青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「がた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~かれ かれ~ かわいそう~ かわり~ かん~ が~ ~がい がい~ がけ~ ~がた
がた~
~がたい がたい~ ~がち がち~ ~がっ がっ~ ~がった がった~ がら~ がり~

「がた~」 5496, 59ppm, 1932位

▼ がた~ (1131, 20.6%)

64 見ると 37 見て 19 かくして, 消して 14 して 10 あらわしました 8 見た, 見つけて 7 見かけると 6 あらわした, けして, 消した, 現わし, 隠して 5 見せて, 見せない, 見ること

4 [12件] かくしました, けした, けしました, そこに, ながめて, みると, 仰ぐと, 待って, 見せないの, 見たので, 見ても, 見るや

3 [24件] あらわさないの, あらわしたの, あらわして, おすくい, くらまして, ここに, つれて, みて, 乱軍の, 前に, 変えて, 拝し, 捜して, 残して, 求めて, 目前に, 示して, 血眼で, 見せた, 見つめて, 見ては, 見れば, 見出した, 認めると

2 [70件] あらわさなかった, あらわしません, あらわすこと, あらわすの, ありありと, かえて, かき消した, かくしましたが, かくは, くらましたの, じっと見, じろじろ見, ちらと, とめくれば, ひそめたの, まともに, みる, もって, 仮りて, 仰いで, 卑しん, 同化しよう, 御覧に, 思い出して, 想いまた, 想う, 拝した, 拝んで, 持って, 探して, 揃えて, 日本の, 朋友として, 殺すとでも, 消したあと, 消したが, 消しました, 発見する, 目に, 眼の, 私は, 等分に, 胸に, 脳裡に, 見うしなって, 見かけたこと, 見かけたので, 見かけた者, 見せなかったの, 見せなくなって, 見たこと, 見たとたん, 見たの, 見た者, 見つけた, 見ないこと, 見ながら, 見まもりながら, 見るとき, 見ると共に, 見るなり, 見るよう, 見出して, 見出すと, 見失うこと, 見失って, 見送って, 迎えると, 近い友, 遠くから

1 [640件 抜粋] あいさる, あおぐと, あの貴公子様がた, あまりにかばい過ぎ, あらわさない, あらわしさんざん, あらわしたり, あらわしては, あらわします, あらわし中央, あらわし手落ち, あらわすとは, あらわに, いかに幸福, いけどりに, いじめたり, いたわって, いぶかしそう, うけとるため, うずたかく見いだしたる, うちながめました, うつして, うつすとしても, うつすの, うばい取るなど, うばわれて, えらんだの, おがむつもり, おがめるよう, おそれ書きもの, おぼえて, おめ, おも, おもうと, おもらいなされて, おもわせるほど, お取りあらせられ, お呼び申し, お教, お目, お稽古人, お見かけ, お連れ, お高, かえあの, かえた微行, かえてこそ, かえられ十人, かえりみて, かくしおお, かくしてふたり, かくし二十めんそう, かこみ豫想, かすかに, かずしれず手がけて, かりて, かんじた, くずさないよう, くわしく見る, けします, こいつらなんて, ここで, ここには, この絵, この部屋, こわがって, ご存じない, さがしもとめても, さがしもとめました, さがし歩いた, さしていう, さらに深く, しげしげと見送る, したおかみさん, したまま, した人たち, した人物, した少年少女たち, した年増, した林さん, した死骸, した男女, した者, しゅごしておいでなされました, じぶん, すかし視て, すぐその, すぐその後, そのま, そのまま信じた, その両, それが, それへ, た, ただじっと, ちよつと, つ, つぎつぎと, つくづくごらん, つくづく見, つくる, つっつく, とおして, ととのえなくては, どういうふう, ながめながら, ながめ合って, なして, なすって, にらみつけました, ぬすみ出そうと, のこして, のせて, はじめて落ちつい, はっきりみ, はっきり見, はるかに, ひでよし公, びっくりさせ, ふしぎな, ふと心, ほこらかに, ほのめかす, ぼくたちの, ぽつねんとひとりそこ, まざまざと, まじまじ眺め, まつたく自分, みしとき, みせた, みせたこと, みせぬ日, みせません, みせませんでした, みたいという, みつめた富士男, みつめつつ, みつめながら, みとめたのに, みないもの, みながら, みること, み送つて, むき出しに, むざ, もち口々, もった, もった人間, もつて, やっと明らか, ゆびさして, ゆめみる, よく新しい, よそへ, よろこばせ若い, わが家へ, われは, カメラに, チラリと, ハンナと, ボートへ, 一と, 一目見た, 一瞥した, 一瞬に, 世間の, 丘の, 中世紀, 中心に, 二間ほど, 京の, 人間として, 今さらの, 今は, 今初めて, 今日の, 今更の, 仰ぎ幾たび, 何ですげなく, 何ものの, 何んだ, 作し, 信長と, 信長の, 偲ばせぬもの, 備へ, 入れて, 入れる, 再び見かけた, 再拝した, 写生し, 冷たく客観, 凝視める, 出したばかりの, 初蔵がを, 包み真っ白, 包んだ, 匿し, 半七, 又八は, 友人と, 取り巻く男性, 吐き出した, 向う河岸, 呈しは, 呪いに, 嗅いで, 四ツ辻に, 圧し付けて, 垣間見にでもと, 外交団関係の, 夜の, 夢みその, 夢みる一臣民, 大きくつかん, 失ったよう, 失つてゐる, 奥に, 好きな, 子の, 守って, 家に, 寝床に, 寸分たがわず, 小さく浮かび出し, 小波の, 屡, 山塞の, 庭の, 弥次馬どもの, 彷彿せしめる, 彼はじつ, 彼方に, 彼方の, 後ろから, 後ろに, 御前へ, 御心配, 思いうかべた, 思いうかべると, 思いだした, 思い出す, 思い浮べて, 思う, 思って, 急激に, 恥ずるこころ, 悲しくなつかしく思います, 悲しむかの, 想は, 想ひ描く, 想像させた, 想像する, 愛して, 愛する詩人, 感じる, 戀する, 戦う喊声, 戸の, 拙者今しばらく, 拝さぬ, 拝しうる, 拝し得た, 拝んだの, 持たれた御, 振りかえって, 振り向いた, 振向いて, 捕えた, 捜すけれど, 探したが, 描いた, 描いて, 描きその, 擁きた, 支持します, 早々に, 映したもの, 映して, 暁闇の, 暴露し, 月の, 本堂の, 案内したい, 横から, 横たへ, 横目で, 次の, 正視する, 歩む, 殺しに, 母性といふ, 気に, 気味わるく, 気長に, 江戸の, 沈默の, 没した, 没して, 消したの, 消したもの, 消したん, 消した場所, 消し地物, 消し峰, 消す, 消す術, 溶けこませかけて, 焔の, 焦土に, 照らし出す, 照らし追跡者, 片輪もの, 特に不, 狼狽せし, 現し, 現したの, 現すの, 現わさ, 現代人に, 疑って, 発見した, 発見したらしかった, 皆いっしょに, 目のあたりに, 目を, 直視し, 眺めて, 眼にも, 眼前に, 睨み, 瞼に, 知ったので, 知ること, 碑の, 示さなければ, 示し将士, 示すもの, 祐経と, 祝福したまわん, 私に, 空想する, 立ち上った, 立てないって, 笠に, 美しく保たう, 羨ましいと, 義士の, 老母の, 胸をを, 臨んで, 自分の, 自身で, 舞台に, 良い人たち, 良くお世話, 苦しめて, 蜘蛛の, 血けむり, 血眼に, 行きて, 行宮に, 裏切るよう, 見いださなければ, 見いだして, 見うけること, 見うけるの, 見うしなっては, 見おくって, 見おくる, 見かけた手代, 見かけた東洋人, 見かけなかった, 見きわめようと, 見ざりき, 見する事, 見せず世間, 見せたいの, 見せたこと, 見せたと, 見せたの, 見せないと, 見せないので, 見せないよう, 見せない日, 見せなかった, 見せぬ日ぐらし, 見せはじめた, 見せびらかして, 見せびらかすの, 見せません, 見せませんでした, 見せるより, 見せる仮, 見せ時には, 見その, 見たいにも, 見たいもの, 見たか, 見たけれど, 見たそう, 見ただけ, 見たという, 見たとき, 見たなどと, 見たらばと, 見た兵, 見た泰軒居士, 見つけ, 見つけたの, 見つけたので, 見つけたらしくそっと, 見つけられたくありませんので, 見つけ見るや, 見つつ, 見つめた, 見つめたまま, 見つめ合った, 見てから, 見てからの, 見とめた, 見とれて, 見ないうち, 見ないか, 見に, 見ぬ前, 見ぬ日, 見のがそう筈, 見ましたが, 見ましたれば, 見または, 見まもって, 見まわして, 見やはり, 見ようと, 見られたら一味, 見られて, 見られないうち, 見られるよう, 見るごと, 見るため, 見るところ, 見るの, 見る心地, 見る心持, 見上げて, 見下ろして, 見付けそれ, 見付けて, 見付けられたの, 見入って, 見出したので, 見失いました, 見失った, 見失ったこと, 見失っては, 見廻した, 見氏郷, 見直して, 見送りながら, 見送りました, 見送りも, 見附けて, 覗いて, 観ようと, 訪ねて, 訪問した, 認めたの, 認めた時, 認め更に, 説明し, 説明する, 読者に, 誰も, 護って, 足もとから, 車の, 迎えさわぐなか, 迎えた秀吉, 迎えて, 近衛前嗣は, 追っかけて, 追って, 追ってその, 退いた, 透かし視た, 途中に, 遅しと, 部将たちは, 鏡に, 鏡の, 長老の, 隠したか, 隠すと, 隣りの, 頭から, 頭の, 頼りに, 顔で, 驚かして

▼ がた~ (964, 17.5%)

14 ような 12 ために 8 ように, 中に, 方が 6 ことを, ところへ 4 口が, 心に, 心の, 手に, 蕭や

3 [14件] いらっしゃる方, うちに, おそば, お仕事, お考え, ことです, 中には, 前で, 前に, 手を, 男が, 空を, 間に, 雪が

2 [74件] うちで, お仲間, お勧め, お国, お心, お手伝い, お耳, お肝試し, お邸, お顔, ことさ, ことで, ことである, せいで, なかに, やうだ, ようなお, ピストルを, 不注意で, 介抱を, 前から, 口から, 口で, 口の, 口を, 味方である, 味方として, 四十面相が, 女が, 居間なり, 彼女の, 御殿へ, 心や, 心持ちや, 悲を, 意見を, 愛した姿, 所へ, 方から, 方で, 方に, 旅の, 昨今の, 暑さ, 月, 樣に, 歓楽に, 浪人は, 淋しさ, 男は, 白い瞑った, 皮膚を, 目から, 目には, 祖先の, 秘密を, 空に, 結婚に, 罪では, 自然や, 花, 苦しみを, 足の, 身で, 運命に対して, 運命を, 過去の, 重なりあ, 間においては, 雨を, 雲の, 青苔, 顔は, 鼻の

1 [692件 抜粋] あいだには, あかりの, あごひげに, あごひげを, あとについて, あなたの, あのたわけた, あはれなる, ある人間, あんまを, いとこであった, いる間, うちの, うちは, うなりごえと, うれしい朝夕, うわべだけ, おいでを, おかお, おかしさ, おこえ, おことに, おそろしさ, おちどか, おとなしい子, おばさんが, おむね, おもい出, おゆるし, およそいつ, おわらいなさる, おんおも, おんこ, お世話が, お世話で, お世話に, お人柄, お住居, お名前, お変りに, お夢, お姿, お家じゃ, お尋ねなら, お屋敷, お席, お情, お手, お手のうち, お歎, お母さんは, お父さま, お父様, お目, お稽古人, お縫様, お芝居, お茶が, お見え, お調べ, お近づき, お遊さん, お金御用達を, お間柄, かしこここに, かたちのを, かっちりと, かみの, きょうの, きれ傷, くるところ, くろで, ぐんぜいはそのまに破竹の, けしきめに, こころに, こと, ことが, ことでした, ことは, ことばで, ことひとりの, こと小林君は, この二条, これから行く先ざき, ご判断, ご意見, ご教育, ご様子, ご自習, しおらしさ, じどう, すかしの, すること, せんこうていが, そばについて, そら, たびでございます, ためと, ためにも, ためを, ため命の, つとめの, とこで, ところは, とりで, どこかに, どなたか, ない, ないこと, なかにも, なごりも, ぬく, はかりごと, はくと, びいどろの, ふたつの, ふりだした春雪, ほうが, ほうで, ほうへ, ほうを, ぼうえんきょうを, まだ聞い, まっ黒な, ままこの, ままでは, ままの, ままぽつねんと, まま今日に, まま旗あげ, まま次の間へ, まわりに, もって, ものと, ものに, やさしきは, よいお, ようには, りっぱさ, りっぱな, サーチライトが, ツワイライトである, デマの, トーチの, ナタアシアや, ワーリャガーエフピーシチクロパーヒン包みと, 一つである, 一つ一つも, 一家の, 一家は, 三時までも, 三次元世界の, 上つ方を, 上役の, 下へ, 不要品を, 世界でしょう, 両将, 中から, 中で, 中にも, 中年女である, 中村係長が, 中村警部が, 丸ぽちゃ美人だった, 丹沢山が, 主張は, 主張を, 二人椅子, 二時だった, 云ふ, 五時ごろでした, 人と, 人として, 仏像が, 仕上がる日, 仕事だって, 仕事について, 仕事の, 代わりは, 代官が, 仲間に, 仲間の, 仲間は, 会合で, 会議の, 住んで, 何な, 作家活動の, 作法に, 使者に, 信神によっては, 偵察飛行機では, 儀で, 優しい女, 兄弟丹羽昌仙さまの, 先生こそ, 先輩も, 兜に, 入費を, 全生命, 公平に, 内心を, 写真を, 几帳ばかりが, 出来上る, 刑事さんを, 利生や, 力で, 力を, 助けて, 努力を, 勉強ぶりを, 北朝処理が, 博士が, 参考に, 友情を, 双肩に, 取りあいを, 受け器が, 口あの, 口合や, 台所で, 名誉の, 向う三軒両隣に, 君臣を, 哀傷の, 噂授業の, 四時頃背中が, 四月の, 団長に, 土に, 土を, 土地です, 場合にも, 場合は, 士族の, 多くは, 夢が, 夢に, 夢の, 大勝に, 大名しゅうを, 大声で, 大将です, 大炮, 大男が, 大館宗氏, 夫人が, 女子, 女房たちは, 妨害を, 姉妹よ, 姿と, 子息御, 客が, 室内の, 家族や, 宿は, 寄合いでが, 寝台を, 寝室で, 寫眞を, 将来の, 少女が, 尖から, 山の根に, 崇めるの, 川のべ, 川原に, 工場と, 希望条件に, 年は, 幸福に, 幸福の, 座敷に, 庭掃除, 強右衛門は, 彼と, 後見者と, 御さい, 御さいえん, 御せんどを, 御住い, 御便利, 御健康, 御前へ, 御合奏, 御心中, 御意見, 御援助, 御裁決, 御親切衷心, 心には, 心も, 心中は, 心情を, 快速艇に, 思うよう, 息が, 息子血の, 悪い癖, 悲痛な, 想像とは, 意気込みが, 意見も, 愛する人, 愛人たちの, 憲兵が, 懐中電灯を, 成さる, 我宿に, 所へは, 手で, 批評と, 推薦する, 援軍四万が, 敵では, 斑文を, 断じて許容, 新時代, 方の, 方も, 方を, 方言である, 明智が, 星は, 暗い氷雨, 曲がった眼, 曲者が, 會話を, 望みも, 木綿布子一枚それも, 来られた目的, 来られるちょっと, 東京での, 柱は, 桔梗色の, 様に, 模範に, 欲しいと, 正しい抗議, 武将らしい, 武蔵, 民主主義との, 民族が, 気を, 水ぎはに, 汚らしい世帯, 江川太郎左衛門の, 汽車に, 法律的審問を, 法律眼から, 洋風料理の, 派手やかな, 浅間の, 浪人が, 海に, 涙の, 滝川征伐その, 漢文で, 無事を, 焼香を, 爪に, 父さんは, 父代理母花嫁, 父親さんは, 犬も, 率直さと, 生活を, 由緒あり, 男であった, 男二人あわせ, 町を, 町裏の, 番です, 疲労に, 癇癪持であった, 白いつぶった, 白っぽい門, 白ブラウスを, 目に, 眉毛と, 真珠王は, 眼つきも, 眼を, 着いたそんな, 知ったこと, 知りあいや, 知識は, 祖父母の, 神々しさ, 私宅へ, 私宅を, 穴を, 空気を, 立ち入るところ, 立場を, 細かい皺, 細雨に, 組合が, 結婚を, 絵ときが, 縁は, 美しいこと, 老人と, 老母の, 者と, 聡明さが, 聴いたこと, 職責は, 脛白と, 腹を, 自動車以外に, 自由に, 自由や, 艶めけ, 艶顔だった, 若く感じ, 若侍, 若者, 苦勞や, 草は, 荷物や, 蒐集中に, 薄き光, 薄桃色, 蝉の, 蝮捕り, 行動が, 行脚僧が, 袖を, 裔で, 褒めた, 西郷吉之助, 見えたり, 見えないの, 見えない相手, 見えない竹童, 見えぬ少年, 見える幕, 見える菜園, 見知らぬ女, 親方が, 言葉も, 話から, 話が, 話に, 話合いに関して, 誤解を, 谷間の, 負けたの, 質問に, 贈物です, 赤むらさきの, 足を, 足軽大将が, 軍師小幡民部は, 迷惑に, 逃げ場も, 遊びであっ, 遊び相手を, 道化師の, 邪魔します, 郎党も, 釈放を, 重囲に, 金井は, 間には, 間を, 間者に, 院, 雑誌で, 雨が, 雪の, 雪之, 雲が, 電車の, 青ぞ, 青年であった, 青春を, 面を, 面上に, 面白さ, 頭にだけ, 頭中将が, 頼母しく見えた, 顎髯を, 顏を, 顔の, 顔まで, 風が, 飯など, 餌食に, 高一, 高声で, 鳥です, 鶺鴒が, 黒いかたち, 黒い穴

▼ がた~ (835, 15.2%)

26 どこにも 17 見えなかった 8 見えない, 見えません 6 ありません 4 それを, なかった, 何を, 消えて, 私の 3 ここで, ない, もうお, もうどこ, 申すまでも, 私を, 見えないの

2 [39件] あなたが, いいました, いずれも, いとどしづもる野, お思い, かかる声, ここへ, こたえました, この世界, その中, その御, その静か, それに, だんだん小さく, とくと考えられた, どのよう, どんな風, ほんとに人間, みえないで, むれて, よく見える, 一人も, 三ちやんに, 人間としての, 今こそ, 今の, 今何に, 今日の, 容易に, 幸福です, 庭に, 消えるよう, 男女六人なれ, 自分の, 見えなくなった, 過去の, 闇に, 隠れて, 静かな

1 [651件 抜粋] あいつの, あたかも嵐, あのおもしろい, あのくるみ, あの嘘つき, あの男, あの魔, あまりよくは, あらでさびしく, あれを, あわてて, いい先生, いきなり夫, いくらりっぱ, いくら何, いじらしさ, いったいだれ, いったいなん, いったい何, いつか草むらの, いつのまにか消え, いつの間にか見えなくなった, いつも家庭, いづれも, いまごろまで, うれしそう, おい, おいい, おいでに, おすまし, おそらくわからない, おそらく村, おろか家畜の, おん兄君と, お台所, お江戸, お若い, お話を, かうして, かわいそうに, かわったもん, かんぱんから, きょうも, ぎょっとしました, けっして赤い, こうした環境, ここから, こたえて, こちらへ, このあいだ, この不思議, この人, この山, この恋慕鳥, この手紙, この部屋, これかと, これからの, これが, これを, こんなとき, こんなもの, こんに, ごうまんにも, ご商売がら, さながら趺坐, しおしお下, しずかに, しばらく黙っ, しぶしぶかぎ, じぶん, すうっと, すぐ眼, すぐ避難, すっかり消え, すらりと, ずいぶんがっかりするだろう, ぜひその, そこに, そこにも, そこを, そのほか, そのまんなか, その善い, その外, その整, その日, その時, その真っ白, その美わし, その麗人, そもそも, それとは, そんなこと, そんなふう, そんな話, た, たえず新しく, たくさんいらっしゃる, ただ, ただもう, ただ教室, たちまちその, たちまちに, たちまち屋根, たぶんそれ, だいぶ御酒, だれも, ちょうど万朶, ついに朝, つねに, つらくとも, つるつるした, てりしとか, とうとう見つからなかった, とまる所, とりも, どうあそばす, どういふ, どうか, どうした, どうしても人格, どうだった, どうでも, どうなります, どう思います, どう思召すか, どこか, どこを, どちらから, どちらへ, どなたでございます, どなたも, どんな抗議, どんな男, なかなかこの, なくただ, なくボート小屋, なぜそんなに喧嘩, なんに, なんの, はやくよい御, はら, ひとりも, びっくりなさる, ほんとにい, ほんの一部, ぼくの, まことに戦, まさかあの, またすぐ, まだ小さい, まだ紅蓮, まだ若い, まったくただごと, まったくの, まったく見えない, まったく見えなくなっ, まもなく変りはてた, まるでそれ, まるでとけ, まるで地, まるで帰らぬ, まるで昔, みえませんが, みな, みなさまどうも, みな紅葉を, みんなそんな, みんな熱い, みんな留守だ, むしろ天女, むれ≫↓, むれない筈, めいめいに, もうありませんでした, もうお客, もうそこ, もうなかっ, もうめったにお, もうソルティーニ, もう何事, もう信雄, もう消え失せる, もう目, もう私, もう見えなかつた, もう見えなくなった, もう長らくご, もしその, もっとくわしい, もとよりあきらめ, もとよりの, もの, やがて夕やみ, やがて白い, やっこさんたちの, やって, やはり知性, やみの, ゆうれい, よいけれど, よくご存じ, よくよくの, よく御, よほど年老, ら胡頽子の, わたくしが, われわれの, キラめか, クラムさんを, ゼライイドの, チベットから, テントの, ハッキリは, フランスの, プラットホームと, ボルシェビキの, メリー号を, ユーゴ, 一体どういう, 一体何もの, 一心不乱に, 一日として, 一条の, 一起一伏やがて, 一階上に, 丁年未満でございます, 三人ここで, 三十路に, 三年間を, 三角岳の, 上さまを, 下界の, 不意に, 主人である, 主人の, 乱暴で, 乱軍の, 争へ, 二じゅうは, 二十を, 二方に, 人間です, 人類の, 今まるで, 今京都から, 今日はじめて, 今申し上げた, 仕事を, 休暇には, 伯母御と, 伸び上がっても, 何かの, 何となく生気, 何となし, 何ともいへなかつた, 何の, 何んとも, 何人と, 何物をも, 何者な, 余りにも, 余りに孤高独歩, 例の, 俳優の, 傑れた, 僕が, 僕に, 僕の, 充分注意, 先祖が, 党人の, 公明だった, 再びそこ, 冷たい石像, 出なかった, 分らないかも, 切符を, 初めてで, 勝ちました日本, 化けものが, 卑怯です, 南極派遣軍だ, 原爆水爆および, 又二, 又千早館, 受刑者が, 受納されまし, 古来の, 吸いこまれるよう, 命を, 商売が, 善意に, 国賓だ, 地上に, 坐して, 堂に, 夕月の, 外に, 外海の, 夜叉とも, 夢の, 大きな言葉, 大内を, 大学を, 大抵想像, 夫な, 夫の, 失敬です, 奇術師だった, 女にたいして, 女の, 始めて, 始終皆, 娘の, 子供たちの, 学校関係の, 安斉先生が, 官権という, 客が, 客間に, 家に, 少し図々し, 峠を, 崩さずに, 市の, 常におのずから最高, 平民的, 年よりを, 幾らも, 幾山を, 広島と, 康子の, 形を, 影も, 彼女にとって, 後醍醐へ, 御存知なかろ, 御懐中, 徳川の, 忽ちに見いだされた, 忽ちに金, 忿怒勇猛な, 急に, 怪しさ, 恋の, 惜しいこと, 憎んで, 手嫋女にも, 折角その, 按摩の, 捜して, 損で, 支えられたかと, 教場で, 料紙を, 断じて生れる, 断片的な, 旅す, 日本国中至る, 早くも, 易介と, 星影の, 時には樹, 時に御, 暫く沈ん, 書生部屋を, 最初兄ぎみの, 朝に, 末路の, 本島の, 朱を, 松山の, 枝から, 栄光の, 橋の, 正しい郷土精神, 正しく妨害, 正しゅうございました, 此の, 武門の, 歩き出さざるを, 気分に, 水面から, 求むところ, 法印が, 泣く不, 消え失せた, 消え失せたの, 火の, 無かった, 焼けのこって, 煙の, 煙草が, 燭を, 物置の, 物語を, 犬に, 狼軍の, 琴を, 生きた宝石, 生きて, 甲冑の, 甲州の, 男の, 畳の, 疑いを, 疲れて, 病を, 発見できなかった, 白い道, 白と, 皆うすめり, 皆おや, 皆泣く泣く, 看病にばかり, 眦を, 瞬間に, 私が, 私たち女の, 私に, 私に対して, 窓へ, 立派な, 第一線の, 箏の, 米英の, 精神的な, 紅おしろいかみ, 細きくれ, 終生われら, 結婚なすっ, 緑雲たなびく, 美しいね, 義理の, 肌身さえ, 自分で, 自然に, 自発的に, 自身の, 舞す, 艇外が, 花さく春の, 若くエネルギッシュ, 莵, 虎よりも, 蜂須賀家の, 西春日井の, 見あたりません, 見いだされなかった, 見えず, 見えないかと, 見えないけれども, 見えないと, 見えないので, 見えなかったの, 見えなかつた, 見えなくなって, 見えにくい, 見えねえ, 見えねども, 見えませんでした, 見せずに, 見せないが, 見たと, 見て, 見ものである, 見られず代り, 見る影, 見付からない, 見付からなかった, 見当らないの, 親しい者, 親切に, 記録所の, 谷底の, 貧民よりも, 赤い瑪瑙, 路傍の, 迷惑でも, 道を, 遠くから, 遠目にも, 遠蛙, 選挙権ある, 銀ブラを, 門内の, 防寒服を, 隅に, 階下の, 雲手の, 風の, 香を, 驚いたらうが, 高度に, 魔術師の, 鷲に, 鷹揚に, 黙って

▼ がた~ (508, 9.2%)

21 なって 19 なると 4 なつて 3 おどろいて, なった, 私の, 身を

2 [39件] うずくまって, お話を, どこやら, なったの, なるの, みいられて, キューッと, 似たる吾命, 向う時, 向って, 坐って, 変りは, 夫が, 寄せる, 少なからず, 希いたい, 帰って, 感じて, 感じること, 成たるも, 指でもさ, 敬念を, 敬意を, 杣の, 比べて, 献げたく思う, 白銀色に, 目を, 眼を, 腰を, 落して, 落ちて, 親切に, 話し掛けよう, 誘う, 謝したく思う, 贈って, 近づく事, 逢える時

1 [374件] あうため, あげますから, あげるもの, あずけたかぎ, あの方, あまりにも, あやまって, ありあり見えた, あるその, あるの, あれほど, あわせる顔, いいました, いたっては, いっしょに, いふの, いやな, いろいろの, おきかせ申します, おびえて, おわかれ申し, おわたし, お任せ, お元, お告げし, お目, お知らせする, お礼を, お蓮様, お見せしたく思います, お話ししなけれ, お逢いする, お願い申しまし, かえす, かえりました, かかったけれど, かかり合うと, かぎらずこの, かなり勇気, かよいはじめましたが, からかわれたくやし, かりこんだあごひげ, かわった, かわって, きまって, ぎらぎらかがやい, くちびるの, ことし七つの, このブロッケン, この御, ご納得, さいご, さしあげやう, させたい, さんぜんと, しかられましても, したところ, して, しても, しや, じっと目, すえ歌詞, すくと, すこしでも, すでに参禅, すべて, ぜひ相談, その告白, その心もち, その難戦苦戦, それを, ちが, ちょっと一口, ちょっと呆, ちょっと申し上げ, つかまりっこ, でくわして, でて, とくべつ見せたい, とつて, どばん, ないという, なった清十郎, なっては, なにげなく上がっ, ならなければ, ならんだ長い短い, なり, なりぬ, なりましたから, なりましたが, なりヒラメ, なり時雨, なるころ, なる山吹, なれば, なろうと, のぞみを, はじめて目, はた, ばけたりなど, ばけて, ひと口の, ひらいた大きな, ひらいて, ひろがった尾, びっくりし, びっくりした, ぶんと, ほんとうの, まっ正直, みだらな, むかって, もう見, もどったの, もどって, もどれたの, もどれるの, やあ何, やさしくせっぷん, ゆるりと, よいもの, よくいろいろ説明, より意味, よろしくいっ, わかって, わたくしが, わたくしは, われわれは, ガスパールが, キャベジを, ゴルフを, サーッと, ネオンサインの, ハタと, 一番すきな, 一種の, 一筋の, 三という, 不利益な, 不満が, 並べたよう, 亀吉が, 云い渡す, 云えた義理, 交渉し, 人々は, 人知れず思い, 会いに, 会いには, 会うこと, 会わする顔, 会われるという, 伝わり諸侯がた, 伝三の, 似あわない我, 似あわない猛々しい, 似た雲, 似も, 似合わないやさしい, 似合わぬ名刀, 佇んだ老人, 低く續, 何か, 何一つ迷惑, 便利な, 信長は, 俯ッ伏せに, 個人主義の, 候はんずる, 傚ふ, 傷跡を, 内応あそばし, 内通され, 写してさえ, 出て, 分けて, 切りぬいて, 勝家公むざんのありさまにて御, 化けたこと, 及びて, 同じこと, 同心なされ, 同村字日石という, 呑み込めねえかも, 命がけで, 和解を, 哭け, 嘆声を, 囁いて, 回さしめん, 回って, 図書室へ, 坐ってばかりは, 埋められて, 堆く積, 堆く積つて, 売りさばいて, 変な, 変装し, 外国の, 大いに禍い, 大きな感謝, 失望し, 奇蹟を, 好意を, 姫が, 姿を, 宅まで, 宙が, 定着せしめ得る, 密告した, 対して, 対抗し, 少し晴間, 尽して, 尿を, 引き渡して, 引戻す, 引移り來たり, 引移り來り, 引移り来たり, 強いる気, 強雨, 御奉公, 御挨拶申上, 御眼, 御祈祷, 御納得, 復そうと, 復古あるべし, 心を, 思い起させた, 想像を, 惹かれて, 憤りを, 懸想なされました, 成つては, 戻って, 手っ取り早く呑み込ませる, 手を, 拡げて, 持った人物, 指でも, 挨拶し, 掘れて, 接すると, 提供し, 敬服し, 文字友は, 於て, 日夕なじむ, 日頃の, 早桶を, 明智の, 明滅し, 曲った廊下, 期待する, 来ました, 棄てて, 植えた場合, 武力の, 歩み寄つた, 死なれて, 死ぬほど, 比べながら, 比べると, 気づいたから, 気づいたもの, 気を, 求める雑誌屋, 求婚を, 江戸の, 泣けと, 注射を, 浅草三筋町の, 災害の, 災難が, 無関心, 燦々と, 牽かれて, 猿皮の, 現わし, 甲津原に, 申し上げます, 申し上げるの, 町を, 白きキリスト, 盛なる, 目が, 眸を, 眼と, 知って, 知つて戴きたい, 知られたくないという, 礼節を, 私こそ, 窓の, 窶した男, 立か, 立ちか, 立ちかえった, 立ち到った, 立ち帰った, 笑って, 筵を, 箱の, 縄が, 縫いとりした, 繩が, 聞かせたらおよそ, 聞かせたらそれ, 自分の, 至っては, 荒らされると, 行人の, 装った辰馬, 裏ぎりをなされて大津に, 見いって, 見えた, 見えたから, 見えたの, 見えて, 見せて, 見とれて, 見とれながら, 見なれて, 見られた, 見られて, 見るまま, 見入って, 見入るだろう, 見惚れて, 観衆は, 觀る, 訓諭を, 話して, 話すこと, 話すつもり, 認めて, 課せられて, 警告し, 象どりて, 負けないつもり, 負革, 貧乏徳利, 蹲踞りぬ, 輸血まで, 迎えられるかによる, 近い, 近いもの, 近づいても, 返し, 迷って, 追いついた, 逢えば, 連れて, 遠いと, 選挙権は, 酔って, 門口から, 関羽は, 關し, 附随し, 階段を, 隱れ, 集中て, 顔を, 食い入るよう, 飼はれ, 駕を, 魂を, 鰭を, 鳥羽の

▼ がた~ (487, 8.9%)

15 見えた 12 見えません 8 見えない 7 あった, 見えました 6 眼に 5 ある, 見えなくなった, 見えなくなって 4 あらわれました, 目に, 見えないの, 見えないので, 見えなかった 3 なくなって, 小さく見え, 彼の, 見えなくなると, 見えるの

2 [20件] あらわれて, ありありと, いまでは, おぼろげに, さだめし大, たっと, ないの, ひに, むこうの, 思い出されて, 来ると, 森の, 私の, 見えたの, 見えて, 見えないという, 見えなくなってから, 見えぬが, 見えます, 見られた

1 [342件] あった気, あの老人, あまりいやらしく, あらわれ, あらわれたの, あらわれません, ありました, あります, あり世界, あるうち, あること, あると, いかにも垢, いくつにも, いたる所, いっぱいな, いつのまにか失われ, いつのまにか見失われ, いつまでも, いまさらの, いまでも, いま彼の, いよいよくっきり見え, うかんで, うごめいて, うつくしいこと, うつった, うつって, うつるの, おずおずし, おとも, おもいうかべられあゝ, お城, お買い物中, かがみから, かきけすよう, かけて, かの女, かわるがわるに, きえうせて, きゅうに, くくりつけられて, ここで, ここに, このなか, この眼, この身, これへ, こんなに美しく, こんな心象, しゃれを, すぐ彼, すぐ目, すこしは, すこしも見えません, すさまじく斬れた, すべてその, せつかれるもの, せめて, その上, その中, その敵対感, その白い, そばの, それに, そんなこと, たったいま奉行所, たぶつつ, だんだん遠ざかり, ちかいころ, ちょっとでも, ちらりとみえた, つちやつて, つづいて, つてききます, つて私が, とられるの, どうあそばす, どこかへ, どんな形, ない, ないか, ないのに, ない時, なおさら見送り, なかった, なくまるで, なさるよう, なんとなく石舟斎, なんとは, のっそりと, はいったので, はじめてこちら, はっきりと, はつきり浮びあがる, はやったこと, ぱっとかき消され, ひちが, ひどくぼんやり, ひどく殺風景, ひの, ひょいと覗い, ふた, ふたたび家庭, ふたつの, ふわりと, へんに, ぼうっときえ, ぼんやり見える, まざまざと, まじって, またいとど, まだ開いた, みえなかつた, みえなくなりました, みえなくなりスパイ団, みえなくなるまで, みえません, みずからたのむ, みたくとも, みつか, みつからないで, みんなに, むかうの, めずらしくも, もうそこ, もうそこら, やっと見わけられる, ゆうぜんとあおがれる, よく見えた, よく見えます, よぼよぼの, より, らくに見えました, わかったの, わかるの, チラと, チラッと, チラホラする, ツて, ハッキリ見えます, パッと, ヒョイと, 三十五年の, 主題に, 乙字型に, 乱れて, 二股に, 今更の, 代わる代わるなにか, 何ものかの, 何処へ, 兄の, 先に, 八幡の, 兼輔の, 出て, 刷って, 前へ, 十吉に, 半町ばかり, 厨に, 又なく愛らしい, 又ほっと, 右にも, 因循し, 国民一人, 国民一人一人の, 地上からも, 夕やみの, 大きくなっ, 大股に, 天王寺裏の, 如何にも女, 委員会な, 家の, 容易に, 寝ても, 小さくなり, 小さく目, 小さく見えます, 小さく見える, 少し動い, 崖を, 平民主義の, 年よ, 庭へ, 彼方から, 従来より, 御えんぐみ, 御大切, 御帰り, 御徒士長屋, 御病気, 微であり, 忽然とそこ, 忽然と消え, 思われて, 急に, 恰度池の, 想像された, 感じられた, 成就する, 描かれて, 描かれると, 改められるか, 日本の, 日頃の, 星空を, 映し出される, 映って, 映りも, 春の, 昨日の, 暖簾の, 本堂に, 来たとき, 来るの, 松の, 栗鼠みたいに, 森陰に, 樹, 櫓に, 櫓の, 正面に, 殿中の, 水の, 沖の, 泛かび出した, 浮きだして, 浮びあがつたり, 浮びあがつて, 浮びあがる, 浮び出した, 浮んだ証拠物件, 消えうせて, 消えたよう, 消えて, 消えると, 清洲に, 烟りの, 煙りの, 父の, 玄関の, 現れて, 現われた, 画の, 発見された, 登るにつれて, 白じろと, 百千の, 目先に, 相府, 相当に, 眸に, 眺めたならどんなに, 眺められた, 眼さきに, 眼の, 着るため, 矢倉の, 知れたよ, 神経質に, 稀, 立ちはだかって, 立って, 細身の, 絶えなかった, 網膜の, 縁に, 縁の, 羨やましい此, 老いて, 考へられるの, 胸に, 自分の, 莫迦に, 著るしく, 見あたらない, 見いだされた, 見いだされる, 見えたか, 見えたから, 見えたし, 見えても, 見えないさびしい, 見えないぞ, 見えないん, 見えなかったか, 見えなかったこと, 見えなかったん, 見えなくな, 見えなくなったこと, 見えなくなったとき, 見えなくなったので, 見えなくなりました, 見えなくなるの, 見えなくなれば, 見えぬでは, 見えぬと, 見えぬの, 見えはじめた, 見えませんでした, 見える, 見えるかも, 見えると, 見えるよう, 見たいと, 見つからない, 見つかりません, 見て, 見られなかった, 見られる, 見る影, 見わけられるの, 見出された, 見出される, 見当らないので, 見当らなければ, 見当りました, 詰め合って, 語る支配階級, 譎詐闘争貪欲の, 豆つぶほどの, 象徴の, 跳ぶ鹿, 輝くやう, 遥かに, 配所に, 金庫の, 闇の, 闇を, 隠れて, 非常に, 鞍に, 餘り, 首と, 駈けて, 高い枯れ木, 鮮かに, 黒くクッキリ, 黒く浮きだす

▼ がた~ (229, 4.2%)

4 信じて 3 見えなくなって, 見えなければ, 見えました, 見えません

2 [13件] この書翰, この求め, その淋しい, やはり我々, 彼の, 日本化を, 目に, 私と共に, 血を, 見えない, 見えなかった, 見わけられないほど, 貴方が

1 [187件] ありますのに, ありません, いっしょに, いつとは, おいでに, おうなずきあそばし, おおぜ, おのり, おぼろに, おられました, おられましては, お姉様, お寝みでございません, お掛けなさいまし, お隠れに, かいがいしくあたり, かういふ静か, きっと喰われ, きょうをかぎりにわれおとらじと晴れ, きょう昼間じゅうぶん, ここで, この人, こんどは, ご商売, ご存じだろう, ご近所, すいきょう, すくなく, ずいぶんなまけます, そこに, そこは, そこへ, そこまで, その力, その怪力, それぞれ別れ, たぶんそうし, ついてら, ともに銀河系, どうかわたし, どこにも, どこへ, ない, なくちりぢ, なくなって, なく大鷲, なんとなく見直す, にんぎょう, ひとしく伊那丸さま, ひらりと, ふっとどこ, ほしいて, まさつて, まるで変っ, みえないのに, みなこの, みなその, みな道頓堀の, みんなあの, みんな私に, もうそこら, やがて眼, やさしくは, やっぱり原子力, やはり人間, やはり捕虜生活, ゆだ, よくは, よく考え, よっぽど物好き, よると, よろしい, よろしくない, わたくしと, ソビエットも, ハッキリとは, 一しょに, 一つ百姓なんか, 一個の, 一所に, 一本の, 一束に, 一生懸命だった, 久々にて, 之ほどまで, 事に, 交じって, 人ッ子ひとり見えなかった, 今しばらく, 今は, 今までよりも, 似て, 住む人びと, 値あがり, 僕の, 児の, 内藤は, 出かけたらいい, 同様である, 四隣の, 多い, 多く参会, 多分承知, 多少荒い, 夜あかしで, 夜鳥に, 大人に, 大勢に, 大変な誤ち, 婦人がたも, 家さがし, 小判の, 帰服いたされ, 常に感激, 御とくしん, 御参詣, 恐れて, 悪くない, 愛らしいが, 手に, 拝みてえな, 捨てぬとは, 斯くあら, 日々に, 旨いと, 早くあちら, 春らしく, 次々に, 気が, 気に, 浅井家へ, 消えて, 煙霧の, 猫間犬丸の, 申され師匠, 病床か, 皆ご, 皆修養, 皆私の, 目については, 相伴の, 眼に, 私と, 笑った, 粗忽の, 精いっぱいに, 結構です, 美術館に, 聞いた, 自分ながら, 舞も, 船かと, 若かけれ, 草の, 落着い, 見えずお, 見えず家, 見えた, 見えて, 見えないほど, 見えなかったので, 見えなくなると, 見えは, 見えます, 見せないで, 見たいが, 見たいの, 見なかったこと, 見られない, 親友の, 言つてゐる, 訪ねて, 誠にお, 論究した, 趁ふべけれ, 足音も, 途端に, 間が, 間もなくまた, 闇に, 隠居の, 離室に, 革まらないで, 顔も, 馬上に, 驚いて, 高官たちも

▼ がた~ (70, 1.3%)

5 のみ 4 なり 3 にその 2 ならん, に, にし, に圧せられたるなら

1 [50件] であっただろう, である, と草, なりといひ, にあらずし, にいかに, にいは, におのれ, にお松, にこの, にこれ, についに, にはあらざりき, にはあらず, にやむ, にや候, に一家内, に人, に單調, に外, に多く, に家, に幾度, に彼, に後人, に後進, に想わず, に戦う, に折角, に日本, に早く, に最も, に材料, に欠く, に此一寰區, に洋装, に漸く, に相, に社会全般, に翫味, に能, に自己, に表, に討幕, に貧乏, に難い, に非, に飽く, に魂, のみ新聞記者

▼ がたには~ (67, 1.2%)

2 さぞ血, なんの, 胸を

1 [61件] ありがち, いいかも, いたって, おおく大豆, おなじみな, おほく, おやさしい, お會, かなわない, ことごとく見覚え, さすがに, さぞ空恐ろしゅう, さっぱりわけ, ぜひ見, ただよそ, ちとお, とくに銘記, なれません, ひたすらお, まあかまわずそっ, まさに新しき, まだあなたさま, めいめい四万ルーブルずつの, もう明らか, もんくなし, わかって, わかってるはず, 一々お, 一つの, 一応も, 三次元は, 二三年前の, 今日初めて, 仏教即ち, 全く別人, 分に, 分らないの, 問題でない, 嬉しいの, 宇都宮公綱の, 往年の, 御頭痛, 明石海峡を, 是非必要でしょう, 横尾君や, 欠点が, 殺すという, 水が, 無関係な, 特に女, 理解が, 生まれついたとき, 相違ない, 私らの, 蝮さながら, 見ながらも, 見られない戦時下, 閑静なき, 雨が, 非常に, 驚くばかり

▼ がた~ (64, 1.2%)

5 なって 2 なりに

1 [57件] あたりに, あの恐ろしい, いうならば, いふこと, いふならば, おこ, おなじよう, すゝんで, そこが, そこに, その進展, それから雨, なった, なった村, なり辛くも, なる, なるため, ひどんな, ほの, みえたの, 一つである, 一つほ, 一つ蚊帳に, 一ゆれし, 一枚は, 二包の, 今の, 偽名を, 働きの, 入ったが, 入れちがいに, 半兵衛の, 同じもの, 味にも, 呼吸を, 安斉先生の, 年齢の, 思うたが, 思われなかった, 急き込んで, 正三君は, 此の, 洒落たん, 源さんの, 牛若丸の, 申されますの, 真理を, 突き当り戸, 線の, 羽柴がたとに, 聞くと, 自分の, 見えた, 言ふ, 足あとが, 驚かしたの, 鳴った

▼ がた~ (59, 1.1%)

4 眼を 2 彼は, 括りつけられて, 遠くから

1 [49件] あたま, あんないなし, うらぎりなされましたの, おさかずき, おつかわし, お目どおり, お詑び, お願いし, かけて, きれないやう, きれなくなつ, じっと注い, じっと見入る, だん, なる色, ひれ伏して, ふと眼, むかって, 一道の, 両手を, 何か, 何も, 傾いたら, 向い, 向って, 射向けて, 御分配, 意気地なく, 拠るか, 挨拶し, 掌を, 敷き直して, 期せずして, 楽々と, 横臥した, 申上て, 目を, 秀吉と, 納めたはず, 老体今晩から, 莚を, 賤しめる, 跳びついて, 跳んだ者, 辞儀を, 近く遠く, 随臣の, 難いほど, 頭を

▼ がたにも~ (37, 0.7%)

2 似たりけり, 彼は

1 [33件] あやまちの, いっしょに, いろいろと, いろいろの, おなりに, お喜び, お目, お目にかかりたいもの, お逢い, そうした例, とくとお, ところどころに, どこか, ならず盛り, まさって, まんざら御, もちろん招待状, よく想像, 一そう孤愁の, 事情を, 会って, 似て, 声の, 変りは, 滅多に, 特にここ, 罪は, 見えたので, 見て, 見られないより, 話したこと, 配偶者を, 飽かれぬよう

▼ がた~ (35, 0.6%)

2

1 [33件] いそがしく波, おも, お子たち, かたじけなや, きしきしと, そのまわり, その当時, ひめぎみたち, ほかの, わたくしども, わたくしどもへまで, わたくしは, 三世諸仏の, 上, 伊達すが, 何なる, 大将が, 大蔵大臣および, 山里の, 岩角に, 心から, 心の, 息栖おもりは, 惨風悲雨, 敵が, 朝酒が, 火鉢に, 点々と, 義理の, 言葉づかいから, 音の, 首桶に, 高官の

▼ がた~ (33, 0.6%)

1 [33件] かな, から彼, から賢明, がすでに, がその, が彼, が沁, で不, で胸, とか原罪, とそれ, と協力, におし頂い, について又, にも同門, に是, に欠席, に波うつ, に照らし, のため, の条件, ばかりで, への確信, もまた, やむを得なさ, よ, よ彼曰く, を, をお, をつくづく, を刺戟, を如実, を絵

▼ がた~ (33, 0.6%)

1 [33件] いっせいに陛下, うす暗いろう, きりっとし, ござります, ね函館, ひとり歩い, ひょいと岩, ゆったりと, トラヒゲの, 中頃の, 乗りこんで, 今は, 埋まって, 帰った, 忽ち終る, 憂鬱な, 捉えたところ, 昼は, 炭酸水を, 現れだした, 現われた, 町に, 町を, 眠って, 示されて, 聞き入った, 自分の, 自立し, 草履を, 荷車に, 食卓を, 馬上, 駐在所に

▼ がたまで~ (28, 0.5%)

1 [28件] ありありと, いて, いながら, うとうとした, かかって, その寝室, その辺, ちやんと, つづいて, ひと通りの, ふぐの, へやに, ゐて, 仕事を, 印刷所で, 各所での, 完全に, 待って, 待つ決心, 斯んな, 旦那が, 木の葉の, 熱心に, 私の, 私達を, 続いて, 聞いて, 自分の

▼ がたから~ (24, 0.4%)

2 ちらつきだした粉雪

1 [22件] いえば, おしかり, すこしも眼, たいへんほめ, ば名告らしゃれ, 一緒に, 俄かに, 冬の, 凝視し, 少しも, 徐々に人間, 持ち場を, 槌の, 目を, 眼を, 私を, 聞けば, 観れば, 註文し, 近侍に, 降り出した秋雨, 離れまいと

▼ がたない~ (18, 0.3%)

3 虹と 2 親狎

1 [13件] なりゆき, ものであります, ものである, 因縁を, 思いが, 思出の, 気が, 気持を, 罪障に, 背に, 貴い記録, 重荷で, 雅趣に

▼ がたなき~ (17, 0.3%)

4 思ひなり 2 はた荒き, 女達だろう, 心なれ 1 世の中で, 傷手を, 恍惚の, 悲哀味が, 海の, 言葉を, 追慕の

▼ がた~ (16, 0.3%)

5 のだ 4 のである 2 のであろう 1 この壁, さを, のです, のに露月, ンだ

▼ がた馬車~ (16, 0.3%)

2 にゆられ, に乗っ

1 [12件] が客, が宿屋, だ, で走らせ, にのっ, に乗, に乗りました, に乘つて, に五里, に白馬, はその, 駆るはあ

▼ がた~ (14, 0.3%)

3 よつて 2 そちこち, よふ 1 かわいいん, それだけ, そればかり, とすれ, よつた, よつて來, わ

▼ がた二人~ (13, 0.2%)

1 [13件] があまり, がここ, が父親, で教室, とちがっ, には長い, の心中, の心像, の方, はきっと, は松永老人, は頭, を連れ

▼ がたうとう~ (12, 0.2%)

1 [12件] な, 一つの, 八十吉を, 半分ひとりごとの, 嘉川まで, 業を, 爆発した, 病気に, 目前に, 自分の, 自治委員会に, 詩吟も

▼ がたでは~ (11, 0.2%)

2 ありませんか 1 いって, ないか, ないで, なかろうか, 万余の, 兵部卿の, 君前甚だ, 唖も, 畏れ多かろう

▼ がた知れず~ (11, 0.2%)

4 になっ, になった 1 になつたの, になります, になん

▼ がたである~ (10, 0.2%)

1 が年, が歌, ことは, これを, という自明, ともいへよう, と告げたい, と私, と言わね, 醜い社会

▼ がたでも~ (10, 0.2%)

2 あった 1 あり得るから, あるという, きつと, そのすべて, やはり知らぬ, 中世の, 町人文化の, 藤原朝の

▼ がた~ (7, 0.1%)

1 うちの, 出会いそうら, 向うの, 帰りです, 秋は, 若いお方, 見送りたてまつる

▼ がたこそ~ (7, 0.1%)

1 それからの, なぜ出, 劇の, 年齢こそ, 惨憺には, 深夜に, 見るかげ

▼ がたごと~ (7, 0.1%)

1 と動い, と動き出し, と戸, と登っ, 云って, 鳴らしては, 鳴らしながら

▼ がたとは~ (7, 0.1%)

2 打って 1 あの火, お取りあつかい, 別人の, 彼の, 知るよし

▼ がたへの~ (7, 0.1%)

2 味方が, 情愛と 1 ご用なら, 挑戦状なんて, 面目と

▼ がた~ (7, 0.1%)

2 のほととぎす, の時鳥 1 うつくしき我, の蜀魂, の青道心

▼ がた~ (7, 0.1%)

2 の書いた 1 が言, の家, の背後, はあっけなく, は酔う

▼ がた近く~ (7, 0.1%)

2 の青 1 になる, の苹果, わたしたちは, 私達は, 隣の

▼ がた高官たち~ (7, 0.1%)

1 が多数, と堂下, の席, の饗膳, も同時に, も皆特別, も鷹使い

▼ がたです~ (6, 0.1%)

1 からあまり, からまず, が小林君, が空中曲芸, ぞ, ね

▼ がたなど~ (6, 0.1%)

1 して, どこにも, 城と, 思い出されて, 羅刹の, 見せるもの

▼ がた~ (6, 0.1%)

2 にくれ 1 にむせぶ, もこぼさず, を流し, を滾し

▼ がたであった~ (5, 0.1%)

1 といっ, と言った, のだ, のです, 事に

▼ がたであり~ (5, 0.1%)

2 信念と 1 そこにこそ, 原罪の, 尊氏も

▼ がたとして~ (5, 0.1%)

1 今日では, 扱われた, 淡く見すごされる, 考へられるもの, 衆民が

▼ がたとを~ (5, 0.1%)

1 見くらべて, 見て, 見送って, 認識し, 静かな

▼ がたなく~ (5, 0.1%)

1 おもつ, 存じまする, 居なりの, 感じるの, 見られます

▼ がたほど~ (5, 0.1%)

2 汚いもの 1 ご成績, 世にも気高い, 信用が

▼ がたからは~ (4, 0.1%)

1 どうしても受けとる, 夏の, 小林少年と, 空色のみ

▼ がたこの~ (4, 0.1%)

1 わたしを, 下を, 前を, 書だ

▼ がたそれ~ (4, 0.1%)

1 がし, がやつ, が野州, をもっ

▼ がたにおいて~ (4, 0.1%)

3 これを 1 本質的に

▼ がたにて~ (4, 0.1%)

2 出づ 1 擧げられたり, 高田圭吉と

▼ がたもう~ (4, 0.1%)

1 あたりが, おれなんぞは, 吉弥も, 死んだもの

▼ がた~ (4, 0.1%)

1 てくら, て来た, に映る, の

▼ がたがたん~ (3, 0.1%)

1 と引転覆, と搖れる, と音

▼ がたけれども~ (3, 0.1%)

1 三名以上四名ほどという, 前例の, 前回に

▼ がたその~ (3, 0.1%)

1 内部勢力は, 左右に, 白い花

▼ がたという~ (3, 0.1%)

2 ものを 1 のは

▼ がたとの~ (3, 0.1%)

3 御交際

▼ がたにな~ (3, 0.1%)

1 つてぽ, つて女の, つて自分の

▼ がたのみ~ (3, 0.1%)

1 だからなァ, であろうと, で夫婦

▼ がたひしと~ (3, 0.1%)

2 開ける屋根 1 戸を

▼ がたふれ~ (3, 0.1%)

1 か, その多く, てゐる

▼ がたへも~ (3, 0.1%)

1 ある重要, さようお触れ, 老中から

▼ がた~ (3, 0.1%)

1 がた, と戸, と背後

▼ がた三人~ (3, 0.1%)

1 にはむこう, のうち, の天使

▼ がた~ (3, 0.1%)

1 から帰っ, から慌て, を何度

▼ がた学期~ (3, 0.1%)

1 はおわり, は中頃, は初め

▼ がた~ (3, 0.1%)

2 の空 1 の方

▼ がた~ (3, 0.1%)

1 のす, のながめ, の中

▼ がた迷惑~ (3, 0.1%)

1 だつた, と申すべき, の好意

▼ がたけれど~ (2, 0.0%)

1 久しく書窓, 大抵青大将

▼ がたここ~ (2, 0.0%)

1 のすこし, を出

▼ がたさえ~ (2, 0.0%)

1 わからないのに, 目に

▼ がたしか~ (2, 0.0%)

1 その中, 鋸山です

▼ がたすら~ (2, 0.0%)

1 どこに, 見せなかった

▼ がた~ (2, 0.0%)

1 いとの, いの

▼ がたそう~ (2, 0.0%)

1 な呪文, に矢代

▼ がたそういう~ (2, 0.0%)

1 人達の, 愛の

▼ がたそのまま~ (2, 0.0%)

1 の蒼空, を観た

▼ がた~ (2, 0.0%)

1 おもしろき常, 親しかりける

▼ がたたしかに~ (2, 0.0%)

1 おこと, ここを

▼ がただけの~ (2, 0.0%)

1 お住居, ことが

▼ がただった~ (2, 0.0%)

1 からね, ものでしょう

▼ がたつき~ (2, 0.0%)

1 があっ, と一緒

▼ がたといふ~ (2, 0.0%)

1 のは, ものを

▼ がたとか~ (2, 0.0%)

1 はりぬ, 夜に

▼ がたとが~ (2, 0.0%)

1 こもごも彼女, 二重うつし

▼ がたとに~ (2, 0.0%)

1 わかれるという, 戸まどいを

▼ がたとへ~ (2, 0.0%)

1 じっと視線, そこまで

▼ がたとも~ (2, 0.0%)

1 いうべきもの, 言うたの

▼ がたない悲しい~ (2, 0.0%)

2 光沢を

▼ がたなども~ (2, 0.0%)

1 お聞き, 僕には

▼ がたについて~ (2, 0.0%)

1 われ, 考へて

▼ がたに対して~ (2, 0.0%)

1 この花, 敵とは

▼ がたのみの~ (2, 0.0%)

1 その, 夢よ

▼ がたばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく又八, 少し飮ましめ

▼ がたぱちぱち~ (2, 0.0%)

2 音を

▼ がたひし~ (2, 0.0%)

1 と帰っ, 勢よく

▼ がたひむ~ (2, 0.0%)

2 がし

▼ がたふと~ (2, 0.0%)

2

▼ がたへは~ (2, 0.0%)

1 帝から, 笹縁の

▼ がたまでに~ (2, 0.0%)

2 帰って

▼ がた~ (2, 0.0%)

1 けふ見, 涙に

▼ がたむし~ (2, 0.0%)

1 がうなっ, であつ

▼ がたもよ~ (2, 0.0%)

1 かつた, 吾住む

▼ がたやわ~ (2, 0.0%)

2 が母

▼ がたをば~ (2, 0.0%)

1 いと興, 憐み

▼ がたセピラ~ (2, 0.0%)

2 の峠

▼ がたパロス~ (2, 0.0%)

2 の港

▼ がた一郎~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ がた一順~ (2, 0.0%)

2 すみて

▼ がた今晩~ (2, 0.0%)

1 はちやう, はちょうど

▼ がた~ (2, 0.0%)

1 の鉄山, は虫歯

▼ がた先生~ (2, 0.0%)

1 は文さん, は終焉

▼ がた~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ がた口調~ (2, 0.0%)

1 で叫んだ, を眞

▼ がた~ (2, 0.0%)

2 に見え

▼ がた大臣~ (2, 0.0%)

1 から手渡された, などがお

▼ がた奈良~ (2, 0.0%)

1 に著い, まで来た

▼ がた~ (2, 0.0%)

1 に帰っ, を出

▼ がた寂し~ (2, 0.0%)

2 とぞ見し

▼ がた帰りました~ (2, 0.0%)

1 があなた, という

▼ がた~ (2, 0.0%)

1 は女, をおびやかした

▼ がた悪い~ (2, 0.0%)

1 というの, と言い張る

▼ がた抜身~ (2, 0.0%)

2 の大刀

▼ がた~ (2, 0.0%)

2 は黒檜

▼ がた木曾~ (2, 0.0%)

2 に着く

▼ がた~ (2, 0.0%)

1 になっ, を放っ

▼ がた~ (2, 0.0%)

1 のしわざとようやく眼, を追って

▼ がた~ (2, 0.0%)

1 はとうとう, は一人

▼ がた着いた~ (2, 0.0%)

1 その山, ところだ

▼ がた~ (2, 0.0%)

1 におぼろ月の, の下

▼ がた自分~ (2, 0.0%)

1 とすれちがった, は決して

▼ がた~ (2, 0.0%)

1 の勤行, の黒い

▼ がた~ (2, 0.0%)

1 にさま, にさまよい出

▼ がた見た~ (2, 0.0%)

1 夢を, 雲の

▼ がた~ (2, 0.0%)

1 大臣家からも, 所に

▼ がた~ (2, 0.0%)

2 やさしき白髪

▼ がた開い~ (2, 0.0%)

1 てしまっ, てしまった

▼1* [416件]

がたたまの, がたある小学校の, がたあんたの見た, がたあんまりお天気, がたいかして寝, がたいくらか酒がまは, がたいつとなく, がたうすあかりが, がたうたうとおし, がたうちの屋根, がたうとううすく眼を, がたうとうとしたが, がたえまなく彼の, がたえらく元氣, がたおかしな比丘尼の, がたおそろいでなにか, がたおそろしいものを, がたお出かけになった, がたお寺の鐘, がたお湯を使おう, がたお開きになっ, がたかいと申します, がたかけて小石川, がたかつてゐる, がたかの知れた女の子, がたからの風は, がたからむいざ急ぎ書きたき, がたからむ食べたしと欲, がたからも理想の, がたかを産んだという, がたかんじかコ, がたがたと急き込ん, がたがたがたと急き込ん, がたがはッきりかれ, がたくめるやうに, がたな眼, がたこそが岩松吉致の, がたことに日曜の, がたことばは素直, がたこれなめり鈍, がた一緒に, がたさうに腕組をした, がたさえもまめつぶの, がたさむらいがたの, がたさんざんおそろしい目, がたさ加減をすつかり, がたさ智慧のよろこび, がたしかも極めて逞しい, がたしこぼるる砂, がたしだいのいのち, がたしづかなれば, がたしまりかかった戸の, がたしるくわかき人を, がたろく, がたじしんでお願い, がたじゃあるまい, がたなは, がたすやすや睡ついて, がたそのものに没入, がたそれから小春日和, がたそれではこれで, がたッて, がたたちはいつ, がたたどる眼に, がただけふかれて, がただけが四人おいでに, がただけは院へ, がただけをもつて, がただったではありません, がただの宗及や, がただんなさまがた, がたちょうど其の日, がたちょっとおかしなこと, がたちょっと買ものをし, がたちんどん屋のあと, がたぢろぐすしやへ, がたつるとなり, がたであってこの, がたでありました歯に, がたである如く彼の, がたできてい, がたでしかありません, がたといへるは, がたとしてはそれほど大きく, がたとつぜんいやな, がたとともに心なき, がたとどめたる汚れなき, がたとをがみてたうぶ, がたないな, がたどうかして, がたどうせ妻籠越え, がたどうぞこちらへ, がたどちらの目, がたない美しい女像が, がたなぞは街, がたなどでお座敷時刻の, がたなどには蚤虱の, がたなどはてんで物の数, がたなの細柱たま, がたなら肩つきなら, がたなるものを, がたなればや, がたにおいてのみ人間の, がたにかへる肝腎, がたにても心の, がたにでも何か, がたにと思ったらしい二襲, がたにより好ましいひとつ, がたにらみがついた, がたにをののきぬ, がたに対しては役に立つはず, がたのうすぐもり, がたのさざなみが立っ, がたのみが世にもぜいたく, がたの背の高い, がたの顔立も相当, がたはきよすよりかついえ, がたはしとねのうえ, がたはしょろうと申しふれられ, がたはじめ三人もころした, がたはてまえが, がたはもうかなりに冷え, がたはや御最期, がたばかりは録され, がたひた滑りつつ, がたひち音を, がたひとりはひどい, がたひどいあらしも, がたひらにひくとき, がたびしの入口, がたびしあばれてとうとう観音像, がたびびとに添, がたぴちさせいっさんに奥へ二人, がたふたりがやって来, がたふり袖きせて, がたふれし次第を, がたふろ屋にいく, がたぶりと乗出す, がたへばかり殺到し, がたへべれけに酔っ, がたべに絵売りと, がたほかの筋, がたぼくの助手, がたぼつぼつ帰って, がたまた加山耀蔵の, がたまつたら何か, がたまでがうつったもの, がたまでの何か, がたまでも描かれて, がたみな生を知っ, がためかさほど深, がため中止するの, がため余に題材, がため却て迷妄, がため廣大なる樂, がため当時の会場, がため私をし, がたやったものか, がたゆりかさんのバイオリン, がたゆるされて, がたたよと, がたよくよくお考えください, がたより遠く見, がたわが文章に, がたわけならあなた, がたわたしはまあ, がたわらつてゐたひと, がたをかッと, がたをこそ捉まえよう, がたをてきに, がたをとひそかに, がたをも同類に, がたを以て即身成佛, がたイーグルへやって来た, がたカアルが部落そ, がたカブトムシのはいっ, がたジープは船, がたダイヤモンドを嚥, がたッぴしやりだしてちんちん屋の商売, がたトラックがあの, がたトランクにいれられた, がた実ニ, がたパリの警視総監, がたピストルを取りだし, がたブルブルッと寒気, がたユウ子ちゃんのお, がたヨシ子ちゃんはお, がたラジオできいた, がたロシヤの寺, がたり障子, がた一人の若者, がた一人一人の胸, がた一度通ったの, がた三人以外に足跡, がた三根夫少年はひとり, がた上がったと思われる, がた上り肥料の, がた上るって話, がた國攻めに, がた二三名を扇芳亭, がた五人組につぶされた, がた五時半ごろまで遊ん, がた人力車の音, がた人間のす, がた今宮の境内, がた付いて居ます, がた何處かへ行きました, がたの橇, がたに言いました, がた八島の館, がた公衆電話の中, がた六時の時計, がた六時ごろまでのかせぎであった, がた其処から私たち, がた出あった生徒の, がた出入りの鳶頭, がた分倍河原から多摩野, がた北嶺より入山, がた千代子さんの夢, がた午後の陽, がた南禅寺の龍村家, がたこころこころ即す, がたの中, がた可愛しも, がた探偵明智小五郎の, がた向こうの男, がた命ぜられたばかりである, がた哀しくるほし, がた四五人ちょっとここ, がた四人の生地, がた四時半ごろのこと, がた圓右の姿, がた地獄の二丁目, がた垣間みしつと人, がた埋りましけ, がた報せて来ました, がた壁紙のよごれた, がたはよく, がたの明けた, がた大きく微笑した, がた大和撫子の乙女, がた大津の町, がた大臣たちへのお, がた大臣家から令嬢, がた帰って, がた夫人はやつ, がた奉行の榊原主計, がた奉行所の門, がた始めて老女に, がた姫君がたの御, がた安心できるやう, がたのかたち, がたがた, がた宿のマダム, がた富士こそ問, がた寝かけた眼が, がた尊氏がたその内部勢力, がた尋常ならず艶, がた草の, がた小使が届け, がた小僧が門, がた少年探偵団の名コンビ井上一郎君, がた尽きている, がた屋上の熱帯植物, がた山川のたたずまい, がた崩れにくずれ, がたに臨んだ, がたつて, がた帰ってまいった, がた帳場の窓口, がた干したばかりにちげ, がた床屋へいっ, がたをあけ, がたの口, がたの勉強, がたもまったく, がた彼らが特に, がた後れる事に, がた御苦労さまでございます, がた微笑をひろげ, がたに奇蹟, がた意氣なるに, がた或は多く其形式化した, がたには例, がた折角山紫水明に対して, がた拝殿の方, がた描いた処で, がた播磨へ向っ, がた散り尽くした桜の, がた数え上げたすべての, がたへ上げた, がた既に黄や, がたのさしこむ, がた日本六十四州からのお上りさん, がた日本橋に似た, がた早くこの片, がた早馬の音, がた明智さんがひとり, がた易く得られるもの, がたはのどか, がた昨日はゆめ, がた最後のバス, がた朦朧とあらわれおり, がたにつくり, がたからだれ, がた来りしに聞し, がた東京に帰っ, がた松林の中, がたがお, がた欠乏して, がた次第に御成立推量, がたなっしゃれたやう, がた死力を尽し, がた殿はお, がた水月の構刀, がたのあし, がた油買ひに, がた治郎さんを研究室, がた法勝寺の円観上人, がた津賀閑山に持ち込まれた, がた浅茅が原のあたり, がた淡谷スミ子ちゃんたちがこうもり男, がた混乱ぶりのひどかっ, がた渋谷区のやしき町, がた減ろうというもの, がた減却した, がた湯殿への渡廊下, がた湿潤な雲, がた溶けてしまった, がた焼き捨てれば成就, がたをはいてる, がた父殺しの言う, がた狂乱の姿, がた独り物案じに沈み, がた生れきりょう好い, がた産氣のついた, がた田圃のかくれ, がた男の子の清い, がた留置場のカンカン, がた登ってきた, がた白くなりかけた, がたなの, がたあきだなと, がた相府を辞し, がた相模灘でゆくえ, がたッ黒な, がた眠りに就いた, がた眺めたその山, がたを覚し, がた知らず御名知らず夢はましろ, がた知らせを受け, がた社交室へはいっ, がた秀れこころ優しき卿, がた私たちはまだ, がた私達は急, がた立って行った, がた童男のひとり, がた笠原さんの家, がたをつぶさに, がたには愚昧, がたに成らず, がたの崇拝者たち, がた義雄と横, がた肌着をぬい, がた脳溢血で倒れた, がた舟辰千吉のす, がたに, がた花やかに, がた若い者を, がた若草の緑, がた落ちにくづれてゐた, がた葬禮の鐘, がた閉したる風琴, がたこぎそ, がた行って見ます, がた見つくして, がた見とどけたか, がた訴えた者が, がた証明せられたよう, がたのその, がたの女, がた證明せられたやう, がた買って来よう, がた質屋の家, がた軍師昌仙と物頭, がた近いと知れ, がた通ったらしい自動車の, がた連中随喜の涙, がたをのん, がた酒屋の小僧, がたを出るまえ, がたふりて, がた錯乱して, がた階段に仕掛け, がた雷鳥が何羽, がた電灯のメーター調べ, がた電燈が点い, がたふかきうち, がた静かで寝心地, がた鞘ぐるみ刀を出し, がたの君, がた頭巾まで花世, がた食事に行った, がた駕籠でけ, がた高い山脈の, がた高まるから, がた高官らも音楽, がた高氏は大書院, がた高等へ出された, がたを神さま, がた鮎子さんのお父さん, がたが盗まれ, がたをとる, がたの上, がた麻布へおびき出し, がた龍太郎の顔