青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぎ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

きめ~ きょう~ ~きり きり~ きれ~ ~きれい きれい~ きれない~ ~きわめて きわめて~
ぎ~
~く く~ ~くし くし~ ~くせ くせ~ ~ください くつ~ くみ~ くも~

「ぎ~」 1951, 21ppm, 5455位

▼ ぎ~ (365, 18.7%)

13 中へ 12 中で 10 後で 9 中に, 眞つ 8 中にも 6 最中に 5 中から, 聲, 鳴く 4 前に, 寮, 枝を, 音が 3 命と, 寮という, 寮の, 時も, 時何處に, 水を, 為の

2 [29件] ことだ, ために, やうに, 中でも, 乾干, 事に, 今朝鳴く聞け, 儀式の, 処を, 叙事詩の, 噂である, 地域を, 奉仕に, 始まる前, 寮で, 山を, 方式には, 時に, 時は, 毛の, 水の, 水門を, 習慣の, 聖水の, 聲が, 苗, 衆, 際に, 響み

1 [188件] あるまで, あるシャツ, ある時, ある時驅, お蔭で, ことです, ための, ときかも, ほうまで, ように, ジャンパー姿です, ポケットに, 一行静静, 上に, 中を, 中心地は, 中萠え始めた, 丸ぐけ, 事を, 事始めを, 交尾の, 介添へ, 伊太利の, 作法から, 使い方で, 傍につつ, 儀式を, 光景が, 八尋桙ね, 冠を, 出来る組合, 刃を, 刃渡りは, 初まつ, 利益に, 前御新造, 助けを, 助手である, 半刻, 原因な, 原因に, 呪言に, 命が, 命は, 命天降りの, 啼く, 土を, 坩堝に, 外線で, 夜すがら鳴か, 太刀, 奴か, 好きな, 如くで, 如く洩れ聞え, 始まるまで, 子あぶら, 定用地, 容易に, 寮なら, 寮に, 寿詞は, 尊の, 巣の, 形を, 後だ, 後では, 後まで, 後前から, 御世話, 忍びのみゆきけふありしとぞ, 怖ろ, 怪賊と, 恋, 恋かまきりの, 恋だ, 恋人の, 惠三郎が, 意義を, 手附, 振り事即, 放射線である, 斎水, 方を, 日光が, 時お, 時お前は, 時で, 時所在の, 時番頭の, 時裏から, 時駈けつけた, 暴風雨, 最つ, 最中, 最中そつと, 最中だ, 最中で, 最中にも, 服を, 木の, 束を, 枯葉を, 根本觀念である, 森厳な, 植込みの, 様子一ツで, 歌の, 歌垣なども, 正客が, 正客に, 水であり, 汗くさい, 渦は, 渦へ, 渦を, 滝の, 瀬と, 瀬にか, 為である, 熄ま, 物語だ, 球根を, 由来を, 発動機だ, 白い花, 皮衣を, 直ぐ後から, 直ぐ後で, 矛を, 神でも, 神と, 神という, 神の, 神宝が, 稀の, 空に, 第一幕, 第二, 答える声, 翌日鍵は, 舞いを, 花は, 芽をも, 若い男, 葉, 葉の, 薬味, 虫癪の, 衆上下十八人三月廿一日より, 行いを, 行はれた, 行われたところ, 行事で, 行事に, 裏には, 覺束なかるべき, 訓あり, 詞には, 話を, 起つた時, 起りは, 起るまで, 逆茂木下, 進みに, 道, 道ただ一つこを, 間々に, 霞が, 音, 音する, 音である, 音は, 音も, 音を, 飛んで, 飛沫に, 養子は, 養子を, 髄, 髓, 鳴くこと, 鳴く夜, 鳴く音, 鳴けるひと夜, 鳴り軍勢, 黄金の, 黝朱いろです

▼ ぎ~ (218, 11.2%)

10 聽い 8 した 7 聞いて, 見て 6 して 3 しました, しましたが, する, 聞付けて

2 [13件] させて, しない, しながら, すると, するの, 他所に, 助ける神女, 大きくし, 大きくする, 御存じです, 経れば, 聞きつけて, 行ふ

1 [142件] いたします, お前は, からだに, きりきり突きとおされた, させる筈, したが, したこと, したので, した男の子, した白衣, しますが, し自分, すくって, するから, するだらう, するという, するのに, するもの, する日, する是, する時, する村人, その角, とり殺して, もって, やりました, 与える, 与えるの, 中心と, 作って, 使うたの, 儀礼の, 冷然と, 初める樵夫, 勧める者, 取らうと, 受けた人達, 叩いた, 司る事, 含んで, 告げて, 呑むより, 商売に, 売っとばし, 売りに, 始めたの, 始める, 始めること, 定めねば, 小さく刻ん, 展開し, 山の, 帯びて, 年中やつ, 引起した, 待たして, 待つと, 後ろに, 忘れて, 思ひ出したので, 想わせるよう, 想像し, 感じた, 感じて, 感じながら, 感じるの, 感じ矢代, 扼するほか, 抑へ, 抜いては, 持つてかへ, 捕へようと, 授ける木, 教えたもの, 教へ, 新米記者の, 松田から, 止めないで, 演じること, 演ぜられたなど, 焼く香, 申し入れる, 當てた, 知つてる, 知つてゐる, 知つて居るだらう, 知つて心を, 知らないと, 知らない筈, 知らなかつたところ, 知らなかつたの, 知らなかつたん, 聞きつ, 聞き星, 聞き附けたもの, 聞くでも, 聞くと, 聞く樣, 聞付けたらしい番頭, 聞傳へ, 聴いて, 胸に, 與へる, 行う時, 行つた, 要件と, 見せたの, 見せつけられて, 見せて, 見せながら, 見ると, 見付けたの, 見通して, 覗いて, 覚えるであらう, 覚えるであろう, 言は, 言わねば, 診察台から, 調べたいその, 買って, 起さうとは, 起させる目論見, 起されたら營業妨害, 起したの, 起した内儀, 起した南部, 起した娘, 起した座敷, 起した石見銀山鼠, 起しても, 起し當事者, 起すかも, 起すの, 起す其先, 越えて, 遠音に, 遣らかした議員, 錢形平次の, 露顧みざる, 面白さうに, 食うの

▼ ぎ~ (139, 7.1%)

10 なりました 6 紛れて, 驚いて 4 なりましたが, 氣が, 関聯した 2 なった, なります, みぬま, 大方の, 深い因縁, 眼を, 該当する, 関係なく

1 [89件] おなじ血筋, すること, なられましたが, なりあつし, なり一應手當, なり係り合, なり兎, なり八五郎, なり父, なり私, ひっかけて, ぽた, みみずの, やれこの, 与つたもの, 丸橋忠彌, 乗じて, 伴ふ, 似たると, 使うという, 先だってよ, 先だつて, 入らずに, 出かけた, 出るの, 出會つて, 別れを, 勝負を, 参拝し, 取紛れて, 夢とや, 夢を, 奉仕する, 寄つて來ました, 小次郎へ, 成つてから, 成りはじめたの, 手足の, 招いた正客, 持ち出した軒, 持つて, 暮れて, 月を, 来る正客, 来る鬼, 構はずやる, 歩みは, 気がつくと, 氣の, 氣も, 海鼠が, 火付けの, 照りそ, 煮えくり返つて, 煮えこぼれるやう, 用いた植物, 由来する, 直したいという, 眞に, 私の, 立ち合つた私, 紛れたか, 絡む恋, 義雄が, 胚胎した, 脅えたやう, 膽を, 臨まれた際, 花咲かず, 行く, 行つて蛇体と, 襤褸つ, 變りました, 赤いズボン, 輪を, 轉倒し, 近所で, 過ぎないが, 遠ざかり, 適した地, 遲れた, 釣り込まれようと, 關係した, 關係せる, 電氣の, 顛倒し, 驅付け, 驚きつ, 鳴かれてばかり

▼ ぎ~ (118, 6.0%)

6 始まつたの, 始まりました 5 鳴く 3 始まると, 鳴いて 2 ありました, あると, チル, 出ると, 始まつた, 始まつたと, 始まつた樣子, 始まつて, 起つたの

1 [77件] ありますが, あるでしょう, ある度, きこえない筈, し始めた, する, ゐましたので, 一層喧しく, 一段落に, 一段落にな, 一段落濟むまで, 伝わって, 内側に, 出来るはず, 単衣, 嘲笑し, 大きい, 大きいから, 大きい腹, 大袈裟だ, 大袈裟だつた, 大變, 始まつたので, 始まつたらう, 始まつたらしく, 始まつたんで, 始まつた時, 始まつた證據, 始まりそれ, 始まりましたが, 始まるまで, 始まるまでの, 始まる一刻, 始まる迄, 悪いぞ, 悪いのねえ, 悲しそう, 持ちあがらうて, 持ち上がって, 持上がり, 明神下の, 来ましてね, 来るだらうと, 次第に繁く, 止まなかつた, 止んだと, 止んだの, 此處へ, 残って, 濟んで, 無ければ, 片付かなかつたので, 痛み出し長く, 癪に, 盛んに, 絶えて, 續く, 耳に, 聞えて, 聞える, 蘇生る, 行はれたでありませう, 起って, 起つたと, 起つて, 起らずに, 起りかけたけれど, 起りました, 身に, 鎭つた, 鎭ま, 鎭まる, 靜まれば, 餘り, 鰌を, 鳴き, 鳴きはじめる

▼ ぎ~ (86, 4.4%)

5 大變 3 お前も, 一瞬に 2 これが, 出雲風土記の, 時雨るる

1 [69件] ころころと, しない, すこしあ, すべてこの, ずっと少く, それつ, それは, どこで, はなれて, ぼと, 一刻も, 一瞬でを, 一瞬の, 丁度節分, 三輪の, 亀とち, 今でも, 今ゐる, 何といふ, 何んだ, 何時かは, 光り影冴, 全く上, 其座限り夜中に, 冷えた石, 北の, 叙事詩の, 夢にも, 大きい, 大した事, 妾を, 家でも, 容易の, 少しあかり, 少しも, 平次も, 年代記にも, 床の, 彈みや過ちで, 彼奴が, 惡く, 断え, 昨夜の, 昨秋來の, 最も大衆的歌手, 最初から, 月が, 柔か, 止んで, 求め得られなかつた, 益々身体, 相川の, 答へ, 粟畑よりか, 緊と, 聽え, 聽かな, 腹が, 苟も餌, 通り過ぎた, 道教化し, 道端と, 重つ, 野牛に, 銷けて, 鎮魂の, 際限も, 颶風の, 騷ぎであつた半

▼ ぎ~ (34, 1.7%)

4 知らぬ顏 2 しない, 見せず, 鳴く

1 [24件] しないの, しない土瓶, しない土臺, しない彼女等, しない蝋人形, しなかった, ピタリと, 今夜一パイで, 今日の, 何かの, 咎めなければ, 啼いて, 困つたもの, 寂然として, 明日といふ, 止んで, 沈んで, 知らん顏, 知ら無いですん, 聞かなかつたの, 聞こえない, 見えない, 輿の, 鳴かぬ

▼ ぎ出した~ (23, 1.2%)

3 のは

1 [20件] か, が何しろ, ね, のか, のでない, ので半, ので盃, ので膽, ので重厚, ので驚きました, のも, ような, んじゃ, 主人の, 抔といふ, 時は, 純粋江戸ッ子粘り気なし, 純粋江戸ッ子粘り気無し一で無けれ, 聲に, 駕籠舁が

▼ ぎ出す~ (16, 0.8%)

2 不潔物を, 坊主は

1 [12件] ところを, と事態, と却, と間もなく, に用, のです, のでそこで, のは, やうな, 万燈の, 樣に, 胸に

▼ ぎ込ん~ (15, 0.8%)

2 でいる

1 [13件] でしまった, では四辺, でばかりいた, でゐた, で一生懸命手當, で主, で了, で來, で半日位, で来た, で考へ, で臺, で行つたの

▼ ぎ出し~ (13, 0.7%)

2 て打ちつ打たれつ

1 [11件] あわてて, たさうですよ, て來, て大, て居る, て手, て町役人, て秋, て騒い, 不忍, 暗に紛れ

▼ ぎ~ (12, 0.6%)

3 の間者牢 1 から帰られ, にいる, の奥, の洞窟, の目付役, の頂, の麓口, へ行き着こう, を見廻る

▼ ぎから~ (11, 0.6%)

2 出たもの 1 五六日經つてから, 八十年以後の, 出た祭り, 出て, 始めろ, 引續い, 泊つて居る, 立ちもどったところ, 自分の

▼ ぎ~ (11, 0.6%)

2 いと音 1 い, いと緩い, いと開く, っこん, っこんじゃ, っと舵, とレコード, と開く, んぎん

▼ ぎ~ (11, 0.6%)

2 て燈火, で 1 さした, そうという, て乘, て石, て見, でつとも, でな

▼ ぎ取る~ (10, 0.5%)

6 ように 1 と先生, やうに, 仕方に, 利益も

▼ ぎ~ (10, 0.5%)

2 が不愉快, は 1 だ, だらう何故, です, では疲れる, で子供, には年齡

▼ ぎその~ (9, 0.5%)

1 せせらぎに, ために, 下に, 中間に, 声が, 思ひを, 養成を, 騷ぎをかきわけて入る, 鱗甲より

▼ ぎ~ (9, 0.5%)

1 出来た蒲団, 大變, 寝すごして, 寫して, 燃やした, 狩り出したもの, 疲れた樣子, 立てた風呂, 走り込み侯

▼ ぎ取られ~ (9, 0.5%)

1 いのちは, て, てし, てしまい, てしまった, て内地, て行く, て行った, て遂に

▼ ぎ立つ~ (9, 0.5%)

1 がどう, て乞食, て彼女, に至り, のを, を見, 感情の, 沢の, 番衆を

▼ ぎ込んだ~ (9, 0.5%)

1 お關, からね, ものだった, ものです, 一と, 台所の, 時白衣の, 暗い顏, 次の間を

▼ ぎでした~ (8, 0.4%)

41 がどうにか, が兎, よ何しろ, よ親分

▼ ぎ取っ~ (8, 0.4%)

1 てお, て人, て吉次, て奴隷境涯, て来, て芝笛, て詮議, て首

▼ ぎです~ (7, 0.4%)

21 から別, がわけても, が薄暗く, が誰, が錢形

▼ ぎ~ (7, 0.4%)

52 の穢れ

▼ ぎ取った~ (7, 0.4%)

1 ところの, のだろう, のである, のは, 匕首を, 母親の, 真に咄嗟

▼ ぎ~ (6, 0.3%)

2 ている 1 くり呆気, てどこ, て夕, と駕

▼ ぎ~ (6, 0.3%)

1 であ, とも謂っ, に方式, の一種, ふ, を誦せ

▼ ぎ立て~ (6, 0.3%)

1 てし, ながらやっ, ながら教室, の玉蜀黍, 獅, 繰返し

▼ ぎ上げ~ (5, 0.3%)

1 て日, て雪, ながら低い, 次の間へ, 頓て

▼ ぎ上げた~ (5, 0.3%)

1 ことが, と思う, と聞いた, まま梯子段を, ようです

▼ ぎ上げられ~ (5, 0.3%)

1 てゆらりゆらりと, てゐる, ながら酒, 左右に, 手も

▼ ぎ出された~ (5, 0.3%)

1 よ, 一人ないし, 何処か, 時趾には, 迄は覚え

▼ ぎ取られた~ (5, 0.3%)

1 ように, 伊丹一城だけの, 将来の, 男の, 芳太郎が

▼ ぎ~ (5, 0.3%)

1 から一服一銭, などがすぐ, なの, の手, はかくれつ

▼ ぎ~ (5, 0.3%)

1 でございますが, でもない, と見える, に泊っ, の婆

▼ ぎ放し~ (5, 0.3%)

1 て去っ, て吉野太夫, て彼, て来た, にし

▼ ぎ立てる~ (5, 0.3%)

1 と云, と吉兵衛, と鳶七, のは, わけだ

▼ ぎ~ (5, 0.3%)

2 の空 1 にあたたかく, にしろく, の麥畑

▼ ぎ蓄め~ (5, 0.3%)

3 た藕絲 2 た藕糸

▼ ぎ込まれ~ (5, 0.3%)

1 お園, て投, て門内, て院長, て鳥居

▼ ぎ込まれた~ (5, 0.3%)

1 のでした, のです, のは, 一丁の, 時は

▼ ぎ込む~ (5, 0.3%)

2 時に 1 のが, 中折れ, 譯に

▼ ぎ~ (4, 0.2%)

1 けどみんな, と思っ, と言わなけれ, よ

▼ ぎ~ (4, 0.2%)

1 同じく飼, 同じやう, 平家一門の, 鍔ぜ

▼ ぎなど~ (4, 0.2%)

1 でよく, 古風な, 致し候所, 言ふ

▼ ぎ~ (4, 0.2%)

1 ではまったく, はリコシア, は予備, は支那海

▼ ぎ~ (4, 0.2%)

1 であつ, なる青山, の幣束, の木

▼ ぎ出され~ (4, 0.2%)

1 すぐに, てお, てびつくり, て時に

▼ ぎ取り~ (4, 0.2%)

1 これを, 突き落とした, 羽翼を, 薄暗い台所

▼ ぎ~ (4, 0.2%)

1 のあかり, の槻板, の燈火, の黄金

▼ ぎ洗濯~ (4, 0.2%)

1 までいたします, やお菜, をし, 迄一人

▼ ぎという~ (3, 0.2%)

1 小鳥よ, 文字剣の, 言葉の

▼ ぎまた~ (3, 0.2%)

1 両手に, 暮る, 自分へ

▼ ぎ入れた~ (3, 0.2%)

1 これも, 三千兩の, 黒奴らは

▼ ぎ切つて~ (3, 0.2%)

1 暮した, 騒いで, 騒ぎながら

▼ ぎ別れ~ (3, 0.2%)

1 なむ, なむ家, を惜しん

▼ ぎ取られる~ (3, 0.2%)

1 と今, 思いだった, 時が

▼ ぎ取ろう~ (3, 0.2%)

1 とした, として彼女, としました

▼ ぎ合っ~ (3, 0.2%)

1 たり囁い, ていました, てはどちら

▼ ぎ合わせ~ (3, 0.2%)

1 てこの, て成つた, て成立

▼ ぎ始めた~ (3, 0.2%)

1 と思, んだ, 頃

▼ ぎ廻る~ (3, 0.2%)

1 ので地面, 程の, 金切聲が

▼ ぎ~ (3, 0.2%)

2 は芝居 1 の梅

▼ ぎ~ (3, 0.2%)

1 たり, て喚び上げ, べかりき

▼ ぎ澄ました~ (3, 0.2%)

1 ものらしく, ナイフを, 思想によ

▼ ぎ~ (3, 0.2%)

1 が確, といふもの, に當つて

▼ ぎ~ (3, 0.2%)

1 にふだん, に灌ぎ, の三つ

▼ ぎ~ (3, 0.2%)

1 へたまひき, へに奉仕, へばかりを掌つて

▼ ぎ立てた~ (3, 0.2%)

1 ので家中, わけぢや, 問題は

▼ ぎ~ (3, 0.2%)

1 さえ受け, のさ, を採り

▼ ぎ込み~ (3, 0.2%)

1 そこで檢屍, ながらなす, 遠くから

▼ ぎ離し~ (3, 0.2%)

1 てのぞき込んだ, て女, 肩を

▼ ぎあまり~ (2, 0.1%)

2 の奮闘

▼ ぎえッ~ (2, 0.1%)

1 ぎえッ, ぎえッと

▼ ぎに関して~ (2, 0.1%)

2 発生した

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 俺が, 漕ぎ出

▼ ぎまで~ (2, 0.1%)

1 突っこんだまま, 起しては

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 て四十人, て解剖室

▼ ぎリス~ (2, 0.1%)

1 に, のみに

▼ ぎ上げられた~ (2, 0.1%)

1 が何となく, が爲め

▼ ぎ下した~ (2, 0.1%)

1 古風と, 場所で

▼ ぎ乍ら~ (2, 0.1%)

1 この長物語, 流れる螢

▼ ぎ人民~ (2, 0.1%)

1 が榮, 富み榮

▼ ぎ人通り~ (2, 0.1%)

2 は密

▼ ぎ伏せ~ (2, 0.1%)

1 ているだろう, てしまえ

▼ ぎ切つて遠慮~ (2, 0.1%)

2 もなく

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 続ぎて, 聲ふりしぼり

▼ ぎ取らう~ (2, 0.1%)

1 とした, として争

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 から絶えず, より沫出

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 ひに, ひ啀

▼ ぎ合う~ (2, 0.1%)

1 ほど極端, 風だった

▼ ぎ合せ~ (2, 0.1%)

1 て拵, もの

▼ ぎ合った~ (2, 0.1%)

1 上には, 歴史も

▼ ぎ四種~ (2, 0.1%)

2 の悉檀

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 になる, は凍

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 くて, ば其人様

▼ ぎ廻つて~ (2, 0.1%)

1 ゐること, ゐるより

▼ ぎ得ぬ~ (2, 0.1%)

1 のか, 筈だ

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

2 を浄め

▼ ぎ掛けた~ (2, 0.1%)

1 やうに, ような

▼ ぎ散らし~ (2, 0.1%)

1 てゐた, てゐる

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

2 はや早き

▼ ぎ来れ~ (2, 0.1%)

1 ど粟, ば羨し

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 が落ちる, を横

▼ ぎ気味~ (2, 0.1%)

2 になった

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 の中, を沸かす

▼ ぎ澄ませし~ (2, 0.1%)

2 釿を

▼ ぎ留め~ (2, 0.1%)

1 ている, て行かしめぬ

▼ ぎ白し~ (2, 0.1%)

1 て天, て櫛八玉

▼ ぎ着き~ (2, 0.1%)

1 て巖, て火

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 は死ん, も眠れない

▼ ぎ立葉~ (2, 0.1%)

2 に風

▼ ぎ竿~ (2, 0.1%)

1 と間違, にかけて乾し

▼ ぎ終に~ (2, 0.1%)

1 報告書を, 眼界の

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

2 して

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 をとざし, を傾け

▼ ぎ落し~ (2, 0.1%)

1 て磨い, て飲ん

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 の向, の向う

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 がその, すぎごけ

▼ ぎ足した~ (2, 0.1%)

1 やうに, 足袋を

▼ ぎ過ぎる~ (2, 0.1%)

2 策略とも

▼ ぎ還り~ (2, 0.1%)

1 これを, 鹿之助を

▼ ぎ降した~ (2, 0.1%)

1 天神などこそ, 田の神は

▼ ぎ離そう~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ ぎ頂上~ (2, 0.1%)

2 の宝珠

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 を洗, を洗つて

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

1 あれて, は花

▼ ぎ高坂~ (2, 0.1%)

2 の息子

▼ ぎ~ (2, 0.1%)

2 は薄く

▼1* [474件]

、艇跳つてとても仔細かい話, ぎいたるところに, ぎいつの間にか見えなくな, ぎいやむしろ痛み, ぎうみがらすつつどり, ぎ喜代と, ぎお袋さんがおい, ぎかれこれ位置を, ぎと鍔, ぎぎぎと鍔, ぎぎぎいっーとおく, ぎこの館を, ぎこれせめてもの, ぎしきりと杯, ぎそうして或者, ぎそれをかきわけ, ぎたたと滴る, ぎだろうか川千鳥, ぎついにこの花, ぎつとまぼろし, ぎであったりそれ, ぎであり懺悔は, ぎである漁師は, ぎでございますからあと, ぎとしては尤も小さな, ぎと共に接吻の, ぎなどが鳴きしきるの, ぎなどという言葉を, ぎなどに氣を, ぎにかけて申し受, ぎにて賣る, ぎひとり飲んで, ぎぎ廻しまつり来しみ, ぎほとんど孤塁に, ぎまたは痛みは, ぎまでが恐ろしいお, ぎまでは考へないと, ぎまるで枯れ尽した菅, ぎもとどおりの本線, ぎやすやすと目的, ぎよりももっと考え, ぎわが実力の, ぎゐもりの赤い, ぎををがみ場所, ぎを以て滿たされた, ぎクリームで顔, ぎグーッとひと息, ぎッくりと身, ぎッしりと立ち並ん, ぎッしり人が塞, ぎツくりと來, ぎなりつ, ぎバーベリ等の極寒地方, ぎくろ, ぎョろさして, ぎョろぎョろさして, ぎーぃと音がし, ぎーぎーとレコード, ぎーこたんばつたりしよ, ぎーッと音, ぎ一つすればこそ, ぎ一つ急に歌, ぎ一二日は島, ぎ一城の士, ぎ一疋の大きな, ぎ一縷の香, ぎ一聲ほのかにさ, ぎ三味線をさら, ぎ三子を生んだ, ぎ三月に芽ぐみ, ぎ上り往でまししかば, ぎ上天が自家, ぎ下ろされた事許り, ぎ不死と罵った, ぎ中川先生と今一人, ぎ中村楼で名, ぎ主権の統一, ぎに賜う, ぎ乍ら靜かにその後, ぎ九十八人悉く裸體, ぎはもとより, ぎ二世紫文となった, ぎ二疋わたって, ぎ五体をわななかしめ, ぎ亞細亞の名, ぎ交わし飲み廻している, ぎ亭主を見送り, ぎ人民榮えなむ, ぎ他方は左, ぎ向に, ぎ佃煮を買, ぎすとすら, ぎ何やら咲いて, ぎ佩かせる太刀, ぎ依せるのが, ぎよ網, ぎ倒され人は, ぎ傾けている, ぎは何, ぎ入らしめ根より, ぎ入れられて居た, ぎ入れられたのであった, ぎ入れるものは, ぎ八五郎にはお, ぎおもて, ぎ其の穎を, ぎ其七日目まで此, ぎ其後の一週間, ぎ其手続万事を依頼せり, ぎ円タクの, ぎ出させるとそれ, ぎ出さないか何故, ぎ出さんとする, ぎ出しプランク恆數により, ぎ出し其間でいつも, ぎ出し對手に解らぬ, ぎ出し平井洗手済んで, ぎ出し母を呼び, ぎ出し海岸で焼却, ぎ出し翌日から村, ぎ出し職員全部にそれ, ぎ出し誰も氣, ぎ出し黒山の人だかり, ぎ出せば本家横領, ぎ出でて幾時, ぎ出来ねえがらそう, ぎ切っている, ぎ切った調子に, ぎ切つた状で前庭, ぎ切利支丹の教え, ぎ初代勝五郎の後, ぎ前庭の大樹, ぎ勇次郎は落着き拂つて, ぎ北条氏の専権, ぎ十二年に奥医師, ぎ千万の術, ぎ半ばは恋, ぎ印度洋の方面, ぎ印籠集めて, ぎを破, ぎ去って金, ぎ去ろうとする, ぎ參らせる, ぎつたやつだ, ぎ取つたばかりのやう, ぎ取られなすことも, ぎく, ぎ受け繼ぎし, ぎ口角に泡, ぎ叫ぶよりこれ, ぎ合い心を, ぎ合い啀み合い相反対, ぎ合すという, ぎ合せたるをアーチ, ぎ合わせた様に, ぎ七四年に, ぎ吹く風は, ぎ呆れる顏を, ぎ呻ぎ逃げ込んで, ぎ和らげよというの, ぎ哥沢節をさら, ぎ唐突にこう, ぎ啼くや夕月, ぎ営んで来た, ぎ噴く湯気, ぎ囃したりする, ぎつた, ぎ回む小舟粟島を背向, ぎ回む舟は釣, ぎを守る, ぎに居る, ぎ國土が皆, ぎのへ, ぎ地中海に入り, ぎ壽ぎ狂ほし豐壽ぎ壽ぎ, ぎ夕冷の火, ぎ外すことだった, ぎに之, ぎ大刀いよよ研ぐべし, ぎ天上常住の不死, ぎ天文學に精通, ぎ天討再び加, ぎ奉らむのみとあるに受け納めつ, ぎ奥羽両国を管領す, ぎられて, ぎ女たちが物売り, ぎまだその, ぎ妓八重福を落籍し, ぎに告げ, ぎ始まるだらうといふ, ぎ始めて醫者, ぎ始めましたがその, ぎ始めると町役人, ぎはつと, ぎ子分達はさすが, ぎ孔子の時代, ぎは初め下谷二長町, ぎ寂然として聞い, ぎ寄せまして小声, ぎ小さな図書室が, ぎ尻端折という風, ぎ尽したる我が千行, ぎ尾上梅幸を紹介, ぎ居し十兵衞は, ぎ居るまた見, ぎ山覗き滝の深潭, ぎ山踏破のこと, ぎに近づく, ぎはその, ぎを以て拭, ぎだ, ぎ平次はガラツ八, ぎ千代へ, ぎともいふ, ぎ廻しまつり来しみ酒, ぎ廻って彼ら, ぎ廻つたのが原始的, ぎ廻はり最後に英米委員, ぎ廻り野郎が, ぎ廻り飮んでは, ぎになつて, ぎを助くる, ぎは踊る, ぎ往昔から世界, ぎ後これを擧げ, ぎ得ざりきしばしだ, ぎ得べきや, ぎ得るか, ぎ得るだらうか, ぎは周王, ぎを平らか, ぎ心霊の意, ぎを堅う, ぎ息子それはたった, ぎ愛兒を崇めしむ, ぎ愛国の血, ぎかしき日本海, ぎは智, ぎ払おうとして振向いた, ぎは縫はり, ぎ抜き得ず力しなへて, ぎ抱えるばかりにし, ぎ振りは思ひやられます, ぎ捕らし秋たけぬれ, ぎ据えた駕籠の, ぎ据えられた輿へ, ぎ据ゑた駕籠の扉, ぎされると, ぎ掛くれば泥, ぎ採っている, ぎ接ぎだらけの大和木綿, ぎ掴み殺さんず勢いにて, ぎ掻きわけて入る, ぎまる時, ぎ放されて結局父親, ぎ放すとぶるぶる, ぎ故郷へ帰っ, ぎ敗軍し王, ぎ數萬の白龍, ぎ断ちき故に陰, ぎかる器, ぎ新島原徃時の事, ぎのからだ, ぎの坊主仲間, ぎ昼餉を食, ぎ時雨堂から一散, ぎ晝蟄する鼠, ぎ晩餐を倶, ぎ暁嵐峰より吹き下し, ぎ曉方かけて, ぎ更に新塾餘談, ぎ書くもの故, ぎへたり, ぎ最初は新刀, ぎ望まざることなし, ぎのむら, ぎ木の葉はかさ, ぎ木戸へ飛出す, ぎて, ぎ来りて投, ぎ来る途中事故あり, ぎからも葉, ぎ栗鼠等の造つた, ぎ梅吉納会の下, ぎ棄つる二度の大祓, ぎで死骸, ぎ楊柳と水, ぎ横ざまにかも瓜, ぎに朝炊, ぎ次に獅子最後に, ぎ次女よし三男八三郎, ぎ止む間なし, ぎ正しいよびかたをつづけている人, ぎ歩役を勤め, ぎ歸つて大臣の男, ぎ殆ど応接に遑, ぎ殘月淡きベンガル灣頭, ぎは猶, ぎの弱い, ぎ気倦るげに, ぎの弱い, ぎを汲ん, ぎ水銀を流す, ぎわが大いなる誇, ぎ決して悪意の, ぎ汽車なん時だべ, ぎに立つ, ぎ沸き立つ興奮に, ぎ治療をなせし, ぎてむ沖, ぎ波おとなふがごと, ぎひて, ぎ浚われてかき消えた, ぎ浮かるとよく, ぎ清めん我心斗満の, ぎ清元節稽古の約, ぎ清元落人をさら, ぎ湧かしめて, ぎ溜めた錢で, ぎひて, ぎ潮騒のとどろ, ぎ澄まして行った, ぎ濃くも腐れし, ぎ火元をかきたてる, ぎ照り恍けはて, ぎ牛肉の鋤焼, ぎ特に筆意彫りを, ぎほし豐壽ぎ壽ぎ, ぎほし豊, ぎ焔つよく, ぎ猛打乱撃する, ぎを見た, ぎ猴軍が渡った, ぎのペルス, ぎ用心せよと, ぎ田安家に仕, ぎ甲翅虫など飛び立つ, ぎ申して一口, ぎ申しあげておりまする, ぎ申しあげたものです, ぎ男目に消えぬ, ぎ留るものあら, ぎ當人も何ん, ぎ疲れて今朝, ぎ痛いのも, ぎ白雲の頭巾, ぎ皺だらけの小さな, ぎ直してやんなさい, ぎ相殺し, ぎ知ることが, ぎ砲艦赤城及び軍見物, ぎ碧樹梳って, ぎ磐安と云, ぎ祈祷の調子, ぎ祓いでもし, ぎ祖先の祀, ぎ禄五十七石を食む, ぎは萩, ぎを忘れ, ぎ空ひろびろし吾が, ぎ立ち鬣長き, ぎ立ちたる人々に, ぎ立ちゆく音す, ぎ立ち殺氣を, ぎ立って, ぎ立てする者あら, ぎ立ててるうちに, ぎ立てればはや, ぎ立て他人に自分, ぎ立て是れ見よが, ぎ童子酒呑童子其のほか數, ぎ競争に入り, ぎ筆屋が軒, ぎの業, ぎ終えて半兵衛, ぎ終つたあとの雫, ぎひけるほど, ぎ綴ぎで大きな二寸, ぎを掛け, ぎ織り縫って法印, ぎ繼ぎて染む秋, ぎ置炬燵に午夢, ぎ美々しく袖ひきつらね, ぎ群集も舞台, ぎ背嚢を荷, ぎ能わざるを恨み, ぎ働車にて, ぎ自動車は溯る, ぎ自身が神, ぎ致し歸り, ぎも亦, ぎや蘆, ぎを手向け, ぎ草花を藝ゑて, ぎ荷ぎ故郷へ帰っ, ぎには, ぎ落された親戚たちは, ぎ落し火をたい, ぎ落ちたやうな, ぎ落とされあまつさえ左, ぎ落とすように, ぎ葛根は命, ぎなど携え, ぎの巣, ぎかむ, ぎ行かな御津の, ぎ行きて神前, ぎ行く羨しい, ぎるに, ぎの衣紋, ぎて, ぎ見たような, ぎ見るとコハそ, ぎを厚う, ぎともなる, ぎ語りつづける妹の, ぎいふと, ぎ走るを怪しみ, ぎ足さうとして手さぐり, ぎ足され獵虎帽の, ぎ足して客, ぎは非常, ぎ載せたがそれ, ぎ農家は活氣, ぎ込まうと思, ぎ込ませて傷, ぎ込まれましたよ, ぎ込みしものの如く思はる, ぎ込むだ方が, ぎ近し廚なる, ぎ返しながら, ぎ返すまでの事, ぎ返る声ドーッと, ぎひ臻, ぎ送り往還通り宿に相, ぎ逃げ込んで来ました, ぎ通して例, ぎ通すつもりだつたらう, ぎ連れ矢声あげに, ぎ遊ばして, ぎ遊び廻れる, ぎ遺骸を洗わせ, ぎ邸内は宵, ぎという処, ぎの舟, ぎの多寡, ぎ錢形の平次, ぎ長きはしが, ぎ長昌は又, ぎ長次郎はお, ぎめけば, ぎ闘うひまも, ぎ降す依代で, ぎった, ぎじいふ, ぎ離されてしまいました, ぎ離されたような呻き, ぎ離されると今度, ぎ離すと振り退ける, ぎ雲南に行け, ぎはたえず, ぎ風雨に苦しん, ぎ飛べる奉天府かな, ぎ香取の山, ぎ馬二百七十頭を飼養, ぎ駿河台より柳原岩井町, ぎ骨肉互いに啄もう, ぎ鬢髪の風, ぎの顔, ぎ消えて, ぎの飛び立つ, ぎ鳴いて, ぎ鳴かぬ茅生の, ぎ鶴見にて電車