青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かな~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かしこ~ ~かすか かすか~ ~かた かた~ かたち~ ~かつ かつ~ ~かつて かつて~
かな~
かなた~ かならず~ ~かなり かなり~ かに~ ~かね かね~ かねて~ かの~ ~かぶっ

「かな~」 1819, 20ppm, 5845位

▼ かな~ (138, 7.6%)

21 ない 7 ないと 5 ぬと 4 ぬは 3 ないよ, なかつた, ぬこと, ぬやう, ぬ事 2 どこで, ないの, ない総て, ぬなどと, ぬまでも, ぬ一人, ぬ恋, ぬ恰好, ぬ戀, 春さきの

1 [66件] ざりけり, ざりければ, ざるほど, ざる御家法, しむる豫言者, じ, じと, せたま, その事, ないくら, ないこと, ないぢ, ないといふ, ないとだけ, ないなあ, ないほど, ないまで, ないわ, ないん, ない時, ない此宿, ない気持, ない私, ない背中, ない自分, ない貴重, なかつたから, なかつたので, なかつたら何故, なくても, なくな, なくなると, なむ, ぬ, ぬお方, ぬが, ぬす, ぬとう, ぬの, ぬので, ぬもの, ぬ一つ, ぬ仕儀, ぬ悲しい, ぬ時, ぬ物, ぬ私, ぬ筈ぢ, ぬ者, ぬ苦惱, ぬ道, ぬ願, ねば, ば, んよ, 仏の, 兄の, 台所の, 女児の, 急に, 文化十四年の, 時々その, 朝来る, 痩ぎす, 素人くさい, 鳴きの

▼ かな~ (79, 4.3%)

4 の光 3 ざし, である 2 が照っ, が続いた, ざしが, であった, であつ, のさす, の午後, の朝

1 [53件] がつ, がつづいた, が來, が好く, が射し, が暫らく續, が気持ちよ, が流れ, が照つて, が続き, ざしに, ざしの, ざし私, だつた, だと, であ, である久しぶり, である日本晴, である耳, でぶらぶら, で一年中, で割に, で遠く, に何ゆえ, に六条院, に向かっ, に幾らか, に庭, に彼, に徐, に源氏, に緑, に自爆, のこと, のもと, の下, の中, の二時頃, の休み時間, の光り, の光る, の昼頃, の盂蘭盆, は, は暮れた, は照つて, は相, ばかりある, もある, も今日, をまとも, を選び, を防げなかった

▼ かな~ (62, 3.4%)

6 人の 4 秋風の 3 親の

2 [13件] あはれ夜に, しない, する墨, はたとせの, 冬の, 前の, 同じ世, 大き星見ゆ, 流れ行く, 灯に, 照りの, 荒波の, 音を

1 [23件] けむりあげつつ, このごろの, しないそれ, しないわ, しないん, よやいかに, わが影, 三十路, 冬に, 冬谿水上の, 夕さりを, 始めに, 故国の, 日坂で, 春の, 曼珠沙華出ぬ, 浄き, 独りし, 砂塵あがれり, 行く水, 身体が, 雲光さへ, 音をの

▼ かな~ (37, 2.0%)

19 をし

1 [18件] がとくべつ, が小手, で, である, でへとへと, と無口, になっ, には先年, にもおじけなかった, にもどった, のため, ばかり吹い, をしました, をする, を揃え, を見, を見た, を見る

▼ かな~ (26, 1.4%)

2 だ, ちがいも

1 [22件] が珍しい, が腕自慢, ただひと言, つかひかたまだ, とその, と花櫛, 一句を, 体は, 儘に, 内助を, 句が, 啼くを, 彩が, 感が, 手習を, 数に, 文句を, 書き入れを, 死後に, 神秘を, 話に, 鋭き匕首

▼ かなもの~ (26, 1.4%)

2 であったのに, にする

1 [22件] が翼, が香, だ, であった, でご, でした, でも, とし, にした, になっ, になる, に覆い包ん, の云い, はない, へ抱かれたい, をお前達, を匙, を感じ, を絶っ, 之を, 古畫, 真に厳粛

▼ かな~ (23, 1.3%)

4 んと 32 さして, させて

1 [12件] させたが, たまへ, たるその, た方, なば, びはとかげであつた, まゐ, られた時, られて, わが, ト云ツテアルガ一向, 下さいまし

▼ かな~ (21, 1.2%)

7 をひらい 2 がふたり, をガッ, を大きく 1 が小林君, でにやにや, でヘラヘラ, の中, をあい, をいっぱい, をがっ, をニヤリ

▼ かな~ (20, 1.1%)

2

1 [18件] がし, がする, がひびい, がひびいた, がもれはじめました, が聞え, が聞こえた, だ, であったが, である, でいう, でいっ, でそう, で笑った, で鶯, はしばらく, を出す, を浴びせられ

▼ かなかな~ (19, 1.0%)

3 蝉が, 蝉の 2 かなかな, はどこ 1 おまつり, が, ないて, の啼く, は鳴き, みんみんみんみん, むしは, 侍るなんど, 蝉

▼ かな~ (17, 0.9%)

1 [17件] から現, がある, が宜, だと, でけたたましい, ですのに, では漱石, で廊, で花, で見直し始めた, で農奴制, で靜, と望ん, に, に立つ, へ出された, を選ん

▼ かないっこ~ (16, 0.9%)

4 ありません 2 ありませんよ, ない 1 ないくせ, ないぜ, ないと, ないの, ないよ, ないん, はありません, はない

▼ かな~ (16, 0.9%)

3 やうに 2 事なら

1 [11件] ありがたいお, やうにと, を悦ぶ, 事の, 仕儀なら, 位ひなら, 和やかだけで, 実状だ, 日を, 骨骼を, 鷹島の

▼ かなつて~ (14, 0.8%)

3 ゐる 2 ゐた 1 あの若い, うるは, ゐない抔, ゐるところぢ, ゐるとも, ゐるなど, をる, 来るの, 美しくいさぎよい物

▼ かな~ (14, 0.8%)

1 [14件] がこの, であった, でありながら, である, でございますが, でそういう, でなくとも, で死ぬ, で融通, の好, の心, の息づき, の物足りない, の鼻

▼ かな~ (14, 0.8%)

1 [14件] だった, ではよく, と鍋釜, にいた, に可愛がられ, に母, に行つたの, の中, の方, の番頭, はもう, もある, もあるなり, を構え

▼ かな~ (13, 0.7%)

1 [13件] いとうの, して, その後に, つてるし, 二階に, 多過ぎる, 子を, 座敷の, 庭の, 心に, 歿した, 知合を, 藍原右衛門の

▼ かな~ (13, 0.7%)

2 な色

1 [11件] で煙, な思い, にめ, に思われた, に暮し, に書い, に滅入れ, に花小, に見う, に青み, やられて

▼ かな~ (13, 0.7%)

2 で, の底 1 が彼, だけで, で受けた, になつて大和, になりましょう, の休, の虫, を有し, を非常

▼ かな気分~ (12, 0.7%)

2 が作られ 1 でありたいと, で読書, になつ, に富ん, もとうてい, を味, を感じさせる, を根本, を見せ, を誘い出す

▼ かな~ (12, 0.7%)

1 [12件] がルビー, が漂つて, と唇, と模様, になり, に染め, の液体, の調和, をし, をもらっ, を浮出し, を見せ

▼ かな~ (11, 0.6%)

2 の伸びる 1 が空, で書いた, で蛇, に振上げられた, をかけ, をさし出した, をしてる, を執り, を強く

▼ かなはん~ (10, 0.5%)

2 なあ 1 がさ, がため, とでもいふ, と云, と思はせる, ね, ほど納める, よ

▼ かな姿~ (10, 0.5%)

2 の記憶 1 である, でした, でそれ, には同じ, に成つた, やお, をし, を眺め

▼ かな~ (10, 0.5%)

1 がことに, がみえぬ, が燃える, のさめる, の前, は極めて, をかがやかせ, をぎらぎら, をみた, を鏡

▼ かな~ (9, 0.5%)

1 が出, とよぶ, のあはれ, の中, の臭, の落ちた, の表面, の頼みよう, を持っ

▼ かなつた~ (8, 0.4%)

1 からだ, こと例へば, この国, ところで, と大, と思ひました, やうな, 故に才人

▼ かなつぼ~ (8, 0.4%)

3 眼を 1 眼が, 眼で, 眼という, 眼に, 眼の

▼ かな~ (8, 0.4%)

1 て始, て尊き, 子孫は, 後者の, 心神爽快を, 温容よく, 神父さまの, 難きふし

▼ かな~ (8, 0.4%)

1 が山田, でぴたり, にからだじゅう, のうねり, や旗, をし, を引き下ろし, を描い

▼ かなきり声~ (7, 0.4%)

2 をあげ 1 がひびいた, が疾風, で呼びあっ, や悲鳴, をあげた

▼ かなしからず~ (7, 0.4%)

61 ややがて

▼ かな~ (7, 0.4%)

1 例の, 書いただけ, 書いた字, 書いた花, 書くと, 染めたそれ, 歸つてきてた

▼ かな~ (7, 0.4%)

1 云うその, 思ひけるかも, 無情かりし, 珊瑚灑ぎ碧樹梳っ, 端然と坐ってる, 親しみ深い, 言つたのが

▼ かなへて~ (7, 0.4%)

1 くれはりまつ, くれる神, もらはうと, やる爲め, 上げよう, 下さい, 下さいませ

▼ かな~ (7, 0.4%)

1 さな, たどりながら, つけるよう, 妻に, 後ろ側と, 求むれば, 覚えたもの

▼ かな~ (7, 0.4%)

1 に何とも, に円い, に妙, に或, に技巧, に温み, の海

▼ かな文字~ (7, 0.4%)

1 に改め, の紙, をしっかり, をしるした, をふつう, を女房, を書き

▼ かな~ (7, 0.4%)

5 の日 1 の海, を齎した

▼ かな~ (7, 0.4%)

1 だ, だすな, などよく, なるかな, の所産, はなかっ, を擇

▼ かな調子~ (7, 0.4%)

1 があつ, で, で云, で迎, になだめられ, に含ませた, もこの

▼ かな~ (7, 0.4%)

1 が訪れ, さえ頬, と波, に変っ, に面, のない, の吹く

▼ かなはず~ (6, 0.3%)

1 と思へ, なりたれば, ばよもならじ, ば祈り, 呑みたいからと, 黙々とした

▼ かな人間~ (6, 0.3%)

1 ではなかっ, でもほんとう, でも秋, の心, の自負心, をさえ

▼ かな~ (6, 0.3%)

1 がこっそり, がそこ, が恋, の中, をたたえた, を反映

▼ かな白い~ (6, 0.3%)

1 結晶に, 花の, 身体が, 雪の, 頬は, 顔が

▼ かな空気~ (6, 0.3%)

2 の中 1 が一杯, が満ちた, はそれ, をそんな

▼ かな黒髪~ (6, 0.3%)

1 に挿された, はその, は巧妙, もやさしい, を惜気, を耳許

▼ かなかなの~ (5, 0.3%)

1 こえだけ, ほそみち, ような, 山ごもり鳴く, 明けて

▼ かな~ (5, 0.3%)

1 よ, らいたたい, らいに, らいの, 私は

▼ かなところ~ (5, 0.3%)

2 のある 1 があっ, に林檎, はもとより

▼ かな~ (5, 0.3%)

1 がある, にみち, に満ちた, も欠けた, を持つた

▼ かな家庭~ (5, 0.3%)

1 かな御馳走, でもあの, に落ちつい, の空気, をもっ

▼ かな~ (5, 0.3%)

1 がい, にようやく, へとお, へ行った, へ行つて

▼ かな~ (5, 0.3%)

1 に引きかえ, に涙ぐん, の保養, や聡明そう, を見

▼ かな~ (5, 0.3%)

5 に納め

▼ かな~ (5, 0.3%)

4 に戻る 1 のよう

▼ かな~ (5, 0.3%)

1 がたえず, だ, である, に陽気, を立て

▼ かなさん~ (4, 0.2%)

1 がこんな, とにはあらざる, や, やです

▼ かなつたの~ (4, 0.2%)

1 がございましたら, であらう, であるか, では

▼ かなひません~ (4, 0.2%)

21 か, から放

▼ かな~ (4, 0.2%)

1 でそれ, の消息, は今, は望まない

▼ かな微笑~ (4, 0.2%)

1 だった, は憂鬱, をもっ, を浮べ

▼ かな心地~ (4, 0.2%)

1 がした, になつて酒, になれるだらう, は実に

▼ かな気持ち~ (4, 0.2%)

1 が急, で帰っ, で歩み, のよい

▼ かな笑顔~ (4, 0.2%)

2 で受けた 1 をし, を見せ

▼ かな~ (4, 0.2%)

4 のやう

▼ かな考え~ (4, 0.2%)

1 からついつい, ではとても, はよせ, もした

▼ かな表情~ (4, 0.2%)

1 になられ, に帰った, は何ん, ばかりです

▼ かな通り~ (4, 0.2%)

21 には骨董店, を三十分位

▼ かな雰囲気~ (4, 0.2%)

1 に体, の内, を漂わせ, を見る

▼ かな~ (4, 0.2%)

1 がかえって, をし, をもっ, を破っ

▼ かな~ (4, 0.2%)

1 かうした神々しい, こうした神々しい, などをむさぼる, を輝かし

▼ かな~ (4, 0.2%)

1 であること, には汗, に手, をなでた

▼ かながき~ (3, 0.2%)

1 の処, の巻物, の筆

▼ かなけり~ (3, 0.2%)

1 やあ, やいかん, やならん

▼ かなこと~ (3, 0.2%)

1 である, の為, をほめた

▼ かなしかり~ (3, 0.2%)

2 にし 1 しか

▼ かなしかりし~ (3, 0.2%)

1 かな, ことなり, よ

▼ かなづかひ~ (3, 0.2%)

1 が出来た, 制限漢字運動を, 実行の

▼ かなとこ~ (3, 0.2%)

1 が一つ, は鉄砧, を持っ

▼ かな~ (3, 0.2%)

1 なをそふと, 取っては, 直した

▼ かな~ (3, 0.2%)

1 にあった, の道, へ玉歩

▼ かな人たち~ (3, 0.2%)

1 すらも思わず, である事, ばかりであった

▼ かな佛壇~ (3, 0.2%)

1 が飾つて, の前, を前

▼ かな~ (3, 0.2%)

1 から徐々に, にお, にだかせる

▼ かな~ (3, 0.2%)

1 で冷や, で午睡, の中

▼ かな小間物屋~ (3, 0.2%)

1 でした, でしたが, を營

▼ かな展望~ (3, 0.2%)

1 から見, をもとう, を確信

▼ かな平和~ (3, 0.2%)

2 な景色 1 な淡

▼ かな~ (3, 0.2%)

1 がぴしやんこになるのに造作, が続いた, を出す

▼ かな~ (3, 0.2%)

1 の情緒, の持ち主, をただ

▼ かな感じ~ (3, 0.2%)

1 で同意, とは具え, とは芸術本来

▼ かな感情~ (3, 0.2%)

1 が心, と充ち溢れる, を伴わない

▼ かな日光~ (3, 0.2%)

1 で解け, と微風, にあて

▼ かな~ (3, 0.2%)

1 の上, の間, を建てた

▼ かな~ (3, 0.2%)

1 だと, にも深く, よ

▼ かな臭い~ (3, 0.2%)

1 にほひ, 氣が, 溝を

▼ かな~ (3, 0.2%)

1 が大阪, に住む, の十文字

▼ かな~ (3, 0.2%)

2 を飜 1 振が

▼ かな~ (3, 0.2%)

1 である, は草, も好き

▼ かな~ (3, 0.2%)

2 の音 1 が夕方近く

▼ かな~ (3, 0.2%)

1 になる, に微笑, を仰ぎました

▼ かな~ (3, 0.2%)

1 の影, をあげ, を撫で

▼ かなかんぶつ~ (2, 0.1%)

1 が喝采, 高燈籠

▼ かなけれ~ (2, 0.1%)

2 抔の

▼ かなしこ~ (2, 0.1%)

2 ひしの

▼ かなせる~ (2, 0.1%)

1 と見れ, と路

▼ かなつぼまな~ (2, 0.1%)

1 このな, こも

▼ かなづか~ (2, 0.1%)

1 いや字, ひもどのみち

▼ かなひます~ (2, 0.1%)

1 か如何, やうに

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 知らぬの, 館支店宿泊

▼ かなよう~ (2, 0.1%)

1 でもあります, でもどう

▼ かなりく~ (2, 0.1%)

2 はしい

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 こおり, たとやら

▼ かな一戸~ (2, 0.1%)

1 の主, を構

▼ かな事件~ (2, 0.1%)

1 の前, を押し包ん

▼ かな交渉~ (2, 0.1%)

1 がどの, を開い

▼ かな人柄~ (2, 0.1%)

1 そのままの, ではある

▼ かな仁體~ (2, 0.1%)

1 でした, です

▼ かな円髷~ (2, 0.1%)

1 で誰, で顕れる

▼ かな処女~ (2, 0.1%)

1 のにおい, を見付けたらしく

▼ かな別宴~ (2, 0.1%)

1 がひらかれた, を張った

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 の好い, の良い

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 だったの, をうち

▼ かな啓しなの~ (2, 0.1%)

2 でも

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 で遠征, を立てさせ

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 の上衣, の禾本科植物

▼ かな嬉し~ (2, 0.1%)

2 さの

▼ かな存在~ (2, 0.1%)

1 とし, を認められ

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 のよう, へ

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 を, をダラリ

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 の前, を結ん

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 の一分, までほんとう

▼ かな心持~ (2, 0.1%)

1 がこの, になりました

▼ かな悦び~ (2, 0.1%)

1 だつた, をもつ

▼ かな愛情~ (2, 0.1%)

1 にみちた, を育てる

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 がすんなり, の間

▼ かな日中~ (2, 0.1%)

1 に処し, に處

▼ かな昂奮~ (2, 0.1%)

1 が歸つて來, に彈

▼ かな曲線~ (2, 0.1%)

1 にうごい, を羅衣

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 の美しい, を着

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 がぽ, である

▼ かな様子~ (2, 0.1%)

1 で訪ね, は少し

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 に顏, よ

▼ かな死顏~ (2, 0.1%)

2 です

▼ かな気持~ (2, 0.1%)

1 になる, を味わった

▼ かな氣持~ (2, 0.1%)

1 だつた, では居られなかつた

▼ かな~ (2, 0.1%)

2 の水

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 の上の空氣, の円み

▼ かな物音~ (2, 0.1%)

2 と全く

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 のためいき, の眼

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 であった, ではあった

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 をだんだん, をむい

▼ かな眠り~ (2, 0.1%)

1 にその, に就かう

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 がにっこり, を見つめ

▼ かな睡眠~ (2, 0.1%)

1 からめざめ, へのいた

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 が上目がち, が瞬く

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 が遥か, よ

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 の日, はこの

▼ かな笑い~ (2, 0.1%)

1 の波動, をつづけ

▼ かな笑み~ (2, 0.1%)

1 を含んだ, を見せました

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 がしたたった, のくず

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 が溶かし, が溶かし込まれ

▼ かな経験~ (2, 0.1%)

2 に過ぎない

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 の葉, の黒髪

▼ かな緑色~ (2, 0.1%)

1 で四方, の軸

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 に纏わり, を引きまとい

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 とこの, と離れ

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 がし, がそれ

▼ かな肢態~ (2, 0.1%)

2 に固唾

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 の強, を一度

▼ かな菅木~ (2, 0.1%)

2 かなあんな

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 がある, が生え

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 が始まった, と見える

▼ かな運動~ (2, 0.1%)

1 の美し, はなく

▼ かな部屋~ (2, 0.1%)

1 に平次, に灯

▼ かな~ (2, 0.1%)

1 の裏, の面

▼ かな長い~ (2, 0.1%)

1 廊下に, 髪を

▼ かな離屋~ (2, 0.1%)

1 があります, が挾まれ

▼ かな風景~ (2, 0.1%)

1 であった, でもあり

▼ かな髪の毛~ (2, 0.1%)

1 の分け目, を片

▼ かな~ (2, 0.1%)

2 の囁き

▼ かな~ (2, 0.1%)

2 の姿

▼1* [648件]

かなあいさつを述べ, かなありったけに見えだし, かなあゝ二字目は, かないいお天気だった, かないえばと夢, かないかんで, かないわばパストラアルな, かなうちに潜む, かなうねりを持つた, かなうわさが頻々, かなおくれ毛を透い, かなおとめと気違い, かなお方のよう, かなかげが杏, かなかなもなきやんだ, かなかまくら道に出戸, かなからうかと伺, かながはで蒸気, かながらの幣さ, かながら製の幢幡, かなきりごゑをはり, かなきり聲に池, かなぎり声で金盥, かなくそ山です, かなくちゃほどいてやるわけにゃいかん, かなくつろいだ気分で, かなぐりかなぐり山査子の株, かなぐるようにし, かな水谷に, かなけりやめつたに下, かなごついものが, かなごと七つ許りも, かなさまを覗いた, かなざものしんたてまつる云々, かなかなしああ, かなしかの取扱いを, かなしかる初代ぽん, かなしけ妹ぞ昼, かなししむらなら, かなした人々の, かなしめる五月, かなしもた屋に駒吉, かなしもよ沖の島ここの, かなすいれんの, かなすきも, かなそして湿やかな, かなだけに言葉の, かなだ視よ酒を, かなている, かなつたしるしか高, かなつた一種の精神的遊戯, かなつた事のやう, かなつた人を選ん, かなつた初代組長の任, かなつた夫を持たね, かなつた懇切さで国, かなつた様子であの, かなつた王子か宰相, かなつた者ではない, かなつた自然さで快く, かなつて善光寺へお, かなつて成立した日本, かなつて板に上, かなつて衆目を引いた, かなつて風采の揚, かなつめたさが, かなつめたい肌を, かなづかいからヘン, かなづる如くこの, かなづる玉琴に, かなてんしんらんまんな心, かなであると言うべきである, かなです日本人は, かなでは曲が, かなでを独りほしい, かなとき私はさ, かなとこ雲といふよし, かななかに嚴, かななどと云つた, かなにせものだッ, かなので印象は, かなはじかのごと, かなはずレオニのあたり, かなはず失恋に歎, かなはず次下に三輪山, かなはねどお嶽, かなはんのだ, かなはん折をいと, かなぱっと明るい素晴らしいもの, かなひたひたと人, かなひたらばやがて, かなひでという木, かなひと張りを奥, かなひと日も人, かなひましたらこれからこの, かなひませんでした船の, かなひもしないくせ, かなひ侍り此書を, かなふさまにて, かなふところはありません, かなふべき黒衣は, かなふべく覺え, かなふべく覚え候, かなふまじいと思ひ, かなふらしく思はれる男の子を, かなふるにふさ, かなへをあぐる力, かなほっこりとした, かなほど見えたと, かなほどの清い美しさ, かなぼうの間, かなまま母思いやりのない, かなまるいものが, かなまんまるい鼻両方のほっぺた, かなみぞ萩などが水, かなもしあのまま居据, かなものでお寺の, かなもり五郎八どの, かなやき地蔵, かなやさしさと, かなやさしい自然は, かなやせぢまきょにあがてくたにあが, かなやと言ふも, かなやりとりをめ, かなゆたかな片腕, かなゆったりとした, かなゆらめく大きな火影, かなよい氣持ちを, かならしい農村の, かなる言ひざま, かなわけはない, かなわらぶきの, かなわらびしけしだおおしだ等水竜骨科, かなだの, かなアテーネー母の如く, かなアトラクション俳優として過し, かなカンテラを煽る, かなスロープと楠, かなパガン外教の人民, かなホテル・パンシヨン国道を距, かなランチを共に, かな一つ一つに切り離し, かな一宇の愛, かな一幅の畫圖, かな一座の岩, かな一日だつた, かな一書をまとめた, かな一片でさ, かな一面の鏡, かな三条の大橋, かな三階づくりが出来, かなの方, かな上臈の立ち姿, かな世帯をもった, かな世帶を持たせ, かな世界に生き, かな世間話がはじまった, かなの胸, かな中庭に咲盛つて, かな乗合馬車の姿, かな予言によって手紙, かなの腕, かな二人暮しの時, かな二匹の驢馬, かな五体に締め, かな五分時が過ぎゆく, かなりの, かな交易がつづいた, かな人物をこしらえ, かな仁義だつたの, かな今日の米, かな仕事のやう, かな仕事ぶりをし, かな仕草でせう, かな会話がいつしか, かなは鞭, かな佳嬪が列, かな使いなどを訂正, かな信頼の情, かなに憧憬, かな個展をやつ, かな倦怠その単調さ, かな偽りその奥さま, かなとなつ, かな儀式を行, かなに立つ, かな光りを含ん, かな光焔と黒, かな光線を引っ込め, かな公爵夫人であったに, かなのつめた, かな具一ツまで粋, かなを描い, かな円天井を持った, かなの陽, かな冷たい床板の, かな冷気のうち, かな出発点にでもなれ, かなの鐺, かな別れの宴, かな別荘地を思い浮べた, かな動揺につれてひっきりなしに, かなに成つたの, かな北国の空, かな午後の陽, かな厭世観でみたされた, かな友情の復活, かなの鬢, かな反省やフッ, かな取扱いを受け, かな口調で説きなだめた, かな句座であ, かな叫び声をあげ, かな同志討これを好める, かなのみし, かな向う傷です, かな君骰子を, かな呼吸をその, かな命日の息, かながありました, かな哀音を忍びこませた, かな哭く声に, かなと提灯, かな唄声に変っ, かな善光寺辰めがさらに, かな営みまた仮り, かな嘆声と顰蹙, かな嘲笑を帯びた, かな四つ目垣にもたれ, かな四肢閉じて, かな土産物をたづさ, かなの襞, かな地精の札, かな地藏堂が建て, かなをみの, かな堅い実である, かな場所のうち, かな塗弓長巻刀などの揃い, かな声量を要する, かな変色もなく, かな夕立が湖水, かな夕雲の姿, かなの池, かなが明け, かな夜桜ときらびやか, かな夜食の光景, かなであった, かな夢見心地にひたっ, かななる驚異, かな大小と眉, かな大河が高地, かな大道を伸び, かなと波, かな太刀佩いて, かな太刀狩衣の装い, かな女御車おん姿といえ, かな女房が髪, かなである, かな姿今までの孤独, かなの顔, かな媚笑を作った, かな安心を添, かな完成を見せた, かなながら現在, かなではある, かな家並に眼, かな家庭岔水君にふさ, かな家庭生活においてもこの, かな容子を持っ, かな密契と面々授受, かな寝息で睡れ, かなが一つづ, かな寶石類を賣, かな小姓達が連なっ, かな小屋を訪れました, かな小春の日和, かな小春日鵯がなけ, かな小袖狩衣をつとめて, かな小道具が一つ二つ殘つた, かな小鳥のうた, かな屋根をつくらふ, かなや森, かな山ふところの谷, かな山峡の畑, かな山嶮しい山, かな山荘にかくれ, かなの上, かなを太陽, かな川水の上に一, かなを営ん, かなが生じた, かな巾幗と縞衣, かな帯刀で二列, かなが一方, かな常識である, かなに夜上り, かな幸福を感じる, かな幸運をもたらせ, かな店先で, かな座頭一人人通もなき, かな庭木戸のあたり, かなの師走, かな建物を狭い, かな弁駁にぶつ, かなひの, かなを描い, かな強くとも彼, かなが気勢, かな御新造が追, かな微笑身のこなし, かな心尽くしを, かな心持ちになっ, かな思ひが浮んだ, かなとしてその, かな性分のもの, かな性質の暗黙, かな恍惚とした, かな恐ろしい機械に, かな悲しひかな, かな情熱が静か, かな情緒のうち, かな情趣をさ, かな想像に動かされただろう, かな愚説のよう, かな愛嬌に溢れ, かな感傷を誘った, かな感覺をもつ, かな憤慨を洩す, かなへ出た, かな戀愛でこんなに, かな戦きの羽ばたき, かな手掛りも見付, かな手足が岩磐, かな打解けた空気の, かなり, かな抱壺のす, かな撓みを持ち始めた, かな教育勅語の斉唱, かなが幾ら有つて, かな數羽の鳩, かな文學者の力, かな料理店を探した, かな旅館の娘, かな日かげ霜はつめたい, かな日だまりになった, かな日和であつ, かな日晴代はもう, かな日曹新が崔家, かな星一つある開拓使旗, かな春の日中に一人, かな春景色である, かな春空のボタ山, かな春霞を眺め, かなだつた, かな時俺は外物, かな晩年を享受, かな普通の家, かな景色が浮かん, かな景色ぢやなあ, かな晴れだつたが, かな智慧ではない, かな智識で推し量る, かな暮しをし, かな暮秋の光り, かな曲線的表現は, かな服裝に太刀, かな木の葉ちつて, かな木剣を畳, かな木村かなと親しみ, かな木枯にう, かな木標が自然, かなに例, かな本所かなあゝ二字目, かな朱太刀を佩き, かな村村の春, かなを伸した, かなの献酬, かなの梢, かな板葺屋根に尚, かな枝折戸がある, かな柔味だつた, かな柚子の二つ三つ, かな柾葺の屋根, かな栄華の跡, かな格子作りを訊き出し, かな桃割に結った, かなにふりそそぎ, かな棒時間よりも早, かな植込を廻つて, かな植込みがある, かなを持つた, かな模様とを等分, かな樣子をし, かな樹明を見せ, かな樺の木の白, かなの街燈, かな欧州航路の巨船, かなは雫, かな附きで立派, かなでニヤリ, かなになった, かな氣分になつ, かな氣持ちだつた, かながわく, かな水泡が無数, かな水田もことし代, かなのよう, かな氷華のはて, かな汚れを見付け, かなのほとり, かな決意を見, かなのあたり, かな法師と言, かながしら, かな注意をした, かな洋食店快樂亭, かな洋館の二階, かなに面し, かな流れに臨んだ世離れた, かな流血の災, かな海上の一夜, かな渡し場があつ, かなを巻い, かな温かい微笑である, かなに入, かなひが, かな濡髪に梅花, かな瀬戸の夜, かなのほとり, かな灯籠がぶら下がっ, かな炊ぎの焚き火, かな炭屋の亭主, かなで他, かな点列だけが暗い, かな煙霞の気, かな片手を掛け, かなに入っ, かな物のにほひ, かな物荒物野菜などは鬼, かな物蔭を選ん, かなひ心, かな状景も見られる, かな狐格子のついた, かな狩衣すがたで, かなの春, かな玉垣の下, かな王領であつ, かな現実肯定にもとづい, かな理性に制せられ, かな瑞穂の国, かな瑠璃色を信長公, かな甘い沈黙の, かな甚助を絞め殺せる, かな生命に精一ぱいのいたはりと愛情, かな生活の喜び, かなでも起こったらしく, かな田甫道などを鳥, かな男女一対の木乃伊, かな画策を回し, かなを拵, かな発音を牛肉, かな發端に過ぎなかつた, かな白拍子の姉妹, かな監獄風景を眺め, かなに水, かな目撃者にもなりたく, かな目笑を仰向け, かな目附に品, かなと云い, かなの人間世界, かなで見つめ, かな眺めを持つ, かな眼もとであつ, かな眼光は自分, かな眼差でいつも, かな着物のため, かな短篇でたとへば, かな石竹いろの, かな砂利道を入っ, かなを洗, かなのある, かな祝ひの餞別, かなと申す, かな祭りを済せた, かなとなる, かな私語と聞かれた, かな移住者の生活, かな穂束をながめ, かなを障子, かなに眺め入っ, かな空気蕭やかな物音, かな空氣蕭やかな物音, かな空腹だ, かなから冴えた, かなの床几, かな笑声が絶えま, かなの切字, かな築山ながらそこ, かなの揃った, かながほのか, かな紅い唇に, かな紋樣のついた, かなは神, かな素直な気品, かな結晶を遂げよう, かな絵日傘が門, かなの兵子帶, かな絹糸がサファイア, かな網焼肉の命乞い, かな綺麗なもの, かな緑葉の威勢, かな美しさを, かな美しい信仰が, かな美男の雄, かな群臣のなか, かな僧が, かな聖化でした, かなの線, かな肌愛嬌の滴る, かなを見せ, かな背中つきで恋心, かな背負ひ呉服, かなを出し, かなでは将門, かな腰刀だけに鞘, かなを徹し, かなを調え, かな臭くなつた神經, かな振を, かなの上, かな良い景色は, かな芝生のある, かなをもって旅, かな苹果のわら, かなさわがしい茶, かなの実, かな荷物でした, かなの中, かな萎えたる足朱目が, かな落着いた光景, かなをのぞかせ, かな葉茶屋の店, かな著我の葉, かな著書だという, かな著莪の葉, かな蓮華草は矢張り野, かな薫りが立ちのぼり, かな藁家を構, かなの花, かな虚構を吐い, かな蜘蛛の巣, かな血色のよい, かな表現をもつ, かなはやっと, かな装飾と青い, かな製陶経験がない, かなの上, かなの好み, かな襟筋に縫, かな襦袢や黒い, かな見方をし, かな蜘蛛子蜘蛛, かな親しみを感じないで, かな言葉づかいをいたしました, かな記録の資料, かな話し声が洩れ, かな話し声笑い声に満ち, かな話声が籠つて, かな誇りにほくそ笑む, かな説明を聴いただろう, かな談笑となった, かなの粒, かな豪傑である, かな責務以上に政治, かな贅沢をやった, かな赤い髪を, かな足取りで大股, かな身体を一軒, かな軽き朝飯の, かな輕業小屋でした, かなへ出, かな連中がふうふう, かな逸楽の夢, かな遊廓の席, かな遊楽場であつ, かな道服を纏っ, かなかな景色, かな遺物は殆ど, かな酒場を開いた, かな酒宴などひらい, かな酒造りの村, かな酒造り業を続け, かな重い水に, かなが見え, かな見であるかも, かなのボルト, かな銀狐の毛皮, かなの配色, かなをつかう, かな長篇の叙事詩, かなの前, かな門構えだったのに, かな関係を断ち切つ, かな陳列硝子戸棚を並べ, かなが射し, かな陽ざしの庭, かなのおし, かな雑作は一瞬, かな雑談から無遠慮, かな離室にし, かな之丞, かな電燈の光, かな青い火は, かな青物を見る, かな青白い面に, かな静かな空気, かな静寂のうち, かな面差しで居る, かな面持ちで聽, かな面構の四十男, かな韻律で響き, かな顔色を見るみる変えた, かな風すべてが靜, かな風波も立つ, かな風瀧のひ, かな風聞があった, かな風貌の魅力さ, かな風采がある, かな風采花嫁を祝する, かな食事がはじめられた, かな食器を片隅, かな食器家財などを持ち, かな首筋はすんなり, かな駄犬ばかりである, かな高峯でこの, かな高島田で強く, かな高貴な芳香, かなを見上げる, かなに結っ, かな鬘下地の白く, かなをかしげ, かな鰹節を削ります, かなのむれ, かなの啼きよる, かな黄昏時であつ, かな黄色い鍵盤の, かなさに, かな黒い大きな眼