青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「きいた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

がら~ がり~ ~がる がる~ がん~ ~き き~ ~きい きい~ ~きいた
きいた~
きき~ ~きく きく~ ~きた きた~ きちんと~ きっ~ きった~ ~きっと きっと~

「きいた~」 1960, 21ppm, 5430位

▼ きいたこと~ (266, 13.6%)

40 がある 33 がない 15 もない 11 があった, のない 6 がありません, のある 5 があります 4 がなかっ, もなかっ 3 がなかつた, では, はありません, はない, はなかっ, もありません

2 [12件] があっ, がありました, があるだろう, がなく, がねえ, が無い, はなかつた, もあった, もある, をせん, を想い出し, を言

1 [89件] あるわ, かね, から外祖母, があ, があったでしょう, があつ, があり, がありませう, がありませんでした, があるだ, があるでしょう, がおます, がございます, がございません, がしばしば, がすぐ, ができる, がショック, が書け, が言いたかったら, さえなかっ, だ, だが, であるが, であろう, でしょう, です, でせう, でも, で私, なしすりゃ, なの, にはがん, によってこんど, に何, に返事, に返答, ねでも, のあった, はありませんでした, はこれ, はとても, はないです, はみんな, は一句, は一度, は実際, は自然, ばかりでなく, もあったでしょう, もございません, もござらぬ, もなかつた, もなく, もなけれ, もねえ, も仄か, も無い, も知っ, よ, をいいたい, をいう, をいわなく, をおもいだしました, をぬかす, をひと, をも思い出し, をやっ, をマス, を人, を奇禍, を忘れません, を思いおこし, を思いかえし, を思い出し, を思い出した, を思い出す, を思い浮べ, を思出, を想い出, を残らず語った, を生涯, を知った, を言う, を言っ, を記憶, を話し, を述べた, を鮮明

▼ きいた~ (218, 11.1%)

27 です 18 である 1110 であります 9 では 8 だった, であるが 6 だが 4 ですが 3 だろう, もそれ 2 かも知れない, が縁, であった, でした, ですから, はそれ, は去年

1 [97件] か, かい, かと思いかえし, かと思われた, かどう, かにやにや, かまた, かもしれない, かもしれぬ, から判断, かわかっ, か僕, か師父, か思い, か怪船, か生真面目, か課長, がわるかっ, が十二時十五分すぎ, が右往左往, が奧, が然, が自分たち, さ, じゃ, だから, だからね, だけれど, だそう, だったが, だつた, だね, だろうと, であったが, でありました, であろうか, でございます, でしょう, でしょうか, ですがと, でも, とすっかり, と同じ, には答えない, に対する答申書, は, はいつ, はおまえさん, はこの間, はずっと, はそこ, はその, はそれから, はたつた, はむろん, はやはり, はウチ, はツワイク, はホン, は一昨日, は三十二, は中学生, は仁太, は何時, は先生, は六七年前, は内海, は升田幸三, は博多, は右翼団体, は大きな, は大体, は奥さん, は始め, は嬉し, は守人, は少なかっ, は必要, は検事, は生れ, は素子, は結婚後, は要之助, は誰, は買い漁っ, は遊び人, は里好, は長崎, は食糧事情, もさては, も田圃, をいう, を口, を右門, を思い出し, を怨む, んや

▼ きいた~ (118, 6.0%)

4 それは 3 それが 2 何か, 答えるすべ

1 [107件] あの船, あれは, いずれも, いっしょに, えらいこと, おそらくはただ, おれこそ, かれは, ここで, この作, この差出口, この牛乳, この男, これでは, これには, これも, さぞつらかろ, したいだけ, すぐ側, そうか, そのうち, そのため自分, その答え, それから, それよりも, それ以上, そんなところ, ただメモ, ただ部屋, なし, なるほど兵隊, まつたくその, みんなは, もうきかぬ, もう一度詳しく, もう僕, もう返事, もしそうだ, やがて石川屋, やっぱりよろしい, やつぱり降る, よく分らなかった, わたしが, ガマ六の, キミは, フランスは, ラクだ, 一枚繪から, 一馬と, 九太夫は, 九段が, 事実です, 京吉は, 人を, 今の, 今日ほど, 何でも, 何事を, 余は, 信吉は, 先づよし, 光子の, 出るところ, 分らないと, 君とは, 商人の, 商人自身の, 嘘の皮で, 夜おそく, 女の, 実際あの, 容易に, 少しも, 左様か, 巳之助は, 年下の, 庭に, 廻米の, 彼等自身は, 必ずしも塚田, 思はず長大息, 手紙で, 敵は, 既きかぬ, 日本の, 時代の, 最後かわいそうに, 月の, 来て, 林檎畑まで, 柳が, 次の, 母は, 爆竹では, 爺やは, 私のは, 私は, 空間なし, 突然立ち止っ, 藻は, 要領を, 見れば, 覚えては, 誰も, 非常に, 首を, 黒須は

▼ きいた~ (56, 2.9%)

2 にはもう, に僕, の青木, は私

1 [48件] うれしそう, お民, から, からもう, からゴーリキイ, から何となく, かれは, さほ, すぐに, そんな直感, だ, てっきり宝蔵院, どういふ, にきっと, にはその, にはそれ, にはたまらなく, にはなん, にははっと, にははや, にはぼく, にはウトウト, には次郎, には殺し, には窕子, には経済組織, には見る見る, にびっくり, にも彼, に何やら, に思った, に次, のよう, の彼, の心持, の感, の清三, の私, はもう, は何だか, は僕, は嬉し, は田原さん, は雛節句, も塚田, 何だかいろ, 全く時, 馬鹿馬鹿しいと

▼ きいたので~ (47, 2.4%)

2 後を, 私は, 訪ねて

1 [41件] お腹が, かねて起草, がくぜんと, ここには, この人, これでも, これを, さう, すぐその, その後自分も, それが, それじゃあ, それでは本当に, それを, ついに自分, とび上がった, びっくりした, まあ無理, まだ実験, 一つ, 一同は, 一層その, 今夜病院の, 今年に, 入道は, 六週間以前に, 塩釜へは, 彼は, 拍子抜けが, 時間を, 東京へ, 盛に, 私たちの, 筒井レイ子は, 細君は, 行く, 行って, 見舞に, 議事堂の, 銀座の, 驚いて

▼ きいたとき~ (45, 2.3%)

2 には思わず

1 [43件] お茂登, からことに, からその, から伸子, くやしさ, けわしくねめつけた, この石油, その批評, ちょうどボール, で, どうもそうらしい, どんなに異様, なぜとも, にその, にはからだじゅう, にはさすが, にはアア, には実にがっかり, には巳之助, には涙, には美しい, にもおきぬ, に僧, に妙, に老人, の女王さま, の驚き, は, は初め, は殊に, は無関係, は驚かなかった, ほど現実感, ほんの短い, まさかと, まっさきに伸子, まで伸子, もかくべつ, もまた, 何だか母, 忘れること, 泣いた, 深い疑問

▼ きいたもの~ (44, 2.2%)

73 がある, です 2 だった, である

1 [27件] かうつ, かすぐ, かもみ手, か今, があっ, がいない, が燃え, が笑い出す, じゃから, じゃア, だから, だが, だそう, だと, であると, でして, で彼, なん, に危く, に思えた, はなけれ, は一寸, は取り出し, は持つ, ばかりを揃, もなけれ, らしい

▼ きいた~ (41, 2.1%)

3 みえて, 思った, 見えて 2 見える, 言って

1 [28件] いうから, いうわい, いつて, いへば, したらどんな, したらどんなに, したらソヴェト, みえるな, みえ叱言一つ, 云うもの, 云って, 伝えたので, 叔父さんに, 告げた, 妻は, 彼は, 思い信吉, 思い出の, 思い大, 思う, 思うよ, 思って, 思われる感じ, 申して, 申立てる, 見え驚いて, 言ったの, 語って

▼ きいた~ (39, 2.0%)

5 もない 4 がある, を言 3 があった, がない 2 も無い

1 [18件] からで, からであった, が一番本当, が出, が出来る, でやっ, のある, はあらへん, はありません, はなかっ, は滅多, もあった, もあつ, もある, をお, をまとめ, をわし始め, を提出

▼ きいた~ (35, 1.8%)

7 です 64 だが 2 だと, だね

1 [14件] じゃない, じゃねえ, だから, だからね, だがね, だけど, だって, であるまいか, ですが, ですけど, ですね, ですの, ですよ, なら大丈夫

▼ きいた~ (35, 1.8%)

3 だが

1 [32件] ができ, じゃありません, だ, だがね, である, であるが, であると, です, ですが, ではそッ, では津右衛門殿, でも目下田舎, で厶, で群馬県内, なの, なン, にはその, にむかし, にもまた, によります, によれ, に岡本, に殿田用水あたり, の遠い, はちがいます, も出来ない, をすっかり, をなきれた, を思いおこし, を思い出した, を明智先生, を飯尾さん

▼ きいたよう~ (31, 1.6%)

5 な名 4 に思った 2 な気

1 [20件] だが, だと, で, ですね, でも, な作家, な小さな, な軽口みたい, にお, におもった, にそば, にともかく, に八月一日, に国事多端, に思いました, に思います, に思う, に思えた, に感嘆, に肩

▼ きいたふう~ (24, 1.2%)

4 なこと 3 な事, な口 2 なせりふ, のこと 1 なまね, な御託, な月並み, な漢語, な真似, の夕刊, の奴, の真似, をした, を見せた

▼ きいたから~ (22, 1.1%)

3 である 2 です

1 [17件] こんどの, そのへん, だった, だと, だろうか, でありその, でした, でその, では, オレは, 勘違いを, 即座に, 如水の, 朝早く, 未来の, 自重いたします, 部屋へ

▼ きいたって~ (20, 1.0%)

2 わからねえじゃ

1 [18件] いいじゃ, いったな, こういう故事, しかたない, だめよ, どうにもしよう, わからない, わかること, わかるじゃ, わかるでしょう, ムダでしょう, 口では, 女という, 無理だ, 無理だろう, 無駄だ, 知らねえですよ, 黙ってろッ

▼ きいた~ (18, 0.9%)

2 きいたか, 戦争といふ

1 [14件] して, そしてルイザ, どうだ, まあどちら, もしくは俳句, アメリカの, ッ, 呉氏が, 大亀が, 彼は, 知らぬが, 萩之進が, 那須, 顔に

▼ きいたところ~ (18, 0.9%)

3 による

1 [15件] があります, が見える, そんなところ, で, でどう, ではンナ, では彼, では瓦斯会社, では税務署側, で台詞, で埒, はすっかり, へ咲きゃあいいに, も鋭さ, をピリリ

▼ きいた~ (18, 0.9%)

2 でした

1 [16件] がない, がもはしみじみ, が女性, だったそう, であった, であると, です, ですが, とのべつ, などを呼ん, の声, は何, は又, は腹だち, も無, を血走った

▼ きいただけ~ (17, 0.9%)

4 では 2 である

1 [11件] だった, でああ, であったが, でそっぽ, でその, でそれ, でもう, で全国, で存八, で散歩, で日本

▼ きいただけでも~ (16, 0.8%)

2 何か, 真青に

1 [12件] うれしいじゃ, おそろしい阿, すぐに, その人, はやその, 不用な, 嫉ける, 容易ならぬ, 無縁の, 目先に, 莫迦, 身の毛の

▼ きいたという~ (13, 0.7%)

2 ことを, のだ 1 ことであります, ことまちがいない, のが, ので, ものは, ような, んだ, 人間が, 馬蹄の

▼ きいた~ (13, 0.7%)

7 なこと 1 な事, な口, な宮, な文句, も大概, をした

▼ きいたわけ~ (12, 0.6%)

6 では 2 です 1 がこれ, じや, だけど, だろう

▼ きいた~ (12, 0.6%)

2 は町内 1 がおる, がない, が目顔, が襖障子, などはなく, の点じた, は, ばかり, もありません, をやっ

▼ きいたやう~ (10, 0.5%)

2 な名, な気 1 な次第, な軽口みたい, に, にも覚え, に冷めたく, に思

▼ きいた~ (10, 0.5%)

1 がいる, がない, が死ぬ, であると, の声, の死, は実によく, は手, は碁会所, ばかりもいない

▼ きいた言葉~ (9, 0.5%)

2 を現実 1 が使える, でもっ, も残さず, をどこ, をふと, を心覚え, を抽出

▼ きいたあと~ (8, 0.4%)

1 いきなり, でその, では自分, でふと, でもその, でページ, で諸君各自, の何物

▼ きいた~ (8, 0.4%)

1 で, でそのまま, でそれ, でないと, で名古屋城, で私, で適当, は決して

▼ きいた時私~ (8, 0.4%)

1 の心, の身体, はその, は将棋, は心臓, は思った, は身ぶるい, もねえよ

▼ きいたそう~ (7, 0.4%)

42 だね 1 である

▼ きいた~ (7, 0.4%)

2 がいい 1 がビックリ, が好から, が早い, が賢明, で一時

▼ きいたあの~ (6, 0.3%)

1 不気味な, 仇敵を, 伝で, 刹那の, 前髪若衆佐々木小次郎が, 小説は

▼ きいただけで~ (6, 0.3%)

1 かわなかったから, もう, ウンザリし, 心ウキウキ, 自分を, 顔が

▼ きいたばかり~ (6, 0.3%)

1 だけれど, だのに, でしよう, で何と, で脈搏, なんだ

▼ きいたもん~ (6, 0.3%)

3 だから 2 です 1 だなあ

▼ きいたけれども~ (5, 0.3%)

1 どこまで, みんな, 二時の, 依然として彼ら, 私に

▼ きいた~ (5, 0.3%)

1 で, で中村, に響い, はまぎれ, は女

▼ きいた~ (5, 0.3%)

2 によれ 1 がどこ, でした, による

▼ きいた~ (5, 0.3%)

1 の配偶, は, はすぐ, はその, も実在

▼ きいた若い~ (5, 0.3%)

2 者が 1 娘は, 男でした, 者です

▼ きいた覚え~ (5, 0.3%)

2 がある 1 があつ, がありやしない, がなかっ

▼ きいたかと~ (4, 0.2%)

2 思うと 1 思ったその, 思って

▼ きいた~ (4, 0.2%)

1 また, 話しも, 賭場に, 顔も

▼ きいたその~ (4, 0.2%)

1 ひとだ, 丘の, 土地の, 移動演劇は

▼ きいたといふ~ (4, 0.2%)

1 ことだ, 以上に, 記録な, 話を

▼ きいたとき伸子~ (4, 0.2%)

2 の心 1 は, はさぞ

▼ きいたとたん~ (4, 0.2%)

1 なぜか, にハネ, に私, に門

▼ きいた~ (4, 0.2%)

1 ではありません, ならば, の打ち, を相手

▼ きいた~ (4, 0.2%)

1 になつて, の車, やがて木小屋, 長い間

▼ きいた~ (4, 0.2%)

2 の人 1 のお, の人たち

▼ きいた話ぢ~ (4, 0.2%)

3 やありません 1 やない

▼ きいたお話~ (3, 0.2%)

1 が何だか, です, ですよ

▼ きいたかも~ (3, 0.2%)

1 わからない, 知らぬが, 知れなかつた

▼ きいたとき私~ (3, 0.2%)

1 にうなずいた, の心, は宮本武藏

▼ きいたとき私たち~ (3, 0.2%)

1 のこころ, の心もち, は自分たち

▼ きいたのに~ (3, 0.2%)

1 なぜ大事, 目を, 間違の

▼ きいたばかりの~ (3, 0.2%)

1 あの心中, 歩調と, 若人ともに

▼ きいたんぢ~ (3, 0.2%)

1 やありません, やなかつた, やねえ

▼ きいたんで~ (3, 0.2%)

1 それを, ぴんときた, 倍も

▼ きいた人々~ (3, 0.2%)

1 はいずれ, は噴飯, は遺伝

▼ きいた人たち~ (3, 0.2%)

1 がびっくり, はおそらく, は呆然

▼ きいた~ (3, 0.2%)

1 によれ, をした, を立てない

▼ きいた~ (3, 0.2%)

1 があっ, でほん, にバッサリ

▼ きいた~ (3, 0.2%)

1 が尋ねました, のお母さん, の母親

▼ きいた~ (3, 0.2%)

1 が一番念入り, はここ, もあった

▼ きいた~ (3, 0.2%)

2 羊の 1 文治は

▼ きいた最初~ (3, 0.2%)

1 だった, のひと, の言葉

▼ きいた泥棒~ (3, 0.2%)

1 だ, も気, を縛れる

▼ きいた瞬間~ (3, 0.2%)

1 でも葉子, と死骸, にそれ

▼ きいた表現~ (3, 0.2%)

2 に自ら 1 のよう

▼ きいた通り~ (3, 0.2%)

1 の質問, 語って, 阿母

▼ きいた~ (2, 0.1%)

1 世辞を, 悔みの

▼ きいたからって~ (2, 0.1%)

1 どうした, 決してあんた

▼ きいたけれど~ (2, 0.1%)

1 坊さんは, 私は

▼ きいたことば~ (2, 0.1%)

1 なので, は

▼ きいたこの~ (2, 0.1%)

1 おつきを, 話が

▼ きいたころ~ (2, 0.1%)

1 に彼, の伸子たち

▼ きいたそして~ (2, 0.1%)

1 信じたみんなカンタン, 正直な

▼ きいたそれから~ (2, 0.1%)

2 なんだ

▼ きいたときわたし~ (2, 0.1%)

1 はすずん, はそれ

▼ きいたとき心~ (2, 0.1%)

1 がしぼられる, に閃いた

▼ きいたとき露~ (2, 0.1%)

2 だと

▼ きいたとて~ (2, 0.1%)

1 別に何, 決して犬

▼ きいたとは~ (2, 0.1%)

1 おれも, 思いませんか

▼ きいた~ (2, 0.1%)

1 しても, すぎないよ

▼ きいたのみ~ (2, 0.1%)

2 で偉大

▼ きいたほど~ (2, 0.1%)

1 この半月街, でも

▼ きいたまま~ (2, 0.1%)

1 で今, を朝倉先生

▼ きいた一人~ (2, 0.1%)

1 ががん, がゐたら

▼ きいた不思議~ (2, 0.1%)

1 な都, のお

▼ きいた以上~ (2, 0.1%)

1 のけわし, 黙っては

▼ きいた会話~ (2, 0.1%)

1 が何一つ, で筋

▼ きいた兵隊たち~ (2, 0.1%)

2

▼ きいた叔母さん~ (2, 0.1%)

1 の心当り, の心當

▼ きいた台詞~ (2, 0.1%)

1 である, を言わない

▼ きいた名前~ (2, 0.1%)

1 の茶銘, をつけん

▼ きいた固い~ (2, 0.1%)

2 蒲団に

▼ きいた女の子~ (2, 0.1%)

2 が居

▼ きいた女中~ (2, 0.1%)

1 がその, が万事ひとり

▼ きいた女達~ (2, 0.1%)

1 は心, は急

▼ きいた子供~ (2, 0.1%)

1 があります, がい

▼ きいた子守唄~ (2, 0.1%)

1 のよう, を思い出した

▼ きいた~ (2, 0.1%)

1 がうまく, でなくっちゃ

▼ きいた少年~ (2, 0.1%)

1 がよく, なの

▼ きいた少年たち~ (2, 0.1%)

1 の心臓, は疑惑

▼ きいた~ (2, 0.1%)

1 はある, は益々

▼ きいた~ (2, 0.1%)

2 ろしい

▼ きいた手代~ (2, 0.1%)

1 が十人近く, は商

▼ きいた日僕~ (2, 0.1%)

2 は村

▼ きいた春の唄~ (2, 0.1%)

1 がある, があるなり

▼ きいた時彼~ (2, 0.1%)

1 は三つ, は青木

▼ きいた時自分~ (2, 0.1%)

1 はうれしい, は待ち

▼ きいた~ (2, 0.1%)

1 更けてから, 泣けて

▼ きいた~ (2, 0.1%)

1 な気, に思つて

▼ きいた~ (2, 0.1%)

2 に沁みる

▼ きいた瞬間何~ (2, 0.1%)

1 か明るい, か霊感

▼ きいた祖母~ (2, 0.1%)

1 と母, の臨終

▼ きいた範囲~ (2, 0.1%)

1 じゃこのごろ, では燕嬢

▼ きいた綺麗~ (2, 0.1%)

2 なそして

▼ きいた荒正人~ (2, 0.1%)

2 はすぐ

▼ きいた誰か~ (2, 0.1%)

1 が横合い, が燭台

▼ きいた諭吉~ (2, 0.1%)

1 は, はふかいかんげき

▼ きいた返事~ (2, 0.1%)

1 はいつも, はない

▼ きいた途端~ (2, 0.1%)

1 に意識, に逐電

▼ きいた連中~ (2, 0.1%)

1 は, も崖

▼ きいた~ (2, 0.1%)

1 だ, はつけ

▼ きいた黒い~ (2, 0.1%)

1 髭に, 髭を

▼1* [449件]

きいたあげく匆慌として立ち去った, きいたあたしのため, きいたあちこちの鼠, きいたあと耳のなか, きいたある女の, きいたあれは背中, きいたあんな事も, きいたいい子でした, きいたうえでなお君, きいたうえ例のスイッチ, きいたお伽噺の中, きいたお玉が新, きいたお話しを書いた, きいたかよきいたかよ, きいたからと云って, きいたがと色々言, きいたきりだが, きいたきり当時の私, きいたくまについてのいろんな, きいたくらいだから, きいたこれがアメリカ, きいたごまかしかたをし, きいたうか, きいたさかい今から, きいたさわがしさであった, きいたしかし侏儒の, きいたしかも片言ながら, きいた手段は, きいたすぐあとに, きいたせいもあり, きいたせんせいたちがバタパン, きいたそうして自分の, きいたそち達も今, きいたそれもかなり, きいたたけという女, きいたために自分, きいただけに一層その, きいただけのズバリである, きいただるくてねむく, きいたっても知らねえん, きいたつてお話は出来ません, きいたつもりのやつ, きいたづら小僧の, きいたせう, きいたといった風な, きいたとかいろいろの, きいたときあまりの腹だち, きいたときおまけに相手, きいたときそれはみな, きいたときひろ子はすぐ, きいたときまさもサエ, きいたときスミ子の様子, きいたとき一彦はおじさん, きいたとき今日の若い, きいたとき切符売りの, きいたとき単純に考えた, きいたとき哲夫は胸, きいたとき大平さんの知った, きいたとき婦人は歎息, きいたとき富樫の左衛門, きいたとき曖昧にし, きいたとき格之介, きいたとき源吉はぐいと, きいたとき皆は一様, きいたとき絵や参考品, きいたとき繁夫はやつ, きいたとき自分も高々, きいたとき自身のうけた, きいたとき青木が直感, きいたとき龍之介は柔らかい, きいたところがその女郎め, きいたところどこの支店, きいたところキンが出, きいたとしか思われぬ, きいたとたん女客はとびあがる, きいたなおどこをか, きいたはずだ, きいたばかりに一層フランス人, きいたばっかりについに一命, きいたまだ秋の, きいたまでであった, きいたまねができる, きいたまアさう, きいたやつらを選っ, きいたやり方である, きいたこの通り, きいたよくきいた, きいた妾, きいたわたしの心, きいたわるい女王さまは, きいたアゲク訊問をうちきった, きいたイキなユカタ, きいたインドの子供, きいたオシャベリ姫はすぐ, きいたオペラについてモスク, きいたカアルの眼, きいたカッタウェーに灰色, きいたカバンと婦人用, きいたカントの哲学, きいたカーキ服が馳せつけた, きいたキャッキャッと来る, きいたクリストフを少し, きいたクローズをかけた, きいたゴルドンは, きいたサーヴィスの一つ, きいたジェンナーは目, きいたジャーナリスティックな答, きいたズブコヴィと比較, きいたタメシがありゃしない, きいたテーブルクロースの白い, きいたドストエフスキイに敬意, きいたニュースにふれた, きいたパトロールは, きいたヒョロ子は真赤, きいたピストルの音, きいたフィリッポフの店, きいたフハンは矢, きいたフランソワ一世になつ, きいたヘゲタレじゃ, きいたホテルができ, きいたホーベスははじめて, きいたミケラシゼロの話, きいたヤッツケ文句のつもり, きいたルーブル紙幣は十二銭内外, きいた一つ家の鬼, きいた一切を物語った, きいた一言であつ, きいた一隊の人々, きいた三人はすぐ, きいた上力になれる, きいた下女をその, きいた下手人だったらきっと, きいた中年の粋, きいた事務家以上にはなれない, きいた事柄の大体, きいた五六人のもの, きいた井戸がえ, きいた人相だけが唯一, きいた人達は皆幸福, きいた人間ぢやねえ, きいたその姦通, きいた今伸子の心, きいた仕事をしねえ, きいた仕方であると, きいた仲間若い者, きいた企劃だと, きいた伝説を思い出した, きいた伯母さんの話, きいた伸子の気持, きいただから, きいた佐渡ヶ島の唄, きいた作品をかい, きいた佳い名が, きいたしがない, きいた俗人の本歌, きいたはきいた, きいたはまるで, きいた兄さんのアア王, きいた先生の体験談, きいた入道はますます, きいた全身を耳, きいた兵隊がどんどん, きいた兵隊さんの歌, きいた冗談をとばす, きいた写真のよう, きいたではこの, きいた刃物を使う, きいた切ない一夜で, きいた初めでその後, きいた前座がうしろ, きいた努力のため, きいた化け物屋敷のよう, きいた化物はない, きいた区長さんがカンカン, きいた十八娘の可憐, きいた十日程後私は到, きいたに斯, きいた衣に, きいた友達がある, きいた取り扱い方がある, きいたを叩く, きいた台本を択びます, きいた右大臣の豊成, きいた同じことが, きいた名人上手が山猿, きいた名取屋三七郎といふの, きいた名句を吐きました, きいた呼吸を見る, きいた品物が一つ, きいた問答でありまた, きいた四角なふち, きいた国民が疑いはじめた, きいた国民党政権下の中共軍パルチザン部隊, きいた土匪や馬賊, きいた土屋松濤の前説, きいた土産になる, きいた坊さんは急, きいたに頬髯, きいた城中の若, きいた場合のこと, きいた士官たちが急い, きいた外国人のその, きいた多鶴子の言葉, きいた働きで, きいた大伯母がげんなり, きいた大工や軽, きいた大江山警部は鈍間, きいた大男はレク, きいた大矢捜査主任は腕, きいた太い聲に, きいた太刀川はとびあがる, きいた夫妻がいない, きいた失望した, きいた奥の手もそろっ, きいた女団員が後日, きいた妓生の南蛮語, きいた妙味がある, きいた娘義太夫では京子, きいた字体で記され, きいた孟母はいきなり, きいた宝石ばこ, きいた之助, きいた実際の話, きいた家人が, きいた家士をし, きいた家庭婦人にすぎん, きいた家来が霊廟, きいた容子ではたしかにまだ, きいた寸法です, きいた対話がこの, きいた小さな鰐皮の, きいた小僧の一人, きいた小咄をし, きいた小林少年は大, きいた小男に聲, きいた小道具や衣装, きいた山上の声, きいた山窩生活の話, きいた岩氏はよせ, きいた峯子の顔, きいた左近のフシギ, きいた市長さんはすぐ, きいた帆村は正太, きいた帰りにお茶, きいた帽子をかむっ, きいた年ちゃんには, きいた幹部が間髪, きいた幽霊は引込む, きいた之助さん, きいた店名なぞ三ツ四ツあれこれ胸にたく, きいた店員は警察, きいた当の弁護士博士何某なる, きいた当時は表面, きいたの鼻, きいた彼女は暫らく, きいた後博士の家, きいた後尋問にかかった, きいた後群集を離れ, きいた志呂足が思い, きいた応急策の施し, きいたのため, きいた思出でしょうが, きいた思想家にいつ, きいた怪外人をはじめ, きいた恐ろしいお伽噺の, きいた感想とはなる, きいた懐中煙草入が一つそこ, きいた所彼は苦り切, きいた手まわり入れでもない, きいた手下だったらふた, きいた批評などはかけず, きいたは, きいた探偵小説を読む, きいた探偵物だ, きいた推定を下す, きいた文化的なつまり, きいた文字を使, きいた文章が出し, きいた旅行談の一つ, きいた旅館の名, きいたは音楽, きいた明智探偵は小首, きいた映画には至る, きいた時たいことこたえる, きいた時わたくしは前述, きいた時イギリスそのものの衰亡, きいた時フキゲンそうに, きいた時一人の若い, きいた時不思議には思わなかった, きいた時中学の先生たち, きいた時伸子はむしろ, きいた時佃は, きいた時何か悲しい, きいた時何かしらはつとした, きいた時俺はこの, きいた時先生の心, きいた時剽賊のため, きいた時友達は言っ, きいた時君がどうも, きいた時咄嗟のこと, きいた時彼女の表情, きいた時栄蔵もつい, きいた時照彦様は, きいた時種々取沙汰した, きいた時章三はなぜ, きいた時藤枝の右手, きいた時誰の胸, きいた時豹吉の頭, きいた晒し物でも出た, きいた晩餐の御馳走, きいた服装をし, きいた朝倉先生と俊亮, きいた朝空は曇つて, きいた木崎の声, きいた木村嘉平のこと, きいた寸法の, きいた林檎の一顆, きいたの銘仙, きいた楽しい家庭婦人と, きいた樣子で大抵, きいた横須賀の宮内, きいたはきっぱり, きいた毛利先生の態度, きいたがする, きいた気早の水野勝成, きいた江戸っ子が何で, きいた泥棒一人いねえや, きいた泥棒猫も居, きいた洋書などはもとより, きいた洋服をき, きいた洋服姿で一行, きいたの人たち, きいた浜町の橋本, きいた浴衣を着, きいた海水をぶっ, きいた淑女であつ, きいた渡り中間風の男, きいた漱石の長男, きいたは少し, きいた無茶先生がヒョイ, きいた片足の膝頭, きいた牛肉屋へ堀井, きいたがある, きいた犯人はつかまりません, きいた犯罪はでき, きいたの子, きいた太人の, きいた玄白は寂しかっ, きいた王子のよろこび, きいた現代のセンス, きいた理論の受け売り, きいた田舎者じみた野暮, きいた甲斐もない, きいた男前です, きいた男脳に悲劇, きいた町人風の男, きいた番衆がい, きいた病気ですね, きいた白い半袖の, きいた的矢丸の水夫, きいた皮肉を楽しん, きいた相川の顔, きいた相手の風てい, きいた似は, きいた瞬間段階が一飛躍, きいた瞬間流石に今, きいた知恵者だよ, きいた知謀を以て裁い, きいた知識は暗い, きいた短い感嘆の, きいた短篇といつ, きいた祇園の十二段家, きいたの声, きいた秀吉は大, きいた科白でもない, きいた程度の私, きいた種々の話, きいた空襲警報のつづき, きいたであったが, きいた二の, きいたじゃ, きいた米兵に右, きいた素子の伝法, きいた結果他殺の嫌疑濃厚, きいた缶チヤンは早速, きいた美しさです, きいた美しい巫女が, きいた美しい気だかい人が, きいた老人は呼んだ, きいた考えを出さね, きいた者たちは自分, きいたです, きいた聴衆として一定, きいた肌ざはりのいゝ浴衣に換, きいた胸当をつけ, きいた自分柚湯のなか, きいた與八は急, きいた舞踏場はない, きいた船頭が幕, きいた良い若い者です, きいた良伯が目, きいた良清や惟光, きいた芝居の話, きいた花たちまでがかんし, きいた若者でした, きいた茶色の防暑服, きいた萩乃の言葉, きいた虎井博士はタジタジ, きいたは一晩, きいたの桟道, きいたを着せ, きいた見通しとを必要, きいた記憶のある, きいた訪問客でもやって来ない, きいた諷刺雑誌であった, きいたな聲, きいた豚吉とヒョロ子, きいた豚吉夫婦は真赤, きいた買い物をする, きいた贈物に思えた, きいた溶解弾を, きいた農園住宅風なもの, きいた途端林田のこと, きいたを辿っ, きいた野牛はまつ赤, きいた金五郎の眼, きいたのある, きいた門人たちはとかく, きいた関守に大切, きいた関雎の終曲, きいた陳列棚柔かい緑, きいた陸中原台の淵, きいた雌犬にも吠え付かれねえ, きいた雪崩の響, きいた雷鳥の声, きいた電話によって二十面相, きいた面白いことの, きいたはソラ耳, きいた音楽のよう, きいた顔つきの少年, きいた風体の男女, きいた風物や言語音響, きいた魚則が食事中, きいたいの, きいた鰻屋でもある, きいた鳥取藩の隊長, きいた鳥打帽の青年, きいたははりつめた, きいたの芽