青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かさ~ ~かし かし~ ~かしい かしい~ かしく~ かしこ~ ~かすか かすか~ ~かた
かた~
~かたち かたち~ ~かつ かつ~ ~かつて かつて~ かな~ かなた~ かならず~ ~かなり

「かた~」 8418, 84ppm, 1329位

▼ かた~ (1251, 14.9%)

177 して 64 した 27 するの 19 すれば 16 しました, する 12 したの 11 つけて 10 すること 9 すると, するもの, もって 8 したこと 7 しながら, 教えて 6 したもの, しても, するよう, 知って, 見て, 見ると 5 したので, するから, なが, やって

4 [11件] きいて, されて, したか, したと, したり, したん, しては, するので, するん, する人, 見る

3 [16件] かえて, きめた規則, されるの, したいと, したが, したその, したという, しちゃ, しなければ, するか, するよりも, 主張し, 愛して, 教えたり, 望めども, 見か

2 [51件] こころざして, されると, したって, したで, した者, しないで, します, しますからね, しや, しようと, するでしょう, するという, するな, するならば, するに, するね, するはず, する新聞, する時, たたいて, つけなければ, つけるため, なさって, ならべて, まねたの, みて, ツさんの, 付けてから, 問題に, 変えること, 学んで, 尋めて, 導いて, 感じました, 持って, 指さす, 掛るこれ, 正しいと, 求めて, 相談し, 眺めて, 知らず, 知らなかったの, 知る筈, 示して, 私の, 私は, 考えて, 見出して, 覚えた, 語って

1 [600件 抜粋] あきたらなく, あたらしくする, あまり用心, あらわして, あるとおり, ある点, あれほどに, あんまり自認, いからして, いくらか変える, いたします, いたしません, いたすところ, いままでの, いらざること, いろうたこと, うけて, うち出, おさえて, おしえた, おしえる, おたずねする, おつれくださる, おのずからふるい, おも, おもへ, お人払い, お供の, お召し還し, お呼びしたら, お察し, お笑いに, お許し下さい, かえるが, かきて, かぎつけた時, かぎわけろと, かした, かなりつよく, かの地, かやま, かりに, かんがえて, きめたからには, きめて, きめながら, きめようと, きめられる場合, きめるもの, くんで, けった, ここで, このむ心理, この馬, こまかに, ころすという, ごらんなさい, さげすむなんて, させるよう, されたの, されたもの, される筈, し, したうえ, したかと, したかについては, したかも, したから, したくないと, したし, したそう, したそれ, したため, したとでも, したに, したのよ, したばかりの, したやつ, したらいきなり, したわけ, したベエコン, した例, した大きな, した家, した彼, した思ひ出, した愛人, した挙句, した自分, しって, しつつ, してから, してるぞ, しない, しないこと, しないだらうと, しないと, しないやう, しました井戸, しみじみと, しめし現実, しめし考えかた, しゃんとする, しようとしてや, しようとも, し子供, し得るもの, し特に, し而, じつに適切, すこしばかり, すすめたほど, すっかり切りかえ, すっかり変えなけりゃならない, すっかり観察, すっかり身, すなわちハワイアン, すべきでは, するああ, するいうに, するくらい, するじゃ, するそれぞれ, するだろう, するだろうか, するでも, するとは, するとも, するなよ, するならそれ, するなんて, するについても, するのよ, するひと, するもん, するやう, するゆき子, するわ, する世俗, する人々, する人間, する場合, する子, する心, する方, する時代, する時間, する気, する牛, する男, する男爵, する私, する西洋, そのうち, そのままうけいれ, そのままに, そのものずばり, そのよう, たたいたもの, たたくと, たのんだ, たよりで, ちが, ちっともし, ついた, つかまれました, つきさすよう, つけた, つけたの, つけたばっかりに, つけたらよ, つけたり, つけたん, つけなけりゃあ, つけなければと, つけようぜ, つけられ, つけるあつ, つけるん, つける必要, つける爲, つついて, つづけること, つづけるブレーク, つとめて, といて, とがめられましょう, とみかうみるに, どうしてさがしだす, どうしても抑えられない, どう思う, どんな婦人, なかなかメイエルホリド, なさいましたっけね, なさいますわね, なさったため, なさらずいっそ, なさる, なさるん, なさる方, なし始めたの, なすつて, なんなくもの, のべて, はげしくしました, はじめから, はじめた, はじめたの, はじめてかいま見, はじめとして, はじめるという, はっきり区別, はっきり思い出す, ひき出して, ひとり思い出し, ひやかして, ひろめるという, ふえんすれ, ふんが, へらして, ほんとうに, ぼそぼそと, ぼんやりと, まねし, まねたのみ, まねて, みせて, みる, みんなの, むしろ素子, もたない, もたなくちゃ, もった, もっと巧み, もつかという, もつと, もつもの, もつん, やったの, やつて, やるの, ゆき子は, ゆさぶりました, ゆすぶって, ゆるめず, ゆるめるより, よくおしえた, よくおぼえ, わすれて, わるくお, わるく思わない, われわれに, ウルフは, ソヴェトの, ダンテの, 一度も, 一方に, 万事に, 主張するらしい, 二つ三つ教え, 云々した, 人間の, 他に, 代えちまうん, 任命した, 伏し拝んだの, 会得させられ, 伝授した, 何という, 何故した, 余儀なくさせた, 作り出そうと, 使う, 保の, 信茂は, 俺に, 個人が, 倍加したらしかった, 借りるの, 充分研究してない, 先ずわからせ, 入念に, 公平に, 利用し, 前提と, 十分わかっ, 十分活かし, 危ぶまれ今度, 又怒られる, 反映し, 叩き, 可哀そうに, 台町の, 名づけて, 否定し, 否定する, 嘲笑する, 嚴格だ, 堅くも, 変えたと, 変えて, 変えなければ, 変えるそれ, 変え顔, 変へて, 変へれ, 外から, 失つた, 好いて, 好まないという, 好まないならすすんで, 始めた, 始めたの, 始終にこにこ微笑ん, 子の, 学ぶ読者, 学ぼうと, 定められて, 実あ, 実着, 富岡は, 尊敬する, 導きながら, 導こうと, 小林君に, 少しでも, 屹と, 帳消しに, 強いて変えさせた, 待ち受けて, 御不満, 御両親様, 心元, 忘れて, 快くうけとっ, 怒って, 思いくらべると, 思いついて, 思い出した, 思い出すと, 思い悲しい, 思う存分こきおろし, 思ひいづるもはかなきを行く末, 思案し, 悔まず, 悪くし, 悲しみ後代, 愉快に, 感じること, 感服し, 憂慮する, 我慢し, 我知らずいろいろ観察し, 手がるに, 手際よく, 打ながめ, 承知する, 択み, 持ち合わせて, 持つじゃ, 持とうと, 指令や, 振りかえれば, 換た, 改めさせて, 教えさとすこと, 教えた, 教えたらどう, 教えはじめました, 教えました, 教えられるであろう, 教える師匠番, 教える辺, 教へたり, 日本作家の, 明日の, 昔の, 是認は, 智海は, 更へれ, 書きてぞ, 書記に, 有った人, 根本から, 棋面と, 正しい関係, 正しくない, 歴史的に, 残らずおぼえ, 母上と, 気に, 求めこそ, 求めるゴーリキイ, 汗びたしに, 決するもの, 深く思う, 滑稽な, 為るの, 現代の, 理想的に, 理解し, 生みだしつつ, 生みまた, 留めず, 監督する, 看病する, 眺むるに, 眺むれ, 眺めたとき, 知らされずに, 知らして, 知らず腐らして, 知らない, 知らないという, 知らないの, 知らないのよ, 知らないん, 知らない人, 知りぬいて, 知ること, 知るため, 研究し, 研究する, 示されました, 示すもの, 私が, 私に, 窺ひ, 立体的に, 細工が, 絶たないまでも, 続けて, 考えても, 考えること, 考えるだろう, 考えると, 考え成長, 考へたので, 肯定し, 肯定した, 肯定しはじめ, 能う限り, 自分で, 自分の, 自分達も, 自己批判し, 自身の, 致したの, 荷やっかいな, 襲うこと, 見おろせば, 見くらべると, 見せて, 見たぐらい, 見たり, 見つめもえる様, 見ぬいて, 見まもるよう, 見よ, 見よ恐ろしい, 見りゃ目, 見るの, 見れば, 見習わなければ, 見較べると, 見返ると, 覚えさせて, 覚えて, 観察し, 覺えた, 計って, 計るが, 許そうと, 説明した, 誰にでも, 論じ, 變へれ, 象徴主義と, 貫かれた, 買い被り有頂天, 身に, 追う気風, 送った, 遊戯の, 選びたり, 選ぶもの, 選んだ, 選んだの, 鋭い記者, 間違えるから, 附けたらよい, 青黒い眼, 非人間的, 非難し, 面白く思った, 須美子は, 頬杖に, 頼まれた紀久子, 鳥渡たづね, 鴎外は

▼ かた~ (787, 9.3%)

12 ちがって 10 ない 9 ついて 8 ある 6 わは 5 あると, まだ行縢 4 ありません, あるん, 違って 3 あって, あまりひどい, あるの, あるよう, ないから, なかった, 下手だった, 違う, 非常に

2 [47件] あった, あったの, あります, あるかも, あるならば, あるもの, あれば, かわって, この頃, ございますのよ, ございません, それぞれの, それである, ちがう, ちがうの, ちがうん, ついたと, つきその, ないさ, ないと, ないという, なかつた, なくなるさ, ひどかった, ひどくて, むずかしいこと, わたしに, 下手で, 下手な, 伸子の, 信じがたい, 出て, 問題に, 変って, 変化する, 少し早, 少ないとか, 急に, 悪いと, 惡いと, 既に常人, 残って, 汚い, 無い, 無いの, 現実の, 癇に

1 [599件 抜粋] あたしの, あったという, あったもん, あったらどうか, あったら東京, あったん, あっても, あなたから, あべこべな, あまりにも, あまりに真剣, あまり際だっ, あまり香ばしく, ありそう, ありましたが, ありましたの, ありまして, ありますので, ありませんから, ありも, ありイーストマン, あり五穀, あり染物, あるか, あるが, あること, あるし, あるだろうから, あるという, あるなら私, あるまいかと, あるまいと, あるまいとすら, ある点逆もどり, あんまりひどかっ, あんまり派手, あんまり綺麗, あんまり高飛車, いいなあと, いかにもちがう, いかにも好戦的, いかにも生活的, いくぶん慌て, いけないとは, いずれも, いちばんいい, いちばん足りなかった, いつと, いなければ, いに, いましたね, いまでは, いま申しあげた, いらしたら私, いらっしゃるから, いらっしゃると, いらっしゃるん, いる, いると, うけつがれて, うまい, うまいと, うまいので, うまくいっ, おありです, おかあさんが, おしとね, おそろいであったらしい, おそろしかった, おっしゃったよう, おのづか, お上品, お召し, お望み, お美し, お見え, かえってみやびやかにきこえた, かたい軟かすぎる, かるくては, きゅうに, くだらなくは, ぐっと変っ, ここだけで, ここでなさる, こっちへ, ことさらあら, このぐれ, この代議員, この作品, この構成, この池, これまで, ころされたころされるところ, こんなに評判, ごく自然, ご自分, さけられず求められるよう, さぶ, されたの, されると, されるべきであると, しだいに細く, しっかりし, して, じつにへん, じつにへんてこ, すこし派手, すこし見当, すっかりぎゃく, すっかり気にいっ, すなわちそれ, すばしこかった, ずっと前, ずるくて, そうでございます, そうな, そのかた, その御, その方向, そもそも明らか, それぞれに, それたらぼく, そんな怖い, ぞんざいだ, たいへん違っ, たかくの, たくさんあります, たずねて, ただごとでは, たまたまその, たりないの, だめだ, だんだんあらく, だんだんと, ちがうから, ちがうし, ちがうだけ, ちがうと, ちがうらしい, ちがったところ, ちぐはぐだ, ちょいちょいどっか, ちょいと, ついた, ついたの, ついたよう, ついてるど, つかないうち, つかないから, つかねえという, つきそう, つきます, つき今度, つくかと, つくから, つくこと, つくまい, つくもの, つくん, つこうという, できて, できようが, できるの, とってもじょうず, とても急, とんで, どういうもの, どうこうという, どうしていつ, どうしてわたし, どうであっ, どうもふつうでない, どうも怪しい, どうも面白く, どこから, どんなに苦労, ないこと, ないぢ, ないで, ないでしょう, ないな, ないの, ないので, ないもの, ないよう, なえぢ, なえと, なかつたこと, なかなか気取っ, なかなか用意周到, のこって, のろいばかり, のろいわけ, はげしいため, はびこって, ひどいこと, ひどいもの, ひどくおくれ, ひどくなっ, ひどく他, ひょっくりお越し, ふたとおり, ふと伸子, ふわけして, へただった, へんでした, ほんとうに, ぼんやりし, まえから, まずいので, まずわかい, またいろいろ, またとても, またふるっ, またネコ, また面白い, まだあまり多勢, まちが, まったくわからない, まつたく生きる望み, まどろんで, まばらで, まるでこの, まるでちがいます, まるでちがう, まわりくどからざる, みから, むしろ早, むずかしいと, むずかしいので, むずかしくてね, めんどうくさいの, もうすこし遅かっ, もっともっと残酷, もっと理解, やかましいといふ, やかましいのでね, やっぱり靴, やはり深く, よくそれ, よくわかる, よければ, よすぎる, よみがえらされて, わかりこういう, わかるよ, わたくしに, わたくしを, わたしには, わたしの, わには, われしらず, われながら, イエスと, イデオロギー的でない, エミさんです, トルストイには, プリンスの, プロレタリア的な, ボディーガードです, メグさんで, 一人減る, 一定の, 一種特別の, 一般のよりは, 一通りで, 一部の, 万事気に, 上手くなった, 上手で, 下手い, 不充分だっ, 不愉快でいらっしゃる, 不足である, 世界中に, 云いあらわした本人, 亡くなったとき, 人間では, 人間の, 人間本来の, 今どこに, 今よりも, 今日の, 仏道修行とは, 他動的であった, 付いて, 代表的である, 仲に, 伊豆の, 伸子に, 何か, 何だか妙, 何だか苦しく, 何となくおだやか, 何となし, 余りにも, 作者としては, 例えば, 保てなくなって, 信じられないほど, 個人的な, 兄であり, 先ほど, 全く真剣, 出来たの, 分った折, 分らないみたい, 前に, 加わって, 勉に, 十七で, 卑劣だ, 単純さと, 単純な, 単調無味である, 却ってはっきりと, 却って蔦子, 却って衰退, 原因では, 原稿料を, 又別, 又深く, 可愛い男, 同じだ, 同じ方向, 問題だ, 国の, 在る, 垣根の, 堪りません, 塀の, 変に, 変りとにかく, 多いもん, 多かろう, 夜や, 大仰で, 大分ちがっ, 大変子供ぽく, 大袈裟で, 失われて, 奴隷制から, 好きだ, 好きな, 如何に, 如何にも重苦しかっ, 始った, 存在する, 孝次郎は, 学術的である, 実に実に名状すべ, 実際の, 小商人, 小林さんです, 少しずつ, 少しは, 少し変, 少ないの, 少なそう, 左のと, 常の, 幾とおりも, 強められて, 強調され, 当然いる, 彼自身の, 従来の, 御逗留, 心理的に, 忘れて, 念いりな, 恨めしいと, 悪かった, 悪かつ, 惡い, 惡いからです, 惡いんだ, 憎い, 我々とは, 手に, 抱えて, 拙者の, 文学的に, 旦那さんとは, 早いという, 早かった, 早かつ, 早くなり, 明らかに, 昔とは, 時どきお, 普通の, 書に, 有るって, 朝鮮の, 本当に拙劣, 本質においてば, 村に, 来て, 来られました, 来りゃさむく, 東北の, 柔かすぎる, 格別であった, 楽に, 横の, 次第に細く, 正しいの, 正しかった, 此の, 民主主義なら, 民主的に, 気に入ったもの, 気に入って, 気味がよ, 氣に, 永年の, 決して不正確, 流布し, 流行する, 浅いに, 浅墓, 海の, 減るよう, 漠然とし, 激しいと, 激しくなる, 烈しいので, 無いもの, 無いよう, 無かつ, 無意味だ, 特別怠慢で, 王さまである, 現れなかった, 現代文化の, 現在の, 生きて, 生じそういう, 異っ, 病み衰えた娘, 発展し, 目立ったという, 直ったら現金, 省察に, 真実の, 真直です, 破産し, 社会的階級的な, 私たちの, 私には, 窮極の, 筒井さんです, 精神の, 細かいディテール, 緊急に, 美しい衣装, 考えられるもの, 自分で, 自殺だった, 良風美俗にも, 荒かった, 荒っぽく柔かみ, 複雑で, 見えて, 見えるでしょう, 見たかったの, 見つかったらご, 見られます, 誤って, 誤りであった, 超然と, 足らん, 足りないと, 足りない足りないと, 足りなかったから, 足りなかったの, 身について, 輸入部長の, 近くへ, 近ごろの, 近代に, 遅い, 遅かった, 違いお, 違うこと, 違うだから, 違ったところ, 部屋から, 重い, 重大な, 間違いだった, 間違って, 附きます, 随分違っ, 面白くない, 面白く太鼓, 頭を, 駄々つ, 高め得る方向

▼ かた~ (665, 7.9%)

8 天の 6 中には 5 ように 4 ことを, ために, ないこと, なかに, ほうが, 祖母も 3 あるの, ことは, ところへ, なかには, 中に, 壁には, 板戸を, 潜航艇が, 眼でした, 祖父は

2 [34件] うちに, お命, ごとく, ところに, ない話, ものは, やうに, ようだ, ようです, ような, 上に, 中で, 事です, 人に, 問題だ, 天かな機, 天つみ空に, 小座敷に, 御意見, 拳を, 方が, 日の, 本を, 激しさ, 火勢で, 火焔も, 点で, 犯の, 相異, 祖父の, 空も, 苦しみは, 血潮流れ, 路地口より

1 [524件 抜粋] あいだを, あげつらひ人, あたりの, あやまりが, ある部分, いうこと, いとこです, いらっしゃったこと, いらっしゃること, うえに, うまさ, おっしゃること, おとうさんは, おところ, おとも, おとり, おにぎやかさ, おもしろいお話, おやりなすっ, おんみ, おん焼餅より, おん耳を, お住まい, お供を, お友だち, お名前, お座敷だった, お手, お父さんとか, お約束, お考え, お越しを, お顔, かげに, くいちがいは, くずれた鳥打帽, くせ, くせに, けいこを, こういうところ, こころという, こと, ことあたしが, ことが, ことだ, ことである, ことです, ことと, ことについて, ことやはり, ことジョンと, このご, こまかい津山進治郎, ごとき身浄, ごとき達筆雄弁, ごとくいつも, ごとくに杯の, ごとく一宇, ごとく侍所, ごとく山, ごとく帳附, ごとく流れ, ごとく白い, ごとく老婆, ごとく酒肴, ごとく食したま, ごと涙を, ご出席, ご名声, ご推挙, ご機嫌, さきから, しなやかさは, すこし前方, すべてを, する人, せびろを, そばでしたら, ただ, ためだ, ためなら, ためにも, ついた奴, ついた汚い, つかない一種, つかなん, つくこと, つねとして, できるの, とおり火葬に, とおり考え, ところどころに, ところには, とにかく一部分, どういうところ, どこが, どちらの, ないもの, ない一つ, なえこんだの, なかから, なかにこそ, なかへ, なさること, なまぬるさ, にせものに, のろさ, はい廻る, はかりかた, はげしいこと, はげしいの, はでな, はない, はりこの, ひどいのに, ひびきも, ほうから, ほうで, ほうには, ほうへ, ほうよ, ほかに, ままで, むごさ, むずかしい任務, むずかしさ, もって, ものか, ものが, ものさ, もので, ものも, もの語りも, やうで, やさしいコムソモーリスカヤ・プラウダ, やわらかな, よきもの, よしあしを, わからないの, アナーキスティックな, タイプが, タイプも, テンポの, ナイーヴさに, ヘリコプターへ, ポイントが, モティーヴを, モメントは, ヨリドコロみたいな, ロジカル性は, 一つの, 一大事な, 一室に, 一工夫を, 一面に, 上ぐつを, 下で, 不十分さ創作方法上の, 不十分と, 不当を, 不用意, 不甲斐なさ, 不調和が, 世を, 主観的だった, 事だ, 事である, 事變は, 五六人声を, 人々の, 人々は, 人たちね, 人は, 人数ハ死まで, 今も, 仕事だ, 伝統に, 伯父の, 作品を, 作為性への, 俗悪な, 俤を, 偏向フロイドの, 健康と, 優れたること, 優秀なる, 光の, 全部が, 典型として, 内へさえ, 内奥には, 内容は, 凄まじさ, 几帳面な, 処へ, 出来ない程度, 分別の, 判断に, 割あてね, 力と, 力を, 勝利が, 勤め先き, 区別は, 単純さ, 原型の, 反動として, 古雛, 句は, 右だ, 名は, 名人じゃ, 名人ぢや, 吟味というも, 味方である, 味方を, 呼吸要点が, 哀さの, 商人根性も, 問題だけの, 問題であった, 四方の, 困難さは, 土台は, 型では, 壁の, 変化だ, 変化ばかり, 多くは, 多様さや, 多量さの, 大体に, 大部分, 大難とも, 大雪の, 天つ, 天に, 天伝ひ来る, 天台宗と, 天道は, 奇妙な, 奥さま, 奥に, 奥様が, 女でも, 女としての, 女も, 好いところ, 好きだった, 好きところに, 好奇心を, 如きにも, 如き惡少年, 如く岡先生, 如く愛の, 如く振り返り愚かしき, 如く据え, 如く施物, 如く月下氷人, 如く木曾塚, 如何は, 妙も, 姓を, 姿が, 姿を, 娘御, 存在や, 定らない, 宛て名を, 家でし, 家に, 家臣どもへ, 家財道具が, 寒さ, 寝室へ, 小き, 小ささ, 少将を, 山あ, 山腹に, 巧者によっては, 差異が, 帶水色の, 常と, 幸せの, 床には, 庭か, 弟子と, 強い酒, 強さ, 形の, 従僕たちの, 從兄弟が, 御口上, 御心中, 御本軍, 御機嫌, 御満足, 御無沙汰これは, 御部屋, 微妙さ, 心理的過程です, 必然を, 恋の, 悪い梅川様, 想像は, 意味で, 愛情を, 感情の, 感情を, 態度について, 態度は, 慣例であろう, 或る, 或正直さ, 或面, 戦争に, 所謂完成の, 手本と, 持続力, 掣肘も, 推移が, 文章が, 新しい綜合的能力, 方からは, 方向としては, 方向に, 方向は, 方向を, 方向周囲に, 日影さやかに, 日本の, 旦那様やっぱり, 明るさ, 明確性と, 書いたの, 書き物を, 月に, 月の, 服は, 朝の, 木かげより, 木かげよりも, 未熟さから, 本心については, 本質と, 李俊張横張順穆弘らも, 条件との, 条件の, 来て, 松ふく風の, 柳の, 根が, 根本には, 根源には, 構成の, 様子を, 模範を, 横柄さ, 欠食状態である, 正しいか, 正しさ, 正当さについて, 正当さを, 武門の, 残滓が, 気に入らざる時, 水を, 法則を, 波かげに, 深さ, 混乱から, 混乱が, 混乱である, 減るの, 満月光に, 潜航艇に, 潜航艇は, 潜航艇へ, 潜航艇を, 点, 無いこと, 無い事, 無い人, 父親で, 特別さと, 特殊な, 特色とともに, 独特に, 独立した, 生きたモメント, 生ずるの, 生死にも, 異常さと, 発見である, 皆あれに, 目的の, 相異な, 相違の, 相違を, 真実の, 真理の, 眼つきに, 知れしだい, 社会的な, 祖母が, 祖母は, 祖父とでは, 祖父とは, 神であり, 神を, 秋を, 秋草を, 秘密も, 穴の, 空こぎわたるわれぞさびしき, 空は, 空を, 空色の, 窓より, 窓を, 窮局が, 立脚され, 竹窓の, 竹窓も, 竹若さまとか, 竹薮へ, 竹薮より, 粗雜貧弱, 精しい話, 細帯を, 経験と, 結果が, 縁づたひに下總屋義平出づ, 縁づたひに平九郎が, 縁づたひに深堀平九郎出づ, 習慣から, 考えかたという, 者は, 肚の, 肝いりで, 背景として, 胸から, 胸に, 腕こと翼みんた, 腕では, 自分は, 自在性が, 良さ, 良し悪しによって, 良し悪しを, 色と, 芦の, 芦を, 苦しいみじめ, 苦しみだけから, 萌芽が, 街道の, 表やっと, 表現として, 装置が, 裏には, 要求その, 見事さに, 覺束なく, 角度も, 誤りは, 誤りを, 調子に, 諷刺を, 諸相が, 警官を, 貧しい家, 足りない話しかた, 足場を, 跡なき, 身内という, 軍隊を, 辺の, 迅いの, 追求に, 途上に, 道を, 道筋な, 違いが, 違いだけを, 選択が, 部屋へ, 金色光の, 鋳型の, 限界を, 障子を, 難解さは, 雨の, 面白さ, 順序が, 頬ぺたを, 頼朝崇拝は, 高いところ, 龍が

▼ かた~ (642, 7.6%)

8 ない 6 ありません 4 して, ないと, なかった 3 ますますはげしく, 一つの, 彼に

2 [27件] ありませんか, ここに, これからご, されて, しない, しないで, ないの, ひとりも, みなだめだ, もうあなた, 何も, 八百合の, 出来ないの, 常に頗る滑稽, 当時の, 捨てる事, 日本に, 日本精神という, 月明り, 末枯の, 現実に, 私に, 空を, 野胡桃の, 間違って, 非常に, 面白いこと

1 [553件 抜粋] あたかも巾着切り, あたしが, あっても, あなたがたを, あなたに, あのよく, あまりに一方, あまりに論理的, あまり遠大, ありましょうが, ありませんでしょうか, ありませんもの, ありませんわ, ありません僕, あるけれど, あるもん, あんまり父, あんまり直截, いいわねえ, いかにもあどけなかっ, いかにもし, いかにもアメリカ的, いかにも不当, いくらでも有る, いたしません, いちばん大事, いったいどういう, いったいなんという, いったい間違っ, いっただけで, いつもサイコロジカル, いつも真に透徹, いませんかのう, いまどう, いろ, いろいろであっ, いろいろであり, いろいろです, いろいろ悪い, いろいろ違っ, いわば哲学的理由, うそう, えらい方, おだやかである, おとうさんの, おどろきを, おなつかしい, おぼつかなくあて, おやおやいや, およし, およしなさい, おれが, お小さい, きびしい方, きまって, きまつて, きみにとって, きょうお昼すぎ急に, きらいです, きらいよ, きわめて単純, きわめて浅薄, こ, こうこうという, ここで, この二三年来, この大和島根, この女, この小説, この弘前, この民主主義的資本主義日本, こびを, これからは, これも, ございませんが, さすがに, さまざまだ, しっかりし, しても, しないし, しないの, しなかった, しねえもん, しまい, しまいと, じつは秩序, すこし度, すっかりわかる, すべてを, ずいぶん気まぐれ, せき立たない考え, せぬまでも, せまいわたし, そういうもの, そういう生活, そういう風, そこい, そなたでござった, そのこと, その一方, その作品, その分, その宝石, その方向, その時司会, それが, それぞれちがいます, それぞれ就職の, それである, それとは, それの, それは, それ以上の, そんなふうに規定, たいしたもの, たいへんな, たしかにりっぱ, たしかに水, ただただコオク自身, ただ一点, ただ世相, ただ事では, ただ私, ただ銀行, たった二十こと, たつぷり, だまって, だんだんひどく, だんだん大きく, ちがって, ちゃんとご存じ, ついにまだ個人, つき進んで, つけますから, つまらないほんとに, つまり道徳的潔癖性, できない, ときどきあんな, どういうの, どういうもの, どうかしら, どうこうという, どうしても白髪, どうでしょう, どうなりました, どうも行き, どうも飛んだ, どこから, どこにでも, どこまでも, どっちにでも, どなただ, どなたでも, どの民族, どんなこと, ないけれども, ないでしょうか, ないもの, なかつた, なくなった, なりたたないの, なんでも, なんとおっしゃいます, なんとで, はっきりと, はる子に, ひと思い, ひと通りや, ひどうございました, ひどかった, ひどくいらいら, ひどくて, ひどくはでやか, ひょっと本当になさる, ほとんど刻々と, ほんとうに, ほんものだった, まことに, また別, また格別, まだ日本, まったくがん, まるで天使, みずから一流をは, むしろ邪道, むずかしいの, むづかしいのです, むろん賢明, もうこの, もう一時間以上, もう人間, もう昨今, もう長い, もっと低い, もはや私たち, やはり図, やめましょう, やり切れない, ゆるみの, よくない, よく御存じ, よけいに, よしそれ, りっぱな, わかったろう, わからないね, わたくしを, わたしが, わたし自身としては, われわれには, ゐないか, イヌや, インテリ的で, カロリナ刑法から, キイの, クラムの, クラムのと, シュープレマチズム無, デュウイの, ナニ子供の, ノッピキの, ハッキリ目, フレッドさん独得の, プルーストや, プロレタリア文学に, プロレタリア文学運動時代の, メグで, メグを, ヨウロッパに, リズムの, 一つ一つの, 一層とき, 一知半解で, 一般女性の, 一風あっ, 丁寧だ, 上体の, 上流社会の, 不正でない, 不謹慎だ, 不賛成と, 中村警部の, 乱暴だ, 二つとも, 二十年後に, 二度とくりかえされ, 五十くらいから, 人生に対する, 人間の, 今でも, 今までよりも, 今も, 今日の, 今東洋の, 今非常に, 以前の, 伸子が, 何かの, 何と, 何という, 何となし, 何ともゆき子, 何と仰し, 何んです, 余りに乱雑, 余り詞, 佛自身で, 例外だ, 例外でした, 個性的とは, 僕の, 僕自身も, 優美な, 先生の, 全くいいかげん, 全くひどく, 全く古典的, 全く自他, 全然人, 兵隊に, 内科と, 冗談だ, 冷淡だ, 出来ないこと, 出来ないよう, 出来なかったろう, 初めは, 前の, 勿論生活上, 區分し, 千差万別する, 危くすれ, 厭な, 去年と, 又格別, 古い頃, 古典作家たとえば, 只事では, 可笑しいでしょう, 可笑しいのよ, 各, 同じお, 同じだ, 唱って, 國の, 壮麗と, 変えられなければ, 変らない, 多計代, 夢で, 大きらい, 大変な, 大戦前, 大抵そら, 大違い, 太子で, 太陽は, 女からの, 女の, 女房友代への, 好まない筆, 如何にも惶, 妥当でない, 妾が, 実にリズミカル, 実に人間, 実に成功的, 実に早く, 実は適切, 実際たいした, 実際的, 家の, 家庭でも, 實に, 尋常でなかった, 小説に, 小野の, 少々ピントはずれ, 少しひど, 少し可笑しかっ, 少女たちについての, 幸子や, 幾分にげ, 弟である, 弱かった, 後者の, 御夫君, 御異存, 御自分, 必しも, 忘れて, 思想を, 急であった, 悪くなかった, 悲しい時, 愉快でなかった, 感銘的で, 慇懃で, 成功した, 我々の, 或は貴方, 或人, 或意味, 戦争の, 折りまわして, 放擲し, 政治は, 教会が, 文学そのものの, 断食芸人が, 既に我空想, 日本的水準で, 日本語の, 明白に, 昔から, 昔流儀の, 是非一讀を, 時によって, 時代によって, 時勢の, 暮しかたは, 有った, 有暇青年風, 東洋一環の, 板羽目にて, 果も, 格別じゃ, 極めてメロドラマティック, 様々複雑です, 権太に, 正当だ, 正当でない, 殆ど欠け, 母の, 母上とは, 比田の, 民族の, 民衆に, 気狂いじみてた, 永久革命説にも, 決してしない, 決してその, 決して不器量, 決して偶然, 泰造や, 溌剌として, 激しいという, 無いと, 特別な, 猛烈よ, 珍しい, 現象主義で, 甚しかった, 生活の, 生活一新の, 生活的であり, 申しあげるまでも, 男の, 畢竟この, 異例であり, 痛切です, 皆いい, 皆その, 皆前, 益々つよく, 相応わ, 眺めて, 眼の, 知って, 知らないけれど, 確かに, 社会人として, 社会状態という, 神代史の, 神西氏の, 私が, 私たちの, 私としては, 私どもが, 私は, 私らしすぎる, 第二巻, 箔が, 簡単でない, 粗に, 純粋だって, 素子と, 素子の, 素朴だ, 絵を, 絵様としては, 続けられて, 腕と, 腹を, 自分の, 自然で, 自由で, 致しますけれども, 興味深く例えば, 船の, 船中で, 芸術至上主義に, 若いに, 莫迦に, 著しいに, 被虐的すぎる, 複雑で, 要するに頭, 見られなくなり連尺商い, 見ること, 観念論者ボグダーノフ流に, 言語に, 詩的な, 認められたが, 読んで, 誰か, 謂わば, 賛成と, 身も, 辛い思い, 農民作家共通の, 近代文明が, 逆です, 遅れたドイツ, 過去を, 違うと, 郷士達と, 都会に, 酒を, 金の, 間接的で, 間違った方法, 限りも, 随意に, 露骨だった, 露骨で, 頑丈で, 飛騨なぞとは, 骨の, 高尚な

▼ かた~ (506, 6.0%)

18 なく消え 16 ない 11 なくなって 7 なく消え失せ 5 なかった 4 ある, なく消えうせ, なく消失, なし 3 あるの, あろうが, ないの, なかつた, なくな

2 [16件] ありましょうか, あります, あるか, あると, いくらか, うまくない, この節, ないうそ, なくなるよう, なく亡び, なく忘れ, なく忘れつくし, なく焼け, なく道, 単純で, 無事に

1 [386件] あった, あったの, あったわけ, あの関節, あらず, あらぬ, ありましょうけれども, ありません, ありませんでした, ありませんわ, あり得る, あるかと, あるが, あること, あるこの, あるでしょうが, あるのに, あるまいが, あるまいと, あるまじ猶, あるもの, あるわけ, ある宴席, あろう, いいが, いい出せない, いい気もち, いく分合点, いけなかったん, いろいろで, いろいろです, うなずけます, おしえて, おのずから会得, おのずから内容, おみえ, かるくふたり, きびきびと, きびしいお, きびしくは, きびしく水際立っ, この, このお, この男, ございましょうが, ございますまい作事場, ご存じない, しないの, しなかった, じつにうまい, すっかり変っ, すべての, するらしいし, すれて, ずっとおそく, そこには, そのままでし, そのリアリティー, その人, その着物, その話し, それぞれの, それぞれ違う, それには, それほど低く, だんだんと, ちがいますから, ちがう, ちがうという, ちがう人, ちゃんと会得, ちゃんと研究, つねにかんどう, できないこと, とうてい宮門警手, ともに進展, どうか, どうぞ, どうぞいつ, どうも自分, ないうわうわ, ないが, ないくらい, ないこころ, ないさ, ないだろうよ, ないのに, ないほう, ないほど, ないまでに, ないもの, ないやう, ないウソ, ない丸, ない例, ない嘘, ない壊滅, ない夢, ない娘, ない庸, ない廃道, ない悶々, ない想い, ない水, ない美女, ない藍ばん, ない虚空, ない通り, ない野, ない顔, ない風説, ない黒背皮, なう鬱陶, なかつたが, なかつた時, なかなか巧み, なきいつわり, なきわが子, なき思い, なき水脈, なく, なくする, なくその, なくたたきこわし, なくとれ, なくなったが, なくなった古い, なくなめらか, なくなりました, なくなり反古, なくなり残り, なくなる, なくなるもし, なくなるもの, なくなる時分, なくなる様子, なくはれわたったが, なくふきとばされ, なくほか, なくケシ, なくコワされた, なく一つ, なく刈り取られて, なく取払われ, なく吹きとばされ, なく吹き飛ばせる, なく呉軍, なく壊れ, なく変っては, なく失われ, なく如才, なく姿, なく少年探偵団, なく山上, なく帳じり, なく引きたおされ, なく引っ, なく当時, なく徳川勢, なく忘れられ, なく打ち壊され, なく打壊し, なく攻め, なく散じ, なく散りはて, なく早川, なく晴れる, なく洗, なく消えうせた, なく消えさった, なく消えた, なく消えゆけり, なく消え入る合図, なく消え去って, なく消え去るよう, なく消え失せた, なく消滅, なく溶け, なく潰れ, なく焼かれたまえ, なく焼き, なく焼けほろび, なく焼け落ち, なく焼失, なく片づい, なく破壊, なく私, なく緩み消え, なく縁下, なく葬って, なく薄らい, なく赤, なく闇, なく陋巷, なく青い斑点, のういぶせく, のこらないという, はげしかった, はなはだしく鬼気, はやかった, ひとつの, ひどく日本人離れ, ひろがりを, びっくりする, びっくりなすっ, ふわついて, ぼくの, またはやかっ, また無意義, まづかつた, みごとだ, みな叡山へ, みょうにいきおいが, みんな自分ひとりでく, むずかしいもの, めずらしゅうございます, やはり, ゆたかに, よくない, よく似, よく知らなかった, わかって, わからずに, わかりすらり, わかりは, わかるでしょう, わるく庭, ネコに, ネーレカントであった, バランスが, 一々警察, 一日ましに, 一般に, 一面に, 不快であった, 乱暴な, 亦ちがう, 人間の, 仄かに, 今度は, 会得した, 何か, 何となく中間小説作家流, 侍りき, 先頃は, 出来て, 出来ないこと, 分って, 分らなかった, 分るけれど, 初めの, 前と, 動きも, 動作も, 又それなり, 同時的に, 同様だ, 同様也, 喜劇を, 噂し, 四十面相とは, 執念めいた, 変です, 多種多様で, 多計代, 大きな暴風雨, 大して苦労, 夫婦は, 女が, 好意が, 安心いたし, 安積辺とは, 導き出されて, 少からず, 少しせかせかし, 少しふざけ, 尽きて, 強く立派, 形式的な, 彼等の, 彼自身の, 心得たもの也, 心配という, 忘れて, 念を, 思潮も, 恩田さんの, 悪いし, 成り立つであろう, 或る, 戦争に, 捕捉し得まい, 控えめで, 教えて, 敬虔が, 敵討以上な, 日本の, 日本語も, 早いです, 明るくて, 明治から, 明治初年の, 明瞭に, 是れ, 服装も, 本当でない, 柔和な, 格別だった, 桁外れに, 次第に立体的, 正当である, 歩き方, 残さずに, 残さねえでゆうべ, 残って, 民主主義でなけれ, 気を, 汎ヨーロッパ主義だ, 泳ぎかたも, 深刻である, 滑稽に, 無いそう, 無かりし, 無きもの, 無き戀, 無く消え失せた, 無く消失, 無く破れ了ん, 無く静, 無し, 無駄な, 理解する, 甚しい, 生まれたわけ, 生んだの, 男として, 癪に, 皆を, 目撃した, 直義へは, 真似手が, 着物や, 知って, 知らずでたらめ, 知らないし, 知らぬ出鱈目さ, 示して, 神の, 私は, 筏の, 経験も, 総て作者自身から, 考えかた, 肩の, 育つ故, 自他ともに, 落ちついて, 行きつくところ, 行われたの, 行われて, 見えた, 見えて, 見えないので, 見えなかった, 見えなかったが, 見えなくなって, 見えぬまで, 見えぬ窓, 見えまして, 見せず行方, 見といて, 覚えこれから更に, 覚えれば, 親愛です, 試みられて, 誤って, 読んで, 起きて, 距離の, 辛辣だった, 近く程, 追, 違つて來ては, 面白いこと, 面白いね, 飯の

▼ かた~ (462, 5.5%)

7 あつた, ござります 5 ござりまする 4 ござりました, ジリジリと 3 それを

2 [11件] ござりましょう, やって, やるの, わたくしは, 伸子は, 國を, 地どり, 彼女は, 自分の, 見て, 試みるの

1 [410件] ああおせ, あなたに, あらうと, あれこれと, あんなに嘉吉, いいこと, いい味, いえば, いえ女流文士, いくらか, いらっしゃいましたもの, いらっしゃいます, いろいろない, うれしさ, おいて, おこたって, おまえが, おれの, お婆さんは, お書き, お笑いに, かえって強く, かえって旅情, かげの, かためたよう, かりに私, かれら, きいた, きくの, きりきりと, くり返し歩き, こういった, ここより, こちらに, ことごとく陶酔, ことも, この一ヵ年, この欲求, この男, この秘書, これは, これまで, これまでも, これらは, これを, こんな詩, ごくごく内気, ごくそば, ござりまし, ごまかす, さそって, さらに前, されなければ, しばらく生き, じぶん, じりじりと, すぐに, すっと立ち上がった, すみませんでした, すむもの, ずっと以前, せうか, そこが, そこでは, そこに, そこを, そしてちょっと, そのハンカチーフ, その命令, その橋渡し, その活動, その運送屋, それから, それは, そんなこと, ただ一つ, たちまちひかり, たちまち六人, だ, だいぶ違, だれにでも, だんだんこちら, ちがって, つや子が, では, でも, とうとうみんな, とにかく海岸伝い, どうしても倫理, どつ, どんな歴史, どんな範囲, なにか, なめらかに, ね舟, はありません, はある, はござりませなん, はっきりさせられ, は一種, ひとりの, ひろ子は, ふかした, へえそんな, ほめれば, またあらゆる, みごと逃げ, みっともないが, めったにひと, もうこれ, もう少しの, やすくて, やったかも, やられて, やる, やるこの, やろうなどと, ゆっくりと, よりよい, らちく, わかったの, わかって, わかる, わが人生, わきの, わたしたちを, ゐたが, ゐただけに, エレーナに, キルクは, コツコツと, スーッと, ソロソロと, チビリと, ドイツ語の, バルザックの, パラオへ, ヒョッコリヒョッコリ歩い, ベッドに, ヨタヨタと, リップ・ヴァン・ウィンクルを, リ・リ・リと, 一寸おどろきました, 一生を, 一直線に, 一種の, 万歳ね, 万象の, 三人は, 上りが, 上京し, 上意討を, 下宿へ, 不信任の, 不意うちを, 与謝野晶子から, 世界じゅうに, 両方から, 両腕, 中断される, 丹那の, 久喜で, 事柄が, 云うの, 五郎が, 五郎吉の, 享楽したい, 人に, 今やっと, 今中は, 今夜も, 伸子に, 伸子らが, 低い女声, 体系づけ, 何とかお願い, 何杯も, 作って, 作者に, 使わせようという, 俺は, 停電し, 傾けた傘, 働く者, 僕きつねに, 光の, 光丸の, 全くちがう, 内庭を, 冬木は, 出口が, 分って, 刻々に, 力いっぱい風, 加野は, 半分ほど, 博士に, 却って妹様, 去年元服を, 反抗した, 口に, 口の, 口や, 古い人, 各自の, 吉之助が, 告白した, 呼び格別, 唾と, 善良な, 四十枚余かい, 国全体の, 国際的な, 城へ, 堂島の, 変って, 大きい手, 大きくなっ, 大人の, 太い首, 夫人を, 女という, 女は, 女主人の, 女房を, 孝次郎は, 学校でも, 実にわかる, 実施しよう, 実行し, 富岡は, 寧ろうきうきした, 寿永二年七月二十四日の, 小林君の, 小柄な, 小荷駄馬へ, 少からず, 尻尾を, 巧みに, 広い影響, 床の, 床板を, 底なし, 座席が, 庭に, 庭の, 建てられてる, 弁護士の, 引ツ込ん, 弾くこと, 当時の, 形態化し, 役目を, 彼が, 彼一人の, 彼女を, 忽ち本質, 急に, 恋愛と, 愉快にも, 意中に, 感動を, 感歓し, 手まわし, 払ってるの, 数の, 数寄屋橋の, 新刊本, 新鮮さを, 日本の, 明治初年の, 昔の, 是非ともおれ, 時々柱時計, 時代を, 暫くそこ, 暫く口, 書いたらさぞ, 書いた本, 書いて, 月経帯が, 未来を, 本心から, 本箱の, 机越しに, 権力者が, 樹から, 死にたくなった, 残された一羽, 殺されいわば, 母という, 母に, 母屋の, 民子に, 民族化し, 注意を, 深く噛みこなし, 測量技師が, 満足しない, 無く正直, 煙草を, 煤けては, 猛暑の, 現実の, 現実生活を, 理論化し, 生きて, 生じて, 生活に, 生活の, 生産工程の, 用件を, 男手ひとつだ, 病院の, 皆が, 監視人たちに, 目は, 相談はじめた, 眼付が, 砂いや, 示される役人たち, 示しあうの, 社会一般婦人一般文化文学婦人作家という, 私どもの, 私の, 私を, 穢されること, 突き刺すよう, 笑った, 答えた, 素子に, 紹介し, 終日枝落しや, 経過したい, 絶望させた, 綾衣も, 縫いながら, 縫ったところ御覧, 縫子も, 美味そうに, 考古学の, 肉体の, 自分でも, 自分に, 自分を, 若い人々, 苦しいよう, 苦労する, 苦沙弥先生しばらく, 茶碗に, 菊池さんが, 落度が, 蓮月焼は, 蜂谷は, 蝶子の, 血の, 行くつもり, 行く間, 行なわれて, 表に, 表現し, 表現する, 表現すれ, 襖が, 見せて, 見た場合, 見た最初, 見ると, 解放運動の, 解決する, 記念事業が, 話した, 話すの, 語ろうと, 論理が, 諸大名, 謂わば, 謝びていたものでもあったろう, 護れる限り, 赤つ, 足台を, 車窓に, 近ごろも, 近所の, 逆宣伝, 通信し, 遂には, 選手の, 重いもの, 重吉は, 銀行利子と, 鋭く金属, 鏡台の, 闘犬みたいな, 障子に, 雑誌の, 電気鳩は, 面白いと, 面白さ, 靴を, 頭を, 顏いろ, 顔いろ, 風向きが, 食べものを, 食卓の, 養われて, 高く笑った, 鯨の, 黙って

▼ かた~ (456, 5.4%)

8 なって 6 して 5 就いて 3 したがって, しては, なる, なると, よると, 入る, 向ひ

2 [21件] しろ, なるの, よれば, 一つの, 不快を, 似て, 何か, 去る, 反対し, 向って, 売られて, 我々の, 文句を, 於て, 日を, 気を, 生ひ, 私は, 金を, 飛べるかな, 高き石

1 [374件] あがる鯨, あさりても, あずけて, あたかも似, あたしの, あったらしいと, あなたさまの, あらわれて, あらわれれて, ある, あるだけとさえ, あるという, あるの, ある見通し, あろう, いそしむを, いためられて, いまさら楯, いよいよひきつけられる, いろ, いろいろ異なった, おかれた彼女, おったまげ, おつきそい申し上げ, おもくとも, おもねろうなどと, おやさしいかわいい, お逢い, お願いし, かかって, かかわって, かかわりなく, かくれて, かけた, かけて, かけながら, かけると, かなう法, きこえて, くぼみたる階, くらべたら私たち, ぐったりと, こう頼まれた, こだわらない気安, この地方, こんなこと, ござりました, しても, しろやはり段々, しろ私, すがりついて, すぎなかった, すこしむかつい, すつかり, すむ海人, する何もの, すゝみきたれ, すゝめ, すゝめり, ずるさ, せんとのう, そっくり, そのお, そのカメラそのもの, それだけの, そろそろと, たじろいたの, たって, たのむと, たまたま乞, だまって, つながる御え, とどきました, とられて, とられ家財, とらわれず素直, とらわれて, どうしてお, どうぞよろしく, どちらが, どんな作用, ない現実, なったの, なったのよ, なつた, ならなければ, なりまた, なり即, なり地声, なるでしようよ, なるに, なるん, ぬれそぼち, のぼって, のみうるほふ涙, はか, はまってるに, はまるか, はまるにも, はめこんで, はめて, ひかりまち穴八幡, ひかれる心, ひとこと, ふきつけて, ふれて, ほとんど不安, まかせ自分, まだ一遍, まろば, みふね, むかでしらる, むかひたれば, むかひて, むかひゐたりき, むかふを, むけたり, もう一歩つき, もたれかかった, もとづくの, やさしいおじいさん, やはり私, よれは, わたくしは, アッピールした, コントラストを, サト子は, スケールが, タイプを, 一つ一つの, 一度会っ, 一貫した, 三人の, 下手な, 不満を, 丸太の, 乗って, 乱れ飛ぶの, 二た, 二人共通な, 互の, 人間として, 今度はかいって, 今日も, 介入する, 仏壇その, 付いて, 会って, 会っては, 伝え嗣がれて, 似た風, 低き垣, 何とも云えぬ, 何の, 佛壇あり, 來れり, 來れる, 例えば時間, 保が, 借金主の, 充分に, 入っては, 全くあなた, 全く性格, 全然予見, 全然欺, 共通の, 共鳴し, 出会って, 列柳城という, 別な, 別に感情, 到達し, 前と, 創造的読みかたと, 加勢する, 動かされると, 勝ちて, 匂ふ, 化けさせて, 区切りを, 原因が, 又一つ, 反対した, 反対する, 反対を, 反撥し, 取ったか, 取られるという, 取りに, 取る一家, 古びやうに, 可笑み, 向いて, 向う感情, 向かって, 咲きむれて, 問題が, 困ったこと, 固執した, 坐して, 坐りこみほか, 執してい, 基づくもの, 堪えないよう, 変った, 変化を, 多少の, 大いなる土竈, 大げさな, 大した奇, 大勝利, 天地の, 天女を, 女としての, 女は, 妻子を, 嫁ぎたがる心持, 子供寝台まで, 安心しき, 宋江は, 寄せて, 寄宿し, 密着し, 寝転んだ, 導かれるという, 導く糸口, 尾世川さんの, 履いて, 山のよ, 己は, 庄太郎の, 床の間これに, 床の間つ, 引返して, 強く共感, 影響した, 影響を, 役立てようと, 彼は, 彼女は, 往くに, 後者の, 従うと, 従わない人, 御用心, 徹したもの, 心とどめた, 心を, 心留めた, 思えた, 性格の, 恥かしい, 恥を, 意識された, 愛情が, 感動し, 感歎も, 或いは主題, 手渡しすりゃ, 抛り出して, 抵抗が, 押し遣, 支配された, 日は, 日本人的な, 早川の, 星の, 普遍性を, 最も多い, 最近は, 枝折戸あり, 柳が, 根拠が, 止れば, 武士たちの, 歩みつ, 歩調を, 歸つてゐ, 殺されたらと, 比べると, 気持の, 水引の, 永い未来, 決してゴマ化, 注ぎたれど, 流るべきかを, 湧ける霧雲, 潮満ち寄せる, 特徴が, 王子も, 現れて, 疑惑を, 益々自分一個, 相手の, 相違あるまい, 相違なかっ, 真の, 真実を, 真珠それから, 眼を, 研きを, 示されて, 私たちの, 私の, 私も, 科学のより, 秘密が, 移り行きて, 移ること, 稍, 稲子さんの, 窪みたる階, 立って, 笑う, 笑えた, 笑みかたまけ, 答えするの, 筵を, 篠笹が, 約束の, 納得ゆかぬ, 終始し, 絡む様々, 聞えるに, 聲を, 腹が, 腹の, 腹を, 自分は, 至っては, 興味を, 花の, 葉が, 葭簀張の, 蔦子も, 行かむ, 表現されなけれ, 見出されるべき新しい, 覚醒の, 言ひもて, 話して, 誇張する, 買いとられては, 赤間が, 足場を, 跟い, 較べての, 近代人としての, 迷ったこと, 追いこんで, 追従する, 遊びその, 道を, 遠ざかりぬ, 適合した, 適応する, 避くる, 金持ちに, 釣り込まれまいとして, 閃いたニュアンス, 阿波方の, 降り行きて, 霧立ちこめ, 音する, 響く騒然たる, 顔を, 顧問に, 飛び去った, 馴れないもの, 驚かないもの, 驚くので, 麻痺させられず, 黄色い厚い留櫛

▼ かた~ (174, 2.1%)

3 なって, 音を 2 いいます, 一緒に, 御いっしょ, 思って, 草原の, 馬車の

1 [156件] あって, あります後者, いいますと, いい一点, いうに, いうべきでは, いっしょで, いったらなかっ, いったらなく, いはうか, いわせて, おなじである, おなじみに, おふたりほか, お口, お約束, お茶を, かつてあった, かなり面白い, きたら立って, くみうちし, くらべて, この細君, ご一緒, したって, して, する態度, そこからの, そこに, その各, その変化, その文学, その苦悩, それから先, それを, そんなふうに考えた, ちがう生活, ちがえた方, ちがったもの, ちょっとちがっ, どうちがう, どこか, なにかいわく, なりました, にやにやした, ぴったりし, みゆるな, ものを, やくしかた, わたしどういう, オオドゥウの, ガリレオ的な見, ゴーリキイが, ジャーナリズムという, チャンスによっては, ツルゲーネフの, フンガイし, モラルとが, ロシア固有の, 一度も, 一緒だ, 丁度今, 上原さんは, 下駄の, 云いかた, 云いながら, 云い今, 云うもの, 云うよう, 云えば, 云ったら, 云ったら申すまでも, 云っては, 云ふ, 今日知りし, 仕事の, 他の, 体だけでの, 何たる相, 何やら嵌込む, 先生の, 全く同じ, 全然異なっ, 内容とで, 判断生活に, 千万歎く, 半襟の, 友だちであった, 反映的よみかたと, 口調とが, 同じで, 同じ意味, 同時に感じ, 同樣, 唇の, 喧しい響, 嘆けど, 堅い靴, 大家に, 大胆に, 女性の, 妥協し, 婦人が, 密接な, 導かれかた, 少ししのぎ, 帰って, 幕府の, 床に, 強く響いた, 思うと, 感情との, 扱いかたが, 教育の, 文学とについて, 時間との, 本当の, 椿の, 機械文明が, 正反対で, 正反対であります, 歩を, 死ぬこと, 比較し, 着物の, 竹丸様と, 符合し, 結婚します, 結婚する, 自ずから異なる, 自然主義的現実曝露の, 芭蕉の, 芽出度く, 見えるその, 言いますもの, 言い眼, 言葉とが, 話が, 話して, 読者にとって, 逢うの, 連れ添うもの, 過ぐ, 違うゆれかた, 金具を, 雰囲気とが, 静に, 面だましい, 響いて, 飛石を, 駆出す音, 鳴くに, 鳴った, 鳴らしざま, 鳴りました, 鳴る機関銃

▼ かたまり~ (154, 1.8%)

5 のよう 4 になっ, もいく 3 となっ, も鉄砲丸, を, をなし, を見 2 がある, を合せた, を崩す, を押し分け, を指さし, を絶えず, を見る

1 [112件] からかれ, からまず, があった, がくずれこんだ, がとびかかっ, がひと, がキラキラ, がゴロン, がパッタリ, が一直線, が出来上った, が土堤, が大きい, が散っ, が次第に, が歩い, が水, が矢, が転, が頭, が風, が食事, で胸, という工合, としか見えなかった, となり, にさっと, になった, の底, の漂う, は見えない, も過ぎ, も鐵砲彈, をあちこち, をあてがった, をうみ, をうんと, をおし, をおしのけ, をかくし, をかくした, をかっぽ, をけずった, をことごとく, をころがした, をじろじろ, をすっかり, をそっと, をその, をたくさん, をちぎり取っ, をつまみ上げる, をとりだし, をどこ, をのす, をのせ, をひろった, をぶつけられ, をやっと, をゴム長, を一つ, を並べ, を作っ, を作りました, を出す, を出来る, を前, を加える, を包んだ, を卵起し, を取出し, を叩きつけた, を吐くじゃ, を大きく, を庭, を引ッ, を思い出し, を思ひ出し, を投げつけ, を投げつけた, を持ち歩い, を持っ, を持つ, を捧げられた, を捨て, を揉みほぐす, を日, を景季, を朗らか, を次, を源四郎, を片手, を男, を眺めない, を粉々, を置い, を考へる, を胡桃割, を落した, を衝きやぶっ, を見せつけられる, を見せ出し, を見た, を見ちゃった, を見つめた, を見れ, を見出した, を貰, を赫, を踏みつけ, を閂, を風

▼ かた~ (146, 1.7%)

14 去る 11 立去る 5 引返して 4 行きか, 逃げ去る 2 また声, ゆくほどに, 向きて, 歩みよりぬ, 温柔の, 行く, 走り去る, 首さしいだし, 駈けて

1 [90件] うすれて, うつりたまいぬ, うつり玉, うらみを, おあずけ, おかえりあそばす, お渡し, さびしき, ずかずかと, せかせかと, ためら, つういと, となりの, なびこぞ, なる, なるところ, なる崖, なる我, なる所, なる石, なる蔭, なれば, にたちて, にたてる若人, ふわふわ桜咲き, やるせなく, ゆがみたるに, ゆく, アカイア全, イデーの, 乾す梅, 人なき, 他は, 出て, 匍い出そう, 参られたであろうな, 参ります, 參り, 向けた, 向って, 向つて, 坐を, 少しく振り向きたる, 属して, 川梅白く, 志して, 急いで, 戰ふ, 戰荒れ, 戰鬪を, 最も優る, 最上に, 流るる瀬, 涼しき夕立, 涼しき風, 潮わ, 留りて, 眸を, 破られて, 秋寒く, 立ちたま, 立ちたもう, 立ち乍ら口, 立ち出ずるに, 立ち去って, 置きつつ, 聞きせる, 聞せし, 華麗なる, 葉廣き, 行かうと, 行かれた, 行きかかりて, 行きかけて, 行きたる, 行くやと, 行こうと, 貸して, 走らせて, 走りゆき戸, 足早に, 迷い出でん, 逃げか, 逃げて, 逃げ出そうと, 逃げ去った, 過ぎ見れば, 遷しつ, 遷る, 高く飛びゆく

▼ かたには~ (99, 1.2%)

3 何か

1 [96件] ある真実, いやな, おぼしたり, お守り石を, ことごとく同感, この心持ち, この涼しい, さほど面倒, そうです, それを, たしかに攘夷派, ちがいない, とげが, どことなく達観, どこまでも, どんなひと, ほんとに部屋代, まだ追究, やはり足りない, よくわかるだろう, らを, ロムバルヂアの, 一種特別な, 一致出来ない, 万事万端何か, 三尺の, 不審も, 不思議な, 与し得ない, 丸太の, 丸太を, 二つある, 人間的に, 今は, 低き丸太, 何とかわり, 何ものか, 余り批評を, 例外なく, 僕は, 出入りの, 出入り口の, 叶って, 四つ目垣蕾の, 土竈バケツ焚物用の, 土蔵の, 型ばかりの, 堪えないという, 変化ない, 外界では, 夜半の, 大きい物置小屋, 大変いい, 大竹薮, 女子の, 好い趣味, 娘只一人男子も, 寝室用の, 小枝の, 少しの, 少しも, 恨みなどは, 息が, 想像にも, 愛情も, 明らかに, 昔は, 本当に三原, 杉戸の, 梅の, 永久に, 泉が, 滅多に, 炊事の, 熟練を, 特色が, 町家が, 皆おぼえ, 破れ障子を, 稲荷の, 窓あり, 紛れも, 肌が, 胆を, 興味を, 行事の, 觀念だけ, 近頃特に心, 通例の, 通俗な, 進んでは, 附添い, 隣りの, 首相と, 駕籠かき權三下の, 驚いた

▼ かたでは~ (93, 1.1%)

8 なかった 4 ない 3 ありませんか 2 ありません, ありませんよ, ないと, ないよう, なく細い

1 [68件] あいつの, あったが, あみんなごろ, あらためよう, ありますが, ありますけれど, ありませんでしたよ, あるが, あるがね, あるけれども, あるまい, あるまいと, あろう, いつこう歯, けっきょく, けっこうな, このうち, この災難, ございませぬ, ございません, それきりよ, ちっとも描き出され, できないの, とったよう, どうせろくな, ないか, ないかと, ないし, ないでしょうが, ないの, なかったろうかと, なかつたけれども, なくいつも, なくそれ, なくて, なくポロポロ, なく全く, なく内容, なく物価政策, なく誰, まんぞくしません, やつらを, ゆるされなかった, よく呑みこめなさらない, 一瞬一瞬が, 佐久間十蔵どのこれは, 余りかたくるしい, 割りきれよう, 叱られそう, 問題に, 国境の, 山僧どもが, 弟さんは, 役に立たないと, 思召し, 我慢が, 文部省版であった, 源四郎の, 無かった, 無かろうかと, 現実の, 画面の, 発見できなかった, 社会状態によって, 逸脱は, 達しられないという, 頭脳の, 駄目である

▼ かたより~ (86, 1.0%)

4 以前の 3 助八 2 來り, 會徳を, 果敢な, 津村彌, 猿ま, 青鷺の

1 [67件] おかめ, おかん出づ, おしろへ, お作, この家, なげに, のをと, ほかの, もたらされるもの, ホルトガルの, 上の, 下總屋義平出づ, 伴左衞門の, 便利な, 八町堀同心野澤喜十郎手先ふたりを, 出で, 出発し, 助十, 助十出づ, 右の, 女中お, 子之, 家の, 家主六郎兵衞出づ, 山杉甚作出づ, 工場の, 平九郎出づ, 引上んと, 弥三郎出づ, 會徳出づ, 李の, 李中, 柳は, 權三は, 正吉とおい, 満潮の, 源五郎と, 源五郎を, 無い事, 猟師五平と, 猟師源五郎も, 田原弥三郎は, 秋草を, 竹本染太夫五十歳前後鶴澤吉治四十歳前後竹本座の, 第一, 第一幕, 第二, 縁づたひに平九郎が, 自分の, 與力井口金太夫が, 芒を, 行末に, 表向きの, 諸礼, 近所の, 野澤喜十郎は, 長福寺の, 雄之, 雲哲は, 雲哲願哲を, 頼まれ候, 願人坊主の, 駕籠かき二人が, 高田圭吉は, 高田圭吉シャツ一枚にて, 高田圭吉仕事着の, 高田圭吉出づ

▼ かた~ (76, 0.9%)

53 と思う 2 から妙さ, といつ, と思います, と思っ, と思った

1 [58件] かいま, から, からいちばん上等, からしきり, からどんな, かネタ割れ, が, がそれ, が事実, が此家, が男地獄買い, が私, が苦しむ, が西, が面白く, けど僕, けれど, けれどそんな, けれども前, こと, これは, ぜがらくた売つた処, といい, という, ということ, というの, という親しみ, という観念, といっ, とお, とお話し, とか顕微鏡, としてそれ, とはだれ, とは思っ, とほめ, と主張, と云われ, と勇みたつ, と四つばい, と思いました, と思える, と思ってる, と思ひます, と感じられた, と私, と考え, と見, と見える, と言った, と言われた, と説明, ね, のと, のに, ものです, よお父さんたち, わ

▼ かた~ (75, 0.9%)

4 代りに 3 の着物 2 と言, のよう

1 [64件] かも知れない, かも知れぬ, がこの, がはり, であらう, でこれ, ではありますまい, でも残っ, とし, としてなかば, として受け取っ, として始終, として阿波入国, となぐさめし, となった, となりました, ともなき, ともなるべき, とも御, とも思おう, と何, と思う, と思っ, と思は, と恋, と殘, と藤波, などをたずさえ, のせまいおもい, のため, のふえ, のダイヤ, の古, の如き, の毛皮, の水晶, の氷, の笛, の袖, の見つかる, の鬼灯, の麻, の鼠色, はシナ, は届けられ, は承, わけとして, わけを, をた, をよみ, を仕立て直しました, を受ける, を持っ, を淡路, を葬う, を見, を賤, を遣らね, 代はり, 代りの, 位で, 換へ, 狭く案じ, 髪を

▼ かた~ (66, 0.8%)

11 んです 10 のです 6 のだ, んだ 4 のである 2 の, のであった, んでしょう

1 [23件] さに, のか, のだった, ので, のでいまにも, ので一人, ので冗談, のにどんな小さな, のよ, のよねえ, のを, の爪びき, の者は, みたいな, をあたへる, を取った, を杖, を背後, んだろう, ンです, 引ぬき, 談義, 長槍三千余本

▼ かたへに~ (62, 0.7%)

4 欅立ち 2 近づきて

1 [56件] ありし翁, うちおき, うちやりて, さびさび, さびさびて, したひよる, したる朝, するは, とまりねも, アイアース, アカイアの, トロイアの, ヘクトール, 人ある, 人い寝こけぬ, 來り立つ, 來る, 侍せり, 坐らしむ即ち, 垂れしまま, 塵中に, 彼を, 惱みたる, 打ち臥しつ, 抛げ, 整然と三列, 敵を, 斃るる, 曙の, 来て, 槍を, 横たへる, 横はり, 殘る, 深く耳, 神官の, 神母き, 立たば, 立つは, 紅頬の, 置いて, 羊らを, 腰かけたる男, 落ちて, 被服つんざきぬ, 走り來, 走り来に, 身を, 近くあらざれ, 近くメネラオス, 逝囘の, 逢ひ, 避き, 陣を, 隠る, 高まりぬ

▼ かたです~ (58, 0.7%)

86 ね, わ 32 から, からね, ねえ, わねえ

1 [27件] お正月に, かお, かと聞かれた, かね, かもしや, からその, からわたし一つお願い, があたし, がおなか, がその, がそんな, がどう, けどいまさら, しお, しお金, しその, とこれ, と下, な, のにナスターシャさん, のよアレクセイ・フョードロヴィッチさん, もの, ものね, わあなた, わあなた他, 名を, 私と

▼ かたという~ (56, 0.7%)

12 ものは 6 ものが, ような 3 ものについて, ものを 2 のが, ものに

1 [22件] ありきたりの, ことと, ことに, ことは, ところから, ところどう, のは, ものだ, ものでしょう, ものについても, ものには, ものの, ものも, ものより, もの何と, もの何という, 以上に, 先入観を, 技を, 物音ひとつ聞えない, 発端が, 言葉は

▼ かたかた~ (53, 0.6%)

2 と草原, と音, と馬車, のほう, 渡りながら, 鳴らして

1 [41件] いはせる奴め, いふ木札, いわせたり, かた, ぐっとさる, すると, ずつ大き, といわせ, と上原さん, と下駄, と何やら, と堅い, と帰っ, と床, と強く, と金具, と静, と響い, と飛石, と駆出す, と鳴く, と鳴った, と鳴らし, と鳴りました, と鳴る, になっ, には炊事, に履い, の五六人, の床, やる音, 云わせて, 寒い音, 廻れ, 廻れ水車, 昇って, 渡って, 締めて, 落してるの, 行く, 鳴ってるよう

▼ かたまつ~ (52, 0.6%)

13 てゐる 2 てゐた

1 [37件] たりもり, た一郭, た人達, た処, た田舎豪傑, た若者たち, て, てあかし, ている, てうろうろ, てきた, てく, てくんくん, てしまひました, てそこで, てそして, ててんで, てなん, てひそひそ話, て二階, て実, て寢, て居た, て搖れ, て昂奮, て来た, て残つて, て生えた, て立ち, て立つ, て行く, て街, て走つ, て遊ぶ, て遊ん, て遠く, て飛ん

▼ かたたち~ (48, 0.6%)

2 のこと, のため

1 [44件] がきの, がここ, がこられる, がみずから自分, が仕事, が助け, が大勢出席, が数日, が頭, だその, でご, で酒場, にはどんな, にはみんな, のとこ, のほう, のやさしい, のよろこばし, の仕事, の使っ, の名, の従僕, の意, の気分, の要求, の部屋, の部屋部屋, の陰謀, はこちら, はしょっちゅう, はとてもよく, はどの, はひどく, はみな, はみんな, は何一つ, は少なくとも, は机, は村, は背, までみな, も来, よりも寛大, をすこし

▼ かたから~ (45, 0.5%)

2 して, すれば, 見て

1 [39件] いうと, いうならば, いって, きたこと, ここまで, こんな事, だろう, ちらちらし, ぱっと金光, まのあたりお, 二十五六里, 互に解かれよう, 伝わったかれの, 出て, 出発し, 啓発され, 奥さんの, 始まりいかに, 得て, 批判すれ, 教えられた飛田, 書かれるもの, 構成せられた, 注油の, 生じたいわゆる, 真の, 研究した, 社会の, 素首の, 考えると, 考えれば, 良人の, 見ても, 見ると, 角度を, 言へば, 誘われたの, 謡曲を, 頼まれまして

▼ かた~ (45, 0.5%)

2 には木, に数珠

1 [41件] だけで, でお, でてつぼう, でよっぱらい, で大, で彼女, で持ち, で指さす, で牛, で縄ばしご, で腹, で草, にお, にだ, にちいさな, ににぎった, にはっと, にはナイフ, には土製, にピストル, に一杯, に刀, に匕首, に友仙, に小さな, に抜刀, に杖, に浮世ものがたり聲, に白い, に竹, に糸目, に重たい, ははじめッ, をあげ, をさし出しました, をひらひら, をゆか, をゲルダ, を使っ, を入れ, を朱鞘

▼ かたなく~ (43, 0.5%)

2 棚から, 雪あれを

1 [39件] たびたび曹操, つい苦しまぎれ, てお, とんで, めい, フョードル・パーヴロヴィッチを, 利益を, 勅を, 動も, 吹きとんで, 吹き飛んだ, 埋められて, 失くし, 女の, 実に鮮明, 小督殿, 徳川勢に, 思って, 感じられる, 数寄屋橋の, 某大国, 沼の, 消えうせて, 澄んで, 焼けて, 焼け失せて, 煩悶しだした, 生きて, 知って, 粉砕され, 翌朝は, 自分な, 自分の, 色を, 落ちて, 見るに, 身の毛よだち, 道を, 銀座の

▼ かたにも~ (41, 0.5%)

2 あらわれて, あるゆゑ, 個人のとは

1 [35件] あらわれ一般読者, いろいろあります, いろいろある, いろいろと, おのずとその, かかわらずほか, こつの, せよとにかく, また大, やはり大局, よるでしょう, よるの, シゲの, 人によって, 伝統が, 伸子は, 似ず悠々, 何か, 元氣, 列の, 口惜しいところ, 変化が, 工夫の, 影響し, 彼の, 御意見, 心情美が, 感心し, 文学史の, 歩を, 注意し, 混雑が, 賛成し, 身の, 進むこと

▼ かた~ (41, 0.5%)

1 [41件] おはじきの, がたがた工合, その習慣, ただしい意見, ふしぎな, まちがった政治主義, みぶり, ゴーリキイと, 仕事の, 儀式の, 全神経, 器用に, 小砂利, 左手の, 後髪へ, 意図などを, 感じかたで, 感じかたの, 感じかたを, 感じかた精神の, 感情に, 拍子なんぞを, 改善の, 新らしい, 書きかたを, 末路の, 林檎の, 模様ある, 母性保護施設の, 気質が, 理窟だけ, 生活への, 産物や, 習癖を, 色の, 観察の, 趣味の, 長押の, 首の, 髪の, 魚の

▼ かたなき~ (34, 0.4%)

2 よりうめき出たる, 人間の

1 [30件] こけ猿, ものから, わが家です, フランスの, ブリの, プロレタリア性によって, マドロスが, 一九一七年以後の, 人は, 仏頂寺弥助, 信仰行事の, 善人ひる, 大天狗, 太宰治, 女性の, 奴と, 宇治山田の, 心ざしおぼしめしやらせたまえ, 悪意が, 悪玉私うまれ, 日本の, 昨晩の, 漱石の, 男であった, 男の, 私ええ, 貞世だった, 闇太郎住居と, 高麗村の, 髭が

▼ かたである~ (29, 0.3%)

1 [29件] かというよう, かは誰, からと云っ, から低く, から当節むき, がしかし, が世に, が僕, が帯紐, が日本, が私, けれど初め, こと, そのうえあんなに白かっ, ということ, というの, という事, といつ, といふ事, としてむしろ, と僕, と共に尋常茶飯, と思います, と思う, と思惟, にし, に反し, のを, 日頃の

▼ かた~ (28, 0.3%)

3 の壁

1 [25件] から拾った, から用意, なる一間, なる高, ににじりよっ, にひかえ, に刀剣, に坐っ, に富士, に引きつけ, に歩み寄り, に置いた, に車, のテーブル, のヒメ, の人, の叢, の囲炉裏, の天是, の小, の書記, の机, の箱, の階段, を見る

▼ かたすみ~ (28, 0.3%)

42 に大きな

1 [22件] でペス, で小学校一年生, にある, にうずくまっ, においなりさん, にございまし, にその, にはかばん, には人間, には支那服, にほうり出され, にまるい, に人, に倉庫, に床, に手足, に立派, に身, に集まっ, のほう, の広い, 橄欖樹の

▼ かたについて~ (28, 0.3%)

1 [28件] おそろしく率直, さぞ満足, どこまで, ひどく論判, ぼんやりした, まじめな, もう一つ, もっと考えよう, 二重に, 作者として, 口を, 周密な, 大河無, 忠告を, 思いなやんで, 感想を, 書いたので, 生きそして, 真面目に, 私には, 私の, 絶望し, 編輯者は, 考えさせられる, 考えて, 行こうと, 観察した, 話が

▼ かたへの~ (26, 0.3%)

2 壁に

1 [24件] つゆ草の, もの, 丘のうへには, 人の, 写真帖を, 囲炉裏の, 壁の, 好奇心と, 子の, 想像が, 探究という, 接戰に, 旅づつみ恋の, 枝を, 椅子を, 水楊に, 水盤より, 竹垣に, 菫蕗の薹蒲公英茅花など, 蘆の, 趣向が, 長椅子へ, 難点が, 麗らなる

▼ かたとは~ (22, 0.3%)

2 ちがって

1 [20件] お逢いする, さらに存ぜず, しからば, ずっとかけはなれた, ずっと内容的, そういうもの, どんなやり, まったくちがっ, まったく異なった, まるで異, 別である, 別にその, 同じ見方, 多分は, 大ちがい, 少々値打, 話さないだろうっていう, 違うけれども, 違うらしい, 違つた読みかたを

▼ かたならぬ~ (22, 0.3%)

1 [22件] おこ, きずなを, ごめいわく, ご辛労, ご辛苦, ご難儀, 世話に, 信頼を, 御事のみ, 御心痛, 御恩, 心案じを, 愛を, 望みを, 様々の, 注意を, 砂糖を, 苦しみに, 苦労を, 通りです, 関心を, 難儀を

▼ かたこと~ (21, 0.2%)

2 と, と音

1 [17件] で教, といっ, とからだ, とし, と位牌, と廊下, と触れ, と驅, と鳴る, なの, にしかいえなかった, の意味, の日本語, まぜりに, を云わせる, を叫んだ, を言える

▼ かたでも~ (21, 0.2%)

1 [21件] あなたの, こよい, したよう, ないけれども, ないでしょう, なかつた, なく無心, なに本心は, みんな本妻の, みんな間違っ, やで, わかるし, わけは, 一人一人が, 入浴の, 弟たちとは, 有能な, 木曾福島の, 本心は, 武具の, 迷惑でございましょう

▼ かたわ者~ (21, 0.2%)

2 がいました

1 [19件] がいる, ができた, ができる, が命がけ, すなわち一人, だけはことさら, だけは特別, であるよう, にされた, にし, にする, になった, に生まれついた, のわたくし, はかた, は人, は自分, ばかりじゃない, らしく見せかけました

▼ かた~ (18, 0.2%)

1 [18件] があっ, が反映, が天地, が響い, だったろう, つめたさ, でぶつかり, にこ, にこごみ, に水溶き, に涙こ, はどんな, は芋, ひどく荒れた, へしなけれ, まっ, まアっ, を持っ

▼ かたそのもの~ (18, 0.2%)

1 [18件] が, がなお, がゴーリキイ, であった, でより, で書く, で語られる, にあらわれ, にまた, に大, に実演, に現れ, のつづき, まで, やその, よりそれ, を事実, を日本

▼ かたない~ (17, 0.2%)

2 のは

1 [15件] その失業酔っぱらい, ので一寸, のと, ものが, ものを, わたしは, セルゲイの, 六月の, 哀しみに, 女の, 思いを, 悲憤と, 悶々を, 敗軍の, 語気を

▼ かた~ (17, 0.2%)

42 ものを

1 [11件] じゃありません, でいたいもの, にされ, にされた, もの, ものな, をくやんだ, を売り, を見, 乞食に, 者と

▼ かた~ (15, 0.2%)

2 げにその, たと, どうか 1 けさん, それさへ, たか, たかた, た隙間, なにか, なるを, 存じませんけれど, 早く見たい

▼ かただった~ (15, 0.2%)

2 のでしょう, のです

1 [11件] が途中名古屋あたり, と思う, と達ちゃん, のかも, のであたし, のである, のでこの, ので私, のね, のよ, んだ

▼ かたまけ~ (15, 0.2%)

32 て熱い 1 ていろづき, てうす, てさやぎいでつも, て小雪, て急ぎ合, て打出しぬ, て紅梨, て虚心, て蚊, て見れ

▼ かた~ (15, 0.2%)

1 [15件] おぼしめしどおり, がお, が日常, だお, でいらっしゃいます, にはいか, にはまことに, の, のお, のきつい, のひとすじ, の上, は大変, は忍城, は慥

▼ かたによって~ (14, 0.2%)

1 [14件] あなたは, いると, すべての, その窓, たとえよう, だ, ニュアンスを, 今日大多数, 営まれて, 整理され, 書かれて, 皇室の, 考えられること, 逃避とも

▼ かたとき~ (13, 0.2%)

2 もそれ, も栄子 1 も, もお, もはなさない, も心, も忘れた, も忘れなかった, も早く, も枕頭, も自分

▼ かたさま~ (12, 0.1%)

1 [12件] から熱い, がどんなに, ときびしい, なので, にご, にはじめて, に拾われ, のお, のご, は人, への片思い, へもお前さま

▼ かたその~ (12, 0.1%)

1 [12件] お身, せいかと, つもりでしょう, なごり三月ばかりや, ほかの, 居直りかた, 形式の, 待遇浅から, 時代まで, 歪みと, 芸術性を, 適応の

▼ かたとして~ (12, 0.1%)

1 [12件] あなたは, すべての, はじまって, 儀式の, 印象に, 周到な, 圧巻である, 民主的方法の, 注目されるべき, 玄人らしいこった, 現われた, 観察し

▼ かたとの~ (12, 0.1%)

2 間には 1 対比, 対比で, 対比においても, 連関で, 違いなども, 間に, 関係で, 関係の, 関係は, 關係を

▼ かたばかり~ (12, 0.1%)

2 して 1 でご, では, なさつて, なのに, なる仮, なる葦原, 気に, 致しました, 見えたるに, 顔を

▼ かたほう~ (12, 0.1%)

2 のはね, の耳, の赤んぼう 1 が二メートル, のくつ, の前足, の岸, の破風, 落として

▼ かた~ (12, 0.1%)

1 [12件] がここ, が度々, としての念, なんぞ一度, についての噂, の前途, の思い, の旅, はすっかり, は殆ど, は自然哲学, も同じ

▼ かたこの~ (11, 0.1%)

1 [11件] 京の, 人ったら, 係りとは, 国の, 女も, 屋敷の, 日に, 検事局に, 標語を, 田舎っぺえさが, 線は

▼ かたしか~ (11, 0.1%)

1 [11件] あり得ない, して, できないの, ないと, なかった, なこんきょでもあるのかね, 出来ないけれども, 出来ないよ, 出来なかったけれども, 知らぬ女, 知らぬ男

▼ かたについての~ (11, 0.1%)

1 [11件] きびしい質問, プラン, 中心的な, 指図まで, 指示まで, 熱烈な, 私の, 話を, 論議を, 講義, 質問が

▼ かたぶり~ (11, 0.1%)

1 [11件] で御, におれ, になつかしい, に平和, に水, に法水, の今日, の平地, の快い, の火星, の珍客泰軒

▼ かたむき~ (11, 0.1%)

3 がある 1 がありて, がつよかっ, がなかっ, が解答, だね, でまた, は本当, もあった

▼ かたなし~ (10, 0.1%)

1 だから, だな, だねえ, である, です, で港, にお, に左右, に破壊, 何とぞし

▼ かたにおいて~ (10, 0.1%)

1 それぞれの, ウォロンスキーが, ケプラーの, 一方の, 作家の, 処置し, 大変主観的である, 宗教裁判との, 常に一貫, 影響し

▼ かたかも~ (9, 0.1%)

4 しれないが 1 しれないがさ, しれないけれども, しれないの, わからぬ, 知れない

▼ かたじゃ~ (9, 0.1%)

3 ありませんか 2 ないか 1 ない, なかったの, なくて, 落ちるせき

▼ かたであった~ (9, 0.1%)

2 ように 1 がそれでも, が友だち, と記憶, にもかかわらず, のでこれ, のです, のに

▼ かたでした~ (9, 0.1%)

21 か, かお, からおまえ, がしかし, がたいへん, ぜ, よ

▼ かたなど~ (9, 0.1%)

2 して 1 あなたと, なにも, まずいね, 外国的エキスプレッションで, 愛情の, 感心しました, 見ると

▼ かたばかりの~ (9, 0.1%)

1 お葬式, 回向を, 微笑を, 朝食の, 枸橘の, 祝ひの, 茶屋に, 詞を, 返事のみ

▼ かたまで~ (9, 0.1%)

1 くると, このぼく, こまごまと, ハムレットの, バカげて, 楽に, 自分の, 見られて, 違うん

▼ かたなどを~ (8, 0.1%)

1 ぴかぴか研ぎ出さなくっ, まねしよう, 定型的資本家の, 教えて, 現すため, 細かに, 見て, 見るに

▼ かたなら~ (8, 0.1%)

2 中洲亭の 1 かならずお, ない困難, ない生活態度, ない負担, ばきっと, 墨田舎二三春って

▼ かたについては~ (8, 0.1%)

1 かれも, ひどく感じ, 云わずその, 先般来一冊の, 山田に, 疑問が, 話に, 賢明でなけれ

▼ かた~ (8, 0.1%)

1 か, といふもの, なかに, のそれ, のむれ, の垢, の群, 心もい

▼ かた~ (7, 0.1%)

1 かみさんの, ひとりを, もひ, 友達の, 咲の, 小姓姿に, 由良さまの

▼ かたかけ~ (7, 0.1%)

2 と, も 1 が飛ばされました, て肘, は川

▼ かたそれ~ (7, 0.1%)

1 がどんなに, はすべて, は日本服, は神様, への家康, も定まりぬ, を切っ

▼ かたによっては~ (7, 0.1%)

1 そういう感じ, むしろその, やっぱり実に大切, 三文の, 世界を, 地方が, 減刑運動を

▼ かたに対して~ (7, 0.1%)

1 ハルビンの, 一種の, 中野さんが, 人間は, 向けて, 私たちの, 近代的芸術論は

▼ かたみだ~ (7, 0.1%)

2 からいくら 1 から大事, ということ, と云, と申し添え, と言

▼ かた初めて~ (7, 0.1%)

1 だから, だな, 不幸なる, 伊達家に, 冬宮の, 恋が, 見る顔

▼ かた~ (7, 0.1%)

1 あげて, ずつをふいた, で廻つた, のりかけたるとき, の運びかた, をかけた, を落し

▼ かたここ~ (6, 0.1%)

2 であろうと 1 に五代, に建てられた, に盛られた, へ来られまし

▼ かたさえ~ (6, 0.1%)

1 あらわれた, きみは, この本, 気が, 知ってれば, 見せて

▼ かたわの~ (6, 0.1%)

1 からだでは, ような, クマかしら, 人間は, 子どもを, 鼻が

▼ かた一つ~ (6, 0.1%)

2 で何 1 だ, だってソヴェト, でどう, にしろ

▼ かた~ (6, 0.1%)

1 信心の, 功名も, 垣は, 本城の, 父母君に, 自身と

▼ かたこそ~ (5, 0.1%)

1 はやくも, ほんとうに, 一つの, 世界中で, 龍太郎さまに

▼ かたする~ (5, 0.1%)

1 からとて私, だからいやさ, と体, と家中がたがた, のは

▼ かただって~ (5, 0.1%)

1 あるかも, いろいろある, たいしてほめられ, 許しがたい, 頭かぶせ

▼ かたでない~ (5, 0.1%)

1 けど満寿子さん, し再生, ぞ, のみか国, 男から

▼ かたとも~ (5, 0.1%)

1 せず, 存ぜずに, 破談に, 関係が, 音を

▼ かたなどは~ (5, 0.1%)

1 かかる考えかた, ニワトリの, 其である, 誰にも, 近頃各紙

▼ かたなども~ (5, 0.1%)

1 りっぱで, 一通り教わった, 振ってる, 歯切れが, 注意し

▼ かたなんか~ (5, 0.1%)

1 しやしないよ, できやしないわれ, なかなかできてる, はね, まるで雲助

▼ かたについても~ (5, 0.1%)

1 いろいろと, きょうみを, 同じであった, 私は, 種々考え

▼ かたにて~ (5, 0.1%)

2 大勢の 1 いきほひある熊襲, いづれの, 又もや大勢

▼ かたわに~ (5, 0.1%)

1 するよりも, なさったの, なったので, はなる, 生まれ人

▼ かたわれ月~ (5, 0.1%)

2 がおお 1 ぐらいのところ, は臈, は黄

▼ かたをも~ (5, 0.1%)

1 きっと推察, 分かでモンテ, 判ったし, 知って, 考えます

▼ かた~ (5, 0.1%)

1 がこの, の生き, の頭脳, は一度, は旅館

▼ かた日本~ (5, 0.1%)

2 には恋愛 1 に新しい, の人情, の古い

▼ かた次第~ (5, 0.1%)

1 だ, では芸術, というところ, にて然, のもの

▼ かたからは~ (4, 0.0%)

1 なれて, ぬけて, びっくりする, まわりの

▼ かたくり~ (4, 0.0%)

4 の花

▼ かた~ (4, 0.0%)

1 けねえや, けのうこそ候え, けのうござる, まりな

▼ かただつた~ (4, 0.0%)

1 が継母, が重吉, ので二人, ので富岡

▼ かたつく~ (4, 0.0%)

1 と親し, のだ, までこちら, まで金原

▼ かたつけ~ (4, 0.0%)

1 てしまいましょう, てやる, て午後, て引き取らう

▼ かたでしょう~ (4, 0.0%)

1 いいわねえ, しんから, ね, ねだけど

▼ かたでの~ (4, 0.0%)

1 それは, 勉強を, 小説では, 立身

▼ かたとが~ (4, 0.0%)

2 きまるの 1 どうしてそういう, 女の

▼ かたとを~ (4, 0.0%)

1 展開し, 思い合わせると, 比較したがる, 習うため

▼ かたなどと~ (4, 0.0%)

2 云うもの 1 周到に, 言うと

▼ かたなどに~ (4, 0.0%)

1 しても, どこかしら, 僕が, 氣が

▼ かたならず~ (4, 0.0%)

1 御立腹, 案じ申し, 這は, 面倒を

▼ かたならない~ (4, 0.0%)

1 と思いました, のに違い, ものが, 関心を

▼ かたに対する~ (4, 0.0%)

1 反撥が, 感覚の, 新しいプロレタリアート, 注文が

▼ かたに従って~ (4, 0.0%)

1 そのこと, 男を, 男女平等論や, 計られて

▼ かたへか~ (4, 0.0%)

1 ちくてんしたり, 去る, 泊りきたり, 行きたるが

▼ かたへと~ (4, 0.0%)

1 さし伸べる, 向けられもと, 行つた, 飛ぶ

▼ かたほとり~ (4, 0.0%)

1 で若者, にかた, に独り草庵, の隠れ家

▼ かたみと~ (4, 0.0%)

1 て, てその, てはかなき, や

▼ かたわれ~ (4, 0.0%)

1 が, が二人, だな, ではなかろう

▼ かた一度~ (4, 0.0%)

1 だってあり, だつて, も人形, も墓参り

▼ かた~ (4, 0.0%)

1 の仕事, の時, の第, まで自分ひとり

▼ かた如何~ (4, 0.0%)

1 から評価, によった, によるの, に依っ

▼ かた~ (4, 0.0%)

4

▼ かた感じかた~ (4, 0.0%)

1 にも列, はまだ, は一般女性, は出来ない

▼ かた無くなっ~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 てしまった, て鶴

▼ かた~ (4, 0.0%)

1 が夕陽, だけ半分, でながい, で柱時計

▼ かたいかなる~ (3, 0.0%)

1 ときでも, 遊, 遊びに

▼ かたかげ~ (3, 0.0%)

21 の草

▼ かたかたかた~ (3, 0.0%)

1 と上原さん, と帰っ, と金具

▼ かたかた音~ (3, 0.0%)

1 をたて, を立てた, 立て丹前姿

▼ かたがを~ (3, 0.0%)

3 かしきとて

▼ かたきみ~ (3, 0.0%)

2 やづか 1 てえに

▼ かたこれ~ (3, 0.0%)

1 が始め, にあ, は

▼ かたこんな~ (3, 0.0%)

1 ことであろう, 気味わるい, 面白い思い

▼ かた~ (3, 0.0%)

1 しに, 一任下されたく, 自身全然

▼ かたそう~ (3, 0.0%)

1 では, なビスケット, に光っ

▼ かたそれら~ (3, 0.0%)

21 を二重

▼ かただけ~ (3, 0.0%)

1 あって, である, 見れば

▼ かただけは~ (3, 0.0%)

1 ことによる, どうしても気, 面白いし

▼ かたつて~ (3, 0.0%)

1 からのこと, ないわ, のこと

▼ かたづけ~ (3, 0.0%)

2 ものを 1 もので

▼ かたでございます~ (3, 0.0%)

21

▼ かたでござる~ (3, 0.0%)

21

▼ かたでなく~ (3, 0.0%)

1 どこへ, もっと親たち, 諸人ひとしく

▼ かたでなけれ~ (3, 0.0%)

1 ば, ばならなかった, ば悲劇

▼ かたとしては~ (3, 0.0%)

1 或る, 承認せられる, 自然科学の

▼ かたとでも~ (3, 0.0%)

1 いうよう, いうわけ, いふわけ

▼ かたによ~ (3, 0.0%)

1 つては, つて著しく, つて面白い

▼ かたに関する~ (3, 0.0%)

1 あなたの, ごくわかり, ものにおいては

▼ かたはござりませな~ (3, 0.0%)

3 んだ

▼ かたへには~ (3, 0.0%)

1 諸の, 金髪の, 金髮の

▼ かたへは~ (3, 0.0%)

1 ぬるし潮目搖, 削りなせる絶壁やう, 青く冬

▼ かたへも~ (3, 0.0%)

1 ゆきたまへ, 向ひ, 逃れ行きずいぶん

▼ かたほんとう~ (3, 0.0%)

1 に不幸, に溌溂, に結構

▼ かたまた~ (3, 0.0%)

1 その動かし, その振舞い, 世の中を

▼ かたまでが~ (3, 0.0%)

1 単なる麗句美辞, 変って, 新しいよう

▼ かたよりは~ (3, 0.0%)

1 ずっと既成文学, ふるい, よほど長め

▼ かたよりも~ (3, 0.0%)

1 さらに見る, 身體の, 鳥類学を

▼ かたわたし~ (3, 0.0%)

1 が求め, の身の丈, はつい

▼ かた人間~ (3, 0.0%)

1 のそういう, の良心, はハデ

▼ かた今日~ (3, 0.0%)

1 の世界, まで泥棒, まで片時

▼ かた同じ~ (3, 0.0%)

1 場所に, 家の, 料理屋へ

▼ かた始め~ (3, 0.0%)

1 て, てだ, ての事

▼ かた~ (3, 0.0%)

3 は紅

▼ かた思はれる~ (3, 0.0%)

2 と此處 1 と此処

▼ かた恐ろし~ (3, 0.0%)

2 學校の 1 学校の

▼ かた想像~ (3, 0.0%)

1 がつくであろう, されたが, なすったでしょうが

▼ かた或は~ (3, 0.0%)

1 死なせかた, 生かせかた, 非常に

▼ かた~ (3, 0.0%)

2 映親し 1 のいれ

▼ かた~ (3, 0.0%)

1 だやれ薬罐, でよし, を工合

▼ かた生き~ (3, 0.0%)

1 かたと, かたの, かた死しかた死なされ

▼ かた~ (3, 0.0%)

1 がそこ, の一人, は極めて

▼ かた自分~ (3, 0.0%)

1 がいつも, の意志, 面白いと

▼ かた行く~ (3, 0.0%)

2 五位の 1 えが

▼ かた~ (3, 0.0%)

1 にもまるでもう, の手前, ばかりを集め

▼ かた~ (3, 0.0%)

1 で弁当, に倒臥たる, に當つて

▼ かた~ (3, 0.0%)

1 をたて, を立てた, 立て丹前姿

▼ かたああ~ (2, 0.0%)

1 して, なんと申し上げたら

▼ かたあなた~ (2, 0.0%)

1 の事, は少し

▼ かたあるいは~ (2, 0.0%)

1 ネガティヴの, 春は

▼ かたいちど~ (2, 0.0%)

1 だってあまやかされた, もお

▼ かたいつ~ (2, 0.0%)

1 でも不作, となく

▼ かたいつも~ (2, 0.0%)

1 同じやう, 同じよう

▼ かたからも~ (2, 0.0%)

1 あなた様の, 今度は

▼ かたがけ~ (2, 0.0%)

1 て墓参, て遊び

▼ かたがね~ (2, 0.0%)

1 シュピネルさんそれが, 平民の

▼ かたぐらいは~ (2, 0.0%)

1 知って, 知ってるが

▼ かた~ (2, 0.0%)

1 がとお, に三升

▼ かたこの世~ (2, 0.0%)

1 にいないであろう, まで聖徳皇

▼ かたさま御用~ (2, 0.0%)

1 のお, の品

▼ かたしき独り~ (2, 0.0%)

2 かも寝

▼ かたしない~ (2, 0.0%)

1 でよ, で神経

▼ かたすべて~ (2, 0.0%)

1 が自身, に伸子

▼ かたずつ~ (2, 0.0%)

1 お抱き申しあげ, 大きさ

▼ かたそぎ~ (2, 0.0%)

1 のうあれ, を指さし

▼ かたそこ~ (2, 0.0%)

1 に載つ, を見舞わない

▼ かたその他~ (2, 0.0%)

1 にもう, のあしらい

▼ かたそんな~ (2, 0.0%)

1 ことでも, 事であろう

▼ かた~ (2, 0.0%)

1 こいしき, なき春

▼ かただけが~ (2, 0.0%)

1 ここに, 土地ごとに

▼ かただけの~ (2, 0.0%)

1 ものが, もので

▼ かただの~ (2, 0.0%)

1 カッフェの, 人間か

▼ かただれ~ (2, 0.0%)

1 もこの, も考えつかなかった

▼ かたつい~ (2, 0.0%)

1 て私, 一度も

▼ かたついぞ~ (2, 0.0%)

1 知り合ったこと, 耳に

▼ かたであっ~ (2, 0.0%)

1 てもかまわない, て精いっぱい

▼ かたであり~ (2, 0.0%)

1 ながらつつまし, 行動であった

▼ かたでありました~ (2, 0.0%)

1 がでも, けれども父

▼ かたでしか~ (2, 0.0%)

1 モノの, 云えなく

▼ かたとか~ (2, 0.0%)

1 さもなければ法律上, 観察の

▼ かたとしての~ (2, 0.0%)

1 文章に対して, 秩序の

▼ かたとに~ (2, 0.0%)

1 依つて, 自ずから相

▼ かたなかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たと

▼ かたなくなっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てしまう

▼ かたなどが~ (2, 0.0%)

1 まだまだもと, 違う

▼ かたなどの~ (2, 0.0%)

1 うちに, 上からい

▼ かたなの~ (2, 0.0%)

1 やうに, 手品だけに

▼ かたなり~ (2, 0.0%)

1 現わし方, 生活態度ひいては

▼ かたなるべき~ (2, 0.0%)

1 か, か冰

▼ かたにあたって~ (2, 0.0%)

1 右門の, 笙歌の

▼ かたにおいても~ (2, 0.0%)

1 本質的には, 語って

▼ かたにか~ (2, 0.0%)

1 去りけむ, 遣らんと

▼ かたにかけ~ (2, 0.0%)

1 彼の, 諸国あんぎやにでかけ候得バ西ハな

▼ かたにかけて~ (2, 0.0%)

1 トーチカの, 大いなる厩

▼ かたにては~ (2, 0.0%)

2 穉き

▼ かたにとって~ (2, 0.0%)

1 問題な, 重吉は

▼ かたにな~ (2, 0.0%)

1 つてゐ, つて呉れた

▼ かたにまで~ (2, 0.0%)

1 押出され, 現れて

▼ かたにもの~ (2, 0.0%)

2 なきが

▼ かたに対しては~ (2, 0.0%)

1 根本的な, 鋭いと

▼ かたねり~ (2, 0.0%)

2 の白粉

▼ かたはし~ (2, 0.0%)

1 をだに聴き逃さじ, をだに解し得

▼ かたはるか~ (2, 0.0%)

1 にそびえ, に行く手

▼ かたばかりに~ (2, 0.0%)

1 ゆすいで, 立って

▼ かたひじょうに~ (2, 0.0%)

1 さかんに, 進歩した

▼ かたひとつ~ (2, 0.0%)

1 で色氣, なん

▼ かたまたは~ (2, 0.0%)

1 催促方に, 欠けた理由

▼ かたまだ~ (2, 0.0%)

1 一度も, 議員候補に

▼ かたみがわり~ (2, 0.0%)

1 に見つめ, に見やった

▼ かたみぞ~ (2, 0.0%)

1 と見る, と風

▼ かたみであり~ (2, 0.0%)

1 しかもわれわれ, 剣山に

▼ かたみである~ (2, 0.0%)

1 ことが, そして自分

▼ かたみでございます~ (2, 0.0%)

1 からはや, よ

▼ かたみ分け~ (2, 0.0%)

1 には新しい, をなさる

▼ かた~ (2, 0.0%)

1 つた詩人の, 十五年の

▼ かたよく~ (2, 0.0%)

1 あること, というの

▼ かたよりに~ (2, 0.0%)

2 寄りて

▼ かたわが~ (2, 0.0%)

1 なおっちゃ, なおりかけたと

▼ かたわき~ (2, 0.0%)

1 に塚, に太一

▼ かたわし~ (2, 0.0%)

1 はお前, もお

▼ かたをこそ~ (2, 0.0%)

1 倨傲という, 天の

▼ かた~ (2, 0.0%)

1 くるしい言葉, てねどこ

▼ かたヱネチア~ (2, 0.0%)

1 に向, を望みたる

▼ かた一ばん~ (2, 0.0%)

2 正しい

▼ かた一方~ (2, 0.0%)

1 のがけ, の耳

▼ かた三年~ (2, 0.0%)

2 を経つ

▼ かた~ (2, 0.0%)

1 の終り, をのがれ

▼ かた代々~ (2, 0.0%)

1 の天皇, の老

▼ かた~ (2, 0.0%)

1 かオドオド, をし

▼ かた全く~ (2, 0.0%)

1 改造に, 確立する

▼ かた動かされ~ (2, 0.0%)

1 かたに, かたは

▼ かた及び~ (2, 0.0%)

1 女の, 文学作品の

▼ かた~ (2, 0.0%)

1 名取潰しは, 自然の

▼ かた子供たち~ (2, 0.0%)

2 の仕事

▼ かた存在~ (2, 0.0%)

2 したし

▼ かた孟宗むら~ (2, 0.0%)

2 は燈火

▼ かた実に~ (2, 0.0%)

1 お話に, 何年ぶりだろう

▼ かた恐るべき~ (2, 0.0%)

2 鬪爭中に

▼ かた意地~ (2, 0.0%)

1 ではなく, な唯物的

▼ かた振り~ (2, 0.0%)

1 に根限り腕, に都会

▼ かた描き~ (2, 0.0%)

1 かた, かたに

▼ かた~ (2, 0.0%)

2 さ寒

▼ かた有頂天~ (2, 0.0%)

1 な歓喜, な歡喜

▼ かた正しい~ (2, 0.0%)

1 理解において, 解釈という

▼ かた此所~ (2, 0.0%)

1 に住みそめし, を美濃

▼ かた殊に~ (2, 0.0%)

1 寛永年度の, 病の

▼ かた江戸~ (2, 0.0%)

1 でもやかましい, へ行ったろう

▼ かた清濁~ (2, 0.0%)

2 により

▼ かた渡り~ (2, 0.0%)

2 ながらいろんな

▼ かた漸く~ (2, 0.0%)

1 に一つ二つ, 体力が

▼ かた無い~ (2, 0.0%)

1 のである, 御伝授

▼ かた無かりし~ (2, 0.0%)

1 当時の, 當時の

▼ かた無く~ (2, 0.0%)

1 あの入歯, なつてしまつた

▼ かた~ (2, 0.0%)

1 の名, の考えかた

▼ かた特に~ (2, 0.0%)

1 作家などを, 山崎の

▼ かた盗まれ~ (2, 0.0%)

2 てしまつて

▼ かた~ (2, 0.0%)

2

▼ かた笑み~ (2, 0.0%)

2

▼ かた~ (2, 0.0%)

1 一年の, 二三十年の

▼ かた考えかた~ (2, 0.0%)

1 で満足, について行こう

▼ かた~ (2, 0.0%)

1 がだんだん, にした

▼ かた聞いた~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことも

▼ かた肥り~ (2, 0.0%)

1 に肉, の猪肉

▼ かた自身~ (2, 0.0%)

1 もそう, 知らないん

▼ かた~ (2, 0.0%)

1 の無くなった, も散った

▼ かた苦しく~ (2, 0.0%)

1 すわらされて, 考えないで

▼ かた~ (2, 0.0%)

1 の開きかた, をとっ

▼ かた観かた~ (2, 0.0%)

1 の中, はいつも真に

▼ かた解し~ (2, 0.0%)

2 がたき句

▼ かた~ (2, 0.0%)

1 につけはじめた, の爲め

▼ かた近所~ (2, 0.0%)

1 の噂, の子供

▼ かた風邪~ (2, 0.0%)

2 を引いた

▼ かた鳴らし~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ かた黒い~ (2, 0.0%)

2 もんか

▼1* [760件]

かたあげのある, かたあちこちと身, かたあの別荘には, かたあらゆる複雑な, かたありきたりの日常性, かたありませんね, かたある所を, かたいいことない, かたいかがでしょう, かたいかにも議員らし, かたいせなかにあたる, かたいっそうよく記憶に, かたいったいクラムは, かたいはせる奴めで御座る, かたいふ木札の, かたいまどんな風, かたいまだこのよう, かたいまだにただの, かたいやです, かたいろいろな仕事, かたいわせたり畑, かたいわゆるほんとうの, かたうまくなり気, かたおし畳まれたる, かたおちこちの新関は, かたおのずから忍びて, かたおのれ一身は, かたおよびそれに, かたお客はめつきり, かたお話しのしかた, かたかうした女の, かたかたいう音, かたかたかたかたと帰っ, かたかたした朝の, かたかた下から登っ, かたかとぞんじますと, かたかということを, かたかなを覚えた, かたかなを使ったと, かたかの女らは, かたかは町の, かたからけふは, かたからだけ求められるもの, かたからでもすぐそれ, かたからの悲劇とが, かたからのみ出発した, かたがたついて来た, かたがちがふ, かたがねえ今朝から, かたがらり考へが, かたがわまたは両, かたきじゃあるめえしあっしがもの, かたきだかくごしろ, かたきだ娘のかたき, かたぎだからおやしきにわるいことがあろうとは信じられない, かたくちへ満々, かたから肩, かたぐっとさるを, かたぐ人も乗せ, かたこその音響も, かたこっちへ移みかえた, かたことささやかな夕餉, かたこと庵へ, かたこと木履の足音, かたこれから本を, かたこんなに取りみだされましたの, かたごく内輪の, かたごとにの, かたさこれにも劣らじ, かたさんはどういう, かたさ滑かさその軟か, かたさ滑らかさその構成, かたさ社会内の利害対立, かたしきいづくに, かたしきたりが戦争, かたしき狭筵に思い, かたしく雪の, かたしげしげと訪ねて, かたしろならば身, かたじゃあないか, かたすくになり, かたすこし強すぎる, かたすらない, かたずっと勤続し, かたそういう瞬間に, かたそして仲間同士の, かたそしてただ少し寂し, かたそちの幕下, かたそっくりであった, かたそでだけが開け放され, かたその他困難の由, かたその他適当と思われる, かたその大きな鐘は, かたそれからホテルの, かたそんなに齢を, かたぞといふなれど, かたまりと, かたたそがれちょうものの待つ, かたただの一ぺん, かたたちのいたあとを, かただけでもたいしたもの, かただってもね中共の, かただにながめぬるかな, かただろうなぞと語り合っ, かただ坐っている, かたちょうど腕が, かたちょっときて, かたぢろぐ雲の絶間, かたっていらっしゃいませんわ, かたっぽの耳, かたっぽうの足, かたついたら一寸行っ, かたつきて騒ぐ, かたつたのはったまるい, かたつとめさきでの, かたつひぞ召しあがつたことも, かたつまりはその, かたであり解しかねる点が, かたであれば二枚目, かたであろうと思い, かたでいらっしゃるのね, かたできてるんじゃ, かたでございましてこの, かたでございましょうが, かたでござんしたなれど貧, かたでさえ幾千百と, かたでしていま朝鮮, かたでだけ育てられた十六, かたででしたけれど, かたでにこっと, かたでのみ事物を, かたといふものは, かたとかく身心が, かたとてもよく見ると, かたとでは全く対蹠的, かたとばかりみえましたか, かたともすれば彼を, かたとらえられたテーマの, かたどうしが取っくみあっ, かたどうしてもその路, かたどおりな礼儀, かたどこでも何, かたどなたも御存じ, かたどんな方かと, かたなかりければさて, かたながら知られて, かたなく悲しかった, かたなさるの, かたなぞを習つた, かたなどについて作者は, かたなどにはお返事, かたなどにもその人びと, かたなどによって手も, かたなにかけた肘, かたなほ易しその, かたならざる丹精の, かたならびに作品の, かたなりのままに, かたなりは急に, かたなる一の, かたなればなりしなるべし, かたなを滑って, かたなんかもいろいろフーム, かたなんぞ相手に, かたなんにも食わないの, かたにこそ今日の, かたにさえ妙な, かたにたいして激しい反駁, かたにだけは正直に, かたにだって心の, かたについてなど私は, かたについてばかり調停派という, かたについてを思わせます, かたにつれお猫様繁昌, かたにでもきて, かたにとってはたまらないほど, かたになんぞお悪い, かたにのみ用いら, かたによることを, かたに当たって見える, かたに際して新しい文化的基準, かたグザグザね, かたのはどうでも, かたのばかりだったから, かたはじめての事, かたはじょうひんで軽そう, かたはね職工さんよ, かたち, かたばかりを見ながら, かたぱつたり絶えた形, かたひどく用心し, かたふきて湖面氷, かたふりかえるときの, かたぷっつりと疎遠, かたへともなく逃れ去, かたへにははのあらぬとて, かたへによりて宣んし曰, かたほとんど三千年を, かたほど好奇心が, かたまえより却って, かたまけると云, かたまことに済みませんが, かたましひの, かたましい女は, かたまだかつておのれの, かたまつた花弁が, かたまつてるところへ, かたまでも清逸の, かたまでを導き得る歴史小説, かたみかとなんとなく, かたみか雄の翹, かたみですからあなた, かたみです忘れずに持っ, かたみなのである, かたみなるがゆえに, かたみなんですからね, かたみの古金錢までも賣り, かたみの品も十郎, かたみわけをし, かたみんな同じだけ, かたむと世に優しく, かためいめいの住居, かためずらしい鑿の, かたもがなつれなく散るを, かたもござりましょうがかりに, かたもござりましょうなれどもじ, かたもっとも賢い人々, かたものの見, かたもはこせこの, かたやりかたに, かたやる音などが, かたゆえ私のところ, かたよいところも, かたよりぞレモンの, かたよりを枢軸に, かたよろしからん, かたらしいわ, かたらしいですね, かたわかって下, かたわかったような, かたわぐらいにはなるかも, かたわたしたちには何, かたわで修繕工にさえ, かたわと仰しゃる, かたわなあわれな, かたわなもんか, かたわな人のよぶ, かたわな手をさしだしました, かたわな手足のギプス型, かたわはなおるかも, かたわもののこびとだったの, かたわるいことを, かたわを売りもの, かたゐざりか, かたゐとならふとも, かたゐなる児ども, かたをとかにやの, かたをねアレクセイさんを, かたをば見凝るらむ, かたをもって発動し, かたを通じてやられるはず, かたく凍りつい, かたイナサという言葉, かたインドの地, かたクワスの作りかた, かたセエラは一度, かたソヴェト社会の間, かたタイトルの入れ, かたッぱしからたたき切るほか, かたッぱしからたたきふせて怪力のかぎり, かたツラツラ目に沁みこませ, かたテーマのはっきり, かたハ霜こほる冬, かたパリでピアノ, かたヒステリーなの, かたフランスはアメリカ, かたマーリヤの発狂, かたリアリズムとは何, かたロシアはソヴェト, かた原うち通り, かた一さい家人にまかせ, かた一とつで何, かた一事を冷静, かた一人の崇拝者, かた一代の欠, かた一体に地味, かた一千年の伝統, かた一年も手紙, かた一年あまりといふもの, かた一文のお銭, かた一枝はいよいよ, かた一番むずかしい事件, かた一筋に高く潔く, かた一言の偽り, かた丁度鳶の, かた万事この式, かた三カ所に地境, かた三十九度以上の熱度, かた三十年この鎌倉, かた三百八十年の間, かた三百年そのあと, かた上州の利根, かた上手いものだ, かたから登っ, かた取締りという, かた不可侵境の山則, かた不断の栄養失調, かた与里に向, かた世の中が逆, かた世界のでき, かた世界人類の文化, かた世間から, かた両手に大きな, かた九世団十郎時代のお, かた九十年もの間幕府の鼻息, かた九年のあ, かた乾ききってしまった, かた二タ月も以前, かた二丁ほど歩いた, かた二十五六里の沖あい, かた二十八年あとにもさき, かた二十年昔の開墾村, かた二日いたから, かた云わせて私, かた五六里のところ, かた五年あまりの年つき, かた五百石以上の船, かたへのぼる, かたにうらまれる, かた人さまのもの, かた人形は神送り, かたにて衣服, かた今や木曾山を, かた今僕が話した, かた仕事に面した, かた付いてし, かた付候得バ私しも上京, かた代りに張り, かた伊東の地, かた伝わっている, かた伝教以来の霊跡, かた住み荒した家の, かた何だか虫が, かた何事も官僚, かた何千と知れない, かた何回彼は米, かた佛壇その下, かた併せて二つ, かた使いかたを教えない, かた使つて來たもの, かたかに引き立てられ, かた信長のこの, かた個人の生き, かた倶部樂へ, かたのこと, かたを軽く, かた光秀の胸, かた入りこみが流露, かた全国に創建, かた全幅を示す, かた六天山の上空, かた六年万里の風波, かた六年間の作品, かた六騎の貧しい, かた内容より, かた再現のしかた, かた凡てわが汝, かたありく, かた出版にもインフレ景気, かた分けてなびく, かた判断というもの, かた利園はやつぱりよかつた, かた制作意慾が熾烈, かた制度の変, かた剃りかたにも, かたにいふた, かた正間雑し, かた勉強を期待, かた勤めて来た, かた化学の実験, かた区切りかたいかにも議員, かた十五里ばかりのところ, かた十四五斤の金鯉, かた十年ちかく高級料理, かた千三百八十余年寸土尺地といへ, かた千代ちゃんていうの, かた世紀を, かた半年も経ぬ, かた半日同じ姿勢, かた即ち愛しかた, かた反って易し, かた取扱いかたとがどうして, かた各種制動機の使用法, かた同居して, かた同時にそこに, かたと会, かた周囲に耳, かた味わったことも, かた哲学の引用, かたと見る, かた喋りかたで, かた喧嘩でもした, かた單衣に脱ぎ替へた, かた四十あまりの春秋, かた四海わかれて, かた国家鎮護の霊域, かたの仕事, かた地方自治体はようよう, かた地球人類に警告, かた埼玉の町, かた堪えていた, かた場所も仲間, かたに帰し, かた塵埃と泥濘, かた境内に店, かた売笑婦自身の感情, かただ, かた変ることの, かた変化のしよう, かた外れて窓ガラス, かた多くの先輩, かた暗いも, かた夢寐にも忘れぬ, かた大小の豪傑, かた大正十二年癸亥の震災前後, かた大略源平二氏の武族, かた大衆の社会主義社会建設, かた天井から垂直線, かた天水のとりかた, かた太政官と綽名, かたというもの, かたを軽蔑, かた女の子も男の子, かた妥協に妥協, かた存じておろう, かた存じませんけれどでも, かた学びかたについての指示, かた宜しからん, かたの国, かたの親子, かたの守り神, かた家康から特に, かた寄って水田, かた寄らぬ感想を, かた寄りつきもしません, かた寄り散つてゐる, かた寄るな, かた密接な関係, かた寒い音を, かた寫しにし, かた導きかたと, かた小使銭といふもの, かた小樽の森本, かた小石川の伝通院裏, かた小説に, かた少しもお, かた尽きて家中, かた川添にて水入り, かた巡りあつた, かた市中の人出, かた師匠を見限っ, かた帰宅可仕やと, かた幕府のご, かた平面で第, かた年々春の暮, かた年始の客, かた広く欄の, かた廻れ水車よ, かた弓矢の前, かた弓箭の家, かた引出され井出家に, かた弘法済世の法燈連綿, かた形づくられかたに対しては, かた彼女が自分, かた往来の男女, かた従って気質が, かた御前様の為め, かた御存じですか, かた御用重なる御, かた心得ず候, かた心持に責任, かた忘れてしまっ, かた忘れられてその, かた思いこがれたお, かた思わず知らず出て, かたに冬, かた感じたことの, かた感情はどちら, かた態度があり, かた懇意にし, かた成き三四月の, かた我々は信じ, かた我が国の法学教育, かた手大上段に振りかぶった, かた手間に, かた打ち絶えておりました, かた抑圧されながら, かた曲りて, かた拍車により, かた拝面の機, かた持ちてかの, かた掘り出してちょうど, かた探っている, かた推量して, かた掴みかた生きかた, かた描き出しかたの, かた描写大したもの, かた攫われたのでしょう, かた多賀ちゃんが, かた教会に代わっ, かた教師と生徒, かた散り尽くしたであろう春の, かた数百年われわれに至る, かたの殺しかた, かた文化人は直接政治, かた文学の領域, かた文学上の名声, かた文物の進歩, かた斗丈庵へ押しよせ, かたうであろうと, かた新しいフォームに, かた新聞などにも折々, かたは切り, かた既に三十五年の, かた日供は愚か, かた日常的な家内安全, かた日本人の一般, かた日本人民をあざむい, かた日本文学の確立, かた旧い知性の, かたですきよ, かた昇って行く, かたも忘れず, かた時勢の自己, かた暗く痛ましいものである, かた暮していた, かた書きかたの練達, かた書き方では主人公一人, かた書き連ねたる百千の, かた最近の論文, かた月下の光五度, かたの露, かた朝廷のお, かたの庭木, かた未だ王化に, かた當に, かた本質について作者, かた来る日も, かた東京の名妓, かた松浦あがた, かたはなくなり, かた枝さし掩ふ枇杷, かたの使い方, かた様領民たちがいま退城, かた標準里に違はず, かた樹木の風情, かた正しく野上さんの, かた此の世にいないであろう, かた武士どもの動揺, かた武家屋敷で場末, かた歴朝の帰依, かたの天使, かた死しかた死なされかた, かた死刑は漸次, かたんど, かた残っている, かた毎年毎年のことぢ, かた毎日坊ちゃんに御飯, かた毎日腰をかけ, かた比べるものの, かた気絶したの, かた去り歸, かた決闘に立ち会った, かた汽車の切符売場, かたを防ぎ, かた泊りであらう, かた泣く泣く大きな帽子箱, かた流れで大分手, かた流行り始めた頭の, かた浅井朝倉の抑え, かた浪人して, かた海上に遊ん, かた清内路に馬籠, かた渡ってここ, かた温泉の匂ひも, かた湿りがなく, かた洲の, かた源系の者, かた激しくて一日, かた為也が前, かた無いでしょうか, かた焦点はよい, かたうだらう, かた焼亡したこと, かた燃えたい勢で, かた牢獄につながれ, かた物忘れ非常な物見高, かた物詣などする, かた狂人が主役, かたの仕業, かた現場が踏み荒らされた, かた理想とを相, かた理由もなく, かた理解しかたの点, かた生かしかたに, かた生めよ殖せよ, かた生死相続すること, かた生活への沈潜度, かたを営む, かた田辺侯爵夫人です, かた男雛をかわいがっ, かた疫病であろう, かた痛みのため, かたりました, かた癒えた次の, かた百花楼に居られる, かた皆圧え控えた, かた皇叔のお, かた相当ひどい, かた相済み三千貫は残りもの, かた真に敬虔なる, かた真実な心, かた真情の総計中, かた着用して, かた矢番もなにさま, かた破られなさ, かた破りに十日, かた社会の秩序, かたに対する愛慕一, かた秀吉の番頭, かた私たちが心細, かた窒息させられて, かたのひとつ, かた笑みせしは誰, かた一次大戦までの, かた節子の瘠せ衰えた, かたのとりかた, かた精神のポーズ, かた素子と多, かた細かな筆致, かた終始かたわらに, かた経費多端で不足がち, かた結びかたに心, かた結婚と同時に, かた絶えて見せなかつた, かた絶えまなき, かた絶対にわかっ, かた継続して, かた締めておい, かた置きかた頭が, かた美津子はかうし, かた美濃の斎藤家, かた美醜の別ち, かた老母と二人きり, かた考えかた観察のしかた, かた考える必要が, かた職工の方, かた肥りで不恰好だ, かた肩身のせまい, かたをつき, かたと言われる, かた體が, かた自動車以外の乗り物, かた自然科学の発達, かた自由に家, かた深く張飛, かた船づくりの方法, かたの配合, かた芝露月町土偶師泥斎方に奉公, かた若い娘の, かた苦しさは, かた苦しい挨拶は, かた草苅が置い, かた落してるのに, かた落ちぶれて, かた蒼ざめて茫然自失した跡, かた薬餌から離れられず, かた藍本ありと, かた行き先がわからねえ, かた行く末を語ら, かた衣服のつくり, かた表沙汰となり, かた袖仲人が取つくろふ, かた裸体の歴史性, かた西の国, かた西欧風の騎士的ギャラントリー, かた西洋の樣子, かたたり聞い, かた見たことの, かた見渡たして, かたの仇, かた親類へでも泊まり, かた観察のしかた, かたえたこと, かたでしきりに, かた言葉の陰影, かた記録にも予想, かた試験に落第, かた話題実に変ります, かたも一睡, かた論敵たる僧侶, かた諸州にひそむ, かたれは, かた貴国の御, かた質問の答えかた, かた赤坊のとりあげ, かた走る子等が, かた起こった天体の, かた起りかけてゐた, かた越中への出陣, かた足かけ三年の長, かた身ごなしすべてをもっ, かた身辺ラクバクたるもの, かた軍部に対する血書, かた農村の不景気風, かた近ごろ入って, かた近所近辺の嗤, かた逐出し, かた通俗ですね, かた連れ添ふうちの婆さんぢや, かた連戦連敗の呉軍, かた道行く彼につき, かたなる沖, かた遷宮の執り行い, かた選擧のたび毎, かたにいる, かたの事, かた金融の逼迫, かた鍛冶屋ででもあった, かたてもさね, かた長安を去る, かた長崎に至り, かた長脇差では無い, かた開けたことの, かた附武官のパン・オイロープ, かた附添看護婦の腕, かた随身して, かたなのよ, かた電気の情趣, かた霊前では既に, かた青年学生の体格, かた非常に急, かた非道うて事務所, かた面白いわねえ, かた音信不通の弟, かた預かっている, かたと会, かたがはっきり, かたを君, かたの筋ひとつ, かたの音, かた食物屋の出来ました, かたといふもの, かた馬超のそば近く, かたなんかのちがい, かたを觀, かた魯人の仕方也, かた鳴ってるようだ, かたの微妙, かた黒川隆三の老成