青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かま~ ~かみさん かみさん~ かよう~ ~からだ からだ~ ~かり かり~ かりし~ かりに~
かる~
~かれ かれ~ かれこれ~ かわいそう~ ~かわり かわり~ ~かん かん~ が~ ~がい

「かる~」 1115, 10ppm, 10341位

▼ かる~ (89, 8.0%)

5 故に私 4 ゆえに私 3 ゆゑに, 故に, 故にわれ, 故に世 2 ゆへに, 故にその, 故にわが, 故にわれ等, 故に人間, 故に尊公

1 [56件] いい, お前は, ゆえにあえて, ゆえにいま, ゆえにこの, ゆえにその, ゆえにもし, ゆえにわれら, ゆえに吉水, ゆえに愛, ゆえに肉体, ゆゑにや秋が, ゆゑに火脉は, 世人の, 如きもの, 如し, 故にいま, 故にこの, 故にもし, 故にドイツ人, 故に一本ポカリ, 故に万事, 故に人, 故に人間界, 故に傍機, 故に其詩, 故に又, 故に吾人比量, 故に啓示, 故に大, 故に奇麗, 故に始, 故に彼等, 故に御, 故に心から, 故に必要上, 故に情海, 故に或, 故に新た, 故に既に, 故に月光, 故に此, 故に此等, 故に比較, 故に無, 故に現世, 故に神, 故に自力聖道, 故に象徴的表現, 故に道義的人生, 故に霊媒, 故に霊界通信, 故に革命後, 故汝, 最期網を, 美妙という

▼ かる~ (58, 5.2%)

286 からず 2 きも, き名, く候, けん, しと, し是

1 [12件] きやに, き軍歌, き頁, く又, く後代, く御, く爾, く若し, けれども元, し下女下男, し目科, 藤筈の

▼ かること~ (46, 4.1%)

3 が出来ない, によつて 2 は決して

1 [38件] から除い, があった, がありました, がある, が多い, が度重なる, である, であろうと, ですよ, なく人間, なく明るく悩まし気, なしに, なのよ, になりました, になる, には成るまい, によつて自主的存在, に気, に無, の出来ない, の為, はちっとも, はできません, は信じ, は面白く, もなく, も出来たろう, も敢, も要らぬ, をあまり, を憚, を望む, を私, を願, 少ければ, 能わざるなり, 言放つまで, 難し

▼ かるよう~ (34, 3.0%)

2 な勢い, な音, になった

1 [28件] なけし, な云いかた, な口調, な小さな, な心持, な慎しみ, な気, な笑い方, な高い, に, にこう, にし, にしたら, にちょっと, にも感じられます, にキョロキョロ, に云った, に投げられた, に抜き足, に持っ, に旗岡巡査, に眼, に腰, に見わたした, に返事, に馳, に駈け, に駈け寄っ

▼ かる~ (30, 2.7%)

2 ん姿

1 [28件] がひろがっ, がまったく, が初め, が刻々, が残つて, だ, であった, です, で室内, と中世, と鋭さ, になっ, になった, になり, にはとても, にまず, に写る, に照らされ, に組みたてる, のみが明哲, はそれみずから類型, まぶしさ, もそなえ, を増し, を失っ, を感じ, んで町, 暗さ

▼ かる~ (27, 2.4%)

3 である, では

1 [21件] かここ, か低, か本当に, が御, が怖う, が恐い, じゃありません, だが, であった, でした, はお前, は実用的, も関, をとめ, を待っ, んが, 二役で, 口説きに, 唄と, 権利あり, 話は

▼ かる~ (26, 2.3%)

1 [26件] いけないよ, いふほどの, おもは, そこに, なりし心地, モー駄目だ, 一ペンコッキリで, 一処に, 叱られるこれ, 叱られる之, 同時に将軍, 名づけ水, 問題は, 夕餉の, 大の, 大目玉を, 彼は, 思うがね, 思つた, 沢山並ん, 浩平は, 目が, 肚を, 青ざめて, 面倒だ, 顏へでも

▼ かるべし~ (26, 2.3%)

2 と思ひ

1 [24件] これより, ただわが, ただ遺憾, といへ, といへる, とする, とぞ示しける, となり, と存じられ, と巳, と思ひし, と思へ, と曰ひつ, なんど迷ひ, もし実在, よし今日, 云々, 大ならず, 天つ, 浦山しや, 縁談すべて望なし, 色白く, 若しさ, 譬い之

▼ かるもの~ (20, 1.8%)

4 では

1 [16件] か, かと思はる, である, でこの, と云, と思ひぬ, と知るべし, にて打ち抱き, は二世, は後, は皆錚, は鑑三郎, やら見当, を, を優しく, 頗る多し

▼ かる~ (20, 1.8%)

1 [20件] とめ, とめども, やうやうに, 不審といは, 伯母は, 少しく訝し, 得ざる者, 得たの, 得べきである, 得るに, 得云々言辞は, 思ひはから, 憂ふるに, 眺めること, 笑止といは, 許さず諸君, 許し諸君, 踊つてゐる, 辞せず, 逆さまに

▼ かる~ (18, 1.6%)

2 扮し

1 [16件] あらずや, や, 及ばぬ, 土坐, 土座に, 大を, 大学の, 如かじとて, 客の, 引き易, 独り彼女の, 相違ない, 神の, 違いない, 違ひあるまい, 非ず

▼ かるはずみ~ (16, 1.4%)

2 なこと

1 [14件] ですよ, で礼儀, というもの, なる移り気, な事, にあんな, のし, の恋, の男, はなりません, らしいこと, をし, をする, を止め

▼ かるやう~ (14, 1.3%)

2 な音

1 [12件] なこと, な如何, な暗い, な調子, な静か, にいふ, にお, にこそこそ, にその, に些, に成つた, に成つたの

▼ かるかや~ (13, 1.2%)

2 のゆれ, へかる 1 おみな, そのなか, なでしこそれから, などが太い, の中, もかれ, を活ける, 秋く, 芒

▼ かる~ (11, 1.0%)

2 どもいかにも 1 あらば, あらんには, せず倉, である, とは夢, なく大, に最も, は支那日本, を爲

▼ かる場合~ (11, 1.0%)

1 [11件] がある, にこそ触り, には凡庸, には勇壮, には善行, には往々, には悪行, には無論, には直観, に猶, に稀薄

▼ かる~ (11, 1.0%)

2 な低い, に記念 1 でございますから, でなければ, な乗り気, にとどんなに, にな, になっ, に云う

▼ かる可ら~ (9, 0.8%)

41 ざること, す, ずと, ず彼, ず忠

▼ かるさん~ (8, 0.7%)

5 の男 1 のよう, を穿い, を穿いた

▼ かる~ (8, 0.7%)

3 泣いて 1 うらわかい男の, づみにながめてならぬ, やはり枕詞, 温室の, 煙草が

▼ かる~ (7, 0.6%)

2 相手は 1 ア水脈ばかり, ッ, 八, 八思ひ, 安達ヶ原の

▼ かる~ (7, 0.6%)

1 が大勢, の勝利, は押合い, は歡, は盡, を侶, を出した

▼ かる~ (6, 0.5%)

2 けんや 1 うおも, けむや, けん, けんやと

▼ かるわざ師~ (6, 0.5%)

4 のよう 1 だ, の曲芸

▼ かる信濃~ (6, 0.5%)

2 の国 1 か日本アルプス, の水, の駒, を後に

▼ かるかも~ (5, 0.4%)

1 吹きを, 知れないからな, 知れないけれど, 知れねえからの, 知れませんね

▼ かるまじ~ (5, 0.4%)

3 力を 1 と安心, と思われ

▼ かる~ (5, 0.4%)

1 かさの, かなる, かにへんじ, かに返辞, きまたは

▼ かるわざ~ (5, 0.4%)

2 の曲目 1 のよう, の股引, をやる

▼ かる勘平~ (5, 0.4%)

3 の道行 1 あるいは鳥追い, や権八

▼ かる~ (5, 0.4%)

2 ありて 1 にあらね, には暴風, の苦

▼ かる~ (5, 0.4%)

1 でぶつかり, で虚, なれども, なれば, をも一見

▼ かる~ (5, 0.4%)

1 あり, は智, もありやしません, もなく, も少く

▼ かるそう~ (4, 0.4%)

1 なそして, なと, な洋, に散っ

▼ かるところ~ (4, 0.4%)

1 でした, でないよう, なきまでに, なくし

▼ かるとも~ (4, 0.4%)

1 なおわれ, ゆめに, わがうた, わが口われ

▼ かるらし~ (4, 0.4%)

1 も, 日を, 眞木山や, 真木山や

▼ かる~ (4, 0.4%)

1 ざぞくすしき, ざをやるつもりかい, ずに, せる

▼ かる有様~ (4, 0.4%)

1 でありますから, では最早, で欧羅巴, にては国

▼ かる理由~ (4, 0.4%)

1 あれば, がざっと, はない, を見出さない

▼ かる~ (4, 0.4%)

1 はざりし, はざる, はざる高級希望, はざる高級權利

▼ かる~ (4, 0.4%)

1 はまだ, は斯, を余りあて, を聞く

▼ かる~ (4, 0.4%)

1 の例, の果, の柱, は枯れ

▼ かる~ (4, 0.4%)

1 がし, がしました, だった, ばかりカチャカチャ

▼ かる~ (3, 0.3%)

1 どうかと, どうかという, 否かは

▼ かるかつ~ (3, 0.3%)

1 た, たよ, た山茶花

▼ かるほど~ (3, 0.3%)

1 ひよい, 小っ, 弱くでき上っ

▼ かるまい~ (3, 0.3%)

1 が踊り出した, とわたしゃ着物, と思はれるでござる

▼ かる二人~ (3, 0.3%)

2 にとつ 1 がうつ

▼ かる~ (3, 0.3%)

1 が多い, が無数, は南部

▼ かる問答~ (3, 0.3%)

2 は如何にも 1 は岐路

▼ かる~ (3, 0.3%)

1 とこの, のほう, はなし

▼ かる~ (3, 0.3%)

1 にあはれ田舎, に今日, 既に三十五日

▼ かる~ (3, 0.3%)

1 こそ真に, にも猶, を見

▼ かる~ (3, 0.3%)

1 という悪口, のものがたり, の心理

▼ かる疑問~ (3, 0.3%)

1 の何時, の生ずる, を起す

▼ かる~ (3, 0.3%)

1 になつて, や, や藤

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 ひだ乾び来し, へて

▼ かるかな~ (2, 0.2%)

2 夏過

▼ かるこの~ (2, 0.2%)

1 うつし世, 両の

▼ かるころ~ (2, 0.2%)

1 で高い, になる

▼ かるため~ (2, 0.2%)

1 にしか用, には或

▼ かるだけの~ (2, 0.2%)

1 ことなら, もんで

▼ かるに従って~ (2, 0.2%)

1 登りに, 高くなる

▼ かるべく~ (2, 0.2%)

1 候, 想はれる

▼ かるほどの~ (2, 0.2%)

1 奇観だ, 男では

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 ことの, 闇の

▼ かるまで~ (2, 0.2%)

1 何か, 自分で

▼ かるめら~ (2, 0.2%)

1 のやう, を焼い

▼ かるめら焼~ (2, 0.2%)

1 のお婆さん, を露店

▼ かるわざ一座~ (2, 0.2%)

1 で何, ばかりはさすが

▼ かるわざ師一座~ (2, 0.2%)

1 に仲間, の看板

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 だ, だがな

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 は嵯峨, を

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 にて最, に身

▼ かる事態~ (2, 0.2%)

1 から当面, はあり得る

▼ かる人々~ (2, 0.2%)

1 が悲観的哲学説, には老中間部越前守殿

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 に吉田修理亮, に居

▼ かる勢力~ (2, 0.2%)

1 を得た, を得る

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 より灌ぎ, より飮

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 にはかく, の斯世

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 なりけり寒餅, に歌

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 も, や

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 出血が, 變を

▼ かる大事~ (2, 0.2%)

1 をも夢, を思ひ

▼ かる天日嗣~ (2, 0.2%)

2 の広き

▼ かる季節~ (2, 0.2%)

2 だと

▼ かる小声~ (2, 0.2%)

2 でそれでも

▼ かる小雨~ (2, 0.2%)

2 の里

▼ かる心配~ (2, 0.2%)

1 がなけれ, は少し

▼ かる思惟言行~ (2, 0.2%)

2 が為さるる

▼ かる性格~ (2, 0.2%)

1 だから, だと

▼ かる性質~ (2, 0.2%)

2 のもの

▼ かる憂き~ (2, 0.2%)

2 ことを

▼ かる新鮮~ (2, 0.2%)

2 な透明

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 のよう, の幻

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 は我々, も引き立ち

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 がし, でそのまま

▼ かる理解~ (2, 0.2%)

1 の上, を前提

▼ かる神経~ (2, 0.2%)

1 の重, は如何なる

▼ かる美人~ (2, 0.2%)

1 は見たる, を彫刻せん

▼ かる~ (2, 0.2%)

2 もなく

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 にはあれ, よと見

▼ かる英雄~ (2, 0.2%)

1 が一国, に遇はず

▼ かる草花~ (2, 0.2%)

2 のいのち

▼ かる跫音~ (2, 0.2%)

1 がしかし, がした

▼ かる都市~ (2, 0.2%)

1 の數, を如何

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 のほそ, の大川

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 に伏在, に関白秀次

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 にも絶望, に決心

▼ かる~ (2, 0.2%)

1 の, を受け容れ得る

▼1* [357件]

かるもひ, かるかすの山, かるかというと, かるがもこおりがも, かるきぬぎぬの歌, かるけしきを, かるけだし稀なり, かるになっ, かるこそおかしけれ, かること五十歩の百歩, かること他にまさる, かること彼女達を呼ぶ, かるごとに崖, かるされどその三, かるしきがもたらす, かるしけなるを, かるなは, かるすなのじゃ, かるそれの一つ, かるたびにどど, かるね, かるだけで専らその, かるえ, かるちうのが, かるつとめを小さき, かるふ理屈, かるといふだけのものとは, かるとかいうほかには, かるときは東側, かるとき君たる者, かるところがねえとすりゃ, かるとしか受取れないその, かるなと思った, かるなり時じ, かるについて俺は, かるにより近いところ, かるので家から, かるはずみしてはいけない, かるばかりだと, かるし, かるべければ彼人, かるまじきやに思ふ, かるまやかし者だ, かるに連れ, かるえからな, かるこのも, かるもがさかり三林亡などなど, かるもんか, かるよう刻が入れ, かるよしにきこ, かるより夫婦は, かるよろよろよろ重たいゆるがぬ, かるらむ涼しとを, かるらむおもへば憂しや, かるらむ子を遊ばせ, かるらむ子供らが桜, かるらむ木枯の吹き, かるらむ馬道の, かるらめさて懲り, かるらん老が身, かるらん頃は落花, かるわが癖のけふも, かるわけじゃない, かるわざ娘は桜丸, かるをとその一筋, かるをなど方様の, かるタイプは戦後五ヶ年, かるチャンスにめぐまれた, かるハムレット的なもの, かるパッサージの, かるモチーフを生かす, かるラヂオや映画, かる一切のもの, かる三つの網代笠, かる下劣な真似, かる下心がある, かる不幸の運命, かる不祥を聴かね, かる不親切な車掌, かる世に夢中に, かる世の中に生れ, かる陛下の, かる丸井玉吾一つ先生の代理, かる主義を自己一人, かる事実の有り得べき, かる事我口より申す, かる事陛下ぞ先づ, かる二大校を有, かる互に話ヨ為て, かる些末なる事, かる人獣でも当局, かる仕事は之, かる企みを抱く, かる伝奇的な若武者, かる伝説の由縁, かる伸子と素子, かる佳品を出す, かる侘しき住居も, かる俗人の説教所開始以後, かる保守頑固の徒, かる信濃高原の朝, かる健康を得, かる偽善的な行動, かる兇暴捨ておかば, かる兇行を演ぜしめたる, かる先進國の法律, かる光明に遇, かる全能者の眼, かる六百万の婦人, かる其うち中俺等の所, かる刻限である, かるに一往, かる前後の情勢, かる創意が台湾, かるがなく, かる勇士二人までも打, かる動かし難い証拠, かる厄介者であったが, かる反抗の念, かる反目の或, かる取引に関係, かるがおん墓, かる含蓄性は今後, かるを見, かる囁きが繰返された, かる土地に対しては科学的, かる地図なからん, かる場合沈黙こそは家庭円満, かる場所になれない, かる塲合に於, かる声明文を起草, かる変体の仏出現, かるなりしならむと存じ候, かる夕彼の黒き, かる夢想の本体, かる大人の事もなげ, かる大任を御, かる大洞の面上目, かる大火を見る, かる天変地異が無い, かるの長路, かるのひと, かるもゐた, かるなる人, かるの爲め, かる姿をし, かるは容易, かるやか, かる嫉み無し, かる存在は所謂支那浪人, かる孤島の上, かる家人を尻目, かる家族の中, かる家路やいつらな, かるを何とか, かる寂寥を誰, かるや, かる狐どもが, かる屍体飜弄の事実, かる山上に測候所, かる山中に路, かる峽間の山村, かる差異が生じ, かるをも忘れん, かる平等なる經緯, かる幾重の山脈, かると爲, かる役割の人, かる彼曰く我世に望む, かる彼等は多く, かるにその, かる心ひとつを, かる快活な氣性, かるを悩み, かる思ひも感じなかつた, かる思想は外部, かる悪人を憎い, かる悪戯は果して, かる悲しさよ, かると来客, かる情景は人目, かる惡例を作つたの, かる意味の成人, かる愚劣事の真偽, かる愛国の手本, かる慎重な準備, かる目を, かる成長の過程, かる抑圧の間, かる抒情の歌, かる探求の成果, かる撞着の真中, かる政治は民衆, かる政治的関係は多く, かる敏馬を過ぎ, かるでも逃げ, かるらしさ, かる新天地の現, かる新旧のこと, かる方外の事, かる方法を用, かるにとっては前途, かる既成の形式, かる時人はどうしても, かる時代に希, かる時分だから, かる時刻である, かる時小鼻を出来る, かる時局切迫の調和機関, かる時純粋芸術が在り, かる時芸術家が否応なしに, かる時詩は猶, かる時近時の芸術, かる普請を起し, かる景色も無く, かるにはと豫, かる最中だ, かる樣と, かる条件の下, かる板屋残りなく洩り来, かるの下道, かる極東の地域, かる構図形式が西南アジア諸国, かる様子もなく, かる様式の最後, かるな小天地, かるのそら, かる機会に到着, かる機會がなほ, かるのた, かる残虐の殺人, かる民族の美, かる民族的なそしてまた, かる気儘を, かる気焔を吐かしめる, かる気遣いはございません, かる高き美しき女子, かる氣質なれば, かる汚穢の筵, かる汝これよりいま一, かる汽車には汽船, かるの行, かるの早けれ, かる浅ましき所行に, かる浪子を慰めし, かる浮き袋に息, かるの島, かる海人の住処, かる海岸開きの真, かるなりけり, かる淨土の寺, かる深い源泉から, かる混沌時代にあり, かる源之助の伊豆守, かる激しき変動を, かる濁流が磯, かる火の粉がいちめん, かる無念をまのあたり, かる無謀を敢, かるの目, かる物質の重, かる物質的に世界, かる特質は要求, かるが目, かる状勢に甚だしく, かる状態を概説, かる狭い国土に, かるを見, かる理想の光る, かる生殖の形式, かる用意をした, かるありとも, かる申し出ゆえずいぶん躊躇, かるは, かる痴態を演ずる, かる發見物無しと雖, かる相談でも為, かる眞面目の論説, かる眺望全体のひっそり, かるでどこ, かる矛盾が生じた, かる砂塵の音, かる研究の当, かるの御前, かるに赤く, かる程度に達した, かる種類の美, かるという岩屋, かるに五山浮き松風, かるを骨抜き, かるの前, かる精神を建築家, かる紫雲英畑の中, かる義盛老後の眉目, かる肺炎の療法, かる能衣裳を着け, かる腰抜主義の実行, かる至人の域, かる航行は一年中半日, かる航路の開かれ, かる船人をらび陸, かる落人にはならせ, かるにくだり, かる行いをいたし, かる行為が選択, かる衝突は常に, かる表情のそして, かる覆面は何, かる見たいな気が, かる觀察點からいへ, かる計算法は隨分精密, かる記事を讀んだ, かる試驗法をも非, かるに対する愛著, かる詩人等堤を下り, かるある人, かるは足, かる謂れありと, かる證據を得る, かる證據物さへ出でたる, かる變化が早く, かる豆柿も正眼, かる賭博場は日本人, かる赤裸な凝視, かる高度美を, かる越路かそけき片隅, かる足どりに, かる身の上の君, かる処の, かる退けて出る, かる退化の現象, かる連れの舟, かる遊戯にも間, かる運動の恐ろしい, かる遠慮という, かる邸内を手入れの, かる鄙少女等が着る, かるさを, かる野暮なスカート, かる限りの理性, かる雄篇大作を爲, かる雅会が開かれよう, かるの音, かるかな自然, かる非道の行い, かる面倒なる事, かる音聲で, かるにも何, かる頭脳の運行, かるの書, かる類型的な美人, かる飯田安石勘平伊沢良安一文字屋森養真猟師井戸勘一郎与一兵衛上原全八郎, かるの炎, かる駅員に先, かるにて關東武士, かる高次の彫刻自体, かる黒山の群衆