青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「がけ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~かり かり~ ~かれ かれ~ かわいそう~ かわり~ かん~ が~ ~がい がい~
がけ~
~がた がた~ ~がたい がたい~ ~がち がち~ ~がっ がっ~ ~がった がった~

「がけ~」 1664, 18ppm, 6363位

▼ がけ~ (418, 25.1%)

9 なって 5 して, 彼女は 4 見ると 3 私は 2 お高, かけて, みんな消し, むかって, 彼の, 念を, 持って, 来て, 病院へ

1 [374件] ああはいっ, あったちょっとした, いそいで, いったほど, いったわが子, うけとりました, うじ虫を, うちの, うつしましたが, おいでに, おかあさんは, おくみ, おまえたいそう, お前さんの, お前の, お前へ, お勝手を, お増, お嬢さんが, お小, お役所, お手紙, お机, お民, お灸, お番所, お話の, お隣の, お風呂, きびしくいいつけ, こう訊ねた, ここから, ここの, こそこそと, こだわった気分, こっちを, このお嬢様, この軽業小屋, これぐらいの, こんなこと, こんな句, ごみが, さう言つて, しきりと, した, したり, した大き, した田舎娘, した鹿の子, しょんぼりとはいってくると, そこでフラフラ, そこの, そちらへ, そっと覗い, その男, その辺, それを, そんなこと, そんな話, ちやうど道で, ちょいと, ちょうだいいたしました, ちょっとあたっ, ちょっとあの, ちょっとお目にかかっ, ちょっと不平そう, ちょっと病室, ちょっと話したい, ちょっと道庁, ちよつと, ちらちらだった, ちらちらちらちら吸殻, ちらりと見た, つかんで, つや子は, なつて, なな, なると, はさまれた谷底, はずして, はたきを, ひとこといつまで, ひとつうかがいたい, ふたところ, ふと庭すみ, ふり向くと, ふり返っ, ぶつかるや, また一句, また今度, また念, もう一度お, もう一度よく埋け, もう一握り, もう一本正宗, もう床, もっともらしい, わざ, わざと繰り返した, わたしの, ウトウトしかけた, ガード下の, ストレーカが, ダラリと, トゥロットは, ナースチャが, ハバカリへ, ビュレットの, ボタンが, ポケツトに, ポケツトへ, マーケットで, マーブルへ, モデル, ルックサックを, 一人ごとを, 一寸夫, 一度お, 一時頃須田町で, 一晩保養を, 一本の, 一枚掴ん, 七色唐辛子を, 三吉に, 上の, 下二番町へ, 不意の, 与吉が, 中の, 丸太町の, 乗ったでしょう, 乘り, 二度まで, 云われた兄, 五兵衛と, 京屋へ, 京極から, 今一度共産党らしい, 今一度川本に, 今夜は, 今朝の, 伊藤松雄の, 伊藤松雄を, 伊藤松雄氏を, 会に, 伝二郎を, 伝六を, 体を, 何時も立寄る, 余儀ない人, 借下駄, 僅かな, 兄が, 兄さんに, 兄貴分から, 先へ, 先刻宿を, 八丁堀同心の, 共同, 再び下, 出入の, 加州を, 半襟の, 卯女の, 参ったもの, 参りました, 又あの, 叔父の, 叔父は, 取りきれないほど, 受取ること, 同じ自動車, 喰べたらしい, 地獄の, 坂下の, 変な, 外から, 女中に, 妙な, 妻を, 姉さまがわ, 始った, 婆やが, 嫁が, 子供まで, 子鯖, 客を, 家へ, 寄ったの, 寄って, 寄つた大阪の, 寛永寺の, 寺木へ, 小さい古ぼけた, 小さな雪田, 小伊勢に, 小雨に, 島へ, 帯の, 帰って, 平常使う, 幾島に, 広瀬さんが, 庄五郎の, 彼らは, 彼処さ, 彼女に, 御番所, 御覧に, 御邪魔, 必らず, 忘れて, 怖い顔, 思い出したよう, 思ひがけ, 急に, 感心する, 憎々しげ, 我れ, 手に, 手拭を, 手紙代りの, 担架の, 持たされたり, 持たせて, 振りかえっ, 掃除を, 掛橋は, 敏子に, 敷き物, 文公を, 斬って, 斬られて, 斬りさげた, 日本劇場へ, 早くお, 早稲田の, 昨夜新宿で, 晩方には, 曰ひし, 朝子が, 来たてがみ, 来た婆, 来た老人, 松葉杖を, 枕元に, 案山子の, 梨枝子と, 棄てて, 樽を, 檜垣の, 此刀を, 歩いて, 歩くの, 歯が, 母に, 母上と, 母親に, 氣が, 氣の, 汗じみた襟, 江戸に, 油を, 治郎吉が, 波田は, 泥棒が, 注意し, 浪さんと, 深川の, 渚に, 渡ったん, 源氏は, 父親が, 片っ, 特別な, 特高は, 現実に, 理髪し, 瓜子姫子に, 申残し, 町中を, 畳を, 疝氣に, 白木屋の, 眩暈を, 眺めた庭, 眼を, 睡眠剤を, 砲兵工厰の, 確かに, 磯五に, 社に, 祈つて, 私の, 私を, 私達に, 程遠からぬ, 突いて, 突然電車, 立ち寄った例, 立ったまま, 笹村に, 算当を, 節用集一巻を, 粉雪が, 素子が, 老いざるを, 聞いたので, 自分から, 自分が, 自分の, 船の, 苦しめられたやう, 茶袋が, 草深へも, 荒田老の, 菓子箱を, 行くこと, 表戸, 西洋剃刀を, 西片町の, 見た, 見たお, 見たとおりデスク, 見たところ, 見た時, 見て, 言うと, 言った, 言ったよう, 言つた夫の, 読み初めた探偵小説, 読んで, 警視庁へ, 讀み變, 讀んで, 質屋の, 走りと, 路易は, 躊躇しいしい, 軍人会館へ, 辰馬が, 迂遠な, 途中で, 通りかかった給仕, 通ると, 過ぎないもの, 道綱の, 郵便函の, 郵便受けを, 酒を, 酷く馬車, 重吉は, 鉢巻とっ, 鋭五, 錢湯の, 鏡の, 長く伸びた, 長助殺しの, 門口で, 降るの, 随分苦しん, 雪の, 電話の, 露地口を, 青年は, 面白いもの, 靴を, 頂いて, 顔を, 飛び上るほど, 飯も, 騒がれたから, 黙って

▼ がけない~ (301, 18.1%)

6 やうな 5 ところで, 時に 4 ところに, 処で, 大暴風雨, 幸福を 3 ことが, ことで, ものが, 不思議な, 出来事に

2 [17件] かはつた, ことを, 事で, 人の, 光景に, 光景を, 処から, 出来事の, 声を, 心残りを, 心殘り, 所に, 手紙を, 物が, 発見を, 結果を, 聲を

1 [220件] あどけさで, お客様ね, かたちで, から然, ことかも, ことだ, ことだつた, ことには, ことばかり, こと厭な, こんなき, そして鋭い, その感傷, その木の芽, その發見, といふ逢, ときに, ところから, のであつ, のでびつくり, ので二人, のにびつくり, のに涼しい, はずみで, ほどで, ほどの重, ほどはつきり, ほど乏しい, ほんとの, めぐりあひに抱き, めつけものが, もので, ものに, ものを, アセチリン燈を, シミだの, パンクで, 一事に, 一人の, 一刹那に, 一瞬時の, 一聯の, 一輪二輪を, 一通の, 上値で, 不幸な, 不快ない, 不運につき, 世界で, 事だ, 事情が, 人から, 人が, 人も, 人生の, 仕合せです, 他人の, 何を, 何處か, 侮辱の, 偶然的な, 偶発事件などを, 傍系の, 光栄である, 冷気の, 処でない, 処に, 出来ごとで, 出現と共に, 初對面, 別の, 利益を, 勇氣を, 反感を, 反撃を, 古代が, 可懷, 吹雪だつた, 問に, 問を, 四人の, 土地の, 地方の, 報知に, 声が, 夢の, 大胆な, 大道が, 失神, 奇禍に, 奇篤, 奇蹟的の, 奥羽での, 女房に, 姿に, 娘の, 宥恕と, 寒気に, 帰結である, 幸田ゆき子との, 幸福が, 幸福でもが, 幸福に, 幸運に, 廻り合せで, 形で, 彼女が, 恨みを, 悲しみの, 悲劇事の, 情慾が, 想念とは, 想念の, 想念を, 意味まで, 感じで, 手紙が, 打撃によ, 抗議に, 抹茶に, 招待の, 挨拶は, 救ひ, 数々の, 斜面の, 断面が, 方へ, 方向から, 方向に, 方面から, 方面に, 方面へ, 方面へと, 旅行に, 旅路の, 日々を, 旧知にでも, 昏倒の, 梨枝子の, 様子を, 歓会を, 気兼を, 決意が, 活劇に, 深切な, 満足といふ, 満足を, 火事に, 災難の, 熱心さで, 物の, 物静かな, 狼狽をもの, 率直な, 現出を, 由子の, 異常な, 病氣にか, 病氣を, 発見の, 相談を, 瞬間から, 知己が, 石楠木の, 石油を, 神秘な, 程多く古代祝詞, 答で, 組合せを, 結末が, 結果でした, 結論が, 絵が, 絶望的な, 美麗と, 聯想は, 興奮と, 興奮に, 花園な, 芸人で, 藍色の, 處で, 街の, 街通りで, 衝撃に, 表情を, 親切である, 親切な, 言ひ, 言葉だつたらう, 言葉で, 言葉に, 言葉を, 訪れが, 訪れだつた, 訪問者で, 訪客の, 話題だ, 語に, 誤訳も, 贈物を, 赤ン坊が, 返事を, 迷惑が, 逆説に, 途方も, 進歩の, 道が, 違算で, 邪魔に, 都人を, 野卑な, 金的を, 雨の, 静かな, 顏を, 風に, 飛躍を, 魅力を, 龍然

▼ がけ~ (207, 12.4%)

8 上に 6 駄賃に 4 ま, 上から 3 上の, 下へ, 水仕業さする

2 [15件] ときに, ところに, ほうへ, ように, 下から, 仕事に, 吸附煙草, 女が, 姿を, 甲斐, 男が, 貧乏籤を, 集めと, 集めに, 集めを

1 [146件] あたりで, お妻, かあ, かかって, がせい, さう, さっぱりした, しかた, その息子, できない女, できる女中, ときは, なかで, はなれわざ, ふちまで, ままで, まま何気なく, まま出, まま実は, まま庖丁を, ま下, ものいずれも, りりしさを, ボオイが, マラソンには, 一働きを, 一時間を, 一行ものです, 丁稚小僧どもが, 三布布團の, 上では, 上には, 上を, 下で, 下でした, 下に, 下には, 下の, 下へか, 下まで, 下女と, 中ほど, 中ほどの, 二の腕あたり日ざし, 人通りも, 仕事, 仕事である, 俥で, 働きも, 冒険です, 処です, 出で立ちは, 出店殊に, 出発に, 分けた頭, 功名の, 努力を, 効能が, 半纏着跣足に, 南に, 吸附煙草涙湿りで, 商家の, 土と, 土塀それを, 夕飯を, 外に, 多い箱根, 大趣味家, 奥さんも, 女の, 小さな谷, 小料理屋の, 小長椅子, 岩角に, 平家が, 年ごろの, 底の, 廊下から, 徒然の, 意気組が, 戸板の, 手先墨に, 手紙という, 方まで, 旅とも, 旅は, 旅を, 旅商人らしい, 時沢や, 曲芸です, 松が, 植木屋が, 気もちの, 氣もちの, 汽車には, 汽車の, 油箪, 法式に, 火事装束で, 甲斐甲斐しさ, 真似は, 研究が, 祝ひを, 竹刀を, 素跣足で, 縁結びと, 縞物の, 置土産に, 美人に, 老人が, 脚を, 自動車に, 茶受には, 草鞋拵へで, 荷を, 荷物ちょっと, 荷物を, 虚空で, 行動を, 裾を, 裾端折か, 見世物と, 訪問に, 論争を, 賃銀を, 足を, 足袋跣の, 身仕度を, 辛い悲しい恋物語, 辺に, 辻斬り, 辻斬りその, 途の, 運動が, 野武士と, 長腰かけ, 間にあって, 陰に, 音を, 風情も, 食事中に, 馬に, 駄賃と, 駄賃とばかりに, 駄賃にでも, 鶴さんや

▼ がけなく~ (115, 6.9%)

5 出て 2 もその, 伊庭が, 自分の

1 [104件] あんな電報, お島, お布施を, この政治家, ころつと, こんな処, そこに, そのハンカチ, その大きな部屋, それが, はいつた, はかどつたこと, はつきりと, はね返した竹, ばつたり, ひよツこり, またうれしく, また降っ, もこの, もほのか, もクラブ, も一列, も一陣, も不思議, も再び, も卑しい, も反抗児, も妹, も容易, も彼, も猛烈, も礫, も見る, も贈られた, も轢, クルリとかへ, 一つの, 三名の, 下男横だきに, 今度は, 來る, 元坊来訪, 兄が, 兵庫洋に, 冨子の, 刈草の, 及第した, 否定される, 周二君来訪三人いつ, 坐りこんだ, 大輪の, 女學生の, 子を, 實際よりも, 小穴隆一君へ, 小舎の, 工藤に, 平河さんの, 年齡の, 彼が, 往来で, 思つてゐた, 急に, 手に, 拡大する, 明を, 東京の, 東武の, 桜の, 森本先生に, 比嘉が, 沖繩一見の, 河野さんに, 海上に, 澄太君だ, 澤山採集でき, 父が, 現はれ, 病少年の, 登美子は, 眼の, 着物姿の, 私達は, 穏便に, 突然伯父達, 結婚と, 綺麗な, 練吉の, 翻つてゐた, 脱ぎ棄て, 脱し得た安心, 脱出の, 與へられた, 藤津君に, 見えて, 見る事, 訪れて, 長谷さんに, 隣室が, 隣村の, 須磨子の, 餘り, 黎, S子さんと

▼ がけ~ (113, 6.8%)

6 働いて 2 やって, クル, 事を, 四条から, 来て, 歩いたもの, 荷物の

1 [93件] お酒, お釜, かなりの, こそこそ陳列棚, このブローニング, この実験, ごく難渋, さっさと五里十里, せっせっと, せつせ, その日, その繊弱, たくさんな, なった落語家さん, また足弱, むっくり起上る, やってきた, やってきて, ゆく一人, ゆっくり話, ゆられて, シトシトと, フィエン島の, 一本お, 一里余の, 之を, 仕込みを, 会いに, 何か, 何とかなる, 俺は, 倉地の, 働きに, 働くこと, 冒して, 出て, 出ると, 刻足に, 勉強し, 勤勉に, 地底戦車隊に, 大願を, 太儀さうにまた, 実地を, 尼に, 居た主婦, 山の, 弔いに, 必死で, 悠然と出, 惚れて, 想い込んだお前, 我が別荘, 手拭の, 抱いて, 拭き掃除に, 支度を, 新顔の, 書いて, 木綿たて縞の, 来るよう, 櫺子窓から, 歩いたって, 歩いて, 毎日仕事に, 水を, 沖に, 沖の, 狐と, 用たし, 立ち働いて, 立ち働く姿, 竹の, 絵双紙屋の, 艶雑巾を, 草鞋を, 西南バトン潮に, 見に, 親戚知人の, 話が, 買いに, 走らせます, 走りまわって, 身体よりも, 辛くも生存, 近村から, 逢曳した, 酒を, 里へ, 頭に, 顱巻よ, 飲んで, 鰹節を

▼ がけ~ (61, 3.7%)

2 いた, 拳を, 日は

1 [55件] いたの, いた人跡未踏, いる点, いる者, いろんな鳥, おりましたお, この見知らぬ高原, ころげ出しはじめた, こんこんと, その頭, つかんで, グサッと, ハンドへ, バラバラッ, 一足飛びに, 力一杯投げつけた, 力委せ, 墓参に, 投げ付けた, 投げ付けようと, 投上げた, 投込む, 押寄せて, 押寄せ湯本, 掴みかかった, 数十人の, 斬りかかりましたが, 殺到した, 毒気を, 泳げるだけ, 渦巻き昇っ, 溢れ出した, 烈しく突進, 犇めくの, 猛烈に, 突刺しました, 突進した, 脇差を, 行かなくとも, 行ったもの, 走り寄った, 走り寄る, 躍り込んだ, 這いかかって, 進んで, 遊びに, 飛びかかって, 飛びかかろうと, 飛びこみました, 飛びついて, 飛びつき腹這, 飛び出すの, 飛び込むの, 駈けて, 駈け抜ける

▼ がけ~ (57, 3.4%)

3 ことで, 事の, 日々を 2 ところで, 時刻の

1 [44件] この匂, この大, ところであつ, ところに, に驚きし, わが子への, わたしの, 一つの, 不幸が, 事で, 事である, 人に, 信州へ, 出來事の, 利分や, 利益を, 動作に, 友だちにでも, 喜びに, 喜びの, 地位を, 幾多の, 心は, 所へ, 方角へ, 方面へ, 時に, 来客が, 正月が, 水門の, 流転の, 熱を, 発見への, 突発事故の, 窮地に, 綿引蒼梧和尚の, 處に, 虫の, 近さ, 闖入者の, 附録な, 青葉の, 靜かな, 驚きを

▼ がけ~ (57, 3.4%)

13 して 6 したり 2 する, するの, 道草を, 集めに

1 [30件] おりようかと, させられたり, したところ, したの, した実に, した序, してから, しない日, するお, するその, するだけの, する床, する気持, のぼって, のぼること, はじめた, やって, やるとか, 共有し, 励行し, 十分に, 厭わぬ出奔ぶり, 喰い留めて, 始めて, 深雪に, 為るという, 用い打, 越して, 踏込んだ, 降りて

▼ がけ~ (19, 1.1%)

1 [19件] ある, した, しない通り魔, ない, ないよう, ない品目, ない広い, ない御, ない感謝, なき性格, なき變, なくひそや, なく主人, なく熟し, なく珍, やるし, 二がけも, 大きい白髪, 御座いませぬ

▼ がけ~ (18, 1.1%)

2 しくな, 櫻色を

1 [14件] しく出張つて, しく歯, すうっと, ちがったもの, ひに, ひの, またこの, よじのぼること, 伝馬番の, 便利の, 大工の, 朝だけ, 桜色を, 素晴らしい人気

▼ がけには~ (17, 1.0%)

1 [17件] すでに茶, その間がも, ついて, どんな時, なにが, ふきの, ほかに, まだ二, キットあの, 同じ処, 坊や晩には, 少し坊ちやん, 屹度, 服装を, 槍の, 気がつかなかったわ, 肱で

▼ がけ~ (13, 0.8%)

1 [13件] あって, いい, くずれて, された, されるという, するほう, そびえその, ちょうどびょうぶ, 渡し場の, 無いので, 立ち並び人々, 立ち並び我々, 終わったらさらに

▼ がけ~ (12, 0.7%)

21 からゆっくり, から私たちあと, がちょっと, ね, のという, もので, ものに, もののあさまし, わね, 早くその

▼ がけ~ (12, 0.7%)

3 三尺だけ 1 いうと, がけに, なって, なる, 云ふ, 帰掛とに, 簡単に, 違つて十一貫の, 鼠を

▼ がけなかつた~ (10, 0.6%)

2 のは 1 し上等, ぢやらう, にち, ひどい悪口, もんで, よ, 事だけに, 詰問の

▼ がけから~ (8, 0.5%)

1 いやいい, おりたの, 樹木の, 細道へ, 落ちて, 起ったん, 転がり落ちたの, 雨熱海には

▼ がけ~ (8, 0.5%)

1 に私, に足もと, ぴつたりと合つた, 丁度広場, 三年たつ, 殆どある, 誰なら, 遠からず

▼ がけなき~ (7, 0.4%)

1 二發の, 坂の, 場所に, 材木の, 東夷の, 源太にて, 雪の

▼ がけ~ (7, 0.4%)

1 あすに, この頃, のみち, の暁, は特に, 母と共に, 表から

▼ がけ~ (6, 0.4%)

3 さに 1 いくらゐ, んです, んでせう

▼ がけという~ (5, 0.3%)

1 いでたち, ことを, ものは, 実誼, 身軽な

▼ がけまで~ (4, 0.2%)

1 いじって, して, すべて人手を, 一定の

▼ がけ~ (4, 0.2%)

1 出て, 外套の, 庭掃き, 盤陀付けで

▼ がけえて~ (3, 0.2%)

2 あるん 1 あるじゃ

▼ がけだった~ (3, 0.2%)

1 ぜ, のでね, ので擦れ

▼ がけなどを~ (3, 0.2%)

1 かけて, して, するたび

▼ がけなら~ (3, 0.2%)

1 いいん, ばすべて, んには

▼ がけにも~ (3, 0.2%)

1 また一雨, 彼は, 霜が

▼ がけふも~ (3, 0.2%)

1 また来た, 墓場を, 枯草の

▼ がけませぬ~ (3, 0.2%)

3 といふ嘘

▼ がけえっ~ (2, 0.1%)

1 てくる, てほか

▼ がけざる~ (2, 0.1%)

1 有力の, 特賞を

▼ がけ~ (2, 0.1%)

1 がもがけ, 雪は

▼ がけだつた~ (2, 0.1%)

2 んだ

▼ がけでも~ (2, 0.1%)

1 させて, よいし

▼ がけにて~ (2, 0.1%)

1 浴衣の, 薙刀を

▼ がけにでも~ (2, 0.1%)

1 お立ち寄り下さい, ちゃんともう用意

▼ がけねえ~ (2, 0.1%)

2 ことで

▼ がけ~ (2, 0.1%)

1 とすれ, 好い慰樂

▼ がけ~ (2, 0.1%)

1 のど, へ投げました

▼ がけ~ (2, 0.1%)

1 のタテ, の穴

▼ がけ前垂~ (2, 0.1%)

2 の紐

▼ がけ千草木綿~ (2, 0.1%)

2 の風呂敷包

▼ がけ同時に~ (2, 0.1%)

2 葉之

▼ がけ~ (2, 0.1%)

1 の糞蠅, をつたつ

▼1* [134件]

がけあいどりのよう, がけいたい無電機, がけつて來た, がけおっ取り刀, がけ或いは足駄がけ, がけかなんかで出かけそう, がけや, がけつこつこつこつ, がけしからず荒々しい呼吸, がけしからぬ犯行の, がけじゃで近辺, がけするときゃかけあしだ, がけずいと深々とつもりたる, がけず往には覚え, がけず立ち現はれ, がけそれに久留米絣, がけそれではお見送, がけそれ笠の台, がけたっぷりとやっ, がけだの御尻まくり, がけていらしったお方のこと, がけであってみれ, がけであったがまるで, がけであるため二言三言軽い, がけでからうじて, がけできたらええやろ, がけですからまるで, がけででもありますかと, がけでやすてい, がけといったような, がけとして用いられたり, がけとでもいふの, がけないさびしい郊外の, がけないほど近いところに, がけない優しい言葉な, がけない大きい響きで, がけない太い声が, がけない嬉しさな, がけない嬉しいことを, がけない強い力で, がけない悪い結果に, がけない新しいスタイルによ, がけない涼しさが, がけない神々しさを, がけない美しさを, がけない美しい対照で, がけない高い空に, がけなかったもの, がけなかつたですね, がけなかつたらしく眼を, がけながらモダン, がけながらもそのうち自然, がけなくあつぱつぱ姿の, がけなくうまく命中し, がけなく古い友達と, がけなく大きくせまつ, がけなく太い口髭の, がけなく手厳しい矢継ばやの, がけなく白い犬を, がけなく若々しい女で, がけなく赤くなつた土器片, がけなく近いところに, がけなく黄色い板の, がけなければなりません, がけなぞしたって, がけなど道ばたに, がけなるが緋褌, がけにからかさの, がけにても御出, がけになつて下女に, がけにまでこう細やか, がけによってそれから, がけばいと, がけのという歌あれを, がけのぼりのよう, がけふから初まる, がけふ判り意外にも, がけぶつてゐる, がけされた事情, がけものをとる, がけようやく陽が, がけより舞上れる, がけよりは濃い色, がけよりも一層ユックリユックリ, がけらいのまた, がけろりかんとして, がけツ倦いので, がけフキゲンであった, がけ一心で住ん, がけ三つがけの出店, がけ下ノ関に立, がけ伝いに下, がけ八里の岩, がけ医院へ寄る, がけ各自に重, がけは上りがけ, がけ大きな内へ, がけ大仁からの電車, がけ天秤棒を担い, がけ姉さま冠りの, がけ姿の清方さん, がけ床の間の花籠, がけにはコンクリート, がけ必ず腰の, がけ忙しく働いて, がけ意外な処, がけに菅笠, がけ手ぬぐいかぶり, がけ手柄をしよう, がけ支度または旅中, がけ教習室をとおりぬけたら, がけ旅装束の人, がけ暖簾口の水そう, がけ柄頭をそろえ, がけ桐油に上半身, がけ武器をものものしく, がけ殊に井戸の, がけ独り上框で靴, がけ畑仕事等をもさせ, がけ約束なので, がけ脚絆に杖, がけで額, がけ草色の股引, がけ草鞋穿でいかにも, がけを取る, がけ誤って崖, がけ貯金をし, がけしからぬ風躰, がけ酒肴持ちで景色, がけの山笹, がけ電話を切った, がけ青山に原稿, がけに小さい, がけに描いた