青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かりに~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~かぶっ かぶっ~ かま~ ~かみさん かみさん~ かよう~ ~からだ からだ~ ~かり かり~
かりに~
かる~ ~かれ かれ~ かわいそう~ ~かわり かわり~ かん~ が~ ~がい がい~

「かりに~」 1057, 10ppm, 10264位

▼ かりに~ (195, 18.4%)

4 自分の 2 わが優しき, 一国の, 三百円と, 他国人, 日本の, 老中の

1 [179件] あたしに, あったと, あなたが, あなたの, あなた以外の, いじめるとは, いちどは, お代官, お前さん江戸一番と, お城, お客様の, お将軍家, お師匠さま, お蒲団, この秘密郷, これを, こんな無作法, ご三家の, ご公儀, ご宝蔵, ご番所勤め, ご禁制, しそう, じぶん, そのくらい, そのよう, その源三郎, そんなこと, そんな大, そんな所, ひとさまを, ひとを, ぶんなぐりッ, むっつり右門, わが心, わしは, カシャクし, 一つの, 一人の, 一流指南の, 上を, 上方の, 不善の, 世間に対しては, 両刀を, 中納言様を, 主人が, 主人の, 乗物の, 予想し得ない, 人妻と, 人様の, 人様を, 人間の, 人間を, 他人の, 侍と, 僕の, 兄の, 其方の, 出入りする, 出家の, 出来ますよう, 刀を, 分家分禄した, 切支丹屋敷の, 前世や, 剣道に, 加賀大納言さまお, 勅使河原子爵の, 十日ばかり, 半月なり, 友達が, 史書の, 同行の, 名こそ, 名づくべき, 名取さんそれも, 国民健康保険の, 坊ちゃんの, 士分の, 大内府直, 大塔, 大小差す, 大藤原氏, 天下の, 夫の, 女らしい女, 妥協譲歩の, 威張ったり, 子たる, 子の, 学者として, 孫を, 宮様が, 宮様と, 寅子なり, 寝台なぞと, 将軍家もしも, 将軍家御用槍師と, 小川の, 小説と, 履物を, 岩見と, 左少, 帝脈に, 席亭の, 帯刀であった, 常の, 弁天様と, 役者じゃァ, 御主人, 御領主, 愚かしい人間, 所有主と, 批判し, 放火などというは, 教壇に, 教師と, 敵がたの, 文化国を, 文化祭です, 文学に, 時めく大臣, 曹丞相ほど, 松井益太郎の, 正岡容ほどの, 此方は, 武士の, 武家が, 武門が, 武門の, 江戸一円の, 江戸者に, 没義道に, 法体し, 法眼の, 浪花表で, 消防団長が, 源氏が, 源氏の, 潜水艇一隻だ, 父て, 父と, 父上の, 物を, 狼の, 猿若町の, 獅子とか, 男と, 男の, 盆燈籠ほどの, 盗みを, 目上と, 神尾主膳ほどの, 窩人部落の, 継母と, 罪を, 聖賢の, 自分という, 自発的な, 良人と, 蕎麦だ, 行って, 行為の, 街道を, 見ゆること, 親の, 観世の, 豊太閤の, 闕所ところ払いと, 陣笠打, 隠居の, 青年団が, 非道の, 頼み, 馬を, 高家の, 鶏や

▼ かりにその~ (36, 3.4%)

2 ような, 一例を, 人が

1 [30件] いうごとく六七年目, ことである, ために, 一滴を, 上書建白を, 世論調査で, 事実を, 仕事に, 信仰の, 判断が, 口が, 四個の, 学説に, 學説に, 尻を, 希望の, 所言に, 時退, 木の, 果物を, 極道の, 欠陥が, 点で, 眼力を以て, 老人が, 背広服を, 表面の, 言葉だけから, 逓減率と, 遺骸を

▼ かりにこれ~ (22, 2.1%)

2 が事実

1 [20件] があなた, が單, が尋常普通, が狸肉, に相応, をお, をし, をカセ掛け蚯蚓, を一反歩五俵二石取り, を久我, を借りる, を平安, を恋, を我と, を文学, を第, を経済上, を観た, を非我, を9

▼ かりにこの~ (21, 2.0%)

2 ような

1 [19件] わたしが, イギリス人の, クロイツェル・ソナタを, フロイスや, 人物を, 出来事が, 十年どんなに, 室で, 家に, 工事が, 時計の, 津に, 点について, 石の, 草案が, 車中の, 辺に, 金貨が, 鼠も

▼ かりに~ (18, 1.7%)

2 はこれ

1 [16件] がこの, がモルヒネ, が作家, が愛書家, が本, が退く, といふ一人, とみよ子, に人氣, に麻雀, のタンテイ, の家, の身, はその, は名づけたい, は年下

▼ かりにそれ~ (16, 1.5%)

1 [16件] がお祖母さん, がだめ, ができた, が分っ, が実際, が特有, が眼ちげ, が論理, が過失, で一時的, までの事情, をしいて, を中止, を伝統児戯, を實踐, を捕え

▼ かりにそう~ (12, 1.1%)

3 だと 1 して, であったとしても, であったならば, ときまったら, とした, なったって, なると, 名づけたこの, 思って

▼ かりに自分~ (10, 0.9%)

1 が少佐, が当夜, にとってはそう, にど, の境遇, の存在, の生命, の身, の頭, は標

▼ かりにあの~ (7, 0.7%)

2 やうな 1 ような, 二人の, 小説の, 時僕が, 老夫婦

▼ かりにここ~ (7, 0.7%)

1 から三百名, にはじめて, に一本, に侏儒, に微小, に殺人, へ置い

▼ かりになる~ (7, 0.7%)

2 事と 1 のでしょう, のねえ, ばかり燕, 事です, 年ごろに

▼ かりにあなた~ (6, 0.6%)

1 がいま, がそこ, が信長公, が胃, が金, の弁解

▼ かりに一歩~ (6, 0.6%)

3 を譲っ 1 を譲り, 譲って, 譲っても

▼ かりに~ (5, 0.5%)

2 このピアノ 1 ときや, 人も, 俤は

▼ かりにもし~ (5, 0.5%)

1 その女親, ドイツ人は, 五時間で, 我々も, 荷風氏の

▼ かりに我々~ (5, 0.5%)

2 が一つ 1 が十年一日, の仲間, の程度

▼ かりにある~ (4, 0.4%)

1 とした, としたら, としても秘本, ものの

▼ かりにそういう~ (4, 0.4%)

1 ひとが, 人が, 人たちとは, 実験を

▼ かりになっ~ (4, 0.4%)

1 ていた, ておいで, ておっしゃる, ては大力

▼ かりに一人~ (4, 0.4%)

1 のイギリス人, の人, の俳優, の未亡人

▼ かりに~ (4, 0.4%)

2 の上 1 が記憶, の世

▼ かりに~ (4, 0.4%)

2 にいちど 1 が不幸, と生れ

▼ かりに~ (4, 0.4%)

1 が林田, の後, の良心, を呼ん

▼ かりにあった~ (3, 0.3%)

1 とした, としてもひどい, として君

▼ かりに~ (3, 0.3%)

1 大尽や, 姿を, 父さまが

▼ かりにおれ~ (3, 0.3%)

1 が成功, が真正面, は見

▼ かりにこう~ (3, 0.3%)

1 もいえるなら, 呼ぶの, 言って

▼ かりに~ (3, 0.3%)

1 つていただけませう, つてし, つてゐなかつた

▼ かりになつ~ (3, 0.3%)

1 たが, たと, たらうと

▼ かりにわれわれ~ (3, 0.3%)

1 から書物, が引, の生存

▼ かりに人間~ (3, 0.3%)

1 としてとうとい, と名づけ, は馬鹿

▼ かりに~ (3, 0.3%)

1 の妻, の父さん, はこれ

▼ かりに名づけ~ (3, 0.3%)

1 ておこう, て武蔵アルプス, て第

▼ かりに~ (3, 0.3%)

1 がその, が一寸, が宝鏡先生

▼ かりに~ (3, 0.3%)

1 が主観, はこうして, をお客

▼ かりに~ (3, 0.3%)

1 が曲がっ, のひがんだ, の中

▼ かりに来た~ (3, 0.3%)

1 まえ, んだ, 人は

▼ かりに知っ~ (3, 0.3%)

2 てい 1 ていた

▼ かりに考え~ (3, 0.3%)

1 てみ, てみる, てもろくな

▼ かりに諸君聡明~ (3, 0.3%)

3 なること世界地図

▼ かりに~ (3, 0.3%)

1 をこの, を売りました, を隠す

▼ かりにお前~ (2, 0.2%)

1 と離別, の姉

▼ かりにかの~ (2, 0.2%)

1 人とお, 男が

▼ かりにきた~ (2, 0.2%)

1 のである, わけだ

▼ かりにくる~ (2, 0.2%)

1 ことは, ばかりさと納

▼ かりにこういう~ (2, 0.2%)

1 寺にも, 篇集が

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 ういふ, うしたあり

▼ かりにそうした~ (2, 0.2%)

1 いまわしいこと, どうしの

▼ かりにそれら~ (2, 0.2%)

1 の人々, をすべて

▼ かりにそんな~ (2, 0.2%)

1 ものが, 語を

▼ かりにです~ (2, 0.2%)

1 かりにです, よ

▼ かりにどこ~ (2, 0.2%)

1 かに残され, かに生き

▼ かりにねえ~ (2, 0.2%)

2 いやもう

▼ かりにまた~ (2, 0.2%)

1 真に信頼, 譜代の

▼ かりにゆきたい~ (2, 0.2%)

1 から, ので

▼ かりにわし~ (2, 0.2%)

1 が偉い, が天地人

▼ かりにアンリベイル先生~ (2, 0.2%)

1 はたしか, はたしかにそう

▼ かりに二人~ (2, 0.2%)

1 があの, がいた

▼ かりに人物~ (2, 0.2%)

1 の取扱, の取扱い

▼ かりに今夜~ (2, 0.2%)

1 のこの, を平家最後

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 のこと, 三郎として

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 住民の, 英帝に

▼ かりに名づけた~ (2, 0.2%)

1 までである, もので

▼ かりに君ら~ (2, 0.2%)

1 が君ら, の覚悟次第

▼ かりに問題~ (2, 0.2%)

1 とされ, を分析

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 多数の, 弾丸の

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 が正しい, が永久不変

▼ かりに子供~ (2, 0.2%)

1 が一軒, のいたずら

▼ かりに存在~ (2, 0.2%)

1 して, するもの

▼ かりに将来~ (2, 0.2%)

1 の村構成, も過去

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 がなく, は何色

▼ かりに彼女~ (2, 0.2%)

1 とお, の父

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 寛大な, 病気でない

▼ かりに徳川家~ (2, 0.2%)

1 が倒れまし, に代っ

▼ かりに最初~ (2, 0.2%)

1 はうまく, は一家

▼ かりに東京~ (2, 0.2%)

1 に例, へ出

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 のよう, の如き

▼ かりに温泉~ (2, 0.2%)

1 などは小規模, なら温泉

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 が日比谷公園, ときめた

▼ かりに犯人~ (2, 0.2%)

1 がやつ, が死なない

▼ かりに皇帝~ (2, 0.2%)

1 が自分, を返し

▼ かりに知人~ (2, 0.2%)

2 のところ

▼ かりに石仏~ (2, 0.2%)

2 の頭

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 が国家, というもの

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 二の, 二次大戦には

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 をたてあう, を立てあう

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 に二人, に挙げし

▼ かりに行った~ (2, 0.2%)

1 の, 中野近くの

▼ かりに諸君一撃~ (2, 0.2%)

1 を加, を加え

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 には冷淡, の勘定

▼ かりに鎌倉殿~ (2, 0.2%)

1 とし, として置かう

▼ かりに~ (2, 0.2%)

1 に当てられた, に掌

▼ かりに駿三~ (2, 0.2%)

1 があの, が駿太郎

▼1* [493件]

かりにあいつがこの, かりにあえても彼女, かりにあっても全員一致, かりにあつたとして, かりにあなたたちの言い分, かりにあなた方の前, かりにあにと呼び, かりにあらゆることを, かりにある程度まで愛情, かりにあんたも初, かりにあんな言葉でなく, かりにいいとした, かりにいかなければなりません, かりにいかほど熱心な, かりにいきたいと房枝, かりにいちいち相談を, かりにいっさいの天才英雄, かりにいつか癒って又, かりにいま知っても, かりにいましは長, かりにいま一とき前の悲惨, かりにうめ下の, かりにおすすめ申しあげましても, かりにおまえ方の漢, かりにお互いにどれ, かりにお前さんが豚, かりにお前昼寝をし, かりにお客が二千円, かりにお家のかたち, かりにかくなんいひやりたる, かりにこっちでは何とも, かりにこれから春着を, かりにこれらを人工映画, かりにこれ皆やられて, かりにこんないろんな形が, かりにしかりとすれ, かりにぶんが, かりにすべてありえたとして, かりにすべてこれらの者, かりにそうして小新聞, かりにそちが目的, かりにその後の私, かりにたしなめてみる, かりにただ一人の, かりにつくろひなどす, かりにつけがたし, かりにも行った, かりにできたところで, かりにどれかの一枚, かりにどんなによいもの, かりになったご衣裳, かりにならんだらう, かりにならぬかも知れませぬ, かりになりましたか, かりになりましょうしね, かりになりますか, かりになるであらうが行, かりにあたしが, かりにねずみの身長, かりにのぼりてやがて, かりにはえ抜きのパリッ, かりにひとが斬った, かりにふとそのよろい, かりにッつかった, かりにほかのやつ, かりにほんとの殺人, かりにぼくの周囲, かりにまあ道徳律が, かりにまじめな意見交換, かりにまちがいのない, かりにまともに沖, かりにもう一度生れかわって, かりにもかの女の, かりにもっと譲って, かりにやす子に恨み, かりにわが日本政府の, かりにわざわざ朝の, かりにアルコールが体内, かりにエネルギーを全く, かりにカヌカと名づけ, かりにキミのナイフ, かりにクイ先生のいわれるごとく, かりにジャンといい, かりにチロとよびます, かりにトムさんを御前, かりにノロちゃんとします, かりにノーマルな人間, かりにパリへ行っ, かりにパンチがあつ, かりにヒラコが開田, かりにピサロの親子間, かりにフランスの作家, かりにマフラーとよんでるだけの, かりにメフィストフェレスが出現, かりにロシアやドイツ, かりにと一, かりに一々文意が, かりに一ことでも, かりに一つ二つの幸福, かりに一ツの国, かりに一万トンの帆船, かりに一俵一両としても五千両, かりに一天の御座, かりに一夫婦が平均三人, かりに一度も赤ん坊, かりに一日遅れても, かりに一日十里の割合, かりに一旦予備役に, かりに一時の気休め, かりに一本二分ずつにした, かりに一緒にモスク, かりに一週間と見れ, かりに万一そんなこと, かりに三分間だと, かりに三十年間飲んだとして, かりに上せられても一刷毛, かりに上下の名, かりに下したる推断が, かりに不正とある, かりに不祥極まる運命, かりに不純な動機, かりに与えたとしてもその, かりに世に誰一人として, かりに世上へ問う, かりに世界の工藝品中, かりに世界中を征服, かりに両者を区別, かりに字などと, かりに中央にある, かりに中風で寝, かりに乾いた溝に, かりに事実とするなら, かりに二つに分け, かりに二三の同名, かりに二十人から一万, かりに二十年間に同, かりに云うとすれ, かりに五ツ衣の裳, かりに五万円平均の撮影費, かりに五円の売上げ, かりに五分以上の間隔, かりに五十倍か百倍, かりに五十年とすれ, かりに五十日や百日, かりに五千ポンドとすれ, かりに人生を六十年, かりに此の, かりに今日かよう, かりに今日坊間の一男子, かりに今茂時とされ, かりに企んだとしてもこう, かりに伊達を犯人, かりに伯竜が天女, かりに佐伯部をもっ, かりに体力や智力, かりに何一つ他には, かりに何年かの後, かりに作品の内容, かりに作戦の許す, かりに作者が一つ, かりに信じこれを, かりに信じたにせよ, かりに信ぜらるる, かりに信玄亡きあと, かりに信用して, かりに俳句の會, かりには思はず, かりに健在であるとしても, かりに偶然でないと, かりに偶然世界一の女房, かりに催眠術師が生きた, かりににしたがう, かりに優秀な人間的力量, かりに先刻の怪人物, かりに先天的にそういう, かりに先年英国とトランスバール, かりに世界の, かりに全く絵画に, かりに八千万円と見, かりに六蔵といっ, かりに円卓につい, かりにてるすでした, かりに出ましたよ, かりに刺傷だとして, かりに前半に, かりに前者を, かりに割引して, かりにをもっ, かりにをとれ, かりに労農無産協議会がこの, かりに動物説話の名称, かりに勝利の時, かりに化身を現, かりに北条殿に弓, かりに区切りが出来た, かりに区別して, かりに十二時間となさん, かりに十四になった, かりに十首ばかりその, かりに千年杉のこずえ, かりに半分だと, かりに子音語の, かりにの古, かりに原稿料が同じ, かりに神奈川県の, かりに友人がそれ, かりに友愛塾という容器, かりにになじむ, かりに同じと見, かりに同職として見, かりにけられた, かりに名文ができ, かりに君たちの居住区, かりに君ら自身が君ら, かりに周公ほどの完璧, かりにを貴方, かりに哲学一般の構造, かりに善悪でいうなら, かりに喝采と標題, かりに四分三十六秒とでもし, かりに団十郎が五万円, かりに固体で空気, かりに国家が統制, かりに圏外の冷静, かりに地形図の中, かりに地球歴史のある, かりにを出る, かりに増鏡などの日, かりに壮夫といえる, かりに外出するの, かりに外国から学んだ, かりに大きな破綻や, かりに大判一枚を十両, かりに大宮口から登る, かりに大石内蔵助良雄という人間, かりに天下というもの, かりに天意とよぶなら, かりに天皇でないただ, かりに女中だって病気, かりに女學校を卒業, かりに好きであつ, かりに姿は花, かりにの異状, かりに媼さんは川, かりに宇宙間にただ, かりに安彦君の会った, かりに定家を今, かりに宝鏡先生が朝倉先生, かりに実在するもの, かりに実際は男女同数, かりにがなお, かりにの明星, かりににおいて職工, かりに家康が軽々, かりに家族の係累, かりに宿帳を見せ, かりに将来世界が一つ, かりに尊氏の亡父貞氏, かりに小林多喜二の, かりに小犬に姿, かりに小鼓と名づける, かりに少々図々しい女, かりに局長が四十ルーブル, かりに山の神の母, かりに山人と申し, かりに山頂に近くソウレ, かりに島伝へ祟る, かりに帝堯をし, かりに帳消し出来たとしても, かりに平手打ちでも喰わせられる, かりに平等であったとして, かりに底光りして, かりに弁信がそれ, かりに弁解するとしても, かりに強い人間が, かりに形づくられています, かりに形式で申し渡す, かりに役人である人, かりに彼らを水軍, かりに彼女たちをいろ, かりに後者のどれ, かりに従三位文部卿にでもなった, かりに従軍しましても, かりに御岳の裏, かりに恋愛したと, かりに意味の上, かりに意志が鍛錬, かりにや憎しみ, かりに慶応義塾と名, かりにの深い, かりに戦争中の古い, かりに手近なもの二万個, かりに批判ができた, かりに抽象して, かりに拙者が名, かりに持つという特別, かりに持明院統の量仁, かりに挿絵の相互, かりに掛つてゐる樣, かりに掠奪された女, かりに探しだせたにし, かりに支払をした, かりに政府をし, かりに政権をとった, かりに教育家の立場, かりに敵手へあずけ, かりに斑牛の子, かりに方言匡正家のいわゆる, かりに旋律的要素と名づけ, かりに既婚者の男子, かりに日常普通に起こらぬ, かりに日本に小戦, かりに旧式とする, かりに早川が犯人, かりに早春とし, かりにはあっ, かりに是等の疑ひ, かりに智恵子が今, かりに書くかわりに, かりに替玉が刑務所, かりに最も厚意ある, かりに最初東に向かっ, かりに最少限度の一大字, かりに月百冊の良書, かりにつたとしても, かりに木ぎの葉, かりに未亡人の前, かりに本丸をかため, かりにてしゃべっ, かりに柘植の世話役, かりに根本原因も理屈, かりにのない, かりに権田正助, かりに機微にふれる, かりにはし, かりに此部類にこめ, かりに殺されたとする, かりに殺したとしたら, かりに殺人者のナイフ, かりに毛利家が天下, かりにやすめの, かりに気分だけは無念夢想, かりに水辺からやや, かりに江戸の幕府, かりに池田内閣で十年後, かりに汽車がさる, かりに津島修治とでもし, かりに活力消耗の趣向, かりに海尊であったとしても, かりに清洲からの発足, かりに渾沌時代と名づける, かりに演劇を中心, かりに漠然と公安を, かりに濁音を清音, かりに熊沢天皇が南朝, かりに爆弾を破裂, かりに犯罪をやつ, かりに猛獣が来, かりにの十分の一秒, かりに王様が殺された, かりに現代の作家群, かりに現代科学者が科学者, かりに現在の私, かりに現実を超越, かりに理性が真相, かりに理由を挙げ, かりに生きていた, かりに生涯の不幸, かりに生駒山が噴火, かりに田川大作のよう, かりに由子が告別式, かりに甲州路より乱入, かりに男八時間女八時間の社会的, かりに留置場へ投, かりに白雲に見られた, かりに百七十メートル程度とする, かりに百歩をゆずっ, かりに皇后を救, かりに出たくないと, かりに相手が警視総監, かりに相手方の武蔵, かりに県庁が許し, かりに真名古が加十, かりに真面目な荘園, かりに或はその他, かりに知性の西欧化, かりに研究の順序, かりに碁将棋でいうなら, かりに神奈川県を指定, かりに神様がある, かりに私情を犠牲, かりに私自身がマルクス主義的イデオロギイ, かりに秋川家のおやじ, かりにを日本人, かりに種族そのものの内部, かりにってみる, かりに突然求婚者に, かりに立場をかえ, かりに之助, かりに米六合とみれ, かりに精神病者としても彼, かりに素子の月給, かりに素材からくる, かりに経済的な搾取関係, かりに繕いたれば車通い, かりにのない, かりに美作の郷士本位田又八, かりに美談であると, かりに義塾出張の講堂, かりに聖人にとついだ, かりに職場で進んだ, かりに肉体的虚弱であったとしても, かりに脅迫状到着のあと, かりに腐乱が来ない, かりに自主的な堕落, かりに自分たちが, かりに自分ひとりのみが此世, かりに自身の仲間, かりに芝居らしいもの, かりに芸人だとか, かりに若し小生に, かりに若党と馬丁, かりに英国のこと, かりに英語の如く人, かりにる女, かりに著しくその場合, かりにに事件, かりに蜀軍の水陸軍, かりに蟻一匹の力, かりにて来, かりに行くことが, かりに行ってね先ず, かりにを近づけ, かりに裁判は県庁, かりに襲撃されたとしても, かりに見つもっても何千何万, かりに見るとこの, かりにを殺し, かりにつて, かりに言って聞かされた, かりに言葉があったら, かりに設けられている, かりに許す可き, かりに註釈者を設定, かりにとよぶ, かりに誤算し見落しても, かりに説くべき人が, かりに説話に附随, かりにかが徳川, かりに論理は誤っ, かりに論理的には君, かりに天に, かりに諸君のうち, かりに貧乏人を三通り, かりに貴島のあり, かりに起ち上がって暴動, かりに越してくる, かりに越智が本心, かりに辰めが今, かりに近い二の, かりに近世琵琶をこの, かりに速水荘吉と呼ん, かりに遊びに来た, かりに道中で異, かりに道江を中心, かりに道江さんがきょう, かりに道義的に貞操, かりに達し得ないとしてもその, かりに遠まわしに諭され, かりに適したところである, かりに部落ごとに異なる, かりに酔つてゐたに, かりに重吉が承知, かりに重吉さんが帰る, かりに野山の紅葉, かりに金鉱を見つけた, かりに鉄道当局の記録課, かりに長嶋へ攻めかかる, かりに降りて来た, かりに除かないで採録, かりに隠れ場所が分っ, かりになら雨, かりに非常の特典, かりに非難を受け, かりには照れる, かりに革命が起り, かりに顎髭がある, かりに食欲があつ, かりに鶴野噴水君と名乗っ, かりにを飼つたの, かりにから0, かりにA子と, かりにNNとすれ