青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「きのう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

きく~ ~きた きた~ きちんと~ きっ~ きった~ ~きっと きっと~ ~きつ きつ~
きのう~
~きました ~きまっ きまっ~ きまり~ きみ~ ~きめ きめ~ きょう~ ~きり きり~

「きのう~」 2510, 27ppm, 4313位

▼ きのう~ (570, 22.7%)

16 ように 9 うちに 6 ことの, ような 5 夕方から, 朝から, 雨で 4 午頃に, 夕方に, 夕方の, 新聞に, 通りに

3 [11件] こと, ことを, 今日である, 午すぎに, 味方も, 夕方, 夢, 手紙で, 晩は, 自分の, 雷雨の

2 [24件] ことだった, ことです, ことは, とおりに, ままの, 事である, 分も, 午すぎから, 午過ぎに, 味方が, 夕方までは, 夕方もう, 夜の, 手紙の, 手紙は, 手紙を, 日曜は, 晩も, 朝お, 朝は, 朝も, 朝早く, 釣りの, 雪の

1 [417件] МЮО, あのお, あの分, あの大軍, あの紫数珠, あまりの, うそは, うち知った, おいしかった, おことば, おひる, お午ごろ, お午すぎ, お嬢さんだった, お嬢さんです, お手紙, お石, お祭に, お米, お薬, お身, かいこを, かえりの, かえるが, きょうだけに, きょうである, ことが, ことで, ことでした, ことなど, ことなんか, ことに, ごとくおもいだして, ごとく地蔵菩薩, ごとく暮れて, さけび声, じゅうたんは, それとは, つかれが, とおりきちんと, は, は二信, ばん見た, ひとよ, ひるすぎ, ふるまいを, ぼくらの, みそ汁は, めと, やつまだ, ようじゃあ, ようには, りんごじゃ, わが情け, わしの, シャワーが, スペインの, ホンコン新聞に, ボーイ, マア坊の, ラジオで, 一スーでは, 一件を, 一戦で, 一日の, 一条について, 一番汽車で, 一騎打ちに, 丁度今時分に, 上島より, 不出来は, 不参の, 不幸は, 事も, 事を, 事情を, 二人が, 人でした, 人とは, 人を, 今ごろあすこを, 今日で, 今日では, 今日でも, 今頃と, 使者三名の, 僕は, 元日は, 八ツ半, 八ツ頃, 具足太刀を, 出会には, 出先から, 出来事さえ, 出来事に関する, 出来事は, 出来事を, 分から, 分が, 分の, 分を, 勝負を, 北条に, 午ごろわたしは, 午さがり, 午には, 午前きょうの, 午前八時から, 午後いつ, 午後この, 午後の, 午後六時頃小学生の, 午後太郎と, 午過ぎ, 午過ぎから, 午過ぎにかの, 午過ぎにも, 午頃から, 友に, 受験生が, 叫び声は, 吹雪は, 味を, 呼出し状な, 命日に, 喧嘩は, 城外戦で, 墓の, 売れのこりの, 夕が, 夕がたおそろしい, 夕がた里を, 夕に, 夕まで, 夕刊に, 夕方あなたが, 夕方ここを, 夕方この, 夕方さした, 夕方その, 夕方だ, 夕方だった, 夕方つかまった, 夕方です, 夕方と, 夕方は, 夕方はれた, 夕方ひとりで, 夕方ひとりの, 夕方も, 夕方やってきた, 夕方わしの, 夕方三人が, 夕方何里か, 夕方向うの, 夕方山川の, 夕方岩本の, 夕方店を, 夕方庭に, 夕方庭の, 夕方弟のと, 夕方戸塚の, 夕方拘引され, 夕方東京に, 夕方松島さんと, 夕方池の, 夕方石町の, 夕方聞き込んだ, 夕方飛ん, 夕方駅の, 夕暮であった, 夕暮れじゃ, 夕焼は, 夕食に, 外郎売である, 夜から, 夜ふけに, 夜七月二十四日の, 夜九時十五分前まで, 夜半まで, 夜夜網の, 夜小雨の, 夜散歩し, 夜東京は, 夜見た, 夜風が, 夢と, 大君は, 大宮の, 大尽でない, 大敗で, 大船の, 大雪の, 大風で, 天変は, 天気予報は, 女が, 女これから, 女だろう, 女に, 女の子は, 女房を, 女来る, 如き寡勢, 如くあるべし, 宮方も, 宵三国ヶ嶽の, 宵宮は, 家来に, 小唄の, 小源二, 小鳥とる, 展望を, 山よりは, 川の, 巡査に, 帰途きょうどちらも, 式の, 彼と, 彼女とは, 御能拝見, 御苦労さまという, 徳川では, 恋文と, 恥を, 恨みを, 悲しい夢, 情勢は, 懸合いだな, 我れ, 戦いは, 戦場へ, 戦果も, 所に, 手紙きょうの, 手紙に, 探検で, 接待に, 敗者から, 敵では, 敵も, 文の, 新内で, 新聞ごらんに, 新聞を, 日づけ, 日付の, 日暮れまで, 日暮れまでも, 日暮れ方に, 日曜日には, 日曜日は, 日本では, 日本の, 日記を, 旧軍部, 春雨の, 昼から, 昼中きょうは, 昼御, 昼間に, 晩, 晩ちょっと, 晩九時頃才の, 晩栄さん夫妻あての, 晩航空母艦, 暮れ方神田連雀町の, 朝, 朝あたしが, 朝おき, 朝が, 朝そこへ, 朝で, 朝とつぜん, 朝にかけて, 朝の, 朝までは, 朝やっと, 朝ホテルの, 朝一挺の, 朝下へ, 朝九時頃目が, 朝以来半, 朝伊吹屋一家を, 朝十時頃あたしの, 朝即ち, 朝咲枝とび立っ, 朝堀江屋の, 朝売り, 朝夜明けと共に, 朝寝室で, 朝或, 朝手紙を, 朝来て, 朝板戸の, 朝歿くなられたです, 朝熊野さまの, 朝眼を, 朝知らない, 朝私は, 朝立ちで, 朝立ちました, 朝長火鉢の, 朝陶器師の, 朝食の, 朝鯨の, 東京は, 楠木攻めの, 様子とは, 歴史では, 残暑とは, 残軍だけが, 殿上では, 汽車の, 深夜旧館の, 湯島の, 漁の, 漫歩が, 澄み切った空, 火曜日は, 災厄などには, 煩らいから, 熊みたいな, 熊野川の, 犬が, 犬小屋の, 生徒も, 田楽狭間は, 男の, 疲れが, 発句は, 白昼董相国の, 相場, 相場で, 相場な, 真夜中の, 矢を, 礼に, 礼を, 祈祷じゃ, 祭りにおいても, 稲妻に, 空襲で, 粽は, 約も, 約束じゃ, 紋付の, 紙上に, 経験さえも, 絵画室と, 職員会議で, 自分から, 自分が, 自分と, 自叙伝と, 船らしい, 船中で, 船長と, 良人との, 艾が, 芝居は, 若け, 葉切り蟻の, 葬式で, 蕎麦屋へ, 蛇は, 蜻蛉の, 行事を, 記事で, 訴人, 話し合いで, 話では, 話は, 話野上さんは, 誉れを, 読売に, 豪雨で, 貰い物であった, 身は, 返事が, 途中四道将軍の, 通り, 通りな, 通りの, 速達, 連中だ, 運送屋の, 遺物を, 部下だった, 郵便屋さんが, 酔いが, 野馬が, 銀行の, 銀貨は, 雨, 雨が, 雨に, 雨の, 雪は, 雪辱を, 雷雨に, 電話の, 非難を, 面会の, 音楽会は, 額の, 顔きょうの, 風が, 風で, 風の, 風雨には, 風雨も, 饗宴にも, 首都でなく, 鬼が, 魔薬が, NHKは

▼ きのう~ (365, 14.5%)

14 あれから 4 午後から

2 [11件] どうも, ひどい目, キウ, 何と, 国が, 失礼しました, 妙な, 御苦労さまでした, 朝の, 雨に, 電報を

1 [325件] あの位, あの夕立, ありがとうござんした, あんな装束, あんまり活躍, いい日, いい月夜, いかがな, いく分しのぎ, いそがしい間, いった十二号, いろいろくたびれ, うちの, うれしかった, おきまり, おとといはと目が, おもしろくきょう, お元気, お墓, お寺さんと, お暑かっ, お目にかかって, お目にかかれ大して, お話し, お雑煮, かえってから, かえって来, かえりに, かぜで, かなりの, きっと父, きょうの, くたびれて, くつろいで, こちらに, こちらの, こちら側へと, こっちは, このお宮, この前, この四月同期, この川, この部屋, こんなじゃ, じっと寝た, すこしつめたく, ずいぶん失礼, そこの, そちらから, そちらからの, そのおくり, そのよう, その海坊主, それから, そんなこと, だれに, ちょっと, てっちゃ, でも六七枚, でも思い, どうかし, どうした, どうだったい, どうもありがとう, なかなか成功的, はがきを, ひっこしで, ひどく刺戟, ほんとに失敬, ましでしたね, まずい, まだ備, まるで暖か, もういい, もう時間, もう薄暗い, もし何, やっぱり地下室, やっぱり特別, エトナの, エハガキに, カンヌを, ゴーゴリの, サロンドートンヌを, ジャガイモが, タイ風が, ダリヤでした, トラックが, バスで, バルブレンも, ブランカが, ベカッスさんが, ユリの, 一串の, 一人来た, 一寸気, 一日おき, 一日どうせ, 一日ねました, 一日の, 一日一ぱい寝ころん, 一日体が, 一日姿を, 一日家に, 一日床の, 一日心待ちに, 一日空を, 一晩じゅうある, 七五三の, 三越へ, 久しぶりで, 久しぶりに, 九三度二分ありました, 九江に, 二十五銭きょうは, 二十日まで, 二時ごろまで, 二百万円の, 人間隊の, 他人の, 伍長さえ, 会へ, 体じゅうこわれた, 体の, 何かとお気, 何であんな, 何とあつかっ, 何という, 何となし可笑しかっ, 何十人の, 信長の, 傘さして, 僕たちの, 先月の, 八幡山崎まで, 公会堂から, 六時頃起き, 其から, 具足開きの, 出かける前, 出てから, 出発の, 初七日, 前便で, 割合いろいろ聞い, 十一時ごろ出, 十五匹山から, 十八九の, 午後すっかり, 午後一寸, 午後三時すぎお, 午後五時まで, 半紙の, 単騎信玄の, 原稿とどけ, 厨働きの, 又朝九時, 又知っ, 可笑しい日, 合格通知を, 味方きょうは, 咲枝にまで, 咲枝は, 咲枝も, 因州の, 夕方八重洲ビルへ, 夕方御飯の, 外へ, 外出でも, 多賀ちゃんも, 大ぶ, 大分よく, 大変お, 大変な, 大変珍しい, 大層まばゆい, 大忙し, 大捷を, 大決心, 大洗濯, 大雨の, 失敬, 失礼いたしました, 如何なされた, 実によい, 実に実に珍しい, 宵の, 家の, 家へ, 寝たり, 寝込んで, 寿江の, 小さい子供, 山の芋今日は, 島田の, 工場クラブに, 帰ったばかり, 幸福な, 広島の, 座談会の, 庭の, 弟の, 御用で, 御苦労さまで, 心にも, 必ずそれ, 思いがけずてっちゃ, 思いがけず愉しき, 急に, 恭仁京の, 惟任どのが, 愉快そうに, 愛知郡上社の, 態度を, 散歩だ, 新内の, 旋回いくつか, 日曜日で, 日本の, 旧暦の, 昼から, 昼すぎ家を, 昼も, 暑い日, 暑くなかった, 暖い, 更にきょう, 書くもの, 有難う, 有難うございました, 朝から, 朝より, 朝七時半に, 朝五時に, 朝五時の, 朝先ず, 朝公共防空壕の, 朝六時に, 朝早く, 木曜日だった, 木曜日であった, 本当にいろいろと, 本当につかれた, 本当に安心, 本当に悲観, 机の, 杉田玄白の, 来たん, 東に, 林町へ, 柳井まで, 栗林, 校長まで, 機関銃の, 武家を, 母が, 毛の, 治承, 法師共が, 泥棒, 浅草の, 浜へ, 渋谷の, 濛々たる, 灰溜の, 牛乳二合ばかり, 特別な, 珍しく文展見物, 生憎に, 畳あげ, 疲れて, 病の, 発ちゃん, 目白で, 目白来の, 相当に, 碌々に, 磯五さんが, 神田の, 祭日で, 私の, 穢多, 紅海で, 終日山を, 組合の, 繁治さん栄さんや, 腰を, 花を, 花森氏扇谷氏などと, 若い連中三時半, 荒々しい天候, 葬式で, 虱に, 行きたくなくて, 行き違いに, 袷で, 西に, 西巣鴨一の, 赤坂のや, 越前から, 道場で, 達ちゃん歯医者だの, 野原の, 金剛山寺へ, 金物屋の, 鍛冶屋の, 関へ, 陣輿だった, 陣頭に, 随分ひどく, 隣の, 雅子さんが, 雨であった, 雨の, 雪が, 電報で, 電車の, 鞍馬にも, 風が, 風きょうは, 飛んだ騒ぎ, 食堂で, 馬籠桝田屋へ, 髪を, 5で

▼ きのう~ (164, 6.5%)

26 今日も 12 きょうも 6 おとといも 2 一昨日も, 今宵も, 仕事を, 私達が

1 [112件] あなたの, あのお嬢さん, あの建具屋, あれから, いま両国に, おうわさ, おとついも, おばさまの, お前さんが, お前さんに, お詣り, お願いいたしました, がまんし, きょうもと, きようも, ここには, ここへ, そこへ, そしてあした, そちは, それを, だ, ちょっと話した, でした, どこそこが, はらはらし, またあの, やはり靖国神社, ゆう方, ゆっくりお母さん, コート着, ステーションで, ムダ足を, レンブラントの, 一人目を, 一寸思った, 一日こうして, 一日床を, 一日雨であった, 九十度に, 九時すぎに, 二つ峠を, 二時間余きょうも, 云って, 五時だった, 今朝も, 会ったばかりの, 佐兵衛どんの, 何度平家の, 八橋から, 其方に, 判事さんが, 別に涙, 到るところ, 十時前ぐらい, 十畳の, 同じこと, 同じ広間, 君たちの, 呉君孫権から, 品川で, 夕方に, 夜あたりそういう, 大きな魚, 大げさに, 女学校の, 奴頭の, 姉の, 実は例, 宿で, 尾上に, 平気で, 広間の, 待ちきょう, 御館から, 思い悩んだ, 思って, 手前どもの, 播磨の, 朝から, 木曾川べりで, 来た, 来なかったから, 松吉に, 某劇作大家, 検視の, 歩いたきょう, 死んだ金魚, 沁, 河原畑に, 珍らしく, 申し上げました通り, 直々池田入道勝入, 私が, 私は, 立ち寄ったばかり, 笑って, 筑紫から, 簡単に, 胸に, 芝居は, 花見花見で, 見えたが, 見に, 親許へ, 赤いプラカート, 赤門きょうも, 道を, 野原へ, 陶器関係の, 隣りの, 電話で

▼ きのうから~ (108, 4.3%)

3 今日にかけて 2 きょうきょうから, きょうへ

1 [101件] いろいろの, お帰りなさらない, お手当中, お風邪気, きょうにかけての, きょうは, くさくさし, ここに, この刺し屋, じっと気, すっかり寒く, そのため, その準備, たべるもの, ちょいちょいポスト, とても機嫌, どこに, なにも, ひどい南風, ひどい風, ぶッ通し, まるで警察, みんな待っ, もうすっかり漿液, ようやく昼飯, アホートヌイ・リャードの, イソダンに, サボに, モスク, 一きれ, 一度も, 三人と, 三度も, 世話に, 二月という, 今日までに, 体じゅうが, 何を, 俺も, 八号と, 出て, 判ってたん, 別の, 別当の, 十日朝まで, 参った者, 右腕が, 国府津へ, 変った新, 大丈夫か, 子供を, 季節はずれな, 学校よ, 家に, 寒くなった, 寝て, 少し気味, 居るんで, 島後へ, 帝は, 幕の, 幾度も, 念頭を, 悶え出した雲霧, 手伝いが, 手紙かきたく, 手紙を, 手配りを, 抱き通して, 早馬に, 昨夜にかけては, 机の, 東京へ, 梅雨期に, 武蔵様が, 歩いて, 歩きつづけて, 気分を, 泊って, 海は, 無口であった, 煙を, 珍しくかき直し, 生れ明日, 病気を, 登ってるから, 眠り病の, 睨んで, 私の, 苦吟し, 薬餌に, 見ると, 覚えてわ, 諸人の, 起きたが, 踊り囃子の, 遊びつづけ, 降ったり, 顔を, 風邪ぎみで, 鼻寺の

▼ きのうまで~ (57, 2.3%)

2 領主と

1 [55件] あすこに, あれほど, いた双, かしずいて, きて, こっぱ, この土地, この車, そこに, ちっとも理解, ひとつ領土に, ほんもの, まずい物, わが世, わが主, ガラスばりの, ゴタゴタ, 世の中を, 丘や, 予想も, 今川家に, 佐久間玄蕃允の, 何事も, 割合出る, 勝ってばかり, 半封建, 土地を, 城壁と, 尊氏の, 左官屋さんが, 御膝下, 恐しげに, 成都を, 手前共に, 手形なし, 打臥し, 攘夷を, 数箇月の, 敵であった, 文学青年と, 斎藤家を, 日本の, 案内に, 歩いて, 深い封建性, 無住寺の, 生きて, 病を, 相知らなかった, 箱の, 自分を, 見えて, 誰の, 野放しに, 非常に

▼ きのう~ (51, 2.0%)

9 同じよう 3 きょうとの 2 きょうの, きょうは

1 [35件] あすの, おとといと, おととい奉祝展という, おなじ時刻, おなじ顔ぶれ, きょう二人の, きょう寝, くらべると, ちがう, ちっとも変わらなかった, 二日つづけ, 今日で, 今日と, 今日とで, 先刻まで, 六波羅中で, 反対に, 同じくきょう, 同じに, 同じ処, 同じ着物, 同じ返事, 同様すぐ, 同様タクシーを, 同様帝を, 変らない小熊, 変りは, 変わらぬ上天気, 立場を, 談判し, 過ぎた, 過ぎた八日, 過ぎ暦, 違う書院, 違った直垂

▼ きのうきょう~ (49, 2.0%)

3 のよう

1 [46件] この不可解, この社会, じゃねえ, そして明日, で, でない根, とは思え, とりかかって, に比べ, のうち何, のお, のお前様, のこちら, のこと, ののど笛騒動, の世相, の二つ目, の交際, の伝六様, の夕方, の彼, の彼氏, の戦況, の新参者, の現象, の聞え, の陽気, の風, の騒動, はその, はもと十条, はド, は七, は午後二時頃九十度, は単, は大かた, は寒い, は戦, は朝五・九分位, は秋口, は花, は静, めっきり涼しく, を見わたし, 狂せむほどに, 開きならしたらしい旧

▼ きのうまでは~ (37, 1.5%)

2 フランネルに

1 [35件] そういう処女, そのつもり, それでよかっ, たしかにほん, たしかに模造品, ただ裸, どう責められ, なかった, なにを, クラムの, 万乗の, 二十何本か, 人の, 何かの, 何とも, 大いにみずみずしい, 大学に, 学生だった, 家に, 小型機が, 山淵右近どの, 御幕下, 御陣, 桑名城で, 江戸一の, 生きいきとして, 甲山の, 盲であった, 美濃明智, 良人は, 衰えてこそ, 見すごして, 軍用トラックと, 鑿や, 頭の

▼ きのうまでの~ (29, 1.2%)

1 [29件] あの大勝, あの娘さん, おまえの, かおとは, ところでは, シベリア鉄道で, ロシアの, 三日がかりの, 不愉快な, 侍たちも, 元気は, 史学の, 味方だ, 平家与党たる, 幸福感が, 幻影は, 惰気を, 朝臣たり, 梅雨で, 歌麿だったら, 殿上人が, 比でなかった, 犬山城は, 疲労と, 私で, 私の, 都か, 都での, 開墾小屋の

▼ きのう今日~ (27, 1.1%)

2 のこと

1 [25件] じゃ, に掘り返された, のもの, の事, の出来事, の客, の山戦, の年季, の彼, の微妙, の思い, の戦場, の疱瘡, の虫, の軍兵, はあんなに, はこの, はそれでも, はまだ, はわけ, は一つ, は暑い, は誰, は諦め, 掲げたと

▼ きのうからの~ (20, 0.8%)

1 [20件] ことが, ことを, この小娘, この手出し, そなた, 一夜半日のべつ, 事も, 余風を, 前浜一, 大雪は, 姿に, 待ち人こそは, 戦況報告に, 無礼は, 現象である, 続きが, 豪雨の, 降り足らぬ, 雨の, 黒い服

▼ きのう~ (20, 0.8%)

2 くらべると, 限って

1 [16件] くり上げて, したの, つづいて, つながりいかに, なって, 倍した, 劣らぬ奮戦ぶり, 勝る盛宴, 勝る行装, 変って, 変らないが, 変らぬ天気, 変りて, 数倍し, 比べて, 比べると

▼ きのう~ (19, 0.8%)

1 [19件] うちで, たずね致した自分, 亡くなりに, 別れだ, 午過ぎに, 味方が, 土産に, 報らせ, 定が, 島さんから, 帰りに, 庭で, 申し伝えの, 見えに, 見えの, 言葉を, 通に, 頼みを, 餅を

▼ きのうあたり~ (16, 0.6%)

1 [16件] あの娘, からあの, からしきりに, からぬけ, からはたいへん, からやっと, からメードたち, から一日, から又, から生色, から自分, の火災, は少し, 本当にグロッキー, 来て, 頼まれて

▼ きのうここ~ (13, 0.5%)

3 へ来た 1 にいる, におりました, に入り, に建て, に来た, の国府, へはいっ, へ訪ねさせ, までくる, まで書いたら

▼ きのうこの~ (12, 0.5%)

1 [12件] せいようかんの, 京都へ, 室を, 川で, 店に, 敷石の, 暑っ, 洛外鳥羽の, 町へ, 船から, 話を, 部屋に

▼ きのう~ (12, 0.5%)

1 [12件] がいっ, が会った, が出かける, が地獄絵図, が日曜日, どもあの, にむかっ, の云いたい, の師, は岩見先生, は顔, を捜し

▼ きのう一日~ (11, 0.4%)

2 降り暮らした後 1 そのマサカズ, だけで, で明智, ねばって, のこと, の顛末, は土用, は自宅, を暮らした

▼ きのう~ (10, 0.4%)

3 きょうの 2 今日に, 今日の 1 きょうでは, きょうに, 今日嫁に

▼ きのうあなた~ (8, 0.3%)

1 がいかにも悠々, が何となく, が帰りがけ, が這入っ, にお目にかかった, に幽霊, の四月五日, はずつと家

▼ きのうより~ (8, 0.3%)

1 きょうへ, むずかし, 一足飛びに, 今日の, 倍も, 幾分まし, 悪くなっ, 混んで

▼ きのう自分~ (8, 0.3%)

1 が何, が学校, が渡船口, で投げ入れた, で気がついた, の一命, の描いた, を捜し

▼ きのう見た~ (8, 0.3%)

1 ということ, よ, 一匹は, 三井信託の, 奴と, 故だろう, 時の, 藪地の

▼ きのう~ (8, 0.3%)

1 でも, 半月全く, 嘘ばかり, 国が, 寿江子が, 彼も, 良家の, 部屋が

▼ きのうしろ~ (7, 0.3%)

2 にかくれる 1 で身, にかくれました, のモーター, へかくれました, をゆびさしました

▼ きのうその~ (7, 0.3%)

1 人に, 場所で, 委任状に, 宇宙の, 小説集を, 辺を, 返事ゆっくり

▼ きのうよりは~ (7, 0.3%)

1 きょうきょうよりは, よいね, よっぽど大胆, ズッと, 今日, 今日きょうよりは, 汗の

▼ きのう迄は~ (7, 0.3%)

2 あったん 1 どうやら大過, 丁度五日に, 僕の, 自分の, 部屋の

▼ きのうだった~ (6, 0.2%)

1 かさすが, かそっち, か一昨日, か紀, と思う, のよ

▼ きのう~ (6, 0.2%)

1 休みは, 切れて, 大戦の, 済んだので, 片づいたとか, 終ったという

▼ きのう~ (6, 0.2%)

1 が見た, そういったじゃ, の読みかけた, はそう, は君, は退屈

▼ きのう迄の~ (6, 0.2%)

1 あんな地獄, 僕とは, 僕は, 無理な, 興奮が, 行きづまりに感謝

▼ きのうおととい~ (5, 0.2%)

1 でシャパロフ, などはフランス, にわたって石川家, の南都行幸, の女

▼ きのうお話~ (5, 0.2%)

1 したとおり, した森長さん, した生活, した通り, のよう

▼ きのうはじめて~ (5, 0.2%)

1 アップに, 会った, 明るい電燈, 相見, 組主任の

▼ きのうよりも~ (5, 0.2%)

1 いっそうなつかし, 今日の, 密なるべし, 澄んだよい, 酷かった

▼ きのう以来~ (5, 0.2%)

1 あのあたり, あのお, の勝ちいくさ, の戦果, 大混雑

▼ きのう書いた~ (5, 0.2%)

1 それへ, 川崎銀行の, 手紙いずれ, 手紙は, 部分を

▼ きのう来た~ (5, 0.2%)

1 というところ, とき乙女も, 人だ, 時と, 時何だか

▼ きのう林町~ (5, 0.2%)

1 から父上, に居た, へ年始, へ来, へ行く

▼ きのうあの~ (4, 0.2%)

1 ような, 変な, 手紙を, 泥坊が

▼ きのうあれ~ (4, 0.2%)

1 からかえり, からマア坊, から家, から法隆寺

▼ きのう~ (4, 0.2%)

3 えりに 1 今日帰っ

▼ きのうすぐ~ (4, 0.2%)

1 に出し, に菩提寺, 書かないと, 近所の

▼ きのうだって~ (4, 0.2%)

1 九時そこそこに, 到頭忘れちゃった, 自分一人で, 髪結の

▼ きのうとは~ (4, 0.2%)

1 うって, まるであべこべ, 下から, 変って

▼ きのうはね~ (4, 0.2%)

1 あれから, モトムと, 全く可笑しい, 陽光の

▼ きのう~ (4, 0.2%)

1 かえりみきょう, まだ今日, もって, 責めるな

▼ きのう学校~ (4, 0.2%)

1 からの帰り道, で聞い, の帰り, 休んだの

▼ きのう貰った~ (4, 0.2%)

1 五家宝切っ, 花嫁も, 面会許可を, 高価の

▼ きのう買った~ (4, 0.2%)

1 СССРクレプデシン, のと, 人は, 氷砂糖一斤小さい

▼ きのういろいろ~ (3, 0.1%)

1 のことお話, ひっくりかえして, 仕すぎ

▼ きのうかえって~ (3, 0.1%)

1 からこの, 来たらテーブル, 来たら夕方熱

▼ きのう~ (3, 0.1%)

1 きょうに, ちょうど宿払い, 寒の

▼ きのう~ (3, 0.1%)

1 か一ヵ月, か早速, つてこの

▼ きのうまでに~ (3, 0.1%)

1 みんな落とし, 丁度十一人じゃ, 百四〇枚ばかり

▼ きのうまでも~ (3, 0.1%)

1 きょうまでも, まだまだと, 源氏の

▼ きのうわし~ (3, 0.1%)

1 がいった, の微行, は研究所

▼ きのう一寸~ (3, 0.1%)

1 ふれた, 美術雑誌を, 話したこと

▼ きのう一昨日~ (3, 0.1%)

1 にくらべ, の両日, はすっかり

▼ きのう三人~ (3, 0.1%)

1 が会田屋, で広島, の人たち

▼ きのう会った~ (3, 0.1%)

1 とき訊いたら, 人々に, 胤舜からの

▼ きのう~ (3, 0.1%)

1 の腕白, へかえった, へ一寸

▼ きのう届いた~ (3, 0.1%)

1 二十万両片, 二十九日の, 机で

▼ きのう~ (3, 0.1%)

1 に出逢った, の血, はその

▼ きのう戦場~ (3, 0.1%)

1 から帰っ, で敵, に於い

▼ きのう栄さん~ (3, 0.1%)

2 のところ 1 の呉れた

▼ きのう江戸~ (3, 0.1%)

1 へ来た, を出た, を出る

▼ きのう着いた~ (3, 0.1%)

1 が何かと, のです, ばかりの新手

▼ きのう話し~ (3, 0.1%)

1 てい, ていた, ていました

▼ きのう金座~ (3, 0.1%)

1 から出た, から届いた, から帰っ

▼ きのうあのお~ (2, 0.1%)

1 二人は, 手紙を

▼ きのうある~ (2, 0.1%)

1 処で, 女の

▼ きのうあんまり~ (2, 0.1%)

1 よくない, 愉快そうに

▼ きのううち~ (2, 0.1%)

1 の門, はこんな

▼ きのうお母さん~ (2, 0.1%)

1 からもらった, と二人

▼ きのうお話し~ (2, 0.1%)

1 したお, したとおり

▼ きのうかの~ (2, 0.1%)

1 幻影が, 玉藻に

▼ きのうきょう出来星~ (2, 0.1%)

1 の圓朝, の落語家

▼ きのうしろから~ (2, 0.1%)

1 からだじゅう金色に, まっさきに目

▼ きのうすでに~ (2, 0.1%)

1 仕上げを, 奈良街道にて

▼ きのうそち~ (2, 0.1%)

1 が予, に託した

▼ きのうそちら~ (2, 0.1%)

1 へ出かけました, へ行った

▼ きのうそれ~ (2, 0.1%)

1 にきょう, を発見

▼ きのうそんな~ (2, 0.1%)

1 ことを, 心持で

▼ きのうたのんだ~ (2, 0.1%)

1 スハリを, 小包へ

▼ きのうついた~ (2, 0.1%)

1 こと申した, というの

▼ きのうできた~ (2, 0.1%)

1 にきびだ, ばかりの全

▼ きのうなんか~ (2, 0.1%)

1 わずかに, 二ヵ月ぶりで

▼ きのう~ (2, 0.1%)

1 こんな落日, 小説を

▼ きのうもっ~ (2, 0.1%)

1 てかえった, て来た

▼ きのうわざわざ~ (2, 0.1%)

1 のけて, 僕等を

▼ きのうチブス~ (2, 0.1%)

2 の予防注射

▼ きのう一寸お話~ (2, 0.1%)

2 の出た

▼ きのう以上~ (2, 0.1%)

1 な長距離, な馬数

▼ きのう伊織~ (2, 0.1%)

1 と樹, を連れ

▼ きのう使い~ (2, 0.1%)

1 が馬車, に書面

▼ きのう~ (2, 0.1%)

1 と別れ, より御

▼ きのう出かけ~ (2, 0.1%)

1 て, てつかれ

▼ きのう午後~ (2, 0.1%)

1 から来, における自分

▼ きのう古藤~ (2, 0.1%)

1 が持っ, が油絵の具

▼ きのう~ (2, 0.1%)

1 からききました, が立つ

▼ きのう国府津~ (2, 0.1%)

1 からかえって, から帰っ

▼ きのう墓地~ (2, 0.1%)

1 へ置き去り, へ行きました

▼ きのう夕方~ (2, 0.1%)

1 の六時, までにつかなかった

▼ きのう夕日~ (2, 0.1%)

2 のさした

▼ きのう~ (2, 0.1%)

1 の死体, を連れ

▼ きのう~ (2, 0.1%)

1 がお, に会った

▼ きのう寿江子~ (2, 0.1%)

1 がもっ, が太郎

▼ きのう島田~ (2, 0.1%)

1 からも送っ, から多賀ちゃん

▼ きのう川越~ (2, 0.1%)

1 から帰っ, の酒井家

▼ きのう市場~ (2, 0.1%)

2 でもっ

▼ きのう帰っ~ (2, 0.1%)

1 て十日朝, て来た

▼ きのう~ (2, 0.1%)

1 に世帯, に浅草

▼ きのう手紙~ (2, 0.1%)

1 を持っ, を書い

▼ きのう持っ~ (2, 0.1%)

2 て来た

▼ きのう新潟~ (2, 0.1%)

1 の海岸, の砂丘

▼ きのう新聞~ (2, 0.1%)

1 で主人, を見た

▼ きのう~ (2, 0.1%)

1 はお, をひっくりかえし

▼ きのう朱実~ (2, 0.1%)

1 から聞い, と後家

▼ きのう~ (2, 0.1%)

2 て今日

▼ きのう東京~ (2, 0.1%)

1 へ行っ, を立っ

▼ きのう東京監獄~ (2, 0.1%)

2 から帰っ

▼ きのう~ (2, 0.1%)

1 の上, の下

▼ きのう~ (2, 0.1%)

1 から来た, と買いもの

▼ きのう江戸表~ (2, 0.1%)

1 から水見舞, の方

▼ きのう浅草~ (2, 0.1%)

1 のお, の支倉屋

▼ きのう~ (2, 0.1%)

2 を狙った

▼ きのう着た~ (2, 0.1%)

1 派手な, 白いブラウス

▼ きのう秀吉~ (2, 0.1%)

1 の使い, の本軍

▼ きのう素子~ (2, 0.1%)

1 が置い, の本棚

▼ きのう聞いた~ (2, 0.1%)

1 新宿の, 通りで

▼ きのう行っ~ (2, 0.1%)

1 てよって, て見

▼ きのう~ (2, 0.1%)

1 ておいた, て来た

▼ きのう買っ~ (2, 0.1%)

1 ておいで, てやった

▼ きのう辺り~ (2, 0.1%)

1 からはやや, から小康

▼ きのう途中~ (2, 0.1%)

1 でおまえ, で帰した

▼ きのう速達~ (2, 0.1%)

1 で手拭, で研究所

▼ きのう逢った~ (2, 0.1%)

1 ときの, 人達の

▼ きのう野上さん~ (2, 0.1%)

1 で見た, と会った

▼ きのう~ (2, 0.1%)

2 が降った

▼ きのう電報~ (2, 0.1%)

1 が来たそう, 頂いて

▼ きのう電車~ (2, 0.1%)

1 で駛, の上

▼1* [540件]

きのうВОКСから電話, きのうさかを, きのうあすこへ行っ, きのうあずかった金が, きのうあずけただがな, きのうあたしは十一羽, きのうあたり夕月がきれい, きのうあたり海上の敵数千ぞう, きのうあった事は, きのうあらまししらべたところ, きのうあれひとりで朝倉先生, きのうあんなだいそれたまねを, きのうらしった, きのういつかお目, きのういつもの森, きのういらっしゃったそうだ, きのういろは峠というところ, きのううかがうのを, きのううつって来た, きのうおいでになった, きのうおかあさん隆ちゃんに面会, きのうおかしな男が, きのうおとうさんといっしょ, きのうおばさんが来られ, きのうおまえは, きのうおれに香水, きのうおれたちをだました, きのうお前に送っ, きのうお正月用外出用の大島綿入, きのうお目にかかってきた, きのうお目にかかった翼徳張飛という, きのうお目にかかる前の, きのうかかあが, きのうかず子がかえって, きのうからか波調を, きのうかわかして置いた, きのうきかなかつた点を, きのうきき林町の, きのうきょうここへ来た, きのうきょうこれがバッコ, きのうきょう三蔵が池田家, きのうきょう二日あそんで, きのうきょう以前にすべて, きのうきょう厚生省と警視庁, きのうきょう味っています, きのうきょう家康と信雄, きのうきょう巷の夜, きのうきょう御領下の駒音, きのうきょう文学の道, きのうきょう朝出かけは, きのうくさやの干物, きのうここいら迄かいたら, きのうここらを掃かねえ, きのうこしらえてそれ, きのうこしらえたわ, きのうこちらの家, きのうことさら安心させる, きのうこれも主筆, きのう代参が, きのうごく白き粢, きのうごろた石坂, きのうさえまだ七八人, きのうさした傘が, きのうじゅうたんが持ちこまれた, きのうすこし骨を, きのうすもうしとって, きのうずる休みをした, きのうそう言つたじ, きのうそこの原, きのうそして今日の, きのうたのみ四五日で, きのうだけというようです, きのうちっとも好きで, きのうちょっと警視庁へ, きのうつけてきた, きのうてっちゃん, きのうですご存じの, きのうとか一昨日とか, きのうとったものです, きのうとで御返事出来た, きのうとの劇評を, きのうとり乱した母の, きのうなぜ来て, きのうなどその心持, きのうなどでも有田外相の, きのうなどねこんなこと, きのうなどは手に, きのうなんのかの, きのうにじの宝冠, きのうねずみが和尚さん, きのうはいかい失礼をつかまつりました, きのうはいちんち, きのうはいったばかりの兵隊, きのうはからず阿弥陀街道の, きのうばかりはあなたも, きのうひさしぶりで町, きのうひとりで淋しく, きのうひと足先に荷車, きのうひどく寒かった, きのうひるから殆ど二ヵ月ぶり, きのうふと活字が, きのうにたちぬ, きのうぅとお思いに, きのうほど憂鬱には, きのうほんのきのうやっと, きのうぼくにこれ, きのうぼくらも身, きのうぼくプールへいったん, きのうまかったこと, きのうまでで三度でした, きのうまわってしまいました, きのうみたよりまた, きのうみたいな気, きのうもう多勢の, きのうもね国男すこし, きのうもらいましたが行きたくありません, きのうやっと思い当りました, きのうようやく印鑑が, きのうよくよく見たらば, きのうよんで何だか, きのうら門から勝手口, きのうりんごの皮, きのうアパートへ荷物, きのうアボチンは根岸, きのうアンドレーフの, きのうイー・エス・エスのときミス・ソーヤー, きのうガウズネルにきいた, きのうガタガタしたから, きのうクルイニンに約束, きのうコンナ事があった, きのうシーツやその, きのうセントルイスから帰っ, きのうテツにカルモチン, きのうデュトへ行ったら, きのうハガキ貰って, きのうフロで左腕, きのうポンチ絵をかいた, きのうマッちゃん家へ手紙, きのうメトロポリタンに行った, きのうモナコの岩鼻, きのうラアゲウィッツの丘, きのう一スー貸して, きのう一人で散歩, きのう一寸話の間, きのう一日じゅうの大戦, きのう一日問注所にて配所, きのう一日江戸中のあらゆる, きのう一日鞍馬の奥の院, きのう一昨日湯浅さんの来る, きのう一緒に出, きのう一葉を終りました, きのう七十枚ばかり発送, きのう三宅正太郎さんが, きのう三越文房堂その他でクリスマス, きのう三郎の行った, きのう上り下りをし, きのう上京したので, きのう上杉氏から俳優, きのう上陸した時, きのう下げてきた, きのう図ひらかれた, きのう不知哉丸さまの母御前, きのう世子のご, きのう両国の仮, きのうにすこし, きのう中川高山などの先鋒, きのう中村やから, きのう丸善に時計, きのう主人夫婦も横浜, きのう乃公の豆, きのう久しぶりで或, きのう久し振りで出逢った, きのう九度山で聞いた, きのう亀山へ来る, きのう二人で散歩, きのう二十七日の朝, きのう二十二日朝のお, きのう二十五枚ほど, きのう二十六日に行く, きのう二十日でしたが, きのう二十面相から国立博物館長, きのう二時間余つづいた青葉かげ, きのう二百哩ばかりド, きのう五十両ばかりお, きのう五日故栄さん, きのう亡くなりましたのでございます, きのうのいた, きのう今日あたりから立ち, きのう今日伊豆を這い出た, きのう今日汽車の中, きのう今日蝦夷の津軽, きのう今日道誉が不, きのう仕事をし, きのう以来彼の出した, きのう以来昼夜の別, きのう以来洞ヶ嶺八幡の陣, きのう以来秀吉もまた, きのう以来足利屋形の内外, きのう仲間三人もつれて, きのう伊勢佐木署から少年懲治監, きのう伯母さんやおばあさん, きのう伺うの忘れた, きのう住吉の打物屋鳶七, きのう体験して, きのう何故診療部へ, きのう使ったものは, きのう信西入道の屋形, きのうは酔っ払っ, きのう偶然新宿で雲井先生, きのう兄さんに連れられ, きのう先生をお, きのう軍の, きのう八幡村に行く, きのう八時四十何分かについて改札, きのう兵庫の浦, きのう内相官邸にあった, きのう写真屋から送られ, きのうがけに, きのう出しぬけに暇, きのう出たぎりで, きのう出る時には, きのう出会った洋服の, きのう出発しました, きのう出逢った山女捕り, きのうに気, きのう剃ったも今道心, きのう動坂の家, きのう北国の上杉勢, きのう北海道から知り合い, きのう北越に上杉勢, きのう十なん年ぶりでうち, きのう十一日づけの, きのう十一時すこし過, きのう十国峠で採っ, きのう千住の掃部宿, きのう千葉先生にお目にかかった, きのうの日, きのう午ガ池へつり, きのう午前の大雨, きのう午後一時二十三分の汽車で両国, きのう午後二時頃からかかっ, きのう午後細君をよこす, きのう午後野原からかえりました, きのう半七に別れ, きのうの兵隊さん, きのう南条に朝六時頃, きのう南瓜の種, きのう博士をうさんくさい, きのう博多の鎮西屋敷, きのう参内したばかり, きのう友だちと街, きのう友人がいい加減, きのう取り調べただけの結果, きのう司令官があなた, きのう同所で快, きのう周さんからくわしく, きのう品川宿でくせ者大名, きのう四時間も独演, きのうがジャガイモ, きのう国文専門のひと, きのう国道を歩いた, きのうの下, きのう坂井夫妻見えたとき私, きのう埋めたばかりの新仏, きのう城下の与, きのう塩漬キャベジを百グラム, きのう夕がた麻布へおびき出し, きのう夕方神父と約束, きのう夕方野上さんより手紙, きのう夕飯後十枚ばかり, きのう計代, きのう夜ハガキを書いた, きのう大工が来, きのう大江山突撃隊のため, きのう大蔵ヶ谷でお, きのう奈良街道で俊基朝臣, きのう奴頭に教えられた, きのうの使い, きのうがじ, きのう始めて家, きのうを覚えた, きのう獲が, きのう学習院から手紙, きのう宗治が切腹, きのう宗清に乞う, きのう宝島から持っ, きのう宝蔵院の試合興行, きのう密かに末盛城, きのう富士ヶ崎峠の右脇, きのう寺社方からのお, きのうツや, きのう小さい女の子を, きのう小声で, きのう小屋でなくし, きのう小林先生との事務, きのう小母さまは朝, きのう小父さんと会っ, きのう少納言入道の屋形, きのうへ著く, きのう山岡にかえした, きのう山支度をし, きのう岡崎の家中近藤平六, きのう岩魚を入れ, きのうで逢った, きのう巡査との争論, きのうの兄, きのうでりんどう黒, きのう帰った使者に, きのう帰宅しましたこれ, きのう常盤館より帰京, きのう年賀電報という派手, きのう床の間に白, きのうの閉まる, きのう庫裡へ物売り, きのうになげすてた, きのう弁当に入っ, きのう引っ越しをする, きのうにくれ, きのう張飛の姿, きのう当人から聴いた, きのう役人に見つかっ, きのう彼女たちが北停車場, きのう往かなかった方へ, きのう往来で逢った, きのう待ってい, きのう帰京に, きのう徳山にいられる, きのう忠利の面前, きのう怒ったね, きのう思いもかけない, きのう思いがけなく川崎で, きのう思いきッて, きのう恥辱を与えられ, きのう悪戯をした, きのう意気揚々と中仙道, きのう愛人を失った, きのう感じた通りの, きのう慶大裏で飛びこみ自殺, きのう慶応でいろいろ, きのうに入った, きのう我慢出来なくなっちゃって, きのうる人, きのう戴いたちまきが, きのう所得税のため, きのう拾いたる巻煙草の, きのう拾った杉の, きのう指さしたあの草地, きのう掃除のとき, きのう掛布団届けましたから, きのう支倉屋で買った, きのう教えられたとおりの, きのう教会で見かけた, きのう料理した大, きのう新宿の地下道, きのう新富座を見物, きのう新田方の武士, きのう既に第十巻, きのう日向に自分, きのう日蔭町で見た, きのう日記をつけ, きのう明智さんにいろいろ, きのう春江という咲枝, きのう是非にと今日, きのうのうち, きのう昼すぎからいっしょ, きのう時刻も日取り, きのう普通の浴衣, きのう暁がた火を放っ, きのう書いてそちら, きのうお濠方畑野蔵人, きのう朝九時十五分頃定例によって出かけた, きのう朝十時半のバス, きのう木村に全く, きのう木村様がおら, きのう木炭の配給, きのう本国の政府, きのう本当に珍しいボンボン, きのう来ましたってほほほほ, きのう染め上げてもう, きのう柳原で見つかった, きのう柳生兵庫様達と興福寺, きのう柳田の店, きのう柳田商会にいた, きのう柴田承桂さん, きのう栗林さんが打った, きのう栗林氏に兵役法, きのう森垣さんに云われ, きのう次郎君がわし, きのうしたこと, きのう歌舞伎座を見物, きのう正一とひきかえ, きのう正門の前, きのう此処で吠, きのうの医者, きのう死んだばかりな, きのう母上の誕生祝, きのう永井荷風という日本, きのうをふきふき出かけましたら, きのう汽車の窓, きのう河原畑で将門, きのう泊るつもりで, きのう注文して, きのう洗った足袋も, きのうにいた, きのうの上, きのう海岸で発見, きのう淀川船で下り, きのう深く其を, きのう深川のまま母, きのう深田久弥に逢っ, きのう清盛の雪, きのう済みましたからこれから何とか, きのう測らずもここ, きのう湯屋の二階, きのう源蔵に案内, きのうともし頃, きのう無理をし, きのう無罪をいい渡され, きのうがなかっ, きのう熱海で早目, きのう片桐の部落, きのう狼煙をうちあげる, きのう玄関口に葉子, きのう玉藻に猥, きのう王妃さまからさまざま, きのう珊瑚の珠, きのう環さんとシネマ, きのうで出かけ, きのう用事があっ, きのう田島さんの塾, きのう田阪の女中, きのう申し交わした約束が, きのうの物売り, きのう留置場から出た, きのう発破をかけた, きのう発見されたこと, きのう百貨店ルーヴルへ一緒, きのう目白で省線, きのう直接当人から聞い, きのう相談されたあの, きのう省線の定期, きのう真っ直ぐに東京, きのう眼鏡やへよっ, きのう着いてつや子, きのう着物着て, きのう矢島さんが僕, きのう矢来地蔵をこしれえ, きのう知って足もと, きのう知らないばかりかきょう, きのう石山で捕われた, きのうに来ました, きのう神仙を殺した, きのう神田へまわったら, きのう福島から見えた, きのう私さいごの, きのう私たちは自分たち, きのう稲子さんがもっ, きのう稽古をした, きのうから見た, きのう箱根をとおった, きのう約束したん, きのう紙芝居が立っ, きのう紛失したせんたく袋, きのう網代へついた, きのう綿貫はあれ, きのう縫い上げた新しい下着, きのう老臣の恩智左近, きのう考えたような, きのうにしました, きのう聖林寺の観音, きのう自分たち二人がパルヴィン博士, きのう自動車にのる, きのう舞台で倒れた, きのう船渠会社へ何, きのう芝居から帰り, きのう若松屋へ来, きのう茶席で約束, きのう草心尼が心, きのう荷車一台ひっぱって, きのう菅笠のみえた, きのう萱生にある, きのう蔵前で会った, きのうの入江道場, きのう行ったが体, きのう行ったら三田の, きのう見し人, きのう見せた顔と, きのう見たらね二足, きのう見つけて買っ, きのう見物した中村座, きのう覚えたばかりの神楽歌, きのう親分がいい, きのう親父はいった, きのう言われた所へ, きのう話した由, きのう話し足りなかったのねきっと, きのう読み畢えた, きのう読んだ辰野氏の, きのうかにやられ, きのう豆菊さんがわたし, きのう起った足利勢に, きのう越後からの便り, きのうを寄せた, きのう追分に来た, きのう退院して, きのう送ったはずの, きのう送られて来た, きのう途上にてお, きのうひし幸, きのう運送屋がじゅうたん, きのう過ぎにし, きのうでルーズリーフ, きのう遠路を歩いた, きのう部下たちが訪問, きのう郭嘉がのべた, きのう重子の為め, きのう野原からは夜八時半頃, きのう釘箱にあった, きのう鉄工卒のアルチェーミエフ, きのう銀座の方, きのう長い時間上野で, きのう開かれたばかりだった, きのう開業したわけ, きのう防空待機の間, きのう阿波から大坂, きのう降った焼岳の, きのう降りつもったばかりの雪, きのう随分水が, きのう雑役の囚人, きのうの中, きのう雷師匠に嚇, きのう電話で頼ん, きのう霜どけのぬかるみ, きのう頂いた二十一日づけ, きのう須田から帰っ, きのう頼んでおいた, きのう飾ってあった, きのう鴎座の試験, きのう鶴さんのところ, きのう黄昏跛行をひいた