青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「がる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

がたい~ ~がち がち~ ~がっ がっ~ ~がった がった~ がら~ がり~ ~がる
がる~
がん~ ~き き~ ~きい きい~ ~きいた きいた~ きき~ ~きく きく~

「がる~」 4447, 48ppm, 2428位

▼ がる~ (608, 13.7%)

3332 である 28 も無理 26 です 131211 を無理 7 であった, は, よ 6 だが, だろうと, では 5 だろう, であります, と同じ, は少し, は無理 4 かしら, だった, でした, ですか, ね 3 ぢや, であるが, は自分, を見

2 [28件] かさっぱり, かな, が人情, が常, が癪, が百姓, じゃ, だから, だからね, だこの, だな, だよ, だろうか, であろうか, でございます, でしょうね, ですから, はい, はこの, はこれ, はつまり, は必ずしも, もよい, や, を強, を自分, を見た, を見よう

1 [301件] いくたびにそうなの, かあんな, かいう, かそういう, かその, かとうんざり, かと不思議, かと伊部熊蔵, かと何, かと取り, かは別, かもしれない, かわからなかった, か不思議, か分らず, か分らない, か君, か彼, か御, か料簡, がいけない, がおもしろかっ, がこの, がこれ, がはっきり, がわたしたち, がオカ, がチベット人, が一番莫迦, が万事, が不快, が不思議, が人間, が今年, が先, が厄介者, が可, が変, が多い, が当, が当り前, が当然, が彼奴, が恐らく, が昨日, が本能, が欠点, が気, が流行, が男, が癖, が結局自分, が習い, が老人, が自分, が芝居道, が見えた, が記者本能, が通例, が間違ひなん, が面白, が面白い, さいきなり, さえある, さ馬鹿馬鹿しくっ, だあの, だお, だおまえさん, だからだ, だけれども, だことに, だこんな, だずおん, だぜ, だそう, だっ, だと, だという, だらう, だらうと, だろう妙, だサア何奴, だ井戸端, だ初め, だ手前, だ此ン畜生, だ盛り, だ自分, だ藁, でありました, であり従って, であるしかも, であるそこで, であろう, であろう臆病, でございますの, でしたから, でしたが, でしょう, でしょうそれ, ですが, ですね, ですよ, ですわ, です今に, でないから, でないこと, でも, でもあった, といけぞんざい, とどちら, とは訳, と似, と似た, と反対, と台所, と同断, と我々, と打つ, には困った, には困る, には泣かされた, には驚いた, に不思議, に似た, に劣らず, に頓着, ねすぐ, ねわたし, ねドストイエフスキー, はあの, はいかにも, はお前, はこんな, はそう, はそんな, はそん時, はっ, はとことん, はなん, はなんだか, はほんと, はむしろ, はもっとも, はよい, はわたし, はト, は一種, は世界, は云う, は人, は人情, は人間, は何, は何だか, は何と, は余程, は儂, は八, は八百半, は単に, は危, は原子力, は又, は口, は口惜しい, は多く, は大和魂, は好い, は実に, は宥, は小鳥, は少々, は尤も, は山, は川童, は希有, は年上, は庶民, は当, は当たりまえ, は当の, は当り前, は当然, は後, は悪い, は意味, は承知, は昔, は時節柄, は普通, は普通一般, は本, は格別, は植木, は楽, は止せ, は沙汰, は温帯人, は無理ぁねえな, は片腹痛い, は理由, は申す, は白熊, は相, は相手, は良く, は虚栄心, は要するに, は解りきっ, は誰, は貧乏, は贅沢, は農村, は近視眼者流, は都, は間違っ, もあたりまえ, もあり, もあるいは, もいい, もかまわず, もきまり, もその, もだから, もまあ, もまったく, もむりはありませんよ, もむりはないだろう, もむりもないわけで, もやはり, も一つ, も不思議, も亦, も全く, も実は, も少々, も尤, も彼, も恐らく, も構はず頬摺, も無, も耳, も肯かず, も臆病, も道理, も関はず, も頓着, や品数, よオホホホ, をあ, をいじらし, をいろ, をお, をそれ, をひどく, をまあまあ, をみる, をやけに, をよう, を丸山勇仙, を人情, を何故, を僧形, を出し, を制し, を厭, を叱り, を叱りつけようてった, を始め, を嫌ひなの, を宥め賺し, を察し, を強引, を御覧, を感じ, を捨て, を文吉, を構はず, を構わず, を毛嫌い, を無理やり, を目, を真喜, を睨ん, を知っ, を知らねえ, を知り, を私, を笑つて理由, を終日, を見る, を親たち, を許し得なかった, を賊, を返事, を防ぐ, サ, 寝られないよう, 延と, 性質を

▼ がる~ (374, 8.4%)

19319 だろう 13 だから, です 11 だな 10 だよ 8 だらう 5 だか, ですよ, でね 4 だと, だもの 3 だッ 2 だえ, だからなあ, だからね, だが, だぜ, だね, でしょうね, や

1 [65件] かと思, かよ, かよ忘れ, じゃ, じゃねえ, だあの, だあれ, だからさ, だがね, だきっと, だけど, だけどねえ, ださ, だそう, だそれ, だぞ, だつ, だつて, だてめえ達, だなあ, だふざけやがるな, だもん, だらう新兵, だらう藤ちやん, だろうか, だろうが, だろうがね, だろうと, だろうな, だろうなあ, だわ, だん, だナア, だハツハツ, だハヽヽヽヽ, だ下種, だ人, だ俺, だ其, だ厭, だ憚りながら, だ手前, だ承知, だ斯ん, だ本当に, だ椋鳥め, だ畜生奴, だ癪, だ白檀, だ見ねえどうも, だ貧乏人泣かせ, だ遅い, だ酢だこ, だ馬鹿, でございましょうね, でしょう, でしょうと, ですか, ですから, ですからね, ですけれど, ですもの, ならさっさと, やろかい, やろまだ

▼ がるもの~ (288, 6.5%)

2523 である 13 だが, なの 12 です 10 では 9 だと 8 だから, ですから 6 はない, を無理 5 であるが 4 さ, だよ, であるから, ですからね 3 がある, ですが, ですよ, は蔭, らしい 2 かね, があった, じゃない, であります, でも, で彼等, なので, ね

1 [103件] か, かと云つた風, かと思つて, がありましょう, がそうした, が多かっ, が近く, じゃございません, だし, だすと, だぜ, だそう, だとも, だな, だろう, だろうかしら, だろうと, だナ, だ此, だ豪勢, で, であった, であったが, であって, でありこの, であり結局, である現に, でこの, でございましょうかねえ, でございます, でした, でしてな, でしてね, ですね, です石部, でそんな, でな, でもしか, でやい約束, で一時, で五代目, で先妻, で初めごろ, で文章, で益々, で見ず知らず, で馬越氏, とはすこし, と父親, と見え, と見える, なのに, なのよ, なら何でも, なり菊塢, には何と, には遠慮なく, にケチ, に売る, の一つ, はありません, はいわゆる, はその, はないだらう, はなかろう, はなるべく, はみな, は与へる, は他, は何でも, は彼, は生まれる, は親, は金, ばかりであった, ばかりです, もあった, もあるべし, もいる, もない, もないでしょう, もなく, もまた, も有り, も無い, ゆえどうぞ, よりも忘れ, らしいが, らしかった, をお父さん, をくれ, をつかまえ, をと母, を孫兵衛, を氣, を無理無体, を皆, を真っ, を粗末, を見せ, を面白, を食べさせる, 買って

▼ がる~ (213, 4.8%)

9 承知しねえ 6 云ふ 5 思った, 思って 2 いう, 俺らが, 向う脛を, 彼は, 思つた, 手前の, 承知せえへん, 抱きあげて

1 [172件] いい, いいながら, いうが, いうよりも, いきなり逆, いけなくなるよ, いったらわし, いって, いつた輕, いふので, ええだ, お由, お留, こうし, この土地, さして庭, した気持ち, しょうちしねえぞ, しよつ引いて, じつア, すぐ末子, すれば, その分, その娘, その蛇, そろそろお, た, たちまちウワバミ, だらしなく, ついでに, つかひに, なお笑った, なお馬鹿, ぶッ, また, イヤがらない, オンボウ焼い, カテリーナ・リヴォーヴナを, スマイリイは, ドテッ腹を, ブリブリ怒っ, モーロー車夫の, 一そう得意に, 一同感心カラ, 一瞬相手を, 三足寄っ, 世間で, 二た, 云うこと, 云う様, 云う爾, 云う訳, 云って, 云つても, 五六人の, 人々に, 人はい, 今度は, 今頃はから, 仏頂寺は, 仰っしゃるんです, 伊太夫は, 何んでも, 何処からか, 使者が, 保険課の, 信じた旨明記, 俵括り, 俺が, 僕は, 先師は, 光秀は, 入れ代り, 全く身の毛, 八五郎が, 勘弁しねえ, 受け流したまま, 口を, 只ア, 叱, 同じ心持, 同時にますます神, 同時に喜, 同時に方々, 同時に金井君, 同様な, 同様に, 向ふず, 土手っ腹を, 土手つ, 夜風を, 大声を, 女が, 妙秀尼は, 小学生は, 小川中佐は, 小役人が, 尚ほ見, 岡つ引か, 年ちゃんは, 引き抜いた, 彦兵衞だらう, 彼も, 待ちかねて, 得意の, 心中はなはだ, 思いながら, 思う, 思うこと, 思ったから, 思ったので, 思ったら案, 思つた悟空は, 思ふなんて, 思わず心, 思われるも, 打っ殺して, 打殺すぞ, 承知しない, 承知しね, 抱かれて, 拠ろなく斬って, 持ち歩くかも, 捻り潰すぞ, 掛り合ひだぞ, 斬り人, 斯う思いました, 日本は, 棒し, 横目に, 此の, 殺して, 水を, 水ブッ掛ける, 無事じゃ, 獅子王を, 生かしちゃ, 生かしちや, 申しおったのう, 申すこと, 異説紛々たる所へ, 白い房, 目玉を, 直ちに宮中, 神田川の, 私が, 穢いからな, 縛り上げて, 考へて, 肯ね, 腰の, 腰ッ骨を, 自分で, 自分でも, 自分のは, 自身本陣を, 舌打ちを, 華陀は, 言う島国人的特性, 言った, 言って, 訊かれた方, 諸隊, 踏み潰して, 蹶飛ばして, 軽蔑され, 近習の, 道庵先生は, 降りかかるウエーヴ, 首が, 駿河台の, 騒いだな

▼ がるよう~ (175, 3.9%)

9 なこと 7 になった 5 では, なもの 3 です, なふう, な人, な美しい, に, になりました

2 [15件] だ, なお, な事, な女, な様子, な気, な気味, な気持, な物, な男, な話, な調子, にお前, にし, に出来てる

1 [101件] じゃ勘弁, だった, だったらその後, であった, であります, である, である猫, ですけれど, でヘヘヘ, なありさ, なぐあいにできている, なそういう, なところ, なの, なみすぼらしい, なら自分, なガサツ者, なヤボ, な一種, な乱暴, な仕組み, な余裕, な傾向, な具合, な口元, な口吻, な声, な大きな, な女性的稟質男子, な好奇心, な妙, な婦人, な小僧たち, な年, な心持, な心理, な意味, な愚, な方, な根性, な毛布, な気分, な気配, な牛乳屋, な用, な眼, な禁句, な美術品, な習性, な者, な表情, な見方, な言葉, な警官隊, な長い, な顔, な類い, な風, な食物, な首, な高潔, にすうっ, にそういう, になっ, になったら, になり, になる, にべつに, にまた, にまでなった, にもみえる, にやる, にスルスル, に云っ, に云った, に仕向けた, に叫びます, に大人, に寂し, に居, に彼等, に思われ, に恐れ, に懐かし, に手配, に曖昧, に渾然玉, に申し伝えろ, に相手, に碧海湾, に義輝将軍, に舌打ち, に見えた, に見える, に言った, に近所, に避け, に青年, に頼母, に飛出した, 申し伝えろッ

▼ がること~ (142, 3.2%)

27 はない 9 がある 4 もない 3 があります, であろう, はねえ 2 だろうと, である, でも, となる, はありません, もあった, もありません, よ, を真面目

1 [75件] か, かも知れません, か地団駄, があった, があるでしょう, がいよいよ, がございましょう, ができない, がよく, が防がれる, しか知らない, だけだ, だった, だらうと, だろうが, で, であった, であったろうか, であります, である一杯, であろうからと, でございましょう, でしょう, ですわ, で気, ないわ, なしに, においてこの, にした, に於, に變, のできる, の中, の多い, の好き, はこの, はないだろう, はなかっ, はなかつた, はみつ, は今後, は何, は全く, は勿論, は受合, は古今東西, は少し, は彼女, は有害, は母, は火取虫, は無類, は非常, は面目, ほどお松, ほど粗野, も, もあつ, もできません, も一度, も出, も出来た, も出来ない, も勝手, も困る, も恐れる, をあまり, をゆるさぬだらう, を無理, を知っ, を答える, を若き, 夥し, 夥しく今の, 嬉しがる

▼ がるから~ (97, 2.2%)

73 困る 2 いけない, いやだ, こんなこと, 癪に

1 [79件] あつしは, あとは, いけないの, いけないん, いざという, いずれストライキ, おかしいじゃ, おつき合い, おれが, おれは, おれも, きつと, こいつは, ここの, これに, これは, しょうべん組, じゃ, すぐわかる, そうだ, それを, そんな事, だおれ, だと, だめだ, だれだっても, ついまずい, であった, でせう, でそれ, どうせ只もん, なお改めない, ばかに, ふしぎだ, へんはばかり, まったくヒガン, みんなが, むっつりの, やい此ン畜生, やってや, やる, ヒョッとして, 世話は, 今叱りつけ, 会社あ, 俺あ, 俺も, 分けて, 口を, 可哀想に, 向うの, 呆れて, 嚇しに, 困るよ, 奴らの, 如何なる事, 始末が, 始末に, 子供たちは, 実はそれ, 性の, 戸を, 早いとこ, 最う兄貴, 死んでは, 火事に, 猶予を, 生きて, 生爪が, 私が, 罰が, 落第だって, 読みにく, 誰か, 這箇も, 面白半分, 餅の, 黙つてるん, 黙認してる

▼ がるので~ (71, 1.6%)

7 あつた 2 こまる, それを

1 [60件] あらう, あらうか, あらう臆病, いつかそれを, おそく来, お前に, お幾, こちらへ, この子ざる, ござります, しまいには, せう, せうか, そんなとき逸作, そんなに値打, はござりますまいか, またかと, もっともこうして, もつともかうし, やっと大臣, よく宗助, よく裏口, パイ軍曹は, 不快を, 中の, 主人にも, 主人は, 二人で, 今夜は, 仕方が, 侍臣が, 傍に, 加けに, 勝子にも, 勿論成績, 困ります, 困る, 宗清は, 家中の, 弟達を, 当惑する, 徹底しない, 心もちフワフワ, 思はずハッ, 戸板の, 村の, 水を, 流石の, 物心の, 男爵は, 皆は, 相当商売, 私がわ, 私の, 私は, 自分が, 蠅は, 見込みは, 貞世には, 雁金検事は

▼ がる~ (69, 1.6%)

7 がある 5 が多い, もある 2 もあります

1 [50件] がありましょう, がいます, がいる, がきめた, がすく, がずいぶん, が拾わぬ, が案外, が滞在客, が自己, が近所, が隣家, じゃ, じゃありません, そねみ深い, だ, だから, だけれど, だね, です, で現に, とても無論この, には行きたくありません, に一緒, に売っ, に対する忠告, に強い, に悉皆, に答, に訊かれたら, のこと, のもと, のよう, の心, の心持, はかえって, はつまり, はない, はもう, は幸福, は我が, は端近く絣, は自分, ばっかり, ほど自分, もあり, もいた, も無い, を探さない, を通した

▼ がるやう~ (66, 1.5%)

43 になつ 2 な氣勢, にし, にガラツ八, に女

1 [51件] だ, でどう, で何やら, で聞辛い, なこと, なそれで, なもん, なよいよい, な事, な事がら, な口, な口吻, な奥, な女, な形式, な心, な皺, な目, な眼付, な美しい, な詩, な調子, にお前, にお盆, にかう, にしつ, にその, にそんな, にて怖, にね, にぴよこんと頭, にみい, に云, に僕, に出来る, に半ばためら, に声, に外, に富豪, に小説家, に席, に平次, に本, に本当, に梯子, に衾, に見えた, に這入, に降り, に飛び出し, に飛込ん

▼ がる~ (58, 1.3%)

2 二日も, 私たちは

1 [54件] あおんが, あの殿御, あれは, あんな奴, いい, いいや, いけねえよ, いったい俺たち, かぎつけたん, ここが, これは, その前, それとても, それは, それよりか, たとい親, どう多くっ, なあにグルグル, ひとつ今年は, ものも, よい嫌う, わしが, わしは, カギが, 世の, 中学校の, 仕方が, 仙太も, 吉原の, 向うには, 図体が, 垢抜けの, 大人は, 好い, 姫は, 宜い, 家の, 家族の, 山陽沿線から, 弟子では, 悪党だ, 愛山君の, 成立は, 本當, 根が, 母親の, 気の毒ながら, 浮世に, 猫だの, 科学者は, 節の, 語学などは, 買ッて, 鉗が

▼ がる~ (48, 1.1%)

15 がある 3 があつ 2 があった, がありました

1 [26件] が, があっ, がありまし, があります, がつい, がない, が出来た, が骨, とでもいはう, に, にあ, にいつか永住, にし, にと彼, になつた, にまだ, にわし, に人間, に何ん, に寝, のある, の出来た, の外, の彼等, をよく, を戒

▼ がるんで~ (42, 0.9%)

72 い, ッ

1 [31件] いッ, えおいら, え小僧ツ子, え撲り付ける, え馬泥棒, おはもじ面が, げす, げすその, さあ, せう, せう罰, その口, それでつい, とうとう曲者, ひとりでに音, エ, ガッカリよ, 人ごこちゃなかったがもう, 僕は, 先が, 到頭曲者, 十年まえ, 夜商人の, 洟でも, 煩いから, 癪に, 私が, 聞いてるもの, 買ひ, 身体中の, 閉口した

▼ がる~ (37, 0.8%)

6 相違ない, 違いない 3 ちがいない 2 きまって, 門なる

1 [18件] いたっては, きまってる, きまつて, きまッ, こんなこと, しては, すぎないの, ちが, 人の, 到った, 從つて黒幕の, 極ってる, 當らぬ, 相違ねえと, 美登利顏のみ, 美登利顔のみ, 過ぎませぬ, 違いありません

▼ がる~ (33, 0.7%)

7 であった 3 だ, である

1 [20件] が一人, が多い, だから, だけに独り, だつた, だと, で, であったし, であるが, でございましてね, ではない, で一応, で黒い, というもの, とは見えません, には狐, はとても, もなけれ, を引っ, を見すて

▼ がる~ (30, 0.7%)

9 がある 2 だ, なん

1 [17件] があったら, がいる, が多い, じゃア, それから自暴, だな, でよく, はお人好し, はない, はねえ, は天下, は惡黨, もあるだろう, もいる, も飛び出し, を無理, を見せ

▼ がる様子~ (30, 0.7%)

5 もなく 2 であったが, であつ, もなかっ, もなかつた

1 [17件] がなく, が目, だから, である, でチラリ, とともかく, なので, なりま, に女, の見える, はなく, は見えなかったでしょう, も怪しき, も見せなかった, をお, を見せた, を見る

▼ がる~ (29, 0.7%)

7 はない 2 はなかろう

1 [20件] あたかも飢渇, おかめ, がだいぶん, がよく, が好き, だろうと, とあべこべ, の出来る, はいくら, はなかっ, は忘れ, は無い, は私, ひどくみっともなく, もあります, も一人, をいわなくなった, を公, を皆貴方, を知ってる

▼ がる~ (29, 0.7%)

3 でした 2 であった, を長年月

1 [22件] がある, だ, だそう, であつ, であります, ですよ, と夫, に因果, に違い, のくせ, の中, の後, の罪, の胴, ばかりある, よと言わぬ, を他, を伴, を引きたて, を引つ, を無理, を踏

▼ がる~ (27, 0.6%)

6

1 [21件] いやらしい事, うんざりさせ, お産も, しかし今, どう首, どだいこの, 兵隊てえ, 其の相手, 厭いなので, 向うからは, 商売人の, 地方でも, 坊主は, 奥様も, 女大臣は, 小便などは, 少し動く, 昨日の, 暑ければ, 知って, 自分も

▼ がる~ (27, 0.6%)

1 [27件] あいつ, いきなり横, え, ええ, お前には, ここを, この婆, だがお, てめえたちの, まだ貴, モツと, 一ぱい喰いたい, 三下め, 丸太を, 側に, 口惜しくつて, 宿から, 旅の, 最上清人が, 此奴組付て, 犬奴, 糞でも, 糞蛇, 経師屋, 覚悟しろ, 貧窮組を, 黒石を

▼ がるという~ (26, 0.6%)

2 ことが, のは, ような

1 [20件] ことは, のが, ので, のでした, のを, ものさ, わけで, 事から, 俗眼を, 千代女の, 噂の, 外に, 小言を, 性質は, 有様じゃ, 話なら, 話を, 風が, 風で, 風な

▼ がる~ (26, 0.6%)

2 がある

1 [24件] いいの, がいる, がない, がまだ, が多かっ, が往々, さえでき, にはさ, の方, はあっ, はない, はなかっ, は彼, は馬鹿者, もあった, もある, もあるまい, もいるだろう, もおりまし, もない, もをりまし, を引張込ん, を無理, を無理無体

▼ がるわけ~ (25, 0.6%)

6 でも 4 では 3 はない

1 [12件] がわかる, が分らない, じゃない, ですよ, にはいかなかった, にはいかねえ, にはゆき申さぬ, はあの, はないだらう, もすっかり, もない, も大概

▼ がるところ~ (23, 0.5%)

3 があった 2 だつた, である, をこしらえなく

1 [14件] から見れ, が知らぬ, だから, つまり豹一, であすこ, であると, などもよく, に好ん, に生, はある, はござんせん, は甚, まで行かね, を小

▼ がるほど~ (23, 0.5%)

2 でも

1 [21件] こちらでは, こっちが, だった, である, でした, な使い, 不決断, 優劣が, 冬の, 切れる性質, 呑気には, 困難な, 基礎的な, 子供でも, 巧みに, 拡大する, 甘い軽快, 純潔です, 評判の, 變つた, 鉄骨の

▼ がるもん~ (22, 0.5%)

6 だから 2 なん

1 [14件] がふえた, じゃわい, だ, だからな, だからね, ださうだ, だで, ですから, ですからね, ですよ, でな, でワイシャツ, で油断, やで

▼ がる傾向~ (22, 0.5%)

6 がある 3 があった 2 が在る

1 [11件] がつく, が強い, が現れ, さえある, であったの, なん, にあつ, におもねつ, のある, の生ずる, を持っ

▼ がる~ (20, 0.4%)

2 志保の, 道を

1 [16件] きみ婆さんの, 今を, 千の, 君を, 孃樣に, 安くねえ, 弓を, 栄と, 梅を, 民に, 秋に, 蘭の, 角さんで, 辰, 銀の, 銀を

▼ がる必要~ (18, 0.4%)

4 もない 3 はない 2 がある 1 があらう, がない, ないよ, のない, はありません, はないだらう, はなかっ, はなかろう, を認めない

▼ がる~ (18, 0.4%)

2 は町

1 [16件] がわるい, の作品, の性分, の癖, の随筆, は何, は益々, は社長, は衷心, は話, も私, や皆吉, を半殺し, を叱る, を無理やり, を父子二人

▼ がる~ (17, 0.4%)

2 見て

1 [15件] この様子, それが, 一つの, 分りゃしないからさ, 判らなかった, 判らねえん, 地籍即ち, 御承知, 恥ずかしがる, 札束だけが, 理解する, 知れないけど, 知れやしねえのに, 窓の, 調べあげて

▼ がる~ (17, 0.4%)

3 も出

1 [14件] がどうして, というもの, に対して彼, の中, はそこ, は子供, は遊び, もいくらか, よりもさらに, をし, を刺戟, を圧し隠す, を満足, を自分

▼ がるくせ~ (16, 0.4%)

3 がある

1 [13件] に, にきのう, にこんな, にし, にそっと, になぜ, になんてざま, に決して, に病気, に自ら, に谷中, に頭髪さ, に高

▼ がるには~ (16, 0.4%)

3 及ばない

1 [13件] 何か, 何も, 及ばないの, 及ばない弓矢, 及ばぬ, 及ばぬよう, 及ぶまい, 大きすぎる, 当らない, 当らないじゃ, 当らない筈, 彼女の, 我ながら

▼ がるばかり~ (16, 0.4%)

2 であった, では

1 [12件] であったが, である, でご, です, でなく土産, でなく裏, で仲良し, で時計, で自分, で赤鰯, なので, 嬉しい

▼ がるかも~ (15, 0.3%)

3 知れないが 2 しれない, 判らないが, 知れない 1 しれないさびしく, 知れないから, 知れないし, 知れないな, 知れぬという, 知れません

▼ がる~ (15, 0.3%)

2 平常の

1 [13件] よく, よくよくの, ッこいつはたちが, 何が, 何たる謬見, 四十以来なり, 小説家の, 恐らく作者, 我が国民性, 拙者で, 流るという, 超過したる, 雪の

▼ がる人間~ (15, 0.3%)

2 にもその, の多い

1 [11件] がゐる, が指導階級, であります, ではない, ではなく, のよう, の生活, はいつも, は世界観, もすく, を索物色情狂

▼ がるその~ (14, 0.3%)

1 [14件] いきさつを, せいかも, わけを, 人の, 処に, 可哀, 山道を, 時に, 気で, 癖の, 真ん中に, 眼は, 謀叛人は, 雜煮を

▼ がる~ (14, 0.3%)

2 もなく, も見えなかつた 1 がある, だったが, であ, であった, でしたが, にくれ, もない, もなかつた, も見えない, も見せず

▼ がるこの~ (12, 0.3%)

1 [12件] お喋り法師としては, ボケ茄子めおいらの, 不穏な, 人も, 作家は, 印度人ども, 婆, 所帶持ちめ等, 熊の, 畜生め, 花の, 若い商人

▼ がるなんて~ (12, 0.3%)

1 [12件] ああ人間, あいつ等抜しや, おかしいね, ずいぶん気楽, そんなこと, だらしが, 云ふもん, 先生は, 太え, 奴あ, 手は, 生意気だ

▼ がるにも~ (12, 0.3%)

2 及ばないの 1 及ばない, 及ばないもの, 及ばねえや, 及ぶまい, 及ぶまいが, 当たらないかも, 当らない, 当らないかも, 当らないよ, 当るまい

▼ がるほどの~ (12, 0.3%)

1 [12件] ことか, ものなら, 両人が, 事で, 危険は, 器量という, 坂道を, 女に, 此老人に, 理由を, 癖の, 関心を

▼ がる~ (12, 0.3%)

1 [12件] でありクリストフ, でありシルヴァン・コーン, にする, にはまた, には彼, には男の子, にまことに, に出す, に悪魔, はいつも, はこれ, も一生懸命

▼ がる気持~ (12, 0.3%)

2 になる 1 がある, が面白い, さえなかっ, とがくがく, の動く, はそんな, は毛頭, をとめる, をなだめる, を多分

▼ がる人々~ (11, 0.2%)

1 [11件] がある, がいる, がげらげら, であった, によつて, の気持, はそれ, はただ, は姫君, も, をたしなめ

▼ がるかと~ (10, 0.2%)

2 思って 1 いろ, 寒月君の, 屋敷の, 思ったらあんな, 思つて上京した, 思ふと, 樣子を, 許り

▼ がるじゃ~ (9, 0.2%)

5 ねえか 4 ないか

▼ がる~ (9, 0.2%)

8 やない 1 やあねえか

▼ がるとは~ (9, 0.2%)

1 なかなか見あげた, また妙, わけが, 以ての外だ, 思ったけれど, 思わなかった, 思わんじゃった, 近頃感心, 那奴も

▼ がるはず~ (9, 0.2%)

2 はない 1 がない, だが, だって笑っ, だと, の妻, の椅子, もなかっ

▼ がるより~ (9, 0.2%)

2 ほかに, 他に 1 こちらが, むしろ自分, 仕よう, 仕方が, 外は

▼ がる手前~ (9, 0.2%)

1 が奢った, に借す, に貸す, の厄介, は, は仲間, は何, ばかりがお客, も水野

▼ がる~ (9, 0.2%)

1 からこれ, だ, ですよ, に思い, はいくら, は皆, は迅速, をみな, を怖

▼ がる~ (9, 0.2%)

1 お目, だもの, に生, のこと, の事, の悪癖, の縁, 屡口, 美しい人々

▼ がるといふ~ (8, 0.2%)

1 あれとは, ことである, ことは, 事だ, 事である, 傾きを, 風な, 點から

▼ がる彼女~ (8, 0.2%)

1 が仮に, ではなかっ, にとって別に, に半ば脅迫的, も健三, を引っぱっ, を裏口, を金銭

▼ がる理由~ (8, 0.2%)

1 がある, がそ, がどこ, がなくなっ, が判る, なぞがありません, のない, はない

▼ がる連中~ (8, 0.2%)

1 があり, が多い, の頽廃, はさも, は刺身, は寄っ, よりもはるか, を寄せつけない

▼ がるとき~ (7, 0.2%)

1 にはお, には大声, はどうか, は頬, も可愛, アッと, 寒がる

▼ がるふう~ (7, 0.2%)

1 があり, に中, に思われ, のある, は見せず, もあった, も見せず

▼ がる~ (7, 0.2%)

2 嫌や 1 あれど, こ彼方へ, ンだ, 厭がらない, 村での

▼ がる~ (7, 0.2%)

2 が店 1 をつれ, を促し, を小脇, を無理, を説き伏せ

▼ がる子供~ (7, 0.2%)

1 である, に過ぎない, のやう, の眼, は極めて, もゐなかつた, らしい傾向

▼ がる~ (7, 0.2%)

1 に渡し, の心, の顔, はまるで, は頼み, を無理やり, を自然

▼ がる性質~ (7, 0.2%)

1 が男, であった, でしたので, で用, なの, の彼, は上品

▼ がる~ (7, 0.2%)

2 に退屈 1 な素振り, にし, に云, に云った, に身体

▼ がる樣子~ (7, 0.2%)

2 なりま, もなく 1 だつた, はどう, も怪しき

▼ がる~ (7, 0.2%)

21 い引, だろう, にはなれません, ももう, 障な

▼ がるため~ (6, 0.1%)

1 だと, にね, には聞き糺す, にシュールリアリスト, に勝つ, の小説

▼ がるだけ~ (6, 0.1%)

1 だ, でたくさん, では, で咽喉, で眞, なのよ

▼ がるのに~ (6, 0.1%)

1 あのお喋り坊主, うんざりしない, 何の, 切られて, 外ならなかった, 違ひない

▼ がるのみ~ (6, 0.1%)

2 でその 1 でまるで, で毫, で糧食, ならずテーブル

▼ がるよりも~ (6, 0.1%)

2 前に 1 むしろ密告, 田舎へ, 私は, 罰を

▼ がる~ (6, 0.1%)

1 だ, だいと, だから, だろう, だ圓太郎, ですもの

▼ がる~ (6, 0.1%)

2 からざる, からず 1 い面の, 笑味の

▼ がる心持~ (6, 0.1%)

1 で云, の面, は十分, は同情, は短命, よくお

▼ がる~ (6, 0.1%)

1 が妙, であった, であります, なの, なので, の男

▼ がる~ (6, 0.1%)

3 がない 21 はない

▼ がるあの~ (5, 0.1%)

1 おたんちんめ, たちの, 二等大尉の, 爪の, 過ち法廷風な

▼ がるけれども~ (5, 0.1%)

1 ここには, つまりちょい, ウヌボレ屋の, ナイロンの, 馬肉を

▼ がるそう~ (5, 0.1%)

1 だが, で, です, で十銭二十銭, なると

▼ がるとか~ (5, 0.1%)

2 何んとか 1 あること, なんとかがやがやと, 不潔だ

▼ がるない~ (5, 0.1%)

1 ここは, この筍め, こんな暴風, こん畜生馬に, ッ

▼ がるなと~ (5, 0.1%)

2 女は 1 云つて二人の, 思ったらきょう, 馬吉が

▼ がる~ (5, 0.1%)

1 この寺, どうしよう, ばりが, よしねえ, 敬四郎の

▼ がる~ (5, 0.1%)

2 なア 1 お前の, きつと, 堪忍堪忍あゝ

▼ がる~ (5, 0.1%)

2 である 1 ならタッタ二銭, なら行つて搜, にまで高潮

▼ がる傾き~ (5, 0.1%)

2 がある 1 があった, が見える, もあり

▼ がる~ (5, 0.1%)

1 だ, だった, に逢っ, は末, を歩かせる

▼ がる~ (5, 0.1%)

3 身分がらにも 1 常よりも, 武家が

▼ がる性分~ (5, 0.1%)

2 なの 1 から家, である, でもきまり

▼ がる~ (5, 0.1%)

1 だ, ださ, つ取り早く, に持たせました, を制し

▼ がる~ (5, 0.1%)

1 ではない, でもない, というの, に強い, は弱虫

▼ がる~ (5, 0.1%)

3 が筋 1 がある, としては日本

▼ がるこんな~ (4, 0.1%)

1 べらぼうな, 女など, 肝心な, 野郎が

▼ がる~ (4, 0.1%)

1 だッ, でさびしい, でも幸福, なので

▼ がる~ (4, 0.1%)

1 あいつの, おけら共が, 其奴は, 殿様も

▼ がるそれ~ (4, 0.1%)

1 が自然, も又, よ, より腹

▼ がる~ (4, 0.1%)

1 うだつた, 城中の, 女づれ, 市のや

▼ がるやら~ (4, 0.1%)

1 しきりに喜, とても喜ん, なつかしがる, 怪むやら

▼ がる人たち~ (4, 0.1%)

1 だ, だ中, である, までがただ

▼ がる~ (4, 0.1%)

1 が火山, さえなかっ, に主, を利用

▼ がる半可通~ (4, 0.1%)

3 と同じく 1 として最初

▼ がる~ (4, 0.1%)

2 を紀昌 1 は一尺, も憎く

▼ がる~ (4, 0.1%)

1 から何, といふ意味, の戸, へそこ

▼ がる心理~ (4, 0.1%)

2 と同じ 1 がある, がさせる

▼ がる~ (4, 0.1%)

1 の頭, の顔, は単なる, よりもかえって

▼ がる言葉~ (4, 0.1%)

1 に過ぎない, をささやい, を掲げ, を無理

▼ がる~ (4, 0.1%)

1 でせう, と言葉, は手紙, を上

▼ がるうち~ (3, 0.1%)

1 にという風, によるになり, はまだまだ

▼ がるお前~ (3, 0.1%)

1 の外, を無理, を無理やり

▼ がるそんな~ (3, 0.1%)

1 気で, 氣なら, 馬鹿ア云や

▼ がるだけの~ (3, 0.1%)

1 元気も, 生き血を, 目的なら

▼ がるつもり~ (3, 0.1%)

1 では, でも, は少し

▼ がるどころか~ (3, 0.1%)

1 すっかりおびえ, 同伴者に, 唇に

▼ がるにゃ~ (3, 0.1%)

1 あ及ばねえ, ァ当らねえ, 当らねえ

▼ がるほか~ (3, 0.1%)

1 には手, はありません, はなかっ

▼ がる~ (3, 0.1%)

21 え事

▼ がるやつ~ (3, 0.1%)

1 だからな, で, を喰

▼ がるんだい~ (3, 0.1%)

1 この槍, この馬鹿野郎, さツさツ

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 ていうからよ, ていう処, 巫山戯た野郎

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 もう死ぬ, 何に, 青脹れだ

▼ がる一昨日半次~ (3, 0.1%)

3 の奴

▼ がる世間~ (3, 0.1%)

1 のもの, の口, の者

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 に宇平, に気恥かしく, に窃

▼ がる事察~ (3, 0.1%)

3 するに

▼ がる二人~ (3, 0.1%)

1 の子, の小さい, を天狗長兵衛

▼ がる人達~ (3, 0.1%)

1 が安心, にかう, までがただ

▼ がる代り~ (3, 0.1%)

1 に到る, に怒り出した, に背中

▼ がる以外~ (3, 0.1%)

2 には何 1 に手

▼ がる仲間~ (3, 0.1%)

1 にやれやれ, の一人ゆえ, の百姓

▼ がる余裕~ (3, 0.1%)

1 さえ生じました, など私, もなかっ

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 の神經, は負け, を無理

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 に博士, の恋愛, を無理

▼ がる動物~ (3, 0.1%)

1 だが, なの, のまっただなか

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 だから, だと, だ頼朝

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 があった, を聞き, を聴い

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 の男, 雅は, 風呂敷には

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 な演説, な野郎ぢ, ひの

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 でもあるまい, でもないだろう, とった祖母さん

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 にひとりでに, に小田島, に白

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 の給仕, もない, や妹

▼ がる性情~ (3, 0.1%)

1 に驅られつ, の自然, を刺戟

▼ がる悪癖~ (3, 0.1%)

1 があっ, がある, でね

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 なん, はない, へ射込む

▼ がる日本人~ (3, 0.1%)

1 がその, だが, の通弊

▼ がる歌よみ~ (3, 0.1%)

2 はむやみ 1 は無

▼ がる此方~ (3, 0.1%)

1 じゃア元, には證據, もつい

▼ がる気色~ (3, 0.1%)

2 が自然 1 もなく

▼ がる習性~ (3, 0.1%)

1 から来, はすべて, を有っ

▼ がる~ (3, 0.1%)

2 が些 1 が見える

▼ がる若い~ (3, 0.1%)

1 女の, 犬の, 男の

▼ がる荒石~ (3, 0.1%)

3 の壁

▼ がる表情~ (3, 0.1%)

2 があり 1 の真似

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 だが, であつ, でした

▼ がる~ (3, 0.1%)

1 の尾づつや秋, の破, の羽目板

▼ がる馬鹿~ (3, 0.1%)

1 が, な人, のくせ

▼ がるいや~ (2, 0.0%)

1 だなあ, な流行的亢奮

▼ がるおれ~ (2, 0.0%)

1 に飲ませ, は貧乏人

▼ がるお方~ (2, 0.0%)

1 だ, のお

▼ がるお雪ちゃん~ (2, 0.0%)

1 の心, の悪い

▼ がるかが~ (2, 0.0%)

2 余りに見え透い

▼ がるかたくな~ (2, 0.0%)

2 な寂寥

▼ がるかの~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ がるきずな~ (2, 0.0%)

2 ならば

▼ がるくら~ (2, 0.0%)

1 ゐだよ, ゐの

▼ がるくらい~ (2, 0.0%)

1 だ, 二日三日も

▼ がるけれど~ (2, 0.0%)

1 あとの, 人間が

▼ がるこいつ~ (2, 0.0%)

1 はなかなか, は穏

▼ がるこれ~ (2, 0.0%)

1 なら大丈夫, はモティフ

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 うだ, うだが

▼ がるせい~ (2, 0.0%)

1 でしょう, としか理解

▼ がるそういう~ (2, 0.0%)

1 時期を, 通弊に

▼ がるそうして~ (2, 0.0%)

1 その形式, 大笑い

▼ がるそして~ (2, 0.0%)

1 彼等の, 自分の

▼ がるぞと~ (2, 0.0%)

1 叫びつつ, 思って

▼ がるついで~ (2, 0.0%)

1 に小西弥九郎, に附け

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 あひ, のは

▼ がるとともに~ (2, 0.0%)

1 また多少, 金鈴青銅の

▼ がると共に~ (2, 0.0%)

1 疫が, 葦の

▼ がるなよ~ (2, 0.0%)

2 お化けが

▼ がるにつけ~ (2, 0.0%)

1 お前たちを, 淋しがる

▼ がるほどに~ (2, 0.0%)

1 いいこと, まだ人工的

▼ がるまいこ~ (2, 0.0%)

1 とか忌々しく, とか胸中寔

▼ がるまま~ (2, 0.0%)

1 に寛ぎ, に母

▼ がるよりは~ (2, 0.0%)

1 まだ危険, まづ自ら教

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 一方は, 慰めむとや

▼ がるドノバン~ (2, 0.0%)

1 はいった, も道理

▼ がる一切~ (2, 0.0%)

2 の心持

▼ がる一方~ (2, 0.0%)

1 に当時, 的な

▼ がる~ (2, 0.0%)

2 に浮かした

▼ がる不得要領~ (2, 0.0%)

2 の警句

▼ がる主人~ (2, 0.0%)

1 が勝手, を押え

▼ がる二百文~ (2, 0.0%)

2 に相

▼ がる人種~ (2, 0.0%)

1 だという, でそれ

▼ がる以上~ (2, 0.0%)

1 に平次, に明日

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 うも, が愼

▼ がる何で~ (2, 0.0%)

1 エ, 土地の

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 の一派, の懐古癖

▼ がる~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 が旅, は今

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 の意味, もねえ

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 に理解力, に私自身

▼ がる勘次~ (2, 0.0%)

1 が何處, が唐鍬

▼ がる勝手~ (2, 0.0%)

1 にし, にしろ

▼ がる同時に~ (2, 0.0%)

2 我々人間の

▼ がる君子~ (2, 0.0%)

1 で危, で危いところ

▼ がる~ (2, 0.0%)

2 は嬰児

▼ がる奇妙~ (2, 0.0%)

1 なも, な傾向

▼ がる始末~ (2, 0.0%)

1 です, よ

▼ がる娘たち~ (2, 0.0%)

1 もあります, もおります

▼ がる実業家~ (2, 0.0%)

2 にも同じ

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 猫の, 餓鬼の

▼ がる少し~ (2, 0.0%)

1 は小, 前から

▼ がる少女~ (2, 0.0%)

1 に附, に附添つて面倒

▼ がる年頃~ (2, 0.0%)

1 でそれ, になつて

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 があった, が出る

▼ がる彼等~ (2, 0.0%)

1 の心情, は三人

▼ がる心境~ (2, 0.0%)

1 になる, を考え

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 があった, が止まない

▼ がる性格~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を持つ

▼ がる悪い~ (2, 0.0%)

1 くせさの, 癖が

▼ がる意味~ (2, 0.0%)

1 があっ, に用い

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 じゃと笑う, に目

▼ がる憤慨~ (2, 0.0%)

2 や暴慢

▼ がる手紙~ (2, 0.0%)

1 など書く, はまだ

▼ がる政治家~ (2, 0.0%)

2 にも敵状

▼ がる~ (2, 0.0%)

2 に危険

▼ がる料簡~ (2, 0.0%)

1 がチャンチャラ, に至っ

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 がくるであろう, を彼女等

▼ がる時代~ (2, 0.0%)

1 が来た, である

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 もなく, も無く

▼ がる本当に~ (2, 0.0%)

1 不人情な, 呆れけ

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 といふ縁起, に

▼ がる権利~ (2, 0.0%)

1 がどこ, もまた

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 の愚, の頭

▼ がる母親~ (2, 0.0%)

1 を残し, を無理

▼ がる気分~ (2, 0.0%)

1 が生じ, にゆとり

▼ がる気持ち~ (2, 0.0%)

1 が姫君, だつた

▼ がる気配~ (2, 0.0%)

1 がない, を関守氏

▼ がる清子~ (2, 0.0%)

2 へ良人

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 に顔, ばかりにでも彼

▼ がる特別~ (2, 0.0%)

2 な意味

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 がある, だから

▼ がる病人~ (2, 0.0%)

1 でございまする, にもそれ

▼ がる皮肉~ (2, 0.0%)

2 な野郎

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 ですね, の眇め

▼ がる紋白蝶~ (2, 0.0%)

2 の夜

▼ がる細かい~ (2, 0.0%)

2 花が

▼ がる細君~ (2, 0.0%)

1 の質問, はややともすると

▼ がる自分~ (2, 0.0%)

1 の性癖, をうつそう

▼ がる自慢~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ がる自身~ (2, 0.0%)

1 の心, を撫で

▼ がる茜色~ (2, 0.0%)

2 の水

▼ がる荒岩~ (2, 0.0%)

2 の壁

▼ がる西洋人~ (2, 0.0%)

1 に倣っ, に倣つて

▼ がる視線~ (2, 0.0%)

1 で部屋, を避ける

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 の脛, ほど根気

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 りだ, りでなく總

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 だから, の流れ月

▼ がる趣味~ (2, 0.0%)

1 とが忽然と, の奴

▼ がる軍人~ (2, 0.0%)

2 にも或は

▼ がる返事~ (2, 0.0%)

1 をし, を与えず

▼ がる通り~ (2, 0.0%)

1 です, に与へ

▼ がる~ (2, 0.0%)

2 が好けれ

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 を廣げ, 知んねえだな

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 さう, を出し

▼ がる野郎~ (2, 0.0%)

1 だな, を俺

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 にこの, はいつ

▼ がる~ (2, 0.0%)

1 が見たい, を見

▼ がる風潮~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, もあった

▼ がる風習~ (2, 0.0%)

1 が生じます, の土地柄

▼1* [735件]

がるあいつは地, がるあいつらはあいつら, がるあたしに文, がるあひるさんがありました, がるあれを疊ん, がるあんな奴は, がるいかに米が, がるいわゆるオダテが, がるうるさい婆と, がるうんあいつは, がるうーむ彼奴に, がるヘヽヽ御免なさい, がるおいらがこうして, がるおのれの心, がるおらあまた奥, がるお嬢さんもいた, がるお嬢さん育ちの甘味, がるお客が家, がるお客様の好み, がるお松は牢屋, がるお母さんが何處, がるお父さんのようす, がるかしらと見て, がるかなしがる, がるからなア, がるからに外ならない, がるからには日本の, がるからねえヘエーどうも, がるきらいがある, がるくだものの木, がるぐっとつかえが, がるけどほんとは, がるこいつ勘辨ならね, がることさららしい感謝, がることばにもよろこび, がること一通りでは, がること例の如し, がること兄の透, がること土の中, がること用もない, がること相場が好き, がるこれらの人, がるこれ己が悪い, がるこれ汝はな, がるころには末子, がるご時世ではある, がるさうなものだ, がるさっさと出て, がるさもしい根性から, がるさるおがせ, がるさんざ香この, がるざまを見やがれ, がるす役をし, がるそうした故意の, がるそこがいや, がるその後がなお, がるそぶりを見せ, がるそれこれが軍用金, がるそれで地面の, がる此方は, がるぞねけんど, がるたちです, がるたてながら三世, がるだい彼奴は何, がるだがこれは, がるだけが馬鹿で, がるだけじゃございませんたれも, がるだのッて, がるちゃんちゃん嬶め, がるちやんのお, がるってこれじゃ, がるつて立上つて戸外へ出た, がるつまり自分が, がるあらうが, がるといった次第である, がるとかいう事は, がるとかへつておちる, がるとがつかりして, がるときそれは黒塗, がるとき辛がるとき, がるとけえりには, がるととくいに, がるとの信仰と, がるとばかりで, がるとよ可いか, がるとんだ長虫を, がるどうも悪い口, がるなあアスアかと, がるなかでこう, がるなさけしぬびて, がるなどと随分誤解, がるなどといふ皮肉も, がるなどはそれ以上な, がるななんてえ歌, がるなに云ってや, がるなり鋤を, がるなんち業つくばり, がるなんざあ悪い趣味, がるなんざこれが不思議, がるなんという鳥, がるのさへ面白, がるのそれとも可愛がらない, がるのみのことで, がるの根問いをする, がるははそはの, がるばかもいる, がるばかりが目的でない, がるばかりと憂えた朝野, がるばかりに大事に, がるひとを見降す, がるひどい奴だ, がるふりやがる, がるッへ, がるべらなり, がるべらぼうな入り, がるほど三度三度の食事, がるほんたうに, がるほんとに口惜しいなあ, がるまだあまつてゐる, がるまでのことである, がるまではムズ, がるまにまに補足し, がるみたいだが, がるみんなにこういう, がるもう若し出たがっても, がるものカの字, がるもの周囲は目, がるもの地に伏さ, がるもの芸者を買いたがる, がるもの許であつ, がるやうぢや附き, がるやからがいつの, がるゆえいよいよ霊魂, がるゆえんのもの, がるゆえ拷問好きの敬四郎どの, がるようすがじつに, がるよき傾向なり, がるよくある一派, がるよりなんぞ面白い遊び, がるりすぼあ, がるりすぼん港の満足, がるるみをのす, がるわがまなこより, がるわしにあきない, がるわたくしと同感, がるわたくし共を無理, がるわたしをおどしつけ, がるんだいおれらは明日, がるんだいお前たちの手, がるんだいケチな皮肉屋め, がるんだい人間だぞよ, がるんだい何が何だか, がるんだい冗談もいいかげん, がるんだい此方の隅, がるんだい競馬場で酒, がるんだい親分の為, がるんだい誘拐めぐずぐず言わず, がるんぢやろ, がるイカサマだ, がるイーハトーボのこどもたち, がるエラク度胸の据, がるオイ鑪でゴシ, がるカルタンは英国王, がるガラッ八それは, がるガンベの渡瀬, がるショオルを的, がるスケプチックではない, がるスケプチツクではない, がるステッキを持った, がるスピナはとかく, がるタケの手, がるタチだから, がるテワスを無理矢理, がるドイツ人には珍しい, がるナと思ったが, がるナという金では, がるナオミは所謂エティケット, がるハイカラ時代ではあった, がるババンを正面, がるヒガミが病的, がるヘン人彼奴が経験経験, がるベルトで廻される, がるムキがない, がるロシアでは滅多, がる一人であるが, がる一人自分で天才, がる一体貴様は, がる一派といへ, がる一部の人々, がる一面女らしい涙脆さ, がる三十にもなり, がる上役の下, がるの腫物, がる下司めが, がる下女をとらえ, がる下町の女, がる不思議な訳, がる不浄役人め女湯覗きをし, がる不精な考え, がる世の中である, がる世人はおそらく, がる世界にぐづ, がる世評に間違い, がる世話するという, がる両親弟妹からそれぞれ少量, がる中将であったが, がる主婦さんの一寸, がる久慈だったが, がる久藏眠ったか, がる久野が, がる乞食かッ貴様, がる乾草をかぶせかぶせする, がる予等と彼, がる事うたがひな, がる事人にすぐれたれ, がる事人一倍である, がる事奇妙である, がる事業其物に忠実, がる事項であった, がる二尾のキヤリコ, がる亜麻色の髪毛, がる亡者ほどお金, がる京一をつれ, がる京都大学などではこの, がる亭主を無理, がる人位腑甲斐ないもの, がる人千世子には性質, がる人格であること, がる人物もおります, がる人足仲間もある, がる人達名匠苦心談の製造, がる仕事だから, がる他人様から斯, がる以前にほんとう, がる伝六がこのごろ, がる何物もない, がる余りバシリスクの所為, がる余り自ら手を付け, がる余り雷の産む, がる作家を陸軍, がる作法である, がる使いに娘, がる俺らの方, がる俺ら百姓だが, がる候補者間の競争, がる兄弟の民, がる先生でフンドシ一つ, がる光君は目, がるに角, がる党員の偏見, がる全く壮である, がる全体おかしな奴, がる兵馬がお松, がる其の厭がる, がる冗談じゃア, がる処女のよう, がる出し抜けに出, がる出来そくないめ, がる刃物三昧をする, がる霜の, がるの理由, がる前髪立ちの頃, がるに少し, がる力強い率直な, がる加十をデッチなみ, がる七お, がるに無理, がる医者は今, がる半紙の量, がる卑怯者だな, がる単純な公式的, がる厚顔無知とがある, がるへ, がる友達と仲, がるにキス, がる口ぶりで又, がる口説かもしれん, がる古い空つ, がる叩きのめし, がるせんぼうを, がる可憐しい姿, がる台助のくせ, がる史家心理にはその, がる同僚もいた, がる同室者をおしつける, がる名所ゆさんも気, がる向きもなし, がる君等の為め, がる呉清源を二日, がる周助の切支丹野郎, がる商売は随分, がる喜三郎はまさに, がるひしん棒, がる嗜好から自ら, がるだった, がる困惑を享樂, がる図面とやらもその, がる国民であるから, がる国陸軍爆撃機の生意気, がる國民であるから, がる地主は金持, がる地域の広汎さ, がる地方へ送る, がる地方事実が増加, がる地頭を飴, がる平に一々頼む, がる型通りな伊達, がる場合の心理, がる塾長があんな, がる増長して, がる声船頭を呼ぶ, がる夏空は嘘, がるなかつた, がる外国に行っ, がる外国人よりも日本人, がる外城郷士達が組織, がる羅葉樹の, がるのさま, がる大きさのを, がる大切なお, がる大吉なの, がる大江山隊長を博士, がる大石先生だった, がる大臣サ総理大臣の伊藤ツ, がる天汝等を住, がる天狗がいる, がるを無理, がる夫人を無理強, がる女中はある, がる女性の無, がる女房が死ん, がる女房たちですね, がる女房等の間, がる女房達は金魚, がる奴通人めかす奴, がる好奇心も加わっ, がる妖怪談や幽霊物語, がるなこと, がるなら日曜, がる妻恋坂下のね建部裏, がるを無理無体, がる姉女王であった, がる姉様は此処, がる姫君であるが, がるあだ, がる婆さんこの頃, がる婉曲や紆説, がるくな, がる子たちのやう, がる子供たちはこの, がる学科である, がる完全な虚栄心, がる官吏も同じ, がるをわざわざ, がる客人を押し上げ, がる室子の両親, がる家人衆のあいだ, がる寂寞に, がる寄生虫のよう, がる密林の暗, がる小さな男の子が, がる小ましゃくれた美しい, がる小人のよう, がる小僧だ, がる小憎らしい笑い方だ, がる小智は要らない, がる小椋屋のびん, がる小犬に引つ, がる小野を無理, がるの宿, がる山坡に沿う, がる山頭火が辛うじて, がる川瀬へこれ, がるへ轉, がる巨万の富, がるの子, がる市民達も, がる布施の容貌, がる帆村と長吉, がる希望は近年, がるの場合, がる常識とか規則, がる平次は枕屏風, がる平次それへ火入れ, がる幸子でさえも電話, がる幾松を無理, がるのもの, がる度びに云, がる弊風がある, がる弱いやつだ, がる張子の虎, がる張飛を諫め, がる形式だ, がる役人を促し, がる役儀を引き受け, がる役者にからまった, がる彼処に立っ, がる彼女たちを, がる彼奴は余程, がる徒党にも加わらね, がる徳市を引立てる, がる心もちは彼, がる心根は又, がる心等がご, がる心配がない, がる忌々しい奴だ, がる志賀直哉その他の私小説作家たち, がる思想の豚, がるなの, がる怪談なぞを始め, がる恐れがある, がる息子を急きたて, がる趣味者が, がる悪口屋の多い, がる悪習が潜ん, がる惣吉さんお出でなさえ, がる意地悪るな, がる愚昧な感動, がる愛しみを受ける, がるの悪い, がる感じはない, がる感情がある, がるです, がる慾得づくばかり, がる憐れな境遇, がる憾みもなけれ, がる我が国の通俗作家たち, がる我欲です, がる我身を捻っ, がる戦争が始まれ, がる所謂オダテが利く, がる手合もある, がる手合いも尠, がる手近にいた, がる才子風の所, がる明け話を, がる技巧癖あれらは二人, がるにはとても, がる折光春がいう, がる押しやア, がる持前の道楽発, がる持病がある, がる接吻をむさぼり求める, がる改良服論者を毅然, がる政策に出でた, がる故事因縁がよく, がる教訓嗜きの, がるが意外, がる數字であるが, がる文句がある, がる斑犬がぱくぱく, がる新聞記者でないと, がるの女, がる旋毛曲りの奇特家, がる日本の知性, がる日本画家の中, がる旦那腹ア立っちゃ, がる早く行け, がる早熟な者, がるくれば, がる明るい賑やかな, がる昨夜此家の庭先, がる昨夜隅田川の水, がる昼間久藏が来た, がる時何をおくれ, がる時分だと, がる時分ぢや, がる時期を縮め, がる時茶人達は茶祖, がる普通人があらゆる, がる暴虐な悪魔, がる曲者を引摺り, がる會社員と同じ, がるのこう, がる木の芽草の芽, がる木履の鼻緒, がる末造にはこんな, がるの奇麗, がる本家がそう早速, がる本能性がある, がる板の間に, がるかよ勇, がる株杭に人想, がる根性はまた, がるで禿山, がる桂子にお人好し, がるの中, がるを根柢, がる構えの大きい, がるへ絡ん, がる樽野にとつて, がる機會を捉, がるは僕, がる欲求がある, がるの金目, がる歴史家はこの小さな, がるの予感, がる残酷な親, がる民族主義者も多い, がる気もちなど起す, がる気味があった, がる気質がある, がる氣色の惡, がる水泡の, がるを枕頭, がる江戸ッ子カブレしたよう, がる池上も随分, がる決算報告をしたがる, がる沢山の余所, がる河原町の人達, がる油虫やの類, がるをじっと, がる波頭に浴, がる津田はその, がる流儀を平生, がる浅間山が爆発, がるの音, がる消極か, がるは人恋, がる深い友情であった, がる清太郎さんから富札, がる漫遊者としてわれわれ, がる為めに出来, がる焚火をした, がる礼者メッ, がる無言太子のよう, がるれども, がる煩悩の犬, がるに或, がる父兄は穢多, がる膝はみ出させた, がる物好きな馬鹿, がる状態で眼, がる猪之吉兄哥はいい, がるとをり, がるをラム・ダス, がるの上, がるとおんなじ, がる現今の人心, がる現代人は, がる生命もしくは最も, がるが好き, がる田原を危險思想, がる田舎漢では食物, がる由三をだまし, がる甲斐がない, がる男子が美しき, がる男芸人と手踊り, がるへいっ, がる留吉に汁, がる畜生だこの, がる番頭とか旦那, がる當世の若い, がる疑問であった, がるえの, がる白い雲の, がるになる, がるを説得, がる皇后を無理, がるがその, がる目的は, がる目路に高い, がる介を, がる相手の癖, がる似を, がる真似事を, がる真白い乳を, がる知識に過ぎなかった, がるになった, がる神経さえ存在, がる神経衰弱症の娘, がる私たちには重要, がる程今のわたし, がる程土用の間, がる程指先のお, がる程鈍感じゃない, がる稚気と僅, がる種類の風貌, がる稲田とすぐ, がる空間は樹木, がる之助, がる笑い方でついに, がると下品, がる箇所にあまり, がる範圍が狹, がる粒々辛苦にうたれる, がる精神と大した, がる忌々しいから, がる吉に, がる素振りを示す, がる組打ちでもした, がる結果相当の地位, がる絹坊の顔, がる綾子を無理, がる編輯長を説き伏せ, がる編集者も現れる, がる縁辺を, がる罰当り奴前橋の藤本, がる美青年の薫, がる義之助まで男女七人, がる義太郎をその, がる義龍という存在, がる習慣だつたさうですし, がる習慣的な恐怖, がる老人の意馬, がる老人たちも出, がる老女に率いられた, がる老耄め併し己, がる者さまざまな感情, がる耳新しいことを, がる聴衆の一部, がるを抱き寄せ, がる能力を天, がる能職三十九歳の男, がる腰抜の無気力漢, がる臥床の中, がる自分自身を内々心, がる自前という面, がるの右大臣家, がる興世王も大, がる興味をよろこべ, がる舌ざわりもあっ, がるの癖, がる良人をもつ, がる芸子を捉え, がる若旦那と宗教界, がる若者の心持ち, がる若者どもを尻目, がる茶坊主どもまでを狩りあつめ, がる草花の香, がる草鞋などを作つて, がる荘六の手, がる萩乃の手, がる蒔絵の香箱, がる蒼茫たる平原, がる霧の, がるを呑ませ, がる藤蔓が垂れ, がる藪原長者は人間, がる之介, がるかヤタ一, がるを飼っ, がるを食っ, がる蜜柑を追, がるなんぞは食わない, がる行為とその, がる衒気とが民衆, がる表面を見, がる裸体を見世物, がる見物はいったい, がる見物人の事, がる親仁なんで, がる親戚のため, がる親達が, がる観客が, がる記念品がはいっ, がる設計図が硫黄ヶ滝, がるはない, がる訳本というの, がる評判の対手, がる謹厳な一部, がるふれば, がるではない, がる谷忠兵衛でも, がるじゃ, がる豪らさうに, がる豹一の厄介, がるじや, がる貧窮者の景気, がる貴僧らは俗人, がる貴様はどこ, がる費用でもあ, がる資格はない, がる賤職に従事, がる贅六根性がかたじけない, がる赤星の野郎, がる赤髪のうなゐ, がる身錢を切, がる島田んと, がる近代の日本, がる近臣の者, がる通り仙二は夏, がる道化者が自分, がる邪魔だから, がる郁太郎の面, がる郷愁に身, がる都会の野郎, がる酒桶には及び, がる酔どれの首筋, がる醜い傴僂や, がるの子供ら, がる野犬の行跡, がるを餌, がる金公の羽織, がる金持根性はそれ, がる金縁の眼鏡, がる金銀財宝は無条件, がる鉄砲玉ア中りッこなし, がる銭取り道具と大目, がる長い柳の, がる門人たちを五六名, がる関門を乗り越し, がる阿呆め金を儲けたい, がる隊員もあった, がる階下のひとたち, がるさえあれ, がる隱岐は重苦しく, がるだけ助けた, がるを盗みとっ, がる雰囲気をもっ, がるの中, がる雲助や破落戸, がる褪めた血, がる青年の戯れ, がる非難を附け, がる面ぢや無い, がる面白い話を, がるがあった, がるの夥しく悪い, がる題目であった, がる風景である, がる風流があった, がるがいつ, がる馬鹿さ加減つたらねえ, がる騎士は数, がる騒々しい喋っちゃ, がるも掻きあげね, がる髪の毛を掻きあげ, がる魯粛の手, がるはもう段々, がる鴉片なの, がる麦僊氏を無理強, がる昏れを, がる黄泉醜女をはらふ, がる黒坊誰が卿