青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かわり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かぶっ~ かみさん~ かよう~ ~からだ からだ~ ~かり かり~ ~かれ かれ~ かわいそう~
かわり~
かん~ が~ ~がい がい~ がけ~ ~がた がた~ ~がたい がたい~ ~がち

「かわり~」 2137, 23ppm, 5015位

▼ かわり~ (932, 43.6%)

11 して 8 なって 5 彼は 4 ここには, こんどは, 今度は 3 そこに, そこには, それを, 今は, 持って, 私の

2 [21件] いつでも, これを, こんなの, そういった, なる, なること, なるの, ぼくが, 何か, 僕が, 僕の, 少女の, 据えられた十字架, 私は, 置いて, 自分に, 自分の, 蒼然たる, 見て, 返事を, 首を

1 [836件 抜粋] あてて, あなたは, あの人たち, あの煙, あの白覆面, あるいはそれ, いうん, いっさいが, いっさん走り, いって, うしろの, うまの, えいがの, えらばれて, おいらの, おそかった, おぬ, おまえの, おれが, おれんと, おユー, お手, お給仕, お茶の, お賤, お辞儀を, お酒, かいて, かき餅と, かってやろ, かぶらを, かれら, きたないもの, きみの, くるでしょう, ぐいと私, けちな, こういうとき, こうごうしいまでに, こうして漂流, こけつまろびつしつつも, ここでは, このお, このさき三百年, このケンズイ, この世から, この人間, この動物園, この国, この大切, この宮, この広い, この模写, この蓄音機, この馬車, これからが, これから雨, これらの, ごくり, さしずめ白銅一個, さすだろう, した, したそう, しっぽが, しっぽを, しゃべって, し火, じっと怨めし, すえられて, すぐたべられ, するぐらい, する笑顔, ずいぶんな, せなか, そこを, そなた, そのお, そのころ病気, そのにせもの, その二人, その旅券, その日, そりの, それで, それへ, たいていは, たぐいまれな, ただじゃ, ただ立ち上っ, たばこを, だました人間, ちいさなふと, ちょっとばかり, ちょっと見た, つかれて, つまらんもの, てめえたちも, てめえの, とうもろこしの, とんかつ, とんまな, どうやら護り, どれか, どんなこと, なすべきこと, なにか新しい, なにとぞ拙者, ならないから, ならなくては, なりましたかと, なるだけの, なんでも, にせものの, はっきりと, はねで, はね起きた栄三郎, ばらの, ひそかに, ひとつの, ひどく馬鹿げ, ふしぎな, ふだんは, べつな, ほこらしげ, ほとんど家, ほんのわずか, ほんものの, まことにしんせつ, まず下宿人たち, またある, またこういう, またこれ, またほか, またわずかに, また何人, また子供, また数百万, まどろんで, まるで煉瓦屑, まれな, みちみち楢, みにくい表情, むきだしだが, めいめい一つずつの, もう一層の, もう少し手紙, もう廻っ, もっと別, やがて新しい, ゆうべから, よくコーヒ, よく心得た, わくの, わたしたちの, わたしたちは, アーチ形と, ウスベリが, エレーナは, オロと, カーン, サイダーの, サンロベールの, ジンを, タイクツが, ダヴィンチの, トマトを, ニャーオと, ニャーニャが, ビーフ茶を, フットボーリスト, フラフラと, プラトーンや, ペンキ塗りの, ポケットに, マッチが, メエテルリンクから, メシチャニンという, ルーテル教が, レコオドを, レースを, ヴェロナールが, 一人だって, 一匹の, 一掴みの, 一時人工肺臓を, 一晩じゅうここの, 一村の, 一枚の, 一種身に, 七ラゲーナ, 三つの, 上覆いに, 両脚を, 中二階へ, 丸麦を, 事を, 二人の, 二十面相の, 云うと, 交際いは, 人に, 人生に対して, 人間は, 今, 今時を, 仏様に, 他の, 伊之助の, 伸子は, 何という, 何度も, 作物が, 使う工夫, 使った, 使われて, 供えると, 信じたからには, 俳優何某の, 俺を, 健康が, 儀式の, 兄から, 入って, 八十三郎の, 再び自分, 再選も, 冷たい硝子天井, 出て, 判断し, 利口じ, 剣戟を, 剣魁丹下左膳の, 努力と, 包みを, 医し, 十日間切燈台に, 千円, 千蛾老人に, 単純そのものの, 却って食事中, 去年は, 双手を, 取りあえずこの, 取りつけて, 古着の, 司令官を, 同じよう, 同種同, 向かい合った二つ, 吸え可哀想, 呼吸同化の, 命を, 唐紙を, 喧嘩が, 四十五ルーブルか, 地方巡業に, 塩を, 墓地の, 増収の, 壮い, 変な, 夜おそく, 大きくうなずいた, 大きなうねり, 大きな鋲, 天象の, 夫人が, 失望する, 女心の, 妹を, 妻の, 姿の, 娯楽を, 子供づれの, 子供も, 実際的, 家ごとその, 小林君が, 小父さん, 少しばかり, 少年探偵団に, 屋根うら, 岩の, 島田警部を, 巡査と, 差押えられようと, 師直はの, 幅を, 平面な, 幸い臆病, 床を, 庭に, 庭の, 廟堂の, 式部卿の, 引き受けて, 弦之, 当分助, 彼としては, 彼女の, 彼牝犬の, 往って, 後で勉さん, 御神体, 御遺族, 怖ろ, 思い切って, 思い切り日光, 悪意も, 感覚で, 憲兵と, 我武者らな, 手を, 手入れの, 抱くとしては, 指笛を, 挑戦的な表し, 撫でて, 政府の, 敗北と, 散髪夫の, 文学の, 斧を, 新しい写真, 新聞が, 日本人は, 日本服を, 旦那あの, 昔の, 映画を, 春の, 時雨模様に, 暗緑色, 更に一段と心, 有名な, 朝食も, 木の, 木ッ葉みじんに, 木綿布の, 末子の, 本当に音楽家, 来た羽柴秀吉, 板葺の, 栗から, 椎の, 樫の, 歡迎する, 正一君を, 此の, 武士には, 歯齦から, 死んだよう, 毎週おこたらず, 毛布が, 水を, 水陸両用戦車隊が, 汽車の, 泣きしっこを, 注意力を, 海に, 涙を, 深い嘆息, 混乱させ, 湊じゃあ, 潜水服の, 火あぶりの, 灰皿を, 無言で, 無言によって, 煮えた鉛, 燃したと, 燭の, 父が, 爺は, 牛乳や, 獅子の, 玄心斎が, 玉井の, 玉太郎は, 現金を, 理想を, 甚だ野性, 用いること, 用が, 用意の, 町から, 町の, 番号ふだ, 病以上の, 白いヘルメット帽, 白粉一つつけた, 目で, 目の, 相違ご, 真鍮の, 眼鏡を, 知恵の, 石の, 砂塵濛々の, 社会連帯の, 私を, 秋ちゃんが, 穴も, 立って, 立派な, 笑いが, 笛を, 算盤で, 節子の, 米国が, 精神が, 約束を, 素縄を, 紫檀の, 細いながらも, 結婚する, 絵具だらけの, 縛られて, 翳して, 耳で, 肉身が, 背が, 脳を, 腕で, 膝頭の, 自分が, 自分たちで, 自分祖母上と, 自己肯定が, 自転車に, 色紙を, 若君から, 苦笑を, 茶碗を, 荘園内の, 菊女という, 葵は, 藤吉郎は, 虫送りの, 蟹が, 行ったろうと, 表側の, 見るかぎり野草, 親和が, 言ったが, 訓練部長が, 語るとして, 読みますよ, 読者にと, 誰も, 諸君の, 謡なと, 貴様たちの, 賊の, 赤土と, 赤酒を, 起こった, 足踏みし, 蹴倒して, 身体が, 載せた, 農の, 近くに, 連れて, 進取の, 遊びごとに, 過分の, 道化師を, 道成寺の, 都会の, 酢ながら, 金唐革の, 釦を, 鉄砲を, 鉛筆を, 鉢に, 長男に, 間接的に, 陰険な, 雑誌の, 電気商岩田京四郎が, 青白い煙草, 革命が, 頂いたらどんなに, 須崎町の, 頭で, 額に, 顔じゅうに, 飛行船が, 餅も, 養家は, 馬小屋から, 駿太郎の, 騾馬を, 鷲に, 麦から, 麻布を, 黄金哲学と, 黒だ, 黒眼鏡が

▼ かわり~ (72, 3.4%)

18 ない 7 なかった 5 ないの 4 ありません 3 ないと 2 しない, ないが

1 [31件] ありますまい, ありませんでした, ありやしない, あるまい, あるまいな, ござんせん, しないかと, しないん, ないおのずから, ないかの, ないけれども, ないぞの, ないだろうね, ないでしゅ, ないでしょう, ないとして, ないばかりか, ないよう, ないん, ないッ, なかつたかい, なくて, なくても, なくとも, なく先方, なく肉眼, なけれども, 如何でございます, 御座いませんけれども, 無いので, 無かった

▼ かわり~ (40, 1.9%)

2 ように

1 [38件] あるまでと, いろいろの, これは, こんなつらい, ないもの, ない人情, ない彼, ない愛, ない残忍, ない永遠, ない空間, ない童顔, ない静かさ, なんだ, ものを, ようだ, ような, アセチレンで, 二杯以上は, 仕事は, 先生を, 分も, 合図, 女を, 役を, 役目を, 手まねな, 生活で, 番人を, 真相が, 者が, 者を, 花を, 蝙蝠傘と共に, 行燈も, 説に, 読物を, 車を

▼ かわりには~ (38, 1.8%)

1 [38件] いっさいを, いって, いろいろの, がらんとして, ここには, このしるし, たばこの, なつかしい我々, ならない, ゴホンゴホンという, 主家の, 事業は, 五年間に, 五月の, 余計な, 堅い昔風, 声音いと, 小川が, 当方から, 後者には, 心からこれ, 意味が, 敷蒲団を, 新政府, 明治二十二年の, 柴とか, 栗柿に, 機嫌の, 活動の, 溜まるの, 用意周到にも, 祭が, 私は, 素人には, 自分が, 郎女の, 頸に, 鱗生え

▼ かわり~ (38, 1.8%)

6 して 2 いたせ, もって, 持って

1 [26件] あげませう, した, したのよ, すること, するの, する必要, たしなめるよう, つくろうという, つけましょうか, つとめて, なすって, ふとった団長, まって, 三枚肩で, 上手に, 勧めた君, 十分する, 家へ, 敏感に, 注文し, 添えて, 置いて, 要求し, 見つけて, 見て, 見分ける標準

▼ かわり~ (30, 1.4%)

8 ない

1 [22件] ありませんか, あるわけ, ございませぬか, しその, ないが, ないこと, ないの, ないン, ない表情, ない麻ナワ, なかるべくと, なくて, なくわけて, なく上がられたな, なく御, なく生活, なく近頃, のうて, 出来たかも, 参りました, 無いので, 無く

▼ かわり~ (23, 1.1%)

5 ない 2 ないの

1 [16件] あまりにあざやか, あるかと, あれば, ないか, ないかという, ないし, ないという, ないどころ, ないよう, ないん, なかった, なければ, よく感ぜられる, 手に, 文章の, 軒並みそのまま

▼ かわり立ち~ (22, 1.0%)

1 [22件] かわりいちいち, かわりいろいろ, かわりし, かわりする, かわりするする, かわりまるで, かわりやって来, かわり動い, かわり博士の, かわり叫ばれる, かわり同じ, かわり大川, かわり始終, かわり来た, かわり滞在する, かわり絶え間, かわり芸, かわり訪ね, かわり騒々しかっ, かわり黒人女歌手, かわる人, かわる役者

▼ かわり~ (17, 0.8%)

1 [17件] がさっき, が君たち, が志, が煩っ, の前, の庭, の影, の鶏, は羅馬, は親, は飲みます, もその, も二, も本当, よりも幾倍, を嘲笑い, を許し

▼ かわりまた~ (13, 0.6%)

1 [13件] そのちがった, ちょっと見る, なんとなくあっさりした, みちのく軍の, 伺っても, 土地によって, 大きくなっ, 次の, 汽船の, 私たちの, 芝居でなく, 跳り上る, 里から

▼ かわり番こ~ (12, 0.6%)

2 にその 1 に, にお, にワイシャツ, に世話, に傾く, に家々, に家じゅう病気, に洗いっこ, に走った, に養っ

▼ かわり~ (11, 0.5%)

2 と思え 1 という, というもっと, といっ, といわれる, なんて僭越, よすく, ヘイ宜しゅう, 乃公は, 半纏着の

▼ かわりがわり~ (9, 0.4%)

1 にさし込ん, にでる, に握手, に斧, に話す, に頭, 大きい模型, 引きあげた, 言いました

▼ かわりなく~ (9, 0.4%)

1 いまも, いらせられました, その下, 伸子たちは, 何かと情け, 奥羽地方は, 沈着に, 至純であった, 親類一門それぞれ知己の

▼ かわりもの~ (9, 0.4%)

2 だったと 1 だが, だと, でしょう, ですから, なん, をいう, を惜むな

▼ かわり~ (9, 0.4%)

1 だからな, で十二聖徒, にいろいろ, には我々, には馴れた, に当てられた, のどう, もあけ, をト掌

▼ かわり~ (8, 0.4%)

1 ぬしは, めえ, 孝の, 心持ちは, 洗濯を, 珠さんおれの, 種は, 見すてなさると

▼ かわりこの~ (8, 0.4%)

1 かわいそうなむく, つぎこちらへ, 一舟を, 事件の, 切符を, 大役を, 救援ロケット艇は, 方は

▼ かわり~ (8, 0.4%)

2 なって 1 いっちゃ, しその, なり病院, なるだろう, 信じられて, 言っても

▼ かわりない~ (8, 0.4%)

1 か, かやど, が寒い, といったところ, の, ようん, らしくしかも, 人情の

▼ かわり~ (8, 0.4%)

1 が作爺さん, だが, で, ですよ, で名高い, のあいだ, の警官, の轟博士

▼ かわりあなた~ (7, 0.3%)

1 とあなた, のけらい, のこと, のよう, の産んだ, はその, は二つ

▼ かわり~ (7, 0.3%)

1 おとなしく身繕い, さびしおり, その心, 今日は, 大君の, 帽を, 御子生まれさせ給うべき

▼ かわりとして~ (7, 0.3%)

1 これを, 一定の, 子の, 昨日炊い, 蘇飛の, 見ても, 輸入せらるる

▼ かわりわたし~ (7, 0.3%)

1 にひとつ袋, の方, の書く, はなん, はみんな普通, はルーシン, は森

▼ かわりその~ (6, 0.3%)

1 さよなきどり, せいで, 味気ない, 子に, 方の, 裏側なる

▼ かわり~ (6, 0.3%)

1 すぐ南町, ね憤る, までは横側, までふたり, もいっ, 母の

▼ かわり~ (6, 0.3%)

1 の首, はこれ, はその, は札, は詐, を職務外

▼ かわり~ (5, 0.2%)

1 てああ, ていた, ている, ても差し支えない, ゅびよくそれをしとげればわたしの

▼ かわりにも~ (5, 0.2%)

1 ともかくも, なって, なつて, なる豹, 苦情を

▼ かわりわし~ (5, 0.2%)

1 がほしい, が大きく, が頼む, には武功, はいのち

▼ かわり~ (5, 0.2%)

1 か今, でもあなた, でもたべる, でも知っ, にも御馳走

▼ かわり~ (5, 0.2%)

5 にかわり

▼ かわり~ (5, 0.2%)

1 に仕事, に何句, に各, に引っぱっ, に立つ

▼ かわりあと~ (4, 0.2%)

1 であたし, でもっと, で金, の守備

▼ かわりそこ~ (4, 0.2%)

1 からのっと, にいる, に全く, に掲載

▼ かわりでも~ (4, 0.2%)

3 しないうち 1 あり奥座敷

▼ かわりという~ (4, 0.2%)

2 ものが 1 ことに, ものは

▼ かわりにゃ~ (4, 0.2%)

1 あまた, でしゃばって, 今に夜光, 大地震

▼ かわり~ (4, 0.2%)

1 だ, である十月一日, にはもの皆, に立った

▼ かわりもし~ (4, 0.2%)

1 おまえが, 危険を, 壺が, 途中で

▼ かわり今度~ (4, 0.2%)

1 いいもの, は寒気, は成田, は更に

▼ かわりあの~ (3, 0.1%)

1 いやらしいそっ歯, 握りの, 質屋の

▼ かわりかた~ (3, 0.1%)

1 がはげしい, はハッキリ, はメグ

▼ かわりここ~ (3, 0.1%)

1 では怠け, ならば, の門

▼ かわりする~ (3, 0.1%)

1 人たちの, 人の, 外来者が

▼ かわりそれ~ (3, 0.1%)

1 からいく, がまた, に対しておこった

▼ かわりどんな~ (3, 0.1%)

1 事が, 内緒ごとを, 夏の

▼ かわりもっと~ (3, 0.1%)

1 おもしろいいろいろ, やさしい女神, 底意地の

▼ かわり~ (3, 0.1%)

1 のだいじな, の店, の恋人群

▼ かわり~ (3, 0.1%)

1 と仲よし, のどんな, は富田さん

▼ かわり~ (3, 0.1%)

1 でなくッ, などはまつ, の夜中

▼ かわり~ (3, 0.1%)

1 とみたら, に対する羞恥, のこと

▼ かわり~ (3, 0.1%)

1 ですなあ, にちがい, もたいへん

▼ かわり~ (3, 0.1%)

2 を言う 1 とも品がわり

▼ かわり立ち代り~ (3, 0.1%)

1 にやって来ます, 三人の, 伺候する

▼ かわり自分~ (3, 0.1%)

1 の思いがけ, の思ってる, の頭

▼ かわりいい~ (2, 0.1%)

1 ものを, 成績で

▼ かわりいたずら~ (2, 0.1%)

1 なまたは, もはげしい

▼ かわりいつも~ (2, 0.1%)

1 しゃがんで, 手の

▼ かわりいろいろ~ (2, 0.1%)

1 な人物, の容

▼ かわりいろんな~ (2, 0.1%)

1 ことの, 侍達が

▼ かわりおまえ~ (2, 0.1%)

1 のからだ, はおれ

▼ かわりおら~ (2, 0.1%)

1 がお, はお

▼ かわりおれ~ (2, 0.1%)

1 になに, も時々

▼ かわりお客~ (2, 0.1%)

1 になっ, をあおっ

▼ かわりかれ~ (2, 0.1%)

1 はただちに, はにわかに

▼ かわりきみ~ (2, 0.1%)

1 はわし, も帰りたい

▼ かわりこっち~ (2, 0.1%)

1 だって一粒選り, にも一つ

▼ かわりこれから~ (2, 0.1%)

1 はやさしく, 居士の

▼ かわりしばらく~ (2, 0.1%)

1 すると, 窮屈な

▼ かわりすこし~ (2, 0.1%)

1 病気に, 雨が

▼ かわりそう~ (2, 0.1%)

1 なふるえが, 早くは

▼ かわりそれら~ (2, 0.1%)

1 の武人ら, の草

▼ かわりたちかわり~ (2, 0.1%)

1 いろいろな, 集ったり

▼ かわりつぎ~ (2, 0.1%)

1 にはおそろしい, は軍人

▼ かわりながら~ (2, 0.1%)

1 うつむいて, とんで

▼ かわりにと~ (2, 0.1%)

1 いっても, 連れて

▼ かわりにとって~ (2, 0.1%)

1 かわろうと, かわろうという

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 いを, んりな

▼ かわりほんとう~ (2, 0.1%)

1 に一生けん命, のこと

▼ かわりまるで~ (2, 0.1%)

1 あたりの, 小鈴

▼ かわりみんな~ (2, 0.1%)

1 が無遠慮, の足どり

▼ かわりもう~ (2, 0.1%)

1 庸之, 武者窓を

▼ かわりよう~ (2, 0.1%)

1 がない, は

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 ではない, に愛される

▼ かわり今夜~ (2, 0.1%)

1 この町, はウン

▼ かわり今晩~ (2, 0.1%)

1 はおいしい, はちょっと

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 がたくさん, は眠る

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 と一緒, に手伝っ

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 大学士, 当節の

▼ かわり同じ~ (2, 0.1%)

2 ような

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 の出水, は涼しゅう

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 規模な, 金持の

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 と違い, を隠した

▼ かわり少々~ (2, 0.1%)

1 かたいぞ, ずるいよう

▼ かわり少し~ (2, 0.1%)

1 働いて, 大い

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 の曲路, の麓

▼ かわり彼ら~ (2, 0.1%)

1 に多く, の目

▼ かわり彼女~ (2, 0.1%)

1 には子供, はうるさく

▼ かわり時間~ (2, 0.1%)

1 が来たなら, をつぶし

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 にはたんまり, までにご

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 に晩, 早くその

▼ かわり橋本~ (2, 0.1%)

1 の姉さん, の家

▼ かわり正直~ (2, 0.1%)

1 この上なしです, に一九一七年

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 の指, はなに

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 のよう, の消えた

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 の出はずれ, をうずめ

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 にはうつくしい, の中

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 の珍しい, の花

▼ かわり~ (2, 0.1%)

1 から出入, のなか

▼1* [552件]

かわりたまのうへに, かわりああいう人, かわりあいてにすぐ, かわりあくびをさし, かわりあくる朝は, かわりあすこはとても, かわりあたればお姫さま, かわりあまり美人ではなく, かわりあらゆる軍の, かわりありませんか, かわりあんたのいう, かわりいかわからない, かわりいけないわるいもの, かわりいちいち名刺を通じて, かわりいつまでもお, かわりいままでみたい, かわりうまく当てれば, かわりうんと報酬を, かわりえいこともあるん, かわりおいらはもうこ, かわりおそらく自分の, かわりおちついて色, かわりおまはんも, かわりおまえがたは私, かわりおまえ産婆さんとこへひとっ走りいっ, かわりおやじ生涯会われぬぞ, かわりお初つぁん, かわりお前が俺, かわりお前知事様のお, かわりお姫さまのおもっ, かわりお座敷へはこんな, かわりお母さんがいつ, かわりお金はたくさん, かわりお願いがございます, かわりかなり我儘な, かわりかねて捕えられて, かわりがと知らない女, かわりがわりたいあたりでドア, かわりがわり伸子と素子, かわりがわり庄造の病気, かわりがわり技師と花前, かわりがわり本気で窓, かわりがわり歌をうたい, かわりがわり洞外のようす, かわりきっと帰って, かわりきみたちはわし, かわりくだらないみっともないようすの, かわりくらしの心配, かわりくりやどんぐり, かわりくれぐれもご内密, かわりぐらいにはなるの, かわりものの, かわりけっしてそのかわいそう, かわりことしのモスク, かわりことづけたいものが, かわりこれまでとちがっ, かわりこわれやすくて, かわりこんな堪えきれない苦しみ, かわり牢払いに, かわりございませぬでしょうか, かわりごともなかっ, かわりご新姐, かわりさっき老人がここ, かわりしきりに人の, かわりした美くしい, かわりしっかりしょうばいをやれよ, かわりじっと沈んで, かわりするすると上っ, かわりせっかく長い前, かわりそのうち土曜日の, かわりそれだけの恥, かわりそんなきれを, かわりたいへん穏かに, かわりただ平謝りに, かわりたちかわり榊をささげた, かわりたった一日でも, かわりたとえ水が, かわりたれば予, かわりだいこんが夢, かわりだいじなさばきだけを, かわりちつともおかまいしない, かわりちゃんと日当に, かわりついにはとけ, かわりつつある, かわりてんがのしおき, かわりござりますれ, かわりであったのかと, かわりであろうか, かわりですね, かわりとしても連れて, かわりとちゅうで逃げだす, かわりとでもいうか, かわりどうもじつに変てこな, かわりどことなく人体に, かわりどれを見, かわりのである, かわりなき忠誠を, かわりなされいまの, かわりなどに関心を, かわりなにか通信機, かわりなんかあたしありません, かわりについていろいろの, かわりにでも往って, かわりにとばかり無態, かわりになあお香, かわりにねすばらしいこと, かわりにもにゃもにゃっと言っ, かわり私にゃ, かわりのういつもながら, かわりはさみをだし, かわりはじめから大衆性, かわりはべる事よと, かわりひとつおやく, かわりひとりの寺男, かわりひどくしまつやで, かわりひるすぎには, かわりふらふらと盲動, かわりべっぴんのお, かわりほんとに生捕る, かわりほんのちょっぴりくすり, かわりぼくは何もかも, かわりまたは学科によって, かわりまた下へおりよう, かわりまでするもの, かわりまとまった形で, かわりみたいな顔, かわりめ毎に覗き覗き, かわりもっともっと可愛がるから, かわりもっとよく計算し, かわりものすごい波が, かわりものでこのあいだ, かわりもんでな早く, かわり人それぞれの, かわりやすく雨雲天を, かわりやって来てはそのまま, かわりやりそこなうといのち, かわりよい行いによって, かわりよくきくくすり, かわりすの, かわりろくろく石鹸も, かわりわざと芸妓は, かわりわざわざこっちへ, かわりわたしたちは今, かわりわたし命がけよ, かわりわれわれは貴下, かわりカイちゃんをかえし, かわりカナダへ国籍, かわりカレンは小ざっぱり, かわりカークハム氏の事務室, かわりクリスマスには精神的, かわりグレーテルにはザリガニ, かわりツアイスの二百倍, かわりテレサを取る, かわりバナナを一日, かわりバルナバスに対してとても少し, かわりピンと引き締まっ, かわりブランブルハーストをでた, かわりベラン夫人ミミがのさばり出した, かわりポッシャンポッシャン降って, かわりモールスが囁き, かわりラエーフスキイがかつて, かわりラッパのよう, かわり一刀でば, かわり一寸仇ッぽい, かわり一年分を元朝, かわり一度惚れたら, かわり一日中真暗で気温, かわり一時のお, かわり一生お前の面倒, かわり一種邪宗らしき信仰, かわり一等高く, かわり一行中ただ一人の佐藤垢石型, かわり一途に勉め, かわり一面任侠の風, かわり万一その労働者, かわり万一わたしが負けたら, かわり三寸くらい積, かわり三年や四年, かわり三根夫はれい, かわり不幸にし, かわり主として自然の, かわり主税さんが帰っ, かわり予定は着々, かわりしあれば, かわり二人はいのち, かわり二倍の賞与, かわり二階はあります, かわり享楽的になる, かわり人間も簡便, かわり人間らしい愛とか, かわり今年からはがんばります, かわり今度豚の舞踏会, かわり仏蘭西との国境地方あたり, かわり仕事としてはこの, かわり他様と入込み, かわり以前の強味, かわり仲直りの場, かわり休息は二時間三時間, かわりはやめず, かわり佐吉という男, かわり何ぞ御求, かわり何となく小さい物, かわり何代も何代, かわり余程大丈夫ニて, かわり作品のリアリスティック, かわり信用の出来る, かわりに寒い, かわり修理が加えられる, かわりだぞ, かわりべし, かわり候事も無, かわり借金取りが現われる, かわり働いてちっと, かわり働くひとを, かわり儲けさして頂く, かわりから色, かわりに立っ, かわり先師篤胤は万事, かわり入れかわり同じよう, かわり入口もふさがっ, かわり全体がぎらぎら, かわり全然それを, かわり公園へやってくる, かわり其曲者を私し, かわり内庭を見おろし, かわり冷淡で空虚, かわり切れぎれの小さな, かわり初めの絵, かわりに橋銭, かわり前渡しとして半分, かわり勉強もおろそか, かわり動いて出, かわり動物学で学んだ, かわり十日ばかり続い, かわり協力精神に充ちた, かわり博士の地下室, かわり原案の草稿, かわり友さんをつけ, かわり友達のを持っ, かわり叔母さんはすこし, かわり叔父さんが金魚鉢, かわり巻には, かわりで説明, かわり口すぎの為, かわり口吻はふくらん, かわり只今もうじき, かわり叫ばれるとめども, かわり吉左衛門さんごちそうは何, かわり名誉と収入, かわりの将来, かわり呼んだら来て御, かわり命がけだからね, かわり命令にも応じなかった, かわり哲学みたいに土台, かわり噛んで吐き出せよ, かわり四五人に組敷かれ, かわり四十面相とあの, かわり四季おりおりの, かわり地方との連絡, かわり執念深く人に, かわり増えたり減, かわり墨汁のよう, かわりにならない, かわり売る方も, かわりだちあと, かわり外人専門のこの, かわり夜食にこれ, かわり夢中になっ, かわり大いに成功した, かわり大きな声を, かわり大した荒れは, かわり大まかなもの, かわり大利根博士に会い, かわり大川へ指し下り, かわり大雨ごとにやって来る, かわり太郎さんと二人, かわりにも家来たち, かわり失敗すれば, かわり奇麗な気分, かわり契約人はその間, かわりのあさい店, かわり奥山の方, かわり奥様の後, かわり女の子がひ, かわりに色, かわり妻子に迷惑, かわり姉さんのだいじな, かわり姉娘からとうとう, かわり始終いろんな馬車, かわり姐さんお前の名, かわり子供を可愛がっ, かわり学校はなかなか, かわり学生は心, かわり宇宙艇の頭, かわり完全に二日間快晴, かわり宝石には保険, かわりのない, かわり実際の物, かわりもない, かわりへ戻ったら, かわり家康公のご, かわりは種々, かわり宿屋まで私, かわり宿泊人はいつ, かわり寄宿舎へ入ったら, かわり富士は一目, かわりさには, かわり像が, かわり審査に一年以上, かわり小姓どもが障子, かわり小説部会は第, かわり小鰭の鮨, かわり山坂になってる, かわり屹度旦那様の仇, かわり左手の端, かわり師範か代, かわり帰ってきた, かわり帰りに見晴らし, かわり平生からつねに, かわり平静で自由, かわりとったおかあ, かわり廻り燈籠のよう, かわり当のペトローヴィッチでさえ, かわり役所は, かわり彼方へ往, かわり待合や何, かわりになっ, かわり嬢様の, かわり忍一党はどんな, かわり忘れてならない, かわり忠義をし, かわり怒った時には, かわり思いがけずパウル・ヴォルフの, かわり性交を許す, かわり恐ろしいほどの陰気さ, かわり恵那山の方, かわり悟った道人の, かわり愛想をいい, かわり感心に助け合う, かわり慶長から現在, かわり手紙をたびたび, かわり手長えびの上質, かわり折々雲霧に, かわり押しかけては時代逆行, かわり持っている, かわり指ヶ谷餌差町辺の電車通り, かわり政治を担当, かわり散々海水を浴びなけれ, かわり散りかねる夕ざくらの, かわり敵打たりょうと, かわり文章も大分不揃い, かわり新しく福井県の, かわり新入者や弱い, かわり旅券入用の土地, かわり旅行のお金, かわり日月の転変, かわり日本も世界史的規模, かわり日本映画に食事, かわり早くケンプの, かわり早熟な方, かわり旱魃の恐れ, かわり明山は人民, かわり明日は羽衣, かわり明治大正には新劇, かわり明瞭に実際, かわりは少々, かわり春夏秋冬の季節, かわり昨日僕がいった, かわり昭和十三年の暮れ, かわり時々溜息を, かわり普段はろくに, かわり暑熱をおかし, かわり暗くなるまで, かわり暮しが変り, かわり木賃宿代として日, かわり村人の生活, かわり条件がある, かわりて浴びせかける, かわり来る前の, かわり東京の森彦, かわり東部のそういう, かわり板敷の上, かわりが茂っ, かわり果てた玄徳の, かわり柔道の練習, かわり栄えもございません, かわりの群青, かわりをささげた, かわり横田圃へ振落された, かわり機械は機械, かわり次第に茜色を, かわり正三君には沙汰, かわり死んでいたら, かわり殿宵の勤め泊り, かわりが金光教信者, かわりの静まった, かわり気の毒な宗一君, かわり気味がわるい, かわり気持ちが悪く, かわり汲みに, かわり水中快速艇をうばっ, かわりが高く, かわり洋傘の日影, かわり洋服を買おう, かわり活気はあります, かわり流れるコーヒーを, かわりからの便り, かわり海水の色, かわり清ちゃんにも買っ, かわり済みませんが姫様, かわり溌溂たる陽春, かわり源ちゃんの持ち物, かわり滞在する客, かわりがあれ, かわりの流れ, かわり火の粉も桜, かわり灰色の工場, かわり無き者でござる, かわり無限の喜び, かわり焼きたてのパン, かわり熱心な委員会, かわり今けっして, かわりが三頭, かわり物事がちょっと, かわり物何かふだん, かわり物理の本当, かわり狂言の番付, かわり独立の封建領主, かわり猛烈な雑草, かわり現世の厳粛, かわり現在の日本, かわり理想とする, かわり生きて行く, かわり生き生きした面, かわり生島屋の身代六万両, かわり男性は裸, かわりい脚, かわりに臥した, かわり白いタイルが, かわり白鉢巻をする, かわり皇帝の死, かわりも餡子, かわり皮膚が拡がっ, かわり目の玉がとびだす, かわり相当大きくて, かわり相応の客, かわり相撲となる, かわり相殺し相, かわりを高く, かわり社交的技巧の底, かわり私のからだ, かわり秋作がこれ, かわり突然三吉の, かわり立代り事情を述べる, かわり立直る客が, かわり競走させると, かわり一頁から, かわりも引かない, かわり精神的な満足, かわり糸七のため, かわりが手首, かわり細胞の隅々, かわり終戦後の変化, かわり絶え間なく影燈籠, かわり綿密で慎み, かわり編物は好き, かわり群集の一重うしろ, かわり羽団扇の方, かわり翌年翌々年は肥料, かわり交って, かわり老婆はくどくど, かわりもその, かわり職員も全部交代, かわり脱臼する直前, かわりをぬかさぬ, かわり自動車に電池式, かわりが動揺, かわりをぐるぐる, かわり船橋の上, かわりの裳, かわり色んな人物が, かわりに芸当, かわり芸者を内, かわり若い時分から, かわり藍丸国の王様, かわり蚊帳は差上げません, かわり蛇体の常, かわり蛞蝓の多い, かわり蝋燭の燃えさし, かわり蝙蝠傘とその, かわり衣服は年上, かわり被りかわる事が, かわり被るものも, かわり西日本の方, かわり見知らぬ男の, かわり親切と好意, かわり言葉だけはばか, かわり訪ねて来る, かわり評論家協会も変っ, かわりと口, かわり将は, かわりへ来る, かわり谷間へ行っ, かわり賢二君を遠く, かわり赤いいもりが, かわり身動きのならない, かわり軍人らしいカイゼルひげ, かわり軒端の先, かわり転向しないと, かわり迂闊に宝沢, かわり送り言葉のあいさつ, かわりがかえって, かわり遂に角を, かわり運んでゆく, かわり遠国他郷のおじさん, かわり遠野の里, かわりがさめる, かわり野球だのテニス, かわりの花, かわり金肥を節約, かわり金色のすじ, かわり長男の音公, かわり間口が狭い, かわり防寒靴をはいた, かわり陳珪陳登のふたり, かわり陽気は堂, かわり隆夫の様子, かわりをつくっ, かわり随分道楽も, かわりをうかがっ, かわり隣家の生い茂った, かわり集ったり散っ, かわり雌瓦雄瓦を一つ, かわり雑司ヶ谷の雑賀屋, かわりの積, かわり雪子の友達, かわり静子が出来たら待っ, かわり面会に来る, かわりが弱く, かわり頗る鈍物の, かわり頼まれればいつ, かわり頼もしい心の, かわりはむろん, かわりが出はじめ, かわりをだし, かわり騒々しかったが, かわり鬼子も生まれた, かわり魔法博士の事件, かわりの鱗, かわりを少し, かわり黒人女歌手ジニー・ジョンズが黒い, かわり龍太郎最後の頂上