青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かつて~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かしい~ かしこ~ ~かすか かすか~ ~かた かた~ かたち~ ~かつ かつ~ ~かつて
かつて~
かな~ かなた~ かならず~ ~かなり かなり~ かに~ ~かね かね~ かねて~ かの~

「かつて~」 6119, 66ppm, 1727位

▼ かつて~ (417, 6.8%)

4 おれの 3 そのよう, 彼の

2 [14件] いやいま, ここに, このよう, これを, その人, それが, 同じ流れ, 唯一の, 彼も, 心を, 瑠璃の, 私が, 美しかった, 自分も

1 [379件] あった, あったとしても, あったの, あった大伴氏ら, あつた, あてに, あなたと, あなたに, あなた方と, あにい分だった, ありも, あれほど, いかにも科学者, いけないよ, いけません, かれ自身, かん, くれない風景, こういうもの, こうしてあなた方, ここが, ここの, こちらでも, ことさらに, このきわめて, この二階, この地方, この地点, この地球, この大, この極めて, この正月二十四日, この線, これと, さしも痛切, しがない水呑百姓, しない, すごく頭, すべて, すべて護国の, そうであった, そう思った, そこで, そのま, その所信, その方ども, その窮民, その船問屋, その説, その通り, その革命的, そんな事実, たくさんの, ぢめて, どれだけの, どんなに生々, どんな美女, なかった, なりませんよ, ばくち, ほとんど悪人, まじめに, またこの, またそんな, まま世, まるめて, みられなかった彼女, もっとも由緒, もっとラ行, やはりニルヤ, ゆかなかつた, われも, われらも, われわれも, ゐられなかつた, アインシュタインや, アウステルリッツの, インデディデマ及び, エジプト王族の, エセックスが, キルギスの, グルーの, ゲーテ時代の, トッテカケタカの, ニカラガあたりで, ノラを, パラシュウトを, ファラデーティンダルの, プロレタリア文学運動の, ポーランドの, ロンドン市民を, 一味の, 一城の, 一帯の, 一度美しき, 一般の, 一郎が, 三枚あった, 上賓の, 世の, 世界で, 世間の, 主として改善, 主人の, 争って, 五等官の, 人が, 人にも, 今一段と, 他人を, 他流の, 仙太郎の, 余りに神格化, 作家が, 例の, 侯爵の, 信じて, 信仰の, 信長が, 信長に, 偉大だった, 備後守でも, 傷を, 元々豊田領, 兄袁紹の, 全世界, 公式主義という, 公民の, 六尺町の, 共に手, 内地にも, 内地各所に, 利潤生活者であった, 北地一円に, 十分に, 十四五人の, 半蔵の, 厳刑に, 参覲交代制度の, 叔父だった, 可能と, 史学会の, 吉原で, 吉野の, 同じく, 同じく唱門師, 同じエタ, 同じ系統, 同じ落伍者, 同じ道, 同じ高倉, 同一現象, 同業者, 同氏を, 同輩で, 吾, 呂布の, 嘗めしかの, 国民伝説ほど, 地の, 地方問題と, 声聞師たる, 多くの, 多少かたち, 夢にも, 夢にも想像, 夢想も, 大いに威張っ, 大きく枝葉, 大きな寺院, 大多数, 大柄中, 大正末期の, 天狗に関する, 夫婦などに, 女流モリーニのが, 妻が, 娘夫婦の, 子を, 実に危険, 実業家の, 実用から, 客と, 家族制度を, 富裕であった, 封侯をも, 将門の, 小さな龕, 小次郎将門が, 小笠原氏の, 少くも, 少女の, 山伏で, 山間に, 島商人と, 常に身, 幕府に, 幕府有司の, 平家都落ちの, 幾年かの, 広く分布, 座敷牢であった, 弾正台も, 当時の, 彼らと, 後宇多の, 後醍醐の, 徒刑場の, 御所が, 御麾下, 微光の, 必ず神, 忠義を, 思って, 思つてゐた, 恥を, 悔いまた, 憂国の, 我が方, 我民族の, 或る, 戦争の, 戰亂の, 手工に, 持って, 持つて, 教科書も, 数多の, 敵として, 敵を, 文学にも, 文楽座で, 日曜日を, 日本の, 日野朝臣とも, 明教館の, 時の, 時代が, 時鳥鳴き蘆の, 暴力や, 曠野の, 書店の, 書院の, 曹操までが, 木曽の, 木曾福島山村氏の, 村, 東方の, 某映画会社, 某画家, 栄燿贅沢を, 栗原山の, 様々に, 横浜在留の, 横浜貿易を, 次郎に, 武田勝頼殿に, 死者の, 母が, 母を, 母子の, 毘沙門天の, 民を, 水田の, 江東の, 決してこうでなかった, 沖縄文化の, 河原者とも, 法師が, 法師姿で, 津多子を, 浄人, 海で, 海の, 清み, 清盛頼朝そして, 源護一族や, 溺れ苦しんだ水, 漢意を, 無我夢中で, 無条件に, 煮え湯を, 熊県と, 熱心に, 熱情的な, 犬千代と, 狼を, 猛将呂布, 玄徳の, 王家の, 瑞の, 瓶破, 生活が, 申し分の, 畠も, 異族の, 白き指觸, 白楽天の, 百二十万石の, 百人の, 皆はたい, 皇城を, 皇帝の, 直面しなかった, 相識の, 真剣な, 真紅の, 社会の, 神を, 神道家の, 祭の, 禄を, 私と, 私ども人類の, 私に, 私自身が, 稲にも, 窩人の, 立派な, 童話的興味の, 算哲の, 粟稗玉蜀黍の, 絵で, 維新の, 縄目の, 罪として, 美しいピアニスト, 美しい辞句, 美しく蠱惑, 美術取調委員の, 義弟の, 聞かぬその, 腕や, 自分たちも, 自分で, 自分に, 自分にとって, 自分の, 自然の, 自身が, 航空機の, 荒神さまとまで, 華胄界自, 華麗であった, 葉山で, 藁ぶき, 藁履作りや, 行われて, 襲来の, 親だった, 言葉から, 語って, 豊満な, 赤松の, 軟弱な, 輝く日, 農家では, 農家の, 農村主義, 逆さに, 道の, 酒盛りが, 重たくやさしくもつれあ, 金屋に, 金銭を, 鉄成金だった, 鉱山への, 長陣の, 阪神間の, 隠岐, 雑器であっ, 非人と, 非人とも, 非常な, 頻々と, 馬騰, 騒々しい大, 高官であった, 鼠が

▼ かつて~ (373, 6.1%)

7 日の 5 自分の 4 ような, 私の 3 ように, 日本の

2 [11件] やうな, 僕の, 名茶人, 承久, 日には, 旧怨も, 時の, 相手の, 自分たちの, 頼朝の, 鳥合ヶ原では

1 [325件] あなたさまらしくない, あの, あのシェリ, あの不思議, いい伝え, いかなる時, か, くみ子の, ことは, この国, さきの, さまざまな, そこの, そのわざわい, たたかいの, ときの, どんな時局, どんな楽しみ, わが家たる, わが家の, わたくしの, コトエの, ジャンヌ・ダルクや, ハーレム中の, バンドの, パトロンの, パトロンチマ子が, ファンは, ブルジヨアとか, プロレタリア文学つまり, プロレタリア科学研究所の, ベリンスキーが, ボルツマンの, マターファの, マニラ生活を, マルクス主義的評論家の, モーツァルト夫人の, ロシア, ロマンチシズムの, 一ノ谷合戦では, 一事件などを, 一體協力を, 上方女形雀右衛門の, 上流が, 不安の, 不安時代には, 世の, 世界三大, 世界大戦直後に, 世界或は, 中南支や, 中江兆民板垣退助の, 中野お, 乞食では, 二人の, 人々が, 人気女優だった, 人気女優の, 仲間に対して, 伊吹の, 伯父の, 余りに, 侍僧忠円の, 偉大な, 僕なら, 優しい心根, 元和九年の, 元弘の, 先生達, 共同の, 共産主義の, 兵士の, 兵学の, 兵馬の, 凄惨な, 凡庸な, 前進は, 加藤於虎福島於市脇坂甚内片桐助作平野権平大谷平, 動作だけの, 勢いを, 北条の, 北極踏破者ピアリーが, 千早籠城に, 南の, 南河内の, 友に, 友人の, 叡山の, 叡山攻めの, 古い士道, 古人たちが, 古証文, 史を, 史學者たちの, 同人たちが, 同級生の, 同類は, 名探偵, 名誉の, 君の, 味方へ, 図書館大会は, 国府金弥老の, 国防パンフレットは, 國史を, 堆い焦土, 堺奉行俸祿千五百役高を, 多少は, 夜紙帳を, 大東亜圏, 大統領また, 大阪楽天地や, 天皇や, 天皇制や, 太閤記作家も, 夫には, 夫を, 夫人の, 失敗に, 女人の, 女優は, 如き勢い, 如き土地, 婚約者たる, 存在論的立場から, 学生課は, 安土文化にも, 官武一途も, 宮内省や, 宿とは, 寺だった, 将軍家が, 小六党, 小町娘今は, 小萩さん, 少年の, 山吹が, 岬の, 常陸大, 平家が, 平家の, 平相国, 年妹の, 年楠木正季らの, 年正成が, 幻覚が, 幼なじみ王子の, 幽里子, 庸三の, 庸三夫婦も, 弱小貧困な, 形の, 彼女の, 後醍醐の, 御威厳, 御製には, 御門跡, 忍び上洛の, 応仁前後建武正平の, 思慕に対する, 恋なかであり, 恋人です, 恋人の, 恋愛模様と, 恩人に対しての, 愛そんな, 愛や, 愛人を, 愛読書, 我々と, 戦争中の, 戦勝国英仏その他を, 戦史にも, 戦闘を, 技術訓練の, 押鐘津多子を, 指導者の, 擬似マルクス主義的な, 支那の, 文学の, 文学青年達は, 文庫形式から, 文春座文士劇の, 文藝春秋社の, 新感覚派, 新橋の, 新田左中将が, 新築地その他の, 新築地劇団その他を, 新聞班パンフレットによる, 旅の, 旅中俊基朝臣に, 旅遊の, 旗上げの, 日々の, 日ここから, 日そこに, 日争闘の, 日北条氏の, 日徴兵検査の, 日新聞記者として, 日本には, 日本国内の, 日琵琶の, 日疎, 日高氏が, 旦那だった, 旧盤時代, 昔の, 昔全身全霊を, 春には, 時代の, 曹操は, 月卿雲客も, 有名な, 朋友に, 朝倉先生の, 東京の, 栄門に, 極端な, 正中ノ, 正成の, 歴代の, 歴史に, 歴史は, 歸り, 水分の, 沢庵和尚の, 河上肇博士の, 洛陽の, 洟垂れ童子の, 浜口首相との, 湊川の, 溜息は, 滅亡の, 滑稽な, 漢朝の, 漱石や, 熊野山伏の, 猥情が, 猿唇に, 現実の, 生き生きと, 生活こう, 男たちの, 画家は, 病, 砦で, 破衣孤剣, 社会主義的社会科学に, 社会生活の, 祇園藤次, 神仏分離の, 神風が, 福本和夫氏であった, 私, 私たちの, 私だ, 私も, 私を, 秘めたる恋, 移中厩監蘇子卿の, 童幼が, 節義を, 米内大将の, 紀介様の, 約束は, 約束を, 純文学の, 索莫たる, 経験を, 結婚式に, 結婚生活が, 綿畑を, 緊張した, 罪の, 美しいシレーヌ, 羨望や, 自分に, 自分は, 自分を, 自分達の, 自国の, 自然主義隆隆と, 船員の, 花嫁も, 落語家の, 董卓をも, 行動主義からの, 行動主義乃至, 要塞地以前重工業の, 要塞地帯時代に, 言葉を, 記憶の, 貴族と, 資本主義創業時代の, 足利殿の, 路傍一夜の, 軍人たちの, 軍国的な, 軍歌を, 転向上申書の, 辛酸を, 道徳の, 遠い時代, 避難所も, 郊外の, 里子の, 野育ちから, 金沢博士の, 鎌倉入りの, 鎌倉将軍家の, 鎌倉時代の, 鎌倉武士の, 鏡花散人も, 長篇小説の, 隊長だった, 階級意識とか, 隠岐遠流の, 電機工らしく, 音楽家は, 高時の, 高橋声明, 高橋蔵相の, 鹹湖は

▼ かつてゐる~ (241, 3.9%)

12 のを, やうに 6 のである 5 ことを, のだ, のは, んだ 4 のです

2 [16件] うちに, かのやう, からである, だけだつた, と云, と言つて, のぢ, のでした, のに, のも, やうで, やうな, んぢや, 下で, 紳士の, 間に

1 [155件] あの大きな橋, あの莫大, か, かといふこと, かどう, かも知れません, から, からこの, からだらう, からな, から帰り, が, がそれ, が如く, が弱, きりで, けれども危険, ことなどは, ことに, ことも, さう, しそれに, しはふたり, し道人, その可笑し, それも, ためで, だけ夜, ぢや, つまり脚本, といふ報せ, といふ報知, ところの, ところへ, とすれ, とでも, と思つて, と知らせ, と見え, なと思ひ, に, にし, に等しい, に過ぎない, の, のか, のかと, のかも, のが, のであつ, のであります, のでございます, のでない, ので通り, のなんかも, のにはじめて, のに氣, のみで書籍, ものが, ものは, やうだ, やうである, よ, よお前, ゴオガンは, 三切許り, 丘の, 事が, 人が, 人たちで, 人の, 人は, 冊子である, 冷たいふとん, 半間の, 卓子の, 外國船の, 家の, 家康の, 小さな握り拳, 小屋へと, 小形の, 工合が, 已に漠然とした, 帽子を, 幾人かが, 床の, 彼の, 急に, 所を, 所謂一大事が, 手を, 新吉でした, 日本新聞なぞを, 時代だ, 時計が, 景色を, 月が, 朝鮮女腰を, 木造町の, 松林の, 板には, 柱時計が, 栗の, 桶の, 樣な, 橋の, 橋は, 死体が, 気で, 氣にも, 汽車の, 波の, 浪花節の, 激しい語勢, 灼熱の, 点で, 父親の, 玉造口定番遠藤は, 生徒の, 生徒は, 男が, 男だらう, 男と, 町中の, 白いハンケチ, 白い布, 眼鏡に, 石の, 私の, 紙屑の, 綺麗な, 羅曼的な, 老婆の, 者によ, 腕に, 船, 草鞋穿き, 莊吉の, 葱や, 蛇の, 貨物車の, 軸物の, 辛さ, 逆境に, 逞しい構え, 部屋は, 部屋へ, 釉面に, 隱居所の, 頃で, 頭を, 顔は, 餘裕が, 黒い夜

▼ かつて~ (102, 1.7%)

64 はこの 2 はあの, は見た, をこんなに

1 [86件] から離れた, がこういう, がダージリン, がチベット滞在中非常, がメモ, が上郷村, が信じた, が報知新聞社時代, が幼い, が救世軍, が氏, が熊本, が玉子パン, が目星, が真, が知っ, などは与し, にこの, にその, にそれ, にどうも, に云, に浅草, に自作, に自分, に見せた, に言っ, に話し, に語られた, に金, のうち, のそば, のところ, のよう, の友, の友だち, の哀れ, の年譜, の店, の心, の愛情, の或, の書いた, の母, の発表, の目, の知っ, の腕, の苦難, はいったい, はこんな, はこんなに, はそう, はその, はほんの, はギリシア, はナイヤガラ瀑布, は京城, は僧侶, は先生, は同じ, は多少, は大膳頭, は大阪, は宅, は小川芋銭君, は常識, は新宿, は方法, は是, は書いた, は書簡, は次, は江戸, は泣く, は津々たる, は生れ, は西南, は西田哲学, は長く, は非常, も葛飾住居, を愛した, を支配, を裏切った, を見る

▼ かつてこの~ (99, 1.6%)

3 ような 2 かた暑, やうな, 二階に, 国の, 夫人を, 山の

1 [84件] あたりでは, あたりに, ことが, ことを, わが国に, クロクロ島設計集団の, グレンジール城に, ゴンズイを, 一座の, 不平を, 世界の, 九十二翁の, 事なきを, 人から, 人に, 人を, 人物を, 会社の, 像こそ, 像を, 劇を, 友を, 史家の, 名を, 名手が, 商賣, 問題を, 国へ, 国土に, 地で, 地上に, 地方に, 地方へ, 坂の, 場で, 女の, 子が, 孔雀をも, 家に, 家の, 寺で, 小獣の, 小鳥の, 峰々で, 徐州が, 情景を, 文句を, 時期に, 本を, 材を, 条を, 様な, 歌に, 母の, 沖で, 沿岸を, 流しを, 海の, 港の, 物語に, 獅子頭を, 理を, 男と, 男に, 男の, 私を, 種の, 籍を, 素朴な, 老人から, 茶碗に, 茶碗を, 處を, 街道を, 街道経由で, 衝動の, 試みを, 誌上で, 通り, 通りの, 道路を, 都会が, 非人法師の, 高原で

▼ かつて見た~ (97, 1.6%)

23 ことも 22 ことが 21 ことの 4 事が 2 ことは, ものの, 事の, 事も

1 [19件] が七度七分くら, が和訳, が和譯, それよりも, ものであった, もののどれ, んだ, んです, 何者かの, 妓家どもの, 征衣の, 扇子に, 日が, 書物に, 沙磧図や, 海を, 白木綿の, 目白の, 錦画の

▼ かつてその~ (92, 1.5%)

3 ように, 例が 2 ために, 名を, 日の, 本国に, 経験を, 鬮を

1 [74件] いずれとも, ことを, ためしの, ちよつ, のどかは, ような, ニルヤが, 三倍の, 下に, 主義と, 人の, 例なき, 例を, 個人的な, 光景を, 全様相, 公園へ, 前に, 十二軒だ, 十分の一だけでも, 名が, 名に, 問題の, 国の, 国を, 声が, 天才の, 天涯の, 女に, 実業家の, 家に, 容貌もっとも, 岐阜県の, 弊害を, 形体を, 徴候が, 恩賞すら, 戯曲, 排悶手段の, 旗本まで, 日ほど, 日を, 朋輩と, 朝倉さんの, 本国で, 枝を, 様な, 樣な, 母アプロディテに, 父の, 研究の, 祖父成吉思汗を, 称呼が, 穴を, 管長であった, 経営に, 著書の, 藤九郎盛長は, 言行に, 証拠を, 詩集を, 諧調に, 趣意の, 身の, 身体に, 通りに, 通りの, 選択について, 郷里から, 門人たちから, 革命の, 髪に, 魂魄が, 黒い目

▼ かつて一度~ (87, 1.4%)

5 もなかっ 3 もない, も聞いた 2 も私, も見た

1 [72件] すばらしく美しい華族, その郷里, だって見た, だつて, でもその, でも富子, として聞えた, ならず彼, の悪政, の憤り, はある, はこれ, はこれら, はそういう, はたぶん, はどこ, はみな, はわれわれ一同, は同じ, は有り得べき, は渦動, は諸君, もあの, もあやまち, もこれ, もしるされた, もその, もそんな, もなかつた, もなん, もまだ, もホント, もマジメ, もヨオロッパ, も上演, も人手, も借り倒した, も取った, も口外, も外寇, も外敵, も女, も好色, も安逸, も屈する, も彼ら, も怒ったらしい, も怯みし, も想像, も感じた, も振り返った, も書いた, も書画会, も気絶, も牛込, も生活, も疑っ, も病気, も筆, も絵, も自分, も行った, も誇り, も語った, も説明, も買った, も足, も道子, も青春, 出たこと, 登つたことが, 眞實に

▼ かつてなかっ~ (70, 1.1%)

296 たの 5 たよう 3 たと 2 たこと, たほど, たほどの, た大, た重大事件

1 [17件] たおそらく, たか, たけばけばしい, たし, たそして, たためし, たであろう, たですよ, たという, たところ, たのみ, た今度, た叛軍, た大喝, た待遇, た新手, た楽し

▼ かつてゐた~ (70, 1.1%)

3 ことに, のだ 2 ので, のである, ので僅か, やうである, んだ, 月が

1 [52件] あの同じテイブル, お爺さんが, から, があと, がこちら, がそれ, がどんな, が硝子, が銀座街頭, ぜさつき, それが, ためな, といふ, ところに, とは恐し, と思ひます, と思ふ, のか, のが, のさ, のであらう, のでした, のでせう, のでその, ので扉, ので裏庭, のに, ものです, ものは, 一疋の, 三尺あまりの, 九谷の, 亡き人の, 仕事も, 古い麦藁帽, 小さい姫鏡臺, 巻雲も, 幼け, 或る, 整流器が, 時分から, 最中だ, 本木昌造の, 氏を, 源吾が, 筈だつた, 級友の, 草刈鎌で, 道も, 酒が, 雲が, 髮を

▼ かつて自分~ (67, 1.1%)

3 のこと 2 の住居

1 [62件] が, がひきい, がポロニアス, が何, が叱りつけた, が国元, が大阪, が女たち, が存在, が官庫, が密か, が我, が持, が旗上げ, が第一歩, が青年たち, でこう, で自分, で見知らぬ, で間諜, と同じ, にこう, に似た, に何, に対してとっ, に手足, に払わなかった, に洩らした, のため, の作, の出会った, の友人, の夫, の好み, の愛妾玉虫, の手, の手もと, の抱え主等, の最愛, の理想, の田舎, の眼光, の稽古, の腕前, の見た, の道, の頬げた, の驚喜, は六波羅, は問題, は大, へした, までを騙し, もこんな, もそこ, も清浄, をにらみつけた, をもペテン, を恐れさせた, を裏切らない, を裏切り, を貧弱

▼ かつて~ (53, 0.9%)

1 [53件] から辛辣, から高下, がそんなに, がとらえ得なかった, がニューヨーク, が使っ, が吐いた, が四十三歳, が嫌惡, が学問, が官途, が殺人罪, が辻川博士, が銅貨, にあまり, に加えた, に決心, に示し, に起こった, の, の作品, の叔父, の命, の大きな, の家, の弟子, の拙, の母, の活動, の無口, の発起, の陣, はかかる, はこの, はそういう, はまだ, はアルザス, は国漢文中等教員検定試験, は家, は小鳥, は正確, は無害, は町, は聞いてる, は見た, をベルン, を愛した, を暗殺, を洗濯, を睨みつけ, を脅かした, を訪問, を高座

▼ かつてこれ~ (52, 0.8%)

3 あらざるなり

1 [49件] あり, が実行, が説明, でやや, と同じ, なき段, によって傷, に似た, に疑, に頓着, はいい, は助かる, は洞斎, ほどな, ほどの事, ほどはなはだしい, ほどまで有能, ほどマリユス, ほど僕, ほど宇宙, ほど小鳥, ほど悲惨, ほど空, ほど良好, ほど辻褄, ほど邪悪, ほど頭, まで経験, もやはり, をよび, をマルバハゼ, を伊予, を口, を咎むる者, を失っ, を実視, を差別, を恥ずる, を敗亡, を比喩, を耳, を聞く, を行わず, を試みたる, を試むる, を論弁, を輸出, を陛下, 迄秋山

▼ かつてない~ (48, 0.8%)

2 ことだった, 恐怖の

1 [44件] お差し紙, ことだ, ことであろう, じゃない, せいも, そうです, ぞ, ですし, ですよ, ということ, という事, といっ, のである, のでいつ, のでしかも, ほどにうち, ほど国民的感情, ほど多く, ほど熱中, ほど顔, ものを, ようなとんき, ように, んだ, 一大事実である, 事だ, 事である, 事件だったろう, 人たちである, 冷い, 勇気と, 勢で, 反抗的な, 善美を, 大軍の, 幸福そうな, 文化の, 文明人でも, 活気を, 神妙さを, 程静か, 経験だ, 重大事件である, 隠宅を

▼ かつて~ (34, 0.6%)

2 てその, てそれ

1 [30件] そしてそれら, たり, たりし, て, てさめ, てちやん, てほし, てもと, ても又, てヤシマカブア, て中, て冷かす, て厚ぼつ, て厚ぽ, て壁, て山手, て日, て橋, て死なれず, て物音, て直ぐ, て老婢, て薄, て賑, て闘つたの, て隆太郎, て雪舟, はしまい, らつ, 夫人は

▼ かつて聞いた~ (34, 0.6%)

7 ことが 5 ことも 4 ことの, 事の 3 ことは

1 [11件] から私, でせう, ところでは, まましゃべった, ものからは, んだ, んです, 事が, 事も, 事を, 北海道行き人夫の

▼ かつてある~ (33, 0.5%)

3 学者の 2 か, 人が

1 [26件] そまつな, とあの, ということ, のでそれ, テキヤに, 事件の, 人に, 人の, 十許り, 地方の, 妖狐を, 宗教雑誌を, 家には, 小学校で, 待合で, 批評家等が, 日の, 時代に, 書き物の, 温泉旅館に, 種の, 老人が, 跛人の, 軍人に, 青い鐵札, 青年が

▼ かつてこんな~ (31, 0.5%)

2 ことは, ことを, 事を, 詩を

1 [23件] いい音, うまい酒, お嬢さんらしい, ところへ, ふうに, ものを, りっぱな, 不体裁を, 事が, 信頼感を, 剣気に, 味の, 喜ばしく思った, 奇麗な, 思ひがけ, 恐い目, 悪癖を, 悲しいめ, 珍しいもの, 生活に, 稀代な, 線の, 行動は

▼ かつて~ (30, 0.5%)

82 たの, るの

1 [18件] ず一人, たお金, たその, たといふ, たので, たもの, たよう, てナイフ, て若い, て電燈, ない, るので, るやう, るん, る故, る時, る樣子, れば

▼ かつて経験~ (27, 0.4%)

14 したこと 4 した事 1 したまた, した覚え, しない, しない激しい, しない長い, しなかったこと, しなかった程, するところ, のない

▼ かつて~ (25, 0.4%)

2 に見せた

1 [23件] あり, から教えられた, が自分, であった時, につかわれた, にも話した, に与えた, に向かっ, に見する, に金, のため, の惡, の手, の目, の空想, の話, の足, の踏み込んだ, は彼, もいなかった, を信ずる, を疑う, を罰した

▼ かつて~ (22, 0.4%)

1 [22件] いった事, いった加藤嘉明, いった如く三の丸, いった如く廃藩, いった如く藩学校, いった弟, いった桑名楽翁公, いった通り, しばしば聞いた, それを, まだ姪, まるで歯, もう少し情, 大本の, 彼が, 彼は, 文学の, 破れない此, 破れない物質, 見たい樣, 見たが, 言ったこと

▼ かつてそんな~ (21, 0.3%)

5 ことを 2 話を

1 [14件] ことが, ふうに, 不思議は, 事に, 事を, 人を, 人間らしいもの, 例は, 名の, 感情を, 憂鬱の, 歌を, 眼を, 美しい雲

▼ かつて彼女~ (21, 0.3%)

1 [21件] からこういう, から案内, から求婚, がわが子, が訶和郎, において発見, に見出した, に見受けなかった, のこと, の口, の存在そのもの, の来, はこんなに, はそういう, は以前クリストフ, は庸三, は神, は隆鼻手術, を, をとがめなかった, を愛した

▼ かつて人間~ (18, 0.3%)

2 が神

1 [16件] が巌, であ, であった頃, としての勇気, としてもっとも, と事業, と彼ら, に即, の入りし, の心, の愛, の生, の知らない, の造った, はその, は板歯

▼ かつて居る~ (18, 0.3%)

2 んだ

1 [16件] がかの代り, が会話, が惡者, その五言, とどんな, と不動, のか, のだ, のてあつ, のであつ, やうに, 假名に, 昼の, 氣は, 譯でありませぬ, 高山や

▼ かつて来る~ (18, 0.3%)

2 やうで, 女の

1 [14件] あのヒポコンデリアック, からお前, から始末, そしてこの, ところの, と思はず, のだ, やうな, んだ, 刎橋を, 力と, 娘の, 時しつ, 橋板を

▼ かつていふ~ (17, 0.3%)

2 ことだけ

1 [15件] ことを, だけだ, とお, とまあ, と沼尾君, のは, のよ, わけご, 女の, 娘です, 時に, 氣概は, 表札の, 話だ, 話を

▼ かつて~ (17, 0.3%)

2 つし

1 [15件] かかえの, つさん, はいりに, 世辞も, 医者さまは, 君は, 咲の, 聞きしたいやう, 聞きに, 聞きにな, 聞き申しましたの, 若い頃, 裁縫を, 起こしに, 通自身が

▼ かつて~ (16, 0.3%)

1 [16件] から詳しく, が入獄, が外国, が文章世界, が旅行, が腹立紛れ, が詩人, に断崖, のこと, の行衛, の部屋, はユーゴー, は後で, は雪, を名付け, を羞

▼ かつて知らなかった~ (15, 0.2%)

1 [15件] ことであっ, のである, ほどひしと, 事柄を, 人生の, 地方を, 多くの, 大きな事業, 新しい心情, 武器すなわち, 気持を, 沈痛な, 生々しい恐怖, 男の, 純な

▼ かつてあの~ (14, 0.2%)

1 [14件] フランスの, 五月にも, 人は, 口から, 女を, 怖ろ, 民藝品であった, 無銘器の, 男女が, 美青年の, 裁判所の, 門前の, 静かな, 高原に

▼ かつてそれ~ (14, 0.2%)

1 [14件] とは別, に害せられた, に類似, やま, をもう, を人, を全部, を彼, を彼女, を拾つて, を捉, を気, を用い, を穴

▼ かつて見ざる~ (14, 0.2%)

2 ところなり

1 [12件] ある社会, いまだかつて聴かざる, かのシェイクスピア, 並べ方を, 多数であった, 或る, 所なり, 格別の, 端厳なる, 若々しさ, 鋭鋒だ, 陣形を以て

▼ かつて先生~ (13, 0.2%)

1 [13件] から, からも奥さん自身, が慷慨, が私, と奥さん, にあの, に向かっ, に散歩, に聞いた, の師事, の引用, の指導鞭撻, は応接室

▼ かつて~ (13, 0.2%)

2 る時代

1 [11件] ひは, る人, る座談會, る才能, る新聞, る暴風雨, る県, る融和事業団体, る迷信, 人に, 所で

▼ かつて日本~ (13, 0.2%)

1 [13件] でも聴かれた, で発見, と支那, にその, になかっ, に先例, の一工兵将校, の上, の主権者, の小作農生活, の詩壇, を訪ねた, を遊歴

▼ かつて見ない~ (13, 0.2%)

1 [13件] が, この民族, といっ, とわからん, のである, ほどにも意気悄沈の, ほどの我慢, ほど大, ほど真に, 大量なる, 真の, 程でした, 色鍋島の

▼ かつてくる~ (12, 0.2%)

1 [12件] からだ, ことも, のだつた, のだらう, のである, ので何, ので私, のを, やうな, 十六本の, 虫の, 障子の

▼ かつて存在~ (12, 0.2%)

2 し得なかったであろう 1 したあらゆる, したこと, したであろうか, した試し, しなかったかも, しなかったと, しなかったに, しなかったよう, しなかった時代, せし事実

▼ かつてどこ~ (11, 0.2%)

2 かで見た 1 かでこんな, かでそういう, かで人形, でも科学, にもない, にもなかっ, にも存在, の国, やらで

▼ かつて居た~ (11, 0.2%)

3 とすれ 21 が始皇帝, といふ平次, ときでした, のであつ, のは, 日にや

▼ かつて来た~ (11, 0.2%)

1 [11件] から指先, が靴音, といふ話, ところで, ところである, よ, わけだ, んだろう, 一人の, 源造の, 電話が

▼ かつて行く~ (11, 0.2%)

1 [11件] といよ, とそんな, のである, のを, よりしかた, ラッシュに, 場所としては, 大胆さにもな, 気持, 素朴な, 術も

▼ かつて見る~ (11, 0.2%)

2 氣に 1 こと自, とお, とどうして, ともう, と四十一度, と年齢, のさ, を得なかった, 気も

▼ かつてこんなに~ (10, 0.2%)

2 美しく光る 1 だしぬけに, 寒い冬, 心を, 恐れ入った例, 手ぎわよく, 手際よく, 混合的な, 美しい女

▼ かつてした~ (10, 0.2%)

4 ことの 1 がつて腰, ことは, のか, 事かね, 人間今日は, 苦しい思い

▼ かつて~ (10, 0.2%)

1 にも書いた, に一人, に洩らした, に類, の事ぢ, の論文, の論派, の贖罪, の面, 処から

▼ かつて想像~ (10, 0.2%)

2 した事 1 されて, して, すること, だも, とはまるで, のできなかった, の範囲, を試みた

▼ かつて無かっ~ (10, 0.2%)

32 たの 1 たこと, たと, た人間像, た夢, た大

▼ かつて~ (10, 0.2%)

6 つた 4 つて

▼ かつて~ (10, 0.2%)

2 たりする 1 たり想像, たり薄暗く, てから小菅, て知っ, も知らぬ, も知らね, も聞き, 度くなりました

▼ かつてやつ~ (9, 0.1%)

31 たところが, たらこれ, てくれ, てはどう, と決心, はどうも

▼ かつて~ (9, 0.1%)

1 つた, つたこと, つて, ひ張つた, ふが, ふけれど, ふこと, ふもんだから, ふン

▼ かつて~ (9, 0.1%)

2 かの本 1 かで読んだ, かの雑誌, かをもってる, か周都督, もなかっ, も酬, を読ん

▼ かつて~ (9, 0.1%)

2 を駭 1 に刻まれた, に迷, を労する, を宗教, を離れた, 甚だ定まらず, 遣さえ

▼ かつて感じた~ (9, 0.1%)

5 ことの 2 事の 1 ことも, 経験の

▼ かつてあった~ (8, 0.1%)

1 ある生, ことで, ことである, この事実, といわれる, とは言えない, 事実を, 生きかたとを

▼ かつてこの世~ (8, 0.1%)

1 で出会った, にあったであろう, にいた, に存在, に実在, に生存, の人間, へ現

▼ かつてそこ~ (8, 0.1%)

1 では恐らく, で人, で言葉, で足, に住んだ, に動いた, は入る, までも行った

▼ かつて一人~ (8, 0.1%)

1 が下, だってこの世, のお母さん, の板場, の魔女, もない, もなかっ, も人間

▼ かつて信長~ (8, 0.1%)

1 から主人, が安土, が安土城, の在世当時, の恩, の成敗, の盛ん, はあの

▼ かつて同じ~ (8, 0.1%)

2 ような 1 やうな, 人生の, 千葉県下に, 役目に, 物質発展段階で, 病に

▼ かつて~ (8, 0.1%)

1 から期待, が十七八, という言葉, とともに杭州, にもクリストフ, に叱られ, のかぼそい, を思っ

▼ かつてかかる~ (7, 0.1%)

1 事の, 品に, 問題について, 時かかる, 栄遇を, 表情を, 言を

▼ かつてまだ~ (7, 0.1%)

1 このやう, そんな呆, 光秀が, 子の, 竣工してない, 聞いて, 鎌倉に

▼ かつてわたくし~ (7, 0.1%)

1 が年十九, が籾山庭後君, が視た, と同じ, の中, は, はこの

▼ かつて~ (7, 0.1%)

1 けがを, 吹雪の, 多数の, 新聞には, 旦那は, 眼玉を, 規模に

▼ かつて我々~ (7, 0.1%)

1 がどんな, が子供, に使い古され, に止まる, の昔, の親たち, は南北共同

▼ かつて~ (7, 0.1%)

2 が先祖 1 の心, をしりぞけ, を射ん, を愛せざるべし, を殺さざる

▼ かつて英国~ (7, 0.1%)

1 にいた, に於い, のある, のフリゲート, の景色, の田舎, へ遊学

▼ かつて~ (7, 0.1%)

2 つた, へば無慾 1 つたさうだね, はなかつた, へば大

▼ かつてきた~ (6, 0.1%)

1 ことの, のです, んだ, リヴィングストーンと共に, 口上を, 尨大な

▼ かつてこういう~ (6, 0.1%)

1 おとぎ, ことが, ことを, 事も, 人間は, 態度で

▼ かつてここ~ (6, 0.1%)

1 にこの, に一つ, に心づかず, に遊びたる, へ伴われ, まで登っ

▼ かつて~ (6, 0.1%)

1 ういはれる, ういふ, う感ぜられる, へ美談, へ驗, 入らないお

▼ かつてそういう~ (6, 0.1%)

1 ためしを, 作の, 供応に, 奪略者が, 気持ちに, 舞を

▼ かつてわが国~ (6, 0.1%)

1 でも唯物弁証法的創作方法, でも情報局, には政治新聞, に於ける, の演劇, を無

▼ かつて~ (6, 0.1%)

1 にありし, にいなかった, に紹介, に聞きたる, の批評家たち, の金満家

▼ かつて~ (6, 0.1%)

1 のない, のなかっ, の液, の無い, の無かっ, を見ざる

▼ かつて~ (6, 0.1%)

2 があつ 1 あつた, あるといふ, ある事, が有

▼ かつて味わった~ (6, 0.1%)

3 事の 1 ことが, ことの, ことも

▼ かつて~ (6, 0.1%)

2 て恰度野村, て竹山 1 さうだ, てもひけ

▼ かつて彼ら~ (6, 0.1%)

1 が見かけなかった, と交際, と伍, の作, の経験, は万歳法師

▼ かつて意識~ (6, 0.1%)

1 された事柄, され作為, したる事柄, して, のあつ, の底

▼ かつて愛した~ (6, 0.1%)

2 ことの, 男の 1 ことは, 浜島なにがしは

▼ かつて無い~ (6, 0.1%)

1 ことであった, といふ歴史, と云っ, のであっ, のである, ような

▼ かつて考えた~ (6, 0.1%)

2 ことが 1 ことの, 三個の, 事は, 事も

▼ かつて見なかった~ (6, 0.1%)

2 ことである, 所の 1 その水色, 最高の

▼ かつて~ (6, 0.1%)

1 かがある, からか聴い, が云, だつて, も故意, も試みた

▼ かつて~ (6, 0.1%)

2 の咎 1 に酔った, の神ヂオニソス, もり, を被り

▼ かつてかの~ (5, 0.1%)

1 女の, 女を, 強権に対して, 怪声が, 楼にて

▼ かつてゆく~ (5, 0.1%)

1 ことも, といふ, 勇氣と, 流儀の, 自分が

▼ かつてわが~ (5, 0.1%)

1 国風に, 師吉井勇は, 父月丸, 生まれた故郷, 邦に

▼ かつてゐない~ (5, 0.1%)

1 が悪い, でもう少し, のだ, のぢ, ボタンを

▼ かつて~ (5, 0.1%)

3 ります 1 つた, る峯

▼ かつて一言~ (5, 0.1%)

1 もかわした, もこれ, も口, も彼, も漏らした

▼ かつて~ (5, 0.1%)

2 ひました 1 ひましたこれ, ひ何, ふこと

▼ かつて~ (5, 0.1%)

1 にはつ, には一葉, に云つた通り, に伊達, に相談

▼ かつて多少~ (5, 0.1%)

2 の財産 1 とも社会主義的, の現実性, 私が

▼ かつて居り~ (5, 0.1%)

1 ながら, 三年前の, 床には, 水道の, 片方に

▼ かつて~ (5, 0.1%)

1 から出, で過した, の方, の頂, へ駈け

▼ かつて書いた~ (5, 0.1%)

1 から繰り返さない, ことが, はずは, 心細さ, 此の

▼ かつて東京~ (5, 0.1%)

1 でこんな, にいた, の地, の御, の朝日新聞

▼ かつて知らない~ (5, 0.1%)

1 ほどの種々, ほど低い, 光栄と, 動悸に, 羞恥を

▼ かつて知らぬ~ (5, 0.1%)

1 めでたき日, 刃の, 最大幸福です, 清純な, 苦悩に

▼ かつて~ (5, 0.1%)

1 が生れた, は凡て, わしく, を保障, を意識

▼ かつて聞く~ (5, 0.1%)

1 一聡慧竜馬人その, 士に, 所では, 昔泰西の, 英国陸軍大佐マークベル氏北京を

▼ かつて~ (5, 0.1%)

2 に出逢っ 1 ありたちまち, が人, のまわり

▼ かつて見ぬ~ (5, 0.1%)

2 ほどな 1 晝の, 熱狂と, 騒方

▼ かつて醜い~ (5, 0.1%)

2 作が 1 ものが, ものに, ものを

▼ かつて~ (5, 0.1%)

1 が割れ, に浮かべ, に浮かべた, のなか, を悩ました

▼ かつてあれ~ (4, 0.1%)

1 に似た, のもの, ほどの感動, ほどの真剣

▼ かつていかなる~ (4, 0.1%)

1 事件においても, 物語作者も, 王侯と, 試練にも

▼ かつておれ~ (4, 0.1%)

1 の盃, の空想, はおれ, を非難

▼ かつてお前~ (4, 0.1%)

1 がひと, が土, へ念入り, を裏切った

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 げんの, てゐる, て髪, やあ

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 つつこく, ゃりこうべでなかったかれの男の, やうが, やがみ

▼ かつてしまつた~ (4, 0.1%)

1 がこの, といふ話, のか, のでもう決して

▼ かつて~ (4, 0.1%)

2 ことを 1 まねばかり, 行動を

▼ かつてなく~ (4, 0.1%)

1 おまけに, 今も, 安らかさと, 芸術が

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 させて, して, 棲家を, 解釈し

▼ かつてひとり~ (4, 0.1%)

1 でもあったろう, で外出, で悟る, としてこの

▼ かつてみる~ (4, 0.1%)

1 ことだ, ことに, ことは, と無理矢理

▼ かつてゐます~ (4, 0.1%)

1 か, がその, と, ので今

▼ かつてドイツ~ (4, 0.1%)

1 でもてはやされ, に反, に留学, 及び北米合衆国

▼ かつてフランス~ (4, 0.1%)

1 に渡つてフランス, に行った, の旅, の経済学者シグフリイド

▼ かつてプロレタリア文学~ (4, 0.1%)

1 が世界観, が独自, が芸術, における明る

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 てき, と言, の炬火こ, の美人風俗画

▼ かつて世界~ (4, 0.1%)

1 の史上, の秘密, を鼓舞, 大戰後

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 は啓蒙思想, れに, を, を文学的

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 が, が賞讃, に對, に語っ

▼ かつて体験~ (4, 0.1%)

2 のない 1 したあるいは, したこと

▼ かつて何人~ (4, 0.1%)

1 にも見られなかった, にも認める, も企て得ざりし, も実験

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 からは開けられない, に蓄, 供の, 國勸業博覽會の

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 で言われた, にした, をあいた, をきいた

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 に入り, の二時, の半, もねない

▼ かつて奥さん~ (4, 0.1%)

1 から聞いた, と云った, と云つた事, に告げた

▼ かつて子供~ (4, 0.1%)

1 であった, でありまた, の雑誌, の頃

▼ かつて少し~ (4, 0.1%)

1 ばかり, も怠る, も衰えざり, 黄いろにか

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 勘気を, 史あり, 常の, 産屋に

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 にした, もつけられなく, をつけなかった, を触れる

▼ かつて最も~ (4, 0.1%)

1 優れた人, 多く迷信, 完全なる, 文化の

▼ かつて死んだ~ (4, 0.1%)

1 かと思ふ, ものと, 仲間の, 虎の

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 がつかず, が狂った, にし, にした

▼ かつて江戸~ (4, 0.1%)

1 と呼ばれた, に出, の屋敷, を去

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 から聴かされた, たり愛人, と共に製粉会社, を漢中

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 と人, に祈つた, の微, を恐れざる

▼ かつて私たち~ (4, 0.1%)

2 の僧 1 の敬愛, は朝鮮

▼ かつて置い~ (4, 0.1%)

1 てくれ, て伺つて, て萬一, て訂正

▼ かつて~ (4, 0.1%)

3 にした 1 に挾んだ

▼ かつて聞かざる~ (4, 0.1%)

1 ところなり, 所の, 珍事を, 諸税を

▼ かつて若い~ (4, 0.1%)

1 ときに, 単純な, 女に, 頃この

▼ かつて葉子~ (4, 0.1%)

1 がいだい, に特別, の故郷, はその

▼ かつて覚え~ (4, 0.1%)

1 のない, のない暖か, のない苦しい快い, の政談演説

▼ かつて~ (4, 0.1%)

1 で小間使い, のただ中, の小, の若

▼ かつて高氏~ (4, 0.1%)

1 が幽閉, が忍び上洛, が鑁阿寺, のうけた

▼ かつてあったであろう~ (3, 0.0%)

3

▼ かつていちど~ (3, 0.0%)

1 でも自分, もそんな, も人

▼ かつていつ~ (3, 0.0%)

1 てほか, て見, の編輯会議

▼ かつていや~ (3, 0.0%)

1 だつて言, な絵, な顔

▼ かつておのれ~ (3, 0.0%)

1 のよう, の心, の祖国

▼ かつてこと~ (3, 0.0%)

1 が誰, さ, を

▼ かつてこれ以上~ (3, 0.0%)

1 に強烈, のエネルギー, の事

▼ かつてしまつたの~ (3, 0.0%)

1 さ, でした, よ

▼ かつてそう~ (3, 0.0%)

1 いって, であったよう, 書いて

▼ かつてそれら~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 の中

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 つとこちら, つと目, つと耳

▼ かつてできた~ (3, 0.0%)

1 のに今, 入口出口は, 波は

▼ かつて~ (3, 0.0%)

2 他人から 1 うたう焼かれて

▼ かつてどの~ (3, 0.0%)

1 女も, 女をも, 学生にも

▼ かつてみたくなる~ (3, 0.0%)

2 んだ 1 性質の

▼ かつてよく~ (3, 0.0%)

1 そうした仲間, なったこと, やったよう

▼ かつてよそ~ (3, 0.0%)

1 から来た, では見た, の居候

▼ かつてより~ (3, 0.0%)

1 以上に, 横浜の, 知り得たる理窟

▼ かつてわたし~ (3, 0.0%)

1 が束髪, に向かい, は紫式部

▼ かつてわれ~ (3, 0.0%)

1 はいかなる, は薔薇, をし

▼ かつてわれわれ~ (3, 0.0%)

1 の中, の魂, は太陽中

▼ かつてゐれ~ (3, 0.0%)

1 ば, ば文句, ば誰

▼ かつてアメリカ~ (3, 0.0%)

2 で知られた 1 でおこなわれた

▼ かつてインド~ (3, 0.0%)

1 から西方, で英人単身, のダンマパーラ居士

▼ かつてパリー~ (3, 0.0%)

1 の万国博覧会, の或, へ行った

▼ かつてロンドン~ (3, 0.0%)

1 のコヴェント・ガーデン, の大, の郊外

▼ かつて一たび~ (3, 0.0%)

1 その下, は南島文化, もため

▼ かつて一つ~ (3, 0.0%)

1 として彼, の星, の満足

▼ かつて一日~ (3, 0.0%)

1 とてもあなた様, もない, も相

▼ かつて二人~ (3, 0.0%)

1 の眼, はその, はちょい

▼ かつて京都~ (3, 0.0%)

1 で虚名, に連れ, は大阪

▼ かつて仏国~ (3, 0.0%)

2 より帰 1 にソンネット詩形

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 が上州榛名山, が石州巡講中, が編輯

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 にもあった, のペルシア駐箚合衆国公使ベンジャミン氏, の怪事

▼ かつて前例~ (3, 0.0%)

2 のない 1 にもない

▼ かつて大きな~ (3, 0.0%)

1 クッションに, 聲で, 野猪が

▼ かつて大学~ (3, 0.0%)

1 に於ける, に職業学, の文科

▼ かつて大衆~ (3, 0.0%)

1 というもの, の人気, は自由

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 の事, を持っ, を殺した

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 からこの, に会った, に構わぬ

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 が折ッ, は衣裳, を取られた

▼ かつて家康~ (3, 0.0%)

1 がこの, に魚, をかつぎ上げた

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 のとおり, の如き, の隅

▼ かつて彼等~ (3, 0.0%)

1 に関して考えた, の眼前, を征服

▼ かつて御覧~ (3, 0.0%)

1 なさいやし, になった, よ

▼ かつて思い~ (3, 0.0%)

1 もつかない, も寄らない, も寄らなかった

▼ かつて思っ~ (3, 0.0%)

2 てもみなかった 1 ても見なかった

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 は罪悪, をした, を求め

▼ かつて所有~ (3, 0.0%)

1 したエネルジー, した壮麗, しなかったまれ

▼ かつて新しい~ (3, 0.0%)

1 いろいろな, と考えられた, ヒューマニズムの

▼ かつて日本人~ (3, 0.0%)

1 には悲劇的精神, のもっとも, の墓地

▼ かつて曹操~ (3, 0.0%)

1 が, が都, が麦畝

▼ かつて~ (3, 0.0%)

2 を挽き 1 の胯

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 より私, 誌上で, 誌上の

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 てああ, ても俺, て夜

▼ かつて検事~ (3, 0.0%)

1 が疑問一覧表, であり今, を勤め

▼ かつて~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 のごとき

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 に動じた, の命, をいつ

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 というもの, を殺した, を飼った

▼ かつて生活~ (3, 0.0%)

2 の仕組み 1 したり

▼ かつて病気~ (3, 0.0%)

2 にかかった 1 になった

▼ かつて発表~ (3, 0.0%)

1 したこと, したところ, した道徳論

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 にも見ず, に入る, を突いた

▼ かつて知らざる~ (3, 0.0%)

1 数千里外の, 興味に, 裏山の

▼ かつて私達~ (3, 0.0%)

2 の胸 1 が軽蔑

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 の奥, の清掃, をあけ

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 はれたこと, ひながら, ひを

▼ かつて結婚~ (3, 0.0%)

2 したこと 1 に失敗

▼ かつて自ら~ (3, 0.0%)

1 この号, の作った, を正直

▼ かつて落ち~ (3, 0.0%)

1 ていた事, てゐる, て來

▼ かつて行かう~ (3, 0.0%)

1 といふ意気, とした, とせず

▼ かつて行ける~ (3, 0.0%)

1 やうな, ような, 海岸の

▼ かつて見かけた~ (3, 0.0%)

3 ことの

▼ かつて見よう~ (3, 0.0%)

1 ぢや, と思ひました, と言

▼ かつて見られなかった~ (3, 0.0%)

1 ほどの大, ほどの幸福, 一大発展を

▼ かつて覚えた~ (3, 0.0%)

3 ことの

▼ かつて覚えない~ (3, 0.0%)

1 戦慄を, 甚深の, 緊張した

▼ かつて親しく~ (3, 0.0%)

1 この地, 嶺松寺中の, 舞台裏で

▼ かつて訊く~ (3, 0.0%)

1 と, とふところ, んで

▼ かつて~ (3, 0.0%)

1 にきいた, に聞いた, をきめよう

▼ かつて話し~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 てくれた

▼ かつて述べた~ (3, 0.0%)

2 ように 1 ことが

▼ かつて退屈~ (3, 0.0%)

1 というもの, の気, の色

▼ かつて金沢~ (3, 0.0%)

2 の古 1 にありし

▼ かつて非常~ (3, 0.0%)

1 な勢い, な大食い, に落ち着いた

▼ かつてあつ~ (2, 0.0%)

1 た事, ちからも

▼ かつてあなた~ (2, 0.0%)

1 がたと, が検事在職当時

▼ かつてあまり~ (2, 0.0%)

1 気に, 經驗した

▼ かつてあり~ (2, 0.0%)

1 とも聞い, 今も

▼ かつてありし~ (2, 0.0%)

1 が如く, ものを

▼ かつていえる~ (2, 0.0%)

2 ことあり

▼ かつていた~ (2, 0.0%)

1 ことも, 者が

▼ かつてから~ (2, 0.0%)

1 どうも石印本, 二月足らずの

▼ かつてかれ~ (2, 0.0%)

1 がまだ, につぎ

▼ かつてこう~ (2, 0.0%)

1 まで無作法, 書いて

▼ かつてこうした~ (2, 0.0%)

1 めに, 問題が

▼ かつてこれら~ (2, 0.0%)

1 の事, の垣根

▼ かつてこれ程~ (2, 0.0%)

1 画家の, 社会的現実性と

▼ かつてしなかった~ (2, 0.0%)

2 ことである

▼ かつてしばらく~ (2, 0.0%)

1 たつてから, 身を

▼ かつてしみじみ~ (2, 0.0%)

1 とこの, 述懐し

▼ かつてそうした~ (2, 0.0%)

1 ところを, 苦悩に

▼ かつてそれほど~ (2, 0.0%)

1 にまだ, のはげしい

▼ かつてそんなふうに~ (2, 0.0%)

1 では, 話されたこと

▼ かつてなき~ (2, 0.0%)

1 ほどの不, 程の

▼ かつてなにもの~ (2, 0.0%)

2 すら失つて

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 どうした, もしや昨夜僕

▼ かつてねつけ~ (2, 0.0%)

2 ばすぐ

▼ かつてはなはだ~ (2, 0.0%)

1 困難と, 奇体な

▼ かつてひと~ (2, 0.0%)

1 に向っ, のもの

▼ かつてひどい~ (2, 0.0%)

1 仕置を, 目に

▼ かつてひろ子~ (2, 0.0%)

1 のらしい, の室

▼ かつてふと~ (2, 0.0%)

1 こんな光景, リズムを

▼ かつてまた~ (2, 0.0%)

1 白墨狂士多磨太君の, 私たちは

▼ かつてみずから~ (2, 0.0%)

1 もったこと, 祝した驕慢児

▼ かつてみたく~ (2, 0.0%)

2 なつた

▼ かつてやらう~ (2, 0.0%)

1 かとも思, といふそこで

▼ かつてやりたい~ (2, 0.0%)

1 気も, 気持が

▼ かつてやる~ (2, 0.0%)

1 か, かのど

▼ かつてわし~ (2, 0.0%)

1 が伊丹城, が蟄居

▼ かつてゐなかつた~ (2, 0.0%)

2 事が

▼ かつてゐました~ (2, 0.0%)

1 が, のでその

▼ かつてゐるで~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ かつてオランダ~ (2, 0.0%)

1 に生き, の放浪哲学者

▼ かつてグレエトヘン~ (2, 0.0%)

2 と呼ばれ

▼ かつてデカルト~ (2, 0.0%)

1 が, が試みた如く

▼ かつてナポレオン~ (2, 0.0%)

2 をオロシヤ

▼ かつてニュートン~ (2, 0.0%)

1 が問う, の言葉

▼ かつてブラームス~ (2, 0.0%)

1 がシューマン, と対立

▼ かつてベートーヴェン~ (2, 0.0%)

1 の先生, の音楽

▼ かつてマリユス~ (2, 0.0%)

1 が横たえられた, の隣

▼ かつて一周~ (2, 0.0%)

2 したの

▼ かつて一枚~ (2, 0.0%)

1 の英傑, の骨牌札

▼ かつて一般~ (2, 0.0%)

1 に行う, の常食

▼ かつて三方ヶ原~ (2, 0.0%)

1 で破られ, の戦い

▼ かつて上野~ (2, 0.0%)

1 なる日本美術協会, の博物館

▼ かつて世間~ (2, 0.0%)

1 で聞いた, の人

▼ かつて九州~ (2, 0.0%)

1 の南部, を歴遊

▼ かつて予想~ (2, 0.0%)

1 して, し得なかったところ

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 がお, の機

▼ かつて二葉亭~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, の一身上

▼ かつて云つて~ (2, 0.0%)

1 たから, ゐるん

▼ かつて仇十州~ (2, 0.0%)

2 の画

▼ かつて他人~ (2, 0.0%)

1 からそんな, のため

▼ かつて伊勢~ (2, 0.0%)

1 から来, の山田

▼ かつて伯父~ (2, 0.0%)

1 の住ん, は彼

▼ かつて住ん~ (2, 0.0%)

2 でいた

▼ かつて何らかの~ (2, 0.0%)

1 事情によって, 形を

▼ かつて何処~ (2, 0.0%)

2 の国

▼ かつて何物~ (2, 0.0%)

1 をも信ずる, をも汝

▼ かつて何者~ (2, 0.0%)

1 も制御, をも愛した

▼ かつて作らざりし~ (2, 0.0%)

1 ものを, 者を

▼ かつて使った~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことの

▼ かつて信仰~ (2, 0.0%)

2 は地上

▼ かつて催促~ (2, 0.0%)

2 を受ける

▼ かつて先代~ (2, 0.0%)

1 の且, 単于

▼ かつて六法全書~ (2, 0.0%)

1 などというもの, に相談

▼ かつて其処~ (2, 0.0%)

1 に体, の男女

▼ かつて内地~ (2, 0.0%)

1 に居た, の都市

▼ かつて写生旅行~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ かつて出現~ (2, 0.0%)

1 したこと, 無くし

▼ かつて勇美子~ (2, 0.0%)

1 が頭, に微細

▼ かつて北田~ (2, 0.0%)

2 に小

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 として仕えた, として社会

▼ かつて十分~ (2, 0.0%)

1 に透き通った, に高く

▼ かつて十年間~ (2, 0.0%)

1 に書き溜めた, 見たそのまま

▼ かつて半蔵~ (2, 0.0%)

2 の内弟子

▼ かつて単純~ (2, 0.0%)

1 な人たち, の要素

▼ かつて友人~ (2, 0.0%)

1 のいった, の恩田経介理学士

▼ かつて叔父~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ かつて取扱った~ (2, 0.0%)

1 事の, 患者と

▼ かつて召波~ (2, 0.0%)

1 に教, に教え

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 協会が, 地方に

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 だけは聞い, 闘牛士ドン・リイヴァスを

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 の孫権, へ使い

▼ かつて呉れ~ (2, 0.0%)

1 私は, 給へ

▼ かつて呉れる~ (2, 0.0%)

1 ことは, といい

▼ かつて哲学~ (2, 0.0%)

1 はフランス革命, を学ばん

▼ かつて哲学者~ (2, 0.0%)

1 ほど人生, を知らず

▼ かつて~ (2, 0.0%)

2 を三回

▼ かつて~ (2, 0.0%)

2 を言った

▼ かつて~ (2, 0.0%)

2 を鳴らし

▼ かつて土佐~ (2, 0.0%)

1 から阿波, にて聞きたる

▼ かつて坊主出ろ出ろ~ (2, 0.0%)

2 と叱つた

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 の西側, を建つる時

▼ かつて外国~ (2, 0.0%)

1 にもこれ, に渡った

▼ かつて多く~ (2, 0.0%)

1 できたため, の傲慢

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 にだ, に胡蝶

▼ かつて夢みた~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことも

▼ かつて夢想~ (2, 0.0%)

2 だも

▼ かつて大崎八段~ (2, 0.0%)

1 との対局, と対局

▼ かつて大阪~ (2, 0.0%)

1 からの電報, で実行

▼ かつて大高源吾~ (2, 0.0%)

1 より伝はる高麗, より伝わる

▼ かつて天上~ (2, 0.0%)

1 で弼馬温, の神

▼ かつて~ (2, 0.0%)

2 化州の

▼ かつて奥州~ (2, 0.0%)

1 なる宗家, へ攻めこん

▼ かつて如何なる~ (2, 0.0%)

1 人の, 他の

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, の容貌

▼ かつて孔子~ (2, 0.0%)

1 に, に死

▼ かつて孔明~ (2, 0.0%)

1 に, の名

▼ かつて学校~ (2, 0.0%)

1 がひけ, に在りし

▼ かつて安い~ (2, 0.0%)

1 ものであった, 大津絵は

▼ かつて宗太~ (2, 0.0%)

2 を責めた

▼ かつて官兵衛~ (2, 0.0%)

1 がいた, が志

▼ かつて実物~ (2, 0.0%)

1 はおろか写真, を見た

▼ かつて実際~ (2, 0.0%)

1 に見た, 自分が

▼ かつて寄宿舎~ (2, 0.0%)

1 に居た, の賄

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 仏の, 沛の

▼ かつて小林~ (2, 0.0%)

1 とは互いに, のよう

▼ かつて少年~ (2, 0.0%)

1 の喜ぶべき, の頃

▼ かつて居ります~ (2, 0.0%)

1 が七十, しあなた

▼ かつて崎山~ (2, 0.0%)

1 と一座, に

▼ かつて左翼的~ (2, 0.0%)

1 と云われた, な活動

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 は倒れ, れの

▼ かつて帰つ~ (2, 0.0%)

1 てきた, てくる

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 州の, 月

▼ かつて幾日~ (2, 0.0%)

1 か学校, も寐

▼ かつて広大堅固~ (2, 0.0%)

2 なる西洋

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, 電気に

▼ かつて~ (2, 0.0%)

2 陽の

▼ かつて当事者~ (2, 0.0%)

1 が告白, の話

▼ かつて心配~ (2, 0.0%)

1 して, なんで

▼ かつて忘れた~ (2, 0.0%)

1 ことは, 昔を

▼ かつて念頭~ (2, 0.0%)

1 に懸けざる, に浮かばざりし

▼ かつて思った~ (2, 0.0%)

1 ことも, 事も

▼ かつて恋人~ (2, 0.0%)

1 であったという, の妙子

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 をし, を殺し

▼ かつて意地悪~ (2, 0.0%)

1 だったこと, や冷淡

▼ かつて愛し~ (2, 0.0%)

1 てい, 且つ虐げた

▼ かつて愛人~ (2, 0.0%)

1 があつ, を見

▼ かつて我国~ (2, 0.0%)

1 にもあったらしい, のヤナギ類

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 に錠, の外

▼ かつて拒んだ~ (2, 0.0%)

1 ことが, 仕事を

▼ かつて政府~ (2, 0.0%)

1 の不正, の官途

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 児玉大将が, 土宜

▼ かつて故老~ (2, 0.0%)

1 から聞かされた, より亀の甲

▼ かつて教わった~ (2, 0.0%)

1 ことも, 事が

▼ かつて文三~ (2, 0.0%)

2 のおけ

▼ かつて文壇~ (2, 0.0%)

1 と称し, の梁山泊

▼ かつて文部省~ (2, 0.0%)

1 の参事官, の展覧会

▼ かつて新聞~ (2, 0.0%)

1 の小, を読んだ

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 の終わり, をした

▼ かつて日記~ (2, 0.0%)

1 に書いた, をつけ

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 エタを, 著

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 から詩, 或る

▼ かつて春琴~ (2, 0.0%)

1 が指頭, の演奏

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 くらい広々, を敗亡

▼ かつて書物~ (2, 0.0%)

1 で読んだ, をひもとき

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 など見, の光

▼ かつて有合せ~ (2, 0.0%)

2 の野菜

▼ かつて朝鮮~ (2, 0.0%)

2 の藝術

▼ かつて木下杢太郎~ (2, 0.0%)

1 にあて, へあて

▼ かつて本紙~ (2, 0.0%)

1 で, に連載

▼ かつて本誌~ (2, 0.0%)

1 に載せ, 第二十一巻

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 浪花節寄席の, 病院の

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 にすん, に住ん

▼ かつて極楽~ (2, 0.0%)

2 の文学

▼ かつて武蔵~ (2, 0.0%)

1 が出会った, も聞かない

▼ かつて歯痛~ (2, 0.0%)

1 にかかりし, の経験

▼ かつて河原者~ (2, 0.0%)

1 という名称, として呼ばれ

▼ かつて油画~ (2, 0.0%)

2 の描きたる

▼ かつて法理~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ かつて注意~ (2, 0.0%)

1 すべき点, を払った

▼ かつて海上~ (2, 0.0%)

1 を漂到, を航海

▼ かつて満足~ (2, 0.0%)

1 ということ, なもの

▼ かつて瀕死~ (2, 0.0%)

1 の境, の身体

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 かりし遊女町, ったが

▼ かつて父親~ (2, 0.0%)

2 の康太郎

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 を為さず, を為さずし

▼ かつて玄徳~ (2, 0.0%)

1 が初めて, の二夫人

▼ かつて生き~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ かつて生産力~ (2, 0.0%)

2 に相応

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 というもの, として彼女

▼ かつて疑い~ (2, 0.0%)

1 がある, をかけなかった飛ん

▼ かつて直吉~ (2, 0.0%)

1 の耳朶, の肩車

▼ かつて相識~ (2, 0.0%)

1 った王舅, るの

▼ かつて着た~ (2, 0.0%)

1 久留米絣や, 事の

▼ かつて知らなかつた~ (2, 0.0%)

2 新世界

▼ かつて知られ~ (2, 0.0%)

1 ていない, ておらぬ

▼ かつて磨かれた~ (2, 0.0%)

2 簡素な

▼ かつて社会~ (2, 0.0%)

1 については社会, に提案

▼ かつて立つ~ (2, 0.0%)

1 てゐました, てゐる

▼ かつて竹童~ (2, 0.0%)

1 が人穴城, が大鷲クロ

▼ かつて經驗~ (2, 0.0%)

1 されたこと, したこと

▼ かつて繁栄~ (2, 0.0%)

1 し人口, せるスペイン

▼ かつて織田家~ (2, 0.0%)

1 がこの, の禄

▼ かつて置いた~ (2, 0.0%)

1 方が, 荷物を

▼ かつて美しい~ (2, 0.0%)

1 ものと, ものを

▼ かつて考え~ (2, 0.0%)

1 てもみなかった, もしなかった

▼ かつて聖書~ (2, 0.0%)

1 で基督, の研究

▼ かつて聞い~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ かつて聞かなかった~ (2, 0.0%)

2 ことだ

▼ かつて聞き~ (2, 0.0%)

1 かつて見た, もしなかった

▼ かつて聴いた~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事の

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 あるいは腕, の怪我

▼ かつて自説~ (2, 0.0%)

1 を変じた, を曲げた

▼ かつて自身~ (2, 0.0%)

1 が上泉伊勢守, にそこ

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 が沈みまし, はゆれ

▼ かつて芝居~ (2, 0.0%)

1 へ行った, や音楽会

▼ かつて芭蕉~ (2, 0.0%)

1 と一茶, と病んだ

▼ かつて芸術家~ (2, 0.0%)

1 はもの, は人

▼ かつて芸術座~ (2, 0.0%)

2 の須磨子

▼ かつて苦しんだ~ (2, 0.0%)

1 が幸, ことが

▼ かつて茶人達~ (2, 0.0%)

1 はあの, は鋭く

▼ かつて菊池寛氏~ (2, 0.0%)

1 が銀座, は某所

▼ かつて華美~ (2, 0.0%)

2 に過ぎた

▼ かつて藝術家~ (2, 0.0%)

1 はもの, は人

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 が莫大, が蝦蟆

▼ かつて~ (2, 0.0%)

2 の足

▼ かつて行つた~ (2, 0.0%)

1 といふこの, 黒い影

▼ かつて行なわれた~ (2, 0.0%)

1 ある悪行, 改新は

▼ かつて西洋~ (2, 0.0%)

1 の或, の石版業

▼ かつて見える~ (2, 0.0%)

1 ころ, のである

▼ かつて見ず~ (2, 0.0%)

1 ゆえにこれ, 故にこれ

▼ かつて見たくなる~ (2, 0.0%)

1 ことで, のであつ

▼ かつて見られた~ (2, 0.0%)

2 ことの

▼ かつて見られない~ (2, 0.0%)

1 ことだった, 所であった

▼ かつて見れ~ (2, 0.0%)

1 ばあの, ばなん

▼ かつて見聞~ (2, 0.0%)

1 せざる一種, せざる場所

▼ かつて見覚え~ (2, 0.0%)

1 おいた藪, のない

▼ かつて覚えなかった~ (2, 0.0%)

1 がこの, 恋心を

▼ かつて親しい~ (2, 0.0%)

1 人たちの, 接吻を

▼ かつて親類~ (2, 0.0%)

1 の噂, の破産者

▼ かつて言つて~ (2, 0.0%)

1 たあ, ゐたが

▼ かつて語った~ (2, 0.0%)

1 ような, ように

▼ かつて読んだ~ (2, 0.0%)

2 どの作品

▼ かつて論じた~ (2, 0.0%)

1 ことが, のは

▼ かつて負けた~ (2, 0.0%)

1 ことが, という例

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 ひ目方, ふやう

▼ かつて貴方~ (2, 0.0%)

2 があんまり

▼ かつて起った~ (2, 0.0%)

1 ことは, ようにも

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 に経験, を寄せ

▼ かつて軍部~ (2, 0.0%)

1 に扈従, も新

▼ かつて軍隊~ (2, 0.0%)

1 が闘い得ず, にいた

▼ かつて通り~ (2, 0.0%)

1 なれた道, 合せないと

▼ かつて遠い~ (2, 0.0%)

1 世頃後, 他人の

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 の欠乏, を持った

▼ かつて鎌倉~ (2, 0.0%)

1 の小, の探題

▼ かつて長い~ (2, 0.0%)

1 言葉を, 遊学中に

▼ かつて開いた~ (2, 0.0%)

2 宴会の

▼ かつて隠岐~ (2, 0.0%)

1 に旅行, の島

▼ かつて電話~ (2, 0.0%)

1 で口, をかける

▼ かつて電車~ (2, 0.0%)

1 で行, の通る

▼ かつて露国~ (2, 0.0%)

2 と戦い

▼ かつて面会~ (2, 0.0%)

1 の時, を拒みし

▼ かつて音楽~ (2, 0.0%)

1 に関係, を休んだ

▼ かつて頼朝~ (2, 0.0%)

1 の口, の名乗生嘱

▼ かつて顕家~ (2, 0.0%)

1 が十四, は千里

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 のない, のなかっ

▼ かつて食べた~ (2, 0.0%)

1 ことが, 缶詰にも

▼ かつて~ (2, 0.0%)

1 というもの, 鳴菩薩

▼ かつて鬼神~ (2, 0.0%)

1 の有無, の物

▼ かつて黄巾~ (2, 0.0%)

2 の乱

▼1* [2264件]

かつてかざりし, かつてあげた天満の, かつてあたいもう拂はん, かつてあてが起し, かつてあなた方がこの, かつてあなた様はこの, かつてあの不弥の, かつてあぶなく殺されるところ, かつてあらざるの多額, かつてあらずと嘆, かつてあらはれし例なし, かつてあらゆる戦乱の, かつてありますが御, かつてあるまいと思われる, かつてあんな時代が, かつていうとそう, かつていえるありヤソ教一変すれ, かつていくら怒っても, かつていこうと思いたつた, かつていたじやない, かつていただけるだらうと信じます, かつていちばんどの人を愛し, かつていっしょに放蕩, かつていった如く下手ながら, かつていつか悪いこと, かつていつぞや観世銀之丞が, かつていつたニイチェの, かつていつの間にか夕霜が, かつていへば巨人, かつていみじくも洩らした言葉, かつていろいろなこと, かつていろんな話の, かつていわく余は公開, かつてひうひしくよみ, かつてうつらうつら眠る角, かつてうばはれた俺, かつてうれしそうな, かつておおいに栄えた, かつておおきになれば, かつておくびにも吐かなかった, かつておじいさんがそう, かつておじさまとよばした, かつておとずれた地を, かつておのが心, かつておまんに, かつておまけにいくら, かつておもしろく読みました, かつておりおり聞いたしゃがれ声は, かつてお客があつ, かつてお祖父さんに教わった, かつてお里が向, かつてかがやくその光, かつてかく考えた, かつてかたはらの雜誌, かつてきいて居ました, かつてきくとわたしリンゴ, かつてきつと笑, かつてぎよつとしたが女は髮, かつてくうんだ, かつてくんだよう, かつてぐらぐらするはしご, かつてここらに見かけない, かつてここら立待岬のアイヌ達, かつてこころもち体をそらせた, かつてことに尊重した, かつてこの小さな害獣の, かつてこの間に静か, かつてこぼれるのを, かつてこぽりこぽ, かつてごらんひどい目, かつてさだ子が死ん, かつてざぶざぶ流れ学校, かつてざわめく音だけが, かつてしっかりと持っ, かつてしつこく尋ねたこと, かつてしどろもどろになつ, かつてしまつてその, かつてしよぼ降る雨の, かつてずっと前に, かつてずっと早くから我が国に, かつてえゐり, かつてせつかくよい, かつてそうつと鐘を, かつてそうとう知名の, かつてそこでヤアと, かつてその道の人, かつてその間に介在, かつてそれから路地と, かつてそれぞれ京都一流の旗亭, かつてそれぞれ恩賞が下された, かつてそれでは頂戴仕る, かつてそれほどはっきり彼女を, かつてそれ以外の植物繊維, かつてたこをつくっ, かつてたそがれと共に際限, かつてたどりし佳人の, かつてたのまれて私, かつてたびたび御苦労です, かつてたまるもんけ, かつてためしがない, かつてたれかが一生けんめい, かつてと思う, かつてだつて私, かつてだれからもそんな, かつてちやんと知, かつてつき破らなくては自分, かつてつくつてゐる, かつてつとめたような, かつてあげるよ, かつてもやり, かつてでも来たの, かつてとかく物議の, かつてとまりその上, かつてとまりしホテルの, かつてとらやししやひょう, かつてとり逃した覚えが, かつてとれなくなつた, かつてろぼうは, かつてどうだん, かつてどうかして, かつてどれほど多く, かつてどんぞこま, かつてどんな奴か, かつてないさびしい心を, かつてない深い物思いが, かつてない物珍しさと, かつてなき目覚しいことと, かつてなぐさんで散々耻, かつてなじみの欧州, かつてならないのだつた, かつてにせの官員小僧, かつてのぞき彼女の, かつてのら猫の遊び場所, かつてはいっしょにいたじぶんにしゃあしゃあとしていえる彼の, かつてはかりにも人, かつてはじめて訣る, かつてはつきり云つたこと, かつてはでつぶりと, かつてはねかへつて, かつてはも少しで, かつてばかり居た, かつてばかりもゐられないやう, かつてひき起こしたいっさいの, かつてひたむきな誠意, かつてひとつの短篇, かつてひとりでに動いたの, かつてひとりひとり正しい型, かつてひどく叱られてな, かつてほしいままに, かつてほとばしり出た愛の, かつてほとんど一度も, かつてぼくは耳, かつてぼんやり木兎の, かつてましたよ, かつてまっ白な二十日鼠, かつてまるで私が, かつてまアそれも, かつてていた, かつてみかどが隠岐脱出, かつてみずから征服せられたるタタール人, かつてみそらの榮, かつてみたいの, かつてみたらと思う, かつてみない激しさ, かつてみなきや, かつてめったに経験した, かつてもうとても助からないと, かつてもと思つたから, かつてものの一里, かつてもろく勝負に, かつてしないよ, かつてやがては個性, かつてやけくそになつ, かつてやらなかつた自責で, かつてやらねばならぬ, かつてやりたくなつた, かつてやりましよう, かつてやれとある, かつてやんごとなき某侯爵夫人, かつてゆかなければなりません, かつてゆするもの, かつてよんだフランス女学生の, かつてられないんだ, かつてわが家のあった, かつてわが輩に向い, かつてゐくさるのさ, かつてゐたつて何だ, かつてゐなけりやア, かつてゐなければならぬ, かつてゐやがるんだ, かつてゐようといふりう, かつてゐるなンて, かつてゐるらしいスコットランド風の, かつてアイサツはない, かつてアイルランド人に聞いた, かつてアインシュタインが来朝, かつてアカデミーとジャーナリズム, かつてアサの背, かつてアジア大陸に王道, かつてアパアトで養, かつてアマタルが青空, かつてアラビヤのある, かつてアラビヤ医学やスコラ医学, かつてアラブ馬が女人, かつてアリョーシャの見た, かつてアレキサンダーがダリウス, かつてアレキサンドリアのギリシア文献, かつてイエルサレムの神殿, かつてイネ帝国といっ, かつてイルコックがまたまた, かつてインド人の思い, かつてインド選手が参加出場, かつてウィルソンの十四カ条, かつてウラナヒの上手, かつてエガアトンに返事, かつてエタを谷, かつてエタ寺として擯斥, かつてエルサレムでイスラエル, かつてオックスフォード運動とよばれ, かつてオリヴィエにその, かつてオルガンチノが初めて, かつてカイと云い, かつてカスミ網が張っ, かつてカテリイヌを新吉, かつてカワラと鳴りました, かつてカンヂンスキーの美論, かつてカント哲学を越え, かつてキリストによって示され, かつてギッシングの書いた, かつてクリストフを恨まなかった, かつてクルクルと聴いた, かつてグースベリーだとか, かつてケートおばさんが話された, かつてゲーテを賞め, かつてゴットフリートとともにひざまずいた, かつてサア・フィリップ・シドニイが空しく, かつてサカイイソバという女王, かつてサンジョと呼ばれた, かつてサービスが木, かつてザクセンの建築学会, かつてザポロージェにゐた, かつてシイタケで失敗, かつてシェイクスピヤの作, かつてシカチェ府に私, かつてシシと呼んだ, かつてシナインドの思想, かつてシャンパンユの平和, かつてシャートレー座の音楽会, かつてシュテッヘの研究講目, かつてシューベルトが最高至純, かつてショパンの音楽, かつてジイドを赤化, かつてジャーナリズムの近代的, かつてスタンバーク監督ディートリヒ主演の映画, かつてステパンは身上, かつてスペインに宣教, かつてセシルが自分, かつてソビエト露国から俳諧的モンタージュ, かつてゾラの仏国, かつてタウラーやゾイゼ, かつてタタリを怖, かつてダヌンチオの戯曲フランチェスカ, かつてチオザ・マネー氏がデーリー・ニュース, かつてチップにありつきたい, かつてチベット探検を試みた, かつてチヤンと御, かつてツーロンの市庁, かつてディドの膝, かつてドウスルに憂き身, かつてドサ貫と美佐子, かつてドリとのみいっ, かつてドーブレクの邸, かつてナチスのヒットラー, かつてニイチェズムの名, かつてニューイングランドで発見, かつてハイネの詩, かつてハチまたはハチヤ, かつてハツとする, かつてハツハツハツそいつはお前, かつてハムスンの, かつてハメなどをはずした, かつてハルビンが帝政華, かつてハワイでハワイナポレオン, かつてバスチアもまた, かつてバッハがありし如く, かつてバーナアド・ショウやゴルスワージー, かつてパイプから大きな, かつてパラオ本島を十日, かつてパリに幾年, かつてヒュペリオンの愛, かつてビナレスの梵授王, かつてビュッフォンが, かつてフィルハルモニーで彼, かつてフランクの門, かつてフリュート吹きであったある, かつてフリードリヒ・メルゲルと一緒, かつてフレエザー教授の書, かつてブラリブラリと歸つて來, かつてプロレタリア文学理論が文学, かつてヘルキュレスとハイラス, かつてヘルチェンやビェリンスキー, かつてヘーゲルがクーノー・フィッシェル, かつてベッセルは夜間エルベ河, かつてベルトランという一軍曹, かつてベルリンに在学, かつてペルリと同じ, かつてペンに鋳つぶされた, かつてホトトギスで評された, かつてボドレエルやマラルメ, かつてボンヤリとロウソク, かつてボースを匿, かつてポアンカレーの述, かつてポーランドの大統領, かつてマサチューセッツのケンブリッジ, かつてマルクス主義者は口, かつてマルシーアをその, かつてミシガン大学の公開講義, かつてミトゲン線と呼ばれる, かつてミャキセンと呼んだ, かつてムッソリーニの下, かつてメズサがかく, かつてモリスは同じ, かつてモーツァルトの音楽, かつてヤタの若, かつてラインハルトの試みた, かつてラサ府にはなかっ, かつてラスネールをその, かつてリスの食器, かつてリュクサンブールの園, かつてリーチは私, かつてルイ十一世によって建てられ, かつてルナチャルスキーのマルクス主義批評家, かつてルパンに盗まれ, かつてルーブル美術館からダビンチ筆, かつてレヴェズに対して採った, かつてロシアの同志, かつてロシア皇帝の頭, かつてロシア皇帝フランス大統領ベルギー皇帝より各々勲章, かつてロマノフ王家の宝冠, かつてロロのつかつた, かつてロンドン滞在中某氏とハンプトンコート, かつてローザの感情, かつてヴィクトル・ユーゴーが, かつてヴィンケルハネスという一人, かつて一そう立派です, かつて一たびこれがため, かつて一たび史家の為, かつて一たび飯田寅之丞, かつて一どもいまのよう, かつて一ぺんに傾き, かつて一ノ関に加増, かつて一ページの音楽, かつて一七四六年版アストレイの, かつて一万三千余の人口, かつて一代に来た, かつて一個性の表示, かつて一刻たりともブルジョアジー, かつて一向帰らうと, かつて一回も起らなかった, かつて一夜たりとも二三時間以上, かつて一婢を虐待, かつて一定の働き, かつて一寸目を通した, かつて一屋無余ともいうべき, かつて一山越すと, かつて一年志願兵でもあった, かつて一度出勤したこと, かつて一度帝劇の廊下, かつて一振り保存したこと, かつて一方ならぬ世話, かつて一日中飯も食わず, かつて一旦手に, かつて一月のある, かつて一月三十日の日記, かつて一本立の御用聞, かつて一条公爵家の御, かつて一枝はやがて, かつて一樹幹次郎が話した, かつて一氣に讀み, かつて一牝馬難産のところ, かつて一目みただけで, かつて一絶を賦, かつて一緒にインド, かつて一般見物に新しい, かつて一行でもあっただろう, かつて一遍各政党, かつて一部には日本, かつて一鎖の囚人ら, かつて一頁も読んだ, かつて一頭の熊ロフォーデン, かつて万年筆を手, かつて三世の住職, かつて三井家の家宝, かつて三十年前に白鷺, かつて三好学博士が大学, かつて三年ばかり結婚生活, かつて三河の宝飯郡, かつて三浦さんの相手役, かつて三輪の社頭, かつて三高在学中に一度境内, かつての方, かつて上層階級であった公家, かつて上海や南京, かつて上野博物館の後, かつて下されたとあれ, かつて下腹に巻きつけ, かつて下草に裾, かつて不信にも背反, かつて不動明王の夢, かつて不幸ということ, かつて不足だと, かつてへし, かつて与一の絵, かつて与次郎に尋ねたら, かつて丑松の住ん, かつて世の中をまた, かつて世人の注意, かつてのその, かつて丘子のよう, かつて中世の神, かつて中原にむかっ, かつて中国に遊び給, かつて中央公論が文壇, かつて中央幼年学校で解析幾何, かつて中央日本の温和, かつて中学時代に父, かつて中学生の私, かつて中層あるいは下層, かつて中村直勝博士に依, かつて中毒したもの, かつて主人がこの, かつて久しぶりに九条, かつて久作さんや次兵衛達, かつて久我家が縁家, かつて久美子に惚れ, かつて九州旅行の際, かつて九百九十九身を捨てたれ, かつて九郎判官に随従, かつて九重の大膳寮, かつて乳母さんらしい肥, かつてに聞いた, かつて了解すること, かつて予期して, かつて予言者がおれ, かつて事変中中国の某, かつて事実の現前, かつて二三子と大道協会, かつて二三度学校の権威, かつて二僧が風, かつて二匹も犬, かつて二十世紀のはじめ, かつて二十二歳の早春, かつて二日前の夜, かつて二時間も黙つ, かつて二本松に遊んだ, かつて二行と詩, かつて二階から見下ろした, かつて云ふんでせう, かつてノ宮, かつて五六の人々, かつて五味左門が紙帳, かつて五年生の室崎, かつて五曲揃って, かつて五箇庄の山, かつて井上哲次郎氏の作, かつて亡霊亡魂よりなんら, かつての小, かつて京城に設けた, かつて京大阪の家造, かつて京都留守居を引, かつて京都祇園の名, かつて人々と集まっ, かつて人体の一部, かつて人前に出でざりしか, かつて人穴城で竹童, かつて人類などというもの, かつてまでこれ, かつて今にも組合が, かつて今日ほどその, かつてを念じた, かつて仕方がなかつた, かつて仕込まれたとおりに, かつて他国の軍, かつて仙台にいた, かつて仙台陸軍地方幼年学校の一秀才, かつて以上のよう, かつて以前も感じた, かつて以来草深い療養所, かつて以来緊張と亢奮, かつてつただけ, かつて仰ぎ見て星, かつて仰つたら坊ちやんは, かつて企てられたことが, かつて伊吹の城, かつて伊那丸が人穴, かつて伊香保に遊びし, かつて休まぬ神アレクトオ, かつて休むことは, かつて会いもしなかった, かつて会ったことが, かつて住民の気風, かつて佐々木小次郎という人間, かつて佐渡が今夜, かつて佐藤春夫が云った, かつてをぶつ, かつて何びとも指摘, かつて何事も起らなかった, かつて何年間か彼, かつて何所かで見た, かつて何等の知識, かつて余らが自己, かつて作っておいた, かつて作った最も偉大, かつて作られたことの, かつて作り出した原因のみが, かつて作品批評に際して唯物弁証法, かつて作曲家でなど云った, かつて作曲法がその, かつて作者は, かつて使われたことが, かつて來たんださ, かつて供出をださない, かつて俊三の横腹, かつて俗悪なる一破片, かつて俗流に媚びる, かつて俗衆と楽壇的騒人, かつての胞衣, かつて保さんの教, かつて保護観察所長をし, かつて信じえたであらうか, かつて信じたことが, かつて信ぜざりし狐狸の, かつて信濃で逢った, かつて信濃路の千曲川, かつて信玄公御在世以来, かつて信者にはなれなかった, かつて修証義と観音経, かつて俳優が会社, かつての室, かつて倉庫番から褒めちぎられた, かつて個人の作, かつて個人的な作家的自負, かつて倦怠を見せた, かつて倦色を示した, かつて倫理学の先生, かつて偉大なもの, かつて學處分を, かつて停学処分を享けた, かつて停電などを起さぬ, かつて健夫のため, かつて健康であったとき, かつて偶然そういう機会, かつてにあつ, かつて僕らが忘れ, かつて儀作の副業, かつて儒仏の道, かつて儒臣の喙, かつて優雅なる三十一文字, かつて儲かる者などは, かつて儲けた経験の, かつて元弘の頃, かつて元気な小僧, かつて兄上が忍び上洛, かつて充ちていた, かつて先ず四書五経の, かつて先代中村屋店主と口論, かつて先代鶴枝と死んだ, かつて先住民の残存, かつて先帝が呉, かつて先斗町にからこ, かつて先生自身予想もしなかつた, かつて先達もお, かつてにふれず, かつて光春が初めて, かつて児玉の家, かつて入らつしたのが, かつて入れ混つ, かつて入院し幸, かつて全く無かった, かつて全部お讀み, かつて全長六五メートルの高, かつての肩, かつて兩側の山脈, かつて八五郎が聞いた, かつて八幡宮の裏手, かつて八文の煮豆, かつて八百屋が先代, かつて八蕃に在任, かつて八重子への嫉妬, かつて公表しなかった, かつて公表機関との交渉, かつて公言された, かつて六十歳の壽齋, かつて六条松原の闇, かつて共々に一つ, かつて共に分けて, かつて共和国の繁栄期, かつて共産主義者が民藝, かつて共立学校で賄い征伐, かつて兵庫の和田, かつて兵部宗勝が二度, かつて兵隊だつた直吉, かつて其の儘押し上げる, かつて其国人と均しい, かつて其所に辿付いた, かつて其方の必要, かつて其諺翁の, かつて具体的に頭, かつて具合が悪い, かつて兼載から信実, かつて冀わなかった印度の, かつて内藤に書, かつて写真屋のアルバム, かつて凭れたり頬, かつて凶刃に倒れた, かつて出るわい, かつて出会っている, かつて出会った幾多の, かつて出兵の際, かつて出来したおカイコ, かつて出発した, かつて出羽の飛島, かつて分子や原子, かつて切られた頭が, かつて刑事事件を引き起し, かつて刑罰を受けた, かつて初めて向陵, かつて判断に供する, かつてに述べました, かつて別に将帥を, かつて別府にいた, かつてのため, かつて利用せむと, かつて到来したこと, かつて到達したもの, かつて刻んだ労苦の, かつて前後日本を観たる, かつて前方ダンチョンと一緒, かつて創作の心理, かつて劇場に来り看る, かつて劉皇叔から拝領, かつて劉表から打明けられた, かつて力強く説かれたが, かつて助力を頼ん, かつて労農党華やかなりし頃, かつて効き目のあった, かつてして, かつて勅書の文字, かつて勇士に退治, かつて動揺して, かつて動物学を修めた, かつて勘定奉行であり神保佐渡, かつて匂ひでかぎわけて, かつて北カロライナ州の海岸, かつて北京飯店でその, かつて北方で己, かつて北条高時が新田義貞, かつて北浜で羽振り, かつて北海道の深林, かつて北海道本島にも住ん, かつて北越倶利伽羅を汽車, かつて北陸の山代, かつて医者から聞かされた, かつて十五の歳, かつて十余年前大阪で演説, かつて十六歳の春, かつて千島北海道本州四国九州台湾の方, かつて千葉で半年間, かつて午夜過ぐる, かつて朶の, かつて半年だか, かつて卑弥呼が森, かつて卒業生一同の穢点, かつて卓一が文子, かつての海端, かつて南ア戦争に当たってはその, かつて南中に遊ぶ, かつて南方熊楠氏から親しく, かつて南画を愛す, かつて南蛮遠征のとき敵陣, かつて単純さに優る, かつて単身南米アマゾン上流の秘境, かつて博覧会にも飾られた, かつて印刷本として世, かつて印度の中世, かつて危く死ぬ處, かつて危ない破目, かつて原始に在, かつて原始人が巌, かつて参禅という事, かつて参謀本部第二部長, かつて羽衣を, かつて及ばざりし所の, かつてとして受けいれ得なかったであろう, かつて友人たちが彼, かつて友達だった人々, かつて双方の親たち, かつて取るだけの魚, かつて受取ったすべての, かつて受諾の決議, かつて叡智に輝, かつて口外したこと, かつて口論せし先代中村屋, かつて古い時代には, かつて古く歴史は, かつて古人の詩, かつて古今の諸方, かつて古来の死体隠匿方法, かつて叫んだ聲を, かつて可憐なひとり, かつて叱られたかと思, かつて史学雑誌で論ぜられた如く, かつての手の平, かつて右翼陣営の言論人, かつて各地に遊び, かつて合計三百十八分であつ, かつて吉三郎の仕業, かつて吉岡が擡頭, かつて吉左衛門らの退役, かつて吉田定房の邸, かつて吉田松陰先生の塾, かつて同居させて, かつて同情という言葉, かつて同様であった事, かつて同行した二友, かつて名僧良寛和尚によって喝破, かつて名高かったこの, かつて吐いたことの, かつて君臣の礼, かつて吟行の伴侶, かつて吹いたことは, かつて吾輩の主人, かつて蒙が, かつて呉れた方が, かつて呉れないかと頼ん, かつてはつた, かつて呼吸器を痛めた, かつてをすて, かつて命じすぐ袴, かつて命拾いする望み, かつて和歌子の美, かつて咲いた色珍らしい, かつて唄ったことの, かつて唐土へ留学, かつて唱道したる, かつて唱門と呼ばれた, かつて問屋場の台, かつて啓蒙哲学としては福沢諭吉氏, かつて喘息病みの, かつて喜ばせたように, かつて喜んで居ました, かつて喝破せられしも, かつて嗅いだことの, かつてに聞いた, かつて噛まれた人が, かつて噛まんとする, かつて噛み殺しもし兼ねまじき, かつて噴火した時, かつて嚇したが胡麻, かつて四十まで種馬役, かつて四年まえに, かつて四方太のいった如く, かつて四本は枯れ, かつて四条河原大雲院, かつて四条河原細工と云った, かつて四辺を甚, かつて四邊を甚, かつて因って采, かつて団扇を膝, かつて図入りでその, かつて国君の権利, かつて国民的感情などの存, かつて国民讃仰の的, かつて国許にいた, かつて国際犯罪都市であったよう, かつて土人街に蟄居, かつて土田杏村は英語, かつてつた光なり, かつて在籍して, かつて地上の大, かつて地中海の瑠璃色, かつて地摺の青眼, かつて地方の娘時代, かつて地方裁判所に明決, かつて地獄の門, かつて地球人が誰一人, かつて坂上田村麻呂征夷の偉勲, かつて坂東八ヵ国になかっ, かつて坊さんを探し, かつて坐りそばに, かつて埃及の古跡発掘, かつての明いた, かつて埴生の小屋, かつて培いたる栴檀の, かつて基督教に興味, かつて堪えられぬ虐遇を, かつて堪るものか, かつてにはその, かつてを十三がい, かつて墓場で見た, かつて増上寺の前, かつて壮厳ミサ曲というの, かつて壯丁の多, かつて売り買ひされる, かつて変ることなかりし, かつて夏目先生が云われた, かつて夏目漱石森鴎外坪内逍遥と大きな, かつて夕暮方に幼児, かつて外人の評, かつて外国語学校支那語科にありし, かつて外界に向っ, かつて多勢の子分達, かつて多摩川のあゆ, かつて夜一の白鼠, かつて夜汽車で一箱, かつて夜見ヶ浜は綿, かつて夜逃をした, かつて夜遊びに出で, かつて夢にも見たこと, かつて夢みていた, かつて夢子が刺された, かつて夢路を辿, かつて大いなる味方を, かつて大いに苦しんだ事, かつて大して気を, かつて大倉喜八郎の家, かつて大兄の如き, かつて大凡の意味, かつて大名であった九十余歳, かつて大国がその, かつて大学教授のころ, かつて大家であった本庄, かつて大小二匹の南京虫, かつて大村父子と山侍たち, かつて大槻内蔵之助の演劇, かつて大正十五年の春, かつて大海の魚, かつて大町桂月君等は蔦, かつて大磯にをられた, かつて大西祝君であったか, かつて大谷家を訪ねた, かつて大量の光, かつて大阪府の薄給官吏, かつて大隈重信侯が龍造寺, かつてへお, かつて天一坊はお, かつて天上界で霊霄殿, かつて天下の公議, かつて天子が長安, かつて天帝釈だった由, かつて天智天皇朝の火災, かつて天然の色, かつて天然痘もはいった, かつて天皇を国民, かつて天神地祇を分たれた, かつて天秤座に衝突, かつて天賦人権論を説き, かつて太郎射手を勤めた, かつて夫人が女優, かつて失はれた俺の, かつての住所, かつて奇石三十六枚を貯, かつて奈良の牢獄, かつて奥上能瀬沼でとれた, かつて奥州七戸辺の実例, かつて奥羽のマタギ, かつて女々しい涙など, かつて女たちの玉章, かつて女優養生所に入所, かつて女王の容姿, かつて女義太夫のベテラン, かつて奴隷が演奏家, かつて好きだった歌, かつて好んでやった, かつて妊娠を避けよう, かつて妓楼に宿泊, かつて妖怪研究会員の一人, かつて妙テコレンな病気, かつて妹沢博士も私, かつてがあり, かつて妻子と共に住ん, かつてはジーグフリード, かつて姉川の役, かつて姦通したこと, かつて婚約なさいましたが, かつてが我, かつて婦人の美, かつて婦女を後堂, かつて婦長さんが顏, かつて媒妁をなしし, かつてたりし, かつてを思ふ, かつて嫌味な男, かつて嬉しかったもの, かつてを家庭, かつて子規一派の俳人ら, かつて子路自身も孔子, かつて孔子釈迦ソクラテスカントの四聖, かつてし後, かつて存するところは, かつて孟子の言える, かつて孤児院の児, かつて孤独なこと, かつて学んだ東京の, かつて学海居士近くは坪内博士, かつて学生のころ, かつて学生時代美しい良書, かつてのある, かつて宇宙開闢の問題, かつて安土に在る, かつて安政大獄を引き起こした, かつて安治川の下屋敷, かつて安田靱彦は黄瀬川, かつて完全に見て取り得なかった, かつて完成した事, かつて官権の庇護, かつて定家の, かつて実業に従事, かつて実業学校長会議の席上, かつて実現した事, かつて実行されざりしこと, かつて実見せし友人, かつて実隆に, かつて室町時代は日本, かつてに分配, かつて宮内省等への出前, かつて宴安の席上, かつてに風波, かつて家中の者, かつて家人とか侍, かつて家族に向っ, かつて家族団欒の楽しみ, かつて宿った家の, かつて寄席で買, かつて密雲にとざされ, かつて富士の人穴城, かつて富士男が希望湾, かつて富豪の一族, かつて寒々とその, かつて寝た事は, かつて寝ちまふ, かつて寸々に裂かれよう, かつてが大火, かつて寺内陸相が政党, かつて寺田寅彦氏が一つ, かつて寺院の奥, かつて寿子のヴァイオリン, かつて専斎が持っ, かつて専門の歌手ら, かつて将棋史上現はれた, かつて将軍吉宗から特に, かつて尊敬をもっ, かつて尊氏はこの, かつて小さな鉄瓶からは, かつて小児たりし, かつて小出楢重氏が大阪人, かつて小坂部をおびやかした, かつて小学校に奉職, かつて小学校教師の生活, かつて小川君にこの, かつて小役人をした, かつて小沢を訪れなかった, かつて小泉八雲氏がなん, かつて小田原に遊んだ, かつて小田原山中アゲハを追ひ廻した, かつて小石先生もこう, かつて小笠原の父島, かつて小舟で渡った, かつて小言を云った, かつて小説の上, かつて少年倶楽部から笑話, かつて少年時代に太平記, かつて少年私の眼, かつて尚侍はほのめかした, かつて尾崎さんが二階, かつて居ないほどの恋, かつて居ましたよ, かつて居ますから月, かつて居らぬ他人で, かつて居られるとの事, かつて居りませんが大方, かつて居士の眼, かつて届けいずる必要, かつてともせざりし, かつて属していた, かつて山中で病猪, かつて山口も心配, かつて山善に兇悪, かつて山田鬼斎氏が百円, かつて山神の社, かつて山詣での最も, かつて山間に取り遺された, かつて岩瀬肥後が井伊大老, かつて島崎藤村がヴェノスアイレス, かつて島村抱月氏は情理, かつて川童の子, かつて巡国をし, かつて巡査であつ, かつて巣鴨の留守中, かつて巣鴨病院の患者, かつて工人たちは彼ら, かつて工藝の性質, かつて左抵右抗のもっ, かつて左様な噂, かつて左翼のシンパ, かつて左翼華やかなりし頃, かつて左門は不安, かつて巨大の樹木, かつて差しつかえあること, かつて巴里に在りし, かつて市ノ瀬に向, かつて市場や世評, かつて帝都の青空, かつて師匠圓生のいる, かつて師匠金四のため, かつて師範科の伝習, かつて帰省の途, かつて常人と異なる, かつて常州の筑波山, かつて常陸から下総, かつてを利かせた, かつて幕政に関せずし, かつて幡随院長兵衛の劇, かつて平凡な器, かつて平和の日, かつて平安朝の無数, かつて平家のなにがし, かつて若い女史, かつてなきピーケ, かつて幸徳はこの, かつて幸田露伴翁も那珂川, かつて幼少の時, かつて幼年学校時代に陸軍監獄, かつてが逃げ, かつて幾分疎外排斥を受け, かつて幾年か前, かつて幾度か関係, かつて広く声聞師と, かつて庄屋を勤め, かつて庄平と並ん, かつて底光りのする, かつての盗難事件, かつて府庁にいた, かつてに遊ぶ, かつて庸三が丘, かつて廃娼論の盛ん, かつて延原謙君が書肆気, かつて弁士エウチアスに重罪犯, かつて弁論の雄, かつて弋陽の尉, かつて弓弦のごとく引つ, かつてに彼, かつて弟子の中, かつて弟綾之助の許, かつて張士誠に当り, かつて張梁張宝の賊軍, かつて強健であった芸術, かつて強意見をされた, かつて強盗多かった, かつて弾き返されたやうな, かつて当家の主人, かつては見た, かつて形式以外のもの, かつて形成せられたこと, かつてさえ宿さなかった, かつて役者似顔絵を描かず, かつて彼以下六名が捕へられ, かつて彼女流に語られる, かつて彼方此方に支柱, かつて往々唱門師とも, かつて往来で彼, かつて待つてゐました, かつて待合をしよう, かつて後主劉禅へ, かつて後藤内相の当時, かつて後進部落の名, かつて後部の大きな, かつて後醍醐が隠岐, かつて徒刑場にはいっ, かつて徒歩主義会というもの, かつて徒然草を読みける, かつてをする, かつて得られなかったところの, かつて得んと望める, かつて御し易い息子, かつて御殿山氏は自邸, かつて御身のもの, かつて醉機嫌で, かつて微塵も僕, かつて徳島県小松島町に至りし, かつて徳川が威勢, かつて徳川家の食, かつて徹太郎に聞いた, かつて心からあつため, かつて必要であったこと, かつて忍剣の形相, かつてを得たら, かつて志村と共に能, かつて忘れるか忘れねえ, かつてがし, かつて応挙の王昭君, かつて応永の末日野資教, かつて忽ちとつ, かつて怒ったことが, かつて怒つたことの, かつて怒らせて見, かつて怒鳴ることが, かつて怖かった箱根, かつて思い出したことの, かつて思い及ばざる着眼点から, かつて思つても見なかつた, かつて思ふンだ, かつてに僕, かつて怪しむ者なき, かつて怪我をしました, かつて恋しかった女ども, かつて恋人同志であった, かつて恋仲だった頃, かつて恐ろしい目に, かつて恐ろしく叱られたん, かつて恥ずるものなし, かつて悪人であったもの, かつて悪口を申す, かつて悲惨な最期, かつて情婦を持たず, かつて愉快を知らない, かつて意識的な作為, かつて愚痴をこぼした, かつてのこと, かつて愛情を持っ, かつて愛誦した, かつて愛読して, かつて感化を受けた, かつて感受したもの, かつて感得したこと, かつて感情の移入, かつて感情移入では移入, かつて感激をうけた, かつて感知したこと, かつて慈善心に富んだ, かつて慌くつており, かつて慢心和尚がいう, かつてる所, かつて憤っていられたごとく, かつて懐疑があったろう, かつてせしこと, かつてを交えた, かつて成功したため, かつて成恋した男性, かつて成瀬岩雄氏から聞い, かつて我が本草学者が, かつて我が国においても行われたであろう, かつて我儘で身, かつて我歌を楽, かつて戦争中に公, かつて戦友だったとかいう, かつて戦死して, かつて戯れに古人, かつて戯曲とする, かつてに時鳥, かつて手記して, かつて打ちあけたことは, かつて打ち殺した辻風典馬とは, かつて久の, かつて抄録しかつ, かつて投票場に近寄つた, かつて抱いた希望の, かつて抵抗を試みず, かつて拙著にも述べ, かつて拡散した物質, かつてへ上げた, かつて持たなかった不思議な, かつて持ったことの, かつて持彦の放埒, かつて指摘した通り, かつて指示実験の心得, かつて按摩から聴いた, かつて挨拶に困った, かつて捕えてこれ, かつて捨てられたわたくしを, かつて排斥したところ, かつて排除と反抗, かつて掛けても思はざりし, かつて採用されなかったが, かつて推古朝の三十四年六月, かつて推察したとおり, かつて推理の力, かつて揃いも揃っ, かつて描いても描い, かつて描いた光源氏に対して, かつて描かれしものと, かつて提案された種々, かつて提議したよう, かつて握り返した事が, かつてになるべき, かつて搴げられたこと, かつて摘み蒐めた, かつて撰んだりした, かつて擽つたりする, かつて支倉の妻, かつて支那の大, かつて支那文化の世界, かつて改姓して, かつて攻撃された, かつて政府外に通用, かつて政敵たりし, かつて政治に関係, かつて政治主義的偏向のおかげ, かつて政治的な活動, かつて故主玄徳がこの, かつて故郷を出, かつて敏子が松葉, かつて救けを呼んだ, かつて救けたる彼の, かつて敗北を知らない, かつてを受けた, かつて教えてくれた, かつて教えた学生の, かつて教会に往, かつて教会堂に足, かつて教学的精神の栄えた, かつて教訓本の中, かつて敬太郎に話した, かつて数これを試みし, かつて数人に命じ, かつて数回の犯罪事件, かつて数年前木曾から諏訪, かつて文句は来た, かつて文字の神, かつて文学の全, かつて文学博士島田篁村翁の家塾, かつて文学好のある, かつて文学座主事の職, かつて文展に出した, かつて文献記録の到り及ばざる, かつて断えた事の, かつて斯様な動物, かつて新九郎は雨龍, かつて新劇の中, かつて新劇運動に参加, かつて新年に伊勢神宮, かつて新明教授が東北帝, かつて新聞記者は社会, かつて方術者が天下, かつて旅行中にそれ, かつて日向の国, かつて日常の用, かつて日曜がこんなに, かつて日本中の如何なる, かつて日本人全般に通用, かつて日本人民の運命, かつて日本画を愛し, かつて日清役のとき, かつて日英間にその, かつて日蓮の書いた, かつて日野俊基が文談会, かつて日露戦争直後東京で最初, かつて日露戦役に従ってあらゆる, かつて日露戦役当時学業半ばにし, かつて旧友の一人, かつて旧知の鈴木鼓村君, かつてす玄宗雨, かつて昌平黌の舎長, かつて明るいことが, かつて明廟を訪れた, かつて明治四十一年に政友会, かつて明治座の役者たち, かつて明言しなかった, かつて昔そこから生命, かつて映つていた, かつて映画が言葉, かつて映画雑誌のハガキ質問, かつての朝, かつて春一がウイスキー, かつて春休みに出, かつて昭和七年に本書, かつて昭和十二年秋関東軍参謀副長として着任, かつてを同じ, かつて時々店番を, かつて時に触れ折, かつて時事新報と大阪毎日新聞, かつて時計のぜんまいみたい, かつて月において, かつて暗澹たる孤独感, かつて暗示された別, かつて暫しの生活, かつて暮れてゆく, かつて暴らかりしもの, かつて暴力団狩のあつ, かつて曰くわれは実に, かつて曰く忠に死し, かつて曲がったことが, かつて曲った事が, かつて書きかけの原稿, かつて書三篋を亡, かつて書籍で読み, かつて曹操時代にうけた, かつて曹源寺の儀山禅師, かつて最初の入獄, かつて最近の日本, かつて最高学府に学び, かつて月末に細君, かつて月給というもの, かつて有ったに相違, かつて有ったらしい形跡は, かつて有らざりしところの, かつて有らなかったということ, かつて有りまたは毎年季節, かつて有名な建築家, かつて有名人であり学校, かつて望まれたところであっ, かつて朝倉家の粟, かつて朝夕針のむしろ, かつて朝敵となった, かつて朝日新聞の文芸欄, かつて朝臣であったこと, かつて木下尚江が發行, かつて本位田又八の母, かつて本堂の文珠堂, かつて本当に物を, かつて本気で抱い, かつて本箱の上, かつて本能にみちびかれた, かつて本能満足主義という名, かつて本郷の街裏, かつて本郷座や新富座, かつて本願寺の根拠, かつての前, かつての金庫, かつて村人達から怨まれたら, かつて村松梢風氏はその, かつて村重が中国陣, かつて来なさるだね, かつて来なれし屋敷内を, かつて来ようとは, かつて来るだらうと思つて, かつて東京地方裁判所検事であり今, かつて東京法学院にあっ, かつて東北帝大理学部, かつて東国では聞いた, かつて東奔西走した同門, かつて東牟婁郡高池町の素封家, かつて東西を歴遊, かつての枝, かつて松坂城の奉行, かつて松江鍾山の浄行菴, かつて松雲がまだ, かつて林下に住みし, かつて果物の落ちる, かつて某省の属官, かつて染井の化物屋敷, かつて柔和を知らない, かつて柳吉が言った, かつて柳生の大宗, かつて柳田國男君の精細, かつて栗原山を下り, かつて校猟し中道, かつて根岸刑事の推察, かつて桃山に閑居, かつて桑港の古本屋, かつて桓霊に歎息痛恨, かつてを詠じた, かつて森夫や和助, かつて森永が独占的地位, かつて椋島技師にスパイ, かつて植ゑたらそだつにしたがひ様子がかはつ, かつて植木屋の若い, かつてと肩, かつて楢雄に話した, かつて極めて孤独な, かつて榛原郡の農家, かつて槍仕合いの殊勲, かつてになつて, かつて横たわっておった, かつて横光利一が第, かつて横浜に住ん, かつて橋渡しをし, かつて檀家の者, かつて檢死前乍ら死骸, かつての歯, かつて櫛まきお藤, かつて次郎に, かつて欧州の野, かつて欧州大戦当時神戸の独逸人商館, かつて欧洲アルプスと日本アルプス, かつて欧洲大戦の砌, かつて欲情の否定, かつて欺くことは, かつて正信の流浪中, かつて正確に計算, かつて此世にかく, かつて此座敷迄上つて, かつて此處さは一度, かつて武内義雄氏の非常, かつて武子さんが御, かつて武家六分町人四分と言われた, かつて武州小仏, かつて武田合戦を見物, かつて武田麟太郎が, かつて武知先生の塾, かつて武蔵大里郡を旅行, かつて武門におくれ, かつて歩き難かつ, かつて歩一歩踏締て出來, かつて歴史の教科書, かつて歴史的世界は課題, かつて歴史科学という語, かつて歸つたにし, かつてとたたかい, かつて死した楽女の, かつて死ぬまでなんとなく, かつて死のうとなさいました, かつて死体があがった, かつて死刑を宣告, かつて死刑人を巨板, かつて死滅せずその, かつて殆どなかつたので, かつて残夢を訪ね, かつて殺してしまふ, かつて殺人事件があった, かつて母后の住まはれた, かつて母親の人並, かつて毎々次のやう, かつて毎日質屋へやらされた, かつて毛人の残存, かつてを訪問, かつて民器の無心, かつて民意を尊重, かつて民族と歴史一巻一号, かつて民藝はかかる, かつて気づかなかった単純な, かつて気象集誌に簡単, かつてばつけ, かつて氣附かれたこと, かつてに浮い, かつて水兵をした, かつて水戸から起こった, かつて水罎に日光, かつて水面下三十尋あるいはそれ以上, かつて水鬼の難, かつて永禄の三年, かつて汚れし事なく, かつて江州長浜へ鳥, かつて江戸町奉行がこれ, かつて江蘇の飯屋, かつての周囲, かつて決してボードレエルの, かつて汽車の中, かつて沈み勝ちで, かつて沖縄本島でも試みられ, かつて沙魚がわいた, かつて沢庵のいった, かつて河上肇氏とはじめて, かつて河内野を風靡, かつて河北省に於ける, かつて油揚と葱, かつて沼津行啓のみぎり, かつて泉州の刺史, かつて法医学教室にいた, かつて法律に触れ, かつて波斯馬を得, かつて泣いたことの, かつて泣かなかったために, かつて泣きながら俺らおふくろ, かつて注文して, かつて津田の父, かつて洩せしことあらざりし, かつて洩らさなかった過去の, かつて洪水で人々, かつて活動を休止, かつて活版屋の女房, かつて流行児であつ, かつて浅草観音に奉納, かつてが語った, かつて浪々の不遇時代, かつて浪六がいひつるごとく, かつて浪子を不動祠畔, かつて浪花政江一座という中流, かつて浪路を凌がず, かつて浮いた沙汰など, かつて浮かれ達磨に, かつて浮かんだことの, かつて海岸橋下の葦, かつて海底に径寸, かつて海底超人にぶつかった, かつて海豹が老幼, かつて海軍士官だったこと, かつて海道一の貧乏, かつて消えなかった無言の, かつて涸れたことが, かつて淀みがあったろう, かつて深い山の上で, かつて深切の意, かつて深山越の峠, かつて深川で左褄, かつて深川座のあった, かつて清からぬ男子, かつて清水坂の長, かつて清算し切れなかった封建的遺物, かつて渋江氏の若党, かつてに散りこむ, かつて渡ろうとはしない, かつて渡辺橋の合戦, かつて温かい言葉一つかけられなかった, かつて測量員すら逡巡, かつて湖広の某, かつて湖水であったという, かつて湖沼の草木, かつて湖龍斎の好ん, かつてへられたつくば, かつて湯気のたつ, かつて洲の, かつて満天の星くず, かつて満州事変の成立, かつて源氏に不合理, かつて準備をした, かつて溝口氏のため, かつて滋賀の唐崎, かつての様, かつて漂泊の癩者, かつて漂浪生活を送った, かつて演出あるいは演技指導, かつて漱石先生は, かつて漱石虚子によって試みられた, かつてはなかっ, かつて火災に罹った, かつて火食をしない, かつて灸婆をつかっ, かつて為したと同じ, かつて烈しく罵倒され, かつて無く新と, かつて無心より優れた, かつて無敵艦隊を指導, かつて無断でその, かつてか考えたる, かつて熊掌料理を食べた, かつて熊本におりました, かつて熊祭の際, かつて熊野川を船, かつて熱心なるキリスト者, かつて燕王父子の間, かつて父上の御名, かつて父親総一郎の殺された, かつて爾汝の友, かつて片っ端から都下, かつて片山津で盗まれた, かつて片岡川島両家を結びたる, かつてを室, かつて牛方事件の張本人, かつて牛羊をわれ, かつて牛若へ叱, かつて牧羊夫が三月, かつて牧野博士のこと, かつて物語った言葉を, かつて特務機関として奥地, かつて犀川と浅野川, かつて犀星氏は, かつて犬殺しを見た, かつて犯していた, かつて狂者それがし, かつて狐惑にかかりし, かつて狐火や天狗火, かつての場, かつて独立国たりし, かつて独立独行政治社会の牽制, かつて独逸のビスマルク, かつて独逸軍の塹壕, かつて狼狽したる事なきわれ, かつて猟夫を見た, かつて猿同様の時代, かつて猿若で平山武者所, かつて獅子とも虎, かつて獣肉を供物, かつて獨善的日本主義者が自己, かつて玄機を識, かつて玉体にご存じ, かつて王座にありき, かつて王廷から頂戴, かつて珍本を求めた, かつて農相は, かつて現われたことも, かつて現代探偵小説に低圧電気, かつて現代短歌史にわけもった, かつて現存の四社連盟, かつて理解しなかった, かつてつたれたり, かつて甚だ暖かかった, かつてありしもの, かつて生きた品を, かつて生じ得るならば私, かつて生じ来ったあらゆる事物, かつて生れたような, かつて生れるだけの事, かつて生存した人々, かつて生死をさえ, かつて生物的生命を単に, かつて生産技術や自然科学, かつてのため, かつて用いられたことの, かつて田川一座の看板, かつて田沼の館, かつて田辺博士は西田哲学, かつてから乙, かつて甲山の強者, かつて甲州の将士, かつて甲府城下の闇, かつて申しました所が, かつて申しますとこれ, かつて男子が女子, かつてから出かけた, かつて画伯浅井忠が住みし, かつて画室の内部, かつて画家はその, かつて画家ユージェーヌ・ドラクロワについ, かつて畏友大村医博の話, かつてにでた, かつて留守居を罵っ, かつて僧が, かつて異国人のため, かつて異変はない, かつての上, かつて疑ったことは, かつて疑われたことの, かつて疲労にも憂愁, かつて疼痛の考え, かつていにかかり体温, かつて病褥にあり, かつて病院は非常, かつて痴情の殺人, かつてのお伴, かつて発し得た最もりっぱ, かつて発見いたしました美濃, かつて登山した時, かつてするもの, かつて隠禅師, かつて白い布を, かつて白巌窟尊者の所, かつて白昼街の中, かつて白皙人種が有色人種, かつて白秋氏の, かつて白馬に乗り, かつて白鳥会の集まり, かつて白鳥会時代には, かつて百二十三巻十四帙を千疋, かつて百戦におくれ, かつて百貨店の発行, かつてこの土, かつて皆川淇園は酒数献, かつて皇居の荒廃, かつて皇帝によく, かつて盛んに伝道, かつて盛夏に当っ, かつて監守盗罪で処刑, かつて盤珪禅師は人々, かつて盧植をおとしいれた, かつて目撃した事, かつて目的あること, かつて目黒川のほとり, かつて直接に異性, かつて相対性原理を唱えました, かつて相談一決して, かつて相馬御厨の司, かつて省みられたことが, かつて省作を迎えた, かつて看護婦さんが言, かつて真にして, かつて真物にも偽物, かつて真白になつ, かつて真面目に討論, かつてつてる人たち, かつて眠ったことが, かつて眺めて墨だらけ, かつてを覚ました, かつてつてゐました, かつてを合さず, かつてつて, かつて知っていた, かつて知った日本人は, かつて知つてた人, かつて知らした覚えは, かつて知られざる新種であった, かつて知り彼の, かつて知ることの, かつて知れず早や, かつて知人の死去, かつて石壁などの設け, かつて石谷華堤さんに話したら, かつて石黒忠悳翁が明治初年, かつて砂層の変形, かつて砂糖の甘味, かつて砂糖店を出し, かつて研究されて, かつて破れたことが, かつて破産したこと, かつて硯友社諸家の文章, かつて碇泊した最初, かつてく清, かつて碧梧桐君は, かつて磯山らと約しおきたる, かつて示し今も, かつて社稷を覬覦, かつて社長がアインシュタイン博士, かつて祈ることの, かつて祈祷の何たる, かつて祕めた緑, かつて祖父半六が隠居所, かつて祝福されたる人, かつて神原精二氏が, かつて神田伯龍は, かつて神護院があっ, かつて祭事の総攬, かつて祭文のうち, かつて禁界を標示, かつて禅僧についていったい, かつて福島から来た, かつて福本日南に大, かつて秀夫くんの家, かつて秀真に頼みし, かつて私どもの犯し, かつて私共の目, かつて科学を片づけ, かつて科学者と芸術家, かつて科学雑誌に出, かつてくな, かつて種々な状態, かつて種々意見を率直, かつて稲作の豊熟, かつて稽古したこと, かつて積立てた準備金の, かつて空中の餅, かつて穿鑿して, かつて立ちのかしめ師團に, かつて立ち昇る恐ろしい叫声, かつて立てる微かな, かつて立派だなあ, かつて之助, かつて笑いというもの, かつて笑つていました, かつて笑らあれたつけ, かつてにした, かつて筆札を高, かつて筆者が不精, かつて答えぬから仕方, かつてをあてられた, かつて算哲が外遊, かつて算盤事件で弟, かつて箱根において聞いた, かつて節儉をし, かつて米国で堂々たる, かつて米国セントルイス博覧会に, かつて米国フィラデルフィアにいた, かつて米国遊学中の同窓, かつて米店をはじめ, かつて米銭の恵与, かつて精力の貯蓄, かつてに絡まりました, かつて紀介様はいつか何, かつて約束したよう, かつて紅葉から文壇, かつて紋也が弟, かつて紙クズやあきカン, かつて素人窯を築いた, かつて素人芝居があった, かつて素面でいられる, かつて細川家の運命, かつて細民部落の名, かつて紹介した, かつて終りまで読み通す, かつて終了したが, かつて経典にくわしかっ, かつて結ったことも, かつて結びつけていた, かつて絞りあげた富は, かつて統一戦争の当時, かつて統制なるもの, かつて統御した全, かつて絶えたことの, かつて絶え間もなく, かつて維持されたこと, かつて維新の際, かつて緒戦からこんな, かつて縁鼻へ出, かつて縛られるまで兎, かつて織り上が, かつて繰りかへし, かつてを犯さした, かつて置くのだ, かつて罹ったためしがない, かつて美しさを, かつて美しかったこと, かつて美保関では鶏, かつて美禰子といっしょ, かつて美育部の展覽會, かつて美術学校の学生時代, かつて美貌をうたわれた, かつて義母を皇后, かつて羽前の尾花沢附近, かつて羽将軍が敵, かつての見た, かつて翁塚の供養, かつて習い覚えた絵心を, かつて翰林院学士エピナック某がこの, かつて老いたる偏盲に, かつて考えずにノート, かつて考えたごとくに恋, かつて考えなかった有形無形の, かつて考えられたうちで, かつて考えられなかったような, かつて考え企てたことが, かつて考え及んだことすら, かつて考証のため, かつて聖なる寺院を, かつて聖アレキセイ寺院の鐘声, かつて聖人仙人梵士および牛, かつて聞いたらちやんと, かつて聞いてたよ, かつて聞えたことが, かつて聞かされてあまり, かつて聞かず夫の, かつて聞かないほどな, かつて聞かれたどの呼声, かつて聞きしがごとく, かつて聞きたまひし, かつて聞きたる一話を, かつて聞きなれざるものなる, かつて聞きましたがその, かつて聞きますのよ, かつて聯句を試みた, かつて聴かされたがその, かつて聴かざるいまだその, かつて聴かせたことは, かつて聴く徳大寺の, かつて肉親友人戦友中国人たちの惨め, かつて肉類のみによって生, かつてに汗, かつて肌身離さなかったの, かつて肥後国熊本までもこの, かつて育つた物で, かつて育ての親, かつてを癒着, かつて能登の戦場, かつて脱兎のごとし, かつて脳中に浮かびし, かつてを組み, かつて腕組みをし, かつて物を, かつてをつき, かつて臨んだ習慣の, かつて自らこれを処理, かつて自ら年歯を語った, かつて自ら法諡を撰んだ, かつて自ら高岳親王真如を廃太子, かつて自ら鬼の子孫, かつて自分たちの周圍, かつて自国の文章, かつて自宅において柱, かつて自慢気なこと, かつて自然をおそれ, かつて自然科学は新しき, かつて自由と思われた, かつて自由主義の王者, かつて自由民権時代に封建的, かつて至純の動機以外, かつてのジャン, かつて興安嶺につき当, かつてるが, かつて舞台におけるメリザンド, かつて航海せし船, かつて船中では, かつて船場新聞で相手, かつて船長が防柵, かつてやかに邪しま, かつて芥川の家, かつて芥川竜之介君と俳句, かつて芭蕉庵の古址, かつて花田植の花々しい, かつてざさず, かつて苛政を布かれた, かつて苛立たせて得られる, かつて契を, かつて若き日の, かつて若気の過ち, かつてんだ, かつて苦しい顔色を, かつて苦みぬいた揚句, かつて苦悶したり, かつて苦節をなめ, かつて英雄がそれ, かつて茂庭周防と密会, かつて茶事を禁じた, かつて茶屋の支払い, かつてを採り, かつての露, かつて草葉が画, かつて荊州の関羽, かつて荒栲を着, かつて荘周の寓言, かつて荷揚が始まる, かつて莎草の供給, かつて菊之助が勘當, かつて菊池氏が加藤雄策氏, かつて菊王に托し, かつて落胆すること, かつて著しかったその, かつて蒐集した古, かつて蔵宿から三文, かつて蕪村句集輪講の時, かつて薙刀をさえ陸, かつて薩摩の人, かつての効能書, かつて薬用植物の一つ, かつて藤原博士が私, かつて藤原基経が万機巨細, かつて藤枝が私, かつて藤沢から車, かつてから与えた, かつて藩政の末, かつて虐げられたものと, かつて虫類を多く, かつて蜘蛛という随筆, かつて蝦夷が住み, かつて蠅男が帆村, かつてを流し, かつて行かざるを得なかつた, かつて行かれるのです, かつて行きて山中, かつて行きたいといふ衝動, かつて行けばい, かつて行っていた, かつて行つたのである, かつて行つた歌のやう, かつて行つた言動に類似, かつて行つてゐました, かつて行つて両手でその, かつて行つて折角の幼馴染, かつて行われていた, かつて行われた国内戦, かつて行欲せざる浄行童女善比丘尼, かつて衣物を織った, かつて衣裳やさん, かつて表わしたあの燃える, かつて表面に現, かつてを翳し, かつて被告席にあらわれたる, かつて裏切つた行為を, かつての立てられた, かつて襲われたという家, かつて西の領地, かつて西四牌棲を通り過ぎ, かつて西塔に住ん, かつて西小寺の境内, かつて西河内の某, かつて西洋諸国において大人, かつて西洞院蛸薬師の親類, かつて西海岸から首都, かつて西班牙植民史には幻, かつて西行が来, かつて西鶴輪講の時, かつて見ざりしほどの珍品, かつて見しことある, かつて見せたことも, かつて見せる氣力の, かつて見たくなつた, かつて見なければ気, かつて見ねえこいつは, かつて見ん始めて覚る, かつて見出した垣根越しの, かつて見馴れない出家である, かつて覚えなき敗軍の, かつて覚え忘れるのには, かつてりベダイ人, かつて親しかつた, かつて親しかった者, かつて親分鐘五郎の敵方, かつて親友杉山平一君より君, かつて親戚や友人間, かつて観た彼の, かつて観察し記録, かつて角帯の草履姿, かつて解くとあと, かつて解体せられ切り, かつて触れてみなかった, かつて言えることあり, かつて言ったことだ, かつて言つたのでは, かつて言つた言葉であ, かつて言ふんです, かつて言及されたこと, かつて言葉をかけた, かつて畫し, かつて計画はあった, かつて訊いて御覧, かつて訊ねるんだ, かつて討死すべかりし身, かつて記されなかった習慣の, かつて記した海豹島第, かつて訪れた城下町の, かつて許されざりし里帰を, かつて訳語あらず今ここ, かつて詐りなき手古奈, かつて試みて六, かつて試みざりし人物山水等を, かつて試みたように, かつて試みたることありや, かつて試みなかったことである, かつて詩人三好達治君がこの, かつて詰問されるの, かつて話されはした, かつて誇りかにあたり, かつて誓うらくいかなる, かつて語つた例がない, かつて語られたことの, かつて説いたことが, かつて読まないが私, かつて読み返したことが, かつて読むわけに, かつて読んだり耳, かつて誰ひとりとして彼, かつて誰一人も入る, かつて論じまた常に, かつて論証したと, かつて画師と, かつて諸処の深山, かつて諸氏の胸, かつて講義の時関野博士, かつて講読したり, かつて講釈師に聞, かつて謡曲や狂言, かつてを受けたる, かつてっていた, かつて警告というよう, かつて警察に在勤中, かつてへ落ちこむ, かつて谷川徹三はこの, かつて豚番をやっ, かつて貞之進をせびり続けた, かつて貞盛から聞い, かつて貧しい者が, かつて貧窮組が起った, かつて貪るように, かつて貯へた金は何, かつて貯めたお銭も, かつて貰つて居ります, かつて堂において, かつて資本主義社会にはなかっ, かつて資産のある, かつて賤ヶ嶽のたたかい, かつて赤く嘴は, かつて赤ん坊の時, かつて赤坂の今, かつて起こさなかったのだ, かつて起こしたことが, かつて起草せる宗教方面, かつて越前のある, かつて趣味がもてなかった, かつてを踏み入れた, かつて足一歩も踏み入るるあたわざりし, かつて足音のした, かつてが俄, かつて踊場で見た, かつて踏んだことも, かつて躊躇いがあったろう, かつて軍時貯蓄勧誘に尽力, かつて軍神の信玄, かつて軽井沢のほとり, かつてを駢, かつて辛くも遁れ去, かつて辟易した事, かつてを取った, かつて農奴解放の輿論, かつて農林省の小作官会議, かつて農民と共に在った, かつてに人, かつて近寄ったことの, かつて近江伊吹山の下であえなく, かつて近衛首相が各大, かつて近親の葬儀, かつて返事をくれた, かつて迷うことを, かつて捕を, かつて追っ払われるのを, かつて追分で盗まれた, かつて追放されて, かつて送つて寄越した, かつて逃げるやうに, かつて透き通る秋の, かつて途中にて争い, かつて逗子の家, かつて造った物や, かつて造りあげた手毬だつた, かつて逡巡があったろう, かつて逢ったことございませぬ, かつて進むといふ力, かつて進出して, かつて進歩の旗, かつて遂げぬ欲望の, かつて遊ぶ氣で, かつて遊んでゐた, かつて遊んだ幾つかの, かつて遊興のため, かつて過ち得るようには, かつて道具の発明, かつて道徳論をたてた, かつて道江を平凡, かつて道誉の魔手, かつて達磨の像, かつて適切なる提案, かつて選んでかつて, かつて遺言状を披露, かつて避病院へつれ, かつて那須与一の琵琶歌, かつて邦楽革新の新進作曲家, かつて邦訳で読んだ, かつて郡長の行過ぎた, かつて部屋の手箱, かつて郷里において禁酒会, かつて郷関を辞する, かつて都会をあこがれ, かつて酒井蓉子と称し, かつて酒渇を病んだ, かつて酒量少なく言葉少な, かつて酔って道傍槐樹, かつてし今, かつて釈尊大涅槃処, かつて釈迦は, かつて重い刃が, かつて重三郎の儘, かつて野原へ散歩, かつて野猪を幼時, かつて野生の境遇, かつて野間の安養院, かつて金剛千早の日, かつて金持ちがこの, かつて金満家に呈したる, かつて金語楼から聞かされた, かつて金銀のいまだ, かつて鉄槌を下した, かつて鉄砲の研究, かつて鉱坑が掘られた, かつて銀座の夜店, かつて銀杏の並木, かつて銀歯組の刑部様, かつてを出し, かつて錦旗に対しお, かつて鎌倉山に覇気, かつて鳴器室, かつて孫無, かつて長くは彼, かつて長剣を手, かつて長安都下の悪, かつて長官その他の顕職, かつて長崎の和蘭人, かつて長方形の片口, かつて長浜の小姓部屋時代, かつて長谷川如是閑氏は個人的感情, かつて長野の学舎, かつてはなく, かつて門司の労働者, かつて門弟の胃, かつて関係し今, かつて関将軍が治め給うた, かつて阪井と喧嘩, かつて阪井さんは一昨日来, かつて阪谷博士は日本社会学院, かつて防空演習のあつ, かつて容, かつて阿Qを懲らしめた, かつて附馬牛村に行き, かつて院長の死んだ, かつて陸地に沿い, かつて陸地測量部の人夫, かつて陸軍の手, かつて陸軍中将押上森蔵氏に通信, かつて陸閑岸のほとり, かつて険相に墮, かつて隆盛を極め, かつて隆起した筋肉, かつて随喜したツルゲーネフ, かつて際会した最も, かつて隨分頭のとんちんかん, かつて隻眼の仏像, かつての飛ん, かつて雄大にひろ, かつて雇傭して, かつて雑戸の職, かつて雨煙が野, かつてを家来, かつてを眺め, かつて雲助の出所, かつて雲州松平家で家士, かつて雲雀というもの, かつて雲霧の仁三, かつて雷同附和の必要, かつて電気窃盗を窃盗罪, かつて需要は本, かつて霊魂を否定, かつて露西亜の国土, かつて露路にかくれ, かつて青い色の, かつて青峰禅師に対して発した, かつて青年であった村人, かつて青年時代に得られなかった, かつて青春の時代, かつて青野季吉が, かつて非人等として賤まれ, かつて面識だになき, かつてに関して自分, かつて韻律は拍子, かつてへ這, かつて順応しようと, かつて須永が説明, かつて領内歩きのとき, かつて頻りに聞きますの, かつてを見せなかった, かつて類例のない, かつて風流論を書き, かつて飛び出した朝田の, かつて飛んだり駆け, かつて飛騨の宮司, かつて食い残した品を, かつて食ったことの, かつて食べられさうになつたんです, かつて食事の催促, かつて飼った経験は, かつて餅搗の場合, かつての薫, かつて馬賊の大将, かつて馭者たりし, かつて馴れなれしい詞を, かつて駅路一切の奔走, かつて英大使として, かつて騎馬にて一遊, かつて骨董癖のある, かつて野山の, かつて高く値ぶみされた, かつて高価な首飾り, かつて高山や杉村, かつて高島屋で大, かつて高文官僚の独占, かつて高等哺乳動物の心室, かつて高等学校にいた, かつて高遠城下で夜な夜な, かつて高須の方, かつて鬼熊が出た, かつて鬼筋に関連, かつての書庫, かつて魏怡春をからかひな, かつて魏王が大, かつて魔法博士デイやグラハム, かつて魯西亜語に翻訳, かつて鳩山内閣のもと, かつて鴎外の, かつて鴨みたいに晝寢, かつて鴫突きの話, かつての湯温泉, かつて鹿島の宣教, かつて麻布辺の大, かつて麻酔剤をかけられ, かつて黄巾賊の乱, かつて黒いピンが, かつて黒旋風愛吉をし, かつて黒犬を携え, かつて黒田伯清隆に謁, かつて,人の平均壽命