くれた~ (15, 0.2%)

2

1 [13件] だが, では開業, でほか, でわたし, の倍, の大, はたつた, は汽車賃, も春日丸, を受取った, を受取る, を封, を返さし

▼ くれたそれ~ (14, 0.2%)

1 [14件] がこんなに, が堪らなく, でしょう, ともみえる, と丁度, はまことに, は嘘, は昭和十年, は普通, は有難い, は流転, をそのまま, を俺, を鉢

▼ くれた一人~ (14, 0.2%)

2 の友人, の男 1 か, であったが, とすれ, の勇士, の商人, の学生, の男の子, の私兵, の美術家, の若

▼ くれた~ (14, 0.2%)

2 の眼

1 [12件] がいる, がどうして, がなくなった, がゐる, が一番目, とでは子ども, にちかい, に向かっ, の美しかっ, の言葉, もない, や姉

▼ くれた~ (14, 0.2%)

1 [14件] がそわつい, が殺された, に私, の寛大, の心, の気質, の百松, の言葉, は没した, も笑顔, や母, をまあ, を尊敬, を心からいと

▼ くれた~ (13, 0.2%)

2 うだ, うで, うです 1 いふの, うだが, うである, うですよ, うで飛んだ厄介, つそくさかもり, つそく風呂

▼ くれたとき~ (13, 0.2%)

3 のこと 1 うれしく思った, そんなに強い, にお, には, にはもう, には恐縮, にゃあ, に自分, のしぐさ, 聞いたの

▼ くれた友人~ (12, 0.1%)

3 の家 1 が, が中野, だけがよく, で仔細, のおも, の先見, の言葉, は著作権法, は頻りに

▼ くれたといふ~ (11, 0.1%)

2 源助と 1 ことで, ことでした, ことも, のか, のです, のは, 事に, 此お, 馴染深

▼ くれた~ (11, 0.1%)

321 あのこと, あんた待っ, アという, ア先生さま, ア小, 坊や

▼ くれた~ (11, 0.1%)

1 [11件] だ, だけを拾っ, であった, である, にたどり着いた, に最早, の主人, はおぼえ, はアイルランド料理店, は今, もあつ

▼ くれた様子~ (11, 0.1%)

1 [11件] である, でそこ, でたたずん, でゆっくり, で互いに, で実に, で戻っ, で案外, で頭, をした, を見

▼ くれた~ (11, 0.1%)

2 を言っ 1 としてその, にやりたい, も忘れ, も言わなかった, やらひま, をいい, をいっ, を言う, を述べました

▼ くれたつて~ (10, 0.1%)

1 いふんで, えからねえ, そいで, それでなほ, そんなに罰, どうにもたつ, な, よさ, 可笑しくつて, 好いん

▼ くれた~ (10, 0.1%)

3 だよ 1 が大和, だ, だけどさ, だと, だらう, です, で何だか

▼ くれた~ (10, 0.1%)

1 から同地, でそれ, では彼, で土人たち, にこんど, に彼, のこと, もまだ, 取り子息, 恥ずかしい思い

▼ くれた~ (10, 0.1%)

1 が兵糧倉, だった, であるという, とその, と思い, などがある, なの, にちがい, を取出した, を存分

▼ くれた通り~ (10, 0.1%)

1 いよいよ家, この辺, にその, に毛布, に自分, に飛行準備, の師匠, 夥しい市街, 弾かねば, 進んだが

▼ くれた~ (10, 0.1%)

1 が一升, だありがたい, と豆腐, なんか飲む, に入, に対してはいっそう, のまず, までくれた, をちびりちびり, をひと息

▼ くれたそして~ (9, 0.1%)

1 おとなしく帰つて, さびたよう, その優しい, それ等の, バツトそして, 一升飲んだ, 私に, 私は, 驚くべき悲報

▼ くれたため~ (9, 0.1%)

1 ではない, でもある, にかすか, にその, にとうとう, に半日, に私, もあります, 辛くも血路

▼ くれたのみ~ (9, 0.1%)

1 でなくさらに, でなく私, ならず, ならずいろいろ, ならず慇懃, ならず羊, ならず記事, ならず長年, 取り上げようとも

▼ くれたひと~ (9, 0.1%)

2 があった 1 が先ず, であろうかと, です, に向っ, に連れ, のこと, の肉筆

▼ くれたほう~ (9, 0.1%)

1 が, がその, がどんなに, がよい, がよかっ, がよっぽど, が気, が見ごたえ, の道

▼ くれた~ (9, 0.1%)

1 がねえ, しが, しがないから, の今, の先輩, の婆, の強盗殺人君, の無口, の金

▼ くれた少年~ (9, 0.1%)

1 があった, がいる, だけはきっと, とも別れ, にこの, の話, の長, はこう, を召し連れ

▼ くれた相手~ (9, 0.1%)

1 が次郎松, だから, でございますゆえ, によって分けた, により, に売りつける, に心中立, に感謝, の人

▼ くれた~ (9, 0.1%)

2 をし 1 いろを, でひとり手, もなく, をあげた, をフト, を台, を見る

▼ くれたとも~ (8, 0.1%)

1 かくも, なる, わからない三鞭酒, 思って, 考えられる, 言える, 言えるの, 言ってないし

▼ くれた~ (8, 0.1%)

1 ありがとうよ, よく言っ, 今までは, 八, 君の, 次郎君じつは, 葉ちゃん, 青木君

▼ くれた~ (8, 0.1%)

1 いいが, この新, めすが, よいが, よかった, 今の, 旅装束を, 白米一斗それは

▼ くれた~ (8, 0.1%)

2 なればこそ 1 があった, が学校, でありました, に自分, のお, の口

▼ くれた~ (8, 0.1%)

2 なの 1 だと, に根, の事, はどんな, をさし, を眺め

▼ くれた~ (8, 0.1%)

1 だ, だった, の恩, の田舎, もある, もついに, を何, を懐かしい

▼ くれた言葉~ (8, 0.1%)

1 がわかった, が思い出された, であった, である, でした, とは思わず, にエロ, の奥

▼ くれた~ (8, 0.1%)

1 が早, というの, といふの, なん, には秋田市楢山, は老人, を聞い, を聞く

▼ くれたじゃ~ (7, 0.1%)

6 ないか 1 ないの

▼ くれたとおり~ (7, 0.1%)

1 だったらつまり, に, にみんな, に僕, に彼女, のこと, の大胆

▼ くれたものの~ (7, 0.1%)

1 どうなった, なんだか私, にんまりとも, 一言だ, 由です, 親切が, 話には

▼ くれた~ (7, 0.1%)

2 恩を 1 恩が, 恩人, 恩人だ, 恩人で, 秘密それを

▼ くれた大きな~ (7, 0.1%)

1 人群れは, 写真を, 力でありました, 感謝に, 自然だけが, 野菊の, 黄薔薇に

▼ くれた彼女~ (7, 0.1%)

1 なので, に又, の兄, の手紙, の翻弄, はおなじく, はそれ

▼ くれた~ (7, 0.1%)

1 だから, と云っ, はスミス, をいや, を読ん, を遺忘, 居宣長らの

▼ くれた自分~ (7, 0.1%)

2 の運命 1 の寝床, の画, の着物, の脚, の運星

▼ くれたお前~ (6, 0.1%)

1 がその, でなければ, に出, の兄, の師匠, は先刻

▼ くれたお蔭~ (6, 0.1%)

1 だと, だという, である, で妾, で足跡, と感謝

▼ くれたこれ~ (6, 0.1%)

1 が図面, が最初, が自分, だけのお金, ですべて, で地下足袋

▼ くれたとしても~ (6, 0.1%)

1 きっとこれ, ちつとも, やっぱりそうおっしゃる, 実際の, 更に深い, 泊るに

▼ くれたほど~ (6, 0.1%)

2 だから 1 だ, であったが, でありました, 嬉しいこと

▼ くれたまま~ (6, 0.1%)

1 そそくさと, その姿, でもう, で黙っ, 急いで, 近づいて

▼ くれた~ (6, 0.1%)

2 若旦那 1 あのときあれ, お前が, お銭を, かつた

▼ くれた二人~ (6, 0.1%)

1 でした, の医師, の名, の女, の婦人, の男女

▼ くれた友達~ (6, 0.1%)

1 があっ, のため, のマント, の家, の話, も父

▼ くれた~ (6, 0.1%)

1 が気に入らなくなっ, だっていう, なん, はランタン, より用, をもらった

▼ くれた~ (6, 0.1%)

1 に対する感謝, に感謝, のことば, の児, の心づくし, を養った

▼ くれた姿~ (6, 0.1%)

1 が庫裡, だった, です, でモヂモヂ, なので, に感じた

▼ くれた新しい~ (6, 0.1%)

1 ボールを, 下駄を, 浴衣などを, 蒲団を, 衣服履襪など, 襟巻を

▼ くれた最初~ (6, 0.1%)

2 のそして 1 のもの, の人, の人々, の生き物

▼ くれた結果~ (6, 0.1%)

1 が百三十枚, この池長氏, ついに分った, であるが, といわなけれ, にちがい

▼ くれた若い~ (6, 0.1%)

1 もの, 友達は, 叔母も, 女中が, 娘さん無, 馬商人

▼ くれたお客~ (5, 0.1%)

1 なら私, なれば, にも會つて, のため, は大半子供

▼ くれたお礼~ (5, 0.1%)

1 だとよ, です, に何, に分, をのべました

▼ くれたかの~ (5, 0.1%)

3 ように 1 守田勘弥や, 美人を

▼ くれたには~ (5, 0.1%)

1 相違ない, 胆を, 違いなかった, 違ない, 閉口した

▼ くれたほどの~ (5, 0.1%)

1 ことが, 人が, 好意を, 手ぬるさ, 深切です

▼ くれた~ (5, 0.1%)

4 えな 1 えって

▼ くれたもう~ (5, 0.1%)

21 なよ私, な五月五日, 半月も

▼ くれた乳母~ (5, 0.1%)

1 が名古屋, が居る, などへくばり, のお, やが居る

▼ くれた人間~ (5, 0.1%)

1 があった, が人間, の心, は幸せ, は心

▼ くれた~ (5, 0.1%)

1 か何, でも無い, という幸い, といったかなイギリス, よりも有難い

▼ くれた医師~ (5, 0.1%)

1 が帰っ, が診察, と一緒, の犠牲, は母体

▼ くれた~ (5, 0.1%)

1 えの, トランクを, 箒の, 藁と, 袷も

▼ くれた~ (5, 0.1%)

1 だもの, のあれ, の義侠心, の胸板, の葉書

▼ くれた好意~ (5, 0.1%)

1 に対しては特に, に対して礼, に感謝, は感謝, も有難い

▼ くれた~ (5, 0.1%)

1 がゐた, に暑苦しく, の房子, の肩, を思っ

▼ くれた~ (5, 0.1%)

1 供が, 洒張した, 錢屋で, 鮒おいしい, 鯵の

▼ くれた少女~ (5, 0.1%)

1 があった, が茶碗, の手紙, の色褪せた, は文字どおり

▼ くれた~ (5, 0.1%)

1 に幸福, の後藤貞行氏, の愛情, はなんと, を

▼ くれた~ (5, 0.1%)

1 が有る, もある, を幸右衞門, を謝, を謝する

▼ くれた~ (5, 0.1%)

1 じゃ, で呆れる, による, に宿泊, は燦爛

▼ くれた~ (5, 0.1%)

2 だとか 1 が血, なん, のつめた

▼ くれた~ (5, 0.1%)

1 きわめて自然, には寝床, の夜, は寒い, を命日

▼ くれた時分~ (5, 0.1%)

1 には場所, にゃ随分, のこと, はお, は乃公

▼ くれた気持~ (5, 0.1%)

1 にもさせられ, はこの, は受け, よく飲む, を彼女

▼ くれた~ (5, 0.1%)

1 をがぶがぶ, を味, を汲む, を竹, を茶碗

▼ くれた~ (5, 0.1%)

2 だし, に 1 でした

▼ くれた~ (5, 0.1%)

1 主人は, 召使い夫婦の, 婦人が, 村長は, 鬼が

▼ くれた~ (5, 0.1%)

1 には時, はまだ, は赤犬, もあった, もまた

▼ くれた~ (5, 0.1%)

1 には何やら, は見物, をし, を擧げ, を見合せ

▼ くれたある~ (4, 0.0%)

1 人を, 教育家の, 深淵の, 生糸商店の

▼ くれたからと~ (4, 0.0%)

2 いうて 1 いうの, 銀子は

▼ くれたくらい~ (4, 0.0%)

1 だから, だのに, である, なもの

▼ くれたけど~ (4, 0.0%)

1 あたしが, 一服五銭で, 先生も, 朝がた魂を

▼ くれた~ (4, 0.0%)

1 あらう, あらう一同感嘆, がすよ, せう

▼ くれたねえ~ (4, 0.0%)

1 ほんとにお前, よく助かっ, アンタ, 弦兄さん

▼ くれたのよ~ (4, 0.0%)

1 あなたは, それからあたし, とてもいい, 洋服の

▼ くれた~ (4, 0.0%)

1 ちゃあない, ていい, て何, て後でそう

▼ くれた~ (4, 0.0%)

2 だから 1 である, で話

▼ くれた先生~ (4, 0.0%)

1 だったけ, の宿, はアララギ派, や二

▼ くれた功績~ (4, 0.0%)

1 は, は大, も大きい, をつみ

▼ くれた~ (4, 0.0%)

1 である, でした, の心, の温情

▼ くれた~ (4, 0.0%)

2 である 1 に応じ, はたつた

▼ くれた唯一~ (4, 0.0%)

1 のもの, の本, の知己恩人, の遺産

▼ くれた土地~ (4, 0.0%)

2 の下 1 の若者, を後

▼ くれた~ (4, 0.0%)

1 とぽつり, に感謝, の位牌, の骨

▼ くれた女の子~ (4, 0.0%)

1 がメリンス, が直ぐ, の居所, は面

▼ くれた女中~ (4, 0.0%)

1 で身寄り, に起されたらう, のあと, はなかなか

▼ くれた婦人~ (4, 0.0%)

1 がこの, だった, だつた, の手前

▼ くれた~ (4, 0.0%)

2 だから 1 は, を利發

▼ くれた~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, から, があの, もあったろう

▼ くれた幸福~ (4, 0.0%)

3 な人間 1 と善

▼ くれた~ (4, 0.0%)

1 に入っ, に就いた, の中, をわが

▼ くれた~ (4, 0.0%)

1 である, の男, の若衆, はほか

▼ くれた弁当~ (4, 0.0%)

2 を持っ 1 も冴子, を食べる

▼ くれた思い出~ (4, 0.0%)

1 のほう, は忘れられん, もイヤ, 多い書物

▼ くれた~ (4, 0.0%)

1 のコース, の人, の武士, の記念

▼ くれた~ (4, 0.0%)

1 な面持, にそっぽ, に人間たち, に思われる

▼ くれた~ (4, 0.0%)

2 がした 1 がする, 当のつんざき

▼ くれた~ (4, 0.0%)

1 でだけでも感謝, でラッセル・ロッブ氏, で私, で間接

▼ くれた祖母~ (4, 0.0%)

1 が亡くなった, が田舎, の元明天皇, は十二歳

▼ くれた~ (4, 0.0%)

1 だから, だの, であつ, の幸福

▼ くれた自動車~ (4, 0.0%)

1 が泥濘, に乗りこむ, の中, の番号

▼ くれた~ (4, 0.0%)

1 のありがた, をたどる, を來, を笠

▼ くれた~ (4, 0.0%)

1 ではある, とその, に乗っ, はひどく

▼ くれたありがたい~ (3, 0.0%)

1 お接待役, 此頃の, 言語同断あり

▼ くれたあゝ~ (3, 0.0%)

1 熟柿, 辱け, 面目ない

▼ くれたうえ~ (3, 0.0%)

1 から手, にか, にわし

▼ くれたおばあさん~ (3, 0.0%)

1 が亡くなっ, にまい, によく

▼ くれたおま~ (3, 0.0%)

1 へに, へにあらためて, へを歌

▼ くれたお前さん~ (3, 0.0%)

1 だ, のこと, の口

▼ くれたお茶~ (3, 0.0%)

1 を一口, を啜り, を飲ん

▼ くれたかという~ (3, 0.0%)

1 ことが, 根本問題は, 顔つきで

▼ くれたかは~ (3, 0.0%)

1 とうていいい, 今はっきり, 私は

▼ くれたがね~ (3, 0.0%)

1 まあ病気, 歌の, 私は

▼ くれたここ~ (3, 0.0%)

1 でその, の家, の番頭さん

▼ くれたことば~ (3, 0.0%)

1 がある, は余りに, を力

▼ くれたしん~ (3, 0.0%)

1 せつな人々, せつな男, せつに対して

▼ くれただけに~ (3, 0.0%)

1 伸子は, 先祖の, 斬取り強盗

▼ くれただけの~ (3, 0.0%)

1 ことであった, ものな, 事でした

▼ くれたつもり~ (3, 0.0%)

1 だったが, でいる, でをつた

▼ くれたとの~ (3, 0.0%)

1 ことであります, ことである, ことでした

▼ くれたなあ~ (3, 0.0%)

1 いまに, 誰かよ, 誰だ

▼ くれたなと~ (3, 0.0%)

1 喜色満面に, 庄吉が, 思って

▼ くれたばかりの~ (3, 0.0%)

1 いまは, 事を, 数箇の

▼ くれたばっかりに~ (3, 0.0%)

1 あぶないところ, 吾人は, 自分の

▼ くれたまえと~ (3, 0.0%)

1 背文字で, 頼むよう, 頼んだ

▼ くれたまた~ (3, 0.0%)

1 これから先, 一筆頼む, 主人が

▼ くれたをば~ (3, 0.0%)

3 時機に

▼ くれた一つ~ (3, 0.0%)

1 のもの, のよう, の光明

▼ くれた両親~ (3, 0.0%)

1 かずかずの, のこと, や親戚

▼ くれた主人~ (3, 0.0%)

1 の傍, の姉, も席

▼ くれた以外~ (3, 0.0%)

1 には何, はね, は飲まず

▼ くれた~ (3, 0.0%)

1 が生憎, であった, は夫

▼ くれた助手~ (3, 0.0%)

1 に訊ね, の, の手前

▼ くれた千鶴子~ (3, 0.0%)

1 に遠く, の兄たち, の報知

▼ くれた友だち~ (3, 0.0%)

1 が知つて, に何, を迎えました

▼ くれた叔父~ (3, 0.0%)

1 というの, の安兵衞, 間もなく自ら京都

▼ くれた~ (3, 0.0%)

1 の利き, の達者, をきく

▼ くれた同僚~ (3, 0.0%)

1 が心配, の顔, やら知人

▼ くれた~ (3, 0.0%)

2 には何ん 1 の衣裳

▼ くれた多く~ (3, 0.0%)

1 の友達, の未知, の知己

▼ くれた大切~ (3, 0.0%)

1 なる経済史, な遺産, な黄金メダル

▼ くれた夫人~ (3, 0.0%)

1 です, の好意, はああ

▼ くれた~ (3, 0.0%)

1 は村, は次, もゐない

▼ くれた娘さん~ (3, 0.0%)

1 だあの, のみやげ, はい

▼ くれた婆さん~ (3, 0.0%)

1 であるにも, の孫, はマルグリット

▼ くれた子供~ (3, 0.0%)

1 が, が来, のまま

▼ くれた宿屋~ (3, 0.0%)

1 で鯉, へ両手, まで行かなけれ

▼ くれた寝床~ (3, 0.0%)

1 のなか, の上, へ潜りこんだ

▼ くれた小さな~ (3, 0.0%)

2 品物や 1 我々自身で

▼ くれた小僧~ (3, 0.0%)

2 の春松 1 です

▼ くれた~ (3, 0.0%)

1 のみどり, の仙人, の木の実

▼ くれた~ (3, 0.0%)

1 が忘れられない, と體, の多く

▼ くれた時彼~ (3, 0.0%)

1 に直接, のお, はパン

▼ くれた最後~ (3, 0.0%)

1 のなつかしい, の名刺, の料理

▼ くれた~ (3, 0.0%)

1 におまえ, にこういう, に徐

▼ くれた材料~ (3, 0.0%)

1 が彼, である, ばかりを掴ん

▼ くれた椅子~ (3, 0.0%)

1 にくたくた, へ並ん, をわざと

▼ くれた浴衣~ (3, 0.0%)

1 が何, をだらし, をダラシ

▼ くれた礼心~ (3, 0.0%)

1 にお爺さん, に兼吉, ばかりでなく

▼ くれた紹介状~ (3, 0.0%)

1 が立派, を懐, を渡しました

▼ くれた綺麗~ (3, 0.0%)

1 な人, な小間使, な綺麗

▼ くれた美しい~ (3, 0.0%)

1 冬子の, 島田髷の, 花の

▼ くれた~ (3, 0.0%)

1 なども積み込みました, にも肴, のきれ

▼ くれた自然~ (3, 0.0%)

21 と人間

▼ くれた~ (3, 0.0%)

1 である, に乗っ, に乗り

▼ くれた色々~ (3, 0.0%)

1 な香料, の怪談, の歌

▼ くれた蒲団~ (3, 0.0%)

1 にさっさと, に子供達, のなか

▼ くれた~ (3, 0.0%)

1 がある, さえ二度, すらろくろく

▼ くれた~ (3, 0.0%)

2 先生に対しても 1 段階が

▼ くれた院長~ (3, 0.0%)

1 の河西君, はかく, やその

▼ くれた青年~ (3, 0.0%)

1 が私, と結婚, ももはや

▼ くれた食物~ (3, 0.0%)

1 のわずか, は皆あれ, を食べ

▼ くれた~ (3, 0.0%)

2 の骨 1 を食べた

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 た, 何てえ

▼ くれたあと~ (2, 0.0%)

1 でその, ではきっと

▼ くれたうれし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ くれたおじいさん~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ くれたおばさん~ (2, 0.0%)

1 がいった, なの

▼ くれたお前たち~ (2, 0.0%)

1 に私, の叔父上

▼ くれたお母さん~ (2, 0.0%)

1 だと, は私

▼ くれたお玉~ (2, 0.0%)

1 がいぬ, ですから

▼ くれたお金~ (2, 0.0%)

1 ももう, を拾い集めました

▼ くれたかが~ (2, 0.0%)

1 わかって, 善く分る

▼ くれたかって~ (2, 0.0%)

1 ええけど, ええし

▼ くれたかを~ (2, 0.0%)

1 思いまた, 考えて

▼ くれたかをも~ (2, 0.0%)

1 察して, 思って

▼ くれたきり~ (2, 0.0%)

1 だった, でその

▼ くれたくせ~ (2, 0.0%)

2

▼ くれたしかし~ (2, 0.0%)

1 勉強に, 厭味の

▼ くれたすっかり~ (2, 0.0%)

1 の智慧, の聖歌

▼ くれたすべて~ (2, 0.0%)

1 のもの, の愛

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 よう, 丹下

▼ くれただけで~ (2, 0.0%)

1 あつた, 次郎吉は

▼ くれたときわたし~ (2, 0.0%)

1 はずいぶん, は急い

▼ くれたとき僕~ (2, 0.0%)

1 はそいつ, は彼

▼ くれたとしか~ (2, 0.0%)

1 思えない恰好, 考えられない

▼ くれたとして~ (2, 0.0%)

1 あらんかぎり, それを

▼ くれたにも~ (2, 0.0%)

1 あるの, かかわらず脚本

▼ くれたによって~ (2, 0.0%)

1 それだけは, 信ずるので

▼ くれたのにと~ (2, 0.0%)

1 思うと, 気の毒そうに

▼ くれたはず~ (2, 0.0%)

1 だったね, ですが

▼ くれたばかりに~ (2, 0.0%)

1 大分こっちの, 役目を

▼ くれたほか~ (2, 0.0%)

1 になにひとつ感心, のもの

▼ くれたほんとう~ (2, 0.0%)

1 に久しぶり, に可哀そう

▼ くれたまあ~ (2, 0.0%)

1 こっちから, 死ぬまで

▼ くれたもの何倍~ (2, 0.0%)

2 にもなっ

▼ くれたわし~ (2, 0.0%)

1 の待遇, はお前さん

▼ くれたわね~ (2, 0.0%)

1 うれしいわ, 兄妹の

▼ くれたコップ~ (2, 0.0%)

1 に手, を持った

▼ くれたビール~ (2, 0.0%)

1 をグングン, を一口

▼ くれた一事~ (2, 0.0%)

2 である

▼ くれた一木一草~ (2, 0.0%)

2 と雖

▼ くれた一杯~ (2, 0.0%)

1 のそれ, やりたいな

▼ くれた三人~ (2, 0.0%)

1 に, の子供

▼ くれた上野~ (2, 0.0%)

1 の宿屋, の山下

▼ くれた下女~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ くれた不思議~ (2, 0.0%)

1 な手紙, な犬

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 に先生, に素晴らしい

▼ くれた二度目~ (2, 0.0%)

1 の夫人, の茶

▼ くれた人びと~ (2, 0.0%)

1 に向っ, はかく

▼ くれた人形町~ (2, 0.0%)

2 の彫

▼ くれた人物~ (2, 0.0%)

1 だった, とみえる

▼ くれた以来~ (2, 0.0%)

1 は喧嘩, 時々連れ

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 の命, は汝坂口先生

▼ くれた作家~ (2, 0.0%)

1 にふと, はモオリアック

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 はそれ, をどんなに

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 とも言える, の顔

▼ くれた先輩~ (2, 0.0%)

1 がありまし, に半分承諾

▼ くれた公使~ (2, 0.0%)

1 と別れ, の夫人

▼ くれた兵隊さん~ (2, 0.0%)

1 の顔, も一緒

▼ くれた内田屋~ (2, 0.0%)

2 の御大

▼ くれた医者~ (2, 0.0%)

1 の一人, も顔

▼ くれた十七八~ (2, 0.0%)

1 の下婢, の女

▼ くれた友情~ (2, 0.0%)

1 については僕, のあつい

▼ くれた古い~ (2, 0.0%)

1 小屋なぞも, 薬袋の

▼ くれた号外~ (2, 0.0%)

1 が一枚, も読む

▼ くれた同じ~ (2, 0.0%)

1 天地が, 家来が

▼ くれた同君~ (2, 0.0%)

1 に感謝, の方

▼ くれた名刺~ (2, 0.0%)

1 には, をさがし出し

▼ くれた呉絽~ (2, 0.0%)

2 の雨合羽

▼ くれた四人~ (2, 0.0%)

1 の文化部員, の物知りたち

▼ くれた四本目~ (2, 0.0%)

2 の徳利

▼ くれた四角い~ (2, 0.0%)

1 台を, 洋封筒を

▼ くれた場合~ (2, 0.0%)

1 いきなり暗雲, には必ず

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 に語りもの, の様

▼ くれた大きい~ (2, 0.0%)

1 握り飯を, 籐籠から

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 の機会, の羽衣

▼ くれた天井~ (2, 0.0%)

2 は低い

▼ くれた奥さん~ (2, 0.0%)

1 もお嬢さん, を慕っ

▼ くれた女中頭~ (2, 0.0%)

2 の婆

▼ くれた女性~ (2, 0.0%)

1 がある, のある

▼ くれた女房~ (2, 0.0%)

1 が, までもが見

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 の房子, よ

▼ くれた嬉し~ (2, 0.0%)

1 さとで, さに

▼ くれた宿~ (2, 0.0%)

1 の人々, の若

▼ くれた小娘~ (2, 0.0%)

1 の姿, をああ

▼ くれた巻煙草~ (2, 0.0%)

1 に火, も一息

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 の家, の武蔵

▼ くれた~ (2, 0.0%)

2 よりの河童

▼ くれた幸運~ (2, 0.0%)

1 だ, をよろこびました

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 であったの, になっ

▼ くれた御礼~ (2, 0.0%)

1 にやっ, に一盃

▼ くれた御馳走~ (2, 0.0%)

1 であった, になつた

▼ くれた心意気~ (2, 0.0%)

1 が嬉しい, に対しても言われた

▼ くれた思想~ (2, 0.0%)

1 である, の一部分

▼ くれた恩師~ (2, 0.0%)

1 である, に対する報恩

▼ くれた愉快~ (2, 0.0%)

1 な男, な酒

▼ くれた態度~ (2, 0.0%)

1 が誰, とは實

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 る人, る教師

▼ くれた挨拶~ (2, 0.0%)

1 をする, を無意識

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 ようよう力, 土井英一君の

▼ くれた文吉~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ くれた新聞~ (2, 0.0%)

1 が二包み, を津田

▼ くれた旅人~ (2, 0.0%)

1 が救い, を泊め

▼ くれた日本人~ (2, 0.0%)

1 にとってもむずかしく, は二十二歳

▼ くれた旦那~ (2, 0.0%)

1 と二人, に死なれ

▼ くれた時おれ~ (2, 0.0%)

1 があやまったら, があやまつたら

▼ くれた時私~ (2, 0.0%)

1 は取り返し, は感じた

▼ くれた朝飯~ (2, 0.0%)

1 の箸, の膳

▼ くれた未知~ (2, 0.0%)

1 の人, の諸君

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 がある, をおい

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 の叔母さん達, の耶蘇信者四人

▼ くれた~ (2, 0.0%)

2 といふ先生

▼ くれた某君~ (2, 0.0%)

1 はかつて, は今年六十

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 かな顎, しサ

▼ くれた梅ヶ香丸~ (2, 0.0%)

2 は新造

▼ くれた武士~ (2, 0.0%)

1 が数千人声, も天国

▼ くれた津村信夫~ (2, 0.0%)

2 とわかれ

▼ くれた準之助氏~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ くれた~ (2, 0.0%)

2 も非常

▼ くれた焼酎~ (2, 0.0%)

1 で洗っ, を塗っ

▼ くれた父母~ (2, 0.0%)

1 の好意, や大人たち

▼ くれた父親~ (2, 0.0%)

1 にしばし, はそう

▼ くれた牛乳~ (2, 0.0%)

1 をのん, を一口

▼ くれた物差し~ (2, 0.0%)

1 のみでなく, を機械的

▼ くれた物語~ (2, 0.0%)

1 である, を見出した

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 だもん, で耳

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 の八五郎, は言

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 の人, の助役さん

▼ くれた~ (2, 0.0%)

2 にこんど

▼ くれた百姓~ (2, 0.0%)

1 の男, も戸口

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 です, をどう

▼ くれた着物~ (2, 0.0%)

1 は芭蕉, を受取ります

▼ くれた石塔~ (2, 0.0%)

2 も立派

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 によるの, に向かいあっ

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 からそっと, のやう

▼ くれた立派~ (2, 0.0%)

1 なナイフ, な力

▼ くれた笑顔~ (2, 0.0%)

1 である, で機嫌

▼ くれた~ (2, 0.0%)

2 でした

▼ くれた約束~ (2, 0.0%)

1 もこれ, を思い出した

▼ くれた紅白~ (2, 0.0%)

1 のガーベラ, の真綿

▼ くれた紅茶~ (2, 0.0%)

1 をすすり, を飲み

▼ くれた紙幣~ (2, 0.0%)

1 ならもう, の束

▼ くれた細君~ (2, 0.0%)

1 に愛想, の好意

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 の娘さん, を数枚

▼ くれた縁談~ (2, 0.0%)

1 などもお, もあった

▼ くれた義理~ (2, 0.0%)

1 があっ, もありま

▼ くれた羽織~ (2, 0.0%)

1 を引つかけ, を着

▼ くれた耳木兎~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ くれた聖書~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ くれた良人~ (2, 0.0%)

1 に対しても彼女, の友達

▼ くれた色濃い~ (2, 0.0%)

2 桔梗の

▼ くれた若衆~ (2, 0.0%)

2 である

▼ くれた草履~ (2, 0.0%)

1 に換え, をはい

▼ くれた草鞋~ (2, 0.0%)

1 である, はす

▼ くれた荷物~ (2, 0.0%)

1 が来た, はぐちゃぐちゃ

▼ くれた菖蒲~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ くれた薬草~ (2, 0.0%)

1 の功徳, をさっそく

▼ くれた藝術~ (2, 0.0%)

2 を他

▼ くれた蘿月~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ くれた親類~ (2, 0.0%)

1 がそれぞれ準備, の者共

▼ くれた記念~ (2, 0.0%)

2 の品

▼ くれた誠実~ (2, 0.0%)

1 と献身, を

▼ くれた赤い~ (2, 0.0%)

1 帯に, 裏の

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 が來, を捜す

▼ くれた軍司氏~ (2, 0.0%)

2 であつ

▼ くれた農夫~ (2, 0.0%)

1 はこの, もあった

▼ くれた返事~ (2, 0.0%)

1 が, なり

▼ くれた連中~ (2, 0.0%)

1 の眼付き, はザハール・キリーロ

▼ くれた運命~ (2, 0.0%)

1 に祝福, の悪戯

▼ くれた鉄管~ (2, 0.0%)

1 の水, の籠

▼ くれた銀杏~ (2, 0.0%)

1 が三本, の大樹

▼ くれた錦絵~ (2, 0.0%)

1 である, を一枚

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 をポケット, を差し込ん

▼ くれた長崎~ (2, 0.0%)

1 の永見氏, の知事

▼ くれた間もなく~ (2, 0.0%)

1 樹明君が, 樹明君も

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 ですから, には別に

▼ くれた雌牛~ (2, 0.0%)

1 はお, はわたし

▼ くれた雨戸~ (2, 0.0%)

1 からそうっと, の開閉

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 なんか滅多, に足

▼ くれた音楽~ (2, 0.0%)

1 よ, よ私

▼ くれた~ (2, 0.0%)

1 のいい, はこわれない

▼ くれた飛脚~ (2, 0.0%)

1 がありまし, を見

▼ くれた養子~ (2, 0.0%)

1 です, の伊三郎

▼ くれた高木~ (2, 0.0%)

2 はもう

▼1* [1553件]

くれたああ云うこと, くれたあげくお厩, くれたあげく医者のところ, くれたあすよりは海, くれたあたたかいラム, くれたあなたを信じ, くれたあまり裕福でない, くれたあまり不意打ちをくらわせ, くれたあらゆる新鮮な, くれたありがたう壺に, くれたありがとうありがとう雨いよいよ, くれたありったけの曲, くれたあれが体, くれたあんたが受け取る, くれたいい看板の, くれたいっさいのもの, くれたいつしよに, くれたいつもすまないと, くれたいまでて, くれたいろいろな親切, くれたうえ五人の連証, くれたうえ自身付き添って, くれたうちの前, くれたうとう背中に, くれただを, くれたおいしかつた, くれたおいしい夕飯を, くれたおかあさんを, くれたおしのの, くれたおじさんはどう, くれたおせっかいもこの, くれたおっかあの, くれたおとがひ, くれたおまえはいま一命, くれたおまえたちはいつ, くれたおらのベントウ, くれたおれは地獄, くれたお年よりの奥さま, くれたお年玉にけち, くれたお方です, くれたお松が居ない, くれたお母さん私は今あなた, くれたお玉外から帰っ, くれたお礼心からちと, くれたお祖父さんお祖母さんにゃ早く, くれたお菓子を妹たち, くれたお金ざますが小, くれたかいもなく, くれたかき餅をのせ, くれたかしらと思いながら, くれたかじ富がそれ, くれたかっこうをし, くれたかっと照りつける夏, くれたかといふ惚氣交り, くれたかなどと挨拶も, くれたかに感激の, くれたからかも知れないし, くれたからこそかれの, くれたからとて大事は, くれたからには恩こそ, くれたからにはなあ君つまり怒っ, くれたからの嬉しさ, くれたからよそれで俺, くれたかんじきの跡, くれたがナかった, くれたきのうの人, くれたぎりいくら不足だとも, くれたくらゐなので, くれたくらいの私の, くれたここちがした, くれたことこれはありがたい, くれたこと主婦としての生活, くれたこと娼妓も三十, くれたこと父が一頃親類先, くれたこと病院の一等室, くれたこと茶も出さねえで, くれたこと見事な花環, くれたこと言ふ子供, くれたこれから気を, くれたこれ当家の主人, くれたこんな文句が, くれたごちそうをすっかり, くれたご苦労賃ですよ, くれたさあ云えなぜ, くれたさびしがり臆病, くれたさまざまのよい, くれたしかして杖を, くれたしかも四十二銭で, くれたしばらく話して, くれたしみじみとした, くれたしろものだ, くれたじいさんこそいま, くれたじゃあ早速今日, くれたなほに, くれたすると人が, くれたせいですか, くれたせつ子の気持, くれたそういうほねおり仕事, くれたそこの女房, くれたその同じ場処に, くれたその後は兄弟同様, くれたそれで見本帳で, くれたそれにしても其中庵は, くれたそれらの人達, くれたそれ等からも私, くれたぞうりの鼻緒, くれたぞという情念から, くれたたくさんのお金, くれたただ一人の者, くれたたった一冊の, くれたためしはなかつた, くれたためそちらの意見, くれたため君はかえって, くれたため意外にトントン, くれたため私は敵, くれただけじゃない, くれただけを言うまで, くれたやない, くれたっけがこれは, くれたってもいいじゃ, くれたついでに, くれたではあなたは, くれたとある円亭で, くれたとか通り過ぎて, くれたとかいうのでございます, くれたとき僕たちは一錢蒸氣, くれたとき彼はまた, くれたとき私は私自身の, くれたとき自分はそれ, くれたとき親切にこう, くれたとき馬や羊, くれたところがぎゃっと一声雪の, くれたとたんにパチリと, くれたとても優秀な, くれたとでも言うの, くれたとまで言ひさう, くれたどんぐりを学校, くれたなつかしい夜を, くれたなどと伝えすこぶる, くれたなどということが, くれたなどとはまことに美談, くれたなどとも言わない, くれたなどは弱気という, くれたなにぶん頼むぞ, くれたなんにし, くれたなんぞお礼を, くれたにゃア訳が, くれたにや驚いた, くれたのう宇吉ツぁん, くれたのこらずのせっぷん, くれたのねえと大声, くれたのみか御旗楯無の, くれたのよねジョン, くれたばかりじゃからまた今日, くれたふかふかした綿入れ, くれたふじやの菓子, くれたふろしき包みの荷物, くれたぶどうも冬, くれたほうれん草に似, くれたほおずきはあまり, くれたほんとにかわいい小さな, くれたまきの山, くれたまことに卒倒菩薩である, くれたまたとない記念品である, くれたまったくね, くれたまではぼんやりながら, くれたまひ御取交し, くれたまま仏壇の前, くれたまんなか頃の二等車, くれたまァまァ寛ろいで, くれたみんながじ, くれた同様だ, くれたもっと何か, くれたもつとも隣の, くれたもとの私, くれたものそれを頭, くれたものぢや, くれたもの鮑五つに栄螺七つ, くれたうだつた, くれたやつがある, くれたやらすぐにも, くれたゆえをもっ, くれたゆえ西洋の文明, くれたゆゑ頭痛もぢ, くれたよい点を, くれたよく来て, くれたよりうれしい, くれたよりはもう少しいい, くれたよりももっとよく, くれたあたしが, くれたわいこの鉄瓶, くれたわたしの小さな, くれたわねなどと思いつくかぎり, くれた懌び礼に, くれたんでね横っとびに, くれたアイルランドの青年, くれたアノ老牧師さん, くれたアメリカの学者, くれたアルカージイというカモジ, くれたアンドレーセン子爵に縁づい, くれたイヤな商売, くれたイワレがわからない, くれたウズラの玉子, くれたオレの先生, くれたカアペンタアという八つ位, くれたカマボコ板の表札, くれたカラシをペン皿, くれたカルコーン君は画面, くれたカーキのシャツ, くれたカーペットを出しました, くれたキッスと村はずれ, くれたキビラ石むき出しの隧道, くれたキミだから, くれたキャビネ版の寫眞, くれたクイーン・メリー号の事務長クーパー, くれたクロポトキンの叙述, くれたグレプニツキーに伴われ, くれたゲルトだから, くれたコツプを持つた, くれたコティの髪油, くれたコーヒーに舌つづみ, くれたコーンとも永遠, くれたゴルゴオは物静, くれたサラダを待っ, くれたシクラメンの鉢, くれたシゴイさんのやさしい, くれたシャツ一枚とだけはいわば, くれたシュルツ老人の土地, くれたショファは頑丈, くれたジェームス教授も余, くれたジャム入りの油, くれたジョウが寝物語り, くれたジーナの優しい, くれたセットはアイアン, くれたセラダに対して彼, くれたセンベイ布団にくるまる, くれたタイピストさんよ, くれたタクミの心構え, くれたタヾで, くれたダリアの大きい, くれたチビ公は光一, くれたチベットの商人, くれたチユウリツプとても変, くれたチョコレートの赤い, くれたツァ・ルンバ及びセラ大学, くれたテエプを抛りました, くれたトブテンというごく, くれたトマトとマンジュウ, くれたドアの中, くれたドイツ人カフマンての, くれたナポリ小唄を歌った, くれたニヒリズムがこの, くれたニューラの姿, くれたハイボールを一息, くれたハキハキした利口, くれたハルクの安否, くれたハンカチを取り出しました, くれたハンケチを貰っ, くれたハートのクイン, くれたバイオリンでありました, くれたバケエはすぐ, くれたバスに乗つ, くれたバルザックの小説, くれたパンか何, くれたパンパンなどは異例, くれたヒントが唯今, くれたビヨンクウルの老, くれたピアノを思い出す, くれたピグミー昔を恨み, くれたピストルの無音発射, くれたファンがある, くれたフェリクスとサフィー, くれたフライの山女, くれたフリーダのこと, くれたブローチをなでました, くれたブロードウヱマンシヨンの八階, くれたプッチーニの息子アントニオ, くれたベートーヴェンを頌め, くれたペンでしわく, くれたホテルの娘さん, くれたホーム貯蓄銀行の清原君, くれたボブの兄, くれたボールをわたす, くれたマアガレット・ダブリュー・ブルックス嬢に対して私, くれたマドマゼエルの為, くれたミミーはこんな, くれたミモザの花, くれたミヤゲであった, くれたメリイ・ストオプスの本, くれたモンペをもらっ, くれたヤロスラフ少年だった, くれたユーカラの量, くれたラッキョウの皮, くれたラマ達には俄, くれたリンネ学会員ウィルフレッド・マーク・ウェッブ氏の, くれたレノツクス・ロビンスンの戯曲, くれたレヴィウ作者にそこで, くれたローズの目, くれたワケだが, くれた一個十円のドラ, くれた一偉丈夫がある, くれた一切のもの, くれた一反の山繭, くれた一団の群, くれた一女性がある, くれた一対の小さい, くれた一本の無花果, くれた一束ねの髪の毛, くれた一松斎譲りの銘刀, くれた一生徒の作文, くれた一番大きな部分, くれた一番これを囮, くれた一粒の愛, くれた一組の一枚, くれた一般的理論を種々, くれた一軒おいて, くれた一通の紹介状, くれた一通りの説明, くれた一週間が一ヶ月, くれた一重ねはそんなに, くれた一銭銅貨は投げ, くれた一隅にすつかり, くれた一隊が八月十四日, くれた丁稚を憎ん, くれた七兵衛に相違, くれた七言絶句を仕立てた, くれた万吉の側, くれたで私, くれた三人組の第, くれた三十二枚張りさ, くれた三味線も達者, くれた三国誌の中, くれた三度三度のゴツゴツ, くれた三成が傑出, くれた三方子村のお, くれた三木さんは言下, くれた三本木の青年, くれた三沢の顔, くれた三番目の伯父, くれた三百両の金, くれた三輪の酒, くれた上土地の登記, くれた上役人らしいこと, くれた上数人の助手, くれた上杉謙信といふ半, くれた上江戸までの路用, くれた上海通の知人, くれた上等の胡弓, くれた上総介広常の軍勢, くれた上靴を穿い, くれた上馬大尽が来, くれたあごは, くれた下婢に留守居, くれた下宿の三階, くれた下曾根さんは十七年間会堂裏, くれた下男の釜吉, くれた下町娘はもうよほど, くれた世帯たまには自家, くれた世界の中, くれた世界一の贅沢, くれた世路艱難の十字路, くれた丘博士訳の進化論講話, くれた作者に, くれた両人には心外, くれた並木ももうそろそろ, くれた中世のアラビア人ら, くれた中外日報を読む, くれた中央公論を読む, くれた中年の夫人, くれた中庭の池, くれた中条流の許し書, くれた中間に向っ, くれた丸薬を大事, くれた主人鈴川主水は三十五, くれた主婦のチャンバアス夫人, くれた主要観念によって指導, くれた久子に向っ, くれた久松町の医者某, くれた久米に対してもとかく, くれた乳房が吸, くれた事アあるけど, くれた事務員の一人, くれた事実を単なる, くれた事故とも角, くれた二つの山梨, くれた二ツの卵, くれた二三の人達, くれた二三人の職人, くれた二三冊の書物, くれた二冊の書物, くれた二分金のある, くれた二十コペエケンを受け取, くれた二十二人の人々, くれた二十冊あまりの横文字, くれた二品がはひつ, くれた二本の酒, くれた二枚の写真, くれた二通の中, くれた二重顎の一重瞼, くれた五フラン貨幣を投げ込んだ, くれた五丈館氏と運転手氏, くれた五十銭玉一つを煙草代, くれた五少年をあつめ, くれた井戸の蓋, くれた些少な金額, くれたは積つて, くれた亡き母の, くれた亡き人の犠牲的, くれた亡妻のうえ, くれた京城丸またこんど, くれた京都の芝田堂, くれた亭主である, くれた人々私に親しく, くれた人びとわたくしに親しく, くれた人トテモ喜んで, くれた人万事に気, くれた人形のため, くれた人相になった, くれた人私がこんなに, くれた人秋山要介, くれた人等に対して感謝, くれた人足はその, くれたをこの, くれたの国学院大学教授今泉忠義さん, くれた今井のこと, くれた今井君までがいつのまにか, くれた今日迄の業績, くれた今晩はどう, くれただ, くれた仕事はこれから, くれた仕草なの, くれたの故老たち, くれた以上どんなにでも, くれた仮名の山田三造君, くれた伊豆守のご, くれた伊那の諸, くれた伏見のしもた, くれた伝説が残され, くれた伯母だったと, くれた伯母さんその伯母さん, くれた伯母さん枕の抽匣, くれた伯父さんに対して済まない, くれた住持や顕彰会, くれた佐々木剋嘉君とここ, くれた佐々木君に私, くれた佐藤庄司父子の武士, くれた何と恥づか, くれた何ともいひやう, くれた何よりの贈物, くれた何んだなあ, くれた何事も関白, くれた何人かの頭, くれた余り寒いから, くれた作品として生涯おもいで, くれた作爺さんは日光, くれた作者は嘗て, くれた佳肴をむさぼり食う, くれた依然として人を, くれた係りの下女, くれた保証人に挨拶, くれた信一の言葉, くれた信吉がその, くれた信者の方々, くれたは職任, くれた借金の極り, くれたに身, くれたの手当, くれた僅かばかりの遺産, くれた優しさだ, くれた優しいことの, くれた兄さんですら, くれた兄自分を勵, くれた先生絵筆をべろべろ, くれた先輩知友並びに出版, くれた入口から轉, くれた入費を彼女, くれた全てのこと, くれた全部です, くれた公卿の労, くれた公証人が次, くれた兵たちに礼, くれた其方の爲, くれた内海厚に, くれた写真で驚いた, くれた凡ての本, くれた処置がよかっ, くれた出花も飲まず, くれたを見る, くれたの由, くれた切符の代, くれた平の, くれた初めは狂犬, くれた別家の久左衛門, くれた別荘に泊つた, くれた別荘主の津田白亭, くれた利益がむだ, くれた刹那の嬉し, くれた大蔵大臣に, くれた前川の愛撫, くれた前後の二, くれた前田さんに音楽, くれた剣士をびっしり, くれた割に上瞼の, くれた剽軽な伯母さん, くれたを落し, くれた力強い生命へ, くれた功労は没すべからざる, くれた加世子の弟娵, くれた加藤殿へも妹, くれた助力にどれほど, くれた助教授それらの人達, くれた効き目であろう, くれた勇者をもてなす, くれた動力なの, くれた匕首もあたり, くれた北海道新聞の, くれた医者達の犠牲, くれたばかりの女の子, くれた十九歳の日本, くれた十分の時間以上をさ, くれた十時半の汽車, くれた十錢玉一つをしつ, くれた千人針をふところ, くれた千余の兵, くれた午後四時半が近づいた, くれた衿を, くれた半紙に絵, くれたをおく, くれた協力者との結晶, くれた南瓜の成長, くれた南鐐を手, くれた衣を, くれた単物を取り返し, くれた博労たちにはかえって, くれた印可さえ返し, くれた印度志士コローズ氏もまじっ, くれた印板屋の定さん, くれた厚情を仇, くれた厚意に対しこれ, くれた原本を無くした, くれた去年貰つた新茶の火, くれた友さん今弁信さんが鷲, くれた友人川原剛太郎の顔, くれた友人有賀氏に連れられ, くれた友人藤田健治氏の好意, くれた友人辻ヶ谷君はいつ, くれた反抗の表情, くれた叔母を更に, くれた叔母えい子刀自ももう, くれた叔母さんのあった, くれた叔父夫婦に頼み, くれた古橋君として登場, くれた古瀬戸の, くれた古田中夫人, くれた古田中さんの, くれた古老が云った, くれた可愛い子達で, くれたの上, くれた台座の勁, くれた台本による風景映画, くれた台湾軍の, くれたの手, くれた右馬介がもし, くれた合鍵を箪笥, くれた吉川の書生, くれた吉川夫婦と彼, くれた吉松へ役人, くれた吉祥天女が, くれた吉見素子のこころもち, くれた舊友矢島氏に, くれた同志を遇する, くれた同情にわけ, くれた同情者でありました, くれた同所の老人, くれた同級生の辻ヶ谷君, くれた同胞たちよ私, くれた同郷の先輩, くれた名前だった, くれた名取君の手腕, くれた名士の名, くれた周囲の人々, くれた品ものがある, くれた商人とである, くれたはその, くれた善き友を, くれたの紅い, くれたべては悪, くれたじゃお前, くれた噴行艇の巨体, くれた四つ又にも, くれた四拾円にはとっくに, くれた四方の扉, くれた団扇を弄, くれただと, くれた図面の通り, くれたの方, くれた国男の友人, くれた圖面を見せたら, くれた土ビンのお茶, くれた土井は別れる, くれた土産ばなしはマルモ探検隊, くれた土産物俺の居間, くれた在留邦人の方々, くれた在郷軍人の連中, くれた地主の尾入道, くれた地図である, くれた地圖が間違つて, くれた地方のお客, くれた地質学者ライマン教授は貝塚附近, くれた坊城は云う, くれた坦々たる平, くれた城戸四郎君や川尻君, くれた報告を聞い, くれた場所に着いた, くれたが自分, くれたのじゃがいも, くれた塩鰹が非常, くれた墓碣が故山, くれた墺太利の心霊学者, くれたなどがわたし, くれた壱円で石油, くれた変名もかなぐりすて, くれた外交辞令になっ, くれた外国の新刊物, くれた外套を着, くれた外旦那を初め後, くれた与里に対して, くれたを見た, くれた大使夫人は伸子, くれた大兄からの便り, くれた大兵の男, くれた大功は片時, くれた大将に逢わず, くれた大小三つの赤トランク, くれた大島先生のその, くれた大工が牛乳車, くれた大庭春吉は結成式, くれた大村君と樹明君, くれた大枚壱円三十四銭也助かつた, くれた大河にたいする郷愁, くれた大沼の存在, くれた大臣は立ち上がる, くれた大谷検事を後, くれた大阪の嫂, くれた天使だったのよ, くれた天候の前, くれた天地万象がどこ, くれた天工の樂器, くれた天鵞絨の枕, くれた奇妙な田舎紳士, くれた奇怪な暗示材料, くれた奉公もある, くれたの小間, くれた女さありゃこの, くれた女たちから出入り, くれた女どもわらべなどは連れ参る, くれた女中さん本間さんのところ, くれた女史はその, くれた女奴の蝦夷萩, くれた女達やあの, くれた奴さん老耄のジョクリスさん, くれた人は, くれた好奇心にそそられない, くれた如法玩弄の焼, くれた妖女がこんど, くれた妙子の顔, くれた妙庵の代診仙友, くれた妹分という人, くれた姉さまをお, くれた始末であつ, くれた娘たちもみんな彼, くれたやは漆喰, くれたはお蔦, くれたを取戻す, くれた嫁さんの事, くれたはこう, くれたであります, くれた季節はずれの桜草, くれた学校当局はさらに, くれた学生をかえって, くれた学者もある, くれたがどこ, くれた宅助ツーウと半町, くれた守り袋を肌, くれた安村省三は列車, くれた宗教に絶対, くれた官選の弁護士君, くれた客人さえどうやら, くれたに入れられ, くれた家の子のうち, くれた家人が今朝, くれた家伝の目薬, くれた家庭の方, くれた家庭教師の老, くれた家来共が大分, くれた家老といえ, くれた密書こそ実は, くれた富士の裾野, くれた富士男君ぼくはいま, くれた富子という自転車屋, くれた寝ぼけ顔の女中, くれた寝室は二階じゅう, くれた寝所へ入っ, くれた寝苦しかつた, くれた寮生や現場, くれた寺島寅吉老人と春, くれた寺男が今彼等, くれた寺駕籠にうち乗り, くれた寿平次を自分, くれた専務車掌さんには好感, くれた専門家の説明, くれた将士軽輩にいたる, くれた尊い血な, くれた小さな小さな商人風の, くれた小出楢重君が死ん, くれた小刀です, くれた小名路の宿, くれた小形の銀時計, くれた小林雨郊君をつかまへ, くれた小次郎のほう, くれた小父さんなの, くれた小謡本には略字, くれた小豆をうまがっ, くれた小遣い銭などが出, くれた小間使いに自分, くれた小麦粉でつくった, くれた少年少女たちは五郎さん, くれた少数の頭, くれたつちよめ, くれた居士はまだ, くれた山うどは東京, くれた山の上の青い古い, くれた山口艸平画伯をひどく, くれた山河これらに私, くれた山田氏がいま, くれた岡田君と連立つ, くれた岩吉の態度, くれた島田髷の女中さん, くれた嵐粂吉の住居, くれた川田であった, くれた川西は被服廠, くれた巡査の目, くれた工場であり修繕, くれたの耳, くれた巻紙をひろげた, くれた市之助の料簡, くれた帛紗づつみを手早く受取っ, くれた師長を忘れる, くれた帰庵早々佃煮, くれた幇間も多い, くれた深い自動車, くれた幔幕もある, くれた平次の信條, くれた平民社の先輩達, くれた年寄の女, くれた幸田ゆき子の手, くれた幼児基督の玩具, くれた幼少時の貧苦, くれた幼年時代の思い出, くれた幼稚園の生徒ら, くれた之助さん, くれた序文のせて, くれた店頭の売り, くれた座敷に据ゑてある曲, くれた庭ばんのじい, くれた廃品回収業者の話, くれた弁当屋がこの, くれたといふの, くれた弓張提灯をとぼし, くれたと連れ立っ, くれたさう, くれた弾丸の飛来方向, くれた当人は失敗失敗, くれた当時の激しい, くれた当然その一枚, くれた彦根の伯父, くれた彫刻より先生の, くれたをなさず, くれた役人のソルティーニ, くれた彼一家の小, くれた彼廉直と誠実, くれた彼氏を知る, くれた彼等の仲間, くれた後方のテント, くれた褒美にと, くれた復讐だ, くれた徳人がある, くれた心底わしにはよく, くれた心持のまま, くれたに免じ, くれた忠房は, くれた忠義一徹の番頭, くれたてまし, くれたと呼ぶ, くれた怪物は僕, くれた恋人ばかりが追慕, くれた恩師ハンターがその, くれた恩恵であったと, くれた恩返しを今実行, くれた恩顧を思う, くれた恭一は道江, くれた恭順を通して田中不二麿, くれた魔除の, くれた悲しそうな, くれた情熱に対して自分, くれた愛情がますます, くれた愛憎の情, くれた愛機だったが, くれた感情が首藤, くれた感謝であった, くれた懐しい口と, くれた戀文が七本, くれた成田の羊羹, くれたはさらに一段と, くれた戦利品の一々, くれたを斜め後ろ手, くれた手下たちも思わず, くれた手前易々と池田, くれた手段だったの, くれた手紙甲府の勤番, くれた手編の靴下, くれた手製の含漱, くれた手飼の密使, くれた手首に至る, くれた才蔵も坊介, くれた抱月氏の短い, くれた押入らしいもの, くれた拓本の老, くれたを窮屈そう, くれた指環をとにかく, くれた指輪にさわった, くれた挙句バタを売り, くれた挙句祖父はかう, くれた振り分けの荷物, くれた探偵にたずねた, くれた揚句不良少女の男性誘惑法, くれた揚句錢形の親分, くれた改札係の顔, くれた改造のなか, くれた放浪生活のなか, くれた故一日に一里, くれた故人の跡, くれた故知らぬ顔でいた, くれた故竜太夫のうち, くれた故高輪の漁師町, くれた救いの神, くれた教師達には皆, くれた教授親子を宿, くれた教練のよう, くれた教育や献身, くれた教頭がそれ, くれた敬君脱線のこと, くれた数人の親切, くれた文化住宅の日本風, くれた文化擁護万国作家協会という長い, くれた文句なん, くれた文字それを岸本, くれた文学トガリ鼻の文学, くれた文楽師匠の情, くれた斉彬の別れ, くれた料理がぜったい, くれた料理学校の試験問題, くれた新宅の里代, くれた新聞社を私, くれた新鮮なエネルギー, くれた方位それから太陽コンパス, くれた方法を用, くれた方角の暗示, くれた旅薬はこれ, くれた旅行者たちにすべて, くれた旅館が京家, くれた族霊を殺し食う, くれた日以来の家庭, くれた日本の娘, くれた日本名の神田仁太郎, くれた日本手づまの鈴川伝, くれた日本食を広い, くれた日蓮を思, くれた旦那様のため, くれたの母さん, くれた旧友達皆んなに逢いたくなった, くれた早速台所に, くれた昔土産である, くれたらしい情景, くれた春陽会国展とどつち, くれた昼飯を食べ, くれた時余は何となく, くれた時刻であるが, くれた時取次のもの, くれた時吉岡君は僕, くれた時君には東京, くれた時情の織, くれた時新吉は優しい, くれた時早見さち子は去年, くれた時武井さんはし, くれた時祖母は始め, くれた時立會の看守, くれた時自分は隨分, くれた時舞台の方, くれた時警察ではひろ子, くれた時顎をくしゃくしゃ, くれたなん, くれた普通の娘, くれた景蔵もひとまず, くれた晴着を身, くれた暖かそうな, くれた暫くの会う, くれた曲者でしょう, くれた書牘体の一文云々, くれた最下級の捕吏, くれたや花, くれた月形の横顔, くれた有利な地盤, くれた有難い其の恩, くれた朋友やら見舞, くれた朝倉夫人は電車, くれた朝日の支社, くれた朝日新聞の為め, くれた朝野だったのに, くれた朝顔を見, くれた朝鮮が一等好き, くれた木村莊太君木村莊八君に感謝, くれた木立ちの所でわたし, くれた木綿の三紋, くれた木苺の熟す, くれた木莓の花, くれた木部にこう, くれた木頭と反身ッ, くれた末一番しまいにこう考えた, くれた本名である, くれた朱塗りの三ツ重ね, くれた朱塗り行灯のほのか, くれた机白木の座右, くれた杉原が今, くれた杉山シノブという老女, くれたを頭, くれた東京というまち, くれた東野に, くれた松の木の幹, くれた松岡は慥か, くれた松本の渡船場, くれた枕元の燐寸, くれた枕頭の新聞, くれた林檎に手, くれた果物の籃, くれたの大き, くれた柄本の女房, くれた柘榴はじめての, くれたに対して感謝, くれた校長先生のこと, くれた根岸の隠居, くれたと三十八歳, くれた案内者と一緒, くれた案内記を読みはじめた, くれた桜草の鉢, くれた森永ビスケットの罐, くれた椰子の実, くれた楠さんはたしかに, くれた極めて少数の, くれた楽しい世界見知らぬ, くれた楽しかった一日, くれた楽園にア, くれたと叢, くれた樂屋番の人, くれた樣子をし, くれた権力を逆, くれた横浜土産の一つ, くれた樹明君が苗, くれたの皮, くれた橘飩をその, くれた機関が決め, くれた次第を思いおこし, くれた次郎の気持, くれた欲張りか情誼, くれたをわすれ, くれた歌集であるから, くれた歓喜である, くれた林の, くれた正吉青年たちの集り, くれた正面の見とり, くれたの一節切, くれた武八じいさんは自分, くれた武蔵野を石神井, くれたじゃ, くれた殊勲者帆村探偵が来られました, くれた殺人のセンセーション, くれた殿樣の小, くれた母子二人は二十匹, くれた母胎そういうもの, くれた母親の方, くれた毒薬じゃ, くれた毛布にくるまった, くれた毛糸の衿巻, くれた毛脛の二本, くれた毬藻が沈ん, くれた気の毒なあの, くれた気持ちで縁側, くれた氣持になつ, くれた水夫はみな子供, くれた水産試験所の東屋三郎氏, くれた水筒から春子, くれた永井君の努力, くれた永島住職や小柴河内長野市長, くれたかけ飯, くれた江戸のごろつき仲間, くれた江戸絵の美しい, くれた汽車に御苦労様, くれた沢山の卵, くれた沢庵の訓, くれた沢村さんまでが, くれた沢田の主人, くれた河豚を思っ, くれた法華経は衡山, くれた泥鰌の煮た, くれた注意によって毎日家, くれた注意オリヴィエがなん, くれた注意書のよう, くれた注意深い警戒の, くれた洋服を着, くれた派手な浴衣地, くれたかな童女, くれた浜屋の主人, くれた浪人者ばかりに接し, くれた浪華漬もまだ, くれたはもう一度, くれた涎掛もあれ, くれたはなに, くれた涼風といふ, くれた淡紅の花, くれた深い専心的な, くれた淺草ツ娘の婿, くれた清水三重三氏に言わせる, くれた清治の思ひやり, くれた渋茶をとっ, くれた渡し場へ出る, くれた渡邊政太郎君その他の人々, くれた温い茶を, くれた温かい心が, くれた溌溂たる奴, くれた源吉が野良犬, くれたを走る, くれた漁師があった, くれた漢藥を飮, くれた澁茶に喉, くれた澄太君の奥さん, くれた激しい征服意志の, くれた濁酒に酔っ, くれた濃い牡丹色の, くれた瀑布から少しく, くれた火鉢の鉄瓶, くれた灰色のスーツ, くれた灼熱の真夏, くれたやき爺さん木口公平, くれた炭火がかすか, くれたに巾着切り, くれた為め大きな椋, くれた為替にどう, くれた為替券のこと, くれた烏丸家の医師, くれたけなしの, くれた無名の男, くれた無邪気な態度, くれた煎餅蒲団は年, くれた煙草を二三ぷくのみました, くれた煙草盆で二三服立, くれた熊の胆屋の丁稚, くれた熊野神社まで行けなかつた, くれた熱い茶で, くれた燒酎で洗つて, くれたでございます, くれた父義朝の遺臣たち, くれた版畫莊主人の厚意, くれたを大事, くれた特別な機会, くれた犬山画伯のこと, くれた犯行の方法, くれた状態であつ, くれた狩衣や刺貫, くれた独りよがりの枝ぶり葉ぶり, くれた独唱会の招待券, くれた狭い部屋で, くれたが人家, くれたなので, くれた獣医の名前, くれた玄関を入った, くれた玉子をあの, くれた玉露らしい茶, くれた玩具も足, くれた玩器は小さい丸い薄い, くれた珈琲が痛み, くれた現在の親, くれた理由はわかつた, くれたの露, くれた甌香館集の補遺畫跋, くれた蕉実を, くれた甚内が遠い, くれたまじめな, くれた生みの親, くれた生島屋のあの, くれた生涯の天機, くれた生白い顏も, くれた田中豊太郎君とはその, くれた田川博士にやさしく, くれた田月堂の主人, くれた田豊の好意, くれた田辺小学校の石田, くれた由後になり, くれた甲斐は酒, くれた男どもが番兵, くれた町人ふうの男, くれた町内の兄哥, くれたをまだ, くれたなどの名義, くれた畔柳博士を仰ぎ見た, くれた登山者中の一人, くれた白い柔手までが, くれた白樺のしおり描き, くれた白湯の茶碗, くれた白雲の財産, くれた百六十余人の平泉, くれた百円の金, くれたをよせ, くれた盆栽で今, くれたをぐっと, くれたへ両足, くれたをあげ, くれた目上の人, くれた目明しである, くれた目黒界隈はもと, くれた盲目のよう, くれた盲目縞の袷, くれただからな, くれた県会議員はその, くれた眞達悪い事, くれた円の, くれた真上氏はそれ, くれた真珠の首飾り, くれた真紀子の情愛, くれた真赤なほう, くれた知人の家, くれた知己の意味, くれた短刀を取り出す, くれた石川数正を伝右衛門, くれた石橋おさ, くれた石碑が三代目さ, くれた石郷氏までが近頃すっかり, くれたのお, くれた研究あるいは仕事, くれたの座, くれた碁打の一人, くれた磯野の右側, くれた示唆の一つ, くれたの, くれた社友の好意, くれた祈祷師は犬神, くれた祖先の全体, くれた祖先頼宣に対して感謝, くれた祖父に一眼, くれた祖父さんだ, くれた祝儀で急場, くれた神たちがどっさり, くれた神田君に別れた, くれた祭典記念の神酒, くれた禎輔が遠い, くれた福島さんも知らなかつた, くれた福田恆存君は, くれた私達の朝飯, くれた秋風となつ, くれたの中, くれた空席に急い, くれた空気の甘い, くれた空軍と連絡, くれた窯場の人たち, くれた童子の父, くれた竹刀を受取っ, くれた竹村書房主にあらためて, くれた竹藪へいっ, くれた一の, くれたを買っ, くれたの水, くれたのこと, くれた簡単な食事, くれたを出し, くれたの袋, くれたを食っ, くれた精霊に胸いっぱい, くれた精魂がド, くれたのこわい, くれた紅い貝は, くれた納経帖をうけ, くれたがすうっ, くれた紙ぎれの寫しである, くれた紙包はこれ, くれた紙巻煙草を一本, くれた紙片が余, くれたをうけとっ, くれた索引の効能, くれた細い矢羽根の, くれた紳士はいったい, くれた紹介をし, くれた組織学の教科書, くれた結果右眼がわずか, くれた結果私は永井君, くれた結納の金糸銀糸, くれた絵はがきは多分, くれた絵本やらを棚, くれた絵草紙やおもちゃ, くれた絵話のよう, くれた継母おまん, くれた綿入れを重ね, くれた緑平老を駅, くれた編輯者が一人, くれたり遊んで, くれた練吉のこと, くれた練色の衣, くれた縁故からである, くれた繁昌な音羽護国寺門前通り, くれたなどがある, くれた美しい涼しい声の, くれた美土代町の奧州屋さん, くれた美少年上原が女, くれた美波さんという看護婦, くれた美術総合大学に入門, くれた義さんとやらが御, くれた義務としてしなけれ, くれた義心に対して自分, くれた義母は今, くれた義父が見る, くれた義雄の顔, くれた羽村で材木商, くれた老中牧野備後こそかつて, くれた老女を呼び出し, くれた老妓が彼, くれた老媼の数多い, くれた老木であつ, くれた老母はじき喜の字, くれた考え方であります, くれたも月謝, くれた耶蘇教信者仲間の石山氏, くれた聖人や天使, くれた聖像であった, くれた聖徒の扶, くれた聖歌をうたう, くれた肌守りの中, くれた肌着袷それを着, くれた肥後屋という旅籠屋, くれたなの, くれたのもの, くれた胡瓜を膾, くれた脅迫状到着の日, くれたにちょっと, くれた自宅の方, くれた自棄半分の無分別, くれた自由主義の功績, くれたの連中, くれた舞台用の緞子, くれた舞妓や仲居, くれたで桑名, くれた舟木さんがお前, くれた航海日誌である, くれた船井君のこと, くれた船堀のおばアさん, くれた色白で餘, くれたの商家, くれた芥川が, くれた花子と云う, くれた花環のなか, くれた花籠である, くれた芳子を突然, くれたは仕込むまい, くれた若い弱い女性から, くれた若狭のさる, くれた苦い経験を, くれた英国人の話, くれた英國の好意, くれた英語の滑稽本, くれた茄子苗を植ゑる, くれた茶碗でなければ, くれた草花の苗, くれた荻生さんとがバタバタ, くれた莫大な田産, くれた菅忠雄もいま, くれた菅忠雄氏であるが, くれたを, くれた菓子の正月, くれた菩薩じゃよ, くれたの小さい, くれた落合小中村両氏の新撰日本外史, くれた落花生の小さな, くれた物をな, くれた著想の微妙, くれた蒸気乗りでもちぢみあがる, くれたの花弁, くれたを欣ん, くれた薄い毛糸ショールで, くれたもまあ言わば, くれた薬方の大, くれた薬種のうち, くれた藤枝の好意, くれた蚊遣火の煙, くれた蛇籠作りの老爺, くれた蜃気楼だったかも, くれた蜘蛛は弥生, くれた蝋燭を今, くれた蝋細工のよう, くれた蝦夷と樺太, くれたその血, くれた血止めの薬, くれた行水をつかえと, くれた行燈を引きよせ, くれたの伊達者某君, くれた衣裳やら経巻, くれた衣類をスッカリ派手, くれたを見る, くれた表情の明る, くれた袁紹は先, くれた袖口とを思い出した, くれた袢纏一枚草鞋一足赤褌一本で雨風, くれた袱帛を持つ, くれたの仕立代, くれた裁判官の顔, くれた裘衣を脱ぎ捨て, くれた褞袍は随分, くれたをかけ, くれた西尾も上衣, くれた西村氏も此那こと, くれた見知らぬこれらの, くれた覚えはなかっ, くれた親父よりは家財, くれた親玉です, くれた言わば福の神の, くれた訓練の一つ, くれた記憶を一度, くれた記者さんの御, くれた設計圖はそこ, くれた許嫁の約束, くれたか, くれた証拠品を受取る, くれたがない, くれた話あそこの生活, くれた誠に忝ない大夫尼, くれた説明もあまりよく, くれた読者諸氏の望外, くれた誰彼やらには篤い, くれた課業以上に有益, くれた調子で言い放した, くれた調所の親切, くれた調査統計によった, くれた謙虚な気持ち, くれた謝礼だと, くれた警官は天才的, くれた警官たちが帰った, くれた護謨通は今, くれた谷中清水町の高橋某氏, くれた谷川君に心から, くれた豆石鹸でも行李, くれた豊子姉はそれ, くれた豊田氏の御, くれた豹一が多鶴子, くれた貞世をかりに, くれた財物はみな叔父共, くれた財産はもう, くれた貧しい粳の, くれた貧乏見舞に, くれた貧者の一本, くれた資料によってわれわれ, くれた資源を利用, くれたを失望, くれた賓客にたいし, くれた賽ころの目, くれた贈物にちがい, くれた赤兒の死骸, くれた赤城に対しても初めて, くれた赤羽橋の友吉, くれた趙雲子龍を非凡, くれた足利史談会の須永弘氏, くれた跣足盥の水, くれた路地を入る, くれた路用もくれた, くれたのこなし, くれた身なりのま, くれた身まわりの調度, くれた身体にもし, くれた軌条沿いの血, くれた軽輩の人々, くれた輝かしい客に, くれた辛抱づよい人類の十万年, くれた辛棒強くも, くれたが自分, くれた辞世なら意味, くれたない源兵衛手前, くれた農家だが, くれた近所の細君, くれた近習の中山彦太郎, くれた近藤家の保護, くれた近隣の者, くれた返礼にこんど, くれた追憶のおかげ, くれた逆境の訓育, くれた通り彼の見, くれた通信機のこと, くれた遊歴者の噂, くれた遊蕩を嫌つて, くれた運搬夫にどっさり, くれた過去が余, くれた道一方しか逃げ場, くれた道子が一昨日, くれた道庵先生への義理, くれた遠眼鏡で沖, くれた遺産は何, くれた邸宅まで人手, くれた部下にだって気の毒, くれた部屋がこの, くれた部落の若い, くれた配偶者と結婚, くれた配達夫の顔, くれた酒一升ももう, くれた酒場のボーイ, くれた里見さんや野村, くれた里親の家, くれた兵衛さんに, くれた重役の一人, くれたは山, くれた野性の現れ, くれた野村君とも一緒, くれた野郎が昨日拙者, くれた金三十両持って, くれた金光さまの洗米, くれた金兵衛がどう, くれた金包に触った, くれた金子君は私, くれた金魚になる, くれた釣鐘マントの半分, くれた鈴川源十郎が五十両, くれた鈴蘭の束, くれた鉄門の棒, くれた銀地に山水, くれた銀杏椿沈丁花その他都合七種ばかりの東洋植物, くれた銀杏樹は家, くれた銀行の上役, くれた銅貨まじりの, くれた銘々此場を立ち退い, くれた銘仙を仕立て, くれた銚子串差しにし, くれたで山がかり, くれた鎌倉だった, くれたのなか, くれた鐘撞堂の親方, くれたにぶら下っ, くれた長い草の, くれた長与病院長は余, くれた長兄にとり縋る, くれた長崎出身の人, くれた長崎市民の一人, くれた長田には済まない, くれた長良川博士が乗っ, くれた長谷川はそんなに, くれた門口の紅梅, くれた開拓者ではあった, くれたにも, くれた関係もある, くれた関羽であった, くれた闇さん今夜の首尾, くれた闘病十数年その苦痛, くれた阿媽の, くれた附添の女中, くれた附近の人, くれた院主の尼君, くれた隣村の隠居和尚, くれたと伴, くれた雀共が仔細, くれた雅子さんがお, くれた雑巾で足, くれた雑誌社の金, くれたが降っ, くれた電話であったろうか, くれたに関する本, くれた霊感の賜, くれた霊薬のききめ, くれた青い色の, くれた青年山本一藏は岸壁, くれた青田五良黒田辰秋鈴木実の三氏, くれた青空が跡形, くれた青蛇団に御馳走, くれた打算的な, くれたをし, くれた面持ちをし, くれた面白いでは, くれた面白かったであろう, くれたの独逸字, くれた鞄代用の更紗, くれた音声を張りあげ, くれた音楽会の返礼, くれた頃高瀬は先生, くれたの肌理, くれた頭巾と着物, くれたにその, くれたの似, くれた顎鬚をなし, くれた顔つきが思いだされた, くれた風呂敷を手, くれた風呂敷包を全部質, くれた風呂桶の湯, くれた風変りの富豪, くれた風流心に対して悪かっ, くれた食事に向い合った, くれた食卓についた, くれた食物肉類や卵, くれた食糧を背負っ, くれたを濟, くれた飯場頭の親切, くれた飯塚さんが今日, くれた飲物や茶菓子, くれたは好き, くれた養母の方, くれたを食べ, くれた餞別の金, くれた饅頭もうま, くれた馬車を使用, くれた駄賃にコーヒー一杯, くれた駅前の蕎麦屋, くれたである, くれた駒ヶ池の夜店, くれた駒下駄を突, くれた駕籠で山岸主税, くれた驛長さんは此二人, くれた高島田にお, くれた高時の愛犬何百匹, くれた高橋正二という商船学校出身, くれた高麗焼の礼状, くれた髪粗野な日, くれたの言葉, くれた魔法瓶さかなにとて膳の, くれた魔酔の酒, くれた魚汁の美味しかっ, くれた魚類の荷籠, くれたの入れ, くれた鯉のぼりの偉, くれた鳥羽に対しまた, くれた鳳仙花だけは実に, くれた鳶色のちぢれ毛, くれた鴻家の浪士, くれたのこと, くれた鶯籠があつ, くれた鶴香箱三方の類, くれた鷹ヶ峰の門前町, くれた鹿や猪, くれた麗人は一人, くれた麦煎餅か, くれた黄色いミカンの, くれた黒い大きなシルクハット, くれたについて感謝, くれたYMDC君はブローカー