青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「がっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~がい がい~ がけ~ ~がた がた~ ~がたい がたい~ ~がち がち~ ~がっ
がっ~
~がった がった~ がら~ がり~ ~がる がる~ がん~ ~き き~ ~きい

「がっ~」 5151, 56ppm, 2086位

▼ がっ~ (4746, 92.1%)

312 いた 168 いる, いるの 61 いたの 57 いるよう 48 いること 37 いると 36 いました, いるん 35 います 34 いたが 27 おいでに 24 いて 23 行った 21 いるもの 19 やって 18 いたこと, いるから, いるところ 16 いたので, いるという 15 いたもの, 見て 14 いるが 13 いたから, 来た 12 いるか, くれた, しまった 11 いましたが, いるし, いる人, 居る 10 いるのに 9 いらっしゃるの, いる様子, いる者, それを, ゆく, 居るの, 眺めて 8 いたと, いたよう, 来て, 笑った

7 [12件] いたん, いるうち, いるそう, おいで, おります, おれ, くる, くれるの, 居た, 手を, 泣いて, 笑って

6 いるその, いるに, いろいろと, くれて, くれる人, 出て, 育てて, 行く

5 いたという, いたところ, いるお, いるだろう, いる事, おりました, きて, みても, 居るよう, 見物し

4 [26件] いたか, いただけ, いたのに, いった, いましたよ, いますよ, いられました, いるくせ, いるじゃ, いるだけ, いるばかり, いる人たち, いる奴, いる彼, きいて, きた, どうする, どこの, 人の, 居て, 泣きました, 置いて, 聞いて, 自分の, 頭を, 顔を

3 [49件] いい, いたけれど, いたそう, いた犬, いながら, いられる, いらッ, いるあの, いるかの, いるらしい, いる人間, いる位, いる時, いる物, いる甥, いる若い, いる訳, いる連中, いる長い, おりましたが, おりましょう, おりますから, おりまする, おる, きました, くれたが, くれるが, しまいました, しまったの, ほかの, やった, よろこんで, わざと返事, 下さい, 下さるの, 何を, 困るの, 居たと, 居たの, 居ります, 居ると, 来ると, 来るの, 泣いた, 瓜を, 表面は, 誰も, 身を, 遣って

2 [197件] あげくの, あげて, あたしを, あとを, いいかげんに, いたあの, いたくらい, いたし, いたでしょう, いたよ, いた人, いた人たち, いた僕, いた娘, いた少年, いた日, いた時, いた末, いた甥, いた癖, いた自分, いつまでも, いては, いない, いないの, いないん, いなかった, いますけれど, いません, いやに, いらしたから, いらっしゃいました, いらっしゃいますから, いらっしゃる, いらっしゃること, いらっしゃるん, いられたよう, いられるの, いるかと, いるかも, いるからと, いるせい, いるだろうと, いるでは, いるとでも, いるね, いるので, いるぶらんこ, いるよ, いるらしいの, いるらしかった, いるわけ, いるシャンデリヤ, いる僕, いる子供, いる小, いる心, いる所, いる梁, いる次第, いる気持, いる男, いる町, いる私, いる綱, いる自分, いる表情, いる話, いる間, いる風, いろいろに, うずうずし, おいでだった, おくれ, おった, おって, おやり, おりましょうよ, おりますが, おりますゆえ, おるかの, おるそう, おれが, おれの, お上げ, お祭り, きいたふう, きゃっきゃっと, くるの, くれたお, くれないと, くれる, くれるから, くれるだろう, くれるもの, くれるよう, くれる相棒, ここへ, このうえ, これを, しまいには, しまって, じだんだを, すぐに, その噂, その意趣返し, その話, それから, とんでもねえ, なんとかし, ばたばたしました, ます, まるで火, みじかい腕, みたが, みたところ, みたり, もらって, やるが, やること, やると, やれと, やれよ, やろう, よい, よくも俺, わらいました, ゐた, ゐるの, んだ, 上げるから, 下さいました, 下さいましたが, 下さいまし私, 下さったので, 下すった, 両手を, 今に, 何か, 何度も, 俺の, 先に, 呉れる人, 大事に, 大騒ぎを, 太え, 女を, 姿を, 娘を, 家の, 寄って, 居ました, 居りました, 居るから, 居ること, 居るし, 居るという, 帰って, 年を, 彼の, 後から, 悲鳴を, 手に, 日の, 暮らして, 気が, 泣いたり, 涙ぐんで, 溜息を, 生きて, 目を, 私に, 私を, 窓へ, 笑うの, 続けて, 腕を, 自分は, 自分を, 行かねえん, 行くと, 行ったが, 行ったの, 行って, 見たり, 見物する, 親切に, 買って, 近所の, 返事を, 遊ぶの, 集まって, 顔の, 首を, 騒いで, 騒いでるの, 鳴くの

1 [2472件 抜粋] ああし, あげた片, あげるの, あっしの, あとは, あの通り, あれが, いいぞ, いうのに, いく, いくらなん, いけねえ, いたあと, いたかを, いたぞい, いただいた叔母, いただければと, いたな, いたぼく, いたわって, いたチエノワ, いた丸尾技士, いた処女気, いた女, いた学生, いた年ごろ, いた戸山学校, いた明智, いた様子, いた煖房, いた紫陽花, いた負け嫌い, いた道誉, いた頃, いだっけ, いったいなん, いっぺんに声, いつまで, いないくせ, いなくて, いましたし, いましょう, いますわ, いやあがる, いやがるな, いよいよ吾, いらっしゃいます, いらっしゃるお方, いらっしゃるく, いらっしゃるので, いられますから, いるお前, いるからさ, いるこの, いるそれら, いるだ, いるだろうとさえも, いるであろうとは, いるとは, いるなら希望, いるふう, いるやつ, いるらしいん, いるらしかったが, いるわ, いるキッド, いるドーリヤ, いる一万年足らず, いる上等, いる事柄, いる作家, いる勝代, いる右近, いる塩野, いる奴等, いる小さい, いる年齢, いる心臓, いる提灯, いる旨, いる板, いる正吉, いる江戸ッ子, いる照明, いる異人さん, いる短冊形, いる縄, いる腹帯, いる貴婦人, いる錨綱, いる青い, いる風景, いろいろ画策, うさぎが, うまくいったら, うるせえな, おいて, おいでな, おかしな小, おく方, おったし, おのおの引かせた, おらるる, おられます, おられるよう, おりますか, おりませんでございますもの, おるであろう, おる面, お代りした, お守を, お書き, お聞き, お金を, かぶって, からからと, がみがみと, きたの, きっと子, きらい抜い, くださいますから, くださるよう, くつろぐが, くるよう, くれたから, くれたよ, くれた先生, くれた男, くれてるから, くれました, くれます, くれや, くれるし, くれると, くれる人間, くれる気持, くれクリストフ, こい, ここへは, こっそり一, このでれ助野郎ら, この合の子め, この清興, この頃, こんなに煩ら, ささやくの, ざまあ, しかるの, しまい, しまったそう, しようがない, すうと, すべって, ぜひ泊っ, そうだ, そこに, そっとし, そのくせ人, その一隅, その後は, その晩近く, その毛脛, その男優, その見すぼらしい, その頬かむり, それえ, それでも, それで済む, それ知らん, そんな金, たじろいで, たってさ, たまりません, だれに, ちくしょう, ちゃらちゃらいいました, ついにその, つまらねえ, とうとうネズミ, とうとう翻訳書, とび上がって, どうしても, どうせ二三日, どっかへ, ないか, なさって, なんだ, にやにややっ, のろけて, はったい粉を, はね起きようと, ひき立て, ひどい目, ふざけた野郎, ふとん, ぶるぶる慄, ほとんど家, まあなぐりこみ, まじまじと, またぞろそこら転がっ, まだずうずうしく, まるでよりつかなくなりました, みた後, みんなに, めちゃめちゃの, もう一遍, もがきながら, もともと大, もらいねえ, もらえる労働者, やさしいばかりが, やったよ, やっと服, やらせる, やらなければ, やりました, やり三上, やるよ, やれば, やろうなん, やんややんやと, ゆくという, よくも裏切った, よんで, わいわい言う, わざわざ外, わたしに, ゐないの, アクビを, エエ火事は, クッションに, ゲラゲラ笑う, スリッパという, テレビジョンを, ヒンヒンと, フトンを, プンプンした, ホラ又, モスク, ワイワイ云い, 一ぱし魚屋らしく, 一勢に, 一度証拠, 一枚ずつ, 万一あの, 上げようと, 上って, 下さいます, 下さいますよ, 下さった頃, 下さるから, 下さる上, 下総十五郎を, 両手で, 主人を, 争闘に, 二十万の, 云って, 交番へ, 人づてに, 人懐かしく, 今さらまた, 今夜リイを, 仕事を, 以て, 休むが, 休憩に, 伸子の, 何うどすえ, 何だか他, 何にも, 何冊も, 余程可笑しい, 例に, 俯向い, 俺らを, 偽物の, 僕を, 入れめ, 其日学校で, 再三の, 出来心だ, 前へ, 化粧の, 卑劣な, 厳かな, 又出仕, 取り入りたい心, 口説いても, 叫んで, 司法権擁護の, 同じ科, 向こうの, 吹出すと, 呉れるが, 告文を, 命がけで, 喚び叫ぶを, 喝采する, 器用な, 困ったな, 国も, 坊や坊やって, 壁に, 外しに, 夜中の, 夢に, 大きな面するねい, 大地に, 大笑いし, 天を, 奮い立った, 始めから, 威張って, 子供に, 学業を, 実行に, 家へ, 寄りつかない, 寝んでからは, 小さくなっ, 小屋の, 少年の, 居たからナ, 居た乾き切った真夏, 居た花, 居ましたがね, 居らる, 居られるよう, 居るうち, 居るとか, 居るのに, 居るん, 居る何, 居る家, 居る自分達, 届けるもの, 左大弁式部大輔その他の, 師匠に, 常は, 幾ら儲かっ, 庖丁です, 座へ, 引っ込んで, 弾ね, 彼につき, 彼女に, 待つよう, 御呉れ, 微笑みながら, 忙しいにも, 思わず飛び出した, 恥か, 悶て, 想像した, 愛撫を, 成っちゃ, 戦争を, 手づかみに, 手も, 手前は, 手紙でも, 承知する, 押すの, 按摩ン許が, 振ったら今晩一晩きり, 掛けかえねえんで, 撫で廻す, 放送局や, 敵を, 新座敷, 日本に, 早く逃がし, 昼の, 時機さえ, 暮しな, 有無も, 本式やくざ附合い, 来たこと, 来た女連, 来ました, 来るとき, 来る早々, 某学者, 桃下の, 森の, 横柄な, 歌読も, 此処へ, 歩くという, 死にそう, 死ぬの, 死んだ場合, 殿様を, 母親の, 気おくれ, 気味を, 水に, 決してあきる, 泣いた華族, 泣きも, 泣き声だ, 泣く, 泣く声, 浮き出すと, 渡っては, 滅多に, 火を, 無情ない, 焼もち半分, 片わき, 物置から, 甘く見, 生活難だの, 畑に, 畳みかけて, 登り降りの, 皆が, 目にも, 相手の, 眺める余裕, 知り人, 神橋の, 私との, 私をば, 穴から, 窓に, 立ってるので, 笑い出すかも, 笑うより, 笑ったり, 米を, 結び付けさえ, 続々と, 繰返したに, 翻弄気取りで, 耳を, 肩を, 育てると, 脈搏が, 腰を, 自分たちも, 舌を, 色々弁解, 苦い面, 茶碗の, 落ちて, 蝦夷の, 行くの, 行ったか, 街道を, 裏の, 見いった, 見たの, 見てるのに, 見んの, 見物の, 覗眼鏡でも, 言うの, 討入と, 詫まる, 詳しいこと, 読む位, 請わるるまま, 豆の, 貰いて, 貰ったお礼, 貰ってさえ, 買い込む者, 走って, 足下を, 身もだえを, 転がりや, 近郷近在が, 追うの, 逃げだしたがって, 逃げ出そうと, 逢わなかったと, 遠くに, 避病院へ, 重い病気, 金だ, 銀ブラと, 長い釘, 開墾に, 隊を, 集める成人, 雪見を, 面を, 頂いた御, 頂戴, 頻りと, 題を, 食べた, 食べ物を, 飲まない人, 餌は, 馬の脚なんかを, 騒ぎ立てるので, 鬼の

▼ がったり~ (166, 3.2%)

26 して 7 した 4 するの 2 したの, しながら, すること, 可愛がられたり, 嬉しがっ, 気を

1 [117件] あこがれて, あるいは馬鹿らしい, いくらか, いざと, いつまでも, いやに, いらいらしない, うじうじしない, おがっ, おびえたり, お座敷へ, お菓子を, お餅, くさったり, くしゃみを, こまったり, こわがったり, こんなに忙し, さも疲労, しかめっ面を, したが, したそう, したという, したもの, したら泣いて, しちゃあ, してさ, しては, しなければ, しました, しますから, する, すると, するところ, するほか, するもの, する事, する人, する人々, する娘, する癖, する者, する貞世, する身近, それに対して, ぞんがい人, ちょっとした病気, つけて, どんなに努力, ひどくなっ, また大, また大いに, みんなきらい, むやみに, めでたがっ, もの思いに, やりにく, よく響く, アイクチを, 下らないこと, 世間を, 人一倍も, 人形を, 他人の, 何しろサッパリ, 何歳に, 余りの, 初めてミミズ, 危なそう, 又は両親, 喜んだり, 嗤っ, 困ったり, 外れる, 大人物, 嫌がったり, 巧い, 式だ, 怒ったり, 怨めしがっ, 恋しがっ, 恥かしがられ, 悪ふざけを, 悲しがっ, 憎がったり, 或いは祖先, 打沈んで, 有難がったり, 栗を, 楽しんだり, 横に, 欠点を, 欲しそう, 気の毒がっ, 泣いたり, 浮かれたり, 淋しがっ, 照れたり, 特別扱いに, 理由も, 相手ほし, 竹細工人を, 腑甲斐ない, 自分の, 苦しがっ, 落ちが, 虐待する, 表町の, 豚や, 跳び上って, 通る, 通訳という, 開けられたり, 頭を, 顔見られる, 食べたがったり, 首を

▼ がっても~ (54, 1.0%)

1 [54件] あたしの, いたんだし, いないが, いないの, いなかった, いなかろうよ, いるの, いるらしい, おいでに, おいらあ, おれの, お出し, お前さんには, このスクープ, これ又, そうは, そんなこと, ついて, ぬれたまま, もうちょっと動けないでしょう, もう我々, もう遅い, よいと, よい筈, わしは, ムダな, 一文も, 先生とか, 出して, 別に悪い, 努力し, 呼息の, 愚痴や, 憎らしがっ, 手を, 昔の, 最初ほどの, 本当は古い古い, 死ぬ時, 清吉は, 狭い露地, 甘やかさないところ, 生きたまま, 聞えて, 致し方が, 舌が, 貰えなかった忙し, 迚も, 過去二千余年の, 雪ゃあるんだから笑わしゃがら, 首に, 駄目だ, 高射砲で, 髭の

▼ がっては~ (31, 0.6%)

3 いたが 2 ならないと

1 [26件] いけません, いたけれど, いないけれども, いないの, いないまでも, いないよう, いない様子, いなかった, いません平気, いられない, いるが, いるの, いるよう, くださらないん, くれまいなどと, しかたが, ならない, ならぬこと, ならぬぞ, ならん, また席, ア金つん出し, 居りますけれども, 居る顔, 崇高な, 貰えないであろう母

▼ がっちゃ~ (25, 0.5%)

13 んがっ 2 こっと, だめです 1 いけない, いけないよ, いないさ, んが, んの, 可け, 呉れない, 困る

▼ がってばかり~ (13, 0.3%)

3 いて 2 いるの 1 あげる, いたが, いたので, いました, います死ぬかと, いること, いると, いる浜田某

▼ がっ~ (12, 0.2%)

2 ひらきました 1 しがみついた, つかんで, 口を, 咽喉の, 宵からの, 戸を, 抱えこむ, 渦巻く淵, 聞える異, 落ちかかって

▼ がってね~ (10, 0.2%)

1 うるさいから, こういうもの, それでも俺, どうしても一緒, まことに取扱い, 両方とも, 会社へ, 前斎宮, 始末の, 若衆は

▼ がってと~ (8, 0.2%)

1 あるな, 乃公の, 云われるの, 半分は, 呶鳴っ, 憤慨し, 来るん, 言う感じ

▼ がっそう~ (7, 0.1%)

2 頭に 1 でぼうぼう, でまさに, にし, のよう, や総角

▼ がっさい~ (6, 0.1%)

1 がお前達, がまた, が気まぐれ, が謎, すって, をおっ

▼ がってから~ (6, 0.1%)

1 まもなくである, もとの, 初めてぎらっと, 郎党の, 間もなく, 雪子たちも

▼ がってでも~ (5, 0.1%)

3 いるよう 1 いると, いるの

▼ がっちゃんと~ (4, 0.1%)

1 動きだした, 機械人間は, 荒々しく足ぶみ, 金属の

▼ がったりと~ (3, 0.1%)

1 倒れるよう, 戸棚の, 音が

▼ がってや~ (3, 0.1%)

2 しないかと 1 しないわ

▼ がっこう~ (2, 0.0%)

1 の一婦人, 四ねん

▼ がっしと~ (2, 0.0%)

1 おさえられて, つかまえたの

▼ がってという~ (2, 0.0%)

1 挨拶だった, 気に

▼ がってなぞ~ (2, 0.0%)

1 いられなかったの, おれは

▼ がってなんて~ (2, 0.0%)

1 事を, 口の

▼ がってばかりは~ (2, 0.0%)

1 いられなかった, いられなくなる

▼ がっ~ (2, 0.0%)

1 と倒れる, を被

▼1* [38件]

がっいいかげんにせい, がっない混乱, がっくんをした, がっこといい三歳, がっごうごうという滝, がっいねた, がっさいおいらときまってる, がっさいオジャンにし, がっさい伝六が男手一つ, がっさい混沌とし, がっさい自分の名義, がっさい身につけ, がったりがくり列, がったりで閉口し, がったりなど失礼な, がったりはしないで, がっちと自分の, がっちょるのう, がっつり弱い申, がってかッと, がってからでも初めて異分子, がってこそ文珠屋な, がってさえ置いて, がってな子どもら迄が, がってなんかくれないわ, がってねえ今も, がっての宿の, がってのみいて, がってばかりもいられないこと, がってへッ, がってやにわと因縁つけや, がってよわっち, がっいむ, がっぱと泣き伏しお, がっぱとはね起きると, がっぱとばかり泣き伏した, がっぶるぶるぶるッ, がっ兵頭