青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「がら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~がた がた~ ~がたい がたい~ ~がち がち~ ~がっ がっ~ ~がった がった~
がら~
がり~ ~がる がる~ がん~ ~き き~ ~きい きい~ ~きいた きいた~

「がら~」 2616, 25ppm, 4644位

▼ がら~ (305, 11.7%)

10 たてて 6 かけて 4 たてたこと 3 好みて, 嫌ふかと, 心得て 2 そのままに, たく, たてること, ふたりで, リカヴァーせね, 焚いて, 踏を

1 [262件] あげすぎるため, あしらって, あたりまえに, あらわして, あらわすこと, いただかなくちゃ, うばわれて, えさせたの, おくりもの, おさめる箱, おりたたみも, お祝いします, お踏み, かけたたわや, かけた年, かさに, かじりに, きかずに, くずして, くわしく述べ, このうえ, この世で, ご覧の, さがし毛虫, させたい, させて, させようと, させるよう, されたん, されても, したときゃてめえら, したの, したぶくぶく, しようていう, しらべただろうね, じまんする, すくって, すてて, そばに, たたえて, たてさせて, たてその, たてた, たてたいと, たてたと, たてたねえ, たてたの, たてたばかり, たてたもの, たてたよう, たてたわし, たてたん, たてた美しい, たてちゃ, たてないもの, たてながら, たてなきゃ罪ほろぼし, たてなくっちゃ, たてようとは, たてられて, たてるとき, たてるん, ついで薬草, つぶし姫路, できるだけ簡単, とうとぶまじめ, とみに大御, とられちまうじゃ, ぬきに, のせて, のむ壁, はばかったあれ, ばらばらに, ひとりじ, ひとり占めに, ひろい, ひろったん, ひろって, ぶすぶす燃やす, ほこり顔に, ほとんどことごとく閑却, ほめたたえくりかえしくりかえしお礼, ほめたたえること, ほめたたえるの, ほめて, ほめました, ほめると, まじめに, みつめつづけるのみ, もっと順序, もらいうけて, やったら次ぎに, やや随意, わきまえんで, わざわざ私, イリオン城に, イートンの, チョクサイに, ロンドン塔に, 一つは, 一囚人として, 一巡見, 一目見, 世に打捨て, 乞いうけました, 争おうと, 争って, 五目飯の, 低くし, 使うむち, 依頼した, 備えた勇将, 先に, 入れたるを, 全部理解した, 処理し, 出して, 出雲の, 制約する, 加へて, 十分考え, 半分おすそ分けが, 厳に敵, 収めたさびしい, 収めた棺, 取って, 取り換, 取片づけて, 受け取った, 受け取りに, 口に, 叩いて, 合はせ, 吾, 呼ぶん, 呼ぼうや, 啖って, 四谷の, 埋めたお, 埋めた土, 埋めて, 壁に, 変じない, 奪はんもの, 奪われるの, 始末し, 容易く曳く, 察して, 尊くしよう, 尊敬し, 少しも, 巨細に, 幼少な, 弁えず詰らぬお喋り, 引き取って, 引き受けて, 引き継ぐため, 引取りに, 当たって, 彼は, 待ってるとか, 忘る, 忘れてまで, 忘れ初めた, 思いやった一方, 思い出すとき, 意味する, 愛し金, 憂ふるよりも, 戰場より, 打ったり, 打って, 投げちらしまして, 招きよせました, 指さきでもみ消して, 指の, 捉へて, 掌に, 掛けた丸髷, 教えようと, 教えるのみ, 敷いた空地, 明らかに, 昔の, 映すもの, 書いて, 書くの, 朝夕に, 朝日の, 松板の, 柳橋の, 横ざまに, 歛めて, 残した人, 気づかずに, 沙に, 洗って, 流して, 溶かしよう, 火葬に, 灰に, 灰皿に, 焼く煙, 片づけるでも, 王家の, 発見した, 相心得, 矛盾なし, 知らなくては, 研究した, 祝福する, 秘かに, 積みあげて, 立てたもの, 立てたら明智先生, 立てた組, 立てて, 立てなければ, 立てました, 立てられよ, 立てろ, 筵へ, 簡単に, 納めた墓地, 納めた白木, 絵様, 考えたとき, 考えて, 考えなければ, 自分だけが, 自分の, 荒縄で, 葬った, 葬つた, 蒔くこと, 褒めたたえた, 見おろしながら, 見つけて, 見ること, 見守って, 見歩行折, 見聞し, 観察した, 言うよう, 記念し, 説くには, 談じ合う, 貰って, 賞し酒宴, 踏んで, 載せた一挺, 述べたてて, 述べるの, 追っかけて, 逃がしたし, 運んで, 重ねて, 重ねること, 隱す, 集めて, 頭の, 顕さうず時節

▼ がら~ (232, 8.9%)

11 ように 6 中に 5 重兵衛 3 卑しからぬ, 相違も

2 [16件] ことを, せいか, ために, やうな, ような, 上に, 中から, 前に, 大きさ, 始末を, 正邪善悪に, 淺ましい, 端緒に, 紙を, 緊要性と, 間に

1 [172件] あまり大きく, ある女, おしゃべり, おすそ分けに, おそろしく違った, おたふくが, かかった大, かごには, かしこさ, かなりはっきりと, ことと, この海岸, ごとくなるを, ごとく痛ましい, ごとく遠く, ごろごろする, しりうまに, すがすがしいいたっ, そばへ, たてどころと, なかに, はいった棺桶, はでな, はでに, ほうで, ほうは, ほうへ, ほして, やさ男だった, やつが, わかれめ, わが弟子, わきまえも, わけが, パーセントが, ピンから, 一つだ, 一つも, 一人として, 一列は, 一段落を, 並行的な, 中へ, 中ニすん, 人で, 人は, 人を, 兄い, 兄イワン・フョードロヴィッチも, 内容は, 出だ, 切れが, 前後せいた, 前途だ, 半分くらいは, 半分は, 卍騒動の, 南蛮幽霊以来右門の, 印象が, 可能不可能や, 名所で, 后メッサリイヌよ, 吹聴どき, 場合の, 変ったお, 大いなる命, 大きいやつ, 大丸髷, 太刀は, 奥の, 奸計に, 好き嫌いとは, 好さ, 如き山, 始末な, 子弟だった, 孝女お, 小せ, 小積, 少年が, 巣を, 左門老人が, 帰るの, 幣さへ, 干したの, 当人である, 彼の, 後から, 性質上現実味の, 悪いの, 愛情うつろの, 我棚つるか, 持主であった, 持續的な, 方に, 旅は, 暴行に, 朝酒に, 本当の, 村正, 極めて大きな, 様な, 様に, 模樣の, 横取りも, 次には, 正邪を, 正邪善悪にばかり, 母堂と, 水色は, 汁と, 池田のをとをと, 浅ましい訳, 浮いた紙, 浴衣を, 演出だ, 灰黍稈の, 然らし, 煙草を, 特権が, 生れだ, 生温い渋茶一杯, 生首事件と, 申開きを, 男で, 男では, 痩せた地蔵, 癖に, 目明しの, 真桑瓜でも, 真正面の, 真相が, 真相は, 眼や, 研究でも, 研究も, 確実性を, 積み重なりの, 米を, 粉で, 紅の, 細君は, 絶対価値に対する, 継母事件で, 義務観念より, 老茸, 者が, 聖母である, 胡瓜も, 芸当や, 葉っぱね, 蔭に, 行方を, 表面に, 裏には, 豪族である, 貴公子であり, 足跡が, 軽き身, 逃げた話, 逞しい良い侍, 道中に, 道行と, 達磨霊験記で, 重大性が, 重複した, 頭の, 高下を, 鰯の, 鳥うち帽を, 鳩尾を, 鳴くよう

▼ がら~ (146, 5.6%)

6 お湯を 5 なって 4 ないこと 2 うつります, しても, 向かって, 移ります, 餌を, 駈けのぼる兵あら

1 [119件] あったが, あなた方の, あらわして, ありつきお礼, うつること, おのずから権威, かかわるん, かけたが, かほどの, この朝, ございまする, ご上申, さ, したいと, したけりゃ行って, して, しゃぶりゃがったが, すぐ気づく, すっかりほれこん, するかと, するに, するの, せいたかか, せいたかが, せいたかとか, せんなどとは, ちがいありません, ちがいなかった, ちげえねえ, ないお, ないね, ない太い汽笛, ない山仕事, ない腕, ない華やいだ, ない要らざる, なく, なくいささか, なくかたくなっ, なくそぞろ, なく涙, なされい, なりに, なりました, なりゃあっし, なるかは, なるし, なると, なるの, ねえですよ, ひとの, ふさわしいよう, ふさわしい天下国家, めしとること, ゃわるかない, やあらむ國人の, わらひ, われを, 一つ突く, 仰せて, 仰せられし被, 会って, 似あわず思い, 似ず騒がない, 似合わない洋服, 候えども, 僕は, 免じて, 加えて, 勝ち目は, 取りすがって, 合せて, 合った世渡り, 合わないよ, 同うし, 同情した, 向けて, 埋まつてる, 委せて, 威も, 寸時も, 対した作品, 對し, 對する, 少しずつ, 帰って, 帰つ, 当ては, 得々として, 応は, 惹かれて, 感ぜられたと共に, 戴きて, 手を, 旗本に, 明りさしてる, 此重き, 湯ば, 無いヨ, 現われて, 生まれついて, 生れよい, 申たる, 絶えず中心, 聞いて, 聞えて, 育った私, 興味を, 覚えが, 言うねえ, 詳しくご, 通有な, 過ぎた縁談, 違いありません, 遠ざかりぬる, 適用される, 鎧を, 関係が, 鳴きぬる

▼ がら~ (143, 5.5%)

2 それに, 一列に

1 [139件] あまりにも, あるいは南秋田, いきなり, いくらも, いたって, いっそうむつかしく, いったいどういう, いつて, いま申す, おめ, お湯など, かくしてその, かくして冷たい, かくて, かわいい山, きこえないふう, くびをかしげて, くめの, けっこうじゃが, ここでは, こっちへ, この世にては, この四人, この地方, この女子, こまっけ, これからだ, ずいぶん密接, そう師, そが, その号令, その声, その夜, その月, その枝, それだけじゃ, それは, それみずからが, たいへんおだやか, たてるだろうよ, だとか, ちがうが, ちまちまし, ちまちまっと, ついと飛ん, どうしたであろう, どう言え, なお織田家, ひじょうにデリケイト, ふるとき雲ゆき, ほしくねえ, ほとんど無い, ぼくが, ますますまり, また格別, まだ非常, まったく小さな, めったに羊皮紙, もうそんな, よいの, わかったが, ニュートンの, ピストンを, 一つも, 一に, 一切承知だ, 一向にわからなかった, 一変し, 一笑の, 上です, 九分どおりかたづい, 仏道を, 全くない, 全く消え, 六波羅方に, 分らないが, 別だ, 前回と, 北の, 口にも, 口外も, 吃逆, 合いませぬかな, 土肥次郎の, 地方の, 型どおりに, 城西の, 外へ, 大きいし, 大きかった, 失われるであろうこと, 如何なる譯, 実はこの, 対手の, 小さいが, 少しは, 少なくとも小学教育, 左典の, 帰って, 当て身を, 彼女に, 後に, 忍び来ぬ, 忘れて, 性から, 敵に, 旅合羽を, 日本の, 此方に, 歯と, 水色の, 決してこの, 深い印象, 深紅を, 無いと, 現世で, 男の, 畝火山に, 皆われの, 竹中半兵衛の, 答えた, 簡単に, 細かいが, 統計的蓋然的な, 織田方に, 肉体に, 腰を, 苦しんで, 話し終って, 誠に簡単, 赤裸に, 車雑色と, 軽視する, 遠きと, 都督周瑜の, 降りつむ雪, 隣の, 雪の, 驚いて

▼ がらかに~ (137, 5.2%)

6 笑って 5 して 2 いった, なって, 何処までも, 晴れ渡って, 笑いながら, 笑った, 答えて, 鳴りて

1 [110件] あけぼのへ, あちらを, あり, いいついだ, いって, いつて, うまれ, かなでられしわ, かわいた空気, きこえて, さえずりはじめました, さえづつてゐる, さけびました, さして, しかし自信, した, したこと, ただの, なごやかに, なった, なっちまうじゃ, なつた, なりきれないもの, なりながら, なること, なるに, にぎやかな, ひっそりと, ひびいた, ひびいたかれは, ひびきわたりました, ふるまったので, やって, ハッキリなさい, ピシリと, 世の中を, 云い返した, 伝わって, 出来て, 勧める, 吹いて, 呟きました, 哄笑し, 哄笑した, 唱った, 啼いて, 啼く, 大きい屁, 天に, 媚に, 子らは, 子供の, 山に, 山を, 帰宅の, 店先の, 微笑し, 微笑んで, 拡がって, 明るい氣持ち, 春の, 晴れて, 晴れ渡つた春, 暮らして, 松蝉の, 歌ふ, 毎朝三里の, 気狂いに, 気狂ひ, 氣高い, 氣高く, 潮も, 澄みて, 澄んで, 照つてゐた, 生きて, 生き抜く孤児, 的矢丸乗組員は, 眺めたこと, 眼は, 眼覚めた, 秋を, 笑い, 笑いつづける, 笑い合う, 笑う声, 笑つた, 笑つてゐる, 答えた, 絞首臺に, 聞えるの, 聞こえる, 言ふ, 読み上げて, 貧しくて, 輝く日輪, 迎へ, 遊ばなければ, 酔いも, 開けたるあり, 開けた正義, 隙い, 青く光る, 面白く遊ん, 音を, 飲まずに, 鳴いて, 鳴きながら, 鳴き交し, 鳴渡つたもの

▼ がらかな~ (115, 4.4%)

4 笑い声が 2 微笑さへも, 微笑を, 朝の, 桜の, 気もちに, 気持で, 気持に, 聲だつた, 調子に

1 [93件] えがおであった, ことでござる, そのうた, それの, たけ高い, ちょうしで, のだ, のどかな, のは, ひる前, ものである, ゆったりと, よいお, んです, ラ行音が, 一面を, 一點が, 一點は, 不信の, 丸顔を, 二人の, 今朝なる, 仕事を, 何か, 健康に, 初夏の, 君の, 喜びを, 声音である, 天地に, 天気や, 女神が, 学校文化化された, 容子を, 寺鐘の, 小僧さんに, 小鳥の, 巷の, 幸福な, 幸福を, 座談, 心の, 心持で, 性格だ, 性質でありました, 情景何かしら物憂い生暖かい, 愉快な, 憂欝とでも, 拍手の, 方でした, 日かげもう, 日光に, 春が, 春の, 晴れ俊和尚, 機智の, 歓語の, 気分で, 気分である, 気持が, 気持だらう, 活躍を, 満足した, 無人島生活の, 男の, 秋を, 秋晴れの, 空, 空な, 笑いごえと, 笑いを, 笑い顔に, 笑顔を, 老境に, 聲で, 自殺で, 自殺幸福な, 表情の, 言葉づかいは, 話声が, 調子で, 里, 金属性の, 鐘の, 陽が, 雲の, 青年に, 音だ, 音では, 顏つきを, 風景である, 飛行機が, 鳴き声だろう

▼ がら~ (114, 4.4%)

2 せて, 場所がらだけに

1 [110件] あったので, あつて, あまりに複雑, あまり単純, あります, ありますよ, いたのにと, いっそう込み入っ, いつか自分から, いまだに近海, いま時分湯を, いよいよ説明, いろいろ裏面, お互, お湯を, かりに, きさま, きまれば, くるくると, この問題, これを, ごく最近, すこしちがっ, そういうふう, そんなにひどく, だんだんに, ちがう, つて古代の, とうに浚, とかく不調, ともかくも, どうかする, どこか, どのやう, どれだけ, どんなに充満, なかなか複雑, はからざるとき, ばたばたと, ふた足, また慣れきっ, まったく変った, ものを, よかった, よく理解, わき道へは, わりいん, 丁子油ならぬ, 三回相互に, 世には, 事がらだけに, 二十戸ほど, 云いだした, 今も, 偶然的に, 偶然的偏差に, 別に竈, 原理の, 反対に, 右門の, 君自身に, 商売がらでした, 墓地の, 大きいだけに, 悪いん, 想定される, 慶応三年以後に, 手の, 教えられた, 数限りも, 明らかに, 最高級, 来るか, 枝から, 比較に, 比較的簡単, 水を, 混入し, 満載され, 漸と, 無為の, 生ずるの, 生活を, 目に, 真実である, 禁制を, 突発し, 笑うはず, 第一, 簡単に, 精神的ばかり, 統計的に, 自然には, 自然科学の, 良くない, 落ち女子供, 複雑であっ, 複雑である, 見当らない, 見方によっては, 記されて, 身近かに, 迷って, 逆転映画の, 進行する, 長いあいだ, 闇太郎の, 隅の, 非常に, 非情の

▼ がら~ (77, 2.9%)

5 せいたかは 4 せいたかが 3 せいたかの, せいたかを 2 せいたか

1 [60件] あの恐ろしい, いいたげに, いいだれ, いい何とも, いい場合, いい念, いい舟, いえども, いっしょに, いって, いと遠し, いひ弁士, おそろしいひ, かねて心, きて, このせい, しじゅうから, して, せいたかも, なって, なりましたが, なる, なるべき事件, なるべき糸口, なるん, のこらずの, ウィルスン自身の, 一大音響を, 一緒に, 一致し, 丸い木軸, 二つの, 体力から, 吹雪の, 大事を, 天井を, 履歴は, 崩れるやう, 崩れるよう, 年でない, 役目に, 戦況を, 挽き込, 撞着なし, 檜戸が, 猩々緋の, 申すの, 疾走を, 硝子は, 藤吉が, 街鉄の, 言わなければ, 赤い炎, 過去に, 鎖は, 長浜の, 関係し, 雷の, 音を, 黄土を

▼ がら~ (77, 2.9%)

6 せいたかも 2 かけて, ございます, わきまえずたちまち, わきまえずに

1 [63件] うまかつ, おて, くるから, けれど彼女等, こがらも, この有様, この無, しつこく言ひつ, それから釜, ちがう, つぶれた屋根, はる, ほんたう, またいかにもすっきり, またその, またピョン, よい出, よくいわゆる, よろしいし, りっぱな, わが寶, わきまえず十八番, わきまえず土俵, わきまえませずまた, 人前も, 何か, 何の, 兎に, 其生命を, 内に, 吉之助の, 名前も, 唄ふ, 商売がらから, 大きいし, 大きく新聞, 大きく私, 好序, 娘の, 実は其分類, 少女は, 弁えず, 引きちぎられた破れ口, 彼は, 彼女は, 後に, 忘れて, 悪人には, 昨夜は, 時刻も, 果してどれ, 母の, 祈祷の, 紅い椿, 繼母は, 自分の, 良寛さんは, 色合も, 見つかるん, 見得, 長閑に, 青年の, 馬越家の

▼ がら~ (56, 2.1%)

3 のだ, んだ 2 のです, 此処らに

1 [46件] うすあばた, うなだ遊ばば, おっとりした, お方でした, からだつきで, からだつきに, かんさんが, しっとりと, その婦人, その家, それなる, ので, のであります, のでし, のでせい, のでふい, ので三河守, ので十五ぐらゐに, ので警部, ほうである, みょうな, ものぢや, んです, 人間でした, 体を, 冠者に, 味ひ, 女だった, 女でした, 女に, 女を, 姿が, 婆さんでございまし, 少年が, 尼さんな, 浴衣に, 焦茶色の, 田口詩楼氏から, 男だ, 男では, 男の, 秀吉を, 老人が, 老人は, 若者だった, 麗人が

▼ がらにも~ (52, 2.0%)

3 釣合ひませぬ 2 ない事, ない小

1 [45件] あたたかなお, あふれるよう, お前達は, かかわらず津田, ただ一つ, ないお, ないおびえ, ないこと, ないと, ない公徳心, ない商略, ない大きな, ない宋襄の仁, ない木刀, ない無法者, ない皇学, ない羞恥心, ない金力, ない願望, なくちょっと, なく侠気, なく偉い啖呵, なく優しく言った, なく取りよせましたもの, なく右門, なく巨費, なく挿櫛, なく時々, なく苦しん, なく血, なく髪, なって, なりましょうからな, ねえ物, 似あわない, 似合わずに, 強いデカダン, 或る, 支那にも, 最初の, 海外の, 深い思慮, 無い奇怪, 無く遠慮, 神と

▼ がら~ (46, 1.8%)

5 戸を 3 の障子 2 を語る, 戸が

1 [34件] がお, がこえ, がじっと, がそう, がつくられた, がとびまわっ, がキラキラ, が寺, が巣, が里, ぞうるむ, で造つて, にある, にシャンデリー, のおぼろ, のぢ, のよう, の上, の瓶, の砕片, の窓, の軒燈, はいつか透明, はまだ, は早くから, もやもめ, をさ, を嵌めたる, を通し, 小がらす, 戸から, 戸は, 砕け失せし鏡, 窓の

▼ がら~ (45, 1.7%)

3 でも 2 ござりました, ござります, ござりまする, 夜戸出が

1 [34件] あつて, お招び, こてこてと, この京都, これで, せう法被, そう思われる, そんなこと, そんなふう, たくましくて, ふとったところ, やせこけて, エントロピーや, 人形の, 元気が, 到底隔絶, 剣は, 力は, 力も, 固肥りな, 安永四年の, 家族も, 屋敷も, 気らくに, 物言ひ, 肩の, 肩を, 自業自得だ, 身分の, 遊ぶん, 都会の, 面白い水天宮様, 食禄も, 鮨屋おでんは

▼ がら~ (35, 1.3%)

2 だった, である, です, なお天気, なる風景

1 [25件] おもしろくて, さと, さやが, して, そうに, だったの, だった春暁, だつた, だ森, であった, である昨夜, である法衣, でなくては, でなければ, でもまあ, なのに, なまじわり, なる夕映, なる悲, なんだ, のどか, ほがら, また暹羅, ッて, 鞍部と

▼ がら~ (35, 1.3%)

8 にし 6 にされ 3 に縛り上げられた 2 にした, に縛られた, の危殆, を解き始めました 1 でびしびし, にせずん, に締め, に縛っ, に縛められ, に縛りあげられ, に縛り上げ, に縛り上げられ, のお, の半

▼ がらでも~ (31, 1.2%)

1 [31件] あったし, あったの, ありそれ, あるが, あると, あるの, あるめ, ある三浦若狭判官, ございます, ございますゆえ, したよう, たてて, どうもその, ない, ないから, ないが, ない老母, なかろう, なくまた, なければ, なんでも, 何でも, 古人の, 向こうに, 容赦は, 来たが, 毎日われわれの, 洗いたてるの, 洗って, 深く深く研究, 飲まなかつたの

▼ がら~ (30, 1.1%)

2 とて不, よ

1 [26件] からであろう, からでしょう, からね, からねえ, から承知, から本望, から物価, か御覧, がそれ, がほしゃ, が少, が風, つうじゃ, というん, とか不純, とか松, とて不満, と思います, と思う, と思った, と思われます, と思われる, な, なと思, の, ん

▼ がらでは~ (21, 0.8%)

3 ない 2 ありません, ないと

1 [14件] あったが, あつた, ありませんので, ありませんよ, あり白昼, あるが, ございますし, どうも今日, ないが, ないし, ないでしょうが, ないん, なかった, 無い

▼ がら~ (17, 0.6%)

1 [17件] いい気持, おいらを, そしたら女, そんなの, だのさんざん, なの, なんて怒, な着物, わたしが, 今日は, 口前の, 吉良にだって, 商売, 奴あ, 泣けやがらあ, 豚ぢや, 釘づけ

▼ がらかで~ (16, 0.6%)

1 [16件] あつた, かわいらしい子供, きんべ, しかもお, そしてひどく, にこにこし, よかつ, わがままな, 偉大な, 勤勉で, 口笛を, 樽屋さんいそがしい, 現代的で見る, 茫洋で, 軽快で, 雄健

▼ がらとは~ (16, 0.6%)

3 いふもの 2 いいながら, 言いながら 1 いい条, いえどうして, いえばかばかしい, まるで違った, 云ひ, 別に僕, 申せ今, 申ながら, 自然と

▼ がらかな声~ (14, 0.5%)

1 [14件] がし, がひびい, がひびいた, がもれはじめました, が聞え, が聞こえた, だ, で, でいう, でいっ, でそう, で笑った, を出す, を立て

▼ がらから~ (14, 0.5%)

2 前の

1 [12件] いったひにゃ, おんば日傘で, すれば, でご, コペルニクスの, 下りて, 廣津さんの, 押し入れの, 斯様な, 新しく右門, 見ても, 言っても

▼ がら~ (14, 0.5%)

2 にいう

1 [12件] して, にき, にきゃあきゃあ, にどなっ, に呼び招いた, に案内, に答えた, に築山, に辻占, に連れ, に駆けもどっ, をする

▼ がら明き~ (13, 0.5%)

3 になっ 1 であった, であつ, でただ, で向, で向う, なの, のやう, のよう, の空車, の車室

▼ がら~ (12, 0.5%)

1 [12件] つて來る, ほほじ, みそさざいめじろほ, 倒さに, 娘が, 書体から, 自分の, 諦めきれない諦め, 身を, 身分が, 郷土の, 風俗を

▼ がら~ (11, 0.4%)

2 てがら 1 うたがい申しては, かみさん面が, 差し支えないよう, 恥かしいんだ, 素姓を, 通さんが, 駒ありがたく, 駒の, 駒何を

▼ がらである~ (11, 0.4%)

1 [11件] か, からだ, くせに, けれどもその, ことに, だけにそれ, だけに必要以上, として認められる, と思ふ, 上杉弾正太弼の, 自分の

▼ がらには~ (11, 0.4%)

1 [11件] いかにも不, しよせん想像, すくえない, ちがいありますまい, また或, 似も, 曲線的の, 法衣を, 要なき, 関係が, 關係が

▼ がら~ (11, 0.4%)

2 兵衛に, 兵衛の, 兵衛は 1 兵衛, 兵衛が, 兵衛ここに, 兵衛せいた, 兵衛とは

▼ がらだけに~ (10, 0.4%)

1 ここでも, 何か, 前よりも, 多い学生, 大勢近所に, 奇怪の, 少なくも新聞, 幽霊だろう, 昼でも, 私は

▼ がらについて~ (9, 0.3%)

1 いろいろ多く, さまざまな, その風俗, ものを, パヴェ・サン・タンドレ街では, 次に少しくお話し, 此の, 考えること, 調べること

▼ がらをも~ (9, 0.3%)

1 いっしょに, わきまえないで, わきまえない無法, わきまえぬ毒口, 備えて, 含んで, 弁えずまことに, 弁えず上野介, 致い

▼ がらかつて~ (8, 0.3%)

1 しまつて, ゐた, ゐる, ゐるから, ゐるさ, 了ひました, 居さ, 隨分頭の

▼ がら~ (8, 0.3%)

2 の帆, の裏木戸 1 に塗った, の出窓, の岩壁, の炬燵ぶとん

▼ がらかな顔~ (7, 0.3%)

4 をし 1 がとくべつ, と無口, を見

▼ がらでない~ (7, 0.3%)

3 んだ 1 のが, ものを, 事を, 気が

▼ がら~ (7, 0.3%)

1 と木の芽田楽, と茶碗蒸し, などが運ばれた, などはどう, へ箸, をむしっ, を運ん

▼ がら童子~ (7, 0.3%)

2 のよう 1 が痙攣, せいたか, そのままだった, に渋, の憑

▼ がらあき~ (6, 0.2%)

2 だった 1 だったといった, で楽屋着, の小屋, の屋敷

▼ がらじゃ~ (6, 0.2%)

1 ありませんね, そうしたお, ない, ないけれど, アある, 指一本触れ

▼ がらによっては~ (6, 0.2%)

1 あなたの, かえって一時, 一言の, 三十年前が, 十八年の, 去年の

▼ がらかさ~ (5, 0.2%)

1 と秋, にひきかえ, は尾, をつづけました, 椿もを

▼ がらだった~ (5, 0.2%)

1 からです, からやれ, そうである, ねえ, のです

▼ がらとて~ (5, 0.2%)

2 俳三昧に 1 そこここから, 便利な, 貧しい弱小

▼ がらみたい~ (5, 0.2%)

2 になっ 1 です, なもん, なビーフ

▼ がら年じゅう~ (5, 0.2%)

1 こづきまわされて, なん, 古びた物, 同じもの, 寝そべってばかり

▼ がら~ (5, 0.2%)

1 はずいぶん, は新聞, をいろいろ, をうかがった, を聞きました

▼ がらかつ~ (4, 0.2%)

1 たやう, た感情, た殺し, ちやいけません

▼ がらこの~ (4, 0.2%)

1 尾上岩藤の, 思いがけない連れ, 構造を, 通知を

▼ がら~ (4, 0.2%)

2 蒼かりける 1 この度, 我は

▼ がらつかせ~ (4, 0.2%)

2 て驅 1 て出る, て駆け出す

▼ がらであった~ (4, 0.2%)

2 と云わなけれ 1 が泥舟, のだ

▼ がらです~ (4, 0.2%)

1 から, から娘ざかり, が破産, よと

▼ がらという~ (4, 0.2%)

2 ものは 1 ところへ, わけで

▼ がらとても~ (4, 0.2%)

3 八歳は 1 多くの

▼ がらなく~ (4, 0.2%)

2 てもいい 1 たって, つて

▼ がらにでも~ (4, 0.2%)

1 しようという, なって, 此方が, 殆ど自分

▼ がらばなし~ (4, 0.2%)

1 が大きく, が書きたてられた, ばかりでした, をでもし

▼ がら~ (4, 0.2%)

1 となにか, とひびいた, と重い, と雨戸

▼ がら是非~ (4, 0.2%)

3 もなや昨日河岸店 1 ないこと

▼ がらいざ~ (3, 0.1%)

3 送らんと

▼ がらかっ~ (3, 0.1%)

2 ちゃだめ 1 ちゃダメ

▼ がらかも~ (3, 0.1%)

1 しれぬ, しれねえ, 知れない

▼ がらかる~ (3, 0.1%)

1 ことは, のは, んで

▼ がらがん~ (3, 0.1%)

1 だから, のふらふら, の壁

▼ がら~ (3, 0.1%)

2 ている 1 てやりたかつた

▼ がらした~ (3, 0.1%)

1 がその, と思う, 国々の

▼ がらずつと~ (3, 0.1%)

3 這入るは

▼ がらその~ (3, 0.1%)

1 前半生明治初年に, 姓名を, 蒼白い頂冠

▼ がら~ (3, 0.1%)

2 や無い 1 うむの

▼ がらであり~ (3, 0.1%)

1 ながら岩角, 従ってそういう, 遠いながら

▼ がらであります~ (3, 0.1%)

1 からこの, からたくさん, がそれら

▼ がらない~ (3, 0.1%)

2 も言 1 らしいから

▼ がらに対して~ (3, 0.1%)

1 もはやいつ, 日本人は, 疑いを

▼ がらまり~ (3, 0.1%)

1 であ, であった, の紳士

▼ がらッ八~ (3, 0.1%)

1 であっても, はがらッ八, を始めた

▼ がら使い~ (3, 0.1%)

1 に身, のお, は世

▼ がら夜っぴて~ (3, 0.1%)

1 やって, 寝られないだろうと, 身の上話を

▼ がら年ぢ~ (3, 0.1%)

1 うを, う何ん, ゆう妻

▼ がら~ (3, 0.1%)

1 からつい, に随, の二隻

▼ がら~ (3, 0.1%)

1 が主人撰十, という遊び仲間, と彼

▼ がらうう~ (2, 0.1%)

1 それがら, 電信ば

▼ がらかな日~ (2, 0.1%)

1 が続いた, である

▼ がらかに一人~ (2, 0.1%)

1 おくれて, で呟き

▼ がら~ (2, 0.1%)

2 き崇きた

▼ がらこんな~ (2, 0.1%)

1 古雜誌, 金なんぞ

▼ がらすぐ~ (2, 0.1%)

1 登城し, 鏡の

▼ がらせいた~ (2, 0.1%)

1 かの両, かの危急

▼ がらそう~ (2, 0.1%)

1 さな, だ十九女池

▼ がらそれ~ (2, 0.1%)

1 はさう, を扶

▼ がらだけ~ (2, 0.1%)

1 あまり建込み日当, 浮き易く

▼ がらでございます~ (2, 0.1%)

1 が親, ねいくら

▼ がらといふ~ (2, 0.1%)

1 のは, やうな

▼ がらとか~ (2, 0.1%)

1 お金の, 特殊な

▼ がらとしては~ (2, 0.1%)

1 すこし, 流伝の

▼ がらとの~ (2, 0.1%)

1 前に, 比率が

▼ がらどこ~ (2, 0.1%)

1 か上品, へでも出向い

▼ がらなり~ (2, 0.1%)

1 他人が, 夜は

▼ がらについては~ (2, 0.1%)

1 全く一言, 安心が

▼ がらにて~ (2, 0.1%)

1 困窮に, 染めたるジャム鬢付

▼ がらにのみ~ (2, 0.1%)

1 人間の, 魅かれ

▼ がらねえ~ (2, 0.1%)

1 どうしたら, 変だ

▼ がら~ (2, 0.1%)

1 乗りかかって, 塩を

▼ がらまだ~ (2, 0.1%)

2 二十日にも

▼ がらまで~ (2, 0.1%)

1 これほども, 愛嬌の

▼ がらゆえ~ (2, 0.1%)

1 御じょうあい, 御一命

▼ がら~ (2, 0.1%)

1 なあにどごま, 詩人よだ

▼ がら~ (2, 0.1%)

1 ね, 困ったねえ

▼ がらピアノ~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ がら今にも~ (2, 0.1%)

1 戦が始りさ, 戰が

▼ がら今時~ (2, 0.1%)

1 の若い, はお

▼ がら俺ア~ (2, 0.1%)

2 お八重さん

▼ がら~ (2, 0.1%)

1 の診察, も探偵小説

▼ がら~ (2, 0.1%)

2 を百疋

▼ がら~ (2, 0.1%)

1 に入, の土藏ん所

▼ がら~ (2, 0.1%)

2 よく訊き続けた

▼ がら多少~ (2, 0.1%)

1 お世話も, の書籍

▼ がら~ (2, 0.1%)

1 曲野がら後藤野ど, 泥棒に

▼ がら~ (2, 0.1%)

1 でなければ, の呼

▼ がら~ (2, 0.1%)

2 を出

▼ がら少し~ (2, 0.1%)

1 稼いで, 言いにく

▼ がら弁当~ (2, 0.1%)

2 持って

▼ がら御馳走~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ がら憂うべき~ (2, 0.1%)

2 傾向だ

▼ がら~ (2, 0.1%)

1 か血, の炬燵ぶとん

▼ がら~ (2, 0.1%)

2

▼ がら~ (2, 0.1%)

2 も連れ

▼ がら~ (2, 0.1%)

1 さ行っ, に私娼

▼ がら相当~ (2, 0.1%)

1 でもなかっ, なので

▼ がら~ (2, 0.1%)

1 で石田氏, をぱちぱち

▼ がら~ (2, 0.1%)

1 の方, は訛り

▼ がら立上~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ がら~ (2, 0.1%)

1 に異ならず, の鱗

▼ がら自分~ (2, 0.1%)

1 だけは意地, で仕立てた

▼ がら~ (2, 0.1%)

2 ど両方のぶぢ

▼1* [416件]

がらああいう場所, がらあいつ奴わらつてゐるやう, がらあってたがい, がらあつぱれ大将やと, がらあとから後, がらあの人も, がらあはっははははは安, がらあるを知っ, がらあれが白山, がらあんたは美人, がらあんまりはやらない, がらいいがら俺が, がらいかついおさむ, がらいく先などを型, がらいずれも不気味, がらいちいちいうこと, がらいろいろの方面, がらうっかりと顔出し, がらおうぢの, がらおしめを取り, がらおそろしい景気で, がらおのずからそういう悪気, がらおまけに今, がらおれさ貸せ, がらお母さんおりゃの, がらかさ一家そろうて, がらかと言いますと, がらかとは恐らくは, がらかなんぞの様に, がらかな面や服装, がらかに二十円を払った, がらかに日が當つて乾き切つて, がらかや此間の, がらからも生えるさ, がらがたがたがた, がらがらとおそろし, がらがらがらとおそろし, がらがらがらがらと鎖, がらがんのがあん, がらきっと盗って, がらきつい手がらだ, がらくさい臭いが, がらげんぺい以来有間敷と申す, がらに結っ, がらこうして床に, がらここにいます, がらこっちは心中どころ, がらこってりしたあ, がらことにいまでは, がらこまかき袷に, がらこれくらいのこと, がら成人の, がらごった返して居たらしい, がらごろとやって来る, がらされっちまったらだんなまでが, がらされると思う, がらさんやうに頼みまつ, がらしだいしだいに明るく, がらしった事はない, がらしてやろうと先手, がらしなければならなかった, がらしばらくその驛, がらしますぜ, がらじゃがそちが, がらすかも知れね, がらすか鳥のよう, がらすならあんなになき, がらすまいと努め, がらすろもオラそんげ, がらす入りの兩びらき戸, がらずいぶん面白く聞いた, がらせまい用心で, がらそういう方へ, がらそのものはなる, がらそもそもわつち, がらぞと情なく我, がらとひ, がらたいへん必要な, がらたてたこたあ, がらだから承知が, がらだけがそこにおいて, がらだけをとり出して, がらだつたが厭, がらだろうそれへ, がらちょうだいするん, がらちょっぴりの小男, がらって何も, がらっぽい縞の, がらつい熱心に, がらつかせた若侍, がらつきようの花, がらつき出した為である, がらつと裏戸を, がらきという, がらでござったな, がらでしょう法被を, がらでなければならない, がらで無ければね, がらというか総じて物事, がらといったふうに, がらとうに感づいて, がらとかを入れて, がらとして使ひこ, がらとで電気鳩は, がらとと特別に, がらとに分かち与えて, がらともちがい教育, がらぼーン, がらどうしたうん, がらどうぞ以前の, がらどんなしのび足, がらなかなか面白い推定, がらなしなびたような, がらなどあって, がらなどが散らばり芝, がらなどでも若い人, がらなどをあはれ, がらなりとももし肉体, がらなるに, がらな打つぞツ, がらにおいてひきつづきまたまたあの, がらにおいても右門は, がらにとしゃちほこ立ち, がらになつてこの, がらにばかりは珍しくも, がらにまで私は, がらにもねえへんてこな, がらにものう惚気を, がらにやあらんくにびと, がらによって臆断を, がらによるのだろう, がらにらむように, がらに対する情緒の, がらに関する談笑も, がらねたみしと相, がらのみを観察し, がらはこぶ白昼の, がらばかりはいたって小気味, がらひどい目に, がらひらっとこっち, がらびとであるかも, がらへっ冗談じ, がらへもすこしもいう, がらほりもの事件, がらまことに大どかな, がらまことにさもありそう, がらまでが後醍醐に, がらまでも横取りしたい, がらまれて得応, がらみんなして, がらみんな競馬さも出はる, がらむとする心である, がらむとする方向と自己, がらむ工合は何とも, がらめんとを信じ, がらもうご存じで, がらもぐり込むのであつ, がらもって来い, がらものの中, がらもんがらかでも, がらやく畑の, がらゆえ気色には見せぬ, がらゆゑ山男が巷, がらよっぽど人を, がらわがん, がらわたしは席, がらをもって光秀は, がらをよこどりされたそねみが, がらアヘンリーさんの計画, がらア手前己惚るな, がらガリガリとかじる, がらクロニオーン其胸中に災難, がらツウと門内, がらツェルギーベルの名, がらヘッ馬鹿にすらヘッヘッ馬鹿, がらヤイ覚えとけ噂, がらララ電信ばしら, がらロシヤ人が一番, がら大湖水, がら一つ落ちても, がら一人と三人, がら一八郎と万吉, がら一塊りにな, がら一緒に茶屋さ, がら一郎の手, がら七十五銭ぐらいにはなん, がら万事に届く, がら丈夫でいろな, がらつて, がら不良共が, がら不謹慎だといふ, がらの攻撃, がら両脚を指さし, がら鱸などの, がら了解は早い, がら争う心は, がら二夫人は嫂, がら五俵ずつ穫れ, がらを疑う, がら人がらよう眼をあい, がら人がら素姓に関し何, がら人前もわきまえず, がら人徳によってきのう, がら人柄によるもの, がら人目も多い, がらまでは全然, がら今一度思ひ切つて, がらの状態, がら付かせた若侍, がら仙人何處の雨乞, がら以外にその, がら以来すっかりけいべつ, がら以来何も溶け, がら仮装を厭, がらよりも眼, がら何となく羽織の, がら何時大陸へ着く, がら何時間も空, がらつ程人, がら余程奇を, がらの田原どの, がらを夢, がらがこうして, がら俺飴玉買った, がらを向いた, がら兄哥の居所, がら先生がたには御, がら其處此處と眼, がら内陣を掻き荒らし, がら冷やかにこの, がら出掛げて峠さ行ぐまでに行ぎあって今夜, がら切に感ぜられぬ, がら別に梅玉君の, がら化物じゃあるめえし, がらの新地, がら卑しからぬ中年, がら三郎いなぐなった, がら友造友造と噛ん, がら受収りに, がらの上, がらひには, がらも知れぬ, がら名乗りを蔵人, がら吐息ばかりをつい, がら吹き降りの中, がら吾眼は光つて, がら哀れとぞ思ふ, がらをうたつ, がら唐桟のその, がら問わずに決して, がら堪らねえ旨え, がらも倒さ, がらの豪家, がら外さ出はるなよ, がら外人に落籍された, がら多い天下の, がら夜歩きは解し兼ねまする, がら大きな音たて, がら大尽がどう, がら大道具という職業がら, がら天罰で手前達, がら天魔の怒り, がら姉様己が嫁さん, がら始めてホッと溜息, がら守る友軍を, がらのうち, がら家さ戻ったらお母さんさ, がら家さ連れで来, がら容貌もそれ, がら博奕ぐらいは, がら小作りだろうと, がら小作米を負け, がら小屋を別, がら居室の壁間, がら屋根もとばさ, がら山岳地の間道, がら山手辺のお, がらをお, がら常に武を, がら幕府に接近, がら年じゅうあっちにもこっち, がら年じゅうくよくよして, がら年じゅうブガーノフの耕地, がら年じゅう壁だの街路, がら年じゅう夜昼なしに, がら年じゅう家の中, がら年じゅう流血デモがありゃ, がら年じゅう灰だらけになっ, がら年じゅう米つくるが, がら年じゅう糸くりをしたがっ, がら年じゅう花が赤く黄色く, がら年じゅう誰かしらの面倒, がら年じゅう警察のいす, がら年じゅう貧乏なん, がらにつく, がら彼女のそば, がらってみた, がら律儀だもな, がら後藤野ど, がら悔恨の涙, がら憐れとぞ見る, がら戦つて居る, がら戦争中軍需工場でみんな半可通, がら手前たちをこっち, がら扱いである, がら文盲をつくる, がら斬合いなんぞにお, がら新造艦マール号の性能試験, がら日増しにお寒う, がら日射病で倒れた, がら日本へ譲っ, がらをねたみ, がら時には見上げる, がら有るものか, がら折ったり, がら木曾の焼き米, がら未だ小僧っ子じゃ, がらの出す, がらの酒, がら格子を五六軒, がら折ったり, がら次第で高い, がら正午の西洋間, がらせるよう, がら殿さまの御, がら比類のない, がら永久に消滅, がらなんぞを売る, がら法隆寺駅についた, がら注意ぶかい, がらに機宜, がら海道筋へでも出ますれ, がらの中, がら濡ぢぬうすもの, がら瀑布が世界, がら焼きを箸, がらとして家内, がら片付けなどする, がら物凄まじく思われた, がら特に御交際, がらえる馬, がら珍しい名である, がらの深み, がら病み弱つた人, がらを顰め, がら真にあり得べからざる光景, がらの上, がらも倒さ, がら積極的な存在, がらになった, がら立上つて爐の方, がら立上つて隣に行, がら立歸りしが, がらの垣根, がらにかかわる, がら糺してみなけれ, がら素姓を先, がら羽織は裏がら, がらも極めて, がら自体がむづかしい場合, がら自然と会得, がら臺所で朝飯, がら色々の画家達, がら花柳界の得意筋, がら芸妓やや料理店, がら若い女の, がら苧がらはあるいは, がら英租界などは隅, がらの相場師, がら落ちついてい, がらの音, がら蜜柑買わせっさ, がら捕り姿, がらにはおどろかぬ, がら行手を遮る, がらの幢幡, がら見せんなよ, がら見張りして, がら見当が付かねえ, がら見渡す限りわめき騒い, がら言って置く, がら試合を命じる, がら調査を行なう, がら諸方の官家, がら貧窮組ならこっち, がらつて, がら軍鶏に似, がら近所の商家, がらを口, がらだと, がら釘勘の目, がら長く勇猛の, がら長作取り換えでもらえ, がら長髮のアカイア族, がら開きになっ, がら雨具をぬらし, がらを丸, がら雲霧の中, がらのよう, がら露助の汽車, がら青空を行く, がら非人情という私, がらをあげ, がら顔見知りの少い, がらのよう, がら風車もぶっ, がら飛ばしかねて右, がら食膳に上る, がら馬楽の死, がら馬酔木の類, がらをみだし, がらのごとき, がら黒いのだ, がら黒襟のかかった, がら鼻糞月給とりの癖, がらをこぼたれ