青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「きく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

がる~ がん~ ~き き~ ~きい きい~ ~きいた きいた~ きき~ ~きく
きく~
きこえ~ ~きた きた~ きちんと~ きっ~ きった~ ~きっと きっと~ ~きつ きつ~

「きく~」 3711, 36ppm, 3270位

▼ きく~ (1315, 35.4%)

16 彼は 12 すぐに, 急に 8 それは 7 男は 6 伸子は, 私は 5 その人 4 わたしは, ハッと, 云って, 彼女は, 自分の, 黙って 3 いうので, お民, よけいに, 人びとは, 何か, 女は, 小林君は, 思って, 私の

2 [72件] あなたと, あわてて, いうだけ, いそいで, いつでも, おじさんは, おれは, お前は, お糸, これは, こんどは, そうだ, そばに, それが, ちよつと, なぜか, なると, ひとりの, びっくりした, ほかの, まだ感心, みんなが, スミ子ちゃんは, 一緒に, 三人の, 何となし, 何時も心, 余程孤独, 全然無茶, 古山博士が, 嘘の, 四十面相は, 夜は, 大概の, 女の, 妙な, 娘は, 小林少年が, 小田は, 年と, 庄吉は, 弓子は, 彼も, 彼女も, 彼等は, 徳蔵は, 愚劣千万な, 手帳には, 日本の, 机博士の, 横に, 正ちゃんは, 正造は, 母は, 涙を, 清吉は, 渡しは, 王子は, 目を, 祖母は, 私たちの, 腹が, 自然に, 英信は, 蒲原氏は, 藤枝は, 読んだこと, 警官たちは, 警部は, 足が, 運転手は, 非常に

1 [1048件 抜粋] あいつの, あげなさいと, あつちだ, あなたの, あの古本, あの女, あの顔, あまり筒, あらゆる囃子, あると, あれこそ, あわてた薬屋, いいえと, いいました, いうばかり, いうよりも, いきなり, いくらか安心, いずれも, いっそう赤い, いつそ目, いつもくすくす笑, いつもは, いのる, いまの, いま急に, いやその, うす暗い厨, うむと, うーんとう, おうなずき, おそれち, おとうさんも, おとき, おとっさん, おひる, おもしろい子, おもわず顔, お君, お婆さんが, お嬢様が, お母さんの, お父さんは, お由良様, お蝶, かうかうと, かう體, かならずヘンドリック・ハドソン, からすは, かれが, かわいそうに, かんしゃくをおこしてどなった, きっと泣出, きつねは, くつも, ぐっとから, こおどりせん, こじきむす, このホテル, この女, この小屋, この新聞, この美女, これだって, ごはんの, さあ姓, さう, さっきから, さっとガウン, さびしい顔つき, しんぱいで, じろりといかつい, すかさずここ, すぐきちんと敬礼, すぐわかった, すぐ兵, すぐ林田, すぐ父, すぐ自転車, すつきり, すらりと, すれば, せつ子は, そうそんな, そこに, そこの, そのお客様, そのつもり, そのランチ, その娘, その日, その玄関, その絵, その通り, その音, そばで, そりゃ惜しい, それで, それまで, ぞっとしました, たいそう喜びました, たいそう腹, たいてい一時間, たいへん心配, たけしくんも, ただ, ただちに命令, ただばか, ただ彼, たち庖丁, たとえ経験, だんだんなに, ちょうど敵, ちょっと電話, ついつい涙, ついね, つまらなそう, とし子は, とんでもない, どうしても, どうしても見聞, どきっと, どんなぐあひか, ないと, なくなりましたと, なつかしいわ, なるほどそう, なるほど泰軒, なんでも, なんとなくさびし, なんと思った, のそのそと, はじめは, はっと停った, ばけもの, ひじょうにおどろい, ひとしくみなさまがち, ひとりです, ひどく昂奮, びっくりしました, ふたりの, ふと食指, ぶんなぐるぞ, ほっと一ト息, ぼくも, まず思い当る, まず水, また奧, また血, まだよく, まっすぐに, まつくらなおく, みえて, みずから幔幕を, みんなきみがわるく, みんな変な, みんな窓ぎわへ, むざむざ手のひら, むっとした, もうすこしくわしい, もう一, もう半分, もう胸, もっともらしい, もはや八つ刻, やさしい妹, やっぱりけんかしてもいじっぱりの人, やにわにむくり, やはりこの, やはり毎年, やはり豊吉, よくあれ, よろこんで, わざわざ雑誌, わたしが, わたしリンゴの, われらの, アケミさんは, インテリは, ウチの, エ, オレの, グッと, ストを, ゾッと水, テンで, ドイツ皇帝みたいな, ナニ酔ってる, ノロちゃんの, ハゲ蛸は, パッと, フミエも, ベッドから, ポオの, ミドリちゃんの, ミラー翁が, ユウ子ちゃんは, 一たいだれが, 一円だ, 一同は, 一層力みかえった, 一所に, 一旦ひっこん, 一瞬の, 一般住民の, 一閑斎は, 三人とも, 三十一歳だった, 下湯島の, 不意と, 中幹部部屋, 中根氏は, 丹造は, 主婦は, 九月は, 事情が, 二人とも, 二人は, 二十一だ, 二千坪以上の, 二階の, 云われて, 京都に, 人ぎきのいゝ甘, 人間の, 今では, 今の, 今夜発で, 今方二時を, 他の, 仲人は, 伊村は, 伊豆守も, 伯父は, 何う, 何だかさう, 何でも, 何となく刀, 何も, 何思った, 使用人の, 供侍が, 俄に, 信徒も, 俺が, 僕は, 元来愚直, 兄の, 先生は, 光子さんに, 全く憤慨, 全家開放, 全船員, 八人の, 兵士たちは, 冬子の, 判断し, 前よりも, 前後の, 加茂川の, 勇み立って, 勘辨しねえ, 北海の, 十人の, 午後二時ごろだ, 卒然として, 南信の, 即座に, 参ちゃんは, 友は, 反射的に, 口に, 可哀, 合点を, 同じ伏見深草, 同文の, 同時にぴたり櫂, 同時に志保田, 同時に意地, 同時に私, 名古屋へ, 周囲の, 和尚は, 商売を, 喜びました, 四十二円也, 国防保安法違反で, 土地では, 地主様さ, 坂本さんに, 堪らなかつたもん, 声楽家だの, 多くは, 大きくうなずき, 大そう, 大尉は, 大層腹, 大概みんな自分の, 太郎さんは, 夫人が, 失明は, 女あるじの, 女丈夫との, 女組が, 妙に, 妾に, 娯楽は, 子供は, 学生たる, 安心し, 実に身, 室内の, 寝て, 寝床を, 将門は, 小林先生は, 小林少年は, 小躍りし, 少々落胆, 少し興奮, 少年たちは, 少年団員たちは, 山口と, 山田氏が, 川瀬勇は, 左の, 市へ, 希望も, 幕吏が, 平作は, 年子は, 店の, 廊下の, 弓を, 強いの, 弾丸の, 彼が, 彼方側だ, 微笑を, 心の, 心持に, 必ずそこ, 忘れて, 怒りの, 怖さ, 思うん, 思わず足, 思わないか, 急速に, 恐ろしく同情, 恥かしくなっ, 惜しいこと, 慌て, 慶応病院で, 或時最勝講, 戸倉老人は, 手拭を, 打つて, 押しづよく, 拾貮錢だ, 指を, 敏子の, 料理屋の, 新十郎, 日光に, 日本人は, 早稲田の, 明智は, 明智探偵は, 春子さんは, 昨夜風呂場で, 時には米飯, 暇を, 書き終り, 最初地震で, 木之, 木田は, 本人は, 本當に, 李さんは, 村や, 東宝は, 林さんは, 果してその, 柿本は, 栗島は, 案の定言いそびれ, 棟梁は, 横飛び, 正に僕, 正一が, 正太は, 正香は, 武助さんは, 歳は, 殺風景な, 毎晩かかさず立寄る, 気味が, 波子は, 泣けなくなった, 洋次郎は, 津田の, 浄水薬で, 浩之介旦那が, 清作さんは, 満寿子さんは, 溜めて, 漁業長は, 火の, 無意識に, 無関心, 煙幕だった, 牝牛ださうで, 物心の, 猛獣も, 王様は, 田原さんは, 由也は, 男思う, 画の, 皆が, 皆まで, 直感だけが, 相手は, 真っ赤な, 眼の, 瞼が, 石段から, 確乎として, 礼子は, 秀ちやんは, 私には, 私はた, 約束したろう, 紳士は, 絶望的な, 義仲は, 義雄さんは, 老人は, 耳から, 聯想は, 胸が, 自分でも, 自分達が, 良助は, 花は, 花廼屋に, 芳子は, 若いものたち, 若しや, 荒っぽくて, 莞爾と, 蒲原氏はに, 薬研で, 藤枝蔵人の, 虎之, 蛙は, 行動が, 西村さんも, 覆面し, 見る見る眼前, 触らうと, 語源を, 誰も, 豚吉も, 賢二少年を, 赤井を, 躍りあがって, 身ぶるいせず, 車夫の, 追ッ, 逃出す, 道三は, 遠吠えを, 鉄の, 長いこと, 間もなく顔, 陽子は, 隣の, 雪江の, 雷門を, 電話を, 青年らしく, 静子は, 非常線を, 頗る痛快, 頭にも, 頭を, 顔の, 飛んだ罪, 食事を, 餘り, 首領を, 駒井さんは, 騎士は, 高橋さんと, 魔法使いは, 鳥居前を, 黒川は, 鼠でなく

▼ きく~ (310, 8.4%)

13 である, です 128 でした 6 が好き, であった 54 が厭 3 が億劫, さ, でしょうか, ですが, はよし, も嫌, よ, を忘れた, を楽しみ

2 [17件] がいや, が楽しみ, が私, だが, だった, だね, だろう, であるが, ですって, では, はふしぎ, もいや, もこの, も厭, も恥, をお, を聞い

1 [182件] うれしいです, かとたずねた, かと医者, かと思われる, かと薄気味悪く, かね, か一九三二年ころ, か判らない, か幹太郎, がいまいましかっ, がこの, がすき, がすきでした, がだいぶ, がちょっと, がとりえでしょう, がひびい, がほんと, がもく, がイヤ, が一番, が今, が変, が大, が嫌, が嫌い, が実に, が怕, が急, が性病, が残され, が江戸子同士, が物, が礼, が苦しかっ, が退, が隣り, さえいや, さえはじめて, さえ物惰, さえ苦痛, さえ遠慮, じゃ, じゃない, だから, だけれど, だそう, だつたが, だと, だな, だよ, だろうか, だろうという, だ八, だ少し, であります, であるから, でさえ, でしょう, ですか, です悲しく, でなければ, でも, で受けとっ, で無いと, とはちがった, とは又, と学校, と時間, なら人, には同じ, には驚いた, にふさわしい, に都合, に間, ね, ねえ, はあらし, はいい, はいけない, はいつも, はうれしい, はこれ, はこれ限り, はこわかっ, はごめん, はその, はちょっと, ははじめて, はぴしぴし, はむりというもんだ, はやめた, はよほど, はわし, はわるく, はアメリカ, はスッカリ, はチョッ, は一世紀, は今日, は他, は伸子, は何, は何年ぶり, は分りきった, は切ない, は勿論, は単純, は失敬, は嬉しかっ, は実に, は実際, は少し, は彼, は御免, は悶着, は愉快, は愚問, は新規召抱, は明智, は止し, は止め給え, は残念, は田端側, は田舎, は私, は笠原, は跫音, は車夫, は頭, は骨, へ先生, もいやいや, もお, もおっくう, もおっくうそう, もそれ, もひどく, もものう, もものうい, も億劫, も勿体ねえや, も変, も大儀, も大儀げ, も大好き, も好し, も好し悪し, も好ましく, も懶, も我, も楽, も止め, も此上何, も物憂かっ, も羞, も興ざめだ, やめで, を, をみれ, をめずらし, をよろこび, を大いに, を好かなかつた, を妨げた, を幸い, を彼女, を待たない, を待ち, を止め, を珍, を羞, を耳, を見, を許さなかった, を遠慮, イブカさん, 前に, 大輪が, 窮屈で, 芽を, 覚悟を

▼ きくこと~ (255, 6.9%)

13 ができなかった 12 ができた 9 が出来た 7 がある, ができない, ができる 5 が出来ない, が出来なかった 4 があった, ができません, にした, になっ, もできなかった 3 ができました, ができませんでした, が出, にする, はできなかった

2 [20件] があります, が出来なかつた, が出来なくなっ, が出来ました, にしよう, になった, になる, のできない, のできる, のない, はない, は勿論, もある, もできず, もできませんでした, もなく, もまれ, も出来る, も息, も許されず

1 [115件] があっ, があるだろう, があるでしょう, がきらい, がだんだん, ができたら, ができないだろう, ができないらしく, ができますまい, がわかった, が出来なくなった, が出来まする, が出来る, が実に甚だ, が擽ったかっ, が私, さえできなかった, さえもできなかった, さえもできなくなっ, さえもなかっ, さえも私, さえ手がかり, だけだった, だけは聞きます, であった, でかなり, でさがした, でも, で高大業, と余り反対, なしに, なんかありゃしない, なんか名前, にし, にしましょう, になれ, によってその, によって十年前, によって悩み, によって本来, に一言半句, に拘泥, に招かれた, に決めた, に答える, に返事, に返辞, に馴れ始めた, はあ, はお, はおろか家, はすくない, はすべて, はそれほど, はできません, はできませんでした, はどう, はないだろう, はねえだろう, はまるで, はまれ, は全く, は出来ない, は出来る, は彼, は滅多, は無類, は郷愁, は驚く, まで秘密, もかなわぬ, もせな, もでき, もできた, もできない, もできなくなっ, もできません, もできる, もないだろう, もなし, もならず, もみる, ももう, も二階, も出来ない, も多く, も忘れました, も抱く, も身, も黙ってる, や息, をこの, をこのみ, をちゃんと, をやめ, を唯一, を好まない, を好まれた, を好ん, を学んだ, を得た, を恐れた, を恐れる, を楽しみ, を楽しんだ, を欠かされません, を欲, を求め, を禁じられ, を鈎合わせ, 久しいから, 屡々なる, 感じること, 或は人, 知って

▼ きくよう~ (115, 3.1%)

27 になった 7 だが 6 になっ, になり 3 になりました 2 なこと, な気, な眼, になつ, になる

1 [56件] じゃあいかさま地, だけれど, でござんす, ですが, では, で一向, なおもい, なもの, な事, な人, な低い, な凄い, な切ない, な場合, な娘, な彼等, な心持, な心持ち, な感じ, な気味, な気持, な男, な眼色, な良人, な親しみ, な調子, な遠, にいいました, にいったです, にこー, にされる, にした, にしました, にする, にでき, にと教え, になったら, になりたけ気がね, になりまし, になります, になるだろう, になれ, になんと, にぴりっと, に伸子たち, に彼, に思える, に思った, に日本, に暫く, に私, に程々, に言いました, に訊ねた, に記し, に青貝

▼ きくもの~ (92, 2.5%)

74 です, では 3 だと, ですから, もない 2 がいなかった, がなかっ, じゃない, だから, はありませんでした, を

1 [56件] ありと, うらうらと, か, かそれ, かと一概に, かと否定, かどう, か月蒼ざめて西, か祈祷, か靴, がありましょう, がありません, がある, がない, がなく, がねえ, さこんな, しゃくい上げること, じゃありません, だここ, だぜ, だった, だったから, だという, ぢや, で, でありその, である, であるが, ですな, とされ, と云え, と思った, ならば, なら消し炭, になり, のすべて, のよう, の多く, の心持, はありません, はござりませなん, はない, はなかっ, はみんなキモ, は文学上, もありませんでした, もなかっ, もなく, よ, らしい, を何, を共感, を神靈嘉, 感ぜざら, 珍しいが

▼ きく~ (68, 1.8%)

4 いい 3 よい 2 いいや, おまえは, それは, まだその, よいと, 最後だ

1 [49件] ああ云った, いましがた, うれしさ, ええしかし, おやじの, お前が, お前の, お前は, きみは, こいつは, この中, この鴻山, さっきき, さもない, さもなければ朝夕, しかし入手, そうたび, そのげき, その娘, それと, それほどきらい, たしかになん, にらみも, まことにさよう, よい臆面, インガが, コソ泥に, ピアノは, 三月前までは, 三浦は, 今云った, 作者は, 僕の, 八十吉は, 夜だ, 大概採用しない, 嬉しき, 子供は, 弥生は, 或は奧縞, 文庫も, 朝来た, 本当であろう, 渡韓する, 社会に, 築城に, 肉体的に, 藤兵衛の, 逃げたと

▼ きく~ (62, 1.7%)

144 だぞ, です 3 じゃない, だな 2 だから, だけれど, だぜ, だね, ですか, ですね, と鳴り

1 [20件] じゃあない, じゃねえ, だからな, だからね, だが, だけども, だそう, だつたが, だなあ, だねえ, だよ, だろう, だろうが, だネー, でさ, ですけれど, ですのよ, ですもの, ですよ, でも

▼ きく~ (48, 1.3%)

13 もありません 4 もなく 3 もない, もなかっ 2 はない, もある, もいなかった

1 [19件] があったら, がなく, こそ最も, とあれ, にはお宝, に見, はありません, はいつも, はいなかった, はきわめて, はなく, はゾッと, は二人前, もいた, も出, も多かっ, も無, も計算, を容赦

▼ きく~ (44, 1.2%)

4 の心 3 がある 2 ならば, はなかっ

1 [33件] があ, があったら, があつ, があります, が何人, が居た, さえありませんでした, だった, だって私, だと, でで, でなければ, なし山, にもたのしい, に五十両, に五十兩くら, に思はせた, のよう, の子等, の方, の気持ち, の耳, はだれ, は少い, は山門, は木曾風俗, ばかりを期待, もあっ, もありません, もまた, もゐない, を悲しく, 見る人

▼ きく~ (38, 1.0%)

4 つけて 3 つけても, 寄つてお出でよ 2 及んで

1 [26件] あきぬ, およびて, しても, たえない悪罵, たえぬ話, ちがいない, ふさわしいよう, 及び瀕死, 向かって, 堪えがたいもの, 堪えないお, 堪えないといふ, 堪えぬという, 尽きて, 忍びず口碑, 我邦現時の, 汝は, 汝等は, 申付る, 至つていよいよ, 至らない実状, 至る, 草萩と, 鉄石丸火花丸川ばた, 隅田川の, 音に

▼ きくから~ (33, 0.9%)

8 教えて

1 [25件] いかにもそれ, ここは, こちと, そうだ, そうです, そのつもり, だ, であった, ですよ, なくて, わたしは, 作家よと, 先生じゃ, 分らないと, 南部藩士下斗米秀之進後の, 口から, 君冗談じゃ, 君冗談ぢや, 嫌われるん, 安心し, 悪いわな, 政府から, 沼津へ, 特に書付け, 落書を

▼ きくところ~ (33, 0.9%)

7 によれ 6 による

1 [20件] からこれ, からクリストフ, から糺し, がある, である, であるという, であろうが, でございました, でなぜ, ではながらく, では長谷川如是閑氏, で終っ, によります, のごと, のもの, は素子, へ僕たち, までのぼっ, より日本一太郎, をみる

▼ きく~ (32, 0.9%)

3 退屈男の 2 きみ, バイブルの, 否や

1 [23件] がアイスクリーム, ご苦労でも, ならきっと, ならきつ, まッさき, トンと, ルーヴル博物館の, 会心そうな, 依然ふところ手, 同時, 同時でした, 同時に右門, 同時に敬四郎, 同時に退屈男, 否, 実に十郎次, 手を, 手負いの, 杉浦権之, 矢庭に, 私たちは, 裏の, 鶯の

▼ きくので~ (28, 0.8%)

2 東人は

1 [26件] あつた, おどろいて, お高, こっちでも, そのこと, その好男子, つい足イ, ひいさま, みんなに, もしほか, クリストフは, クリームほどの, 与吉は, 人臭い感じ, 僕が, 夏川が, 実はその, 懲らして, 拙者も, 正三君は, 殴ぐり合, 私は, 自分は, 誰にも, 道を, 頭が

▼ きく~ (28, 0.8%)

4 がある 2 が出来ない, が出来ません, も出来なけれ

1 [18件] が出, が出来なかった, が出来なかつた, が出来よう, が出来る, になります, のありがた, のできなかった, のない, の出来ない, はなかつた, はまれ, は出来ぬ, は殆ど, も出来ない, も出来ません, も出来ませんでした, をあんた

▼ きくため~ (27, 0.7%)

1 [27件] だったの, だったん, でなくその, ではない, といくら, に, にいそい, にじ, にその, には今一度被告, には口, にプルウスト, に出かけました, に出発, に奥, に帝大, に御, に投票, に日本語, に旭ヶ丘, に春隆, に訊いた, に警視庁, に質問, に通った, に黙つ, ばかりでない

▼ きくという~ (25, 0.7%)

3 ことは 2 ことを, 事は

1 [18件] ことであった, ことも, のが, ので, のは, ような, 凄者, 古来からの, 心は, 故事は, 方で, 点で, 程度が, 草も, 薬を, 評判である, 話である, 躾は

▼ きく~ (21, 0.6%)

1 [21件] があったらもらっ, がお, だそう, だね, だよく, だろうさあ, であると, ではない, でものんだ, なの, ならなぜもっと, ならわたし, の製造法, はありません, はねえ, はペニシリン, もなかっ, らしいですね, をいろいろ, を持っ, を自分

▼ きく~ (20, 0.5%)

1 [20件] いたずらを, いろいろな, すること, それに, それは, はきはきし, またいろいろ, もうこれ, トーキーなら, 主人を, 但馬丹波から, 夜でも, 強いてインネン, 愛刀家と, 手先の, 狡猾な, 第一役離れ, 見て, 野広く, 雲だの

▼ きくもん~ (20, 0.5%)

4 じゃねえ 3

1 [13件] か五六万両, さね, じゃあねえよ, じゃない, じゃねえだろう, じゃアねえや, だ, だね, だよ, ですか, ですかね, ですから, ですだって

▼ きくわけ~ (19, 0.5%)

3 にもいかなかった, はない

1 [13件] がない, だと, であった, ですから, でもなかつた, になった, にはいかない, には参りません, には參, にもいかず, にもいかない, にも行かず, にも行かない

▼ きく~ (19, 0.5%)

1 [19件] いかに多く, から市川, であった, です, でも時間, にどこ, にはあんなに, にはそれ, にはルブラン氏, には軍人, のよう, の彼, の心持, の晝寢, の第, はいつも, は化けよう, は叱られる, を待っ

▼ きくとき~ (18, 0.5%)

1 [18件] がある, その旋律, にとる, にはちっぽけ, にはアンドレ, には特別, に一人, に少年, のやう, のよう, の彼, の燃える, は, はパ・チョム, は人, は東宝さん, また世の中, 最も深く

▼ きくやう~ (17, 0.5%)

1 [17件] なあなた, なおもひ, なほのぼの, な娘, な気, な永い, な近い, に, にし, にしました, にすでに, にする, にな, になり, になる, にもなり, に冥想

▼ きく必要~ (17, 0.5%)

4 はない 2 のない, もない 1 があった, がある, がない, がなかっ, がなく, など認めなかった, なん, はなく, もなく

▼ きくだけ~ (16, 0.4%)

2 では

1 [14件] き, きいて, だから, ですから, ですけど, ですでに, で気, で満足, で直接, ならいい, ヤボよ, 一層悪漢ら, 野暮, 馬鹿な思ひ

▼ きく~ (16, 0.4%)

1 [16件] いって, さびしも, すつかりたふれ, だかの, だてに, なに, 君が, 坊ちゃんが, 故郷の, 橋の, 石川貞白の, 答えた, 見えない, 訥升沢村宗十郎の, 辻君の, 雲雀の

▼ きくたび~ (15, 0.4%)

3 に私 2 に口 1 に, にいつも, によそ, にキャッキャッ, に山野, に左門, に弱る, に意思, に焦る, 同じやう

▼ きくまでも~ (15, 0.4%)

3 ないこと

1 [12件] ないそこ, ないと, ないの, ないもの, ないわ, なかった, なく, なくある, なくし, なくよく, なくわかり私, なく土地

▼ きくとも~ (13, 0.4%)

6 なしに 1 ずは, なくきいた, なくきいてる, なくきき, なく申しましたら, なく聴い, やの

▼ きく~ (13, 0.4%)

2 です, で商売 1 がい, がガラス, が話し, ぞと尊敬, だし, で, であったが, でした, や

▼ きく~ (12, 0.3%)

2 がいい 1 かい, が今日的, だ, でうんざり, ですか, の人, もきく, も先づ噺, も嬉し, も必死

▼ きくさん~ (11, 0.3%)

1 [11件] がお, がかける, が何, が来, が腹痛, とお, の娘, の為, はほんとに, はむしば, もかはいらしい

▼ きく~ (11, 0.3%)

2 になった, もしなかった 1 がなく, になっ, になれなかった, にはとても, にもなれなくなった, にもなれません, もしない

▼ きく~ (10, 0.3%)

1 いまわしい汚ない, おそろしいかい, きかぬも, けがわ, のかんぜ, ものうし, 厭なり, 天真爛漫こともなげに, 憚り多い, 露けきに

▼ きくうち~ (9, 0.2%)

1 に, にふと, にもどことなく, にわたし, にムラムラ, に十人目, に十年, に正造, に過半

▼ きくやつ~ (9, 0.2%)

1 がある, がい, がいるまい, が人, さなに, だと, だな, ですから, で背中

▼ きく~ (8, 0.2%)

1 え今行, さぶ, つて, つてきいろ, みるわさび, ア, 僕は, 唖の

▼ きくまでは~ (8, 0.2%)

1 このつつみ, 天つ, 彼は, 打明けられないと, 決して動きません, 繰返して, 逃げようとも, 長火鉢の

▼ きくなり~ (7, 0.2%)

1 おりて, その頭, 今まで, 刑事は, 和尚は, 喜んだが, 飛び立つばかりに

▼ きくより~ (7, 0.2%)

2 先に, 外は 1 他なかつた, 旁に, 棲烏の

▼ きくよりも~ (7, 0.2%)

1 お前達の, 先き, 効果が, 古藤と, 奥深い夫婦, 寂しかりけり, 彼の

▼ きく~ (7, 0.2%)

4 もありません 1 もない, もなく, もなくなっ

▼ きく~ (6, 0.2%)

2 どうか 1 きかないか, どっちかに, 知ら, 知れないの

▼ きくかも~ (6, 0.2%)

2 知れない 1 しれない, しれません, 知れない何, 知れんと

▼ きくけれども~ (6, 0.2%)

4 男は 1 ぜんたい楽屋に, 私は

▼ きくごと~ (6, 0.2%)

1 にからだ, にぎくりと, に彼女, に従兄弟たち, に御, に感じた

▼ きくつもり~ (6, 0.2%)

2 だった 1 だったが, である, でいる, で張りきっ

▼ きくほど~ (6, 0.2%)

1 いがい, おおきなよろこび, それだけ鬱然, である, 身体に, 骨の

▼ きく~ (6, 0.2%)

1 えたりしかど, 後に, 植ゑました, 此程すぐさず, 願い茄子, 願ふ

▼ きく~ (6, 0.2%)

1 から格, にこっち, にそういう, に事実, に諸君, の視野

▼ きく~ (6, 0.2%)

2 がある 1 がうまい, と日頃, もない, も聞く

▼ きく~ (6, 0.2%)

2 に彼 1 に三人, に不幸, に子供, に番ごと籠め

▼ きくそして~ (5, 0.1%)

1 デツキを, 大してのみたく, 政界にも, 標本を, 燦爛と

▼ きくだに~ (5, 0.1%)

1 すっと胸, ふるえあがるほどの, まことに胸, 妖艶その, 憎い旅

▼ きくといふ~ (5, 0.1%)

1 ふしぎなねり, 人の, 司人やも, 建前が, 風に

▼ きくのに~ (5, 0.1%)

1 すっかりおどろい, 俺は, 君は, 嫁さんは, 朝子は

▼ きくばかり~ (5, 0.1%)

1 だった, でさ, です, でなく, でなく肚

▼ きく人間~ (5, 0.1%)

1 だ, でもねえ, で右手, ばかりそろっ, も決して

▼ きく元気~ (5, 0.1%)

3 もなく 1 さえない, もない

▼ きく勇気~ (5, 0.1%)

3 はなかっ 1 がなくなっ, も失っ

▼ きく気力~ (5, 0.1%)

2 もなく 1 はありませんでした, もなかっ, も喪失

▼ きく~ (4, 0.1%)

1 ぐさの, に合せ, の果敢, はや

▼ きくその~ (4, 0.1%)

1 しらべ, 中で, 手を, 路面の

▼ きくだけでも~ (4, 0.1%)

1 うれしかった, 彼女は, 慄え, 生まれて

▼ きくとか~ (4, 0.1%)

1 挨拶する, 挨拶を, 間に, 頭が

▼ きくなと~ (4, 0.1%)

1 いって, いつか云った, 云った, 命令し

▼ きくなんて~ (4, 0.1%)

2 とんでもない 1 あなたは, ことが

▼ きくほどの~ (4, 0.1%)

2 未練も 1 仲じゃ, 者の

▼ きくまで~ (4, 0.1%)

1 なく坂本, フッツリ思いだした, 気が, 気がつかなかったの

▼ きく~ (4, 0.1%)

1 だけれども, だったらこの, でね, の素性

▼ きく~ (4, 0.1%)

1 がいくつ, だつたの, に隣家, へ駈けのぼっ

▼ きく~ (4, 0.1%)

1 が見出せなかった, なきを, はなかっ, もなかっ

▼ きく~ (4, 0.1%)

2 な気持 1 というお, な話

▼ きく自分~ (4, 0.1%)

1 は体, は猶, を葉子, 何だか極り

▼ きくいも~ (3, 0.1%)

1 が金, よりかずっと, を食べました

▼ きく~ (3, 0.1%)

1 なりやしたこと, はせいつの, 灸じゃ

▼ きくかと~ (3, 0.1%)

2 思うと 1 思えば

▼ きくからに~ (3, 0.1%)

1 いよいよ怪しく, 定めし来世, 身も

▼ きくがね~ (3, 0.1%)

1 いま云った, おまえさんは, 八田くん

▼ きくこれ~ (3, 0.1%)

1 は一寸, は向う見ず, は軽はずみ

▼ きくしか~ (3, 0.1%)

1 しようがない, ないので, なし

▼ きくそう~ (3, 0.1%)

21 です

▼ きくだけで~ (3, 0.1%)

1 姿が, 返事を, 通りすぎちまう

▼ きくだけに~ (3, 0.1%)

1 あらゆる道筋, しよう, それだけ主家

▼ きくっと~ (3, 0.1%)

1 挙げて, 曲げながら, 曲るの

▼ きく~ (3, 0.1%)

1 あれ海遠く, えとこれ, 見よ

▼ きく~ (3, 0.1%)

3 せう

▼ きくとこ~ (3, 0.1%)

2 に依る 1 を皆

▼ きくどころ~ (3, 0.1%)

1 じゃなかった, のさわぎで, の沙汰

▼ きくには~ (3, 0.1%)

1 きいたが, きいてたが, もっとていねい

▼ きくにも~ (3, 0.1%)

1 ちょっとしたこと, 似たり, 悲しい話

▼ きくのさ~ (3, 0.1%)

1 へ嫌, へ臆劫, へ遠慮

▼ きくまでに~ (3, 0.1%)

1 おじょうさんは, われ呆けたり, 僕の

▼ きく~ (3, 0.1%)

21 えが

▼ きくもんぢ~ (3, 0.1%)

2 やない 1 やご

▼ きく~ (3, 0.1%)

1 には子, も云う, も人

▼ きく~ (3, 0.1%)

1 この夏, など思い, 更けてから

▼ きく温泉~ (3, 0.1%)

1 で滝, で頭, の出る

▼ きく~ (3, 0.1%)

1 があった, に, の人

▼ きく~ (3, 0.1%)

2 はない 1 がありません

▼ きく資格~ (3, 0.1%)

2 がある 1 はない

▼ きく~ (3, 0.1%)

1 はおばあさん, もない, も無く

▼ きく~ (3, 0.1%)

1 の一つ, の広, をし

▼ きくあの~ (2, 0.1%)

1 時は, 輪廓の

▼ きくいい~ (2, 0.1%)

1 からだだ, 子でありました

▼ きくかの~ (2, 0.1%)

1 やうに, ように

▼ きくかは~ (2, 0.1%)

1 また別, 動物園の

▼ きくからと~ (2, 0.1%)

1 ありました, 思ったの

▼ きくからは~ (2, 0.1%)

1 一応うなずけ, 此の世に

▼ きくかわり~ (2, 0.1%)

1 にただ, ににぎりあっ

▼ きくがな~ (2, 0.1%)

1 おぬ, 饗庭さまの

▼ きくくすり~ (2, 0.1%)

1 はやる, をさし上げる

▼ きくくせ~ (2, 0.1%)

1 があった, なので

▼ きくぐらいの~ (2, 0.1%)

1 ところで, もんです

▼ きくけど~ (2, 0.1%)

1 その旅仕度, 一体どうしてあんな

▼ きくけれど~ (2, 0.1%)

1 まだそんな, 今ぢ

▼ きくさえ~ (2, 0.1%)

1 すぐ天狗, 嘆じいる

▼ きくじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, ないの

▼ きくそれ~ (2, 0.1%)

1 がなん, は彼女

▼ きくたびごと~ (2, 0.1%)

1 に, に傍聴人

▼ きくだけの~ (2, 0.1%)

1 ものだ, 気力が

▼ きく~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ きくとから~ (2, 0.1%)

1 だが, だ中

▼ きくとても~ (2, 0.1%)

1 い, 木造船や

▼ きくとね~ (2, 0.1%)

1 おッ母さん, どういうわけ

▼ きくとは~ (2, 0.1%)

1 意地が, 限らない

▼ きくどころか~ (2, 0.1%)

1 側へよつた, 全身に

▼ きくにつれ~ (2, 0.1%)

1 月日の, 私は

▼ きくにつれて~ (2, 0.1%)

1 マドレーヌから, 筆記を

▼ きくねえ~ (2, 0.1%)

1 アラスカだ, 何を

▼ きくのみで~ (2, 0.1%)

1 四十年来一度も, 金の

▼ きくはず~ (2, 0.1%)

1 がない, はない

▼ きくはへ~ (2, 0.1%)

2 たるも

▼ きくほう~ (2, 0.1%)

1 では, にかけてもかなり

▼ きくほどに~ (2, 0.1%)

1 なった, 日本語が

▼ きくやと~ (2, 0.1%)

1 云うの, 云ふ

▼ きくやら~ (2, 0.1%)

2 老中に

▼ きくよく~ (2, 0.1%)

1 きく, 聞える

▼ きくよもすがら~ (2, 0.1%)

2 わが胸

▼ きくりん~ (2, 0.1%)

2 のたま

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 その代り膝, 時々は

▼ きくアンチャン~ (2, 0.1%)

1 がつい, だった

▼ きく下手人~ (2, 0.1%)

2 でも孫六

▼ きく人物~ (2, 0.1%)

1 だった, だったが

▼ きく代り~ (2, 0.1%)

1 にあなた, に実は

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 であった, となった

▼ きく仲間~ (2, 0.1%)

1 として待遇, もあつ

▼ きく余裕~ (2, 0.1%)

1 がなかっ, が出

▼ きく場処~ (2, 0.1%)

1 などに出る, に所謂人力車

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 であった, の茅蜩

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 だのに, だヨ

▼ きく存在~ (2, 0.1%)

1 のよう, らしい

▼ きく学問~ (2, 0.1%)

1 とはいつたいなんだ, を身

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 伜わいの, 悪党らしい

▼ きく役目~ (2, 0.1%)

1 を一人それ, を云いつかった

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 であった, の鋭い

▼ きく性質~ (2, 0.1%)

1 の女, を思う

▼ きく悲話~ (2, 0.1%)

2 や戦慄

▼ きく態度~ (2, 0.1%)

1 だ, を示さなかった

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 がつづいた, まで私

▼ きく権利~ (2, 0.1%)

1 なんか差上げた, はなかっ

▼ きく機会~ (2, 0.1%)

1 さえ滅多, はなく

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 でない歌, は光秀様

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 に, に涙

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 だって無い, だつて

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 になり, は無い

▼ きく氣力~ (2, 0.1%)

1 もありません, もなく

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 の上, の音

▼ きく熱国~ (2, 0.1%)

1 の蛇使い, の蛇使ひで

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 胆取, 膽取の

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 しいてつまずく, の中

▼ きく目的~ (2, 0.1%)

1 で紅茶, は美しい

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 はなし, を持つなら

▼ きく肉体~ (2, 0.1%)

1 だ, の持主

▼ きく芸者家~ (2, 0.1%)

1 であった, であつ

▼ きく荒神~ (2, 0.1%)

2

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 と言, のこゑ夜

▼ きく袋路地~ (2, 0.1%)

1 に入っ, へ入

▼ きく計り~ (2, 0.1%)

1 がたいもの, じゃおれ

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 には行かぬ, はございません

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 でありました, とはずいぶん

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 こそう, の腹

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 でド, で見

▼ きく通り~ (2, 0.1%)

1 のこと, 驚くべき活殺自在

▼ きく連中~ (2, 0.1%)

1 が悪銭身, ばかりである

▼ きく金之丞~ (2, 0.1%)

1 は恐る, は恐る恐る

▼ きく~ (2, 0.1%)

1 とはどんな, のほか

▼ きく高射砲~ (2, 0.1%)

1 であったが, であつ

▼1* [399件]

きくああ吾が胸, きくある盛り場に, きくあれかし, きくあんたさんはどこ, きくあゝ母性愛母といふ, きくいくらか高いところ, きくいろいろな薬, きくうえに神変不可思議, きくうちヨハンネスは目, きくうち地主の目, きくおそらくは彼自身も, きくおとうさんのむす, きくおなりになりました, きくおばあさんにはそれ, きくおまじないは茶わん, きくおもしろい子, きくおりにはあまりに, きくかたいやです, きくからにはなにかたしか, きくきかぬが生理的, きくきく笑いながら, きくくちを, きくくらゐの, きくくらいには退屈しない, きくぐらいたのしいこと, きくけれどねちゃん, きくこいつは参った, きくことそれに勉強, きくことアねえ, きくこと三キリスト教をよし, きくこと承知いたしました, きくこの方が, きくころにゃ内藤新宿, きくさったここな大, きくさっぱり分らぬま, きくしかも圧倒的に, きくじゃあないか, きくすきまが, きくすぐつたいやう, きくすべて十月の, きくそちの願い, きくその間にがたぴし, きくうれしき, きくたちでね, きくため帝国ホテルで三人食事, きくため道を急い, きくたんびに私, きくあどうして, きくだけからだの, きくだけはきいて, きくだの関の, きくちっとも反抗は, きくちゃんて菊ちゃん, きくづれぬ床の牡丹五山, きくでありそのほか, きくときそれは既に, きくとき子の我, きくとき私は時時, きくとき私たち女の正直, きくところ眞ならば, きくとして一体今日, きくとしてもおれには, きくとぞつとする, きくとてひそめきて, きくとともに県会議員を, きくとははアヒゼンの, きくともこは汝, きくとをぢさんの, きくと金二円也である, きくどうぞ正直に, きくないがここの, きくなつたやう, きくなりにつらむか, きくなるごとに, きくなるほどトルストイが, きくにつけ自分で, きくにでもお龍, きくにべを思ひ, きくこの間九州へ, きくのみにては眞と, きくの私が知らない, きくはいのかめ, きくばかりがせめてもぞと, きくぱっと明るい広間, きくひたぶるに君, きくひとの耳, きくひまがない, きくほり植てかひ, きくまあ両方とも, きくまた堅固に, きくまたは善きこと, きくまでにはヒマが, きくまでを期と, きくめいしの下女, きくめ石の御, きくめ石なまこ石シャボテン石海まつ海筍海綿ウミシダウミエラなど極彩色, きくものすべてがその, きくもの味う者, きくやつらだ, きくゆりに, きくよい薬を, きくらしていた, きくらしいよ, きくりつぱにみえました, きくアイウエオが十分, きくアユの風, きくアンキーセースの勇武, きくイギリスという国, きくガン人だった, きくサワリ程度に小型, きくシナのことば, きくシャクレた顔, きくシュミット博士は次, きくシロモノだという, きくソースであって, きくニュースでもわかる, きくハデさが無く, きくパリまがいのフランス語, きくラジオは主として, きくリアリズムにまで育っ, きくロクに, きくロクマクの癒着, きくロッパの小, きくワーッと受ける, きく一切の食料品, きく一刻だった, きく一同の問い, きく一念だけでよろしい, きく一種の臭い, きく丈夫な色, きく三人共退座の意志, きく三月の撮影, きく上巧妙極まるピツチング, きく不思議な商業, きく与吉どう捏ねまわし, きく世にも偉い御仁, きく世の中であるから, きく両親の方, きくなどの出自, きく丸味と落つき, きく事等がツクヅク, きく二三人が態, きく二二六の残党, きく五尺そこそこの小男, きく人々の, きく人形を作ったおぼえ, きく仁ぢや, きく今度のはい, きく仕掛はいらない, きくなん, きく伸子の腑, きく余地は少ない, きく作爺さんの声, きくがある, きく便所がある, きくじゃない, きく働きのある, きくの如くたち, きく共に面白い, きく其間にがたぴし, きく准后のあたり, きくに出れ, きく割合に大成, きく加餐せよ, きく労働者達で決して, きく北京の都, きく北野の終点, きく参考になった, きく及第点である, きく台本作者と, きくは何, きく咲いてひらい, きく品性もあれ, きく商人のやう, きく問屋に出始めた, きく問答の言葉, きく地藏さまがございます, きく坂本の妻, きく場所を捜した, きく場面にめぐり合わせた, きく境遇にある, きく夜かなの句, きく大衆相手の芝居, きく太鼓はすべて音, きく奮闘したあと, きく女の子は奇妙, きく女君の酋長, きくがある, きく嫌がらせはいう, きく子どもにしよう, きく学制の不備, きく学生がこの, きく安達の黒塚, きくもで, きくを拵え, きく家人に, きく家屋の中, きく富士川の激流, きく富士男の心, きく寫つてまるで水, きく対手がない, きく小さな台所の, きく小僧というもの, きく小僧弟子だ, きく小国の作, きく少しは氣, きく少年だ, きく山田氏ツーさん等も見えた, きく山際は佐文, きく川風の音, きく市九郎ではあった, きくでもない, きく幾人もの男, きくの客, きく座談会へ出席, きく庭番の元締, きくかな, きく廊下には人, きく建物は禁じられ, きく太っ平, きく張合も無くなった, きく張合ひもなくな, きく強く生きたいと, きくになった, きく役者じゃァねえ, きく彼等の一, きく従って嘉助の, きく隠居の, きくだ, きく心持は, きく心用意もどうやら, きくられない印象, きく想いでしかし, きく想ひがした, きく意外なうたがい, きくがある, きく才人であつ, きく敏捷な男, きくに雪, きく方法がなく, きく旅舎の人達, きくの薩摩, きく昔話になっ, きく時ほんとうにうれしく, きく時わたくしは正しい, きく時われわれはその, きく時全身できく, きく時島びとは生き返へる, きく晩年を持っ, きくをさえ与えなかった, きく曲り角のところ, きく有らばまた, きく本字で, きくの人間, きく根気がない, きく格別に中, きく梅八師匠なの, きく椅子に尾骨, きくへていい, きく様子は腰, きく横笛のひびき, きく樹間はせまり, きくは中, きくの夢違観音, きく此処に足掛三年, きく此方様の御, きく武士を味方, きく毒下しの薬袋, きく氏子だと, きく気分にならず, きく水泳日本勝つ, きく江戸の繁昌, きく決心をする, きく汽笛みじろぎがたく, きく河原の両, きく泥棒なら入るまいと, きく淑貞の手, きく深く考えること, きく深田でないこと, きく清助は半蔵, きくは昼, きく源平時代のむかし, きく滝さん今日旅行に出, きく演出家として立ちたい, きくだという, きく為めに質問, きく煩いもなく, きくを主, きく父上の無事, きく爺いだ, きく特効薬で副作用, きくをつれ, きくの湯, きく瑞西のゲネパ湖, きく生長する木, きくもない, きく甲斐の差手, きく男パイクソンのたすけ, きくだった, きく病人ではなく, きく白い町すじ, きく百科全書です, きく監視人や蒙昧, きく目玉に打ち直し, きく直線道路の上, きく相手もいろいろ, きく真っ赤に打ち揚げさせた, きく真面目な細君, きくが慈眼, きく瞬間までは社長, きくにくれ, きく短い話という, きく硝子板とが必要, きく祇園清水春の山まろき, きく祖母の声, きく神様なの, きくは全く, きく稀薬かどう, きく程度のもの, きく種々な修身談, きくをさしのぞい, きく立場に私, きく立派な老人, きく竿竹売や蝙蝠傘, きくへれば, きく笑いながら逃げ去った, きく細い目の, きく線路沿いの堤, きくの布地, きく美しい夜であった, きく義務がある, きく者かんぜざら, きく者一同ただ固唾, きくの茅蜩, きく肉眼で見渡せる, きく肥料もよく, きく自作農の竹さん, きく興味もなく, きく舞台進行といふ名, きく公卿に, きく若い間は, きく落語が近頃, きくの夕, きくをえらぶ, きく蛙村長だから, きく街こっちは角, きく西洋劇せりふの単純, きく要求である, きく見えわかぬかかる, きく見えるのも, きく親分株の男, きく言葉なら話, きく証文ではねえ, きく調子にて上手, きく警官らしい, きく音波の, きく追懐の色, きく遠くへきかない, きく部下の早坂勇, きく部隊長のよう, きく酢酸塩素瓦斯ヨオドフオルム乃至漢法方剤, きく重くざあつと彼等の, きく野菜はカボチャ, きく金瓶楼今紫は明治, きく金語楼がダンゼン他, きく錣太夫が頭, きく鎮静薬も心がけ, きく長三郎は宛然, きく長江の跫, きく開放的なもの, きく間手足の丈夫, きく間色の明るい, きくを与えない, きく雨だれのやう, きく雨樋の音, きく電話というもの, きく電車のきしり, きくかな, きく青蛙のこゑ, きく静かなの, きく非凡な眼, きく音楽と川辺みさ子, きく頂上へき, きくその日, きく順番となった, きく頓智ものの審査委員, きくも持たぬ, きく頼み方は始め, きくでなかったが, きく風態の男, きく飲み屋があった, きく太い性格, きく高い木片の, きく高く荒箒の, きく高処に立っ, きく麦コーセンか米コーセン, きく黒髪ばかりあやしき, きく黒髮ばかりあやしき, きくとか手腕