青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かねて~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~かつて かつて~ かな~ かなた~ かならず~ ~かなり かなり~ かに~ ~かね かね~
かねて~
かの~ ~かぶっ かぶっ~ かみさん~ かよう~ ~からだ からだ~ ~かり かり~ ~かれ

「かねて~」 1041, 11ppm, 9667位

▼ かねて~ (111, 10.7%)

4 お約束 3 抱負も 2 大事を, 約に, 約束を, 計を, 鬱憤を

1 [94件] おん誓い, お指図どおり, お申し附け, お約束どおり, お達しで, ことを, こと成就の, やくそく, わたくしの, ストーリーを, ヤミ屋の, 作戦に, 借金に, 備えを, 僕の, 口先にて, 合図を, 同僚との, 大望意志と, 大願を, 契約どおりに, 宿願が, 密計は, 希望を, 希望通り修道院に, 平田入門の, 広言が, 底意, 彼の, 御誓約どおり, 心得空拳を, 心懸, 志望によって, 念願である, 念願を, 思いを, 思ひが, 手はずの, 手はず通り都に, 手筈である, 手筈どおりやった, 手筈どおり扉の, 手筈どおり見合いの, 手筈により, 手筈の, 手筈を, 手筈通り正, 打ち合わせ通り誰かが, 望み通り伊東へ, 期待を, 木曾十一宿の, 構想を, 注意に, 準備が, 牒合せに従って, 献策を, 用意は, 用意女肌には, 申し合わせは, 皇太子富仁親王が, 目的通り江戸の, 相談お, 精神の, 糖尿病も, 約束どおり楊陵は, 約束どおり高鳥真作が, 約束な, 約束に従って, 約束の, 約束も, 約束通りに, 自分からの, 藩論たる, 藩論なる, 行き先, 覚悟あるべき, 計画どおり, 計画どおり二十余艘の, 計画どおり無数の, 計画の, 計画へ, 計画を, 計画通りオレの, 計画通り土居画伯が, 計画通り招かれざる, 話が, 話の, 諜し, 謹厳組たる, 豪語にも, 野望を, 長々の, 願いで, 風流見せる

▼ かねて用意~ (38, 3.7%)

15 して 2 の毒

1 [21件] がし, させて, したとおり, してあつ, せる貴, のテープレコーダー, のハシゴ, の丹前, の八本, の別, の女, の如く, の手打ウドン, の手拭, の松明, の爆破装置, の草紙, の血, の車, をし, をした

▼ かねてより~ (25, 2.4%)

2 月卿雲客の

1 [23件] かくの, そこへ, その寺, ひそかに, わが子の, ポツジヨに, ポーランドの, ロオペ邸の, 主人の, 人質酬い, 六字の名号を, 大いなる憧れ, 悟らせ給, 桔梗の, 無きもの, 狐の, 相州さまを, 社の, 総長である, 聞いて, 親しくし, 設けられた罠, 身の

▼ かねて聞い~ (18, 1.7%)

11 ていた 2 ている 1 ていました, ておいた, ております, てゐ, てゐた

▼ かねてその~ (16, 1.5%)

1 [16件] つもりだった, どん底という, 二人と, 変化を, 意や, 方工事仰せつけられたき, 旨吩咐けられ, 案内あり, 牛若に, 用意は, 用意を, 祭の, 色男と, 色白く, 話は, 資力を

▼ かねて~ (15, 1.4%)

2 ほやけの, 聞及びも, 金持の 1 名まえ, 噂に, 噂には, 慕いして, 慕い申して, 申し付けの, 約束の, 艶も, 諭しで

▼ かねて覚悟~ (13, 1.2%)

4 はし 2 して, の前 1 がない, の佐久間盛重以下, の徒党, をいたし, をし

▼ かねてこの~ (12, 1.2%)

2 事ある 1 お好み焼屋, 一挙に, 事あるべし, 仙北を, 土地第, 御両人は, 日を, 種の, 縁談の, 芸者を

▼ かねて自分~ (11, 1.1%)

2 を愚弄 1 からいっ, がぢ, と彼, と親交, の信じ, の先祖, の意図, の身, を引か

▼ かねて約束~ (10, 1.0%)

3 して 1 のあの, の三枚め, の二度目, の場所, の手紙, の神, の雁峰山

▼ かねて~ (9, 0.9%)

2 に聞い 1 にきい, にのみは聞いた, には聞い, に聞いた, に聞く, のあった, の通り

▼ かねて~ (9, 0.9%)

2 懇意に 1 守護の, 尊崇の, 注文の, 自慢の, 覚悟の, 面識も, 高名は

▼ かねて~ (6, 0.6%)

2 に期し 1 ある人, にかかっ, に定め, に秘め

▼ かねて聞く~ (6, 0.6%)

1 五原, 後鳥羽法皇の, 無敵鉄車隊の, 狂人の, 趙子, 関羽の

▼ かねてあこがれ~ (5, 0.5%)

1 ていた, の宋, の職業婦人, の芸術家, の都

▼ かねてうわさ~ (5, 0.5%)

3 のあった 1 には上っ, にも聞い

▼ かねて孔明~ (5, 0.5%)

1 からいわれ, から授けられ, が云いのこし, の手, も人

▼ かねて計画~ (5, 0.5%)

2 して 1 したところ, のカケアイ漫才, の機会

▼ かねて~ (5, 0.5%)

1 にきいてた, に聞い, に聞いた, に聴い, のあった

▼ かねて~ (5, 0.5%)

3 し合わせて 2 し合せて

▼ かねてこういう~ (4, 0.4%)

1 ことが, ことも, 場合に, 場合の

▼ かねて予期~ (4, 0.4%)

1 されて, した如くひょいと, して, しなかったの

▼ かねて~ (4, 0.4%)

1 から聴かされ, に聞い, に聞き, を会

▼ かねて岸本~ (4, 0.4%)

1 が巴里, はこの, は独り, は番町

▼ かねて打合せ~ (4, 0.4%)

1 てあった, てあつ, て置いた, もあった

▼ かねて知っ~ (4, 0.4%)

3 ていた 1 ている

▼ かねて腹案~ (4, 0.4%)

1 のある, の長い, の長篇小説, は熟し切つ

▼ かねて見当~ (4, 0.4%)

4 をつけ

▼ かねて馴染~ (4, 0.4%)

1 の婦人, の小ぢんまり, の尾彦, の居酒屋

▼ かねてこんな~ (3, 0.3%)

1 ことも, 事に, 場合の

▼ かねて備え~ (3, 0.3%)

1 てある, ておいた, のお

▼ かねて想像~ (3, 0.3%)

2 して 1 したと

▼ かねて手はず~ (3, 0.3%)

1 がし, の山駕籠, をあわせ

▼ かねて打ち合わせ~ (3, 0.3%)

2 がし 1 てある

▼ かねて準備~ (3, 0.3%)

2 して 1 した仕事

▼ かねて聞き及ぶ~ (3, 0.3%)

1 新宿で, 猟夫という, 賊の

▼ かねて覚え~ (3, 0.3%)

2 のある 1 の謡曲一節

▼ かねて~ (3, 0.3%)

3 を識

▼ かねていわれ~ (2, 0.2%)

2 ていた

▼ かねてお願い~ (2, 0.2%)

1 して, 申したの

▼ かねてきき及ん~ (2, 0.2%)

1 でいた, で居ります

▼ かねてこしらえ~ (2, 0.2%)

2 ておいた

▼ かねてそういう~ (2, 0.2%)

1 ことも, 話の

▼ かねてたくん~ (2, 0.2%)

2 で置いた

▼ かねてよりの~ (2, 0.2%)

1 宿望で, 御気性

▼ かねて~ (2, 0.2%)

2 助の

▼ かねて信心~ (2, 0.2%)

1 の鬼子母神様, をする

▼ かねて先生~ (2, 0.2%)

1 から役, から打合せ

▼ かねて合図~ (2, 0.2%)

1 して, を諜

▼ かねて~ (2, 0.2%)

1 だけは聞い, を聞い

▼ かねて名前~ (2, 0.2%)

1 だけ識つて, も言っ

▼ かねて~ (2, 0.2%)

1 をうけた, を受け

▼ かねて好事~ (2, 0.2%)

1 で鳴っ, で鳴つ

▼ かねて少年雑誌~ (2, 0.2%)

1 で習, で習い覚え

▼ かねて居た~ (2, 0.2%)

2 所を

▼ かねて居る~ (2, 0.2%)

2 のだ

▼ かねて帆村~ (2, 0.2%)

1 がその, との約束

▼ かねて幕府~ (2, 0.2%)

1 ではわかっ, は水戸

▼ かねて待たせ~ (2, 0.2%)

1 ておいた, ておいた刳

▼ かねて待ち受け~ (2, 0.2%)

2 ていた

▼ かねて待っ~ (2, 0.2%)

2 ていた

▼ かねて御教書~ (2, 0.2%)

1 を発しおかれた, を給わった

▼ かねて心得~ (2, 0.2%)

1 たりの態度, ている

▼ かねて思いはかっ~ (2, 0.2%)

2 ていた

▼ かねて思へ~ (2, 0.2%)

1 は梓弓, ば

▼ かねて懇意~ (2, 0.2%)

1 の仲, の合田義和氏

▼ かねて所持~ (2, 0.2%)

1 して, せし徳乗

▼ かねて~ (2, 0.2%)

1 つてを, わって

▼ かねて承知~ (2, 0.2%)

1 であるが, の筈

▼ かねて教えられ~ (2, 0.2%)

1 ていた, て居る

▼ かねて~ (2, 0.2%)

1 嘗の, 聞廣告に

▼ かねて昵懇~ (2, 0.2%)

1 の味方, の珠数屋

▼ かねて曹操~ (2, 0.2%)

1 が掘らせ, の配置

▼ かねて~ (2, 0.2%)

1 がすこし, の世界

▼ かねて望ん~ (2, 0.2%)

2 でいた

▼ かねて~ (2, 0.2%)

1 にかかっ, をつけ

▼ かねて注意~ (2, 0.2%)

1 されて, を払っ

▼ かねて注文~ (2, 0.2%)

2 して

▼ かねて~ (2, 0.2%)

1 が考へ, の仇

▼ かねて~ (2, 0.2%)

1 をつけ, を附け

▼ かねて相手~ (2, 0.2%)

1 の女, の景気

▼ かねて相談~ (2, 0.2%)

1 の上, の通り

▼ かねて相識~ (2, 0.2%)

1 れるなか, れる中

▼ かねて知りあひ~ (2, 0.2%)

2 の女

▼ かねて知る~ (2, 0.2%)

1 上に, 梯子を

▼ かねて知合~ (2, 0.2%)

1 の園, ひの

▼ かねて知合い~ (2, 0.2%)

1 のウインクレル氏, の仲

▼ かねて知己~ (2, 0.2%)

1 とは思つて, なる八蔵

▼ かねて秘蔵~ (2, 0.2%)

1 して, の伝家

▼ かねて~ (2, 0.2%)

2 を張っ

▼ かねて考え~ (2, 0.2%)

1 ていた, ておいた

▼ かねて~ (2, 0.2%)

1 にせる, に聞い

▼ かねて聞きし~ (2, 0.2%)

2 ことある

▼ かねて聞き及ん~ (2, 0.2%)

1 でいる, で居りました

▼ かねて自己~ (2, 0.2%)

1 の感懐, の抱懐

▼ かねて~ (2, 0.2%)

1 ておいた, 覚の

▼ かねて見知っ~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ かねて見知りし~ (2, 0.2%)

1 大入島の, 鹿子が

▼ かねて見置きし~ (2, 0.2%)

2 硯の

▼ かねて見覚え~ (2, 0.2%)

1 のある, の金釘流

▼ かねて評判~ (2, 0.2%)

1 が高い, な方

▼ かねて読み掛け~ (2, 0.2%)

2 てある

▼ かねて調べ~ (2, 0.2%)

1 ておいた, 掛けたこと

▼ かねて貯え~ (2, 0.2%)

2 てある

▼ かねて赤土~ (2, 0.2%)

1 は粘, は粘っ

▼ かねて避難~ (2, 0.2%)

2 して

▼ かねて長い~ (2, 0.2%)

1 こと心がけた, こと心掛け

▼ かねて顔馴染~ (2, 0.2%)

1 の奈良, の某

▼ かねて飲み~ (2, 0.2%)

2 仲間の

▼ かねて馬籠~ (2, 0.2%)

1 から戦地, の村民一同

▼ かねて~ (2, 0.2%)

2 廊の

▼1* [503件]

かねてあつらえてあった, かねてあの人には, かねていいおいたとおり二ノ櫓三ノ, かねてうかがっております, かねておおせつかっていらっしゃる, かねておごってもらう, かねておじさんが欲しい, かねておもへばあづさ弓, かねてお世話に相成ります, かねてお気にゃあ, かねてお話して, かねてお話しもし, かねてお預け申して, かねてかうと心, かねてかかる悲しい体験, かねてかくこそと思ひしと, かねてかたれる志の, かねてきいていた, かねてきめてある, かねて依頼を, かねてしたためておいた, かねてそなえつけてあった, かねてそんな日の, かねてたのしみにし, かねてちと滝太郎を, かねてぬっと立った, かねてはなしに聞い, かねてばばの悲願, かねてふたりの胸, かねてほしがって, かねてむしろの下, かねてよろけ勝ちになっ, かねてよんであった, かねてわが身いとおしみたもう, かねてエイリイに恥, かねてカビ博士から教わっ, かねてコンパスを用意, かねてシャブズン師から聞い, かねてスヱズの運河, かねてダージリンで知合, かねてナオミの見つけ, かねてニーベルンゲン族から奪った, かねてフランス行きを希望, かねてベッキイから聞い, かねてホテルのボーイ, かねて一大事業をまかせ, かねて上京中であった同門, かねて上方ではだいぶ, かねて与えられた覚悟の, かねて世話になった, かねて丞相とそれ, かねて中尉の非常, かねて中間に持たせ, かねて中館公一郎に教え, かねて丹羽長秀に諜, かねて主人と情, かねてに画, かねて予感といった風, かねて争いの場処, かねて知らぬもの, かねて云いつけて置いた, かねて云い付けられている, かねて云い合わせておいた, かねて云い含ませてある, かねて云い含めておいた, かねて人柄よろしからず, かねて介錯を頼ん, かねて仕くんでおいた, かねて仕掛けてあった, かねて令徳の誉, かねて仰せ出だされ候通り一橋中納言殿御相続遊ばされ, かねて企むところの, かねて企んだ通り左手に, かねて企図したもの, かねて伊那の南殿村, かねて伏せておいた, かねて会いたいと思っ, かねて会場に借り, かねて伝国の玉璽, かねて伝説に聴く, かねて伯父から聴い, かねて伺っておりました, かねて俊基からは大事, かねて信心渇仰の大, かねて信長と攻守同盟, かねて借用の本, かねてりの, かねて傷者運搬演習や診察室, かねて先太守陶謙から譲られた, かねて児玉さんから聞かされ, かねて入用の物ども, かねて入院加療中の発行主任, かねて公武合体の成功, かねて内々の御, かねて内々目をかけ, かねて内命をおび, かねて内地で親しく, かねて写真で見た, かねて写真版で顔昵懇, かねて冥途はくらい, かねて出来てい, かねての枕, かねて力自慢の才兵衛, かねて加十は知っ, かねて勇名の聞え, かねて勉強して, かねて医学博士である, かねて千葉へ出張中, かねて半信半疑だった私, かねて半蔵まで申し込ん, かねて南蛮から援軍, かねて博士は安全, かねて厳探中の伊那丸, かねて友達の野沢, かねて受け取った重吉の, かねてを利いた, かねて古い東京の, かねて古田の手, かねて右近と盟約, かねて右馬介からつぶさな, かねて吉辰良日として申し合わせ, かねて同じ手数を, かねて同居して, かねて同行して, かねて名古屋へ廻る, かねてであった, かねて和宮様御降嫁, かねて和尚からいただい, かねて和平の心, かねて唐七が粗野, かねて唱えられている, かねて唱門師と呼ばれ, かねて啓蒙的な, かねてし合わした兄, かねて固く言い含めて, かねて国手の事, かねて地勢をそらんじ, かねて城明渡しの際恩顧, かねて執心の厚かっ, かねて執権高時の厚い, かねて執筆をのばしたる, かねて報告者たる大西君, かねて売れた構の, かねての在り, かねて夢想して, かねて女王に, かねて大利根博士がちょっと, かねて大勢に憎まれ, かねて大浦先生の依頼, かねて大神からいただい, かねて奈良井の大蔵, かねて奥州を去る, かねて奥様の仕方, かねて好める古典や, かねて好誼の深い, かねて姙娠して, かねてでないそ, かねて存命に石碑, かねて学校で教わった, かねて学良擁立を考え, かねて安土に籠め, かねて定まる日が, かねて定めてある, かねて実用的価値をも知っ, かねて家主から渡し, かねて寂しいような, かねて寄せられたものの, かねて寵愛の赤棟蛇, かねて寿平次が先代, かねて将軍ならびに右京大夫義時, かねて将軍家御尊崇, かねて小六殿の尊名, かねて小林から頼まれ, かねて小耳に挾ん, かねて小説を読む, かねて少年たちが胸, かねて尽力を頼ん, かねて局中も右等, かねて居りますからその, かねての井, かねて山田君から教えられ, かねて山神の子, かねて山路と大金, かねて崇拝して, かねて崇敬する植物, かねての深, かねて工作を施し, かねて差し込んである, かねて師匠から小刀, かねて帰国の噂, かねて平田篤胤没後の門人, かねて幽霊には足, かねて度胸を据え, かねて廊下へ逃げ出した, かねて待ち設けたヘツケル教授の, かねて徒党の多勢, かねて御殿山の梟, かねて御沙汰のとおり, かねて徹夜というお, かねて心がまえしたり, かねて心安くして, かねて心得さしてあったろう, かねて心理学の講義, かねて心臓が弱く, かねて心配したり, かねて快からぬ対手, かねて思いがけぬことであった, かねて思えばあずさ弓, かねて怨みのある, かねてえかねて, かねて恩威並び行わるる師, かねて意中をした, かねてをかけつる, かねて懸りつけの, かねて懸想せる三与吉, かねて懸案の対魏方策, かねて成り度いと, かねて我身いとほしみた, かねてる文学博士, かねてに入れ, かねて手ぐすねひいて, かねて手具脛ひいて, かねて手帳に控え, かねて手筈が打ち合せ, かねて手配をし, かねて手配りをいたし, かねて打合せた仕業かも, かねて承っておりまする, かねて折助と懇意, かねて抱懐して, かねて招きにあずかっ, かねて捕えられていた, かねて捜査中の五百万円, かねて掘り下げて置いた, かねてうる絵具, かねて撒かれた散らしで, かねて播磨の大, かねて政事の権, かねてへおきし, かねて敬之進と一緒, かねて敵方の死骸, かねて敵視して, かねて文通から知り合い, かねて新聞の広告, かねて新聞広告にて昨今, かねて新調の藍縞糸織, かねて旅包みとしてある, かねて日本の文化人, かねて旦那様から口止め, かねて旧師宮川寛斎が伊勢宇治, かねて明智衆にあり, かねて明示して, かねての帝, かねて暁団員の連絡場所, かねて書いておいた, かねて有事の備え, かねて朋友に今度, かねて朋輩衆から聞いた, かねて朝廷に内通, かねて木村重吉を苛, かねて未来戦科学研究所において研究ずみ, かねて村丸贔屓の城主荒木, かねて村民の待ち受け, かねて東京へ来た, かねて東洋に進み出る, かねて林田の所持, かねて林間にあっ, かねて果心居士におしえられ, かねて柔道で鍛えた, かねて柳沢が邪推, かねて校庭に養われ, かねて根岸石子両刑事, かねて栽培のトマト, かねて桂子は知つて, かねて條野採菊翁と私, かねて之助, かねての欄干, かねて機会を待っ, かねて歌集の中, かねて正成の人となり, かねて此邸だと, かねて殘つた者がある, かねて母上は御, かねて気心知ったる官僚高官, かねて気象警報が出, かねてを壯, かねて汝らも知る, かねて決定して, かねてを越えさせ, かねて法則を意識, かねて法律にきめられ, かねて法然から賜わった, かねて注目して, かねて洩れ聞いている, かねて海外に志, かねて海舟もきき及ん, かねて深い関心を, かねて清水坂の長, かねて清洲へ密行, かねて湖上の栖處, かねて潜在の実, かねて無頼の性, かねて煙草は嗜まぬ, かねて照準を合わせた, かねて熟知して, かねて燻製には食い意地, かねて燻製ものには嗅覚味覚, かねて父皇にも内々, かねての用, かねて物語に聞い, かねて狙いをつけ, かねて狙っていた, かねて猫嫌いと来, かねて獄室で写し, かねて琉球附近に集結中, かねて用心のため, かねてにある, かねて由良の伝吉, かねて甲府城下の霧, かねて合せた三箇所, かねて申しあげたはずです, かねて申しつけておいた, かねて申し上げ置き候英国政府の, かねて疫病神のこと, かねて病んでおった, かねて病床にあった, かねて皇后がおっしゃっ, かねて目印の付いてる, かねて目星をつけ, かねて目論んで置いた, かねて知ってる味だった, かねて知られながら敵, かねて知られたる四つの, かねて知り合ひ, かねて知りあいの日本人, かねて知りせば越, かねて知りたいと思っ, かねて知りたまいしやと問う, かねて知りつくしている, かねて知れて居る, かねて知人である仏師東雲, かねて知人関係へは一斗十円, かねて碧梧桐が案内, かねて社長の貞吉, かねて祖父石舟斎からも師父但馬守, かねて神仏に約束, かねて神奈川奉行から各国領事, かねて神戸村の臨時取締役, かねて神経衰弱の徴候, かねて禁断であるもの, かねて福岡に旅行中, かねて秀次から所望, かねて秘密に研究, かねて稼ぎ貯めて, かねてにハンカチイフ, かねて竜宮界は世にも, かねてした通り, かねてと混淆, かねて米友がこの, かねて紹介状をもらっ, かねて経歴と心境, かねて羽柴殿のお, かねて習いおぼえていた, かねて習い覚えて置いた, かねて老後の隠棲, かねて考へてゐた, かねて耶蘇教の蔓延, かねて聖人に帰依, かねておぼえの, かねて聞いたとは様子, かねて聞いてたところでは, かねて聞え及んでおる, かねて聞きおぼえのある, かねて聞き及べる某の, かねて聞き覚えの通り撞木, かねて聴いていました, かねてに一物, かねてが悪かっ, かねて肺病の容体, かねて胸くそ悪く思っ, かねて能登守を甲府, かねて興味をもつ, かねて舟久の話, かねて艇内でお話, かねて良人にいわれ, かねて芝生のうへの遊歩, かねて若年の頃, かねてにし, かねて藤房卿がよろしく, かねてへ七里, かねて蜂矢が最大, かねて血型の相違, かねて行きつ還りつ塀ぎわに, かねて行方をさがし, かねて被害民有志に委嘱, かねて要心ぶかい, かねて見たいと思っ, かねて見つけておいた, かねて見定めておいた, かねて見知越の, かねて見知り越しであり今度, かねて見覚えた要領で, かねて見識り越しの, かねて規則ぎらひとは聞いて, かねて親日派の宗皇帝, かねてえた合圖, かねて触れ書の, かねて触れ出した通りに, かねて言う通り静に, かねてのある, かねて計っていた, かねて計り合わせていた, かねて計算通りに襲い来った, かねて許嫁のよう, かねて註文して, かねて評論家としてのあなた, かねて詩集を出したかった, かねての剃刀, かねて誓いを致し, かねて誓っていた, かねて読みたいと思つて, かねて読者もお, かねて調査の機会, かねて諒解のあった, かねて諸処の公札, かねてし合せて, かねて謀っていた, かねて識者の高諭, かねて警むる処やありけん, かねて警察でも目, かねて警視庁の金庫, かねて谷博士がだれ, かねて貞之進が同宿, かねて貞盛がいい, かねて負傷して, かねて貧血症の唇, かねてうるところ, かねて買い求めてあった, かねて買い込んでおいた, かねて買っておいた, かねて賜わっていた, かねて贔屓の新, かねて贔負に思ひくれたる, かねて起草して, かねて足場まで見, かねて軍官学校で養った, かねて軍籍が有った, かねて転居さきを端書, かねて辱知の仕立屋, かねて金から, かねて近づきになっ, かねて近隣に志操気概, かねて逃げ路の, かねて逃げ腰の組下, かねて通じていた, かねて通知して, かねて通行券を持っ, かねて連盟の副, かねて連絡をつけ, かねて遊芸雑職を営んだ, かねて道化師から取りあげ, かねて道庵の耳, かねて選定して, かねて邪教に興味, かねてにいた, かねての中, かねて釈迦牟尼如来が戒法, かねて重症の糖尿病, かねて野草の長男, かねて金兵衛が秘蔵子息, かねて金軍の手先, かねて銭形の親分, かねてが計画, かねてさを, かねて長州藩に出入り, かねて門人片桐春一を中心, かねて間瀬の人柄, かねて関係を結ん, かねて関羽のさし, かねて集めてあった, かねて雇うた精神病医の, かねて露伴氏と縁故, かねて青嵐居士が分類, かねて青白い顏が, かねて賣品, かねて非売品として知人, かねて須佐之男命, かねて預かっていた, かねて頓興な声, かねて領民をまどわし, かねて頼朝にも弟, かねて頼朝公から貴方, かねて顏囘に多大, かねて顔なじみのクレマンソー, かねて顔昵懇の内田銀蔵博士, かねて顔見知りで同じ, かねて顔馳染である案内者, かねて願上候御認め, かねて風土の住民, かねて養子としてゐた, かねて高村卿は豁達, かねて鬼頭さんが持っ, かねて龍興の性格