青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かみさん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かならず~ ~かなり かなり~ かに~ ~かね かね~ かねて~ かの~ ~かぶっ かぶっ~
かみさん~
かよう~ ~からだ からだ~ ~かり かり~ ~かれ かれ~ かわいそう~ かわり~ かん~

「かみさん~」 1558, 17ppm, 6762位

▼ かみさん~ (477, 30.6%)

6 それを 4 いいました, それから 3 おくみ, 私の

2 [19件] あとで, あなたの, いって, お寒い, かう言つて, くやしがっ, それで, ひどく若い, ランプを, 主人が, 出て, 大いに修善寺, 姉様か, 少なからず, 手拭を, 気に, 物の, 答えました, 自分の

1 [419件] あさましい姿, あたいより, あたしが, あたしを, あなたに, あなたについて, あれで, あわてて, いいにおい, いい人, いう, いか, いかにも不機嫌そう, いきなりうしろ, いきなり腹だちまぎれ, いっそ人, いつの間にか盆, いつよりも, いやな, うしろ姿に, うれしそう, おおこわい, おかみさん, おつ, おとといの, おどおどし, おどろいて, おばあさんが, おばあさんでも, おろおろ泣きはじめました, お化け, お化けな, お子さま二人を, お父さまたち, お聞き, お蘭, お話が, お金の, かう仰りながら, かみそり, かみつくやう, からだじゅうが, ぎくっと, くつろいで, くるくると, くるりと, ぐつとおちつきを見せ, ぐつと癪に, こうこうです, こうも, こう言い, ここに, こどもたちめいめいに, こどもたちを, このやう, この客, この樹, この雪, これが, これです, これも, こんなこと, こんな夜更け, こんな恥, ご自分, さう, さうし, さっきから, さっき裏で, さっさとドア, さっさと部屋, さまで詳しく, しぶしぶ, しんせつに, すぐに, すこしも, すごいけんまく, すまして, せかせかした, せっせと股引, せっせと食事, せんたく, ぜひと, そういっ, そのたいそう, その宣告, その気持, その間に, それぎり帰りません, それだけで, そんな恐ろしい, そんな意地, そんな話, たいそうしかられました, ただ笑っ, たちまちしかめっ面, だるそう, だんだん鬼, ちぢみあがって, ちっと用, ちょうどあなた, ちょっとうなずいた, ちょっとうれし, ちょっと云い澱ん, ついに君子, ていしゅのいうことをまるで, とうとうだまっ, とても良い, とても醜婦, どうかし, どうした, どうしていい, どうしてもお上, どうしてもそれ, どうしました, どうしましたらう, どうやら半信半疑, どこかで, どこに, どこの, どこへ, どこまでも, どこも, なかった, なにか, なんとも気もち, にこにこした, にやにや笑つて, ねずみさんの, ひじまで, ひとりの, ひとり委細承知の, ひとり言の, ひと声さけぶ, ふッ, ぶあいそう, ぶっ倒れる, ぷんぷんし, べつに気, ぼうしだけ, ますを, またいいました, またかみさん, また一, また笑いました, また草鞋, また言いました, まだ何本, まだ半蔵, まだ寝ぼけまなこ, まるで死んだ, まるで聞こえない, むかっ腹を, もう一度叮嚀, もう三年越し, もう半, もう寄せつけない, もう帰りました, もう忠臣蔵, もう私, もう胸, もちろん承知, やがて話, やさしい満足そう, やさしくいいます, やって来て, やっとの, やっと気, やはり女, よもや無事, わが意, イドリスが, カシムの, ナオミの, ネルロを, バケツを, ビールの, ブリッヂを, ホールの, ポツンポツンと, マアとんでもない, 一ツ残した, 一週間の, 丁寧に, 三つ目の, 三十三の, 三十八で, 三年前亡くなった, 三田の, 上の, 上目使いで, 不機嫌さうに眉を, 両国の, 丸髷の, 主人に, 予の, 事もなげに, 二つ返事で, 二日ほど, 云うの, 亭主に, 人が, 人の, 人を, 今一寸お湯, 今度は, 今日の, 今日も, 他人事, 仰山に, 会話が, 体が, 何か, 何でしょう, 何と, 何とも言, 何を, 例の, 俄かに, 僕の, 元赤坂, 先へ, 全身を, 八百善が, 内々は, 凄いよう, 出口まで, 初て, 初めから, 別の, 別れるまで, 前に, 勇ましい希臘, 北海道の, 参事官の, 口もとで, 口喧しいわり, 口喧しい人, 古手拭, 台所の, 同情の, 向うの, 告げました, 品川の, 唐桟の, 商売物の, 喜んで, 坊やを, 壁際に, 声を, 変な, 夜に, 夜も, 大きな湯沸, 大きな風呂敷包, 大むね満足, 奥の, 女中を, 女中達を, 如何し, 妾を, 婦人としての, 実は今日, 宵から, 寧ろ気, 封筒の, 小ざっぱりした, 少年を, 山崎の, 己を, 帰って, 平常でない, 年老いた客, 店さきに, 弁当の, 弱って, 彼に, 彼の, 彼を, 御存知ありますまい, 心の, 心細くいった, 心配さうな, 怖がって, 思いました, 思った, 急に, 悪者の, 悲鳴を, 情けなそう, 感心だ, 押入から, 振り返って, 掃除道具を, 教えて, 敷布を, 新しい建前, 新宿あたりの, 旅の, 旅人宿を, 早速婆, 曖昧な, 更に不安げ, 月末に, 朝まいり, 朝飯の, 杜松の, 梯子段を, 楯井さんが, 楯井さんの, 権八を, 殘り, 気の, 気のね, 気よく, 油を, 泣いて, 泣きそう, 泣き出した, 洋傘を, 流しで, 涙ぐんで, 満悦である, 源一に, 溜息を, 滅多に, 無いでしょう, 無事じゃあ, 爐の, 牛蒡の, 独り者の, 獣の, 珍しくも, 珍らしく, 瓜の, 生まれた年, 生命などを, 男を, 画室から, 白い犬, 盥に, 目に, 目を, 真面目な, 眼の, 知らねえの, 礼を, 私に, 私にも, 私は, 私を, 積みかけて, 窓から, 窓の, 笑いながら, 笑った, 笑ったが, 笑ひ, 笑ひ出した, 糊を, 縁先へ, 羨ましそう, 考えこんで, 肉體的にも, 自分が, 自分に, 舌うちを, 舌打ちし, 若くて, 茶の間の, 蒼くなっ, 藪睨で, 行って, 衣服の, 裏の, 裏口へ, 襷の, 要吉を, 言うが, 言ひ, 言ひました, 言ふ, 話しました私, 話の, 説明しました, 赤漆塗りの, 起きて, 足駄を, 身軽に, 退引, 逃げるよう, 通りすが, 道端に, 部屋の, 部屋代を, 金貨を, 長いす, 雨の, 露骨に, 青くなっ, 青木さんに, 青木さんの, 青柳から, 非常に, 革袋を, 頓死し, 顔いろ, 顔を, 飴チョコを, 馬に, 馴れたもの, 駕籠の, 驚いたらしく私, 高びしゃに, 鬢の, 鬢を, 麻つなぎの, 黒人の, 黙って

▼ かみさん~ (280, 18.0%)

4 出て

2 [14件] いいました, こんな服, その事, どなります, 何か, 彼を, 持って, 来て, 気を, 立って, 茶を, 言った, 軒下の, 頭を

1 [248件] あたふたと, あっせんしてやろう, あって, あとへ, あの人, ありますのに, あるという, あるの, あるよう, あるん, あれでも, あれば, いい, いうよう, いた, いっそ水, いつもやさしい, いるから, うは, おかしがっ, おらに, おれの, お世辞者, お前さんに, お母はん, かん高い声, きっと坑夫, くんで, ここへも, ごふびん, さがして, さもうま, しゃがんで, しんせつに, すわって, せっせとうどん, せんたく物, その中, その人, その前, その後の, その日, そんな事, そんな弱虫, たまりかねたやう, ちょっと手伝い, づけづけと, でて, とても親切, どうしても帳場, どつ, どなる, ないの, なさけ知らずにもほどが, はいって, ひそかに, ひとりで, ひどく面, ほんた, また口, まだ帰っ, もし是, やって, やって来た, やつて, やはり〇五, よく彼, わざわざ通り, わたしたちを, わたしの, デモに, マリイを, 一人鏡の, 一寸格子, 一緒に, 一緒について, 一通の, 七人, 三河島の, 上って, 上つ, 上つた, 上手な, 下駄の, 不審そうな, 主人の, 乳を, 乳母の, 乾し忘れたまま, 予想した, 二三人あつまっ, 二人の, 二通の, 云う, 五厘銅貨を, 会いたがってると, 住んで, 何です, 何と云おう, 何も, 先生の, 入って, 入らして, 入口から, 入口の, 其の事, 分別した, 勝負で, 又少し, 双生児を, 口あらそひ, 吉弥を, 向うの, 呼んで, 喋り立てた, 堪らなくなったでしょう, 声を, 売り上げの, 夏目さんに, 多く非常, 夜干, 夜歩きを, 夢中で, 大きな皿, 大の字に, 大急ぎで, 奥の, 女手一つで, 好きだつた, 好意を, 子供を, 容子を, 小僧相手に, 小屋の, 少し困った, 帯も, 帰つておいでる, 帳場に, 帳場を, 帽子を, 座に, 廊下に, 心配しだした, 必死の, 怒鳴つて, 急いで, 急に, 悪いん, 悲鳴を, 愛想よく, 愛想笑いを, 手ずから打っ, 承知致しません, 投げ込んで, 抱いて, 持出した安, 掃除を, 握飯の, 教えて, 教しえ, 月おくれ, 来た, 来ての, 極力あの, 欲しくなるだろう, 此の世に, 歯朶子に, 死んだの, 残酷から, 毎日いびりつける, 毎日の, 気ぜわしそう, 氷を, 汚れた野良着, 沁, 泣きながら, 流しもと, 流れ出て, 流元, 浜に, 深切にも, 添書し, 演説など, 炬燵を, 無いよう, 焼きたての, 熊谷の, 燃料に, 燈明皿を, 片手に, 狐に, 現れつづいて, 甘酒を, 産み落した小児, 白い手拭い, 皆出, 相變ら, 着物を, 石鹸入れを, 私を, 窓から, 立ち働きづめ, 立ち話を, 竹杖つい, 答へて, 粋すぎた, 肥えた白い, 腕まくりで, 自慢の, 若い衆, 若旦那を, 茗荷谷の, 茶ぶ, 菓子台の, 葡萄のは, 薔薇香水か, 表から, 裁縫を, 裏口から, 裏戸口から, 襖の, 襷を, 見えなくなりまして, 見つけて, 言いました, 許可なんて, 話しに, 誰と, 貸して, 走つて, 起きて, 通いで, 通るから, 選ばれて, 部屋を, 間男を, 間違って, 随分面倒, 隠居の, 隣の, 電車の, 頭が, 風呂敷包みを, 飛こん, 駄洒落を, 駕籠で, 驚きの, 魚屋から

▼ かみさん~ (174, 11.2%)

7 ような 4 お隅 2 いうこと, かわりに, 子じゃあ, 所へ, 方へ, 腹に, 話に, 部屋に

1 [147件] いうことすべて, いうまま, いったこと, いったとおり, いわれること, お喋りを, お尻, こと, ことです, ことなぞを, ことばは, ことを, ごとき泣声, さとの, すがた, するまま, そばへ, ために, だと, ところで, ところへ, はもとより, びっくりした, ふうを, ほうで, ほうに, やうに, ように, らしいぐるぐる, ゐる店, オドオドした, トミヨが, ホール夫人に, マシューリナカテーリナなら, ユーブカの, 一人の, 三度目の, 下宿に, 云う通り, 人が, 仰せも, 侘しい後姿, 侠気と, 侠気とから, 働きは, 前に, 前を, 力にな, 取りしきりぶり, 取りなしも, 口から, 叫ぶの, 嚢を, 声が, 声も, 声を, 大きなお, 好意に対して, 姪で, 姪を, 姿が, 姿は, 姿を, 子だった, 子は, 子供等は, 家が, 家に, 尊敬を, 小さい財布, 小言を, 居た頃, 帰らないの, 庖丁と, 座に, 後について, 得心の, 得意の, 心の, 心は, 必死の, 悪意の, 感情では, 態度が, 態度に, 手に, 手紙に, 方から, 方が, 方がよ, 方に, 方は, 方へも, 曲がった横丁, 望みが, 櫛が, 死骸に, 母親の, 気に入って, 気持に, 汚い顔, 活写と, 生活力が, 男の, 男性的な, 癇癪が, 癪に, 皿の, 知って, 立たれるの, 細い眼, 綺麗な, 考えだった, 考えを, 耳に, 聲がか, 胸を, 膝の, 葬式が, 蚊帳の, 行衛は, 裾が, 見幕に, 言うと, 言葉が, 言葉の, 言葉を, 話じゃあ, 話では, 話な, 足しにも, 身の上ばなしを, 返答は, 運んで, 遠い血筋, 霊だ, 頭に, 頼んだメリンス, 顏が, 顔が, 顔に, 顔には, 顔めがけ, 顔も, 顔を, 飲まない顔, 高調子

▼ かみさん~ (118, 7.6%)

3 あった, 女中も 2 ある, アロアも, 一緒です, 一緒に, 知って, 金光教の

1 [100件] ああいう, ありこども, あるし, あれば, あんな事, あんまり埓, いい人, いねえかね, うちに, おかみさん, おじいさんに, お喜び, お大事, お待ちにな, お志, お箸, お紋さん, がっかりし, きた, きっと生き, くれぐれも宜しく, こどもも, さういふわけ, その嘉吉, その手, それに, だけど, つ, ときにはいや, とびだして, びっくりしました, またしいて, またすぐ, やり手だ, よく働く, モウ大分よく, 一緒, 一緒だった, 不思議だ, 主人の, 主人も, 乘出し, 事情が, 云わず仲人, 仕方が, 仕舞には, 仲, 働けない体, 内です, 出て, 前の, 半病人, 厭に, 大変に, 女中を, 妙に, 子供も, 寝床へは, 少し取りのぼせた, 届いたもの, 帰って, 幾らか面倒, 店の, 弱りなさる筈, 後悔し, 心配し, 悲しい人, 意地悪で, 慾を, 或る, 手荒いこと, 承知し, 持つだろうという, 改まった顔つき, 是非坑夫に, 死んで, 毎日それを, 気の, 気違いに, 氣が, 流石に, 疲れて, 病気で, 知ってるでしょう, 確かに, 突然の, 終いには, 総出で, 聲を, 自分の, 苛立つて, 若旦那も, 見かねたよう, 迷わざるを, 遠縁とは, 隙そうだ, 頻に, 顔を, 騒がないで, 魚屋の

▼ かみさん~ (73, 4.7%)

5 二人で 2 バーの, 話して

1 [64件] あるひ, いい義助さん, いっても, いつしよ, おきぬは, おきぬも, お世辞, お二人, お亭主, お詣りです, しぶしぶながら, それから千葉県出身, ふたりっきりで, ふたりの, みどり, れいの, アラジンと, セルゲイの, ルンペン, 一時間余話した, 一緒に, 三階の, 久しぶりで, 二人は, 仲が, 何氣なく, 十九の, 千葉県が, 同い年でございます, 大樣, 女中の, 妹娘とが, 妻は, 娘さんと, 子供たちが, 小僧とが, 小僧とは, 巡回らしい, 年が, 慎造とが, 新次郎とは, 旦那様との, 毎日喧嘩ばかり, 気心が, 浪江と, 甘藷を, 田舎の, 画家とが, 番頭の, 白粉を, 私とにて, 立てられた彼女, 総領息子それに, 自分は, 色の, 親しくな, 言い今, 言うもの, 言われて, 近所に, 道連れにな, 顔が, 顔見合わし, 馴染だ

▼ かみさん~ (52, 3.3%)

3 呼んで 2 呼んだ, 見ると

1 [45件] お隅さん, さすこと, して, たのんで, だますこと, びっくりさせる, へんに, まるで赤ん坊, もちました, ものに, もらいました, よんで, 乗せて, 信用しとる, 信用出来る, 先に, 力に, 可愛がって, 呼び, 呼びかけ, 呼びに, 呼び出して, 呼出して, 大事に, 奥さんと, 引き摺り倒して, 引つぱつて伴, 待って, 思ひ出したか, 慰めたさも, 我が子, 戯れるよう, 担いで, 拝んで, 持たせたらどう, 振り払って, 相手に, 見舞った, 訊問しました, 調べること, 貰いたがった, 起こして, 迎へる, 追ひ出し, 送りが

▼ かみさんたち~ (32, 2.1%)

2 が三人

1 [30件] から聲, が, がいつもまだ, がそれ, がぞろぞろ, がたくさん, が古河男爵夫人, が多勢, が御, が砂浜一ぱい, が起した, が集め, だと, とお喋り, と子供たち, に顔, のイカモノ趣味, の井戸端会議, の付けた, の例, はお, はみんな年, はガスパールの, は今日, は生きた, までが笠, もおのずから, も出来る, や気取ってた, を招

▼ かみさんから~ (28, 1.8%)

2 立退きを, 聞いた話

1 [24件] あげて, お宝を, して, もらった萩, やさしい言葉, わたしに, アメリカの, マッチを, 一皿の, 一銭銅貨を, 何か, 命ぜられるの, 女独りと, 庭の, 怨まれるに, 意外の, 新しい白足袋, 聞いた, 聞いた青木さん, 苛められるごと, 譲られた裏通り, 通知し, 針と, 青木さんが

▼ かみさん~ (28, 1.8%)

2 子供達が

1 [26件] あんちゃんねえ, おきぬの, こどもの, なじみの, ほかの, 三輪車に, 兄イや, 奥さんや, 女中たちを, 妹娘までが, 娘が, 娘は, 婆さんなぞの, 子どもたちに, 子供たちが, 子供は, 子供を, 子供達に, 子守の, 寺参りらしい, 料理番の, 旦那にも, 爺さん婆さんの, 番頭さんの, 老人などが, 近所の

▼ かみさん~ (21, 1.3%)

1 [21件] して, なって, 云い付けて, 云って, 勘定を, 勝手な, 尋ねました, 局が, 息子娘一家総動員で, 昨日逢つたら, 水を, 焼かして, 目を, 腹を, 自分の, 訊いて, 訳を, 談判し, 逢った時, 連れられて, 預けました

▼ かみさん~ (13, 0.8%)

2 ね, よ 1 か, がその, けれど宿そのもの, ことのと, そうで, ぞととみ, とあと, ンがな, 上人様には

▼ かみさんらしい~ (11, 0.7%)

3 人が 2 のが 1 のも, のや, ひとが, ものに, 女が, 女は

▼ かみさん~ (10, 0.6%)

1 から完全, が來, が前, が洗濯物, であったこと, にはそれ, はほんとによく, もやって来, もやつ, を一巡

▼ かみさんでも~ (8, 0.5%)

1 お出でに, ないと, 一生に, 出て, 卜などを, 捕えて, 若い時, 起きたん

▼ かみさんあなた~ (7, 0.4%)

1 にいえる, になに, のお, の着古し, は人生, は早く, も斬られない

▼ かみさん~ (6, 0.4%)

1 かみさん, まいたち, 一人です, 憚りながら, 秋ちやん, 香代は

▼ かみさんあの~ (4, 0.3%)

1 人は, 壁に, 方は, 朝一番さきに

▼ かみさんとは~ (4, 0.3%)

1 一番仲が, 全く正反対, 大骨, 正反対な

▼ かみさんなら~ (4, 0.3%)

1 あなたより, ばわし, 大丈夫後日の, 家の

▼ かみさん~ (4, 0.3%)

1 が子供, の井戸端会議, の長ばなし, もここ

▼ かみさん~ (3, 0.2%)

1 そうでなけれ, 女の, 誰か

▼ かみさんじゃ~ (3, 0.2%)

1 ありませんか, なかったかしら, ねえか

▼ かみさんだの~ (3, 0.2%)

2 娘だ 1 子供だの

▼ かみさんだろう~ (3, 0.2%)

1 か, ともっぱら, 柳屋の

▼ かみさん~ (3, 0.2%)

1 ゐりや, 内職に, 水菓子の

▼ かみさんとしては~ (3, 0.2%)

1 そのほか, 経営の, 苦情を

▼ かみさんとも~ (3, 0.2%)

1 めしやの, 別れたと, 見えないよう

▼ かみさんへの~ (3, 0.2%)

1 おみやげに, カモフラージュだけじゃ, 後始末を

▼ かみさんまで~ (3, 0.2%)

1 手つだ, 来てるヨ, 汗と

▼ かみさん~ (3, 0.2%)

1 からよくさう, が自分, にいっ

▼ かみさんおかみさん~ (2, 0.1%)

2 と呼んだ

▼ かみさんここ~ (2, 0.1%)

1 の勘定, へも何

▼ かみさんその~ (2, 0.1%)

1 人々の, 欄干に

▼ かみさんだけに~ (2, 0.1%)

1 そつと, やたらに

▼ かみさんだって~ (2, 0.1%)

1 野暮じゃ, 顔が

▼ かみさんでは~ (2, 0.1%)

1 ないん, なかった

▼ かみさんとが~ (2, 0.1%)

1 ゐた, 来て

▼ かみさんとして~ (2, 0.1%)

1 にらみを, 乗込むつもり

▼ かみさんどうも~ (2, 0.1%)

1 マア, 貼付が

▼ かみさんなん~ (2, 0.1%)

1 だってそんな, ならぢ

▼ かみさんには~ (2, 0.1%)

1 こんな話, 似合は

▼ かみさん~ (2, 0.1%)

1 喚いた, 注文の

▼ かみさん二人~ (2, 0.1%)

1 へ御, もやってきた

▼ かみさん~ (2, 0.1%)

1 も笑う, をいってる

▼ かみさん心配~ (2, 0.1%)

1 しねえが, で心配

▼ かみさん自身~ (2, 0.1%)

1 もなかなか, 重たい體

▼ かみさん~ (2, 0.1%)

1 の婦人, の婦人労働者

▼ かみさん~ (2, 0.1%)

2 のある

▼1* [138件]

かみさんいざ原場の, かみさんいや奥さんか, かみさんえらく降りだしたじゃ, かみさんおおい戸を, かみさんおどろいた犬猫まで, かみさんおまえ今親方ん, かみさんおやかましう, かみさんかと思われるす, かみさんがらすもやもめ, かみさんこちらへおい, かみさんこっちじゃ御存じ, かみさんこの花を, かみさんこれには段々, かみさんこれからどうなさいます, かみさんう逆上せ, かみさんさっさと塩花を, かみさんしつこく訊くよう, かみさんそう仰しゃればお腹, かみさんそういった奴です, かみさんそこでわしは, かみさんその他ふじ山の婆さん, かみさんそれを買ったら, かみさんそんな秘密の, かみさんたち二三人を相手, かみさんだからどうにかします, かみさんだけだと, かみさんだけしか知らないで, かみさんだけの温かい手紙, かみさんだけは駕籠で, かみさんだそんでその, かみさんだったとか蒲団屋, かみさんだったでしょうよ, かみさんだってばなと云った, かみさんだらう柳屋の, かみさんちょっとでもあ, かみさんやねえか, かみさんぢやつたが, かみさんつまんで布團, かみさんでありその後から, かみさんという風体まさか, かみさんといふのは, かみさんとこにゐた, かみさんとても賢い尊敬, かみさんどうでしょう念, かみさんどうぞ長く置い, かみさんどこへ引越す, かみさんどっかで妾, かみさんなお済みませんが, かみさんなど掃除人の, かみさんなどが呼鈴や, かみさんなどにも負けは, かみさんなどは一度思わず金切り声, かみさんなども有った, かみさんなにがある, かみさんなんか頭から, かみさんなんぞはありゃしねえ, かみさんなんていうこと, かみさんにでも扮するとき, かみさんにとっても彼女は, かみさんにも触手を, かみさんのみたあの, かみさんばかりで松江, かみさんばけものと, かみさんひとりお店, かみさんまたは娘という, かみさんまでが隠居の, かみさんみじめな食物, かみさんめがけてすごい, かみさんもつれてゆく, かみさんやら近所の, かみさんの物珍し, かみさんわしも一人, かみさんわたしはついつい, かみさんをも続け打ち, かみさんクラムがどんなに, かみさんセルゲイとてっきり, かみさんドロレス夫人を母親, かみさん一人きりなん, かみさん一人これを聞い, かみさん一寸聞いて, かみさんから電線, かみさん下足のおじいさん, かみさん二年半育てた馬, かみさん今お呉れだつた, かみさん今一人は息子, かみさん今何時ですおかみさん, かみさん今朝になっ, かみさんだって何, かみさん初めっから, かみさん千代乃さんじゃない, かみさんに肩, かみさん去年は豊年, かみさんなんか言つて, かみさんいじゃ, かみさん国貞は団扇絵, かみさん外出晩のおかず, かみさん苦心です, かみさん太郎だけ三人, かみさんへ行, かみさん女ッてもの, かみさん好いたらしい物を, かみさん娘さんがお, かみさん子供もあっ, かみさん孫の手をひい, かみさん安心して, かみさん宛てに手紙, かみさん小豆島から出, かみさんして, かみさんの茶棚, かみさんなかなか彼女, かみさん抜目がな, かみさん文句ないだろう, かみさん日傘が深, かみさんのよしみ, かみさん有りやすかい, かみさん朝飯を早く, かみさん本当にもう少しだけいただきたい, かみさん来庵すまなかつた梯子酒, かみさんにする, かみさん沢ちやんはまだ, かみさん活きてるね大丈夫, かみさん澁茶を汲み, かみさん生きとりますよ, かみさん生活ばかりをする, かみさんの勝気, かみさん知ってるじゃない, かみさんんべ, かみさん稽古帰りのきいちゃんみいちゃん, かみさん突当りの濁酒屋, かみさん自分という順, かみさん奧さん風の, かみさん誠に何うも, かみさんにだってはっきり, かみさん貰えばいい, かみさん貰わねえのがよ, かみさん連中が内証, かみさんがある, かみさんがその