青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かの~ ~かぶっ かぶっ~ かみさん~ かよう~ ~からだ からだ~ ~かり かり~ ~かれ
かれ~
かわいそう~ かわり~ かん~ が~ ~がい がい~ がけ~ ~がた がた~ ~がたい

「かれ~」 12970, 140ppm, 757位

▼ かれ~ (4989, 38.5%)

79 言った 55 自分の 45 それを 32 わたしの 19 そこに 15 すぐに, わたしに 12 わたしを, 半七, 自分が 11 たずねた, だまって 10 思った 9 足を 8 これを, その時, 例の, 声を, 手に, 黙って 7 さけんだ, 両手を, 俄かに, 心の, 急いで, 急に, 目を, 眼を, 答えた 6 いつもの, そこを, 手を, 笑いながら, 自分で, 自分を, 身を, 顔を

5 [19件] これまで, そのとき, その日, つぶやいた, わたしたちに, アッシェンバッハの, 一つの, 一種の, 不思議な, 二人の, 小声で, 年の, 思つた, 泣いて, 片手に, 第一, 見た, 言って, 首を

4 [30件] あわてて, ここで, これらの, さけんで, しずかに, そこから, そこで, その眼, なにも, ひとりで, ひとりの, わたしが, わたしたちの, 一個の, 人間の, 何か, 光一の, 大地に, 容易に, 小屋の, 彼の, 思い切って, 正直に, 気を, 江戸の, 火の, 神田の, 私の, 自分に, 静かに

3 [55件] あたりを, お艶, こういっ, ここに, このとき, こんなこと, ささやいた, じぶん, そう思っ, そう考え, その男, それが, それに, ひと言も, ふいに, ふらふらと, 丁寧に, 両国の, 今の, 他の, 俄に, 先生の, 女の, 妹が, 娘を, 平気で, 念の, 息を, 悲しそう, 持って, 日の, 早くも, 最後に, 朝から, 朝早く, 気の毒そうに, 涙を, 父の, 生きて, 生まれて, 眼の, 稽古に, 考えた, 考えて, 考へた, 茶を, 視線を, 賤しき, 近所の, 返事を, 途中で, 道を, 非常に, 頭の, 頭を

2 [293件] あらゆるもの, いかに母, いくらか, いく度も, いざという, いつに, いつの間にかその, いつまでも, いつもそこ, いろいろな, いろいろの, うれしがっ, おこったよう, おろおろ声, お浜, お熊, お米, お鉄, かばんの, からだの, からみ付いた手, かれの, かれ自身, がっかりし, こういい, こういった, こう思っ, こう思った, こう書いた, こう考えた, こたえた, この作, この時, この言葉, これで, さう, さすがに, しいて自分, しかし懸命, しばらく目, しばらく眼, すぐその, すぐには, すすり泣きを, すみに, すると, そう叫ぶ, そう思った, そう決心, そう考える, そう言い, そう言う, そう言っ, そこにかの, そのため, そのま, その以来, その前, その名, その場, その姿, その当時, その晩, その胸, その蝋燭, そばへ, それにも, それに対して, それまで, たき火の, だまった, だんだんに, ちろりを, つえを, どこから, ながい間, なによりも, にっこり笑った, はじめから, はっとした, ふしぎな, ふたたびいった, ふところに, へびを, まじめに, また, またし, また訊いた, まもなくせき, まるでそんな, むかしの, むろん大河, もうその, もどって, らっぱを, りっぱな, ろうそくを, わたしたちが, われわれの, チビ公の, ハッと, 一人で, 一度も, 一方に, 一書を, 一本の, 一枚の, 一途に, 一面に, 三五郎と, 不幸に, 不思議そうな, 不思議に, 両手で, 二つの, 二時間に, 云った, 五体の, 人に, 今でも, 今まで, 今夜も, 今年四十一歳で, 今日も, 会釈し, 何かの, 何の, 何よりも, 何を, 何物かに, 僕の, 先に, 先刻から, 光一が, 其処から, 其処に, 其処を, 内々で, 冷淡に, 出て, 前足を, 努めて, 労働者, 即座に, 叔父を, 右に, 右の, 名を, 唇を, 問うた, 喧嘩が, 固く口, 土曜日の, 城兵の, 塾生たちの, 夏の, 夕日に, 多少おっちょこちょい, 夢の, 大勢の, 夫を, 夫人の, 失望し, 奥州の, 女中の, 好んで, 妹を, 妻の, 家を, 富士男の, 少しも, 尠く, 屡, 左官屋に, 希望に, 師匠の, 帰って, 常に熱心, 帽子を, 年上の, 幾度か, 庫裡の, 庭の, 強いて, 当惑した, 往来の, 待ち兼ねし如く戸, 微笑した, 心を, 思いきって, 思い出した, 恐れた, 悪魔の, 感情を, 慌てて, 或る, 手まねを, 手塚の, 指で, 摺り寄っ, 故郷に, 故障なく, 日本で, 日記に, 明智の, 昨年の, 昼の, 書いて, 木の根に, 机に, 机の, 柳の, 極度に, 横に, 次の, 次男で, 歌舞伎座の, 正面の, 歩いて, 歳太郎の, 母から, 母に, 気が, 水を, 江戸へ, 決心した, 海岸の, 演壇に, 烈しき熱, 無事に, 無理に, 煙管を, 煙草も, 燈火をも, 父に, 狂気の, 独身者で, 猪口を, 瓦町の, 男の, 町の, 目の, 相手を, 眼に, 知って, 確かに, 秀吉の, 突然に, 窓の, 窓を, 立ち停まって, 立ち止まった, 立って, 笞打の, 糸の, 絶対に, 続けた, 置きランプ, 美しい少年, 老人の, 耳を, 胸が, 胸を, 自ら作った, 自分にも, 自分も, 自己が, 自己の, 船の, 苦しそう, 血に, 血の, 血眼に, 見向きも, 言つた, 読経を, 誰から, 議論家にては, 豆腐おけ, 足の, 躊躇した, 遂にかく言, 遂に永き, 酒を, 金を, 針仕事の, 雪の, 頭から, 顔色を, 食事を, 馬に, 馬を, 鼻緒の

1 [3527件 抜粋] あきらめたという, あたかもこの, あのポオランド, あらためて災難一条, あるいて, あわいあわい夢, いい加減, いかが, いかに予, いきなり立ちあがっ, いくらでもくり返して, いたずらに不安, いっしょに, いつか寺を, いつのまにか生意気, いつもその, いつも人目, いつも快活, いつ死ぬ, いまはの, いま木の下に, いよいようろたえた, いよいよ返事, うす暗い廊下, うとうとと, うれしくって, おこった顔, おそらく一種, おとう, おどろきました, おもい案じて, お朝, お粂, お袖, かく我, かついで, からだを, がつがつし, きやら, きわめて当然の, けげんそうに, げらげら笑いだした, こう信じ, こう書き出した, こころもち声を, ことば短かに, このごろいよいよ, このふしぎ, この不吉, この冒険, この場所, この新しい, この白髪, この近所, こぶしで, これまでにも, さきの, さっさと歩き出し, さらにこの, しあわせな, しかしまだ, しかし独身, した, しばしためらいつ, しばし立ちどまっ, しばらく思い出そう, しまいには, しゃがれ声, じっとし, すかさず矢つぎ早, すぐと, すぐ飯, すっかりそれ, すつかり, すべてを, せっかくおなじみ, そういう美しい, そうじゃ, そう思う, そっちを, そっと言った, そのいわれ, そのとおり, そのまま巻煙草, そのドア, その侍女, その問題, その夜, その小さい赤い, その役, その得意, その押入れ, その時総身, その案内役, その港, その目, その笑い, その美し, その芝居, その言葉, その面, そぼろ助広を, それほどに, そんな男, たかが犬, ただうろうろ, ただちにメリー号, ただ平凡, ただ魚, たびたび言った, だれも, ちょうど巡査, ついにさがす, つくづくそう思っ, つるはしを, とうとう思いきっ, とちゅう, とりうち帽, どういう気, どうしてもその, どうにかし, どんなに自分, なおにこにこ, なお語った, なさけないと, なにかを, なみはずれて, なんにも, にやにやし, ぬすみを, のるつもり, はじめてそれ, はたしてこの, はりきった気持ち, ひさしぶりの, ひつじの, ひまさえ, ひろびろと, ふきげんでした, ふたたび叫ん, ふてぶてしく笑いました, ふと思い出した, ふるえる手先, ぼくに, まずその, またかけ合っ, またせき, またらっぱ, また女たち, また本, また第, まだお, まだ下船, まだ帰っ, まっすぐみんな, まっ暗な, まんなかに, みょうな, むしろ率直, むろんうえ, もうお寺, もうと, もう七十, もう今, もう十五六, もう息, もう死ん, もう自分, もって, もとより勝敗, やがてウヰスキイ, やって来て, やはり問, ゆうべ啜った, よく周馬, よろよろと, わざと描かれた, わたしと, アドバルーンに, ウンと腹に, ギョッとして, コーブの, サーチライトの, スルスルと, ソルダンの, チビ公と, ドノバンが, バウンドした, ブランカの, ボックスに, マチアに, ラムネに, ロンドンへ, 一とおり笑っ, 一個偉大な, 一声うなり, 一心不乱に, 一旦研究室, 一生けんめいだった, 一番目に, 一読する, 一門滅亡の, 七五郎の, 三十に, 三年も, 三歩ごとに, 上京後日が, 下谷の, 不忍池, 世に僭越, 両側に, 中学から, 主婦の, 乞食の, 二三度くり返した, 二日の, 五十ばかりの, 亭主の, 人家で, 今から, 今世阿弥の, 今度は, 今日までの, 仕事の, 仙人でも, 伊兵衛の, 伸びあがって, 何かを, 何ものかを, 何人から, 何方かと, 余りの, 依然としてヌック, 俥を, 倒れながら, 備前屋の, 優しい美しいもの, 先ず河内屋, 先方の, 全く予期, 全部を, 六兵衛の, 其の居, 其袍を, 再びお, 再び小声, 再び苦悶, 凜と, 出発の, 初めて安らか, 別になん, 前足で, 力なく, 勘定を, 北これは, 十二階の, 十冊ぞろいの, 午前七時には, 半眼に, 博士の, 危ぶんだ, 又叫んだ, 反対側の, 口ベタで, 台所で, 吉弥との, 吠えたが, 呼びつづけながら, 咄嗟に, 唯の, 問い落されも, 喜平に, 四五度破牢を, 四里ほど, 国後にさえ, 地主の, 坐禅を, 堤の, 声も, 外に, 夜もすがらここ, 夥しく変, 大きな声, 大声に, 大成功, 大満足, 大阪へ, 天満の, 失敗し, 好きな, 始めから, 嬉しくて, 孝廉に, 安場に, 実に清い, 宮中の, 寂しいが, 富士男を, 寝まき, 寝床を, 将座, 小わきに, 小林の, 少しく煙, 少尉の, 屁の, 岐阜県多治見町で, 巡査たちと, 已に殻, 師匠よりも, 帰京と, 常に味, 平和な, 年寄りの, 幼年組に, 幾日も, 床の間の, 庭へ, 弟の, 強い決心, 当然, 待ちくたびれたよう, 得意の, 徳川家の, 心得て, 忌な, 念を, 思い切りよく覚悟, 思った他郷, 思わずきゃ, 思わはず, 恐れ危ぶんだ, 恭一に対して, 悵然として, 愉快で, 感じた, 慄然と, 懐剣を, 戦慄した, 手まねで, 手甲脚絆の, 抜き足を, 指図の, 授業時間の, 支度を, 救いの, 教理意志及び, 文学と, 新しい制服, 方丈記の, 日夜計画を, 日焼の, 早々に, 明けて, 明治三十二年の, 昨夜聞い, 時々思い出した, 時折仕事に, 暗いなか, 更に他, 更に爪先, 更に高, 曾て, 有数の, 朝倉先生が, 木地を, 本当な, 本郷あたりの, 松平家の, 柔道が, 根岸の, 棒と, 極度の, 横木の, 歎息した, 此能力の, 歩き出した, 死に場所を, 殆ど叫び出, 残忍性に, 毎夜安らかな, 気がついた, 気狂いじみた, 水路を, 汚れた女物, 決して饒舌, 河師の, 泣きだした, 活動を, 海と, 深い打撃, 温厚なる, 湿った鼻緒, 潰れたよう, 灌木を, 焚火の, 無言の, 熊吉と, 父から, 片足を, 狂える, 独歩の, 猴を, 玉藻に, 生え抜きの, 生命信愛そのもの, 甥の, 由良を, 画学紙に, 疲れはてた, 病気の, 痛ましげ, 白い光, 百両の, 目ぼしい, 眉を, 真鍮の, 眼も, 知らん顔を, 石川五右衛門の, 神田から, 私を, 空想だ, 突然空気, 立ちどまった, 立ち泳ぎ, 童の, 笞打と, 米ずしから, 精力の, 素早くそこ, 結局多寡を, 綴の, 縄に, 美男であった, 翌朝早々に, 考えを, 肩幅を, 背後を, 腕ずくで, 腹巻からでも, 自信を, 自分自身の, 自身で, 船を, 芝居を, 若い者, 苦しんだ, 茫洋たる, 荷物を, 落胆の, 蕎麦の, 藍色した, 衆愚凡俗をも, 表道から, 裡から, 見たこと, 見識り, 角笛を, 言い張った, 言葉の, 詰め寄るとき, 誤れば, 誰よりも, 警察と, 賤ヶ岳を, 赫と, 起とうと, 路に, 身内に, 軽快に, 近江屋の, 追跡発砲し, 速球に対して, 運河の, 遠くを, 郁治に, 酒気を, 重兵衛, 金看板どおりの, 鉄杖を, 鋭く少年, 長いほそびき, 門衛に, 閾の, 限りない, 隠して, 雑踏する, 電話を, 面白そう, 頬かむりの, 頻に, 飛びつくよう, 飢えて, 飽くまで, 香具師の, 高い山, 髮の, 鶏を, 黒馬旅館で

▼ かれ~ (2371, 18.3%)

32 顔を 27 姿を 25 心は 22 眼に 18 手を, 眼は 15 心を 14 ために, 前に, 姿は, 手に 13 目は 12 胸を 11 口から 10 心の, 頭を 9 からだは, 手は, 胸に, 顔は 8 差別なく, 心に, 眼には, 足は 7 ことを, 母は, 目に, 胸には, 胸の 6 からだを, 上に, 名を, 声は, 頭に, 頭の 5 まえに, 影を, 手から, 眼の, 眼を, 肩を, 胸は, 視線は, 足の, 頭は

4 [16件] からだの, そばに, そばへ, まわりを, 名が, 家に, 心臓は, 想像は, 方を, 父は, 目の, 目を, 眼前に, 神経を, 耳に, 見さかい

3 [42件] あとを, いうこと, ことばを, これからの, たましい, ための, ところへ, ほうに, やさしい心, 住んで, 口に, 声も, 姿が, 心が, 心も, 恐怖は, 手には, 手へ, 様子を, 気持ちが, 気持ちを, 父の, 生活に, 生涯の, 申し立ては, 病を, 目から, 目には, 耳を, 脾腹を, 襟が, 話を, 足を, 身に, 返事は, 面は, 頭には, 顔が, 顔に, 顔には, 顔へ, 首を

2 [142件] あとから, あとに, いう通り, うえに, うしろ姿を, おくの手, からだ, からだに, くちびるは, ことだ, このごろの, ためには, ふだんの, ぶっと, ほうへ, ような, われに, 一挙一動を, 一生の, 世話を, 両眼, 両腕, 任務は, 体に, 体は, 体も, 体を, 全身は, 別なく, 利腕を, 前には, 前の, 口癖で, 右に, 右の, 周囲を, 命の, 命を, 在野遺賢の, 報告の, 夢が, 妻が, 姫は, 家の, 家へ, 家族も, 差別も, 後に, 心には, 思いは, 思想の, 思想は, 意は, 態度が, 手が, 才能は, 指さす方角, 掌を, 方から, 方が, 方に, 最初の, 枕もとで, 欲望は, 歯は, 母が, 毒手に, 気持ちに, 気持ちは, 気持は, 清怨を, 演説は, 為めに, 無事を, 父が, 球は, 生命は, 生活の, 病いは, 癖が, 目が, 真摯に, 眸に, 眼から, 眼が, 眼にも, 神経は, 私に, 立つて, 精神は, 縄目を, 考えでは, 耳の, 肩に, 背なかを, 背を, 背後から, 背後で, 背後に, 胸にも, 胸中に, 腕を, 芸術は, 著作, 行くところ, 行動は, 行為は, 袖を, 見る自然, 視線が, 視線を, 言ったこと, 計画は, 話に, 諸作, 起居は, 足もとへ, 身の, 近くに, 追求し, 部下は, 長い作品系列, 長所を, 関心は, 雄弁に, 靴の, 頬を, 頭が, 頭と, 頭上に, 頭脳は, 頭髪は, 額には, 額を, 顔つきは, 顔と, 顔色は, 首に, 首は, 魂を, 黒い影, 鼻の

1 [1439件 抜粋] あこがれが, あとについて, あばたは, あらわれた席, いうが, いうところ, いすと, いでたち, いびきが, いみじき小人, いる所, うちにのみ, うまれながらの, えがく最も, おとう, おどろきは, かせに, かってだ, かへつて, からだも, がんじ, きたない靴, くつが, こしらえて, ことばに, このくわだて, この方策, この行動, さう, さしず, すくめた襟首, するどい本能, そうした出世, そうした自信, その望み, それは, たのみを, ためであった, ちいさな身, てがら, なかには, なみだぐましい奮闘ぶり, のうずい, はだ, ひざまでは, ひとみに, ふところが, ほうから, ほおには, まずい面, まなこは, まゆの, まわりへ, めざましい成長発達, もどるの, やせぎすな, やり方は, ゆくてに, よくする, わきに, わたしを, アクションは, テエブルかれ, トランクが, ネクタイは, ポケットを, 一びん一笑を, 一命を, 一家の, 一族でも, 一生涯を, 一部分を, 上き, 上体は, 上着の, 不幸に, 不心得を, 不満は, 世界は, 両わき, 両親の, 中軍は, 乞いを, 乳母は, 事を, 二十何年という, 五体から, 五十を, 人がら全体には, 人格的同一性のみ, 人物全体が, 人生哲学の, 人間は, 今の, 今川家時代, 今日から, 今朝の, 仕事には, 仕合わせであった, 仲だった, 仲間入りを, 伯父が, 住居や, 体格が, 余裕と, 作品を, 使命とは, 供について, 侮辱を, 信念が, 信用が, 偉さ, 側に, 側をも, 優しい悲しそう, 兄が, 兄弟リカオーン常に, 先代, 全姿へも, 全滅を, 兵車驅る, 内心には, 冒険を, 冷たい鼻, 凶音を, 切ッ尖, 利き腕は, 前では, 前を, 創作が, 努力を, 動かし得る捜査網, 勝ったる勢い, 半信半疑が, 卓越を, 危地だけを, 友だちでも, 友情の, 取つた態度, 口を, 口吻は, 右手は, 同僚で, 名か, 名刺を, 名声も, 周りを, 周囲には, 呼吸に, 命と共に, 唯一の, 喝棒を, 嗅覚を, 団十郎たる, 堂々と, 場合これは, 声を, 変化が, 外的生活は, 夜の, 夢を, 大きな歯, 大きな耳, 大刀が, 大虐殺, 天性の, 天蓋は, 夫と, 失態は, 失敗を, 奇襲を, 好きな, 好奇心を, 如く悲觀, 妻と, 妻君は, 姿はを, 姿勢について, 嫌悪すべき, 子分の, 存在をさえ, 孤独を, 官における, 室を, 家は, 家出や, 家族の, 容赦なく, 寂しい晩年, 寝所に, 小さなからだ, 小手へ, 尾や, 居場所が, 居館が, 左の, 左右の, 差別なし, 布陣も, 希望を, 帰りを, 帷幕にも, 平生着を, 年齢から, 幻術か, 店は, 弁解が, 弱いう, 強大と, 当惑を, 形而上學を, 影は, 役者としての, 後ろの, 後脳を, 得意は, 心から, 心事の, 心内には, 心態を, 心理に, 心耳には, 快心, 思いそう, 思想を, 性分として, 性格が, 性格の, 恁うい, 恐ろしい恋, 恩を, 悩んで, 悪口雑言を, 悲壮な, 悶情は, 情血を, 想像力に, 意図が, 意志は, 意欲を, 意識が, 愛着と, 感じたところ, 態度に対して, 憤然たる, 成功よりも, 戦争は, 所持品や, 手さぐりにて, 手も, 手先き, 手甲と, 手許には, 技力かと, 技芸的な, 持って, 指さす空, 指定通りに, 推測は, 操る舟, 故郷なる, 敬礼に, 文体は, 文章には, 方にも, 旗の, 日記に, 日記は, 明知が, 智である, 書いて, 書斎の, 最も強力, 最後だった, 望みに, 末の, 本名を, 本性を, 本陣は, 机は, 柔和な, 槍先に, 横へ, 横顔を, 歌うの, 正視に対して, 歩むにつれ, 死ぬるき, 死骸が, 残酷なじ, 母親が, 母親は, 比では, 気づかいは, 気分かれ, 気持ちには, 気色を, 求めて, 決心だった, 決意が, 沈鬱は, 法名と, 注意を, 活動が, 消息については, 深い苦悶, 渾名に, 為に, 焦りも, 熱した眼, 父母に, 父阿, 片目を, 物語の, 特色, 狂言は, 狡猾は, 猟奇心は, 現在の, 生き方考え方詩に対する, 生命だった, 生活と, 生活を, 生活記録としては, 生涯は, 用向を, 画を, 異常に, 疑惑を, 病は, 病気は, 癖な, 発案で, 白状は, 皮膚も, 目も, 目指す鳴門, 直垂の, 眉を, 眉間に, 真ッ先, 真実から, 眠りは, 眸は, 眼底に, 眼隠しや, 着陣を, 瞼にも, 矢ぶみもて促し挑みたる, 知って, 知らぬ間, 短い命, 祈祷は, 神経が, 秘書の, 空想は, 立ち姿を, 第一, 策を, 粋狂は, 精神の, 素質は, 経歴には, 経験が, 絵は, 総てを, 縄を, 罵倒に, 義と, 老いたこころ, 考えに, 耳そこに, 耳にも, 耳へ, 聡明そうな, 肉に, 肋骨の, 肚芸が, 肱を, 背中は, 背後を, 胴巻の, 胸が, 胸もとに, 胸中雑多な, 胸板を, 脈を, 脱出は, 脳裡には, 脾腹へ, 腕に, 腕根を, 腰について, 腹中には, 臂の, 自伝の, 自宅を, 自我は, 自由に, 興味を, 舞台姿を, 良心に, 芸術であった, 芸術的野心や, 若い生命, 苦しき歎, 菩提心は, 著書の, 蒼白い鬚, 蝋ざやの, 血気と, 血色の, 行くべき道, 行く末は, 行動と, 術気は, 表面だけ, 製作に, 見たもの, 見るところ, 見得易から, 視線と, 親は, 親友の, 觀念主義は, 触角に, 言ったことば, 言において, 言は, 言葉つきまでを, 言葉に, 言説の, 訓話には, 記憶は, 許しの, 許訪ふ, 訴えに, 詩吟の, 話は, 語るを, 誤解を, 説に, 談論が, 謀臣でも, 貪慾な, 足が, 足もとに, 足元には, 跫音が, 身の丈は, 身を, 身振りは, 身辺には, 軍が, 轡を, 返事とかれ, 通るの, 遅疑を, 運命を, 道中差が, 遠いむかし, 遺体は, 部下だった, 部屋で, 部屋を, 配下たちの, 酔っぱらったとき, 重臣の, 鉄石心に, 鋭い眸, 錯覚を, 長を, 長男の, 門出に, 関心が, 陣法とは, 雫と, 青ざめた顔, 靡爛しつくした, 面や, 面目に, 頬の, 頭だけ, 頭巾と, 頭越しに, 額に, 額や, 顔いろ, 顔つきを, 顔容は, 顔色が, 願いを, 風采に, 首には, 駒の, 驚愕は, 骨折りを, 髄を, 鬱情を, 魂は

▼ かれ~ (1747, 13.5%)

22 はその 12 の眼, は何 11 はこの 109 の間, の顔, はわたし 7 の多く, はまた, はもう 6 のあいだ, の中, の仲間, の生活 5 の上, の墓, の心, はかれ, はみな, は主人, は人, は自分たち, もまた 4 のこと, の一人, の手, の行動, の言葉, はいよいよ, はお, はそれ, はわたしたち

3 [35件] がその, が自分, に代っ, に耳, のあと, の前, の口, の姿, の家, の目, の血, の食物, はおそらく, はけっして, はなかなか, はまったく, はまるで, はみんな, はやはり, は一様, は俄, は初めて, は半, は口々, は少し, は新, は気, は決して, は自然, は黙っ, もこの, もさすが, をし, を案内, を見

2 [112件] が, がこの, がわたし, が手, とは全然, と同じ, に授け, のいう, のうち, のため, のなか, のひとり, の今後, の仕業, の作戦, の全身, の声, の大, の帰っ, の影, の或, の捕虜, の敵, の最も, の注意, の父親, の申し立て, の目的, の策, の群, の老い, の胸, の言, の言う, の話, の趣味, の身の上, の頭, はあたかも, はいずれ, はいったい, はいつも, はいづれ, はきっと, はこう, はしかし, はその後, はたいてい, はたがい, はただ, はどこ, はなに, はなにか, はひじょうに, はふたたび, はふたり, はま, は一列, は一面, は僕たち, は十三夜, は叫んだ, は吉原, は品物, は喜ん, は声, は外, は大きい, は女, は実際, は己, は常に, は幕, は急, は我, は或, は手, は承知, は昼間, は時々, は更に, は母, は水, は汪, は男, は町, は皆, は皇室, は確か, は紙捻り, は自分, は蚊, は諸君, は路, は遂に, は酒, は青ざめたしやつぽをかぶり, は非常, は顔, は馬, は黄, またその, もお, ももう, も最初, も自分たち, を九泉, を呑ん, を神, を見る, を迎えた, を駆っ

1 [1198件 抜粋] いづれも, からさげすむ, から見られ, から負わされた, がいかめしい, がいわゆる, がか, がこうして, がこしらえ, がごくわずか, がす, がそんな, がどの, がなにごと, がひとり立ち, がまた, がもう, がわからず, がカエサル, が一時逃避, が不当, が乗りすてた, が今日, が何処, が八丁堀, が出勤, が勝手, が原初, が喧嘩, が売り物, が学士, が家, が将軍, が少しく, が局外者, が帰る, が引きさい, が怖, が恐る, が意地, が所行也, が政治的権力者, が死守, が水中, が洞, が火砲, が無心, が犯罪, が甦生, が疑心, が眼, が素直, が腐肉, が落ちゆく, が西福寺, が詫び, が足, が里, が銃, が頭, こそ, この聖歌, ではない, といえ, とてもこの, とて一世, とともにかれ, との個人的接触, と一言, と共に出, と同化, と桐沢氏, と話し, に, にあらはる, におそれ, におなか, にぐう, にしいて, にたいし, にとって, にとってはおそろしい, にとっては大河, にとって筋書どおり, にぬき, にはしかるべき, にはみな首, にはモコウ, には十分, には彼ら, にむかひ, にもの, にも判らなかった, によって行われ, にネクタル, に不安, に乗船券, に何, に優しい, に凱歌, に劣らぬ, に占領, に号, に噛まれ, に好い, に対してはちょうど, に対しては恐らく, に対して感情的, に導かれ, に手伝っ, に描かせる, に明け渡す, に模倣, に気がつかない, に片手, に礼, に終りたれ, に聾, に見せ付ける, に触れ, に諸君, に起これ, に踏み荒らされない, に遥, に限り, に食, のある, のいと, のうち誰, のかく速, のこういう, のし, のすみか, のそういう, のそば, のどんな, のなすべき, のねむり, のもがき, の一派, の不利益, の世界, の主, の人気, の人相, の仲間同様, の伝馬船, の住まい, の信念, の側, の僧衣, の兄弟子, の光いよ, の共同生活, の内生, の冥福, の出し, の刺客, の力, の勝利, の十八メートル, の半数, の去った, の叫び声, の名, の否応, の呼ぶ, の命令どおり, の唯一, の問答, の圧迫, の墓場, の変, の夜々, の奮闘, の奸悪, の存在, の学説, の宿泊, の対日政策, の尖った, の帰る, の年長, の幾人, の建白書, の形容詞, の心臓, の怒り, の思い, の恥, の悪風, の悶え苦しむ, の想像外, の意志暴, の意見, の感想, の慾望, の憤怒, の懶惰, の所領, の手引き, の拠り, の数, の方, の會話, の服装, の根拠地, の業, の横暴, の歌, の死, の毒手, の気持ち, の法被, の漂着, の無, の王, の理想説, の生命, の生涯, の白い, の目標, の眞神, の眼色, の矢, の知らぬ, の私意, の笑い, の筆, の緊張ぶり, の罪悪, の美しい, の習い, の肢体, の自然観, の舞, の芸, の行方, の衰え, の見, の観念, の話し声, の説, の讃辞, の質問, の足あと, の路銀, の身許調べ, の迷信, の進ん, の運命, の邪惡, の酸素, の長広舌, の集まっ, の靴, の頭越し, の顔かたち, の首領, の魂, はあたり, はあり合う, はいかなる, はいつ, はいま, はいま五分前, はいわゆる, はうたいだした, はおどりだした, はお互い, はかしら, はかつて, はからだ, はき, はことごとく, はこの聖なる, はご飯, はしおしお, はじっさい, はすべて, はそう, はそのあくる, はそもそも, はそれだけ, はただいま, はたんまり, はだまっ, はつかれ, はとつぜん, はどう, はどん, はなぜ, はなんとも, ははしご, はひどい, はふだん, はぺこぺこ, はぼくら, はまだ, はみずから艫擢, はみんな仲よし, はむさぼる, はもうそろそろ, はもとより, はゆうべ, はろくろく, はわが国, はクイーン・メリー号, はジョリクール, はディド, はレーギーナ・コイリー, は一倍, は一度, は一種, は一行, は一頭, は三方, は両手, は争っ, は事態, は二度と, は云った, は五郎さん, は人間, は今更, は以前, は余, は使い, は兇暴, は先づ父王, は共謀, は凱歌, は出, は力, は勝手, は又, は口, は古屋為子, は同, は名, は土, は基経, は外国語, は大, は大声, は天, は太守, は女房, は婚礼, は子供, は家, は密, は小牧以来, は尼, は山林, は席, は平吉, は庄太, は廟門, は強かっ, は当日見物席, は彼, は徒ら, は徹夜, は心から, は念, は思い切っ, は怪しい, は悪漢ども, は慇懃, は戻っ, は手錠, は接吻, は新参, は日本人, は早晩自分ら, は時代, は暗黙, は朝廷, は木枯し, は本気, は根気, は権右衛門, は正体, は此処, は武林, は死人, は殿堂, は気の毒そう, は永劫, は沈黙, は泣い, は海, は炎塵, は無口, は焼け, は燐寸, は片端, は狼狽, は現在, は甚右衛門, は生きた, は百姓, は相当, は真, は瞬間, は砂, は硝薬, は福音, は立ち止まっ, は等しく, は素知らぬ, は絵, は縄付き, は罪, は老い, は腹, は自国, は航海, は芝, は藤蔵, は蟹, は袴, は覆面, は解散, は話しだした, は貪婪, は赤く, は路ば, は辛抱づよく固執, は追い帰された, は遁, は遠から, は邪法, は鉄, は門前, は頻りに, は高谷君, は鯉, へのぞん, もとうに, もやはり, も一応, も不浄役人, も共同, も初め, も幸福, も意外, も無論, も用心, も空腹, よりもひと足先, より離し, をうらやみ, をおどろかす, をくるわせ, をさぐった, をその, をなだめた, をみたる, をゆかい, を一人, を他, を入れ, を処分, を刺し, を勵, を卑し, を呼, を喜ばせる, を執念, を容れ, を島, を悪魔, を押し包んだ, を捕獲, を攻むる苦患, を散らせる, を昧, を根こそぎ, を正しい, を焚き殺した, を燃す, を率, を瞞, を第, を罪人, を葬りぬ, を襲っ, を見つけ, を見まわした, を見付け, を警めぬ, を買収, を追う, を追跡者, を送った, を飽かし, を驚かした, 少しくその

▼ かれ~ (646, 5.0%)

5 わたしに 4 わたしの, 江戸へ 3 これまで, そこを, 心を

2 [12件] ここへ, そこに, ために, 口を, 家へ, 手紙を, 持って, 栄誉と, 私の, 身を, 長い冬季, 関白に

1 [600件 抜粋] あさましくも, あたふたと, あたりを, ある夜ひそか, ある学者, ある日, あれほど, あんなになる, いった, いまおれを, いまツルイエールの, いま考え, いま部署に, いよいよ力, いよいよ声, いよいよ朝倉先生夫妻, いろいろの, うしろに, うらめしいの, おそかれ早かれ後悔, おっぱらうと, お此, お綱, かくの, かみつこうと, かわいた砂, がんじ, けっして手, こういわれる, こうぎょうてんしたせつなに猿の, こう思っ, このあぜ道, このごろだれの, この切迫, この城, この女, この意味, この手紙, この旅籠, この村, この林間, この水独楽, この池, この私たち, この運座, この道中, この都, この魔, これほどに, これを, さけんだ, さっと顔, さとりは, じつにたえがたい, すっかり満腹, すっかり興味, そういう思い, そういう界隈, そう言った, そこで, そこの, そこへ, そっとイタリア語, そのとき, その一座, その妻, その掌, その薬草, その遺族ら, その門, それを, そろそろ気, そんなこと, たいしてはしっ, たえず悩んだ, たずねた, たばこのけ, だまって, ちらっと残念, ぢつと, つえの, つねに得意, できる前, とうの, とうわく, どういうふう, どうして逸早くそれ, どこに, どんなに烈しく, なお一歩, なさしめたの, なじみの, なぜこのごろ, なにを, なやんだとは, なんでも, ぬすまれたの, ねらって, のぞくまえに, はいるなり, はかない八卦見, はじめから, はっと気がついた, ひきょうな, ひじょうにリーズ, ひそかに, ひとりの, ひどくき, ふたたびもと, ふとしたこと, ふと意識, ふりこんだ鉄杖, ぶたの, まずその, また立ち止まった, まだ尻, まだ海, まだ鞍馬, まなざしを, もう孤児院, もう死ん, もし潔白, もって, やっと席, ゆうべ倒れたらしい, よっぽどわたし, りっぱな, わが邦文芸道, わたしを, ウィインで, ジョリクールを, スイッチを, タッジオを, テッド博士の, ミリガン夫人の, ミリガン夫人を, ルソオを, 一九三二年の, 一味した, 一度ばかり, 一散に, 一様に, 一火流の, 一頃野望の, 万太郎に, 三年の, 三百年前の, 上を, 上方から, 上淫を, 不具である, 不審がる, 不屈の, 両うで, 中佐の, 中学を, 主任で, 九歳の, 二十二歳の, 二十四五の, 二度目に, 二銭団洲として, 五十年前の, 人気の, 今の, 今度の, 今日の, 今日は, 今降り立った, 他の, 代わりの, 代診を, 以前一座の, 伊兵衛を, 伊豆に, 住む茅屋, 何の, 何十人かの, 何者に, 何週間か, 作るか, 依然として屈伏, 便所に, 傑作中の, 僕を, 兄弟として, 先に, 党類を, 入り口の, 其処に, 再び卓, 再び引っ返し, 再び見あげた, 出て, 出ると, 出勤し, 出養生, 切腹した, 刺を通じて, 前なる, 剣山で, 力闘し, 助手として, 十一年の, 十二杯飲んだ, 半七, 半生に, 南京玉の, 取ること, 口から, 口で, 可愛がっ, 台詞を, 君臨した, 周囲には, 周囲の, 呼吸器病の, 命を, 唯一の, 商館に, 囚人を, 四十七歳の, 団十郎の, 塀を, 塾生たちの, 壮年に, 売りさき, 売れっ妓, 変調眼鏡を, 外から, 外の, 外構えの, 多年あれほど, 夜学へも, 夢に, 夢中で, 大久保長安に, 大声あげ, 大望を, 大概洋傘を, 大百, 天下なにものよりも, 天性の, 夭折する, 奉納物を, 女を, 女性にたいして, 好きな, 好評を, 如才なく, 妻じゃ, 妻の, 姿を, 学力の, 学校時代に, 守田勘弥である, 宵から, 家に, 容貌が, 宿ったヨーロッパ, 寝て, 寺から, 小ようじ, 小銭を, 少しでも, 少しも, 尼殺しの, 尾を, 屋根の, 屡, 山地に, 山科で, 工夫し, 師匠の, 席について, 帰って, 常に賭博, 常習犯の, 平常の, 平素その, 年々の, 年老いたアナクレオン, 幼いとき, 廿四五の, 引きまわしに, 引っ返して, 引ッ返そう, 弦之, 役に, 往年の, 後頭部の, 得意と, 得意の, 心の, 心は, 心ひそかに, 心面に, 忍びよりながら, 快癒出勤の, 思いついて, 思わずぶるる, 思わずもらした, 性は, 恥を, 恭一に, 悲しそう, 惡夢を, 意気張っ, 愕然と, 感ずるは, 感情という, 憤然と, 憲兵の, 戸田流の, 所司代として, 手に, 手塚を, 承知しない, 折々す, 折角苦心, 抜け駈けの, 持ちかえるであろう関, 指さしたの, 挙動に, 挨拶なし, 掴んだの, 摺り寄っ, 支店の, 敵に, 文化的主, 文壇に, 文芸復興期と, 斬りつけて, 日吉の, 日常の, 日曜日に, 日本橋の, 早かった, 昨日まで, 時を, 時折ただ, 暇を, 暗夜大金を, 曾つてきき覚えの, 最初, 最初に, 有名に, 朝倉先生に, 朝飯の, 本来持っ, 村はずれの, 来て, 来ないと, 東京に, 東海を, 柳盛座の, 根岸へ, 模写した, 次着か, 歌ふ, 止むなく許して, 此処に, 此方に, 歯噛みを, 死ぬまでには, 残した梢, 気がついた時, 気に, 気持わるく, 水練の, 求めた闘争, 江戸に, 江戸の, 沈黙に, 沸騰せし, 泡盛の, 泣きながら, 洞中に, 浅草の, 浦和に, 深く恋した, 漁夫見習と, 演説を, 無二, 無口に, 無言である, 燦爛たる, 父に, 片手に, 片袖, 犬や, 犯しても, 犯人だ, 独逸語なら, 猿なら, 玄徳の, 琉球人である, 生きて, 生気を, 画心を, 畢生の, 異常の, 畳に, 痛心を, 目の玉を, 目的を, 相当の, 真に望ん, 眼より, 眼を, 着京, 着馴れた普化宗, 知る識ら, 示した気魄, 祀って, 秀次を, 積極的に, 穴に, 窓から, 立ち止まって, 立って, 竹藪の, 笑うほど, 第二, 答えを, 組下の, 組子の, 結婚したい, 縄つきで, 置かれて, 老いて, 老僧, 耳いよいよ, 背嚢を, 胸に, 胸には, 脅かされた向う, 自ら承認した, 自分の, 自分を, 自殺を, 自然主義に, 自白の, 舞踊の, 船頭に, 艇に, 芝居を, 若く貧乏, 茶店を, 草香流を, 荒田老に, 葱売り, 蒐集した, 血刀を, 血眼に, 行きついた家, 行動の, 行末は, 西の, 西巻が, 見いだしたもの, 視線を, 観音堂の, 言ったの, 計画した, 詐謀たる, 詠んだの, 話し終ると共に, 説いた終末論, 谷川の, 貴嬢, 賢者である, 贔負だった, 越前守の, 足を, 踏みゆく落ち葉, 身うちの, 身より, 退いて, 逐電の, 通り合せると, 通ると, 逝いて, 金を, 金属人間事件の, 鉄斎先生の, 鏤骨の, 陸軍大将の, 青くなっ, 韋駄天と, 頂上に, 頭を, 額に, 風采とに, 飽くまでもお, 養って, 馬とともに, 馳け, 魂を, 鼻を

▼ かれ~ (466, 3.6%)

7 して 4 睨んだ, 見た 3 うで, 呼んだ, 待って, 愛して, 迎えた, 連れて

2 [21件] おそった, かれの, どうかし, 乗せた愛鷹丸, 信ずるもの, 出して, 奥へ, 尊敬せりき, 残して, 殺して, 知ること, 苦しめる, 葬りて, 表へ, 見たが, 見つけた, 見るに, 見るや, 誘い出して, 責めても, 迎えて

1 [391件] あおいだ, あざむくに, あざわらいついに, あてなく彷徨わせ, あの世に, あやにく君, あらあらしく強そう, いくらか饒舌, いじめたの, いれる用意, うっとりと, うらやんだ, うるさがらせた, おいて, おきのこして, おしのけ息, おそうこと, おそれるわけ, おちつかせた, おちつかせなかった, おどしたこと, おろそうと, お寺さんの, お居間, かくした, かくも, かなしばり, かり立てた, かれ自身, きょうは, けいべつし, けりつけた, ここちよく迎え, ここへ, ここまで, このサクラ号, この探し, さえぎる甲冑, さがしかれを, さがしに, さまたげて, しかること, しばりつけて, じろじろ見, すくう方法, すべらせること, せつに引き止め, そこに, そこまで, そのさき, そのホテル, たずねた, ただの, だしては, だまそうと, だまらせて, ちょいと, つかまえに, つかまえること, つかまえる手がかり, つかんだ, つきとばした, つけて, つこうと, つないで, つれて, つれもどした汽船, つれもどすかも, とらえた名, とらえて, とりまいた心地, とり逃がしたの, なえさせるの, ながめずに, なつかしがっ, にらんだ二つ, ねどこに, ひき出し会員章, ひとりびとり頭, ふり捨てること, ほうりだした, まぢかく呼ん, まんなかに, みじめに, みつめた, むちうって, めぐる将星たち, もうひとり, もって, もとの, ものかげに, やかなかった, やぶって, よけい悪く, よびさます, エレベエタアで, カナリヤとさえ, パリの, ヴァイオリンの, 一そう憂うつに, 一人出し, 一族の, 一目見たぎり, 七年以前故郷の, 下り口へ, 不安に, 不愉快で, 両うで, 中心として, 中心に, 中軸として, 串刺しに, 主唱する, 了解し, 二の丸へ, 亡き者, 今為朝とまで, 介抱した, 仰ぎ衆皆, 伴れ, 余儀なくそう, 信じたらしく見えない, 信ずること, 働かして, 優しく呼んだ, 兄弟の, 入会させましょう, 其処に, 出むかえた青年, 助けなければ, 勘当しよう, 区別する, 厳重に, 友愛塾の, 取りおさえようと, 取り押えること, 取るも, 告げ今, 呼びたて, 呼びに, 呼び出しに, 呼び込んで, 呼び近付けて, 呼んだの, 問わずこれ, 囚と, 囲みかれの, 囲んだ, 圧するには, 圧迫した, 地べたに, 売って, 大きな温室, 奥庭の, 好きに, 妨ぐることなかりき, 始め一味, 委ねしむるほどになりつゝ, 守る, 守るその, 安からず, 実の, 客人の, 家庭の, 寂しくさせた, 寄せ集めて, 寵愛し, 寸評する, 射殺し, 射殺せよ, 尊崇し, 導くを, 小さな妹, 少からず, 少しも, 少年と, 尻目にかけて, 崇むわれま, 巣鴨の, 差したて, 帝王に, 師と, 年齢以上に, 幸福に, 幾月かにわたって, 庇護し, 床几から, 弄びました, 引きずって, 引合に, 引見した, 強圧する, 彰義隊と, 待った, 心から脅かした, 念ひ, 念頭に, 怪しむらしい町内, 怪しんで, 恨んで, 悩まして, 悪くした, 悪童と, 悪魔視し, 惜しむ思い, 愛しかつ, 愛したとか, 感動させよう, 感情へと, 慰めて, 憎むと, 憎んだ, 憚らね, 手なず, 手玉にとって, 打ちますところ, 打ち捨てて, 打ち損じた無念, 扶けて, 抉った月形, 折檻したら, 抱きあげて, 抱き起すと, 担生と, 招聘する, 捕虜に, 捨てて, 探した, 探して, 探偵と, 推して, 推挙した, 推薦し, 掩うてしまった, 擁護し, 支えて, 改悟させよう, 攻むる死を, 救はず深潭の, 教育した, 敬うよう, 敬慕し, 敵と, 敵視する, 施主に, 時時脅し, 最敬礼と, 未知の, 本国へ, 松吉に, 案内し, 案内した, 案内に, 検視し, 楽しませ喜ばせた, 横たえて, 横目で, 橋本と, 此の, 此処に, 死地に, 死地へ, 殺しました, 殺すこと, 殺すほか, 殺す筈, 殺害し, 水の, 水中で, 水浴ホテルまで, 河原へ, 浚つて行つた, 涜そうと, 渾身から, 満足させ, 溝際へ, 激励し, 熱愛した, 物置へ, 狂わせよ, 狂喜せしめた, 狙撃し, 甲板の, 疎略に, 病ませるという, 病院へ, 目がけて, 直ちに相原家, 相手に, 眺めて, 眺めながら, 眼で, 瞥見した, 知った, 知って, 知らずこれ, 知らずに, 知りかれを, 知る人, 知覚し, 砂の, 確かに, 礼拝する, 私に, 突き倒して, 窒息させ, 第二, 絞め殺して, 続けさま, 緑の, 縋り迎えようと, 繞る, 罵倒した, 脅かした, 脅した, 腹心とは, 自分の, 自分は, 自分以外の, 船室に, 苦しめたあらゆる, 苦しめたわけ, 苦しめて, 苦しめ抜いた, 蠱惑させた, 表まで, 表向きに, 裁かなければ, 襲った性慾, 見あげた, 見おろして, 見すてること, 見たとき, 見た時, 見つけること, 見つけると, 見つめた, 見つめると, 見ては, 見ないよう, 見やったなり, 見やって, 見ようとして, 見るごと, 見ると, 見上げた, 見上げて, 見失って, 見平八郎, 見送って, 観たの, 訊問した, 討ちとろうと, 訪ねて, 評して, 詰ったよう, 詰るの, 誅せら, 認めたの, 誘い一行四人, 誘った旅, 説いた, 調べた新井筑後守, 識る, 警察に, 走らしめろ, 迎えいれて, 迎えたから, 迎えようと, 追う牛, 追っかけたけれど, 追って, 追ってどこ, 追ってドンドン, 追ひかける, 退治してやろう, 連れ出して, 連れ出せば, 道連れに, 選定する, 都の, 酔わせた, 陰気な, 離さない, 離れずまた, 鞭撻し, 顧た, 駆って, 驚かして, 高手小手に, 鬼と

▼ かれ~ (346, 2.7%)

8 取っては 5 向かって 4 あたえた 3 すると

2 [23件] あたえたの, あらずして, かまいすぎて, こびりついて, しては, しても, それを, ついて, なった, はかれの, むかって, 仕えて, 会うこと, 取って, 取つて, 幸いせずし, 従いて, 礼を, 続いて, 見せた, 訊いた, 話した, 雌牛を

1 [280件] あこが, あたえて, あたえることば, あてて, あびせかけなければ, あらしめよ, ありったけの, いい知らせ, いひけるは, いろいろ策を, うたがわれるから, うちあけしに, うつした, おくれないだけの, おこって, おそいかかって, おとれりとは, およばぬよう, お酒, かぎって, からかうこと, かれの, きいても, きまったの, きょうの, くらべれば, こういった, このこと, この滞留, これは, さき立つて, ささやかれて, さっそくこの, しぜん, しつけられて, して, しようじゃ, しようと, すこししか, すまないと, すまなかったと, すれば, せまって, そういった, そうなれ, そそいで, そそがれる目つき, そのこと, その気, その競争者, たった一つ, たのむよう, だきつきたいと, だきつこうと, だまって, ちかづいて, つ, ついて行った, ついて行ったろう, ついて行って, つきて, つぎの, つく筈, つぐ飲み手, つけもどかしい, とびついて, どうしてもこの, どうして全く風馬牛, どうも具合, なくては, なったの, なって, なびいて, ならせたま, なんの, にっこりしかけた, ほのめかして, みせました, むかしの, むすびついた, めぐり逢ったの, もそとを, ものを, ゆるしたか, よく似合っ, よこしたかの, よびかけた, よりて, わかって, わたさずして, わたされた, わたそうと, キッスした, バルブレンの, 一度出逢った, 一滴の, 一通の, 一顧を, 与えそして, 与えた, 与えて, 与えられた運命, 与えるの, 中には, 中の, 二度と命令, 云ひきかせた, 今一段, 代って, 代りて, 会いに, 会って, 会員の, 伝えこれ, 伝えた, 伝へこれ, 似げ, 似ず小さく, 似たと, 何とも言, 健康と, 傚ひ, 先手を, 先立ちて, 光榮を, 分けあたえたいと, 分って, 力を, 加えられたが, 加えられなかったら私, 加わった権威, 加勢する, 動機を, 勧め彼女自身, 匹敵する, 十二の, 即せず, 反對, 取っての, 口止め料を, 合図を, 同情すべくし, 同情する, 同情を, 向けられるいちいち, 向って, 向つて, 向つて微妙不可思議, 命じて, 咲耶子を, 問いかけること, 問うた, 囁いた, 土地を, 奇怪な, 学校へ, 室あり, 対抗できよう, 小まめ, 少しの, 就いて, 帰依し, 当つて, 従順であった, 心臓を, 応待し, 忠告し, 忠告する, 恋人あり, 恩を, 悪意の, 惹き上げつつ, 感じさせた, 感じられた, 感じられて, 感謝した, 抱きしめられて, 拒ませて, 挨拶がわりに, 授けた, 提供し, 放つな, 敗れを, 明言し, 有は, 本山所と, 案内され, 欠如し, 残された三四人, 残された道, 残った, 比肩し得る, 気づかぬを, 気づかれぬよう, 気を, 注意した, 注意と, 注意を, 添って, 満足を, 無象の, 無駄で, 焦熱の, 熱鉄を, 狐疑と, 現はれし, 瓔珞躑躅の, 生ずる望み, 用が, 用意が, 異様の, 疑いを, 目くばせした, 目を, 目瞬する, 相談を, 眼くばせした, 知らせた, 知られたらしいの, 短い端書, 示せる汝, 答えた, 約し曰, 組みふせられた, 綿々として, 義務責任など, 耳が, 自分が, 自分で, 自分の, 至るまでの, 航海上の, 色ある, 苦労を, 蘇って, 襲われて, 要求する, 見せたくなくて, 触れこれ, 言いきかせた, 言ったが, 言って, 詰問した, 話しかけようかれの, 話したとき, 話したところ, 話すと, 誘われて, 語ること, 負けない根気, 貸して, 質問した, 質問しなかった, 贈りなお, 起こさせなかった, 趣味深くうれしく, 近づき失礼, 近よった, 近寄るには, 返事を, 迫つて来た, 逢うだけの, 逢ひたい, 連れられては, 進学を, 逼った, 遊ぶに, 郷慕の, 金銭上の, 鉱山での, 鉱山の, 銭を, 限った感慨, 限つては, 隠したる顛末, 隱したる, 面と, 香無く, 魅こまれた, 麦菓子を

▼ かれ~ (338, 2.6%)

9 ゐる 7 いた, しまつ 6 いる 4 ゐた 3 いるの, しまった, ゐるの, 死んで

2 [17件] いたの, いるよう, いる条件, お眼, しまいました, しまう, しまうこと, しまって, しまひました, ゐる運命, ムシヤクシヤし, 名簿に, 心無には, 来た, 血を, 行くの, 蹴られて

1 [259件] あすさらば, あの日, あやまつたあやまつたといふ, あり夥しい, あるといふ, あるもの, あるやう, ある馬, いきました, いじめ殺されかけ, いたが, いた未熟, いた涙, いた珠, いつて, いて, いない, いないところ, いないに, いなかったが, いなかったもの, いながら, います, いません, いまやあらゆる, いらっしゃいましたから, いるかという, いること, いるでは, いるという, いるどういう, いるので, いるインゲボルグ殿下, いる世にも, いる事情, いる前々日, いる境遇, いる悪, いる悪条件, いる時, いる柵, いる現実, いる現実関係, いる私, いる網棚, いる者, いる辻, お前に, お茶を, きたお客, きた時, くる, くるので, けり, こわい筋, さあツ, さうい, さすがに, しまったと, しまったん, しまった後, しまつて, しまふと, しまへ, しまわないだろう, しまわなければ, そのせい, その片々, それが, それでも黙っ, たしかたつた, たまるもの, でもホツ, どんな目, にぶい芽, のちの, ふくらむよう, ふみつけられた当時五百三十万人, ぶッ, ぼんやりつっ立ってる, ますので, もはや二三歩, ゆくの, ゆく一つ, ゐた方, ゐない證據, ゐら, ゐること, ゐるその, ゐるので, ゐるらしくその, ゐるん, ゐる世の中, ゐる位, ゐる環境, ゐる間抜け爺, ゐる青い, オヤと, グウとも, ノビて, フト左の, 一家に, 七八人も, 上つ, 中の, 了った, 了つたので, 了つた惡魔なんて, 二人も, 京へ, 人前で, 人間は, 今残っ, 仕舞つたのです, 伐られて, 位牌の, 住んで, 何でも, 余命幾何も, 來た, 來たやぶ, 來て, 來る, 倫敦で, 入浴に, 其の下, 其の殼, 其の護衛, 其烟濛々として, 内は, 初めて足, 別邸は, 十三絃の, 十二三年その, 半病人, 反撥し, 口が, 口を, 叫んで, 同好同職の, 咽ぶばかり, 嚇怒しない, 垢ひとつつい, 塵一つない, 多くはた, 夢に, 太平の, 契約を, 如何程口惜しい, 妙に, 姫は, 宗矩は, 小柳へ, 小猫, 少し氣, 尾花も, 居た, 居たさ, 居つたに, 居て, 居ますぜ, 居ますね, 居ります, 居りますから, 居る, 居るから, 居るが, 居るけれど, 居るでは, 居るので, 居るのに, 居るやう, 岸に, 崩りましぬ, 市に, 帆綱帆柱離れた, 度胆を, 廃って, 建てられたもの, 彼は, 御座るから, 御病氣, 快い睡眠, 愕いた, 手代は, 折角の, 断末魔の, 早く自由, 朝夕新九郎の, 来ても, 来るの, 来るので, 樣子が, 次第, 歯白ろき, 死にしもの, 残ってるだけ, 残柳の, 水が, 油が, 泣かぬ日, 泣き出す騒ぎさ, 泣くに, 淋しくなつた, 灰に, 獨で, 王子が, 理性を, 生から, 生きるため, 由兵衛は, 男手で, 疵物に, 白い洗われた, 眠るが, 瞬間本能的に, 砂利の, 硬くなりたる, 祭を, 種々な, 突然爪先, 立つに, 第一戰, 級を, 素盞嗚尊は, 結婚より, 而し, 腰を, 臣下たる, 自分と, 自分の, 色あしく, 苦しがる, 苦笑する, 荒き風, 蒼く黄色, 行くので, 行った, 行った私, 裸の, 裸男大いに, 謙信の, 變色し, 走つて, 輝いて, 轉, 通学した, 運命の, 道行を, 重くなっ, 鎮座し, 開きその, 霎時は, 非業な, 頭を, 風に, 骨が, 黒ずんだ汚点, 默り込ん

▼ かれ~ (325, 2.5%)

10 これも 3 それを

2 [11件] おどろいて, さるもの, じぶん, みんなお, 一種の, 人なる, 今さら名残り, 内心には, 同じよう, 思い切って, 驚いて

1 [290件] あっけに, あとに, あまり野球, あらゆる気, ありませんそんな, あわてて, いさぎよく承知, いた, いっせいにカレン, いつまでか, いまにも彼奴, いよいよいのち, いろいろと, うすよごれ, えびすさまの, おそらくじ, おそらく記憶, おっかなびっくりじゃ, おとこ, おなじくこの, おもしろいお話, お友だち同志, お嫁, お綱, かつて夫, かねて, かれで, きりっと小さい, くだらない男, ここで, こっそりアザラシ, ことごとく目, このこと, この呪文, この家, こんな場所, さる者, しきりに民主的, したがってうち, しばらくじっとした, しばらくは, じっと見, じつはさっき, じぶんじぶん, するよう, せぬ仲, そう云ってた, そこらは, そこをと, そのため, そのたんび, そのやさしい, その艶, その若, それの, ぞんがい元気, た, ただちに, ただもう, ちょっと見ぬ, ともどもそんな, とんと気抜け, なし, なにもかもたわい, ねっしんに, のんびりと, はっとしたらしかった, はら汝, ひたいに, ほしがりました, ほつと, またお, またかれ, またこの, またなかなか, またふき出し, またよく, またわが身, またわたし, またわれら, またカアーン, また一廉, また今, また伊那丸, また初めて, また勇敢, また勤務, また家康, また意地, また海軍, また疲れ喘い, また知る, また見た, まだ何, まだ考え, まねを, まもなく白い, みなえらい, みなおなじ, みなむずかしい, みな眼に, みな見ちがえる, みんなが, みんなくるしん, みんなこれこそ, みんなや, みんな入用な, みんな同じ, みんな愕い, みんな散歩し, みんな自分を, みんな鬼籍に, むやみに, もうどうする, もうまっか, もう眼, やはりわたし, やはり深く, よろこびごと, アラジンに, ギヨツとして, ダンスを, ピストルを, ロシアの, 一人前の, 一個の, 一応の, 一日の, 一朱くれた, 一瞬工合いの, 一角や, 上気せ, 人なり, 人間の, 今は, 何だか夢, 何となく, 何を, 例外なく, 侍従も, 働くこと, 僕も, 元は, 先も, 入塾者の, 共に腕ぐみ, 共に自分, 共犯者であるらしい, 分別の, 切腹の, 初めて親しい, 初めて驚い, 加えられた, 午過ぎから, 半七, 取り乱して, 口下手です, 命の, 咄嗟に, 堪らなくなって, 夢と, 大きい袋持参, 大きな口, 大もの, 大事を, 大人っぽく, 大阪以来の, 姿を, 嬉し泣, 実はその, 実は半信半疑, 寸暇を, 専門家の, 小さい洋傘, 少しまごついた, 少し酒, 年若き, 幸福な, 床几に, 度胸を, 彼等親子の, 待ちしびれを, 得体の, 徳川方の, 心の, 心を, 必死これも, 必要以上に, 思いだした, 急に, 悪事を, 想像で, 感なき, 慈雲も, 慌てて, 懐かしくって, 我が身の, 打ち寛いだ頃, 持つ本能, 数正も, 旅人われも, 早速に, 明らかに, 昼の, 更にかんがえ直さなけれ, 有要, 木のぼりの, 来て, 来年は, 枕元で, 根生いの, 次第に小遣い銭, 此の, 歳太郎も, 毎日こんな, 気がつかずには, 気づかなかった, 気を, 求められると, 決してお, 泣きたいほど, 泰軒も, 派手派手しく立働い, 流石に, 浮き浮きした, 海上にて, 無関心, 燐寸を, 燥れ, 物に, 犬たちも, 生きなければ, 生死の, 田舎へ, 申しぶん, 申し合わせたよう, 町内の, 痴情に, 皆が, 皆それを, 皆にこにこ, 皆驚い, 直ちに雨, 眉を, 真白な, 眸を, 眸を以て, 知らなければ, 私では, 私を, 秋坂の, 笑った, 結婚し, 結局外出を, 義助の, 老いわたし, 老巧の, 自分の, 苦しみ苦しみ生き, 英才いまいづ, 茶箪笥を, 落ちたるもの, 落ちて, 落附か, 蛾次郎とともに, 行けと, 街へ, 表へ, 裏宿の, 裳を, 見ちがえるよう, 覚悟を, 話しあって, 路傍の, 身分だの, 辞みかねて, 通夜に, 重ねて, 釣り込まれて, 闊達で, 集まって, 雑誌ジャアナリズムの, 雷獣に, 青くな, 非常に, 面白そう, 養子に, 馬に, 驚かずには, 黙って

▼ かれ~ (199, 1.5%)

3 の生活, の眼, は皆 2 のもの, の両親, の胸, はさ, はその, は互, は何, は島, は雨, をし

1 [170件] が, がよく, が不安, が呑気さうにわれ, が如何, が洞穴, が食つて, が食物, が高原, であります, とて毒, との間, にはかなり, には思はれなかつた, には感じられた, にもまた, に取, に取つ, に救われた, に籍, に苛責, に關, のよう, の上, の別れ, の前, の力, の口, の墓, の家, の心, の思う, の性慾, の昨夜, の此夏, の武運, の死, の生命, の眼下, の祖先, の立つた, の群, の若い, の血, の行く, の言ふところ, の謂, の路, の部落, の霊魂, の靜, の頭領, の餌食, の魂, はあたり, はある, はいつも, はお, はかうした, はかれ, はさう, はしかも, はすぐ, はそこ, はそつ, はそんな, はただ, はともかく, はまた, はもう, はやがて, はよく, は一番多く, は一週間, は三日四日, は世界中, は二つ違ひで, は今, は今日, は伴, は何とも, は何ん, は何百年前, は内火艇, は再び, は初め, は別, は前, は劇藥, は南洋土人, は口, は各自, は夏, は夜, は大きく, は少く, は尠, は山, は平, は平素相当, は年長者, は広い, は庫裡, は後, は循環小数, は恋愛, は成る, は或は, は戦場, は既に, は早く, は昨夜十時, は昨日, は晝間, は本当に, は材料, は村, は来た, は杭, は松原, は林, は次第に, は此處, は死ん, は洗面器, は準備, は滅多, は爲方, は父母, は狭く狭く, は用水, は町, は疲れはて, は登つて行つて, は白鳥, は皆我, は皆自ら無二, は相, は相模湾, は自分, は船頭, は行く, は袒, は親, は訊かれる, は貯, は賣る, は赤, は足場, は転向, は軽輩, は農家, は達磨, は金剛石岬, は階段, は静か, は靜, もかね, もその, も矢張, らしい武士道, を, をおびやかし, をみな殺し, を分身, を待つ, を楽しませ, を立去らしめる, を追越す, を醉

▼ かれ~ (111, 0.9%)

3 これとは, 一緒に, 連れ立って 2 いっしょに, これとに, これとの, 倶に

1 [94件] いえども, いひこれ, いふこと, いれちがいに, おしゃべりを, くらすの, これ, これとを, たずね廻っても, どこかで, なく握手, なしに, みんな知合いと, わたしを, われとの, アザラシは, チビ公は, ハクスターの, 三つち, 三根夫の, 世間話する, 並んで, 主君とに, 主君との, 乳母の, 争うこと, 云ふ, 人柱を, 仲よしの, 伊兵衛の, 会った, 伴ならず, 似て, 供に, 僕は, 共通する, 別れた, 別れるの, 勇武の, 同じくポオランド人, 同様な, 同様に, 同色な, 同郷の, 向かいあって, 呵々大, 夜天の, 奔走した, 寸分も, 巡査と, 希って, 幾人も, 思つてや, 我との, 戦うには, 握手した, 擦れちがい, 政治むきの, 数えて, 日本左衛門の, 旧縁の, 正面から, 無関係でいる, 率直に, 申さずに, 申しませぬこの, 百を, 碁の, 祈る, 祈るのみ, 立合を, 策応し, 考えたすえ, 考へたあげく, 考へて, 自分で, 自分とだけで, 自分との, 親しんだ木馬, 言ひあ, 話しあって, 話し合いたく願って, 話を, 語りあうこと, 語ること, 談笑の, 諜し合わせ, 道江とを, 采女との, 長く一座, 隆光と, 飲んだ, 飲んだこと, 龍太郎の

▼ かれその~ (104, 0.8%)

3 國より, 天の, 御子を 2 八上比賣, 御世を, 時より, 木の, 水門に

1 [85件] いは, 一尋鰐は, 中の, 人どもを, 人水を, 代りまた, 伊耶那岐の, 伊耶那美の, 侶に, 傍を, 兄その, 兄患へ, 先に, 八咫烏導き, 功に, 口比賣, 后の, 國に, 國主の, 土雲を, 坂に, 夜は, 大刀弓を, 大山守, 大年の, 大碓, 大長谷の, 孃子, 孃子を, 子に, 寢した, 少名毘古那, 山百合草の, 岡に, 底に, 弟宇迦斯こは, 弟御, 御名に, 御名は, 御子の, 御手, 御教, 御船の, 御陵の, 御頸珠, 政いまだ, 日子ぢの, 日子八井の, 日子答へ, 旦濱に, 月經を, 横刀を, 河に, 浦に, 清泉に, 火の, 火著くる, 烟と, 燒かれた, 父の, 父大山津見の, 猿田毘古の, 矢を, 神の, 神避りた, 素晴さを, 美人を, 老の, 老夫, 老媼の, 聖歌の, 菟八十神の, 菟大穴牟遲の, 賤の, 赤猪子天皇の, 軍士ども, 軍悉に, 輕の, 遣さえ, 酣なる, 野に, 隼人の, 頭を, 鳴鏑の, 麻の

▼ かれには~ (104, 0.8%)

2 何の

1 [102件] あまりに寂しかっ, あり得ない世の中, いちじるしく意外, いっさいが, いつか立派に, いつも童心, これこ, これまでとは, した, したの, すぐには, そういう考, そうした心, そうする, そのこわれ, その時頼み, それが, そんなこと, そんな気, そんな良心, たった一人, どういうわけ, どうした, どうしてもそうした, どうしてもそうは, なかった, なにも, なにものも, なんの, はがゆくって, はっきりと, ひじょうに高貴, ひどく具合, また朝廷, まだはっきりわからなかった, まだ十分, まだ残された, まったく光, まったく自信, もう自分, もう顔なじみ, もがくだけの, やはり戦い, よくなついた, わからなかった, グジーという, 一度真土の, 一旦事, 一目おい, 七人の, 不平も, 不足は, 二千の, 人並は, 似合わず執拗, 体験と, 何だか居心地, 余り関わり, 全く力, 別様な, 執拗な, 夢が, 夢中であった, 大作家五十歳六十歳, 奇怪な, 婉然として, 季節が, 宗教も, 富んだもの, 影が, 忌々しい事, 思へた, 思へなかつた, 持病の, 捕手も, 旧知の, 最前ここを, 月謝の, 欲望の, 気づかなかった, 気づまりだったがまるで, 涙の, 深傷, 無論に, 珍しそう, 理窟なし, 皆目見当, 確信という, 社会の, 美点が, 職業的文士という, 腹立たしかった, 自分の, 言うに, 訪問客たちの, 誓って, 辛いこと, 迎えが, 邸の, 酒の, 青年の, 非常に

▼ かれ自身~ (79, 0.6%)

2 の気持ち, の経験

1 [75件] が, がいま地上, がかれ, がこれから, がすくん, がその, が一ばん, が一番, が会っ, が何故, が既, が昔, が自分, さえ知る, そのじゃらされる, であった, である, であること, でも気づかない, で封印, で知らない, としてはたくらんだ, としても詩人, にし, にもそれ, にもはねかえっ, にも意外, に対する言い, に果たして, に返却, のうえ, のこと, のつもり, の云う, の人間的, の体, の作文, の到着, の卑しい, の存在, の寝室, の履歴書, の希望, の性情, の態度, の最も, の火, の目, の眼, の精神, の美しい, の解説, の靈山子, はいっこう, はいつも, はそれ, はどんな, はひとり, はもうまもなく, は旗さし物, は更に, は決して, へ断乎, もまた, も一ちょう, も二銭, も何かしらそれら, も城兵, も失望, も少年日吉, も恋人, も都々逸, も重傷, よりもかえって, を置くべき

▼ かれここ~ (36, 0.3%)

10 に天 5 を以 4 にその 2 に神産巣日

1 [15件] におの, に伊耶那岐, に八十神忿, に宇陀, に御, に懼, に槁, に相, に神, に詔, に速, に邇藝速日, に降りまし, に鳴, に黄泉比良坂

▼ かれにとって~ (34, 0.3%)

1 [34件] あまりにも, いっそう不安, いろいろな, いろいろの, くやしいこと, ことにつらかっ, このましいちがいかた, なおなん, なんであろう, なんでも, まことに少なから, まだ扱い, まだ生々しかっ, もはや一切, 一つの, 一番おもしろい楽しい, 久しぶりに, 何とにがい, 何の, 全く意外, 受動的で, 堪えがたいもの, 大事な, 忘れ難い, 怖るべき, 恐かった, 故郷と, 最後の, 板戸の, 極度に, 消しがたい, 理由なく嬉しかっ, 菱川との, 途中で

▼ かれ~ (34, 0.3%)

6 の中 3 の上, の雪 2 でそれ, のところどころ, はかんばしくあたたか

1 [16件] うづ, がほか, が変, と影, に, にかげ, のたば, の積ん, はさ, は光りました, もまだ, もゆれ, や松やに, や雪, をあつめ, をあるい

▼ かれ早かれ~ (33, 0.3%)

2 ありさ, ありさうな, 一度は, 来ねば, 自己を

1 [23件] あのオーリャ, ありそう, いづれ持たねば, かうならはるには, ここら辺りを, この曲者, で同じ, どうせ死ななけりゃならん, みんなと, 克服されなけれ, 兵隊です, 判るでせう, 嫁を, 屹度私の, 彼女に, 武器を, 生みの, 破裂を, 耳に, 誰の, 開かれること, 降参しなけれ, 露見し

▼ かれても~ (26, 0.2%)

2 あそこの

1 [24件] ある一定, きっと死ん, きつと, この俺, この家, その儘, ただ見, まだ泣きわめく, やむを得ないという, よいでは, 仕方が, 依然昼顔, 動くまいほど, 動くまい程, 小説家だ, 幕府は, 怨むな, 憎む事, 枯れま, 格別御座いません, 死後閻魔の, 疎外され, 見ツ, 驚かないよ

▼ かれこの~ (25, 0.2%)

2 大國主の

1 [23件] 一言主の, 二歌は, 人その, 八島の, 別荘へ, 口子の, 四歌は, 國に, 大中つ, 大刀を, 大吉備津日子, 女人その, 後に, 服を, 横刀を, 樹を, 歌を, 王女二柱ましき, 童女を, 船を, 艦橋や, 路を, 須須許理大

▼ かれにも~ (21, 0.2%)

2 非常に

1 [19件] お辞儀ばっかり, こんな長い, とうてい打ち壊す, わかつて, わからない, 一城を, 二無き, 仏心が, 何か, 何かの, 凡人と, 欠点は, 欲求が, 油の, 申しました, 神酒と, 罪は, 記憶の, 評判は

▼ かれ其地~ (17, 0.1%)

12 に名づけ 1 に御陵, に號, をば今に, を宇陀, を相津

▼ かれにとっては~ (15, 0.1%)

1 [15件] あまりにも, このあらゆる都会, この結果, そういう種類, ただの, ふしぎに, 一日は, 人間としての, 何の, 全くべつ, 大きな犠牲, 尿意を, 猶充分, 益益おかしな, 退学の

▼ かれもが~ (13, 0.1%)

1 [13件] かく考える, この愛称, もっともだった, カレンの, 一そう首を, 唄い踊りだすので, 完全に, 平等と, 煙の, 皆ね, 腹を, 行きたがり留守宅, 金が

▼ かれから~ (12, 0.1%)

1 [12件] いかば, もうして, 六歩は, 受けた質問, 好かれるわけ, 永久に, 百文の, 目を, 知らせを, 話を, 遠ざけたけれど, 離れて

▼ かれながら~ (11, 0.1%)

1 [11件] エッチラオッチラと, ゴールインし, 人を, 俺達を, 入って, 嚴肅な, 木曾路へ, 粛として, 読み終, 隆造は, 馬鹿様で

▼ かれ~ (11, 0.1%)

3 毘古の 2 雀の 1 へんきらいな, 后この, 國主の, 坂の, 帶日子の, 帶日子淤斯呂和氣の

▼ かれはか~ (10, 0.1%)

6 の女 1 うして, のとき, の差紙, ばかりの自然児

▼ かれより~ (10, 0.1%)

1 いっそう冷徹, これと, これに, ずっと年, 一年上の, 二十幾つも, 優れたる, 六七歩まえ, 四つ五つ上で, 貧しい人たち

▼ かれら二人~ (9, 0.1%)

2 がどうして 1 と戦う, に対する大勢, のほか, の勧め, は今夜, は学校, をほろぼせ

▼ かれ一人~ (9, 0.1%)

2 は奥 1 からいえ, でこの, となっ, の口, の子, を杖, を置い

▼ かれ天皇~ (9, 0.1%)

1 いたく怒りまし, が御, そのうた, その心, その謀, の使, の還りいでます, また問, を殺せまつれ

▼ かれについて~ (8, 0.1%)

1 廻った, 必要以上の, 書いたればこそ, 歩いた, 漢籍を, 特記すべき, 瘤寺裏へ, 集会の

▼ かれ~ (8, 0.1%)

2 に至る 1 ならずは, に氣比, に海鼠, に諺, より三年, 天より

▼ かれては~ (7, 0.1%)

1 ゐたが, 堪らないよ, 思い知らさずに, 牛も, 眠った, 蜀軍の, 面倒だ

▼ かれとは~ (7, 0.1%)

2 また違った 1 ただ事, つねに犬, 両国鶴見あたりを, 背中合せであった, 酒だけ

▼ かれ~ (7, 0.1%)

1 かくばかり, その結果ジナイーダ, 全くともかくもの, 向うの, 山木は, 訝かしく, 雨も

▼ かれがれ~ (6, 0.0%)

1 となす, になった, になる, に今日, に寒, に鳴く

▼ かれたり~ (6, 0.0%)

1 このう, し, して, する, 女を, 斧で

▼ かれでも~ (6, 0.0%)

1 このお化け話, したよう, したらあと, みんな均一に, ビラを, 殺して

▼ かれなし~ (6, 0.0%)

2 にはわたし 1 にはカピ, に人, に引張り込むだ, の入れ

▼ かれ~ (6, 0.0%)

2 ゐ向 1 づよく崩壞を, づ八咫烏を, ゐ上り來, ゐ出きつ

▼ かれまた~ (6, 0.0%)

2 その御名 1 いかなる計算法, 了解されるだらう, 二十年の, 耳を

▼ かれよりも~ (6, 0.0%)

1 この子, さきに, まさった速力, 凶悪です, 十数年まえ, 強き獅子より

▼ かれ一流~ (6, 0.0%)

1 の反間苦肉の策, の意表, の方法, の皮肉, の邪法, の鋭利

▼ かれ~ (6, 0.0%)

1 どち, にかれ, に幸, に汝, に長き, まづそ

▼ かれ~ (6, 0.0%)

1 はどんどん, もて, より, を少し, を手, を拾い

▼ かれ~ (5, 0.0%)

2 さも 1 さ, さと, さの

▼ かれくさ~ (5, 0.0%)

1 のい, のいい, は, はやはら, みちを

▼ かれとして~ (5, 0.0%)

1 めずらしいほど, 有頂天に, 無理は, 能うかぎり, 飲んだくれるより

▼ かれに対して~ (5, 0.0%)

1 別に何事, 抵抗する, 無理を, 裁判を, 釣り責を

▼ かれほど~ (5, 0.0%)

1 しっかりし, な思慮, よく歩いた, 人間に対して, 僕の

▼ かれら自身~ (5, 0.0%)

1 が自身, の室, の親類, の説明, も一緒

▼ かれ~ (5, 0.0%)

1 名代として, 毛沼の, 眞木入, 眞津日子訶惠志泥の, 祖を

▼ かれ~ (5, 0.0%)

3 のごと 2 へし

▼ かれおの~ (4, 0.0%)

3 もおの 1 づから

▼ かれがたい~ (4, 0.0%)

1 ところであります, 万物の, 人間苦である, 欧洲アルプスの

▼ かれこそ~ (4, 0.0%)

1 ニセモノであった, 厳粛なる, 怪金属, 邪法

▼ かれとしては~ (4, 0.0%)

1 定めて, 張らざるを, 未曾有の, 生れて

▼ かれのみは~ (4, 0.0%)

1 こういう時刻, 依然, 信州上田に, 夜に

▼ かれら三人~ (4, 0.0%)

2 は世 1 の所得, の父

▼ かれ~ (4, 0.0%)

1 つ神, の下, の菩比, 照らす大御神

▼ かれ天皇崩~ (4, 0.0%)

3 りまして 1 りましし後

▼ かれ自ら~ (4, 0.0%)

1 その所有, の説明, 信じて, 敗れついに

▼ かれ~ (4, 0.0%)

2 之丞 1 にゆき, をわが

▼ かれそれ~ (3, 0.0%)

1 は彼, より大穴牟遲, より後

▼ かれちゃ~ (3, 0.0%)

1 仕様が, 全くつまらない, 骨ばなれン

▼ かれとしての~ (3, 0.0%)

1 一型であっ, 芸術の, 説明を

▼ かれとしても~ (3, 0.0%)

1 いつかそれだけ, 後々まで, 本意であるまい

▼ かれはい~ (3, 0.0%)

1 っしょうけんめい, つとなく, つとはなし

▼ かればかり~ (3, 0.0%)

1 するそう, でなくかれの, では

▼ かれひとり~ (3, 0.0%)

1 が抜けよう, のみがでく, を置き捨て

▼ かれ~ (3, 0.0%)

1 むけさせたもの, 向って, 挨拶を

▼ かれ~ (3, 0.0%)

1 を早う, を生け捕れ, を祈り

▼ かれ~ (3, 0.0%)

1 かれの, なぎ, 私の

▼ かれら四人~ (3, 0.0%)

1 はふんぜんと, は侫奸, は忠臣

▼ かれら夫婦~ (3, 0.0%)

1 が同衾, は自分, を本当に

▼ かれ~ (3, 0.0%)

1 のまにまに, を受け, を受けた

▼ かれ~ (3, 0.0%)

1 にまた, に出雲建河, に木

▼ かれ~ (3, 0.0%)

1 がかれはじめた, がまだ, のむれ

▼ かれ~ (3, 0.0%)

2 が心 1 はその

▼ かれ独特~ (3, 0.0%)

1 のあやし, のたんか, の水攻め

▼ かれ~ (3, 0.0%)

2 に霜 1 をはらう

▼ かれ~ (3, 0.0%)

1 に, に地, に堅石

▼ かれ~ (3, 0.0%)

1 ひ到りましし, ひ往きて, ひ退けて

▼ かれあし~ (2, 0.0%)

1 の中, はざわざわ

▼ かれこれ~ (2, 0.0%)

1 と批判, も言わなかったらしい

▼ かれさうに~ (2, 0.0%)

1 なりましたから, なります

▼ かれざらむ~ (2, 0.0%)

2 知らず大隈伯

▼ かれそう~ (2, 0.0%)

1 でならない心持, な気

▼ かれちや~ (2, 0.0%)

1 つたら呼びもの, 大變

▼ かれつき~ (2, 0.0%)

1 が連用言, とした

▼ かれ~ (2, 0.0%)

1 あつた, 食堂へ

▼ かれでは~ (2, 0.0%)

1 ないから, なかった

▼ かれという~ (2, 0.0%)

1 イエスの, 内諭

▼ かれとても~ (2, 0.0%)

1 一派を, 菊作りの

▼ かれとの~ (2, 0.0%)

2 三人だけ

▼ かれ~ (2, 0.0%)

1 おしだ, ほしで

▼ かれなどは~ (2, 0.0%)

1 それを, まして目

▼ かれにおいては~ (2, 0.0%)

1 エロースは, 觀想が

▼ かれにとっての~ (2, 0.0%)

2 最大の

▼ かれによって~ (2, 0.0%)

1 そそられた情感, 才能の

▼ かれのね~ (2, 0.0%)

2 うちは

▼ かれはから~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ かれはさ~ (2, 0.0%)

1 がした, のみ醜い

▼ かれはと~ (2, 0.0%)

1 ぼとぼとわたしたち, みから

▼ かれへの~ (2, 0.0%)

1 不安が, 昂い

▼ かれみずから~ (2, 0.0%)

1 にもよく, はどう

▼ かれむと~ (2, 0.0%)

2 欲するもの

▼ かれよりは~ (2, 0.0%)

1 客の, 沈鬱な

▼ かれらふたり~ (2, 0.0%)

1 は盆踊り, を問題

▼ かれら一味~ (2, 0.0%)

1 の幕府顛覆, はケートさん

▼ かれら五人~ (2, 0.0%)

1 の兄妹たち, の合作

▼ かれら仲間~ (2, 0.0%)

1 でも名だたる, においてもなんと

▼ かれら兄弟~ (2, 0.0%)

1 がおたがいに, の恩人

▼ かれら姉弟~ (2, 0.0%)

1 はいつも, は橋

▼ かれら汝ら~ (2, 0.0%)

2 を付さ

▼ かれら苦力~ (2, 0.0%)

1 はどこ, は何時間

▼ かれをも~ (2, 0.0%)

1 あつかましくがんこ, まことにあはれ

▼ かれトロイア~ (2, 0.0%)

1 の群犬, の軍勢

▼ かれ~ (2, 0.0%)

2 にいへる

▼ かれ~ (2, 0.0%)

2 からの情愛

▼ かれ使~ (2, 0.0%)

2 はさば

▼ かれ其の~ (2, 0.0%)

1 揚句が, 赤猪子天皇のみ

▼ かれ其后~ (2, 0.0%)

2 の白し

▼ かれ~ (2, 0.0%)

1 かれそうした, しかれ事件

▼ かれ~ (2, 0.0%)

1 は兄, は御身

▼ かれ~ (2, 0.0%)

1 だ, で鳴き

▼ かれ寤め~ (2, 0.0%)

2 て問

▼ かれ~ (2, 0.0%)

1 くない話, くなかつた

▼ かれ建内~ (2, 0.0%)

2 の宿禰

▼ かれ~ (2, 0.0%)

2 はれて

▼ かれ~ (2, 0.0%)

1 しく勦はり問, しく左右

▼ かれ斯く~ (2, 0.0%)

1 いへり, 叫び美麗の

▼ かれ更に~ (2, 0.0%)

1 戰ふべく, 還りて

▼ かれ~ (2, 0.0%)

2 よりもつらし

▼ かれ~ (2, 0.0%)

1 は盛, を奉りしか

▼ かれ泰軒~ (2, 0.0%)

1 が突如, は栄三郎

▼ かれ烏啼~ (2, 0.0%)

1 は大いに, は顔色

▼ かれ烏啼天~ (2, 0.0%)

1 駆が, 駆は

▼ かれ~ (2, 0.0%)

1 の玉, もぼう

▼ かれ等一行~ (2, 0.0%)

1 の待ちかまえ, を埋め尽す

▼ かれ~ (2, 0.0%)

2 へ白さく

▼ かれ~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ かれ~ (2, 0.0%)

1 倭根子日子大, 帶日子の

▼ かれ蛾次郎~ (2, 0.0%)

1 の歌, の目の玉

▼ かれ衲子~ (2, 0.0%)

2 の籃

▼ かれ難い~ (2, 0.0%)

1 であらう, 因果とは

▼ かれ難き~ (2, 0.0%)

1 海員の, 運命である

▼ かれ高木~ (2, 0.0%)

1 の入日, の神

▼1* [443件]

かれあてに全く, かれあのときの, かれある吉日に, かれいずれがその, かれ辭みた, かれおとなしくロンドンの, かれおのれ直にま, かれかくのごと, かれかくして國を, かれかと許り疑はれ, かれかならずこれが, かれからいかむ, かれからも親しく交際, かれがたき責任については, かれがへいそスポーツで, かれくそ食うか, かれこそは永い間辛棒, かれことに最も親しい根本保枝, かれこれから推して, かれうで大分危く, かれさうなので, かれさきの言, かれさっそくお医者, かれざらんとす, かれしかく命ぜずば, かれしも有るべく或は, かれすすきの唄をうたっ, かれすゝき, かれずして自尊自重, かれそうした事件に, かれそこより逃れ, かれたちが殺された, かれだけは真実で, かれだの鷲尾だ, かれつつ歓楽に, かれつつも涯しなき, かれつぶさに教へ, かれてさえこれ程の, かれてばかし居つ處, かれとも消息を, かれと共に行動を, かれどうかして, かれながらにおのある, かれなどおもな, かれにしか意味の, かれにすら自信の, かれにだけ聞えよがしの, かれにとつても, かれにとってもまた大いに, かれにともなく私, かれによつて代表された, かれに対しては本領の, かれに対する今までの, かれねエ用心しろ, かれのみか丹羽昌仙蚕婆穴山の, かれはあいずの, かれはからのおけを, かれはくり返して, かれはじぶんの身体, かれはぞつとした, かれはたうとうそれ, かれはちよつと此方, かれはつぎのよう, かれはてぬぐいに, かれはとこの上, かれはねんいりに, かれははふりお, かれはまたきゃっと, かれはものまねが, かれはやかれあの男, かれはをり, かれふとは思はな, かれへまで来るよう, かれほどの人物であれ, かれますます見畏, かれまでも取って, かれが爲め, かれむが為め飄然として清国漫遊, かれもしくはこれの, かれもと小資本の, かれもの心に, かれやうとしない, かれゆあみなどせ, かれよくこの邑, かれよりぞ巣を, かれらかしこにて相互, かれらすべてはかれ, かれらのしのびだすすきもないが, かれらはいちように手, かれらはじぶんの功, かれらみずからの地位, かれらみな我と等しく, かれらキリスト信者の会話, かれらクレーヴシンを押え, かれら一まきの横行, かれら一人一人の家屋, かれら一同はどう, かれら一統のさし, かれら一門の非望, かれら七人のなか, かれら三名は主人成政, かれら上の世, かれら下役のいい, かれら二十七歳の冬, かれら人類は地球, かれら伴天連一味の者, かれら供の者たち, かれら兄妹にまつわる何, かれら同胞に味方, かれら大学教授たちはこういう, かれら天才作家たちの夢, かれら夫婦ひと月ぶんの生活費, かれら少年たちはつねに, かれら平野に主, かれら幸なき神, かれら志士はいったい, かれら悪魔に取っ, かれら意外にもけさ, かれら我をあ, かれら施物をもて, かれら武人の鞍上, かれら永遠のクロニオーン, かれら浪人の生態, かれら父子に伸ばし, かれら生物学者は一刻, かれら痩浪士に何, かれら皆悲しき墓, かれら皆神の光, かれら監視当直の者, かれら神の家, かれら美むれど, かれら船員は代理人, かれら逐はれしかども, かれら限りなくこの, かれら革命家どもは皆異端, かれら骨肉は重, かれわが言の, かれわれにつれなかれ, かれをはやむその, かれを通じて西国方面の, かれアカイア衆人の彼, かれアドルフは全, かれアレースの裔, かれイタリアの傷, かれカザノヴァ一人その回想録一篇, かれカツとのぼせ, かれスコール艇長はその, かれニーノの後, かれパブスト老は急, かれパラダイスに取り去られ, かれパンダロスリカオーンの, かれヘクトールこれ迄にアカイア軍, かれヘクトール勵ますを汝等耳, かれヘクトール城壁を離れ, かれヘクトール打斃せ, かれヘレネーの嘆息, かれベアトリーチェとともにかく, かれメネラオス急速に彼, かれルチーアを呼び, かれ一二九五年ヴィテルポに死す, かれ一人奉行所へ帰っ, かれ一刀を小脇, かれ一所にしよう, かれ一生の事業, かれ一石これ一石と下ろし, かれ一茶が磨かれ, かれ七年前のかれでない, かれ七日の後, かれ三十人餘同八日之夜徳永式部卿法印, かれ三国ヶ嶽から下り, かれ上り幸でまして, かれ不精を姉妹, かれ中原の一奇才, かれ中国の総, かれ中央に馬簾, かれ中毒るの, かれ丹波まるで朽ち木, かれ丹波一刀を動かさず, かれ水は, かれ乍ら頻に, かれ乍らこれはまた, かれ二柱の神, かれ人民富めりと, かれ今高往く鵠, かれ仙ちゃんは心臓, かれ以外に夜詰, かれ以後今日に至る, かれ伊久米伊理毘古伊佐知の命, かれ伊耶本和氣の命, かれ伊耶那岐の大御神, かれ伊耶那美の神, かれ伊豫の國, かれ何ぞ汝と共に, かれに等, かれ兄大俣の王, かれ兇暴の敵, かれ先刻泰助の後, かれ八十助について語る, かれ八十神この伊豆志袁登, かれ八田の若, かれを持ち, かれ其所に名づけ, かれ其様なに着物を汚すなら, かれ其處から手, かれ内部より打たれ, かれ再び故國イタカ, かれ凋零交旧の絶, かれ出羽ふっと話題, かれ出雲に到りまし, かれ刀もちてその, かれ初々しい真摯さを, かれ初めより無事, かれに天, かれ剛勇のアキリュウス, かれ創作慾をそそられた, かれ勇猛のヘクトール, かれ匍匐進起ひて, かれ北山の方, かれ千餘の魂, かれ南方の三閣, かれ及び三田八に関し, かれを訪れ, かれ友枝は好ん, かれ吾兄にはあれ, かれりたま, かれ和訳すゐんとん万国史, かれひたま, かれ善くかぎりなき, かれ四月の上旬, かれへベタベタ, かれにも出さず, かれ遲摩毛理遂に, かれの教, かれ大倭根子日子國玖琉の命, かれ大倭根子日子賦斗邇の命, かれ大前小前の, かれ大御饗獻る, かれ大殿の戸, かれ大谷は垂井, かれ天皇歡ばし, かれ天皇筑紫の訶志比, かれ天若日子が妻下, かれ天魔太郎年少気鋭で自分, かれも今本, かれ妾兄を愛し, かれ娯楽或は教訓, かれあり才, かれ宇陀の穿といふ, かれ安からぬ, かれ安全に残った, かれ安東仁雄は烏啼, かれ安藤の如き, かれ宗七はいわば, かれ官等や職務, かれくこれ, かれの若, かれ寡婦となり, かれ少し坐り直して, かれ尾張の國, かれ山くずるるも, かれ川内警部にし, かれの御, かれ左京突然妙, かれ左膳うまく海岸, かれ左膳ひそかに心中, かれ左馬太だけが生き残っ, かれ帆村なるもの, かれ帶中津日子の命, かれ日ごろわが家に, かれ常に云ふ, かれ常陸の方, かれく寢, かれ年寄まで船, かれ多かれ願, かれ幾時もあらず, かれ御雷, かれ弟帶日子國押人の命, かれ彼ら罪人は追放, かれ得可しとは, かれ御子代として小長谷部, かれ御歌よみしたま, かれなくながめ, かれ必ずかれの, かれ忠相人間として修行, かれ忽ち起きあがり叫びて, かれ思い患うほど, かれ思へらくおれは, かれ悲しもうに, かれ意富多多泥古, かれ意富富杼の王, かれくと, かれ愛人には怨死, かれ戰禍の基, かれ戰鬪に勇, かれを放ち, かれ攻めこれ防ぎおのおの, かれ政治に参与, かれに囲まれました, かれ文珠屋佐吉こそは, かれ既にみいだしぬ, かれ既に少しく酔って, かれ日向にましましし, かれ日子穗穗出見の, かれ日頃ご自慢, かれ早から來なけれ, かれ易く女蘿柔を以て, かれ春木少年にゆずっ, かれ曙立の王, かれ更にまた還り來, かれ曾婆訶里を率, かれ朝目吉く汝, かれりし, かれ木陰に憩, かれ松陰の肉体, かれの角, かれ梅野十伍は二, かれのこと, かれ欺瞞の陷穽, かれよみしたまひ, かれ此地ぞいと吉, かれ歸つて來ますが, かれんど, かれ残酷無慈悲なる者, かれを迎え, かれ氣味で少し, かれ氣色いとうる, かれ水底に沈み居た, かれは淋漓, かれ汝建御雷, かれ汝葦原色許男の命, かれみなど, かれ淡路重大なこと, かれ淫慾の非, かれ源十郎をどれほど, かれの穗, かれ火燒の小, かれ極をもって, かれすれども, かれ熊曾建が家, かれ爾後また重ね, かれ物言はで, かれ物部の荒甲, かれ特有な執ッ, かれ独立男子の名, かれ独自の死, かれは今, かれるべし, かれ率まつりて倭, かれ生みたまふ, かれ生命のある, かれを蛇, かれ男爵ただ酒, かれの土, かれに, かれ番頭は灰, かれかれ起るべきある光景, かれ発狂せむ, かれせるまにまに, かれ白髮の太子, かれ直に我に, かれ相感でて, かれつ先, かれ矢河枝比賣委曲, かれの上, かれ社会主義時代は来るであろう, かれ祝福をうけ, かれに向, かれ神倭伊波禮毘古の命, かれ禍難をうけ, かれの一夜, かれ秋吉警部には興味, かれな者, かれ程有為転変の生活, かれ稽首の御, かれを貫い, かれ空洞になっ, かれに赤檮, かれひこれ, かれ等はしかしかうし, かれ等みな競ひて, かれ等われより暗に, かれ等二人が敵, かれ等山に行く, かれ等自身の, かれ精根つきて, かれ終生の過りだった, かれ結婚の不可能, かれ給はんとす, かれから腹部, かれ自ら神の永遠的樣態, かれ自若として死, かれ自身何の目的, かれ自身失脚するのみか, かれ自身心配したぐらい, かれにて我等, かれが木, かれ芒きの唄なん, かれを開き, かれ草うず高く積める, かれ草層の上, かれ草板きれなどを, かれ草油これもありったけ, かれ著きながらにし, かれ蚊帳吊るため部屋, かれ涸れ涙, かれ血沼の海, かれ袋探偵の酔払った, かれ介の, かれ見物がてら, かれよさし賜, かれ訶和羅の前, かれ詔らしめ給へらく, かれ詔命のまにまに, かれを交し, かれの魚ども白さく, かれ讒者の言, かれ豆太郎に一梃, かれの樂, かれ豐玉毘賣の命, かれ貧富に隔てられた, かれ賤奴が痛手, かれを固めず, かれ速かれ得體の, かれ遅かれ何時かの, かれ道夫の前, かれかれある, かれ追えて, かれ邇藝速日の命, かれ酒なにど持て, かれ金星超人は四次元振動, かれを以, かれ陰欝な屋敷, かれひて, かれ難く進路一度梶を, かれ難しと雖, かれ顔面蒼白わなわなふるえ, かれを噛む, かれをひい, かれ樓の, かれ高らかに斯く, かれ高座ばかりでなく, かれよ, かれ鼠谷の死体