青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~きり きり~ きれ~ ~きれい きれい~ きれない~ ~きわめて きわめて~ ぎ~ ~く
く~
~くし くし~ ~くせ くせ~ ~ください くつ~ くみ~ くも~ ~くら くら~

「く~」 19606, 212ppm, 471位

▼ く~ (708, 3.6%)

62 へて 14 ない 13 あるが 10 ないが 9 なかった 8 しくは, ないと 7 なかつた 6 した, ないの 5 ありませんが, し, しいこと, しく書いて 4 ありません, えて, ございません, しく見た, して, なかつたが, 我輩を 3 ありませんか, しい話, ないから, へた, 我に, 知らないが

2 [40件] あったが, ありませんでしたが, あるまい, いかない, しい地図, しくいへば, しく話しました, したので, せを, だ君, ないぞ, ないで, ないな, ないね, ないよ, ないん, ない部屋, なかつたの, なからう, ぬ娘, ぬ顏, へたり, へる, 之を, 今自分, 出來, 分らないが, 分らなかったが, 分らぬ, 判らぬが, 富士の, 少しも, 後, 我輩が, 我輩の, 教育は, 有りませんが, 無い, 相互の, 覚えて

1 [419件] あつた, あらざりしをと, あらず, あらずしかも, ありますまいか, ありませんよ, ありません私, ある, あるまいかとも, あるまいと, ある淋しく, ある甲斐, あれど, いた位, いって, いますぐ, えず木の実, えて居つた, えて岸, えるところ, え出し, え前肢, おもからむ, お乗, がたむしが, きみから, この人, この種, この義務, これ養生なるべし, ございますまいか, ございませんから, ございませんが, ございませんでしたが, ござるが, さずじまひ, さずに, された, されたといふ, されたの, されて, されるうち, され人情, しいお話, しいとの, しいのよ, しい予定, しい事, しい其後, しい消息, しい記載, しい説明, しからず, しきは, しくいふ, しくいろいろ, しくお, しくおしらせ, しくお話, しくこれ, しくその, しくはつきり, しくまた, しくよく, しくを, しく云つて, しく尋, しく書いた手紙, しく林さん, しく様子, しく物語りました, しく申し上げれば, しく知らうと, しく知りたい人, しく答, しく聞いて, しく聞きた, しく聞きたしと, しく見て, しく見るつもり, しく言, しく訊いて, しく話, しく話して, しく語り, しく説明, しく読者, しく調べ, しく調べて, しく述べること, したが, したらさだめし, したら伯母さん, した人, した者, しない, しなかった, しました, しめを, し女, し山見, す, すだらう, すだらうといふ, すの, せたの, せと, せながら, そのおかえり, その境, その徳, その載する, その頭部, だつ, ちょっと奥, ぢめの, できないけれど, どんな大食家, ないか, ないかと, ないかな, ないかね, ないけれど, ないけれども, ないさ, ないだらうと, ないですよ, ないなと, ないに, ないわ, ない可, ない味, ない殊に, ない氣, なかったろう, なかつたか, なかつただらう, なかつたやう, なくそれ, なく一人, なく二階建, なく何ん, なく旗本屋敷, なく腕, なく額, なく顏立, なささうに, なさるまじあれあの, なさるまじあれ彼, ならないので, なりし, なりませんそれ, なりやしませんか, な散りみだれそ妹, な散り乱れそ妹, ぬ也, ぬ例, ぬ処, ぬ顔, ねえお前, ねえが, ねえや, ねえよ, ねえ余り, ねば生き, はるサン・ジァック, へたまま, へたまま戸外, へたまま穴, へたる紫, へたる蛇あら, へた小, へた浪人者の, へた男が, へた顎を, へてね, へてるつて, へてるな, へました, へられ父, へるが, へること, へると, へれば, ほかふと, まともに, ゆかない, よかった, よもとか, わからないが, わたくしの, われの, アイアースヂオメーデースあるは, アイギス持てる, アレットなり, カーライルと, 一刻も, 七たび人間に, 三世十方の, 不二の, 世間に, 丸はずれ, 主や, 之が, 予言者は, 二人とも, 五百が, 人の, 今日存し, 伊沢氏は, 何か, 何の, 何事も, 何処までも, 佚した, 信じ難き, 俵を, 兄きの思わくで, 兄弟達よ, 先覚者あるいは, 全篇, 公明正大の, 其処を, 其移植の, 其記憶す, 其赤黒と, 再び四民, 再び来らん, 分らないけれど, 分らぬが, 分段同居正邪の, 判らぬ, 前者の, 勁く, 勝馬か, 去る者, 叡智を以て, 口に, 可いが, 同情者の, 君の, 君達も, 吾人を, 吾等信仰を, 善神威を, 国立公園に, 培ふ, 基督教会を以て, 外来魂の, 奪えなかった, 奪へなかつた, 子々孫々之に, 存じませんが, 完書を, 宮廷では, 家の, 富士川さんは, 寿詞であり, 射を, 小さき足音ひとつ, 小田原の, 少し狼狽, 少年士官の, 巧言令色媚び, 常にある, 当らざるなり, 形容詞に, 彼らの, 彼等の, 後から, 徒爾なり, 御はから, 復以前の, 心せむ, 心に, 心休め, 思はない樣, 思へど, 思わないの, 悲しめ斷末魔, 感じながらも, 我がため, 我が心, 我が旧, 我と等しく, 我れ, 戦はむ, 打ちは, 支那から, 敷事かけ, 敷御, 日本化する, 是を, 是時こそと, 時早く, 更に一大飛躍, 最初外国から, 最高最善の, 有りません, 有志の, 木の葉の, 未だ経験, 来りて, 東洋の, 柳昇である, 柿買車で, 格子戸の, 森の, 楽と, 櫟こそ, 歸つて主君に, 汝の, 決して思はぬ, 活きんか, 温柔の, 満足させ, 瀏覧を, 無いが, 無いの, 無いよ, 無からう, 無くまた, 無し年, 無名氏の, 牛肉か, 生家の, 目を, 眞の, 眠られぬ殆ど, 知つて居りませぬ, 知らであらまし, 知らなかったが, 知らに, 知らぬが, 知りませぬが, 知りませんけれど, 石鹸で, 神先づ余に, 秋の, 秩序を, 立てずうつろ, 竜駕を, 答へる, 紅葉の, 納め給, 結構でございます, 結構宏壮, 絶えずて, 編年でない, 考うべき, 聖書に, 聞き取れませんが, 聞く事, 聞取れない, 背中に, 臣等の, 舊約の, 船の, 船頭の, 苗も, 茹でさせなかつた, 蝶の, 行かないかも, 行かないの, 行かないので, 行きませんよ, 行なわれなかったよう, 行われて, 行われなかつた, 製本の, 見えない, 見えないほど, 見えなかった, 見えぬが, 見えぬけれど, 見えねど, 見おろせなかつた, 見せられなくなると, 見せ給えと, 見て取り得なん, 見なかつたけれど, 見も, 見物たるに, 視も, 解らないが, 解らない程, 解らなか, 解らぬが, 解らねえ, 解らんち, 解りませぬでしたが, 解りませんけれど, 言えない, 言ひ, 言へ, 言や, 言わなかったの, 訊かないこと, 記憶し, 記憶せず, 許さ, 許さざれ, 詩人啄木を, 詳しい記事, 読み返して, 諸家の, 貧乏の, 退かずなほ光榮, 逍遙子一切世間の, 通り越して, 運ぶまい, 道でない, 長く原義, 降臨を, 頼朝の, 願く, 饗けよ, 高倉の, 鳴けないが

▼ く~ (599, 3.1%)

10 立って 7 云ふ 6 平次は 5 いふこと, 言ふ 4 いう, 私は, 立った 3 すぐに, せば, それは, 何んで, 平次の, 笑った, 義雄は, 自分の

2 [22件] ある, いえども, いふ, かの女, そこに, ひどく長座, ほく, 云ふこ, 今度は, 働いて, 出て, 平次も, 彼は, 彼女は, 後の, 思うの, 急に, 渠は, 起ち上がった, 起って, 雖も, 鳴いて

1 [486件] あたくし, あって, あの娘, ありさうな, ありつつ, あるが, あるその, あるより, いいえ私, いいます, いいや, いうたなら社会, いうに, いうには, いうにも, いうよりも, いえど, いきなりその, いきなり乘, いきなり十六七, いくらか涼味, いけねえや, いづれは, いづれも, いひ將, いふでは, いふと, いふには, いふの, いふので, いふよりも, いふ語は, うなされますので, え, おすが, お六, お夏, お定めなさらね, お春, お此, お浪, お玉の, お組, お里さんといふ, お銀, お靜, お鳥, かねて心得さし, かの女長十丈, きまつて, きめました, くたびれて, くどと, こいつは, ここの, このシャンパン, この永国, この湖, これまで, ころりと, こんなお, さあどう, さうだ, さうで, さきほどの, さすがに, した, したら何, して, しよう, しようか, しようどうか, じわじわと, すぐ灸, すぐ解りました, すぐ貴族臭, すぐ部屋, するも, するよう, すれば, せわしく鳴く, そつくり, そのとっぱ, そのまま渡り掛けた, その下, その儘泥だらけ, その反, その川, その次ぎ, その背, その臭気, その音, その顏, その黒髪, それでも少し, そんな不安, ぞんじ候, たあいも, ただに勢, ちよいと, とんでもない, ながめ, なし又, なった, なると, はなしに, ひき緊められる, ひざまで, ひよい, ふならぬ何, ほく雲, ほぐれるやう, またし, また高く, まだ何, みゆるところ, もうさう, もうソロソロ出動, もう一, もう一度八五郎, もう今, もう寺, もう讀者, もとは, やつて, ゆとが, よく大, よりは, ガラツ八は, サア大, サツと, スウと, チン, プイと, マオカに, ランビァンの, 一向にそんな, 一向他愛, 一氣に, 丁度の, 三平も, 三輪の, 下手人は, 下駄な, 不意に, 中から, 中には, 主人は, 二三日前の, 二十歳とも, 云々今, 云うの, 云う事柄, 云う文字, 云ったから, 云ったら持って, 云って, 云つた, 云つたさうだ, 云つてある, 云ひ, 云ふも, 五月の, 亥刻少し, 人々の, 人の, 仁王立ちに, 今晩は, 仔細に, 仕よう, 似よつて, 何か, 何だかフシギ, 何と小さな, 何物も, 余り強く, 信じたから, 信ぜられたの, 信ぜられて, 信長は, 僞の, 先刻からの, 先刻甚蔵を, 先月の, 入道は, 全身の, 八五郎の, 八五郎は, 其処に, 内障, 円朝腐心の, 再度喫驚, 出でて, 切れて, 別な, 削った荒造, 前後の, 割れば, 劫を, 勇は, 十分ばかりの, 十圓紙幣が, 十手より, 千年の, 午前中です, 半次は, 単調に, 原野を, 友達を, 叔母が, 叩き, 可哀想です, 可哀想でも, 同じである, 同じやう, 同時にどっち, 同時に北海道, 同時に彼女等, 同時に木戸, 同時に自動車, 同時に退屈, 同質である, 名乗りし三遊派, 向うに, 向直って, 呼吸を, 品吉は, 喰い違った, 噛んだま, 城彈三郎の, 夕方から, 夕燒けの, 外からでも, 多くの, 多少喰い違った, 大きな横穴, 大きな泡, 大井久我之, 大学生は, 大層御, 大變樂, 大長持, 大黒天その, 夫と, 夫人は, 奇妙な, 奉行は, 奏でるよう, 姿を, 婦の, 存ず, 存候へども, 孫三郎は, 客に, 宣る, 寝床から, 寺が, 小太郎からの, 小田は, 少々衣紋, 少しは, 尻尾が, 居るわ, 屑屋の, 山の, 山の根が, 岩から, 巡禮, 席順に, 平次と, 平次にも, 平次自身も, 年ごろの, 幸ひ, 座を, 弾ね, 後ろを, 後悔なさいます, 後添, 得意の, 心掛け居るもの, 忽初号活字が, 思い出したよう, 思うと, 思ったから, 思って, 思つたら, 思はずニツコリ, 思はれるほど, 思ひきや, 思ふ, 性も, 恐ろしいが, 悠々小田島, 惜しいところ, 感じたとき, 懷ろの, 成ると, 成程, 手で, 手代を, 手頸を, 支倉の, 文三は, 旦那の, 早くも, 早春から, 早速の, 明日か, 昨日公布された, 最早疑ひ, 有徳人の, 朝魚夕菜に, 木戸番の, 東海坊が, 枕許に, 根の, 梅吉は, 極つて, 横に, 此寒い, 毒が, 気づいて, 氣が, 氣を, 氷峰は, 江戸つ, 江戸で, 決して香しい, 沖の, 河筋に, 油で, 消え失せて, 為れば, 烏たちまち, 無性に乘, 無殘, 煙の, 父は, 猫例の, 申します, 男は, 番頭の, 百兩の, 皆は, 直ぐに, 直ぐ五人, 相手の, 看板かか, 眞埴とりはじめ, 矢も, 知らませばやら, 石垣が, 砂を, 砒石の, 神人昇天出来ぬ, 神経衰弱に, 私も, 稚拙な, 突立っ, 窓は, 立ちあがった, 立ちあがったの, 立ちはだかって, 立ち上がった眼前, 立ち上がって, 立ち上がる, 立ち上つて次の, 立ち上りながら, 立ち正しく, 立ち袖短, 立ったが, 立った馬上, 立つ, 立つたら五六本, 立つ姿, 立てつけ, 立てなくなるの, 立てる電燈局, 立上っ, 立上り, 立上る, 立向つた様子が, 立留まった, 笑いたい大声, 笑い出した, 笑つた, 箱は, 紀の, 絵馬や, 総身の, 縁先に, 置き注ぎに, 義雄には, 老人の, 考えたの, 耳に, 聞いて, 聞いては, 聞けり, 聳える平和塔, 肌の, 胸を, 脇腹が, 腋を, 腹が, 膝を, 膽を, 舅や, 若い時, 苧殻とを, 草から, 菅原は, 菊屋の, 薄暗い中, 虎が, 蛇なお, 蛇の, 蜈蚣疾く, 蟋蟀の, 血声を, 衝と, 表の, 被存候, 褥から, 見せた小三郎, 見るや, 見る間, 見れば, 見入る眼, 覺え, 言うて, 言ったん, 言つた, 言つてあちこちと, 言はれた, 言ひ出す, 言われる所謂, 詠った梅田雲浜, 話す男, 誘拐する, 読みにくい, 誰も, 赤ん坊は, 赤城の, 起きて, 起き直, 起して, 起ちあがって, 起ち上, 起ち上がって, 起ち上ったかと, 起ち上った喬, 起とうとしては, 起上がった, 起上りました, 足は, 跳ね起きて, 蹴込み, 身の毛を, 軽い疲労, 込み上げる感情, 近頃は, 途端稻妻は, 違う待遇, 重いやう, 関内の, 階下は, 障子の, 雄二は, 集って, 雖なほ且秀容直ちに, 雲の, 霑んで, 静に, 非常な, 非常に, 音松さんが, 音読を, 額に, 颯と掻巻, 食ふ, 駕の, 高い榎, 黙って, 黙つて兄

▼ く~ (585, 3.0%)

37 字に 29 である 20 です 13 香の 11 だ, であった, では, 字なりに, 字形に 8 でした 7 だった, を待つ 6 か, ように 5 だから, であるが, ですね 4 だけれど, ような, を待っ, を見, 字を, 字型に 3 だと, だらう, はお, は後, も無理, を見る, 中に, 如し, 字の, 昔に

2 [25件] がよく, が常, が怖, じゃない, だが, だという, であったが, と一緒, は, はだれです, は私, も, を感じた, を見た, 人は, 前に, 外は, 如き華族, 家に, 持席は, 沖合には, 穴師の, 門戸開放家にも, 食糸の, 香ぐの

1 [278件] あいだで, あつた, あとに, ある金曜日, いは, いわに弱の, お余り, かい, かかって, かぐの木の実, かと思ふ, かばんから, かナと思っ, か思へ, か私, か見, が, がある, がい, がちらちら, がわかん, が厭, が女, が如何にも, が感ぜられます, が慣, が慣例, が持つ, が樂しみ, が正しい, が神經系, が私, が精一杯, が見え, が辛, が響き出した, が魘される, くらい, ごとく沸騰, ごとし, さ, した仕事, じゃア, それの, それを, たれて, だからと, だぞ, だったらもう, だといふ, だどっち, だなと, だべらぼうめ, だらう始終, だろう, だろうと, だギリギリ, だシタ, だ余り, だ裏, ぢや, であります, であると, でございます, でございますから, でしょうが, です僕, でなければ, でも, でよつぴて寢, とは違う, と同じ, と間違へた, ないところ, ならもう, なら僕, にお, にそれだけ, に下, に驚いた, はあちら様, はありがたい, はいささか, はいやあ, はうから, はうへ, はさう, はその, はその間, はてから, はない, はなんと, はまことに, はよく, はよろしく, は今, は何, は修養上一種, は八五郎自慢, は危険, は多, は嫌, は容易ぢ, は小柄, は尤も, は巾着切, は彼ら, は御苦労, は必定, は早い, は本意, は極めて, は構わない, は止す, は盲目, は穩, は自分自身, は自分達, は誰々, は身, は通りすがり, は餘程何, ひがしの, ひとの, ふくろを, ふたが, ふたを, ぷすぷす燃え, ほかない, まはり, もある, もいや, ももっとも, もやむを得んだろう, も一段と, も元, も初めて, も同然, も学問, も構はず, も気掛り, も皆んな, も近々, やうに, よお婆さん, わたくしにも, ゑんニて, をいかにも, をとめ, をにやりと, をゆるした, をよし, を不思議, を云, を云う, を先生, を凝, を占, を合圖, を尻目, を平次, を待, を待ちあぐん, を待った, を忠, を感じました, を我ら, を杖一百, を楽, を洩れ聞いた, を無理, を百姓, を眺め, を知, を禁ずる, を笑まし, を聽, を見届け, を覚えた, を覺, を避け, を默つて, アヽく, 上に, 下には, 世界, 中が, 中までも, 中を, 事で, 事に, 仇討, 仇討な, 仇討物語, 仮字, 何う, 力から, 力においては, 勧工場とも, 厭だかん, 名が, 名まえ, 因果で, 因果です, 坊やの, 場合それほど, 声を, 声男は, 多き, 如きの, 如きは, 如き作, 如き幽, 如き理想, 如き窮乏, 如くである, 如くに, 子は, 字が, 字なりにべ, 字なりの, 字にな, 字も, 字形にはだけ, 字烏である, 実や, 実物を, 将然が, 少し違っ, 師匠は, 師匠を, 幼年時代から, 心地す, 思ひありき, 惡心なき, 意識が, 愚を, 感あり, 態度を, 慨あり, 成算を, 方へ, 昔し, 昔し張抜物や, 昔の, 昔新開地へ, 晴ればれし, 機會に, 歌などが, 正直者で, 河に, 海を, 液の, 清流に, 生命を, 禁物で, 空に, 立つた臭い, 精分で, 終りに, 縁の, 罎の, 罪大なりと, 膽智ある, 芸無, 芽, 草原に, 語尾を, 説あり, 趣が, 通りの, 郷の, 重々しい位置, 金玉まで, 間同, 間辛抱し, 革鞄だけ, 願ひ

▼ く~ (581, 3.0%)

7 仕方が, 叶は 3 たまらなかった, なりません, 仕樣, 困る, 胸が

2 [37件] いけない, きでは, きは, きを, そんな事, たまらない, たまらないと, たまらない人, ならない, ならなかつた, まことに田園, ゐら, ウジウジし, バスの, 仕様が, 切ない趣, 困ると, 困るん, 寢て, 幾つも, 引越し僕, 悔く, 手が, 月わたる下び, 松だ, 横づけ, 此若い, 涙が, 無理な叱, 睡くて, 私は, 肉いろ, 肩の, 色が, 豊かさ, 迷惑なら, 顏を

1 [478件] あの家, あまり外へは, あらばかあらむ我愁, ありけるにぞ, あわれであった, あんな病氣, いいじゃ, いいの, いいもの, いい心持, いけませんからね, いつも冷, いつも老爺, いやで, いやな, いよよよろしき, うまい他, え忍, おいしいん, おいしか, おかしくて, おだやかなる, おち, おまけに, おられる力, お下へ, お人形, お出入り, お前の, お化けでなき, お役御免, お目, きで, きでしたから, きの, きょうは, き地, ぐたぐたに, このお, この縁談, しかたが, しかも鋭敏, しかも鎔解, したっぱな, しっとり湿っ, しばらくの, しようが, しようがなかった, しんじゆ, しんと, すこぶる鼻, そこに, そして才, そして藝術, そのくせ申分, そのくせ逢ひも, その上静, その夢, その怯え, その邊, その釈き, その類, それで色気, それと, それに, それより, それを, ただおも, たまたま來, たまたま来れ, たまらないの, たまらないので, たまらない様, たまらなかつた, たまらぬこと, たまらぬらしく籠, たまりません, たまり兼ね表向, つづくの, つれなくて, できそう, できない, できないの, とても仕事, とても堪へきれなくなる, とても字, とても生, とても飲めた, とりにがしペコペコ, どうかと, どうしてあれ, どうしてもゆけず, どうする, どうにもこうにも, どうにもやり切れなく, どうにも我慢, ならないね, ならないの, ならなかつたと, ならなくなった, ならぬそれにしても, ならんとでも, なりませんの, ひとりでに足がち, ひどく血, ひろい大空, ひんやりと, ぴりぴりした, ほんとうの, まだ手, まだ閉じ込められ, まち遠し, まばらで, まるで春, めでたいという, もう一足, もし家屋, ものを, やさしい歌言葉, やさしかった, やつて, やめられないよ, やり切れないと, よかった, よほど心臓, よりわせ田, よーオ, アンツクタラ病氣ネ, アンドレイエヒミチは, イワンデミトリチは, カラブリアに, ガラガラし, ガラス窓が, グルノウ療養院に, ズットズット貴重だ, セルの, チャチな, デコボコだらけの, トメバと, ビックリした, ペテロの, ボンヤリし, 一ちやうも, 一石三円六十何銭であった, 一般に, 一週間そんな, 万事簡単に, 丈夫に, 三日目くらゐ, 三月ばかり, 上りました, 上手には, 不可斯う, 世に, 世間並の, 乾いて, 二人は, 二月も, 互に其の, 人好きは, 他人の, 仲, 仲が, 休みたい位, 佐太郎が, 体が, 何っても, 何故その, 使い切れないよう, 便所へ, 俺は, 偉き機構, 働くん, 入院し, 全然身動き, 全部一緒に, 六ペンスに, 其那事を, 内部に, 冷, 冷えきった須美子, 出たといふ, 出るの, 出世の, 分らなかつた, 利口で, 刻々と, 前から, 加之に, 勘當した, 勝ち氣な, 十何年という, 十分食へ, 却つて御, 厚いの, 参りました, 又一週間, 友達も, 口に, 口惜く, 古い十六羅漢, 可哀, 可怕, 叶はねえ, 叶はねエ, 向う見ずな, 呼んだつて來, 唯機械, 問題に, 單なる, 四十近い, 四辺の, 困ります, 坐るか, 埒が, 堅くなっ, 堪らず余りに, 堪らないから, 堪らないけれども, 堪らないので, 堪らなかった, 堪らなかつた, 堪らなさ, 堪らねど, 堪らんから, 堪らんという, 堪りませぬ余り, 堪りませんから, 売らざるを, 夏は, 夏向きで, 夕づく, 外の, 多い油屋中, 大きくて, 大人が, 大阪に, 大食で, 天井は, 天草の, 奧に, 如何に, 如何も, 妖魔の, 姪も, 嫁の, 子供でも, 完全な, 実際に, 家の, 家事を, 容姿が, 容貌も, 寝て, 少しも, 少年の, 尻尾が, 居たたまらなくなった, 山々谷, 帳場格子と, 常に心, 幸多い, 底氣味の, 底深い, 店へも, 度々足, 座敷の, 引っ返, 弾力の, 役に立たねえよ, 彼は, 後猶, 徒らに, 御存じの, 御藏前で, 御逢いする, 御願ひ, 御飯も, 徳川か, 心の, 急いで, 急で, 悪敷者, 悲しと, 情なかった, 情無い, 惜く, 憑しい, 懶いらしい, 成らぬが, 我慢が, 手に, 手もて, 手薄である, 技倆も, 持つて, 捉えられない, 改易重けれ, 敵は, 斬の, 新地の, 旦に, 早く出世, 明けたこと, 春日七日を, 昨夜は, 暇が, 暑い一室, 暗い灯, 暫く立っ, 暫らくガヂヤガチヤや, 暮れた, 更に埒, 最も胸, 朗らかな, 望ましいこと, 木の芽も, 未だに間着, 村越峰右衞門も, 杖も, 来たの, 来られたの, 楽しい気分, 樂しき日を, 樂すぎる, 欝陶しい, 正直に, 此御館に, 歸つたと, 歸り, 死んだの, 殺された日, 殺された若い, 母に, 気が, 気持が, 氣の, 氣持が, 水面に, 汗かく, 活気の, 流れも, 深いなあと, 減地轉封は, 源典侍の, 溜まらないの, 溜らないの, 溜らなかった, 澄み空気, 濃かった, 火の, 為様が, 無闇に, 燃えるよう, 父親にまで, 物干, 物狂おしい人, 犬にも, 狭山さん実は, 狹く, 甘いもの, 甘味を, 甞め兼ねました, 生理や, 畳を, 病勝に, 痛くて, 瘡つかきで, 百姓たちも, 皆なあぐね, 皆んな顫へ, 直き, 眞深, 真深, 真白の, 石清水に, 社會から, 祟る幽霊, 私なんかは, 私に, 私の, 秩祿の, 穴だらけよ, 窮屈な, 立つ事, 笑つたやうにも, 紋服に, 結構も, 緩くこれ, 羅馬に, 美作国西北条郡津山の, 美味いので, 美味かつ, 義絶同, 羽を, 翌る, 翡翠の, 耐らない, 耐らなかっ, 耐らねえ, 耻知らずで, 脂ぎつたる, 脊筋から, 腹が, 腹立ちまぎれに, 自分の, 良い, 色無き, 芳ばしい野草, 若い二人, 若い衆と, 行くと, 行く氣, 表面の, 見えないから, 見えねん, 見て, 見るから, 見るべ, 角ばった体つきの, 言へ, 話すの, 語根が, 説明も, 誰にも, 負が, 貴方方の, 買えないし, 資料として, 賑かな, 赤い短い鬚, 赤ん坊と, 足手ま, 踵の, 身體を, 軟な, 軽率であった, 辛棒が, 近づき難い, 近寄るべくも, 近年は, 迷惑する, 追ひ出された, 追放重けれ, 遁げて, 遊ぶには, 酒を, 醜いといふ, 重たいもの, 錦を, 長かった, 長くて, 長居は, 閉門減地, 閉門重く, 陰気で, 隈ある, 障子一と, 隣の, 面白い事, 鞣し革, 音楽会の, 頭が, 顏は, 食えないと, 食はれない, 食べられない, 食べられないので, 食べられません, 食物を, 食用に, 飯が, 飲みにくい, 馬車の, 駄目だった, 高いため, 高い庇, 髪の毛が

▼ く~ (409, 2.1%)

28 つてから 12 つて, つてゐた, つてゐる 11 つた 8 つて來た 7 つても, つて居た 6 つて來て, つて居る, はれ 5 つてし, ツて 4 つたと, つた氣が, つて冷え, つて来た 3 つたのさ, つたのを, つてお, つてか, つてゐ, つて來る, つて行く

2 [23件] つたから, つたといふ, つたのか, つたのだらう, つたのである, つたのです, つたのは, つた家の, つた自分の, つてその, つては, つてむずかゆく, つて了つて又, つて困る, つて居ります, つて歸つて來た, つて氣の, つて涙が, つて濟ま, つて私が, はれあの, ツた, 現世を

1 [201件] え, がれきたり, さそうだ, さそうに, つたお父さん, つたそれでございます, つただらう, つたぢや, つたと共に, つたなぞといふ, つたな八, つたに, つたの, つたのなんか, つたのね, つたのや, つたほど, つたまでの, つたわねと, つた丈で, つた上に, つた世の中の, つた全権大使ナホノブサメジマ君の, つた原因を, つた嘆きを, つた四囲に, つた土を, つた小屋の, つた後で, つた心地が, つた恋交接繁殖, つた所を, つた折の, つた指が, つた文章にも, つた時代である, つた晩の, つた此頃では, つた母屋を, つた母方の, つた母親に, つた爲に, つた皮膚を, つた盃を, つた私は, つた籃を, つた紅茶を, つた純, つた腹を, つた茶を, つた訣は, つた足先を, つた頬が, つた頭髪泥と, つた顔を, つてあの, つてあやまりました, つてお母さんの, つてかう, つてが, つてくつくつ笑ふ, つてくるま, つてしまつた上野公園を, つてそして, つてそのうち, つてそれつ, つてた, つてつい, つてつぎ, つてとうとう, つてとても, つてね, つてはと, つてもじもじ, つてゆきました, つてを, つてキエの, つてゲエゲエと, つてペンの, つて一周忌を, つて一家は, つて両方共かすかに, つて云ひました, つて今迄, つて今迄は, つて仕事を, つて仕舞つた, つて何となく, つて余は, つて使つてゐる, つて來ました, つて僕は, つて光が, つて其處で, つて出た, つて別の, つて到頭, つて半, つて厭でした, つて參ります, つて呉れる, つて品川宿の, つて堅く, つて堪る, つて塀まで, つて夜の, つて夜分は, つて大, つて如何に, つて學校での, つて宵闇が, つて家の, つて家へ, つて寒う, つて寢て, つて尋ねた, つて少し, つて居, つて居られた, つて居りまする, つて屋外に, つて平次の, つて年内に, つて引き返し, つて徒らに, つて悲く, つて慌て, つて手を, つて指は, つて散, つて斷つて來た, つて昔鹿島大, つて時々, つて時が, つて木立の, つて来, つて来ちやつた, つて来る, つて来れ, つて東京へ, つて根を, つて此處へ, つて歸つた平次は, つて歸る, つて死ぬ, つて死ん, つて水の, つて水茶屋の, つて泊つ, つて泊め, つて流れ, つて滯つ, つて濟まねえ, つて濟みません, つて濟んだ, つて町人でも, つて畏まつた, つて疲れ, つて眠れ, つて窓と, つて立ちあがつた, つて笑つた, つて笑ひだしました, つて而も, つて胸が, つて脇の下から, つて自分で, つて舌を, つて行きました, つて行つた, つて見える, つて返答した, つて途中から, つて遂口に, つて開けよう, つて離室を, つて電車が, つて霧の, はれだな, はれぽ, はれや, ひの, りつこは, ッた, ッちゃう, 人間は, 味すら, 地名が, 妬むな, 小娘, 恐れるな, 感情を, 手段が, 木から, 根性で, 母親よ, 而も, 詩の, 陣形を, 雪は, 驚くな

▼ くない~ (383, 2.0%)

129 のです 7 ね, のである 6 な, 樣子です 5 と思ふ, ものだ, んです 4 ことは, という 3 が, ことを, ぞ, と思った, のだ, やうな, んだ, 事は, 樣子でした

2 [34件] か, から, からだ, ことだ, ぜ, ために, でせう, というの, といふ, と思ひ, と見える, と言, なと心, のか, のかね, のって, のであります, のは, の高, ものを, やうである, ようである, ような, ように, わ, 事だ, 事も, 人間の, 場合は, 方です, 様だ, 樣である, 絵葉書や, 関係から

1 [218件] あの秘密, あの節調, かということ, かといった, かも知れぬ, かも知れません, かも知れん, からお, からそつ, からそんなに, からな, からね, からサ, から乗らん, から作銘, から借金, から唯夫, から国, から彼, から成る, から止した, から群集, から菜果, から驚く, かハハハ其, がこの, がその, がね, がま, が他方, が台所口, が幼少, が掘, が會社, が果して, が私, が西洋, が誰, けれども刑法, けれども夫, けれど人殺し, こと, ことで, ことな, ことも, これと, しお, し母親, じゃア, すつた場所, そうだ, その癖, ぞ源蔵, だけだ, だけに傾斜, つて言ひます, つて顏を, て, でもなかつた, で一ぱい, と, といいます, という有様, という身振り, といふ師匠, といふ欲求, とお, とおっしゃる, とおも, ところを, とはいひ, とまでも思込, ともいふ, と云, と云う, と云っ, と云わぬ, と今, と仰し, と勝手, と始終, と希う, と思, と思う, と思ってる, と思つた, と思つて, と思ふだらう, と申す, と見受ける, と言う, と言った, と言つた心持, と言つて, と言ふん, などと申しまし, なにお, なら逢わなくても, にきまっ, に手込め, に於, ねえ, の, のが, のだった, のでした, のでその後, ので御座います, ので貴方, のない, のに刀, のに厭, のねもう, の坊, ばかりの苦策, ほど巧い, ほど重大, ほほほ, もので, ものでしょう, ものです, もんじゃ, やうだ, やうで, ようだ, ようです, わい, わけです, んだろう, んぢや, アルトです, スペインや, ツて, ネ, 一服頂戴お母様は, 事實を, 事情が, 二人で, 人であり, 人柄です, 代りに, 佐助は, 何て, 余, 友人たちの, 命だ, 報だ, 場合も, 変遷である, 女さ, 女です, 女の, 奴が, 娘だ, 子柄, 実はな, 家と, 家の, 少しばかり, 少年の, 年増です, 幸いおれ, 幾つかの, 庭を, 役目だ, 思いちがいじゃ, 怪塔王では, 愛惜が, 感じだ, 方かい, 方だ, 方でした, 方便だ, 日射とを, 様子です, 樣子を, 此処に, 殊に日本人, 母の, 気が, 気持が, 永久に, 況して嘘, 為め精, 爲だ, 爲で, 爲に, 爲めの, 物を, 現象である, 理由が, 男です, 男振りです, 町筋を, 病人だ, 相手の, 程度に, 筈で, 筈である, 筈は, 筈故, 老耄生, 者の, 聲で, 自分が, 處と, 衣服を, 親が, 言葉の, 話が, 誘惑物だ, 變遷である, 軽薄を以て, 返事なら出さなく, 長治と, 陽氣です, 駕賃に, 高利の

▼ くなっ~ (318, 1.6%)

30 ている 22 ていた 15 て, てしまった 8 て来た 5 てきた, て来 4 ています, てしまいました, てしまう, て行く 3 ていました, てその, て来る, て死ん, て着物, て行った

2 [11件] てこれ, てしまっ, てもう, て今, て他, て家, て直ぐ, て私, て笑った, て自分, て間もなく

1 [162件] たりした, たりする, たり胴, たり襞, ちゃいや, ちゃうち, てい, ていい, ていい出した, ていただろう, ていっそ, ていった, ていやらしく, ていらっしゃる, てうつむく, てうつ向いた, てうなずいた, ておお, てお前, てかえって, てからすまぬ, てからであった, てからでした, てからというもの, てからの方, てからは人, てからも急, てから十二年, てから十年, てから四月, てから女中, てから或, てから源五右衛門, てから胡乱, てから門, てから願います, てぎこち, てぐっすり, てこたえました, てこと, てことぎれ, てしまいます, てじれ, てそのまま, てそれ, てそれでも, てそわそわ, てたちまち, てためらった, てだまっ, てちょうど, てつい, てなかなか, てはまた, ては来た, てぽかんと, てまるで, てむき出した, ても, てもお, てもじ, てもじもじ, てもやもや, てもわし, てゆく, てポケット, てモジモジ, てレッド老人, て一家, て三年, て上野, て下, て不覚, て両手, て主人, て九兵衛, て了, て二十三年, て云いました, て人夫, て何, て何代, て僕たち, て兄, て先王, て其の, て冷え, て処々, て出る, て分裂, て十年目, て双方, て叱られやしない, て吹曝し, て味, て地方, て夜, て大, て大層, て奥, て小声, て居た, て居る, て川, て底, て弱火, て当る, て心持手, て恐怖, て恥じました, て恥入った, て敲き附, て明, て暫く, て札幌ビール, て来たし, て来ます, て林, て横たわっ, て此方, て気, て決闘, て沢山, て涙, て渇い, て済んだ, て溝板, て火燵, て白い, て皮, て眠りほうけ, て眼, て窓, て竜, て竪川, て答えた, て終, て綺麗, て美味しく, て羞恥むの, て船, て葬式, て蜿, て見えなくなった, て見違えた, て言った, て豆, て足, て身体, て農, て逃げ出し, て逃げ出そう, て遂に, て酒, て野天, て雪, て電話, て顔, て風呂, て黒い, て黙っ, て鼻

▼ くこと~ (271, 1.4%)

8 の出 7 が出 6 ができる, のできない 5 が出来た, にする, になった 4 がある, にした, になる, はない, もある 3 あり, ができました, が出来る, となった, となつ, になつ, は出来ない

2 [18件] ありて, ができた, ができない, だ, だらう, であろう, であろうと, でせう, では, なかれ, になつたの, になつて, はできない, は出来なかった, は出来ぬ, は惜しい, もない, を知らない

1 [152件] あらざるべし, かを自身, か目黒近在ぢ, があっ, があります, がいつ, がいや, がおよそ, がその, ができなかつた, ができぬ, がら, が不可能, が出来ない, が出来ないなら, が出来なかった, が可能, が多く, が決定, が男性, が畢竟, だけで, だな, だろう, つよきに, であらう, である, であるすこし, であろう狂おしい, でこれ, です, といったら, とする, となる, ともするで有らう, と天, と相成る, なかりき, なき生涯, なくあらゆる, なくすこぶる, なく一寸, なしに, なぞはし, などは思ひ, にし, にしよう, になつたん, になり, になりました, になりませう, になるだらう, になれ, になろう, によって現われ働く, によつて, に加擔, に努力, に堪えられない, に対して少し, に気がついた, に決った, に變, に間違, のできぬ, のない, の不, の出来さう, の出来た, の出来ない, の初, の無意味, は, はあらざらむ, はあらじ, はありません, はあんまり, はげしかりければ, はこの, はその, はただ, はできなかつた, はないだろう, はなかっ, はねえだ, はまず, はモヂリアニ, は一向に, は中山, は今, は免, は出来ねえ, は出来ません, は同時に, は多い, は甚, は私, は稀, は第, は絶対, は適, は重大, ばかりだった, もあり, もありました, もあります, もありますまい, もあれ, もできぬ, もなく, もならぬ, も出来ねえ, も出来ん, も想像, も我が, も有, も無意味, も覺, よ, を, をうる, をお, をおそわった, をそして, をも樂しみ, を免れず, を命じ, を好む, を好んだ, を妨げられる, を得, を得ざれ, を忘れゐ, を恐れ, を拒む, を止め, を正式, を歴史的, を目的, を知らずし, を知らなかった, を知らぬ, を知り, を祈る, を肯ん, を要せなかつた, を許さない, を躊躇, 多かりしか, 多きは, 多しかく, 至れり尽せりの

▼ くとも~ (248, 1.3%)

4 姫などは 3 さうし 2 なく歩, 一生に, 今までの, 宜うご, 平安朝の, 日本の, 明日の, 演芸史の, 私だけは, 表面的には

1 [221件] あごの, あなたには, ある時代, ある時期, いとはじ, いまだけは, お互に, お前の, お夏, お帰り, お酒, このレザノフ, この人形, この物語中, この言葉, この間に, この點, これに, これは, さう, して, その人達, その眼目, それだけ, それは, とこよ, なく幾らか, なく窺, なく聽, ふたりが, ぼくは, わかしと, パアデレに, ロシヤ使節の, 一つだけは, 一人は, 一度は, 一揆の, 一時間以上前から, 一時間以上語った, 一般からは, 一週間なり, 七日目には, 三つは, 三両か, 三十女は, 三度や, 三日以内には, 三日四日考えた, 三通りは, 両漢書, 中流以上の, 乞食を, 事実あつ, 二か月間は, 二つあります, 二三十分は, 二三年は, 二三百年は, 二十迄, 二度近寄った, 二様の, 二通りの, 二首ある, 亦河, 人口十万や, 今の, 今よりは, 今二つ, 今迄は, 仏者の, 他の, 何万という, 何時も惚れられ, 作家には, 俳句で, 優れた新進作家, 其第一原因は, 其詞を, 内容といふ, 再び同船, 出雲人の, 出雲国だけで, 前よりは, 創作家という, 功利の, 動詞に, 十二時頃には, 半分以上は, 半年や, 半解の, 及びがたきおもしろ, 古事記・日本紀の, 同一の, 君は, 四カ所の, 在るもの, 地上に, 大和から, 天つ, 天子は, 太宰君は, 奈良の, 奈良以前に, 奈良朝での, 奈良朝以前から, 奈良朝以前に, 奏任以上の, 奮ひ起て, 奴隷以上の, 姫草が, 室町の, 少しは, 尚王家中山国建設以前, 山住み, 左の, 差しつかへは, 己を, 帝紀と, 康治に, 延喜式祝詞に, 強靱な, 形式だけは, 彼自身は, 御代初めに, 徳川末期の, 愉快であった, 成りて, 我々の, 我々以外に, 我が古代, 我が国の, 戦国以後ずつと, 拙くとも, 支那の, 文学意識の, 文明国である, 新知を, 新芸術, 日本人が, 日本人と, 日本在来の, 日本文学の, 旧文化, 明治以前であり, 時雄の, 曲馬団に対する, 本年の, 東亞文化の, 枕詞として, 植物では, 標準語を, 横死した, 歌舞妓が, 此には, 此幾倍かの, 此心持を, 此方面に関してだけは, 此書に, 毒薬などは, 江戸最初には, 活字の, 演芸の, 父の, 理論と, 生命の, 田, 當時の, 発想法の, 的, 目を, 真の, 真実では, 知識階級は, 短歌に, 神が, 神を, 神代巻の, 神自身と, 福島屋から, 私などには, 私には, 私の, 私は, 私自身としては, 穴を, 第一線に, 純粋の, 絶対的な, 脱却し, 色好まざらん, 芳子の, 芸術の, 落附い, 蘭學への, 表面は, 西洋の, 親兄弟や, 言はれよう, 諷詠しよう, 貸借関係の, 超大巨人の, 返されません, 送り人形, 進んで, 過去の, 遠来の, 都会の, 醜くとも, 重態と, 鎌倉, 長い種族生活過程, 開く力, 隋の, 雙紙を, 非常に, 驚かぬ覚悟, 體内に, 高麗時代から, 黒吉は, 鼻の

▼ く~ (246, 1.3%)

22 の花 8 のあかり 64 か, の中 3 と言, のない

2 [19件] が着い, で執拗, と落つき無き, なしの, のはな, の列, の十本, の広場, の雷神, は, はうす, はすっかり, はにつゆ, は飛出し, ふるふと, へある, へあれ, をふみ, 言う

1 [158件] うして, う称, かえ, かか, かです, かべの, がじ, がむらさき, が咲い, が減少, が美しく, が頭, だ, つ, でもある, でもし, とお, とかう, として居る, とする, とその, とどこ, となっ, とひき出し, とゆき, と何處, と便所, と再び, と出かける, と別, と名札掛け, と夕食, と外, と多く私, と奥, と威容, と家路, と帰つて行, と帽子, と平次ら, と庭, と支度, と書捨, と木戸, と松ぼく, と歸つて行つたあと, と歸つて行つたの, と町, と立ち上った, と等しく, と職員室, と肌, と腹, と茶, と葭子張り, と蒼い, と行き過ぎ, と赤い, と踏む, と鈴, と降り, と降りた, と雨, と電車, と飯, なし私, など, などに目, などに繊細, などは入れ, なれや, にしばし, にぼんやり, にもついに, にも少なから, に三, に地, に対する物忌み, に此女中, に甚だしい, に茶碗, に行った, のあなた, のいちめん, のいつ, のいほり, のうえ, のかおり, のさ, のなか, のほめき, のみにしあれ, の七, の交つた, の千歯, の向, の向う, の園, の地下茎, の山, の心, の時代蒔絵, の束, の柴, の根, の母, の灯, の瑠璃, の生, の紫, の絨氈, の芽, の香, の香華おとろ, はない, はないでしょう, はなかつた, はみな褐藻類, はら, は信長, は元, は忘れ, は我国の, は絶えやせん, は肉一重, ばかり食っ, ふるふとくさ, へあつ, へぎつてゐた, へなつ, へなり, へ感じる, へ義雄, へ聽, へ見, もやる, もゆれ, も収, も桑ばやし, も無く, をここ, をし, をしない, をすべっ, をせず, をたべ, をつ, をふく, をやる, を一里, を取らせ, を吹け, を採り, を新, を植ゑたり, を籠, を食べる, 言うの

▼ くなる~ (183, 0.9%)

14 のを 6 のだ 5 頃には 43 かも知れない

2 [17件] か, から, ことから, ことを, と, と私, のだつた, ので, のである, のです, ばかりで, まで煮, まで煮ます, んだ, 事が, 事は, 所に

1 [117件] かもしれません, からと云, からと歸, から木戸, から誰, が金兵衞, くらいだった, ことが, ことに, ことは, ことほど, ことも, さ, じゃァありません, そういくら云っ, ために, といふ, といふこと, といふもの, といふ事, といふ考へ, といふ頃, とお宅, とかいふ事, とかへつて落着き拂, とこれ, ところな, とす, とすぐ, とすっかり, とともに商売, となほ更あたし, とまもなく, とカッカ, とマダム, と一処, と五分, と健, と向, と女同志, と實, と店, と心配, と思へなかつた, と東京, と海, と火鉢, と父, と物騷, と申します, と皆, と老, と考えられる, と蠣, と谷川, にきまつてる, につれて鉢, には決つて, に從つて, に從つて不機嫌, ね, のか, のが, のであった, のであつ, のであります, のでかの, のに, のも, ばかりだ, ばかりだった, ばかり法令, ばかり箭, までさっさと, までのばし, まで何, まで湯, まで終, まで覗い, まで辛抱, まで鐵, ものか, ものかと, もので, ものである, ものな, もんだ, やうな, よりも溶ける, よ俺, よ雪, わけで, わけであった, わね, んなら, ンぞ, 一方だ, 上に, 如何に, 度まで, 彼は, 我々どもが, 或は首, 所だつた, 日を, 時の, 時後妻を, 時御, 杜鵑来り, 石炭や, 私も, 程恐れを, 筈が, 筈だ, 親は, 記憶力は, 頃に

▼ くなった~ (173, 0.9%)

6 と云う 4 のだろう 3 のは, のを, んだ, 父の, 顔を 2 ことを, の, のです, のでその, よ, ように, 切りで

1 [134件] あとの, あのお, おとう, かえ, かと思う, からでした, から休もう, から兎, か知ってる, が, がお, がきよ子, がこれ, がどうせ, が一晩, が実は, が家, が急, きりで, けれどもやはり, ことが, せいか, そこの, たいやき, ためか, ために, だけで, で知れ, という仲間, とか云う, とか西洋人形, とき, ときにも, ときわたしは, ところで, と云った, なあ坊や, なぞいう, ね今年, ね伯母さん, のかと, のかも, のが, のじゃ, のだ, のであろう, のでいろんな, のでした, のでそりア, ので一方, ので今朝, ので代り, ので力, ので十九, ので右, ので普請, ので滄客, ので田宮家, ので私, ので秋山家, ので胸, ので船室, ので関係者, のには, ものだ, ようで, わたくしの, んだろう, んです, ツヤ子さんと, ランプの, 七周忌だ, 丈で, 上に, 事です, 先妻は, 別人なら, 古典歌謡曲の, 妻に, 姿を, 子供を, 家内の, 寝床へ, 川幅を, 当時の, 後で, 後でも, 心に, 感じで, 手の, 故かナ, 春の, 時などは, 時に, 時には, 時にも, 時の, 時は, 時分でも, 時分伯爵邸へ, 時分木内君の, 時妻子の, 時家人が, 時私あかん, 有合わせの, 来る朝, 様な, 歯ぐきを, 母の, 気候の, 汐時を, 河野とは, 父が, 父に対する, 父上さま法外にも, 父親にでも, 父親の, 猪口を, 珈琲を, 男だ, 石の, 私の, 空気に, 紅が, 素子の, 翌朝フィールド銀行に, 老婢の, 自分にも, 話を, 躑躅の, 醜い犬, 際形見として, 顔は, 髪の毛が

▼ くなつ~ (165, 0.8%)

618 たので 6 て来る 5 たやう, たよ, てくる 4 たから, たと, たりした, てしまふ 3 た時, て行く 2 たか, たが, たこと, たねえ, たもの, たり目, た頃, てきた, てそれ, て来

1 [33件] たある, たかな, たかの, たけれども, たさうですが, たし, たつて, たね, たまま, たよう, たらう, たらうといふ, たらうねえ, たらう野郎我, たらその, たら蔭, たら行かないかも, たりする, たり力持ち, たり狹, たわけぢ, たン, た場合, た夜, た巖君, た時ぱさ, た金之丞, ております, てきました, てしまつたの, てしまひ, てゆく, て行き

▼ く~ (158, 0.8%)

6 を握っ 4 へ手, を傾け 3 を抑えた

2 [13件] に巻い, に掛け, の汗, の細, をつかん, をつかんだ, を何となく, を引っ掴ん, を捕え, を掴ん, を握った, を握り, 掴んで

1 [115件] からその, から五体, から数珠, が堯, が少し, が泣きふるえ, が疼き痛む, が痒く, が白く, が詰った, その足, で廻っ, にある, にかけ, にきしょう, にくいいっ, にすれ, になり, にまきました, に兜, に噛みつこう, に太陽, に巻きつけた, に引きずり, に当っ, に挿し, に数珠, に注い, に消えぬ, に眉, に菩提樹, に血, に見える, に触, に触った, に鉄, の上, の処, の動かし, の太い, の心配, の数珠, の時, の桃色, の様, の濡れ, の痛み, の腱, の辺, の鉄, の骨, は二倍, は光る, は動く, は垂れ, は宝石, は捻じ切れ, は爬虫類, へ咬みつい, へ抱きつい, へ来, へ歯, へ落ち, へ薄, へ食いついた, まで真っ赤, まで赤く, も撫でまわす, をかたく, をなでた, をカクンカクン, をギュッ, をグッ, をチョット, を下, を並べ, を仰向かせる, を伸ばし, を優しく, を出し, を前後, を取っ, を噛みます, を固く, を垂れ, を塩, を左右, を差し伸ばし, を巻きつけた, を引っつかみ, を引っつかん, を引っ張っ, を引っ張る, を引ッ, を抑え, を押え, を持っ, を振っ, を捩じ取り, を掴まえ, を掴まれた, を握りしめた, を握りとめた, を撫で, を斬っ, を梅軒, を横, を深く, を痛む, を紐, を絡, を見, を離さない, を餌, 切られこの

▼ くなり~ (143, 0.7%)

6 かけて 4 ながら 3 にけり, 続いて 2 たれ依然, にける, になった, になつ, になりました, 一途に

1 [115件] あるいは狭く, うとうとする, かうして, かかつ, かける時分, かんしゃくを, さう, さうだ, しまひ, そうな, そして女の子, その上, その後嗣者, それを, たれど, つつある, てただ, てもこれ, てわれ, て始め, て我, て止みぬ, て諸, でもした, とうとう躄者, ながらそれでも, ながらもわたし, ながら一生懸命, ながら向いあった, ながら女, ながら弾かれた, ながら微笑, ながら教え, ながら説明, ながら頭, ながら首, なすった, なすつて, になっ, になられ, になられました, はした, はしない, は爲, まさって, まさりてたへが, まさる女, まるで映写中, もし貴方, やがつたな, よい語り手, チョイトチョイトの, パンは, 不器用に, 不安で堪らなかった, 世人は, 乍ら後に, 他の, 他方帆村の, 候まま炬の, 兎も, 内職の, 勇を, 勇氣を, 厭な, 又自分, 古道具屋の, 咽喉もとの, 困つて, 園の, 夏の, 大胆にも, 小僧の, 山の, 弟の, 感覧が, 打裂羽織, 指を, 智惠を, 暗さ, 未亡人は, 東宝の, 次の, 欲しくない, 止めると, 武夫は, 水害も, 汗が, 甘美すぎ, 痩せこけて, 筋に, 総て官吏服務規則に, 肉體も, 自分の, 自分は, 自由に, 良人と, 行くのみ, 親の, 角が, 諸色が, 貫一さんの, 趣味好尚が, 身を, 躯も, 逃げ出したい位, 遊ばしたと, 道も, 部屋の, 重く芳ばしくなっ, 金なほ餘れる, 銀色の, 頭は, 風俗も, 黒檜米栂米躑躅などが

▼ く~ (129, 0.7%)

5 如し 3 いい, 宜い 2 でました, どっかで, よい, 如きは, 如き暑熱, 如くに, 気に

1 [104件] あたりまえだ, あったの, あったふう, あったわけ, あって, あっての, あるの, あるまい, いいや, うまい工合, おきたという, おちかかったの, お前は, きみたちと, きみの, ごとき振舞い, ごとき趣, ごとき音響, ごとくさすが, ごとく指, ごとく水, ごとし謠, ごと齋きまつれ, じの, そっと戸, その他は, その小判, ための, つくと, どうであろう, どうなるであらう, なくては, はずれて, ぶくぶく吹きでる, ほとんどその, ぽたぽたと, やぶれるほどの, ゆゑに, よろしいかも, 一通りならぬ, 七月六日わが, 上つては, 上に, 中に, 人情の, 今日は, 例なる, 元尊者, 六で, 出ると, 動揺し, 動詞接尾語の, 可う, 君に, 君は, 吹き出すだけで, 変わっては, 大丈夫仲間ぢや, 大奧樣, 如き南国, 如き壮烈無比, 如き彼, 如き日, 如き炎天, 如き石, 如く喜ぶが, 如く因幡守, 如く明かなるは, 如く望みたり, 如く樹葉皆, 如く治, 如く照りつけるので, 如く直に, 如く誠に, 如しで, 当前, 形容詞接尾語し, 徳永に, 思ひがけ, 悪くて, 手に, 故に人, 故に凡て, 早いか, 最後芳原は, 李栢文書である, 楽屋模様の, 気絶し, 浮いて, 浮きあがって, 漆くい, 田には, 田の, 眠つ, 絡まつて, 若しかかる, 茶を, 言いかけるの, 起こると, 起らなければ, 起る, 起るに, 陰陽の, 青木の

▼ く~ (120, 0.6%)

3 吹いて, 聞けば, 見て 2 いふ, えむ, しぼったよう, 得べからず, 滅多に, 遲み

1 [99件] あそばされいっせいに, いって, かきつけて, きくこと, きって, くりかえしうって, ごぼ, すぎゆきて, たしなみましたが, できるだけ無視, どんなに出し, ふいた, みづうみの面, やって, やめよ, 一ぱい付け, 三べ, 二つ三つ噴き出し, 例として, 保つて, 出して, 出しながら, 出す, 力を, 動かしたい, 北に, 取つて, 吹きながら, 吹き出して, 吹き吹き時々実に, 地下室が, 如何に, 察して, 待ちて, 得べしと, 得れども, 徹すること, 心配し, 恐れざりき, 悦ぶ, 憐み, 憚かる, 憾むもの, 拵えましたの, 捲きおこした, 掻きまわしたよう, 揶揄う, 施す人, 替へ, 板に, 構はずに, 気に, 波ご, 湧き立てて, 知らざるに, 知りこれ, 知り微妙, 石うつと, 立て湯気, 紙に, 編んだきり, 考えて, 聞いて, 聞きて, 聞くため, 薄々知つて, 表は, 要せんや, 見, 見しが, 見た, 見ながら, 見また, 見ること, 見れば, 見詰めて, 覺え, 討ち紊す, 訛ったか, 許さず, 話して, 語根と, 読みました, 贈ったこと, 載せた上潮, 送る, 送る詩, 開いて, 隈無く, 需めぬなるべし, 須ゐず, 頼んでも, 顕微鏡で, 顧みぬやう, 顧慮し, 風は, 飛ばして, 食べながら, 飲んで

▼ く~ (119, 0.6%)

17 くッ, ついて 16 つけて 43 と笑い 2 くくくく, 付いて, 付けて

1 [56件] く, くくくくるしい, くそ, くと, くるしい, た, たく知らずだ, たその, たアンマ, ちまったん, ちゃッたん, ついた, ついたきり, ついたらくッ, ついたり, ついていけないから, つかぬとか, つき合って, つけた, つけたまま, つけたり, つけた不義, つけてるの, つける, つけるよう, つけ合って, つこうと, ています, ていやがる, ていらいら, てお, てしまう, てしまった, てなりません, てふたり, ても一向, てるから, てる方, てわれがち, て嬉しく, て意志, て手紙, て時として, て考えなおし, というよう, という啼き, という嗚咽, とした, と内側, と咽喉, と笑いました, と笑っ, と肩先, と鳴らし, 下らないこと, 苦しい

▼ くよう~ (117, 0.6%)

8 なこと 6 な声, にし 2 ございます, であった, なもの, な日, に, にいった, になっ, に横合, に洩らした, に言った

1 [77件] じゃ, じゃア, だ, なあたし, なおがむよう, なおりおりは, なせつな, なもん, な事, な何, な光秀, な口, な叫び声, な叫ぶ声, な嘆声, な太陽, な女, な小さな, な強い, な心配, な恐怖, な恰好, な母, な溜め息, な激し, な筋, な箇處, な紺碧, な苦み, な調子, な鋭い, な陽, な音, な音声, な黛, な鼠, にぐんぐん, にしよう, につぶやき, にとさいさん使者, になされ, になった, にならなけりゃみ, になりました, に云い放っ, に人, に仰しゃいました, に円筒状, に勧めた, に告げる, に咆哮, に垂れた, に墻, に思っ, に悲しく細, に或は, に指導, に振廻し, に気, に烈しい, に片, に男, に畳まれた, に白く, に相成, に細い, に聞え, に聞こえた, に腹, に見, に軽く, に遠い, に静か, に頷く, に頼ん, に颯と, に香水管

▼ くやう~ (104, 0.5%)

10 になつ 5 にし 3 な事 2 であつ, なこと, な氣, に, になる, に其

1 [74件] だが, で, でした, で野趣, なそれ, なら考, なり, なカレツヂ・ネクタイ, なサモ, なラケツト, な借金, な假聲, な光線, な印象, な合唱, な声, な嬌態, な得, な日, な楽, な機會, な気, な氣持, な焔, な甚だ, な目覚ましい, な空気, な絲車, な聲, な聽, な背, な親切さ, な踏板, な軽い好い, な追求力, な長い, な長つた, な陰性, な雷鳴, な風, にさ, にざわ, にしなけれ, につねに, になり, になりました, にはるばる, に三度, に二匹前後, に仰, に低い, に出, に努力, に動く, に又, に同時に, に御, に徹宵其隙間, に急造, に成つた, に成つて, に成る, に枝, に發送, に私, に笑つた, に葉先, に製作, に見えた, に親切, に言, に開けつ放し, に音樂, に頤

▼ くする~ (97, 0.5%)

9 ことが 4 ことも 3 ことは, ために, のです, のは, ような 2 のであります, のと, ものは, やうな, 器

1 [59件] かあるいは, かそんな, ことで, ことである, ことに, ことによって, この娘, この山, ための, だけですむ, だけのこと, といふ, ときが, とも一度, とも非, と以上三事, と兩方共, と揉上, と明日, と突然, と間もなく, なと云, にあり, には周囲, に違, のが, のじゃ, のだ, のである, のには, のを, の最も, ほどの実力, ものか, もので, ものを, やうだ, ように, よりも眼, を要せ, 一族は, 事を, 事大切なり, 人も, 力と, 化けもの, 外は, 床の間の, 必要あり, 恥知らずで, 所が, 手数を, 為に, 社会組織に対して, 程真理に, 積は, 積りでも, 者と, 者下痢する

▼ く~ (96, 0.5%)

4 を殺す 2 に福, の知る, の言語, をみまもり, を殺し, を籠絡, を見, を養う

1 [76件] があります, がき, がよく, が人, が切羽, が旗, が歌, が死な, が氣, が知つて, が知らぬ, が言う, けも多く, でしたが, ですね, と仮, ならざりしが, にそれ, になる, に化ける, に媚, に対する思いやり, に虚僞, に話した, に語った, のけは, のため, の世話, の名, の命, の唸される, の如く, の影, の心, の憂, の指使, の未来, の楽み, の活血, の災難, の無い, の空想, の背景, の蝶, の行く, の言う, の面白味, の頤, はね, は云, は固唾, は幾ら, は美しき, もあった, も全く, も癒えよ, やあるいは, をおとづれてよみし歌, をし, を傷つく, を利する, を制, を叱り付ける, を叱咤, を呼び, を妖魅, を惑, を欺け, を殺さん, を活す者, を祈る, を興, を苛める打つ, を苦め, を騒がす, 或は驚き

▼ くふう~ (79, 0.4%)

10 して 8 をし 6 はない 3 したの 2 もなく, を, をしなけれ, をする

1 [44件] あっても, がある, があるであろう, がかんじん, がつかない, がつきませな, がない, した人, した商売, しては, してやって, しなければ, しろ, しろと, し出すのに, し見物, し雪解け, すること, するとか, するもの, でお守り, といっ, とは何, のあまりに, のご, のしようが, の知恵, はある, はし, はします, はないだろう, はねえ, は無い, ばかりし, もあった, もありません, もおじゃりませぬ, もボブ, も似た, をこらした, をこらしました, をした, をせぬ, をめぐらした

▼ く~ (70, 0.4%)

5 を見せ 4 のある 2 があった, がある, を刻ん, 地の

1 [53件] があく, があり, がはっきり, がふっと, が一瞬, が出, が出来, が出来る, が妙, が愛くるしい, が柔かい, が泛, が泛び, が浮ぶ, が消え, が湧い, が輝く, だけで十分, というの, には寂しい, に万吉, に漂いだし, に見える, のあいきょう, のよう, の中, の入った, の出来, の深, の深い, の草かげ, の震え, はいつも, はまだ, は小指, は誕生, をみせ, をみせる, をよせ, を両方, を浮かべ, を浮べ, を深く, を深め, を見せた, ウイスキイと, ウイスキイの, 地く, 地に, 地には, 地へ, 地を, 田に

▼ くところ~ (64, 0.3%)

2 に落着, は甲府, へ落着

1 [58件] あるいは貧賤, からわたくし, があります, がある, が書い, が無い, が面白い, ぐらいこしらえ, さながら狂女, だ, だから, だつたが, だつたの, であつ, である, で勝っ, で茶, で赤い, とうとう袴, となり, と与え, なき僕, なりといふ, なんぞはない, になりました, にゐる, に気がつかない, に誤り, に赴, に迷う, に雲, の人, の娘さんたち, はあらざりき, はいずれ, はおのずから, はここ, はすなわち, はただ, はまさしく, は具體, は大した, は少し, は広, は矢張り, は自暴, は資本, へは近寄りません, へ來, へ土藏, までくる, もきまって, をふたたび, を刺殺した, を目撃, を見届けたい, 坐するもの, 必ず宣撫

▼ く~ (47, 0.2%)

2 どうかを, どつ

1 [43件] うたた寝の, さもなければ人前, したに, して, どうか, どうかわかりません, どうかわかりませんでした, どうか知りません, はらけ, はりに, わからない時代, わからなかつた, わかりません, われの, 人目の, 仮寝の, 余の, 僕は, 共に順吉自身, 分らないと, 分らないん, 分りませんが, 判らない不安, 吾人の, 小声ながら, 屆か, 彈か, 怒るかするん, 怪しいもの, 書物を, 毛利に, 水が, 知らぬが, 知りませんが, 知れませんが, 知れや, 聽かねえか, 落つか, 谷川へでも, 財布を, 際限なく, 駢指の, 験して

▼ くこの~ (45, 0.2%)

1 [45件] お念仏, なかには, ゆゑに, ハタラから, バンクノートの, 中に, 事業の, 会見に, 作者は, 使者が, 信仰が, 俤は, 八丁堀の, 北村青年の, 境地を, 夜深, 室に, 家に, 家業が, 屋敷へ, 市を, 忠諫を, 悩に, 手紙においては, 日稀有の, 暗いのに, 松浦の, 果敢なきメロデー, 極楽の, 河に, 済まないよう, 灌木が, 特殊なる, 生々死, 田舎者から, 男の, 目を, 石を, 私徳を, 章程を, 細語, 苦き位置, 苦痛に, 葉も, 記録の

▼ く~ (45, 0.2%)

2 休でした

1 [43件] よろこび申上げ, 一新は, 主人に, 了解下され, 介抱申たる, 出來, 出張あった, 判じ被, 勘弁なすっ, 化粧され, 在宅で, 奉公を, 存な, 存下だ, 客が, 家督の, 帰りです, 心配の, 恩を, 承知で, 承知でございます, 政事を, 暮し遊ばす, 汲分被, 注意あっ, 無事様で, 當家へ, 目に, 相談を, 研究に, 笑ひ, 考えなされまし, 考え下さいまし, 聴きなさい貧乏, 自分でも, 茶を, 藩の, 見えに, 見送りします, 記憶かと, 記憶御, 話を, 辛抱なされました

▼ く~ (45, 0.2%)

4 はない 2 があります, がある, のある, の肺腑

1 [33件] ありと, あり実に, かを他日檢査, があったなら, があつ, があれ, が出, が少し, が有, が辺土, じゃ, と人, と誣告, なしなどと, なり, のため, の悲し, はこの, はこれ, はなかっ, はなはだ衆, はホツ, は一人, は先づ絶無, は土間, は夢路, は死, は無い, は無かっ, は立ちどころに, もあれ, もございません, 見る者

▼ くこれ~ (44, 0.2%)

2 を知る

1 [42件] が人間, たのまれて, とう日向守, なく寒さ, に凌駕, に和し, に堪え, に教, に讓, の襟, は田舍, は鎌鼬, ほど描けた, までにこれ, も長逝, をなさしめた, を以て我, を冢, を味, を圍みつ, を客觀, を度外, を措い, を描き得たる, を断行, を果した, を消化, を犯せ, を知れり, を置け, を致す, を苦しめた, を視せしむ, を解き, を解釋, を記せん, を買, を買わせる, を遇, を遵行, を黙, 又立派

▼ く~ (44, 0.2%)

3 を高坂 2 が店, は私

1 [37件] かに麻布市兵衛町, にとつて, に出来ない, に喰っ, に逢い, のこと, の云う, の寝床, の寢, の心, の心持ぢ, の申し, の眼, の睡眠, の考, の行路, の身心, はふと, はドイル, はバッグ, は一種, は丁子屋, は乳母, は今や, は半島, は存じ, は引き受けない, は御, は歌, もいよ, らしい冬ごもり, をからかふ, を招待, を撲った, を胡魔, を解し, を驚かした

▼ く~ (43, 0.2%)

3 の眼, れの

1 [37件] に勧告, に曉, に迫っ, のもの, の出世, の厭世家, の地, の女, の姿, の娘, の文物制度, の楯, の痛苦, の眸, の秘密, の肩, の胸, の艦隊, の讓らん, の身, の軍, の頭, は, は卵屋, は大, は小走り, は朝, は横浜, は迅速, を召す, を和げ, を放さなかった, を放さなかつた, を東京, を殺す, を襲っ, 亦聊か

▼ く~ (43, 0.2%)

3 を付け 2 の付く, をつけ

1 [36件] か, がしなかった, が合, だね, でおりました, なんかになり, にし, にする, になった, になつ, になる, になれない, になれなかった, になれなくなった, になれません, に入っ, に掛け, に病むでゐた, のつく, の付かぬ, の合, の小さい大人しい, はなかっ, まえよく, まづい, もかろくな, をおこさせました, を付けない, を以てこれ, を吐い, を落ちつけ, を落着け, を附け, を附けね, を附けろ, 遣は

▼ く~ (41, 0.2%)

2 つちや濟, はざる

1 [37件] つた, つたが, つちや濟まんが, つちや濟むめえ, はない, はれる, ひふらした上, ひ執れか, ひ当てた人, ひ放つた, ひ畢, ふ, ふぜ, ふで肘鐵砲, ふと稜威, ふと雖, ふにも, ふの, ふやう, ふわけ, ふを, ふんだね, ふ位, ふ者, へども禽獣, へども飛鳥, へば傲慢, へば夫, へば自然界, へば道樂, れる事, を云, 出しまして, 出すに, 教えて, 解かば, 遺か

▼ くぬぎ~ (40, 0.2%)

6 林の 3 原に 2 の木, の木々, の林, 原ぬけ, 原午, 林に, 林は, 草もみぢ耀く

1 [15件] か何, きりつるまんり, さくら, で炊いた, で飯, の影, の木の根もと, の防風林, を用い, 何本, 林が, 欅もみ, 等の, 薪の, 赤松ほのぼの

▼ く~ (40, 0.2%)

2 精神に

1 [38件] かの谷, このくるみ, この十二社, この老体, この處周圍十一哩, ただ写したま, つて来た, つて歩いた, われらの, 予に, 互いの, 先づ其生を, 其一枚, 其外部の, 努めて, 命ぜられん, 妻を, 実母の, 家に, 峠, 幾度にても, 御当官等, 我國人も, 新しい思想, 此の, 満天下の, 田園疎林の, 神來の, 秘宝を, 竜涎蘆薈留奇の, 葉の, 薬も, 見て, 設けたくないもの, 誰の, 請ふ, 貴公が, 跡も

▼ く僅か~ (40, 0.2%)

4 しかない 3 だが

1 [33件] きれいに, しか影響, しか眠, しきゃ居ないぜ, ずつ移っ, だ, だけれど, だつたが, づつの糸を, づつ傾い, であります, ですけれども, でそれ, では, で質もみぢめ, なので, なもの, なん, な施設, な時間, な燈光, な積立, の例外, の内輪, の時間, の様式, の白い, の計器, の財産, の露頭, ばかりある, ばかりの不注意, ばかりの所

▼ くという~ (39, 0.2%)

3 のは 2 ことに, のが, 言葉が

1 [30件] おさまりかた, ことこれを, ことは, ことを, ところで, のか, はかなさ, ものじゃ, もので, ものである, ものを, わけで, わけにも, 一種の, 事あり, 侠気も, 偉大な, 噺家の, 女中が, 字も, 情を, 意味が, 意味の, 感じが, 旧時の, 点において, 理が, 素晴らしい大きさ, 結論は, 義血侠血の

▼ く~ (39, 0.2%)

3 にする 2 がある, にした, になりまし

1 [30件] か夜, があります, が上手, が出, が出来たなら, が分り書, が運ん, さえある, さりとは, でございませう, と云う, にしよう, になつ, になつたの, にもなります, に致しましょう, の出, はなかろう, は出来ん, ばかりです, も出来ず, も進む, よりもこの, をする, をなさん, を弁ずれ, を得, を忘れなかつた, を知り, を知りませんでした

▼ く~ (38, 0.2%)

3 れを, を知る 2 を為せり

1 [30件] と美, によりて直ちに, に与からん, に傍, に拠った, に順, れも, を代表, を以後, を受取つて, を味つて, を学び, を実行, を察し, を措かん, を措き, を擱, を支えん, を教え, を知らん, を示し, を禦ぐ, を聽, を要約, を見おぼえ, を解し, を証し, を運轉活用, を除き, を隱

▼ く見る~ (38, 0.2%)

2 ことが, と女

1 [34件] ところで, とこんもり, とそれ, と一目, と乙, と何, と余り, と先刻, と其の, と其中, と助平そう, と小さな, と少し, と年輩, と年齢十八九, と底, と母, と発信人新橋二七八一番, と眇目, と眼, と自分, と蒼ざめた頬, と透通っ, と銀紙, と雀斑, と顔, と顔形, に全く, ものを, もの稀なり, 事も, 人が, 劒戟も, 能は

▼ くので~ (37, 0.2%)

9 あつた 2 御座りまし, 牛達は, 終ひ

1 [22件] あたりは, この儘, せう, ひるは, 一人の, 何處から, 大きなの, 大変に, 年の, 慓悍な, 折角降り積みかけた, 晝の, 最近の, 有るから, 母親が, 着物の, 砂の, 米は, 苦惱を, 葛飾のかず, 足が, 鍛錬した

▼ く~ (37, 0.2%)

2 つかめえられて, 手早く拔

1 [33件] がある, がすぎます, しも又, つくづくむかし, である, とかあるいは, とたる, と孰, にさ, にし, には我, には落着, にイヅモタケル, に出雲建, に於い, に火中, に炎, に燻されなかつた, の運, はいつも, は世界中, は人, は唐律, は孔子, は杖, は死ぬ, は自, まで橋際, をかけました, を稽, を見る, 即ち多く, 少なく文意悉

▼ く考え~ (37, 0.2%)

8 て見る 5 て御覧, て見なまし, て見ろ 2 ていた, てみろ 1 つめるよう, てい, ていらっしゃい, てごらん, て置いた, て見, て見なさい, て見給え, て貰いたい, 合わせて

▼ くその~ (36, 0.2%)

1 [36件] いづれの, ため縁が, ため頭が, ついた汚い, ように, 一段上に, 万事が, 上には, 上落ぶれ, 下相談に, 人これを, 代り非常に, 儀元日に, 光を, 全文を, 前に, 嫡子龍興どのも, 尠い, 形式に, 快きを, 憂いの, 成分の, 方に, 日の, 水の, 状恰も, 疑問だった, 白さ, 絶対独立の, 船宿に, 花びらを, 蛇夜これを, 見當, 言葉も, 話を, 證は

▼ く知っ~ (36, 0.2%)

15 ている 6 ていた 3 て居ます

1 [12件] たり集め, ています, ているだろう, ているらしい, ており, ております, てます, て居た, て居ります, て居りまする, て居る, て居るで

▼ くなかつた~ (35, 0.2%)

3 のだ, のです, のでせう 2 が此際, ぜ, んです

1 [20件] から全く, が一昨年, が五遍, が同じ, ことだらう, し相手, といふ, と嘗て, の, のかも, のさ, のだらう, のでございます, ので灯, のと, やうです, 今時こんな, 數年前に, 樣子で, 爲で

▼ くほど~ (33, 0.2%)

2 でした

1 [31件] かれた白地, ごみが, その勢, だ, だつた, のちが, よけいに, イヤに, 上手に, 危険率は, 変って, 大きな声, 如何にも自分, 彼の, 得物を, 憂鬱な, 打ち込んで, 支度を, 新しい二間四方, 杉や, 楽しみな, 気丈夫な, 溺れるばかり, 痍を, 神経を, 神経質に, 私の, 私的に, 美しいもの, 近く浮き出し, 近く見え

▼ く少数~ (33, 0.2%)

3 の人々 2 の人

1 [28件] がいる, しか居ない, しか居りません, だけは知っ, だった, である許, ではあります, で大抵, な者, にかぎられ, に限られ, のブルジョア, の人物, の人達, の作, の作家, の傑出, の実, の市民, の幹部以外, の旗本小姓, の旧, の牧師達, の特に, の白人, の藤原氏直系, の遺族, を除い

▼ くさめ~ (32, 0.2%)

7 をし 6 をした 4 をする 3 を一つ 2 とせき, をしました 1 がケン, が出る, の競争, の音, もせず, を催した, を遊ばす, 切った酒

▼ く其の~ (32, 0.2%)

2 主義を, 任務を, 内閣に, 内閣を, 名を, 意味を, 目的を

1 [18件] かそけきを, 中の, 区別は, 外交に, 外交に関しては, 山懷に, 張る氣, 心を, 戸が, 是非を, 深きを, 目的に, 系統論に, 趣意を, 鉛色の, 顔形を, 駭絶の, 鮨を

▼ く小さい~ (32, 0.2%)

2 煙花の

1 [30件] ときから, のは, のを, もの, もので, ものと, 一点を, 一部分を, 上に, 十字架が, 問題から, 子供の, 川だ, 工場だつた, 所らしい, 方だ, 時から, 時に, 時分に, 石だ, 範囲で, 西瓜も, 要素に, 詰らない事, 貿易商の, 軍服姿の, 軟式飛行船が, 鑵詰を, 震えるよう, 頃の

▼ く~ (32, 0.2%)

2 にも誰一人

1 [30件] から元, がある, にあとかた, にさがし出し, には學問, に三世, に二重三重, に六百人, に塵埃, に売り出し, に急, に本, に段々, に灰色, に焼け, に目さ, に過ぎた, に音, の今度, は信條, は學術, もありません, もない, をいふ, をとつ, をとり, をへだて, をわざとらしく, 見のがして, 遅しと

▼ くても~ (31, 0.2%)

2 すぐに, 昨夜を

1 [27件] い, ほんのり春, もう種, やはりそれなり牝鹿, 一度別れ, 主人が, 今朝も, 仕方が, 依然として胸, 其の面積, 冀北の, 出て, 剛く, 史論が, 君は, 大したこと, 大野木まで, 失望を, 学校を, 宜い, 感覺は, 憎めないやう, 手が, 矢張り變色する, 種類を, 胆力が, 親父の

▼ く~ (31, 0.2%)

9 あらう 2 あらうほどの, え, せう

1 [16件] あらうかの, あらうが, あらう幽閉, あらう生活, えや, え俺, せうか, せうから, はありません, 刺戟の, 台張し, 支配出来る, 泣いて, 遊んで, 鐵板製の, 鬼の

▼ くそれ~ (30, 0.2%)

1 [30件] から一日仕事, から一週間, がまた, が判った, が塹壕, が戀着, が珍し, が行, とは同じ, には此地, によります, に吸, に應, は立派, は雲, までにひそか, もやはり, を, をお, を云, を動かす, を弾き飛ばした, を待つ, を忘れない, を抜き出し, を狙, を眺めやる, を見, を語つて, を追求

▼ く~ (30, 0.2%)

3 へ落着 2 は糠雨

1 [25件] か却って, がありましょう, がある, として可, なし, なり, なりと雖, なん, にある, によれ, に同化, に鳥, のある, の語, はない, は形状, へ揃, までもおり, まで持っ, まで登つた時, まで迫っ, も定まらず, を察し, 実に此, 等しくし

▼ く~ (29, 0.1%)

6 はれて 2 はるる

1 [21件] つた, はると, はれしもの, はれし五世紀, はれそれ, はれたらしい, はれた一思想, はれた姿, はれた所, はれた本, はれた解釋, はれなん, はれぬので, はれる, はれるといふ, はれるやう, はれ亘つたもの, はれ戰後, ふは, る癖, わるべきに

▼ くばかり~ (28, 0.1%)

5 朱で

1 [23件] あって, いふやう, くるくる舞, であった, である, でしたが, です, でそういう, でその, でなく時には, で勿論, なって, なりしころ, なるの, なれども, な槍影閃, もすまいよ, 峻急なる, 扨も, 枕許の, 目口も, 真に迫った, 高くなった

▼ く~ (28, 0.1%)

2 もす, を静め

1 [24件] が付かれた, しなされ, と愛する, にねばりつい, に感じ取っ, に掛け, に留め, の動く, の拗執, はやがて, は結ぼれ結ぼれ, もある, も身, をきめ, をしずめ, をなで, を以て氣, を奪う, を挫, を捕えた, を治め, を清く, を脛, を鎮めた

▼ く~ (28, 0.1%)

2 なこと, れに

1 [24件] だった, であつ, であること, な例, な気紛れ, に, にしかあるまい, にしか呉子さん, にしか婦人, にはタッタ一人, にふとした, に兄弟, に散歩, に朝霧, に玉製, に自力, に西洋風, に麻, れである, れと, れなの, れな場合, れにしか, れには

▼ く自分~ (28, 0.1%)

2 が生れたなら, で自分, に着

1 [22件] が如何, で豪ら, と共に出發, に干渉, のところ, の心, の文学的才能, の智力, の林, の欧洲, の歐洲, の長大息, の間借り, は既に, は重たい, をその, を制し, を嘲つ, を恨む, を掻き乱し, を生かす, を離れない

▼ くなく~ (27, 0.1%)

2 同年輩の

1 [25件] して, その果實, てどう, てはいけない, てはならぬ, ても宜, とも魂, なとくずれる, なとさ, なとそこ, なとたおれ, なとなる, なと倒れ, なと柔か, なと首, なになっ, なになった, なにまがりました, また日本國, ゆたかに, 實驗的で, 往昔の, 梅干などは, 漂泊い歩きました, 現實

▼ く~ (27, 0.1%)

4 ついて 3 つけて 2 たツ, 付いて, 付くなり, 付けて

1 [12件] つけたと, てこんな, てならない, てね閉口, ては, てゐ, て内, て眼, て食べられねえ, と笑, 付いたの, 附き合

▼ く~ (27, 0.1%)

2 つたり, ふの, ふもの

1 [21件] えないので, って連れ, つた, つたなお前其様, はない, はれたくは, ひ含めて, ひ寄るもの, ひ甲斐, ひ罵る, ふと實業教育, ふと工藤, ふなよ, ふものに, ふ人間, へばオダテ, へば上天, へば人生, へば印度人, やア, やア福助

▼ くといふ~ (25, 0.1%)

2 のは, 動詞に

1 [21件] ことが, ことは, ことまで, ことも, そればかりに, ぢや, のが, のと, 人が, 人は, 人間的義務を, 便利も, 力も, 動詞こそ, 噺家の, 塩梅に, 字も, 時その, 蛸氏の, 製法も, 語此も

▼ く~ (25, 0.1%)

2 我がか

1 [23件] ありけん, いかに老, いぶかし吾妹, かうほね, ここに, さる, しい, その四境, つても, はらかき水, はらかに, またぐたりと手, 一銭銅貨, 人民ッああ, 匂ふ, 即日そこも, 君が, 太祖太孫を, 戰場眺め怖, 果実の, 相手の, 葉の, 面子に

▼ く最近~ (25, 0.1%)

7 のこと

1 [18件] いささか運動, なの, になっ, になつて, にやっと, に低温科学, に地主, に建てた, に至る, に起つ, のつきあい, のもの, の作, の取引, の所謂, までの一時代, 新しい様式, 破れやすい

▼ く行く~ (25, 0.1%)

2 はずに, もので

1 [21件] かどう, けれども次に, そうだ, ってね, ところの, として二回目, と僕, と私, と車, に違い, のだ, はずだった, も曲り, やらどうやら, ようにと, わ, 人の, 場合は, 家が, 船なりけり, 道理が

▼ く~ (25, 0.1%)

4 がした 3 を立て 2 がし

1 [16件] がある, がきこえる, が眠い, が聞え出した, が静, するに, だに聞, に図書板敷, に眼, の快, はさびしい, までがおあいそ, もさせなかつた, も無く, をきく, 折々に

▼ くづれ~ (24, 0.1%)

2 の生臭坊主, 落ちて, 黒し落葉

1 [18件] こわれて, のオヂサン達, の上, の坊主, の大垣村右衞門, の横浜, の祭文, の落語家, の説経, の闇屋, は正式, を語る, 出すの, 易い自信, 落ちた土, 落ちるにつれて, 落つるも, 行く夢自体

▼ くはへ~ (24, 0.1%)

2 たま, マッチを, 楊枝で

1 [18件] させたり, しました, だして, ちりを, ていは, てつぼつこい, ゐたりと, 出したぞ, 出し飛び上つて, 小舟こぎくる, 左手で, 手拭を, 楊子で, 眺むれ, 込むこと, 込んで, 醉つ, 頭と

▼ く上等~ (24, 0.1%)

2 のお, の御馳走, の鮎

1 [18件] だ運転士, です, ですし, でないと, で二十二, なの, にする, のメリケン粉, の分, の匂い, の塩鯖, の大豆, の押絵, の玉露, の筋, の酢, をくれろ, を手

▼ く知つて~ (24, 0.1%)

4 居る 3 ゐた 2 てよ, ゐるので, 居たの

1 [11件] てよ貴, ゐる, ゐると, ゐる事, ゐる軒先, 居た, 居つて, 居ますが, 居ますね, 居るだらう, 居るの

▼ くある~ (23, 0.1%)

2 一種の

1 [21件] ことで, ことな, ときは, のみ, やうだ, やうに, んだ, んです, 事で, 例を, 奴で, 奴元の, 性質を, 愚鈍な, 慣として, 故出来る, 時居士遠来の, 目附きだ, 習で, 習角川の, 角突合

▼ く~ (23, 0.1%)

1 [23件] いなりき, ざっぱなことだけれ共その, ざつぱなところを予言し, ざつぱな構造を, ざつぱに予言し, ざつぱに拾ひ上げ, なるもの, なる影響, なる点, なる金剛石, に能, 丸髷でも, 侠客的の, 八洲内から, 斗能地大, 盾は, 聾と, 落胆する, 虚の, 蝋燭の, 醉の, 銅羅の, 體だけ

▼ く~ (23, 0.1%)

2 の憂

1 [21件] に二三, に停止, に嚢里, に繋, のまま, の一文, の事, の児, の参詣, の和上, の咒語, の國民的性情, の如き, の室, の様, の段確, の福, の船, の色男, の話, の道

▼ く~ (22, 0.1%)

2 をし, を張る, を覺

1 [16件] して, だなと, ともく目, に入った, に掩, に残った, の窪んだ, の落ち, は見開き, も鼻, をさます, をつけ, をとめ, を挙げ, を掛け, を落とし

▼ く~ (22, 0.1%)

2 がさめ

1 [20件] がさめました, が丁度, が覺め, と共に口, にこの, について八五郎, の光り, の前, の方, の球, は百錬, を, をつぶっ, をつぶつて, を伏せた, を害する, を演壇, を覚し, を覺, を青く

▼ く~ (22, 0.1%)

2 に染み

1 [20件] となった, とわれ, にしみ, にしみ渡る, につけた, の, の養生, はひとり, もかろく, もかろく歩いた, もまた, を, を保つ, を悶えた, を捨て, を断層, を殺し, を移し, を開き, 伏して

▼ くなりました~ (21, 0.1%)

2 ので今日, よ

1 [17件] か, からしく, から今夜, から夕食, がついつい, がどう, がなにしろ, がもう, が私, のでその, のでまたまた, ように, 中が, 少し後に, 時それは, 時は, 母の

▼ く~ (21, 0.1%)

3 の光 2 に焼け, のさし

1 [14件] が入る, だから, ともなれ, にほし, に千里, に於, の短い, の飛沫, は, も糞, も経ッ, や, をきめ, を浴びた

▼ くわけ~ (20, 0.1%)

3

1 [17件] である, でしょう, にはいかなかった, にはならない, にはゆくまい, には行きません, にも參ら, にも行かん, にも行きません, にも行くまい, にやいかん, にゆかない, に行かない, に行きしめえ, はない, はねえ, もなく

▼ く~ (20, 0.1%)

5 ている 4 て居る 2 ていた, て居た 1 たり, たりされ, ておる, てゐます, て居ます, て居らっしゃる, て居ります

▼ く~ (20, 0.1%)

2 を決定

1 [18件] がある, が案じられる, である, で縛られた, とは, にお, に困ろう, の目的, の目途, の空気, はいつも, は姉, は瓦町, は私, もなく, を突き留め, を見極め, 尼外道の

▼ く~ (20, 0.1%)

2 が聞えた

1 [18件] かけて, があちら, がいたしました, がし, が次第に, が洩れ聞える, が聞える, きこゆ, のみ聞え, の間, は犬, は絶えない, へ答え, もまた, も聞えなかった, をきき, を聞ける, 軽く笑う

▼ く~ (20, 0.1%)

5 てくれた 3 てお 2 て下さいました, なましたネエ 1 ちや一頻, てもらいたい, て呉れた, て鳴きつ, なました, なましたね, なましたネ, やア

▼ く~ (19, 0.1%)

4 そっ 3 くと 2 と鳴い, ッ 1 く, と耳, よ, るしい苦しい, 組合なぞ, 組合は, 苦, 釧路丸の

▼ くなります~ (19, 0.1%)

42 から

1 [13件] からそこで, からでは, からやめ, から極, から省い, から砂糖, が, がいけません, が鮮, けれども今, し羽, ところが実に, よあの

▼ く~ (19, 0.1%)

2 其の存在

1 [17件] いくらか, この何れ, これに, ジメジメし, 其範囲より, 其範圍より, 冷い, 実に伯, 實に, 強く怒る, 暑中を, 最人間的, 此地に, 殊に御, 渡し舟としても, 蠅の, 訊いた

▼ く~ (19, 0.1%)

9 からざる 1 からざるもの, からざる一歩, からざる一要素, きであり時, き場所, き実質, き實質, き福, き附加物, し

▼ く~ (19, 0.1%)

2 もかろく

1 [17件] ご, なずけ, にて皺, にとら, に入れられる, に取り上げ, に採つ, に触っ, も見せず, も見せない, をたたい, を下さざりき, を取られる, を握りあった, を擧げた, を暗, 捕に

▼ く簡単~ (19, 0.1%)

3 なもの

1 [16件] だよ, であった, で只, な事情, な引算, な質問, にすませ, には作れない, に書い, に済んだ, に申します, に結論丈けし, に言っ, に記し, に返事, に金

▼ く~ (19, 0.1%)

2 ている, て居る, て置いた

1 [13件] その危険, ておくれ, て下さい, て呉れ, て呉れない, て存外, て居れ, て置, て置かんならん, て置き, て置く, て置け, 勝手が

▼ く覚え~ (19, 0.1%)

3 て居る 2 ている, て置け

1 [12件] たり, てい, ていない, ておい, ております, て居ます, て居ません, て戦死, て行う, て言, て起居動作, て身動ぐ

▼ くうち~ (18, 0.1%)

3 に過ぎた

1 [15件] つれづれなる, でご, にただ, に三田, に二番目, に光子, に八五郎, に客席, に平次, に指, に早く, に松明, に遠く, は楽, 解けて

▼ くため~ (18, 0.1%)

1 [18件] して, だし, です, ではない, にあ, になる, には無益, に僕, に家, に手近, に支配階級, に登つて來, に親分, に足台, に進ん, に長目, の人間, ひ

▼ く~ (18, 0.1%)

2 たまたまは, に見え, 焚く, 焚く火 1 が澤山, きたない陶器, に蓼, の堰かれたぎち, の宮, の青, も見えずなりぬ, を君, を數, 白くちりぼひ

▼ く~ (18, 0.1%)

2 叩の

1 [16件] が一本, だけがたつた, だらけの, て目, とかほつれ, に今宵, に出掛けた, に街頭, のこちたき, の市, の趾, は出, は出来ぬ, 歯の, 酒のみ, 鳥火のみか

▼ くより~ (18, 0.1%)

1 [18件] あゆませたま, きたれる山, とかく孤立, なお酷く悪い, より大きい, クレーム色に, 仕方が, 元の, 外なかっ, 外は, 外仕方が, 好きは, 承知よ, 明るく祝福, 来に, 清き第, 聞及びぬ, 飛行機

▼ く信じ~ (18, 0.1%)

3 て疑 2 ている

1 [13件] さへ, てい, ていた, ています, てゐた, てゐる, て他界, て居た, て居る, て疑わず, て疑わない, ながらも最後, 莫大なる

▼ く~ (18, 0.1%)

8 つた 2 つたこと 1 つた事, つちや, つてる, に沈みし, ほゆべしも, ほゆるかな, 居りま, 見る暇

▼ く~ (18, 0.1%)

1 [18件] くセンチメンタル, くデリケート, く下, く不愉快, く低い声, く容易, く少量, く幽, く幽か, く後, く手軽い実例, く打算的, く有り触れた種類, く稀, く細かいダイヤモンド, く表面的, く詰まらない事, く質朴

▼ く短い~ (18, 0.1%)

2 時間の

1 [16件] ものだ, 小片に, 文章だ, 春と, 時間しか, 時間を, 時間内に, 期間に, 真昼には, 瞬間だった, 短枝, 綴りの, 街, 返事ばかり, 間です, 間女の子が

▼ く自然~ (18, 0.1%)

2 に幸福

1 [16件] であった, というもの, なこと, なん, な思ひ付き, な成行, な気分, な生長, な美しい, な言葉, にたす, に出, に出る, に合理的, に國友, に見えた

▼ くそして~ (17, 0.1%)

1 [17件] いずれも, すなほ, その鉄板, ぼつと, わびしくせつなく, 匂の, 幾度も, 強くだんだん, 心の, 心持よく, 悪夢の, 正しく暮し, 滑稽でした, 私が, 速くし, 金儲けに, 飲めば

▼ くまた~ (17, 0.1%)

1 [17件] さらに嬰児笑, テレ臭かつ, ミノス我を, 出来にくかっ, 可哀そうに, 坂の, 尊敬すべき, 希伯来神話とも, 憎々しいやり方, 時未だ, 果か, 聲あり, 言語学的比較神話学者が, 遠く, 金剛智三藏を通して, 驚異に, 鬱蒼と

▼ く~ (17, 0.1%)

1 [17件] が出来る, と人, にあり, にも感じ, に堪え得る, のねは, の成る, の本質, の解る, の道理, はそれ, をこそ思へ, を弁, を忘れる, を考え, を買っ, 思ひて

▼ く~ (17, 0.1%)

4 くの 3 くお前, く考え 1 く十二分の見込, く御, く思い出し, く研究, く落ち, く見ます, く鑑定

▼ く見える~ (17, 0.1%)

4 のは

1 [13件] ことも, ぜ, そこで私, のかな, のかも, のでございます, のを, ように, 上天気な, 冷さは, 女達の, 痩肉の, 硝子窓の

▼ くさむら~ (16, 0.1%)

5 の中

1 [11件] からあちら, から人間, から小鳥, で二十めんそう, とのばら, の宮殿, の方, へと姿, へまぎれこんだ, をうごかす, をわけ

▼ くとは~ (16, 0.1%)

1 [16件] あばれる事, どういうわけ, まるで反対, わけが, 不心得の, 何ぞ, 何の, 反対の, 大に, 如何した, 少し激しく, 思はれぬ遠, 時計の, 漱石の, 確に, 逆の

▼ くなれ~ (16, 0.1%)

2 ば食

1 [14件] ばそれ, ばな, ば一群, ば五万, ば來月, ば其處, ば吾が, ば寄りつかなくなる, ば小さな, ば怪, ば氣, ば皆裸, ば遠島, ば里

▼ く且つ~ (16, 0.1%)

1 [16件] 一部分の, 予と, 低くし, 健全であり, 多く採り, 姓字に, 正当な, 深く各, 淺い, 清いにも, 澤ふ, 脆くし, 自身に, 薄かつ, 詳に, 遠い空

▼ く~ (16, 0.1%)

2 に知らる, に行

1 [12件] が治まる, とともに救われん, に出す, に問うた, に紹介, に送られる, の人, の口, の類想家, は常闇, を渡つて, を送られい

▼ く世界~ (16, 0.1%)

2 ではない, に行

1 [12件] から健全, に用いられる, に發, に行き渡らぬ, に認められる, に讀まれた, の婦人, の文化, を刺戟, を相手, を見渡し, 大拡布説話

▼ く~ (16, 0.1%)

1 [16件] うか, う答, かに気, かの隙, か云われる, か唸る, ぞ下り, であろうとも, とも云え, の木, もない, をか為, をか為し得ん, を得る, を致候, を訊い

▼ く出來~ (16, 0.1%)

2 てゐる, て居ります

1 [12件] た, たと, たもん, たれば, て居ない, て而, ぬの, ません, るそれ, るの, る有名, る村

▼ く~ (16, 0.1%)

1 [16件] からもう, から抱き付く, こ, で愛, にどこ, にもこれ, に坐った, に施し, に早く, に果して, に煙草, に見定め, に蹲んだ, のよう, の鷲, までこの

▼ く小さな~ (16, 0.1%)

2 声で, 蕾の

1 [12件] ことなどに, コップと, 事で, 原子力エンジンに, 壺へ, 家なら, 役割を, 松茸まで, 桑畑の, 芽を, 話の, 農村が

▼ く~ (16, 0.1%)

1 [16件] か男兒, にた, に勝つ, に學ば, に松雀しき, に求め, に現, に福, に答, に親, は僧アルベリーゴ, は永世此処, を忘れずし, を送り帰さん, 押さる, 楽しめり竹

▼ く承知~ (16, 0.1%)

12 して 1 したという, しとりますよ, で八丁堀與力筆頭笹野新三郎樣, 致しました

▼ く聞い~ (16, 0.1%)

4 て見る 2 て来る 1 ておりました, てから遣れ, てくれ, てみる, てゐる, て呉れる, て居, て見せえ, て見たら, て見ね

▼ く見え~ (16, 0.1%)

2 にける

1 [14件] ければ, しが, たろう, ていた, ておりました, てこころさ, てゐた, て不可, て大きな, て居た, て時, て眼, 殊に愛日, 無かつ

▼ く静か~ (16, 0.1%)

2

1 [14件] なもの, な二人, な位置, な心, な快感, な空気, にまばたき, に伴奏, に其処, に動揺, に床, に歩いた, に踊る, に身

▼ くづし~ (15, 0.1%)

2 の仲居, を去歳

1 [11件] たり神謀鬼策, で夢中, に付い, に舐める, に返し, の文體, の日本, の繻子, の輕業, 入れて, 忽ちど

▼ くとき~ (15, 0.1%)

1 [15件] あらゆる教養, その人, とにはたらく, に細く, の, は不孝, は彼, は必ず, は晝, は見よ, もありました, も亦, わけてもその, 又我等, 耽讀

▼ く世間~ (15, 0.1%)

3 にある 2 に知れ渡 1 で云うで, との交渉, に向, に對, に影響, の女, へ喧伝, を見る, を誤魔化そう, 摺れした心

▼ く単純~ (15, 0.1%)

2 で此方, なもの, な内容 1 では, な好奇的, な宇宙, な少女, な思想, な感動, な無邪気, な考, にギャバ族

▼ く普通~ (15, 0.1%)

2 のこと, の意味

1 [11件] な状態, につくられ, に呼ばれ, に黄色い, のもの, の四室ぐらゐのさゝやかさであつたが, の植物, の死亡事件, の燐寸, の男, の説

▼ く知る~ (15, 0.1%)

2 ところに

1 [13件] ことが, しかるに愚人ら, ところだ, ところである, ところなら, ところなり, らんを, を得べきなり, 事が, 処である, 友だちが, 所の, 者なし

▼ く行っ~ (15, 0.1%)

5 ていない, ている 1 て, てくれれ, てもらおう, て英米, て試験

▼ く~ (15, 0.1%)

1 [15件] いくらある, がとれる, が大概, ですもの, で是, の下, の余り, をかせい, を儲けた, を儲けたがる, を取っ, を投げ出す, を湯水, を男たち, を費す

▼ くすぐ~ (14, 0.1%)

3 つたい氣持 2 つたい心持 1 つたい, つたいに, つたいもう, つたいもの, つたい思ひと共に, つたい感じ, つたい次第, つたい返事, に追いたてる

▼ くのみ~ (14, 0.1%)

2 月の

1 [12件] ただ, だった, で, であった, であつ, である, では, でもう, で一言, なりき, 我等の, 春は

▼ く~ (14, 0.1%)

3 雉子と

1 [11件] やはり美しい, や安達, をとこ哉, 二日ばかり, 坂の, 執拗なる, 時筆を, 熊蜂を, 虫も, 馬や, 鵲

▼ くやつ~ (14, 0.1%)

3 て來 2 てるもん 1 たな, たね, ていけない, てるな, てゐる, て居ります, て往きたい, て来ました, て退けた

▼ くりょう~ (14, 0.1%)

2 と存じ

1 [12件] ぞ, といきまき, とな前, とも思うた, と日ごろ, と猪, と腹立つ, と華雲殿, と身, もいちど, わ, 程にしばらく

▼ く低い~ (14, 0.1%)

5 声で 2 山々の 1 ものである, 十畳敷位の, 十疊敷位の, 官では, 皺嗄れた, 程度として, 音で

▼ く~ (14, 0.1%)

1 [14件] がきけなかつた, が例, が利けなかつた, ではいえない, にしたがる, の中, は大きく, も利かなかった, をあけ, を入れました, を切, を噤ん, を挾ん, を開かなかつた

▼ く~ (14, 0.1%)

1 [14件] とては容易, に余財, に居り, に帰つて相談, に止める, の中, の厄介, の為, の表, へ帰った, へ往, を保ち, を整え, を汚す

▼ く少し~ (14, 0.1%)

1 [14件] こごみ腰, で銀行, と胡椒, のもの, の塩, の醤油, の間父, ばかりしか話さず, ばかりの微笑, 宛日増しに, 宛減らし, 濡れるの, 許り, 重くおとなしく母

▼ く手軽~ (14, 0.1%)

2 なお, にすれ 1 で極, なの, なので, なサルミー, なプデン, な惣菜料理, な方, にし, にする, に拵える

▼ く~ (14, 0.1%)

2 な声, に脊髄 1 がその間, で気術, ともいう, な微か, な細い, に, にし, に成りました, に押し, を想見

▼ く~ (14, 0.1%)

3 は無い 2 はありません, もありません 1 がねえ, だ, のところ, はない, はなく, はねえ, もない

▼ く簡單~ (14, 0.1%)

2 に申

1 [12件] でありますけれども, な例, な本, な質問, な農耕技術さ, にこれこれ, にどう, に山林, に申します, に紹介, に言, に項目

▼ く~ (14, 0.1%)

2 に手

1 [12件] に抱い, に掛つたの, の上, の奧, の底, へ手, をさすつた, をじっと, を打たれた, を押, を押え, 悪き色

▼ くそう~ (13, 0.1%)

2 ございます

1 [11件] えらい骨, ござんしょうお, させたと, だと, ともがいた, ともせず, なっとる, や, 答えた, 言うの, 言った

▼ くそっ~ (13, 0.1%)

3 くそっ 1 えいっ, こんなこと, そんなヘロヘロ矢, たれめ, たれッ, たれ婆め, と吠え, まだ息, もう要らねえ, やっちまえっ

▼ くでもね~ (13, 0.1%)

2 えやつ

1 [11件] えおなか, えお仕込み, え屑, え猿, え色恋, え芝居, え親分, え連中, え野郎ども雁首, え飾り橙, え餓鬼

▼ くッきり~ (13, 0.1%)

1 [13件] した白い, した線, としかも, とその, と明瞭, と水, と浮かばせ, と空, と粧う, と輪廓, と通つて, と鮮やか, と黒い

▼ く~ (13, 0.1%)

3 な, ないか 1 と洟汁, ないかな, ないかねえ, な柳原, ねえ, ねえな, るえ

▼ く~ (13, 0.1%)

2 を尽し

1 [11件] が加わった, の弱い, もない, も強く, も意志, をこめ, をしむ, を使っ, を竭せり, を集める, 逞しい女

▼ く~ (13, 0.1%)

1 [13件] おちの, と変ず, に抱かれた, に浸, の面, は再び, を一杯, を引い, を泳ぎ, を湛えた, を知る, 少なかりしか, 流れたり

▼ く~ (13, 0.1%)

1 [13件] が多, にし, についた, についてしばらく, に遠慮, に附く, の傍, の底, の穴, を傾け, を憚つて, を押, 蒼く馬

▼ く軽い~ (13, 0.1%)

1 [13件] かすかな, がこれ, のだ, ので一週間, もので, ものです, ユウモアは, 上下動でした, 傷で, 夕食を, 媚びが, 意味での, 烟草だ

▼ く限り~ (13, 0.1%)

1 [13件] なくお, に急いだ, の夜長, はいつ, は完全, は病院, 主體, 依然自己, 働いて, 及ぶ限り, 見渡したけれど, 調べさせたが, 黒く並ん

▼ く~ (13, 0.1%)

2 そよぐなり

1 [11件] あり, であり彼, でふくらん, と伴うた, に乘, に飄, の點景, も加つた, も気, をし, を見る

▼ く~ (12, 0.1%)

2 雪は 1 ありける, おもはる, お粂, かし, かし一通は, きつと, ならべたてました, 憑く, 浮世を, 雨は

▼ くびり~ (12, 0.1%)

2 殺して 1 に皮帯, 殺さうと, 殺されたこと, 殺された女たち, 殺したもの, 殺しまだ, 殺すから, 殺すところ, 殺すとは, 殺そうとして

▼ く~ (12, 0.1%)

2 し而, どあはれ 1 いつて, こむその, さらうと, し然, ないやつ, 塩を, 残して, 流されました

▼ くまま~ (12, 0.1%)

2 に汝, に落書 1 にペン, に一切, に委ねよう, に彼, に従うなら, に暮らし, に歓, の行動

▼ く~ (12, 0.1%)

2 はありません, はなかつた 1 からなんど帰つて, から歸つて自分, に方法, の者, はあるまい, はない, へ出る, へ飛ん

▼ く~ (12, 0.1%)

2 を見 1 が所望, と連立った, の屍体, の身體, の醜い, の頸, はそれ, はどう, は五月雨, は我

▼ く悪い~ (12, 0.1%)

1 [12件] ところじゃ, のが, のです, もので, ように, 不消化な, 匂いの, 十竹斎画譜を, 友達と, 癖であっ, 石油を, 肩の

▼ く~ (12, 0.1%)

1 [12件] がいい, がどれ, がまた, がよい, がツイ固唾, が宜, が賢明, が間, のもの, も尋, 有りて, 無くて

▼ く来た~ (12, 0.1%)

1 [12件] あの先生, という, なア, な今, な此, ね, ねえお母さん, ね何, のう, まあ其辺, 一昨日から, 病気は

▼ く白い~ (12, 0.1%)

2 様に 1 一匹の, 土塀の, 壁に, 手は, 月が, 街道を, 路を, 道を, 額に, 額へ

▼ く若い~ (12, 0.1%)

1 [12件] さかりの, そなた, ときの, ので, 下女の, 先生も, 娘が, 学生時代に, 日本の, 松茸を, 青年時代に, 頃この

▼ く~ (12, 0.1%)

1 [12件] が痛い, が重い, でそして, に來, のいい, はあっ, をおしやりたる, を下げた, を下る, を垂れる, を打ったおぼえ, を斯

▼ くかも~ (11, 0.1%)

2 知れない, 知れぬ此生活 1 知れないが, 知れないと, 知れないの, 知れぬと, 知れませんが, 知れんな, 知んねえぞ

▼ くたりと~ (11, 0.1%)

3 なって 1 した, して, なった, 坐り込んで, 姿勢を, 成つた, 折って, 椅子に

▼ くでも~ (11, 0.1%)

4 ねえこと 1 ない品物, なれば, ねえ物, 出て, 思うと, 思ふと, 私の

▼ くびき~ (11, 0.1%)

2 りて, るかも 1 からはずし, からはなしました, につけました, の下, りを, をその, をふりほどく

▼ く~ (11, 0.1%)

1 [11件] かけた者, た, たつけな, たとも, たの, たもん, てこよひ宿れる, てそこ, てゐた, て下さつた, る

▼ く~ (11, 0.1%)

3 を知る 1 あるを, い知って, はうて, ふを, へるため人類, も良い, を解き, を賞する

▼ く~ (11, 0.1%)

1 [11件] こえて, と空, に向, のこと, の目, の蟋蟀, の青, の青葉, はこれから, ふかく越え, 厚く畳み

▼ く措い~ (11, 0.1%)

1 [11件] て, てこれ, てもその, てわたくし, て動物, て問, て明日, て是, て現存, て論ぜぬ, て間近い

▼ く~ (11, 0.1%)

2 いて, きて 1 かう, き元来, き婬乱, き我親, き扨婦人, き私, くとして

▼ く~ (11, 0.1%)

1 [11件] に反し, は天若日子, は昔全盛, れに, れ同, れ程, を串鮑, を証明せり, を證明せり, を貫き得る, 恐らくは人臣

▼ く無い~ (11, 0.1%)

2 ことが 1 からと云う, と叫ばう, なと思った, ので寝巻, 事サ所謂鮑の, 前兆だろう, 女だ, 心の, 色だ

▼ く~ (11, 0.1%)

2 ゐられて 1 と無用, にはぜいたく, ひぬが, ひられて, ひられるやう, ゐたる時, ゐられきといふ, ゐるやう, ゐる微笑

▼ く~ (11, 0.1%)

3 を分つ, を惜 1 を分つた, を惜むの人, を惜むものをして福運, を惜む者, を植

▼ くかつ~ (10, 0.1%)

1 たが, 一層不, 上に, 久しく行われ, 催促が, 堂々と, 大いなる者, 差し潮の, 有益であっ, 板倉内膳正

▼ くかと~ (10, 0.1%)

1 云ふ, 彼女は, 思いそれ, 思いの外ニヤリ, 思う意味, 思ふと, 怪しまるるほど, 想う白熱, 毎日, 風なき

▼ くすると~ (10, 0.1%)

2 云ふ 1 いふ風は, 云つて居り, 味が, 廂髮にでも, 明日の, 殆ど徒勞, 箱根へ, 鴨に

▼ くねえ~ (10, 0.1%)

1 からねえ然, が悪い, な, の瘤ばかり, ものだ, よ, 事た, 何う, 少せ, 息子が

▼ くほどの~ (10, 0.1%)

2 ものは, 長さ 1 ことは, ものかも, 不思議な, 心持が, 心配も, 芸で

▼ く~ (10, 0.1%)

2 の如く 1 から骨張らぬ, に, に垂らし, に録, の世界, の皆, を覗い, 殺ぐ雌

▼ く~ (10, 0.1%)

1 が其, に食べる, の今, の器, の地方, の淹留説話, の生物, の硯友社同人, れ面色, を圧倒

▼ く~ (10, 0.1%)

2 を, を掣肘 1 がまるで, に従い風景, に鎌首, へどこ, へ落つい, をのう

▼ く分る~ (10, 0.1%)

1 から勝つ, が之, と色々, と見えまし, の, のであります, のである, よ但し, 人故, 訳けも

▼ く~ (10, 0.1%)

1 なり, に至つて卒, のふかく, の勤務, の明ける, の水口, の靜寂, はいまや全く, もある, を守らずし

▼ く~ (10, 0.1%)

1 くして, つぽ, なるもの, な形, にし, に変化, 女房たちの, 猫を, 部分が, 部分明るく

▼ く平次~ (10, 0.1%)

2 の顏 1 だつたの, と多吉, の緊張, は其前, は別, は關係者一同, も妙, 何やら期待

▼ く思っ~ (10, 0.1%)

1 たりした, ていた, ていない, ている, ております, てくれた, て一夜, て下さい, て人, て寝た

▼ く思はない~ (10, 0.1%)

4 でくれ, で下さい 1 でどんなに, で頂戴

▼ く思ふ~ (10, 0.1%)

1 けれども扨, てゐた, ので, のであつ, のである, のです, ので有, らんかをも, 者が, 者も

▼ く日本~ (10, 0.1%)

1 という国, にもてはやされた, にゐなく, に伝播, の公衆, の兵士, の南北, の婦女, の社会, はどう

▼ く~ (10, 0.1%)

1 に偶, のい, のいい, の一句, の光線, の宿, は川面, も星, 若き, 若き生命

▼ く注意~ (10, 0.1%)

4 して 1 されるに, した歩き振り, し国法, すれば, を遠, を集めん

▼ く無造作~ (10, 0.1%)

2 に大小高下 1 です, ですから, ですけれども, なの, なもの, な事, に出来る, に手軽く

▼ く考へ~ (10, 0.1%)

2 て見 1 てくれ, て來, て入らつ, て置い, て見る, て見れ, て見ろ, て輕擧暴行

▼ く通り~ (10, 0.1%)

1 だ, にさせ, になる, に作り上げたい, に片付け, ぬけた, 割合機嫌, 向うから, 抜けること, 過けれ

▼ くそんな~ (9, 0.0%)

2 真似が 1 ことを, ものは, 事が, 事まで, 口が, 物を, 酒などは

▼ くつまらない~ (9, 0.0%)

1 こと素人が, 世間話をね, 人間の, 小さな生き, 後では, 所に, 様な, 様に, 理窟を

▼ くつもり~ (9, 0.0%)

2 ですが 1 か, だがね, だつた, ですか, ですわ, でその, よ

▼ くなつたん~ (9, 0.0%)

2 だらう 1 だ, だえ, だが, でお, ですね, ですよ, で續

▼ く人間~ (9, 0.0%)

1 だ, に化し, の, のため, の問題, の形, の智慧, の罪過罪悪, はお

▼ く内々~ (9, 0.0%)

2 の話 1 では, で一知夫婦, で下見, で説明, で遣っ, に始末, の手配り

▼ く内輪~ (9, 0.0%)

2 のもの 1 だけで, でお菓子, に見, に計画, の密談, の生徒, の近臣

▼ く~ (9, 0.0%)

2 て早く, て来た 1 ておいで, てすご, て來, て来られた, でたま

▼ く出来~ (9, 0.0%)

1 たりする, てい, ていない, ている, ては居, てサア今度, て原型, の悪い, 上らないのみか

▼ く売る~ (9, 0.0%)

1 ことによって, というよう, ときっと, と申し, のかも, ので, ので遠く, もんだ, 事は

▼ く~ (9, 0.0%)

2 れの 1 に得心, に愛想, の来た, の面倒, より可憐, より貴き, を知り

▼ く必要~ (9, 0.0%)

2 な部分 1 があらう, がある, がない, です, のない, もなく, も無い

▼ く忍ぶ~ (9, 0.0%)

3 所なら 2 所に 1 という, という一瞬, は神, 即ち忍術

▼ く思つて~ (9, 0.0%)

3 ゐる 1 いらつし, ゐた一切, ゐます, ゐる一切, ゐる丈, 行きました

▼ く或は~ (9, 0.0%)

1 可忌, 四憐互に, 平たきを以て, 感知す, 更に他, 物粗, 狹し, 白く赤く咲きつ, 豺に

▼ く挨拶~ (9, 0.0%)

3 して 2 した 1 しただけ, した紀久榮, するよう, をした

▼ く~ (9, 0.0%)

2 がない, もない 1 がなく, に懷, に植木鉢, もなかつた, も無

▼ く會釋~ (9, 0.0%)

4 して 1 しその, するの, をした, をする, を返し

▼ く~ (9, 0.0%)

2 な鋭, に解せられる 1 なこと, になつ, になる, に照, は黒雲

▼ く流れ~ (9, 0.0%)

1 いで海, かかつて, ていた, ている, てゐた, て夕暮, て降りしきる, の彼岸, の遅々

▼ く深く~ (9, 0.0%)

1 人間の, 成長し, 流れて, 澄んで, 皇國を, 考へる心, 考察を, 落葉枯葉等を, 響いて

▼ く生活~ (9, 0.0%)

1 したい, しよう, し繁茂, する日々, せよ私, の程度稍劣等, は不自然, を愉し, を營

▼ く~ (9, 0.0%)

4 秀で夢見るやう 1 すこし迫つて, にせ, をひそめ, 濃く耳許, 秀で夢見るよう

▼ く~ (9, 0.0%)

7 て居る 1 し食すが, て居

▼ く~ (9, 0.0%)

2 始めから 1 な大きな, には手, の低き, の強烈, を守り, 低い事, 新しい疑問

▼ く~ (9, 0.0%)

2 ひながら 1 ひしれる, ひて, ひ音楽, ふに, ふも人間, ふ可, へり

▼ く~ (9, 0.0%)

2 一の, 一期の 1 一期に, 九世紀より, 二として, 二期に, 四は

▼ く~ (9, 0.0%)

1 いと大, が絶え入る, す, のみ聞え, の調子, の鋭き, を出し, を揃, 高し

▼ く~ (9, 0.0%)

2 すらも見せず 1 あくまでも白く, つぽい, にも出さじ, の変った, はうす, は蒼ざめ髪, 黒く信玄どの

▼ く見れ~ (9, 0.0%)

1 ばそれ, ば又, ば同じ, ば壁, ば夜靄立ち鶯谷, ば是, ば目, ば褥, ば露西亜製

▼ く近く~ (9, 0.0%)

2 にある 1 なつた銀座, なりますと, に聞える, のベエコン方, 住むところ, 迄つい, 迄引き寄せね

▼ く~ (9, 0.0%)

1 が柔, が降, が降らなかった, と氷, に遊ぶ, の肌, の降った, は平均, を避ける

▼ くかの~ (8, 0.0%)

1 そらに, ようであります, デカダンスが, ブリューバードが, 女の, 民族の, 薬を, 離車を

▼ くちゃ~ (8, 0.0%)

1 したこと, にした, になっ, にやっつけ, に引き掻いた, ひっついた手, アありゃ, 荷物一つ動かない

▼ くては~ (8, 0.0%)

1 ならない, 實際に, 晩霜の, 月も, 田畑が, 筋骨の, 鐵砲虫が, 面白かるまい

▼ くとか~ (8, 0.0%)

2 理窟を 1 ますの, 乃至は, 何とか云, 何とか言つて, 佳い酒, 眼が

▼ くと共に~ (8, 0.0%)

1 お君さん, すぐさま門, 三四ヶ月の, 北の, 彼女の, 心に, 王侍御, 陰に

▼ くなかった~ (8, 0.0%)

1 からでございます, からです, が多く, が特に, と見え, のです, のと, 巧い

▼ くなりまし~ (8, 0.0%)

2 て渓 1 て, てから継母, てた, て前, て新, て済みません

▼ くねじ~ (8, 0.0%)

21 が来た, だから, であるが, になっ, の人生, を貰っ

▼ くはず~ (8, 0.0%)

2 はなかつた 1 がない, だ, にゐ, のまず, も君がま, 知る人

▼ くわが~ (8, 0.0%)

1 できあがった時分, むかしの, 世に, 今日そを, 兄弟二人この, 兵刃を, 力を, 記憶する

▼ く~ (8, 0.0%)

2 には冷笑 1 にも歌, に一張, に宿るべし, に幼児, に鷲, へ這入っ

▼ く人々~ (8, 0.0%)

1 が寢鎭つて, の先, の心持, の要, はうつつ, は辟易, も一様, よ

▼ く人生~ (8, 0.0%)

2 を味わう 1 に功, に擬し, の実態, の諸, を楽ましめ, を経理

▼ く似た~ (8, 0.0%)

2 人が 1 ような, 人ばかり, 感冒が, 物も, 者が, 陰気な

▼ く~ (8, 0.0%)

1 があっ, がありまし, がある, がゐる, が主人, だから, の口, を見ました

▼ く好い~ (8, 0.0%)

1 ですこし, よ, 処だ, 味が, 塩梅に, 方だ, 時代であります, 音を

▼ く存じ~ (8, 0.0%)

2 て居ります, て居りまする 1 ております, てをります, て居る, 申す

▼ く~ (8, 0.0%)

1 が入っ, が動く, は長く, もあはれ, をあと, を描い, を流し, を追

▼ く暮し~ (8, 0.0%)

1 ては嘸かし, てゐた, てゐます, てゐる, て下さい, て兄弟喧嘩, て居ります, て居る

▼ く~ (8, 0.0%)

1 から晩, たぬしも, なのに, には三密, の光, の郭公, 楽しも, 起きて

▼ く~ (8, 0.0%)

1 つたし, つたので, つて, りて, るあそび癖, ること, るの, るので

▼ く歸つて來~ (8, 0.0%)

1 た, たこと, たやう, てこれ, て店, て戸口, て火, ること

▼ く~ (8, 0.0%)

1 かも知れない, になつたの, にならない, にならなかつた, になりました, になれない, の字, も起らぬ

▼ く相談~ (8, 0.0%)

2 して 1 したいこと, してから, しようと, をし, を致し, 致しまして

▼ く~ (8, 0.0%)

1 ふるもの候, へた, へたとい, へてやがて, へて智惠子, へまつる, へ返した, へ難き

▼ く行け~ (8, 0.0%)

1 ばいい, ば何処, ば作付品種, ば家事, ば彼, ば日本, ば結構, ば諸氏

▼ く言つて~ (8, 0.0%)

2 やがらア 1 そして表, どうしませう, は濟, は駄目, もその, るよ

▼ く記憶~ (8, 0.0%)

5 して 1 えて置い, したと, しませんが

▼ く~ (8, 0.0%)

1 かくる, が何處, だつたかな, にも一切口, にも内緒, の罪, の顔, も黙っ

▼ く~ (8, 0.0%)

1 の指, の真中, をあげ, を支, を支え, を踏, を踏みしめ, を遠のかせた

▼ く~ (8, 0.0%)

2 に適し 1 に打たれ, の夕べ, の日, は花片, を吹け, を見る

▼ く~ (8, 0.0%)

1 が飛びます, とかなんとか, を左右, を振, を振っ, を振ります, を振る, を横

▼ く~ (7, 0.0%)

1 かめなどという, くめおとめ, 杯を, 父とも, 祖母様の, 買いなさんし, 越ガラツ八

▼ くかぎり~ (7, 0.0%)

1 ない白い, なき, の遠く, はその, はどこ, 早く, 続いて

▼ くくれた~ (7, 0.0%)

1 ような, 二重顎の, 割に上瞼, 柔かな, 罐などが, 袖口とを, 顎の

▼ くしかも~ (7, 0.0%)

1 かく獨, 六波羅勢だけとも, 強力な, 決していい, 深い人生図絵, 温い世の中, 責任ある

▼ く~ (7, 0.0%)

1 いたの, いた蟻, いては, かれたかたち, かれて, つとして, を造っ

▼ くとして~ (7, 0.0%)

1 こ, それでは, それで大方, つづきそして, 六波羅へ, 其の外, 走り出すでは

▼ くなりに~ (7, 0.0%)

2 けりきのふ, けり葉 1 けらしな忘られ, しが, なったと

▼ くひと~ (7, 0.0%)

2 めらる 1 いきに, であるが, なの, は頼り, めた

▼ くひま~ (7, 0.0%)

1 がつて, が見つからなかった, したよ, なし, に消, に風, もなく

▼ くもの~ (7, 0.0%)

2 である 1 か, があり, が出, でございます, にでもすべて

▼ くゆる~ (7, 0.0%)

1 こといと, のみ, らし, 夜を, 折いづ, 日を, 聖殿に

▼ くよりも~ (7, 0.0%)

1 おかしかった, ひどいです, むしろ迷惑そう, 前に, 呆れて, 奢り癖の, 破らねば

▼ く一人~ (7, 0.0%)

2 にし 1 のこらず死んだ, の姉, の病人, は額, も殘ら

▼ く二人~ (7, 0.0%)

2 の女 1 して, で暮らします, のいる, の友達, の鼻

▼ く些細~ (7, 0.0%)

1 なこと, なもの, な例, な日常瑣事, な秘密, な詰まらないもの, の例

▼ く~ (7, 0.0%)

2 し悔し 1 し去りゆく悔いてか, し又, の境界, までにない, までのよう

▼ く今日~ (7, 0.0%)

1 の場合, の歴史, の社会, は旨, まで遣っ, まで隠蔽, も歳事記

▼ く~ (7, 0.0%)

1 に劫, の叔父, の衆生, はこの, は婆さん, は開剖室, 猶は

▼ く~ (7, 0.0%)

21 にや, の調子, ふ, へば何卒, ま

▼ く光っ~ (7, 0.0%)

2 ていた, ている 1 て, ていました, て眩しかっ

▼ く光つて~ (7, 0.0%)

3 ゐた 2 ゐる 1 をるで, 走り出した其の

▼ く~ (7, 0.0%)

1 つたので, つた鈴木との, らっしゃいましたまア, らっしゃいました毎度, らっしゃいました貴方それ, らっしゃって, 學さして

▼ く出来た~ (7, 0.0%)

1 お前のは, もので, もんダ, 事が, 堂であった, 夫は, 豪傑武士道と

▼ く利用~ (7, 0.0%)

2 して 1 されて, しすぎる位利用, した, したもの, すること

▼ く~ (7, 0.0%)

2 は遊ば 1 と笑まし, も保た, を失ひ, を苦むるなり, 生めりし国

▼ く~ (7, 0.0%)

1 の上, は燃, は遐, も冥, も静, を揺るごとく聞えた, を耕

▼ く天下~ (7, 0.0%)

1 に向, の人心, の名勝, の才俊, を放浪, を理, を観る

▼ く~ (7, 0.0%)

1 から日本, に殘, に至り, に記録, のこと, へ扱いた, を追っかけ

▼ く御存じ~ (7, 0.0%)

1 です, ですねエ, では有りません, で何, で実は, のお方ゆえ, のこと

▼ く思った~ (7, 0.0%)

2 のだ 1 けれど悲し, けれど既に, のである, のでございます, 事であろう

▼ く懇意~ (7, 0.0%)

2 な友達 1 で私, な人, な仲, な男, の間

▼ く成つて~ (7, 0.0%)

1 から僅, から着, た徳利, な石坂, よかつ, 居た, 搖れ

▼ く~ (7, 0.0%)

2 ひは 1 場合に, 日で, 時代に, 点に, 處は

▼ く~ (7, 0.0%)

1 労れ, 案ぜし後, 歎きしが, 留めたから, 當たら, 背きて, 霞める空

▼ く澄ん~ (7, 0.0%)

2 でいる, で流れ 1 でお, でゐた, で来る

▼ く~ (7, 0.0%)

3 して 1 しつけて, しつつ, しませ, し出された死骸

▼ く~ (7, 0.0%)

2 した 1 くと, した甜瓜, して, し機嫌, と視

▼ く狭い~ (7, 0.0%)

1 ちつぽ, ので一座, ものだ, 地所で, 田舎な, 空地に, 隙間が

▼ く~ (7, 0.0%)

2 へんこと 1 ふる力, ふる所, へ能, ゆる人, る事

▼ く行き~ (7, 0.0%)

3 そうな 1 さえすれ, そうも, 亙る, 草を

▼ く~ (7, 0.0%)

2 をし 1 が纏まったら, にかかり, のすき, の為, をした

▼ く~ (7, 0.0%)

1 の苦, 國民の, 外國人の, 工事を, 苦を, 藝名譽の, 藩では

▼ く高い~ (7, 0.0%)

1 三階の, 丘の, 山の上に, 岩壁は, 木の, 空を, 鼻も

▼ く~ (7, 0.0%)

1 ばしら, を刺戟, を打った, を撲ちぬ, を衝いた, を鳴す, 尖り堅く

▼ く~ (6, 0.0%)

1 さ飯, しらふつもりだ, つて藤井紋太夫の, つと言, ひだに, へぐ指環

▼ くあたり~ (6, 0.0%)

2 まへに 1 に掲げた, の風景, まへ, を整理

▼ くあの~ (6, 0.0%)

1 小僧さんを, 抹香を, 時に, 異人から, 若い独逸, 見世物師の

▼ くあれ~ (6, 0.0%)

1 かし, し女の子, だけの大軍, と祈ります, よ, を懐

▼ くいふ~ (6, 0.0%)

1 が松の木, が知識, だらうそれ, だらう夫, ので, ものも

▼ くかく~ (6, 0.0%)

2 あるべきだ 1 のごとき, の如き, の如くん, 迄に至らん

▼ くかは~ (6, 0.0%)

2 ゆきもの 1 しました, しれないが, ゆく, ゆくうち

▼ くから~ (6, 0.0%)

1 い, いいや, そう思え, どうぞ見, はてな何, 見ると

▼ くくく~ (6, 0.0%)

1 と云っ, るしい苦しい, 組合なぞ, 組合は, 草ご, 食いよったか

▼ くけど~ (6, 0.0%)

2 うつかり 1 あんたはんえらい, まあ一杯, ズーッと, 亀の

▼ くさぐさ~ (6, 0.0%)

2 にはまた 1 の事情, の古風, の実相, の文章一枚三円

▼ くすっくと~ (6, 0.0%)

1 もと来た, 先に, 川原を, 歩み出し八瀬大原, 歩み行く竜, 歩んで

▼ くすっと~ (6, 0.0%)

2 わらいました 1 わらひました, 笑った, 笑ったとき, 笑ってる

▼ くなったら~ (6, 0.0%)

1 あたし菜の花ばかり, ここで, 互いに力, 又洗濯, 恭一君と, 暫く水

▼ くなるほど~ (6, 0.0%)

1 いうたあげく, エライ人方に, 一しきり凄し, 射つづけて, 睦じ, 腹が

▼ く~ (6, 0.0%)

1 およばねエ, なりました, 及ばなかつたから, 及んで, 従えとか, 書いて

▼ くびが~ (6, 0.0%)

1 かたむいて, ささやきました, しばらくチョコン, じめん, カタカタと, 固く対手

▼ くびをつかんで~ (6, 0.0%)

1 ズルズルと, 叱りつけた, 引きずり出し小, 押した, 置きました, 離さない

▼ くまア~ (6, 0.0%)

1 お前此方へ, それでも, 己がの, 此様な, 毎日, 親の

▼ く~ (6, 0.0%)

2 くも 1 あらず, あらぬ者, くと, 残って

▼ く~ (6, 0.0%)

1 つく故, に, ふに, ろ, 先づ手を, 引いて

▼ く~ (6, 0.0%)

1 しょ, つみの, づかに, を取っ, を持っ, 葛藤が

▼ く一致~ (6, 0.0%)

2 して 1 した, したる定義, する, するか

▼ く世話~ (6, 0.0%)

3 をし 1 になつ, をしなさる, を焼かれる

▼ く了解~ (6, 0.0%)

1 が出来, させようと, したる事, しました, し得る事, すること

▼ く人心~ (6, 0.0%)

1 の弱, の弱点, を収攬, を喜ばしむべき, を收攬, を蕩かす

▼ く人情~ (6, 0.0%)

2 を解し 1 の機微, をも尽し, を押える, を考へた

▼ く~ (6, 0.0%)

1 世界の, 世界を, 人類に, 地球上に, 躰に, 過程を

▼ く~ (6, 0.0%)

1 れは, れを, を承知, を机, を知つて, を言つて

▼ く~ (6, 0.0%)

2 て居る 1 つてを, にてたたかい, にゃあ, にゃ怪我

▼ く分っ~ (6, 0.0%)

2 ている 1 ていた, てねそれでも, てもそれ, て同情

▼ く分布~ (6, 0.0%)

5 して 1 されて

▼ く可ら~ (6, 0.0%)

2 ずと 1 ざるもの, ざる主, ざる働手, ず他

▼ く~ (6, 0.0%)

2 を御 1 が少し, に幽, を咬み, を噛みしめ

▼ く問題~ (6, 0.0%)

3 の外 1 はしばらく, は一つ, も少

▼ く多く~ (6, 0.0%)

1 の二葉亭, の収穫, の後宮, の本, 且つ美しく, 旧政友

▼ く寒い~ (6, 0.0%)

1 からと言っ, もそっと掛けろ, 国へ, 日で, 時でも, 時は

▼ く~ (6, 0.0%)

1 たり起き, てい, てくん, て居る, て眠れる, もやらず

▼ く~ (6, 0.0%)

2 數の 1 人数である, 數と, 數な, 部分な

▼ く少量~ (6, 0.0%)

1 です, で溶き方, で鉄, なので, なら日本酒, の場合

▼ く平凡~ (6, 0.0%)

2 なもの 1 だが, なおとなしい, な大昔, な本

▼ く彼女~ (6, 0.0%)

1 に書き送った, に近しく, の肢体, の胸, は帰つて, をも我

▼ く~ (6, 0.0%)

2 がつて, ぢつ 1 れしむ, ろしげなり

▼ く我が~ (6, 0.0%)

1 と名乗っ, 國語に, 心で, 最上府の, 爲めに, 草堂に

▼ く掃除~ (6, 0.0%)

2 して 1 しなさるのう, の行き届いた, をし, 仕やすねえ

▼ く措き~ (6, 0.0%)

1 て印度, 以上述ぶる, 余は, 稗史に, 蝮栗鼠ごとき, 鰐水は

▼ く~ (6, 0.0%)

2 を取っ 1 は闇夜, を傷つくべき, を圧し, を見

▼ く新しい~ (6, 0.0%)

1 ほどいい, 事で, 人として, 玻璃製の, 贋物だっ, 魚を

▼ く早く~ (6, 0.0%)

1 おかえりに, 其の人, 切り上げて, 売れるという, 済まして, 祖母は

▼ く~ (6, 0.0%)

1 からあります, からの, のこと, の綟, の能楽, の面影

▼ く時代~ (6, 0.0%)

2 の精神 1 が来ない, に影響, の傾向, を上古

▼ く~ (6, 0.0%)

1 い処, かにした, かに浮い, く, くって, になります

▼ く~ (6, 0.0%)

1 たはつ, たへて, になつて, に抱え, はれるに, わって

▼ く~ (6, 0.0%)

2 ふ可 1 の意, の文句, ひけめ, ひ能

▼ く~ (6, 0.0%)

1 に似, に断つ, のにおい, の乞, はあります, 思ひの

▼ く深い~ (6, 0.0%)

2 方で 1 ものが, 万遍なき, 訓練を, 黒土の

▼ く~ (6, 0.0%)

1 と母, に連れられ, の後姿, の愁傷, の畑, も命数

▼ く~ (6, 0.0%)

1 さね, だ, だなんて, で, に候, を見ろい

▼ く~ (6, 0.0%)

1 の方, の顔色, はほねおり損, はみな殺人魔, は現代化, は脆い

▼ く~ (6, 0.0%)

2 かい期間 1 かい問, かい地下茎, かく東京の, っか

▼ く研究~ (6, 0.0%)

3 して 1 しないが, すると, なさい抔

▼ く~ (6, 0.0%)

1 から逆落し, に冲, のごとく, の方, の青, はぼんやり

▼ く細か~ (6, 0.0%)

1 な線, になっ, になった, に切っ, に刻みます, に刻ん

▼ く細かい~ (6, 0.0%)

1 ところまでも, ダイヤモンドを, 柔い, 砂糖が, 篩にかけて, 色の

▼ く聞く~ (6, 0.0%)

1 ために, と, と北, んだ, 多可子は, 要も

▼ く~ (6, 0.0%)

3 いて 1 いた所, き流して, き流しました

▼ く~ (6, 0.0%)

1 に纏, をそびやかし, をた, をたたいた, を抑, を搖ツ

▼ く薄く~ (6, 0.0%)

2 切って 1 しかも大ぶり, 二寸四方程の, 短冊形に, 階段の

▼ く~ (6, 0.0%)

1 ありしによる, あるに, と再び, に實, の人, は大概

▼ く言葉~ (6, 0.0%)

1 が続かなかつた, もありません, をかわし, を取り, を添えた, を潤飾

▼ く説明~ (6, 0.0%)

1 されて, されること, して, するにも, する便宜, すれば

▼ く~ (6, 0.0%)

2 こくて 1 こい人間, こい男, こい野郎ぢ, こく好いお嬢様

▼ く軽く~ (6, 0.0%)

1 つ, てすぐ, て一週間, 和かく出来, 問うた夫人, 柔に

▼ く~ (6, 0.0%)

1 わいせつな, 役所に, 書斎に, 無禮講, 田舍では, 責め糺した

▼ く近い~ (6, 0.0%)

1 ところの, のだ, 下に, 其處に, 地では, 親戚で

▼ く~ (6, 0.0%)

1 とかいた, はまた, もうまく, を傾け, を携, を飲む

▼ く~ (6, 0.0%)

1 に入るゆく, のたたずまい, のゆく, の峰, の色, を飛ばし

▼ くあなた~ (5, 0.0%)

1 からお, がいいあてた, こなたに, の御, は家

▼ くあら~ (5, 0.0%)

1 はし, はる, はれて, む, むと期したる

▼ くお前~ (5, 0.0%)

1 が偉かっ, が死ん, が途中, の志操, の胸

▼ く~ (5, 0.0%)

1 ざえませんよ何卒, ぞんじじゃ, ッく, 納得が, 繩で

▼ くしき~ (5, 0.0%)

2 も無けれ, を立ち 1 をば思ふ

▼ くたび~ (5, 0.0%)

1 に, にわたし, に幅, に藁屑, るる者

▼ くちかく~ (5, 0.0%)

2 おのれを 1 どこかの, なりて, 稲こぐひゞきの牡丹咲い

▼ くぢら~ (5, 0.0%)

1 さやる, と同じ, なら大きい, や兎, 大きいです

▼ くづれて~ (5, 0.0%)

1 へこみ崩れしぼむの, 尚さめやらず, 居る, 居る側, 来たと

▼ くとともに~ (5, 0.0%)

1 それが, 今のは, 心慄く, 文字どおり故, 私の

▼ くなな~ (5, 0.0%)

1 心だ, 心の, 私も, 野蛮な, 顔も

▼ くひとめ~ (5, 0.0%)

2 にかかつ 1 た, ましたが, もできない

▼ くほか~ (5, 0.0%)

1 ない秋, に人, に仕方, の家, はなかっ

▼ くよく~ (5, 0.0%)

1 もぐるが, 出来ては, 四辺を, 色を, 運の

▼ くりく~ (5, 0.0%)

3 しました 1 したの, しよう

▼ く~ (5, 0.0%)

2 ん, んく 1 ん勇ちゃーん

▼ く一切~ (5, 0.0%)

2 の苦 1 の怨敵, の所有物, の病的

▼ く一部分~ (5, 0.0%)

1 が見え, だけ, だけが見えた, の忘失, をこの

▼ く~ (5, 0.0%)

1 って家内一同, の意, の方, は女房, へ上

▼ く伏せたまみ~ (5, 0.0%)

5 が郎女

▼ く低く~ (5, 0.0%)

1 つぶやく, て子供, なまな, 何やらぶつ, 少し調子

▼ く元気~ (5, 0.0%)

1 が無かっ, の無い, もしだいに, もなくなっ, もなくなった

▼ く~ (5, 0.0%)

1 が見えない, ですよ, は強情, より外, を治め

▼ く内密~ (5, 0.0%)

1 なお話, に, にお, のうち, のこと

▼ く及ぶ~ (5, 0.0%)

1 かも知れません, ところに, ところの, 所では, 所に

▼ く受け~ (5, 0.0%)

2 て渠 1 て, て机, て錢形平次

▼ く古い~ (5, 0.0%)

1 事です, 新派だ, 昔の, 時計で, 歌であった

▼ く喋舌~ (5, 0.0%)

1 った, ってね, て誠に, る女, る老婦

▼ く国民~ (5, 0.0%)

1 の冀望, の志望, の思潮, の理想, を一致

▼ く場所~ (5, 0.0%)

1 が用意, にかえった, も失わせる, も見当らなかった, を拵えなけれ

▼ く売っ~ (5, 0.0%)

1 てしまった, てやる, て仏像, て利, て貰う

▼ く~ (5, 0.0%)

1 で, に注がれた, に舐めさせた, の立姿, は空

▼ く子供~ (5, 0.0%)

2 の時 1 っぽいながら, の内, らしい着想

▼ く~ (5, 0.0%)

1 あり弱った, と語り, に問い掛ける, を大事, を遇す

▼ く~ (5, 0.0%)

1 かされた, ころんで, てゐる, て出でましき, るやう

▼ く~ (5, 0.0%)

2 は坐さず, 童にて 1 あらんや

▼ く幽か~ (5, 0.0%)

1 なるその, な一線, な私, な臭気, な響

▼ く広い~ (5, 0.0%)

1 やと小宮山, 川幅を, 意味で, 意味に, 読者層に

▼ く廊下~ (5, 0.0%)

1 のあたり, へ来た, へ足, を小走り, を經

▼ く~ (5, 0.0%)

3 の行末 1 の胸掛, の説

▼ く心得~ (5, 0.0%)

1 ていた, ている, てゐた, てゐなけれ, て居る

▼ く思ひ~ (5, 0.0%)

1 たりし, てその後生活, どんな寢心地, ながら聖像, を味

▼ く~ (5, 0.0%)

1 につれてやっと, もつかず, も苦し, をひそめ, を吐い

▼ く悄気~ (5, 0.0%)

3 てゐた 1 かへつた, ていた

▼ く感じ~ (5, 0.0%)

1 ていた, ている, ておられた, てゐる, てゐるらしく

▼ く感ずる~ (5, 0.0%)

1 と共に其の, のであった, のである, ばかりである, 程度の

▼ く感心~ (5, 0.0%)

3 して 1 したといふ, をし

▼ く成った~ (5, 0.0%)

1 ね, ので一族そこ, アな, 何にも, 後の

▼ く成る~ (5, 0.0%)

1 と不可い, と見え, に從つて燒趾, ばかしだ, 時には

▼ く撃てり~ (5, 0.0%)

1 ウオーヅオルスも, シヱクスピーアも, 是等の, 曲亭馬琴も, 然れ

▼ く~ (5, 0.0%)

1 ふること一生身, ふるを, へた, へね, へること

▼ く明るく~ (5, 0.0%)

1 あまり考へない, きらめいて, 感情を, 眺められます, 眼に

▼ く~ (5, 0.0%)

1 がもう, の懶い, の花秋, や残すなら, や身近きもの

▼ く~ (5, 0.0%)

1 を張っ, を張った, を張つた, 掘り葉, 掘り葉掘り

▼ く正直~ (5, 0.0%)

1 な女, な御, な性質, な話, に何となく

▼ く~ (5, 0.0%)

1 う云いましょう, う云っ, りアル, るの, んな

▼ く~ (5, 0.0%)

1 はし, はれし時, わした, わして, 社界を

▼ く生き~ (5, 0.0%)

2 て居れない 1 て, て居たい, とおさん

▼ く~ (5, 0.0%)

1 なり, に注がれ, の審判, やわけ, 情深き神

▼ く~ (5, 0.0%)

1 に凭, に腰, のともし, の外面, の板玻璃

▼ く美しい~ (5, 0.0%)

1 ほどに無駄, 微笑だった, 微笑だつた, 織物には, 花園である

▼ く~ (5, 0.0%)

2 へ弁 1 う可, ふること, へしづか

▼ く~ (5, 0.0%)

3 て居る 2 ている

▼ く自己~ (5, 0.0%)

1 とを比較, に知れた, の判斷, の掌上, の美想

▼ く~ (5, 0.0%)

1 がにじん, がめぐるでしょう, に染み, の歓楽, を除けた

▼ く視る~ (5, 0.0%)

1 ために, とそれ, とまるで, と白い, と荒

▼ く親しい~ (5, 0.0%)

1 人間だらう, 友人で, 友人です, 父の, 間柄で

▼ く~ (5, 0.0%)

2 っていた 1 って書いたでなかろう, られて, る處

▼ く走り~ (5, 0.0%)

1 その毛色, ながらその, 寄って, 戻って, 進めるを

▼ く連つて~ (5, 0.0%)

3 居る田 2 居る

▼ く遊び~ (5, 0.0%)

1 に参りました, に来, に行, に行った, に行つた家

▼ く適当~ (5, 0.0%)

1 した役目, して, な役者, な日, の学識経験

▼ く長く~ (5, 0.0%)

1 だして, まばらな, 下の, 波を, 見て

▼ く~ (5, 0.0%)

2 もなかつた 1 がなかつた, に四郎左衛門, もない

▼ く~ (5, 0.0%)

1 かであつ, かな町筋, かにし, で歩く樣子, な大

▼ く~ (5, 0.0%)

2 文明的な, 藩閥同盟の 1 想非

▼ く頂戴~ (5, 0.0%)

3 した 1 しました, 致しますから

▼ く飛ぶ~ (5, 0.0%)

1 これを, という表示, には色々, を知り, 竜これを

▼ く~ (5, 0.0%)

1 からおりた, の病氣, の脇腹, はあちこち, を孕ます

▼ くあまりに~ (4, 0.0%)

21 大御車, 脱籍

▼ くくらい~ (4, 0.0%)

1 だから, なんだ, 厳粛な, 過敏な

▼ くここ~ (4, 0.0%)

1 に到る, に居らす, に成った, を弁える

▼ くこんな~ (4, 0.0%)

1 ことを, では, 家業は, 汚い処

▼ くざっと~ (4, 0.0%)

1 したもの, した事, それを, 遠近に

▼ くただ~ (4, 0.0%)

1 に下心, 不思議な, 徳を, 烈日を

▼ くたち~ (4, 0.0%)

1 が自由, だつた, は成層圏, 切れば

▼ くどこ~ (4, 0.0%)

1 かに暖か, からも来信, か母, を曲る

▼ くなかつたら~ (4, 0.0%)

1 これを, そのま, 十兩よこせ, 當人を

▼ くなくなした~ (4, 0.0%)

1 なおその, 処や, 奴胴中を, 指と

▼ くなんて~ (4, 0.0%)

1 そんな下品, そんな法つて, 理窟はねえ, 随分勿体な

▼ くのに~ (4, 0.0%)

1 平次は, 張合が, 答へて, 苦労八時近くアガり

▼ くばかりに~ (4, 0.0%)

1 侍り, 喝采せり, 沢山の, 近づきて

▼ くひし~ (4, 0.0%)

1 はなしを, ばつた口の, ばつて, 蕎麥は

▼ くびじろは~ (4, 0.0%)

1 あげて, 悲しげに, 激しく鼻息, 逃げなかった

▼ くふと~ (4, 0.0%)

1 いふ変り者, つた顏を, は思ひ, 吃驚りし

▼ くぶつ~ (4, 0.0%)

31 つい

▼ くやさしく~ (4, 0.0%)

1 なりぬ, 女の, 私の, 輝く

▼ くゆり~ (4, 0.0%)

2 靡きて 1 あわただしく, を思いしみない

▼ くわっ~ (4, 0.0%)

2 くわっ 1 とただ口, とオットセイ

▼ くわら~ (4, 0.0%)

2 かいち 1 と蛙, ひました

▼ く一つ~ (4, 0.0%)

1 ご指南番, できまる, によること, の点

▼ く一般~ (4, 0.0%)

1 に讀まれた, に遵奉, の利益, の文藝作品

▼ く並ん~ (4, 0.0%)

3 でいる 1 で蹲踞

▼ く事情~ (4, 0.0%)

1 におかれ, を尋ねた, を知, を知らない

▼ く二葉亭~ (4, 0.0%)

1 の実業, は八門遁甲, をし, を説明

▼ く云っ~ (4, 0.0%)

1 ていらっしゃる, てらア, て済みません, て置い

▼ く交際~ (4, 0.0%)

2 して 1 も凡て, を求め

▼ く他人~ (4, 0.0%)

1 に對, に解らせ得, のこと, の遽

▼ く伊藤侯~ (4, 0.0%)

2 の人物, の理想

▼ く~ (4, 0.0%)

1 のところ, の事, ひの, 立って

▼ く余儀なく~ (4, 0.0%)

1 された, された運命, されるので, され誰

▼ く~ (4, 0.0%)

1 の口実, の松毬, へは病氣, をキリスト教國

▼ く~ (4, 0.0%)

2 の理想, は曾

▼ く働き~ (4, 0.0%)

1 まする事, 且は, 気の, 顧問として

▼ く光る~ (4, 0.0%)

1 のである, のを, デスクを, 盤面

▼ く内閣~ (4, 0.0%)

2 の存立, の目的

▼ く出来る~ (4, 0.0%)

1 それが, のへ, ような, 身なら

▼ く出発~ (4, 0.0%)

1 した, する高原, せらるる事, に先だって露国

▼ く分り~ (4, 0.0%)

1 もせず, 且つは, 兼ねたもの, 易く書いた

▼ く分ります~ (4, 0.0%)

1 がね, が入らざる, が其の, 皆立派な

▼ く勉強~ (4, 0.0%)

1 が出来た, しました, する質, でございます

▼ く動かし~ (4, 0.0%)

2 ながら将 1 ている, て籾

▼ く~ (4, 0.0%)

2 つて怒つ 1 つて終つて弟妹親戚にも, 澄した

▼ く叩き~ (4, 0.0%)

2 撫でて 1 て, ながらマダム

▼ く~ (4, 0.0%)

1 と我, はお, は覺, を招き致したる

▼ く~ (4, 0.0%)

1 たけ, 此点に, 湖名と, 継は

▼ く~ (4, 0.0%)

1 けく, に協, の勝利, を行

▼ く~ (4, 0.0%)

1 とよぶ, に帰れる, の栄誉, をめぐる

▼ く國民~ (4, 0.0%)

1 に及ぼす, の冀望, の心, の理解

▼ く~ (4, 0.0%)

1 にひつ, に駅, の上, 焦げたる地

▼ く堅い~ (4, 0.0%)

1 ような, 大きなの, 家であった, 石で

▼ く場合~ (4, 0.0%)

1 が多い, とうつ, と此二様, を言

▼ く大きな~ (4, 0.0%)

1 湯呑か, 石が, 穴を, 鱶が

▼ く大海~ (4, 0.0%)

1 をし, を探, を渡り, を渡る

▼ く姿~ (4, 0.0%)

2 が目赫 1 は見るべからざる, をかくして

▼ く~ (4, 0.0%)

2 でね 1 がとり, を愛する

▼ く安く~ (4, 0.0%)

1 ありこせ, 借受けるやう, 売って, 臥せよ

▼ く完全~ (4, 0.0%)

1 なるを, なる政党たる, なる政黨たる, に保存

▼ く容易~ (4, 0.0%)

2 に掴まれ 1 な問題, に九州

▼ く宿~ (4, 0.0%)

1 に歸, の名, はちゃんと, へ歸

▼ く小さく~ (4, 0.0%)

2 切って 1 て締まっ, 記事が

▼ く少い~ (4, 0.0%)

1 のです, ので何処, 事と, 時で

▼ く~ (4, 0.0%)

2 に砕ける 1 は半ば, を穿ち

▼ く平民的~ (4, 0.0%)

1 な人, な大, な気象, に

▼ く~ (4, 0.0%)

2 になつて 1 の暮, 若な

▼ く~ (4, 0.0%)

2 きとばす, く彈

▼ く当り前~ (4, 0.0%)

1 な結婚, のこと, のもの, の本

▼ く~ (4, 0.0%)

1 あるもの, に持っ, を消す, を隠す

▼ く彼等~ (4, 0.0%)

1 が皇室, の物, の行爲, を迎え

▼ く御覧~ (4, 0.0%)

1 あの己惚鏡, なさい, なさって, なされ幼い

▼ く思い~ (4, 0.0%)

1 かの年かさ, が何より, ながら, ながら久しく

▼ く思う~ (4, 0.0%)

1 て呉れた, のだ, のだった, のである

▼ く思はれる~ (4, 0.0%)

1 と困る, ものが, 樣だ, 点は

▼ く感じた~ (4, 0.0%)

1 か知れませんでした, が余, が外, 事は

▼ く打ち~ (4, 0.0%)

1 ながら革具, 更に赤く, 笑ひつ, 驚き見る見る

▼ く打つ~ (4, 0.0%)

1 ことを, 時, 缺け, 者が

▼ く持ちかけ~ (4, 0.0%)

2 て来た 1 て來, て来る

▼ く~ (4, 0.0%)

1 にて裾, の腹, はピタリ, を握られな

▼ く~ (4, 0.0%)

1 へた, へてゐた, へてをられた, へて居りました

▼ く措く~ (4, 0.0%)

1 として君, とする, も後代, 後者の

▼ く断片的~ (4, 0.0%)

1 な事, な文章, にその, に其時

▼ く~ (4, 0.0%)

1 うなあ, う言, して, の妙機

▼ く~ (4, 0.0%)

1 な気持, に肉, に解釈, の船

▼ く様子~ (4, 0.0%)

2 が手 1 もなく, も有ませんでした

▼ く次第に~ (4, 0.0%)

1 寒く成つた處, 明るくなつ, 險しくなりました, 高らかに

▼ く殊に~ (4, 0.0%)

1 些は, 言語史学と, 通俗的には, 雪の

▼ く気持~ (4, 0.0%)

1 がつよく, にはい, の歌, を分担

▼ く決心~ (4, 0.0%)

2 した 1 して, だつた

▼ く~ (4, 0.0%)

1 に跳, の響き, を蹴立て, 少しくはげし

▼ く~ (4, 0.0%)

1 のうへをゆく, の潮, の言葉, ははろけしここ

▼ く淡い~ (4, 0.0%)

1 ことを, 光では, 忘れ難い, 見本を

▼ く清らか~ (4, 0.0%)

1 だ, な伊井谷川, な生活, な花屋

▼ く濃い~ (4, 0.0%)

1 のと, ような, 汁が, 煎汁

▼ く濡れ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, て居た, て立つ

▼ く~ (4, 0.0%)

1 と変じ, にあ, に誓う, をけに火さし物

▼ く~ (4, 0.0%)

1 が一層, くべいえら, せる金壺眼, と依

▼ く為す~ (4, 0.0%)

1 なからん, 所で, 所には, 所は

▼ く~ (4, 0.0%)

1 かつた, 反応な, 畏を以て, 鐵砲な

▼ く~ (4, 0.0%)

1 の方, ひたる河岸, 藥を, 酔の

▼ く生徒~ (4, 0.0%)

2 の世話 1 が用いる, の三四人

▼ く疾翔大力疾翔大力~ (4, 0.0%)

4

▼ く眠っ~ (4, 0.0%)

3 ている 1 ていらっしゃる

▼ く短く~ (4, 0.0%)

2 刈り込んだ頭 1 截れ, 節約し

▼ く秘密~ (4, 0.0%)

1 な闇, に世間, に女, のお

▼ く種々~ (4, 0.0%)

1 の仕方, の訓示, 異なる仕方, 考へて

▼ く~ (4, 0.0%)

1 かで脅かされ, かな人間, かに自分, しい性質

▼ く立ち~ (4, 0.0%)

1 て之, まわるが, まわれるに, 廻ったと

▼ く立派~ (4, 0.0%)

1 な並樹道, な男, には聞えたれ, に切れ

▼ く~ (4, 0.0%)

1 が細かく, でもない, を附け, 御安直

▼ く粗い~ (4, 0.0%)

2 譜に 1 木版で, 譜の

▼ く粗末~ (4, 0.0%)

1 なカード, な写真, な天井, な棺

▼ く美しく~ (4, 0.0%)

1 するの, 世にもめでたい, 剥製された, 成長した

▼ く~ (4, 0.0%)

2 して 1 もなほ, も猶

▼ く聞え~ (4, 0.0%)

1 てゐた, て二人, て來, て来

▼ く聞こえ~ (4, 0.0%)

1 たまたま銀座, てきた, て来た, 渡つて

▼ く~ (4, 0.0%)

2 づいた青春 1 が跳, づいた頬ツぺたにまで表情

▼ く~ (4, 0.0%)

1 の中, の枯れ, の生えぬ, の青め

▼ く~ (4, 0.0%)

1 には二, に商, に絶えず, の竹むら

▼ く見えた~ (4, 0.0%)

1 そうです, のである, 弓形で, 新次が

▼ く見た~ (4, 0.0%)

1 ことも, やうな, 上でなけれ, 事も

▼ く~ (4, 0.0%)

1 と子, につきまとわれる, に事, の仇

▼ く解っ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ております, て居る

▼ く解る~ (4, 0.0%)

2 人が 1 のだ, んだ

▼ く言っ~ (4, 0.0%)

1 ても自分, て墓, て病室, て聞かせる

▼ く言った~ (4, 0.0%)

1 がやがてちと, ものだ, もんだ, 艇より

▼ く話し~ (4, 0.0%)

1 てなおし, てみよう, て私, て見

▼ く読む~ (4, 0.0%)

1 ことは, ためには, と云, と否

▼ く調べ~ (4, 0.0%)

1 が届い, てみた, て見ます, て見ませう

▼ く~ (4, 0.0%)

2 りて 1 なこと, るもの

▼ く~ (4, 0.0%)

1 なりと, なるべし, なるべし財, に安んずる

▼ く走る~ (4, 0.0%)

1 に便, を知る, を箭, 船

▼ く起き~ (4, 0.0%)

1 てそして, て宿醉, て徘徊, 出で

▼ く~ (4, 0.0%)

2 の処弁 1 で別に, のある

▼ く~ (4, 0.0%)

1 で歩く, なるに, にこの, り返って

▼ く~ (4, 0.0%)

1 にも陸棲人士, の合う, を擡げ, を曇らせ

▼ く~ (4, 0.0%)

1 がみり, が折れた, なりと雖, の何處

▼ く~ (4, 0.0%)

1 さに, さ五六丈許その, 塀の, 廊下を

▼ く~ (4, 0.0%)

1 にやあらむ人, に事えん, を執らう, を執る

▼ くあしら~ (3, 0.0%)

2 はれて 1 ひますが

▼ くあんな~ (3, 0.0%)

1 ことが, 中で, 重いもの

▼ くおのれ~ (3, 0.0%)

2 楽しむもの 1 が座

▼ くお出で~ (3, 0.0%)

1 だねえ, なさいました去年, になりました

▼ くかな~ (3, 0.0%)

1 あはれ今年は, その二月, 悲むか

▼ くかなしき~ (3, 0.0%)

2 ものを 1 わかれせましや

▼ くごらん~ (3, 0.0%)

1 ください, なさいよ, なせえ

▼ くざく~ (3, 0.0%)

2 して 1 に光つて

▼ くしゃんと~ (3, 0.0%)

1 も一つくしゃみ, 嚔を, 大きいくしゃみ

▼ くそこ~ (3, 0.0%)

1 に思ひ出, に自分, を出

▼ くたって~ (3, 0.0%)

1 い, お前急に, 大の

▼ くつつ~ (3, 0.0%)

3 いて

▼ くづして~ (3, 0.0%)

2 坐つて 1 ひかへて

▼ くでき~ (3, 0.0%)

1 ている, てワーッ, て花

▼ くないであろう~ (3, 0.0%)

1 と思う, と考えられます, と考える

▼ くなから~ (3, 0.0%)

1 う, うが, うと

▼ くなき~ (3, 0.0%)

1 や俺, 努力を, 夷狄は

▼ くなけれ~ (3, 0.0%)

1 ば天下, ば本式, ば酒

▼ くなし~ (3, 0.0%)

1 てこの, にあ, にそのまま

▼ くなに~ (3, 0.0%)

1 うなだれて, 拭きも, 黙りこんだ

▼ くなりし~ (3, 0.0%)

1 こと甘木の, ためか, を自ら覺

▼ くなりません~ (3, 0.0%)

1 からお, から御, ね

▼ くなろう~ (3, 0.0%)

1 とする, とはしず, とは思わなかった

▼ くなんか~ (3, 0.0%)

1 なれるもの, わたしには, 思つてや

▼ くなんぞ~ (3, 0.0%)

1 いう奴, ちっともない, 無視し

▼ くに従って~ (3, 0.0%)

1 円座の, 彼の, 彼は

▼ く~ (3, 0.0%)

1 えたって, くり廻る, した暮し振り

▼ くばかりの~ (3, 0.0%)

1 多種に, 恥を, 處白砂に

▼ くひち~ (3, 0.0%)

3 がひ

▼ くひつく~ (3, 0.0%)

2 やうに 1 のを

▼ くひもち~ (3, 0.0%)

21 て鶯

▼ くびく~ (3, 0.0%)

1 くりの, びさせているのを時々, びやっている者も

▼ くびに~ (3, 0.0%)

1 は掛けず, もならず, も挿した

▼ くびをかしげて~ (3, 0.0%)

1 この話, そしてやがて, 聞いて

▼ くふり~ (3, 0.0%)

1 かへり, しかば嶺, 返られる

▼ くぼく~ (3, 0.0%)

1 には不, のよう, の部屋

▼ くまり~ (3, 0.0%)

1 の水, の沼, の穿江

▼ くやら~ (3, 0.0%)

1 むと心に, わかりませんが, 遅桜

▼ くるる~ (3, 0.0%)

1 のくろがね, の音, をめぐる

▼ く~ (3, 0.0%)

1 くゎ, と鳴き叫び, に後家

▼ くわたくし~ (3, 0.0%)

1 に語, の立場, はおびえる

▼ くウぐウ~ (3, 0.0%)

3 れッ

▼ くガラツ八~ (3, 0.0%)

1 ですが, とお, は曲者

▼ くツきり~ (3, 0.0%)

1 した髷, ととほつ, と笑靨

▼ くーん~ (3, 0.0%)

1 と泣きつづけ, と泣き出した, と鳴い

▼ く~ (3, 0.0%)

1 と間, は又, ひ

▼ く一時~ (3, 0.0%)

2 の利害 1 は若葉

▼ く一部~ (3, 0.0%)

1 の効用, の者, の観察

▼ く上下~ (3, 0.0%)

2 の信任 1 に搖れ出した

▼ く上品~ (3, 0.0%)

1 なお菓子, なもの, にし

▼ く世の中~ (3, 0.0%)

1 であろう, のため, へ出

▼ く世人~ (3, 0.0%)

1 に交わり, の注意, の耳目

▼ く両手~ (3, 0.0%)

1 に自記, の掌面, を組みました

▼ く中心~ (3, 0.0%)

1 をつかむ, をとる, をとれ

▼ く主人~ (3, 0.0%)

1 が出しました, に然, をし

▼ く人目~ (3, 0.0%)

1 から隠し, にかからぬ, を避けん

▼ く人類~ (3, 0.0%)

1 のため, の幸福, の持つ

▼ く付き~ (3, 0.0%)

2 まつわるの 1 まつわると

▼ く~ (3, 0.0%)

1 が悪, が惡, の好い

▼ く何処~ (3, 0.0%)

1 となく, にもゐ, にもゐない

▼ く余り~ (3, 0.0%)

1 に寒く, に抵抗力, に非

▼ く便利~ (3, 0.0%)

1 だから, に供, の為仕切り

▼ く~ (3, 0.0%)

1 はつて, はれる, ふべき性

▼ く~ (3, 0.0%)

1 の日本人, よりない, より蛋白質

▼ く働い~ (3, 0.0%)

1 てどんな, て天道, て相当

▼ く働いた~ (3, 0.0%)

1 から何ぞ, がそそくさ, がその

▼ く像末法滅~ (3, 0.0%)

3 の時機

▼ く~ (3, 0.0%)

2 の誠吾 1 の容一郎

▼ く光り~ (3, 0.0%)

1 て昨夜, のさしのぼっ, 道は

▼ く再び~ (3, 0.0%)

1 君子の, 竜之, 起伏し

▼ く冴え~ (3, 0.0%)

1 ている, てしまった, て匂い

▼ く分った~ (3, 0.0%)

1 ぞ, の, 其の様

▼ く分りません~ (3, 0.0%)

3

▼ く切れる~ (3, 0.0%)

1 ものでございます, 刃物を, 枝は

▼ く判っ~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ く~ (3, 0.0%)

3 を制す

▼ く勉め~ (3, 0.0%)

2 能く 1 て種々

▼ く~ (3, 0.0%)

3

▼ く化粧~ (3, 0.0%)

1 したお, した光君, した舞台

▼ く卑近~ (3, 0.0%)

1 な対世間対ジャーナリズム, な理由, の意味

▼ く~ (3, 0.0%)

1 の法, 曲をと, 鐘の

▼ く~ (3, 0.0%)

1 がたくさん, もない, を作つた

▼ く同じ~ (3, 0.0%)

1 な景色, 問を, 宿所へ

▼ く同情~ (3, 0.0%)

1 すべき事, す可, を表せざる

▼ く吹い~ (3, 0.0%)

1 て妙, て来, て遥

▼ く呑み込ん~ (3, 0.0%)

1 でいた, でいる, で承知

▼ く~ (3, 0.0%)

1 の声, も巧, も歌はず

▼ く~ (3, 0.0%)

1 はざる, ひかくれば, ひただしては

▼ く喇叭~ (3, 0.0%)

1 が鳴つた, の音, を吹き

▼ く~ (3, 0.0%)

1 つたやう, ならは, 止ること

▼ く固く~ (3, 0.0%)

2 なって 1 沈黙し

▼ く地味~ (3, 0.0%)

1 な存在, な灰色, に取り

▼ く売った~ (3, 0.0%)

1 って己, もので, ッて

▼ く売れ~ (3, 0.0%)

1 ても人, ばよろしい, ば屹度

▼ く夕暮~ (3, 0.0%)

1 であつ, は, るる頃

▼ く多少~ (3, 0.0%)

2 の指摘 1 の努力

▼ く大きい~ (3, 0.0%)

1 から各種, ものや, 葉もみぢの

▼ く大きく~ (3, 0.0%)

1 なりたいの, まはる, 使用しない

▼ く大勢~ (3, 0.0%)

2 を利導 1 寄ると

▼ く太平洋~ (3, 0.0%)

1 の水域, を横ぎつてゆくアメリカ帆船, を睨ん

▼ く太陽~ (3, 0.0%)

1 の光り, の勢力, の面

▼ く失望~ (3, 0.0%)

1 して, せられたやう, の色

▼ く~ (3, 0.0%)

1 なるあめつちの, なるもの, へなる

▼ く~ (3, 0.0%)

1 でなければ, の家, の為

▼ く始め~ (3, 0.0%)

1 から決定, より政党, より政黨

▼ く婦人~ (3, 0.0%)

1 の体臭, はよろよろ, を侮辱

▼ く~ (3, 0.0%)

1 い初期, い葉, い蕾

▼ く安直~ (3, 0.0%)

1 でスープ, なお, な西洋料理

▼ く~ (3, 0.0%)

1 の中, の内, の様子

▼ く寂しい~ (3, 0.0%)

1 怒が, 感じの, 死

▼ く~ (3, 0.0%)

2 を立てたる 1 に印度

▼ く~ (3, 0.0%)

1 では地蔵尊, の犬, は毎日雲霧

▼ く少く~ (3, 0.0%)

1 しかもたない, とまった果実, 大抵は

▼ く少ない~ (3, 0.0%)

1 うちに, と思われる, んです

▼ く少額~ (3, 0.0%)

1 ではある, に見積っ, に見積つて

▼ く~ (3, 0.0%)

1 の樣, を怺, 放らしむる

▼ く左右~ (3, 0.0%)

1 にひろげ, に広き, に張る如く飛び

▼ く帰っ~ (3, 0.0%)

1 たりした, ていらし, て来

▼ く幼少い~ (3, 0.0%)

1 時に, 時の, 時分と

▼ く~ (3, 0.0%)

1 けきき, に能, に膝

▼ く幾年~ (3, 0.0%)

1 の久しき, の長き, 待つても

▼ く~ (3, 0.0%)

1 い空地, く大阪, く惠

▼ く弱い~ (3, 0.0%)

2 火へ 1 方で

▼ く強い~ (3, 0.0%)

1 塩水へ, 意志を, 方が

▼ く強く~ (3, 0.0%)

1 して, 働くもの, 成るにつれて

▼ く~ (3, 0.0%)

1 つた, に種子, もなし

▼ く従って~ (3, 0.0%)

1 之を, 信用の, 険悪を

▼ く微妙~ (3, 0.0%)

1 な, な味, な神経的

▼ く心配~ (3, 0.0%)

1 さうな容子, して, の体

▼ く忍び~ (3, 0.0%)

2 得る所 1 て神妙

▼ く悧巧~ (3, 0.0%)

1 なの, な奴, にならないで

▼ く~ (3, 0.0%)

1 く存候, みても, を残し

▼ く悲しく~ (3, 0.0%)

1 ながれて, なること, 引止められし命

▼ く愉快~ (3, 0.0%)

1 である, な人物, な緊張

▼ く意味~ (3, 0.0%)

1 があった, が分らず, のない

▼ く~ (3, 0.0%)

1 の聲, も憎み, や信仰

▼ く~ (3, 0.0%)

1 じて, へて平次, へました

▼ く~ (3, 0.0%)

1 つたので, て一筆, て帰ッ

▼ く手紙~ (3, 0.0%)

1 が来る, の上, の中

▼ く手軽い~ (3, 0.0%)

1 口調で, 実例では, 葬式を

▼ く~ (3, 0.0%)

1 で叩い, を固め, を打ち

▼ く捌い~ (3, 0.0%)

2 てくれ 1 てしまった

▼ く~ (3, 0.0%)

2 がつて 1 がつて行

▼ く政党~ (3, 0.0%)

1 が内閣, の価値, の外

▼ く故に~ (3, 0.0%)

1 この教, 翁の, 胡俗猴を

▼ く教え~ (3, 0.0%)

1 ておい, てくれた, 込むとき

▼ く整理~ (3, 0.0%)

2 されて 1 される

▼ く新鮮~ (3, 0.0%)

2 なカキ 1 でまた

▼ く早い~ (3, 0.0%)

1 お茶の水の, 夜の, 頃から

▼ く~ (3, 0.0%)

1 とが, を仰いだ, を飾り

▼ く時私~ (3, 0.0%)

2 には心 1 は聴き

▼ く時雨~ (3, 0.0%)

1 がパラ, に濡れ, の音

▼ く~ (3, 0.0%)

1 さかな, さ寒, さ日なり

▼ く暗い~ (3, 0.0%)

1 ものは, 海の, 風が

▼ く~ (3, 0.0%)

2 せると 1 せれば

▼ く更に~ (3, 0.0%)

1 他の, 深かりしならん, 見返して

▼ く書く~ (3, 0.0%)

1 そうです, のである, 力も

▼ く~ (3, 0.0%)

1 ますよ, 意識的に, 氣無形に

▼ く有る~ (3, 0.0%)

1 事だ, 例し, 形だ

▼ く朝鮮~ (3, 0.0%)

1 の日本, は目的, を回復

▼ く未来~ (3, 0.0%)

1 の明, をその, を言い

▼ く~ (3, 0.0%)

2 の上 1 を敲き

▼ く染め~ (3, 0.0%)

1 だされた, ている, て長い

▼ く~ (3, 0.0%)

2 の葉 1 の市

▼ く~ (3, 0.0%)

1 えある, える大御代, ゆくもののふ

▼ く横笛~ (3, 0.0%)

1 が呼べ, のひびきである, の音

▼ く正面~ (3, 0.0%)

2 の西日木膚 1 の席亭

▼ く歴史~ (3, 0.0%)

1 がその, の空間, の體

▼ く~ (3, 0.0%)

1 と死後, を迎, 未だ彼

▼ く死ん~ (3, 0.0%)

1 でしまふ, でゆく, で美

▼ く比較~ (3, 0.0%)

3 して

▼ く~ (3, 0.0%)

1 の長, の間, を持つ

▼ く水の上~ (3, 0.0%)

1 を歩めるなりき, を照らし, を見張ってろ

▼ く~ (3, 0.0%)

1 に現, を護らん, 取り持ちて

▼ く江戸~ (3, 0.0%)

1 からお客様, つ子達, の土

▼ く汽車~ (3, 0.0%)

2 の旅 1 待てる

▼ く~ (3, 0.0%)

2 のさき 1 の体

▼ く淋しく~ (3, 0.0%)

1 かえって勝利者, そして疎ましく, 父などと

▼ く淡く~ (3, 0.0%)

1 なったの, 其の色, 尾を

▼ く淡泊~ (3, 0.0%)

2 な味 1 とした

▼ く深き~ (3, 0.0%)

1 こと一丈, にあきれ, に達する

▼ く清浄~ (3, 0.0%)

1 な春, を得, を得る

▼ く~ (3, 0.0%)

1 しますね, ってくれるだろう, って埋め合わせる

▼ く澄んだ~ (3, 0.0%)

1 天地の, 真夏の, 頭を

▼ く濁った~ (3, 0.0%)

1 にぶい電燈, 雲の, 電燈の

▼ く~ (3, 0.0%)

1 す無き也, であり木綿, に之

▼ く~ (3, 0.0%)

1 が土臭い, が舞, れる中

▼ く焦げた~ (3, 0.0%)

2 やうである 1 熔岩とは

▼ く~ (3, 0.0%)

1 いた, いた痕, けん爲

▼ く父母~ (3, 0.0%)

1 すみたも, の子, の至情

▼ く特別~ (3, 0.0%)

1 な事情, な場合, な御馳走

▼ く~ (3, 0.0%)

1 が吠えた, が啼く, を包ん

▼ く~ (3, 0.0%)

1 と子, を苦笑い, を記し

▼ く現代~ (3, 0.0%)

3 を超越

▼ く理解~ (3, 0.0%)

1 がつきました, して, んでる

▼ く~ (3, 0.0%)

1 に, の音, を浚っ

▼ く生れ~ (3, 0.0%)

1 ついたわが身, て来, も付かぬ

▼ く田舎~ (3, 0.0%)

1 の人, の孝行息, の貧乏寺

▼ く~ (3, 0.0%)

1 上げましたけれど, 上げませんでも, 上げること

▼ く~ (3, 0.0%)

1 の上, の周圍, や道ばた

▼ く白き~ (3, 0.0%)

1 東雲の, 雲ひとつ, 靄騎者の

▼ く白く~ (3, 0.0%)

1 ひろがって, 咲いて, 絶えず舌

▼ く皮膚~ (3, 0.0%)

1 が冷たく, が白い, は白皙

▼ く~ (3, 0.0%)

1 一致せる, 争ふ, 抱擁し

▼ く眠り~ (3, 0.0%)

1 その次, たまえと, をさまさぬ

▼ く眺め~ (3, 0.0%)

1 ていた, てをります, て放さなかった

▼ く~ (3, 0.0%)

1 ていた, て水髮, て罌粟玉

▼ く知ってる~ (3, 0.0%)

1 ね, ので淡島椿岳, 人たちであった

▼ く知り~ (3, 0.0%)

1 かつその, ながら彼, 誰れ

▼ く知るべき~ (3, 0.0%)

21 ところには

▼ く破れ~ (3, 0.0%)

1 かぢかん, て身, とにはあらず

▼ く確か~ (3, 0.0%)

1 だったと, な女, な者

▼ く~ (3, 0.0%)

1 するを, まいかと, を述べ

▼ く~ (3, 0.0%)

1 になつて, の日, の陽

▼ く~ (3, 0.0%)

1 っても見なん, で待つ, で這入った

▼ く積り~ (3, 0.0%)

1 でさすが, で居る, になつたん

▼ く立っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ております, てられる

▼ く紅葉~ (3, 0.0%)

1 して, には盛り, の政治的才幹

▼ く納得~ (3, 0.0%)

2 出来る様 1 させるか

▼ く細い~ (3, 0.0%)

2 箸を 1 繊に

▼ く結構~ (3, 0.0%)

1 でこれ, です, な御

▼ く続け~ (3, 0.0%)

1 てできる, て行く, よ

▼ く~ (3, 0.0%)

1 のもの, をおとり, 続の

▼ く罵り~ (3, 0.0%)

1 人の, 能く, 言葉や

▼ く美くし~ (3, 0.0%)

21 い人

▼ く美味しく~ (3, 0.0%)

1 して, 味を, 食べるには

▼ く~ (3, 0.0%)

2 を鳴す 1 を拡げた

▼ く~ (3, 0.0%)

1 て逆, ゆれば, 馴れた響

▼ く~ (3, 0.0%)

1 に応える, に絡みついた, ぬぎに

▼ く~ (3, 0.0%)

1 の高い, は並, を打つ

▼ く自ら~ (3, 0.0%)

1 保ち支, 欺きまた, 足れりと

▼ く舌打ち~ (3, 0.0%)

1 して, をし, を鳴らした

▼ く~ (3, 0.0%)

1 ひ下り, ひ納め一首, ひ藪ぎは

▼ く~ (3, 0.0%)

1 のしるし, の遲, の都

▼ く苛酷~ (3, 0.0%)

2 な官員 1 なるもの

▼ く若し~ (3, 0.0%)

1 利平茶屋まで, 本来の, 社会は

▼ く~ (3, 0.0%)

1 に病ん, るし, を抜き

▼ く~ (3, 0.0%)

2 の木 1 にはまま

▼ く葦原~ (3, 0.0%)

2 の中国 1 の中

▼ く薄い~ (3, 0.0%)

1 ものです, 絹地の, 霧が

▼ く蘭軒~ (3, 0.0%)

1 が一時, と茶山, の乾蝴蝶

▼ く~ (3, 0.0%)

2 の音 1 がしきりに

▼ く行ったら~ (3, 0.0%)

1 すぐ江戸, 今頃は, 黒く出

▼ く行つた~ (3, 0.0%)

1 と云, ならば, らしい

▼ く~ (3, 0.0%)

1 で出会っ, の道, はれて

▼ く~ (3, 0.0%)

1 へたる, へて見, へ来りし

▼ く~ (3, 0.0%)

1 ひ來, ふ船, へども遂に

▼ く見せ~ (3, 0.0%)

2 たりし 1 てピカリ

▼ く~ (3, 0.0%)

1 届けるその間, 廻しながら, 廻すと

▼ く視れ~ (3, 0.0%)

1 ばどうか, ば何, ば尚

▼ く覚悟~ (3, 0.0%)

1 して, のほど, をした

▼ く親もち~ (3, 0.0%)

3 なら親

▼ く~ (3, 0.0%)

1 すること, する所, つたらうが

▼ く解し~ (3, 0.0%)

1 たりとは言, て居る, 能く

▼ く解りました~ (3, 0.0%)

21 日の出は

▼ く語っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ておる

▼ く語る~ (3, 0.0%)

1 こと, ことあり, ところに

▼ く調子~ (3, 0.0%)

1 の磊落, をとつ, を合わせ

▼ く~ (3, 0.0%)

1 じつける, じ能, じ金

▼ く諸侯~ (3, 0.0%)

2 を建て 1 に賜うた

▼ く貧しい~ (3, 0.0%)

1 ものとが, 婦人にと, 家の

▼ く貧乏~ (3, 0.0%)

1 で私自身, な一職人, な伴侶

▼ く質朴~ (3, 0.0%)

1 なこんな, な処, な立派

▼ く身分~ (3, 0.0%)

2 の好い 1 も輕

▼ く身近~ (3, 0.0%)

1 な例, な家臣五, のもの以外

▼ く~ (3, 0.0%)

1 からとびおり, に乗り, に飛び

▼ く軽蔑~ (3, 0.0%)

2 して 1 の念

▼ く~ (3, 0.0%)

2 やいた駒 1 けど水

▼ く~ (3, 0.0%)

2 けく 1 がって泣い

▼ く辛抱~ (3, 0.0%)

2 して 1 なすったとばかり

▼ く近頃~ (3, 0.0%)

1 のもの, は道楽者, は道樂者

▼ く遅く~ (3, 0.0%)

1 と希, なつたの, もお

▼ く遊ん~ (3, 0.0%)

1 でいる, で居る, で音

▼ く遵奉~ (3, 0.0%)

1 して, し国家, し國家

▼ く都合~ (3, 0.0%)

2 がいい 1 のよい

▼ く野暮~ (3, 0.0%)

1 な処, な商人, になります

▼ く鋭い~ (3, 0.0%)

1 峯が, 而し, 風に

▼ く~ (3, 0.0%)

1 にうつり, の上, を覗く

▼ く関係~ (3, 0.0%)

1 しない方, のあった, のある

▼ く~ (3, 0.0%)

2 が鳴り出しました 1 に似

▼ く~ (3, 0.0%)

1 も見, を掩, を横

▼ く面白~ (3, 0.0%)

1 がって, さうに職員録を, そうに

▼ く~ (3, 0.0%)

1 ともな, には少し, はいと

▼ く~ (3, 0.0%)

1 た, つたもの, はう

▼ く~ (3, 0.0%)

1 し能, やらを子供, をやり

▼ く饒舌~ (3, 0.0%)

1 りもし, り人並, るが

▼ く~ (3, 0.0%)

1 あり, よくに, 立つ也

▼ く驚く~ (3, 0.0%)

1 と云う, は, 可く

▼ く~ (3, 0.0%)

2 の如く 1 を打つ如し

▼ く點頭~ (3, 0.0%)

1 きて, く, くのみ

▼ くああ~ (2, 0.0%)

1 今夜は, 何ぞ万死

▼ くあたっ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て思わぬ

▼ くあたり前~ (2, 0.0%)

1 の事柄, の紋切型

▼ くあっ~ (2, 0.0%)

1 ても決して, て欲しい

▼ くあばれ~ (2, 0.0%)

2 てさすが

▼ くあみ~ (2, 0.0%)

1 だと, に帰っ

▼ くあり~ (2, 0.0%)

1 こそ, そうな

▼ くありけれ~ (2, 0.0%)

1 かの源氏物語, 只今さやうの

▼ くあるまい~ (2, 0.0%)

1 といふ, と思ふ

▼ くいえ~ (2, 0.0%)

1 ば二十八通り, ば彼

▼ くいつも~ (2, 0.0%)

1 お健, キャラコさんの

▼ くいま~ (2, 0.0%)

1 また北, も螺鈿

▼ くおお~ (2, 0.0%)

2 泡ん

▼ くおだやか~ (2, 0.0%)

1 な元日, にお嬢さん

▼ くおぼえ~ (2, 0.0%)

1 ています, て居ました

▼ くお前敵~ (2, 0.0%)

2 を取っ

▼ くお礼~ (2, 0.0%)

1 を仰し, を申

▼ くかん~ (2, 0.0%)

1 ではありません, で弟

▼ くがね~ (2, 0.0%)

1 お前は, これで

▼ くくくやしい~ (2, 0.0%)

1 んだ, んです

▼ くくやしい~ (2, 0.0%)

1 んだ, んです

▼ くくやしく~ (2, 0.0%)

1 てなりませぬ, てなん

▼ くぐみ~ (2, 0.0%)

1 その紅, の雪

▼ くけれど~ (2, 0.0%)

1 あなたは, 会社と

▼ く~ (2, 0.0%)

1 は傳, 抔と

▼ くこう~ (2, 0.0%)

1 が啼いた, なくては

▼ くこそ~ (2, 0.0%)

1 思ひ切り玉, 来て

▼ くこなし~ (2, 0.0%)

1 たもの, て自分

▼ くこの間~ (2, 0.0%)

1 にもう一度, は衣食

▼ くこぼしてる~ (2, 0.0%)

2 様です

▼ くこれ等~ (2, 0.0%)

1 の人々, の溝

▼ くころ~ (2, 0.0%)

1 になつ, の慎しみ

▼ くごと~ (2, 0.0%)

1 に吾, に飾り玉

▼ くさっぱり~ (2, 0.0%)

1 とし, とした

▼ くさま~ (2, 0.0%)

1 へ差上げる, を見とどけたい

▼ くしぶき~ (2, 0.0%)

1 でぬらします, のこころもち

▼ くしみ~ (2, 0.0%)

1 に満ち充ちた, の微妙さ

▼ くすでに~ (2, 0.0%)

1 四辺に, 枯れたり

▼ くせい~ (2, 0.0%)

1 の夜, の甘酸っぱい

▼ く~ (2, 0.0%)

1 つやら, 御用人

▼ くそこら~ (2, 0.0%)

1 も考げ, を駈け

▼ くそれから~ (2, 0.0%)

1 一寸考へ, 新開地を

▼ くたちまち~ (2, 0.0%)

1 お手打, 散兵線

▼ くたつ~ (2, 0.0%)

1 て三文博奕, て独言

▼ くたまに~ (2, 0.0%)

1 出入りする, 法師丸の

▼ くたら~ (2, 0.0%)

1 さんみゃく, を説いた

▼ くだけ~ (2, 0.0%)

1 で次点以下, 落ちた

▼ くだらけ~ (2, 0.0%)

1 にし, の顏

▼ くぢらとり~ (2, 0.0%)

1 のれ, の男

▼ くつきまとっ~ (2, 0.0%)

1 て流れ, て羽左衛門

▼ くつぎ~ (2, 0.0%)

1 のよう, の一句

▼ くつぐんだ~ (2, 0.0%)

2 脣は

▼ くつけ~ (2, 0.0%)

1 てゐたつ, て入浴

▼ くつぬふ~ (2, 0.0%)

1 については今日, むゆが

▼ くづされ~ (2, 0.0%)

2 入り乱れ前後

▼ くづしたる~ (2, 0.0%)

2 古カン

▼ くづたく畠~ (2, 0.0%)

2 の火立色

▼ くづと~ (2, 0.0%)

1 成れば, 消えて

▼ くづと土糞~ (2, 0.0%)

2 焚きつぐこの

▼ くづるる音~ (2, 0.0%)

1 のたゆ, はいか

▼ くづれと~ (2, 0.0%)

1 卑しむけれ, 思はれるやう

▼ くづれるやうな~ (2, 0.0%)

2 大音響

▼ くづれる家~ (2, 0.0%)

2 のひそか

▼ くてか~ (2, 0.0%)

1 うかうと, へて

▼ くできた~ (2, 0.0%)

1 どっちかと, よ

▼ くでは~ (2, 0.0%)

1 くでと, 行つて來まする

▼ くとい~ (2, 0.0%)

1 へども未だ全く, へるは

▼ くとうしろ~ (2, 0.0%)

2 しみみに

▼ くとしても~ (2, 0.0%)

1 また一日, 北樂に

▼ くとて~ (2, 0.0%)

1 下葉, 手を

▼ くどんな~ (2, 0.0%)

1 所へでも, 気持の

▼ くなかれ~ (2, 0.0%)

1 と叱っ, 現職の

▼ くなくっ~ (2, 0.0%)

1 てはいけません, ても厭だい

▼ くなくなる~ (2, 0.0%)

1 といったよう, ものらしい

▼ くなぞ~ (2, 0.0%)

1 にはさらに, はどう

▼ くなっちゃった~ (2, 0.0%)

1 けれどここ, わ

▼ くなど~ (2, 0.0%)

1 かまうもの, 思ひも

▼ くなどと~ (2, 0.0%)

1 云つてゐる, 堅くるしい

▼ くなどに~ (2, 0.0%)

1 奉仕する, 頓着なく

▼ くなどは~ (2, 0.0%)

1 いかがな, 顧みない風

▼ くなの~ (2, 0.0%)

1 ひとゆゑに, 附添婦にさえ

▼ くなめらか~ (2, 0.0%)

1 に光っ, に聞える

▼ くなり過ぎ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て困る

▼ くなるから~ (2, 0.0%)

2

▼ くなるし~ (2, 0.0%)

1 脚は, 腹も

▼ くなるだらう~ (2, 0.0%)

1 と母, よ

▼ くなん~ (2, 0.0%)

1 しよ, の手がかり

▼ くにつれ~ (2, 0.0%)

1 いま自分の, 私の

▼ くねが~ (2, 0.0%)

2 はくは

▼ くねつ~ (2, 0.0%)

1 た川, た槲

▼ くねと~ (2, 0.0%)

1 しながらの, まがりま

▼ くはさ~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ くはなつ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐなかつた

▼ くばと~ (2, 0.0%)

2 ぶらひ来ませ

▼ くひじろ~ (2, 0.0%)

1 の右, はするどく

▼ くひそか~ (2, 0.0%)

1 に一室, に駿太郎

▼ くひとり首肯~ (2, 0.0%)

2 した

▼ くひな~ (2, 0.0%)

1 だよ, でないよ

▼ くひもじ~ (2, 0.0%)

2

▼ くひろびろ~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ くひ入る~ (2, 0.0%)

2 霜ば

▼ くびから手~ (2, 0.0%)

1 にはいまわっ, のさき

▼ くびじろ~ (2, 0.0%)

1 さあ, さぞ無念

▼ くびっと~ (2, 0.0%)

2 鳴らしました

▼ くびのまわりの~ (2, 0.0%)

1 赤い翼, 赤い鳥

▼ くびふり人形~ (2, 0.0%)

2

▼ くびら~ (2, 0.0%)

1 れたやう, れて

▼ くびをかしげましたが~ (2, 0.0%)

1 ついそのままいっ, ついそのまま行っ

▼ くびをくくつて~ (2, 0.0%)

2 しなうと

▼ くびをつかみ~ (2, 0.0%)

1 取って, 止め手強く

▼ くふか~ (2, 0.0%)

1 し皮, のやう

▼ くふらふら~ (2, 0.0%)

1 するくらい, と旅

▼ くへば~ (2, 0.0%)

1 脂ぎつてゐてうまい, 飛び切りに

▼ くへる~ (2, 0.0%)

1 白き家, 鳥は

▼ くべと~ (2, 0.0%)

1 思つた, 思つてた

▼ く~ (2, 0.0%)

1 にいでまく, に抜く

▼ くほどは~ (2, 0.0%)

1 何處までも, 小さくない

▼ くほろりほろり~ (2, 0.0%)

2 と涙

▼ くぼろぼろ~ (2, 0.0%)

1 に張りつい, に腐っ

▼ くまあ~ (2, 0.0%)

1 何でも, 持つて

▼ くまでに~ (2, 0.0%)

1 恋慕つた女気が, 溜って

▼ くまでを~ (2, 0.0%)

1 こんな中, 論語を

▼ くまばゆく~ (2, 0.0%)

1 湛えて, 湛へて

▼ くみち~ (2, 0.0%)

1 やん, やんはい

▼ くむごい~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ くやっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て見たい

▼ くやと~ (2, 0.0%)

1 厳に監, 潛める

▼ くやります~ (2, 0.0%)

1 よ, わなア

▼ くやる~ (2, 0.0%)

1 とさ, べいや

▼ くゆく~ (2, 0.0%)

1 か失敗, とは思っ

▼ くゆるく~ (2, 0.0%)

1 する, 迂って

▼ くりょう敵~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を取っ

▼ くりょう泡~ (2, 0.0%)

2 んぶく

▼ くりん~ (2, 0.0%)

2 といふ

▼ くゎっと~ (2, 0.0%)

1 見ひらいた眼, 見ひらいて

▼ くゎッ~ (2, 0.0%)

1 と明るく, と熱く

▼ くわずか~ (2, 0.0%)

1 なる幾人, な余技工芸品

▼ くわっくわっと~ (2, 0.0%)

1 あやしいこえ, 鉄の

▼ くゐい~ (2, 0.0%)

2 くゐい

▼ くをも~ (2, 0.0%)

1 お考えなさらず, 顧みぬよう

▼ くを以て~ (2, 0.0%)

1 仔羊の, 日本医方を

▼ くキラキラ~ (2, 0.0%)

1 と輝き, 反射する

▼ くクレクレ~ (2, 0.0%)

2 働く人

▼ くナポレオン~ (2, 0.0%)

1 が浜, が濱

▼ くハイカラ~ (2, 0.0%)

1 な学生, な束髪

▼ くマア~ (2, 0.0%)

1 お出, 早くお

▼ く一個~ (2, 0.0%)

1 の遊離説話, の點

▼ く一口~ (2, 0.0%)

1 に四千年, の短刀

▼ く一夜~ (2, 0.0%)

1 を佇ち明かし, を明す

▼ く一度~ (2, 0.0%)

1 に致した, に頭

▼ く一方~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ く一本~ (2, 0.0%)

1 の曲線, の酒

▼ く一枚~ (2, 0.0%)

1 の紙, は番頭

▼ く一番~ (2, 0.0%)

1 安くて, 貴まれ

▼ く一瞬間~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ く一見~ (2, 0.0%)

1 凜, 直ちに慄然

▼ く~ (2, 0.0%)

1 で濁つた, の詰った

▼ く丈夫~ (2, 0.0%)

1 で叔父さん, な老母

▼ く三人~ (2, 0.0%)

1 で相談, は或は

▼ く上っ~ (2, 0.0%)

1 て参りました, て来そう

▼ く上達~ (2, 0.0%)

2 するに

▼ く下等~ (2, 0.0%)

1 なの, な何者

▼ く~ (2, 0.0%)

1 憂能く, 覊独立すべき

▼ く不器用~ (2, 0.0%)

1 になっ, に切りさいなん

▼ く不気味~ (2, 0.0%)

1 なの, に突

▼ く~ (2, 0.0%)

1 強いにも, 遠い洲

▼ く世上~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, に賣出された

▼ く~ (2, 0.0%)

1 岸には, 肩を

▼ く両人~ (2, 0.0%)

1 が散歩, は毎日葛西

▼ く両立~ (2, 0.0%)

1 すべからざる性質, する能

▼ く両親~ (2, 0.0%)

1 のため同胞, の住ん

▼ く中る~ (2, 0.0%)

1 が別して, を得ん

▼ く中空~ (2, 0.0%)

1 に浮び, の頭顔

▼ く主張~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ く久遠~ (2, 0.0%)

2 に垂

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に勝つ, は群馬

▼ く~ (2, 0.0%)

1 ぐすく時, ねんしょうが

▼ く二三人~ (2, 0.0%)

1 もば, 薄傷

▼ く二階~ (2, 0.0%)

1 へあんな, へ通せ

▼ く云った~ (2, 0.0%)

1 つもりである, ので圭子

▼ く亭主~ (2, 0.0%)

1 の寝酒, の看護

▼ く人丈~ (2, 0.0%)

2 にあまる

▼ く人家~ (2, 0.0%)

1 に栽, へ逃げこん

▼ く人材~ (2, 0.0%)

1 を求め, を求めし

▼ く人気~ (2, 0.0%)

1 の絶え, を識

▼ く人物~ (2, 0.0%)

1 であるの, を知つて

▼ く~ (2, 0.0%)

1 をする, を討つ

▼ く今朝~ (2, 0.0%)

1 の女の子, は朝湯

▼ く~ (2, 0.0%)

2 て信服

▼ く仲間~ (2, 0.0%)

1 に住, の人たち

▼ く~ (2, 0.0%)

2 ふと雖

▼ く~ (2, 0.0%)

1 して, すれば

▼ く伏せ~ (2, 0.0%)

1 てある, て大粒

▼ く~ (2, 0.0%)

1 ぬ中, ひませんな

▼ く伝わっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て東

▼ く伝説~ (2, 0.0%)

1 として真偽, を記す

▼ く~ (2, 0.0%)

2 の徳

▼ く~ (2, 0.0%)

2 声に

▼ く~ (2, 0.0%)

1 みなせる家, 慣れしこの世

▼ く何事~ (2, 0.0%)

1 も云うまい, をか做

▼ く何時~ (2, 0.0%)

1 でも薄化粧, までも咲い

▼ く余りに~ (2, 0.0%)

1 ねむくは, 弱いこと

▼ く~ (2, 0.0%)

1 つた大きな, 未だ多から

▼ く作られたる~ (2, 0.0%)

2 以上は

▼ く作者~ (2, 0.0%)

1 の原作, も解らない

▼ く使用~ (2, 0.0%)

1 されて, されること

▼ く供養饗宴~ (2, 0.0%)

2 の疲れ

▼ く俗物~ (2, 0.0%)

1 に渇仰, を教え

▼ く信ずる~ (2, 0.0%)

1 よりほか, 所は

▼ く信望~ (2, 0.0%)

2 を天下

▼ く~ (2, 0.0%)

1 切り倒したので, 無き死亡

▼ く催眠術~ (2, 0.0%)

1 の奥義, の奧義

▼ く働く~ (2, 0.0%)

1 ことが, 女であった

▼ く光輝~ (2, 0.0%)

2 ある成績

▼ く入ら~ (2, 0.0%)

2 しって

▼ く兩手~ (2, 0.0%)

1 はわなわな, を突きました

▼ く八五郎~ (2, 0.0%)

1 に目禮, も驚きました

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の意, 猶未だ老い

▼ く其利害~ (2, 0.0%)

2 より見れ

▼ く其手~ (2, 0.0%)

1 を擦り, を擦り抜け

▼ く其方法~ (2, 0.0%)

1 によりて名, を述

▼ く其様~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ く其樣~ (2, 0.0%)

2 な口

▼ く其背~ (2, 0.0%)

1 に津軽富士, に津輕富士

▼ く其處~ (2, 0.0%)

1 だ, に多い

▼ く其間~ (2, 0.0%)

1 には偶然, に多く

▼ く内外~ (2, 0.0%)

1 の島々, の注意

▼ く写生~ (2, 0.0%)

1 に出た, の輪郭

▼ く~ (2, 0.0%)

1 い山, い海水

▼ く冷たく~ (2, 0.0%)

1 こんこんと, とがった釘

▼ く冷淡~ (2, 0.0%)

1 に事務, に成りました

▼ く凄い~ (2, 0.0%)

1 とか何とか, 年増の

▼ く凍え~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て了

▼ く出来てる~ (2, 0.0%)

1 ことは, わ

▼ く分つ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て居ります

▼ く分別~ (2, 0.0%)

1 が肝心, のし

▼ く分明~ (2, 0.0%)

2 と映る

▼ く~ (2, 0.0%)

2 長くます

▼ く~ (2, 0.0%)

2 し難し

▼ く別れ~ (2, 0.0%)

1 て下宿, の言葉

▼ く利く~ (2, 0.0%)

1 よお前, 道理で

▼ く制作者~ (2, 0.0%)

2 の精神

▼ く~ (2, 0.0%)

1 ち国民, ち國民

▼ く前者~ (2, 0.0%)

1 の暴言, を原本

▼ く創作~ (2, 0.0%)

1 したけれども, の要

▼ く~ (2, 0.0%)

1 ふるに, 之拔上ツ

▼ く努力~ (2, 0.0%)

1 せずに, への聲援

▼ く~ (2, 0.0%)

1 かしむ, されぬ

▼ く動い~ (2, 0.0%)

2 て意識

▼ く動き~ (2, 0.0%)

1 てその間, て宮

▼ く動作~ (2, 0.0%)

1 が臣従, も出

▼ く勘弁~ (2, 0.0%)

2 して

▼ く勘次~ (2, 0.0%)

1 へ語つたの, を制し

▼ く~ (2, 0.0%)

1 を制したる, を制す

▼ く勝利~ (2, 0.0%)

1 はぼく, への早道

▼ く~ (2, 0.0%)

1 だつた, に偏翼摧

▼ く勤め~ (2, 0.0%)

1 てくれた, て而

▼ く包んだ~ (2, 0.0%)

1 のは, ものを

▼ く十分~ (2, 0.0%)

1 に十分, に消化

▼ く十勝~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ く午前中~ (2, 0.0%)

2 に釧路

▼ く卒業~ (2, 0.0%)

2 したの

▼ く単に~ (2, 0.0%)

1 政権に, 閣下の

▼ く印度~ (2, 0.0%)

1 にプラーマ神, の普通

▼ く危険~ (2, 0.0%)

1 です, な一瞬

▼ く原始的~ (2, 0.0%)

1 な人間, な楽劇

▼ く原書~ (2, 0.0%)

1 を理解, を読む

▼ く~ (2, 0.0%)

2 の言

▼ く双方~ (2, 0.0%)

2 から倒れ

▼ く叔父~ (2, 0.0%)

1 の家, の耳

▼ く取り~ (2, 0.0%)

1 すました女, 何十畳敷き

▼ く~ (2, 0.0%)

1 くべき苦痛, て斯

▼ く口惜し~ (2, 0.0%)

1 いっ, さ

▼ く古び~ (2, 0.0%)

2 て重

▼ く古今~ (2, 0.0%)

1 にわたって向島, の小説伝奇類

▼ く叩い~ (2, 0.0%)

1 て, て上

▼ く叩く~ (2, 0.0%)

1 ものが, 者が

▼ く可愛~ (2, 0.0%)

1 かつた, がりました人

▼ く~ (2, 0.0%)

2 方面の

▼ く~ (2, 0.0%)

1 ひます, ふの

▼ く同家~ (2, 0.0%)

2 に宛て

▼ く~ (2, 0.0%)

1 ふの, ふへ

▼ く~ (2, 0.0%)

1 ゆる犬, 立てるので

▼ く吾輩~ (2, 0.0%)

1 の家, の注意

▼ く呑み~ (2, 0.0%)

1 可く, 込せる

▼ く~ (2, 0.0%)

1 が続いた, 全け

▼ く~ (2, 0.0%)

1 かな思い, の実

▼ く咲き~ (2, 0.0%)

1 ぬ, 野茨の

▼ く問はず~ (2, 0.0%)

1 たとへば小室翠雲, まづ観潮楼偶記

▼ く~ (2, 0.0%)

1 い付いたもん, い合わせて

▼ く喋つて~ (2, 0.0%)

2 聞かして

▼ く喧嘩~ (2, 0.0%)

1 をしました, を売られれ

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に政權, に閣下

▼ く嘶い~ (2, 0.0%)

2 て前足

▼ く器量~ (2, 0.0%)

1 が下がる, も十人并

▼ く嚴重~ (2, 0.0%)

1 に監督, に考へまし

▼ く四方~ (2, 0.0%)

1 がす, に封じ

▼ く四月八日釈迦~ (2, 0.0%)

2 の誕生日

▼ く~ (2, 0.0%)

1 にあたった, にあたってあいつ

▼ く国中~ (2, 0.0%)

1 この難局, にもてはやされる

▼ く国内~ (2, 0.0%)

1 に行き渡り, を漂泊

▼ く国家~ (2, 0.0%)

1 の旗, の盛衰治乱

▼ く圍め~ (2, 0.0%)

1 る一群, る聖徒

▼ く地上~ (2, 0.0%)

2 の物

▼ く地方~ (2, 0.0%)

1 に散布, の寺

▼ く垂直~ (2, 0.0%)

2 に硝子面

▼ く垂籠め~ (2, 0.0%)

1 ては随意, て友欲

▼ く~ (2, 0.0%)

1 がたまり, なき人

▼ く~ (2, 0.0%)

1 のやう, 返されて

▼ く塗った~ (2, 0.0%)

1 圓太郎馬車が, 太い円い柱

▼ く墨色~ (2, 0.0%)

2 は未だ

▼ く売れる~ (2, 0.0%)

1 という, もの名誉ある

▼ く外套~ (2, 0.0%)

2 を脱ぐ

▼ く夜ごろ~ (2, 0.0%)

1 の凉, の涼し

▼ く夜目~ (2, 0.0%)

2 には芝草

▼ く~ (2, 0.0%)

1 で可, のやう

▼ く大事~ (2, 0.0%)

1 にし, にすつ

▼ く大人~ (2, 0.0%)

2 の見識

▼ く大切~ (2, 0.0%)

1 な年, に保存

▼ く大名屋敷~ (2, 0.0%)

2 の練塀

▼ く大型~ (2, 0.0%)

1 のアームチェーア, の併

▼ く大根~ (2, 0.0%)

1 を卸す, 煮る火

▼ く大理石~ (2, 0.0%)

1 になった, の嗟嘆也

▼ く大衆的~ (2, 0.0%)

1 な単純, な本

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に順, の樂

▼ く天地~ (2, 0.0%)

1 と巨人, を動かし

▼ く天気~ (2, 0.0%)

1 のいい, のよい

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の祖父母父母, も出できぬ

▼ く夫婦~ (2, 0.0%)

1 と餓鬼, になる

▼ く夫鳥~ (2, 0.0%)

2

▼ く失脚~ (2, 0.0%)

2 するの

▼ く女たち~ (2, 0.0%)

1 がすべて, が手不足

▼ く女中~ (2, 0.0%)

1 の名前, の腕

▼ く女子~ (2, 0.0%)

1 にし, の道

▼ く女房~ (2, 0.0%)

1 の殺人, を娶った

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に下, に命名

▼ く妾達~ (2, 0.0%)

2 を苦しめる

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の心, の跡つぎ

▼ く威望~ (2, 0.0%)

2 を朝廷

▼ く婆さん~ (2, 0.0%)

2 の手下

▼ く~ (2, 0.0%)

1 をかき, を書く

▼ く~ (2, 0.0%)

1 するやう, まゐ

▼ く存候~ (2, 0.0%)

1 にはや, 故一生

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に, に億兆心

▼ く~ (2, 0.0%)

1 れにても, れ疎

▼ く學界~ (2, 0.0%)

1 に益する, に紹介

▼ く守っ~ (2, 0.0%)

1 て唖者, て居る

▼ く守る~ (2, 0.0%)

1 がいい, 者は

▼ く~ (2, 0.0%)

1 を得, 連客が

▼ く~ (2, 0.0%)

1 が入, が入っ

▼ く実際~ (2, 0.0%)

1 を現, 的に

▼ く容子~ (2, 0.0%)

1 を探, を見

▼ く容易く~ (2, 0.0%)

1 は, 僅かに

▼ く密か~ (2, 0.0%)

1 に, に会う

▼ く富士~ (2, 0.0%)

1 の額, をおい

▼ く~ (2, 0.0%)

1 けかり, 暑の

▼ く寒く~ (2, 0.0%)

1 なりやしたなに, なると

▼ く寝付い~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ く察し~ (2, 0.0%)

2 て同情

▼ く實驗~ (2, 0.0%)

1 して, の仕方

▼ く寿司~ (2, 0.0%)

2 盗んで

▼ く~ (2, 0.0%)

1 た他, た板垣伯

▼ く~ (2, 0.0%)

1 た他, た板垣伯

▼ く~ (2, 0.0%)

1 いで往きて, ぬるに

▼ く尋ね~ (2, 0.0%)

1 て下せえました, て来た

▼ く小品~ (2, 0.0%)

2 には油絵具

▼ く小数~ (2, 0.0%)

1 の人, の人々

▼ く小柄~ (2, 0.0%)

2 な渠

▼ く小袖~ (2, 0.0%)

2 を三枚

▼ く小鳥~ (2, 0.0%)

1 の意味, を見つけた

▼ く~ (2, 0.0%)

1 いて, 細長くて

▼ く屋根~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ く屍山行~ (2, 0.0%)

2 かば草生す

▼ く川原~ (2, 0.0%)

2 の石

▼ く工夫~ (2, 0.0%)

1 はない, は有るまい

▼ く差置き~ (2, 0.0%)

1 兎に, 扨この

▼ く常に~ (2, 0.0%)

1 群を, 靜けさを

▼ く常識的~ (2, 0.0%)

1 な意味, に考え

▼ く平穏~ (2, 0.0%)

1 な朝, な航海

▼ く幼い~ (2, 0.0%)

2 時から

▼ く幼少~ (2, 0.0%)

2 な時分

▼ く幾何日月~ (2, 0.0%)

2 を維持

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に沸, に身体

▼ く度胆~ (2, 0.0%)

2 を抜かれ

▼ く~ (2, 0.0%)

1 つた, に復

▼ く座っ~ (2, 0.0%)

1 て居っ, て居る

▼ く~ (2, 0.0%)

1 にもりたる, や畠

▼ く延言~ (2, 0.0%)

1 が連体法, はうの韻

▼ く弁え~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居っ

▼ く弁ずる~ (2, 0.0%)

1 に因つて, 上に

▼ く~ (2, 0.0%)

1 寄せて, 揚げたらしいが

▼ く~ (2, 0.0%)

1 がる天汝等, まつて

▼ く~ (2, 0.0%)

1 をゑがきながら肥後, を描い

▼ く~ (2, 0.0%)

1 つたよ, むしに

▼ く張り~ (2, 0.0%)

1 たる尾の上, たる根

▼ く~ (2, 0.0%)

1 て追, を制する

▼ く当惑~ (2, 0.0%)

1 して, するとか

▼ く往来~ (2, 0.0%)

1 すべって, は

▼ く後悔~ (2, 0.0%)

1 したの, してね

▼ く~ (2, 0.0%)

1 て其記事, て幾多

▼ く微笑~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を交換

▼ く微細~ (2, 0.0%)

1 なもの, な音響

▼ く徳川時代~ (2, 0.0%)

1 に行, はとかく

▼ く心持~ (2, 0.0%)

1 のよい, は多く

▼ く~ (2, 0.0%)

2 に克

▼ く~ (2, 0.0%)

1 をおす, を押した

▼ く怒鳴る~ (2, 0.0%)

2 や否

▼ く思います~ (2, 0.0%)

1 よ朝倉男爵, わ

▼ く思つたの~ (2, 0.0%)

1 は十月, は原始的

▼ く思はねえ~ (2, 0.0%)

2 でおく

▼ く思われ~ (2, 0.0%)

1 て次第に, て武蔵

▼ く思召~ (2, 0.0%)

1 して, すの

▼ く急激~ (2, 0.0%)

2 なる改革

▼ く怪しき~ (2, 0.0%)

1 病ある, 綾を

▼ く恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 かく云, 騒ぐ気勢

▼ く恐喝~ (2, 0.0%)

2 らしく玄関先

▼ く恐縮~ (2, 0.0%)

1 した顔, すると

▼ く恰好~ (2, 0.0%)

1 でさして, になつ

▼ く悄然夜露~ (2, 0.0%)

2 で重

▼ く悪く~ (2, 0.0%)

1 なつたんだ, 云うな

▼ く惜し~ (2, 0.0%)

2

▼ く想像~ (2, 0.0%)

1 させる, する

▼ く愛讀~ (2, 0.0%)

1 された, されるに

▼ く感銘~ (2, 0.0%)

2 すべきもの

▼ く憎む~ (2, 0.0%)

1 可き, 可き知覺

▼ く憲政~ (2, 0.0%)

2 は必ら

▼ く~ (2, 0.0%)

1 したること, は重く

▼ く成っ~ (2, 0.0%)

1 てや少し, て来る

▼ く成りました~ (2, 0.0%)

1 から五六把, のも

▼ く我々~ (2, 0.0%)

1 に, の骨

▼ く我等~ (2, 0.0%)

1 の意志, の精神感情

▼ く戦乱~ (2, 0.0%)

1 いづれも, にやう

▼ く戦争ごっこ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ く~ (2, 0.0%)

2 へり

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に照り, を叩い

▼ く所以~ (2, 0.0%)

1 のもの, の者

▼ く扇子~ (2, 0.0%)

1 はねじられ, を膝

▼ く手短~ (2, 0.0%)

1 かに勘平, に御

▼ く手近~ (2, 0.0%)

1 な所, な芝口

▼ く~ (2, 0.0%)

1 も何, 遜せる我心

▼ く抱き~ (2, 0.0%)

1 あつた, ながら坐

▼ く~ (2, 0.0%)

1 へました, へると

▼ く押し~ (2, 0.0%)

1 て行け, 並んで

▼ く~ (2, 0.0%)

1 けてお, け荷

▼ く~ (2, 0.0%)

1 するばかり, せん且つ

▼ く拝見~ (2, 0.0%)

1 仕候, 致しました上

▼ く持ち~ (2, 0.0%)

1 支へて, 爾し

▼ く持っ~ (2, 0.0%)

1 て出, て来る

▼ く~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, ツて

▼ く振り~ (2, 0.0%)

1 まはし, をした

▼ く捜索~ (2, 0.0%)

1 するまでも, の念

▼ く~ (2, 0.0%)

1 がさした, つたなら

▼ く握り~ (2, 0.0%)

1 合せた両手, 返しつ

▼ く~ (2, 0.0%)

1 みあふ, みついた破片岩

▼ く改めて~ (2, 0.0%)

1 それを, 見て

▼ く政治上~ (2, 0.0%)

2 の進歩

▼ く政治界~ (2, 0.0%)

2 の一大勢力たる

▼ く政黨~ (2, 0.0%)

1 の價値, の外

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の少ない, を知らん

▼ く料理~ (2, 0.0%)

1 するに, を味わう

▼ く斜め~ (2, 0.0%)

1 に差しこんだ, に飛び下りる

▼ く~ (2, 0.0%)

1 らしい気持, 智識を

▼ く既に~ (2, 0.0%)

1 この信仰, 光明の

▼ く日々~ (2, 0.0%)

1 にいそ, 干し面白く

▼ く~ (2, 0.0%)

1 かるさ, に能

▼ く明き~ (2, 0.0%)

1 に我, 道

▼ く明け~ (2, 0.0%)

1 たり今日, て僞

▼ く明し~ (2, 0.0%)

2 若葉どき

▼ く明るい~ (2, 0.0%)

1 その方角, 色に

▼ く明日~ (2, 0.0%)

1 の糧, へむかつ

▼ く明瞭~ (2, 0.0%)

2 な一事

▼ く~ (2, 0.0%)

1 うなりに, は劫

▼ く~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, ツた

▼ く映っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て秋

▼ く映る~ (2, 0.0%)

1 かと寂し, 一点だけを

▼ く春夏~ (2, 0.0%)

2 に多き

▼ く是非~ (2, 0.0%)

1 なきもの, を超え

▼ く時分~ (2, 0.0%)

1 でございますけれど, に

▼ く時期~ (2, 0.0%)

1 であ, を待つた

▼ く時間~ (2, 0.0%)

1 と空間, の節倹

▼ く晴れた~ (2, 0.0%)

1 空に, 空には

▼ く晴れわたった~ (2, 0.0%)

2 空を

▼ く暗く~ (2, 0.0%)

1 てそう, なった

▼ く暗記~ (2, 0.0%)

2 して

▼ く暮した~ (2, 0.0%)

1 が民也, という

▼ く暴風雨~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ く曇りない~ (2, 0.0%)

2 一点の

▼ く書い~ (2, 0.0%)

1 てある, ている

▼ く有効~ (2, 0.0%)

1 にし, にしよう

▼ く望み~ (2, 0.0%)

1 さてわが, をとげる

▼ く木の葉~ (2, 0.0%)

1 かな, はどこ

▼ く~ (2, 0.0%)

1 で仲人, の学校

▼ く来い~ (2, 0.0%)

1 という, よウ

▼ く来る~ (2, 0.0%)

1 お婆さんが, のだった

▼ く~ (2, 0.0%)

1 について白く, に馴染ん

▼ く~ (2, 0.0%)

1 おほし, しない不安

▼ く果実~ (2, 0.0%)

1 ができる, の稔っ

▼ く枯野~ (2, 0.0%)

1 に, に明る

▼ く~ (2, 0.0%)

2 の全身

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に早い, の花

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の下, の向う

▼ く椅子~ (2, 0.0%)

1 や机, を離れ

▼ く楽屋~ (2, 0.0%)

1 で秘か, へ飛び込ん

▼ く概略~ (2, 0.0%)

1 でも結構, のデッサン

▼ く権利~ (2, 0.0%)

1 づけられて, は自分

▼ く樹間~ (2, 0.0%)

2 を渡る

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の奴, の室

▼ く~ (2, 0.0%)

1 されて, してよ

▼ く~ (2, 0.0%)

1 いて, きには

▼ く正々堂々たる~ (2, 0.0%)

2 べきである

▼ く此の世間~ (2, 0.0%)

2 を照す

▼ く此時~ (2, 0.0%)

1 に於, の有

▼ く歪ん~ (2, 0.0%)

1 で来る, で見える

▼ く歴史的豪傑~ (2, 0.0%)

2 と雁行

▼ く母親~ (2, 0.0%)

1 に, の心

▼ く~ (2, 0.0%)

1 にき, 日出遊する

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の如く, の眞黒

▼ く気軽~ (2, 0.0%)

1 な挨拶, な調子

▼ く水瓶~ (2, 0.0%)

2 を盈

▼ く江湖~ (2, 0.0%)

1 に散佚, に頒たん事

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に突き出, を渡る

▼ く~ (2, 0.0%)

1 する所, まつて

▼ く泣い~ (2, 0.0%)

1 たりいがん, て居る

▼ く泰西~ (2, 0.0%)

2 の美術

▼ く浮ぶ~ (2, 0.0%)

1 僕自身に, 虹

▼ く消え~ (2, 0.0%)

1 てしまつ, て行く

▼ く消し~ (2, 0.0%)

1 て有る, 去って

▼ く~ (2, 0.0%)

1 さらには, というもの

▼ く淋しい~ (2, 0.0%)

1 処でした, 処ばかり

▼ く淡白~ (2, 0.0%)

2 に見せ

▼ く深けれ~ (2, 0.0%)

1 ば功, ば水

▼ く混ぜ~ (2, 0.0%)

1 ておい, て煉っ

▼ く淺瀬~ (2, 0.0%)

1 に, に支

▼ く清太郎~ (2, 0.0%)

1 と逢つたの, に逢つたの

▼ く渡り~ (2, 0.0%)

1 て源氏興復, 終りて

▼ く~ (2, 0.0%)

1 を巻, を巻い

▼ く~ (2, 0.0%)

1 な感情, を迎えた

▼ く温い~ (2, 0.0%)

1 処へ, 胸毛の

▼ く温順~ (2, 0.0%)

1 い女, な少女

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の上, の汀

▼ く~ (2, 0.0%)

1 へてゐる, へて居る

▼ く湿れ~ (2, 0.0%)

2 色を

▼ く湿ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, でゐる

▼ く~ (2, 0.0%)

1 かなる, になつて

▼ く滑稽~ (2, 0.0%)

1 なほど, に思えた

▼ く漠然と~ (2, 0.0%)

1 した希望, した記録

▼ く漬けた~ (2, 0.0%)

2 玉菜の

▼ く澄み~ (2, 0.0%)

1 明なる如く, 透つた空の

▼ く激しく~ (2, 0.0%)

1 しかも落ちついた, なった

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の如く, の水

▼ く~ (2, 0.0%)

1 があらう, で舐める

▼ く無言~ (2, 0.0%)

1 で居ろ, で歩い

▼ く煎じ詰め~ (2, 0.0%)

1 てみる, て見る

▼ く~ (2, 0.0%)

1 のよう, 低く流れぬ

▼ く照り~ (2, 0.0%)

1 わたる, 澄んだ日

▼ く煮た~ (2, 0.0%)

1 料理が, 菓物は

▼ く~ (2, 0.0%)

1 ゆる状, ゆる精神

▼ く燃え~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ く爆音~ (2, 0.0%)

1 がと, のうつりゆく

▼ く~ (2, 0.0%)

1 さうな原因, す限り

▼ く~ (2, 0.0%)

1 かに涼しく, に町一面

▼ く~ (2, 0.0%)

1 チンバの, 舟忘機の

▼ く牡丹~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ く特殊~ (2, 0.0%)

1 なもの, な事情

▼ く狭隘~ (2, 0.0%)

1 なるもの, なサークル内

▼ く~ (2, 0.0%)

1 いの, い田舍

▼ く~ (2, 0.0%)

1 ほ火, 太神話に

▼ く獄則~ (2, 0.0%)

2 を遵守

▼ く獅子~ (2, 0.0%)

1 の如く, 伏す

▼ く珍重~ (2, 0.0%)

1 された, されて

▼ く現に~ (2, 0.0%)

1 文学を以て, 甲冑を

▼ く現れ~ (2, 0.0%)

1 ておる, をら

▼ く現われ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居る

▼ く生命~ (2, 0.0%)

1 にや河豚汁, への不思議

▼ く生育~ (2, 0.0%)

1 するが, するので

▼ く甲田~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ く申します~ (2, 0.0%)

1 が國學, が朝鮮

▼ く男子~ (2, 0.0%)

1 の生涯, の集会

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に最も, の人

▼ く略式~ (2, 0.0%)

1 です, にする

▼ く~ (2, 0.0%)

1 となった, の歌

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に落し, を染め

▼ く~ (2, 0.0%)

1 り過ぎるよ, れり

▼ く皇室~ (2, 0.0%)

2 の藩屏たる

▼ く~ (2, 0.0%)

1 を差し付けた, を突きつけた

▼ く目禮~ (2, 0.0%)

1 しただけ, を交した

▼ く直に~ (2, 0.0%)

1 観て, 觀て

▼ く相手~ (2, 0.0%)

1 にしなかつた, を打つ

▼ く看病~ (2, 0.0%)

1 なさるって, をし

▼ く眞面目~ (2, 0.0%)

1 な人, にいふ

▼ く真に~ (2, 0.0%)

1 児女子の, 是非曲直の

▼ く真面目~ (2, 0.0%)

1 に仕事, に勉強

▼ く着いた~ (2, 0.0%)

1 ので翌朝眼, 理由も

▼ く~ (2, 0.0%)

1 から播き散らす, は白皙人

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の輪廓, の露白岡鬼平

▼ く知ら~ (2, 0.0%)

1 に, に我が

▼ く知りません~ (2, 0.0%)

2 がね

▼ く知れり~ (2, 0.0%)

1 彼の, 彼等の

▼ く知れる~ (2, 0.0%)

1 を以て大, リップヴァンウィンクルの

▼ く~ (2, 0.0%)

1 のよう, の下

▼ く石垣~ (2, 0.0%)

1 が崩れる, の下

▼ く~ (2, 0.0%)

1 もよい, 白きほとり

▼ く砂丘~ (2, 0.0%)

1 の間, はさんらん

▼ く~ (2, 0.0%)

1 ばった額を, ばって

▼ く磯寺~ (2, 0.0%)

2

▼ く私情~ (2, 0.0%)

2 に忍び

▼ く稀薄~ (2, 0.0%)

1 となる, に飛ん

▼ く程ぼんやり~ (2, 0.0%)

2 しては

▼ く程寛大~ (2, 0.0%)

1 にな, になった

▼ く~ (2, 0.0%)

1 しい性質, な眠から

▼ く穿鑿~ (2, 0.0%)

2 して

▼ く立つ~ (2, 0.0%)

1 を責め, 却つて多く

▼ く立て~ (2, 0.0%)

1 て東洋, 難きの

▼ く~ (2, 0.0%)

1 み立つ冬, んでゐる

▼ く竿~ (2, 0.0%)

1 の先, をとり

▼ く笑い~ (2, 0.0%)

1 を引っ込ませた, 流して

▼ く笑い能~ (2, 0.0%)

1 く語ります, く談

▼ く笑った~ (2, 0.0%)

1 が娘, 大次郎

▼ く笑つて~ (2, 0.0%)

1 ゐるのに, 暮して

▼ く~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ く~ (2, 0.0%)

1 が動くんでした, を握り

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の活用形, の馬尾藻科

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の一縷, はねえ

▼ く~ (2, 0.0%)

1 にも棒, もとらない

▼ く簡略~ (2, 0.0%)

2 な御馳走

▼ く紀昌~ (2, 0.0%)

1 は來意, は来意

▼ く約束~ (2, 0.0%)

1 の娘, をし

▼ く納まるだらう~ (2, 0.0%)

1 と喜ん, 大川へ

▼ く純粋~ (2, 0.0%)

1 に無色透明, の神話

▼ く細かく~ (2, 0.0%)

2 切って

▼ く組合~ (2, 0.0%)

1 なぞわわわし, ははは反対

▼ く結婚~ (2, 0.0%)

1 なされて, をした

▼ く絡み付い~ (2, 0.0%)

1 て来る, て行く

▼ く絡ん~ (2, 0.0%)

1 で來, で女

▼ く絶滅~ (2, 0.0%)

1 させないため, したの

▼ く緊張~ (2, 0.0%)

1 した体格, して

▼ く~ (2, 0.0%)

1 かなもの, りするという

▼ く~ (2, 0.0%)

1 にふつ, に姿

▼ く美しき~ (2, 0.0%)

1 仕事が, 恋は

▼ く美人~ (2, 0.0%)

1 の憐, の素性

▼ く群書~ (2, 0.0%)

1 を採り, を渉猟

▼ く考える~ (2, 0.0%)

1 と穴川甚蔵, と自然自分

▼ く考えれ~ (2, 0.0%)

1 ば分っ, ば明白

▼ く者心~ (2, 0.0%)

1 の弱き者, をとむ

▼ く聞いた~ (2, 0.0%)

1 癖に, 訳が

▼ く聞えた~ (2, 0.0%)

1 から覚えず, のだ

▼ く聞える~ (2, 0.0%)

1 のでこれ, 許りで

▼ く聞き~ (2, 0.0%)

1 たりけむ, 瞽者能く

▼ く脆い~ (2, 0.0%)

1 出来立の, 花である

▼ く~ (2, 0.0%)

1 けて, すれば

▼ く脱稿~ (2, 0.0%)

2 したら是非

▼ く~ (2, 0.0%)

1 のうづく, を投げ

▼ く腹立~ (2, 0.0%)

2 易い男

▼ く~ (2, 0.0%)

1 を崩せ, を突い

▼ く膨れ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て来まし

▼ く~ (2, 0.0%)

1 から枕に, 卑的な

▼ く自在~ (2, 0.0%)

1 な形, に書籍

▼ く自重~ (2, 0.0%)

2 して

▼ く~ (2, 0.0%)

1 ひが, を嗅い

▼ く致しまし~ (2, 0.0%)

1 て何ん, て十五両一分

▼ く~ (2, 0.0%)

2 を使つて

▼ く色づいた~ (2, 0.0%)

1 木々の, 酸漿や

▼ く苦し~ (2, 0.0%)

1 うございます, と思

▼ く苦しい~ (2, 0.0%)

1 よお, 涙ばかりを

▼ く苦心~ (2, 0.0%)

1 したとも, だと

▼ く茎紅ぶと~ (2, 0.0%)

2 りして

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に現, を斯

▼ く茶山~ (2, 0.0%)

1 が信美, が此頃此

▼ く~ (2, 0.0%)

1 さしむ, 果てたもんぢ

▼ く萬物~ (2, 0.0%)

2 を沒却

▼ く落ち~ (2, 0.0%)

1 て来る, 附いて

▼ く落胆~ (2, 0.0%)

1 したまま, の様子

▼ く蓑虫~ (2, 0.0%)

2 も蛍

▼ く藩閥~ (2, 0.0%)

1 の悪魔, の惡魔

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に変ず, を役し

▼ く衆心~ (2, 0.0%)

1 を収攬, を收攬

▼ く衆生~ (2, 0.0%)

1 に行き渡らね, を潤

▼ く行かず~ (2, 0.0%)

1 にいる, のらくらの

▼ く行き渡っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てはいる

▼ く行届き~ (2, 0.0%)

1 何うし, 塵も

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の恋人達, は靜

▼ く街道~ (2, 0.0%)

2 に出

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の風景, 生状態

▼ く表現~ (2, 0.0%)

1 されて, の方法

▼ く表面的~ (2, 0.0%)

1 な意味, な理由

▼ く褪せた~ (2, 0.0%)

2 頃だった

▼ く~ (2, 0.0%)

1 が明い, の上

▼ く見えません~ (2, 0.0%)

2 が晴れ

▼ く見せる~ (2, 0.0%)

1 事は, 側の

▼ く見ゆる~ (2, 0.0%)

1 のである, 野火を

▼ く見詰め~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ く覚えず~ (2, 0.0%)

2 膝を

▼ く親しく~ (2, 0.0%)

2 した藻外

▼ く親切~ (2, 0.0%)

1 でもあり, に看病

▼ く親切鄭寧~ (2, 0.0%)

1 を尽くす, を盡

▼ く親父~ (2, 0.0%)

1 のいふ, を欺

▼ く観察~ (2, 0.0%)

1 して, しなかったの

▼ く解き~ (2, 0.0%)

1 ながら斜め, 給ふならん

▼ く解つて~ (2, 0.0%)

1 ゐるからして, 居る或は

▼ く解散~ (2, 0.0%)

2 を避けむこ

▼ く~ (2, 0.0%)

1 つた, る可

▼ く言う~ (2, 0.0%)

1 て下, て呉れよ

▼ く訊かれる~ (2, 0.0%)

2 ので何

▼ く~ (2, 0.0%)

1 う可, べし

▼ く記臆~ (2, 0.0%)

1 して, せよ

▼ く訪ね~ (2, 0.0%)

1 て來, て技術

▼ く~ (2, 0.0%)

1 がない, であるが

▼ く詩人~ (2, 0.0%)

1 の快, の自由想像

▼ く~ (2, 0.0%)

2 ります

▼ く話す~ (2, 0.0%)

1 その自分, のです

▼ く誘惑~ (2, 0.0%)

1 ということ, の中

▼ く~ (2, 0.0%)

1 を次ぎぬ, 無かりし

▼ く語調~ (2, 0.0%)

1 である, をあらため

▼ く読める~ (2, 0.0%)

1 学者である, 様に

▼ く読ん~ (2, 0.0%)

1 でいない, でいる

▼ く調~ (2, 0.0%)

1 て愈々, へるに

▼ く調和~ (2, 0.0%)

1 する, する風景

▼ く調査~ (2, 0.0%)

1 して, しなければ

▼ く論じた~ (2, 0.0%)

1 ことが, 通り上古の

▼ く諸物~ (2, 0.0%)

1 の精力, を滅す

▼ く議会~ (2, 0.0%)

1 の協賛, を平和

▼ く議場~ (2, 0.0%)

2 の群囂

▼ く議會~ (2, 0.0%)

1 の協贊, を平和

▼ く~ (2, 0.0%)

1 嬢の, 嬢を

▼ く貴方~ (2, 0.0%)

1 は御存知, を存じ

▼ く買え~ (2, 0.0%)

2 てそれ

▼ く買っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て貴く

▼ く~ (2, 0.0%)

1 せん, の前

▼ く赤い~ (2, 0.0%)

1 卵が, 花も

▼ く走っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て死ぬ

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に取れ, は極めて

▼ く足音~ (2, 0.0%)

1 おそろしければ, を立て

▼ く距離~ (2, 0.0%)

1 あるはそれ, からいつ

▼ く跪坐~ (2, 0.0%)

2 る此人

▼ く~ (2, 0.0%)

1 は谷, は鶏冠谷

▼ く躍る~ (2, 0.0%)

1 のである, 感情の

▼ く軽便~ (2, 0.0%)

1 なの, な西洋菓子

▼ く軽便鉄道~ (2, 0.0%)

2 の汽車

▼ く軽微~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ く輝い~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ く迄には~ (2, 0.0%)

2 何等か

▼ く迄も~ (2, 0.0%)

1 きくが, なく机

▼ く近づかない~ (2, 0.0%)

2 算段を

▼ く~ (2, 0.0%)

1 ひ攘, 隨し得る

▼ く~ (2, 0.0%)

1 上しために, 毛の

▼ く透し~ (2, 0.0%)

2 て見えた

▼ く途中~ (2, 0.0%)

1 だと, は随分

▼ く這般~ (2, 0.0%)

1 の情緒, の消息

▼ く通暁~ (2, 0.0%)

1 して, た老人

▼ く逞しい~ (2, 0.0%)

1 のである, 力

▼ く造化~ (2, 0.0%)

1 の配劑, を壺中

▼ く進歩自由~ (2, 0.0%)

1 の旧, の舊形

▼ く~ (2, 0.0%)

1 れども, れる気色

▼ く~ (2, 0.0%)

1 を悔い, を改め

▼ く過去~ (2, 0.0%)

1 の勢力, の名家

▼ く道徳~ (2, 0.0%)

1 と政法, の蘊奥

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に想いいたった, ひし様子

▼ く違い~ (2, 0.0%)

1 だった, に当惑

▼ く~ (2, 0.0%)

1 かつた, さと

▼ く遠い~ (2, 0.0%)

1 人の, 親類や

▼ く遠き~ (2, 0.0%)

1 蛙の, 馬は

▼ く遠く~ (2, 0.0%)

1 を望み得る, 北は

▼ く遠方~ (2, 0.0%)

1 の屋根, の水晶山

▼ く遣る~ (2, 0.0%)

1 ことだ, べえ

▼ く~ (2, 0.0%)

1 にしらべ, に死する

▼ く邪魔~ (2, 0.0%)

1 するか, をする

▼ く部屋~ (2, 0.0%)

1 の一方, の中

▼ く醜い~ (2, 0.0%)

1 方面が, 顔を

▼ く~ (2, 0.0%)

1 沓し, 耳一たび逃れ

▼ く野郎~ (2, 0.0%)

1 ですね, のしわざのようなもんじゃねえか

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の性質, を貸し

▼ く~ (2, 0.0%)

2 を鳴らし

▼ く鉄柵~ (2, 0.0%)

1 の中, の内

▼ く銘記~ (2, 0.0%)

1 あらんこと, せよ

▼ く長い~ (2, 0.0%)

2 手足の

▼ く長き~ (2, 0.0%)

1 歩廊を, 石鼻も

▼ く閉口~ (2, 0.0%)

1 いたします, したが

▼ く~ (2, 0.0%)

1 で先生, にも

▼ く附かす~ (2, 0.0%)

2 なり扇骨木

▼ く附き~ (2, 0.0%)

1 纒つたために, 纒ふ

▼ く~ (2, 0.0%)

1 に陽, は暗く寒い

▼ く陰気~ (2, 0.0%)

1 で暗い, に閉される

▼ く隠す~ (2, 0.0%)

1 これ忍術の, も能

▼ く~ (2, 0.0%)

1 くして, して

▼ く集中~ (2, 0.0%)

1 するという, の詩

▼ く~ (2, 0.0%)

1 とした, なの

▼ く~ (2, 0.0%)

1 り來, り来りて

▼ く電燈~ (2, 0.0%)

1 と, の光

▼ く霞ん~ (2, 0.0%)

1 でみえました, で半

▼ く霞んだ~ (2, 0.0%)

1 のである, 大気が

▼ く~ (2, 0.0%)

1 がかけ, が浮ん

▼ く青い~ (2, 0.0%)

1 たしか河原蜻蛉, 宿命の

▼ く青く~ (2, 0.0%)

1 光つて舟は, 庭の

▼ く面白き~ (2, 0.0%)

1 句なり, 枝の

▼ く~ (2, 0.0%)

1 つぼを, へとび乗った

▼ く~ (2, 0.0%)

1 あり, か

▼ く響く~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ く頼ん~ (2, 0.0%)

1 でみた, で何

▼ く飛潭~ (2, 0.0%)

2

▼ く飛行~ (2, 0.0%)

1 しまた, すと

▼ く飛行機~ (2, 0.0%)

1 で行く, の爆音

▼ く飲ん~ (2, 0.0%)

2 で汝

▼ く首相~ (2, 0.0%)

2 として内閣

▼ く驚いた~ (2, 0.0%)

1 ような, 様子で

▼ く~ (2, 0.0%)

1 の生, は亜麻色金髪

▼ く~ (2, 0.0%)

1 だからね, を捻る

▼ く~ (2, 0.0%)

1 が出, を見付ける

▼ く~ (2, 0.0%)

1 があがりました, が五銭

▼ く~ (2, 0.0%)

1 つて押寄せ, つて燒けた

▼ く鳴き~ (2, 0.0%)

1 かはした, たてた

▼ く鳴り~ (2, 0.0%)

1 て柔, はためいて

▼ く~ (2, 0.0%)

1 のあ, のかくろ

▼ く黙っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て坐っ

▼ く~ (2, 0.0%)

1 を嫌う, を殺す

▼ く鼻筋~ (2, 0.0%)

1 が剣, が劍

▼1* [5138件]

〇・二十度の雪, くあいつ等をまい, くあいづちを打つ, くあえかな霧, くあきらめて其の, くあけ放してあつ, くあざやかに目, くあしらつてをります, くあたかも廻廊という, くあたしになに, くあたりましてお, くあっさりあしらって, くあつた, くあなた様には御存じ, くあはれ猶少時, くあまねく隣人に, くあまりおそくな, くあまり知らず識らず他人, くあみ一日がずるずる, くあやしくおぼえざるなり, くあらく申しましたから, くあらし引く水の, くあらしめましたし寿, くあらし日向辺をす, くあらせられたのみならず, くありがたいことである, くあんまり身分あり, くあゝどんこ和尚どんこ和尚の, く・さ, くいさましく威徳の, くいずれにし, くいちがつ, くいつから記憶, くいと頼もしく見え, くいふ事柄を次, くいふ動物保護で人道, くいふ私にもある, くいまや天下の, くいやらしい蛔虫の, くな, くううおおと, くうえをしのい, くうかびあがり遠くまで, くうすみつともねエ, くうちゅうにうき上がりました, くうち展けた上流の空, くうち平次は内儀, くうっすらと光, くうつは持て, くうつくしく生きぬく覚悟, くうとうとして, くうるおおされて松, くうーんくうーんと, くうーんとなきながら, くえらび拔いた, くおいしいものを, くおいしくてたくさん, くおいでだ岩吉, くおしろいを買い, くおだやかそうなお, くおちつき払って無言, くおとなしそうな, くおとなしい人で, くおどけ乍ら無限に心, くおのおのの價, くおのれ彼の少女, くおまけに一種底, くおむすびをつく, くおめでとうとかい, くおもほゆる心, くおもしろさ, くおもしろいそしてかなしい, くおれのいう, くお世話さまでごぜ, くお参りをし, くお喋りになれ, くお客が立腹, くお布施もいた, くお母様と相談, くお茶をよん, くお話なすって, くお話し申し上げたいと, くお辞儀をし, くかい馬鹿な, くかかって淡紅, くかがやいた, くかがやいて居ます, くかがやき女の, くかきさが, くかぎり広々した畠, くかぎり我等の愛光, くかぎり諸家の筆, くかくしている, くかげつて風, くかごとがま, くかさなれる也, くかしこしづかにうるほへる, くかしらと吾ながら, くかすかに点頭いた, くかすみ網のやう, くかすみ額には三本, くかすんで来た, くかたき光は, くかたまっていた, くかち色の, くかつぎ擧ぐ屍體を, くかという見透しは, くかとして嚇と, くかとぞ見えし, くかなひと日も人, くかに更に良き, くかばねとは何, くかび臭い風が, くからだが弱, くからなおっか, くからびた刈科を, くかるい足音や, くかわき石垣はいぶり, くかわっていました, くかんなのでしょうか, くがいにし, くきびしい顔つきで, くきめつけられても初さん, くきゃしゃに生れついた, くきらめく作者の, くきりといったよう, くぎつてそのなかにさゝやかな墓碑が建てられ, くぎりもないだゞら遊びと本質的, くぎりをつけたい人は勝手, くぎりをつければおにの, くくくく組合は, くくくやしくって堪らない, くくじびきできめる, くくどくは申しませぬ, くくやしがらずと, くくやしくって堪らない, くくりをつけた, くくるしい少し手, くくるしゅうて, くくろ土は, くく口惜しさ, くぐってきたことをじぶんの恥のよう, くぐってそとへとびだしいっぽうの血路, くぐつてほつとすると間もなくじめついた, くぐむようにして円髷と島田, くぐめた様子がこの, くぐらいのことは, くぐらせようとしたとぎふたりめ三人め四人め五人めと次々, くぐりくぐってあちらこちらに栗鼠や白雉子, くぐりぬけすりぬけしてひらひら舞ひ飛んで, くぐりをあけるとすぐうたをうたう様な声, くげ侍の青地清左衛門, くげ沼で六時頃, くこういう所から, くこえを耳, くこき下して, くこころをうたった, くこそと賞められたく, くこちらに忠告, くこっちも見物, くことさへある, くことぢやございません, くこと一伊尺に過ぎね, くこと一房より多き, くこと万杵にし, くこと二たび三たびやがて歌, くこと二三寸なり, くこと二日三日山陰に小さな, くこと五千八十八尺の高, くこと五囘に及べり, くこと八百七十六メートル男體よりも六メートル, くこと大にし, くこと急なれば, くこと野狐のごとく, くこまかい結晶を, くこまったのである, くこれらの誤謬, くこれ国家の糧食, くころ中村宗義は銃, くこん給候べく候, くごく略した字, くごろっと転がっ, くさうかと思ふと, くさえ見えるよう, くさかい好きな, くさげに目, くさしあたり金を, くさたかねつめくさ等, くさま奥さまってどう, くさめ一つして, くさも贅澤な, くされど鋭刄刎, くされるままに, くさんざんなめにあわされるようなじけんがひきつづいて, くさ一はち, くさ人のあらん, くさ八くさ, くさ明国や朝鮮, くさ等があります, くさ群に白く, くさ色はなだ小豆色, くさ草子を読む, くさ草紙には俳優田之助, くさ通抜けて, くさ造りちらかすの, くしかして残りし土地, くしき比なき, くしけれの三段, くしたがって虫択み, くしっかりと丈夫, くしづかなあた, くしづかにし, くしびれるやうな, くしみ込んで行く, くしゅう濃てりと, くしゅう髪の様子, くしょうと大きな, くしょ風邪を引いた, くしるく我が藪, くしわめる舌は, くじみに遣つ, くじゃないか, くじゃあないか, くじゃりじゃりして, くすぎて兄, くすこしの可能性, くすずしき秋立ちに, くすなわち日本精神を, くすぼめて奥, くするであろうか, くするならばどう, くするらしい寂かな, くすれば凶, くすゞしい朝顏, くすーっとなっ, くせいせい息を切っ, くせいぜいおいで下さいます, くせい話もある, くせきたてることが, くせっかくの空中捜索, くせめて報恩の, くだしいて, くそうくらえッ, くそうため拳銃を河, くそうッだれが, くそうッ切支丹族のやつ, くそうッ無念ッ何のッ, くそくしましたよ, くそこここに映す, くそこで見物も, くそぞろに歩む, くそっここで死ん, くそっカーネギーの金庫, くそっゴージャンノットの結び目, くそっ多寡の知れた, くそっ家名がなん, くそっ小癪な, くそっ本渓湖の戦, くそっ貴様もか, くその他の文献学的科学, くそびえていた, くそれで頬の, くそれに學問が, くそろそろ暗闇の, くそんなに体が, くぞうはどう, くたいへ手, くたえずその容, くたかより長, くたきすぎたお萩の, くたくさんの黄金, くたくらんだが訊き, くたけしまきひめという, くたたへられ陽, くたち切りぬ, くたのしく飲んだ, くたのんで編輯員, くたまらない心持が, くためそれが甚だしく, くため己の髪, くたやすい行いだ, くたらさんみゃくさんぼだいの仏たち, くたらしをほう, くたらたらと腕, くたりやき米, くたれの長, くたわんで薄暮, くたんになっ, くだく足の下, くだって行くの, くだぶだぶ肥った赤ら顔, くだらだらと生活, くちゃに跳上る, くちゃんとはっきりのこって, くちょっとした非興奮音楽的, くぢらユカイだつた, くぢら翁よそれ, くぢら頭と黒い, くつい失礼を, くついては一応御, くつくろっておいたら, くつけたものである, くつけまわすような, くつけるのである, くつよく流れて, くづかけ, くづくづと鳴つ, くづさずにすつと引き下つたが, くづさずにゐた仲買の富田, くづさずに相手の顔, くづさず女の傍, くづさせたくない思ひに, くづさないとやはりどうにも聞きにく, くづさないやうに斜形に並べ, くづさぬものを踏みとどめ残して, くづされてゐるからこまかな破片, くづされて伝説化して, くづしがむき出して, くづした両棋士, くづしたお辻がのぼせ, くづしたもので海へはこび出した, くづした仕様のない, くづした態なん, くづした男と自称, くづした私でさ, くづした記事にさ, くづした身体だ, くづしてあげれば若く見える, くづしてときのま, くづしてはせゆきぬその足疾, くづしてはならぬと思ひ, くづしては破滅だから, くづしてもたしなめられる厳格な母, くづして勘當になり, くづして唱へた, くづして川流とた, くづして目をつぶつて, くづして笑つたので, くづして苗束をつくり急げり, くづして蓋をそんな, くづして話をつづけた, くづして費ふ人, くづして青色の光線, くづしとり一ン日書いたりくづしたりして, くづしと国文脈との間, くづしなんか叩き伏せて, くづしの恐ろしくむづかしい文字, くづし一種特有の聲, くづし崖の黄, くづし石と人, くづし自棄に棒, くづし鼈甲の笄, くづすだけが能, くづすことを慎んだの, くづすといふ勢ひで遣つて, くづすところ爆音ふかし, くづすのくづははたしてくゆとおなじ意味の動詞, くづすのでガールスを怒る, くづす前に一應, くづにてらされた道を過ぎ去るであらう, くづのやうな小さい雲, くづのやうにすぐにも, くづのやうにさびた木の葉が, くづのやうになつた二人の顔, くづほるゝにあらずば之をもて, くづほれて空にかへる, くづほれぬ人間は, くづや何の役, くづや木材などが積ん, くづや蜜柑の皮, くづや陶器のかけら, くづるるものか羽根一つはたく, くづるる庭のうめ, くづるる波がしら, くづるる浪のはて, くづるゝばかりうみたる赤く大いなる, くづるゝ夏の夢, くづるゝ樣に下, くづる九重の塔, くづれあたりは藍色, くづれうめられてあとかたなくひらに, くづれおちた御殿のま, くづれおちてそのはずみ, くづれかかつた丸髪を気, くづれかかるもののなかに起ちあがらうと, くづれがあり其説経には重い, くづれがしてゐるとそれを私, くづれがゝつた土手にそう, くづれこむのは良い方, くづれさかさまに咲くしら梅, くづれしバビロンの, くづれし崖のあ, くづれし砂はしんしん, くづれし鳥羽殿のいぬ, くづれず言畢りて, くづれそれまで私, くづれた築泥がち, くづれたつて構ふもの, くづれたとなると私はもはや, くづれたる堤も川, くづれた動作だつた, くづれた壁に潛ん, くづれた炭焼小屋ふきのとう, くづれた煉瓦のやう, くづれた蓋を直し, くづれた街角に走, くづれた風で出, くづれつつある肉体をいた, くづれてしとしとと庫裡の酢甕, くづれてはやまとの京, くづれてゆくさまも何か横濱, くづれてゐる可憐な美女がまこと, くづれて川を埋み, くづれて結局自分も仕, くづれて腰から下, くづれて自分の乗つて, くづれて野村の足, くづれであの女, くづれで家が破, くづれといふものを露ほども見せた, くづれとも言ふべき物語, くづれと言つても大藩, くづれにくづれて三四間も前, くづれぬ恋は夢, くづれぬ現実といふもの, くづれのした下の茂み, くづれはじめし山の巓, くづれるけれども諦めや, くづれるのに閉口した必ずしも, くづれるやうな子であつ, くづれる肉体のキシム音, くづれる肉身の, くづれをなほし食堂へ引つ返した, くづれ傾むく天地, くづれ燕女は泉州堺, くづれ調かはる, くづをいくつ數へて人, くづをつかつたら堪能ができる, くづをるる埋れこころ, くづをれ泣きし身樣, くづをれし女の胸, くづをれて匂ゆかしみ, くづをれて団扇づかひの, くづをれるやうに身を伏せた, くづをれ候すがた, くづ屋ぢやが, くづ昆布の塩, くづ歌へるいさ, くづ海のつかひ, くづ竹ぎれにも劣り, くづ餅やおだ, くてぞありける, くてだぢろい, くての今は, くてりかえしはげまし人間らしい強靭さ, くでかいものが, くですよ, くでとかこでとか, くでとは託女の, くでもねえおせじを, くといった調子だ, くとおまはん, くとき以上にかれ, くとき彼は表現, くとき意圖の美, くとき我等が茫漠, くとき最後に日本, くとけた心持で, くとこ見ても, くところ二里三里蘆とともに榮, くところ滔々として破らざる, くところ草を薙ぐ, くところ草木も枯れる, くところ赤石山系や木曾山脈, くとつた土間, くとても為すこと, くとでもいはうか, くととのいいよいよ備中, くとともにかの女と, くとの異っ, くとばかり立ち上り声, くとめてその, くともに仙葩を, くとも子の刻, くとも学立つて, くとも通辭的公職から身, くとりものの, くとりたる前髮, くとりみだした風情は, くとれたぜ俺ら, くとをんな, くとんでも無い所, くどうなること, くどうも結構な, くどおりきいて, くどころか博士は, くどれほど見事に, くなあおつう, くないだらうさと云, くないだろうがお前, くないでしよ, くない出来ることなら, くない死に度く, くなかに, くなかったであろう唯だ, くなかったろうと思う, くなかつたらうが通辯, くなかろうマサカ, くながくかなしげに, くながらえること, くなくつちやそれでも, くなくなったという者, くなく切りあげていた, くなごやかだつた, くなすことは, くなすつては困ります, くなずんで柔, くなぞ懸念すること, くなだらかな傾斜, くなったすまないが君, くなっちまいましたよ, くなって川崎を, くなってるアルノー夫人の, くなつたことも今, くなつたらなんて可笑しい, くなつちやつて何ちつて, くなと言っても, くなどということは, くなどとは身に, くなどのさ, くなどを構つてゐられない, くななな主人の, くなべに, くなほ心を留め, くなめしてあります, くなよなよと抱取らるべき, くなりあるくはあゆく, くなりかかっていた, くなりかけたお鍋の, くなりけむつるみて, くなりけるに及び, くなりたるなりといふ, くなりたれば戸, くなりと膝を, くなりのけぞるように, くなりましたけれ共三十五年, くなりましょう直ぐあの, くなりやして中でも, くなりやしたねえ, くなりゆきて遂にはた, くなり中には枯れる, くなり始めていた, くなり相なので, くなり過ぎたんです, くなるなら格別一分, くなれるやを, くなんかを問題に, くなんざお接介, くにあたりまして今更ながら, くにぎやかです, くにくたらしくもある, くについては裁判所の, くにぶく彦, くにわかにしらべを, くねえしお袋も, くねえだよ, くねえだらうなあおいお, くねえと思うから, くねえや何てって, くねえよ安岡つ, くねこやなぎ, くねじさんにお礼, くねじたちはきっと, くねじ一函が足りなく, くねッてついて, くのせてからわれ, くのぞき込んでいる, くのち発狂して, くのどかな午, くのばして吊るされつ, くのぼせた顔を, くのみか武家奉公し, くのめのめと増長, くのり出した崕の, くはえも来ず, くはかの如来大慈大悲, くはげた土地の, くはこべかきどうしさぎごげ, くはざまをいづる, くはしやア, くはしかつた, くはしっていた, くはし少女は生れけむ, くはずみに彼, くはず夏の夕, くはず街道をあて, くはったと眼を, くはてさたこ, くはと小野さんは, くはへながら窓の, くはへにして, くはまづしきゆふげともにして高やかに笑ふみ声聞, くはやすきを, くはるかにさき, くはれざるはなし是迄の, くはれた人間種族, くはん歯もがも, くばくぞや, くばつを合わせる, くばつたのだらう, くぱっと岸へ, くぱつと咲いて, くひいた眉が, くひけり病癒ゆがに, くひければ室, くひころしはしないだらう, くひさがつて, くひさと言はれたと, くひざは木, くひざもちの神, くひそめながら, くひたおもて, くひたすらつ, くひついた蠑, くひとみなしりぬあがこひ, くひとめることが, くひものきもの, くひやひやして, くひやぶれどひる, くひょうにしました, くひらひらひらひらとたゆみ, くひろがっている, くひろがりたったいま結氷, くひ反らして甘ゆる, くびかざりですからどうしてもさがし出し, くびかざりなどが目もまばゆい, くびかざりなどを取りだして, くびかざりはどこにも見つかりません, くびかざりや金の帯, くびかざりをそっとおい, くびかざりッてこれ, くびからのどへかけてはすかい, くびからはずしてかけた腕時計がかがやい, くびからはずれないで細いより糸, くびから上がぼんやり, くびから下を斥すか, くびから尾の先, くびから肩へかけ, くびがきれいに見える様, くびがつかれますそうで, くびがぱッと鮮血, くびが何時までもぞくぞく, くびが口をあけ, くびぐらいは惜しからじ, くびじろがいま風下に向かっ, くびじろが南からあがっ, くびじろが移動を始める, くびじろが頭を右, くびじろだとはっきり, くびじろだとなときよき, くびじろというやつでもう何年, くびじろの大角が掠過し, くびじろの姿を淡く, くびじろの巨大なから, くびじろの怒りと敵意, くびじろの最後のなき声, くびじろの肢の下, くびじろの肢もとから雪けむり, くびじろの顎を撫で, くびじろはそこへ来た, くびじろはだめですと与, くびじろは他のどんな, くびじろは大角をさげ, くびじろは斜面を駆けおり, くびじろは甲斐に突きかかり, くびじろは谷地へはいった, くびじろは阿武隈川を渡る, くびじろは雪しぶきをあげ, くびじろは頭をさげ, くびじろは風上からこっち, くびじろは首を振りやめ, くびじろもぴたりと足を止めた, くびじろも彼のいる, くびじろも立停り右, くびじろらしく死なせて, くびじろを見たの, くびじろをどこで見たか, くびじろをにらんだまま脇へまわっ, くびすを返す, くびすじのところがカイちゃんにに, くびすじのところであっさりした, くびすじを食い切られたり, くびすぢをおさへつけてこはい, くびすをめぐらしてまだくすくす笑い, くびそれを拯, くびだけ出して, くびだけがのこってふらふらとく, くびだけになり白いクツ, くびだけのせて仕事場の中, くびだけのトラだったの, くびだけは首ばかりが水面, くびだのすこし縮れ, くびった白足袋で庭下駄, くびって筏のよう, くびって腰になっ, くびつしよりと冷汗をかい, くびつたもんぢやないよ俺だつて稀, くびつてかゝることは自分が, くびつてゐたし幸か不幸, くびつてゐたところからさう, くびつてゐるやうだけれども自分は安並, くびでおびきよせて居る女, くびで職人のよう, くびとか耳たぼの, くびとそれをむさぼる, くびと手頸から指, くびと背の鱗, くびなどをとらえ, くびにかけた水晶の数珠, くびにかけた青玉の, くびにからまる草の葉, くびにきらきらした金のくさり, くびにくッついた菜っぱ, くびにしがみついたまま梢に踏ン, くびにしたのだまた使う, くびにすることはできないが彼の地位, くびにつけた時計を柱時計, くびにつける紐だけはそのまま, くびになったらどうにも仕様, くびになる怖れ, くびには二すじの円い, くびには真珠の首かざり, くびにふれたと思うと, くびにぶらさがりパッと, くびにまきつけて書いて, くびにまとはれ細くそらした, くびにキッスしようと, くびに一同が漂着, くびに二十数カ所腕に十数カ所, くびに手と手, くびに流込んだ霧雨, くびに真珠のくびかざりをつけ, くびに綱を引っかけられ, くびに魚眼や貝殻, くびの痛くなる, くびのあたりを人に見られない, くびのいったことにはどんなこと, くびのかはがすりむける, くびのくくれ時には眉, くびのくくれのごときも明らかに認められ, くびのくさりを見せました, くびのしびれを忘れて, くびのたけの積りであるので, くびのところから足のあたり, くびのところが窮屈そうに見える, くびのところにも金モールのすじ, くびのところにアセモが出来, くびのところまですねをはね上げました, くびのところをマフラーでぐるぐる, くびのながい花が咲い, くびのまわりが紅くまことに, くびのまわりにかけて, くびの一壺には冷酒, くびの一部分もだいぶ, くびの先きには, くびはいつもさげて十の指, くびはかまわずなおもはなしつづけました, くびはやつれてすじばっているしひねりあげた小さな, くびばかりになったのはでんとうを, くびまでうずめる砂ほこりが尻, くびまではゴムの潜水服, くびまわりの赤いかわいらしいうそ, くびも汚なし, くびや昔のかん, くびや瞼をしきりに, くびゅっと風を鳴らし, くびわに銀玉, くびをあげて時計を見た, くびをうなだれたまゝ話を聞い, くびをかくしその水面, くびをかしげたが思い出せませんでした, くびをかしげて不思議そうに餌ちょく, くびをかしげて新たにきた, くびをぐいとひっつかむが早いか, くびをさげて指をあげ, くびをしばらくなで回して, くびをしばりひざをしばり, くびをしゃんとあげて正面に視線, くびをつかまへ妙なこと, くびをつかまれるとただ逆上, くびをつかむ抱きついて, くびをつかんだかと思うと, くびをつかんだが体はお, くびをつかんできたので一角はぎょ, くびをつかんで清十郎は膝, くびをつよく握った, くびをつよくたたいて廂の裏, くびをとらえて脅しつけた, くびをぬすみとると近くのじん, くびをはさまれて動けなくなったらさぞ, くびをひつかけたならきつと, くびをひつかけてぶら下らうと, くびをめくってこと重大そうに一同, くびをもぎ離すと, くびを串ざしに, くびを手で抑えた, くびを把った, くびを縊るかし, くび南瓜や朱色, くび彼の袖, くび筋に変, くび膝頭と脂, くび足が象牙, くび輪をつけ, くふあり俗衆これを, くふういかんによってまったく, くふう苦心して, くふかくのたちばなそれ, くふかんなと舟, くふことも多, くふさうに鍵を開け, くふさぎこんでるなと思つたつけ, くふさふさのその, くふつと出ない, くふていかんです, くふところは彼処, くふり向いて彼, くふわふわして, くきみに, くぶっ突ったの, くぶっ違いに走っ, くぶつぶついわれながら, くぶつ突つたのである, くへでもはいりたしとの, くへと追ひのける, くへど飽かぬかも, くべつして, くほうがよい, くほとばしるいなづまのやうに, くほどにお産の, くほどほど衆は, くほんとに何かが, くぼうなど言, くぼかりけるに飯, くぼくなつたさうで知らない人, くぼこぼこ落ち込むので, くぼたとやらの先生, くぼや話しあく, くぼやけ鴎に, くぼや眼の輝, くぽっちり侘しくない, くまいことかその, くましなところ, くまじめで彼, くまず目に, くまち親の不幸, くまっ赤な, くまでには日數が, くまではおれは, くまでやほうきやく, くまばらになつ, くまびきさへ, くまるでコルクみたいな, くまるまる純吉, くまるめこんでおかなく, くまんべんなく情を, くまんまろく, くみじかいものさ, くみたいな儚, くみなが考え, くみなぎって流れ, くみにくいものを, くむき出しにし, くむくつけき文明の, くむやみに差出た, くむら小竹が間, くむろん生でも, くめまぐるしくなって, くもう駄目かと, くもくと敲きながら, くもしたつて, くもちやんと, くもっとも責任の, くやいなやビュルストナー嬢の, くやがて立枯の, くやき十仙, くやさしい貴女たちの, くやすい部分で, くやすらひぬ, くやって来たのらしかった, くやって来ると云っ, くやっぱり大事を, くやつらはみな天罰, くやつれた顔に, くやはりしばらく休んで, くやぶれるばかり恐ろしい, くやむにやまれず満州に, くやらねえと, くやりくって行く, くやり了せてごらん, くやり終せてこい, くやる隠れた微笑み, くやを目撃しない, くやんごとなきかたちあり, くゆかりあり気, くゆきそうなん, くゆきましたのでございまする, くゆけばもう少し, くゆたかに生々, くゆっくりとやって来た, くゆびさきに糸をおさえ, くゆり香は莖葉, くゆるい傾斜を, くゆるい長から下まで, くゆるやかに鳥, くゆれてみよう, くゆれるかげに, くゆゑにといふくらゐの意味にも用, くようッく歌, くよう君は恋, くよしもなし, くよそよそしく私は, くよと言つておどかし, くよどんでゐた, くよほどやせましたので, くよみがへつて, くよりはいっそ独身, くよろしも, くよーっく覚えますよ, くりょうものを, くりょう何十兵衛に劣ろう, くるしい苦しいおばはん, くもじ, くゎあごろごろ, くゎくこうが飛び過ぎると, くゎくこうひとつ啼きやめば, くゎしゃ方若衆方などの人々, くゎっと怒っ, くゎっとなった頭は断定, くゎっと頭に血, くゎりんの花もぼそぼそ, くゎんと狐が鳴いた, くゎ等の名, くわかっていた, くわかり易く云いますと, くわが子婦たらんかと, くわくこう樹, くわざわざお訪ねいたしました, くわりして, くわりあい財産が, くわるなどとはあきれた, くゐる夕焼が, くゐろうにや, くゑまひの狹霧, くゑめるさま見れ, くだろう, くアスピレーシヨンは決して, くアフロヂテを作りぬ, くアリババのやう, くアンドロメダは金粉, くイナスように言つて, くイリオスの都, くインクの模様, くん, くゥらにまァ, くん, くウさんがこんな, くウ並アらんで, くオナラを打ちあげ, くカフェか何, くカラツとして氣持, くガスへ鼻, くガラガラ鳴るから, くガラス戸の向, くガラツ八これは少し, くガラツ八伊三松多勢の番頭手代小僧, くガラツ八源吉四方はもうすつかり暮れ, くガランとしてゐる, くキラウエアの療養所, くキレイな, くギラギラ燃えて, くギロギロと見, くクツ付いて, くグラグラ煮え返りながら, くコキ使われ果, くコチコチに要心, くコツの三百女郎, くコツプ酒を傾けた, くコヤトといふ方言, くコンベンショナルなもの, くゴム輪の車, くゴルテルの著, くサッパリしたソース, くサノボリという日, くザット混ぜて, くシェイクスピアを理解, くシベリアからお, くシベリヤへおくられました, くシヤントして, くシーツや枕覆い, くジェネラル・エレクトリック研究所のシェファー博士, くジッとし, くジャーナリズムの潮, くジリジリと沸き騒がせる, くジロリと一馬, くスキーなしには, くスズメといっ, くスルリスルリと万事, くセルナードを奏し, くセンチメンタルになる, くソップを飲ませよう, くタネあるも, くタンポの音, くダンスまたはダンシ, くダンテの歌, くダヴィッドスン警部はフォニックス, くチャレンジャー教授を首班, くチャンスを見付け, くヂュウスその時, くッきり事件の全貌, くッこれかッ, くッつけされさぞ, くッ涙をこぼし, くツつけ合つて大工が寢そべつ, くツ付き物が離れた, くデリケートな超, くデンマーク語でホレ, くはつと, くトギスになっ, くトロに乘つて高粱畠, くトロイア顧みず, くドイツ人が住ん, くドシヤ降り早立ち, くドロドロと澱んだ, くニタリと笑つて, くニヤリと笑つた, くヌッと出る, くノメノメとさ, くノンキな人, くしく御, くハイ御挨拶, くハンカチイフを取り, くハーモニカを買っ, くハ微衷を諒せられん, くハ敷御申, くハ敷さし出候中島作太郎に申聞候間, くハ敷申上ル御聞取, くハ諒恕せられん事, くバアーテルから女客, くパスして, くピタリとその, くピッタリ合うの, くピツチは甚だ, くファーブリキウス死して, くフイツシエルに據, くフェノロサが日本美術, くフォイトの塁, くフカフカして, くフクフクして, くフリツチイが逃げ去り, くプラットホームの上, くベットの上, くベンチに腰かけた, くホッとした, くボカして, くボルドーに入, くボローニア人は我身, くボンヤリと見える, く思い切って, くマア殺しに行く, くマア汝エはア, くマレツチイ博士の家, くムクンでいる, くムッとした, くメロディアスな美, くモンスーリ公園のはずれ, くユートピアを創る, くラクナの水, くラヂオが物, くとした, くリアリスティックであること, くリイドすること, くリュウとした, くルウス・ジュッドが彼, くルバシュカのバット, くルラアで再び, くレマン湖畔のアンフィオン, くロマンティシズムで江戸, くワケでしょう, くワシントンへ飛行機, くヱネチア第一, くンろ相談ぶちてえ事, くヴアイオリンの音, くーるりまー, くーろーなーんー, く一々其名を, く一くさり終ると, く一つトンと當, く一ぱいになり得, く一めんに靄, く一世の傾向, く一両二分ぐらいな, く一代の名優, く一克な質, く一党一派の内閣, く一円払込という事, く一句もなかつた, く一吹の風, く一團の美しい, く一天地をなし, く一婦人に斯, く一字の師, く一家の基, く一家中の者, く一家和合して, く一席述べてから, く一年が経ちます, く一座の人々, く一律に之, く一徹なこと, く一念喜愛の心, く一所を見つめ, く一揖しながら, く一新紀元を画した, く一条の溝渠, く一杯呑んで, く一樣な向, く一死を拆, く一生がどう, く一生埋木となる, く一禮して, く一種の別天地, く一箇の自由人, く一般的な形, く一言や直ちに, く一蹴して, く一通りの概念, く一週間以上活くべしと, く一間ばかりの間隔, く一面に早苗田, く一領の外套, く一黨一派の内閣, く七時頃迄待たせ, く万一己が承知, く万古の響, く万国の帰嚮, く万年がこう, く万松の裙, く万葉詩人がかの, く三々九度も終った, く三つのお, く三つ列記したが, く三三が九, く三前の大神, く三十畳程の広々, く三十路をば後, く三吉は新婚, く三味線まで器用, く三年前に内儀, く三度引っぱって, く三郎をおいかけまわす, く上丈は五尺二三寸, く上中流階級に歡迎, く上人の為人, く上古を探り, く上機の解行, く上等品に岩茶, く上草履の音, く上達部があり, く上部に並び, く下って居る, く下らないものだった, く下るに從つて, く下七字は文時, く下品な卑しい, く下女塩原間抜一人とぢ, く不利をさとった, く不向きなの, く不器用さは初め, く不安になつ, く不幸にす, く不愉快なもの, く不意に変, く不機嫌で, く不浄を嫌わるる, く不用意なもの, く不眠病に罹る, く不義の富貴, く不自然な不純, く不身持にはたつた, く与力手先のわれ, く且又同じく紀行, く且暑かつた, く世俗の車輪, く世界万国有史以来の厳密, く世紀の子, く世話アして, く世話人が指揮, く世間一般に知られ, く世間並の物, く丘陵の先, く丙午を正しい, く両側の家, く両者の間, く並べられ篤志の, く中のをみな, く中国古代の神仙思想, く中央アジア一帶に行, く中江川の家, く丸く黒きものに, く丸め込んで自分, く丸山川に似, く丹誠して, く主人三七の部屋, く主要な並木路, く主観的なもの, く乃公が取っ, く久しく客と, く久米一の気, く乗って来, く乗るとか槍, く乘つて居て, く九十余歳の寿, く九州四国にも及び, く乱れ日色黄に濁り, くのあたり, く乾いた淋しさ, く乾燥いだ風, く解る人, く予め之を, く予人をし, く争いて中川, く争って居る, く争つてゐるの, く事わけを話したら渡した, く事件に寶屋, く事体に通ずる, く事斥候間諜に異ならず, く事日本の古書, く事業の拡張, く二つの眼, く二の腕へ触れた, く二三の消息, く二三船員の聲, く二伸としてまで書き, く二個の顔形, く二円はどう, く二册手に入りました, く二冬の間, く二女史の常識的発言, く二室は板敷, く二度とは聞き, く二日目の今日, く二日酔気分霧の中, く二時間ばかり腰かけ, く二時頃まで自分, く二月廿三日小地震三月八日亦小, く二本差でしかも, く二羽啄んで, く二谷の間, く二里ばかり渓沿, く二重にくびれ, く二階建の羽目板, く云々如何にも上流, く云いひろげて世の中, く云えば弘化元年八月十日, く云ってらあ自分, く云ってるぜ, く云つて少しも, く云つて居乍ら面と向, く云つて笑出しながら, く云遁れたよう, く互に陳じ, く五世を保せ, く五六輪の花, く五十嵐の心, く五月の窓, く五本の指, く五枚の毛布, く五百斤を負い, く井戸の中, くの主観的傾向, く亡くなったことは, くふるに, く交ぜ返す奴ぢや, く交わそうとした, く交われど二歳以上, く交互に使, く交渉なぞも円滑, く交通が便利, く交錯して, く交際つて貰はう, く交際社会の花形, く京一郎が意気地, く京言葉が使えなかった, く人あらめや, く人たちもかわいそう, く人一倍遊びたりと, く人工を加え, く人形のやう, く人形室の前, く人心乱離して, く人情噺の達人, く人愕き怒らざるなく, く人才を招徠, く人擦れてゐ, く人柄の好い, く人殺しに出会さなかった, く人民の用, く人民間に行, く人混みを縫い抜け, く人火を以てこれ, く人皆知りぬ我が, く人群の前, く人行健走す名づけて, く人間外の物, く人類学的比較神話学は此種, く今にも音楽でも, く今や動ぎ出さんと, く今度の読書, く今日番退きの, く今泉の近づい, く仏縁のある, く仏蘭西語を解す, く仔細が解つて確, く仕事場の裏, く仕付たと, く仕入れたいかさまものを, く仕出来しさ, く仕切るので素人, く仕方ない, く仕様のない, く仕組んでいる, く仕組んだ象の, く他国の文化, く他界の意, く付いた押絵が, く付かないのも, く付き纏って結婚, く付け纏わられるか, く付けた名で, く付合往来するところ, くを慕わ, く代りにお前, く令孃甚之助は嬉しく, く以上は何, く以前より一層, く以外には注文, く仮令面前にては, く仮面を被り終せ, く云らない, く仰ぎ見るもの, く仰しゃるとその, く仰向き卵色の, く仰有れますのね, く仲の町式で面白い, く企らんだ訳, く企んであの, く伊丹の逆臣, く伏す鹿の, くまでは叶わじ, く休み居つたが, く休む少し立ち止っ, く休んで先月, く休息の後内儀, く会釈して, く伝へてゐる, く伝唱する所, く伝習的な着実, く伯爵夫人のわが, く似ることかと, く似合ふもの, く似合つて居たので, く但し受くる, く佇止って居た, く位のかしき, く低き下草は, く低級な人間, く住み來し, く住み慣れた裏町の, く住居までがもう, く住職の言, く佐竹ッ原へ見物, くをかたわら, く体裁は作つて, く何ごとかを思い凝し, く何だか大根畠から, く何ものも見えなかった, く何んでも, く何故に, く何物にも犠牲, く何處か心, く余り宜い役, く余州を挙, く余炎をあげ, く佛書を云, く佛源禪師の樣, く作り藻を取り上げ, く作品が, く作法やある, く使ふ人, く使いかけたの, く使えば気候, く使って岩石, く侍女かと見える, く価値あるもの, く侮辱せられたよう, く便ち酔, く俗人が云う, くべし, く保さんをし, く保する限でない, く保ちたいが少し, く保つのである, く保存せられただ, く保温されてるもの, く保留して, く信ずべきにあらずだ, く信ずべきでは無い, く信ぜしめたといふこと, く信ぜられていた, く信濃の山村, く信玄様のご, く信用の出來, くが来, く修業の嚴, く修行するが, くを編んだ, く俸禄が厚い, くを凝視め, く倉庫のあ, く個人の面貌, く個人的利害個人的感情に傾き, く候事上意の由, く候是だけ御, く候此段伊沢へ御, く候私の留守中, く候間明朝御馬を寄せられ候わ, くく疎み果て, く假名遣が, くした一部, く偏境な九州, く健かな心, く健やかにし, く健三を午餐, く健全なれば, く健康である, くのこと, く偶像信者を指し, く催促するんで, く傭使へるの, く傳播された宗教, く傾いている, く働きますから主人, く働けるやうに, く働らきたがった, くの性質, く僕隷の手, くりを, く僻んだ気持ちは, く儒墨法名諸家の説, く儒者ふうの老人, く儒道と仏道, く優くも高く麗くも, く優しく礼儀正しく, く優しく長しなえ, く優れた魂の, く儲けという, くの通り, く兄さんのいう, く兄夫婦はぼく達, く兄貴と喧嘩, く兇兵に与し, く先々処関はず店を拡げ, く先ア活きて, く先島方面にはシダマ・スダマ, く先方を問, く先程は失敬, く先鋒中に引き返す, くれるお, く光った眼を, く光っとる星い向い, く光景は心界, く光電管でも使った, くの大き, くを知る, く児戯にひとしく, く児童文化の考察者, く党弊刷新の目的, く入って行けない, く入り来る, く入り乱れ喚いている, く入口の方, く全くこれを, く全力を傾注, く全国に行き渡っ, く全盛を極めた, く全身に黥, く兩方は高い, く兩者を媒介, く八五郎何處へ行く, く八十八の咢堂先生, く八日の日曜日, く八百万神皆目勝ち, く八百長八百長と云, く公然と意見, く六カ月もつん, く六人斬とか, くに語ら, く兵ハなく宗虎方, く兵船の配列, く兵衛を待ち続けた, く兵車競ひの, く兵馬はお, く其下水田を隔て, く其主人を選んだ, く其他の二書, く其他多くは一昨年, く其他言語風習儀式典礼の中, く其処を考へ, く其力到底人性, く其効果を奏せり, く其名を知れた, く其土地の者, く其従属に多く, く其成功に沈酔, く其戦に堪へず, く其拔方が少し, く其方は覚悟, く其本色を現, く其正体を見届ける, く其死処を得た, く其清浦派と目, く其甲板には衝突, く其處らを憚りながら, く其血は以, く其要を摘ん, く其記憶の灰, く其責を竭, く其辛勞を休め得, く其面を見ん, く其顔を見届けよう, く其骨は石, く其髪は草木, く具体的に細密, く典籍を学ん, く兼ね得る所に, く内場に見積つて, く内外多用なるが, く内庭に照っ, く内廊下のだ, く内懐中にし, く内気な性質, く内省の戲, く内緒でこの, く内証にやっ, くすぎたが, く円い背と, く円くて細毛, く円顔で吉祥天, く冗談を云われ, く冥々として顕, くの終期, くえたる, くして, く冴えた虚空の, く冴え渡って刀, く冴え返った月夜だった, く冷たき微風も, く冷まして前, く冷やかな心持, く冷笑し返すやう, く冷罵者を軽重, く冷静だつた, く凄まじかった, く凋萎たれて, く凌いでこそ亭亭, く凍ってゆきます, く凍みるぢや, く凍りついて雲, く凍りついた目であった, く凝然と品川, く凝視するに, くゆる術策, く凡てのもの, く凡て物の僅か, く処々に茎立て, く処女地らしい処, く出た樣で, く出でて来, く出まして相, く出ましたもので, く出ようが歸ら, く出ると四邊, く出れば彼, く出入つた, く出家を成さいました, く出帆して, く出掛けては見, く出掛けたものです, く出来ぬ訳である, く出来ますし機械, く出来上つとります, く出生し人, く出迎へぬ, く出陣といふこの, くを執, く分けて指, く分つたことは, く分りませぬが全く, く分り候はんや覚束, く分り相に思われる, く分り過ぎるほど分っ, く分る云わば卓識, く分れば多分, く分離の条件, く切ない痛苦は, く切りかかるお吉, く切り上げられないのだろう, く切れ仕上げなど, く切れるだが, く刈り込まれた松の木が, くを組ん, く初めの方, く初めて来たの, く初一念に引戻し, く初夏らしい日光, く初心の中, く初志を遂げ, く初期の言文一致論者, く初歩の参考書, く初歩的であったこの, く初等的な万人むき, く判つて來るツマリ印度, く判りませんでしたがともかく, くく伏す, く別して伴天連当, く別れるなど, く別個の問題, くける気立, く利いてゐる, く利くでありませぬかと問う, く利害を申, く到る處に, く制御する人, く刺繍の出来る, く刻々相近接, く刻んでほんのり, く前人の断定, く前代の覆轍, く前額からは長い, く剛強なる東洋趣味, く剣槍の閃き, く剥き出してその, く割ってくれ給え, く創案にや前人, く劇薬もあり, く力強い歌を, く力闘したが, くを収め, く助太刀の口, く努められたのも, く努める間極度に, く励ます光を, く労つて呉れるの, く労働者に対する中流以上, く労力を節約, く労苦と厄難, く効く薬だ, く効果多く藍色, くく太く艶, く勇ましく威徳の, く勇む雄士の, く勇んで手, く勇壮活溌なるは, く勇武のアイアース, く勇気と智慧, く勉めて迷わぬ者, く動いたのであろう, く動かうともしません, く動かざるを示す, く動かす所に, く動きたるに劇詩, く動くやうなりけれ, く動揺し易い, く動搖して, く動物的なだけ, く勘太郎に見つ, く勝野さんも遊び, く勢ひだからいや, くむれば, く勤めたから段々, く勧めらる, く勧工場の見世, く勾配の激しい, く勿体なきことか, くふフン, く匂ひもせねば, く包みの新聞紙, く包んで暖, く包容して, く包装して, くするに, くにあたり, く北亜米利加にも之, く北信の地方, く北國に特有, く北支那人一般にも通用, く北条霞亭を感動, く北欧その他の小麦耕作帯, く北海道でなければ, く北海道人士に知られ, く北相模の山々, く北部の信州人, く北面して, くにつく, く医師から聞いた, く十一ねん辰, く十九になる, く十二の樽, く十二分の見込が立た無く, く十五六歳頃その父, く十五歳許にし, く十數人を見やりました, く十臺許りの, く千里の道, く千重の浪, くまえの, く午前中三時間駅附近を行乞, く午後の一時, く透明に, く半幅帶をしめ, く卑しい女な, く卑俗な自分達, く卑幼が尊長, く卓上電話のベル, く卓敬の言, くの暖かい, く南下して, く南北二町半東西一町半の間, く南蛮寺から何物, く単調な灰色, くく経論, く卯平の小屋, く即ちその妻, く却後七日天土を雨, くに及ばん, く厄介な感じ, く厚ぽつたい, くを取り巻い, く原作の趣, く原始な集団生活, く原料として横濱, く原稿紙に向え, くはしく, く厭世思想を胎生, く厭味を言った, く厳かな運命, く厳しい時間は, く厳しき地表の, く厳しく聳えて, く厳密に訳さね, く厳格に解釈, く厳粛なもの, くにける, く参って此奴ら, く参りましょうと云う, く参上致しまして, くりまして, く友情を信じ, く反らせようとした, く反りかえった眼, く反撃に出る, く反省もさせ, く反省考慮すべきである, く反覆されるので, く収賄はもとより, く取って掛った, く取った女と, く取りなしけるに依, く取り囲んでいる, く取り扱つてあるらしい, く取り澄した姿, く取るにも足らぬ, く取れたので, く取上げてし, く取出しておい, く取憑かれたあげくが, く取扱はれて, く取締っている, く受けたがこんな, く叙事体の詞章, く叡山に五大院, くをうる, く口もとしまり才気面, く口先のみ怜悧, く口合式の警句, く口幅つたいこと, く口数を利かず, く口笛をふいた, く口誦伝承に至り, く古くは氏族制度, く古典的な面立, く古風な荒事様, く叩いたものである, く叩かずとも其の, く叩けばそれで, く叫びをあげました, く叫び曰ふ, く叫ぶとともにばら, く召捕りになりました, く台頭して, く叱つて又, く叱り附ける勇気が, く叱るように, く史的事実の確定, くの秋冬, く右手の扇子, く吃驚したが, く合掌し燈明, く合点が行きました, く合致するだろう, く合點すれば, く吉彌は應, く吊しランプの側, く吊橋のにほひ, く一人に対して, く同一程度の義憤, く同志の調べ, く同意して, く御用聞の, く名取の班, く名句の中, く名声を竹帛, く吐息して, く向った後私達が, く向後益々御健康, く君子は器, く君臣略伝の記載, く吠えていた, く吠える犬の, く否定する, く付けて, くして, く吹かるる中を, く吹きあげて行く, く吹きしく嵐と, く吹き下して来た, く吹けば母, く吼え狂うと洋燈, く吾が情から, く吾人をし, く吾妻錦絵と呼ばし, く吾心わもと云, くへも聞え, く告げて安, く込めないので, く呑み込みたいと思つたの, く呑み込めるし口絵, く呑む者は, く呑んだ方が, く呑気に家庭的, く周圍にも途, くして, く味つて見ると, く味方少くあまつさえ, く命令すると, く命名せりと説く, くした, く和らいで来, く和尚さんは二本榎, く咬み砕いてゐる, くけるは, く咲けば, く咳き入つたフラ, くむべき, く哀しい全身全霊の, く哀しくなって, く哀しみ君とわかるる, く哀れに感ぜり, くがあっ, く品川からこの, く哲学じみた考え, く哲学宗教及び諸, く唄ったけれど鼻, く唇一生懸命な瞳, く唐物袋物を商つた店, く唯継だつて, く唱和なりされど, くつて立上つた, くをする, く商人の家, く商人風の男, く問いかくれ, く問はず事の僕, く問はず紋服そのものの感じ, く問題外として置きたい, く啼いてゐる, く善き願ひだに, く善人をいじめる, く喉仏の見える, くべった, く喋っていた, く喋る其の口, く喚び出してくれた, く喜びもした, く喜ぶべき思い出と, く喜んで室, く喧伝されて, く喫烟に耽り, く單音の琴, く嗅いで真偽, くう可, く嘆願なれ, く嘔吐を催す, くをし, く噛みながら何, く噛み合っている, く噛砕いて, く器物に使用, く噫無心こそ尊けれ, く噴きあげている, くをし, く囘避する處, く四下を, く四五世に遺伝, く四十になり, く四合目辺にたなびく, く四合罎から倒, く四条畷もあきらめる, く四谷かな, く四鄰昼の中, く回顧すべきや, く困ったがあの, く困難な部分, く囲んでハアー, く図星の外れぬ, く固まった処を, く固まつてゐる, く国々の昔話, く国会開設より憲政党内閣, く国民性の圏外, く国法を遵奉, く国闇かき昏す恐しい, く圈二に等分, くを建てた, く國會開設より憲政黨内閣, く國法を遵奉, く國道である, く國際貸借の上, くみかつ, くく吹きあげ, く圓形に延び, く圓朝さんいま考えて, く土地を休養, く土地人の間, く土蔵附きの, く土鬼語る可, く在れていひし, く地平の彼方, く地心の骨凝り, く地響して, く坂田郡の平野, く坐せと, く坐っていた, く坐れるか, くだよ, くむるなり, く城塞の方, く城彈三郎殺しの下手人搜, く城門を明け放し置け, く著する, く執念深いんです, く執成してくれ, く執着なく身, く堂々たる力が, くてえもん, く堅人がございます, く堅固なる鉄檻, く堕落し腐敗, くて物, く堪えない母の, く堪えんや, く堪え得べきに非, く堪え忍んで来た, く堪へ難き者, くの朝日明神, く塗つた円太郎馬車が南, くむるところにあらざりき, く填めて喫ん, く填めたに過ぎない, く塲所を要す, くも留めず, く墓参りをする, く増水した日本ライン, く墨流しのたん, くへて伏目, く壘壁を, く声吠ゆるがごとし, く声高にす, く売りつつも繁昌, く売れました毎号三千づゝも, く売れますから寒い, く売払っても老婆, くにはまっ, く壽司をつくつ, く変じ能く, く変って来た, く変り私を, く変るとは思わな, く変化した, く変死が有っ, く変色する蜥蜴, くの眞晝, く夏休の安らかさ, く夏子の顔, く夏海水浴の出來, くづいて, く夕空にかかる, く夕飯も食はず, く外れの野暮, く外他の方法, く外出をし, く外国の人, く外国思想に熟し, く外国雑誌を読む, く外國模倣を排斥, く外縁をなし, く外見だけは立派, く夙く起きた, く夙く出発した, く珂郡に, く多く世に知らせたい, く多く肥料に金, く多く舊政友を糾合, く多分下宿屋の, く多妻多男, く多忙で今日, く多方面に亙, く夜中に渡し, く夜半のそら, く夜気の侵す, く夜盜に等しい, く夜間部の授業, く夢み又最も, く大きに失礼と, く大した苦勞も, く大づかみにこれ, く大まかに区別, く大亀の腹, く大人しいお可愛らしい, く大体に言, く大兄此時ニもれたまふて, く大和民族の血潮, く大地に横面, く大夫の簪, く大学の講義, く大家の手, く大小無数の毒舌, く大工町の半, く大杉は夜警, く大波を打つ, く大罪とす, く大船小船六七艘の間, く大西洋に入る, く大豆が植ゑてあつた, く大通である, く大道より右, く大阪を見よう, く大陸に勝さる, く大雨の度毎, く天井低くし, く天候に恵まれ, く天命を釋, く天子がこと, く天宮を見, く天才があるなら, く天気イ続きます, く天涯を行き尽し, く天然を利用, く天禀の才能, く天霧らし零, く天鵞絨の襟, く目の, く太きは瀧津瀬, く太く艶ある, く太りたるが大き, く太刀筋は衰え申さぬ, く太史慈もますます, く太閤秀吉を思はせる, く夫妻の身分教養, く失ひ易し天気, く夷齊に非, く奇麗に附, く存候, く奉祝日は瞬くま, く奔下して, く奢った点は, く奢り長じこういう, く奥さんの気配, く奥印であります, く奥庭に面した, く奥村はあやまっ, く奥深い穹窿の, くを覗い, く奧津城處わが栖家, く奧行きも底, く女々しい振舞いあるまい, く女学校を卒業, く女官のす, く女官たちはべつ, く女性に対する調和, く女王に睨まるれ, く女遊びに宜, く女郎を買っ, く好きでお客, く好く気性の, く好ましきかな, く好む処の, く如何は別, く如何にも木という, く妖怪を持出す, く妖雲のひと, く妥当な心づかひから, く妻妻に慄, く妻子を捨て, く始めですが大戦直後, く姐さんに叱られる, く障を, く姙婦と伴, く姦淫を犯す, くやを尻目, く婆羅門輩が人家, く婚姻によりて実, く婚礼が出来ました, くも貞之進, く婦女を攻撃, く婦道を守っ, くなもの, く媾和するか, くふ可, く嫣然とした, く嬉しいんです, く嬌瞋を発し, く嬢様の許, く子供中間の噂, く子供仲間の噂, く子持でこれ, く子等自身の意志, く存じますけれどもかよう, く存じませんがね, く存申候又本, く孤松氏等をも引込み, く孤独な生活, く孤立無援の地, く孤高の聖者, く学ぶのでなけれ, く學生が一人, く學生等の疳癪, く宇宙の萬象, く宇宙間に秘める, く守った人と, く守ればすむ, く守宮の名, くッぽい, く安いものでない, く安らけくま, く安らかに玉, く安価なの, く安物の雑貨屋, くなる準備, く宗方善五郎の恐怖, く官職の低い, く定家卿の本意, く宜しゅうございました, く実体ですよ, く実務を祝部, く実施されない主, く実験室へ海軍, く室見川の清流, くを奪, く宮城秋田等のスナゴドリ, くもある, く家々の屋根, く家事を治めた, く家庭を包んだ, く家搜しで, く家族の注意, く家柄や石高, く家賃も安い, く家路の灯, く家鴨を裸, くるるに, く容器を壁, く容色はなけれ, く宿っている, く宿縁をよろこべ, く寂しく病む人ら, く寂れましたよ, くする水, く寄って来る, く寄席に庭, くに隣, くの力, く富んだものと, く富士川を下り, く富山は八犬傳, くている, く寒かった間, く寒きに思ふ, く寒く物すごき日なりき, く寝た方が, く寝ました大層酔いまし, く寝られたので今朝, く寝り就いてしまいやす, く寝るなア, く寝付いた処へ, く寝入っていた, く寝台があった, く察し慈恵にし, く寢そべりながら陽氣さうに唄, く寢卷に着, く寢床に這入, く寤めたる賢人, く實つた四邊一面の稻田, く實社會との深, く實行に於い, く寫生に出た, く寺僧既に端然衣, く寺田先生の報告, く対処しうけいれること, く封じられていた, く専ら十九世紀を, く専門美術批評家でなければ, く将士の労, く将来の希望, く将門を包囲攻撃, くむべき, く尊う可き, く尊きすがた, く尊む譽を得, く尊敬す可, く尋常なよう, く小きざみで複雑, く小さかったけれども, く小さく冷たき緑玉その, く小一条へ帰った, く小僧の揚豆腐, く小児は健全, く小原のそれ, く小型のモーターボート, く小女の走り使, く小室の人柄, く小家の前, く小形にした, く小心な, く小指であつ, く小木ラタンカットは北インド, く小松原であるこの, く小林君も自由, く小皺などはない, く小言をいいましょう, く小野田と一緒, く小量しか用意, く小間使がいう, く小高い丘が, く小鼻ばかり光沢, く少かったが, く少しく高尚で, く少なく土器に, く少なくとも日本の, く少年の時, く少時の夢, く少量散布し土器, くつて見えた, く尤も盛に, く就中人の面, くの落ちつき, く尻尾の端, く尻餅を突い, く尼さんのやう, く尽きている, く尽す処に, く尿しながら, くを審, く居眠をし, くいた筈, く届かす手は口, くの歌, く屏列するを, くけて行, く展開されて, く譴責の, く山ゆき姿で来た, く山中の遺蹟, く山伏の住, く山王が立ち, く山谷堀へついた, く岩壁は大陸, く岩石が赤裸々, くへ押上, く峡間に延び, く峨々たる山, くの松, くもない, く島々の伝承, く島崎氏あるのみ, く島田は普通, くむべく誇るべき, く崩れてその, く巌華深く閉ざし, く巓聳ゆる峰, く川崎を立っ, く川風は凉, く巡りぬ器械, く巡査は益々, く巡礼の姿, く喰って, く巣食っている, く工兵隊の親玉ピック, く工合がよかつ, くの二十八字, く左内様に取りもっ, く左大臣正二位菅原道真朝臣之, く左思右慮心, く巧みなる道, く巧妙に囲ん, く巨井を鑿, く巨石を廻した, く措き近い, く差し図して, く已に一棺を, く已むを得ざる, くを重ねたる, く巴里を発ち, くの上, くを放たず, く巻莨を吸う, く市中の女, くかむ下界, くつて, く帰った光一は, く帰つてこのこと, く帰りました又四五日内, く帰り虫除けの粉, く帰参が適う, く帰宅して, く幇間を叩き, く幕府の倒すべき, く幕末御一新騒乱のころ両国水茶屋, く干渉するの, くなる街道, く平らかな路, く平俗な生存競争, く平和が島, く平均して, く平安な顔貌, く平安事なきもので何, く平易明亮, く平次ぢや御座いません, く平次物蔭に身, く平氏が知盛, く平民の間, く平治の乱, く平素憂慮する所, く平野は西, く平静に, く平面な場所, く年中でご, く年余の久しき, く年六七歳の時病, く年寄を怒らせない, く年配でしたが, くひ御, く幸福に暮しました, くをつつみ, くに見た, く幻術を以て空中, く幼少かった, く幼年時代はあんどん, く干か, く幾度か眼, く成が, く広大に輝き渡る, く広島地方へ出かけたい, く広義の恋愛情調, くの上, くのしら, く庖丁はじき, く店全幅の藥種屋式, く度びにうつらうつらと揺れた, く度毎に憎々しく, く座布團を一枚, く座敷の中, く庭石の上, く廣太郎の胸, く延しながらぼんやり, く延ばして居ります, く建文帝を物色, く建物も和泉屋, く廻れ右を, くする上, く弁ぜらるべき, く弁ぜんよりは能, く弁当を拵え, くがある, く引いてそつ, く引きしまり不自然, く引上げを早く, く引合いに出す, く引綱をしばりつけなけれ, く引込んで居る, くさぬ, く弱くって上, く弱って隅, く弱り切つてゐる, く張つて居るので, く張りし琴, く張り出でたるところ, く強がりな彼, く強暴を制する, く強要された, く弾いて父親, く弾丸を籠め, く彌次馬に手, く当たることである, く当り藻西の無罪, く当主順承と, く当方より参向, く当時の所謂, く当然のこと, く形式的で心から, く彦太郎が云う, く彩色をした, く彫つた平打の, く彳んだ僧, くのお, く役目を引受けた, く彼らのど, く彼ら二人を主君, く彼女ゆゑに如何なる, く彼岸に達し, く彼我なきもの, く彼方の嶺, くってしまう, く往きてもとはず, く往つたのに感心, く往来中の松, く征韓は固, く征韓論の人心, く径路を知つて, く待つて次, く待て共に相, く後ろの疊, く後ろのは天蓋, く後世に影響, く後主は幼少, く後代常に前代, く後段落合の火葬場, く徐に歩む其中, く徒らに達者, く従いて来る, く従来の伝統的, く得難き主を, く從つて地理的に廣範圍, く御存じゆえ少しも, く御存知なるべけれ, く御座候へども当月, く御意にかない, く御新造さんが承知, く御機嫌好う明日, く御用をお, く御身に出, く御馳走はなかつた, く長ぜんやと, く復習して, く点を, く微か乍らヒューッという唸, く微少な費え, く微風さえもない, く徳用な所, く徹る声で, く徹底したの, く心して生活の, く心もとなきままに, く心他事に役せ, く心付くよ, く心地の好い, く心地よく並べる, く心安げなる, く心安い仲で, く心思案にくれぬ, く心持びつこを引いて, く心理と物理, く心痛に疲れ果て, く心神喪失の状態, く心苦しく思って, く心頭無事なれば, く心驍勇で衆人, く必ず征く, く必然的に解剖, く忌みその祭祠, く得るを, く忍ばざる者じゃ, く忍びざるを忍んだ, く忍び能く隠す, く忍ぶべし胸の, く忍んだか, く忍耐せざれば, く志し時を, く志確たり, く応ずる者ある, く忠告に従っ, く忠実な実地写生, く快い髪, く快かった入口, く快くして, く快晴した, く快楽と苦痛, く快活に明らか, く念入りにお, く忿らして, く怏々として無為, く號した, く怒り能く苦しんだ, く怒るわれらは, くるるところ, く怖うございました尤も, く思いつめられたはあまり, く思い出してみる, く思い切って云った, く思い切ったね勘弁, く思い緊張した踏歌, く思い髪も洗い, く思えば実に, く思えぬ感じである, く思つた何しろ昨夜, く思つた位ひだつた, く思はぬやうに, く思はねえでくろうよ俺惡, く思はると宣給, く思はれべえた, く思はれたか知れない, く思ひくらせば楽しく, く思ひしだけ可愛, く思ひなしてゐるらしい, く思ひましてあちこち, く思ひ出した樣子で, く思わるる点も, く思われぬでもなかっ, く思出は彼女, く思切って了, く思想の浅薄, く思想一致の傾向, く思想発達の同一, く思考へた, く怠りて其意志, くな流れ, く急斜面の渓流, くに合, く性交渉を始め, く性欲を強く, く性質なの, く怨むような, く怪しの影, く怪しみ怖れた, く怪奇な事件, く怪我をしなかった, く怪異に憑かれ, く怪盗の勝利, く怪訝好奇の感情, くういう, く恁んなこと, く恋しくもあった, く恐る恐る首を, く恐れていた, くは盗, く恥かしと身, く恥ぢ入つて, く息ぐるしさう, く患者等は理髮師, く悩み候ほどに四日目, く巫戯を, く悪かった時, く悲しさににて, く悲しきことは, く悲しむ可くし, く悼む可く, く情理の二ツ, く惚れ込むものな, くき其大体, く惜しみ柿の木に來居, く惜むべきである, くみたま, くるく, く惡人たりとせ, く惡慧者は身壞, く惡鬼ばらひ屋, く惨酷さでは, く愍む可きものである, く意固地だから, く意地悪そうに落ち窪ん, く意識して, くき, く愚かさからヒント, く愚図愚図いわれること, く愛す可く, く愛するまでにその, く愛せらるる, く愛相のない, くがある, く感じなければならなかった, く感じられたおんなだった, く感ぜられ齢と共に, く感傷す可, く感傷的な歌, く感官を護り, く感情を避け, く感激同情した涙ぐましい, く感色を悪, く感謝して, くしみ淤泥, く愼重に調査, く慄気と寒い, く慇懃に会釈, く慈愍を加えな, くとか或, くやかで, く慎ましい方であった, く慣れて居た, く慣れない事が, く慨歎して, く慮るのみをもて, く慰められし人の, くも誉, くを忘, く憂ひ玉は, くくむ可, く憎いのである, く憎き吸血魔, く憐む可く同情, くひに, く憩んだ事, くひなり, く懇請の至り, く應用して, くんで居る, く懐之に其古泉癖, く懐孕す駒, く懐旧の恨, く懷舊の情, く懸けて思はぬ, くる可, く成し得るもので, く成すこと有る, く成つたことを感じた, く成つたやうな氣, く成つたんだよなあ, く成つた事は私, く成つた佛壇の前, く成つた掛蒲團を足, く成つた時後を見, く成つた枯葉を地上, く成つた道珍和上への手向, く成つて來つから, く成つて後にはふ, く成つて死人同樣, く成つて紀念のやう, く成りに成つた日, く成りやしたよち, く成り掛けたので稀, く成り過ぎては困れ, く成れば其, く成功するの, く成就せんや, く成文神話を個々, く我が身の不運さ, く我儕の運命, く我兒の顏, く我學術の研究發展, く我寡し然, く我当を書き出し, く我手を握り, く我手背を敲き, く我等夫婦が牧塲, く我邦人に傳, く戒む可し, く或はまた人類の, くと相, く戦争の実写映画, く戦場ヶ原の名, く戰亂と盜難, く戰寒して, く戴きますのは, く戸口を開い, く戸外の用, く戻りましたので, く所々明に墨色, く所存か, く所獅身女の砂, く所謂有限的自由意思論者であるから, く所陣する所, くから顔, く手ぶらで第, く手代連を引出し, く手先を引っ, く手入れの行屆, く手取り早く嫁, く手古奈の家, く手当が行届く, く手段じゃねえ, く手水鉢のほとり, く手狭な平家, く手真似をし, く手習がされ, く手觸る可, く手速くしないと, く手間取つて中流へ出た, く才気煥発なところが, く打たなくっちゃ本当に, く打たれたので犬, く打ちかわり板敷の, く打ちつけるやうに, く打ち消すほどの勢い, く打って帰る, く打ったと見えまし, く打目戍れり, く打算的な僕, くつた, くはれても, く扱つた意味の時, く批判が出, く承服出來ぬ所, くの進む, く抑揚に富み, くり出された中, く投げやるこころの, く投出すやうに, く投卑するとき, く抗げぬ彼, く折々その雲, く折つてお置きなさい, く折角あなたが, く抜き取ったのじゃ, く抱いて眼, く抱っこ寝んね, く抵抗して, く押えるとそれでも, く押しつけ合った, く押すと木片, くへ, く拂つて其の一輪, く拂つてやつた, く担ぎながら空間, くき能, く拍子を取つ, く儒たる, く招聘された, く拝読せん事, く拝読驚歎した, く拡がる花火の, く拡がれば, く拳銃を攫み, くへるもの, く拾いて集め, く持つて来た, く持上げ得る者が, く持出しては失う, く持續するが, く指さきでその, く指井が來, く指図するだけ, く指摘されたよう, く指物師のところ, く指端で押さへ, く按排して, く挑戦した海, く挟まつてゐる, く振ってねだい, く振り出して健胃, く振動に強く, く振込みましたが心中, く振込んで下さい, く込んだらしかった, くへて其處, く捉えている, く捏ねたのは, く据ゑてグリグリに, くつた, くへ零れ, く掘下げられた崖を, く掛かりの方, く掛け合いに参った, く掛つて居た雪, く採用されてるかは, く探つて見る, く探り立てする人々, く探ると実際真に, く探偵小説論の小乗的解析, く探索の中心点, く接したり, く接合し得たもの, く接唇感じます, く接近して, く接骨木が咲い, く控え目勝ちな女, く控縛する事, く及ぼして, く推問答の末彼, く措きまして子孫, く掴む歴史的な, く掻き亂し, く掻き口説いたり甘, く掻餅を目, く揃つてそのアトリエ, く揃つて泣きやがる, く揉みては又, く描いている, く描いた実に面白い, く描かれてあつ, く描かれた大きな眼, く描き得る画家が, く描けるんでしょう, く描こうとばかりし, く換言すれば, く握って今, く握り合ってつない, く揺れうごくもの, く揺れる青バスに, くがせ, く搖ぐを王は戴きつ, く搗けてないのでくすん, く摩り上った時に, くつけて, く摺まれた海, く柔に, くけば, く操っている, くにする, く擦りながら眉, く擯斥するに, く擴げたりたたん, く擽るやうに, くしおわる, く支えんやと朱栄, く支度をし, く支那内地に散漫, く支那神話のそれ, く支離滅裂な冗弁, く改むる義で, く改進党の勢力, く改進黨の勢力, く放たざりし寛闊なる, く放免された, く放埒に戻っ, く放蕩無頼な男, く政宗が様子, く故それを直接, く故主の復讐, く故意の改正, く故意とらしからぬ咳, く敏捷だつた, く救護をなす, く敗頽的気風に富める, く教えねばならぬ, く教室の天井, く教育法はますます, くて毀傷, く散じ村人之を, く散らかしたもんだ, く散らし布き其上串, く散歩に出た, く敬服して, く敬虔で誠実, く数個の民族, く数多の上, く数学的に表現, く数日滞在し私, く数本の杭, く整然と一糸亂れ無い, く敵将を説伏, く敵打の望, く敵艦若し十四吋以上, く敷ける満地の, く敷心地を好く, く敷衍してから, く數多の種類, く數百頭の猛, く斃死せるを, く文人墨客の間, く文士劇の先, く文学的であるよりも, く文明紳士として耻, く文法に拘らん, く文章に興味, く文體が可, くひ給, く斜廡を洩れ, くられたる石, く断って置く, く断れると思った, く斯ずるを, く斯般の妖物奇物, く新しく何の, く新井白石の日本古史神話, く新参者なの, く新子を尻目, く新年は明日, く新橋著の豫定, く新米の私, く新聞も碌, く新郎新婦の前, く新風なく養老院, くり後に, く方丈の中央, く方付てオラレブル, く方法ですよ, く方角をたどっ, く旅人の下駄, く旅客の負担, く旅舍の整, く日に日に新しい深刻味, く日出雄少年はプイ, く日常の出来事, く日常品なんかちっとも, く日常的な会話, く日常社會現象に向, く日影のさし, く日本国中をあるき廻っ, く日本晴れだぞ, く日本製のフィルム, く日用品なんかちっとも, く旦那衆が調子, くのま, く旧い朋友で, く旧制を攷, く早春ぐらいの気候, く昇つて來ますが, く昇天したもの, く明く淨く力強い, く明けっ放しなこだわり, く明けんとす, く明る過ぎて, く明十二日午前八時当地出発の予定, く明府をし, く明快に解く, く明智小五郎にこの, く明月の詩, く明滅を繰り返す, く明霞に学んだ, く昔和蘭あたりで作られた, く映しだされてきた, く春めいてふと, く春三郎の心, く春廼舎の技巧, く春秋に顯, く昭和新時代の新, く是一國なり而, く是方を避けよう, く是等の者, くの勤務, く昼間一瞥し去つた所, く時々雨が, く時にはやや, く時上に引いた, く時倒にし, く時母親に一寸手, く時空洞なる者, く時耳のなか, く時言語全く平生, く晏然たらん, く晝夜とも空席, く晝飯にはまだ, くを司る, くなどは私, く晩年の, く晩飯をすまし, く晩餐を濟, く普仏戦争に際して非常, く景色もなく, く晴々と豊か, く晴れ拭うたやう, く晴代にお座敷, く晴天白日の身, く晴曇なく娘たち, く智惠子の肩, く智慧も人並, く智慧才覚を鼻, く暑くなるもの, くいので, く暖かそうに, く暖かくなって, く暗がりで物, く暗夜に光る, く暗黒に物, く暮したいと思ふ, く暮し得るのである, く暮らしていた, く暮らすつもりです, くるる夜, く暴力には傷, くり得たり, く曖昧なもの, くを伸ばす, く曲りたる巷を, く曲者は物, く曳いてい, くを読む, く書いたのが, く書かずに置く, く書かないやうに, く書きましたにかかわらず, く書き立てられたのは, く書き能く語る, く書こうとして苦しむ, く書付を拵え, く曹丕などとは天稟, く曾婆訶里吾がため, く高き樹, く最初の時, く最後のハムレット, く最近一党にわかれ, く最近地方興行が当っ, く最近明治の末期頃, く最近洋品屋にカラー, く最近炭火を起した, く最近私が公安委員会, く會所の内, く會津城以鶴稱之猪苗代城以龜稱之と, く月並な考へ方, く月日をば順々, く有して而, く有る舞い家捜まで, く服從して, く服膺する訳, く服装に関わない, くを失はざるなりき, く望みどおりの力, く望めば際限, く朝日新聞の會計, くの香, く木口も見事, く木彫赤塗の龍, く木末を下, く木材の心部, く木村父子が樹, く木立果てもなく, く木葉を吹きつける, く解決の, く未來の美しい, く未開民族の神話, く末代の名, くの中, く本土へ渡った, く本州の高原地帶, く本当に打ち込んで, く本文の意, く本田のお祖母さん, く本能を満足, く本領安堵いたしますと, く朱欒の青き, く杏楽天の黒檀, く材料を集め, く材木の一處, く村のはづれ, く村境まで走っ, く村落の店, く村里町家に見る, く来られたものだ, く来られましたね, く来りて月, く東亞諸國の史學界, く東京へ往, く東国の各地, く東洋諸般の美術, くの葉, く松賀緑さんは嘗て, く板の間に坐, く板屋根を敲き, く林藏は苦紛れ, く果すことは, く果敢ない逢瀬が, くを張った, く枯れて火, く枯れた樣に, く枯れ葉の音, くを箝め, く染まった手で, く染めた真理子の, く染るから金, く染抜いた半被を, く染拔いた半被, く柔い小さいの, く柔和しく慎しん, く柔術を松宮柳囿, く柔順だ, くある働, く栄えしめむと欲す, く根本の議論, く格子の開く, く格子戸を開ける, く桃園に会した, く桃太郎子に従, く案内す, く案外に生産, く桑畑となつ, くの花, く條分縷拆して, くという形, く梯子をつむぎ出しました, く梳いてくれる, く棄つる藪の中, くはまだ, く棹さして, く植ゑたるありけふ, く植物に關, く検査した上, く椶櫚の樹, く楽しみから, く楽しみ以て人生, く楽しむとは此事, く楽観的なもの, く概ね四音五音六音の, く概説すると, く榛軒は, くへが錺職田屋三郎兵衞, くを投ぐ, くしかつた, く標本を日本, く樣子で暫らく, く横合から流れ, くの間ゆ横さま, く樽爼の間, く橋上に立て眺め, く橋本氏の本音, く之助ら, くはしり大略, く機会に恐く, く機嫌が悪かっ, く機會のある, く機械化と融合, く機轉を利かした, く檜木笠を高浪, くすべしアカイア軍, くを入れさせなけれ, く櫓ちんの割合, くが入れられ, くには早く, く次ぎから次ぎへといつまでも, く欲して能, く歎ず可き, く歐洲諸國人, く歐米諸國, くばし, く歡喜の美酒, く止むに止まれない, く止め難き恣, く正直相な老女, く正直者という船頭, く正義に向け, く此の世に不, く此中の消息, く此位お集め, く此処から戻る, く此判斷に注意, く此国の状態, く此地方の地口, く此多量の教訓, く此店の前, く此意義に於, く此戀に克つ, く此戰何時果つ可, く此所へ來, く此方を窺つて, く此旅を思ひ立つた, く此時岡氏に改めて, く此樣な光景, く此深林の奥, く此研究を中止, く此等の説話, く此處一町はやみ, く此言をなせり, く此詩中に云, く此趣意の大概, く此間は大滝村, く此頃としては申し分, く此類である, く武事の總名, く武人にも有之間敷, く武器に射られ, く武夫のこま, く武術の心得, く歩いてゆく, く歩かれたものだ, く歩きましたなあ, く歩みて邪, く歩めば, く歩行にも不自由, く歩行者の姿, く歴史的源泉の研究, く歸つたのは, く歸つた主人の奎吾, く歸つた事も仔細, く歸つた時は何處, く歸つた鑄掛屋の岩吉, く歸つて居ります, く歸つて先刻起き出したばかり, く死に別れ頼りの, く死ぬかいずれ, く死んだのは, く死人を生す, く死出のお, く死骸を縁, く歿し二人, くに唇, く残つてゐる其灰, く残り物によろこびあり, く残り解決は必ずしも, く残刻ならざるべからずと, く残念がって, く残惜しさうにし, く惜しさうに, く殘つてゐる其灰, く殺す者を, く殺生石は其八, く毀してくれた, く母鶏の嘴, く毎夜の空, く毎日寒さ橋, く毎日毎月同事, く毒酒で浪人者, くなく, く比較神話学の如き, く毛虫がみんな左, くの手際, く民子の墓, く民間に流布, く気の毒な細君, く気分に絡みつい, く気勢に折々, く気味わるそう, く気心も知れ, く気持ちがある, く気散じに足, く気早に駈け, く気晴をし, く気楽でもあり, く気苦労に病んだ, く気落のした, く気象もまるで, く気配がした, く気骨もそれ, く気高くてらして, く氣乘りの, く氣分も大分, く氣取つた六疊ですが, く氣晴をし, く氣附かれる, く水兵等は驚嘆, く水分を藏, く水声風声等を想像, く水氣がこもつ, く水田の上, く水量深くお, く水陸を画, く水音が聞こえた, く永久に賞美, くは密樹緑林, く汗ばんだ男の, くなくな, く汚く主人も, く汚れた半シャツ, く汝そこにて疲れ, く江上の名, く江戸戯作者の顰, く江戸演劇の性質, く汲み尽くし得べきと, く決して宏莊な, く決って居りました, く決定にそれ, く沁みわたるやうな, く沈んでいる, く沈丁花の香, く沈着な人, く沈黙した, く沒却理想なる戲曲, く沖縄の北端, くのはて, く沙汰して, く沢山こさえられるよう, く河内の地, く河原は一面, く河辺さんをやる, く河辺山傍又田野, く油断をさせ, く油斷ならぬ小僧, く治まり妻女は, く治めてゆきたい, く治ると告げた, く治ろしめすというの, く治ろしめすべく降臨し給うた, く治平を保護, く沼津に歸, く況や霞を, く泉水の末, くにし, く法律通用に関する総則, く法性と, く法服を着け, く法正寺の鐘, く法行竜王の住所, く波浪の岸, く腫れて, く泣いたッけが併し, く泣き能く, く泣き付いて来る, く泣き出さないばかりに生徒, く泣く可く, く泣虫寺のお, く泥んこになっ, く泥棒が這入ら, く泥濘は深く, く泥足の跡, く注ぎて, く注文に適ら, く泳ぎ羊の能, く泳ぐメキシコと, く洋書を講究, く洋楽は嫌い, くひ髮, く洗って三日, く洗塲の片隅, く洗面場にはひ, く洞窟にい, く津々浦々が双眸, く洩るので四方, く著して, く活かしたからである, く活動す, く活気づいた調子で, く活氣に充ちる, く派手好きな道楽者, く派生語を形づくる, くるる大川, く流しのぬめり, く流れる河ばかり, く流失したもの, く流布して, く流星が燃える, く浄不浄の苦闘, く浅きに木の葉, く浅ましと思へるなり, く浅田の持っ, く浅間しくかなしく, く浮いてゐた, く浮き出してゐる, く浮びあがることを, く浮木芥の類, く浮氣の沙汰, く海上の大, く海上無数の毒蛇, く海人の小舟, く海外に遊び, く海洋的分子の著しく, く海道すじや峰々山々, く浸み附きますか, く浸んで物の, く消したと思, く消化の好い, く消失すること, く消極的な追, く涙ぐましくなるほど, く涙脆いぞや, くなかりに, く液体がねばり, くくたらたら, く涼し気な絹糸草, く淀み曇んだ目, く淀んでいる, くれて, く淋しそうであった, く淋しかった, く淋しく美しさも, く淡紅色の腰卷, く深遠なる哲理, く混乱せられざる, く淺井氏所藏の文書, くかりし眼, く清き猩々が, く清く土に, く清らなる, く清正妻の屍, くふ所, くられ文學, く渉獵したもの, く渋いもので, くの方, くと相, く渠らは空想, く渡らせられなば国, く渡り廊下に踏出しました, く温厚な学者, く測定出来ないもの, く游ぐを知り, く湖水を照, く湖畔の夕, く湛えているであろう, く湛えた水と, く湛へた鬼怒沼を探, く煮て, く湯上りの白い, く湾入したイシカリ, く満足して, く満開の桜, く源吉に寄り, く源氏を見, く準備して, く溝渠縦横忍城樹間に隠顕, く出た処, く溪流の音, く溪間へ溪間, く溶いて然, く滅亡さ, く滑沢で艶, く滑稽さへ感ぜられ, く滲んで見えた, く漂蕩し浮動, く漕いだわねえ, く漕ぎ走る船に, く漢魏晋唐以来を取り, く漱石氏の談話筆記, く漲り遠く下れ, く潔くも麗, く潜つては浮く, く潜水夫になれ, く潮州の瘴霧, く澄みきった眼は, く澄みわたって白い, く澄み切った眼は, く澄み渡って沖一面, く澄み渡った夕空の, く澄み渡つてゐる, く澄み返り所々に, く澄んでるでしょう透通って底, く澤山の書籍, く澹泊に大, く激し成す所, く激動して, く激痛なしには, く濁っていた, く濃くなるたび, く濃やかに眺められ, く濕つた手拭を顏, く濕氣て觸, くふ所, く濟んだ, くの音, く濱端の一地點, くく尾, く瀟洒なる雜誌, くのやう, く灌木の繁み, く灌頂刹帝大王の命, くの沖, く火の番の金棒, く火鉢に取付き, く灰色の雲, くをすすめる, く灼けた芽を, く災難を前, くのほとり, く所に, く炭屋の狹, く炭火のやう, く炭燒くは, く為し難きの, く烈しい状態です, く烈しく身を, くかな, く烏有先生に代り, く烟りかとうら悲しく, く烟突の下, くのみは, く焚火の上, く無くなつた, く無事にその, く無事札幌に着い, く無作法な荒くれ, く無口な柔順, く無意識的に甲, く無愛想な無口, く無料で老幼婦女, く無罪になつ, く無罪冤罪だと, く無表情な姿, く無遠慮な感想, く無邪気に笑い, く無闇と人, く無頓着で医者自身, く焼き入れて, く焼けて来, く煉るように, く照ちやんの顏, く照りはじめる時分に, く照り返している, く煮えくり返っている, く煮えるね味, く煮ますのは, く煮るのは, く煮込みますが倹約, く熟れた実が, く熟れ切った杏の, く熟睡をめぐまれた, くつの, く熱いものと, く熱心勧告したが, く燃しその状, く燃せるもあり, く燃料たるべきであった, くともす比, く燈火の明り, く燐寸の灯影, く燒けた杉の木, くの光り, く爆けさへすれ, く爛れ込んで, く爛れ気味であった, くの道理, く爲す所にはあらず, く爲具體的に證明, く爲後日右書き遺し申候也, く父等の事業, く爽やかに斬られ, くすれば, く爾等努力せよと, く爾雅がこれら, く片づけられるもので, く片付けてもと, く片腕失った荒神十左, く牙大にし, くを持つ, く牛蒡は保たせた, く牡牛のよう, く物價が騰貴, く物寂しき岩間の, く物腰やさしく砂利, く物色さすと共に, く物言ふ今夜, く物足りないかも知れない, く特に屋敷へ, くき一斉, く犬張子には汚穢, く狂人がある, く狂女かな, く狂女の子に在り, く狂犬としてここ, くはるる, く独りツウラ沼のみに止まらず, く独特の場面, く独立の趣意, く狭くて自転車, くを滅ぼした, くを怖, く狼狽えたやうな, くりつ狂いつ, く猛烈に, く猛獣虎狼を搏逐, く猛虎を捕ふる, く猜疑深き獣, く猟犬がその, く猥褻なる小説, くや鹿, くを殺し, く献立を選んだ, く猶予って腰, くりぽ, く微な, く玄女と猪右衛門, く玄関払いを喰わした, く玉座に触れ, く玉樹一人縁日の四辺, くを乗せ, く王室を危難, くらしい方, く珍しがるや, く珍妙な節廻し, く現われた明月が, く現われるのだ, く現今の未開民族中, く現実的な内容, くなれば, く理屈を何, く理想なきに, く理想的な立地条件, く理由が説明, く理範數疇を脱せん, く瑣細な出来ごと, くになつて區分け, くを口, く甘い物を, く甘んじ自ら能く, く甚だ忙しげ, く生々した情熱, く生い立ったので, く生えて鼠, く生えるからこの, く生きるとはここ, く生したしかしその, く生存競争の国際的関係, く生害に及び, く生気が無い, く生真面目で, く生長しつ, く産児を見, く甦へり不老不死を, く用達しに出掛ける, く田原から三田, く田圃へ出た, くなり, く由藏がかへつて來, く申した今日は, く申しますると, く男女の影, く男女同権はなし, くを廃, く画こう君公が, く画家として門戸, く留めてありました, く留るに堪へず, く留学生候補の学士, く留守の天女ども, くの効果, く番町皿屋敷のお, く鳥に, く異なるをや天武紀, く異様にしかも, く異端邪説の雜木, く畳んで置い, くを叩きつ, くなる一枝, く疎み果て候へば, く疎遠の間がら, く疎開をまぬがれたらしい, くを存, く疑っては気の毒, く疑問として保留, く疱瘡は流行, く疲れて居室, く疾く海を, く疾走しつ, く疾駆し始めた, くを癒す, く病いを癒す, く病人を見, く病室に入れられた, く病後のわれ, く病焼けのした, く病的にさ, く病院の乾燥, く病難貧苦を救う, くかりける事, く痕跡を留めない, くわって, く痛々しく艶めかしくさへ, く痛い今迄, く痛く頬に, く痛ましい結果, く痛みでもする, く痛むと云う, く痛切で偉大, く痩せて色, く痩せたる身も, く痩氣味の歌, く痺れたやうに, く瘋癲病院を解放, く瘡痍其物の性質, く癒えたとはいいきれない, くはどつち, くにさへた, く発表せられるの, く発見けた海老床甚八とに組, く発達して, く登山の経験, く發育すること, く發見されて, く發達したと, く白壁の美し, く白妙に, く白木綿の下, く白波が見え, く白粉の, く白雪紛々と降りかかった, く百万銭を出し, く百人近い學舍, く百姓ばらをそれ, く百年我に負かざる, く百科の学, く皆さんが君競馬, く皆んなと一緒, く皆喰はざるもの, く皇命を奉じ, く皮帽子の女学生, く皮相に止っ, くばむの, くになり, く盗むは智, く盛り上って, く盛花にし, くの上, く盤上玉を轉, く目算は出来なかった, く目鏡は光線, くの女, く盲者の目, く刃の, く直りたり, く直接まつす, く直立不動の姿勢, く直覚する, く直言を献ずる, く相対的に観, く相島は玄關, く相州さまがその, く相成申候, く相談ずくの上, く相識り給, く省いて簡単, く眉根を寄せ, く看ることが, く看るべき遑あらざり, く眞劍になつて, く眞向に, く眞夜中過ぎのたゝずまひは, く眞白な蝶, く眞鍋がマルタプウラ, く真似をし, く真心から書かれた, く真水と潮, く真黒なの, く眠るだろうし娘, く眠れたが伊那部, く眠れますか, くゆいが, く眺められたものであろう, く眺望のいい, く着いて夜中過ぎ, く着た單衣も, く着物の前, く着頽れたるあり, く着飾った女達が, く着飾つた女と, く睡りながら車, く睡るを得べき, く睡れなかって, くじく, く睦まじく交際って, く睨んでからポリポリ, く睫毛は恐らく, くたらん, くかそう, くって相手, く瞬間ではあった, くは速, く矢島さんが来なかつた, く矢張り三円五円と贋金, く知らず彼を我, く知らず数も覚えず, く知らせ置くべし, く知りたれどもその, く知る如くわれの, く知れた事実で, く知れますのです, く知ツてゐる, く知抜いてゐた, く短剣を逆手, く短時間に限られ, く矮樹林は刺青, く石塊ふみあぐみ, く石川五右衛門という京師, く石段の方, く石面の白, く砂利に足音, く研がせて斬れる, く研ぎすましたる鎌の, く砲声で鈍く, く壞した, く硝子戸一枚だつて, く硬いものを, くを打ち, くく見えた, く碧梧桐の背, く碧空で屑, く確実な商人, くて真書, く礼譲の道, く社会のため, く社稷を保た, くつたのが, く祈り出して, く祈祷の聲, く祕密を守ら, く祖先の生活, く祖母は珍しく, く祝勝宴や日毎, く神クロニーオーン權衡を, く神人間の衝突, く神信心をし, く神妙な念, く神戸へ行った, く神敵たる巨蛇アペプ, く神母天翔り来る, く神経が昂, く神経的な手附, く神經を小突く, く神話の其他, く神道家に見受ける, くつたもの, く祟って, く祭壇の如き, く禁制の拔, く禁則の少い, くを談, くいするか, く禍いを遺します, く福慈岳の姿, くを言つて傘, く禮敬を守り, く禿げてゐ, くいでた額, く秀子の素性, く私書偽造と醜悪, く私権のため, く秋てる中洲の月, く秋のをはり, く秋口になつて, く秋子が私, く秋色殺到して, く秋雨に一日湯, く科學者の斧, く秘したと見え, く称すと説き, く移す者には, く移りあるき此技術, く程一杯に背負つた尾, く程度のもの, く程手足が利かなくなっ, く程暖く蒸された土, く程身体の自由, く種々奔走の結果, く種山ヶ原のな, くの秀國うつ, く稼いで呉れます, く稼ぎます私は, くき立實論, く積もっても三千両, く穢いのとが, く空ぢやあなくつて, く空屋にし, く空店でその, く空穂しぬ, く穿き馴れて居ない, く穿けぬのである, く穿った者で, く穿らんことを思ひ, く込めるの, く突いても紅い, く突きか, く突くと雨水, く突けたもので, く突っ張ってその, く突撃隊を組織, く窓さきに濡れ, く窘める樣に, く窪んで蜂の巣, く窮むるなし蓋し平氏, く窮屈な姿勢, く窮所を穿った, くが知られ, くひ知らしめるの, くの神, く廻って, く立ち止つてぢつと此方, く立てし黒板塀官員様なら, く立てられ親類の, く立てる神殿いと, く立上つた, く立膝をした, く章學誠が易, くって行く, く端麗なる貴女, く競争者が起つた, く竹藪があつ, く笑って, く笑つたが, く笑つて其高い声, く笑つて私は室, く笑つて貞子に, く笑止千万な鍍金旗本, くの笛, く笞懲したは, く筋張るを覺, く筋肉の緊張, く筋道はたいてい, く筑波の者, く策略が生れ, くの字, くが三四枚, くから迸出, く箱書を取らう, く節々がやめ, くを示す, くの首, く築けば鑛毒, く篠笹山の上, くりと, く簡素に欄干, くつた大きな, く籠絡して, く米国の一雑誌, く米屋をやつ, く米屋八百屋蒲鉾屋などが目, く雜に, く粗茶進上仕度候という慇懃, く精出して稽古, く精密な心, く精巧な細っかい, く精神發達一般を概觀, く精神的に生死一如, く精細に話し, く精誠の力, く糜爛して, く糞こッ殺されて, くの匂, く紀州の加太, く一尺五寸位である, くになれる, く紅玉色の閃光, くったの, く納まるに違, く納めて下さいまし, く純然たる新, くの上, く紙屑籠の中, く紛乱せるに際して, く素より極めて悲むべし, く素人は女郎, く素性を隱, く素気なく寂しさ身, く素直な客観, くすの, くにきらめい, く細く截る, く細く美しい音樂とが, く細心して, く細目に瞼, く細長いのでこれ, く紺絣二三度水へ入ったろう, くに一回, く終了した, く終列車で歸つて來, く終駅にえぐられた, く組んだ相手が, く組織を変更, くを脱し, くを誦む, く経論に渉猟, くひ下げて, く結ばれるという迷信, く結び付け最初各人が, く結上げた束髪が, く結燈台の油坏, く絡み付くのは, く絡んだ雪の, く統一せられおりて, く統計的に扱いえる, くで見た, く絵具の使, く絶対のもの, く絶対的といふ名称, くが搦, く続きカッチヤ松, く続くね, く綺麗にお, くに纂, く総てのもの, く総括的に代表, くりの, く締めて髮形, く締めつけてある, く締め切つて居る, く緩慢な麻痺作用, く練り行く稚児たち, く緻密な質, く縁側に輕, く縁取つてをる, く縁談を言い込みます, く縛つた鰻針の逞しい, く縦横の説, くへる嚢, く縫つた寢卷きを, く縮こまつてゐる, く總帥の, く繁茂して, く繊細な感覚的, く繋がれたような, く織りこんである, く繪卷物のやう, く繰り返しくちの, く繰出してまいる, く繼續するを, くけて行く, く纎弱な優美, くを罰する, く罪悪贖罪呪咀等一般の宗教的信仰, く置かむ, く置き去にし, く罵り騒ぎながらまるで, く罵るに因つて, く羊歯のしげ, く美味い味が, く美味しい処が, く美声で評判, く美女と雲, く美術的なもの, くを離れ, く群れ寄る, く群衆に揉みほぐされ, く義務はありません, く義雄の左, く羽交を凋め, く翁姑の顔色, くくるごと, く翡翠の影, く翳して櫻, く翳ったように, く老人もある, く老女や多く, く老婆心切とはおばさん, く老婦をシャパロン, く考へられると神, く考へれば一方, くれたの, く者徒に第, く者皆傚ひて, く者等よ正義, く耐えたと又, くあもん, く耳長みあつて縁, く耻かしと身, くを感ずる無く, く聖なる宗教を, く聖法なり, くれて, く聞かなければならない, く聞かれたものでした, く聞きわけて私一人, く聞き取ってくれる, く聞き給えこれからが, く聞き辛くはある, く聞けば昇, く聞しめさむ, く聞し召し呵々と, く聞たまえ一人で殺した, く聞取れないことが, く聲あらき氣息また掌, く聲さへ幽, く聲朗かに宣らしめ, く聲高し, くえます, く聴いて見る, く職分を守つて, く聽慧を有した, く肉感的なので, く肉薄せる二人, く肌着や股引, く肝腎なところ, くを開い, く肥えたる手, く肥えた大きな顏, く肥つた眞白い脛, く肥滿つて居ります, く肩張りなんぞ飛ん, く肩相摩しては, く育ち毎年花が, く育った大きな狐猿, く育てるものだって, く肺病と來, く背けてゐ, く背広のほう, く胛肉隆々として勃起, く胸腹廣く溢れいで, く胸頭を緊, く胸騒ぎがし, く能はず劫風も之, く能はず果實の始め, くの染み込んだ, く脅迫的開国城下の盟約開国, く脆く動き易い, く脈打っている, く高く手足, くを踏み鳴した, くを噛みしめ, くの憊, く腕組をし, くを上げた, く腰掛け居れるに, くの底, くが減つて, く腹心の輩, く腹黒き人に, く膃肭獣の中, くを持つ, く臆病な卑怯, くが出る, く臨機応変しまた, く臨終に至る, く自ら支持した清川玄道, く自ら敵を畏, く自ら検束しては, く自ら樹立して, く自他の分, く自分達の生涯, く自宅へ歸, く自家の弱性, く自慢にし, く自暴自棄になっ, く自殺者の群, く自然界に於ける, く自然発生的にやった, く自由に書く, く自由党と進退, く自由黨と進退, く自覚して, く自説からの批判, く自身番や小, く致して居る, くへられた, く興奮して, くい頃, く舌鋒をおさめ, くき碧梧桐, く舞い散って来る, く舞人の沓, く航行する汽艇, くをとつ, くの移り, く船尾は広い, く船首から身体, くの字, く良い唐墨を, くくはるか, く色々の小鳥, く色あいが濃厚, く色づいてい, く色彩も施し, く色艶もよい, くなる舞, く芝居が打てる, く芝居見物して, く芥川に書い, く芥川さんは部屋, く芥川夫婦といつ, く花木多く奧, く花生薑タオルかかぶり, く花粉を落す, くの時代, く苛められ乍らそれが, く若い大きいのだ, く若かった頃, く若し然らず, く若君を御, く若葉となり, く若返り日本一の, く苦いところが, く苦くぷん, く苦みが今にも, く苦勞はねえ, く苦情を鳴さぬ, く英語も話す, く英雄になる, く英雄的な名前, く茂った南天燭の, く茂つてゐる, くに充, く茶化したがるものである, く茶漬を掻き込んだ, く茶畑にそつ, く茶色の中折, くて引出, く草木に於, く荒き情を, く荒らしてあった, く荒れてはいた, く荒れ果てて器具, く荒川放水路のひろ, く莞爾といたし, くの影, く菜っ葉服の一人, く出した麥, く萎びて立枯れ, く萬般のこと, く萬葉の趣味, く付いた牛, く落して突き, く落ちついて, く落ちぬと落ちぬ, く落ちゆく奈智の, く落下したるは, く落椿が路, く落着いた一室, く明である, く著作多しその, く著者の才筆, く葛岡は言訳, く葛木の痩せた, く葬られるのは, く蒲團を剥, く蒸している, く蒸す茱萸の, く黒く何処, く蒼きみなか, く蒼ざめその顔全体, くりやしたな, く蔓草のからみつき, くにある, くひ込んだま, くひ神, く兼房よろけ縞の, く薄き衣に, く薄っぺらなもの, く薄暗い其の襖際, く薄暗き巷に, く薄氷は亀裂, くじて, くに交, くで結, くに成つ, くのこと, く藝術的に組織, く藤枝が云, く藩士をし, く藻屑を浚, くの間, く虎豹蛟竜銅鉄を食う, く虐使ふでねえか, く處人の居ない, く處分する普通, く處平凡なる如くなれども, くなるもの, く虚名を貪り, く虚報を作爲, く虚空に震, く虞美人に別, く蚊帳の感觸, くを咋, く蛇神崇拝の形跡, くのなく, くの聲, くねりところどころ, く蜿つて伸びざまにもと, く蝋燭の灯, く蝮のにほひ, くのむれ, く融合した名将, くし或は, く蟇六を寫せる, くの心, く血嘔を吐く, く血相を変えた, く血管を充実, く衆人を感動, く衆苦を解, く衆議院の意見どおり, く衆軍祈るま, く行かないですごすご, く行かなかった当の責任者, く行かなかつたのだ, く行かなかつたら君通訳し, く行かなくとも明日寝起き, く行かなければそれだけ, く行かぬ筈は, く行かねえんです, く行かれる処とは, く行きましたか, く行きますが目, く行きませんよ, く行き渡ったものか, く行き渡り或る, く行くだろうか, く行くでしょうか, く行ぐんでなかったら都会さ稼ぎに出れ, く行つて來たね, く行つて扨て片岡, く行ろうとはせず, く行交ふ旅客, く行届いたは有, く行悩んだ私の, く行方知ずに, く行渡っている, くして, くもあるだらう, く街上に閃き, くった, く衝きて入り, く衝突する, く表して居る, く表情を追っ, く表面は頗る, く衰弱して, くへ投, くも短く, く袖口も糊, く袖輝き風薫つて緑の中, くぎて, くに羽織, く裂いた絖を, く装束して, く裏山の尾根, く裏木戸からヒョッコリ児供, く裕衣を重ねし, く補導の事, く製造出來るもの, く裾一杯に着, く褐色の空, く褒美なんどと, く襲つて裾頭をど, く襲はんか, く襲撃相手に心得, く西国の雄, く西域画や正, く西日かな, く西欧文人の生涯, く西洋の話, く要するに一個の, く要心の良い, く要求された, く要点だけをかい摘ん, く見えないんです, く見えぬが帽子, く見えましたので早速, く見えますんで, く見え其身も高く, く見かけは立派, く見し所に, く見すぎようとする, く見ずて今日, く見せようとする, く見たいと思ふ, く見たがるたちです, く見たら台屋が, く見たるは彼, く見つめてゐた, く見つめられない寝起きの, く見て取る事が, く見ねえ誰のだ, く見ますと大, く見ゆ富士筑波はいふも更, く見ようとして眼, く見られる典型的な, く見ろ違うて居るだろう, く見受けられるがそういう, く見廻して居た, く見据えて言い切る, く見掛けるという噂, く見易い農村の, く見晴らしのい, く見渡し得る氏の, く見玉え必ら, く見直し二本の指先, く見聞の範囲, く見覚えて置きたい, く見迎へて一ツ莞爾, く見返り見返りした, く見過ぎる弊が, く規模が小さく, く覓むらん色, く視察しました, く視線を動かし, くゆるなり, く覚えないが何, く覚えません印刷所も, く覚し召さば一層, く親しみをおぼえ, く親まれた, く親仁の松藏, く親分の錢形平次, くて置きたい, く観ることは, く観念に終始, くえず膝, く解き戻しあるいは旨く, く解き開き得ば厚く, く解けてしま, く解せばいざ, く解った人だ, く解らんのですもの, く解りますまいけれど, く解りませんのでした, く解釈できるもの, く言いつけている, く言い張ったけれども何より, く言い訳するから, く言えば人間界, く言ってらあと, く言ってるぜ, く言つた語です智者, く言つてあとは知らん, く言つてらあと, く言つて清子は漸く, く言はず切籠燈籠の如き, く言ふし那奴は何, く言ふところも言, く言葉短かに願います, く言語の尽くし得る, くだと, く計りなる積り, く計画した, く計算した上, く訊いて見ない, く訊きやあがらない, く訊くのを, く討ち取って岐阜, く討つと云った, く訓誡して, くえて決して背く, く記してある, く記事の文, く記者の言う, く記臆力が強く, く記述して, くはれては, く訪ねたのだ, くりだ最早, く証言する所, く評価して, く評判ですよ, くみすて, く詠じ能く, く試驗の結果, く話しこんでいる, く話したのを, く話したら好いじゃ, く誇張して, く認むるところ法政経済等の諸, く認めて居る, く認められている, く認可せぬので, く認容せられなかった, く誓いをお, く誘き出して何で, く語つてゐる恋人同士, く語らいながら艶, く語りますが如何, く語り合つたので, く語原たるべき乎, く誠実をし, く誠實をし, く誤魔化していたでしょう, く誤魔化したじゃない, く誤魔化し得たと思った, く説き込んで, く説得して, く説諭をした, く読まないやうに, く読まれたなどは無意味, く読み且つ理解, く読書清閑を楽しんだ, く読者が知っ, く誰方もお変り, く課長殿に事える, く調べた上でない, く調べたら全國, く調べねえで無闇に, く調度は多い, く調法ですよ, く調練が始まったらしい, く談ずれば其の, く請合って呉れた, く諍訟あらん, くとして居る, く論ぜずして宇宙, く論文で満たされ, く論議したこと, く諫めたり, く諭してしまう, く謀略にも遇う, く謁見を許される, く謂ツて, く謙遜する, く講じ能く, く講義を聞き, くした, く謡曲を謳, く警察のサイレン, く警笛を鳴らし, くふれば, くり給わんと, く議らんと, く議論を吹, く譲歩する, く讀まぬで彼是れ, く讀みたり其談話, く讀めば恰も, く讀者を中年, く變つて居りますが, く變化の中, くり易, く谷中村買收問題は四十八萬圓, く谷峡山のひだ, く踊る今宵, く豆大福豌豆の入った, く豊かに見える, く豊前ではツマグロ, くかに其首, く豐富にし, くを捲き殺す, く豪華な買物, くの出る, く貔貅たり, く貝塚を發掘, く貝層も深い, く惜の, く負かすも斯く, く財福艶福が一時, く貧弱な結論, く貧弱化した, く貫一は言出づれば, く責任問題なん, く貯めた積りだ, く貴下を樂, く貴公子と仕, く貴公様より詫, く貴婦人は再び, く貴島の所, く貴族より平民, く貴様等は落ち, く買い中には, く買いものに出かけた, く買おうとしてまず, く買ったか貰った, く買ひたい其顧問に成つて, く買收に應, く買物をした, く資源も貧弱, くはつぎ, く賑やかな渦, く賑わしくさて再び, く賛成である, く賞め立てて, く賢いのは, く賢くふれて, くつて皆屋敷の, くしい者, くであったから, く質素な見つき, く質素なみなり羽織, く贈り下された名禽, く贔屓目に見, く赤きこころを, く赤く殘り, く赤しはひり来, く赤面しながら, く赭丹は馬腹中, く赭色の地肌, く走らしむべし, く走り能く飛ぶ, く上りましたが, く起きると直ぐ, く起こつた宗旨の, く起して進ん, く起ちて来れる, く起りて窓, く起出で, く起臥しに, く越前が職, く趣向にした, く趣味上の興, く足元に至り, く足踏みして, く跛足を引き, く路地床の開業, くりあがる心, く跳びかかる其樣見せ, く跳ぶか競べ, く踏むべき波と, く踏んで四十五文, く踏立つる足音なりき, くに障った, く蹲むで後にま, く蹲んで干菜でも, くかへす, く躁狂家の夢, く躍れば面影, く身なりなどには無頓着, く身体や心, く身内は熱し, く身心がみだれ, く身體も弱く, く躬ら事物の実際, く車輪と鐵槌, く車馬老若の絡繹, く軍法会議にかけられ, く軍隊の人員, くの低い, く軒輊すべからざるもの, くい頂上, く軟かに止, く軟かく浮き出した, く軟らかなもの, く軟弱なる木造, く転ぜず直ちに羊, く転び出でたり, く転んで行った, く軽きがよき, く軽口を言, く軽症の肺病患者, くい氣持, く輕いものな, く輝いた大空の, く輝く瑠璃色の, く輝けるを彼, くのよう, く輪飾の大, く輸入超過が減じ, く輿の蓋, く輿入れした妻, くじました, くを出さず, く辞安様御西遊, く辨当行李に御飯, くみて, くけなく, く農漁の生活, くに板留, く辺境な九州, く辺鄙な山村, く辻番所立てる坂, く迄の其二人の, くく途切れないよう, く近きを以てこれ, く近く顔を寄せ, く近しい木下君を, く近代のこと, く近代劇としても在, く近代的のもの, く近所の始終出入り, く近親な者, く近頃茶杓や袱紗いじり, く返し給はね, く返事をし, く返辞せんと, く迫って来べきでない, く迫つてゐること, く述べて尽した, く述べる必要は, くひわが, く迷惑そうで脅かされた野兎, く迸り出でてそれ, く追い走ると言った, く追い迫るスキャンダルの, く追って来た, く追廻し手嚴しく, く追放せられる, く追窮したので, く追跡したと, く追随補捉し得べきもの, く退屈なの, く送ろうとか好, く逃げて平次, く逃避せむ, く逆らって参る, く逆上したところ, く逍遙子が上, く透きとほる, く透きとおるように, く透るそれは, く透明な解析, く途中富田で青海苔, く途中是は名聞, く途中結び目を六つ, く途中老婆または熟兎, く途中虎に食われ, く途惑つた, く途端に強く, くひ纒, く這入り込んだものです, く通ぜる人, く通って片, く通らめや七日, く通りどこの何, く通り急には動かない, く通り自分と同じ, く通り迅速に働ら, く通俗な言葉, く通常一とほり, く通稱に從, く逞しげなる, く逞しく激しい火の, く逞ましげなる男, くかに入院, く速く泡が, く速力を出し, く造られたものであっ, く造りやがった, く造りまして其縁, く造り飾りたる窖, く造花したもの, く造花屋の主婦, くべ放ち, く連なつてゐた, く連れて来られた, く連山の姿, く連添っていた, く進みいづ我は, く進みしかれの家族, く進む瀬は, く進んだが中学校, く進行するよう, く遂ぐる人々は我が, く遂やる気になりました, く遅い代りに, く遊ばしてくださる, く遊んだネ, く運ぶに違い, く運んだがこの, く運命はついに, く運営されて, く運河をすべる, く過すことが, く過半は医師, くもなく, く道具がある, く道灌山の草, く達しても作家, く達者であった妻, く違って来た, く違つた香水を用, く違例であろう, く違勅の逆臣, くかに見え, く遠い遠い所から, く遠く照す方に向けなけれ, く遠賀はオガミ, くて来た, く遣た能く, く遣りおるの, くする所, く適度の弾力, く適當の學識經驗, く選つた藁を其處此處, く選べば核, く遺物や傳説, く避けて言, く避けるように, く避難民のため, く還るやうに, くにあ, く邑里の間, く邦人の描いた, く邦子を突き放す, く邪推した心, く邸門の守, く部下のやう, く部分が後世, く部落の散在, く郭公のなき, く郵便脚夫が走込む, く郵税一切払って, く都會の夏, く配布されたばかり, く配置されたれば, く酔いを尽すべし, く酔って来まし, くなるを, く醉つた揚句に飛ん, く醫學社會に知れ渡, く醫者から宣告, くること, く釈迦仏を呼び寄せる, くに用, く里恵の小野氏, く重い地上の, く重任を承け, く重心をとる, く重要な必要, くのはて, く野らから歸, く野蛮な時代, く野鴨の夏鴨, くは抜地, く金二円五十銭ぐらいのもの, く金屬を以て構成, く金廻りはかなりよろしく, く金瓢の馬簾, く金盞花二三りん, く金網をはらせました, く金肥をつかわない, くの音, く釜無川に日, くのやう, く釣ったな, く釣り合を保てる, く釣合って影, く釣合つてゐた, く釣堀へ往つた, く釧路丸の, く鈍びては見ゆれ, く鉄塔は見, く鉄石の心, く銀色の装飾, く銃口を包ん, く鋭き解析と, く錆びて居やす, く錆びついてゐる, く錢形の平次, く錢形平次にも豫想外, く錢持つてけつかつて此處さ, くして, く鎌倉の落人, く鎌倉的な岩山, く鎖したばかりでなく, くの音, く鐵塔は見, く鐵格子を嵌められ, く鐵槌の音, く鐵檻車の一端, く鐵關下り逃る, くを振つた, く鑑定して, く鑛毒の事, く煙管にて, く長かれと祈っ, く長安の才俊, く長山短山天, く長崎明倫堂の丁卯春, く長持ちのする, く長煙管を取り上げ, く長生をしよう, く長者すなわち妙光, く長育したもの, く長髯は胸, くを閉じた, く門外黒しと, く閉じられていた, く閉ぢて燃, く閉づ時にあるいは, く閉めきって留守, く開きて殘, く開き乍く閉づ, く開らけた野づらを, く開ツ放して, く閑静な室, く間もなく床は, く間もなくバラバラと石塊混, く間口を擴げ, く間甞つてわれらの生, く間際に彼, く関五郎の藤陰, く関羽の横顔, くき簡易明白, く闊歩して, く闊達自在にふるまっ, く闘い終せたもの, く防がんよりは能, く防ぐ所に, く防備も亦, く防衛の任務, く阿部次郎氏の言う如く, く附き纏って何とか, く附近の山, くつて通る, く降って来る, く降りそそいで来た, く降りそそぐ箱根街道を, く降り立ち何んの, く降るので手前達, く降参しろ, く限りいつまでもと, く限りこの世の留まる, く限りそこに悠々, く限り安らかになだらか, く限り引続いて, く限り擬人性は認識, く限り早足に歩いた, く限り此貧苦此不幸此迫害と健鬪, く限り罪も時間性, く限り青みを帶びた水, く限り風に搖, く限定するに, く滅, く陥ちた功績は, く陪審員の心, く陰性になり, くじて, く陸奥伯の出処進退, く陸奧伯の出處進退, くはかげろう, く陽光を受け, く陽気な性質, く陽道を萎, く隆福寺で換えた, く隆隆たるべし, く階子を下, くって考現学, く随つて立憲政友会に入る, く随分要心堅固に, くつとも, く隙間を洩れ, く形し, く隠居の肱, く隠忍自重して, くの主人, く隨つて立憲政友會に入る, く隨分要心堅固に被, くしい傾斜, くの類, く雁首が川, く雄勁な筆致, く雄蛇の足, く集つてしまつて, く雑多の事, く雑木林の丘, く雑歌の断章, く雑誌で拝見, く雛鳥を親切, く離れて, く離れまいとする, く離家は數寄, く離縁が出た, くを遁, く難きを忍ん, く難儀もか, く難波の浦, く雨漏りの音, く雨紫なり, く雨音に旅愁, く雪代の, く雲霧がかかつて, く零れて片側, く零砕なもの, く零碎なもの, くを吐き, くはピカリ, く電光のごとき, く電小僧の情婦, く電柱列に, く電気を感じ, く電話がかけられる, く電話口で大きな, く震えながら息, く震り搖ぐ, く震動しは, くあり, く霜柱の宮, く霞み例えようも, くせる膝頭, く露地の間, く露見して, く霹靂一声これで法, く霹靂神祭は其破壊的作用, く簾を, く青城子君はとりつき, く青山街道から十四五歩, く青年投書家の投書, く青海波をぞ舞, く靖光の新刀, く静まりかへつ, く静まり返っていた, く静観的な気分, く靜夫はわな, く非常にぴったり, く非常報知のサイレン, く面体を見ろ, く面倒を見ます, く面喰ツた髓, く面白いが拝見, く面白味は有る, く革命の気運, くは白銀, くを鳴らした, く音信もしない, く音夜毎襖に響く, く音繭を食, く音美景ものとして足らず, く響いて凡て, く響いたので, く響きたる, く頂きを見せました, く頃刻の花, く頃東京高工山岳部の学生二人案内一人, く頑丈な綱, く頓智を出す, く頗る味覺を, くをし, くに触れた, く頬嚢に盗品, く頬桁をブチ, く頭巾をかぶっ, く頭痛がする, く頭面は一面, く頷いて先生, く頷きて去りぬ, く頷くのみなりき, くをすこし, く頸元をてらす, く頼み込むので, く頼み込んで以来, く頼めば親方, くれ歎, くに振りかかっ, くをはひま, く顏立も立派, く顏見知りの八五郎, く顕揚し且つ, くひます, く願え度え, くは何れ, く類似したもの, く顧みずとせん, くえて, くはとなり得る, く風さへ死ん, く風冷やかなるに, く風当りが強く, く風情灯の影, く風景秀絶にし, く風波に堪へる, く風流公子もあった, く風習のある, く風習宗教及び神話, く風雨を致し, く颯と通る処女風, く飄々と, く連れて, く飛び出せば敵, く飛び退いてけろつ, く飛んでまた, く飜つて引けば, く飜弄せられ脊中, く食べますね, く食事をした, く食卓の光景, くった門, く飯事をし, く飲み慣れた飲料である, く飲み終って後, くるる老, く飾りには赤い, く飾りたる室に深刻, く餌料を求め, く餘韻が出, く首尾して, く首筋を掻く, く首計の者, く馬の脚にまかせ, く馬病を避, く馬面を貼りつけ, く馬鹿にされた, く馭者は最初, くする如, く馳走になつ, く馴れては居らぬ, く馴れ親しんで居ました, くのなか, く駒下駄の音, く駒之助は貞之進たる, くい流れ, く駛流を渡り, く立つ風雲, く騒ぎ立てた遂に, く験めます, く騰躍し巌を, くけいづる, く驚いて度, く驚きながらも深々, く骨格逞しき老年, く骨肉の親, くを温めた, く體術武術の心得, く高く晴れ晴れと, く高低と年代, く高名な小説家, く高地性の半, く高峰が手, く高慢陶醉の氣分, く高潮の, く高級神話の原始, く濃かに, くの根, く鬼神を使役, く魅了し去つて, く魅惑的に偲ばれ, く魘さるれど, く鮓答を尊ぶ, く鮮やかなるうち, くの如き, くに落ち着く, くの匂, く鱈三百三もんに買う, くもうた, く鳥語を暁, く鳴く蝉の, く鳴らしながら火鉢, く鳴りそれからすぐ, く鳴り渡ったが間もなく, く鳴る手を, く鴎外が就任, く鴿のごとく, くのよう, くいさぎよし西北, く鷹揚な見た眼, くの思ひ, く鹿を呑む, く麥藁の上, く麥酒の明罎, く麦藁を焚き始めた, く麻井幸之進の顏色, く黄熟し烈臭を帯び, く黄色な粘土, く黄金で奇麗, くのフロック, く黒い郊外の, く黒き洞穴の, く黒ずんで来た, く黒味勝の眼, く黒松は白っぽい, く黒紋付の対, く黒裝束の五, く默つてゐる, く默つてくつついて, く默禮して, く默頭いて, く黙殺されて, くされた時卯平, く黨弊刷新の目的, くを扛ぐ, く龍子に当てつけた, く龍興暗愚なりと