青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「きみ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

きった~ ~きっと きっと~ ~きつ きつ~ きのう~ ~きました ~きまっ きまっ~ きまり~
きみ~
~きめ きめ~ きょう~ ~きり きり~ きれ~ ~きれい きれい~ きれない~ ~きわめて

「きみ~」 4643, 50ppm, 2314位

▼ きみ~ (1238, 26.7%)

16 それを 13 ぼくの 11 だれだ 8 ぼくを 7 いったいだれ, どうする, ぼくが 5 なんでも, ほんとうに, ぼくと, 僕の 4 いったいどこ, さう, さっきの, どうだ, どこの, どこへ, なにを, ぼくに, 前から, 目を

3 [18件] いったい何, いまに, おれの, おれを, これからどうする, すぐに, だれだっ, どう思う, なにも, なんの, ゆくゆく涙, わしの, 何を, 僕が, 夢でも, 怪人二十面相だっ, 知って, 自分の

2 [67件] あの店, あの日, ありに, いったいだれです, いったいどうした, いつでも, いつまでも, うそを, おどろいて, おぼえて, およぎが, かえだま, からだの, かれら, きっとびっくり, これを, さいぜんから, さがって, じょうずに, せっかく苦心, そこまで, そこを, そのわけ, それが, たったひとり, だれな, だれを, どうしてこんな, どうしてそれ, どう考える, どのくらい, なにものだ, ひとりで, ふたりの, ぼくよりも, まだ気, まだ若い, もう逃げられない, わたしが, ドアの, バルブレンの, ピストルは, ピストルを, フランスへ, 三人の, 二十面相だ, 二十面相の, 今まで, 僕に, 僕を, 口ばかり, 口を, 四十面相だ, 変装の, 好きな, 家へ, 少年探偵団の, 帰らない約束, 後悔する, 急に, 気でも, 生きて, 窓の, 花岡君を, 近くの, 近藤勇を, 音楽の

1 [921件 抜粋] あいつに, あっちへ, あづまやに, あのじいさん, あのとき, あのカブトムシ, あのネコじいさん, あの三人, あの子, あの小林少年, あの晩, あべこべの, あまり強がっ, ある局部, あわてて, あんがいぶおとこ, あんなにやさしく, あんまりしゃべりすぎる, いうの, いくつに, いくつ顔を, いざという, いったいいま, いったいこの, いったいどうしたい, いったいなに, いったいわし, いったじゃ, いつかぼくまでが, いつか博物館で, いつなら, いつまで, いつもの, いつもりっぱ, いつも取り, いつも青木, いのちが, いまおれを, いまぼくの, いま日本の, いま明智は, うすいラシャ, うちへ, うまいけれども, うまくいっぱい, うれしそう, えらいところ, えらいねえ, えらい金魚, おおかたわたし, おこって, おじさんの, おぞ毛, おとぎ話の, おばけカブトムシの, おやじを, おれが, おろ, お金持ち, かくご, からくり説へ, からだに, かわいい子, かんづいて, きっとおれ, きっと一番, きのどく, きのふは, きみとて, きみは, きょうから, きょうまるで, くじで, けいさつ, こいつが, ここから, ここの, こちらへ, この, このごろあった, このだちょう, このわし, このジャッカル, この中, この仏像, この国, この子, この新聞づつみがかえしてほしいのだろう, この理由, この老婆, この部屋, この頃柔道, この黄金, これからおれ, これからたくさん, これからぼく, こわいか, こわいもの, こんな日, こんやは, さいご, さかんに, さっきおそろしく, さっきぼくに, さっき春木さんの, さとり得ぬと, しらん顔, じつによくでき, じつに考えぶ, すぐかっとする, すぐねむく, すぐ刑務所, すこしも, すつかり, すると, ずいぶんでたらめ, ずいぶん苦しかっ, ずっとここ, ずるいよ, せっかく仏像, ぜったいに逃げだす, そういうこと, そういう辛い, そうしてちゃんと, そう信じ, そっちが, そのからっぽ, そのじゅうたん, そのふしぎ, そのカロチ教授, そのゴング, その中, その咽喉元, その奇面城, その忠義, その時分, その焼けビル, その男, その通り, それから, それでいい, それでぼく, それも, そんなこざ, そんなせいようあくま, そんなふうに微笑, そんな変装, そんな日本人, た, たいへんな, たしかにぬすまれた, たとえば鮒, だいじな人, だまって, だれからも, だれでした, だれです, ちかったこと, ちっと年, ちょっと顔, つごうが, とうぶんそれだけやっ, とおくに, とらえようと, とんだ目, どういう仕事, どうかした, どうして, どうしてこんど, どうしてもここ, どうしてメリー号, どうして逃げ, どうしよう, どう解く, どこから, どこだ, どっちへ, どの国民, どれぐらい, どんな目, なかなかよく注意, なかなか口, なかなか頭, なぜあの, なぜだまっ, なにか考え, なんという, なんといったい, なんどつかまえ, ぬかりが, はっきり, ひじょうな手がらを, ひとりだろう, ひと晩カブトムシの, ひと言も, ひどいん, ふくろの, ふみちやんの, ぶじだったかい, ほかの, ほんとうの, ぼくたちに, ぼくについて, ぼくらの, まさか自分, ます, またすっかり, また叫んだ, まだおこっ, まだこの, まだすこしも気づい, まだなに, まだほんとう, まだ寝ぼけ, まだ知らない, まっさ, まるできみ自身, まんまとわし, むろんそれ, もういっしょう, もうおれ, もうそこ, もうのがれられない, もうほんとう, もうビクビクし, もう一人, もう一生涯, もう少し学問, もう敬二郎, もう無言, もう透明人間, もう魔法, もっと考えなおすべきだ, やっぱりうまくちえをはたらかせたね, やっぱり名, ゆうべねむった, ゆうべ魔人に, よく考え, よみかたが, らんぼうする, わかったの, わかるだろう, わしたちの, わたくし達の, わなに, わるくない, イタリア人かい, カツと, カピと, ガレージへ, ギロリと, クラちゃんを, ゴングという, ストウブの, ゾウと, ゾーツと, ドノバンと, ドリスコル家の, ニュージーランドを, ネコじいさんだ, ハイロ君です, バルブレンを, ファゼーロって, ファゼーロの, ベルを, ミリガン夫人に, ラサハ倶楽部の, ランニングがと, ロボットの, ワーツと, 一万円の, 一人前の, 一思いでも, 一番うまい, 丁寧に, 三十分交代に, 三十圓を, 下唇, 下腹に, 不良少女と, 世間の, 両手を, 中村警部じゃ, 丹沢山のきこり, 主人に, 乗るん, 二十の, 二十面相, 二十面相が, 二十面相だっ, 二十面相に, 二日に, 二階の, 人が, 人を, 人殺しは, 人間では, 人間に, 今ごろに, 今の, 今夜この, 今思ひ, 今花岡さんと, 体を, 何かを, 何と考える, 何処にでも, 何時でも, 何者です, 信じないかも, 兄さんと, 先へ, 内藤君にばかり, 前夜の, 前後から, 助かったよ, 勇気の, 勉強家だ, 勝ちほこった, 北見君といったね, 十六歳で, 千葉県の, 博士の, 却って身体, 口で, 叱りつけるやう, 名探偵, 命がけの, 喧嘩に, 四十面相です, 四方に, 園田さんを, 垂れて, 壮二の, 変な, 多分育たなかったろう, 夜もろく, 大したこと, 大友君だ, 大変な, 大学では, 大阪屋の, 天才は, 女中を, 姉さんが, 子どもだ, 学問が, 学生時代と, 完全に, 家に, 富士男君に対して, 小さいん, 小林君か, 小林君と, 小林君や, 少し不良, 少年名探偵だ, 尚もぢ, 帝を, 帰って, 帰る気, 平野君と, 幼年者の, 府立から, 度胸を, 弱虫だ, 役人を, 心配事の, 応接室には, 思はず顏色, 恐ろしい金魚, 恐ろしい顔, 悪い, 悪いぞ, 情慾のに, 愛子を, 感心にも, 懐が, 戸棚から, 手品使いかい, 手旗信号が, 持って, 放火し, 数えまちがえて, 敵が, 方角が, 日本外史を, 日本犬です, 早く退避, 明智の, 明智先生かね, 明智先生の, 明智探偵も, 昨夜何か, 最初から, 木村君の, 未来を, 本気で, 村上時雄じゃ, 来なくても, 松村や, 林町に, 柳田びいきか, 梯子段を, 次々畦, 正気かい, 歩き方, 歯医者に, 毎日こんな, 気が, 気づかなかったが, 気付かれぬよう, 水を, 池上の, 汽車の, 泳げなくなるじゃ, 活動の, 浪岡を, 渋い着附, 火を, 照彦様を, 父さんにも, 犬を, 珍らしく, 生きた人間, 留守番だ, 病気か, 直ちに調べ室, 相変わらずすごい, 知らないか, 知らなかったかも, 知らん顔し, 石の, 礼儀を, 神に, 私事と, 窓から, 笑うね, 紀久ちゃんが, 級長に, 結構な, 緑だ, 義侠心に, 考えないの, 聞いて, 職工たちに, 胸の, 腰をか, 自分さえ, 臭いよ, 船に, 花岡の, 花崎さんの, 花崎検事に, 苛性加里でも, 若様に, 荷物を, 虎を, 血を, 行かなければ, 見た, 見たろう, 見て, 観客の, 言は, 詩人の, 説明を, 誰です, 警察の, 議論を, 豊公のを, 身の, 辰つ, 近ごろ少し, 逃げだすだろうが, 逃げるの, 運転手じゃ, 部下と, 酒を, 釣り方, 鉄の, 長野發の, 陳君の, 階段を, 青木を, 靜かに面を, 頬に, 頭が, 頭を, 風呂へ, 首筋を, 首領だ, 高谷君に, 髮を, 魔法つかいだ, 魔術の, 麻酔剤で, 黄色だ, 黄金豹に, 黒いヒョウ

▼ きみ~ (939, 20.2%)

15 ような 10 悪いこと 9 ように, 部下が, 部下の 8 からだを 7 ところへ, 悪い声, 織す 6 おかげで, わるいこと, わるいもの, 部下に 5 いうとおり, おとうさんが, ために, ところの, ところは, ほうが, わるい笑い声

4 [17件] いうこと, うちへ, うちを, ことを, ほうで, ほんとうの, わるい顔, 悪いやつ, 悪い笑い声, 方が, 方へ, 知って, 考えは, 背中に, 話を, 負けだ, 部下は

3 [17件] おかげだ, おっかさんは, おとうさんの, おとうさんは, ほかに, 先生の, 口の, 名は, 名を, 変装は, 家へ, 悪いもの, 悪い部屋, 正体を, 身に, 部下を, 顔を

2 [63件] あとから, あとを, いふゆゑ, うちに, うちの, うちは, おくさん, おじさんは, おっかさんの, お母さんの, お父さんは, かたちと, かたちの, からだは, くるの, ことは, さいご, さしず, ためを, とりこになんか, ほうに, ほうの, ほうも, ほかには, やうに, ゆくべき, わるいかえる, わるいところ, わるいほど, わるいやつ, わるい三日月形, わるい人, わるい男, ポケットから, ポケットに, 伯父さんが, 先生は, 助手の, 口から, 名で, 名に, 名まえ, 好きな, 室に, 家の, 悪いへん, 悪い感じ, 悪い目, 悪い老人, 悪い顔, 悪さ, 持って, 気の, 父さんが, 申し入れを, 目的は, 考えが, 腕まえ, 親父の, 言うとおり, 運の, 顔が, 鼻面へ

1 [554件 抜粋] あたま, いうと, いうところ, いうよう, いう偽, いちばんおそれ, いって, いとこにあたる, いまの, いもうとの, うしろから, うしろに, うちから, うちで, うちの人なら, うちの人にも, うちも, うつくしいあし, うなじも, うわおいぐつ, うんこは, おうち, おかあさんから, おかあさんに, おせっかいで, おそれて, おっかさんから, おっかさんが, おっかさんに, おっかさんも, おつかさん, おて, おとうさんにも, おとぎばなしが, おどかしなんか, おなかでは, お世話には, お助け, お友だち, お手際, お父さま, お父さんの, お芝居, お部屋, お金に, かい, かえだま, かくした赤い, かくれがを, かごの, かつぎをひるがへし, かわいい子ども, かわいい少年たち, かわいがって, かわりに, が工場, くせが, くせを, くちびる吸ひ, ことが, ことじゃ, ことだった, ことばかりを, ことばもて, こわがって, さがしまわって, さっきの, しかけの, しかしは, しわざ, じゃまを, すがた, すみかは, すみかも, せいだ, せつめいに, そのふくめん, その冬服, そんけいする, たくらみや, たのしみを, ためじゃあ, ためには, だいじなレンブラント, だいじな弟子, ちんぴら助手も, でたらめだ, でて, ところが, ところで, ところも, となりへ, とびつきそう, とりこには, にいさんは, ねらいは, はただあやまる, はたらきの, はらひとつ, は大, は家, ひとみの, ひとりごとが, ひみつを, ひょうばんは, ひ弱い肉體, ふだんの, ほうこそ, ほうだ, ほうは, ほうへ, ほかにも, ぽけっと, まえでは, まけだったね, まなこは, まわりに, むだ骨折り, もうひとり, やっかいに, やること, ゆくえを, ようすを, よく知っ, わるい, わるいくせ, わるいしわがれ, わるいじいさん, わるいと, わるいなき声, わるいふしぎ, わるいふてぶてしい声, わるいふるい建物, わるいへんてこ, わるいほら, わるいゆう, わるいよう, わるいわ, わるい人間, わるい光, わるい光景, わるい含み笑い, わるい場所, わるい声, わるい大男, わるい女, わるい字, わるい怪人, わるい怪物, わるい手ざわり, わるい森, わるい歩きかた, わるい毒へび, わるい火星人, わるい生々しいそして, わるい目, わるい穴, わるい笑い, わるい羽ばたき, わるい色, わるい雲, ゑがきし, を殴っ, アパートを, コックとが, トリックだ, ピストルと, ヘリコプターだ, ヘリコプターと, ヘリコプターの, ロボットと, 一家だろう, 一日の, 三人の, 上へ, 両親も, 主人は, 乗り馬に, 乗馬に, 事さ, 二つの, 亭主に, 人気は, 今は, 仕事に, 作ったびっくり箱, 作ったロウ人形, 健康を, 傍からの, 傍へ, 兄さんに, 先へ, 先生という, 先祖からの, 先輩で, 八人の, 出発を, 前だ, 前で, 前に, 前を, 力じゃ, 力でない, 力なら, 力によって, 力は, 力を, 劣等の, 助けが, 勧める粥, 千世の, 厚意に対して, 友だちと, 友だちの, 反省に, 名折れじゃ, 名探偵ぶり, 名案が, 周囲の, 味方は, 味方を, 命は, 命を, 命令なら, 咽喉元を, 唇を, 団員は, 土地な, 在りかを, 堕落を, 塾と, 声が, 声顫ひ, 大事業, 大和魂は, 大失敗, 大御詔, 大計画, 太平記を, 奇術を, 女房に, 好意も, 妹の, 妹は, 妹を, 姿は, 安否を, 家だった, 家に, 家は, 家宝雪舟の, 家庭に, 家族だって, 家来にも, 寝室を, 小屋だ, 少女くさい, 平生に, 年は, 店の, 度胸が, 度胸を, 弟だった, 影は, 後から, 後醍醐の, 御意の, 御脱出, 復讐の, 心が, 心は, 心を, 心持ちは, 心臓の, 念願な, 思いちがいじゃ, 思いつきそう, 思いも, 思想に, 性格あの, 性質や, 悪い, 悪いあざけり, 悪いおそろしいほう, 悪いさびしさ, 悪いしわがれ, 悪いじいさん, 悪いったら, 悪いと, 悪いところ, 悪いの, 悪いひびきが, 悪いトカゲ人種, 悪い三角がた, 悪い人間, 悪い味, 悪い外科手術, 悪い大きな, 悪い建築, 悪い形相, 悪い微笑, 悪い怪盗, 悪い恐ろしいでき, 悪い歯車, 悪い水, 悪い物音, 悪い生き人形, 悪い笑, 悪い笑い, 悪い笑いかた, 悪い鉄, 悪い音, 悪い黄色, 情熱を, 想像な, 意見は, 意見を, 愛するは, 憂欝, 所に, 扁桃腺, 手でじ, 手に, 手は, 手を, 手下の, 手品だった, 手紙を, 手足を, 手首をね, 指図の, 掌に, 推理は, 政略的情夫と, 敵が, 新しい買, 方から, 方で, 明察には, 星は, 曲乗りに, 書いたもの, 書いた小説, 服が, 服を, 木と, 木古屋の, 本名が, 棺桶な, 楽しみは, 様子は, 横顏へ, 機先を, 正体さ, 正体は, 母が, 母親が, 気を, 気分は, 泳いで, 準備は, 演説で, 為に, 父が, 父さんと, 父さんは, 父親だって, 父親に, 犬は, 生き餌として, 生命助かりました, 生活に, 申し出に, 番だ, 病気そのものが, 発音が, 目の, 目も, 目を, 目指して, 相手には, 眼に, 矢は, 知ったこと, 知らぬま, 研究は, 社で, 神通力の, 秘密が, 秘密を, 穴を, 空間漂流器は, 第六感だ, 答えは, 精神の, 精神力とを, 素顔を, 細君の, 緑だって, 考えどおり役人に, 考えに, 考へが, 耳にも, 肩を, 背に, 胸に, 能力で, 脳から, 脳に, 腕が, 腕に, 腦天を, 自動車で, 自由だ, 自由と, 自由に, 自身は, 良人周三を, 花も, 花顔世界の, 苦しい立場, 苦心も, 蒔かざる, 蟇口から, 血の, 行動を, 補佐と, 裾の, 襟が, 見あやまりだ富士男君, 見たな, 親友だろう, 親方な, 親父は, 解釈は, 言い分では, 言うこと, 言うと, 言うほどは, 言うよう, 言葉を, 計画に, 計略に, 計略の, 許は, 話した人, 話し方が, 話では, 説を, 責任が, 足は, 足もとにも, 足もとを, 足首を, 身の上は, 身体が, 身分で, 身分を, 身辺に, 辺にこそ, 返事なんか, 逃亡を, 運命だ, 運命も, 道具を, 部下じゃ, 部下だった, 部下でなく, 部下になんか, 部屋が, 部屋じゃ, 都合の, 配置は, 金から, 金だ, 隠岐送りにあたって, 隣に, 非情を, 面に, 面へ, 面相は, 音楽の, 頭の, 頭を, 頭髮は, 頼みを, 顎を, 顏を, 顔から, 顔と, 顔に, 顔には, 顔は, 顔まっさおだ, 飯どきだ, 馬か, 魔法と, 魔法の, 魔法は, 黄色は

▼ きみ~ (471, 10.1%)

21 悪くなっ 12 はかばに 6 ここへ 5 悪いの 4 悪いので 3 ためには, ぼくの, わたしの, 二十面相だ, 持って

2 [22件] おもかげ, さやけき, そういうなら, それを, そんな体, ぼくに, みどりの, 一番に, 乗って, 何者だ, 姿を, 心の, 悪いけれど, 悪くて, 悪ければ, 手ばやく豹, 書いたの, 犯人だ, 眼の, 空を, 自分で, 豹の

1 [364件] あいて, あくまでもがんばるなら, あけて, あって, あの女の子, あの時, あの有名, あの西洋館, あの醋酸工場, あらわれたの, あれほど, あわてて, いいって, いいと, いくって, いくら出さない, いくら名, いくら用心, いちばん熱心, いったとき, いったよう, いつまでも, いつもの, いなかったとき, いなくて, いのちは, いまくる, いまニコニコ, いま見, いやだ, いよいよ酒, いると, うった無電, うらやましくなっちまう, おしえてさえ, おすぢ, おとうさんに, おとぎばなしをひとつ作った, おとなの, おどかしたって, おどろきの, おまわりさんの, おももち, おれの, おれを, おろ, お叩頭, お父さんと, かえだま, かごとぞ, かたへと, かたへに, かつらを, かわいくなった, くるの, くれば, ここで, ここに, こころも, こしらえると, こすり附けたり, こないと, この世で, この仲間, この家, この犬, これからあいて, これまで, これまでの, これらの, こんなところ, ご本人, ご無事, さいしょ, さいしょ東洋製作会社へ, さうと, さう言, さがして, さそわれたらぼく, さっきだれか, さっき電話を, しのびこんで, しらべると, じぶん, じゃまを, すきな, すぐ出, すむや, そうし, そう答えるだらう, そこに, そこを, そのときそこ, そのまま白く, その不死身, その悪もの, その服, それまでに, そんなみ, そんな物, たって, ため, だいじに, だいて, だれか, ついて, ついてれば, つかまえて, つくったおばけ, つねに冒険, つれ出しに, ですか, とりこに, とんで, どうきめよう, どうし, どこかに, どっかへ, どんなにお, どんなに変装, どんな子ども, どんな風, なきがらいましう, なにを, なんといいのがれよう, なんといおう, のぞいたあの, のべた二つ, はいって, ばけて, ひくん, ひとりし, ひとりの, ふら, ふんだって, ぶじに, へんな, ほしいの, ぼくたちに, ぼくと, ぼくを, ぼんくらで, ぼんやりし, まず池上, またさういふと, またし, まなざしの, みんなと, もうけて, もし犯人, もらって, もろすぎた, やってこなければ, やって来るだろうと, やへ, ゆき, ゆけば, よこして, よそひし, よろこぶかと, わるかった, わるくなっ, アサヒ屋の, イタリアだ, イタリア人だったら, イタリア人であれ, コマイヌを, ショートで, スカートを, トランクに, ハア, ブルブルふるえた, ヘリコプターの, ヘリコプターを, ポケット小僧か, モスク, ライオンの, ロボットに, 一つ落とす, 一人の, 一生けんめいに, 一番ばかを, 七十歳の, 不思議な, 中学校を, 乗りたまえ, 乗れば, 二人だけの, 云った, 井上くんたちを, 井戸を, 人間いじ, 今まで, 介抱し, 代表だ, 令嬢でなかったら, 伯耆あたりに, 何者である, 余処から, 使って, 例の, 偽映, 元気の, 切れば, 勝手に, 卑怯な, 可愛う, 名, 君公ご, 周三へ, 呶鳴った, 四人の, 声を, 変な, 天狗から, 姉さんらし, 嬉しがる, 宇宙怪人に, 家には, 家へ, 富士男君を, 小林君か, 山下君の, 岩の, 帰ってから, 帰れば, 帳簿を, 幾たびも, 店へ, 座に, 廊下で, 役人に, 忠告する, 怒って, 怪人四十面相だ, 恐れて, 悪い, 悪いからね, 悪いこれら, 悪いし, 悪いと, 悪いね, 悪いよ, 悪いわ, 悪いん, 悪かった, 悪くても, 手がらを, 手に, 手を, 手塚さんだ, 払うん, 投げ縄, 拾って, 拾われたとき, 掘ったもの, 掘りあてたとおり, 探しても, 救って, 数えられて, 明智先生の, 明智先生を, 明智小五郎だ, 星こそ, 映画館へ, 昭和三年に, 昼ごろ裏門の, 昼間変装を, 有名な, 木々の, 来て, 来るなと, 楽な, 楽屋に, 歌は, 止めたけれども, 正しい, 武家に, 死ななくちゃ, 死んだと, 殊勲者だ, 気づきさえ, 求むらん, 泣きだした, 泣く夢, 泳ぐやう, 活動を, 浅草公園の, 温まるので, 無理に, 牢屋へ, 犯人でない, 玄関の, 現在どこに, 生きて, 男の子だった, 発見し, 皆からの, 監禁された, 目を, 相川泰二君という, 着て, 石膏像を, 空気男の, 篠崎家の, 籠を, 粥を, 紀久ちゃんと, 級長だ, 細い糸, 老紳士, 聞いた暗号, 背中に, 自分でも, 自動車の, 花岡さんを, 芸術家きどりだっ, 茶釜の, 草木を, 蛭田博士か, 蛭田博士に, 行くならわたし, 行ったこと, 裏の, 見たとおり, 見たの, 見つけたん, 見つけだして, 言ったふたつ, 警官に, 警察では, 買って, 賢二君です, 車で, 車を, 近づくと, 追跡する, 逃げだしさえ, 逃げると, 透明人間に, 透明人間第, 通して, 連れて, 進みたがると, 遊んで, 適当だ, 部下に, 金庫の, 金魚屋に, 釣ったかね, 鉱山に, 銀行に, 隅田川であった, 階段を, 隠岐へ, 震えはじめたところ, 頬ちかく, 食べなけりゃわたし, 食堂の, 駅へ, 魂に, 魔人さまを, 魔法使いなら, 黒川や

▼ きみたち~ (316, 6.8%)

7 はおれ 4 におもしろい, のおとうさん, の仲間, はこの, をここ 3 と同じ, のよう, はその

2 [25件] がおれ, がここ, がこの, がびっくり, といっしょ, とおんなじ, にはそう, にも見せ, に見せ, のうた, のうち, のすぐ, の探偵団, の目, は, はあの, はいったい, はここ, はそれ, はぼく, はまだ, はもう, はよく, は知るまい, もいっしょ

1 [230件] ありがとう, いいかい, いたぞ, うまくだまされた, があるきだし, がいくなら, がいっし, がうまく, がおとなしく, がかわいく, がこんなに, がさがす, がどんな, がどんなに, がぼく, がまんまと, がみんな労農党, がやぶらなけれ, が出発, が後悔, が知恵, が空, が落とした, が見のがし, こそうらみ, こそ引っ込ん, この奇術, この近く, ごくろう, ずっとここ, せいぜいおよぐ, そのお, そのたる, そんなこと, ではどうにも, という証人, とおなじ, とけふあふこと, との間, と約束, どうです, にある, にいっ, にげいを, にこの, にさせた, にじゃま, にたのみたい, にちょっと, につかまった, にはいつか, にはおとうさん, にはしばらく, にはぜったいに, にはつかまらない, にはどう, には弁当, にひどい, にもよく, にらんぼう, にわたす, に奇面城, に相談, に知らせる, に見, に見せる, に見やぶられ, に頼もう, の, のあと, のおかげ, のおどろき, のおもちゃ, のくる, のこと, のさがし, のつかまえた, のところ, のなか, のはたらき, のびっくり, のほう, のほか, のほんとう, のまけな, のみかた, のもの, の人数, の仇, の仕事, の先, の先生, の写真, の制服, の力, の勇敢, の勝ち, の命, の団員, の夢, の大, の姿, の尊敬, の巨, の常識, の慰労会, の手, の昔, の時代, の気持, の生活, の知らない, の考え, の自業自得, の行く, の運転手, の部屋, の都合, の間, の顔, はあいつ, はあたたか, はあっち, はあと, はあぶない, はいつも, はいまそこ, はお, はおとなみたい, はかわいそう, はこの間, はさっき, はじつに, はずっと, はぜったいに, はそいつ, はそこ, はそれでも, はただ, はたった, はだれ, はときどき, はとりこ, はどう, はどうも, はどこ, はひとり, はびっくり, はふたり, はへん, はま, はまっくろ, はまんまと, はもう二度と, はもっと, はもと, はやくからだ, はやっぱり, はやはり, はらせん階段, はわし, は万物, は事件, は人, は人ごろ, は何者, は僕, は六人, は勇敢, は名, は四十面相, は夜, は大丈夫, は学生, は小林, は少年探偵, は川岸, は早く, は明智明智, は昨夜少年たち, は泣い, は物, は犯人, は皆, は皆後悔, は知らない, は自動車, は花岡君, は蟹科, は道しるべ, は金, は隅田川, は駄目, は魔法, もうだいじょうぶ, もおばけ, もすぐ, もその, もぼく, も出あわなかった, も悲し, も目だたない, も聞い, も見, よりもまえ, をこれから, をさがし, をだしぬいた, をだます, をつかまえた, をとかす, をとっ, をどうも, をな, をにがす, をのん, をひっとらえ, をまもっ, を人質, を助けだす, を呼ん, を安心, を待ちかまえ, を思う, を招待, を救いだす, を殺しやしない, を船, を迎え, 気づきませんでしたか

▼ きみ~ (215, 4.6%)

4 ここへ, とって, 待って

2 [16件] かえして, ここまで, さらって, その部屋, にくんで, ひっぱって, ひどいめ, びっくりさせる, まって, アッと, 前に, 助けに, 大事に, 好いて, 捨てて, 追っかけて

1 [171件] あっと, あの老人, いじめすぎたかも, いたてまつると, いつか気の, いまその, うち打擲なさる, うで, おそろしい機械部屋, おどかすつもり, おどしたり, おなだめ申しあげ, おもしろいところ, おもひで, お側室さまに, かどわかして, かどわかすつもり, ぎくっと, こうし, こうして地, この部屋, こらしめたまでさ, これからおもしろい, ころしは, ごまかすこと, さらったわけ, して, しばって, しばる手数, しんようし, じゆう, すくいだしに, そこで, その地下室, たすけだしに, たすけだすの, たすけに, たたえた古, つかまえたこと, つかまえて, つかまえようと, つかまえるようい, つかまえる用意, つき出されたり, つれて, とらえて, とらえること, とらえるため, とらえるとき, とらえるの, とらえる気, とりこに, どうしよう, なぐったの, なぐると, なにより, ひきとめこの, ひきわたすの, びっくりさせよう, ふくろ, ぶじに, ほうぼうひっ, ほめて, ほめるの, ほんとの, まぜて, またも, まひさせた, むかえに, むすべるもの, もうこの, もって, やつさせて, やつして, やつすといふ, ゆるすこと, よろこばすこと, わしの, クイーン・メリー号と, サーカスに, ジロリと, バラバラに, バルブレンの, 七日から, 中村捜査係長に, 人間なみに, 他所へ, 代って, 何とか小説, 作った針目博士, 侮辱したくない, 保護しよう, 信州上田の, 信用した, 傷つけたり, 入れた, 入れる用意, 円盤の, 初めてこの, 初めて見た, 助けだすよ, 助けて, 助けるに, 助けるの, 勾践に, 呑みこんで, 呼び寄せました, 呼んだ, 土藏の, 守って, 守護した, 安全な, 崇めて, 崇拝しちゃった, 巡回裁判に, 弄んで, 引っ張りだす役目, 引つ捕へて, 待ちかまえて, 待ちぶせして, 愛して, 打ったり, 指し, 捜し当てて, 据えて, 掌から, 攻撃する, 救いました, 旦那さまとして, 明日にかけて, 時計に, 殺さんとても, 殺して, 殺すと, 渡りまで, 無理に, 燒き, 玄関まで, 王様より, 生かすため, 病気に, 睨みつけた, 空から, 見あやまって, 見つけた, 見て, 見わけること, 見捨ては, 訓練し, 試験し, 語ろう宮方, 警備軍へ, 警官の, 警察に, 警視庁へ, 護りたてまつるよう, 負傷させた, 責めて, 責めやしない, 賢二だ, 賣り込んだ當時, 返して, 退校させる, 連れ帰ろうと, 逮捕する, 選挙した, 部屋の, 雇って, 離したくない僕, 食わせて, 飽きること

▼ きみ~ (214, 4.6%)

3 笑って, 見せるもの

2 [11件] おもしろいもの, ききたいこと, きめたとさ, しては, なって, ならびて, まかせる, 取つて, 相談が, 見せようと, 迷惑は

1 [186件] あいたいと, あうとき, あげますよ, あげようと, あげる, あずけて, あずける, あずけるよ, あった, あべこべに, あわなかったとき, いって, いろいろ見せたい, いわなきゃならんの, うってつけの, うら, うらみが, うらみだって, おくらむ, おくらん, おしえて, おしえること, おねがいが, お目, お風邪, かかっては, かがやいて, かぐへる, かわって, かんじましたしかし, きくが, きくがね, きらめいて, くぎづけと, ここで, さかなを, さしずされるおぼえは, さんざんひどい, したよう, してからが, しばられて, じゅうぶん食べる, するどい目, ぜひき, そういう危険, そと, それが, それだけの, た, たえないと, たぐへるかの惑星, たのまれたと, たのみが, ちょっとおもしろい, ちょっと言っ, ついて, つかまらないよう, つかまるとでも, つかまるとは, つきまとって, つづいて, つめたいの, つれが, できないよ, とぐろを, とっちゃ, ないはず, なぐられるよう, なにか心あたり, なにを, なんの, ぬッ, のみこめないの, ひきわたすまでは, ひとつたのみたい, ひどいめ, びしひかりもて, ぶっつかった, へんな, ほれこんで, ぼうっとあかり, まいに, またたいて, また来られ, めいわくが, やられたが, やられちゃったよ, やる, やるの, わかって, わからせるため, わからんの, わかりますか, わかるかい, わかるかね, わかるん, わたす必要, わらいました, ウヰスキーの, ドレミファを, ポストへ, レコードを, ヴァイオリンを, 一つ重大な, 一働きし, 上げたらおじさん, 会いたいの, 会いたかったでしょう, 会いたがって, 会いたくて, 光って, 光る目, 内証話が, 動くカーテン, 反物を, 取次ぎは, 合わせる顔, 命じて, 変わった死に顔, 大役を, 妖, 学資を, 害を, 家中の, 對する, 就ては, 復讐が, 微笑し, 忠なる, 忠告する, 思うほど, 思ったかは, 悪意なんぞを, 感じました, 懐いて, 手がらを, 抜けられては, 持って, 放火犯人の, 書いて, 會は, 會ふ, 来いと, 来て, 案内を, 注意し, 漂ひながれ, 用は, 白く光る, 相談したい, 相談しよう, 知らせて, 知られたくないのでね, 笑いながら, 笑いました, 聞かなくても, 聞きたいこと, 聴え, 腕だ, 薄暗いあかり, 見せたいと, 見せたいもの, 見せて, 見せるわけ, 見て, 解るかい, 言っただけの, 言ったって, 訊いて, 詫びる, 話したいこと, 話したの, 調へ, 豆腐を, 起されて, 返すと, 逢った時, 連れられて, 邪慳でも, 金庫を, 開扉を, 電話で, 青ざめた無表情, 音楽の, 頭が, 鬼気迫るほこらのうしろです

▼ きみ~ (154, 3.3%)

11 音が 5 声で, 笑いを 4 姿を 3 笑い声が, 笑い声を, 音を 2 声は, 思いを, 歯車の, 長い足, 音でした, 顔を

1 [108件] いたずらは, うえに, かっこうで, くらいな, くらいにゆうぜんと, くらいに物静か, くらい穏やか, こうもり男が, こうもり男です, ことか, ことが, ことだ, ことでしょう, しわがれた声, その一カ所, その脅迫状, つるを, できごとで, なぞの, なりに, にらみあいが, のも, のを, はばたきの, ばけ, ひくい声, ふくしゅうの, ほどにもさえざえと, ほど婬, まねを, ものが, ものだった, ものでしょう, ものです, ものに, やつは, やつを, ような, よろよろ犬, わら人形を, 一軒家でありました, 不愉快な, 事件が, 五ひきの, 五本の, 人造人間が, 光を, 光景と, 八本の, 出来事と, 反響を, 口で, 口に, 口を, 境内を, 声が, 声に, 声を, 大トカゲの, 妖虫の, 姿が, 姿な, 島の, 形の, 怨念でもが, 怪老人が, 悪魔の, 手の, 月の, 機械人間や, 殺気に, 水かきの, 沈黙が, 洞窟の, 無人の, 煙突で, 物音が, 猛獣の, 男に, 白い顔, 相好に, 穴の, 空気が, 笑い声は, 粘液を, 紳士の, 羽の, 老人が, 職業は, 蛭田博士と, 話だ, 足を, 踊りを, 銀色の, 雪踏の, 静けさ, 静寂であった, 静止と, 頭全身を, 顔です, 顔に, 顔の, 顔金色の, 骸骨男は, 魔人の, 魔法博士の, 鳴き声たてながら, 黄金の

▼ きみ~ (124, 2.7%)

9 知って 5 いっしょに 2 おれも, ついて, ぼくも, よく知っ, 運の

1 [100件] いい気な, いつかこの, いつまでも, いとわずずかずか, いまに, うかつな, えらいぞ, おそろしくて, おのみ, おぼえが, かけて, かまわずに, かわいそうな, くたびれるだろう, こしらえたの, こどもを, さかなの, すっかり知りぬい, すっかり聞い, せずに, せずゆっくり, ぜひきたまえ, そうだ, そこから, そのまま答えたまえ, それには, それを, ぞんがい知恵, とんだやぶへび, どうか, なかなかうぬぼれ, なぐったかい, ばかだ, ひょっとしたらあいつ, ふしぎな, ぶきみ, ほらあな, ぼくへ, またまこと, みだれて, もうどうする, もしあの, もっと深く, やって, やっぱりその, やっぱりまたいたんだ, やはり喉, やはり囚人, やる気だった, よく勉強, よく心, わかって, わしの, カンニングを, シッカリ, 一生懸命だった, 云つたように, 住吉神社の, 便所かい, 僕が, 僕の, 共犯者だった, 出すか, 出ない方, 勝ったじゃ, 名まえ, 土地じゃ, 堪忍し, 外から, 夜すがらお, 学生だ, 小林も, 帰りたいなんて, 恐れず近, 悪人の, 意外だったろう, 手つだうか, 新聞で, 明智には, 来る, 来るつもり, 正体を, 正成どのも, 獣説か, 知ってるよう, 神経が, 立ちどまって, 笑うね, 緑ちゃんも, 考えたもの, 聞いて, 若いくせ, 行くが, 見おぼえが, 見かけに, 謝まれ, 長男だ, 陰険で, 食へ, 鬼に

▼ きみ~ (87, 1.9%)

6 周三は 4 周三を 3 ぼくと 2 いっしょに, よみ, 同じやう, 細井と, 話して

1 [64件] いっしょには, いひける奈良法師, おなじよう, おなじ顔つき, お父さんとの, きみの, くま, しろみ, しんじゅうする, じゃ勝負, すると, そこに, そっくりな, たたかうつもり, ちょっと話, つきあって, どうだ, ながれん, ばあやと, ふたりだけの, ふたりで, ぶつかる毎, ぼくとで, ぼくとは, よくにた, コックに, ドノバンと, ブルと, 下男の, 仮名を, 仲よしに, 何やらこそ, 友だちに, 口を, 同じこと, 同じよう, 周三に, 周三の, 周三へ, 周三も, 呼んだ, 小学校からの, 山ノ井を, 恋仲に, 松村君に, 歩みし, 現実の, 石川君とで, 祈らば, 私で, 約束した, 約束する, 細井君と, 結婚を, 絶交だ, 親友でありたい, 言うたの, 計算の, 話が, 話すこと, 話そう, 遊んでばかり, 阪井とは, 骸骨男とは

▼ きみには~ (41, 0.9%)

2 それが, 想像も

1 [37件] いったいそんな, うてないの, うまい計略, お兄様の, かぞえきれないほど, かんたん, この密室, ご両親, しばらくここ, すぐ手品, その見, それも, できない仕事, どうか, ふみちやんの, まだもっとでっかい恐ろしい, わかって, わからないかい, わからないの, わしの, わたせませんね, シャツ二枚と, 何もかも話し, 判らないこと, 少しお気, 少しの, 当り散らすお, 済まないこと, 無理にも, 用は, 知らせるわけ, 答えて, 細川, 親切心が, 話して, 負けない, 連盟の

▼ きみ悪く~ (38, 0.8%)

4 ニヤニヤと, 笑うの 3 なって, ニヤリと 2 笑って

1 [22件] いつまでも, うごめいて, うねって, かがやかせ赤黒い, かんじた, さえ思われます, さえ感じました, さえ感じられました, そびえて, なりましたが, のぞいて, は思いました, みえて, キラキラと, 光りました, 思いました, 眺めて, 笑いつづけるの, 笑いました, 答えました, 聞こえて, 雲間に

▼ きみ~ (32, 0.7%)

2 は農夫

1 [30件] がそんな, が他日, が知ってた, だけ上陸, といっしょ, にはにあわん, には価値, の云う, の仲間, の動静, の工場, の洞穴, の考え, はいかん, はいつたい, はつごう, はどう, はなに, はなまけ, はぼくら, はボート, は不用意, は共同便所, は夷狄, は手, は春, は浅薄, を発見, を胸, 痩せたる知識人

▼ きみにも~ (20, 0.4%)

1 [20件] あいつの, あえないだろうね, あとで, あやまる, いろいろ不幸, いわないで, だいたい察し, なにかいい, にあわないいや, にあわないこと, やっぱり病気, わかっただろう, わかって, わかる, わかるとき, 一つぼくの, 見えるでしょう, 見せて, 見せるがね, 話して

▼ きみ~ (18, 0.4%)

42 といっ

1 [12件] から言わない, から話す, か何だか, きみが, ちの間だけで, という, と云う, と思いこん, と思っ, ね, わ, ッ

▼ きみから~ (17, 0.4%)

1 [17件] あやまって, おとうさんに, さきに, さしずは, そのこと, それを, たのんで, もらえれば, 云って, 先へ, 恐怖に, 搾取した, 教えられた, 椀の, 直接取れなくなる, 見たら図体, 話が

▼ きみ~ (16, 0.3%)

4 さに, そうに 2 さです 1 がって, さが, さという, さは, さよりも, そうな

▼ きみ~ (13, 0.3%)

1 [13件] が先, におそわれるだろう, にもう, にもひるまず, に人々, に初め, に立ちすくん, はそれ, はちょっと, は全, は想像, ものすごさ, を感じる

▼ きみ婆さん~ (13, 0.3%)

1 [13件] お直婆さん, から教えられた, だった, と同じ, にはそれ, に打ち明ける, に教えられた, の口, の声, の言葉, はいつも, は昔大阪, もおおげさ

▼ きみだって~ (12, 0.3%)

1 [12件] いつまで, おれ以上に, ことを, ぬけめ, ぼくの, プラーグじゃ, 出たろう, 去年の, 自分の, 行かなければ, 説明を, 遅刻に

▼ きみこそ~ (11, 0.2%)

2 用心する 1 いやあなた, しんぼうが, だれだ, ひつこん, ようじんする, 偽映, 助手に, 理屈を, 金属

▼ きみ~ (11, 0.2%)

2 づかへ, ぼくは 1 かなの, その季節, ぼくよりも, 幾多の, 手前の, 明智先生に, 知るらむ

▼ きみ自身~ (11, 0.2%)

1 [11件] が二十面相, が宝石, が頭, さえわし, でしょうこだてた, で公表, のこと, のため, の前借, はさだめし, までとりかえし

▼ きみさん~ (10, 0.2%)

1 て仰っし, という娘, とても姑, と二人, の書状, は名誉, への返事の, もおのれ, より同日, を外

▼ きみきみ~ (9, 0.2%)

1 が中学校, だけじゃない, に解る, の塾, はこいつ, はだれ, はぼく, まだなかなかかい, もぼく

▼ きみひとり~ (9, 0.2%)

1 が第, だけで来る, でかい, でこんな, ではありません, ではしんぱい, でやって, で其処, になる

▼ きみここ~ (8, 0.2%)

2 のうち 1 はお化け屋敷, はどこ, は隅田川, へきたまえ, へ来, をあけた

▼ きみどう~ (8, 0.2%)

2 したん 1 おもう, したんだい, する, するの, すれば, だ

▼ きみ~ (8, 0.2%)

5 言つた 1 よくそんな, 男子太一郎ハ摂, 言ひ掛けた

▼ きみ悪い~ (8, 0.2%)

1 が無数, ものが, ものを, 化け物の, 場面が, 感じである, 穴ぐらの, 笑を

▼ きみたちふたり~ (7, 0.2%)

1 だけじゃない, のうち, のずるい, はあと, はその, をこれから, を裏口

▼ きみちょっと~ (7, 0.2%)

2 ここへ 1 かわって, こちらへ, そとを, はいって, 頭の

▼ きみとは~ (7, 0.2%)

1 おなじ立ち場, こちらに, ダンチだって, 七八人の, 別れまいね, 頭が, 黙って

▼ きみこの~ (6, 0.1%)

1 うえない幽霊風, ことを, 女の, 綱の, 自動車を, 部屋で

▼ きみたち三人~ (6, 0.1%)

1 が飛行機, にこの, にだけ打ち明け, に相談, はこの, を相手

▼ きみという~ (6, 0.1%)

1 ひとは, 人間が, 娘が, 小間使は, 曲芸師が, 材料が

▼ きみより~ (6, 0.1%)

2 ほかには 1 うまいかも, さきに, すこしあと, 若いひと

▼ きみ~ (5, 0.1%)

1 あるいはドノバン, きみの, どうだ, どの比類, 品が

▼ きみその~ (5, 0.1%)

1 かつらを, へんに, 仮面を, 制服は, 声は

▼ きみとの~ (5, 0.1%)

1 ま, 知恵くらべ, 立場が, 立場も, 話も

▼ きみとも~ (5, 0.1%)

1 あろうもの, しばらくだった, ぶきみ, もうおさらば, 思わなかったの

▼ きみなら~ (5, 0.1%)

1 ちょろちょろと, ば大じょうぶ, わしと, 口惜し泣き, 親分は

▼ きみぼく~ (5, 0.1%)

1 にはよく, のカナリア, はお, はさっき, は考えたい

▼ きみょうな形~ (5, 0.1%)

3 をした 1 の葉, の馬車

▼ きみあの~ (4, 0.1%)

1 おまわりさんあやしい, まんなかに, 花なんだか, 豹を

▼ きみかげ~ (4, 0.1%)

2 さう 1 そう, そうやかたくりの

▼ きみだけ~ (4, 0.1%)

1 でなくきみ, とけた靴, 及第し, 色が

▼ きみちやん~ (4, 0.1%)

1 なんかの働く, の大事, は奧, もあゝ

▼ きみっ子~ (4, 0.1%)

1 が逃げ, と吉太郎, は, を殺す

▼ きみのて~ (4, 0.1%)

1 がらだ, がらは, がら話を, きの

▼ きみばかりじゃ~ (4, 0.1%)

4 ない

▼ きみまで~ (4, 0.1%)

1 だますとは, ふるえて, やっつけられると, やられるよう

▼ きみみたい~ (4, 0.1%)

1 なヘボ探偵, な人, にやはりぽかんと, に前

▼ きみ~ (4, 0.1%)

1 ちいったい, ちへ, とこの, ところなんか

▼ きみこれ~ (3, 0.1%)

1 が考えられず, をあげる, を見

▼ きみさき~ (3, 0.1%)

2 にはいれ 1 に乗りたまえ

▼ きみそんな~ (3, 0.1%)

1 ことは, ことを, 外力を

▼ きみたち少年探偵団~ (3, 0.1%)

1 の団長, の手, の目

▼ きみだった~ (3, 0.1%)

1 ねえ, のか, ものです

▼ きみ~ (3, 0.1%)

1 あらう, さだ子の, スッカリ気を

▼ きみとが~ (3, 0.1%)

1 両が, 半分ずつ, 話を

▼ きみどこ~ (3, 0.1%)

1 にかくれ, へゆく, へ行く

▼ きみなんかに~ (3, 0.1%)

1 だまされやしないよ, つかまるほど, とらえられるほど

▼ きみにとっては~ (3, 0.1%)

1 いちばんおそろしい, なんでも, 満足される

▼ きみはい~ (3, 0.1%)

3 まさず

▼ きみ~ (3, 0.1%)

2 さそうに 1

▼ きみ一人~ (3, 0.1%)

1 いたまえ, で小, のため

▼ きみ~ (3, 0.1%)

1 なきほ, に生きる, を難

▼ きみ懐中電灯~ (3, 0.1%)

1 もってたの, をもっ, を照らし

▼ きみ~ (3, 0.1%)

1 にそそりたる, に聳えたる, に見え隠る

▼ きみあれ~ (2, 0.0%)

1 が聞こえない, は冗談

▼ きみいったい~ (2, 0.0%)

1 だれな, どこへ

▼ きみいま~ (2, 0.0%)

1 の見た, の話

▼ きみくれ~ (2, 0.0%)

2 なゐ

▼ きみこわく~ (2, 0.0%)

2 ないの

▼ きみさえ~ (2, 0.0%)

1 いなければ, 粥の

▼ きみさと~ (2, 0.0%)

1 いいしかも, いったらない

▼ きみじゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, よ

▼ きみたいへん~ (2, 0.0%)

1 だ, だよ

▼ きみたちいま~ (2, 0.0%)

1 の金色, の魔術

▼ きみたちおれ~ (2, 0.0%)

1 が海, をつけ

▼ きみたちのち~ (2, 0.0%)

1 えとゆうき, えを

▼ きみたちぼく~ (2, 0.0%)

1 のまわり, をなぐっ

▼ きみたちみたい~ (2, 0.0%)

1 なの, にただ

▼ きみたちみんな~ (2, 0.0%)

1 ずいぶんおなか, で助け

▼ きみだけが~ (2, 0.0%)

1 見やぶったの, 魔法つかいだ

▼ きみだけじゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, ないさ

▼ きみちゃん~ (2, 0.0%)

1 さよなら, とは私

▼ きみ~ (2, 0.0%)

1 すりと, はくりかへ

▼ きみてえ~ (2, 0.0%)

1 になあよ, に目

▼ きみでございます~ (2, 0.0%)

2

▼ きみです~ (2, 0.0%)

1 から小林君, ね

▼ きみでなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばだれ, ばできない

▼ きみでも~ (2, 0.0%)

1 あつた, ない

▼ きみどうか~ (2, 0.0%)

1 して, ぼくの

▼ きみなに~ (2, 0.0%)

1 もいない, もそうビクビク

▼ きみなん~ (2, 0.0%)

1 にももら, の用だったい

▼ きみなんかの~ (2, 0.0%)

1 ように, 手に

▼ きみのうで~ (2, 0.0%)

1 まえで, まえには

▼ きみのぶ~ (2, 0.0%)

1 かだった, かにばけ

▼ きみはぶ~ (2, 0.0%)

1 じで, じに

▼ きみばかり~ (2, 0.0%)

1 だ, では

▼ きみほど~ (2, 0.0%)

1 ふるえなかった, 悪徒

▼ きみまだ~ (2, 0.0%)

1 しらないの, そんなこと

▼ きみゆか~ (2, 0.0%)

2

▼ きみよく~ (2, 0.0%)

1 ねられたかい, 思った

▼ きみらしく~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ きみ今日~ (2, 0.0%)

1 だけ一つ生蕃, は横光利一

▼ きみ~ (2, 0.0%)

2 に息づく思へ

▼ きみ~ (2, 0.0%)

1 なるはや, をたてた

▼ きみ少し~ (2, 0.0%)

1 ずつわかっ, 密談が

▼ きみ~ (2, 0.0%)

1 にかくれ, の蝉

▼ きみ悪き~ (2, 0.0%)

1 墓場, 怪物

▼ きみ~ (2, 0.0%)

1 にうやうやしく, にすがり

▼ きみ早く~ (2, 0.0%)

1 かくれたまえ, こつちを

▼ きみ~ (2, 0.0%)

2

▼ きみ考え~ (2, 0.0%)

1 てくれた, てみた

▼ きみ自分~ (2, 0.0%)

1 でいけ, でドア

▼ きみ行っ~ (2, 0.0%)

1 てはいや, て子供

▼ きみ見つけた~ (2, 0.0%)

2

▼ きみ~ (2, 0.0%)

1 が逃亡, はもつ

▼1* [302件]

きみあいつは人間, きみあけぼののごとく坐る, きみあしの, きみあっちをさがし, きみあまり変な, きみあんなにたくさん証拠の, きみいいもんあげよう, きみいそいで課長さん, きみいちどためしにやっ, きみいってこい, きみいつからこの, きみいまここへ豹, きみいま何か言いやしなかった, きみうちの電話, きみえらかったぞ, きみえんりょしないで眠りたまえ, きみおどろいてはいけない, きみおんみずからこのん, きみお手数ですが, きみお母さんにぼく, きみお父さんがある, きみかなきみは, きみかまわないから小林少年, きみからのよい知らせ, きみがべにありなんもの, きみきたない講堂だろう, きみきたらずばわが, きみきみすてきなもの, きみきみぼくはお, きみきみ助手が見, きみきみ雀を打ち, きみきわまりないあの目, きみきわまる怪談の, きみぎりの入, きみくるすなり, きみぐらいの技術と, きみけしを, きみひの, きみこう言っちゃ, きみこころの花, きみこぶしを血, きみこわいの, きみごまかそうとした, きみさっそくやって, きみさまの袴, きみさん同様の迷, きみ人の, きみした主人の, きみしっかりして, きみしらべ室を, きみじつとしてゐる, きみじゃあなかった, きみすこしちがって, きみすてきなもの, きみすばらしいだろう, きみすまないがね応接間, きみすると勝てる, きみずるいよ, きみそいつが何者, きみそこの床の間, きみそれあまったく, きみそれならそうと, きみようで, きみたちここへおいで, きみたちこれをどこ, きみたちしょうねんたんていだんとち, きみたちそいつを自動車, きみたちそれどうしてもっ, きみたちなにをグズグズ, きみたちひとつ中へはいっ, きみたちびっくりするぜ, きみたちふたりきりでそんな, きみたちチンピラ探偵のため, きみたちビックリして, きみたちヘリコプターにのっ, きみたちマユミさんと俊一君, きみたち二ひきはかわいい, きみたち二人はこの, きみたち前へ出, きみたち勇気がある, きみたち十一人はこの, きみたち千人私はひとり, きみたち失礼して, きみたち子どものくせ, きみたち救援のこと, きみたち明智を牢屋, きみたち明智先生にご, きみたち有楽町のガード, きみたち相川泰二君のお, きみたち記者諸君はたしか, きみたち豹はどこ, きみたち阿媽しばらく, きみたとえばこのとおり, きみたのみがある, きみたのむからねぼく, きみだけで沢山だ, きみだけは別に, きみだしてきた, きみだしたくないからね, きみだめだよ, きみだり見つ, きみだる葦の, きみだれだって自分, きみだろうぬすんだのは, きみちっとここへ, きみちゃんおいでよこれ, きみしあんじ, きみつかまえてくれ, きみつかれたのかい, きみつかれてるんだ, きみであるのに今, きみでしたから推断, きみでなくなろうとし, きみといふ女です, きみとしてはぼくには, きみとぞいうべき覆溺, きみとて生身で, きみとでかわりあって, きみとなどと結婚を, きみと共に二月二十五日に, きみなおもいに背中, きみなし兒は, きみなぞこも, きみなぞは力が, きみなぞもこちらさまへ, きみなとんがった口, きみなひめいがおこりました, きみならできるかもしれない, きみなろう仮面だった, きみなわめき声と, きみなんかその娘ッ子, きみなんかといっしょに, きみなんかよりずっと料理, きみなんかを近よらせる, きみにじゃまされて, きみにだけどうしてその, きみにだっていいはず, きみにとってたいへん損, きみにゃこれ, きみにやにや卑しく笑っ, きみによりにしものを, きみに対して今は, きみに対しても汗が, きみに対する謀反では, きみのけはひ, きみのちえを, きみのに暴力を, きみのやしきを, きみのりくつにあっ, きみのれるを人, きみはかたわ, きみはじぶんを美しい, きみはたうとう言, きみはな貧乏を, きみはぶきみにつづい, きみはへいきな, きみひとつやって, きみふたりで一緒, きみふつうの地下室, きみへにおつか, きみへのお礼は, きみほら綱は, きみぼくらにはなん, きみまだなかなかかい, きみまちがたに, きみもうちゃんと犯人の, きみやっぱり懐中電灯を, きみょうに思われた, きみょうともふしぎともいいようのないかたちをしてどれもダイヤモンド, きみょうなさけび声, きみょうなうなり声をあげる, きみょうなか細い声, きみょうなかたちのやねがいくつも見え, きみょうながあがあいうささやき声のよう, きみょうなことがおこりました, きみょうなことに登るとき, きみょうなことにわたしたちはなに, きみょうなさけび声を戸口, きみょうなたてものの前につきました, きみょうななき声をたて, きみょうなものがスーッと, きみょうな国にとびこん, きみょうな顔をした, きみよい悪党ばらの, きみよりは知恵が, きみらしくないよ, きみらふたりは幼年組, きみかも, きみわかっているだろう, きみわざを知り, きみわしはとにかく, きみゐでら, きみをはだかに, きみをも子分に, きみを以て天子と, きみァボルな, きみの胸, きみィ応援するの, きみッ子が逃げ, きみニュウトンは物理, きみバッジもってるかい, きみブルに勝つ, きみボートは危険, きみランニングも三回, きみリアルというか, きみロヴェスピエルが瞳, きみ一つ目小僧じゃなかった, きみ一人こっちへ出たまえ, きみ一度東京へ, きみ三十スーもうける, きみ三日月パンがほしい, きみ二十面相の親分, きみ五郎さんとかいった, きみその全部, きみ人ちがいだよ, きみ人形なん, きみ今度一番だってね, きみぞ, きみ以上の魔法つかい, きみひの, きみ何かとつて食べた, きみ傷口の血, きみが勝った, きみのよう, きみ六か月たつと, きみ冗談じゃない, きみ写真とったの, きみ分ってくれた, きみ助手が見, きみ叱られやしないかい, きみ呼び子を吹い, きみ呼んで見た, きみえては, きみ四十一歳祖母みよ六十四歳, きみ堀口と喧嘩, きみのうち, きみでも見た, きみ大変だぞ, きみ天野勇一君ですね, きみも傍ら, きみ子どもの眼力, きみ学校は何年生, きみ安心して, きみ寒気でもする, きみのわらべ, きみ小山今度の妻, きみ帰っちゃ困る, きみ幸福だ財産, きみ幸運の黒子, きみ店員だってさぞや, きみにかなしみ, きみ廊下を見, きみって連れ, きみ待つ春の, きみ後醍醐の崩御, きみ自身が, きみ悪い白い塔が, きみ悪かったが, きみふ, きみ手伝として来, きみ戻って, きみ来ませ婿に, きみ来られない由, きみ来り訪ふ, きみ校長はこわい, きみ様事東京女子師範学校中の高等女学校, きみを歌い, きみをつけなきゃいけない, きみ気持ちを悪く, きみとを食, きみ決してそうじゃない, きみ沿岸の日本人間, きみ活動へゆかない, きみに言う, きみと人間, きみ犯人は逮捕, きみ異状はなかっ, きみをひやし, きみかわらず頼むよ, きみ知っている, きみ社会が正しい, きみ祖母がかえる, きみ神さまにおいのり, きみ私めかわっても, きみ素晴らしい性能だ, きみ線香それぞれの供, きみ聞いて來, きみ至極なの, きみを飾った, きみ芳野の水分山, きみ言えど, きみがあっ, きみ誤解しちゃ, きみ講演てえの, きみ道ばたでアルミ, きみ遠く去るにかも, きみを打ち, きみ雌牛は一日, きみ電話だよ, きみ青い顔し, きみ飛行機じゃない, きみ黄昏のごとく去る