青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「がん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~がち がち~ ~がっ がっ~ ~がった がった~ がら~ がり~ ~がる がる~
がん~
~き き~ ~きい きい~ ~きいた きいた~ きき~ ~きく きく~ ~きた

「がん~」 2116, 23ppm, 5056位

▼ がんりき~ (985, 46.6%)

143 の百 129 の百蔵 12 の野郎, はその 9 はそれ 8 が, の奴, の手, の方, の面 7 のこと, はお 5 の傍, はこう 4 がまた, と七兵衛, のため, のやくざ野郎, の眼, の親分様, はこの

3 [23件] がお, がこの, が言う, という奴, という男, とお, の兄さん, の前, の声, の姿, の目, の耳, の胸, の腕, の身体, はいよいよ, はこんな, はまた, はやや, は何, は早く, は額, ほどの者

2 [28件] か, がここ, が受取っ, が言いました, が違います, とはがんりき, にこう, のあと, のよう, の意地, の沽券, の男, の百様, の鼻, は, はいささか, はそこ, はどこ, はもう, は先, は南条, は片手, は自分, は途中, ものろま, や七兵衛, をがんりき, を見込ん

1 [463件] あの女, ありとは, お絹, からいくら, からいま, からこう, からこの, からバクチ術, から剥ぎ取った, があの, がいい, がいただきてえ, がいよいよ, がいる, がお松, がこう, がこういう, がこんな, がしかく, がそれほど, がたった今, がちゃあん, がつい, がなぜ, がはじめて, がひどく, がぽんぽん, がやって来た, がカンテラ, がゾッと, がテレ, がニッ, がハタ, がポカン, がムズ, が一人舞台, が一言, が不審, が仰向け, が先, が再, が出, が動けなくなった, が北, が南, が及ばず, が吃驚, が呆れた, が呼びかけた, が唖然, が唾, が地上, が夜, が小腰, が少し, が差置いた, が待っ, が忍び込ん, が思わず, が怪訝, が意地, が愚痴, が昨夜, が来た, が根岸, が梯子段, が橋, が焼きもち, が猫撫声, が甘ったるい, が甚だしく, が石垣, が素早く, が結び, が続けます, が縦横無尽, が考えました, が胸, が腰, が腹, が自分, が自暴半分, が苦い, が荒っぽい, が講釈, が通っ, が違い, が遠慮なく, が長い, が附, が隠居, が音, が頂戴, が飛び上った, が黙っ, くたびれたろう, じゃあございません, すっかり有卦, そう易く, そこで兜, それでは抵当, だから, だがんりき, だけが当の, だけに窮命, だけへ矢先, だけを鳥沢, だと, だ一番, だ百, だ百蔵, ちょっと待っ, でありました, でなくて, ではございます, でもありません, とあの, というあつらえ, というやくざ者, というやくざ野郎, というやつ, というイケすか, という兄さん, という気味, という渾名, といっ, とが疾風, とが途中, とき, としてはのろま, としては国境, としては子供相手, としては神妙, としては首尾, としても浮びきれない, として目星, とそれ, とのろま, とはこんな, とは炉, とは甲府, ともあるべき, とやらいう, とやらが甲州者, とやらが覘, と一緒, と三人, と二つ名前, と二人, と何と, と別れ, と同じ, と向き合っ, と本格, と米友, と美少年, と見込ん, と言い出し, と言っ, と連れ, と違っ, なども素敵, ならここら, なるやくざ野郎, なんてそんな, にあてがう, にくれ, にはできません, に出し抜かれ, に判断, に取られ, に問いかけました, に引, に惚れ, に戻っ, に授けた, に水, に焚きつけられ, に留守, に組みつい, に脂, に限った, に頼みました, に顎, のいい, のいたずら, のお, のさら, のところ, のねぶ, のやった, のやまなん, の上, の両, の予想通り, の人相, の会話, の何, の兄, の再, の出動, の危急, の右, の合羽, の周囲, の地声, の奴め, の家, の小手, の年貢, の後ろ, の後ろ姿, の心持, の心根, の怪足力, の持っ, の敏捷, の案内ぶり, の横合い, の横面, の歩きぶり, の注進, の片腕, の甚だ, の痛, の百がいよう, の百ちゃん, の百以上, の目安, の相手, の眼前咫尺, の知恵, の立場, の第六感, の精根, の縄目, の肩, の背中, の胸倉, の膝, の行先, の袖, の言う, の言葉, の言葉尻, の譫言, の身, の逃げ, の運試し, の鑑定, の隠れた, の頭, の風向き, の飛んだ, の駕籠, の鼻先, はあわて, はいつのまにか, はうとうと, はがんりき, はここ, はこれ, はさ, はさすが, はそこで, はそれでも, はそんな, はそんなふうに, はそー, はたじろぎ, はたまらなく, はついと, はついに, はとても, はどっち, はなお, はなぜ, はなに, はなにげなく, はなれなれしく, はなんとなく, はのろま, はひきつづい, はまだ, はやはり, はやや暫く, はやりません, はよく, はわざとらしい, はわざとらしく, はカンテラ, はコロリ, はツイ, はニヤリニヤリ, はモウ, は一層, は両手, は今度, は何者, は例, は便所, は出しかけた, は刀, は前, は力み返る, は加勢, は勝手, は取りすまし, は口, は呆れ, は商売柄, は噛ん, は垣根, は執念深く, は大, は姿, は宙, は尋ねられ, は少々, は少年, は峠道, は左, は席, は帰っ, は帰った, は平手, は座, は引, は強い, は往来, は御大相, は御機嫌, は御覧, は思い出し, は意気込ん, は手, は手拭, は投げ出す, は抱え込ん, は挨拶, は斬り落された, は早速, は木, は案内, は楢, は江戸方面, は火鉢, は炉辺, は焚火, は燃えさし, は片一方, は物, は皮肉, は盗む, は盲目, は相, は眼, は社前, は窓, は竜, は笠越し, は細か, は結句, は縁, は胡坐, は脚絆, は腕, は腰, は腹這い, は舌, は苦笑い, は茂太郎, は血塗れ, は起き上っ, は足, は辰巳, は迎え, は逃げ出し, は速足, は遽, は部屋, は金, は長火鉢, は頻りに, は首, は驚い, は骨無し同様, へ耳打ち, ほどのもの, ほどの男, ほどの眼力, まして手入らず, もあきらめた, もいやいやながら, もおかしく, もここら, もこの, もこれ, もさいぜん, もし貴様, もその, もそれ, もちっと, もなく, もなれなれしい, もなんだか, もばかばかし, もほとほと, もやっぱり, もやりきれない, もデンコウ, も全く, も動き出さなけれ, も呆れ返っ, も喜ん, も堪らない, も怖, も意地, も改まっ, も暫らく口, も焼, も眼, も苦笑い, も降参, も驚いた, も驚く, らしくやや, をああ, をおびえさせた, をこの, をさえ取っ, をながめ, をばか, をテレ, を先登, を出し抜い, を初め南条, を助け, を取っ, を取押えよう, を呼び出し, を呼ぶ, を咎めた, を小突き廻し, を引, を引捕ろう, を得た, を怖, を探し, を控えさせ, を横, を煽て, を睨め, を罵った, を見直せ, を調戯, を追い立てた, を追い飛ばした, を遊ばせ, を遮二無二, を頼んだ, 実はお前, 来て

▼ がん~ (130, 6.1%)

65 ゐるの 4 え, ゐる 3 ゐた, ゐること, 僕の 2 さうし, しまふ, ゐると, ゐる自分, 居りました, 平気な, 笑ひ

1 [88件] いつかの, いました, いる深沢, うれしいだらう, えこう, おばあさんの, お伽話や, ごらん, しまひたいくら, せつせ, そっと, そつちの方を, その溝板, その障子, なんでも, なア, ぼんやり時を, もうセッセ, もえいだろう位, ゐたの, ゐた内儀さん風, ゐた小さい, ゐた後, ゐて, ゐるうち, ゐるお今, ゐるそば, ゐるでは, ゐるま, ゐるもの, ゐる女, ゐる女乞食, ゐる少年, ゐる男, ゐる癖, トーキイの, ナイフの, ランプの, 一日中下駄の, 下つて, 了つた, 五合ばかり, 今更の, 先刻から, 口にく, 吹き上がる釜, 對話する, 居る, 居るの, 岡の, 息を, 手真似で, 持つて, 接吻を, 描いた従軍画家, 来る, 柄にも, 梢を, 死ぬの, 母親と, 泉水の, 泥い, 泥に, 洗濯を, 火に, 火を, 熱心に, 片手拜み, 私の, 細かいもの, 縋って, 膝に, 苗を, 藻草を, 蚊帳の, 行くべきところ, 言つた, 話されるの, 貧乏ゆすりを, 走りぬけるの, 退いて, 遠く背い, 野郎どもの, 釣ること, 險しい, 雪を, 飯を, 駿三の

▼ がん~ (116, 5.5%)

8 ょうな鉄の 6 ょうに 3 ょうな板戸を, 搦み 2 からめ, がらみに, ょうなドアが, ょうなドアです, ょうな戸が, ょうな板戸が, ような

1 [82件] がらみや, やうに, ょうさいかめし, ょうさと負けん気とを, ょうそうな家が, ょうそうな小柄な, ょうだしガラスは, ょうづくりのナターシャは, ょうであった, ょうである, ょうでござったわい, ょうで分厚で, ょうで目が, ょうで脚が, ょうな, ょうなあぐらを組み, ょうなかぎのかかっている不審な, ょうなからだになった, ょうなじいさんがニコニコ, ょうなその手を, ょうなものです, ょうなわなをこしらえてもあいつは, ょうなんだ, ょうなんだからいっそ, ょうなコンクリートづくりな, ょうなドアは, ょうなブイが, ょうなブリキ製であった, ょうなボーイ長と, ょうな三河武士横柄に, ょうな五体は, ょうな人では, ょうな人に, ょうな体躯を, ょうな元気な, ょうな前足に, ょうな力強い, ょうな器械を, ょうな四郎五郎さんは, ょうな塀が, ょうな塀に, ょうな大きな, ょうな奴です, ょうな娘たちの, ょうな岩山の, ょうな広田が, ょうな戸です, ょうな手を, ょうな文鎮に, ょうな木の, ょうな木組みを, ょうな木造りの, ょうな板の, ょうな板戸に, ょうな柩を, ょうな桶の, ょうな檻の, ょうな渋びきの, ょうな男が, ょうな男ざかりに, ょうな竹が, ょうな胸の, ょうな腕が, ょうな船を, ょうな船板も, ょうな良人と, ょうな若者は, ょうな褐色に, ょうな身体を, ょうな鉄格子へ, ょうな鉄筋コンクリート造りで, ょうな錠前が, ょうな靴の, ょうな靴を, ょうな顔に, ょうな麻な, ょうにかぶっていた頭巾を, ょうにこしらえてありますよ, ょうに一枚の, ように, 縛めと, 縛めに

▼ がん~ (112, 5.3%)

103 が私 2 からどうぞ, が, がその, 私は, 私も

1 [89件] あゝ何, お楽, からお, からお家, からお母様なに御新造様, からその, からそれ, からどうか, からマア, から冬季, から叔父さんお母さん, から命, から喰い, から愍然げ, から此処, から泊めましょう, から私, から衣物, から親父, から首, から魂消, があの, があんた, がお, がそれ, がね, がねえ其の, が五両, が代, が別に, が又, が只, が家内, が御用, が旦那様彼処, が種々, が貴方, けど九人, けれどもとうに, けれども玉子焼, それだけ蓄, ぞ, といの, どうか屋敷, どうか目, どうか置い, どうもこれ名残, な, なお便り, のかい, はいマア大事, ばい, よおみやげ, よそうして, よだんな, よはおかしい, よ何, よ結構, よ諦めねえ, ネ, 一つまア, 伯母さん己ア母親は, 何う, 何でも, 何も, 借物です, 側から, 其の次第, 其処え, 前橋へ, 又母様, 口を, 只今までは, 嘉八や, 堺の, 多助さんは, 婚礼は, 己手に, 戸田様だけは, 旦那さん何処へ, 村の, 直にお, 私が, 私聞い, 誰方だ, 貴方の, 金を, 鋸刃もの, 關善まで

▼ がん~ (83, 3.9%)

3 脳天を 2 する娘, なぐられたよう, 云った, 肩を, 頭を

1 [70件] あごへ, いかんわ, いふ, うしろから, くらわしたばかり, くれて, したはるか山濤, した美しい, す, すなるべし, する, するを, する女性, する彼, する程, せしが, つきあげ正太, つとむる, なって, はりつけた, ぶつかったよう, やられた, やられて, やり戻した, わたしの, 一つくらしつけられ, 一つ喰らは, 一つ撲りつけたら, 一つ権八の, 一つ残す, 一つ殴られた, 一つ殴りつけ, 一つ見舞いました, 一発みごとでした, 乗り遅れる, 何かに, 促が, 勇敢な, 受けたが, 叩いた, 呼ばれ華やか, 喝破され, 喰らわすと, 壬生寺の, 常より, 強くたたいた, 彦太郎の, 彼の, 心中した, 撲わ, 支いた肱, 教師の, 来ました, 欲するなれば, 殴られたよう, 殴られた感じ, 殴り倒して, 為れど, 破れるよう, 胸に, 胸は, 言ふ, 谷底に, 鉄鎚を, 響いた, 響いたと, 響いたという, 鳴ってる耳, 鳴り視界, 鳴るの

▼ がん~ (51, 2.4%)

4 もの 32 から, わ

1 [40件] からいや, からからっきし, からそんだ, からな, からなあ卯平, から現在ぢ, か分らね, がね, がオレ, がンナ, が入れ, ぞ汝, つけなあ, というよう, ところを, と思う, な, ね, のだ, ばオレ, ばンナ, べかズラ, まま身じろぎ, まま長い, ものそん, ものです, よそれ卯平等駄目, よなあ, んべなんて, テ, ネ, ネエ, 儘我にも, 口臭は, 大枚十二文の, 女で, 女の子に, 掛員は, 撫で肩の, 散策者の

▼ がん~ (48, 2.3%)

2 さに, だ

1 [44件] さとの, さ即ち, でしようが, ですな, で強情, で狭い, ないこじ, なこと, なところ, なん, な主人, な人, な人たち, な偏見, な夜, な煙管, な目, な農村, な顔色, な黒服, に, にいいました, にこの, にそういう, にそこ, にてむかい, に下, に伸子, に前方, に口, に寝室, に屹立, に書類, に民主的団体, に田沢, に真っ黒, に窓, に立つ, に考え, に見くらべ, に言いはった, に首, ものらしく, 一徹な

▼ がん~ (35, 1.7%)

7 いいました 3 卵を

1 [25件] あるもの, いうと, さっそくこの, すつかり, たくさん飛び立ちました, たずねました, ために, ため国民的精神, だん, つづきました, つとめ弱い, むしろ反対, らんどんどと, 乱れて, 云った, 出来て, 彼らの, 来ないかも, 歎息を, 死んでも, 立つ, 答えて, 考え深い, 苦しんで, 都合が

▼ がん~ (33, 1.6%)

2 か, 前に

1 [29件] いるの, があん, ことを, ふらふら状態, やつは, やつ強い, やつ生きてた, ようすを, んあんたぐらい, 一うねりで, 上に, 乱れて, 入りあたりである, 名で, 告白を, 壁が, 姿は, 本性は, 本質を, 本領を, 様な, 死躰は, 眼には, 老僧, 記録は, 説明を, 諷諭だ, 青い瞳, 顔を

▼ がんどう~ (30, 1.4%)

4 返しに 3 提灯を 2 返しの

1 [21件] がえし, ぢようちんを, の山窟, の方, の明り, をつきつけりゃ, を差しつけた, 提灯が, 提灯と, 提灯に, 提燈あまり, 窟とは, 窟に, 行きを, 返しと, 返しを, 返等, 連が, 頭巾お, 頭巾という, 頭巾秀鶴頭巾お

▼ がん~ (30, 1.4%)

2 みんなを, 姫君の

1 [26件] いいました, うなだれた, この悪魔, さすが男, じかに, すぐにかぶとをぬいだ, そういう女, その前, なにも, みつからなかった, もうまったく飛ぶ, もう見え, オレの, ショウがね, 店の, 思い詰めたよう, 或日, 日本一の, 約束どおりやってきた, 織田信長の, 若いもの, 赤いオートバイ, 身投げを, 金使いが, 駆けずり, 駐在所へ

▼ がんばり~ (30, 1.4%)

3 のきく 2 のこと

1 [25件] がいります, がきい, が身, さえすれ, だ, だけで達成, でりきむ, で塩, とおし, となっ, なのに, についてその, に不十分, の情けな, の意志, はきかない, はもっと, は不合理, やさん, やだった, をやっ, を中心, を云われる, を示した, を警告

▼ がんまく~ (20, 0.9%)

2 と藤吉郎

1 [18件] から深い, が見える, すら彼, という細作衆, どうした, に友誼, の口から, の小屋を, はそういう, はまだ, は以前, は渋々, は蒲団, は顔, は首, や藤吉郎, わしを, 一人が

▼ がん~ (18, 0.9%)

6 お彈 2 這ふ 1 かけましたせい, きめ出した, きめ込みたいところ, きめ込むこと, さぐれよなが, とった, 供物を, 先頭に, 冒険の, 決め込んでも

▼ がんとして~ (17, 0.8%)

2 口を

1 [15件] おうじて, おった, お聞き入れ, この家, それを, 何が, 口外すまじき, 大きく, 応じない, 応じません, 緘黙を, 苦しげ, 言いはった, 雪に, 香の

▼ がんちゃん~ (16, 0.8%)

2 の方

1 [14件] が勢い込ん, が抜からぬ, でげす, でなけりゃならねえて, というの, なんぞにこうして, に限ります, の名, の腕, の苦手, の足, もいささか, や洛北, を見立てた

▼ がんせん~ (15, 0.7%)

1 [15件] お母さんどうか, かえ, かこれから, からどういう, から北牧, から強, か多助さん, があんた, アレ又, 又おえい, 商人衆も, 後で細か, 私いだって, 私が, 私も

▼ がんもどき~ (14, 0.7%)

2 とはんぺん, のおでん, の煮つけ 1 かいほ, かいほほほほほほ, と仇名, と怒鳴っ, ならありますが, のたぐい, は割に, をつまみあげ

▼ がんだり~ (12, 0.6%)

7 して 1 するのに, する度, 三本合わせ, 歩いたり, 立つたり

▼ がんばつ~ (12, 0.6%)

4 てゐた 1 てたら兄, てみたら, てゐました, てゐます, て來, て受けつけない, て定まり, て自分

▼ がん~ (11, 0.5%)

1 [11件] からお返し, から渡された, とは前, と書い, に済まない, のお, のところ, の御意, の遊ん, はお, やお

▼ がん~ (9, 0.4%)

2 の光, を持つ 1 です, とよぶ, の丸い, の検め, は足元

▼ がんすか~ (8, 0.4%)

21 なす, ね, の東京, ハア今夜, 其の代り, 其の時分

▼ がん~ (7, 0.3%)

1 て, てお, ておりました, てな, てね, ての事, よ

▼ がんでも~ (7, 0.3%)

2 いい 1 い, いいけに, いいよ, ええ, よからう

▼ がんなさい~ (7, 0.3%)

21 と申し上げたい, な, な今日, よでも, ナ

▼ がん~ (7, 0.3%)

1 そ云ったら, ちょっと言伝, むしゃぶりつき平手打ち, 向かって, 嵌めこまれた十八世紀, 策尽き, 茄子の

▼ がん張っ~ (7, 0.3%)

3 ている 1 てい, ていた, ています, て居る

▼ がん~ (6, 0.3%)

1 これに対して, どき大根, どき小, どき竹輪, みんなが, 征服された

▼ がんした~ (5, 0.2%)

1 あゝ痛い, お母さま八歳の, がなにしろ, そうでんした, なう

▼ がん~ (5, 0.2%)

1 こころが, んしよ, 彼方へ, 新聞社は, 綺麗な

▼ がんりき一人~ (5, 0.2%)

1 だけを打ち倒した, だけを狙わない, の面, を射, を隠し

▼ がんりき貴様~ (5, 0.2%)

1 にはそんな, に少し, はこの間, は南条, も忍び

▼ がんしねえ~ (4, 0.2%)

1 おえい, から貰われやし, で, と言う

▼ がんしょう~ (4, 0.2%)

1 がごらん, が今, それを, ねえ

▼ がんじ絡め~ (4, 0.2%)

1 となっ, に土台柱, に縛っ, に縛り上げ

▼ がん~ (4, 0.2%)

1 などが咲き乱れ, の文末, の樹, の花

▼ がんがらがん~ (3, 0.1%)

1 だから, のふらふら, の壁

▼ がん~ (3, 0.1%)

1 びでおびきよせて居る, びや昔の, びを

▼ がんこと~ (3, 0.1%)

2 は盛岡地方 1 もたやすから

▼ がんたち~ (3, 0.1%)

1 が狭い, はいくばく, は湖上

▼ がんという~ (3, 0.1%)

1 ものすごい音, ような, 単調な

▼ がんとは~ (3, 0.1%)

1 どういう字, 先づ駄々ツ兒六分に, 半年ほどの

▼ がん~ (3, 0.1%)

2 茄子の 1 え畜生

▼ がん~ (3, 0.1%)

3 の娘

▼ がん~ (3, 0.1%)

1 はその, も買, を手

▼ がん~ (3, 0.1%)

1 の大きな, の根, をすげた

▼ がんから~ (2, 0.1%)

1 ん, 片附い

▼ がんからん~ (2, 0.1%)

1 がんから, がんからん

▼ がんがん~ (2, 0.1%)

1 として何, どすんどすんと

▼ がんぎり~ (2, 0.1%)

1 が光つて, で忽ち

▼ がんこア~ (2, 0.1%)

1 来た, 来たがんこア

▼ がんこア來~ (2, 0.1%)

1 た, たがんこア來

▼ がんこ者~ (2, 0.1%)

1 だの, の親父

▼ がんすけん~ (2, 0.1%)

2 皆体で

▼ がんすな~ (2, 0.1%)

2

▼ がんぢがらめ~ (2, 0.1%)

1 にせずん, に縛められ

▼ がんでは~ (2, 0.1%)

1 いけねから, 居なかつたで

▼ がんなさいまし~ (2, 0.1%)

1 お茶でも, よ

▼ がんなさる~ (2, 0.1%)

1 と台所, んで

▼ がんなすっ~ (2, 0.1%)

1 てお茶, て下せえまし

▼ がんばつた~ (2, 0.1%)

1 が遂に, な久

▼ がんばり屋~ (2, 0.1%)

1 の青江三空曹, もあった

▼ がん~ (2, 0.1%)

2 えな

▼ がんりきおれ~ (2, 0.1%)

1 がこうして, を知ってる

▼ がんりきそち~ (2, 0.1%)

1 はどこ, は妙

▼ がんりきめ~ (2, 0.1%)

1 を囮, 丸くなっ

▼ がん~ (2, 0.1%)

1 でせい, にとめ

▼ がん~ (2, 0.1%)

1 では, とやらお

▼ がん~ (2, 0.1%)

1 なしゃっくり, やうそつき

▼ がん張つて~ (2, 0.1%)

1 ゐるヒステリ女, 居るん

▼ がん~ (2, 0.1%)

2 もなく成りぬ

▼ がん~ (2, 0.1%)

2 つて呉れえや

▼ がん~ (2, 0.1%)

1 がえる, がへる

▼1* [120件]

がん野の, がんからや言や, がんがのウ, がんがらがんのがあん, がんがんがんごうごうごう, がんきめ込んだんや, がんこなかっこうである, がんこの叔父さんが, がんこ一徹の老, がんしたけんども今度, がんしなえ相手が, がんしょうがの, がんじきをつけた, がんじゃアいかん, がんじゃあないか, がんじ絡みになっ, がんすえの, がんすかお尋ねすべいと思った, がんすか味噌漉に一杯五文, がんすか多助も父様, がんすか私から精しい, がんすか私ア遠い山国, がんすか結城紬というもの, がんすか良人マア幾歳になるだ, がんすか計り炭はようがんすか, がんすねえ旦那様槍で, がんする鎚の, がん六波羅一の, がんせうのと横歩, がんだいあんちくしやう, がんだい不意に飛び出し, がんだい腹は借り, がんだけで勤めること, がんだなア, がんだればオメ様, がん糞がんち, がんちゃんと和らげて, がんちゃん儀は犬, がんちゃん儀めまぐろしい旅, がんちゃん君にひとつ, がんちゃん否やに及ばず, がんちょ参りにも, がんぢやうな前膊, がんぢような年, がんでしまつている, がんですよ, がんでねえぞ父ちやん, がんでやあがる, がんでをる窓, がんでんがんという, がんどすんどすんと, がんどんがんと壬生寺, がんどんがんひつきりなしに響い, がんないやい, がんなせえね, がんなど思ううち汽車, がんなどを買ったの, がんなべの屋上, がんならおれが, がんなりした様, がんにとってこの山中, がんねえ其様に, がんねんでご, がんはのびたままげっぷうをしているでしょ大変だ, がんつても, がんばかりなる逞, がんばらなくちゃ, がんばらして病気, がんばりあいをつづけ, がんばりかたで理論化, がんばりぶりにもかかわらず, がんばり入道ずばい坊, がんばり入道影の薄, がんばり翁もその, がんばり青江と言われる, がんばり飛行機なの, がんひつきりなしに響い, がんひょうか, がんほろほろちょうきじの, がんぼだのといふ, がんまりしたその, がんもどき竹輪につみれ, がんものか動く, がんよりは能く, がんりきお前の捜し, がんりきさん天竜寺の一件, がんりきのがの字, がんりきひとりは垂井, がんりき先生は一向, がんりき名代の腕, がんりき尾張名古屋の金, がんりき御苦労さまだその, がんりき扉から欄干, がんりき昨夜のあの, がんりき時間はどんな, がんりき生涯の不覚, がんりき直伝の胆吹留守師団, がんりき自身もまた, がんわれの父, がん喚声を, がんなんぞと戲, がん事三月十二日永劫の旅路, がんと角, がん公お前の手, がんなど厳め, がん張ったそうだ, がん張ってる表の, がん張つて車窓からの眼, がん張らないとどうしても, がん張られて街, がん張りがん張り出して, がん張り出して見る, がん忘れやがったか, がんがいい, がんの家庭, がん有様にお, がんやカアリング, がんを過ぎ, がんがある, がんが著