青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「がい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かりに~ かる~ ~かれ かれ~ かわいそう~ ~かわり かわり~ かん~ が~ ~がい
がい~
がかり~ がけ~ ~がた がた~ ~がたい がたい~ ~がち がち~ ~がっ がっ~

「がい~」 1060, 11ppm, 9853位

▼ がい~ (411, 38.8%)

30 ように 14 顔を 8 からだを 6 顔も 5 ような, 心の, 眼の 4 ことは, ために, 中に 3 あること, 人は, 心を

2 [27件] あるいたずら, ある仕事, ある美人, ことだ, ものとして, 前途を, 勉強に, 心が, 心は, 愛情の, 手に, 無事を, 生活が, 目を, 胸に, 腹の, 膚に, 話が, 責任だ, 身の上を, 身を, 身体を, 遠慮, 間で, 間に, 関係を, 顔は

1 [263件] あいだが, あいだに, あとで, あまりこっそり, あらましを, ある, あるいい, あるこの, あるほど, ある人, ある人物, ある人間, ある優越, ある婦人, ある宮様, ある気, ある課題, ある都, ある顔, いる大きな, お婆さんの, お椀いっぱい, かたきだから, きょうだいな, ことから, ことが, ことで, ことには, ことばでは, ことを, ためだ, ためでも, とけぬ矢先, ところを, ないの, ないやつら, ない新婦, ない暗君, ない相手, ない程, ない童女, なき味方ども, ねえやつらだ, はく炭酸瓦斯さえ, ひそかな, ほんとうの, ほんほん, まど, やくざ者が, やること, ようすであった, コップを, ミディネットは, 上分別, 下の, 不幸です, 不運です, 不運の, 不運を, 中で, 人が, 人びとは, 人格も, 人生を, 人間が, 仕事についても, 会釈が, 作家なら, 価値を, 信仰の, 信頼の, 修養と, 偽らない人情, 共同生活の, 共同社会を, 前では, 剣が, 力で, 力の, 努力によって, 勉強である, 動物試験を, 勘違いの, 勝負よりも, 危険の, 友だちの, 受持を, 合図で, 合点, 同情が, 否定の, 呪い憎みあう, 品物を, 国は, 国人が, 坊さんは, 報告を, 声が, 声を, 変化の, 大群が, 天才だ, 姿は, 姿を, 子でも, 存在を, 安全を, 室の, 寄合いだ, 寝台は, 導かるる方, 巣じゃ, 帆を, 常である, 平凡さを, 幸福じゃ, 幸福に, 幸福の, 店は, 庭の, 弓矢は, 影が, 徳さんで, 心持ちは, 心理を, 怒罵喧噪, 思いを, 思うこと, 思慕を, 怪物でなく, 恋の, 息と, 息の, 意見が, 愛から, 愛の, 愛情が, 愛情とだけ, 愛情を, 感情が, 態度をは, 懐中電灯に, 戸籍しらべ, 手ざわりが, 手を, 手首を, 持つたのしき, 援助を, 援護が, 攻伐, 敵という, 文通も, 料理は, 料理料理人の, 早耳を, 最善の, 朝の, 本望だ, 様子が, 欠点や, 歌なども, 歌舞伎の, 武運を, 武門の, 死の, 民衆の, 気が, 気合が, 気持が, 水が, 水を, 消息によって, 涙に, 災難で, 為めに, 無力さそして, 無力を, 熱涙を, 独立は, 献立料理これで, 獣は, 理解を, 生活と, 生活に, 生活の, 生活を, 生活設計について, 生活設計の, 留保として, 目から, 目の, 目的信念を, 相手の, 相手は, 相談に, 眼が, 眼つきに, 眼とが, 眼に, 眼は, 瞳を, 祭りは, 秘密を, 穀物の, 立場は, 笠しか, 紅雀を, 経験で, 美貌へ, 羞恥心という, 群れの, 老乞食, 者には, 肚を, 肩へ, 胸で, 胸は, 胸倉を, 臣節という, 舌頭から, 莫迦も, 血しお, 血に, 見知り人などは, 視線を, 親切を, 解けぬ二, 言論集会結社の, 計画を, 話で, 話は, 誤解である, 貨車が, 趣味をも, 距離は, 距離を, 身づく, 身に, 迷惑, 迷惑と, 連山などと, 部屋に, 金公は, 間だけで, 間では, 間の, 間も, 関係も, 陣地を, 雪景色, 青いマスク, 青い顔, 面を, 頭と, 顔が, 顔と, 顔の, 顔付や, 食物が, 食物で, 食物では, 髪を, 鳥を

▼ がい~ (151, 14.2%)

4 顔を 3 なって 2 して, しても, 自分の

1 [138件] ああちゆう, あっしから, いうても, いくらか, おさげすみ, おのれを, くらましては, こういう助け合い, ごく接近, しその, したおそろしい, したらええ, したら同じ, しづめこれある事, しのぎを, しよう, たえない, たつた一度, だきついた, つかわしますから, つながりあって, つながりを, つながり合う, でましたしだい, とがめ合って, なされて, なったよう, なった東兵衛, なりました, なりますと, なる, なるならおれ, なるの, なんでも, のしかかった, ひじを, びっくりし, ぶつかり合う音, ぶら下げた短剣, ますますひどく, ますます愛情, やられたの, よろこんだ, 上等で, 下手を, 了解する, 人間の, 付け込んで, 傾危の, 償うこと, 儲かったの, 冬を, 剣鋩を, 力の, 効果的である, 半分お, 口を, 同じ思い, 同等の, 嘲りながら, 変わった姿, 夜っぴて伜, 大して優劣, 娘を, 家に, 察し合う眼付, 尋ね合ったが, 少ない, 干戈を, 強く彼, 役の, 後向きに, 悪いこと, 悪いの, 愛し合うならそれ, 愛し合った場所, 憐れみ合って, 懐しがるべき, 懐の, 戦争し, 抱きしめて, 抱きしめられながら, 抱きすくめた, 抱きながら, 抱き合って, 放さない形, 敵対しよう, 日本に, 暑いんで, 書き合った, 最後の, 根を, 歩み合って, 気を, 汲めば, 理想化した, 生きて, 相助くる, 相手を, 相接せしめ, 相混合, 相睥睨, 相頡頏, 矛盾してる, 矛盾する, 矛盾せる, 競い合ってた青年ら, 縁組を, 美少年の, 股に, 肥料を, 茶屋や, 見られた, 見出し合ったの, 見合った, 覚悟が, 許し合って, 話し合うこと, 話を, 認める魂, 語り合うこと, 誠実である, 譲らずはや, 責められたがな, 身を, 身体を, 軽く抱きすくめた, 近寄って, 近親の, 遊した, 邪魔を, 閃, 離れた, 離れようとして, 非難されなかった, 顰蹙し合う, 風が, 飛ばすやらう

▼ がい~ (91, 8.6%)

5 して 4 した 3 する, 解くため 2 はらして

1 [74件] いっしょに, いれ併せて, うけ警視庁, うちこんだよう, おきざりに, おこした, かけないわけ, かけるとは, かの侍従, くわえようと, ささえながら, させ手当, したの, したり, しついで, してから, してからも, しました, しましょう, しますが, しよう, し朝, すませ髪, するよう, するん, すれば, そこに, たてたら彼, ちゃんと知ってる, つかまえて, といた, どうしてもあきらめる, なすって, はらすため, ひくよう, めちゃめちゃに, もつらしくただしました, 以って, 伸ばしあうため, 制しあって, 動かしながら, 呼び合うという, 喘ぐ火宅, 失わずに, 強める材料, 憐れみながら, 懐いて, 打ち消すよう, 打砕いて, 招くよう, 持ちたかったこと, 持ったまま, 持って, 晴らすため無理, 暮さねば, 止めて, 生じ候, 立てたの, 立てると, 立てるの, 組み合わせたまま, 結ぶロープ, 自然な, 見た, 見て, 見よ, 見出した様, 解いたその, 誓つた一人の, 起こした, 起こして, 送ろうと, 開き合って, 食うという

▼ がい~ (71, 6.7%)

2 あったと, あったという, あったよう, あるという

1 [63件] あった, あった然るべき, あって, ありましたこと, ありましたに, あるか, あるし, あるそう, あるって, あるであろうなどとも, あると, あるねん, あるもの, あるん, ある故, いかに強かっ, いと鳴立てた, いるの, おこったの, かからない, こまを, ございましょうぞ, ござります, しみ透って, その美人, ない, ないぞ, ないと, ないもっと, なかった, なかったら, はれたわけ, まあああ言っ, めいめいの, わいて, わきおこりました, 一家族の, 不本意, 今見た, 仲よく人間, 兼合いながらの, 反り頬, 大事な, 強いの, 心に, 愉快に, 懇意に, 房枝さんに, 晴れたはず, 晴れましたらどうぞ, 有る, 残されて, 注意しよう, 流亡し, 満たされない地上, 漂流し, 火の, 羽目を, 航路から, 裸の, 親なき, 起こって, 馬鹿な

▼ がい~ (59, 5.6%)

63 ことを 2 ことばかり, や即座, わけで

1 [44件] ことでしょう, ことに, さが, さそうであった, のです, の槍, ひどいこと, ものを, やあ, やいきなり, やそれ, やもう, やよろける, やわれわれ, やベンチ, やミツキイ, やラツパ, やワツ, や万吉, や全速力, や厚紙, や口上係り, や声, や変, や安藤弥生, や寝, や待, や後, や更に, や梯子段, や真, や立ち上がっ, や米運び, や糟谷, や腰, や自分, や豚, や返事, や郊外, や階上階下, ようすであった, 棚ボタばなしが, 親孝行者ぞな, 鍵ぞな

▼ がい~ (43, 4.1%)

2 しないか

1 [41件] いたしません, ここらで, さっそく自分, したん, しなかった, しまいかと, しんので, すまいかと, なさそう, なれずに, ばか力が, ひ, まだ全く消えない, まだ解けない, みなこの, みな同じ, ゆる, ゆる奈良, ゆる平時, ゆる景教碑, ゆる書籍, ゆる発展策, ゆる腕力, ゆる選ばれた見物, ゆる金曾木, ゆる関東, ゆる鳥居風, 一層強く, 何百とか, 何百フランとか, 切々に, 前世で, 労働者町な, 十分に, 厭に, 平静で, 毒飼で, 真宗の, 職業に, 馬車で, 黙って

▼ がい~ (21, 2.0%)

2 こが

1 [19件] ありますからね, あるという, ある時, あろうけれど, あろうという, しねえ江戸っ子風, できません, ない, ないわけ, ない馬鹿大将, なかった, なくぶつかって, なく将軍, なく御, ろこの, 丁寧に, 濃うなっ, 生れがいも, 知らぬ犬畜生

▼ がい~ (17, 1.6%)

2 ゆであるから

1 [15件] いうこと, しばられて, ふちを, まずそれッきり, もええ, もって, 向かうと, 妥協が, 宿へ, 扱いようが, 持って, 措こうかと, 申候, 組みそれ, 足に

▼ がい~ (16, 1.5%)

3 しさ 2 いと小さし

1 [11件] いうか, ほし, ほしくて, ものすごきもの, 同じよう, 少く清しき声, 巧なれ, 怜し, 思われたこと, 覚ゆる, 釘とで

▼ がい~ (10, 0.9%)

1 せこそ, ない, ないまでも, ない状態, なかつた, なかつたの, なくなつた, なんだ, ます, る言は

▼ がい~ (9, 0.8%)

3 の顔 1 が立っ, が背中, にはなれ, のぶら下がっ, もありました, らしい

▼ がいさえ~ (8, 0.8%)

6 すれば 2 しなければ

▼ がい~ (8, 0.8%)

21 からね, てのいえです, といわれた, と池田, な, 生蕃は

▼ がいでも~ (8, 0.8%)

2 よい 1 するの, する時, よいの, よかろう, 乞食でも, 行軍上至当の

▼ がいらし~ (8, 0.8%)

1 ってしきりに何だか, ってのお話し, ってよ, って三由屋, って下, って御, って病気, てその

▼ がい茶碗~ (7, 0.7%)

1 が金盥, とシャボン, にいっぱい, に水, へ, をからから, を使う

▼ がいには~ (5, 0.5%)

1 いへ, きめられないと, 云えない, 行かぬもの, 言いきれない

▼ がいいや~ (4, 0.4%)

31

▼ がいです~ (4, 0.4%)

2 から 1 それきりの, わ

▼ がいにも~ (4, 0.4%)

1 よそで, チラホラ腑, 蜂矢が, 魔法博士の

▼ がい~ (4, 0.4%)

3 そうに 1 なりましてん

▼ がいいっ~ (3, 0.3%)

1 たってお前, ておかみさん, て日頃親分

▼ がいとして~ (3, 0.3%)

1 サミユル艇長だけは, 描かれて, 私たちの

▼ がいなど~ (3, 0.3%)

1 した, しなくたって, 言ふ

▼ がい~ (3, 0.3%)

1 があります, の影, の根方

▼ がいかが~ (2, 0.2%)

1 しましょう, 取り計

▼ がいかに~ (2, 0.2%)

1 せん事, 場末と

▼ がいかにも~ (2, 0.2%)

1 窮屈そうな, 調和よく

▼ がいから~ (2, 0.2%)

1 仕込まれた, 私には

▼ がいつたい~ (2, 0.2%)

1 どれくらゐ, 茲で

▼ がいという~ (2, 0.2%)

1 ような, 大きな貝

▼ がいとしては~ (2, 0.2%)

1 そこまで, 病菌は

▼ がいながら~ (2, 0.2%)

1 ほとんど熱狂, 變に

▼ がいまで~ (2, 0.2%)

1 きづきあげました, 打って

▼ がい出した~ (2, 0.2%)

1 くらい容赦, 日には

▼ がい出したら~ (2, 0.2%)

1 それが, 腑に

▼ がい深い~ (2, 0.2%)

1 とこある, にちゃにちゃした

▼1* [65件]

がいあそばすのにわが, がいあらんことを, がいある男よと, がいいってんだ, がいいやがったんだ, がいかもしれないと, がいくらいつても, がいこそ人間と, がいざとなつて石見銀山が手, がいざとなりゃお互の公徳心, がいざとなればそのくらいの工面はつく, がいこつちの, がいたり小さくても, がいだったがそれ, がいだってお前この, がいだの酔っぱらいだの, がいらしとて, がいぢめたらしいと, がいっしょうけんめい手を, がいってやがて奥山, がいつつも手答の, がいつてはならぬ, がいつどうなるか分らない, がいであることは, がいではありません, がいとうになる, がいとはなるべからざるもの, がいとも結構な, がいながらも奥様の, がいなさいますか, がいなすったことだろう, がいなどを懸けるわけ, がいならきちがいで, がいなァしょんがい, がいにたいして仲の, がいに対してこういう解釈, がいねむりはでない, がいねんにやりきれなくな, がいのよふに, がいはくなち, がいはの媛にも, がいへのあたり, がいなりとて, がいよりもっとおそろしい, がい出すとたまらなく恐く, がいな観察, がい咲く花の, がい夜昼おまえのうち, がいァばさん, がい婆さんというあたり, がい完全な自制, がい惑い怪しみ合っていた, がい手水は迅速, がい手水祠前にぬかずい, がい手洗をつかっ, がい松以外には源平染分け, がいのもの, がいと, がい泣いとるがい, がい消すことの, がい深うさされ, がい膏打ような処置, がい行くにピラミイド, がい鋭い顔に, がい爺い