青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「きょう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~きつ きつ~ きのう~ ~きました ~きまっ きまっ~ きまり~ きみ~ ~きめ きめ~
きょう~
~きり きり~ きれ~ ~きれい きれい~ きれない~ ~きわめて きわめて~ ぎ~ ~く

「きょう~」 7090, 77ppm, 1471位

▼ きょう~ (2685, 37.9%)

29 朝から 25 これで 11 どうした, 久しぶりで 10 何か 7 風が 6 いいお天気, どうかし 5 あれから, それを, ばかに, 家に, 盆の

4 [14件] あなたの, いつもの, このくらいに, よかった, 何と, 妙な, 妙に, 姿を, 学校を, 日が, 気分が, 私が, 私は, 風の

3 [33件] おだやかな, お休み, ここで, すこし気分, すっかり夏, どちらへ, なんという, ましです, ゆっくりし, 一日お, 久しぶりの, 二人とも, 例の, 僕は, 初大師, 十一日, 取り分けて, 幾日だ, 御免を, 思い切って, 日曜だ, 日曜で, 日曜日で, 暖い, 朝の, 殊更に, 爽やかな, 特別だ, 珍らしく, 誰にも, 誰も, 雪も, 駄目だ

2 [122件] あたしの, あたりまえの, いい天気, いつに, いつもと, おまえが, おまえの, お前たちの, お前の, お天気, お客が, お母さんは, お母さんを, お父さんも, お父様, かえりに, からりと, きのうの, くたびれて, ここが, ここへ, このまま, この位, これだけ, これを, こんな紙, そっとその, その手, そよりとも, とてもお, どうです, どうなすった, どんなこと, なぜか, ひとまずお, もう一つ, もう十日, もう帰っ, もう暇, よいところ, わしの, わたくしの, わたしの, キウ, 一つその, 一度も, 一日ゆっくり, 久しぶりに, 五月の, 仕事を, 他の, 何が, 何でも, 何とも, 何の, 何も, 何んと, 何日, 何日だ, 俄かに, 俺は, 兄さんに, 兄の, 八月の, 午後から, 又曇りました, 友之助が, 君の, 君は, 土用に, 堪忍し, 夕方から, 夜に, 大丈夫, 大事な, 大事の, 大切な, 大晦日だ, 大正十五年の, 天気も, 学校の, 家の, 寒いこと, 少し飲みましょう, 山の, 帰りが, 御一同, 御苦労さまでした, 手紙を, 手術を, 日曜日, 早や, 早朝から, 是が, 昼から, 晦日の, 曇って, 朝日が, 本ものの, 机の, 来ぬかと, 東へ, 正月の, 母の, 珍しいこと, 用が, 用事が, 留守の, 疲れて, 盂蘭盆の, 目が, 自分の, 花の, 親父の, 許して, 起きて, 退がれ, 遅いから, 雨つづき, 雨の, 顔の, 風も

1 [2156件 抜粋] あいそが, あえて船長, あたしが, あつくて, あなた方は, あまりに所在, あやしい日, ありッたけ, いいもの, いい日, いうん, いかん, いくらでも御, いじめられましたわね, いっしょに, いつもより, いも屁だ, いよいよ二人, いよいよ目的, いらいらし, いろいろの, うちでも, うっかりした, うんと一つ, えんどう, おかえりです, おきゃく, おそいから, おとうさんに, おなかの, おばさんと, おもしろいもの, おらの, おれも, お伺いできません, お兄上, お前たちが, お前を, お城, お市, お役人, お母さんが, お泊り, お爺さんが, お目にかかりません, お祖母さんも, お竜ちゃん, お詫びの, お釈迦さまの, お長屋, かえると, かねてたのしみ, がまんし, きのうと, きのう頂いた, きょうは, けっこうな, ここに, ここ若い, こっそりと, このお, この兄, この家, この書斎一ぱい, この酒, この風変り, これからそちら, これから久しぶり, これから廓, これまで, こんなにむします, ごちそうに, ご気分, さすがの, さっそく重大行動, しかし与次郎, すこしお願い, すこし乾燥, すこし虫, すっかり晴れ, すでに三月二日, すべていう, せっかくの, そいつらの, そうじゃ, そちらから, そのお客さん, その二七日, その女, その授業, その様子, その縦皺, その質問書, それから, それでもいくらか, それについて, そろそろ又, たいそうが, ただ甲冑, たとえ半時, だいぶ勉強, だめな, ちっとも風, ちと晩, ちょうどおとうさん, ちょっとお願い, ちょっとほか, ついて, つれて, でも小坂さん, とくべつに, とても気分, どうあっ, どうかしら, どうしてもきい, どうして夜, どうでしょう, どうも失礼, どこそこで, どこを, どちらへも, どの馬, どんな犠牲, なかなかの, なぜだ, なにかよい, なにを, なんだかそんな, なんだか胸, なんな, ねえプラスコーヴィヤ・オーシポヴナ, のどかな, はじめて生駒山, ひさしぶりの, ひとつまた, ひとつクロにも, ひとつ汗を, ひとりで, ひどい風, ひどく寒い, ふと徒然, ほうぼうあるい, ほんとにうまく, ぼくの, まあ軽い, また, またすばらしい, またどちら, また何と, また妙, まだどことなく落付, まだ外出, まだ秋, まったく冷えます, まるっきり気勢, みずから化けの皮を, みんなしまっ, むしあつい膏汗, めしあがれ, めったに見られない, もうから, もうすっかり秋, もう乗らない, もう初夏, もう学校, もう帰る, もう晩い, もう萎れ, もしかしたら, やっとぽっちりだ, やはりお父さん, やや臥, ゆっくり遊ん, よい吉日, ようこそ, よくよく芽, よく小, よっぽどお, よろこばしい人, わけても, わたくしが, わたし少し, イタリー人が, カントク係と, ジッと, タイプライターが, チリ紙の, ドンタクで, パパに, ホオルを, マユミねえ, リルケの, 一つこの, 一つチャンスを, 一つ御寮人や, 一つ貴方に, 一体どこの, 一寸代筆, 一日しずかに, 一日中何処か, 一日例の, 一日家居, 一日用も, 一月遅れの, 一浴に, 丁寧に, 七の, 七十八度ほど, 万倍にも, 三十一日に, 三対一ぐらい, 三日だった, 三時ごろまで, 三月二十三日の, 三鷹へ, 上気した, 上野図書館が, 世界の, 中津川大和屋で, 久し振りに, 九日じゃ, 九月十三日です, 亀吉が, 二中と, 二人遊びの, 二十二日ね, 二月十七日の, 二郎ちゃんの, 五日, 些かおとなしい, 人かげも, 人通りも, 今に, 今迄の, 仕事も, 伊吹が, 休むこと, 会社に, 佐伯が, 何だかしおれ, 何だか気, 何という, 何となし珍しい, 何と暖, 何先生に, 何処からか, 何日ぶりかで, 余り風が, 俄に, 健之助の, 僕お, 元旦だ, 兄さん午後から, 先例を, 先生ぜひとも, 入沢さんの, 全く酔わない, 八十六度風涼し, 八百屋の, 六尺の, 兵を, 凄いのよ, 出るどころ, 初めて椅子, 初春の, 勘違いし, 勿論商売, 十一月十三日である, 十二日, 十五年振りに, 十八日です, 十日, 十時すこし, 千歳座の, 午前中一寸した, 午後よっぽど, 午後三時から, 午頃から, 単なる遠乗り, 又この, 又何たる, 又斯, 又雨, 取り留めた獲物, 可笑しい借家人物語, 各, 吉見さんは, 吟味所で, 呂布の, 呼ぶと, 咳が, 善昌さんも, 器量一杯に, 因幡守様に, 土曜日かと, 土曜日でなけれ, 坐って, 増田君も, 夕刻まで, 外へ, 多賀ちゃんの, 夜新, 大かた散り尽くしたであろう, 大丈夫ハンド・バッグ預っちゃった, 大儀であった, 大分歯抜け, 大変な, 大家さんの, 大層おそかっ, 大成功, 大隈伯の, 天気が, 天長節である, 失礼した, 女の, 女郎花桔梗など, 妹を, 娘の, 子うぐいす, 完全に, 実に愉快, 宮本という, 家へ, 容易に, 寒いから, 寔に, 寿江子の, 小口の, 小松内府, 少々謹ん, 少しめんどうくさい, 少し寒い, 少し調子づい, 居りますから, 屋根で, 岩公が, 島田で, 左あすは, 市へ, 帰りに, 帰れ, 常の, 年に, 幾らかの, 店が, 引っ返しても, 当分の, 彼を, 御両所, 御微酔, 御用で, 御馳走の, 心も, 忘れたよう, 忙が, 思いがけず昨夜, 恵那山が, 悪日, 愚痴を, 戦の, 手ぶらで, 手術が, 折角の, 改まった物, 故障は, 敵, 文芸年鑑と, 新聞社の, 日当番で, 日曜である, 日曜日だった, 日金山にも, 早くお湯, 早くねよう, 早く行っ, 早慶野球戦の, 明けがたに, 春めいた日, 是非とも, 昼番だ, 晴れやかに, 暇だ, 暑くって, 暖いこ, 曇, 曇天ね, 曠れ, 月曜日だった, 月見が, 朝すこし, 朝倉先生を, 木曜日です, 本当に, 本当に本当に久しぶり, 本田も, 来ねえか, 林町の, 校友会の, 棒切れを, 楽しく遊ばせ, 檀那が, 止そうか, 歴史談など, 気が, 水曜日だ, 永い手紙, 沈痛な, 波も, 浅草から, 海路の, 混雑し, 満員です, 火曜で, 無事に, 焼栗, 煤掃きで, 父が, 特に烈日, 特別な, 猶更, 獲物が, 珍しいもの, 珍しく書物, 生きてる身, 産児制限を, 申命記を, 番町で, 痛いの, 白地の, 皆さんが, 盤台が, 相談かたがた昔の, 眼鏡を, 確かに, 私たちこの, 私サアヴィスしない, 私自分だけの, 秣陵に, 空襲が, 競馬に, 第四信, 粋な, 納めの, 細尾の, 絶えず考え, 美しい日, 義雄さんの, 耳新しくその, 肩の, 腹の虫が, 自分も, 自然の, 興行を, 芋は, 若夫婦, 荒っぽい天候, 蓬つみに, 藻という, 蜜柑まきで, 行らっしゃらない, 西の, 西陣の, 見つからない, 見物しよう, 言うまい, 計らず非常, 誰かの, 諸君を, 貰いが, 赦免に, 車窓に, 退屈した, 通りかかった泣き虫, 遂にその, 道ぶしん, 遠慮を, 配給の, 酔わねえ, 金曜よ, 銭が, 間の, 闇世でも, 阿呆の, 障子を, 雨かとも, 雨に, 雪冷えの, 霧の, 靖国神社の, 非番の, 須原まで, 顔まで, 颱風気味で, 飯ぐらいは, 首枷を, 馬上人数の, 高円寺女史からの, 魔法瓶も, 鷹も, 鼻が

▼ きょう~ (1200, 16.9%)

20 ように 15 ような 14 日本の 12 うちに 11 ことは 8 ことを 6 ところは, 手紙は 5 お客さまは, お手紙, 午後に, 日まで 4 戦は, 暑さ, 私たちの, 若い女性, 試合の, 試合は, 話は, 話を, 雨は

3 [15件] ことで, 会に, 午前に, 午後の, 彼は, 戦いに, 日本に, 棟上げの, 正午過ぎに, 現実の, 祈祷の, 空は, 言葉は, 試合を, 風の

2 [74件] ある顔, うちにでも, お供に, お客の, お招き, お越しは, ことが, せっかくの, ひとは, わたしたちの, わたしたちは, われわれの, パァティを, ファシズムは, メーデーに, 一日は, 一行に, 不覚は, 事は, 会合を, 作業は, 供に, 僕は, 出来事を, 勝負は, 午前中に, 午後から, 午後にでも, 午後は, 午頃から, 合戦で, 合戦に, 合戦を, 天気は, 天気予報は, 女の, 学校での, 山詣では, 工合は, 彼の, 戦に, 戦場で, 探索の, 文学の, 新聞で, 新聞に, 日の, 日は, 日も, 日を, 日本では, 明け方からは, 昼飯は, 果し合いの, 柚湯については, 歴史を, 気持の, 現実に, 生活を, 社会の, 私の, 私は, 秋空の, 自分と, 花を, 著者の, 読者の, 辞世今日の, 通りに, 酒は, 雨の, 音ずれ何と, 風は, 首尾を

1 [859件 抜粋] あなたの, あるじの, ある子ども, あわれ, いでたち振り, うちにも, うち何にも, おあいそは, おかゆは, おきまり, おとなども, おとな自身が, お交際, お光, お前様は, お午すぎ, お土産, お場所, お引き移り, お支度, お方が, お昼に, お書き物, お祝いに, お祭には, お稽古, お約束, お茶の, お袖, お話は, お通り, お集まり, かおりを, きものを, きょうまで, こちらの, ことばかりは, この場, この家, この手紙, この盛大, この紛糾, ごとく掘りさげて, ご辺, さわぎに, しんたの, すべての, その人, それらの, つたない献身, できごと, のど笛騒動が, は, はじを, はたらきは, はなお, はみんな非常, は即ち, ひる日吉, ひる過大机, ほうぼうで, みやげは, もので, もの抜からぬ, も又, ようすで, ような敗れ, ようにさえ, よろこびを, わが殿, わしの, わたしたちを, わたしたち女性は, わたしの, を入れ, ジャーナリズムの, ダンスは, チルチルは, パァティお, ブルターニュの, メーデイに, メーデーの, モスク, レッソンは, ロマネスクを, 一件を, 一天には, 一日の, 一条を, 一般の, 一行は, 一行中に, 三の酉は, 三時から, 三時に, 下拙の, 不安な戦ぎだ, 不幸を, 不思議な, 不束者でございます, 不首尾まったく, 世の中には, 世代に, 世界の, 世相が, 世相を, 中から, 中にも, 中国女学生たちは, 乙女は, 乱軍に, 予定に, 予定は, 事から, 事とは, 事件に, 事件を, 二つ目じゃ, 二度も, 交際では, 人々の, 人の, 仇と, 仇頼もしゅう, 今までの, 仔細を, 仕事に当たって, 仕方は, 企み事, 会戦の, 会見の, 会議の, 伝六様じ, 伝六様の, 伸子には, 作業を, 使いは, 使者の, 便りには, 信長の, 修羅場を, 修身の, 催しが, 催しは, 働きという, 働きは, 元気の, 公判廷に, 六月六日が, 写真の, 冬空よりも, 処分を, 凪そう, 出来ごとが, 出来事は, 出立に, 分が, 分は, 刑執行の, 初大師, 努力は, 勝ち戦を, 勝ち軍は, 勝ち馬が, 勝抜きと, 勝負を, 勤勉を, 午すぎに, 午の, 午下がりから, 午前中の, 午少し, 午後おそく, 午後には, 午後までには, 午後一時から, 午後一時には, 午後三時まで, 午後二時かっきり, 午後六時に, 午後帰る, 午後那須たちと, 午過ぎに, 午頃であった, 午頃諏訪を, 半日を, 南宮山から, 占う男, 危機に, 危難を, 厳粛で, 参詣の, 収入を, 口紅事件では, 号外を, 合戦信長勝つ, 同時代, 名折れを, 吹上の, 味方も, 員数は, 商いは, 囚人たちの, 団欒の, 国賓には, 土曜日と, 城太郎は, 場合には, 場合は, 場所は, 夕がたぼくの, 夕がた公衆電話の, 夕刻お, 夕刻この, 夕刻の, 夕方あの, 夕方ここへ, 夕方の, 夕方頃毛利方の, 夕日は, 夕陽は, 夕食前の, 夕食後に, 多数の, 夜には, 夜夏の, 夜明けと, 夜明けに, 夢は, 大勝を, 大法要, 大潮を, 太郎は, 奇遇である, 女との, 女は, 女らしくも, 好機を, 始末を, 学校の, 安泰について, 実状の, 実際問題, 実験は, 宮さまと, 宴おもしろ, 宴の, 宴楽も, 家康は, 宿題は, 寄植という, 寒さ, 封筒風変りでしょう, 小さいソヴェト, 小坂部は, 山道と, 川は, 市で, 布令に, 希望に, 席上に, 帰り北風, 幸福は, 広告, 役目を, 彼氏の, 待ち伏せと, 後場の, 後場は, 御儀, 御対顔, 御打擲, 御様子, 御法要, 御登山, 御祝, 御通行, 心に, 必勝を, 快晴を, 思い出し笑い, 怪奇の, 悲しい最初, 情勢を, 意気と, 感情に, 態を, 戦いにも, 戦で, 戦場には, 戦捷を, 戸田松太郎の, 手はずも, 手柄に, 手紙で, 手紙の, 払暁に, 折を, 指導を, 掘り出し物を, 探索を, 放送は, 敵です, 敵の, 敵も, 文化上の, 文学に, 文学まで, 文学者にとっては, 新参者だ, 新聞は, 新聞を, 方が, 旅路の, 日が, 日光が, 日曜には, 日曜日朝から, 日本で, 日本において, 日本文学の, 日本的現実に, 日記は, 明けがたから, 明け方隠れこみました, 明方大層, 昼ごろだって, 昼ごろ電話を, 昼の, 昼めしは, 昼久左衛門に, 昼過ぎだ, 昼間これへ, 昼間奈良井の, 晩くる, 晩までという, 晩飯だけが, 晴れは, 晴衣の, 暁天から, 暖かさ, 暮しは, 曇った暗い, 最名誉, 最興味, 服どう, 朝まだきに, 朝目の, 条件なら, 果しあいで, 果し合いは, 案内役を, 桑港放送が, 棟上げに, 様子じゃあ, 様子は, 模様を, 櫓を, 此の, 武蔵を, 歴史には, 死地へ, 死装束を, 段階にとって, 毎日に, 気分は, 気持を, 決意を, 決戦に, 泊りの, 法筵に, 泥鰌は, 流れ矢であろう, 混乱が, 清洲の, 清洲会議の, 湯漬に, 演説を, 漢文の, 潮干狩の, 激戦の, 物語が, 物語と, 物足りなさ, 状態では, 狩の, 狩猟に, 獲物, 獲物を, 玉菜汁は, 現実で, 現実を, 現象では, 生きかた, 生命, 生活そのものが, 生活で, 生活の, 用事を, 用向きを, 発見について, 盛会を, 目と, 目的として, 相手は, 矢は, 磯五が, 社会が, 社会に, 祈祷は, 祝い日の, 祭りの, 祭日を, 私どもの, 私も, 秘密が, 稽古の, 空と, 第一等, 答弁には, 約束を, 結び相撲である, 結果を, 罪は, 聖書の, 脱出の, 自分の, 舞踏会に, 色まばゆい, 芝居は, 花びらは, 花火が, 若い人, 若い勤労婦人, 若い婦人, 若い少女たち, 若さ, 若松屋惣七, 茶話会で, 華やかな, 葬式の, 藤夜叉と, 虎侯皆見た, 行列は, 衝動は, 要求に, 見事な, 観測は, 訪問が, 評定を, 評議は, 試合には, 試合も, 試合場と, 試験の, 話では, 話の, 講話は, 豪雨は, 賀に, 賓客の, 贈り物で, 越前守との, 趙七爺は, 軍議で, 軍議には, 軍議の, 辛さ, 迷惑は, 途中は, 通りな, 進撃は, 道中に, 酒を, 野試合において, 録音は, 門立ちは, 閣議も, 陽ざしは, 集まりの, 雨で, 雨に, 雪に対して, 雪も, 露命は, 青春が, 頬っ, 顔なじみだ, 顔は, 風雨を, 飾りは, 饗宴は, 饗応に, 馬鹿囃に, 騒ぎを, 騒動で, 髪すこし, 鮨売は, 鶴鍋は, 鷹狩は

▼ きょう~ (514, 7.2%)

10 朝から 5 彼は 4 それを 3 いい天気, きょうとて, またこの, 宵から, 来て, 雨に

2 [13件] お留守, きのうの, きのうも, 会って, 例の, 手紙を, 日が, 晴れつづいたので, 晴れて, 暑い, 暑い日, 水の, 私は

1 [451件] あいたいとして, あしたも, あすの, あすもと女郎買いばかり, あすもと推理の, あっちこっちの, あてなく盛り場, あのて, あの偶像, あぶれかい, あやしい人物, いたかい, いたって, いっしょに, いつもなら, いつもの, うちの, えらかった, おんなじ事, おんなじ青天井, お供を, お出かけです, お前が, お参りを, お団扇, お奥, お宿, お座所は, お昼から, お昼の, お歳暮, お母さまは, お福, お見え, お話の, お軽, お通さん, かすかに, かたい礼儀, きっとそう, きっと信長公, きっと来, きて, きのうに, くたびれ儲け, ここで, ここなんかには, ここに, ここの, ここへ, このあいだの, この子ら, この島町, この手紙, これで, これへ, さぞ暑く, さっきから, さっき源十郎方の, さんざん船, しぐれて, しずかな, しとしと降りつづい, じゃ, すってんてんに, そうし, そう思う, そこで弓, そこを, そのおもしろい, その事, その二つ, その伝, その幾日目, その捫著, その気持, その贋物, その辺, その通り, その銭, それかとばかり, たしかこの, たった今初代, たぶんおとうさん, だいぶ大石, つい今しがた, つづけて, とうとう休む, とうとう土堤道, となり村の, とめおかれて, どうでございましょう, どうやら好, どうやら陰っ, どこからとも, ない春重, なかった, なしに, なつかしいあの, なんだか取り込ん, なんだか悪い, にがにがしげに, はじめは, ひっそりし, ふだんの, ふと云い出した, まず命, まず昼間, またうぐいす, またおじさん, またここ, またそう, またつらい, またひとり, またわたし, また古い, また山, また恋, また漠々, また無数, また私, また稽古, また筆, また良ちゃん, また裁判, また雨, また雪, また霧, また食わない, まだその, まだつきません, まだぬけない, まだ動かず, まだ十分, まだ息子, まだ直し, まだ見えない, むしますね, もういつの間にか暮れ, もうその, もう八ツ, もう暮れました, もう暮れる, やったの, やっぱりしな, やっぱり食べる, やはり丁寧, よいお, よく歩いた, よく磨いた, よほど重く, わざわざこんな, わたくしの, わたしたちの, アルコールなし, クラスの, スミ子ちゃんが, バチバチ遠くで, ブカジャンが, ホクホクデェイと, メトロの, 一つなりな, 一つの, 一つ祖師の, 一寸お, 一日が, 一日中私は, 一日晴天だ, 一日暮れ, 一日曇り通し, 一日曠れ, 一日臥って, 一時ごろ思いました, 三ばいほど, 三十三度でしょう, 下帯から, 下駄を, 不可ない, 不図きよ子, 不相変牢獄, 与次郎が, 二人し, 二人は, 二十歳の, 二度まで, 二時間目ころから, 二時間近く歩きまわっ, 井上君の, 井戸の, 亦その, 亦雨, 人の, 今まで, 仕事に, 他念なく, 伊助と, 何か, 余り暑く, 俺を, 健次郎の, 億劫が, 先刻から, 先生に, 八四度だ, 八幡様の, 写経に, 冬坡を, 出征者だ, 十分と, 午さがりでなけれ, 午後から, 午頃から, 半日蟻の, 厭な, 参詣に, 又妙, 又晴れ, 友達と, 同心部屋の, 君が, 呼び集めて, 咲耶子さまを, 商売を, 嘘みたいな, 圓朝は, 地勢を, 垣を, 城下を, 変らない微笑, 夕方ぢかく, 夕方と, 夕鴉が, 外の, 外出初は, 多計代, 夜に, 天地は, 妻は, 姉さんから, 始まったところ, 姿を, 孔明に, 学校を, 宗吉が, 実はかれ, 宮殿の, 家に, 小林君は, 小母様を, 尚一杯, 山へ, 山奥へ, 山王下で, 市野さんの, 師走の, 常磐様から, 平気で, 平生と, 年始の, 幸いに, 幾台と, 幾百人ずつの, 店に, 弁護士の, 彼の, 待ちすでに, 後に, 御参詣, 御所の, 御用で, 心を, 思わしいあきない, 急ぎの, 急ぐには, 怪しい男, 恵瓊と, 憲兵隊では, 我が荒鷲, 我より, 戻らない出発, 控えの, 政子の, 散々パラ遊んだ, 新寺院, 新聞に, 日傘を, 日本海の, 日頃ぞ, 早朝から, 明るい日, 明るい正午, 明日もと空っぽである, 昨日も, 昼は, 昼前に, 昼間は, 晴れそう, 晴れたれど, 暑いこと, 暑くなり, 暮れかけ, 暮れて, 暮れ方, 曇天ね, 月の, 朝の, 朝は, 朝五銭午後に, 朝廷の, 来ず, 来たか, 来ましたか, 来ませんよ, 桔梗の, 梅日和だった, 梟が, 棒切れを, 楽屋へ, 武蔵は, 歩いたあす, 残りものきょうも, 残りものと, 毛布の, 汗の, 江戸に, 江戸辺へ, 法正を, 流して, 涙ぐんだの, 涙の, 涼しいこと, 済んだという, 渡河の, 測定当直の, 満天は, 漆桶と共に, 澄みきった朝, 澄みきった空, 烈しい土用照り, 焼津から, 熱帯の, 特に, 独り泣き暮れ, 猴を, 甲府の, 申しました, 町の, 町内の, 畑に, 疲れが, 痩せた男, 百姓の, 相変らず, 着くので, 知れぬ, 知れません, 石神井川に, 神戸で, 秀忠は, 私が, 私に, 私の, 秋の, 秋時雨と, 空しく暮れるよろこび, 空に, 空は, 窓の, 立別れた, 竹山へ, 筆幸の, 紺がすりの, 終日お, 終日帝は, 絵師の, 絶え間なく, 練習機は, 老人は, 老爺は, 胤舜は, 胸に, 腐った半ぺん, 腰が, 自分の, 至極機嫌, 舞台で, 船の, 芝居の, 茶碗酒を, 菅原景行が, 菩提寺に, 葬式よりは, 薄暗い部屋, 薬を, 衆人環視の, 行進とともに, 衣裳の, 袂から, 裁板と, 西の, 要らねえ, 見えずきのう, 見える, 角兵衛どのは, 角兵衛を, 誰とも, 諸大将, 赤, 赤門てね, 越前守は, 軍評定だった, 軍議され, 辷れます, 近所の, 逃げの, 逃げるよう, 透谷の, 途中雷雨に, 通りました, 通る, 運動する, 都の, 酷熱である, 野球を, 針を, 長三郎は, 長倉村で, 降らず, 降られそう, 降られて, 降るかな, 陣頭に, 隣り村, 雨, 雨だ, 雨を, 雨次の, 雨降り, 雨降りに, 雪の, 青山の, 面壁, 風が, 風は, 食事は, 高く澄ん, 高邁の, 鯖あしたも, 鳴って, 鷹狩を, 黒い背広

▼ きょうまで~ (165, 2.3%)

5 生きて 3 そのままに, 姿を, 暮して, 生かして 2 どこに, ぼくが, 何も, 延引し, 待って, 気がつかなかった, 黙って

1 [134件] あちこち心当りを, いくたび, いったい何, いろいろやってる, うけた親切, うっすり埃, おたより, おれの, おれは, おれ達を, お父上, お礼を, お礼逡巡欠礼の, お預け放し, がまんし, こうして少し, こうして生き, この悪, この秘密, これぞと, こんな敗北, して, じっとこらえ, そういっ, その勇気, その娘, その小野家, それを, たたかって, だまって, つい知らず, つき随, つくり上げて, どんなに苦労, なお満々, なかった, のだ, はかない希望, ひとつ城に, ひと言も, ぴんぴんし, まだ一度, まだ見つけ出し, ゆくえの, よい折, わしに, わたくしとともに, わたしたちの, 一人と, 万吉も, 三年の, 上手に, 世間の, 九年の, 事件の, 互いににらみ合い, 住まわせて, 何とかいう, 何ひとつ人に, 余の, 信じきって, 信長としては, 僕に, 僕は, 其の儘, 十五年の, 十四ヵ月ほどの, 又八又, 叱られて, 各, 呼び出しを, 命を, 喰いつかれも, 堪えに, 夢にも, 姉妹の, 娘の, 官兵衛に, 宿場, 宿題に, 尊重され, 小説らしい, 少しも, 平和の, 廻転し, 引揚げる, 待ったわけ, 徒らに, 忘れたこと, 思いも, 愚図愚図この, 感じたこと, 我慢に, 投げやって, 拡大し, 放ッ, 数えるほどしか, 斯うし, 来ました, 機会を, 殆ど戦場に, 気付かずに, 無為に, 無理に, 熱が, 生き延びたが, 生死も, 登代も, 知らなかったという, 知らなかった妙, 知らなん, 私たちは, 私たち二人きりの, 私の, 穢れが, 素知らぬ顔, 美禰子の, 考えては, 臥薪し, 自分が, 自分という, 自分の, 自分を, 袁術の, 見たお方, 見て, 起こした覚え, 通って, 長引かせて, 陰に, 頭を, 養われて, 鯨の, 鳴りを

▼ きょうだい~ (155, 2.2%)

5 のよう 43 がある, の中, の父親, の約束 2 がありました, でした, になっ, になる, の姿, もない

1 [122件] からはなされ, があすこ, があるだろう, がいる, がお, がかえって, がじ, がその, がそれぞれ父, がなかっ, がぶとう, がやみ夜, が一人, が上, が世話, が二人, が例, が多く, が大勢, が心配, が怪物, が武者ぶりつき, が死んだ, が気, が沢山, だ, だから, だが, であったが, である, でいらっしゃいまし, ですのに, ではあるまい, でも友だち, で寄っ, ということ, というもの, と云っ, なの, ならば, にし, にした, にすすめました, になつい, になり得る, にはあの, にも自慢, に会える, に相違, のいのち, のうち, のこと, のため, のひとり, のもの, のトロツキー, のパルチェエ達, の一人, の八十神ども, の冒険談, の処, の出生地, の名, の嘆き, の娘, の子ども, の彼女, の様子, の死んだ, の母親, の目, の荒くれ者, の身の上, の間, の関係, の鳥たち, はあちこち, はありませんでした, はお, はその, はそれ, はたちまち, はたのん, はなし, はね, ははじめ, はひさしぶり, はひと晩じゅう話, はぶとう, はぷっと, はまま子, はまもなく, はボート, は一つ身, は五本, は伝書鳩, は命, は天安河, は心配, は意外, は散り, は本当に, は花崎検事, は血眼, は骨, へ仕送り, もはば, も女, も少し, も身寄り, をああ, をきみ, をしかりました, をはじめ, をもお, をもふるさと, を心, を連れ, 仲よくせよ, 仲よく又, 仲良く, 散り

▼ きょうから~ (117, 1.7%)

3 おれの 2 日記を

1 [112件] あたしは, あの表, あらためて磯五, あんたあたしの, あんたという, おじちゃんと, お恭ちゃん, このうち, この独楽, すこし沢山眠ります, そち達の, それを, ただの, たべます, どうせ開始, なんでも, にわかにうまい, はじまり, はじまるの, ほんとうに, またいっしょ, またお, また都会, みなさんの, みれば, もう五月, よみはじめます, わしが, わしは, わたくしは, われら二人は, われわれが, われわれは, スコール艇長とよべ, ハムレットさまの, モデルを, 一人まえ, 一時間くり上げ, 一週間の, 一週間を, 三日あと十三日の, 三日め十七日です, 三日以内に, 三日目の, 乃公が, 二学期だ, 五日の, 仕える人, 仮りの, 何でもみんな自分, 僕は, 兄に, 八日前の, 六日間四年生の, 出て, 勉強を, 十五日まで, 十日間に, 又一人, 又目玉ぐりぐり, 友ちゃんが, 右門の, 向こう三日間, 和子は, 四日のちに, 大事に, 奥小姓に, 嫌いに, 安雄さんと, 家々の, 宿無し犬に, 小雨よ, 少々歩き, 市川の, 建てるの, 思いきって, 戦いだ, 戴くわれわれ, 数えて, 新しい生命, 新宿の, 明日と, 明日へと, 明智の, 栄さんの, 毎日一二枚ずつ, 涙一滴見せない, 漱石の, 猿飛佐助の, 玄関に, 生活が, 生田組の, 祭堂に, 私という, 私の, 私は, 窓の, 競馬の, 職安を, 袷を, 赤い信女, 起き出ること, 身を, 追おうと, 遊びを, 過去の, 鉄塔王国の, 長いお, 閑散に, 限り俺, 隣の, 雨か

▼ きょう~ (93, 1.3%)

40 声を 12 声で 2 ことを, 男が, 顔で, 顔を

1 [33件] いよいよ御前, まねは, んです, 刑事が, 利目の, 十五人の, 南京さん, 南京さんが, 叫びを, 叫び声が, 叫び声を, 叫声が, 味方に, 品物, 声に, 奴か, 奴だ, 店員が, 手助けの, 様子で, 武士七八名に, 潜水夫を, 男だ, 男です, 男に, 男の, 眼付を, 紳士が, 若者です, 返事し, 返事を, 音を, 顔つきを

▼ きょう~ (76, 1.1%)

9 日まで 3 今日まで, 始めて 2 きょうまで, はじめてだ, はじめてである, はじめての

1 [53件] あの決定的, あるし, あると, おたん生日, お別れ, きょう必要と, こんなにしずか, ご命日, その五十幾日目, その約束, ちょうどお, ついた, はじめてじゃ, メーデーだ, ワルシャワの, 二度目であった, 二度目でござる, 今日すぐ, 仕事の, 休みだ, 休みな, 元手でござんす, 元手に, 元手幸い, 入学日だ, 六日目, 其の破滅, 初めてこの, 初めてで, 初めてであった, 初めてである, 初めての, 初めである, 初対面では, 十七あしたが, 吉日と, 外出日である, 天長節な, 始まったの, 日までの, 日までは, 日曜かと, 日曜だった, 最後では, 最後の, 目には, 立秋という, 第一, 約束の, 誕生日である, 謝肉祭だ, 謝肉祭で, 音羽の

▼ きょう~ (71, 1.0%)

18 限って 8 かぎって, なって 3 叫んだ, 始まったこと 2 なっても, 生きて

1 [27件] いたるまで, かぎったこと, さけんだ, しましょう, しろこう, ちゃんときょう, なったらもう, なってまでも, なりましたもの, なるなりかた, なるまで, なれば, まわしました, もたらして, やりだすすぐ, 予感される, 口上を, 始まった事, 当るという, 比べて, 生きつづける, 生きるもの, 生きる若い, 至ったの, 輝きながら, 限らずいつ, 限らず若松屋惣七

▼ きょう一日~ (62, 0.9%)

1 [62件] お役, くらいはいい, ぐらいは大丈夫, しかない, しかひま, その水癲癇, だけで, だけでもこの, だけということ, だけは全部, だけ通い, でいのち, で三百匁, で僕, で裾野, なん, に目まぐるしい, のあいだ, のうち, のお, のながい, のスキャッブ代金四円, の事, の仕事, の出来事, の印象, の大戦, の大難, の宿所, の小, の年, の我慢, の汗, の活動, の行乞, の追憶, の道中, の食料, は, はおい, はどうにか, はわれわれ, は何とも, は夜来一睡, は旅, は神さま, は近藤右門, は陣休み, ももう, も寝, よく乾し, をまんぞく, をよろこび, を充分, を出来る, を十分, を暮らし, を降り, を除い, 待って, 聞きこみを, 遊んで

▼ きょう~ (53, 0.7%)

6 です 4 のところ 3 でした, の伝六 2 が飛び出し, をおどろかせ

1 [33件] がこれ, がすっかり, がたちまちガンガン, がまごまご, がまた, がまだ, がわが, が一日, が今, が姿, が黒川用人, じゃな, だっていう, だろうと, でありました, なので, のあにい, のおしゃべり屋伝六, のその, のとこ, のひょうきん, の呼びたてる, の怒り虫, の雲行き, は例, へ朗らか, もおの, もその, らしい音, をおどろかし, を先頭, を見送り, を鋭く

▼ きょうこそ~ (51, 0.7%)

1 [51件] お二人, お詫び申し上げる, お話し申し上げよう, きのうの, ここで, この天邪鬼, この曲者, その目的, その素首, それが, どうしてもここ, はと何時でも, ほんとうに, またとない実地, わたしの, 一つあの, 一期と, 一生に, 会って, 光明の, 劉, 又七時, 君を, 呂宋兵衛さまの, 堪忍の, 大決戦, 大逆を, 太師, 子どもらが, 孫策を, 将門を, 少なくも秀吉勢, 彼の, 思いきって, 思いの, 日本の, 早く帰れる, 明日こそという, 書けますけれども, 橘の, 永いあいだ, 病褥あげ, 究めるぞといった, 美事に, 自分が, 若君の, 草葉の, 見ゆれと, 通うこと, 間違いなく, 風呂の

▼ きょうまでの~ (48, 0.7%)

2 ことは, ことを, わしが, 間に

1 [40件] あいだに, あらゆる場合, いきさつを, ことそちの, ところは, わしの, 一心不乱も, 不孝の, 世渡りの, 二十年間胸を, 五日間に, 切瑳琢磨も, 十ヵ月に, 十五年間全集刊行の, 受難を, 地球上の, 径路について, 御苦労など, 御鴻恩, 想い出を, 旅の, 日々であった, 日に, 月日が, 毎日毎日を, 消息以上詳しい, 無敵小野派一刀流の, 生活の, 生涯に, 盲目の, 臥薪嘗胆は, 臥薪甞胆伊那丸君の, 苦労が, 苦心功業も, 行状を, 詫言を, 長日月, 間には, 間は, 隠忍艱苦の

▼ きょう~ (45, 0.6%)

3 三日も 2 三日目だ, 四日目の

1 [38件] あしかけ, あの晩, いく日に, え, えと話し話し来た, おしまい, おしまいです, おしまいという, すでに三年, ちょうど二週間, はや四日目, もうお, もう七日, もう二日め, もう五日, もう四度目, もう幾日, やっと百ヶ日, わかったわね, 七八日も, 三度お目にかかっ, 三度目で, 三度目といった, 三度逢う, 三日つづく, 二日ふた晩, 二日御飯を, 五日経った, 京城へ, 勝負を, 十二日二週間目が, 十日にも, 四日も, 四日頭から, 大金を, 完了よ, 物語の, 終り

▼ きょうこの~ (40, 0.6%)

6 頃の 3 頃は 2 頃も

1 [29件] シベリアの, フランス戦場見物に, ランスの, 不可解な, 久助に, 会に, 会議に, 作品を, 停車場へ, 先の, 向島方面へ, 大晦日の, 席へ, 手紙と, 手紙を, 教会に, 時の, 時間だけ, 村へ, 父が, 男に, 社会へ, 神奈川の, 著者は, 道場に, 部屋で, 頃を, 頃商売に, 鼓と

▼ きょうだいたち~ (35, 0.5%)

2 が何かと, のところ

1 [31件] がいっせいに, がお, がこうして, がそれ, がわざわざ, が儀式ばった調子, が右門, といっしょ, ときれい, と女家庭教師, にくらべ, にその, のいる, のこと, の姿, の手伝い, の着物, はうつくしい, はだきあっ, はまた, はみな一様, はみんな王子, はもう, は兵隊, は女家庭教師ともども, は急い, は手, は泣い, もお, も流石, を置きざり

▼ きょう~ (33, 0.5%)

2 最後に, 生きて

1 [29件] あたえたの, あたえた人, かぎりに, かぎり御, とりだして, ふりまいて, ふりまきほほえみかけました, 一期と, 出発として, 命日に, 安く売る, 待ち構えて, 忘れて, 振りまいて, 振りまかれ御, 措いてない, 晴れと, 曠と, 楽しく暮し, 楽しみに, 死ぬ日, 生きるため, 眺め明日, 眼当に, 第一歩として, 見わたして, 送って, 限りまた, 雪辱の

▼ きょう~ (31, 0.4%)

2 ようさんを

1 [29件] けいとお, さよに, よめさん, 会いしたの, 会いしたらわれわれ, 伺いし, 伺いした, 出向き先, 別れしよう, 医者に, 墓詣り, 奉行の, 姉さんが, 姉様に, 宅は, 寄りした, 帰し申した, 手紙が, 手紙を, 招きした, 暇を, 江戸の, 父う, 留守でない, 留守に, 直と, 通りあそばした, 連れした, 道具を

▼ きょうという~ (30, 0.4%)

10 きょうは 2 日の, 日を

1 [16件] きょうこそはと, きょうだけは, きょうに, ことも, この日, のね, ほかに, わけには, 今日つくづく, 今日は, 今日わたしの, 折を, 日が, 日に, 日は, 日まで

▼ きょうあたり~ (27, 0.4%)

1 [27件] おそろしい奴, お二人, お手紙, かの門, からそろそろ, からでは, からなんとなく, から又ひとしきり, から吹く, がたべ, こうやっ, の寒い, はきっと, はその, はそれ, はまた, はやや, は何だかいろいろ, は大分まし, は富士, は暖こうご, は猪熊, は花弁, ボツボツ締め切ろう, 大きな喧嘩, 書いて, 行って

▼ きょうこそは~ (26, 0.4%)

1 [26件] あいつが, お艶所望, かならず汝, さいご, しっかりした, ぜひ一つ, その正体, たしかに旅だち, どうでも, なにが, なんとか形, ひと思い, よくよく面白い, われらの, 一人で寝よう, 一日気が, 会わぬうち, 何とかし, 勘弁ならない, 宿縁の, 成るか, 断罪だ, 武蔵が, 甲州の, 華, 逮捕する

▼ きょうばかりは~ (24, 0.3%)

1 [24件] あば, おいらも, お帰り, そうし, そのいびき, ホシを, 世間晴れ, 事が, 二丁きばった, 伝六様に, 伝六様の, 何度思い止まろう, 化かされまいぞと, 右門が, 圓朝いつに, 堪忍し, 大おどろき, 少し常, 曇り日, 棒打ちされた, 残念だった, 蒼くなっ, 近所づきあいに, 黙々と雪

▼ きょうここ~ (23, 0.3%)

2 へ来た

1 [21件] から直ぐ, で出会う, で逢った, にまた, に参集, に呂布以来, に尊氏, に来る, に詰めかけ, の足柄道, へお, へきた, へまわる, へよった, へ会した, へ呼ん, へ持っ, へ来る, へ登城, まで辿りついた, を出る

▼ きょう~ (23, 0.3%)

2 なっては

1 [21件] あしたとで, あしたの, あすとの, いい途中, お前に, それが, なって, やった, ソックリの, 人々と, 何かが, 何鳥か, 同じよう, 同じ所, 忘れかけた鶯, 思います, 思うて, 梅を, 極まって, 馴れて, 鷺の

▼ きょう~ (18, 0.3%)

1 [18件] がいよいよ, がつい, がもっ, が出かけよう, が感覚的, が書く, が考えた, これから用事, に教育者, のお, のお話, のもつ, の計画, は夢中, は最初, は爽やかそう, は私, へ羽織

▼ きょうからは~ (14, 0.2%)

1 [14件] あと六日しか, おまえの, げんかくな, ちがうん, わしの, わしも, 一本立ちだ, 今からは, 単身独歩, 大久保石見守さまが, 幕下の, 曹将軍へ, 楽に, 甘い憧憬家

▼ きょう学校~ (14, 0.2%)

3 の帰り

1 [11件] からのかえり, から帰っ, でそんな, でならった, での会合, で同級生たち, で生徒たち, に出, へ来た, へ行かなかった, へ行っ

▼ きょうあす~ (13, 0.2%)

2 にもお

1 [11件] とで仕事, と日, にでも晴れ, にもという催促, にも必ず, にも江戸入り, のこと, の粟, ばかりあした, も知れない, をも知れない

▼ きょうばかり~ (13, 0.2%)

7 では 1 でないへいぜ, でなく常に, でなく彼, ゃゆうちょうに構え, ゃ別な, ゃ辰を

▼ きょうほど~ (13, 0.2%)

1 [13件] うまく帽子, すらりと, せっぱつまらなかった戦後, 不愉快な, 何か, 客を, 彼に, 恐ろしい目, 業さらしな目に, 深く心, 私は, 茶を, 驚いたこと

▼ きょう初めて~ (13, 0.2%)

1 [13件] こんな夢, こんな怪しい, その伝説, では, のこと, はなすが, わが良人, 外へ, 宮門の, 茶壺を, 見たよう, 見られたんで, 覗いて

▼ きょうあなた~ (12, 0.2%)

1 [12件] がい, が赤坊, と会った, にお目にかかり, にぜひ, にどんな, に会いたかった, のねまき, の写真, の古くさい, の御, をお呼び

▼ きょうはじめて~ (12, 0.2%)

1 [12件] お嫁さん, お食事, この男, つまり今や, どんな味, やってきたの, 住み込みに, 勉強部屋へ, 口を, 正直に, 相逢う, 釣った鮎

▼ きょうより~ (12, 0.2%)

3 のちは 1 のちの, のち私は, のち私一粒の, ますせめて, 以後あなたの, 出仕せい, 四年まえ, 考えれば, 黒戸にて

▼ きょう~ (11, 0.2%)

3 城内で 2 注文の 1 合戦の, 屋敷へ, 息子様の, 都合が, 陣廻りの, 領主さまの

▼ きょうきょう~ (10, 0.1%)

2 から明日 1 たる, たるありさ, としてその, と何, と何鳥, と鷺, の厳酷, よりは明日

▼ きょう~ (10, 0.1%)

1 いか知ら, いふたりまでも, いふたりを, いやいとこ達, いやお友だち, いや女, きょうの, ぞ, ぞきょう, ぞさ

▼ きょうこのごろ~ (9, 0.1%)

2 のよう 1 が一年じゅう, その水軍, ではいま, ではそれ, の料理屋風景, の耐えがたい, は朝な朝な

▼ きょうこれから~ (9, 0.1%)

1 おひささん, お訪ね, のこと, の食べる, 二階で, 先方へ, 友だちの, 私が, 野原へ

▼ きょうその~ (9, 0.1%)

1 お旗本, 人民が, 前を, 小さい女の子, 店の, 時分には, 木曜でしょう, 結成式だ, 部屋の

▼ きょうにも~ (9, 0.1%)

1 あらためて女房, あるべき筈, お別れ, 乾雲丸に, 夜が, 敵と, 明日にも, 死にましょう, 苦情を

▼ きょうはね~ (9, 0.1%)

1 すこし仕事, ちょっと重い, クスリと, 一日ゆっくり, 何という, 僕の, 午前仕事し, 葉ちゃんに, 遊びに

▼ きょうまでは~ (9, 0.1%)

1 およそその, この小屋, 一滴たりと, 叛服常なく, 楽しみに, 正月の, 深い仔細, 諸国を, 連れて

▼ きょうやっと~ (9, 0.1%)

1 お手紙, こんな手紙, その花嫁さん, わたしは, 二階に, 合シャツや, 小倉まで, 床の, 起きて

▼ きょう~ (9, 0.1%)

1 がくれ, がすごし, この札一枚, だってそう, ではたった, のよう, の働き, は裸, は買う

▼ きょう限り~ (9, 0.1%)

1 あきらめろ, おせい様, お奉行, お暇, だ, ですよ, のこと, 絶えるの, 頼まれても

▼ きょうだけは~ (8, 0.1%)

1 なぜか, 僕が, 六人満載し, 堪忍し, 家に, 我慢したい, 男泣きに, 見物が

▼ きょうでも~ (8, 0.1%)

1 いい, いいから, まだ日本, まだ死者, 世界は, 僕は, 只鹿, 日本の

▼ きょう~ (8, 0.1%)

1 にあらゆる, にはきっと, には金, には駄目, に二つ, に大阪, に金, のこと

▼ きょうお話~ (7, 0.1%)

2 した 1 しいたそうと, したこと, したとおり, したよう, した私

▼ きょう~ (7, 0.1%)

1 あしたの, あすお, あすか, あすかと, あすかという, あすかを, 明日かと

▼ きょうこれ~ (7, 0.1%)

1 がバッコ, でしょう, で二度目, と同時に, まで来た, より筥崎, をかい

▼ きょうまでに~ (7, 0.1%)

1 この空地, した七へん, もう十三日, 一つ二つの, 二度も, 折を, 至る間

▼ きょうわたし~ (7, 0.1%)

1 がここ, のこころもち, はこの, はほんと, は杏, を知る, を苦しめ

▼ きょう半日~ (7, 0.1%)

1 がわかれ目, のたたかい, の城下, の間, は唖然, を山, 珍しく楽

▼ きょう~ (7, 0.1%)

1 と話し, にき, にそれ, にわざわざ, に用, の細君, を迎えた

▼ きょうかぎり~ (6, 0.1%)

1 お屋敷, このお話, の一命, の使い, キッパリと, 叔父さんとこを

▼ きょうでは~ (6, 0.1%)

1 ありませぬ, おかしく意味, もう半, 先生たちさえも, 出版の, 決して鴎外

▼ きょうまでも~ (6, 0.1%)

1 そうです, なおお, 母子四人六波羅の, 消えずお前, 長秀の, 響いて

▼ きょう~ (6, 0.1%)

2 て明日 1 ていい, ている, てきょう, て下

▼ きょう私たち~ (6, 0.1%)

1 がこの, が手紙, が文学, が結婚, の住ん, は人民

▼ きょう~ (6, 0.1%)

2 あの人 1 おくれたの, わしは, わしを, 十七日分を

▼ きょうあの~ (5, 0.1%)

1 フォマの, 二百五十両の, 子に, 寺の, 手紙を

▼ きょうお母さん~ (5, 0.1%)

3 からお 1 からハガキ, にうかがっ

▼ きょうとの~ (5, 0.1%)

2 間に 1 入りまじった仄明り, 日本の, 連絡も

▼ きょうなど~ (5, 0.1%)

1 なかなかおだやか, ほんの二時間余, ろぼうは, 円い水晶, 暑かった

▼ きょう~ (5, 0.1%)

1 あたいの, 原稿料を, 学校で, 思い切って, 鸛一さんが

▼ きょうよりは~ (5, 0.1%)

2 明日と 1 なおなお心して賜, 小次郎を, 手放して

▼ きょう~ (5, 0.1%)

2 は疲れ 1 がいろいろ, が学校, は一つ提案

▼ きょう午後~ (5, 0.1%)

1 から仕事, から用事, から郡山, に小説集, 見えました

▼ きょう明日~ (5, 0.1%)

1 には向背, には必ず, にも気, のうち, の荷物

▼ きょうこんな~ (4, 0.1%)

1 よろこびで, 処へ, 手紙を, 荒々しい天候

▼ きょうじゅう~ (4, 0.1%)

1 にきっと, にはむりでございますよ, に帰っ, に東京

▼ きょうすぐ~ (4, 0.1%)

1 お金が, にこれから, 東京へ, 逃げ出すこと

▼ きょうだけ~ (4, 0.1%)

1 だと, では, 堪忍し, 足蹴に

▼ きょうなんか~ (4, 0.1%)

1 すっかり春, でも, もう入れ, 全くおどろい

▼ きょう~ (4, 0.1%)

1 かけて, かけては, そして明日, つれもどされけいしちょう

▼ きょうまた~ (4, 0.1%)

1 その良人, 商業主義出版で, 石亭に, 見に

▼ きょう~ (4, 0.1%)

1 てえな凶事, てもらったら, をもちました, をもっ

▼ きょう云っ~ (4, 0.1%)

3 ていらした 1 ていた

▼ きょう手紙~ (4, 0.1%)

1 かきました, かき出すとき, をよこしました, を出さなく

▼ きょう来る~ (4, 0.1%)

1 かしら, かどう, というの, のすか

▼ きょう東京~ (4, 0.1%)

1 から井伏先生, から来た, に帰られ, の青

▼ きょう~ (4, 0.1%)

1 から買っ, の辻, へやってくる, へ出たら

▼ きょう買っ~ (4, 0.1%)

1 てくれる, てみた, て来た, て貰った

▼ きょうあった~ (3, 0.0%)

1 いっさいの, ことを, 事は

▼ きょうあり~ (3, 0.0%)

1 きょうあった, てあす炉, て明日

▼ きょうあれ~ (3, 0.0%)

1 からかえって, から家, を読んだら

▼ きょういま~ (3, 0.0%)

1 からいきなさい, はっきりきまりました, まで夢にも

▼ きょうお送り~ (3, 0.0%)

1 いたします, した分, した衣類

▼ きょうお金~ (3, 0.0%)

1 をいただきました, をお送り, を握る

▼ きょうからでも~ (3, 0.0%)

1 すぐ仕事, 君が, 山東庵へ

▼ きょうさっそく~ (3, 0.0%)

1 上京し, 八頭だての, 朝倉先生を

▼ きょうだい三人~ (3, 0.0%)

1 が残っ, にてむつまじく, よりあっ

▼ きょうついた~ (3, 0.0%)

1 ところを, のは, んです

▼ きょうとて~ (3, 0.0%)

1 歌麿は, 浅草の, 鶉坂の

▼ きょうとは~ (3, 0.0%)

1 ちとえら, 思えども, 限らぬこと

▼ きょうはの~ (3, 0.0%)

1 まだお客様, 御本陣, 思いきって

▼ きょうみたい~ (3, 0.0%)

1 な催し, な気の毒, に曇っ

▼ きょうもう~ (3, 0.0%)

1 じきに, 一つ, 仕事に

▼ きょうもの~ (3, 0.0%)

1 ここまで, ですから, の野呂一平君

▼ きょうよく~ (3, 0.0%)

1 たずねました, 笑って, 話しつづけて

▼ きょうわざわざ~ (3, 0.0%)

1 おいでくださいました, お邪魔, 召したは

▼ きょうタワー~ (3, 0.0%)

1 ににげ, のちかく, の上

▼ きょう二人~ (3, 0.0%)

1 がマキ小舎, の会見, の若い

▼ きょう会った~ (3, 0.0%)

1 ばかりの人, 花前は, 謹厳そのものの

▼ きょう伸子~ (3, 0.0%)

1 と蜂谷良作, の前, の心

▼ きょう~ (3, 0.0%)

1 がきける, のきける, を始めやがった

▼ きょう島田~ (3, 0.0%)

1 からお, から達治さん入営, の生活

▼ きょう持っ~ (3, 0.0%)

1 て来た, て来なかった, て来るやく

▼ きょう~ (3, 0.0%)

1 から一日, のうち, 出かけは

▼ きょう朝倉先生~ (3, 0.0%)

1 がお, を知る, を見おくった

▼ きょう測らず~ (3, 0.0%)

1 もその, もめぐり逢っ, も途中

▼ きょう突然~ (3, 0.0%)

1 にその, 両人し, 饗応役を

▼ きょう聞いた~ (3, 0.0%)

1 ことを, のさ, ラジオニュウスの

▼ きょう~ (3, 0.0%)

1 とがとけあっ, の黒潮, をし

▼ きょう見る~ (3, 0.0%)

1 人も, 孫子之, 山は

▼ きょうあけ~ (2, 0.0%)

1 がたの, がたセピラ

▼ きょういただいた~ (2, 0.0%)

1 お手紙, ものまでは

▼ きょううち~ (2, 0.0%)

1 にいるだろう, のお正月

▼ きょうお話し~ (2, 0.0%)

1 した通り, する家

▼ きょうくらい~ (2, 0.0%)

1 恥を, 遠くの

▼ きょうこそと~ (2, 0.0%)

1 必殺を, 思って

▼ きょうこちら~ (2, 0.0%)

1 にお, へいらっしゃる

▼ きょうこれからすぐ~ (2, 0.0%)

1 に出, 出かけて

▼ きょうじゃ~ (2, 0.0%)

1 あだめかね, ねえかよ

▼ きょうそう~ (2, 0.0%)

1 やって, 云ってよ

▼ きょうたずね~ (2, 0.0%)

1 てくださるやく, て来る

▼ きょうだいじゅう~ (2, 0.0%)

1 であの, での美人

▼ きょうだい中~ (2, 0.0%)

1 で家, で母

▼ きょうだい二人~ (2, 0.0%)

1 の大臣, の火たき

▼ きょうだって~ (2, 0.0%)

1 まだあなた, 外の

▼ きょうとも~ (2, 0.0%)

1 明日ともしてない, 是非ない

▼ きょうどうか~ (2, 0.0%)

1 してるぞ, なすったの

▼ きょうはな~ (2, 0.0%)

1 おばば, 麻布十番の

▼ きょうはは~ (2, 0.0%)

1 ァおまんま, ア南風が

▼ きょう~ (2, 0.0%)

1 のストリツプ, はあの

▼ きょうぶらりと~ (2, 0.0%)

1 やってきたが, やってきたという

▼ きょうまだ~ (2, 0.0%)

1 一種の, 多分に

▼ きょうまでには~ (2, 0.0%)

1 もう二十日, 必ずお送り

▼ きょう~ (2, 0.0%)

1 きのうの, 昨日の

▼ きょうを以て~ (2, 0.0%)

1 いちかば, その更生

▼ きょうユリ~ (2, 0.0%)

1 に何, の左腕

▼ きょう一つ~ (2, 0.0%)

1 の参考, 書きたい小説

▼ きょう不意~ (2, 0.0%)

1 にその, に隣

▼ きょう偶然~ (2, 0.0%)

1 あの人たち, に会った

▼ きょう僕たち~ (2, 0.0%)

1 が一緒, の見た

▼ きょう先生~ (2, 0.0%)

1 にしかられ, んとこ

▼ きょう出来星~ (2, 0.0%)

1 の圓朝, の落語家

▼ きょう夕方~ (2, 0.0%)

1 いらっしゃる筈, の七時半

▼ きょう~ (2, 0.0%)

1 があけ, にかけて大

▼ きょう大使館~ (2, 0.0%)

1 からとっ, へ手紙

▼ きょう大巻~ (2, 0.0%)

1 にご, に行く

▼ きょう始め~ (2, 0.0%)

1 て分った, て半日

▼ きょう尋ね~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ きょう帰り~ (2, 0.0%)

1 にどこ, に正月号

▼ きょう帰る~ (2, 0.0%)

1 という事, のを

▼ きょう~ (2, 0.0%)

1 が見, の手

▼ きょう徳さん~ (2, 0.0%)

1 がスミさん, が申しました

▼ きょう思いがけなく~ (2, 0.0%)

1 山崎の, 訪ねて

▼ きょう思いきっ~ (2, 0.0%)

2 て着

▼ きょう~ (2, 0.0%)

1 るひと, る必要

▼ きょう手拭~ (2, 0.0%)

1 とシャボン, の端

▼ きょう~ (2, 0.0%)

2 先生の

▼ きょう数学~ (2, 0.0%)

2 の時間

▼ きょう日本~ (2, 0.0%)

1 の新聞, へ立つ

▼ きょう昼間~ (2, 0.0%)

1 からズットここ, じゅうぶんお

▼ きょう朝子~ (2, 0.0%)

1 がそこ, が訪問

▼ きょう~ (2, 0.0%)

2 を買う

▼ きょう来た~ (2, 0.0%)

1 のは, ばかりで

▼ きょう正午~ (2, 0.0%)

1 から一時ごろ, に重大放送

▼ きょう~ (2, 0.0%)

1 の大広間, をかく

▼ きょう~ (2, 0.0%)

1 を射たなかったら, を救った

▼ きょう~ (2, 0.0%)

1 がお前, の目

▼ きょう生き~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ きょう~ (2, 0.0%)

1 上げたとおり, 上げます

▼ きょう着いた~ (2, 0.0%)

1 という, ばかりです

▼ きょう空巣~ (2, 0.0%)

2 のはいった

▼ きょう立っ~ (2, 0.0%)

1 てこの, てやっと

▼ きょう立つ~ (2, 0.0%)

1 という, のは

▼ きょう美術館~ (2, 0.0%)

1 であれ, で会おう

▼ きょう自分~ (2, 0.0%)

1 がみんな, が曾根少佐

▼ きょう自分たち~ (2, 0.0%)

1 がこう, の歩んだ

▼ きょう行かなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばいけない, ばなりません

▼ きょう~ (2, 0.0%)

1 て来た, に来

▼ きょう見た~ (2, 0.0%)

1 だけでぞくぞく, だけでもかれ

▼ きょう迄の~ (2, 0.0%)

2 生活の

▼ きょう返事~ (2, 0.0%)

1 をする, 来ました

▼ きょう速達~ (2, 0.0%)

1 いたしました, で餞別

▼ きょう郵便局~ (2, 0.0%)

1 に行っ, のところ

▼ きょう限り暇~ (2, 0.0%)

2 を出す

▼ きょう非番~ (2, 0.0%)

1 だろう, ですから

▼ きょう~ (2, 0.0%)

1 された島義勇, になった

▼ きょう~ (2, 0.0%)

1 から落ちた, にふんづけられた

▼ きょう~ (2, 0.0%)

1 でさ, での出来事

▼1* [755件]

きょう午まがら, きょうあすかぎり明後日はなんとか, きょうあす着物をこしらえる, きょうあたり会計をし, きょうあたり外事課へ行け, きょうあたり徳山の病院, きょうあたり網走の刑務所, きょうあたり締め切りにしようで, きょうあたり首をくくっ, きょうあってあす, きょうあとで又, きょうある第一, きょうあんたが来る, きょういただいておかない, きょういっしょに行きましょう, きょういつぞや云って, きょういやな顔, きょういるために, きょうおいらが呂宋兵衛, きょうおだやかな天気, きょうおっしゃったって, きょうおっしゃることは, きょうおばあさんをみ, きょうおもい定めつ爽旦, きょうおやと何だか, きょうおれはとうとう, きょうおれ達が繋がっ, きょうお出かけになりました, きょうお出でになる, きょうお前がここ, きょうお前たちをつれ, きょうお昼頃に北村, きょうお母さまに会った, きょうお母様に見せ, きょうお湯上りだったでしょうか, きょうお目にかかりに行っ, きょうお目見えをした, きょうお祖父さんが町, きょうお迎え申したの, きょうお願いにあがりました, きょうかえったら原稿紙へ, きょうかえって見たら十三日, きょうかえりにあの, きょうかえりいれちがいに多賀ちゃん, きょうかえるよ, きょうかかれている, きょうかぎり人相見をよそう, きょうかぎり嵐一座は散り散りばらばら, きょうかぎり昼寝をやめ, きょうかぎり暇をくれる, きょうかとあわてる次第, きょうからとしてよみはじめて, きょうからの名前だ, きょうからはと埃ま, きょうかるかやお, きょうきいてそして, きょうきいた話, きょうきのう江戸へ来た, きょうきみの生活, きょうきめたばかりだ, きょうくつろいだお顔, きょうくりあげて乃武江, きょうくりかえし読んでみ, きょうぐらいはけるじゃ, きょうこういう文章を, きょうこそはと思って, きょうこちら様へお, きょうこっそりと叔父, きょうこっちから出かけた, きょうこのごろ家中がムンム, きょうこのごろ日本でいわゆる, きょうこのごろ風のたより, きょうこれから直ぐ那珂川へ, きょう相談に, きょうござったのは, きょうがした, きょうさえ片付けば, きょうさらいの撒札, きょうさんざんな敗軍, きょうています, きょうしかも眼の, きょうした事だった, きょうしぬと読む, きょうしばらくぶりでお, きょうしも本国に, きょうすこしも雨の, きょうずくんでいられ, きょうずっと家に, きょうそういう心理的な, きょうそこの裏, きょうそして明日を通じて, きょうそちらへ行った, きょうそっと階子の, きょうそれはよかっ, きょうそろそろいにましょうい, きょうたった三十六スーしか, きょうたっぷりこいつも, きょうたるありさまで, きょうだいいとこたいがい親類同志みたいなもの, きょうだいからだは細っかく, きょうだいたちみんなのもの, きょうだいのこらずにどんなに, きょうだいみたいに附き合う, きょうだいらしくよくにた, きょうだい一人もない, きょうだい一理あるだろうじゃ, きょうだい中ただ一人気性がちがい, きょうだい分のよう, きょうだい四人をお, きょうだい娘で姉, きょうだい小児が尿, きょうだい左右から抱き合いました, きょうだい書生と女中, きょうだい汚れの底, きょうだい達孫たちが多く, きょうだい鼻のひくい, きょうだけが生えて, きょうだけに意外な, きょうだけの捨て石じゃ, きょうだったのは, きょうだんなをたずね, きょうちくとうなどを, きょうちょいと婦人傍聴席, きょうちょっと珍妙な, きょうつまり処刑が, きょうでありそしてこの, きょうできてきた, きょうでき上がってきた, きょうでさえ日本の, きょうでない根を, きょうでなくてもいい, きょうでなければあたし, きょうでの笑話だ, きょうとい望みを起した, きょうとしてその日, きょうとつぜんにせものと, きょうとりかかっている, きょうとりよせておい, きょうとをこぼして, きょうどうなさるの, きょうどういう作品を, きょうどこでなに, きょうどちらもすぐ, きょうどろ落しで, きょうなぞは唯った, きょうなどの成績は, きょうなにげなく鞍馬から, きょうなりのなまぐさい風, きょうなんかだって普通じゃ, きょうなんかは確に, きょうなんぞ足踏を, きょうなんぞもやったの, きょうなんにも食べなかったせい, きょうにかけての事の, きょうにでもおさげ願いたく, きょうにとっては無意味である, きょうには限りませぬ, きょうのべに絵, きょうのみ見えなかったの, きょうはいちように喪服, きょうはいりませんヨ, きょうはげにもよい, きょうはじぶんも気持, きょうはじまったことでない, きょうはと毎日毎日泣き暮し, きょうばかりさように, きょうばかりじゃァねえヒマだ, きょうひさは買いもの, きょうひらけた世界に, きょうびでは三十町, きょうび日本の出版屋, きょうび昭和の痩せ細った, きょうに打たれた, きょうふとんやに, きょうふらふら教会に, きょうぶりを発揮, きょうほんとはお, きょうほんとうはもう, きょうぼくたちより先, きょう昼を, きょうまでというものどれほど, きょうまでにも刃と, きょうまでを松の, きょうまのあたり見た木部, きょうまるで口を, きょうまわったらそれは, きょうみそぎをしながら深くそれ, きょうみなさまの食堂, きょうみんなに次郎, きょうめっきり涼しくなっ, きょうもしかしたらあれ, きょうもって行きます, きょうもと二日二晩考え抜いた, きょうもなかまたちの, きょうものでみんなに, きょうもはや宵を, きょうやかましい産児制限の, きょうやっとこの人々, きょうやめていい, きょうよりもあすあすよりも, きょうよるんです, きょうらしい仮装行列を, きょうわが全軍, きょうわたくしが厳しい, きょうわたしたちを自分, きょうわたしたちすべてが感じ, きょうわたしたち女性の生活, きょうわたしどもが日本, きょうイーリンの, きょうキャプテンの梶, きょうサロメチール買って, きょうシヤトルに着く, きょうショパンの散歩, きょうシロオテから教わった, きょうジュッドさんのところ, きょうソヴェト関係の記者, きょうチラリとうかがっ, きょうテーブルをこしらえ, きょうドンタクに外出, きょうバルナバスがまた, きょうパリでピスカトール, きょうフョードル・チモフェーイチのにわとり, きょうフランスで絵画的, きょうブドー糖の注射, きょうプランタンで須美子, きょうヘリコプターを飛べない, きょうペスを見た, きょうペレウェルゼフがゴーリキイ, きょうマア坊からその, きょうマルセーユについた, きょうメリンスの半, きょうメレジェコフスキーの, きょうリベディンスキーは, きょうルダンさんに逢う, きょうロンドンのコヴェント・ガーデン, きょうワグナーのオペラ, きょうとつづけ, きょう一スー足りないの, きょう一ン日の見世, きょう一人でいられる, きょう一円二十銭で買い, きょう一切合財の財産, きょう一寸お話ししたこと, きょう一寸千葉へかえり, きょう一巡して, きょう一日あっしら五人で買い切った, きょう一日あともう一日, きょう一日あなたは私, きょう一日おじさんの子ども, きょう一日ハイド・パアクとグリイン公園, きょう一日中みな案じて, きょう一日乗組員総出でこの, きょう一日何事もなかっ, きょう一日分のでき, きょう一日在宅なの, きょう一日夢を見, きょう一日御機嫌よく, きょう一日拝借して, きょう一日王さまのため, きょう一日自動車に乗っ, きょう一緒の汽車, きょう一部の婦人雑誌, きょう三十人ばかりで, きょう三十日できょう, きょう三十石船でお, きょう三吉は彼女, きょう三時に来る, きょう三時頃に会社, きょう三木川に引き出し, きょう三蔵が池田家, きょう三越からハガキ, きょう上林へのこした, きょう上申書というの, きょう上総の国, きょう上落合のところ, きょう上野の博物館見物, きょう上野公園に散歩, きょうの食堂, きょう下界へでさっし, きょう下総へ入ったら, きょう不思議にも自分, きょう世界に向っ, きょう世話をやきたい, きょう丞相に招かれた, きょう中井氏が見える, きょう中川によって昨今, きょう主人が臼杵先生, きょう乗りこんで来た, きょう乳母やのおかげ, きょう事務所からよこした, きょうにあい, きょう二十七日に渡す, きょう二十五日までわずか, きょう二十八日頂きましたこの, きょう二日あそんで, きょう二百マイルも遠い, きょう云われている, きょう五回目の白洲, きょう人なみに終わった, きょう人民は組織, きょうまでの座敷, きょう仕入れたときに, きょう仕留めた獲物は, きょうへ輿入れ, きょう以前にすべて, きょう伊豆に出発, きょう伊那丸と一党, きょう伏見のお, きょう休暇ですか, きょう会うたら次の, きょう会えますね, きょう会場にいらっしった, きょう位工合よくここ, きょう体育は休課, きょう体重をはかったら, きょうか原口さん, きょう何処からともなく, きょう何心なく吹上, きょう作品を読む, きょう作業場の小屋掛け, きょうの道楽者, きょうの使者, きょうをし, きょうかに死に, きょう保さんいそがしいの, きょう信玄が会う, きょう信用組合へ入れ, きょう修繕して, きょう偶然ことし流行の染織品, きょう偶然発見して, きょう若夫人, きょう催された会合は, きょう働いて貸賃, きょう僕学校で理料, きょう入荷したばかり, きょう八ヵ月ぶりでわたし, きょう八時達ちゃん入隊したわけ, きょう兵隊が千人, きょう再び斬れば, きょうから早春, きょうて来た, きょう出かけたところだ, きょう出された処方箋や, きょう出向いて来た, きょう出掛けに僕, きょう出発するん, きょう切りだぞ, きょう切腹するという, きょう刑場で斬られる, きょう七日, きょうからも心がけ, きょう加代子さんとお話, きょう勇ちゃんはびん, きょう勉強のこと, きょう勤労するすべて, きょう十七八歳になっ, きょう十七日にお許し, きょう十三日も空, きょう十二日付のお, きょう十人ばかりの人足, きょう千歳へお供, きょう千田さんから電話, きょう千載に一遇, きょうの刻, きょう午前に田町, きょう午前中に運びこんだ, きょう午前十前ミズーリ艦上では降伏文書, きょう午後七時に渋谷区, きょう午後三時二十七分に北停車場, きょう午後十時に興行, きょう午後四時きっかりに, きょう午後講堂でその, きょう半日母里太兵衛は駒, きょう南町奉行所から持ち帰った, きょう博物館から国宝鑑定専門, きょうの刻, きょう厚生省と警視庁, きょう参ったのは, きょう小母さまから, きょう友ちゃん息子おばあちゃん, きょう友人がくれた, きょう双鶴館から電話, きょう叔母さんと喧嘩, きょう叔父が来, きょうとって, きょう只今徹夜にて仕事中, きょう召されましたか, きょう台所の不浄, きょう司馬先生の遺骸, きょう同じ著者が, きょう同国首府マドリッドの大通り, きょう君公の御前, きょうの中軍, きょう呉君にお, きょうっています, きょう味方についた, きょう和一郎と小枝, きょう和尚さんのたいじなお湯飲み, きょう咲枝が太郎, きょう品川の八ツ山下, きょう喰いたいものは, きょう四年生ど六年生, きょう四時から五時, きょう四月五日の夕刊, きょう団員諸君にここ, きょう団長は馬, きょうへ一時, きょう地下室のガラス窓, きょう坊ちゃんがさ, きょうを出, きょう塀そとを通る, きょう壊してしまった, きょう夏ごろ南江堂の書棚, きょう夕方おとうさんが帰られる, きょう夕方お母さんが, きょうを見るまえ, きょう大きい眼玉で, きょう大分エレン・ケイをよみました, きょう大森の奥さん, きょう大沢さんと鶏, きょう天子ヶ岳に着陣, きょう天皇はお, きょう太郎をつれ, きょう太郎ちゃん悧巧そうだって仰云ったでしょう, きょう夫人が突然, きょう奈良を離れるらしい, きょう女中さんのこと, きょうがお前さま, きょうて見た, きょう始まったこっちゃあねえ, きょう始業式のかえり, きょう姜叙の君, きょうが御, きょう婚礼をさせ, きょう子供の贈物, きょう孔明の四輪車, きょう学生から聞い, きょう孫権が大敗, きょう安治川へ入っ, きょう家康と信雄, きょう宿の主, きょう寄ってきた, きょう富士が一尺, きょう富士川の水際, きょう寒いのでどてら, きょう寒かったから, きょうながら本, きょう寺参りに行きました, きょう寿江子来たから, きょう射撃会がある, きょう小川さんの話, きょう小泉信三の正統派三人, きょう少く見つもって, きょう少しどうかなすって, きょう届けられたのです, きょう山屋へ行っ, きょう山田菊子というパリ住居, きょう岐阜に着いた, きょう岡崎の港, きょうへかかる, きょう嶽麓へ出かける, きょうまで出かけ, きょうの方, きょうは成功, きょう己達にあらがっ, きょうの夜, きょう布団カヴァーシャツ下へきる, きょう帝劇で, きょう帰ったらお話する, きょう帰りましたら早速せがれ, きょう平原から馳, きょう幾らかおばさんの, きょう広野村よりこの, きょう序文をかい, きょうへ来た, きょう座敷牢千三屋ロクでもない, きょう庭先でお, きょう揚げる途中, きょう彼処へ渡っ, きょう彼岸さとりの種, きょうれて, きょう従僕たちから聞いた, きょう御家内が見え, きょう御領下の駒音, きょう御飯どんなでした, きょう必要という, きょう忘れてしまっ, きょう忘れた頃に, きょう忘れつくすことを, きょう遊船を, きょう思いも寄らない, きょう思いがけない形で, きょう思い切って帰ろう, きょう急いで山の手, きょうの興味, きょう怪しい客が, きょう怪我をした, きょう恵瓊に会っ, きょう意味のない, きょう成就すると, きょう戦争で一家, きょう戸塚の三次, きょうにした, きょう打解けて云, きょう承り御無礼, きょう折井刑事が不満そう, きょう折竹の連れ, きょう招んだ二人, きょう拝見したお, きょう掘り出した魚の, きょう改めてよみかえすと, きょう改正されたブルジョア民法, きょう放課後部員が全部グランド, きょう散歩なさいましたか, きょう数寄屋橋畔の奉行所, きょう文学の道, きょう文楽堂へたのん, きょう斎藤氏邸からの帰り道, きょう料理中に感じた, きょう新入会員が一人, きょう新聞をみる, きょう日スフの股引なんど, きょう日中与えられた紺絣, きょう日二十や三十, きょう日千人の人夫, きょう日曜の雨, きょう日東映画館で事件, きょう日比谷へ見えませんでした, きょう日炭一俵なんぼする思, きょう日物が高お, きょう早くから寝て, きょう早速の軍議, きょう是非うかがいたいん, きょうのうち, きょう昼ごろ弁当とどけて, きょう昼ごろ裏門の番, きょう昼過ぎわたしの庵, きょう昼間運わるくあたし, きょう昼間頓野老人が持出した, きょう暁子さんたずねて, きょう書いて下さる, きょう書き結んだ小説, きょう書くという珍しい, きょう有って明日, きょう朔日の午頃, きょう朝五時から七時, きょうの下刻, きょう未亡人となっ, きょう未明メロスは村, きょう本国の地, きょう本所へ行っ, きょう本棚いじって, きょう本牧へ行った, きょう朱雋将軍の官宅, きょうに向った, きょう村尾君からも手紙, きょう来ましたかどうして, きょう来よう明日こよう, きょう来艦されたご, きょう東坊が倉, きょう板じきに石臼, きょう板上執筆の試み, きょう林町の法事, きょう林鐘年と逸見上申書, きょう博士という, きょう染まったもの, きょう桑名の陣, きょう棟上げをした, きょうへ迷い込む, きょう横浜の検事局, きょう機嫌の好い, きょう次郎君や僕, きょう正月の二十日, きょう武田方の使者, きょう武蔵が着いた, きょう歩いた山の, きょう歯医者が手間どっ, きょう死ぬかと思い, きょう死刑になった, きょう殿にいきなり, きょうのシャツ, きょう民主主義の立場, きょう民主朝鮮の民族文学, きょう池ノ端にちょっと, きょう決して雲散霧消し, きょう沙汰された禄, きょう泊って行く, きょう法廷に立つ, きょう法律の宣告, きょう泥鮫を売り, きょう洋服屋さんが寸法, きょう洗耳房で見た, きょう洲股から書面, きょう浅草へ活動, きょう渋谷へ行った, きょう湯島の天神さま, きょう満員だったという, きょう火入れをする, きょう無類の用心棒, きょう熱海にて書信, きょう特に静粛な, きょう犀角散を, きょう狂せむほどに苦しき, きょう狩場で取りました, きょう獲れた魚を, きょう王様が美しい, きょう珍しくいら, きょう理学士の大隅青二先生, きょうがあっ, きょう田中がいよいよ, きょう申しあげていた, きょう男伝六でした, きょう男女学生のアルバイト率, きょう留守のあいだ, きょう留守中に七月, きょうバンバンは, きょう病気をし, きょう病院へいった, きょう瘤寺うら, きょう白鷹の奥さん, きょう目ざして来た, きょう目ざすは張飛, きょう目貼りのとれた, きょう目黒へ行っ, きょう県庁の二階, きょう真面目なアメリカ, きょうのあたり, きょう着せてやろう, きょう短歌を作ろう, きょう研ぎ上がって来た, きょうでもっ, きょう社会党につない, きょう祝言をする, きょう祝賀の宴, きょうと共にある, きょう秀公といっしょ, きょう私たち母子が院, きょう私東京へ行っ, きょう秋川さんがお, きょう無力に, きょうの申告, きょうちゃんと一緒, きょう穴山梅雪をお, きょうの外, きょう競馬に行く, きょう笑い一つするじゃ, きょう笑っていらした, きょう一の, きょうはござりませぬ, きょう算術の宿題, きょう紙芝居のおじさん, きょう立つ日, きょう締め切ろうとああ, きょう翌日に迫っ, きょう者ともどもうしろへ回っ, きょう者ゆえ店も繁盛, きょう耕した畑に, きょう聞いてください, きょう聞き出して来た, きょうを切っ, きょう自殺するほう, きょう臼杵先生が白鷹先生, きょう舟中の作, きょうが検疫所, きょう船宿の鯉屋, きょう船島までお供, きょう良心の自由, きょうは白梅, きょう若い娘の, きょう落語家稼業というもの, きょうをとまらせ, きょう行きたいと言い張る, きょう行くんだったら, きょう行ってみたら, きょう行っちまおうどうだい, きょうのぬかるみ, きょうせ類, きょう裾野へさしかかる, きょう西国へ下る, きょう見えた使者は, きょう見ればだいぶ, きょう言われぬようで, きょう訪問したの, きょう評定所の指命, きょう試験的にこの, きょうに出た, きょう話そうと思っ, きょう読みかえしてみる, きょう読むとどっち, きょう調べが届いた, きょう警察の方, きょう議員を辞し, きょう貰いさげに, きょう貰って来る, きょう隊に, きょう貴僧とお目にかかっ, きょう貴殿に押えられ, きょう貸してくださいました, きょう質屋の番頭, きょう越前へ向っ, きょう趙七爺の店, きょう蹴球部の新, きょう軍旗祭の神酒, きょう軍艦でシゴイさん, きょう辺り出版局の人, きょう返そうと思う, きょう退艦式が, きょう送って来た, きょう途中でそれ, きょう通りで見かけた, きょう通知を出し, きょう逢う人は, きょう連れの宗湛, きょう遊びにおいで, きょう道場へ来た, きょう都田川でおこなわれた, きょう配給になった, きょう重大な用談, きょう野原の叔母さん富, きょうに困る, きょう金吾がたずね, きょう釣れないのも, きょう銀座のローヤル, きょう長浜へうつられまし, きょう開きならしたらしい旧径, きょう間もなく御用金, きょう限りおれのこと, きょう限り友達でもなん, きょう限り杖を折っ, きょう限り病褥をあげ, きょう限り義絶する旨, きょう限り道場から身, きょう陰陽師と神巫, きょう集まった私ども父兄の, きょう集まることに, きょうが降る, きょう電話で雁金さん, きょう電車になにか, きょう露月町の研師, きょう青い月曜日ね, きょう青年の生, きょう青梅から差し出し, きょうばかり歩い, きょう頼朝を東国, きょう顧みれば日本, きょうのよう, きょう飛ばないなら飛ぶ日は, きょう飛行便でお金, きょう食えるか食えない, きょう食堂のヌック, きょう養源寺の墓地, きょう馬市で出会った, きょう鴎座の研究所, きょう鵜殿甚七が報じ, きょう鶴さん行って