青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「くれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

くつ~ くみ~ くも~ ~くら くら~ くらべ~ くり~ ~くる くる~ ~くれ
くれ~
~くれた くれた~ ~くれない くれない~ ~くれました ~くれる くれる~ くん~ ぐっと~ ぐる~

「くれ~」 12515, 135ppm, 792位

▼ くれ~ (3349, 26.8%)

106 いって, 頼んだ 83 云って 76 言って 68 いう 64 云った 54 言った, 頼んで 40 いった 39 いうので 29 云う, 云ふ, 言ふ 28 云うの 26 云つた 22 書いて, 言う, 言うの 21 いふの 19 頼みました 18 云うと, 頼まれて, 頼むと 15 いうと, 言つた, 頼むの 14 云うん, 申しました 12 たのんだ, 言うん 11 いふので, 云うので, 彼は, 彼女は, 私に 10 いいました, いふ, 手を, 頼みに 9 いうの, いつて, いふこと, せがんだ, 言いました, 言い出した, 頼んだが 8 いうから, いったが, いわれて, 云うから, 泣いて, 言うので, 頼んだの 7 いえば, いったの, 頼まれた, 願った

6 [15件] いうて, いっても, おっしゃるの, たのんで, 云いました, 僕に, 女中に, 申して, 私は, 言うと, 言はれ, 言われて, 頼まれたの, 頼む, 頼むので

5 いつた, せがまれて, クリストフに, 彼に, 念じて, 申すの, 要求する, 言ったが, 言ったの, 言っても

4 [24件] いうたの, いうんで, おっしゃいました, たのみました, たのむ, 云います, 云い出した, 云うこと, 云ったの, 云はれ, 云ひ出した, 仰言, 依頼された, 懇願した, 斯う, 注文し, 申します, 言いますと, 言つたら, 言出した, 遺言し, 頼むよう, 頼めば, 願つた

3 [50件] ある, いいますから, いうし, いふから, いふん, いふんで, おっしゃるん, お言い, せがみました, たのまれる, たのんだん, なって, 云う事, 云ったから, 云ったそう, 云つて来た, 云はれた, 云ひました, 云ふんです, 僕は, 叫んで, 哀願した, 念を, 懇願する, 手紙を, 母に, 泣くよう, 熱心に, 申しますが, 答えた, 言います, 言うから, 言うんで, 言ったので, 言つてゐた, 言は, 言ひ, 言ふと, 認めて, 誰が, 遺言した, 電報を, 頭を, 頼まれたこと, 頼まれても, 頼まれました, 頼むが, 頼むこと, 頼んだこと, 頼んでも

2 [161件] あった, あったが, あなたが, あなたに, あるだけ, あれほど, いい出した, いうが, いうこと, いうだけの, いったこと, いったと, いったのに, いふと, いふ事, いわぬばかりに, いわれた, いわれると, いわんばかりに, おっしゃって, お筆, お願いする, かいて, こういう頼み, このあいだ, して, せがむの, せがんだり, そう言っ, たつての, たのまれたの, たのまれました, たのんだが, ねだる此次, スヴォーリンに, 一寸した, 世話を, 乞うた, 云いに, 云うが, 云うもの, 云う意味, 云う長い, 云えば, 云ったが, 云ったこと, 云ったとか, 云ったり, 云ったん, 云つてその, 云つて申込ん, 云は, 云ふと, 云われそれ, 云われたの, 云われたので, 云われて, 云われるの, 云われるまま, 仰っしゃって, 仰有, 仰有るの, 例の, 催促される, 催促した, 催促する, 僕が, 兄に, 口を, 合図を, 命じた, 哀願し, 嘆願する, 固く約束, 執拗に, 夫に, 女は, 希望した, 彼女から, 御依頼, 心で, 心の, 手まねを, 持って, 斯う申します, 書いた, 書き添えて, 最後の, 村の, 条件を, 松田は, 泣いた, 泣きついて, 注文した, 無理に, 父に, 猪之が, 申しこんで, 申したそう, 申しまして, 申し入れても, 申し出た, 申すので, 申込まれて, 男泣きに, 看破りては, 真っ蒼, 祈って, 私が, 第三者に, 答へ, 繰り返して, 置いて, 要求し, 要求した, 親切に, 言いだした, 言い置いて, 言うて, 言うに, 言うよう, 言ったそう, 言ったとき, 言ったよう, 言ったわけ, 言ったん, 言ってるん, 言つ, 言つてる, 言つて來た, 言つて来た, 言はれる, 言ひます, 言ふんだ, 言へば, 言われた, 言われる, 請求した, 返事を, 迫った, 迫るの, 逼った, 頻りに頼む, 頼まれたもの, 頼まれたん, 頼みながら, 頼むん, 頼む安二郎, 頼む為, 頼んだか, 頼んだから, 頼んだけれども, 頼んだって, 頼んだとき, 頼んだところが, 頼んだので, 頼んだわけ, 頼んだ事, 頼んだ時, 頼んだ覚え, 飛んでも

1 [1311件 抜粋] あいずし, あつた, あやまったなどという, ありました, あるだろ, あんなに面, いいたかったに, いいたくない, いいだす, いいながら, いいなさるで木枕, いいます, いいますので, いいませんでした, いいフランク, いい出す, いい武士たち, いうぐらいの, いうた竜われ, いうなら勘弁, いうなら手伝わせても, いうほど, いう時, いえいい, いくら頼みこん, いったけれど, いったって, いったらおい, いったらやれと, いったん, いってるん, いつたはにかんだ微笑, いつたん, いつでも, いはれては, いひあなた, いひながら, いふか, いふもの, いふやう, いへば, いわない, いわれたのに, いわれましたけれども, いわれましたのでね, いわれるか, いわれれば, いわんばかり, おずおずし居る, おっしゃいましたが, おっしゃったそう, おっしゃるから, おっしゃるんでしたら問題, おねだり, お俊, お前たちに, お才, お時, お珠, お粂, お葉, お言葉, かつては, かれは, くどくかと, くやしいながら, くれぐれも書い, こういうの, こういった, こう因果, こう頼まれた, こしらえごと, ことを, これ程言う, こんなに申しつかっ, さし出す翁, さへ, しきり, しきりに申します, しきりに迫っ, しつこくせがん, じっさい悪魔, すすめ明日, せがまれた, せがまれました, せがみ出した, せがむもん, せがんだの, せき立てたが, せびる可愛い, そうおっしゃいました, そう申しとい, そのリスト, それだけの, それは, それを, たしかにこうも, たのまなければ, たのまれダア, たのみに, たのみましたか, たのむ奴, たのんだから, たのんだり, たのんだ秋川, たのんでも, つれて, なき温情, なくお, なく彼, なく慰め, なく葬式, なく進ん, なり, ぬかす, ねだつて, ねだるこの, ひたすら勧めた, まあ言いはじめた, まだ新しい, みつ子が, めそめそ泣く, もう既に酒, よう, よしやまだ一介, わたしは, アラジンに, オリヴィエに, クンツへ, コンクリートの, ジャックリーヌは, トタンの, ハリーに, ペコペコ頭, ボーイに, 一応は, 一昨日太郎左衛門を, 七十郎が, 下男に, 中尾の, 主人は, 久能は, 乞ふた, 二三日前から, 云いおう行こうと, 云いたくなる, 云いながら, 云いましたよ, 云いますから, 云いズンズン, 云い伯父, 云い出したので, 云い声, 云い残しただけ, 云い込まれて, 云うくれぐれも, 云うたら偽物, 云うのに, 云うよう, 云うんで, 云う嘆願, 云う奉公人, 云う手紙, 云う禰宜様宮田, 云う訳, 云う電報, 云ったじゃ, 云ったとき, 云ったとの, 云ったばかり, 云ったらしく, 云ったらツリ, 云ったら幾顆, 云った所, 云った由, 云っては, 云ってるん, 云つた所などは, 云つてあつ, 云つてある, 云つてやつた, 云つて梅廼屋を, 云つて玄関に, 云つて置いた, 云つて駅まで, 云ひ, 云ひたくなる, 云ひなさらない, 云ふも, 云へば, 云わせました, 云われた, 云われたが, 云われたとの, 云われなかったら万々歳, 云われました時, 云われるん, 云わんばかり, 互いに言いました, 交渉した, 人から, 今まで, 今朝も, 介抱に, 以前町会の, 仰しゃいました, 仰しゃったくらい, 仰しゃるので, 仰しやつ, 仰っしゃっておられるのでございますが, 仰っしゃるんでございますね, 仰るので, 仰有ったので, 仰有っても, 会社に, 伝手を, 伝言を, 余を, 依みますと, 依頼する, 傍らの, 催促し, 兄さんが, 全身に, 内ポケット, 再應, 出した, 出入りの, 切りに, 切り込んで, 別の, 前もって断っ, 割りこむ, 加野は, 勝手を, 勧めたが, 半七, 博士に, 友蔵に, 口説かれまして, 叫んだこと, 叫んでも, 合圖し, 同じ穴, 名を, 告げました, 呶鳴り, 命じたある, 命じたもの, 命じ丹三郎, 哀願しよう, 哀願する, 嘆願した, 嘘を, 因果を, 堅く口止め, 声が, 多鶴子が, 大きな音, 大庭家に, 夫を, 奥さまは, 奨めたの, 妹に, 姉ちゃんから, 威勢よく, 娘に, 子供の, 宗兵衛が, 宗教に, 実は目下, 家兄玄徳の, 家来の, 小さな包み, 小用に, 巧みに, 布れ回った, 師匠が, 平常申し, 幽霊に, 度々催促, 引き止むる, 弟は, 強ふる, 強請って, 強請りますので, 強請んで, 彼が, 彼も, 彼女も, 從者に, 怒鳴りつけて, 思うかも, 恥も, 意外な, 慫慂し, 懇切に, 懇望する, 懇願し, 我々を, 所望する, 手紙で, 折り返して, 拒んだ, 招き置きたる者, 拜まれたり, 拝みは, 持込むん, 掛け合って, 推して, 散々あつし, 断って, 斯うだ, 日本左衛門が, 昌作は, 時の, 書いた上, 書き添, 望むの, 望んで, 来たが, 東洋放送の, 松落葉を, 次々に, 歎願する, 此間から, 死にぎわにあの娘, 毎年毎年予算に, 求める者, 治三郎に, 泣いたり, 泣かれたところ, 泣きついたの, 泣き出したり, 泣く奴, 泥を, 注文され, 洋造が, 涙を, 湯札を, 無愛想な, 照会が, 特に注文, 狂気の, 甥に, 由良に, 申されたこと, 申され同じ, 申しそうら, 申しましたから, 申しましてね, 申しますと, 申しますんで, 申し出たので, 申し渡しさらに, 申し込んだ, 申すでは, 申せど, 申出た, 申込むと, 申込んで, 町役人が, 畳へ, 白井が, 百円札を, 相図, 眼で, 確かに, 祈りながら, 神も, 私へ, 竹屋の, 答えたい, 答えると, 結んで, 縁談の, 縋るよう, 繰り返すので, 耳に, 膝まで, 臨終の, 舎弟の, 茶を, 葉書を, 藪から, 袖に, 要求します, 覚つかない, 言い, 言いだしたなら彼, 言いつけて, 言いながら, 言いましたところ, 言いましたら社, 言い出したの, 言い出すと, 言い残したそう, 言うかわり, 言うこと, 言うたとて, 言うべし, 言うんだい, 言う如き前後矛盾, 言え, 言ったかを, 言ったという, 言ったとは, 言ったもの, 言ったら父, 言っちゃ, 言つたつ, 言つたのである, 言つた晩に, 言つてかなりの, 言つてゐました, 言つてん, 言つて來たんだ, 言つて歸つた, 言つて聞かない, 言はれた, 言ひおいた, 言ひ含めた, 言ひ遺したさうだ, 言ふからアトラクションは, 言や, 言わずに, 言われたもの, 言われても, 言われるが, 言われるの, 言われるん, 言わんばかしの, 言附け, 託しました, 訴えた, 訴える, 訴えるので, 註文する, 話したところ, 誂えられましたと, 誰かが, 誰も, 請いたれども, 請願し, 謂ふ, 警察の, 譲吉は, 責められて, 贈りもの, 返電が, 迫って, 迫られると, 送つて, 速達を, 運転手に, 遺言する, 重ねて, 金を, 鍵穴に, 附きに, 階下の, 電報した, 電話がか, 靴の, 頻りに口説い, 頻りに頼んだ, 頼まれたお, 頼まれたとか, 頼まれたよ, 頼まれた禮, 頼まれましたけれど, 頼まれる, 頼まれる時, 頼まれ氣, 頼みこんで, 頼みせいぜい, 頼みは, 頼みますから, 頼みますので, 頼みや, 頼み山宮泉, 頼み新聞, 頼むかわり, 頼むでも, 頼む泣声, 頼もうと, 頼んだじゃ, 頼んだところ, 頼んだよう, 頼んだら彼, 頼んだワケ, 頼んだ場合, 頼んだ男, 願いたかった, 願うだけ, 願ったら, 願って, 願つ, 顫え, 駆けこんで

▼ くれ~ (2369, 18.9%)

69 いるの 66 いる 43 いた 26 いるよう, ゐる 22 やる 20 いたの 18 いるん, しまった 17 やって 16 しまいました 15 います, やるから, よかった 14 いました, やった 13 いること 12 いると, やっても, やるの 11 やつた 10 いたが, やろう, ゐるの, 私の, 私は 9 それを, やったの, ゐた 8 いるので, やること, やれ, やろうと 7 ありがとう, いて, いるが, いるという, いるもの, しまったの, やらあ, やると 6 いたので, いる時, やつて, 自分の 5 いたところ, いるこの, いる一人, おいて, おります, しまつ, ゐたやう, ゐると, 有難い, 行った

4 [12件] あたりは, いたから, いるはず, いる人, それは, やるが, やるぞ, やれば, ゐました, ゐるやう, ゐるん, 自分は

3 [36件] い, いたその, いたん, いるから, いるところ, いるのに, いるらしい, いる間, すぐに, それに, ほんとうに, ました, やらう, やるという, やるよ, よこした, よろしい, ゐたが, ゐたの, ゐること, ゐるに, ゐるので, ゐる間, 了った, 僕の, 宜い, 居ります, 来た, 泣いて, 私が, 私を, 草の, 行く, 行ったの, 言った, 非常に

2 [123件] あたりが, あたりを, ありがたい, ある, いいで, いたとき, いたよう, いた人, いった, いつた, いつまでも, いなかった, いますよ, いやあがる, いらっしゃいました, いるうち, いるお, いるぞ, いるだろう, いるとは, いるに, いる乳母, いる師匠, いる日本植物研究者, いる落語家, おかなければ, おる, おるか, おるの, おろおろし, きょうは, これも, しかもそれ, しまう, しまえ, しまえば, しまったが, しまって, しまひました, そいで, そこへ, そしてその, そのあと, その一枚, その時, それから, それが, それで, みれば, やったが, やったこと, やったと, やったもの, やったり, やった金, やりました, やるか, やるさ, やるつもり, やるべ, やるもの, やるよう, やるわい, やるん, やる女の子, やる肚, やれと, やろうという, やんな, ゆくもの, よら, わたくしは, ゐたその, ゐたつて, ゐない, ゐます, ゐるか, ゐるから, ゐるのに, ゐる小池さん, ニヤリと, 一寸ドキッとした, 一週間ほど, 久しぶりに, 二人で, 他の, 僕は, 僕を, 光沢の, 反って, 和睦し, 大事に, 大地を, 宿六に, 居る, 居るから, 居るけれども, 彼は, 忝ない, 散歩に, 敵の, 是非とも, 河下の, 河野を, 湯桁の, 白根が, 相擁し, 私も, 編みだした戦略, 編みだした策, 縁側に, 置いて, 腹を, 自分で, 良かった, 行つた, 見えたり, 親切に, 諸と, 雪が, 青紫蘇, 飛ぶが, 飯を

1 [1254件 抜粋] あそこは, あたたかに, あった, あった国分君, あとまで, あはれ此君の, ありがたいと, ありがとうよ, あるの, ある何物, あんたとの, いいところ, いいよ, いいん, いい名, いう, いきなり側, いくらか都合, いく遠い, いたこと, いたじい, いたって, いたという, いたのに, いたゆえ, いたらよかっ, いたら彼女, いたチウチウ燕路, いた二人, いた作衛, いた前, いた少年, いた態度, いた方, いた権田原先生, いた由子, いた祖父, いた翻訳, いた送影機, いち早くくじけた, いてね, いないに, いながら, いふん, いましたでしょうか, いますし, いままで長い, いやそう, いようが, いられると, いるあいだ, いるお蔦, いるかも, いるけれども, いるご, いるだからなあ, いるとでも, いるなら何, いるには, いるもん, いるらしいの, いるわけ, いるんでした, いる主君, いる人たち, いる人物, いる兄, いる夢, いる娘さん, いる少年, いる忠実, いる日本, いる様子, いる涙, いる状態, いる真心, いる筈, いる細川家, いる臣下, いる軍事力, いる風景, いる魚戸, いろいろな, いろんな話, うれしかつ, うれしゅうございます, え洒落, おいたの, おいらを, おけば, おしまいのであろ, おどろいた, おやり, おりましたが, おりまする, おり特に, おるに, おるよう, おろうとは, お仕舞いなさい, お気の毒千万, かたじけない, からみついて, きっと立派, きわまった人生, くるくる廻った, くれられないかと, けっしてかんしゃく一つ, こちらから, この, この児, この後, この親分, この阿呆宮, これまで, こんなうれしい, ござる, ごらんそれが, さあ大丈夫, さしつかえなしだ, さて四方山, しあわせだった, しかも日本画家, しきりに馴れなれしく, しまいましたが, しまうから, しまうなんて, しまったそれ, しまったという, しまったらと, しまつては, しまふの, すぐ帰っ, すっかり雲, すんでに, せめて弟子, そいつらから, そういった, そうしてトモ, そう毎日, そこで船, そして妾, そのうえ, そのかわり, そのたび, そのままそこ, その上, その中年増, その余, その場, その度, その翌日弁当, その金, それからとたんにニッコリ, それからまた彼自身, それから寝巻, それから自分, それも, そろそろ本, たいていの, たった一度, たべて, だね, ちょうど良かっ, つかまって, つづらの, できるだけうまく, とにかく大学, とんだこと, なおったこと, ながめて, なにより, なんでも, なんにもない, にやりと笑った, はおりませんが, ふところから, ふんだんに旨い, ほんとに僕, ぼんやりし, ぽくぽくと, まことにありがたい, ましでした, まだすっかり伝染ら, まも, まアよく, まン, みますと, むらがる河内兵, もうあたり, もうちゃんと承知, もう一服, もらったり, やがて中學校, やったあの, やったって, やったらそれ, やったら一口, やったろう, やった姉, やった美しい, やった鉢植え, やって来たん, やっと無事, やつとく, やや満足, やらないが, やらなかったろう, やりさえ, やりたいが, やりたい状態, やりたくなります, やりますよ, やり十八年, やるからな, やるかわり, やるとは, やるは, やるんで, やる事, やる心持, やる扇面, やる気は, やる氣, やる禄, やる程, やる道楽, やれという, やれるはず, やろうか, やろうよ, ゆき子の, ゆくもん, ゆく窓, ようやくスケッチ, よかったとい, よこしたもの, よこしましたっけ, よそながらで, よんどころなく彼, わたくしだけが, わたしも, ゐたし, ゐたので, ゐたカスペリイニイ, ゐた傘張, ゐた芥川, ゐるうち, ゐるが, ゐるさ, ゐるだらうといふ, ゐるふう, ゐるよ, ゐる位, ゐる兩親, ゐる役者, ゐる樣, ゐる筈, ゐる風景, カチンスキー, キチンと, ゴッホは, サツと, ジョンストン館へ, タケノコメシを, ノソノソと, ハヨーとばかり, ヒロの, プーッと, ボーイ長は, メニサンクス, 一しよ, 一切の, 一同を, 一年経っ, 一方には, 一方の, 一緒に, 丁寧に, 七八時間青森に, 七時に, 三里も, 不安な, 両親との, 中へ, 乾いて, 了つた, 事務的な, 二人は, 二年でも, 二度目の, 云う塩野, 云って, 五月, 亥刻少し, 人を, 今帰られた, 今日この, 仕事が, 仕舞った, 代りに, 以来和らかな, 伊庭の, 何うし, 何かの, 何も, 何れも, 余が, 俺も, 傍へ, 僕が, 元の, 兄の, 全く後顧, 八方から, 六週間も, 其の悴, 内が, 出ッ歯, 刀を, 別室へ, 前夜と, 助けに, 十三日に, 十五人に, 十八日の, 十月六日に, 去らしめし, 双鶴, 口の, 叱って, 合い部屋, 君が, 和助が, 品川の, 唯今一見という, 四十分くらいしか, 固く握った, 堪るか, 夕饗は, 夜が, 大いに助かりました, 大へん, 大勢の, 大層旨かっ, 大阪の, 失業の, 奧の, 始めてなる, 娘を, 婦人の, 嬉しい, 実に助, 室内は, 家具らしい, 寄らで過ぎ行く夜半, 小女を, 小金井の, 居たの, 居つたか, 居りますから, 居るが, 居るところ, 居る中, 展覧会などへは, 川の, 差支えないとの, 帰して, 帰りにも, 帰るん, 年は, 幾年でも, 建安十九年, 弟の, 彼だけは, 彼女だけは, 後の, 徐かに, 御用立て申します, 心を, 怒鳴りつけた, 思慮深, 恋愛まで, 悲しそう, 惑い泣こう, 慌てまわりました, 憎らしいもん, 懊悩し, 我々は, 手を, 払いに, 按摩を, 捨てて, 搖上げながら, 放しうなぎ, 教室の, 文久元, 新らしく, 旅川周馬の, 昨日その, 時々に, 暗の, 更に天壇, 月を, 有りがたい, 有難う, 朗らかでない, 来やした, 東京附近の, 枝の, 根がけに, 檀君は, 正午前に, 此盛況を, 此際には, 死ねば, 母は, 気儘に, 気持よく, 汗を, 沢田正二郎といふ, 法律という, 泣きながら, 深淵の, 溜息が, 烏丸より, 無上の, 無理矢理に, 父を, 犬は, 理平の, 生活の, 甲斐の, 町人の, 白木屋の, 皆人は, 盛に, 直接私に, 相談に, 真向い立っ, 礼を, 祖母が, 私に, 空には, 立たせて, 筆を, 納得の, 紳士で, 結構です, 美しい月夜, 翻訳の, 耕植し得た, 胸の, 臨終の, 自分等は, 舟も, 良さそう, 色んな楽しみ, 英国の, 薄暗い庭, 血刀を, 行きました, 行く戦場, 行く秋, 行った金, 表紙の, 見給, 親切らしい, 言句も, 計り炭屋の, 話が, 話は, 誠に忝, 誰かの, 貧しいご飯, 買うなんて, 足りない所, 身を, 辻売り, 追ん, 逃げる気, 逃んだ, 通りすぎて, 道を, 遣つて, 遣る, 酔っぱらって, 里へ, 鉄の, 銭遣いの, 間も, 隣同士に, 雪掻い, 青天白日の, 頼むぞ, 飛んだこと, 飼って, 首都の, 鰯の, 鸚鵡返しに

▼ くれ~ (690, 5.5%)

25 よかった 7 くるほど 5 いい, いいと 4 それを, 私は 3 いいの, これは, それは, よいので, 男は, 花を

2 [38件] あたり静まり返り, あとは, いいが, いいけれど, いいです, いいのに, いつでも, こは, すぐに, そのとき, その点, それでいい, だいじょうぶだ, なり, ふる地震, また目, もううち, もう大丈夫, もとの, よいが, よいと, よいのに, わかる, 一種の, 伊豆の, 何か, 前途を, 即ち課税, 大丈夫だ, 好かった, 慶応四年即ち, 早晩より, 朝日の, 清吉ふりむい, 笑みて, 自分は, 迅くもまた, 遠き雲井

1 [546件 抜粋] あかあかと, あの人, あの土地, あら面白, あるん, あれも, いいがなと, いいさ, いいだろう, いいぢ, いいでしょう, いいでねえ, いいという, いいなあ, いいにと, いいのになあ, いいわ, いくらでも面白い, いくら四十面相が, いつだって, いよいよご, いよいよ頑丈, うぐひす, うれしいと, おしまいでしょう, おのずからそれ, おもしろくなかった, およそない, お前も, お村, お藤, かく狐, かつての, かならずその, かならず帰るべし, かならず買った, からだの, きっとそれ, きっと怒る, くるで, こっちも, このくらいの, このわし, この一行, この人形, この空魔艦, この箱, この近く, これよりも, これを, これ奮闘の, こんなこと, こんな瘡, こんな話, さつ, さてこそと, さるお, しき鳴く, しずかに, しょだった, すぐうらなり, すぐお前, すぐにも, すぐ体ぐるみ右, すぐ出, すぐ捕, すなお, すなわち出, すなわち永く, すなわち灰, すなわち軟らか, そう一々世俗, その下, その同じ力, その家, その日, その望みすべて, その秘法, その翌朝, その難い, その音, その頃, それでもいい, それで先生, それと, それにひそか, それらの, そんなスパイ, そんな職業, たちまち泥, たわわに, だが, だまってばかりも, ちょうどそれ, であったはず, できやすき, では氏, とどけて, どうしよう, どうなる, どこかに, どの子, どんなこと, なおのこと滅ぶ, なにも, なんとかわれわれ, なんの, はやを, はるかぜ, ひらりと, ぶら下りして, べつにかならず余恩, べつの, ほのかなる, ほほえまざるを, ましょうめん, またかく, またもと, またも雨也, また服, また知らぬ, まだきに, まづ, まるつ, まるで半分, みんな, みんな散っ, み岳, むらさきに, もう, もうおしまい, もうそれ, もうだいじ, もう人間, もう反逆人ども, もう掌上, もう明日, もう最期, もう永く, もう用, もう讃め, もはやだ, やっぱり光っ, ゆくみち, ゆりあげて, よい, よいがと, よいでは, よいの, よいわけ, よい窓, よくは, よろしいので, らくにさ, わかるよう, わけが, をかしい, アーサと, カストリの, コックの, シャレた背広, チエホフに, ピグミーにとっても, フラフラの, モウカル, 一しきり跳, 一たまり, 一人も, 一人前十文ずつに, 一斉に, 一番有難い, 一行の, 一足外へ, 七不思議に, 三人共さらっ, 三十に, 三月二十六日である, 三鷹の, 上らずなりし花火, 上乗だ, 下段に, 主人の, 乃ちその, 之は, 九月一日, 九月一日だった, 九月二十六日朝の, 事がらも, 二十九年の, 二十五日の, 二十六日です, 二十秒位で, 二月二日今日こそは, 二条の, 五十日いよいよ, 五日黎明しとしとと, 五郎三郎は, 人必ず, 人間といふ, 人間は, 今向こう, 今日は, 仕方ありません, 仕方が, 以上の, 会社へ, 何でも, 何でもそれ, 何とかこの, 何も, 何もかもわかる, 何を, 僕には, 僕らの, 元和九年十二月二十四日, 元和元年である, 元旦である, 元旦の, 元朝の, 先づ路傍に, 八ッさんお世話と, 八ッ様お世話と, 八月二十一日十人余りの, 六月二十二日で, 六月六日, 其皮を, 再検査, 凱旋祭の, 出づ, 出来るよ, 分るの, 初春迎ふる, 別に苦痛, 則ち戦ふ, 助命は, 十円払わなく, 十月九日三代将軍徳川家光は, 十月九日三代將軍徳川家光は, 十月二十五日自分に, 単にその, 厚く礼, 原大佐が, 又其桶, 又太郎, 又材料, 取り押えること, 可かつ, 各監督, 吉原下谷本所あたりの, 同じ女, 同じ費用, 同志の, 君が, 吾人も, 吾妹子が, 善い, 囚人輿での, 四千円は, 四月二十二日である, 四月六日なり, 四月十四日ゆうべの, 地蔵は, 城ヶ島の, 夕雲や, 外国語も, 多くの, 夜に, 大いに野菜, 大したもの, 大じょうぶだ, 大じょうぶです, 大丈夫です, 大晦日わたしたちは, 大淀川の, 天は, 天保七の, 天正十一年正月秀吉かの, 天氣晴朗なりき, 女主の, 女子供など, 女房を, 好いな, 姉は, 始めて, 嬉しい, 孔子が, 学生も, 孫策は, 安泰な, 家財を, 寒しこの, 寒寄りの, 寛いだ気分, 寝かさなければ, 小さうなる, 左の, 差支が, 己ひとりを, 帆村探偵は, 平伏して, 幾つでも, 建安十三年, 建安十五年と, 廿八日将軍家の, 弁之, 弘治二年丙辰の, 強情我慢の, 当然この, 当然制作, 彼の, 彼女は, 彼方は, 待つ間, 得三も, 御正月, 徳川家の, 心どもなし, 必ずそこ, 必ず受け, 必ず聴き, 必ず腐臭, 忽ちハイルヒットラー, 急に, 悦しくなっ, 愛子は, 愛想よく, 我が宿, 戦時中よりも, 戸の, 所々も, 手附の, 救われるの, 旅立つ人, 日曜日の, 日本などは, 早くも, 早暁老, 早暁覊亭を, 早速にも, 明日からでも, 明治四十年二月二十七日, 映画の, 昭和三年一月元旦である, 時と, 時は, 暗闇でも, 更に材料, 最早それ, 月が, 月明し, 朝潮に, 朝蒔君が, 木の葉に, 来たでよく, 松雀が, 板の間に, 柳は, 校庭は, 案外エリ, 桑の, 梨子二つ, 楸生ふる, 此の, 死刑は, 殺さず窓, 気象観測の, 水たぎつ, 水に, 水禽の, 決してあなた, 河鹿なく, 油屋は, 治承, 波の, 波路は, 泥棒じゃ, 浜風寒し, 浪漫派も, 消え失せて, 清水は, 湯豆腐を, 溶けて, 滅びいずれ, 滷を, 漸次回復するだろう, 火の, 為方が, 焼跡を, 燈を, 爛々たる, 物は, 猶春雨, 現世の, 甘藷畑お, 田の, 男子が, 疲れたる車夫, 痛き頭, 白き仔猫, 白く小さき足, 皀莢の, 盗賊も, 目の, 直接生産者の, 眞夜中過ぎまで, 眼に, 睡くな, 知らずして, 研究は, 禅宗の, 私だつ, 秋に, 穗の, 空晴れ, 窓ガラスに, 立派な, 笹の, 答は, 籾種を, 結局どんなに, 羊齒交り, 習慣うせ, 老婆は, 耳無, 聞き分, 聞き居るお, 聞居る, 肉体も, 肌冷かに, 腹も, 自然作家の, 自然心は, 船底に, 良清, 花こそ, 花桐の, 草木の, 菊池契月氏の, 菊池寛が, 菓子の, 落ちつくもの, 葦の, 蒼いのに, 薄明り, 薔薇は, 藤村秋声二葉亭漱石鴎外枕を, 虐殺者の, 虫の, 蜀黍の, 蝋燭に, 蝙蝠も, 行きと, 行路の, 袖ぞ, 裁判の, 見ゆる霧, 解釈は, 言語の, 読書も, 読者は, 誰だ, 謝罪らせる, 足下に, 足掛け四年間にも, 路傍に, 躊躇する, 輝くの, 近づいて, 近江一等肉なら, 連れこまれた場所, 郷里の, 金無垢の, 金眸は, 銀平は, 銀平八蔵交代に, 銭の, 錦を, 鍼先を, 鎮まると, 闇中の, 際限あらず, 際限が, 雁ぞ, 雨を, 霧うすらぎぬ, 青森の, 静かな, 非常手桶や, 面白からう, 風雨名殘なし, 飼猫も, 香を, 馬にこそ, 馬むれ, 魂は, 鳥渡逢っ, 鳴かざりし鳥, 鷄の, 麥づくり鎌には, 黙々として

▼ くれという~ (459, 3.7%)

32 のだ 18 のです 17 のである 16 ような 12 のであった 11 んだ 10 のは 9 ことを 7 のだろう 6 ことだった, ことに, んです, 意味の 5 ことで, ことでした, のか, のだった, のを, 手紙を 4 ことであった, のが, のでした, ように, 人が 3 お話が, お頼み, ことが, ことです, のじゃ, のも, 依頼の, 合図を, 意味を, 者が

2 [21件] ことだ, ことだつた, ことな, ことは, ので, ものだ, もんだ, わけだ, わけで, わけな, んでしょう, 事であった, 事です, 依頼が, 意味で, 意味に, 木下の, 注文が, 無電を, 通知が, 電報を

1 [181件] あくまで長兵衛, おたのみな, お前の, お言い置きで御座います, お言葉, お話だった, お話で, お話でありました, かねての, ことか, ことこれは, ことさ, ことだけ, ことづけ, ことでありました, ことであります, ことと, ことなぞを, ことなども, ことの, ご主人, しいての, ずいぶん厄介, そういう希望, そこでその, そこで食事, そのお, その王様, たことは, つまり汽車, つもりで, どう考え, のあたいきゅうに, のかね, のさ, のじゃろう, のでございます, のに, のね, のん, はずは, ふうに, ふうの, ものである, ものです, わけには, わけね, わしも, んじゃ, んなら, タノミだ, タノミなら, ハガキであった, ハガキや, 一件でしょう, 一枚の, 一項目が, 上役の, 上意が, 不思議な言い, 主意を, 事だった, 事だつた, 事でした, 事も, 交渉も, 人さえ, 人だった, 人も, 人有之, 但書を, 使の, 使者が, 依頼であった, 依頼である, 依頼と, 信号な, 僕には, 公開状を, 凡の, 勢な, 勿体ない程, 口上であった, 口実で, 句も, 合図だろう, 命令です, 哀訴歎願の, 問題じゃ, 場合その, 場合も, 場合や, 声で, 大きな土, 女の, 奴は, 師匠からの, 平岡の, 彼女をも, 御返事が, 心よく, 想いを, 意味かも, 意味が, 意味だった, 意味であろう, 意味では, 意味も, 意味より, 意味らしい, 意志を, 慄え, 慇懃な, 戦前の, 手帳に, 手紙です, 手紙の, 才覚も, 挨拶である, 掛け合いな, 文句に, 文面だ, 文面でした, 文面では, 新吉の, 時刻でも, 書類にも, 望みで, 条件も, 様子で, 歌でしょう, 歌川多門老からの, 正当な, 気持, 沢子の, 注文であった, 注文です, 潔白表明の, 由, 申し込, 申込を, 知らせで, 神妙な, 神尾の, 種則に, 章三の, 約束を, 絵, 者も, 自セン運動, 自信を, 言葉でございます, 訳じゃ, 訴えでした, 註文が, 話, 話じゃ, 話だった, 話で, 話であった, 話な, 話に, 話の, 謎だ, 謎な, 身振りを, 返事だ, 返事でした, 通知を, 闇師が, 難題だ, 電話だった, 電話です, 頼みだ, 頼みであった, 頼みです, 頼みよ, 願望が, 類いである, 風だ, 風呂敷包の

▼ くれたり~ (349, 2.8%)

76 した 30 して 9 しました, する 5 したの 4 したが 3 したので, すると, するの, するので

2 [11件] した人, しましたが, するから, するよう, する時, 専らその, 抱いて, 指輪を, 時には, 自分の, 飯を

1 [182件] あるいはずっと, あるいはその, あるいはもっと, あるいは彼, いたすの, いろ, いろいろと, いろいろ助力, いろいろ親切, おいらたちと, おかゆを, おれが, お料理, お茶を, お金を, さあ御手, したお, したこと, したその, しただけ, したとよの, したもの, したん, した一色, した父親, してさ, しないだろうから, しながら, しまいに海尻, しましたっけが, しますから, しるこ屋へ, しんせつに, するうち, するかも, すること, するた, するほどの, するもの, するもん, するやう, するよ, するん, するプリンセス, する始末, する彼, する彼女, する気, する癖, する者, せなん, そういう彼等, そしてた, その他屋台の, そりを, それから色々, それが, そんな話独特, ただ黙っ, どうせこんな, なかなかたいへんな, なんか, また心, また暇, また親切, また骨, めずらしい話, もし予, もつと, やって, よく修行, ウヰスキーを, オモチャを, カルタの, ケインブリヂでは, ネクタイを, ハイカラな, ハーモニカを, 一つもか, 一刻ほど, 世帯持の, 中學の, 二人は, 人形の, 今わたしの, 仕事の, 何やかやと, 來客でも, 優しい言葉, 切符を, 医師治療師などを, 十歳未満の, 千鳥波などは, 又は電報, 同じマーク, 商品券を, 喫茶店などの, 土地の, 外國行の, 夜に, 夜店の, 大肌, 姉の, 娘の, 寂しい子供たち, 小田原ちょうちんに, 小遣い銭を, 小遣銭を, 少年の, 山淵様の, 巴里へ, 希望を, 彼は, 御飯を, 戦の, 抱きしめたり, 散々な, 新しい仲間, 新しい水, 日曜学校を, 日本服を, 旦那私に, 早苗の, 時には襟, 景色を, 暗がりで, 朝は, 本を, 来客でも, 桑が, 棄値で, 歩く時, 殊に最後, 水を, 汗を, 洋服を, 海苔を, 海語を, 深切に, 滑かな石の, 濡れた衣服, 火鉢は, 物を, 犬に, 狗が, 生長の, 病院の, 相客の, 真面目な, 私が, 私は, 笑顔を, 系統だ, 美しい詩, 腰に, 芋を, 花を, 若々しい定, 苦しいこと, 茶を, 草艸紙を, 菓子を, 藤井も, 蜜柑を, 見張りの, 話を, 誰か, 賞めちぎっ, 贈って, 足の, 蹴ったり, 遂には, 野菜を, 隣の, 食べ物くれ, 食器を, 食物を, 餅を, 髪を, 鰯や, 麦焦しの, 鼻糞を

▼ くれ~ (273, 2.2%)

4 顔に 3 ような, ように, 顏を

2 [19件] した電報用紙, たたずまひ, ならず者で, やうな, 大学生の, 大学生は, 径遠く, 柔和な, 父の, 瑜伽行者も, 蔭に, 裏に, 豊かな, 面を, 頬と, 頬は, 顔が, 顔を, 鼻からは

1 [222件] あもの憂, あやなき闇, あれは, いい背, いささ, うちから, うりざね顔で, おかみさん, おたま, おっとりした, おめでたさ, お客の, お照, かげまたは, こと庭に, しげき, したあの, したその, した大きい, した嬰児, した死骸, した豊か, して, その小道, それが, たぐいを, ために, ってへえ, つかいもの, としきりに, と一々, と女気, と随分, ばくち, ぶよぶよぢ, へべれけ先生, まる顔, もち肌の, やうに, やすけ, やわらかい顔, ゆったりした, ようで, よく肥つた眼, りっぱな, わるいわるい悪者, チンドン屋を, トムミイ, 一つ, 一本水仙ほのかなる, 一点張り, 一片と, 一粒を, 一輪を, 三十郎だ, 三男坊なんか, 上に, 上を, 下半面, 下宿の, 不景氣, 並木下の, 丸顔で, 丸顔に, 乞食小屋あ, 亭主が, 伯母の, 何の, 俤さえ, 俺だ, 俺を, 倉梯山に, 兄の, 兵隊どもは, 其連と, 円顔で, 分子の, 別の, 助平で, 匂いなどは, 北六頭の, 十七号船を, 半蔵にとっても, 半身で, 叔父に, 可愛いい頬, 和やかな, 品の, 哲学が, 唇を, 土ものいわぬ, 土を, 坊主である, 坊主様が, 墨絵も, 夏有明の, 夢にだに, 大たわけです, 大人びた顔, 大手を, 夫に, 女給に, 如く又, 婆が, 婆さんが, 嫌ひなく, 子が, 子だつた, 子供顔は, 子爵の, 存在を, 寒椿の, 小役人マフリキエフの, 山男である, 巣ごもり, 弟子に, 強さ, 形に, 径の, 忠相の, 怠け者で, 悪性者は, 悪漢と, 情知らずで, 意味では, 愛くるしき顏, 我儘者だ, 戸が, 手に, 手を, 抗夫達, 招き行燈に, 按摩の, 新月が, 日かげの, 星空も, 春隣すむ, 時移りな, 景況でも, 曇れる, 月が, 村長や, 梅の, 極悪人の, 死狂いなり, 死骸に, 殺すぞ, 気味の, 水の, 水苔の, 池に, 沢地か, 法の, 洋画家に, 浪人者だ, 清冽を, 清流の, 瀬音は, 灯の, 父を, 父親の, 狩塲に, 瓜実顔を, 男が, 男の子が, 番頭が, 異名か, 皮の, 短かい, 碁会を, 磨硝子, 禿頭詩人を, 秋, 程又, 糸瓜の, 糸瓜色は, 純情家と, 細面お, 美人です, 胡麻の, 膨み, 自業自得も, 船乗の, 艫に, 色, 花の, 花よりも, 花菖蒲で, 苔一重, 若者も, 茶亭の, 草, 蔦葛を, 蔭までも, 裏には, 裏面には, 言いつづけ仰山, 警部だ, 足の, 路と, 道といふ, 鉄砲で, 間に, 間抜けな, 闇に, 阿呆おやじがっ, 陽は, 青梅ひびに, 青梅も, 面長眼鼻立ちの, 頬それも, 頬に, 顎の, 顏が, 顔には, 顔の, 顔立で, 類だろう, 風なれ, 駕籠かきを, 鳥見組頭の, 鼻唄で

▼ くれても~ (244, 1.9%)

22 よさそう 15 いいじゃ 8 いいと 75 いいでしょう 4 よい, よいと, よかろう 3 いいで, よかった, よささうな

2 [14件] いい, いいだろう, いいぢ, いいの, いいん, 仕方が, 可い, 好さそう, 姦淫に, 宜い, 泊めては, 私の, 私は, 自らを

1 [138件] あの土屋, いいから, いいが, いいじゃあ, いいです, いいでも, いいなんて, いいのに, いいや, いいよ, いいよう, いいわ, いい時代, いい時分, いい訳, いい頼む, いちど指で, いない女一人, いるし, おそらくまっすぐ事務局, おまえさんの, お前の, お品, かまわない, くよくよし, くれなくっても, こういう取扱, このさ, こればかりは, こ奴, さすがに, じっとそこ, すぐに, せいぜい七フラン, その中, その娘, その時, その貧乏, それで, それで先生, それは, それを, ただ研究, ただ黙っ, だめです, ていねいに, とても駄目, とめるところ, どうにも出来ねえだ, どちらでも, ない, なか, なく哭き悲しん, ひとりで, また銅山, まだ満足, めったに油断, もう駄目, もしあなた, よいいや, よいが, よかり, よろこびも, よろしい, よろしゅうございましょう, わしが, わしに, わたしには, わたしの, カストリで, ジャックジャックと, フランスへ, 一つことだ, 一つ家に, 一向差し支え, 三吉は, 二三日伊代は, 人々は, 何とのう, 何の, 信用が, 俺は, 兄君へ, 受け取る人, 呉れなくても, 困ると, 地べたに, 外に, 多分ロク, 天井ばかりを, 女の, 女給じゃ, 好い, 好いと, 好いという, 嬉しいだろう, 子守の, 宜く, 宜ささうな, 宜さそう, 実を, 家へ, 家隷に, 富岡は, 当り前に, 彼の, 彼は, 心を, 必ずすぐに, 惜しい父子, 探検船は, 日本人が, 本人に, 林太郎の, 楽しそう, 構わない, 構わないと, 歓楽の, 歴史は, 決してお前達, 直ぐに, 直接私が, 真打に, 真面目に, 私が, 私らは, 考える余地, 自分に, 良え, 芭蕉は, 行違いに, 要するにオレ, 賃錢を, 関わないと, 面白くない, 飲んで, 駄目じゃ, 高も

▼ くれ~ (243, 1.9%)

11211 かな 7 ければ, と困る 5 かなあ 3 かね, かの, ずと, のじゃ 2 かよ, ず, です, では, でもいい, と, とあかん, と十八日, と私

1 [71件] かこの, かご, かてええ, かという訳, かといったら, かとのこと, かと有, かと權六, かなあと異口同音, かなどと云われる, かなア, かのう, かの今日, かもう, かもしれん, からね, からの事, から恨ん, から知れん, かオイ, か今, か何, か作戦上, か墓, か知らん, か自分, がため, けんおばさん, じゃない, ずほどに, だ, だろう, だろうか, だろうなあ, でいい, でも, でもいいです, といかん, といきり立った, とお, とか, とする, とて村人, とないません, となさるなれ, とならん, とにらみつけ, とぺんぺん草, とまさに, とよそ, と云っ, と勿体ない, と吾輩, と商売, と困ります, と埒, と夜半夫婦, と弱る, と思いました, と洗場, と浮身, と淋しく, と窺いすまし, と立ち出, と絵, と裏, と誠に, と鰐淵, のかね, の物好き, 進めや

▼ くれ~ (242, 1.9%)

7 なって 6 後を 5 つけて

2 [15件] して, つとこそ, ふくれて, ほのめく日なか, 仰がれて, 出して, 尾い, 息づきし, 熟と, 用心する, 落つる葉, 見えて, 迷は, 追って, 長き裾さばき

1 [194件] ああ聊か, あちらこちらの, あとを, いつもその, うずめて, おなりあそばし, お金が, かすかな, かの二人, くだんの, けり, ささやきの, さしかかって, しいんと生唾, しがみついて, し片岡, すぎなかったと, すむ月, するほど, そのあと, その幹, その灯, それが, ちらちらさせ, ちらちらし, ちらちらと, ちらちら見える, ちらつく此景根岸, ちらほら花, ついて, どこからか, なった, なったお, なったもの, なったわけ, なった太い, なった女, なった死体, なった死骸, なった虚無僧, なった蚯蚓, なった顔, なってからは, なつた, なつたため, なつて, ならぬ草原, なりやしませんか, なり家出常習, なる, なるなんて, なるよう, ひっかかったの, ひらひらと, ひるが, ふくらみ縞柄, ふさわしく私, ふと見つけ出し, やがてただ, わがあと, わが跡慕, コンクリート建の, ハドソン河一帯の, ムクンだ, ルバーシュカが, 一花みゆる, 中村憲吉君の, 二つの, 二三の, 五六間ついて行っ, 付けて, 偏に世にも美しい, 其の幹, 前穂高, 匂つてゐた, 向ふ, 咲いて, 咲き, 咲きてを, 変って, 天狗の, 奧寄る, 婆は, 密と, 小さくなっ, 小さく見えた, 小川が, 小流を, 尚暗い, 尾けさし, 尾けさせた, 尾行し, 尾行だしました, 尾行を, 幾声も, 広くなった, 庭の, 建つて, 建てられし館ども, 待伏し, 従いて, 御堂の, 懐大きく, 揺れながら, 散りとどまれる花, 昇天を, 時雨堂の, 暇を, 暗夜には, 曲ったの, 来た, 来たと, 桁を, 梢を, 残って, 洩れる六月, 流れに, 浮き上がって, 点れて, 焼岳は, 焼岳を, 理右衛門の, 白う肥えたる, 白きも, 白く塗った, 白布を, 百合香が, 目立つほど, 真黄色, 眺望のどえらい広, 破れて, 示して, 福寿草の, 空見えし, 立ち去った, 紅い, 紅いの, 続いて, 縁が, 義平太は, 腫れふさがったせい, 花を, 花小草, 若旦那の, 茜さす, 茨の, 落したの, 葭剖の, 虫の, 虫は, 行きすがらうす, 行く段, 行ったり, 見えざりけり, 見えずなりぬ, 見えずなると, 見えた六, 見えなくなった, 見えなくなって, 見える, 見える太陽, 見える水色, 見える白い, 見える谿谷, 見え隠れする, 見られた, 見知らない一人, 貫いて, 赤くみえる, 赤黄紺プラカートの, 足速に, 輝やい, 近い, 追うの, 逍遥す, 透いた肌, 過ぎない, 遠く黄色, 遠去かる, 阿蘇の, 隠見する, 雪の, 青き果, 飛んだり, 香りで, 駆け出したの, 魚心堂先生が, 鳥の, 鳴く鶴, 麹町の, 黄いろな, 黄色乏しき, 黒く見える, 鼻唄まじり

▼ くれ~ (169, 1.4%)

93 ゐの 20 ゐに 85 ゐは, ゐを 2 はれや, ゐが, ゐとか

1 [32件] えで, おはま, お玉じゃくしの, お里, さそうです, さそうに, もう一杯, もっと, わしの, ゐあさき, ゐあざやか, ゐうすく, ゐと, ゐとは, ゐならぬ, ゐなる中, ゐのうす, ゐふかき, ゐふかし, ゐまた, ゐめざまし, ゐも, ゐや, ゐ匂, ゐ我, ゐ未央, ゐ染めて, ゐ牡丹床, ゐ花, ゐ衣, ゐ見えつ, 我慢し

▼ くれそう~ (167, 1.3%)

26 なもの 16 もない 8 な気, にない 7 すれば 6 もなかっ 5 もありません 4 な人, にもない 3 なの, な所, な様子, になかっ 2 だ, だった, なこと, もなし, 言って

1 [61件] して, すりゃ皆, だけれども, だし, だそう, だなどと, であった, である, でくれない, です, でないと, でもあった, なご, なので, なもん, なやさしい, なら何, な予感, な人々, な人間, な処, な勢, な口ぶり, な多く, な学校, な家, な形勢, な御, な心もち, な思慮, な文句, な木賃宿, な楽しい, な気持, な法律専門, な物, な白い, な相手, な純情, な素封家, な緊, な者, な聴手, な見物人, な貧窮, な錯覚, な隠れ家, にした, にはほんとう, にもなかっ, にケース, に思えた, に思われる, に思われるだ, は無く, もありませぬ, も無い, 云えば, 云って, 心配する, 敵が

▼ くれ~ (161, 1.3%)

1455 へな 2 へと, へ可愛さうな 1 えったら, えと, へそれでは, へと言, へね, へ利息, へ身体

▼ くれ~ (127, 1.0%)

10 のもん 9 のもの 2 が関の山, と叫び, の腕前, 喉が

1 [100件] ある毛ムクジャラ, いいか, いんじゃねえか, があった, じゃござんせん, だからこりゃ, だからどうか, だからなあ, だからね, だからナ, だから手前, だから組合, だから若草, だから面魂, でこれ, でごぜ, でたくさん, で何, というの, なら, ならかわいい, ならわざわざ, なら初手, なら女房, なら歌, なら片手, なら町, なら箱書き, なら鎌, なんだ, なんでも, な又, には食えるだ, に思わ, に江戸中, に片思い, のおまえ, のところ, のコップ, の事, の使い, の刀, の名香, の女, の女の子, の奴, の岩, の辛抱人, の高, の鰻飯, はやく引きあげ, ばかに, ひどくやり損ねてる, もご, もぶらぶら, やさしい言葉, ゆるゆると, よ, よく走る, ドジを, ハッパ穴が, 一生懸命に, 不仕合せな, 不自由だ, 乱暴な, 今夜は, 伊之助さんの, 働きゃあ, 助けて, 品が, 困るもの, 太え, 安いもん, 帆も, 急いで, 惜しんでも, 手前た, 払わなきゃあしょあんめえじゃあ, 掛るだろう, 早口に, 明君, 気の, 無法に, 男を, 男前が, 登るんで, 目出度え, 真人間に, 確かに, 立派な, 苦労し, 蠅の, 袖口が, 親の, 親父が, 足が, 身体つきの, 非業な, 頼むぞと, 首を

▼ くれって~ (119, 1.0%)

4 言うん 3 ことだ, 云って 2 いうから, いうん, いったんだ, んだ, 僕に, 頼んだん

1 [97件] あたしあの, あなたあの, あなたに, あなたを, あやまるん, いいたまえ, いい置い, いうこと, いうと, いうんだい, いうんで, いって, いってるん, おたのみ, おっしゃるの, おれ達に, お光さん, お前宝船や, お方な, きかないん, こっちから, これを, ごまかしてたん, せがむこと, そう云った, そう仰言っ, そう言う, そのまま持っ, それからずる, ただは, たのまれたの, たのまれたん, たのまれて, どうすれ, ないて, はっきり云ってた, ぼくに, わたしに, ウルサク頼ん, ビニロンの, 三度も, 云いましたよ, 云いますよ, 云い出した位, 云うから, 云うし, 云うの, 云うもの, 云ったらいけないって, 云ってるじゃあ, 云われて, 今日頼まれ, 仰ゃいました, 仰言, 仰言ったじゃ, 仰言った時, 僕が, 向うで, 呼びに, 呼んで, 喧しく言っ, 女が, 女の子と, 妙な, 御寺様, 来たんで, 此所で, 私の, 箸を, 約束した, 羽二重を, 能く, 親切だった, 言いさえ, 言いつけたの, 言いました, 言いますぜ, 言うお, 言うの, 言うもん, 言ったっけ, 言った丈, 言って, 言われたじゃ, 話すん, 雑誌の, 電話が, 青山さんの, 頻りにそういう, 頼まれたから, 頼まれたのよ, 頼まれたん, 頼みましたっけ, 頼むから, 頼んだこと, 頼んだという, 頼んで

▼ くれたま~ (103, 0.8%)

832 へ君

1 [18件] へこれ女ども酌, へそれ, へたのむ, へと答, へな, へね, へね君, へもうしばらく, へよ, へネ, へ人, へ何所, へ失敬, へ彼, へ机, へ権八さん, へ處士, へ迷

▼ くれ~ (103, 0.8%)

94 なア 3 わしは 2 おじさん, お前さん, かしと, ウ, 長くとには

1 [77件] あとの, いいかい, いまに, うるさいね, えお蝶さん, おかみさん, おっか, おめ, おれは, お前が, お前幾歳に, お弁当, お願いだ, かし空, きっとだ, ここで, ここに, さなんだい, すっかりマホガニイ製, そいぢ, その道を, そんな大時代, どんなお化け, な, なにいってんのか, なにごとも, なんな, ぼくに, ぼくには, よう, ゥ言っ, オレに, オー, オ大変, ケンプ, コーリャ, ニュー, 一体この, 一晩徹夜した, 世阿弥の, 今主人を, 今郷里, 信長を, 俺は, 俺俺も, 偉くなっ, 僕の, 僕を, 兎角に, 八忍び返しを, 八生命が, 其様な, 内儀さん今度は, 勉強が, 周囲の, 女房殿などと, 妖術魔術で, 実は僕, 彼らが, 彼等が, 待てやい, 御所が, 心を, 怒らんで, 料地は, 明日まで, 歩かれないじゃ, 濡れ燕, 苦しくつて, 荻村や, 親分, 返事を, 酒は, 雷なんて, 頼まあ, 頼むから, 飯を

▼ くれさえ~ (101, 0.8%)

70 すれば 3 したら, するならば 2 しなければ, すりゃあ, すればと

1 [19件] したらいい, したらその, したらと, したら今, したら何, したら毎月, したら自分, したら面白い, しないくらい, しますれば, すりゃあいいことなんだが, すりゃたとえ, すりゃ我慢, すりゃ望んでも, すりゃ要するにどう, すりゃ頸, すりや, すりァ, すればね

▼ くれとの~ (91, 0.7%)

7 ことで 6 ことであった, ことでした 5 ことだった 4 こと, ことである 2 お詞, ことでありました, ことです, 事である, 話

1 [49件] お話, お返事, お頼み, お頼みゆえ, ことでございました, ことでござん, ことを, こと引受ける, こと用向の, ご諚, たッ, はがきに, 不二麿, 事さ, 事だ, 事で, 事でした, 事に, 交渉が, 仰せだった, 催促な, 冬子から, 周信へ, 命令畏まる, 御意でございました, 御話, 意外な, 提議を, 文化部からの, 案内でした, 様子を, 注意が, 注文だ, 注文であります, 注文を, 言葉でありました, 言葉大きに, 註文を, 話しで, 話てんで, 話である, 話オルドヴルオニグラフィレソールアスパラガス, 謎を, 電話で, 頼み, 頼みだ, 頼みだった, 頼みで, 頼みには

▼ くれ~ (84, 0.7%)

35 へすれ 7 うも 3 うにも, うもなかつたの 2 うです, うな, うには, うもないの, うもないので, うも無いと, っしゃい, つし, へしたら

1 [18件] うしたら分るだらう, うで, うになかつた, うに思はれた, うに思へる, うもない, うもないこと, うもないのに, うもないん, うもない御面相, うもなくさうかと, うも御座いません, した, っしただ, っしゃらぬ, つせえ, へよけれ, 早く

▼ くれては~ (76, 0.6%)

14 困る 4 困るが 2 こまる, どうか, どうだ, 困ると, 困るという, 困るよ, 大変です

1 [44件] いけぬぞ, いたが, いたけれども, いない, いないじゃ, いないの, いないよう, いなかった, いや, いるけれども, いるという, がんせん, こまると, どうです, ならん, にこにこ笑い, ひきあは, わしが, ゐたが, ゐられないの, 一寸休む, 一層困る, 不可いじゃ, 丹念に, 却って困る, 困るお, 困るぜ, 困るな, 困る世間, 困る此, 大に, 大抵一晩位は, 姉の, 少々困る, 少し困る, 張合が, 往来に, 心を, 民衆が, 無数の, 甚だ困る, 私の, 私も, 花に

▼ くれとは~ (63, 0.5%)

2 云って, 云わない, 困るな, 申しません, 言は, 言や, 言わない

1 [49件] いいは, いいません, いえぬもの, いえ全く, いかなる訳, いったいどういう, いと易い, いはぬ, いわない, いわぬが, この又右衛門, さすがに, たのまれぬ, ほざくも, まさかに云, よく出来た, クリストフに, 云いたくないのよ, 云いません, 云い兼ねる, 云えなかっ, 云ひかね, 云へ, 云われて, 云わん, 何たるあつかまし, 何事です, 切ない, 君にも, 彼には, 思って, 決して云わない, 無論いわなかった, 言いだし得なかった, 言いませんよ, 言い出し兼ねたの, 言い憎かっ, 言うまいな, 言えない, 言はねえ, 言はれない, 言ひ, 言わずに, 言わなくなりました, 言わぬから, 言わぬ貸して, 言わんそれ, 誰も, 頼みかねましたが

▼ くれながら~ (63, 0.5%)

1 [63件] あたりの, いった, いふと, おずおずと, お爺さんは, さうし, しなやかな, すぐ無頓着, そうしてその, そうで, その紐, それへ, つづけた, なぐさめて, ふっくりと, へんな, また, もう身, ジノーヴィー・ボリースィチが, ソロリソロリと, フョードル・パーヴロヴィッチが, ブーンと, ポツリポツリと, 一人旅館を, 主人が, 云つた, 亭主夫婦の, 人垣を, 以後は, 何か, 僕へ, 出て, 嗄れ声, 地摺りに, 太い指, 婆は, 得意の, 曽根に, 月輪の, 本能的に, 権九郎は, 歩き出した, 母の, 法月弦之, 洗面に, 温泉都市の, 益満, 私を, 竹童が, 答へ, 細君は, 結城家の, 腹の, 自分たちは, 自然石の, 苦笑した, 訪ない, 通りすぎた, 都離れた, 長い間今, 静かに, 非力の, 馬を

▼ くれとか~ (62, 0.5%)

3 何んとか, 言って 2 いやもう, 格子の

1 [52件] いつまでも, いろいろ強請られる, お母さんは, くれるなとか, ここで, そうかと, そこに, そんなこと, ちり紙を, ついこの間, でなかつたら裁判沙汰, どんな恐し, なんとか仲裁事, ビフテキを, ペンキ屋さんとか, 七時までに, 云ったそう, 云って, 人間は, 今夜は, 仰言, 何とかいっ, 何とか云う, 何とか云っ, 何とか云つた, 何とか持ちかけ, 作品を, 六十も, 動く電車, 夜中に, 嫁取り婿も, 子供が, 尊敬する, 持って, 月丸と, 材料が, 死骸を, 漬物は, 火鉢の, 犬猫の, 神妙に, 私に, 築地まで, 粋な, 納められねえどか, 肉の, 薬を, 見遁, 言う, 言うこと, 評を, 随分道

▼ くれ~ (61, 0.5%)

2 が埋まる, はその, をその

1 [55件] から手, から頼む, がやる, が介錯, が困る, が坐っ, が心, が懸命, が無理, だちは, にはたった, には何, には前もって, には少し, には私, にもまだ, に用, に逢った, のいたらん, のからだ, のため, の姿, の思想, の手, の病気, の窮状, はいつも, はうろうろ, はかく, はそれ, はどんな, ははじめ, はもう, はもうどうしても, はリュウマチ, はレウマチ, は今夜, は偶, は即座, は年, は情ない, は死ぬ, は熱灰, は神, は謹んで, は遲い, は鉢の子一つ, ばかり一生懸命, ほど悪者, もまた, も万一, も吾子, を助けた, を見守っ, を閉口

▼ くれといふ~ (56, 0.4%)

6 やうに 3 話で 2 人が

1 [45件] お話です, からだの, さつきの, そしてたつた, それほどぼうぼうたる, まるで警察, やうな, やうな考へ, ヒマなどは, 主義だ, 伝言だつた, 催促な, 冷淡な, 声で, 始末で, 娘さんが, 嫌に, 家が, 家も, 意味だつた, 意味で, 意見だ, 手紙, 手紙を, 文意である, 昨夜から, 望みで, 次第だ, 気持, 気持で, 消災呪, 無論宿, 督促の, 私の, 私は, 習慣に, 親元の, 話こっちも, 謎さ, 鄭重な, 電話だ, 頼みでした, 頼みを, 騷ぎだ, OK酒は

▼ くれ~ (55, 0.4%)

5 しまいかと 3 しないかと 2 しない, しないの, 武蔵野の

1 [41件] あんまりドッ, あんまり身勝手, いよいよ以, したが, したの, したものの, しないから, しないだらうかと, しないで, しないであろう彼女, しないでしょうか, しないと, しないという, しないよ, しなくなった, しなさらねえって, しましたが, しますけれど, すまいか, するが, するものの, せぬ, せぬかと, せんぞ, ったらしゅうて, つて家ぢゆう, とり, とり綾, どり, もうじき鳥, らんと, ッたら, 厭だ, 子か, 小料理屋で, 彼れ, 思想あり, 数限りなく, 日蝕の, 第一, 腹の

▼ くれ~ (49, 0.4%)

3 はその 2 はお前, はもう, は一寸

1 [40件] が今, が何ん, が悪, が悪かっ, が此処, にはますます, には腑, にもよく, の体, の体はめちや, の鼻, はあいつ, はお, はこういう, はちよ, はちよい, はどうも, は今, は何だか, は俺, は喜七親分, は嫌い, は寂しい, は忙しい, は死なね, は泣く, は白, は破産, は考事, は聴きたい, は裏, は言つて聽, も笊組, も腑, も銭形平次, を一人, を待っ, を惑わし, を支, を気絶

▼ くれそれ~ (44, 0.4%)

2 だけで, でなければ

1 [40件] からいろいろ, からくるり, からどう, から帰っ, が三年前, が今度, が出来なかったら, が成らず, じゃ智恵子, だけでも有難い, でないと, でのうても, なる娘, には一月, によって役所, によって絵, に意外, に良人, に英雄気取り, に見知り, に麻糸, はいけない, はお前, はそう, はその, はまた, はまだ, は今, は兵部卿, は鈴木, までには帰国, まで待っ, まで私, もこれ, よりも一日, より他, より外, を来月, を福田氏, を赤シャツ

▼ くれその~ (41, 0.3%)

1 [41件] あと早目に, うちには, お才さん, お駒, かわりに, かわり女の, よしべ, 上いつしよ, 上から, 上に, 上は, 上必要な, 上窮乏の, 上細々, 中から, 二た, 人生を, 代りお前には, 代りこの, 代りとして, 代り僕は, 代り儲かる, 代り確かに, 会話の, 円い胸, 分の, 口上は, 垂れ飾りの, 場から, 壽齋とやらが, 山崎という, 材木を, 歓びは, 気まぐれな, 男を, 皓歯で, 紙入に, 薬を, 蟒さんに, 袷に, 詩を

▼ くれ~ (38, 0.3%)

4 がなく 3 がある, がない 2 がありません, がなかっ

1 [24件] があっ, があり, があれ, があろう, がなくなりました, がなけれ, が少ない, が無くなる, が足りねえ, なんかありゃしません, なんかかうし, なんか居ない, のない, はありません, はありゃしません, はない, はなかっ, もありません, もあるまい, もない, を引い, を放し, を放せ, 来て

▼ くれとも~ (37, 0.3%)

2 何とも, 言えなかった

1 [33件] いえず来年, いえぬ, いえぬので, いたし, いへず来年, いわないのに, お頼みいたしません, なんとも, なんとも言い, よく云わず, 一言も, 云い悪い, 云えないじゃ, 云った, 云って, 帰るから, 彼女は, 生かして, 申します, 申し入れたが, 知らざれば, 要らないとも, 言いかねて, 言えないのね, 言った, 言って, 言わず急, 言わないで, 言わぬのに, 貰いたいとも, 頼まずに, 頼まれたが, 頼めなかった

▼ くれ~ (34, 0.3%)

3 君が 2 秀, 醫者を

1 [27件] つさん, つ母ア, 互に十手一本, 使いに, 侍さん, 医者を, 夏が, 夏を, 峯も, 柳を, 樂, 浜さん俺にも, 浦何うし, 浦腕は, 澄さん堪忍し, 父つ, 琴が, 神さんが, 粂, 糸と, 綱も, 言いやすの, 通さん傷は, 酒の, 霜さん飯ない, 願ひだから, 駒さん外の

▼ くれさうな~ (34, 0.3%)

6 ものだ 2 ものである, ものと, 気が, 氣が

1 [20件] ころの, のでこれから, のは, ものです, もんだ, 人は, 俳友へ, 八ツ手の, 友人は, 口を, 女の, 娘か, 彼の, 昼月が, 有力な, 様子だつた, 模樣である, 物を, 草の, 雷鳴だつた

▼ くれ~ (31, 0.2%)

3 せぬ

1 [28件] あったもん, した, したの, しないでしょう, しないの, しないのに, しないよう, しない母親, しなかった, しなかったですわい, しまい, しようが, するが, するし, するの, すれば, せん嘘, ないじゃ, ないもの, みな自然の, もう年ごろ, やがては, 一ぺんに, 久しいもん, 同然さ, 暖簾に, 泊めて, 要つたもの

▼ くれ~ (31, 0.2%)

42 止めて

1 [25件] この上, たら, ていいました, ていった, てお, ておい, てこの間初め, てそう, てたって, てな, てば, て云い, て云いました, て云う, て云っ, て節ちゃん, て言いまし, て言います, て言ったら, て連れ, て頼んだ, とその, 助けてようと, 振が, 放しで

▼ くれ~ (30, 0.2%)

4 して 3 しの 2 ある, しと, し氏

1 [17件] あるの, ごろごろとして, ちと怪しい, つづいた, つぶれて, できだんだん, できて, できやしないかと, はねて, 出来て, 来て, 痛んで, 起きあがつたの, 醜態を, 陽炎を, 飛び蛍草, 髪の毛を

▼ くれなどと~ (28, 0.2%)

5 言って 3 いって

1 [20件] いい出すの, いい引かなければ, いったけれども, いつたの, いはれたこと, バカな, 云い出したので, 云うと, 云う人, 仰しゃられると, 注文し, 涙声で, 無法な, 申し入れたら, 見なれた字, 言い出さなけりゃいい, 言ひだす, 言ひ切つた, 道義タイハイスポーツマンシップを, 頼まなかったの

▼ くれよと~ (28, 0.2%)

1 [28件] いいあるいは, いいたい, いうに, いひけるに, お萩出す, せがむを, たのみ念仏, 一言いい, 下から, 云いかけられ是非, 云ひし, 半分頭剃り, 叫んだ, 嘆願しました, 庄次郎申おり, 彦太郎が, 懇願した, 書きどうか, 書肆のぞみ候, 申しましたから, 申来りたれ, 繰りかへ, 胸の, 芳賀真咲が, 言って, 頼み苅り置きたる柴, 頼み苅り置きたる萱, 頼んだ

▼ くれてから~ (27, 0.2%)

1 [27件] おじゃまします, おばあさんも, お島, お庄, かがり火を, すべてに, その決心, たった四十分の後, でないと, とんだ助, また残り, やってきます, 一人の, 七兵衛は, 二時間ばかりは, 何だか自分, 前任者の, 四十分しか, 宵宮へ, 家は, 急に, 提灯を, 案内し, 水夫長が, 焙じ茶の, 父上も, 私は

▼ くれ~ (27, 0.2%)

72 い, えから

1 [16件] いかな, いそれから, いといった, いとせ, いとで, えか, えかな, えからよ, えぞ, えと, えという, えと云うだ, えと引張られ, えと思った, えよ, えデン公

▼ くれ~ (27, 0.2%)

1 [27件] からひどい, があけはなった, がふたり, がまるい, がよりたかっ, がピストル, が両方, が乗っ, が二少年, が別室, が生き血, が用意, と密通, にだきあげられ, に両手, のきこり, のくせ, の中, の制服, の様, の腕, はゴルスツキン, は二少年, は小林君, やさ, をピッタリ, を夫

▼ くれお前~ (26, 0.2%)

1 [26件] が口, が東京, が目ざわり, が背負っ, と勇三郎, には打つ, に言わせる, のお母さん, のこと, の亭主, の父親, の物, の用事, の素性, の臍の緒書き, の頭, はたしかに, は一體何だい, は何, は妙, は少し, は早, は錺屋, をとがめる, を待っ, を待つ

▼ くれそして~ (25, 0.2%)

2 いろいろと, そこを, 私の

1 [19件] そこへ, それは, それを, たとえ遠く, できるだけ簡素, また上の, もう二度とこちら, 久しぶりで, 二人で, 余り騒がない, 僕に, 弦之, 彼に, 悪者あつかい, 成ろうこと, 批評を, 普通の, 正しい審判, 科学小説の

▼ くれなんて~ (25, 0.2%)

2 ケチな

1 [23件] いうはず, いつ云った, そう言っ, そんな無理, ちっとも云いません, つまらぬ事, とんでもない, 云うなよ, 云えた義理, 云ったもの, 云っても, 今更いやがらせ, 手紙に, 拜むやうで, 水く, 煩いこと, 置き手紙を, 虫の, 言えたもの, 言えたもん, 言った奴, 言つたつ, 話が

▼ くれ~ (25, 0.2%)

4 して 2 妻と, 拾って

1 [17件] おくること, おこして, おじいさんの, つかんで, どなるの, ひとつ蹴っ, またいや, 取り上げそれ, 思ひ, 拵へただけ, 拵へる, 濡らします, 砕いた, 而かも, 落として, 見せるやう, 踏む長靴

▼ くれおれ~ (24, 0.2%)

1 [24件] があやまり, が悪い, だってお前, にはなんだか, に信用, の体, の方, の生命, の連れ, は, はこれから, はでかける, はどうしても, は何, は前もって, は庭, は悪かっ, は死ぬ, は泥棒, は罪, は飲む, も死ぬ, を油虫みたい, 一寸行っ

▼ くれちゃ~ (24, 0.2%)

4 いけねえ, ア困る, 困る 3 いけない 2 困るよ 1 いけないよ, どうだい, ア困ります, ア種々頼む, 困るぜ, 洗たくし, 誠に困る

▼ くれ~ (24, 0.2%)

16 えか 2 え, えよ 1 えかの, えから, えと思う, の字

▼ くれこの~ (19, 0.2%)

1 [19件] とおりだ, とおり身は, わがままを, 傷が, 先生が, 内地人を, 勢いに, 命を, 喉へ, 手紙は, 景況を, 機会こそ, 男こそは, 男は, 着物なども, 縄目を, 花に, 袋は, 難儀を

▼ くれまた~ (19, 0.2%)

2 その方針

1 [17件] ある時, いろいろの, こんど気分の, じっとそこ, その訳書, もしもの, わたしの, 一刻の, 其の前, 合宿では, 向うでも, 夜に, 孫たちには, 帰りに, 煙草を, 錘を, 門外不出の

▼ くれよう~ (19, 0.2%)

2 では

1 [17件] があり, で, でその, といった当時, といふ意地, といふ樣, としておる, としてさし, としてその, としてもそれ, としても家, としてゐる, として差出した, ともしません, などと空想, に腹, もなし

▼ くれ~ (18, 0.1%)

2 もすぐ

1 [16件] が悪い, に手紙, に言葉, の一番大切, の問わない, の心, の手, はこれから, はただ, はばかばかしく, は凡そ何日頃千葉, は急い, は銭形平次, は鮮明, もその, 勝って

▼ くれがた~ (17, 0.1%)

2 に, やわが, 街に

1 [11件] とか夜, なぞは, に勝家公むざんのありさまにて, のうすぐ, のおそろし, の庭掃除, の水, ひた滑り, を歩む, 午後の, 奈良に

▼ くれ~ (17, 0.1%)

2 ーい

1 [15件] いくらでも出す, い弟, がれと, はる, はるか知らんけん, はるので, はるんさかい, ア, アがるだ, 何かを, 唐黍の, 札を, 東京に, 枯草を, 汚い物

▼ くれもう~ (14, 0.1%)

2 一つ頼みが

1 [12件] たくさんだ, 一つこの, 一つ此處へ, 一人の, 何處へ, 俺には, 僕は, 医者は, 大した事, 学校へも, 投身じゃ, 死んでも

▼ くれやう~ (14, 0.1%)

1 [14件] か, がね, が多, この手紙, し従つて, とした, とする, とはしない, ともええ, と云, と待つ, と思つておいで, と思ふ, と既に

▼ くれこれ~ (13, 0.1%)

1 [13件] お娘, が最後, じゃア警保局, っ限, どうかわし, は下, は君たち, は変, は私, ほどの療治, を, をくれ, を食わせろ

▼ くれといった~ (13, 0.1%)

3 ような 1 あとで, かれは, そうで, そうである, ために, のは, 新刊の, 時私は, 画家は, 風の

▼ くれ自分~ (13, 0.1%)

1 [13件] がすまなく思っ, が死んだ, のむなしい, の意見, の言った, の部屋, の馬車, はせめて, はもう, はもっと, もまた, も一本咥, を気の毒

▼ くれあの~ (12, 0.1%)

2 女は, 晩どこへ 1 ま, 人より, 婆めが, 晩美保子さんは, 梅の, 紙屑爺の, 若いの, 驚異軍艦の

▼ くれ~ (12, 0.1%)

71 あそれだけ, あね, よ, る, るる仲間

▼ くれそれから~ (11, 0.1%)

1 [11件] お前は, お清さん, お父上, ついでに, ビールもう, 五郎助貫六と, 佛を, 書き役, 藤原と, 飛空機上の, 駕籠だ

▼ くれとでも~ (11, 0.1%)

2 いうの, いうよう, 言って 1 仰し, 申すの, 言うん, 言つて文三郎に, 言はれたら

▼ くれわし~ (11, 0.1%)

1 [11件] が呼んだ, なんぞはどう, の足もと, はとても, はまた, はもう一杯, は今夜久しぶり, は其の, も乗せ, も手伝う, も行く

▼ くれとて~ (10, 0.1%)

1 くるくると, ころりと, まえの, 二十円も, 手を, 手紙を, 持って, 氷嚢の, 涙を, 父は

▼ くれ~ (10, 0.1%)

1 かうまい, かの事, か合図, か喫, か變つた事, があつ, だってあの, と言っ, にかなく, も隠す

▼ くれ少し~ (10, 0.1%)

1 は脅かし, 上り坂の, 問う事, 手を, 焦れツ, 聞きたいこと, 訊き度, 話して, 話を, 飲みながら

▼ くれよとの~ (9, 0.1%)

1 ことで, ことの, 丞相の, 事なり, 持主に, 給へる, 言葉をも, 話も, 重井の

▼ くれ~ (9, 0.1%)

2 はこの 1 でなくても, でると, なくなった万岳楼, に畜生, までそ, まで疑っ, も私

▼ くれ~ (9, 0.1%)

1 だ, はお, は今, は女房, は是, は生, もお前, を愛し, を救っ

▼ くれいい~ (8, 0.1%)

32 かい 1 かいい, 気持だ, 消息を

▼ くれ~ (8, 0.1%)

1 すすみかねたる駒, 争ひ, 医者に, 受くる, 梅見, 論辨の, 青きいろ見ゆる, 飽くに

▼ くれもし~ (8, 0.1%)

1 その日, それに, ほんのちょい, 人ちがいだ, 出さなければ, 正義の, 自分の, 返して

▼ くれ~ (8, 0.1%)

2 の言葉, の顔 1 が君, が来, が死ん, はあの

▼ くれ~ (8, 0.1%)

41 えと, えとある, えと云う, え抔

▼ くれ~ (8, 0.1%)

1 か, だっけ, であった, でありなかんずく, であるにも, なんぞは流れ, は手, を馴らす

▼ くれいと~ (7, 0.1%)

1 あったので, 云はれる, 云ふ, 仰っしゃって, 軒先の, 頼みました, 頼みますの

▼ くれそんな~ (7, 0.1%)

2 馬鹿な 1 ことを, 事を, 無理な, 講釈は, 野郎とは

▼ くれども~ (7, 0.1%)

1 かつてその, の狼藉, は返事, 天に, 帰る世, 未だ容易, 猶小さき

▼ くれぼく~ (7, 0.1%)

1 が君, のお願い, はた, は今夜, は改心, を殴っ, を踏みにじっ

▼ くれ~ (7, 0.1%)

2 へばむに 1 は此世, やうに, よし, よふと, 得ば

▼ くれ~ (7, 0.1%)

2 のよ 1 の, のぬけいづる, のむら雀, の杖, の根岸

▼ くれこういう~ (6, 0.0%)

3 わけだ 1 わけじゃ, 意味の, 話しじゃ

▼ くれこんな~ (6, 0.0%)

1 ことまで, だ, 事を, 冒険を, 所へ, 身に

▼ くれてね~ (6, 0.0%)

1 しんさつし, そんなよう, なんだか英雄, 会計に, 例の, 私に

▼ くれ~ (6, 0.0%)

1 あらめや, しばしばなぐっ, ついて行く, 些と, 気が, 著しく汚れ

▼ くれなど~ (6, 0.0%)

5 した 1 して

▼ くれなどという~ (6, 0.0%)

1 あの寒暖計, のが, 孫七めの, 家も, 注文が, 相手も

▼ くれ~ (6, 0.0%)

2 えと困る 1 えとやっぱし, えと先方, えッてん, たのむよ

▼ くれ~ (6, 0.0%)

31 い, いッ, 早く誰

▼ くれ今日~ (6, 0.0%)

1 でもう, は拙者, は放課後, は駄目, より意見番, 別れて

▼ くれ後生~ (6, 0.0%)

2 だ, だから 1 だっ, だ頼み

▼ くれ~ (6, 0.0%)

1 が多い, が足りない, ちょっと釣, に母, に著しい, の定め

▼ くれ~ (6, 0.0%)

2 を, をくれ 1 をひっかける, をひつ

▼ くれいや~ (5, 0.0%)

1 おまえがと, おれが, お取り次ぎ, なもの, 待て

▼ くれえと~ (5, 0.0%)

1 云いな, 悲鳴を, 申して, 祈ったの, 言われては

▼ くれそうして~ (5, 0.0%)

1 内儀として, 十円も, 小三治, 自分が, 自分とも

▼ くれそこで~ (5, 0.0%)

2 浜尾総長が 1 すべてを, 今の, 宿駕籠に

▼ くれてが~ (5, 0.0%)

1 ありませんでした, あろうとも, ないから, ないこと, 無かった

▼ くれてこそ~ (5, 0.0%)

1 わしの, われわれも, 古典の, 彼が, 成立って

▼ くれてもよ~ (5, 0.0%)

4 かりそう 1 かりさうな

▼ くれには~ (5, 0.0%)

1 その時, なるし, はいり得ようか, 皆こり, 過ぎたりと

▼ くれ~ (5, 0.0%)

1 が来る, に見られない, のため, の無い, の縄張

▼ くれ場所~ (5, 0.0%)

1 がいっぽう, でしょう, に道中師, はもう, もちゃんと

▼ くれ~ (5, 0.0%)

1 一時間街を, 供は, 商売の, 父さん, 藤次に

▼ くれ決して~ (5, 0.0%)

1 みなを, 惡い, 憎くて, 親分を, 迷惑は

▼ くれ~ (5, 0.0%)

3 がある 1 はそれ, をする

▼ くれここ~ (4, 0.0%)

1 が正念場, では迷惑, に居るなら, の所長

▼ くれそいつ~ (4, 0.0%)

1 の首根っこ, はわけ, は捕物, は捕物ぢ

▼ くれたりも~ (4, 0.0%)

3 した 1 するの

▼ くれちや~ (4, 0.0%)

1 いけない踊, 困るぢ, 困るつて, 困ると

▼ くれ~ (4, 0.0%)

2 や世間体 1 やありません, やア

▼ くれつつ~ (4, 0.0%)

1 ある, 帰途に, 留守の, 高氏は

▼ くれてな~ (4, 0.0%)

1 そういうとった, そしたら春子おばさん, それが, ア

▼ くれとこう~ (4, 0.0%)

1 いうの, いって, 申すの, 言うん

▼ くれどう~ (4, 0.0%)

1 かわかれ, だ今, だ分ったか, にでも身

▼ くれどんな~ (4, 0.0%)

1 ようにでも, 不利な, 訴訟な, 難解な

▼ くれなん~ (4, 0.0%)

1 したいの, した佐野, ていうん, ていう人

▼ くればいいん~ (4, 0.0%)

21 だね, だよ

▼ くればよ~ (4, 0.0%)

4 かつた

▼ くれ~ (4, 0.0%)

2 なんだら 1 いつくば, なんだ

▼ くれ~ (4, 0.0%)

1 へんか, へんどす, んネ, 考えさせて

▼ くれりや~ (4, 0.0%)

1 その食わない, だから文句, まだい, 辛いぐらゐは私

▼ くれわたし~ (4, 0.0%)

1 が何, はお前さん, はどうも, は最初

▼ くれ~ (4, 0.0%)

1 が言, この剃刀, と爺さん, 大地主

▼ くれ其の~ (4, 0.0%)

1 代り金を, 前に, 方御, 時は

▼ くれ~ (4, 0.0%)

1 がこの, どころかそこ, の, の者

▼ くれ~ (4, 0.0%)

1 からすぐ, から必死, から思いがけなく, は斯

▼ くれ~ (4, 0.0%)

2 も充分 1 には決して, は帰らね

▼ くれ早く~ (4, 0.0%)

1 あけて, だ, 先へ, 助けて

▼ くれ~ (4, 0.0%)

2 まぎれに 1 の毒, の確か

▼ くれ~ (4, 0.0%)

2 は回向院 1 が喫驚, よ

▼ くれ錢形~ (4, 0.0%)

2 の, の親分

▼ くれあそこ~ (3, 0.0%)

1 で女, に男の子, は十一文甲高

▼ くれあと~ (3, 0.0%)

1 の始末, は捕手, を

▼ くれあれ~ (3, 0.0%)

1 から起った, が児, を掛けよ

▼ くれあゝ~ (3, 0.0%)

1 これだ, 実に面目, 済まねえ事

▼ くれいかに~ (3, 0.0%)

3 朝夕を

▼ くれいつ~ (3, 0.0%)

1 までも僕, までも引留め, までも撫で

▼ くれから~ (3, 0.0%)

1 そんな声, 土くれ, 夜の

▼ くれこう~ (3, 0.0%)

1 だ乃公, 申しつけましただけ, 言ったそう

▼ くれさもなければ~ (3, 0.0%)

1 あなたを, いつまでも, 裁判に

▼ くれしかし~ (3, 0.0%)

1 それは, 息子さんは, 著作の

▼ くれしばらく~ (3, 0.0%)

1 は父, 居残って, 黙ってて

▼ くれすぐ~ (3, 0.0%)

1 あとから, やって, 行くから

▼ くれすると~ (3, 0.0%)

1 今の, 御父さん, 自分は

▼ くれそこ~ (3, 0.0%)

1 だ, に横たわっ, へ私

▼ くれその間~ (3, 0.0%)

2 に俺 1 御隱居

▼ くれそれで~ (3, 0.0%)

1 お鶴, 無いと, 腹が

▼ くれっていう~ (3, 0.0%)

1 だ, 御伝言, 気な

▼ くれつて~ (3, 0.0%)

21 云うし

▼ くれでも~ (3, 0.0%)

1 すると, 天眞の, 海を

▼ くれとかいう~ (3, 0.0%)

1 ことに, ような, 御注文

▼ くれなお~ (3, 0.0%)

1 僕等の, 其方が, 彼が

▼ くれについて~ (3, 0.0%)

1 例の, 来た, 来て

▼ くれにも~ (3, 0.0%)

1 めかくし, もんは, 春を

▼ くれはつ~ (3, 0.0%)

2 た事 1 たの

▼ くれよく~ (3, 0.0%)

1 世の中には, 云うん, 知らんと

▼ くれよという~ (3, 0.0%)

1 ことをも, のであった, のである

▼ くれ~ (3, 0.0%)

1 つ引, になっちゃった, には厚い

▼ くれ二人~ (3, 0.0%)

2 の男 1 は別れる

▼ くれ人間~ (3, 0.0%)

2 の悲鳴 1 の血

▼ くれ~ (3, 0.0%)

1 の友人, の彫刻師たち, の条件

▼ くれ~ (3, 0.0%)

1 いろいろ興味, 三上参次君松本亦, 我が飮友達蟒さん

▼ くれ多分~ (3, 0.0%)

1 いの一番に, その邊, 土竈か

▼ くれ大急ぎ~ (3, 0.0%)

2 だと 1 だぜ

▼ くれ~ (3, 0.0%)

1 がきみ, の怨み, の素姓

▼ くれ彼女~ (3, 0.0%)

1 のほう, の靈, は工場

▼ くれ~ (3, 0.0%)

1 呉服所御免だけの, 酒宴が, 隱居は

▼ くれ~ (3, 0.0%)

1 ういう, うして, う言

▼ くれ此處~ (3, 0.0%)

1 では迷惑, で待つ, で訊き

▼ くれ親切~ (3, 0.0%)

2 に慰め 1 にし

▼ くれ~ (3, 0.0%)

1 かとめ, でもいい, よりもダラシ

▼ くれ~ (3, 0.0%)

1 だ酒, はいい, はやめません

▼ くれ~ (3, 0.0%)

1 の勘定, はいらない, を返し

▼ くれ~ (3, 0.0%)

1 のふる, をくれ, 之丞

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 それあ, 痛い放せ

▼ くれああ~ (2, 0.0%)

1 して, 無情と

▼ くれあなた~ (2, 0.0%)

1 のする, の気に入らなかったら

▼ くれいつも~ (2, 0.0%)

2 の通り

▼ くれいま~ (2, 0.0%)

1 は三河島辺, 訪ねて

▼ くれいろいろ~ (2, 0.0%)

1 なわがまま, な喰物

▼ くれえのこ~ (2, 0.0%)

1 とあ, とは有りましょう

▼ くれおら~ (2, 0.0%)

1 あおめ, あ正直

▼ くれお父さん~ (2, 0.0%)

1 が二度目, も弟

▼ くれお茶~ (2, 0.0%)

1 の飮, を呑み

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 あ, えりに

▼ くれかた~ (2, 0.0%)

1 があんまり, で月経帯

▼ くれかも~ (2, 0.0%)

2 知れない

▼ くれこいつ~ (2, 0.0%)

1 が何より, は七平

▼ くれこうした~ (2, 0.0%)

1 人の, 我の

▼ くれこれから~ (2, 0.0%)

1 渡辺の, 行つて本を

▼ くれさも~ (2, 0.0%)

1 ないと, なけれや

▼ くれしかも~ (2, 0.0%)

1 それからは, 席料なども

▼ くれすこし~ (2, 0.0%)

1 当が, 用事が

▼ くれそうしたら~ (2, 0.0%)

1 お伺い, 一喧嘩し

▼ くれそれに~ (2, 0.0%)

1 対って, 彼自身いくらかの

▼ くれそん~ (2, 0.0%)

1 なら安心, なら是

▼ くれそんなに~ (2, 0.0%)

1 お前の, 下手人が

▼ くれたる~ (2, 0.0%)

1 が杖, に

▼ くれだけは~ (2, 0.0%)

1 あやまる, 社の

▼ くれっと~ (2, 0.0%)

1 いってね, 云って

▼ くれてと~ (2, 0.0%)

2 云って

▼ くれての~ (2, 0.0%)

1 志まことに, 扱いなら

▼ くれてばかり~ (2, 0.0%)

1 いられる, 居て

▼ くれでなければ~ (2, 0.0%)

1 助手でも, 話を

▼ くれとお~ (2, 0.0%)

1 さよ, 君に

▼ くれところで~ (2, 0.0%)

1 おまえたちの, 他に

▼ くれとさえ~ (2, 0.0%)

1 念を, 言って

▼ くれとしか~ (2, 0.0%)

1 云えない, 云って

▼ くれとして~ (2, 0.0%)

1 ある, た

▼ くれとにかく~ (2, 0.0%)

1 おれは, どこかへ

▼ くれどうか~ (2, 0.0%)

1 して, エ然して

▼ くれどうしても~ (2, 0.0%)

1 出て, 否なら

▼ くれどこ~ (2, 0.0%)

1 でそんな, へ寝られる

▼ くれながらも~ (2, 0.0%)

1 かう言, 一生懸命に

▼ くれなどとは~ (2, 0.0%)

1 お前も, もっての

▼ くれなるべく~ (2, 0.0%)

1 フトンも, 年寄が

▼ くれなんぞと~ (2, 0.0%)

1 たのまれたこと, 云ふんだろう

▼ くれなんと~ (2, 0.0%)

1 かして, 惨めな

▼ くれねえ~ (2, 0.0%)

1 だいたい政府, 天下将相に

▼ くれの長~ (2, 0.0%)

1 であり浦粕, は映画

▼ くれぶり~ (2, 0.0%)

1 が雲霧, では歴戦

▼ くれへん~ (2, 0.0%)

1 かったん, にきまってるいう

▼ くれまだ~ (2, 0.0%)

1 半分ばかし, 昼乳までには

▼ くれまっ~ (2, 0.0%)

1 しゃろ, せおばさん

▼ くれもしか~ (2, 0.0%)

1 お粂, すると

▼ くれやっと~ (2, 0.0%)

1 のこと, 一方の

▼ くれゆっくり~ (2, 0.0%)

1 休むよう呉, 話しこんで

▼ くれよよ~ (2, 0.0%)

1 こら雪, 傳助

▼ くれらア~ (2, 0.0%)

2

▼ くれわが~ (2, 0.0%)

1 ひととは, 天晴の

▼ くれんで~ (2, 0.0%)

1 松も, 自分ばかり

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 がけり, くれて

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 といい兼ね, のまん中

▼ くれヘルマン氏~ (2, 0.0%)

1 の思い出, の思ひ

▼ くれ一緒~ (2, 0.0%)

2 に死ぬ

▼ くれ下々~ (2, 0.0%)

1 の騒ぎ, の騷ぎ

▼ くれ久兵衛~ (2, 0.0%)

1 には青, のこと

▼ くれ余程~ (2, 0.0%)

1 勇義な, 甘からう

▼ くれ信さん去年~ (2, 0.0%)

2 も己

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 は家康, は酒癖

▼ くれ元町~ (2, 0.0%)

1 のそいつ, の親分

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 を急ぐ, を濡らし

▼ くれ先方~ (2, 0.0%)

1 からは同氏, が迷惑

▼ くれ先生~ (2, 0.0%)

1 におねがい, を初め

▼ くれ冗談~ (2, 0.0%)

1 じゃあねえ, はやめ

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の始め

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 だがネ, と

▼ くれ医者~ (2, 0.0%)

1 を, をよ

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 でもあろう, と言う

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 だ, に空虚

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 に此邊, の者

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 が明ける, 更けて

▼ くれ大名~ (2, 0.0%)

1 のお, の家

▼ くれ大将~ (2, 0.0%)

1 が死ん, はたいへん

▼ くれ学校~ (2, 0.0%)

1 から帰った, のこと

▼ くれ小さく~ (2, 0.0%)

1 ち, ちぢんだ顔

▼ くれ後で~ (2, 0.0%)

1 うんと油, 解る事

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 と体, も消える

▼ くれ急ぎ~ (2, 0.0%)

1 の仕立, の用

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 はない, も出

▼ くれ我々~ (2, 0.0%)

1 は大いに, は津軽海峡

▼ くれ我が~ (2, 0.0%)

1 のこら, 病気も

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 る報道を, る者

▼ くれ手前~ (2, 0.0%)

1 が鹽辛聲, は町内

▼ くれ拙者~ (2, 0.0%)

1 は拝島, も貴殿

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 をにぎる, を握る

▼ くれ~ (2, 0.0%)

2 鳥越へ

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 の暮れる, は両国稲荷

▼ くれ旦那~ (2, 0.0%)

1 がお, にちょっと

▼ くれ明日~ (2, 0.0%)

1 だけは誰, の天道樣

▼ くれ昨夜何ん~ (2, 0.0%)

1 か変った, か變

▼ くれ~ (2, 0.0%)

2 が燃えてる

▼ くれ此方~ (2, 0.0%)

1 が大事, の土藏

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 がとがめる, まぎれに

▼ くれ気分~ (2, 0.0%)

2 が悪い

▼ くれ気味~ (2, 0.0%)

1 になつ, に言

▼ くれ浮世~ (2, 0.0%)

2 の噂なんど

▼ くれ父上~ (2, 0.0%)

2 にもよろしく

▼ くれ爾来~ (2, 0.0%)

2 ここを

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 で賑やか, よどうか

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 もありません, もなく

▼ くれ相手~ (2, 0.0%)

1 は人間, は伯爵

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 には早い, をする

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 は有る, も仏

▼ くれ稲ちゃん~ (2, 0.0%)

1 のシクラメン, は私

▼ くれ~ (2, 0.0%)

2 の細道

▼ くれ~ (2, 0.0%)

2 をくれ

▼ くれ~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ くれ~ (2, 0.0%)

2

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 がちぎれる, をぬつ

▼ くれ~ (2, 0.0%)

2 の付いた

▼ くれ親分~ (2, 0.0%)

1 が腰, に用事

▼ くれ親類~ (2, 0.0%)

1 に迷惑, の者

▼ くれ誠に~ (2, 0.0%)

1 辱ない, 面目次第もねえ

▼ くれ貞淑~ (2, 0.0%)

2 に私

▼ くれ貴様~ (2, 0.0%)

1 が仏蘭西, を

▼ くれ近い~ (2, 0.0%)

1 うちには, ところに

▼ くれ~ (2, 0.0%)

1 をあけ, を平ら

▼ くれ部屋~ (2, 0.0%)

1 のゴロン棒, へはいる

▼ くれ阪井~ (2, 0.0%)

1 は火傷, 帰れよ諸君

▼ くれ静か~ (2, 0.0%)

1 に, に聞け

▼ くれ音楽~ (2, 0.0%)

2

▼ くれ頼み~ (2, 0.0%)

1 がある, だ

▼ くれ黒き~ (2, 0.0%)

1 アングウス, アングウスと

▼1* [947件]

くれああああまッ直ぐ, くれあと兄が福島, くれあと金は引きかえ, くれあら海の女, くれある時節には, くれあんなほおじ, くれあんまりもんだらもみすぎて, くれあん時あ壮六, くれあッ熱ウ熱ウ, くれだ, くれいくら長くても, くれいさぎよくおれは, くれいずれは斯, くれいつかのよう, くれいつもよく働きます, くれいまここで勉強, くれいま一番自分の苦しい, くれいもないもの, くれいろんな事の, くれうちの林檎, くれうまい魚汁だ, くれうれしいことには, くれええ是非が, くれえお堅いが, くれえっワーッ助けて, くれえなもので, くれえなお嬢様は世間, くれえなものなん, くれえな事は知ってる, くれえな別嬪は沢山, くれえな命取りでご, くれえな工夫はあっち, くれえな目先が見えなく, くれえな美いお嬢様, くれえー阿部川餅という, くれおいおおいッ, くれおいらは品川宿, くれおじいさんのこと, くれおそくなると, くれおとよ, くれおのずから支店長代理に対する, くれおばさんいま灯りをつける, くれおら申わけがねえ, くれおれらはいたっ, くれお前みたいなバイタ, くれお前らに半分, くれお客さんがい, くれお寺へ, くれお披露目をしたら行っ, くれお礼には後で, くれお祈りをせね, くれお祖父さんは何, くれお銭はその, くれお隣の支配人, くれかかるまえわたし, くれかたじけなき事, くれかまきりなんて呼ぶ, くれかゆい所へ, くれからは充分に, くれかんべんして, くれがたき夏の, くれがちながらも真夏, くれがんりき名代の腕, くれきっと夫婦に, くれきっとどうにかなる東京, くれきつと恩, くれきのう愛人を失った, くれきのふ愛人を失つた, くれくもやくもやと騒ぎ廻る, くれぐらい云い兼ねないですよ, くれぐらいのことは, くれこうして寝て, くれこそ悲しかりけれ, くれこちらでもその, くれことに二枚目の, くれこら少し聞分, くれこれ忰貴様の親, くれごろには, くれご馳走をし, くれさあ来い, くれさえもしました, くれさっきおれは何もかも, くれさっきグルーシェンカはここ, くれさっき僕のきいた, くれさっと身を, くれさて祝言と, くれさよなきどりや, くれしかして彼女を, くれしたがってだんだん私, くれしっかりと憑, くれしまいに炉火に, くれじゃないか, くれすっかり改悛した, くれせめてもの気休め, くれぜんたい此所は何所, くれなたの, くれそうした魚のみの, くれそうすると癒る, くれそうそうと思い出した, くれそしてまた小遣までも, くれそつとお, くれその他いろいろシナ流, くれその後も氷買い, くれそもそも事の, くれそらそこに, くれそれからまた引返すん, くれそれぢやあんた, くれそれとなく秋祭に, くれそれらの老人, くれたちなあ, くれたった一人の, くれたりさえもする, くれたりでもしたらば, くれたりなんかした, くれたりなんぞして, くれだが三年は, くれだけあって, くれだっていましたが, くれだの蛙の, くれだれが銭, くれだんだん馴れて, くれちかみ, くれちかごろでは, くれちっと踞ま, くれちゃあ大迷惑, くれちゃんと煙草は, くれちやア困るよ, くれちょる, くれちょいとコマカイの, くれちょっと手を, くれちよつと, くれちよちよつと待つ, くれっていうじゃないか, くれってね大声に, くれっぷりのよい, くれついでに夜具蒲団, くれつて電話がありました, くれつまらない事を, くれつまり生きたいため, くれつらかろうが, くれてあつた, くれていうことを, くれていうばかりだった, くれていらしったので, くれてかわしを, くれてからの母は, くれてからは事務的にも, くれてけえし, くれてさ生命の, くれてすら生計が, くれてなあおれと, くれてやがる, くれてやらア, くれてよかつた, くれてをりました, くれてんこ盛りによな, くれできるだけの応援, くれというは種々止む, くれといったじゃないか, くれといつた相で, くれとかいふのが, くれとだけ書かれて, くれとても忙しいからって, くれとどなつた, くれとねところが細田屋, くれとのう雑作なく, くれとばかり思うて, くれともすれば男の子ばかりに, くれとわてがこれ程, くれと共にゾロゾロゾロ, くれと迄あやまると, くれどうしてもつと早くこの, くれどうせ助からない早く, くれどうせ後で知れること, くれどうにもならなくなって, くれどうも聽き捨て, くれどうも実に面目次第も, くれどちらが真に, くれどっちから始めた, くれどんなに海が, くれなあ堪忍する, くれなかなかりっぱな, くれなかには顔に, くれなぞと云うの, くれなと水涕を, くれなどが交じって, くれなどといったものも, くれなどといふのは, くれなどとも認めて, くれなにせい連れ, くれなほ毎月新譜のレコード, くれなんだか蒸し暑いと, くれなんてね莫大小の, くれなんぼ私でも, くれにかの蓮池遠く, くれにけつまづい, くれにでも縁の, くれになつてし, くれにやならんて, くれにわたる鳥の, くれねえおい後生だ, くれねえとも限らないさ, くれねばいけねえ, くれのささ流れか, くれの等といったこと, くれはじめ日一日とすじみち, くれはったと見えて, くれはつたんやつたな, くれはりまっけど, くれはりまへん, くれはりまつか, くれはるのん, くれはるのが一番, くれはんの, くればい此の紬縞ア余り, くればと仙七の, くればなどと女房を, くればやつても, くれひとまず双ヶ岡, くれひと言だけ, くれへえ宜しい心得た, くれへと踏みつけ踏みつけ耙, くれべと思うん, くれほんとの勝負, くれほんの三十分も, くれぼくたちを生きかえらせ, くれまあ恐らくここらに, くれまさあね, くれまさかそんな馬鹿, くれまして他言は, くれまず吸い物から, くれまたまたあまりもの, くれまでして, くれまるでおれのせゐみたい, くれみんなだいや, くれみんな俺が悪い, くれみんな足しない身銭, くれ蹴飛ばしやら, くれむづの心は期する, くれむと国風の旗さし建て, くれめえつてん, くれめしを, くれもう一度耳に, くれもちろん望みの, くれもっと温めて, くれもっとも話は, くれものが, くれもはや家を, くれももんじいを煮, くれやがて孤児に, くれやなどと言われた, くれややともすれば風, くれやれやれどうしてこの, くれつくり話しするがな, くれようかん餅菓子今川焼ぼったら焼, くれよがしの, くれよとて洋傘を, くれよとでもい, くれよとは何方右か, くれよなたの, くれよなどと言って, くれよね決議に, くれよばあや, くれより公, くれよろしいの方, くれよーう, くれらアアハハアすまないな, くれりやその間の稼ぎ賃, くれりや私はありがたい, くれわざわざやって来るん, くれわれらは互いに, くれ宜いかお前, くれんぢや困る, くれんついでに素っ首土産, くれんガネヒマになったら, くれん世は冠せ, くれん放ったらかしや, くれん清吉ごとき卑劣, くれん用意はよい, くれアアこれこれ与吉, くれアリョーシャ聞いて, くれアレクセイもう一つ白状, くれアンテナ張って, くれエンジンみて, くれオリジナルな内容, くれクリストフが感動, くれゲルステッカーにその, くれコニャクをやろう, くれコニャックを些, くれコルネリウス・アグリッパやパラケルスス, くれゴリキー全集に彼, くれサア八歸らうぜ, くれシャベルつるはしこの二つ, くれゼウスよ, くれソレお登和, くれッ胴は五, くれトランクの中味, くれドノバンきみは悪い, くれドーカ助けとくれ, くれナンテ言われるよう, くれニキーチナ夫人の本, くれニサの子, くれハイさようなら, くれハガキは出した, くれハ米うけとりよ, くれバ海援隊の名, くれパーシウスわしは美しい, くれフンドシが解けた, くれボシュエという人, くれポコ君いつまでねぼけ, くれマスクのこと, くれマデラインの寺院, くれマニラはわい, くれミーチュシカ私たちはお前さん, くれラヂオでも時々, くれレヤチーズの妹, くれロックリンのトオカル, くれワイシャツなんぞ滅茶滅茶, くれじゃ困る, くれーッと叫んだ, くれの二人, くれ一つだけ訊い, くれ一人でも叩かなかった, くれ一人づつが宜, くれ一体ボイロフの, くれ一処に, くれ一大事一大事と笑い, くれ一寸外の空気, くれ一年中のマダ, くれ一應顏を見, くれ一日に何遍, くれ一時間でい, くれ一晩でか, くれ一晩中薪を焚い, くれ一生独身で子供, くれ一籠のりんご, くれ一言僕に知らし, くれ万太郎は下民, くれ三人で柳川, くれ三年間の期限, くれ三日三晩カンテラとツルハシ, くれ三日五日とは言わない, くれ三木さんに済まぬ, くれ三輪の兄哥, くれにあげ, くれ上山にも亦, くれ下手人がもう, くれ不健康な恋愛, くれ不安のうち, くれ不幸な者, くれ不承知か不承知, くれ不断の慰藉, くれ世話したいと, くれ世間は広い, くれに二斗, くれに何ん, くれ中ノ橋の親分, くれ主人は君, くれ乃公に見せ, くれ乍ら靜かに歩い, くれ乾葡萄を手, くれ乾雲丸をひきよせ, くれが側近く, くれ二カ所の広い, くれ二三度文通したこと, くれ二個出来て, くれ二円近い御, くれ二銭貰ふと長吉, くれ二間ほしいなどという, くれ云々とあり, くれ五月十二日を忘れる, くれ五重塔は二人, くれ亭主がお, くれ人掘りかへす, くれ人身体に手, くれ今うちにはあれっきり, くれ今おれが案内, くれ今上川岸の舛田, くれ今夜から, くれ今夜中に片付けなき, くれ今後も援助, くれ今晩は帰らない, くれ仕事の応接, くれ代わりに僕, くれ以後彼は公務, くれ伏見はどんな, くれは酒癖, くれ何うにかなるまい, くれ何かと消息を, くれ何だかおれも, くれ何とでも, くれ何とか話を, くれ何んか確か, くれ何不自由なくし, くれ何人か来, くれ何彼と説明を, くれ何處からともなく, くれのこと, くれ余り世間へ, くれ余分にあつ, くれ余興に出, くれし薄暗く, くれ便りの待, くれ俺たちはまた, くれ俺のでは, くれ俺らが悪い, くれ俺達は御用, くれ候ことは察せられ, くれ候つれバ甚だ当時ハ, くれ候ものにて余程, くれ候ゆへ何, くれ候ニ付其御地の御, くれ候間此方へ薩州様西郷伊三郎, くれ偽りの無い, くれをつけない, くれ僕たちの周囲, くれ兄哥俺は大, くれ兄貴は兄貴, くれ兄貴約束が違う, くれ先ず今日の, くれ先日三カ月の慰問, くれよけて, くれも角, くれ児童を暫く, くれつて寝る, くれ八お前は灯, くれ八三つになる, くれ八今お前は何とか, くれ八俺には呑み込めねえ, くれ八兎も角, くれ公衆が待ち受けてる, くれ六つどきに, くれ六人の娘, くれ六畳一杯にひろげる, くれだ, くれ其處に踏臺, くれ再三そういって, くれ冬場は目高一尾, くれ冬期休業になった, くれ冷理にかえる, くれ初中終旅を, くれ別に誰の, くれ利分は望み次第, くれの四頭, くれを見, くれその三人, くれ勇気なんてもの, くれ勘弁して, くれ勝手元の方, くれ勝負が済む, くれ化物じみて, くれ北京を発つ, くれ北野劇場の浦野, くれ十七八年前のもの, くれ十手捕縄はこの, くれ千代が皿, くれて私, くれ午後になっ, くれ半分ずつにしよう, くれ印度王にすっかり, くれいったら, くれ原稿料は四十円, くれ去るなり, くれ友人の細君, くれ友達のところ, くれ反抗や主張, くれ叔母はこの, くれ叔父どのを, くれ口上を間違える, くれ口惜しくって寝つかれねえ, くれ古い平和の, くれ古参よりも可愛, くれ古狸手前の糸, くれ可愛がって, くれ可愛い忰が, くれ台紙に入れ, くれから撃つた, くれ合羽はおたがいに, くれ吉宗に見せ, くれ同じ汽車で, くれ同時に遊びに, くれ名主のお, くれ名前も知れわたる, くれ君たちカラマゾフ一統はしきりに, くれれながら, くれ呉秀三さんは医史, くれ周馬の気持, くれ味噌汁も拵え, くれ呼吸が詰まる, くれ善惡は兎, くれ善藏や手前, くれ喜十も考え直す, くれを吐く, くれ四時すぎ酒匂さんの自動車, くれ国民一般も知, くれ土州へ往, くれ土曜日に取り, くれ土瓶の茶, くれを抱い, くれを払っ, くれ堪忍して, くれ墓標はサビタ, くれでなかったらおとなしく, くれの初め, くれ外人といえ, くれ夜中にも起上, くれ夜明かしで飲み明かそう, くれ大事なこと, くれ大変だどうも, くれ大寺が人殺し, くれ大工さんのおかみさん, くれ大槻文彦さんは如電さん, くれ大王に伺う, くれ大阪の弟, くれ天下晴れての, くれ太吉太吉と呼, くれ太閤の寝首, くれ奧樣私を刺殺し, くれ女たちが跪い, くれ女房が水, くれは朝鮮, くれ奴等にどし, くれ好いだろうね, くれ如電さんは向島, くれには妻, くれの好きそう, くれ姉さんとは大変, くれ始末を, くれ婦長さんが鉄兜, くれ子供らしい世話, くれ子供達の面倒, くれ孔生が手足, くれ学費は入用, くれ官兵衛は宗円, くれ官房長に, くれいかと, くれ宜いか屋敷の, くれつてくれ, くれ実にロシア人の, くれ実は書物が, くれまで僕たち, くれ家来だから, くれ宿所を約束, くれ寿江のインシュリン, くれ将来ともにこの, くれ小屋に一泊, くれ小松まで泳ぎつい, くれ小石で合図, くれ小説が書きたけれ, くれ小遣いもつかえ, くれ小鳥の代り, くれてはの源兵衞大概此の方, くれ屋敷の者共, くれ山高シヤツポを何故か, くれっ引, くれうづみ, くれ岩松は唖, くれ川手俺は決して, くれもなけれ, くれ市長の貸家, くれ平和か, くれ平次が階下, くれ床屋湯屋を忘れる, くれに白梅屋敷, くれ弁当は持参, くれ弁解ばかりする, くれ屋敷で, くれ当時はこの, くれ形見分はお, くれ彦右衛門も落涙, くれ彼女らを男子, くれってくる, くれ待ちなよ, くれを登つて行, くれ從妹よ, くれ御免よローランド, くれ御飯は食わせる, くれ御馳走をし, くれ心持の交通, くれ必ず就職の, くれと言え, くれ忝ない多分に, くれのため, くれ思案にあまっ, くれ怪しいのを, くれ怪我人がある, くれ怪談でいっぱい, くれ恐ろしいコ, くれに着る, くれを吹き返し, くれ悧巧者のお, くれ悪い転帰を, くれ情け容赦はいらん, くれしきこと, くれ惣左は江戸, くれよそれ, くれ意識させて, くれ愚僧が何, くれ愚鈍では, くれ愛国主義者は一番, くれ我慢して, くれをあけ, くれ手代の徳松, くれ手本になった, くれ手荒くすると, くれと云う, くれ批評をし, くれ指ヶ谷町の俺, くれ提灯の明り, くれ敏子と看護婦, くれ整理して, くれ整理部長がもう, くれ敵同士でありながら, くれ文芸部のガリ版, くれ文面は教え, くれ新しい着物や, くれ新聞に出され, くれ日本人の名声, くれ合點を, くれ早速手紙を, くれから私, くれの頃, くれは私, くれ時々見に, くれ時にはお酌, くれ晩年の光, くれ智恵子は直ぐ, くれ暫く皆と, くれ書物からすべて, くれ最後に新吉, くれ月琴も一緒, くれ有難うこれで, くれのつけ方, くれ服用後何時間内に発熱, くれ朝刊へは事, くれの實, くれ木の葉がくれ, くれ木材の引合い, くれ未だ碌に, くれ未来のアル・カポネたち, くれを送っ, くれ本人が義務, くれ本当を打ちあける, くれ本性たがわずという, くれ本気になつ, くれ本部に手, くれ村人を呼びあつめ, くれ村田春雄君は, くれ来年の春, くれ松露は露, くれをくれ, くれ果てはお前の, くれの首, くれ栄耀な事, くれ栄耀栄華は思い, くれに一杯, くれ棕櫚の葉, くれ森さんの母さん, くれ植村の事, くれ検事もまた, くれに花, くれ様子を見, くれ樂士さんがた, くれ橋場の伊豆屋, くれ權六此の通り, くれの頁, くれ次にその身体, くれ欲しくばやる, くれをうたえ, くれ正一君とミヨ子ちゃん, くれの通り丹治, くれ此儘にし, くれ此奴逝わさにゃ腹の虫, くれ此穴は何處, くれ此野郎は先刻, くれ武士がどなった, くれ武蔵の体, くれ歪み合し崩れ混乱する様, くれは八つ, くれ歸らなきや, くれは一ツ, くれ死刑にし, くれ残りの四万五千斤, くれ残金は新, くれ殿様のお, くれとしての自分, くれに, くれ気絶する処, くれ水がめからひしゃく, くれ水一碗をふるまう, くれにでも賞め, くれ油虫が這っ, くれれるよう, くれ泥棒は確か, くれ泥船じゃねえ, くれ洋服も寸法, くれ洞門の権右衛門, くれのりょう, くれ海上デ会い, くれ淋しい砧の, くれ淋しくして, くれ済まない済まないと言い続け, くれ温情の不思議, くれ湿気をくわねえ, くれ源太は無理, くれ源次は口, くれ紅姫, くれにあたらせ, くれ火鉢に火, くれ灰色坊主のうち一疋, くれ為右衛門様円道様が連れ, くれ無理な要求, くれ無礼講じゃ呼べ, くれ無言で笑う, くれ無闇に引つ張る, くれ無駄だらうと, くれ無駄話をし, くれる上, くれ煎餅なんか來年, くれ煙草を買ひだめ, くれ煤煙問題はどう, くれ爪先のぼりに風頭山, くれ父ちゃん眼鏡忘れた, くれ牛肉屋をやっ, くれになり, くれを飼, くれにつままれた, くれ猛獣使いの鞭, くれの力, くれ現在この瞬間, くれの解らぬ, くれ理解してること, くれ甘いものと, くれ生れ乍らの物貰, くれ生命には別条, くれ生徒を世話, くれがあれ, くれ田植ゑ時にも遥々, くれ男どもの世話, くれ町内へ触れ, くれも自分の, くれ異人館知って, くれから三尺, くれ疾風一陣に駈けぬけた, くれづかせるの, くれ病気の事, くれ病氣で親許, くれ痛くても, くれ発行事務に関しては第, くれ白日の光, くれ百両で人ひとり, くれ百兩持つて行つちや濟, くれ百枚以上をよむ, くれ皆んな御主人, くれ皆んな井戸端から離れる, くれ皆川半之丞兄妹の身許, くれ益々絶望する, くれ直ぐ引返すの, くれ相川を三人, くれ相応院というお寺, くれ相談をし, くれ真っ先立って, くれ真赤な地獄絵, くれ眼玉と鬚, くれ着物の縞柄, くれ矢文の願意, くれ石足を噛む, くれ硯箱をこれ, くれ磔刑にでも火焙り, くれ礼物などは貰う, くれ祖先伝来の由緒, くれ秋月が此, くれ秘密連絡所として市内某所, くれ穢らしいから, くれ高く飜, くれ立川景子というの, くれ竜神より上山路村, くれ竹の子は捨て, くれ竹筒の酒, くれ竹色のうす, くれつて, くれ笑つてちヤ, くれ笑顔がそう, くれは吹き攫われる, くれ二の, くれと頼もう, くれ節子が黙っ, くれをくれ, くれ百年位も, くれ約束の他, くれ納得するまで, くれ細事に不, くれ細君がない, くれ紹介しようという, くれ結局は立ち往生, くれ絶望じゃない, くれ編入したいからと, くれ編輯は苦手, くれに銀土器, くれとしてここ, くれ美しい星が, くれ美人の唇, くれ翁びた水松の木, くれ習つてゐなかつたので, くれ習慣や趣味, くれ夫婦が, くれ老父の能くせざる, くれ考えを共に, くれからいろいろ, くれ聖母の絵, くれ自殺一歩手前で歯, くれ臺町の由松親分, くれ與惣六は誰, くれ船員どもがずらりと, くれがある, くれはのんだ, くれの塊, くれ若くてこんな, くれ若殿の傷, くれ若者もっと此方, くれ茂七でなきゃ知らないこと, くれを運ん, くれ茶菓子も出し, くれ草葉の蔭, くれ荷物は北海道, くれ菎蒻だ, くれ落籍は拙者, くれ落胆して, くれがくれ, くれ董卓の素ッ首, くれ蓬莱屋からも何, くれ虎の子を出し, くれ蚊帳が吊, くれ蜘蛛や蜘蛛, くれ蜻蛉はひとり, くれ蝋燭に火, くれ血だらけだ, くれ衣裳を奪っ, くれの戸, くれの袖, くれ裁判官のよう, くれ裏天さんまあ待つ, くれになった, くれ見当が立たない, くれ見料としてもう, くれやはります, くれ言ひたい文句で一杯, くれ計画を変更, くれ記念にこの, くれ許しもする, くれのわからん, くれ訴訟の今後, くれだ, くれ詩人ダスウシイであると, くれ話合いは一人, くれ詳しく俺に, くれ誘拐した奴, くれ諸君それでは到底, くれのお, くれ貝どのの命, くれ貯金までさせ, くれ費用は自弁, くれだ賊, くれ賑やかな所, くれ賞めてくれ, くれ赤新橋の親分, くれ赤瀬の意見, くれ赤飯を, くれを洗う, くれ足引の此片山, くれ足袋の紐, くれをよせ, くれ身軽るに, くれやさん, くれ車夫はさも, くれ車夫さん十錢はずむ見かは, くれ輕いものがい, くれ近々にその後室様, くれ近くなれば, くれ近江と共に鎌倉中葉以後, くれ近藤土方には知らせたくない, くれ近頃は唐, くれ返事を, くれ返答によっ, くれ退屈で困る, くれ退職を思い停る, くれ送別の宴, くれ逃げはしない, くれ逃げ果おせて, くれ途中で又, くれひたいとも, くれ連中に反感, くれ運命や思, くれ運賃として金五円封入, くれ道中肩つぎなしなるべく, くれ道具を持つ, くれ道庵先生が大, くれ遠慮すること, くれ遠慮なくいって, くれ遥か橄欖と, くれ遺言までもした, くれ邪魔のねえ, くれ都々逸のたぐい, くれ酒ッ癖の悪い, くれが醒め, くれ醫者が居るなら, くれ三親分, くれくれ行ったれば, くれ野口さんうだ, くれ野暮を言う, くれ金之助の言, くれ金貨の財布, くれ金貸してくれ, くれ釜無しの, くれ銀子も気乗り, くれをも並べる, くれ銭形の, くれさは, くれの方, くれうこと, くれになり, くれ障害を除い, くれの仏間, くれ雉子なくなり, くれが降った, くれ電車というもの, くれ露月町の親分, くれ非常に同情的, くれを買, くれ靴下の裏, くれの地, くれをくれ, くれが落ちる, くれひの, くれ香折さんこいつは少し, くれの首, くれ馴染の人, くれ騒動を承知, くれ骨折賃を二両, くれ骸骨の第, くれ骸骨血まみれの死体, くれ體重が一, くれ消えて, くれの咽喉, くれ麗玉秘めし清水かな, くれを捕え, くれだ鼬