青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かくれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かかわらず~ かき~ ~かぎり かぎり~ ~かく かく~ ~かくし かくし~ かくして~ ~かくれ
かくれ~
~かけ かけ~ ~かけた かけた~ ~かける かける~ ~かげ かげ~ かさ~ ~かし

「かくれ~」 2171, 21ppm, 5495位

▼ かくれ~ (1551, 71.4%)

83 いるの 58 いたの 54 いて 47 しまった 38 いた 25 いるん 23 しまいました 20 いる 19 いました 17 しまったの 14 いるか, いること 13 いたん, いると, しまって 10 しまつ, ゐて 9 います, いるかも, しまう 8 ゐる 7 ゆく 6 ゐた 5 いたが, いたので, いても, いるに, いるもの, しまうの, 待って, 行った, 見えなくなって 4 いるという, いるので, いるよう, いるようす, ひそかに, ゐるの, 出て, 様子を, 見えなくなった, 見て

3 [16件] いたから, いたところ, いるとき, いるところ, いるとは, いるとも, いるはず, いるよ, しまうと, しまふ, ゐました, 住んで, 居るの, 行く, 行つた, 見えないの

2 [58件] いたあの, いたか, いたずらを, いたという, いたまえ, いたもの, いた一つ, いた方, いった, いないかと, いなければ, いるうち, いるお, いるなんて, いる女, いる小林少年, いる時, いる穴, うたふ, おりますので, お茶を, しまいます, しまいますから, しまうよう, しまうん, しまったと, しまひました, しまッた, じっとし, そつと, それを, ようすを, ゐたの, ゐるが, ゐる娘, 七年間に, 夜の, 完全に, 居た, 居て, 居りと, 居る, 彼等の, 怪人の, 暗し, 木の, 活きて, 煙草を, 秘かに, 立って, 舟は, 見えない, 見えなかったが, 見えなくなると, 見てようか, 読んで, 誰にも, 静かな

1 [783件 抜粋] あいつの, あごでも, あすこを, あっさく空気を, あった穴, あなたが, あのかばん, あの電話, あらい息, ある部分, あんな大男, いい加減, いざという, いそう, いたいろいろ, いたおぼろげなかげ, いたからさ, いたこと, いたさかな, いたじゅうたん, いたそして, いたと, いたとでも, いたべつ, いたぽ, いたらことめんどう, いたら見つかるに, いたら警察, いたアッシェンバッハ, いたカーテン, いたノロちゃん, いた一行七人, いた七人, いた世界観, いた丘, いた事を, いた二十面相, いた六部, いた十人, いた半分, いた古, いた四人, いた土, いた土民たち, いた子供, いた小林団長, いた少年団員たち, いた忍剣, いた怪物, いた敗軍, いた時, いた木, いた柿, いた橋, いた為朝, いた男, いた稍, いた良点, いた豹, いた賢二少年, いた赫子, いた錵, いた頭, いっしょうけんめいにひいたり, いったと, いつまで, いないこと, いは, いましたが, いましたわ, いますから, いますが, いやがったな, いやしない, いようと, いようという, いようなどとは, いらっしゃるん, いられるからね, いられるわけ, いるあいだ, いるかばん, いるかべの, いるから, いるが, いるきょうだい, いるそれ, いるだろうと, いるでしょう, いるとか, いるとでも, いるのに, いるのよ, いるほんとう, いるみたい, いるらしい, いるらしいね, いるわけ, いるカーテン, いる不幸, いる中庭, いる二人, いる公卿, いる内臓, いる前衛, いる加賀見忍剣どの, いる四条隆資, いる地点, いる場所, いる小林君, いる岩, いる廊下, いる弟, いる憎, いる方, いる暗がり, いる筈, いる糸, いる自分, いる自動車, いる草むら, いる谿, いる遠近, いる鐘板, いる階段, いる鶏血石, いれば, いろって, おいて, おかん, おしまい, おずおず奥庭, おまえの, おられた, おりました, おりましたけれども, おりませんから, おるそう, おる古老, お前さん達ア悪事を, お参りを, お葉, お針部屋に, かれの, きみの, きみを, くびれた白い, くれ, こそこそと, こそこそ内緒話, こっそり血判, こつちに, このあり, この奇面城, これだけの, これに, これも, さっきからの, しいんとしずまりかえっ, しのびより不意討, しまいあと, しまいそう, しまいはせぬかと, しまいやがったん, しまうぞ, しまうという, しまうほどの, しまう一機, しまう町, しまったが, しまったでは, しまったなどと, しまったので, しまったよ, しまったわ, しまったんだい, しまつて, しまひ, しまふくら, しまふさつき, しまふ大, しまふ業, しまわれたら再び, じっとしんぼうづよく, じっとその, じっとガレージの, じっと息, じっと軍書, すぐ私, すばやく乞食, するばかり, そうして張抜き, そっとその, そとからは, そのまま見え, その上ハンチング, その向, その提灯, その雑草, それと, そッと, たたずんで, ただ一すじ, ただ見える, たった今伊達左京介, ついて, ところどころに, とめども, どくろ仮面, どこかで, なお二人, なお強盗, なかから, なにかわる, なにしてた, ねらって, のんで, はれま, ひたと四門, ひとばん眼, ひとり酒のむ, ひるいづる老, ふたりの, ほとんど名状, ぼくが, ぼくを, ぼんやりした, ぼんやりと, またふた, また茶, まだうら若い, まつて, まるでお化け, みえませんでした, みて, みな鎧を, もうまるで見えない, もっともっと根本的, やかましく鳴き, やがて残り, やりましたもの, ゆかれたの, ゆくほんのり, ゆく蜘蛛, ゆけば, わが有志, わるもの, ゐたり, ゐた工兵隊, ゐた美しい, ゐましたね, ゐます, ゐようと, ゐるか, ゐるなどと, ゐるなら, ゐるもの, ゐるやう, ゐるシゲ, ゐる主人公, ゐる女, ゐる微か, ゐる疑ひも, ゐる良心, ゐる萩, ゐる雀たち, カフェーの, クスクス笑っ, ニコラ博士の, ノートへ, ベアトリーチェの, ワルワーラはの, 一個所に, 一寸先を, 一寸外から, 三井の, 下さい, 不思議な, 世衆を, 乳の, 了う, 二日でも, 人なき, 人影の, 今日なお, 今日の, 住めば, 何か, 何を, 何百年か, 信州に, 俳優の, 偉そう, 僅か左, 僧と, 先は, 兎うっ, 党を, 公会堂が, 其樣子を, 出ませぬ, 出頭しない, 切畑の, 剃髪され, 勅命の, 北半球に, 半分は, 卑陋な, 去って, 反対に, 叔父が, 古井戸, 向うの, 呂宋兵衛が, 哀訴した, 地味な, 城中から, 塀の, 夕立の, 夜を, 大いに翻訳, 大納言の, 天草次郎は, 奇面城に, 奥が, 妻を, 姿を, 存分に, 容子を, 密航し, 専ら繊弱優美, 小人が, 少年の, 尾行し, 居たの, 居りました, 居りましたが, 居るから, 居ると, 居るので, 居るひさし髪, 居る桑, 山の, 山は, 崖へ, 嵯峨記を, 市野さんの, 帆の, 床が, 弟の, 彼等が, 往った, 待ちかけ給い矢頃, 待つて, 待つであろう, 後まったく, 微かにも, 性格が, 悪事を, 懐刀などと, 或る, 戦禍を, 手には, 手のひら位の, 手紙を, 持ったよう, 持つて, 教わったという, 敵の, 日暮れが, 日野高岡などという, 春は, 時々海, 時々猛烈, 晦まさうにも, 晩春の, 書いた様子, 書いて, 最も卑しい, 朝の, 本を, 杉の, 松の, 棕櫚酒を, 棲むに, 機を, 櫂の, 次第に地底, 毎朝喬木の, 毒もみを, 汝の, 池の, 沼が, 泣いたこと, 洗濯なぞ, 流れて, 流れる水, 消えて, 涼しい風, 渡る人間, 湧くや, 潮けぶりしぬ, 潮煙しぬ, 澄みきった空, 無線操縦を, 燻んだやう, 牛丸君の, 物を, 犯罪を, 現われた部分, 生い育った九郎義経, 生活し, 生涯周の, 男を, 疵養生を, 白霧が, 百姓のく, 眠りたいだけ, 眺めて, 知れざるなり, 神を, 祭文を, 私が, 私たちを, 空からは, 竊に, 立った, 笠原さんの, 籐椅子に, 細かい雨, 終ること, 美術館からの, 臥薪嘗胆今日の, 自ら死す, 自国権益の, 自恣し, 舞臺も, 芋粥を, 芸術を, 苦心を, 萩野の, 蚊に, 蜘蛛の, 行きます, 行ったお, 行って, 行つて了つた, 行はれ, 裏口から, 裏町の, 見えず, 見えず橋, 見えないこと, 見えないた, 見えないほどの, 見えない者, 見えなかった, 見えなくなりました, 見えなくなるまで, 見えぬが, 見えません, 見ても, 見はって, 見物席からは, 親子三人アパート住いだ, 言葉少なに, 訓練を, 読めない以下, 貞奴が, 赤とんぼ, 踊る處, 身を, 追手を, 逃ぐるを, 逃げたこと, 逃げまわって, 逃げ出したのよ, 逐一見と, 通るよう, 逢は, 遊ぶよう, 道は, 遠巻きに, 遠藤さんの, 部屋に, 金を, 鈍い光り, 長いあいだ, 長い糸, 露台が, 青くなっ, 静に, 頑迷に, 風も, 駕籠を, 髪結いたる, 鬱陶しい五月雨雲, 鳥の, 鴨が, 黄色い夏みかん

▼ かくれ~ (83, 3.8%)

10 なりました 5 なり御 4 なってから, なると 3 し夜半, なったあと, なったの, なって, なつた 2 なった, なったこと, なったので, なりましたので

1 [37件] なったあなた, なったからとて, なったが, なったそう, なったでしょう, なったと, なったという, なったらすぐ, なった土地, なった年, なった後, なった日, なった時, なった陛下, なつて, なりその, なりましたから, なりましたその, なりました事, なりました奥様, なりました旦那, なりましてね, なる, なるかも, なるという, なるの, なるよう, なる時, なれば, なろうと, 入るよう, 成ったと, 成って, 成っても, 河原が, 脊を, 西せる

▼ かくれ~ (55, 2.5%)

3 ないこと, なかった 2 ない事, ない事実, ない人, なきアバタ男, なき天下

1 [39件] いたしません, ございません, して, しない, しませんよ, せずに, せず仰向いて, せぬ, せんと, ない, ないが, ないもの, ない事實, ない問題, ない天下, ない御, ない梁山泊, ない評判, ない馬好, ない馬好き, なきたわけ者, なきアバタ男猿飛佐助, なきアバタ面, なき三好清海入道, なき世界, なき怪しげ, なき雲, なき鷲塚佐助, なくつねづね, なくなって, なく世上, なく散策子, なく敵毛利輝元, なく知れ, ねえむっつり, ねえ船持, 仕りませぬ, 出来ずやっかい, 無きもの

▼ かくれ~ (42, 1.9%)

3 もなし

1 [39件] から無理やり, がわかった, が露顕, だ, だな, であろう, です, では多く, といわれる, ときめ, と致し, にかえる, にたずね, にたづ, にとりちらした, になつて, ににげこんだ, にゴロ, に来, に案内, の入口, の記念, は判った, は山邊, へと二人三人, へ案内, までまいる, も世, を, をかいま見すれ, をさがさう, をさがし当て, をつきとめ, を出, を出よう, を求める, を見つけ, を見つけられ, を驚す事

▼ かくれ場所~ (41, 1.9%)

2 をさがし

1 [39件] からその, からとびだし, からとびだしました, からとびだしません, からとび出し, からはい出し, から出, から大, から飛び出し, がある, ができ, がなくなっ, だ, だななどと, だよ, である, で何, となり得る, となる, なんてどこ, にする, にまで目, はありません, はこの, はどこ, はわかる, は人間ひとり, は見あたりません, へはいこむ, をさがそう, をぬけだした, をはいだし, を作る, を出, を出ました, を抜け出し, を本気, を見つける, を見付けた

▼ かくれたり~ (39, 1.8%)

14 して 4 出たり 2 あらはれ

1 [19件] あらわれたり, した有様, しないで, しもの, し台湾, する, するさかなたち, するの, するん, そこから, ながくのびた, わあつと, 又未練, 小屋の, 布団の, 抱き合ったり, 歩く, 行雲流水に, 遊蕩児の

▼ かくれがを~ (17, 0.8%)

1 [17件] おもらしに, つきとめたって, つきとめたのに, つきとめに, つきとめられるよう, つくり手下, もって, 思ひ寂しい, 感づかれたらどう, 探して, 求めて, 白状させる, 知って, 知る手がかり, 見つけたところ, 警察に, 逃亡し

▼ かくれ~ (15, 0.7%)

2 です

1 [13件] がわかった, が造っ, さえさがしだすこと, さえ見当, だからね, だよ, であろう, でした, でしょう, なの, にじっと, につくの, 以上の

▼ かくれながら~ (13, 0.6%)

2 口を

1 [11件] さわげば, しきり, だん, とおざかって, マクシムに, 三十郎は, 尾行しました, 心象の, 渡辺橋の, 覆面の, 話した

▼ かくれては~ (12, 0.6%)

2 ゐるが 1 いなかった, いません, いるが, いるけれども, いるには, ボクは, 兵を, 現れ現れては, 私と, 蔭に

▼ かくれ~ (11, 0.5%)

3 丑松文次その 2 はやくき 1 からとび出し, その明るき, にがまん, になっ, 南無三浪, 旦那どの

▼ かくれがに~ (7, 0.3%)

1 つかって, つづいて, なって, やってきたの, 盗んだもの, 身を, 選んだよう

▼ かくれがの~ (6, 0.3%)

2 ひとつな 1 一軒だった, 地下室に, 地下室の, 松などを

▼ かくれ~ (6, 0.3%)

1 ない名医, ない御仁, ない賢婦人, 炭竃も, 花も, 遠山の

▼ かくれ~ (6, 0.3%)

1 でも人間, にする, の近く, はありませんでした, をさがそう, を見つけられ

▼ かくれ遊び~ (6, 0.3%)

2 の一人, の三味線 1 の場所, も多少

▼ かくれがが~ (5, 0.2%)

1 あるけれど, おわかり, わかったという, 発見され, 知れなくては

▼ かくれがへ~ (5, 0.2%)

1 いそがせました, つれて, ひとりの, ふみこんで, 行きすっかり

▼ かくれてでも~ (5, 0.2%)

2 いるよう 1 いるという, いるの, いるん

▼ かくれ~ (5, 0.2%)

2 しない 1 するな, せまいと, せん

▼ かくれやがて~ (5, 0.2%)

1 不浄門へ, 利家の, 日を, 潮が, 盛装を

▼ かくれても~ (4, 0.2%)

1 だめだ, 世を, 聞えて, 許された範圍内

▼ かくれ~ (4, 0.2%)

1 いたすなよ, して, するな, らせ

▼ かくれ~ (4, 0.2%)

2 を着 1 かくれ笠, を被り通した

▼ かくれ部屋~ (4, 0.2%)

1 で素姓, と言った, に机, のよう

▼ かくれがから~ (3, 0.1%)

1 きたの, まるではんた, 救いだして

▼ かくれがも~ (3, 0.1%)

2 なし 1 わかるわけ

▼ かくれてばかり~ (3, 0.1%)

1 いて, いる浮舟, 居ました

▼ かくれてを~ (3, 0.1%)

1 られたの, りますと, りを

▼ かくれにな~ (3, 0.1%)

1 つてから, つて後先に, ツて

▼ かくれ~ (3, 0.1%)

1 という意, と言, に応対

▼ かくれあと~ (2, 0.1%)

1 に細長い, は崩れ

▼ かくれかた~ (2, 0.1%)

1 をし, をした

▼ かくれそう~ (2, 0.1%)

1 なところ, な場所

▼ かくれそこ~ (2, 0.1%)

1 からのぞい, から青白く

▼ かくれその~ (2, 0.1%)

1 擧り, 消えて

▼ かくれただ~ (2, 0.1%)

1 たちならぶ娼家, 半身の

▼ かくれたりは~ (2, 0.1%)

1 せんぞ, せんと

▼ かくれちゃ~ (2, 0.1%)

1 いないから, 継母と

▼ かくれつつ~ (2, 0.1%)

1 うかが, 既にあらわれ

▼ かくれてしも~ (2, 0.1%)

2

▼ かくれてなんか~ (2, 0.1%)

1 いないの, かいても

▼ かくれての~ (2, 0.1%)

1 ウインクは, 天下泥棒なら

▼ かくれ~ (2, 0.1%)

1 答は, 裸男は

▼ かくれまた~ (2, 0.1%)

1 畑の, 秀吉に

▼ かくれ~ (2, 0.1%)

1 あらはれ, 机の

▼ かくれ~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ かくれ~ (2, 0.1%)

1 にはどっと, を尾行

▼ かくれ~ (2, 0.1%)

1 と, なれかま

▼ かくれ松露~ (2, 0.1%)

2 はあらはれぬ

▼ かくれ柴田~ (2, 0.1%)

2

▼ かくれ~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ かくれ~ (2, 0.1%)

1 ひそ, へるも

▼ かくれ~ (2, 0.1%)

1 と云, へ攫われ

▼ かくれ~ (2, 0.1%)

1 に現われ, の者

▼ かくれ~ (2, 0.1%)

1 りを, を見ず

▼ かくれ~ (2, 0.1%)

1 に見え, は水

▼ かくれ飛沫~ (2, 0.1%)

1 につつまれ, は船

▼1* [148件]

かくれあるものは, かくれいちど武蔵の姿, かくれいったい何を, かくれおまえの父, かくれかいそれじゃ, かくれからの自動車を, かくれがかもしれません, かくれがさだの水の上, かくれがで会いました, かくれがとこそ頼むなれ, かくれがとは電車で, かくれがはべつじ, かくれがや山の, かくれよい四更, かくれこっちの門, かくれこれを立身, かくれさうに水がびたびたになつちまつてゐるぞ, かくれさてかく全く籠りつ, かくれしばらく世評に, かくれじっとあたりに, かくれすりやア, かくれずしてその, かくれそしてまた別れるまでの, かくれそのまま旅へ, かくれそれよりも鞍馬, かくれそれからろう仮面を, かくれてからおよそ一刻後, かくれてからはわが身を, かくれてからも夕篝り, かくれてぞ吸ふ, かくれてどつとばかりに, かくれてなんぞいませんよ, かくれてのみやこひわたりなむ, かくれてばっかり居て, かくれてやしないかと, かくれてやに下って, かくれござります, かくれ一緒に, かくれなしと聞く, かくれのねえ右門, かくれば人あり, かくれば返事ありて, かくれひとりは書斎, かくれふたたび姿を, かくれぼろぼろの布, かくれまだ生きのこって, かくれもう唄声も, かくれやうと思つたの, かくれようにも机, かくれわっしは, かくれニワトリたちは小屋, かくれ一心天を念じ, かくれ一晩中逃げまわった, かくれ一部は現われた, かくれ三成より特に, かくれ両脚は十字, かくれ乍ら顔も見せなかった, かくれ井戸端でお, かくれ人形だけを見せる, かくれ人通りしげき葉山, かくれな女, かくれ伴蔵が一人, かくれ何人たりとも, かくれに一疋, かくれ其人去れば, かくれ其処ばかりがあら, かくれ加茂川の白い, かくれにあたって火, かくれ南朝の朝廷, かくれ合図があったら, かくれ周馬もそれ, かくれ四五回東国勢を悩まさん, かくれ堂内は再び, かくれ場マンホールもありません, かくれ隱は, かくれ女王は測り知れぬ, かくれ安堵の思, かくれの灯, かくれ家みたいなもの, かくれ家奇面城なんて長い, かくれ小さくなって, かくれにくだけ, かくれ岩角にあらはれ, かくれ左官小屋の裏, かくれ布島は波, かくれのすぐれた, かくれ恰も事の, かくれ我等の請, かくれ或は岩面に, かくれの隙間, かくれがあれ, かくれ政務を執る, かくれ日蓮宗の日像, かくれ明朝になっ, かくれ易からんかの, かくれ時々雨が, かくれ最後に金, かくれへ逃げ, かくれ松が枝に隔てられ, かくれ柳桃は風, かくれ権力にもの, かくれわって, かくれれる聖徒達, かくれ殿樣のお, かくれか, かくれ水入らずの夫婦, かくれを泳ぎ, かくれ沼浮城もの語を聞く, かくれ法話に行く, かくれにあらわれ, かくれに洗われた, かくれを見, かくれ玉座を盾, かくれが隠れ, かくれがほんもの, かくれ白拍子から変化, かくれ白毫新に拝, かくれ矢倉の狭間, かくれに取籠られおる, かくれは自分, かくれ程なくそのひと, かくれ立ち聞き致しまして, かくれ笠うちでの小づち, かくれ納戸や飛び降り, かくれ老女の世話, かくれをさす, かくれにあらわれ, かくれにかくれ, かくれを採, かくれは西日, かくれ街道を忍ん, かくれ親族や旧知, かくれ親族旧知と断っ, かくれのかゆい, かくれにかくれ, かくれのど, かくれ野原の路, かくれの所, かくれへひそん, かくれ関羽は曹操, かくれ防寒服を脱ぎ, かくれ霜雪をふん, かくれかに茶, かくれ頑強に足利氏, かくれだけ出し, かくれ食い等はなさらぬ, かくれ首尾よく身, かくれ鹿野山は淡く