青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「がった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

がけ~ ~がた がた~ ~がたい がたい~ ~がち がち~ ~がっ がっ~ ~がった
がった~
がら~ がり~ ~がる がる~ がん~ ~き き~ ~きい きい~ ~きいた

「がった~」 1262, 14ppm, 8136位

▼ がった~ (186, 14.7%)

7317 だろう 15 ですよ 10 です 7 だな 5 だナ 4 じゃねえ 3 がったん, だから, だよ, だッ 2 じゃない, だが, だそう, だね, ですかい, ですが

1 [31件] じゃ, じゃろな, すっとこ, すっとこがったん, だからね, だぜ, だとよ, だなと, だろ, だろうあの, だろうお前, だろうかね, だろうそろそろ, だろうと, だろうね, だエエ, だ何だか, だ己, だ後, でしょう, でしょうかね, でしょうが, でしょうね, ですかね, ですね, でないよ, と単調, と古びた, と懈い, や, やろ

▼ がった~ (155, 12.3%)

129 か, だろう 8 である 6 です 4 では 3 かい, かな, だな, であります, は, は無理, も無理 2 さ, だが, だろうと, であるが, ですか, ですね, は誰, を

1 [70件] かああ, かがおのずから, かこの, かしら, かとがんりき, かも知れない, か二人, か玉井さん, か理由, があの, がこの, がなんとなく, がもっ, が今, が今度, が癪, が第, が筆者, が許せなかった, が近頃, じゃないです, じゃア, だから, だそれ, だった, だってああ, だと, だという, だなあ, だろうあんな, だ一文, だ描く奴, であろうか, でした, ですから, でも, と同じ, はあの, はうぬか, はかれこれもう, はそれ, はもう, は与力同心以下, は二三日前, は俺, は免職, は君, は園公邸, は姪, は愛人, は本人, は河豚, は甘い, は申す, は矢張熊谷, は諸君, は責任観念, は逃げる, は飛田林覚兵衛, もありました, もおんなじ, もしゃれ, もねお母さん, もむりではない, も好, も業腹, も此密林, も火もと, をしお, を振り向き

▼ がった~ (102, 8.1%)

2 今では

1 [100件] あのあ, あれは, うぬ, うるせえな博労, おかみさんが, お尻, お島自身, お父様, お辰, このぶん, これで, こればかりは, さらに, しかしおかげ, しかしお父さん, しかしこれ, しかししまいに, すばやく右手, すべては, そのとき, そのとき臨検隊, そのまま引く, その力, その女中, その眼色, それっきりいまだ, それと, それとともに, それにも, それは, そんなこと, そんな事, ついに折れた, つまりは, どうする, どうにも, なんの, はげみが, まけ戦, まだ夜明け時分, もうどうする, やがて再び現われる, やっぱり馬鹿囃子, やはりずるずるに, よかろう, ウチの, ゴーリキイは, セルゲイは, 事件の, 今度こそ, 今度は, 余程面白う, 信長その, 値打は, 僕は, 其の心, 出家に, 千鶴子の, 去年の, 取り分けて, 同業者, 天狗を, 女は, 将軍家という, 少し腹, 張飛から, 彼が, 彼らの, 彼女には, 後の祭り, 憂いは, 或いは読者, 或る, 手負いを, 政子は, 新十郎, 決して開封, 泰親の, 淀君は, 然し東京, 片岡君は, 真公, 私が, 私は, 米子は, 結局狸を, 美味な, 群集は, 自分の, 自分は, 虎之助は, 親友の, 誰も, 追っつかず小隊長, 遂には, 開けさせなかった, 陸遜, 首尾が, 馴れれば, 鼻は

▼ がった~ (45, 3.6%)

62 此の

1 [37件] あの若い, あ百, おぼえて, お賤, さあ勘弁, さあ承知, さ殺せ, しかしまあ, しゃら, しゃらくせえ, せめて町内, それじゃ, どうした, ほんとに仕方, よくも道庵, ア, アでも, アと, ア世辞で, ア俺はな, ア可笑しい, ア此の, ア此畜生幼せ, サア出ろいけ, ビラで, 仕方がねえ, 何処から, 八, 女だてらに, 弦之, 手も, 抜いたな, 江戸でも, 畜生っ, 畜生め, 畜生人が, 面白え

▼ がったもの~ (45, 3.6%)

85 である 4 です 32 だが

1 [23件] かそれとも, かまるきり, か双方, か右, ができる, さ, じゃったぞ, じゃない, だから, だ西洋, であったの, であった東京, でございますが, ですから, ですがね, ですもの, とも知れなかった, と思える, と見え, に違い, もあった, らしい, を見たら

▼ がった~ (38, 3.0%)

2 待ちかまえて, 思ったが, 見えて

1 [32件] ありゃこっち, いうから, いうが, いうだけの, いうものの, お考え, こう云われ, すぐに, にらみつけたんでね, ぼやくの, みえて, みるや, ややてれ気味, わかり薄情, ブツブツ云っ, 云うけれども, 云うのに, 云う話, 云った, 云って, 切って, 君は, 思いながら, 思うと, 思ってたん, 感心したです, 拳骨が, 相手の, 眉を, 罵りけるが, 見えてね, 誌し

▼ がった~ (34, 2.7%)

2 逃すな

1 [32件] くたばったか, しれません, すぐわかった, そいつを, そう来るだろう, そのわけ, その詮議, それさえ, ただ単なる, ちぇッ, どこを, またむだ, ッ, 似ても, 何の, 呆れた奴, 太え, 居ないて, 急に, 想像が, 死骸を, 汝懲りず, 浮いて, 畜生, 白状しろ, 知らねえけれど, 知ら恭太, 知れないが, 能く, 貴様たちに, 身には, 馬鹿野郎女郎でも

▼ がったから~ (27, 2.1%)

1 [27件] いきなり頬げた, かわいそうに, けさばかりは, ここで, さかさ, さだ嬉し, そいつを, だ, だらしが, はてなと, 今日の, 何する, 何を, 俺らの, 其奴の, 口惜しくって, 多分それ, 己が, 無茶苦茶な, 特別を以て, 私も, 莟を, 起こったこと, 軽便より, 銀造の, 食べさ, 魂も

▼ がったこと~ (24, 1.9%)

2 がある

1 [22件] があった, がいくつ, だ, だろう, である, であろう, でしょう, で結婚, などを思い出し, にならへん, はない, はなかっ, はほか, はまあ, は一度, は明らか, もあった, もありました, もボオル, わすれてや, を思いだし, を覚え

▼ がったという~ (21, 1.7%)

2 ような

1 [19件] ことが, ことである, ことでした, ことです, ことに, ことは, のだ, のには, のは, ものだ, 悲壮な, 愛し方, 新聞の, 有名な, 私も, 話が, 話であります, 話は, 顔を

▼ がったんで~ (20, 1.6%)

1 [20件] え人, え若, こういうの, このとおり, ごぜえます, さっそくこっち, すっかり面食らっ, それが, それを, ろく, イ, イヨイヨ助け, 争って, 二三日漁が, 何だかコウ背筋, 到頭小屋, 命あっ, 大きに助, 嬉しくて, 対手は

▼ がったもん~ (19, 1.5%)

3 だから 2 だ, ですよ

1 [12件] じゃけ, じゃなあ, だからね, だが, だな, だろう, で, でしょう, です, ですから, でそれから, で中

▼ がったよう~ (18, 1.4%)

2 に見える

1 [16件] だ, であるし, です, でその, なしな, な人間, な小さな, な形, な恰好, な気, な気味, な衣裳, な長い, な髪かたち, に垂れ, に思う

▼ がった~ (16, 1.3%)

5 違いない 3 ちがいない 2 相違ねえ, 違いねえ 1 ちげえ, もちが, 相違ありません, 違えねえ

▼ がったなと~ (15, 1.2%)

1 [15件] いった調子, それを, にらんだればこそ, まず坊主頭, ピンと, 八サン大そう, 店先に, 思いやしたから, 思うて, 思った, 思ったんで, 思って, 睨んだが, 空鉄砲を, 舌打し

▼ がったって~ (14, 1.1%)

1 [14件] しようがない, その当人, それほどに, そんな手, ぞうさは, なかなか手, のも, 人が, 仕方が, 後の, 情にも, 私が, 酒は, 離れられないさ

▼ がったそう~ (12, 1.0%)

5 です 2 だから 1 じゃが, だ, だそう, である, でございます

▼ がったところ~ (10, 0.8%)

1 でほんの, でれい, で一般, で遠慮, に奥さん, に校章, の, の尾, はありませんでした, をもっ

▼ がったので~ (10, 0.8%)

1 あわれな母親, アレクセイは, コーンの, 仲間の, 俺は, 皆本当に, 私自身は, 自然城方の, 閉口しました, 頭領が

▼ がったじゃ~ (8, 0.6%)

6 ないか 2 ねえか

▼ がった~ (7, 0.6%)

4 を持つ 1 で見, と博士, を持っ

▼ がったかと~ (6, 0.5%)

1 お考え, トラックの, 仰しゃるんですか, 思うと, 思って, 腹を

▼ がったくせ~ (6, 0.5%)

32 にし 1 に云

▼ がった~ (6, 0.5%)

1 がある, がございました, はない, を云っ, を忘れた, を思い出し

▼ がった~ (6, 0.5%)

1 からすぐ, にそういう, にはギョッ, にゃア, に何, に気

▼ がったけれども~ (5, 0.4%)

1 これは, ほかの, やがて談合, 文面が, 結局そのまま

▼ がった~ (5, 0.4%)

1 ならよかろ, にだけなっ, の骨, の髑髏, を集め

▼ がった~ (4, 0.3%)

1 つまり陸蒸気さ, 大将, 女の子に, 恐ろしい歯

▼ がったその~ (4, 0.3%)

1 あげくには, 女と, 好みに, 犬である

▼ がっただけ~ (4, 0.3%)

1 であなた, では, でほんとう, 違う

▼ がった~ (4, 0.3%)

1 だな, はございません, もなく, をどうにか

▼ がった~ (4, 0.3%)

1 にあの, にさ, にフフフフフ, に挨拶

▼ がった~ (3, 0.2%)

1 媽さんまた, 由利は, 隅様を

▼ がったくらい~ (3, 0.2%)

1 だが, であった, ですから

▼ がった~ (3, 0.2%)

1 ソレ大変だ, ッ, 待てよ

▼ がったほど~ (3, 0.2%)

1 では, 寒さ, 幸福で

▼ がったまま~ (3, 0.2%)

1 で亡くなられた, ゆらゆらと, 始終爛れ

▼ がった~ (3, 0.2%)

1 があっ, が拝む, に黄いろ

▼ がった~ (3, 0.2%)

1 のききよう, の両端, の大きな

▼ がった~ (3, 0.2%)

1 がよく, が認めた, を電気鑢

▼ がった~ (3, 0.2%)

1 と馬, へく, を手巾

▼ がったあと~ (2, 0.2%)

1 かれは, でお

▼ がったかご~ (2, 0.2%)

1 には重, の中

▼ がったかは~ (2, 0.2%)

1 ええところ眼, 知らないが

▼ がったからって~ (2, 0.2%)

1 いちいちやっ, こっちが

▼ がったこの~ (2, 0.2%)

1 化物め, 季節の

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 またこれら, 私も

▼ がったそれ~ (2, 0.2%)

1 はいつぞや, をおまえ大庭さん

▼ がったっけ~ (2, 0.2%)

1 ええと, はっはは

▼ がったとき~ (2, 0.2%)

1 にまだ, 老僧

▼ がったとは~ (2, 0.2%)

1 いえ馬鹿さ加減, 何んて

▼ がったなという~ (2, 0.2%)

1 グアイであった, 苦々しい表情

▼ がったなどと~ (2, 0.2%)

1 不良に, 無駄話を

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 へへへへへへ, 色和尚恋の

▼ がったのに~ (2, 0.2%)

1 それ等は, 今は

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 その苦しい, 畜生

▼ がったわけ~ (2, 0.2%)

1 じゃあありません, でして

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 だね, でしょう

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 となさい, に勃海使

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 が居, は重蔵

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 をおめおめ, を見かえし

▼ がった小さな~ (2, 0.2%)

1 橋の, 電灯が

▼ がった岩頸~ (2, 0.2%)

1 まで, までつ

▼ がった感じ~ (2, 0.2%)

1 のこの, の眺望

▼ がった挙句~ (2, 0.2%)

1 に枢密院議員, 到頭カル焼みたい

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 に比べる, の女

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 が一本, の方

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 には渋柿, はその

▼ がった様子~ (2, 0.2%)

1 だったぜ, はなかっ

▼ がった灰色~ (2, 0.2%)

2 の空

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 が比, さ

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 とではまるで, は一人

▼ がった芸術~ (2, 0.2%)

2 でそれ

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 がわかった, さ

▼ がった連中~ (2, 0.2%)

1 だ, も実は

▼ がった野郎~ (2, 0.2%)

1 でさ, の片割れ

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 なん, をすっかり

▼ がった~ (2, 0.2%)

1 のない, はなかっ

▼1* [281件]

がったン畜生また, がったああチビ公, がったあごをした, がったあのきれいな, がったいけ図々しいにも程, がったぬ, がったうえに非常, がったうえ六ツものん, がったうちはいい, がったおいあの面, がったおお痒い痒いこいつ, がったおかしかったいそれ, がったおじいさんがあります, がったおせんがまだ, がったおばちゃんだよ, がったかおをもっ, がったかという理由を, がったかもしれませんぜ, がったかを語った, がったがやがでその忿懣, がったがら俺飴玉買った, がったきらびやかなしんだい, がったくらいにゃ承知しねえ, がったけど結局行っ, がったけれど其のまま, がった新造たちの, がったさあおもしろいお父さん, がったそうして今やこの, がったために折角網, がったためしのない, がったため俺は永い, がったたんだ, がったちょっと語学の, がったっていうじゃないか, がったつめとをながめた, がったとか立舂を, がったとき不寝番になる, がったとき照彦様は, がったとしか思われませぬ, がったとしてもやはりそれ, がったとしましたら私は, がったとたんきゃあっと, がったとの話である, がったともいう, がったオ, がったなとか明日あたり純真を, がったなとは思ひましたが, がったなり顎を, がったなんていうよう, がったにおいをかぎわける, がったのうやいやい小僧, がったのちはて今, がったのち旦那はこんど, がったのでさア, がったのでね唐天竺三界かけ, がったのよ女の, がった馬鹿げて, がったはやく撃てッ, がったばかにし, がったばかりである, がったばらで仕切られた, がったひどい目に, がったふうせんがとん, がったふたりはサッと, がったほうが安全, がったほんとに憎らしい野郎共, がったまでで相手, がったまま大次郎へ笑いかけた, がった不審娘が, がったもう騙されやしねえぞ, がったものの新田がたの, がったやくざ野郎の小, がったやつがある, がったわなああの時ほんま, がったんだいまるで蚊姥, がったんだい今までも, がったんでけええそう, がったん電車はひとつ, がったクモが風, がったコードはすぐ, がったナぐらいのことで, がったナポレオンはコン吉, がったヘッ何のこッ, がったロシア文学の専門家, がった一匹の狆, がった一同の者, がった一本の綱, がったには一人, がった世人はやがて, がった中心から薄, がった水正ひそかに, がった乞食だこの, がった井戸傍で私, がったの大切, がった人々はいつのまにか, がった人畜生の門倉, がった人騒がせな悪戯, がった今度こそはとっつかまえ, がったの劇場, がった以上に私自身, がったのおまじない, がったも茲, がったが幾ら, がった偉い酒の, がった入り口のたたき, がった真という, がった公卿たちがふたたび, がったの頃, がったじき女房の, がった出来損いが動物とも人間, がったになっ, がった動物耳で見る, がった原因は死ぬ, がった双生児をそこ, がった反響がない, がった叫び声をたてさせる, がった右手の肘, がった同じ冗談に, がった君子は蝙蝠, がっただから, がった城入道その他の人々, がったを張り上げ, がった夕方の雲, がった外人を追って, がった九郎の, がった大きな栂の, がった大力無双の奴, がった大隅の運命, がった天井に上端, がった奇妙な恰好, がった女御更衣は院, がったが救う, がったさ, がった粋な, がった小さな小さな口が, がった岡ッ引だな, がったに指, がった巨大な人間, がった帆布で巧み, がった弟子に金子市, がったえ奴, がった張本人はいったい, がったをした, がったは年, がったもなお, がった心持を思う, がった心理と似, がった悪党でがさあ, がった情けをまた, がったが悪くっ, がった態度のよう, がった手前が意地, がった手紙も来る, がった抜け目のねえ, がった拍子にちっと, がったをひそか, がった拵えものの筋, がった揚屋へ入れられる, がった擬いの神尾主膳, がった政治家銀行家その他は二・二六事件, がったでもございましょう, がった新吉の智慧, がった新造の声, がったで遣りゃ, がった時分とは違う, がった時鳥もいま, がったやあがった, がった柔らかみのない, がった柳沢家のやつら, がった栄三郎がいま, がったをかたせ, がった楽屋簪を十本, がったがその, がった櫓下の羽織衆, がったのこと, がったん畜生ヤイ, がった此処へ来, がった此畜生親父は殺された, がった毛皮外套も眼, がった気持ちで私, がった気質と話しぶり, がった汝瓜食ったな, がった泰造がやっと, がった活動写真のビラ, がっただった, がった烏啼天駆だ, がった煩しさが, がった父親が旅稼, がったのよう, がったである, がった特殊性を明, がった狂犬同様のやつ, がったのよう, がった阿魔, がった環境に属す, がった甚内がいた, がった町内ではあんまり, がった番頭ね彼奴, がった白い髯を, がった白木の下駄, がった白髪の武人, がった皮膚がたるん, がったの光, がったと皺, がった眉毛口髭毛むくじゃらの胸, がったと合, がった眼つきで重吉, がった短歌なんぞをいじくっ, がったか何, がった社会がかつて, がった社長のハゲチャビンめ, がった祖母までが怒っ, がった神戸の町, がったであった, がったを見, がったに終っ, がった竹童般若丸の太刀, がった竿の先, がったやがった, がったです, がったとお, がった粗朶を草鞋, がった糸杉の姿, がった紙ひもが頬, がった素袷に縄, がったがここ, がった絵馬そのものがまず, がったの点々, がった締りある場所, がったのズボン, がった罰当りも少く, がった老人が妖精ども, がった老臣の伊東十兵衛, がった耕太郎を伴, がったを余計, がったが立った, がったがいくら, がったの黒い, がった色テープの下, がった茶色の眼, がったをむしっ, がった著しい突起を, がった薄っぺらなところ, がったの引手一個引剥, がった見台に向っ, がったはいまだかつて, がった言葉を巧み, がった訪問を常に, がった赤坂一つ木の寄席宮志多亭, がった赭ら顔の五十男, がった越前守忠相手にした, がったをたたえ, がった身なりをし, がった軍勢がある, がった軽井沢や浅間, がった輪廓を見せ, がった辻番が投げ出す, がった近頃はどうも, がった返報に絶対秘密, がった通りに, がった都会の味, がった酒屋が利久そば, がった酷い雨で, がった鉄斎払いは払った, がった鉄鎖のよう, がったの大, がった鎗先を見, がった長い針を, がった闇太郎まず一ばん, がった陽気が悪い, がった陽虎じゃない, がった難物かも計られぬ, がった雨雲の間, がった雷蔵はじめずいぶん東京, がった青白いランプの, がった食物を襲う, がった餓鬼共アグズグズ言わさず, がった馬鹿な奴, がった籠っていう, がったの伝, がった鼻面を突き出し