青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かし~ ~かしい かしい~ かしこ~ ~かすか かすか~ ~かた かた~ かたち~ ~かつ
かつ~
~かつて かつて~ かな~ かなた~ かならず~ ~かなり かなり~ かに~ ~かね かね~

「かつ~」 11512, 124ppm, 851位

▼ かつ~ (6131, 53.3%)

258 のです 236 のだ 184 のである 91 のは 81 のか 5045 ことは, ので 44 か, やうに 4342 ことを 39 な, のでせう 38 と思ふ 37 が, のに, わ 36 やうな 32 と思, のであらう 29 ものです 28 かも知れない 26 のだらう 25 がその, と見え, ものと 24 筈だ 22 からである, がそれ, ことが, なあ, よかつ 21 と思ひます, と言, やうだ 20 のが, のを 19 ぢや, といふこと 18 から, のかも, ものぢや, 時の 17 といふ, と云, のさ 1615 もので, やうで 13 がこの, が私, に相違, に違, ものか, やうです, 事は, 事を 12 からで, ことだらう, の, のであります, のと, わね, 時は 11 がやがて, といふの, のでその, ので彼, ものが, ものだ, 上に 10 かな, のかな 9 がそれでも, が今日, ところで, と思つて, のであつ, のよ

8 [14件] かも知れません, けれど, こと, ことで, と云つて, と見える, のでした, ので私, ものを, やうである, わけで, 筈です, 頃の, 頃は

7 かも知れぬ, からだ, が今, それは, のでございます, ものは, 事が

6 [13件] かどう, か知れぬ, がしかし, ぞ, ところから, と私, なア, のぢ, ンだ, 事, 時に, 為に, 私は

5 [26件] が午後, が彼, ことである, ことと, ことに, ぞよ, ためか, ために, といふやう, とみえ, と言つて, ねえ, のだつた, のでこの, のでそれ, ばかりでなく, もんです, わけだ, わねえ, 彼は, 日にや, 日の, 時には, 時代の, 私の, 頃には

4 [37件] うれしかつ, かと思ふ, かね, からです, がいつも, がこれ, がそんな, が僕, が其, が夜, が然し, けれどもどう, ことも, ことや, といふわけ, といふ事, とは言, と後悔, と思はれる, なか, にち, のでお, のでこれ, のも, もの, ものである, ものらしい, もんだ, ような, 事も, 其よ, 寺なり, 山に, 時代に, 樣子です, 私が, 筈の

3 [66件] かしら, かといふこと, からその, があんな, がおれ, がここ, がどう, がなかなか, が其処, が時々, が暫く, けど, けれど今度, けれど私, ことだ, ことなどが, ことには, これも, ためでも, とか, とかで, とき私は, とき突然, としたら, と思ひました, に, にし, にせよ, のかい, のでさ, のですぐ, のでそんな, ので二人, ので僕, ので御座います, ので皆, ので自分, のなら, のね, ものの, わけである, を思ふ, んで, 事だけは, 人々の, 人も, 人間は, 夜が, 夜の, 彼の, 悪かつ, 折から, 方が, 日本の, 時代, 時代で, 時分の, 為で, 為めに, 父親の, 男の, 相で, 筈である, 自分の, 酒も, 頃で

2 [228件] いつまでも, うまかつ, かえ, かしらとにかく, かその, かそれ, かそんな, かと思はれる, かは自分, からそれ, からだらう, からであらう, からといつ, からな, からなん, から停車場, から彼女, かを教, か主人, がい, がいや, がお, がそれから, がそれだけ, がだんだん, がでも, がとう, がまた, がもう, がわざと, が一寸, が不意, が中, が今朝, が他, が何故か, が例, が入交, が別段, が同じ, が声, が夕方, が女, が強, が彼女, が御, が恁書, が房一, が政治家, が最近, が東京, が気持, が當時, が突然, が笑, が考へ, が自分, が若い, が近づい, が酒, が陰鬱, が雨, けれどその, けれども, けれどもいま, けれど風景, ことか, ことだけは, ことであり, ことなどを, ことよ, これで, しその, ぜ親分, それから, ためでは, だけそれだけ, だけで, だけです, だけにまだ, だまつてゐれ, という, といつた, といふこの, といふ印象, といふ思ひ, といふ気, といふ話, といふ風, とか云, とき, ときに, ときの, ところに, とすれ, とは思, とみえる, と何れ其, と同時に, と安心, と思う, と思はれた, と思ひつ, と思へた, と次第に, と猶, と聽, と自分, と見えまし, なす, なと思ふ, なまア, にしろ, にもせよ, のう, のかしら, のかと, のかね, のださうである, のでございませう, のでしよう, のでつい, のでまた, のでよく, ので人眼, ので佐久間, ので何, ので家, ので忽ち, ので恰も, ので本, ので皆此方, ので茶山, ので隣, のな, のにそれでも, のにつまらない, のにと後悔, のにと考へた, のに今, のに違, ものでなく, ものなら, ものに, もののさ, ものの逢つて, ものも, もんで御座います, やうであります, やうな堪らぬ, ようだ, よお, わけです, ンです, 事それから, 事である, 事に, 事には, 事や, 今の, 今日も, 位で, 冬の, 古人は, 場合には, 夕立の, 家も, 山また, 山も, 山口の, 年である, 後に, 徑が, 所得も, 故か, 故で, 日には, 日記を, 昔なら, 春の, 時それが, 時で, 時である, 時二人は, 時代も, 時代を, 時分には, 月は, 朝が, 樣に, 次には, 此の, 母を, 気が, 灰色の, 為か, 爲である, 爲でも, 爲に, 物を, 理由が, 相ぢ, 眼で, 眼も, 私に, 程の, 筈で, 繻子の, 自分に, 舟お針の, 色に, 芽をね, 行程五里, 覚えは, 訣である, 話を, 調子で, 足音が, 酒の, 雅典の, 面持を, 頃, 頃ある, 頬が, 顏を, 顔が, 風も, 食が

1 [2529件 抜粋] あげく優しい, あの不思議, あまりに, あんたが, いや, うちの, えらかつ, おばあさんの, お曾與, かしらと思つて, かといへ, かどんな, かなと思つて時計, かは想像以外, かも判らない, からいきなり, からこそ型, からでした, からと言つて, からに相違, からよそ, から下手, から五十, から何故, から十兩, から墓石, から彼ら, から早く, から當然筋, から私, から見えなかつた, から踊, から隨分敵, から鵬斎, かを現す, か今日, か分らない, か大抵, か悪, か知れ, か羅思遠, か重, がいかにも, がうれし, がお菓子, がけつ, がごてごて, がし, がすでに, がその後三人, がたまさか, がつねに, がどうにも, がなんとも, がほか, がまつたく, がやう, がよい, がカステイラ, がラツパ, が一度切り, が七千兩, が上々, が中でも, が事理, が人, が今度ここ, が仕合せ, が仮面, が何となく, が保雄, が元, が共に, が初めて, が十八, が半鐘, が単独, が吉原, が吾, が四年間, が地蔵眉, が変, が多く母親, が大抵, が女中, が宗次郎, が寄らない, が少々, が左, が広場, が忽ち, が惡人ぢ, が抗, が斯, が時間, が暑, が最期, が本, が棄て, が歸, が沁沁, が深, が物事, が猿猴橋, が男, が直ぐ, が睡眠不足, が神戸, が籐椅子, が美術, が肩, が苦, が蔵海, が豹, が近寄る, が遂に, が郷里, が銚子, が降る, が雄二, が顔つき, が驚いた, くら, けどもう, けれどこれ, けれどつまらなかつた, けれどもあの, けれどもそこ, けれども仰いだ, けれども是, けれどやすらかであつ, けれど元来, けれど孔雀君, けれど物, けれど自, けれど道べり, ことなぞ, ことやら, この洋服, ころ佐竹は, さう, しかしその, しぐれの, しめつたに, し美味い, すべてに, せいも, そうだ, そしてその, そして寒, その學説, その時, そよとの, それでも店, そんな時老人, ためかも, ため予定を, だけその, だけにこんど, だけのこと, だらだら登り, つけな, とあと, という伊達正男, といひます, といふのぢ, といふ人, といふ山, といふ表情, といふ追, とかああ, とかで喜ん, とか念入り, とか騷亂, とき下の, とき私の, とき野々宮は, ところでも, とさ, としても前, とそんな, との話, とは知るまい, ともいへる, とも考へられる, とよろこんだ, と云つて晶子, と内々ほくほく, と外科, と当時, と思つたの, と思はれます, と思へる, と手紙, と氣, と皆んな, と考, と苦しん, と覚え, と諦めました, どうしても五尺五六寸, どれだけ, なぞと考へた, などいふ, なよ, な山名屋五左衞門, にと思ふ, には相違, にも関, に違い, ねだが, ねほどよく, のうわびた, のだろ, のであんなに, のでおそるおそる, のでさだまる, のでそのまま, のでどこ, のでふりあげた, のでわざとらしい, のでツイ, ので一人, ので一方, ので三代将軍家光, ので不思議さうに, ので二人共, ので五ヶ月, ので何ん, ので俯向, ので先代, ので兵隊さん, ので出入, ので助かりました, ので南佐渡, ので周圍, ので多勢, ので女子文壇, ので子供, ので将門, ので己, ので座蒲団, ので忘れ, ので急, ので折角, ので日歿後, ので書生, ので木沢氏, ので案内知つた者, ので次, ので此点, ので洗, ので無, ので男子, ので相手, ので私達, ので篠田, ので繁代, ので薄暗い, ので西郷薬局, ので言つた事, ので豫期, ので軒先, ので遅く, ので門跡之, ので電車, ので魯國, のとで, のにといふ, のになあ, のに二錢七厘, のに對, のに御, のに自分, の明日, はいらう, ばかりか親切, ばかりに貫一さん, ほどでした, ほんた, まで, まま弱り, もう少しそつ, ものだらう, もののその, ものの此千載稀, もの分りのよ, やうにだけは, よあの, よく睡れた, よシン, よ彼時, るい躯を, わたくしの, わほんとに, わ妾, ギヤーマンの, スプウンの, テエブルを, ネ坊や, ペーターの, ヴェールの, 一昨夜駅前で, 一種の, 丈激しい, 上からは, 不折, 中根靱負, 主人の, 事です, 事なら, 二十七歳の, 井上侯が, 人たちを, 人な, 人何か, 人間が, 今先生様, 他國者, 代赭色の, 伯父夫婦が, 何とニガイアルコール, 何故だ, 俳優諸君の, 借家です, 僧都の, 光線が, 六時過, 其風呂が, 処より, 刎橋, 前額を, 十一時頃散会, 南禺は, 友達が, 口づけ, 古代を, 同門同志の, 味も, 商家筋である, 噂は, 四時過ぎ, 国民は, 土地柄と, 地に, 堤の, 場合自分の, 壜を, 変な, 夕方帰庵し, 夢といふ, 大學, 大都市の, 夫たちを, 女は, 妙な, 娘でございます, 子供みた, 安心した, 宿で, 寝酒も, 小さい位, 小室の, 小雪でも, 屋根裏も, 山百合もう, 岩に, 嵐気を, 席上ルンペン画家の, 年頃にでも, 廣袖の, 役目だ, 彼らは, 後の, 御飯を, 心持をも, 怖かつ, 悪くいへ, 感想を, 憾みは, 戸外は, 所謂ほろ, 才八は, 支那事変傷痍軍人後援会主催全国同盟新聞社森永製菓株式会社後援映画と, 故人の, 文章軌範の, 新布石法, 旅もを, 旧家には, 明治の, 星を, 時あなたの, 時一齊に, 時以来忘れられ, 時分で, 時勢でも, 時暴風雨に, 時雨らしい, 晶子は, 暴風雨の, 望み, 末娘だけに, 本箱の, 東京から, 松窓七部集が, 枳殼垣も, 桃太郎の, 棒縞の, 様だ, 様子である, 樹の, 正三が, 殊に宇部, 母に, 民族間又は, 氣持の, 氾濫に, 汽車の, 油虫が, 津藤は, 海岸は, 満月だ, 澄太君と, 為である, 為も, 無論私自身, 爲では, 爲幸か, 犬である, 理由に, 生徒は, 生白いの, 男に, 番頭の, 痛快だつた, 白い白い大鉄橋, 直し物の, 真ツ陽, 眼玉と, 矢間の, 短い日, 硝子板四百余枚を, 福井藩を, 私です, 私達は, 程です, 空の, 箕, 素敵な, 絆創膏が, 緑平老の, 罪人の, 老年の, 肉體を, 腰が, 自分への, 船は, 芥川に, 若旦那が, 草鞋が, 萩の, 蒲団も, 薄皮を, 藤かづらが, 蛇が, 行程五里九十四間の, 褐色と, 親類の, 記憶の, 許でなく, 評判の, 貧乏し, 足に, 身心が, 近在行乞しなけれ, 途中の, 逸材であります, 遠い昔, 部屋で, 酒と, 酔眼に, 野郎が, 釘あとなどが, 鐘樓と, 門派の, 陰暦の, 雑木林の, 雲華寺の, 青春は, 頃です, 頃医者の, 頃楊弓に, 額縁だの, 顔は, 風の, 馬鈴薯, 鬢の, 鶩の, 黒い大きな, 點が

▼ かつ~ (265, 2.3%)

2 不自然である, 呆れかつ, 喜悦し, 彼らの, 彼女の, 礼儀では, 私を, 驚きかつ

1 [249件] あの方, あまり大切, あり余る親切, いささかにても, いったん約束, うしろめたき点, おうらやみ申しました, おそれるの, おそれ多い, お上の, お新, からかって, けち, こちらの, このたび, このほどより, この名和, この国, この奇縁, この心, こよい, これよりの, さみしき唇, その可, その種類, それには, とかく騒がしい, どれほど, なき父親, はがゆく不満, ほっとし, また, またおん, またこの, またすこぶる, またそち, またわれ, また丹波, また右馬允貞盛, また執権北条, また従来, また既に, また秀郷自身, また自分, また高砂石, まどいかつ, みかどへ, やめて, ゑがきつ, ジャルディン卿の, チベット文字を, 一味の, 一寸心配, 三時間ばかりの, 上人彼自, 上杉北条毛利などの, 不意の, 不正行爲, 世に定評, 世の, 世上にたいしても, 中国の, 中院の, 主だったる, 主命を, 二人の, 亡き父母君, 人人にも, 人道的な, 人間にも, 今日の, 仏徳の, 余人の, 佛に, 作って, 作品の, 先帝から, 先輩弥次郎兵衛喜多八が, 先頃家康の, 公命に, 六波羅飛脚とて, 兵士らが, 兵庫の, 創作家の, 加藤子爵及び, 動悸めき, 千早籠城のみ, 叱咤し, 同じ山河, 同輩として, 名のみながら, 名文家で, 名門の, 呆れた, 味方の, 喜びかつは, 団十郎とも, 圈の, 塗香多く, 外国の, 大名縞の, 大笑いする, 大袈裟の, 女房子の, 妹を, 妻子を, 娘を, 実家に, 客人の, 宮の, 家づとにす, 家鴨の, 尊氏が, 尠から, 左中将どのの, 巧妙を, 己れ, 帝王で, 年々の, 年頃である, 幾台も, 彼には, 後醍醐の, 得難い書物, 御威光, 御連歌, 微笑み, 徳川の, 心いわい, 心を, 怒ったの, 怒りかつ, 怒りみ世の中, 急に, 怪しき, 恥じ永から, 息子の, 悲しめる加藤子爵夫人, 情熱の, 感嘆した, 憐愍と, 憤りはたと, 我が身の上, 拝観し, 播磨いらい, 故郷に, 教訓する, 散りぬる花, 敵に, 敵の, 敵大軍も, 新影流, 旅先で, 日頃親しく, 旧主の, 旧誼上何となく, 昔勤めました, 時めく高家, 暗夜の, 書生芝居なる, 有力なる, 朝廷としても, 東洋人の, 某事武術修行, 歌へども, 正月の, 武士という, 武士として, 武威を, 武男を, 民衆の, 水平に, 永らくの, 汗あ, 泣き牧, 泣声の, 涙も, 清吉を, 父祖の, 物語の, 甚だしく久濶, 生活苦から, 男である, 疑ひかつは, 疾病死亡を, 病後の, 目あき, 直ぐに, 真白に, 真面目な, 知りたいと, 知りながら, 硯友社の, 礼の, 空想を, 窮した, 笑みかつは, 等閑ならず, 米仏政府に対して, 絳雪の, 罰しかつ, 羨しく存申候, 考えかつ, 自分が, 自己, 自己宣伝の, 自省する, 臭の, 舅父と, 艦長松島海軍大佐を, 苦し気, 苦みかつ, 英雄の, 裕福であり, 西宮に, 親御様の, 誠忠無双であっ, 誤りて, 読みかつ, 誰にも, 諒闇の, 謹聴し, 豪奢の, 貴下の, 貴公よりも, 賞し雲, 足利とも, 辰吉を, 途中にて, 連年の, 進んで, 邪魔を, 邸内にも, 郷里の, 郷里より, 野州足利, 鋭く睨められた, 鎌倉の, 関東武者の, 陽も, 難得き, 雨風に, 頭領の, 風が, 風雅を, 馬を, 驚きかつは, 鰐淵寺は, 黒田官兵衛にとっても

▼ かつたら~ (242, 2.1%)

4 どうする 3 うに, うにと, と思ふ, 俺が, 天下泰平に, 私が

2 [12件] お孃さま, それを, 何でも, 僕の, 僕は, 十手捕, 堪忍し, 天国は, 妾は, 怎だつたらう, 自分の, 自分は

1 [196件] あなたの, あなたも, いくらでもどうか, いつでも, いつもの, いよいよ此, うたを, うに能う出, おいで, おそらく私, お世話します, お二人, お前も, お嫁, お嬢さま, お差支, お読みやす, お辨當, お隣の, きつと, ここで, これだけ, すつかり, せめて荷物, そこへ, そこを, そつと, その仔細, その代り, その瞬間, それから, それから幾日, それは, ただおれ, ちよいと, ちよつくら, ぢつと, てんで噛み切る, としみ, どうか諸家, どうだい, どうなさいます, どうなる, どうにも, どんなに叱られるだらう, どんなに笑, どんなに薄気味悪い, どんな版, どんな男, なア, の慾, ひどい目, ほかへ, もうおし, もうそろそろ夏, もう一ぺんおいで, もう暫らく立ち會, わしの, わたしの, わたしは, キットああ, チャリネ館の, ドンな, ネ, ミシンを, リアリズムを, 一人で, 一刻も, 一言も, 万事おし, 三枚目にも, 不見転の, 両方共に, 二三日泊つて行け, 人は, 今夜うちに, 今晩中に, 他人が, 付き合つ, 佐渡屋の, 何うし, 何うだらう, 何だか変, 何でもある, 何を, 何一つ善い, 何故伊庭, 何處へでも, 使つてちやうだい, 來ても, 來なく, 僕が, 全部死ん, 兩國へ, 其場で, 凄い文句, 割りで, 勘辨しない, 勿論醜, 千恵は, 半年も, 叔母さんに, 合図に, 君も, 君ピピアスも, 君何にでも, 吸物の, 呉服屋の, 呼ばらん, 坑夫の, 夙くの, 夜ど, 大へん, 大變, 女房も, 寢呆けて, 實に, 寺小姓の, 小判で, 少し一緒, 屠蘇を, 崋山の, 庄屋樣でも, 床下からでも, 床屋は, 御引取り, 心気一転姓名判断の, 必ず御, 応挙に, 念入りに, 悪かつ, 慶喜さんも, 或は解る, 手前が, 早く元気, 早く私, 明日とも, 明日に, 明日にも, 最後こつち, 来世には, 植物も, 正直に, 此処で, 決して私, 泊つていらつ, 泊つておいでなさい, 無論子, 片輪, 玉葉, 甚次が, 田園の, 甲府で, 男も, 画壇の, 畜生めこんな, 當つて見ろ, 直ちに印度洋, 神明樣の, 神田へ, 私は, 私有財産は, 窗から, 罨法を, 美は, 老中でも, 育児係りを, 胡瓜で, 自分で, 自分も, 良寛さんに, 芝居は, 落込む, 葉牡丹さんの, 行つてあげ, 親は, 誰か, 誰だ, 誰でもといふ, 調伏でも, 諸君は, 諺では, 警察へ, 讀者として, 貴君も, 貴方の, 車に, 返事を, 途中の, 遊びに, 遠慮なく盛ん, 鉋でも, 間違ひもなく, 首へ, 駐在の, 鰯で

▼ かつたん~ (235, 2.0%)

5225 です 12 ですよ 10 だよ, ですもの 9 だが, でせう 7 だらう, で 6 だから 5 だね, ですつて 4 だもの, ですが 3 だな, だなあ, ですから, ですね, や 2 だがな, だけれど, だと, だらうと, やが

1 [45件] かい, だけど, だすやろな, だぜ, だつて, だど, だなんて, だねえ, だらうが, だらうぢやあ, だらうところが, だらう厭, だらう恐ろしく, だん, だ俺, だ無論, だ畜生め, だ誰, でお, でお勝手, でげす, でございませう, でございませうね, でさ, ですか, ですがね, ですな, ですねえ, ですの, ですのに, です兄さん, です小面, でた, ではつきり, で十三年, で大変小言, で御, で悪, で親分, で電報, べ, べい, べが, べ彼, やがな

▼ かつその~ (158, 1.4%)

2 中に, 分量も, 客観を, 結果として, 説明的なる, 質が

1 [146件] うちの, ずぶ濡の, シカケを, 一脈の, 上に, 下には, 世子の, 中なる, 中には, 主と, 事にて, 人と, 人工崩壊の, 人自身でさえ, 仲間の, 会堂は, 会話を, 体いたって, 体を通じて, 作り方も, 作用によりて, 佳香, 供給の, 価値が, 価値は, 価値を, 先輩たる, 全生活, 冥界の, 分配を, 分量が, 前後の, 功労ある, 労賃は, 動きは, 動揺回転する, 原因を, 反抗力の, 句に, 含む善, 啓蒙的に, 地方を, 地質の, 地都会と, 場合には, 場合の, 場所は, 墓石に, 声の, 多くの, 多望な, 夜の, 奉行を, 姿を, 子供が, 存在を, 孤立が, 孫和長とは, 宗に, 宗教中に, 実に大小, 家に, 家貧し, 富を, 年増の, 形は, 形容の, 形状を, 志を, 想像の, 意味が, 慈善行為を, 憚ん, 成果を, 所住と, 手を, 教授候補者と, 数が, 文展における, 文才を, 方向の, 日は, 日より, 時の, 暖なる, 期間中また, 来たる, 機敏なる, 欲望を, 死するは, 気分に, 気質は, 水滴は, 永く保たぬごとく, 活動を, 消息が, 深遠なる, 混雑を, 演算を, 独立後共和政体を, 理由として, 理由によって, 生産に, 生産には, 発明をも, 発表を, 発達に, 相対価格を, 真剣な, 短気に, 研究の, 社会史的意義を, 福を, 種類すこぶる, 穀物の, 策を, 結果は, 繊維が, 罪は, 自由活動を, 舞台的成功の, 色白で, 花の, 花は, 蒐集せる, 薬剤官の, 裏の, 言伝えの, 言説から, 説の, 豫言を, 貨物の, 資本を, 趣味の, 足らざるなき, 返礼として, 途次逐一, 進歩は, 遊ぶ時間, 道理を, 遠い悔痕, 遺族は, 開設の, 隙を, 顔は, 飢饉は

▼ かつまた~ (142, 1.2%)

2 これらの, すみやかに, それを, 人の, 己れ, 彼の, 非常に

1 [128件] あなたを, あの優, あまりにわかに変わった, いくらか, いつまでも, お庇, かりそめながら, こうした場合, ことごとく説明, この事業, この代赭色, この物語, これから宮, これが, これほど, これを, その一, その人, その仕立形むづかしきもの, その使, その動静, その外面, その高, それらの, それ以後今日までも, そんな大きな声, ただ今は, ぼくの, まともな, もっとも認められ, よくたずね, わが旗本, クリストフは, ナンバンカンゾウの, ページ数の, 一同は, 一席の, 一徹な, 上京する, 不如意で, 不幸に, 中世著名の, 事実において, 事業の, 二商品の, 二葉亭に対して, 二葉亭の, 人に, 人を, 人生自体の, 人間による, 今日, 今日は, 会うこと, 会読は, 何等の, 信ぜよ汝, 儒教にては, 入水の, 兵力増加各, 内貴清兵衛, 切実な, 前以, 力を, 卓一と, 単純な, 友人であった, 唯物論者は, 地主に, 塩文, 大部隊, 家中を, 山高帽は, 嶮岨の, 幸福である, 当時は, 当時武士が, 後来この, 急務だ, 所有すべからず, 政府は, 故一左右衛門, 日本人としては, 日本人を, 最も幸福, 最も快, 本人そのものが, 松田太郎左衛門並河掃部などの, 正義感に, 死という, 民族性が, 江戸での, 混雑誤解を, 清岡の, 清湘老人の, 熟し立て, 甚だしく色ッ, 生産は, 用役についても, 男一般といふ, 異常な, 異端を, 病気が, 相当才覚を, 真に日本皇帝, 矢代自身の, 神妙な, 窄く, 筆者の, 綿の, 美妙と, 義貞の, 考えまいと, 自分が, 自分も, 蜀の, 蟹の, 警告者である, 資金も, 身長から, 遠い故国日本, 長州侯に, 陳腐な, 隠し化粧, 面白かろう, 駕輿丁の, 高くなり, 高貴の

▼ かつたり~ (119, 1.0%)

17 して 5 すると 3 するの, 何か 2 したが, したもの, するやう, 外交費が, 腋の下が

1 [81件] いかにも女らしくやさしい, うがつて, くしやみを, くやしかつ, こつちへ, これらに, しい, した, したこと, したため, したら彼, しては, しながら, しや, する, するから, するさま, するだけで, するだらうと, するので, するもの, する日, する時, する者, すれば, そのかみさん, その都度, それは, と云, と少年, また, または好ん, やう, ゆるかつ, わるかつ, アヤフヤな, カストリが, ケチ臭く, 会ひたく, 低かつ, 何處からか, 全身疵だらけの, 冷やかして, 勝つべきとき, 十一月の, 厭きたり, 可愛かつたり, 台所が, 垢を, 妙に, 子持の, 学問が, 家主の, 寒かつ, 寢ころん, 屡々妙齢, 平べつ, 忘れたり, 怖ろ, 恥づかしいけれど, 或は大きな, 料理の, 暑かつ, 木兎の, 木材が, 来て, 歩いて, 沢山の, 涼しかつ, 涼し過ぎ, 添へ, 珍しかつ, 眼玉が, 第一, 胴が, 衒ひ, 赤ちやけ, 辛かつ, 退路を, 銅貨と, 鳥が

▼ かつ~ (72, 0.6%)

3 かつと, 明るくなつた 2 した, なつた, なつて, 逆上せて

1 [58件] あけた, あたる帯剣, こしへに, した大きな, した日, した気持, して, しますよ, すれば, せざるを, なつたんだ, なる, はち切れるほど, 両眼, 光を, 出て, 剥きだしに, 吐き出した, 唾を, 大きく開いた, 天龍が, 年より, 当る昼間, 忌, 怒るか, 日が, 日の, 明かるく, 明くなつ, 明るい渚, 明るくなり, 晴れて, 暑い日, 横に, 洋燈の, 烈日ど, 照つてゐる, 照りか, 照り渡つてゐた, 熱中する, 燃えるやう, 燃え立つもの, 眼を, 私の, 胸が, 蒼くな, 血が, 見開いて, 見開かれ指, 見開かれ鼻孔, 赤く咲きでた, 身体中の, 車のわ, 輝いた午, 輝やかし, 陽を, 飛びだし唇, 黄色な

▼ かつこれ~ (70, 0.6%)

3 を記憶 2 に加え, を保護, を強く

1 [61件] がため, が持久, が東京, が解釋, が食虫植物, くらい大, こそテレビ, でこそ孝道, と芸術美, にお, にその, にプロヴェンツアーン・サルヴァーニ, に具わっ, に及ぼす, に基づい, に天上, に対してのみ決定, に影響, に栄養, に漢文, に説明, に請, のみである, は程度, までに読んだ, までの美, よりも大, をいふ, をし, をときあかし, をアダム, を五種, を五行生剋, を交換理論, を他人, を分岐, を同, を固めし, を夢想, を学ぶ, を学生, を実際, を年月, を廃止, を打開, を扱う, を捺す, を推測, を推進, を擁護, を樂, を武将, を知る, を行, を行なう, を解き, を貫かん, を貫一, を起す, を身体, を適用

▼ かつたらう~ (66, 0.6%)

654 と思ふ 32 かと思はれる, がな, といふ, と思, と思はれる, と思ひました, と考へる

1 [34件] いやらしい夢, かと思はれます, かと私, からな, から當時, かモントクリス伯, か数十町, が, がそれでも, がまた, がもうやがて, が僕, が廣小路, が我輩, が私, が自然, し關東大震災, そのま, と, といふ面白, とおも, とつく, とは村, と思つて, と思はれます, と我慢, と私, に, にと言, にな, に世間並, 今一片の, 何うかし, 此時ばかり

▼ かつこの~ (58, 0.5%)

3 種の 2 場合には, 所有量が, 歌の

1 [49件] とき動産資本が, エンタシスは, ストライキの, 一篇は, 不撓不抜の, 世紀の, 主観精神と, 事実と, 事業の, 二つの, 人物政府を, 伝統教育の, 価格以上及び, 内達は, 区別の, 区別を, 反対の, 句の, 問題は, 地も, 境に, 大審院長を, 小説は, 怪声は, 文章が, 文章には, 時には, 曲線は, 根岸党の, 様に, 洋学を, 派の, 物の, 特異な, 猿芝居は, 疾病は, 監獄学校へも, 真理性を, 私立の, 空気塊が, 自伝の, 若貴公子, 論文が, 論派は, 辺りの, 運動は, 銀五グラムの, 際甚だ, 際空腹に

▼ かつそれ~ (46, 0.4%)

1 [46件] がかく, がマルサス的内容, が一流, が今日, が他, が普遍的, が騰貴, につき, によってこの, によってこれら, によって利潤, によって吾, によって鑑賞, に労賃, に対しては必ず, に対して喜ん, に対する評価, に対する需要, に比例, に触れる, はひとつ, はイデー, は富, は日本詩, は法廷, ばかりで, をし, をひどく, を何, を信じ, を再び, を処分, を利用, を各国, を外国, を宣伝, を少し, を市場, を断行, を更に, を本位, を比較, を消費, を現実, を記録, を骨子

▼ かつたし~ (45, 0.4%)

2 それに, 云ふ

1 [41件] あらゆる條件, あんなになる, いつしよ, お天気, この男, この辺, せめて少しは, その争, その後も, それ以上には, のちに, まあ通り一ぺん, 一族の, 三日ぶりに, 中には, 人間としても, 侠客や, 前には, 加之に, 又下手, 双方とも, 向うの, 子供の, 実は欲望, 寺で, 悲しかつ, 拍子物の, 淋しくて, 烏丸の, 物言ひ, 珍しかつ, 皮肉で, 納骨には, 背も, 自分も, 與田さんは, 船客に, 行乞相も, 警句にも, 間違ひ, 面白かつ

▼ かつ~ (37, 0.3%)

2 いるの, いる壁

1 [33件] あった, あったこと, あった謀叛人, いく湖, いたかを, いるお日様, いるし, いるなと, いるのよ, いるひろ子, いるんで, いる事, いる物, いる男, いる警部, おいた封筒, おくの, くると, くれた若衆, くれるだろう, くれるやう, ことが, ことさ, しまひお前, しまふ, しまふの, ますがね, もらった木綿財布, ゆくと, んだ, 来る時分, 来る飢ゑのくるめきは, 行く彼女

▼ かつたでせう~ (33, 0.3%)

155

1 [13件] お気の毒, かあの, かそれとも, か親分, か錢形, が多分, が自分一代, もう直ぐ帰ります, 兼吉が, 叔母さんが, 梅雨明けには, 親分, 貧に

▼ かつたなら~ (30, 0.3%)

2 ばその, ば到底, ば決して

1 [24件] ば, ばどう, ばどんなに, ば全く, ば其の, ば如何なる, ば彼, ば我党, ば或いは, ば本体論, ば私, ば競争上遙, ば英國, ば認識, わしは, 一段と結構, 人知れず自分, 今の, 何故其蕨, 僕は, 川に, 彼の, 後から, 眞田の

▼ かつちや~ (30, 0.3%)

15 いけません 4 いけませんよ 2 いけねえ 1 あ, あない, いけないぞ, いけませんね, いけません放つて, いけません親分, ならねえ, 居られねえよ, 遊ぶ気

▼ かつ判明~ (30, 0.3%)

12 に理解 7 に知覚, に知覺 2 に洞見 1 な知覚, な知覺

▼ かつこう~ (29, 0.3%)

4 いそげば

1 [25件] うぐひす, かつこう, が啼き, が変つた, が好き, で, です, ですわ, でと, で夜具, で市ノ瀬牧人, で末, で立つて, で逢, で遠く, といつたら, のつかぬ, の光, の獨身, の話題, はまぎれ, もあ, を始め, 啼いて, 家ちかく

▼ かつきり~ (28, 0.2%)

4 と木草, と物 3 とした

1 [17件] した今様, した戸口, した書き方, した肩, して, とあてはまるであらう, とし, と彫られた, と成立, と横断, と画かれ, と目, と穴, と額, には着く, 第二時, 翌廿六日

▼ かつたこ~ (27, 0.2%)

73 とそれ 2 とはいふ

1 [15件] とかわかりません, とまるで, とも事実, とも却つて, とも周知の, とも若い, とヨーロッパ, と今, と位, と嫁仕度, と恥, と樹下, と覺, と返事, と闇

▼ かつ最も~ (25, 0.2%)

2 慈悲深い, 重要な

1 [21件] むずかしいところ, 不分明, 人口稠密な, 位置の, 低廉な, 便利な, 大切な, 完全なる, 強烈な, 徹底的に, 急速度, 愉快なる, 意の, 有名な, 有用な, 気の, 経済的に, 肥沃である, 良く環境, 著る, 重要である

▼ かついえ~ (21, 0.2%)

7 公は 5 公の 1 はいったん, を斬っ, 公せんだ, 公とも, 公はごき, 公へ, 公も, 公を, 公をと

▼ かつかう~ (21, 0.2%)

2 をし

1 [19件] から出た, がかへつて熱帶地, が専造, だけ眞, でその, でジャワ人, で待ち受け, で手, で煙草, で蒲団, で走り去る, になり, のい, の市街, の部屋, もまるで, よく宙, をつけた, を自分

▼ かつたです~ (21, 0.2%)

4 な, ね 2 か, よ, ナ 1 からねえ, が外國船, なあ, な徹夜, よ僕, わ, ネあんな

▼ かつたらしい~ (21, 0.2%)

2 のである

1 [19件] がかなり, が原人土器採集, が氏, ことや, ぜ, そして昨日, それを, で長, と云, と勇, と彼, な, ものが, んだ, ローラは, 何れの, 殘酷な, 調子で, 鎮魂の

▼ かつてる~ (21, 0.2%)

2 のにまだ

1 [19件] からにやあ, けど, けど幾島さん, ことも, さう, ぢや, のに七日, のは, のを, みたいな, やうでした, やうな, わ, んじ, んだ, んです, んで御座いませう, 人間だ, 人間は

▼ かつ~ (19, 0.2%)

75 れの 3 れを 1 れが, れに, れも, れ一座

▼ かつたらしく~ (18, 0.2%)

1 [18件] お辭儀, その中, それが, にこにこし, 上品な, 中世の, 二度迄も, 夜に, 広元入道さまなどは, 心から平次, 思はれる, 想はれる, 放埒に, 武家から, 着換へ, 粗末な, 聡明に, 譬へば祝詞

▼ かつたせゐ~ (17, 0.1%)

2 もある

1 [15件] かそれとも, かも知れぬ, か伜, か名状, か四囲, か富岡, か稍, か近所, か週刊朝日, であつ, でせう, で一家焼死, もあ, もあつ, もあらう

▼ かつたつ~ (16, 0.1%)

1 [16件] け, けが, けぞ, けぞ其の, けな, てこれ, てどうして, てもその, てわたし, て到底, て十年, て弱, て思, て独り, て言, て話

▼ かつたとい~ (16, 0.1%)

2 つては

1 [14件] つたところで, つたんです, つてある, つてゐる, つて微笑する, つて間違ひでないだらう, はれるが, はれる日, はれ櫻, ひコックス, ふよ, へない, へよう, 死時には

▼ かつ~ (16, 0.1%)

3 なり, なるもの 2 なるものの 1 どこで, なるに, なるも, なる星, なる減少, にし, になりゆき, 仕掛けに

▼ かつたさう~ (15, 0.1%)

9 ぢや 41 で年甲斐, な

▼ かつ~ (14, 0.1%)

4 蔵へ 3 死にに 2 死に 1 死にも, 蔵であった, 蔵の, 蔵は, 蔵へは

▼ かつたであらう~ (13, 0.1%)

2 と思はれる

1 [11件] が, がさ, が其, が自分, が芭蕉形, こと必定である, しかしキノドラマ論者, し又, し船, 心の, 鶴子さんの

▼ かつ~ (13, 0.1%)

2 の句

1 [11件] が意, と同時に, にいよ, に近く, の一生, の演劇的抱負, はそれ, は十名, もまた, れの, をし

▼ かつ~ (12, 0.1%)

3 して 2 されて 1 こせえて, したり, し一箇, つも, なきゃお, マゾヒストでなかつた, 十月に

▼ かつても~ (12, 0.1%)

2 よいから 1 あなたを, かまは, なほ足りない, やつと, やはり星一つ, 完成しないだらう, 容易に, 差支へ, 此の, 間に

▼ かつ有益~ (12, 0.1%)

3 なこと 1 であって, である, であるかを, な人間, な小説, な時間, な瞑想, な道徳, に用いられ得よう

▼ かつたさうです~ (11, 0.1%)

531 が, が山, が段々

▼ かつたと~ (11, 0.1%)

2 おもふ, さへ 1 だけは解し, て, てお話し, てすぐさま, て四日目, 大笑, 後では

▼ かつたんぢ~ (11, 0.1%)

5 やない 2 や, やありません 1 やあるまい, やろウ

▼ かつちり~ (11, 0.1%)

1 [11件] あつて, かの女, こつちり, したもの, した会社向き, した体躯, して, と引, と開い, と音, 引きしまつ

▼ かつより~ (11, 0.1%)

2 豊富な 1 以上の, 劣れる鉱山, 多数の, 教導的な, 明瞭に, 有利な, 確定せる, 良い土地, 行いやすい

▼ かつ~ (10, 0.1%)

1 がい, がいい, 伯母で, 伯母です, 取り調べによ, 学校友だちで, 理なり, 誤りか, 警察から, 餓鬼奴が

▼ かつ自由~ (10, 0.1%)

21 だ, であります, である, であろうと, な生活, な競争, な経験, に私

▼ かつただらう~ (9, 0.1%)

1 か, がそつ, が家, といふ, と思, と推する, にと云, にと思, ねえ

▼ かつ実際~ (9, 0.1%)

2 上においても 1 にその, には科学, に困らせられた, に尽した, に当たっ, 一か国に, 的に

▼ かつ~ (9, 0.1%)

1 利子である, 制限に, 妻という, 意味でした, 智であった, 知識である, 私的な, 細工である, 雑作であった

▼ かつたさうだ~ (8, 0.1%)

31 が, が今日, が卒業, が昨夜, けど現在

▼ かつたため~ (8, 0.1%)

2 何時しか 1 こんなもの, 以後屡々, 以来活歴の, 前時代, 此等文書の, 社會の

▼ かつたわけ~ (8, 0.1%)

4 ぢや 2 さ, で

▼ かつ~ (8, 0.1%)

2 文学は 1 あの鈴, これでもか, 人の, 夢にもつげむ, 恐れ多けれども, 汽船を

▼ かつ充分~ (8, 0.1%)

1 なる要素, な条件, な特徴, な要素, な金額, に神, の標識, 惚れて

▼ かつ~ (8, 0.1%)

2 最も便宜的 1 いじらしく感じます, 彼女が, 恐ろしきこと, 日本の, 経営上の, 自分が

▼ かつ大いに~ (8, 0.1%)

1 した功蹟, フィレンツェの, 厚遇を, 安心する, 楽しみに, 注意を, 笑った, 解りやすく

▼ かつ~ (8, 0.1%)

1 がセイ, が二葉亭, が命, が国民全体, にはじめて, の判断, はこの, をも咎めなかった

▼ かつ長く~ (8, 0.1%)

1 そうし, なりたいてい, わが琵琶湖, ピンと, 川の, 持った, 殘る, 見つめた事

▼ かつかと~ (7, 0.1%)

2 燃えて 1 光る, 熾つた, 爛れた雲, 飛んで, 鳴る靴音

▼ かつたあり~ (7, 0.1%)

7 がたかつた

▼ かつもし~ (7, 0.1%)

1 ある日, かかる機械, この集合, それが, そんな使命, 分量が, 十名の

▼ かつ~ (7, 0.1%)

1 かつん, とする, と仁吉, と槍, と鉢金, と音, ぼの

▼ かつ今日~ (7, 0.1%)

2 の世界 1 の人間, は世禄, は過分, までの成績, まで維持

▼ かつ~ (7, 0.1%)

2 なるは, なるもの 1 ならざるかを, なる下等社会, なる者

▼ かつ最高~ (7, 0.1%)

3 の義務 2 の実, の實有

▼ かつ消え~ (7, 0.1%)

2 かつ結び, て 1 それに, ている, てはまた

▼ かつ自分~ (7, 0.1%)

1 の上役たち, の不, の内心, の力, の家柄, の蔵中, の身体

▼ かつあまりに~ (6, 0.1%)

1 俗臭を, 変化に, 直線的に, 銭が, 鋭すぎた, 高慢である

▼ かつこれら~ (6, 0.1%)

1 の人, の仮定, の商品, の強度, の用役, の長

▼ かつしか~ (6, 0.1%)

1 あがた, の田中, の眞間, の真間, 解するとき, 郡の

▼ かつたか~ (6, 0.1%)

2 と云 1 と, と知るでありませう, なりの下級品, を初めて

▼ かつたくら~ (6, 0.1%)

2 ゐで 1 ゐその, ゐでしたよ, ゐです, ゐですよ

▼ かつ~ (6, 0.1%)

2 の髪 1 の娘, の子供, の影, の髮

▼ かつ~ (6, 0.1%)

1 あるもん, さぐって, そう言う, 柳の, 眠っとろうが, 豊ちゃんなら

▼ かつ~ (6, 0.1%)

1 くらわせられたの, ぐらく, ぶしを, ぶね, 添えて, 賣の

▼ かつ~ (6, 0.1%)

1 分明に, 必要だ, 機嫌甚だしく, 確実な, 確実にしか, 賢明な

▼ かつ~ (6, 0.1%)

1 のいづれ, のすべて, の事情, の大学, の芸能, の貨物

▼ かつ~ (6, 0.1%)

3 生産される 2 生産され 1 生産を

▼ かつ~ (6, 0.1%)

1 事業家を, 個人が, 品質は, 学科目の, 語の, 長き葉柄

▼ かつ同時に~ (6, 0.1%)

1 まつたく独立, より平等, ワルゲンティンジュウスミルヒクロオメプライスその他に従って, 最少の, 老中上席に, 貧民の

▼ かつ彼ら~ (6, 0.1%)

1 があらゆる, がそれら, が諸君, に一般利潤, の死後, を導い

▼ かつ日本~ (6, 0.1%)

1 ではこの, で入手, において発達, にて従来, の楽律, の醜業婦

▼ かつ驚き~ (6, 0.1%)

1 かつ喜ぶ, かつ喜んだ, かつ嘆きし, かつ怪しみ, かつ羨, ながら抱擁

▼ かついろいろ~ (5, 0.0%)

1 と考えた, と運動, のこと, の宛て字, の意味

▼ かつかく~ (5, 0.0%)

1 なるも, の如く, の如く労働者, の如く統制, も確実

▼ かつそれら~ (5, 0.0%)

1 のうち, の作家, の強度, の方法, は合計

▼ かつたで~ (5, 0.0%)

2 はない 1 おしまひまで, な, 自ら改める

▼ かつ~ (5, 0.0%)

1 しゃべっては, 当つて, 御覧に, 至り妓八郎, 遊廓の

▼ かつもっとも~ (5, 0.0%)

1 不愉快なる, 優れた好者, 到りがたし, 広き理想, 軽便だ

▼ かつわが~ (5, 0.0%)

1 同囚の, 眞を, 米国内でも, 邦人の, 邦人民は

▼ かつ一方~ (5, 0.0%)

2 用役 1 に偏せしめ, の岸頭, の暗示

▼ かつ一般的~ (5, 0.0%)

2 の利潤率 1 であるのみ, な利潤, に使用

▼ かつ~ (5, 0.0%)

1 おのおのその, からさう思はれる, として前途, に注意, の勧め

▼ かつ~ (5, 0.0%)

1 の僧侶, は行き, より後毎年一度甲冑改, 予は, 仮に内縁

▼ かつ十分~ (5, 0.0%)

1 であるよう, なら画面, なる保障, な効果, に読者

▼ かつ同一~ (5, 0.0%)

1 の利潤, の方向, の耐久力, の自然的肥沃度, の針金

▼ かつ散る~ (5, 0.0%)

1 小春の, 氷の, 紅かくるる, 紅靡いた, 緋芍藥うし

▼ かつ深く~ (5, 0.0%)

1 かつ善い, して, なッ, 印し去ったのみ, 露西亜文に

▼ かつ異常~ (5, 0.0%)

1 な相貌, にはげしく, に作用, の愛着, の言葉

▼ かつ~ (5, 0.0%)

2 のごはん 1 なしに, なんかは持ち合せない, へかつ

▼ かつ複雑~ (5, 0.0%)

2 なもの 1 な生産, にし, 極まるアメリカ

▼ かつ重要~ (5, 0.0%)

1 なの, なもの, な目的, な部分, の御

▼ かつ非常~ (5, 0.0%)

1 に一風, に多く, に落胆, に静粛, に骨

▼ かつあらゆる~ (4, 0.0%)

1 社会の, 艱難に際して, 葡萄酒飲用者が, 題材は

▼ かつかかる~ (4, 0.0%)

1 ものを, 事情の, 破壊源泉に対して, 迷信は

▼ かつかの~ (4, 0.0%)

1 ものその, 忠臣義士にも, 怪声は, 鼻の

▼ かつ~ (4, 0.0%)

1 づまりぬ, やい, やつてよう, やるや

▼ かつすべて~ (4, 0.0%)

1 が当然, の医者, の苦楽座的道楽演劇, を読む

▼ かつそこ~ (4, 0.0%)

1 ではその, では用役, では食物, で産

▼ かつたかし~ (4, 0.0%)

1 てまた, て傍, て犬養氏, て途

▼ かつとして~ (4, 0.0%)

1 しまつて石原の, そのラジオ, 刃物を, 弟の

▼ かつはっきり~ (4, 0.0%)

2 して 1 とした, と見えます

▼ かつふつ~ (4, 0.0%)

1 その悪魔, 利かぬ処, 利かぬ處, 懐いた事

▼ かつまず~ (4, 0.0%)

3 いた 1 いて

▼ かつ~ (4, 0.0%)

1 に外, に記したる, に説ける, に述べたごとく

▼ かつ不可壊的~ (4, 0.0%)

4 な力

▼ かつ人口~ (4, 0.0%)

1 が生活資料, の増加, の測定, を増加

▼ かつ~ (4, 0.0%)

1 がみる, が意見, に関する新聞, も二回欧米各国

▼ かつ先生~ (4, 0.0%)

1 がいかに, の代表的, の心友, の言動

▼ かつ~ (4, 0.0%)

1 けな, けに他人, と和睦, の財源以外

▼ かつ~ (4, 0.0%)

1 にこの, のごとく, の行動, の頬

▼ かつ~ (4, 0.0%)

1 一労働量の, 一比例の, 種類の, 處に

▼ かつ困難~ (4, 0.0%)

1 なこと, なる事情, な生活, に思ふなり

▼ かつ地代~ (4, 0.0%)

2 を支払わない 1 の変動ごと, を生み出さず

▼ かつ多く~ (4, 0.0%)

1 の坂, の場合, は地殻表層, 唱えられて

▼ かつ多数~ (4, 0.0%)

3 の消費税 1 のもの

▼ かつ容易~ (4, 0.0%)

1 なこと, に, にその, に享

▼ かつ~ (4, 0.0%)

1 であって, なる良心, 尖点, 枝を

▼ かつ~ (4, 0.0%)

1 のやさしい, を奪う, を静止, を養う

▼ かつ感じ~ (4, 0.0%)

1 かつ歓びけり, かつ驚きし, その行動, つつ私たち

▼ かつ~ (4, 0.0%)

1 である, としてなぐり合う, の決意, を撃破

▼ かつ有効~ (4, 0.0%)

1 でもある, な位相, な害悪除去, な措置

▼ かつ正確~ (4, 0.0%)

1 なること, になされた, に生かした, に考え

▼ かつ永続的~ (4, 0.0%)

1 な下落, な原因, な影響, には利潤率

▼ かつ永遠~ (4, 0.0%)

1 に作品, に保つべき, に新しい, の勝利者

▼ かつ深い~ (4, 0.0%)

1 ものである, ものは, 毎朝毎朝仙人が, 点に

▼ かつ現在~ (4, 0.0%)

1 と過去, の日本, の職業, 及び将来

▼ かつ種々~ (4, 0.0%)

1 なる財貨, な態様, の怪事, 心胆を

▼ かつ~ (4, 0.0%)

1 なり, なるは, なる心情, な者

▼ かつ自然~ (4, 0.0%)

1 であります, について直接, に燃焼, の与える

▼ かつ興味~ (4, 0.0%)

1 ある知識, ある話, の深い, もある

▼ かつ資本~ (4, 0.0%)

1 がいかに, の不足, の日常利潤, はより

▼ かつ~ (4, 0.0%)

2 み絶間 1 にし, みかつ

▼ かつ適切~ (4, 0.0%)

1 でありは, でなければ, なプログラム, な例証

▼ かつ重大~ (4, 0.0%)

1 であったが, です, なの, な取引上

▼ かつ~ (4, 0.0%)

2 において限られた 1 において制限, において限られ

▼ かつ面白く~ (4, 0.0%)

1 はなかっ, もあり, 景気も, 聴いて

▼ かついかに~ (3, 0.0%)

3 して

▼ かつ~ (3, 0.0%)

1 かつかと, または両方, ような

▼ かつ~ (3, 0.0%)

1 ういふ風, まで見るべき, をまた

▼ かつさい~ (3, 0.0%)

1 されるの, します, をうけました

▼ かつぜん~ (3, 0.0%)

1 として, と内部, と開け

▼ かつたかが~ (3, 0.0%)

1 判るであらう, 吾輩の, 想像される

▼ かつたがね~ (3, 0.0%)

1 この出版屋, 僕は, 林田は

▼ かつたけ~ (3, 0.0%)

1 におれ, になあ, ん知らん

▼ かつたさうで~ (3, 0.0%)

1 いか, 今朝私が, 背後から

▼ かつたでせう定め~ (3, 0.0%)

2 て歸 1 て帰り

▼ かつたのみならず~ (3, 0.0%)

1 実際有益, 釋言が, 非常に

▼ かつたら来~ (3, 0.0%)

2 て御覧 1 て貰

▼ かつてあつ~ (3, 0.0%)

1 た, たまま, たらしい

▼ かつていう~ (3, 0.0%)

1 ことね, 問題に, 証拠だ

▼ かつ~ (3, 0.0%)

1 ことを, 奴, 顔や

▼ かつなんじ~ (3, 0.0%)

1 はわれら, を汚す, を覆い纏う

▼ かつよく~ (3, 0.0%)

1 におう, 喋る, 準備せられた

▼ かつフランス~ (3, 0.0%)

1 において資本, に於ける, のごとき

▼ かつ一層~ (3, 0.0%)

1 不精確, 根本的には, 汚くなった

▼ かつ一時的~ (3, 0.0%)

1 な価格, な偏倚, には人民

▼ かつ一般~ (3, 0.0%)

1 には生産者, に信じられ, の利潤

▼ かつ不思議~ (3, 0.0%)

1 な心理, に思う, に感じた

▼ かつ主要~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 な都市

▼ かつ~ (3, 0.0%)

1 をなす, を得べし, 触の

▼ かつ二つ~ (3, 0.0%)

2 は共に 1 の数値

▼ かつ二葉亭~ (3, 0.0%)

1 の性質, の訳文, をも憶

▼ かつ人民~ (3, 0.0%)

1 の幸福, は海上, を苦しめる

▼ かつ~ (3, 0.0%)

1 か屈辱, でも新ら, の遠慮

▼ かつ信じ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていた

▼ かつ偽り~ (3, 0.0%)

2 てなんじ 1 の廻文

▼ かつ全く~ (3, 0.0%)

1 反対であっ, 正確に, 無限である

▼ かつ公平~ (3, 0.0%)

1 では, な人, に供給

▼ かつ利潤~ (3, 0.0%)

1 の一般率, の下落, の総額

▼ かつ~ (3, 0.0%)

1 にも述べた, にゆき, に引用

▼ かつ危険~ (3, 0.0%)

1 である, なの, な意味

▼ かつ古人~ (3, 0.0%)

2 の画題 1 が世の中

▼ かつ合理的~ (3, 0.0%)

2 である 1 であると

▼ かつ同情~ (3, 0.0%)

1 したという, して, はあっ

▼ かつ喜び~ (3, 0.0%)

1 かつ懼, て師, 莫大な

▼ かつ完全~ (3, 0.0%)

1 な機会, に働き得る, に知り得た

▼ かつ実行~ (3, 0.0%)

1 したもの, した人, した時

▼ かつ巧妙~ (3, 0.0%)

1 であるが, な処理, な政治組織

▼ かつ~ (3, 0.0%)

2 れの 1 が光

▼ かつ市場~ (3, 0.0%)

1 に齎される, に齎す, の増加

▼ かつ平和~ (3, 0.0%)

1 と安静, の社会, を常態

▼ かつ幸福~ (3, 0.0%)

1 であるの, なもの, に感じ

▼ かつ引続き~ (3, 0.0%)

1 それに, 課税され, 騰貴し

▼ かつ当時~ (3, 0.0%)

1 の一政変, の風潮, はある

▼ かつ往々~ (3, 0.0%)

1 にし, 闊大で, 霊験ある

▼ かつ必ず~ (3, 0.0%)

1 二種の, 勝ちて, 古いの

▼ かつ忠実~ (3, 0.0%)

1 なるもの, なる考察, に記録

▼ かつ怪しみ~ (3, 0.0%)

1 ただちに甲板上, て問えり, 一時呆然として

▼ かつ我が~ (3, 0.0%)

1 儒者は, 実力の, 輩の

▼ かつ戦争~ (3, 0.0%)

1 が齎した, という悪夢, の齎す

▼ かつ教える~ (3, 0.0%)

1 ところの, には父性, 動物には

▼ かつ教育~ (3, 0.0%)

1 される必要, すること, する動物

▼ かつ新鮮~ (3, 0.0%)

1 な玉子, な空気, な舞台的生命

▼ かつ時々~ (3, 0.0%)

1 の不足, は両国, 嘘に

▼ かつ有利~ (3, 0.0%)

1 であるか, な外国貿易, にその

▼ かつ本書~ (3, 0.0%)

1 が必ず, の一般的原理, を改善

▼ かつ本質的~ (3, 0.0%)

2 な差異 1 なる命題

▼ かつ正当~ (3, 0.0%)

1 なの, に反対, に都市

▼ かつ~ (3, 0.0%)

1 にも掛け, のつき, の小さな

▼ かつ泣き~ (3, 0.0%)

1 かつふるえ, かつ語り, かつ語れる

▼ かつ添加~ (3, 0.0%)

3 せざるを

▼ かつ滑稽~ (3, 0.0%)

1 であった, なもの, に聞えた

▼ かつ漢学~ (3, 0.0%)

2 は蕪村 1 の素養

▼ かつ無限~ (3, 0.0%)

1 であると, に向上, の高速度

▼ かつ~ (3, 0.0%)

1 として何事, としました, と鍔鳴り

▼ かつ盛ん~ (3, 0.0%)

1 になる, に応用, に読んだ

▼ かつ直接~ (3, 0.0%)

1 に感覚, に感覺, に霊魂不滅

▼ かつ真面目~ (3, 0.0%)

1 である, な学生, に動かす

▼ かつ社会~ (3, 0.0%)

1 の保護, の推移, の最良部分

▼ かつ積極的~ (3, 0.0%)

1 なところ, な法律, に行動

▼ かつ累積~ (3, 0.0%)

2 される 1 されるとの

▼ かつ聡明~ (3, 0.0%)

2 な人 1 な女性

▼ かつ~ (3, 0.0%)

1 が闊, の広い, は柔らか

▼ かつ蓄積~ (3, 0.0%)

1 されたもの, された資本, せよ

▼ かつ観察~ (3, 0.0%)

2 しましたが 1 に恰好

▼ かつ語り~ (3, 0.0%)

1 かつ泣く, て曰く, また碁

▼ かつ誠実~ (3, 0.0%)

1 が多少, であったから, なる支持者

▼ かつ責任~ (3, 0.0%)

1 をもっ, を感じず, を負う

▼ かつ貴き~ (3, 0.0%)

1 を信ずれ, 調節である, 輩の

▼ かつ~ (3, 0.0%)

2 みかつ 1 み静

▼ かつ遠い~ (3, 0.0%)

1 のであるまい, のです, わずかな

▼ かつ都合~ (3, 0.0%)

1 のよい, のわるい, もよい

▼ かつ鋭い~ (3, 0.0%)

1 人にも, 彼の, 観察力を

▼ かつ飲み~ (3, 0.0%)

1 かつ口説い, かつ語ってる, 中倉翁は

▼ かつあきれ~ (2, 0.0%)

1 ている, てしまい

▼ かつあたかも~ (2, 0.0%)

1 少年時代から, 語学校の

▼ かつあらかじめ~ (2, 0.0%)

1 二週間前に, 原色料を

▼ かつある~ (2, 0.0%)

1 人が, 論者は

▼ かついずれ~ (2, 0.0%)

1 も内面的意味, も大

▼ かついつ~ (2, 0.0%)

1 までも年, までも腐敗

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 木という, 経は

▼ かつおかき~ (2, 0.0%)

1 でかい, で汗

▼ かつおかしい~ (2, 0.0%)

2 と思った

▼ かつぎかかへて~ (2, 0.0%)

1 戻る, 戻る米

▼ かつぎし~ (2, 0.0%)

2

▼ かつさら~ (2, 0.0%)

1 ふやう, ふ燕

▼ かつさん~ (2, 0.0%)

1 にも可愛がられ, に拾われ

▼ かつしかく~ (2, 0.0%)

2 黙せり

▼ かつしっかり~ (2, 0.0%)

1 させるの, した肉饅頭

▼ かつしばしば~ (2, 0.0%)

1 その直接的原因, 行われる習慣

▼ かつしやる~ (2, 0.0%)

1 な, 山路を

▼ かつそう~ (2, 0.0%)

1 呼べば, 言われた人たち

▼ かつそんな~ (2, 0.0%)

1 わけだ, 罵倒の

▼ かつたい~ (2, 0.0%)

1 が非常, の痂うらみ

▼ かつたえ~ (2, 0.0%)

2

▼ かつたじ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ かつただろう~ (2, 0.0%)

1 か, と思います

▼ かつたでしよう~ (2, 0.0%)

1 がわたくし, ね

▼ かつたらいらつ~ (2, 0.0%)

1 しやい, しやいね

▼ かつたらし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ かつたらしくひどい~ (2, 0.0%)

2 痩せかた

▼ かつたる~ (2, 0.0%)

1 くつて, 仰せ言

▼ かつた曇り~ (2, 0.0%)

1 が何, は刻々

▼ かつた濡れた~ (2, 0.0%)

2 紙は

▼ かつてん~ (2, 0.0%)

2

▼ かつでき~ (2, 0.0%)

1 うべくん, 自分の

▼ かつとる~ (2, 0.0%)

1 がお前, ぢや

▼ かつどこ~ (2, 0.0%)

1 かで, かスタイル

▼ かつはなはだ~ (2, 0.0%)

1 明るい, 興味ある

▼ かつぱと言~ (2, 0.0%)

1 ふの, ふ垂髪

▼ かつぱ頭~ (2, 0.0%)

1 を愛撫, を柔

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 にし, に夢み

▼ かつひとたび~ (2, 0.0%)

1 とどまりたるもの, 回転したる

▼ かつぷく~ (2, 0.0%)

1 が違つて, の好い

▼ かつほとんど~ (2, 0.0%)

1 その現状, どの土地

▼ かつぽう~ (2, 0.0%)

2 着を

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 たぶきみ, を通れ

▼ かつみずから~ (2, 0.0%)

1 も感じてるらしい, 欺くなり

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 て困っ, て行こう

▼ かつわれわれ~ (2, 0.0%)

1 は天地万物, は日本人

▼ かつザビーネ~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, はそれ

▼ かつ一つ~ (2, 0.0%)

1 の意義, の新説

▼ かつ一人~ (2, 0.0%)

1 の人間, の将

▼ かつ一個~ (2, 0.0%)

1 の人, の好奇心

▼ かつ一般利潤~ (2, 0.0%)

1 が使用資本, を取得

▼ かつ不可解~ (2, 0.0%)

1 な断片, な轢死体

▼ かつ不愉快~ (2, 0.0%)

1 である, に感じた

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 に立った, の指導的

▼ かつ世に~ (2, 0.0%)

1 いれられず受難四年, 前生を

▼ かつ世界~ (2, 0.0%)

1 の文学, は非常

▼ かつ主として~ (2, 0.0%)

1 それによって, 土地の

▼ かつ久しく~ (2, 0.0%)

1 待ち望んで, 行われて

▼ かつ事物~ (2, 0.0%)

1 の上, の広く

▼ かつ互に~ (2, 0.0%)

1 接近し, 正負相反し

▼ かつ交換~ (2, 0.0%)

1 し得られる物, せられ得る

▼ かつ人口稠密~ (2, 0.0%)

1 な国, な国土

▼ かつ人間~ (2, 0.0%)

1 との交渉, の

▼ かつ人類~ (2, 0.0%)

1 が正しき, のパン

▼ かつ他国~ (2, 0.0%)

1 が所有, との通商

▼ かつ低廉~ (2, 0.0%)

1 であると, では

▼ かつ何故~ (2, 0.0%)

1 に私, に穀物

▼ かつ価格~ (2, 0.0%)

1 が四〇シリング, の安定

▼ かつ俗耳~ (2, 0.0%)

2 に入り

▼ かつ信ぜ~ (2, 0.0%)

2 ざらんと

▼ かつ修行~ (2, 0.0%)

1 の場, の方法

▼ かつ偉大~ (2, 0.0%)

1 なもの, なる一人

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 がやがて, に取っ

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 の第, へ行く

▼ かつ全体的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な原因

▼ かつ共通~ (2, 0.0%)

1 であるもの, の課題

▼ かつ内容~ (2, 0.0%)

1 が著, を盗み読みし

▼ かつ切実~ (2, 0.0%)

1 だった, に感じます

▼ かつ初め~ (2, 0.0%)

1 に苦しい, より諸種

▼ かつ利用~ (2, 0.0%)

1 のある, の増減

▼ かつ努力~ (2, 0.0%)

1 しようと, を必要

▼ かつ労働~ (2, 0.0%)

1 の相対的分量, を節約

▼ かつ効果的~ (2, 0.0%)

1 なこと, にする

▼ かつ十全的~ (2, 0.0%)

2 な原因

▼ かつ卑劣~ (2, 0.0%)

1 きわまる悪業, なる主人

▼ かつ単純~ (2, 0.0%)

1 な事実, に反対

▼ かつ厳密~ (2, 0.0%)

1 な掟, に観られるなら

▼ かつ厳粛~ (2, 0.0%)

1 なもの, に考えるなら

▼ かつ厳重~ (2, 0.0%)

1 な警戒, に守られた

▼ かつ可能~ (2, 0.0%)

1 なこと, ならし

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 だッ, に質問

▼ かつ呆れ~ (2, 0.0%)

1 かつ喜び, やがては

▼ かつ周到~ (2, 0.0%)

1 でないため, な思慮

▼ かつ周囲~ (2, 0.0%)

1 がきわめて, の諸国

▼ かつ味わう~ (2, 0.0%)

1 ためでも, という点

▼ かつ和歌~ (2, 0.0%)

2 もしくは檀林

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ かつ地主~ (2, 0.0%)

1 がかく, の受取る

▼ かつ堂々~ (2, 0.0%)

1 とし, とやつ

▼ かつ増加~ (2, 0.0%)

1 しつつ, せしめる傾向

▼ かつ変動~ (2, 0.0%)

1 が貨幣, しない額

▼ かつ外国~ (2, 0.0%)

1 と貿易, の探偵小説

▼ かつ外延利用~ (2, 0.0%)

1 は価格零, 及び強度利用

▼ かつ大きな~ (2, 0.0%)

1 ものであった, 人格の

▼ かつ奢侈~ (2, 0.0%)

2 や倹約

▼ かつ如何なる~ (2, 0.0%)

1 人に, 動機に

▼ かつ妄想~ (2, 0.0%)

1 である, を起こし

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 である, なり

▼ かつ婦人~ (2, 0.0%)

1 の前, の身

▼ かつ子供~ (2, 0.0%)

1 に器械, の養育

▼ かつ存在~ (2, 0.0%)

1 して, の意識

▼ かつ学校~ (2, 0.0%)

1 と野球道, の傍

▼ かつ安価~ (2, 0.0%)

1 で幸福, にもできます

▼ かつ安心~ (2, 0.0%)

1 しかつ, したであろう

▼ かつ実践的~ (2, 0.0%)

1 であるもの, に進ん

▼ かつ家庭~ (2, 0.0%)

1 の害物, の養鶏

▼ かつ容赦~ (2, 0.0%)

1 のない, の色

▼ かつ尊敬~ (2, 0.0%)

1 されて, すべき人

▼ かつ少し~ (2, 0.0%)

1 も実際, も遠慮

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 で食事, や小料理屋

▼ かつ常に~ (2, 0.0%)

1 即刻確実の, 曰く

▼ かつ~ (2, 0.0%)

2 とは不可

▼ かつ強力~ (2, 0.0%)

1 であるから, な公共放送

▼ かつ強烈~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ かつ弾奏~ (2, 0.0%)

1 する訓練, の度ごと

▼ かつ当惑~ (2, 0.0%)

1 して, しました

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 が大きく, が太い

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 になっ, の進歩

▼ かつ徐々~ (2, 0.0%)

1 たるもの, として利己

▼ かつ徹底的~ (2, 0.0%)

1 なる解決, に利己的

▼ かつ必然的~ (2, 0.0%)

1 に騰落, に騰貴

▼ かつ必要~ (2, 0.0%)

1 であるが, なること

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 れて, れながら

▼ かつ思い~ (2, 0.0%)

1 かつ歩行, も寄らぬ

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 になりました, 傾斜な

▼ かつ恐れ~ (2, 0.0%)

1 てだんだん, て帰っ

▼ かつ悦ん~ (2, 0.0%)

1 でゐる, で比類

▼ かつ悪意~ (2, 0.0%)

1 のない, のなかっ

▼ かつ悲しく~ (2, 0.0%)

1 なった, 感じた

▼ かつ愉快~ (2, 0.0%)

1 に思い, に過ごしうるだろう

▼ かつ愛し~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ かつ愛情~ (2, 0.0%)

1 がこもっ, と愛情的

▼ かつ感心~ (2, 0.0%)

1 した, したの

▼ かつ感情~ (2, 0.0%)

1 に於, をさかん

▼ かつ感覚的~ (2, 0.0%)

2 な操作

▼ かつ感謝~ (2, 0.0%)

1 して, する子供

▼ かつ慰め~ (2, 0.0%)

1 かつ怒り, てくれた

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 深い性向, 深い性質

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 るるに, れて

▼ かつ成長~ (2, 0.0%)

1 しつつ, して

▼ かつ戦い~ (2, 0.0%)

1 かつ学ぶ, かつ退き

▼ かつ戯曲~ (2, 0.0%)

1 なる文学様式, の

▼ かつ批判~ (2, 0.0%)

1 し方向, する力

▼ かつ押して~ (2, 0.0%)

1 鈴を, 音妙に

▼ かつ散り~ (2, 0.0%)

1 かつ散っ, にけん

▼ かつ敬服~ (2, 0.0%)

1 するところ, 致したの

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 なる教, 築地が

▼ かつ施す~ (2, 0.0%)

2 ところなし

▼ かつ日に日に~ (2, 0.0%)

1 その穀物, 増加し

▼ かつ明瞭~ (2, 0.0%)

1 に出され, に片付い

▼ かつ時勢~ (2, 0.0%)

1 にも適し, の推移

▼ かつ普通~ (2, 0.0%)

1 に怖, の食物

▼ かつ普遍的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な法

▼ かつ~ (2, 0.0%)

2 なる者

▼ かつ更に~ (2, 0.0%)

1 土地からの, 若干の

▼ かつ書簡~ (2, 0.0%)

1 をうけ, を仰いだ

▼ かつ椿岳~ (2, 0.0%)

1 の水彩, は維新

▼ かつ極めて~ (2, 0.0%)

1 堪え難い租税, 滑沢である

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 な旅, のよう

▼ かつ楽し~ (2, 0.0%)

1 げに, 自ら詩作り自ら歌い

▼ かつ権力~ (2, 0.0%)

2 の分立

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 ひかつ照, ひませう

▼ かつ歌い~ (2, 0.0%)

1 かつ喚い, かつ舞い

▼ かつ歌う~ (2, 0.0%)

1 ということ, のが

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 く心, じた次第

▼ かつ正直~ (2, 0.0%)

1 なるとに, に請け入れ

▼ かつ歴史~ (2, 0.0%)

1 の長い, を眼中

▼ かつ比較的~ (2, 0.0%)

1 に低廉, に普遍的

▼ かつ永く~ (2, 0.0%)

1 する虻, 努めたなら必ず

▼ かつ決して~ (2, 0.0%)

1 その談, 地代を

▼ かつ沈痛~ (2, 0.0%)

1 なる思い, なる歌風

▼ かつ活気~ (2, 0.0%)

1 に満ちた, を帯びる

▼ かつ~ (2, 0.0%)

2 を切る

▼ かつ浮かん~ (2, 0.0%)

2 だりした

▼ かつ演劇~ (2, 0.0%)

1 に対する熱意, をみる

▼ かつ無意味~ (2, 0.0%)

1 な代物, な飲食

▼ かつ特に~ (2, 0.0%)

1 彼れ, 聖母の

▼ かつ猛烈~ (2, 0.0%)

1 な拳骨, にこれ

▼ かつ現金勘定~ (2, 0.0%)

2 の借方

▼ かつ理解~ (2, 0.0%)

1 しようと, し得られるの

▼ かつ甚だ~ (2, 0.0%)

1 不潔なれ, 実行力に

▼ かつ生きる~ (2, 0.0%)

1 ことの, ための

▼ かつ生産~ (2, 0.0%)

1 の特殊便益, を増加

▼ かつ生計~ (2, 0.0%)

1 の内職, 難しと

▼ かつ白き~ (2, 0.0%)

2

▼ かつ盗賊~ (2, 0.0%)

1 でありながら, であります

▼ かつ監督~ (2, 0.0%)

1 する政治, する権能

▼ かつ直接的~ (2, 0.0%)

1 な傾向, に財産

▼ かつ真実~ (2, 0.0%)

1 に反映, の標準

▼ かつ短気~ (2, 0.0%)

1 であったから, の男

▼ かつ確実~ (2, 0.0%)

1 であること, な利潤

▼ かつ祈り~ (2, 0.0%)

1 かつ考え, かつ誓う

▼ かつ祝する~ (2, 0.0%)

1 の意, ゆえんに

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 して, する時

▼ かつ笑い~ (2, 0.0%)

1 ながら手, ながら社員たち

▼ かつ簡単~ (2, 0.0%)

1 なる美, に

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 収入の, 樸に

▼ かつ細く~ (2, 0.0%)

1 それに強, 叫ぶらしい

▼ かつ組織的~ (2, 0.0%)

1 な開発, に逞

▼ かつ結び~ (2, 0.0%)

1 て久しく, て暫時

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 なくし, をゆるされん

▼ かつ美しい~ (2, 0.0%)

1 という事, 気が

▼ かつ美辞麗句~ (2, 0.0%)

1 をもっ, をもつ

▼ かつ美麗~ (2, 0.0%)

1 であって, な

▼ かつ習慣~ (2, 0.0%)

1 のみならず, を飛び超えた

▼ かつ考え~ (2, 0.0%)

1 て生き, 深い快活

▼ かつ耐久的~ (2, 0.0%)

1 な器具, な性質

▼ かつ耕す~ (2, 0.0%)

1 ことに, 處に

▼ かつ聞い~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ かつ聞きし~ (2, 0.0%)

1 に嘴物言, 事即ち

▼ かつ職業~ (2, 0.0%)

1 というもの, のいかん

▼ かつ育てる~ (2, 0.0%)

1 ことは, のである

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 を立て, を立てます

▼ かつ自殺~ (2, 0.0%)

1 に意味, を意味

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 が淋しい, の液体

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 の数, も点頭

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 さに, という落語家

▼ かつ表現~ (2, 0.0%)

1 しもって, への強い

▼ かつ表面~ (2, 0.0%)

1 の凸凹, は微笑

▼ かつ規則正しく~ (2, 0.0%)

1 弾性的に, 逓減し

▼ かつ親しみ~ (2, 0.0%)

1 やすいつきあい, 深い一戸

▼ かつ詩人~ (2, 0.0%)

1 であること, であるこの

▼ かつ誇り~ (2, 0.0%)

1 かつ羨む, 更にその

▼ かつ読者~ (2, 0.0%)

1 が興味, にありがたい

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 じかつ, じよう

▼ かつ貧民~ (2, 0.0%)

1 の慣習, の防禦団体

▼ かつ賛嘆~ (2, 0.0%)

1 し得ると, すべき者ら

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 は昔皇帝, をかたく

▼ かつ近代~ (2, 0.0%)

2 の設計

▼ かつ迫害~ (2, 0.0%)

2 しかつ

▼ かつ道徳的~ (2, 0.0%)

1 な労働運動, な点

▼ かつ遠く~ (2, 0.0%)

1 から見た目, 及ぶもの

▼ かつ重ね~ (2, 0.0%)

2 代々坐しましぬ

▼ かつ鉄道~ (2, 0.0%)

1 が通じ, を陝西以西

▼ かつ雄弁家~ (2, 0.0%)

2 である

▼ かつ離れ離れ~ (2, 0.0%)

1 に映じた, の相互

▼ かつ静か~ (2, 0.0%)

1 である, に風景

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 倫理的である, 衛生的分子が

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 が大きい, を悪く

▼ かつ頻繁~ (2, 0.0%)

1 な事実, に繰り返されね

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 いろを, に似合わない

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 えて, ひをの

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 で運ばれ行くべき, によって異

▼ かつ食い~ (2, 0.0%)

1 かつ談ず, 大いに飲む

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 せて, りかつ

▼ かつ驚くべき~ (2, 0.0%)

1 変動を, 大兵の

▼ かつ~ (2, 0.0%)

1 さが, さ肩より

▼ かつ高き~ (2, 0.0%)

1 に從, 理想を

▼ かつ高尚~ (2, 0.0%)

1 なる人物, な心

▼ かつ高度~ (2, 0.0%)

1 に発達, の低い

▼ かつ鳴る~ (2, 0.0%)

1 夜の, 海青なぎ

▼ かつ黒き~ (2, 0.0%)

1 がゆゑ, 鳥類の

▼1* [1899件]

かつ〇・二グラムという少量, かつわれが, かつあきらかに一本, かつあくどい広告の, かつあくまで不敵な, かつあこがれるに足らぬ, かつあざけるのである, かつあちこちに散らばっ, かつあっさりして, かつあなたがチベット, かつあの辺へ, かつあやしみ他事に, かつあるまじきことです, かつある程度までは互に, かつて来, かついかにも驚きたる顔, かついきいきとした, かついくらでも食える, かついささか話したき事, かついただくのを, かついっそう正確な, かついづれも圓, かついとおしい人々が, かついひ甲斐なき, かついやがって彼, かついやしくも前途に, かついろ小さんこい, かついわば草稿であっ, かつうまいのは, かつうやまうものである, かつうやまっている, かつおたがいにきまりの, かつおどろきかつあやしみ, かつおもしろく描かれて, かつおもに偽怪, かつおれの内部, かつお喋りだから, かつお願いしたく思います, かつかい健五郎ちう, かつかいしょがなく, かつかってに動く, かつかつと年, かつかつかつと年, かつかれらに, かつかれた様に, かつがせ長いベンチ, かつがっかりして, かつがんばかり, かつツさん, かつきりみちをまがる, かつきり一年たつたらこの, かつきり一時間だけ, かつきり三分間にし, かつきり主要な部分, かつきり六十度に開い, かつきり十週間其處に滯在, かつきり百年になる, かつきり線を引いた, かつきり胸に来ない, かつきり鍵にまげ, かつぎおもふは生みの父母, かつぎかえたりしながらもほんとに素子, かつぎさられた御用の, かつぎした女の, かつぎてゆかむ水の底, かつぎのはなはだしきものは家を出で, かつぎのようにもう一つのはし, かつぎはぎだらけの子供の昼寝, かつぎまわったところで仕方があるまい, かつぎやであつたからこの折, かつぎをかぶつてゐて月光の下, かつぎをやつてこんな躯, かつくぐもりて, かつくしおしいところが, かつぐといったやからと同格で貸元, かつぐどうりは同じよう, かつぐようにしてお部屋へ運び, かつで困つて, かつこうした小僧も, かつこうもうぐひすもほうじろもよく啼い, かつここに一例, かつこしてさう, かつことも出来ない, かつこの間の事, かつこみとっくの, かつこみし事ならむか, かつこみでないよ, かつこれからは僕, かつこれら三つの条件, かつこわれやすい標本, かつこんで直, かつごく聡明な, かつさばいてやつ, かつさらに復古すべから, かつさり家尻切悪い, かつしかの友なし, かつしずかにおちつい, かつしつッこく, かつしばらくこれらの, かつしめて, かつしやべる, かつしやりや昨夜, かつしやれ芸の, かつしりぬ, かつしろしめされて候, かつしわがれた聡明な, かつじゅうぶんに食べる, かつすこぶる危しい, かつすでにこれを, かつすべて同一の程度, かつすべて同一方向をとる, かつすべて実地に徴する, かつずっと古い時代, かつせえ気を, かつせっかくの頼み, かつせんに浦上どの, かつそそり立ちあるいは捜し, かつその後の様子, かつそれぞれの個性, かつそれほど重要と, かつそれ人間の知識, かつそれ吾人の用, かつそれ心底から民心, かつそれ日本人の気質たる, かつそれ等の人々, かつそれ訛伝の抹殺, かつそれ風を移し, かつたあやまりますと詫びる, かつたいはんや新聞, かつたいふことや, かつたいへん明確な, かつたい同志の子供, かつたおちついてはゐる, かつたかいな, かつたかういふ科学記事を, かつたかよはい女, かつたかよなんだつて, かつたからさういふものに対する, かつたか手を打つ, かつたくせしやがつて, かつたさうやのう今そこ, かつたすまなかつたくたびれたがつかりした, かつたせゐだつたかも, かつたせゐであるとのみは言, かつたたつた一つの, かつただこれを, かつただいまヨシフ神父によって, かつたちふだか, かつたつぶれもしなかつた, かつたでござんせうね, かつたで済むのであります, かつたといふと龍吉君と, かつたどきうるせえべよ, かつたどらるる草の, かつたねばり聲から乾, かつたはねはいろんな, かつたひやつと, かつたへぬとかいふが, かつたほつとして一息, かつたほつかりと朝月, かつたまつたくうまかつ, かつためらいかつそそり立ち, かつたもつと青年, かつたゆき子の, かつたらいらつし, かつたらう寝ながらでは, かつたらかけてね, かつたらしい良経すら, かつたらしく柔かく肥つた若葉が, かつたらもつといい, かつたらやり直す必要は, かつたらよした方が, かつたら三人を此処, かつたら二三日は泊りたい, かつたら住みついてもい, かつたら何時でも來給, かつたら作つていらつし, かつたら使ひませんかね, かつたら借りて来, かつたら出掛けて見る, かつたら十二貫二百半あつ, かつたら千兩箱を杉, かつたら台なしだ, かつたら引つぱたいてやるんだが, かつたら弱るね, かつたら待つとつて, かつたら成るべく曇つた, かつたら持つて行く, かつたら死にたまへ, かつたら殺しても不思議, かつたら着ることに, かつたりからかはれたり, かつたれば一, かつたゐせでせう, かつた労いた夕飯を, かつた動けないほど寒, かつた叱られると恐, かつた吹く風が, かつた坐つてゐ, かつた売れる売れないを考へ, かつた待つより外, かつた恥づかしい, かつた揺り揺られて, かつた明けゆく風が, かつた映畫, かつた歩きすぎたからだらう, かつた死にたくても死ねなかつた, かつた死ねなかつた辛うじて自分, かつた汗ばんで歩いた, かつた泣いてると可哀想, かつた見たらいつも殺す, かつた触れる物が, かつた許してくれ, かつた謝るよ謝る, かつた送つて学校まで, かつた造り方で, かつた連れて澄太居, かつた連れられて自, かつた酔うて苦しみ, かつた食べ残しの御飯, かつだけの心得を, かつだし閏月生れで五行, かつだんだんと珍, かつをみる, かつちいけにか, かつちつたら大根でも, かつちつたら思ひ出さねえなんて吐かしや, かつちやかなはない, かつちやア困ります, かつちや厭ですよ, かつちや損だ, かつちや獨りで面白, かつちょっと狼狽した, かつちよつと普通, かつちり合つた, かつちり時間あつて, かつちり視線の合つたの, かつちんだから, かつついて食べ, かつつまんまこと我こそ, かつつらのう, かつつりあいよく弓形, かつづくり仕事をし, かつづるひと簑の雨, かつていえらく打, かつてかような, かつてこともさ, かつてでも居るやう, かつてなしだ, かつてらつしやる, かつてる橋を渡る, かつてんでわたしの, かつ骨骼も, かつであったということ, かつできるならば酒, かつではなかった, かつという女との, かつとうを誰, かつとつたよ, かつととほいひづめのおとをつたへるおまへのゆめ, かつとどのつまりを善因善果, かつとなつて手拭で, かつとにほふなり, かつとばす音さへ, かつどうや, かつどうも当地に, かつなおいっそう愚鈍らしかった, かつなさずには我慢, かつなだめて, かつなるべく広汎な, かつなれないのでどこ, かつにぎわいやや一都府, かつねたまずにはゐられなかつた, かつねばり強い運動を, かつのるそのなげき, かつはあやなき, かつはかの小さき, かつはじめ家を去る, かつはつきり主張して, かつはみな東国勢, かつはるかな心持ち, かつぱが絵にある, かつぱさんとがつそとがおなじもの, かつぱさんの短い前髪, かつぱさんは埃も立てず, かつぱつな軽井澤, かつぱで赤い著物, かつぱでは可笑しく映, かつぱでゆけなかつた事である, かつぱにしたおませさんの男の子がしよつちう, かつぱにした五つばかりの唇, かつぱらつて来たんぢ, かつぱらつて行つたのだが, かつぱらはれたものは決して二度と再び手, かつぱらひに行かう, かつぱらひやすりを働く不良少年, かつぱらひを常習とする, かつひからびさせている, かつひっきりなしにはふり落ち, かつひとたび節を屈し, かつひと所にかたまっ, かつひろまってきた, かつぴきの男, かつふつ云ひ訳, かつふるえつつ眠っ, かつふれて巌, かつきみに, かつぷくも調子もやや, かつぷくよく肥えては, かつ寄り一人, かつぺえそれぢやあほやほや, かつぺえなそりやそんでも, かつぺそれに酷く, かつぺつてお内儀さん出したつけ, かつぺなほんにさう, かつぺなア兼ツあん摘んで, かつぺな與吉げ隱して, かつほとんど全く妨げられたの, かつほほ笑んでいう, かつまさしく光である, かつまじめな軽快, かつますます増さしめて, かつまだ月が, かつまったく陳腐な, かつみえて, かつみな同じ状, かつむつかしくそしてシックリ頭, かつむべからしも, かつめくさと, かつめぐるごとに, かつもっと正確に, かつもっぱら表面より, かつもてあそんでゐるらしい, かつやうな政治作用, かつやがては僕等, かつやくが始まる, かつやくした人たちが, かつやけのある, かつやわらかになったなら, かつやわらかくころがりうる状態, かつゆるやかに垂れ, かつよい香いの, かつようになる, かつよくもわれを, かつりっぱだとさえ, かつれつにアイスクリーム, かつろうじで飯, かつが告ぐる, かつわが国今日の勢い, かつわたくしは京水, かつわれ何に従ってその, かつゑさしといて私に私, かつゑてしまはァ, かつゑてはゐる義雄だが, かつゑぬやうにいたし置又二郎三木三郎, かつアメリカの十五大都市, かつエロキューションに極めて, かつキリスト山上の垂訓, かつグアダルキヴェル河の貫流, かつグイードのエピクロス派的傾向, かつコックリの回転, かつコンスタントなもの, かつサラット博士は英領インド政府, かつサンフランシスコより上海広東, かつシッカリ持って, かつシナには僧侶, かつシンミリしたもの, かつセンチな姐, かつチェーザレを鞍, かつチベット国のため, かつと金属製, かつテーブルの微動, かつディドを欺き, かつデリケートであるかといふ, かつヒッポクレネの泉, かつヒトラーと和, かつファーエンヅァのアルベリーゴ, かつフィジオクラットが工業, かつプロレタリア文学の達成, かつボルトリにあった, かつボートも漕いだ, かつポルトガルにおいてそれ, かつポーランドのため, かつマサチューセッツ州の州庁, かつヤソ教はその, かつにし, かつ一〇七四メートルの北側, かつ一つ二つの疑問, かつ一ヵ月余の食糧, かつ一口にぐいと, かつ一定の性質, かつ一定額の課税, かつ一帯の海浜白砂雪, かつ一年間だけ持続, かつ一度封じて, かつ一心に祈るの, かつ一番根強い慾, かつ一番諧謔に富ん, かつ一種の宗教家, かつ一踊のため教, かつ一部分ではあった, かつ万人の自由, かつ万国の情形, かつ万物を被う, かつともに, かつ三千両の軍資金, かつ三都共に一時, かつ上席に請, かつ上手であった, かつ上等品でも民藝的, かつから上, かつ下層階級の人民, かつ下手くそにこなれなく, かつ下落した状態, かつ下調べをせんけれ, かつ不変の価値, かつ不審である, かつ不幸にする, かつ不徳義なもの, かつ不意におそった, かつ不断に食物, かつ不断着のまま, かつ不規則では, かつ不逞な棋風, かつ不連続である, かつ不都合であろう, かつ不首尾で帰藩, かつ与ったらば直に, かつ世人は宗教家, かつ世子の側用達, かつ世間のため, かつ岩の, かつ両刃あり怖, かつ両国の中心, かつ中学へ通う, かつ中村氏のいえる, かつ中道等氏より承る, かつ丸くつやある, かつある身, かつ主宰するの, かつ主張せんと, かつが弁別, かつ九州四国を除いた, かつ九州地方は新派, かつ乱雑なる僕, かつ乾いている, かつ予期しにくい, かつ予測が困難, かつ事実においても賢不肖, かつ事急で理解, かつ事情不明のためストライク・ブレーキング, かつ二度の実見, かつ二日の労働, かつ二本のお足, かつ二雪霜の間, かつ互いに他の, かつ互市の利, かつ互選であるという, かつ五〇〇箇の帽子, かつ井侯は団十郎, かつ交換者が多数, かつ交易場の辺, かつ交際の事, かつ享楽されて, かつ人々が若, かつ人一人いなければ, かつ人一倍淫乱だ, かつ人並の愛情, かつ人徳があった, かつ人格者だった, かつ人為的要素の錯雑, かつ人的資源を擁する, かつ人道に対する最良, かつ人間的な, かつ人間的善良さの見地, かつ人類生活の必要品, かつ仇敵の間柄, かつ今年の冬, かつ今度こそ十分, かつ今度出版すべき文学史, かつ仏教の古来発達, かつ仕上げのところ, かつ仕事も充分, かつ他人の経験, かつ他日この悪, かつ代用されるであろう故に, かつ代表的の者, かつ代議士は官制上これ, かつの発せられる, かつ伏蔵もとより地下, かつ会津侯の守護職, かつ会話はし, かつ伝写の久しき, かつ伸び伸びとした, かつかりき, かつ低い声には, かつ心地よくでき, かつ何らの造幣料, かつ何人にも属さない, かつ何十年かに一度, かつ何度も同じ, かつ何時も体が, かつ何等の保護, かつ余りに潔癖であった, かつ余り長過ぎる恐れ, かつ作為が甚だ, かつ使者をもっ, かつ依頼する風, かつも廉, かつ価値があっ, かつ価値尺度財の仲介, かつの歌, かつ便利でかつ, かつ促す深き願, かつである, かつ俗物連中も世界, かつ保存されて, かつ保持するであろう, かつ信じるやうに, かつ信ずるや否, かつ信ぜりこは, かつ信仰を基柢, かつ信用に関するよう, かつ俺自ら俺を縛っ, かつ個人の精神的物質的幸福, かつなる問題, かつ偏屈にならなけれ, かつ停車場にて余, かつ健康な領土, かつ健康さうだつた, かつに俥, かつ偶然に叫ばれた, かつ催促がましく聞こえ, かつ傷つける人に, かつ働かせることに, かつ働きかけた点に, かつ僕自身も亦, かつ僚友の田中豊太郎君, かつは汝, かつ儂今回の同行, かつ優れたる選手が, かつ優秀な対象物, かつ優美である, かつ優脩勝久の三人, かつ元来貴族的の, かつの当然, かつ兄自身のため, かつ先例を按ずる, かつ先年来樺太択捉を擾, かつをみな, かつ光っていられ, かつ光栄ある頭蓋骨, かつ光沢のある, かつ光秀を打ち破る, かつ全く実際的な, かつ全部の作曲家, かつ八人の俘虜, かつ八重咲で多く, かつ公三七のぶた, かつ公然と行われた, かつ六次の対称, かつ兵力を要点, かつ兵学の大家, かつ典雅を極めた, かつ円滑に進め得る, かつの雨, かつ冬季は霽, かつ冷えないで結構, かつ冷たい眼薄い, かつ冷やかな一面, かつ冷汗三斗の思い, かつ凡庸な市民, かつ來る, かつ出来るだけ広く, かつ分りやすい, かつ分化した物理学, かつ分厚に拵えた, かつ分娩すべきもの, かつ分析して, かつなるもの, かつ切なそうに, かつ切に知らんこと, かつ切るやうな, かつより諸種, かつ初々しく口の, かつ判然たるもの, かつ別に珍品若干種を, かつ別れに面倒, かつ制御する日, かつ刺激となる, かつ刻本売下代金を以て費用, かつ剛健な意志, かつ剥げて曙, かつ劇的だったと, かつを尽くし, かつ力強い国においては, かつうるに, かつ加盟の条件, かつ励ましてくれた, かつ労働着の如き, かつ労力ならん, かつ勇壮にしよう, かつ勇敢であった, かつ動いている, かつ勤労の進歩, かつ勤勉に生きよう, かつはり, かつましたもの, かつ千千瓢向ふところ商敵, かつ卑俗に堕さない, かつ卑怯になる, かつ協会の賛助員, かつ協働的に文化一般, かつに在る, かつ南斜面だから, かつ単に敵の, かつくする, かつ卜筮は易筮, かつ危ぶんで父, かつ危急を告げ, かつけられ邪魔, かつ原型そっくりの, かつ原始の発生形式, かつ厭味らしく飾って, かつ厳かだった, かつ厳しい批評家は, かつ厳しくいくぶん, かつ厳に警めけるは, かつ厳格なる態度, かつ厳然として存, かつ去りかつ来る, かつ去勢した雄鶏, かつ去勢術が豚, かつ参上候御聞取, かつ友だちにも勧めた, かつ友愛的に正せ, かつ反撥したるこの, かつ取らない方が, かつ取るべきはとり, かつ取扱いに最も, かつ受け取りなさいました, かつにする, かつ口尻明耀眼八咫の鏡, かつ口説いてゐる, かつ古めかしいエスプリ一本の, かつ古代医学のいまだ, かつ古戦場たるパリ峡, かつ古文の態, かつ古来幽霊となりし, かつ古格がある, かつ叫び進んで, かつ叫ぶということ, かつ知的なり, かつ可笑しな形, かつの板, かつにも記せしなら, かつ各国の君主, かつ合理化されて, かつ合祀の処分, かつ合衆国人民の局外中立, かつ吉野や金剛山, かつ吉野城そのものは吉野, かつ同僚の, かつ同年六月から十二月, かつ同情的に汲む, かつ同胞の軽薄, かつ名文と言うべきであろう, かつ君臣の名義, かつ吝嗇であって, かつ呪われたままで, かつが一定, かつ呻き正体無く, かつ命名せられて, かつ咽ぶのであ, かつ哀しんだけれどももう, かつ哀号しかつ, かつ哀訴的な態度, かつよく引, かつ唱道せんとして, かつ商品の存在合計量, かつ商店が賑やか, かつ商業のごとき, かつ商業世界の大, かつ商業人口が決して, かつひかつ請, かつ問いかつ聞い, かつ問題は常に, かつ啓発されるの, かつ善いに従って私, かつ善からぬが, かつべッ, かつ喋るのである, かつ喚いておられました, かつ太八, かつ喜ぶ世界である, かつ喜んで帰来日本山岳会, かつ喜んだのは, かつ営業して, かつ嘆いて, かつ嘆かずにはいられなかった, かつ嘆かれていた, かつ嘆きしがせめて, かつきかつ, かつ器具などもよほど, かつ器械的なもの, かつの外方壁, かつ四音声であるという, かつ回転自在に作られ, かつ因果関係が明瞭, かつ固いから石, かつ固定して, かつ固定的な租税, かつ固陋にし, かつの所得, かつ国元へ謹慎, かつ国内もまだ, かつ国外死亡として男子出生, かつ国家に充分, かつ国教宗の寺院, かつ国民的富に対する何ら, かつ国際連盟を前提, かつ土地広大のため戦争, かつ土地粗生生産物の交換価値, かつ在官者よりも自由, かつ地上の鷲, かつ地下茎の後, かつ地域も東亜, かつ均衡及び貨幣, かつ坪内君は同時に, かつに向かっ, かつ執拗に要求, かつ培うために, かつ基礎たる組織的瞞着, かつ基礎的に我々スラヴ, かつ堅実であった故に, かつ堅牢に出来上っ, かつ堕落したラエーフスキイ, かつ堪忍して, かつ報償なしに, かつちかつ, かつにちらほら, かつの伝わっ, かつ売れる見込みの, かつ売却する自由, かつ売口のよい, かつ変化に富む, かつ夕闇はせまっ, かつ外国国民をし, かつ外国行きを勧むるために, かつ外国語の素養, かつ外諸侯へ対し, かつ寿臂長く, かつ多き場所は, かつ多く筆を需要, かつ多分それ故に, かつ多少古びて, かつ多忙に働く, かつ多趣味な人, かつ夜分にする, かつ大々的に秀吉, かつ大いなる者を, かつ大かたの句, かつ大きくすること, かつ大したことは, かつ大事にすべき, かつ大人くさいのに, かつ大切な事実, かつ大喜利になる, かつ大国富強の程度, かつ大数法則に基い, かつ大方印刷をもおえ, かつ大脳の表面, かつ大量に産し, かつ大金を要する, かつ大陸海軍を維持, かつと親, かつ天下万民のため, かつ天下国家の大, かつ天才的舞踊家としてマタ, かつ太いそうだ, かつに忠実, かつ奇抜にし, かつ奇絶なる光景, かつ奇遇を欣び, かつ奇麗に蠢い, かつ奮発して, かつ女王の信任, かつ好きでもあった, かつ好まないと口, かつ好まれている, かつ好意的ならしめる, かつ妖異なる景観, かつの里, かつも思う, かつ始めから吊, かつ姑息の利, かつしむやう, かつ嬉しそうな, かつ嬉しかった, かつ嬰児期から青春期, かつ子息鍋丸にまで柴田伝来, かつ子爵もすでに, かつ学ぶという方針, かつ学問階級がそれぞれこれ, かつ学校教場の細事務, かつ学校教育のみで, かつ学理にもとづき, かつ学者で, かつ学識あるは, かつ孫娘かくの外, かつ守らねばならぬ, かつ守られていた, かつ守りを固く, かつあがりでも, かつ安全と思った, かつ安楽に養育, かつ完成した, かつにあり, かつ官吏に自由国, かつ官尊民卑の風, かつ官途の価値, かつを結ぶ, かつ実にこの言, かつ実践せられつつ, かつ実験は小生室, かつ宥めけるにようよう, かつ害悪を生ずる, かつ宿命的であったもの, かつ宿命論的だったから, かつ宿所を持たない, かつ寂しく片廂, かつ密かに麓, かつの新, かつ寒かった, かつ寝室居間食事に対して週二磅半, かつ寺内先に数, かつ対外的には強力的, かつ対談数刻に渉, かつ封土の小, かつ専心その指導, かつ射かつ駛せ, かつ将来されて, かつぬれば, かつ尋常なる士人, かつ導かねばならぬ, かつ小さくて狭, かつ小児のとき, かつ小林等はこの, かつ小雨にし, かつ少年血気のもの, かつ少量であると, かつ尚武心は発達, かつ尽力する輩, かつ屋小料理屋へ入っ, かつ属性として他, かつ岸内閣に鋭い, かつ島嶼には海, かつ峻厳に命ずる, かつ峻嶮なる多く世界, かつ峻直にし, かつ崇敬する理由, かつ巡査に手向かい, かつ工場主の我欲, かつ左ききというの, かつ左向は長く, かつ差し潮の力, かつの記録, かつ市川大門町の村松志孝氏, かつ布教の公許, かつ希有の禁欲家, かつ希求せる民衆, かつ師団の兵力, かつをあらためて, かつ帰藩を命ぜられる, かつ常に大いに驚くべきこと, かつの広い, かつ幕兵と我兵, かつだから, かつ平和時代に於, かつ平常の徳化, かつ平易なもの, かつ平然としてこれ, かつ平等な法律, かつをとっ, かつ年々この日, かつ年々百名の人間, かつ年月が経過, かつ年齢の長, かつ幸福そうであった, かつな馴染, かつ幾日経っても, かつ広い経験に, かつ広く一般的に, かつ広く早くより歴史家, かつ広汎なる活動, かつ知れぬ街, かつ庚申様の方, かつ度量の寛大, かつ廉価だという, かつ廣大ならしめ由, かつ弁じていた, かつを用いる, かつ引続き常に人口に対して, かつ弱いがタテバ, かつ強きものは, かつ強く刀跟極めて, かつ強壮に成長, かつ強大な能力, かつ弾きある者, かつじたが, かつ当初十年はまさに, かつ当日は日曜, かつ当時いずれも政府, かつ当時流行の有志者, かつ当然なること, かつ役場の書記, かつ彼女を抱擁, かつ彼等戰鬪を起さん, かつ待っている, かつ後者は前者, かつかにその, かつ従事せしめざるべからざる, かつ従順なもの, かつ得んとする, かつ得意でいる者, かつ名文である, かつ御飯へ渋味, かつ微妙な精神労作, かつ微笑みて見え, かつ徳川吉宗公以降幕府より毎々, かつ徳永を飼主, かつ徴標であるに, かつ必ずしも興味の, かつ必至の関係, かつ忍耐深かったであろう, かつ快いことであった, かつ快活なるが, かつ念入りにし, かつ怒らした事を, かつ怒りやがて聴水, かつ怒り心頭に発し, かつ思いきった隠遁的ムードは, かつ思う毎に, かつ思ひ乱れ思ひ, かつ思索家であるから, かつ怠慢であったこと, かつ急務を痛感, かつも分れ, かつ怪しんで, かつ恋し得ること, かつるるある, かつ恐らくは誰よりも, かつ恐るるように, かつ恐ろしきそれらの, かつ恐ろしく感じた, かつ恣意的な条件, かつかしかった, かつ恥ぢかつ憤らし, かつ恨んで云った, かつ悄然たり, かつる一事, かつ悔いてまた, かつ悟性の一部分, かつ悦ばしき聲を, かつ悦ばすところの, かつ悦ぶのに, かつ悦んだということ, かつ悩む魂は, かつ趣味な, かつ悪い意味にのみ, かつ悪性な方策, かつ悲しい争闘を, かつ悲しく悲しくかつ楽し, かつ悲しまざるをえない, かつ悲しむ自我であった, かつ悲しんで眺めた, かつ悲しんだのであった, かつ悲惨である, かつ悲痛な敗北, かつ悲調なる語気, かつ情緒的な作曲家, かつへるため却つて詫, かつ惜しみて有意的, かつ惟らく儂は固, かつ想いかつ恋し, かつ意味のない, かつ意地悪いもの, かつ意志の自由, かつ愛すべき道であり, かつ愛するによりて増し, かつ愛好の植物性食物, かつ愛着したの, かつ感じたくらいにまでそれら, かつ感じたるものは, かつ感じられている, かつ感ずること海の, かつ感情家であった, かつ感情的であった, かつ感覚して, かつ愼めり, かつけり, かつ慈善の乏しい, かつ慈母さんもこの, かつ慎み深き人, かつ慟哭に満ち, かつ慣習的な水準, かつしい少女, かつ慰問のため, かつ慶ぶのである, かつ憎むという動かす, かつ憎らしく思った, かつ憎んでいる, かつみて, かつ憤らしむることも亦, かつ憤慨の態, かつ憤懣の情, かつ憤然として彼, かつ懇ろに慰め, かつ懇切なるを, かつ懐しく語り得て, かつげに, かつとともにこれら, かつ我々の未熟, かつ我が国はあの, かつ我ら罪のあがない, かつ我利我利妄者であるべきかという, かつ我国の工業品, かつ我等に示す, かつ戒むるためである, かつる程度, かつ戯曲的な事実, かつ戰場にその, かつ所作の活溌, かつの感覚, かつ手ぬるく実に切歯, かつ手勢を討ち減らされ, かつ扶養の約, かつ批評する者, かつ批評家の無, かつ技術と商業, かつ折れることなく, かつ抱擁そうしたイデー, かつ抵抗すべからざるもの, かつ押すとは齒車, かつ押固むる一束を未だ, かつ拙い絵などにも, かつ拙くなって, かつ拙劣だったので, かつ拙者は貴所, かつ持続させて, かつの先, かつ指定年齢指定形式によらず, かつ指紋をぬぐい, かつ挨拶のため実隆邸, かつ掃きつつ口々, かつ授時暦の作者郭守敬, かつ掠奪するに, かつ探索する目, かつ控え目な様, かつ描写表現する技, かつ揺るがし加うる, かつ携えあるいて所々, かつ撃ち二時すでに, かつ撫でそして何事, かつ攘夷決戦のおり, かつ支出されるすべて, かつ支払が確実, かつ支持されうるか, かつ支那には現に, かつ改良がなされる, かつ改進論派中保護貿易派とは相反, かつ攻勢をゆるめず, かつ攻城学の泰斗, かつ政府にて事, かつ政略的に暖室, かつ故人を追懐, かつであったこと, かつ敏捷に行われた, かつ敏活に行われはじめた, かつ教えている, かつ教会は神, かつ教訓的な見地, かつ敢然として容赦, かつ散って残る, かつ散りぬけ長き房, かつ散ればやがて, かつしたと, かつ敬する双親, かつ敬虔な判斷, かつ数インチつき出した横木, かつ数千年来陰陽五行の妄説, かつ数多くまたその, かつ数学を知らざる, かつ数少なくなると, かつ数府を侵掠敗, かつ整備されて, かつ整然と戦いの, かつ整理して, かつ整頓せるには, かつ文人の集まる, かつ文化的には相互, かつ文句が面白く, かつ文字の造詣, かつ文字通りたたき壊されたよう, かつ文学でなければ, かつ文学理論の今日, かつ文学者として高名, かつ文芸全体に通じ, かつ斡旋して, かつ新たなる解説, かつ施したと見える, かつ日常的な恋愛, かつ日曜であるため, かつ日本人の世界, かつ日本式の晩餐, かつ日本的なもの, かつ勤王論者と, かつ早く散落します, かつ早婚や不用意, かつ早熟だ, かつ昂然と歩い, かつ明けて明治二十八年, かつ明けっぱなしで大, かつ明截に説明, かつ明晰で愛, かつ明暸に現, かつ昏酔して, かつへて獻ぐる物前, かつ春秋には欠かさず, かつ昨日の疲れ, かつと場合, かつ時事的な仕方, かつ時局の険悪, かつ時間も少く, かつ晦澁であるが, かつ普及されつつ, かつ普通兄のもっ, かつ普遍に信任, かつ晴れたれど, かつ晴天になった, かつ智恵の深い, かつ暖めし日輪が, かつ暗くして, かつ刻々その, かつ曖昧なり, かつふ, かつ曲線が不連続, かつ書き易いので, かつ書くことが, かつ曹休自身馬をすすめ, かつ曹操の一陣営, かつ最もしばしば役立つところ, かつ最後の苦悩, かつのごとく, かつ月々拾円の貯金, かつ有力に働い, かつ有名の相者, かつ有害な都会的装飾, かつ有望な才能, かつ有限にし, かつ有馬の温泉, かつ望ましい知識を, かつ朝廷に幕府討伐, かつ朦朧なる亭主, かつに見ゆる, かつ未だ芥川氏にも, かつ未亡人の覚えめでた, かつ未来の知られざる, かつ未開の土地, かつ本当のこと, かつに対, かつは随分, かつ来るわが脳裡, かつ東京人は精良品, かつ東方会議の主催者, かつ板倉内膳正重昌討死, かつを採っ, かつも長く, かつ柔軟でなくては, かつ柳生流の直流, かつ栄えるものだろう, かつ根本的であるか, かつ案ずるにのっそり少し, かつ案外困難である, かつ極めて実際的な, かつ極端な無神論者, かつ楽しんだことと, かつ楽むに似, かつ楽手が皆, かつ概ね秀れ, かつ権力感情の獅子, かつ横着であつ, かつ機嫌よく話した, かつ機密に毛利, かつ機械を全然, かつ欠くべからざる手段を, かつ次第にこの方, かつばしい, かつ欧米各国みなその国固有, かつ欧米諸国で数学教授, かつ歌ふところの, かつ歌合せの画, かつ歓びけり云云, かつしかりければ, かつ正しい事としか, かつ正しくいえば, かつ正当防衛の程度, かつ武備的の国, かつ武勇だけで, かつ武芸を好める, かつし得る花園, かつ歩きぶりが不, かつ歩行いて, かつを刺撃, かつ死なぬ人々の, かつ死に及で, かつ死ぬべくあこがれていた, かつ死後霊魂の復活, かつ殺風景なもの, かつ毎日天遠く晴れ, かつ毎月多くの雑誌, かつ比例すること, かつ比較され得る所, かつが短い, かつ毛利家の滅亡, かつ毛織物製造業者帽子製造業者靴製造業者その他あらゆる製造業者, かつ氏素姓その物, かつ民族的優越感を満足, かつ民権の拡張, かつ民間にあり, かつ気まぐれだ, かつ気候温和人体に適し, かつ気転ある者, かつ気高く清く貴くうるわしき病者の, かつ水利のある, かつ水泳ぎをする, かつ水漬け二杯の, かつ水蒸気の量, かつ永久に何物, かつ永久的にフランス, かつ永續して, かつ江戸へは近い, かつ池上に三階, かつ池辺三山及び村山龍平, かつ汽笛を鳴らす, かつ没交渉なのに, かつ没落世界のあの世, かつを含んだ, かつ油断がない, かつ泉石のこと, かつ法律は悪人, かつ法術的であって, かつ泣くを見ん, かつ注意せざるべからざること, かつ注意深い報告である, かつ泰西における近世法学, かつ洋酒を与え, かつ活動力に富む, かつ活動的な階級, かつ派手な精神, かつ流れる水の, かつ浅いと自覚, かつ浅く理解すべきである, かつ浅草区一帯の地, かつ浅薄を意味, かつ浚つて行つたなどといふ面妖, かつの里, かつ浮び來る, かつ海湾に浜, かつゆる其聲, かつ消えぬ大鳥の, かつ消えるように, かつ消化されなければ, かつ消滅する資本, かつ液体になっ, かつ淋しかった, かつ淋しく見えた, かつ淡島屋の身代, かつ深められていた, かつ深刻な意義, かつ深淵な事, かつ深遠な二三, かつ混ぜつつ色, かつ混淆したもの, かつ混雑に及んだなるべし, かつ清らかに電燈, かつ清澄なもの, かつ清雅なるは, かつ渇望して, かつ渓谷の間, かつてこれ, かつ湿度が大きい, かつ満足な程度, かつ満身の覇気, かつ溝川にも井戸端, かつ滋養分もある, かつ滿腹するかに, かつ演劇的なもの, かつ演段術の一部, かつ潜みたるものなれ, かつ潤いに富める, かつ潤うている, かつ潤沢な精神的栄養, かつ激励して, かつ濃かった, かつ濃厚に継承, かつは変化, かつの落ちる, かつ炯眼な防疫吏, かつ為さなければならぬ, かつ為す丈夫の, かつ烈しかった, かつ烈しく堕落する, かつ無作法にくるり, かつ無常を超えた, かつ無料である, かつ無条件に, かつ無残なるかを, かつ無理だと, かつ無用な魚, かつ無神論的方向をとっ, かつ無限責任者であったが, かつ無類の大食, かつ焼物を副葬, かつ照りやまず, かつを防ぐ, かつ熱く考えて, かつ熱心に聴い, かつ熱烈になっ, かつ燃えていた, かつとならない, かつ爾後の策, かつ葉に, かつ片手で懐中, かつの目的, かつ物価の真, かつ物綺麗であった, かつ物言ひぬ, かつ物足らず眺めて, かつ特殊な関係, かつ特異な神仙思想, かつ犯罪と犯罪, かつ独りごちながら何となく, かつ独創的な形, かつ独自にそれ, かつ狭長なり花, かつ猥らな勇武, かつ獰猛だった, かつ率直に描写, かつをし, かつ珍しく私の, かつ現代の新, かつ現実的であつ, かつ現身を悲哀, かつ理屈を述べられた, かつ理想をもあらわし, かつ理知もあり, かつしく憂鬱, かつ計上の, かつ生々と働い, かつ生きんとしたる, かつ生殖能力をその, かつ生活を改良, かつ生活資料以上の増加, かつ生理的には不自然, かつ産児数と結婚, かつ用心して, かつ用心深かった, かつ用意的なもの, かつ用紙を舶来紙, かつ田舎紳士が穀物, かつ田賦戸税のほか, かつ由子には斬新, かつ男性的に見せる, かつ町全体としての集合美, かつ画学生の力, かつ画家としての自尊心, かつ留るものださうである, かつ留守中のこと, かつ番頭達の寝, かつ異しむならむされど, かつ當時の王達, かつ病んだ姿態は, かつ病気で寝, かつ病身らしい様子, かつ痛切であるが, かつ痛快なもの, かつ痛烈なる文人生涯, かつ癲癇性激怒の発作, かつ発展するため, かつ発展進歩向上すること, かつ発揮せられるもの, かつ発育不完全な形態, かつ發行兼編集の名義人, かつ百拝して, かつ百金を吝し, かつ監視違反の者, かつ目的論的な考え方, かつ目立つのに, かつ直ちに相殺されない, かつ直に実行した, かつ共に, かつ相ともに皇帝ハインリヒ七世, かつ相互に, かつ相対なり不可知的, かつ相当研究も, かつ県当局の政治的, かつ眞實あらしめんため, かつ真剣の修羅場, かつ真情をもっ, かつ真摯に教訓, かつ真直でその他, かつ真相にふれ, かつ眠りを驚かせし, かつ眺望がない, かつを外, かつ瞬時に行, かつはたいへん, かつ矜らかな意識, かつからざる, かつ短所をも知り抜いた, かつ研究したが, かつ破壊する傾向, かつ破滅的な罰金, かつ確乎たる事実, かつ確然と取扱われ, かつ磁石の作用, かつ示された究極の, かつ礼服を着用, かつ礼節も慎み, かつ社会機構を改善, かつ祈祷をした, かつ祈願して, かつの旨, かつ神秘である, かつ神経質な農奴制, かつの世, かつ秀吉自身の前線出馬, かつ私一個の強情, かつ私共の観察, かつ私見を書き加え, かつ科学の進歩, かつ稀少な物, かつ稀少性が減少, かつ稀有の例, かつ稗益する所, かつ種類が少ない, かつ穀物の発芽結実, かつ積極的人口実測によって得られた, かつかになり, かつ穴だらけでたいへん, かつ空しき過去の, かつ空想の豊か, かつ空間上離散せる人心, かつから外, かつ窮極的規制はその, かつ立派な大詰, かつ既に翼, かつ端的な考え方, かつ競争によって増加, かつ竹内被告の陳述, かつ笑うような, かつ笑っている, かつ笑止なり, かつ一期の, かつ筆算は一人, かつの通った, かつうべきこと, かつ箇々の物質, かつ節約の全部, かつ節飯か汁, かつ節高でしっかり, かつ範囲の広き, かつ粘土板に誌, かつ精神と感覚, かつ精神力の欠乏, かつ精神的な閲歴, かつ糧秣欠乏し遂に, かつ納税に堪える, かつ納税方法も分っ, かつ紙幣信用が樹立, かつ素直である, かつ細かい複雑な, かつ紹介した, かつ終りであった, かつ終る處にて, かつ終局的に居住者, かつ組織の統制, かつ経済的であること, かつ経験上得たる所, かつ結晶の隅々, かつ絵画文章の如き, かつ絵画的で, かつ絶えずそれを, かつ絶好なる, かつ絶後の者, かつ継母のお, かつ続々と馳せあつまる, かつ綴らせている, かつ綺麗な言葉, かつの裳, かつ需要と, かつ総合的に研究, かつ総領事とともに午餐, かつがかった青色, かつ緩い調子を, かつ緩く響かせた, かつ緻密な頭脳, かつ縊死しなければ, かつ縛せられている, かつ縛ることを, かつに皺, かつ繋船の自在, かつく處, かつ罵ったが邑宰, かつ美しき感情を, かつ美しくして, かつ美酒を飲み, かつやんで, かつ羨むところの, かつ義侠心が強い, かつ義務である, かつ義枝がいきなり, かつ義貞が追討, かつ老いぼれている, かつ老人自身は都合, かつ老衰して, かつ老齢で到底, かつ考えれば考える, かつだ, かつ耕された知恵が, かつ耕作者達が主として, かつに快く, かつ聞かんことを, かつ聞きそうし, かつ聞く善歳万歳の, かつ聴いたうちの, かつ聴きして白粉, かつ聴く者が, かつ聴衆は千有余人, かつの間, かつ育った境遇と, かつ育てている, かつ背き易き民マンナ, かつ背徳の行為, かつ脅威的になり, かつを温める, かつ脱漏を斟酌, かつ脹れぼったいその, かつ腕っ節の強い, かつを崩した, かつ沸きぬ, かつ個を, かつ自ずから別に, かつ自ら食するもの, かつ自ら戒飭するよう忠告, かつ自分たちに反対, かつ自分自身の内的必然的, かつ自動車輸入が無税, かつ自叙伝であるという, かつ自在であること, かつ自律的な行動, かつ自慢でありました, かつ自然価格から偶然的, かつ自然的の困難, かつ自発的にだます, かつ自給自足を達成, かつ自覚に便利, かつ自身の商業, かつれるその, かつ至る所同一である, かつ至大なるもの, かつひかつ歌, かつ舞い諸将, かつ舞台芸術の組織, かつ航海を助ける, かつ良い御家庭, かつ良人の何事, かつ良心的である, かつ色々の出来事, かつ芝生に散っ, かつ花色も種々, かつ芸術的にきわめて, かつ芸術至上主義者であったけれども, かつ芽生えした口碑伝説, かつ苛辣であった, かつ若干異国的な不気味さ, かつ若者に伴いし, かつ苦しみいたる胸中が, かつ苦しんでいる, かつ苦みながら書いたろう, かつ英国労働者の就業, かつ茂山をシゲヤマ, かつを飲み, かつ茶器の蒐集, かつ荘厳なる秋, かつ莫大なるオカネ, かつ菫外線を金属, かつの美, かつ著しいであろう, かつ葬り去るに, かつ蒼くわが上, かつ蔓面は縦, かつ藤原氏の専横, かつ蜜柑は最も, かつ衆人をし, かつ衆目を引く, かつ行おうとし, かつ行きかつ鳴し, かつ行なう人の, かつ行動して, かつ行政処分は夜中, かつ衛生の業盛, かつ衛生的であると, かつ衝突を行なう, かつ衝突力が大きい, かつによれ, かつ表彰しそして, かつをまくり上げぬ, かつをむぎ, かつ裁定をさせる, かつ西欧詩に近くハイカラ, かつ西洋に於, かつ要求するならそれ, かつつつおぼめく, かつ見えぬ光が, かつ見ずやいはゆる, かつ見た目にはかえって, かつ見つるかな, かつ見はるために, かつ見る人に, かつ見込みはござりませぬからいま, かつ規則正しい平板状の, かつ規則的に増加, かつ規模の小さい, かつ視るに從つていよ, かつ視力の許さぬ, かつ親しく知り合うこと, かつ親切で十一回以上, かつ親愛なる連中, かつ親房は得意, かつ観衆の正しい, かつ觀念的なる性格, かつ解かれている, かつ解くに当っ, かつひ難き, かつ言いたいと思っ, かつ計画的だつた, かつ計量し得る関係, かつ討論の相手, かつ訓練を遠, かつ記憶せるもの, かつ訝りかつ祝する, かつふ, かつ詩人トック君の心霊, かつ詩文の才, かつ詮方なく彼ら, かつ話さねばならぬ, かつに調査, かつ誇っていた, かつ認めている, かつ認めえたことが, かつ認められている, かつ誓うところであります, かつをあらためて, かつ語ってるうちに, かつ語るのであった, かつ語れる間彼方の, かつ語感や語情, かつ誠意ある御, かつ誡しめを与えた, かつ誤まって生者, かつ誤りなく行, かつ誤謬が発見, かつ読みかつ答えた, かつ読むいわゆる愛詩家, かつ読書を好み, かつ課税されないであろうから, かつ調和を保っ, かつ調妙に聖母頌, かつ調子の野卑, かつ調整された利潤以上, かつ諂諛して, かつ談ずると為, かつ談話して, かつ諌めかつ宥めける, かつ論文として退屈, かつ論理力を高, かつ関係を, かつ諸事を斡旋, かつ諸共に窶れ, かつ諸国間の貿易, かつ諸方への出入り勘定, かつ謀りて汝, かつ謁見者があまりに, かつ謂いて曰く, かつめいたもの, かつ謝金をも受け取り, かつ謹慎を命ずる, かつ護るこそ生物界, かつは称名川, かつを穫ん, かつ豊富であって, かつ豊饒なるもの, かつ豪華で交際, かつの奇抜, かつなること, かつ貨幣の量, かつ貨幣地代は, かつ貯蓄する階級, かつ貴い友よ, かつ貴国国民が勇気, かつ貴金属類が貨幣, かつ資料がそれほど沢山, かつ資産家の娘, かつ賞讃すべき努力, かつ賢明な忠告, かつ質実となり, かつ贅沢なる歌舞伎劇, かつかりければ, かつ赦してその, かつ理的とは, かつのある, かつ趣味的要求を満たした, かつ足形がはっきり, かつ踊った最後の, かつ踊り寂しげなる, かつ踏みつけると回転, かつ踏んでも破れぬ, かつ躊躇をしました, かつ躍り坂の, かつ身体のため, かつ身体各部の運動, かつ身心二者は全く, かつ軽い苦み味を, かつ軽くて使い, かつ軽快なる指揮, かつ輝くこといかばかり, かつ輸入の自由, かつ輸出されは, かつがつた, かつ辟易するベッジパードン, かつ辱くも入獄者一同に恩典, かつ農兵などを使用, かつ農業と工業, かつ農業上の改良, かつ農業者または牛群, かつ農民は農民, かつ農耕に関係, かつ濶に, かつ迅速にできる, かつ近づく者にも, かつ近世心理学の片端, かつ近衛声明は東亜連盟, かつ迫り藍縞の, かつ迷いかつ苦しみいたる, かつ迷信強き余はただ, かつ追いかけて我ら, かつ退きつつ南行, かつ退化して, かつ送ったかにあらね, かつ逆上せる気味が, かつ通俗的に考えられ, かつ通常の婦女子, かつ通常利潤率で測定, かつ連発式拳銃の弾丸, かつ連続して, かつ進むにそも, かつ進取的になります, かつ進捗されたかを, かつ進歩的な運営方針, かつ遅々たるものであり, かつ過分な至嘱, かつ過日の暴風雨, かつ過食の罪, かつ道化た気分, かつ道徳品行の点, かつ道理に必然, かつ遠浅なれば, かつ遣ったらば直ぐ, かつに響く, かつ遥かにより多く, かつはしく, かつ適当なる試験, かつ適材を得た, かつ遺骨にたいする取扱い, かつ部分的には異説, かつとちびちび, かつ酒精的だった, かつふこと, かつ醜男で肥え, かつ釈迦牟尼如来の見る, かつ重々しく翔って, かつ重くこれを, かつ重苦しく見えた, かつ野心的なこと, かつ野性的なもの, かつ野蛮な主張, かつ金斧金鉞一対を賜わった, かつ金物その他の財貨, かつ金銀や栄位, かつ金銭を求め, かつはいつか, かつ鉄砲をその, かつ鉛筆の色, かつ銀行に至る, かつ銀行勘定の借方, かつ鋭く見えたが, かつ錯覚を起こし, かつ鍛えられている, かつ鎌倉へは心から, かつ長い浸透性と, かつ長かった, かつ長しといえ, かつ長文になる, かつ開いたのだ, かつ開進後の整いたる, かつ閣下よ, かつ闘争して, かつ防衛して, かつ降りかつ消え, かつある士族, かつ限定を与へる, かつ陳腐なる理窟, かつ陸上作戦は第, かつ陸軍でのフランス部, かつから隅, かつ階級が益々, かつ随時に与えよう, かつ隔時観測を為し, かつ隠されていた, かつ雄大なから, かつ雅之たる者のこれ, かつ集団して, かつ雑費として毎月一円, かつの降ってる, かつ需要が増加, かつ需要曲線が所有量, かつ露語科に入った, かつ青年の資格, かつ靡きかつは, かつ面倒だ, かつ面白がらせる面, かつ面白味のなかっ, かつの細工, かつ音律上の魅力, かつ音盤音楽試聴会の如き, かつ順次に系列, かつ頑固なもの, かつつその, かつ頓智ある者, かつ頗る健啖家であった, かつ領内米原において大, かつなるもの, かつ題目の制限, かつ顕著な過剰人口, かつはれつ, かつ顰蹙すべきこと, かつ風景絶佳の地, かつ飛ばすのである, かつ飛びかつ留る, かつ飜訳家の多く, かつひながら, かつ食べることは, かつ食物の嗜み, かつ飢饉に際しては貧民, かつかつ酒, かつ飲むのを, かつ飲める口でも, かつ飲ン平の代表, かつ飽足らず思うて, かつ養い得る人数に, かつ養生すること, かつ養育する事, かつ首尾よく探り出し得た, かつ首尾一貫して, かつ香いがあっ, かつ馴れて苦い, かつ驕傲無頼に走りし, かつ驚いたように, かつ驚きしものあり, かつ驚くべくこちこちに, かつ驚ろくべき無, かつ骨張って映った, かつ高い文明を, かつ高くなりその, かつ高まって来る, かつ高価を支払われ, かつ高名な学者, かつ高調されたものの, かつ魅力ある光景, かつ魅力的なもの, かつ鮮明にする, かつの歌, かつのよう, かつ鳴いておい, かつ鳴して一, かつの形, かつ黒い家だった