青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「がたい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かわいそう~ かわり~ かん~ が~ ~がい がい~ がけ~ ~がた がた~ ~がたい
がたい~
~がち がち~ ~がっ がっ~ ~がった がった~ がら~ がり~ ~がる がる~

「がたい~」 2247, 24ppm, 4798位

▼ がたいもの~ (241, 10.7%)

19 がある 16 である 10 であった 9 があった 7 では 6 だと 5 だった, となっ, になっ 43 であると, です, なの, にし

2 [20件] があっ, があつ, があり, があろう, だつた, であったか, であつ, でありました, であるが, である事, にする, になった, になつて, に違い, のある, のよう, はない, をもっ, を浮べ, を痛切

1 [103件] いや心, か, がありましょう, がこめられ, がつき上げ, が一ツ, が入れ, が多い, が多く, が始まる, が無し, が物, だが, だそんな, だったし, だという, であったこと, であっただけに, であったろう或, でありあるいは, でありまして, でありませう, でありまた, であり甚だ, であるかも, であるかを, であるがと, であるといふ, であるの, であるらしい, である文, でご, でしかも, でした, ですから, ですが, でせう, で批評, で秋告鳥, で自己, といっ, といわなけれ, とか, とし, としてそのまま, としてゐた, として平気, として感じた, として残されたろう, として示した, として迫った, となった, となつ, となり, とは思い, とは映らなかった, と定め, と舌, と諦めた, なので, なのに, にかの, にさせ, にした, になつ, に一致, に協和, に思, に思い, に思う, に惹かれ, に感じられ, に煽りたてた, に私, に結びつけ, に見, ね, のひとつ, の中, の幻影, はしかし, はなかっ, はドイル, は人生, は避け, ばかりである, ばかりを蔵, への思慕, もあっ, もあつ, も沢山, らしい, をさけ, を信じ, を感じ, を感じる, を持っ, を書く, を津, を私, 多く, 懐しいもの, 淋しい思い

▼ がたいこと~ (108, 4.8%)

64 である 3 だった, であった, です, なの, のよう 2 かもしれない, であって, であつ, であろう, でした, では, でも, のやう, を知った, を述べ

1 [63件] かもしれぬ, かも知れない, かも知れません, があったろう, がうかがわれる, が一般, が解っ, が起った, だと, だとして, だろう, であったかも, であったろうが, であらう, であります, でありまた, であるから, であると, であるのに, であるらしい, でご, でもござりまする, で師匠没後早々, で法皇, で父, となっ, とは思いました, ながらやはり, なので, にな, になっ, にならぬ, になる, には相違, に思う, のある, の一つ, はご, はその, はそれ, は彼, もある, も事実, も言っ, や将来, をじっと, をも忍ん, を予見, を今更, を告白, を彼ら, を思う, を悟った, を悲しん, を教え, を現した, を理窟, を知る, を私, を美風, を言った, を証明, を認める

▼ がたい~ (95, 4.2%)

23 である 5 だ, であった 2 だが, であるから, ですもの, は先生

1 [54件] かも知れぬ, か前, か知らない, がある, が七八名, が実情, が常, が性情, が残念, さえある, じゃよ, だから, だった, だつた, だと, ぢや, であったであろうが, であります, であるか, であろう, であろうか, です, ですけれど, では, に懊悩, はこれ, はさ, はその, はそれから, はむしろ, はもちろん, は三年生, は事実, は倫理的, は全く, は同君, は嘉永六年, は弟, は弥勒, は当時, は当然, は滿腹, は風, も事実, も道理, を上, を忍ん, を思っ, を感じた, を慮っ, を染, を知り, を見, を認めしめた

▼ がたい~ (49, 2.2%)

2 ある, すれば, 思う, 思って, 知ると, 言って

1 [37件] あっては, あるが, いうに, いうので, いつた, いまでも, いわれて, こう息子, される見かた, した林子平, するならいうまでも, する意見, のかどで当局者, 云うくらいの, 仰せられわたくし, 告げた, 心に, 思いあれこれ, 思いませんかね, 思うでしょうに, 思えて, 思った, 思ったところ, 思つた, 思つてゐた, 思はれる時, 思ふ, 思われた二人, 感じはじめると, 感じます, 感歎した, 景蔵の, 決心した, 言いながら, 言い出す, 言っても, 言つたふうに

▼ がたいところ~ (41, 1.8%)

7 がある 5 である 32 だろう, もある

1 [22件] が多い, だつた, だらうが, であったから, でありますから, でありまた, であるが, であろう, です, では, ではあるまい, で私, となっ, とは決して, のある, の汝自ら, はある, へ問題, へ敬君来庵, もあった, を忍ぶ, を持っ

▼ がたいよう~ (41, 1.8%)

2 である, な気

1 [37件] だが, です, ですな, なこと, なところ, なりっぱ, な事情, な哀愁, な大きな, な大胆不敵, な天体, な嬌声, な孤独, な心持, な恍惚, な悦楽, な悲し, な感じ, な感情的, な抽象的, な種々, な美しい, な興味, な辛辣, な頭, にし, に啼い, に女, に姉君, に思う, に思える, に思われ, に思われました, に思われる, に波, に男, に考えます

▼ がたい~ (31, 1.4%)

1 [31件] いずれも, いずれ帰国, おそらく中尾氏, この辺, これでは, しかしミロ, しかし日本劇壇, その決定, それは, ために, まさに息づまろう, まるまる根, サンジョの, 予想の, 余りに抽象的, 保証された, 同時に春風駘蕩, 多分何, 奈良坂非人の, 少なくとも当代, 少なくとも彼女, 恋愛すれ, 日向の, 氏が, 特に新宿, 生きようと, 結局, 蘭瞼細腰の, 表部外象, 見て, 高士の

▼ がたいほど~ (24, 1.1%)

1 [24件] たいへん乱れた, だが, であった, である, で私, 可愛いもの, 可愛らしく見える, 善いもの, 変わりはてて, 多量であり, 奥深く静か, 強く起こっ, 心の, 恥しく思えた, 手ぶらで, 数多く掘れ, 深く熱烈, 無関心な, 用心ぶ, 砕けたの, 空虚な, 美しいもの, 重いの, 長い舌

▼ がたい~ (20, 0.9%)

3 をもっ

1 [17件] があっ, でその, でもある, でもっ, で岸本, で泉, で開い, なしには, につらぬかれ, によつて馬車, に促され, に引かされ, に引きずられ, に引き寄せられ, のみなぎ, をわれわれ, を信じなけれ

▼ がたい~ (19, 0.8%)

3 であった 2 がある, である, に就 1 であるばかり, であろう, になってる, に迷っ, のよう, の中, をのこし, を含ん, を抱い, を解こう

▼ がたい事実~ (18, 0.8%)

2 となっ

1 [16件] が起っ, すでに不審, だつたの, であ, であった, である, です, でその後, ではあるまい, で伸子, で心ゆく, になぜ, に相違, は残念, をも示し, を私たち

▼ がたいほどの~ (17, 0.8%)

1 [17件] もので, 一大改革である, 光った塵埃, 凍み方, 多数の, 大きな皿, 大改革の, 幾多の, 思想をも, 愛らしい者, 民族的苦痛の, 流言が, 物思いを, 疲れを, 苦痛と, 落葉に, 重さ

▼ がたいという~ (15, 0.7%)

1 [15件] おおざっぱな, ことだ, ことを, ところも, のが, のである, のも, 内に, 意味かと, 所に, 気持も, 点も, 状況に, 結論に, 顔を

▼ がたい~ (14, 0.6%)

1 [14件] が初め, だから, だし, だって, だろうと, であった, でしょう, です, では, と思う, は女房, をも彼, を言う, を説い

▼ がたい心持~ (11, 0.5%)

2 がした, です 1 が岸本, が自分, で二週間, とを同時に, について暫く, の失望, はとても

▼ がたい思い~ (11, 0.5%)

2 がある 1 がした, がする, がわいた, であった, で正二, となっ, にただれた, をさせた, をしのび

▼ がたいその~ (10, 0.4%)

2 完成した 1 においの, 一夜の, 大気の, 幸福を, 影は, 恋人すらも, 飄逸ぶりに, 魂それらを

▼ がたいので~ (10, 0.4%)

1 あつた, あつて, そのままに, ひとり別れ, ブラウンも, 弥生より, 心中に, 措いて, 臥床どうやら, 苦い顔

▼ がたいやう~ (10, 0.4%)

1 で迷惑, な俗, な力餅, な大いなる, な得体, な恍惚, な美しい, にさ, に思はれ, に泣き立てた

▼ がたい~ (10, 0.4%)

1 があんな, だった, であったから, であつ, になった, に思召, に持つ, の世, の恋し, はやはり

▼ がたい宿命~ (10, 0.4%)

2 のよう, の情熱 1 だと, でもあらう, というもの, とを見せ, のアヤツリ糸, の唯一

▼ がたいから~ (9, 0.4%)

1 であるが, では, で前歯, わが身一つと, 今日の, 定石どおり焼き立てた, 拳コの, 諸藩いずれ, 選んで

▼ がたい運命~ (9, 0.4%)

2 なの 1 で狙撃, とはいえ, にあった, に直面, の前, の厳か, の気流

▼ がたい不安~ (8, 0.4%)

2 に襲われ 1 と怖, と昏迷, の基調, をこ, を引き出された, を覚えた

▼ がたい印象~ (8, 0.4%)

1 をうけた, を与えた, を与へる, を岸本, を心, を残した, を殘, を殘す

▼ がたい威厳~ (8, 0.4%)

2 は名門 1 がある, が備, と共にずばり, のある, をあらわし, を帯び

▼ がたい愛着~ (8, 0.4%)

1 がいくら, のくるしみ, は覚え, をどう, を感じ, を感じさせた, を持つらしい, を覚えざる

▼ がたい感情~ (8, 0.4%)

1 が乱れた, であったか, で強いて, などは別, に包まれた, の大浪, の鈍磨, をどうして

▼ がたい苦痛~ (8, 0.4%)

1 がまさる, と感ずる, な典型的, に相違, の一つ, を与へ, を強く, を感じた

▼ がたい不快~ (7, 0.3%)

2 と不安, な感じ 1 な圧迫, を感じた, を明らか

▼ がたい人間~ (7, 0.3%)

1 になっ, になった, に違, の光栄, の悲鳴, の絆, の迷い

▼ がたい~ (7, 0.3%)

1 が床, が復, が続いた, にかぎ, の呼吸, の多, の多かっ

▼ がたい~ (7, 0.3%)

2 の苦痛 1 になる, の影, の疲労, を持っ, を書いた

▼ がたい思い出~ (7, 0.3%)

2 になる 1 がある, が刻まれ, などが結びつい, を, をのこし

▼ がたい思ひ~ (7, 0.3%)

2 をした 1 がし, がした, 出に, 出の, 出を

▼ がたい悲しみ~ (7, 0.3%)

1 として鋭く, と同時に, におぼれ, にふるえ, に心, の外, を

▼ がたい状態~ (7, 0.3%)

1 かもしれない, であった, でさ, でそういう, でそれゆえ, にある, になつたの

▼ がたい~ (7, 0.3%)

1 にとつ, の妹, の必要, の性分, の生活, はそんな, は彼

▼ がたいけれども~ (6, 0.3%)

2 忍んで 1 その選択, 一句として, 動物の, 身辺の

▼ がたいとは~ (6, 0.3%)

1 いえぴしゃぴしゃ平手, 実に苦々しい, 思うが, 思われなかった, 感じないけれども, 感じながら

▼ がたい恐怖~ (6, 0.3%)

1 と不安, に怯えた, に襲, の色, はその, を誘われた

▼ がたい感じ~ (6, 0.3%)

1 がし, がした, だったが, だと, で胸, を私

▼ がたい~ (6, 0.3%)

2 がした 1 がし, がします, がする, のする

▼ がたい関係~ (6, 0.3%)

2 にある 1 があっ, だったの, の中, をもっ

▼ がたい風情~ (6, 0.3%)

1 があらう, がある, があろう, が浮ん, なの, はある

▼ がたいこの~ (5, 0.2%)

2 現実の 1 国の, 男は, 約束コンクリートの

▼ がたい~ (5, 0.2%)

2 相違ない 1 しろこんなに, せよ平原, せよ政治

▼ がたいまでに~ (5, 0.2%)

1 きらめいて, 失って, 心を, 美しくなった, 起って

▼ がたい一種~ (5, 0.2%)

2 の快感 1 の不安, の圧迫, の鳥

▼ がたい品位~ (5, 0.2%)

2 まで嘘 1 になお, になほ評価, の存する

▼ がたい~ (5, 0.2%)

1 なる被害, 不覚とも, 問題な, 戦慄, 戦慄が

▼ がたい大切~ (5, 0.2%)

1 なもの, な宝, の品, の紙帳, の絵像

▼ がたい~ (5, 0.2%)

1 が出来, である, とかよう, に見えた, の情

▼ がたい~ (5, 0.2%)

4 かしめ 1 かしさ

▼ がたい愛情~ (5, 0.2%)

2 を感じだし 1 が家庭, によって歌子, を覺

▼ がたい感銘~ (5, 0.2%)

1 をうけた, を与えた, を与えられた, を表現, を覚える

▼ がたい~ (5, 0.2%)

2 もある 1 からその, がある, だと

▼ がたい気持~ (5, 0.2%)

1 がしてる, がする, にさせた, になっ, になつ

▼ がたい気持ち~ (5, 0.2%)

1 だった, だつた, はします, を抱い, を書い

▼ がたい~ (5, 0.2%)

2 が流れた 1 がこぼれ出した, になった, は偉大

▼ がたい深い~ (5, 0.2%)

1 ところに, 云い知れぬ興奮, 山の, 憂愁の, 精神的な

▼ がたい~ (5, 0.2%)

1 が有るらしい, となっ, の響, を捧げ, を見た

▼ がたい自然~ (5, 0.2%)

1 の傾向, の力, の命令, の現象, の統一

▼ がたい苦悩~ (5, 0.2%)

1 があります, だしかし, と哀愁, と擾乱, を宿した

▼ がたい~ (4, 0.2%)

1 ことばが, 心も, 気持ちに, 綱の

▼ がたい事情~ (4, 0.2%)

1 でもあるなら, で一家, についてもよく, も潜在

▼ がたい~ (4, 0.2%)

1 だが, であった, のもの, の高価

▼ がたい~ (4, 0.2%)

1 があっ, と品位, ひが, を持っ

▼ がたい問題~ (4, 0.2%)

1 がのこっ, である生, であろう, をも容易

▼ がたい困難~ (4, 0.2%)

1 がいろいろ, が待ち, が生じ, を負う

▼ がたい好奇心~ (4, 0.2%)

1 から余暇, に駆られた, のわき, をもっ

▼ がたい存在~ (4, 0.2%)

1 で私, としてサジ, として嫉妬, になっ

▼ がたい希望~ (4, 0.2%)

1 がある, が二つ, のうち, を告げ

▼ がたい悲し~ (4, 0.2%)

1 さが, さと, さも, さ故に

▼ がたい~ (4, 0.2%)

1 と共感, によってさらに一段と, の純粋, への憧れ

▼ がたい理由~ (4, 0.2%)

1 が数えられるであろう, によつて, も少し, をもった

▼ がたい~ (4, 0.2%)

1 になっ, になり, のよう, の境遇

▼ がたい~ (4, 0.2%)

1 であった, の交流, の幾多, の長

▼ がたい~ (4, 0.2%)

1 でござる, です, としてしか現れない, はありません

▼ がたい~ (4, 0.2%)

1 のはれる, の動悸, の愁, の苦痛

▼ がたい衝動~ (4, 0.2%)

1 とそれ, との間, に駆られ, に駆られた

▼ がたいあの~ (3, 0.1%)

1 人の, 戦慄すべき, 正香も

▼ がたい~ (3, 0.1%)

2 はない 1 あらう

▼ がたい~ (3, 0.1%)

1 じゃない, だ, です

▼ がたい一つ~ (3, 0.1%)

1 のノスタルヂイ, の岐点, の矛盾撞着

▼ がたい事柄~ (3, 0.1%)

1 であったの, であつ, を掴ん

▼ がたい何物~ (3, 0.1%)

1 か, かである, かを一刻一刻

▼ がたい侮辱~ (3, 0.1%)

1 である, をうけた, を加えられ

▼ がたい~ (3, 0.1%)

1 を受けた, を蒙っ, を負わせる

▼ がたい喜び~ (3, 0.1%)

1 がある, であったもの, をかくさう

▼ がたい変った~ (3, 0.1%)

3 書体で

▼ がたい~ (3, 0.1%)

2 だと 1 じゃが五十両

▼ がたい嫌悪~ (3, 0.1%)

1 の情, を感じた, を感じ始め

▼ がたい快感~ (3, 0.1%)

2 を覚えた 1 を感じました

▼ がたい怒り~ (3, 0.1%)

1 であ, と苦痛, にもえ

▼ がたい~ (3, 0.1%)

1 だと, に心, に苦しみあえぐ

▼ がたい悩み~ (3, 0.1%)

1 と儚な, の種, ふかまる内心

▼ がたい憂欝~ (3, 0.1%)

1 がちら, だ, に堪へ

▼ がたい憂鬱~ (3, 0.1%)

1 の気, は礼節, めいたもの

▼ がたい~ (3, 0.1%)

1 る決心, る特色, 物が

▼ がたい~ (3, 0.1%)

1 だつたの, であると, でさ

▼ がたい時代~ (3, 0.1%)

1 であった, に逢っ, の力

▼ がたい本質~ (3, 0.1%)

1 であるから, に築かれ, の差

▼ がたい~ (3, 0.1%)

2 に柔 1 な自分

▼ がたい欲望~ (3, 0.1%)

1 であると, と美しい, に満ち

▼ がたい~ (3, 0.1%)

2 である 1 をうたい出した

▼ がたい~ (3, 0.1%)

1 のうえ, や不運, を敢

▼ がたい~ (3, 0.1%)

2 への同化 1 の決意

▼ がたい~ (3, 0.1%)

1 があった, もある, をも含ん

▼ がたい現実~ (3, 0.1%)

2 の事実 1 と考え

▼ がたい~ (3, 0.1%)

1 で世間, の意識, の裁き

▼ がたい表情~ (3, 0.1%)

1 が彼, の謎, をし

▼ がたい言葉~ (3, 0.1%)

1 としてわたし, もまた, を残し

▼ がたい記憶~ (3, 0.1%)

1 がある, が美しく, の一つ

▼ がたい~ (3, 0.1%)

2 も案外なんら 1 である

▼ がたい追憶~ (3, 0.1%)

1 が一生, になっ, の情

▼ がたい風味~ (3, 0.1%)

1 があっ, なので, をもつ

▼ がたい魅力~ (3, 0.1%)

1 があっ, があった, をもっ

▼ がたいある~ (2, 0.1%)

1 ものが, 気持ちも

▼ がたいいや~ (2, 0.1%)

1 お聞き下さい, な後味

▼ がたいかに~ (2, 0.1%)

1 と, 見えて

▼ がたいかも~ (2, 0.1%)

1 しれないという, 知れぬが

▼ がたいくらい~ (2, 0.1%)

1 でした, 暴虐な

▼ がたいけれど~ (2, 0.1%)

1 そのあと, 山や

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 あと味が, 又あまり

▼ がたいだけに~ (2, 0.1%)

1 いっそう著しい, よけい判断

▼ がたいでしょう~ (2, 0.1%)

1 がおなか, ね

▼ がたいといふ~ (2, 0.1%)

1 ことである, ところに

▼ がたいとの~ (2, 0.1%)

1 民間志士の, 理由に

▼ がたいなつかしい~ (2, 0.1%)

1 ニュアンスとして, 町である

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 中根めと, 大勢だ

▼ がたいふう~ (2, 0.1%)

1 で渋っ, になっ

▼ がたいほどに~ (2, 0.1%)

1 なりました, 大切に

▼ がたい一夜~ (2, 0.1%)

1 をお, をすごした

▼ がたい一線~ (2, 0.1%)

1 がある, を引いた

▼ がたい不平~ (2, 0.1%)

1 に転化, を抱い

▼ がたい不思議~ (2, 0.1%)

1 がある, であって

▼ がたい不愉快~ (2, 0.1%)

1 と憤怒, に襲われた

▼ がたい不満~ (2, 0.1%)

1 をいだい, を前提

▼ がたい世界~ (2, 0.1%)

1 が開け, であり同時に

▼ がたい人心~ (2, 0.1%)

1 の浪, を都

▼ がたい人生~ (2, 0.1%)

1 であらう, ではなかつた

▼ がたい伝説~ (2, 0.1%)

1 である, の権威

▼ がたい優しい~ (2, 0.1%)

1 妻が, 音響が

▼ がたい全く~ (2, 0.1%)

1 いやな, の未知数

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 な生きもの, な親しみ

▼ がたい前世~ (2, 0.1%)

1 にでもいただいた, の出来事

▼ がたい哀傷の~ (2, 0.1%)

2 にほひである

▼ がたい哀愁~ (2, 0.1%)

1 をよび起す, を感じつづけ

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 で昔豊太閤様, にはちがい

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 であると, へでかけ

▼ がたい国境~ (2, 0.1%)

1 から地球, だ

▼ がたい圧迫~ (2, 0.1%)

2 を受け

▼ がたい執着~ (2, 0.1%)

1 となっ, 捨てきれない煩悩

▼ がたい多く~ (2, 0.1%)

1 の不如意, の理由

▼ がたい奇妙~ (2, 0.1%)

2 な和合

▼ がたい女性~ (2, 0.1%)

1 の執着, の気品

▼ がたい威風~ (2, 0.1%)

1 をさえそなえた, をそなえた

▼ がたい嫉妬~ (2, 0.1%)

2 とが彼女

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 じゃあない, じゃない

▼ がたい宿命的~ (2, 0.1%)

2 な夢遊歩行

▼ がたい小さな~ (2, 0.1%)

1 愛情が, 虱が

▼ がたい少年時代~ (2, 0.1%)

2 の思い出

▼ がたい平行線~ (2, 0.1%)

1 の争い, の争ひだ

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 強い光, 知れない不安

▼ がたい弱点~ (2, 0.1%)

1 が存, でもあらう

▼ がたい強敵~ (2, 0.1%)

1 だと, と見た

▼ がたい彼方~ (2, 0.1%)

1 の空, へ距

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 感情が, 時勢に

▼ がたい必然~ (2, 0.1%)

1 である, の成行

▼ がたい必要~ (2, 0.1%)

1 では, に求められ

▼ がたい思慕~ (2, 0.1%)

1 からし, の郷愁

▼ がたい恥辱~ (2, 0.1%)

2 ですわ

▼ がたい悔恨~ (2, 0.1%)

1 が私, の情

▼ がたい悪夢~ (2, 0.1%)

1 から這いださし, に陥っ

▼ がたい悪臭~ (2, 0.1%)

1 が祖母, を漂

▼ がたい情熱~ (2, 0.1%)

1 となっ, も君

▼ がたい情緒~ (2, 0.1%)

2 である

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 があった, にうたれた

▼ がたい感覚~ (2, 0.1%)

1 がすぐ, を自分

▼ がたい慾望~ (2, 0.1%)

1 がこの, の

▼ がたい憤り~ (2, 0.1%)

1 に燃え, 血に対する

▼ がたい敵意~ (2, 0.1%)

1 をもち, を持っ

▼ がたい新しい~ (2, 0.1%)

1 現象として, 道へ

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 のこと, へ假借

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 に出る, のおも

▼ がたい暗い~ (2, 0.1%)

1 力が, 思いの

▼ がたい暴力~ (2, 0.1%)

1 がのたうちまわり, で自分

▼ がたい材料~ (2, 0.1%)

1 が少から, であると

▼ がたい構え~ (2, 0.1%)

1 なの, をする

▼ がたい様子~ (2, 0.1%)

1 とも違っ, もうかがわれる

▼ がたい欲求~ (2, 0.1%)

1 があった, にとらえられた

▼ がたい気品~ (2, 0.1%)

1 あるうち, がある

▼ がたい汚辱~ (2, 0.1%)

1 の痕, を感じる

▼ がたい沈黙~ (2, 0.1%)

2 を守っ

▼ がたい法則~ (2, 0.1%)

1 で起っ, に従って空

▼ がたい淋し~ (2, 0.1%)

1 さの, さを

▼ がたい無理~ (2, 0.1%)

1 である, な註文

▼ がたい無礼~ (2, 0.1%)

1 であると, の徒

▼ がたい焦躁~ (2, 0.1%)

1 に胸, に身

▼ がたい生理的~ (2, 0.1%)

2 な事柄

▼ がたい畏怖~ (2, 0.1%)

1 の下, の念

▼ がたい相手~ (2, 0.1%)

1 が出現, であったから

▼ がたい真実~ (2, 0.1%)

1 からその, として存在

▼ がたい矛盾~ (2, 0.1%)

1 が其処, として顕現

▼ がたい確信~ (2, 0.1%)

1 から生じ, に支えられ

▼ がたい社会~ (2, 0.1%)

1 の堕落, の枠

▼ がたい~ (2, 0.1%)

2 の心

▼ がたい神様~ (2, 0.1%)

1 だ, を自分

▼ がたい神秘~ (2, 0.1%)

1 であった, の前

▼ がたい程度~ (2, 0.1%)

1 だったわけ, に冷え上っ

▼ がたい立場~ (2, 0.1%)

1 だと, ならいつそ全て

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 一の, 二の

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 があります, が多い

▼ がたい経験~ (2, 0.1%)

1 がある, はこの

▼ がたい結果~ (2, 0.1%)

1 をあらわし, を前

▼ がたい罪悪~ (2, 0.1%)

1 との記録, と考えられた

▼ がたい自分~ (2, 0.1%)

1 の性分, の身

▼ がたい苦し~ (2, 0.1%)

1 さや, さを

▼ がたい苦悶~ (2, 0.1%)

1 にまで至る, の自己

▼ がたい複雑~ (2, 0.1%)

1 した特種, な陰影

▼ がたい親友~ (2, 0.1%)

1 でした, の他

▼ がたい観念~ (2, 0.1%)

1 をもっ, を拾いあげた

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 の作品, の湧い

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 であつ, である

▼ がたい読者~ (2, 0.1%)

1 がゐない, のため

▼ がたい議論聞~ (2, 0.1%)

2 馴れない言葉

▼ がたい貴い~ (2, 0.1%)

1 ものであった, ものでありました

▼ がたい貴女~ (2, 0.1%)

2 の純

▼ がたい貴重~ (2, 0.1%)

1 だったの, な経験

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 でした, を持つ

▼ がたい趣き~ (2, 0.1%)

1 を添え, を見せ

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 の苦痛, の運

▼ がたい身分~ (2, 0.1%)

1 の差, を思っ

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 さとともに, さ苦し

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 であると, を通つて

▼ がたい隔り~ (2, 0.1%)

1 があった, ができる

▼ がたい障壁~ (2, 0.1%)

1 に見えた, を突きつけ

▼ がたい願望~ (2, 0.1%)

1 です, としてよりも天

▼ がたい鬱憤~ (2, 0.1%)

1 から好奇, を抑え

▼ がたい~ (2, 0.1%)

1 の誕生, を訪れる

▼1* [751件]

がたいあでやかさでしたから, がたいあとをとどめる, がたいあぶなげが, がたいあまりに彼は, がたいあらわれかもしれない, がたいてもたっ, がたいいかめしさに, がたいいぶかりの冷たい, がたいいまいましい臆病な, がたいうわさの立っ, がたいおじいさんのかた, がたいおとなの不条理, がたいおもんぱかりからこの, がたいお互いの交誼, がたいお前の肉体, がたいお方になっ, がたいかげりをだんだん, がたいかと存じます, がたいきわみであると, がたいくらいに真黒に, がたいくらいの猛烈な, がたいけどさ私達の, がたいここちになる, がたいことそれ自体がすでに, がたいこと母の本質, がたいこと磐石の及ばざる, がたいこの世のお前, がたいこればかりはどう, がたいさびしい心細い感とを, がたいさりとて破談に, がたいさんが小堀さん, がたいしあわせにぞんじます, がたいしかし奇妙に, がたいしかも外見の, がたいしずけさを, がたいしずんだ重い沈黙, がたいすさまじさが添っ, がたいすでに夜である, がたいすみかからきた, がたいせいもあった, がたいせんりつを織り出し, がたいそういう混濁した, がたいそうした気分から, がたいそしていくぶんコッケイ, がたいそもそもの思い出, がたいそれを駿河, がたいそれに一と, がたいそれ等の義務, がたいただ物々しく怖るべき, がたいただいま内外多端の, がたいだがはっきりと, がたいだけのことだ, がたいだろうと思った, がたいときがある, がたいとでも思い諦めたの, がたいとも名の, がたいどっしりとした, がたいやみも, がたいながらその内部, がたいなつかしみをうけた, がたいなと思った, がたいなどと梅子の, がたいなまめかしさ, がたいなめらかさと暖か, がたいなよやかさと甘, がたいなんて誰でも, がたいむりだつた, がたいばかりでなく筆者自身, がたいひとつであるが, がたいほとんど狂乱した, がたいほどにも煙りと, がたいほほえみが突, がたいまだ青年の, がたいまでにも殺して, がたいまでのものと, がたいままにまた, がたいまるで怪談の, がたいもたせつぷりたつぷりの作品が, がたいもどかしさに, がたいもの玉体は寸地, がたいもんでさ, がたいよろこびの代り, がたいらしく小娘の, がたいわけがある, がたいわすれ草の記憶, がたいわだかまりになっ, がたいギャップがある, がたいシャツ君ですが, がたいジジイだけれども, がたいセンジユアルな日光, がたいニュアンスであるかの, がたいバカバカしい追跡の, がたいフシがある, がたいフランス芸術の田舎, がたいブルジョア気質の一ひねり, がたいプラスの由, がたいホイットマンのすべて, がたいポーズに侵され, がたいミレンのある, がたいモルヴァアクのなじむ, がたいワレ物の女一人, がたい一人息子の赤児, がたい一代の慾念, がたい一刻千金のいのち, がたい一局面に違い, がたい一瞬の光り, がたい一種不可解な感, がたい一茶が田舍, がたい一連の暗合, がたい一面もある, がたい万物の運命, がたい三人の相客, がたい不具さとは残酷, がたい不可思議な威嚇, がたい不可能な失敗, がたい不審を感じた, がたい不徳義漢に変った, がたい不親切や残酷心, がたいであろう, がたい世の中でやはり, がたい世間に向, がたい主従のきずな, がたい乱世の旅, がたい乳房の重み, がたい争いとなりました, がたい事がらのよう, がたい二つの本源的, がたい二流性が存, がたい二畳の座敷, がたい京都を立っ, がたい人々との心, がたい人たちでことに, がたい人なつかしさを, がたい人びとであり彼ら, がたい人性に就い, がたい人格とがあります, がたい人物の一人, がたい人種である, がたい人間苦である, がたい仄かな魅力, がたいの事情, がたい今日の, がたい仕事への情熱, がたい仕儀に立至, がたい仕方で製作, がたい仕組みになっ, がたいの人, がたい仰せがご, がたい位何か本当に, がたい脳厚顔無恥ケダモノそのものです, がたい何ものかを悲しん, がたいがある, がたい作品の一つ, がたいがある, がたい価値を感じさせる, がたい侵しがたい奥殿, がたい信念に變, がたい俳句である, がたい倫理的頽廃であった, がたい傲慢性のみであった, がたい傷創になろう, がたい傾向を見せ, がたい僅かの時間, がたい優善が責任, がたい兆しではありますまい, がたい先師の言葉, がたい光景ではないだろう, がたい兵質と数, がたい内心の叫び, がたい内心一齟齬として, がたい内部の世界, がたい再現の欲望, がたい冒涜であります, がたい冒険と秘められた, がたい冷たい悲哀の, がたい冷めたさだつた, がたい冷淡とのまざった, がたい冷酷な距離, がたい凄惨な色, がたい凛とした容貌, がたいとまでは考えられなかった, がたい出来ごとの中, がたい出来ごと今までの経験, がたい出来事しかも責任, がたい分裂への降服, がたい切願に抗しかね, がたい別世界の美し, がたい前後の事情, がたい剣相を見せ, がたい力量は波越八弥, がたい努力の成果, がたい動物でもある, がたい勢いだった, がたい勢力を持っ, がたい勿体ない事で, がたい半面があります, がたい卒伍の感情, がたい原罪である, がたい厳しさでした, がたい自らの, がたい友情には恐らく, がたい側捻転の, がたい反動性ないし保守性, がたい反感がくすぶっ, がたい反抗もあつ, がたい計ひ, がたい受け取りがたい堅い狭い魂, がたい口惜しさに, がたい可笑しさを, がたい各人の価値, がたい合金を造る, がたいじいで, がたい同義語をなし, がたい譽心と, がたい名妓よりも銘酒屋, がたいジイドには, がたい呪いから, がたい呵責をわれと, がたいなの, がたい命数だったかも, がたい哀感と共にふと, がたい喜劇悲劇をもつ, がたい喫煙の欲, がたい営みが娘, がたい因縁に引かれ, がたい圓みとうるほひと, がたい土地なの, がたい圧力を感じ, がたい在るか無き, がたい地位を占め, がたい地点に建築材料, がたい城壁のよう, がたい執念がその, がたい執拗な生きもの, がたい堅い決心を, がたい堅い狭い魂である, がたい堕落に落ちた, がたい報酬ではありません, がたい場合も起ろう, がたい場所です, がたい境地の芸術, がたい境遇に彼ら, がたい墮落女と見, がたいをきずい, がたい壓迫と悲しい, がたい壮快な気持, がたいをあげ, がたい売名漢ではない, がたいな気, がたい変化を今, がたい夕風が出た, がたい多情多恨の業績, がたいの燔祭, がたい夢幻の一つ, がたい大きな組織は, がたい大事の一局, がたい大勢となろう, がたい大敵であった, がたい大業を志す, がたい天成のしなやかさ, がたい天災の力, がたい失敗に遭遇, がたい奇怪事がおこった, がたい奥殿を自分, がたい女房どもや眷族, がたい好感を与える, がたい妖性なもの, がたい姫君の姿, がたい姿であつ, がたい威力を示し, がたい威嚇であつ, がたい威嚴をもつ, がたいだけの特色, がたいな氣持, がたい嬉しさに, がたい子供の復讐, がたい宝物です, がたい実例をここ, がたい実感味がある, がたい実際です, がたいに美しい, がたい容威と抱きよせる, がたい宿命それが凝, がたい寂さの含み, がたい寂しさを, がたい寂莫な自然, がたい封建知性人の経済的基礎, がたい尊厳さがそこ, がたい小人にはちがい, がたい少年の哀傷, がたい屈辱であるか, がたい展開と発見, がたいの気, がたい山路ばかり, がたい岡っ引きです, がたい巧妙さはそれ, がたい帰国の日, がたい平凡極まるいつも, がたい平和の歓喜, がたい幸いの賜もの, がたい幻想的な味, がたい幻滅の悲哀, がたい幽霊の声, がたい幾多の人間, がたいさである, がたいさが, がたい強い気稟を, がたい強力な腕, がたい強圧するよう, がたい強烈な婦人, がたい強迫だつた, がたい弾力の美し, がたい当惑と不安, がたい当然の結果, がたいになった, がたい形勢だった, がたい形容であつ, がたい形而上学となっ, がたい心縷骨の, がたい役目だったので, がたい微妙なざわめき, がたい心地になっ, がたい心理的な病的, がたい心苦しさから, がたい忍苦実戦に参加, がたい志摩の腕前, がたい快楽だから, がたいをし, がたい思い違いを示す, がたい思ひとなつて術を, がたい思考の奥深く, がたい性格的渇望に押され, がたい性質のもの, がたい性質種族の異, がたい怪事件と考える, がたい怪獣だつた, がたい恋しく苦しい心の, がたい恋人をちょっと, がたい恋情のひとつ, がたい恋慕の情, がたい恐しい経験, がたい恐怖感をもっ, がたい恐慌は恐慌, がたい息づきによる, がたい悍婦になっ, がたい路を, がたい悪化を物語っ, がたい悪寒に息, がたい悪徳であるなぞ, がたい悪癖を持っ, がたい悲しい罪でも, がたい悲哀をおぼえた, がたい悲惨な話, がたい悲惨事のほう, がたい悲願とは千年のち, がたい情けの波, がたい情勢であつ, がたい情念を内, がたい情調についての意見, がたい情趣がある, がたい惡感情の種子, がたい惡臭を放つた, がたい惣菜ですからな, がたいを洩らし, がたい意味をもっ, がたい意外千万な秘密, がたい意志の招き, がたい愚昧の野蛮国, がたい愚鈍なやう, がたい愛人の方, がたい愛惜もたしか, がたい感動に打たれ, がたい感動的な響き, がたい感懐を覚える, がたい感激がわき上った, がたい態度に岩瀬氏, がたい慰めを願, がたい慰安と寂寥, がたい憂いを誘われた, がたい憂愁の情, がたい憎悪の念, がたい憐憫でいよいよ, がたい憤怒が胸, がたい懸念にとらえられた, がたい懸隔のある, がたい成長をうながされ, がたい我が無上の, がたい我慢もし, がたい戦慄がだんだん, がたい所以である, がたい所行だとの, がたいの彼方, がたい手がかりだ, がたい手枷足枷で女, がたい手腕がある, がたい打撃をこうむった, がたい批評もあつ, がたい批評家である場合, がたい技倆を古代, がたい抱擁力で人, がたい抵抗とその, がたい振舞いである, がたい掛け換への, がたい放浪を感ずる, がたい故郷に別れ, がたい教師風の絵, がたい敵役であるし, がたい文字の羅列, がたい文字句読も段落, がたい文学への憧憬, がたい断案の確証, がたい作品を, がたい新参者が加はつ, がたい新鮮なもの, がたい新鮮さで歯, がたい旅空の四日間, がたいがくる, がたい旦那と生涯, がたい旧師のこと, がたい早い速度ですぎ, がたいさが, がたい明日についての注意, がたい明瞭な兆候, がたい昔語りに熱心, がたい時そのもののよう, がたい時勢というもの, がたい時間だつた, がたい普通の人, がたいさ, がたい愁, がたい暗示を多く, がたい暴状である, がたい最中に何事, がたい有様で年増女, がたい期間であつ, がたい未練千万な性格, がたい本能の姿, がたい松行列のよう, がたいをしばし, がたい栖方のひそか, がたいだと, がたいがある, がたい楽しさを, がたい楽しみに充ちた, がたい楽天主義のあまり, がたい様々の世, がたいみだつた, がたい模糊とした, がたいに感じられた, がたい権勢な位置, がたい横溢を表現, がたい機会です, がたい機関が一時的, がたい欠点であること, がたい欣びがある, がたい欧洲アルプスのマタアホーン山, がたいきであ, がたい武器のよう, がたい死者というもの, がたい殺気がこもっ, がたい母性の意識, がたい毎日に黄河, がたい民部ははッ, がたい気勢なので, がたい氣持だつた, がたい氣持ちがあと, がたい永遠なる, がたい汚染をもっ, がたい汚点を自身, がたい決心の様, がたい沼南の人格, がたい波動が込み上げ, がたい波瀾を経験, がたい浅ましさだけを, がたい浅ましい汚辱を, がたい浪人者とお, がたい消極的混乱におかれる, がたい青色の, がたい傷と, がたい深刻な意味, がたい混乱を生じた, がたい混雑の中, がたい満悦の耳, がたい満足を覚えない, がたいがある, がたい滑稽の表情, がたい激情が正直, がたい激昂が彼ら, がたい激烈の痛み, がたい火花のよう, がたい災害の行為, がたい為めに模索, がたい烙印を押し, がたい智の, がたい無力な感じ, がたい無愛想な変人, がたい無言のことば, がたい焦燥の胸, がたい熱い涙が, がたい熱望が覚醒, がたい爽快な嵐, がたい物好きはかの, がたい物質上の欲求, がたい物質精神相食み相重りわけ, がたい物音と凄, がたい物騒がしさは, がたい特徴をとらえた, がたい牽引を感じる, がたい犯人や悪, がたい狂気の気まぐれ, がたい独特の科学精神, がたい気を, がたい猛威をふるい, がたい猛獣を, がたい獣性の生活力, がたい獣慾と情緒, がたい率然たる感情, がたい實の, がたいさが, がたい甚深な感激, がたいの意義, がたい生き方も情熱, がたい生意気無礼な態度, がたい生活です, がたい生活条件のもたらす, がたい生涯の絶望, がたい田舎娘などを貰う, がたい男女がタイル張り, がたい男嫌いになっ, がたいであったが, がたい香の, がたい疑いと苦しみ, がたい疑問であった, がたい疑惑のみが深い, がたい疲労を漂, がたい疼きがあり, がたい疼痛は身, がたい病気に対して時に, がたい痕跡を除け, がたい痛恨をもたらした, がたい痛恨事であつ, がたい済まんという, がたい境である, がたい真に怖ろ, がたい真理の礎, がたい真相なの, がたい真言秘密の妙諦, がたい眺望あり, がたいで君勇, がたい睡魔がやがて, がたい瞬時に大きく, がたい瞬間となっ, がたいが今, がたい知性の響き, がたい石高道を市九郎, がたい破局が恋人ら, がたい剣豪剣の, がたい確定的な事実, がたい確実性にまで到達, がたい確証だった, がたい神尾喬之助, がたい神祕をおも, がたい神聖感をもつ, がたい私情がある, がたい秋分の時節, がたい秘密に満ち, がたい秘蔵の書籍三千冊, がたい種類のもの, がたい穢辱羞恥であるという, がたいのよう, がたい空想に駆られた, がたい空腹のため, がたい空虚が残った, がたい空虚さであった, がたい空虚地帯が出来, がたい突嗟の悲劇, がたいのよう, がたい笑いがかれ, がたい筋肉逞しい男, がたい節々があつ, がたい範囲で慣れ, がたい粗野が潜ん, がたい約束のやう, がたい紛糾の中, がたい素早さである, がたい細かな感じのち, がたい細路をおいで, がたい紳士なの, がたい終わりになった, がたいになっ, がたい絶望のみだった, がたい絶望感が風, がたい綾糸の上, がたい美しい無我で, がたい美味さを, がたい美女が乗っ, がたい美徳の一つ, がたい羞恥と感謝, がたい羨望を感じた, がたい習慣を無視, がたいをもっ, がたい考えが心, がたい聖なる母は, がたい肉縁はつかし, がたい脅迫だつたらう, がたいがあった, がたい腕力の二字, がたい腫物はどう, がたい自尊心と猛烈, がたい自己嫌悪に陥らせた, がたい自己嫌惡にをのの, がたい自身を考え, がたい興味と情熱, がたい興奮を感じた, がたい良心の汚点, がたい色合いをも彼ら, がたい色調となり, がたい芭蕉など夜明け, がたい芸術は従つて形式勉強, がたい若い人生の, がたい苦手なの, がたい苦汁のやう, がたい苦渋さが私, がたい苦難も甞め, がたい華奢なナイフ, がたい落着きがあった, がたい蒸暑に襲, がたいは身, がたい薫りがした, がたいや絶壁, がたい虚しさが, がたい虚咳の後, がたい虚脱感あるのみ, がたい衝突を予想, がたい衰えがあった, がたい衰弱に自分, がたい裏切りのひとつ, がたい製作が出来たら生き, がたい複雑微妙な要素, がたい要害であった, がたい要求から自ら倫理学, がたい覇気と野心, がたい見事な光, がたい見栄から一層, がたい規範として通る, がたい規範的性格とは取り, がたい視線をじっと, がたい覚悟をなし, がたい親和と飽満, がたい親子夫婦いろ, がたい親子夫婦いろいろな場合, がたい親近感を持っ, がたい記念にしよう, がたいである, がたい訴えである, がたい証言をし, がたい評価にそれ, がたい詩境を示し, がたい詩的感銘がずつと遥か, がたい誘引を感じ, がたい誘惑が或, がたい誤解の原因, がたい諧調で顫律, がたい謎中の謎, がたい謙虚極る, がたい謙虚さと真面目さ, がたい讃歎の色, がたい貧富の裂けめ, がたい貯えを引き出し, がたい貴女らしさを, がたい質問だ, がたい贈物である知識欲, がたい越後は一入, がたいりが, がたい距離を見出さざる, がたい蹉跌を見, がたい身分関係とその, がたいには起つ, がたい軽薄さが見て取られる, がたい輝きのうち, がたい辱めに遭った, がたい迄に困難である, がたい追懐の夜々, がたい退屈を深める, がたい通路に由つて, がたい連絡を有する, がたい運命それは覚悟, がたい運命観をさえ裏付け, がたい過ちで生涯, がたい遠国的の情調, がたい避難所であった, がたい部屋を逃れ, がたい郷愁の語らせた, がたい配下を仕止めたらしく, がたい酒間の愛誦歌, がたい酷暑の後, がたいさが, がたい釁隙を生じた, がたい重圧となっ, がたい重苦しさが, がたい重要文書が保管, がたい野性味がある, がたい鈍根の青道心, がたい鋩子へ吾, がたい鋭い盛子が, がたい錯乱とコントン, がたい錯覚に陥つた, がたいになげい, がたい長い路が, がたい長所を発見, がたい間隔が一層, がたい閲歴のなか, がたいのいろ, がたい阿修羅の申し子, がたい限界がある, がたい陰惨な影, がたい陰鬱な汚点, がたい階級のもの, がたい隔ての関, がたい障害に突き当たっ, がたい障害物のよう, がたい障礙が生じた, がたい隠れた秘密に, がたい雅操がある, がたい難問であった, がたい難解の書, がたいを吸, がたい青春の血, がたい条理性と, がたい面白い詞章である, がたいがある, がたいなさ, がたい頑固さを見せつけられ, がたい領域である, がたいの痛み, がたい頼みにし, がたい顔つきでじっと, がたい顕家と正行, がたい願ひであつた, がたい風これはたしかに, がたい風景であつ, がたい風貌とにすっかり, がたいはごく, がたい香気のする, がたいをしずめよう, がたい騒ぎをする, がたい驚きをも誘われた, がたい骨肉も別れる, がたい高い芸術的な, がたい魔風があった, がたい鷹揚さと云