青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かしく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かけた~ ~かける かける~ ~かげ かげ~ かさ~ ~かし かし~ ~かしい かしい~
かしく~
かしこ~ ~かすか かすか~ ~かた かた~ かたく~ ~かたち かたち~ ~かつ かつ~

「かしく~」 1113, 11ppm, 10065位

▼ かしく~ (143, 12.8%)

5 仕方が 4 ならないの, 見て 3 顔が 2 たまらない, たまらなかつた, たまらなくなりました, たまらぬこと, ならなかつた, 判るまいが, 死にそう, 面目なく, 顔の

1 [109件] ああでも, あなたに, あぶなっかしくて, いけなかった, うかうかとは, うかうか都, ことに, このまま, この押入れ, これまで, しまいには, しまふの, しようがなかった, その面, それにのみ, ただもう, たまらないよう, たまらなくなつた, たまりません, ちひさき女の童, できない, できないの, とても解り, ならない, ならないと, ならなくなつ, はめられも, ふくらが, まゐられません, みの子ぬし, よう着, よく似てる, よく分らない, よく判りません, ポロ, 三階の, 乗って, 云いづらい, 云え, 云えなん, 人に, 仕方がねえ, 他人に, 何にも, 何貫目あります, 假に, 入山さんに, 冷汗の, 出られないの, 出来なかった, 分らぬ話, 包み隠してばかり, 口が, 口に, 可笑しいや, 困つた, 堪へられなかつたが, 堪らない, 堪らない様子, 堪らなかったから, 堪らなさうに, 堪らなさうに呼吸, 堪らぬかの, 堪りませんでした, 外へは, 外出も, 大勢の, 大抵は, 少しも, 彼には, 往来を, 怯氣, 恥かしくて, 愚圖, 書けない, 機嫌の, 此人には, 歩きながらも, 死ぬる, 気が, 気ブッセイで, 澄子さんにも, 用ふる, 真紅に, 着ること, 立すくんだ, 笑つた, 結局は, 耐らぬ, 聞くの, 脇腹を, 腹立たしいよう, 自由自在に, 茶屋へ, 裸體に, 見せも, 見合いに, 見物人たちは, 言えないの, 言えないほど, 言へ, 買えぬ位, 途端に, 酒を, 鏡子は, 面白かつ, 顏が, 顔を, 黙り込んだら校長先生

▼ かしくない~ (121, 10.9%)

7 ように 5 か, ような 43 かね, と思ふ, 立派な 2 かをお父さん, ことが, のか, のかい, のは, のみならず, ものに, 性質の

1 [75件] お人, かどう, から俗, か袈裟, が而, ことは, ことも, そのままの, だけの女, だけの自信, だけの行儀作法, だけの資格, つて風で, でしょう, でせう, というの, といふ気持, と云っ, と力説, と思います, と思うた, と思っ, と思われる, のねえ, ほどな, ほどな華やか, ほどのね, ほどの女房ぶり, ほど若く, までに坐っ, ものだ, ものだろう, もので, ものでした, ものを, や, 中村屋ファンの, 人品と, 人物では, 人物に, 充実した, 出来栄えである, 喜劇, 場合に, 声だ, 大将である, 女だ, 女の, 姿を, 娘さんで, 工場である, 役者に, 戦は, 敵だ, 方法で, 最期を, 服装を, 樣子だ, 死に方, 気品も, 活動は, 男じゃ, 發育の, 相です, 石塔を, 程隠れん坊, 笑ひ, 者である, 聲だ, 訳だ, 贅沢な, 近代的な, 適當な, 酒悔ゐない, 門戸の

▼ かしく~ (106, 9.5%)

5 ないのに 4 あつた, ある, あれば 3 ないの, 無いけれどもと 2 あった, あるし, なくのん, なく能, なく言, なんともない, 媚ある, 歯痒くも

1 [67件] あって, あり, ありごたごた, ありしほら, ありを, あり奇想, あるが, あるって, ある懺悔, いみじき, おかしくも, ございませんもの, ない, ないがね, ないこと, ないどこ, ないのね, ない小説, ない戦争芝居, ない独り者, ない立派, ない萬事, ない誰, ない顔, なかつたの, なくあんな, なく云う, なく人前, なく切符, なく往來, なく後味, なりまた, なる, なるが, 不自然だ, 何ともありません, 何ともない, 何とも思いません, 凄くも, 思いこれから, 感じた, 感じたが, 感ぜられる, 氣の, 清らかな, 無いこと, 無い事, 無く云, 甘い甘い小, 疑わしくも, 痛ましいもの, 美しいお化け, 美しい怨み, 美しい悲しみ, 聞えて, 聞きな, 腹立たしくも, 自らの, 見えた, 見えるそういう, 見たれど, 貪と, 赤い緬縮, 赤い縮緬, 足らぬ時, 鯉かんも, 黒ずんで

▼ かしくなっ~ (44, 4.0%)

10 て来た 2 てき, てきた, てコソコソ, て来る, て眼

1 [24件] て, ておのずと, てくだらない, てしまいました, てしまう, てしまった, てどこ, てはいけない, てもう, て両手, て人, て何, て儂, て妄想, て宝石, て岩, て引返した, て思わず, て来, て結局, て肩身, て視線, て逃げ出したくなりました, て顔

▼ かしく~ (38, 3.4%)

2 つたと, つて顔を

1 [34件] けれど木登り, つた, つたのか, つたのである, つた三月の, つた事も, つた時寿枝は, つた樣子で, つた目を, つてきた, つてそつぽ, つてそんな, つてのどに, つてゐた, つてパンを, つて來た, つて來る, つて其時傍に, つて再び, つて友達仲間を, つて口が, つて吹き出したくなる, つて強ひ, つて来, つて来た, つて来ました, つて来ます, つて独り笑つてゐた, つて眼を, つて私は, つて腹をか, つて舟を, つて顏を, ほなほこ

▼ かしく~ (35, 3.1%)

5 ないの 4 ないか 2 ありません, ありませんか, ない, ないかと

1 [18件] あつた, あるまい, ございません, そこの, ないかい, ないけれど, ないだろう, ないで, ないと, ないよう, なかった, なかつた, なくなるし, なく愉しかっ, 云ふも, 廻転し, 有りませんか, 郷里の

▼ かしくなる~ (33, 3.0%)

3 のである 2 のだ, ばかりで, よ, ような

1 [22件] おのづか, がそれ, ことも, この世界, とすれ, と一方, と苦しまぎれ, ね, のであった, のでした, ほどこまかく, ほどだ, ものです, ものにて, わ, わけで, わね, んじゃ, んだ, 一方家内が, 極りが, 頃であった

▼ かしくなつ~ (24, 2.2%)

191 たので, たり, たン, た或, てしまふ

▼ かしくなった~ (19, 1.7%)

2 のです

1 [17件] お蔭で, からです, から更に, か銘々, がお, それのみ, と見え, のが, のである, のでした, のでしょう, ので湖, よ, ように, わ, 与惣次が, 錆色の

▼ かしくって~ (16, 1.4%)

1 [16件] お囂しい, そちらが, どこやら, ならなかった, ならなくなるから, はらはらさせられる, 人にも, 人目を, 仕様が, 恥かしくって, 我々には, 泣くん, 為方が, 申そうよう, 語れませんや, 顔見られる

▼ かしく~ (15, 1.3%)

11 つた 2 つたこと 1 つたが, つたらしく

▼ かしくなり~ (9, 0.8%)

1 ある時, ことに婦人, 勝ちです, 相だ, 苺の, 銀行から, 障子の, 頬が, 顔を

▼ かしく思ふ~ (8, 0.7%)

2 かし 1 かも知れません, ことも, であらう, でせう, ほどで, やうに

▼ かしく~ (7, 0.6%)

1 ている, てゐなけれ, てゐる, て仙太郎, て居る, て睨む, 祝氏の

▼ かしく思う~ (7, 0.6%)

1 というよう, と詠み, のでした, の余地, ように, 一方なお, 点が

▼ かしくさえ~ (6, 0.5%)

1 ある裾, 思ったほど, 思って, 感じたほど, 感じられた, 見えた

▼ かしく~ (6, 0.5%)

2 お糸 1 女手紙は, 文, 末に, 止めも

▼ かしく思っ~ (6, 0.5%)

4 ている 1 ております, て別れ

▼ かしくつて~ (5, 0.4%)

1 たまらなかつた, なあ, もい, をかしくつて笑, 堪らなかつたの

▼ かしく~ (5, 0.4%)

1 いうより, 十右衛門と, 書いたもん, 書きおさめて, 読みしゆ

▼ かしく思い~ (5, 0.4%)

1 ながら, ながらその, ながらも兎, ながらも脾肉, ながら近づい

▼ かしく~ (4, 0.4%)

2 へある 1 う調べ, へ見える

▼ かしく~ (4, 0.4%)

3 の無き 1 ゆるさ

▼ かしく見える~ (4, 0.4%)

2 のでした 1 のでございます, のです

▼ かしく~ (3, 0.3%)

1 もつた, 職女郎の, 色より

▼ かしくそんな~ (3, 0.3%)

1 事が, 事は, 際ながら

▼ かしくなく~ (3, 0.3%)

1 ていい, とも我が, 書ければ

▼ かしくねえ~ (3, 0.3%)

2 のか 1 なんと立派

▼ かしくはやし~ (3, 0.3%)

3 立つるに

▼ かしく~ (3, 0.3%)

3 ゆく子守り

▼ かしく並び~ (3, 0.3%)

3 て軒

▼ かしく~ (3, 0.3%)

1 な心持, な氣持, らしくても

▼ かしく~ (3, 0.3%)

3 を引く

▼ かしく~ (3, 0.3%)

1 の気, の目, の胸

▼ かしく思つて~ (3, 0.3%)

1 ゐたが, ゐます, ゐること

▼ かしく思はれ~ (3, 0.3%)

1 てならない, て來, 或は更に

▼ かしく思ひ~ (3, 0.3%)

1 て歩行ゆゑ肝心, ながら神経, 往來へは

▼ かしく感じ~ (3, 0.3%)

1 たりした, 以後他人の, 孔へも

▼ かしく横町~ (3, 0.3%)

3 も表

▼ かしく~ (3, 0.3%)

3 へ事

▼ かしく~ (3, 0.3%)

3 はわくわく

▼ かしく話し~ (3, 0.3%)

1 たりした, てきかせた, てゐた

▼ かしくいう~ (2, 0.2%)

1 と肩, までもない

▼ かしくかなしい~ (2, 0.2%)

2 ものな

▼ かしく~ (2, 0.2%)

1 北海道登別温泉の, 哀愁的です

▼ かしくそして~ (2, 0.2%)

1 痛々しく泥, 羨ましく思

▼ かしくそれ~ (2, 0.2%)

1 に心底, を迎

▼ かしくなりました~ (2, 0.2%)

1 から顔, が平次

▼ かしくなるほど~ (2, 0.2%)

1 尻も, 煤ぼけた

▼ かしく~ (2, 0.2%)

1 往って, 往っててね

▼ かしくまた~ (2, 0.2%)

1 しても, 振り向くと

▼ かしくもの~ (2, 0.2%)

2 に狂

▼ かしく~ (2, 0.2%)

1 てと, て宜

▼ かしく且つ~ (2, 0.2%)

1 寂しく翌日, 鋭いもの

▼ かしく~ (2, 0.2%)

1 は名所, も休み

▼ かしく其後~ (2, 0.2%)

2 は物ごと

▼ かしく其樣~ (2, 0.2%)

2 な事

▼ かしく~ (2, 0.2%)

1 に啣, を開き

▼ かしく~ (2, 0.2%)

2 止められたの

▼ かしく~ (2, 0.2%)

1 の瞳, はこの

▼ かしく思った~ (2, 0.2%)

1 から今度, のを

▼ かしく思はない~ (2, 0.2%)

2 ではゐられない

▼ かしく思はれた~ (2, 0.2%)

2 のでじ

▼ かしく思わず~ (2, 0.2%)

1 にいられなかった, にはいられない

▼ かしく思わない~ (2, 0.2%)

1 のが, ほどだった

▼ かしく思われ~ (2, 0.2%)

1 てならない, て来た

▼ かしく恐ろしき~ (2, 0.2%)

1 は飽くまで, 物は

▼ かしく披露~ (2, 0.2%)

2 しながら

▼ かしく朱欒~ (2, 0.2%)

1 の実, の實

▼ かしく枕屏風~ (2, 0.2%)

2 の影

▼ かしく柚木~ (2, 0.2%)

2 を取持った

▼ かしく~ (2, 0.2%)

1 が書かされた, の視野

▼ かしく立ち~ (2, 0.2%)

2 向ひ

▼ かしく笑った~ (2, 0.2%)

1 が, 顔に

▼ かしく~ (2, 0.2%)

2 一源太が

▼ かしく絶叫~ (2, 0.2%)

1 した, した私

▼ かしく見え~ (2, 0.2%)

1 てもまた, 笑つては

▼ かしく~ (2, 0.2%)

2 な顏

▼ かしく高く~ (2, 0.2%)

2 棟さはに

▼1* [315件]

かしくあの蟹の, かしくあまい胸の, かしくあやしげなり, かしくあり物あはれでも, かしくあれでもない, かしくて, かしくいいながら, かしくいうなら自分の, かしくいまいましくいたたまらなくなるの, かしくいまにも肌を, かしくいや一つ窓の, かしくいよいよ明日と, かしくいろめいてみえた, かしくおまけに決して, かしくかつ行きかつ, かしくがたがた云わして, かしくくるしい思ひしたか, かしくこう云ったの, かしくことに最近では, かしくこんな事を, かしくございませんね, かしくさても何如, かしくさびしくって堪りませんでした, かしくさるだけぢ, かしくさわやかにいさましく, かしくしのぶ小稲, かしくその裸身を, かしくその後は物ごと, かしくただ雑草ばかり生えしげっ, かしくたって面白い, かしくちよつとその, かしくっても死骸に, かしくつつましき事身に, かしくつてあなたと中, かしくつてキユウキユウ笑ひ泣きしながら, かしくつて信用できるものぢ, かしくつて厭だな, かしくつて笑ひが, かしくつて薩張解らないやう, かしくつて言はれも, かしくつて近頃の子, かしくてか母が, かしくてといった, かしくてをかしくて, かしくといった全盛の, かしくどうやら魂魄の, かしくなからうといふ, かしくなく若いものが, かしくなったら飛出そうか, かしくなつたんです, かしくなつちやふわあなた, かしくなほなほ落ちつきはらつて, かしくなりおったわい, かしくなりぬ帯に, かしくなりましてね, かしくなりますが何分年, かしくなるだろうと思え, かしくなるまいなるまいとたえず, かしくなる自惚れを語, かしくなれば遠, かしくなんて面白を, かしく祭る今日, かしくえ立派, かしくひたすらに身, かしくひとりで蒲団, かしくまるで何か, かしくもどかしく歎かれ, かしくわざと知らず顏, かしくわたくしはた, かしくわらひながら, かしくイヤ寧ろ恐ろしく, かしくサバサバ云って, かしくシットリと汗ばん, かしくて吹出さず, かしくパッと捲くりあげられた, かしくラエーフスキイにも不面目, かしく一度渡って, かしく一杯に詰まっ, かしく三人同時に斬られた, かしく上気して, かしく下りて五六歩, かしく不吉であまり, かしく不知不識, かしく世渡りができる, かしく頬を, かしく並んでいた, かしく昔の, かしく久米駿公の詩, かしく二階へ駈け上った, かしく云い出したので, かしく云えば機械力, かしく云つてゐたが, かしく云つて直吉は生きる, かしくの来る, かしく人生とは人生, かしくっぽくさえ, かしく仕立てる装飾目的の, かしく他人のやう, かしく何やら魂魄の, かしくへ共, かしく傾きはや灌木, かしく傾城町の風情, かしく先日御送り下さいました, かしく全身を屈ら, かしく八五郎の頬, かしく其道に志す, かしく前歯でパチンパチン, かしく動作のおもしろき, かしく化粧をし出す, かしくめしい本, かしく取り上げて, かしく口惜しい思いを, かしく吊りあげてゐる, かしくは今, かしく含み笑いをし, かしく吹かれている, かしく呟きながら眼, かしく呟くといふ風, かしく呼ぶ中を, かしく唐沢氏はこんな, かしく喋つてゐると, かしく囁いた意味が, かしく囁やくのであった, かしく園絵はお, かしく垂れてゐた, かしく壊れ壊れに成つて, かしくな顔, かしく大きな熨斗袋を, かしく大道を呼歩行こと, かしく夫ゆゑ參らぬと, かしくとも言, かしく婀娜な声, かしく存じ候右の婦人達, かしく家老の処, かしく寂しくうなだれて, かしく寂寞して, かしく寅藏にやり, かしく富士はやつぱり, かしく寒梅寒菊福寿草その他春待つ花樹, かしくられても, かしく寧ろ御客, かしく小菊の枝, かしく崩れて, かしく崩しオークル二十八番の, かしく崩れて岸, かしく崩れた投げやりな, かしく川水に照りそい流れ, かしく巧雲は顔, かしく差置いてある, かしく平凡の資, かしく年ごろの娘, かしく床しきほかに, かしくの風情, かしくを追い, かしく從つて冗談めいて, かしく出精のほど, かしく微吟を放ち, かしく応待した, かしく思いはじめたことも, かしく思いますけれどもほか, かしく思えたことであろう, かしく思つたのである, かしく思つて首でも吊らなかつたら, かしく思はれるからいや, かしく思ひけるにや姿, かしく思ひしとぞ, かしく思ひ出されたりした, かしく思へて耳, かしく思われたか知れない, かしく思われねばなりますまい, かしく思われるほど深い, かしく急いで村, かしく恐ろしく我身は, かしく悠々と白光, かしく悩ましく思はないでは, かしく愉しい日常性と共に, かしく意気である, かしく愛くるしいところの, かしく感じたことは, かしく感じられてならない, かしく感じられるのだった, かしく感じるけれどもその, かしく感ずるのである, かしく成つて多くの困難, かしく成り人間が, かしく成る糺川, かしく成熟した女, かしくる夜, かしく所望した, かしく語らひて, かしく技術の練達, かしく拝見いたしました, かしく挙げ来れば左団次, かしく振り廻す所存は, かしく挽出すを見送, かしく描いたに反し, かしく描ければよい, かしく揺り出しづけさ, かしくり出しづけさ, かしく搦んだ白い, かしく敷き設けてある, かしく明らかに想像, かしく智識を與, かしく暮したところで, かしく暮したいのであらう, かしくらしたもの, かしく更けて行った, かしく書いてあつ, かしく書かれたものが, かしく望みに充ちた, かしく朦朧となっ, かしくに颯と, かしくかな背負, かしく柔和になり, かしくの周囲, かしく横坐りして, かしく横膝に坐り, かしく歪んでゐる, かしく気遣われて来る, かしくで揺れる, かしく深くて探る, かしく渡ると件, かしく澄ましたようで, かしく為しがたかるべき, かしくも婀娜めい, かしくし出して, かしく照らしている, かしく照らしだしていた, かしく熱り頬には, かしく片膝を立て, かしく其人の, かしく現れている, かしく理窟をつける, かしく生々として睛, かしく田丸は思はず, かしく申すに及ばぬ, かしくへば, かしく疑いを起す, かしく病める父と, かしく痙攣するの, かしく発展するの, かしくの紗, かしくも鼻, かしくを揚げ, かしく私たちに覗かせ, かしく種々に色, かしく空虚な無表情, かしくから脱, かしく停つて, かしく立っている, かしく立ったまま舟に, かしくを吹きました, かしく紅くなつて微笑, かしく紺青色に暮れ, かしく結んだ七つの, かしく絵馬をとり上げ, かしく緋縮緬の裾, かしく縋りつかれたからとてそんな, かしく縋れる四ツ目垣一重隔てたる, かしく置いてある, かしく考へない方が, かしく考へれば甚だ, かしくこすりしたの, かしく聞いたのか, かしく育つのを, かしくく見る, かしく掛けながら, かしく腹立たしい気持だつた, かしく腹立たしくなって, かしくもなく, かしく自分を絵, かしく色めいたようすに, かしく花紅葉のほか, かしく苦しいことです, かしく落ちつかない気持で, かしく落下る美し, かしくを撮ん, かしく藤棚の, かしく蜀江錦の裲襠, かしく蜴蟷傘の術, かしく見えたけれども決して, かしく見えますが容貌, かしく解けではあられぬ, かしく解釈して, かしくを入れた, かしく話された述懐だった, かしくつた, かしく説くことが, かしく起きかへらん, かしくをささえ, かしく身ぶりもなまめい, かしく身体を躱, かしく返した胸の, かしく道理を附け, かしく酸っぱいのだ, かしくを揮う, かしく長い刀を, かしく長く留って, かしく間男の意見, かしくすやう, かしく雪洞の蝋, かしく零れていた, かしくわれた, かしく青く光りばさばさ, かしく青年はまた, かしくすこし打ち赤め, かしく面倒臭くなるが, かしくべを垂れ, かしくに翻る, かしく風流でないこと, かしく飛びは乘, かしく飛び移っていた, かしく飛んで来, かしくを延ばす, かしくなどもほつれ