青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かける~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~かくし かくし~ かくして~ ~かくれ かくれ~ ~かけ かけ~ ~かけた かけた~ ~かける
かける~
~かげ かげ~ ~かし かし~ ~かしい かしい~ かしく~ かしこ~ ~かすか かすか~

「かける~」 4575, 47ppm, 2463位

▼ かける~ (1406, 30.7%)

15 彼女は 13 彼は 11 すぐに 9 女は 7 それを 6 その男, 急に 5 いふこと, 後から 4 二人は, 今度は, 夫人は, 相手は

3 [13件] こんどは, それは, ふいに, グッと, ヒラリと, 一人の, 上の, 二階の, 僕は, 彼の, 私は, 老人は, 言ふ

2 [83件] いけないと, いって, いっても, うしろ斜めに, こちらの, これは, これも, ざぶりと波が, すれば, そこへ, そのま, その女, とんと無器用, なると, ほかの, またもと, もう一度お, よく歯, スイッチを, 一位は, 丁度猿, 下の, 不意に, 中からは, 二人とも, 云って, 亭主は, 今まで, 今日は, 他の, 何となく心持, 信長は, 八五郎は, 兵馬は, 力まかせに, 勝家は, 十風は, 又そら, 又右衛門は, 向うの, 咄嗟に, 外へ, 子供は, 家康は, 張飛は, 強くなる, 彼らは, 急いで, 手を, 放二, 新蔵は, 早くも, 村越長者の, 杜子春は, 樂しみに, 此の, 氷峰は, 父は, 甘くなる, 男は, 白髪の, 目の, 盲目の, 相手が, 秀吉は, 突然に, 立派な, 端の, 答えも, 細い雨, 翁は, 肩を, 自分の, 自然に, 薄い汗, 藤吉郎は, 誰か, 豆くさい, 迷惑そうに, 部屋の, 雛妓は, 非常に, 高子に

1 [1108件 抜粋] あ, あいつ又, あいにく辻, あっけに, あなたに, あの方, あまり好き, いいえ違っ, いいけれど, いうが, いうので, いうよりは, いきなりガラッと, いきなり伸び, いきなり後方, いきなり真っ暗, いきなり誰か後, いくらか人心地, いっそう正確, いつか錠が, いつのまに来た, いつも好奇心, いなかじいさんも, いや番頭, うしろで, えいや, おっしゃったそう, おとなしく抜き身, おなじく博士夫人, おれは, お冬, お幸, お滝, お答えは, お葉, お通, かえって思い, かたわらの, かの怪漢, かれは, ぐいぐいと, ぐっと下, こうは, ここからは, こづき廻, こは, これまでに, さう, さっさと一人, さつき茶店に, さび槍を, ざわざわと, しかし冴子, しみじみと, じきにむっつり屋, じろりと見, すぐ, すぐおさまつた, すぐママ, すぐ伸子, すぐ彼, すぐ眼, すぐ隠れる, すっぽんの, すらすらと, そいつは, そこでお茶, そこには, そっと自分, そのたび, そのとき遠く, そのままずるずると, そのまま消え, その一刹那, その前, その声, その大きい, その年寄った, その武者, その理由, その眼, その背, その調子, その辺, その途端, その電波, その馬の足, それっきりに, それでもそそくさ, それで三界, それにも, た, たかって, たちまちかれのす, たちまちの, たとえ二天記, たわいの, ちょうどおま, ちょっと眼, とうとうネズ, とても好い, となりの, とんとんとんと二階, どうしても身請け, どこでも, どんな場合, なお結構, なかなか立派, なにか思いだした, なんとなく心, ぬすむよう, のっぽの, はたして高熱, はなれた机, ひとりの, ふたたび洞窟, ふと思ひ, べらぼうとは, ほとんど同時に山県紋也, またぐらり, またそれぞれ様子, またチクリ, また心, また話し出される, まだまだ嘴, まだ少年, まだ風邪気, まるで虎みたい, むこうでは, むやみな, もうこれ, もう一人, もう何, もう突っ, もう蝉, もう遅い, もしや奉, やがて内, やがて階段, やっとゆっくりと, ゆき子が, よい心地, よくわかる, よし子も, よろずかなわぬ, わたしは, エイッと, オルゴールが, カオルは, キンちゃんは, グラグラと, コン吉は, サッササッサと, ジャネットは, ジロリと, スルスルと, ソッと, チャンスカ某に, ツルツルすべっ, テーブルの, ドーリヤが, ニャアーオと, ニヤゴー直き, バカ箱根を, パンテオンの, ヒラメならず, ピシリと, フェアファックス夫人が, フヽヽヽツこの, ベリベリと, ペガッサスの, ペンと, ボート全体が, ポケットから, モオリーは, ラザルスは, 一つも, 一わたりみんなの, 一人取残された, 一寸辰巳柳太郎, 一時蛙の, 一間半ほど, 丁寧に, 三丁下りの, 三人が, 上から, 下から, 不機嫌な, 世阿弥は, 中には, 中へ, 丸山は, 主人らしい, 主税は, 乾児達は, 予告の, 二つに, 二九太は, 二人の, 二十歳ばかりの, 二時間も, 二頭以上なら, 云うは, 云つて手桶の, 五六人が, 五分も, 井戸端で, 人の, 人間の, 今だに, 他所行きの, 伊代は, 伸びが, 佐助は, 体を, 何か, 何となく心細い, 何やら乱暴, 何處かで, 何進は, 侍の, 俊基は, 保も, 傍聴者の, 僕の, 元華族, 先に, 先方で, 光春は, 入り口の, 全山たちどころ, 六は, 共に消え, 兵部が, 円満坊は, 再び蹂躪, 冷たい毛, 初めは, 刷毛を, 剥げますとか, 力いっぱいゆすぶった, 加野は, 包囲の, 千両箱を, 卓子の, 危い, 厳重に, 又作, 叔父さんが, 口真似し, 召使いを, 右手を, 同じいもの, 同時にその, 同時にハッと, 同時に天, 同時に我知らず, 同時に相手方, 同時に自, 向うでも, 周平は, 唖, 喜三郎は, 器械体操で, 因果物などは, 城中への, 執事の, 塚田が, 墨が, 声の, 声を, 夜営の, 大きな尨大, 大二郎と, 大佐は, 大矢捜査主任の, 天井の, 天堂一角業腹で, 奉行は, 女たちは, 女も, 妙に, 威かしたと, 婆アさんは, 子どもは, 宇野何も, 安さんは, 安次は, 実にはきはきした, 客と, 家光を, 富田氏自身が, 対馬守クルリと, 小僧は, 小太郎が, 小田は, 少しも, 少年は, 山は, 山門の, 岩の, 崖の, 左の, 左馬介は, 市之助は, 市次郎の, 師匠が, 平は, 幽かな, 広間の, 廊下の, 廟の, 廻り燈籠の, 弱いが, 影は, 彼に, 彼女に, 彼等の, 後ろから, 後を, 御主人, 心持わるい, 忍剣の, 忽ちから, 怒ったよう, 思ったから, 思つたらしい, 急ぎ家を, 恐怖の, 恭一が, 意外にも, 慶娘が, 戸が, 扉の, 手の, 承知しない, 抜目が, 捨てぜりふを, 敏子の, 敵の, 文庫の, 新子は, 新蔵が, 旗本たちが, 日吉は, 早速飛ん, 明智は, 時子は, 晋太郎は, 暗い臺所, 書附を, 月の, 服を, 未練なく, 本願寺の, 松前の, 松葉づえの, 柔な, 案内を, 梯子の, 棺の, 極めて無, 槍の, 橋の, 正彦坊やを, 正造は, 此一言に, 殆習慣に, 母と, 気が, 水鳥が, 池は, 泥棒に, 津田は, 派手な, 浴せかけるよう, 深編笠の, 清原君は, 湯を, 源内, 漁夫も, 濱島は, 為基が, 無惨に, 無闇に, 熱い息, 熱心な, 父親が, 犬の, 狂人の, 独仙君が, 狸が, 球皮の, 生駒に, 田川は, 町外れの, 番士が, 番頭の, 痛みも, 癖に, 皆で, 益満が, 直き, 直ぐにお, 直ぐ店, 直ぐ林, 眞日中で, 眼ば, 知らない子供たち, 石はぞ, 神と, 神授は, 秀英は, 突然しゅくッ, 突然生物, 笑いながら, 笑われたこと, 粉が, 約束した, 紛れも, 結構です, 締つて容易と, 羅真人は, 美味しくなります, 群集の, 翩翻と, 老人も, 老婆は, 老父は, 肉片を, 肩から, 胆ッ玉がちいせえ, 胸いっぱいに, 脱いだもの, 自分で, 自分達より, 船頭は, 芥川は, 若い女房, 苦も, 葛岡は, 虫歯の, 蟻田博士は, 表が, 袁紹は, 裏の, 襖は, 見えましたが, 見送って, 角の, 言ひも終らず, 詫間が, 誰かが, 諦善師は, 賊の, 赤壁八十馬は, 起き上つて, 躊躇なく, 躯ぜんたいが, 車台に, 軒燈の, 辰さんは, 迷亭先生は, 追ひ剥ぎ, 逃げて, 通って, 運惡く, 道, 遠くから, 遠く下の, 都合よく, 酔眼朦朧と, 重みで, 重太郎は, 金吾は, 銀原と, 長い脊髄骨, 長十郎は, 開きません, 間もなくわざとらしい, 降りて, 限りなく, 隅に, 障子は, 零に, 青年は, 静かに, 面白く思った, 頭の, 顏を, 風通しの, 飛石伝いに, 馬車は, 駆け出した, 骨牌や, 高時, 鬼太郎君は, 魚戸は, 鹿の, 黙つて此方

▼ かける~ (544, 11.9%)

22 だ, です 20 である 16 だった 13 であった 109 でした 7 か, だが, だと 6 では, は, を見, を見る 4 を彼, を忘れ 3 が常, だから, ですが, は本意, も気, を常, を忘れた

2 [32件] かい, か知らん, がある, だつた, だよ, であったが, であるが, であろう, ですから, でも, と一緒, はいささか, はその, はどう, はよく, は厭, は大抵, は好き, は気の毒, もその, もま, も控え, も無理, をお, をまた, をやめ, を待っ, を恐れる, を惜しむ, を眇目, を蔭, を見た

1 [294件] かいったい, かそれとも, かとか親, かね, かね俺, かふたり, か解らない, がいる, がいわれ, がお, がきっと, がすまない, がそもそも, がつらい, がてかけ, がどうも, がなに, がひどく, がほんとう, がよろしい, がイヤ, がモーツァルト, が一番, が一番自然, が三枚, が人情, が例, が多く, が妙, が嫌い, が当然, が役目, が御, が心苦しい, が最も, が本式, が気, が気の毒, が目的, が聞えた, が自然, が辛らさ, が面倒, さえためらわれ, さえ何とも, じゃ, じゃ秋, だそう, だもの, だろういや, だろうと, だ祝ひ酒, ぢや, であるから, であろうか, でしょうだから, ですか, ですし, ですもの, です人民たち, でなくこの, で御座います, と, とも縁, と同じ, と小舟, と議論, なら潔く, なんかで, にかぶせ, にすら不機嫌, には余りに, に百フラン, に違い, に限ります, はあいつ, はあまりに, はあらゆる, はいたましい, はいったい, はうれしい, はお前, はかえってまた, はこういう, はこの, はこれ, はさらに, はすまん, はそういう, はただ, はだれ, はなに, はひどい, はむずかしい, はむだ, はやめ, はよそう, はりつけに, はわがまま, はイヤ, はイワレ, は万, は不可能, は不快, は余り, は催眠状態, は勝手口, は勿体ない, は卑怯, は単に, は危ない, は却, は却って, は大概, は失礼, は女, は好く, は好ましく, は妙案, は宜, は実に, は容易, は寿平次, は少し, は山, は平凡人, は当っ, は彼, は心, は心もとない, は忍び, は悪い, は損, は新さんあなた, は止す, は止め, は武士, は殆, は残酷, は気, は氣, は海, は無情, は無意味, は牛乳車, は申譯, は町方役人, は略式, は當前, は痛ましい, は経文, は結局用, は考え物, は膝, は見合, は見苦しい, は貴様, は賭博, は農業, は遠慮, は闖入者, ほかは, もある, もあれ, もいい, もただ, もためらわれ, もどう, もはなはだ, もまた, もみな岩井さん, ももどかし, もよかろ, もわたくし故, もワケ, も一種変, も何, も動く, も対馬守, も待ち遠しく, も心苦しい, も忍び, も悪い, も憚, も所詮, も日ごろ, も本意, も気の毒, も氣, も汚らわしい, も考え物, も聞かず, も聴かず, も變, も面倒, やらさ, わるいわ, をあわて, をいわせ, をうたた, をおそれ, をお初, をしつこい, をじゅうじゅう, をなぜ, をはばかっ, をひ, をひかえた, をまだ, をみ, をもつ, をも遠慮, をわすれた, をカオル, をゴマかすため, をソーンダイク, をミドリ, を三浦, を人情, を伝右衛門, を元, を先生, を内儀さん, を千登世, を半兵衛, を博士, を大層, を夫人, を女, を嫌う, を孫堅, を小野刑事, を少年, を山岸, を岸本, を差, を平次, を年長, を幸い, を引き取っ, を引っ奪, を張飛, を彦太郎, を待ちかまえ, を忘れなかつた, を忠明, を恐れ, を恐れた, を恐れられ, を惜むものゝやうに, を惧, を打ち消し, を抑える, を押える, を押さへ, を押し, を押し止め, を拒まれ, を振り払っ, を断念, を曹仁, を村長, を櫛まき, を母親, を気, を池上, を湧井, を皆, を監督, を真喜, を知らん面し, を私, を終いま, を綾子, を聞か, を聞きました, を自分, を自覚, を菅原, を葉子, を見つめ, を見てる, を見ます, を見届け, を越前, を途中, を邦夷, を重吉, んに, ん忘れ, 何のという, 形を, 忘れちも, 愉快を

▼ かけること~ (289, 6.3%)

11 になる 7 にし, はない 6 ができる, にしよう 5 になっ 4 ができなかった, が出来る, である 3 がある, ができた, にする, になった, もあった, もならず

2 [25件] があった, ができない, ができました, が何だか, が出来ましょう, だ, では, にした, にしました, になつ, になりました, のない, の出来る, はできない, はできません, は血, もある, もない, もなく, も出, も出来ない, も出来なかった, を嫌った, を忘れない, を知っ

1 [167件] かまるで, があっ, があろう, ができず, ができません, ができるだろう, がひとつ, が不可能, が作者, が出来, が出来ず, が出来た, が出来ない, が出来なかった, が出来ぬ, が出来ません, が出来るだろう, が叶った, が多く, が必要, が描かれ, が流行, が禁じられ, が絶対, が耐え難く, さえ何となく, じゃありゃしない, じゃなかった, そして沈黙, だから, だけは忘れなかった, だけを許諾, だった, だと, だね, であつ, でありましょう, であります, でした, でも, とどういう, なくし, なしに, などになん, などほとんど, など念, など知らなかった, なんかたいして, なんかない, なんか嘗て, にいたしました, にいたしましょう, にしましょう, にとりかかり, にどんな, になったら, になるで, になろう, によって文字, によって百人中九十五人, に他, に成功, に抗議, に相成ろう, に致しましょう, のさぞ, のできませぬ, のできる, のなか, のみはどうしても, の出来ない, の多い, の微塵, の莫迦, はありません, はいけねえ, はかえって, はここ, はどう, はなくなっ, はまことに, はやめられない, は出, は出来なからう, は出来ません, は勿論, は同時に, は大きな, は実際, は張合い, は忘れない, は恥ずかしく, は恥ずべき, は愚, は決して, は確か, は絶対, は絶対的, は誰, は鳥たち, もあつ, もあるまい, もごく, もできず, もできない, もできないで, もできなかった, もできぬ, もできません, もできる, もなかっ, もなかつた, もなくなる, もわからない, も出来なく, も出来なくなっ, も出来ません, も出来ませんでした, も困難, も少なけれ, も度重なっ, も心苦しく, も忘れた, も忘れなかった, も恥ずかしく, も稀, も近寄る, やどうけ, よ, をおこたったら, をしなかった, をすすめた, をちっとも, をなさらなかつた, をもあえて, をもっ, を主張, を命じ, を学校, を引受けさせられました, を得る, を御, を必要, を忘れ, を忘れず, を忘れた, を忘れなかった, を忘れなかつた, を思いつかせた, を思ひついた, を思ふ, を怠る, を恐れ, を拒絶, を教えました, を欲, を欲する, を特権, を稼業, を約束, を絶対, を習, を習いました, を考えた, を苦, を言いつけ, 夥しい厄介もの

▼ かけるよう~ (209, 4.6%)

22 なこと 18 にし 7 なもの 6 になっ 4 な事 3 に, にした, になった, になり 2 だと, です, な恰好, になりました, に言った

1 [130件] じゃ清貧, だから, だったらぞうり一足, ですみません, で気恥, で私, なあんばい, ないたつき, なお方, なことば, なこの, なそんな, なところ, なまなざし, なもん, なやつ, なら私, なりっぱ, な不明瞭, な乗組員, な低く, な体, な冒険, な劣等, な助言, な勢い, な勿体ない, な半襟, な反, な口ぶり, な商会, な声, な失態, な小さな, な弥次, な微笑, な悧巧, な態度, な手利, な新さん, な気, な気もち, な痙攣, な目, な真似, な穏やか, な粘りづよさがあったかどうか, な結果, な者, な行為, な話, な謡, な軽く, な顔, な風潮, にいいつけ, にいつ, にからだ, にこれ, にしました, にすすめ, にすすめた, にすすめました, にすみずみ, にそう, にそんな, について歩きました, にでき, にとのこと, にと云つて, にと勧めた, にと命じた, にと手まねき, になさいまし, になったら, になつ, になりたい, になる, になれ, にひとりごと, にみんな, にゆったり, にウロウロ, にスミ子ちゃん, にスースー, に一運, に云う, に云った, に今, に仕, に仕上げし, に仕込んだ, に働かし, に出来, に勧め, に合図, に呟いた, に唇, に堤防, に家, に少し, に強い, に振舞っ, に曇っ, に曲っ, に望む, に本堂, に歩い, に母親, に浴びせられる, に煙草, に煩く, に眼, に私, に素子, に結婚, に編, に罵った, に聞えた, に見上げた, に言う, に言葉, に訊いた, に詰めます, に詰問, に越, に速歩, に隙間, に飛びまわっ, 仕組んだ行為

▼ かけるもの~ (74, 1.6%)

10 がある 5 では 4 があった 32 がそれ, だから, もある, を平然と

1 [44件] かお前, かな, があるなら, があるらしい, がかなり, がございます, ができました, がない, がなかっ, が多く, が童謠, が群, こう四人, さえある, さえ出, じゃなし, だと, だという, であり人類, である, であるとか, でございましょう, です, でなければ, として具体的, と思い, と思った, と思われます, なの, なので, にてはなし, のない, のない淋し, の工合, はありませんでした, は精神, は誰, もあった, もありません, もかけず, もございませんでした, もない, もなかっ, を瞼

▼ かける~ (67, 1.5%)

10 いい, 早いか 2 よいよ, 他の, 貴様達に

1 [41件] いいか, くっと, これは, これを, すぐまた, すし屋の, その激怒頂点, それだけにまた家庭生活, それは, それを, つまらない, とても及ばない, どういう故障, ほんの一二尺, まただらり, まだ魚, ものは, やっぱり, よい, よいぞや, よかった, チョイと, ヒヨイと, フと, フイと, 不良外人として, 人からの, 先生には, 又引っこめ, 君は, 否や, 喰いしばつた歯, 寝呆け, 尊敬すべき, 急に, 憂鬱な, 故に又孤独, 早く, 程の, 繰り返す, 鳥の

▼ かけるやう~ (60, 1.3%)

6 にし 5 なこと, になつ 3 な事 2 なものぢ, な調子, に言

1 [35件] だ, なもつたいない事, なもの, な依頼心, な固い, な微笑, な念, な時, な次第に, な氣持ぢ, な美人, に, にかう, にからだ, にな, にまた, にもう一度, に云, に云つて, に仕向けた, に凄, に出, に呼ば, に折釘, に本堂, に母親, に罵つた, に落着き拂つて, に見え, に質問, に轟々と, に降つた, に隆治, に鳴きつ, 頼んだと

▼ かける~ (52, 1.1%)

10 があった 4 がある, もない 3 がありました 2 はいなかった, は一人, は誰, もなかっ, も卑しい

1 [21件] があ, があったら, があります, がない, が出, が出来たら, では, はあっ, はひとり, はほとんど, はもはや, もあり, もありました, もある, もいた, もなかつた, もなく, も知れてる, や, をボーイ, 取囲む者

▼ かけるという~ (50, 1.1%)

6 ことは, のは 4 ような 2 ことが, ことに, ので, 事を

1 [26件] ことを, のが, のだ, のだろう, ものだ, ものは, もんだ, わけで, 事については, 具合に, 奇現象を, 始末です, 性質の, 意味が, 意味である, 意味な, 意味の, 方法も, 有様だった, 段取りだ, 法が, 特徴が, 約束に, 考えに, 訳かね, 風伎倆一杯に

▼ かける~ (48, 1.0%)

5 しても 3 ゑと, 仰し, 己れ, 年季が 2 及ばねえ, 及んで

1 [27件] あるが, いたったかの, かぎるから, きまったある, しのびなかっ, すこぶる都合, ちがいない, なんだ, やや早い, ダージリンから, 値いしない, 冠する, 十分な, 及ばぬじゃ, 大きな声, 忍びなかっ, 特別に, 相違ない, 至った, 至るでしょう, 足らないこと, 足らないであろうが, 足らない素物, 足らぬ男, 足らん奴, 適したところ, 適しない

▼ かける~ (41, 0.9%)

134 だから, だよ, です 2 じゃない, だな

1 [12件] じゃねえ, じゃア, だか, だそう, だつた, だと, だね, だもう, でしょう, ですけれど, ですつて, ですよ

▼ かける~ (38, 0.8%)

3 になる 2 が出, が出来ない, が出来る, も出来ない, を忘れなかった

1 [25件] が不都合, が出来なかった, が出来ましょう, が少なくとも, が幸福, が苦しく, さえある, である, なく目礼さ, なく目禮さ, なぞは夢にも, にしよう, になった, の出, の方, はない, は新, は板, は社員, は許されない, もあれ, を忘れなかつた, を悟らせた, を教, を楽しみ

▼ かけるため~ (33, 0.7%)

1 [33件] じゃ, だ, であった, であらう, である, でございます, ではない, に, にいっさい, におもや, にこの, につい, にてまどっ, にです, にとびだし, にどちら, にどれ, には一応前もって, には殺される, にまいった, にもう, にドミトリー, に下, に何となく, に別に, に水夫, に洋館, に車室, に近く, に部屋, の一つ, の企らみと芝居, の鞍

▼ かける~ (33, 0.7%)

2 が来る

1 [31件] がある, が来, こつが, すらあった, だの教室, ちょっと見えた, であった, でさえその, でもその, にこいつ, にこやし, にその, になつて, には先自分, には枠, にも芝原氏, に糸, に見, に言った, のよう, の半蔵, の姿勢, はいつもまだ, はほんに, は千里, は彼, は悪い, ぶっつかって, まで末野, もございましょう, 突然どこ

▼ かけるから~ (30, 0.7%)

2 である

1 [28件] あっちに, いいが, いよ, お前達は, お知りあい, そうしたら, そこでみな, それが, それと, それまで, たいそうには, たちまち十匹, ついて, なにを, やはり害, 処女を, 夢酔に, 大局的に, 家族の, 少しも, 恥を, 手向えする, 批評し, 昼の, 直ぐにも, 自分を, 電話料だって, 香気も

▼ かけるつもり~ (29, 0.6%)

3 だった 2 です, でその

1 [22件] か, か昨日, じゃなかった, だったが, だったの, だつた, だつたが, だと, だらう, でいた, でおります, でがしょう, でございます, で丸印, で富岡, で戸, で来た, で残し, で電話番号, で静か, なん, らしいですね

▼ かける必要~ (29, 0.6%)

8 はない 2 がある

1 [19件] があつ, があるまい, があろう, がございます, がない, が何処, どころか話, などない, のない, はありません, はなかったろう, もない, もないでしょう, もなかっ, もなかつた, もねえ足音, も生醤油, も義務, を認めない

▼ かけるので~ (28, 0.6%)

3 あつた

1 [25件] あらうと, あわてて, これからそれ, つい僕, カンテラの, 主翁, 久兵衛は, 人は, 今度は, 余は, 備を, 先ずバター, 先生に, 君江は, 安之助は, 実の, 小さな兄さん, 杜陽は, 白昼でも, 矢田は, 私は, 私も, 第一番, 自然炭が, 黙らせようとして

▼ かけるところ~ (26, 0.6%)

3 だった 2 であつ

1 [21件] があつ, がありゃしない, がこわれ, であったが, で復讐, ない群, に来る, に立つ, の料理, の横木, はくだもの, はじつに, はミジン, は男囚二千七百名, へまた, へ浮, までは行ってなかったらしい, も絶望的, も足, を大きく広く, を無手

▼ かけるわけ~ (26, 0.6%)

3 でも 2 です, にも行かず, にも行かない

1 [17件] じゃねえ, であまり, ですが, となりました, にあたる, にはいかなかった, にはゆかない, には行く, には行くまい, にもいかず, にもゆかない, にもゆきません, にも行かん, に行きません, に行くまい, のところ, は一そう

▼ かける~ (22, 0.5%)

2 でした

1 [20件] からもう, から彼, その婦人, だつた, であった, で望楼, になる, にはもう, には先生, には壮ん, には弾丸, には彼, には私達, に興奮, は榊, まで高瀬, 突然唖, 薄寒い夕風, 行われるの, 見張って

▼ かける~ (21, 0.5%)

2 が怨めしい, はあり

1 [17件] がありました, がいなけれ, がいる, ではなく, なのよ, の声, の煽り, の神経, はあの, はある, はこういう, はない, は沢山, は潮, もたくさん, も居る, らしく他科

▼ かける~ (19, 0.4%)

2 何か, 飴を

1 [15件] あなたが, しなければ, するより, それが, それを, わからない, コヒを, 今開く, 屋根から, 心に, 描けるため, 更に頓着, 海底トンネルに, 知れない, 鶏の

▼ かけるとき~ (19, 0.4%)

2 がきた

1 [17件] から, この水, するくせ, その殿様, その金具, にはほとんど, には人間, には作者, には橋杭, に剣, に突然, に門番, はき, は僕たち, は生き, は私, 快天王

▼ かけるほどの~ (17, 0.4%)

3 もので 2 ことで

1 [12件] ものも, よゆう, 事も, 人が, 価値が, 勇気も, 本芸, 気持ちに, 熱情が, 苦楚を, 醜さ, 非常手段に

▼ かける~ (17, 0.4%)

8 否や 1 いきなりマッシバン博士, いな, この高き, わあっと, 否や顔を, 否一跳足, 大いに笑っ, 知れますまい, 表の

▼ かけるころ~ (16, 0.3%)

2 になる

1 [14件] から年郎くん, で行く先, になつて, にね, にはあたし, にはきまって, には笹村, には読者, に下女, に始まる, はそこ, はそば, を見はからっ, 前窓

▼ かけるなんて~ (16, 0.3%)

2 聞いても

1 [14件] あの与力, あまり世間, しゃくの, つらいはなし, どだい僭越, なるほどこれ, なんていう, 不見識な, 余りぢ, 余り卑劣, 思いも, 手は, 私が, 虫が

▼ かける~ (16, 0.3%)

4 がある 2 の卑し, はいない, もある 1 じゃ, だったし, には仲間, は己, ばかりである, 死なしては

▼ かける~ (16, 0.3%)

1 [16件] か, がしない, だった, でその, でも, になっ, になった, になれた, になれなかった, にはなれない, にはまるで, はありません, はしなかった, はなかっ, もしなくなった, 永な

▼ かけるばかり~ (15, 0.3%)

2 である

1 [13件] だ, だった, だと, だわ, で, でした, ですよ, でなく両親, でなく袋, でなく金銭, で全然, で少し, で最早

▼ かけるには~ (14, 0.3%)

1 [14件] あまりになまなましく, おのずからかける, 上乗な, 仕かけたが, 似るがの, 全く不, 及ばない, 及ばない沙汰, 及びません, 及ぶまいの, 少し離れすぎ, 近すぎた, 隨分突つ込み過ぎました, 面白い丁寧

▼ かけるほど~ (14, 0.3%)

2 珍しいこと

1 [12件] うまいといふ, だつた, で次郎, な歌, 互に知っ, 大儀そうに, 文学の, 有頂天な, 正確に, 睡魔は, 細くなる, 陰鬱に

▼ かけるとか~ (13, 0.3%)

2 お祭り

1 [11件] かけぬとか, 乗合馬車で, 何とか, 何んとか, 小さい子供, 山中の, 或はラジオ, 武士の, 眼で, 立つたり, 髪の

▼ かけるやら~ (13, 0.3%)

2 大さわぎ

1 [11件] お寺に, して, 九時頃立った, 他の, 剣を, 大声に, 支配人を, 炭を, 私立探偵の, 賃銀支払を, 食べて

▼ かけるより~ (13, 0.3%)

1 [13件] あなたの, きょう限り杖を, しかたが, ずっとスピーディ, ほかは, メリヤポルトの, 仕方が, 仕様は, 早く起き上ろう, 法は, 煮売屋, 煮賣屋, 自分だけしか

▼ かける~ (13, 0.3%)

1 [13件] からなるべく, ちゃんと見た, にそれ, にひとこと相談, に一般, に信勝, に少時行一, に彼女, に曲者, に櫛目, に竹箒, に箸, に自分

▼ かける~ (12, 0.3%)

3 がした 1 がこの, がざあー, がし, がしきりに, がしました, がカチカチ, がハッキリ, が聞え, をさせ

▼ かけるとは~ (11, 0.2%)

1 [11件] ああなん, おおなんと, ちと奢りすぎる, なんという, まことに類, もってのほか, 何ごと, 何事だ, 命知らずめ問答無益出た, 小癪な, 馬庭念流を

▼ かけるにも~ (11, 0.2%)

2 ズボンの 1 なお深く, 及ばないので, 口だけ, 合図を, 四時間か, 当らない, 親切を, 足らぬこと, 都合が

▼ かけるのに~ (11, 0.2%)

1 [11件] あんまり静か, いそがしい, はいはいおやすく, 一寸待っ, 大概まっすぐ, 工合の, 彼等は, 手が, 羞恥も, 薄いもの, 釘が

▼ かけるといふ~ (10, 0.2%)

2 やうな 1 ところがあつ, 場合には, 意識なし, 活動写真の, 状態にな, 理窟は, 考へを, 譯かね

▼ かけるふう~ (10, 0.2%)

5 もなく 1 だった, では, に踏段, もありません, もない

▼ かける~ (10, 0.2%)

2 がした 1 がする, が男自身, が聞える, は世にも, をのん, を聞い, を聞いた, を聞き

▼ かける様子~ (10, 0.2%)

2 もない, もなく 1 がありません, がない, さえも示さなかった, といい, はなかっ, を尻目

▼ かける~ (10, 0.2%)

1 がありませんでした, に何度, に各, に朝鮮事, ののびた, もあら, もありません, もありませんでした, もない, も心配

▼ かける~ (10, 0.2%)

3 がない, もない 1 がなかっ, もありませんでした, もなく, をみつけました

▼ かけるだけ~ (9, 0.2%)

1 たくさんも, だから, である, でございますか, では, で一向, で売人, なので, 安心できる

▼ かける~ (9, 0.2%)

3 お力は 1 みて, 十吉は, 押し止めて, 留めて, 落魄れても, 飯島は

▼ かける~ (9, 0.2%)

2 になった 1 では, なん, な調子, に, になっ, になつ, に母親

▼ かける~ (9, 0.2%)

1 があった, があつ, だ, だったので, だの苫, ではなかっ, とも見えない, のうしろ姿, まで出

▼ かける~ (9, 0.2%)

2 です 1 だ, では, になります, には行かない, にも行きません, に行かない, のもの

▼ かけるかと~ (8, 0.2%)

3 思うと 1 思いの, 思ったらソース, 思はれ人, 突然に, 考え中

▼ かけるだけの~ (8, 0.2%)

1 こと, ことだ, ことです, 働きは, 場所が, 生々しさ, 細かい頭脳, 高さ

▼ かけるまで~ (8, 0.2%)

1 ぐぢを, です, やり続けそのまま, エミリアンは, 待て, 眼も, 若者は, 誰か手を

▼ かけるまでも~ (8, 0.2%)

1 ありませんよ, あるまいと, ないが, なかった, なくおれ達三人, なくこちら, なく一団, なく外

▼ かける~ (8, 0.2%)

2 がある, となつ 1 は縁以外, もない, も見ません, をかね

▼ かけるうち~ (7, 0.2%)

1 にもう, にもかの, にゆるやか, に可, に平田, に彼, はまだ

▼ かけるその~ (7, 0.2%)

1 あまりを, 予言者が, 仕打ちにまで, 元気で, 弱腰へ, 混乱した, 裏で

▼ かける~ (6, 0.1%)

1 くみに, ゆるしを, 勢です, 妙早口に, 手紙だろう, 鳥です

▼ かけるじゃ~ (6, 0.1%)

1 あなし, ありませんか, ないか, ないけど, ねえか, ねえぞ

▼ かけるなり~ (6, 0.1%)

1 して, します, てんやわんやに, 炎を, 無造作に, 飛び起きざま

▼ かける余裕~ (6, 0.1%)

1 があつ, がなかっ, なんて絶対, はない, もなく, もなし

▼ かける~ (6, 0.1%)

1 いったいそち, ではなし, の中, は皆つまり, を手, を見

▼ かける~ (6, 0.1%)

1 がよい, が相手, が簡単, だから, には二片, の博士

▼ かけるはず~ (5, 0.1%)

1 がない, だ, はない, はなし, もない

▼ かけるまでの~ (5, 0.1%)

2 間に 1 ことだ, ことは, 手柄を

▼ かけるよりも~ (5, 0.1%)

1 いっそお, つまし過ぎる, 別嬪さんの, 安直に, 頷いて

▼ かける~ (5, 0.1%)

1 じゃア, です, で路端, へ玄関, を通らね

▼ かける場所~ (5, 0.1%)

2 もない 1 がない, がなく, に信用

▼ かける姿~ (5, 0.1%)

2 などはそんな 1 へ, へ卯木, を見

▼ かける~ (5, 0.1%)

1 がある, をもっ, を休め, を休めない, を制し

▼ かける~ (5, 0.1%)

2 の事 1 になる, に埃, の人

▼ かける言葉~ (5, 0.1%)

1 でばかばかしく, にし, のやさしい, の途中, は誰

▼ かけるかの~ (4, 0.1%)

2 やうで 1 ような, ように

▼ かけるかも~ (4, 0.1%)

1 しれないと, 知れないだろう, 知れぬ, 知れんと

▼ かける~ (4, 0.1%)

1 あとに, どんなもの, 女房は, 小説も

▼ かけるそれ~ (4, 0.1%)

1 は前, は自分, をタゴールさん, を抱き

▼ かけるとして~ (4, 0.1%)

1 どうか, ゐる伝承, 先づその, 学んで

▼ かける~ (4, 0.1%)

1 さてそれ, ア, 気にか, 立たねえかと

▼ かける~ (4, 0.1%)

1 やぶさ, 何とも心苦しい, 千々岩と, 歎息

▼ かける~ (4, 0.1%)

1 の事, の年頃, は控, を切

▼ かける余地~ (4, 0.1%)

1 がなかっ, さえ残っ, はない, は見出せなかった

▼ かける~ (4, 0.1%)

1 の莟, をおさえ, を叱っ, を押えつけ

▼ かける容子~ (4, 0.1%)

1 がない, である, とてなく, などが余程

▼ かける~ (4, 0.1%)

1 がまだ, そして浮気, ではもとより, の腕

▼ かける時分~ (4, 0.1%)

1 から見知らない, が一番, ではある, のこと

▼ かける時間~ (4, 0.1%)

1 がなかっ, の空費, も場所, を過

▼ かける~ (4, 0.1%)

2 がなけれ, もなく

▼ かける白い~ (4, 0.1%)

1 ネルの, 物その, 飯粒も, 鴉が

▼ かける~ (4, 0.1%)

2 はない 1 がない, になつ

▼ かける自分~ (4, 0.1%)

1 の声, の心, の愚かしい, を恥じず

▼ かける~ (4, 0.1%)

1 にはやらなかった, はなく, もない, もなかっ

▼ かける風習~ (4, 0.1%)

1 があった, の最も, もある, も相応

▼ かけるそして~ (3, 0.1%)

1 それからが, 人が, 休んだかういふ場合

▼ かけるたび~ (3, 0.1%)

1 にいつも, に厳粛, に裏

▼ かけるって~ (3, 0.1%)

1 ことコレ少, のは, 約束が

▼ かけるとたん~ (3, 0.1%)

1 にピシリ, に宿屋, に高い

▼ かけるとも~ (3, 0.1%)

1 なく気, 云える, 伸子に

▼ かけるどころか~ (3, 0.1%)

1 あたたかな, 歩いて, 葉子が

▼ かけるなと~ (3, 0.1%)

1 あれだけ, 云っても, 言った

▼ かけるなど~ (3, 0.1%)

1 その時, 実に言語道断, 曹操も

▼ かけるなどという~ (3, 0.1%)

2 ことは 1 ことが

▼ かけるなどは~ (3, 0.1%)

1 これまで, たいへんだ, 少しおかしい

▼ かけるまでには~ (3, 0.1%)

1 まだなかなか, ゆかなかった, 相当時間

▼ かけるまでは~ (3, 0.1%)

1 二人で, 半蔵らを, 黙って

▼ かける~ (3, 0.1%)

1 よいが, 谷水を, 阿呆といふ

▼ かけるよりは~ (3, 0.1%)

1 ずっと小さく, その方, と深

▼ かける伸子~ (3, 0.1%)

1 に向っ, の手もと, はじき

▼ かける~ (3, 0.1%)

1 の追い追い, もなく, もなくなっ

▼ かける勇気~ (3, 0.1%)

1 がで, のある, もなく

▼ かける場合~ (3, 0.1%)

2 を考へる 1 を考え

▼ かける~ (3, 0.1%)

1 というもの, を叱り付け, を自ら

▼ かける心持~ (3, 0.1%)

2 で或 1 でそして

▼ かける手数~ (3, 0.1%)

1 が省けた, や時間, を省いた

▼ かける~ (3, 0.1%)

2 が二本相互 1 の二又

▼ かける椅子~ (3, 0.1%)

1 が並ん, なので, に腰

▼ かける機会~ (3, 0.1%)

1 がなかっ, が無かっ, の多い

▼ かける気持~ (3, 0.1%)

1 からその, はまさに, は酒好き

▼ かける~ (3, 0.1%)

2 を見捨て 1 を初瀬

▼ かける~ (3, 0.1%)

1 がある, で藁, もある

▼ かける真似~ (3, 0.1%)

2 をした 1 をし

▼ かける自信~ (3, 0.1%)

1 ついたと, は持っ, をゆるがされ

▼ かける~ (3, 0.1%)

1 ありとも, だ, を心得

▼ かける~ (3, 0.1%)

1 からその, じゃない, や浮浪者

▼ かける迄も~ (3, 0.1%)

1 なく八五郎, なく半分, なく自分

▼ かける~ (3, 0.1%)

1 がある, につかまれ, の声

▼ かけるかが~ (2, 0.0%)

1 少しは, 彼の

▼ かけるかんし~ (2, 0.0%)

2 やくだま

▼ かけるけれど~ (2, 0.0%)

1 その終り, どうかしらなど

▼ かけること等~ (2, 0.0%)

1 はまるで, は少し

▼ かけるこの~ (2, 0.0%)

1 一杯には, 一杯は

▼ かけるこれ~ (2, 0.0%)

1 では悲しい, で先日来

▼ かけるごと~ (2, 0.0%)

1 に一発, に私

▼ かけるさえ~ (2, 0.0%)

1 無礼な, 臆せられた

▼ かけるそう~ (2, 0.0%)

1 いわれては, でございますね

▼ かけるそこ~ (2, 0.0%)

1 がちがう, へ丁度外

▼ かけるぞと~ (2, 0.0%)

1 おどすだけ, 云って

▼ かけるだから~ (2, 0.0%)

1 お泊めできない, 仙辰一座は

▼ かけるだけで~ (2, 0.0%)

1 出て, 納涼の

▼ かけるだけに~ (2, 0.0%)

1 したから, 米友を

▼ かけるとて~ (2, 0.0%)

1 ある人, 見つけて

▼ かけるとの~ (2, 0.0%)

1 ことです, ん気な

▼ かけると共に~ (2, 0.0%)

1 いろいろの, 外からも

▼ かけるどころ~ (2, 0.0%)

1 じゃなかった, では

▼ かけるにつれて~ (2, 0.0%)

1 わけも, 足の

▼ かけるのさ~ (2, 0.0%)

2 へ嫌

▼ かけるのみ~ (2, 0.0%)

1 であろうか, では

▼ かけるひま~ (2, 0.0%)

1 にも婆, もなく

▼ かけるみたい~ (2, 0.0%)

1 ないかにも, にパッ

▼ かけるやつ~ (2, 0.0%)

1 だ, をまた

▼ かける~ (2, 0.0%)

2 かけるわ

▼ かけるイタリア人~ (2, 0.0%)

1 には何度, の言う

▼ かける一つ~ (2, 0.0%)

1 の声, の精神

▼ かける人人~ (2, 0.0%)

1 の欲望, の神神

▼ かける人間~ (2, 0.0%)

1 がそれ, もまた

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 の袖, を憎んだ

▼ かける八五郎~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ かける~ (2, 0.0%)

2 少し前

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 き戸, き椅子

▼ かける声ラッパ~ (2, 0.0%)

2 のまね

▼ かける夕陽~ (2, 0.0%)

2 を眺め

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 には坐る, は白けし

▼ かける天馬~ (2, 0.0%)

1 かとあやしまれる, があっ

▼ かける始末~ (2, 0.0%)

1 であつ, になる

▼ かける子供~ (2, 0.0%)

1 だなあ, を揺り起した

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 さえなかっ, には思ひ

▼ かける寧子~ (2, 0.0%)

1 の顔, を止め

▼ かける山鳩~ (2, 0.0%)

2 や樫鳥

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 がない, もなかつた

▼ かける年頃~ (2, 0.0%)

1 でもねえ, に徒歩

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 である, を仰せつかった

▼ かける後輩ども~ (2, 0.0%)

2 をよびあつめ

▼ かける意識~ (2, 0.0%)

1 と駈ける, の中

▼ かける手段~ (2, 0.0%)

1 もなかっ, もなかつた

▼ かける手間取り~ (2, 0.0%)

2

▼ かける方法~ (2, 0.0%)

1 がかんがえだされ, しか残っ

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 のこと, もある

▼ かける時刻~ (2, 0.0%)

1 だ, に迫ッ

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 なん, に設備

▼ かける横木~ (2, 0.0%)

1 がある, へ

▼ かける段階~ (2, 0.0%)

2 にまで進んだ

▼ かける母親~ (2, 0.0%)

1 が縄たわし, はざら

▼ かける気色~ (2, 0.0%)

1 がない, さえありません

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 のこと, を汲み飽きた

▼ かける法則~ (2, 0.0%)

2 を要求

▼ かける煙草~ (2, 0.0%)

1 を買, を買う

▼ かける~ (2, 0.0%)

2 鷲の

▼ かける目的~ (2, 0.0%)

1 でないという, のもの

▼ かける相手~ (2, 0.0%)

1 は三十, も無かっ

▼ かける短檠~ (2, 0.0%)

1 へ何度, を見

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 の姿, の悦び

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 には新, の向

▼ かける羽目~ (2, 0.0%)

1 となり, になった

▼ かける老人~ (2, 0.0%)

1 がいた, は何

▼ かける葉子~ (2, 0.0%)

1 の悪戯, は彼

▼ かける見物人~ (2, 0.0%)

2 のみならず

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 ですが, でなかつた

▼ かける速度~ (2, 0.0%)

1 がにぶく, は速く

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 がない, もありません

▼ かける関係~ (2, 0.0%)

1 で一枚, で後

▼ かける~ (2, 0.0%)

1 に思う, を追って

▼ かける黒雲~ (2, 0.0%)

2 の間

▼1* [573件]

かけるあいだにこの, かけるあたりまできた, かけるあまり青年に対していろいろ, かけるいやお耳, かけるうえは拙者, かけるうまい酒だ, かけるおじいさんの言葉, かけるおのれは盗賊, かけるお前とお前, かけるお可久を, かけるお客はありません, かけるかなというように, かけるかに由つて二つの, かけるからということ, かけるかわりにした, かけるがほどのものはねえと, かけるがわでも大いに反省, かけるきりである, かけるくせに夜, かけるくらいでその, かけるくらいじゃよほど歯, かけるくらいの間柄に, かけるぐらいやったら裸, かけるぐらいのことは, かけるぐらゐのものだがこの少年, かけることさへ忘れ, かけることばを主, かけること無用たるべし, かけること自身が一つ, かけるころさきほどまで泣い, かけるころわたくしはやっと, かけるうでございますね, かけるさいにはできる, かけるさえも痛々しい心持, かけるしかあるまい朝, かけるがたを, かけるすきを見出さない, かけるすぐにランチ, かけるすべもない, かけるせいだろう私, かけるが姿, かけるそうしたいなせな, かけるそうしてその仲間, かけるそばから愚楽老人, かけるそれから駅通りで, かけるそれで辛うじて寝ついた, かけるそれでも居所が, かけるためかつおぶしを, かけるため売買から利益, かけるため大塚の癌研附属病院, かけるだけかこうと, かけるだけが能で, かけるだけでもと思って, かけるだけと思って, かけるちんばの襟, かけるやない, かけるつて約束で帰し, かけるつぼみのばら, かけるえとどう, かけるあらう, かけるといふだけに過ぎぬであらう, かけるとかいうので, かけるとかといって, かけるときほかの者, かけるとき三味線がば, かけるとき三百年が一年, かけるとき人柱を立てる, かけるとき孔明は船, かけるとき自分は一人, かけるところどっか重役風なところ, かけるとさえ思われること, かけるとだけは云えず, かけるとてもうまい一杯, かけるとねおれは, かけるとはと秋田氏を, かけるとよの手もとを, かけるどうも酒は, かけるなかを黙りこくった, かけるなぞといふ事, かけるなって云うん, かけるなつかしみの, かけるなという意味であろう, かけるなどといいはったものの, かけるなどの方法で, かけるなむすぐれて, かけるなんざ何だか爺, かけるなんぞはいくらなん, かけるなんとかして, かけるにもほどがあらあ, かけるによってその者, かけるに従って洞窟は, かけるのほか逃げる路, かけるのよな小屋へ, かけるのんびりと, かけるひまさへなかつた, かけるほうでご, かけるほかには押し黙っ, かけるほろ酔機嫌で戻つ, かけるほんに酒飲みは, かけるまたそれらの, かけるまでに階下には, かけるまでを見届けて, かけるみたいようににこにこ, かけるむろんカケで, かけるをかける, かけるめちゃくちゃなもの, かけるものキーキー云って, かけるもの土蔵の二階, かけるやさしい言葉を, かけるよう指図をし, かけるよき悲しみ, かけるよその小, かけるよりか今日は, かけるよりはと思ったから, かけるわたくしの胸, かけるんぢやありません, かけるんでせうね, かけるケープぬって, かけるサイミン術だけは避け得ない, かけるチャンスを逸し, かけるていうこと, かけるツモリであったらしい, かけるトタンに両方, かけるトリックを読んだ, かけるドラマを書いた, かけるハツと霊魂, かけるパチンなどは, かけるヒヤシンスよ, かけるフランスの老, かけるペンキのはこび, かけるホースのよう, かけるマクレンもあり, かけるヤミ屋やパンパン程度, かける汽車は, かける一人の自動車運轉手, かける一所懸命力をいれ, かける一時緑平居着腹から安心, かける一杯のところ, かける一番よい言葉, かける一瞬でも敵, かける一種の匂い, かける七日ぶりの酒, かける万事が筋書, かける上訳の分らない, かけるから, かける下心もある, かける下拵にてエンジン, かける下駄の音, かける世の中で当今, かける世界の顔, かける世話までした, かける名へ, かけるの船頭, かける事さへある, かける事蹟に出会っ, かける二つの釘, かける二本の横筋, かける人々である, かける人たちだな, かける人手は足りない, かける人物はまさしく, かける人足を片端, かける仄かな期待, かける仏頂寺の言葉つき, かける仔牛のおどろき, かける仕事が少く, かけるの六名, かける他家では嫁, かける以上なにかきっぱりした, かける以上五分までの七分, かける伊勢の本, かける伊達女といった, かける佐山では手早く, かける佐藤に進, かける何しろ掛蒲団一枚で, かける何れかを見廻した, かける何物をも持たぬ, かける余りに自, かける余地さへ残つて, かける作家ではなく, かける作法ではない, かける作爺さんをじっと, かける作用をする, かける侏儒の喜び, かける便宜がない, かける値打ちがある, かけるける鯰, かける傾向がある, かける先刻の若い, かける先棹である, かけるを十分, かける六蔵を再, かける内容が私, かける内輪話の性質, かける前かけをお, かける前十ヤールに縫合, かける前夜屯して, かける前糸を舐める, かける割當をする, かける力量をもっ, かける労働者は, かける勇壯な女丈夫, かける勘定を呼ぶ, かける勝重は着物, かける勢いでございました, かける匆々こう口走った, かける北條の政子, かける十二銭天国だ, かける半襟です, かける卓一が堪えがたい, かける危険が無く, かける原因となった, かける受話機の方, かける司馬懿でもない, かける吉宗の言葉, かける吉岡勢は道幅, かける同情心をももっ, かける向高は, かけるを作ろう, かける味噌を買, かけるを袂, かける唐変木がある, かけるに我慢, かけるだと, かける嘲罵の声, かけるは崩れ落ちる, かける地蜂の子, かけるがある, かける堀井が出た, かける場処を選ん, かける場合刀を抜く, かける場面などもやはり, かけるがなかつた, かける壮途らしいこと, かける壺焼芋屋の軒先, かける夕日の空, かける多喜子を送っ, かけるの杜, かける夜叉の如し, かけるはそんな, かける暴君と, かける大きなつぶの, かける大喝一声ピイーンと曲者, かける大工の姿, かける大庭より柳, かける大抵そこらで, かける大望はなけれ, かける大胆さなどありません, かける大詰の場面, かける大道具の費用, かける大鵬と思い誤った, かける太陽の光, かける失礼お許し下さいまし, かける奥州からは伊達政宗, かける女共の聲, かける女性という, かける妖婆のよう, かけるに彼, かけるじゃなかった, かける守屋さんの手つき, かけるを言う, かけるの姿, かける宮内の小さい, かけるなんて有りません, かける宿題を殘, かける寄植の鉢, かける寸前に新, かける将棋その将棋, かける冊子を, かけるが気, かける山櫨子の枝, かけるも私, かける工夫はなかつた, かける左手の指, かける巨大なつツ, かける布切り子やセルロイド, かける希望のあと, かけるなども特別, かける年ごろになっ, かける年老えるスタンバーグ, かける幽霊をなぜ, かける広い広い大きな渡海商い, かけるに岸本, かける度ごとに, かける度びに破片, かける度胸がない, かける座名の看板, かける座席のところ, かける廃屋にあった, かけるへ主, かける弟子のなか, かける弥生を手, かける強盗はそれ, かける当の者を, かける形勢に年功, かける役目に立っ, かける彼女の手, かける彼女等と近道, かけるも真理, かける後ろへとびかかった, かける後ろ姿が目, かける心配の数, かける必然性が彼, かける忠実さに心, かける思いと, かける性質のもの, かける怪しいものを, かける恐れのある, かける恰好を見せた, かける悪いやつです, かける意向が明かな, かける意義について考へ, かける愛情でそれ, かける感じも同様, かけるのある, かける態度の卑屈さ, かけるがある, かける種の, かける或は体を, かける所作までもお召, かける所存いがみと, かける手がかりを失う, かける手下の甘, かける手当が有りまする, かける手錠を自分, かける技師までが唯もう, かける折れ釘がたくさん, かけるには昆布茶, かける掛け釘がある, かける損失だけは回復, かける搭面をかけた, かける携帯天幕を人夫用, かける撒餌の計, かける支度をさせた, かけるの声, かける文句をま, かける新奇な趣向, かける新聞の挿画, かける日本の子供ら, かけるさは, かける早く出よ, かけるのころ, かける時二人ともそれぞれ, かける時五六尺位長い糸, かける時代の人間, かける時候になっ, かける時刀を抜き, かける時分石川は予期, かける時期である, かける時竹につく, かける時舞手は笛, かける時間内にこんな, かけるは彼, かける最後の言葉, かけるの出立, かける朝飯をよばれ, かける朝鮮人が総督府, かけるの棒, かける居宣長でも, かける札差の番頭, かける材木を転がし, かける松島正五郎の宅, かけるはどこ, かけるの水際, かける格別研究する必要, かける樣子もなく, かける横合いから, かける横着はする, かけるのやう, かける機械や大きな, かける武蔵のことば, かける歩調で窓口, かけるりみち, かける死骸を借り, かけるになっ, かけるの側, かける毒素をもっ, かける毛なみのうつくしい, かける毛皮を縫い合わせたい, かけるだの, かける気力のある, かける気勢をみせた, かける気味がある, かける氣力を振ひ起し, かける氣合だつて, かける氣色がない, かける氣象や押し, かけるを作る, かける決心をし, かける汽車なれば, かける河面を丸窓, かける流行感冒にでもか, かける浜田浜六の顔, かける湯町の朝酒, かける源三郎をお, かける源十を押し止めた, かける源氏に真心, かける準備だと, かける濃厚重弁な色, かけるにおいて人後, かけるにこの, かける為めの幅, かける為町の人々, かける數の, かける無礼な奴, かける焦点だ, かける熊吉に, かける熊本は今日, かけるをきつ, かける父親がかれ, かける鴛鴦の, かける物ごしから部屋, かける犯人は裏切った, かける狂暴な西風, かけるは一躍, かける狡い教育に, かける獅子みんな出来合ひの, かける甚だ相済まん, かける生き物が待っ, かける田原は見る, かけると通知, かける男女を見る, かける男繪を見, かけるを足早, かけるの豆, かける番頭を手, かけるが付い, かける盗賊があり, かける相棒が二人, かける真剣な力, かけるを発見, かける眼付で私, かける瞬間を遠慮, かける石油を買, かける祝龍を抑え, かける神さまにお祈り, かける神経衰弱とが原因, かける私達はつまり, かけるは, かける秘伝を見破っ, かける稲光の青い, かける積りで大きな, かける積極性と何, かける空中の怪物, かける突きころぶかに, かけるの簾, かける笈摺に似た, かける等成程皆, かけるはありません, かける算段をした, かける範囲を示す, かける篤と鑑定が, かけるごのみ, かけるは必要上, かける約束があった, かけるの布, かけるを使いたい, かける振では, かける細工だ, かける結果を生じた, かける絢爛は周圍, かけるは民国, かける絶好の機会, かける絶対君主におさまる, かける編輯長のオソロイ, かける罪人の死骸, かける美しい板な, かけるで, かける義務がある, かける習慣になつて, かける老婆の方, かける者背中を叩く, かける肉体を反撥, かけるへ平四郎, かけるを擦っ, かける自身の運命, かける興行元の親方, かける舞台装置や女優, かける船客の中, かけるをとり, かける若者が神, かける苦力がウヨウヨ, かける苦労なぞは必要, かける茂助へ秀吉, かけるは番茶, かける草笛よ, かける萩乃に門, かける蒲団が重く, かける薄ら陽の林, かける蚊帳を私たち, かけるのよう, かける蛾次郎は目, かける蜘蛛の習, かける表面的理由がある, かけるをひき, かける被官稲荷がある, かける複雑な構造物, かける西洋便所じゃない, かける西湖の図, かけるあらんや, かける見物の方, かける覚悟でなければ, かける言種は貴下, かける買物をする, かける費用をあつめる, かけるの歌, かける足もとをからみたおす, かける足立を急い, かける足音がした, かけるのむき, かけるに栗, かける誰か手を, かける迄には一年以上も, かける迄の間だ, かける途中で歩かれなくなっ, かける途端に小夜子, かける通りのソース, かけるを繕う, かける道具に指, かけるを餅, かける重盛へ, かけるもない, かける金持地主ダラ幹の政党, かける金銀の細工物, かける金鎖と時計, かけるを自分, かけるなり鍋, かける銀五郎の利腕, かける銀仮面の怪物, かけるではございません, かける間もなく船と, かける間夫人は下, かける間拍子の弾み切った, かける間昌作は変, かける陣羽織を背, かける陶器事業のこと, かける階子口ですれ違い, かける階段へ届い, かける際俳優たちは果して, かけるの女房, かけるの河童, かける雑嚢なの, かける雑巾を濯ぐ, かけるに向っ, かける雨具がない, かけるのにぶ, かける雲助を駕屋さん, かける電話をつない, かける青き息づきに, かける青年の眼差し, かけるからの扱い, かける面倒さえあえて, かける響きやそう, かける頃ガラス戸がなる, かける頃吉次と牛若, かける頃彼女は庭, かける須永を見る, かけるな心, かける風さへみせた, かけるが出来たら, かける飾付けは人間, かける饅頭を食べる, かける騷ぎでした, かける高座二基高さ三丈三尺, かける高氏の快, かける高砂の掛物, かける鬼藤次の肩, かける鳥魚をつかみ, かけるかな, かけるでありたいの, かけるの如し, かける黄色なカレー, かける黒レイスの切れはし