青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「きた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~き き~ ~きい きい~ ~きいた きいた~ きき~ ~きく きく~ ~きた
きた~
きちんと~ きっ~ きった~ ~きっと きっと~ ~きつ きつ~ きのう~ ~きました ~きまっ

「きた~」 16074, 174ppm, 601位

▼ きた~ (3633, 22.6%)

431 である 421 です 337133 だった 106 であった 8178 では 54 だと 52 だが 51 だろう 48 であります 44 だから 41 ですが 40 でした 35 でしょう 29 を見る 26 であるが, であろう 2421 であろうか, ですよ 19 ですか 18 だよ, を見 17 であったが 16 かも知れない, は 15 かい, でしょうか, はその 14 でも 13 はそれ 12 かね, だろうと, であるから 10 だという, だろうか, でありました, ですから 9 だそう 8 じゃ, だったが, だつた, はあの 7 かと思う, かもしれません, であって, はこの 6 かもしれない, だろうかと, ですね 5 かしら, かな, がこの, だらうと, であったか, であると, はただ, はだれ, を感じた

4 [12件] かしらん, だね, であるか, でございます, と同じ, はお, はこれ, はたった, はどういう, は当然, を, を知る

3 [31件] かその, かそれとも, かまた, が, じゃない, じゃねえ, だか, でありその, でありますが, であろうと, でしょうね, ですからね, ですけど, ですって, ですもの, にちがいありません, はいい, はいかにも, はかれ, はさっき, はそれから, はちょうど, ははじめて, はまさしく, はもう, は同じ, は実に, も無理, らしい, をみる, ン

2 [62件] かいつ, かこの, かそれ, かという, かとお, かと思いました, かと思っ, かと思った, かなア, かもしれなかった, かも知れません, かも知れん, かわからない, かわかりません, か何, があの, がその, がなに, がふしぎ, だけれど, だけれども, だな, だらう, だろうね, だ実存主義, でありましょう, であろうが, ですけれど, でなければ, とは別, には理由, はどんな, はひと目, はまぎれ, はまことに, はまさに, はまるで, はむしろ, は一枚, は主人, は今, は例, は呂宋兵衛, は大きな, は彼, は意外, は朝田, は木戸, は殿, は汝南, は確か, は私, は自分, は誰, もその, をなんだか, をみ, を喜ん, を聞いた, を見た, を見ました, を誰

1 [885件 抜粋] うらやましいわ, かあるいは, かうむ, かえ, かかつ子, かざざっ, かしらと思われる, かしらない, かそれなら, かただただ, かちょうど, かっ, かとじっと, かとまちがえる, かとピストル, かと尋ねる, かと思ったら, かと私, かと言われれ, かどちら, かなぜ, かねえ, かはいっこうに, かはまったく, かふと, かもうだいぶ, かものなれた, かも知れぬ, かを訊ねた, かを調べる, かカヤ, かネ, か一人, か一台, か三十万, か不審, か不知哉丸, か予審判事, か二人, か何ゆえ, か分らない, か少年, か山桜, か彼女, か意外, か指し, か數枚, か林太郎, か椎, か死におくれた, か死人, か気, か火, か白っぽい, か皆目見当, か睡くなった, か知らない, か碁, か窓, か約, か自分, か草光保治, か遂に, か金魚, か鍋蓋, か鼠, があまりに, がかえって, がけち九郎兵衛, がすべて自分, がなんと, がまさに, がむかし, がもう, がアドロフ・マンジュウ扮, がベルグソン, が一人, が一時ごろ, が三代集, が乗合, が二人, が二時ごろ, が五時半頃, が今さら, が分つた, が分りました, が勘定奉行, が坂東平氏, が変, が宇治, が年, が彼等, が本物, が清正公, が渡, が石田三成, が私, が若い, が著しく, が記代子, が運, が顎十郎, が鯨, さそれでは, じゃありません, じゃな, だえ, だからな, ださうでありますが, だぞ, だったという, だっていわば, だといふ, だとの, だとばかり, だひとり, だもの, だらうか, だらうといふ, だろうな, だろうやがて, だ他, だ精神, ぢや, であったから, であったろうか, であるかと, であるけれども, であるそこ, であるそして, であるたいして, であるらしい, である漫画家, である生きること, であろうから, であろう挙げて, でございますよねえ, でござる, でしょうかナ, でしょう無論, ですからネ, ですし, ですそれ, ですな, ですトキ子さん, です柳生, です私, でないこと, でないならという, でなくた, でもあった, といっしょ, とがいっしょ, とは異, と会った, と反対, と四天王, と歩調, と相, どんな事情, ならどうして, なら二十分, なら自分, におじ, にかかわらず, にはおどろきました, にはワケ, には尠, には胆, にも応じなかった, に出会った, に対しマストリリ, に対し艇長, に行き合わせる, に驚いた, はあ, はあたかも, はあたりまえ, はあなた, はありがたい, はいったい, はいつごろ, はいま与吉, はえらい, はおばけカブトムシ, はおもい, はお前, はかなり, はき, はこういう, はここ, はこれなん戒刀, はこれ潮, はさすが, はざんねんです, はすぐ, はずっととおく, はそこ, はそれだけ, はたしか, はたぶん, はとうぜん, はとら, はとり, はどれ, はなにごと, ははるばる, はひと, はふたり, はほとんど当然, はま, はまだやはりとても, はみな, はもうすっかり, はやすらい, はゆうべ死体, はよい, はよれよれ, はりっぱ, はカレイ, はガラス工場, はガラツ八, はガンベ, はコンクリート, はスポーツマン, はセーター, はチタ子, はナゼ, はパイ軍曹, はフクロウ, はマギレ, はミネ, はユウ子ちゃん, はロケット爆弾, は一ぴき, は一季, は一等運転士, は一面, は七, は七カ月以前, は七十歳, は万吉, は三十歳前後, は上野広小路, は中村警部君, は九つ, は九時ごろ, は九段, は争えない, は二三春, は二人, は二十二三, は二台, は二時, は五十一二, は五回目, は亭主, は人間, は伊部熊蔵, は伝六, は何人, は使者側, は俳優, は偶然, は僅か, は全く, は八十吉, は円い, は別人, は前述, は加賀見忍剣, は勤労大衆, は勿論, は医者, は十二, は千浪, は半, は半町, は印度人, は古, は吉原, は呂, は周信さん一人, は哀れ, は善吉, は喜び, は国, は土, は声, は夏, は夏侯惇, は多く, は夥しい, は大奥名代, は大木老人, は大鷲, は女, は女中, は如何にも, は妻恋坂, は始め, は子供, は安政二年, は安積玄心斎, は家康, は小, は小杉少年, は小浜兵曹長, は少し, は山県蔦, は川長, は差配, は帝釈山, は平凡, は弁内, は張遼, は当日, は待機中, は後手, は怪しく, は恐らく, は慶賀, は手代, は手紙, は持ち重り, は数冊, は数日, は料理番, は既に, は日ごろ, は日本軍, は明らか, は春日新九郎, は昭和九年, は時, は晩, は曹操, は曹軍, は最愛, は有難い, は木ベエ, は本当に, は朱柄, は朴訥, は森五六郎, は機関室, は正太少年, は武田伊那丸, は母, は毒薬草, は民蔵, は水, は法律, は深夜, は深編笠, は清松, は煤, は父, は牛肉店, は猟犬フハン, は王さま, は理由, は病, は白糠以北, は白羽, は白馬, は目しい, は知らない, は確か三人, は神奈川, は竹屋三位卿, は竹田, は竹童, は笑止千万, は精巧, は精神科, は紛れ, は細, は細川兄弟はじめ, は翌日, は職人, は背裏, は自然科学, は色, は菊池, は菊池家, は蛸, は衣服, は言うまでもなく, は読者, は諸侯, は警視庁捜査係長, は貴金属類, は轟又八, は遂一年前, は達夫, は酒井黒具足組, は金屏風, は鉄砲火薬, は鏃鍛冶卜斎, は間もなく, は雪娘, は頭, は頼もしい, は顔中髭だらけ, は馬岱, は高尾, は鮮人, へ, までは意識, もあまり, もある, もいる, もおかしい, もここ, もぜひ, もつきあい, もふしぎ, もみんな運命, もむりはねえ, ももっとも, もわからなかった, もムリ, も一つ, も上, も仏様, も南風太郎, も古い, も幸運, も当然, も日本人, も曰く, も矢張り佐伯, も知らなかった, も石松, も秋, も聞こえなけれ, も道理, も門, や, やら, やボロ, や洋服, や色々, らしく眉, をあまり, をありがたい, をお, をごらん, をすぐ, をそういう, をちゃんと, をなん人, をまわり, をグランド, をジロリ, を三匹, を典侍, を取り, を右門, を君, を周平, を因果, を夢心地, を姉, を家臣たち, を小糸, を庭, を彼女, を御覧, を思いやり, を感じさせられる, を手, を拾った, を捕え, を機会, を江戸, を片手, を眉, を知った, を知らず, を知り, を知るであろう, を翻訳, を聞かれたでしょう, を若い, を見つけた, を見のがす, を見れ, を見迎える, を認め, を語る, を警戒, を買った, を車力宿, を鉄砲, を頼んだ, を高利貸, んも, 何か

▼ きた~ (651, 4.1%)

13 それは 11 彼は 6 それを, 私は 5 そのとき 4 自分の 3 これは, そこへ, そのうち, それには, 博士は, 彼の, 私が, 私の

2 [26件] いつも私達, こいつは, この頃, これも, こんどは, すぐに, すでに玄徳, そこに, その中, その日, その途中, その魂, それが, なにを, もとは, フト柱を, 丁度森さん, 何か, 何を, 味方の, 彼女は, 徒らに, 父の, 眼を, 袖の, 見れば

1 [530件 抜粋] あいつは, あいつも, あくまでそれ, あすは, あとに, あの五兵衛, あの笛, あれは, いきなり提げ, いつもの, いつも居留守, いつも金堂, いなかの, いままでの, いま陸地を, いよいよ私たち人民, お国風, お影, お気の毒様, かれは, こ, ここで, ここでは, ここに, ここには, ここらで, このごろ病床の, このてい, このていた, このとき, この三谷氏, この事業, この人, この使い, この大名, この奇怪, この女, この川, この心がけ, この時, この潜水艦, この研究, この計, この馬, これからは, これから氷河, これが, これで, これとても, これには, これまた, こんなこと, さすがに, さっき田中校長が, さて, さていつ, さてひるがえって, さて渋茶, さて誰, しかしこの, しかししょせん, しかしそれでは邸内, しかし売れない, しかし女, しかし時, しかし祖父, しかもあまりに, しかもそれ, しかもなお曲, すぐか, すぐ家, すぐ寝る, すっかり風邪, そういう場合, そこで, そこでなに, そして霊妙, その, そのうちその, そのうち突然に, そのかっこう, そのときあたり, そのときバケツ, そのとたん, そのなか, そのまえ, そのままひっそりと, そのよう, その一冊, その二人, その他には, その古宿, その大き, その安心, その後ろ, その時, その期間, その根, その物足りな, その目標, その目的, その者, その肌, その詳細, その赤らんだ, その近く, その返書, その間お, その間に, その風采, それから, それから林, それから毎晩, それでもまだいくらか, それでもやっぱり, それでも何, それでも党員, それでも最後, それでも生まれついた, それで事, それとは, それについて, それにも, それに対する, それまでに, それも, それ以来なにを, そんなこと, そんな調子, ぞろりとした, ただそれだけ, ただ一目, たちまち一彪, たとえどの, たぶん顔, ために, だいぶん近く, だいぶ余燼, ちとはなし, ちゃんと残っ, ちょっと見つからないでしょう, ちよつと, ついとむかふ, ついにきょう, ついにこの, ついにもらえなかった, つていた, とうとう午前十時ごろ, とたんに大きな, とても出かけられる, とても生きられない, とにかくさう, どうか不幸, どうした, どうにもしようが, どうも目, どうも違う, どう考え, どこで, どれも, なあに大した, なおそれ, なお真に, ねむると, はや備中, びっくりし, ふとこの, ほって, ほんものの, まがえるが, まことは, まごまごする, まさかこの, また呉王廟, まだピストル, まだ李陵, まだ痛い, まだ目, まだ礼, まだ立ちはだかった, まったく悲し, みな江波に, もうこの, もうこれ, もう先, もう少しの, もう持ち上げた, もう東京, もしや, やがてお, やがてしいんと静まり返った, やがて三人, やがて甲賀路, やさしい愛情, やっと今, やっぱり百姓, やつぱりない, やつぱり百姓は, やはり平気, ようだった, ようやくその, よからう, よほどたっ, よもや死, わかった時, わけを, わたしたちは, オレは, カウンターの, キュウクツな, シンと, スター河童氏と, タヌキ屋では, チラリ見, トンボの, ドイツには, パパも, フトコロに, ブツクサ云わず, ブラウンの, ホトケは, ポテト一家の, ヤクザが, ヤス子は, ヤス子を, ルミ子は, 一ツは, 一人として, 一人は, 一升ビンの, 一同の, 一向天候, 一言引き止めよう, 一足おそかっ, 一銭玉一つも, 一難さっ, 丁度この, 万吉は, 三吉も, 不幸な, 両側の, 中腰に, 予には, 二人の, 二年のちやっぱり, 二更の, 二男の, 云い合わしたよう, 人を, 人気の, 今に, 今は, 今や高橋氏, 今夜から, 今夜自分が, 今度こそは, 今度は, 今日お前の, 今日からは, 今日の, 今日は, 今日も, 今日一般の, 今自国, 仔細に, 他人には, 以後は, 仲太郎は, 仲間との, 伊那丸も, 会っても, 伝内は, 何ぞは, 何の, 何分急, 侍臣たちは, 傍に, 僕の, 僕は, 元来広小路伯爵, 入口の, 八十何名の, 其処に, 再び追いつかれ, 冷えきつ, 出て, 刃の, 初めての, 北九州の, 千ありゃ, 半ば疲労に, 博士を, 各々の, 同時にあたり, 君は, 呂宋兵衛は, 周馬は, 周馬や, 唇を, 固形ウィスキーは, 土曜日から, 坐るの, 壇ノ浦では, 外へは, 夜が, 夜の, 夢にも忘れなかった, 夢中に, 大分長く, 大気の, 太子は, 女の, 女は, 嫌いな, 嬌娜は, 子供を, 孔明は, 孫乾は, 宇津木秋子女史の, 完全な, 実に偉, 実行される, 実際の, 寄手は, 小さい時, 小さなポオタブル位, 小腹が, 少々ばかり, 少しくら, 少女の, 少尉は, 尾を, 屋内に, 山崎と, 山木兼隆なら, 山本定信と, 工場地の, 布だった, 帰りしなには, 帰ると, 常に将来, 常の, 当人の, 彼が, 彼も, 彼女が, 彼女たちの, 彼女の, 彼等が, 後十四年, 御無理, 心で, 心は, 志半ばに, 思うよう, 急に, 性は, 恐ろしくて, 愉快だった, 成功し, 戦雲は, 房吉が, 房吉は, 手には, 持って, 振向いて, 擦れ違うひょう, 故だった, 教師を, 教育の, 斜谷に, 旅行中に, 日本の, 明治に, 明治にな, 昔の, 昨日から, 時すでに, 暫くたゆたっ, 最後もうどう, 有村の, 朝餐後に, 期せずし, 木, 本当の, 本来は, 本紙に, 東の, 柚子が, 案に, 案外つまらなく, 橋を, 次第にこっち, 次第に活況, 欲しいと, 歌人の, 歩けないで, 気味の, 水に, 洞庭を, 海上暴風に, 淋しい道路, 深いシサイ, 源氏の, 無償で, 無念, 父は, 犬を, 玄徳は, 王平姜維の, 珍しく二十日, 現れなかった, 現代に, 甘根, 生来多病, 男が, 男は, 番人は, 番兵が, 畫の, 病気とも, 百姓だ, 眉を, 真に自由人, 眼下は, 磁石じゃ, 祠が, 私達が, 私達といふ, 移り住むと, 空気は, 空襲警報発令中な, 突然ふらふらと, 突然四山, 窓の, 立派な, 竹童は, 箸を, 紅く化粧, 紹興本場の, 結局, 絶えず姿, 線路ぎわにしゃがんで顕微鏡を, 老村長, 肝臓の, 肩に, 腰を, 腹の, 自分に, 自宅で, 自習が, 船の, 芝田さんは, 花が, 茶の間の, 茶器も, 蓮香を, 蛙の, 蜜蜂の, 袈裟がけの, 裏は, 誤解を, 誰も, 谷音は, 貧富の, 身について, 身体が, 辰男の, 辰男は, 近くへは, 近年では, 近来なんとなく, 返事に, 途の, 途中二度も, 途中閔貢の, 道が, 道誉は, 鉄弓に, 長い旅, 長女なる, 間もなくもう一度諸君, 関羽は, 閣上の, 闇屋の, 院宣を, 陣中に, 雑誌に, 静かな, 音も, 頭だけでも, 頼朝の, 顧みれば, 風雨は, 飛びつきたいよう, 食事を, 養父母の, 高梨の, 魚則の, 黒い詰襟

▼ きたもの~ (614, 3.8%)

42 である 27 だった 2421 らしい 16 であった, ですから 12 だから 10 だが, です, では 9 があった 8 がある, だと, に相違 7 なの, にちがい 6 があります, のよう 5 だろうか, であろう, でしたから 4 か, であるか, であること, でした 3 がありました, だな, であつ, とみえる, と私, と見え, と見えます, と見える, もある

2 [26件] かどう, かな, があっ, だという, で, であります, であり得ず, であり得る, であるという, であろうか, でこの, でございます, でしょう, ですが, といっ, とのみ思っ, とみえ, と思われます, と見, に違い, は, は何, は例, もありました, をまた, を自分

1 [257件] いうまでも, かこの, かこれ, かそれとも, かとみんな, かと早, かと考える, かひょろひょろ, かふ, かふところ, かまこと, かまたは, かもしれない, かもしれませぬ, かも知れない, かを何故, かヨタヨタ, か一ぴき, か人, か例えば, か八月中旬, か大きな, か朱, か生命, か疲れ, か知らぬ, か神器, か稲, か身体, がいまや, がこれ, がそこ, がその, がそれ, がない, がはたして本当に, がまたし, が今, が今日我々古代文化, が何, が多い, が多かっ, が肺病やみ, が見返り, が陸, こそまさに, じゃ, じゃこれ, じゃな, その格段, たとえば作文, だけに現実生活, だけはただ, だその, だったの, だつた, だとさえ, だとも, だなあ, だね, だろう, つまりあの, であたし, であったろう, であらう, でありすでに, でありその, でありません, であるから, であるが, であるとは, であるに, であるらしい, である事, であれば, であろうと, でえらい, でおしゃべり, でけっして, でこれ, でございますよ, でござる, でざくろ石, ですからね, ですぐさま, ですねえ, です貴, でそこ, でそれ以来, でつまり, でなくて, でなくとも, でなく酒, でも, でもう, でれいの, でヤミヨセ, で一米半, で久しい, で内部, で分解, で剣士, で当年三十三才, で恋愛結婚, で数千万円, で書翰箋一枚, で無骨, で神武天皇誕生, で私ども, で警視庁, で追われて, といえよう, といえる, とおもわれる, とか, とが一緒, としか思えなかった, とのみは解し, とひそか, とみえます, とみな, とも記され, とを思い比べる, と云, と云わなけれ, と信じ, と判断, と思う, と思へ, と昔, と疑い, と考え, と聞き違えた, と自分, と見えまし, と見なし, と見る, と観念, と解し, なあ, など約, など食う, ならば, なら黙って, にたいする悲しみ, にちがいありません, にはそれ, にはちがい, によって捉え, に圧せられ, に対して待たされた, に対する大, に譲っ, に過ぎなかった, に限られ, ね, のうち, のこと, の中, はああ, はありません, はあんなに, はいいました, はいけません, はいずれ, はけっきょ, はさっそく, はざアざア, はすべてここ, はぜひ, はた, はたいへん, はただ, はたぬき, はつつそで, はどんなに, はない, はほかならぬ, はまったく, はやはり, は一体, は三十がらみ, は五ツ, は人間三人分, は伝六, は全部, は夥しい白い, は実は, は岡っ引き長助, は岩田, は帰る, は従業員, は御身自体, は恐らく, は悔恨, は新しい, は時季, は民, は江戸, は決して, は深川, は湖水, は目, は真青, は秩序, は紛れ, は紫, は自分自身, は良人, は薄ぎたない, は血なまぐさい, は裾, は金竜山浅草寺, は銀色, は静か, は黒色サンゼン, ばかりだつた, ばかりです, ほど素朴, もすくなく, も売りはらいきっ, も言, やらその, よ, よりはずつと新しい, よりも出, らしいと, らしいん, らしかった, らしくく, らしくウパシ, をあの, をいちど, をいつも, をなぐる, を今, を他, を侮辱, を僕, を全部, を出し, を出せ, を十分, を千里征くも, を合理的, を名づける, を土台, を壊し, を悠々, を数多く, を枯らし, を気に入ってる, を置いた, を考えた, を見る, を質, を食っ

▼ きたので~ (596, 3.7%)

22 彼は 19 あつた 18 私は 7 僕は 5 二人は 4 あらうか, それが, びっくりし 3 ござります, せう, そいつを, それに, それを, 人々は, 急いで, 村の

2 [28件] あらう, あわてて, いまやもし私, おどろいて, お千絵, お駒ちゃん, これは, こんどは, ござりまする, さすがの, そばに, てれ隠しに, みんなは, むしろ時代, 右門は, 実際の, 帆村は, 彼女は, 書きあげた五十枚, 東京の, 正造は, 男は, 真田昌幸に, 自分の, 豆腐を, 近頃は, 酒を, 関羽は

1 [433件] あきらかに, あたかも窖, あたしは, あつて, あと何年たったら, あらうが, あらう蒲原, ありゃありゃ, い, いそいで, いっそう混雑, いっそ故郷, いっそ船, いやであった, いよいよその, いよいよ騒ぎ, うかない顔, うしろを, うとうとし, おどろいた, お手製, お祝いを, お糸さん, お綱, お芳, お茶を, お金が, かかる人間, かしこまって, きいたら水, きょうまでの, きよは, ぐずぐずし, ここはや, このうえ人間, このごろは, このまま, この世の, この感, この目前, この真相, この馬鹿げた, こばやしくんは, これには, これにも, これへも, これまでの, これも, こんな風, さては抜き浴びせる, しかたなし, しばらくは, すくなくとも仏露両国, すぐに, すこし面食らった, すてて, すわこそ, すわり直しながら, せっかくの, そういう尊い, そういっ, そこで中国, そこに, そこには, そっとドア, そっと室, そっと目立たぬ, そのうち, そのおかみ, そのとき, そのへん, そのほか, そのままに, そのまま縁, その内気さ, その夥しい, その怠慢, その旧師, その花, その街路, そばへ, それ以上搜し, そろそろ食堂, そんなもの, たいへんさ, たけしくんと, ただちに郵便局, だいぶハイカラさん, ちよつと, つとにその, つばめを, とうとう僕, とりあえずいった, どうした, どうなる, どこかで, どろぼう, なにかいる, なにげなく机, なにも, にわかに艇内, のび上がって, はじめて化け物, はるばる往, ひとたまり, ひとつ一杯や, ひどく生産過剰, ひるま茶釜破壊, びつくりし, びつくりした, ふたりは, ふと顔, ふりかぶった大刀, べつにお金, ほとんど一睡, またお, また中, また気, また熱心, まんまといっぱいくわされ, もういっしょう, もうかえらなけれ, もうかく必要, もうすまない, もう部屋, もちろんこの, やがての, やっとあい, やみに, やむなくこの, よくよく目, よしそれでは, よろこびが, わかりました, わたしは, われわれも, イザと, カイはじぶんの, カシタンカは, ガマ六は, ツンと, テッド隊長は, テニソンの, ノーム行きを, バーグレーヴ夫人は, パンを, マリユスは, メルヴィル先生は, メートルを, ラランについて, ランタンに, 一々に, 一ぴきが, 一休みさせ, 一同あッ, 一同が, 一同は, 一式買っ, 一日その, 一時に, 一目散に, 一行は, 万一にも, 万事相談の, 万吉は, 三谷氏が, 三階に, 不幸にも, 世阿弥は, 乗ったけれど, 二人が, 二人と, 二人の, 人々の, 人びとは, 人浪の, 人見は, 今では, 今でも, 今に, 今まで, 今日の, 仕事は, 仕方が, 仕方なし, 他の, 以前よりは, 伊東伴作は, 会場は, 伝六の, 体が, 何かと思い出, 何を, 何事でも, 余は, 余はも, 便所へ, 保證人に, 健気にも, 偶然緊迫した, 傷つきやすい, 先頭の, 入り口の, 全軍, 兵員たちの, 再び小屋, 再び長崎, 分かつた, 劉夫人は, 劉表は, 力を, 勝代は, 十五円の, 午後は, 南方的な, 原地人軍は, 反対側に, 受話器を, 口を, 右門の, 同時に二人, 呆然と, 呉服店の, 周馬が, 商人は, 喜んで, 喬生は, 坐ったまま, 城兵は, 堪らなくなつ, 夏川も, 外に, 多くの, 大よろこびであった, 大喜び, 大月大佐以下は, 大総督, 大部わかる, 天堂一角が, 太刀風三寸の, 女が, 女の, 女は, 女弟子とともに, 姉は, 始めて分った, 娘は, 嫂さんが, 子供たちの, 子供らは, 孫権は, 孫権も, 孫策の, 実を, 実際彼, 宮は, 宮内は, 家では, 寄手の, 寒いくらい, 審配を, 小供, 小平太は, 小文吾は, 小林君が, 小鳥は, 山の, 山毛欅坂避難小屋に, 山荘の, 島村に, 崑は, 市岡を, 帝は, 師直も, 幕下の, 平吉は, 平気で, 床几の, 庭に, 弁信は, 引きずるやう, 張, 張飛は, 当家に, 彼の, 彼女と, 彼女らの, 往来へ, 従者も, 思い切って, 思わずもう一本, 急に, 恐縮し, 恥を, 息子の, 悪魔は, 慌てて, 戦争に, 打揃っ, 掻抓ん, 数人の, 文面から, 新しい働き, 日原川の, 早く入ろう, 早速その, 早速とび起き, 旬日の, 昨夜から, 暑かつ, 暗黒の, 暮らしは, 曹休の, 曾は, 有名な, 朕も, 朝吹は, 本通りの, 杖に, 来るまでに, 来年の, 柳橋二丁目の, 梅酒を, 森啓之助思わず, 検事は, 構内へ, 次号に, 歌壇を, 此奴面倒と, 母は, 母親は, 毛皮を, 氏は, 気が, 気を, 気味が, 気持ちは, 池泉の, 渡して, 温厚な, 源氏は, 滋子が, 漁夫達は, 火の手は, 無関心, 焼けない前, 煩さ, 父の, 物識りは, 皆で, 目を, 眸を, 眼を, 知らず知らず二三歩, 研究の, 破れたベビー服, 秀吉は, 私たちは, 私にとっては, 私も, 窓を, 立ちあがって, 立上っ, 童心の, 簡単な, 精も, 置き忘れたの, 義兄の, 老人何でも, 老武士, 聞くとも, 職人たちでも, 職業釣り人は, 肌が, 胸を, 脱いで, 腹立たしそう, 自分でも, 自分は, 自分を, 船が, 船長たちが, 色を, 芥川の, 若松屋惣七は, 虫売の, 蜀軍は, 行燈と, 被害者の, 西洞院七条下ル堀川の, 要心深い劉岱, 見に, 覚えず叫ぼう, 觀る, 試験に, 話が, 読んで, 赤くなった, 赤鉛筆で, 足もとも, 身を, 身体が, 途中から, 通用銭鋳造の, 通知も, 遂に夏殷, 遂に給, 遊んで, 道の, 道太は, 達丞相は, 部署を, 酒が, 野雀などを, 鑑鏡古, 長兵衛は, 防ぐ法, 隊長の, 隣りの, 集つた, 離れた, 雪で, 音楽遊びは, 顔が, 風格に, 首領は, 馬は, 驚いたララン, 骨肉相謀っ, 鬼も, 魏軍の, 鶴見は, 黄忠は

▼ きたこと~ (543, 3.4%)

22 がある 18 である 13 があった 5 であろう, になる, のない, を知る 4 があつ, だ, だから, です, に気, のある, を知っ, を話し 3 があっ, がなかっ, だろう, であった, に気がついた, をみ, をみんな

2 [37件] か, がありました, があります, がわかる, が奇跡的, が馬鹿らしく, だった, では, でも, など気, なん, にし, にちがい, に氣, はこれ, はない, はなかっ, はなく, は事実, は今, は痛感, もあった, を, をすっかり, をその, をふしぎ, を何, を告げ, を告げる, を思い出しました, を思う, を意味, を感じ, を知った, を知らせる, を考える, を話す

1 [343件] いろいろひどい, かどう, かはかり知れない, かまた, から大, か仔猫, があり, がありませんでした, がおよそ, がこの, がない, がぴったり, がま, がみな, がよい, がよく, がら, がわかっ, がわかった, がわかったら, がわかりました, がわかります, がわかるでしょう, がパリー人ら, が一々, が一目瞭然, が今, が分る, が判明, が察せられた, が徒労, が恐ろしく, が感じられる, が明らか, が根こそぎ, が気, が涙, が無謀, が現実, が眼前, が知られた, が短く, が私, が結局, が近世, が迷信, が驚い, さえたしかに, そういう微細, そしていわゆる, そのこと, それだけの, それでも, だが, だけでも不破, だけはたしか, だけはなんと, だけは乞食, だけは確か, だと, であったが, であったし, であなたたち, であり彼, であり最後, であるか, であるが, であるけれど, であろうが, であろうともかく, でいやがられて, でしかも, でした, でしょう, でしょうね, ですから, ですが, でなければ, でも知れる, でよく, で前生, で十分, で彼, で彼奴生意気, で気分, とあの, とが何, とだけだった, となにか, とを殆, と不遜, と依田氏, と同じ, と思う, と残った, と考えられます, ないしは老衰, などあの, などこまごま, などは忠相, などもあった, などもあつ, なども思い合わせ, なども話した, などをそれとなく, などを物語った, などガスコ氏, なの, にあります, にある, にかなり, についてどう, について相当, にはすこしも, にはほとんど, にはみずから気, にもうかがわれる, によってはじめて, によっても知れる, によって中納言, によって人々, によって年, によって急変, によって来訪者, によって院内, に多少, に就い, に微塵, に気がつい, に気づい, に気付いた, に満足, に無, に無性, に煩悶, に笑いまぎらせ, に腹, のもつとも, の当然, の影響, の愚か, の決行, の証拠, は, はあった, はあまり, はありません, はいい, はいくら学, はいよいよ, はいわゆる, はかつて, はございません, はすでに, はすべて目, はだれ, はちゃんと, はどっさり, はどんなに, はなんと, はまことに, はまず, はまだ, はもう, はもちろん, はもと, はやむを得ない, はよく, はわかった, は一つ, は一ぺん, は一度, は争えない, は争われない, は事実苦悩, は伊藤野枝, は何, は何より, は何千年, は入獄, は全然, は前, は反省, は君, は埃, は子供, は実に, は已む, は当時, は彼, は彼ら, は我々, は承知, は既に, は明らか, は来た, は注目, は特に, は疑い, は百, は磯五, は神, は自分, は虫, は要するに, は覆うべからざる, は言葉, は誤りだらけ, は誰, は間違い, は非常, は驚くべき, への復讐, また聞いた, まだそれ, までもある, も, もあつ, もありました, もあります, もある, もこの, もし, もただ一度, もはや彼, もまたない, も一再, も事実, も今, も内, も告白, も宰相中将, も忘れ, も推測, も敏子さん, も皆, も真実, も知っ, も知らず, も誰, や, やその, やダブリン市, や二人, や当, や最期, や素朴, や荷風氏, をあい, をいよいよ, をおれたち, をお前, をきみ, をこれから, をご, をさとる, をしだいに, をしっ, をしらせる, をそのまま, をちゃんと, をどう, をはっきり, をぺらぺら, をもう一度, をも主膳, をやってのけよう, をわたし, をマートン技師, を云い, を今, を公言, を助手, を医師, を厭, を取次い, を含め, を喜ん, を報じた, を報告, を少し, を幸福, を復習, を心, を忘れ, を思いあわせる, を思いました, を思います, を思い出し, を思っ, を思った, を悔いた, を悟りました, を悲しみました, を想わせる, を意識, を愚痴つて, を感じさせ, を感じる, を感ずる, を明らか, を昔, を死んだ, を残念, を気がつきませんでした, を洗いざらい一遍, を皆, を知らされた, を知らせ, を知らせよう, を知らなかった, を知るであろう, を確信, を神, を竜太郎, を竹童, を納得, を細ごま, を統計, を続け, を考え, を考えず, を胸いっぱい感謝, を自ら, を自慢, を菅原, を見極めなけれ, を覚え, を言い, を言い出した, を話した, を話しました, を話します, を誌, を語っ, を語りました, を読者, を金助, 死にかかって, 殊に小児, 無えんだもの, 見つけて, 見て

▼ きた~ (510, 3.2%)

14251 です 37 だよ 30 ですよ 20 だから 16 だろう 15 ですが 13 ですか 12 だが 11 だね 10 じゃない, でしょう 8 だな 7 じゃねえ, だもの 5 だそう, ですがね 4 だと, だろうね, ですから, ですもの 3 だからね, だけれど, だぜ, だわ, ですけれど, ですって, ですの

2 [12件] じゃなかった, だおれ, だつて, だろうと, だろうな, だッ, でござんす, でしょうか, でしょうが, ですね, ですわ, では

1 [50件] かい, さ, じゃあっし, じゃけん, じゃござんすまい, じゃだめ, じゃないだろう, じゃねえや, じゃ折角, だか, だからなあ, だからなんて, だがね, だけど, だその, だそれ, だっけな, だったかなあ, だったら今ごろ, だったら橋, だって, だってさ香港, だってね, だってよ, だといった, だなと, だねえ, だろうが, だわと, だナ, だ一体, だ薄情野郎, でございます, でございますよ, でした, でしょう屹度, ですからね, ですけど, ですつて, ですて, ですな, ですのよ, ですワネエ, でやす, とちがう, なあ, なら帰って, なら行って, べえ, や

▼ きたよう~ (411, 2.6%)

3327 な気 19 なもの 18 である 17 です 8 であった 7 だった, に思われた 6 な感じ 5 な気持, に思われる 4 だが, だね, ですね, なこと, に思った, に見える 3 す, だな, であるが, でした, ですよ, な様子, な話, にこの, に思う, に見えた

2 [20件] だから, だと, ですが, なあの, なありさま, なもん, なわけ, な人, な嘘, な女, な心地, な思い, な恰好, な顔, に, に思えた, に思われ, に感じた, に暗く, に見えました

1 [165件] じゃありません, じゃぞ, じゃない, じゃね, すです, だからね, だぞ, だったと, だって, だとは, だなし, だわ, であります, でありますけれども, でいや, でうれしかっ, できょう, でしたから, ですから, でとうてい, でもあった, でもし, でもともと, で心細い, で焦点, ないびき, なうそ, なお, なおすがた, なおまえたち, なかっこう, なかんじである, なきたない, なさわぎで, なその, なの, なので, なばか, なひがみ心, なふしぎ, なもと, なものの, なん, なヴィーナス, な一種, な三十, な下半身, な人たち, な他, な作者, な俗語, な偏屈, な切実感, な匂わしい気品, な可憐, な喜び, な変りかた, な夫, な女性, な奴, な姿, な婦人, な小僧, な工合, な形勢, な彼女, な心境, な心細, な恐ろしい, な悪, な手緩い, な明るい, な有様, な杖, な次第, な正, な気性, な汗, な泣き方, な淡路島, な滑稽, な生活, な田丸, な男, な研究, な突然, な立, な素晴らしい, な細い, な美人, な群集, な苦難, な観, な観念論型, な訳, な諸, な道綱, な長途, な雑閙, な骸骨, にあたり, にいくら, にいさましく, にいま, におぼえ, におもわれました, にかたっ, にくつろい, にしなけれ, にしん, にそれ, にただ, にたちどまる, にちょっと, にでき, になっ, には見えなかった, にみえます, にみえる, にもみえる, にも見える, にも見受けられ, にやる, にガアガア, にスーッ, にレンズ, に一羽, に一般的流動資本勘定, に剣, に古く, に喜ん, に塹壕, に多く, に彼, に御, に心得, に思いました, に思います, に思え, に思える, に思われました, に愉快, に感じ, に感じる, に懐中時計, に我々, に或は, に日本, に書きたてた, に機械時代, に汗まみれ, に眼, に聞きます, に若い, に蓮座, に見え, に見られます, に見受けられた, に語っ, に語る, に誰, に講釈, に迷惑顔, ね, ね一向

▼ きた~ (381, 2.4%)

18 いう 15 いって, みえて 13 思うと 7 いうので 6 思って, 聞いて, 見えて 5 云って 4 いうが, すれば, 彼は, 思った 3 いうに, すると, なると, みえるな, 思われる, 言って

2 [28件] ある, いうか, いうだけ, いうだけの, いうのに, いうほどの, いうものの, いうよりは, いえば, いつて, いふ, いふので, みえる, 云う, 云えば, 云っても, 思いました, 思う, 思ったの, 思つた, 思ひあわて, 母に, 申すか, 考えられよう, 言うの, 言ったが, 言ふ, 話した

1 [200件] あって, ある天子, いいなさるから, いいました, いいます, いうから, いうじゃねエか, いうだけじゃ, いうだけでも, いうでは, いうなども, いうならその, いうならちょうど, いうには, いうふう, いうべきである, いうべきであろう, いうまで, いうよりも, いおうかしら, いった, いったが, いっても, いつた, いつたやう, いつた描き方許, いつた歯切れ, いつても, いひながら, いふが, いへば, いわれるん, いわれる昔, おっしゃったの, おっしゃるん, おとい品物, おぬい, おぼしきとき, おもうと, おもったら何, おりじゃったな, きいたとき, きいて, きいては, きけば, こういうん, しこの, したところ, したら女, したら運命, して, しますれば, そういう気, その時彼, その翁, てか, なりゃ伝六, ぬかしやがる弱い, びらを, ほめる, ほりだ, みえ, みえあつい, みえる守吉, みえ逃げたる竹童, みられよう, みるや, やるの, エッちゃん, ユーゴーが, 一足跳び, 世間には, 云いふらしたの, 云いますし, 云うの, 云った, 云ったから, 人づてに, 以前からの, 仮定し, 仮定した, 仰有るの, 侍臣から, 信じられるもの, 先生急に, 初めて言う, 判断した, 口を, 同じこと, 同時にいろいろ, 同時にマイナス, 同時に文学, 同時に正造自身, 同時に生き, 同時に親たち, 同書の, 呉清源は, 告げたから, 唄ひ, 喜んで, 大喜び, 女中が, 威張って, 威張つて, 寂しい気持ち, 将軍に, 強く想像, 忘れて, 念う, 思いますか, 思い込んだ, 思ううち, 思うかね, 思うころ, 思うの, 思うばかりの, 思うん, 思う頃, 思えば, 思ったから, 思ったかれは, 思ったに, 思ったらいつのまにか, 思ったらとたんに, 思ったらどんな, 思ったら長い, 思ったら非常, 思ったら頼んで, 思った頃, 思つた万年筆は, 思つて喜びました, 思はれるところ, 思ひこんで, 思ひます, 思ふ, 思ふころ二人, 思ふやう, 思ふ頃利根川, 思われるが, 思われるところ, 想像される, 感じた, 早くも, 明記した, 次には, 気づくの, 注意し, 申されては, 申して, 申しました, 白状し, 皆に, 皆ふるへ, 知って, 知ると, 私は, 答う, 答えない人, 考えた, 考えたのに, 考えて, 考えられる, 考えること, 考えるの, 考えるより, 考へた, 考へること, 考へるほか, 聞いたとき, 聞いたので, 聞き, 聞くと, 聴いて, 自分では, 薄ら寒くなっ, 褒めた, 見え, 見えここ, 見え一本槍, 見え嬉し, 見え彦十, 見せかける必要, 見たの, 見たら力闘抗戦, 見て, 見ゆるに, 言いながら, 言うほう, 言えり, 言っても, 言つておかう, 言つて南国の, 言わないの, 誌し, 語った, 語ったそう, 説くところ, 部下の, 離婚の, 非常な

▼ きたから~ (224, 1.4%)

29 である 24 です 13 であった 114 だった 3 私も

2 [11件] でありますが, でした, イヤだ, 先頭の, 取って, 大いに同情, 彼は, 故郷の, 腹が, 自然に, 驚いたが

1 [118件] い, うつかり, うとうにも, おどろいた, おろして, お姉さま, お茶漬, こ, こうした女, こうにげた, ここで, この, この上, この辺, これには, これを, さっそく診察, さつ, しかたが, そのスポークスマン, その感情生活, その鍵, それを, たまげた, だいたい深, だが, だったろう, だったろうか, だという, だの, だらう歩かない日, ついその, であって, であつ, でありそして, であります, である期限, であろう, であろうか, であろうと, でしょうが, では, でも, で文壇, どうなる, なんかじゃ, なんだ, びっくりした, まずお昼, またさわぎ, またほか, まだ若い, みんなこれを, もうほど, もう帰ろう, もう部屋, もしもどっ, もしや本当に富田氏, やっぱり人, よいでは, よいよう, よかった, よわったん, れる, わたしは, フシギである, ペンを, 万事案の定という, 三枝子は, 下駄を, 与吉は, 中心街を, 今さら新天地, 仕方なし, 何か, 何だかと, 僕は, 内々ほくそえんだ, 原稿紙が, 四ツまでに, 場所は, 夕食を, 多分だいじょうぶ, 夢酔は, 奇妙じゃ, 女房を, 妙な, 始めて, 島民にとっても, 帰って, 府君に, 御飯でも, 急に, 慌て, 手にとって, 新聞に, 新聞を, 早くおいで, 本堂へ, 本望だ, 札を, 死ぬまで, 泡を, 無礼至極立腹し, 町人でも, 私は, 窮屈な, 聴きに, 職人気質は, 舞台の, 行って, 角平は, 貴公少し, 返して, 部屋を, 長居が, 関守は, 龍太郎は

▼ きたという~ (201, 1.3%)

9 ことは 6 ような 5 ことを, のだ, のである 4 ことが, ことだ 3 うわさが, ことに, ところに, のは, のも, わけな

2 [16件] ことだけ, ことであった, ことである, のか, のが, のじゃ, わけさ, わけだ, んだ, 方が, 次第な, 男は, 者が, 話である, 話も, 話を

1 [113件] お話が, こと, ことそんな, ことだけしか, ことだけを, ことだった, ことであり, ことです, ことと, こととを, ことの, ことも, こともね, さわぎだ, そういう素面, その玉露, ときに, ところから, のかい, のであります, のです, みごとな, みみっちく有難がる, めぐり合せ, ものである, ものを, もの明日の, ように, わけ, わけかね, わけかも, わけだった, わけである, わけでした, わけです, シュプールが, ボーイの, 一学を, 不可思議な, 中でも, 事, 事な, 事実に, 二人の, 人は, 人物は, 以上に, 例は, 南京豆入りの, 取るに, 名目の, 喜びが, 噂が, 噂も, 噂を, 城内の, 大きな法螺, 大きな紅色, 大奥の, 女でした, 実例は, 工合に, 帳面である, 思いを, 恰好に, 恰好の, 悲しみを, 意味である, 意外な, 意識だけで, 意識を, 感じが, 感じである, 感じです, 感じの, 感は, 感慨が, 所以に, 手紙を, 新たな, 旧の, 本能だけ, 様子である, 武士ばかり, 歴史は, 殊勲者であった, 比丘尼の, 気が, 消極的な, 点で, 父これぐらい, 父の, 物語にも, 現象は, 理由だけで, 知らせであった, 知らせである, 童話式の, 者の, 耕吉の, 自信の, 船の, 話が, 話に, 話は, 貉の, 赤と, 金魚屋である, 顔つきであった, 類の, 風な, 風に, 風を

▼ きたとき~ (201, 1.3%)

3 に, にはもう, のこと 2 からし, である, にお, にこの, にその, には大将, の様子, はこの, はもう, はフィラメント

1 [172件] あけっぱなし, あの親様, いつもよりは, お坊主, からあおい顔, からこの, からそう, からのち, から耳, けたたましいベル, こそ魏, この年寄つた百姓, この紀久子さん, すぐその, そう言い, そして彼ら, その漁夫, その猟犬, その驚くべき, たいへん気分, ちょうどオタツ, ちょっと眼, でいい, とちがっ, とちがった, とつぜんすう, とはまるで, とは全く, とは別人, と何ら, と同じく, と彼, どうも変, どんな役割, などトシ, にあなた, におばあさん, にさ, にしみじみ, にする, にそこ, にちょうど, につけた, にであった, にとつぷりと日, になんにも, にはいかに, にはくり, にはさだめし, にはすでに, にはそこ, にはその, にはそんな, にはちょっと, にはつい, にはなんだかイライラ, にははからずも, にははじめて, にはまた, には予想外, には単に, には喜び, には女中さん, には工場, には晩, には木の根, には横瀬, には白い, には米, には腰, には腹, には荷車, には辻川博士, には館員, にべそ, にぼく, にもず, にやっと, にわたし, にわたしたち, にわれら, にビール, に二人, に今, に仮名, に作, に借りた, に偶, に出, に大きい, に大きな, に夫人, に子供たち, に後, に持つ, に新聞記者, に旅行者, に格子戸, に牛丸, に私たち, に緑色, に芥川, に葉, に開墾, に魚, のさわぎ, のただ, のよう, の仮名, の堅坑, の姿, の峠, の感動, の気持, の綱, の芥川, の話, の路, の顔, はいかにも, はきっと, はこんなに, はしろうと, はじめてこの, はじめて咽喉, はすっかり, はすでに, はその, はどう, はゾッと, はベル, はユウジェニイ, は出かける, は取りおさえよう, は大いに, は怪物, は春, は枯葉, は火事, は父親, は痛い, は私, は葵, は魂, ぱったり聞こえなくなっ, ひそんで, ふと立ちどまりました, ほど心細く, まず清吉, またし, まだそこ, もこう, もそう, もまだ, も彼, やっとこさ, ようやくがたがた, よりいっそう, よりはいくぶん, よりはずっと, よりもずっと, より三倍, をいう, 何とか院, 何時もよりは, 初めて一すじ, 思い合わせた結果論, 本尾根, 申しました, 若い漁夫, 青く光る, 飲んだ覚え

▼ きたところ~ (163, 1.0%)

11 であった 97 だった 5 をみる 4 のもの, を見る 3 だと, であつ, である, でした, です, なの, を 2 であるが, でお, で私, なので, なん, による, の, を見た

1 [86件] あの急斜面, から時分, から眞, から考える, から考へる, から食客, があります, がよく, が勝れ, さ, じゃありません, そうする, だが, だったが, だよ, でこんな, でご, でございます, でごぜ, ですが, ですっかり, でそろりと, でどう, でどうせ, でなん, では異変, では雷, でもオメカケ, でやはり, で典雅, で到底, で大隅理学士, で無くなっ, で皆目, で表, にあらゆる, に一度死, に味, に大きな, に姐, に我が国, の吹雪川, の境地, の岩根, の思潮, の物体, の物體, の生物, の道徳的要求, は, はある, はその, は八丁堀, は本隊, へかけもどった, へこの, へこんど, へとつぜん, へわたし, へ情報局, へ長男, またこれから, よ, らしく屋根, をしがらき, をすぐさま, をたしかに, をついに, をつかまった, をばっさり, をみごと, をもと, を人間, を内, を捕まえ, を捕捉殲滅, を横, を毒殺, を襖, を見ねえ, を見付けた, を見計らっ, を逆, を銃声, 下吏たち, 即ち母家

▼ きた~ (135, 0.8%)

5 のよう 3 には私 2 であった, にはその, に人肉, はちょうど

1 [119件] からこの, からそう, からそち, からの未だに, からもう, から一層, から人, から始まった, から有った, くらかった, このりっぱ, すぐ前, すでに船長, すなわちこの, そういう二種, だけ痛く, だった, だったの, だつた, ちょうど大火, つと立ち上った, である, でさえ自分, と同じ, なぜあの, などは大変便利, など彼, なんとでも, に, にあと, にありあり, にお母さま, にこの, にその, にたま, にちょうど, になっ, にはかすか, にはこの, にはとよ子, にはほつ, にはもう, にはもうどうにも, にはやれやれ, にはをかしく, にはグイ, にはジプシー, にはバスク, にはマリユス, には急, には熱湯, には現金, には眼, には秋安, には路易, には養父, にまして, にみんなさき, にもそれ, にも私, にジャヴェル, にヒョイ, に丁度, に七兵衛, に二人, に今夜, に今度, に孝ちゃん, に小, に巧み, に年, に彼, に從臣, に気づい, に汗, に源氏, に玉章, に破滅, に磔柱, に神, に隅田川, の, のこと, のまま, の即事, の様子, の汽車, の話, の顔, は, はその, はちょッ, はっとした, はとても, はまだ, はもう, はセムシ, は同時に, は恰, は日支事変, は私達, は肝心, は色身憔悴, は被告, は親友, は貴女, まっくら, まで何時間, もそう, も私, も竜, やっぱりこの, よく休む, 何故特に次女, 初めて顧みる, 始めて, 年取った狼, 最も孤独, 次第に私

▼ きた~ (113, 0.7%)

19 がある 16 があった 43 だし 2 でございます, です, では, はありません, はない, を見る

1 [59件] あらば, があれ, がうしろ, がすでに, がない, が弦, が戸締り, が突然, が藪, が隣人, さえある, その語る, だと, だ尊門, であった, ですよ, でも, で汝, というもの, と看病疲れ, なの, にこの, にこれ, にとってはその, には五百貫, には身分, にわたした, に向っ, に教える, のする, の功, の声, の意識, の言葉, はありませぬ, はいかさま, はおる, はその, はまこと天女, はもちろん, はもはや, は今, は只一人, は尋ね当てない, は平生, は年, は皆, は黒鹿毛, へ逆, ほどいいかえれ, ほどやぶれ, もいった, もそれ, も二番, をじっと, をただ, を拒む, を肩ごし, を面前

▼ きた~ (107, 0.7%)

5 である 4 だ, のよう 3 がある 2 だつた, であったが, です, のやう, の話, はその

1 [79件] かとにかく, があった, があったら, があつ, があります, がおばあさん, がじっと, がすわっ, がみんな, がむしろ, がホーム, が大勢, が相手, が続々, だけあっ, だけに作陶家, だけに非常, だった, だと, だという, であったから, であっても, であり人生, であり冷酷専横, であるしたが, でしっかり, でしょう, ですから, ですが, で例, で多く, で若い, で顔見知り, といっしょ, と見える, などもある, にお, にお小, にくれた, にこうした, には氣, にわるい, にオイ, に会わせる, に勧められ, に問いかける, に対してはなんとなくすこし, のあぶら, のお, のため, のなか, のみな, の中, の声, の姿, の孤雁, の幸福, の心, の水, の珍, の眼つき, の色彩, の跫音, はありません, はいない, はない, はなかっ, は四人, は知らない, ばかりデニー, もある, もこそある, も多勢, らしくことに, をごまかす, を彼, を待つ, を悲しい, を警固

▼ きた~ (103, 0.6%)

7 があった 5 がある 3 であった 2 が, がいる, がお, が二人, じゃ, だったが, の客, は, や女

1 [70件] があっ, があるでせう, がいいました, がいちばん, がいつも, がその, がたっ, がどんと, がなにか, がひょいと, がぴったり, が一人荷物, が下, が下りた, が何者, が健康, が四十面相, が四方, が女, が帳場, が手足, が槍持, が留吉, が破れ傘, が突如, が第, が肱, が自暴酒, が裸馬, が顏, が骨董店, だ, だった, である, でございます, です, で専売局工場, とが主, どうたい, に, に手綱, に煙草, の人, の人形, の友情, の手, の申し出, の眼力, の脛, はあちら, はいつも, はじ, はふたり, はほんの, はもう, はナタン夫人, は二十三, は小, は誰, は門番, は顔, をうさんくさい, をめがけ, をジャケン, を待っ, を指さし, を横眼, を見あげた, を見た, を見返り

▼ きた~ (100, 0.6%)

3 どうか, わからないが 2 え, それを, 知れない

1 [88件] あるいはこれから, あるいは命, いいっこ, いかなる人々, えりの, おぼえて, お前には, お幾, くわしく仔細, さうし, しあわせと, しれません, そうして到頭, そこには, そしてまたどういう, その遠い, それとも泳ぎ, それは, そんだらおら裁判所さ, たとへば文政六年, だれにも, つかうが, とつぜんそこ, どういうよう, どういう素姓, どうかなどという, どうかにも, どうして庭, なぜ健康, ひとりでなく, まことに永い, また塀, まっさきにまずその, まったくわからない, もちろん他, よくわからなかった, りっぱに, わかりませんでした, わかるまいから, わけの, カムポスの, バッグという, 一彪の, 一枚の, 二尺余りの, 今でも, 先生は, 出どころの, 分らないその, 分らねえです, 和尚さまが, 四少年の, 地獄の, 地獄変相図に, 夢中だった, 家兄お, 小さなは, 少しも, 工藝を, 彼の, 忘れて, 故郷が, 早くいえ, 時々二三匹, 朽ち葉色, 村松検事が, 気が, 江戸表から, 海老塚とか, 温かい白い雲, 物好きの, 直ぐ沈んだ, 知って, 知ってるだろうが, 知れん, 私について, 私は, 等々の, 網代の, 聞きたいか, 膳所の, 芭蕉を, 葵には, 袖で, 逆襲し, 防寨から, 高速度鋼の, 髣髴と

▼ きたわけ~ (95, 0.6%)

13 である, です 9 では 8 だが 5 であります 43 だった 2 がわかった, じゃア, でござる, なの, なん

1 [30件] か, がいよいよはっきり, さ, じゃな, じゃないでしょう, だけどね, だな, だね, であった, であつ, でありました, でありますが, でありますけれど, であるが, であると, でございました, ですから, ですが, でも, でもとより, でもねえ, で廿代, で日本, で父親, なので, なのに, はきかない, を次, を話し, を話した

▼ きたのに~ (75, 0.5%)

5 気が 3 ちがいない 2 どうした, ばったりと, 今年だけ, 本ばかり, 違いない

1 [57件] ああ軽く, いまきみに, おまえは, きがつかなかった, こちらは, ことも, このごろでは, このまま南極, これじゃ, しかたが, しろ公, すぎなかった, すこし呆れ, そのやにさがり, たべないなら又, つまらない事, どうしてここ, なにを, また見えなくなっ, まだ幸福, まるで気, われながら, ハッと, フフンは, 三角髯の, 亀の, 人々は, 今ここで, 今に, 今割っ, 今度は, 今更別れよう, 他ならない, 何の, 傷が, 同情する, 大吉ァ, 尋ねると, 岬は, 急に, 惜しいこと, 持って, 敬服する, 時間が, 案に, 案外雲長, 気づいた者, 氣を, 田畑には, 疑う余地, 着任匆々恋に, 神経を, 紛らされて, 脚一本傷つい, 薄暗いところ, 違げえ, 青年の

▼ きたかと~ (73, 0.5%)

34 思うと 3 おもうと

1 [36件] いう, いうと, いって, おどろいた, おもって, これさえ, なると, 僕は, 往来の, 思うかね, 思うくらい, 思った, 思ったの, 思ったらそう, 思ふくら, 思われた, 思われる, 思われるくらい, 思われるばかり, 思われるばかりに, 思われるほど, 思われるよう, 思われ市民, 疑ったこと, 私は, 考えて, 聞くの, 自分を, 見えましたが, 見ると, 言った, 言つた, 訊いたから, 訊かれれば, 訊ねると, 身が

▼ きた~ (70, 0.4%)

3 綱の 2 さよ婆さんを, 久が, 小姓とんぼ組の, 米は

1 [59件] おかみに, かみさんは, かみさんも, きえさんが, きえさんと, きえさんの, くさん, けいの, げんは, さよ婆さんいつのまにか, すぎを, たけさんと, もなる, ゆう様の, 久美には, 久美へ, 人で, 使いなら, 八重が, 兼を, 兼婆さんいきなり, 冬の, 十夜であった, 十夜と, 千絵が, 千絵であり, 千絵の, 千絵様を, 友だちの, 吉を, 君の, 坊さんが, 姉さんは, 子供小姓が, 定さんである, 延であった, 延には, 延の, 延は, 影で, 役人様, 手紙でございまする, 政という, 料理さえ, 椀は, 浜が, 由良婆さまが, 米が, 糸さんが, 綱を, 育ちの, 蓮様だった, 蓮様の, 蓮様を, 藤御苦労にも, 袖と, 通も, 銀様が, 高に

▼ きた~ (62, 0.4%)

13 相違ない 10 ちがいない 9 違いない 5 しても 2 ちがいあるまい, ちげえ, 違いなかった

1 [19件] かかわらずついに, かかわらずどっち, かかわらず今日, かかわらず末席, かかわらず近来, しろ一体, すぎない, すぎないの, ちが, ちがいありません, ちやつと, なお尾行, なに不足, 相違なかつた, 過ぎず勿論, 過ぎない, 過ぎぬよう, 違いありません, 違ひない

▼ きた~ (61, 0.4%)

5 には 2 である, にはそれ, には阿茶局

1 [50件] きわめて愉快そう, にぁ, にはあの, にはいつ, にはいつも, にはいや, にはその, にはどんな, にはほとんど, にはまた, にはみじめ, にはろくな, には何もの, には君, には大, には始終ゲラゲラ, には待て, には後輩, には徳川三百年, には書物, には村中, には格, には父, には畏多く, には芝居好き, には若い, には赤ん坊, にゃあ, にゃあの, にゃあ御, にゃいちいち, にゃしつっこい, にゃそこ, にゃ手袋ひとつ, にゃ旅行, にゃ猫, にゃ相手, にゃ資本, にやあの, にヤ, に初めて, に妻, のこと, のとおり, のよう, の光, の午後, の夜, はあの, は賽銭

▼ きた~ (60, 0.4%)

4 があった 3 はまさしく 2 ではない, はだ

1 [49件] か, が, があるだろう, がいる, がはいっ, がみんな, がよく, が一目, が小さい, が忍ぶ, が物, が白い, が縛められた, が自転車, が花衣, が部屋, が音楽, その女, だった, でもございません, で待合, として妻, とのっ, とはハマ子, とわかれ, と危く衝突, ならパンチ, に庵主さん, のしなやか, のその, のひと, の中, の人, の児, の方, の鬱憤, はこんな, はすぐ, はそう, はまた, はチョコレート色, は当然, は彭, は私, は花柳病, は蒼ざめ, へ対する, や下駄ずれ, を新

▼ きたその~ (59, 0.4%)

1 [59件] お武家, ことにも, すべての, ならず者の, はたらきと, ような, 事柄から, 二人の, 人である, 人の, 人物が, 光明を, 初時雨, 勢いを, 反動精神によって, 同情から, 呉軍という, 困難であった, 地は, 城も, 奥方また, 女中は, 婆さんの, 布を, 影響である, 心から, 怪しい林檎, 数は, 敵意の, 日から, 時の, 時茂夫が, 晩アンナは, 月の, 本尊の, 権利を, 武士どもは, 水独楽かれ, 深い沈黙, 男を, 目の, 眼が, 紙幣が, 素純な, 結果は, 罪だけでも, 美しい顔, 習慣は, 耳に, 自身の, 船を, 色々な, 虫を, 行動の, 規律は, 親の, 道筋に, 香箱を, 黒点が

▼ きたばかり~ (59, 0.4%)

5 です 4 なの 3 だ, でした, では 2 だから, であった, ですが, ですよ, でまだ, なんだ, 援兵を

1 [27件] だが, だったん, だつた, だと, だという, だとの, だもの, であったから, であつ, でいったい, でどちら, でなく人間, でなく伝六, でなく星そのもの, でなく父, でなく町, でインク, で一文, で今, で米, で頭, で飯田町, なので, なン, のが, らしかった, らしく青ざおとした月代

▼ きたやう~ (55, 0.3%)

64 である, な, な氣 2 な思ひが

1 [35件] だ椿, であつ, である一枚, です, ですよ, で眼, なところ, なとは, なもの, なロマンチツク, な勝手, な厳格, な恰好, な恰幅, な本, な活きた混沌, な澄んだお, な着物, な自信満々, な自分, な色艶, な軽い, な遠い, な顏つき, にま, に云, に思つて, に思はれた, に思はれる, に感じた, に研究室, に街, に語つて, に語る, に長い

▼ きた~ (52, 0.3%)

3 の眼 2 の影, の心, はこの, はその, は概念

1 [39件] がともかく, が月, この私, その私, である, です, ではあった, というもの, なの, なのに, にとってはみよ子, にはあなた, にはいささか, にはお祭, にはことに, にはその後, にはまるで, には現在息子, にも昔, のその頃, のほう, の女房, の思想, の意志, の目, の肉体, の肩, の顔, はさつき, はしばらく, はそこで, はもう, は以前, は孤独, は泥細工, は自分, は重々, もどうやら, を一寸

▼ きた~ (50, 0.3%)

2 また私

1 [48件] こういうとき, これを, さんざん苦労, ずっと同じ, その人柄, その指示, ちょっと北, ところどころ青空, またねたましく, また味わいつくし, また多少, また奮闘, また将来, また真, もう病人, わしの, サークルの, マリユスは, 一般の, 下赤坂の, 人の, 人間理性への, 今夜は, 全逓の, 午後一時五十四分には, 周囲には, 夜なんぞは, 宮中や, 小太郎の, 局の, 彼の, 戻らうとお, 戻ろうと, 教授たちにも, 昔は, 校長は, 淋しかった, 現にきのう, 私の, 空模樣が, 綱渡りの, 自分も, 血液の, 関羽の, 雪も, 雪崩れ打っ, 頭には, 風陰で

▼ きたこの~ (47, 0.3%)

3 頃の 2 ような

1 [42件] おいらに, くらいの落語家, すぐれた詩人, 三斎屋敷小判の, 五十両, 人だった, 人は, 作家の, 俺が, 俺を, 別府の, 前の, 半年の, 句こそ, 周旋人的な, 多感な, 女は, 婿入り先な, 子供は, 家は, 岩山は, 復讐的な, 悪鬼の, 意味は, 手紙か, 手紙の, 拳銃で, 方を, 時刻で, 最後の, 江漢は, 父である, 男たちとも, 病骨が, 私だ, 紙には, 船は, 芸人の, 謎の, 連句を, 道の, 道具を

▼ きたばかりの~ (46, 0.3%)

2 おようさん, ところな, やうに, 墓に, 雪童子の

1 [36件] あの大西屋, そして一切, ところだ, ところだった, トビの, ヨシ子ちゃんが, 不案内の, 中風の, 二十面相いや, 刀斬っ, 四十面相だ, 圓朝が, 女中の, 安土城下は, 家は, 山猿で, 左京之, 怪老人が, 所だった, 捕虜という, 散所, 明智の, 林の, 為替を, 煙の, 獨逸譯の, 田舎者いたっ, 町で, 総監室へ, 若い詩人, 荒い息使い, 街路に, 酸鼻の, 醍醐寺に, 隧道の, 頭脳の

▼ きたあの~ (42, 0.3%)

1 [42件] あばたの, いやな, お爺さんが, かくし戸, ときの, ぶきみ, へんな, プティー・ピクプュスの, ホノルル号を, マニョンという, 三人が, 不完全な, 人が, 人たちの, 人の, 前髪の, 千柿鍔の, 夜に, 子です, 小娘じゃ, 小煩い頭, 山の上の, 岩松吉致な, 怪物です, 怪鳥に, 感じが, 抜け穴の, 時の, 横町をね, 永遠に, 汽車は, 泥濘の, 狂乱の, 玉枝を, 立て札の, 綱です, 綱火が, 良妻を, 野生の, 金ぴかの, 銘刀へ, 馬車である

▼ きたため~ (41, 0.3%)

2 である

1 [39件] か, かとも思われる, しがない, しがなかった, その兵粮, だと, だろう, であった, です, ではない, でもあろう, で計, と説明, にそういう, にたびたび, にだれ, にみな, に与力同心, に勃発, に張飛, に御簾, に惨め, に折れた, に探偵作家, に気紛れ, に水洟, に氷, に神経衰弱, に私, に粗相, に自ずとそう, に見のがせなくなっ, に説明, に返事, の, の大, の日課, みすみす長蛇, 恐ろしい不安

▼ きた~ (35, 0.2%)

2 だった, である, の声

1 [29件] がいまこ, がもう, が住ん, が受けた, であったが, にし, にはそれ, には強, には言い知れぬ, に注意, の前, の宿舍, の形相, の深夜人種, の秘蔵, の足もと, の顔, はいい, はひどく, はやがて, は右, は好き, は巡査, は更に, は由比正雪, は自己, は衣服, は非常, を撃った

▼ きたといふ~ (33, 0.2%)

2 ことが, ことは, しんなりと, やうな, 態で

1 [23件] そして酒屋, その勢ひで, その宿命, ためしは, のか, のは, ほかに, わけだ, わけぢや, わけな, わけ管, んだ, 一杯やらず, 事実や, 娘は, 感じまだしも, 父これぐらゐハッキリ, 眼の, 祖父が, 話が, 風に, 風聞は, 飲みすぎ脱線

▼ きた~ (33, 0.2%)

2 がまつ, のほう, をもどりました

1 [27件] が目の下, に再び, の遠, はそう, はふさがれ, は風, へと黒い, へ引つ返し, へ走り去りました, をあと, をおのずから, をすっかり, をたどっ, をはじめ, をふたたび, を二人, を千鳥形, を帰りました, を忘れ, を指さし, を村, を真直ぐ, を眺め返し, を見, を覚え, を走る, を追求

▼ きた自分~ (31, 0.2%)

2 が急, でで, の手

1 [25件] かと自分, でさえあの, と重ねよう, にし, にとって自分, にどの, のあさ, の力, の国, の地位, の妻子, の子供, の子供たち, の孫, の愚, の気持, の生いたち, の膝, はいったいどう, も然し, をあわれん, をいつも, を厚面, を極まり, を育てる

▼ きたそう~ (30, 0.2%)

7 だ, です 5 である 2 ですが 1 すると, だが, だし, だな, だよ, であるが, でございます, でございますな, で痩せた身体

▼ きた一人~ (30, 0.2%)

3 の男 2 の女, の脇腹, の若い, の警官, の青年

1 [17件] であったに, である, では, の乞食僧, の侍, の僧, の兵, の助太刀, の取次ボオイ, の大将, の技師, の武将, の白拍子, の紳士, の老翁, の英人, の道士

▼ きた人間~ (30, 0.2%)

3 です

1 [27件] がある, がぞろぞろ, がとつぜん, がはたして, が多い, が小さい, が社会認識, が胸, が銃, が食慾, だ, だと, であるだけに, ということ, に驚い, の居る, の工夫力, の当然, の根本的歴史的パトス, の理想, の立体的, はその, はまるで, は一度, は志賀直哉, を乗っけ, を曹洪

▼ きたかの~ (27, 0.2%)

9 ように 4 やうに 2 ようだった, ようである, 外貌を 1 ごとく粧うて, ごとく誰, ただ一句は, ような, 問題の, 女の, 姉小路宰相宗高などは, 履を

▼ きただけ~ (27, 0.2%)

3 なん 2 だ, だった, であった, なの

1 [16件] あって, その乱脈, だいずれゆっくり, だったが, だと, である, でここ, ですぐ, でそれ, では, でやす, で何, で何処, で委細, で手金, 丈夫に

▼ きた~ (24, 0.1%)

2 えが, え船客

1 [20件] えからなあ, えけん, えところ, えな, えまね, えやう, えアバタ面, え世, え堀, え壺, え奴ら, え家, え手, え涎, え男, え腹の虫, え血, え言葉, ハハハ, 何だ

▼ きた彼女~ (24, 0.1%)

2 は彼

1 [22件] から兄貴, が私, それからこっち手違いだらけ, にとって彼, には厭味, にばかり気, に会う, に逢った, のひそか, の姿, の恋, の父親, の眼, の瞳, の美, の魅力, は次々, は立止つて部屋, は隅, は黒い, まだ幼い, もうれし

▼ きた~ (24, 0.1%)

2 であった, である, のこと

1 [18件] からもう, から彼, から私, から見れ, そろそろ話, だ, ちょうど芳三, になっ, には, には浅井家, に発病, の姿, の旧蹟, は進退, は霧, また出直し, やっと次郎吉, を計っ

▼ きた人々~ (23, 0.1%)

1 [23件] があった, があり, が客引き, が若い, であり他, との間, と共にはり切った, にこう, にただ瀬戸内海, にとっては遁走, に諭吉, のうち, の心持, の感想, の手, の末裔, の青春, はこの, はプロレタリア文学, は彼女, は驚い, もやや, も多く

▼ きた二人~ (22, 0.1%)

2 の娘, の男女

1 [18件] であつ, ですが, なの, の人影, の会話, の大将, の子供, の子供たち, の山兵, の弟, の手下, の日本人, の角兵衛獅子, は今日, は成皐, は暗中, をじっと, を追う

▼ きた手紙~ (22, 0.1%)

2 をあけ, を出し

1 [18件] が同時に, だと, で彼, ならかならず, による, のうち, のこと, の事, の封筒, はそういう, は何, は差出人, や別刷, らしいペン字, をまた, を信用, を取りだし, を藤枝

▼ きた若い~ (22, 0.1%)

3 女が

1 [19件] いなせな, のが, 人は, 人よ, 奥様に, 女は, 妻の, 婦人党員を, 植木屋, 武士が, 武士を, 洋装の, 男が, 男の, 男は, 男女, 男女が, 者の, 連中が

▼ きたじゃ~ (21, 0.1%)

13 ないか 2 ござんせんか, ないの 1 ありませんか, おれは, ごわせんか, アねえか

▼ きたって~ (21, 0.1%)

2 欧羅巴の

1 [19件] ああそう, あいつほど, いいますよ, いうの, いうん, かまわねえや, ことが, ことに, ことは, のだ, ほんとうかい, みなそっぽを, もうそうは, 俺れ, 入りきれやしないぞ, 厚顔しく, 役に立ちやしない, 従来の, 話相手は

▼ きたものの~ (21, 0.1%)

2 私の

1 [19件] この夜更け, さてかの, その報告, ほか新たに, もうやむを得ない, 不気味な, 人穴城の, 以前は, 値段が, 切実な, 君達だったら, 報告が, 如く, 数を, 明るいまなざし, 異常さで, 見渡すいずこ, 身心ともに, 額は

▼ きたせい~ (20, 0.1%)

2 もある

1 [18件] かこの, かこんな, かしらと思っ, かドボリ, か呆れる, か急, か時々, か背丈, だ, である, であろう, でも, で神聖, にもよるだろう, の高い, もあっ, もあった, もあろう

▼ きたあと~ (18, 0.1%)

1 [18件] からふたたび, から頭, がある, であつ, でいつも, でございますから, でもうち, で誰, というもの, どうしてもある, にも衰える, にようやく, に握手, に至った, の書斎, をよく, を考え, を逆

▼ きたそして~ (18, 0.1%)

1 [18件] いやにに, この生, その末期, ついに語気, 一日寝, 今では, 地雨らしく降りつ, 彼は, 悲しいかな, 悲痛の, 手で, 次郎さんの, 浅漬に, 現に持っ, 自分の, 荒々しい声, 途中その, 間もなく大山君

▼ きた少年~ (18, 0.1%)

2

1 [16件] がありました, が久助君, が出, が寝台, が手さげかばん, が自動車, だった, でした, に呼びかけました, のわたし, の姿, の感触, の秀吉, は教えました, をみた, を見

▼ きた~ (18, 0.1%)

1 [18件] がいい, がおります, がよかっ, がよささうだ, が勝, が安上り, でしょう, にかえっ, には浅間, に戻ろう, へと飛ん, へまた, へ引返そう, へ戻っ, へ走り, へ飛ん, をながめ, を仰ぎ見ました

▼ きた~ (17, 0.1%)

1 [17件] あの目, あれも, いかにもあっし, いずれ何, こりゃ三座太夫, しかたが, でひとつ, どこだいここは, ア, ッ, 婆さん, 怪塔王声ばかり, 懇話会へ, 疲れも, 細工とを, 近ごろに, 首尾は

▼ きた人たち~ (16, 0.1%)

1 [16件] がその, がみな, が列, が残し, が自分, ではあった, でまれ, で窒息, で約束, なの, にまじっ, に対して僕, は男, へ何もかも, もそれ, を見

▼ きた~ (16, 0.1%)

1 [16件] がいったい, がセムシ, が悲鳴, が数多く, が高等教育, だな, であった, であること, としてぼく, にきいた, に出あいました, に対しても嫌悪, のやう, のよう, は寒, もその

▼ きた~ (16, 0.1%)

2 から出, に大門

1 [12件] からもう, が今, であった, ですの, でバッタリ顔, に, によって明らか, はわかってる, をいきなり, を内, を四五人, を要約

▼ きた時分~ (16, 0.1%)

1 [16件] だった, と庫裡, にその, にだんだん, になにか, にまた, にわたし, にホテル, に漸つと, に芳太郎, に通った, のこと, の同じ, の山吹, はもう, までぐっすり

▼ きた~ (16, 0.1%)

3 をした

1 [13件] だという, であったが, で逃亡, というもの, として伝わっ, などはみな黒川, のやう, の中, の種, はあまり, をし, を聞かなかった, 満洲

▼ きた~ (16, 0.1%)

1 [16件] であんたさま, でさ, ですこし, では帰り, で資本家, には目, にまちがい, の残り, の高, はほとんど, は一台, も至急, より牛, をすっかり, を加える, を残らず

▼ きたけれど~ (15, 0.1%)

1 [15件] いっさい村落へ, おない, かたくて, これじゃ, こんどこそ, よくいろんな, ジャン, 公報の, 君の, 壮大さは, 実は其中庵裡無一物, 川虫を, 桑の, 私その, 誰も

▼ きた~ (15, 0.1%)

3 にゃア

1 [12件] には, にはこの, にはその, にはちっとも, にはとても, には他人, には憎しみ一方, には田舎剣豪, には鋭さ真剣, にゃあ, にゃまったく, にゃ雪

▼ きたほう~ (15, 0.1%)

1 [15件] がいい, がよかっ, がよろしい, が一足, が朝食膳, のノロちゃん, の井上君, へいざりだした, へかけだす, へにげ出したい, へもどっ, へ吹き流され, へ帰っ, へ歩き出す, をふり

▼ きたまま~ (15, 0.1%)

1 [15件] そっくりのこっ, だった, だったから, だろうし, でかけつけました, でしたが, のいでたち, のみじめ, のもの, の土足抜刀, の姿, の明智探偵, の若々しい, を台所, 坐ったなり

▼ きた~ (15, 0.1%)

1 [15件] がこの, が強く, が見える, だ, で, でもある, でもなかつた, でもなく, には何とも, のため, はとうとう, はみえた, は太鼓, もない, をし

▼ きた~ (14, 0.1%)

1 [14件] あぶないッ, きたぞ, さ観念, ちょっとそこ, っ, まぶしいなあ, オ, ーっ, 人間は, 宇宙の, 樹を, 気を, 赤蛙, 非人が

▼ きた~ (14, 0.1%)

2 があった

1 [12件] がある, が忘れられなかった, だった, と, として自覚, と思った, について弁じだした, に充分満足, は子, をあたかも, をよろこん, を子供心

▼ きた場合~ (14, 0.1%)

2 にはこれ

1 [12件] いかにも先見, において現在, には彼, には日本, には白色人種, にクロポトキン, に仕事, に却つて, はとかく, は法螺貝, ほどに著しい, またもう一度

▼ きた多く~ (14, 0.1%)

2 のもの, の少女たち 1 の世俗, の勇敢, の学説, の弟子たち, の新聞記者, の時間, の民器, の白骨, の者, の資料

▼ きた少女~ (14, 0.1%)

2 がこの, はいつのまにか 1 があらわれました, がいる, が坐, が薄, で誠之, の方, の群れ, はすっかり, を二人, を人目

▼ きた時彼~ (14, 0.1%)

1 [14件] にはそれ, の下, の心, の目, はその, はちょうど, はふと, は喫驚, は妙, は息, は牧師, は突然, は言っ, は陰鬱

▼ きた~ (14, 0.1%)

2 かも知れない

1 [12件] がある, さえ片っぱし, だ, である, なのよ, の相, はたいがい, ばかりな, をもとめ, を具体的, を観る, を趣味

▼ きた~ (14, 0.1%)

2 のやう

1 [12件] がある, がつない, がない, がまた, だったの, でしょう, にでものった, の舳, は下流, は容赦, は竹屋, は第

▼ きたかという~ (13, 0.1%)

5 ことを 1 ことだ, ことだけを, ことも, ことよりも, その現実, 事実を, 問題だ, 重大な

▼ きたかを~ (13, 0.1%)

1 [13件] かぎつけたの, わかるよう, 尋ねて, 尋ねました, 尋ねるため, 少し知ろう, 思わなければ, 気づかないの, 示す證據, 考えて, 訝り尋ねようと, 隠さず私, 顧みる時

▼ きたころ~ (13, 0.1%)

1 [13件] からは御, から音楽, だった, であります, とうとう父, に, になっ, にはおどろくべき, にはすでに, にはもう, に私, は日本, も果たして

▼ きたつもり~ (13, 0.1%)

42 だが, であるが 1 だったが, であったが, ですが, なの, なのに

▼ きたとおり~ (13, 0.1%)

2 である

1 [11件] だった, でありまた, であるが, とおっしゃいます, にたい, にまた, に国家, に引っ返し, の自ら, の重大, をこういう

▼ きたとは~ (13, 0.1%)

1 [13件] いえ累代, いわれて, さすが海道一, 今から, 吉報らしい, 妙な, 思えないからね, 思ったが, 思われぬ温容, 敢て, 申しながら, 痛快じゃ, 考えられないの

▼ きたとも~ (13, 0.1%)

2 いうが, いえるの 1 いえば, いわれて, なく二匹, なしに, みられよう, 云える, 問は, 思われる, 言える以上

▼ きたもん~ (13, 0.1%)

53 だから 1 だが, だな, でがす, でね, で飯盒

▼ きた三人~ (13, 0.1%)

1 [13件] でまた, で山, とも酔ふた, のひとり, の所持品, の武者, の浪人, の艀舟, の諜者, の警官, の顔, は挨拶, を見る

▼ きた大きな~ (13, 0.1%)

2 宿帳に

1 [11件] つよそう, ものが, 戦車が, 球根が, 男です, 盥を, 禍いまでを, 蒸鮑を, 虎猫が, 赤い火の玉, 鍋の

▼ きたけれども~ (12, 0.1%)

1 [12件] その次, それは, なお明治, もともと天皇, 一言も, 二三た, 二三たずねられた, 今年は, 火事どころの, 自分たちの, 花子が, 雨乞いも

▼ きたひとり~ (12, 0.1%)

2 の少年 1 の人間, の怪しき, の敵, の旅人, の武士, の男, の町人, の者, の見しらぬ, の青年

▼ きたやつ~ (12, 0.1%)

2 がある 1 がふらりふらり, だ, で, です, は待ちかまえ, もいる, もいれ, をその, をグイ, を右

▼ きた女中~ (12, 0.1%)

2 が渋皮, のお 1 が朝, が立ち去る, だと, です, に何, のただ, の後姿, はえつ

▼ きた~ (12, 0.1%)

2 なん 1 か, がある, がだんだん, が不発弾, だろう, だろうと, は, はいない, は噺, を詰問

▼ きた子供~ (12, 0.1%)

2 が母 1 がどこ, が自分, すなわち我々, といっしょ, になん, に対して生まれた, の母親, はそれ, は同級生, を観察

▼ きた~ (12, 0.1%)

1 [12件] が, がかく, が二人, だ, というの, なの, にいきなり, には吉良, の背, は立花カツミ先生, へのこぼれる, も三助

▼ きたそれ~ (11, 0.1%)

2 は母 1 いぜんに, からのがれる, がし, じゃ明かし, と共に気, なるふすま, はもとより, は掛取だ, は青年

▼ きたとか~ (11, 0.1%)

1 [11件] いって, これは, であの, で気, で雇い人, 何んとか, 地から, 曇つた日は, 称する支那人, 象牙の, 銭湯に

▼ きたとき私~ (11, 0.1%)

2 を指し 1 にとってはじめて, にはそれ, の書いた, はその, はちょうど, はときどき, は停車, は汽車, は自分

▼ きたひと~ (11, 0.1%)

1 [11件] でしょう, で中年, で柚子, で気力, なの, なん, は一瞬医者, は黒い, びとの, もある, を近所

▼ きた~ (11, 0.1%)

1 [11件] がなかつた, が近い, しの, のラケット入れ, の一升徳利, の兄, の十字架, の問題, の絵図, の踊る, はない

▼ きた~ (11, 0.1%)

1 [11件] あらゆる石, およそ人, しばらくは, ちょうど一年, ではそれ, に自分, に裁判, の朗, の胎, もそこ, も自分

▼ きた様子~ (11, 0.1%)

2 であった 1 からみ, だ, だった, でした, ですから, で唇, で肩, に, もう止める

▼ きたなと~ (10, 0.1%)

1 おもって, わかる, 思いますと, 思った, 思つた, 思ふ, 思われた瞬間, 感じた瞬間, 直覚し, 矢代は

▼ きたはず~ (10, 0.1%)

1 さ, だ, だと, です, ですが, のお, の四人, の蒲団, の財布, の風呂敷包

▼ きたほど~ (10, 0.1%)

3 だった 1 だ, だつた, であります, である, です, 大せつな, 幸福であった

▼ きた夫人~ (10, 0.1%)

1 がいきなり, がそっと, と姪, には今, に向, の目, は, はそれ, は博士, をうしろ

▼ きた~ (10, 0.1%)

1 があった, が僅か, が夫, ながら彼女, のこと, の情夫, の最後, の登子, はまだ, や子供たち

▼ きた小さな~ (10, 0.1%)

1 人間が, 娘が, 子供が, 少年です, 徳利の, 手貝殼の, 環境は, 石油ポンプを, 身辺と, 顔を

▼ きた~ (10, 0.1%)

2 に遮る 1 だけが残っ, でじっと, にはとても, には眩し, には馬鹿, にもとまらぬ, も遥か, を壁

▼ きたかも~ (9, 0.1%)

2 わからない 1 しれない, しれませぬ, よく知っ, 知れない, 知れなかった, 自から, 解らないですが

▼ きたからと~ (9, 0.1%)

3 いって 1 云うの, 云って, 女房に, 思って, 言つて頂かし, 誘ひださせて

▼ きた~ (9, 0.1%)

2 ひき 1 えり, たまは, はず默いましき, ふ, ふとも, ふらむ, へり

▼ きた~ (9, 0.1%)

1 うとも, うに及び, うべかりし, うや, おかしい, くて, 一つの, 同様な, 同様の

▼ きた~ (9, 0.1%)

1 あたいん, あらら, こうしてお前, な声, な枇杷, な枯木, ほら, オー, 僕一身の

▼ きた一本~ (9, 0.1%)

1 のとこなつ, の太い, の小柄, の松丸太, の矢, の細竹, の鬢付け油, の鳥, を喇叭飲み

▼ きた今日~ (9, 0.1%)

1 に及ん, のほんとう, のヤミ屋, の一案, の出場闘牛士, の時間, はお正月, は酒, 尚更手仕事

▼ きた~ (9, 0.1%)

1 が白い, だからと, だが, だった, でなくて, ではある, なの, の刻過ぎ, 家鴨を

▼ きた~ (9, 0.1%)

1 のお, の労苦, の法衣, の老人, の者, の若者, ほど他人, やつれ, をお

▼ きた日本~ (9, 0.1%)

1 のファシズム, の各界, の土, の娘, の学生, の悲劇, の生活, の社会的環境, を別

▼ きた時代~ (9, 0.1%)

4 である 1 から四年, には事情, に他, に高等学校, は中央部

▼ きた時私~ (9, 0.1%)

1 がふれた, の荷物, はうれしい, はその, はどうして, はまた, はまだ, は何だか, は死にかかっ

▼ きた理由~ (9, 0.1%)

1 がわかった, がわかる, の一ツ, の大いなる, の第, はいえない, はおそらく, はここ, も大体

▼ きた自動車~ (9, 0.1%)

1 がす, が前, が危うく, と衝突, に乗っ, に触れ, はもと, は洗濯倶楽部, をとめ

▼ きた部下~ (9, 0.1%)

1 があった, ではあった, とぼく, と黒背広, のおまわりさん, の兵, の情, はいきなり, も刑事

▼ きたかは~ (8, 0.0%)

2 私には 1 ついに説明, もうわからなくなる, わからなかった, 知らないが, 神のみが, 面倒だ

▼ きたからには~ (8, 0.0%)

2 一刀両断に 1 博物館の, 屍を, 心配は, 月給は, 決して悪い, 自分の

▼ きたこれ~ (8, 0.0%)

2 までの生活 1 でしばらく, で山頭火後援会, で揃つた, までの天皇制的特権者たち, までの態度, もまた

▼ きたすべて~ (8, 0.0%)

1 が不可解, でもあり, のもの, の動機, の殺人犯人達, の能力, は徒労, を捧げたい

▼ きたところが~ (8, 0.0%)

1 かゆいらしく, こちらが, そこも, そのルイ十四世大王, その下宿, まだ小さな, 人夫らが, 繁華街は

▼ きたふたり~ (8, 0.0%)

3 の少年 1 の上役人, の武士, の男, の青年, は今や

▼ きた~ (8, 0.0%)

1 し刀, たる胸甲彼を, のきいたため, びのしっぽをつかむといきなり風ぐるま, られて, られ洗練, ろ, 泉と

▼ きた~ (8, 0.0%)

2 となっ, 松の 1 では都, の世, の小鳩, 松だった

▼ きた以上~ (8, 0.0%)

1 この遠, はこんな, はつくせる, はむろん, はわれわれ, は中, もう袋, 相変らず

▼ きた~ (8, 0.0%)

1 こうもりが, なる原因, トランクを, 海原が, 番頭の, 禿頭も, 部隊が, 鮎は

▼ きた~ (8, 0.0%)

2 の大 1 がこの, が不覚, の容態, の山手隊, へ当り始めた, へ石

▼ きた次第~ (8, 0.0%)

3 である 2 です 1 であつ, であるという, にほか

▼ きた~ (8, 0.0%)

1 がたいがいひとり, だけにその, とどうしても, と娘, の他, の寝息, はまた, は一生

▼ きたある~ (7, 0.0%)

1 えらい軍人, 夜明けに, 日安場が, 晩, 特に格別, 種の, 計画の

▼ きたきり~ (7, 0.0%)

2 だった 1 っとした, で, であと, であり傷, でふっつり

▼ きただけに~ (7, 0.0%)

1 いまだ家庭, ちょっと消化, 世の中の, 二人は, 以後関羽の, 夫人は, 弥生よりは

▼ きたとき彼~ (7, 0.0%)

1 の机, の眼前, は何, は古めかしい, は女, は思わず, は椅子

▼ きたとて~ (7, 0.0%)

2 なんに 1 その闇夜, 僕の, 昼間自分が, 誰も, 食べては

▼ きた~ (7, 0.0%)

2 いいが 1 ちの攻撃を, ちを, やっぱり心中, 如何にもじれった, 隠すこと

▼ きたんで~ (7, 0.0%)

1 とても秀才, ひと晩とめ, まあわたし, もしそうなら, 僕には, 汚しちや, 逃がしちゃ

▼ きた五人~ (7, 0.0%)

1 とはべつ, と見はり, のうち, のにせ, のチンピラ隊, の左官, の若く

▼ きた人形~ (7, 0.0%)

1 が口, です, ではない, にすぎなかった, は白い, を取りだし, を買っ

▼ きた~ (7, 0.0%)

2 があった 1 が, がふたり, の横田, はお前, は右手

▼ きた原因~ (7, 0.0%)

1 であります, であろうか, のあった, は, は多少, もこの, も尋ね

▼ きた女の子~ (7, 0.0%)

1 がいる, がくれ, が両手, のため, らしかった, をにらみました, を忘れなかった

▼ きた~ (7, 0.0%)

1 とった牛, には日本, に大病, のころ卅二三, の夏, はとりたくない, は豊年

▼ きた~ (7, 0.0%)

7 之丞

▼ きた張飛~ (7, 0.0%)

2 の軍 1 だった, と船手の者ども, の前, は奔馬, らしい

▼ きた~ (7, 0.0%)

1 主人の, 使は, 僧お, 寵愛の, 林の, 経営も, 隠居は

▼ きた~ (7, 0.0%)

1 でない青年, でふりかえっ, にどきんと, の状態, はこの, も亡ん, よさ

▼ きた~ (7, 0.0%)

2 を内山 1 だが, である, です, は稀, 軍曹操の

▼ きた母親~ (7, 0.0%)

1 だ, であつ, にむかいあった, に一度, に云った, に見せる, のこと

▼ きた~ (7, 0.0%)

1 が本気, が離れ, と二人, と娘, の弟, や母, をやさしく

▼ きた白い~ (7, 0.0%)

1 かもめが, ものが, 人影森啓之助の, 女が, 犬が, 猫に, 西洋皿に

▼ きた~ (7, 0.0%)

2 四の 1 一の, 一号は, 一号川崎船を, 一日に, 二小樽丸で

▼ きた~ (7, 0.0%)

1 さ, だが, である, です, など, ね, を話し

▼ きた警官~ (7, 0.0%)

1 がその, だろう, でした, のひとり, の人数, は大きく, も物珍し

▼ きた連中~ (7, 0.0%)

1 だとかいいますぜ, です, と前, なの, に鳰鳥, の足跡, はその

▼ きた~ (7, 0.0%)

1 が必ずしも, だったらしい, なの, のしづけ, は何, をきい, をきいた

▼ きた~ (6, 0.0%)

1 うだステンカラージン, つそく, に屋根傳, に自分自身, ァひとつ, 然しまた

▼ きただけの~ (6, 0.0%)

1 ことな, ことは, ものを, 甲斐は, 話だ, 金を

▼ きたての~ (6, 0.0%)

1 おいしいところ, お餅, ように, パンの, 叡子さんに, 熱い蕎麥餅

▼ きた~ (6, 0.0%)

1 え, おじさまに, みんなが, もう一人前, ッ, 兄さん早く

▼ きた~ (6, 0.0%)

1 でもすこし, にいたせ, に一方, に後, に最後, はた

▼ きた人物~ (6, 0.0%)

2 がある 1 があった, がしたし, をみた, を見ます

▼ きた使者~ (6, 0.0%)

1 に向っ, のよう, の口, の田舎娘, の談話, は人

▼ きた~ (6, 0.0%)

1 だつた, にとってはあの, に心配そう, の受持, の天使, は殆

▼ きた~ (6, 0.0%)

1 が矢, に不意, は, は三分の一, は典韋, も一万

▼ きた味方~ (6, 0.0%)

1 とに, にもまれ, に大将, の勢, の救い, を集めた

▼ きた姿~ (6, 0.0%)

2 です 1 ではなかつたらう, をみ, をみる, を見る

▼ きた~ (6, 0.0%)

1 商人の, 圓太も, 婢は, 文治と, 桜縅の, 猿が

▼ きた当時~ (6, 0.0%)

2 のこと 1 にであろう, のフランス, の事情, の私

▼ きた~ (6, 0.0%)

21 が彼, に途中, の火傷, を差

▼ きた~ (6, 0.0%)

1 が池, で彼, にもう, の重, は焼岳, を飲みてえ

▼ きた~ (6, 0.0%)

1 が頬, だった, の条, の粒, の総量, はいつか

▼ きた~ (6, 0.0%)

1 があります, だと, だよ, であろうそれ, で食べる, はめったに

▼ きた結果~ (6, 0.0%)

2 である 1 いよいよ真相, ついにみすみすその, であり今後, でございます

▼ きた~ (6, 0.0%)

1 勇士静かな, 大将たちは, 夫人は, 将でも, 放蕩児にとって, 政治家が

▼ きた老人~ (6, 0.0%)

1 があった, に違い, の侍, の傍, の正体, を露骨

▼ きた者ども~ (6, 0.0%)

1 だ, です, でみな許都, は声, もいた, を捨て

▼ きた言葉~ (6, 0.0%)

1 だが, だった, であろうが, にこういう, のもつ, のよう

▼ きた証拠~ (6, 0.0%)

1 である, であろう, でお, と見た, と誰, はあ

▼ きた~ (6, 0.0%)

2 将を 1 将が, 将も, 発見の, 藩財政は

▼ きた~ (6, 0.0%)

1 がなに, だから, でいきなり, なので, にとって一面, には何

▼ きた面々~ (6, 0.0%)

2 が騒い 1 は, はそれでも, は司馬懿, は蛮歌民謡

▼ きた食物~ (6, 0.0%)

1 かのご, が必要, のごとき, をみんな, を取る, を試みず召上がっ

▼ きた~ (6, 0.0%)

1 ですが, と取り換える, を喫, を少し, を炊い, 持つて

▼ きた~ (6, 0.0%)

1 がいきり立つ, だけがうま, に水桶, の鞍, や牛, を顔丸

▼ きたおかげ~ (5, 0.0%)

1 か人生, で何, で安斉先生, で将来, で必然的

▼ きたくらい~ (5, 0.0%)

1 だから, だつた, であるから, なもの, 圓朝は

▼ きたついで~ (5, 0.0%)

1 だからと, におかしな, にぜひとも, に大山, に封書

▼ きた~ (5, 0.0%)

2 あらう 1 あらうか, いい, よろしいです

▼ きたといった~ (5, 0.0%)

1 そいつが, そうである, ような, ように, 珍らしい

▼ きたとしても~ (5, 0.0%)

1 もう自分, トーキー俳優にと, 彼は, 猿が, 現実的には

▼ きたとたん~ (5, 0.0%)

1 にまき納め, にポーン, に消え, に誰, 思いがけなくぱったり

▼ きたとの~ (5, 0.0%)

1 ことであった, ことです, 事折角の, 報に, 由

▼ きたなんて~ (5, 0.0%)

1 いうだろうし, いったって, いわれても, ことが, 地球はじまっ

▼ きたワケ~ (5, 0.0%)

2 じゃア 1 じゃない, だ, ではなく

▼ きた一つ~ (5, 0.0%)

1 の力, の厳粛, の顏, の顔, は

▼ きた一艘~ (5, 0.0%)

1 の川蒸汽, の納戸船, の舟, の見, はこれぞ

▼ きた事情~ (5, 0.0%)

1 は聞かなかった, も気持, をたづ, を明らか, を話し

▼ きた人影~ (5, 0.0%)

2 がある 1 が, が等しく, を見る

▼ きた~ (5, 0.0%)

1 の事実, の借金, の前座, の劇団, の負傷者達

▼ きた伝六~ (5, 0.0%)

1 がいった, がとつぜん, でここ, の報告, も

▼ きた写真~ (5, 0.0%)

1 では七十二三, によってこのほど幻燈, の複写, を検討, を額

▼ きた友だち~ (5, 0.0%)

1 でかわいそう, と笑った, に誘われる, の一人, は間に合わなく

▼ きた古い~ (5, 0.0%)

1 佛たちの, 友人が, 家父母の, 恐るべき争闘, 苛責の

▼ きた場所~ (5, 0.0%)

1 から大分, にじっと, に事件, はだいたい人, は天井裏

▼ きた~ (5, 0.0%)

1 の夫, の方, は弟, は毎週二度位, や紀久子

▼ きた帰り~ (5, 0.0%)

1 でございますが, に通り合わせた, の者, や母, を雨

▼ きた~ (5, 0.0%)

1 の正季, の窶れた, の脇屋右衛門, をかばう, を出迎えました

▼ きた~ (5, 0.0%)

1 がみえる, はしばらく, はたしかに, へ手, をすくう

▼ きた恐ろしい~ (5, 0.0%)

1 ことどもは, 死体運搬人であろう, 衝動を, 運命から, 道程を

▼ きた感じ~ (5, 0.0%)

1 が人, である, で春風, で眼, とでもいう

▼ きた~ (5, 0.0%)

1 らしいタオル, 宗教も, 客が, 形式である, 戦闘攻勢を

▼ きた新聞~ (5, 0.0%)

1 がきた, にもそんな, の折, の文字, を手渡す

▼ きた~ (5, 0.0%)

1 だった, と同じ, には寝巻, にやった, もあの

▼ きた木の葉~ (5, 0.0%)

1 いちまい, のよう, の合方, の精, もまじっ

▼ きた歴史~ (5, 0.0%)

1 から生まれた, と歴史, なの, の古, の秘密

▼ きた民族~ (5, 0.0%)

1 であります, であること, である限り, としての子供, は少ない

▼ きた源三郎~ (5, 0.0%)

1 が前, にこの, の一行, はてっきり, をお

▼ きた甲斐~ (5, 0.0%)

2 がない 1 がありました, がある, がねえや

▼ きた~ (5, 0.0%)

1 のところ, はほとんどまっすぐ, もふさがれ, よりほか, を這いあがる

▼ きた立派~ (5, 0.0%)

2 な紳士, な老人 1 な男

▼ きた~ (5, 0.0%)

2 だが 1 だった, であつ, ですね

▼ きた若者~ (5, 0.0%)

1 がある, が黒い, に呆然, の一人, をお

▼ きた蛾次郎~ (5, 0.0%)

1 すこし口, にむざと奇功, の右, の脾腹, は宿場人足

▼ きた道程~ (5, 0.0%)

1 について多少, は奇妙, もいわない, をいつも, を私たち

▼ きた~ (5, 0.0%)

1 と下物, と鑵詰, のこと, をついで, を空

▼ きた長い~ (5, 0.0%)

1 年月にわたる, 目の, 筒は, 道程に, 麻ひもを

▼ きたあなた~ (4, 0.0%)

1 が敵, と紅い, の可憐, の手紙

▼ きたおじいさん~ (4, 0.0%)

1 がこしかけ, が上, のよう, はその

▼ きたかい~ (4, 0.0%)

3 がない 1 があります

▼ きたくせ~ (4, 0.0%)

1 にほか, に何, に息, に黙りこくっ

▼ きた~ (4, 0.0%)

3 はいが 1 のそか

▼ きたとでも~ (4, 0.0%)

1 いいたげな喜び, いうこと, いうの, 思ったらしくお母さん

▼ きたには~ (4, 0.0%)

1 きたん, 目的が, 相違なかっ, 違いない

▼ きたのよ~ (4, 0.0%)

1 お水, ねえ, もうすっかりお, 一人じゃ

▼ きたぼく~ (4, 0.0%)

1 がこれ, がどうして, は姉, は歓迎会ずくめ

▼ きたまでは~ (4, 0.0%)

2 無事でした 1 いいが, おおでき

▼ きたドア~ (4, 0.0%)

1 がいつのまにか, です, のところ, はみんな

▼ きた一騎~ (4, 0.0%)

1 が, の使者, の武者, の若武者

▼ きた主人~ (4, 0.0%)

1 だから, に別れた, のよう, の機嫌

▼ きた二つ~ (4, 0.0%)

2 の顔 1 のテーマ, の物

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 が安達, に答えた, の顔, は家

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 の怒, の道, を手, 尖船

▼ きた原士~ (4, 0.0%)

1 と天堂ら三人組, の天堂一角, は足もと, を顧み

▼ きた友人~ (4, 0.0%)

1 がひ, ではある, などに東京, の大学教授潮見博士

▼ きた可児才蔵~ (4, 0.0%)

1 だ, という者, とわかっ, はこんな

▼ きた同じ~ (4, 0.0%)

1 ような, 辛苦と, 速度と, 長屋の

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 と同じ, はそも, は小判, よき公達

▼ きた問題~ (4, 0.0%)

1 がいつのまにか, のまがい, のみでなく, の一つ

▼ きた四人~ (4, 0.0%)

1 の権威者, の者, の警官, はそこ

▼ きた婦人~ (4, 0.0%)

1 があった, がつき, がどれ, が母

▼ きた子供たち~ (4, 0.0%)

1 が三々五々, にこの, の一人, は部屋

▼ きた巡査~ (4, 0.0%)

1 が人々, が寄つて, はその, は紙

▼ きた当座~ (4, 0.0%)

1 はいくら, は懐, は自転車, 心から次郎吉

▼ きた忍剣~ (4, 0.0%)

1 と小, の手, の鉄杖, ははるか

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 から夫婦, である, の言葉, はちょうど

▼ きた感情~ (4, 0.0%)

1 が一時, だったの, になつ, の抜き

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 るバー・テンダー, る公爵, る女, る縁談

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 だったかも, であ, でもあろう, 大三十日

▼ きた新しい~ (4, 0.0%)

1 さるまわし, 感情は, 月の, 顔は

▼ きた曹操~ (4, 0.0%)

1 だった, の将士, は早く, もわが子曹彰

▼ きた最初~ (4, 0.0%)

1 でありまた, の小さな, の晩, の欧羅巴人

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 の人びと, の子, の者, は山

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 に太股, の柄, の穂, をカーン

▼ きた正直~ (4, 0.0%)

1 な人, な幾千万日本人, な日本, 多市

▼ きた気配~ (4, 0.0%)

1 がする, が障子, ざわめいて, を知った

▼ きた汽車~ (4, 0.0%)

1 と別れ, にこちら, の窓, はプラットホーム

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 がさびし, とをながめ, につけたら, の形

▼ きた現在~ (4, 0.0%)

1 および将来, では彼, と過去, にいたる

▼ きた生活~ (4, 0.0%)

2 は私 1 がある, だったこと

▼ きた男の子~ (4, 0.0%)

1 はこれ, はどうしても, もいっしょ, をどう

▼ きた男女~ (4, 0.0%)

1 が熱い, が神, のうち, の虚無僧

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 でギロッ, のさめる, の星, を上げ

▼ きた相手~ (4, 0.0%)

1 にある, の肩, はガスコ氏, は意外

▼ きた瞬間~ (4, 0.0%)

1 こそ実に, そういった瞬間, にその, まだ前髪姿

▼ きた矢先~ (4, 0.0%)

1 ちょうど円本, であったの, である, へお

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 であった, なので, な仲, 普黄蓋韓当などの

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 から青柿, がそこ, には雪雲, の飛行機

▼ きた空気~ (4, 0.0%)

1 のため, の中, の圧力, は彼

▼ きた美しい~ (4, 0.0%)

2 女が 1 おそえもの, お嬢さん

▼ きた考え~ (4, 0.0%)

1 であった, であろうが, は漠然と, を無視

▼ きた者たち~ (4, 0.0%)

1 で彼等, はたちまち, へこう, を再び

▼ きた荷物~ (4, 0.0%)

1 がたくさん, といえ, の重い, をこの

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 でた, で打つ手, のよう, の二ひきはめ

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 であること, の宿命, の氣, の通っ

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 の手下, の数, の頭目, を愍

▼ きた赤い~ (4, 0.0%)

1 外套の, 船の, 頬っ, 魚を

▼ きた運命~ (4, 0.0%)

1 であると, について語り合う, の姿, やまた

▼ きた~ (4, 0.0%)

1 であると, であれば, の鱗, を夕食

▼ きた龍太郎~ (4, 0.0%)

1 がと見れ, がやッ, と小, はどんと

▼ きたあやしい~ (3, 0.0%)

1 ものが, 猫みたいな, 黒眼鏡の

▼ きたいろいろ~ (3, 0.0%)

1 な音響, な鳥, の昔話

▼ きたいろんな~ (3, 0.0%)

1 危険の, 国々の, 子どもたちが

▼ きたいわゆる~ (3, 0.0%)

1 セバストポールの, フランソア一世の, 竹馬の

▼ きたおばさん~ (3, 0.0%)

1 がきかし, は犬, は船

▼ きたおみやげ~ (3, 0.0%)

1 にちがい, の草ブドウ, を並べ

▼ きたお母さん~ (3, 0.0%)

1 に産まれた, のいう, はくだもの

▼ きたお蔭~ (3, 0.0%)

1 でわたし, で誰, に自然

▼ きたかが~ (3, 0.0%)

1 わかる, わかるよう, 分りまた

▼ きたかなどと~ (3, 0.0%)

1 たがいに, 決死の, 頻りに訊い

▼ きたさまざま~ (3, 0.0%)

1 な事物, な貝殻, の困難

▼ きたしかし~ (3, 0.0%)

1 この派, 今度は, 左門洞には

▼ きたそれら~ (3, 0.0%)

1 のもの, の末裔, の潜伏切支丹

▼ きたつけ~ (3, 0.0%)

1 が, が鐵嵐, ひげ

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 し猛火, て, のを

▼ きたとき自分~ (3, 0.0%)

1 はつれなく, は暗く, もその

▼ きたとしか~ (3, 0.0%)

1 思はれませんでした, 考えられません, 言いよう

▼ きたとばかり~ (3, 0.0%)

1 すぐその, 猛進し, 豆腐は

▼ きたどこ~ (3, 0.0%)

1 かで聞いた, かの国, のお寺

▼ きたなあ~ (3, 0.0%)

1 お前さんで, こんな脅迫, 少しだんな

▼ きたなっ~ (3, 0.0%)

1 てさわかるでしょ, て思っちゃった, と思った

▼ きたにも~ (3, 0.0%)

1 かかわらずかなり, 拘らず人類, 由るの

▼ きたのう~ (3, 0.0%)

1 おまつ, がす, なるはやい

▼ きたばかりか~ (3, 0.0%)

1 全身から, 彼の, 藤原一門自体が

▼ きたばかりじゃ~ (3, 0.0%)

2 ないか 1 そうです

▼ きたばかりという~ (3, 0.0%)

1 ずるそう, のを, ような

▼ きたふう~ (3, 0.0%)

1 であった, でも, で大

▼ きたふしぎ~ (3, 0.0%)

1 な一軍, な人, な警官

▼ きたへて~ (3, 0.0%)

1 おかなければ, おくと, ゐるので

▼ きたまた~ (3, 0.0%)

1 おのずから郷土, 旅に, 行かねば

▼ きたみたい~ (3, 0.0%)

1 じゃない, だ, に清潔

▼ きたゆえ~ (3, 0.0%)

1 からと思い違えた, であって, にルーテル

▼ きたよりも~ (3, 0.0%)

1 おそろしい防禦, お客に, もつと

▼ きたわれわれ~ (3, 0.0%)

1 のこと, のす, の仲間

▼ きたシャツ~ (3, 0.0%)

1 にはメリヤス, のポケット, は糊

▼ きたパン~ (3, 0.0%)

1 をかじっ, をむしゃむしゃ, を工場

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 の矢, はのつばめ, 老将

▼ きた一匹~ (3, 0.0%)

1 のつくつく法師, のカミキリ虫, の子

▼ きた一台~ (3, 0.0%)

1 のトラック, の自動車, の電気機関車

▼ きた一同~ (3, 0.0%)

1 に異存, の顔, はたちまち

▼ きた一陣~ (3, 0.0%)

2 の風 1 の風鳴り

▼ きた世界~ (3, 0.0%)

1 とこの, は仏法, を語る

▼ きた~ (3, 0.0%)

2 頬を 1 名の

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 から選ん, にはお, の君

▼ きた乞食~ (3, 0.0%)

1 がふい, のよう, の子供

▼ きた事実~ (3, 0.0%)

1 だ, をどう, をもっと

▼ きた事柄~ (3, 0.0%)

1 に戦慄, をつづめ, をひたすら

▼ きた人数~ (3, 0.0%)

1 はいや, はかれこれ, を合し

▼ きた人達~ (3, 0.0%)

1 でさ, の話しぶり, は燃えかけ

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 だ, だったが, です

▼ きた伊賀~ (3, 0.0%)

1 の暴れん, の若, の若殿

▼ きた伊那丸~ (3, 0.0%)

1 と咲耶子, と龍太郎, はいよいよ

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 でありました, であるから, また飲ます

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 かのよう, でもない, のかの

▼ きた何者~ (3, 0.0%)

1 かがある, かの黒い, ともしれぬ

▼ きた作家~ (3, 0.0%)

1 といふこと, には十分, は一度

▼ きた先生~ (3, 0.0%)

1 のお, も毎日, やお

▼ きた内儀さん~ (3, 0.0%)

1 が思い出した, にとってはお初, への感謝

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 の包み, は二尺八寸, を拾う

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 は一応, 半生の, 知らせと

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 が木炭, のなか, をあける

▼ きた包み~ (3, 0.0%)

1 の中, をベリベリ, を松さん

▼ きた博士~ (3, 0.0%)

1 の肉声, の頬, は再度

▼ きた友達~ (3, 0.0%)

1 に云った, の行軍司馬趙直, はフトそこ

▼ きた可憐~ (3, 0.0%)

1 しい和子, なる少年, な失せ物

▼ きた咲耶子~ (3, 0.0%)

1 がとりで, である, をひとめ

▼ きた国民~ (3, 0.0%)

1 ではある, は今や, は外

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 がする, だった, で

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 あの黒い, はからずもそれ, はだれ

▼ きた子ども~ (3, 0.0%)

1 があの, でおとうさん, のよう

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 に火事, へ入っ, を出る

▼ きた小僧~ (3, 0.0%)

1 がある, がお金, をうまく

▼ きた小娘~ (3, 0.0%)

1 が, が交っ, が馬車

▼ きた小林君~ (3, 0.0%)

1 のからだ, は驚い, をその

▼ きた小柄~ (3, 0.0%)

1 で丁寧, な引率者, な老

▼ きた小舟~ (3, 0.0%)

1 で更に, の一つ, を蹴

▼ きた小鳥~ (3, 0.0%)

1 だちも, はこの, もたいてい

▼ きた師匠~ (3, 0.0%)

1 の三遊亭圓朝, の独りぐらし, は赤ばん

▼ きた張遼~ (3, 0.0%)

1 がなに, が彼, という者

▼ きた悲しみ~ (3, 0.0%)

2 の意識 1 を償う

▼ きた情報~ (3, 0.0%)

1 はフランス, より早かっ, をいちいち

▼ きた懐中電灯~ (3, 0.0%)

1 がきみ, で足許, をぱっと

▼ きた捕手~ (3, 0.0%)

1 の人数, の前, の四

▼ きた数々~ (3, 0.0%)

1 な弔礼, のこと, の列車

▼ きた文化~ (3, 0.0%)

1 といふもの, なるもの, の脈

▼ きた文字~ (3, 0.0%)

1 であります, を, を読んだ

▼ きた方角~ (3, 0.0%)

1 だが, へ出かけ, をはかった

▼ きた旅人~ (3, 0.0%)

1 がやつ, にはほっと, はみな

▼ きた早苗さん~ (3, 0.0%)

1 の年, はにせもの, もくわわっ

▼ きた明智探偵~ (3, 0.0%)

1 が立っ, です, のもう

▼ きた時前~ (3, 0.0%)

1 に言った, に述べた, の腰掛

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 がた, の光, の微光

▼ きた最後~ (3, 0.0%)

2 の一行 1 の断

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 と靴, のポケット, をそれ

▼ きた東京~ (3, 0.0%)

1 での出来ごと, の寄席, は未だ

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 のうえ, の血痕, をもっ

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 がし, がします, でいる

▼ きた泣き虫~ (3, 0.0%)

3 の蛾次郎

▼ きた深編笠~ (3, 0.0%)

2 の侍 1 が孫兵衛

▼ きた現象~ (3, 0.0%)

2 の一つ 1 に外

▼ きた甚だ~ (3, 0.0%)

2 特異な 1 現実的な

▼ きた用件~ (3, 0.0%)

1 とがさ, とがそういう, は村長さん

▼ きた用意~ (3, 0.0%)

1 の深く遠い, の生, の白い

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 が三次, であるが, のうなり

▼ きた社会~ (3, 0.0%)

1 と文学, におけるよりもその, の過去罪

▼ きた私達~ (3, 0.0%)

1 に対しても彼, に次ぎ, を部屋

▼ きた秘密~ (3, 0.0%)

1 があばかれ, という自分, とそれから

▼ きた紀久子~ (3, 0.0%)

1 にとってはこれ, は兄, を裏廊下

▼ きた紳士~ (3, 0.0%)

1 がその, が居り, ばかりです

▼ きた編笠~ (3, 0.0%)

1 の人, の侍, の男

▼ きた者達~ (3, 0.0%)

1 と暫く, にほこった, に向

▼ きた~ (3, 0.0%)

2 の高い 1 の高い若い

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 こそ黒く, じかけ, の黒い

▼ きた色々~ (3, 0.0%)

1 な動物, のこと, の不思議

▼ きた芥川~ (3, 0.0%)

1 とひと, はいつも, を孔子曰く

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 のこと, をいい, を私

▼ きた苦労~ (3, 0.0%)

1 のため, も俺, を事新しく

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 であった, などを歓ん, の葉

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 がなん, を飲む, 売りが

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 で, でいそい, の生き

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 つばめ子つばめ, や同志たち, 蜂に

▼ きた貴重~ (3, 0.0%)

1 な材料, な物品, な真理

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 でさ, の先, をくばっ

▼ きた足音~ (3, 0.0%)

1 がしばらく, が急, であつ

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 には細かい, はたちまち, を物語る

▼ きた路筋~ (3, 0.0%)

1 である, などにはまったく, もほぼ

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 があります, が急, に同乗

▼ きた途中~ (3, 0.0%)

1 である, の水たまり, 老祖母

▼ きた過去~ (3, 0.0%)

1 のこと, の忠誠, の道

▼ きた道具~ (3, 0.0%)

1 の真ん中, は鮒竿, をとる

▼ きた道徳~ (3, 0.0%)

1 と儒教, と東洋, や宗教

▼ きた道筋~ (3, 0.0%)

1 がかなりはっきり, とが不気味, を考える

▼ きた部屋~ (3, 0.0%)

1 には何, の広, の扉

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 にべつに, に少し, 始終キャベンディシュ研究所

▼ きた順序~ (3, 0.0%)

1 としてその, とを指摘, を談

▼ きた飛行機~ (3, 0.0%)

1 が彼ら, が途中, に両手

▼ きた~ (3, 0.0%)

1 つかいが, つかいに, は数

▼ きた黄金~ (3, 0.0%)

1 の, をここ, をも取りかえし

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 ひだ, われな

▼ きたあたり~ (2, 0.0%)

1 が一番, を前景

▼ きたあらゆる~ (2, 0.0%)

1 こと天使の, 反省によって

▼ きたいい~ (2, 0.0%)

1 ものが, 加減の

▼ きたうえ~ (2, 0.0%)

1 に豹, は苦行

▼ きたうす~ (2, 0.0%)

2 ぼんやりと

▼ きたうれし~ (2, 0.0%)

1 かつた, さに

▼ きたうれしい~ (2, 0.0%)

1 やうな, 電話がか

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 もいわれぬ, 上げて

▼ きたおっ~ (2, 0.0%)

1 母さんには, 母さんは

▼ きたおびただしい~ (2, 0.0%)

1 お酒, 理性は

▼ きたおもしろい~ (2, 0.0%)

1 ぞうむ, 話を

▼ きたお前~ (2, 0.0%)

1 を私, を聴い

▼ きたお客~ (2, 0.0%)

2 が翌晩

▼ きたかたち~ (2, 0.0%)

1 だ, なの

▼ きたかについては~ (2, 0.0%)

1 それから, 何ら立入った

▼ きたからな~ (2, 0.0%)

1 お供は, ア

▼ きたかわり~ (2, 0.0%)

1 には心から, には明治二十二年

▼ きたくらいの~ (2, 0.0%)

1 問題では, 程度の

▼ きたことそれ~ (2, 0.0%)

1 をも手, を伝え

▼ きたこれら~ (2, 0.0%)

1 の極度, の漁師たち

▼ きたころ彼~ (2, 0.0%)

1 はある, は広い

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 尊父を, 理想の

▼ きたさながら~ (2, 0.0%)

2 青い葉

▼ きたさらに~ (2, 0.0%)

1 おそくな, 飲む

▼ きたしかも~ (2, 0.0%)

1 まったく意外, 珍しく機嫌

▼ きたせいようあくま~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ きたそういう~ (2, 0.0%)

1 のが, 新聞記事が

▼ きたそうして~ (2, 0.0%)

1 あかあかと, 千三に

▼ きたたい~ (2, 0.0%)

1 でなくては, にはその

▼ きたたくさん~ (2, 0.0%)

1 のおむすび, の情報屋たち

▼ きたためし~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ きたたら~ (2, 0.0%)

1 を見ました, を買おう

▼ きただす~ (2, 0.0%)

1 のであらう, までもない

▼ きたちょう~ (2, 0.0%)

1 には広い, はこの

▼ きた~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ きたつて~ (2, 0.0%)

1 又行く, 多くても

▼ きたつめたい~ (2, 0.0%)

2 風は

▼ きたとかいう~ (2, 0.0%)

1 んだ, 伝説の

▼ きたとき久助君~ (2, 0.0%)

1 はもう, は森医院

▼ きたとき今度~ (2, 0.0%)

1 は向う, は団丸

▼ きたとき先生変~ (2, 0.0%)

2 な女

▼ きたとき女~ (2, 0.0%)

2 の顔色

▼ きたとき私たち~ (2, 0.0%)

1 はだから, は関係

▼ きたとき自動車~ (2, 0.0%)

1 がキーッ, のうしろ

▼ きたとこ~ (2, 0.0%)

1 が変, だな

▼ きたとても~ (2, 0.0%)

1 おいしか, 起きあがれないので

▼ きたと共に~ (2, 0.0%)

1 今宵の, 物価が

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 ろ, ォ

▼ きたどう~ (2, 0.0%)

1 だ魚, 思って

▼ きたどんな~ (2, 0.0%)

1 手当を, 薄遇を

▼ きたなし~ (2, 0.0%)

1 文醜, 返せ返せ

▼ きたなり~ (2, 0.0%)

1 ゴロゴロ, 動きたくなくなった人々

▼ きたのみ~ (2, 0.0%)

1 ならずこの, ならず或

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 あやは, たけ中将どのは

▼ きたばかしの~ (2, 0.0%)

1 ところな, 遺骨の

▼ きたばかりで~ (2, 0.0%)

1 まだ取調べ, 何故だ

▼ きたばかりに~ (2, 0.0%)

1 ついみんな, 怪人に

▼ きたばっかりの~ (2, 0.0%)

1 南洋の, 時に

▼ きたふとき~ (2, 0.0%)

2 大御業

▼ きたほどの~ (2, 0.0%)

1 望外の, 騒ぎを

▼ きたほんもの~ (2, 0.0%)

1 のお, の宝冠

▼ きたまえ~ (2, 0.0%)

1 と命令, ね

▼ きたまひ~ (2, 0.0%)

1 しが, 消え失せたるぞ

▼ きたもと~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 つれは, ないか

▼ きたやつら~ (2, 0.0%)

1 が小判ほしさ, はうすく

▼ きたよい~ (2, 0.0%)

2 雨だ

▼ きたよく~ (2, 0.0%)

1 おぼえて, きたどう

▼ きたよと~ (2, 0.0%)

1 いって, 仰言

▼ きたりっぱ~ (2, 0.0%)

1 な紳士, な行い

▼ きたわたし~ (2, 0.0%)

1 には意外, の知りあい

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 だけ, だげ

▼ きたアメリカ~ (2, 0.0%)

1 が世界, の兵隊さん

▼ きたキミ子~ (2, 0.0%)

1 の姿, は狂つた白痴

▼ きたクロ~ (2, 0.0%)

1 がハッ, をポン公

▼ きたクロオデル~ (2, 0.0%)

1 の戯曲, は今度

▼ きたコゼット~ (2, 0.0%)

1 の最初, は男爵夫人

▼ きたサムライ~ (2, 0.0%)

1 がいる, や赤い

▼ きたシュプール~ (2, 0.0%)

1 が確実, をただ

▼ きたジイド~ (2, 0.0%)

1 はソヴェート聯邦, はソヴエート聯邦

▼ きたジョン~ (2, 0.0%)

1 がきちがい, でした

▼ きたセエラ~ (2, 0.0%)

1 はプリンセス, は自分

▼ きたフリーダ~ (2, 0.0%)

1 よりも, を自分

▼ きた~ (2, 0.0%)

2

▼ きた一人物~ (2, 0.0%)

1 があった, がある

▼ きた一団~ (2, 0.0%)

1 の中, の騎馬

▼ きた一条~ (2, 0.0%)

1 の光, の光明

▼ きた一杯~ (2, 0.0%)

1 ひつかけた, やつて

▼ きた一種~ (2, 0.0%)

1 の嫌悪, の苦悶

▼ きた一行~ (2, 0.0%)

1 のもの, の船

▼ きた一部~ (2, 0.0%)

1 の人々, の生活

▼ きた一頭~ (2, 0.0%)

1 のライオン, の月毛

▼ きた万吉~ (2, 0.0%)

1 がしきりと, を蹴返した

▼ きた三成~ (2, 0.0%)

2 を殺す

▼ きた不思議~ (2, 0.0%)

1 な公卿, な家

▼ きた不知火流~ (2, 0.0%)

1 の七, も伊賀

▼ きた与吉~ (2, 0.0%)

1 がますます, の大声

▼ きた世路~ (2, 0.0%)

1 の盲人, の途中

▼ きた世間~ (2, 0.0%)

1 の中, の噂

▼ きた中央~ (2, 0.0%)

1 の徴税船, の戦状

▼ きた中年~ (2, 0.0%)

1 の男, の痩せた

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 にあいたい, 燈の

▼ きた事件~ (2, 0.0%)

1 が今, を披露

▼ きた五万~ (2, 0.0%)

1 の兵, の軍隊

▼ きた五月~ (2, 0.0%)

1 のろ, の蒸し暑い

▼ きた人夫~ (2, 0.0%)

1 でした, につきあたり

▼ きた今度~ (2, 0.0%)

1 こそはふん縛っ, で緑平居訪問

▼ きた仕事~ (2, 0.0%)

1 がたくさん, の註文

▼ きた仲間~ (2, 0.0%)

1 だが, の宅助

▼ きた会社員~ (2, 0.0%)

1 が女事務員, だって同じ

▼ きた伝書鳩~ (2, 0.0%)

1 が香港政庁, をこの

▼ きた伝統~ (2, 0.0%)

1 とがからみあっ, はたち切られた

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 気圧じゃ, 気圧ぢや

▼ きた何やら~ (2, 0.0%)

1 大きな贈り, 木の実の

▼ きた作家たち~ (2, 0.0%)

1 だ, というの

▼ きた使命~ (2, 0.0%)

1 は, をここ

▼ きた信念~ (2, 0.0%)

1 でさえ夜陰, をどうして

▼ きた偉大~ (2, 0.0%)

1 な探検家, な母

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 犯人な, 虚無僧

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の巣, 坊の

▼ きた先頭~ (2, 0.0%)

1 であった, の一人

▼ きた入口~ (2, 0.0%)

1 のふす, の扉

▼ きた兵士~ (2, 0.0%)

1 がガム, は板

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 に慄, の雨

▼ きた凄味~ (2, 0.0%)

1 を漂, を漂わし

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 にこの, に日本

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 のど, の錠剤

▼ きた前例~ (2, 0.0%)

1 がすでに, もある

▼ きた努力~ (2, 0.0%)

2 のあと

▼ きた勇士~ (2, 0.0%)

1 だ, を見る

▼ きた動物~ (2, 0.0%)

1 ははだ, をつかまえ

▼ きた医者~ (2, 0.0%)

1 がすわっ, は首

▼ きた十人~ (2, 0.0%)

1 の一年生, はラガー

▼ きた十四五~ (2, 0.0%)

2 の少女

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 助などには, 斎の

▼ きた半生~ (2, 0.0%)

1 のうち, の功

▼ きた南方~ (2, 0.0%)

1 の佳, の美味薫醸

▼ きた卜斎~ (2, 0.0%)

1 であった, と呂宋兵衛

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 のありがた, の心根

▼ きた合理精神~ (2, 0.0%)

2 の歯

▼ きた吉宗~ (2, 0.0%)

1 ごつい木綿, は平服

▼ きた名人~ (2, 0.0%)

1 はぴたり, を見る

▼ きた名前~ (2, 0.0%)

1 だ, であろう

▼ きた周馬~ (2, 0.0%)

1 である, の筆跡

▼ きた和田呂宋兵衛~ (2, 0.0%)

1 の一行, は一同

▼ きた唯一~ (2, 0.0%)

1 の人, の軍師

▼ きた四五人~ (2, 0.0%)

1 の侍, の手下たち

▼ きた団子~ (2, 0.0%)

2 をたべ

▼ きた圓朝~ (2, 0.0%)

1 の細, はやや

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 なの, なやつ

▼ きた夜泣き~ (2, 0.0%)

2 の刀

▼ きた夜空~ (2, 0.0%)

1 には鴉, の下

▼ きた大名~ (2, 0.0%)

1 が饗応役, のうち

▼ きた大将~ (2, 0.0%)

1 が鞭, に横合い

▼ きた大空~ (2, 0.0%)

1 の上, へ図々しく

▼ きた奇怪~ (2, 0.0%)

1 な遍歴, な電話

▼ きた女中さん~ (2, 0.0%)

1 があります, が苦

▼ きた女性~ (2, 0.0%)

1 があった, の心情

▼ きた奴ら~ (2, 0.0%)

1 ですから, ばかりだ

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 が立っ, は彼

▼ きた妻子~ (2, 0.0%)

1 が餓死, のこと

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 に言いつけ, は酒

▼ きた嫌悪~ (2, 0.0%)

1 すべき光, の気持

▼ きた子供達~ (2, 0.0%)

1 がギヤマン, や農夫達

▼ きた孔明~ (2, 0.0%)

1 が自身それ, にも禍因

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 獲にも, 獲は

▼ きた宝石~ (2, 0.0%)

1 のよう, をごらん

▼ きた宮内~ (2, 0.0%)

1 が心配, とたがい

▼ きた家庭~ (2, 0.0%)

1 がある, のこと

▼ きた家康~ (2, 0.0%)

1 の姿, の家臣

▼ きた専門~ (2, 0.0%)

2 の鉄砲打ち

▼ きた尊氏~ (2, 0.0%)

1 になお, の麾下

▼ きた小さい~ (2, 0.0%)

1 お嬢さんを, 砂だ

▼ きた小太郎~ (2, 0.0%)

1 に対する死, はこの

▼ きた小船~ (2, 0.0%)

1 が海岸, に乗せ

▼ きた尨大~ (2, 0.0%)

1 な和漢, な空虚さ

▼ きた岡村~ (2, 0.0%)

1 に西行汽車, は

▼ きた巫女~ (2, 0.0%)

1 がいった, の少女

▼ きた希望~ (2, 0.0%)

1 のこと, の光

▼ きた師直~ (2, 0.0%)

1 だ, はそこら

▼ きた幸福~ (2, 0.0%)

1 にすっかり, をどうして

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の主人, の若い

▼ きた店員たち~ (2, 0.0%)

1 がほうぼうさ, はアッ

▼ きた弥生~ (2, 0.0%)

1 のこと, はただ

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 だね, です

▼ きた役人~ (2, 0.0%)

1 が叫ん, らしい者

▼ きた径路~ (2, 0.0%)

1 がそのまま, へ目

▼ きた従来~ (2, 0.0%)

1 の力学, の帷幕

▼ きた心中~ (2, 0.0%)

1 の話, を隱

▼ きた心境~ (2, 0.0%)

1 は正宗菊松氏, を感じさせ

▼ きた心残り千万~ (2, 0.0%)

2 なといまいまし

▼ きた怒り~ (2, 0.0%)

1 が爆発, と絶望

▼ きた怪物~ (2, 0.0%)

1 がある, が東京

▼ きた患者~ (2, 0.0%)

1 がどうも, をながめ

▼ きた悪い~ (2, 0.0%)

1 ことには, やつらの

▼ きた情勢~ (2, 0.0%)

1 が先ず, の中

▼ きた惨め~ (2, 0.0%)

1 な女, な存在

▼ きた意外~ (2, 0.0%)

1 なこと, な惨状

▼ きた意義~ (2, 0.0%)

1 である, は実に

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 が深い, が深かっ

▼ きた慎九郎~ (2, 0.0%)

2 は宮内

▼ きた我が~ (2, 0.0%)

1 子が, 軍勢である

▼ きた戦車~ (2, 0.0%)

1 ならその, に生前

▼ きた所為~ (2, 0.0%)

1 でもありましょう, でもありませう

▼ きた扁理~ (2, 0.0%)

2 は埃だらけ

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 で半面, は桜色

▼ きた手下~ (2, 0.0%)

1 のひとり, の口

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 からその, よく観音堂

▼ きた捕吏~ (2, 0.0%)

1 が張飛, や武士

▼ きた捕縄~ (2, 0.0%)

1 が拝み打ち, に足

▼ きた握飯~ (2, 0.0%)

1 と梅干, をたべ

▼ きた敵勢~ (2, 0.0%)

1 でもある, の中

▼ きた新九郎~ (2, 0.0%)

1 の居合, は橋廊下

▼ きた日本人~ (2, 0.0%)

1 のイデオロギー, はその

▼ きた旧友~ (2, 0.0%)

1 のやさしい, の話

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 が取りつがれた, を告げた

▼ きた早く~ (2, 0.0%)

1 寝床には, 舟に

▼ きた早足~ (2, 0.0%)

2 の燕作

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の状態, の知り

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 なん, を心

▼ きた時そこ~ (2, 0.0%)

1 の明, はだれ

▼ きた時十二時~ (2, 0.0%)

1 が打った, 過ぎて

▼ きた暗い~ (2, 0.0%)

1 ランプ, 部屋へ

▼ きた曲線~ (2, 0.0%)

1 ができ, は極めて

▼ きた書状~ (2, 0.0%)

1 だった, を取る

▼ きた曹仁~ (2, 0.0%)

1 といい, や夏侯存

▼ きた最近~ (2, 0.0%)

1 の写真, の戸坂潤氏

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 が光り, は浪

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 かえるべき小太郎山, からの緊迫

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 かい, 隠龍太郎

▼ きた材料~ (2, 0.0%)

1 を使っ, を自分

▼ きた条件~ (2, 0.0%)

1 もなかなか, を文句

▼ きた松明~ (2, 0.0%)

1 のあかり, の赤い

▼ きた林さん~ (2, 0.0%)

1 とそっくり, はそう

▼ きた林檎~ (2, 0.0%)

1 です, を剥い

▼ きた枯枝~ (2, 0.0%)

1 でゆ, を焚い

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 という薄手, 仏国人の

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 に夫, の断り

▼ きた横町~ (2, 0.0%)

1 をさがしまわった, をのぞきました

▼ きた樹明君~ (2, 0.0%)

1 はその, を招く

▼ きた次に~ (2, 0.0%)

2 滑稽な

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 をうたった, を何度

▼ きた正造~ (2, 0.0%)

1 はこの, は一段と

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の婦人, の的確さ

▼ きた武士~ (2, 0.0%)

1 の影, へ向っ

▼ きた武蔵~ (2, 0.0%)

1 が他人, は今

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の心境, の童子

▼ きた民子~ (2, 0.0%)

2 も出

▼ きた気持~ (2, 0.0%)

1 はある程度, をどう

▼ きた水族館~ (2, 0.0%)

2 のカジノ・フォリイ

▼ きた水筒~ (2, 0.0%)

1 をうけとり, をふろしき

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の筏, の裂け目

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 のにおい, をみんな

▼ きた法螺~ (2, 0.0%)

1 の遠音, の音

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 をかきわけ, をふい

▼ きた活動写真~ (2, 0.0%)

2 のビラ

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の心, はもういい加減

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の乙女, の国

▼ きた深い~ (2, 0.0%)

1 感覚的な, 空虚を

▼ きた源内~ (2, 0.0%)

1 はとんだ, は野中

▼ きた漱石~ (2, 0.0%)

1 のもの, の草枕

▼ きた焼け残り~ (2, 0.0%)

1 の物, の角材

▼ きた爆弾~ (2, 0.0%)

1 の総量, の雨

▼ きた父親~ (2, 0.0%)

1 のわき, は靴

▼ きた爺さん~ (2, 0.0%)

1 から豆腐二丁買, がその

▼ きた物語~ (2, 0.0%)

1 がひろく, はその

▼ きた~ (2, 0.0%)

2 を木挽町

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 で長い, もきた

▼ きた玄正~ (2, 0.0%)

1 は薄, も幾度

▼ きた珍しい~ (2, 0.0%)

1 品物お伽ばなしの, 貴重な

▼ きた生命~ (2, 0.0%)

1 には當然, の尊

▼ きた生徒~ (2, 0.0%)

1 の一人, をうしろ

▼ きた生徒たち~ (2, 0.0%)

1 は小さく, は思い思い

▼ きた生活態度~ (2, 0.0%)

1 がしみつい, であつ

▼ きた生物~ (2, 0.0%)

1 ですって, の群れ

▼ きた甲比丹~ (2, 0.0%)

2 の三次

▼ きた異形~ (2, 0.0%)

1 の武士, の私

▼ きた疑問~ (2, 0.0%)

1 の女, やまたは

▼ きた病人~ (2, 0.0%)

1 のよう, をここ

▼ きた目的~ (2, 0.0%)

1 の一つ, は達し

▼ きた相良金吾~ (2, 0.0%)

1 に自身, の居所

▼ きた着物~ (2, 0.0%)

1 の包み, をき

▼ きた砂金~ (2, 0.0%)

1 を代り, を掴み取り

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の崇厳, の血

▼ きた神経~ (2, 0.0%)

1 のせい, は長ずる

▼ きた神聖~ (2, 0.0%)

2 な観念

▼ きた秀ちゃん~ (2, 0.0%)

1 という少年, は

▼ きた秀吉~ (2, 0.0%)

1 たるもの, であるから

▼ きた秀才~ (2, 0.0%)

1 だそう, だよ

▼ きた私たち~ (2, 0.0%)

1 がこの, の通念

▼ きた程度~ (2, 0.0%)

1 にすぎますまい, の外来者

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の手, を蒔き

▼ きた空想~ (2, 0.0%)

1 に駆られ, の華

▼ きた童子~ (2, 0.0%)

1 などは四つ, は客

▼ きた竹童~ (2, 0.0%)

1 の腕, は自分

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 や太鼓, を出し

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 のふた, の中

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 に移さう, の中

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 と針, のよう

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 しばい, を想

▼ きた素子~ (2, 0.0%)

1 がそこ, は鞣帽子

▼ きた細かい~ (2, 0.0%)

1 血汐の, 装身具を

▼ きた細君~ (2, 0.0%)

1 が, に

▼ きた経験~ (2, 0.0%)

1 がなく, による

▼ きた給仕~ (2, 0.0%)

1 に, に会った

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 が桃太郎, の中

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 のない, を悔い悩ん

▼ きた美女~ (2, 0.0%)

1 でござる, と婚姻

▼ きた老女~ (2, 0.0%)

1 が, が厳重

▼ きた職人~ (2, 0.0%)

1 が四人, 若い女

▼ きた職工~ (2, 0.0%)

1 のよう, は慄

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 がしく, を読ん

▼ きた自分自身~ (2, 0.0%)

1 に返報, をかんじ

▼ きた芸術~ (2, 0.0%)

2 と実生活

▼ きた若者たち~ (2, 0.0%)

1 が召使ども, ではある

▼ きた苦しい~ (2, 0.0%)

1 思いだけでも, 思い出を

▼ きた荻村~ (2, 0.0%)

1 がいった, が白い

▼ きた菓子~ (2, 0.0%)

1 などを座敷, などを風呂敷包み

▼ きた落武者~ (2, 0.0%)

1 かなんぞであろう, の子孫

▼ きた葉子~ (2, 0.0%)

1 とニューフェイス仲間, と七時ごろキャバレー

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の花, 之助

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 が影, は毒蛾

▼ きた蜀軍~ (2, 0.0%)

1 のため, への敵愾心

▼ きた蜂須賀家~ (2, 0.0%)

1 の刺客天堂一角, の森啓之助様

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 のやう, へ石

▼ きた街路~ (2, 0.0%)

1 に続いてる, の先端

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 のよう, の中

▼ きた裏口~ (2, 0.0%)

1 からそっと, から逃がす

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 があっ, がある

▼ きた角兵衛獅子~ (2, 0.0%)

1 のお, の二人

▼ きた計画~ (2, 0.0%)

1 だった, をこの

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 だとしても, である

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 かと話し, かにドシン

▼ きた警部~ (2, 0.0%)

1 が部下, にこう

▼ きた豆腐~ (2, 0.0%)

2 も冷えただろ

▼ きた貞操~ (2, 0.0%)

2

▼ きた貧しい~ (2, 0.0%)

1 人間だ, 蓆売りです

▼ きた赤帽~ (2, 0.0%)

1 と御者, に注意

▼ きた赤軍~ (2, 0.0%)

1 の兵士, は勢い

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 人的な, 国家主義軍国主義その他極東軍事裁判の

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 はちょうど, をもどらなけれ

▼ きた軍勢~ (2, 0.0%)

1 か, はそも

▼ きた辻馬車~ (2, 0.0%)

1 の方, を見いだす

▼ きた近所~ (2, 0.0%)

1 のもの, の人たち

▼ きた途端~ (2, 0.0%)

1 になにか, に一切

▼ きた這般~ (2, 0.0%)

2 の奥義

▼ きた通り~ (2, 0.0%)

1 である, にし

▼ きた逞しい~ (2, 0.0%)

1 若者たちでありました, 髭面の

▼ きた遊び~ (2, 0.0%)

1 だと, でこれ

▼ きた遺恨~ (2, 0.0%)

1 の時間, の種

▼ きた郊外~ (2, 0.0%)

2 の景色

▼ きた部下たち~ (2, 0.0%)

1 に手前, をしずか

▼ きた郭嘉~ (2, 0.0%)

1 が風土病, は相

▼ きた都市~ (2, 0.0%)

1 である, の焼跡

▼ きた野武士~ (2, 0.0%)

1 のかげ, もあり

▼ きた金井一角~ (2, 0.0%)

1 が後ろ, 投げ槍

▼ きた金銀~ (2, 0.0%)

1 の細工物, を御門内

▼ きた鉱山~ (2, 0.0%)

1 である, の社員

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の細鞭, の総

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の全部, を数え

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 でそれ, で一人

▼ きた関係上~ (2, 0.0%)

1 にわかに同志, 思うよう

▼ きた関羽~ (2, 0.0%)

1 が, の一閃刀

▼ きた雑草~ (2, 0.0%)

1 の広場, を分け

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の中, はとうに

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 だもの, に砂糖

▼ きた雪子~ (2, 0.0%)

1 に違い, の父親武平

▼ きた電報~ (2, 0.0%)

1 が載っ, を見た

▼ きた電燈屋~ (2, 0.0%)

2 が天井板

▼ きた青年~ (2, 0.0%)

1 の姿, をとらえ

▼ きた青年たち~ (2, 0.0%)

1 にそれ, のタイプ

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 をもう, 当がま

▼ きた頃合~ (2, 0.0%)

1 いにひょっこりとどこからきたともなく一人, をき

▼ きた頃誰~ (2, 0.0%)

1 からともなく, やら義朝

▼ きた須山~ (2, 0.0%)

1 はそれ, を全く

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 が手, に刀傷

▼ きた顛末~ (2, 0.0%)

1 を伝えた, を頭

▼ きた食糧~ (2, 0.0%)

1 や宝, や水

▼ きた飴玉~ (2, 0.0%)

1 などを分け, をしゃぶっ

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 在官の, 在官は

▼ きた驕慢~ (2, 0.0%)

1 では, な兵

▼ きた高原~ (2, 0.0%)

1 の奥, も眼下

▼ きた高大之進~ (2, 0.0%)

2 の一隊

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 をまた, をハイカラ

▼ きた髪の毛~ (2, 0.0%)

1 の長い, を黒い

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 のよう, はもう

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の歩み, の足跡

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の先陣, の援軍

▼ きた魔女~ (2, 0.0%)

2 が私

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の子, の親

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 は三月中旬, は既に

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 か, です

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 の背なか, をうばっ

▼ きた黒い~ (2, 0.0%)

1 人影が, 大鷲鶴を

▼ きた龕燈~ (2, 0.0%)

1 のひかり, をさしつけ

▼ きた~ (2, 0.0%)

1 を加, を加え

▼1* [2923件]

きたってどなった, きたあかつきの声, きたあくる日に, きたあけびや野葡萄, きたあげくの再, きたあたらしいともだちと, きたあと周ははじめて, きたあなた達とぱったり, きたあのさるまわしな, きたあまりしゃべるので, きたあらしは足, きたあらたな衣服, きたありがたさ, きたありがたしさつ, きたあるじパブスト氏は村びと, きたあれも果たして, きたあんたと空, きたいかがわしい出版物について, きたいかなる国に, きたいきおいでこの, きたいくつかの植物, きたいくらゐですが, きたいく人かの男女たち, きたいずれもに劣らない, きたいっさいを父親, きたいつでもいつ, きたいつかの少年, きたいつもとちが, きたいましも七, きたいや下座の, きたいんだわ, きたをし, きたうえ大晦日の雨, きたうすい鉛の, きたうすぎたない布の, きたうら若い妻を, きたおかあさんが先生, きたおかみさんがふい, きたおそろしい妖虫の, きたおだやかなお, きたおばあさんがつえ, きたおばけのよう, きたおまわりさんたちは一, きたおもちゃをポン, きたおやじは手, きたおらアお前が好き, きたおりにはまた, きたお人好しの率八, きたお初にとっては何, きたお姫さまはその, きたお婆さんや赤い, きたお客同士の話, きたお握りを皆, きたお方でございます, きたお盆には味噌汁, きたお茶を啜り, きたお菓子をたべ, きたお金がある, きたかきとまたたび, きたかしら目高が, きたかすかに叫ぶ, きたかといふ時間を, きたかとも尋ね合わない, きたかにを家, きたかについて些かの, きたかねを与え, きたかねなどとニヤニヤし, きたかよ螢いつぴき, きたからとてやや余計分, きたからにゃ下手人も, きたからのことである, きたからも一度よく問, きたかれいを村上, きたかわいい少女が, きたかわいそうなペス, きたかわいらしい少女人形が, きたかわらひわの, きたかんづめ類も今後どれ, きたがの開けさ, きたきえちゃんです, きたきたきた, きたきたジョンがきちがい, きたきた渡り鳥うれしさ, きたきびしい陽の, きたきみ子ちゃんが急, きたきり何のたより, きたきわめて金持ちの, きたきんぽうげ, きたぢらとりの, きたくされ縁の二三, きたくだものは毎日毎日, きたくつわをすばやく, きたくもないこと, きたけしきが金吾, きたけはいはなかったそう, きたこうもりみたいなやつ, きたここの人, きたこころもちを表わし, きたこころよいにおいに, きたことかつは陽, きたことこれ以上旅をつづける, きたことに三時には, きたことばが吾, きたこと一にそれ, きたこと今日まで何千人, きたこと信子の眼, きたこと午後三時前に寝, きたこと日本人は極端, きたこと最近また新聞広告, きたこと氏のやう, きたこと血にまみれ, きたこと防寨から運ばれ, きたこどもはスカート, きたこの世の剣術, きたこの間おかあ, きたこれから十分に, きたこれ以上死んでからも, きたころふたりはやっとどうやら, きたころ一隅から美しい, きたころ帝は, きたころ日はようやく, きたころ次郎吉の腕, きたころ私は眼, きたころ連中のうち, きたころ鱒の餌, きたごみがすでに, きたさきほどの梵妻, きたささやかな仕事, きたさしもの大, きたさすがの彼, きたさっぱりとした, きたさてこのつぎ, きたさびしい心臟の, きたさむらいの, きたさるしばい, きたさわがしい風景を, きたざるを借り, きたしたしい友達な, きたしと思ふなり, きたしるしなの, きたしんぱくを, きたじいさんはふたり, きたじんそくな知らせ, きたすこし年かさらしい, きたすごいやつです, きたすさまじいものが, きたすっぽんはまだ, きたすなわち涙が, きたすばらしい宝石の, きたすると彼は, きたするどい光りものに, きたせがれがその, きたきょうは, きたそいつを盗み出し, きたそこへ水ふく, きたそこであすこを, きたそのままの足, きたそのものの科学的, きたその同じ気持を, きたその恐るべき場所の, きたそぶりをみせつけられる, きたそれでやがてあの世, きたそれなのにこの世の中, きたそれ釘だ, きたそんな本筋の, きたぞといったので, きたぞよ啼く鳥, きたたいそう愛想の, きたたき火のあかり, きたためそれが二つ, きたためばかに手間, きたため事ごとに憂き目, きたため何が正しい, きたため大内の皇居, きたため心身疲労の極, きたため必然的に次に, きたため進路をはばまれ, きたたるをゆびさしました, きたたわしでゴシゴシ, きただけで政党が, きただけでも大変な, きただに紅みぬ, きたちと足元に, きたちりめんのふろしき, きたってけだもの, きたつつましい召使だ, きたつて平気なん, きたつよそうな, きたつるはしをふるっ, きたていにでもし, きたてるたむぽゝの花, きたですからね, きたではないか, きたでもよく見えない, きたとあるのは, きたといへよう, きたというのみでもの, きたとおもふと, きたとおりそれだけで彼, きたとおり一つの知恵, きたとおり子供の想像, きたとおり怪塔王はいよいよ, きたとおり敵軍が無電通信, きたとかく山国は, きたときあいつはたしかに, きたときあたりに聞かされた, きたときいちばん若いKO, きたときいままでだまっ, きたときうしろから来た, きたときこのごろじゅう毎晩五つから四つ, きたときこれもまた, きたときこんどはからす, きたときさきにきた, きたときそこにもう, きたときそれはやはり, きたときのんきな顔, きたときほんとの俊一さん, きたときぼくの目, きたときカイはそんな, きたときザムザ氏は女たち, きたときヘッセ人はぱっと, きたときヘリコプターがまい下っ, きたとき一つの古い, きたとき七分通りできあがって, きたとき三吉は心, きたとき三日間徹夜でつづけた, きたとき不意にドア, きたとき二階の窓, きたとき交番の巡査, きたとき以来坐って, きたとき会場の前列, きたとき信長は鷹狩, きたとき僕は芥川, きたとき兄はつかまっ, きたとき兵士はその, きたとき北風が吹きつけ, きたとき原地人たちはいつの間にか, きたとき向こうからさあっと, きたとき和太郎さんは車, きたとき咲耶子は足, きたとき壱岐はおなじ, きたとき大変よろこんで, きたとき婆やはもう, きたとき小刻みに駈け, きたとき小声で, きたとき小学生のひとり, きたとき少女がギョッ, きたとき巡査はもう, きたとき年とって, きたとき床間の隅, きたとき彼女はぞっと, きたとき彼岡部伍長はたしかに, きたとき彼等は神父, きたとき意外にも男, きたとき懐中電灯のまるい, きたとき新聞記者が訪ね, きたとき方向探知器でその, きたとき明智探偵は宇宙怪人, きたとき昨夜の老婆, きたとき材木屋のおじさん, きたとき村の人々, きたとき村境にで, きたとき東太の茶ワン, きたとき松平肥後守の手文庫, きたとき次の日, きたとき正ちゃんはおらなかった, きたとき正季の着到, きたとき水夫は胆, きたとき沼間の一族, きたとき海のなか, きたとき火花のよう, きたとき熊本が泣い, きたとき犯人は室内, きたとき狩人広場から消え, きたとき猪子兵介が道三, きたとき玉太郎は気, きたとき用心したまえ, きたとき男は真先, きたとき茶の間は真, きたとき薬味に用いる, きたとき記代子さんも戻っ, きたとき路地の奥, きたとき鉄柵はまた, きたとき長島君は思わず, きたとき階段の下, きたとき霧がかかっ, きたとき飯島に突かれた, きたとき魚のにおい, きたところけさは何時, きたところ最近に至っ, きたところ楼門の上, きたところ薩長の軍隊, きたとへ物語りながら, きたどうかして, きたどうにも仕方が, きたどころの段, きたどの男達にも, きたないしは秩序を, きたながらずに, きたなき犢鼻褌炮烙火吹竹など, きたなく土地の, きたなげなる十五ばかりの, きたなぜかという, きたなつぽくなく, きたなどという珍談も, きたなどとは思えなかった, きたなによりの原因, きたなよやかな神, きたなり袋に一杯, きたなんとも言えない親愛, きたにいさんの丈吉君, きたについては一場の, きたにんげんです, きたねんどで思い思い, きたのちその本, きたのでがつかりした五日, きたのではッとして, きたのにさあんなにひどい, きたのにと考えますと, きたのねえあんたは, きたはげしいショックで, きたはしぎという小鳥, きたはははは甲賀流忍術, きたばかしじゃないか, きたばっかりだから, きたひとつの独楽, きたひよ鳥があわただしく, きたふつうの男, きたふれまたあら, きたふろしきへふたたび, きたふろしきづつみをとくと中からびっくり, きたふろしきづつみを縁の上, きたふろしき包みからでも出した, きたへそをなで, きたへた腕はどんなに, きたへの枕と, きたべっぴんなんて思った, きたべっぴんだんなのほう, きたほかしばらく誰, きたほかどこといっ, きたほっそりした体つき, きたほとんどすべての, きたぼくらの財産, きたまえる矛を, きたますも, きたまちの人, きたまっ暗な部屋, きたまっ黒なシャツ, きたまでである, きたまひ鹽こをろこ, きたままそこにかけ, きたまま火鉢にまたがる, きたまま畝を越え, きたまま通俗小説は来なくなっ, きたまま顔もあげず黙りこく, きたまるで四十何年か, きたまんまトントンと母, きたづ, きたみかんの箱, きたみつ子が遊ん, きたみつ子さんが立っ, きたみよは四十四歳, きたむろんカケだ, きためしに申, きたもっともすぐれた自然哲学者あて, きたもと天満与力の常木鴻山, きたものあれから一度, きたものどもはいいました, きたもの創造者の特別, きたもの彼の心, きたもの私が胸, きたもの音がした, きたやじうまたちを追い散らしました, きたやっかいな透明人間, きたようすはいよいよ, きたらくだが人, きたらんの花, きたらん事を愧ぢ, きたりす花の瞳子, きたりんごがもう, きたわいと眺めて, きたわが民族の, きたわが家の玄関, きたわけぢやない, きたわたしたちを海賊, きたわねマッちゃんほんとに, きたわれ等民族の文化, きたさえ出し琴, きたアッパッパに日傘, きたアテンがこういう, きたアメリカ人は容易, きたアメリカ公使デ, きたアメリカ兵に横取り, きたアリスのよう, きたアルバムを見, きたアンチモニーの容器, きたアンチャンの腕ッ節, きたイカや飛魚, きたイギリス漁夫たちは火酒, きたイギリス軍の全線, きたイヤにべとべと, きたインテリ然たる, きたウィスキーが一本, きたウイスキーを薬, きたウエストミンスターだ一本, きたエチオピヤの黒人, きたオイランがだらり, きたオルガにも呼びかけた, きたオルグの懲役五年, きたカアライルの仏蘭西革命史, きたカイがあった, きたカギで思い, きたカバンを開き, きたカバン持ちが気, きたカブトムシは一ぴき, きたカヤノを待っ, きたカラクリの一つ, きたカレイを包囲, きたカンカン寅の, きたカングリ警部が, きたカンヅメの数, きたカ氏の話, きたガンマ星文化というもの, きたキツスしたいほど, きたキャラメルも子供, きたキ印の方, きたクイーン・メリー号の救助信号, きたクラブ員は紙風船, きたクリストフは費やすべき, きたクリスマスのおくり, きたグランパス船長はそう, きたケムペルの外国見聞録, きたケーキを口, きたゲーテを見る, きたコクリの王族, きたコスモ号のなか, きたコッテエヂはどうして, きたコーチがすん, きたゴオタマはま, きたゴム人形がピイ, きたサト子だが, きたサモワール滑らかに鉋, きたサラリーマンだった, きたサロンのチンピラ記者, きたサンドウィッチ・マンが通り過ぎた, きたシキア人か, きたシャバは矢張り知らず, きたシューマンやショパン, きたシリヤペルシャの文化, きたジャガイモだけな, きたジャギイ氏という人, きたジャックが, きたジャンヌ・ダルクやその, きたジルが, きたスケッチのうち, きたスタイルズ博士の説教, きたステッキの先, きたスパイだと, きたスパイ団長やその, きたズズダマという一種, きたズボンのきれ, きたセイってよりもむしろ, きたセシル一味の一人グレイ卿ウィルトン, きたセルカークを憫むようにながめている, きたセンイチの姿, きたゼムリヤ号の正体, きたゼルマン式の優しみ, きたほつほホ, きたゾウ使いに番, きたタクシーではない, きたタスアヴァスエーピーユーピー等各通信社, きたタダオノウカンを始め, きたダネックが語気, きたチーズをクロ, きたてど, きたテーブルクロスに包んだ, きたデニー博士以下の乗組員たち, きたデラウェア卿に出合った, きたトオサンと顔, きたトニーだよ, きたトビの一羽, きたトラムは農村, きたトルコ市場の悪臭, きたトンビのありがた, きたトーキー映画の映写, きたテラを, きたドーラギリがヒマラヤ, きたナターリヤ・ヴァシーリエヴナの最後, きたニベと胡瓜, きたニ付て此人ニ, きたネイブルだのバナナ, きたノートを熱心, きたノーマ号の水夫たち, きたバケツのなか, きたバス代を倹約, きたバッタの裁縫師, きたパイ軍曹とが声高, きたパトカーやふつう, きたパルマ公の軍隊, きたパンパンは子供, きたパン屑がそこら, きたパーティのお供, きたヒステリーの看護婦, きたビアトレスは菫色, きたビスケットを尾, きたビラにはうどん, きたビールのいきおい, きたピアノの音, きたピストルを取りだし, きたファンというもの, きたフィルムによって天蓋, きたフシがあった, きたフトンの日, きたフランスの女王様, きたフランス人は多く, きたフランソアを見る, きたフリのお客, きたフローラは最後, きたブドー酒をのんだ, きたブリュジョンの綱, きたプーチヤチンの, きたプールはここ, きたヘリコプターが倒れ, きたヘンデルの脈管, きたベネディクト修道女とは全く, きたベルゲンの富豪, きたホシの野郎, きたホテルの若い, きたボロ布包みを, きたボーイのす, きたボートの帆, きたマアセルはうしろ, きたマスノは磯吉, きたマリユスの仕業, きたマンチェスタア紡績同業組合に最近役員, きたミヤゲの品, きたムシロをのべ, きたメダルを二万円, きたメッセージをその, きたメフィストフェレスになつ, きたメリー号を破壊, きたモコウの話, きたモティーヴで作り上げた, きたモンクスをにらみすえた, きたヤミヨセの実景, きたヨタモノみたいなやつ, きたヨヂュームに似た, きたラーゼマンの夫婦, きたリルケの, きたリヴィングストーンと共にスタンレー, きたルナビゥムだけで, きたレエクサイド・ホテルとか云う, きたロケットはすでに, きたロシア人のこと, きたロシヤの将校たち, きたロスリッジ青年の慌しい, きたロベェル・ドレィフュスの囘想記, きたロボットが微笑ん, きたワイコフ医師がいった, きたワキは我々, きたワスケスは東洋的, きたワルツも彗星, きたヴォキャブラリイによるの, きた一つかみの書類, きた一つがいの鳥, きた一つ目小僧が, きた一二日前に少なくも, きた一個の社会人, きた一元論であって, きた一兵を呼ん, きた一刀が彗星, きた一劃だ, きた一勢がある, きた一勢力がある, きた一升ビンに相違, きた一升桝を十個, きた一升瓶を飲み, きた一升罎を抱, きた一反風呂敷を各々, きた一名の若者, きた一味の一人, きた一因でもある, きた一壺の酒, きた一夫は上気, きた一客を召し, きた一宣教師によって建てられた, きた一家の喜び, きた一将軍があった, きた一巻の絵図, きた一応帰つてまた, きた一文字笠の男, きた一方の雄, きた一族重臣のみと縁組, きた一日一日と自分, きた一本腕の煙, きた一枚の紙片, きた一歩前進の最も, きた一派と衝突, きた一滴の涙, きた一漂泊者に過ぎん, きた一番ひき受けて, きた一群の丘陵, きた一羽のくろい, きた一老人がある, きた一般民衆の日常, きた一角の経験, きた一軍が, きた一通は次, きた一連の武将たち, きた一部隊が敵, きた一釣友にこの, きた一陣二陣三陣の騎兵部隊, きた一隊の叛乱軍, きた一隻の大, きた一領の錦, きた七人が七人とも, きた七人目の犠牲者, きた七人組を横目, きた七八人の覆面, きた七八名の侍, きた七十ばかりの坊主, きた七十幾歳かの老, きた万歳万歳万歳って, きた丈余の捕, きた三つの黄金, きた三ツの手記, きた三万の軍隊, きた三人連のひとり, きた三十六の瓢箪, きた三千夫少年に声, きた三味線を工夫, きた三四枚のレコオド, きた三太郎猿が最前, きた三宅平七を見迎える, きた三日月型の半, きた三月十五日の昼, きた三河諸党, きた三等船客や船, きた三箱の金, きた三角の印, きた三郎進殿の密書, きた上ぐつでしたから, きた上ものならば, きた上原がその, きた上手な占い者, きた上方怨霊にちげ, きた上杉勢は甲軍, きた上等兵の話, きた上総下総の人, きた上臈たちとも将軍, きた上部八風斎いまではもと, きた上野介が六十, きた上院議員はカルル, きた下僕があった, きた下妻に居る, きた下宿時代のこと, きた下手人どころの沙汰ぢ, きた下足の爺さん, きた下駄を取り替え, きた不審に今, きた不幸がある, きた不揃いの椅子, きた不満の声, きた不知哉丸はたとえ, きた不良少年といつた, きた不逞漢弥三郎でした, きたの時, きたに初, きた世にも美しい小鳥, きた世の中は承, きた世代の若い, きた世界大戦後の大, きたに今, きた中カブトムシも五十センチ, きた中傷はもはや, きた中国日本の建築, きた中宮寺の観音像, きた中将はどう, きた中平は穴, きた中年増がある, きた中庭にたった, きた中性子が原子核, きた中村係長が少年たち, きた中村警部でした, きた中老人がハム, きた中背の男, きた中西与力と捕手, きた中郎将盧植, きた中院具忠は, きた中風症のパーヴェル・パヴロヴィッチ, きた丹下左膳と, きた主人夫婦につれられ, きた主家の表, きた久七が非常, きた久慈の一行, きた久野彦七も納戸役人, きた乗物の残骸, きたに突きあたりました, きた乙吉とお, きた九人の警官, きた九州男児は故郷, きた九郎右衛門片目をおさえた, きた乱髪の小童, きた乳母やさん, きた乳飲子を立膝, きた乾雲丸の閃鋩, きた予審判検事がきた, きた予感は孔明自身, きた事務長をはじめ, きた事務長クーパーはそれ, きた事物に近づく, きた事象を整理, きた二つ井戸よりもなお, きた二の矢をみごと, きた二タ月と義貞, きた二丁艫の伝馬, きた二三の賊兵, きた二三日は蓑虫, きた二人づれの影, きた二刀を拾い上げ, きた二助にも罪, きた二十世紀茶釜に拍手, きた二十九年来の運動, きた二十二三の優形, きた二十五六の青年, きた二十余輛の車, きた二十名の兵, きた二十四の田舎豪傑, きた二十数人の警官, きた二十本入りの煙草, きた二十糎の大きな, きた二升樽の口, きた二号艇の連中, きた二名の兵卒, きた二年間のこの, きた二月後の六月半ば頃, きた二本の矢, きた二枚の板片, きた二百圓のコッテエヂ, きた二種の話, きた二羽の鳩, きた二輪馬車を認めた, きた二銭あげる昨夜, きた二門の大砲, きた二食分はちょうど, きたもく, きた五つの種子, きた五フランの貨幣, きた五万五千斤はクズ糸, きた五万円の金, きた五兵衛の謎, きた五冊の中, きた五十すぎのジイサン, きた五十三次の風物, きた五十歳ぐらいの紳士, きた五十歳過ぎの母, きた五十隻の商船隊, きた五千余の兵力, きた五命題はゴドウィン氏, きた五年の歳月, きた五百之進であった, きた五郎兵衞が拷問, きた五頭の正覚坊, きた亜砒酸をその, きたの町, きた京洛小品を読む, きた人びともワーッ, きた人世の慘涙, きた人員を点呼, きた人夫どもを通させる, きた人形国の主, きた人格的な神, きた人民の苦き, きた人生の骨拾い, きた人種の鍛冶, きた人足が止まっ, きた人郵便局裁判所を出た, きた人間たちの今日, きた人間関係のパノラマ, きた人類の大, きた仁義はなくなる, きた白い光, きた今夜は八代, きた今日私たちは反省, きた今月の出来事, きた今精神的冒険をやめ, きた仏体を通して祖先, きた仏内閣の閣僚某, きた仏教でとりつく, きた仏蘭西の一画家, きた仏蘭西人かどう, きた仔鹿の上, きた他人の犬, きた他国者なんで, きた代々の家, きた令嬢が皿, きた以上これ以上荏苒日, きた以上彼は高氏, きた以上自分たちも従来, きた仲働きのお, きた仲見世の賑わい, きた仲達が口々, きた伊助という左官頭, きた伊吹大作もいつのまにか, きた伊太利珊瑚あれはどこ, きた伊藤篤太郎君に話した, きた伊那丸勢怒濤, きた伏勢も追, きた会計係りの男, きた伝吉が, きた伝票を見, きた伴天連や修道士たち, きた伸子が父, きた位牌に自分, きた低位の公卿, きた低空の艦載機, きた佐々の軍勢, きた佐々木道誉だかたく, きた佐伯と身体, きた佐多にはさ, きた佐藤係長がみょう, きたを休める, きた体力は精神, きた何だかすまなさうに, きた何万年かの百年ごと, きた余興屋さんへは, きた作りごとがグッ, きた作阿弥が柳生対馬守, きた使いだ, きた使屋は, きた侍たちが真下, きた侍横顔をさしのぞく, きたの者, きた価値は十分, きた便所の奥, きた俊三のため, きたが訪ね, きた信一は両親, きた信長という主, きたを避ける, きた俥夫だけは不吉げ, きた修吉にお, きた修行とその, きた修身の授業停止, きた修辞学に再び, きた俵一八郎とお, きた俵同心力をあわせ, きただ, きた俺たちに向かっ, きた俺らが解い, きた倉田博文でヤア, きた候補者で同郷, きた倫理的な生き方全般, きた健全な野性, きた偵察船であった, きた偸盗の一群, きた傑人である, きたいた雉子, きた傾きすらあった, きた傾向はもっと, きた僅かな焚木, きた働きは出来ない, きた僕たちはそのまま, きた僧侶貴族一家一門の首領たち, きた僧形の貴人, きた儀作は, きた儀作表通りにたちさわぐ, きた兀突骨は一応, きた元気とはうっ, きた兄さんに何やら, きたといえよう, きた兆しです, きた兇蕃に発見, きたの人数, きた先例もあれ, きた先方ですぐれた, きた先鋒の醜態, きたがいかなる, きた光景は前方千メートル位, きた光線もミクロメートル, きた克子の顔, きた兎箱二つに仕切つて, きた児玉は照子, きた児童はしばらく, きたのオルガナイザー, きた党派を脱しました, きた入江の方, きた軍は, きた全くそれも, きた全作が附, きた全然運動とは, きた八人の勇士, きた八住という若い, きた八尾ノ新, きた八幡船の上, きた公卿だという, きた公卿大原重徳は江戸, きた公家の社会, きた公式的な抽象的, きた六七人の黒い, きた六七名の者, きた六十ぐらいの大柄, きた六十前後の肥った, きた六本の, きた六部のひと, きた六部金五郎という大, きた六階の六三七号室, きた兵力は敵, きた兵士たちのいで, きた兵学もそれ, きた兵法二天一流の事, きた兵隊だか, きた其処の, きた内地の大都市, きた内容には容易, きた内田さんをボオト・デッキ, きた内臓をやはり, きた内陣の奥, きた内面的生活を回顧, きた円タクを呼びとめる, きた写真機であろうと, きた冬ごもりの読物, きた冷酒を飲ん, きた冷酷な眼, きた冷静と傲岸, きたべて生ける, きた処女の胸, きた処女たちが影, きた処方と薬, きた出先で遅く, きた出前持は多少, きた出来事なん, きた分銅がカラッ, きた切ッ尖の, きた切札のごとき, きた切餅が一つ, きた刑事を呼びもどした, きた刑事さんにばつ, きた刑事等は事, きた燕が, きた別世界の生きもの, きた利益を追い払わなかった, きた制服の警官たち, きた刹那はッ, きた刹那四国屋の船, きた剃刀はまだ本当に, きた前回までの梗概, きた前方を指, きた前日は同じ, きた前途有望な瓦斯師長燻精, きた創作における唯物弁証法的方法, きた劉子揚でしょう, きたは幕府, きた功臣である, きた加賀見忍剣は神馬小舎, きた助六はその, きた努力中に発見, きた労働を突然, きた労働者一般勤労階級がどんなに, きた労働者達とおなじ, きた効能を平和, きた勅使であるから, きた勅使河原静江の黒目がち, きた勇ましい軍歌の, きた勇敢な連中, きた動物心理の研究, きたなんで, きたの父親, きた勝頼だったの, きた勢いでそれ, きた勧降の書, きた勲臣にし, きた包數や日數, きた北小路博士もうひとり, きた北川くんに出, きた北川氏はその, きた北朗君がよく, きた北条討滅の意義, きた区別が強調, きた医師によって甚八, きた医師藤井家の三兄弟, きたの答え, きた十丁ばかり出かけ, きた十万の軍馬, きた十三人のはだ, きた十三四の少年, きた十五円と他, きた十倍以上を踏破, きた十内の方, きた十名ほどな, きた十四五人のからだ, きた十四五名の超人, きた十夜頭巾の端, きた十組を二百両, きた千余名の一隊, きた千紫万紅が阿片, きた卓一さんだつてきつ, きた南京虫の輪, きた南壺の酒, きた南次ですが, きた南蛮の混血児, きた南西の風, きた南軍の兵馬, きた単調な寂しい, きた博労に大枚七十両, きた印刷術であ, きた印面には漢, きた危機のため, きた厖大な日本外史, きた厚紙が小さ, きた原士たち縄を攀じ, きた原始的なもの, きた原田は下谷, きた原町の酒屋万屋, きた原画を描き直し, きた原稿を期日間際, きた厳しい監獄の, きた総て武郎君の, きた友人たちがこう, きた友人クリストフの成功, きた友子のこと, きた叔父さんが天下泰平, きた叔父たちであった, きたからさし, きた口上を思ひだした, きた口書の心証, きた口笛の馳, きた口説の文句, きた歌では, きた古い荒々しい悲哀が, きた古田巡査が報告, きた古着を坪何兩, きた古老がわたくし, きた古色蒼然たるロオドスタア, きた古道具屋へたずね, きた古鉄から鉄物問屋, きた召使だ, きた可児義雄君の三人, きた可愛らしい子馬, きた史的必然という仏教, きた右門のその, きた司馬懿の長男, きた各所の徴候, きた合図である, きた合羽橋通りのどじょう屋, きた吉之助だった, きた吉坊の父親, きた吉岡伝七郎だっ, きた吉平は幽鬼, きた吉本の支配人, きた吉祥の地, きた吉野の櫻, きた吉雄くんはこれ, きた吊り橋が丸い, きた民族の, きた同勢は手, きた同宿の連中, きた同心である, きた同心手先の奴等, きた同志が組ん, きたでありましょうが, きた名家俳句集を読む, きた名物の老松, きた名玉を結婚, きた名誉ある演伎, きたにすらこう, きた含月荘の山侍, きた吾が膝まで, きたの大軍, きた呉将程普, きた呉服屋の番頭, きた告知ポスターを見落した, きた呑気な夫婦, きた周防船の船頭, きた周馬の足はハッ, きた味噌樽のため, きた呼吸を平調, きただから, きた命松丸はいつか雀, きた命知らずであるやも, きた和尚がいた, きた和服が片, きた咽喉がかわい, きた哀れな女性, きた品々も皆目, きた品物はちゃんと, きた哲学的知性もどこ, きた商人に向っ, きた商人体の老人, きた商人船の出帆, きた商売の道, きた啓之助で向う, きた喜びのため, きた喜助君の方, きた喜平のほ, きた喬生を留め, きた器械に宇宙線レンズ, きたの中, きた囚人が一列, きた四つ五つばかりの影, きた四人乗りの小船, きた四代目クラブのひとたち, きた四勇士の影, きた四十あまりの炭, きた四十面相は洞窟, きた四天王の足助, きた四年の後, きた四面の伏敵, きた因縁ではない, きたに違い, きた国境まで匍匐, きた国民兵の一隊, きた国民兵らが暴動, きたである, きた團扇でぱたぱた裸, きた團體なども澤山, きただった, きた土佐の国, きた土地の名士, きた土足で踏み荒らす, きた土鼠がもりあげた, きた圧迫感がある, きた在り方というもの, きた在来種であって, きたしばり草, きた地主さまの家, きた地底戦車に乗っ, きた地点だったでは, きた地球人間の探険隊, きた地盤である, きた地蔵菩薩のお, きた地面があった, きた坂道をすたすた, きた坊さんの姿, きた坊主の彫り, きた坊城が, きただこれ, きた坑木の堆積, きた垂井の宿, きた城中の大広間, きた城中のもよう, きた城兵を直ちに, きた堀口但馬の臣, きたをふり, きた報告によれ, きた報告以外の新, きた塵埃を検査, きた境涯だけが野分, きた壁土が彼女, きたが半兵衛, きた壮士たちへいっ, きた壮漢見れば, きた売れっ子のパリパリ, きたの中身, きた変り種もあった, きた変態殺人がそのまま, きた夏侯淵と出会っ, きた夏蜜柑はうまく, きた夕立を観ず, きた夕雲先生それを見, きた夕顔の苗, きた外人教師は私, きた外国人の来訪, きた外套を彼女, きた外来人種であったかも, きた外記が, きた計代は, きた多様な姿, きた夜更けの寒, きた夜食がそのまま, きたでも思い出し, きた夢八のお, きた大事な日, きた大人たちは口々, きた大作に命じ, きた大八車がカラ, きた大刀の青, きた大勢の面, きた大吉の舟, きた大学分校の授業, きた大学者であった, きた大官であるから, きた大尉はその, きた大工幸八のこと, きた大月玄蕃が思わず, きた大杯もまた, きた大柄な細君, きた大根が一等賞, きた大森義憲氏の旅行記, きた大池の亡霊, きた大淀の流れ, きた大理石はつき, きた大男が小手, きた大石の妻, きた大砲を撫で, きた大粒の雨足, きた大義も仁政, きた大老様に対する水戸藩一派, きた大蔵なので, きた大講会広前の試合, きた大谷は野々宮, きた大軍は穣山, きた大道歌手の小さな, きた大鷲は居士, きたのワカヒコ, きた天ぷらは衣, きた天下の諸, きた天使の群, きた天分のない, きた天堂の前, きた天来のかけ, きた天母人の一族, きた天然理心流の奥伝, きた天狗が天狗, きた天皇は歴史上, きた天野遠景加藤次景廉, きたつちよの, きた太刀川が立っ, きた太陽に似, きた太陽微塵とが太陽, きたの行動, きた夫田村松魚との生活, きた夷狄どもが多勢, きた夷蛮の霹靂車, きた奇形児の如く, きた奇怪さにゾーッ, きた奇跡的老齢者あのお茶師, きた奉書の封, きた奉行はほうほう, きた奥さんがまた, きた奥平壱岐のところ, きた奥様の静か, きた奥蔵院の納所, きた奮闘の力, きた女それらが大きく大きく, きた女たちの小, きた女ちょうのひとりごと, きた女ぢやない, きた女中風の二十がらみ, きた女人禁制ではない, きた女体があった, きた女先生もはじめて, きた女子ダイヴィングではこの, きた女子大学生はまだしも, きた女房と女中, きた女房たちも一, きた女文字の手紙, きた女断髪の女, きた女男とふざけ, きた女給のよう, きた奴隷にすぎない, きた天気が, きた好い女房が, きた如くに各人, きただけに正直, きた妙義から角落, きた妙達だけにこう, きた妻白の矢, きたは, きた始めにはこの, きた始末であつ, きた娘さんで女子医専, きたやはそれほど, きた婆さんはビュルゴン夫人, きた婦人たちの身, きた婦人作家の大, きた婦人記者があった, きた媚態を鑑賞, きた嬉しさで, きた嬉しい仲間よ, きた子供らである, きた子分の尾沢生, きた子孫なの, きた孝助が勇齋宅, きた孤島を振り, きた孤独よりはまし, きた学生は興奮, きた学者犬が敵前上陸, きたのお, きた孫乾はこの, きた孫娘の姿, きた宅助ひとりでしゃべりまくしながら, きた宇宙の上, きた宇宙艇をこれさいわい, きた宇宙艇カモシカ号はいま, きた守衛に向かっ, きた安子にはその, きた安彦氏はオヤユビ, きた安政元年歿釈清妙童女とされた, きた安治川一帯紺の大水, きた宗介が生血, きた宗吉は妙, きた宗教である, きた宗門と宗門, きた官人を迎えた, きた官兵衛では, きた官等である, きた官軍の大将, きた定家も将来有望, きた宛名も差出人, きた実体を観念, きた実在の異人, きた実情を明かした, きた宣伝と警察, きた室生犀星は僕, きたである, きた宮原俊彦に逢う, きた宮様つまり一番宮様, きた家々は十党二十党, きた家伝のイカサマ根性, きた家宝の下駄, きた家来だッ, きた家老の柳田源左, きた家職の助, きた家臣の一群, きた家長老等にも寺方, きた容子だった, きた宿の番頭, きた宿命の血, きた宿命的なブールボン家, きた宿命的経路を追跡, きた宿敵大和の筒井栄舜房法印順昭, きた宿老としてとかく, きた密封の公書, きた富士男ドノバンバクスターグロースの四人, きた富裕階級への嘲笑, きた寝込みを衝い, きたの御方, きた寮生が置い, きた寺田屋がはっきり, きた寺院建築の様式, きた寺駕籠をふみ, きた対手の剛剣, きた寿司の折詰, きた寿女は何事, きた封建制の波, きた封建的な偏見, きた封建的伝統を少く, きた将士がみな蒋奇, きた将軍同志の胸, きた小使のほう, きた小判を百両, きた小坊主は原惣右衛門, きた小型の座蒲團, きた小女の顔, きた小姓だ, きた小室三吉氏である, きた小屋があり, きた小幡民部が穴山, きた小幡民部山県蔦之助, きた小径の両側, きた小手をピシリ, きた小林くんがいき, きた小林先生はその, きた小物の雑種, きた小玉氏というひと, きた小田さんの部下, きた小町美人のほう, きた小石に打たれた, きた小石先生は歩き, きた小粒のなめこ, きた小糸の後, きた小者のやつ, きた小菊を活け終わる, きた小菊模様の錦紗, きた小説はたぶん, きた小野屋といふ感じ, きた小間使いのニコレット, きた小黒の心, きた少しの事がら, きた少壮公卿のひとり, きた少女たちはその, きた少女雑誌を読ん, きた少年たちの兵隊, きた尺八を吹くで, きたは疲れた, きた尾行の顔, きたの専属劇団, きた屋敷のすばらしさ, きたに対して帝, きた屍体のこと, きた屑屋の秤, きたから大きな, きた山人に食わせたら, きた山伏と試合, きた山口達馬青砥伊織青木三左衛門の三人, きた山吹はちょうど, きた山吹幾株園のよき, きた山屋敷の役人, きた山崎や戸田, きた山手の街, きた山本はこの, きた山本さんの謙虚, きた山河の地, きた山猿か, きた山田虎二郎という当年三十八, きた山番たちも伝説, きた山県蔦之助, きた山野のあと, きた山間の空気, きた山雀も武者人形, きた山頭火は山頭火, きた岡部長い病, きたのかけら, きた岩波文庫に対する態度, きた岩盤のよう, きた岩砕の太刀, きた島外武士のひとり, きたなどすべて他, きたしそう, きたの瀬, きた川上をこの, きた川上忠一はしかし, きた川内警部をはじめ, きた川合玉堂翁へもひと言, きた川平のマユンガナシ, きた川本千里という子ども, きた川村を中心, きた川田さまの顔, きた巡礼が半, きた工人たちであります, きた工場や農村, きた工廠技師の厳密, きた左京ですが, きた左膳のほう, きた左膳昼間のうち, きた左近は街, きた左近衛中将義貞なの, きた巨人は為, きただが, きたの上, きた小文治, きた巾着から五十銭銀貨, きた市兵衛と名乗る, きた市民兵におどりかかり, きた布地でつくられた, きた布川は帰っ, きた帆村は中尉, きた師範学校的世界観の魔, きたをとき, きた帯刀をみる, きた帯刀邸も正に, きた帰結がついに, きた帰途朝鮮の博物館, きた常木鴻山はいよいよ, きた常盤橋の方, きた帽子にエビ茶, きたの広い, きた幇間阿波太夫に青, きた幕府へもいささか, きた平らな甲板, きた平三はひとり, きた平家の余族, きた平田の姿, きた平穏な旅, きた平賀源内である, きた平静さに吸い込まれる, きた年代で凡そ, きた年号だが, きた年月の長, きた年頃とて前日, きた年齢からくる和らぎ, きた幸運を自分, きた幻像に過ぎなかつた, きた幻影にもそれ, きた幼い千寿王やら, きた幼児の姿, きた幽霊のよう, きた幽霊船に対して怒り, きた幾つかの宗教, きた幾億幾千万とも知れない, きた幾年の間, きた幾百の騎士, きた庄次郎へ手, きた床の間をすかし, きた床几を据え, きた店主に向い, きた店員の話し声, きた座蒲團が並び, きた座間である, きた庫輔君に比呂志君, きた之助, きた廊下も同じ, きた廷章の姿, きた建物を鍵, きた弁当の重詰, きた弁慶格子の半, きた弟子がトンキョウ, きた弟子たちを顧み, きた弥助の大刀, きた弥次馬がけが, きたさ強, きた張合いも抜け, きた張松である, きた張苞の一軍, きた強制処置をとらせよう, きた当の卜斎すなわち, きた当分また苦しみ, きた当区の畜産家, きた当局の検閲, きた当座それはつらい, きた当時十九歳の奥田, きた当時喜悦と光明, きた当時朝な夕な東の田んぼ, きた当節ではいかな, きた彗星が遊星, きた形式である, きた形跡はある, きた役割は非常, きた彼らにはこれ, きた彼ら公卿や浪人ども, きた彼安治川舟三の残酷, きた彼方へと走っ, きた彼等は尚, きたを帰つてきた, きた後下水道にはいっ, きた後他人よりいかに, きた後代に彼等, きた後暗黒の平和, きた後輩で同じ, きた後醍醐を彼, きた後陣の雅丹宰相, きた後青春の時代, きた徐晃の手勢, きた徑路とかその, きた従兄弟の馬岱, きたならぬ香気, きた御岳の山, きた御方の身動き, きた御馳走を三人, きた微光の中, きた徳利は百年ぐらゐ昔, きた徳島の町同心, きた徳川家の安藤彦兵衛, きた徳川幕府の首脳部, きた心事を一同, きた心地がする, きた心理主義とは全く, きた心痛のうち, きた心配して, きた忍苦がなん, きた志村君ね, きた応接室の洋家具, きた忠実な下僕, きた忠顕にすれ, きた快速艇や兵船, きたろしい, きた思いであった, きた思想の花, きた怠惰な生活, きた怠惰生からの感染, きた性慾肉体の解決, きた怪しのさる, きた怪しげな縞毛布, きた怪人がどうやら, きた怪力線砲と音響砲, きた怪塔王たちにつかまり, きた怪星ガンの要, きた怪火のかたまり, きた怪金属のため, きた怪電波ので, きた恋女房の面影, きた恐らくは鼻の, きた恐ろしく旧式な, きた恐怖をともなう, きた恒吉に辰子, きた恨みさえあります, きた恰好たるや, きたの府, きた悪口を逆, きた悪魔の顔, きた悲しい夜から, きた悲劇の場面, きた情熱というもの, きた想念のうち, きた意識の中断, きた愚かしさを, きた愚楽老人がそこ, きた愛それは何処, きた愛情のため, きた愛臣郭嘉の病態, きた感傷的な伝統, きた感動で相当混乱, きた感情生活を時々, きた慣例に照らしあわせ, きた慶娘が囁いた, きた慾望をめちゃめちゃ, きた憎々しいイングランドは, きた憤怒の熱, きた懐中時計の時刻, きた成果の見事さ, きた成瀬って男, きたま, きた我らの隊列, きた戦いに満足, きた戦争の風景, きた戦利品の価格, きた戦勝国のアメリカ, きた戸口へ踊りこみ, きた戸板へ怪我人, きた房枝とスミ枝, きた所以のもの, きたのある, きた手がかりはどうやら, きた手下どもが伊那丸, きた手代ふうの男, きた手元に奮撃, きた手先の眼八, きた手勢一千余に対して彼, きた手古舞の芸妓, きた手拭づつみの握り飯を二人, きた手提電灯のいくつ, きた手段のごく, きた手漉紙の崩潰, きた手箱もある, きた手織の袷, きた手足のこと, きた手間賃を渡す, きた手際のまず, きた才蔵もあやうく, きた技術であろう, きた技術者や労務者, きた折り詰めを片手, きた折詰の弁当, きた抜きうちは諸手, きた抜刀組は見物, きた担架卒はベッド, きた拍子にお, きた拝観人で街道, きた指導者とそこ, きた指環と頸飾り, きた捜査主任とふたり, きた捜査課長だけあっ, きた捨鉢なことば, きた探偵小説の作者, きた推論と一致, きた摸索は自由競争, きた支配人が直ぐ, きた改造と中央公論, きた政体の巨幹, きた政府がか程, きた政治家の上衣, きた故にそれを, きた故人の実兄, きた敗将の陳宮, きた教養の結果, きた数匹の猫, きた数十艘の快, きた数千の鳥群, きた数名の少年達, きた数字は都合, きた数点の提灯, きた数限りない街, きた敵機は爆弾, きた敵状の答え, きた敷島を一本, きた文学における客観的, きた文学上の流行, きた文学批評界に恐らく, きた文楽師匠のいおう, きた文芸雑誌が存続, きた文観僧正の供人, きた斉彬の言葉, きた料理人の手, きた斧大九郎をそこ, きた新入生でした, きた新参者をとりまい, きた新手の兵, きた新聞記者がきた, きた新聞雑誌が合計二十, きた新興文芸の一つ, きた方法に対しては石みたい, きた方針である, きた於福への大きな, きた於通はその, きた施十娘を見つけた, きた施薬を運ん, きた施行案は土地, きた旅行用のモンペ姿, きた旅館の犯行, きた旗男は実, きた既成諸作家一人一人, きた日一日と紫, きた日本少年をひっぱっ, きた日本橋で私, きた日本機のあやしい, きた日本民族のとどのつまり, きた日蜀帝はすぐ, きた日野の友情, きた旧い年々の, きた早馬の一名, きた明るい静かな, きた明るくなった, きた明日のため, きた明智と顔, きた明智君がそこ, きた明智小五郎が寝泊り, きた明治中期のでよい, きた昔話や伝説, きた春日新九郎と出会い, きた春早々からの兆候, きた昨日の風景, きた昼飯としてうどん玉, きた時あなたは何, きた時お松が戻っ, きた時これを解放, きた時だれも彼, きた時どこからか, きた時ぼくは父, きた時アメリカの, きた時ガヴローシュはその, きた時キリストについて二, きた時クロア・ド・コルバからあと, きた時コゼットは足, きた時シュピネル氏は長椅子, きた時テナルディエの上さん, きた時フォーシュルヴァン老人は実際, きた時フォームがわかった, きた時プツンと下座, きた時ホテルへ向う, きた時マグロアールは元気, きた時三四郎はふと, きた時中腰になっ, きた時二三人の侍, きた時人々は, きた時作爺さんは部屋じゅう木屑だらけ, きた時俊と一郎, きた時傍のお嬢さん, きた時僕はやる, きた時兄が洩らした, きた時先発の奴僕ども, きた時其処から初めて, きた時其男復た同じ, きた時冬の陽, きた時分ヅケリと柳美館, きた時分男のいる, きた時刻に射殺, きた時労働者階級の中, きた時勢に衝撃, きた時司教はなお, きた時向島の寮, きた時周馬と一角, きた時喫驚して, きた時土方が, きた時坂田はそれ, きた時坪井は煙草, きた時墓掘り人の札, きた時太陽はまだ, きた時妙なこと, きた時子供達は眼, きた時室の床, きた時対坐して, きた時少年の顔, きた時式部卿の宮, きた時彼女はまだ, きた時彼等のおどろき, きた時恋愛問題で人, きた時恒夫は急, きた時息子がやう, きた時文部省は用心深い, きた時期がまだ, きた時杉本はまだ, きた時村落を過ぎ, きた時桃代は彼, きた時江がその, きた時照彦様は, きた時牧の奥さん, きた時皇帝は知事, きた時窓の外, きた時節は格別, きた時紀昌の方, きた時與吉は其, きた時芸者たちだけ四五人, きた時薄田泣菫その他の詩人, きた時行く手に待っ, きた時袂から絵葉書, きた時襖のところ, きた時身につけ, きた時野村は右, きた時間を計算, きた時関さんはその, きた時雪のとぎれ, きた晩叔母は番頭, きた景色とはかなり, きたさの, きた暴力によってつくられた, きた暴行の前, きたは泣く, きた曲者跳びかかって, きた曲路までなんとなく, きた書物をはじめ, きた書生たちにであいました, きた書箱をわき, きた書簡の一つ, きた書面を一名, きた曹軍の一手, きた替え玉の男, きた替玉とお, きた最愛の嫡男, きた月並をお, きた月光にさらし, きた月日だ, きた月明りに病人, きた月給袋をうやうやしく, きた有名な居酒屋, きた有村や三人組, きた服装上の趣味, きた望楼へ息, きた朝倉義景の大軍, きた朝日とバツト, きた朝日新聞が, きた朝起きの人たち, きた朝風の土, きた朝鮮人たちが長, きた木々がいっせいに, きた木ぎれもそんなに, きた木山の年始状, きた木村又蔵可児才蔵井上大九郎なん, きた木村音吉の顔, きた木皿を受取っ, きた木魂みたいな声, きた未知の男, きた本ものの道中師, きた本流の鮎, きた本質的な物, きた本軍であった, きた本陣が, きたを見, きた札幌の街, きた朱柄の槍, きた朽木でもあった, きた杉田二等水兵のこと, きた村人たちから難なく, きた村田の眼, きた村長を見おろした, きたのさき, きた杜氏は気の毒そう, きた杯洗をかわし, きた東京美術学校を去っ, きた東京郊外の田舎, きた東国兵ははやチラチラ, きた東宝第一組合, きたの精霊, きた松の木に身, きた松ヶ谷団長と船員, きた松吉は其処, きた松林に隠れ, きた松江はみんな, きた枕もとに明滅, きた果心居士の手紙, きた果樹園の人々, きた果物がならん, きた枯木と高, きた枯稲を示し腐った, きた枯草のた, きた枯蔓燃やしたり, きた某氏の家, きたにおさめ, きた柳並木を市十郎, きた柳生源三郎わが家の奥座敷, きた柴山と肩, きた柾葺の山家, きた柿丘秋郎に委細, きた栄三郎をツイ, きた校長さんに私, きた根太板の穴, きた桃花の一片, きた案外に滋味, きたの花, きたの中, きた梯子を掛け, きたのやう, きた植字工の指, きた植物を見, きたの大樹, きた椎の木が俄, きた検事が不意, きた椿の実, きた楠木方の将士, きたをバタバタ, きたく眞面目, きた楽想が展開, きた榴弾が彼ら, きた構想が史, きたな感じ, きた模様に一八郎, きた樣子でペツ, きた権利によってよほど, きた権威の失墜, きた横目に政岑, きた樹明そして私, きた樹明来の予告, きた樹木の磨き尽くし洗い尽くされた, きたを指さし, きた機会をつかん, きた機縁が熟した, きた機運を迎え, きたの室, きた欲望の猛, きた歌子の声, きた坊の, きた正夫に女中, きた正宗の罎, きた正宗菊松先生ほど高潔, きた正成はうしろ, きた正月も間近, きた此家の美しい, きた此度は泊らない, きた武士どもには綸旨, きた武家自らもわが身, きた武将ばらはたとえ, きた武州熊谷の小四郎, きた武田伊那丸であった, きた武者と稱, きた武者ぶりはさすが, きた武骨の荒武者ども家康, きた歪曲だろうと, きた歴史的に新しい, きたからほぐれ, きた死神の風呂敷, きた殊に大学および, きた殊勲者とは別々, きた残兵の口, きた残軍と敗将, きた残酷さを忘れき, きた殺虫液の効能書, きた母堂舒文もこれ, きた母子に代り, きた母親達の傍, きた毒瓦斯に捲きこまれ, きた毒矢はぴったり, きた比較的新しい日本, きた比野町という土地, きた毛利小平太の三人, きた毛色眼色のちがつた, きた民器にこそかえって, きた民衆ゴチック芸術や十七世紀文化, きた民衆的な品物, きた気動というの, きた気勢で, きた気象報告だつた, きた気負いと一種, きた気運によってここ, きた気骨ともいうべき, きた気高さ清らかさ繊細さそのものという, きたの強い, きた水の上にどこ, きた水先ボートに乗りうつろう, きた水入の水, きた水兵は桟橋, きた水勢もてっきり, きた水夫たちが洗い, きた水引のかかった, きた水棲魚人のことば, きた水独楽の曲廻し, きた水田の中, きた水音のそれから, きたと喘ぎ, きた汚らしいふうを, きたはもどっ, きた江戸川君の労, きた江戸見物の人たち, きたの薄氷, きた沈澱素を取りだし, きた河原撫子を机上, きた河岸通りの店, きた河田は森本, きた河鹿族をわが家, きた油屋は戦火, きた沼辺耕三ははなれた, きた沿革を述べ, きた法月弦之丞, きたのうねり, きた泥斎のところ, きた注文を書きとめよう, きた洋上に霧, きた洋介はその, きた洋子をそのまま, きた洋装の美人, きた洗いざらしの単, きた活気のみなぎっ, きた派手な着物, きた流寓の客, きた流木のなか, きた流浪の遊芸人, きた流行感冒に襲われ, きた浦上の信徒達, きた浪江である, きた浮世の風, きた浮木が打ちあがっ, きた浮浪少年らはそれ, きた浮舟の姫君, きた海図にさえ載らぬ, きた海底超人の大群, きた海泡石のパイプ, きた海老がいる, きた海蔵さんが村, きた海部と徳島, きた海面を凝視, きた海鳥の首, きた液体が舌, きた淀屋の独楽, きた淡い恋情は, きた混血児がなよ, きた清水とをおしいただい, きた渋合羽の前, きた渡り鳥うれしさ, きた温い寝床が, きた温和で素直, きた湖水へ眸, きた湯治という言葉, きた之丞, きた源十郎いっかなひきさがる, きた滝沢三次郎は意外, きた漁師の子ども, きた漁業長と小笠原ら, きた漂民數多もロシヤ人乘組員, きた漂流民族が原住民, きた漂石と凍土, きた漠然たる不安な, きたの劉, きた漫然お茶らかし, きた激動のあと, きた濠洲以来の仲間, きた瀧野川署からの報告書, きたに手, きた火力電気もいよいよ, きた火夫だけがこちら, きた火焔独楽をガッキ, きた火矢はいつのまにか, きた火術弩を取り上げ, きた火酒の壜, きたである, きたえたつ, きたであるから, きた点燈屋さんも立, きたかともすれば, きた為ぼくは反対, きた烏合の雑軍, きたなの, きた智を, きた無二の御, きた無情な男, きた無数のこま鼠, きた無類に従順, きた然し私の, きた夷ダンや, きた焼物である, きた煉瓦の一片, きたをくぐっ, きた煙草二三服吸うて, きた煙草入れと履きちがえ, きた照次とそれから, きたには小さい, きた熊さんがヤケ半分, きた熊田校長というの, きた熟柿でも執る, きた熱いコーヒーを, きた熱い熱いコーヒーだった, きた熱情を回顧, きた燈火のよう, きた燐寸の燃滓, きた燭台を出し, きた爆薬だったらどう, きた爪弾の音, きた爲めにそれ, きた父兄の口, きた父母に対し将, きた牛蒡のよう, きた物件が何物, きた物怪もこの, きた物音がきこえる, きた特使とあっ, きた特定社会層である, きた特高が引き継ぎ, きた犬どもは軍隊, きた状箱を渡した, きた狛家の息女, きた独身主義と加納春子, きた独逸航空会社には一層, きた狭い廊下と, きたであり食肉鳥, きた狼煙筒をかたく, きた将だろう, きた猟犬をとり出し, きたや鶏, きた猫背の若年寄, きた献上品などどの, きたのよう, きた獅子舞いの, きた獲物を今度, きた獵人が, きた玄徳のす, きた玄石の顔, きた玉手箱のこと, きた王主人は許宣, きた王平馬忠の先手, きた王軍はわが, きた珍客をお前, きた珍客兄妹に異常, きた現れにすぎなく, きた現代人の生活, きた現代文学の発展段階, きた現実の彼女, きたを鼻, きた理想や自己, きた理研の, きたの音, きた環境のもの, きた環状になっ, きたブドウ酒の, きた甘い疲れぎみも, きたの重み, きた生きかたをほんとう, きた生命観のちがい, きた生業の莚織, きた生活上の努力, きた生活経験の末, きた生物学会の会員たち, きた生田方面から埠頭, きた生糸は橙色, きた用向きとはなん, きた用意周到な手筈, きた田宮にとってはこの, きた田舍出には正直, きた田舍娘がほこり, きたにございます, きた由也が色里, きた由良の伝吉, きた男工がいきなり, きた男日除笠をおさえ, きたがすっかり, きた町人さえありました, きた町人階級が士農工商, きた町内の若い, きた町役人の提灯, きた町火消の一組, きた町角をじっと, きた町駕が二つ, きた画的な足どり, きた画題雪でも鶴, きたが何, きた留守のあいだ, きた番人が頭巾, きた番傘の雫, きた番士にソッ, きた番組のうち, きた番頭の二代目, きた異人は独二人, きた異国の匈奴, きた異様な雰囲気, きた異郷人の接待, きた疲れも出, きた疲労が老来ようやく, きた病室の空気, きた病床の妹, きた病死だったの, きた病気にちがい, きた瘠せた女だ, きた登勢は階段, きた登美子さんはあなた, きた白壁の口, きた白毫色の耀き, きた白石もほとほと, きた白絹の道化服, きた白菜はもう一度, きた白雲は, きた白骨は僧, きた白鹿毛の上, きた百余騎の将, きた百合子に叩き起された, きた百姓が棒キレ, きた百姓達はガヤガヤ, きた百済貞連とも合わない, きた百難の苦, きたの眼, きた皆さんはまっすぐ, きた皇族の今日, きたの行嚢, きた皮膚には血の気, きたと壺, きたを一, きた監獄のパン, きた監督が周章て, きた監視機にむかっ, きた目付けよう競争だ, きた目付役人をた, きた目明しの万吉, きた目的論的の見方, きた直吉は木, きた直属の軍隊, きた直江津の町, きた相当大勢の留学生, きた相撲の錦山, きた相良さんは死ん, きた相良寛十郎だった, きた相談の一伍一什, きた相馬の小次郎, きた省作も家, きた看護婦の看病, きた看護婦たちを出迎え, きた看護長を見る, きた真っ黒な人数, きた真理に対して私心, きた眷族の中, きた眼尻を指先, きた督郵のからだ, きた矢さきである, きた矢走りから見, きた知らせを見, きた知人のはなし, きた知的および道徳的自由, きた短歌のこころ, きたの像, きた石垣島南岸の宮良, きた石川巡査の手, きた石油はすぐ, きた石牢の前, きた石畳の小路, きた石礫がコツン, きたの三角, きた砂利場の軽, きた砂鉄を紙, きた研究の結晶, きた碩学について京都, きた確信です, きた確証は皆さま, きた礼物も曹操, きたの人, きた社会主義的リアリズムの問題, きた社会学が国, きた社会層の枠, きた社会生活のあり, きた社家の者, きた祖母が居り, きた祖父を死なし, きた神さまのばん, きた神様に見立て, きた神経的な疲労, きた神話時代に属する, きた祭礼のユカタ, きた禁酒貯金がもう, きた私たち親子のため, きた私服に眼, きた私自身がすこし, きた秋蘭を突然, きた科学者のグループ, きた科白を朗読, きたはなにか, きた秦氏の血, きた移住者の末, きた税務官吏郡町村吏員の輩, きた種々の事柄, きた種族のちがった, きた稿本にてらし合わせ, きた穀物は稲, きた積乱雲がむくむく, きた空中撮影写真を指さし, きた空中部隊のためさんざん, きた空別荘も景勝閑静, きた空模樣の方, きたのところ, きた窪川鶴次郎が今度, きた窮屈というもの, きた窮鳥だ, きた竜宮の宝物, きたの中, きたは人々, きた竪琴を弾, きたでは満足, きた竹の子ちよんぎる, きた竹一の父親, きた竹内さんが申しました, きた竹屋三位の懐紙入れ, きた竹屋三位卿七八間離れた所, きた竹屋卿は待たせ, きた竹束をほどい, きた竹柄杓の水, きた笊組のあぶれ者, きた笠原正一君とまっさきに, きたに新種, きた笹叢のなか, きたをつけ, きた筋道は理解, きた筋骨たくましい青年, きた筑波屋の表, きた筵若の, きた算術はかならず, きた節巻の籐, きたの見, きた粗衣に過ぎん, きたの鍋, きた精神であると, きた精神的真摯さや勇壮, きた精鋭である, きた糜竺の口, きた系統や性質, きた紅庵の気持, きた紅毛碧眼のプロフェッサー, きた紅裙さんたちの年頭, きた紅錦の守り札袋, きたで手, きた純金の装身具, きた紙燭を吹きけし, きた紙芝居のおじさん, きた素性の知れぬ, きた素晴らしいゲテ物の, きた紫頭巾の娘, きた紳士人形につかまえられ, きた紹介状を読みました, きた紹興だが, きた組合執行委員長の富田勇君, きた経路を鳥瞰図的, きた結果連年の軍役, きた結納金をまた, きた給仕頭が, きた絵かきふうのロシヤ人, きた絵本を取り, きた絶えずその間も, きたを結びつけ, きた綱手の血, きたの目, きた綽名であろう, きた緋房がバサリ, きた総勢六人いや賑やか, きた緑川夫人のほがら, きた編集者に頼み, きた縄尻がどう, きた繊維とおなじ, きた織田の大兵, きたにうたれ, きた罪人は先頃, きた罪業を懺悔, きた置炬燵赤い友禅, きたかも知れない, きた署長が一ツ, きた美女達は, きた美術品のひとつ, きた群集を入れない, きた義ちゃんもうれし, きた義詮の軍, きたにバサバサ, きた羽織袴を着けた, きたる日, きた翌日からどうしても, きた翌日小林君は明智探偵, きた翌朝それにもプルートォ, きた翌朝私は起きる, きた習俗への反抗, きた習性があっ, きた老婆が落葉, きた老年の女性, きた老樹をも一瞬, きた老父に最後, きた老臣どもにいっこうに, きた者三人いずれも身, きた耕吉の姿, きた耽溺の日々, きた耿紀だった, きた聖人の類, きた聖書に, きた聟さんなど見向き, きた聯隊の伝令, きた職工たちの中, きた肉体かその, きた肉情の芽, きた肝心の秀, きたはぐっしょり, きた胎児の血液型, きた胡蝶陣のなか, きたのあたり, きた胸もとの痛み, きたの高い, きた脊迄きたと, きたのあたり, きた脳髄をいきなり, きた腰元用人は申す, きた腰巻一つの内儀さん, きたを台所, きた膳部の盃, きた臀部の肉附, きた臨邑八楽が主, きた自分たちの眼, きた自分らがこの, きた自制とによってたちまち, きた自動三輪車のそば, きた自叙伝としての小説, きた自然さをいく分, きた自然科学の法則, きた自由主義には右, きた自身のみには多少, きた臭気をかいだ, きた至味であると, きた至難な任務, きた興哥じゃ旦那様, きた舞妓たちがあの, きた舞妓姿で, きた舞鶴の新造, きたはすぐ, きた航路やなに, きた船ポーハタン号にのっ, きた船切手も所持, きた良人とばったり, きた良吉にしばしば, きた良家の古い, きた色町の親睦会, きた色調の美しい, きた芋俵らしいの, きた芍薬のきり花, きた芝師が答, きた芝浦の塩, きた芥川家の人, きた花やかさが遽し, きた花本某という若者, きた花村が見つけ, きた花笠手拭道化面などの人々, きた芳子へわざとらしい, きた芸人の顔, きた芸妓の三人連れ, きた芸妓たちも何となく, きた芸術的好奇心が更新, きた苗木だよ, きた主人らしい, きた若ものにたずねます, きた若君のご, きた若者どもはダンス, きた若者輩は元気, きた若衆の話, きた若鮎の群れ, きた苦心が水, きた苦痛不幸の道, きた苫悶を支える, きた英人飛行士でその後, きた英才である, きた英時にはただ, きた苺胡桃根菜の類, きた茂太郎の感興, きた范疆張達の二, きた茶店の娘, きた茶盆を引き寄せ, きた茶釜に頭, きたであるから, きた草庵体の末流, きた草根木皮を一掴み, きた草色のどろどろ, きた荊州の舟手, きた荒い頭髪に, きた荒くれだ, きた荒くれ男どもの姿, きた菊乃さんはその, きた菊亭晴季の書状, きた菊水の旗, きた菊江夫人から, きた菊池半助, きた菊池家だった, きた菓子函や他, きた菖蒲の寮, きた菜の花を母親, きた菩薩か何, きた萬朝が, きた落着きがひしひし, きた落語や講釈, きた落語家の世界, きたつぱ, きた葬輦が, きた蒋幹は, きた蒸気船が小松島, きたをすて, きたの人物, きた蔵人と袖, きた蕃人たちに虐殺, きた蕩児として前以上, きた薄紙を解き, きた薄荷油の滴, きた薬品くさい, きた薬湯を口, きた藤井夫婦にとっては定めし, きた藤原不死人, きた藤本は一座, きた蘚伯があと, きた虎二郎はホンモノ, きた虎毛の日本犬, きたに佐渡, きたがとまる, きた蚊帳の下, きた蛇形の行軍, きた蛮卒百余人の手, きた蛮種の薬草, きたの一軍, きた蜀勢へ急, きたの前, きた蜂矢十六探偵の顔, きた蜘蛛が頭, きた蜜柑の一つ, きたの蒸気, きた蝙蝠傘の張, きたむすびの, きた蝶蝶はひらひら, きた蟋蟀のながい, きた蠅男の姿, きた血書の葉書, きた血潮なの, きた血相に周馬, きた行いがみな, きた行事であると, きた行商人といったふう, きた行李から羽織, きた行燈のやう, きた行脚の僧, きた行跡がある, きたを指し, きた衛兵長は司令官, きた衛生材料でもっ, きた衣紋竹へ自ら, きた衣類と研究ノート, きた袁煕袁尚の兄弟, きた袁紹の家臣, きたからタバコ入れ, きた被害民たちである, きた裁判に現行法, きた裃姿のりっぱ, きた裏側の人生, きた裏藪に戸, きた裏門から一散, きた裕八郎の妻ふゆ, きた西欧の文化, きた西洋の王子, きた西洋人の蚤取り, きた西洋剃刀あるけど, きた西田におき, きた西風に塚, きた要素につい, きた覆面の原士, きた見物の人たち, きた見物人には, きた見知らぬ話相手の, きた見聞記と称し, きた見返りお綱, きた覚えはない, きた親どもにゃ用, きた親愛なる人, きた親戚の者, きた親方がもう, きた親船がこの, きた観念的な疑惑, きただが, きた計りじゃア, きた計算の結果, きた記憶がすこしも, きた記録などの外, きただ, きた訪客がある, きたりぢ, きた許攸が曹操, きた試しのない, きた詰襟服の一団, きた説客であろう, きた説明を結んだ, きた読者は少し, きた誰彼からとなく, きた調査資料で長年, きた論理の道筋, きた諭吉はこれ, きた諸君を迎, きた諸国の群雄, きたがそれ, きた識感が我, きた譜代の大将, きたと同じ, きた谷大八を見迎えた, きたの煮た, きた豊饒な絶望, きたがいた, きたの者, きた豹変の抜き討, きた貝殻だよ, きた貞吉は思え, きた財務管理局のお, きた財宝を収め, きた財政状態に捧げられる, きた財源の地, きた貧乏徳利から茶碗酒, きた貨幣量と出, きた貨物列車に向, きた貯金帳をそっと, きた賤相集り, きた買物の風呂敷づつみを, きた資料なの, きた賊軍は城下, きた賜物でその, きた賢一のめんどう, きた賢臣である, きた贈物一切を両, きた贋貨問題のしめくくりである, きたの他人, きた赤ん坊を負った, きた赤兎馬を献じた, きた赤松円心則村と一族, きた赤橋守時の心, きた赤犬を意識的, きた赤穂の森越中様, きた赤鉛筆の切れ端, きた足どりからみれ, きた足なみはぴたり, きた足もとをみ, きた足利勢もまた, きた足利軍もほぼ, きた足利高氏の叛立, きた足早男がちらりと, きた足跡を踏む, きた跣足の家来, きた路用の金銀, きた蹄鉄のひびき, きた身体そのま, きた身内の者, きた車内の男女, きた車夫の口上, きた車屋さんがすっぽり, きたの真ん中, きた軍国主義的反民主的底潮, きた軍閥と財閥, きた軍馬がある, きた転変にほかならない, きた騎兵ジュノーの, きた輿はそこ, きた辰吉はさびしく, きた農家の娘さん, きた農民が出, きた農民作家の団体, きた辻芸人には法界節, きた近代人はむなしき, きた近代戦にし, きた近来それが人柄, きた近隣の人々, きた返電を見る, きた追憶を絡ませ, きた追跡者はたしかに, きた退屈の量, きたをたどっ, きた途上の災禍, きた途方もない, きた途筋を説く, きた通り八方へ駈け分け, きた通り国家の平時, きた通り真っ直ぐに話し, きた通人粋子に非ずし, きた通帳の額, きた速水輪太郎がお, きた造化の妙, きた連れだつて敬坊, きた連中たちをあつめ, きた連判の名, きた連戦の兵, きた進歩の梯子, きた運動の一つ, きた過程がこうして, きた道すじの児玉郡, きた道づれが途中, きた道徳性はこの, きた道理を今更, きた道綱がまだ, きた道路へひき, きた道順や町, きた遠い記憶を, きた遠くの山, きた遠乗り姿の侍, きた邸内の様子, きた厚な, きた部下三人にすばやく, きた部隊に退路, きた郵便を受けとる, きた郵便配達夫はわたし, きた酒その他の種々, きた酒乱の浪人者, きた酒場のマダム, きた酒壺をたくさん, きた酒食がさっそく, きた酔払いが通りすがり, きた醫者は僕, きた釈尊のよう, きた里人や郎党, きたかつた, きた重喜の相貌, きた重罪裁判の薄暗い, きた重荷を今夜, きた重蔵と千浪, きたの方, きた野人の風骨, きた野呂がにこにこ, きた野枝さんは僕, きた野次馬の一人, きた野沢の話し, きた野菜車や旅人, きた野蛮な暗い, きたの三倍, きた量子力学の計算, きた金あんどんやちょうちん, きた金入れだ, きた金剛忿怒尊の画像, きた金帛の礼物, きた金無垢の仏像, きた金貨のゆくえ, きた金銀珠玉をそれ, きた金銀緞匹すべて封じのこし, きた金額を上方, きた金龍の情け, きたの風, きた針金の先, きた針金切断用のペンチ, きた釣りざおのひもを解きあゆ, きた鈴木は, きた鉄格子は偶然, きた鉄砲組の小隊長, きたのやう, きた鉱夫らしい風貌, きた銀之丞が閉め切った, きた銀杏返の, きた銀鋲の短銃, きたをかついだ, きた銃丸が電灯, きた鋭敏さだろうか, きたの供給者, きたのやかん, きた錬成の道場, きた録音ワイヤを投げこんだ, きた錻力製のインコ, きたを台所, きたか何, きた鎧通しが龍太郎, きたに馬, きた鐘巻自斎, きた鐘巻一火のあと, きたででもあったろう, きたさ三間半の, きた長い長い殻を, きた長身の男, きたが幾重にも, きた門人どもに莞爾, きた門奈九里という女, きた門番が伸子, きた門衛の手, きた開封の城民, きた閑人ではない, きた間母が一度, きた間際になっ, きたの中, きた闇夜を騒がし, きた闇夜飛行の怪物, きた闇太郎の表情, きた闌更が純粋, きた闘いを結びつけ, きた闘争を思い起こす, きた闘牛の仕切り, きた阪井の早業, きた防府へ行かう, きた阿波女郎がこのごろ世間, きた限り当時の日本, きた院長の挙動, きた陰鬱な市民達, きた陳宮の軍隊, きた陳武と潘璋, きたよりもどこ, きた隊土に戦争, きた随つて自分の仕事, きた随員の口々, きた隘路こそ危ない, きた隙間風がちょろちょろ, きた際社会全体の大, きた障子へ灯, きた障子紙をわびしい, きた隣家といっ, きたよ雀, きた集団は不可抗, きたの雑種, きた雑人から老幼男女, きた雑多な紙屑, きた雑役が色々, きた雑誌記者の話, きた雨傘を開いた, きたは見る, きた雲霧の首すじ, きた雲霧四ツ目尺取なんど, きた雷獣のよう, きた電気ブランをのん, きた電気麺麭焼器でこんがり, きた電車の沿線, きた霊魂のよう, きた霞網を麥田, きたが四方, きた露八はこのごろ, きたの洗練, きた青い石かい, きた青年将校にも結婚, きた青服の男, きた青木は雄吉, きた青木今ではもう, きた青白い亭主が, きた静かな人, きたかな夜, きた非常を告げる, きた面影があった, きた面白い気性の, きたと手紙, きた鞍馬の竹童, きた当周泰, きた音楽家のクリストフ, きた響官たちも彼女, きたをおかえし, きた頃こんどは逆, きた頃ウームと一声, きた頃一つの大きな, きた頃不意に先ぐ目, きた頃俺はヨウカン, きた頃右手寄りに枝ぶり優美, きた頃廖化は偽っ, きた頃彼は正式, きた頃彼女の住家, きた頃所謂円本流行時代が始まった, きた頃江上にあった, きた頃道のかたわら, きた頃隣の真, きた順吉はねっから, きた須磨子さんには苦しい, きたを休め, きた頭巾の娘, きた頭蓋骨などもある, きたから五分刈, きた顔じゅうにごま, きた顕家もついに, きた願いを捨て, きた風体かまうもの, きた風俗を急, きた風呂敷に包み, きた風変りな剣術, きた風情である, きた風来人じゃない, きた風流人にすぎないだろう, きた風間少年を見, きた飛脚をうけ, きた飛脚文をわし, きた飛行船隊に違い, きた飛鳥の村, きた食堂から逆, きた飯尾さんを前, きた飴屋の男, きた餘力を驅つて, きたのない, きた首桶を静, きた香染の法衣, きた馬丁は急, きた馬商人の一隊, きた馬方になにやら, きた馬車屋とおやじ, きた馬鹿らしさなさけな, きた馭者を押え, きた馭者たちも来, きた馴染の深い, きた駆逐艦の黝ん, きた駆逐艦隊にまかせ, きたのところ, きたに乗せた, きた駕籠を名人, きた騎射試合はどう, きた騎馬の勇士ら, きた騎馬隊があり, きた騒ぎに違い, きた驚異軍艦ホノルル号か, きたと皮, きた骨節の強, きた骨肉である, きた骸骨もおなじ, きた骸骨男にきまっ, きた高い天井を, きた高圧あるいは高温, きた高座のうえ, きた高弟で師範代, きた高時の笑い声, きた高谷君と細井君, きた高音という女, きた高順と張遼, きたの匂い, きた鬱憤をはらす, きた魁偉の男, きた魏軍の中, きた魚雷型潜水艇は彼女, きた魚鳥をさかな, きたのよう, きたは決して, きたと胡瓜, きた鯉かんさんがいった, きたと内海, きたがその, きたは海, きた鴨下カオルと上原山治, きた鴨下ドクトルを案内, きただの肉, きたをならす, きたやの, きた鸚鵡を見, きた鹿島村斎という荒法師, きた鹿毛の鞍, きたかな日和, きた黄いろく熟れた實, きた黄河の水村, きた黒ん坊が三人, きた黒マントはびっくり, きた黒内障ではない, きた黒妖の一つ, きた黒川八十松は城攻め, きた黒松葉を圧搾, きた黒犬さえびっくり, きた黒羽織黒小袖という目立たない, きた黒茸を焼い, きた黒装束は白馬, きた黒雲が空, きた黒頭巾でクルクル, きたもき, きた齶蠅連は更, きた睡丸, きた龍造寺主計に江戸, きた8888にのりこむ, きたABCに火, きたTAXIがリジェント街