青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かね~ かねて~ かの~ ~かぶっ かぶっ~ かみさん~ かよう~ ~からだ からだ~ ~かり
かり~
~かれ かれ~ かわいそう~ かわり~ かん~ が~ ~がい がい~ がけ~ ~がた

「かり~」 2110, 23ppm, 5073位

▼ かり~ (531, 25.2%)

7 来て, 言えば 6 いる, きて 5 来る, 自分の 4 云えば 3 いるの, これを, それを, 私は

2 [21件] いえば, いらしたという, いる家, すんで, やつと, ショパンは, 二階へ, 云へば, 共に勉強, 口々に, 心安だて, 旅の, 暮すこと, 最も浅薄, 来た, 横に, 紫だちたる, 自分を, 行った, 説明する, 返せないうち

1 [437件] ああ近い近い, あげましょうかとも, あげる, あっちこっち歩き廻り, あてた, あの夢, あらゆる部屋, あらわれると, ありとある, あるたんす, あるの, あを, いいの, いうと, いうなら, いこうと, いたずらに戦闘意識, いたのよ, いた伊東春子, いた家, いったん謝絶, いつとも, いへば, いますの, いらしたあの, いるが, いるこの, いるだけの, いるので, いるもの, いる医者, いる室, いる意外, いる神名不詳, いる若い, いわせた幕府一部, うとうとと, え, おいで, おかあさんと, おつれ, おりますが, お市どの, かえって来た, かえって武力, かえる, かえるわ, かけさせると, かれの, かわらと, きたの, きた写真, きなさい, きました, くよ, くること, くるの, くるので, くるまりこれ, くるよう, くるん, くれ, こうしたの, こぐ, ここかしこと, ここに, ここへ, この, このよう, この三角岳, この区別, この源九郎, この父, これから着る, これぞと, こんなこと, さしはさんで, しばらくたどっ, しますこと, しめてそして, しゃべり君, じつは足利将軍幕府, じぶん, すぐ返事, すな, せめてその, そういう妙, そこで食事, そっちへ, その上, その下宿, その使い方, その信号, その木自身, その翌年, その身近, それとみんな, それに, それによって, たすけられて, ただちにうなずき得た, たまにひそか, ちから, ちょッと, った, つくって, ていねいに, ですね, とうきょうこうへ, ともに知らぬ顔, どんどん運ばせ, なにがしという, なんという, なんとか相手, はじめて知っ, はっきりと, ひげ, ひそかに, ひとつその, ふたりで, ふ沙羅, べつな, ほしいと, ぼくが, まず一, まっさきに尾州様, みますれば, みよう, もう一度民衆, もう一度衣装部屋, やっと, やること, やる必要, よその, よろこびの, よんだ, わしを, わずかに, わたしは, ゐても, アントアネットが, ウブで, オリガと, コップに, コンプレックスなりに, ダンス・パーテーを, テーマは, ノンキ坊の, ホラブンを, マンチャクする, モシモシあなた梶せつ子さん, ルクレチウスを, ルドウィクの, 一人づゝ口答試問を, 一寝みした, 一年の, 一応いま, 一日の, 一篇の, 一般の, 七哩も, 下へ, 不当に, 世に吹聴, 世俗生活を, 久松は, 予も, 事を, 二つに, 二人で, 二荷の, 云うならば, 云は, 云はば, 云へ, 今は, 今日の, 仕事を, 伸子は, 住んだこと, 住んで, 何か, 何事かを, 作者自身の, 供の, 修羅王の, 偉大なる, 傲然と, 儲けたいの, 兄へ, 先生に, 兵部少, 内職に, 出る樂天的, 切望する, 創設しよう, 劇薬を, 力あり, 力を, 勉強する, 十七八枚の, 原稿の, 厳かな, 友愛塾を, 反省の, 取外されたり, 取得した, 叙述が, 古来あった, 只ぼんやりその, 台湾蝶を, 同時に現象世界, 名まえ, 呪って, 喜んで, 地上の, 地下室の, 地図を, 壁に, 多きに, 夜鋸山を, 大いそぎ, 大きな人生, 大江時親すなわち, 大諦観, 天が, 女中が, 女史に, 妖薬を, 始末を, 学究的に, 宏子が, 宙天へ, 宮廷の, 家屋から, 容態を, 寝転びながら, 小さな二枚戸, 小ザッパリ, 小切手を, 小夜子サンを, 小林団長に, 居たの, 居た本, 居る, 居る家, 嵯峨の, 巧みに, 己が, 己を, 市街を, 帯腰紐を, 帰って, 幅は, 幻の, 広大な, 庄次郎の, 序に, 座談会を, 庭へ, 弁当を, 引っぱって, 弟たちと, 弱を, 弾いたり, 当分暮すでしょう, 彼に, 徒らに, 思いきったね, 思ひを, 恩人長良川博士を, 悪事を, 憎むべき弟, 我々は, 我飢を, 所謂感性的な, 手水へ, 捕もの, 捕りおさえに, 掘立小屋, 掛けて, 放蕩し, 数日前に, 文化統制を, 文学を, 旅人を, 旅館に, 旗上げは, 日ごろ怪しい, 日本には, 日本を, 日本帝国主義が, 日本征服の, 旧い支配階級, 早目な, 明かに, 明智先生に, 時には明日, 暗にお, 書いて, 書きつ, 最も變化, 最小限度の, 最少限度の, 月琴の, 机に, 束帯を, 来たこと, 来ただけの, 来たのに, 来たのよ, 来たり, 来た万葉集, 来た日, 来た鞄, 来た風呂敷, 来ましょう, 来ますよ, 来るかも, 来ること, 来るん, 極楽の, 横浜へ, 此穴を, 武士の, 武家を, 民間人の, 決定と, 河内や, 洋學の, 洞窟内の, 活, 浪子に, 涙を, 湯に, 災難の, 無事予定以上の, 照らすまでも, 犯罪も, 猛然反抗し, 獵に, 現わ, 現われて, 現われること, 現われるの, 甚だ力, 生活する, 申さば, 男の, 疎開させた, 病院へ, 白旗の, 相互が, 相手を, 着せて, 着替へた, 私にも, 私はた, 空氣中に, 突っこんで, 筆に, 納めます, 結城新, 美を, 老人を, 聞かれながら, 腰を, 自ら其天寿を, 自ら欺く, 自分が, 自分勝手の, 自分等のく, 自分自身を, 自殺した, 自殺を, 芸術の, 苦しさうに息, 荷物だけ, 董公ご, 行うもの, 行った由, 表われる, 表現された, 見たいと, 言うならば, 言ひ, 言葉を, 試みるという, 試作する, 詩化した, 誑かしに, 語られて, 語る以外, 説教会を, 読み或, 読むこと, 読んで, 請取り, 警察へ, 貴様を, 質に, 起られしかば, 足を, 蹌踉と, 蹣跚として, 身を, 述べたもの, 迷信を, 退散させる, 逃げ失せた男女, 通いの, 遊んだ, 運びだして, 運ぶ, 部屋へ, 金の, 金を, 陸に, 陸離たる, 隈どり, 障子へ, 雨露を, 雪の, 電力の, 電話の, 鞍馬の, 頭巾に, 頼長めの, 風呂屋に, 首を, 駅や, 駆け出して, 驚くべき劇, 髪に, 鵠沼を, 黒黨を, 黙止たり

▼ かりそめ~ (443, 21.0%)

7 にもこの, にも主君 6 のもの 5 の旅, の病 4 にも天下, にも敵, にも母, にも自分, の, の夢 3 にもかかる, にもその, にも主人, にも人, のなやみ, の別れ, の風邪

2 [23件] にひとつ拾ひつ二つ三つ拾, にも, にもこれ, にもご, にもせよ, にもそれ, にも世, にも女, にも幸福, にも御, にも教育, にも遊ん, のお, のこと, のたわむれ, の世, の契り, の好奇心, の恋, の情, の涙, の縁, の関守

1 [322件] と來, と悟り, に, にうち, にお, におん身慕, にこの, にせよ, になく, にな思ひ, には使, には申されませぬ, には申しません, にまでうたわれる, にもあり, にもうごかない, にもお, にもおれ, にもお前, にもお姫様, にもかつて, にもこういう, にもここ, にもそなた, にもその道, にもそんな, にもたわむれよう, にもできない, にもどちら, にもに組, にもの, にもひと, にもひと度, にもまだ, にもみだりに, にもわが, にもわが子, にもわたくし, にもゴルフクラブ, にもノールウェー, にもハシタ, にもヘタ, にもミダラ, にもヨタモノ的結合, にも一つ, にも一夜, にも一日中, にも一重, にも上, にも不敬不浄, にも主筋, にも二人, にも二本, にも京, にも人手, にも人生, にも人間侮蔑, にも今日, にも仏, にも仕返し, にも何たる, にも俳句, にも備前, にも傷, にも八人殺し, にも兵法者, にも冒させなかった, にも冒す, にも出かける, にも前, にも剣, にも勅使, にも勇み立つ, にも動かさず, にも勝頼, にも博士, にも叔父賀相, にも取返し, にも口, にも口先, にも吉岡門, にも名門, にも君, にも呉, にも嘘, にも大, にも大望大言, にも大言壮語, にも天子, にも天朝, にも女流作家, にも嫁入り前, にも學問, にも宗厳, にも官能, にも室町将軍家, にも害心, にも家, にも家臣, にも寺社奉行さま, にも将, にも小野次郎右衛門, にも山賊, にも帝以外, にも師, にも当館, にも彼, にも御府内, にも思う, にも思想, にも恐怖, にも恨み, にも悪事濫行, にも悪感情, にも手かげん, にも手ぬかり, にも抱いた, にも招かれ, にも掠め盗らず虐げず, にも政府, にも数日陣地, にも敵方, にも暗殺, にも暴漢, にも曹操, にも朝, にも朝命, にも朝廷, にも本位田又八, にも束脩, にも正, にも汚らわしい, にも江戸表, にも海, にも源中納言, にも源九郎御曹子, にも火, にも父, にも物, にも生きる, にも生き伸び, にも用, にも申得, にも男子, にも異議, にも疑わしい, にも発きうかがう, にも百両, にも百年千年末世, にも目前, にも目明したる者, にも直参旗本, にも真剣, にも神様, にも私, にも私業, にも秋元六万石, にも科学, にも笑, にも筆者, にも約束, にも美しい, にも義朝, にも義理, にも羽柴筑前守さま, にも考え, にも聴き逃さなかつた, にも腕, にも腹, にも至尊, にも致せ, にも芸術, にも若様, にも荒々しい, にも菊亭右大臣家, にも著作, にも虚偽, にも虚無観, にも衒気, にも衣服, にも西, にも親, にも謙蔵, にも警察当局, にも賄賂, にも軍令, にも軍令状, にも軍門, にも退かれ, にも逆, にも遁, にも過っ, にも道場破り, にも重き, にも金山, にも鐘巻, にも関守, にも防備, にも音信, にも領土, にゴシップ, に主膳, に入りこみたる, に出逢うた, に叱りうべし, に向い合っ, に唯五六枚, に土水火風, に太郎左衛門, に対すれ, に忘れ, に思う, に思ひついた, に戯れない, に振り上げた, に摩擦, に敷いた, に星讃め, に書いた, に来, に構えた, に無念無想, に現実的, に男, に疑われ, に相, に筆, に考え, に草, に行っ, に親しんだ, に言, に讀ん, に貼った, に逃すまい, に造り上げられる, に進まれる, に邪魔, のいと, のかり, のただ, のなやみなる, のみる, のめぐり, のわかれ, のポーズ, の一小説, の世評, の世間態, の事, の人, の人事, の人影, の仕事, の偶然, の傷, の出来心, の別, の友, の咳一つ, の在京, の垣根, の場, の場末, の契, の好奇, の娯楽, の媒妁役, の存在, の安逸, の宿, の干柿, の影, の御事, の心理, の忌み, の思ひつきなるべき, の恋人, の恩, の患い, の悲しみ, の情人, の感冒, の戦雲, の戯れ, の戯事, の拵え事, の氣分, の清純, の漂浪者, の火, の煩悩, の物詣, の犬, の生, の町中, の病い, の病気, の百姓一揆, の目的, の立居, の絆, の綻び, の興味, の色, の薔薇, の言葉, の訓戒, の試合, の誓い, の論評, の遊び, の道づれさ, の道中づれ, の道案内者, の長居, の閑者, の雑談, の雲, の風流, の飼主, の骨董いじり

▼ かりそう~ (139, 6.6%)

59 なもの 9 なもん 65 に思われる 4 なのに, に思う 3 だし, に思える 2 だが, です, なの, な場合, になった

1 [36件] いって, だなど, だのにと, である, であるけれども, であるの, では, で隠れ療治, なあの, なお, なこと, な事, な人, な八さん, な処, な場処, な山, な思出, な時, な気, な気持, な用意, な男, な眠り, な純乎, な羽後, にし, にと眉, にながめ, になっ, に心得まする, に思い, に思います, に思った, に近, に高笑い

▼ かり~ (60, 2.8%)

2 ないやう, 法壇を

1 [56件] あとが, ある事, ある家, かくれがの, ことでありまし, この世に, この世の, すまひ, ちぎりを, ない檢索眼, はいった箱, はなしです, ふしどに, ふしどを, やどり誰, 世の, 世の中打割りて, 丘の, 住居, 住居に, 住居を, 入ったブリキかん, 別と, 名づけ親, 名である, 名に, 名を, 呼吸を, 埋葬を, 声が, 女に, 如く潜りこむの, 妻ぢやと, 姿いかにも, 姿が, 姿に, 姿の, 宿りと, 宿りを, 庵, 庵の, 庵のみ, 建物ばかりに, 微睡, 思ひ人, 方便としてしか, 日が, 父親と, 皇居は, 知己で, 繃帯を, 行在所を, 通勤だった, 里内裏な, 野陣を, 館を

▼ かり~ (25, 1.2%)

1 [25件] うようよ数珠形, こむらし, こッちで, しませんわ, そう易々, どうにも言い返し, ひるの, カンベンし, ゴカンベンという, ツライッてね, 云えませんが, 云わなかった, 何処, 口外は, 大きな白い, 姿が, 小さなはしご, 性分や, 掘るより, 玉太郎の, 男に, 知ったが, 縛れません, 自分の, 請合えない

▼ かりさうな~ (24, 1.1%)

14 ものだ 3 もの嫁入 2 もんだ 1 その病室, ものぢや, もんだに, もんぢや, 語である

▼ かり~ (22, 1.0%)

2 腰を

1 [20件] ぢの, 不平などを, 事實の, 太郎が, 宙に, 憊れ, 抱っこし, 暮れた, 横に, 此話にも, 浮いて, 緊かりと, 言って, 言ひ知らす, 訓むと一味の, 足元の, 路易は, 閃めき上がった, 雲を, 默つて襖を

▼ かりしも~ (20, 0.9%)

1 [20件] いつかこの, この酒, その実, 人生災禍多く, 仔細に, 勇ありき, 妻は, 審査せぬ, 幕切の, 後に, 後の, 愛の, 我が為, 爆発床へ, 狭山課長が, 竟に, 耳にて, 貴婦人が, 資産すでに, 門者呵し

▼ かりうど~ (14, 0.7%)

1 [14件] があった, がお, がじ, がそっと, が狩り, が白雪姫, だの馬, のみづ, はお, はすぐ, はその, はそれ, もお姫さま, をじ

▼ かりしか~ (14, 0.7%)

2 ひた乾く地膚, 夏向, 夜明が 1 どなほ, ひなき我, を察, を思へ, 今朝の, 如是心を, 或は又, 蔀戸に

▼ かり~ (14, 0.7%)

2 買って

1 [12件] さがしだして, して, そはりたい, りますわ, 商うおばさん, 売るおばさん, 射落としたり, 形容詞の, 手伝つ, 拵えたもの, 楽しみに, 楽に

▼ かりけれど~ (12, 0.6%)

1 [12件] よく風流, わが聞取り得たる, 又見栄, 奥と, 安否を, 家令に, 家内は, 彼は, 既に重井, 目覚めしまま, 纔に, 迯ぐべくもあらねば臭き

▼ かり~ (12, 0.6%)

2 う云 1 うした, うだ, うだと, うだな, う云つて了つてハツ, う呼びかける, う答, ま, を持っ, ん

▼ かりその~ (12, 0.6%)

1 [12件] つど父が, 上に, 中に, 儘云ふと, 名を, 小説の, 性質を, 時間に, 癖の, 罠の, 菊路は, 鏡の

▼ かりながら~ (10, 0.5%)

1 おさ, おばあさんは, そんなけち, わたくしだけで, 三造は, 云った, 全国に, 店へ, 御鼻, 這入つて

▼ かり~ (9, 0.4%)

1 あるめ, いる蠅, うようよいる, かりと, した, なさ相, のがすつかり恐縮, 皆金も, 近うございます

▼ かり~ (9, 0.4%)

2 をきく, を滑らす 1 にする, に出せ, へ出た, を利かなかつた, を辷らした

▼ かり~ (8, 0.4%)

1 あった, あって, あり酒屋朋輩等, あるか, ある筈, ぶつこけ, ゐし苗代水, 多くては

▼ かりそんな~ (8, 0.4%)

2 ことを 1 ものを, 嘘を, 感情を, 気ぶりが, 風な訊ね, 馬鹿な

▼ かり~ (7, 0.3%)

3 げす 1 ふせいで, 思慮が, 書いたもの, 薩張りあきまへん

▼ かりては~ (6, 0.3%)

1 いけない, いられまい, グウの, 気が, 読んで, 非礼に

▼ かり~ (6, 0.3%)

1 がつい, でも引つかけたら, は出せねえ, も入れられない, を付ける, を附け

▼ かり~ (5, 0.2%)

1 上手です, 傍へ, 由良の, 絹の, 見それ

▼ かりけむ~ (5, 0.2%)

2 胸苦しき気 1 この川筋, ぶるぶると, 共に失望

▼ かり~ (5, 0.2%)

1 行かうと, 行きか, 行くこと, 行くと, 行つて随分

▼ かり~ (5, 0.2%)

1 などを害め, に冒される, に話し, に騷がれ, の迷惑

▼ かり~ (5, 0.2%)

1 のこと, へも出されない, へ出, へ灯, を歩く

▼ かり~ (5, 0.2%)

2 を云 1 であるらしいの, などを貰, を盲目結び

▼ かり自分~ (5, 0.2%)

1 から金, が足, の国, の惡事, の靴

▼ かり~ (5, 0.2%)

1 つたが, つてる, つてるん, へねえ, やはる

▼ かりがね~ (4, 0.2%)

2 池の 1 はあひ呼びわたれ, 啼くも

▼ かりそれ~ (4, 0.2%)

1 には気づかず, は間違つて, を問, を妨げ

▼ かりはた~ (4, 0.2%)

2 とべ, とべと

▼ かりもの~ (4, 0.2%)

1 と, の扱帯, の駒下駄, をし

▼ かり~ (4, 0.2%)

1 がそんな, はそんな, は加藤, は感じ

▼ かり此方~ (4, 0.2%)

1 が聞き返したくなる, が親孝行, へ突当っ, を向い

▼ かり~ (4, 0.2%)

1 をおとし, をおろす, をすえ, 打ちかけて

▼ かりあんな~ (3, 0.1%)

2 事を 1 ことを

▼ かりおし~ (3, 0.1%)

3

▼ かりたり~ (3, 0.1%)

1 しを, 取りよせたり, 将来の

▼ かりもがり~ (3, 0.1%)

1 とも言つて, と称, と言

▼ かり~ (3, 0.1%)

1 には, へも行けない, へ行っ

▼ かり~ (3, 0.1%)

2 を抱い 1 に手

▼ かり~ (3, 0.1%)

1 安心は, 獲物多く, 褒美を

▼ かり懐中~ (3, 0.1%)

1 から取りおとし, へし, を覗かれた

▼ かり~ (3, 0.1%)

1 には數, は世, を無くし

▼ かり~ (3, 0.1%)

1 がすんだであろう, がつきませんでした, に病ん

▼ かり~ (3, 0.1%)

1 がつかず, が外れ, をとられる

▼ かり~ (3, 0.1%)

1 で生命, な瞳, な石田

▼ かり~ (3, 0.1%)

1 が覺め, に浮かせなかつた, をあけ

▼ かり~ (3, 0.1%)

1 して, の浴衣, の紋付き

▼ かり知らず~ (3, 0.1%)

1 に居る, に通る, に過した

▼ かり~ (3, 0.1%)

1 にお, の甘言, は顔

▼ かりあるいは~ (2, 0.1%)

1 家畜に, 真っ青な

▼ かりお前~ (2, 0.1%)

1 なんかに写真, に頼む

▼ かりかりかり~ (2, 0.1%)

1 とシロホン, と音

▼ かりがたい~ (2, 0.1%)

1 けれども身辺, 殺気が

▼ かりがねは~ (2, 0.1%)

1 故郷いかに, 琴柱に

▼ かりこんな~ (2, 0.1%)

1 ことを, 外套を

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 もの, 老師ご

▼ かりさうに~ (2, 0.1%)

1 なる, も私

▼ かりしわ~ (2, 0.1%)

1 が世, が盛り

▼ かりじゃ~ (2, 0.1%)

1 ありません, アない

▼ かりずみ~ (2, 0.1%)

1 のねむり, の家

▼ かりたき物~ (2, 0.1%)

1 お峯小松菜, お峰小松菜

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 やア, や売つ

▼ かりてか~ (2, 0.1%)

1 そこの, はる

▼ かりても~ (2, 0.1%)

1 処置は, 女は

▼ かりひつ~ (2, 0.1%)

1 か, かかる

▼ かりもう~ (2, 0.1%)

1 冬の, 西へまは

▼ かりやつ~ (2, 0.1%)

1 て呉れる, て来る

▼ かりゅうどに~ (2, 0.1%)

1 射られて, 見つかって

▼ かりゅうどは~ (2, 0.1%)

1 子ざる, 答えました

▼ かりゆめ~ (2, 0.1%)

1 は熊, 何を

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 せられた, せる船

▼ かり云つて~ (2, 0.1%)

1 から奥, ゐて

▼ かり信用~ (2, 0.1%)

1 して, 出来ないぞという

▼ かり先生~ (2, 0.1%)

1 が知らず, のこと

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 つて来られる, 本国ニつみ廻さん

▼ かり冗談~ (2, 0.1%)

1 だと, も言

▼ かり出來~ (2, 0.1%)

2 ない

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 の日, 刻の

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 はらうと, わろうと

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 かる, かるで一時間

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 ひ寺僧, へば黄金丸

▼ かり喋つて~ (2, 0.1%)

1 しまつ, どんなこと

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 でも視た, の様

▼ かり大きく~ (2, 0.1%)

1 おなり, つて

▼ かり大事~ (2, 0.1%)

1 な剃刀, にし

▼ かり女中~ (2, 0.1%)

1 が開けた, のお

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 からしやぶりかけ, とすなどり

▼ かり安心~ (2, 0.1%)

1 しその, した様子

▼ かり小屋~ (2, 0.1%)

1 をたて, をつくり

▼ かり市政~ (2, 0.1%)

2 を行つて

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 へつけた, 孕んだしかも

▼ かり放題~ (2, 0.1%)

1 に散かっ, 間に合うだろう

▼ かり斯ん~ (2, 0.1%)

1 な事, な口

▼ かり日本人~ (2, 0.1%)

1 などは街, を代表

▼ かり昼寝~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 の小, の餉

▼ かり次第骨~ (2, 0.1%)

2 を惜

▼ かり油斷~ (2, 0.1%)

1 して, をし

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 か母, はゐない

▼ かり片手~ (2, 0.1%)

1 に握, を放さう

▼ かり祝言~ (2, 0.1%)

1 をさせ, をさせられない

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 を出し, を掛ける

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 につかまっ, の皮

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 ふてほんに, ふてほんにほんに

▼ かり言つて~ (2, 0.1%)

1 しまつ, るぢ

▼ かり賛成~ (2, 0.1%)

2 はしなかつた

▼ かり返事~ (2, 0.1%)

1 が出来ない, も出来やしない

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 つかけてる, つ拂

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 なんか出せ, の話

▼ かり難い~ (2, 0.1%)

1 ものが, 君等の

▼ かり~ (2, 0.1%)

1 はせた, はせなす

▼1* [465件]

かりしかりよけれ, かりあし原ゆけば, かりあなたと一緒, かりあま小舟黒胡麻のごとく, かりいい気持で, かりいきなり行つたので, かりいつもと変る, かりうどさんわたしを助け, かりうど賤機木綿枝朶細工などを生業, かりうまく行ったとは, かりおれはもう, かりお婆さんと言, かりお湯なんかで一緒, かりお話して, かりあかりか, かりかたになっ, かりかたがた三越のおこわ, かりから帰って, かりからかふやう, かりがねの声, かりぎぬのしりに刺しつ, かりくらしさう, かりめ, かりけらし, かりけれども何分四月, かりけれどもとふ, かりに見える, かりこいつは毒, かりこちらを向いた, かりこっちを向かん, かりこの座敷牢を, かりさえすれば, かりしかとどこほる無く, かりしかは兩軍の, かりしけぶりだになし, かりずつて居る樣, かりせつぱつまれば常に英雄, かりそれから三里半だら, かりそれに七人がかりから, かりたまへ可, かりたりとはとんだ引合, かりつきやがる, かりつぶつてまで見せた, かりつまらないわ, かりつるに悪性, かりづゝと出る, かりてから彼は, かりてでもおくなら留守番, かりてまで家を, かりてまでも堕落せしめ, かりてものいふ人の, かりてやみぬ, かりてネ紫の, かりでもなかつたの, かりとうしろ向きに寝ころん, かりとこう切放したよう, かりどうも他人の, かりどこかに置き忘れ, かりなど鞆の, かりなむとしばし, かりなんと云ふ, かりねの床, かりめだち給, かりまた耳の, かりまたは戯談めかし, かりみつ子は嘘, かりみんなのちょうちん, かりもほどになさいませ, かりおまへん, かりやんちゃになりやした, かりゅうどが山へいく, かりゅうどにつれられていった日から夜, かりゅうどは村へ帰る, かりゅうどは腰につけ, かりゆゑ家は此方家ゆゑ, かりょくようのおん衣くれないの, かりわたしはかういつた, かりわれわれは口, かりウワ言を云つて, かりガラス戸を開けた, かりスタートすると, かりチューブに補祭, かりトマトの茎, かりドツサリ割り付けやはる, かりパッサージ, かり一ツ掬つてぐいと寄せ, かり一事務員を遣し, かり一刻早く三五郎, かり一方が洗面所, かり一時のところ, かり一本参って, かり一番先に出, かり一目見たばかりに, かり一足でも歩いたら, かり一陽来福の新, かり七時に鳥山駅, かり三井寺の鐘, かり上月城を占拠, かり上海へでも行かう, かり上野屋へ雨外套, かり下界から吹き上げる, かり下駄を持つ, かり不動樣を縛る, かり不愉快なもの, かり窪に, かり乍ら格子の中, かり乗鞍岳の北麓, かり事情は聞い, かり二人のゐる, かり二間高がかり, かり二階へ持つ, かりふことなどを, かり五六本飲んだ, かり交渉をもつ, かり京都まで往つて, かり人物の職名, かり人相が変り, かり仏蘭西式にフオオク, かり仔細も分るだろう, かりのこと, かり他人にそんな, かり伏見奉行をおそれさし, かり会社を持ち出し, かりの定吉, かりの遠征, かり佐々木はうまい, かりか云, かり余計な質問, かりて, かり係はるととり, かり俗音を絶つ, かり信心詣りも, かりなんぞにか, かり故一言致置候, かり候後は浅草公園, かりを忘れ, かりが, かりの感じ, かり元気がよく, かりの死骸, かりへ出, かり稼も, かり共青と赤, かり其の苦惱を, かり冤枉を逞しうす, かり出任せなこと, かり出動を遲ら, かりに物, かり初めにも貴重品, かり別世界の感, かり刺身につく, かり前後の考, かりぬけが, かり加はつた自然科學, かり勘辨するもの, かり勝負事に関係, かり午後行って, かり午砲などに出, かり卑しい口調で, かり博文館に近い, かり原稿でも書い, かり反古にし, かり受候て大坂, かり口出しはできぬ, かり口笛を吹き, かり可愛らしい小鳥を, かりひながら, かり同意すると, かり同時に梓を, かりにて入, かり名札にちょっと, かり吸つた息の中, かり周囲の状況, かりへ, かり呼吸を疲らし, かり唐紙のべしむ, かり啖呵になっ, かりべたら, かり四疊半の障子, かり四角張つたことを云, かりになっ, かり困惑して, かり來の, かりを憚, かり地獄の一本道, かり堅気のお, かりに入, かり塩ッぽくなっちまう, かり士民の尊崇, かりですねえ, かりを明し, かり夜歩きは危, かり夢中になつ, かり大いに啓発せられた, かり大変なこと, かり大工を入れ, かり大金の隱, かり奉公人を昇格, かり奴めの洋服, かり好い気にな, かり好奇の眼, かり妻君の言葉, かり子供に云, かり安定感を抱きかけ, かりがテルヨさん, かりというの, かり宮の名をたずね, かり宮闕の内外, かり寝台と机, かり将棋をさす, かり猫の, かりでも足軽, かりきなもん, かり常陸へは行かれない, かり帽子の上, かり干しすんだかや, かりいと思っ, かり庵崎さんに漏した, かり擦りこんで, かり引き浚って, かり彦右衛門が参っ, かり役場の手づる, かり役得でも稼ぐ, かり往来へも出られやしない, かり御用邸の上, かり心付けをし, かり思つてたに, かり恍惚と彳ん, かり悪いことを, かり悪玉どもがよから, かり悪魔の手, かり想像したやう, かり意気を沮喪, かり愚老の口, かり感服させられて, かり戒名は一庵了心信士, かり或は成行で, かり戯談も云, かり戰つて行かうよ, かりなんか開ける, かり戸外も歩けません, かり手燭を持つ, かり手間取つて居るところ, かり手頼つてゐりや, かりかっては, かり批難めいたやう, かり承知させた, かり承諾して, かり押込にでも入られ, かり拙者自身で山科, かり拾つて力を込め, かりの尖, かり挑戦すると, かり掌面を弛める, かり提灯を持つ, かり揚句に何, かりして, かり支配されないよう, かり改心した人間, かり放題老人の懐中, かり教師に見, かり教授とやら申こと, かり散歩にでも出る, かりして, かり敬意を表する, かり敬語でも使, かり文句を言, かり新聞も読めやしない, かりにこまかい, かり過ぎて, かりと体質, かり時刻を過し, かり時期を逸し, かり暖かくつめたい雨空も, かりの終る, かり書き加えて, かり最後まで座, かりか何, かり朝化粧まですまし, かり木蔭のない, かり當の, かり本所あたりへ乘, かり本文のはう, かりに捉まり, かり栗樹などの雑わる, かり校舎がたつ, かり框際の広, かりを伐らせ, かりなん, かり構つて居たから, かりとも何, かり様子を見届け, かりは肺病, かり次第届け出るよう, かりひ出して, かり氣みたいな, かり正直過ぎること, かり此處まで刄物, かり毎夜のこと, かり毎日御馳走を拵え, かり毒藥を賣る, かりを呑んだ, かり汽車にひかれた, かり河童の国, かり油断して, かり治三郎に落度, かり泊りやはります, かり泥塗れでとても, かり洒落もいえねえ, かり洗濯もできない, かり浅葱に窩ん, かり深井君の虎, かり清水で冷まし, かり溌剌たる健康, かり溝板と密接, かり滑つた口は取返し, かり滞在し過ぎると, かりの出る, かり火繩を叩い, かり無心にも來, かり無視して, かり煙草をふかし, かり照子の調子, かり附いちゃ, かり玄關の立て, かり王威をかざし, かりはれる美, かり現在のアドレス, かり甘い顔を, かり甞めたこと, かりゐたの, かり用心させると, かり上げて, かりへ参候, かり町中などを歩い, かり町方の御用聞, かり番頭さんに口, かり疲労し手, かり痴川に手紙, かり療治が出来る, かり発表した外来起原説, かり白状したから, かりを二枚, かり相槌は打てない, かり真似をする, かり眠つて畢つたのでは, かり眼鏡を忘れ, かり着一切だめ出来合も間に合わず, かり知つてゐるの, かり研究をつづけ, かり神妙に点頭い, かり禁制を破, かり福知山の松平家, かりをこぼされたら, かりにかかっ, かり空腹のま, かりふの, かり等等無数の名, かりへてしまつたの, かりを縒り, かり約束は出来ない, かり紅葉をもとめ, かり素姓を隱, かり素晴しく大きな, かり素直に受けいれ, かり素通りもなるまい, かり結局私はまるで, かりふ, かり締め忘れたり, かりしや, かり縫いに行った, かり縹緲たる背景, かり繁き天雲, かり缺點をさらけ出し, かり美しい木戸前の, かり美味さうな処, かり羽搏きでも, かりかもその, かりの腕脛, かり肺臓へ力, かりを冷やし, かりくその, かりけて了ツ, かりをまくり上げた, かり膝頭を掴ん, かり自分等の髮, かり自炊して, かりを滑らし, かり若葉になつて, かり苦労させて, かりも刈れ, かり菊代を名指し, かり落第すると, かり落葉松も芽ぶきそめ, かり蓴菜の中, かり蕁麻の茂つた中, かり血相が変っ, かり行き違いになっ, かりの格子, かりと思ふ, かり裏口を開け, かり西洋風で窓, かり西鉄ビイキになっ, かりふてほんに, かり觸つても外れる, かり言つたのにはつ, かり言つて挨拶して, かり言ッて, かり言葉も出ない, かり詮索立てをし, かりが面白, かり話題になつて, かり調らべられ, かり調子に乗る, かりな雪駄, かりへなかつた, かりはすでに, かり賛同して, かり贊成しかねないほど, かり赤い表紙が, かりを踏, かり跫音を悟られ, かり身體中傷だらけになつて沸, かり転害門を見過ごし, かりんじ, かりくなつ, かりをかませ, かり逆らふと相手, かり通り奥方を捉ら, かり通ッたもん, かり遠大なる計, かり遺失したぢ, かりの酔, かりへぬ, かりはむぞ今夜, かり野風呂であたたまった, かり金力を恐れね, かり釣鐘をおろし, かりを又, かり錢形平次を誘ひ出し, かり鐵心道人の惡口, かり長う引ツ張らいで, かり長きこと書きつらね, かり間違へて自分, かり障子を打, かりせないが, かり離れ家へ向けよう, かり難なく追崩した, かりに息, かりれて, かりを視, かりを出す, かりを出す, かりを合せる, かり願いと気づかわし, かりに吹かれ, かり風邪を引かれ, かり餘計なこと, かりを絞め過ぎ, かり騷ぎを大きく, かり骨身に沁渡ツ, かり高度の高, かり鸚鵡返しに返した, かり鹿児島乗込の事, かり麻袋にドロ