青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「がち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かん~ が~ ~がい がい~ がけ~ ~がた がた~ ~がたい がたい~ ~がち
がち~
~がっ がっ~ ~がった がった~ がら~ がり~ ~がる がる~ がん~ ~き

「がち~」 2567, 28ppm, 4203位

▼ がち~ (729, 28.4%)

29 ものだ 28 ものである 14 のは 11 のを, もので 7 のである, のです, ものです 5 のが, のだ, 私は, 自分の 4 ことである, ことです, ところが, のも, 事である, 人々の, 彼女の 3 ものであり, 心の, 日を, 時が, 目を, 私を

2 [29件] こと, ことが, ことだ, ことで, ことを, この世を, ので静か, ものさ, ものと, 一種の, 人間の, 例の, 勇気を, 声で, 小さな眼, 悲しい習性, 日々を, 日が, 日本人は, 猥褻感も, 瑠璃子にも, 生活を, 男だ, 眼を, 私の, 稼業の, 空の, 筆を, 苦しみに

1 [491件] あたしは, いったんこうと, うちに, おそば, おそろしく大きな, おどおどした, おぬい, お互いの, お政, お玉の, お町, お粂, か, くせまで, くらいであった, けれどもそれ, ことさ, ことじゃ, ことであった, ことであり, ことと, こととして, ことながら, ことに, ことは, ことも, この人, この娘, この本部, この町, この社会, この良人, この過ち, しかし知りたい, しかもそんな, しとしと雨, しとやかさは, その女, その日, その癖腹, その空虚, それらの, そんな考, たどたどしさ, ためいつの間にか, ため彼女の, だらしの, ところから, ところだ, ところへ, と云, どっちつかず, ので, のであった, のであつ, のでお, のでご飯, のでせみ, のでその, のでその間, のでそんな, のでた, のでたやすく, のでまだ, ので久しぶり戦場, ので内儀さん, ので国老, ので婿どの, ので山, ので常住ポケット, ので折々, ので結局取り分, ので編輯局, ので金, のと, のに七万両, のに生徒大会, のね, のよ, は尠, ばかばかしい喜劇, ほっとした, ほとんど無, ほどこの, ほんのちょっとした無邪気, まずい朝飯, まるで繻子, もの, ものさね, ものじゃ, ものであっ, ものであった, ものであるらしい, ものであろう, ものでした, ものとは, ものな, ものね, ものは, ものらしい, ものを, やさしい死, ように, わたしたちの, われわれの, んです, イエスマリアの, オリヴィエの, ジャンセニスムに, センチメンタルな, ヒステリーなどは, ボスの, ボタンすり切れた, ルイザは, 一つの, 一二年の, 一夜である, 一瞥を, 一箇の, 三人の, 下に, 下駄は, 不安な, 不思議な, 不条理下劣な, 中国語で, 中層の, 中性タイプと, 中流的環境から, 丸の内の, 丹後には, 九兵衛へ, 乱の, 事から, 事だ, 事と, 事もなげな, 二つの, 二人の, 二十歳前後の, 人々である, 人たち, 人たちの, 人においては, 人間どもの, 人間に, 人間を, 今日彼らの, 今日彼等の, 他部落, 仰々しい感歎, 低い言葉, 何となく世間, 俳優たちの, 個人は, 偏見を, 健三の, 偽悪趣味, 傾向が, 傾向として, 傾向について, 傾向を, 僕たちに, 僕の, 僕も, 兄弟などよりも, 円まつちい眼は, 冬の, 初冬の, 初夏の, 利息を, 劇壇に, 効果が, 北国の, 北村へ, 十六区の, 卑屈から, 単に娯楽, 反の, 叔父が, 古い日本, 叫びの, 台所道具を, 吉左衛門が, 名誉職に, 味方の, 味方を, 品々に, 商売の, 問題が, 問題は, 国民である, 圭子が, 圭子の, 堕落に, 場末生活を, 夏の, 大きな目, 大人と, 大原に, 大変な, 大多数, 大小の, 天候は, 天気でした, 失策を, 奪い合いだった, 女の, 女ばかりの, 女性の, 姿に, 娘たちが, 娘たちの, 嫉妬の, 子供の, 子供特有の, 季節であった, 孤独癖が, 学者の, 宮中では, 家々の, 家で, 家刀自もしくは, 寂しい頼り, 寮に, 対坐に, 尊傲な, 尊大不遜の, 小さな事実, 小説を, 小過や, 尚侍を, 山中の, 川上よりも, 巴里に, 市中一たい, 平素の, 年配に, 年頃の, 幻は, 幻覚かも, 広い肩, 庖丁一本で, 庸三には, 庸三の, 庸三は, 廊下で, 弱い稼業, 弱い者, 当局者に, 形を, 彼だった, 彼では, 彼と, 彼な, 彼にも, 彼らの, 彼女とは, 彼女に, 彼女は, 彼女を, 徒党を, 得手勝手きわまる, 御面師, 微睡, 心と, 心に, 心理も, 息を, 悲しい勇み足, 意志は, 意見に, 愛情で, 感傷性の, 感情だ, 感情上の, 感覚的要素を, 態度で, 態度を, 慘忍な, 憂鬱であり, 憂鬱な, 懐疑に, 或る, 所以であります, 所作を, 手の, 挨拶を, 挿話だった, 放浪癖の, 放縦として, 散歩を, 敵役は, 文学の, 新婚生活は, 日々の, 日々忘れるで, 日常では, 日本の, 日本人には, 日頃の, 明け暮れを, 時である, 時には, 時は, 時代の, 時刻でした, 時期には, 時計を, 時間を通じて, 月光の, 月明りは, 有様が, 有様で, 東京崇拝に, 柴田勝豊金森不破の, 概念的類推にのみ, 欠陥も, 次姉, 此頃の, 武勇自慢の, 歩を, 母親らしい, 民衆は, 気まぐれな, 気分と, 気分は, 気分も, 気性だった, 気質と, 気質上の, 水蒸気の, 沈みこんだ, 注意を, 浅はかな, 浮気な, 涅槃像か, 淋しい顏, 深い眼, 混乱を, 温良型の, 灌水の, 点で, 点なども, 無味乾燥に, 無理由, 無精な, 無遠慮な, 爪先上りの, 物音だ, 独り寝, 猥らな, 現在ああ, 理由は, 理由も, 生れだった, 生活が, 生活は, 生活表現力を, 用心癖を, 田の, 男性の, 疑いも, 疲れきつ, 病的な, 皮相な, 目に, 目の, 盲点現象です, 眸を, 眼, 眼からは, 眼つきで, 眼つきを, 眼とを, 眼に, 眼の, 眼付など, 眼瞼を, 短い哀悼, 礼を, 社会に, 神保佐渡の, 神経に, 神経質な, 私たちの, 私も, 私情に, 空想を, 突拍子も, 立場に, 筆が, 筆で, 粋な, 粗忽である, 粗野で, 精神を, 細い腰, 縞の, 罪深い正直さ, 習慣の, 老体を, 考え方を, 者の, 肉体的な, 肩も, 胸を, 腹下しを, 臆測から, 自信と, 自分だけ, 自分ひとりを, 自分を, 自己陶酔という, 自然科学, 色の, 芥川さんを, 芸術の, 芹沢の, 草心尼母子でさえも, 落ちつきが, 落付の, 葉子も, 蒼白い顔, 蔦之, 虚栄心から, 蜃気楼という, 行いです, 街路で, 表情で, 視線は, 親しみを, 親友と, 角ばった様子や, 角燈を, 言伝を, 言葉さへも, 言葉に, 話の, 誇張した, 誤りや, 誤解を, 議論が, 豆腐屋は, 足袋を, 踊りの, 身にな, 軽い腎臓病, 近視の, 退却を, 通俗な, 通俗的な, 運命の, 過ちを, 道, 遠方の, 郁太郎という, 酩酊輩にと, 重大な, 野暮は, 金兵衛まで, 金兵衛までが, 金吾を, 釘勘が, 鋭い正義感, 鋭い金切声, 長雨頃の, 陣中食に, 陽気, 雰囲気に, 雲の, 震え声で, 露助の, 青春も, 静な, 面に, 面もちさえ, 面もちさへ, 頑固な, 頭脳の, 顔とを, 顔の, 顔を, 顔付を, 食事, 飲屋の, 馬を, 駕籠や, 髪それらを, 魂の, 黒い瞳

▼ がち~ (578, 22.5%)

52 なって 21 なった 16 なるの 10 して, 歩いて 9 なる 6 なつて 5 暮らして 4 なります, 歩いた, 言った 3 なったり, なつた, なりました, 眼を, 私の

2 [24件] かがやきたるうつくし, きいた, した, なりそれ, なりますが, なること, なると, なるので, なるほど, なるもの, 一呵しつ, 何か, 出て, 坐って, 帰って, 座を, 登って, 私たちの, 聞いて, 訊いた, 逃げ出して, 進んで, 静かに, 駈け出した

1 [374件] あえぎながら, あたらしい皇帝, あたりを, あるいた, あるもの, あろうこと, あわれっぽく, いかにも気, いそいで, いった, いつた, うちへ, うつむいて, おずおずと, おつ, おまえを, お茂登, かがやいて, かくて, かけだして, きまって, こう断っ, こちらを, こぼれ降りる所, こんなこと, ございます, ござります, さし出で, された, しおたれて, しずかに, してたが, しとやかに, しほた, しゃがみこむよう, じっと私, すつと, するの結果, する風, すわりながら, せざるを, せまい入口, そこから, そこまで, そつと, そのこと, その僅か, その木, それでもいう, それでもハッキリ, それでも口元, それを, ただ黙々と, だが, だがしまいに, っか, ついて行った, つかまったとき, つぶやくよう, てくてくと, では, でれん, どっと押合, なされて, なったけれども, なったの, なったので, なったコゼット, なった事, なった公園, なった往来, なった時, なった頃, なってからは, なっても, なってること, なってるに, なってる木村, ならせる, ならないで, なりこちら, なりそう, なりその, なりそのうち, なりひろびろ, なりましてね, なりますけれど, なりますので, なりまた, なりむだ, なりグループ, なりヒラメ, なり代って, なり何かしら気弱さ, なり宵ごと, なり帰り, なり当の, なり心から, なり持ち口, なり新賀, なり歸, なり結局一時, なり自暴自棄, なり離れるの, なり顔, なるから, なるが, なるといふ, なるのに, なるむろん, なるよう, なるん, なる危険, なる恐, なる細い, なる足, なれば, ぼんやりし, ますます急いだ, また或, また言った, まだよく眼, みんなの, もれて, やらず調和, ゆく影, ゆられて, カフスの, サヤサヤ, ステージに, ズシに, トボトボと, ハーモニュームを, ブツブツ小言, ブラリブラリと, ペンという, ホトホトと, ボートの, 一つところへ, 一番高く, 三方の, 三条河原を, 上って, 並んで, 乗りこんだが, 乗りこんで, 人穴城へ, 今は, 令嬢を, 会釈を, 伸ばすので, 佇んで, 低く返事, 何かと指先, 何も, 信長一騎を, 先に, 先へ, 先生の, 光って, 内へ, 内気な, 再び履音, 出来あがって, 出行きたり, 力を, 十里も, 原を, 去った, 取り扱われて, 口は, 只俳句, 吉野の, 同じやう, 同級生の, 呼ぶ声, 唇を, 喘ぐさま, 喚きかかって, 土間の, 坐りかけると, 声を, 外へ, 夜を, 大股に, 大規模, 天井の, 太陽の, 娘は, 婆さんの, 孟宗竹の, 家へ, 寝に, 寺へ, 小さい声, 小さく記され, 岳の下の, 峡, 左右へ, 差向った, 市十郎の, 帆村に, 帝は, 帽子の, 幾代や, 広縁の, 引きあげ易京楼, 引っ込んで, 弱げなる, 彷徨ってばかり, 彼の, 彼は, 徐行し, 従って, 従業員が, 得物と, 急ぐらむ, 悶々と, 惚れたとき, 感ずるであらうか, 感ずるであろうか, 慕うこと, 手に, 手を, 控えて, 摺れちがって, 敲いて, 旅館に, 日を, 日光を, 時々思い出した, 時折は, 晩年を, 暮されたやう, 暮しながら, 書いて, 書かれて, 朝起したる, 期待し, 木の, 木の下闇は, 林道の, 枯木の, 桟橋へ, 横額を, 武器を, 武子さんが, 歩きながら, 歩く女中, 歩く父親, 歩みを, 歩る, 殻から, 母に従って, 気重く, 汗は, 沈黙し, 河へ, 河番所の, 流れ下る, 海に, 源氏は, 潰走し, 潰走しだした, 煙草を, 熟と, 片手を, 獲物を, 用心ぶ, 田丸の, 男に, 目を, 目前の, 相成候処, 眠って, 眺めた, 礼拝讃嘆し, 社に, 窓べへ, 窺って, 笑って, 答えた, 築土, 粗らな, 細ったの, 絶巓へと, 続いた, 縁台に, 置かれて, 考えて, 聴え, 育つて, 胸は, 腰を, 自分の, 自分達の, 自負を, 舵を, 舷側から, 船へ, 色づけ, 色を, 花弁を, 落ち付き, 落付きを, 蓬莱亭の, 蓮根を, 薄暮の, 行きすぎて, 見うけられます, 見えるから, 見えるの, 見えるので, 見てから, 見やって, 見据えて, 言いあらわした表現, 言いなおした, 言う, 言ひ, 言葉を, 訊いて, 訪ずれた, 訴うる, 証明しよう, 話した, 話したけれども, 話す人, 語り終つた時, 謙信の, 谷の, 谷へ, 赤や, 赤兎馬の, 起って, 足を, 軍を, 辿って, 迎えた, 近ごろに, 迷つて, 退き鉦, 退却した, 逃げかくれた, 逃げこむや, 逃げだした, 逃げまどう仲間, 逃げまどった, 逃げ出した, 逃げ戻り人馬, 逃げ散る兵, 通いは, 通り過ぎて, 遁げ出す, 遊戯の, 過ごして, 道綱の, 遠慮し, 野を, 錐の, 鏡の, 降って, 降りた, 降りて, 陸へ, 集い寄るほどに, 離れて, 電灯の, 食事も, 駈け寄って, 髯も, 默つてゐる, 黙然と吹き, 點頭いた

▼ がち~ (255, 9.9%)

9 ことだ 6 ことで 5 ものである, 事で 4 ことである, ように 3 ことが, ことです, もので, 事だ

2 [13件] ものが, ものだ, ものであり, ものです, やうに, イメージ僕の, 天気で, 早口で, 皮裏の, 眼が, 眼と, 眼を, 私は

1 [184件] あぶらっこい光り, あらたまつた, いやに, うちじゅうの, おちょぼ口を, おん眼ざし, かすれ声, かわいらしい両, こと, ことであっ, ことであり, ことでございました, ことでございます, こととして, ことなれ, この通り, すこぶる暗示, その妻, その足どり, それも, ところへ, なかに, ひらめきが同じく, ひろい路, まるで瑪瑙, ものよ, やうだ, ようだ, ようです, ような, よそよそしいところがち, コバルトの, チェーホフの, パッチリ, ブロズキーに, モスクワ市より, 七分身像で, 不如意の, 予感が, 事が, 事である, 事です, 事と, 事柄の, 二つ黒い, 人夫も, 人間が, 他巳吉, 体を, 何となく穏, 修養の, 兇暴性を, 別荘に, 労働者, 卑しい根性, 取越苦労という, 土質の, 地だ, 地方では, 壁紙を, 夕かたまけ, 夜は, 大きい瞳, 大袈裟な, 女世帯, 妻は, 娑婆に, 嬌羞という, 子供を, 学者の, 家計が, 寝台の, 寡婦として, 小さな四角, 小徑, 小走りに, 少年であった, 岩石ばかり, 岬の, 平時の, 広い大きな, 廉更紗の, 彼らが, 従兄が, 微笑を, 心持ちから, 戦争中に, 戯れ言など, 所が, 手であります, 手に, 手紙も, 折だった, 押し問答なれ, 政務を, 政治において, 断腸の, 日を, 春のごと暖き, 時色である, 晩でございます, 暮しの, 更紗の, 朝曇の, 柿赤し, 桃色を, 極, 横目で, 歌が, 残忍さを, 母は, 気位の, 海岸から, 涙多, 湿っぽい感傷, 潔癖, 澄みきった眼, 澄んだ眼, 熊沢旦那が, 熱情は, 父の, 物臭さからと, 状態にまで, 狡猾な, 献立であった, 現代為政者の, 現象にて, 生意気ざかりで, 生活にも, 生活を, 男でした, 病人は, 発作的所為で, 直感の, 眼づかい, 眼で, 眼差が, 睫の, 瞳で, 瞳を, 瞳江戸じゅうの, 神経を, 私が, 私の, 空の, 簡単な, 精神も, 縞お召の, 習いである, 老の, 考えに, 胸の, 自己省察が, 若松屋惣七, 著者を, 蒼白過ぎたる, 見るからさえ, 言葉を, 谷の, 豆太郎ベタベタ, 貧しい生活, 足どりに, 足を, 途を, 速度で, 運転状況を, 道などは, 部落間の, 野村は, 銀子も, 錆色にも, 鍛冶屋で, 電車にも, 鞘當てが, 顔が, 顔も, 風の, 風の音さえも, 首も, 魂を, 鳶色だ, 黄の, 黒い列, 鼠の

▼ がち~ (184, 7.2%)

27 あつた 5 はある 3 あつたの, はない 2 あくまで真実, あつて, はあった, 私は, 自ら固定し

1 [136件] あつたお, あつた公女レオノオレ, あつた母, あなたは, いっこう調子, いつもの, いつも凄い, いよいよ子供, おけらが, お互に, お気の毒, ござりました, さつまいもの, しかも小遣い銭, しかも簡単, しかも野心家, じりじりし, ずいぶん不愉快, そうしなけれ, そのため, そのほか, その心境, それから, それに, そろそろ天寿, ただ小屋, ただ芸術家, たまたま走り過る, ために, ちらりとした, ついに店, つい二階, つい情, とうとう自分, とかく健康上, ともすれば平易, どうしても案内記風, どこか, なお田舎, ね, はあるまい, はないだろう, ひどく疲れ, ほとんど会話, ほとんど餓死, まあよかっ, まじまじと, まだ記憶, もあり, もっぱら我意, も勢, も恋愛そのもの, も睚眥, やがて叢, やさしいうるほひ, やつと, フシギは, ムチを, モンテカルロに, 一人下廻りの, 一時は, 一貫した, 不安な, 世界の, 二株は, 二番目の, 仕事に, 何となく奸佞邪智, 余命を, 僕よりも, 冷かな, 前借などは, 古い男, 君子の, 吾身で, 味は, 国家百年の, 変テコな, 夕方に, 外祖母は, 多少不愉快, 大船辺まで, 好いこと, 子供の, 実践力が, 家庭から, 寒かった, 寝付きも, 山樵も, 急激な, 恥を, 息も, 排便した, 教育者の, 新時代, 時間だけが, 最も強烈, 村尾さんの, 殆ど門, 気の, 海洋の, 潮見博士の, 濃州, 煙草ばかり, 現代の, 生活そのものを, 病んで, 皺襞の, 眉毛の, 真に魅力, 祖先以来伝えられた, 私と, 立居ふるまい, 約十五分, 素人としても, 細い糸, 終戦後他, 美しいとか, 老いが, 自分でも, 芸妓芸人を, 茫漠たる, 菜漬を, 蓬の, 言はれ, 話も, 赤手拭に, 赤裸な, 軽々しくする, 逆に, 遊びまわる, 遠くで, 重心が, 鈍感な, 鳥屋の, 鼠色の

▼ がち~ (108, 4.2%)

167 つてゐる 5 ふやう 4 つてゐた, ふの 3 つてゐ, ひます 2 つてくる, つて居, ふので, ふんだ, ふんぢや

1 [56件] ちと鳴つた, つた, つたと, つたものです, つたやうです, つたやうな, つたやうにごたごた, つたり, つて, つてい, つている, つてお, つてしまう, つてしまふ, つてどこか, つてるなら教, つてるやう, つてゐたらしく, つてゐます, つてを, つて來ます, つて居る, つて来た, つて来たり, つて来ました, つて来る, つて死人の, つて流れ者の, つて見える, つて陵墓だ, はあね, ひさうに, ひすぎるし, ひすぎると, ひますね, ひますの, ひ坪数もち, ひ日本, ふからだ, ふからでない, ふからまた, ふたかしら, ふだけの, ふぢ, ふといふ, ふといふだらう, ふところから, ふと思つて, ふと自宅配達, ふに, ふにつれて, ふのに, ふもん, ふんだし, ふ様, 直ったよう

▼ がち~ (100, 3.9%)

4 といふ 3 が, がこれ, がそれ, が実は, ということ 2 から, という, と思います, ね

1 [73件] からお, からそう, からそれ, からだろう, からである, からであろう, からです, からでもあつ, からといえよう, からもし, から云つて, から今後ごちそう, から恋する, から肺病, から衣子, があと, がお前, がこういう, がその, がどちら, がまこと, がウィーン風, が一束, が上司小剣氏, が仁吉, が僕, が別して, が卓一はさ, が単に昔ながら, が実際, が彼等, が果してそう, が牡鹿半島, が笑, が笑い, けれどその, けれども, けれどもそれ, けれども人間世界, けれども私, けれど時間, けれど私, ことを, しうつ, し事務, し儉約, し家, し責任, し質屋, つたすこし, つたのだ, つたのも, つたほんに, つた事と, つた事を, つた暗い, つた視線も, というそうした, というの, という一点, という処, という歌, という点, といふ定説, とか, と思はない, と思ひます, と思われる, と言, よ, よって大切, わ, 明日も

▼ がちやん~ (99, 3.9%)

8 と出 4 と出来 3 とした, と見える 2 とある, ときめられ, とし, とそろつ, とわかつ, と分る, と記載, と音, ぽんに

1 [63件] と, とあります, とお, とそれ, とつとまる, とでき, となつ, とひとり, とよく, とわかつて, とわかる, とプラツトフオーム, と三つ, と三本, と主人, と乗せられ, と乗つ, と二人前, と二列, と仕掛け, と仕立て, と儼存, と元通り, と分つ, と前, と受話器, と口, と在る, と坐, と座つて, と彼, と心得, と指摘, と据ゑてあつた, と掛ける, と揃, と支度, と教, と数字, と書い, と書き分け, と書き残し, と机, と案内, と極, と横, と止つて, と法, と湮め, と理, と用意, と目の下, と眼鏡, と約束, と納, と綺麗, と置かれ, と見, と起し, と載つ, と這入, と鍵, と附

▼ がちである~ (79, 3.1%)

4 のを 3 がこれ, が彼 2 からだ, から史料, がその, ことに, ことは, ことも, ばかりか渋滞状態, 事は

1 [53件] かも知れない, からこれら, からたしかに, からという, からわれ, から専門漁師, から念, から検校, から親たち, か分る, が, がこういう, がこの, がそれ, がわたし, が一度, が事實, が十日前, が君, が島流れ, が既成スター, が時, が正しい, が異性, が鎌倉滅亡, が駿州辺, けれど事実, こと及び, ため群集心理や, だけその, ということ, というその, といふこと, ところを, と一緒, と同時に, と考えざる, にも拘らず, のが, のだ, のにお, のに斯, のは, のみならず, ばかりかはなし, ゆえになにごと, ように, 一方に, 中の, 人は, 代わりに, 弱いかな, 所の

▼ がち~ (55, 2.1%)

3 ともなく 2 ともない, とも無, とも聞えない, とも見えない, とも見えなかつた

1 [42件] たり虫, とも, ともいい, ともえら, ともございません, ともその, ともなかつた, ともはづまない人数, とももと, ともゆれなかつた, ともわからん, とも上つて, とも不自然, とも人, とも他人, とも使は, とも俺, とも先方, とも分りません, とも判, とも動かない, とも反響, とも實, とも思ふ, とも愛し, とも打解けない, とも捉, とも揃, とも暗く, とも来, とも浮かない, とも溜つて, とも無い, とも無く, とも現, とも行, とも要領, とも見, とも降らなかつた, とも顏, とも鳴きません, ぽけな

▼ がちだった~ (35, 1.4%)

1 [35件] からである, から一日二日, がせっかち, がその, がそのうち, がやはり, が今日, が口, が次郎自身それ, が銃声, くせに, けれど去年, けれど紛れ, しそれ, すこし頭, その自然, つやも, のだ, のでこれ, のですぐ, のでそれ, のに反し, のを, もの寂しさ, んです, 人たちも, 内儀さんの, 大学へも, 小木まで, 本意な, 男から, 病人の, 窮屈さを, 精神も, 脚が

▼ がちなる~ (33, 1.3%)

2 私の

1 [31件] こそ悲しけれ, ことは, この頃, さへ, その影, その風情, などますます, など雑鬧, 主の, 二重瞼愛らしく, 口もとの, 哀傷を, 大菩薩峠の, 子が, 宿も, 尼僧の, 庭さきの, 慣ひ, 猶太, 男に, 眼元, 眼瞼を, 空想の, 筆を, 肉身から, 胸の, 蒲の, 話を, 軒に, 障子の, 霧の

▼ がちであった~ (32, 1.2%)

2 いわば私

1 [30件] おとら, から, から客, がこれ, がそう, がそんな, がとにかく, がふと, がマリア・テレザ, が中元, が女中, が親, けれどもそれ, ことが, ことなど, この名高い, ころこの, しまた, せいも, とはいえ, のだ, のである, のにこの, のは, のも, 二人の, 十一月の, 将軍家光は, 御眉, 里程表を

▼ がちです~ (15, 0.6%)

3 から

1 [12件] からな, からなるべく, から女, があの, がこの間, がそれ, がなるほど, が或, し模様, のね, よ, わね

▼ がち~ (14, 0.5%)

1 [14件] うどは, うど橋を, がちや, させた, させて, させるやう, つかせながら, と鳴らせ, よ, よ鳴きたい, 云はせ, 解ける, 言は, 鳴くより

▼ がちであり~ (13, 0.5%)

1 [13件] あるいは男, え, この時代, ごくまれ, すなわち口, そのため, それが, また店主, 今日では, 孤独であった, 暗示的内容論は, 現に今日, 自宅でも

▼ がちやり~ (11, 0.4%)

1 [11件] がちやり, と云, と剣, と受話器の, と大吉郎, と将棋盤, と膳部, と落ちる, と重い, と閉めた, と音

▼ がちなれ~ (10, 0.4%)

2 ど長吉, ばいさ, ば自 1 ばいささか, ばぞ, ば春, ば細君

▼ がちであっ~ (8, 0.3%)

1 たりした, てかの, てこれ, てその, ててんで, てもし, て現実, て自分

▼ がちにて~ (8, 0.3%)

1 ぐず, ひかえめ, 今朝も, 候, 寒し, 舌が, 近江屋へ, 途中は

▼ がちつと~ (7, 0.3%)

2 でも 1 ばかりよく, ばかり例外, やそつ, 勝気すぎる, 強すぎ

▼ がちでした~ (6, 0.2%)

1 がその, がやさしい, が中でも, が判読, ところへ, のに今

▼ がちだつた~ (4, 0.2%)

1 がたまに, が自然, が落着, ものでございます

▼ がち~ (4, 0.2%)

1 つかいを, つとした, つとまだ彼女, つと座

▼ がちよう~ (4, 0.2%)

2 どその 1 ど夫婦約束, ど霧

▼ がち~ (3, 0.1%)

1 いうので, どうも承知, 言わなければ

▼ がちとは~ (3, 0.1%)

1 なりに, なるなり, 言つても

▼ がちながら~ (3, 0.1%)

1 あちこちに, 自分を, 話が

▼ がちながらも~ (3, 0.1%)

1 微かな, 真夏よりは, 話されるの

▼ がちにと~ (3, 0.1%)

1 きそいたったの, 出口の, 水を

▼ がちゃらちゃらと~ (3, 0.1%)

1 聞こえる, 鳴ったり, 鳴る

▼ がちやがて~ (3, 0.1%)

3 物語ること

▼ がちから~ (2, 0.1%)

1 なん, 強く守っ

▼ がちがや~ (2, 0.1%)

1 しないかい, アしません

▼ がち~ (2, 0.1%)

1 えんだ, えんだからね

▼ がちじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないでしょうか, 鮪の

▼ がちだろう~ (2, 0.1%)

1 とは思います, と思われます

▼ がちでありました~ (2, 0.1%)

1 がこの, がその

▼ がちでございます~ (2, 0.1%)

1 からまア, よ

▼ がちという~ (2, 0.1%)

1 ことに, 有様

▼ がちにしか~ (2, 0.1%)

1 口を, 喋ること

▼ がちにも~ (2, 0.1%)

1 ならないで, なりやしょうで見せぬと

▼ がちよろり~ (2, 0.1%)

1 と出, と覗く

▼ がち~ (2, 0.1%)

1 した, し乍ら

▼ がち何顔何心~ (2, 0.1%)

1 のごとき, の如き

▼ がち切れ~ (2, 0.1%)

1 そうな, て転

▼1* [127件]

がちあたりはお, がちいせえからな, がちいちやいからいけない, がちいっと乱れ, がちをしぼっ, がちかときらめく, がちからにみちみちた, がちからの能, がちからをおとされその, がちがはなけれや, がちがへば血液もちが, がちきちき痛んだ, がちぎつた大楊梅, がちくつとしました, がちこくしなかったよう, がちこめかみを蔽っ, がちこれまでには覚えなき, がちやもみ, がちじゃに因って, がちその後も教会, がちそれを先刻, がちだったりする, がちだったであろうがバラック, がちちちとやつ, がちちうがあつ, がちに乱れ, がちつてうつくしく色づいた, がちつて池に浮い, がちつて火がうつる, がちつて踊子踊る, がちであったらしいが本院, がちであらうわい, がちでありますが言語, がちであろうと思われる, がちでいけなくなる一方であるらしい, がちでいたが自分たち, がちでございましたからそれ, がちでござれば母君, がちでしてな, がちでせうね, がちでないかのやう, がちで云いたいことも, がちで困るからいっそ, がちで果さず今年も, がちで生きた飾り物の, がちで立退きを命ぜられ, がちで終ったのかも, がちで行けないのだらう, がちで解ったふりで, がちで買わなくてはならない, がちで隠れた仕事を, がちなあふれるほどの活力, がちなあるものを, がちないはれのない, がちないばったところは, がちなくろずんだ皮膚と, がちなさえた心と, がちなしわぶきとひそか, がちなじめついた土の, がちなすね方も, がちなはにかみともいえ, がちなりければ, がちなりしかど尋ね行か, がちなりしもあはれ深し, がちな引つこみ思案の, がちな忘れ方な, がちな断ち切り難い因襲, がちな追い立てをくっ, がちな頷き方を, がちにともすれば, がちには相違なかっ, がち覚悟の, がちはやである, がちひさい手で, がちひさくなつた, がちほらする中, がちまじめそうな細面, がちもござりましょうがご, がちゃばちゃばと微かな音, がちゃぶだいの上に白く, がちゃらちゃら鳴る, がちゃらちゃらと静かに窓, がちゃらつかぬように足音を忍ばせ, がちゃんとそれたかどうかをしらべるユリ独特の方法, がちゃんとのっかってござりますのでなてまえ, がちやと泣いた, がちやぶだいの, がちやりと鳴つて教壇, がちゅうちゅう鳴いて, がちゅっちゅっと雀の通り, がちゅと響いた, がちゅんちゅんと間をおい, がちゆうちよされる, がちゆうちゆういひだすの, がちゆらぎ遊ぶと, がちゆんちゆと, がちょうがうしろからそっと近づいて, がちょうつがいでひらくようになっていて食事をさせる, がちょうどあられのようにいかめしい中にうす, がちょうどそないなってる時に, がちょうどまんまるになつてゐる頃あぢさ, がちょうをおひざにのっけて赤い御, がちょっとここへくればそのちょっとの間おとよさん, がちょっとへんになっただけのことさこんな塀, がちょっともなつかしまへんよってとうまい口実, がちょっぽりのぞいてるなんぞはすこぶる妙だ, がちょっろりとあなたさまに部屋, がちよいと好い, がちよびつと脱, がちらしいが併, がちんと, がちアんと出, がちインキで指, がち三膳の飯, がち人なつかしげに, がち余君穀民が局票, がち冗談を云った, がちに容貌, がち撓まぬ輪を, がち東野を見る, がち素肌を自慢, がち臆病がちに社, がちの外, がち若い蟇仙人の, がちぬる足, がちつ払, がちだれがち