青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「からだ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かに~ ~かね かね~ かねて~ かの~ ~かぶっ かぶっ~ かみさん~ かよう~ ~からだ
からだ~
~かり かり~ ~かれ かれ~ かわいそう~ かわり~ かん~ が~ ~がい がい~

「からだ~」 4063, 44ppm, 2642位

▼ からだ~ (1636, 40.3%)

14 して, 横に 11 ゆすぶって, 動かして, 大事に 10 ゆすって 9 包んで 8 大切に, 曲げて 7 ふるわせて, 乗り出して, 左右に 6 かがめて, しらべて, ちぢめて, 持って, 斜めに 5 くっつけて, ゆすりながら, 丈夫に, 丸くし, 二つに, 洗って, 自由に

4 [15件] お大切, のばして, ぶるぶるふるわせ, ゆすぶつて, よせて, 前後に, 半分出し, 固くし, 延ばして, 悪くし, 手に, 投げて, 縮めて, 自分の, 起して

3 [31件] かくして, くねらせて, くの, すっかりふい, すりつけました, だいじに, だきあって, だまって, つけて, ていねいに, ふいて, ぽり, まげて, 上から, 両手で, 借りて, 前に, 前後左右に, 固くした, 埋めて, 大地へ, 寄せて, 小さくし, 拭いて, 振つた, 支えて, 縛って, 背負って, 見て, 見ました, 透明に

2 [106件] いれみるみる, うごかして, おつかひ下さい, かかえて, かたくし, くっつけあって, くねくねさせ, こすりつけて, ころがして, こわして, ささえて, さすって, じょうぶに, すりつけて, ずらして, そこまで, たいせつに, だらりと, ちぢめながら, ちぢめました, どうする, のりだす, のりだすよう, ふるうよう, ふるふやう, ふるわせた, ふるわせながら, ほそびき, まえに, まかせて, まっすぐに, まるめて, まわして, めちゃくちゃに, もぐらし, ゆがめて, ゆさぶって, ゆすぶり, ゆすぶりながら, わるくし, グッと, 一呑み, 乾かす工夫, 伸ばして, 傷つけること, 入れて, 利用し, 刻まれるよう, 前こごみ, 動かすこと, 動かすの, 反らして, 向けて, 嗅ぎて, 岩か, 巻いて, 引き寄せて, 強くする, 御大事, 心配し, 悪くする, 投げつけたもの, 投げ出して, 抱いて, 抱きしめて, 抱き起した, 持ちあげて, 持てあまして, 振つて, 振りながら, 振り動かして, 捻じ向けて, 捻ぢ, 揺すぶって, 損わ, 支へる, 敵に, 楯に, 横たえて, 横たえながら, 横抱きに, 沈ませて, 沈めて, 波の, 泳がして, 洗った, 浄め終わっ, 浄め終わる, 深く折り曲げ, 片腕で, 痛めて, 百に, 真二つ, 石の, 硬ばらせ, 立てて, 結えつけて, 見ると, 詰めたに, 責めて, 起こして, 起した, 起すと, 運ぶこと, 金で, 離して

1 [1089件 抜粋] あけて, あたためた, あたため宿, あなたの, あらためて, あらってから, あわせて, いじりまわした, いじるの, いぢめ, いろいろに, うごかしても, うごかし苦し, うしろでに, うしろへ, うつこと, うつん, うねらせて, うまく舵, おおって, おこわしなさらぬ, おさえつけるの, おしつけ下, おそったの, おった, おつかい下さい, お大事, お撫で下さい, お洗い, お清め, かかえ美しい, かがめると, かきけすこと, かくしてむこう, かくして小さい, かくして笛, かくすこと, かこまれた, かしらに, かたくしました, かっかっと, かばった, かるがるとくわえ, かわいらしくまわし, かわした, かわすよう, がばとそこ, きたえて, きれいに, くくられて, くさりの, くだけ, くっつけました, くっつけるよう, くねくねうごかし, くねらせたらはげしい, くねらせ二, くる, くるみの, ぐるっと見まわした, ぐんぐんひきずっ, こき使って, こしまで, こすりつけられて, こすりはじめた, このお祖母さん, こは, これだけ, こわし召さるなよ, さかれても, さがしに, ささえながら, ささへようと, さとらせては, さらわれないよう, しきりに心配, した男達, しっかり抱い, しつかり作つて, しばられて, しめった麻束, しゃぶりに, しらべられました, じっと休ませ, すくめた, すこしか, すっかり乗り出す, すっかり附, すぼめて, すみからすみ, すりつけに, すりよせて, すりよせるしかし, すり寄せる, ずいずいと, ずり落し, せかせかと, そこに, そっと岸, そのままトンボ, そのむく, その風呂, そらし尻, そんなに黒く, たたきつけられること, だいて, だきあいました, だきかかえました, だきしめるよう, だき起こしました, だるそう, だんだん大きく, ちぢめまた, つかったと, つきのばして, つけました, つつみ, つつむ中, つつんだ武士, つり上げたと, とつぷりとその湯の, なおざりに, なお小さく, なぐさめる光, なげだしたので, ななめに, なるべく動かさない, にじり寄らせて, ぬぐい浄め, ぬすんで, ねじって, ねじむけて, ねじ向けました, のせながら, のばした, のばしました, のめらして, のりだして, のり出した, はげしくゆすぶった, はじき飛ばすが, はなれた魂, はねのけた, ひきずるよう, ひたと摺り寄せ, ひとつゆすつた, ひねって, ぴたりと, ぴんぴん動かし, ふきとり三人, ふくらましたり, ふたつに, ふりむいて, ふり鞠, ふるわした, ふんわり包ん, ぶっつけましたが, ぶつつける, ぶら付かせること, ぶるぶると, ほうり出して, まかすしか, まきこんだまま, まげたまま, まだいたわるなら, まもらねば, まるで麦酒瓶, みえなくして, みんな見せなけれ, むこうへ, めぐる血潮, もう一度轉賣, もたせかけました, もたせかけると, もって, もてあますよう, もらふよ, やしなうこと, やすめながら, やつれさすばかり, やるといふ, ゆさぶるよう, ゆすぶったの, ゆすぶられて, ゆすぶりました, ゆすぶる, ゆすりました, ゆすり間もなく, ゆり動かしました, よくかい, よくみ, よじって, よせかけながら, わたしが, わるくしない, ガタガタふるわし, クッつけたい, グングン自動車, ゴムまりの, サンテーズ家の, ツブテの, ピッタリ伏せ, ブイの, ブルブル震わせなさる, ロープに, 一ひねり壇上に, 一度ゆすぶったら, 一振りうんと, 丁寧に, 三度廻っ, 上へ, 与えようと, 両側から, 乗せ自分, 乗りだすの, 乗り出した, 乗り出すよう, 乳呑み, 乾かしてたん, 二刻ほど, 交わした, 仮りて, 任せながら, 伏せて, 休めに, 休めるがい, 休めろと, 伝って, 何べ, 作る, 俯向けに, 借りたの, 傷つけたこと, 傷つけるまたは, 先に, 光らせるの, 入れようと, 兩手で, 再び漬ける, 出口の, 初瀬に, 刺されるよう, 前かがみに, 動かさない事, 動かしかけますと, 動かしたり, 動かしだらだら, 動かす, 動かすたびにそんなこころもちの, 動かすと, 包み呼吸, 包んだまま, 化石の, 半ばなかへ, 半七, 半分そこへ, 半分入れたらしい, 半分廊下に, 半分起し, 南町奉行所まで, 卷かれて, 取りかこんで, 受け止めようと, 台に, 向うの, 向けた, 向ふ, 回して, 固くしました, 固めた, 埋め, 城戸の, 壁ぎわにひいて乱打され, 多少労, 大きく宙, 大きく揺つた, 大事と, 天日に, 失くし, 室から, 寄せる源氏, 寒そう, 小さくする, 小さくできるだけ, 小脇に, 少しねこ, 少し前のめり, 少し曲げ, 尼になど, 屈めて, 崖の, 崩して, 左右へ, 巻いた, 巻つけ, 庇って, 廓へでも, 廻して, 引き, 引きしめて, 引きずった, 引きずるよう, 引き取ると, 引き放して, 引き起して, 引っかかえ, 引っ抱え, 引ッ張る, 張って, 弾ませて, 後ろから, 得, 思い出して, 急に, 悪くした, 愛した, 態とぐっと伸ばした, 懸命に, 所きらわず打ちつづけた, 手摺から, 打ちつけて, 打つける, 払いのけながら, 抓った, 投げだして, 投げる, 投げるよう, 投げ出した, 投げ出すと, 投げ捨てて, 折つて笑い, 折りまげて, 折り曲げ飛鳥, 抜いて, 抱いた, 抱え引ッ, 抱きあげると, 抱きか, 抱きこんだ, 抱きました, 抱き上げ寝台, 抱き起こそうと, 抵当に, 押されるよう, 押しこんで, 押し付けた, 押へ, 拭かせて, 拭く, 拭くん, 持ちさ, 持ち煩うて, 持つて, 持て余して, 振って, 振り動かしながら, 振り向けると, 捻じむけて, 捻ぢ向け, 探って, 揺すった, 揺って, 揺り動かした, 摺りへらすばかりに, 撥ね飛ばした, 擦ったり, 擦りつけるよう, 擦りよせるやう, 支え, 支えそれ, 支えなければ, 支えるよう, 支へ, 支配し, 曝して, 曲げたり, 曲げるくらい, 曲げるやう, 曳きずって, 机の, 梶棒に, 椅子に, 植えつけて, 横た, 横たえた, 横たえつづけて, 横たへ肱まくらを, 横へ, 横向きに, 機械的に, 次郎左衛門に, 武蔵が, 毀しちやうぢ, 毀すからネとは, 気味悪くへばりつかせ, 水中に, 水草の, 求めるの, 汚いわざ, 沖に, 波打たせて, 洗いについて, 洗い蒲, 洗うの, 洗つた, 洗はせ, 洗ひはじめる, 浄く保つ, 浮かせて, 浮き上らせないこと, 浸して, 温めて, 温めること, 源氏が, 滅茶苦茶に, 滑りこませ, 滑り込ませる, 濁り江, 無理に, 牀に, 犬ころの, 現は, 甲板の, 畳めたらな, 疲労させる, 痛めるよう, 皮の, 直して, 真っ黒に, 眼で, 硬くし, 確乎と, 稲荷の, 空気と, 突っ込む, 立たせると, 筒形に, 粥に, 純白の, 結びつけられて, 絞めつけられるの, 線路へ, 縁の, 縛らないやう, 縛りつけた樽, 縛れと, 縮めながら, 羽が, 羽毛か, 背に, 胸まで, 腕の, 自動車の, 色紙の, 苦しめて, 草に, 落ちつけるまで, 葬ろうと, 虫がは, 螫さない, 袂の, 覆はれて, 見せず矢張鯉, 見つけた時, 見まわしますと, 見る見るうち, 見放して, 許したこと, 診て, 調べられた, 護るため, 貸して, 赤ん坊でも, 起させたの, 起しては, 起す, 跳び越えた罪, 躍らせて, 転じて, 辷り込ませ扉, 近づけて, 這って, 運べばい, 達者に, 部屋の, 重たそう, 鍛へ, 防ぐこと, 隠して, 隠そうと, 離しも, 震わせながら, 鞠の, 預かって, 頭から, 顫わせて, 食おうとして, 飾る花, 駆って, 骸骨に

▼ からだ~ (588, 14.5%)

14 中に 9 どこかに, 上に, 中で, 中には 7 大きさ, 調子が 6 ほうは 5 どこかが, なかに, 中心を

4 [12件] どこかを, 上を, 下に, 中から, 中は, 中へ, 中まで, 中を, 具合が, 工合が, 泥を, 雪を

3 [14件] かっこうが, ことは, ことを, まわりを, ように, わりに, 工合を, 痛みを, 節々が, 自由が, 調子は, 調子を, 重みで, 重みを

2 [39件] あらゆる部分, ある部分, かっこうも, ぐるりを, ことが, そばに, どこかから, どこから, ままだった, 一部に, 丈夫な, 上には, 中の, 値段が, 具合も, 内部に, 力を, 回復を, 土を, 垢を, 始末に, 小さい少年, 工合は, 幅の, 弱いこと, 弱い男, 形が, 恰好が, 方は, 格好も, 温か味や, 痛みで, 癖を, 筋肉が, 腰を, 色が, 血が, 調子も, 重心を

1 [335件] あいた夜, あちこちに, あちこちを, あとを, あやういの, ある変化, いい貴殿, いじらしい暖か味, うちが, うちに, おかた, おもみ, かたいもの, かっこうを, ぐあいがよくないので入浴か, ぐあいがよつぽどよかつた, ぐあいがわるいからちょっと, ぐあいがわるくて酒でも, ぐあいが少し, ぐあいが悪い, ぐあいが悪く, ぐあいが邦之助を, ぐあいの結果では, ぐあいはどうだな, ぐあいもだいぶよくなつたやうだ気持が, ぐあいもよくないけれど思ひ立つ, ぐあいをききかけてそれも, こちらが, ことだけで, ことに, こなしが, こなしで, こなしに, こなしには, こなしは, こなしや, こなしよろしく, こなし方, こまっけ, しなやかさに, しん底から, すきとおる薬, すぐれぬよし, すべての, すべてを, すみからすみまで, すみずみ, すわりが, せいでも, せいな, そここ, たしに, ために, ためには, だるいの, だるい時, ちぎれる思い, つくりは, つづくはず, つりあ, つりあいが, ところどころも, とりなしが, どこからか, どこに, どこにも, どこよりも, どこを, ないば, なかが, なかでは, なかの, ぬくもりで, はたらきを, はなはだ頑健, ひとでした, ひまも, びくつきと共に, ほうぼうが, ほうぼうを, ほうを, まはり, まわりに, まわりの, みどりの, やうに, やつでした, やり場が, ゆるやかな, ようであった, ような, アブラが, コナシそれから, 一歩前進なる, 一部だ, 一部であろう, 一部とは, 一部の, 一部を, 一部分が, 一部分を, 上した, 上の, 上へ, 下から, 下で, 下の, 下へ, 下を, 下半, 不随な, 両側に, 両脇, 中が, 中にね, 中にも, 中心が, 乙女の, 乾くまで, 事で, 事は, 交渉を, 仕草を, 他の, 代りに, 休養が, 位置と, 住ひ, 何倍も, 何処かが, 何処に, 何処へ, 何所から, 何處に, 余りな, 健康そうな, 側面を, 傷の, 傷は, 傷みと共に, 働けるだけ, 全体が, 全機構, 全部にとり, 全重量, 具合いを, 具合を, 内が, 内にも, 内部の, 円みを, 凍ること, 凡てに, 凡ての, 前と, 前に, 割合に, 力は, 加減の, 動かしよう, 動きを, 動けるうち, 匂いと, 匂いも, 匂いを, 十数倍も, 半分の, 半分以上も, 向きを, 周囲から, 回春を, 均衡を, 垢や, 変化や, 外には, 外人の, 外郭と, 外郭に, 大きい人, 大きい元気, 大きい眼, 大きなそうして, 大きな人, 大きな仁太, 大部分, 奥から, 奥で, 奥まで, 女房は, 始末を, 姿態に, 寸法が, 小さいおれ, 小さいくせ, 小さいポケット小僧, 小さい子ども, 小さい小林君, 小ささ, 小柄の, 屈折率を, 工合なんか, 工合も, 左側を, 帯の, 幅が, 平均が, 平均を, 弱い人, 弱い弟, 弱い気, 弱い癖, 弱さ, 弱さうな, 弱そう, 弱つた時, 形を, 影に, 後ろに, 心などと, 思ひ切つたうち明け話, 急所を, 怪我や, 怪物が, 恢復を, 恰好で, 悩ましい重み, 悩みの, 慄え, 所有者だった, 拍子を, 拡声器から, 持つ愛嬌, 持主だった, 故郷をも, 方々に, 方々を, 方が, 日向, 暇を, 曲線を, 栄養を, 格好が, 構えを, 構造に, 樂に, 正面に, 水氣が, 汗が, 汗を, 泥をも, 温かみに, 温みで, 火を, 為も, 無理を, 熱よりも, 狂乱も, 生理的機能と, 甲は, 男の, 異状を, 疲れが, 疲れで, 疲労は, 痛みが, 痛みだけが, 痛みなどは, 痛みも, 百倍も, 皮が, 目方と, 目方を, 直径が, 眼といふ, 破裂する, 竦みを, 筋肉の, 節々にも, 節々も, 節節は, 精が, 精魂は, 素朴な, 細い少女, 細長い見なれぬ, 組織を, 線が, 者が, 肉つきから, 肉は, 肉を, 脂が, 自由さえ, 自由だけは, 自由は, 自由を, 自覚から, 色は, 色も, 苦しみにまで, 苦痛に, 血を, 表面との, 衰え行く, 衰弱も, 裡には, 調子お知らせ下さい, 調子などで, 警官の, 足下および, 足下が, 輸廓を, 達者な, 部分を, 都合で, 都合であろう, 重みが, 重みには, 重味で, 金は, 金を, 銅線を, 鍋墨の, 鍛えから, 長いの, 長大な, 閑暇が, 隅々に, 隅々まで, 頑丈な, 顫え, 養生を, 香までが, 骨ぐみも, 黒いはんてん

▼ からだ~ (494, 12.2%)

14 なって 6 さわると, つけて, 気を 5 血の 4 しがみついて, なりました, 巻きついて 3 さわって, なったの, 巻きつけて, 手を

2 [32件] かえして, くっつけて, くらべて, さわるという, しがみつきました, して, しばりつけて, できて, なった, なったから, はいった, ぶっつかったやつ, まきつけて, 一と, 伝わって, 何かの, 傷を, 入れながら, 別条は, 刻んで, 回して, 巻いて, 巻きつけること, 必要な, 持って, 暇さえ, 毒です, 異状が, 疵の, 触つて, 触れるもの, 觸つては

1 [369件] あった殺意, あふれて, あらずたと, あらわれて, あるもの, ある化学的変化, ある白い, ある筈, いいこと, いつの間にか意気, うら, おされて, おなり遊ばした, お毒, かえったの, かえられなくて, かえりました, かけた, かけた手, かぶせました, かぶる皮, からみついた, くっついたとき, くっついて, くつつけ, こすりついて, こすりつけて, こたえて, こたえは, こたえるの, こだわったん, こびりついた雪, ころげこんだ, こんな傷, こんな怖, こんな急変, ごまかされて, ささったら怪人, さしつかへ, さしはじめたよう, させて, さわったと, さわったり, さわらぬ程度, さわりでも, さわりました, さわりましたが, さわります, さわりますよ, さわる, さわるから, さわるの, さわるはず, しっかりと, してから, しても, しなしなと, しばりつけ一方, しみこんだ臭い, しみついて, しみて, しみとおった, しみわたり室, じかにあたらない, じりじりと, すがりつき抱きついて, せまったとき子供ら, そぐって, その毛皮, その氏名, それを, ぞくぞく感じた, だきつきました, だんだん重み, ちがいない, ちぢめさせて, ついたくろい, ついた泥臭, ついた財産, つかまってれば, つかれが, つきさすよ, つけた, つけたものの, つけた子, つけました, つける, つたわって, つめたく浸み込む, つろくし, つッ, とうとう不治, とびかかって, とびついて, どんな危害, どんな変化, どんな影響, なぜさはる, なぜさわる, なったこと, なったと, なったので, なったよう, なったらはよ, なったら良知良能, なった時, なっても, なつた, なつて, ならない限り, なりしという, なりたいと, なりましたよ, なりませう, なり何とか, なる, なると, なるとは, なるの, なるまでには, なわば, ぬくもりが, のびる, はいったの, はいりこんだ, はえて, ばらばらと, ひびく言葉, ぴったりついた, ふさわしい太い声, ふりかけました, ふれては, ふれなければ, ふれると, ぶっかける, ぶっつかりアッ, ぶつかって, ぶら下, まいた白, まいて, まきつけた, まきつけました, またし, まと, まとい縄, みだれは, むすばれて, ゃよくありませんからね, ゆわきつけて, よいらし, よくあう, よくありません, よくないなら, わずかの, わるいの, アルコールがまはる, ウルチャリヤの, ウロコの, クリーム色の, グルグルまきつけられる, コウモリの, コップを, マッチの, 一杯の, 七つ持っ, 万一の, 三十歳の, 不釣合い, 両うで, 乗りうつっ, 今如何なる, 仕舞って, 付いて, 付くの, 伴って, 伸しかかって, 似げ, 似合わず太い, 似合わない強い, 似合わぬ太い, 似合わぬ悲鳴, 何か, 何もかも書い, 何一つよごれ, 働くの, 入りこみ谷博士, 入側の, 全力を, 六十あまりの, 冷氣が, 刀が, 分れて, 分別くさい, 別な, 力を, 危険が, 厭な, 取付きつ, 右から, 合ったの, 合ふ, 合わない古, 合わない日本一太郎, 合わぬ程, 含んで, 吸ひ取られ, 吹出もの, 哀れっぽい, 回復した, 塗りつける, 夢中に, 大きなはね, 大きな老人, 妊娠の, 守られて, 射し込みまるで, 就いては, 届く一歩手前, 差したり, 巻きつけた, 巻きつけたかと, 巻き付いて, 帰ること, 廻って, 弾丸を, 当りました, 彼自身を, 復すること, 心を, 怪我が, 怪我は, 悪い, 悪いからと, 悪いん, 悪い事, 悪い宿命, 悪い影響, 悪かれやん, 惡いから, 感じた, 感じ得たの, 感ぜられるの, 慣れた, 我々は, 戻して, 戻ったとの, 戻った時, 戻る希望, 投げかけた, 抱きついて, 押されて, 指で, 指一本だって, 指先にさえも, 掛かって, 故障が, 普通な, 暇の, 暖か, 最もこだ, 朱や, 柔かみ, 止まって, 毒, 毒じゃ, 毒だ, 比例し, 水を, 沁みて, 泌み込んだ, 洋服を, 流れて, 流れる水, 浴びるの, 浸み, 深い注意, 温かさ, 温もりを, 湧いて, 滲み込んで, 火が, 牙を, 獣物の, 珍らしい, 生えて, 生かして, 生傷が, 用が, 男として, 異状は, 當然の, 疵あとでも, 疵は, 目に, 直すこと, 相應, 真実と, 着せた着物, 着せられた, 神力が, 祟つたので, 秋風が, 移して, 絡みついて, 絡みながら, 縄を, 縋ろうやという, 織り込もうと, 翳して, 肌衣を, 自分が, 自分の, 良心の, 花が, 花粉が, 落魄れて, 薄黒い, 藤蔓を, 被せそして, 複雑な, 見當外れ, 覺え, 触っては, 触れて, 触れないため, 触れるか, 触れること, 触れると, 触れるとき, 触れるの, 触れるほどに, 触れるよう, 觸つてゐ, 調子を, 負傷した, 起こって, 足を, 躓いた, 輕いものを, 近いまでに, 近づきとうとう, 近づけて, 返して, 返って, 違いございません, 酔ひ愛し, 重みを, 鉄板を, 間違いの, 附いて, 附着し, 降りかかって, 障ったの, 障らなかった, 障る, 障るの, 障るほど, 雪が, 非常に, 響き立てて, 額から, 風でも, 香油を, 駄馬の, 魂に, 魅入って, 鳥の, 黒いはん, 黒い斑紋

▼ からだ~ (452, 11.1%)

7 宙に 5 廬の, 著こんだ 4 地べたに 3 すうっと, その中, 小さいが

2 [21件] あるん, かんぜんに, しずかに, つかれて, できあが, ますます丈夫, まっ黒で, 中心を, 嘘の, 地を, 大事な, 大地の, 完全に, 小さいけれど, 急に, 枝に, 氷の, 瘠せて, 美しいから, 自由を, 鉄で

1 [380件] あいとるですから, あったん, あなただけに, あの人, あの冷蔵室, あの扉, あらしに, あるから, あるの, いうこと, いくつあ, いちごを, いったいどうした, いったいどこ, いつのまにか少女, いつのまにか罠, いつのまにやら, いやに, いよいよ熱っ, いよいよ痩せ, うしろへ, うすい金属, おいおい快い, おし流され, おそるべき稲妻, おのおのたちへ, かみそり, からっぽだった, かれに, がたがた顫, がっくりと, がんじ, ぐにゃりとなって水の, こうもりが, こく一, こっぱみじんになる, この望楼, この炬燵, この邊, さう, しびれたよう, しびれふしぎ, じっとち, じとじとするあせ, すうーッ, すこしも, すっかりいい, すっかり板戸, すっと上, すでに充分, すべて, すべてあなたから, すべて鉄の, すぽ, すんなりと, そうは, そこへ, そこらの, そちひとりの, そのほう, そのまま土, そのまま後ろ, そのまま横, その夜, その娘, その後どう, その穴, たしかにそれ, たちまちその, たとえば蒸気機関, だん, だんだんに, ちっとも汚れ, ちっとも見えない, ちゅう, ちようどうす, ついにどっとその, つかわないよう, つばめの, どうしてそんなに軽い, どうだ, どうでも, どうなったであろう, どこも, どろまみれ, どんなところ, どんなに小さく, どんなふう, どんな濃い, なおったが, なか, なげすてて, なんの, なんぼあっ, ぬくぬくと, はればれと, ばたり, ばらばらに, ひきさかれて, ひとりでに宙, ひどくでっぷり, ひどく煽られはじめた, びくとも, びしよ濡れにな, ぴったり身, ふたたび空中, ふたりの, ふわりとち, ふわッ, ふッ, ふー, ぶらんこから, ぶらんこを, ぶるぶるふるえ, へとへとそして, ほがら, ほんのすこし, ぼうっと燐, まあたとえば, まことに安心, まことに枯木, まさにガラス, ます, ますます冷たく, まず障り, まだ血温, まだ駈け上がっ, まっかでした, まったく白泡, まるでへたへた風, まるで病的徴候, まるで透明, みじんも, みるま, みるみるしぼん, みるみる蜂の巣, めちゃめちゃに, めっきり衰え, もうふわっと空, もう人並み以上, もう冷たく, もう動きません, もう四, もう奥, もう腰, やせると, やはりがくがくふるえ, やはり思う, ややのんびりし, ようやく少し暇, わがての, わしが, ウチの, カッカし, カモシカ号の, カラに, キラキラと, ゴムの, サラサラし, ジリジリと, ズルズル地, パッタリと, フワフワ雲の上, ボール紙を, マントに, ヨボヨボでした, ロボットの, ワニの, ワラの, 一か月ほど, 一つ, 一つでございます, 一つとは, 一つものに, 一センチずつ, 七階の, 丈夫か, 丈夫である, 丈夫です, 上原さんの, 下へ, 不安定に, 不死身です, 不自由だ, 丸くふとっ, 乗馬ズボンを, 二十年後の, 人に, 人間に, 人間の, 今夜果物店を, 以前の, 以前よりも, 休まして, 何かに, 何ものかに, 何を, 僕が, 元の, 兄の, 全体が, 冷えきって, 冷えはてて, 凍えおなか, 出られないの, 刺青の, 前に, 割合丈夫, 動かされた, 動かなかった, 医者としての, 半ば既に, 半分ほどは, 吸いこまれるよう, 吸い着いたよう, 問題でない, 問題では, 固くなっ, 土用休み早々国府津へ, 地下室へ, 地球儀の, 地面まで, 地面を, 売らぬなんて, 夕焼雲の, 外濠並木の, 大きいが, 大きくふくれ, 大け, 太い網, 奇麗過ぎる, 奥の, 女体の, 妻の, 子どもみたいな, 宇之吉と, 宙へ, 宙を, 小さいけれども, 小さいし, 小さかった, 小さくちぢまった, 小さくても, 小さく四年生, 少しやせ, 岩に, 嵐の, 差上げて, 平均を, 広い海, 底深く, 庭の, 廊下の, 廊下を, 弱つて, 後ろから, 思わず胸, 恐ろしい骸, 悪い病気, 悪くなる, 意の, 慥乎と, 手がと, 手で, 打上げ花火の, 抵抗を, 斜めに, 日に, 日に日に快方, 日ましに, 昂奮で, 最もはなはだしい, 望楼台の, 木で, 木の, 木の葉の, 林よりも, 極度に, 櫓と, 正面を, 毒薬で, 汗で, 汗ばむ, 汗ばむ橘, 決して安心, 泥まみれだ, 注連縄で, 浮きつ沈みつ流れて, 温かくほか, 溶けて, 激しい痙攣, 無事であった, 無抵抗に, 無病息災だ, 焼かれるやう, 焼けるよう, 燃え上って, 父の, 狂気の, 猿の, 珠の, 甚だすこやか, 生れながらに, 畳一枚踏み出し, 疲れて, 疲れる, 病院へ, 痛みは, 痛む熱, 白すぎる, 白絹の, 直立の, 相当肥っ, 真っ暗な, 真つ, 真二つ, 眼に, 石の, 砂だらけ, 硬ばり, 神様の, 私が, 私に, 秘すべき刀傷, 穴だらけだ, 空中で, 立つて, 細かく顫, 細っかくとも, 組んずほぐれつ床, 綿の, 緋牡丹の, 総毛立ったほど, 縄つきの, 美濃守の, 肥えて, 脂肪過多で, 脆く崩れた, 脳天から, 腐って, 腰掛けから, 自分でも, 自由が, 艇を, 藍の, 蛇で, 衣に, 衣よりも, 西洋の, 見つからぬので, 見るま, 見る見る痩せ細つて, 見失われて, 課長の, 貝殻よりも, 買えなくッ, 軽々と彼, 軽いん, 逞ましい, 遠くから, 邪法秘密の, 醗酵し, 重いの, 針鼠の, 鉄みたいに, 長々と, 闘鶏師に, 雨水とともに, 雪と, 雪に, 電圧電気室に, 電灯の, 霜を, 非常な, 音も, 香と, 香水でも, 魔法的ね, 鳥の, 鳥居の

▼ からだ~ (138, 3.4%)

9 心も 2 いくらかひま, いっしょに, くたくたに, とかく損ねる, 充分に, 大きくたくましくお

1 [117件] あたたまりたべもの, あまりに疲れ, あまりよく, あまり動かさず, いいし, いくらか暑, いちめんもまれ, いつまでも, おのずと動き, かるくな, かわでも, こ, この時, じょうぶだ, じょうぶに, すっかり癒, せわしいが, その気流, そんなにお婆さん, たいへん大きい, たしかに悪く, たたき毀れたら肩拔けが, たましい, だんだん弱っ, つよくしっかり, つらい, どうなる, どこから, なくなって, なんだかおとろえ, ひそめて, ひどく小さい, ふるわせた, ふわー, ぽかぽかと, まだ全快, まだ全快ぢ, まっ白に, まるい物体, まるまるふとっ, むらさきと, やがては, ゆり動かす力, よくない, よく動く, わるくない, 一緒に, 一面に, 丈夫だった, 丈夫に, 上を, 下僕の, 亦ちりぢ, 供え物である, 傷つき叫び声, 元の, 入るであろうと, 共に床几, 動かさずに, 動かさない, 包むん, 同様に, 同樣, 向うへ, 夏の, 大きくって, 大きく人間, 大きく容貌, 太つて來た, 女帝の, 小さかった, 小さくなっ, 少し忙しく, 山猿に, 工合が, 常よりは, 弱って, 御丈夫, 忙が, 怯えの, 手脚も, 暗やみに, 曲げられ足もと, 梁の, 槍の, 段々自由, 気もちも, 水の, 熱っぽく息ぐるしくて, 異樣, 疲れきって, 疲れ果てて, 痩せ落ち物音, 痺れるほど, 真白に, 着物も, 硬ば, 硬直した, 私の, 穴の, 窮屈だった, 縒り糸の, 自分と, 自分の, 自然に, 自由だ, 自由に, 至極すこやか, 落ちつく, 薄赤く, 虚弱で, 衰弱し, 輕く, 透きと, 頑丈で, 養って, 魂もちつ

▼ からだじゅう~ (105, 2.6%)

2 がむずむず, につめたい, の皮, の神経, の筋肉, の血, をぐるぐる

1 [91件] あせびっしょり, からしぼり出す, からつめたい, からレモン, がかゆい, がくがく顫, がしびれ, がしびれた, がしめつけられ, がぞくぞく, がたがたふるえ, がだるく, がぶるぶる, がチカチカ, が一時, が冷たく, が凍り, が宝石, が毛むくじゃら, が直接空気, が真赤, が肺, が舌, が赤, ずきずきいたん, で怒鳴り, で息, で示す, にかき, にかっと, にしみこむ, にたくさん, にはこけ, にむくむく, に一種, に冷たい, に大きな, に太い, に干乾びた, に感じ, に数限り, に脂汗, に血, に赤い, に長い, に養成, のアセモ, のポケット, の乏しい, の全, の力, の毛あな, の毛穴, の涙, の異様, の痛む, の肉, の肉地, の血の気, の血液, はもうすっかりべとべと, は一晩じゅう, は洗った, は痛く, ぶるぶるふるえ, へ塗りつけました, むずむずし, をお, をかきむしる, をきつく, をくすぐる, をさがし, をさすっ, をぞっと, をやけど, をゆすぶる, をよく, をオーバー, をブルブル, を合羽, を幸福, を掻き, を掻き探っ, を流れ渡った, を総, を耳, を通り抜けた, を駆けめぐっ, を高手小手, を鳴らし, 調べるわよ

▼ からだ~ (92, 2.3%)

2 ついて, ふるえる, まっ赤, 落ちたので, 透明に

1 [82件] あいたあと, あいたから, あくさて, あくと, あったの, あらわれた, いつのまにかすっかり青銅, いま燐の, うごきません, うごく限り, おさかなみたい, からみついて, からみ合って, くる, こんな訳, しなびきって, しびれるほど, しびれるよう, じくじくする, じりじり焼け, ずっと高まっ, とたんに躍, とつぜん宙, どんな風, なじみ合い折り合って, はいって, はいれるくらいの, ふいと, ふらついて, ふるえて, ふるえるほど, まっ二つ, めっきり痩せ細っ, もつれる, もつれるやう, もろにぶつかった, やがてもうろう, よごれて, わかりませんから, スイと, ユラユラと, 不思議に, 丸く転, 丸く転がっ, 傾いて, 光って, 入るくらいの, 入れるほどの, 動いて, 動くよう, 取り捲いて, 大事だ, 大事です, 小さくなった, 弱かった, 弱つて, 弱りましては, 張りさける思い, 徐々に廻転, 快くない, 急に, 或る, 抜けませんから, 拭きたけりゃ大川, 明くと, 横に, 燃えるよう, 生きて, 痛くなる, 白い長上衣, 締まれば, 縮みあがった, 腐って, 膨れて, 自然に, 蓑虫の, 見る見るやせて, 触れ合うたんび, 軽くなっ, 透明で, 隠せるほどの, 黒い小さな

▼ からだには~ (66, 1.6%)

4 いって 3 何の 2 なんの, 翼が, 魅力が

1 [53件] あまりこたえない, あまりこたえなかった, いちばん悪い, うんとブラシ, きけるやう, きれいな, こたえて, こんな荒々しい, して, すでに幾つ, そうした万人, それぞれの, そんなと, ない, なれないで, なれない大根, ひまが, ひりました, まだ温味, もうどこ, もって生れた, やはり黒ビロード, わずかに, トカゲの, 乳の, 仔細なく, 何も, 充分に, 入梅頃から, 別に疵, 好いのよ, 少し無理, 悪寒が, 指一本触れなかった, 敏感です, 様様な, 歯が, 決してさわらない, 決して刺青, 洋服の, 流れて, 無限の, 特にひどく, 発熱も, 紙で, 細かい産毛, 繩が, 致命傷とも, 足りないところ, 重みがちつ, 金色の, 鉄の, 鯨青の

▼ からだ~ (53, 1.3%)

2 かくされて, 了解しかけ

1 [49件] あじわいたいの, お芳, ぐい, これ以上生き, すっかりふさがれ, する表情, そこへ, だ, つくった肉汁, どうしてそんな, ふさげば, ぶつかつて, ぽり, むりやり一家, もって, ゐた今, 一ぱいに, 云えば, 人力車に, 今ごろから, 出掛けて, 出来ること, 別個の, 勉強が, 埋めるから, 女に, 家の, 幼稚園の, 庇はう, 心機も, 感じるだけ, 手術を, 払えとでも, 折檻という, 押すよう, 掴んで, 文机を, 歩け, 死にたいと, 死んで, 水仙の, 海も, 皆の, 目的の, 結婚する, 自分の, 走れる限り, 辰馬の, 隠されて

▼ からだつき~ (48, 1.2%)

1 [48件] がほっそり, が子供, が常に, が普通, が気, が清潔, こそややずんぐり, だった, だのに, である, でけっして, ですが, で江戸, で泣いた, で粗く, で細面, で背, で鼻, といひ, と動作, なの, にし, になった, に一種, に北方系, のわり, の典侍, の娘, の武家, の身ぶり, の頑丈, の顔, はむしろ, は何, は頑丈, もかみついたら, もすらり, や容貌, や林, や物, や禿げ上がった, や顔立ち, をさ, をし, をした, を手本, を見, を見る

▼ からだから~ (29, 0.7%)

1 [29件] こんな気, なくなって, なるべく大きな, においこぼれる, ひとりで, ほとばしったの, パッと, 一まわりし, 一種の, 予言者らしい, 力を, 夕立の, 少しの, 後光が, 心から全体, 心に, 手を, 棘の, 沁みでるよう, 漂うて, 疲れを, 疲労を, 肋骨を, 蔓草を, 薄い光り, 解いた縄, 豫言者らしい, 青い光, 黒いもの

▼ からだ~ (28, 0.7%)

1 [28件] いっさん, くっついて, さわって, しっかりと, つけて, のぼりつい, はいりたいの, まつはりつく, もどって, 倒れか, 冷たい水, 吹きつける風, 外とうや, 大きなおでこ, 打つかる, 抱きつかうと, 掛けようと, 探り寄った, 日が, 火酒を, 私の, 縄を, 蠅取, 足業を, 降りかかった, 雨かとばかり, 食ひ込んだ, 黒いもの

▼ からだ~ (21, 0.5%)

1 [21件] があせばん, がじつとり, がぞっと, がひやりと, がむずがゆい, がゾク, がワクワク, が凍りつく, が橋, が焦げ, が焼けた, が燃え, が窒息者, が袋, に傳, の怒り, の毛, の神經, の血, も山, を滑っ

▼ からだ~ (18, 0.4%)

2 からね, つて紙一枚の

1 [14件] からお前さん, からきみ, からどんな, から一日, から朱雀門, がいつもいつも, つた人である, つて考へだ, といふ, とお, と号, な, めったに倹約, もんだ

▼ からだでは~ (18, 0.4%)

1 [18件] あの暑気, ありません, ございますが, それが, それらの, とても勤まり, とても通れない, どんな理由, ない, ないの, なくせめて, なくなりましたわ, 位に, 到底相手, 御奉公, 検疫が, 癰だ, 食べて

▼ からだにも~ (18, 0.4%)

1 [18件] あぶらが, いいしという, こぼれて, その虚栄, やっぱり十重二十重, 似合わないよう, 傳はつた, 変化を, 弾みの, 心にも, 日の, 服にも, 楽を, 疲労が, 精神にも, 茶色の, 血が, 觸れた

▼ からだまで~ (9, 0.2%)

1 あやうく鷲, のり出して, 吹きまくるほどの, 大きいわ, 提供する, 爽快な, 綱が, 自由自在に, 骸骨だった

▼ からだ全体~ (9, 0.2%)

1 が, がさけん, がしやん, がそれ, がふるえ, が消え, が軽々と, に何かしら厳粛, を照らし

▼ からだ~ (8, 0.2%)

2 ゆうが, ゆうを 1 うすきま, うを, やない, ゆうから

▼ からだでも~ (8, 0.2%)

1 こわしたらばか, こわしちゃ, こわすと, たまったもの, 悪いです, 悪うした, 木でも, 灼けるとき

▼ からだをよ~ (8, 0.2%)

3 こに 1 けると, こたへて, ぢつてゐた, ぢらせ, ぢり

▼ からだごと~ (7, 0.2%)

1 うずまるくらい, すっぽりと, すぼっと, そのドア, ぶっつかって, ぶっつけて, 投げ出して

▼ からだ一つ~ (7, 0.2%)

1 だけで結婚生活, で来た, と村正, になっ, の置き, を資本, 崩さずに

▼ からだ~ (6, 0.1%)

1 こ, 心の, 手や, 手足を, 柔や, 足に

▼ からだをね~ (6, 0.1%)

2 ぢ向け 1 ぢって, ぢむけ, ぢられ, ぢ曲げ

▼ からだからは~ (5, 0.1%)

1 なれたとたん, 御光, 昼からの, 発散する, 腐った海水

▼ からだこそ~ (5, 0.1%)

1 大きいが, 大きくなっ, 小さいが, 小さくっても, 小さけれはるか

▼ からださえ~ (5, 0.1%)

4 丈夫なら 1 達者なら

▼ からだすらが~ (5, 0.1%)

3 既に巌 2 既に巖

▼ からだなどは~ (5, 0.1%)

2 何べ, 支那人が 1 暗い物

▼ からだなんか~ (5, 0.1%)

4 百ぺん灼い 1 描いたの

▼ からだ工合~ (5, 0.1%)

2 が悪い 1 がわるい, をきき合わせる, を悪く

▼ からだぢゆう~ (4, 0.1%)

2 の全 1 の毛穴, の神經

▼ からだです~ (4, 0.1%)

1 から学生, から御, が小林君, もの

▼ からだ~ (4, 0.1%)

1 のである, のです, のでつい, んです

▼ からだをも~ (4, 0.1%)

1 すこしうっかり, 同じよう, 守って, 焼き焦がして

▼ からだ一面~ (4, 0.1%)

2 に塗 1 から真白, はうろこ

▼ からだいっぱい~ (3, 0.1%)

1 と心いっぱい, にお, に子供たち

▼ からだじゅう金色~ (3, 0.1%)

2 のやつ 1 にかがやく

▼ からだだけ~ (3, 0.1%)

1 です, なおして, ならすぐ

▼ からだなら~ (3, 0.1%)

1 ば格別, まあ拙者, 公方さまに

▼ からだにまで~ (3, 0.1%)

1 くさいにおい, とどかなかった, 傳は

▼ からだばかり~ (3, 0.1%)

2 わくわくし 1 不思議に

▼ からだ一杯~ (3, 0.1%)

1 に感じ, に浴び, に浸み

▼ からだ具合~ (3, 0.1%)

1 がおかしい, が全体, が悪い

▼ からだ具合い~ (3, 0.1%)

1 を一そう, を告白, を悪く

▼ からだぐらいは~ (2, 0.0%)

1 この段段, またもと

▼ からだ~ (2, 0.0%)

1 て, て途中萬一

▼ からだじゅうまっ黒~ (2, 0.0%)

1 です, な助手

▼ からだだけが~ (2, 0.0%)

1 ハッキリ見え, 宙に

▼ からだだって~ (2, 0.0%)

1 昔の, 考えだって

▼ からだであった~ (2, 0.0%)

1 が今, のにおまけ

▼ からだであり~ (2, 0.0%)

1 ながら座頭, 本町通りと

▼ からだなど~ (2, 0.0%)

1 もとより憎む, 八つ裂きに

▼ からだのみ~ (2, 0.0%)

1 ならずその, 解する身也

▼ からだまでが~ (2, 0.0%)

1 すべて変わっ, 感覚的に

▼ からだまでも~ (2, 0.0%)

1 おしつつんで, 徴発され

▼ からだをな~ (2, 0.0%)

2 ま拭き

▼ からだ加減~ (2, 0.0%)

2 ではいつ水

▼ からだ~ (2, 0.0%)

1 にかかり, に見ゆる

▼ からだ虚しい~ (2, 0.0%)

2 むくろ

▼ からだ魅力~ (2, 0.0%)

2 があり

▼1* [77件]

からだあいてるの, からだいかがですか, からだからでも精神気魂から, からだからも熱い息, からだくさいでしょう, からだぐらい処女を, からだぐらいもある大きな, からだぐるみ生垣の後ろ, からだごとドアにぶっつかっ, からだごと向きなおって, からだごと土の中, からだごと尾も鰭, からだごと歓声をあげ, からだごと突ッかける, からだごと顔ごとの笑い, からだじゃない, からだじゃて大事は, からだじゅうどこにひとつ, からだじゅうまっかですわ, からだじゅうトマトがつぶれた, からだじゅう一杯のでき, からだじゅう傷だらけ高い崖, からだじゅう捜索されて, からだじゅう汗びっしょりです, からだじゅう真黒に塗った, からだじゅう足になった, からだすら支えられなくなって, からだぜんたいがグーッ, からだだけで迫つて来る, からだだけでもつかまえて, からだだけのことなら, からだだけは厭だ, からだだけはなんてそんな贋物, からだだったあぶないこと, からだぢゅうに, からだつきこ細くて, からだであって自分, からだであろうとも何, からだでございますからあなた, からだでござるぞ, からだどうしてだめな, からだなりにまつは, からだなんてひとつも, からだにだけは非常に, からだにでもさわると, からだはいぜんとし, からだはかべとみわけが, からだはつかはない, からだはななあ若, からだほどの大きさ, からだもからだですけれど, からだもほどよく締, からだもみじけえ, からだもろともに激しく, からだよりほかに, からだよりもかず子の, からだをかはした, からだをかべ板に, からだをがつしり, からだをとびらに, からだをよけて少女からは, からだ一ぱいにしみつい, からだ一めんにすみません, からだ中傷だらけにし, からだの男, からだ付きや顔立ち, からだ冷えてゆけ, からだ工合いが変, からだ平気なの, からだ恰好の直覚, からだ持ち扱って, からだ痛くて, からだ置き所なし, からだ舐めてゐる, からだ越しにドッ, からだ通りよくな, からだ顔つき動作衣裳声言葉の調子