青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かね~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かつ~ ~かつて かつて~ かな~ かなた~ かならず~ ~かなり かなり~ かに~ ~かね
かね~
かねて~ かの~ ~かぶっ かぶっ~ かま~ ~かみさん かみさん~ かよう~ ~からだ からだ~

「かね~」 3716, 37ppm, 3141位

▼ かね~ (2447, 65.9%)

73 いた 37 知って 35 いるの 28 聞いて 27 いると 25 いる 21 いたの 16 いたが 12 私の, 私は 11 いるよう 9 ゐた, 黙って 8 考えて 7 いること, いるところ, 彼は, 期して, 用意の 6 いたもの, いるうち, いる様子, それを, 彼の 5 しめし合わせて, ひそかに, 口を, 承知し, 顔見知りの

4 [16件] いたよう, いて, おります, ゐたの, ゐる, 彼を, 息を, 懇意な, 用意し, 眼を, 私が, 立って, 自分の, 茫然と, 覚悟し, 顔を

3 [33件] いたから, いたこと, いたところ, いましたが, います, いるという, いるらしい, おる, このこと, そこの, ゐるの, 之を, 勝手を, 勢ひ, 声を, 居るの, 彼が, 彼らの, 彼女の, 心得て, 想像し, 承知の, 次の, 烟に, 私し, 私も, 紹介し, 結城さん今夜は, 聞いては, 聞き及んで, 聞たる, 身を, 願って

2 [121件] いたので, いるから, いるが, いるもの, いる容子, いる時, いる状態, いる見物, いろいろな, うろうろする, おいでに, お名前, お艶, お蝶, これらの, さすがに, しばらく茫然, しばらく躊躇, そこに, そぞろに, そのこと, その任, た, ためらって, どんなに心づかひ, ひろ子は, また二里, もじもじし, や, やはり少年, わたしは, ゐたり, ゐるといふ, ゐるので, ゐるやう, ユラリユラリと, 一人で, 一定の, 一緒に, 三四人店先に, 下ろす, 不快に, 二たび踵を, 二つに, 二人で, 二人の, 今は, 今まで, 今夜の, 何か, 例の, 信じて, 信如夫れで, 僕は, 入質の, 六十近い, 前から, 北条征伐と, 半七, 右の, 唐家の, 問題に, 夕方に, 多少の, 夫婦喧嘩の, 女を, 姿を, 家を, 居たが, 居る, 希有なる, 幾度も, 床の, 彩色も, 彼女が, 彼女は, 御気の毒, 心の, 思って, 怪しいと, 悩んで, 憧憬し, 懇意に, 或る, 所持の, 手を, 時々不吉, 期したること, 期したれ行きいたり, 期待する, 死んだと, 母から, 江戸を, 目を, 立つて, 籾山梓月君から, 約束し, 約束の, 細君を, 終夜焼火に, 聞かされて, 聞きおぼえの, 聴いて, 自分で, 花江と, 覚えの, 親しくし, 計画し, 話して, 話の, 調べて, 識って, 警戒の, 踊から, 躊躇し, 身動きも, 酷く叱る, 重い足, 非常に, 顔馴染な, 首を

1 [1629件 抜粋] あいさつすべき, あこがれの, あの青崎百右衛門殿, あるとき, あんたなどの, いい越した, いきなりぶちまけ, いくらか考え, いたからね, いたと, いたバウム・クウヘン, いた人, いた四高弟, いた始末, いた男女, いた蜀勢, いって, いづれ連絡, いましたのよ, いらっしゃるのよ, いるかたち, いるだけの, いるとの, いるのよ, いるらしくしかし, いるエヴ, いる何物, いる可笑し, いる女中, いる帳場, いる母, いる由次, いる者, いる進退, いれば, いろいろ想像, うすうす耳, うまい機会, おっしゃるお, おもって, おられまするが, おり額, おる有様, おわびなと, お勇ましい, お噂, お宅, お手許, お母さまと, お竹, お聞及びだろう, お話に, お遣, かくあらん, かれこれ暇, きた, くる, こういうこと, こうした時, こうなる, ここに, この事件, この危険, この小峯喬, この暑い, こよい, これを, こんな爆弾, さがして, しばしば再, しばし躊躇, しまうの, しめし合せ, じっとし, すゝめて, せめて峠, そういう場合, そのつもり, そのままに, その人, その地主, その子細, その意味, その曲, その蝶吉, それから毎晩, それより, たくましい意志, ただ毒口, ただ酒, ために, ちゃんと控え, ついぞ注射, ついに承知, ついに泣き崩れ, つっぷした気配, であったが, では大方, とうとう大晦日, とって, なおも若し, なかなかその, なじみの, なるほどそれでは, のむの, びんぼうな, ほしいと, ぼんやりし, まず一応引きあげた, また呼んだ, また春, また行政, また高, まっすぐに, まろびありきにけり, もう少し居ったら, もとの, やっぱり立ちすくん, やはり意地, よい加減, よく知っ, より, よりこの, より予期, より呉, より家, より彼女, より我が, より楽しみ, より結婚, より遊芸自慢, より隔てぬ, わざとそうした, わしの, わたしの, われらも, われ出し, ゐたよ, ゐられる, ゐるで, ゐるとき, ゐる仔猫, ゐる時代, ゐる色々, アメリカへ, オロ, グイグイと, シゴイさんの, シューレの, ソメちやんの, ドリアンを, バカらしく, ピストルを, ヘロインを, ミヤ子の, モロモロの, ロートンへ, 一つ用意させ, 一二度表から, 一席弁じた, 一度来た, 一書を, 一足そっちへ, 万朝報が, 三日に, 上方を, 下さるん, 不安らしく眺め, 不審に, 世話を, 中村屋を, 乃美市郎兵衛勝嘉殿に, 久能山の, 九州ヒヤマレゴ, 予想した, 事を, 二三日程うろつい, 二娘の, 二階へ, 云ひ, 五百の, 京都を, 人知れず単独, 今にも政権, 今宵の, 仏教上どうか, 仲の, 企図し, 伊賀路から, 会場を, 伝六が, 伸子は, 何ともいえない, 作者に, 信如それでは, 信長と, 倉の, 借金が, 僅か二ヶ月に, 僧たちと, 兄や, 光代は, 兵一名に, 其方の, 内府の, 再び問, 再三報道, 出でて, 刑吏に, 前に, 劉備が, 加勢した, 十一ばかりの, 千倉屋の, 千枝松は, 博士コハクは, 厚い木綿, 参議に, 双方の, 取らせて, 口ごもった, 古河君は, 叫んだ, 合宿を, 同盟脱走し, 君の, 呆れて, 周瑜も, 和尚何と, 唐招提寺の, 唯可, 喜村が, 嘔吐を, 噂にも, 四日ぶりに, 困つて, 国家老, 国際連盟は, 圭子は, 外で, 外套氏から, 夜に, 大きな聲, 大利根博士と, 大学を, 大方は, 大王殿下からの, 大薙刀, 天下の, 失笑せり, 契つた敬軒は, 奧方は, 好んで居た, 如何ばかり, 妹に, 妻も, 始めて目, 姑を, 子どもたちふたりが, 字にまで, 孤独を, 実家の, 家の, 家出した, 宿望の, 尊公にも, 小刀を, 小豆屋善兵衛の, 少しく躊躇, 少し訂正, 尾張町邊の, 居たよう, 居りましたが, 居るところ, 居る樣子, 山から, 山姥の, 岩倉から, 島田の, 左門の, 己を, 布告し, 常々暗誦し, 平田に, 庭から, 式の, 張が, 当惑いたしました, 影武者の, 彼女と, 彼女を, 待って, 徐々に首, 御同伴, 御国産陶器類, 御引き取り, 御望み, 御高名, 心ならね, 心得たものの, 心配し, 志す, 思いはかって, 思ったとおり, 思わずはしゃぎ出す, 思われたこと, 怪しみあった, 恋しき人, 悄然と, 惑わしい思い, 愛しあって, 愛読し, 憚った, 懸想し, 我同胞の, 戸田村の, 手放した家宝, 手道具は, 打合せて, 承るに, 承知致し, 折らえ, 抱き合って, 押され気味, 持ち歩いて, 捨てたらしく思われるが, 探り出して, 摂津昆陽野の, 教へを, 敷居の, 文学感想を, 新たに, 旅立つ, 日を, 早速訪ねよう, 昨夜学院の, 昼間に, 時間を, 暴れまわるので, 最も近親, 望みを, 朝日に, 期したるお, 期したるもの, 末摘花の, 材料を, 来たか, 松根東洋城が, 某国の, 栄誉を, 棄措るる, 橘之, 欧洲中の, 欲ししと, 正当な, 武男という, 歩道の, 死場所を, 母が, 母親の, 気絶しかけ, 水戸に, 沢庵和尚や, 泣きさけぶ公子, 泣き萎れたもう, 津田仙氏安藤太郎氏などの, 浜方の, 浪子を, 海道の, 涙脆い父親, 涼州地方の, 温泉辺りでも, 準備し, 漠然と感じおそれ, 瀬戸の, 烏啼天駆, 焦死, 爆発し, 牛鍋の, 特異の, 独りで, 猶予って, 玄関か, 理解し, 生擒, 用人と, 用意に, 田舎相撲の, 申しつけおいた奥庭, 申上げる, 異様な, 登場し, 益々足, 目明し万吉から, 県知事の, 真田侯が, 眼の, 眼球を, 知つてゐた, 知らず識ら, 知られたもの, 知合いと, 研究した, 確めて, 祖父と, 神月に, 秀次に, 私などが, 私達の, 種々の, 突然扇, 立ち上がりながら, 立つた, 立止まれ, 竹生島へ, 筑前に, 答えた, 精神の, 約束が, 素子の, 終始沈默, 縄目を, 罷出ました, 美人の, 義貞と, 老婦人, 聞いた二十八, 聞きたく思って, 聞き及んだ高名, 聞き返した, 聟をと, 胸を, 膳の, 自分が, 自分は, 自殺した, 舅を, 色々に, 芥中介の, 草津一井旅館から, 葉子にも, 薄々聞かされ, 藤村の, 蟠桃河, 袖を, 見つけて, 見知りたり, 見覚えの, 覚悟を, 親しい大友左近将監貞載, 角を, 言いました, 言った, 言つてゐた, 言合せ, 計算し, 話し合つて, 詳しい指図, 諸兵, 謀って, 貴下より, 赤坂の, 走り込んだ隅屋, 跳ね上がりました, 身体を, 近江ノ, 返事も, 追つておいで, 逃げだして, 途中で, 通信なき, 遂にその, 遂に吹出し, 遠大な, 選良の, 郷里を, 釈尊から, 金の, 釘勘から, 長州と, 長浜に, 関口屋でも, 防空演習で, 隠して, 雁金検事の, 雑誌で, 難義, 青いつる草, 面白くない, 音も, 須田町まで, 頼長も, 顔昵懇の, 顫ひゐ, 飛んで, 食卓から, 高橋氏の, 髯が, 魚籃に, 默って

▼ かねての~ (103, 2.8%)

3 計画を 2 お約束, 宿題を, 打合せにより, 覚悟

1 [92件] おさ, さだめどおり, ん気に, 事件も, 人生案内だ, 依頼でした, 信望にも, 勧誘にたいして, 協会改造の, 古戦場マニ教神殿では, 国是に, 場所まで, 契約が, 女房, 宿志の, 宿望であった, 宿望ど, 宿望を, 宿願を, 密約, 屈托か, 工夫通り外掛で, 希望どおりこの, 希望を, 帰省であった, 広言に従って, 御希望, 御気象さ, 心痛を, 念願で, 思いを, 思ひを, 思わく通り, 思召し, 恩儀に, 悲鳴自白を, 憤懣を, 手はずどおり, 手筈で, 手筈どおりかく打揃うた, 手筈によって, 打合せの, 抱負も, 持論な, 持論の, 放射線実験から, 放言どおり月尾寒三を, 教訓も, 敵に, 最後手段を, 望みが, 望みでし, 望み通り沢井へ, 条約に, 決心ど, 狙いです, 狙ひ, 理想は, 用意いざ, 申しあわせに, 男振, 目的が, 研究に, 稽古で, 約束た, 約束どこかで, 約束の, 約束を, 覚悟だ, 覚悟で, 覚悟早く, 覺悟いざと, 計画, 計画だった, 計画であった, 計画である, 計画としても, 計画どおり手際よく, 計画に, 計画に従って, 計画通りに, 誓約も, 誓願でございまし, 諜じ, 遅鈍な, 野望をも, 青雲の, 非常食, 順番通りだ, 願掛け通り三歳に, 願望で, 願望を

▼ かね~ (99, 2.7%)

6 云った 3 いくつの 2 ききました, 立ちあがった, 膳の

1 [84件] あるん, いじ悪く, いつも云った, おもろ, お嫁, お寺で, かさねて, きっぱりと, くって, けしきばんで, ここへ, ございません, しないだろう, しない吃驚, そういわれる, そこで, そっぽを, そのあと, それに, できぬ, どうした, なんだろう, なんとなくなつかしい, にらんだ, ひどく酔っ, ひょろひょろと, びっくりし, ふるえだした, また手, もう昨日, 上げますですから, 久しぶりに, 二十一歳であった, 佐太郎に, 作れば, 兄に, 兄の, 冷たい眼, 半分以上も, 厚い唇, 取ってや, 口惜て, 吃驚し, 咽び泣きながら, 大きななり, 屹と, 巧みに, 床の, 彼の, 心配そうに, 打つまね, 新聞社のを, 昨夜なにか, 有名な, 泣かなかった, 泣きだした, 涙を, 火鉢の, 火鉢を, 無遠慮に, 男にも, 登を, 繰り返し, 考えました, 脇を, 膝の, 自分の, 若い美しい奥さま, 荒い息, 蒼くなり, 蜘蛛の, 被つて, 言つて土の, 路用に, 身請けされ, 金の, 銀子の, 長持に, 頭を, 顔色を, 飲むの, 驚いて, 鼻で, 鼻の

▼ かね~ (74, 2.0%)

3 もんだ 2 かい, からなとその, ことも, ぞ, ような, んです, 人だ, 島だ, 顔を

1 [53件] うしろだてが, からな, からね, から真, かんな毎日苦蟲喰つ潰した, くらいです, くれえだな, け, けえ, けんど, こっで, ことが, ことがよ, ことであった, ことはねえ, ことまで, ごとなんか, じゃござんせん, じゃねえかよ, ぜ, だんなが, だんなの, とにかく売り, な, なあ, ね, のよ馬, ばけもの, へ, べっぴんに, ほど豊さん, ほど静かぢ, ものが, もので, もんか, もんかね, よ, ナ然, 事あ, 事を, 処だ, 化け物が, 山住流の, 所で, 物だ, 目に, 目を, 眼を, 野郎でのう, 隠し芸を, 音が, 音を, 風が

▼ かね~ (70, 1.9%)

3 ような 2 方は, 盃を

1 [63件] うち青ざし, おとを, ことが, ことと, ことなどで, ことは, ことを, こゑ, しまあ, それと, ついた敷居, どちらか, ない人達, ひとが, ほうが, ほうだろう, ほうで, ほしさよ, まねを, やつことに, ようでございます, を少し, 事とか, 井, 亡霊が, 仏像ね, 仕事に, 出した座蒲団, 卯花も, 口から, 台が, 声々, 実とも, 家, 射す頃, 彼が, 御様子, 擬宝珠の, 方が, 杖を, 来るようす, 様子じゃった, 猫こかね, 猫に, 生きてるうち, 白き光り, 盃に, 細鱗を, 緒に, 色を, 茶わんに, 草鞋を, 輪に, 錢二つ三つ置き, 鎖も, 鑄ぬきの, 雙葉を, 露仏が, 靴, 音いろ, 音の, 音を, 鳥居仁王門を

▼ かねてから~ (68, 1.8%)

2 心を, 思って, 愚案し, 知って, 聞いて

1 [58件] お豊さん, この夫人, さほど重き, その人格その他, なかなか手ごわい, もし機会, よく聞い, 一度駿介の, 主人に, 主君勝家は, 京じゅうの, 仔細あり, 伊予の, 先生の, 几帳面を, 南朝に, 合言葉を, 咽喉を, 嘉助とは, 噂には, 国元に, 女主人が, 嫉視し, 宮方の, 小耳に, 師直は, 惧れ, 手ぐすね引い, 批評の, 持って, 持つて, 新野の, 日本語には, 日蔭者で, 昵懇に, 曹操の, 校長先生の, 氣に, 江戸表の, 渡宋し, 漠然とわだかまるある, 爆發しよう, 王の, 生理的な, 生食は, 神の, 結びあって, 考えて, 聞き知って, 腎臓を, 腹と, 自分の, 西村に対する, 見たいと, 訓練を, 評判を, 謹慎中の, 趙子

▼ かね~ (47, 1.3%)

3 云った

1 [44件] あがって, あって, あるか, あるの, あるん, そこらまで, ないから, ないの, ないもの, ないよ, ない人たち, なくて, なって, なにか云い返そう, なるよう, ねて, ひ, ひそかに, 一度に, 入る, 入るわけ, 出て, 勢いよく鳴りはじめました, 去ると, 参ったと, 向うから, 四十一歳に, 大裏, 女中に, 往って, 戴きとうございます, 手を, 拵えて, 時々鎌, 欲しいなら, 泣きて, 笑いかけた, 絡みだす用心, 藤井の, 見つけた, 躯を, 障子を, 鳴ったので, 鳴って

▼ かね~ (45, 1.2%)

2 送つて

1 [43件] いつまでも, うちあいさ, うらむも, おとしたるも, お送りし, かくして, くれて, これへ, たたいて, たたきお, たたきました, たたくよう, たんとお, だして, だに, つけて, つけても, つけること, ならし通る細いしおらしい, ならせば, ぶつけたので, もったおお, もってるよ, もらって, やったまで, やらなかった事, やるとは, りハ, 与えて, 出せ, 取りに, 取り近畿, 娶つた, 握らせた, 敬称語尾に, 根気よく, 當てに, 盗み出した盗賊, 直ぐ送つ, 見たらすぐ, 見舞に, 餓鬼に, 鳴らせば

▼ かね~ (43, 1.2%)

11 ならぬ 3 なりません 2 ならなかった, ならぬの, ならぬ事

1 [23件] いくまいと, いざうれ, おはこび, どうしても堪えられぬ, ならないこと, ならないもの, ならない近江, ならなかったので, ならなかつた真実, ならぬと, ならぬほど, ならぬ又, ならぬ場合, ならぬ教養, ならぬ時, ならぬ時として, ならぬ次第, なりますまい, やまぬ, よい, 岩燕や, 木は, 漢土にも

▼ かね~ (22, 0.6%)

3 あらせられる, ござります 2 おられます

1 [14件] いらせられる, いらっしゃいませう, いらつし, おられまする, ございますから, ござりましょう, ござりますれ, できてるね, 前の, 海浜を, 百金路銀三十両を, 見過して, 買うと, 道誉道誉と

▼ かね~ (22, 0.6%)

1 [22件] いい父親, いった, いっとき眺め, さすが鼎造, 二人同時に, 云いました, 云うから, 云ふ, 五番の, 十八歳に, 同じだ, 客が, 室生氏に, 忍び寢の, 歌ふ, 相手が, 笑いに, 藤井の, 言うて, 話して, 赤シャツが, 音が

▼ かねては~ (19, 0.5%)

2 死なば

1 [17件] この御, つい深刻, 一日が, 一月の, 不必要, 何とかし, 墜ちも, 山を, 悪魔と, 惡魔と, 折々苦, 時々本体, 松澤が, 自分の, 草を, 行く萩, 阿波へ

▼ かね~ (19, 0.5%)

3 交って

1 [16件] う, して, たしかに頂だい, なければ, はいって, ふんだんに費わせ, ほまれ, 元の, 先払いで, 恰好が, 手内職なんか, 放逐し, 未婚, 格好が, 驚かすべしいざ, 鳴る

▼ かねちゃん~ (17, 0.5%)

1 [17件] が家, というそれ, は, はいつしか, はお爺さん, はやっと, は一生懸命, は小, は暗がり, は泣きあぐん, は涼しい, は猫, は知らず, やー, を家, を自分, 見に

▼ かねながら~ (16, 0.4%)

1 [16件] ささやく河原, その燐寸箱, それに, どこかに, もし万一死ぬ, もり上った股, 中腰をか, 夫の, 押し潰したやう, 村民の, 私は, 結婚によ, 緊張し, 葉子は, 閑役の, 顔は

▼ かね~ (14, 0.4%)

2 この日, 恨が 1 あかせた名人刺青師, いたくおとれるどるら, しないか, なるもの, ひとしき品, 云った, 惜しみなく, 糸目を, 落ち合いたき, 適した訳

▼ かねそれ~ (13, 0.3%)

2 ならば, は 1 が何, じゃあまあ, じゃもう, じゃ丁度, なんぞ何年, にたった, はいい, は好もしい, を免れる

▼ かね~ (13, 0.3%)

2 に付愚作

1 [11件] に付, に付餘儀, へども, へどもいつ, へどもこの, へば, よし申しい, 故ニ, 故確然, 次第に御座候, 苦しさ

▼ かねえと~ (10, 0.3%)

1 ころだ, ころらしい, では売り, は, 何かに, 叫んで, 思ったの, 思って, 悪いや, 癖に

▼ かねても~ (10, 0.3%)

3 遊びに 2 ぢも 1 いるの, ずも, 申し上げます通り, 聞きしこと, 言い聞かした通り

▼ かねつつ~ (9, 0.2%)

1 ついに今日, 共に泣きました, 吾ならぬ, 夜半に, 時々この, 注意する, 物は, 看れば, 言解かん

▼ かねでございます~ (9, 0.2%)

2 どうぞいらし 1 が, さあどうぞ, さどうか, のよ, ゆえお, よ, よ早く

▼ かね~ (9, 0.2%)

2 たいこを 1 おまえの, かねや, たいこは, 本当に彼, 母に, 物を, 蔵の

▼ かね~ (9, 0.2%)

52 には 1 のよう, はそれで

▼ かね婆さん~ (9, 0.2%)

1 さえしっかり, のこと, の助手, は大分, は息, は昔灸婆, は歯ぐき, を掴まえ, を連れ

▼ かね~ (8, 0.2%)

1 さ, じいけんまくでした, じいすさまじさ, じい勢で, じい女とも, じい女の, じい景色な, じい程

▼ かね~ (8, 0.2%)

1 あおぼえ, がお前, にかまわない, はこの, はまア, は情痴作家, は病室, は私

▼ かねてからの~ (7, 0.2%)

1 宿願を, 心願でございました, 愛人でなかった, 方針が, 準備も, 獄中での, 計画だった

▼ かねこの~ (6, 0.2%)

2 偈を 1 ところへ, 五日ばかり, 草は, 雨の

▼ かねじゃ~ (5, 0.1%)

1 いっしょに, なんねい, 六つの, 往こう, 都合で

▼ かねそう~ (5, 0.1%)

2 でなけ 1 になる, ら, 云い添えて

▼ かねその~ (5, 0.1%)

1 場に, 方便も, 気だ, 言葉の, 願望が

▼ かねてか~ (5, 0.1%)

1 ちょっと身動き, まもなく彼女, 何も, 泣く声, 顔には

▼ かねでも~ (5, 0.1%)

2 おいやれらい 1 いらっしゃいますでしょうから, 値が, 君は

▼ かね~ (5, 0.1%)

2 寒き日 1 うらうらに, 波も, 穿いて

▼ かね~ (5, 0.1%)

1 にもわからない, の方, はまた, は一向, は君

▼ かね~ (5, 0.1%)

3 の曙 1 したるもの, を沈静

▼ かねさん~ (4, 0.1%)

1 じゃあない, に吉さん, の思い, は今

▼ かねしかし~ (4, 0.1%)

1 それは, 早くひき戻す, 朝倉先生の, 肉体を

▼ かねそんなに~ (4, 0.1%)

1 までもしてやっ, 湯煮, 賢明かな, 速く工事

▼ かね~ (4, 0.1%)

1 が彼女, といやがる, よ, を橋がかり

▼ かねてや~ (4, 0.1%)

1 かんばりたる, 一声烈しく, 姉上は, 蛇の

▼ かねという~ (4, 0.1%)

1 ところです, 女が, 女は, 親子が

▼ かね~ (3, 0.1%)

1 ひ, ひから, ひに

▼ かねお前~ (3, 0.1%)

1 がそれほど, が行っ, のいう

▼ かねこれ~ (3, 0.1%)

1 がね, も黙っ, 即ち相対性

▼ かね~ (3, 0.1%)

2 うで 1 どつち

▼ かねそりゃ~ (3, 0.1%)

1 大変だ, 私の, 近ごろの

▼ かねそんな~ (3, 0.1%)

1 こと云つてね, 人だった, 必要も

▼ かねたり~ (3, 0.1%)

1 して, する様子, 好んで誤解

▼ かねでは~ (3, 0.1%)

1 そういうこと, ない, 明日の

▼ かねわし~ (3, 0.1%)

1 のよう, はきょう, は知らなえよう

▼ かね又は~ (3, 0.1%)

1 その泥溝, 新世界, 舌足らずの

▼ かね~ (3, 0.1%)

1 ものでその, を外す, 故目

▼ かね~ (3, 0.1%)

2 を降り 1 をごらん

▼ かね~ (3, 0.1%)

2 も時 1 も何

▼ かね~ (3, 0.1%)

3 にまで遠慮がち

▼ かね遂に~ (3, 0.1%)

1 はハンケチ, 機動主義に, 病を

▼ かねあの~ (2, 0.1%)

1 日庄右衛門は, 街道は

▼ かねあんた~ (2, 0.1%)

1 の身体, は

▼ かね~ (2, 0.1%)

1 さへ, 目に

▼ かねお前さん~ (2, 0.1%)

1 かえ, 知らなかっただね

▼ かねお客さま~ (2, 0.1%)

2 のお

▼ かねそれとも~ (2, 0.1%)

1 小さいの, 鳥か

▼ かねそれなら~ (2, 0.1%)

1 いいが, いいの

▼ かねたたき~ (2, 0.1%)

1 あらゆる虫, が一匹

▼ かねただ~ (2, 0.1%)

1 さえ苦労, その底

▼ かねてを~ (2, 0.1%)

1 り, るので

▼ かねでござる~ (2, 0.1%)

1 ぞ, どうぞ

▼ かねでござろう~ (2, 0.1%)

1 よ, わ

▼ かねとは~ (2, 0.1%)

1 仲よしでありました, 居酒屋ででも

▼ かねども~ (2, 0.1%)

1 天の, 離れ難く

▼ かねながらも~ (2, 0.1%)

1 持ちまえの, 最後まで

▼ かねばとて~ (2, 0.1%)

1 卑しみ, 病と

▼ かねまあ~ (2, 0.1%)

1 そりや, どっちでも

▼ かねまた~ (2, 0.1%)

1 とくに道誉, 漂然として

▼ かねまで~ (2, 0.1%)

1 すっかり奪, つかはせたん

▼ かねまる~ (2, 0.1%)

2 四年と

▼ かね~ (2, 0.1%)

1 のもの, や

▼ かねもう~ (2, 0.1%)

1 ひとつなにか, 死ぬの

▼ かねやっぱり~ (2, 0.1%)

1 ちがうかね, もち米でしょう

▼ かねやと~ (2, 0.1%)

1 みや, 書く事

▼ かね上人様~ (2, 0.1%)

2 が何と

▼ かね~ (2, 0.1%)

1 までは損, 一寸手が

▼ かね~ (2, 0.1%)

2 の程度

▼ かね引越し~ (2, 0.1%)

1 が出, が出来た

▼ かね恨めし~ (2, 0.1%)

2 やの税

▼ かね~ (2, 0.1%)

1 に手, を曳い

▼ かね更に~ (2, 0.1%)

1 ボートを, 礼楽を

▼ かね東京~ (2, 0.1%)

1 の, よりも閑静

▼ かね~ (2, 0.1%)

1 いたる優しき, う場合

▼ かね都合~ (2, 0.1%)

1 のいい, はつく

▼1* [294件]

かねあさってはまた, かねある日おそるおそる, かねあゝいふこと, かねいい加減な返事, かねいつまでも懸り, かねいとまも, かねいらいらとした, かねうかとは口, かねうちならし, かねうわ言に出し, かねええ君事務所でだけは, かねえお武家に, かねえさむれえですよ, かねえんだから死ぬ, かねえッて, かねおまえも一杯, かねおまえさんは和尚さん, かねお座敷に駈け上っ, かねお松さん米のいる, かね知らねえが, かねかと思わるる, かねぐらいは噂し合っ, かねこちらさまのお, かねこれからワーナー博士の, かね主人も, かねさうかといつて, かねさんさんたる太陽, かね身の, かねじゃあ先生は, かねそういう警戒心は, かねそういった色男の, かねそうそうにその, かねそこへ坐っ, かねそなわった人物だ, かねそのものを食う, かねその後おっ母さん, かねそれでは頼むよ, かねたればこれ, かねだったのよ, かねだつたりする, かねちゃんの, かねちゃんかねちゃんやー, かねちゃんかねちゃん今帰って, かねちゃん今帰って, かねちょいと岡引ッ, かねやあ, かねつい憂鬱な, かねついに書物も, かねつきどうに, かねつけ蜻蛉がふわふわ, かねつまりこちらの, かねつらつら邸内の, かねてかにかくと, かねてかの魚を, かねてしも財源と, かねてぞ千葉は, かねてといわんかく, かねてばかりいらっしゃらなくても, かねでいらっしゃるのです, かねでございましてそれ, かねでございましたがただ, かねといった風に, かねといふ家である, かねとして費えるもの, かねとにかくお父さんが, かねとの勅使の, かねとも言つて平安朝まで, かねともかくボートを, かねどういう考えか, かねどこから来なすった, かねども冷気冬の如く, かねどんなに美しい娘, かねのです, かねなど陳べたるその間, かねなどと妙な, かねなんてあるかとさ, かねにかけておよばぬどるら, かねにていかよう共御, かねにも換えられずに, かねはくなっと, かねばかりでない, かねひとつ僕等もこ, かねびらを切りやがる, かねふだん非常に用心深い, かねほんとに知らないかね, かねまたはその泥溝, かねまだ発見できない, かねまア仲介者を, かねみつ定家卿の藤川, かねみんなして, かねもちもびんぼう人, かねもとのお金, かねやがてヒョイと, かねやがてやや傾いた月, かねやめにしたら, かねやら賭物を, かねよくお休み, かねよしと訓, かねよりもかたかった, かねよりもも一つ欲しい, かねはない, かねわが下駄ぬげ, かねわたくしは出口, かねわたしは今夜, かねわたちへ, かねわれ知らず溜息をつく, かねをととひかね, かねだ, かねオバサンヨッちやんのあの, かねゴーリキイが二十哥握, かねタケノコ生活はタマネギ, かねて云, かねドイツ軍は連合側, かねハハまあまあいい, かねミゲル提督は心もとなく, かねヤケという熱燗, かねランプの具合, かねロンドン中をぶらつく, かねワッと声, かね一揆を起こし, かね一文惜しみの百, かね一方自身の, かね一日たらいにお湯, かね一軍四百人の真先ニ進ミ, かね一途に気, かね万般の疑惑, かね三両と米一斗, かねへ, かね主君にもお気, かね乍ら若し万一死ぬ, かね二八と見えた, かね二十歳という娼妓, かね五位鷺かね, かね五時に起き, かね五里ぐれえあるかね, かね些々たる庇間, かね人前もはばからず, かね今や仆れんと, かね今夜はこの, かね今度われわれの方, かね仏壇の前, かね付けにけり, かね永勤めの, かね以前の生活, かね低いところばかり, かねだってエッソ, かね何人だろう今日, かねも子供, かね候あいださだめしお, かね候やうに見上げ, かね候ヘバ何を申, かね候所此程に至り, かね候貧僧の境界, かね偽りの申立, かねのよう, かね元来商売のお, かね先生が費, かね公衆の声, かね其様な事, かねで来れ, かね切歯して, かね助けを乞う, かね勝手口から走り出, かね勝負をする, かね勾配をもう一層, かね勿体至極もねえ, かねという牛めし屋, かね同じような, かね君先刻の続き, かね君塔の上, かね呉軍の軍粮総司, かね夜中ひそかに逃げ出した, かね夜中乳人に気付かれぬ, かね夜着をかぶり, かね大丈夫かえ, かね奈良附近吉野山京都というスケジュール, かねも中野中老, かね女中衆も二人, かね奴さんの位置, かね妻子の者, かね子供を手放した, かね子供らにあたりちらし, かね宮家は沈黙, かねを跳び出し, かねは斯, かね芳雛吉延吉小玉小さんなどという, かね少し出資でも, かね居催促ですよ, かねにでも遣っ, かねは知らない, かね帰宅する, かね幾分の不安, かね張縄から槌, かね後々も本位田家, かね徘徊るらむぬば玉, かね母さんには, かね御前さん大丈夫かい, かね復一は苦笑, かね心臓病とか腎臓病, かね忠相はまた, かねるる心, かね怪訝な面持, かねい事, かね感情に捕われ, かね或はかなと, かねと妙, かね折りの二方, かね支倉君それがこの, かね教会も有る, かね敷金を持つ, かね日本にも少し, かね旧師のため, かね明しかねて, かね明後日はきっと, かね明日かねとにかく, かね是非一つ僕の郷里, かね昼寝の夢, かね暗示的な会話, かね暫時茫然として雨霧, かね最後の訣別, かねの露, かね本当に印度から, かね村長さんわしは謙遜, かね林町へ行き, かね果ては唇を, かね植木屋が入っ, かね検非違使の別当, かね楮幣が, かね極熱の草薬, かねのお母様方, かねで煮, かね横臥して, かねの日, かね歓喜の光り, かねを要するに, かね歴史小説なんて堂々, かねのさぞ, かね毎日でかける, かね決して威張つて, かね法體の今更, かね涌井君いまこうして話し, かね涼みに外, かね滑稽じゃない, かね漂泊あるきの, かね火銃とでもいふ, かね無我夢中に東洋的, かね煙草の烟, かねに狂い, かね現に貴殿も, かね現実問題とし, かね生霊はお, かね故, かねの切れつ, かね町本町一石橋のほう, かね異形の物, かね百合ちゃんの名, かね皆んなはその, かねへ水, かね目見えも一度, かね相対に座る, かね知人の小屋, かねの方, かね禁裡寺社の一切, かね福積の招待, かね空地へ耕地, かね空耳だったろうか, かねに故国, かね素人商ひで損をしなけれ, かね終に馬籠駅の, かね結束して, かねかね, かねの代り, かね脂汗を流し, かね脈搏がとまっ, かね腕組みして, かねの枕, かね草稿を渡しけり, かね荒壁に触れ, かねをぬる, かね要害とてない, かね貴君の物, かね足ずりをし, かね躊躇して, かね農家へ立ち寄っ, かね返事は, かね乗で, かね遠巻きにぐるぐる, かね遠慮なしに, かね還俗して, かね都会に於ける, かね長さん送つて行, かねは大丈夫, かね馬作の四人, かねの方