青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「くる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

くせ~ ~ください くつ~ くみ~ くも~ ~くら くら~ くらべ~ くり~ ~くる
くる~
~くれ くれ~ ~くれた くれた~ ~くれない くれない~ ~くれました ~くれる くれる~ くん~

「くる~」 19519, 211ppm, 476位

▼ くる~ (3657, 18.7%)

417 である 349 です 225190 だった 169 であった 107 を待っ 98 でした 82 では 53 を感じた 41 を見る 36 だから 31 を見 28 だが, を待つ 25 だと, を見た 22 であります, を覚えた 19 が見えた, だつた 18 か, であるが, を感じ 17 ですよ, を彼 14 であろう 13 が見える 12 は当然, をどう, を待った, を私 11 だろう, でありました, ですから, をまっ 10 であって, でしょう 9 が見えました, を感ずる 8 だったが, であるから, ですが 7 かい, はその

6 [12件] だか, だそう, だらうか, だろうか, であろうか, もある, を, を待ちかね, を心待ち, を忘れた, を感じました, を認める

5 [13件] が分る, が常, さ, だよ, だろうと, であったが, でしょうか, ですか, をじっと, を待ち, を待ちかまえ, を眺め, を覺

4 [21件] かそれとも, かと追求, かも知れない, が, がある, がその, が例, が普通, じゃ, じゃない, だらう, でございます, と同じ, に気がついた, は, はあの, を忘れ, を楽しみ, を聞いた, を覚えました, を認めた

3 [36件] かしら, かもしれない, かもしれません, がいや, がはっきり, がわかった, が感じられる, が楽しみ, が目, が見えだした, が見られた, だけれども, ぢや, であったから, であると, であろうと, ですな, ですもの, でも, に出会う, に出会った, はいつも, はただ, はどう, はどういう, は止む, をいま, をおぼえた, をただ, をまた, をまつ, をみ, を感じる, を自分, を見ました, を覚え

2 [102件] かその, かそれ, かと思う, かと思っ, かと思った, かどう, かね, かまた, がいちばん, がこの, がつね, がみえた, がみえました, がみえる, がよい, がわかりました, がわかる, が夕方, が好き, が感じられた, が本当, が見えます, だい, だからね, だという, だな, だらうと, だろうが, でありますが, であろうかと, でしょうね, ですからね, ですけれど, でなければ, でもあった, ならこっち, にきまっ, にであいました, に似, に出, に逢った, はおかしい, はこういう, はこれ, はそれ, はなぜ, はなん, はやむを得ない, はよほど, は何故, は君, は容易, は彼, は普通, は物置, は理, は皆, は知れ, は自然, は近松, ばかりが眼, もなかなか, も忘れ, も悪く, も自然, をあび, をうるさく, をおぼえ, をひたすら, をみる, をわたし, を例, を信ずる, を受け, を常, を待ちうけた, を待ちわびた, を待ち兼ね, を待つだろう, を御覧, を恐れる, を意識, を感じ出し, を感ぜず, を払いのける, を押え, を気づかなかった, を気長, を発見, を知っ, を知る, を聴いた, を見つめ, を覚える, を警戒, を防ぐ, 位地に, 如何に, 止むを, 通例だ, 道を, 風あり

1 [855件 抜粋] おじさまに, かある, かあるいは, かいつの間に, かいへえー, かえ, かがふしぎ, かさっぱり, かつきつめ, かとおもしろ, かとしばしば, かとんと, かと思ったら, かと思ふ, かと死, かなども怪しん, かまだ, かも知らぬ, かよく, からし, かれい, かわかりません, かネ, かボク, か三味線, か兎, か分らなかった, か呆れる, か少し, か目, か真新しい, か知らない, か私, か耳, か誰, か遅, か音楽会, がああ, があたりめ, があんまり, がいつぞや, がうす, がおかしい, がおそく, がおそろしけれ, がきこえ, がこ, がここ数年間, がすこし, がたのしみでした, がとても, がどうして, がながめられました, がほんとう, がまた, がもの, がわかるだろう, がギンネコ号, がハッキリ, が一番割, が不思議, が不愉快, が不満, が主, が主要, が今, が何, が何より, が例年, が分った, が分り出し, が化粧映え, が四人, が多い, が始め, が嫌, が少なく, が当然, が役目, が待たれます, が必然, が恒例, が恨めしい, が拝, が星, が時間, が木の間, が毎朝, が毎秒, が氣持, が漸く, が礼拝堂, が私, が笛吹川, が納得, が結局この世, が聞こえた, が肝心, が自ら, が自分, が芸術家, が葛子, が見え, が見られる, が跫音, が通常有勝, が遅れ, が道, が間違い, が面伏せ, くるは, じゃろうか, だあの, だけはどう, ださうである, だし, だぞ, だったし, だてんびん棒, だといふ, だなんて, だらうが, だらうよ, だろうかという, だろうな, であったそう, であったらその, でありすなわち, でありまして, でありますし, でありますまたたとえば, であるか, であるけれど, であるという, である夜, であろうなどと, でございましたらもっと, でございますよ, でしたね, ですその, ですと, ですねえ, でないこと, でなく懐疑, でなく懷疑, でなく豊富, といっしょ, とおんなじ, とこの, とでその, とでは速度, とは大層, と一しょ, と信ずる, と同時, と庶士, と比例, と重なっ, と魚屋, などいよいよ, ならもう, なんか待っ, にあう, にあった, にお, にちがいありません, につごう, にはやはり, にはバスケット, には全然, にひきかえ, にもとち, にも軽, に会いました, に備える, に出あいました, に出会っ, に出遭った, に打, に気づいた, に行き逢った, はあれ, はいい, はいう, はいや, はおそろしい, はお上, はかけ, はかの, はきまつ, はこの, はじつに, はそれ自身, はたいてい, はたった今, はたのもしかっ, はつくづく, はなかなか, はほとんど, はほんとう, はまことに, はまだかつて, はみかん, はもちろん, はやはり, はよく, はよくよく, はよっぽど, はガラツ八, はキリスト教関係, はジャーナリズム, はテラス, はブー, は一人, は一座, は万日, は下等, は二十五座, は仕掛, は会社, は何時ごろ, は借金とり, は全体, は分ってた, は初夏, は劇, は午後, は同格以下, は困難, は地獄, は多分, は夜, は大, は大変, は奇妙, は実に, は実際, は小作, は少年探偵団, は巡査, は帰った, は当り前, は徐庶, は必定, は必然, は恐ろしい, は新しい, は日本全土, は昔, は是非, は時に, は未練, は来年, は楽, は槍, は次, は止み, は民衆, は涎, は温かい, は熊, は爆弾, は犬, は猿沢, は現在, は當, は百万, は直ぐ, は眼, は知ってた, は管玉, は結婚当時, は老中, は職業的作家, は若い, は萱, は蟹, は見なれ, は親鳥, は詩人, は豆腐屋, は赭顔白髪, は軍人, は金, は面白かっ, は香炉, は鼠, もありました, もあります, もいかにも, もかたっぱし, もすべて, もその, もふしぎ, もやむをえない, もわすれ, も不思議, も先生一流, も前, も可笑しい, も困難, も当然, も心当り, も恐ろしい, も感ぜず, も是非, も源氏, も甚だ, も知っ, も知らない, も自由, も西瓜, も見ました, も覚えぬ, やが, やらこない, やら飜訳, や海苔, らしい, らしく夕方, をあて, をある, をいたずら, をいつも, をうるさ, をお, をおさえ, をおぼえました, をかきむしりたい, をかれ, をかわし, をきいた, をきまり, をこらえきる, をさえ感じた, をさっき, をしばらくぼんやり, をしり, をすっかり, をそのまま, をそれとなく, をつくづく, をどんなに, をはっきり, をふせぎ, をふたり, をまじろぎ, をまたず, をまった, をまるで, をむか, をもう, をやりすごす, をよそう, をわし, をわすれた, をグッ, をサト子, をヒヤヒヤ気, を一同, を一生懸命, を不快, を不意, を中納言, を久保田さん, を二三間, を今, を信じ, を僕, を兵部卿, を切に, を制し, を制止, を勘次, を半途, を危うく, を合理的, を同じ, を君, を呆, を唯一, を変, を夢みる, を大変, を好まないらしい, を如何, を嬉し, を察し, を幼稚, を強いて, を彼自身, を待たず, を待たなく, を待ちあわせ, を待ちうかがっ, を待ちうけました, を待ちかまえる, を待ちきれずとびだした, を待ちつづけた, を待ちぶせ, を待ち構え, を待つた, を待伏せ, を後目, を忘れました, を思つてぞくぞく, を恐れ, を恥ずかしい, を悦びます, を愉快, を感じず, を感じない, を感づい, を憤っ, を手すり, を抑える, を押えつけ, を押え得なかった, を指折り, を撮影, を明智たん, を暗に, を木原, を木山, を朱文, を楊柳, を横目, を欠かさない, を欲しなけれ, を殊更, を殿, を毎日, を気がつきやがっ, を気づかった, を海, を烈しく, を甚, を目的, を眺めた, を知った, を知つて, を知らず, を知りうる, を確信, を示し, を筆, を経験, を繁夫, を耳, を聽, を背, を胸, を興味, を荻原, を見かけた, を見すます, を見つけ, を見つけた, を見て取った, を見のがし, を見上げ, を見付ける, を見守った, を覚, を覚えなかった, を許した, を認め, を豫かじめ覺悟, を買う, を躊躇, を軽く, を辛抱強く, を適当, を避けよう, を門前, を防ぎとめたい, を防禦, を陰, を順次, を黙視, 人也, 便ある, 偽計なりと, 地位に, 多少は, 大統領と, 心配だったでしょう, 意なりとの, 栄に, 権利を, 比喩に, 点よりは, 為めなり, 策を, 術を, 術如何, 誰だいあれや, 資格なき, 順々にね, 願ひ

▼ くる~ (2747, 14.1%)

27 私は 26 彼は 17 そこに 16 いって, 言って 14 急に 12 いうので, 思う 11 今度は, 彼女は 10 すぐに 9 こんどは 8 すれば, 私の 7 それが, 僕は, 彼の 6 いい, これは, 云って, 家の, 思って, 途中で 5 いふこと, かれは, それを, 思います 4 あとは, これで, ホッと, 三人は, 俺は, 入口の, 父は, 見えて

3 [33件] いう, いふので, おじいさんは, こは, さすがに, そこには, そのとき, その翌日, その途中, それに, それまで, なると, ぴたりと, みえて, もうそれ, 今しも, 何か, 何を, 例の, 信じて, 先生の, 反対に, 向うでも, 妙に, 妻は, 家には, 彼女の, 手を, 母親は, 男は, 留守の, 皆は, 自分の

2 [133件] いいな, いいました, いいわ, いいん, いうから, いうし, いうたり, いうのに, いえども, いきなり父, いけないから, いっしょに, いつて, いふから, いままで, うれしそう, お君, お浜, かれの, この薄暗い, これを, しよう, じぶん, すぐ, すぐそこ, すると, そこで, そこの, そのモデル, その先頭, その方, その日, それは, だしぬけに, だんだん面白く, つづいて, なん百と, ふいに, ほかの, みんなは, ガランドウも, ピタリと, 三吉は, 下宿の, 不思議な, 不思議に, 事情は, 二人は, 云うこと, 云うの, 云ふ, 今の, 今夜の, 今夜は, 何の, 信じたの, 僕が, 僕の, 僕も, 僕を, 先生は, 去年の, 古賀は, 同時に, 周馬は, 城跡の, 声を, 外に, 多くの, 大問題, 奥の, 女の, 家では, 山は, 岡田は, 川の, 庄吉は, 床屋の, 庭の, 彼等は, 待ちかねて, 徳さんの, 心の, 必ず私達, 思いますが, 思うよ, 思ふが, 思ふよ, 承知しねえ, 教官は, 日本の, 明智は, 時は, 次第にこまかく, 母に, 母親が, 流石に, 爪を, 牛が, 牛の, 玄関の, 珍しがられない, 球江は, 男の, 町内の, 眉を, 眼の, 確に, 秋の, 立ちどまって, 第一, 約束し, 約束した, 細君の, 結論すべきで, 絹子は, 考えて, 自分たちの, 自然に, 街の, 言いのこして, 誰か, 誰やら, 足の, 足を, 道に, 道の, 隣りの, 雪が, 青木は, 非常な, 麻油は, 黙って

1 [2076件 抜粋] ああ俺, あたしの, あちらに, あとの, あの女, あの閻魔顔全体, ある, あわただしく言いたてました, いいがねえ, いいまたは, いうだけの, いうよりは, いえるは, いきなりその, いきなり炬燵, いけないので, いた, いったが, いっても, いつしか山城屋, いつたヂプシー女, いつのまにか, いつまでも, いつもは, いつも晩餐, いつも私, いふよりは, いまさら江戸, いよいよ糸子, いろいろの, いわれて, うなるっていうじゃ, おおかみ, おそろしさ, おっしゃるの, おはま, おもて, お下げが, お光, お延, お母さんが, お祭の, お藤, お靜, かう言, かえって谷, かの三輪式口碑その他, きこえよが, きゆ, くぐり戸, けたたましく訴えました, こういう種類, ここに, こちらを, こなし, この二人, この奥がた, この様式, この辺, これくらゐ興ざめた, これより, こんに, さきに, さびしいところ, したらその, しばしば同じ, じきはつか, すぐおせんべやの首振りお婆さん, すぐその, すぐ上げます, すぐ桜井, すぐ看破, すぐ近く, すこしきまり, すでに狸, すべて協会とか, そういうこと, そこで声, そこを, そのたんび, そのままあたし, その人, その向上心そのもの, その客, その帽子, その手, その獣, その皿, その笑い方, その薄, その門前, その頃竜泉寺町に, それぞれの, それまでは, そんなわけ, たがい, たちまちカーッ, たちまち附近, たまらないなつかしい気, だし抜け, だんだん綱手, ちょうどいきちがい, ちょうど窖, ちょっと防ぐ, ついにかれ, つかつかと, つまり三七年は, でも云ひたい, とうぜんそこ, とても一カ月, とよ子の, どうしてできない, どうして考え, どうやら墨, どつち, どんどん水, なぜそんな, なにごとが, なんたる, なんとなく異臭, にわかに大, はしなく眼, はじめ青年団や, ぱつたりと狐に, ひつかけたくなる, ひどく胸, ぴたりそこ, ふだん威張っ, ふと庭, ぶらぶらしてる, ほんとうの, まず一ト風呂, まず第, またたく星, また一方, また暫く, また私, また考えず, まだ少しまとも, まつさきに, まるで天井, みえ膝, むこう屋敷, むろん人, もうこの, もうその, もうクモの巣, もう先, もう同じ, もう御, もう武者, もう溜まらなくなった, もう野呂, もはや, もはや外交官, やがて圧した, やがて比叡, やたらに, やっぱり安息, やはり女, やられる, よい, よほど下界, わしも, わたしたち二人は, わらわらっ, アナマロは, エミリアンは, カサカサと, キッピイは, クリストフを, コバミとも, サインも, シャツに, ジュウっと, ステンメンを, スープを, タクシーを, チビ公の, テーブルに, ドウモウだ, バアを, パレルモの, フィヒテシェリングまた, プーンと, ボーイが, ヤイ偽善者汝三宅木ベエと, リンリン, 一々際どい, 一切合切が, 一度は, 一時は, 一段く, 一言いう, 一隊が, 三四間さきに, 上は, 下へ, 世の中が, 中の, 中江は, 主水正, 乞食の, 争闘の, 二つ三つ瞬きを, 云い女子供, 云う学説, 云ったよう, 云つて居, 五十歳を, 人を, 今にも何, 今日では, 仏体は, 仮定し, 仲達への, 会社は, 伸子の, 何かの, 何だか学者, 何と受け, 何事を, 何気ないふう, 例えば広津和郎, 信じきつて, 信子の, 信濃川の, 俺も, 元来の, 先ず目顔, 兎や, 全くイヤ, 八五郎は, 其の時, 其奴が, 内門の, 出たまま, 初さんは, 判断した, 前の, 割合楽, 動き出したから, 十兵衛は, 午後など, 半平は, 博士は, 却つて色気の, 口を, 召使や, 台所の, 吃りの, 同じ, 同時にまた, 同時に彼, 同時に泣き喚きたくなった, 同樣, 向うから, 君たちの, 呉城全体が, 周平は, 和太郎さんの, 問題は, 喜んだ, 四十面相が, 困るからと, 土地賣, 城の, 執事の, 堪らなく眠く, 夕方近くから, 夜前ああ, 大きい包, 大ごとだ, 大枝を, 大迦葉, 天井から, 天神山や, 奢侈を, 女中が, 女房と, 妙秀は, 嫂は, 子供に, 学生らは, 安福軒が, 実に面白い, 客観文学が, 家へも, 密封の, 寝床の, 専門の, 小林君は, 小野の, 少しずつ, 少年に, 屁で, 山猫には, 岸本は, 川巾だけでも, 左へ, 左近が, 巾着切一人の, 席を, 平助は, 年とった, 広い台所, 店, 庭へも, 康子は, 弦之, 当時の, 影の, 彼も, 彼女には, 往来の, 従来の, 復讐そのものが, 心と, 必ず一瓢, 必ず波子, 忽ち皆, 思いがけなく火鉢, 思いますか, 思うが, 思った, 思ってるん, 思ふん, 思われる, 恐いもの, 悒鬱な, 悲壮な, 意外に, 愛機の, 懐から, 我々は, 房枝の, 手帳を, 把手を, 持って, 敏子は, 文子は, 新夫婦, 旅な, 日の, 早くも, 早速家, 星晴れの, 是非未来記, 時々春団治, 晴れやかな, 更科の, 最初から, 朝の, 木場の, 本当はモウ一つ, 杉戸が, 村尾さんは, 来た風, 東嶺寺の, 枕元へ, 枯菊を, 桂介は, 案内役の, 植田良平という, 横向きに, 櫟林から, 武子さんは, 武者修業の, 歩きづらい, 段, 殺して, 母屋の, 気が, 気分が, 汚らしいふう, 決心し, 河内屋の, 泉原は, 流涕し, 浴衣と, 涙を, 深く考えさせられる, 渋川が, 湯川氏の, 源吉は, 漁船を, 澄子は, 無断で, 煙は, 燈火は, 父親に, 牛乳は, 犬達は, 獣医は, 珍らしく, 生命が, 田端の, 町ぢゆうに, 画の, 當時の, 病気にな, 白砂を, 皆寒, 目を, 直ぐに誰, 相手が, 真夜中にでも, 眼は, 知らない顔, 研究所の, 碌に, 社寺院の, 祭の, 私たちの, 私も, 称して, 突き放して, 突然我, 立ち止まって, 笑いたくなるの, 範頼は, 約束を, 紫色に, 結果は, 総毛立ったよう, 美しい花見小袖, 翌日は, 老嫗, 考え或, 聞かせること, 肉体そのものまでが, 胴体の, 脳細胞に, 自分たちという, 自分一人に, 自然こんな, 自然髪の, 舊の, 芝田さんは, 芸者を, 若い男, 茜さんが, 茶道の, 華やかに, 董承, 薄暗い横町, 行く先は, 衣服を, 裏手に, 西方の, 見えるわい, 見知らぬ男, 角から, 言えよう, 言つてそれつ, 言つて風呂場へ, 記代子に, 話に, 誰でも, 諸虎, 護岸に, 賢明なる, 足が, 身仕度し, 近代文学が, 途, 遊んで, 道は, 遠くから, 遮断機が, 都会人は, 重箱を, 銃を, 長いことエセックス, 門口の, 開巻一頁の, 間を, 附近には, 階下の, 隣の, 雑然たる墓石, 雪に, 雲の, 青年は, 鞄を, 頭が, 頭も, 額の, 風が, 飛び出して, 食べものが, 首が, 馬の, 馴れた手つき, 驢馬は, 髣髴と, 魏延黄忠を, 麻酔せし, 黒いは, 鼻くそを

▼ くるよう~ (852, 4.4%)

89 な気 33 になった 32 だった 23 なこと 22 に思われた 21 です 2015 なもの 14 に思われる 13 になる 12 である 10 な感じ, に感じた 9 であった 8 でした, では, に, になりました 7 に見えた 6 な気持, な気配 5 になっ, に命令, に感じられた 4 な心地, になり, に命じた, に思われました

3 [12件] すです, だぜ, な, な音, にし, に思えた, に思った, に感じられる, に私, に見えました, に見える, に頼んだ

2 [31件] す, だが, でも, なの, なへん, な場合, な声, な妙, な思い, な男, な異様, な足音, にいいつけ, にそう, にその, にたのみました, にといった, にと私, になります, にも思われ, にも思われる, に何, に合図, に命じました, に思う, に思える, に思われ, に感じられました, に感ぜられた, に言っ, に過ぎ去った

1 [349件] じゃない, じゃねえ, じゃほんと, じゃやっぱり, じゃ我が, すだ, すでは, すなの, すなのに, だったが, だったらすぐ, だったらそれ, だったらもう, だな, だね, だわ, であります, でいつ, でございました, でございます, でしたから, でしたが, でしまいに, ですから, ですね, でなかなか, でなにか, でまだ, でもあった, でもう, で仕方, で力, で厭, で合点, で啓之助, で夜, で惨め, で気, で甚だ, で私, で銀座, で頭, なあやしい, なある, なあんな, ないきおい, ないや, なうれしい, なおびえかた, なおれ, なさい, なしめっぽい, なそして, なそんな, なとき, なときめき, なとても, ななつかしい, ななんとも, なので, なひとつ, なふう, なぶきみ, なものおそろしい, なもん, なやつ, ならだまって, なら僕, なん, な一世紀, な一瞬, な三次, な下宿屋, な人, な人たち, な人柄, な人気, な仕事, な何, な何とも, な作品, な全身, な冷た, な冷たい, な出すぎた生意気野郎, な別離, な印象, な厭, な名, な名作, な吹雪, な品物, な唐, な善人, な喧嘩下手, な嘆声, な土地, な土地柄ゆえ, な大, な大声, な太い, な奇怪, な奇病, な女, な寂し, な寒, な小説, な工合, な巧み, な幻, な幻覚, な底冷え, な引き入れられるよう, な心持, な心持ち, な心細, な怒り, な性質, な恐, な恐れ, な息苦し, な悦び, な悲しくすさまじい, な意味, な愚劣低級, な感覚, な指導, な敵, な文句, な日, な明けても, な明るい, な明るみ, な時, な時分, な景色, な智的要素, な暗い, な様子, な歌, な殺人犯人, な毒々し, な気どったようす, な気もち, な気持ち, な水, な沈黙, な洋館, な無慈悲, な無気味, な無表情, な熱慾, な田舎娘, な真似, な礼拝, な種類, な笑い, な笑顔, な精神, な経験, な緊, な船, な苦痛, な要求, な言いしれぬ興奮, な都会人, な銀蛇, な閨技, な雰囲気, な雷鳴, な露地, な非情, な音色, な響き, な顔, な風, な風音, な香, な駕籠, な騒ぎ, な髪の毛, にあ, にあと, にあなた, にいいつける, にいう, にいくつ, にいっ, にいま圓朝, にうっとり, にうまい, にお, におっしゃいました, におぼえ, におもいました, におもわれた, におもわれました, にかれ, にきこえた, にくり返し, にこの, にさえ思われる, にさせるだろう, にした, にしなけれ, にしむけた, にしよう, にじーっと, にすすめた, にする, にずらせる, にそれ, にそれから, にただ, にたのん, にって, にっておし, にってこれ, にってたのまれた, につくられ, につとめなけれ, にと, にとあいず, にというお, にというの, にという要求, にとお, にとおっしゃいました, にとおっしゃった, にとお願い, にとくれぐれも, にとのお, にとのこと, にとの知らせ, にとの薫, にと元気づけ, にと副官, にと合図, にと呼ばれた, にと命令, にと大, にと天, にと待っ, にと思っ, にと恐い, にと指, にと指令, にと朝吉兄哥, にと答えました, にと言いつけた, にと言伝, にと願っ, にな, にない, にならなけれ, になりし, になりぬ, になれり, になん, にねぜんたい, にふたり, にまでなる, にみえ, にみえた, にもなる, にも思い, にも感じられた, にわかった, にわが, にウワン, にミチミ, に一つ, に一気に, に上流, に下劣, に不幸, に京都じゅう, に今日, に仕向けた, に仰有っ, に伝え, に何時の間にか, に信じ, に優しく, に全く, に分っ, に勧める, に北村, に合わせた, に呼ばれた, に命じ, に命じる, に女房, に小次郎, に思い, に思いました, に思います, に思え, に思つたの, に思われます, に怪しく, に惧, に感じました, に感じられだした, に感じる, に感ぜられる, に手紙, に指, に指定, に捨て子, に掴む, に支店長さん, に早田, に木びき歌, に楽, に歌, に歴然と, に死にものぐるい, に殿堂, に王様, に申し渡し, に真直, に眼, に祈りました, に米, に聞こえました, に聴, に自, に蜿々, に裏, に見積られ, に言いつけた, に言いつけました, に言いつけられた, に言う, に調整, に論述, に運転手, に道中, に遠く町, に陰々, に頼み, に頼む, に頼ん, に願う, に高い, 伝えて, 取って, 頼まれたと

▼ くること~ (846, 4.3%)

46 がある 19 になっ 15 ができる 13 もある 11 があった, になった 10 になる 8 ができない, である, になつ, はない, もあった 7 であろう, にし 6 ができた, だった 5 があっ, だ, もあつ, を感じた

4 [13件] があつ, が出来る, が多い, が多く, です, となる, ならん, はできない, もあれ, を得, を得ず, を知っ, を約束

3 [16件] か, ができました, が仕方, さえあった, でしょう, にした, になり, になりました, のない, は出来なかった, は当然, は火, もあり, もあります, もできない, も可能

2 [54件] あたわざるもの, がありました, があります, がしばしば, ができます, がない, が出来た, が多かっ, だね, だろう, だろうと, であった, であろうが, でしょうが, となり, と品物, と思う, と思っ, なかりき, なく正確, なし, なり, にします, になってる, になつて, のできない, の愚かさ, はあっ, はある, はこの, はできなかった, はならん, はみんな, はザラ, は不可能, は分りきっ, は前, は勿論, は彼, は疑い, もしばしば, もできる, もなかっ, もなく, もなけれ, を待っ, を得ざるべし, を得べく, を得べし, を感ずる, を潔し, を願っ, 絶えて, 能わず

1 [427件] あたかも空しき, あたわざる状態, あたわず, あらず, あらんか, あり, ありそれ, ありて, ありといふ, あるも, および太平洋, かと思います, があったら, があったろう, があり得る, があるだろう, があるまい, がおこる, がこのごろ, がさしあたっ, がすこぶる, がそう, がだいたい, がちゃんと, ができたら, ができたらう, ができなかった, ができなく, ができなくなった, ができなくなり, ができぬであろう, ができましょう, ができるだろう, ができるであらう, ができるでしょう, がなくなる, がまた, がむつかしい, がもはや, がわかつた, がわかりました, がグレ, が不祥, が予定, が他, が何, が何でそんなに, が出来, が出来なくなった, が分かる, が分り, が分りました, が可能, が夏, が大切, が妖怪, が少い, が彼, が往々, が必要, が必須条件, が悲しまれた, が想像, が有り, が望ましい, が滑稽, が知れました, が確か, が肝要, が許され, が難物, くること, さえ珍しく, すなわち休息, ぞ, だけはたしか, だけは一様, だけは忘れなかった, だけれども, だの面白く, だよ, だろうし, であつ, でありしかも, であります, であるから, であろうと, でこれ, でした, でしょうな, でその, では, で尻尾, で玉鬘, で被害民全体, とし, とて焚火, となった, となつたの, となりし, となりぬ, となれり, とは思った, と信ずる, と存じます, と待っ, と思い, と理解, と確信, なかった, なきゆえ, なきを, なき望月, なくすなわち, なくときには, なく人, なく何ら, なく全て, なく只, なく機械工業, なく独自, なく聰敏, などが含まれ, などは少し, などは期待, なれども, なん, なんかできる, にい, にいたしました, にいたそう, にいわば, にきめた, にこれ, にしましょう, にしませう, について空想, につかう, につき, になつた, になります, になりゃしない, になれ, には我慢, にほかならない, にまだ, にもなった, にもなる, にも心, にも気付かざるべし, によってその, によってである, によって冷静, によって着こなす, によって節子, に同意, に変り, に対してどういう, に対してひそか, に感, に於, に気がついた, に決したる, に決め, に相成った, に落ち着くらしい, に話, ね, のある, のできた, のできなかった, のできなかつた, の出, の出来ぬ, の厚き, の喜び, の多い, の方, の書い, の権利, の決して, の自由, の迷い, は, はあ, はあらじ, はあり, はありません, はありませんでした, はありやしない, はあるまい, はいつ, はおれ, はけっして, はこの間, はさ, はさけ, はその, はそれ, はつまらぬ, はできなかろう, はできねえ, はできません, はできやしない, はできる, はないだろう, はなかろう, はなんと, はふしぎ, はみな悲報, はめったに, はもちろん, はわれら, はヘリコプター, は一尾, は一時, は争われぬ, は事実, は人智未開, は今, は何, は何うに, は余, は作者, は信子, は先, は出来ません, は出来やしません, は分っ, は危険, は危險, は否めない, は堪えがたい, は大変, は如何にも, は容易, は島, は己, は必ずしも, は必定, は必然, は想像, は愚か, は慥か, は或は, は戻つ, は数々, は明らか, は昔, は来た, は淋しい, は無い, は猶, は珍しい, は珍しく, は知れきっ, は確か, は覚束, は近世, は遺伝, ばかりで, またその, までがこれ, まで判っ, まるで木, も, もあっ, もありました, もありません, もあり得べからざる, もあるだろう, もあるであろう, もあるでしょう, もう遠い, もその, もたしか, もだんだん, もちゃんと, もできます, もできません, もなから, もなかろう, もなりませぬ, もまたは, もや, も不可能, も何, も多かっ, も夢, も想像, も意義, も感じる, も数少なく, も決して, も珍しく, も自分, も見ないで, も遲, ゆえどこ, ゆえ早く, よせば, より迷惑, を, をあなた, をお, をかんじた, をかんじる, をけっして, をこそのぞん, をさとらせ, をしんぱいせねばならないのだ, をせん, をその, をそのまま, をちっとも, をちやん, をである, をときどき, をどう, をなさざりし, をはばからず, をば喜ばざるべし, をまち設ける, をも多分, をも聞き直す, をやめし, をよく, をわし, をわすれない, をオタツ, を一つ, を上奏, を乞う, を予報, を予想, を予期, を予言, を仏, を何より, を依頼, を信じ, を切望, を前もって, を厭, を古墳時代, を否む, を命じた, を命じました, を固く, を夢, を奇妙, を希つて, を彼, を待ち, を待ち望む, を得せしめしか, を得べからず, を心得, を必要, を忌忌しく, を忘れた, を忘れない, を忘れる, を思い出し, を思う, を思っ, を思つて, を思へ, を恐れた, を想像, を感じ, を我々一同, を拒んだ, を拒絶, を日本, を書きとめた, を期待, を極力, を楽し, を榮, を構わず, を止めた, を浮舟, を甘んじ, を発明, を百, を知, を知つて, を知らず, を知らなけれ, を知り, を確信, を經驗, を考え, を考えない, を肯, を自分, を自宅, を見果てぬ夢, を覚悟, を許す, を認可, を録, を頭, を願った, 一しお多く, 一層大, 一方ならず, 多からむ, 多きは, 多きも, 多き時代, 太だ, 屡々なり, 帰ること, 常理, 殆ど間, 満十六年, 無く, 無く扨, 無く通過, 甚だ短く, 約三週間, 能わざるもの, 良馬, 言い換えると, 難し

▼ くるもの~ (620, 3.2%)

46 である 2218 では 15 があった 14 がある 10 がない, です 9 だと, にあらず, はない, もある 8 か, なの 7 であるが 6 だから, だが 5 があつ, がありました, ですから, を感じた 4 があっ, であります, であるから, でも, は, はありません

3 [13件] あり, がなかっ, だった, であった, であること, ですか, ですが, と信じ, と考え, のため, のよう, もあり, もない

2 [30件] がありません, が多かっ, たり, だよ, であると, ですよ, でない, とすれ, とみえる, と思いこん, と見える, と覚悟, ならば, なん, にあらなく, のやう, はありませんでした, はその, はただ, はニヒリズム, は一つ, は政府部内, は涙, より以上, らしい, を, を堪え, を除外, ギシギシギシギシ動い, 若くは

1 [271件] あらざりき, あらむや, ありしが, あること, あるん, おなじく半襟, かということ, かと皆, からいまだ, か今, か村時雨寒竹林, があ, があります, がありませんでした, がいた, がそこ, がその, がなん, がまず, がみんな苦情, がグロテスク, が主, が出, が多い, が奥, が妙, が文盲, が有りません, が江戸前, が私, が絶えなかった, が蔓荊, じゃない, じや, ずきも, ぞは, だからね, だけでも五つ, だけをヒルマ, だつたらどう, だという, だとな, だなどと, だの, だもう一度, だろうか, だろうかと, だろうと, だわけ, で, であって, であっても, であつ, でありしかし, でありますから, であり従って, であるか, であるという, であるらしく思えた, であれ大衆, であれ要するに, でして, でしょう, でしょうか, ですからね, でせう, でっしゃろか, でないという, でないとさえ, でなくては, でわれ, でアマゾン型, で一杯, で一王国, で公, で夜, で山形, で現象, で詳言, という考え方, ときまっ, として技術的, として書かれた, として魯, とする, とては梢, となった, との對峙, との闘い, とはどうして, とは夢想, とは思えない, とみえ, とも想像, と下る, と予定, と二つ, と仰い, と信じた, と光秀, と固く, と存じます, と存じまする, と安心, と察し, と当て, と思い知っ, と思つた蕗子, と思つて, と思われる, と想定, と慰め, と期待, と爲, と花恥, と見ます, と見られますっ, と見る, と認め, なかりしが, なのよ, ならず只, ならむ, なら姉さん, なり, なりけり, なり談理, なるべし, なる事, なれは, なんかとは比べもの, にこの, にし, にしあら, についている, にて紙, には小, には直に, に在, に威力, に対して簡単, に殘, に目, に職業, のうち, のけは, のみで, の名, の的, の責任敬愛, はいなかった, はお, はきょう父, はことわりきれない, はしかし, はすべて不誠実, はそれ, はどんな, はなく, はなん, ははぎ, はまったく, はめじまぐろ, はもはや, はよる, はアメリカ漁夫, は一たい何処, は一人, は二人位, は人, は仕方, は何, は先方, は各地, は外, は多し, は字引き, は尽きせぬ, は崩れ落ちる, は幾人, は形, は心, は文化, は梭櫚, は次, は水天青一色, は江州地方, は決して, は灰, は現実的, は生, は皆, は皆ソクラテス, は眞, は矢, は石ころ, は私, は第, は結局, は絶望, は老, は育てる, は荒廃そのもの, は落椿, は蕭々, は貴族, は首将, またそこ, もあった, もあつ, もありました, もあるなり, もあれ, もいない, もござらな, もすくなく, もすべて秀吉, もで, もなかつた, もなく, も出, も声, やったらまあ, やらあるいは, やら鶏, や畠, よ, よだから, より無言, らしいが, らしくいよいよ, をいま, をうち, をかくして, をこらえ, をこれ, をそっくりそのまま, をぢ, をとらえ, をはっきり, をわざと, を一生懸命, を加味, を取っ押える, を各, を彼, を待とう, を恐れ, を恐れた, を感じ, を感じる, を持っ, を捕っ, を救, を斥け, を父, を片端, を私, を見かける, を覚える, を追, を食っ, を騒ぎ立っ, 即ち感情, 即ち是, 多く一見, 小さくきざん, 必ず多, 殆ど我一人, 赤い頭巾, 軽身

▼ くる~ (339, 1.7%)

38 ちがいない 26 相違ない 18 違いない 17 きまって 10 したがって 8 しても 6 違ひない 3 ちが, ちがいありません, つけて, 一種の, 違ない

2 [20件] しかず朴の木, すぎない, なんの, ふさは, 到って, 及で, 及んで, 外ならぬ, 徳を以て, 時は, 至りしは, 至ること, 至るの, 至れば, 躊躇す, 遑あらず, 違いありません, 違いなかった, 限る, 随って

1 [161件] あいたれどかれは, あらざるか, あらすその, あらずや, あらず地獄, あらず己, あり人, ある, いい位置, いたらざりしなるべし, いたれりとも, いたれるなるべし, およびて, およんで, きまったもの, きまっては, きまってる, くろとり, したがい過去, したって, しろあるいは, すぎないもの, すぎなかった, そういあるまい, そういない, その時, その立ちあがり, たちまち目, ちがいありませんわ, ちがいあるまい, ちがいなかった, ちがいなくっ, ちげえねえ, つけても, なに故ぞと, ほひす, ほひよ, まかせて, もっともふさわしく, ゃちっとはええぞ, フランスが, 不及, 事実を以て, 二法有り, 五牙三一の, 任すが, 任する, 任せて, 任せる, 似たるの, 価すべくして, 便せんが, 値いなき, 値ひする, 傚わんと, 充分で, 先だちあらゆる, 処なく, 到りぬ, 到るや, 努むるまでもそれに, 卑しからず, 及ばず, 及びて, 及びにわかに, 及び始めて, 及んでは, 反しおの, 反して, 君子の, 在り, 在りしと, 在ること, 在るや, 地なき, 堪うるを, 声は, 天上の, 女陰, 如かず, 専らその, 専らである, 将相の, 小声で, 年は, 後姿紀州に, 従つて何処からとも, 従ひ, 從つてなんと, 心着きたまい, 忙しき処, 思はず一足, 思わず一足, 恥じない魂, 意なき, 慵く, 我家のみ, 拘らず僭越, 於ては, 明も, 智巧を, 暇あらざるごとく, 最も恰好, 梁間, 極っ, 極って, 止む可, 汲々として, 決つたもの, 決つて居る, 法とらん, 波の, 父を, 父蘭軒の, 生計の, 由なく, 由るなりと, 由る故, 異ならず面, 當り, 瘠せぎすな, 盆を以て, 相違ありません, 石蒜属の, 老主人, 臭鼻を, 至った, 至った初め, 至っては, 至つたのが, 至つたのである, 至らざるもの, 至りし原因, 至りては, 至りぬ, 至るもの, 至れり, 至れる, 足らざるは, 足らずと, 足らず何, 足らず竜, 足らぬ些細, 足りない, 足りない者, 足る, 足るもの, 足る人, 逢えり, 遅い長夜, 過ぎざりしが, 過ぎざる事, 過ぎざる者, 過ぎず人, 過ぎぬもの, 違いありますまい, 違いなし, 適は, 非ざる, 非ず, 首級を以て

▼ くるので~ (280, 1.4%)

55 あつた 5 私は 3 それを, なくては, 彼は 2 あつて, あらう, いつも私, さすがの, そのうち, なしに, 僕も

1 [197件] あとの, あぶなくて, あらうなど, いくどか, いけない, いつも人だかり, おさよ, おじいさんは, おばさんは, おもわずあと, お前も, お粂, かなり遠く, きりの, げすから, ここから, ここでへん, このこと, このまま筑波屋, この奥さん, この毒草, これは, これら銀行は, これを, こわい国, ござりました, ござる, しずかに, したがって家政, して, せう, せうか, せうかしら, せうが, そこらを, そっちの, そのつど婚姻, そのまま電車, その方向, その方法, その話, それと, それは, それも, それらの, それらは, そんなに朝霞, たちまち谷口, だんだんに, だんだん怖, ちょっとつけ加え, ついのび, とうとう正面, とかく索莫, ときどき沖, とても海辺, どうした, どうしてもやむをえない, どうしてもマツチ, どうしよう, どうにも仕方, どちらでも, なか, なくて, なくても, のちには, はじめて晩秋, はたの, またいや味, まだ踊り子たち, まだ鉄ごうし, まったくの, まるで飢えた, めつたに, もうどうする, もうどんな, もう大丈夫, もとは, もみの, わけも, わずかの, わずか二分の金, ドアは, パンを, 一つ, 一釜位では, 七月二十日前後から, 丈の, 乗客は, 人々は, 仕方が, 以来国庁では, 仲間と, 何かしら太陰周期すなわち, 何かの, 何だか私, 何だらう, 何んだ, 保久呂湯の, 僅かの, 僕が, 儀作の, 先頃来あわて, 其等の, 内実は, 半年も, 史料の, 各農家, 周馬の, 和歌は, 困ります, 困るが, 困るの, 大原も, 大騒ぎに, 始末が, 嫌でならなかった, 実も, 客の, 寒くて, 小半日の, 小説の, 少しは, 岸本も, 帰ること, 彼の, 彼女は, 彼女も, 思わぬ大漁, 急に, 急病人, 悍馬は, 意識が, 振り仰ぐ, 支配頭も, 文字春は, 日が, 日本を, 春木は, 時間中ながら, 暫く家, 有名だった, 木の葉は, 根こそげ, 桑も, 極楽寺坂の, 武蔵ヒョイと, 殆ん, 残念ながら, 毎日同じ, 気がついて, 泣くの, 活物の, 清十郎は, 清子は, 漸く近所, 潜戸を, 火鉢の, 父は, 甚だ見どころ, 用も, 畢竟易, 疲れるの, 知つてゐる, 祖父はが, 私たちには, 私たちは, 窒息せしめられる, 窓全体の, 竹童も, 笠は, 紀元一五八二年に, 紋七も, 結局の, 群集は, 自分たちも, 蒲団の, 藷焼酎三杯ひつかけ, 要するに信越地方, 要するに双方, 見物人たちが, 視力を, 訊く方, 話が, 誰でも, 諭吉は, 警視庁は, 足ご, 道が, 酒を, 鉱毒問題の, 長いくちばし, 閉口し, 頭に, 風陰を, 養父は, 鯨の

▼ くる~ (272, 1.4%)

33 いい 13 よい 4 よかろう 3 いいや

2 [15件] いいじゃ, いいだろう, いいよ, いい往, ごときは, ごとく天, その峰, それと, ために, ためには, ままに, ゆゑに, 悲しさ, 早いか, 私の

1 [189件] あべこべに, ある限度, あれは, いいいつ, いいかと, いいきみ, いいけっして, いいその間, いいです, いいと, いいの, いい置き, いくらおこっ, いったいどうした, いつもは, いつも人間, いろいろな, ええだ, ええて, ええなど, えぐれたよう, おとなしいよ, お艶, かような, こいつばかりは, こういう態度, ことに圓朝, このばん, この女, この発見, この闇夜ゆえ, これらが, これらの, ごとおも, ごときもの, ごとくに, ごとし, さいわいまだ伊那丸, しかしそういう, しかしそれ, しかし自分, しまいには, しらべて, ずいぶんみくびった, せいぜい三百, そこを, そのかわり, そのくせ, そのとき, そのどれ, そのもっとも, その中, その人々, その偵察, その夜, その日, その時, その理由, その餌, それだけ危険, それでもその, それとても, それに, それにしても神罰, それは, そんなこと, そんなとき, ためなり, ためなるべし, ため氏, どうかした, どうした, なるだけ, なんとも, ふぐなどという, ほんの僅か, ほんものの, もうだいぶ身体, もう以前, よいそして, よいそれ, よいと, よい夜明け, ようだった, ようであった, よろしい, チラチラと, 一文の, 一時間も, 丁度田舎, 三十分も, 上に, 下手の, 中には, 事実は, 人間は, 何でも, 作者は, 例によっての, 個々の, 僕は, 先頃ある, 全体の, 其處に, 出来ないと, 刑僧は, 勝ちの, 勝である, 半分は, 単なる一端, 又未亡人, 古襤褸, 吉良荘の, 君は, 堤の, 声は, 夜も, 大へん静か, 大意を, 大概の, 天保七年の, 女子供は, 如きは, 如き不幸, 如き事, 如き形, 如くし, 如くなれば, 如く手足, 妹さんを, 実は傷, 実在の, 実際料理, 家康は, 小侍従, 少し広い, 山は, 幸いにも, 幸に, 彼は, 待つて, 恐らく彼, 恨めしい, 成程, 戯曲を, 折々騙され, 故に, 新しい仕事, 日本の, 本社から, 杖を, 杯を, 深く耳, 澄江の, 火は, 炉の, 独歩は, 用が, 画面の, 留守に, 盆地へ, 私たちが, 私には, 空が, 精神は, 肝心な, 肝要である, 自己の, 良い, 葺替代が, 要するに尊い, 見なければ, 角を, 話の, 超人間, 足も, 身体が, 軽やかで, 配下と, 間もなく逃げだす, 院の, 雨は, 雨乞いの, 雲の, 頂は, 頭の, 顏は, 顔を, 香屋子の

▼ くるから~ (241, 1.2%)

23 である 9 だ, です 7 待って 5 だった, であった 3 たまらない 2 ここに, せめて三日, その時, それを, カンベンが, 妙だ, 男女関係は, 着物を

1 [164件] あなたから, あんぽん, いいわ, おおすじ向う, おさよ, おじさんの, おとなしく待っ, おとなしく待っとい, おや, おれのる, お前しばらく, お前は, お前も, お待ちなせ, お時さん, お茶でも, かなわん, きさ, きっと留守, きみは, こっちも, これなら, さあ一日以後, さよう心得ろ, しっかり見はっ, そういう語, そうしたら病院, そうしたら縄, そして海, そのとき, そのままに, そのドア, その者, その間は, それは, それまでに, そんなところ, たまらなく嫌, ださうです, だったろうか, だつた, だと, だめだ, ちってな, ちょうど還暦, ちょっとの, ちょっと待っ, つい居心地, でありました, であります, でこッちの公平, でした, でそれ, でも, どうかわたし, どうぞ屑屋さん, なかなか, なかなか書けない, はやく起き, ほかの, まず忠次郎, またあと, まアいくら, みんなが, もうこの, よくきい, われしらず, アレアレあの, カイヅと, キミは, スキーのみ, バカに, マリちゃんは, ユックリ話し, 一しよ, 一切が, 三十分だけ, 三百代言, 不思議じゃ, 不思議です, 不思議な, 丹波仰天した, 乗合が, 九百円もうかる, 五分間ほど, 五千円でも, 今言った, 倫敦が, 兄さんは, 冷い, 初心者相手に, 別に遠く, 助かりたかったら, 勇ましい, 匙を, 十二月まで, 危ないと, 同宿の, 君は, 君六時に, 咲子も, 困るよ, 声を, 大変な, 天下の, 奇妙な, 女らしいとか, 奴は, 妙である, 寝て, 小山さんが, 少しかかります, 少し待っ, 店の, 引取つ, 彼の, 彼は, 待ていれよ, 後の, 従ってその, 心配し, 心配は, 怪我を, 悪いこと, 戻るまで, 手前は, 支度を, 新聞を, 日頃の, 早めに, 松茸うまから, 検分を, 楽しみに, 正五時, 正坊, 殺風景だ, 気を, 河口に, 滅多な, 物事万端すこぶる, 生で, 留守番を, 番おぼえ, 私は, 経験から, 虎之, 表面いかに, 見なせえ, 許して, 読者の, 諸新聞, 逃げかくれする, 逃げろと, 遠いところ, 金庫の, 釣りい, 門の, 間違ひ, 陛下旅行の, 面白い, 面白れえんだ, 頼む, 頼むよ, 餅でも

▼ くる~ (224, 1.1%)

35 です 26 だよ 18 だから 15 ですよ 1310 だろう 7 だね 6 だぞ, だもの 5 だぜ, だった, だと 4 だからね, ですか 3 じゃない, ですかい, ですが, ですって 2 だって, だな, だの, だらう, だわ, である, ですから, ですね, ですもの, では

1 [33件] じゃないです, だからなあ, だからねえ, だけど, だったなどという, だったね, だったのに, だったのになあ, だってどうしても, だなと, だろうな, であった, であった赤錆, であります, であるとは, であるの, であるん, である巻紙大, である程, である筒型, である色, でしょう, でしょうね, ですからな, ですからね, ですけれど, ですそして, ですとさ, ですのよ, ですわ, でないか, なら卵, やと

▼ くるという~ (207, 1.1%)

23 ことは 8 のである, のは 7 ことを 5 のだ 4 ことが, ことに, ことも, のが, ような, んだ 3 ことです, わけだ, 噂が 2 ことである, ので, ように, んです, 始末, 約束で, 約束の

1 [109件] あたりは, いいつたえで, うわさの, うわさも, ことこれを, ことだ, ことだけ, ことだった, ことであった, ことでございます, ことの, ことや, しかけなの, しらせが, しらせだった, すごいもの, すなわちその, そういうやり方, そういう欠点, ところが, なにが, のか, のであります, のです, のも, のを, ひどく現実的, ふうでありました, ふうに, ものが, ものの, もんだ, やつは, わけでしょう, わけに, パリも, 事が, 事実であった, 事実を, 事情が, 仕掛が, 仕掛だ, 伝説が, 前の, 動物報恩型是などは, 呂宋兵衛の, 土地も, 地方も, 報道であった, 夜信長は, 大さわぎ, 奴が, 始末で, 家に, 密告が, 密報が, 希望を, 年々の, 形を, 心配は, 怪談さえ, 感覚, 慄然たる, 方法によって, 方法を, 望みは, 次第です, 次第に, 歌で, 段取りに, 気配でした, 注進であった, 海老団治の, 潔癖の, 灰色の, 無情な, 状態が, 状態は, 申し合わせで, 盆に, 盛況ぶりであった, 知らせでありました, 石川啄木の, 確信を, 程度であった, 筋であります, 約束を, 考えであった, 芸当が, 言葉と, 記憶は, 記録文学運動という, 訴えであった, 評判の, 話であった, 話では, 語りも, 誠に物騒千万, 警告だ, 農夫の, 通知が, 通知を, 遠駆け, 長所を, 際であった, 風である, 風な, 風に, 飛報が

▼ くるところ~ (184, 0.9%)

6 だった, のもの 5 である, を見る 4 だ, だと, であった, ではない, の教育 3 がある, じゃない 2 ありと, から芝居, がなかっ, だから, のない, はちょっと, をみる

1 [122件] ありて, あれば, から考え, があっ, があったなら, があり, がうつっ, がその, がない, がなかつた, が油絵, が甚だ, が見えた, が見えました, この故郷, じゃあない, じゃありません, だったの, だな, だよ, であつ, であるが, でした, でないという, でなくただ, ではありませぬ, で涼む, となり, と気, ない佐佐木博士, ない女, なきほどに, なきを, なき安全さ, なき物, なき資格, なくついに, なくもっ, なく賄う, などはいかにも, などは大学教授, などは貞徳時代, なの, なり, なりと, に, にい, にきのう, にたどり着きました, によりどうやら, に弊, に必然性, に真理, に立つ, に聖彼得寺, に限り, の, のなんとも, のもろもろ, のやう, のよう, のより, のわれわれ, の内, の刺激, の吉凶禍福, の心, の必要, の性格, の恩惠, の恩澤, の数学, の方, の果報, の楽屋格子, の生きる, の者, の賊首何千, の陰, は, はきれい, はこれから, はその, はそんな, はたとい, はどうも, はない, はねえ, は決して, は甚だ, へほんもの, へ散りしきる, までは行く, まで同じく, まで行きます, もすく, も彼, をこうして, をエリーザ, を下, を勘弁, を宙, を定めた, を少々, を思い, を想像, を抑える, を抜い, を斬ったら, を書き終えた, を深く, を見せる, を見た, を見事ふたつ, を貫一, を迎え, を銀杏, 多からざりし, 最も深刻, 無し, 知らない思ひを, 繰り返すよう

▼ くる~ (161, 0.8%)

15 がある 8 があった 3 が多い

2 [11件] あり, があつ, があれ, がない, には温かい, に天, のあり, の力, もある, もない, よりも死ん

1 [113件] あるいは労力, あるいは必ずしも, あるも, あるを, がすぐ, がたえませんでした, がだんだん, がなかっ, がなけれ, がやはり, が一人, が七人, が出る, が多かっ, が師, が毎日ひき, が盛, が続々, こそこの世, さえあった, すらない, ぞ, ただ凌辱, といっ, と僕, と共に岩, と同じ, ども, なく徒ら, なの, ならで勝つ者, ならぬは, なりと, なるを, にたいして噛みつく, にははじめ, には労苦, には千金, にもあらず, に彼, に遭, に非, のある, のごとく, のよう, の任, の全身, の多く, の如し, の數, の通称, はありますまい, はいない, はいません, はお, はその, はない, はなかるべし, はめったに, は三騎, は人民, は体験, は初, は天下, は師, は常に, は徒三年, は必ず, は月, は汝, は皆一様, は絶無, は自, は自ら, は英雄, への引継ぎ上, ままある, もあった, もありました, もありませんでした, もあるでしょう, もあれ, もいなかった, もいる, もかなり, もくる, もごく, もなかっ, も実費, も尠, も施す, も甚だわずか, も神人, も騎馬, や, よりも与, よりも病人, より幸福, をし, をふりかえる, をも地獄圈内, を嫉む, を感じさせる, を携え行き, を素ッ気, を総括, を見る, を見定める, を雇っ, を顎, 多ければ, 少なき時, 引っ返そうと

▼ くる~ (160, 0.8%)

6 わからない 3 どうか, わかったもの, わかりません, ッ, 分らない, 見当が 2 こねえか, して, しれない, それが, それを, もうくる, わからないので, 今度は, 分らないの, 判らない

1 [116件] あやしいやつ, あるいはこちら, あるいはひとたび, あるいは全部, あるいは落雷, あるは又, あんたの, いまくる, いまに, いま来る, おもよどん, くるかと, こないか, こないかを, こればかりは, さもなければ捲い, した, しれないもの, しれなかった, するの, そしてそれ, それとも猛獣, それに, それまでは, たわけが, ちつとも, である, とおも, どうかという, どうかも, どうかを, どっちかに, どっちから, なんとか臨機, まことに気味, また弦, まだだれ, もう見える, よくわかるじゃろう, よく見, わからないから, わからないし, わからないの, わからないよう, わからない敵, わからなかった, わからなかったので, わからぬぞ, わからぬの, わからぬ一寸先, わからぬ未知, ビクビクもの, ヘリコプターを, 一つ仕掛けの, 一戦試みられい, 万やむを得なけれ, 上がって, 予想は, 人の, 今くる, 今ここに, 今に, 伺いたいから, 何ぞ婦女, 何も, 凄いぞ, 凶と, 分からなかったから, 分からぬと, 分らず人, 分らないから, 分らないが, 分らないし, 分らないと, 分らないという, 分らない形勢, 分らない限られた時間, 分らぬが, 分らん, 分りません, 分りようが, 判らない宇宙線, 判らぬ, 剛を, 君には, 否か, 夜通し虱, 夢殿の, 実に恐ろしい, 小冠者, 怒鳴りこんで, 想像も, 手数が, 持って, 楽しみだ, 此っ, 永代橋の, 然しハツキリ, 當然皇軍の, 疑問じゃ, 病を, 知ってるだろうな, 知つてるだらう, 知れたもん, 知れないと, 知れないの, 知れないもの, 知れぬの, 神さまと, 突いて, 自分の, 貴様ようし, 連中を, 長押の, 隣家の, 雲と

▼ くるやう~ (154, 0.8%)

159 になつ 8 な気 7 である 3 な氣, にしる, になる, に思はれた, に思はれる 2 であつ, に, になり, に思はれました, に感じた, に見えた, に言, に設備

1 [84件] だうれしい, です, でただ, でどうやら, で癪, なこと, なその, なぞ, なひろい, なもの, なる心地, な一つ, な一段, な作品, な冷めたさ, な冷酷, な厭, な夜更け, な大きい, な奇蹟, な始末, な巧み, な恐ろし, な息苦し, な感じ, な感動, な気持, な氣持, な波音, な眞, な瞬間, な細い, な美し, な肢體, な若い, な詩句, な詩情, な錯覚, な靜, な鞭, な音, な風, な鳩尾, にいふ, におかあさん, にきこえる, にこたえる, にし, にその, にといふ頼み, にと吩付, にな, になりし, になりました, にのち, にほどけ, にも思へた, にも感じられた, にわたくし, に云つて, に何もかも, に何時の間にか, に取り止め, に命じ, に命ぜられた, に太平, に市中, に打つ, に数, に斜め, に殿堂, に生き生き, に祈, に私, に考へる, に自, に虫, に血の気, に見る, に雁, に頷い, に顏, に顫, の事

▼ くるかも~ (145, 0.7%)

21 知れない 20 しれない 14 しれません 6 しれないと, 知れません 5 知れぬと 4 知れぬ 3 しれないから, しれませんよ, 知れないと 2 しれないからね, しれないぞ, しれぬ, しれぬと, 知れないが, 知れないひと, 知れないよ, 知れなかった, 知れませんから

1 [42件] しらない, しれず, しれないし, しれないという, しれないの, しれないので, しれないのに, しれないよ, しれないわ, しれないわよ, しれないん, しれない世紀, しれない遅くとも, しれない高い, しれなかつた, しれぬが, しれぬ不便, しれませんけれど, しれませんよと, しれんと, しれんの, しれんので, 分らないの, 分るお, 知らずに, 知れずうるさく, 知れないし, 知れないぜ, 知れないぞ, 知れないという, 知れないよう, 知れないん, 知れない不安, 知れない悪魔, 知れぬからと, 知れぬの, 知れぬ唯一, 知れぬ敵, 知れませぬ, 知れませぬぞ, 知れませんが, 知れんぞ

▼ くるまで~ (138, 0.7%)

2 ここで, ここに, 二人で, 待って, 私達の, 語り合つて, 馳走に

1 [124件] あなたは, いくつも, いっさんば, いるか, おすがりいたすこと, おまえは, お乗りなさい, お待ちなさい, お母さんは, かれは, こっちでも, この島, こんなところ, ごくいい, じっとがまん, じっとし, じっとそのままで, そこに, そのままの, そのまま身, それに, だ, ちゃんと看, であって, とって, どうぞこの, どうにか食っ, どうにもし, どこで, どれほど輾転, ひどく心配, ふたりで, むやみに, やらした, やる, ゴリラには, トランプを, ブラブラし, ブロズキーの, ヤレ何を, 一人で, 与惣公, 世相を, 乱舞の, 二人は, 亡き関羽, 人見に, 休んでね, 伸, 何くれ手助けし, 何日待っ, 使ひこ, 俺あの, 先生を, 全く落, 兵馬を, 出掛けた後, 十二三分しか, 千登世との, 声を, 大せつな, 大丈夫あります, 太郎左衛門を, 家を, 密議を, 寝巻の, 寢も, 市中を, 当分あまんじ, 待ちましょう, 待つて, 御殿奉公を, 念仏を, 患家の, 我家へ, 打っちゃって, 投ったらかし, 探検よ, 支持し, 日本の, 書いて, 本邸の, 根気づよく, 楽屋で, 欄干によって, 此処へ, 歸る, 気が, 永遠の, 灯を, 燃ゆる, 燃ゆれ, 登り道の, 眠り続けるだろう, 知らなかった, 知らなかったが, 私は, 筆を, 篝などを, 篝火が, 紀久ちゃんは, 続く日, 聞かされたん, 胸に, 腰を, 自分の, 落着か, 話しこんで, 話して, 語りあった, 語り合ったが, 語ろう, 起きて, 退屈な, 通うさ, 酒を, 閉めッ, 降り續, 隠忍自重し, 隣りの, 離しちゃ, 高声念仏, 黒檀の, 黙然として

▼ くる~ (129, 0.7%)

8 がある 4 の姿, もない 3 の足音 2 があります, の跫音, はすくない, は少, もあった, もある, も少く, も我, を怖

1 [92件] があっ, があつ, がありました, があろう, がいない, がかなり, がきっと, が多い, が毎日十二三人, が温厚, が温厚篤実, が絶えない, こそ真に, そうでなく, そして里, だ, だった, だと, だよ, であるが, であると, でそれ, でなければ, でね, で賑, との差別, と思うらしい, と戸数, と見, なかりしに, なつっこい少年, など世の中, ならきっと, ならずただ, なん, に, になっ, にはすこし, には暖か, にも肥, に押され, に逢えり, に鳴く, のかずは, のけはい, のこ, のギャグ, の中, の勢, の合羽, の名, の心身発達, の数, の流れ, の物買, の登る, の目, の顏, はありません, はお, はかならず, はこの, はこれ, はそれ, はなく, はみんな, はめったに, は國籍, は浅い, は立派, は自分, もあり, もありました, もあれ, もいた, もたくさん, もなき, もなく, もなし, もみな, も候, も多い, も少い, よりこっち, を, をうたがう, をうら, を待っ, を注意, 多き束摩, 多き筑摩, 知れぬ恐怖

▼ くる~ (103, 0.5%)

2 寒さ

1 [101件] いまにも, お菓子も, かたわら使用者の, かれは, げにたのみける, ことに関ヶ原以後, このまま上野, ごちそうや, さう, しかもいま何もかも相, したが, するとその, そこへ, そこまで, そしてそう, その前, その反対, それにまたパン, ちっとも面白く, ちょうど幸い, とりわけ人間, どうにも仕方, どこからか, どの点, どれが, ひきつづいて, ほんとに酔えます, またその, またつと, また多少, また翌月, まつだった, まつであった, みんな見, もうたまらなく, イタリア通の, カッコ鳥が, ヴォルトの, 万事の, 中江の, 中江は, 体は, 何だか退屈, 偏頭痛も, 去就に, 又多年, 同時によい, 君は, 呉からも, 周瑜も, 夏も, 外には, 大人は, 大庭君は, 大抵の, 女が, 妖しい情景, 嫁の, 安曇野の, 客の, 対岸に, 尋めあぐむ, 小さな眼, 小太郎に対して, 小屋の, 平家も, 弱って, 当主という, 彼等と, 愛すべき壮年僧, 手や, 時間の, 朝霞の, 殊に關ヶ原以後, 気持ちは, 江戸の, 油で, 波江さんは, 浪士は, 漸く深田印刷会社, 片側の, 玄徳は, 生活は, 病人は, 社内にも, 私いつかお嬢様の, 細田源吉と, 継ぎは, 而も, 耳に, 自分は, 行員が, 貢来の, 足は, 路バタの, 身体は, 金魚も, 鉄の, 鉢の, 附近の, 鶉の

▼ くる~ (100, 0.5%)

3 あれ吉ちやん, 例と, 見て 2 あお母樣それ, それか, 善しと, 大趣意, 知る, 見るより, 躊躇する

1 [77件] あお母様それ, いさぎよしと, いふ, いふと, うとは, うるかぎり, うる悦び, えたり, お待ち候へ, これなら, しれる魂等, ぢつと, ねがは, みれば, 不吉と, 主人左京は, 主義と, 云ふ, 余り苦に, 允さず, 写すに, 大洞, 好まざりしかど, 好まず, 好み給わずと, 常と, 常とな, 常規, 待たんと, 待ち事, 待つ, 待つとき, 得ずた, 得た王夫人, 得ない自然, 得べしと, 忘れしむる, 忘れたるが, 恐れて, 我れ見, 拒みしもの一七〇〇英里, 有利と, 梅子は, 欲せぬ, 深き怨み, 眺め見て, 知らざりしや, 知らず空く利欲, 知らず豫, 知らない時分, 知らなかつた喜, 知らぬ, 知り我, 笑は, 笑われながら, 行儀と, 要すと, 見たりと, 見たる満枝, 見ては, 見る, 見るそう, 見るとともに, 見るに, 見るべし, 見る感, 見る時, 見んと, 覚りては, 許さざりき, 許したと, 許す, 速かに, 遊佐は, 銀子は, 難堪く, 順序と

▼ くる~ (99, 0.5%)

3 のほか 2 にはひとりでに, に坂, に庭

1 [90件] ありわが, あるいは美, いかに今日, からし, から体, から自動車, があった, があつ, がある, がき, が來, が我が, このオピタル大通り, この中, そのほとんど, その感激, その田舎出身, ぞ人, であ, である, であるが, であると, とある, とがある, とは人死, と云, どんなに疲れ, なく, などにとくに, なるを, にこの, にその, にはあなた, にはいつも, にはきっと, にはその, にはマシマロ, には吹雪, には夜分, には失礼, には晏如, には簡単, には言葉, には足, には靴下, にもまさる, にも一緒, にギャッ, にスイッチ, に休んだおぼえ, に停車場, に尋ねた, に少し, に的, に自分, に限る, のこと, のすさまじい, の方, の気色, の道, はこの, はな, はほとんど, はカリコミ, は一段ごと, は下り落つる, は午後, は却, は奥さん, は実は, は必ず, は手袋その他, は支那人, は潮, は銃剣, は銃劍, は青銀色, は鶏どん, ひとりでにフォーム, または大学, まで忘れず, もあった, もなかつた, も夜, も死, 常に其石像, 惜しい事, 持って, 連れて

▼ くるとき~ (92, 0.5%)

4 のよろこび 32 にいつも, はすなわち

1 [81件] お妙さん, からある, から解る, がある, きっと師匠, きまって合掌, くたびれて, その坊さん, その女たち, その男, で, といも, とまた, と白丘ダリア, に, にいい, にこう, にこの, にはあんなに, にはぎょっと, にはこの, にはそう, にはその, にはまず, にはもう, にはマニラ, には南氷洋, には小鳥, には忙し, には発作的, には眼, には雪, にふみつけた, にまっさきにすぐさま, にグレ, に僕, に先, に初めて, に友だち, に壊れ, に島, に愛, に拇指, に明智先生, に桃, に水, に私ら, に誰, に逃げ出し, に通った, のつら, の一つ, の苦しみ, はこう, はこの, はそれ, はたちまち, はまち, はパリッ, はメリケン粉, は不用意, は前, は外, は心, は必ずまず, は方位, は朝, は林太郎, は知らず, は誰, は闘争心, は魂魄相, ひょいと鏡, ほとんど避けられない, またことに, まで一緒, もハンスル, も健やか, 封じられたすべて, 着て, 隠して

▼ くるはず~ (84, 0.4%)

14 がない 9 はない 5 である 43 です, はありません, もない 2 がありません, だった, だと, もなかっ

1 [35件] がありませぬ, この人われ, じゃ, だから, だったん, だね, だよ, であった, であるが, であるのに, でございます, でしたけど, ですが, でそれ, と考え, なの, なん, になっ, に相, のげんこつ, のねんねこ, のもの, のアナウンス, のオルガ姫, のシネマスター, の乾雲丸, の人, の師匠, の槍, の相手, の紙魚亭主人, の者, の門番, ば正, もなし

▼ くるばかり~ (80, 0.4%)

12 だった 109 です 7 である 4 であります, でした 2 で, であった, なので

1 [28件] おびえつつ, だから, だからね, だが, だし, であつ, でありお, でありました, であると, でいくら, でお, ですぐ, でその, でてんでどうにも, でなくいつも, でなくともすると, でなく右, でなく嘘, でなく遠い, でやはり, で傍観者, で大江山課長, で気, で決して, なの, なのに, 一向に埓, 野には

▼ くる~ (80, 0.4%)

10 もくる 4 も此元興寺 2 の光, の夕方前, の朝, も来る, を待っ

1 [56件] からお, がある, くる日, だ, だった, だ予期, であった, でしたわ, でなければ, で奈良, と時間, に, にあり, になる, に僕, に江戸, の三日, の夕方, の夜, の尊き, の晩, の最期, の登山, の羽車, の限り, の限り解放, はのぞまれない, は九時頃, は穂高岳, は葬式, まで, もあらし, もある, もすぎ, もそこ, もただ, もつぎ, もはて, もろ, も同じ, も微笑, も歩い, も毎, も洞穴, も続いたなら, も見る, も飽きず, を別に, を太田, を待ちこらえず, を待ちましょう, を心から, を悪寒, を私, 即ち九月十九日, 又同じ

▼ くるわけ~ (76, 0.4%)

11 であります 9 はない 6 でも 5 だ, である, です 4 がない, では 3 に行かない

1 [24件] か, がある, があろう, だな, でありまして, であるが, であろう, ですから, ですが, ですね, で之, で他, で第一義的, なん, にいかず, にはいかない, にはいかねえ, にはいきませ, にはゆかない, にもいかず, にもゆくまい, にも行きません, のもの, はありません

▼ くるかと~ (71, 0.4%)

7 思うと 5 思って 3 思いの 2 待って, 思えば, 思われた

1 [50件] いうと, いふと, いらいら待つ, おもうと, おもったの, おもわれた, きいた, じっと待っ, そればかり, たいへんたのしみ, ふたりは, まい日, まって, わしは, 一口に, 一日どこへも, 人心は, 問うと, 問へ, 夜もすがらゆだん, 安き心地, 待ち受けるかの, 待ち合わせて, 待つて, 待つほども, 心待ちに, 思いました, 思う, 思うばかりな, 思うま, 思ったが, 思ったの, 思はる, 思はるる笑, 思ふほど, 思われたのに, 思われるほど, 日夜刀の, 疑わるる炎暑, 翼を, 考えました時, 耳を, 興味を, 見たい心, 覚悟を, 観念を, 言へば, 談判する, 身が, 首を

▼ くるのに~ (70, 0.4%)

2 かすかな, 今日は, 私は, 苦心を

1 [62件] あなたツてば, おじさんは, こういう方法, こんな手, ずいぶん骨, そこに, そこを, その眼前, その綱, その習俗信仰, それを, だからこっち, でくは, でツ, なんで鞍馬, ばったり会った, びっくりし, やって, 一人の, 一時間あまりかかりました, 一生懸命次郎吉は, 上に, 二人の, 二分ない, 今度は, 今晩は, 先生と, 全然気, 冬の, 出征する, 十分あまりしか, 夜更けのせゐ, 大変でした, 委して, 子供等が, 山村の, 急に, 悩まされた, 手間が, 振りかえっ, 春の, 最もふさわしい, 橋の, 気が, 無理は, 無言の, 物憂いながら, 生徒の, 痩馬と, 痺れを, 目が, 相違ない, 祖父が, 穴なんぞ, 耳を, 苦心した, 金持が, 鎌倉の, 面喰らった, 顔いろ, 驚かされたり, 骨が

▼ くる~ (69, 0.4%)

2 はまだ, は寒かっ

1 [65件] ありしより, があった, がうしろ, がさっと, がその, がそんな, がまだ, がエジプト, がコトコト, が凍っ, が奥穂, が子供部屋, が寒く, が思わず, が昼間, が松, が水, が維新, が身, が雪霙, が顔, すなわち数々, だ, であったの, である, でおます, と共に彼, と頭巾, にあ, にあおられ, にその, にそよがせ, にまたたい, にも, に傘, に彼, に散っ, に春, に木の葉, に眼, に足元, に黒髪, のいとも, のため, のまにまに, のよう, の力, の強けれ, の涼しき, はつめたく, はなんとも, は小さい, は市街地, は汗, は特別, は現に, は相当, は蕭々, は霧, もない, も冷冷, も吻, をうち破る, をマサちゃん, を吸っ

▼ くる~ (66, 0.3%)

4 がある 2 が出, にした, もせず

1 [56件] あり, かと不覚, が今, が出来ました, が出来るなら, が多い, そしてすぐ, である, であろうと, でこれ, でしょう, となった, となる, とに由り, と思った, と日毎, と砥石, なく天然, なく安穏, なく浅草蔵前八幡, なけん, なし, ならずと, にしよう, になっ, になった, になり, に内定, に安, に根本着眼, に気がつきました, のいかに, はしまい, はちつ, は人力, は今, は明かだ, は極めて, は近年, もあ, もあつ, もある, もなかろう, もなく, も度々, も珍ら, をよく, を予め, を得べきや, を忘れなかった, を條件, を知らざれ, 少なくかつ, 有りしや, 甚だし, 甚だしくついに専ら

▼ くるその~ (57, 0.3%)

1 [57件] かわいそうな, ことが, ずうずうしさ, たびごとに, ときには, とき上げる, 中に, 人は, 人間の, 傷みにおいては, 傷負い, 出會いがしら, 十銭白銅貨二つを, 原稿が, 坂は, 執拗さを, 声, 太陽を, 女を, 幸福を, 幻は, 心地に, 折お, 斷續した, 日までの, 時に, 様子は, 歌に, 歌声, 熱っぽい濁り, 生命ある, 生活の, 男からは, 疑いを, 筈だ, 美を, 者に, 聞込みを, 肩の, 腹が, 苦しさ, 苦痛を, 葉を, 衣ずれの, 足音の, 足音は, 迫力に, 陰惨な, 面白さ, 音であった, 音を, 頤の, 顔が, 顔を, 魂の, 鳴き声は, 黒い細い脚

▼ くる~ (56, 0.3%)

1 [56件] あざみ, あとから, あながち概念, あの葉, かぐろき亥, かの蒼き, しく旋回, じらいを, すなわち愛撫, すやう, するやう, せいろ, せたの, せるか, そが, その事, ただヘクトール一人, づだ, とりもな, また奇観, もとより一時, よけれど, わが遊戲, イタリアに, ゴット人が, パンのみによる, ヘクトール, 一部のみ, 不可能なる, 世の, 人を, 余四十一に, 出て, 別の, 功徳にて, 如何猿, 彼の, 日本従来の, 武門の, 素よりわ, 自業自得なり, 自業自得なれ, 舊友も, 花を, 苦しいの, 草木の, 褐色なる, 詮之, 身の, 辰弥なり, 辱のみ, 近き世, 酒屋さん, 限りあり, 雪の, 黒雲の

▼ くる~ (54, 0.3%)

4 を知らず 3 あり, があった 2 ありと, あるも, があつ, がある, に非

1 [34件] から此小説, から迷, が同じ, たる奴國, だけね, で, であった, である, です, で初めて, となっ, となり, なの, なれど, にこそあれ, に位す, の一つ, の号, の学術, の尸, の損失, の秩禄, の規矩, の金, の静, は即ち, へ清, もない, も騒がしき, より望め, をみる, を知らざる, 即ち水源, 多からざりし

▼ くる~ (52, 0.3%)

6 がない 5 だ, はない 2 だから, だが, だった, である, ですから, になっ, になつて, もなく

1 [20件] がなかっ, じゃ, だからと, だったの, だと, であ, であるから, であろう, であろうが, ないわ, のお, のもの, の人, の彼, の白丘ダリア, の菊乃さん, はありますまい, は無かっ, もない, よ

▼ くるとは~ (48, 0.2%)

3 なんたる 2 夢にも, 貴様の

1 [41件] いいませんでした, おかしいと, おどろいたな, けしからんと, こいつは, さても, すなわち国政, てめえも, なかなか勇気, へんだ, むっつり右門, めっ, もっての外の, よくよく, よもや思い, よろしくない, 不敵な, 以つての, 何事か, 何事だ, 何事だい, 何事であろう, 兵法を, 大笑いでは, 嫌な, 思うが, 思えないでは, 思って, 思わなかった, 思わなん, 思われませんでした, 怪しからん, 断言できない, 無法な, 無芸大食大食は, 知らずに, 私には, 老臣たちも, 茶店の, 袁紹も, 言ひたい

▼ くる様子~ (48, 0.2%)

54 もない 3 だった, である, なの, もなく 2 がない, はありません, はなかっ

1 [21件] がありません, がある, がいかにも, がなかっ, がまるで, が何さま我々, が分る, が変, だから, だったが, で, です, とてもなかっ, と聞い, などを見る, に張, に早く, はない, も見えない, を御覧, を撮る

▼ くる~ (44, 0.2%)

2 あり大, 可なり

1 [40件] あった, あり, あり中, うるさく人, だれ一人, のらを, ゆったりと, よしな, 一先を, 一所ぢやとは, 人々に, 人の, 天が下恥なき, 天命なれ, 失敗する, 女の, 孝行の, 忘れて, 忘れ語り語った, 恋の, 恬として, 意と, 本望, 死するも, 死ぬるも, 流されるの, 無用には, 狭い田舎, 現金なる, 益無きなり, 知らず何, 知らなかった, 神の, 福を, 精魂は, 純然たる, 自ら感覚せざる, 藪蚊いまだ, 貧富貴賤の, 輕から

▼ くるほど~ (43, 0.2%)

2 だった

1 [41件] ありますが, いつまでも, うまかった, おかしなもの, そこと, そこの, それは, だ, だから, だんだん大きく, であった, であったが, でした, ですよ, なり, な勇気, な敵, な熱意, ますます彼等, 一生懸命でも, 主観の, 人材が, 僕は, 分って, 嘘らしくなる, 大胆な, 宇宙の, 寒い, 小庭, 形が, 彼女の, 心に, 料理に, 景色は, 深く切なく熱烈, 無表情に, 熱心に, 私の, 秋は, 草にも, 鋭いもの

▼ くるたび~ (42, 0.2%)

3 に必ず 2 にその, にむだ

1 [35件] あの方, いつも貯めこんだ, に, にいつ, にいつも, にぎん, にこういう, にこの, にし, にすくみたくなる, にちょっと, にふたり, によめ, に一室一室, に一角, に伴作, に公衆, に姉, に山, に帽子, に幾度, に心臓, に心許なく, に方船, に珍報, に私, に自分, に萩乃, に薮, に虫, に身近, に釜, に隣近所, に顔, 御休憩

▼ くるといふ~ (42, 0.2%)

6 ことは 2 のは, やうな

1 [32件] あたりは, けさの, ことが, ことに, ことも, ことを, ところなど, のである, のでした, のんびりした, ひどく現実的, もんじや, わけである, わけな, ニユースで, 今でも, 出来事が, 噂が, 奴だ, 従来の, 思ひがけ, 思想が, 想像は, 朝は, 樣や, 気が, 稼ぎ方, 菜の花を, 鉄火の, 風, 風でない, 風な

▼ くる~ (41, 0.2%)

4 がし 2 がしました, がし出した, がする, だった, の強

1 [27件] おそろしきに, が, があった, がきこえました, がした, が恐ろしい, が聞えた, が聞こえ, が聞こえた, が聞こえました, が聞こえます, が聞こえる, こそすなれ, ではない, に似, に溺れ, のいち, のふと, のよう, もした, らしい, をきいた, をみな神妙, を耳, を聞い, を聞いた, を聞き

▼ くるつもり~ (40, 0.2%)

7 です 3 だ, なの 2 だったの, で, なん, になった

1 [19件] じゃ, だが, だった, だつたが, だろうか, であった, であったが, でしょうそう, ですか, ですが, ですと, でゐる, で田舎道, で門前, とみえる, なら, ならくるだろうし, なりし, らしくも

▼ くるなんて~ (39, 0.2%)

3 ことは

1 [36件] ありそう, いうわけ, おめ, ことに, ことを, こと苦しく, その好奇さ加減, そんな, そんなばか, そんなバカバカしい, ただごとじゃ, ちっとばかし, どうもふしぎ, なくなったらどう, なんという, なんとなくそぐわぬ, ふしぎな, へんな, まことに珍, まったくつじつま, まるで手品, まるで死人, ものが, 不届, 事は, 君は, 変だ, 変です, 少し無謀, 我慢が, 理屈に, 私も, 策の, 貴様も, 酔狂が, 頭の

▼ くるため~ (38, 0.2%)

2 である, にはその或

1 [34件] だ, だった, だつた, だろうか, です, なり, にかりに, にし, にそっと, にです, にはおびただしい, には人類, には夕方, には文学少女, には鑽開台, には魔法, に内地, に多少, に守備隊, に弟子, に接点, に特にそう, に用意, に町, に私, に絶えず, のやう, のよう, の人間, の真実, の道中, 大多忙, 心ならずも標準, 造られしもの

▼ くる~ (38, 0.2%)

6 の春 2 のこと, の夏, も笑

1 [26件] からです, から毎年一度, くる年, であったか, とった盲目, にこの, にはみごと, に桐畑, に死なれた, に突然, の, の七年, の二月, の二月十五日, の六月, の暮, の正月元日病院, は必ず, は立ち, もくる, もその, もつばめ, もまた, も収穫, も同じ, も西

▼ くる足音~ (38, 0.2%)

5 がした 4 がし 3 が聞えた 2 がしました, がする, が聞こえた

1 [20件] がきこえた, がきこえました, がきこえる, がします, が地, が聞え, が聞えだした, が聞えました, が聞える, が聞こえます, が聞こえる, が落葉, が遠く, だ, におどろい, に怪しい, の冴え, をいま, をきいた, を聞いた

▼ くるにつれて~ (35, 0.2%)

1 [35件] いつに, お高, かなたの, これに, しっとりした, せつぱ詰まつた, そこから, だんだんはっきりし, ひとりでに生活, ふたたび都, ますますソヴェト人民, ますます心, 不安と, 今度は, 何處と, 力を, 大海人, 天性やや, 宇野の, 寒さ, 嵐は, 川村さんの, 幻から, 彼には, 村の, 森の, 水嵩が, 泥棒に, 烈しくなった, 盡きたる, 私は, 種は, 自分の, 菊池半, 金屬と

▼ くるだけ~ (34, 0.2%)

6 だった 43 である 2 です, で父, なの

1 [15件] あって, ある, すべて厄介である, だったが, であるから, でかれの, でそう, でそれ, では, でひと, でまだ, でオーイ, で格別, で演劇, なので

▼ くる~ (34, 0.2%)

2 は怎, 半七

1 [30件] から病気, この立派, その寺, つとめて, であった, である, とか清々しい, と同じ, になっ, にやっぱり, に榊, のこと, の光, の十時ごろ, の四ツ, の涼風, の雀, は互いに, は又, は癒, は空, は起きた, は雨, もくる, も明く, も笹村, 早くから若者, 訪ねて, 起きて, 顧みて

▼ くるには~ (33, 0.2%)

1 [33件] いろいろの, およばないのに, およばんよ, くるが, その前年, その期間, そばか, それだけの, ちがいない, なにか子細, ほとんど脱走, まだ四, 一つしか, 中津によって, 事は, 五人や, 五日かかる, 人間の, 兄の, 及ばない, 及ばないさ, 及ばぬ, 少なくとも左, 屈強な, 止まれど, 民衆は, 相違ない, 紙片に, 野武士の, 長い間, 閉口閉口, 随分沢山, 驚いた

▼ くるこの~ (32, 0.2%)

2 執拗な, 男も

1 [28件] お仕置台に, はかなさ, やわらかい微風, ような, タクトの, パリーの, モタツキが, 人の, 大河は, 大闘牛日, 広大な, 心遣い出来, 悪者は, 愚劣を, 普遍的強制力の, 朝の, 村の, 機会を, 殺剣, 海の, 無頼者の, 空気は, 興奮は, 記念の, 都会を, 頃の, 顔は, 顛倒は

▼ くるまでは~ (32, 0.2%)

2 人間の

1 [30件] あなたが, あなたを, かかる種類, かならず油断, ここに, しばらく放棄, そこに, その役所, その痛ましき, たいへんだったろう, だれも, どうする, どこに, どんなにおそく, なかった, ひと思ひ, 一言も, 十日に, 大層味が, 彼が, 心配が, 手を, 断じてここ, 昔の, 暗黒の, 残りゐぬ, 気むずかしくても, 眠られなかった, 私が, 金時の

▼ くるなり~ (31, 0.2%)

1 [31件] いきなりだ, いきなり僕, うしろへ, お祭り, お高, じっと彼, そこに, と, との説明, と云, はなはだまずい, ぶるるん, まずまず冬中, まともに, まるで怒っ, カンテを, トーマスは, 人前が, 声を, 大声で, 妾の, 弥惣兵衛の, 投げあげられた棒切れ, 明日は, 本殿平屋の, 玄徳は, 白刃を, 礼を, 筆持つ, 虚無僧の, 足を

▼ くる~ (30, 0.2%)

3 それが 2 それも, 十夜を

1 [23件] それの, それは, つるの, 上品な, 侍が, 倉婆さんという, 八重を, 化粧を, 千の, 友だちに, 妙, 姿を, 師匠様の, 常連は, 浜の, 清へも, 祭りさわぎ, 秀に, 綱の, 膳で, 艶は, 辰に, 雪を

▼ くる~ (30, 0.2%)

1 [30件] があっ, があった, がある, がいた, がめくら, が元, だから, という意味, といえ, と物かげ, に口づけ, に声, のこと, のキモ, の執拗さ, の容, の念力, の気配, の泣き, の涙, の肉線, の肩, の襟, は私, は雨, や子供たち, をふりほどき, を恵子, を溝際, を膝

▼ くる~ (30, 0.2%)

5 がある 2 を見

1 [23件] があつ, がありました, が一人, が今, だったが, であつ, と会う, に向, に犬坂伴五郎, のひとり, の体重, の呼声, の外, の手, の群五, の行動, の連れ, はお, はかなり, はわが, ばかりいかにも, を発見, を見ました

▼ くるうち~ (29, 0.1%)

2 にもう

1 [27件] で箸, にある, にあんな, にお金, にここ, にこれ, にその, にただ, にだんだん, には, には千二百年前, にふえた, にポツリ, に三斗, に今にも, に何, に俺, に公一, に刑部, に同心, に夜, に子供, に泣きたく, に睡魔, に私, に船底, に階段

▼ くる~ (29, 0.1%)

1 [29件] かあるいは, からここ, から京二郎, から利用, から火, から禿げ, にあそこ, にあの, にいただいた, にとびだした, になる, には玄米, には飢え, にほんとに, にみな秀子, にやまがら, に何となく, に北方, に川島, に必ず, に日本, に腹ごしらえ, に船長室, に触れた, に軒, に速水輪太郎, に馬鈴薯, のよう, 立ち寄った臥龍梅

▼ くるじゃ~ (28, 0.1%)

15 ないか 6 ありませんか 3 ねえか 1 ござんせんか, ござんせんかい, ないの, ろうから

▼ くる人々~ (28, 0.1%)

2 のやう, の小さな, よ希くは

1 [22件] がカヤノ, が絶えず, であった, ですっかり, ですな, に告げ, の, のかえって, のつね, の中, の多く, の容子, の悪意, の生活, の異常, の跫音, はしかも, はほん, は私, は誰, への彼ら, へ説明

▼ くる~ (28, 0.1%)

6 がある 2 もない

1 [20件] があります, がござんしょう, がみんな影, が半分, が控え, なの, には先ず, の腕, はいけすかない, はいない, はねえ, は厭, もある, もおれ, もなけれ, も出, も奴ぢ, をそッ, を撰び教え, を殺す

▼ くる~ (28, 0.1%)

2 の音

1 [26件] が飲めない, だけはよかつ, であろう, ではどう, で含嗽, と合し, におわれ, に自然, のした, のたけくも, の一滴一滴, の多い, の清し, の澄み, の輪, の量, へおしつこする, もみなインキ色, も一ツ, をくみあげる, をすく, を加え, を受け, を堰き止め, を塞ぎとめる, 煮氣

▼ くる気配~ (27, 0.1%)

8 がした 3 はなかっ, もなかっ 2 だった

1 [11件] がし, がなかっ, だ, だけなら, とでも言う, なので, につと, はない, もありません, を見, を見た

▼ くる~ (26, 0.1%)

7 うだつた 2 否や

1 [17件] うだつたら, たと, 二階の, 京都より, 勝鬨あ, 否, 否ただ一槍, 否小姓二人, 四海こ, 彼は, 彼等は, 悪人を, 成政は, 我知らず, 暗黒の, 童が, 麦埃り

▼ くる~ (26, 0.1%)

4 がした 3 がし, がする

1 [16件] か, がいたします, が朝, だな, だナ, ですか, にさせる, になつたの, になる, になれなく, にもなれず, にもなれた, のする, はい, はない, もする

▼ くるそう~ (25, 0.1%)

64 である 2 だから, です

1 [11件] じゃ, だが, だった, だな, だよ, ですぜ, ですね, でもう, な, 思って, 語って

▼ くるまでの~ (24, 0.1%)

1 [24件] あいだでした, あいだに, あったこと, いろ, こと, みちみちに, 予定時間は, 五分間ほどが, 地面にも, 少しの, 帆村荘六は, 新らしい, 暇な, 私の, 話には, 話も, 遠い道, 間に, 間には, 間は, 間上戸は, 間浜に, 顛末を, 馬と

▼ くるあの~ (23, 0.1%)

1 [23件] おそろしさ, きびしい凍てつきだった, ぶきみ, ジュズ玉の, 一種の, 不思議な, 人間改造家ワグネルの, 危険な, 奇妙な, 心持は, 意識の, 未練に, 柔かな, 歓喜を, 清い素純, 犬の, 皮膜の, 瞬間だ, 緊張した, 賑いを, 足の, 透明な, 飛行機には

▼ くる~ (22, 0.1%)

6 出て 2 するとき

1 [14件] あの通り, くるわ, この一時, さう, そしたらもし, でどの, どれも, なんぼ泣い, 一人ぼっちで, 巡査が, 放っといても, 昼から, 駕籠に, 駕籠を

▼ くる途中~ (22, 0.1%)

2 でした

1 [20件] からすでに, この下, ついこの, であった, でとつぜん, でね, でも犠牲, で何回, で偶然, で四人, で妙, で弟, で彼女, で往来, で打つかった, で文学, で落し, どうした, においても辻, 何気なくしゃべった

▼ くるからと~ (21, 0.1%)

3 いって 2 いつて

1 [16件] いい置いて, いうが, いうの, いひ今夜, かたく約束, そう云っ, 云って, 仰有って, 兵曹長に, 告げて, 嘘を, 按摩を, 申して, 言いおいたまま, 言って, 躯に

▼ くる~ (21, 0.1%)

9 あらう 3 せう 2 あらうが 1 あらうか, あらうと, あらうもう, せうか, 嬢さま, 来馬の, 餘り

▼ くるもん~ (21, 0.1%)

43 だから 2 だ, ですか 1 かと控所, がある, じゃア, だね, であぶなくっ, ですかね, ですがな, ですわ, で順に, で馬鹿馬鹿しい

▼ くるようす~ (21, 0.1%)

4 がない, はありません 3 はない, もありません 1 がありません, がありませんでした, がわかった, が見えません, が見えませんでした, もない, も見えません

▼ くる子供~ (21, 0.1%)

1 [21件] がありました, がある, がそこらあたり, に健全, に全く, に罪, に遺伝, のため, のよう, の中, の姿, の戸籍, もなく, もゐる, も癩病, らしい率直さ, を手, を指折り算, を有難く, を生れぬ, を選ぶ

▼ くる時分~ (21, 0.1%)

2 だ, だから, になる

1 [15件] から明治, だけれど, だと, だろう, なのに, にはこうして, にはどこ, には以前, には保名, には君, にみんないろいろ, にも一寸, に駈上っ, の話, よ

▼ くる~ (21, 0.1%)

2 を払い

1 [19件] が裏切っ, と一緒, に咽び, に胸, のため息, の中, をおさえる, をぢ, をとめかね, をどう, をグッ, をソッ, を呑み込み呑み込み, を拭い隠そう, を無理, を睫毛, を禁じ得なかった, を絞, を隠さう

▼ くるに従って~ (20, 0.1%)

1 [20件] あなたを, お島, だんだん君子, どことなく春, ふと一種別, 一体私, 何処かへ, 冷えまさる, 前の, 力が, 天体の, 妙な, 彼の, 彼女の, 本当の, 東京から, 次第に自己, 私は, 若い私, 陸の

▼ くる~ (20, 0.1%)

2 寒さ

1 [18件] である, と共に絶え, の厨, の壁つき, の寒, の恐怖, の河, の間, の闇, は荒磯, もほのか, も来る, も根気, も構はず, も海岸通り聖ジュアン, も畳算, をいと, 鳴かまし君

▼ くる~ (20, 0.1%)

2 とにもあらざりしか

1 [18件] あり, がよほど, である, でしろつ, ですよ, でみんな, で学校, で幾度, で米汁, と千住, どりや, に合う, のない, のぶつかる, の風, は遠い, をあて, をさらに

▼ くる~ (20, 0.1%)

3 になる

1 [17件] から又もや, だから, だったから, で濡れた, にいつ, になれ, にはその, にはとうに, にはまた, にはもう, には外海, には死骸, には父さん, の彼女, ほひに, 眠れずに, 迄には日當

▼ くるころ~ (19, 0.1%)

1 [19件] だ, になつて, になります, になる, には与五郎, には二階, には爆弾, にぼろぼろ, にゃあ, に先生, の五十銭, の春日影, の秋草, の落葉, の陽, の風鈴, は仲, までマタン, ようやく憂鬱

▼ くるにつれ~ (19, 0.1%)

2 その一方

1 [17件] そういう存在, その兩者, その山荘, ますます濃く, また戦陣, 三元の, 妻の, 彼の, 彼らは, 文化の, 武蔵の, 死の, 私は, 空間の, 蕭条と, 諷刺の, 階級闘争が

▼ くる~ (19, 0.1%)

1 [19件] あらば, なら望むところではあるまいか, にたいしてはあくまで, に軽蔑, の大軍, の將, の生き残り, の矢, の足もと, の隊長ロケット, の飛行機, は降, へむかっ, もあるまい, をバッタバッタ, を一方, を喰いとめ, を待った, を鎧袖一触

▼ くる~ (19, 0.1%)

2 もまた

1 [17件] いよいよ一緒, だと, であった, でした, に文次郎, に旦那, に案の定, のこと, の同じ, また出直し, もくる, もその, も同じ, も気, も自分, 出直して, 寒い風

▼ くるまでに~ (18, 0.1%)

1 [18件] お槙, これと, たくさんいなかの, なぜこんなに時間, また考えた, もはや片付い, よい作者たち, 三十分も, 二つか, 二三人の, 二十分たっ, 何度も, 分らなかったら犬, 十分ほどの, 取り寄せて, 市九郎は, 有村とか, 片づけること

▼ くるまでには~ (18, 0.1%)

1 [18件] いくばくの, お粂自身, かなりの, さだめしいろいろ, どうしてもなお, なほ長い, まだいくら, まだ暇, よほど多量, 仕掛の, 小一時, 幾日か, 指一本残らず, 熊の, 生徒が, 長い道, 長年月, 鱒が

▼ くる場合~ (18, 0.1%)

3 が多い 2 がある

1 [13件] ありしを, があろう, が起るでしょう, にだけ政治, には大抵, の大勢, はそう沢山, は一冊, は流体力学, もある, もあるであろう, も常, を防ぐ

▼ くる姿~ (18, 0.1%)

2 というもの

1 [16件] がどうやら, が分らない, が見えた, の彼, はいつも, はさながら, はどうしても, はなかっ, や時には, をすかし, を乙, を哀れ, を思ふ, を見いださなかった, を見かける, を見付けた

▼ くる~ (18, 0.1%)

2 の母, は父

1 [14件] が立ち止る, だったの, と考え, に命令, に注意, の心, の態度, の挨拶, はいきなり, はさ, はそれ, は却, は私, も本

▼ くる~ (18, 0.1%)

1 [18件] その闇, なんていはない, にかれ, にも聞きとれた, にわが, にビルディング, に一ダース位, に少, に水辺, に終に, は心, ぶらさげて, までの留守番, もあら, も死に臨み, も無, 一寸手紙, 何とか一言

▼ くるとか~ (17, 0.1%)

2 ぬけだして, 呼んで

1 [13件] そういうこと, それで当人, また下界, もっと大げさ, 同じプーチヤチン, 揶揄的に, 支那ソバを, 玄關からは, 用事で, 申しましてな, 申します通り, 痺れて, 血痕が

▼ くるとも~ (17, 0.1%)

2 勝負を

1 [15件] あって, ない無慈悲, なく忠弘, なく死す, なしに, 予想されない, 伝えて, 分らない一種, 手古奈が, 構いませぬ覚悟, 死ぬるとも, 考えられる, 言い解く術, 言ひ解く, 驚かじと

▼ くる~ (17, 0.1%)

3 とした 2 くるッ, とさせた 1 て, ている, てところ, て言っ, とラセン状, と三, と後, と映った, と背後, と起きあがり

▼ くる~ (17, 0.1%)

1 [17件] がちらほら, がなんとも, が横, だった, である, とも分らない, に多少, に照らされた, に馳せつ, のさま, の中, はみない, は前方十一, は実験装置, をじ, を貫い, 多ければ

▼ くる~ (17, 0.1%)

2 が乏しい

1 [15件] があった, がみのる, が異なる, だ, なかりしなり, には容易, には警官, のない, の差, の過剰, を平然と, を感じた, を與, を覚えた, を身

▼ くる~ (17, 0.1%)

1 [17件] がしました, が聞こえる, が足音, が雷鳴, だ, だった, だの, だらう, に耳, のいい, はし, は小さい, は忠右衛門, は手, もない, をきく, を聞いた

▼ くる~ (17, 0.1%)

2 ぞ, の瀬

1 [13件] が僕, にからだ, にもぎ取られない, に隠され, のため, のやう, のよう, の音, は, はかへした, は北, は益々, よ

▼ くるそれ~ (16, 0.1%)

1 [16件] がいや, が夢, が小さく, なの, にしたがっ, には橋, はあたり, は死, までお前, もある, も不思議, らしい旅人, をじっと, を制しきれなくなる, を網, を見

▼ くるほどの~ (16, 0.1%)

2 者は

1 [14件] あいだそれまでの, ことは, ものは, 人は, 好い天気, 度胸は, 快さ, 恐ろしい不安, 恩惠を, 暑さ, 流れが, 熱心な, 用意周到な, 船で

▼ くる二人~ (15, 0.1%)

2 を見つめた

1 [13件] に逢った, のようす, の子供, の小使, の男, の若い, の青年, はもう, をおどかし, をフト, を待っ, を見つける, を迎えた

▼ くる人たち~ (15, 0.1%)

1 [15件] から大人五銭, がありました, がまだ, にもの, にもわかっ, のため, の中, の休憩室, はだれ, は先生, は村, や出来事, をあい, をおそれ, を泊める

▼ くる人物~ (15, 0.1%)

1 [15件] あり, がみんな冠, が眠, で, とは通例, のよう, の心持ち, の方, の着物, の行為心術, は大抵, は少し, もあろう, らしい私, を一目

▼ くる~ (15, 0.1%)

2 にも至らぬ

1 [13件] にお松, にざわめき立った, にクラ, に一群れ, に何, に余, に先生, に急い, に父, に警笛, に風邪, を越えた, 各異なる

▼ くる~ (15, 0.1%)

1 [15件] だから, だった, なの, なりき, に, にしか過ぎない, になる, に我心, に筆, のたわいな, の贅澤, の風流気, 即ち批評, 大胆な, 気を

▼ くる跫音~ (15, 0.1%)

2 がする

1 [13件] が, があった, がきこえた, がした, が私たち, が聞こえ, に上半身, に庄次郎, に我, に最高潮, も聞えない, を消し, を聞く

▼ くる~ (14, 0.1%)

3 がたが

1 [11件] がたあり, がたは, でお目にかからう, と称, なり, の愛, の香, はかなた, を取り出し, を導く, を眺め

▼ くると共に~ (14, 0.1%)

1 [14件] そのとばっちり, その看護, そろそろ中, 一種捨鉢な, 不安騷然たる, 不落樊城, 世上すべて無, 正式の, 法然の, 海から, 甚七の, 自分という, 興が, 陰陽を

▼ くるにも~ (14, 0.1%)

2 あらず

1 [12件] ずいぶん苦心, まさる歓び, 及ばんさと, 堪へ兼ねて, 拘らず三元, 生きられない苦悩, 足らざる輩, 足らずこれ, 足りないという, 間に合わないで, 非ず, 頓着せず

▼ くる~ (14, 0.1%)

1 [14件] がお金, が二組, とは違っ, なぞは金輪際, に石油, の人数, の礼儀, の車馬, はバカ, は旅人, もあるまい, もなかっ, もなく, を持ちうけ

▼ くる~ (14, 0.1%)

2 を見

1 [12件] がこの, が水面, にお, に泣い, の山, の結晶, の縞なす, は地面, は膝, をうけました, をたべ, を口

▼ くる~ (13, 0.1%)

6 はいが 21 え, えし, はい, はいは, はいも

▼ くるっと~ (13, 0.1%)

3 うごいたり 2 逆さに 1 ねじこんだ, ひっくりかえりました, 一つまはりました, 一つまわりました, 向き直り大きく, 寝て, 戻ったの, 背中を

▼ くるわの~ (13, 0.1%)

2 二時の

1 [11件] はるげしき, 化粧坂は, 各門, 年季が, 水で, 火消しが, 習慣であった, 花魁衆を, 茶屋に, 酒の, 駈落ち者である

▼ くる一つ~ (13, 0.1%)

1 [13件] の人影, の例, の場合, の墳墓, の巨大, の志向, の楽しみ, の浪, の溪流, の虚無, の観念, の言葉, の運動

▼ くる~ (13, 0.1%)

1 [13件] で, でも今夜, に, にかぼそい, には父兄, にもお, に障子, を例, を毎日, を滑っ, を荊州, を邸, 突然悪寒

▼ くるかという~ (12, 0.1%)

3 ことを 2 ことについて, 末の 1 ことが, ことに, ことは, 事も, 心配

▼ くる~ (12, 0.1%)

2 あはれなる 1 あいつに, え, おめんちの壁, かしやみなむ, ッ, 夜あけの, 小麦を, 急げ急げ, 辭退はかまへて, 鉄鉢の

▼ くるといった~ (12, 0.1%)

3 ような 1 ことも, とき彼女は, ところで, ふうだった, もの, 女性とは, 感じで, 顔に, 風である

▼ くるとともに~ (12, 0.1%)

2 其の私生涯 1 あの丘, いくら金を, こう願った, その門人, たかぶって, ときどき眼, ほかに, 多くの, 彼は, 杜は

▼ くるやつ~ (12, 0.1%)

2 がある 1 からうちおとそう, にとびかかろう, はいない, をご, を一人一人片っぱし, を孕ませ, を払え, を攻撃, を腰車, を見はっ

▼ くる一種~ (12, 0.1%)

1 [12件] のきまり, のポーズ, の乞食, の嘔, の法悦, の湿, の眩暈みたい, の翳り, の自然, の靄, へん, 言うに

▼ くる人影~ (12, 0.1%)

1 [12件] があった, がある, がみえた, が意外, が見える, もわかる, らしいもの, をいぶかし, をみとめた, を眺め, を見つけ, を見ました

▼ くる~ (12, 0.1%)

1 [12件] とは時間, の, のたのしい, の姿, の気むずかし, の眼, の眼付, の背, の表, はけむり, は気短, は軈て

▼ くる必要~ (12, 0.1%)

3 はない 2 があった, がある 1 があり, なき作品, は果たして, は毛頭ない, もな

▼ くるだけの~ (11, 0.1%)

2 ことであった 1 ことだ, ことである, ことな, 主人も, 努力は, 用事で, 目から, 秘密を, 豫算を

▼ くるつと~ (11, 0.1%)

1 [11件] こつちへ, ひつくりか, 圓く, 小菅の, 左へ, 引つ繰り返つて, 男に, 私に, 首だけ, 首の, 馬を

▼ くるのみ~ (11, 0.1%)

3 である 2 ならず彼 1 であの, でなく同時に, で楽しみ, ならずきっと, ならず生徒自身, ならず解剖

▼ くるほか~ (11, 0.1%)

1 [11件] ない, にありえ, には少し, には説明, の常連, はだれ, はない, はないでしょう, はなかっ, は人, は真暗

▼ くる人間~ (11, 0.1%)

2 への反感 1 が動い, じゃない, だ, との深い, のいきれ, の姿, の数, の絶えた, はない

▼ くる~ (11, 0.1%)

1 [11件] うねり, がらな, 団体と, 姐御, 川口の, 楯, 歓喜の, 汗で, 筏, 雷雲を, 魔窟ほどに

▼ くる~ (11, 0.1%)

2 が多かっ 1 がいい, がよっぽど, が善い, が無事, にて必ず, へひらひら, へ向けられた, へ少し, へ歩きだした

▼ くる~ (11, 0.1%)

3 の音 1 が左手, にも二三度, の単調, の唄, の家, の感情, の潮, の郷愁

▼ くる~ (11, 0.1%)

1 [11件] であった, のひらひら, のふ, の夕暮, の色, の香, や草, をあび, をそれで, を舞扇, 売り女

▼ くるかの~ (10, 0.1%)

4 ように 2 ような 1 どちらかに, ようだった, 峯は, 選択は

▼ くるごと~ (10, 0.1%)

1 に三つ, に三名, に嫌い, に子供, に富田六段, に彼, に海岸, に満, に研究, に足小

▼ くる~ (10, 0.1%)

2 ういふ 1 ういつた, ういつた時, ういふよさ, うぢ, うな, う皆, つそくビール代, へ

▼ くるとの~ (10, 0.1%)

1 こと, ことである, ことな, こと日々好日今, 伝説が, 報も, 存在を, 沙汰が, 話であった, 飛報は

▼ くる~ (10, 0.1%)

21 くんば, さもない, よろぼいそ, アッハッハ, ッ, 今日は, 笛の, 馬の

▼ くるより~ (10, 0.1%)

1 しかたが, はやく鉄砲玉, 仕方が, 待つこそ, 早く土足, 早く岡本氏微笑, 早く弦, 若い戦後派, 足を, 進んで

▼ くるよりも~ (10, 0.1%)

1 よっぽどよっぽど有難い, 与うること, 与ふるが, 各地へ, 密やかに, 早い速度, 早く直ぐ, 滑稽に, 鐘巻一火が, 雑巾の

▼ くる~ (10, 0.1%)

2 で人間, なもの 1 です, で大抵, なの, のところ, のひそみ音, の明る

▼ くる~ (10, 0.1%)

2 のよう 1 と, にも水, の中, の灯, はしづけ, をうしろ, を來, を越える

▼ くる~ (10, 0.1%)

1 ですから, なる淋しき, な水気, な絶世, な風, にし, になった, によ, は一寸, を認めた

▼ くる~ (10, 0.1%)

1 があった, が抜身, なり尚, のある, のうち, の衣摺, をも防がなけれ, を煮る, を見なかった, 賣りの

▼ くる~ (10, 0.1%)

2 の中 1 があっ, がある, とすれ違った, なども一種, のうち, の影, の贄, はロシヤ

▼ くるって~ (9, 0.0%)

1 いうの, いって, お子さんたちと, さか, のも, みだらな, 僕の, 居た, 綱を

▼ くる~ (9, 0.0%)

2 えこと 1 えとさすが, えとものごと, えと合い, えと部屋ぢ, えと野郎め, え寸法, え話

▼ くるなどという~ (9, 0.0%)

5 ことは 1 つまらん考え, ような, バカげた筈, 風景は

▼ くるやら~ (9, 0.0%)

1 ごったがえして, して, わからないでは, 全く日本, 大混乱, 女が, 御検視, 経よむ, 經よむ

▼ くる~ (9, 0.0%)

1 がある, でないと, ではありません, のもの, の一見, の独自, の者, も北九州, を新た

▼ くる小さな~ (9, 0.0%)

1 丸い穴, 人間の, 刻み足の, 子供たちの, 悲惨から, 笑いに, 輕い, 雪を, 魚の

▼ くる彼女~ (9, 0.0%)

2 は長年 1 と鉢合わせ, の一人, の様子, の眼, の背中, をどうしても, を引

▼ くる~ (9, 0.0%)

1 のさ, の内, の姿, の水面, は, をやっと, を励まし, を押え, を無理

▼ くる時間~ (9, 0.0%)

1 がグラフ, でございますもの, になる, のうち, は常に, も大体, をいっ, を云, を云い置い

▼ くる~ (9, 0.0%)

1 くる矢, にも最初, はその, もはや尽きた, も彼, も楯, をパラパラ, を払い, を防ぐ

▼ くる若い~ (9, 0.0%)

1 お店者などを, 人々に, 人達の, 夫婦者に, 夫婦者を, 奴らが, 浪人者の, 細君船員が, 郷武士たちに

▼ くる~ (9, 0.0%)

1 ありてほど, からこんなに, なからん, なければ, に彼, はあつ, は風, までつ, より引返し

▼ くる~ (9, 0.0%)

1 じゃない, に向かっ, のうち, の形, はどうも, はみんな多年, を撫で, を見, を邪慳

▼ くるあいだ~ (8, 0.0%)

2 にひとり 1 おとなしくまっ, にかれ, にもわたしたち, に種々, に部隊, も

▼ くるいろいろ~ (8, 0.0%)

1 な心理, な感想, の品物, の家庭問題, の清酒, の物売, の現象, の香具師

▼ くるぞと~ (8, 0.0%)

3 勇ましく 1 おどろかしましたので, やにわにこの, よくそんな, 森本は, 遠くから

▼ くるなと~ (8, 0.0%)

1 いうて, いうの, いったらもうこ, はや観念, 思って, 息子に, 見るま, 酷い上役

▼ くるほどに~ (8, 0.0%)

1 この中, なって, ますます寒く, 夜は, 暑くなる, 月は, 湊に, 鎌とり鍬うちふり

▼ くるものの~ (8, 0.0%)

1 あること, ある以上, この島, ごとく考えたの, 一つである, 万象が, 不幸は, 音に

▼ くる問題~ (8, 0.0%)

2 である 1 でしょうが, ではない, はあります, はその, はソヴェート映画, を頭

▼ くる学生~ (8, 0.0%)

1 にし, のこと, のすべて, の場合, はほとんど, は初め, もいた, を禁じ

▼ くる心地~ (8, 0.0%)

4 がした 2 がする 1 して, のみし

▼ くる思い~ (8, 0.0%)

4 だった 1 がされた, に心, をしました, を抑え切れなくなっ

▼ くる感情~ (8, 0.0%)

1 だった, にかられ, の底, の発作, をおさえ, を抑え, を押さえきれませんでした, を覚えた

▼ くる所以~ (8, 0.0%)

3 である 2 のもの 1 となる, なり唯, なれば

▼ くる~ (8, 0.0%)

1 であろうかと, で必死, に籠め給, のまだ, は解けた, をあ, を二, を洗っ

▼ くる~ (8, 0.0%)

1 ですから, なきつい温, なる淋しき, な幽, な意見, な涙, な神經的, の氣持

▼ くる相手~ (8, 0.0%)

1 が恨めしく, に, の上, の疚し, の眼, の顔, は多く, 見る

▼ くる~ (8, 0.0%)

3 がない 1 じゃない, です, ですな, にも行くまい, もなかろう

▼ くるあらゆる~ (7, 0.0%)

2 人に 1 人間に, 嘲弄や, 租税は, 種子が, 陰欝な

▼ くるかは~ (7, 0.0%)

1 これによって, 後に, 想像にも, 現地へ, 知らぬが, 私には, 考えるまでも

▼ くるけれど~ (7, 0.0%)

1 おくじ, なあに声は, もう一方, もう二度とそれ, 坊主小屋も, 構わないから, 自分だって

▼ くるけれども~ (7, 0.0%)

1 うんいつか, しかしなかなか, その矢先, 一方から, 彼の, 極めて小数, 耳成山だの

▼ くる~ (7, 0.0%)

1 いや全く, こだわりが, その時, でも風, 何しろ生やし, 作って, 裁判官という

▼ くる光線~ (7, 0.0%)

1 で母親, のため, のなか, のやう, のよう, もいくつ, を見る

▼ くる可能性~ (7, 0.0%)

1 がある, が充分, は十分, は想像, は絶対, は考えられる, もなき

▼ くる感じ~ (7, 0.0%)

1 であった, でした, です, でわかる, の何れ, も手伝っ, をそ

▼ くる~ (7, 0.0%)

1 にはいつも, の憂, の日, の波, の潮, よりは芸妓, を静か

▼ くる有様~ (7, 0.0%)

1 が見える, だった, なので, は凄く, は実に, は流石, を思い描い

▼ くる~ (7, 0.0%)

1 とこちら, にすでに, のみ山, の倉, は一方, を噴く, を見

▼ くる~ (7, 0.0%)

1 であ, という人, となり, と解せられ, の光, の力, の善

▼ くる~ (7, 0.0%)

3 に多少 2 の一樣 1 はいかに, 異なるに

▼ くる自分~ (7, 0.0%)

3 を感じた 1 の危急, の子, の心, の心臓

▼ くる~ (7, 0.0%)

2 の香, を半分 1 と白粉, に彩られた, の色

▼ くる言葉~ (7, 0.0%)

1 がある, だから, などは明石, にすぎない, によって突然はっきり, に追われ, を聞きそらした

▼ くる~ (7, 0.0%)

1 か, か三輪, に気, に濡れ, の音, は白く, をくぐっ

▼ くるかを~ (6, 0.0%)

1 この機会, 示すに, 窮めない早計, 自分も, 調べたるも, 躍起に

▼ くるくらい~ (6, 0.0%)

2 だ, だから 1 なもの, なら帝国臣民

▼ くるそして~ (6, 0.0%)

1 その日, その皺ん, どういうわけ, どういふ, 向こうの, 平生気持の

▼ くる~ (6, 0.0%)

4 はめくるめ 1 え, 糞たれ

▼ くるほし~ (6, 0.0%)

3 豊ほき 1 の翁, まつりこし, 豊寿きほき

▼ くるまでも~ (6, 0.0%)

1 しつこく春吉君, なく, なく黒門町, ひとまず帰ろう, 一言の, 教えて

▼ くるまま~ (6, 0.0%)

1 にこうした, にさせた, になにか, に歩い, の力, をすぐ

▼ くる一方~ (6, 0.0%)

1 だった, である, です, ですし, でその, でフランシス自身

▼ くる不安~ (6, 0.0%)

2 を有夫姦 1 にあたし, の常闇, の念, はあながち

▼ くる~ (6, 0.0%)

2 の少女 1 が少なくとも, だつたが, の女衒, を幾たび

▼ くる~ (6, 0.0%)

2 さに 1 さかな, さと, さも, さを

▼ くる心配~ (6, 0.0%)

2 がない 1 がヒルミ夫人, はありません, はすこしも, ももう

▼ くる~ (6, 0.0%)

1 る不可言, る倫理感, る危険, る小学教師, る日, る母親

▼ くる~ (6, 0.0%)

1 かとばかり大輪, である, のひかり, のまんま, の光, の十月

▼ くる~ (6, 0.0%)

1 のピクニツク, の人, の女の子, の子供たち, の者, もある

▼ くる~ (6, 0.0%)

2 の姿 1 がしら, の穂頭, の穗頭, の音

▼ くる理由~ (6, 0.0%)

1 だったの, ではなく, でもあった, のうち, をどうしても, を覚らなけれ

▼ くる男女~ (6, 0.0%)

1 がやはり, に過ぎない, の下衆たち, の出家, の召使い, の姿

▼ くる~ (6, 0.0%)

1 じるしを, に新, の発明, をそむけたい, を幾度, を驚かす

▼ くる~ (6, 0.0%)

1 が一つ, で彼, に見えぬ, の遣り場, をあげ, をじっと

▼ くる瞬間~ (6, 0.0%)

1 がある, がよく, が何とも, である, に於, をおそれ

▼ くる美し~ (6, 0.0%)

2 さが 1 さかも, さは, さを, 君

▼ くる習慣~ (6, 0.0%)

2 なの 1 だつた, であったそう, であつ, になっ

▼ くる自動車~ (6, 0.0%)

1 がある, にひかれまい, に氣, もありません, や馬車, をもの

▼ くる~ (6, 0.0%)

2 の葉, の香 1 がある, の実

▼ くる~ (6, 0.0%)

1 がやるせなく, のいのち, の声, の音, は大抵, を喰う

▼ くる~ (6, 0.0%)

1 があった, がはづむ, であった, ででもあらう, で最後, はいく

▼ くる~ (6, 0.0%)

2 はそれ 1 がみんな, のあと, の音, を熱心

▼ くる連中~ (6, 0.0%)

1 だ, でその, でなく心から, のなか, の中, も三州吉良

▼ くる~ (6, 0.0%)

2 の輪 1 が三円, などもちろん, の光, の割合

▼ くる~ (6, 0.0%)

1 ならん, にたとえ, にはそれ, には人肉, に八重子, の口論

▼ くる黒い~ (6, 0.0%)

1 塊を, 姿が, 影, 影が, 影を, 牛を

▼ くるからには~ (5, 0.0%)

1 うまい肉, この穴, まさしく土左舟, 呑気にでも, 当然他

▼ くるこれ~ (5, 0.0%)

1 でもう, で当分, の猿面, は近代風景, も日仏混血

▼ くるしみ~ (5, 0.0%)

1 の壺, を, をみる, をわかっ, を得ました

▼ くるそういう~ (5, 0.0%)

2 ことも 1 淋しさ, 状態であった, 見方だった

▼ くるつて~ (5, 0.0%)

1 すさまじい勢ひで, ゐる, ゐること, 出て, 過ぎさつた

▼ くるよと~ (5, 0.0%)

1 あいさつを, いっしょに, 出かけたこと, 育つて, 言って

▼ くる~ (5, 0.0%)

1 にあたり, に往来, に御息所, に既に, に生存競争

▼ くる~ (5, 0.0%)

1 であったら寒い, のならい, の習, の習い, の習ひとかや

▼ くる仕掛け~ (5, 0.0%)

3 になっ 1 がある, なの

▼ くる先生~ (5, 0.0%)

1 というの, の声, の姿, は, はえらい

▼ くる大きな~ (5, 0.0%)

1 うねりが, さかな小さな, 力, 化物みたいな, 谷へ

▼ くる子供たち~ (5, 0.0%)

1 がみんな, だけだつた, でした, の親, の間

▼ くる~ (5, 0.0%)

1 が多かっ, であったかと, におしかけ, はない, は避けなく

▼ くる少女~ (5, 0.0%)

1 が見えた, によく, のこと, の顔, は小母さん

▼ くる~ (5, 0.0%)

1 がある, が見えた, のばら, のよう, を見

▼ くる恐れ~ (5, 0.0%)

3 がある 1 ありいずれ, があります

▼ くる恐怖~ (5, 0.0%)

1 と嘆き, にひしと, に似た, をどう, を描い

▼ くる手紙~ (5, 0.0%)

1 がいちばん気, が来ない, に気, や文書, を書い

▼ くる拍子~ (5, 0.0%)

1 にフット目, に大, に彼女, に私, に簪

▼ くる新しい~ (5, 0.0%)

2 古典主義の 1 夫婦愛といふ, 感性の, 雑誌を

▼ くる方角~ (5, 0.0%)

1 から云つて, に向け得る, に目, をさだめました, を見る

▼ くる時代~ (5, 0.0%)

1 が早晩到来, です, にいる, の作, の新鮮味

▼ くる時彼~ (5, 0.0%)

1 の心, はいかに, は一寸, は始め, は激怒

▼ くる暗い~ (5, 0.0%)

1 かげがた, 廊下に, 影が, 考えが, 静かな

▼ くる~ (5, 0.0%)

1 のした, をも知らないらしかった, を我慢, を拭い, を拭った

▼ くる汽車~ (5, 0.0%)

2 の中 1 がかかっ, にも屋根, を目がけ

▼ くる涼しい~ (5, 0.0%)

3 風に 1 夜風が, 風が

▼ くる無数~ (5, 0.0%)

1 な岩, の人間, の小, の川, の弊害

▼ くる~ (5, 0.0%)

1 が大阪, です, に彼, の姿, の老

▼ くる現実~ (5, 0.0%)

1 とたたかわね, に対して先ず, のもの, の知識, を何十倍

▼ くる現象~ (5, 0.0%)

1 である, であるが, なの, の一原因, は賤

▼ くる~ (5, 0.0%)

1 にその, にプロペラ, へ燃やす, やほととぎす, を見上げ

▼ くる笑い~ (5, 0.0%)

1 に全身, に頬, を冷, を殺す, を隠す

▼ くる~ (5, 0.0%)

1 婦人の, 旦那も, 狐の, 紳士の, 鶯や

▼ くる~ (5, 0.0%)

3 のうなり 1 をはらい, を団扇

▼ くる~ (5, 0.0%)

1 の神, 人物は, 将が, 将にも, 将を

▼ くる~ (5, 0.0%)

1 僕が, 居るつもり, 自分たちの, 語る, 飜す

▼ くる運命~ (5, 0.0%)

2 の図 1 でございます, のやう, の圧力

▼ くる限り~ (5, 0.0%)

2 において内在 1 この業縁, どうも耳順, は出来ぬ

▼ くる~ (5, 0.0%)

1 とのある, にしきりに, のよう, の声, を手

▼ くる青年~ (5, 0.0%)

1 があったら, がある, のおも, はすべて結局, もな

▼ くる靴音~ (5, 0.0%)

1 とを夢心地, に耳, をかなり, をきいた, を聞いた

▼ くる~ (5, 0.0%)

1 が出る, にも馴れた, のこと, は忍ぶ, を友人

▼ くる~ (4, 0.0%)

1 たはず, ひだに, まいこゑにいだかれ, をがらす

▼ くるお客~ (4, 0.0%)

1 からはぎとる, がひと晩, のいた, の一人

▼ くるからね~ (4, 0.0%)

1 すこしの, すまないけど, ついする, 手足を

▼ くるくらいの~ (4, 0.0%)

1 ことは, 人なら, 感銘は, 程度である

▼ くるけは~ (4, 0.0%)

2 ひがして 1 いはなかったの, ひを

▼ くるさま~ (4, 0.0%)

1 だった, はこれ, は如何にも, までいつも

▼ くるさまざま~ (4, 0.0%)

2 の嘆き 1 な思ひ出, のもの

▼ くるすべて~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 のこと, の道

▼ くるせい~ (4, 0.0%)

1 かよく, だった, でしょう, もあろう

▼ くるそれら~ (4, 0.0%)

1 の光, の感情, の男, の自由

▼ くるそんな~ (4, 0.0%)

1 ことを, 人は, 明るい部屋, 言葉を

▼ くるたびごと~ (4, 0.0%)

1 にもし, にグレーヴ, に人間一匹, に裁判所

▼ くるたんび~ (4, 0.0%)

1 にとる, になに, に窃, に親切

▼ くるとこ~ (4, 0.0%)

4 をそいつ

▼ くるとでも~ (4, 0.0%)

1 いうか, いうこと, いうの, おっしゃるの

▼ くるなどは~ (4, 0.0%)

1 よくよく捨て身, 今日なら, 御家人の, 油断が

▼ くるにつけ~ (4, 0.0%)

1 いつしか少, そのこと, 今夜は, 俊寛の

▼ くるひと~ (4, 0.0%)

1 で立ち姿, はば, もある, もあれ

▼ くるまるで~ (4, 0.0%)

1 手の, 火山の, 煤しにかけた, 空が

▼ くるみち~ (4, 0.0%)

1 でサル, にあ, のさまざま, はあれ

▼ くるよい~ (4, 0.0%)

1 墓地が, 音色が, 音色に, 音色を

▼ くるんで~ (4, 0.0%)

1 傍から, 召し捕る分じゃ, 正成を, 誰も

▼ くる一群~ (4, 0.0%)

1 の人影, の兵, の少女たち, の武士

▼ くる不思議~ (4, 0.0%)

1 がある, なる儀式, な使者, な怒り

▼ くる~ (4, 0.0%)

1 の一面, の光明, の利用, の種々

▼ くる以上~ (4, 0.0%)

1 は夜, は西洋, は話さず, 大した吉報

▼ くる~ (4, 0.0%)

1 かがある, かの秘密, ともいえない, 万何十万

▼ くる~ (4, 0.0%)

1 が加わり, の上, は何千何万, や馬蹄

▼ くる冷たい~ (4, 0.0%)

1 すき間風の, 微風の, 水を, 風と

▼ くる勢い~ (4, 0.0%)

2 なり 1 が鉄, もない

▼ くる味方~ (4, 0.0%)

1 ともぶつかりあった, にはその, の兵, はない

▼ くる~ (4, 0.0%)

1 に咲ける, や石塊, をしきりに, を吸いこむ

▼ くる場所~ (4, 0.0%)

1 が決して, じゃここ, であること, を教え

▼ くる~ (4, 0.0%)

1 からの感化, に, には屋形, はない

▼ くる~ (4, 0.0%)

1 だ, の群, ばかりみ, を見つめた

▼ くる太陽~ (4, 0.0%)

3 の光 1 の明るみ

▼ くる女中~ (4, 0.0%)

1 が来た, が肉, とあんぽんたん, にぶつかった

▼ くる女性~ (4, 0.0%)

1 がいなかった, に一時, のうち, はいう

▼ くる始末~ (4, 0.0%)

1 だつた, であった, でこれ, なので

▼ くる小さい~ (4, 0.0%)

2 谷を 1 足音が, 透明な

▼ くる幽霊~ (4, 0.0%)

1 が同じ, と暗い, の中, はわれわれ

▼ くる微笑~ (4, 0.0%)

2 をどう 1 を後ろ, を抑え

▼ くる心臓~ (4, 0.0%)

1 の音, は毛, を呼吸, を押え

▼ くる怪物~ (4, 0.0%)

1 があれ, でその, は古今東西, は野蛮人

▼ くる恐ろしい~ (4, 0.0%)

1 ものに, 悪夢の, 懺悔から, 疑惑を

▼ くる感激~ (4, 0.0%)

1 の情, は珍, をどう, を眼

▼ くる~ (4, 0.0%)

2 も折 1 もありました, もあるまい

▼ くる旅人~ (4, 0.0%)

1 があった, がいくら先, がたちまち, の足

▼ くる明り~ (4, 0.0%)

2 がぼんやり 1 だいつも, でいま

▼ くる明るみ~ (4, 0.0%)

1 で自分, に闇, に靄, は長い

▼ くる暖かい~ (4, 0.0%)

2 ものを 1 気塊とが, 風が

▼ くる望み~ (4, 0.0%)

1 こそ彼, に侵さる, の報, もまるまる

▼ くる~ (4, 0.0%)

1 あり, ありと, なき盈つる期, 知らぬ長夜

▼ くる正義~ (4, 0.0%)

1 の観点, はこの, は己, を汝

▼ くる~ (4, 0.0%)

1 に外國, の姿, の手, の無

▼ くる~ (4, 0.0%)

1 がある, が条理, は, はない

▼ くる~ (4, 0.0%)

1 がくる, のため, の加減, を恐れ

▼ くる異様~ (4, 0.0%)

2 な生気 1 な匂, な物音

▼ くる百姓~ (4, 0.0%)

1 がイヤ, には甚七, や女, を待ち受け

▼ くる~ (4, 0.0%)

1 の午前, の山女魚, の汐, の陽

▼ くる結果~ (4, 0.0%)

1 がそれぞれ, になった, は同じ, を古式

▼ くる群衆~ (4, 0.0%)

1 のうえ, の中, の流れ, を無

▼ くる老人~ (4, 0.0%)

2 がある 1 があった, だとか

▼ くる考え~ (4, 0.0%)

1 であって, は, はちょうど, や気持

▼ くる自信~ (4, 0.0%)

1 があつ, がある, と創意, はなかっ

▼ くる資格~ (4, 0.0%)

2 がない 1 さえ喪っ, を喪失

▼ くる~ (4, 0.0%)

1 にてかく, の音, や手, をのろのろ

▼ くる~ (4, 0.0%)

2 を持つ 1 のなりひさご, の薫り

▼ くる電車~ (4, 0.0%)

1 に触れた, の中, の屋根, をめがけ

▼ くる音楽~ (4, 0.0%)

1 と歓談, と音叉, には心, の盛り

▼ くる~ (4, 0.0%)

2 の中 1 の濁り, へ時計

▼ くる黄昏~ (4, 0.0%)

2 の色 1 に穗芒, は暗

▼ くるいや~ (3, 0.0%)

1 だから, 全身が, 滲み出て

▼ くるいろんな~ (3, 0.0%)

2 声が 1 不安健康にたいする

▼ くるくせ~ (3, 0.0%)

2 に魂 1 があります

▼ くるくら~ (3, 0.0%)

1 ゐだ, ゐで, ゐの

▼ くるこそ~ (3, 0.0%)

1 人の, 自分の, 至当なれ

▼ くること能~ (3, 0.0%)

1 はさる, はざりし, はざる

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 おいらの, ひとつカクレンボでも, 交際で

▼ くるだけでも~ (3, 0.0%)

1 ナマメカシイのが, 並たいてい, 軍馬は

▼ くるとしても~ (3, 0.0%)

1 あたしが, いったいどんな, この夥しい

▼ くるとて~ (3, 0.0%)

1 信者多し, 出て, 嫁菜の

▼ くるなど~ (3, 0.0%)

1 ご辺もち, 太刀執り, 言語道断の

▼ くるにおいては~ (3, 0.0%)

1 である, 平均厚, 生きて

▼ くるに従い~ (3, 0.0%)

1 なんとなく胸, 仕事らしい, 動きが

▼ くるばかりの~ (3, 0.0%)

1 ごうぜん, 悲哀を, 所へ

▼ くるひま~ (3, 0.0%)

2 もなみ 1 もないだろう

▼ くるふしぎ~ (3, 0.0%)

2 な星 1 な嫉み心

▼ くるほう~ (3, 0.0%)

1 が得策, へ引っ, を眺める

▼ くるほしく~ (3, 0.0%)

1 ないて, やはく, 春を

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 つけを, を私, 前を

▼ くるまた~ (3, 0.0%)

1 そのわけ, 二条の, 二階へ

▼ くるまだ~ (3, 0.0%)

1 熱くなる, 蕾は, 見たこと

▼ くるまつ~ (3, 0.0%)

1 て, てるの, て畢

▼ くるやと~ (3, 0.0%)

1 よべるも, 思いいるに, 観ずる途端

▼ くるゆえ~ (3, 0.0%)

1 にあらかじめ, にこれ, 特に例

▼ くるゆえん~ (3, 0.0%)

2 なり 1 なの

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 そうだ, そのときぼくら, 着物を

▼ くるわよ~ (3, 0.0%)

1 觸り, 金魚です, 黒いの

▼ くるをも~ (3, 0.0%)

1 妬むなり, 知らざりき, 辞せざりき

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 とした, とむか, と映つた

▼ くる一人~ (3, 0.0%)

1 が彼, の娘, の貴公子

▼ くる一匹~ (3, 0.0%)

2 の蛾 1 の蝉

▼ くる下駄~ (3, 0.0%)

2 の音 1 の跫音

▼ くる二つ~ (3, 0.0%)

1 の人影, の眸, の道

▼ くる人波~ (3, 0.0%)

1 に抗ら, に押しへだてられ, を脊中

▼ くる仕組み~ (3, 0.0%)

1 であつ, になっ, になつ

▼ くる代り~ (3, 0.0%)

1 に, にこの, に數個

▼ くる以前~ (3, 0.0%)

1 が中世, にすでに, に嫁

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 なり, も御座, を一本

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 がありまし, と娘, の面目

▼ くる元気~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, はなかっ, もなし

▼ くる八五郎~ (3, 0.0%)

1 が今日, だったの, を迎

▼ くる匂い~ (3, 0.0%)

2 だった 1 は官兵衛

▼ くる友人~ (3, 0.0%)

1 の懐, は階下, も毎

▼ くる古い~ (3, 0.0%)

1 塔の, 村名でなく, 貴族の

▼ くる喜び~ (3, 0.0%)

1 の歌, をじっと, をどう

▼ くる四十面相~ (3, 0.0%)

1 のからだ, の手, をとらえる

▼ くる場面~ (3, 0.0%)

1 にかかった, の多く, は全然

▼ くる大地~ (3, 0.0%)

1 にそそぐ, の冷気, の冷氣

▼ くる女の子~ (3, 0.0%)

1 の赤い, や老人, を何

▼ くる婆さん~ (3, 0.0%)

1 がそう, というの, に二品三品口

▼ くる季節~ (3, 0.0%)

1 が早い, の信号, は間

▼ くる将士~ (3, 0.0%)

1 があるらしい, の到着, の声

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 あんまに, 六という, 地震を

▼ くる小波~ (3, 0.0%)

1 にさ, の, をあと

▼ くる少年~ (3, 0.0%)

1 あり, の方, 帰って

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 で頭, のすき, をふせぐ

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 の息吹, の様, は寒かっ

▼ くる~ (3, 0.0%)

2 しもの方 1 で漁れた

▼ くる強烈~ (3, 0.0%)

1 な刺戟, な宇宙線, な感覚

▼ くる当然~ (3, 0.0%)

2 の結果 1 な宇宙観

▼ くる~ (3, 0.0%)

2 当人は 1 婦人方も

▼ くる微細~ (3, 0.0%)

1 な音, な飛行機, な食物

▼ くる微風~ (3, 0.0%)

1 がお湯どの, にまじっ, に心持ち

▼ くる心持~ (3, 0.0%)

1 なの, もする, を懐い

▼ くる~ (3, 0.0%)

2 れが 1 ろし

▼ くる性慾~ (3, 0.0%)

1 に悩まされ出し, のため, の発作

▼ くる悲しみ~ (3, 0.0%)

1 にふけらない, を少し, を自分

▼ くる悲壮~ (3, 0.0%)

1 なもの, な力, な気持

▼ くる憂愁~ (3, 0.0%)

2 に似 1 のうち

▼ くる攻撃~ (3, 0.0%)

1 に対して度し難い, の矢面, をも斉

▼ くる日光~ (3, 0.0%)

1 が峰, が條文, を眺め

▼ くる時期~ (3, 0.0%)

1 がある, でもない, を少し

▼ くる時節~ (3, 0.0%)

1 がある, がいよいよ, を待っ

▼ くる暴風雨~ (3, 0.0%)

2 を予報 1 の最初

▼ くる最後~ (3, 0.0%)

1 のところ, のもの, の問題

▼ くる月光~ (3, 0.0%)

2 が彼 1 の下

▼ くる朝日~ (3, 0.0%)

1 の光, の光り, をいれる

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 の柄, を孫策, を束

▼ くる機会~ (3, 0.0%)

1 が考慮, は果てなく, は無くなる

▼ くる歌声~ (3, 0.0%)

1 だの霧, は深沈, をきかう

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 に一軒, に僕たち, に花咲

▼ くる気勢~ (3, 0.0%)

1 に卓, はない, を示した

▼ くる気持~ (3, 0.0%)

1 がかわっ, だった, にならない

▼ くる気魄~ (3, 0.0%)

2 だけは稀 1 の激し

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 で何, をせきとめかねた, を塞ぎ止める

▼ くる涼風~ (3, 0.0%)

1 が中庭, は熱っぽい, へむかっ

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 が違う, であった, において完全

▼ くる熱い~ (3, 0.0%)

1 ものに, 涙を, 裸の

▼ くる爆弾~ (3, 0.0%)

1 でも焼夷弾, に気がついた, の破片

▼ くる父親~ (3, 0.0%)

1 の垂れた, の姿, も何

▼ くる生活~ (3, 0.0%)

1 の不安, の脅威, やらまた

▼ くる用件~ (3, 0.0%)

1 は分っ, は分つ, もある

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 だけども, どうか御, なき苦しさ

▼ くる白い~ (3, 0.0%)

1 ものが, 斑に, 百合や

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 つ赤, の力強い, の根拠

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 でなお, に, の中

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 いと重, ひ, ひ甚大

▼ くる積り~ (3, 0.0%)

1 だったのに, で出掛けた, で日

▼ くる空気~ (3, 0.0%)

2 を感じた 1 の中

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 あり, あり呼びとどめ所, はだれ

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 ひが, まいを, を頬

▼ くる~ (3, 0.0%)

3 の音

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 に在りし, の事, の評議

▼ くる約束~ (3, 0.0%)

1 があっ, の日, はどう

▼ くる~ (3, 0.0%)

2 は斬られた 1 とはた

▼ くる群集~ (3, 0.0%)

1 に見られたく, をながめ, を制止

▼ くる自然~ (3, 0.0%)

1 の作用, の結果, の調子

▼ くる芥川~ (3, 0.0%)

1 にはまだ, の言葉, の話術

▼ くる薄暗い~ (3, 0.0%)

1 ひかりは, 横丁で, 電灯の

▼ くる~ (3, 0.0%)

2 れが 1 のある

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 の衣, の首, をも襲わん

▼ くる見込み~ (3, 0.0%)

2 はない 1 も立たなくなりました

▼ くる~ (3, 0.0%)

2 である 1

▼ くる警官~ (3, 0.0%)

1 の群, はよく, らしい人影

▼ くる軍馬~ (3, 0.0%)

1 の蹄, も旗, も見えはじめた

▼ くる途上~ (3, 0.0%)

1 で蕨, で野菜, を借金不払い

▼ くる過去~ (3, 0.0%)

1 の暗い, の魂, も未来

▼ くる道理~ (3, 0.0%)

1 である, に眼ふた, はねえ

▼ くる部分~ (3, 0.0%)

1 はその, は道饗祭, 即ち面せざる

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 の微塵, の禅杖, の響

▼ くる関羽~ (3, 0.0%)

1 と張飛, の姿, を目がけ

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 に焼け, に逆らっ, の光

▼ くる陽気~ (3, 0.0%)

2 で華やか 1 でも

▼ くる雑音~ (3, 0.0%)

1 のなか, を彼, を彼自身

▼ くる~ (3, 0.0%)

1 が自然木, のつめたい, はだ

▼ くる青い~ (3, 0.0%)

1 線香を, 顔の, 風は

▼ くる青春~ (3, 0.0%)

1 です, の思い出, の情熱

▼ くる~ (3, 0.0%)

2 の音 1 のおと

▼ くる高峰~ (3, 0.0%)

3 のやう

▼ くる~ (3, 0.0%)

2 の声 1 もよく

▼ くるあした~ (2, 0.0%)

1 にイダイオス敵, の原

▼ くるある~ (2, 0.0%)

1 問題の, 種の

▼ くるいくつ~ (2, 0.0%)

1 かの舟, かの試験問題

▼ くるうれしく~ (2, 0.0%)

1 なる落ちついて, もあれ

▼ くるおかし~ (2, 0.0%)

1 さに, さを

▼ くるおそろしい~ (2, 0.0%)

1 悪人です, 煙の

▼ くるお前~ (2, 0.0%)

1 が感じられた, の病苦

▼ くるかすか~ (2, 0.0%)

1 な光, な気配

▼ くるかに~ (2, 0.0%)

1 あった, あつた

▼ くるからとか~ (2, 0.0%)

2 人に

▼ くるからな~ (2, 0.0%)

1 出たらすぐ, 海尻の

▼ くるかわり~ (2, 0.0%)

1 にただ, に一隊

▼ くるくつ音~ (2, 0.0%)

1 がした, がしました

▼ くるくらいに~ (2, 0.0%)

1 何かしら, 生活そのものが

▼ くるくらいは~ (2, 0.0%)

1 ぜひの, まだやさしい

▼ くるくるくる~ (2, 0.0%)

2 くると

▼ くるぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ものです, 事は

▼ くるぐる~ (2, 0.0%)

1 くる廻って, くる廻つて

▼ くるこう~ (2, 0.0%)

1 なった以上, のとり

▼ くるここ~ (2, 0.0%)

1 の臥所, はお

▼ くることに~ (2, 0.0%)

1 よると, 女の

▼ くること大~ (2, 0.0%)

1 なるを, なる人物

▼ くるこれら~ (2, 0.0%)

1 のおいしい, のソヴェト

▼ くるさえ~ (2, 0.0%)

1 あるのに, 一カ月の

▼ くるしか~ (2, 0.0%)

1 ないから, 火魔の

▼ くるすぐ~ (2, 0.0%)

1 そばの, また酒

▼ くるすずめ~ (2, 0.0%)

1 はわらくず, までが目

▼ くるずっと~ (2, 0.0%)

1 前から, 前に

▼ くるたち~ (2, 0.0%)

1 で切れ, なの

▼ くるだけに~ (2, 0.0%)

2 自らの

▼ くるちん~ (2, 0.0%)

2 くると

▼ くる~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ くるついで~ (2, 0.0%)

1 にその, に買っ

▼ くるというは~ (2, 0.0%)

1 望外の, 迷信である

▼ くるとかいう~ (2, 0.0%)

1 はなしだ, 種類では

▼ くるとから~ (2, 0.0%)

1 それを, まわりを

▼ くるとき彼~ (2, 0.0%)

1 に追いついた, の父親

▼ くるとね~ (2, 0.0%)

1 別莊, 私も

▼ くるとばかり~ (2, 0.0%)

2 思って

▼ くるどぎつ~ (2, 0.0%)

1 さが, さには

▼ くるどこ~ (2, 0.0%)

2 におる

▼ くるどころか~ (2, 0.0%)

1 山中へ, 消息さえ

▼ くるどの~ (2, 0.0%)

1 報告書も, 家も

▼ くるなか~ (2, 0.0%)

1 でその, を行く

▼ くるなぞという~ (2, 0.0%)

1 のは, 怪談じみた

▼ くるなどと~ (2, 0.0%)

1 女房が, 放送し

▼ くるなどとは~ (2, 0.0%)

1 思っても, 考えられない

▼ くるによ~ (2, 0.0%)

1 つて名あり, つて鶴の

▼ くるばか~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ くるばかりに~ (2, 0.0%)

1 なつかしう, 揉み苦茶

▼ くるひつよう~ (2, 0.0%)

1 があった, があり

▼ くるひとつ~ (2, 0.0%)

1 の想い, の映像

▼ くるひとり~ (2, 0.0%)

1 の勇士, の男

▼ くるふるさと~ (2, 0.0%)

1 のわたし場, の渡し

▼ くるほしき~ (2, 0.0%)

1 なみの, イイダが

▼ くるまでにも~ (2, 0.0%)

1 八つの, 時日が

▼ くるまではと~ (2, 0.0%)

1 そういう気持ち, 思って

▼ くるもう~ (2, 0.0%)

1 一つの, 架空の

▼ くるもみゆ~ (2, 0.0%)

2 かすむ夕べ

▼ くるやいなや~ (2, 0.0%)

1 ドアを, 部屋の

▼ くるやがて~ (2, 0.0%)

1 こうろぎもあがつてくるだらう, 樹明君も

▼ くるやくざ~ (2, 0.0%)

1 がある, もの不

▼ くるやさしい~ (2, 0.0%)

1 娘, 風は

▼ くるよしも~ (2, 0.0%)

1 なき, 無く樂

▼ くるわが~ (2, 0.0%)

1 姿を, 靈を

▼ くるわけぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ くるわと~ (2, 0.0%)

1 いって, いつて

▼ くるを以て~ (2, 0.0%)

1 なり, 名譽

▼ くるアキ~ (2, 0.0%)

1 に会, に会った

▼ くるアッ~ (2, 0.0%)

1 と思う, と思ふ

▼ くるイデー的~ (2, 0.0%)

2 な力

▼ くるエンジン~ (2, 0.0%)

1 の音, の響き

▼ くるキ印~ (2, 0.0%)

1 がいない, がみんな自然

▼ くるシロモノ~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ くるトラクター~ (2, 0.0%)

1 のひびき, のガラガラ

▼ くるナイフ~ (2, 0.0%)

1 はぜひ, をぴたり

▼ くるバス~ (2, 0.0%)

1 で, を待ち合わせる

▼ くる一ふし~ (2, 0.0%)

2

▼ くる一個~ (2, 0.0%)

1 の巨獣, の形式

▼ くる一列~ (2, 0.0%)

1 の提灯, の郵便馬車

▼ くる一節切~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ くる一角獣~ (2, 0.0%)

1 という怪物, のツノ

▼ くる一軍~ (2, 0.0%)

1 こそ足利直義, のある

▼ くる一陣~ (2, 0.0%)

1 の兵馬, の冷風

▼ くる三人~ (2, 0.0%)

1 の若い, の遊隊士

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 で踊る, のコップ

▼ くる世界~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の波瀾

▼ くる主人~ (2, 0.0%)

1 のお, の秀次

▼ くる了輔~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ くる予定~ (2, 0.0%)

1 だったかも, でいま準備中

▼ くる事件~ (2, 0.0%)

1 がほんとう, についてもこれ

▼ くる事実~ (2, 0.0%)

1 はない, は実に

▼ くる仕掛~ (2, 0.0%)

1 なの, になっ

▼ くる以外~ (2, 0.0%)

1 はめったに, は終日自分

▼ くる伝令~ (2, 0.0%)

1 が云った, へ長崎

▼ くる余地~ (2, 0.0%)

1 がある, がなかっ

▼ くる使い~ (2, 0.0%)

1 がちがう, をわすれ

▼ くる六月~ (2, 0.0%)

2 の棕梠

▼ くる冷た~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 には足クビ, は更に

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 の, 哉

▼ くる刺戟~ (2, 0.0%)

1 である, もしくは感覚

▼ くる力強い~ (2, 0.0%)

1 技巧の, 躍動に

▼ くる力量~ (2, 0.0%)

1 であると, を示せ

▼ くる動物~ (2, 0.0%)

1 としての自己, はメス

▼ くる~ (2, 0.0%)

2 ひさ

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 れ, れと

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 の航路, の風

▼ くる十名~ (2, 0.0%)

1 ばかりの女学生, ほどの法師武者

▼ くる単語~ (2, 0.0%)

1 の意味, を上の空

▼ くる危険~ (2, 0.0%)

1 がある, が迫った

▼ くる原因~ (2, 0.0%)

1 はここ, を確かめよう

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 から絶えず, はわずか

▼ くる古代~ (2, 0.0%)

1 の交通路, の瓦

▼ くる可笑し~ (2, 0.0%)

1 さを, みそん

▼ くる各種~ (2, 0.0%)

2 の報告

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 も国籍, 探偵の

▼ くる吐き気~ (2, 0.0%)

1 と一緒, をおさえ

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 でもなかろう, はも

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 がたまらなく, である

▼ くる呼吸~ (2, 0.0%)

1 を唇, を鼻

▼ くる唯一人~ (2, 0.0%)

1 であるかも, の門弟

▼ くる商館~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ くる嘉吉~ (2, 0.0%)

1 の姿, の気配

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 でないから, を永

▼ くる圧迫~ (2, 0.0%)

1 とは全く, のため

▼ くる地点~ (2, 0.0%)

1 にはほぼ, の推移

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 を上, を上っ

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 の処, は抵抗

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 にし, の間

▼ くる夕べ~ (2, 0.0%)

1 の讃美歌, の讚美歌

▼ くる夕闇~ (2, 0.0%)

1 かまたは, に墓場

▼ くる夕陽~ (2, 0.0%)

1 のたまった, の名残り

▼ くる多く~ (2, 0.0%)

1 の擦り傷, の男

▼ くる夢想~ (2, 0.0%)

1 に一時, のうち

▼ くる大勢~ (2, 0.0%)

1 の人声, の客

▼ くる大名~ (2, 0.0%)

1 がいくら, の千石船

▼ くる大家~ (2, 0.0%)

1 に対して借家人同盟, の娘たち

▼ くる大工~ (2, 0.0%)

2 の棟梁

▼ くる大粒~ (2, 0.0%)

2 の雨

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 にあり, の使者

▼ くる女たち~ (2, 0.0%)

1 がもっと, は好奇心

▼ くる女らしい~ (2, 0.0%)

1 のが, 觀察と

▼ くる女先生~ (2, 0.0%)

1 にこの, をも芋女出

▼ くる女房~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ くる女王~ (2, 0.0%)

1 のよう, は母

▼ くる妖怪~ (2, 0.0%)

1 に悪鬼, の顔

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 のほう, を両手

▼ くる娘さん~ (2, 0.0%)

1 に会った, に逢った

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 が中でも, を待つ

▼ くる寒風~ (2, 0.0%)

1 が土砂, は肌

▼ くる小川~ (2, 0.0%)

1 に添った, はただ

▼ くる小笠原~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ くる小船~ (2, 0.0%)

1 があった, の形

▼ くる小説~ (2, 0.0%)

1 さ, は

▼ くる少く~ (2, 0.0%)

2 とも感傷

▼ くる川風~ (2, 0.0%)

1 にホッ, をこころよく

▼ くる巡邏~ (2, 0.0%)

1 の一隊, の兵士ら

▼ くる工場~ (2, 0.0%)

1 で建物, を見

▼ くる工夫~ (2, 0.0%)

1 をしました, をすれ

▼ くる帆村~ (2, 0.0%)

1 の目, の足許

▼ くる常連~ (2, 0.0%)

1 の全部, の誰

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 またいよ, 愈

▼ くる幻影~ (2, 0.0%)

1 でも逐おう, は例

▼ くる幾多~ (2, 0.0%)

1 の工場, の旅客

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 の知れない, 知れぬ冷さ

▼ くる庭先~ (2, 0.0%)

1 きで女房, で馬耳

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 よ兄, を待合せ

▼ くる弥次馬~ (2, 0.0%)

1 に向っ, を追

▼ くる弱い~ (2, 0.0%)

1 一兵卒の, 心にも

▼ くる強い~ (2, 0.0%)

1 何物かを, 感激めいた

▼ くる弾丸~ (2, 0.0%)

1 に激怒, を短剣

▼ くる彼ら~ (2, 0.0%)

1 の悪戯, の路

▼ くる往来~ (2, 0.0%)

1 に立っ, を見

▼ くる待遇~ (2, 0.0%)

1 についてまったく, に比すれ

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 にお, を辿っ

▼ くる心算~ (2, 0.0%)

1 でこれ, なん

▼ くる必然~ (2, 0.0%)

1 としてかならず, の結果

▼ くる思索~ (2, 0.0%)

1 が, へ波長

▼ くる性質~ (2, 0.0%)

1 のもの, の催眠薬

▼ くる怪しい~ (2, 0.0%)

1 人物が, 男まで

▼ くる恋愛~ (2, 0.0%)

1 が不満, の如き

▼ くる恩惠~ (2, 0.0%)

1 に多少, の度

▼ くる悪い~ (2, 0.0%)

1 ところばかりを, 条件が

▼ くる悪党~ (2, 0.0%)

1 そのままの, はまた

▼ くる悪漢~ (2, 0.0%)

1 は大, をものみ下し

▼ くる悪魔~ (2, 0.0%)

1 の声, を防ぐ

▼ くる悲し~ (2, 0.0%)

1 さと, さの

▼ くる情報~ (2, 0.0%)

1 はひき, はスペイン

▼ くる情愛~ (2, 0.0%)

1 と激しく, などをしみじみ

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 れが, れも

▼ くる意味~ (2, 0.0%)

1 でのモデル, にも考えた

▼ くる愛情~ (2, 0.0%)

1 にそれ, を感じた

▼ くる憤怒~ (2, 0.0%)

1 であった, と肉

▼ くる戦争~ (2, 0.0%)

1 がくる, がくるっ

▼ くる手ごたえ~ (2, 0.0%)

1 は今, を追懐

▼ くる手はず~ (2, 0.0%)

1 となっ, になっ

▼ くる手筈~ (2, 0.0%)

1 が今, だった

▼ くる技倆~ (2, 0.0%)

2 に敬服

▼ くる提灯~ (2, 0.0%)

1 が見えた, の紋

▼ くる放任~ (2, 0.0%)

2 に過ぎない

▼ くる敬坊~ (2, 0.0%)

1 が酒, は何

▼ くる文字~ (2, 0.0%)

1 によって吹い, の上

▼ くる文書~ (2, 0.0%)

1 の始末, を日本語

▼ くる料理~ (2, 0.0%)

1 がそれ, である

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 らしい文字, 精霊さえも

▼ くる新た~ (2, 0.0%)

1 な打撃ごと, な瞬間

▼ くる新聞~ (2, 0.0%)

1 がこなくなっ, を見る

▼ くる方向~ (2, 0.0%)

1 でそれ, へ靄

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 はかなしい, をつ

▼ くる日美津子~ (2, 0.0%)

2 が行水

▼ くる早々~ (2, 0.0%)

1 この邸, 男と

▼ くる早川~ (2, 0.0%)

1 が海へそ, である

▼ くる早馬~ (2, 0.0%)

1 は櫛, は武衛門

▼ くる映像~ (2, 0.0%)

1 や内部, を眺め

▼ くる時刻~ (2, 0.0%)

1 でもあった, になる

▼ くる晩春~ (2, 0.0%)

1 のおもたい, のくつきり

▼ くる景色~ (2, 0.0%)

1 などは言葉, もない

▼ くる最も~ (2, 0.0%)

1 興味の, 貴族的な

▼ くる月影~ (2, 0.0%)

2 だとばかり

▼ くる朝喬生~ (2, 0.0%)

2 はすぐ

▼ くる朝汐~ (2, 0.0%)

2

▼ くる朝飯~ (2, 0.0%)

1 も食はず, をおそく

▼ くる木の芽~ (2, 0.0%)

2 あかるく

▼ くる木の葉~ (2, 0.0%)

2 の感傷

▼ くる松岡~ (2, 0.0%)

1 の足音, は静か

▼ くる~ (2, 0.0%)

2 がくれ

▼ くる栄三郎~ (2, 0.0%)

1 の浪人姿, へ

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 の香, は満開

▼ くる椿~ (2, 0.0%)

2 やその

▼ くる権利~ (2, 0.0%)

1 とがある, をだれ

▼ くる権助~ (2, 0.0%)

1 が人遣い, のよう

▼ くる樹明君~ (2, 0.0%)

1 ありがたい, が酒

▼ くる機械的~ (2, 0.0%)

1 な運動, な音

▼ くる次第~ (2, 0.0%)

1 だ, を説きある

▼ くる欲望~ (2, 0.0%)

1 がお, には人類

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 の師匠, を書き取った

▼ くる~ (2, 0.0%)

2 三の

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 の一惑星, の人

▼ くる武士~ (2, 0.0%)

1 があった, の姿

▼ くる~ (2, 0.0%)

2 の跫音

▼ くる気もち~ (2, 0.0%)

1 のよい, はこれ

▼ くる気力~ (2, 0.0%)

1 がもう, もない

▼ くる気持ち~ (2, 0.0%)

1 が手, を抑えてる

▼ くる気色~ (2, 0.0%)

1 がありません, はなく

▼ くる~ (2, 0.0%)

2 がした

▼ くる清冽~ (2, 0.0%)

1 がその, なので

▼ くる清水~ (2, 0.0%)

1 の落ち口, を口

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 に肩, のうれし

▼ くる漠然と~ (2, 0.0%)

1 した概念的, した物音

▼ くる潮流~ (2, 0.0%)

1 とを地図, と季節風

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 がそれ, の明り

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 と少ない, の音

▼ くる烈風~ (2, 0.0%)

1 が吹きつけた, の響

▼ くる無限~ (2, 0.0%)

2 の展望

▼ くる焼夷弾~ (2, 0.0%)

1 けれども私, のカラカラカラカラ

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 のうづ, の音

▼ くる熱量~ (2, 0.0%)

1 くらいは地熱, の大

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 かひ, もある

▼ くる物質~ (2, 0.0%)

1 の快楽, は互いに

▼ くる物音~ (2, 0.0%)

1 です, に耳

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 の尾, よおまへも

▼ くる状態~ (2, 0.0%)

1 だったの, に至り

▼ くる独楽~ (2, 0.0%)

1 の閃影, をその

▼ くる猟人~ (2, 0.0%)

2 が毎年

▼ くる獰猛~ (2, 0.0%)

1 として双方, な圧縮

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 うつくしき声, を鼻面

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 なしと, は團體

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 の不思議, の歌

▼ くる生命~ (2, 0.0%)

1 が, をもっ

▼ くる生徒~ (2, 0.0%)

1 が十四五人, はなかっ

▼ くる田舎~ (2, 0.0%)

1 のお, の女

▼ くる甲子~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ くる甲斐~ (2, 0.0%)

1 なし若狭路, の義盗

▼ くる疑問~ (2, 0.0%)

1 は日本, をどこ

▼ くる疲れ~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 が私, を有っ

▼ くる白き~ (2, 0.0%)

2 唾とを

▼ くる看護婦~ (2, 0.0%)

2 に分け

▼ くる知人~ (2, 0.0%)

1 もあつ, もなく

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 だの空中, をよけに働い

▼ くる砂塵~ (2, 0.0%)

1 にまみれ, に対していいました

▼ くる砂泥~ (2, 0.0%)

1 をすく, をすくい上げる

▼ くる社会~ (2, 0.0%)

1 の波動, を通った

▼ くる神経~ (2, 0.0%)

1 の戦き, の苛立ち

▼ くる租税~ (2, 0.0%)

1 はほとんど直ちに, は現行借地契約期間中

▼ くる種々~ (2, 0.0%)

1 の慣用句, の犯罪増加

▼ くる立派~ (2, 0.0%)

1 なる役人, な女たち

▼ くる笠科川~ (2, 0.0%)

1 の岩魚, を合わせる

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 あれば, はない

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 からふるえ, に届きし

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 がない, である

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 とする, の

▼ くる細い~ (2, 0.0%)

1 しめやかな, 流れを

▼ くる組合~ (2, 0.0%)

1 の工藤さん, の書記

▼ くる総て~ (2, 0.0%)

1 の人々, の動物的

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 なの, を承認

▼ くる~ (2, 0.0%)

2 もあり

▼ くる老い~ (2, 0.0%)

1 の影, 朽ちた椅子

▼ くる老婆~ (2, 0.0%)

1 がある, の顔色

▼ くる者達~ (2, 0.0%)

1 がどれ, だった

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 が聞えた, である

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 に激しく, を抱いた

▼ くる興味~ (2, 0.0%)

1 をねらった, を主

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 ひくる舞, ひくる落葉

▼ くる船舶~ (2, 0.0%)

1 よ, を挙

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 の中, もあった

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 と声, を変え

▼ くる芝居~ (2, 0.0%)

2

▼ くる苦しみ~ (2, 0.0%)

1 から彼, は汝

▼ くる荷物~ (2, 0.0%)

1 だから, をかつい

▼ くる落胆~ (2, 0.0%)

1 の情, や敵視

▼ くる落語~ (2, 0.0%)

1 がいつか新内, ともう

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 はだの寒, 光が

▼ くる蝙蝠傘~ (2, 0.0%)

1 は非常, を携

▼ くる蝦蟇~ (2, 0.0%)

2 の群

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 でさえあまりに, の翅

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 がよこぎる, はみなとこ

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 なしひれ伏し, も無き

▼ くる西風~ (2, 0.0%)

1 が緑, へ向っ

▼ くる見知らぬ~ (2, 0.0%)

2 姿態の

▼ くる視線~ (2, 0.0%)

1 が怖い, だと

▼ くる親しみ~ (2, 0.0%)

1 をすこし, 深い生徒ら

▼ くる話し声~ (2, 0.0%)

1 が耳, を待った

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 か来てる, もが不機嫌

▼ くる論文~ (2, 0.0%)

1 の中, の正体

▼ くる豆太郎~ (2, 0.0%)

1 の唄, を弥生

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 に河豚, の鼻頭

▼ くる赤い~ (2, 0.0%)

1 日の出に, 線が

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 のある, のべに

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 ぞ, となりけり

▼ くる軽い~ (2, 0.0%)

1 春風に, 足音が

▼ くる輝き~ (2, 0.0%)

1 をはっきり, を見た

▼ くる近所~ (2, 0.0%)

1 の婆さん, の子供ら

▼ くる迫真力~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ くる透明人間~ (2, 0.0%)

1 をそこ, を包囲

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 で興津, の一つ二つ

▼ くる速度~ (2, 0.0%)

1 とその, とを照らしあわせ

▼ くる運動~ (2, 0.0%)

1 である, に自覚的

▼ くる過程~ (2, 0.0%)

1 にある, は大変

▼ くる避暑客~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ くる部屋~ (2, 0.0%)

1 からは一こと, の中

▼ くる重荷~ (2, 0.0%)

1 は彼女, を自分

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 があつ, の息

▼ くる釣り人~ (2, 0.0%)

1 はイトメ, を泊める

▼ くる鈍い~ (2, 0.0%)

1 光線に, 砲声その間に

▼ くる鉄槌~ (2, 0.0%)

1 を以て撃砕, を揮

▼ くる銅鈴眼~ (2, 0.0%)

1 にはや, に既涙

▼ くる鋭い~ (2, 0.0%)

1 小剣, 眉目を

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 もその, をとぐ

▼ くる鎮魂歌~ (2, 0.0%)

2

▼ くる長い~ (2, 0.0%)

1 橋を, 間どれほど

▼ くる長屋~ (2, 0.0%)

1 の者, の連中

▼ くる間足らず左~ (2, 0.0%)

2 の耳

▼ くる関係~ (2, 0.0%)

1 であって, であるかも

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 の力, の気

▼ くる隅田川~ (2, 0.0%)

1 の上流荒川, の流れ

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 が無い, はない

▼ くる障子~ (2, 0.0%)

1 の灯かげ, の隙

▼ くる雑草~ (2, 0.0%)

1 のよう, の見え

▼ くる雪片~ (2, 0.0%)

1 がハッキリ, が向う

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 と山, のあいだ

▼ くる電話~ (2, 0.0%)

1 の訴え, はどうせ

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 な保子, を身

▼ くる風の音~ (2, 0.0%)

1 にもどこ, の間

▼ くる風呂敷づつみに~ (2, 0.0%)

2 擦れ合うやら

▼ くる風鈴~ (2, 0.0%)

1 やが来る, 賣りの

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 を炊い, を食っ

▼ くる香り~ (2, 0.0%)

1 から舌, はのど

▼ くる馬車~ (2, 0.0%)

1 の人なみ, を待っ

▼ くる騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 であるから, です

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 さは, 声器な

▼ くる高潮~ (2, 0.0%)

2

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 も一身, を追い返さん

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 も及ぼす, をゆるがす

▼ くる魅力~ (2, 0.0%)

1 でなくし, はどこ

▼ くる魔法~ (2, 0.0%)

1 のよう, の泉

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 であれば, のあたり

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 お, がそれ

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 は荒波, を渡り鯛

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 が一羽, が麦

▼ くる~ (2, 0.0%)

1 の子, の類

▼ くる黒髪~ (2, 0.0%)

1 に感慨無量, のにおい

▼ くる鼓動~ (2, 0.0%)

1 が弁信, は刻一刻

▼1* [2436件]

くるああいやな, くるあいだ後生だから, くるあいだ気をつけ, くるあいだ近藤平六は借物, くるあいつのこと, くるあきのみづ, くるあけがたの月, くるあたり荊棘路を塞ぎたる, くるあとからあ, くるあなたのこゑのうつりかを, くるあはれのみにほひ満ちぬ, くるあまき風しばし, くるあまり好もしい状態, くるあやしい太鼓の, くるあるは未だに疵負は, くるはゆる, くるいきさつが書かれ, くるいつもの無造作, くるいなごは喰う, くるいふやない, くるうさんくせえ, くるうすきみの, くるうちいつか子孫へ原始人的, くるうち図書係り海野甚三郎が持場, くるうち騾が彼, くるうつくしい蚊, くるうつくしき川, くるうるさいほどに, くるうれしさに, くるえたいの知れない, くるおかみさんにばったり, くるおじさんの二人, くるおどおどした震え声, くるおのおのの言葉, くるおばけである, くるおびただしい女たちの, くるおれを白い, くるお天気はいつも, くるお嬢さんチョコレェトや花束, くるお客さんがくれた, くるお茶をいちいち, くるお菓子がちがった, くるお襁褓はかえ, くるお金はいつも, くるかしらと考えます, くるかだけだった, くるかって云い始めたの, くるかといふことに, くるかとばかりです, くるかとも思われたが, くるかなあ何もっ, くるかなと思いながら, くるかについて考えたの, くるかめを受け取っ, くるかやしっぽりと, くるからだをすりよせる, くるからに違いありませぬ, くるからは初手から, くるからよ古田, くるかわいらしい草花だけ, くるきりである, くるきれいにすんだ, くるぎりぎりの時間, くるくしゃくしゃいう受信音, くるくつなおし, くるぐらいで全く, くるぐらいに恐れを, くるぐらゐで小説や劇, くるけしきである, くるけにしばらくここ, くるなで, くるげっぷを手, くるこういうのは, くるこうした山の, くることさへ成り, くることそれが月夜, くることばです, くること一日之を短く, くること一月六度この時, くること七十一であった, くること七十一歳である, くること七十七であつ, くること両度に及んだ, くること五十三である, くること僅に三十八, くること六十三であった, くること勿れ, くること四十七歳であつ, くること安部が食堂, くること専務が殆, くること山の神田の神の出入, くること必然でしょう, くること必要なりと, くること洵に有り, くること無数なり, くること煩はしけれ, くること確かなり, くること稀らしからず, くること能はず女性の天真, くること自体あまり人をバカ, くること自己の内在的, くること自然の理, くること言ひ換, くること身を卑しめる, くること關東の諸, くること雨の降り霧, くること鮮少では, くるこれこれのわけ, くるころおいにようやく, くるころわれながら穢, くるころ吾は行く, くるころ外へ出かけ, くるころ近くの村落, くるこわさに, くるこんな人間に, くるごくかすかな, くるさみだれのなかに, くるさわやかな風, くるざわざわという音, くるしかして重心の, くるしかも周囲は, くるしげなの, くるしづ心なく花, くるしと盛りまつり, くるしわである, くるしんでゐます, くるじいさんに出あいました, くるじんたのクラリオネットみたい, くるすなわちそれを, くるするとこの下部, くるぜと云って, くるが縄目, くるそういった心地だった, くるそうしてこういう, くるそうすると妙に, くるそこに目高, くるそこで武士は, くるそのうえに下町, くるその他の何, くるその間妙光室内でかの, くるそよ風が鬢, くるそれだけ酒代が, くるそれで舞台に, くるぞなどと仰有るお方, くるたいていの女, くるたくさんの権利, くるただ一つの, くるただ一人の使い, くるたび二万三万ぐらいずつ与え, くるたび毎にもし, くるたび毎日のよう, くるたび花房のこと, くるため中が湖水, くるため同地の兵力撤退, くるため品川沖合いの位置, くるため姿を変じ, くるため猴を厩, くるため祠僧が密か, くるたるみならば, くるだいたい嬶天下らしい, くるだけで満足する, くるだけや云うてました, くるちょうど立山の, くるっていう話だ, くるってナいいか, くるつばめを待っ, くるてっきりまたどこ, くるというまでは稀, くるというもンだ, くるといったにかかわらず駆けだして, くるとおり下の者, くるとかと言って, くるときお喋りしながら, くるときすべての悟る, くるときどきのでき, くるときわたしは歌, くるときヒロポンと注射器, くるとき一二度医者が帰っ, くるとき二人は別に, くるとき人は, くるとき今は亡き, くるとき周囲には無限, くるとき土産コうんと持っ, くるとき家康のまえ, くるとき心臓がとまり, くるとき時間を考える, くるとき汽船のお, くるとき畫工の手, くるとき私は又, くるとき自分を最も, くるとき蔦代のいなかった, くるとき長屋の窓, くるとくらいガード下で, くるところぢやありません, くるところ一の山, くるところ一つ缺くれば, くるところ二気と魂魄, くるところ幅三四間白くこまかき砂地, くるところ橋ありて, くるところ王侯の威, くるところ貴様は取る, くるとしてそれでいい, くるとたんに卜斎, くるとだけ云い置いて, くるとでつかい彌, くるととおせんぼう, くるとばかりはきまって, くるとばっかり思って, くるとばっちりを食っ, くるとまで言いだした, くるとよかつた, くるくろ仮面, くるどうにもならぬ, くるどうかやめて, くるどちらがお客さん, くるどんよりした, くるどんなお客にでも, くるなあ四五十人も, くるなあと高言し, くるなかなかおもしろい喜劇, くるなかれ我来世厄難に, くるなぜかと言, くるなという御命令, くるなどといふバカげた筈, くるなどとて得意の, くるなにものもない, くるなりと信ぜり, くるなりに偸み聞きした, くるなんざお笑い草, くるなんてなア, くるなんともいえない花, くるにおいにこの, くるについてたいへん用意, くるについてのかなしい物語, くるにつれにぶつたとげ, くるにてこの半, くるにやあらん, くるによって鶴の, くるによりて睡りに, くるによるなるを, くるに際し笞刑執行, くるのさへ腹だたしく, くるのどがかわい, くるのにと思った, くるのににていました, くるのねああ, くるのみか罪は, くるのみの影響でも, くるのよさあ, くるのらりくらり歩いて, くるの僭越なる經緯, くるの光栄に浴, くるの感を抱かし, くるはげしい水音とは, くるはげしき波と, くるはしくもなりもてゆくなる, くるはでな赤煉瓦, くるはやを飛沫, くるてれんも, くるばかりかあらしの, くるばかりさと納まつ, くるばかりじゃないか, くるばら色の雲, くるひそかなる弦振動, くるひとたちがその, くるひと足ごとに竜胆, くるひまつぶしにこの, くるひんやりした感じ, くるふうで騒がしく, くるふかしぎ, くるふくらぎを感じ, くるふたつの天蓋, くるふとの方, くるべかツて, くるべと人が, くるほか物音らしい音, くるほこりを頭, くるほとんどすべての, くるほどぞはかなき, くるほどは出て, くるぼくの轉機, くるぼろ切れは, くるぼんやりとした, くるぼーっとした明るみ, くるまずい夕食を, くるまったく理由の, くるまでと云って, くるまでというものこの, くるみちみちにもくだっ, くるみょうな家, くるむなしいものが, くるめづらしく炭, くるめまいがし, くるめまぐるしい變轉の, くるめんば被らねで千成, くるもうそう長いこと貧乏, くるもっとも深い生物, くるものこれは新人, くるものさへ出, くるもの三百以上に達せり, くるもの事をいつはり, くるもの何か温かい, くるもの何事によらず, くるもの八十余人に及ん, くるもの六千人ありと, くるもの兵隊帽子にゴム長, くるもの列錢の青, くるもの塩商米穀商以外に多から, くるもの声高に元気, くるもの左に旋回, くるもの手をたたい, くるもの技術的な形, くるもの明日よりは有り, くるもの燕尾服を着, くるもの球の回転, くるもの綿の障害物, くるもの若狭から来, くるもんぢやありませんつたら, くるやさしきなまこ絞りくれ, くるやっとのこと, くるやに見えます, くるやは我知らず, くるやもしれぬ, くるやり方でそれ, くるやれやれ晩食は, くるよう依頼んだの, くるよかその下士, くるよその見る, くるよりかそれは, くるよりは重要な, くるよろしいです, くるれいの赤い, くるわあね, くるわいの, くるわかき道化に, くるわが子を愛で, くるわしを迎え, くるわたしの姿, くるわとか変に, くるわにおける一介のぶこつ, くるわへ身を, くるわへは行かれなかった, くるわらじの音, くるわれわれを夢み, くるをといつて, くるをもって一家最も, くるんぢやない, くるアナウンサーの声, くるアブラ虫を大切, くるアベックに心胆, くるアメリカの他, くるアルゴスの目, くるアルトゥールにあの, くるアルボースの臭気, くるアンナのこと, くるアンバイになった, くるアンマにぶつかった, くるイカのほか, くるイダコという盲目, くるイメージと要請, くるイヤゴーなんかはまず, くるイーリアス以上のもの, くるウナリに耳, くるウニデス潮流の支流, くるウルリーケを見る, くるエイル・ブルウの舞踏, くるエネルギーを何, くるオサキ狐が集まっ, くるオゾンに富んだ, くるオットーの方, くるオランダ人の校長, くるカニをはらいおとす, くるカヤノについて大, くるカラクリ詐術と云っ, くるカリッヂの浪, くるカンカン蟲と, くるカンヅメのうち, くるガスから湿気, くるガラス障子を越し, くるガンベの鉄, くるキミ子との仲, くるキンサツがこの, くるギゴチなさ, くるギリシャ人の口, くるクスクスというしのび, くるクラッカーを途中, くるクラリネットの一節, くるクリストフをながめ, くるグレゴールをさし示した, くるコトコトと戸, くるコトリといふ, くるゴチックの大いなる, くるゴム管の先, くるサタンはもつ, くるサラセン軍の猛, くるシイカの姿, くるシャボン玉はみるみる, くるシャモのよう, くるシュワルツァーに, くるショックが少い, くるシヴァリング砂州の浮標, くるジイドの反感, くるジョルヂと同じ, くるジョンドレットの姉娘, くるスキをうかがっ, くるスタンドの光, くるステネロス直ちに之, くるスパイ団はそこ, くるスラヴ人の当然, くるスリルたとえば, くるセンチな遊び, くるタックルのよう, くるチリリンヤは船, くるツモリであったの, くるヅツシリした靴, くるデパートの窓, くるトナカイの大群, くるトロイ一の勇将, くるトロッコの音, くるドイツ生れのそして, くるドドドドドドドドという物凄い, くるドン助を敬二, くる行子音を, くるナマがかったキャベツ, くるハテナと思つて, くるバイオリンの音色, くるバカは居ねえ, くるバットを吸, くるバリオス及びクサントス, くるパイロット式の呼鈴, くるヒマ人はいない, くるピアノの音, くるフックや何, くるフランス文學をやつ, くるフリしなくっともい, くるブルジョア文化の反映, くるプロレタリア文壇と対立, くるホールにばっ, くるボウル紙の箱, くるボヘミヤ王子によつて, くるボンが見えませんでした, くるボーイの来ない, くるポンポン蒸汽は, くるマジナイなりとて家, くるマスコミあらゆる面, くるマニョンという女, くるマラルメの逸話, くるマングローブの木, くるメデューサの首, くるモノトナスな響, くるモヤだから, くるヤミ屋にさばい, くるハンの, くるラジオの歌曲, くるラッパ鼓隊の七, くるラホールの王子, くるランプの灯, くるロケットはちょっと, くるロザリイという娘, くるロッペンの卵, くるワイズミュラーのよう, くるワグネルという人物, くるだから, くる振が, くる一つかみぐらい減っ, くる一つ一つの樹幹, くる一切の現象, くる一列車を認めた, くる一刻まえにも, くる一勢があります, くる一同はある, くる一名の大将, くる一味の者, くる一団の武士, くる一夜半日の画, くる一寸あが, くる一帯の火災, くる一心一体の闘志, くる一応はそういう, くる一方官辺の無力さ, くる一種狂暴な表情, くる一種醉い痴れたよう, くる一篇の論文, くる一組がすぐ, くる一羽の牝鶏, くる一脈の感傷, くる一般の誤解, くる一行の科, くる一言の末, くる一貫せる理想, くる一足前に預かり, くる一輛の人力車, くる一輪の花, くる一道の火影, くる一隻の漁船, くる一面から見れ, くる一騎の人, くる七兵衛さんともどうやら, くる七月十九日の夜, くる七軒町の裏長屋, くる万のに似た, くる万代橋の下, くる万年筆講壇の上, くる万歳どもはみな, くる三つの島, くる三人づれは作曲家, くる三人組の侍, くる三名の白刃, くる三歳以上の子, くる三百騎ほどな, くる三艘の伝馬, くる上官などには決して, くる上方の客, くる下士官があった, くる下水の湯気, くる格恰な, くる不体裁さに恥じられ, くる不可抗の悲しみ, くる不吉な幻影, くる不安げなざわめき, くる不審も一倍, くる不幸をどうしても, くる不快きは, くる不思議さに我, くる不慮の死, くる与里が上つて, くる世界これが現代, くる両刀使いのよう, くる両親の恥, くる並木道を通りました, くる中年の婦人, くる中風の白翁, くる丸田の顔, くる丹後にすれ違いました, くる放射線の, くる主人公の行為, くる久慈の文面, くる乗合自動車うるさくベル, くる乗客をじっと, くる乙女の感情, くる乞食民族の旅行隊, くる乳色の霧, くる了見だろう, くる予感だつた, くる事情が起きた, くる事故我ら如き弱虫, くる事柄自体がま, くる事象そのものから誤り, くる二ひきの虎, くる二ツの人影, くる二万七千はお前, くる二三分の間ももどかしい, くる二三分前までね, くる二人連れの武士, くる二十四日の暁天, くる二卵性双生児であったこと, くる二夫人の車, くる二日前に此, くる二朱金の剰, くる二枚目のよう, くる二番目の谷, くる二箇の鉄丸, くる二騎があった, くる五十くらいの男, くる五十男があつ, くる五千の指, くる五厘の飴, くる五月の半ば, くる五月廿八日から八月廿八日, くる井戸端の女等, くる亡者だのむかしむかし, くる亡者達に応接, くるの雪, くる人々松平家の使者, くる人かげが見えだした, くる人ごとにお菓子, くる人さへあつ, くる人ひとり見えて, くる人人の顔, くる人出てくる, くる人口を限られた, くる人夫を待つ, くる人妻お千, くる人数が見えた, くる人數多が中, くる人造人間の絵, くる人造人間部隊の一番後方, くる人達とちつとも, くる人間人間の流れ, くる人間性讃美の音楽浴, くる人馬はほとんど, くる仁王サマを見た, くる仄あかりとのそこ, くるの言葉, くる今夜はこほろぎまでがやつてきて, くる今度こそは本物, くる今日は賑やか, くる今晩は身, くる今朝は何だか, くるの報告, くる仏像ほど心, くる仏教の因果話, くる仏語や伊語, くる仕事の能率, くる他巳吉の声, くる仙太の息づかい, くる代官所もなく, くる代物だよ, くる以上なにをする, くる以上狐の眷属, くる仮定をしょうしょう, くる仮面の善隣, くる仲間を待ちあわし, くる仲間姿の男, くる任務が最初, くる伊織の攻勢, くる休意という浪人, くる休養日ではない, くる会社の仕事, くる伯母をプラットホーム, くる伯爵令嬢のよう, くる伯爵夫人のよう, くるの緒, くる伴のを, くる伸子を迎える, くる佐太郎に慰められ, くる佐貫の半, くる体つきの愛嬌, くる体画竜のご, くる何となく高ぶったところ, くる何んにもゐない, くる何物かがグッ, くる何百という人たち, くるが, くる余力などある, くる余裕が近隣, くる作品に眼, くる作家常識を疑ふ, くる作物はこの, くる作者のをし, くる作者不詳のもの, くる作風の変化, くる侍女の声, くる価値あるもの, くる価値意識の死骸, くる侮蔑の念, くる侮辱近所の者, くる便にもなるべき, くる便所に行っ, くる便船のうち, くる俊子とばったり, くる俊雄が思い出された, くる信子の姿, くる俥引達を振り向き, くるとお, くる個々の人々, くる個人耕作の細い, くるのなき, くる値打ありと, くる倦怠とのあい, くる倦怠期にその, くる偏見と反感, くる健やかな美し, くる偶然があれ, くる偽悪家だった, くる傲慢に気づい, くる傷病兵の看護, くる傾きがあった, くる傾向がある, くる傾斜をつくる, くる僅かな学費, くる働きをよく, くるの友達, くる僕同様の素人ラジオ研究家, くる僚機の方, くる優しさが, くる優しい柔かい息の, くる元日の光, くる兇悪犯人が居る, くる兇暴無類の囚人ガアジン, くるに放, くる先ぶれでそれ, くる先刻の小僧, くる先鋒の兵, くる光わが身のま, くる光景を想像, くる光景丸太や桁材, くる光榮得べからず, くるもある, くる全く見離されたルンペン, くる八丁櫓の押送, くる八月一日は場所, くる八木さんにあて, くる八畳の間, くる八雲琴の音, くる公債の利子, くる公卿たちも多く, くる公算は多分, くる六人の少年たち, くる共通な骨相, くる兵士らに対抗, くる兵士達が自分, くる其中庵稀有の饗宴, くる其處には既製, くる具合を見つめ, くる典医の吉平, くる内他の一人, くる内儀がもう何時の間にか, くる内心の喜悦, くる円いやつが, くる写真を芝居小屋, くる冥府の神, くるのため, くる冬ざれの笹, くる冴えが出, くるい気流, くる冷たくてかびくさい, くる冷気がし, くる冷遇を小生, くる凉気がもう既に, くる凡そ彼と, くる凶運を難解, くる出がらしの番茶, くる出入口をくぐる, くる出帆の汽笛, くる翻る袖, くるの下, くる刃物を直角, くる分析論理であるに対して, くる分裂したもの, くる切支丹伴天連の秘法, くる切符売りの, くる刑罰のこと, くる列王の中, くる列車の方, くる戀の, くる初秋の風, くる初老の兆し, くる別々の人間, くる利得だった, くる利益と愉快, くる利箭の毒, くる制服の, くる刹那に大悟, くる刺激を密切, くる刻みの深い, くる刻刻の, くる刻限と思う, くる前出の仲間姿, くる前灰色の着物, くる前駆に似, くる剣客はおのおの, くる割合となるべし, くる劃時代的な精神病治療, くる力勝負の差, くる力常勝将軍公衆の安危, くる多源次郎, くる助広の無気味さ, くる効果よりも更に, くる勇士の面々, くる勇壮な活動, くる勇敢なお嬢さん, くる勇気はなかっ, くる動揺が恵子, くる動機になれ, くるを引きず, くる勢力は胸, くるをかぐ, くる北条氏政にたいしては梨地蒔絵, くる十一日の朝, くる十二単を着た, くる十人ぐらいの若い, くる十六七の娘, くる十六本の圓, くる十分理由のある, くる十左はこう, くる千島寒流がこの, くる千葉在だと, くる午下りの女郎屋, くる午後の光線, くる午後墓地の広場, くる狂乱の, くるの地平, くる南風をそういう, くる単にそれだけ, くる単純にし, くる単調さが時々, くるがその, くる印刷物に相当ムダ, くる印象は甚だ, くる危難をもの, くる即座の要塞, くる厄介な代物, くる厚かましさを, くる原動力をふくん, くるな事柄, くる厳橿がう, くる去来はそこ, くる参詣人の中, くる又八の姿, くるを悲しめり, くる友人連がまた, くる友達を防禦, くる人民的勢力の, くる反乱の勢い, くる反射であった, くる反響である, くる受付の同僚, くる口惜しさに, くる古いなつかしい宿屋に, くる古き僧庵に, くる古代金貨に宝玉, くる古賀を不思議, くる古風な箱, くる句作法を私共, くる台詞は月並み, くる叱責の言葉, くる司馬懿であったが, くる各地の被害情況, くる合羽の影, くる同人諸君に会, くる同心衆の十手, くる同系の行事, くる名高い音楽長らにたいしても, くる吐息とともに落葉, くる向きもある, くる向島へ釣り, くる君たちはコルネイユ, くる吹嘘に枝, くる呂布の眼光, くる呉兵をようやく, くる呉服商人なども持っ, くる周禎が当然, くる周馬を見る, くる呪いのため, くる呪文でそれ, くる呼び声が耳, くる呼吸困難にうんうん, くるの花, くる命知らずを迎え, くるである, くる和田呂宋兵衛の一族, くる和蘭船へ印刷機, くるを押し止め, くる哀傷の一念, くる品物とそれ, くる哄笑に背中, くる唄声が, くるの詩人, くる唯一の源, くる唸り声と天地, くる商人にはこれ, くる商売を始める, くる商売がらつい熱心, くる商売人がおもしろ, くる商船隊を待ち伏せ, くる問いには一切返事, くる問答を悠揚, くる啼声のくろ, くる善光寺帰りの旅人, くる嗚咽はどうして, くる嘆声を果て, くるだから, くるだった, くる噪音を遮断, くる四か月ほどまえ, くる四五名の人数, くる四十に越え, くる四台のヘリコプター, くる四囲の悪い, くる四輪馬車が眼, くる回転楕円体の, くる困惑の色, くるだが, くるの疲弊, くる国々の武人団, くる国定忠治の捕物, くる国平が供部屋, くる国森君にでくわす, くる圓太郎といっしょ, くる土人はだんだん, くる土地です, くる土曜日の午前十時, くる土牛の動作, くる土産も同じ, くる圧倒です, くる地平の方, くる地紙売の竹六, くる地走り踊がくる, くる地金の仲買, くる坂田青年でも待っ, くる坂道を赤ん坊, くる坊っちゃん達を迎え, くる坑夫が恐ろしかっ, くるの元, くる垣内にはうど, くる城下の若, くる城壁の水勢, くる城隍道ではどうか, くる報告を取りあげ, くる報告電話を受理, くる報酬なども一向に, くる場合それらの作者, くる場合階級と民族, くるを望見, くる塗川にも渓流魚, くる塩昆布湯を飲ん, くる壁上にかけた, くる壁辰の脇腹, くる夏蜜柑を買, くる夕ぐれの光, くる夕刻時を待ち慕う, くる夕日が目, くる夕暮日没とともに忍び, くる夕焼の光, くる夕雲雀の, くる夕風は晩春, くる外人の方, くる外光が端正, くる外国の活動写真, くる與里と, くる多人数の跫音, くる多勢の血縁, くる多門の跫音, くる夜明けなどふと, くる夜格子の敷居, くる夜風が冷たく, くる夢幻的感情の見分け, くる大きい甲虫の, くる大人国の動物園, くる大入道か, くる大八車が二, くる大味な料理, くる大安寺かな, くる大宮の老, くる大将であったが, くる大小二つの女, くる大月大佐指揮の甲組, くる大木の幹, くる大村さんもやつ, くる大波のあいま, くる大熊に素手, くる大軍があった, くる大風の息の根, くる天の川まうへ, くる天使の長マイケル, くる天保十三年の三月, くる天地はうつくしい, くる天意でありテナルディエ, くる太刀風をどう, くる太吉が今夜, くる太陽熱の関係, くる夫人を夕霧, くる奇異な感覚, くる奈良平安朝の, くる契機になる, くる奥さんと食事, くる奥羽線廻りの青森行, くる女たち英吉利旦那のすばらしい, くる女の子達よりいつも, くる女弟子に稽古, くる女性たちの性格, くる女性みさ子の面影, くる女生徒の群れ, くる女給さんの恰好, くる女給さんたちも夏頃, くる女連の着物, くる女達の身, くる奴らだぞ, くる奴苦味酒は, くる奸計のうち, くる好きなもの, くる好機であるから, くる妄念の赤き, くる妖魔と闘う, くるな恐ろしい, くる妹達の口, くる姓名不詳の人物, くる姥捨山の長楽寺, くる威圧倨傲の感, くるであつ, くる娘さん達の香油, くる娘たちはふろしき包, くる娘達の気, くる婚礼の大, くるも藁人形, くる婦人がいつも, くる婦人達は何, くる媚態をおび, くる嫉妬をどう, くる嫌味な高座, くる嫌悪の原因, くる嬉しさを, くる子どもがどれ, くる子どもたちはあいかわらず, くる子供芝居の成長, くる子宮脱ができた, くる子持ち鮎の旨味, くるは, くる季節風がいかに, くる孤島の洞窟, くる孤独の感, くる学友の前, くる学徒や名士, くる学校教師などが先, くる学生青年たちの例, くる学究の徒, くる学童たちのこと, くる学資をよそ, くる孫七牛の角, くる孫兵衛の銀蛇, くる孫策もまた, くる宅助も宅助, くる宇宙の賊, くる宇宙塵のこと, くる安さんの根気, くる安っぽい貨幣を, くる安兵衛という男, くる安彦に会い, くる安心の度, くる安福軒がひどく逞しい, くる安藤竜太郎の顔, くる宗教団体は悪質, くる宝角という円錐形, くる実家は政治関係, くる実感であろう, くる実際そういうもの, くる客間の片隅, くるの急行, くる家庭問題の再発, くる家政婦は合鍵, くる家族にきいた, くる家族連れの一団体, くる家来たちの数, くる家長の責任, くる容態のため, くる宿命に生まれつい, くる宿直だから, くる寒い風を, くる寒気からこの, くる寒行の大, くる寝ぼけ眼の弥次馬, くる實感であらう, くるのお, くる寺続きの横丁, くる専門の犯罪用具, くる将校斥候はロシヤ人, くる尊き悪魔の, くる小人で, くる小作も出来た, くる小径に暫く, くる小普請支配取締りのおも, くる小林の姿, くる小田富子という存在, くる小舟があった, くる小説偏重の習慣, くる小路と三辻, くる小郡ではなかつた, くる小野さんは塀, くる小銭や食物, くる小鳥がいる, くる小鳩を見出した, くる小麦粉に政府, くる少き一人落葉掻く, くる少し手前で, くる少女男の, くる少女達は唄った, くる少年たちはみなビックリ, くる少年少女は何時の間に, くる少年探偵団の同志たち, くる尺八の呂律, くる尻尾の短い赤い, くるを一々, くる屈辱感からさっと, くる山岡をそれ, くる山柿の赤, くる山羊の声, くる山風もふきおろす, くる岩盤の桎梏, くるの村, くるの隈, くる峠道はどの, くる崇拜者の洪水, くる川一すぢ, くる川崎船をデッキ, くる川根を足蹴, くる巡査七三でとまっ, くる巨大な機械力, くる巨木大石の轟きである, くる巨樹のもと, くるは決して, くる差異である, くるが情感, くる巻雲が榛, くる市会議長と三人, くる帝都の空, くる師匠の力, くる常磐の母性愛, くる常陸のくに居, くるの上, くる平六に会った, くる平原のよう, くる平山も佐伯, くる平面です, くる年ナオミが取っ, くる年大正七年になっ, くる年天慶七年にもまだ, くる年李遇の一族, くる年老った先生, くる幸いある神, くる幸子のこと, くる幸福を味わい得るであろう, くるの面影, くるな子, くる幽暗い豆ランプの, くる幽霊船のよう, くる幾つかの小名, くる幾件かの縁談, くる幾千マイルも一直線, くる幾筋もの支流, くる広場には朝, くる広義の音楽的効果, くる広野かな, くるの配列, くる度びにさ, くる度数であった, くる度毎にすこし, くるの一木一石, くるの周囲, くる建築物の屋根裏, くる廻つてゐましたが, くる弁当のぬく, くる弁慶の宮, くるの要素, くる弓長柄大薙刀, くる弔問の言葉, くる張遼が馬, くる張飛にうしろ, くる強き人でなくては, くる強味なの, くる強盗の兇漢, くる強盗的審査員が一人, くる強迫観念を追い払おう, くる彌勒はしかし, くるでそこ, くる形勢ですが, くる形容詞のポロ, くる形態である, くる影響で武士, くる役人がどこ, くる彼女らと話, くる往年の野村少年, くるへまで, くる待望のもの, くる後勇怯を問はず, くる後悔の念, くる得意の表情, くる得態の知れない, くる從つて蒐集品にも個性, くる御上の分, くる御息所の様子, くる御新造様はいずれ, くる御用聞きなどが, くる御者と執事, くる微風点々とした, くる徳利が唐津焼, くる徴税使の兵, くる心労のほど, くる心太売を呼び止め, くる心持ちがする, くる心掛けがなく, くる心理がとても, くる心臓呼吸を押え, くる心臓弁膜症で病床, くる必勝の策, くる忍び足にも夜露, くる快楽である, くる快活な気分, くる快速調であった, くる念珠の, くる思い出をきれ, くる思い良人にも勧められ, くる思想に押され, くる思考自体の肉体的, くるしとい, くる急ぎ足の音, くる急激な笑い方, くる急行列車目がけて, くる性格と生活, くる怪人たちをあるいは, くる怪体を窺視, くる怪塔ロケットの上, くる怪獣の名, くる怪魔で, くる恋情を言い得ない, くる恋愛中心の波瀾, くる恍惚の感覚, くる恐ろしさに, くるの的, くる恨みの的, くる恩恵に狎れ, くる息子を待っ, くる息苦しさには, くる悔恨の情, くる悠久な夢, くる悩ましさは, くる悪人といっ, くる悪霊を払いのける, くる悪魔それを感ずる, くる悲しいやはら, くる悲しいやわらかい静かな, くる悲劇である, くる悲愁の終焉地, くる情趣は俳句的, くる惑いだった, くる惟光の子, くる想像的苦悩が起る, くる愉悦と単純, くるにや, くる意志と見えた, くる意識の中, くるを学ば, くる愚劣な小説, くる愚民どもへは, くるを見し, くる愛嬌は少し, くる愛嬌者もある, くる愛情生活の破産, くる愛憎の戦き, くる感じあれがさういふ, くる感傷をどう, くる感動は激しく, くる感銘はいろいろ, くるをすぐ, くる慌ただしい跫音が, くる慎吾の笑い顔, くるひに, くる慣わしがあった, くる慰問品を大森海岸, くるなく, くる憂鬱をおさえつけた, くる懐疑とを乗せ, くるさの, くるのうち, くる懸念もあり, くる成牝を待つ, くる我が下心, くる我らは維新, くる或は高い所, くる戦慄ほとんど動き, くる戦況に憂色, くる戸口を指し, くる所々にある, くる所一屋あり浴舍, くる所万の神, くる所太平洋の初まる, くる所存に候, くる所山脚遠く長く走り, くる所幾乎村山水の奇態, くるをくぐり, くる手前を繰返し, くる手足を乱暴, くる手配になっ, くる才子の作, くる才能の大き, くる才覚をつけ, くる折助どもを目当て, くる抱え遊女は駆, くる拳固を受け, くる拳銃業者の集団, くるにじっと, くる振動音なの, くる挿絵の泣いてる, くる捜査隊の入りみだれた, くるなどは傷だらけ, くる掛取りのいいわけ, くる探偵である, くる揺ぎなき気魄, くる揺れ返しを案じ, くる損傷は苦痛, くる支度だろうと, くる支流をあ, くる支那人に遊底, くる收容者の溜り場, くる放射線がまた, くる政府だ, くるだろうか, くる救いの人, くる敗兵がみな, くる教会と手, くる教育の欠陥, くる教養美とが以前, くる数十人の伏勢, くる数十秒間やっと眼, くる数十軒の親類, くる数十騎の者, くる数日前その井川氏, くる数日前越後の市振, くる敵兵めがけて, くる敵将を見, くる敵影と真っ先, くる敵愾心は否めない, くる敵状は部分部分, くる敵軍の大将, くる敷嶋の道, くる文化の障害, くる文句は, くる料理場口の上方, くる料理研究家と称する, くるの光り, くる新生新出発, くる新聞紙上で知る, くる新聞語などはもっと, くる新鮮な好奇心, くる方々のうち, くる方言或は方言的発音, くる方面が明瞭, くる旅順口かな, くる日中など山田, くる日傘の色, くる日割合に早く, くる日叔父さんは又, くる日向のあかつき, くる日差配が来, くる日平三は朝, くる日彩色の届けられた, くる日本の人民的生活, くる日本鱒である, くる日沒後の傾斜面, くる日浩さんはまた, くる日渚というところ, くる日脚の落ち場所, くる銅貨が, くる旧教の聖パウロ教会, くる早慶戦もラヂオ, くる昆虫を集め, くる昆虫群をふせぐ, くる明るさだけで, くる明るいいい部屋である, くるからの習慣, くるの質, くる映画の, くる春の力によって温む, くる春濤を, くる春草の匂, くる春風にむすぼほる, くる昨今のこと, くる昨夜の酒, くるの照り撫子, くる時々刻々の変化, くる時いつかは文壇, くる時これをやる, くる時それは実に, くる時ウィルヘルム・テルは弓矢, くる時シベリヤの空, くる時ヒラリと体, くる時一円四銭で換え, くる時不義に虐げられた, くる時事ニュースを一語, くる時井戸にさげ, くる時人間の連鎖, くる時作品中の人物, くる時勢と自己, くる時変だなあと, くる時弱き者は賤劣, くる時意くじなくブルブル, くる時日光や飯坂, くる時水國の母, くる時私の心, くる時西欧の言葉, くる時雀の声, くる時雨雲の下, くる時飛行機にし, くる晩令嬢は湯風呂, くる晩刺客が来た, くる智者はない, くる智謀豐かのオヂュシュウス, くるの色, くる暁闇の大気, くる褐色の, くる暗号文は六桁, くる暗示は必然, くる暗黒の咆哮, くる暮色のなか, くる暴力団はまだしも, くる暴動の一首領, くる暴漢を払いのける, くる曙光ともろとも, くる曠野を見, くる曲芸師につかまる, くる曲頸の舟, くるじゃない, くる書生に出会いました, くる曹操の如き, くる最中だったから, くる月光色の呉夫人, くる月夜かな, くる月日も最早, くる月面の上, くる有様わたしとまた, くる有象無象が内心, くる朋輩どもとは私, くる朗かさがその, くる朝だれもがきっと, くる朝のかどわが, くる朝ゆき逢うても, くる朝ヨシ子はもうすっかり, くる朝下女がやつ, くる朝伊東新左衛門は青根, くる朝助手は赤, くる朝午前二時に起し, くる朝安兵衛はとにかく, くる朝彼女が書斎, くる朝徳次もぼんやり, くる朝文吉の腹痛, くる朝本郷の追分, くる朝相原の家, くる朝真打の富子, くる朝眼を覚した, くる朝私が起きた, くる朝臣たちの口, くる朝辰雄や上, くる朝陽の光, くる朝雲のレンズ, くる期日はまだはっきり, くる隠龍太郎, くる木々は薄, くる木乃伊であるの, くる木俣を右, くる木場の旦那, くる木曾九万一の身体, くる木曾川に合, くる木村を待つた, くる木犀の薫, くる末起を抱い, くるを整理カード, くる本能はもつ, くる札束が七八万円, くる朱骨の行燈, くる杉本八重さんもそうした, くる材料運搬車に跳ねられ, くる村人の数, くる村雨のおと, くるの空, くる東海坊の淺, くる松平伊豆守さすがに, くる松明の光, くる松風や浪, くる林中に於, くるを知らず, くる枯葉を浴び, くるでないこと, くる柏木とか薫, くる郡は, くる柔らかい光の, くる柳生家重代の秘宝, くるの葉, くる栄良だの栄信, くる曲り竹, くる根底にはそれ, くる根本的に身心整理, くる根本的態度についてはなんら, くるは姿, くる梁木の間にかたまれる, くる梅雪の目, くる梯子がつづく, くる梵鐘の音, くるのよう, くる森厳の気, くる椋鳥連に向っ, くる検使舟の櫓, くる検分の刑吏, くる検屍調書類の中, くる楊さんと共に戻っ, くるは漸く, くる業者はどれ, くるの音, くる楽屋に君, くる槍横から突い, くる様子いきはし, くる様様な映像, くる樣子はありません, くる権太の利き腕, くる権威は大地, くる横瀬がわし, くる横窓が明い, くる横隊の正面, くるのやう, くる樹明さんが待つ, くる橋立の久世, くるにコップ, くる機運となった, くるのきしめき, くる櫛田さんの大きい, くる次にどの方向, くる次代の精神, くる欲物の欲, くる歌どもを神, くる歌舞伎芝居の噂, くる歓喜をどう, くる歔欷なの, くる正午にはパリー全市, くる正確の力強, くる武家の子ども, くる武蔵の体, くる武蔵鐙に白手綱, くる取に, くる殺気を眺めた, くる殿上人をうるさ, くる母胎となった, くる毎日の新しい, くる毎月の五十円, くるの爪, くる毒水が希薄, くる毒瓦斯から脱, くる毛唐人の蒸気船, くるに到る, くる民族の復活, くる気候を思わせる, くる気分それに伴う, くる気動があった, くる気楽はしだいしだい, くる気流なの, くる氣まぐれな蜂, くる氣持なんてない, くる氣配だつた, くる水の上へ波乗り板, くる水人の情, くる水仙の生命そのもの, くる水攻めに絶えず, くる水明りをたより, くる水洟を何度, くる水温は摂氏, くる水車の音, くる水道の末, くる水門であったの, くる水面をにらみ, くる水音がせん, くる水鳥をうち, くるのひまごと, くる氷柱の光, くる永遠の真理探求者, くる汗汗にたかる, くる江戸の鰹買船, くる江戸じゅうの巷, くる江戸っ子の肴屋, くる池田勝入の馬前, くる汽船のうら, くる沈默を僕, くるつ白波, くる沖津のよう, くる没羽箭張清という豪傑, くるは清冽, くる沢山の足音, くる沫雪の光景, くる河原には材木, くる河川の便, くる河水を溜め, くる河豚などは金輪際, くる油虫だけ, くる法師のしおしお, くる法螺の遠音, くる法輪寺や法起寺, くる波止場のざわめき, くる波浪は重なる, くる泣き声をじっと, くるや藁, くる泥坊蜘蛛ばかりである, くる注進を聞い, くる泰二君の手, くる泰勝寺の若い, くる洋子はいつも, くる洞穴があるらしくおもわれます, くる洞窟のよう, くる活動です, くる活動力の愉し, くる流星の数, くる浅間しさ, くる浪士の数, くる海岸づたいに小田原さして今, くる海峡の有様, くる海戦のひびき, くる海風に身ぶるい, くる涙ひそかに推し, くる液体をグッグッ, くる緑色の, くる淡い光りに, くる深刻な苦悶, くる深山紅葉を敷島, くる深川芸者のお蔦, くる深紅の血, くる淺草の女性, くる清澄な小川, くる渓水はみる, くる渡り鳥の大群, くる渡良瀬川へも釣り, くる温度だと, くる温泉客や町, くる温霧谷氷河の一部, くる湯治客のどんなに, くる湿っぽさまでが, くる湿っぽい風が, くる遠き峡水, くる源三郎様にはすこしも, くる源因がさ, くる源氏には普通, くる滑稽を予想, くる滑稽感に遠慮なく, くる漁婦の姿, くる漁業家に高い, くる漁船は皆, くる漢民族はその, くる漢水の流れ, くる潜水夫が作業, くる潜行的な雰囲気, くる潮水の勢, くる潮風は大きな, くる激しさも, くる激しい痛みに, くる激変をひそか, くる激情の嵐, くるつぽい, くる濡手で粟, くる火のと, くる火の粉の様, くる火事でこげ, くる火出で, くる火星のこと, くる火箭はのべつ, くる火花流れより出, くる火薬の匂, くる灯火を見上げ, くる灰色の雪, くる災厄いかに愛し, くる災害の急報, くる為めに河野, くるだという, くる烟草のや, くるに城兵たち, くる焔翼は黄金, くる関心と, くる無上歓喜を百済観音, くる無人境の風景畫, くる無意識な憂愁, くる無明の表情, くる無理もない, くる無遠慮な笑い声, くる焦慮に追っかけられ, くる焦燥感をグッ, くるれども, くる然し今來, くる松茸ちり, くる煙草のや, くる煙草屋の年増娘, くるに胆, くる煩さがしゃっきり, くる煩らわしさに悩んだ, くる煩悶のうち, くる熊吉の姿, くる熟柿おちる, くるも少く, くる熱心さで振子, くる熱情の謂, くる熱氣と上, くる熱風と熱気, くる燈火を寒, くる燕作に出会うだろう, くる燭台の灯, くる爆撃も夢うつつ, くる爆音は誰, くるに吾人, くる爲めに河野, くる爲め徽宗は宰相, くる爲吉を待ち, くる父兄たちの古い, くる爺さんの下駄, くる牒報を仮名文字, くる牛乳配達に行き, くる牛車の輪音, くる牝牛と腹, くる牧師の受け持ち区, くる牧草の波, くる物々しいまでの圧力, くる物みな澄んで, くる物凄い音が, くる物好きな男, くる物理的集団的性格である, くる物語は今, くる物體のうち, くる特典のせい, くる特有の土, くる特殊の惠み, くる特異な物音, くる特高係が街, くる状地のこ, くる狂女じゃある, くる狂風が地上, くる狩川と酒匂川, くる独特の臭い, くる独馬をた, くる猟師も折々, くる猟犬フハンはむっくと, くるも射ずし, くる猪牙舟や屋形船, くる猶予として一刻, くるを相手, くる獅子頭大神楽, くる獣油の瓶, くる獰猛人より受, くる獲物に馴れる, くるを立てざるあた, くる王妃の名, くる王子のよう, くる現代とはわけ, くる現象主義者の当然, くるをヘッディング, くる球突の球, くる理窟になる, くる琥珀色の光, くるの音, くる瓦斯は防げる, くる甘酒売りが, くる生命力が茶碗, くる生意気な武者修業者, くる生死の危急, くる生活問題の重, くる生涯に二度と, くる生物が一番順応性, くる生花の先生, くる産物です, くると一しょ, くるの人, くる用事もなかっ, くる用意であること, くる用意さへある, くる田水のそよぎ, くる田舎女も子供, くる田舎娘にモシモシ, くる田舎廻りの猿使い, くる田舎料理をつついた, くる田舎町の一つ, くる田野の光景, くる由三が見えた, くる由沙汰せりとあり, くる甲州辺の猟師, くる甲斐すじの登り口, くる申合わせもついた, くる男たちもいつの間にか, くる男どもの手, くる男達は, くるのむす, くる町人然と, くる町内唯一の女傑, くる町村より毎年五ドル, くる画面の切り方, くる番太郎の太鼓報ら, くる畫會のお客, くる國船の, くる異国の風, くる疲労で私, くる疾風が其の, くる病人の息, くる病的な形, くる病院のにおい, くる痛い空氣以上に, くる痛みを帯, くる癇癪で涙, くる発動機船の上, くる発禁になつ, くる登山者の世話, くる白娘子のしとやか, くる白熱の溶液, くる白猫の役者, くる白粉で実際, くる白薔薇の花, くる白衣の神, くる白髪頭を振り動かし, くる白鷺のつばさ, くるの影, くる百姓らはさりげ, くる百目蝋燭の灯影, くる皮膚に皺, くる益々鋭利に, くる目印これなきもの, くる目新しいものが, くる盲人の活手段, くる盲女の群, くる相模灘が縹渺, くる真っ白い大布, くる真に頼みが, くる真理であること, くる眠りの唇, くる眠気を無理, くる迷の, くる眼先もたちまち, くる睡魔を堪へきれなく, くる矢だまのただ中, くる知り合いの者, くる石叩きにも何, くる石器や土器, くる石塊の当る, くる石工や人夫, くる石油の大, くる石炭の中, くる石見川である, くるの上, くる砂礫が馬, くる砲弾の破片, くる破綻といふもの, くるぞ, くる磯五の姿, くる磯部さんがやつ, くるその一つ, くるの片かげ, くる社二三並び存置さるる, くる社交的の快, くる社会性の意味, くる社會組織があり, くる社長の令嬢, くる神人に堂, くる神官の泊る, くる神尾の声, くる神恩あるに, くる神様みたいなこと, くる禎輔のこと, くる秀吉の影, くる私ニコロの前, くる私情的人選の恣意, くる私達にときどき, くる秋風も薄ら寒い, くる科學の數, くる秘密通信を残らず, くる兒に, くる稚い者の, くるとなる, くる種々転調はある, くる種族の生, くる種類の中, くる稿本を一々, くるに唇, くる穹窿もある, くる空想ではない, くる空虚を味得, くる空襲のさ中, くる空襲警報のサイレン, くる空車を呼びとめる, くるをまだ, くる窓べにもたれ, くるの威, くる童たちを賑わしく, くるの聞込み, くるの音, くる竹白木蓮の上, くるの蜆, くる笛吹川甲斐駒の肩, くる三本目の, くる筈ほかに宿, くる等これまた一様, くる等すべて御用の二字, くる筋道であります, くるは, くるであった, くる箇所を調べました, くる節々も出, くる篝火の下, くる篠崎家は上, くる米国の航空母艦, くる粉飾のない, くるはない, くる精神が新た, くる精神上の苦痛, くる精神的の苦痛, くる糸子を呼びとめ, くる紀代子の姿, くるあり, くるの花, くる紅子の手, くる紅葉かな, くる納戸の方, くる純潔な青年詩人, くるが扇形, くる紙芝居のおじさん, くる素子の羞恥, くる素材を扱っ, くる素燒で又, くる紳士もあった, くる組織あり, くる経済上の言葉, くる経路は誰, くる結婚の形, くる結婚後の事実, くる結核のため, くる絶叫を全く, くる絶好のチャンス, くる絶望的なすすり泣き, くる絶望苛責の笞, くる擦れの, くるのうち, くる網膜の上, くる綺堂さんの, くる緊張はこの, くる総身のふるえ, くる緑色のちらちら, くる緑鬼ミミ族の姿, くる線路に沿う, くる繁吹のため, くる繁華の町, くる織田軍の焔, くるかも, くる罪惡の匂, くる羅門塔十郎とそして, くる羅馬の人々, くる美しい青年で, くる美しくさえ見え, くる美少女は戸籍面, くる美智子にも殆, くる美術にふれたい, くるに勇む, くる習わしだった, くる老幼の貧しい, くるへで米三合, くる者かしこをや, くる者さまざまであった, くる者たちにほえつい, くる者どもをののしり, くる者らの悲しき, くる者一人をとどめ置き, くる者也と云, くる者位に坐し, くる者僅の家財, くる者全体を楽しませよう, くる者同士だったから, くる者多くは詩人, くる者彼を満足, くる者心の散乱, くる者恐れをいだく, くる者毎夜何百人より千人以上, くる者等にこれら, くる者自転車を利用, くる者降伏せぬまでも, くるして, くる聖林あたりの亜米利加美人, くる聡明をたのもしく, くる職工の色欲, くる職工たちの目, くる肌寒さが, くる肢體におけるに同じ, くるを片手, くる背ろのいつ, くる能はずドイツの作家, くる脇坂山城きゃつ何, くる脇差の乱れ, くる脇役みたいなそれ, くる脊流の音, くるを噛み, くるを辛くも, くる腕白の親, くるだった, くるを抑える, くる腹立たしさに, くる腹踊りの折り返し句, くるの臭い, くる膚合ひから, くる膝頭のこの, くるまでもたじろがず, くる働車や, くる自他の長短, くる自分自身を感じ, くる自動式複式反射交感局を作っ, くる自家の醜, くる自殺したい衝動, くる自然主義者の顔, くる自然力とも壮烈, くる自由は保証, くる自由図書館を建てる, くる自由圖書館を建てる, くる自負を持っ, くる興奮を感じた, くるで, くる航海だったらそんな, くる船上山の情報, くる船体の破片, くる船出てゆく, くる船列は, くる船員のかお, くる船団の連中, くる船橋の上, くる船蟲を揮発油, くるを見なおそう, くる艇長室の声, くるがある, くる色んな費用に, くる色慾以外に恋愛, くる色気が大した, くる芝居気が無く, くる花世の美し, くる花冠のやう, くる花嫁の心, くる花子の視線, くる花粉が見えた, くる芸術の見方, くる芸術的なあるいは, くる芸術至上主義者の顔, くる売りの, くる苛酷さというもの, くる若々しい愛情の, くる若い衆たちを迎える, くる若旦那ふうの男, くる若松屋惣七とお, くる若者らしい二三人, くる若葉から炭, くる若鮎の群れ, くる苦労に痩せた, くる苦痛と不愉快, くる英国駆逐機六機の爆音, くる英雄型についてはすでに, くるに咽喉, くる茶めし屋の葭簀囲い, くる茶器にし, くる草履の音, くる草木の葉, くる草花のこと, くる草葉の露しげみ, くる荒磯の浪, くる荒鷲が, くる荘厳な物音, くる荷足の一つ, くる荷馬の顔, くる菊人形をゆらぎ, くる菓子や食物, くる落語家講釈師といつた, くるをうけた, くる葛城太夫と丁山, くる葛飾の往還, くる葬式があった, くる蒲団を干す, くる蒸気に煽られ, くる蒼ざめた日の光, くる蒼緑の山々, くる蓋然性を確か, くるのとう, くる薄暗の影, くる薔薇色の光, くる薫物のかをり, くる薫香のにおい, くる売りと, くる薬売の娘, くるをかけ, くるのため, くる虎人肉の味, くるはとり, くる處林あり, くる處陷然として一物, くる虚無を打倒し, くる虚無僧である, くる蚊軍に驚い, くるがまた, くるや虻, くる蜂の巣から出, くる蜘蛛は凶兆, くるより甘い, くるが鳴き出す, くる蝙蝠の話, くる蝙蝠傘郵便局や銀行, くるの長閑さ, くる蝶々ついて, くるもその, くるがよい, くるの群れ, くるのやう, くる血なまぐさい風, くる血液の流れ, くるの基点, くる街上に赤く, くる街燈のやう, くる街道で年, くる衝動と興奮, くるは紺, くる表情です, くる衰弱とか勉強, くるの友染, くる裁判の結論, くる裾野の盗賊ども, くる西日かな, くる西洋の乞食みたい, くる西洋館だけは實際, くる要素並に材料, くる覆面もある, くる見よ甍の, くる見物もなか, くる見物車の音, くる視力が無窮, くる視野の違ひだ, くる覚悟をもっ, くる親しい眼の, くる親子三代の藝者, くる親譲りの古い, くる観客なるものの, くる観念かもしれなかった, くる観念生活こそ深く, くるえなくとも, くる角材の下, くる角袖が七人, くる解剖助手はちょっと, くる解決案だったろう, くる解答がみんな奇妙, くる計りの者, くる計画をたてた, くる計算であった, くる記事が非常, くる記号は丁度, くる試合の参加者, くるといふ字, くる話題に玄徳, くる認識とともに我, くるすこぶる多く, くる誤りであった, くる誤植は眼, くる誤解である, くる読経の声, くる読者の大半, くる誰彼なしを, くる調和もでき, くる調子をとった, くる調貢船を狙っ, くる請願人を兇徒嘯集, くる諜報員の報告, くるに混乱, くる警固の舟, くる警固役人の笠, くる警部のそば, くる議論である, くる讚美即ちその, くるを登った, くる谷川のひびき, くる谿がはの香, くるの量, くる豆腐を強奪, くる豆腐屋もラッパ, くる豆腐屋さんがくる, くる豐かさのない, くる貝殻それが一つ, くる負債をあわせる, くる財宝船の航路, くる貧しいものばかり, くる販女の声, くる貴婦人や騎士, くる貴族的だ, くる貴重な水鉛, くるだが, くる贋ものの日の出, くる赤く濁つた水, くる赤ん坊をことごとく, くるなして, くる趣きが出, くる足おとが微か, くる足もとをお, くる足下の落葉, くる足場は一つ, くる足音男はふと, くる路前の人出, くるもはづむらしい, くる踊りはない, くる踊子はその, くるの音, くる身体の特殊性, くる車中で人, くるはあと, くる軍人も戦争, くる軍備だとか, くる軍服におそれ, くる軍隊の号音, くる軒ばに風, くる軟風は最も, くる輝かしい心地を, くるのここ, くる辰弥の声, くる農園の早生, くる農学校の運動会, くる農家の人々, くる辺りからは全く, くる迄には三日か, くるさまで, くる近江の山下兵衛尉義経, くる近郊の農夫達, くる返事といえ, くる返電を紙, くる迫害の苦痛, くるひは, くる迷信あって, くる追従者にすぎない, くる退屈さはまた, くる逆流の気配, くる途中何回となく, くる途中冀州の平原県, くる途中前を阻めた, くる途中大川へ向っ, くる途中家の近く, くる途中山女魚が餌, くる途中星尾がソッ, くる途中本郷の不知火道場, くる途中百姓のうたう, くる途中監督に会った, くる途中船中で彼自身, くる途中藻蝦を常食, くる途中街はづれにある, くる途中運悪くまた, くる途中金杉橋までくる, くる途中青山の久保本, くる途中黄匪に囲まれ, くる途端に階段, くる通りの方, くる通俗小説というもの, くる通行人のため, くる通路がはっきり, くる風は, くる連山の空, くる連想はパチッパチッ, くる遅鈍な気分, くる遊芸人の群れ, くる運送をここ, くる道づれは小股, くる道楽者もあった, くる道筋について考え, くる道草であつ, くる遠い朝景色を, くる選手ではない, くる避難民の一人, くるの車, くる邦人のお, くる邸宅のよう, くる郡山にぶつかり, くる部屋部屋の火影, くる都心紐育下町のなか, くる配達人の姿, くる酒井さんがやつ, くる酒好きな東三線北四号, くる酷熱にさきぶれ, くる酸素の量, くるの百姓, くる里恵那の山近く, くる詰めや, くる重吉の身ぶり, くる野中又五郎と会った, くる野口の姿, くる野良犬のよう, くる野良猫ばかりのよう, くる野薔薇の花, くる野蛮な軍国主義, くる野風に肌, くるは同じく, くる金さんとバッタリ出会, くる金吾の足音, くる金州の壁, くる金扇の葉, くる金額を現金勘定, くる金髪をふりあげふりあげ, くる釘箱才槌墨壺矩尺利器の無, くるは常に, くる釣瓶綱いつぱい, くる鈍くおもおもしき衢の, くるの音, くる鉄橋のかげ, くる鉄車だと, くる銀行券を英蘭銀行, くる銀鈴の山彦, くる銀音の鍵盤, くる銃丸は大, くる銃弾をもの, くる銅壺の湯, くる銅線液体の入った, くる銚子にも小笠原流, くる鋭さを五分間ぐらゐ我慢, くる錯覚のおかげ, くるを引きはずす, くる鎌倉でも一流, くる鎮魂楽の音, くるすぎる袖, くる長十郎の方, くる長門船の一商人, くる長靴は膝, くる閑寂を楽しむ, くる間プロ亀は二十日鼠, くる間恒夫は遠く, くる限り彼らにつきまとう, くる限り春毎に咲くであろう, くる院長の回診日, くる陰森たる風, くる陰鬱な調子, くる陸地を肴, くる隣人をうるさ, くる集団間接撮影の数百人, くる雌雄の鮭, くる雌鱒は放流, くる雑誌新聞などが少なく, くる雑誌記者がある, くる雜草と等しく, くる雪みぞれは, くる雪橇があっ, くる雪解の水, くる雲井の伴, くる雲右衛門の浪花節, くる雲霧は小粒, くるが鳴る, くる電気突然ほとばしり出る, くる電灯の明るみ, くる電燈の光, くる電鈴が実に, くる霊感の源泉, くるはやがて, くるの寒, くる霜月の寒い, くるのよう, くる霰弾も襲撃, くる露西亞の草原, くるれて, くる靈藥の如き思ひ, くる青大将のよう, くる青年たちに僕, くる青年探偵の帆村荘六, くる青年達と日夜, くる青柳をよく, くる青虫を食った, くる現実な, くる非情の歌声, くる鞍上の人, くるの音, くる韃靼冬には二人, くる音さへいと, くる音ぢやない, くる音始めは気, くる音律に引きつけられ, くる音響はまるで, くるがこの, くる響きが讀ん, くる頃丹左は沢庵, くる頃何時でも行きちがい, くる頃刃を磨ぐ, くる頃山や野, くる頃彼は議論, くる須磨それを止めよう, くる頑強に抗日, くる領内の細民, くる頭巾だの編笠, くる頼りにさえもなり, くる顔見知りのいき, くる類いである, くる風の子のよう, くる風俗は都, くる風流記念心も持ち合わせた, くる風間と思ふ, くる飛び道具をふせぐべき, くる飛沫に打たれ, くる飛蠅を払っ, くる飛行船のよう, くる飛行艇を見あげ, くる食事を見る, くる食卓のまわり, くる食慾以外に調味法, くる食物を黙々, くる飲みものや食べる, くる飴色の太陽, くるを待っ, くる餘地が十分, くる饒舌の何分の一, くるが堪らん, くる香具師の親分, くるの鼻さき, くる馬上の大将, くる馬力がここ, くる馬庭念流の扱われ, くる馬方に頼ん, くる馬春堂の故, くる馬橇が見えた, くる馬蹄のひびき, くる馬鹿もあるまい, くる騎馬の一隊, くる騒音がいっさい, くる驚きを抑え, くる驟雨のごとき, くる驢馬の上, くるたらくだった, くる體熱はお前, くる高らかな皆, くる高倉を手, くる高原のその, くる高圧的なあくど, くる高時川のとち, くる高松市の灯, くる高架レールのよう, くる高瀬川に岩魚, くる高級アパートそっくりな, くるの半ば, くる振ふ敵, くる鬱憂の月影, くる鬼氣とはち, くる鬼蘭の青い, くる魂等よ, くる魏軍もすべて敗北, くるの影, くる魔法つかいとそっくり, くる魔法ランプの持ち主アラジン, くる魚あなご貝等にはいろいろ, くる魚屋は土手, くるの数, くるの趣, くるの食える, くるを捕獲, くるは北日本, くる鰹船の餌料, くるはアメリカ, くる鳥屋の話, くるの影, くる鴨田理学士の身体, くる鶏たちの方, くる鶏足の百姓小舎, くるの声, くるの色彩, くる麻雀牌の音, くる黄塵は早く, くる黄玉よ汝, くる黄色くしなびた貧乏, くる黄金豹の恐ろし, くる黒き影あり, くる黒法師のむれ, くる黒煙と砂煙, くる黒犬を片手, くる黒田は生徒, くる黒船縁がつくれ, くる黒雲の縁, くる黒鯛を突き刺す, くる黒鯛釣りに興じた, くる鼻位低いところ, くる鼻先をなんと, くる鼻汁よ, くる龜清の石垣