青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「がり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

がた~ ~がたい がたい~ ~がち がち~ ~がっ がっ~ ~がった がった~ がら~
がり~
~がる がる~ がん~ ~き き~ ~きい きい~ ~きいた きいた~ きき~

「がり~」 1551, 15ppm, 7283位

▼ がり~ (154, 9.9%)

12 中に 7 中で 5 中から 3 中へ 2 いつも白い, くせに, なかで, 中でも, 中を, 子雀, 椅子に, 私は

1 [111件] ある物, うちに, お, おとき, おべ, おれが, お催し, お役目, かたちに, かの女, くせにネ, ことで, この青年, しずけさ, すること, たびに, ために, つもりで, ときには, ところへ, とてもいい, なかへ, なかを, なんとも思わなかった, ひねつこびれの, ほうへ, ような, ようにすら, アフリカ鶴, カメラも, コッペ先生は, ヘルンは, マストの, 一群の, 不憫の, 伸子を, 低迷の, 僕では, 光りという, 内蔵助は, 冷えたる室に, 刀は, 又七は, 叔母は, 吉左衛門で, 味たまらず, 外に, 大地を, 大膳亮夜風を, 奥から, 女の, 娘たる, 子な, 宇宙を, 室内を, 小川の, 少々ゆる, 山の, 庭を, 弱虫だ, 彼は, 御仏, 御婦人, 性分で, 息子が, 悄然と, 意識から, 感じを, 所帯を, 手毬と, 文句を, 柳に, 梶原君は, 植込みの, 模倣を, 横行の, 歌に, 母は, 毛や, 海の, 海を, 煙に, 男先生は, 癖が, 真ッ最中, 短い人, 礼譲を, 私には, 秋の, 空と, 細かい格子, 組が, 羊どもは, 臭氣が, 色気たっぷり, 芒つかみけり, 見當, 誘惑に, 赤土を, 距離も, 道を, 道楽者で, 遠くの, 邪者で, 部屋の, 闇の, 陽ざしが, 陽射しが, 頬の, 頭が, 麦畑で

▼ がり~ (110, 7.1%)

9 なって 2 いきなり自分, なつた, 金色の

1 [95件] あると, いましも, おかねば, おとなという, お蝶, かくして, きたとき, きたところ, した丸々, した方, して, しろこれ, そっと手, だだだと, てふてふか, どこにでも, なったこの, なったって, なったの, なった傾斜, ならないから, ならないのに, なりそう, なりたる長き, なりながら, なりました, なりますから, なりません, なるからと, なること, なるだろうか, なると, なるの, なるやら, なるよう, なるわけ, なるん, なる事, なる千枝子, なる山路, なる度, なる心, なる水, ようやくなれた, よしなき事, ろくに書物, わが皇国, 三人しゃがん, 乗りこんで, 二三輪眞紫の, 人々が, 仄白い, 伸子という, 何やら蠢, 出来て, 刈り込んだ金褐色, 千住の, 参ったので, 参った次第, 向いて, 啼くほととぎす, 囀つて, 大きな塵塚, 大きな葉, 山に, 幽霊が, 広がって, 引きおろすと, 引くばかり, 昨日の, 来たみたい, 来ました, 楯と, 歯を, 残った影武者, 無言の, 父の, 立って, 立てり, 紛れ込むと, 細く彳む夕, 置かれること, 耳を, 行ったの, 褒状を, 見ると, 路次の, 躍りあがって, 通行人は, 逢って, 過ぎないん, 違いない, 青ざめて, 響いて, 馴れるに

▼ がりながら~ (94, 6.1%)

2 もしやお前さん, 伸子は, 咲いて, 飛んで

1 [86件] いいました, がっかりし, がんりきを, こ, さそわれたよう, しかしそういう, しかしもう一度, しかし子供, その家, その岩, その日記, それでも悠々, ちょッかいを, つづく岬, とうとう手, なかなか急, なぜ泣い, はてしも, また言った, よく夜中, シーズンの, ジノーヴィー・ボリースィチは, ヘコたれます, 一つ室に, 一方では, 一本の, 二通の, 云った, 他の, 何か, 何となし, 俥を, 傍らの, 出来ないで, 十一二で, 反復し, 口に, 叱って, 右手に, 問いました, 大きな露西亜式, 夫の, 山の下まで, 広間の, 庭の, 庶民の, 引きさ, 彼ばかり, 彼女は, 後に, 思いきって, 懸命に, 手あたり次第に, 手と, 斬り揮う短刀, 早く太陽, 暗い冷気, 有り合せの, 朝と, 歓迎し, 歩るいて, 泪を, 消えて, 渡頭に, 狹い, 男と, 礼を, 私は, 空いて, 立って, 竜之, 自分の, 自慢さう, 舟の, 花を, 蒲焼の, 褒めるの, 見廻して, 訊ねて, 逃げ出す虚, 逸作に, 郵便に, 鄭重に, 雑誌社へ, 顔だけは, 食慾に

▼ がり~ (91, 5.9%)

3 三日三夜泣きつ, 下さるは, 履歴を, 床の間に, 病ひ, 背中を, 誘ひにと 2 もてはやしぬ, 今日の, 恐れ入りながら, 腫れ物の, 萬年町の

1 [60件] お人, かたられしが, くわくらん, くわし, この上, さは, しばしば母, その代り, のち伝はらずなり, みな袖を, よき纏如, クス, 一寸も, 万年町の, 三日三夜泣きつづけし, 之を, 人を, 兩膝にて, 匍匐いお, 卓を, 呉れたり, 問ふ, 娘として, 導けり, 左手には, 年も, 延ぶ, 憂を, 我ゆき, 抱き下ろして, 方形を, 日, 日の, 日を, 時の, 暗は, 東京は, 機に, 次第に往来, 火ともしたる, 然ら, 爪彈で, 物とらせつ, 産後を, 百姓の, 笑うこと, 笑ひ, 胎兒の, 裸男に, 読みしもの, 賛成する, 身に, 迎へ, 近づき視れば, 遠慮なき我, 醫は, 随ひたる, 頻りに車窓, 顔も, 風そよぐ

▼ がり~ (82, 5.3%)

10 せずに 7 しなかった 5 して 4 しなかつた, せず 3 しないで, しないの 2 したが

1 [44件] いたすの, かたなし, きやの, した, しない, しないが, しないじゃ, しないので, しないよう, しないらしい顔, しなければ, しなさそう, しました, しませんでした, し感嘆, し言い争いも, せずそれ, せずときどき, せずやがて, せずわるびれも, せず一定, せず事足らぬ住居, せず何, せず別に, せず寒い, せず小, せず帰って, せず志保, せず怠けて, せず時として, せず朦朧, せず独り, せず相, せず答, せず繪端書, せず美, せず言葉, せぬよう, ない赤, なく觸, まだ一度, 怖れ, 話したがり, 面白い物

▼ がり~ (76, 4.9%)

10 して 2 やって, 與へる

1 [62件] いた, いったり, いよいよ悩ましい, からんとして, きつく印象, した, したこと, したり, しだいしだいに, しました, し簡単, その体, つづけた, つとめる, つとめるの, のぞきこんで, り候文芸, る, 不審と, 云ったって, 人々は, 公平に, 凝視し, 務めて, 勤めた, 呼ぶと, 幸いに, 庭に, 慰めて, 懲らしめたい心, 手さぐりで, 持たぬわけ, 指した, 斜に, 明らかに, 残して, 注意深い, 滅灯させ, 焚いて, 焚いてるな, 焚かせ城門外, 焚きその, 照すところ, 特色と, 生み出しながら, 眼探っ, 破るありさま, 考えて, 背負つてゐる, 自認し, 見せての, 見せ腕組, 言ったこと, 言ったつもり, 言って, 許さない, 説明する, 起して, 透して, 連発した, 頂いたん, 食って

▼ がり~ (48, 3.1%)

6 しない 2 しないで, 光厚う, 黒猫の

1 [36件] あまり人目, おやめ, したものの, して, しないかと, しないが, しないだらうか, しないと, しないわけ, しなかった, しなかったろう, しなかつた, しなかつたか, しまいと, しません, しませんか, しませんから, しませんよ, するであろうが, せんぜ, ないねえ, ないわよ, ひもの, われわれに, 一層彼女, 僕の, 嫌ひなんだ, 宗七お, 尚真, 張だ, 李俊と, 私が, 遊ばさなかったであろう, 附け焼き刃, 鞠躬如たり, 顔の

▼ がり~ (48, 3.1%)

2 だから, なの, に悪人, の故

1 [40件] かなア, がことごとく, が住ん, が出, だったこと, だったん, だわ, であまりに, でありそして, であります, であるため, であろうか, でおれ, でござんしたからね, ですから, では人後, でもある, で一人, で実弾, で居る, で数学, で百姓, と云, などの真似, に対する皮肉, に言わせれ, のくせ, のため, のぼく, の人たち, の仕事, の兄, の児, の友達好き, の彼, の珍し, の股野, ばかりと思われ, を浅間, を私

▼ がり~ (28, 1.8%)

1 [28件] あらうか, いつもその, おまけに, じっと動かない, せう, それが, たしかに汝, ついそこ, よく分らぬ, チョビ髭を, ピアノや, ヤキモチ屋で, 二人の, 厚着の, 噛ツて, 夜の, 子供たちの, 孤独な, 本統の, 歩いて, 殿下の, 水を, 相も, 相手を, 話す, 部屋は, 閑談しばらく, 難儀した

▼ がり~ (19, 1.2%)

2 見られけり

1 [17件] あるの, あるので, お島, かゆくて, じょうずに, ないと, まだ続々雪, ギシと, 円く蓋, 北停車場の, 半分で, 四本だった, 少しも, 待ちかまえて, 御自慢, 自分の, 茫つと

▼ がり~ (19, 1.2%)

2 なので, アがる

1 [15件] あがる, あ好い, がって, がる, だからよろしく, だから人さま, だから願う, でした, ですからね, なん, なんで, ばかりで, 内容に, 風の, 鶴は

▼ がり~ (18, 1.2%)

1 [18件] しました, します, どこに, なりましょうか, はむ山, 好奇心と, 建築家として, 微笑って, 思ひたい, 曲がって, 清盛の, 激しい衝撃音, 灰を, 燈が, 衒学さで, 見ゆるな, 踏みつぶしたよう, 野心とで

▼ がりよう~ (18, 1.2%)

2 といったら

1 [16件] があまりに, がお, が如何にも, が足りない, この上, だったそう, でこんど, でした, で矢切村, と来たら, にも不足, の中, は一通り, は全く, を見, を見る

▼ がりながらも~ (17, 1.1%)

2 見過して

1 [15件] このうえ馬鹿, その健気さ, どうしても打ち克てない, どうする, どんなに八五郎, にやにやし, ほとんど信ずる, 嬉しがってる, 捕縛を, 涙を, 疑わしげ, 疲れを, 結局それを, 自分の, 顔を

▼ がり~ (15, 1.0%)

1 [15件] て, てあの, ていました, ている, てくれ, てみましょう, てみよう, て入門, て味方, て我魂, て田地, て相談相手, て試合, て錢形, 一ト口に

▼ がりやう~ (14, 0.9%)

2 でした, は旧 1 がいくらか, がふい, が一風変つて, が過ぎた, だ, と言, にも不足, は太助, は有難い, も並大抵

▼ がり~ (14, 0.9%)

1 [14件] が可, で躍り出し, とて穴, など謂, に潜んだ, の上, の宵, へかかった, へ曲る, へ行ったら, まであと, を抜けた, を通った, 知ってたっけか

▼ がりそう~ (13, 0.8%)

5 なもの 2 なこと 1 なす, なもん, な別嬪, な物, な美しい, につまらない

▼ がりまた~ (12, 0.8%)

2 人々を 1 ある程度までは, 云わずに, 受けたがること, 喜びも, 永年船に, 決して許すまじ, 焚火を, 自分の, 貰ふ, 願掛けを

▼ がりその~ (10, 0.6%)

1 つなに, 上わたしの, 上婢僕は, 仰向いて, 光りは, 宣伝を, 徳で, 正当な, 絨毯を, 酒は

▼ がり~ (10, 0.6%)

1 が並大抵, が多い, である, です, ならまあ, はあまり, はまた, は実に, をする, を見せ

▼ がりから~ (9, 0.6%)

2 抽き出し 1 だが, やはりつづけ, 初夢と, 大きな馬, 豆太郎の, 這ひ出し, 顔を

▼ がりこう~ (9, 0.6%)

1 だという, だなんて, だろう, であるか, でだれ, でもこれ, で容易, で用心深かっ, なやりかた

▼ がりそれ~ (9, 0.6%)

1 が黄金何十枚何百枚, によって同じ, に気, はいつ, は煙草, をきく, を叩く, を感じ, を道化

▼ がり~ (8, 0.5%)

2 が酒場 1 が手帖, しも兄, の故郷, の眠り, も少々, を胸

▼ がりする~ (7, 0.5%)

2 ような 1 ことは, のは, ほかも, より道, 氣に

▼ がりやの~ (7, 0.5%)

1 女であろう, 女にとって, 女にとっては, 私としては, 私には, 美沢さんは, 貧乏人の

▼ がりには~ (6, 0.4%)

1 たまりません, だいぶ間, ひでる美妙, シルクハットを, 三人で, 何よりの

▼ がりそして~ (5, 0.3%)

1 ますます彼, 常に笑い, 思いまどうの, 意地惡く, 眞白な

▼ がりでも~ (5, 0.3%)

2 するかの 1 するよう, よく目, 平気で

▼ がり~ (5, 0.3%)

1 さりませ, ものについては, 母と, 素朴な, 馬鹿野郎は

▼ がりよと~ (5, 0.3%)

4 思はうけれど 1 思おうけれど

▼ がり~ (5, 0.3%)

1 と交際, にも喋っ, に調子, のこと, を幸福

▼ がり~ (4, 0.3%)

1 ふろの, 咳も, 師匠さんの, 由は

▼ がり~ (4, 0.3%)

1 うで一向, うな, な, へし始める

▼ がりさうな~ (4, 0.3%)

1 ところは, 事を, 花や, 葉巻に

▼ がりつつ~ (4, 0.3%)

1 今度も, 棄てて, 泰軒ふと, 角を

▼ がりでは~ (4, 0.3%)

2 あるが 1 なく昼間, なく體

▼ がりとも~ (4, 0.3%)

3 せずに 1 つかない複雑

▼ がり~ (4, 0.3%)

1 かかん, と云っ, にも気づかない, ほどのこと

▼ がり~ (4, 0.3%)

1 であった, なので, の両手, の父

▼ がり自分~ (4, 0.3%)

1 にもそうした, の方, の腕, も自慢半分

▼ がりした~ (3, 0.2%)

1 のじゃ, のです, ルイバコフの

▼ がりそこ~ (3, 0.2%)

1 から苧屑, でもここ, に四角

▼ がり~ (3, 0.2%)

1 ぢよ, のを, もの

▼ がりにな~ (3, 0.2%)

1 つたそれに, つて家の, つて居た

▼ がり~ (3, 0.2%)

1 ふみだした足, 向って, 転り住ん

▼ がりやがて~ (3, 0.2%)

1 その本, また天目台, 出て

▼ がり~ (3, 0.2%)

2 とかじる 1 と噛んだ

▼ がり~ (3, 0.2%)

1 にて, を揃え, を荒げ

▼ がり~ (3, 0.2%)

1 なればとて, や年寄, をもナハバーリン

▼ がり寂し~ (3, 0.2%)

2 がるなる 1 がるのみ

▼ がり~ (3, 0.2%)

1 で日, のかた, を越える

▼ がり~ (3, 0.2%)

1 で大, をのみくひ, 干の

▼ がり~ (3, 0.2%)

3 を止め

▼ がり~ (3, 0.2%)

1 の白玉喬, をぴょんと, をヒョコヒョコ舞台中央

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 あぶないと, だ厭

▼ がりあの~ (2, 0.1%)

1 女, 女が

▼ がりあるいは~ (2, 0.1%)

1 仕入れの, 落胆し

▼ がりいよいよ~ (2, 0.1%)

1 無邪気に, 袋廊下の

▼ がりかた~ (2, 0.1%)

1 がひとりでに, すこし強

▼ がりがち~ (2, 0.1%)

1 だ, な健三

▼ がりきり~ (2, 0.1%)

2 に退がる

▼ がりさえ~ (2, 0.1%)

1 して, すれば

▼ がりしかも~ (2, 0.1%)

1 其自由の, 自分の

▼ がりすぎ~ (2, 0.1%)

1 はしない, はしまい

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 やによつ, やよ

▼ がりつつも~ (2, 0.1%)

1 彼は, 鍋の

▼ がりとの~ (2, 0.1%)

1 ために, 烈しい序戦

▼ がりなど~ (2, 0.1%)

1 ない見, 三人で

▼ がりなんか~ (2, 0.1%)

1 おまえには, しないわ

▼ がりまたは~ (2, 0.1%)

1 興味を, 難癖を

▼ がりまで~ (2, 0.1%)

1 やまとの, 伝えられて

▼ がりもの~ (2, 0.1%)

1 と見くだし, はそう

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 うったらない, の胸

▼ がりグチ~ (2, 0.1%)

2 から転じ

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 がおのれ, の機嫌

▼ がり人々~ (2, 0.1%)

1 に愛されぬ, の流れ

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 にし, 少し辺幅

▼ がり~ (2, 0.1%)

2 によく

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 に戻っ, に戻つ

▼ がり加減~ (2, 0.1%)

1 に締め, に聲

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 したがる性情, たがる彼等

▼ がり四本~ (2, 0.1%)

1 が階段, が顔

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 は白米, 深けぬ間

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 といつ, の中

▼ がり~ (2, 0.1%)

2 で一向

▼ がり屋さん~ (2, 0.1%)

1 がはばかりをどう, ね女の子

▼ がり帽子~ (2, 0.1%)

1 がし, を手

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 だから, であるそう

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 がりほじっ, がり聞いた

▼ がり悲し~ (2, 0.1%)

2 がって

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 で弄び, を打っ

▼ がり故郷~ (2, 0.1%)

1 の人, を望ん

▼ がり~ (2, 0.1%)

2 も七つ

▼ がり江戸~ (2, 0.1%)

1 に居, へ着い

▼ がり泊り~ (2, 0.1%)

2 に行きたがり

▼ がり法話~ (2, 0.1%)

1 の集, の集い

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 などが戯言, はいい

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 が笑う, の声

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 にし, 變らず

▼ がり~ (2, 0.1%)

2 おそり笠

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 ふ福, へば我

▼ がり行き~ (2, 0.1%)

1 つひには, もどりせしとは

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 から表, の空地

▼ がり親子ふたりくりこと~ (2, 0.1%)

2 いひつ

▼ がり陶器師~ (2, 0.1%)

1 の廻す, はろ

▼ がり~ (2, 0.1%)

1 にうつそう, の青大将

▼1* [379件]

がりあげくに鬼畜性, がりあっちへ行け, がりあれ程狎れ, がりいのちを惜しまなくなった, がりいま申された一事, がりいまそこをとおりすぎよう, がりづ高く, がりえらそうな, がりおとづれしにマリアは思ふ, がりおれももう, がりお礼に金, がりお茶を引い, がりからもきて, がりこうしてひとり彼, がりこそするが, がりこの席に, がりこんどは別, がりしに立って, がりさしもわが身よりも, がりさてこの土地, がりさらに後には, がりしたくなって南無妙法蓮華経, がりそういう娘こそ, がりそうしてそのたび, がりそっぽを向き, がりそつと菓子, がりその後西国へ下った, がりそれで自分たちの, がりそんな時には, がりたちて敵人, がりたまふを, がりたるを着, がりだから頭から, がりだけあって, がりだけが心を, がりだじょ, がりっと噛みつくよう, がりつい辛く当る, がりていねいなくちょう, がりてはふり落つる涙, がりてもぢ, がりとうとう丹七は, がりとかいふやうな, がりときまつて, がりとしかとれないの, がりとには放哉あきれ, がりとより他思へない, がりどこもない, がりないものを, がりなお本気の, がりなどのついでに, がりなんぞするやつ, がりなんぞは馬鹿, がりによって何にでも, がりねんねんよお, がりのぼろツ兒より高い, がりはじめそれでも倅, がりはじめ芸術も学問, がりはた目にはお祖母さん, がりばかりして, がりひどくなつて, がりいと言, がりほじっては嫉, がりほんたうに生憎, がりゐりて, がりまちに二人, がりまもなくだったが, がりみどりの窓, がりむづかり候にわが, がりもう四圏やろう, がりもし恥じも, がりもっとも真実な, がりもつ人はまた, がりものごとをしつこく, がりゃしめえし厭味ッたらしい言分, がりやあがって, がりやが多いもの, がりやでもございませぬ, がりやにはきっとある, がりゅっとした服装の伊太公, がりゆすり人殺し辻斬りと全体末, がりょうぶんにくわえられましてしょうしへの御, がりよう普断ならば, がりより新らしい, がりら子にとつて, がりわいわい云つて寄つて來て, がりわざわざ自分の, がりわたしは床の間, がりを通しておぼろげに, がりがるな, がりシンコペエトな足取り, がりチャブダイにもたれ, がりチロオヌとの歓会, がりがりッ, がりトアパイロンの虚空, がりパンとチーズ, がりワッハハアッハハまあのめ, がりーんと谺, がりも二, がり一そう宋江をひきとめ, がり一中も最う, がり一人の園丁, がり一族の手, がり一日商主に城中, がり一本の幹, がり一枚でも自分たち, がり一生けんめいに山口艦隊, がり一生女と交わらな, がり一番背の高い, がり一郡の將, がり一面私の謙抑, がり七時頃になる, がり上る胸の, がり下女ども種々の物, がり不満がって, がり且つ半は, がり主人のそば, がり乍ら間もなく黄泉, がり乍ら心の中, がり二重に腰, がり井戸をそっと, がり人まねと思われまい, がり人間はただ, がり仕事に惚れ, がり他面に之, がりて宋代, がり伯爵や公爵, がり佐渡島他吉はマニラ, がり何かとうるさく問い掛ける, がりたる, がりてとふ, がり候間つかハ, がり僧衣をかなぐり捨て, がり僧都を恨み, がり先づ父君に歎, がり先輩と交際, がりを恐れながら, がり入口の処, がり全くとけた時, がり折れ, がり八方に部下, がり共同墓地に入, がり其の遙かな, がり其命によりトロイア, がり典物を受け出し, がり再び戦道具を, がりつたる容子, がり切つてゐた, がり切れもしない, がり利己的にそれ, がり劇場で舞台裏, がり勝手に飛翔, がり医者仲間もそれ, がり十九世紀の始めスコットランド, がり千重子はけろりと, がり刻ほどの, がり半紙にすらすら, がり卓布にこぼれた, がり即刻官兵百人の先頭, がりてづるもづるの触手, がり反響の大, がりを大きく, がりもぢ, がり右近丸は見舞い, がり右顧左眄いづれも, がり同情した, がり同感しようと, がりがひだり, がり咄ししたがり此頃ハ大坂, がりは乾ききっ, がり身を, がり問題の画面, がり器用がり人, がり四十年振りだという, がり四行句や対連句, がり因果応報の存在, がり地肌の荒れる, がり坂のに肖, がり坂以来気になる, がり執事に内密, がり堂上の若, がり堅く必死に, がり場面の変化, がり塾生を呼ん, がり夕越の, がり大人の愛, がり大変に面白い, がり大将自身もむつかしい, がり大胆不敵にもニヤニヤ, がり太田は本部, がり夫人がいろいろ, がり女の子でも無病, がり女中共は涙, がり女房や番頭, がりをあいし, がり始めて夢見たる心地, がり子息自分は小作人, がり子獅子が千仞, がり実は本意でない, がり実際の言い伝え, がりには口, がり容易にこれ, がり富五郎の芸, がり専ら実を, がり小坊子のところ, がり小屋中をヤマアラシ, がり居りたり, がり居りしが後, がり居候よし, がり屋共と現在, がり山荘の中, がりに波, がりに立つ, がり年始の礼, がりに石垣, がり府中にものし, がり度いために凡て人生一般, がり廊下のところ, がり廟門の外, がり弁難から弁難, がりをとり, がり彼らをますます, がり心配致して, がり思わず崖を, がりふる人, がり恐ろしいものを, がり恥しがるところ, がりに感じ, がり息子は息子, がり悲観して, がり感嘆したがって, がり感心しだして, がりには疾く, がりる時, がり或いは怠惰と, がり或は地球を, がり戸板に乗っ, がりを握りつめ, がり揶揄するやう, がり教授といふ樣, がり文學は文選, がり文章を取りのぞく, がり新しがりの, がり新左衛門は眼, がりぞ照りあかり, がり早速家に, がり明らかに夜店出し, がりに変らぬ, がり時刻を計り, がり暖かそうな, がり暫し詞も, がりから晩, がり杓子になりたがる, がりだの権現様, がりは狂氣, がり柏の葉に粟, がり栄二はおその, がりを一再, がり横丁のお, がりのやう, がり次には沈黙, がり次第早速幌馬車, がり次第次の州, がり欲しがるより, がり歐洲は申す, がり此頃ハ大坂の百文, がり殊に肖像畫について, がり母屋に忍び込ん, がり毎夜数百人押しかけ行きはやしたつれば, がりな顔, がり気味でした, がり水臭からぬ隣, がりの陰気, がり泰文が異常, がり洋服のボタン, がり浜口氏が自分, がりの音, がり満腔の愛, がりは仕合せ, がり無理にさわる, がり無言の気合, がり父母もどうせ, がり片意地を張っ, がり牧師教師散髮屋, がり特に婦人連が, がり独りで静か, がり玄徳の返辞, がりらしがりの, がり現に唐詩選にも, がり生活の行李, がり甲府を差し, がり甲斐に会釈, がり申候なり, がり申候女気をあはれ, がり留守宅の人, がりし伸び, がり皮肉だと, がりは忙し, がりした時, がりへ手, がり目下協定なり立ちません, がりの闇, がりがさめ, がり知恵のあり, がり短刀を抜き, がりと呼ん, がり砲台牌をねだった, がり破壊者として伝へた, がり社交や家庭, がりにゆきぬ, がり福神漬は一, がり種苗供給者も良好, がりの中, がり空氣は妙, がりの前, がり立腹しちゃんと, がり端書をやる, がりひ, がり笹川の露子氏, がり居して, がり約束だったので, がり結婚後主人の任地, がり給はめなどうち言, がり緑色絹絞りの, がり義経らには寵, がり羽目の蔭, がり老人にはこたえる, がりを出したがります, がりを捌い, がりのちょうちん, がりをたてた, がり臆病はにかみ焦燥, がり自ら泥沼へ落ちん, がり自己眩惑に酔う, がり自然の野原, がり自由を得る, がりにのっ, がりひあがるその, がり色んな口実を, がり花環の形, がり若しかすると, がり若君も寝, がり茶碗に注い, がりの香, がり葺きは, がりる程, がり落し金が下りる, がり裏店の破れ障子, がり西域の使者, がりの讐, がり言葉荒くやりこめた, がりひしに, がりも彼, がり諧謔を弄, がりへ一歩, がりをそむけ, がり軽蔑する, がり込みやがつて, がり迷惑そうに蔭, がり野呂間野呂間と叱り, がり銀子が反抗, がりに佇ん, がりに御, がり随分苦しそう, がり集まる考えを, がりを蹴っ, がりをつんだし, がり面白がりもし, がりや手あたり次第, がりから帝, がりをわざと, がり頭それに新しい, がり頼りにし, がり風鈴の鳴り, がりでもうけた, がりはまじめ, がり高い風評の, がりに結わせられ, がりをぼんやり