青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かりし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~かぶっ かぶっ~ かま~ ~かみさん かみさん~ かよう~ ~からだ からだ~ ~かり かり~
かりし~
かりに~ かる~ ~かれ かれ~ かわいそう~ ~かわり かわり~ ~かん かん~ が~

「かりし~」 1001, 10ppm, 11040位

▼ かりし~ (117, 11.7%)

6 如し 2 今は, 姑く, 婦人の, 当時彼の, 昨夜こ

1 [101件] あと追, あと追うべき, ある人, いつしか喧嘩, かの女神アフロディーテ, きり入りし一同, これは, しかも我が, その厭世思想, その形, その後同, そは, また一団, また或, み付いた, やがてわが, ゆえに今日, ゆえに当時, わがため, エキステル一人は, 一度私共之求, 中将は, 予の, 二三年を, 今これを, 今その, 今はた, 今や然ら, 今回図らず, 今多少, 今夜は, 今宵は, 今度同宿の, 今日大正の, 仲裁者いで, 何人に, 偖, 元祿元年松下見林, 六間間口に, 其儀は, 其後三郎兵衞は, 兼吉さんが, 只何となく空, 合祀の, 唐の, 嘉永年中アメリカ人渡来せし, 固より, 境内居住者掛け, 墨は, 夕方より, 大正七年の, 大臣は, 天神ツォイスは, 夫と, 女は, 如きこれ皆, 如く今, 如く軍配, 如しそれ, 安永二三年以後に, 実に親, 山崎の, 市郎左衞門涙を, 広重は, 序幕のみにて, 後陸上にて, 思ひも, 或時吉之助, 故か, 故に部下, 故ら, 斯く問, 日清戰爭以來此名を, 明和末年より, 明治十六年の, 暫くし, 最早惡者, 月日の, 果は, 樂翁公之を, 次第に枯死, 此夜燈下に, 此男子生得商売の, 毎月十八日に, 漸, 漸く手, 為なりと, 爲めなり, 皆, 神恩これに, 福島縣下は, 空しく二八, 空模様いよ, 篁村醉の, 維新の, 綾衣は, 翌年冬より, 翌日苦しき, 西洋の, 軈て良縁有, 金澤の

▼ かりし~ (115, 11.5%)

7 ゐると 6 ゐて 4 ゐたの, ゐるうち

2 [11件] いて, いる, ゐた, ゐたこと, ゐたので, ゐたのよ, ゐては, ゐました, ゐる時, 居ると, 立止つてガラスの

1 [72件] いたもの, いたら, いたわけ, いたん, いた右腕, いた賛, いらつし, いると, いるの, いる客, おいでに, おこうと, おりましたが, きかないと, くれ, けつかつて, しまった, そうれ燃えつち, その日, その時, そんな観察, つかんだわ, ほかの, また逃げられ, まるで下手, ゐたが, ゐたと, ゐたとか, ゐたらあなた, ゐたらいきなり, ゐられないん, ゐる, ゐるわ, ゐる事, ゐれば, イない, 一手さした, 呉れんと, 呉んな, 因業なひやかし, 大きな声, 天つ, 天子に, 妙な, 少々大事, 居たん, 居ましたよ, 居られやしない, 居りました, 居ります切手類一切, 居るうち, 居る私, 居る間, 引かれるま, 引きさ, 御挨拶, 忘れて, 来ましたよ, 歸つて食卓に, 気が, 渡船の, 百足に, 筋肉の, 粽の, 聞きも, 行った, 言つたのだ, 踏み外したので, 身辺の, 陽が, 頂戴これん, 鼬の

▼ かりし~ (64, 6.4%)

3 居あは 2 奇異の, 忘れめ, 惜む, 知るべし, 証するに

1 [51件] いと口, おも, おゆるし下されたく, かこたんは, さありせ, その夫何, とおも, もって, もて人, 不幸短命に, 不思議に, 事も, 今も, 今度一部の, 何故か氣, 供待ちの, 其に, 出発に, 又この, 否む事能, 天和の, 忍びつつ, 思へば, 怪しと, 恙無きこそ, 悔いたり, 悪み, 想へるなり, 懐いまた, 戰を, 才豐なりと, 朝な夕なに, 本多忠刻と, 柏井の, 歎ずれば, 此ま, 此男一人雪の, 武家その, 知りて, 知りぬ, 知るに, 知るべしと, 知る場合, 稱へしかど, 結ばんには, 聖母は, 肢体に, 見れば, 遠近に, 遣方, 金澤茸と

▼ かりし~ (62, 6.2%)

32 今夜大き, 似たり, 其秋の, 唯一日ふつか, 拘らず後皆, 拘らず我輩, 此川の

1 [45件] あらず一つ, ある日君子, ある日方様会社, この夜, さりとては, それさえ, それさへ, はいったの, ふとその後俊雄, やがて元気, わが母, 七十二年前果たして, 今夜大なる, 余は, 候, 候ふべし, 備後守信秀沃饒の, 其頃此桝屋へ, 勤務上やみ, 十五年前維新の, 十年目に, 半ば恐ろしけれ, 去年元, 同じ小松殿, 引き換えて, 引き換え総てわが家, 役員の, 彼女に対しては, 心急かれ, 惜き, 惜しき事, 扨は, 斯る, 桑港に, 汝今, 獨三五郎は, 積年の, 継母は, 菅政利と, 西村醉夢來り, 貫一は, 身請せられし, 近年は, 近頃久しく, 非ず

▼ かりし~ (38, 3.8%)

5 いう, いえども 3 後にて, 雖も 2 いふ

1 [20件] するも, すれば, せば, 云うは, 云へば, 伝え聞く, 信ぜられたれば, 奥様が, 悔い歎, 春の, 暫し門下, 爰に, 珠運後に, 聞ゆる, 見え唐草, 覚えたり, 親に, 言えば, 言傳へ, 霧深く

▼ かりし~ (34, 3.4%)

2 吟咏文章にても, 固より, 復た

1 [28件] あくまで浮世, いかなる原因, げにこの, そも, 事実なり, 事實なり, 今は, 今日中野君と, 何ぞや, 凡そこの, 前内府, 嘆かは, 実にこの, 察すべし, 我と我身, 房州に, 昔の, 果して余, 此の間兩度の, 深き仔細, 漸く転じ, 無下に, 甚だ奇異, 異しむ, 聖母の, 色褪せたる人骨, 言うまでもないが, 諺に

▼ かりしこと~ (26, 2.6%)

8

1 [18件] かな, かなと思ひき, である, とていたく, と常に, ならん, の証し, はあらず, は江戸名所圖會, は當時我, よ女, をひしひし, をよろこび, を主張, を今, を記憶, 今善人, 相解り

▼ かりしもの~ (26, 2.6%)

52 と察

1 [19件] があった, が一旦, が二千四百年後, と存候, なりき, なりとは, なるべし, なれども, なれば, に対して愛着, は儒教道徳, をああ, をいか, をと思召す, をと申すなら, を今, を余, を彼女, を春日野

▼ かりし~ (20, 2.0%)

1 [20件] おもほ, かな, かの僕, にこ, にも劣らぬ, に国学, の, のチャイコフスキー, の事, の妙, の昔, の流行, の艱難, の記憶, もありし, を回顧, を寝, を思い出し, を思ひ, 相當

▼ かりし~ (16, 1.6%)

1 [16件] かと覚え, といふわけ, には堪えかね, には椋, の, のお, のワグナー, の人たち, の写真, の大, の思い出ばなし, の恋人, の書, はヴェルレエヌ風, は好い, は未だ

▼ かりし~ (10, 1.0%)

3 が, を目鼻 1 がこういう, のこ, も, を坂崎出羽守

▼ かりしため~ (9, 0.9%)

1 おどり売切れ, かく壊されし, なり, にこれ, にその後, にやあらむ, に信長, に君主, に腹具合

▼ かりしのみ~ (9, 0.9%)

2 ならず別に, ならず曾, 問題は 1 ならず繁文縟礼, ならず繁文縟禮, にて何事

▼ かりし~ (9, 0.9%)

1 その頃飯田町六丁目に, なり, われに, 使ひ, 内膳司の, 文壇の, 紅葉美ならず, 船頭与, 花開く

▼ かりしを以て~ (8, 0.8%)

2 なり, なり而, 彼は 1 無断にて, 現今の

▼ かりしより~ (7, 0.7%)

1 以来狂いと, 半白の, 思ひそめて, 此事を, 當時の, 疑いを, 終に追随

▼ かりし~ (7, 0.7%)

1 ある経学者, その事, にお, の事也, は別, は唯, は来

▼ かりし~ (6, 0.6%)

1 とうたがへば, 否な, 否やを, 夢の, 知るべきのみ, 而其許は

▼ かりし~ (6, 0.6%)

1 なり, にあらずや, にて, に通, の顔, を斬り損ないました

▼ かりし~ (6, 0.6%)

3 から店口 2 にもせざりき 1 の逍遙

▼ かりし時代~ (5, 0.5%)

2 に於 1 においてはさ, の習慣, 長い世代

▼ かりしところ~ (4, 0.4%)

1 なり, なりけれ, のもの, は皆

▼ かりしにも~ (4, 0.4%)

2 せよ我 1 かかわらず寒中殆, 拘わらず大

▼ かりしをと~ (4, 0.4%)

3 女房あきれ 1 宣給ひぬ

▼ かりし~ (4, 0.4%)

1 その事, ども何, も, 思ひ知らせん隨

▼ かりし~ (4, 0.4%)

1 がひと日ひと日, が心, の金眸, はこの

▼ かりし~ (4, 0.4%)

1 に候, を言, を記せる, を述べ立て

▼ かりし~ (4, 0.4%)

1 なりきと, の嘗て, は黙っ, ばかり残り

▼ かりしかな~ (3, 0.3%)

1 ふまじめ, や冬谿水上, 韮の

▼ かりしがため~ (3, 0.3%)

2 に圧せられたるなら 1 なり

▼ かりしその~ (3, 0.3%)

1 日も, 翌年あの, 都度

▼ かりしには~ (3, 0.3%)

1 あらねど, この上, フエデリゴの

▼ かりし~ (3, 0.3%)

2 を吹く 1 を吹き

▼ かりし~ (3, 0.3%)

3 をやめ

▼ かりし~ (3, 0.3%)

1 しは, の世さ, の報い

▼ かりし桂次~ (3, 0.3%)

3 はかく

▼ かりし~ (3, 0.3%)

1 と存候, と考, もあり

▼ かりし~ (3, 0.3%)

1 の寄る, は漢, を失

▼ かりし~ (3, 0.3%)

1 こそ世に, を拾, を拾いあげられ

▼ かりし~ (3, 0.3%)

2 を忘れず 1 は曇り

▼ かりしこそ~ (2, 0.2%)

1 不思議なれ, 恨なれ

▼ かりしころ~ (2, 0.2%)

1 より佐太郎, より叨

▼ かりしころ一度此堂押~ (2, 0.2%)

2 にあ

▼ かりしそのかみ~ (2, 0.2%)

2

▼ かりし~ (2, 0.2%)

1 以後は, 憂き

▼ かりしとい~ (2, 0.2%)

1 へば, へり

▼ かりしという~ (2, 0.2%)

1 ことなり, 話あり

▼ かりしとき~ (2, 0.2%)

1 の像, 寫しつる畫

▼ かりしなり~ (2, 0.2%)

1 と, とある

▼ かりしにや~ (2, 0.2%)

1 原因の, 湯を

▼ かりしほど~ (2, 0.2%)

1 その苦痛, 肉食を

▼ かりしやう~ (2, 0.2%)

2 なり

▼ かりしゆえ~ (2, 0.2%)

1 にもあるべけれ, 淋しさ

▼ かりしゆゑ大納言~ (2, 0.2%)

2 にて執政

▼ かりしゆゑ桜谷~ (2, 0.2%)

2 とよびける

▼ かりしよと~ (2, 0.2%)

2 下腹に

▼ かりし~ (2, 0.2%)

2 やい

▼ かりしわれ~ (2, 0.2%)

1 なるに, は我家

▼ かりしを以ても~ (2, 0.2%)

2 之れ

▼ かりし一圓五拾錢~ (2, 0.2%)

2 は天利

▼ かりし~ (2, 0.2%)

1 にも今, に唯

▼ かりし人達~ (2, 0.2%)

1 へ怨, へ怨み

▼ かりし~ (2, 0.2%)

2 のねぶり

▼ かりし~ (2, 0.2%)

1 に禅宗寺, へはふん

▼ かりし~ (2, 0.2%)

1 の身, の霊

▼ かりし吾身~ (2, 0.2%)

2 かな

▼ かりし~ (2, 0.2%)

1 なる塚, 詩人を

▼ かりし夫婦~ (2, 0.2%)

1 の愛, の死

▼ かりし~ (2, 0.2%)

1 の今, はその

▼ かりし当時~ (2, 0.2%)

1 に於, のさま

▼ かりし~ (2, 0.2%)

1 にはか, のほとり

▼ かりし~ (2, 0.2%)

1 は歩, れ圖ら

▼ かりし所以~ (2, 0.2%)

2 なり

▼ かりし故に~ (2, 0.2%)

1 や此頃, 海の

▼ かりし~ (2, 0.2%)

1 の又, の面影

▼ かりし~ (2, 0.2%)

1 の団蔵七代目, 既に西

▼ かりし横町~ (2, 0.2%)

2 の生花

▼ かりし爲當時本所區小泉町十五番地~ (2, 0.2%)

2 の芥川家

▼ かりし~ (2, 0.2%)

1 さえ懐し, に恐

▼ かりし理由~ (2, 0.2%)

1 の一也, はあり得ない

▼ かりし當時~ (2, 0.2%)

2 のさま

▼ かりし精力~ (2, 0.2%)

1 を余, を餘

▼ かりし証拠~ (2, 0.2%)

1 である, はこの

▼ かりし顔優~ (2, 0.2%)

2 かりし眼

▼1* [249件]

かりしあの頃おも, かりしある日彼は, かりしおかげという者, かりしおそかりし, かりしかかる有様なれ, かりしがとふ, かりしがどもおさな心, かりしことどもをつい, かりしこと一つに此娘, かりしこと今においてなほ忘, かりしこと幾多の西, かりしこと熊本城の大将, かりしこと長かりしこと今, かりしこの事も, かりしこの間こそ彼, かりしこれによりて見る, かりしころ友だちと庭, かりしころ強ひて, かりしころ猟をし, かりしさま浮びたり, かりしされど今は, かりしためいきは, かりしため伊太利カプリ島の友人, かりしため幸四郎はいつも, かりしため端艇快走船船舶など多く, かりしため記憶なし, かりしため身心の用意, かりしだけなり, かりしてこうしの柵, かりしてをりました, かりしといふ事を, かりしとき惠深き貴婦人, かりしとき賤しかりき, かりしとてもさまで心事の, かりしとの事を, かりしとも思わず昼, かりしながら家の, かりしなり其内心のいかに, かりしなるべく今も, かりしにぞ店の, かりしにても知るべし, かりしにと少し景色の, かりしになど様々の, かりしはかなかりしと, かりしはずなり, かりしほどに世の中は, かりしほどを見するまで, かりしむかしつけたるかね, かりしもの奚ぞ知らん, かりしやに見ゆ, かりしやは百學の, かりしやも亦知るべからず, かりしやを一言せん, かりしゆえんにし, かりしゆゑ母は氣病, かりしゆゑ銃剣にて開く, かりしよしなき好奇心, かりしわが二階家の, かりしエレアーナ皇女殿下の墓, かりしシヨオペンハウエルが如き, かりしトマサンの生涯, かりしブラームスの好意, かりしムツィオのごとく, かりしメラニデス氏にこれ, かりしララなりき, かりし一円五拾銭は天利, かりし一場の話, かりし一昼夜を過ぎ, かりし一証として見るべし, かりし三重と和歌山, かりしには日本, かりし世界の最初, かりし中島座時代を思いだし, かりし事今も忘れず, かりし事共はや悉く忘れ果て, かりし事史記にある, かりし云々と解する, かりし亭主は忽然と, かりし人々に思い, かりし人彼の身, かりし今年も終りけり, かりし仕事を今, かりし侍たちまでが小森, かりし価格部分を除く, かりしにてもし, かりし光景の叙, かりし労働の歌いくつ, かりし変じて, かりし匹婦憎しとも, かりし十蔵は海, かりし半生の生活, かりし原因を解き得たる, かりし叔父君の俄, かりし名残に心地常, かりし吾が心の, かりし周瑜都督お気の毒, かりしは不思議, かりし和郎は此家, かりし哀愁は, かりしはなく, かりし四畳半を追慕, かりし国民協会の変形, かりし國民協會の變形, かりし執着のかばかり, かりしなるらん, かりし場合にもうん, かりしの日, かりしよりさめ, かりし大和の豪農土倉庄三郎氏, かりし大社であったこと, かりしは又, かりし太古創造の時代, かりし太平洋は今や, かりし太政大臣の極爵, かりしの命, かりし女御更衣の声, かりしが面, かりしをこそ憎め, かりし姉上われはわが, かりし子爵夫人もさすが, かりし宗教的儀式の幾分, かりし寡婦が住居, かりし小暗きなかに, かりしに住む, かりし年月ことしは芳之助, かりし幸四郎も肉, かりし幸福を全く, かりし幼時を過ごした, かりし冷えて, かりし気色を, かりし御方の虎腹, かりし悲惨を免れ, かりし慈愛の聲, かりし我が妻なり, かりし我熱情の徒ら, かりし或は飲過ぎし, かりしの造幣局, かりし提燈を知る, かりし故郷に詫びぬ, かりし旅人の行手, かりし日人のさかしら, かりし日失恋の歌, かりし明智探偵じゃ, かりし明治二十年に至る, かりし昔僕はしばしば, かりし時人吾を疎み, かりし時地に仰臥, かりし時妻有の庄, かりし時操はおもし命, かりし時書籍やその他, かりし時母とマリウチア, かりし時水村の一農夫, かりし時浅草で滝太郎, かりし時海賊の匿, かりし時角力を取り, かりし時野馬草を食む, かりし時頼の氣風何時, かりし姉も, かりしものびあがり, かりしにこそ, かりししかりし, かりし横笛とは思ひ, かりし次第を聞くべし, かりし此後はあの, かりしの聲さ, かりし母君とい, かりしでは無い, かりし毛虫ぞや, かりし永年の罪, かりし沙汰も世, かりしのま, かりし浪子をおり, かりしの女, かりし海岸道をそれ, かりし清純の花, かりし湯本とてはた, かりし源内快刀乱麻の手伝い, かりし演説が某, かりしの運, かりし濁りたる藍色, かりしは濡れ, かりし為忽風邪ひきしにや, かりし為独乙大使グラアフ・レツクスよりアルント, かりし為築地路地裏の家, かりし爲め之れ, かりし爲め平年に比し, かりしの地下, かりし父母のつつましい, かりし狂女の佇めるなり, かりしの緒, かりし理げに茲, かりし生涯をかえりみれ, かりし由良之助だぜ, かりし社界は急, かりしは一年, かりしは母上我, かりし程ドメニカが家, かりし程度以上のもの, かりしに候, かりし篠田は始めて, かりし米友が両, かりしの焔, かりし紅筆歌かきて, かりし結婚生活の日々, かりしをこわし, かりしなり, かりし者醫學に關, かりし自然現象も之, かりし航路を改め, かりし荒気大将佐々成政の菅笠三蓋, かりし蒼空も淡く, かりし藝術品の痛ましい, かりしなれば, かりし虞美人草の, かりしの声, かりし血気の士人, かりし行末を娘, かりし貫一は益す, かりし責苦の場面, かりし賞発表日落ちて, かりし車夫の被布, かりし遊女町を西小路, かりし過去のわが身, かりし或は先導者, かりし都會を去る, かりし重隆殿の先人, かりし金三の四十二, かりしはない, かりしを出, かりしは措い, かりしの色, かりしあせゆきて, かりし震災以前の東京, かりし霧霽れゆきて, かりし青年はそこ, かりし鞍馬を西, かりし頃ドメニカにはぐゝまれてカムパニア, かりし頃フトした過ち, かりし頃世を去り, かりし頃兄の家, かりし頃江戸へ乗り込んだ, かりし頃隣の房, かりしの肉, かりし顔色は今, かりし風情さへ今, かりしはもう, かりし體裁なり大岡殿, かりし高踏的のもの, かりし鬼三郎ぬしの