青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「きった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

きい~ ~きいた きいた~ きき~ ~きく きく~ ~きた きた~ きちんと~ きっ~
きった~
~きっと きっと~ ~きつ きつ~ きのう~ ~きました ~きまっ きまっ~ きまり~ きみ~

「きった~」 1361, 15ppm, 7607位

▼ きったこと~ (143, 10.5%)

108 である 6 です 5 では, のよう 4 だが, であるが, を 3 だと, をいう, を聞く 2 だった, であった, なの, なん, を言い

1 [78件] が, がある, がたいへん, が分らない, が我々, が為されました, が現, が現実, この辺り, さ, さえもわざわざ, じゃありません, じゃない, だから, だったが, だったの, だろう, であるし, でご, でしたが, でしょう, でしょうが, ですけれど, ですそして, でそれゆえ, でも, で一種, で対談, で神尾主膳, で自分, で頭, ながらも東野, などがあっ, など全く, なれば, には返事, にまで一々, によるの, に思われた, はどの, はない, は合点, ばかりいう, ばかりかい, ばかりじゃない, ばかりだ, ばかり云った, もじつは, も鍵穴, をいっ, をきいた, をさぐらせる, をしちくどく, をたずねた, をついで, をといった顔つき, をやらかし, をわざと, を云い出した, を云った, を何度, を又, を口, を咎め, を問われた, を喋った, を執念, を改めて, を書い, を次, を毎年, を疑う, を言っ, を言った, を間違い, 云われるまでも, 然しわかりきらぬ, 訊くわね

▼ きったよう~ (80, 5.9%)

2 な声, な顔, に目

1 [74件] すでと, だが, だった, であった, でしかも, ないや, なかぼそい, なこと, なすがた, なの, なふう, なほくほく, なもの, なバシュバシュ, な体, な全, な冷えきったよう, な姿, な小笠原, な心, な心地, な愛慕, な時, な晴れ晴れ, な杏色, な様子, な池, な淋しい, な清水, な父親, な物, な現実追求, な男, な眠り, な眼差, な空気, な約, な血, な調子, な論文原稿, な議論, な赤ン坊, な足音, な鈍重, な静謐, な風, な騒ぎ, な鷹揚, にさびしく, にしかし, にすべて, になっ, になった, にもう, にズボン, にドタリドタリ, に人々, に力, に勝平, に埃, に彼, に思う, に思った, に思われた, に森林, に激しく, に然しまた, に私, に考える, に見え, に見せかけた, に足, に飲んでる, に馬の背

▼ きった~ (34, 2.5%)

5 です 3 である 2

1 [24件] かというよう, かキシメン, が存外, が赤茶けた, だった, であろう, であろう四足, ですから, では, とある, に乗じ, は, はこの, はたしか, はどこ, はどの, はもう, はザイツェフ, は当の, は我々, も花井, をある, を不破, を聞きすまし

▼ きったところ~ (30, 2.2%)

1 [30件] だが, だったが, でしばらく, でてがら顔, では発句, でほう, でまず, でセルゲイ, で一つ, で右, で実験機械, で帳場, で平兵衛, で幸吉さん, で炭火, で視界, にある, には信用, には地上, に在っ, に小さい, に過ち, に長い, に雪, のホーム, の納戸, は天井, まで行く, もトシエ, を見すまし

▼ きったもの~ (25, 1.8%)

2 だ, であった, では, のよう

1 [17件] があった, だった, である, であるかによって, で口いびき, で特別, で知らない者, と見え, と見えます, と見る, になっ, にはなりません, の中, は何人, らしい, をとじた, を除外

▼ きった~ (23, 1.7%)

8 をし

1 [15件] が集っ, して, だったろう, であったが, で時間, と足どり, なのに, にいっそう, には幸福, には痴呆性, に一々, のまま仕方, をした, を二人, を見合わせ

▼ きった~ (22, 1.6%)

63 じゃない, です 2 であり然して 1 だが, だね, だわ, であった, ですよ, なん, よりも千代乃, を喋りだした

▼ きった~ (19, 1.4%)

3 である 2 であったの

1 [14件] がわからない, がわかる, だが, であって, であるが, であるため, であろうが, で恐縮, の様, をかんがえ, を医師, を失念, を少女みたい, を忘れ

▼ きった~ (18, 1.3%)

2 のよう

1 [16件] その秩序, その薮, でした笑うとも, などによく, などは足駄, なんとなくほっとした, には息, に或は, に神妙, に終った, のうれし, の不思議, の様子, の落ちつい, はもちろん, は宇宙

▼ きった様子~ (15, 1.1%)

1 [15件] がかれ, が柔らかい, が渡辺天蔵, だけが源氏, であった, である, でそう, でサチ子, でドッカリ上り框, で坐り, で来る, で眉, をつづけ, を見, を見る

▼ きった~ (10, 0.7%)

1 いかにし, かれは, この生麦事件, その沈黙, それじゃ, それでは信仰以外, 一年前の, 更にまた語りつづけた, 本郷の, 気持を

▼ きったその~ (10, 0.7%)

1 あいきょう者が, 人は, 夥しい戦隊, 時の, 時を, 男が, 目は, 老杉, 身辺に, 馬の

▼ きった~ (10, 0.7%)

1 いいたげな顔, いう, いえないと, さとって, 信じて, 大笑いしました, 後に, 思ったら, 思われた時分, 思われること

▼ きったという~ (9, 0.7%)

1 ことでありましょう, ことは, のです, ような, 交換嬢の, 様子で, 気が, 自慢話に, 顔で

▼ きった~ (9, 0.7%)

1 だった, ではない, で穴, で答えた, と共に身, には不, は女, を漸, を立て

▼ きった~ (9, 0.7%)

1 でございますけれど, には彼女, の前, の遣り場, をし, をつくづく, をふさい, をギロッギロッ, を丸く

▼ きった~ (8, 0.6%)

1 兼という, 島の, 心は, 蓮様は, 藤の, 角は, 銀様も, 露は

▼ きった姿~ (8, 0.6%)

1 が集っ, であるの, でしばらく, に見え, の細い, の見ゆる, を現, を見

▼ きった~ (8, 0.6%)

2 の心 1 の人, の政治的, の頭脳, はもう, は今, は頭

▼ きった~ (8, 0.6%)

1 だけの利潤, で二人, で私, にある, に人家, に四畳半, の右, はほぼ

▼ きった~ (8, 0.6%)

1 が千円, であり凡庸, に千円, のよう, の顔, はない, は自分, ばかり手

▼ きった事実~ (7, 0.5%)

1 である, であると, としてわれわれ, の前, の排列, は実は, を俺

▼ きった気持ち~ (7, 0.5%)

1 である, でいた, で夜, で眼, で赤い, になっ, を無理

▼ きった空気~ (7, 0.5%)

1 が障子, と噪音, にあう, になる, に検事, の中, を一時

▼ きった障子~ (7, 0.5%)

1 にあかあか, にはうららかな日, に光, に午後三時頃, の内側, の外, の紙

▼ きった~ (6, 0.4%)

1 だ, に富士, に陽, の下, の藍色, を遠く

▼ きった顔つき~ (6, 0.4%)

1 から人々, で, であるため, でなに, で優しい, で謹ん

▼ きった~ (5, 0.4%)

1 きったん, じゃない, だろうって, ですって, と言う

▼ きった二人~ (5, 0.4%)

1 の姿, の戦隊長, の無, は酒, を慰め

▼ きった~ (5, 0.4%)

1 に似, のさびしさ, のよう, の顔, は少年

▼ きった~ (5, 0.4%)

1 と衰え, の奥, の灯, は見すかす, をおしかくそう

▼ きった気持~ (5, 0.4%)

1 であった, で新しい, で赤い, になっ, の沈黙

▼ きった部屋~ (5, 0.4%)

1 からとび出す, で寝かされ, の空気, の障子, へどうして

▼ きった~ (5, 0.4%)

4 をし 1 を向けた

▼ きった~ (5, 0.4%)

1 にともかく, をはかっ, を見すまし, を見はからっ, ガラッ八

▼ きった~ (5, 0.4%)

1 が近々と, でそこ, に反動的, をつつまなかった, をもてあまし

▼ きったまま~ (4, 0.3%)

1 だ, だった, もどって, 温まらないの

▼ きった~ (4, 0.3%)

1 に感傷的, に抱いた, のすぐ, を硬い

▼ きった問題~ (4, 0.3%)

1 だ謙信, でご, でもこう, を何故

▼ きった~ (4, 0.3%)

2 の空気 1 が思いがけなく, の町

▼ きった~ (4, 0.3%)

1 でつまらない, のする, の眼, を返す

▼ きった~ (4, 0.3%)

1 に出, に尚, もなお, 書き上げたもの

▼ きった心持~ (4, 0.3%)

1 が快く, で三日, なの, になっ

▼ きった態度~ (4, 0.3%)

1 で, で答えた, としか受取る, を見せ

▼ きった~ (4, 0.3%)

1 に仁王立ち, の一つ一つ, を割れる, を外

▼ きった~ (4, 0.3%)

1 な事, な男, な調子, は彼

▼ きった生活~ (4, 0.3%)

1 が繰返される, に経済的, や同じ, をし

▼ きった~ (4, 0.3%)

1 だと, の言葉, はつ, は病人

▼ きった身体~ (4, 0.3%)

1 に快く, のこなし, のやり場, を見

▼ きったあと~ (3, 0.2%)

1 がある, でようやく, の澄んだ

▼ きった~ (3, 0.2%)

1 何様だ, 弱い足, 関の

▼ きったころ~ (3, 0.2%)

1 にはまた, にはまったく, には全く

▼ きったつもり~ (3, 0.2%)

1 だから, でいたらしい, でいる

▼ きったもん~ (3, 0.2%)

21 だわ

▼ きった人間~ (3, 0.2%)

1 である, であるよう, である以上

▼ きった大きな~ (3, 0.2%)

1 二つの, 手であった, 眼と

▼ きった~ (3, 0.2%)

1 でいや, できめつける, を見せ

▼ きった~ (3, 0.2%)

1 がいい, がまた, がよい

▼ きった気分~ (3, 0.2%)

1 だったものの, に浸され, を以て橋

▼ きった~ (3, 0.2%)

1 の上, の熱, の間

▼ きった結果~ (3, 0.2%)

1 が誰, だのに, であろうか

▼ きった自分~ (3, 0.2%)

1 の立場, の精神, の身体

▼ きった~ (3, 0.2%)

1 がただよっ, で七日, を湛え

▼ きった表情~ (3, 0.2%)

2 をし 1 を見

▼ きった調子~ (3, 0.2%)

1 で男, に対しお, に憤慨

▼ きった~ (3, 0.2%)

1 にはまたとなく快よい, を休め, を引きずり

▼ きった~ (3, 0.2%)

1 であるか, なの, をたて

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 たまの, われな

▼ きったけれども~ (2, 0.1%)

1 その底, 三すくみでは

▼ きったこの~ (2, 0.1%)

1 世相と, 猛獣族を

▼ きったじゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, ないか

▼ きったとき~ (2, 0.1%)

1 になんだか, はじめてその

▼ きったので~ (2, 0.1%)

1 それでみんな, 一同は

▼ きったばかりの~ (2, 0.1%)

1 ときに, 戸の

▼ きったやう~ (2, 0.1%)

1 な木の葉, にぢ

▼ きったタバコ~ (2, 0.1%)

1 でもすてる, を消し

▼ きった一つ~ (2, 0.1%)

1 の作品, の生活

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 なるに, の形

▼ きった仕事~ (2, 0.1%)

1 のよう, をする

▼ きった六人~ (2, 0.1%)

1 の人間, の力

▼ きった冷たい~ (2, 0.1%)

1 空気が, 顔を

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 では誰, に一箇処

▼ きった動物~ (2, 0.1%)

1 が自分, の通り

▼ きった口ぶり~ (2, 0.1%)

1 でこう, を思いだした

▼ きった口調~ (2, 0.1%)

1 たすからないほど, で老僕

▼ きった台所~ (2, 0.1%)

1 に行っ, の扉

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 を大事そう, を少し

▼ きった土地~ (2, 0.1%)

1 の上, をはなれ

▼ きった地面~ (2, 0.1%)

1 に松葉牡丹, はそれ

▼ きった夕ぐれ~ (2, 0.1%)

1 の色, の部屋

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 の死体, の言葉

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 やが, やの口

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 にはけばけばしい, の中

▼ きった小具足姿~ (2, 0.1%)

2 のまま

▼ きった左手~ (2, 0.1%)

1 の方, の長剣

▼ きった彼女~ (2, 0.1%)

1 はまた, は僕

▼ きった心持ち~ (2, 0.1%)

1 になっ, を鼻

▼ きった悲しい~ (2, 0.1%)

1 心で, 手紙を

▼ きった意味~ (2, 0.1%)

1 ではない, で眺めよう

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 であった, で遠く陣

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 に乗っ, を振っ

▼ きった挨拶~ (2, 0.1%)

1 の受け答え, を旦那

▼ きった文句~ (2, 0.1%)

1 ではあろう, を一々

▼ きった暮し~ (2, 0.1%)

1 の表面, をし

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 が喉もと, のよう

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 のよう, の先端

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 のお前, はそれでも

▼ きった白い~ (2, 0.1%)

1 凝乳, 道を

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 であった, 附きに

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 のやみ, 暗い部屋

▼ きった眠り~ (2, 0.1%)

1 だ, に陥っ

▼ きった神経~ (2, 0.1%)

1 が厭った, はすぐ

▼ きった私達~ (2, 0.1%)

2 は何もかも

▼ きった米友~ (2, 0.1%)

1 が外, は回向院

▼ きった紅茶~ (2, 0.1%)

1 に酒, を一口

▼ きった美し~ (2, 0.1%)

1 さで, さであった

▼ きった考え方~ (2, 0.1%)

1 や話, や話し方

▼ きった肉体~ (2, 0.1%)

1 に怖, に羽織ろう

▼ きった船体~ (2, 0.1%)

1 を埠頭, を横たえる

▼ きった若い~ (2, 0.1%)

1 未亡人の, 熊を

▼ きった葉子~ (2, 0.1%)

1 はかみ捨てる, は躍起

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 の枝先きが, んぼう

▼ きった言い分~ (2, 0.1%)

1 だと, も当人

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 に不思議, を抱えられ

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 に迷う, の砂

▼ きった~ (2, 0.1%)

1 はいきなり, はまだ

▼1* [546件]

きったあげくだったそう, きったあまりそれをもっ, きったうす暗い部屋の, きったおれだ, きったお上の年扶持, きったお喋り坊主の音声, きったお話になる, きったお通夜の席, きったかさかさの唇, きったかっこうで隊員たち, きったかとの御尋ね, きったかを深く顧みるべきである, きったこういう真理に, きったことこれもずいぶん, きったことばかな人間, きったこと当りまえすぎる事, きったこと百も承知, きったごうつくばりのえら, きったごみっぽい作品, きったご苦労さまなこと, きったさびのある, きったしかし底深く, きったすえに復興, きったすがすがしさで, きったすぐそこに, きったせいせい声で, きったそれとまた, きったそれらの奇怪, きったあたりを, きったただの農夫, きったたまらなく悲しい気持で, きったって種が, きったつまらないことを, きったとき中村係長がまちかまえ, きったとき唇のはじ, きったとき手紙のこと一寸申, きったところがちょうど金座, きったところ逆に言え, きったとたんに城中, きったとはいえません, きったいたっては, きったのみならずその, きったのろい渦を, きったはずみにいっさん, きったはなしでいつ, きったはめ手にかけ目指す, きったふたりの顔, きったふりをした, きったほどの有名な, きったぼくはええ, きったまではいいが, きったままふたりでなに, きったまま客の伝右衛門, きったまま敵の妻女山, きったまま爪先ばかり見る, きったまま食卓へ近寄ろう, きったまるで草に, きったやり方を踏襲, きったようすで見る, きったわけでは, きったわれとわが身, きったオレの小屋, きったガローシをはい, きったクダラヌ問答をくりかえす, きったケチな時代, きったコーヒーのカップ, きったゴム靴が片方裏, きったサモイレンコは満面, きったシャツを着, きったストーン氏は女, きったチョビ安は, きったトロ族の暴漢, きったトーマスの服装, きったナと思うと, きったナイフをポケット, きったバナナのよう, きったピグミーは, きったブルスキーという土地, きったブルブルふるえて, きったマヌケぶりをくりかえし, きったモコウがコース, きったモスクワから来る, きったモラルを説く, きったロンドンの野恋娘, きった一人の男, きった一味の仲間, きった一巻の福音書, きった一月間にも部落, きった一瞬には水天髣髴, きった一軒の構え, きった一頭立ての軽, きった七八人すぐ仕事, きった七兵衛もこれ, きった七月になっ, きった三の丸は敵人, きった三人は立ちどころに, きった三十女のよう, きった三尺たらず無銘, きった三毛猫であるが, きったのこと, きった下士の台所, きった不動明王のよう, きった不安な空気, きった不思議な人格, きった丑満の頃, きった世の中がうつらうつら, きった世界です, きったはそこで, きった両足を火, きった中国少年に眉一つ, きったの顔, きった乞食の引っ, きった乾雲の冷刃, きった事件にはああ, きった二十面相は服, きった二頭の痩馬, きった人々へ起こさせる, きった人たちだった, きった仙太郎はまた, きった代物だが, きったであったに, きった会話を取交し, きった低い石垣を, きった何一つ濁りや, きった作為を弄, きった作爺さん救いを求める, きった侘び住居というよう, きった倦怠の中, きった偽装の方, きった傷一ヶ所は腹, きったの足もと, きったやまず, きった儘彼は二日, きった兄君は光君, きった入口の板戸, きった全身の神経, きった八月末の鮎, きった公孫樹は静か, きった兵法の駈, きった兵馬の胸, きった其の時は, きった内容がある, きった冗談などを言い言い, きったい月, きった冷ややかなひとみ, きった冷泉院と六条院, きった冷静平然たる驚く, きった出会いがしら, きった切り口までよく, きった労働者がそぼふる, きった動物どももこの, きった北原が案外, きった十二月の昼, きった十兵衛の指図, きった十四反帆, きった千余騎はなおさら, きった衣も, きった博士が機械人間, きった原っぱのよう, きった口びるからは吐く, きった右手に墓地, きった吉蔵の訊問, きった同郷の先輩豊太閤歿後, きった向う側から新, きった味方の奔勢, きった呼吸を取り戻し, きった品物破廉恥な書物, きった哲理の解説, きったで今日, きったをなぜ, きった器それを美しき, きった四人の仕事ぶり, きった四十名からの人数, きった四幕のあと, きった土蔵造りの建物, きった圧力をよく, きったをし, きった城主大物主と腹心, きった堂々とした, きったの銘仙, きった変梃なもの, きったが河原, きったの些細, きった夕方に二人, きったはひっそり, きった外国婦人の肉体, きった計代の, きったは見ない, きった夢心地の中, きった鉄骨が, きった大地にはえ, きった大石先生をいつのまにか, きった大胆なこと, きった天下の大法, きった太陽が雑木林, きった失敗を感じ, きった奉納の幟, きったの部屋, きった女体のかおり, きった女君の様子, きった女心の残虐さ, きった女性にとって活動, きった女達の遊楽, きった奴等だ, きった妄想だ, きったの心, きった子供のよう, きった孤独な気もち, きった安らかさで笑っ, きった安らぎがある, きった室内にはまだ, きった家々の中, きった家庭でだれ, きった容太郎はかつて, きった宿の部屋, きった宿屋という, きった寂しい心持, きったさが, きった将士は何, きった将来の自分, きった部屋が, きった小ささに, きった小坊主をむりやり, きった少女は微か, きった少年たちを見すえ, きったになっ, きった屋台骨がともかく, きったのなか, きった山裾の傾斜, きった山道が今夜, きったの面, きった川筋というもの, きった工藝の美, きった左膳は萩乃, きった市十郎は見ちがえる, きったを綴り合せ, きった帆綱がゆらゆら, きったの蝋燭, きった常吉の口, きった平凡なこと, きった年齢にあった, きったの上部, きったのほか, きったの一方, きった座敷の中, きった庭先きの, きった廃人だった, きった廊下の角, きった建物の蔭, きった建築様式の石造, きった弁信はそこで, きった弁当箱に飯, きったをも, きった当惑そうな顔, きった当然の間違い, きった形相は質的, きった彫刻が控え, きった往来で独楽廻し, きった後二人は突然, きった微笑を浮かべ, きった微風がゆるく, きった心地で歩い, きった心境にある, きった心臓をパタリ, きった心身を引きずっ, きった必滅を説く, きった快活豪奢な婦人ら, きった思いを今さら, きった思索しつづけた心, きった恋仇にぴったり, きった恥らいのよう, きった息づかいさえこの, きった悪魔の魂, きった情ない問題を, きった情緒を充, きったの轍, きった愚劣な批評, きった愚楽にわかに別人, きった感じなの, きった感情が少し, きった感激に駆られた, きった憔悴した赤髯, きった我々の頭, きった戦いである, きった戦争というもの, きったの屋根, きった手先はおどおど, きった手紙を自分, きった手足を砂原, きった折り返しのところ, きった掛合いをし, きった探偵のしぐさ, きった攻撃精神やセンメツ, きった放心状態にあっ, きった教育の課程, きった数千の兵馬, きった数百年の濠水, きったは初め, きった新造の目, きった新鮮でない熱気, きった旅人が路傍, きった旅籠屋が二三軒目, きった日々の課業, きったの富豪, きった星空があった, きった昨日の灰, きった時流の底, きった時間をポーン, きった普通の南天, きった書き方である, きった書物の中, きったに身体, きったな仏, きった木石ではなく, きった机竜之助, きった正どん, きった東北のこと, きったなど載せ, きった果物を手のひら, きった柿色染めの木綿陣羽織, きった栄三郎の片手, きった校舎の中, きった桃花村がこれ以上, きったの実, きった検事や熊城, きった楽しみにふけった, きった楽天気分だ, きった楽想と技巧, きった樹木に似, きった樹皮の匂い, きったの袂, きった正面には廊下, きったの道, きった残暑照りの日中, きった残酷な虫, きった懶い沈黙, きった水面は小松, きった沈黙が続いた, きった河水が満満, きった泥濘だ, きった洋服を着, きった派手な小袖, きった浅間信十郎になりきっ, きった浴槽の庭, きったに投げつづける, きったの最後, きった淋しさは, きった淋しい心を, きった清川のため, きった清造の鼻先, きった渇きを癒した, きった渋い声で, きった温良さの表情, きったのよう, きった源十郎の狂刀, きった源氏を六十年, きった漆黒の夜空, きった漫画があろう, きった灌木やいじけた, きった能吏つべこべ, きった無言の宵, きった無駄足を何故, きった棒杭と, きった煖炉により, きった熔炉の中, きった燃えさしのよう, きったをとりあつめた, きったの死, きった物音にもパッ, きったの紐, きった状態ではなかなか, きった狂犬は仏頂寺, きった狩屋三郎をうながします, きった狭い部屋の, きった率直な最後, きった現在では常に, きった球形をし, きった理窟ばかりこね, きった生意気さに彼, きった生死の別れ, きった生涯のせめて, きった田山白雲が船, きった田舎教師の生活, きった甲冑の重, きった男女の六部, きった畜生だからと, きった病人のよう, きった病体で御息所, きった病弱者だから, きった痴話に燃えさし, きった白ペンキの安, きった百姓言葉乃至田舎言葉, きった目ざめのあいだ, きった目附をした, きったで一生懸命, きった真理であるだけに, きった真直ぐな通り, きった眺めだった, きった眼つきで詮吉, きった瞬間人々は黙っ, きった矛盾のある, きった知名人を人知れず, きった知識者などの公衆, きった短い手拭は, きった砂塵を巻き揚げ, きった破れ目だらけの服, きった社交性につり出され, きった祖先があったなら, きった祖母はしまいに, きった神宮の森, きった神経質な顔, きった神經を鎭め, きった禿山の静けさ, きったの夜気, きった空地の叢, きった空所を満たし, きった突端にその, きったの編戸, きった笑話がある, きったのよう, きった精神カットウ, きったが黒い, きった素晴しい姿, きった細筆のさき, きった細首に鍬形, きった組頭はこの, きった経済面に貢献, きった絶叫が仲間, きった絶望の人, きったが手繰り寄せられる, きった縁側板に丸い, きった署長は横, きった美しいものまた, きったが静, きった羽風の音, きった習慣をいつも, きった老女はかえって, きった考えですがね, きったも今, きった聖チェーホフの雰囲気, きったを見せ, きった肢態が妖しく, きった腕力が感じられ, きった腫物のよう, きった腹の中に巣, きった膝行袴を穿き, きった臆病そして私, きった自信を誇り, きった自己表現や和平運動, きったは尽きず, きったとはそう, きった舗装の街路, きった舞台のため, きった船頭も白雲画伯, きった良寛様は今さら, きった色話だとか, きったのよう, きった花模様のある, きった若者らしくじろりと, きった苦々しい顔付きで, きった英信は数十分後, きった菅谷も戦意トミ, きった蒼ざめた頬に上った, きったの中, きった虚偽もできない, きった虚無僧は肩, きったのよう, きったをあたため, きった血液は強烈, きった血相となっ, きった行儀をされ, きった街角に人, きったにこもごも, きった裸体のまま, きった西瓜が井, きった視線をちらりと, きった角屋敷の黒門, きった角度から安直, きった解脱し切ったよう, きった言葉を浴せた, きった語部の古, きった誤謬をもった, きった課長は勝ち誇った, きった将は, きったのよう, きった講義は, きった議論を述, きった質問に思わず, きった赤い実が, きった赤子の手, きった起居の様, きった足どりを運ばせた, きった足音をたて, きった身振りでサッと, きった軍需生産者つまるところは, きった輝きをうごかせた, きった辻馬車の片隅, きった近代で上人, きった近代市民社会になっ, きった返しの太刀筋, きった退屈なもの, きった透視画法の原理, きった過誤をも私, きった道路に舞い揚がる, きった部分がある, きったの肴, きった重病人については医学的, きった金壷眼できょろきょろ, きったに触る, きった鋭さおよびその, きった鋭角を外される, きった鎧具足の音, きった長半纒のまま, きった陰険な人々, きった障子戸にも刈り込められた, きった集まりをし, きった雨戸の節穴, きったが蘇った, きった青い顔を, きった青空でしょう, きった静坐の姿, きった面影にも等しい, きった革張りの長椅子, きった革表紙を繙い, きった響きをしか齎さなかった, きった須美子の指, きった頭上の扉口, きった頭脳を何物, きったをし, きった顔付で戻っ, きった顔色をみせた, きった顔附で山塞, きった顰面で伊豆, きった風体しかし, きった風呂敷だった, きった食堂から電話, きった食物のこと, きった餓えたる犬, きった馬子は馬, きった馬鹿馬鹿しさで, きった駕籠屋馬方が生気, きった髑髏を袋, きった高雅な容姿, きったを短く, きった麻酔だろう, きった黄色い農作物や