青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~がっ がっ~ ~がった がった~ がら~ がり~ ~がる がる~ がん~ ~き
き~
~きい きい~ ~きいた きいた~ きき~ ~きく きく~ きこえ~ ~きた きた~

「き~」 35290, 350ppm, 273位

▼ き~ (12004, 34.0%)

268 いる 258 いた 166 いるの 97 くれた 78 くれ 77 それを 71 います 65 みると 54 いました 50 ください 48 いたの, いて 43 ゐる 42 くれと 41 私の 39 いるん 38 くれたの 37 私は 36 彼の 34 いること 33 いるから, それが 31 くれたまえ 30 ゐた 29 いるので 28 いると, 自分の 27 彼は 25 くれました 23 下さい 21 くれる 20 いたが, いるが, くれて, くれれば, しまった 19 いるよう, おくれ, 何か 18 いるという 17 私を, 言った 16 これを, それに 14 あげるわ, くれないか, しまったの 13 いたので, くれるの, ごらん, ゐるの, 急に, 立って 12 彼を, 私に, 自分で, 酒を 11 いるか, くれると, 手に, 見れば 10 くれたもの, ごらんなさい, しまって, そこに, もらって, ゐたの, 二人の

9 [11件] いっしょに, いるのに, おります, くれるよう, みれば, やるから, ドアを, 下すった, 戸を, 花の, 頭の

8 [21件] いない, いなかった, いるところ, くれたが, くれたん, くれない, くれよ, くれること, ここに, その上, ついには, やろう, れつな, ゐるやう, 彼に, 待って, 手を, 止まりました, 腰を, 自分は, 黙って

7 [36件] あげるから, いながら, いましたが, いるはず, いるもの, くださいました, くれたので, くれるもの, ここで, ここへ, これも, こんどは, しまいました, しまつ, すぐに, そこの, その中, それは, どうする, もらいたい, やった, やる, 一緒に, 二人で, 人の, 今度は, 仕方が, 僕は, 彼女の, 机の, 椅子に, 私と, 見ると, 話を, 遊んで, 鳴いて

6 [25件] あげましょう, いいました, いたと, いつもの, いても, いるかも, おくれよ, くだすった, ちょうだい, ならなかった, ほしいと, よかった, 下さいよ, 今では, 今まで, 僕に, 出て, 口を, 扉の, 止まって, 男の, 目の, 頭を, 顔を, 髪を

5 [48件] あげますよ, あそぶ, いい声, いたし, いたん, いないの, いますよ, いまは, いるかという, いるし, おいて, おりました, くださったの, くると, くれたそして, くれたり, くれという, くれませんか, くれるん, くれん, それから, とまる, ならない, みて, みました, もらった, やりました, やるよ, わたしを, ゐて, ゐると, ゐるので, 中に, 今日は, 何を, 例の, 働いて, 学校へ, 室の, 居るの, 店の, 我々の, 扉を, 物の, 眼を, 私が, 部屋の, 首を

4 [75件] あげよう, いたよう, いますから, いるとは, いるよ, いるわけ, いる人, お高, くださいと, くれたこと, くれたね, くれません, くれるに, この家, この話, これは, これらの, しまいには, しまう, しまえば, そこで, たこを, ほしい, ぼくの, みますと, もらいたいん, やがては, やったん, やつた, やつて, りっぱな, ゐても, ゐること, ゐるもの, ゐるん, テーブルの, ランプの, 一人の, 丁寧に, 下さいと, 中の, 人に, 人を, 倒れて, 僕と, 僕の, 八年間働かね, 助けて, 同じよう, 坐って, 女を, 女房の, 妙に, 帽子を, 庭の, 心の, 木の, 柏の, 歩いて, 水に, 涙が, 爺の, 眼が, 石の, 耳を, 肩を, 胸が, 自分を, 草は, 見て, 話して, 貰いたい, 賑やかな, 足の, 飯を

3 [147件] あげましょうか, あげます, あげる, あげるよ, あんた, いたから, いたその, いた二人, いないこと, いません, いらっしゃる, いるなんて, いるらしい, いる人々, いる以上, いろいろと, うちの, おりますが, お綱, お辞儀を, お酒, かれの, くださいな, くれい, くれたから, くれたと, くれないと, くれなければ, くれます, くれるか, くれるって, くれるので, こ, この木, これが, これに, ごらんよ, さわぐ, しまうの, しまったん, しまひました, しまふの, すわって, その夜, それからは, それと, それも, とまって, どこへ, なにを, びっくりした, みんなに, もらいたいと, もらうこと, もらえまいか, もらったり, やったぞ, やったの, やれ, よく見る, ゐたが, ゐます, ゐるが, サト子の, ステッキを, ニールスの, ピストルを, 一しょに, 三人で, 下さいって, 両手を, 了った, 人は, 今の, 今は, 作者は, 俺の, 僕が, 入口の, 冷めたい寝床, 冷やかなる, 別の, 博士の, 四人の, 四日目にぞ, 坐つて, 大きな声, 奥の, 女は, 娘の, 家の, 家康を, 寝台に, 小声で, 居ります, 座に, 彼と, 彼女に, 彼女は, 後から, 急いで, 息が, 我に, 手拭を, 手車に, 指を, 明日は, 春の, 昨夜の, 枝に, 次の, 止まった, 止まったの, 死なましもの, 母の, 気が, 海岸に, 火の, 炉端の, 焼いて, 熱心に, 眼も, 石を, 私たちは, 終いには, 置いて, 胸に, 自分たちの, 船の, 荷物を, 見せました, 話の, 話は, 貸して, 足を, 踊って, 門を, 雪が, 雪駄ちやらちやら, 静かな, 非常に, 頭から, 頭に, 食卓を, 餌を, 黒襦子と, 鼻の

2 [640件 抜粋] あげたのよ, あげたよ, あげませうか, あげようか, あげようと, あそぶ其中一人, あたりを, あちらの, あっという, あらむ, ある, あるから, あるん, あわてて, あんな風色, いい気持ち, いうには, いざ自分, いそう, いたこと, いたって, いたところ, いたに, いたもの, いた今, いた男, いた頃, いつしよ, いつまでも, いづち向き, いないが, いは, いまこの, いましたか, いますが, いませんでした, いやすぜ, いようなどとは, いるけれども, いるそう, いるだろう, いるでしょう, いるね, いる今, いる彼等, いる源三郎, いる男, いる着物, いる若い, いる順平, いろ, いろいろな, うしろから, うち戦ぐ, うれしそう, うろ, おいで, おおかみ, おくん, おじいさんの, おったこと, おって, おなじ色, おれの, お出, お前はな, お友だち, お母さんに, お汁, お礼を, お茶漬, からたちの, きたが, きたので, きれいに, ぎんがという, ぎんがといふ, くださった, くださる, くださること, くださると, くださるよう, くだされば, くれえ, くれその, くれたあの, くれたありがたい, くれたお, くれたかい, くれたその, くれたまえよ, くれたもん, くれた何, くれた酒, くれないかね, くれないもの, くれないん, くれの, くれましたが, くれや, くれるから, くれるが, くれるだろうと, くれるやう, くれる人, くれる者, くんな, くんなと, こいつを, ここは, こっちへ, こつこつと, こつちから, この市, この日, この辺, この部屋, こまりました, これまで, ころころと, さえずりました, さっきから, さつ, さまざまな, しかもその, しかもそれ, しばらくは, しまったから, しまったと, しまったもの, しまひましたが, しようがなかった, すすめるまま, そう言っ, そこら中に, そしてその, そのこと, そのため, そのなか, そのへん, その二人, その人たち, その娘, その子, その新, その木, その男, その花, その袖, そばに, それからの, それから後, それで, それとともに, たがいに, たくさんの, たださえ, たて続けに, たまらない, だんだん気, ちかごろに, ちやうだい, ちょうだいよ, ちょッと, ついに彼, つい知らず, つけて, とかくに, とまった, ともしび, なにが, なにも, なわを, にぎやかな, のを, はじめて, はじめは, ばけて, ひとりで, ひら, ふたりの, ぼくは, ますよ, またその, まりを, みせければ, みせる, みた, みたまえ, みなければ, みろ, みんなを, もらいたいね, もらいたいの, もらいました, もらえば, もらったの, もらったわけ, もらわないと, やがてそれ, やったのに, やったよ, やると, やろうと, ゆうべの, ゆっくりと, よい声, れつなる, わしを, わたくしは, わたしに, わたしの, われは, われわれを, ゐたその, ゐたので, ゐた犬屋, ゐるから, ゐるし, ゐる人, ゐる娘, ゐる彼女, ゐれば, んで, キチンと, キャラコさんに, コップを, スーッと, ソフトを, トロイアの, ドサリと, ハイヨと, ビチョリと, ベッドに, ペンペン草が, ホコラの, ホッと, ポツンと, ワッと, 一しよ, 一人で, 一定の, 一枚の, 一生懸命胸を, 一種の, 丁坊の, 上から, 上げるから, 下さつた, 下さる, 下さるの, 下に, 下駄を, 不思議そうに, 不思議な, 中から, 丹念に, 久しぶりに, 久方の, 之を, 了つたと, 二人に, 二人は, 京に, 人々の, 人間の, 介抱した, 仕事を, 休みました, 何かを, 何も, 何度も, 僕を, 元の, 先生に, 兜を, 全てが, 八畳の, 其処の, 出で, 別れる, 前の, 剣を, 化けて, 卓子に, 友達に, 取って, 取出せば, 口の, 叫んだ, 各人相当ニヒリストに, 君に, 告げた, 周平の, 商売を, 喜んで, 囁いた, 地に, 地面に, 坐ると, 城門は, 墓石の, 壺に, 外から, 外套を, 多くの, 夜は, 夜遅く, 大事な, 天井も, 女中の, 始めて, 始終小笠原, 子の, 子を, 子供たちの, 子供の, 存分に, 宇治の, 寝て, 小さな畑, 小屋の, 小田さんに, 小田原へ, 小遣ひもらつて嬉し, 少年の, 尾を, 居る, 山の, 岩の, 巡業の, 庭に, 庭へ, 庵の, 廊下へ, 廊下を, 引き取って, 役所の, 彼女が, 彼等の, 後に, 後生大事に, 志保は, 忘れ物です, 忘れ物を, 恥も, 懐中を, 戸の, 戸口から, 手には, 手も, 手品の, 折角持ち直した, 拂ふと, 持って, 挑戦する, 救い出して, 教えて, 新らしい, 旅籠に, 旅館の, 日の, 日本の, 早くも, 昔の, 星の, 昨年の, 時事の, 時間が, 晩酌が, 月の, 有無を, 朝の, 木に, 東京の, 枕草子を, 枯葉が, 柳の, 橋を, 次に斎戒沐浴, 次第に自分, 止まること, 武者ぶりつき椅子を, 死んで, 殺すこと, 母は, 母親の, 民族の, 水のむ, 池に, 泉を, 泣いて, 泣けて, 海を, 混乱に, 火鉢の, 灰色の, 炊事を, 無事に, 無理に, 無言で, 熟柿たべ, 片手に, 片手には, 物を, 猫が, 玄関で, 生きて, 田舎の, 町に, 白い布, 白粉を, 目に, 眼に, 眼の, 着せて, 着て, 磯五の, 磯子の, 礼を, 神を, 神経自らが, 祭って, 禅僧の, 私も, 種々な, 窓から, 立つて, 立派な, 笑ったり, 笑って, 糊口を, 素知らぬ顔, 紫の, 罪に, 群集に, 羽根を, 老樹欝然, 胸を, 膝の, 膝を, 自作の, 自分に, 芝居を, 花が, 茶を, 草はいちめん波だち, 荒君は, 荷物に, 葉を, 薨ぜら, 虫が, 蟻に, 行かざる道, 行かぬか, 行き過, 袖を, 裏の, 裾の, 見せると, 見る, 詫びを, 讀めば, 賊の, 赤い実, 足もとの, 身を, 逆戻りを, 途中で, 連れて, 遊ぶもの, 道を, 邪魔を, 部屋へ, 金を, 金色の, 鉄の, 鏡の, 関羽に, 離れの, 雨と, 雲の, 電灯を, 霧は, 頂戴, 頭が, 頭には, 頭陀袋の, 顔が, 顔には, 風が, 風呂に, 飢えきって, 馬に, 馬の, 馬車に, 鳥の, 鳴く, 麻油の, 黒い前だれ

1 [6653件 抜粋] あああの恰好, あげないわ, あした朝食の, あちこちの, あてども, あのマドロス, あの音, あらゆる寺塔, あるく宿銭, あれよ, いいか, いきいきと, いきなり彼, いくら寝よう, いたきれい, いただけないでしょうね, いたら怪人, いた仲よし, いた女, いた春さん, いた穀物, いた都, いつかの, いつの間にか女房, いないという, いなかった実情, います話すこと, いまアメリカの, いやになる, いらい人, いるお, いるここ, いるとき, いるぼろ着物, いるパーマー, いる体, いる婢, いる時, いる濁った水, いる船, いる長町, いろりに, うしろ向きに, うづく, うろうろし, おいたよ, おくれだ, おこす, おちるすぐ, おばあさんの, おらず盗んだ預金帳, おりました妹, おること, お乗んなさい, お姉さん, お寺の, お母さんの, お苦しみ, かがる色糸みな, かならずエロ, かるがると両方, きいて, きつ, きよ, くださいませんか, くださるから, くつろいだなごやかな気分, くれお前ら, くれたぞ, くれたらのう, くれた力, くれた早速, くれた者, くれた附添, くれないの, くれなくとも, くれますが, くれるし, くれるまで, くれる筈, ぐっとおさえつけた, こういう種類, こう祈る, こっちを, このまだ, この前, この島, この老婆, こぼれた黒い, これからは, ころがりました, こんばんわと, ご病人, さしたよう, さて食べはじめ, さらでも寒い, ざらざらし, しきりに演劇, しちりん, しばらく経つ, しまったとき, しまつて, し敷妙, じりじりと, すぐ前, すぐ馬, すでに日常生活, するどい口, せいいつぱい, そういった, そこで旗, そしてまたどし, そっと保羅, そのかげ, そのままタタタ, その一番上, その光線, その地理的関係, その帰り, その手, その枝指, その片隅, その私, その膳, その身体, その顔, それからまた出かけよう, それこそ, それなりぐっすりね, そんなこと, たくさん食べました, ただ今着陣, たちまち死んだ, たまらないほど, だから年, ちかくに, ちょうど良吉, ついに何, つかまったり, つまりは, とうとう十時, とてもあんな, ともすれば気, どうしてあの, どうやら社会性, どの家, なかま, なげ侍れば, なまじつ, なんという, にらめっこを, ねこの, のぶちゃんと, はじめて圓朝, はては旋風, ひきあわされては, ひとり久しぶりの, びっこの青い, ふたたび戦火, ふわりと, ぺこりと, ほっと後ろ, ぼくに, まえ足, ます山, またそこ, また勉強, また薬, まだ家, まづ友達, まるで本統, みずから駕籠の, みなよ, みんなし, めいめいの, もう一度突き直し, もう十人, もてなそうと, もらいたい気持, もらおうかしら, もらひませう, やがて全身, やがて東, やったもの, やはり道, やり家庭内, やろうか, ゆくんだい, よい結果, よびとめたり, れつは, わたしたちには, ゐたレムブラント, ゐられた, ゐるところ, ゐる弟, ゐる襟足, アパアトを, ウロウロする, オレを, キリスト教徒と, コップに, サッとにせ, シゴイさんの, ジョンドレットに, セルロイドの, チャブ台の, ドクトルが, ニヤリ, バスクが, ヒメが, ブラン・マントー教会堂の, ホシの, ポケット小僧から, マーケットぢや, ヤアハア畠蒔き, リーロフに, 一つ残された, 一人なら, 一家の, 一息つけた, 一時間十一ドルの, 一歩進み, 一羽の, 一齊に, 三ヶ月ほど, 三四年前とは, 三郎さんの, 下さいましたお父さん, 下さつたたいへん, 下さるん, 不協和音が, 世帯の, 中には, 主人に, 亀清を, 二三行読み下し, 二時までに, 五六日目の, 井上君の, 人なみならぬ, 今ここで, 今また, 今度はさえ, 仕官を, 令嬢から, 以来少なくとも, 会わせて, 低くおじぎ, 佐野の, 何だか考え込んでる, 何もかも雑炊, 何用か, 供えそして, 俳優の, 倭建の, 僅かに, 元戎, 先生お, 入る熱き, 八月十四日の, 其の時代, 内海を, 写真を, 凄まじく自分, 出ると, 出逢った人々, 初めてこれ, 別れた, 前よりも, 助けを, 包み金で, 十八畳の, 半分ほどは, 博士邸の, 又それ, 取らせたので, 口ば, 只しれ, 吉乃は, 同じ道, 向う側の, 吠えつくの, 呉侍御, 命守れ, 唾を, 喜悦の, 四つ這い, 困った事, 国情が, 地を, 坂口君に, 城中の, 堰きとめるすべ, 壁にも, 売って, 夕刊新聞を, 夜が, 夜風が, 大きい電柱, 大きな赤い, 大吉型を, 大池の, 天下を, 太刀川の, 失敗を, 奪ひとりました, 女気なし, 妻に, 嫁が, 孤独の, 安らかな, 実際それ, 家々の, 宿陣し, 寝ますか, 寺に, 小さくどんより, 小僧さんの, 小林君を, 小郡に, 少し追いぬく, 居らりよう, 屋根裏部屋の, 山野の, 崔の, 左右に, 帯か, 平地を, 幸福の, 床に, 庭が, 延びた頭髪, 弟が, 張飛は, 役所会社に, 後で雨戸, 徘徊し出した, 御隠居, 心配げな, 思いも, 怠けて, 息を, 悶を, 愛と, 懐手を, 戰の, 手ごろの, 手籠めに, 折悪しく, 押入れから, 指環を, 捕まえた男, 描きかえさせなければ, 故郷に, 数名の, 文学の, 新しい進歩, 方々の, 日本に, 早く衰え, 明智探偵に, 昨夜騒ぎが, 時間は, 暗い山々, 曳革を, 最上先生ゐない, 朝まで, 本堂の, 杉の, 来て, 松木から, 枝の, 格子の, 棒ぎれで尻に, 椎の, 槍や, 橡の, 歌妓を, 止る, 正造を, 死なせるなんて, 殆ん, 母子砲の, 民子が, 気違ひ, 水曜ごとに, 汚れたところ, 河尻に, 法事の, 泥水に, 活けるおばさん, 浮きし濡髮, 涙ぐましい心地, 淺くそ, 満員の, 滅茶滅茶に, 澄子が, 火災は, 焚火を, 無道を, 煮る掃く拭く, 爐邊へ, 片側は, 物蔭に, 猫も, 珍らし, 琴の, 生まれ変わったよう, 田も, 町を, 疲れたおとな, 登城した, 白札を, 皆に, 目口も, 相手が, 眠くなる, 眼隠しを, 石仏会の, 磯貝は, 神尾の, 私から, 秋田の, 空く他人, 突然駈け出し, 立ち上って, 立廻りの, 笛に, 篝火の, 紐を, 終日輝きけれ, 絢爛では, 縁側で, 美しいお嬢さん, 翌朝其若君の, 耳に, 肩から, 脱ぎすてた羽織, 膏薬の, 自分らが, 與四郎は, 船に, 芥川から, 苦しきに, 茶色の, 落したニールス, 蒸暑い室, 薄化粧を, 虎を, 衆の, 街全体を, 裏口を, 見あげても, 見やう見まね, 覗きに, 触れるばかりにの, 訴訟沙汰にまで, 話す郵便物, 読んで, 諫めたさうだ, 謝辞を, 豚の, 貰ふんだ, 賢夫人に, 走り出づ, 足音を, 身体を, 転向し, 近寄りて, 逃げられなくな, 造作も, 遊ぶ男, 道子は, 部屋には, 酔っぱらって, 野道で, 金銀寶玉を, 鉄鉢に, 長い髪, 開けっぱなしに, 阿部に, 陽の, 集合を, 雨谷の, 電光と, 青く光れり, 面白いもの, 頓服を, 頸根っこに, 風邪を, 食いつぶして, 食卓に, 飲んで, 香水の, 騒ぎたてるの, 高島田に, 魔障盗賊を, 鶏たちの, 黒い前垂れ

▼ き~ (2183, 6.2%)

52 立って 49 立つて 44 なって 39 して 35 非ず 14 あらず 11 けり, なつて 9 出て, 来て 8 なった 7 帰って 6 なつた, なる, なること, 來た 5 なると, なれば, 人の, 打たれた, 日が, 歩いて, 立った, 立てて, 非ざれ 4 けらし春, これを, それを, なりました, 目を, 立つ, 行って, 見えるの, 身を, 非ずや

3 [23件] ある, ちらついて, なつたり, なり, なるの, よくな, ーき, 來る, 力が, 力を, 口を, 彼の, 彼は, 来た, 沈んで, 癒る, 聞きたいといふ, 自分の, 行つ, 進んで, 降る雨, 非ざる, 非らず

2 [120件] あつた, あらずとは, あらず況ん, ありそして, ありと, あるの, ある力, お渡し, お父様, お風呂, かかったが, きたの, くる, こんな事, されて, ざあツと, した, しても, しときましたさかい, その村, その高原, たって, つけて, なくなつた, なったこと, なりその, なります, ほうい, やって, ホテルに, ミシンを, 一つ事を, 二人の, 二百里の, 人声が, 伊藤侯が, 似て, 住んで, 來たんぢや, 來て, 例の, 元の, 出しその, 出たの, 出来ます, 動いて, 堂を, 失する, 学校から, 家の, 寝て, 就きては, 帰して, 常盤座をと, 彼れ, 彼女を, 從ひ, 憲政党内閣の, 憲政黨内閣の, 戻って, 手を, 拵へて, 掛け髭, 描いて, 散る木の葉, 於てをや, 日は, 来る, 松隈内閣の, 枝を, 柔く, 樂が, 此女性の, 此里すぎよ, 死なれた, 死んで, 治る, 消えて, 深い意味, 溶けて, 現場を, 生えて, 當る, 眼に, 眼を, 石ころも, 私に, 立ちて, 立つた, 立つので, 立て, 紛れて, 置いて, 耳に, 肩が, 腰を, 葉の, 薬師堂あり, 行かう, 行くと, 行つた, 行ツて, 襖を, 見えて, 言って, 近いもの, 述べること, 過ぐる, 道全体の, 遭ひ, 閣下が, 附いて, 降りて, 雀が, 非る, 頭に, 顔を, 風邪を, 飛び出して, 食事を

1 [1477件 抜粋] あうこと, あった, あなたに, あの先生, あらざりき, あらざれども, あらずとして, あらず一現象, あらず年, あらず王父, あります, あるや, ある二階, ある小さな, ある祖父, ある雪崩, いた, いたるを, いつてでも, いりであるぞ, うちまぜ, うれ, おかあさんが, おばあさんの, おります, お乗り, お前とも, お奉行様, お弟子, お梶さん, お父さんに, お知らせせず, お貸し, お顔, かかった, かかりて, かかる売女, かたが, きしむの, きれいな, くるよう, けりいざと, けりと, けるぞとて, こき残り, この世に, この人達, この謡, こもらまし, こんな相談, さよ子として, したいわけ, したつて, したまま, しづみて, してでも, しどれ, しまひこんでしまつた, しやが, しんに, すぐに, すること, するの, すれば, その, そのこと, その中, その山, その返事以前, その高い, それに後, そんなこと言いがかり, た, たつこと, たる柴の, つかれるのねえ, つづいた野, つと現われ, できねば, とらえられて, どこからとも, どッ, なさらないの, なったでしょう, なったの, なったらどう, なっては, なほ二丁目一丁目へと, ならないで, ならぬよう, なりがち, なりして, なりたいんで, なりましたか, なりまた, なり出したが, なり私, なるため, なるに, なる姿, なる理由, なる風, なをります, のどや, はいった看守, はさみながら, ひとりでに苦笑, ふち紅の, ぶつかった事実, ぶら下, ほっついた, まさる憂き, またそんな, また冷静, まわれ, むく, もう一つ別, ものを, やつて, やりながら, やる予備手当, ょう夕方橋下の, よりて, らくが, わが約, わたそうとして, キンと, サッとそこ, ジユウルが, ソロソロと, チヨンと, ナオミの, ピリ, ブラブラした, プラツトフオムに, ポンターリエだろう, 一つの, 一人前働ける, 一人帰っ, 一杯に, 一番い, 一軒の, 三人の, 三藏が, 上の, 下駄屋が, 与へるやう, 世を, 並んで, 丸い鳥籠, 乘れる, 云いました, 云ひ出した, 五六間行つた, 人々も, 人間は, 仕払, 付けた呼び名, 令したる約, 会いに, 伝ひ行く, 伺って, 似たれども, 似た心持, 佇んだま, 住むでる町, 何でございます, 何故自分, 余等三人を, 作るを, 使いなすったらいかが, 來れ, 信頼し過ぎ, 候, 倫理的な, 備え付けて, 僕に, 元に, 先き, 光りを, 入った, 入り, 其の己, 其菓子を, 冬が, 出かけますお昼, 出しやって, 出ながら, 出入の, 出掛けるばかり, 出来た閑暇, 出発せられ, 出逢つた見習士官, 分るで有りましょう, 刎ね, 剥ぎ持ち來, 劣りません, 動悸が, 勢よく, 化る, 印度の, 参った, 参りますが, 参詣する, 及んで, 取り次ぎ電話, 口出す, 古くなる, 可厭, 同情を, 吹きつけるの, 告別の, 呶鳴つ, 呼びこんで, 咳入るごとく, 善きサマリア人, 噛みつくが, 囚われた津田, 困じたれど, 在りし世, 坊ツさまの, 城に, 報告を, 変じて, 外側だけ, 夜が, 大の字なりに, 大使館へ, 大徳寺の, 天国へ, 夫と, 失せぬため, 失礼させ, 女中を, 始まつた, 娘に, 宅へ, 家から, 家屋の, 寄せ來, 寄越した, 寝ますよ, 将軍家に, 小さい玉, 小夜衣の, 小説なんぞ, 就ては, 岡部美濃守を, 工夫した, 左様でした, 差し上げる書付, 帝国党の, 帰つた, 帰る, 帰る途中, 平次は, 座ア立っ, 廻して, 引いて, 引取人が, 弥れ, 影響される, 彼女は, 往かれます天狗坂, 待って, 従事する, 御き, 御苦労さんえろ, 御返し出來, 心が, 心長く, 必要な, 忘れて, 思ひうかべたこと, 悪いと, 想い出したの, 感ぜられた, 慣れて, 懸つて, 我れ, 戦争を, 戸前の, 戻りますから, 手が, 手足を, 打たれた群衆, 打たれ身, 払ひます, 承知した, 拍手した, 持つ私, 挫く, 探って, 掲げたベーコン的, 掴ませて, 提灯なき, 改札口を, 教室を, 文荷さいどの, 新しい外国, 日の, 早く衆, 明の, 昔名を, 晴代の, 曲ると, 書いたやう, 最近出来た, 木の, 村の, 杖を, 来とくな, 来よと, 来る事, 東京に, 松蝉遠く, 枯れて, 棲つてゐる, 横書きの, 歎い, 止まる雪, 正気づきました, 歩かせた, 歩き出しました, 歸つて來る, 死なねば, 死ぬかも, 死んぢ, 殺したん, 比ぶれ, 気づいたの, 気分が, 水の, 汚れねじれ, 池の, 沈む事, 沈黙を, 泊て, 泣き出します, 泣けるもん, 活を, 海軍をを, 渡ったが, 満ちて, 溶けます, 漂って, 火傷を, 然なく, 照され, 燃えて, 父上から, 片づけて, 独逸に, 猛省せね, 現す者, 甘んぜんと, 生じ小, 用捨は, 申しました東郷, 畏くも, 疲勞れます, 登子の, 皇帝の, 直つた, 眠ること, 眼が, 着られも, 着更, 石段下その, 破るの, 社, 私は, 私達は, 種々の, 突きつけた, 突き出して, 突つ立つ, 立たせるよう, 立ちあがりしかも, 立ち上った, 立った桃, 立つたの, 立つた姿, 立つと, 立つ物, 端坐あそばされ, 笑む, 筑波屋へ, 篠田長二の, 籠の, 納まるの, 納屋に, 紫糸毛の, 結んで, 縋りついて, 置いた, 置かれました境涯, 羊羹色の, 習ったドイツ語, 考へた道徳的, 聞いた方, 聲を, 聽く, 肺病でも, 胸つぶれ, 腐りますから, 腐敗しかけ, 自分用の, 至剛の, 舟へ, 艇庫に, 花の, 草の根を, 萎えに, 落ちついて, 落ちる芸当, 葬式から, 蛇にな, 行えば, 行かれますよ, 行き給, 行くの, 行く大野, 行けと, 行ったとき, 行った子供ら, 行つて待たれ, 行燈を, 表へ, 見えなくなりました, 見つかつ, 見つけ出して, 覗き込んで, 覚えられるわよ, 解りますから, 言い伏せて, 言った半, 言葉を, 訪ねたい然し, 許しが, 話が, 認めたるオイリュウス, 語つた, 読んだの, 諏訪湖を, 豆が, 負かされて, 貫一は, 貴方にも, 赤い首, 走り出して, 起きた友達, 足を, 軽く酔, 込みあげて, 近い足跡, 近づこうと, 迫ると, 述べた他, 退屈する, 這入って, 通らせた, 進みハイマツ, 進呈しよう, 運送の, 過ぎずとせば, 過ぎて, 過るを, 道路を, 遣ろうと, 酌なと, 醒めたるもの, 鎮火し, 長火鉢の, 閉口し, 阿野中将の, 降りまして, 降りるん, 限りあらず, 陣中殘し, 雅号を, 雨が, 電車に, 静緒は, 頓着なく, 額を, 風と, 飛びのいた, 飛んで, 食堂へ, 飲んじまって, 飼われて, 餃子でも, 首を, 馳せて, 駆けの, 駈け出さうとして, 鰹が, 黄金菊の, 鼠を

▼ き~ (1083, 3.1%)

36 して 9 見て 7 した 6 争って, 感じた 5 食ふ 4 あげて, つけて, もつて, 信ず, 挙げて, 続けて

3 [16件] したり, しなければ, すること, するの, するよう, つづけて, はじめた, 信じて, 出して, 友達いぶせく, 取って, 恨みの, 知つて更に, 見ること, 見るの, 顔に

2 [63件] あげると, いそいで, おも, かすめて, きいて, くは, くれて, したと, しないで, しながら, つづけること, てらすため, ふれて, もらして, り, われと思い, 争うて, 信ずるに, 信ず侯, 信ぜむとす, 入れて, 動かして, 叩いたの, 叩いて, 叩く音, 命ぜり, 問ひ質さず, 待つて, 得, 得健やか, 急いだ, 感じて, 手で, 打ちこんで, 拝みました, 持って, 捩ぢ, 摘んでも, 攻撃する, 歎じ, 歎美し, 母の, 求むる中, 求めずには, 父母小川久兵衛牧師泉田精一教誨師前坂和子君所長にも, 目がけて, 着て, 知って, 示して, 私は, 約す, 考へると, 聞くと, 見た, 見たお, 見ながら, 見るに, 見逃すわけ, 覚えて, 覚ゆ, 誓ふ, 諷告し, 辿つて

1 [816件 抜粋] あげながら, あざやかに, あそばさない時, あてた, あらくした, あらそふもののふ, いかにも蜈蚣, いたしました, うけた, うけて, うしなって, うたひ, えしなりき, えんため, おぼえて, おもえるなり, お耳, かう言, かかなかったかしら, かきはじめる, かきを, かき熟寢入, かく子, かけた上, かけて, かけ若, かさねて, かすめたり, かの美, き, きりふせ, くりぬいて, くるくると, けして, こしらえそれ, こめたもの, こもごもに, ごそごそ動かし, させたり, さな, さへ, されて, したがらせず神妙, したの, したほう, したよう, しても, しなかった時代, しなかつた, しねえが, しようでは, しようと, し出したと, し多大, し得ないという, すました, すませて, するが, するにゃ, するやう, するよ, する久米, する人, する折, する準備, する獣, せぬため, せられて, その初, それほど身, た, たたきつけて, たっしたの, たづね, たのみ戰, ためすため, たれに, だア, ついて, つき出した, つき止めたまえ, つくづく味気, つけな, つけないと, つけねえ, つけるの, つけるので, つけろ, つけッ, つけ気, つなぎ止める合理的核心, とった, とばして, とられて, とりだし恐ろしい, とんぼが, どうにか揃え, どこに, どりも, ながめおは, なぐさめたの, なして, なす, なすつたらよから, なす余, なせしこと, ねらつたと, のぞいて, のべると, はく音, はたすと, はっきりと, ば賞めて, ぱっく, ひめ隠しおかば, ひろげたって, ふるいおこして, ぶら, ほろぼし藤吉郎め, みせるまでに, みのるに, みるとも, むけるの, もたらす文学上, もつもの, もて三遍, ももう執念, もらした, やいて, やつた, やらかして, やるその, やろうと, らん, りまんまろ, る, わざわざ送, グイ, サ, ステツキを, チラ, ヂュウス・クロニオーン, ヒクヒクさせた, ブルトンの, 一々白状, 一つ喰はせ, 一ぱいに, 一人心を, 一時でも, 一生けんめいに, 上に, 与えること, 与へた, 両方に, 並べたよう, 争い出ようと, 争つて逃げ帰, 云うなり, 人々は, 人は, 今も, 今更の, 他に, 以つてその, 仰いで, 伝えた, 伝へ出した, 何の, 何時も, 作つて迎へたと, 促が, 信じたり, 信ずる能はず, 修めず務, 偸んで, 働かせては, 入れちゃったん, 冷くさ, 冷ややかに, 切る金, 初め蛇の, 加ふ, 助けて, 動かすか, 務めずして, 半は, 収めて, 取つた, 取り出して, 取り戻して, 取るその, 受ける, 受ける許, 叫んだが, 合せたり, 同じ大き, 同時に押す, 吐きちらして, 吐き罵りわめいて, 吹きまげるやう, 吹くよう, 告げるまでは, 命じて, 唱ひ, 喞つ, 嘉す, 噛みならしながら, 堪えるよう, 塞がれた腹癒せ, 増して, 増大させ, 声に, 売り歩いて, 変に, 変へて, 大ならしむ, 失い塩山一家, 失った, 失った暗い, 失つてゐた, 失わなかった, 始め商社, 委細に, 完了し, 害せざるなり, 家いで, 射る, 少しずつ, 廃業し, 廻りに, 弁えず我家人, 引き抜いて, 引っかけて, 引っぱりおろして, 強ひ, 形容せる, 彼等は, 従えて, 得ずいつも, 得ず通読, 得たこと, 得たと, 得べきなり, 得る, 得るの, 得勢い, 得逆, 御馳走に, 必然に, 忍びて, 思い出す事, 思うて, 思うと, 思ひこなたの, 思ふと, 思ふ朝夕, 急いで, 急ぐので, 急ぐやう, 怪めり, 怪我を, 恥づるのみであつてデイヤレクテイツシユの, 恨みつ, 恨む, 悟らざる烏滸, 患へて, 惑わしながら, 想わせまた, 愁えずの, 意味する, 愚弟へ, 感じたか, 感じつ, 感じますもう, 感じる, 感じ初めて, 感じ彼女, 慎みなく, 所望いたす, 打ちながら, 抑へながら, 折って, 折られながら, 抱きはなはだしき, 拳固で, 持ち出しまた, 持ったという, 持ったらしいこと, 持つ手, 挙げよという, 振りながら, 挿して, 捻ぢ, 掃いたり, 掛けるよう, 掠めて, 揃えた牧場, 揉み上げる, 描いた盆提灯, 擦り割り, 改めて重, 攻むやと, 教へ, 散らす金色, 新たに, 普通と, 書いたの, 書きかへて, 書き初めた, 書き初めて, 望んで, 期し難く, 期すべきが, 条件と, 案じるやう, 棄てがたき, 棄てて, 椅子の, 標準と, 機械の, 次の, 歌つてゐた, 歩いた, 歩いて, 殘せる, 殺す, 求むる思慕, 泣いて, 洩すの, 洩らす, 洩らすのさ, 流れる小川, 済せて, 渚の, 漠然と心, 為しつ, 為して, 為たらしい, 煙管の, 照せり, 照らす火, 熱海の, 燈つけず, 爭つてゐる, 爲し, 片手で, 物語ったとき, 理由の, 異常な, 疎むに, 痛切に, 目あり, 目撃し, 看て, 眺めて, 眺めんとて, 着かへながら, 瞶めて, 知つた, 知つてゐる, 知らざりしなり, 知らざるに, 知らずして, 知らず動, 知らぬ世間, 知りて, 知りぬ一挙手一投足, 知り今日朝鮮, 知り歐米, 知り此獨立, 知ると, 知るなり, 知るやかの, 知れ, 示さんため, 稱すべから, 穿いて, 突きつけた, 突きとめる事, 突き込んでも, 立て, 立てはじめたので, 立て縮毛, 約せよ, 絡まして, 絡んで, 線路に, 緩やかに, 繋いだカヤ, 繰り返す事, 繼ぎ足さう, 置いた, 罵るとき, 考えて, 考へた, 耻ぢ責むるのみなりき, 聞いた, 聞かざるか, 聞かぬうち, 聞きたくて, 聞きました, 聞き木枯, 聞く毎, 聞捨てて, 聴いては, 聴くの, 聽か, 聽く, 脇腹に, 自分の, 蓮葉踊りと, 螺旋鋲の, 行い税, 被せて, 被つて, 見, 見ずその, 見せない, 見せられて, 見せるは, 見つめて, 見とどけるといふ, 見ました, 見られまする, 見ると, 見るべし, 見るを, 見る楽しみ, 見れば, 見上げて, 見出して, 見定めながら, 見渡すと, 見降して, 覗きこみ嗚咽, 覚えしなり, 覚え技巧的, 覚え生, 覚ゆるなれど, 覺え, 覺ゆ, 覺ゆ汝さらに, 触れた, 言いますと, 言わず為す可, 言わなくちゃ, 訊くたび, 訊こうとは, 許さずそ, 話した, 話して, 誇る梅花, 誓わば, 語りあつ, 説かざること, 読みつづけて, 読め, 読んで, 読書に, 豫想した, 買いに, 買ったの, 赤毛の, 越智への, 跳ねのけて, 身に, 輪に, 辿りながら, 迫つたのです, 述べて, 送って, 逃がさないやう, 通って, 遊ばすの, 選ばず常に, 選り聚, 避くべき, 配したる等, 鏤め込めて, 閉ぢ籠めて, 附けて, 陰気な, 隠した, 隠して, 隱す, 離れて, 離れなかった, 電車が, 静かに, 頭に, 顔の, 願ひます, 顧みて, 飛ばして, 食ったな, 食ひ, 食みて, 駈けて, 驚けるまでに, 高きを

▼ き~ (966, 2.7%)

15 ために 10 ような 8 中に, 眼を 7 やうな 6 ように 5 木の下に, 足を 4 どくそうに, メタル, 中で, 猪之, 私には, 花が, 音を

3 [17件] うちにも, ことである, どくに, なかに, ま, ものが, やうに, 中にも, 叫び声を, 屋根が, 惡い, 方まで, 束を, 深さ, 素子は, 花を, 足で

2 [60件] うちに, かの響き, たまたまや, つもりで, ところで, ところに, ところへ, どくで, どくと, どくなり, なにとは, はやわかり, ほうへ, ままで, ままに, もとへ, やまで, わいて, 不幸なり, 世では, 人でした, 人に, 人の, 人も, 処に, 出来る男女, 刑事だった, 在り人, 声が, 女, 女が, 姿で, 家が, 寝台の, 屋根も, 庭に, 弟だ, 後では, 方が, 方で, 浴客が, 生業の, 男が, 疵も, 眉を, 穴を, 素子が, 素足に, 絵具が, 美女の, 虫, 見込みは, 言葉は, 連中は, 鉄ちゃんは, 障子を, 隣に, 音が, 顔を, 馬の背には

1 [703件 抜粋] あとで, あばら屋から, あまりか, あまり大きく, あるの, ある声, ある家具, ある生活, ある男, いいこどもたち, いでたちで, いでたちふたり, うまや, おかみさん, お人, お冬, お前にも, お礼詣り, お節介屋は, お膝下の, お蝶, かいつむり, かどをまがる, かわいい女中さん, くるわへ, ことだ, ことでしょう, ことな, ことばを, させるわざ, さみしさ, しがないむす, しないねつとり, すらりと, する懐かし, する男, たンび, だん, つくよう, ところが, とばり, とんがり帽子, と同じ, どくがって, どくだ, どくだが, どくだけれど, どくだけれども, どくでそして, どくなもの, どくニ, ない一処, ない一日, ない心, ない目, ない腰かけ様, ない騒然たる, なかの, は, はたらきは, はな, はひ, はりきったさわやか, ひくい小屋, ひさしに, ひじきといへる, ほうが, ほうに, ほどより彼方, ほど何処, ぼくは, ままごろりと, ままそこの, ままだ, ままどんどん, ままの, ままドヤドヤと, まま上に, まま室の, まま床板の, まま応接室へ, まま歩い, まま腰掛けの, まま飛び上がっ, まん中に, めし自分は, ものだけに, ものつどひ, ものは, ものも, やうなし, やうな振, やうにしか, やんかんそ, アーク灯, シャツ姿の, セリフには, ツボ平さんは, ハムレトの, バラックの, ピエロなく, プロペラでは, ヘリコプターが, リーロフらしい, 一つだった, 一つを, 一なり, 一二寸は, 一件, 一方の, 一軒家が, 一隊が, 三下り簾を, 三君のを, 三四間先に, 三里は, 上に, 世から, 世からの, 世の, 中流人の, 丹下船長は, 亂雜な, 事だろう, 事で, 二十面相が, 二百五十円なり, 云つた一言は, 五倍七倍十倍年と共に, 五十吉と, 井戸側を, 亭主に, 人あり, 人が, 人でも, 人を, 人情風俗までも, 人達が, 人間は, 今だ, 仕事は, 他は, 代官屋敷から, 仲間入りを, 伊庭孝君が, 侍たちが, 俗っぽさ, 俥に, 俥夫と, 僕は, 儘なる, 儘土間に, 元は, 八疊間で, 公使に, 六疊の, 冒險の, 出方で, 出来ない母親, 出立ちで, 刑事が, 前だ, 前の, 副演, 化物みたいに, 北村青年でした, 医師は, 半分が, 博徒などの, 原因は, 原始の, 友人に, 古トンビ, 叫びが, 叫聲を, 周囲を, 和一郎は, 商人が, 商売だ, 器用な, 四つ角へ, 四阿すでに, 國や, 國乃ち地獄なり, 土地で, 土足の, 地面だけが, 均衡公平無私に, 埃も, 場合に, 場所でありました, 場所に, 場面が, 外山と, 夜余の, 夢を, 大通であるらしい, 大通り筋には, 大阪人でなけれ, 太夫薄墨の, 太鼓は, 夫れ, 夫人との, 夫婦が, 奧の, 女ださう, 女は, 女子ども, 女王の, 如くに, 妙味を, 姿が, 姿です, 姿に, 娘です, 娘心が, 子どもたちは, 子供なんか, 実を, 実際の, 家で, 家に, 家の, 家も, 家を, 家屋が, 家族用の, 容子を, 富士である, 寒行の, 寮屋に, 專横の, 小娘の, 小屋根, 少女, 少年等が, 屋根その, 屋根なぞ, 屋根の, 屋根は, 屋根はど, 屋根窓という, 屋根細い, 山国の, 岩を, 嵐に, 巡査さんと, 左の, 巻, 巻に, 帝の, 帳の, 帳場の, 年々姑と, 幼時から, 庇が, 床の, 底から, 庭の, 建物で, 影が, 彼が, 彼に, 彼女は, 彼方を, 徒の, 御婆さん, 心より, 恐怖し, 患者や, 悪い相手, 悪戯で, 悪魔で御座います, 慰みにも, 懐手だ, 我々は, 我に, 我れ, 手で, 手な, 手伝ひ, 手紙に, 手紙の, 技能能力に, 技能能力をしか, 拾い物に, 捕り繩, 提灯, 支払いを, 数々を, 文章を, 斑点に, 方々には, 方々の, 方までは, 方向を, 方当方娘四歳, 日向に, 日本でも, 日本人は, 明智小五郎だ, 明治十四年の, 時期で, 暗闇が, 書斎の, 服装を, 朝倉文夫が, 木には, 木の, 木の下の, 木も, 本なる, 杉の, 束が, 東京市民は, 枕許へ, 果てに, 枝に, 根城を, 森の, 森閑と, 椿の, 極意, 極楽なれ, 模範を, 権化で, 樫の, 次第は, 次郎が, 歌唄い, 歌姫, 武松に, 残雪に, 殿様が, 母樣が, 母親を, 毒さかぎりなく, 民衆の, 民衆は, 気勢にも, 気持を, 氣候とともに, 水夫等を, 水面に, 油でさえ, 法師達が, 流れから, 涙に, 渡り大工段々, 漁夫の, 炊事や, 為めなれ, 無きが差配, 無邪気な, 煙の, 煙をも, 片隅の, 物と, 物持ち, 王妃, 用事で, 由と, 由なり, 男でした, 男に, 男の, 男らしい恬淡さ, 町人などに, 町筋も, 白い火, 白い犬, 百姓や, 百姓家を, 目あてが, 眼は, 瞋恚を, 砂浜で, 硝子を, 祖母が, 私たちを, 私にと, 程より, 程を, 種子ぞとも, 窓さきに, 立場としても, 第一也三代將軍, 第二, 粉ひき場であり, 約束は, 紅に, 素子の, 素脚も, 紳士学生もっぱら, 終りに, 組を, 結果で, 縁の, 老医, 老坊主, 者共が, 聲にとも, 聲を, 脚は, 腐れ花七面鳥は, 腰掛に, 自分の, 至なり, 船の, 芋汁を, 花, 花の, 花や, 若い男, 若人たち愼まず, 若者の, 菊に, 葉と, 葉露も, 薫に, 處に, 蛇だ, 蛙の, 血も, 血を, 行手に, 行方が, 表情で, 袖を, 裏の, 西の, 西のを, 西田君の, 見物は, 見知らぬ子, 親父が, 角で, 角太河原に, 言葉に, 許へ, 詩集, 話を, 誰彼を, 貨物列車が, 資格が, 趣を, 足には, 足もとからは, 足休めし, 足先で, 身体に, 軒ば, 転音に, 軽々しい身, 軽い姿, 農家が, 逆を, 連中が, 遊冶郎の, 運命に, 道路人夫が, 部屋では, 金持ち泣かせ, 釜師で, 鈍さ加減, 長土間, 長物語, 長雨を, 闇の, 防人と, 陣屋も, 陪審員の, 陽向に, 陽気な, 隣村の, 雄弁とは, 集まった権威, 雪を, 雷が, 雷に, 電車事件が, 青年たちを, 非を, 面持で, 音だ, 音までが, 願いも, 類までが, 風采で, 飲み水, 飲料水も, 飴屋の, 饂飩屋の, 香りこは, 骨頂と, 高いこの, 高等御, 髮の, 魂を, 黄昏に

▼ き~ (873, 2.5%)

8 しないかと 6 しなかった, まりない 5 しない, 何時までも 4 何人も, 大きかった, 無論なり, 申すまでも, 自然の 3 いうまでも, きたが, しまいかと, どうした, まつた, 一と, 大變, 更なり, 養子の

2 [65件] ある, これに, したものの, しないか, しないかという, しないが, しないだろうか, しませんから, すまい, せで, その顔, だちて, だつて, とめました, どい研究法, どなりましたが, また急, まる事ぢ, まる放言, まる魔物, もうどこ, やかに, 不意に, 亦恐らくは, 人の, 人目を, 何の, 何ん, 何んなであったろう, 俺の, 兄きで, 入れ代り, 削るの, 前よりも, 加藤高明氏の, 十倍した, 外に, 大嫌ひと力, 夫れ, 妙な, 尤もらしく, 平気で, 強き狐光, 彼の, 必然の, 我輩の, 手帳に, 晴天にも, 汝一人で, 決して疑ふ, 淀川へ, 深刻でした, 清き紫, 百日紅の, 目立つて, 絵の具ば, 見て, 見る目, 誰れ, 論理なき, 赤いし, 足が, 顔を, 鳥居峠に, 鴻荒に

1 [666件 抜粋] あかり障子で, あっはは, あの星, あまり歩かなく, あらざらん, ありや, あるとは, ある停車場, いかばかりであったろう, いそがしいからだ, いつもお, いるん, うぬぼれであります, うまい牛肉, おいらの, おきな, おとなしく帰った, かぎりなき, くるしからぬ儀, この俺, この島, この祖父, この程度, これから先, これは, ころびやすき, こんな悪口, さぞ大きかっ, さも無念そう, しげれども, しじゅうからに, したが, したけれども, して, しないさ, しないであろう, しないでしょう, しないの, しない男らしい, しなかったが, しなかったぞ, しますまい, しません, しませんかと, じゅうぶんはたした, すまいかとの, すみだ川, ずっと容易, せしかしら, せぬ, せん, そこい, そちら側の, その弱, その樽, その真相, その高い, それだけで, それで, それ以上だ, たいがいここへ, たしかに信玄, だが, だたせて, だちなに, だつて孤立, だと, だとか, だまぐろ, だみづきかば, だや, ちゃんと申し合せ, ちょうどまた, ぢめた, つくづく見, てっきりお前, てっきり花, で晩, ところどころ皸, ともかくとして, どいところ, どい場合, どい感情, どい掛引, どい業, どい洒落, どうだったろう, どうなるだろう, どき処, どくなくなるやう, どこから, どこだ, どさ, どちらも, どんなだったでしょう, どんなで御座いましたでしょう, どんなむづかしい事, どんよりと, ないぞ, ないまつ, ない死んだなら死んだ, なかりけり, なくて, なさいませんでして, なにに, なんだか気味が悪い, なんといっ, にわかにまじめ, ぬ, のちに, ひしめける, ぴつたり, ふるへる, また, また別, また格別, まだ絶え, まったくさっき, まつたり, まつて口, まりなき, まりなく, まりも, まり蝉澄みわたる, まるで眼, まるポーズ, まる一夜, まる事故, まる人爵, まる効果, まる反映, まる古代的思想, まる唯美家, まる因果物, まる天才, まる存在, まる小説文学, まる怒り, まる感じ, まる感情, まる批評, まる數時間, まる時代, まる時間, まる気持, まる海, まる生活力, まる虚妄, まる見世物, まる見取図, まる話, まる賢哲保身, まる輪郭, まる限定, まる鼻, まれり, みて, みなき, みなきみわざを, むかし白楽天とかいう, むずかしいよ, むるをえざる目に, むる學者の, むる者が, むる能は, めしなら, めしなるべく, めんとて, もうすっかりよろこん, もうすつかりよろこんで, もうちょっとの, もう人車, もう信仰, もう出, もう畑, もう私, もう蛇, もっと外, もとよりわが, もとより願念寺, やがてその, やって, やっぱりやみませんでした, よく覚え, よしや衣, よ鬼, わけて, われ早く, われ自ら知る, ジウラさんひとりで, チヨツト變つてる, デツクの, ドレスデンのみ, パチンコの, ブッちがいに, 一向覚え, 一方では, 一日休む, 一望ただ, 一朝に, 一通りで, 万々人の, 三宅雄次郎君に, 上り坂の, 与えないの, 世田ヶ谷の, 世田谷区の, 並み並みの, 中仙道の, 之を, 九州相良って, 九州相良とか, 二人で, 二枚半ついでに, 二神の, 云うまでも, 云われたこと, 人も, 人欲なり, 人間的主, 今の, 仮病な, 何うなる, 何うにも, 何か, 何んと, 何丁ある, 何故ぞ, 信長公の, 僕にや, 僕等な, 元前, 兄き, 先き, 全地, 其等の, 其間だ, 出来ない, 出来ないん, 刃ものを, 判らぬ, 判りませんか, 利慾である, 勝手に, 勿論なり, 勿論なれ, 十二のと, 南方先島風の, 印度洋の, 厭や, 厳として, 又どうにか, 取り戻せなくなった, 古画にも, 叩き放し, 君の, 君を, 君侯の, 吾兄の, 呪は, 哀しきは, 唯彼自身, 啼けり城内ら, 嘘だ, 地球の, 地面に, 堅いもん, 報恩寺邊に, 声ひそめつ, 声を, 夕立晴れの, 多少の, 夢うつつで, 大きく二十四五貫目, 大に, 大抵判っ, 大袈裟で, 大鳥圭介に, 天が, 奈良の, 奉教人, 奧州仙臺小, 女神昇天の, 如何なる事, 如何なる人間, 娘は, 嫁菜の, 子供時代から, 学校でも, 学校における, 宋でなく, 富右衞門なり, 寒むかる, 寝たふり, 察する, 實際の, 尋常でなかった, 小癪な, 少し歯, 山, 岩赤く, 島子の, 工藤が, 幸なれや, 引きしまつ, 弟子の, 当地の, 当局者である, 当然であろう, 当然の, 彼には, 彼は, 彼等が, 後から, 後の, 心づから, 必しも, 必ず勤め, 忘れたが, 忘れて, 忘れられん, 思いも, 思いやられます, 思いやられる, 怠慢の, 急に, 性慾である, 恐らく, 恐らくはこの, 恐ろしさ, 悪感をさえ, 惜しいこと, 惡き, 憎くき, 我に, 我國に, 戦病国, 戸締りや, 手前の, 捨てよき, 操觚の, 日和のむ, 明らかである, 明日の, 昔の, 昨日今日ざらに, 是に, 更に深い, 望めない, 未だに考え, 本当に見る, 棄鉢の, 極度の, 楽しさ, 次右衛門, 此女優の, 此家の, 歩けさうに, 死にき也, 死にもの, 殆ど十年以来の, 殆ん, 段々うんざりに, 気にも, 水の, 決してそう順調, 沙汰の, 法界節にでも, 注を, 洋食じゃ, 洵に, 浮世なれ, 海賊船の, 消えなかった, 涼しかつ, 深いのに, 深山のならひなる, 湖は, 湯ど, 激しくともすれば, 激しく震え, 濃くところどころ, 灯火のみ, 無い, 無造作で, 熱心の, 燦然と, 物も, 理ある, 生の, 生れつき持ち, 生れ附の, 生前天の, 申す迄も, 疲れた色, 白くそびえ立つ, 白く霜, 盆地で, 目だち咽, 目に, 目立つ鼠色, 直接社交的買い手と, 相変わらず高まっ, 真闇, 真黒きは, 真黒に, 知らないが, 知らねえだろうが, 砂利である, 神田ばかりかは, 神田佐久間町の, 私独りの, 私達の, 秋田雨雀氏の, 空の, 立ち枯れの, 立つた明, 立つて, 第三式, 素より村, 細いので, 線香の, 美しい鹿毛, 聞きたくなきにも, 背が, 背の, 自ら完き, 自ら生じた, 自分の, 自由に, 至極科学家, 至極道理, 致しません, 船から, 艇, 色だ, 花の, 若くに, 苦行次第である, 草鞋の, 莫し, 菊池寛経営の, 葉ぐみととの, 葉蔭から, 薄らいで, 衆に対して, 行くこと, 行くとき海上, 行者たちが, 表面の, 複雑な, 見当が, 角田山で, 解し易き, 言うまでもなく忠房, 言わずに, 言わない, 許すべからざる犯罪, 話の, 語りて, 論を, 諫め慰むべき, 謂わば, 財に, 貧く, 貧しき人, 資本家だ, 賊軍の, 赤き旗, 赤く輝, 赤し, 赤子に, 輝き渡る, 逃げだして, 遊び馴れ, 遠き者来, 遥か彼方, 酔哭する, 鍛冶屋が, 鍬を, 長女さく, 開化民族の, 闇の, 闘争である, 難波の, 雨が, 雪が, 露出し, 青らむけ, 非常な, 頭を, 顔色を, 食を, 飢ゑたる人に, 餓えたる人, 高い熊笹, 高く泣い, 鮮やかに, 鳥合ヶ原の, 黒磯でなけれ

▼ きさま~ (565, 1.6%)

1815 はおれ 12 のよう 7 はどこ 5 はまだ 4 が持っ, のこと, のため, もいっしょ 3 の家, はいったい, はこの, はこんな, はだれ, はよくも, は何者

2 [33件] がその, が先, が右門, が町, が知っ, が討手, が食べた, だったか, なり娘此異獣, なんかに負ける, に, にくれ, にはひいき, のした, の手, の義眼, の負け, の頭, はあの, はいま, はき, はぐうぐう, はここ, はさっき, はそんな, は人間, は決闘, は自分, は花岡, は頭, もはやく, も何, を殺し

1 [405件] か, かとわいわい, かと云, からあの, から十分, から妹, から聞く, か訴人, か鬼倉, があまり, がおでん屋, がおとなしく, がおれ, がかね, がかわった死に, がここ, がさっき手紙, がしのびこん, がしぶとい, がそういう, がぬすみ出した, がべっぴん, がまた, がみや, がもし, がやつ, がわし, がガツガツ, がヘマ, が二十面相, が六波羅, が喜ぶ, が四十面相, が居酒屋, が悪い, が本性, が止める, が死ぬ, が殺した, が気にいってる, が水, が水先, が泣く, が生き, が生きる, が町人根性, が目, が相手, が看板主, が縄, が縄尻, が羅生門, が腕, が血まつり, が観音様, が鉄, が雪舟, が預かっ, が黄金, が黄金三日月, ぐらい強情, こそたかが, こそどこ, こそなのれ, こそ人間, こそ供部屋, こそ少しどうか, こそ金属, こそ餓鬼, だけで, だってあばた, だっておもしろい, だな, だろうと, というやつ, という女, といき会う, といれかわっ, とはなん, と五郎, と勝負, と同じ, と同格, と呼ん, と来, などになに, などに疑われ, などに金, などの持つ, なんかにおれ, なんかにまける, なんか食っちまう, なんぞに音楽学校, にあのくそ, にいっ, にお, にこの, にそれ, にだけは申し, にとける, にとって冥加, にどう, になに, にはこの, にはこんな, にはそれ, にはない, にはなん, にはわかっ, には大切, には無理, には礼, には関係, にひま, にほんとう, にまとも, にもそんな, にもて, にもはっきり, にも今夜, にも神行法, にも話す, にゃあ, にゃどうして, にゃ女の子, にやる, にトマト, に仕置, に力, に思い知らせた, に恨み, に教わってる, に武士, に死ぬ, に決闘, に無実, に琴, に用, に肉体, に言っ, に返し, に運ばれ, に関係, に限らず, に預ける, に頼みやせん, のい, のいう, のいのち, のうそ, のうち, のおやじ, のからだ, のこった, のし, のすき, のたずねた, のちっぽけ, のところ, のの, のまた, のもがく, のやう, のやった, の一命, の二丁鉞斧, の云う, の云うそ, の仲間, の会いたい, の住居, の作った, の傷, の僻みだ, の先生, の勘, の化けの皮, の十手, の卑怯, の口, の命, の天蓋姿, の如き, の子, の店, の悪口, の手下, の持つ, の料簡, の横, の法師首, の物言い, の犬, の生命, の申した, の疑う, の皮, の目の玉, の眼玉, の睾丸類, の知った, の短慮, の老母, の考え, の耳, の聞いた, の腐った, の腕前, の色事, の言葉, の計略, の豹変, の財産, の身, の野心, の電気, の面, の飼い犬, の首, の馬, はああ, はあそこ, はいくつ, はいくら, はうそ, はからだ, はこっち, はこれから, はさいぜん, はじたばた, はすぐ, はその, はそれ, はたった, はだにのよう, はちっと, はとんでも, はなぜ, はなに, はなにか, はなにかまだ, はなにもかも, はなに者, はなん, はなんて犬, はばか, はばつ, はひょうきん者, はまた, はみや, はみやの, はもうじたばた, はやっぱり, はよく, はわが輩, はわしたち, はガン人, はテッド, は一年, は主人, は久保井先生, は二束三文, は人, は人夫, は人相, は人食い鬼, は今, は何, は供, は先生, は兵部, は出家, は化物, は医者, は南町, は和田呂宋兵衛, は囲い者, は地下浪人, は地球, は安心, は小出, は帆村荘六, は強, は彼, は後, は後ろ, は性, は悪い, は我輩, は手塚, は日頃, は明智探偵, は林冲, は正直者, は武田家, は殿様, は河童権, は浄瑠璃, は火星, は火星人, は父帝, は犬畜生, は狩野, は猫, は男らしく, は癪, は相手, は知っ, は罪, は色, は言え, は討手, は誰, は警察, は谷博士, は豊公, は責める, は途中, は這般, は酒, は酒井家, は陸兵, は難, は非人, は鞍馬山, は饒舌, は鬼, は魔法博士, は鳶頭, は黙れ, ばかりで, も, もあんがい, もお, もかいだ, もこんど, もさる, もただ, もだいぶ, もだめ, もちょっと, もという, もとうとう, もふき矢, もまだ, もまだ依然, もめっきり, もやりなおし, もよく, もろくな, も久喜, も今, も仕度, も侍, も助け, も北村殿, も吸血鬼, も御所, も料簡, も早く, も梁山泊, も煙, も片, も生かし, も谷間, も負けず, も途方, も間髪, も風流, も飲め, も驚いたろう, やれ, を, をいけどり, をおもしろい, をからかっ, をけいべつ, をここ, をさがし, をしめ殺し, をただ, をつかまえる, をとっちめ, をひどい, をほめとい, をやっつけよう, をゆるし, を一生涯, を拘引, を救う, を救っ, を楽, を生かし, を生かしち, を盗みだす, を縛っ, を罰しず, を襲撃, を詛っ, を誤解, を遅刻, を銃殺, を食い殺し, 立って, 見るべきを

▼ き~ (540, 1.5%)

7 体を 6 松の 5 声で, 岩が 4 乳の, 体は, 巌が, 建物の, 本を, 槐の, 蟹の, 鳥が, 黒い野原 3 人が, 体が, 女だ, 杉の, 石の, 雲の, 黄いろな

2 [32件] お世話だ, まねを, ッくさい, 人は, 人間の, 体に, 巌も, 影に, 影を, 愛の, 旅の, 材木を, 桜の, 樹が, 樹でも, 櫻の, 波を, 爬虫類の, 百合, 箱の, 聲で, 聲を, 虚無の, 蟇の, 護謨葉樹の, 躯を, 都會の, 鉄の, 雲が, 骨だ, 鳥の, 鹹水の

1 [396件] あなの, あやしい生物, おじさんで, お世話です, かごが, からくり人形だ, がに, がめにて, がれの, くだんの, くるみの, こんちき, さいっ, しだれ桜が, しわがれた音, そして先生, その継母, その道づれ, たちだった, たてもの, ちょうざめは, ちょんき, ちょんちょんき, とかげの, なまこ山の, はった早う, はり, ひぢ, ひびきを, ほす, まし, ましよ, また伝法, まつ白, まつ黒, むぐらもちは幹事を, やくざものの, やじうまは, やつらで, やみを, わたし達の, わりにまめ, ゐの, ゑぐりを見, アイルランド人が, イギリス人の, ガラスを, ガンの, コツプで, ドロが, ビルディングの, ポケット小僧は, ヤンと, ヨークシャイヤ豚が, ロシアの, 一つ松が, 一本杉が, 一本松が, 万象の, 不安が, 不幸な, 不思議な, 不易な, 不気味に, 世間やら, 両うでの, 主の, 事代主の, 人か, 人たちが, 人たちであり, 人たちは, 人だ, 人だった, 人で, 人でございます, 人生劇場は, 人達は, 人間が, 人間たちが, 人間にな, 人間は, 仁王像だった, 仏頂体が, 仙人掌が, 代議員にでも, 伊豆石やらが, 伯母が, 佐柄木だ, 体で, 体格に, 体躯と, 何物かの, 作家気質を, 信のちからから, 傾向, 僧侶或は, 兄に, 兄君は, 光る人, 兵船を, 円筒と, 冬でした, 効果を, 勘次が, 十人の, 南の, 卵を, 叉で, 口の, 口も, 口を, 合歓の, 君と, 吹雪の, 喙が, 喪服の, 圓柱に, 地名穿鑿の, 坊ンち, 城が, 城を, 場所です, 塊に, 壁は, 声です, 声出さんで, 夜の, 大学生は, 大理石の, 大磯の, 天気でした, 天狗に, 太閤が, 夫婦が, 奥さんも, 女だろう, 女の, 女中とを, 女探偵, 女男松, 奴ソレ縛れ, 姿を, 子です, 子供を, 孔雀に, 字の, 存在と, 室に, 宮内の, 家が, 家の, 家来が, 容も, 寄宿舎の, 寺院が, 少年に, 少数学者の, 居合も, 山は, 山小屋に, 山岳の, 岩に, 岩の, 岩も, 岩を, 岩滝, 巌の, 川を, 巨き, 帆立貝であっ, 平然と, 幹へ, 幹事は, 広い部屋, 弁護士は, 弓の, 弥次馬共を, 御嬢さん, 心が, 心に, 心持で, 心痛に, 心臓だ, 心臓を, 志賀直哉氏との, 怪物は, 恰腹を, 悲しげ, 愛する從姉, 感じの, 慈愛の, 房が, 手が, 手の平を, 投影は, 斧で, 方でも, 星が, 星に, 曲った刀, 月が, 木だ, 木の, 木星のうへに, 木立でした, 札が, 杉, 杉が, 杉まで, 杉や, 材木が, 松が, 松と, 松も, 松倉山のこつち, 林檎の, 枝を, 枯れたいたや, 柳の, 柳樹の, 栗の, 根瘤と, 桑の, 桜は, 桜へ, 梁を, 棒を, 棗の, 棟には, 森の, 椋の木が, 構へで, 槌で, 横の, 樹であった, 樹は, 樹立に, 樽から, 欅の, 正しい態度, 死獸の, 母瀧子の, 比較は, 毛むく, 気まぐれを, 気を, 気持だった, 気質を, 水たまりは, 水晶の, 水牛で, 水素の, 氷霧の, 汽船だけに, 汽船達の, 波の, 波は, 浪を, 海棠の, 湯気の, 湯船には, 漁場の, 漁夫が, 演奏家たちが, 漢, 潭と, 瀬戸の, 煙突が, 煙突の, 熱情としては, 爬蟲の, 犬が, 犬よの, 猪の, 獣が, 瓣を, 甕や, 男が, 男だつた, 男だろう, 男でも, 白い虹, 白楊が, 白樺の, 看板が, 眼が, 眼つきを, 眼と, 眼にも, 眼は, 石でも, 石に, 石塚が, 石窟, 碑の, 社会の, 秀吉が, 私は, 科学の, 穴が, 穴を, 空漠たる, 窓から, 立像が, 箱車が, 籠を, 粗毛だらけの, 網の, 網を, 緑の, 美術家が, 美術家は, 羽, 羽を, 翅を, 老婆が, 考えを, 聖徒等は, 背中ア, 背嚢を, 腕は, 腕ほども, 自分が, 自然だつた, 船だ, 船の, 船を, 船舶は, 花がたにな, 花の, 若いやつら, 若い御, 草穂を, 菓子の, 落葉松が, 落葉樹の, 蒸汽船が, 藝術は, 虎にとり, 蜘蛛の, 蜘蛛は, 蝙蝠が, 蠅が, 裂罅がは, 記者たちは, 読み絵, 読者は, 谿谷ばかり, 象の, 賭博の, 赤いは, 赤い赤道, 赤い顔, 足跡を, 身代と, 身体を, 連中が, 連中だった, 連中を, 遺業を, 部屋に, 重いあしおと, 野獣の, 金吾さん, 釘の, 銀の, 鋳物の, 門が, 門を, 閑人が, 集團の, 雪の, 雲, 雷が, 靈で, 青年の, 青年団員が, 頭を, 額縁の, 顔つきを, 顔で, 顔に, 顕現と, 風の, 馬を, 駱駝に, 髯漢が, 鬼が, 鮑貝の, 鳥だ, 黒いもの, 黒松の, 鼠いろ, 鼻が, 鼻で

▼ き~ (488, 1.4%)

32 なって 17 いふ 12 言ふ 6 云ふ 4 なり, 成らむ 3 いう, いって, いふの, いふもの, なりました, なれば, 云って, 思案を, 覚ゆ

2 [27件] いて, いはれしゆゑ, いふを, いへば, おぼえぬ, くれよ, つぶやきぬ, なった, なりや, ほめて, 云へ, 光榮との, 判断し, 名乗られて, 宣給ふ, 底の, 当惑とを, 思はる, 思ひて, 毒虫を, 氷柱掻き折り, 眼を, 聞きつ, 見ゆ, 覺ゆ, 言ふも, 黒く立つ

1 [332件] あこがれた情, あふるるまでに, ありけること, あるは何, あんたと, いうだけ, いうに, いうので, いうべきもの, いうよりは, いうよりも, いつたもの, いはずして, いひぬ, いふことローマ古代, いふさ, いふに, いふので, いふよりは, いへ, いへども, いへるは, いわれて, おしてあくる日, おののきとを, おぼえぬ彼等, かぶき踊り, かみとかいふ, きたひにゃ, くれたわねえ, くれやす, くれよ生れ, こたえる, したお, したご, したぬすつとの, した二本差, した体質, した先生, した名前, した変体性慾, した奥方, した女房, した娘, した息子, した態度, した懐し, した戸籍, した気違ひだ, した父親, した看守人, した矢代家, した隣, して, しぬばかりは, し曲, す, すとも, すな, する処, すれば, せられて, そしていよいよ, その本質, その結論, それが, たっ帰が谷柴ら, ぢ, つがえた, つよい線, とりどりや, どき申候, どけて, なす, なったかは, なったと, なったので, なったよう, なっては, なむ, ならば, なりたも, なりて, なりとぼけなさんな, なります, なりますが, なりゐるなるを, なり勲章, なり手, なり未, なり村, なり次, なり目, なること, なるに, なるやうぢ, なるよう, なるわけ, なる價値, なん, ぬく, ふ, ふ鏑矢, ほきと, ほき深み, ほす事, ほとんどすれすれ, まろ寝しぬ, まわせ, みえ少しく, もし彼女, やらかせ, やれば, よみ下すの, よもし, よろこびに, ゐろり火, ヒュルスマイエルが, 一しよ, 一つものと, 一望に, 丁度同じ, 下べの, 不吉な, 不斷着, 争ふ, 二つ合せ, 云々されたる, 云うと, 云うの, 云う事, 云えるは, 云ひ, 云ひぬ, 云ふと, 人々の, 人に, 人間としての, 付いて, 仲違ひ, 伝うるなり, 伝ふれ, 伝へよ, 低うくり, 來た, 信ずること, 信州へ, 俺は, 停つた, 傳ふも, 傳へらる, 光ある, 光って, 入り代るの, 円寐しぬ, 写真ぎらいとの心持の, 出た, 出版する, 刀急しく, 分るよ, 勇気との, 十字に, 千賀春さんの, 受留め, 古いほど, 同じい, 同じく全く精神病, 同じであった, 同様に, 和訓が, 問ふも, 啜泣き, 喜びが, 喜びて, 喜びは, 嗤い, 噛みながら, 噛みぬ, 噛み合わせた大, 大卓子, 奇妙な, 妙な, 姿勢を, 媚びとを, 嬉しさ, 存候え, 季の, 安心す, 寒けがさッと, 寛や, 少しも, 岩井と, 岩井は, 平穏さとは, 当って, 御影堂, 心苦く遅, 忘るべし, 怒りとで, 怒鳴った, 思ったが, 思はぬでも, 思ふ我が身, 怨みとが, 怪しみを, 悦びとを, 悦びは, 悦んで, 悲しみと, 悲しみとに, 悲しみを, 想像せざるべからず, 意外とは, 愛着とを, 我面を, 手と, 手紙とを, 打つ胸, 承って, 承つて, 承りほか, 折れたの, 折れて, 折れ雁首, 振り顧, 昂奮の, 星の, 時は, 曰つて可なり, 書いた文章, 書いて, 歎き, 歓びとの, 歓びに, 歓談する, 毎月出す, 気を, 気味の, 泣くを, 活用させ, 深みと, 湧いた, 滑桁の, 火は, 狹き, 猶今一つ, 琴の, 用意が, 申しますゆえ, 申せば, 申如く, 申物に, 留まった, 疲労とで, 白糸を, 皆, 目と目を, 目を, 盲目なりし, 相逢, 着く, 矢を, 知って, 知り又, 研いたり, 秋の, 称して, 称するもの, 笑い合う声, 笑ひと歌声とが, 答へ, 精霊の, 組んで, 組合せ五丈余り, 結ひ, 絶えず通つて, 聞いて, 聞きしかば, 聞く, 腕に, 腰に, 臼の, 色とを, 苅掛けの, 苦しみとを, 苦悶に, 萱の, 見えたいへん, 見えて, 見て, 見ゆる榛の木, 見る人, 見れば, 見んは, 覚ゆと, 覺ゆる, 解すること, 解するをも, 解決される, 言いますか, 言うた, 言うたか, 言うた様, 言うて, 言うの, 言う奴, 言ったら又, 言った人, 言って, 言つても, 言は, 訓ませ, 記して, 訴え人民全般, 訴へから, 訴への, 詐りて, 語りしかば, 語りぬ, 謂ふか合点の, 讀むと, 買物籠これより, 踵で, 遲き, 重石だけは, 鉄の, 鉄炮の, 録し, 陣形の, 面を, 頸の, 高足とだけ

▼ きげん~ (425, 1.2%)

14 をとる 12 がよく, を直し 11 のいい, よろしゅう, を悪く 7 をなおし 6 がいい, だった 5 がよい, がわるい, が悪い, が悪く, でした, になっ, をとっ, を取る, を損じ 4 がよかっ, であった, なの, な色, のよい 3 だ, で, です, のわるい, の悪い, よく, よろしゅ, を直した

2 [22件] がよ, がわるかっ, が直った, だね, でお, で手下, とって, になる, よくって, よく御酒, よく遊ん, よろしいほで, よろしう, をうかがっ, をそこねた, をそこねない, をとり, をとろう, をわるく, を取っ, を取り, を拝

1 [202件] いいときゃ, うか, うかがいを, うるわしくおめかし, うるわしく拝, うるわしゅう, うるわしゅうおくらしなされますようにと, かい, が, がお, がかわらぬ, がきょう, がたいへん, がなおっ, がなおった, がはなはだよろしく, がよう, がわるう, がわるく, が去らない, が大, が悪, が惡, が直っ, が直り, が直りました, が直る, すぎるという, だったよ, だな, だよ, だ貧乏, であと, でありました, であります, でいっしょう, でいった, でいろ, でおそく, でしかも, でしたし, でしたろうな, でしゃべりすぎる, ですこと, ですわね, でたのし, でで, でとくり, でないわけ, でにこにこ, でぬっと, でみんな, でも損ねしや, でよく, でわざわざ, でニコニコ, で不二夫君, で唐詩選, で待ちあぐんだらしい, で悪友, で揮毫, で泣く, で湖州小唄, で焼酎, で端, で結構, で話, で道後温泉, で陽気, で鷹野, とり少女等, なわけ, なん, なんかとっ, なんぞ伺わなく, な一行, な合図, な容子, な後醍醐, な時, な様子, な気色, な顔, にさわります, にし, になった, にまかせ, に言った, に障ったら, ね, のいいときゃ, のてい, のゆえ, のよかっ, のよく, のわる, のポケット, の取り, の大口, の好い, の宜しい, の度, の教授, の日, の直る, の良い, の良く, の遊佐銀二郎, の高声, の麗しい, は, はとり, はどう, はよい, は上々, は全く, は悪く, は直り, は聟, ばかりでなく, ばかりとっ, ばかりとろう, もいと, もうかがわず, もとり, も厳酷, も斜め, よい笑顔, よくいつも, よくうなずいた, よくお, よくおわらいなされる, よくからかいあっ, よくし, よくしょ, よくなりました, よくよろしいと, よくわたらせられました, よくジェミイ, よくニャー, よく云, よく云いました, よく僕, よく元気, よく協議会, よく友吉, よく呉服屋, よく喋る, よく困難, よく御, よく根気, よく礼, よく立たせ, よく笑っ, よく見, よく酒, よく飲ん, よし, よろしい, よろしくと, よろしくない, よろしくなり, よろしゅうだんなさま, をうかがった, をうんと, をきい, をそんじました, をとった, をとつ, をとられまし, をとりたくない, をとりむすび, をとりむすぶ, をとりむすんだ, をとり結ばなけれ, をとり結ぶべく, をなおしなさい, をなおしましょう, を伺い, を伺いやしょう, を取つ, を取りむすぶ, を取り結ぶ, を取り結ぼう, を取結んだ, を損, を損じた, を損じましたでしょう, を損じよう, を損ぜられ, を損ね, を損ねた, を損ねよう, を損ねる, を直しかけました, を直す, 悪くならず, 極まる顔, 極まる顔つき, 直せ, 頗るよく, 麗しく御酒

▼ きながら~ (370, 1.0%)

10 云った 7 訊いた 6 平次は 4 呟いた, 私は 3 彼女の, 言った 2 こっちへ, しかも勇敢, 努めて何気なく, 又訊いた, 廻れ, 彼は, 櫂を, 瑠璃子の, 考えた

1 [315件] あた, いかなるめぐり合わせ, いた, いった, うたひだした, おそらくはまだそれ, お千, お客の, お文, こういう大事, こう弁明, こちらから, こちらも, このこと, このロシア帝国みたい, この問題, こんな話, さう, ささやいた, しかも自分, すき余った, すつかり, そこからの, そしてその, そっと訊いた, その封, その精神, その細か, その蛙, その足, それには, それは, それらの, それを, ぞっと悪寒, た, たずねた, ただどうか, たまたま男, ため息を, ついに秘帖, つきせず踊, つけくわえた, つけて, つっかかって, とある十軒, ないの, なにか魚, ねじ倒し, はだかった胸, ひたすら主君, ひとりでに馬の足もと, ひとり柴の, ぼくは, また, また云った, まだ燃え, まるで気狂い, みちみちお互い, みまわすと, みょうな, むちゅうになってその, むつつり押し, もう一, やるの, ゆうべの, ゆっくりお話, ゆつくり, ようやくすぐ側, よくできる, わい, アンジョーラの, ケラケラケラと, セエラの, チラチラ八五郎, ニヤリと, ピイピイ声で, フォルス監獄の, ブク, プツと, ポツリ, 一度二人, 一日も, 一艘の, 丁寧に, 三層四層ならぬ, 三本目の, 上り框に, 両腕, 中二階に, 中西悟堂氏の, 主君の, 乗りが, 二三の, 二人へ, 云うの, 五人までも, 今夜は, 今日も, 伸子は, 低く数尺, 何う, 何べ, 何やら小声, 何やら考, 何を, 何度も, 何時の間にか又眠っ, 例によって, 修史何十年の, 倒れた, 傍見した, 優しく惱まし, 其処に, 其周圍へ, 冗談など, 処々方々の, 別れるまでには, 別棟に, 助くる段々, 助手は, 半七, 口に, 叫んだ, 告げて, 咳に, 問題を, 囚人が, 囲繞溝渠の, 売上り, 夢想し, 大きい声, 大川から, 大森の, 奥に, 姿を, 子供に, 実験室の, 家へ, 寂しくかわいそう, 山本は, 岡本の, 市井の, 帰って, 平次と, 幸子の, 幾たびか, 幾度も, 店の, 座下駄を, 弁信の, 弦之, 彼の, 彼女に, 往く手籠, 往来で, 後から, 後ずさりし膿盆, 後ろに, 微笑を, 心配そうに, 忠実なる, 思いだして, 急いで, 急に, 急速な, 恐る, 息も, 息を, 悲鳴を, 想像した, 愚痴を, 慾望を, 我家に, 我慢し, 或角, 戦いを, 手を, 手持ぶさたにな, 披露した, 抱えて, 持って, 救いを, 敢然として, 散歩に, 斃れた, 文三が, 春が, 時々吠える, 暴れた, 望みの, 木から, 林彦三郎は, 栄二が, 栄二は, 案の定言い叫んだ, 森を, 権之, 横眼に, 次第に弱っ, 次郎に, 武蔵は, 歩いて, 歯の, 死んだ, 死んで, 死地に, 死骸を, 母が, 毘沙門の, 気がついた, 気の毒さうにいふ, 気の毒そうに, 法衣の, 洋刃を, 流れて, 源吉の, 激論にな, 濃く紅, 焚火の, 煙草に, 父は, 父親は, 片方の, 猫が, 生憎と, 皆床には, 目立たぬやう, 眉を, 眠らずして, 瞬くまいと, 知らせも, 知友の, 石段を, 礼を, 神妙に, 私の, 突然こう云い出した, 突然わたし, 竹永米屋の, 答えた, 答へる, 約三丁, 紙の, 素子が, 編笠を, 義雄は, 老人夫婦を, 考えて, 考えぶか, 考え込んで, 聞いて, 聞き終った彦兵衛, 聲を, 腰掛けました, 腹の, 自分の, 自己の, 自若として, 船橋の, 船頭が, 花束を, 若松屋惣七は, 蛇行した, 蜿蜒北進を, 蝶子が, 衣川は, 裏山の, 見え出しました, 見守つて, 覗き見, 言いました, 言うの, 言つた, 詛言を, 話したこと, 話して, 話しました, 話し出した, 話す上山, 話の, 説明し, 読み出した, 講釈を, 讀み出した, 赤帽の, 足かけ二カ月越しも, 跪づいた, 踊りあがった, 踵で, 辞し去った, 返事を, 追かけ, 追ひ歩いた, 通りがけの, 道に, 道みちこう, 部屋の, 酒を, 重吉は, 銭を, 長いこと温室, 階段の, 随い飛べ, 離亭へ, 顏を, 飛び起きて, 食を, 饒舌って, 駆ける馬, 駆け寄つて, 駒を, 髪を, 魂が, 鼾を

▼ きたり~ (364, 1.0%)

41 して 19 した 14 するの 9 しました 7 する, すると 4 しながら 3 したが

2 [17件] あつまりしに, あるいは去る, うまいもの, これを, しが, したため, したもの, しても, しは, するが, すること, するもん, するよう, 娘に, 此体を, 玉ひし, 袋を

1 [226件] あはた, あるいはシュタインマン, あるいは先方, あるいは墳墓, いそがしそう, いったり, いつのまにか顔見知り, いつも端午, いまだ一編, いらいらと, おたがいに近, おなじところ, おの, おまけに, お酒, かつ現在, かならず天, きょろきょろと, ければ, けん國, この春, この薬力, これに, さむざむと, されどわが, しかとたずぬる, しかを, しごとく個人, したお蔭, しただけ, したと, したとき, したの, したん, しだして, しと, しならん, しなり, しはじめました, しまして, します, しますの, しや, しやしないかと, しより, し東京新聞, すでに籠屋, するに, するので, するばかり, するん, するんで, する不思議, する時, そういう連中, そこで私, そこに, そこらを, そのほかさまざま, そのもので, その地蔵, その宅, その珍客, その飛ぶ, それから小屋, それから私, それは, それを, たちまちこの, たまたま月夜, たるが, たる余の, たれど, ちらしおきたる, ぢつ, ついには, てかの, で確実, とおも, とてもあやしい, とびさる, とめども, どの部屋, なお今後, なんべんした, な凝よう, ぬいだり, ねごこち, のどかな, または前, または寿命, またヨーロッパ, また人々, また何, また公然, また去りました, また林, また欧羅巴, また歌, また死, まっかな, まっ白に, もちろんきわめてやさし, もち去っ, もって, よる夜中, わが君, わずかばかりの, われらの, ポマードを, モシ, ヤッヤッヤーッ, リーダを, 三百の, 上の, 上り下りまた, 下男や, 両人に, 他は, 仮面を, 佐太郎は, 信仰せよ, 候はんとて, 候へ, 停車場の, 八月十日, 其他いろんな, 凍るよう, 出て, 到底とどまる, 前から, 割ったり, 助けを, 又ある, 合戦の, 否七年, 吹き去って, 吾, 埃を, 城へ, 外出し, 夢想し, 大道を, 女は, 好奇心を, 妻が, 威嚇し, 婦女子の, 客の, 少し大きな, 山の, 岩に, 川魚の, 心の, 思想を通じて, 急に, 息を, 愛らしきこゑにて, 或いはまた大, 手袋を, 手足が, 扨, 投扇興に, 拙講, 持たる木鋤にて, 日本の, 昔語りなど, 昨夜の, 晴天白日の, 暖かい煮物, 果ては, 槍などを, 此を, 武器を, 死の, 母の, 毎夜同じ, 水際へ, 波か, 炊事を, 無意味に, 照すは, 犬の, 狐明神社の, 瓦斯の, 産業農事の, 番を, 疫病の, 疫病は, 病気に, 県庁づめの, 真黒に, 眠って, 神前に, 秋水閃, 竪琴を, 竹槍の, 筆を, 箪笥を, 箱の, 納屋から, 肩が, 臨め, 自宅の, 色青ざめ, 芝居同様の, 花を, 薄暗い廊下, 蜻蛉草を, 街角の, 裾から, 角灯の, 語り戯れぶらぶら, 警察にも, 豆ちぎり, 貸家の, 賑やかだった, 走ったり, 通りまで, 遊びその, 鍵の, 長持の, 雨は, 頭上の, 飛び去る, 飛び回りはい

▼ きつて~ (363, 1.0%)

44 ゐた 14 ゐたの, ゐる, ゐるの 12 しまつ 9 ゐて 8 居た 6 の大, ゐるやう 5 ゐたので, ゐるので 4 をります 3 の良い, ゐたから, ゐます, 居りました, 居る樣子

2 [17件] ゐたが, ゐたやう, ゐても, ゐました, ゐるお, ゐるから, ゐると, ゐるところ, ゐるのみ, ゐるもの, ゐるん, ゐる樣子, をり, 出かけて, 居ります, 来た, 殺して

1 [173件] あた, いらつし, お仲, からついた, からは藝, から始め, がらん, きくこと, こそ新, このネステレンコ, しまつて, そだつて, そのため驚き, そのドア, その仕事, そんな事, ぞ云, でかい樹, どうして再び馬, どやしつけた, なんか置けない, の一徹者, の上品, の人望家, の分限者, の勢力家, の呑ん, の唯一, の大きい, の暴れ者, の気宇, の理知派, の相撲通尾崎士郎氏, の縹緻, の腕白, の舊家ぢ, の評判者, の話, の酒屋, の雄弁家, の音痴白井喬二, はゐなかつた, はゐなからう, はゐる, は居なかつた, は居ます, ぼんやりつつ, まるで水, もいい, もゐる, も居ない, やつて, やらせる, ゐさ, ゐたこと, ゐたし, ゐたと, ゐたならこの, ゐたもの, ゐたよ, ゐたわけ, ゐたシル, ゐた人, ゐた彼, ゐた手袋, ゐた故, ゐた早苗, ゐた母親, ゐた気分, ゐた私, ゐた空, ゐては, ゐないの, ゐながら, ゐますが, ゐようと, ゐるか, ゐるかといふ, ゐるかの, ゐるが, ゐること, ゐるし, ゐるといふ, ゐるらしい彦太郎, ゐるわけ, ゐるフランス人, ゐる姿, ゐる心, ゐる時, ゐる朝倉氏, ゐる森, ゐる白板, ゐる話, をられた, をりました, パチパチと, 両岸, 乗るわ, 倒れて, 其の根元, 別れたの, 到り著く, 到頭こんな, 取り除くこと, 叩いたくら, 大きな声, 居たから, 居たさ, 居たのに, 居たん, 居つた, 居つた人々, 居ても, 居ないばかりか, 居ながら, 居りましたから, 居りますが, 居る, 居るお, 居るから, 居るが, 居るといふ, 居るので, 居るのに, 居るやう, 居る一種, 居る今時, 居る八五郎, 居る大工, 居る女客, 居る無, 居る相手, 居る酒屋, 居る錢形平次, 広い海水浴型, 広げて, 戻つて, 捨てきること, 捨て以上, 掻き立てましたが, 暑かつ, 書いたひどい, 次第に冷静, 歩いて, 殆ど遊び, 浸つて, 涼し, 満洲国, 片づいた部屋, 疑は, 疑ること, 立ちあがりました, 立ち上つた, 立ち上ると, 立ち退くべき時機, 答えた, 縮んで, 置いた方, 置くと, 考へる事, 見たこと, 見る影, 言うがね, 訊ねて, 訪ねたの, 調べたとき, 起ちあ, 輝く寂しい, 逃げて, 遊ぶの, 遠く遊ばない, 青さ防空, 高く飛ぶ

▼ きては~ (359, 1.0%)

4 いるが

2 [16件] いけないと, いけないの, いるの, くれまいか, さかんに, たいへんだ, てんで精神的, とてもバア, ならぬぞ, のぞいて, また大阪, 何を, 啼きます, 嘆息を, 殆ん, 消えて

1 [323件] あったが, あなた方が, あの前, ある令嬢, あれで, いい声, いい気持, いかん, いけないこと, いけません, いけませんか, いけん, いたけれども, いっそう暗い, いつの, いつも苦しい, いないかと, いなかった, いませんでした, いまやここ, いる, うやうやしく毎晩, うろついて, おれの, おれ以上, お煙草盆, お爺さんから, お話に, お酒, かえってぶちこわしです, かくの, かなり物騒, くださらないでは, くつぬぎ, くれないかと, くれないしな, くれないで, くれなかったから, くれぬかな, くれまい, くれません, この向う, この堂, この後生楽, この点, この通り, この部落, こまります, こまりますね, こまるじゃ, これが, これに, これは, これまた, ご婦人方, ご舎弟, さう, さしもの, さもある, しばらくそれ, しばらくとどまっ, すっかり怖, そういう具合, その, その猫, それから, それを, た, たかが一家名, たたずんで, ただもう, ただ念仏, ただ生活, ただ茫々, たちまちどこ, だいたい見本, とくに商売柄, とても齢, とまる, とめて, とると, どうか, どうかとの, どうだ, どうでしょう, どっさり菓子, どつさり, どれほどユダン, どんなとき, なおさらで, なかなかこんな, なく, なにかを, ならないぞと, ならないという, ならぬぞよ, ならぬと, ならぬの, なりません, なりませんぞ, なんという, なんとも仕方, なン, のせて, ばの, ひどく単純, ふりむかれぬ, ほどこしを, またすぐ, またどこ, また他家, また止む, また濡らした, また癆咳, また直ちに, また納まる, また讀む, また遠のい, また餘裕, みんな奥の, もうこの, もう古い, もう気づかぬ, もう自暴, もはや生命, やはり庭, やみやんでは, やらせたもの, よくみまっ, わたしに対して, ゐないかと, ゐないかといふ, アツライ向きです, アベコベで, アベックなどは, アメリカの, カフヱーで, ジュウッジュウッ, ソレお, ダメです, 一人生ました, 一文にも, 一日に, 一言も, 三段掛けで, 世間体が, 主人と, 九時や, 二十五な, 他によ, 以前から, 何か, 何もかもない, 何んだ, 何処を, 俥の, 借家人の, 傷めよう, 兄さんたちに, 全く手, 全然しらぬ, 全然不手際, 八重桐以上だ, 公方の, 具合の, 前掛, 勝負を, 勤めて, 勿体ないを, 十手を, 博士の, 取り付く島, 口巧者ばかり, 古典芸術の, 同じ年ごろ, 同じ芸当, 君が, 吸い寄せられるよう, 品種が, 商売物の, 嘴の, 困るじゃ, 困るね, 圍爐裡の, 地位学問階級などに, 塀の, 外へ, 大きくまる, 大きな図体, 大切な, 大同雲崗あたりの, 大声に, 大抵は, 天晴悟りを, 奇蹟は, 女よりは, 好きな, 子供じゃ, 子供たちは, 実際気前, 宿命そのものすら, 宿屋の, 対官憲の, 少年を, 居ないかと, 山では, 山の, 常にかく, 常にニコニコし, 常軌に, 床の, 強欲の, 形なし, 彼から, 彼の, 彼よりも, 彼らは, 彼を, 後れた英語, 後ろへ, 御機嫌を, 志保の, 怒りつぽく, 怖いとか, 思うよう, 思う存分飲む, 恐ろしく広い, 意地で, 意気地なし, 我が恥辱, 戦争も, 敵地へ, 敷居は, 新しい方, 早速小言, 昔っ, 暇さえ, 暮し向きの, 枕べに, 武術の, 歩行まったく, 死ぬる, 母や, 水あびる, 水当たりも, 油断の, 泣いて, 消えして, 消えでて, 涙ぞ, 満身これ性慾じゃ, 煙の, 煩悩の, 玄関を, 現在江戸を, 皆の, 益々有頂天, 目が, 目の, 目の玉はど, 目も, 相槌を, 真正直に, 眩しいやう, 眼が, 眼の, 知らぬ間, 硝子という, 碌な, 私たちを, 私の, 稀代な, 立派な, 等, 米友としても, 約し曖昧躊躇, 紫外線を, 背も, 膝を, 色情に, 若い無分別さ, 若干の, 虚栄心の, 蜜を, 表面は, 西洋館の, 見せて, 言語道断だ, 記念の, 訪う人, 話にも, 話込ん, 読みふけった, 読みよみて, 論外で, 貪り食べました, 賭場やら, 跡形も, 身体の, 軒先三尺の, 迷路の, 進み行きては, 遅く帰っ, 遠ざかり遠ざかっては, 部屋の, 酌の, 酒よ, 酒を, 野も, 鉄棒で, 陰気で, 雨の, 雪を, 電線の, 電車に, 題名を, 風流人としての, 食って, 飯焚の, 馬淵と, 駕籠に, 驚かずと, 黒ネズミたちの

▼ き~ (347, 1.0%)

18 がった 10 がる 9 がったな 7 がったん, つきやつ, 否や 5 がって, ツ 4 がったか, 否やは 3 それは, つきやと, べつの, ツと, 彼は

2 [19件] がったぞ, がったね, がってと, がれ, これが, なぞ甚五郎, はんなり, まの, りっぱな, アしない, 主人の, 其処に, 否やに, 否やを, 命なりけり, 思はれなかつた, 惟には, 手も, 許されて

1 [218件] あがるッ, あきやあ言つてゐやがる, あきやあ鳴く, あのやかまし, あの司馬道場, あはれ六十路も, いい, いかんのだ, いつの間に入れ替った, いづれも, いのちたもち, お礼参りの, お雑炊, かきや, かくわれ, がったかも, がったから, がったが, がったご, がったという, がったの, がった岡ッ引, がった時, がっても, がるか, がるからさ, がると, がる銭取り道具, がれおまえの, がれという, がれッ, がれ大, がんだ, がんりきの, げに思ひき, この御諚, これは, これ决し, ころがりでたの, こんな無邪気, されば, しめえし, そこでその, その奇怪, その女優, その想像, その瞬間, それを, たつを, だ, ちよいと, ぢき, つきやつ笑, つきやつ言, つめは, つめ兄と, つめ生れ故郷が, でしょう, で御, どうしてどうして宗三, どっこい, ない是, なう, なお懲りず, ならない放つて, なりません, のち, はかなし, はする, はって, はらないじきそこ, はんを, へんし, べつこんに, べつ畑に, ほ, ほろ醉ひ, ぼくは, ま, まずも, まだ柳, ゆめさら二心, よく噛みしめ, わがこころ, わらび餅とて, われ人ともに, アお, アがった, アき, アつてつて, アと, ア喜ん, ッと, ッといふ, ツき, ドロップを, レンガで, 一つ五厘の, 一兵も, 一昨日大, 一番の, 一髪の, 一髮の, 世乱風騒の, 両掛, 中には, 中の, 丸切り大根の, 乙の, 二龍山から, 五郎君は, 人通りの, 今その, 今や眼前, 仕方は, 何んだ, 何時の間に入れ, 何時の間に入れ替つた, 何處とも, 余は, 作家等は, 俺が, 入つて, 其處には, 出入の, 分らないか, 分らないわね, 前申し上げた, 前髪立ちの, 十年以上も, 十手も, 又私, 反つて, 反つて誇り気, 同じ月日, 否の, 否やと, 否暫く, 和尚が, 哲学者の, 啖ひやぶりける, 四五日經て, 夢かとばかりに, 夢や, 大あぐら, 大掃除, 大枚銀五十両ずつ, 女人の, 子爵玉置道高の, 宇宙勢力の, 宇治の, 實に, 小松の, 尽きむ, 屋根の, 屑屋の, 平気な, 店の, 怖れ, 悉く青, 意外にも, 憤然と, 或は両, 戦やめる, 持つて, 挑みかかった黒鹿毛, 振鈴の, 方様の, 昨夜卒中で, 時にあなた, 月も, 梁に, 歓びは, 此れ, 此藝當を, 武力抗争等について, 水の, 汝ごとき, 治らないと, 治らないよ, 流しの, 潮江に, 爪先きが感覺なく, 甲の, 相手は, 真っ黒, 着物の, 稀代な, 空つ, 童子はらはら, 米屋に, 粗末な, 納まりません, 自分と, 自嘲や, 至つて粗末な, 若い学者, 萬が, 蕃刀やによって, 街の, 西土はるかに, 言ひかけ, 足がきが, 足先き, 轎の, 逃がせ, 道楽で, 都振りの, 醜ほ, 鈴蘭の, 錐の, 錢を, 関守には, 雲井の, 霧の, 靴の, 風の音に, 馬の

▼ き~ (322, 0.9%)

8 せずに 7 しないで 6 だめし 4 しない, せぬから 3 したし, 捨ても

2 [15件] ありの, あるが, さりとて閣下, した仲, しなかった, しなかつた, すみて, せぬ電燈, ないの, 個々の, 其主要の, 悲しみも, 若し夫, 荒く飛び, 遲き

1 [257件] あはれなる, あへぬ, あり, あり異類異形, あるまい, あれど, あれば, いただかないから, いりが, いりでかつまた, いりで先生, いりで富岡町, いりで木村博士, いりで東大, いりで町内, いりで買わされるとか, いりの, いり役, いり達, うずうっ, うずうつと, うれし一葉, おばば, おらも, おれを, お知らせしたい, きこえません, きすべきよそ行き衣類質出し, きする有, こ, これに, これを, させて, させないで, さること, しずに, した, したので, したろうが, しつ, しないが, しないのね, しないよう, しない望み, しない線香, しない里子, しなかったの, しなかつたの, しねえでおんなじ, しようが, すぐと, すべてこの, する, せしもの, せずすても, せずぢ, せずまじまじ, せず不思議がり, せず抑えられたまま, せず濁酒, せず狼狽, せず男, せず聞いて, せで思ひもうけたる如く出, せで龕, せぬ, そが, その関係者, そよいで, ただ夏, たよりあしけれ, つかずそこ, できずと, どうすれ, どうもしなけれ, ないであろう, ない天, ない平凡, なく, なくはなはだ, なく収まる所, なしに, なにも, はかなし, ひしぎも, ほうけて, またこの, また感じた, まだガオ, まれには, みえないほどに, むかふ, むかふ心, むれた足, めづらしく可愛かつ, もうホトボリ, もう薄れ, もたない, やき息子, よく感じ, ジッとして, ゾッと冷水, ッ玉が, マウイが, 一向他人, 一緒に, 三人寄れ, 世に益, 中野だつた, 之を, 事歴史以前に, 云う通り, 云ったよう, 云は, 亡ぶること, 亦多し, 亦悽愴, 人一倍でおじゃる, 今は, 休まず急いで, 伝わって, 何もかも分らない, 倦かれ, 其の中正, 其以後に, 其効を, 其変局の, 其形式に, 其裏面に, 其變局の, 其骨子に, 内服薬は, 凍りついた空気, 出て, 出来る何と, 分らなくして, 初めよう, 十露盤ばかりの, 単に詩篇, 取拂つた, 口に, 名だたる猛者, 吸いう, 吸いの, 吸の, 吸附き, 唯前者, 喜びも, 嘘では, 場違ひで困り, 外し裸, 夜あけらしい, 太だ, 始まって, 容易じゃ, 容易ぢや, 宿って, 少し考える, 尤もであった, 届きました, 山の, 山県侯とは, 山縣侯とは, 幾度か, 弟も, 強ち怪しむ, 役者で, 得意先き, 御邊, 必支那とは, 忘れて, 怒った様子, 怨みも, 悉てを, 悉に, 悲しくは, 憲政党は, 憲政黨は, 或はひしき, 手伝って, 手許に, 持たない私達, 振り切って, 振り切つて, 操を, 斯る, 既に挙げたる, 日本の, 春風の, 梢が, 植物精霊信仰に, 次第に日本語, 殺し損わば, 水が, 永くこの, 法螺の, 無いん, 片附いた, 牡丹と, 特に日蓮聖人, 狂に, 独り善悪を, 猛獸, 生きて, 申上げた, 申上げました, 疑ぐりぶけえ人間, 白鳥処女説話の, 百米に, 相當, 眞に, 真に四民平等, 磯に, 私の, 程が, 窺い寄って, 純朴なる, 紛々だった, 續い, 美なる, 考えて, 耕しも, 耳に, 聞えて, 茲に, 落着か, 葢し, 蟲の, 行政体統の, 行政體統の, 見えないくらい, 見えない程, 見えない荒天, 見おろして, 見すぎて, 見ぬを, 見ぬ少女子, 見ぬ緒琴, 見事な, 見透す事, 覚悟が, 覚悟し, 覺悟の, 言ったムシャクシャ腹, 話しも, 起らないだろう, 身は, 軽業お初だ, 辨ま, 送ります, 過ぎぬ, 酒を, 醜きも, 鋭かった, 長いこと, 雨と, 黄帝の

▼ きても~ (303, 0.9%)

6 私は 5 会わんぞ 4 それは, 盤面へ 3 それを, だめだ

2 [14件] い, お惠, そのままで, ビクとも, 何台も, 僕は, 夜は, 平気で, 我ながら, 戸を, 私の, 自分の, 誰はばからず, 駄目だ

1 [250件] あえて目, あげないで, あたりまえの, あなたは, あの番人, いい, いいけど, いいでしょう, いいです, いいという, いいん, いい筈, いい顔, いくらかあたり, いっしょに, いっぺんも, いつくもの, いつのまにか着物, います, いままでの, いるし, いるわけ, おかしくは, おそらく三日, おどろいて, かかる強い, かまいません, かれは, きっと子供, けっしていわない, けっして外, けっして買わない, こうふん, この人, この男, これには, これは, これを, これ以上の, しかたが, じぶん, すぐに, すぐには, すぐ使える, すぐ逃げ, そういうわけ, そのたび, その姿, その意味, それが, それで寒い, それに, たれも, だいじょうぶです, だいじょうぶという, だれにも, だれひとり人の, つけられて, つまらないなあ, つまりは, どうかと, どうせその, どれも, なかなか座らない, なにひとつたべず, ならぬいい, にこやかに, にこりとも, はじめは, ひつそり, びくとも, ふさげられない, ふしぎでない, ほんとうに, まず留守中, またなんとか, また同じ, また同じく, まだたべる, まだへり, まだ刺す, まだ未練そう, まだ消えやらぬ, まだ考えつづけ, まだ落ちぬ, まだ遣, まづ, まるでただ, むしろそれ, めったに返事, もうそこ, もうそんな, もはや鉱毒問題, やはり外, やるべ, よい, よいかと, ようが, よかった, よさそう, よろしいです, よろしかった, よろしゅうございます, らや, るす, わしは, われが, ゐた, ゐるやう, イギリス宮廷で, イヤ何日, クラムに対する, ジェミイは, ヒダという, フシギは, マチガイが, ワリカンで, 一つ驚いた, 一向に差支え, 一向面白く, 一寸法師の, 一度美しい, 一応上げ, 上手な, 両方が, 中へ, 中央に, 二度と再びあの, 人の, 人間という, 人間といふ, 今になお来り, 何とも思わん, 何にも, 何も, 先ずアタピン, 先生は, 冷い, 分らなかったかも, 別に嫌, 前方で, 勉強に, 動くこと, 卓上に, 厭な, 受けいれなかった, 口に, 口を, 右の, 同じこと, 君は, 四季の, 固く陣門, 地上に, 地球人の, 壁に, 声は, 夏が, 大して痛く, 失敗する, 定着する, 実際は, 客席へ, 家の, 容易なこっ, 寄合いに, 富公の, 小僧も, 少しも, 少なそう, 年ちゃんは, 年中行事, 弥生は, 彼は, 心づよいもの, 怪しみを, 恐らく説明, 愉快な, 戸田の, 手を, 拒まず接待, 挨拶も, 故郷の, 数万の, 文句を, 明けるなよ, 時間が, 有難うも, 来なくとも, 楽屋で, 楽屋へ, 次に黒ろ, 正勝の, 歩く所, 気づかれないよう, 気に, 気長に, 水源地方から, 決して平凡, 決して悔, 法律上物的証拠によって, 渋い顔, 潜水服を, 生徒は, 用でも, 留守の, 目を, 直ぐ歸つたの, 相手に, 祖先伝来の, 空念仏を, 立ち去ろうと, 立って, 笑って, 米一粒の, 結局は, 結局資本主義を, 老子の, 肌に, 肩車を, 育てるの, 自若として, 良いの, 蓋を, 行かずに, 西行の, 見ぬ連中, 詮なし, 読者を, 誰か, 誰ひとり, 誰も, 調子っ, 警察が, 象の, 足許にも, 路行く, 身うごき, 身動きも, 返さないもの, 退くは, 選考難に, 部屋は, 郷愁を, 金持ちの, 金箱の, 音一つする, 頭の, 飛びついて, 鷲尾は

▼ き~ (290, 0.8%)

10 うな 7 まおれ 6 ま, まそれでも, まだれ, まなにもの 5 うで, まその, まどこ, ま何, ま明智小五郎 4 うだ, まそれ, ま一人, ま二十面相, ま明智 3 うだつた, まいったい, まこれから, まどうして, まひとり, まやれ, まッ, ま今, ま何者

2 [18件] うです, うも, が僕, へすれ, まあれ, まここ, まこの, まそれで, まどう, まなぜ, まほんとう, ままた, まよく, ま四十面相, ま小林, ま気, ま男, ま自身

1 [141件] いつべ, うした, うだから, うぢ, うでしたが, うですが, うに眺め, うの花, うもないところ, うもなかつた, うもなかつたので, うも無い, うよ, うらふ, がひ, が見えなくなる, ざめ雪かと, しあげ候, した香, で四, とにねぶりな, なき同, なり今, にはあらず, に準じ, に見えた, の地名, へたてはじめた, へも拭, まああ明智, まあらまし, まあんな, まあんまり, まあ何, まあ侍, まあ肉屋, まいつも, まいのち, まいま, まいよいよ, まうそ, まうつ, まがたがた, まきのう深川, まけしからんやつ, まこいつ, まこういう, まこれ, まこれからすぐ, まこんな, まさっき, まさっき小田切, まじゃ, まそう, まそろそろ, まただ, またちゃ, まだよろしい, まだッ, まっ, まっそれ, まつまらぬ, まではいかん, まではなかっ, まとお公卿さま, まときさま, まとりこ, まとんきょう者, まどろぼう, まなかなか, まなんかこわく, まなんかまだ, まなんだか, まにせもの, まにわとり, まの, まはき, まはぶしゅう, まひきうけろ, まみごと, まみっともない, まもと, まやっぱり, まよくも, まよもや, まわ, まわし, まアおれ, まア死ぬ, まサーカス, まジャッキー, まチンピラ探偵, まニコラ博士, まポケット小ぞう, まポケット小僧, ま一個, ま一生一度, ま人間, ま兄, ま先回り, ま八丈島, ま呆れ返ったしれ, ま夢, ま大急ぎでどこかへいってしょっぴいてこい, ま女, ま客, ま小当たり, ま川波良斎, ま御家臣, ま怒ったらしい, ま承知, ま明智探偵, ま本性, ま殺し, ま深川筋, ま清水屋, ま灰色, ま石川, ま福井, ま紅屋, ま羽柴家, ま老人, ま聞い, ま自分, ま見くびっ, ま討手, ま読め, ま警察, ま警視庁, ま近づく, ま逃げる, ま透明人間, ま透明怪人, ま金庫, ま預かっ, ま鯨油, り持ち, んどこ, ん収税, 或は陰陽道, 美しさ

▼ き~ (217, 0.6%)

16 ている 5 と, とそう 4 ていた, となっ 3 とか, とだ 2 た手, とおれ, とです, ともの, と悪い, と自分, と見れ, と阿波, 放して

1 [159件] きと, きッ, た, たとも, たふう, たキモサシ, た大気, た大陸, た姿, た御, た所, た文化, た正成, た気持ち, た濶歩, た無力, た解決, た足軽たち, た鉄板みたい, た顔, た黒煙, てあった, てい, ていない, てお, てからの彼, てきびしく, てここ, てしまう, てでもいる, ての, てのお, ての人物, ての宏壮, ての浜中屋, ての精鋭, ての難場, ての顔きき, てはいあがった, てゆく, て囀, て大きく, て大岡家, て妻, て帯, て往来, て抑えた, て抵抗, て掣肘, て散った, て茶, て行く, て酒, て酷い, とあたり, とあらたまっ, とあらたまった, といっ, とお前様, とかまえ, とかれ, とこの, とこれ, とした, とします, とそこ, とそち, とどいつか, とどっか, となった, となまけず, となり, とみ, とむすん, とやり, とよ, とよく, とキャラコさん, と三度, と不景気, と両手, と二本, と今夜, と体, と俺, と側, と出さない, と出ない, と十字架, と半身, と命, と境, と奉納, と子供, と家, と差し, と平田, と平田さん, と形, と心, と忘れぬ, と怖い, と思いついた, と悪事, と抜く, と持っ, と改まった, と旦那, と明日あたり, と時節, と書き, と本, と来ない, と来まい, と来る, と来るだろう, と柳眉, と構えた, と槍, と次郎, と止める, と洗える, と物, と生白い, と留守, と癒し, と皆さん, と目, と眼, と睨めすえる, と睨んだ, と空, と突っ, と立派, と紅玉島, と結んだ, と締ッ, と背すじ, と腹, と致しまする, と見, と見つけ, と見る, と見渡した, と許し, と証, と詮議, と軍人, と迎え, と返す, と追いかけ, と逢い, と逢わせ, と逸り, と邪心, と鉢巻, と長い, と面, と馬首

▼ きこと~ (191, 0.5%)

12 では 8 なり 7 である 4 でも 3 はその

2 [13件] あり, があつ, であった, であると, でした, なかりけむ, ならずや, なれども, にあらず, に非, のは, は男子, を云

1 [131件] いはん方, おほか, かこれ, かな, かは, か之, か却, があり, があります, がある, がわかった, が三つ, が他, が余りに, が候, が分った, が山, が控え, が数々, が書い, その中, その内, だ, だが, だと, だとも, だろう, であ, であるか, であるかも, であるとしても, であるに, であろう, でしょう, です純粋, でない, でないが, で其例, というの, といはね, として思いとどまりうる, とて更に, とばかり思ふ, と思い, と思ふ, どもなり, ながら, ながらサシャ, なし, などいひたる, などには感ずる, などの常に抑, など思い廻らせ, など総じてこれから, なの, ならずと, ならむ, ならむとおもひつゝ暮刻, なりと, なり定, にあらざれ, にあらね, にいで, にこそ而其, にこの, になる, にはあの, にはあらず, にはもはや, には彼等, には我国, にも遇はず, によってかなり, に思った, に思はれ, に改正, のみ多き, のみ多し, のよう, の極, の甚だしき, はある, はこの, はタクシ, は一つ, は人格, は多い, は日常生活, は此等, は無限, は疑い得ない, は疑ひ, は知らず, は非, またこれ, もあら, もありし, もある, もあれ, もない, もなどか侍ら, も多, も私, も見すぐさぬ, をし, をのみ憂え, を予知, を仕出し, を以て粋道, を信じ, を底, を強調, を得るなり, を心得, を思ふ, を持つ, を教えた, を爲, を知つて, を知らし, を確信, を示し, を言っ, を言つて了, を高唱, 亦た, 大方成ず, 来よと, 無きを, 語りし時, 飛ぶが

▼ き~ (186, 0.5%)

9 あつた 7 あらう 4 せう 2 すたすたと, ずうと, 万事小具足仕立てだ, 上って, 口に, 歩いて, 運動し

1 [152件] あさましく鯨飮馬食, あそんで, あつて, あの神田河岸, あらうと, あらうといふ, あわただしく過し, いずれへか, いった, お粂ら, こちらに, この幾ヶ月, これを, さばいて, さア, ざぶ, せうか, せうが, せうと, そうした自画像, そうしてお, そうして埃まみれ, その石, その間を, それに, たった一人, たっぷり三杯, つまみとりました, とても乗れない, どこへ, はじいた, ひよこひよこ出かける, びっこを引い, もてあそんだ末, もんぺを, やってくる末弘春吉, やって来るよう, やりにくし, やりませうか, ゆくので, わけが, カラカラと, カラコンカラコンやっ, ジープを, スタスタと, バテ, ピシャリ, プンプン匂わされ, ペタペタと, 一本足で, 一枚かんばんの, 三方に, 久しぶりの, 九太夫と, 二人三人までや, 亞細亞大陸の, 亦あり, 京弥権之, 今は, 供を, 傘を, 入り口の, 其処にすら, 出掛ける, 前ぶれも, 十手を, 千里と共に, 卵塔場へ, 古い洋傘, 叩いて, 台所やっ, 吾家へ, 外へ, 多くは, 太刀を, 女中を, 始めて夢, 宙を, 実際都亭, 寿平次は, 小さい柳行李形, 小川の, 小料理屋や, 少しずつ, 尻からげやっとこ, 左の, 帽子も, 年は, 年始が, 庭へ, 庭先へ, 引き裂いて, 強ひ, 従いて, 御希望, 懐中には, 所謂摂, 手拭の, 折々邂逅, 抜刀し, 押すな, 採集に, 提灯の, 握飯を, 旅慣れた, 日によ, 日帰りの, 日蔭を, 書いた覚書, 書いて, 来た, 東京の, 此川辺に, 歩くみじめさ, 歩けるの, 泣いて, 海に, 海鼠や, 消極的修養の, 消火に, 涙と, 火事だ, 猟師筒を, 田舎親爺の, 登ったの, 目的地へ, 研究し, 私の, 突いたよりも, 端から, 竹の, 笠は, 縁側に, 聞いてたらきっと, 胡坐を, 腰に, 自分及び, 荒町に, 菊花大会会場と, 路が, 跳び越えられる塀, 踊りなれ, 踏んで, 踏石の, 近づき少し, 追立て使い, 遠くへ, 釣竿と, 鉄かぶとかぶっ, 面が, 頭には, 頭を

▼ きもの~ (169, 0.5%)

10 である, なり 7 あり 4 なるぞ 3 がある, だと 2 あらじ伊藤侯, あるを, であった, であるかの, と思う, なれば, にし, のつや

1 [116件] あらじ, かつゆ草, かと申す, か熊野浦寄り, があっ, があった, が出来, が同じ, が映った, が沢山, が生きる, が皆其所在, が見えれ, が誰, じゃ無かろう, だから, だとして, であったが, であり現に, であるかを, であるが, であると, であるとしても, であるに, であろう, でした, です, で而, といはなけれ, といふべきであらう, とこそ覚え侍れ, とし, とした, として斷然排斥, として極力, として視られ, とそう, ととり, となる, とを知る, と之, と人言, と実際, と御, と思ひ, と考え, と見ゆる, と言うた, と言わざる, と認定, ならむ, なりと, なりとて, なるかを, なるを, なる事, なれ, にあらず, にしあれ, にていま, にてはなかりしか, になっ, には, にはあらず, には袖, にぶつからない, にもあら, に代用, に候, に名づけ, に向っ, に属す, に思ひ, に感じました, に相違, に逢, に非, のところ, の上, の屋根, の源泉, の逆ら, の過, の鋭, はあらざりけり, はあらじ, はあるまい, はその, はない, はほととぎす夢, はほんとに, は川, は引き敷き, は意, は昨日, は見当らず, も耻, も見えね, よりほか, よりもより, を, をこの, をだし, をまんべんなく, を取る, を受け, を受けた, を思ひ出し, を挙, を描きたる, を活かし, を物色, を矯正, を背負っ, を認めず, 未だ一つ

▼ き~ (168, 0.5%)

8 立って 6 描いて 5 先き 4 立つて, 行って 3 出て 2 お寝なさい, どたま打付けた, 下りて, 出た, 帰ること, 行く, 頭が, 馳け

1 [122件] ある所, うせて, うまさうに喰つて, おどりを, お伴します, お伴する, お出での, お葉, かけたり, かけ込みました, さようなら, すぐ来る, その船, だちつつ, ついて, ついと飛ん, つきつけ, どいて, のきはみ覓ぎぬとも, のせて, ぶつかつ, ゆきなされ, わたしに, 一緒に, 丁度お, 上げようと, 下りた, 下駄を, 乗ったところ, 二三軒立ち寄つ, 亡った, 会釈を, 入つて暗闇, 入れて, 出かけた, 出しては, 到着いたしまし, 又こんな, 吉原の, 呼び寄せて, 報らせ, 塗られたり, 外へ, 大急ぎで, 天王山の, 失敬し, 失敬しよう, 寄って, 小さなお, 届けて, 屏風を, 差しつけ, 帰したが, 帰ったが, 帰つた, 延ばしたかった, 延ばしたかつた, 引導を, 引移つてゐた, 往かしとくな, 往った, 御免, 御免を, 急ぎました, 意地を, 戻りな, 指を, 来て, 来ても, 来るとも, 歸へ, 歸る, 死ぬか, 死ねば, 歿った, 汽動車は, 熱いもの, 牛肉を, 生れた者, 登つて行く, 白く散つ, 眼を, 石を, 突き出した, 立ったの, 立った時位, 綾衣の, 腰を, 落ちて, 落合は, 行くと, 行くの, 行くよう, 行くわ, 行く一群, 行く人力車, 行く道づれ, 行けませうか, 行こうもの, 行った二人, 行つ, 行つた二人の, 行つてし, 行つてゐる, 行つて待つ, 認めて, 貰ひ, 走ったあと, 転送し, 追出しては, 逃げ出して, 通すか, 通せ, 進まうと, 進むこと, 進むと, 進むにつれて, 進む筈, 進んでからまで, 遣つて貰ひま, 駆けぬけて, 駈け去って

▼ きそう~ (152, 0.4%)

14 な気 9 だった 7 なもの 6 だ, です, もない 3 であった, になった

2 [11件] である, な, なの, なので, なもん, なようす, な気持, な気持ち, な気配, な註文, に見える

1 [76件] かね, その広告, だから, だったし, だっておっしゃる, だね, で, であったので, であって, であるが, であると, できまり, でした, ですね, でそこら, でそれ以上机, でない, でにげること, で即, で私, で走りながらも, で逃げること, なあんばい, なけしき, なこと, なところ, ななかなか, な予感, な人, な何とも, な口笛, な古文書, な叫び, な天気, な奇妙, な奴, な姿勢, な容, な峰, な川長, な強い, な形, な按配, な日, な松林, な構え, な様子, な気ぶり, な灰色, な男, な空合, な空模様, な空際, な老婆, な衝動, な話, な陰鬱, な雨, な顔, な黒髪, にした, にする, になりました, になります, になる, にもない, にも思われなかった, に思われた, に思われる, に日, に皆, に私, に見えるで, もなく, も無い, 長くも

▼ き~ (143, 0.4%)

3 ありとも, かあらん, では, なり

2 [14件] があら, だとは, である, ではない, とおも, なの, なりと, なり第, なれば, にあらずや, に御座候, はなく, を言, 力むべき事

1 [103件] あらずや, あらば, あり, あるも, あれば, いひは, がある, が言えよう, この三つ, だ, だと, であ, であった, でありません, であろう, でしょう, でもない, でも厭, とした, とも思われず, と和み, と思, と思ひし, ながら芭蕉, などあり, などは寧ろ, など書聯, ならずや, ならねど, なりかし, なりけり, なりとも, なり何故, なり併, なり然, なるが, にあらね, にはあらざれ, にはあらず, には有れ, には此国, に候はず, に幸, に思はれ, に思ひ, に思ひけん, に掛, に笑む, に荷擔致, に非, のあつ, のため, のみ恥かし, のやう, の千辛万苦, の原因, の数々, の爲, の起り來, はあるなれ, はない, は初め, は前, は御, は無論, は裸體美, もなさず, も一, も思はず, も有, も沢山, も無, や哀, を, をいふ, をすっかり, をその, をもい, をもう, を予言, を云, を云い尽くした, を告げた, を奬説, を宣言, を度々, を思はずし, を採用, を知らず, を知れ, を考え, を耳, を試みし, を論ずべし, を遂げ得なかつた, 但し真剣勝負, 多きも, 夥しく候, 成しと, 映の, 有り, 詰るべき事, 面白き事

▼ きてから~ (138, 0.4%)

1 [138件] あと四五日経っ, あの子, ある素人家, うろうろと, おしづ, おじさんと, お前は, かえって本もの, このよう, この男, こんなに早く, こんなに長く, さか, しばらく忘れ, じぶん, そっと私, そのお, それが, たちまち小角, だいぶ日数, だから, ちょうど一年, ちょっとおもしろく, である, とても藩中, とろとろと, どうもいろいろ, どんな話, ながいこと, なにし, なにも, にわかに家内じゅう, はじめて私, はじめて雪, ぶちこ, へんに, ほっと駒, まさかと, また元, まだいくら, まだ一度, まだ三月, まだ十日, まだ日, まだ突っ, まるで人, もう一年, もはや二十年, もはや十二年, やうやく, やっぱり金沢, よく母, よく町, キャッチボールが, フィルムを, 一ぺんも, 一ヶ月日に, 一層ひどく, 一年あまりたった, 一年に, 一年にも, 一年めに, 一度姉, 一週間か, 七年目の, 三たびめに, 三十分にしか, 三年ほどに, 三年後でありました, 三度目の, 三月ばかり, 二か月に, 二三日のちの, 二三日は, 二人は, 二年の, 二年めに, 京都で, 人造人間を, 今年で, 今日で, 以来毎朝毎夕お, 会って, 体が, 何か, 何よりおかし, 何処で, 偽作した, 六七年間の, 再度全体, 割合に, 勘次は, 十五年声を, 友だちが, 向こうから, 君子の, 唯の, 国境の, 国境線を, 奥さまに, 子規が, 寿女は, 少し発音, 幾年かは, 当時報知新聞の, 後は, 復命した, 急激に, 打合せようと, 払おう, 数ヶ月間ぼんやり, 數日といふ, 昇降機には, 星の, 暫くたつ, 最高収入六七十円の, 本人が, 母屋の, 毎晩の, 甚だしくなつた, 病気の, 病氣の, 磁石の, 私は, 私達は, 繪本の, 考え直そうと, 肺炎を, 自分が, 自然と, 若松屋惣七が, 葬儀を, 話して, 読みはじめたけれど, 誰も, 賑は, 逢は, 間もなく疲れた

▼ き~ (137, 0.4%)

4 ついた 3 ある 2 とめました, よろこんで, 出て, 前途を, 少し意地, 彼女の, 手帳に, 進んで, 顔を

1 [112件] あって, あっても, あとで, ありません, あるの, ある守護不入, いいお客, いったこと, いろいろの, おありだ, おっかけて, お城, お見世, かれを, こうさせ, こんなに頼ん, ごとしまとも, さしたかも, さして, しびれての, しるに, すぐある, せいこうした, その小刀, そろそろ苛, ためなら, ちゃんと前, ちょいと, ついたかた, ついたとき, ついたな, つきました, つきましたらたのしかっ, どうして水馬, どうなった, なかつた, なくなるの, なにかやった, なびかないゆえ, はげしく雪, はずれて, はつきりしない, ぱっときえ, ひとりでにその, ぷんぷん怒, ぷんぷん怒っ, ぽつん, また聞こえ, まだ回復, みが, よくて, よくねえ, りんごの, オーエンの, ギラギラ光っ, 三つか, 三十年の, 今日の, 今朝, 介抱する, 伊賀比自, 住んで, 光るので, 冷えて, 凍えて, 出たナ, 出来るよう, 前刻, 力いっぱい叫ん, 力いつ, 取れるかも, 口説けますもの, 喜ばれた, 増して, 多いだけに, 多く生え, 女房の, 如く汝等, 密告て, 少しおくれとる, 少し明るく, 廓へ, 怒るだろうって, 悪い, 悪戯に, 持たれて, 持って, 揚がり一方, 春の, 普通であった, 来るであろうあろうと, 柔らかい帽子, 流れて, 涌いて, 猪首に, 皆同じ, 素晴らしい寶石, 絶気し, 聞えて, 聞えると, 胡弓を, 芝居に, 蒐めた, 行って, 見て, 見出される, 足もとで, 近づくに従って, 鎌を, 飛び出して, 高くなっ, 魔女の

▼ きから~ (122, 0.3%)

3 帰って 2 來た, 先き, 頭を

1 [113件] おくみ, お花坊, お話する, お酒肴, お鈴, きこえた, ここで, すつぽ, すでにしびれ, すべりおちそう, するので, せつ子の, である, ぶらりと長く, ものごし, やっと恢復, やつと, わあと, ゑぐつて見たかつた, タラ, 三井寺の, 上がる者, 主人中川襖を, 九度山の, 二階の, 今朝もう, 伝わって, 何かしら得体の, 何所かの, 使いが, 保太郎の, 出火した, 參會と, 又世界, 右に, 吐く, 執拗く, 夏へ, 夕空を, 大分紛雑てる, 女子狂ひしてた, 婆さんは, 嶺に, 左の, 帰るや, 帰宅した, 弾き出される優しい, 待って, 待ッて, 御生涯, 忍び込もうと, 忍び込んで, 思ひついて, 成立つて, 戻って, 戻る時, 放二, 救われた顔, 暫く耳, 書状に, 望み見る姿, 木の, 来たとしか, 来た一瞬, 来て, 林檎を, 歸つ, 死にして, 死に手, 氣違ひ, 水滴が, 沁み渡るの, 洩れて, 流れる水, 浮かせるやう, 煙草を, 物蔭で, 独りで, 生れる竹石, 病院の, 監禁され, 矢の, 私たちの, 立ち昇る色, 立ち昇る莨, 竹下が, 笛の, 綿貫ルリの, 脱しうること, 脹れた乳房, 腕にかけて, 自分を, 航路を, 荷物を, 莚を, 街の, 見恍, 話しかけて, 話題に, 起った親切, 足までの, 足元まで, 蹴られて, 辻の, 野辺へ, 鈴の, 錠が, 雀の, 離れさせるには, 雪の下が, 雲が, 首を, 鴉や

▼ きたりの~ (120, 0.3%)

3 関係に 2 ものだ, ものを, 石見銀山鼠捕り

1 [111件] ことな, ことの, すき焼き鍋に, はねつるべ, まくらでは, もの, ものかも, ものです, ようです, スタイルを以て, バラ銭と, パンパンよりも, フォード型で, ロシヤ製の, 一語が, 不良学生かと, 世界では, 事実について, 人形だ, 人間からは, 仕掛です, 先生気質を, 光景であっ, 内容を, 写字よりは, 凡人に, 出來事の, 厳しいだが, 品では, 品物だ, 嘘を, 因果噺では, 因果物語り, 囲あるいは, 垂れ眼であった, 型です, 型に, 塵紙です, 大人の, 女らしさ, 女性の, 嫁苛め, 家庭的環境の, 家政婦か, 密かな, 巡礼唄を, 市井の, 常識の, 平凡な, 建物にも, 形容で, 役まわりを, 心の, 恋の, 悪い文学, 情熱は, 意味じゃ, 手法に, 手紙も, 拝礼の, 挨拶以上の, 教養の, 旅行が, 日常性の, 書物机が, 月並連中は, 東洋篇に, 樣, 毒とは, 気取りに対する, 水茶屋の, 法則どおりに, 洗面装置が, 物で, 物乍ら取扱い描出が, 生涯にも, 病棟と, 白人, 確認を, 社會の, 種類を, 筋を, 結婚を, 結婚失敗者では, 美人の, 習慣として, 老婆だつた, 者ぞなど, 耳掻き形じゃ, 蛇使いでは, 行き方, 言葉ありき, 言葉を, 話を, 誰しもが, 赤本黒本金平本黄表紙洒落本草双紙合巻物読本といった, 路を, 迷信と, 道を, 道徳論を, 郊外の, 鄙唄であるらしい, 野面が, 鋳型で, 闇屋さんが, 陳腐な, 雑作で, 面から, 風景も, 風物を, 髷だった

▼ き~ (114, 0.3%)

6 に非 5 なり 4 にし, はない 2 の娘, は技術

1 [91件] あらば, ありと, あるなし, あるを, あれども, から咎む可, があります, が今, が現れたら, だった, だつたの, だ断絶, であ, であつ, である, であるから, でした, ではない, では無い, で全く, で其内死亡, で十文字峠, で知, としての戦国, として自由, とする, とすれ, とては僅, とまで彼等, と思され, と早, と欠落, と行き違い, なきも, などに馴れた, ならぬは, なら較べて, なりき, なりとて散々, なりと云, なりと申, なりと白眼付, なり吾, なり此脇差, なれど, にあらず, にあり, におなり, になっ, になっちまった, になり, には非らざる, にほろぼされる, にも義, に嫁, に賞, に非ら, のせい, のみ多かる, のよう, の別名, の如く, の様, の物まね, の申立, の絶たれし, の記載, の許, はかくして, は一人, は一名, は其, は半, は当時之, は我ら, は独り日本, は致方, は辺, は違ッ, は高利貸ぢ, へも深く, もあらざれ, も怯, も行き, よめでたから, をば人間, を捜し出す, 故勿, 甚だ少し, 第三, 罵り呼ぶに

▼ き~ (88, 0.2%)

2 であり然して, どうか, 何か, 彼は

1 [80件] いくらその, いずれとも, えさして, かうして, かつた, きらいかを, きりは, してやるから, せるろ, その地盤, それを, そんな事, た, つたの, であると, であるべきに, でなくて, どっちかを, ないこと, ないよ, ないわ, ない男, なんだ, ねつ旅に, はく, はる, ひな捲き, へた, へりますから, へるから, へると, へる疾風, へる舟, むとてわれ六とせの, より良き, 之が, 伝播と, 何かの, 余の, 侮辱せられ, 俺が, 其の眼鏡, 匂いを, 十年先き, 南か, 号ぶべき, 否かと, 否それ, 否否否左, 嗚呼一国民, 如何に, 姑く, 孰れ, 対えて, 将かの, 尤も歎息, 弟か, 思想といふ, 恐ろしとは, 恨む可, 悲むべき, 惟ふ, 慰みか, 慰む可, 或は事實, 抑も, 春の, 曰く否中に, 未だ決定, 来ぬる, 東大寺供養の, 此問題が, 生活態度が, 目科は, 相談相手か, 知りませんが, 若しくはトルストイ, 蓋みな上げられ, 謂はんやうも, 霰の

▼ き~ (86, 0.2%)

3 なれば, の心, を見る 2 である, の世, は興り, は行か, をし

1 [67件] ありて, ありと, がありませぬ, が千恵造, が即座, が居る, が私, たらんこと, たりし, だ, づきあひは, であると, である父宮, でない, とともに笑, とともに笑い, と生れ, と良心, と見, なので, なり, なりき愛, なりき花ごろ, にのみ許される, に勝り, に向, に咎められ, に逢, のあと, のうち, のみな, のよう, の像, の名, の如何, の思い出, の情, の暗き, の潔癖, の稽古, の膚, の表情, の見えぬ, の言, の足音, の身の上, の都市, はない, はなし, は今, は屡々, は復, は決定的, は顔, もあれ, ももろとも, も今, も來, も時には, も頭髪立て足, や, を吹き送れ, を棄て給わず, を殺し, を發見, を裏切る, を追越し

▼ きその~ (83, 0.2%)

2 日の, 日もけ, 株ながら, 燒け, 翅

1 [73件] あとから, すさびよ, ために, といふ有閑婦人, のち郡会医を, また翌日, みつぎに, むっつりした, もつ弓絃, もみぢ葉見る, よは, 一人が, 上で, 中に, 主の, 人, 人である, 人の, 代りに, 侍女と, 停車場最, 傍に, 先に, 先は, 内部の, 切なる, 初めの, 功名は, 原因は, 反映で, 向う手を, 周圍ばかりを, 夕顔の, 夜も, 大写し, 大刀の, 大臣の, 女, 婚期その, 宵雨過ぎしかば, 御足そ, 恋人が, 恐ろしき縫線, 憐れな, 手前に, 手勢を, 故はと, 方に, 日は, 時君は, 本尊を, 気色に, 父これに, 物の, 物売の, 画策の, 羈厄を, 聖人の, 聲の, 胸の, 衣は, 解決方に, 言葉で, 谷間の, 賞として, 赤子は, 身の, 輝の, 辺まで, 近所であった, 関係者にも, 頭より, 飛石を

▼ きには~ (83, 0.2%)

3 いって 2 持って, 機嫌の, 道具と

1 [74件] あにき, あらず, あらねど, ありませんよ, あんな女, いつか雁が, お経, こけが, これも, そのとおり, その本音, それを, ともかく現代, なんだか心, まあこんな, もう既に呆れ, わが祈り求むるところ, トビ口や, 上級生たちが, 中, 乱暴を, 二坪三坪位な, 他人が, 何うし, 何時も斯, 先きがあつ, 八つ手なぞを, 写生が, 劇毒, 動坂の, 及びません, 古墳でも, 四五本の, 室を, 容易ならぬ, 封じられて, 我の, 指一本絶對に, 斯, 日の丸の, 昔の, 暗い不安, 村に, 格子がは, 極めて稀, 武骨な, 水の, 水撒き, 決してひるまない, 決して実現, 海でも, 済まねえが, 無えね, 熟した桃, 生々と, 町を, 皮が, 相違ない, 真白な, 立たず, 筑波山が, 絶えず眼先, 聽い, 自分の, 荷車が, 蜘蛛の, 身より, 途中で, 違ひありません, 鈴が, 非ざる, 飾窓なども, 馴れても, 黒吉が

▼ き~ (65, 0.2%)

13 のもの 6 なり, に非 2 なれども, もない

1 [36件] があれ, が多かろ, が有ったら, が有ります, が有れ, が語, であって, で一人, で何者, で如何なる, と爲, なし, ならず却, にあれ, にした, に一穴, に単調, に居る, に方, に橋, に災, に畳, に置かれる, に行った, のもう, の戸, はなかっ, は反, は多く, は曲り, は殺された, は無い, へ廻っ, まで来る, を肯定, 更に無く

▼ きつと~ (62, 0.2%)

2 わかるよ, 長い間

1 [58件] あなたが, あなたの, あの森, ある, お孃さん, お斷, お禮, がつかりなさる, くだらない恐れ, こわい顔, つまらないから, なつた, なるお, なん, ひろ子に, まつすぐ, よい値, よき微笑, わかるだらう, ドロシイの, 今度の, 偉い人, 兄貴の, 出て, 取つて, 好い考, 定つたやう, 幽靈, 強え, 待つて, 御伴, 怒るよ, 悪いこと, 手痛い目, 新詩社, 明るかろ, 暖かいから, 有ると, 有るわ, 正兵衞, 滿足し, 為せませんから, 甲田さんで, 疑ひが, 福子は, 私と, 立て眠た, 笑ふ, 自分の, 近いうち, 近い内, 追ひす, 這入つて, 雙子の, 面白いこと, 面白いと, 面白い話, 黙つて

▼ きつつ~ (60, 0.2%)

5 ある 4 あった 2 あるに, あるの, なれに, わけゆく花

1 [43件] あったファシズム, あつた, ありましたが, あるかの, あるたくさん, あると, あるという, ある法権, くだつ, なお愛されたい, ひとりぬる, まづ, ジロリジロリと, 七蔵ふたたび, 危惧憂鬱なる, 家を, 廣がり, 悩むもの, 我が世, 我も, 戸を, 明石の, 明確な, 杯を, 歩いて, 死なむ, 泥濘を, 男の, 眠る, 眼を, 空しく行く, 経ん, 織るもの, 羽織の, 考えるの, 肩に, 苦しい息, 蕋わかし, 詠める, 貫一の, 逃げ來, 馴れに, 鷲郎が

▼ き~ (57, 0.2%)

17 らいを 10 こを 3 この中, らいし 2 えでした, らいの

1 [20件] えだった, えで, えである, えでは, えの, えを, きいってるん, こでした, こと女の子を, こに, このふた, らいが, らいした, らいする, らいでも, らいに, らいまで, らいまでが, らい一つうっかり, らい一つせず

▼ きもち~ (54, 0.2%)

5 のいい 32 がいい, は異性間

1 [42件] いいけれど, からである, からみる, か分らない, が, があんまりぴったり, がよく, がわるく, が伸子, が最もよく, が理解, しか知らなかった, て恋ひざらまし, でモンソー・エ・トカヴィユ, で考えた, なもん, なん, にききいっ, にさせる, になっ, には日清戦争以来, のよい, の方, は保, むくれて, もある, やきなん, よい栗色, よい黒い髪, よくひきしめ, よくぺらぺら, よくもえ上がったで, よく心, よさそう, をしずめる, を不安, を傷つける, を打ちあけまし, を理解, を表現, を話す, 焼いて

▼ きゃつ~ (54, 0.2%)

2 のため, の首, は何, をこの

1 [46件] から刑事, がこの世, が放火, が狙った, が返さぬ, が電車, には及ばぬ, に功, に見せ, の仕事, の命, の喉首, の嘲笑, の姦計, の屋敷, の手, の手口, の旧悪, の書いた, の根拠, の笑い, の背後楯, の自筆, の計画, はどうやら, はキリシタン, は一体, は今, は原士, は柴田, は生き, は疑り, は血吸鬼, もソロソロ熊, も息張っ, も昔, をつけ廻し, を亡き, を助けた, を坊主, を屠ったら, を捕え, を捕えなけれ, を殺した, を油断, を生かし

▼ きもを~ (53, 0.2%)

13 つぶして 2 つぶしたと, つぶしたの, 冷やした, 寒から, 消し目

1 [30件] くだいただが, つぶさすよう, つぶさぬ用心, つぶしそれ, つぶした, つぶしただ, つぶしたという, つぶしたに, つぶしました, つぶし俄, つぶすこと, つぶすの, つぶすよう, とって, ひやされて, ひやしたの, ひやして, ひやせりめでたき, 一皿買いました, 冷やしたか, 冷やしたに, 冷やしたもの, 取っては, 奪われた, 寒うさせた, 恟めた, 潰したの, 焼いて, 焼くの, 焼く匂い

▼ き~ (52, 0.1%)

5 とんとした, ろと, ろ見廻し 3 ろ, ろさせ 2 にさ, ろ見

1 [27件] がすべて, がつゑ, がへん, が鳩, すへ, つたです, ときよとして, とんとそこ, とんと休ん, とんと四方, とんと麻油, にうつた, にわけ, ふすれバ, ふたたび浮び, ふイツカヲ, ろあたりを, ろうごかし, ろついた, ろつと, ろとして, ろ二つの, ろ光る, ろ覗い, ろ身迴し, ろ馬鹿吉めが, 金なんぞじゃあねえ

▼ きまつ~ (50, 0.1%)

64 たやう 3 てらあ, とる 2 たもの, たらしい私, たわけ, とるが

1 [26件] す, たか, たし, たらしいの, たらしいので, たる, たるぜ, たん, た一つ文句, た事, た右側通行, た同じ, た呪言, た型, た年數, た星, た時, た時間, た相手, た退屈, てらい, てるさ, てゐた, て一定季節, とるけんなあ, とるん

▼ きさまたち~ (49, 0.1%)

2 にはまだ, はいったい

1 [45件] がぐずぐず, がそんな, がそんなに, が馬鹿, くそ野郎ども, くわれて, こそこんな, たった三人, では埓, におれさま, にき, にとっては少々, に目, に間違い, のいい, のこわ, のやり, のパン, の出, の墓場, の宝, の悪心, の手, の推察, の首, は, はおれ, はこの, はぜったいに, はなに, は密造罪, は小林, は役に立たぬ, は徳川方, は生かし, は羊, もそう, もみんな, もよく, も俺以上, も気, や, わるものの, を許し, 殺して

▼ き~ (49, 0.1%)

6 である 4 なるに, のもの 2 がない, なれども, はない

1 [29件] だ, だと, だ後, であるが, であると, であるのに, でしたが, でしたがって, です, ですが, で有る, で無い秀子, で茲, と責められ, なり, なりしを, のお, のところ, の二十五日, の午前九時, の橄欖島, の檢印, の水夫, の者, の英雄, はありません, は無い, は無かっ, もなかっ

▼ きまで~ (47, 0.1%)

1 [47件] あった, あんなに血色, のそのそ歩い, ダイヤモンドが, 交際え, 人が, 低し, 入り込んで, 取り上げにこにこ, 取散らばし, 安, 小走っ, 引き寄せながら, 引っかけるか, 引っ返して, 御一緒, 愛国心で, 押しよせて, 来られて, 松崎とか, 歩いて, 沈ませ, 洗ひ流し, 炬燵が, 燈燭を, 生きて, 甲谷の, 疲れたれど, 痺れたよう, 積まれて, 給は, 翼を, 考へた日, 菜ば, 著しく類似, 行つて自動電話へ, 西瓜は, 見透される, 覚ゆる, 責任を, 踏んで, 辞令書を, 進むと, 遡つたら必ず, 降って, 降つて, 震えて

▼ き~ (47, 0.1%)

2 に思ひ, を捧げ

1 [43件] あらば, あるべしや, ある者, がぞっと, ぞ蹄, であらう, で居る, で陰惨, と, となりたや, となれる, とは妥協, と思召すか假令, になっ, になり, にも唯, に促され, に天主, に早く, に燃, の底, の悩む, の芽, の起らぬ, はやがて, はわれ, は壓倒, は過去, も亂, をその, をもっ, を乱す, を以て許し, を傷ましむ, を傷めます, を動かされ, を和ぐる, を喚び返さしめたる, を持, を空, を與, を起こし, を起せる

▼ き~ (43, 0.1%)

3 もひやるべし 2 駒を

1 [38件] つけて, つたところが, ふこの, もちやの, もちやを, もひ, 世辞に, 人これを, 会ひ出来る, 光は, 出やすさかい, 分りだ, 分りに, 午だ, 品と, 夏は, 孃樣へ, 岩に, 帰りなさいます, 帰りに, 延と, 憎しみが, 晝だ, 気質です, 浦の, 生れ質にて, 目に, 相手し, 経を, 美しい御, 薬とっ, 見捨, 言葉を, 説教を, 辰は, 辰何とて, 辻を, 逢ひ

▼ きみょう~ (43, 0.1%)

3 な少年 2 だ, なこと, な問答, な放電現象, な星

1 [30件] だと, だろう, なものすごい, なジャンガラ星, な人, な人物, な人間, な光景, な動物, な勝負, な器械, な声, な子ども, な客, な小舟, な景色, な服装, な林, な猫, な現象, な白, な笑いかた, な紹介, な老人, な表情, な身がるさ, な部屋, な錯覚, な音, に思ったらしかった

▼ きりょう~ (43, 0.1%)

2 が良い, な子, のいい, のよい

1 [35件] がよい, が一番, が衰え, が醜い, だが, であるため, でさぞ, でした, ですが, で身だしなみ, なんか大した, な顔付き, の女, の悪い, の点, の美, の良く, はと云え, はどう, は一向, は相当, は結構, は醜く, もいろ, も年格好, も悪い, も満更, も痩せ, も良し, 好いのに, 好しだ, 好しで, 好しばかり, 美しの, 良しの

▼ き~ (43, 0.1%)

2 とまた, と此方

1 [39件] た, た反動, た胸, た腕, た連中, てね, てるです, てゐた, て何, て正, て置いたら, て謂ツ, とあなた, とお, とかたち, とかの, とその, とそのまま, とそれ, となつ, とよすだらう, と何, と出す, と宜しく, と心, と應, と机, と止む, と泣く, と猫かいたち, と男, と皮, と空想的, と繼母, と美人, と老女さん, と障子, と面倒, と飽き

▼ き~ (42, 0.1%)

2 かや母親かげ, であ, とせし, ならべ, なれど

1 [32件] かといひます, かな我が, があり, がかなり, がし, たるに, だ, だね, であるが, で本当に, と紙, なり直次, にて世界萬國, には講釋師, に覚しめされ, の上, の人形, の匂, の小説, の手, の棺, の香, は何物, ひかた吹く花合歡, も完, も有り, や釉藥, を得たる, を用, を発見, を見, を見る

▼ きさまら~ (41, 0.1%)

52 のうち, はこれ

1 [32件] がおれ, が悪い, こそそれ, だって生命, だろうが, というその, と同行, には分っ, には地面, にわかる, に思いやり, に毒酒, のした, のな, のもっ, のよう, の塩首, の泣き声, の給与, はそも, はどこ, はなにもの, はよくも, はわが輩, は仲間, は木陰, は毎夜, は泣き言, は男, までが天下通宝, も一つ穴, を警備軍

▼ きところ~ (41, 0.1%)

2 は無い

1 [39件] あらず, あり, あり又, あること, から圧しつける, がある, でありますが, ではない, とては猶更に, とはするなり, なきに, なので, ならず余, なれど, なれども, なれば, にある, にはたして, にはクリスト, に七つ八つ, に出でぬ, のある, のもの, の事, の多い, はさき, は一歩, は別に, は問題, へ釘, をダン, を務むる, を思ひ, を押し, を持っ, を爲さん, 古りし霊廟, 無し, 高運

▼ きという~ (40, 0.1%)

5 のは 3 ものは 2 およそ水, ことが, 服装の

1 [26件] おもしろいなりで, ことに, ことは, ことも, ところに, どんなに汗, のも, もちろん愛人, ものを, ような, りりしい姿, ヨハン王の, 割烹旅館の, 姿で, 家です, 拵えしかし, 指さきを, 珍しい出で立ち, 童女を, 職業が, 船着き, 苦学生の, 訳じゃ, 顔の, 風, 風態

▼ き~ (39, 0.1%)

3 れの 2 れは

1 [34件] がすっかり, が家庭, が皎潔, にむかひ, のこと, のため, の一身, の元気, の周囲, の待ち受けた, の心, の手, の毒刃, の警察長, はその, はただ, は今, は今朝未明, は六, は大きく, は完全, は実に, は屡々, は愕, は持っ, は文士, は自分, は躯, もはや力, れその, わが裾, をよびだし, を引留める, を閉じ込め

▼ きこの~ (38, 0.1%)

2 ゆゑに

1 [36件] あたりにて, 人の, 作を, 像の, 先の, 名汝等, 国土, 國土, 土この, 地方の, 場所へ, 娘を, 安東村に, 小妖精, 庭に, 憤りを, 故に, 方々は, 時そのかみこの, 時罪人これを, 泥岩層に, 点においては, 物語に, 町の, 界隈で, 眼で, 研究に, 硝子戸の, 船遊びを, 處をといふ, 谷は, 赭顔見れ, 身の, 近所の, 頃変った, 風景は

▼ き~ (38, 0.1%)

2 を合せ

1 [36件] から気取ってる, が反響, が必ずしも, が違う, だ, だと, であつ, であります, でした, ではない, でよ, で伴奏, で千種, で新九郎, で瓶, というもの, といふ意味, なので, なりき, に似, に取りなし, に寝泊り, に当り, のもの, の名, の圓, はこれ, はどれ, は前, は朝鮮, は色々, へ下っ, まで土間, より寄せ来る, をした, を択ぶ

▼ きよう~ (37, 0.1%)

3 の事件 2 なので, なもの, な動作, な聲, にしりごみ

1 [24件] からの君, が来まい, が遅い, です, で乗っ, なつっかい棒みたい, なやつ, な人たち, な声色, な大, な手つき, な持ち方, な罰, な者, な踊り方, にうたう, にやってのける, に云い紛らそう, に云った, に慌て, に櫛卷, に目礼, に真似, の結果

▼ き~ (37, 0.1%)

3 いこと, くない 2 いな, いのです, かつたの

1 [25件] い, いといふ, いとおもつて, いと存じまし, いと思う, いと思つて, いと思ひまし, いと思ふ, いの, いよ, いわけぢ, いんだが, いんだよ, い來, い樣子, い此處, い結び目, い近頃, い頼むぜ, かつたん, くなるやう, く思ふ, ければ, して, 恐入ります一度

▼ きちゃ~ (34, 0.1%)

4 いけない

1 [30件] いけないって, いけないと, いけないなんて, いけないよ, いけませんよ, いちん, いないかい, おふくろの, ごみ溜めみ, すっかりお, ただの, てめえで, どう, まずいな, まるであっし, ん, んなさい, アしかたがねえ, アとりつく, ア気が, ア読ん, ダメよ, 奥様から, 怪談に, 悪戯を, 業平も, 物が, 現物を, 駄目じゃ, 駄目だ

▼ き~ (34, 0.1%)

1 [34件] かとも思われ, がたちまち, が唇, が外, が天童, が此頃益, が童子, が起った, して, でも聞いた, との隙間, と柔, に, になる, には何, に混, に答えん, のとおり, の出ぬ, の宥むる者, は, は何度真似, は勝手, は疳高, も耳, を, をする, を出し, を出しつづけた, を実平, を時々, を洩す, を発ち, を耳

▼ き~ (34, 0.1%)

3 の足 2 の, を姉

1 [27件] あり, がどっかり, が手, が日本, です最う, と分った, と化け, にしあれ, にてそのうえ, に近づくまじき, に逢, に非, ぬすまむ変化もの, の前, の同伴, の日記, の父, の目, の身, の顔, は何, は狂わし, も知る, よ, をねせ, 主人公を, 客も

▼ きにも~ (33, 0.1%)

2 たれも

1 [31件] あらず, あらずしか, この地球以外, その唇, なりました, よるの, 一寸述べた, 上野公園の, 似て, 似合わないお, 右の, 善吉の, 困ったもの, 堪へ得るだけの, 川村君の, 心を, 悪いこと, 書いて, 村長を, 相を, 真夫の, 破れるほど, 神澤子と共に, 約束を, 言ったごとくまったく, 言ったごとく奴隷, 言ったよう, 訊いて, 誰ひとり, 非ざる, 非ず

▼ きまた~ (33, 0.1%)

2 悲しみき

1 [31件] うしろを, その中, たと, わが, オルフェオツルリオリーノ, 上げて, 人家の, 何事を, 凡ての, 号外に, 同じさま, 地蔵菩薩の, 壊血病で, 夜に, 女ラヴィーナ, 宇宙を, 川へ, 常にめぐり来たる, 戀と, 我は, 我何ぞ, 押し掛けて, 持ち出して, 掻き散らした傷, 有理想, 法王カルディナレあり, 海上を, 自らいへるごとく犯せる, 虻あり, 西太后と, 離れてた

▼ き~ (32, 0.1%)

3 に非

1 [29件] ありしもに, あれば, が来た, だ, であらう, である幸, となった, とを比する, になりぬ, に到達, に畠, の來, の心安, の来りし, はあしびき, はかなき時, はついに, はつらき, は何處, は斗米一錢以下, は早朝, は漸, よりの本, より法皇, を, をめざし, を与え給え, を詈, を誤った

▼ き~ (31, 0.1%)

2 のま, の熱心さ, を持つ

1 [25件] があれ, しバ, と温き, ならひ, にとる, に廻った, に持てなくなる, に脣, の動く, の団扇, の心, の手前, の氷峰, はこの, は井伏鱒二, は美, をベルナルドオ, を合せ, を把, を折る, を抜け出でよ, を挙げ, を携, を止さし, を直

▼ きたった~ (30, 0.1%)

2 すべての, 通信な, 道を

1 [24件] か, かの観, その思想, であろうと, ならば, わが国未, 勝利者の, 大なる, 天馬空を, 婦人雑誌の, 時代と, 物語の, 由来を, 空想的な, 第二的性質, 経路が, 経路は, 聞著行取, 苦しみを, 衛生学が, 言葉である, 豆太郎の, 銃弾に, 黒いなわの

▼ きやう~ (29, 0.1%)

2 な声

1 [27件] からみえた, がない, するとき, だいづれで, です, では, でも, といつたらありません, なの, なれど, にて身, には何事, にめ, にも存候, にも悲, に思ふ, に見ゆる, のない, はなかつた, もない, もなく, も栗, も知らぬ, をあたへる, をいた, をし, をねずみさん

▼ き~ (29, 0.1%)

3 つとすくめ 2 つとむしり取つた, つと緊

1 [22件] うすけえ, うりゆう, つと, つとくぼみ, つとしぼつて, つとつねつた, つとつり上げた, つと一杯ひつ, つと凝視め, つと口, つと尖らせ, つと左, つと廻す, つと引き縮め, つと抉, つと瞳, つと蹈む, つと軋む, つと軌む, つと顔, と音, べしや

▼ き~ (29, 0.1%)

2 政治家の, 美質とを

1 [25件] なる, 人物を, 噴煙が, 奉書に, 山脈を, 戦争は, 楯いみ, 楯はたと, 海賊の, 溪に, 犯罪の, 犯罪人である, 發明だ, 盾うちあ, 盾を, 盾手に, 盾牛王の, 石段の, 聲上て, 膽なる, 芸術だ, 規模の, 雪田が, 馬も, 鹿毛の

▼ き~ (29, 0.1%)

2 心もてぞ

1 [27件] 一門の, 主人公なりといふ, 保護の, 力量哉加之, 卒業で, 城下でも, 奉公を, 姿あの, 心に, 心にては, 心の, 心ゆかしく, 心底感じ入, 心根にも, 手の, 手一ツに, 挨拶の, 政事にては, 有合為召, 沙汰あり, 物語を, 程に, 聲に, 茶碗御, 親戚枢機官様へ, 足の, 近所に

▼ き~ (29, 0.1%)

2 ざしかが, とはなりぬ, の, も知らず

1 [21件] おもては, が出る, でなければ, とすぎ, と有, なり, のさかり, のし, の光, の光吾子, の占, の夕べ, の曉, の照り, は, は入る, は来た, は見る, をくり, をしのぶ, 有る少し

▼ き~ (28, 0.1%)

2 つてゐた, ひ

1 [24件] かむ, がつたあたり, がつたの, がりの, ぐるを, この場, すぐに, だし名か, つては, つてゆき子の, とりを, はせ, はせて, はなく, はむかも, はむと, へざりし, へず, へずその, へずはこびくだす家, まるでこれから色, よっぽどの, 出発だ, 夏と

▼ きゃっきゃっと~ (28, 0.1%)

4 笑いながら 3 言いながら 2 笑いこけながら, 笑う, 笑った

1 [15件] 叫ぶ声, 喜びながら, 喜んで, 笑いこけた, 笑いこけて, 笑いだした, 笑いました, 笑い出しながら, 笑い続けて, 笑うと, 逃げあがる, 騒いで, 騒いでから, 騒ぎはじめて, 鳴いて

▼ き~ (27, 0.1%)

2 から庭, から忍び込ん, が出

1 [21件] からさし込む, からそっと, からも強い, から少し, から山稜伝い, から潜りこん, から目, から眼, から突如, があります, なく包まれ, などにひそん, につ, には青紫のちしまぎきょう, に客あまた集, の出来, の戸, まで隈, もない, や孔, を歩いた

▼ きとも~ (26, 0.1%)

2 何とも

1 [24件] いいはじめて, いえるだろう, いふべしとい, これと, たなとも, つかぬ異様, わからぬトレモロ, わからぬ音, 云うべき部分, 云難く, 分らない, 分らないやう, 分らないよう, 呼ぶの, 喚きとも, 將又技巧の, 思ひな, 汝の, 決って, 淋しさ, 知れぬ雲行き, 空部屋とも, 見られるが, 見るべく予

▼ き~ (26, 0.1%)

5 つた 2 ひから始まつて, ひしが

1 [17件] で七峯, になつ, に在, はし, ひて, ひに, ひは, ふ, ふこと, ふに, ふの, ふもあれば, ふもの, ふやう, ふ教員同志, へる乘客等, を断っ

▼ き~ (26, 0.1%)

2 にて睨みぬ, を挙げ, を見る

1 [20件] がなく, が多い, が少く, が減っ, に空想界, に見得る, に逢, のま, の先, の前, は他, は湿, もて夫人, も皆, を, をつけ, をば唯, を寄せ, を瞠, 醒めたる春枝夫人

▼ きての~ (25, 0.1%)

4 話に

1 [21件] あいさつに, うわさ話を, お汁, ことばに, この話, そりの, んだり, 不景氣, 今, 報告に, 報告は, 報告を, 帰りか, 彼には, 昂奮とが, 第一声が, 虚勢で, 言ひ, 話では, 話には, 説明では

▼ き~ (24, 0.1%)

1 [24件] こそ汝, にも事, に四百年餘, はかつ, はこなた, はた, はまた, はカタラーノ, はジュスティニアーノ, はパルラーデ, はボンコンテ, は口, は山羊, は彼, は歸らん, は物言はず, は見, またアドリアティコ, またマイア, も然, れは, を, を伴, 大日本帝國

▼ き~ (24, 0.1%)

3 を催す 2 がし, を催し

1 [17件] がする, がたまっ, がついた, がつきました, さえ催し, でも, ととても, に似た憤り, に襲われ, のよう, はもう, は感ぜぬ, をもよおし, を催した, を取り直し, 眩すべきである, 眩すべしである

▼ き~ (24, 0.1%)

1 [24件] からやかましい, ちょっと触れた, である, であると, なるを, に咲き誇っ, に感情, に近く, の, のこと, のもの, の口実, の峰, の次第, の素晴らしい, の花嫁, はからず難儀, は知る, までの夜, やり切れないもの, 完全を, 淺薄低級なる, 雪之, 鮮かに

▼ き~ (24, 0.1%)

32 ひて

1 [19件] えるよし, ひけれども, ひしか, ひペルセウス, ひ先年当家, ひ着き給, ふお辰樣, ふぞと, ふちひさき御, ふと固く, ふと聞く, ふな, ふに, ふにてこそ, ふには, ふべき御方, ふ然, ふ禮拜堂, へり

▼ き~ (23, 0.1%)

2 こらせと, よ

1 [19件] あり, かな, がいる, がやってき, が万づ, が家, であったと, であれば, というもの, のよう, の動作, の名, の地位, の痴, の聲, は坐しけり, は汝, は男, は足

▼ きたって~ (22, 0.1%)

1 [22件] あらゆる稚拙, いいん, おどろくもの, かれら, ご覧に, そしてもう一度, その上, その中, その二人, またもや剣, 仕組んだかの, 左肩に, 彼の, 投げる, 新たな, 更に難, 漁法を, 物を, 現在の, 祈願する, 落付い, 頭脳の

▼ きッかけ~ (22, 0.1%)

2 にし

1 [20件] がなけれ, が出来た, が悪くっ, が着いた, で無口, となった, に, にお, にお先, にわッ, に一つ江戸, に一層, に伝七郎, に砂利, はかならず, は中津, をうまうまと, を促した, を示した, を見つけた

▼ き出し~ (22, 0.1%)

3 になっ

1 [19件] から一円二十銭, できまり, にされた, にし, になった, になつ, になる, に事件, に現, に行つた八五郎, に金十円, に隠した, の京都訛り, の夜会服, の床, の床板, の手, の銃, よりも酷い

▼ きあたり~ (21, 0.1%)

1 [21件] から二道, から挙りました, から煌々, でいよいよ, です, には見る, には赤, には陽光, にも群生, に最大, に焼け, に絶大, の樹立, へ凝, らしかつ, をしきりに, を存分, を彩っ, を捉え, を辿っ, を選ん

▼ き~ (21, 0.1%)

2 ひて, ふめり, へた

1 [15件] が呟き, はこれら, はわが, は後, は母上, は物, ひに, ひ猟, ふ, ふこと, ふベースボール, ふ君, ふ夏, ふ矢, よりもなほ

▼ きといふ~ (21, 0.1%)

1 [21件] こ, これも, なれ, モーゼの, 事皆我當時の, 低地は, 兆鼓, 名詞である, 問題にて, 少女の, 少女は, 恐らくはダンテこれ, 文珠菩薩の, 様に, 狐の, 田の, 説ある, 連体名詞法に, 風聞さへ, 餘所の, 首尾整は

▼ きやつ~ (21, 0.1%)

2 と言

1 [19件] が久方ぶり, が奥坊主, が生き, きやつ, たこと, だな, であると, と何, と叫び, と叫びしま, と叫ん, の弁疏, はいずれ, はいまだに, は一晩, は実に, また御, をうんと, を成敗

▼ き姿~ (20, 0.1%)

1 [20件] かな, があった, が楊枝, が現代, である, として響き, となっ, となつ, にてお前, にて這入ん, になじむ, に成し, の絶えず, もしやと, もなにか, を保存, を内部, を取っ, を耻ぢ, を見

▼ きにな~ (19, 0.1%)

3 つてゐた 2 つたのでございます, つて, つてし, つて歩いた 1 つておいでに, つても, つて大和の, つて居, つて歎息の, つて歩き出した, つて毛布をか, つて袂で

▼ き~ (19, 0.1%)

2 その所, 尚ほ

1 [15件] いづこ, こそ御, なおありあり, なお運命, にては先相應, の世, の政府, は, は汝, は退き, またその, まで余, 又斯投付, 妙齡の, 寂寞に

▼ き~ (19, 0.1%)

2 に於, の如き

1 [15件] さえある, においてかわが, においてか目, へ御, も字書也, れ党人, れ実は, れ實, れ黨人, 亦宜, 故にその, 故にわが, 故に他人, 故に何, 故に彼榮

▼ き~ (19, 0.1%)

7 して 4 も閣下 2 も彼 1 も其事, も其事實, も紛乱, も紛亂相繼ぎて, も自由党, も自由黨

▼ き~ (19, 0.1%)

2 は理屈づめにやり込

1 [17件] とおとされぬべき, と成下り, なれば, にも一心, に水, に非, の匕首, の寄り添わ, の潔白, の薄命, は熱帯, もた, もよき, をこそ受け, をし, を素手, 振をば

▼ きそこ~ (18, 0.1%)

1 [18件] じゃ困る, だ, だし, だって旦那, だ今, だ直, なふ, にある, にございます, に立つ, に綺麗, に置い, の長谷, の雪の下, はかの, へ姿, まで拡, まで見送らう

▼ き~ (18, 0.1%)

3 きに 2 きと, き先

1 [11件] から二十円三十円, きで発見, きで私, きで箒黨, きで評判, きのことを, き迄を, に出でし, はございまし, をた, 覺や

▼ き~ (18, 0.1%)

2 の内

1 [16件] がない, にある, に唯一人, に居, に歸, に滿, のうち, の人氣, の外, の棟二つ三つ, の鉢, へかえって, へ奉公, も無い, を収め, を栄えしめ給わん

▼ き~ (18, 0.1%)

2 に行き, の寒き, はこの, はよく 1 が在る, である, の峽, の木立ちの, の秀, の細川, はどうしても, は島, べに, を覓め

▼ き~ (18, 0.1%)

2 ひ, ふ猛火

1 [14件] うても, つて, はれた, はれたから, はれたの, ひしました, ひそれでも, ひアカイア勢, ひ二月, ひ或は, ひ燒, ふ, ふその, ふ事

▼ き~ (18, 0.1%)

1 [18件] だまり, と云う, なる我, に, にふる, にも觸, に刺, に過ぎない, の, の勢, の名, は神秘, もふふみたら, や, をさ, を供, を加, 咲かん

▼ き~ (18, 0.1%)

1 [18件] かな我, であらう, ですから, ではない, にある, にとぢ, に一軒, に下る, に導い, に往かしめる, のやう, は今, も無き, も石, をはなれ, を私, を郷屋敷田畝, を黄門光圀卿

▼ き~ (18, 0.1%)

3 はない

1 [15件] がない, なりとの確信, にて乘, に入り, に入ります, は只, は是, は無い, も己, をお, をば容赦, を歩い, を皈, を進んだ, を離れず

▼ きかな~ (17, 0.0%)

1 [17件] けりや, この果, しからずや, ほむべ, アントニオわれ等の, ヨブ, 主の, 僕は, 天の, 安きかな, 小さき青木, 島は, 常闇に, 惱み, 敬の, 汝が, 白髪の

▼ き~ (17, 0.0%)

3 ちつくな 2 ちしずむを, ちっくな 1 かつはあ, くの, ちしずむ, のの, 天地も, 幸いに, 来ぬる, 気遠き, 能く, 風に

▼ きてからは~ (17, 0.0%)

3 ゆつくり

1 [14件] ことに白樺, とよ子は, みんなにも, よく主人, 一言をも, 丸ノ内の, 何か, 天城さんに, 彼の, 日本国じゅうで, 東京湾口を, 私の, 見られなくなったけれど, 警報が

▼ き~ (17, 0.0%)

2 と光った

1 [15件] が道楽者, つき花, とかがやいた, とよろこん, と三人, と光っ, と流れ出し, と陽, に, の眼, はるる, は恐竜, をかざり, をひきずっ, を飾り

▼ き~ (17, 0.0%)

3 ばかりは有るまじ

1 [14件] と神, にこれ, にて孝養, にもお, にも私, に蜜, の最も, は月花, へ飛込ん, をはね, を待ち渡るべき, 岐沢の, 忍びにて, 板または

▼ き~ (17, 0.0%)

2 が後, である, で枚, にあがる, になる, の罷める, は勤まる, もいや 1 を麿

▼ き~ (17, 0.0%)

2 の前

1 [15件] がねをとほし, のあたり, の玉, の紳士, の触り, は, もかっと, をこすり, をし, をなくした, を働ら, を合, を母様, を見はり, を覚まし

▼ きかという~ (16, 0.0%)

1 [16件] ことが, ことは, ことを, ところを, ような, 一つの, 事の, 可能性は, 問いに, 問題が, 問題で, 問題に, 思想が, 所さ, 本当の, 根本の

▼ きかを~ (16, 0.0%)

2 學んで

1 [14件] よく御存じ, 二三述べ, 当時の, 教へる, 知つてを, 知らない, 知らなかつた, 知るであろう, 知るべし, 知る健全, 考へた, 考へて, 豫期する, 追究する

▼ きてからの~ (16, 0.0%)

1 [16件] ことなら, ことは, ものらしく, 一日の, 事情を, 今松, 定家の, 恋愛な, 社會では, 私の, 第一, 話である, 話の, 迎えなの, 酒井家は, 金の

▼ きながらも~ (16, 0.0%)

2 つぶしの

1 [14件] お藤, そのため, 大きい鯉, 希望を, 彼は, 待ち兼ねたよう, 放水路堤防の, 明るくて, 眼が, 私は, 言いぬいた, 貴公の, 酒を, 頭も

▼ き倦きし~ (16, 0.0%)

3 ている 2 たよ

1 [11件] た, たの, ちまう, ています, てきた, てふと, てるん, てゐ, て少し, て疲れる, 出した

▼ き~ (16, 0.0%)

1 [16件] うしろを, その歌, それだけの, スーと, 他人に, 古の, 君たる, 徹底し, 揃えたよう, 有せんとも, 歌に, 止むこと, 猫の, 籃を, 罷められて, 萬事春三郎に

▼ き屋根~ (16, 0.0%)

1 [16件] がかたま, が信吉, と土, のある, のまんなか, の下, の仮, の六疊, の宮殿, の家, の朽ちる, の茶店, も流れ, や荒ら壁, をいただい, をゆびさし

▼ き~ (16, 0.0%)

2 して

1 [14件] が出, で言いました, に帆村, に自ら, の男, の美し, はし, をかくす, を少く, を持つ, を照, を皺めたるなり, を見ん, を覗き込む

▼ きかい~ (15, 0.0%)

1 [15件] がつい, が手, だ, のかばん, のはいった, の中, は割合, ばかりのこっ, を, をかくし, をせ, をとめ, をにわ, をひねりました, をもっ

▼ きかと~ (15, 0.0%)

1 [15件] マリア氣遣ふさま, 云々仰せ, 云々忽ち, 云うこと, 云う二つ, 云ふ, 云ふこ, 問ひける, 問ふ, 富岡は, 思い煩うた, 思つたのに, 思われる, 突詰めて, 躊躇する

▼ きされど~ (15, 0.0%)

1 [15件] か, セルセの, 世にはか, 彼かれ, 彼の, 彼女自ら招く, 彼等の, 我の, 我等の, 技に, 汝の, 甘き感情, 登れること, 闇の, 驚愕

▼ きとは~ (15, 0.0%)

1 [15件] いえ砂, いっても, ちがうん, ふたりの, 今の, 何と, 何の, 全く趣き, 別に近頃切り, 思ひ出づと, 教養ある, 知らなかったの, 言はずとも, 言わなかった, 非常に

▼ きはめ~ (15, 0.0%)

3 がつく 2 のつく, もし妖怪, をつけた 1 がつけられ, ける, つらう, なきや, なり, はつくだらう

▼ きゃっ~ (15, 0.0%)

6 という女 4 きゃっと 1 きゃっとはしゃぎながら, という悲鳴, という騒ぎ, と澄んだ, ひいッ

▼ き~ (15, 0.0%)

2 は何者

1 [13件] かと思ひ, かなとのたまいし, がほ, こそ先づ, そりゃア, とのた, にあ, の姿, の態度, の遠大, は天外, は誰, も

▼ き~ (15, 0.0%)

3 の中, の間 1 とも現, などをも見続け, に似たる, に入る, に耽つ, のけしき, は幾何, を結び, を見し

▼ き~ (15, 0.0%)

1 [15件] がこの, がネパール, し打, の仮面, の申した, の身, の身体, はステップニャツク, は次第に, は母, は深く深く, は谷崎潤一郎氏, は驚いた, も漁, を奪い去り

▼ き~ (15, 0.0%)

2 もない

1 [13件] いなの, いチョウチョウ, が三枚, した鷺, して, とみどり, に染まりたる, のこめ, も日あたり, をご, を添え, を減ぜざりし, 盛りあがれ旋盤速む

▼ き運命~ (15, 0.0%)

2 あること, あるは

1 [11件] が余, とはなつた, にとらえられ, に接近, に決められ, の臨ん, をまだ, をもっ, をもつ, を有し, 観さ

▼ き~ (15, 0.0%)

1 [15件] あり驢, だ, で年, に騎, のかげ, の後脚, は上流手, は前, は堪へ, は疲れ, は雲, を与えよ, を牽き来り, を立たす, を解き放し

▼ きさい~ (14, 0.0%)

8 の宮 1 なイ手古奈, に玉, へかなしく愚かしき, へ一夜ゑにしのほかの一夜, へ悲しき, べ

▼ きさえ~ (14, 0.0%)

9 すれば 1 したん, すりゃいい, するならば, 女の, 見えたなら少々

▼ き~ (14, 0.0%)

1 [14件] でもなく, に位置, に同, に多大, に確乎, に置き, に行き, はその, へ手, までその, まで上り, を百姓供高声, 退いて, 遠き山

▼ き~ (14, 0.0%)

2 の子, を思へ 1 が逃げ去っ, でありある, と子, なる力, のかずけたい, の弓, よ, をまこ, を咸陽, を救った

▼ き~ (14, 0.0%)

2 はふり

1 [12件] にかわく, にぬれ, に目, に秋雨, のおと, のさま, のちり, の流れ, の白ら玉, の音色, の香, はすき

▼ き~ (14, 0.0%)

2 はない, を有する 1 がない, が多々, だ, なきに, なり, はどこ, は沢山, もなかっ, を取らずし, を有

▼ き~ (14, 0.0%)

4 二の 1 一の, 一回の, 一高等學校の, 九子杞を, 二神来は, 十七子権を, 十三子桂を, 十二子柏を, 十六子, 十四子

▼ きそして~ (13, 0.0%)

1 [13件] この国, さからうの, それを, 一切の, 之から, 去つた, 奇妙な, 将来も, 恐るべきもの, 激しい渇き, 胸を, 読み下した, 金龍は

▼ きそれ~ (13, 0.0%)

2 が耳許

1 [11件] かあらぬ, から立ち止まった, がし, が一文, が私, が霧, と会戦, に満足, はちょうど, より泊月, を打ち消す

▼ きてからも~ (13, 0.0%)

1 [13件] あの通り, いろいろ考えた, しづやは, のらくらしてる, もとの, 夜遅く, 小さい故障, 彼は, 復職は, 母親の, 毎月の, 火事の, 炊事や

▼ きでも~ (13, 0.0%)

4 祖国を 1 ありませぬと, うしなったの, しそう, したよう, するやう, ない, ない日々, 不都合で, 濡れさせまいと

▼ き一人~ (13, 0.0%)

2 や二人死人

1 [11件] がいふ, が訊問, で右手, のビ公, の人間, の我が, の男, は浴衣, やるの, を助ける, を歎

▼ き人間~ (13, 0.0%)

2 を意味

1 [11件] であるの, ではなく, として再び, に, の大不, の片割れ, の私, は自分, をおれ, を作る, を捉

▼ き~ (13, 0.0%)

3 になる 2 の言葉, をし 1 かを想, か彫らし, とはなく, の世, をか悲し, を一体

▼ き~ (13, 0.0%)

2 の間

1 [11件] となった, な, なれば, に寝, に恰も, に昌次郎, のため, の月光, の漸く, はただ, 美しき童女來

▼ き性質~ (13, 0.0%)

9 のもの 2 の一面 1 の者, を有する

▼ き~ (13, 0.0%)

7 きに 1 きお, きには, きのお, き会って, てチャント番, 婚姻を

▼ き~ (13, 0.0%)

1 [13件] かりそめ, がびゅう, に吹き, に吹き除けられ, に揺ぐ, のごと骨, の戦, の日, は急, もまどろむ, をよろし, を現, 吹く時そ

▼ きげんに~ (12, 0.0%)

4 なった 1 なって, なっても, まくしたて独り, ゆすぶりながら, 笑って, 見えた, 達して, 酔って

▼ きさうな~ (12, 0.0%)

2 ところまで, 顏を, 顔を 1 のが, のでこの間, のを, 山吹の, 晩だ, 自信を

▼ きちゃあ~ (12, 0.0%)

1 [12件] いねえ, これに, わが党, 内藤新宿でも, 堪らない, 天井が, 日本一の, 是も, 眼が, 豪勢な, 鐚は, 鬼門だろう

▼ きなど~ (12, 0.0%)

3 言ふ 1 いふも, しける時, した, して, もす覆面, 云ひ, 先達ぶりで, 致して, 誰に

▼ きにて~ (12, 0.0%)

2 おなじ火浣布 1 かき集めたる財産, 冬暖甚病躯に, 客を, 待ち合わせ候え, 普請を, 男一疋なにほどの, 白縮緬の, 碁を, 藁叺を, 見物に

▼ きはみ~ (12, 0.0%)

3 なし 1 けり月夜, なき天, なき欝憂, なき鬱憂, のま, はろばろ, を, を尽す, を盡す

▼ きやあ~ (12, 0.0%)

2 がったな, つ 1 がった, がつたん, しないわ, つて言つて驚い, なりません, ツ, 君は, 誰ぞ

▼ きゅッ~ (12, 0.0%)

2 きゅッ, と帯 1 と博多帯, と名人, と握っ, と擦っ, と結び, と締め直す, と踵, と釣っ

▼ きゅー~ (12, 0.0%)

1 [12件] っきゅー, っぎゅっと, っさ, っとつまっ, っと一息, っと一杯, っと吸った, っと巻き込ん, っと息, っと抱きしめ, っと縮まり, と泌

▼ きわが~ (12, 0.0%)

1 [12件] こ, 一家の, 上には, 同僚を, 心, 汝に, 耳は, 肉体の, 舌これに, 若き目, 高き悲曲, 魂を

▼ き一つ~ (12, 0.0%)

1 [12件] しないの, しない鎧, しなかった, し給いき, し給いつる, の參考以上, はグレーヴ, はサン, は市場, をば云, 吐くに, 残さずに

▼ き~ (12, 0.0%)

2 あけて 1 あらばと, ありて, のくすぶった, はかく, へ来, まで思い定め, も閉じられ, を利き出しました, を喇叭形, 明て

▼ き場所~ (12, 0.0%)

2 あること, ではない 1 に置い, に黒点, の近く, へは余程, へ行った, をさぐり求める, を書いた, を考え

▼ き易い~ (12, 0.0%)

1 [12件] こころは, ことを, のは, 事実を, 古典式表現に, 娘時代で, 小鳥か, 彼の, 感情を, 日本人には, 神経を, 許された何と

▼ き~ (12, 0.0%)

1 [12件] で年, に思い, に思われる, の問わる, の振り, の来る, は失敬, は女, もなかりき, もなし, も知ってる, を

▼ き~ (12, 0.0%)

2 へちりかけ, を見れ 1 なる戀, にゆくり, に懸れる, に浮び, の下, の中, は地上, 蒼く濶

▼ き~ (12, 0.0%)

1 [12件] にも, に入る, に抱い, のピアノ鳴り, は愈, は破れん, めぐり色彩, をおしたる, を抱い, を撫で下し, を焦がし, を衝い

▼ ききみ~ (11, 0.0%)

2 はいったい, はだれ 1 が, はどうして, はなにもの, はへん, はぼく, は何者, は四十面相

▼ きだけの~ (11, 0.0%)

2 もので 1 ことで, ところが, 優しさ, 利益を, 同情を, 慰めにも, 短見に, 罪科彼に, 返事を

▼ きのみ~ (11, 0.0%)

2 ならず彼 1 である, であるから, ならず其表面, ならず氣, なる藤浪, 其果し, 然るに汝, 綿綿と, 達者で

▼ き~ (11, 0.0%)

1 [11件] が出, が明るく, つても, つて顔を, づさう第, づしさにくらべてどうか, なしに, はつて, はりを, ぼろしを, をす

▼ きゃっきゃっ~ (11, 0.0%)

2 笑いました 1 云うの, 叫ぶくらいの, 叫んだり, 悦んで, 笑いながら, 笑って, 騒いで, 騒いでも, 騒ぐ声

▼ きゆる~ (11, 0.0%)

2 ことはやき, の時, まで, をまたずし 1 さま, 時なく, 末より

▼ き~ (11, 0.0%)

3 きょら, けき 2 ほけきょ 1 の中身, の味噌漬, の本体

▼ きよは~ (11, 0.0%)

5 いひました 1 さうい, しばらく考へ, どうだらう, のんきさうにいひました, 尋ねました, 池を

▼ き~ (11, 0.0%)

2 に我が 1 から枝, から眺めた, つちまわア, に寺, に貧しく, に逆, のこと, の事, は朝庭

▼ き~ (11, 0.0%)

4 つてゐた 3 つた 2 つて居る 1 つてゐる, つて居ります

▼ き地位~ (11, 0.0%)

1 [11件] である, に移り, に置かれ, に陥った, に陷, より救, を与へられた, を予想, を占めよ, を明らか, を正当

▼ き~ (11, 0.0%)

2 ユーゴーたり 1 アントニオなり, 厠を, 喜劇, 尼公なりき, 甕, 破片と, 蛇あり, 蝶こそ, 部屋に

▼ き~ (11, 0.0%)

1 [11件] さりに, に, のあさ, のかすみ, のシーズン, の今朝, の夕, の日, の歌, を喜ぶ, を山蓼

▼ き次第~ (11, 0.0%)

1 [11件] かな女房, ぞや是, である, である自分, でないから, で驕傲, ならずや, なり我, なり最初斯, 出掛けるだろう, 次第に降る

▼ き~ (11, 0.0%)

1 [11件] さうとでも, さねば, されずに, された火事場, されて, して, し此高殿, す, すこと, す熱心, せよかし

▼ き~ (11, 0.0%)

2 に泣け, 造る水 1 のむ, はとっくに, は朝, もよく, も出し, を傾, を飮

▼ き限り~ (11, 0.0%)

2 である, なる業 1 ならずや, なれ, にて, に候, に非, の家族, を泣きつく

▼ きうり~ (10, 0.0%)

1 が山, などに及ぼす, なますに, の如し, の山, の苗, は, ゆう, を, を買

▼ きかく~ (10, 0.0%)

2 在りて 1 てその, てわれ, て五日, て目, なりて, 寿司, 想いやりし幾年, 言いて

▼ きかの~ (10, 0.0%)

1 人に, 先決問題である, 女の, 感なき, 教場に, 者うたひ, 自然の, 道を, 靈の, 鳥

▼ きかへ~ (10, 0.0%)

21 させ胸, された刈株, される, され白い, せ浪, つた太陽がまん円く, ます, 窓を

▼ きちり~ (10, 0.0%)

2 と膝 1 と両手, と合, と坐る, と小さく, と整った, と片付い, と締まっ, と行儀

▼ き~ (10, 0.0%)

3 やない 1 きお, の儘, やありません, やあるまい, やけにまた, やつた, やア

▼ きとの~ (10, 0.0%)

1 たまふか, 一事あり, 合の子みたいな, 外は, 手で, 流言當時行はれ, 片側町時折車の, 短歌, 説による, 関係は

▼ きどう~ (10, 0.0%)

2 なるの 1 あっても, いふ系列, されるの, するかと, だな, でも一本立ち, なって, 出世出來る

▼ きなお~ (10, 0.0%)

2 ほきな 1 いちいち脂肪, 体を, 医者さんが, 堂の, 尻を, 葉より, 金持ちを, 銀は

▼ きばつ~ (10, 0.0%)

3 なこと 1 なもの, なトリック, な手, な答え, な話, な趣向, の名

▼ きびす~ (10, 0.0%)

4 を返し 1 をクルリ, を回す, を巡らし, を接し, を返, を返そう

▼ きほど~ (10, 0.0%)

1 お身, だった, であ, 物の, 精巧に, 興がるが, 若いけれど, 貴島と, 道理を, 隣室にて

▼ きよと~ (10, 0.0%)

7 んとして 1 はやし立つる誠, 呼ばれて, 申す下婢

▼ きより~ (10, 0.0%)

1 あなひ, し遠き, はじまった音楽, 僅に, 啼く, 屡々壁崩れ柱, 忠兵衞申聞せ, 秋風そ吹く, 自然に, 闇き

▼ きを以て~ (10, 0.0%)

2 したりと, す是, なり然るに 1 その引証, 也, 最も親くせ, 本来の

▼ き~ (10, 0.0%)

2 たむし 1 が井戸ば, じやが, す, だえ, だむし, の前, は非常, らしい

▼ き上り~ (10, 0.0%)

2 になっ, に登つて 1 になった, になつて, に上つた, の段道, の道, 止めようと

▼ き~ (10, 0.0%)

2 を喞 1 では無い, にあるは, に立ち, の塵, の夢, の沈黙, も侍らず, を出

▼ き乍ら~ (10, 0.0%)

1 いはれる, お新, に有, も巡, も心, も悲しみ, ケロリと, 呆然と傍, 狂いそう, 頻りに笑つて興

▼ き~ (10, 0.0%)

2 でむ 1 でし傍, でし巌, でたり, でたる白蓮, でたる紙帳, でよ, で光榮, で裳

▼ き~ (10, 0.0%)

2 である 1 ならし, にてしかも, をあた, をのこせよ, 瀑たるを, 譽を, 辞の, 辭の

▼ き~ (10, 0.0%)

1 が有る, であると, に, にし, には, に喞, に居れ, はアフリカ, を, をこそと

▼ き~ (10, 0.0%)

2 がき, の雨 1 にもなる, に潤, の夕暮, の夜半, も終りかけた, や時

▼ き意味~ (10, 0.0%)

1 において, においてはあらゆる, においては文化的生, において仏性, において身體, に於, に於ける, に解釋, の言葉, をもってる

▼ き~ (10, 0.0%)

2 を立て 1 にさ, には秀子, に聞く, をたて, をたてた, を打つ, 立てたこと, 鳴の

▼ き~ (10, 0.0%)

3 の神 1 とを採り, のあさ, の半, はわが, は走る, をふ, を落す

▼ き~ (10, 0.0%)

3 れの 2 れに 1 れた感じ, れでは, れで小田中左門次, れ四十島田, れ氣味

▼ きかは~ (9, 0.0%)

2 一個の 1 いわゆる偶然, ゆきものよ, 人間の, 容易に, 当場所, 此儀御, 至難に

▼ きつた~ (9, 0.0%)

1 お艶, ごむまりのやうに, まことに味, 世にも不幸, 嘲りの, 御鏡, 懶うさ, 燃えるやう, 美しい姿

▼ きてと~ (9, 0.0%)

2 こしへに 1 たのんで, ひし人, まつたやう, ッても, 言った, 言ふ, 頼みに

▼ きもに~ (9, 0.0%)

3 銘じて 1 こたえたはず, 応えて, 銘じおきますと, 銘じた, 銘じたの, 銘じたよう

▼ きやうだい~ (9, 0.0%)

1 が一人減, に捨てられ, に遣つた, のうち, の外, の手, は, はそんな, は午後二時頃

▼ きやら~ (9, 0.0%)

21 める, 呪いやらが, 御推量, 心にか, 笑ひ, 筒長の, 耕作やら

▼ き~ (9, 0.0%)

2 の成功, 大危機 1 の材料, 下り讀, 大顕象, 大顯象, 軽騎兵

▼ き~ (9, 0.0%)

2 を要するに 1 に二十萬, に生命, を他, を審案, を斷, を精神, を荐

▼ き~ (9, 0.0%)

21 て士卒高ら, ぬ, の人, りしは, るから, るカルリアネーラ, るリムノーレーア

▼ き~ (9, 0.0%)

2 になる, の土玻璃 1 が來, といふ, の夜, の日, の濱

▼ き存在~ (9, 0.0%)

1 がある, する本, だったの, でありかれら, ですが, と自己, の世界, の意味, はこんな

▼ き~ (9, 0.0%)

2 の人々 1 から釜師, なるかな, にはいりこん, に五人組, の入り口, の北南, をすっぽり

▼ き~ (9, 0.0%)

2 ほどの事, れを 1 に金澤氏, の土, の塔, の花, 新しい經驗

▼ き現象~ (9, 0.0%)

3 にし 2 を呈した 1 たること, である, ではない, に對

▼ き~ (9, 0.0%)

1 ありて, あり戸口, にあまり, にむかひます, に燈, のうち, の下, の戸, の許

▼ き~ (9, 0.0%)

2 もよわり 1 が眞上の空, にて忙しく, に呼べ, の出ぬ, は自然, をうちあげ, をもらせ

▼ き~ (9, 0.0%)

1 で濡れ縁, で相島, で階段, とで奥, の音, をうつくし, を停めさせた, を投出し, 取は

▼ き近く~ (9, 0.0%)

1 にあつ, にゐます, に見え, に身分, に閻魔様, の家, の海, の縮, まで行く

▼ き~ (9, 0.0%)

5 は先 2 あり 1 のかたち, は死し

▼ きある~ (8, 0.0%)

2 ひは 1 ものゆえ, 也, 光燿が, 正しい道, 短き日, 者は

▼ きげんとり~ (8, 0.0%)

1 が集まっ, にすぎなかった, にばっかりアくせくし, のねこなで声, の手, の言葉, は得意, をやりだした

▼ きさうに~ (8, 0.0%)

2 ない 1 なかつたが, なると, もある, もない, 思はれるとき, 高く積ん

▼ きたま~ (8, 0.0%)

51 はざりし, ふ, へ妹

▼ きだけ~ (8, 0.0%)

1 ありますな, でなく実地, では, でもう, で大した, 動かしながら, 赤らんだ小さい, 飮ませれ

▼ きだけは~ (8, 0.0%)

1 云ふ, 出來, 勘辨し, 少し見え, 怖ろ, 窘めるよう, 花々しかつ, 風の

▼ きつた話~ (8, 0.0%)

2 であるが, なの 1 さ, だ, だよ, でただ

▼ きづな~ (8, 0.0%)

2 も捨て 1 の苦しみ, は断ち切れぬ, を捨てきれる, を断ち切り, を斷, を続ける

▼ きてね~ (8, 0.0%)

1 いえまだ, すっかり聞いちまった, それに沢山, 一人前, 兄さん, 時どきざんぶりとはいらないと呼吸ぐる, 私が, 部屋の

▼ きてを~ (8, 0.0%)

2 見あてた刹那 1 りながら, りました, りましたので, りまして, りますが, り白い

▼ きとか~ (8, 0.0%)

1 いって, はやなぎ, はりぬ, 云うの, 叔父とかいう, 聞きつる, 言って, 鳥巣を

▼ きにと~ (8, 0.0%)

2 降りて 1 先を, 或者, 押詰めて, 湯殿の, 礼を, 荻江まで

▼ きもし~ (8, 0.0%)

1 またこういう, 失望も, 彼女が, 彼等に, 恋以上の, 憤りも, 時さらに, 歓びも

▼ きものの~ (8, 0.0%)

2 われを 1 えりを, てんでお, 一乎, 出来た時, 比較的少い, 然はた

▼ き~ (8, 0.0%)

1 に事務所, に二三度, に入, に父, に網, に足, のところ, ひの

▼ き~ (8, 0.0%)

1 と影, と滴る, に妻, に射られ, に遇, の中, は再び, を鋪

▼ き動物~ (8, 0.0%)

2 は百姓 1 が曾, ずきモスク, です, と変じ, なること, らしき性質

▼ き~ (8, 0.0%)

2 であると, へ 1 である, ではない, と定めた, の

▼ き~ (8, 0.0%)

1 と離れ, なりといひ, に就, のとても一応, の隠匿, は, より友次郎, をつかい

▼ き差し~ (8, 0.0%)

3 のならぬ 1 ならね, のならなく, の出來, もならずうめく, 出来るだけ

▼ き我が~ (8, 0.0%)

1 住塩沢より, 子みまかり, 故ますらをの, 日本国人が, 早稻田文壇, 眼で, 起ちて, 門前にての

▼ き~ (8, 0.0%)

2 を開きつ 1 すらも無い, と卜, を濳, を過, を閉, を開き

▼ き月夜~ (8, 0.0%)

2 のもの, の白小雲 1 には揺れ, には搖れ, の時あかり, の石だたみ山茶花

▼ き~ (8, 0.0%)

1 かく我, が乳房, しるべし彼等, はまた, は何と, は平, もしよく記憶, 須らく彼

▼ き~ (8, 0.0%)

2 のましろ 1 から聞い, のかずけたい, の眼, は氣息, をまこ, を亡

▼ き自分~ (8, 0.0%)

2 の方 1 があり得よう, がどう, が蹴倒され, の素質, の話, は弟

▼ き自由~ (8, 0.0%)

2 をかち得る, を有す 1 があった, はない, を得, を欠い

▼ き貴様~ (8, 0.0%)

2 は何者 1 の胸もと, の言語, は, はどこ, は何, を

▼ き~ (8, 0.0%)

1 ある人, ある雑誌, から天候, その闇, であった, とはなりました, の, 忽ち鉄砲

▼ きあと~ (7, 0.0%)

1 から行く, だから, で下りる, で米西戦争, にできた, らしいうめの, 見ざる英武

▼ きさん~ (7, 0.0%)

1 が大, が私, に用事, の画, はさらに, は芸術, を待っ

▼ きつた空~ (7, 0.0%)

2 からは習 1 が広々, であつ, に朝月, やその, を綿毛

▼ きとき~ (7, 0.0%)

1 あり, にし, は同一, は意根, は戸, よりの熟, より西班牙

▼ きはに~ (7, 0.0%)

1 あらはれぬ霞める山, くびれるやう, さし伸べる, とぶ鳥, はかに, 岡田と, 立ち遙

▼ き~ (7, 0.0%)

2 の悪い 1 がある, だが, だと, の枯木, もどこ

▼ きへと~ (7, 0.0%)

1 のびて, 東の, 歩いて, 町が, 考へると, 走つて, 走り廻った

▼ きまでに~ (7, 0.0%)

1 この巷, ちゃんと癒, 散り亂, 歓ばれぬ, 浮きあがったの, 美しく投影, 語を

▼ き~ (7, 0.0%)

1 が男, が粗い, だったのに, でせう, としては少し, になっ, の荒く

▼ きやがて~ (7, 0.0%)

1 は思想, は胸, アパートの, 可なりの, 朧夜が, 群集は, 雪が

▼ き~ (7, 0.0%)

1 して, する斑点, と光っ, と光った, と光る, と四辺, んるだ

▼ きイちゃん~ (7, 0.0%)

1 お弾き, が今, きイちゃん, しッ, て言っ, の様子ッ, みイちゃん

▼ き且つ~ (7, 0.0%)

1 それを, 呆れて, 怪ん, 感心した, 祈れるによりて, 閣下の, 隣の

▼ き乍ら平次~ (7, 0.0%)

2 は念入り 1 はお勝手, は一歩六疊, は佐久間町三丁目, は尚, は氣

▼ き~ (7, 0.0%)

3 の人 1 の世界, の心, へ往かさず, を俟

▼ き~ (7, 0.0%)

1 でサルタノフ, で一羽, に球, に立つ, のドユブウル町, の扉, へ來

▼ き~ (7, 0.0%)

1 で一人, で急, で生ビール一杯, にございます, に腰, のよう, の三畳

▼ き初め~ (7, 0.0%)

32 たが, た曲

▼ き~ (7, 0.0%)

2 まで 1 に立つ, に舟, の黒, 廳に, 齒二枚打缺て

▼ き~ (7, 0.0%)

1 たること, とあ, よかく, を恋, を戀, を択ぶ, を有

▼ き~ (7, 0.0%)

1 に押し入れき, の原, の地, も晦, をわけ, 照らす大神, 若くは

▼ き~ (7, 0.0%)

1 だけれども, であるぞ, でご, と, とは思し, に付, はお前

▼ き~ (7, 0.0%)

2 が人目 1 には名, の柔, も無, をも見立て, をやたら

▼ き~ (7, 0.0%)

1 が事, と共にこの, に心, は拯, は貫一, を妻, を思ひ

▼ き小屋~ (7, 0.0%)

21 に生れついた, の, の風, へ火, を

▼ き~ (7, 0.0%)

1 とどうして, とを御, なりき, にまします, に溢れ, のため, 歪める道

▼ き或は~ (7, 0.0%)

1 壓し, 悲しみ或は, 悲む可き, 摩りて, 澄む氣, 磨ひく, 骨角の

▼ き~ (7, 0.0%)

2 の中, の夜 1 の光り, を仰ぎ, を見る

▼ き~ (7, 0.0%)

2 も顫 1 に影, に浮びぬ, のかなた, の景色, より煙る

▼ き~ (7, 0.0%)

2 をし 1 に追, のまわり, の如し, の火, の爲

▼ き理由~ (7, 0.0%)

2 はあらず 1 がある, が発見, でもお, なければ, も無い

▼ き生活~ (7, 0.0%)

1 なり, に墮, のため, の予想, はついに, を云, を敍

▼ き~ (7, 0.0%)

2 の上 1 にする, にてはませ, になりゆく, を投げ込む, を飛ばし

▼ き~ (7, 0.0%)

1 といふ名称, として信ぜられ, のこの, のしるし, の手, の社, 知り給

▼ き~ (7, 0.0%)

1 がござろう, ではない, など立てたる, のもの, の知辺, もなけれ, 向ひ

▼ き~ (7, 0.0%)

1 が結ばれる, というの, なり日光菩薩加護, に似, の羽, を廻っ, を感じざる

▼ き至極~ (7, 0.0%)

1 と窘付, なり久八, なり夫, なり夫人, なり揚屋, に付入牢申付, 也右樣の

▼ き行為~ (7, 0.0%)

1 があったら, であったか, である, ではなかっ, とは思われない, にし, はアンドレ・モーロア

▼ き~ (7, 0.0%)

1 きるを, せしたはれめ, と大, のごと, を着, を着せ, を纏い

▼ き~ (7, 0.0%)

3 を放たね 1 にてものいふ能, ふことは, を出, を弄する

▼ き走り~ (7, 0.0%)

1 が言う, ばかりはし, をし, をしよう, をする, を見守っ, 来りて

▼ き近所~ (7, 0.0%)

1 だから, で水, には四圓五十錢, に勘太郎, に居る, の寺院, の車夫

▼ き~ (7, 0.0%)

2 はあがり 1 あり大, の乱れ, の亂, の切れ目, をつかむ

▼ きかに~ (6, 0.0%)

2 就いて 1 ぞくして, 付いて, 在る, 就ては

▼ ききょう~ (6, 0.0%)

2 の花 1 かるかや, だけが生え, の花びら, もって

▼ きけど~ (6, 0.0%)

1 ここも, そのやう, そんな窓, 日の本の, 言葉遣いの, 言葉遣ひ

▼ きしかして~ (6, 0.0%)

1 その鎖さる, 入る火, 当時に, 彼は, 彼また, 矢の

▼ きじき~ (6, 0.0%)

2 の対面 1 にお, にお歌, にまいらるる, 眠って

▼ きじゃ~ (6, 0.0%)

1 いるけれど, きする, ないか, アない, ア堪らねえ, 有難くねえ

▼ きたち~ (6, 0.0%)

1 が, がお, がお前, のほか, の命, を血眼

▼ きだって~ (6, 0.0%)

1 しなければ, するという, その場, ちっとは, 何だって, 向うの

▼ きつて言~ (6, 0.0%)

3 つた 1 はう, ひ兼ねたらしく, ふとあたし

▼ きてや~ (6, 0.0%)

1 がらあ, がらア, がる, がるだろう, がるん, 少く血

▼ きとして~ (6, 0.0%)

1 あるの, かういふ分析, もう一つ私, 左の, 役に立つやう, 是から

▼ き~ (6, 0.0%)

2 おしに 1 くろんながるだつづきぐあいがわるいのは, つた庭が, ほりその, ものすさまじい幽霊

▼ き~ (6, 0.0%)

2 たみ 1 あれも, たみのきざし来る, だった, まだ始めません

▼ きばかり~ (6, 0.0%)

3 では 1 でなくて, でなくもっと, 大きなこと

▼ きびだ~ (6, 0.0%)

4 わあい 2 流されてるだええばか

▼ きほどの~ (6, 0.0%)

1 口実を, 大きな目, 御親切, 点に, 略と, 顯象なり

▼ きもろこし~ (6, 0.0%)

1 さ, の店, の老爺, は, や林檎, を二穗

▼ きやと~ (6, 0.0%)

1 いえば, 云う可, 云ふ, 來た, 来たね, 言うに

▼ きゆツ~ (6, 0.0%)

2 と噛み着い, と針 1 とどこ, と唇

▼ きょうなさけび声~ (6, 0.0%)

3 をたてました 1 がほとばしりました, が洞くつ, が聞こえ

▼ きらひな~ (6, 0.0%)

1 のじ, のでまるで, ので日本, ので無理, のよ, のよ私

▼ きトロイア~ (6, 0.0%)

2 とダルダニエー 1 けふ, と, の陷落, は遂に

▼ き一個~ (6, 0.0%)

1 の作, の叙事詩, の形式, の親仁, の説話, の驕慢児

▼ き事実~ (6, 0.0%)

1 が我々, が有, である, であろう, にし, を発見

▼ き事柄~ (6, 0.0%)

2 で有りません 1 ではありません, では有りません, で無いから, は別

▼ き二人~ (6, 0.0%)

1 で家具, とも運転手台, の子ども, は櫻, は知らぬ, 並んで

▼ き~ (6, 0.0%)

2 は無用 1 ござれば, にございます, は一切, は御

▼ き内閣~ (6, 0.0%)

4 は其の 2 の主義

▼ き~ (6, 0.0%)

1 がいる, だろうか, とみえる, と言つた所, に抱え, の一人

▼ き~ (6, 0.0%)

1 か深き, ではない, に酔った, の充ち溢れる, も窮まった, を持つ

▼ き去る~ (6, 0.0%)

1 あたりは, ことに, ことの, のに, を得, 時も

▼ き~ (6, 0.0%)

2 にし 1 といわれる, なん, にする, や片

▼ き~ (6, 0.0%)

1 くれの, なりけり, のすさみと, の心やり, ばえ, を特に

▼ き多く~ (6, 0.0%)

2 の人 1 の主婦たち, の夢, の素質, 中に

▼ き~ (6, 0.0%)

2 なども下人 1 の低い, の浅, の間, も覗いた

▼ き帰つて~ (6, 0.0%)

2 来るで 1 入らつし, 来ますから, 来る, 来ると

▼ き~ (6, 0.0%)

1 ながら人入り乱, に, にし, のはたけ, をぶらつき, をへだて

▼ き廻り~ (6, 0.0%)

2 して, をし, をした

▼ き~ (6, 0.0%)

1 かな, して, などある, の心頭, をし, を音譯

▼ き~ (6, 0.0%)

1 から帰ります, でございますよ, は自由, は親, へ這入, 嗣ぎの

▼ き~ (6, 0.0%)

1 みけれども, みしが, みながら, み先年, み病氣, み給

▼ き悲しみ~ (6, 0.0%)

1 ける, けれども更に, その悲歎, のため, の聲, 喜び自殺

▼ き書き~ (6, 0.0%)

2 をし 1 する一種, で天子, の中, を附加

▼ き~ (6, 0.0%)

2 は善く 1 にはあらざりける, もなく, をも少し, を怠る

▼ き~ (6, 0.0%)

1 ごゑ, ぞ人麿, とあり, といひ, なれば, の例

▼ き~ (6, 0.0%)

2 るからとてずつと 1 られますので, りませうから, るだらうと, ると

▼ き~ (6, 0.0%)

1 となり, の日, の木の葉, の縹雲, や篁, 刻々に

▼ き~ (6, 0.0%)

2 を湛 1 となり, の波, ひぬ, ひや

▼ き經驗~ (6, 0.0%)

3 を尺度 1 の意義, は知覺, を甞めしむる爲

▼ き義務~ (6, 0.0%)

2 がある, を負 1 を説いた, を負う

▼ き自己~ (6, 0.0%)

1 が他者, とあらゆる, と自己實現, は無, をもつ, を表面

▼ き~ (6, 0.0%)

1 に退き返る, の來, は二度, は海峽, より遠ざかり, を浮べ

▼ き~ (6, 0.0%)

1 ではない, のため, のひとす, をはなる, を左右, を見る

▼ き道理~ (6, 0.0%)

1 ござらぬ, でありますから, である, なり依, なるも, はない

▼ き~ (6, 0.0%)

2 よふら 1 はれむとす, ふるこの, を保てり, 冷えて

▼ き~ (6, 0.0%)

4 を燒 1 など人, をいた

▼ き~ (6, 0.0%)

1 にて淨, にとつて, は必ず, をなぐさめん, をも招き, 欺く魂

▼ き~ (6, 0.0%)

1 のかたち, の吸物, の飛ぶ, は水, は眼, 放ちおきて

▼ きあゝ~ (5, 0.0%)

1 イーリオンよ, ブオンデルモンテよ, 仇を, 今の, 我彼と共に

▼ きぃん~ (5, 0.0%)

3 と鳴る 2 と鳴った

▼ きかつ~ (5, 0.0%)

1 呆れた, 呆れやがて, 呻き正体, 憤慨の, 良人の

▼ き~ (5, 0.0%)

2 えを 1 ねんごろ, ふ此日, 下すって

▼ きこそ~ (5, 0.0%)

1 すれまだ, 思いやらるるもの, 正しく知る, 達者で, 魔法つかひ

▼ きこれ~ (5, 0.0%)

1 なくば, までの軽薄, まではただ, も元和三年創, を洗つて了

▼ きごと~ (5, 0.0%)

3 でした 1 でしたので, をしらせる

▼ き~ (5, 0.0%)

1 その時, 或とき, 空気と, 銃剣に, 黄色や

▼ きすらも~ (5, 0.0%)

4 せずに 1 しないで

▼ き~ (5, 0.0%)

2 つさせて, つして 1 つしそう

▼ きそば~ (5, 0.0%)

2 にある 1 に或, の散歩道, をかすめ過ぎ

▼ きとて~ (5, 0.0%)

1 からからと, なじみは, もうまかりし, 何の, 我今何ぞ殊更

▼ きとを~ (5, 0.0%)

2 問は 1 与へて, 戰地に, 語って

▼ きなき~ (5, 0.0%)

1 な, な思し召し, な思っ, 初元結, 在るを

▼ きなり~ (5, 0.0%)

1 しやも, 八大, 其の人, 吟味中入牢申付る, 安五郎と

▼ きまたは~ (5, 0.0%)

1 板ぶき, 死んだ, 水の泡の, 累累として, 鐡床を

▼ きむらたけしくん~ (5, 0.0%)

1 といもう, のお, のおとうさん, はいもう, はし

▼ きゆつきゆ~ (5, 0.0%)

1 つと, つとひつぱりあげて木箸, つと撫ではじめた, と云, と白き

▼ きよく~ (5, 0.0%)

1 かよいました, 地面に, 窓から, 速やかに, 野原の

▼ きよろし~ (5, 0.0%)

2 てゐる 1 た眼つき, てゐた, はじめて

▼ きらひだ~ (5, 0.0%)

2 なんてお 1 つた, つたらこんな, などといふうち

▼ き~ (5, 0.0%)

2 づかに 1 むるからに次々, 立たされて, 立たして

▼ きわれら~ (5, 0.0%)

3 が薔薇 2 が彼

▼ き~ (5, 0.0%)

1 から吊つ, さりますかと, すって, に湖水, の所

▼ き世界~ (5, 0.0%)

1 が新た, とその, なの, より狹, を対手

▼ き人物~ (5, 0.0%)

1 だ, であって, であつ, にする, を会津

▼ き何物~ (5, 0.0%)

1 かを有し, もない, も無い, をも新, をも知らない

▼ き~ (5, 0.0%)

1 が相沢, が相澤, が重き, の心, は罰金

▼ き作品~ (5, 0.0%)

1 が見出される, であるが, とは思われません, の見当らなかつた, をとり逃し

▼ き具合~ (5, 0.0%)

1 が, がをかしい, が非常, とこの, よからず

▼ き~ (5, 0.0%)

21 の, は何処, へ行かね

▼ き場合~ (5, 0.0%)

1 だろうが, でない, でない愈々, ではなかつた, をも婦人

▼ き~ (5, 0.0%)

1 に恥ぢ, に親, の失望, の尚, も許しき

▼ き婦人~ (5, 0.0%)

1 がその, がそれ, の半身像, の絵姿, の面

▼ き~ (5, 0.0%)

1 が, によき, に善き, も侍らざりき, をその

▼ き~ (5, 0.0%)

1 の人波, の拙, の牙歯, の耳, へ揺く

▼ き~ (5, 0.0%)

1 に入り, の往來, をさま, を指, を照せり

▼ き廻つて~ (5, 0.0%)

1 きたの, ゐるの, ゐるので, ゐる姿, 居るか

▼ き弱き~ (5, 0.0%)

2 を助ける 1 を助け, を扶, を授ける

▼ き~ (5, 0.0%)

1 あり, にあらずし, に暫時, の, を帯び

▼ き~ (5, 0.0%)

1 と女形, に, に選ばれた, は即座, は箱

▼ き必要~ (5, 0.0%)

2 がある 1 なきも, に応じ, を感じない

▼ き~ (5, 0.0%)

1 にうむ, にも何, は成就, みながら, もしならひ

▼ き意義~ (5, 0.0%)

2 を有 1 にていふ, に於, を含ませし

▼ き所以~ (5, 0.0%)

2 を頌し 1 のもの, は全く, を知らない

▼ き払つて~ (5, 0.0%)

1 いつもの, しまつ, そんなこと, ゐるのさ, 済まして

▼ き故に~ (5, 0.0%)

1 カッチアグイーダの, ダンテの, 俄かに, 被害者を, 陰

▼ き~ (5, 0.0%)

1 に当れ, の大将, の將, はない, は山地

▼ き~ (5, 0.0%)

1 の主命, を主張, を洩らせる, 寄り寄り評議, 申し聞け候所

▼ き~ (5, 0.0%)

1 に夜寒, のおき, のごとく, の光, もあれよ

▼ き望み~ (5, 0.0%)

2 あるに 1 のその, を起し, 少しも

▼ き~ (5, 0.0%)

2 の破片 1 が澤山, のた, を引ッ

▼ き~ (5, 0.0%)

1 に, にむすべ, の頂, はかわきゆき, を揃え

▼ き~ (5, 0.0%)

2 を覚えた 1 の湧出づる, は塩, を出し

▼ き海底戰鬪艇~ (5, 0.0%)

1 の工作, の構造, の首尾, は遂に, も今

▼ き~ (5, 0.0%)

2 神経を 1 からむ, 権利な, 識である

▼ き~ (5, 0.0%)

1 に垂直, われ月の, 眼を, 頬に, 頬の

▼ き物語~ (5, 0.0%)

1 が朗々, して, として無, ともなりぬれ, なりきと

▼ き~ (5, 0.0%)

1 にて怒る, に近づけり, の後, の栖, を射る

▼ き~ (5, 0.0%)

2 である 1 が有る, であると, なし

▼ き~ (5, 0.0%)

1 ながら籠りたる, に復した, よあゝ, 課長や, 鼠壁月夜にて

▼ き立て~ (5, 0.0%)

2 の小判 1 のみずみずし, の芋, を両替

▼ き~ (5, 0.0%)

1 も捨てなまし, をひる, をもてる, を振, 深き願

▼ き~ (5, 0.0%)

1 に死, に籠め, の寛, を折り, 脱し如何

▼ き自然~ (5, 0.0%)

1 の傾向, の威嚇, の技巧, の無, はそれ

▼ き茶屋~ (5, 0.0%)

1 で酌み交わし, の奥, の横, へお, を出

▼ き~ (5, 0.0%)

4 が抽んで 1 が抽んでる

▼ き~ (5, 0.0%)

2 を口 1 の敵, は野伏, を失つて惡

▼ き言葉~ (5, 0.0%)

1 も断続, を知ず, を見出し得なかつた, を頭, 乃至は

▼ き~ (5, 0.0%)

2 にサツ 1 に斬, に殺され, に髷節

▼ き~ (5, 0.0%)

1 にお, にてこの, は生活力増進, をくり返し, を懸る

▼ き踊り~ (5, 0.0%)

1 と, と言うたらしい, にあるらしい, の起原, は阿国

▼ き込み~ (5, 0.0%)

1 があります, でもあつ, はあつ, はありません, もせず

▼ き近い~ (5, 0.0%)

2 処に 1 ところに, 処だ, 細川を

▼ き~ (5, 0.0%)

1 から迷, より入れ, より入れよ, を過ぎ, を開い

▼ き難き~ (5, 0.0%)

1 が如し, これら二者の, も此, 故東照神君, 聲立て

▼ きあの~ (4, 0.0%)

1 人か, 人に, 杉浦さんは, 記事に

▼ きうち~ (4, 0.0%)

1 て斃, に暮れ, に読者, に風

▼ きかた~ (4, 0.0%)

1 がそれぞれ, がぞんざい, は興味, をし

▼ きかといふ~ (4, 0.0%)

1 ことは, こと更に, 国民としての, 孤独の

▼ きけむ~ (4, 0.0%)

2 古人に 1 吾田の, 菅の

▼ きここ~ (4, 0.0%)

2 の宮椎 1 に一条, に毬栗頭

▼ き~ (4, 0.0%)

1 しの声に, しの聲に, ちなく, 寵愛著しい

▼ きさて~ (4, 0.0%)

1 かくかは, それからは, 庭へ, 明治八年に

▼ きざる~ (4, 0.0%)

2 の概 1 の妙, も亦

▼ きそれから~ (4, 0.0%)

1 喘息季節にか, 手拭を, 東の, 神学校の

▼ きため~ (4, 0.0%)

2 からか 1 に掘る, 昇る者並び

▼ きたりな~ (4, 0.0%)

1 大酒癖, 富貴と, 形に, 風流ごとには

▼ きつた彼~ (4, 0.0%)

3 の人 1 の手

▼ きつた水~ (4, 0.0%)

1 が流れ, が飲みたい, の中, の底

▼ きてか~ (4, 0.0%)

1 ういつた, ほうって, もう縁台, 絶息せん

▼ きてよ~ (4, 0.0%)

1 あたいは, それお前が, とうとうしまいには, とみの子ぬ

▼ きとな~ (4, 0.0%)

1 つて中, つて地を, つて本, つて調べ

▼ きとに~ (4, 0.0%)

1 あらが, 引きつけそう, 滅茶, 釘で

▼ きについて~ (4, 0.0%)

1 いはれて, 思案し, 書いて, 行きました

▼ きはず~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 なの, はない

▼ きはの~ (4, 0.0%)

1 つやつやと, パーマネントを, ベツドに, 深みから

▼ きぶり~ (4, 0.0%)

1 で其今, は察, は段々, を発揮

▼ きへは~ (4, 0.0%)

1 多少の, 進まないだろう, 進めなかった, 遠慮を

▼ きまるで~ (4, 0.0%)

1 人間の, 海を, 生き返つて, 骨を

▼ きまわり~ (4, 0.0%)

3 して 1 をし

▼ きみたい~ (4, 0.0%)

1 なキチガイ野郎, な妙, な調子, に盛り場

▼ きゃっきゃっと声~ (4, 0.0%)

3 を立て 1 を挙げ

▼ きゃんきゃん~ (4, 0.0%)

1 吠えだしました, 啼きたてること, 言って, 鳴かせて

▼ きやの~ (4, 0.0%)

2 うち 1 うちぬきまる, 仲間に

▼ きよの~ (4, 0.0%)

1 いふ通りに, 前に, 所へ, 手紙を

▼ きよも~ (4, 0.0%)

1 それに, びつくりしました, 気を, 顔を

▼ きりす~ (4, 0.0%)

3 と様 1 つかり忘れて

▼ きりょう自慢~ (4, 0.0%)

1 が嵩じた, の女, の若い, もあそこ

▼ きわけ~ (4, 0.0%)

2 のない 1 のある, の無い

▼ きをも~ (4, 0.0%)

1 凌ぎし衾, 悟るに, 有たぬ, 顔に

▼ きをもって~ (4, 0.0%)

1 そう思った, その質問, 女性という, 読んだもの

▼ きサウザンクロス~ (4, 0.0%)

2 です, ですから

▼ き~ (4, 0.0%)

1 きー異様, じー, みが, 笑った

▼ き一方~ (4, 0.0%)

1 が業, ならず遂に, は父, は狹

▼ き一間~ (4, 0.0%)

1 につれゆき, に伴, の障子外, ばかりの彼方

▼ き~ (4, 0.0%)

1 二男が, 図一見し, 斷の, 淨の

▼ き~ (4, 0.0%)

2 へにけり 1 へられた, ると

▼ き事件~ (4, 0.0%)

2 が発生 1 に昂奮, の豫告

▼ き人々~ (4, 0.0%)

1 とそう, との心, に感, は皆気

▼ き人生~ (4, 0.0%)

1 がある, の大, の斷片, の雨景

▼ き今日~ (4, 0.0%)

1 たらしめる外, の処, の地平, も猟

▼ き仕事~ (4, 0.0%)

1 であるといふ, のよう, の符号, を務むるはずのものなり

▼ き何と~ (4, 0.0%)

4 なれば

▼ き余地~ (4, 0.0%)

1 がない, なきに, はない, もない

▼ き価値~ (4, 0.0%)

1 あり, あること, ある可, を備え

▼ き光景~ (4, 0.0%)

1 が厭, なの, の眼前, を見廻しつ

▼ き~ (4, 0.0%)

1 に角, に角上述, の肉, の肉なす

▼ き其の~ (4, 0.0%)

1 感覺を, 稽古を, 突當り, 裏に

▼ き其處~ (4, 0.0%)

1 だよ, で, に, にきこえた

▼ き~ (4, 0.0%)

2 して 1 し諸, し諸国遊歴

▼ き加減~ (4, 0.0%)

1 で默ツ, にこう, に腰かけ, に苦心

▼ き~ (4, 0.0%)

2 もかく 1 往今來萬人の, 毛布に

▼ き合つて~ (4, 0.0%)

1 ゐた勇治, ゐる, 居るといふ, 流れて

▼ き同情~ (4, 0.0%)

1 すべきもの, すべき又, の心, は彼

▼ き女子~ (4, 0.0%)

1 こそ, の既に, の筆, の身なりしこ

▼ き~ (4, 0.0%)

1 とは遊佐, は出, は家, を拝する

▼ き届け~ (4, 0.0%)

1 くだされい, くだされた由, を, 下さいますよう

▼ き~ (4, 0.0%)

1 にいたれり, には情, に潜め, 濁り

▼ き~ (4, 0.0%)

1 にいる, へ来た, を出し, を見出し

▼ き彼等~ (4, 0.0%)

1 の必要, の悲哀, はこなた, 猶武器

▼ き~ (4, 0.0%)

21 ひの, もて

▼ き~ (4, 0.0%)

1 で制し, と掌, もて得なん, を合わせた

▼ き~ (4, 0.0%)

1 としら, 合點行ず, 夜の, 起る事

▼ き~ (4, 0.0%)

1 の月日, 俳優花柳一座の, 文明の, 聲に

▼ き時間~ (4, 0.0%)

1 が来る, が非常, の予測さ, はすぎ

▼ き最後~ (4, 0.0%)

1 に承, の最善, は用人, を遂げし

▼ き~ (4, 0.0%)

1 の影, は川, を折る, を生じ

▼ き武士~ (4, 0.0%)

1 となる, なること, にとって茶室, のお

▼ き沈黙~ (4, 0.0%)

1 こそ此の世, の忍従, の死滅, を条件

▼ き~ (4, 0.0%)

1 にひたる, に手洗, の上, の白く

▼ き流れ~ (4, 0.0%)

1 の岸, の水, の谿河, は船

▼ き~ (4, 0.0%)

2 あり屹 1 ならず, の武帝

▼ き~ (4, 0.0%)

2 の驚き 1 になりかけた, の音

▼ き~ (4, 0.0%)

4 れども

▼ き状態~ (4, 0.0%)

1 であったの, である, にて造られき, に立ちいたった

▼ き~ (4, 0.0%)

1 ひては, ふに, へる盲, ほし

▼ き~ (4, 0.0%)

2 にも出で 1 に百メートル四方, の角

▼ き白鳥~ (4, 0.0%)

4 の停車場

▼ き眠り~ (4, 0.0%)

1 に入れよ, の落ちつく, を眠らしめ, を表わし

▼ き神産び玉~ (4, 0.0%)

2 と凝る, と照る

▼ き立ち~ (4, 0.0%)

1 して, になっ, になつて通り拔, 乱れた雲霧

▼ き綿津見~ (4, 0.0%)

4 の潮

▼ き美し~ (4, 0.0%)

3 さを 1 さだ

▼ き~ (4, 0.0%)

1 侍の, 此事表立吟味を, 駒に, 黨の

▼ き若葉~ (4, 0.0%)

1 ぞ, の芝生うち, の身, もふきたち

▼ き~ (4, 0.0%)

1 となる, の挙動, の膨れたる, はその

▼ き~ (4, 0.0%)

1 とは異風, などいはれた, に告げ, に謀つて

▼ き~ (4, 0.0%)

1 である, な者, も分らず, も無

▼ き~ (4, 0.0%)

2 に定め 1 だか, よりも先

▼ き調~ (4, 0.0%)

1 ありと, と申す, は絹, を知らず

▼ き調和~ (4, 0.0%)

1 がある, にみち, の中, を観じる

▼ き謂れ~ (4, 0.0%)

2 なきに, なきを

▼ き~ (4, 0.0%)

1 である, でかく, は無い, を知

▼ き~ (4, 0.0%)

2 をもて 1 の一片, をこのむ

▼ き~ (4, 0.0%)

1 が自家, に導い, を示しぬ, を行きし

▼ き重要~ (4, 0.0%)

1 なる原理, な点, な聞込み, の標準たる

▼ き~ (4, 0.0%)

2 の冰 1 のけむり, や積む

▼ き~ (4, 0.0%)

1 にあて, に涙, や姉, をうたせ

▼ き~ (4, 0.0%)

1 にあり, の上, の色, をながれ

▼ き~ (4, 0.0%)

2 になれ 1 が萩原, を焦し

▼ きあらゆる~ (3, 0.0%)

1 困難に, 妄動と, 苦しみの

▼ きいま~ (3, 0.0%)

1 そのこなた, のことば, もこの

▼ きおれ~ (3, 0.0%)

1 がここ, の迷, はしん

▼ きお力~ (3, 0.0%)

2 といふは此家 1 といふはこの

▼ きかが~ (3, 0.0%)

1 人間の, 教えられる, 決定されるであろう

▼ きかも~ (3, 0.0%)

1 みな生けりけり, 忠は, 知れないが

▼ きからでも~ (3, 0.0%)

1 冷気を, 捻り出されるやう, 掛けて

▼ きがち~ (3, 0.0%)

1 な蒼白い, に歩い, やんと

▼ きげんいかが~ (3, 0.0%)

1 でいらっしゃいますか, ですな, なの

▼ きげんさ~ (3, 0.0%)

1 になっ, のうち, はすべて

▼ きころ~ (3, 0.0%)

1 のたそかれ, わがため, 思いがけなく一群

▼ きさては~ (3, 0.0%)

2 五色まばゆき 1 我族の

▼ きさる~ (3, 0.0%)

1 は同局, ほどにこのほど, ほどに此

▼ きざつたらしい事~ (3, 0.0%)

2 を言つてぐつたり泥舟 1 になつて

▼ き~ (3, 0.0%)

1 なは, 路上の, 銃器屋の

▼ きそく~ (3, 0.0%)

1 でしたから, 正しいので, 正しく

▼ きだけで~ (3, 0.0%)

1 云って, 止まって, 笑ひ

▼ きちがい~ (3, 0.0%)

1 がかい, が書いた, だ

▼ きっぽい~ (3, 0.0%)

1 ので, 怠け者でした, 旦那は

▼ きついに~ (3, 0.0%)

1 二派に, 今見る, 彼は

▼ きつたの~ (3, 0.0%)

1 は海濱, もある, を發見

▼ きつた眼~ (3, 0.0%)

1 から紫水晶, でぢ, のうち

▼ きつた色~ (3, 0.0%)

2 を浮かべ 1 の葉

▼ きつた顔~ (3, 0.0%)

1 でわめく, になつ, をし

▼ きつつも~ (3, 0.0%)

1 彼を, 心の, 日附を

▼ きつる~ (3, 0.0%)

2 ならん 1 かも

▼ きてけ~ (3, 0.0%)

1 だもの責め, つかる, ふの

▼ きてさ~ (3, 0.0%)

1 せっかく骨休め, そいでねえ, その手

▼ きでは~ (3, 0.0%)

1 ない, ないが, なかった

▼ きといふは~ (3, 0.0%)

1 いたく變, こ, アヌンチヤタなりしか

▼ きと共に~ (3, 0.0%)

1 あへぐ, そこへ, ぶっ仆

▼ きどころ~ (3, 0.0%)

1 じゃなく, はない, 実朝忌

▼ きなぞ~ (3, 0.0%)

1 でわざ, の手, はいかに

▼ きなどが~ (3, 0.0%)

1 ぶるぶるし, 何か, 見えた

▼ きなども~ (3, 0.0%)

1 いたします, 夜おそく, 始終まわっ

▼ きなどを~ (3, 0.0%)

1 さして奥山, した, 問題として

▼ きにや~ (3, 0.0%)

1 あらん, ありけん, おの

▼ きによって~ (3, 0.0%)

1 多少なりとも度, 破滅する, 見え透いて

▼ きねえ~ (3, 0.0%)

1 ここだけ, ハハハ, 中へ

▼ きねを~ (3, 0.0%)

1 取り上げて, 取ると, 打ち下ろしますと

▼ きはは~ (3, 0.0%)

2 いよいよに 1 こんもりと

▼ きばかりの~ (3, 0.0%)

1 光を, 美しさ, 若い男

▼ きびすをめぐらして~ (3, 0.0%)

1 来た時, 歩み去った, 立ち去った

▼ きびだんごを一つ~ (3, 0.0%)

3 もらって

▼ きびん~ (3, 0.0%)

1 な少女, にはたらいた, に牛肉

▼ きび畑~ (3, 0.0%)

1 が背, に投げ, を通っ

▼ きぶん~ (3, 0.0%)

1 がわるい, が悪い, はどう

▼ き~ (3, 0.0%)

3 ーんき

▼ きもう~ (3, 0.0%)

1 二度とは, 東の, 直き

▼ きもが~ (3, 0.0%)

1 あるよう, うまくとれる, つぶれて

▼ きもののふ~ (3, 0.0%)

1 の心, も思う, を動かしたる

▼ きもろこしの~ (3, 0.0%)

2 にほ 1 にほひ

▼ きゃっと声~ (3, 0.0%)

2 をあげた 1 をあげ

▼ きやを~ (3, 0.0%)

1 はかり送らむとする獄, 見よわれら, 見るを

▼ きゅっきゅっと~ (3, 0.0%)

1 拭かれてるの, 拭き込んだ, 鳴る赤皮

▼ きょろッ~ (3, 0.0%)

1 として, としてそれ, とその

▼ きょ年~ (3, 0.0%)

1 の夏, の夏休み, もその

▼ きよって~ (3, 0.0%)

1 事情きく, 加柴君の, 川の

▼ きよりも~ (3, 0.0%)

1 はるかに, 先に, 声は

▼ きよを~ (3, 0.0%)

1 まん中に, 呼んで, 尋ねて

▼ きらつきら~ (3, 0.0%)

1 つと光り, つと白く, つと續

▼ きらひで~ (3, 0.0%)

1 すらあつ, な, はない

▼ きりつ~ (3, 0.0%)

1 としてゐない, として云, と着物

▼ きりょう好み~ (3, 0.0%)

1 ですね, の源吉, や浮気心

▼ きわれ~ (3, 0.0%)

1 は四井街, をば庇いしなりけり, 知らず振向いて

▼ きをば~ (3, 0.0%)

1 仮漆, 最早形見え, 母の

▼ きイーリス~ (3, 0.0%)

2 近寄りて 1 とく走り

▼ きッぱり~ (3, 0.0%)

1 と彼, 云って, 答えた

▼ きメリヤス塩~ (3, 0.0%)

3 の魚

▼ きララ~ (3, 0.0%)

1 と罪深き, により, に逢

▼ き一時~ (3, 0.0%)

1 だと, だみんな仕事, は叩き合い

▼ き一種~ (3, 0.0%)

1 のさ, の素朴, の靴跡

▼ き不幸~ (3, 0.0%)

1 たること, の人, の場合

▼ き二個~ (3, 0.0%)

1 の人形, の者, の要点

▼ き人民~ (3, 0.0%)

1 があります, がおります, に向っ

▼ き今や~ (3, 0.0%)

2 閣下の 1 汝を

▼ き今年~ (3, 0.0%)

3 又もや負け

▼ き以上~ (3, 0.0%)

1 に物, のもの, はその

▼ き何事~ (3, 0.0%)

1 かの礼, が起こっ, を言

▼ き作家~ (3, 0.0%)

1 であらう, によつて, の存在

▼ き傾向~ (3, 0.0%)

2 を有する 1 はある

▼ き~ (3, 0.0%)

1 山の, 裸身を, 部落の

▼ き六年前~ (3, 0.0%)

3 の冬

▼ き~ (3, 0.0%)

1 かな, かなと見え, を休めたまわ

▼ き其処~ (3, 0.0%)

1 だ, でござんすから, にきこえた

▼ き~ (3, 0.0%)

1 にしん, に附い, を尊び

▼ き再び~ (3, 0.0%)

1 ボリスゴトノフを, 時を, 診察を

▼ き~ (3, 0.0%)

1 にて夫, に歩, に野路

▼ き勢力~ (3, 0.0%)

1 の先駆者, を発見, を發見

▼ き~ (3, 0.0%)

2 の羽根さ 1 腕をば

▼ き取り~ (3, 0.0%)

1 に来る, 易い無, 来りて

▼ き同じ~ (3, 0.0%)

1 ほどの, 人が, 至誠を以て

▼ き同時に~ (3, 0.0%)

1 また避けぬいた, 前後を, 苟めにも

▼ き~ (3, 0.0%)

2 彼は 1 我は

▼ き~ (3, 0.0%)

1 である, と言, 苦き世

▼ き~ (3, 0.0%)

3 に絶えぬ

▼ き唯一~ (3, 0.0%)

1 の仮, の部門, の鍵

▼ き~ (3, 0.0%)

1 の上, みました, をつくれり

▼ き~ (3, 0.0%)

21 の臭気

▼ き土地~ (3, 0.0%)

1 があり, などは狭い, にひたり

▼ き基督~ (3, 0.0%)

1 とを騎, のめでた, を奉じ

▼ き~ (3, 0.0%)

2 は年深み 1 にいつか

▼ き~ (3, 0.0%)

1 ありその, をちゃんと, を戦争

▼ き~ (3, 0.0%)

1 である, になき, の形

▼ き壮夫~ (3, 0.0%)

1 と成り, なりしかば, に成り

▼ き夜宮~ (3, 0.0%)

3 は事

▼ き大黒屋~ (3, 0.0%)

3 の美登利

▼ き太陽~ (3, 0.0%)

1 の, より受, を見し

▼ き女性~ (3, 0.0%)

2 の身 1 に尋ねた

▼ き~ (3, 0.0%)

2 首領なく 1 かつた

▼ き~ (3, 0.0%)

1 がため, に反, に対する兄

▼ き婆さん~ (3, 0.0%)

1 と僕二人, のいた, は一目眇

▼ き子心~ (3, 0.0%)

2 にも顏 1 にも顔

▼ き~ (3, 0.0%)

1 ありて, の口, を穿ちたる

▼ き孤独~ (3, 0.0%)

2 の中 1 な彼

▼ き~ (3, 0.0%)

1 にこの, に筑波, は彼處此處

▼ き寄せやう~ (3, 0.0%)

1 とか, とした, と企圖

▼ き~ (3, 0.0%)

1 のうち, の一つ, の石級

▼ き少し~ (3, 0.0%)

1 暖気に, 遠巻きに, 開いてる扉

▼ き少女~ (3, 0.0%)

2 の巴里 1 の我歌

▼ き~ (3, 0.0%)

2 にわれ 1 に沿う

▼ き嵯峨~ (3, 0.0%)

1 に住ん, のみじか, の奧

▼ き帰依~ (3, 0.0%)

1 がある, が然, を阻む

▼ き~ (3, 0.0%)

2 をもっ 1 を繰

▼ き平和~ (3, 0.0%)

1 の感謝, を得, を樂

▼ き~ (3, 0.0%)

1 あり, ありて, にて四圍

▼ き廊下~ (3, 0.0%)

1 から六尺, であったらやあ, を通っ

▼ き彼女~ (3, 0.0%)

1 の叔父, はしばらく, は一人ぽっち

▼ き後ろ~ (3, 0.0%)

1 から首筋, にある, に扉

▼ き御事~ (3, 0.0%)

1 と存候処, なり少し, なり御殿

▼ き心地~ (3, 0.0%)

1 して, に相成り, もし

▼ き~ (3, 0.0%)

2 も起さず 1 も失せ

▼ き~ (3, 0.0%)

1 れなるかな, れる彼女, ろし

▼ き性根~ (3, 0.0%)

3 をやしなう

▼ き悪い~ (3, 0.0%)

21 事は

▼ き~ (3, 0.0%)

1 いて, き窓, ゆる風情

▼ き~ (3, 0.0%)

1 は成つたの, 振など, 涸れたるを

▼ き~ (3, 0.0%)

1 なりしかなど船員, の中, を以て語り

▼ き~ (3, 0.0%)

1 え嘉徳殿上寂, ふこと, ふことなけむ

▼ き態度~ (3, 0.0%)

1 をひき出す, を決定, を西洋人

▼ き我等~ (3, 0.0%)

1 のいかなる, の働きかける, も

▼ き我輩~ (3, 0.0%)

2 は伊東巳代治男 1 の高田実

▼ き~ (3, 0.0%)

1 るエレメント, 作用を, 者を

▼ き~ (3, 0.0%)

1 がさっと, に手, は開きぬ

▼ き手近~ (3, 0.0%)

1 な道, にあります, にある

▼ き~ (3, 0.0%)

1 仰いで, 克つて, 転がると

▼ き打ち~ (3, 0.0%)

1 に, に斬りつけた, をされ

▼ き~ (3, 0.0%)

1 ならねば, に当っ, もある

▼ き拂つて~ (3, 0.0%)

1 やる, やんだから, 猶その

▼ き振り~ (3, 0.0%)

1 が猛烈, には吾輩イヨイヨ舌, はあの

▼ き支配~ (3, 0.0%)

2 と離脱 1 には至らぬ

▼ き政府~ (3, 0.0%)

2 あり 1 あれば

▼ き方向~ (3, 0.0%)

1 である, に向っ, へ足

▼ き~ (3, 0.0%)

1 じるしは, を取出し, を持ち

▼ き日本~ (3, 0.0%)

1 では, に染み込ん, を具体的

▼ き~ (3, 0.0%)

1 の影祭, の王達, の隼人等

▼ き時代~ (3, 0.0%)

1 が産みたる, において世に, には半面

▼ き暮し~ (3, 0.0%)

1 に付母娘共, の中, 居り候折

▼ き~ (3, 0.0%)

1 ゆる条件, 楽座事務所にて, 楽座楽屋に

▼ き~ (3, 0.0%)

2 の木 1 ぬれに

▼ き木々~ (3, 0.0%)

2 に驚く 1 たひらに

▼ き~ (3, 0.0%)

1 の折, は, を

▼ き~ (3, 0.0%)

2 のしづけ 1 の林

▼ き~ (3, 0.0%)

1 と成らう, に照りはえ, を見る如く

▼ き~ (3, 0.0%)

2 の味 1 にもある

▼ き次に~ (3, 0.0%)

1 移って, 第四, 胸に

▼ き正太~ (3, 0.0%)

3 は先

▼ き歸つて來~ (3, 0.0%)

1 て, るから, るん

▼ き~ (3, 0.0%)

1 された大根, したので, して

▼ き殿下~ (3, 0.0%)

21

▼ き永遠~ (3, 0.0%)

1 に本書, の到, はわれ

▼ き汽車~ (3, 0.0%)

1 が来る, の時間, は轟然

▼ き活動~ (3, 0.0%)

1 に遠ざかり, を可能, を爲

▼ き~ (3, 0.0%)

1 との為, に悶え, の沸

▼ き~ (3, 0.0%)

3 ぜる

▼ き然るに~ (3, 0.0%)

2 閣下の 1 如何なる幸運

▼ き爺さん~ (3, 0.0%)

1 の形, はあれ, を見る

▼ き~ (3, 0.0%)

2 のあり 1 を叱

▼ き犧牲~ (3, 0.0%)

1 をアポローン, を携, を曳きいだす

▼ き~ (3, 0.0%)

1 が吠えだしました, でそれ, なれば

▼ き~ (3, 0.0%)

1 とす, と思へ, なれども

▼ き~ (3, 0.0%)

1 は宰相, をすえ, を調べ

▼ き生涯~ (3, 0.0%)

1 と勝る, に安んぜ, の不具者

▼ き白い~ (3, 0.0%)

1 ながいひ, 風呂敷包みを, 飾り玉は

▼ き目的~ (3, 0.0%)

1 がなけれ, では無い, よ

▼ き~ (3, 0.0%)

1 である, 応じ混沌, 應の

▼ き空地~ (3, 0.0%)

2 にはむやみ無計画 1 を見る

▼ き~ (3, 0.0%)

1 なりいで死人, なり万燈, なり萬燈

▼ き童子~ (3, 0.0%)

2 です 1 のはなし

▼ き~ (3, 0.0%)

1 ならして, の音楽, 吹いて

▼ き~ (3, 0.0%)

1 ある歌, も無い, を鳴らす

▼ き~ (3, 0.0%)

3 なるを

▼ き細工~ (3, 0.0%)

1 が極めて, のとんぼ, を修繕

▼ き経験~ (3, 0.0%)

1 でありますから, を嘗めね, を甞め

▼ き結果~ (3, 0.0%)

1 が生じ, を目下, を諸君

▼ き~ (3, 0.0%)

1 は乱れ, は亂, を印し

▼ き縮緬~ (3, 0.0%)

1 の幕, の葵, の鉢巻

▼ き罪人~ (3, 0.0%)

2 が一刻 1 ならで

▼ き~ (3, 0.0%)

1 があり, くしさ, を迎える

▼ き美人~ (3, 0.0%)

1 です吾, に遇, のお

▼ き~ (3, 0.0%)

2 して 1 もてる

▼ き~ (3, 0.0%)

1 が空つて體, を立てまし, 濃きみどり

▼ き~ (3, 0.0%)

1 とは何, は淨, を下り

▼ き若者~ (3, 0.0%)

1 が一人, が二人, なりと

▼ き~ (3, 0.0%)

1 に屍骸, を分け, を踏め

▼ き落し~ (3, 0.0%)

1 その代り結納, はひきうけた, を運ん

▼ き葡萄~ (3, 0.0%)

2 は仰向き 1 の若葉物珍

▼ き~ (3, 0.0%)

1 に出合っ, に告げる, も樹

▼ き~ (3, 0.0%)

1 なれ, の小, の飛ぶ

▼ き~ (3, 0.0%)

1 あり小橋, でも付, の出

▼ き~ (3, 0.0%)

1 のまま往生とげ, を盛りたる, 暗き酒倉

▼ き~ (3, 0.0%)

1 かむ云々, はれしも, ひを

▼ き記憶~ (3, 0.0%)

1 の古傷, もついに, を呼び

▼ き記者~ (3, 0.0%)

1 が女子, の捏造, の爲

▼ き~ (3, 0.0%)

1 ができる, であるのみ, の乳母

▼ き~ (3, 0.0%)

1 ではない, で作品, ならずやと

▼ き~ (3, 0.0%)

1 はなき, を壯ん, を用

▼ き誤り~ (3, 0.0%)

1 でもあるまい, と悪意, を重ねた

▼ き貴族~ (3, 0.0%)

2 を作ら 1 の老

▼ き~ (3, 0.0%)

1 が皇国, と思し, を出入

▼ き~ (3, 0.0%)

1 ギロリと, 土佐料理の, 遊びに

▼ き~ (3, 0.0%)

1 はせて, ひかけて, 懷の

▼ き速力~ (3, 0.0%)

2 を示せる 1 をもつ

▼ き運動~ (3, 0.0%)

2 を要し 1 を畫かく人

▼ き遠く上野~ (3, 0.0%)

2 の電気燈 1 の電気灯

▼ き部屋~ (3, 0.0%)

1 で立止り, の大部, ゐて

▼ き~ (3, 0.0%)

2 の光 1 や返すべき

▼ き長吉~ (3, 0.0%)

3 も少し

▼ き間もなく~ (3, 0.0%)

1 押し重なって, 積み重ねられた真菰, 見物の

▼ き~ (3, 0.0%)

1 の世界, の行ない, をにわかに漠然と

▼ き~ (3, 0.0%)

1 なれども, の喜, を尽したれ

▼ き~ (3, 0.0%)

1 と答, なりけ, の流る

▼ き~ (3, 0.0%)

1 あり, を出だし, を点

▼ き~ (3, 0.0%)

1 にたたむ, を, を寄せ

▼ き~ (3, 0.0%)

1 のかたく, より頭, をかきなで

▼ き~ (3, 0.0%)

1 いと奇, に属する, も先年

▼ き駄目~ (3, 0.0%)

3 になる

▼ き鶴瀬駒飼~ (3, 0.0%)

3 見るほどの

▼ き~ (3, 0.0%)

2 の停車場 1 は日邊

▼ き~ (3, 0.0%)

1 にて待ち, の裾野末廣, の西明寺

▼ き黄八丈~ (3, 0.0%)

3 の袖

▼ き黄金~ (3, 0.0%)

1 である, にいで, のどんぐりども

▼ き~ (3, 0.0%)

1 に成ぬ, の先, を作つて

▼ きあつ~ (2, 0.0%)

1 た, てみ

▼ きあに~ (2, 0.0%)

1 きいるかい, きと

▼ きあまり~ (2, 0.0%)

1 ならずや, 字画を

▼ きあんな~ (2, 0.0%)

2 扮装する

▼ きぃらりきぃらり巣~ (2, 0.0%)

2 をかける

▼ きいずれ~ (2, 0.0%)

1 の時, も一心不乱

▼ きうまごやし~ (2, 0.0%)

1 の若草, 愛し麻利耶

▼ きおいら~ (2, 0.0%)

1 にゃあ, は近い

▼ きおまけ~ (2, 0.0%)

1 に下, に釣竿

▼ きお前~ (2, 0.0%)

1 が聞い, どうあっ

▼ きお前お母さん~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ きかえって~ (2, 0.0%)

1 きて, 来るでしょう

▼ きかぎり~ (2, 0.0%)

1 なるべきに, なれど

▼ きかで~ (2, 0.0%)

2 思案に

▼ きかなと~ (2, 0.0%)

1 云うしか, 歎いた

▼ きかなや~ (2, 0.0%)

1 火桶かい, 耿と

▼ きかめ歌神~ (2, 0.0%)

2

▼ きかや~ (2, 0.0%)

1 の実, まの

▼ きからに~ (2, 0.0%)

2 うつくしき影

▼ きがい~ (2, 0.0%)

1 がある, をくわえよう

▼ きがたき~ (2, 0.0%)

1 もこの, 心の

▼ きがたく~ (2, 0.0%)

1 つぐべき力, 彼らの

▼ ききち~ (2, 0.0%)

1 がいと, がへ

▼ きくらい~ (2, 0.0%)

1 きくらい, 丁坊にとって

▼ きぐらいに~ (2, 0.0%)

1 あくびをしたりうでぐみをしたりぼんやり, 隣りの

▼ き~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, ん取り結ぶ

▼ きげに~ (2, 0.0%)

1 この家, 彼は

▼ きげんさうにおし~ (2, 0.0%)

2 やべり

▼ きげんそう~ (2, 0.0%)

1 で自責, な顔

▼ きげん伺い~ (2, 0.0%)

1 にまかり出, に行きゃ

▼ きこと矢~ (2, 0.0%)

1 のごとく, のごとし

▼ きこと風~ (2, 0.0%)

1 の如き, の如し

▼ きさうだつ~ (2, 0.0%)

1 た, たが

▼ きさうに時~ (2, 0.0%)

2 と共に倦まず

▼ きさえも~ (2, 0.0%)

1 もし美しく, 遊ばされなかったの

▼ きさき~ (2, 0.0%)

1 に來, の戦訓

▼ きさまたち気~ (2, 0.0%)

1 がちがったなっ, でもちがった

▼ きさまだけ~ (2, 0.0%)

1 には見せ, のこと

▼ きさまらなん~ (2, 0.0%)

1 だってひと, だつてひと

▼ きさま達~ (2, 0.0%)

1 に男, の番

▼ きしかも~ (2, 0.0%)

1 その渋江氏, 露ほどの

▼ きしき~ (2, 0.0%)

1 ぶ数, ぶ數

▼ きすえ~ (2, 0.0%)

1 た, の姫

▼ きそこら~ (2, 0.0%)

1 が半島, に散らばつ

▼ きそつ~ (2, 0.0%)

1 たこと, てそこ

▼ きその間~ (2, 0.0%)

1 に母屋, に親族

▼ きそッ~ (2, 0.0%)

1 たもの, てばかりい

▼ きただ~ (2, 0.0%)

1 口上を, 貴嬢

▼ きたりと~ (2, 0.0%)

1 すべきか, 見えながら

▼ きだけが~ (2, 0.0%)

1 姫君の, 見えて

▼ きだけでも~ (2, 0.0%)

1 敷居の, 賢いの

▼ きだけを~ (2, 0.0%)

1 分らない程, 包む靴

▼ きだの~ (2, 0.0%)

1 すいとんだの, 笛だの

▼ きつた声~ (2, 0.0%)

1 がきこえる, でしかし

▼ きつた目~ (2, 0.0%)

1 から流れる, だと

▼ きつた者~ (2, 0.0%)

1 にのみ一時, のやう

▼ きつた離屋~ (2, 0.0%)

1 で死ん, の中

▼ きつてしま~ (2, 0.0%)

2 へない

▼ きつてしまつて~ (2, 0.0%)

1 はどうにも, ゐて

▼ きつてぶつ~ (2, 0.0%)

1 かつて話, 飛ばすん

▼ きつて了~ (2, 0.0%)

1 うて唯, ふと

▼ きつて大地~ (2, 0.0%)

1 にパツ, に立つ

▼ きつて女達~ (2, 0.0%)

1 はた, は雀

▼ きつて娘さん~ (2, 0.0%)

2 の肩

▼ きつて東京~ (2, 0.0%)

2 へ出

▼ きつて水~ (2, 0.0%)

1 に落した, もなく

▼ きつて申~ (2, 0.0%)

2 上げませう

▼ きつて眼~ (2, 0.0%)

2 をつむ

▼ きつて自分~ (2, 0.0%)

1 の手, の殻

▼ きつて行つて~ (2, 0.0%)

1 ゐるのよ, ゐるんぢ

▼ きつて言つて~ (2, 0.0%)

1 もい, 見たらどう

▼ きつて身~ (2, 0.0%)

1 も心, をまかし

▼ きつて部屋~ (2, 0.0%)

1 の隅, へ這入

▼ きつて顔~ (2, 0.0%)

1 をあげた, をそむけた

▼ きつば~ (2, 0.0%)

2

▼ きづめ~ (2, 0.0%)

1 だ, に奏

▼ きてからと~ (2, 0.0%)

1 思って, 言っても

▼ きてからに~ (2, 0.0%)

1 して, するとして

▼ きてが~ (2, 0.0%)

1 つ, なくわたくし

▼ きてこそ~ (2, 0.0%)

1 いや慕, 後の

▼ きてねという~ (2, 0.0%)

1 のは, ような

▼ きてまで~ (2, 0.0%)

2 現実的な

▼ きでの~ (2, 0.0%)

1 ミイリが, 簡単な

▼ きとある~ (2, 0.0%)

1 くれの, 青物売の

▼ きといった~ (2, 0.0%)

1 方が, 気持ちで

▼ きとともに~ (2, 0.0%)

1 彼女の, 犯人の

▼ きとわ~ (2, 0.0%)

2 が面

▼ きどの~ (2, 0.0%)

1 ように, 樣に

▼ きどれ位~ (2, 0.0%)

2 の年月

▼ きどんな~ (2, 0.0%)

1 ひどい譴責, 所でも

▼ きながし~ (2, 0.0%)

1 のくつろいだ, 素足

▼ きなと~ (2, 0.0%)

1 いって, 言ふ

▼ きなどという~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ きなどに~ (2, 0.0%)

1 往々植え, 駆り出された

▼ きなどは~ (2, 0.0%)

1 ことに見られた, 裏の

▼ きなよ~ (2, 0.0%)

1 あそびな, よばわって

▼ きなんか~ (2, 0.0%)

1 して, するん

▼ きなんぞも~ (2, 0.0%)

1 別の, 廻り合せでは

▼ きなんど~ (2, 0.0%)

1 がお, この由

▼ きにかけて~ (2, 0.0%)

1 僕は, 来ます

▼ きにく~ (2, 0.0%)

1 かつた, ひいるま

▼ きにこそ~ (2, 0.0%)

1 いでまし處, この人達

▼ きにつれて~ (2, 0.0%)

1 矢の, 薄陽

▼ きにでも~ (2, 0.0%)

1 お心当り, なれと

▼ きにの~ (2, 0.0%)

1 うし, た打った

▼ きによりて~ (2, 0.0%)

1 かく言, 却つて寛か

▼ きに対する~ (2, 0.0%)

1 意見の, 疑いが

▼ きのみと~ (2, 0.0%)

1 するが, 謂ふ

▼ きのみに~ (2, 0.0%)

1 あらず, 非ず

▼ きはか涙~ (2, 0.0%)

2 ならざらむ

▼ きはじぶん~ (2, 0.0%)

2 の右足

▼ きばかりを~ (2, 0.0%)

1 働かしたとて, 視詰めた

▼ きひくき~ (2, 0.0%)

2 ときは

▼ きひと~ (2, 0.0%)

1 きさ, の

▼ きひとし~ (2, 0.0%)

2 ほに

▼ きひとつ松夏はけ~ (2, 0.0%)

2 はひ

▼ きひとり~ (2, 0.0%)

1 にさせたら, は彼

▼ きびしくなりにけり球根~ (2, 0.0%)

2 を埋め

▼ きびだ二人~ (2, 0.0%)

2 とも呑まれちゃうだ

▼ きびと~ (2, 0.0%)

1 の略語, の高

▼ きびら~ (2, 0.0%)

1 の洗いざらし, を剥い

▼ きび色~ (2, 0.0%)

1 の果肉, の美しい

▼ き~ (2, 0.0%)

2

▼ きまあ~ (2, 0.0%)

2 何ん

▼ きまさア~ (2, 0.0%)

2

▼ きますます~ (2, 0.0%)

1 近寄って, 馳せて

▼ きまっ~ (2, 0.0%)

2 くらに

▼ きまでが~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 急に

▼ きまでも~ (2, 0.0%)

1 行くの, 行つた

▼ きむしろ~ (2, 0.0%)

1 その自由主義, 中央集権の

▼ きもは~ (2, 0.0%)

1 あの旅, 脂肪の

▼ きゃきゃと~ (2, 0.0%)

1 透るしかし, 騒いだ

▼ きゃつらの残党~ (2, 0.0%)

1 なの, らしい

▼ きゃつらは~ (2, 0.0%)

1 かならずうろたえる, 勝ったよう

▼ きゃつ道庵め~ (2, 0.0%)

1 の眼, はしゃあしゃあ

▼ きゃら~ (2, 0.0%)

1 の木, の樹

▼ きゃらきゃらと~ (2, 0.0%)

1 笑い続けて, 笑って

▼ きゃんきゃんと~ (2, 0.0%)

1 啼いた, 泣いた

▼ きやうだい三人~ (2, 0.0%)

1 が顔, とも眼鏡

▼ きゅきゅ~ (2, 0.0%)

1 云う目, 押して

▼ きゆうに~ (2, 0.0%)

1 わらひだしました, 化石の

▼ きゆめ~ (2, 0.0%)

2 ちに

▼ きょら~ (2, 0.0%)

2 っきょ

▼ きょろ~ (2, 0.0%)

1 として由良氏, 付かなくなりました

▼ きょろん~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ きょろんと~ (2, 0.0%)

1 立った連, 遣ったが

▼ きよが~ (2, 0.0%)

1 次の間へ, 通りか

▼ きよそ~ (2, 0.0%)

1 ひ, ひぬ

▼ きらひなの~ (2, 0.0%)

1 です, ですから

▼ きらッ~ (2, 0.0%)

1 ていた, と白刃

▼ きら星~ (2, 0.0%)

1 のよう, の如く

▼ きわたし~ (2, 0.0%)

1 の兄, も二挺

▼ きをさえ~ (2, 0.0%)

1 忘れて, 見ると

▼ きんがく~ (2, 0.0%)

2 のでる

▼ きアキリュウス~ (2, 0.0%)

1 半戲, 絶えずヘクトール逐

▼ きアレース~ (2, 0.0%)

1 に向, 弱り果て

▼ きオヂュシュウス~ (2, 0.0%)

1 あゝアカイア, 攻めて

▼ きソフィヤ~ (2, 0.0%)

2 の君

▼ きダンテ~ (2, 0.0%)

1 の時代, は前説

▼ きツかけ~ (2, 0.0%)

1 にずらし, に彼

▼ きパン~ (2, 0.0%)

1 に甘い, をひとり

▼ きボリ~ (2, 0.0%)

2 をく

▼ きリキエー~ (2, 0.0%)

2 の豐

▼ きーん~ (2, 0.0%)

1 と畳, と高い

▼ き一夜いね~ (2, 0.0%)

2 ずたづきなか

▼ き一室~ (2, 0.0%)

1 のみの事, を見出し

▼ き一本~ (2, 0.0%)

1 の脇差, 見ィ

▼ き一節~ (2, 0.0%)

1 あり, ですよ

▼ き一義~ (2, 0.0%)

1 あり, ござります

▼ き一般~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の驚異

▼ き三嶋神社~ (2, 0.0%)

2 の角

▼ き三里~ (2, 0.0%)

2 の山路

▼ き上がり~ (2, 0.0%)

1 になっ, の坂道

▼ き下男~ (2, 0.0%)

1 の五助, の權次

▼ き下駄~ (2, 0.0%)

2 前鼻緒

▼ き~ (2, 0.0%)

1 早く書き, 編みたり

▼ き世に~ (2, 0.0%)

1 交る, 抗する数奇

▼ き中庭~ (2, 0.0%)

1 を歩み, 隔てたる向

▼ き中流~ (2, 0.0%)

2 に中

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の命維, 體の

▼ き乃ち此~ (2, 0.0%)

2 の事情

▼ き久しく~ (2, 0.0%)

1 旱せし, 隠れたる尼

▼ き乍ら氣~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ き~ (2, 0.0%)

1 を観, を觀むとす

▼ き乞食~ (2, 0.0%)

1 になる, の名誉

▼ き~ (2, 0.0%)

1 と云い, と更に

▼ き乾燥~ (2, 0.0%)

2 なりき生硬

▼ き事實~ (2, 0.0%)

2 である

▼ き事有~ (2, 0.0%)

1 之につき庭窪, 之候間

▼ き事身~ (2, 0.0%)

2 にあれ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の大いなる, 大事件

▼ き二重~ (2, 0.0%)

1 の生活, の紫

▼ き人情~ (2, 0.0%)

1 に逆らっ, 怪しからぬ

▼ き人間性~ (2, 0.0%)

1 の再建, を保ち

▼ き人類~ (2, 0.0%)

1 にし, のため

▼ き~ (2, 0.0%)

2

▼ き~ (2, 0.0%)

1 と共に, と共におき

▼ き~ (2, 0.0%)

1 にか, の技量

▼ き~ (2, 0.0%)

1 って存じ, て陸軍省

▼ き仰せ~ (2, 0.0%)

1 とんと私, には御座候

▼ き伊太利~ (2, 0.0%)

1 の女, へ行く

▼ き佐太郎~ (2, 0.0%)

1 は再び, もまた

▼ き~ (2, 0.0%)

1 に相, のもの

▼ き何ごと~ (2, 0.0%)

2 かの

▼ き何処~ (2, 0.0%)

1 かで千鳥, も変わらぬ

▼ き何等~ (2, 0.0%)

1 の位置, の理由

▼ き余りに~ (2, 0.0%)

1 単刀直入に, 男らしかりき

▼ き~ (2, 0.0%)

1 のとおり, の如く

▼ き保守的反動~ (2, 0.0%)

2 を惹き起す

▼ き~ (2, 0.0%)

1 たちゃそこで, の運命

▼ き~ (2, 0.0%)

1 ひし, ものニ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 きしますね, きするし

▼ き働き~ (2, 0.0%)

2 を現

▼ き~ (2, 0.0%)

1 となす, は団長

▼ き價値~ (2, 0.0%)

1 があり, の標準

▼ き優雅~ (2, 0.0%)

2 の君

▼ き兄弟~ (2, 0.0%)

1 として能力, を身

▼ き先づ一番神聖~ (2, 0.0%)

2 でなければ

▼ き先考~ (2, 0.0%)

1 の墓, の墓前

▼ き光栄~ (2, 0.0%)

2 ある第

▼ き光華~ (2, 0.0%)

2 は上

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の啼く, の胸

▼ き入口~ (2, 0.0%)

1 を開け, 悉く滿

▼ き入道雲~ (2, 0.0%)

2 湧き地

▼ き兩人~ (2, 0.0%)

2 にて取扱候樣宜敷

▼ き六月~ (2, 0.0%)

2 の夕

▼ き~ (2, 0.0%)

1 とし, れが

▼ き其智~ (2, 0.0%)

2 亦侮る

▼ き内儀~ (2, 0.0%)

1 のお, の口

▼ き内容~ (2, 0.0%)

1 だつた, を供給

▼ き~ (2, 0.0%)

1 吟味を, 會も

▼ き冬木立~ (2, 0.0%)

2 かも

▼ き~ (2, 0.0%)

1 あり窓, に落ちつい

▼ き初め伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 が地租問題

▼ き~ (2, 0.0%)

1 を忘, を忘れざる

▼ き刷り~ (2, 0.0%)

2 を人

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の垣, の触れ合

▼ き~ (2, 0.0%)

1 れる, わって

▼ き効果~ (2, 0.0%)

1 を考え出させた, を見る

▼ き勇士等~ (2, 0.0%)

2

▼ き勝ち~ (2, 0.0%)

1 な夢, な私

▼ き~ (2, 0.0%)

1 なり, 猛く

▼ き~ (2, 0.0%)

1 にた, ふ筑波嶺

▼ き~ (2, 0.0%)

1 はあ, は立山

▼ き十年~ (2, 0.0%)

1 もある, も前

▼ き午後~ (2, 0.0%)

1 になり, をはる

▼ き叔父~ (2, 0.0%)

2 の凄まじき

▼ き叫び~ (2, 0.0%)

1 と共に絶えず, は久しく

▼ き合一~ (2, 0.0%)

1 が成就, において生きる

▼ き向う~ (2, 0.0%)

1 の山, の方

▼ き向う岡木~ (2, 0.0%)

2 の立

▼ き吹降り~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ き吾が~ (2, 0.0%)

2 家垣を

▼ き~ (2, 0.0%)

1 であつ, はひ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 しが, もきかず

▼ き哉無明~ (2, 0.0%)

2 の闇

▼ き問題~ (2, 0.0%)

1 がどう, ではあるまい

▼ き~ (2, 0.0%)

1 を出, を這い登っ

▼ き喜び~ (2, 0.0%)

1 ではない, のうち

▼ き喧騒~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ き嘗て~ (2, 0.0%)

1 文部省は, 水を

▼ き~ (2, 0.0%)

1 となる, の中

▼ き四つ~ (2, 0.0%)

1 の勝地, の湖

▼ き~ (2, 0.0%)

1 を畫, 即ちリムボ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 には五色, を繞

▼ き地震~ (2, 0.0%)

1 に夜, はまだ

▼ き坊主~ (2, 0.0%)

1 とある, はの

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の研究, を破り棄て

▼ き垣根~ (2, 0.0%)

1 にそ, の雪

▼ き基礎~ (2, 0.0%)

2 を有

▼ き~ (2, 0.0%)

2 にわれ

▼ き塹濠~ (2, 0.0%)

1 容易くも, 恐れつ

▼ き境地~ (2, 0.0%)

1 には至らざるべく, へ辷り込む

▼ き声の~ (2, 0.0%)

2 とほり

▼ き夕べ~ (2, 0.0%)

2 にも見

▼ き夜半~ (2, 0.0%)

1 に二階, の大空

▼ き大き~ (2, 0.0%)

2 陸今かが

▼ き大人~ (2, 0.0%)

1 になる, 見れば

▼ き大空~ (2, 0.0%)

2 の雲

▼ き大阪~ (2, 0.0%)

1 では禁止, の空襲

▼ き奇術~ (2, 0.0%)

2 であるかも

▼ き女人~ (2, 0.0%)

1 ではなく, と人馬

▼ き女房~ (2, 0.0%)

1 のお, は焦き立てり

▼ き如何~ (2, 0.0%)

1 するん, はせん

▼ き姿かたち~ (2, 0.0%)

2 をお

▼ き~ (2, 0.0%)

2 をだせ

▼ き子供~ (2, 0.0%)

1 となっ, よ

▼ き孔子~ (2, 0.0%)

1 の語, は

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の余徳, の餘徳

▼ き~ (2, 0.0%)

2 を好み

▼ き学校~ (2, 0.0%)

1 へあがる, を興し

▼ き~ (2, 0.0%)

1 帝の, 恬

▼ き~ (2, 0.0%)

2 ぞと

▼ き家々~ (2, 0.0%)

1 の軒端近く繞, もみちこ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 さの, の朱

▼ き寛永十三年~ (2, 0.0%)

2 には同じ

▼ き尊敬~ (2, 0.0%)

2 は未来

▼ き導者~ (2, 0.0%)

1 にむかへり, 異なる路

▼ き小さい~ (2, 0.0%)

1 存在でしか, 葛藤が

▼ き少年~ (2, 0.0%)

1 のえ, のフアンタジヤ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 端折りに, 端折りの

▼ き~ (2, 0.0%)

1 たりけり長, たれども

▼ き山岳~ (2, 0.0%)

1 である, の群集

▼ き山路~ (2, 0.0%)

1 を指す, 登るとて

▼ き崇きた~ (2, 0.0%)

2 ふとき大御

▼ き~ (2, 0.0%)

1 と峻, はみな仏

▼ き工藝~ (2, 0.0%)

1 とは呼ぶ, はあり得ない

▼ き巫女~ (2, 0.0%)

2 が酒倉

▼ き巽風~ (2, 0.0%)

1 の吹く, もぞ吹く

▼ き~ (2, 0.0%)

1 ばしら, をあ

▼ き希望~ (2, 0.0%)

1 の念, も全く

▼ き常に~ (2, 0.0%)

1 もがもな刷られゆく, 働

▼ き帽子~ (2, 0.0%)

1 をば前部, をば後部

▼ き~ (2, 0.0%)

2 ならずと

▼ き~ (2, 0.0%)

1 な床, 氣で

▼ き平凡~ (2, 0.0%)

1 で膚淺, な者

▼ き平野~ (2, 0.0%)

1 の塵埃, を驅

▼ き年貢~ (2, 0.0%)

1 の未, を横領

▼ き幸福~ (2, 0.0%)

1 の楽しい, を齎す

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の上, へ入っ

▼ き度い~ (2, 0.0%)

1 から今日午後, ほど焦立たし

▼ き建物~ (2, 0.0%)

1 あり, にて白壁

▼ き~ (2, 0.0%)

1 って来ましょう, とくれやす

▼ き徒然~ (2, 0.0%)

2 の慰草

▼ き御家人~ (2, 0.0%)

1 なれども, にて先平助

▼ き復讐~ (2, 0.0%)

1 の企, を叫び

▼ き~ (2, 0.0%)

1 を發, 笑みで

▼ き忘却~ (2, 0.0%)

1 が伴った, の中

▼ き~ (2, 0.0%)

1 かな花の木間, を送る

▼ き思い~ (2, 0.0%)

1 もかけない, もさせず

▼ き思想身の程~ (2, 0.0%)

2 知らぬ放言

▼ き~ (2, 0.0%)

1 に榮養力, に逃げ去った

▼ き~ (2, 0.0%)

1 という感じ, を発見

▼ き怪物~ (2, 0.0%)

1 に引込まれ, をここ

▼ き恋人~ (2, 0.0%)

1 であること, のお

▼ き~ (2, 0.0%)

1 を大衆, 気分一掃吾ながら

▼ き悲劇~ (2, 0.0%)

2 に向

▼ き情欲~ (2, 0.0%)

1 に帰し, はまた

▼ き~ (2, 0.0%)

1 ひしが, へる貫一

▼ き惡魔~ (2, 0.0%)

1 の子, の犧牲

▼ き~ (2, 0.0%)

1 は襲, ましさ

▼ き想像~ (2, 0.0%)

1 に耽る, を実現

▼ き意志~ (2, 0.0%)

1 である, を与え給え

▼ き愚民~ (2, 0.0%)

2 であります

▼ き感謝~ (2, 0.0%)

1 すべき心, の世界

▼ き感謝状~ (2, 0.0%)

1 をかういつた, をこう

▼ き成功~ (2, 0.0%)

2 なりと

▼ き我々~ (2, 0.0%)

1 の思想, の海

▼ き我が身~ (2, 0.0%)

1 を襲, 程世に

▼ き我心~ (2, 0.0%)

1 にさ, の噪

▼ き或いは~ (2, 0.0%)

1 年中作り物の, 越後から

▼ き戰鬪~ (2, 0.0%)

1 の, の力

▼ き戸口~ (2, 0.0%)

1 なるコリントスがた, にはさまり

▼ き所ろ~ (2, 0.0%)

1 も更に, 思ひ立日

▼ き所作~ (2, 0.0%)

1 が出来る, は正

▼ き手足~ (2, 0.0%)

1 の痺れる, 動きて

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の短き, を鋭う

▼ き払つて言~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ き技巧~ (2, 0.0%)

1 で存分, はない

▼ き折柄~ (2, 0.0%)

1 の光景, 故晴

▼ き~ (2, 0.0%)

1 ざして, を組み合せ

▼ き振舞~ (2, 0.0%)

1 は却, を怒り

▼ き掃除~ (2, 0.0%)

1 してなくひどし, や何

▼ き攣ッ~ (2, 0.0%)

1 てやがて, て今

▼ き政略~ (2, 0.0%)

1 をとれり, を取れり

▼ き敬念~ (2, 0.0%)

2 を捧げない

▼ き数多~ (2, 0.0%)

1 なる人々, の色彩

▼ き斯く~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ き新しい~ (2, 0.0%)

1 トタン葺き, 力を

▼ き方法~ (2, 0.0%)

1 は時間, を取り

▼ き~ (2, 0.0%)

2 にやりき

▼ き旅人~ (2, 0.0%)

2 の雲の

▼ き日向~ (2, 0.0%)

2 すでに

▼ き早く~ (2, 0.0%)

1 より人々, 空と

▼ き昂奮~ (2, 0.0%)

1 したので, の後

▼ き~ (2, 0.0%)

1 さ, の象

▼ き易く~ (2, 0.0%)

1 するわけ, 印象は

▼ き是軍事~ (2, 0.0%)

2 を以て自己

▼ き時機~ (2, 0.0%)

2 あるを

▼ き時節~ (2, 0.0%)

1 なりき, を待

▼ き景色~ (2, 0.0%)

1 である, を楽しむ

▼ き智惠~ (2, 0.0%)

2 も貸し

▼ き暴風雨~ (2, 0.0%)

1 ののち, を経

▼ き~ (2, 0.0%)

1 を上り, を焚き

▼ き最初~ (2, 0.0%)

1 から二三十秒間, の射手

▼ き月日~ (2, 0.0%)

1 は立つ, をいた

▼ き有力~ (2, 0.0%)

1 なる一材料, なる材料

▼ き有様~ (2, 0.0%)

1 と他人, に痩せ

▼ き木の芽~ (2, 0.0%)

2 の或

▼ き~ (2, 0.0%)

1 のなさけ, もない

▼ き~ (2, 0.0%)

2 を離れ

▼ き材料~ (2, 0.0%)

1 に過ぎぬ, を得る

▼ き~ (2, 0.0%)

1 つきて, を支い

▼ き板屋~ (2, 0.0%)

1 のあさまし, の浅まし

▼ き~ (2, 0.0%)

1 のした, を欹てつ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 つとも, を結ぶ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 に夕あかり, の蔭

▼ き校舍~ (2, 0.0%)

2 に目白押

▼ き~ (2, 0.0%)

1 のあり, の土

▼ き根性~ (2, 0.0%)

1 を最も, を脱し

▼ き根拠~ (2, 0.0%)

1 がある, も亦

▼ き~ (2, 0.0%)

2 の青葉

▼ き~ (2, 0.0%)

1 あるを, をわたしたる

▼ き~ (2, 0.0%)

1 が言う, をはげしく

▼ き棕櫚~ (2, 0.0%)

1 の根方, を持ち

▼ き~ (2, 0.0%)

1 あり, をかま

▼ き森四方~ (2, 0.0%)

2 をかこめる

▼ き森陰~ (2, 0.0%)

2 は裾

▼ き様子~ (2, 0.0%)

1 にては明日, を作る

▼ き模範~ (2, 0.0%)

1 なりと帰来, なりと歸來

▼ き~ (2, 0.0%)

1 にと言, の道具

▼ き横町~ (2, 0.0%)

1 に入る, の

▼ き横雲~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の繁り, の間

▼ き~ (2, 0.0%)

1 を, を渡る

▼ き機會~ (2, 0.0%)

1 に遭遇, を得なかつた

▼ き歡喜~ (2, 0.0%)

1 と悲痛, のした

▼ き正月~ (2, 0.0%)

1 なり, やのに

▼ き武村兵曹~ (2, 0.0%)

1 は顏, も聲

▼ き歴史~ (2, 0.0%)

1 ある自由黨, の紙

▼ き殆ど~ (2, 0.0%)

1 學問的使用に, 手に

▼ き殺人事件~ (2, 0.0%)

2 が突如

▼ き毛髮~ (2, 0.0%)

2 を根

▼ き~ (2, 0.0%)

2 新しき民

▼ き気の毒~ (2, 0.0%)

1 だが, な人

▼ き水あか~ (2, 0.0%)

1 り夜汐, り江

▼ き水天傾~ (2, 0.0%)

2 ぶけ

▼ き水脈曳~ (2, 0.0%)

2

▼ き江戸~ (2, 0.0%)

1 では非人, へ帰ったら

▼ き~ (2, 0.0%)

1 のこちら岸, は涸れ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 を汝, 臭い二つ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 のみである, をもひろめず

▼ き浪子~ (2, 0.0%)

1 の目, は十分

▼ き~ (2, 0.0%)

1 がついてる, ければ

▼ き渡世~ (2, 0.0%)

1 は致せ, を致し

▼ き温み~ (2, 0.0%)

2 とるとて

▼ き~ (2, 0.0%)

1 になつて, により

▼ き漸く~ (2, 0.0%)

1 全快しましたれ, 繁くなり

▼ き潜り~ (2, 0.0%)

1 をし, を押

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の井密, を被り

▼ き瀬戸内海~ (2, 0.0%)

1 に入り, へ這入った

▼ き火鉢~ (2, 0.0%)

1 には極, には煎薬

▼ き~ (2, 0.0%)

1 に, の

▼ き無力~ (2, 0.0%)

1 であろう科学, なもの

▼ き無限~ (2, 0.0%)

1 の寂寞, の靜寂

▼ き焦燥~ (2, 0.0%)

2 るを

▼ き~ (2, 0.0%)

1 をフッ, を吹き

▼ き煤煙~ (2, 0.0%)

2 を肺

▼ き~ (2, 0.0%)

1 して, すな

▼ き~ (2, 0.0%)

1 來補弼の, 農夫よ

▼ き特性~ (2, 0.0%)

1 が到底, はその

▼ き特殊~ (2, 0.0%)

1 の物質, の道

▼ き犠牲~ (2, 0.0%)

1 である, と云われ

▼ き獅子~ (2, 0.0%)

1 と巨蠎, 少き獅子

▼ き~ (2, 0.0%)

1 のよふなる, ふ心

▼ き珊瑚~ (2, 0.0%)

1 の珠数, の珠數

▼ き現在~ (2, 0.0%)

1 の即ち, を相手

▼ き生き~ (2, 0.0%)

2 の芽

▼ き生命~ (2, 0.0%)

1 の愛情, をかなでよう

▼ き生硬~ (2, 0.0%)

2 なりき

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の姿, もなけれ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 はなくし, もない

▼ き甲斐あら~ (2, 0.0%)

2 むことを

▼ き男性的性情~ (2, 0.0%)

2 とやや

▼ き町絵師~ (2, 0.0%)

2 の功績

▼ き~ (2, 0.0%)

1 國の, 樣の

▼ き~ (2, 0.0%)

1 を請, を身

▼ き~ (2, 0.0%)

1 ります鍼, るよ

▼ き発達~ (2, 0.0%)

1 あるの, の余地

▼ き~ (2, 0.0%)

2 かりきわが

▼ き白き~ (2, 0.0%)

1 頭骨と, 麻布もて

▼ き盛り~ (2, 0.0%)

1 の歳, の牝牡猴

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の政府黨, の道

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の政府党, の道

▼ き眼鏡~ (2, 0.0%)

1 があっ, をば脱せずし

▼ き知識~ (2, 0.0%)

1 と深き, の萌芽

▼ き石級~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ き神さま~ (2, 0.0%)

2 のとこ

▼ き秘密~ (2, 0.0%)

1 の力, を告白

▼ き~ (2, 0.0%)

1 に栗, より濳

▼ き究竟~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ き空氣~ (2, 0.0%)

1 の中, は

▼ き立實論~ (2, 0.0%)

1 と偏りたる, は阿

▼ き立派~ (2, 0.0%)

1 な女, な文武

▼ き竜燈~ (2, 0.0%)

2 の談

▼ き竝田~ (2, 0.0%)

2 にそよそよ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 のついで, は重く

▼ き筈何~ (2, 0.0%)

2 も表向き實家

▼ き~ (2, 0.0%)

1 とさらに, の類

▼ き筋合~ (2, 0.0%)

1 のもの, もない

▼ き~ (2, 0.0%)

1 で大阪, で大阪城

▼ き粉雪~ (2, 0.0%)

2 ちる間

▼ き約束~ (2, 0.0%)

1 である, の下

▼ き紙筒~ (2, 0.0%)

2

▼ き細葉つつじ~ (2, 0.0%)

2 の霜

▼ き紳士~ (2, 0.0%)

1 にて年, よ淑女

▼ き絵図~ (2, 0.0%)

1 なりという, を示し

▼ き絶えず~ (2, 0.0%)

1 現在として, 皇帝の

▼ き絶望~ (2, 0.0%)

1 が堂々, に陥ち込む

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の小枕薔薇色, の片

▼ き~ (2, 0.0%)

1 もて我, を與

▼ き締めて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, 行った

▼ き~ (2, 0.0%)

1 が足りなくなる, にて断つべく

▼ き~ (2, 0.0%)

1 に古りぬる, を犯す

▼ き美しい~ (2, 0.0%)

1 内丸の, 海の

▼ き美しき~ (2, 0.0%)

1 女の, 生活が

▼ き義雄~ (2, 0.0%)

1 はその, をじ

▼ き羽蟻~ (2, 0.0%)

2 もいきほひ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 伍長である, 訓導の

▼ き耶蘇~ (2, 0.0%)

1 の像, を拜め

▼ き聲の~ (2, 0.0%)

2 とほり

▼ き~ (2, 0.0%)

1 は, を叩き

▼ き背中~ (2, 0.0%)

1 の皮, の肩胛骨

▼ き~ (2, 0.0%)

1 く解き, はまた

▼ き~ (2, 0.0%)

1 には黒い, に利鎌

▼ き~ (2, 0.0%)

1 を思い, を思ひ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 に君, に抱き

▼ き臥床~ (2, 0.0%)

1 に上りし, の中

▼ き~ (2, 0.0%)

1 盡せんと, 覺は

▼ き自足~ (2, 0.0%)

1 なり, を以て現象世界

▼ き船舶~ (2, 0.0%)

2 なくし

▼ き芝生~ (2, 0.0%)

1 のうち, の參

▼ き花びら~ (2, 0.0%)

2 のひとつ舞

▼ き花朴~ (2, 0.0%)

2 の喬木

▼ き若き~ (2, 0.0%)

1 は凝, 死刑囚

▼ き苦し~ (2, 0.0%)

1 うございませうが, んで

▼ き苦しみ~ (2, 0.0%)

1 になる, 出した

▼ き茂み~ (2, 0.0%)

2 のゆづり葉

▼ き落伍者~ (2, 0.0%)

1 の徒, も少く

▼ き葭町~ (2, 0.0%)

2 へ出る

▼ き蒲団~ (2, 0.0%)

2 に埋れ

▼ き蒼空~ (2, 0.0%)

2 と共に高く

▼ き蒼雲の上~ (2, 0.0%)

2 に高く

▼ き~ (2, 0.0%)

1 くし殘, をはたと

▼ き~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ き蓮華~ (2, 0.0%)

2 を浄土

▼ き~ (2, 0.0%)

1 であるから, であるという

▼ き處爲~ (2, 0.0%)

2 をみせ

▼ き虚偽~ (2, 0.0%)

1 に於, を事実眼

▼ き~ (2, 0.0%)

1 などあり, をおどろかし

▼ き~ (2, 0.0%)

1 がき, の群れ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 にあまる, を洩れ

▼ き~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の路地, の通り

▼ き~ (2, 0.0%)

1 にも後事, に在り

▼ き~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ き~ (2, 0.0%)

1 えが, えしか

▼ き触れ~ (2, 0.0%)

1 があった, にし

▼ き言語~ (2, 0.0%)

1 の區域, を弄

▼ き誘惑~ (2, 0.0%)

1 と闘, を持続

▼ き誤謬~ (2, 0.0%)

1 なり, に導かれた

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の多き, の起こる

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の底, を出

▼ き貧し~ (2, 0.0%)

1 さ, さを

▼ き貴様たち~ (2, 0.0%)

1 の計画どおり, も地獄

▼ き貴殿~ (2, 0.0%)

1 の, のこと

▼ き資料~ (2, 0.0%)

1 が残っ, のない

▼ き資格~ (2, 0.0%)

1 でなかったならば, を欠ける

▼ き賢人たる~ (2, 0.0%)

2 を知る

▼ き趣向~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ き~ (2, 0.0%)

1 に眼, を逐

▼ き踏石~ (2, 0.0%)

2 ほどの雪

▼ き身体~ (2, 0.0%)

1 がよう, をつつむ

▼ き身分~ (2, 0.0%)

1 にあった, には奇特

▼ き~ (2, 0.0%)

2

▼ き~ (2, 0.0%)

1 より始めて, より砲声轟々

▼ き逍遙子~ (2, 0.0%)

1 が地位, は覆面

▼ き進歩~ (2, 0.0%)

2 である

▼ き遂に~ (2, 0.0%)

1 アカイア軍勢は, 老人の

▼ き運命あらむ乃ち我輩~ (2, 0.0%)

2 は閣下

▼ き過渡時代~ (2, 0.0%)

2 の内閣

▼ き道徳~ (2, 0.0%)

1 のすべて, を援用

▼ き~ (2, 0.0%)

1 ひやら, ひを

▼ き遠近~ (2, 0.0%)

2 の谷

▼ き適切~ (2, 0.0%)

1 な和訓, な標語

▼ き~ (2, 0.0%)

1 くべから, くべきを

▼ き~ (2, 0.0%)

1 は多少, を食すれ

▼ き部分~ (2, 0.0%)

1 であって, の周邊

▼ き里とりよろ~ (2, 0.0%)

2 ふ丘

▼ き~ (2, 0.0%)

1 なる原因, 四郎が

▼ き~ (2, 0.0%)

1 につづく, はこの

▼ き野中~ (2, 0.0%)

1 の路, へ出

▼ き野原~ (2, 0.0%)

2 と見

▼ き野心家~ (2, 0.0%)

2 の雄

▼ き野面~ (2, 0.0%)

1 を画け, を畫

▼ き~ (2, 0.0%)

1 を卸, を附け

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の瞥見, を握つ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 が一度, のごとごと

▼ き~ (2, 0.0%)

1 濤が, 裾の

▼ き長老~ (2, 0.0%)

1 と雖, の働き

▼ き関係~ (2, 0.0%)

1 であること, になっ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 だらう, を求め

▼ き階段~ (2, 0.0%)

1 の方, をゆっくり

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の老若男女, をも忘れ

▼ き~ (2, 0.0%)

1 に居ります, の露台

▼ き~ (2, 0.0%)

1 ぜたる, な道具

▼ き~ (2, 0.0%)

1 かり, 尽罷在

▼ き難し~ (2, 0.0%)

2 と夕暮れ

▼ き雨後~ (2, 0.0%)

2 の山

▼ き雪吹~ (2, 0.0%)

2 もやまざりけれ

▼ き雲ただ~ (2, 0.0%)

2 に押し騰り

▼ き~ (2, 0.0%)

1 や, 燐を

▼ き~ (2, 0.0%)

1 こころなし, に夜

▼ き~ (2, 0.0%)

1 をけはなし, をはき

▼ き~ (2, 0.0%)

1 と輝く, を

▼ き~ (2, 0.0%)

1 が淡く, が覗きたく

▼ き順序~ (2, 0.0%)

1 を得させ, を経

▼ き領土~ (2, 0.0%)

1 となる, のリキエー

▼ き~ (2, 0.0%)

1 は天, を南方

▼ き~ (2, 0.0%)

1 を歪めし, 愛くるしい眼

▼ き類似~ (2, 0.0%)

1 は, を示す

▼ き~ (2, 0.0%)

2 ふに

▼ き風情~ (2, 0.0%)

1 の添, 見るが

▼ き飛鳥~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の旅籠屋, を乗り越し

▼ き~ (2, 0.0%)

1 はお, を五分

▼ き~ (2, 0.0%)

1 のほつれ, を解し

▼ き魅力~ (2, 0.0%)

1 でした, にある

▼ き鳥瓜毛~ (2, 0.0%)

2 は荒し

▼ き黄金丸~ (2, 0.0%)

1 も人間, も何

▼ き~ (2, 0.0%)

1 の江戸褄, は日

▼ き~ (2, 0.0%)

1 と胸縫, の傍

▼1* [3750件]

あいつ緩, きあえて隣国の, きあかんぼを, きあごの不精ひげ, きあしくなり候覧, きあたらこの花, きあてに墨, きあなたはすぐ, きあはれとぞ沈痛, きあふれくる優し, きあやうく命拾いし, きあらがへる, きあらしに驚け, きあるいはこれある, きいかで我に, きいかに多くの, きいかりを腐らした, きいそいそと立ち去る, きいちやんと, きいと強いきしみ, きいのち呼びし掌, きいのち掌にかよひ来ぬ, きいぶきに鋭, きいま斷食により, きいま血のごとく, きいわゆる氷肌の, きすわらひ, きうき世に, きうきうきゆつと, きうすきうす, きうつつはゆめより, きうつ後肢の鰭, きえみしの國, きえーっと風, きえーっと風切る, きおこして泊つた, きおこしトルコ軍の火薬庫, きおしまひにな, きおしまいに会計, きおそらく傷いた, きおなじことを, きおのれの寿命, きおのれ魔王と叫び, きおもしろいことを, きおん身と伊太利, きお前はんのため, きお勝手を隔て, きお方ではなく, きお母さんも帰るやらう, きお母さんお母さんと煽りたてられ, きお父さんを苦しめる, きお父つぁんが帰っ, きお菓子屋みたいな名前, きお願いだ唄って, きかかる夕に, きかくして救ひ, きかけを三四郎, きかけすがギャーギャー, きかさをかぶっ, きかしこに飛, きかぞの白紙爪折り, きかぞへ一二三四五六七八九人の, きかたちをな, きかつてその髪, きかなしき痛き放埒の, きかなしみ哀歎のあまり, きかなど種々に, きかなも一つの, きかなんかのことでしょう, きかなんぞでたいそう, きかへたり此時扇一握, きかへながら様子を, きかまほしくとは, きかまで話は, きかもさ緑の, きかもやかゆきこの, きかもよ雲の, きかよはせる, きかよりも之を, きからは葦に, きからも第試, きかれこれがため, きがくに変る, きがさね友歌ねびぬ, きがたい最中に, きがぶがぶそれを, きがまんべん, きがんをかけました, ききしにまさる, ききゃあしないん, ききゅうという叫び, ききょう色の黒潮, ききよときよとと, きくすりのびん, きくまもない, きくりと曲った, きぐらいのめし粒が, きぐらいをこしらえ皆, きぐんぐん詩を, きぐんだ影になり, きけどもどうした, きけらるるを, きげんさんと, きげんとり専門だ, きげん不良になっ, きげん如何ですか, きげん斜めでございますな, きげん直しに乃武江, きげん能奉恐悦候, きげん買いな天気, きはその, きこいつは考えもの, きこういおう, きこういう手だては, きこっちの大きな, きことこれまた恰も, きことごとく失われて, きことばを, きこと一月なり時, きこと印度人のごとし, きこと奔馬の如く, きこと姿の輝く, きこと彼等にまさる, きこと撃石火の如く, きこと日の暖きが, きこと木の葉にこそにたり, きこと比なきなり, きこと氷を砕い, きこと沢山に有, きこと油の如し, きこと湖沿まがるひと, きこと火の如し, きこと熟練のうへにてもはかどらず, きこと縷の如し玉蜻, きこと翼に似た, きこと譬へん, きこと限なく人, きこと限りなく屹度膝, きこと電のごとき, きこと霧に駕, きこと飃風の如く, きこと高山植物の如く, きこのほどの事, きこれさへ, きこれらのもの, きこれ三の杙, きこれ平和なきこの, きころほのかに消え, きこんどは満, きこんなに下るの, きこ回その参事官, きごえをきいた, きごぼうの下, きさいちべ, きさうな長い手足を, きさうな面白い性格を, きさうな高さでを, きさうになつた, きさうに靜かに眞, きさかひ比, きさげこがして, きささったルシフェルの側腹, きさしならぬもの, きさつきから顔色, きさながらなも, きさびしの水, きさまたちおれがビーディーバッジ, きさまたちかわいそうに首, きさまたちここへうずめられる, きさまたちふたりともこの, きさまたち一人残らず叩, きさまたち三人の面, きさまたち何者だっ, きさまたち恋人だからね, きさまひとっ走り柳原, きさままでおれ, きさまらバンナグロ街道の狐, きさまら皆食えぬとでも, きさらでも野菜なき, きされどまた僞り, きさわがしい調子で, きさんざんな目, きさ仏さん拝みさ行ぐべ, きざだがといつてだせる札を誰, きざだがといつて百圓札でお, きざつたらしく打明け話をする, きざであつたなどと書かれて, きざみずるめなぞを酒のさかな, きざみぬしみづからに似た, きざみをつめなおしゆっくりと, きざみをつめながらなるほど馬鹿, きしかど傘, きしかはあれど, きしかるに今は, きしたがって自己の, きしなに小川さん, きしのぶである, きしばしだも, きしびれを, きしめてかかるの, きじゃあねえかこの野郎, きじゃとわしが, きすごみる, きすじはない, きすなわち立憲政体建設の, きすら行灯を, きするともう左手, きすゑの姫, きずして氣, きずりに, きそいつだけはゆるし, きそこであらゆる種類, きそのまま激しく嗚咽, きその他の南海, きその他祟のごとき, きそはじめせんとて, きそれではつまらないと, きそれらの上, きぞがみい, きぞっとしながら, きぞの朝友の, きたちまち見る一叢, きたちょうせんぶなの説明をいたしました, きたての小判, きたまえとすすめた, きたまに雑誌社の, きため其甲斐なく遂に, きたりしも貴賤貧富, きたりしもの也し, きたりで構わんであります, きたりとはいはず主義綱領, きたりに従ってビュースと, きたりは不吉であった, きたりもする, きだが子供は, きだけしか食べられないところ, きだんだん火勢が, きちやうめんだと, きちよツと口, きぢきの御申入れ, きっきりではなし, きっぱなしになっ, きつい一里の, きついで雪江さんも, きつぎに地, きつくづくぢつと, きつくづくじっとわが顔, きつた中天に, きつた二つの眼, きつた動作の中, きつた哀れな女, きつた大気とを通じてそこら, きつた好奇心を思はしめ, きつた宛て字ですね, きつた家が並ん, きつた寒々とした, きつた岳麓の吉田, きつた川を渡る, きつた常吉の口, きつた心がまた, きつた態度それは死, きつた星空を見上げた, きつた月光が静か, きつた朝鮮よ, きつた村ですわ, きつた栗色の眼, きつた業をかけ得ず, きつた様をし, きつた歌ごゑがききとりたいのだが, きつた残酷な虫, きつた相で一生懸命, きつた眼つきをし, きつた睡眠の中, きつた瞳を輝かせ, きつた私は力, きつた空気の肌触り, きつた空氣の中, きつた突つ込み, きつた莢からおのづと, きつた萬頃の水の上, きつた街の灯, きつた説を繰り返す, きつた軽妙洒脱な半面, きつた返しの太刀筋, きつた退屈が彼, きつた金を出し, きつた鏡である河, きつた零下二十度の空氣, きつた音が秋, きつた顔付で語る, きつた顔付一つ変へようと, きつた顔容の奴, きつた魂はわが, きつてそいつを切つて, きつてそつと二階, きつてだらしのない, きつてほんたうに身, きつてみちのくへ行く, きつてらあ, きつてグルリと柵, きつてシーンとしてゐる, きつてズボリともぐる, きつてドサリと折れた, きつてドン底まで沈ん, きつてピヨイーと跳び, きつてポンプのやう, きつてレンズのやう, きつて上流までさかのぼつ, きつて下唇がぶるぶる, きつて中から脱, きつて予算をけづり, きつて二人のお嬢さん, きつて二日がかりで考へ, きつて云つて, きつて他のこと, きつて佐原屋に引取つて, きつて何の疑, きつて作つたもの, きつて停車場まで行き, きつて健やかなること六月, きつて出立した私, きつて卓一を訪ねた, きつて厳選した, きつて古典的な礼讃体, きつて問ひかけるの, きつて因襲に反撥, きつて地に落ち, きつて場所を変, きつて外つ方, きつて大根二葉のよろこび, きつて天津処女になる, きつて夫の側, きつて娘の幸福, きつて安心しきつて, きつて宗教の事, きつて小萩に直接手紙, きつて帰つてきた, きつて帰つて行つたと思はれる, きつて平次如きは, きつて後は冬祓, きつて感情といふもの, きつて戸外に出る, きつて抵抗した, きつて改革すべき時, きつて文学と四つ角力, きつて斯んな早朝, きつて新潟へ飛びだし, きつて旅裝が一層, きつて旗日の新, きつて日を送りました, きつて曠野を飄々風, きつて書きはじめては, きつて木村重吉を訪ね, きつて本郷臺の秋, きつて松虫や鈴虫, きつて根本から改作, きつて案内しようかと, きつて樂しみきつて, きつて横になつて, きつて正統記を有難がれ, きつて正面からジッ, きつて氏族政治を血祭, きつて泥鰌のやう, きつて演奏の終る, きつて灰になつ, きつて炉を擁し, きつて無感覚になつ, きつて熊野本宮に著い, きつて玄関のそで垣, きつて球江の躯, きつて由子に答えた, きつて白状しますがね, きつて相抱擁して, きつて破壊して, きつて空騒ぎをやらかし, きつて突込みました, きつて純粋な日本, きつて紙撚を, きつて絶息も亦, きつて肉体労働でもしよう, きつて背中を刺す, きつて背水の陣, きつて腋に抱, きつて膚に汗, きつて自己に対する自棄, きつて自席へ戻る, きつて英国版と同じ, きつて草の露, きつて葡萄餅の行燈, きつて蚊帳を吊, きつて行つて, きつて街の湯, きつて表の格子ぐらゐ, きつて裸足にならう, きつて言葉をつづけた, きつて軒を離れた, きつて辯護士試驗を受けました, きつて返事もくれぬ, きつて金を奪, きつて鍛へあげ, きつて長持の中, きつて阿呆のやう, きつて離れへいつた, きつて雲のかけら, きつて霽れきつてゐる月, きつて頬杖をつい, きつて食堂の方, きつて黒板拭きで, きつまり尾張町寄りの, きつめですが, きつめたきランプなり, きづたいにまるでリス, きづたいに花をとろう, きづついたものゝ終りを思はせる, きづなが一時に解け去る, きづまを取っ, きづゝけ髪を斬り落した, きてあつちこつち菓子箱, きていうのさ, きてかはゆい顔, きてかべに字を, きてからでもお化粧, きてからというものいつも, きてこや君, きてでもいやせぬかとも, きてという目顔に, きてとまで無茶を, きてとも考える, きてなふたことみこと, きてなの花ば, きてなんて騒ぎを, きてにもなんて変な, きてねんいりに, きてははア匂いでも, きてべちやくちや, きてべちゃべちゃ囀ってるよう, きてべんとう箱, きてもべいを, きてわざとめちやめちやにくさしたりしたがそんな, きてんぷら煮つけ刺し身, きででも讀んだ, きでとか何とか言い訳, きとかいう割烹旅館へ, きとかとなると, きとから引幕を, きとが聞こえた, きとき伴はれて, きとくがわ, きとしての機械が, きとしても其當時の, きとぞといふ, きとても我力にも, きとでつかんで, きとともにがつんと爼板, きとにかくに日本国, きとのみは片づけられない, きとばかり草も, きどうか自分の, きどうして行く積り, きどうやら風がかは, きどおりうまくいきました, きどこの定めよう, きどもがどんなに, きないよ, きなおも銀座東側の, きなが果を, きなく耳には, きなければならない, きなごりにかへがたし, きなしい, きなだりに影の, きなつ臭いの, きなとでもおっしゃってごらんなせえよ, きなどには疎い雄吉, きなどの点も, きななりをして, きなはまばらの, きなへすきやき, きなべを食, きなむとしき, きなんでせう, きなんかをはかれるの, きなんざ夜更けて帰る, きなんぞの前へ, きなんていうの, きにおいていくらでも起こる, きにかへるわ, きにかけみつちりと, きにがある, きにくからうと, きにしか応じない, きにだけ数えられるほどの, きにだって投げ出して, きにつき出されたので, きにつけあだ, きにつれ出して, きにとぞ落ちに, きにとって一生けんめいうまいうまい, きにとり上げるまでの, きになぞならなかつたかも, きにねエさん被り, きによつて活, きによるものだ, きに対していかに役目, きに関する話の, きぬたをうつ, きねが二三本床に, きねぎぬ, きねじ鉢巻の者, きねだけの穴を, きねといふより, きねど宿を, きねの音を, きねはだんだん下り, きねんに一筆, きのぼり上手な, きのぼる道石ころ暑し赤き角, きのみにて高尚なるべき, きのみには非ず, きはかへるでの, きはけふ額, きはげしい赤痢にか, きはじめは主人公, きはだら雪見て通る, きはてたればこそ, きはては意見に, きはみ山あひ, きはみ枯衰のはじめ, きはめそこからいろいろ, きはめやうとしました, きはめようとしてゐる, きはめ命も惜, きはめ情を縱, きはよ何も, きはる内の大野, きはを智恵子は, きはをもそが, きはんぶんに細君, きばいなどというもの, きばかりが生命の, きばかりに終ったり, きぱきしたお安さんともう, きぱきとさばいてやり度い心, きぱきぱと盾をつく, きぱたりと絶え, きぱと答えた, きぱと膳にふせ, きぱんぱんと拍手をうっ, きひきむすんで, きひたむきを眼, きひとすぢ路と, きひとつしなかったが, きひと夜を神秘, きひどく堅気に, きひのきより, きびがわるいから堪忍して, きびがわるいじゃないのよ放して, きびがわるいやへっなん, きびしかつたつて話なのよ, きびしかりしはやり風にて見, きびしくおとがめなされましたものですからしお, きびしくはあつたがしかし, きびしくはねつけたものでごさいましたがこの和田さま, きびしくやつつけられてゐるがその數行, きびすをかえして一ツ橋のほう, きびたきるりびたきしぎ, きびたき黒鶫などと, きびだんごがうまそうにでき上がると, きびだんごの袋をぶら下げました, きびだんごを持って, きびのあとのでこぼこがあるあぶらぎった顔の上, きびのからでたく湯や山, きびのわりいこと云うなよ, きびの色がその, きびやうや失ひし, きびわるく皮膚, きびんな小林少年が, きびーふー, きび團子を食べた, きび殻にそまっ, きび飯馬鈴薯蕎麦豆などより他, きび餅わさびづけみかん, きぴーの, きふしを看出すべし, きぶくぶくと消え, きぶつた意見, きへけふいち, きへばかり眼を, きへも動かれなくなった, きへより降り来る神, きほとぼりのさめる, きほとんど昏迷状態から, きほどから身を, きほどに似より, きほのぼのとして, きぼくらが進歩, きまあどんなにか可笑しから, きまして貴嬢, きまたもや春を, きまだお預けを, きまだどんなに母親を, きまだ段々ぢや, きまっかになっ, きまっさきに黒髪を, きまったく近世においては, きまでの秩序への, きまどゐに, きまひた, きままにされる, きまろべりとある, きまァす, き神の, きみちやん少し, きみょうにわたしを, きみんなはその, きむっくり起きると, きむづかしやだなんてことはまだ知りません, きむとする町端に在り, きむとする處に宏壯, きむとする頃右側に龍頭瀑, きむらたろじろう, きむらしょういちとや, きむら喜内之介, きむ日知らずも, きむ里鴉畠をあら, きめつきりと, きもう少し先き, きもさえとれれば, きもしくは蛇憑きの類なら, きもぞする, きもっと重要な, きもともとこの論説, きもの山犬と思しき, きもはや弾も, きもよささうにて, きもろこし屋だけでもさうだ, きゃあとかすうとかいってくれれば作者も張合, きゃあらきゃあらと若い奴, きゃおまはんに拾わせようと, きゃけえくうと, きゃしゃなからだつきで小さい両手, きゃしゃなたちやなあんまり勉強, きゃっきゃさわいで猟にとでかけた, きゃっきゃっいってその騒々しいと, きゃっきゃっきゃっきゃっと笑うて, きゃっきゃっといいながら下りて, きゃっきゃっという騒ぎ女中衆, きゃっきゃっというて振りもぎって, きゃっきゃっという声が重い, きゃっきゃっといってお糸坊, きゃっきゃっといってふざけながらその乳汁, きゃっきゃっといって友だちの家, きゃっきゃっとうれしがったり恥ずかしがっ, きゃっきゃっとさかんに浮かれ騷, きゃっきゃっとひびきわたる声で笑い, きゃっきゃっと二三回声をたてた, きゃっきゃっと心から笑っ, きゃっきゃっと気ちがいみたい, きゃっきゃっと高笑靴をぱかぱかと傍, きゃっきゃっよろこび笑う声, きゃっきゃっ笑い崩れた, きゃっというかと思うと, きゃっというような悲鳴をたて, きゃっという声をあげ, きゃっといったきり破れ畳の上, きゃっといって俯伏した, きゃっといって刎起きたり, きゃっとたかいさけび声を立てた, きゃっとはしゃぎながら訪ねて, きゃっともすんとも言わずに, きゃついよいよやりやがったなと, きゃつがほっておく筈はない, きゃつがほんとうの勇士なら赤面, きゃつがまた何しに, きゃつがわしから飛んで, きゃつきゃっとふざけていたこの間の光景, きゃつこそ猿だ, きゃつとお艶と, きゃつとて何条疑いましょう, きゃつどうにも気に食わぬ, きゃつなら城中にいる, きゃつにすっかり鼻毛を読まれ, きゃつのしわざに決って, きゃつのすがたを見かけしだいにぶ, きゃつの業の早い, きゃつはあなたの仇ですですから, きゃつはある者の依頼, きゃつはいま庭へ出, きゃつはかくしているゼおかしいや, きゃつはどうして荒い遣い手, きゃつはどんなことをするか分からない, きゃつはなかなか話せると, きゃつはまた消えて, きゃつは上足場において勝目, きゃつは詐欺師だ殺人犯, きゃつばらを追払って, きゃつまた何ぞ悪, きゃつみっしり撲られるが, きゃつめおっ死んだでいきてるわけ, きゃつめがいろいろと淫がま, きゃつめ最近に至っ, きゃつも科学のわからん, きゃつよほど腕と腹, きゃつらがいい加減なの, きゃつらがきゃつらの残党なら承知, きゃつらが地下道へ来る, きゃつらしい奴が立, きゃつらに奪い去られたに, きゃつらにわかっていたものだから二カ月かかって, きゃつらに何の怨み, きゃつらの前だからね, きゃつらの心組みを糺明, きゃつらの様子を探り, きゃつらの残党どもが最近, きゃつらはあれを非常に口惜し, きゃつらを捕えろ, きゃつら両人いよいよ深川, きゃつら十七人が肚, きゃつら敵ではなかっ, きゃつら海上に船, きゃつら高麗村の廻し者, きゃつをだっこしますぼくの心, きゃねえその玉ころがし, きゃはんのかいがいしい身なりをし, きゃはんわらじばき, きゃはんをかけわらじばき, きゃはんをすねの上までぐっと, きゃはんをつけたびを何枚, きゃはんをはいてぼろぼろになった, きゃらこの白足袋に雪駄, きゃらばんで帰るの, きゃらぶき茶づけを, きゃら蕗や葉蕃椒, きゃんきゃんいう仔犬の悲鳴, きゃんきゃんいう近所からの仲裁, きゃんきゃんきゃんと断, きゃんきゃんきゃんクイキュウと息, きゃんきゃんきゃんクイクウンきゅうと鳴く, きゃんきゃんきゃんクイッキュウきゃんきゃんきゃん, きゃんきゃんというせわしない悲鳴やら苦痛, きゃんきゃんとひどく鳴いて, きゃんきゃんと一そう高く鳴き, きゃんきゃんと奇妙な笑声, きゃんきゃんと悲命をあげ, きゃんきゃんと犬は悲鳴, きゃんきゃんなきなきていこうしましたがくびに綱, きゃんきゃんの犬の野蛮, きゃんきゃん悲鳴を挙げ, きゃんきゃん調子をとる, きゃんといわさなければ気がすまなくなる, きゃんとでもわんとでも吠えて, きやうだい中で私ひとり, きやうだい喧嘩の大半, きやうだい達もわたくし, きやうもんの意味, きやう自分の生活, きやう色のつゆ, きやう鼠はつか, きやがて間もなく同盟が, きやつかっぷくに似ず, きやつらを不憫, きやつ花を引かされる, きやとは今の, きやに見立て候間, きやはりまする, きやもそれしか, きやをあらはしゐたるに, きや迄甚深に, きもくん, きゅうきゅういってやがらおや可訝い, きゅうくつさうな九級ばかりの石段, きゅうくつそうにくびをしめ頭部には鉢巻, きゅうくつなかっこうで奥へ集った, きゅうくつなことであつたらうと思ひました, きゅうくつなにもつ入れの中, きゅうくつになるおそれがあると信じます, きゅうくつにはめておられるバタフライを今夜, きゅうごしらえのそまつな西洋館がぽつぽつ, きゅうそくいたしましてあくる九月ついたち, きゅうっきゅうっと小気味の好い, きゅうとしばったうしろとんぼの時代はあれ, きゅうにあともどりをし畑のほう, きゅうにこんざついたしましてしめやかなうち, きゅうにはなんともけんとうがつきませんでしたが少年たちは一目, きゅうにふとんのしたかどこからかとび出した, きゅっうと一線の空気, きゅっきゅっとてぎわよく一本どっこ, きゅっきゅっとふき出して, きゅっきゅっとやるとこの殺人的, きゅっきゅっと上態を屈め, きゅっきゅっと糠でこすっ, きゅっきゅっと自分の額, きゅっきゅと強くこする, きゅとしごかれその度, きゅろきゅろと鳴って, きゅんきゅんと叩く音, きゅンと痛んだ, きゆぅっと呑口をひねらね, きゆう音を出し, きゆえからできた, きゆえにその論旨, きゆえん井を掘り, きゆえ河水甚深しその, きゆぴとが現代的, きゆゑ人に嫌れつ, きゆゑ大方其所ら邊りの, きゆゑ雪ふかくとも, きょうおはなししたとおりのを入れて, きょうからあしたへのうつりがただ夜, きょうからはおまえさんがむっつり屋になった, きょうぐれえはもっとおもしろそうな顔をしたら, きょうこんなさわぎになったのをみて諸君の公平, きょうしもここにまれなるあい色になり, きょうだいおたがいにしっかりと手をとりあっ, きょうだいがにげだしたあとでそれときづいた, きょうだいたちおたがいにたすけ合って, きょうだいたちのかたきを討つので, きょうだいたちのごきげんをとっているうちに時計が十二時十五分前, きょうだいでござりますから何処かにお, きょうだいというはわたくしたちふたりきりあまたござりました, きょうだいといってもいいほどよく似て, きょうだいとばかりおもうようにしているのだしそなたが, きょうだいはひでえ人間ぞろいなん, きょうだいはひとちぢみにちぢみ上がって, きょうだいふたりのえりもとへふんわりかけてやると黙々として, きょうだいふたりゃ風をくらっ, きょうだけはじぶんがお酒を飲む, きょうではあまりおそまきな結婚の自由, きょうとなってやっぱりいくらかへばりの日にかく, きょうなふうでおしゃべりをし続けて, きょうなもうひとりのボーイとがドア, きょうなものがあったとおもってそれをくつ, きょうにかぎらずいつでもはみかえしをやる度に涎, きょうのしばいはいつもより手がこん, きょうのやくそくをぞんじておるならば龍太郎小文治, きょうのようなふるまいのあとつまりクラム, きょうはあんたにすっくりお話すること, きょうはおこもりです二階へ, きょうはおひるをたべて目白へかえります, きょうはじめてややまとまった一冊として出版, きょうはぜひやってしまわなくてはならないと言いながら, きょうはそよりとも風の吹かない, きょうはどうしたのかもう一人いつか野原の小母, きょうはまたいちだんとはれやかな顔をし, きょうはまたなんというえい日だろうか, きょうはめっけものだこれなら朝, きょうはもういいじゃありませんかね, きょうはもうこれでおやめねなるたけ疲れさせない, きょうまでおめえさんをここへ閉じこめて, きょうまでどっちつかずで過ごして, きょうまでのいしゅを水にながされ, きょうまでやっていらっしったんじゃないのだから後, きょうむくみがとれたのがはっきりわかり体軽くなった, きょうもてっきりまたたずねてくると思って, きょうをかぎりにわれおとらじと晴れの衣裳, きょくげいしのすがたをしたふしぎな人, きょくげいしのふくをきたふしぎな人, きょくげいしのふくをきた林さんはどこ, きょくほねをおっていたがとうとう縄, きょじんの手です, きょそきょそと徘徊して, きょっとんとして顔中を涙, きょときょととそこいらを見まわし出したので, きょとついたダンチョンの眼, きょとついてはいはいと, きょとつかせたり臆病そうに口, きょとりと円い目, きょとりとしてまじまじ木村のむっつり, きょとをおなじしろにおいておふるまいにおよばれましておだどのよりの引出物, きょな事をし, きょな声で高々, きょな眼つきで覗き込ん, きょにはいかにも, きょによって勝ったほう, きょねんの冬はひどい寒, きょねんの夏ニールスはうまれ, きょのような女に引っ, きょはおとしをめしていらしったのにお気のどく, きょほうほけきょう, きょやみのくせに妾があった, きょらきょきょらくららっ, きょらくららくららっ, きょらくらら鳥の声, きょろきょろとぬからぬかおをしているのをよく見かける, きょろっと見つめて, きょろついた眼付して, きょろついて叫んだ, きょろついている金五郎を会心そう, きょろついて戸を出ました, きょろつかして伺ってる飼犬, きょろつかしてバスひきの譜面台, きょろつかせた意気込んだ気持, きょろつかせたがすぐ決然, きょろつかせてあぶれた顔, きょろつかせていた大山がにこにこ, きょろつかせていると赤井は, きょろつかせているような人物であった, きょろつかせてみんなの顔, きょろつかせて暖簾のかげ, きょろつかせながらやって, きょろつき誰にという当, きょろつくよりもひとりでに背中, きょろつく様不良ぬ輩, きょろとプラットフォームを横目, きょろと眺め渡した, きょろりきょろりと視めた, きょろんきょろんとあたりを見て, きょをやると面白いそう, きょんと振りかえった, きょーう, きょ明かに鶯, きようそこらにまごまご, きよにさうだん, きよはにこ, きよや鶯や, きよりは先づ恥し, きらひで獨逸の, きらひなたちでしたから, きらひならいますぐにでも, きらひな人には面, きらひな奴はこれ, きらひな彼女は容易, きらひもの, きらんで舞おう, きりょうが美いという, きりりした顔, きるると, きれいの薄荷, きわがこの榮ある, きわきにはふとい, きわきの下にぬけ, きわけて進んで, きわざを新た, きわたくしの父, きわび世をそむくべき, きわび空に乱, きわび身をば捨, きわらべのひとり, きわれ導者に彼, きわれ等は祝砲, きをか寫し留めむ, きをすらむ, きをと訊くと, きをになひ, きがこれア私, きアイアースあらぶ, きアイ・シェドウなどはあまり, きアカイアの子ら其都市, きアカデミーの再建, きアガメムノンを殺せし, きアガメムノーンにいき, きアキリスと歩み, きアキリュウス・ペーレーデース神の子, きアキリュウス勇將答へて陳, きアキリュウス彼れ今われ, きアキリュウス武具善く彼, きアゼンスは氣, きアデン灣に達し, きアニエエゼは子供五人, きアヌンチヤタは忽ち, きアポルロ我を導き, きアリストクラシーは急, きアレッサンドリアとその, きアレース咆哮の烈風暴, きアントニオを載せ, きアーメンもかく, きアールベロ・ダ・シエーナにより, きア何うと, きア俺が送つ, きア喰はれん, きア大工でも呼ん, きア氣があつ, きア駄目だ, きィちゃんみィちゃん的読者, きな猫, きイちやんみ, きイちやんには見えない, きイんと癇性, きイデオロギー的色彩を帶びている, きイヤになる, きインスピレーションと号, きイーリオン王プリアモスまた部下, きウィリは七つ, きウィリアムソンも肯定, きウジムシに見えるでしょう, きウチへカサ, きエセックスの出席, きエッたって云いやん, きエルフの群, きオイリュウスの子, きオプチミストであるに, きカラーを用, きれるゴドア, きガラスのなか, きキリスト教伝播の直接間接, きクツをはき, きクラリモンドは聖水, きクリーサ更に又, きクールフェーラックがそれ, きグ隙ネ自分, きコン吉もその, きサンは能, きサントメと呼んだ, きサン・ラファイエルの岬, きサヴィニーとガンス, きシツィイとアルリグッチ, きスコツプを握り, きステッキを引, きタクシー帰宅まだ十時すぎ, きダイヤモンドのよう, きチアンゲルラや, きッちょなダンス, きッとこなたに, きッぱりこう云った, きッぱりと御方針, きテーブルの上, きディオニシオあり, きトカゲとなりし, きトニーより連絡, きトハ通用シテ山吹ヲ山, きトリックの製作者, きトルストイ獨特の偉大, きトロイア今日ぞ亡ぶべき, きトロイア其中に我, きトロイア領の中, きドイツ人が逢い, きニイチエと雖, きネープルス灣も眼界, きノラが踊る, きバーロー岬からもっと, きヒユウマニズムの唇, きビロードの三かくぼうし, きピータアゼヘルミット然たる, きフレデリツクなりフエデリゴ, きフーガが, きブリキの金盥, きプラタンの樹, きヘクトール夜の暗黒, きヘタな球, きベアトリーチェがこれ, きペーリュウス戰車を御する, きボルドー種の犬, きマエストロ・アダモはかた, きマストの揺れ, きミュンヘンに滯在, きミレエが画, きムチヤクチヤだ, きメキシコへの途上, きメネラオス答へて彼, きメノイチオス又アキリュウス, きを, きモスコオ男とは今, きモントルイュ・スュール・メールでマドレーヌ氏, きぜ, きヤタテを持っ, きユウトピヤとかミロク, きヨろぴり小栗鼠の, きリキエー二將軍かなたに向, きレレゲース族を率, きロオランが最後, きロゴスに反, きロングフェロオを無二無三, きヱネチアの巷, きーンと肌, きー異様な声, き一つ垢をほ, き一つ所に働き居り, き一つ金と転ばう, き一れんあめをけ, き一事はこれ, き一二里に聞ゆ, き一人さまよふ, き一体どうなること, き一儀あり, き一八一一年ベンサムは書, き一切の煩雑さ, き一匹はこの, き一台のリモジン, き一同へ告げ, き一向食事も, き一国の名産, き一團の貴, き一声新橋をはや, き一夜は遂に, き一天を望む, き一寸座敷へ, き一局を見, き一層まじめ腐つた, き一帆裂くるばかり, き一帯の平地, き一年毎に總, き一度世に伝, き一心一體の天業, き一念よりに御座候, き一擢きを, き一斉に揚ぐる響動, き一時墓場は何, き一望のミレエジ, き一杯の茶, き一枚摺山水画は尽く, き一株も植ゑてある, き一條の物, き一棟は腰瓦, き一点の紅, き一片の焦土, き一生は斯, き一町ほどのかみ, き一統の赤心, き一羽の丹頂, き一葉の舟, き一行なれど, き一見なんとも想像の, き一部門が出来, き一間先きに, き一陣の夜嵐, き一首書いては, き七つの罪, き七絶一首が載せ, き七面鳥の面, き万人の盲点, き万代にわたる泰平, き万年青構図の緑, き万歳期せし花, き万葉ずきの, き勤める覚悟, き三つの方法, き三人ですわ, き三人称の態度, き三個の要点, き三十五と成り, き三四月の頃, き三宝の一, き三島神社の角, き三年四海八音を遏密せり, き三日も四日, き三日三晩考へた揚句, き三日續くと, き三日隔きに, き三昧に浸っ, き三月のはじめころ, き三枚續きは, き三條の柱, き三歩を抽, き三浦に思いがけない, き三疊の座敷, き三益との芝居, き三窓続きの更, き上げ現存制度を破壊, き上つたのであるが, き上つて二階の客, き上つて光線を容易, き上り奮搏摩盪して, き上何か約束手形, き上戸の常態, き上手になりてえき, き上氣象も優美, き上野飛鳥山或ひ, き下品な諂, き下女のお, き下手の床几, き不可思議なる混血兒, き不完全なりきされどまた, き不審に存じ, き不当者のある, き不快なる文字, き不思議なる機關, き不意の事柄, き不明の由, き不死の藥, き不気味な風, き不為を強, き不良になる, き且之を追窮, き世にも怪有なる, き世人は前世, き世界一切の存在, き世界観を有する, き世間並の姉妹以上, き両手を上向け, き両方試みたが, き両頭より射る, き中央よりこなたなる, き中将公泰の和琴, き中房温泉着約十二時, き中村屋で喫茶部, き中頃は選択, きにさし, き串もちひこれ, き串三本がしきりに, き丸山作楽君が君主専制, き主人も感服, き主侯です, き主取りをなさん, き主家仆れ城地, き主張である, き主要の点, き主要条件を遺漏, きは長野氏, き久助君は忘れ, き久能山上の事, き乍らそれを手傳, き乍ら一とわたり和吉, き乍ら丁度橋の中程, き乍ら二服殘つた白い粉藥, き乍ら云つた, き乍ら今這入つて來, き乍ら固唾を呑みました, き乍ら外界の闖入, き乍ら教へたら, き乍ら文芸部確立の話, き乍ら物置と同じ, き乍ら白雲の行き, き乍ら默つて踏臺と睨めつ, き乎余は実に, き乎況むや帝国党は政治的投機師, き乎況むや帝國黨は政治的投機師, き乘物に乘, き乙名の氣, き九郎義経の征西軍, き乱世と仰, き乱舞しほき旋転, きを灑ぐ, き乳房の露, きける土, きし一生懸命, き亂次のない, き了つた平次は改めて, き了簡出さる, き了解を得る, き予等の結婚生活, き事あらめやも, き事なき様云々の文, き事ゆゑ定めし高金, き事一つに, き事哉此上は彌, き事守護地頭等に仰せ, き事寧恐る可, き事情の下, き事故疑ふも道理, き事曰はずただ禍, き事爲すべき事, き事申ばかりも御座, き事相聞えなば, き事積りし後, き事蓮華にまさるべきや, き事蚊の如し, き事限りなく彌, き事項あり最古, き事風の如き, き事飛が如く, き二つの袋, き二三の武士, き二人幽霊のよう, き二匹の犬, き二十四になる, き二千二十米の地点, き二千八十米の隆起, き二年間の學資, き二百幾名の住所姓名, き二百里の旅, き二羽の荒鷲憤然, き二葉亭の噂, き二通の綸旨, き二郎には旧, き二里距きに, き云つたのとは違, きひに, き五一郎って言う, き五丁もはなれた, き五六歩のところ, き五十だよ, き五寸程の地割れ, き五年か十年, き五日七日つ, き五百兩の褒美, き井戸のやう, き井戸端へ水, き亡父信長のうらみ, きる, き交際を思い出さず, きを見れ, き京極方の振舞, き京町相萬楼に登り, き人たるも許されるであろう, き人どもなり, き人一人あらば, き人伴へる婦人達, き人何にじれ, き人声が高く, き人工の記念, き人形なよなよと, き人影へ穂先, き人心かな, き人数駈け来り娘, き人材が隨分, き人格を発揚, き人相にも出く, き人臣の道, き仁王の影障子, き今ここには正味, き今夜は我が, き今宵虫きくうす, き今日かくの如き, き今日世間に知己朋友, き今朝は菜, き介胃彼の上, き仏像がどれ, き仏典を調べ, き仕事場に, き仕事椅子に凭つて, き仕合なりと喜びけり, き仕打に聳動, き仕打會へば, き他所の見る, き他者は自己, き付けべく其時, きの御, き代りを御入, き代表的運命は一切, き令嬢の願い, き任務を有する, き企畫を起す, き伊太利亜より来ませし, き伊賀亮に申樣只, きし, き伏せ屋のうち, きを馬車, き伝承あり, き伯母になり, き伯母君は隣村, き位いにつっ立っ, き体一個まず突立, き何らのニュウス, き何分家が揉め, き何十年と云, き何時まで生き, き何時の間にか丸山の, き何百人の人, き何者なるや, き何萬年か先, き余光の遠く, き余生を送らなけれ, きは山本氏, き作りのばらん, き作左も子さ, き作業を勉め, き作業自体がイカサマ事業, き佞者め隣藩の指南番, き使命を感じなけれ, き來らんといふのほか何, き例えば家の, き例証を発見, き便をだに聞せな, き信長に通じた, きに饑ゑて帰, きの主, き修行の肩, き修養によらぬ, き俯伏して, き個人主義としてしか認めない, き個所へ急いだ, き倒瀾を既墜, き候儀も有之, き候処念願にこれ, き候外はなし, き候折柄の義, き候樣世話いたし置, き候補者がどんな, き候間不便に存じ, き假粧舞の事, き偉大なる彼, き停車場に, き傀儡場あり, き備中守様のご, き催眠術の為, き傳手を以て片田舍, き債権者に断り, き働らき牛, き僞善の花, き僧侶による山開き, きなり, き償却して, きき御, き優さ形なるが, き優しきさんざめきが, き優形と異なりぬ, き元来婦人の, き元素分析やその他, き兄小太郎を裏切り, き兄弟今日のみ一つ座敷, き充足理由がある, き兇悪な蛮人, き先方でも二つ, き先生なりし, き先輩が多, き光景両つながら, き光波のへ, き光眺むれば, き光眼を射, き光芒を放てり, き光陰を送けり, き克服であるかの, き兎林叢の繁み, き児等の姿, きとなりたる, き兒等の姿, き入れちやくれません, き入浴して, き全身の重み, き兩臂は俄, き八つ手の葉, き八九枚書いた, き八千尺にも充ちる, きの御感, き公園の真中, き公民にませ, き六年目の三月朔日, き六年相州浦賀に異国, き樂の, き共々に階段, き共同においては存在さ, き共同完き合一, き共百姓ばする, き兵隊さんだわ, き其わけ知らせぬが, き其上に踏板, き其上災害并び至りて田畑殘, き其内に妾, き其國の珍寳, き其大体に於, き其大冠を頂き, き其方は狂氣, き其泥を瞽者, き其経験多き鑑識, き其結果は数代数十代, き其線の美し, き其翼脂にまみれたれ, き其許の云, き其身に後, き内奥を知る, き内情若くは, き内臓の状態, き内面的鬪爭の必然性, きを描き, き円きうつくしき虹の, き円ひとつかきひとり眺めて, き円形を作り, き円頂閣を越え, き写しすること, き冠毛や, き冷酷な心, き凄まじき種々で, き凋落の悲しみ, き凡そ二時間あまりは息, き凡ての詩趣, き処御用あって, き処為をみせ, き出し鈴はツァリンツァリン, き出だして手, き出だしたまへばその, き出世したらきっと, き出世登竜門の護符, き出來ますが, き出来事があつ, き出現之時は豊年, き分別ありげ, き分際ながら推し, き刑罰で, きにあり, き列車の取捨, き憶ふ, き初めて居る, き初めて互いに分離した, き初め白をもて, き初め道の行手, き初秋の夜風, き別離を要求, きを集めたる, き利害得失を計らざりき, き利己の精神, き利己主義のみで, き利己主義者に過ぎない, き利己的な快楽的, き利益は充分, き到頭その情人, きがあっ, き刺子面小手の武装, き前書に顯, き前途の蛇, き剛勇の, き割つてやつて, き割り木質を刳り, き創作であった, きを喫, き力作に労, き加茂の流れ, き助手が家, き努力であって, き労働には苦楽, き労働問題の対象, き労働者よ, き労働者風の二人, き効験をあら, き勇士はイピトス, き勇武のアキリュウス, き勇気も沮んだ, きもすれ, き動機とからみ, き勝利は俺, き勝負の最中, きの藝者, き包みの書, き包括的なる意義, き化物ありける, き北アルプスの二, き北京大學の文學部, き北沢新次郎教授が池袋, き医院もある, き十一日間の休戰, き十一時半迄, き十七文字で大, き十二の国境, き十二時やぞ, き十兵衛も息, き十兵衞の女房, き十分の余地, き十字架の傍, き十字街は人, き十日目にて大坂川口, き十蔵なんじも, き千五百秋瑞穂の国, き千五百秋瑞穗の國, き千代子に引ツ, き千日前通へ出る, き千束町の私娼窟, き千雷のごとく, き半人半獣の驚くべき, き半助親方ドスを, き半月と續, き半球形を無数, き半生の秘密, き卑しんだ, き卑劣さがありました, き卑調の趣味, き卒業論文にも彼, きの上, きに在る, き南緯四十三度線以南の概況, き博士になれるつ, き博士等が見た, き占いの術, きだのきの字, き印象的描寫の力, き危機の初め, き危険を想像, き危険人物なり, き即ち聖アンジェロの, きをひとつ割り, きに陷, き厚霜を降らし, きへさ, き原始的の處, き原料から人工的, き原罪とあらゆる, きになる, き厭あな声である実に, き厭世観の徹底, きる野間権現, き厳粛な制限, き去月十六日彼れの, きりますから, き及びのこと, き友人が只, き友禅染の襦袢, き双方いかめしく床几, き双肩掠め吹く, き影が, き反抗を敢, き叔母はわれ, き取り給ひつらむ云云晝はいと, き取引にし, き口付にて, き口紅を塗り, き古い木造の, き古寺に, き古色を帶, きであるかも, き此方のみ, き叫声に夢, き可能性が與, き可被下候, き右手に持添, き司教をながめた, き合つたのである, き合つた事も無い, き合つて目くばせして, き合ふところがある, き合十二時を合図, き合戦に及びおりまする, き同じくもどったばかりの, き同僚を, き同姓の元, き同志中よりさらに, き同様あって, き同郷なる富田鐵之助君, き名人たりしかばこ, き名作であった, き名分はない, き名刺を出せ, き名将といわるる, き名所浮絵美人風俗画殊に人情本, き名望あるの, き名物だったの, き名誉を要求, き名高き聖よ, きひ合つて, き向こうの小さい, き向上心を表, き君なんかな人間, き君主なくば, き君君は歡迎會, き否定から肯定, き吾人が眼前, き吾助の刄, き呻吟声のお, きは辛く, き命日には先祖, き和毛は弾き, き和琴の交響, き咲きにけらしな花二つ三つ, きみしが, き哀しんで, きで有ろう, き品物を蒐め, き品行正雅, き哉三一にいます, き哉己より三歳, き哉曾て経, き哲學研究者は獨創, き唐綾の, き唖児なるべし, きひとりの, き唯継の目尻, きひの, き商主は夢, きいぬ, き問癡なる評, きの行為, き善く世と, き善人だとは, き善法ありて, き善男善女の間, き善男善女達があと, き善美を盡, き善行とされ, きって駈けつけ, き喜劇なるもの, きたむ, き喧きぬ独のみ聞け, き喧嘩口論した, きひ入るまでに, き嘆願して, き嘉助氏も頷ずく, き嘲弄で霰弾, きりの, き器量哉と暫時默止, きを懸けた, きみ下すよう, き囁きに, き囚人となる, き四ツ這になり, き四五十枚を書い, き四年十月朔に抽斎, き四日日比谷公録の分, き四男又一をし, き四脚の雪見燈籠, き四角い樫の, き四面は茫乎, き回教徒の兵, き因循なもの, き因果律を左右, き団扇を購, き園生は我が, き園生浦山しきものなり, き土倉氏より招状, き土取り故障なくさて, き在家が幾重にも, き地上に立ち, き地名である, き地形を成し, き地所を持てる, き地点をつらぬい, き地蔵の方, き地蔵様も実印, き坂本で休ん, き坊主どもの妄言, き坊主奴が來, きはいかほど, きる, き垢膩の汚, き埃及のニル, きに立て籠る, き城下なれば, きの外, き堕落である余, き報怨を蒙りてより, き報知を聞い, きなる小, きなり, き褪めし看板, き塗り看板の陳列会, き塲所の大, き境遇に陥っ, き墓地のまとも, き墓石としては先づ, き墨いろは毛描の線, き墻結ひなどして, き壘壁さして, き壮士なりと云, き壮観なりければ, き阿彌, き夏休みにか, き夏真昼なり我家, き夏祭りの景気, き夕のかはり, き夕光のいろ, き夕凪はとう, き夕立がやって来ます, き夕雲の間, き夕餉をなす, き外交政略ちょう妄想のため, き外国と戦争, き外国語学校語学練習演劇を看る, き外方向きつつ, き外米に油揚, き外輪山の中, き外遊数年後の今日, き多く罪悪に陥る, き多少滑稽で, き多情の汚行, き多数の人間, き多紀氏は同じ, き多角形の広間, き多賀路を, き夜もすがら母を, き夜中に村, き夜宴のもなか, き夜寒の風, き夜空我は見なく, き夜空獄窓より仰ぐ, き夜道をもの, き大いなるチェンタウロいふ彼等は, き大井川は西, き大仏殿の前, き大作も出来る, き大学の卒業生, き大岩は苛酷, き大工穴鑿り大工, き大敗を取り, き大敵は纔, き大木を折, き大江戸にても三人, き大理石の梯, き大石国手の診察, き大藪なれば, き大野を翔け, き天下を擧げ, き天下大に亂, き天人共に許さぬ, き天使のごとき, き天地の靈, き天女の真摯, き天帝の恩寵, き天涯未だ擧, き天狗さんというもの, き天界受け得たり, き太い竹の, き太刀筋はたしか, き太夫と呼ばれる, き太子曹丕に百拝, き太平洋戦争になつて, き太皷を敲いた, き太祖宮中に大, き太陽七つ出づと云ふ予言, き太鼓を鳴らし, き太鼓張襖紙思案につき候, き夫人の六尺, き夫文藏へ此事, き失意不遇の逆境人, き奇声を発した, き奇景の地, き奇異なる労働者, き奇観をば目撃, き奇觀をば目撃, き奇遇ながら逢瀬, き奉仕の生活, き奉公の衷心, き奉公人を默つて, き契丹が何れ, き契点あらざるに, き契約の下, き契點あらざるに, き奔獣尽き流水, き奥山の路, き奥様がお, き奥足柄にありし, きはれし帶美, き奮迅の力, き奮鬪をなすや, き女お豊を, き女の子なるが, き女の童にやりたる, き女不思議と思へ, き女中が, き女侠客の為, き女天使の白光体, き女客と役者, き女心の一ト筋, き女松山の春雨, き女横着の女, き女生達三四人団結して, き女神と相, き奴客を客, きを鋤賊, き奸賊ではある, き好き下地は好き, き好き聲なりと稱, き好意ではない, き好感的のもの, き如実さに於, き如此に我日本, き妄想はこの, き妓寿美に逢, き妖怪の正体, きの袖, き妙年女子の為め, き妻女清しき, き妻我に禍, きのおもい, き始めておもしろがり, き始終どんなに速かな, き姫さきの罪購, き姫君をも伴, き姫神余りの事, き姫路の熊川舎, き姿一度は思ひ, きも, き威容秀麗の姿, き娑婆世界と歓呼, き娘一人とり止むる事, き娘達打連れて, き娯楽室からは胡弓, き娼婦の姿, き娼婦野鶏諸嬢, き婆アの戸口, きを呼び, き婦人たちがいる, き婬乱の実, き媚態を示し, きに行かはる, き嫩葉はみ, き嬉びの半ばほか, きにとってはディーニュ司教, き嬰児にかえった, き孃子になりぬ, き孃子遇へり, き子供二三人と向, き子等を誘ひ, き孔子祭が行, き存志にて滞京, き孝道を盡, き季節であらう, き孤子を養, き孤獨な男, き学業を棄て, き学者をし, き孫仲は馬上, き孫嫁にやっ, き孫店を借受爰, き學術上の疑問, き宇宙の間, き宇治山田の米友, き安全にはいっ, き安宅を設計, き完成の感じ, き宗教心の閃, き宗門の組合, き官能の輝く, き官軍将に敗れん, き定信安田家より出, き宝石の如し, き宝石商の店, き宝蔵や博物館, きを結ばせた, き実に頼もしき, き実行とが解消, き実質を具, き実質的には現, きの前, き客来のありし, き客足絶ぬ店先, き宴楽にふさわしく, きに生れいで, き家並が見え, き家主などしきりに, き家具を排置, き家屋明渡の訴訟, き家庭内に自分, き家族も無い, き家柄で古代, き家根の上, き家財衣類なども売尽し, きをば見返り勝, き容体を見たる, き容態を見たる, き容貌なども穏やか, き宿世を思へ, き宿舎八木源之丞, き密行の巡邏, き寒々とした, き寝台のそば, き寝所つくって, きなくとも, きに頼もしき, き實力があつ, き實質を具, き審美論にもあらね, き審配も愕然, き寶玉の散りこぼる, き寺男勝手口より落付払, き封入したり, き封筒を持つ, き将軍の鬢髪, き將軍其疵を, き尊き智識に, きいで四萬, き對象も全, き小ささわびきったる, き小さな智慧の, き小倉の袴, き小包物を負いおり, き小岩慕えど, き小川まちにて, き小径に進入らん, き小波先生は獨逸, き小火の中, き小舎にすん, き小路の行進, き小躍りし光り驚き飛び去れり, き小鳥なるべし, きよりし, き少しく離れしところ, き少なくとも二週間は, き就中この子, き尻はしよりといふ, き尼君を世の中, き尼寺の垣, きを具え, き尾張町春祥堂にて大西氏, き尾花にまねかれ, き尾花苅萱の中, き居候者に候, きけてはもらえない, き屈げましたので, き屋根竹縁の二重家體, きとなり, き屏風を立て廻し, き層めりゆき, き履歴書を作っ, き山三郎暫くの, き山川ここかしこ御な, き山廓の祠, き山村を抱い, き山椒大夫を呪, き山気へのがれる, き山片附けば, き山田ありて, き山県さんの下, き山行して, き山門の雪まつ, き岡本綺堂君作雨夜の曲, き岡村家の遺産, きたけくるみきくな, き岩石彫刻や巨大, き岩道を降り来れる, き岩間の路, きには擧, き岸上悉く沙塵, きの細, きの上, き峰頭に出る, きのこと, き島司の家, き島嶼の附近, き峻嚴なる態度, き崇むる外に山, きをく, き崩れ易い, き崩岩の礫, きの荒磯, き巌丈男の声, き巍然たる時計台上, きの上, き川海苔よ, き川越へ着い, き川音の寒, き巡礼の聖壇, き工合が惡い, き左側に男, き左右の兩肩, き左折すれば, き巧みにふたり, きいの, き巨大の一尾, き巨額の金銀貨, き市場に現われ, き市川純蔵両人を大, きをかけ, き帆村だったけれど, きで使った, き帝劇のその, きの庇護, きを持つ, き帳床に坐らせ, き帳面な男, き帶八圓どりの, き常勝のキマイラ, き常識的の思想, きを狙撃, きの廣, き幇助者の一人, き平ヶ岳や至仏山及武尊山等, き平安に入りし, き平林氏は既に, き平民社の諸, き経て, きのひとつ, きに蔦, きをだにひと夜, き幻滅した私, き幻覚ではある, き幼君其座にて, きを闡, き幾千の人, き幾年生延びると, き幾日も前, き広場を横ぎり, き広葉を眺め, き庇保の下, き床屋のぎん鋏, き度いがお前は身代, き度くも無ささうに, き座敷へ導きぬ, き座敷めきたるところ, き庫裏の前, き庭園の中, き庭廣き家々, き庸三との関係, きの有りし, きれし路, き廣太郎は自分, き廣重の筆, き延園を招ぎ清元落人, き建造物の絵, き廻つてみんなはお家, き廻つて手品をやり, き廻わしながら色, き廿日鼠といふあだな, き弊害が伴, き断る音, き引き拔き, き引っかえすたび, き引ツ込んでしまつた, き引導を渡し, き引越しをする, き弘ちゃんに殺されなけれ, き弘法大師に随, きよ, きを助くる, き弱い者を, き張りの戸板, き張合ひ局, き強力の若者, き強味さえ加わっ, き強大を成し, き強度の近視眼, き強盗が蔭, き弾兵もみんなおれ, き弾正太夫がわずか, き当のある裾を, き当代の大, き当分露国に滞留, き当時固より, き形容を見, き形状をつくり上げる, き役目における正義光明真理, き彼らに礼, き彼岸にあり, き彼方へ板敷, き彼方此方摩りむいて, き彼機をみ, き彼等みな地に俯き伏し, き彼自身の小説, き往來へ出, き往来はタクシー, きに入る, き後世をこそ助, き後任へ話し, き後悔なさいますぜ, き後押しを連れ, き後立山山脈の北半, き後額を卷けり, き徒に末に, き徒罪を犯した, きへて女, き從つて現在はいつも, き御名を認め, き御沙汰を賜, き御身何程の金, き御飯ですよ, き微光を點, き微笑をさ, き徳山一人ではしゃい, き徳義を示し, き徹夜などが度, き徹底を缺, き心ともがな, き心丈夫だと, き心底なりと傳吉, き心底其樣な女, き心意氣に乘つて運營, き心掛の妻, き心根を見る, き心淨き目, き心生活を以てその, き心石となりたれ, き心私かに決する, き心肝を取り出し, き心身すでに腐れ果て, き必要条件の一つ, き忍ヶ岡を二人連れ, き忘恩を以てした, き忠孝の思想, き快うおなりやす, き思召しを, き思想とはどんな, き怠りて梳, き急流となり, き性急な心, き性格を持っ, き怨敵と認め, き怪魚の聲, き恍惚の美, き恐ろしき説話詩化せられたる, き恐怖の戦慄, き恥辱を与えなされた, きに浴, き恩命を拝, きが苦しく, き息上よりかかり, き息女たちの喜び, き息子の海賊, き恵みと美, き悩まし根柢から, き悩みも無げ, き悪党味はその, き悪化を齎, き悪政の主, き悪疾の師一羽, き悲しんだ, き悲しみ失望落膽して, き悲しみ朝に夕, き悲しみ苦しみ恨みなど過ぎ, き悲むのは愚痴, き悲むより外はなかりけり, き悲んだこと, き悲劇的な終結, き悲境に陷, き悲愴な雪, き悲慘な記事, き悲痛の色, き悲觀に陷, き悲韻を成す, きのやる, き情弊尚ほ, き情態にある, き情景の中, き情死なんぞとなる, き情熱をもつ, き惑ふさまを, き惚らしめよ, きき此筆, き意外の報酬, き意想であり彼等, き意氣促して, き意見を抱いた, き意識のなか, き感じで見え, き感嘆の体, き感想無之候, き感覚の世界, き慇懃に, き慘憺の, き慟哭にも同じく, き慰みをなし, きを逞まし, き慾求が生れ, き憂世なるかも, き憤然として死, き憩息信宿して, き憲政党内閣起るに, き憲政黨内閣起るに, きに抱きよせよう, き懐中物などを遺し, き懺悔をなす, き戀ゆゑぞかし我れには, き戀戰爭の間, き成体で取り崩す, き成績が發表, き我これをめぐらし, き我これらの者, き我なほ少しく眉, き我ハ父が病, き我乃ち彼に請, き我手を把, き我汝に血, き我等黯める波, き我親よりも舅姑, き我身を悔, き戦いをたたかう, き戦衣に珠, き戯れ事を云出, き戰國時代に於, き戰士を打, き戰起すべし, き戲畫あれば, き戸棚の中, き所なりや否や, き所一膳飯の看板, き所有に歸, き所謂物質を身, きなどは忘れ, き扉越しにあなた, き手つきにこほろぎ, き手伝い御飯たいて, き手前三尺とも隔たらぬ, き手厚いおもてなしに, き手段もあら, き手紙のなか, き手跡の指南, き才能を発揮, きつたもの, き払つたつもりで答, き払つた態度で恰も, き払つて冗談さうに呟いたり, き払つて坂道を降り, き払つて返辞をした, き扨婦人が夫, きられたるわが, き折助と混同, き折折に落つる, き折目も正しく, き折角のこれ, き棄てるの, き抽斎の述志, き拂つた圓三郎の頬桁, き担保として見る, きちて, き拍子毎にチラリ, き拒ぎ得ざりきしばし, きいて, き拔擢されて, き拙き身の, き拜見するに, き拠点であるにも, き持久力はまさに, き持合はせ, き挙措動作がなよやか, き挨拶を為たま, きひ, き掌上の舞, き排出物の細塊, き掛けよ, き接骨医に二月, き推戴きて, き描写は屡, き揚句に首, きへるつもり, きふるところ, き摸倣のわざと, きぬるもの, きされる時代, き攘夷思想の一流, きるの, き支那との交通, き支那傳來の樣式, き支那學を一科目, き放心の後, き放縦な心持ち, き政事上に向かっ, き政治に外交, き故自から知音, き救援をその, きへて下さる, き教場の戸口, き教師は自分, き教父たちは異端者ら, き教育御勅語, き教育上に於, き教養や知識, きて読み, き数年今は電車通り, き数条を抄出, き敵對力をも認める, き敷き布団の外, きなの, きれたの, きである, き文人の玄竜, き文化の果実, き文化圏内にあった, き文壇でさ, き文字で文化四年丁卯以後, き文学上の作物, き文学少女団もライオン, き文明の国民, き文楽座の人形, き文献と共につきつけられ, き文章を以て綴り, き斑らの仔牛道, き料理の着物, きる堂々たる, き新しき家に, き新たな心境, き方平川天神へ私, き方犯人をめぐる, き方面の谷間, き旅籠のある, き旋廻し麻都理許斯御酒, き旋廻圓鋸機のため, き旋律の愛らしき, き旋転あそばされて, き既に案出せられた, き既決におさがり, き日の本に淨蓮, き日和に奇, き日影を蒙り, き日日に忘れず生き, き日本人ではあり得ない, き日本文学の隆盛期, き日清戦争の後, き日清戰爭の後, き日章旗を徹, き日附その死体, き旨御沙汰相成り候段屹度承知, き起の, き早い頃であろう, き早速目科に, き昇天の心, き明き高き處, き明一代を除い, き明暗や色彩, き明暮の風, き明治三十六年四月足尾鉱山主古河市兵衛が七十二歳, き明治三十年十月の明治座, き明治十六年九月十二日腸チフスで亡くなった, き明治十四年十一月一日に叔母, き明治年間までも地下, き易い若さを, き易しと聞く, き昔母上を葬りし, き星が浦わの砂, き星月夜を擅, き春枝夫人可憐なる日出雄少年等, き春秋を娯, き春野若ぐに, き昭和六年十二月廿八日梶井君の北川冬彦宛, き是時聲曰ふ, き昼頃までに美事立派, き昼餉を食す, き時に汝が, き時今を宮成ら, き時分参り申すべく候間, き時期に逢着, き時計はさま頑, き時間的存在の根源, き晝寢の夢, きの鐘楼, き晩秋の光, き晩餐をなし, き景情がない, き景物はすべて頽, き智恵も貸し, き智證大師に面謁, き暁星の, きは暑し, きくなる, き暗がりの中, き暗影來る迄, き暗色の上衣, き暮らしになった, き暴王ネロを日本, き暴風の雲, き曉星の, き曲事たるばかり, き曲線でありながらも, き更に奥まりたる一室, き書状を送った, き書画帖に大き, き書院で書院, きて家, き浄き, き最も含蓄ある, き最大証拠ではない, き最期をこそ遂, き月出でよと祈れる, き月形はかがやく, き月影を宿せり, き月明り, き月東山に上つて玉一團, き月瑜伽師地論を讀みつぐ, き月耕年方半古近くは桂舟, き月草の物, き有益の資料, き服裝せる船丁等, きは灰色, き朝今日を限り, き朝夕を樂しみ, き朝寒むが肌, き朝廷がだ, き朝日新聞記者の一人, き期待にてか, き木履のす, き木揺らぎがした, き木枯しの秋, き木棺の裡, き木石も震ふ, き木綿の単, き木葉の上, き木造の拱橋, き未だ誠に至らずなど, き未来ははや, き未熟なもの, き末世親を抱いた, き末娘に呼ばれ, き本能を缺, き本質です, きを濺げ, きの並木, き杉山の峽, き村民の家宅, き村路に開闢以来, き束髪の頸元, き条件につき, きよ, きの岸, き東京に掃く, き東京電気からもすすめられ, き東洋の孤客, き東西の市ノ棚, き枕もとに吊られた, き枕刀押取りて, きが梢, き林泉の日あたり, き林石走る瀧津瀬, き果して然らば, き果てはさも, き果てやうに平次, き果て耳を聾, き枝みちに歩み入れ, き枝折戸開けて, き枝枝は大, き枯原は見, き枯木ならぬ心, きあれども, きを過ぎくれ, きが名, き染色をも奪, き柔軟の玉手, きを, き栄えもすまい, き栄二の眼, き校長が全, きの枝ふく春, き桜花や云, き梅吉宅に立寄り, き梅子のあどけなき, き梅蘭芳の酔楊妃, き梔花色の上衣, き梯子を架, きが立ち, きの北南, き森林の間, き椅子と物, き植ゑ退く, き植込の葉影, きの落葉, き椿の蕊, き円き柳, き業我を僭越, きにし, き概念にあらずし, き概念的な記事, き構造をもつ, き槐樹の植込み, き様お伴をするだろう, き様喇叭節を唄え, き様式開展が日本, き様掬摸じゃろう, き様逢阪のあんころ餅, き樂しき國舊き民, き樂器を弄ぶ, き標本と, き標準なり, き模倣に過ぎなく, き模様もなく, き樣サツと浴びせる, き権利の有る, きに一槍, き横井さんの言われた, き横条あり, き横道に入り, き横顔チラと見やり, き樹木の矮生樹, き樹立うごかず, きには御, き機会に遭遇, き檀溪の一躍, きもつ, き櫻木大佐に不能, きをその, きなる平野, き次いで自分も, き次第に存じ奉つり候右新藤市, き欺瞞である, き歌ちゃんすなわち小歌, き當の, き正しき途である, き正しく神に, き正午のサイレン, き正史や信憑, き正覚坊に日, き正面の格子戸, き此の先の三藏, き此事を挙げん, き此儀一日も打, き此塚を發, き此家は所, き此慈善家の姓氏, き此時我のいかなる, き此海上で我が, き此火は既に, き此由を咄, き此男の囚人姿, き此種の名著, き此種羽州より出, き此筆止めかね候, き武人の風流, き武力の暴虐, き武士道を作った, き武斷的政策は益, き武神の像, き行く, き歩くんだ, き歩道に暮れ落ち, きに満ちし, き歯弱れる老, き歸つて參りますから, きがかく, き死刑因の部屋, き死後も同じく, きにも遭, き殆ど家には寄り附きません, きの外, き殊に昨年の, き殊玉篇である, き残雪の光, き殺しなすつたか, き殺人方法でした, き母君を責め, き母親さんがどんな, き母親たちが此, き土曜日の, き毎日のよう, きを少し, き毒婦ならまし, き毒蛇をくらう, き毘首羯摩が赤栴檀, きを生ずる, き毛氈を延べ, き毫も違背する, き民衆から見離された, き気兼ねする奴, き気味で詫びる, き気品や緊張, き気持がわるい, き気晴しにとて禁酒, き気狂ひの, き気象だが, き気随気儘にされ, き氣色少しも, き氣違ひに, き水中を睨み詰め, き水屑を覓, き水師のほとり戰, き水戸義公臥龍梅と命名, き水晶は, き水杵の考証, き水陣近く追ひ詰め, き水面を浮きつ沈みつし, き永久にその, き永井先生により, き永遠そのものである, き汎神論的世界観の徹底, き汚れたる牌, き汚辱の手, き汝些の理解, き汝曲者御參, き江柄三十郎は石, きあり, き池田大伍君の傑作名月八幡祭, き池田屋斬込みの大事, き決して遠慮には, き沃土に立てる, き沈默が續, きを走る, きに身, き没落であること, き河原町の世間, き河崎さんに会っ, き河河靈の裔, き河流を枯渇, き河馬の尻, き油紙もて承けん, き沼地はどこ, き沼澤の地, き沼田に対する反感, き法典調査会においては商法, き法律に於, き法起寺三重塔に比する, き法隆寺おも, きのながれ, き洒落者と見し, き洗禮を受けざる, き洞窟あるところ, き洪量のもの, き流しを願, き浄められた平静, き浅ましさを, きとて貝, き浦里を語る, き浦里上の段稽古, き浪人して, き浪路の夕暮, き浮き世をたどる, き浮世の事, き浮石の累々, き海リーダアの画, き海上に逃れ去る, き海原に, き海山の上, き海岸で待つ, き海草をもっ, き海蛇丸が竊, き海賊共を鏖殺, き海賊船の襲撃, き海路に, き消滅とともに初めて, き涕涙し合掌, きの白金, き涜神の行為, き涼し窓しめ, き淋しさと, き淋しき場所へは, き淡路の夕, きみどり, き深い憫み, き深みにて, き深沢の首, きに墮, き清みかがやかに, き清新な豐富, き清正も, き清水に越す, き清水久能は右, きのほとり, きや後, き渦流に墜ちん, き測量部出版の輯製甲府号, きを泳ぎ, き湖水のなめらか, きと親切, き湯あがりを二人, き湯村の見世物, き湯気に立つ, き湿気死人の髪, き洲を, き満願の御, き源八にて兩親, き準備をした, き溜息します, き滝坊の父親, き滿潮である, き演説終つて後堺兄の曰く, き漸進的戦術であったこと, き潮さゐに, ききなが, き濃き一つの, き濕熱に, きみさうな, きありき, き凄し騰りきりたる, きのうへの雲, き火氣の滿たる室, き火焔燃えたる夢, き火盤をととの, きにさ, き灰色の柱, き灼熱の鉄片, き災害なるかな, き災難というもの, きの火, きに舐らるる, きを添, き炭がま鼻のうれ, き炭山を越え, き為身体大に疲労, き烈風が雨, き烟火具を裝, き無しの境, き無上の道理, き無事に平和, き無事立山縦走も終り, き無理でなく苛酷, き無病堅固にさえあれ, き無策の爲政者, き無茶だ, き無言の中, き無銭遊興者この野郎, き焼跡でひょっくり, き焼酎を呑んだ, き煙筒けぶりなびき渡島, き煙管持つ手, き煙草くゆらすつかの, き煙野にぞ沁む, きを, き熊笹の, き熟達に導く, きを感じる, き熱い強塩泉だ, き熱心と誠実, き熱海の御, きのかず, き燐燧を箱ぐるみ, きく, き燥熱の威力作用衰耗, きゆし, き爆けた花火かと見える, きの火, きふも益, きにおいて年頃, き爲めに避け, き爲事なく困り果て, き爲合せに存じ奉ります, き父以下数脈のいのち, き父母はそれ, き爾来補弼の, き片側は畑, き片息になっ, きを含める, き牛皮の胴締, き牛軛を附け, き牝牛のむらがり, き牝鹿生める子ら, き牡丹の下, き牡丹二日まり我と在りし, き牡蠣が炎天, き牧場更に又, き物体なぞが躍り挙がり, き物十ありと或, き物腰であった, き物識り故小栗虫太郎氏, き物雷神の乗る, き物體を超え, き特に講義を, き特徴を択ばざる, き特色は寧ろ, き犬小屋に再び, き犬神がとり, き犯罪であると, き犯罪者の為め, きを有し, き狂人のよう, きあり, き独食事をなし, き狭い虚弱な, き狭山は懼, きの慾, き猛勇の將, き見る如し, きは川, き獣們なきに, き獸チェチーナはイタリア, き獸地に倒れぬ, き玉屋旅館すぐ出, き王子がありません, き玩弄品を見, き玳瑁の雄, き玻璃戸に手, きの如き, き實生活その, き現実を捉え得べき, き現時の宗教学的神話学者, きをつけ, き理想がある, き理拠は無い, き理解が成就, き理髪の二階, き琢磨を缺, き瑰麗優美なる浦島説話, きの泰ら, きをなし, き瓦斯煖炉に火, きあり, きのうへに秋, き甘くなくしつちや, き甘露の夢, き生存へたら, き生産力はもはや, き生長すること, き産褥に在る, き用件をすまし, き用器ではなく, き用途に対する説明, き田中君は世にも, き田口桜村井上唖々の二子, き田畑も有, き田畠とてもすく, き田租を納める, き由子が誇り, き甲斐がある, き甲板を眺めた, き上げた通り, き男女が後手, き男子を挙げぬ, き男心にお, き男樂する風, き男泣きに泣き, き男鳥追いの型, き町内の大, き町子はいと, きだくみ, きるべからざる, き畏敬と服従, き畔柳は事, き番頭の要, きなどかき, きの杯, き當時固より, きを遐, き疑問は其図, き疲れさくらさく椽にかり, きに過ぎなかった, き病気をし, き病院まで来, き痴呆の臭い, き發病後丁度三週間目からやつ, き白木の盆, き白毛の縁, き白足袋の足, き白髪にて長く, き白鹿洞の先生, き白黨悉くこれ, き百三十里あわただしの, き百円紙幣を指, き百姓に見付けられ, き百官の拝賀, き的存在であったという, き皆わたしそんな仕事, き皇統を正閏, き皐月一日花菖蒲咲く, き皮膚は黒く, きを伸し, きの上, き皿持てこ汁飲ましょって, き盃盞ことに後家, き盜賊の言, き監獄の呪わしい, きに水くみ, き目の下に見え, き目の玉のやう, き目安なければ, き目暮の景色, き目標も全身, き目的地にし, き目眩す, き目科の後, き盲人は肩身, き盲目のうち, き直しに, き直に筆を, き直接料理人に命令, き直訴状の筆者, き相家の所謂氣, き相手か敵, き目がけて, きを揚げ, き看病人の素性, き看護は窓, き眞實を缺, き眞理を含ん, き眞鍮の十字架, き真価を示し得る, き真夏なるなりしづもる塵, き真夜中を園, き真実親しさうに, き真暗だからなあ, き真柴垣日は移るらしあたる, き真理ああ何, き真白な雪, き真面目に云った, き真黒に捕方, き眠たくなれば, き眼光剛い髭, き眼前にチラ, き眼頭はひとりでに, きもせで, き矛盾である, きをわれ, き矢張り同じ運命, き矢張綺麗な娘, き知慧ある被, き里にて, き短い老人に, き短日を懸, き石卓を据ゑたる圓堂, き石子らはまろ, き石油の香, き石油燈をのせた, き石煉瓦の垣さ, き石粉をうち浴, き石龕にて, きすべりの, き研きに研い, き研究に研究, き研究家たるフランソア・ド・ヌーシャトー氏, き破壊作用を開始, き破綻を見る, き碧梧桐が一種自家, き碾石の如くめぐりき, き磔柱形の守り本尊, き示顕を朧気, きを作, き社会においては年々歳々人相, き社会上の地位, き社家のほう, き社會に對, き社會主義者として立つ, き社會的必要のない, き社長に呼びつけられ, き祝福を得た, き神性隱れたる神性, き神洲の恢復, き神社が官国幣社, き神祕の一, き神祕境を展開, き神経衰弱患者だ遊民, きがあります, きに蔓, きなりけれ, き祭街きやり唄, きを取らずし, き私共は漠然期待, き私語きおわれば, き秋ぐさのよきととのひや日ざしあびつつ, き秋葉山の絶頂, き租税を取立てる, き知りトロイア軍, き秩序的進歩とは貧富智愚, き稍暮なんとする, きのもの, き種々手を替, き種族が生き, き種類にし, き稲茎水ひかずひたりつくして, き稻妻亂れ起りて, き稻莖水ひかずひたりつくして, き穀倉の床, きをそろ, き穴五つあり, き空しき天籟は, き空前の壮挙たる, き空想の世界, き空想的な非, き空拳を以て彼等, き空気的の効果, き空際を音, き突然とし, き突起がある, き窃盗をも勝利, きに谷地, き窮余の策, きの中, きる太皷, き立ち消えになった, き立て押しこくり, き立升と母, き立場に我身, き立山の絶巓, き立山山脈の北半, き立給ひし金銅十六丈, き竜胆のはな, き童女の, き童貞女はごく, きから奥, き竹條葭幹等を與, き笑いを唇辺, きと振, き笠置陥落後初めてかたち, き筈其袖の下, き等々の唐松村, き筋骨はさながら, き筑前板櫃川に拠る, き筑波が吹きおろし, きべき言葉, き箇性を従属, き算當に非, き箱舘奉行たりし, き箸墓説話を詳, き範圍の使用, き篳篥を吹く, き簡易明白何人にも分り, き簡素を私, きをはりこむ, き籠められたやう, き籠めし移り香に時, きの飛び, き粗末な建築, き粟野の方, き粳米ありて, きの宿り, き精神ではない, き精神上の敗残者, き精神状態にたいして彼, き精神的雰囲気に住む, き十数機より, きの色, き紅ばらが獄庭, き紅顔の可憐児, き紊すが如き, きれたま, き紐つきの草履, きなるもの, き純潔粗野な愛, き紙ぎれ皺に寂び, きのあ, き素力盡き, き素早さで, き素朴な詩, き素盞烏尊天思兼命天兒屋命天太玉命の副署, き素肌に立てる, き紫苑女郎花も取, き細かい描寫である, き細川顕氏に軍, き細流君よとく, きへた, き終つたあとで, き終つたのが多, き終つて夫れに, き終に大詰の, き終りは筒, きを, き結合への単位, きの切れ端, き給はんといひ, き給仕に義務的, き統一もまだ, き統体これらのこと, き絶崖に取り巻かれ, き継ぎ継ぎて, き継母お滝, き綿に包まれ, き緊めるの, きのひる, き緑色を施す, き緑葉繁る蔭, き線形で長短不同, き線條があるなら, きっていた, き緻密を缺, き縣廳に上申, き織物よりも文章, き繼ぎ繼ぎて染む秋, き繼母お瀧, きうては, き缺點である, き罎傾むけそそぐ, き罪悪を犯せし, き罪過に陷ら, き羅馬に滯在, きは断たれ, き美器ではない, き美女よ花, き美妙斎は薩摩, き美少年の為, き美形の同伴, き美徳の一ヵ条, き美術家呆れ兵士, き羞づべからざるを羞ぢ羞づべきに羞ぢざる有情, き羞らい懼れ転がるよう, き羞恥情操処女性貞節などすべて魂, きよ懼, きあり, き義人マルドケオゐたり, き義弘も三樂齋, きあれば, き羽子の音, き翌朝山の上の小舎, き老人が多数, き老樹ことごとく伐り倒さる, き老耄が根生骨, き考古学者戸田元吉が佐竹廃園, き考古學者の未亡人, き者共よと眉, き者夫を思え, き者曰く水道の水, き者男子は時, き耳掻が欲し, き聖なる微笑昔の, き聖処女であった, き聖語を聞い, き職業にあらず, き肆ままに器械, き肉色の舌, きに背負, き肝腎のお, き股立を括った, き肢節はしなやか, き肩銀河を渡る, き肯定から生れ, き肯定者の姿, き胃腸病院に入院, きのこの, き背広は幹事, き背後から切り込ん, き背戸の小さな, き胡瓜の花, き胸一つには納め得ず, き胸壁の中, き胸震ひ, き能楽家只圓翁が茶道, きの音, きにて逐, き脚われを救, き脚絆で着物, き腹ア立つが, き腹立しそう, き膂力のつづく, きは断れぬべし, きの上, き臓腑を薬洗, き臨戦態勢に至っ, き自ら変圧器の上, き自ら股肉を割, き自叙伝的小説として書い, き自己没却帰依の心, き自己辯護を公言, き自然児の一生, き至りである, き至上のヂュウス我, き致し方にて重々, き致命的な輝き, きの捨石, きを覚え, き興味ある問題, きを噛み, きひて, き舞台ではなかつた, き舞臺に遷, き舟子なり, き船アカイア勢の禦げ, き船其艫をつかむ, き船路見え近く, き船長はぢろ, き船頭は舳, き艱難辛苦の上公儀巡見使, き色合の差, き色容愛たく世に, き色彩の世界, きの樣, き芝居のよう, き芝居こはれる, き花かをる菅野は實, き花ごろも, き花ゆゑにみぎはの人のさそはれし, き花咲きつらなり鷺草, き花曇りの空, き花月一二三廻り炭廻り花旦座散茶, き花桐の香, き花火の打, き花蓮港付近の部落, き芳さまお腹だち, き芸術ほど人, きが土, きの微光, き苗木を植えた, き苗葉を採りゆで, き苛責との豫想, き若いころから, き若くは障害, き若し人いかなる, き若人も足附, き若干の新進作家, き若殿の思召, き若者見殺しにする, き桃太郎迢, き苦しい所も, き苦しくなくなるよ, き苦悩を辞する, き苦悶を再, き苦痛に沈んだ, き苦笑の影, き苦艱の募り, き英国侵入計画は着々, き茅屋點綴す, き茅渟の浦, き茫然と空, き茴香も薄, き茶亭とてなく, き茶店の図その他, き草花を植ゑて樂, き草西洋大葉子は吾子, き荒くれ男の数名, き荒らかにし, きかの, きあるを, き荷擔はせず, き莊園領と爲, き莫迦者だという, き菅生野を, き菅笠の田舎もの, き菅藻の袍, き華山荘を訪, き萬民を保育, きなく言, き落し差しで駕籠, き落し近所の二三軒, き落葉のおと, き葉叢の香, きかえて, き著しい特徴を, き著しき遺物は, きに引っ, き葡萄畑青うこ, き葵上藤壺特に六条御息所, き蒼ざめた顔には赤味, き蒼生は木, き蓬髪を頭, き蓮蹇として纔, きに蒸し, きをふ, き蕗の薹よろし, きも見ゆる, き薄刃はさげられ, き薄氷を見, き薙刀小脇に掻, きぶきの, きの紋, き藥液は盡, き藩侯の御, き藩士の面々, き蘭花のよう, き虐刑の辱, き處女沼の中央, き處故今度ものがれ, き處置を爲, きの錦, きの族, き蚊取線香の余徳, き蚊帳を吊つ, き有りて, き蜀紅錦の袈裟, き蜘蛛の這, きだと, き蝋燭のその, きの大群, き蝙蝠はひねこび, き蝦夷の唐茄子蔓, き行つて了うね, き行つて談判して, き行列は, き行爲の果實, きの夕, きを走り行けり, き街路のイリオン, き街道の犠牲, き衣裳のため, き表情をとつ, き表現技法は独特, き被害民たちは二十二日, き裁判所が特に, き装置である, き裏切者が出た, き裏面中央に, き裔これによりて再び, きなるに, き製作を会得, き裾山を奥, き裾野に汽車, きを飛ばし, きに摺, き襟足などに芸, き襲撃縦隊の密集, き西に赤倉, き西川流踊さらひを, き要するに自由論派は, き覆面をしない, き見事な畜犬, き見分けらあ, き見地より換言, き見目うるわしき女子, き見舞物など持ち, き見覚え人よ, き見込みがない, き視神経は麻痺, き覗きこもうと, きいたもうと, き親しかつた, き親しき人々にすら, き親子で衝突, き親族知己などの名義, き親類どもと相談, きを遺し, き観察に偏したる, き観察要項を列挙, きの小学児童用品店, き解決は勿論, き言の葉とても候はず, き言葉何の商人, き言葉使ひの, き計り達者で内実, き討伐隊には凍傷者, き記事であつ, き設備なし, き診察を請, き証蹟を発見, き評判はお, き試煉と勞苦, き試験だのに, き詩人は始終人, き詩人左にむかひ, き詩句となり, き詩的情操の醗酵, き詰腹を切らせ, き話せっちまいますよ, き話術の妙, き詳略當を失す, き誇張として待遇, き認識とはならぬ, き語学校の科目, き誠に値せざるを, き論文の想, きを觀察, き神の, き諸人の恐怖, き諸子に会う, きを彼, き謙譲忠実柔順なる僕, きの出來, き證據にても立つる, きへがた, き議者にむかへる, きのヘクトール槍, き譽れの人, き讚美歌集一卷取出でたり, きのやう, き豊寿きに, き豪傑の父, き豪家にて江戸表, き豫約だにせざりせ, き豹変たりし, き豹變たりし, きを明るみ, き貞女よ, き貞婦を射殺, ききては, き負惜しみだな, き財嚢をドメニカ, き財物を掠奪, き貧児である, き貨財は彼等醜類, き貫一の名, き責苦を受候御事詞, き貴さま如き義, き貴様おれに反抗, き貴様らにつかまっ, き貴様何だっ, き貴様何者だ, き貴様等は俺, き貴様自由党に味方, き貴様蘭子をどこ, き貴様誰か四五人連れてな, き貴様達それでも男, き貴様達士なんぞ人間, き貴様阿波屋の六人, き貴重書であった, きを省き, き賓客達は皆, き賛否いずれとも決しかねたる, き賢女の志, きの女, き賤民は事實, きとを兼備, き質素倹約も顧みる, きじ, き赤き柘榴を, き赤き小さき花石竹の, き赤ちゃんがお, き赤地錦の帯, き赤封蝋附きの, き赤毛布で上野公園, き赤阪藝者さらひを, き赤髯の強慾そう, きい顔, き起しそれ酒かへ肴, き起りむつと嘔気, き起居かな, き起源を有する, きを解し得たる, き趣判然致し候, き趣味に殉じた, き趣意もなき, き趣旨は是, き趣致なしと, き足とき駒はをのの, き足もとに落ち, き足利時代となり, き足差し足灯の見える, き足跡は愚か, き距離を保っ, き跫音の廊下, き路づたひに尋ね入りて, きを回す, き躁宴の後, き身の上に相成, き身一つの外, き身事忙促として空しく, き身構へ息子, き身體の攝養, きたらく, き車臺にた, き車輪は半ば轍, きへたいして, き軍事上の大, き軍人の群, き軍歌の聲, き軍船さして歸, き軍馬駈けしめよ, き転び落ちて, き軽い皮肉を, き軽くものの, き軽微な斬り傷, きの虹, き輪飾をくくりつけたる, き轂相撃ちては砕けぬべき, きぶのみ, き辛抱でしたが, き辛抱強さを, きを語れるなり, き農夫の一隊, き辺りに権六, きなる老若, き込み乍らもお, き迄を見透して, き処の, き返辞もてかへ, きる機會, き追儺の豆まき, き退屈なる椅子, き退院が出, き逃げ路を塞いだ, き逃出さんとして入口, きにて經, き逆流する波, き透谷のよう, き途中帽子を失いたれ, き通しにしなけれ, き通りて出, き通行人は足, き造り主はその, きは, き連れ何でか, き連續を缺, き遅れらしい顔, き遅れ気味で死んだ, き遊戲を勸めむ, きに向, き運命境遇にもてあそばれ, き運輸の便利, きりぬ, き謬なき, き道別きて, き道標は多けれ, き道理養成術を講, き道程に外, き道筋を細記, き道義的誤謬の見解, き道路を造り上ぐ, き馭長駕経略の, き遠からぬ縣, き遠くから拳, き遠くさびしげに, き遠く川の流れ, きに東国, き適当なる場所, き選び選びきひたむき, き選擇おろそかに結構, き遺蹟なり, き遼東の豕だつた, き邦子はさまざま, き邸内本館二階東側の室, き部下をほめられた, き部屋部屋には, き部落民を救っ, き郵便が僕, きに人, き郷テーベイの市, きなれて, き都合六圓の金, き都城この日, き都夢に来よ, き酒飮もある, きの中, き酔いも深まっ, き酔ひざめの, きの味, きが回つて來, き醗酵で少し, き重き種々の, き重井より是非相談, き重任を負える, き重要さは横, き野卑なる動機, き野心を有, き野歩きに草一本, き野生のいのち, き野蠻人の巣窟, き野衾の来, き野辺の露, き野饌である, き金どんの親方, き金剛砂もて飽くまで, き金屬を出す, き金持の家, き金滿家もあり, き金蛇の隠, き金起は悪事, きの下, き釣師見物人の外, き振よ, き削る旋盤, き鉄カブトもって, き鉄槌の一打, き鉄炉の畔, きのボタン, き鋭意外国法の, き錯雑紛糾を極める, きを腰, きを持ち, きを二ツ, きの音, き鐵格を穿ち, き鐵爐の畔, き鑑賞眼の所有者, き長いこと二人は, き長崎の町, き門人その他に警告, き門邊なる, き間ごと間ごとに我, き間近になつた, き間違ひだらうよ, き間際まで漕ぎ附けた, き闖入者が男性, き阿波の人井上勤君, き阿諛者お前が得る, き附加物に過ぎない, き降誕祭が来る, き陛下のお, き陣中に神矢, きの月夜空, き陰謀が発見, き陶器の獅子顔, き険悪な沢, き隅々も, きもなし, き隈々も, きの下, き随喜の涙, き障子を開い, き雁来紅の葉, き雄々しいその顔, き雄大なる一大詩篇, き雄弁を備, き雄略はお, き雄鶏の, き雌犬なり, き雑草を取る, き雜木林が次第に, きる縁, き離脱であるに, き難い觀念と, き難くなれば, き雨盛なり, き雪ぐもり七面鳥は膨れ, きだに, き雲片附きて, き雲鉄鈷雲ぞ吹き乱れたる, き雲鐵鈷雲ぞ吹き, き鳴る, き電車さへもこの, きは神, き霊的本能主義者の足跡, きのかけら, き霜柱を生じた, きを眺むる間, きに三つ四つ, き靈魂くだりきて, き青く流れし, き青二才と侮りし, き青人草習へやその, き青六が村長, き青銅は大地, きかなる, き面食ひ自分, きの巾着, き韓人がのうのう, きを胸, き響あらむこそ可, き頃京阪方面の古刹, き頃今夜は帰っ, き頃前方に当り, き頃東京では幾万, き頃蘭軒は又, き頃鳥打帽を被, きなれば, きて無沙汰, き頗る觀る, き頬鼻は大きから, き頭巾の, き頻りに心を, きしきわが, き顏色でそ, き顔目にうかび, き顔色に似合, き願はくはこれ, き願ひなけれど先生, き顯現は宗教, き風の音光景次第に凄く, き風むんむと面を撲ち, き風一同聳目し悚立, き風体の奴, き風呂場をうけ持つ, き風呂敷のごときもの口, き風変りな模様, き風景なり, き風涎の病根, き風習の存ぜし, き風采で道, き風颯然として面, きすの, き飛刄を外らし, き飛切りの台湾生れ, き飛報かれの, き飛翔もて高山, き飛躍して, きり流れて, き食人の習慣, き食物等の有, き飯一膳与えたまえ, き飯粒を餌, き飾りであると, き飾畫穹窿を填めたる, き餅燒きで人, きりの, き餘地もありません, き餘生を幸, き饒舌なり, きを挙げ, きをくゆし, き香油なんていう, き馬ぐるま牛舎近く, き馬車の踏み台, き馬鈴藷圃にてそこ, き馬鹿な眞, き馴染頭より足, き駿馬に鞭, き骨格せる夥多, きにて云, き體質を受け, き高い音色であろう, き高き城壁の, き高く低く彼の, き高原の風貌, き高峰あるなし, き高師の廊下, き高座には燕, き高田浩吉はじめる如し, き高翔感や陶酔感, き高阪郡兵衛殿といい, き鬱蒼たる針葉樹, き魂等よ, き魂魄身を離, き魔所を遁, き魔法使の整え来ぬ, き魔術の暗示, き魚拾ひけり雪, きに来, き鮮やかにさ, き乾さるる三保, きの腹, き鳥かいつぶりの, き鳥居夥多し, き鳥帚をは, き鳩居堂にて細筆五十本, き鳩谷小八郎が續, き鳳凰山は峯, き鴎外がこれ, き鴨長明には先輩, きの思ひ, き麥酒はたたき走る, き麦酒はたたき走る, き黄昏は急, き黄菊の蕾, き黒い揚羽蝶の, き黒き方より, き黒く濃く色とりどりの, き黒ガラス玉はドイツ, き黒吉の掛け, き黒犬の猛烈, き黒痣一ツ又左, き黒飾玉はイギリス, き黒鴨の車夫, きを有, きの生, きか, き鼓翼の一搏, きか長き, き鼠色外套に欲しい, き龍膽のはな, きや鹿