青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かけた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~かく かく~ ~かくし かくし~ かくして~ ~かくれ かくれ~ ~かけ かけ~ ~かけた
かけた~
~かける かける~ ~かげ かげ~ ~かし かし~ ~かしい かしい~ かしく~ かしこ~

「かけた~」 7475, 77ppm, 1450位

▼ かけた~ (875, 11.7%)

25 急に 9 それは 7 私は, 返事が 6 その時 5 またふと, 女は 4 これは, さすがに, すぐに, それを, 内には 3 そのとき, それも, どうした, ふと足, また腰, やめて, 今度は, 何を, 返事は, 途中で

2 [45件] あわてて, いまは, お八重, これで, さて何と, しかし私, そこに, そこへ, そのまま黙っ, その手, その時表, その途中, ちょっと思案, とたんに何, なんの, ふと, ふとそれ, ふと思いついた, ふと振り向く, ふと気, もうその, フイと, 二人は, 代助, 何か, 何かしら, 何思った, 俄に, 又思い直したらしく, 娘の, 宗助の, 少しも, 巧い, 彼の, 彼女は, 明日から, 気がついて, 烈しい胸騒ぎ, 煙管は, 父の, 男は, 藤吉郎は, 途端に, 遠慮なし, 鳥の

1 [671件 抜粋] あいにくその, あいにく先生たいがい, あとは, あの野郎慾張つて, あまり高い, いきなり振り向く, いきなり猛烈, いけねえん, いつの間にかすっかり懐中, いつまで, いつもと, いやいやと, いやいや安心, いやこれ, うす暗い木, うっかり体, うまくなかつた, お, おおかめさん, おみやはかぶり, お信さん, お十夜, お次に, お熊, お綱, お話中ばかり, かいくぐった栄三郎, かうして, かけて, かの女, ぎょっとし, ぐっと声, ぐづぐづした, ここが, こちらを, こっちは, この夜ふけ, これでは, こんなこと, こんなになつ, さして強く, さつ, さて困った, しかしそれでやに, しかしまさか, しかし彼, しかし満足, しばらく行く, じっとこらえ, すぐ, すぐそれ, すぐまた帰っ, すぐ両, すぐ十兵衛, すぐ我家, す早く, ぜひない, そこから, そこでなに, そこは, そこまでは, そっと往く, そっと静か, そつと, そのあと, そのくせ, そのころ, そのときチラ, そのとき急, そのひまさ, そのま, そのままぷつりと言葉, そのまま潜り, そのまま透明人間, そのまま電話口, その上, その二度, その佐吉, その利腕, その口, その後は, その時チラ, その時俄, その時女中, その時自分, その次, その箸, その言葉尻, その返し, その途端, その野郎, その顔, その馬, それが, それさえ, それだけ, それと, それと共に, それにも, そんなこと, そんな処置, たちまち八方, ためらって, だしぬけに, ちょうどその, ちょうど追手, ちょっと小腰, ちょっと考える, ちょっと足, ちょっと遠慮, ちらと, つい, ついに大尉, つい彼, つい果さずいる, つい気, つかまって, つと一足後, つと仰向い, つや子は, とうとう回らなかった, とたんにくらくらつと眩暈, とたんに関羽, どういうもの, どうしても, どうしても通じない, どうして今日, どうする, どうも馬鹿, どうやらおれ, どこへ, なかなか苦しくっ, なかなか開かない, なにかの, なるほど一家, にがい酒, にわかに可笑しく, ふっとそれ, ふとこの, ふとその, ふとみる, ふと一人, ふと伊織, ふと何, ふと劉表, ふと口, ふと向う, ふと味噌久, ふと戻っ, ふと振り, ふと振り向い, ふと振返っ, ふと暗い, ふと気づいた, ふと目, ふと窓口, ふと考えた, ふと耳, ふと船尾寄り, ふと道, ふりむいて, ほんの二足三足, まさかに黒子, またすやすや, またそのまま, またなに, またふり, またぺたりと, またもどっ, また何時の間に, また坐り直し, また崩れる, また思い出した, また急, また昔, また椅子, また止め, また立ち戻っ, また腰掛, また踵, まだミレン, まだ意地, まだ露人, めんどうくさくなっ, もうこれ, もうなんとし, もう路次, もし家, もと, ものを, もの静かに, やがて葉子, やっぱり人, やにわに光秀, やにわに品子, やはり男, やはり自分, やはり足, やらじと, ゆうべの, よい, よして, より以上, わしの, わたくしは, エリスは, カミシモは, ガマは, ソバケーヴィッチは, ターネフは, デカも, トンネルの, ハッと, ハツと, パーヴェル・パーヴロヴィチが, ブラームスの, ベリッと, ペトローヴィッチは, ヤソが, 一層の, 一顧する, 万一の, 三人連は, 三斎隠居を, 下顎, 不在で, 不思議に, 与一は, 中では, 中らなかった, 久しぶりで, 二三合とも, 二人が, 二人の, 二度呼ん, 云うの, 五分ほど, 仁三も, 今の, 今以, 今出, 今年は, 何しろ休暇中, 何だか物足りない, 何に, 何れも, 何人か, 何処にも, 侍中周, 侯爵の, 先生は, 先程から, 光子は, 八郎太は, 内では, 内山は, 再び気, 冷吉を, 凡てに, 利かず腰, 前を, 力つきて, 効が, 勉強したらなおっ, 勝手を, 半七ら, 半分を, 危くそんな, 又すこし, 又わ, 又之助が, 又思い出した, 又戻っ, 又押入, 又立ち止まっ, 及ばずアレヨ, 友だちが, 取って, 口を, 古木学士は, 吉川も, 同じ調子, 同心も, 向うは, 君は, 君江は, 呂蒙, 呉の, 周馬の, 品川まで, 四囲の, 堂島に, 声は, 外光を, 大作黙った, 大分手許が, 大力の, 大尉は, 夫婦は, 失恋の, 女たちは, 如何せん, 妙源と, 姫君は, 婦人たちの, 子供は, 学生は, 宗清の, 客が, 寒がりの, 寧子や, 将頼, 小僧は, 小半町ほどで, 小姓でさえ, 少年は, 少年達は, 居ず, 届かなかつた, 巡査は, 左衛門は, 帯刀が, 帽子は, 広いホール, 康雄は, 廊下に, 建込んだ, 彼女が, 彼女の, 往来から, 待てもうすこし, 得体の, 必死に, 念の, 忽ちサッと青く, 思いかえしたよう, 思いかえして, 思いがけなくフラフラ, 思い直したよう, 思い直したらしく私, 思い直して, 思ひ直して, 意志の, 慌てて, 戦争の, 戻つて, 戻りきれずに, 手が, 手で, 手に, 手紙を, 折も, 持直して, 振動が, 故障が, 文子は, 旗太郎は, 日ごとに, 日曜日だった, 映画館の, 昨日の, 是が, 昼間の, 時にもう近江, 時以礼は, 景勝は, 暫くし, 最初の, 最後ただ, 最後電流が, 朝倉先生は, 木沢氏は, 未だ一度, 本石町と, 机に, 村の, 東野の, 松木は, 林檎を, 次郎の, 止した, 止めた, 武蔵が, 武蔵の, 歩けッ, 母御とも, 毒食らわ, 気を, 水兵は, 永い間絵, 治郎吉は, 泣きじや, 泣きは, 浅井も, 涙も, 深川オペラ劇場主人は, 渋紙面は, 溝の, 滝沢は, 潜りの, 濡れること, 濡れるなら濡れるまでの, 火勢は, 煖炉は, 照明が, 父親の, 片手の, 狂った馬, 生憎お, 甲斐の, 町人小首を, 留守であった, 疲れて, 病気であろう, 痛さうに顔, 癒らない, 白い服, 直き, 直ぐに, 直ぐに又, 直ぐムニヤ, 直義が, 相手の, 相手を, 相撲に, 眼を, 着る決心, 瞬間申訳け, 矢立の, 神さまの, 私が, 私の, 突然中途, 突然隣室, 立ちどまって, 竹が, 笑ひたくない, 笑顔に, 答は, 答へは, 箱根の, 結局ハッキリ, 絵図面は, 総監の, 織部は, 繪圖面は, 老先生, 老翁が, 聲には, 胸に, 膝も, 臂の, 興奮の, 良人の, 若夫人, 苦笑いを, 茶々は, 菊枝は, 蓋を, 薄い絹地, 蜩は, 行方不明だ, 西村は, 要介, 見ると, 見当も, 見掛けに, 詩神処では, 議論の, 賊は, 走水の, 足が, 足らないので, 身体は, 輕い, 轡が, 辰之助は, 返事も, 返事を, 返辞も, 通じないので, 遁が, 遂に何, 遲かれ, 酒そのものは, 酒屋の, 醒めるの, 鏃は, 鏡は, 門の, 開かばこそ, 関勝の, 雜談に, 青二は, 顔には, 顔も, 駄目だった, 騎虎耳にも, 鷲の, 龍然

▼ かけた~ (654, 8.7%)

46 である 41 です 2620 であった 18 だった 14 であるが, ですが, では 9 だが 8 であります 6 でした 5 でございます, は, は私, もある 4 だから, ですから, を見る

3 [11件] か, がこの, だと, であるから, でしょう, なれば, はあの, はこの, はこれ, はそれ, は小

2 [28件] が何, だそう, だつた, だという, だよ, だらう, だろうと, であったが, であろうか, でしょうか, ですね, ですよ, でないこと, はあなた, はお, は女, は誰, もあれ, もその, を, を一日, を天水桶, を娘, を慌て, を母, を消し, を見, 覚えて

1 [317件] かあるいは, かい, かおじさん, かし, かしらん, かそこ, かと云う, かと思った, かと聞きます, かね, かねえ, かまた, かまるで, かもしれない, かも知れない, かも知れぬ, かビク, か米友, か見当, が, があります, がある, がい, がいけなかった, がいた, がこれ, がそれ, がだ, がちょっと, がまたぞろ, がめっかち, がもうる, がよけいそう, が一番気持, が二つ相寄つて枕, が伊達, が保元, が信吉, が元, が出, が出ました, が出る, が又, が反っ, が反射炉, が合図, が四方, が因, が壁, が大好き, が小栗物, が後で, が指先, が斎藤一, が書籍, が最後, が本陣, が潔癖, が玉, が知嘉姫, が聞えない, が聞えなかった, が自分, が賛成人, が過般, が道江, さその, さそれ, じゃからなあ, じゃ彼, だけれど, ださうである, ださうな, だぜ, だったかも, だつて, だもの, だろう, だろうか, だろうだが, だ私, ぢや, でありますと, であるかについては, であるその間じゅう彼, であると, であろう, であろうが, であろうと, であろうという, でございますが, でございませう, ですからね, ですねえ, でなく単に, でも, で御座いましたが, で御座います, とかれ, とはほとんど, とほとんど, とまだ, と一匁, と同じ, と向う, と尺八老, と蟹, なぞも, などもある, なり, におどろいた, にからみついた, には似合はず, に助からなかつた, に対しても, はあきらか, はあまり, はいう, はおかしい, はお茶, はこいつ, はご, はさすが, はしばらく, はぜひ, はその, はそれから, はつい, はともかく, はどういう, はどうも少々, はね魔法博士, はふだん余り親密, はまさしく, はまさに, はもっとも, はやっぱり, はやはり, はよい, はよしのさん自身, はよもや, はオレ, はトンコシェーエフ, はヘマ, はベレスフォード, は三十前後, は三十四五, は下男, は不満, は主人, は五十嵐, は今夜, は今晩, は何年, は偏に, は僕, は先ず, は入梅, は全く, は八五郎, は六十歳, は十六七, は午後, は卵袋中, は同居者, は同社名誉, は名代, は四角い, は夫人たち, は実に, は寒, は小林団長, は少年探偵団, は帆村, は広瀬, は彼, は待機, は後年, は徳大寺卿, は恐らく, は手前, は播州, は改造社, は明治, は昔, は昨日, は時子, は本当に, は東, は欧羅巴, は母, は流石, は浩, は煙山自身, は父, は片肌, は猪, は生れ, は甲源一刀流, は番頭, は窃盗, は立派, は竜, は聞覚え, は花山医学士, は藤枝, は裏門, は要, は話, は貝十郎, は貴, は赤松坊こと赤松則祐, は通りかかった, は鐵心道人, は長い, は闇, は青ッ, は青年自身, は飛んだ, は首席教官, ばかりで, もここ, もこの, もこれ, もそう, もそういう, もそれから, もそれなり, もぞうりの, もひっきょう, も一度, も今年, も何, も全く, も女, も思え, も本当, も満更, も無理, も煎じた, も熊楠, も聞えなかった, も見栄, も風情, やくさり, や茶, や酷い, よりやア, をぐツ, をこちら, をさえ抑え, をふたたび, をむつ, をわざと, をわざわざ, をわたくし, をアン, をウルサそう, をチョッ, をワザワザ, を一肩, を一言, を一輪, を令二, を仰向い, を伸子, を取返す, を受取つて, を呆れ, を周章て, を呼びとめ, を喜ぶ, を坐り直した, を女房たち, を妙, を家族, を小, を帶, を床の間, を弁公, を引っ捕えん, を引返し, を彼女, を思ふ, を捧げ, を早く, を春三郎, を横, を機会, を機縁, を母親, を気がつい, を痩せた, を相手, を着, を知っ, を秋山, を竜, を締め直し, を義王御前, を聞いた, を肴, を自覚, を蓋器, を見すまし, を見たでしょう, を見ます, を見上げる, を見眺め, を見逃さなかつた, を覚えた, を調べ, を貰っ, を階段, を食べた, んに, 京菜の

▼ かけた~ (169, 2.3%)

13 である 6 であった 5 だった 3 です, にその 2 お雪, だつた, にはほとんど, にはもう, にまた, の私自身, はお, は小松君, も

1 [121件] ある新聞, いきなり雪, お光, お加代, お延, お文, かれは, きょろきょろあたり, じぶん, すっかりお腹, そっと奥, その兵古帯, その楼上, たった一度, たつた一度, だけは金蔵, ちょうど下, であつ, であります, でございました, でした, でしたが, でもあった, でも轟, で厚い, とつぜん, とんと踵, どうしても, なおつづけられてる, なぜかしら, などはもっとも, に, にうしろ, にお, におじさん, にくる, にこっち, にそれ, にどうせ, にはただ, にはなに, には三人共, には人一倍, には女房, には彼等, には相手, にみた, にボックス, にムク, にムシュー・ドファルジュ, に下, に主人, に主婦, に五人, に今, に仕方, に傍ら, に又, に娘さん, に将軍家, に座主, に強い, に当方, に気が付いた, に深沈, に無論, に男, に磯, に神尾主膳, に私, に私たち, に私たち姉妹, に背後, に自分, に虚子, に言った, に逞しい, に鋭い, に階子, に駒井甚三郎, の心もち, の笑顔, の違和, はじめて彼, はその, はまことに, はもう, は些, は分りました, は船長, は食慾, ふと愛娘, ふと気, ふと気がついた, ふと鈴江, ふふふと, またそれ以来, また何, また先刻, また地, もう一撃, やはり荒木郁子さん, 一寸躊躇, 何気なく上, 再びこれ, 半九, 始めて文芸, 小さな男の子, 幽室, 引きずるよう, 猛然と奮い起っ, 直造, 突如と, 突然右手, 突然池, 薄汚い婆さん, 赤い焔, 迎えに, 近寄る足音, 重ねた郵便物, 離れ座敷

▼ かけたこと~ (158, 2.1%)

9 がある, がない 5 があった 4 のある, はない, もあった, もある, もない 3 もなかつた, も度々

2 [11件] があつ, があります, がなく, が二度, さえある, でしょう, はありません, はいう, はなかっ, は毫も, もあり

1 [87件] があり, がありました, があるだ, がございました, がすでに, がなかっ, がなけれ, がわかった, がオッぱじまろうてえ段, が決して, ござりませぬ, しか覚えてない, じゃ, それから実, だ, だから, だらう, だろう, であ, であった, であらう, できびしい, でも, で彼, とこの, とその, などはなかっ, など思い出される, についてです, については本当に, になりまし, になる, にも気がつく, によって彼女, によって気がつけ, に対しては登山者, に満足, に驚い, のおよそ, のその, のない, のねえ, はこれ, はすぐ, はたしかに, はないでしょ, はなに一つ, はねえ, は一度, は八百人, は再々, は掛けた, は明かだ, は疑い, は私, は言う, ほど老人, まで証言, もあつ, もかけた, もございます, もたびたび, もなかっ, もなく, もよく, も一度, も御座いません, も真意, も知らなけれ, より自分, をおぼえ, をすまない, をついで, をも考え, をド, を僕, を喜ぶ, を大池忠平, を彼, を後悔, を心中右門, を心痛, を思ひ出した, を意味, を果たせ, を考え, を謝

▼ かけたまま~ (157, 2.1%)

6 になっ 4 の姿, 立って 2 しばらく立っ, であった, であつ, にし, 抜かずに

1 [133件] あやうく薄く積, あわてたよう, いそいで, うつむきかげん, うとうとし, おもて, お杉, お芝居, お芳親子, かう云, がっくりと, きき入って, ぐったりと, ぐっと反り身, この前, さっさとかえってきた, さらに金奉行, しばらくながめ, しばらくは, じっとし, じっと何, じっと相手, すこし顋, ずかずかと, そこで逡巡, その座敷, その當時, それでもたしなみ, それでもまだどうにかこう, だし, だったが, だったので, ちょっとうとうとし, ちょっと振返った, ついて, ついにうとうとと, で, である, であわてふためい, でいたらしい, でいつ, でいま, でお, でかけた, でしたが, でじっと, です, ですから, でその, でちょっと, でふらふら, でもう, でも飲み食い, で人, で伸びず, で伸子, で俯, で元, で入っ, で奴凧, で息, で熱心, で片腕, で白い, で石村, で茫, で返事, で飛ん, とつぜん頭, どうしてこう陸地, どうにかこうにか, なにかいらだたし, なのよ, にぎりあわせた両手, のスリッパ, のワク, の人力車, の白い, の膳, の運転台, の遠い, の頬, はいっ, ふらつく足, ほうりっぱ, ぼんやりその, まるで誰, まんじりとも, むっとした, もう一方, もじもじし, ウトウトし, ウトウト居眠り, グングンと, ピタリと, 両袖, 低い聲, 凍ったものの, 動かずに, 動かなかった, 大きなふね, 寝る習慣, 忘れて, 押し潰され顔, 持ち出された, 振返った, 散らかった雑誌, 来て, 歩いて, 涙ぐんで, 深い椅子, 烈しく急, 眠って, 突っ立っ, 立ちどまった, 立ち上った, 聞いて, 聞き惚れて, 聴いて, 若い男, 見下した, 見下して, 見捨てられた防寨, 読んで, 謹んで私, 踏みと, 軽い謎, 這入って, 長らくそこ, 開けては, 飛び出して, 飛んで, 黙って

▼ かけたよう~ (155, 2.1%)

8 なもの 5 です, な気, に思った 3 だ, に見える 2 な, な人間, にスイスイ, に滑, に見え

1 [116件] じゃが, だから, だがね, だった, で, であった, であったが, でありまた, でしたが, ですね, でまだ, でも, で中腹, で軽妙, ながけ, なこと, なちび, ななよやかさ, なの, なもの言い, なガタバス, な一枚板, な一軒, な事, な事件, な人々, な偉い, な光沢, な具合, な唇, な喜び, な壮観, な変化, な多忙, な悪者, な敷き砂, な景色, な月, な棟, な殖民地的, な浪費家, な無口, な照り, な牡丹, な男, な眼つき, な石橋, な細かい, な美しい, な芽, な草木, な薄紫, な藍色, な蜜柑, な血, な表情, な西洋ぎらいであると, な視野, な車宿, な返事, な雑誌目次, な雲, な青, な髪, な黒い, にいつ, にきこえた, にきらきら, にぎゃっと自分, にこの, にこわれ, にし, にするする, にその, になっ, になり, にひとり, にぼんやり, にギリギリ, にボロボロ, に三平, に乾い, に云いあてられ, に優雅, に光る, に円く, に前, に剥がれ, に反っくり返っ, に喰, に大小, に平に, に思う, に思われ, に感じた, に手, に月, に清十郎, に温か, に猛烈, に白, に白く, に矢倉石, に砂, に空中, に立消え, に紫紺色, に艶, に見えた, に見えます, に詠んだ, に重々しく, に青葉, に首, ね, よ

▼ かけたもの~ (152, 2.0%)

8 がある, ですから 76 があった, です 4 がありました, が幾つ, であつ, である 3 だから, であった, では

2 [11件] があります, だつた, であったが, であろう, ですが, と申します, と見え, は百位, もある, らしい, を持っ

1 [70件] か, かたちまち, かどう, がその, がひどく, が客, が私, だか, だからと, だが, だけにど, だけ貰う, だそう, だった, だったので, だよ, だろう, だろうと, だ信心, であっても, であらうかと, であるよう, でございましょうか, でさあ, でしかも, でしたから, ですよ, でないと, でも, で厚い, で数人, で表, という, とすれ, とは思われぬ, とみえる, と二種類, と判断, ならついで, ならキャラメル, なん, に手, に至っ, に過ぎない, に限っ, のやう, の方, はそれ, はコルシカ人, は一切, は味, は現在, は食べる, ばかりでした, ばかりな, まだ生, もまた, も手, をこなごな, をそのまま, をもち, を再び, を出した, を当夜, を振り向いた, を掻き立て, を用意, を読み返し, を踏み殺す, 死にさうな

▼ かけたところ~ (111, 1.5%)

64 だった 2 であった, でお前さん, で小, で痩せた, へ

1 [91件] からつば, から唾, があっ, だ, だからな, だし, だったの, でありますから, でお, でききめ, でこの, でざっと, でじゃ, です, でその, でちょっと, でとても, でどう, でまた, で一同, で主人, で人夫たち, で仁蔵, で今度, で何時の間にか, で又, で天井, で学士, で室, で山奥, で復讐, で微か, で所詮, で救助網, で明け渡し, で月, で本門, で母, で目, で私, で艪, で行灯, で表座敷, で赤い, で軽い, で追, で風, と見え, なのよ, なんかひとつ, にこの, にたくさん, の幼, の男, はハンカチ, は博士, は甘党, へあの, へいい, へお, へおや, へお初, へけたたましい, へこつちで, へたちまち, へ二十五六, へ五六人学生, へ冷たい, へ急, へ急用, へ日曜日, へ板倉さん, へ私, へ突然, へ黒紋付, まで行っ, を, をがんりき, をこしらえ, をトマト姫, を塩田大尉, を平次, を後ろ, を波越, を田沼先生, を瞬間写真, を誰, を警官, を邪魔, 御病中, 忽ち秀吉

▼ かけたので~ (110, 1.5%)

7 私は 6 あつた 2 ござります, わたくしは, 宗助は

1 [91件] ああいう, あの男, あわてて, いきおい民, けいかんたちが, ことばを, この三人, この下宿屋, この場合吃驚, これで, せう, そこには, だいぶあぶなかつた, はなし迷惑, ほろ, まだそこ, もういっそやめよう, わすれないうち, わたしは, わたしを, われに, オデン屋の, タラ, ハネ十時と, フランス人が, ロベエルは, 一同は, 下の, 五郎左は, 何かと思っ, 余は, 僕は, 光厳は, 入れません, 入間川も, 力まかせに, 力を, 半瓦, 取りたがって, 同じく私, 和田が, 大軍間もなく, 女中かと, 定七, 富岡は, 寒吉は, 少し落着き, 己の, 幼年組は, 彼は, 彼女は, 急いで, 恰度六斗あった, 悪酔し, 慶太郎は, 文三は, 殊にそう云う, 母に, 水が, 河野も, 火焔は, 牛車の, 獅子は, 疲れが, 皆が, 皆笑いだした, 目を, 真ん中で, 矢田は, 神月が, 私たちも, 立ちどまった前, 義雄は, 若者部屋の, 表通りで, 見ると, 親類一同, 誰か, 譲も, 讓も, 豊雄はじめ一家の, 車が, 車馬行人の, 遂に失望落膽, 遊人それを, 電話口へ, 静かに, 非常に, 飛び込むやう, 飛脚は, 鳩が

▼ かけた~ (85, 1.1%)

12 思うと 4 みえて 2 いうので, いえば, いって, 云ふ, 思いますと

1 [59件] あっては, いう, いうじゃあねえか, いうだけの, いうのに, いうよりは, いうよりも, いえたかも, いっても, いつて, いわれて, うなずかれる, おもわれる体, お話した, したならあなた, したらどんな, したら午後, したら御, したら申しわけ, すると, そんなこと, みると, みるや, 云つた, 僕は, 分ると, 口を, 同じやう, 同じよう, 同時に, 同時に自分, 同様に, 啼きたりと, 思うころ, 思ったらいつか, 思って, 思つてる, 思ふころ, 思われる部分, 慰めた, 気が付いたから, 申しおるぞ, 申しますが, 知ったらどんなに, 知った時, 知るや, 紋作は, 見えて, 見える, 見え下, 見え妙, 見え小, 見え座敷, 見て, 見るや, 見れば, 覚えます, 言ふ, 言ふんだ

▼ かけたとき~ (76, 1.0%)

11 である 3 だつた, ならもう 2 でした, です, 生あたたかい液体

1 [53件] あわただしく入口, いきなり外, いきなり私, お島, お金持ち, かえって執拗, さらりと, その合計, その年寄, その教師, その眼, その石, その計算, だ, だった, ちょうどさいわい警察, ちらと, でご, とつぜん煙, とびついて, どうして急, どんなにうれし, に, にいま, にだけその, には課長, にまだ, にロチスター氏, に一同, に周囲, に持彦, に旅人, に暁子, に艇, に言った, のあの, のなんだかワクワク, のやう, の顔つき, はア, は一番まとも, は時間, まちよ, やっとおずおずはいった, 出て, 待ちきれなくなったらしい夫人, 忽ち大きな, 怖ろ, 思いがけない声, 早くも, 突然天水桶, 立てつけ, 見守って

▼ かけた~ (65, 0.9%)

109 です 6 ですが 5 だが 4 じゃない 3 だよ, ですから, ですよ 2 だね, だろう, でございます

1 [16件] じゃ, じゃあ, じゃねえ, だからね, だけれど, だそう, だって, だもの, だ相, でしょうね, ですからね, ですけど, ですって, ですつて, ですの, やない

▼ かけた~ (56, 0.7%)

7 である 4 であつ 3 のこと 2 だった

1 [40件] ある日, お奈加, お種, かに小, から始まつ, から私, だと, で, であった, でした, でもう, で万事不自由, で水呑峠, で石原純博士, なにかの, にあの, にあわて, における普通常品, になっ, になつて, になる, にはもう, には彼女, には袷羽織, によく, に東京, に英吉利海峽, に見る, のくすんだ, の晦日, は会葬者, ふと右側, ぼんやり疲れ, ようやくうしろ, よりもさらに, 大きな太湖石, 大體, 浮かれ氣分, 深い深い森, 突然蘆荻

▼ かけた~ (48, 0.6%)

14 がある 10 があった 5 があります 2 が夕方, の死骸

1 [15件] があつ, があるだらう, がいた, がございます, が何者, が田圃, では, はあるまい, は岩本, は後, もあった, もなかっ, もなけれ, をこれ, を留める

▼ かけた~ (43, 0.6%)

2 がある

1 [41件] があった, があつ, がお, がかかる, がそう, がつったっ, がまた, がやっ, が乗っ, が何百日間, が口, が右, が客, が少し, が直ぐ, が眼, が立っ, が綺麗, が自動車, だ, だった, であること, でずんぐり, で寒, とはなし, とキチキチ, と話し, に気づく, の人, の前, の声, の戀, の肩, はせわしく, はモンパルナス, は傍, は煙草, は雪道, は魔法博士, も踵, や白粉

▼ かけたかと~ (36, 0.5%)

18 思うと 4 おもうと 2 思ふと

1 [12件] いふ事, みるま, 云へば, 思うよう, 思えば, 思った道, 思って, 思われる頃, 聞くよう, 見えたが, 見えた時, 見る間もなく

▼ かけたから~ (36, 0.5%)

5 である 2 でその

1 [29件] いうけど, いややめ, お母さんは, きっと油っこくっ, きっと満, しかたなく, だった, だつた, だと, だらう, で, であった, です, ですか, とても誰, なの, にわかに疲れ, もう宜からう, もう連れ戻す, 何か, 侍の, 危ういかな, 堪らない, 感心した, 細長くは, 舁夫は, 見せて, 見に, 食物の

▼ かけたその~ (36, 0.5%)

2 母親らしい

1 [34件] あげく竈の, とき突然, ま, 中は, 人と, 人は, 先は, 切ッ先は, 刹那の, 場合から, 女が, 室に, 島国に, 巣は, 座敷の, 手へ, 手首に, 時だった, 時です, 月から, 梅岡薬剤兄哥と, 棺の, 牧の, 男は, 瞬間彼女は, 社会性人民性に対する, 神代が, 細君と, 美しさ, 胸の, 芽を, 若い牧師さん, 隊の, 顔は

▼ かけた~ (35, 0.5%)

3 艶の

1 [32件] さよの, とこが, りくさんが, 人から, 人形のは, 凸額さんだ, 勢とも, 君は, 埋合せ, 太刀一本一寸極め, 巡査さんが, 常が, 律は, 惚気だ, 時は, 武家さまから, 琴や, 睦までが, 粂は, 粥の, 経は, 経を, 膳も, 茶漬の, 菊が, 蓮様突如, 藤の, 藤を, 角さんが, 角を, 雪が, 雪の

▼ かけた~ (35, 0.5%)

2 があった, も受けた

1 [31件] がある, がいる, がこれ, がペダル, が医者, が友染モスリン, が同じく, が大きな, が棄て, が裏面, だす, であった, でも大伴家, で今, と一緒, にはしばしば, に多く, のうしろ姿, のやう, のよう, の数, の方, の無量, の言, はこの, はそろり, はたちまち, もあれ, を多く, を見る, を非常

▼ かけた~ (34, 0.5%)

6 がある 3 がない 2 があった, もあった

1 [21件] かも分りませぬ, があります, がございました, がどうして, が無く, さえある, さえも悔い, だってある, ですから, と知れ, に始まり, に気がついた, のない, はない, は一度, もありましたろう, もあります, もたびたび, も一度, を告げられた, を聽

▼ かけた~ (34, 0.5%)

2 をそっと, をとめ

1 [30件] が自然, でその, で軽く, とは違った, にせい一杯, にちから, に竹杖, の一本, の扱い, は妖しく, も自然, をおろし, をしっかり, をその, をゆるめました, を下した, を十分, を又, を外さね, を引っこめた, を引っこめよう, を引込め, を手帳, を控え, を放し, を放した, を留めた, を直ぐ, を縛りつけられた, を膝

▼ かけた~ (30, 0.4%)

2 がその, であり私

1 [26件] があったら, があります, がある, がゐる, が一人, が坐っ, が欲しい, が腰, が足, であるそれ, ではなかっ, とを一つ, に寝返り, のある, の人, の半身像, の手, の技倆, の話, の調子, はそのまま, はみんなそう, はもう, は小声, は矢作治部太夫, も葵

▼ かけたという~ (28, 0.4%)

3 ことに 2 ことが, ことである

1 [21件] ことであります, ことを, その老人, ところ, ところから, のだ, のでした, のは, わけな, んです, 一万メートルの, 不忠の, 前日の, 噂を, 嬰児の, 時に, 点において, 話である, 説明が, 鉱山事業は, 風の

▼ かけたやう~ (27, 0.4%)

2 なもの, な気, に見え

1 [21件] だ, であつ, である, でございます, でした, なものすごい, な事, な月, な気持, な聲, な青い, な頭, に, に出, に壻, に滑, に白く, に肉, に見えた, に非常, に首

▼ かけた~ (26, 0.3%)

2 おっとと, ほったん, わからない

1 [20件] あるいは汽車, え, しらべても, その道具, それを, ついに要領, もし知っ, れである, わからないの, わかりゃしねえ, 分らないん, 分りません, 庄太郎には, 知ってるね, 知つてる, 知ら, 知れず醤, 知れませんけれど, 解らない, 鈎裂き

▼ かけた~ (23, 0.3%)

4 がいい

1 [19件] かな, がい, がよい, がよろしい, が喉, が多い, が安全, が宜しい, が早道, が落, だし, に現われた, のが直ぐ, のだった, の人, の仕かけ, は同, は魚粕, へ返し始めました

▼ かけた~ (23, 0.3%)

3 には

1 [20件] に向っ, のうち, のしず, の上衣, の声, の意識, の激しい, の父, の癇癪, の胸, の脚, は, はいや, はじつは, はそれ, はフト顔, は志免警部, は明, もしかし, をとらえ

▼ かけたなり~ (21, 0.3%)

1 [21件] すこし躊躇っ, ちょいと, であと, でまた, で一日中執務, で対手, で應, で煙草, ひろ子の, また涙, もう口, 前後も, 塩瀬を, 尻餅を, 怒った声, 桑畑の, 櫛を, 目白で, 鉈豆煙管を, 額の, 飛び出したの

▼ かけた時分~ (21, 0.3%)

2 でした, の事

1 [17件] から六人, から此方々, だったので, でございました, で夕方, で掠奪者, で陽気, なので, に, になる, にはお, にはもう本当に, に一時, に今, に夕立, に裏庭, 或る

▼ かけただけ~ (18, 0.2%)

3 では

1 [15件] あって, だった, であります, でした, です, ですから, でその後, でついに, でまだ, で実行, で挨拶, で活動的, なの, なのに, 閏月を

▼ かけたけれど~ (17, 0.2%)

2 急に, 書状の

1 [13件] それも, どうにも風向き, イヤに, 交番へも, 仲間の, 宅助や, 彼は, 明日か, 昔の, 猫は, 留守であっ, 穿きか, 道は

▼ かけた仕事~ (17, 0.2%)

1 [17件] がわす, が若し, ですもの, と人生, なん, にとりかかる, に乗出し, のある, の重大, までが根こそぎ, も後継者, をほか, をみんな, を仕上げ, を捨て, を活かし, 例へば網

▼ かけた~ (16, 0.2%)

3 の光 2 がぬ

1 [11件] があか, がおりおりかげっ, がぬっと, がも一度, が斜, が障子, が雨戸, にいづれ, には関所, に敷きつめ, に曝し

▼ かけた若い~ (16, 0.2%)

3 女が

1 [13件] ものの, 坊さんに, 夫が, 女だった, 女に, 女中が, 男です, 男弥蔵を, 細君が, 者と, 者も, 聖ヨハネの, 運転手の

▼ かけた~ (16, 0.2%)

3 をとめ

1 [13件] の坐り, の爪先, をかえし, をすわ, をちょっと, をとどめる, をまた, を一大事, を停めた, を止め, を石段, を轉, を階上

▼ かけたって~ (15, 0.2%)

1 [15件] いうの, えの, そう云っ, それは, つまらないまた, どうなる, まだ水, 一方の, 下手な, 人に, 何に, 恥を, 構わないと, 面白半分, 風で

▼ かけたのに~ (15, 0.2%)

1 [15件] あの人, あれを, わたしは, ソルディーニ自身が, チーフメーツが, 一つの, 二人は, 今日も, 何たること, 劇場の, 大きな菓子折, 気が, 相違ない, 途中で, 違いない

▼ かけたばかり~ (15, 0.2%)

2 だった

1 [13件] だ, だという, であって, である, であるので, ですのに, ですもの, で半, で土饅頭, で私, で階段, なの, なんだ

▼ かけたわけ~ (15, 0.2%)

3 では 2 だ, だが, でも 1 だね, です, でもなかつた, なの, なん, もこれ

▼ かけた~ (15, 0.2%)

1 [15件] この家, でこれ, でひとつ, でイギリス, で利用, で散々打擲, で踏むべき, に, にも, にもかけ直し, にわざわざ, に大きい, に突っ, は退, へその

▼ かけた~ (15, 0.2%)

1 [15件] から一年近く, から唆, だった, と母, の存在, の心, の手, の方, の気持, の目, の目的, の眼, の腕, は二度びっくり, は椅子

▼ かけた~ (15, 0.2%)

3 である

1 [12件] から促し立てられ, でございましたが, で急, で首, に家, に美しい, のない, へ思いがけぬ, へ行った, を掘り返し, を更に, を澄子

▼ かけた一人~ (14, 0.2%)

2 の若い, の青年 1 が, だつた, なん, の乙女, の助手, の囚人, の女, の男, の画家, はとこなつ

▼ かけた言葉~ (14, 0.2%)

3 を切っ

1 [11件] さえ飲み込ん, で包む, の半ば, は私, は試験, も申さず, をお, をたち切っ, を噤ん, を巧み, を杜絶

▼ かけた途端~ (14, 0.2%)

2 です

1 [12件] その背後, であった, であつ, である, にお蔦, にひとり, に将軍, に秦明の, に覆滅, に遠く, に馬小屋, 其の女

▼ かけた~ (14, 0.2%)

1 [14件] がぼんやり, で背後, とか花王石けん, には歓喜, に真剣, のまま, の白い, はすこし, をおかし, をこちら, を奥, を持ち上げる, を見せる, を食卓

▼ かけたこの~ (13, 0.2%)

1 [13件] 一夏を, 七兵衛だ, 丘は, 友にも, 女の, 忍び足の, 日この, 男を, 看板が, 笑顔は, 街道は, 軒端も, 頃町で

▼ かけたころ~ (13, 0.2%)

1 [13件] から離婚, だ, だった, であるし, でここ, でさえ彼, でした, で芽生え, となっ, には二人, に亡くなった, に見る, やっとてっぺん

▼ かけたそう~ (13, 0.2%)

3 である 2 です, な 1 だ, だが, だね, であるが, ですが, な弟

▼ かけたものの~ (13, 0.2%)

1 [13件] あるところ, あるの, ある所, もう七ヶ月目, スルリと, 一人が, 僕は, 先の, 往くこと, 抜こうとも, 気持は, 自分乍らませた, 起きて

▼ かけた~ (13, 0.2%)

4 をまた 1 の上, をおろし, をそのまま, をたたい, をのばし, を下ろした, を元, を引っ立て, を浮かせてる

▼ かけた大きな~ (12, 0.2%)

1 [12件] 人形が, 宝石を, 宿屋の, 板には, 泉水が, 炬燵に, 疣蛙が, 紙を, 羽根を, 臥牀に, 藁の, 鍋には

▼ かけたけれども~ (11, 0.1%)

2 青年には 1 いつも留められ, この異人氏, ハイカラサンが, 伝令神の, 兄の, 弁信の, 彼女は, 紅子は, 足の

▼ かけたつもり~ (11, 0.1%)

2 でも 1 だが, だけれども, でしたが, でゐ, で寝首, で西洋人たち, の処, の旅行者, はない

▼ かけたとたん~ (11, 0.1%)

1 [11件] こぼして, です, におも, におれ, にアメリア嬢, に汽車, に海, に物, に男, に箸, 引裂くよう

▼ かけた~ (11, 0.1%)

1 [11件] きまって, しても, しろ電話局, すぎない女, ちがいありませんよ, ちげえねえ, 相違ありません, 相違ない, 過ぎないの, 違いない, 間違ひありません

▼ かけたほど~ (11, 0.1%)

2 であった 1 そそくさと, だったが, であつ, ほんとうは, 事が, 急に, 惚れて, 私の, 苦心を

▼ かけた~ (11, 0.1%)

2 がございます 1 が, があっ, がある, が解, だ, で帯上, のもう, は率八, をたしかめる

▼ かけた~ (11, 0.1%)

1 [11件] が利用, などに配合, に初めて, の中, の前, の娘, の子供等, の続き, の軒先, の門, もあった

▼ かけた自分~ (11, 0.1%)

1 [11件] と都合四人, のこと, の体, の妻, の左手, の白い, の着物, の頭, をとっさ, をも八つ裂き, を彼

▼ かけた茶碗~ (11, 0.1%)

1 [11件] がすえられきる, がまわった, に注い, や朱, をまわす, を下, を廻しやがる, を探し出し, を置い, を起した, を雪

▼ かけた~ (11, 0.1%)

2 へ逆上 1 で学生, にぐらぐら, のなか, の中, も元, をそっと, をふっ, を一寸, を又

▼ かけた~ (10, 0.1%)

2 なので 1 からサッ, が小峯, でおしまい, では比較的, なん, に一本, へ車掌, を失礼

▼ かけた姿~ (10, 0.1%)

2 を見せ出した 1 が落ち, でいぶかし, でみなこれ, で尻切れ草履, で身ぶるい, と言い, になつ, は言う

▼ かけた彼女~ (10, 0.1%)

1 が食器, に対しては一点, に襲いかかった, の愛らしい, の態度, はいつ, はその, は又, は海賊王, を見た

▼ かけたばかりの~ (9, 0.1%)

1 その時, とこよ, ところ, ところで, ところでした, ヨーロッパでは, 夜明けの, 棺の, 様に

▼ かけたテーブル~ (9, 0.1%)

2 の上 1 があっ, があっちこっち, があつ, がいくつ, が浮立っ, の直ぐ, は間接照明

▼ かけた夕陽~ (9, 0.1%)

3 の光 1 がひょろ長い, が光, が殆ど, が艦首, が路傍, を眩し

▼ かけた~ (9, 0.1%)

1 と争った, の中, の古疵, の奥, の秘密ア, の絲, はどうして, は一つ, をもつ

▼ かけた~ (9, 0.1%)

2 の光 1 が, が浮かん, の周囲, の影, を後ろ, を見, を踏ん

▼ かけた~ (9, 0.1%)

2 を渡っ 1 の上, の急, の落ちた, は架けかえられ, をもどっ, を右, を渡る

▼ かけた老人~ (9, 0.1%)

1 が, がこの, がなん, でしたので, のため, は幸い, も初め, も腰, も辨當

▼ かけたあの~ (8, 0.1%)

1 せつなの, 一軒家こそは, 下司の, 河岸ぷちには, 物療室で, 男あなたが, 神田仁太郎という, 若者か

▼ かけた~ (8, 0.1%)

1 いつかくつが, ごとを, また自分自身, また討っ, ようこだ, 一人は, 印刷に, 悪くって

▼ かけたといふ~ (8, 0.1%)

1 のか, んだ, 事件も, 思ひも, 意味には, 氣が, 点を, 話です

▼ かけた~ (8, 0.1%)

1 丸髷と, 傘の, 戦闘を, 湯呑に, 荷物で, 邸宅で, 魚腮から, MYSTERYの

▼ かけた手紙~ (8, 0.1%)

1 の先, の末, や電話, をよこした, をクルクル, を二十四本, を初め, を破る

▼ かけた時代~ (8, 0.1%)

1 からその, から其観念, であつ, でアムステルダム, に跨, の小説, の白熱, を救う

▼ かけた様子~ (8, 0.1%)

1 じゃねえ, だ, であった, です, は女義太夫, は滅多, もない, もなし

▼ かけた煙草~ (8, 0.1%)

1 と一, に火, の道具, を床, を捨て, を掌, を灰皿, を膝

▼ かけた~ (8, 0.1%)

1 がまたがっくり, の上, をおろし, をまた, を伸し, を元, を又, を揃え

▼ かけた~ (8, 0.1%)

1 が清らか, に養分, のあ, のよう, の感傷的, はお, をでも取り上げよう, を見

▼ かけた警官~ (8, 0.1%)

1 がドヤドヤ, が二三人ドヤドヤ, が何人, が物々しく, が鈴なり, だつた, と二百万, に住吉署

▼ かけた~ (8, 0.1%)

3 のなか, の中 1 からはうま, の下

▼ かけた~ (8, 0.1%)

1 があった, が少し, だまり, の上, の中, もだらし, を踏みしめ踏みしめ, 之丞

▼ かけたかも~ (7, 0.1%)

1 しれない, しれない笛, しれぬが, 知れない, 知れないが, 知れないこの, 知れないぜ

▼ かけたせい~ (7, 0.1%)

2 の高い 1 か兄弟, か近来, であったろう, であろう, で急

▼ かけたため~ (7, 0.1%)

1 か願い, しがない, だという, である, です, の仏告, の心

▼ かけた~ (7, 0.1%)

2 には松 1 があっ, があつ, に小さい, の上, を控

▼ かけた~ (7, 0.1%)

1 がや, と, の悪い, をふい, を大きく, を急, を持て余し

▼ かけた~ (7, 0.1%)

1 が又, が長く, で言った, の半分, をふと, を半分, を呑みました

▼ かけた小さな~ (7, 0.1%)

1 ものだつた, 太鼓を, 屋台店が, 格子窓の, 桃の, 美しい細工, 食卓が

▼ かけた~ (7, 0.1%)

1 が心火, にはいつ, には何時, に突, のよう, の中, を途中

▼ かけた瞬間~ (7, 0.1%)

2 であった 1 から既に, にがち, にこれ, にはもう, に眼界

▼ かけた~ (7, 0.1%)

1 だから, だもの, に柔らか, のアチャラカ, の潤み, 怖ろ, 蛇嫌いの

▼ かけた~ (7, 0.1%)

2 を置い 1 をさしおい, を擱, を止め, を米友, を置き

▼ かけた~ (7, 0.1%)

5 の高い 1 のスラリ, の低い

▼ かけた~ (7, 0.1%)

1 が中, が岸, が纜つて, なら, のナース, も白鷺, よ

▼ かけたあたり~ (6, 0.1%)

1 にはとま, のところ, の野, は汗, を揉み込む, を遠慮

▼ かけた~ (6, 0.1%)

1 かけたが, だかの, 暮田正香だ, 真綿の, 私の, 解けやすい

▼ かけた人間~ (6, 0.1%)

1 です, のよう, の扱い方, の死体, の顔, を求め

▼ かけた~ (6, 0.1%)

1 がある, によって私, のイヤ, の如く旅, の皇帝紋章, はここ二

▼ かけた卓子~ (6, 0.1%)

2 の上 1 があっ, が規則正しく, と椅子, に俯伏

▼ かけた~ (6, 0.1%)

2 石垣の 1 テエブルと, 千屋と, 机が, 靴そして

▼ かけた大きい~ (6, 0.1%)

1 メタルの, 円髷に, 島田髷が, 柳は, 鉄びんの, 門を

▼ かけた~ (6, 0.1%)

1 がい, がいるでしょう, が三人, なら己惚れは, のやう, の組みあわせ

▼ かけた子供~ (6, 0.1%)

1 があった, が自分, だから, です, に乳, は恐怖

▼ かけた~ (6, 0.1%)

1 ダンスなどから, 丘を, 亭の, 供の, 紋縮緬の, 肥な

▼ かけた~ (6, 0.1%)

1 が醒めた, のギョロッ, の厚ぼったい重い, をしばたたいた, を相手, を見張っ

▼ かけた~ (6, 0.1%)

2 の地蔵 1 どうろう, のおじぞうさん, の台, の牛

▼ かけた電燈~ (6, 0.1%)

3 の光 1 が二年前, が私, の薄暗い

▼ かけた青年~ (6, 0.1%)

1 で, である, とである, に対して素性, の上, の頭蓋

▼ かけた~ (6, 0.1%)

1 でこれ, なんかさっそく, の長い, や顔, を右, を真中

▼ かけたあと~ (5, 0.1%)

1 があります, が苦しく, で入歯, を幸子, を書き続け

▼ かけたうえ~ (5, 0.1%)

1 ちょっとした気管支, で浄土宗, で申しあげます, にからだ, にみんな

▼ かけた~ (5, 0.1%)

2 うである 1 うだが, うだね, うでうち

▼ かけた中年~ (5, 0.1%)

1 の女, の巡査, の男女, の男女二人連れ, の社長

▼ かけた~ (5, 0.1%)

2 入れとも 1 いやそれ, しどけない姿, ぶらりと宙

▼ かけた刹那~ (5, 0.1%)

1 あの日本橋詰, にその, に急行電車, に驚ろ, 思いがけなくその

▼ かけた古い~ (5, 0.1%)

1 しろ, もので, 怪しげな, 浅黄の, 胡桃の

▼ かけた~ (5, 0.1%)

1 と直角, の所, はしめつ, を狂氣, 古い樅

▼ かけた外套~ (5, 0.1%)

2 に僕自身, のポケット 1 を再び

▼ かけた婆さん~ (5, 0.1%)

2 は急 1 がおばさん相手, が懐中, の歯

▼ かけた~ (5, 0.1%)

2 に降り立ちました 1 ではない, に雨傘, の海芋

▼ かけた~ (5, 0.1%)

1 ぐんぐんその, で左右, とうとう高等師範, やっと安心, 黙々として

▼ かけた拍子~ (5, 0.1%)

1 に, にひ, にひょいと, にガラリ, にパッ

▼ かけた梯子~ (5, 0.1%)

1 をあがろう, をつたっ, を一人, を上っ, を預かっ

▼ かけた~ (5, 0.1%)

1 な浅草, な私, な空気, な高い, に開かなくなっ

▼ かけた~ (5, 0.1%)

2 がした, がする 1 の長

▼ かけた~ (5, 0.1%)

2 の中 1 でも鍋, に焼かれ, のよう

▼ かけた白い~ (5, 0.1%)

1 大前垂, 指が, 紙を, 芍薬が, 顔が

▼ かけた白髪~ (5, 0.1%)

2 が急 1 のジロー博士, の係員, の老人

▼ かけた~ (5, 0.1%)

1 の手, を口, を膳, を途中, を首

▼ かけた~ (5, 0.1%)

2 までも一面 1 の光, はふたたび, を希望

▼ かけた~ (5, 0.1%)

1 だ, です, の二枚, の誰, やない

▼ かけた~ (5, 0.1%)

1 に早く, へ出, へ飛出し, を暫く, を足

▼ かけた~ (5, 0.1%)

1 は下日川峠, へ消え, を向か, を急, を辿っ

▼ かけたかの~ (4, 0.1%)

2 ように 1 女の, 律も

▼ かけたきり~ (4, 0.1%)

1 だまって, で向, 二度と姿, 暫くは

▼ かけたそして~ (4, 0.1%)

1 くるの, さらに馴染, 云つた, 数人が

▼ かけただけの~ (4, 0.1%)

1 平常着である, 御馳走に, 結果で, 衣物を

▼ かけたとは~ (4, 0.1%)

1 いえそれ, 云へ, 言っても, 言つても

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 わにえ, ア嫁さんに, 引っぱってる試, 行くぞ

▼ かけたもう~ (4, 0.1%)

1 云う丈, 云ふ, 終りかかったところ, 這いあがる力

▼ かけたもん~ (4, 0.1%)

21 だね, ですなあ

▼ かけた~ (4, 0.1%)

2 着て 1 名人右門は, 恥しめられた

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 が帆村, の乙, 從の, 水正二度見なおし

▼ かけた事件~ (4, 0.1%)

1 があった, がございます, は写真入り, をうちあけ

▼ かけた二人~ (4, 0.1%)

1 が, の連, の顔, は一枚

▼ かけた人たち~ (4, 0.1%)

1 が人足, が彼, の心, もある

▼ かけた以上~ (4, 0.1%)

1 その男, どんな難儀, はすぐ, は光子

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 にぬっ, をまた, をむり, を斜め

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 でありもう, に引きつけられ, の姿, ひょいと淀屋橋

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 に汽車, は幾度, も急い, を気の毒

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 をおろし, を引っ, を引っこめ, を引つたくる

▼ かけた医者~ (4, 0.1%)

2 も我 1 が言, に

▼ かけた受話器~ (4, 0.1%)

2 の中 1 に七色, をちょっと

▼ かけた土瓶~ (4, 0.1%)

1 には酒, に植えた, をかけ, を置く

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 のなか, の中, をそのまま, を膝もと

▼ かけた~ (4, 0.1%)

4 の日

▼ かけた~ (4, 0.1%)

4 の中

▼ かけた島田~ (4, 0.1%)

1 が似合おう, になった, に結つて, は重

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 の端, をしめ直し, をちょっと, を挟ん

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 からひとり, だの, の右側, ばかり

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 がガタリビシリ, にかじりつい, の間, をた

▼ かけた手拭~ (4, 0.1%)

1 でふき, はひとり, を取りました, を姉さま

▼ かけた新聞~ (4, 0.1%)

1 に一本松, の切れ, の束, を送らせる

▼ かけた時私~ (4, 0.1%)

1 の口腔, は人, は睦, は身

▼ かけた曲者~ (4, 0.1%)

2 を探し出せ 1 が小, の首すじ

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 がある, ごし, に向っ, の下

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 でしょう, の一枝, の花, の若葉

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 であると, の人, を取卸しました, を遣う

▼ かけた河童~ (4, 0.1%)

2 が一匹, の家

▼ かけた煙管~ (4, 0.1%)

1 をはなし, を持っ, を膝, を金

▼ かけた~ (4, 0.1%)

2 を振り 1 は却って, は却つて娘

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 であるから, の下, も僣上, らしく思はせて

▼ かけた着物~ (4, 0.1%)

1 の仕立直し, の衣紋, を取り, を表

▼ かけた~ (4, 0.1%)

3 の日 1 の夕日

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 がみえる, でかなり, に何とも, の半ば

▼ かけた聴衆~ (4, 0.1%)

3 の前 1 が振りむく

▼ かけた~ (4, 0.1%)

3 の白い 1 をし

▼ かけた荷物~ (4, 0.1%)

1 の下, の間, はほどい, を見送っ

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 をポン, を再び, を引っ込めた, を思わず

▼ かけた~ (4, 0.1%)

2 が周囲 1 がさ, がそう

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 に掴まろう, に顔, の傍, をずるずる

▼ かけた計算~ (4, 0.1%)

2 は, は上

▼ かけた~ (4, 0.1%)

2 りの 1 りだつたが, りでひらり

▼ かけた赤い~ (4, 0.1%)

1 夕日の, 櫛が, 着物の, 西日が

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 があつ, なん, にでき, もよじのぼった

▼ かけた長方形~ (4, 0.1%)

2 の卓子 1 の大きな, の紫檀

▼ かけた~ (4, 0.1%)

1 に個人的, の像, の動き, をふと

▼ かけた~ (4, 0.1%)

2 を追う 1 の音, は

▼ かけた高い~ (4, 0.1%)

1 台に, 土塀パッ, 樹の, 窓の

▼ かけたいくつ~ (3, 0.0%)

1 かのすいせん, もの室, もの額

▼ かけたおれ~ (3, 0.0%)

1 はちゃんと, はちやん, もあんまり

▼ かけたお前~ (3, 0.0%)

2 は鬼 1 のこと

▼ かけたお鍋~ (3, 0.0%)

2 の蓋 1 で菜飯

▼ かけたからには~ (3, 0.0%)

1 そのままには, それ位の, むげに

▼ かけたくらい~ (3, 0.0%)

1 です, で正覚坊, ならするところ

▼ かけたじゃ~ (3, 0.0%)

2 ありませんか 1 ないですか

▼ かけたためし~ (3, 0.0%)

1 なし昔, など見た, はない

▼ かけただけに~ (3, 0.0%)

1 人の, 余計に, 過ぎない

▼ かけたっきり~ (3, 0.0%)

1 でいる, ですらり, で脚

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 あらう, あらうと, あらうに

▼ かけたとかいう~ (3, 0.0%)

1 のです, んだ, 名所古蹟なんて

▼ かけたとしても~ (3, 0.0%)

1 あの人たち, その手巾, どうしてそれ

▼ かけたままぼんやり~ (3, 0.0%)

2 した人影 1 して

▼ かけたまま居眠り~ (3, 0.0%)

2 をした 1 をし

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 そのまま半分, 同然だ, 同然の

▼ かけたランプ~ (3, 0.0%)

1 がちら, のよう, のホヤ

▼ かけた一本~ (3, 0.0%)

1 の白樺, の締索, の麻綱

▼ かけた一見~ (3, 0.0%)

2 して 1 遊び人ふうと

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 肱および, 腕に, 膝を

▼ かけた両手~ (3, 0.0%)

1 の力, をそのまま, をまた

▼ かけた丸木橋~ (3, 0.0%)

1 をあぶなっかしい, を危なっかしく, を渡つた

▼ かけた丸髷~ (3, 0.0%)

1 の女連れ二人, も綺麗, を結い

▼ かけた主人~ (3, 0.0%)

1 が坐っ, に対してもいっそう, の半

▼ かけた二十歳~ (3, 0.0%)

2 さして美しく 1 ほどの子

▼ かけた亭主~ (3, 0.0%)

1 が開闢以来, と食卓, は片手

▼ かけた元気~ (3, 0.0%)

1 で, で八幡, のいい

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 に特有, の手, の蒼白い

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 のみが寒き, の柄, を元

▼ かけた十字架~ (3, 0.0%)

2 の下 1 を見

▼ かけた口もと~ (3, 0.0%)

3 まで結ん

▼ かけた右手~ (3, 0.0%)

1 がぴく, がブルブル, の甲

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 からたらたら, は妙, をグッ

▼ かけた坊さん~ (3, 0.0%)

1 が畑, が立っ, や仕着せ

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 の中, の継目, を越した

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 に雨, の街, は祝福

▼ かけた~ (3, 0.0%)

2 の幻影 1 の華

▼ かけた女房~ (3, 0.0%)

1 である, は草履, を引っ

▼ かけた学生~ (3, 0.0%)

1 があった, が乗っ, が言った

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 が右側, の方, や舞台

▼ かけた家産~ (3, 0.0%)

1 の中, を救う, を數倍

▼ かけた小さい~ (3, 0.0%)

1 琴を, 自分の, 金の

▼ かけた小僧~ (3, 0.0%)

1 がわざわざ, が人ごみ, が逸早く

▼ かけた小説~ (3, 0.0%)

1 の原稿, はだいぶん, をよそ

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 である, の方, をこれ

▼ かけた左膳~ (3, 0.0%)

1 の一眼, の呼吸, の手

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 をとっ, を取っ, を引き離す

▼ かけた幕府~ (3, 0.0%)

1 のお, の大, の威信

▼ かけた建物~ (3, 0.0%)

1 が海老茶, なため, や古い

▼ かけた当の~ (3, 0.0%)

1 松の, 私が, 者と

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 で眼, になつ, にひろ

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 婆さんであった, 婆さんは, 蔵前を

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 とは申し, ばかりは, をせよ

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 からなり, からのその, であった

▼ かけた~ (3, 0.0%)

2 の尖 1 のしなった

▼ かけた損害~ (3, 0.0%)

1 は少く, を償, を彼

▼ かけた時今~ (3, 0.0%)

1 まで戸口, まで熱心, まで黙っ

▼ かけた時女~ (3, 0.0%)

1 がきいた, は, は髪

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 の周囲, の皮, の色

▼ かけた~ (3, 0.0%)

2 知れぬ八ツ橋 1 に上り口

▼ かけた柿色~ (3, 0.0%)

2 の囚衣 1 の庭庭

▼ かけた~ (3, 0.0%)

2 の中 1 やまだ

▼ かけた椅子~ (3, 0.0%)

1 の上, を探しだし, を見る

▼ かけた~ (3, 0.0%)

2 であらう 1 の詞

▼ かけた死骸~ (3, 0.0%)

2 を発見 1 が横

▼ かけた津田~ (3, 0.0%)

1 の顔, はふと, は俯向加減

▼ かけた浴衣~ (3, 0.0%)

1 で甲斐, をなお, を高々

▼ かけた~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の波

▼ かけた火鉢~ (3, 0.0%)

1 があっ, の中, の縁

▼ かけた炬燵~ (3, 0.0%)

1 がある, に手, のなか

▼ かけた片足~ (3, 0.0%)

1 が思はず, を宙, を片一方

▼ かけた猪口~ (3, 0.0%)

2 を下 1 をおいた

▼ かけた相手~ (3, 0.0%)

1 か, ですが, を制し

▼ かけた石垣~ (3, 0.0%)

1 などまで見, にはいっぱい, を逼

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 がある, もひどく, を埋め

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 のほか, の戸, の薄暗

▼ かけた立派~ (3, 0.0%)

1 なうち, な井戸, な輿

▼ かけた~ (3, 0.0%)

2 の棚 1 の皮包

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 である, の中, を乘

▼ かけた米友~ (3, 0.0%)

1 の姿, はいや, はその

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 の結び目, を切り放し, を解い

▼ かけた紅茶~ (3, 0.0%)

1 をいっきに, をすすった, をすすり

▼ かけた納屋~ (3, 0.0%)

2 も古 1 を見つけた

▼ かけた結果~ (3, 0.0%)

2 である 1 であったらしく非常

▼ かけた給仕~ (3, 0.0%)

2 の少女たち 1 が皆

▼ かけた~ (3, 0.0%)

2 なので 1 の目

▼ かけた縁談~ (3, 0.0%)

1 も滅茶, も滅茶滅茶, をぶち毀されない

▼ かけた~ (3, 0.0%)

2 に狐 1 に易々

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 はそれ, はゆるし, をふかく

▼ かけた~ (3, 0.0%)

2 の高い 1 の低い

▼ かけた船員~ (3, 0.0%)

1 が朱色, でも真剣, や商人

▼ かけた花嫁~ (3, 0.0%)

1 にも時々, のす, の初

▼ かけた苦労~ (3, 0.0%)

1 だけでも, を一ぺん, を思い知るべきだ

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 のうねり, の上, の花

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 のなつかしい, の間, 捲の

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 あぶらのうく, のよう, の中

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 にひょいと, の中, を突出す

▼ かけた西陽~ (3, 0.0%)

2 を浴びる 1 の影

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 などいろ, をたび, を破談

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 に負け, のなか, 之助

▼ かけた通り~ (3, 0.0%)

1 です, に釘, 極く

▼ かけた部分~ (3, 0.0%)

1 に反復, の皮膚, を取っ

▼ かけた醫者~ (3, 0.0%)

1 の俥, の手, はその

▼ かけた銚子~ (3, 0.0%)

1 の手, の燗ぐあいを気, を控え

▼ かけた鐵瓶~ (3, 0.0%)

1 がちんちん, の湯, を持つた

▼ かけた長い~ (3, 0.0%)

1 口髭を, 橋を, 食卓が

▼ かけた長襦袢~ (3, 0.0%)

2 のきれ 1 の姿

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 がそれ, とその, にうすい

▼ かけた障子~ (3, 0.0%)

1 が自ら, に緋桃, を閉め

▼ かけた雑嚢~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の口

▼ かけた電話~ (3, 0.0%)

1 によって警察, のこと, はやはり

▼ かけた~ (3, 0.0%)

1 でも撫で, の皺, の絵

▼ かけた駕籠~ (3, 0.0%)

1 で出た, のなか, を囲ん

▼ かけた~ (3, 0.0%)

2 の眼 1 のよう

▼ かけたおじさん~ (2, 0.0%)

1 が乗っ, は耳

▼ かけたおとなしい~ (2, 0.0%)

1 学生であった, 少年の

▼ かけたお松~ (2, 0.0%)

1 であろうとは, の姿

▼ かけたかすか~ (2, 0.0%)

1 な月, な筋肉

▼ かけたかといふ~ (2, 0.0%)

1 事つまり労働力を, 點に

▼ かけたからって~ (2, 0.0%)

1 なにも, 私どもまで

▼ かけたからと~ (2, 0.0%)

1 云って, 大久屋へ

▼ かけたけど~ (2, 0.0%)

1 いまいった, 雨が

▼ かけたころ東小川村~ (2, 0.0%)

1 に入, に入っ

▼ かけたせつな~ (2, 0.0%)

1 おりんは, である

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ かけたとか~ (2, 0.0%)

1 ありも, そんな話

▼ かけたときそれ~ (2, 0.0%)

1 を再び, を待っ

▼ かけたとき彼女~ (2, 0.0%)

2 は低く

▼ かけたとき襖~ (2, 0.0%)

1 が開い, の向う

▼ かけたとも~ (2, 0.0%)

1 見られるの, 言いお

▼ かけたどじょう鍋~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ かけたなりに~ (2, 0.0%)

1 入口の, 眠って

▼ かけたのでは~ (2, 0.0%)

1 はあ女, ッと

▼ かけたのみ~ (2, 0.0%)

1 でした, ならずお上

▼ かけたのれん~ (2, 0.0%)

1 を建て直す, を戻す

▼ かけたばかし~ (2, 0.0%)

1 だつたが, である

▼ かけたばかりに~ (2, 0.0%)

1 三人まで, 隣りでは

▼ かけたひと~ (2, 0.0%)

1 がいそがし, 枝を

▼ かけたひどい~ (2, 0.0%)

1 猫背の, 破屋だった

▼ かけたほう~ (2, 0.0%)

1 がよかろ, には血

▼ かけたほどの~ (2, 0.0%)

1 混雑は, 綺麗な

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 はず, ふに

▼ かけたまで~ (2, 0.0%)

1 だ試験問題一切, よく注意

▼ かけたまでは~ (2, 0.0%)

1 判ったの, 覚えて

▼ かけたままそこ~ (2, 0.0%)

1 に立っ, の板敷き

▼ かけたまま彼~ (2, 0.0%)

1 が入っ, は姿

▼ かけたまま首~ (2, 0.0%)

1 だけさし延し, を机

▼ かけたまんま~ (2, 0.0%)

1 でいる, 近路

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 うだつた, 船橋を

▼ かけたんで~ (2, 0.0%)

1 すい, もうお世話

▼ かけたコスモス~ (2, 0.0%)

1 に竹, の群れ

▼ かけたダンテ・アリギエリ~ (2, 0.0%)

2 でさ

▼ かけたナポレオン~ (2, 0.0%)

2 の肖像画

▼ かけたネル~ (2, 0.0%)

1 の単, の單衣

▼ かけたベンチ~ (2, 0.0%)

1 が一つ, のもたれ

▼ かけたマダム馬鈴薯~ (2, 0.0%)

2 を仰いだ

▼ かけた一つ~ (2, 0.0%)

1 の坑道, の室

▼ かけた一人息子~ (2, 0.0%)

2 の長吉

▼ かけた一刀闇~ (2, 0.0%)

2 を劈い

▼ かけた一同~ (2, 0.0%)

1 が振り, は集まった

▼ かけた一日千葉~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ かけた一枚~ (2, 0.0%)

1 の白紙, の衣服

▼ かけた一筋~ (2, 0.0%)

1 のその, の街道

▼ かけた七輪~ (2, 0.0%)

1 の下, を煽ぎ立てる

▼ かけた上手~ (2, 0.0%)

2 に及ぶ

▼ かけた上等~ (2, 0.0%)

2 の椅子

▼ かけた上衣~ (2, 0.0%)

1 とを濫用, の衣兜

▼ かけた上野駅~ (2, 0.0%)

2 では東北

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 からも晃, 締の

▼ かけた下宿~ (2, 0.0%)

2 へ走った

▼ かけた下駄~ (2, 0.0%)

2 を止めた

▼ かけた世紀~ (2, 0.0%)

1 の千里眼, の大

▼ かけた中国~ (2, 0.0%)

1 とのあいだ, との関係

▼ かけた丸い~ (2, 0.0%)

1 ユリが, 帽子を

▼ かけた主従~ (2, 0.0%)

1 なん, の縁

▼ かけた主税~ (2, 0.0%)

1 は, を後

▼ かけた二つ~ (2, 0.0%)

1 の墓, の寝台

▼ かけた二階~ (2, 0.0%)

1 の窓, の縁

▼ かけた人力車~ (2, 0.0%)

1 が一台, が十台

▼ かけた人形~ (2, 0.0%)

1 などが床, のため

▼ かけた人足~ (2, 0.0%)

1 の面, も与力同心

▼ かけた休み茶屋~ (2, 0.0%)

1 が軒, もある

▼ かけた伸子~ (2, 0.0%)

1 の腕, の膝

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 で追付きません, は出たら

▼ かけた体格~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ かけた作品~ (2, 0.0%)

2 を市場

▼ かけた儘一時間許~ (2, 0.0%)

2 りも

▼ かけた先方~ (2, 0.0%)

1 の家, は思いき

▼ かけた光景~ (2, 0.0%)

1 は現実, を詠じた

▼ かけた八五郎~ (2, 0.0%)

1 は腹這, をたしなめる

▼ かけた初秋~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 に待っ, の男

▼ かけた十六七~ (2, 0.0%)

1 にしか見えない, の町娘

▼ かけた午後三時~ (2, 0.0%)

2 の秋

▼ かけた卓上電燈~ (2, 0.0%)

2 の光

▼ かけた原稿~ (2, 0.0%)

1 が, を終っ

▼ かけた友達~ (2, 0.0%)

1 が輕, にも彼女

▼ かけた双眼鏡~ (2, 0.0%)

1 のつり革, の下

▼ かけた受持~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ かけた可愛らしい~ (2, 0.0%)

1 女中が, 娘が

▼ かけた合鍵~ (2, 0.0%)

1 の調子, を深

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 のいい, の好い

▼ かけた唯一~ (2, 0.0%)

2 の望み

▼ かけた土塀~ (2, 0.0%)

1 にすぎない, の側

▼ かけた土橋~ (2, 0.0%)

1 に立ち止っ, の下

▼ かけた場内~ (2, 0.0%)

1 の売店, も次第に

▼ かけた場合~ (2, 0.0%)

1 には自己, の逃げ先

▼ かけた~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ かけた壁土~ (2, 0.0%)

1 との間, の中

▼ かけた~ (2, 0.0%)

2 い女

▼ かけた大事~ (2, 0.0%)

1 なところ, な星

▼ かけた大家~ (2, 0.0%)

2 の老

▼ かけた天井裏~ (2, 0.0%)

1 にゆれ, に揺れ

▼ かけた天鵞絨~ (2, 0.0%)

2 の枕

▼ かけた太陽~ (2, 0.0%)

1 から眼, をさし招い

▼ かけた夫人~ (2, 0.0%)

1 に背, はこの

▼ かけた女たち~ (2, 0.0%)

1 から遠く, の群

▼ かけた姿勢~ (2, 0.0%)

1 は余りに, をぎく

▼ かけた婦人たち~ (2, 0.0%)

1 がたくさん, の一群

▼ かけた家運~ (2, 0.0%)

1 の挽回, の立て直し

▼ かけた宿引~ (2, 0.0%)

1 に止められ, の女

▼ かけた密室~ (2, 0.0%)

1 の中, の殺人事件

▼ かけた小娘~ (2, 0.0%)

2 が一人何

▼ かけた小屋~ (2, 0.0%)

1 があった, の裏

▼ かけた小柄~ (2, 0.0%)

1 な厚化粧, な男

▼ かけた小男~ (2, 0.0%)

1 が奇声, をそこ

▼ かけた小舟~ (2, 0.0%)

1 がのんびり, が一艘

▼ かけた少女~ (2, 0.0%)

1 の女工, の姿

▼ かけた~ (2, 0.0%)

2 を椅子

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の腹, まで長雨

▼ かけた工事~ (2, 0.0%)

2 を半分他

▼ かけた巨船~ (2, 0.0%)

1 が渚, はまるで

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 があっ, を立っ

▼ かけた平次~ (2, 0.0%)

1 はフト梯子段, は思わず

▼ かけた幾分~ (2, 0.0%)

2 か猫背

▼ かけた床の間~ (2, 0.0%)

2 を後

▼ かけた廊下~ (2, 0.0%)

2 の板

▼ かけた弁信~ (2, 0.0%)

1 がこんな, の調子

▼ かけた弁当~ (2, 0.0%)

1 の始末, を持っ

▼ かけた彼等~ (2, 0.0%)

1 はそこで, は何世紀

▼ かけた徳川幕府~ (2, 0.0%)

1 の大, の屋台骨

▼ かけた徳次~ (2, 0.0%)

1 は事もなげ, を見る

▼ かけた心臓~ (2, 0.0%)

1 が私, に鋭い

▼ かけた忍び返し~ (2, 0.0%)

1 が一列, には何ん

▼ かけた念入り~ (2, 0.0%)

1 な読みかた, の作

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の曇り, をぴたり

▼ かけた息子~ (2, 0.0%)

1 だけに狂気, を抑え

▼ かけた我々~ (2, 0.0%)

2 の精神

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 る朝, 日の

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 に手, の鍵

▼ かけた戸板~ (2, 0.0%)

1 を担い, を担っ

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 のところ, 附きの

▼ かけた掛け茶屋越し~ (2, 0.0%)

2 にどんより

▼ かけた提灯~ (2, 0.0%)

1 が一つ, を取り下ろし

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の素性, を見る

▼ かけた料理~ (2, 0.0%)

1 でとかこれ, のお

▼ かけた断髪~ (2, 0.0%)

1 が肩, にぐつと

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 十郎は, 文化は

▼ かけた新しい~ (2, 0.0%)

1 婦人が, 文明の

▼ かけた方向~ (2, 0.0%)

1 はまさしく, は捨てられぬ

▼ かけた日本人~ (2, 0.0%)

1 の若い, もある

▼ かけた日脚~ (2, 0.0%)

1 が明るく, はもう

▼ かけた明り取り~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 が二つ三つ, が小さい

▼ かけた時うしろ~ (2, 0.0%)

1 から, の兵

▼ かけた時シンドバッド~ (2, 0.0%)

1 はこう, は六度め

▼ かけた時僕等~ (2, 0.0%)

1 の乗っ, は急

▼ かけた時向~ (2, 0.0%)

1 から座敷着, に見える

▼ かけた時彼~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, は小斎

▼ かけた時急~ (2, 0.0%)

1 に彼, に船

▼ かけた時掌~ (2, 0.0%)

1 でぴしゃり, でぴしやりと横面

▼ かけた時母~ (2, 0.0%)

1 は少し, は突然

▼ かけた時父~ (2, 0.0%)

1 と母, は即座

▼ かけた時随筆家~ (2, 0.0%)

2 として世間

▼ かけた書生~ (2, 0.0%)

2 が来

▼ かけた朝日~ (2, 0.0%)

1 がその, の光

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の欄干, へ触れ

▼ かけた木造~ (2, 0.0%)

1 ながら翼, の家

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 のほう, の靴屋

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の面, は湿っ

▼ かけた板塀~ (2, 0.0%)

1 がかこん, の内

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 が折れ, が析

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の木, の老木

▼ かけた格子~ (2, 0.0%)

1 の中, の前

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 のやう, の肌

▼ かけた桟橋~ (2, 0.0%)

1 があっ, があつ

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の實, の花

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の色, は枝ぶり

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の間, は妙

▼ かけた欠伸~ (2, 0.0%)

1 をまた, を半分

▼ かけた死人~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ かけた水晶~ (2, 0.0%)

1 の念珠, の数珠

▼ かけた水色~ (2, 0.0%)

1 のリボン, の黎明

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の鍋, を壜

▼ かけた法師~ (2, 0.0%)

1 が通る, も法力

▼ かけた法水~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ かけた浪人~ (2, 0.0%)

1 だ, は又

▼ かけた浮浪児~ (2, 0.0%)

1 がご, がごそごそ

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 と陸, を先生

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 が流し板, を暫く

▼ かけた~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 しばらくの, めだつた

▼ かけた煉瓦~ (2, 0.0%)

1 のさ, の街

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 を口, を頬張った

▼ かけた爆音~ (2, 0.0%)

2 を再び

▼ かけた父親~ (2, 0.0%)

1 がよろめき, は肩幅

▼ かけた片端~ (2, 0.0%)

2 が土

▼ かけた牛肉~ (2, 0.0%)

1 の味, の旨

▼ かけた状態~ (2, 0.0%)

1 そのまま而, までは分る

▼ かけた珠数~ (2, 0.0%)

1 を持ちなおし, を空間

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 です, を載す

▼ かけた甲斐~ (2, 0.0%)

1 があっ, があつ

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の紋つき, ひげ

▼ かけた白鞘~ (2, 0.0%)

1 の新身, の脇差

▼ かけた~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 でじっと, を利用

▼ かけた看護婦~ (2, 0.0%)

1 がツン, のラージュ嬢

▼ かけた真田~ (2, 0.0%)

1 が短銃, をとい

▼ かけた瞬間今~ (2, 0.0%)

2 迄静

▼ かけた矢先~ (2, 0.0%)

1 だったの, に聞き捨てならぬ

▼ かけた石段~ (2, 0.0%)

1 を後ろ, 赤茶けた瓦礫

▼ かけた祖母~ (2, 0.0%)

1 に教えられ, の家

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の下, の火

▼ かけた竹垣~ (2, 0.0%)

1 だが, に添っ

▼ かけた答案~ (2, 0.0%)

2 を消し

▼ かけた粗末~ (2, 0.0%)

1 なラシャ, な机

▼ かけた精髄~ (2, 0.0%)

2 で火

▼ かけた紅楓黄菊~ (2, 0.0%)

2 の双幅

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 のボウト, の端

▼ かけた紙芝居~ (2, 0.0%)

2 のおじさん

▼ かけた細い~ (2, 0.0%)

1 指に, 金鎖について

▼ かけた細君~ (2, 0.0%)

1 がした, もきれ

▼ かけた紳士~ (2, 0.0%)

1 がひらり, やきちんと

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 を外, を手

▼ かけた綺麗~ (2, 0.0%)

1 な人, な房

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 は放さず, は放さなかった

▼ かけた美女~ (2, 0.0%)

1 が手, は起

▼ かけた羽織~ (2, 0.0%)

1 の裏, を取っ

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 ドクトルの, 紳士と

▼ かけた耳朶~ (2, 0.0%)

1 に響く, をとめ

▼ かけた耶蘇基督~ (2, 0.0%)

2 の出現

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 にもたれかかっ, を寒

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 と顔, のさき

▼ かけた背広~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ かけた背後~ (2, 0.0%)

1 から, の草履

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の火, をたたいた

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 も投げる, を死す

▼ かけた自分自身~ (2, 0.0%)

1 がなさけなかっ, を正当

▼ かけた自動車~ (2, 0.0%)

1 が流星, が通り

▼ かけた自転車~ (2, 0.0%)

1 がぼく, を引き上げよう

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 がのぼり, が悠々

▼ かけた芝生~ (2, 0.0%)

1 の上, を眺め

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 ばけもの, 主人が

▼ かけた茴香~ (2, 0.0%)

1 を, を助ける

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の葉かげ, を押し伏せ

▼ かけた草鞋~ (2, 0.0%)

1 の緒, を取る

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 に挿し, の花瓶

▼ かけた蒲団~ (2, 0.0%)

1 を吹流し, を抛り出し

▼ かけた蒼白い~ (2, 0.0%)

1 哀傷の, 顔の

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 をした, を慌て

▼ かけた薔薇~ (2, 0.0%)

1 の花, の花弁

▼ かけた薬鑵~ (2, 0.0%)

1 の上, の下

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 だ, にしるし

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 が跛足引き引き危いところ, をお呼び

▼ かけた血液~ (2, 0.0%)

1 が膠, が赤黒く

▼ かけた血色~ (2, 0.0%)

2 の好い

▼ かけた街路~ (2, 0.0%)

1 へ出, を歩き出した

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 からは酒, の長い

▼ かけた裁縫物~ (2, 0.0%)

2 に目

▼ かけた褞袍~ (2, 0.0%)

2 にくるまり

▼ かけた覚え~ (2, 0.0%)

1 などはありません, もない

▼ かけた財布~ (2, 0.0%)

1 の紐, をひっこめた

▼ かけた身体~ (2, 0.0%)

1 をすぐ, を擡げました

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の中, はしずか

▼ かけた辰馬~ (2, 0.0%)

1 が引っ, の手

▼ かけた途中~ (2, 0.0%)

1 でそんな, でまだ

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 い男, ましい麻糸

▼ かけた運転手~ (2, 0.0%)

1 の台, は笑っ

▼ かけた部屋~ (2, 0.0%)

1 だ, の中

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 がざつと一萬兩, が今

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 のめし, の口

▼ かけた~ (2, 0.0%)

2 です

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 が二つ, の上

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 があった, のあたり

▼ かけた関係上~ (2, 0.0%)

2 実は人間

▼ かけた阿波~ (2, 0.0%)

2 のわな

▼ かけた階段~ (2, 0.0%)

1 を上ろう, を登り

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 に私, もその

▼ かけた雑巾~ (2, 0.0%)

1 の手, を洗う

▼ かけた雨戸~ (2, 0.0%)

2 をがたぴし

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の紐, を抱き寄せ

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 がした, が致しまし

▼ かけた頃男~ (2, 0.0%)

2 は汚れた

▼ かけた頃私~ (2, 0.0%)

1 の心, は郊外

▼ かけた頃越中屋~ (2, 0.0%)

1 にゐた, に居た

▼ かけた頃銀色~ (2, 0.0%)

1 のなめく, のなめくじ

▼ かけた額縁~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 はどんな, 果たしに

▼ かけた風呂~ (2, 0.0%)

1 につかった, へ入り

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 は美味い, を立ち

▼ かけた高粱~ (2, 0.0%)

1 が連なっ, の畑

▼ かけた髪の毛~ (2, 0.0%)

1 と赤黝, を切った

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の頭, を揺する

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 の中, は所詮

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 のはたけ, や青青

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 のずだ袋, の白布

▼ かけた~ (2, 0.0%)

1 い花かんざし, はだの色

▼ かけた黄いろ~ (2, 0.0%)

2 の真田紐

▼ かけた黒人~ (2, 0.0%)

1 の列車ボウイ, の女

▼ かけた黒髪~ (2, 0.0%)

1 のベットリ, をてらてら

▼1* [2012件]

かけたはせ, かけたあばずれ者でも生れ故郷, かけたある米問屋の, かけたいかにも工業會社の, かけたいくらゐで, かけたいなかから出, かけたいやまだ, かけたいろんな百姓の, かけたいわゆる男の, かけたうえ値段をきめた, かけたうえ農家や牛飼町, かけたうえ麻痺薬が醒めた, かけたうすら寒い風が, かけたうす暗いランプの, かけたうまい酒だ, かけたうわさとなっ, かけたおかあさんが僕, かけたおせんの浮き彫, かけたおそろしい了解の, かけたおばさんがその, かけたおもチャ屋の, かけたお変りように宰相, かけたお婆さんが出, かけたお巡りさんが整理, かけたお座敷で兄弟分, かけたお母さんはしくしく, かけたお祖母さんがまだ, かけたお茶の葉, かけたお茶請か何, かけたお転婆な若い, かけたお金を引っこめ, かけたかけきょ, かけたかしら松屋の, かけたかたちであった, かけたかつその発表, かけたかという質問に対して, かけたかとも思われるほど, かけたかまをたくみ, かけたからという説も, かけたかわいい男の, かけたがはッと, かけたがらくた物で一杯, かけたきつねは, かけたきらきら反射する, かけたきり夫人はとこう, かけたくせに, かけたくも無かつ, かけたくらいの明かるさ, かけたぐらいで中, かけたぐらいで病菌が, かけたぐらいでは隠し切れないほどの, かけたづりばなが馬道に, かけたこずえにとまっ, かけたこちらの鳥, かけたことそれによって恒川警部, かけたことばの綾, かけたこと明智先生がるす, かけたこの世をどう, かけたころケンプ博士は, かけたころニュースに文学, かけたころブロミディアを飲ん, かけたころボートをさがし, かけたころ三月か四月ごろ, かけたころ家の店, かけたころ新吉はしもふり, かけたころ方々の国々, かけたころ旅客機の操縦室, かけたころ本格的にゆすりはじめ, かけたころ森の中, かけたころ飯台の端, かけた領主の, かけたごく一部分の, かけたさかずきのよう, かけたさかなの目, かけたすえこんどは外国, かけたすすき尾花が白い, かけたすずめばちを退治, かけたすると稍せき込んだ, かけたずんぐりと背, かけたせっかくのシャモ, かけたそういう中年の, かけたそうしてきっと窓, かけたそこの主人, かけたそちたち多くの軍士, かけたその間の地, かけたそれだけだって危険, かけたそれから剣を, かけたそれからまた一杯今日の, かけたそれで僕は, かけたそれにしても恐ろしく安直, かけたそれらしくもない家, かけたため面変りして, かけたたんぼ道を歩い, かけただけで立上つた, かけただけでも四十種類以上ある, かけただまりやになつ, かけたちかちかと光る, かけたちぐはぐの皿, かけたつて事ないわね, かけたつばめはどんな, かけたつぼみを二つきつて, かけたつむじ曲りだ, かけたでもなくかけない, かけたときあなたあのなか, かけたときうしろから呼びかける, かけたときお湯から帰つて, かけたときさっき奥にはいった, かけたときそこは楼門, かけたときどこかで犬, かけたときみんな居るそう, かけたときわたしたちの一人, かけたときアッシェンバッハは疲れきった, かけたときオヤオヤこれはとすぐ, かけたときジャンガラ星人たちがびっくり, かけたときノヴァミルスキーが部屋, かけたときバタンと扉, かけたときベルがなっ, かけたとき一弾に乳下, かけたとき久しぶりに旧師, かけたとき二階から, かけたとき人見さん矢代さん神山さんらが奮然と, かけたとき伸子がゴーリキイ, かけたとき何事にも気が付かない, かけたとき例の土塊, かけたとき假にこの見知らぬ, かけたとき僕たちは急, かけたとき光丸はくるり, かけたとき克子は目, かけたとき千束町の方, かけたとき唇を開き, かけたとき坂田は花瓶, かけたとき女は急い, かけたとき女中がミルク, かけたとき居間では児玉院長, かけたとき島さんのデリケイト, かけたとき川田はじれったく, かけたとき平次の助け, かけたとき後からお, かけたとき後ろの方, かけたとき戸外で人, かけたとき断崖の尽きた, かけたとき明は急, かけたとき松山は貴方, かけたとき槍をもっ, かけたとき機関士は線路, かけたとき武蔵はすでに, かけたとき母が出迎え, かけたとき泰造が大きな, かけたとき玄関の玉砂利, かけたとき空鳴りのよう, かけたとき絵馬堂のかげ, かけたとき背後でけたたましい, かけたとき船橋の方, かけたとき芥川は引き戻さう, かけたとき表から尾形警部, かけたとき説教節の爺さん, かけたとき誰も気がつかなかった, かけたとき謙信の二太刀目, かけたとき警鈴のひびき, かけたとき谷底から小屋, かけたとき足もとの階段, かけたとき路次の入口, かけたとき輿の屋根, かけたとき金五郎は背後, かけたとき長崎の家, かけたとき階段の直ぐ, かけたとき雇い人が急い, かけたとき雪之丞, かけたとき電光のよう, かけたとき風呂場につづく, かけたとき飛行場のサービス嬢, かけたとこや, かけたところが逃げて, かけたところ以てのほかなお, かけたところ刀は無銘, かけたところ助太刀と共々, かけたところ大統領はいや, かけたところ女心はわからぬ, かけたところ妹はたしかに, かけたところ惚気を聞かされ, かけたところ意外も意外, かけたところ目を開き, かけたとたんに彼女は, かけたとたん三郎の身体, かけたとたん其奴の姿, かけたとたん空気を断ち切る, かけたとたん駕籠の中, かけたとて舞台の, かけたとでもいうの, かけたとんだ贋物です, かけたと共に僕の, かけたどうして立派な, かけたどこじゃない, かけたどぜう鍋, かけたどっしりしたマホガニイ, かけたどっちかという, かけたなあまず最初, かけたなぞがその, かけたなつかしい物の, かけたなと主人は, かけたなというところあたりから, かけたなどと話して, かけたなにかはまた, かけたなるほど茶壺には, かけたなんとなく遽しい街, かけたには驚いた, かけたにも拘らずお, かけた嫁さんに, かけたねえなんの, かけたねこをつれ, かけたのねもつたい無い, かけたのみか執着は, かけたのみのまことに素直, かけたのろいをのこらず, かけたはしごでボート, かけたはじめからの餘興, かけたけもの, かけたばかしの雛が, かけたばかりかだんなが, かけたばかりで出征し, かけたばらをかぎ, かけたひとりの女, かけたひょうしに, かけたふくろふの, かけたふくろうの副官, かけたぶどう棚によせかけ, かけたほんの二三分の感情だった, かけたまえとすすめたら少年, かけたまっ白い船, かけたまつ黒な鍋, かけたまひたる玉, かけたままいつか心持が重く, かけたままくら暗の, かけたままぐッたり坐り込ん, かけたままこちらを見, かけたまましずかに眼, かけたまますずめはおかあさん, かけたままみんなぽかんとし, かけたままグッタリとうなだれ, かけたままコクリコクリと居, かけたままシルクハットをヒョイ, かけたままトオストを齧り, かけたままリーザの手, かけたまま七十郎を見つめた, かけたまま万太郎は思い当った, かけたまま不審そうに隼人, かけたまま両手で椅子, かけたまま両脚を踏み伸ばし, かけたまま中腰になっ, かけたまま二人から遠ざかっ, かけたまま亢奮して, かけたまま今もって, かけたまま体をねじっ, かけたまま何分間もぼんやり, かけたまま入口へやって来た, かけたまま凝然と私, かけたまま初めの十分間, かけたまま十字路の角, かけたまま半蔵らの歩い, かけたまま反対の方角, かけたまま受太刀になっ, かけたまま口をつぐんだ, かけたまま右後ろを向い, かけたまま呼鈴専門にかかっ, かけたまま唖然としてその, かけたまま坂路を下り, かけたまま変に考え込ん, かけたまま夢心地に深い, かけたまま大盤石に挟まれた, かけたまま妻女山をにらん, かけたまま妾の処, かけたまま学校のなか, かけたまま宙を見つめる, かけたまま家を出た, かけたまま富子は心持ち首, かけたまま小次郎はしばらく, かけたまま小言をいっ, かけたまま山のどこ, かけたまま工事中止になった, かけたまま左手をズーッ, かけたまま帝国軍人に呼びかける, かけたまま幾百尺とも知れぬ, かけたまま彼女はすこし, かけたまま彼女自身の言葉, かけたまま後ろにそり, かけたまま心持ち微笑を浮べてる, かけたまま愛人とキス, かけたまま慄え続けて, かけたまま懐中電燈をさしつけ, かけたまま我れを, かけたまま手に持っ, かけたまま月の明るい, かけたまま朝食も終らない, かけたまま机の上, かけたまま村瀬はカーテン, かけたまま極まり悪げに彼, かけたまま横の山道, かけたまま派手な銀杏, かけたまま火鉢の火, かけたまま無理に胸, かけたまま無造作に角帽, かけたまま煙草盆を引, かけたまま皆だらしなく寝そべって, かけたまま盛んに帝国ホテル, かけたまま眼を細く, かけたまま祖国の名, かけたまま空屋となっ, かけたまま窓のほう, かけたまま箒やはたき, かけたまま篝火を眺め, かけたまま細君がテーブル, かけたまま紺の法被, かけたまま背後へジリジリ, かけたまま脛を折っ, かけたまま脳溢血かなに, かけたまま自分の前, かけたまま船の方, かけたまま茫然と半, かけたまま藤枝と警部, かけたまま血染の匕首, かけたまま躊躇した, かけたまま途中でやめた, かけたまま重畳する丘, かけたまま銭形平次に押えられました, かけたまま雑書の上, かけたまま露子さんにていねい, かけたまま馬盥に俯向き, かけたまま馬車の前, かけたまやかしものにすぎない, かけたまんじゅうがバス, かけたづみづしさだつた, かけたむかしあなたの小舟, かけたむしろを楯, かけたもう少しで道徳, かけたものそれは明らか, かけたやくざ者が五人, かけたやさきお蓮様, かけたやつは左膳, かけたやと存じ昨夜, かけたゆき平の下, かけたよう一様に平に, かけたよと彼女は, かけたより低い山々, かけたりんごを取っ, かけたわけぢやございません, かけたわざをつとめ, かけたわたしの思い人, かけたんぢやない, かけたアウギュスト・ロダン氏は妾, かけたアクチーフの側, かけたアトで例, かけたアメリカ人はまわれ, かけたイギリス語の雁皮, かけたイナセな村, かけたイモであったが, かけたウエンチ生活の女, かけたウスノロかも知れない, かけたウルフはヨロヨロ, かけたエプロンの端, かけたオイシイ物をさ, かけたオソメさんが何事, かけたオレンジをそのまま, かけたオヴァオールから酸っぱい, かけたオート三輪車があっ, かけたカウンターが見え, かけたカクテルを下, かけたカツオ氏はグッ, かけたカマキリは, かけたカラザという紐, かけたカンのきつい, かけたカンヌキが外れ, かけたカーテンは短, かけたガラスペンなどが頭, かけたガラツ八の手, かけたギャルソンが軽快, かけたクモの糸, かけたグラン・キャナルの水, かけたケレンやヨタ交, かけたコックさんが柄付鍋, かけたコルシカ人の墓参り, かけたコンクリートの掩体壕, かけたコンクリート塀などが残っ, かけたコーヒーも一口唇, かけたコーヒー茶碗を持っ, かけたゴタゴタのあと, かけたゴム鞠のよう, かけたサックに伸ばした, かけたサムソンのよう, かけたシャツをまた, かけたシャンデリヤの下, かけたショパンがそっと, かけたショールを胸, かけたシートの水, かけたジェリーだった, かけたスパイはスパイ, かけたスパゲッティをそのまま, かけたスポンジの寝, かけたソースは梅, かけたタクシーが夜間薬品店, かけたダイヤモンドだ, かけたチチコフをやや, かけたチャックは僕, かけたチャンベルレーンとロシア流, かけたチャーチルがその, かけたチヤツクは僕, かけたチョコレートをまた, かけた早く明けない, かけたテエブルとシャンパン, かけたデイスイリユウジヨンそれ自身のやう, かけたデロリとした, かけたトタンの樋, かけたトランクを違, かけたトンネルのよう, かけたドイツの, かけたドイツ語の復習, かけたドレゴは後, かけたナターシャは気持, かけたハイカラな人, かけたハートを修繕, かけたバターを高い, かけたバラ色の顔, かけたパイを皿ごと, かけたパパイヤの果肉, かけたパリでのある, かけたビリーの薬, かけたピオニェールたちがどんなに, かけたピストルをぐる, かけたフランネルの布, かけたフレスタコフがゆきつ戻りつ, かけたフロックに左手, かけたブル劇作家協会に寄附, かけたブールジョア文学が最後, かけたプロで或, かけたベルネのお婆さん, かけたホテルのマネージャー, かけたボウトへ最後, かけたボーイを呼んだ, かけたボーイ長もそれ, かけたボートルレはふい, かけたボールトのよう, かけたマスタアやボオイたち, かけたマニアです, かけたマリイに云, かけたマントを取っ, かけたミミ族が急, かけたミンナであったが, かけたメードたちが派手, かけたヨボヨボのじいさん, かけたルミ子はオデン屋, かけたレディが一人, かけたレースや食卓, かけたロープをたぐりよせ, かけたワナに懸っ, かけたヴィオロンが自ら風, かけたヴェスヴィオを眺め, かけたと間, かけた一九七九年代の社会主義教授, かけた一人娘のお, かけた一例としてやはり, かけた一冊の雑誌, かけた一列の桟敷, かけた一塊の血液, かけた一夜妻もあったであろう, かけた一大決戦の火ぶた, かけた一家の財政, かけた一寸ばかりの空間, かけた一小隊ばかりの兵士, かけた一山いくらのもの, かけた一巻の書, かけた一挺の乗物, かけた一方の爪先, かけた一時的の歩橋, かけた一条がある, かけた一杯の飯, かけた一段高い大, かけた一発だ, かけた一瞬まえの, かけた一等の車室, かけた一箇の死体, かけた一線より下, かけた一聯の数珠, かけた一膳の御飯, かけた一軸を指した, かけた一閑張の小, かけた一間幅の雛段, かけた一隊が出, かけた一頃の, かけた丁寧松は後, かけた丁度その時, かけた丁髷を氣, かけた七つの曲玉, かけた七日ぶりのアルコール, かけた万力とロープ, かけた万歳がぴたり, かけた万葉集の牧歌的気分, かけたの高いいい, かけた丈艸は元, かけた三つの歳, かけた三人が三様, かけた三保のうしろ, かけた三十あまりの人物, かけた三十二三の青黒い, かけた三十五六の万田龍, かけた三十歳がらみの洋装, かけた三好がスタスタ, かけた三方をささげ, かけた三日分三合たてつ, かけた三条縦縞の濃い, かけた三階建ての家, かけた上り口からで, かけた上主人の死んだ, かけた上大金までせしめよう, かけた上着の裾, かけた上膏血を絞りとる, かけた上自分も恥, かけた下宿人が暮し, かけた下手人に相違, かけた下枝子が医師, かけた下男の猪之吉, かけた下町ッ子のチャキチャキ, かけた埓ものである, かけた不仁この上, かけた不変の愛, かけた不孝をお詫び, かけた不思議なしとやかさ, かけた不敵者がありました, かけた不破氏の挙動, かけた与吉の姿, かけたでひと, かけた中国人が通りみち, かけた中央の長, かけた中年増若い神さん, かけた中形の土瓶, かけた中村座が立ち直れ, かけた中流人の貪慾, かけた中流気質のインテリゲンツィア, かけた中老は美声, かけた中途で客間, かけた丸顔の男, かけた丹下左膳である, かけた丹前姿の友田喜造, かけた丹波の言葉, かけた丹頂のお, かけたで熱い, かけた久助はお, かけた九つ梯子を登つて, かけた乱世の日, かけた乱暴者と誤まっ, かけた乾亭院という坊, かけた乾空には硬く強く, かけた亀田の細君, かけたをなつかし, かけた争論を中止, かけた二の矢弓ぐるみガラリと, かけた二十ばかりの醜い, かけた二十七八のいやらしい, かけた二十前後の青年武士, かけた二本の前歯, かけた二条の大路, かけた二等車から飛降りました, かけた五人のおそろしい, かけた五体をたより, かけた五六人の人びと, かけた五十歳ぐらいのりっぱ, かけた五尺五寸三分の痩せた男, かけた五日の午後, かけた五時ごろであった, かけた五時半頃でした, かけた五月の山, かけた五燭の電燈, かけた井戸の蓋, かけた井桁に微か乍ら泥足, かけた交通巡査は記者たち, かけた京子は急, かけた京葉に, かけた人々の気分, かけた人ひとりを捕え, かけた人夫は杖, かけた人影はなにか, かけた人民の苦痛, かけた人物がある, かけた人相の悪い, かけた人肉買売までもやっ, かけた人達のこと, かけたの若い, かけた今夜はきつ, かけた今夜何を今更, かけた今度は錘, かけた今日の婦人, かけた仏壇の抽斗, かけた仔豚の蒸肉, かけた他人同士のやう, かけた代議士らしい男, かけた以上こっちも逃げ出す, かけた以上誰にも邪魔, かけた仲間がまた, かけた伊賀倉は, かけた伊那丸を梅雪入道, かけた会長がテーブル, かけたの瓢箪野郎, かけた伝六をしかりとばし, かけた伯母はバケツ, かけた伸子たち一行の前, かけた但馬守は不, かけた住職は国定教科書, かけた佐々政次千秋加賀守岩室重休などの三百余人, かけた佐田は性急, かけた佐藤紅緑氏の脚本, かけたか特別, かけた何だか徽章を, かけたと見る, かけた作爺さんの言葉, かけた作阿弥は竹, かけた便船へ飛びこんだ, かけた係蹄にはきっと, かけた信仰の真宗, かけた信雄にたいしては, かけたなどが幾つ, かけたの瓢箪野郎, かけた倉庫住居の四年間, かけた假面の彫刻, かけた健康状態とがとうとう, かけた傍若無人ぶりである, かけた傲慢者だわい, かけた僂痲質斯を恐れ, かけた働き婆さんが二人, かけたは寸分, かけた儀礼の方, かけた儘ベソをかき, かけた儘夕日を背, かけた儘手をのばし, かけた儘物の一二分, かけた儘身体を椅子ごと, かけたな面, かけた兄さんをまた, かけた先生のおも, かけたで木村, かけた光栄のしるし, かけた光雄と晴次, かけた入れ墨のある, かけた入口の格子硝子, かけた入梅の空, かけた入費の代り, かけた兩手を引ツ, かけた八津もまた, かけた六月のはじめ, かけた六義園ねあすこ, かけた六角時計が九時, かけた共産主義の教訓, かけたをしり目, かけた兵卒が負傷兵, かけた兵士は背嚢, かけた兵馬はそこで, かけた其立派な劇場, かけた其細君とであつ, かけた兼公は職人, かけた兼松はそれ, かけた内地人の男, かけた内外商品の取り引き, かけた内湯をわかし直し, かけた円卓子が中央, かけた冬関戸弥太郎君がこの, かけたい眼, かけた凄腕でいづれ, かけた几帳があっ, かけた処ろへ泡立てた, かけた処不思議なこと, かけた処僕は民子, かけた処内藤は畜生, かけた処士あり, かけた出征兵は正しく, かけた刀屋の店先, かけた初々しい少年だった, かけた初夏の庭, かけた別荘へ行かせた, かけた制服の上衣, かけた刹那子爵がふと, かけた刹那趙雲のするどい, かけた刺青キチガイだったの, かけた創作を結ばなけれ, かけた創口が急, かけた勇吉は日, かけた勝手のそこ, かけた勝敗は無し, かけた勢いが余っ, かけた勲功の誉れ, かけた勾配の途中, かけたひが, かけた化粧を通してはっきり, かけた区長の病気, かけた医術も過労, かけた十一時すぎに店, かけた十五日に十四マイル, かけた十人たらずの, かけた十八ぐらいな小間使, かけた十六夜の月, かけた十文字の怪しげ, かけた十月なかばの小春日和, かけた十町足らずのこの, かけた千代子がこちら, かけた千代重の左, かけた千鶴子の髪, かけた午前二時をすぎた, かけたぺらの, かけた半ばにふと, かけた半分ばかりな, かけた半白の老人, かけた卒塔婆小町のよう, かけた博士はそこで, かけた博多小町のお, かけた危ない目印を, かけたのよう, かけた厚いカーテンが, かけた原田医院という看板, かけた参詣の道者, かけた常に, かけた又八の手, かけた又野が青く, かけた友吉がちょっと, かけた友染は被衣, かけた反射鏡から一度反射, かけた叔母はそこで, かけた受信機を開き, かけた古く黒ずんだ壁面, かけた古木の幹, かけた古橋専介ならびに辰九郎, かけたの上, かけたの手, かけた号令に服し, かけた司法主任が様子, かけた各地の方々, かけた吉兵衛が消炭, かけた病者の, かけた同じような, かけた同憂の志, かけた同門の人たち, かけた名代の標語, かけた名士などもありました, かけた名札には芥川龍, かけた向う側の目明し溜り, かけた向う鉢巻という奴, かけた吹きさらしの台所, かけた吹雪の中, かけた呉服屋が見えた, かけた呉青秀は芬子さん, かけた呑気な女, かけたひは, かけた呪いをとり去っ, かけた呼出しに応じない, かけたはまだ, かけた和服の婦人, かけた哀れな蕾, かけた哥麿や写楽等, かけた唐桟の袷, かけた唐棧の袷, かけた唐沢氏が屈みこむ, かけた唐紙半切の二行, かけた商人そこで行長, かけた商人四千人余の群集, かけた商会は煙, かけた商法の名人, かけた善奉行のお, かけた喫茶店がありました, かけた器械の無惨, かけた器械類を満載, かけた囚人扱いである, かけた四つ手籠が一丁そば, かけた四人の人, かけた四十七八の男, かけた四月末の太陽, かけた四角な箱, かけた四角いテーブルが, かけた因果を聞かない, かけた因縁がある, かけた困難がある, かけた囲炉裡の側, かけた国々とのあいだ, かけた国語を以てする, かけた国防婦人の人たち, かけた園田君と友だち, かけた圓卓子が中央, かけたの下, かけた土泥竈の前, かけた土肥庄次郎に一杯, かけた土肥次郎実平は何事, かけたへ播かれた, かけた地下には徳川時代, かけた地主の旧家, かけた地位は忽ち, かけた地方には交通, かけた地炉の火, かけた地面にくっきり, かけたから腰, かけたに物, かけた垣根のうち, かけたをどうにか, かけた城中の空気, かけた城太郎は後ろ, かけたの新しい, かけた塀越しにたれさがっ, かけた塔雑草や不吉, かけた塗盆を膝, かけた境内の薄闇, かけた境涯も顧みられ, かけたの前, かけた壁板すらも見せ, かけた壁画があっ, かけた壮年の元気, かけた売店の女たち, かけたつた縫, かけた夏みかんを牛乳, かけた夕刊を抛り出す, かけた夕日のなか, かけた夕月の下, かけた夕空高く囀っ, かけた夕闇の中, かけた夕陽新聞の古市加十, かけた夕靄の中, かけたには殆ど, かけた外甥女を貴君, かけた多摩川から全, かけた多鶴子が不意, かけた夜具も刎, かけた夜店の商人, かけた夜彼はウェリントン, かけた大兵の武士, かけた大勢の警官隊, かけた大名である, かけた大尽一家の菩提, かけた大島将軍の従軍, かけた大工さん宗匠頭巾の横町, かけた大手柄は二十三年, かけた大木の丁子, かけた大根の始末, かけた大橋のむこう, かけた大皿と輪ぎりにした朝漬, かけた大阪中の賑い, かけた天保銭を二三枚, かけた天守閣には蔦, かけた天水桶のその, かけた太夫花魁共の紋提灯, かけた太守がその, かけた太郎左衛門はなにか, かけた太鼓をうち, かけたの小座敷, かけた奥さんとの間, かけた奥村主殿, かけた女それにコテ, かけた女の子がぐるり, かけた女中が笑い, かけた女中さんは笑い, かけた女伝道師が三四人, かけた女助医のしどろもどろ, かけた女子もございました, かけた女子大学生の姿, かけた女工たちは甲斐甲斐しく, かけた女性で自分, かけた女盛りの余香, かけた女給風の女, かけた女賊黒猫トミー及びその, かけた女連が立っ, かけた青年が, かけた好き者で, かけた好人物らしい老人, かけたなもの, かけたの姿, かけたに似た, かけた姉妹は伸子たち, かけた始終白いハンケチ, かけた獲鳥, かけた威嚇ではなし, かけた娘さんが立上つて網棚, かけた黒き犬, かけた婦人の姿, かけた婦人達が出征兵士, かけた媒人方や先, かけた子供らを安心, かけた子持ちの大男, かけた学者のおじさん, かけた学者ふうの紳士, かけた学者風の丸顔, かけた學者や宗教家仲間, かけた宇宙と見くらべる, かけた宇野久美子が実際, かけた家具で, かけた安くて多, かけた宗三郎は一把, かけた実例をお話, かけた客人に申す, かけた宮本はズボン, かけた家々がいる, かけた家令も象牙, かけた家具類を照, かけた家名の虫, かけた家庭を滅茶滅茶, かけたまでが李, かけた容子も見える, かけた宿の主人, かけた富士川の水, かけた富豪であったという, かけた寝台が診察室, かけた寝床の上, かけたのパラソル, かけた対抗を意識, かけた封金を出し, かけた将校のところ, かけた尊氏がこれ, かけた小包をまた, かけた小型の行李, かけた小太郎に, かけた小学帽とが掛, かけた小学生で背, かけた小幡氏の口上, かけた小形の鑿, かけた小料理屋を見つけ, かけた小机の上, かけた小林はその後, かけた小林君の足, かけた小皺が脂, かけた小笠原は大, かけた小荷物をそこ, かけた小説ツてどんな, かけた小間使いのおりん, かけた小間物屋は腰, かけた小雨なん, かけた小高いおよそ人, かけた小鳥を引留め, かけた少し下に, かけた少将は派遣軍, かけた少年はぱっと, かけた少年たちの爪, かけたの一団, かけた尼提はこう, かけたが名古屋, かけた居まわりの修繕, かけた屋敷だけだ, かけた屋根を見える, かけた屋根瓦のぎつしりした厚み, かけた山々の火気, かけた山口の顔, かけた山水画をながめながめ, かけた山県紋也は刀, かけた山賊の頭, かけた山車や花笠, かけた山門はもと, かけた山門空洞のある, かけた山鹿十介であること, かけた岡田とお, かけた岩壁までぶるぶる, かけた岩石の大, かけた島田髷へピラピラ, かけたに倚, かけた嵐巌笑は芸容, かけた川上忠一は決心, かけた川瀬からはな, かけた川舟が上っ, かけた川船が減っ, かけた巡査が一人通り, かけたをこわす, かけた工事場では縄, かけた工場の音楽隊, かけた工夫の大群, かけた左膳抜き身の乾雲丸, かけた巻ゲートルの警官, かけた巻烟草を海, かけた市庁は彼, かけた布袋がおどっ, かけた帆村は突然, かけた帆檣を浮彫, かけた帆船が欄干, かけた夜燈が, かけた常吉の言葉, かけた常陸介と押し並ぶ, かけた帽子を掴みました, かけた平一郎はあわて, かけた平坦な砂漠, かけた平日着のまま, かけた平次それから下谷一圓, かけたは二十二, かけた年寄は膝, かけた年配の煙火師, かけた幻影を宮崎, かけた幼い子供達が, かけた幾つかの小間, かけた幾本もの大木, かけた海屋の, かけた広い葡萄畑の, かけたの中, かけた床ずれの痛み, かけた床几を離れた, かけた床板を撫で, かけたに支那人風, かけた店口の上, かけた店座敷の格子先, かけた座席はあいにく, かけた座敷にも合う, かけた庭先を去る, かけた庭面を見入り出した, かけた建仁寺垣を越し, かけた引きつづきだという, かけたを膝, かけた弥吉の手, かけたさう, かけた弱虫で子供, かけたとよぶ, かけた弾機附馬車や一向, かけた当人がわが, かけた当時の人達, かけた当身のこぶし, かけた形勢が見えた, かけた形跡が歴然, かけた役人はひょいと, かけた彼女たちは客, かけた彼等一連の人間共, かけた待乳の多市, かけた後姿を眼, かけた後看護婦が教諭, かけた後自分を捕え, かけた従軍僧の一団, かけた御方は天下, かけた御飯でないと, かけた微笑の眼, かけた徳川方の一武者, かけた心持は言わない, かけた心配だけでもたいへん, かけた志郎が主任役, かけた忠相のことば, かけた念仏僧高足駄, かけた念佛僧高足駄, かけた怜悧な快, かけた思いがあった, かけた思い付であったろうと, かけた思想がそろそろ, かけた怪人まさしくこれぞ正真正銘, かけた怪我人には指, かけた怪老人だよ, かけた恋人は何ん, かけた恐しい企ら, かけた恐ろしい運命を, かけた恩師に何年ぶり, かけた恰も空摸様の, かけた患者が死ぬ, かけたずれの, かけた情炎は水, かけた情熱を再び, かけた惡黨で, かけた惰弱悠長な性質, かけた意識をそこ, かけた愚弄の舌, かけたの生活, かけた愛情が再び, かけた愛想のい, かけた愛慕の情, かけた愛玉只を売っ, かけた感じである, かけた感情は益々, かけたはまつたく, かけた慶太郎の眼, かけた成層圏というの, かけた房珠鶏の気, かけた所謂広小路伯爵はカフエー, かけた手まねをやめ, かけた手函を捨て, かけた手摺に飛び付い, かけた手札形の中, かけた手槍をおろし, かけた手続が書い, かけた手足も中途, かけた手鞠の色糸, かけた手頃の膳, かけたは効, かけた把手を廻し, かけた抱一も本物, かけた押送り船, かけた拳銃を手, かけた振りをした, かけた振分けの荷物, かけた振別を押ッ, かけた捕手も脛, かけた掃除女が一人廊下, かけた取らしい小僧, かけた接吻の智慧, かけた提灯箱なぞいう, かけた揚句にこの, かけた擁壁を支, かけた支那画にひきつけられた, かけた改革も未だ, かけた政子なので, かけた故人の写真, かけた救世軍の士官, かけた教授が一人, かけた敬太郎の好奇心, かけた数カ月の間, かけた数十のテーブル, かけた数日のうち, かけた敷島の一本, かけた敷布団の上, かけた文句だけでぼかした, かけた文殊閣の石段, かけた料理盤で掻き混ぜ, かけた斜面に足, かけた新七は松江, かけた新屋の小母さん, かけた新建で崖, かけた新高さんがハンドル, かけた方眼紙の上, かけたすがた, かけた旅人がある, かけた旅行があった, かけた旅行記の一部, かけた旅装でした, かけた旗亭が見える, かけた日の出を振向い, かけた日暮しのなか, かけた日本左衛門の近く, かけた日本橋を渡っ, かけた日本語は信用, かけた日本髷や下町風, かけた日輪もそれ, かけた日陰を拾, かけた旧領下の民, かけた旭公園の園内, かけた明るい希望は, かけた明治二十三年の正月, かけたの恋, かけたの宵, かけた時々哄然と, かけた時ここに日本僧, かけた時それがどんなに, かけた時はつと思つて彈倉, かけた時ほのかに化粧, かけた時コールテンの足袋, かけた時パーヴェル・パーヴロヴィチは門番, かけた時マニラ生れの日本人, かけた時一台の自転車, かけた時一方の浪人, かけた時丁度長小便をし終った, かけた時三藏は漸く, かけた時下から, かけた時不意に裏口, かけた時丑松は先輩, かけた時中から開け, かけた時中野は最も, かけた時主人の膝, かけた時久七は新聞紙包み, かけた時二月十五日千葉介成胤さまが安, かけた時京吉はいきなり, かけた時人と立話, かけた時代官様は, かけた時伸子は思いがけなく, かけた時何かぶつけた, かけた時何者か彼, かけた時信吉は満員, かけた時信子は其処, かけた時僕はまた, かけた時兄は, かけた時兄さんはすぐ, かけた時八百屋の店先, かけた時兵士達は橇, かけた時出合頭にあわただしく, かけた時分わたしはやっと, かけた時刻で大音寺の前, かけた時十余人の川中島, かけた時千代子の草履, かけた時半兵衛に附, かけた時右手の方, かけた時周子の音声, かけた時四方の巨木, かけた時外を見, かけた時天井から蜘蛛, かけた時天運尽きたか, かけた時夫人は葉子, かけた時奥の襖, かけた時姉の圭子, かけた時将軍は地図, かけた時小太郎はその, かけた時幹事の飯田, かけた時座敷の方, かけた時彩牋堂へ宛てた, かけた時彼らは泣き出した, かけた時彼女はふと, かけた時後から馬, かけた時応接室の置時計, かけた時抽斗は双方, かけた時持番の定子, かけた時昌作は殆, かけた時期である, かけた時村の男, かけた時横からおし, かけた時歓楽に疲れた, かけた時正子はよろけ, かけた時正木博士はその大きな, かけた時津田は急, かけた時澄子さんと私, かけた時玄関から若い, かけた時琴手コンラはウルリック, かけた時病室の襖, かけた時禎輔は昌作, かけた時空襲警報が出, かけた時紙帳の外, かけた時細君がお, かけた時縮髪を両手, かけた時胸が怪しく, かけた時自動扉がひとりでに, かけた時自我の萎縮, かけた時芸者の事, かけた時表の戸, かけた時表口の方, かけた時計を見る, かけた時誰かが工夫, かけた時調子の取り, かけた時警視は彼, かけた時賑やかな一団, かけた時鈴虫の鳴く, かけた時銀次は坐った, かけた時階下から男, かけた時飛び石づたいに歩きながら, かけた時馬蹄の音, かけた時駒江がやや, かけた時駒田は上着, かけたに取上婆さん, かけた晩ガヴローシュがやってきた, かけた普賢の画像, かけた景子は急, かけた暗い土黄ばんだ, かけた曠野の果て, かけた曲玉はその, かけた書物をぱたり, かけた最中に首, かけた月の輪熊の醤, かけた月明りを浴び, かけた月輪軍之助, かけた有片を火鉢, かけたと燃える, かけた望みとの間, かけたの空気, かけた朝陽の中, かけた朝飯の箸, かけた期待が大きかっ, かけた朦朧たるランプ, かけた木の芽がほのか, かけた木刀を取っ, かけた木挽の男, かけた木材はくだらぬ, かけた木製の棒, かけた未亡人は頭, かけた本家が送る, かけた本棚のいちばん上, かけた朱実の小, かけた机竜之助, かけた杉本氏の新人的気魄, かけた杉田が貴島もろ, かけただの, かけた材木も石, かけた材木屋の隠居, かけた束髮に結つた人, かけたがぼんやり, かけたの空, かけた東洋和平の基礎, かけた東洋平和の基礎, かけた東風の中, かけた松助の堀部弥兵衛, かけた松月堂古流云々の看板, かけた松板の壁, かけた松林のやう, かけた板ばめの上, かけた板庇の上, かけた枕電灯がなまめかしく, かけた果実は甘い, かけたかな色, かけた柘榴の味, かけた柳橋の芸者尾張屋新吉, かけた柳澤は顔, かけたのある, かけた栗色の髪, かけた根性の曲, かけた格子づくりの家, かけた格魯謨色の輕, かけた桃林の傍ら, かけた案内人の小さな, かけた桑眼もさめる, かけたの中, かけた梅雪に目礼, かけたでこの, かけたの一つ, かけた棒紅の中, かけたに蚕, かけた植田良平の肩, かけたの下, かけたの木, かけた業物で鞘, かけたの上, かけたの間, かけたの枝, かけた榮吉はもう一度, かけたの火, かけた榾柮火を前, かけた槍一筋で主人, かけたの花, かけたな山寺, かけた権内が十畳, かけた横田さんの野心, かけた横通りを来る, かけた樫尾大尉を追, かけた樽柿のよう, かけたに魏, かけた機運に声援, かけたの頑丈, かけたで髪, かけた欄干の下, かけたの室, かけた欧州哲学がお伽噺, かけた歌舞伎役者とでも云いたい, かけた正成の首, かけた正木博士の顔, かけたの恋, かけた此世の鬼, かけた武家嫌ひでした, かけた武芸者鬼門の荒道場, かけた死骸同様な奴, かけた殉愛の階段, かけた殉教者達を讃, かけた残りのもの, かけたは免, かけたは傍, かけた毛だらけの裸男, かけた民家や旅行者, かけた気勢とどむべくも, かけた気持でしずか, かけた気配が記録, かけた氣持を引き立てる, かけた水だらけの寝台, かけた水原艦長が心配そう, かけた水彩がある, かけた水戸派および肥後守, かけた水明りに先刻, かけた水神では急場, かけた水車の落し水, かけた水面は流るる, かけたのよう, かけた氷嚢がしばらく, かけた永い夕暮の, かけた汁椀についで, かけた汗かきでしたが, かけた江島屋の寮, かけた沈丁花や梅, かけた沙地では時折例, かけたの煙, かけた治太夫見ると, かけた治部太夫の娘, かけた法則の所有者, かけたが再び, かけたがいっぱいだぶだぶ, かけた泥棒がはいつ, かけた泥深い冬, かけた泥黒色で僕自身, かけた泰軒にわかに上半身, かけた泰造がその, かけた洋服の男, かけた洒落であろうと, かけたひ張, かけた洗い立てのキャリコ, かけた派手な仕掛姿, かけた派手作りな衣装, かけた浅吉の身体, かけた浅川監督との間, かけた浅葱の嚢, かけた浜田吉平でございますが, かけた浪爺風で一人, かけた浮浪人が明智, かけた海中のめずらしい, かけた海原をながめ, かけた海水に漬, かけたの眼, かけた淋しみと, かけた淡い恋ごころを, かけた深い杉森の, かけた深水の嫁さん, かけた深沢沢は二度目, かけたから奮然と, かけた混乱におちいった, かけた混雑間際に高貞, かけた淺緑の山, かけた清一の手, かけた清葉は風説, かけた渇望でこの, かけた渠等好事なる江戸ツ児, かけた湯呑を口, かけた湯歸りの, かけた湯鑵の湯水, かけた源十郎銀杏の幹, かけた源氏の顔, かけた滝人の頸, かけた漁船がひとつ, かけた演奏にあわせ, かけた漬物皿炭等々を買, かけた潰し島田に白博多, かけた濡れ晒布を解きほぐし, かけた火傷しそう, かけた火炎の像, かけた火玉をプッ, かけたのよう, かけたには大きな, かけた炎熱の下, かけた炭取りなどが其処, かけた炭火をまた, かけたは重々お断り, かけた烏賊を台所, かけた焚火をかき立てた, かけた焚火明りから二, かけた無声映画は突然, かけた無学文盲で自分, かけた無理心中と云う, かけた無造作なかっこう, かけた無道軒が腕, かけた焼け板が下, かけた煙草入れを取り出し, かけた煙草屋ていの男, かけた煙草盆の灰神楽, かけたがブリ, かけた熱心な調査, かけた熱湯の茶碗, かけた父上と並ぶ, かけた爺さんだ, かけた牀床をだした, かけた牛シャリやワン, かけた牛乳を御机, かけた牛若を呼びとめ, かけた牛輔を不意, かけた牡丹色の羽織, かけた物干しのある, かけた物騒なテーマ, かけたなど完全, かけた状差の方, かけた状況を委しく, かけた狂人であった, かけたを横合い, かけたが汗みどろ, かけた狼狽ぶりでほとんど, かけた猩々の仮面, かけた猫のに比べる, かけた献燈の発句, かけたの写真, かけた獲物を漸く, かけた玄人らしい赤ばん, かけた玄心斎ぽうっと浮かん, かけた玄蕃がふり, かけた玩具の木時計, かけた珍太は誰彼, かけたの緒, かけた瑠璃草のよう, かけたの調子, かけたをまるで, かけた生徒はつと, かけた生血の容積, かけた生首である, かけた産女のよう, かけた用事がやっと, かけた用意の行厨, かけた田圃の間, かけた田地を安く, かけた田舎縞の糸, かけた田舎訛りがすっかり, かけた由松平は初め, かけたを着, かけた甲板を又, かけた男の子が胸, かけた男ぶりの好い, かけた男らしい為事で, かけた男女の姿, かけた男性の怪物, かけた男東亜産業社長アオガサキと並ん, かけたのネオンサイン, かけた町中の道, かけた町長の娘, かけたを続け, かけた画布の方, かけた番外五番試合はこうして, かけた異性の面白味, かけた當時の人達, かけた疑問と算哲, かけた病気が突然, かけた痙攣はピクリ, かけた痩せっぽちの小男, かけた痰唾をぐっと, かけたの強, かけた発止とね万全, かけた登美が妙, かけた白ばらの花, かけた白ズボンの青年, かけた白帆に, かけた白毛布の上, かけた白着に大きく, かけた白粉と生地, かけた白糸の束, かけた白芍薬の一枝, かけた白酒の樽, かけた百姓たちである, かけた皮膚が総毛立った, かけた皮膚のだだ白, かけたの多い, かけた皺だらけの老人, かけたと茶碗, かけた目覚し時計を, かけた目黒支店長は屋台寿司, かけた盲目のひと, かけたですよ, かけた相好を正し, かけた相談がこん, かけた相貌の中, かけた看板は汚れ, かけた眞夏の西日, かけた真中から分けた, かけた真摯のもの, かけた真澄鏡が石, かけた真鍮の地金, かけた瞬時の幻覚, かけた瞬間益満の煙管, かけたにうす, かけた矢車草の葉, かけた石壁に蔦, かけた石榴の実, かけた石炭のよう, かけた砂場嘉訓は伸子, かけた破れ行燈のみ黄, かけた磯田は, かけたは三つ, かけた社交界の女王, かけた社会的傾向であつ, かけた社会面記事などを載せざる, かけた社長と, かけた祈願にこたえ, かけた祖父母の写真, かけた神奈川の異人館, かけた神尾は対話, かけた神尾家との縁談, かけた私たちを見た, かけた私達の幼少, かけた程度のもの, かけた種員は再び, かけたか田, かけた稲田の周囲, かけた稲田稲田の中, かけたがその, かけた積りだべさ, かけた空気にくっきり, かけた窕子を遮つ, かけた立川国警署長は, かけた之助, かけた竜一の父, かけた竪網の, かけた端書のさき, かけた端舟が操作, かけた竹生島へ別れ, かけたがおい, かけた笑いが凍った, かけた笑顔をそのまま, かけた筆記盤の上, かけたのため, かけたを流し, かけた箪笥一つ吊台二つ, かけた箪笥二つ長持一つ吊台二つ, かけた箱火鉢を客, かけたを持っ, かけた築地のひま, かけた築地小劇場の勇気, かけた築山や欠け, かけた簡素な台, かけたの下, かけた籐椅子がグラ, かけたを落し, かけた籬白楊樹の間, かけた米穀輸出船は彼, かけた粉屋という専門業, かけた粘土のやう, かけた精進の膳, かけた糸織のなで肩, かけた紅入りの着もの, かけた紅絹の片, かけた紅葉館を建て直し, かけた吉の, かけた紙巻を持った, かけた紙幣束がうず, かけた素子の頬, かけた素戔嗚の心, かけた素晴らしく大きなビルディング, かけた素朴な顔つき, かけた素足の指, かけた紫なほも行末, かけた細引をしかと, かけた細身の大小, かけた細長いテーブルの, かけた細面の奥さん, かけた紺糸が初夏, かけた終りの一言, かけたなん, かけた経文をやめ, かけた経木籃から摘み取った, かけた経費の算盤, かけたの単, かけた絵の具箱が腋の下, かけた絵草紙と応挙, かけた經路で來, かけた維納腸詰を嚥, かけた綱手のその, かけた網扉を押し, かけた綺麗事でゆく, かけた緑玉の様, かけた編笠がふたたび, かけた縁先に出, かけた縁板に児太郎, かけた縄さ下から潜っ, かけた縞縮緬の着物, かけたがふい, かけた繃帶をした, かけた繋綱を放し, かけたの結び目, かけた罪人でご, かけた罪障の烙印, かけたでしょう, かけた署長はじめ自動車で来る, かけたの蒸肉, かけた群集もこの, かけた羽二重もなんとなく, かけたがあり, かけた考えと共に狭い, かけた者肋骨の折れた, かけた耕吉の従妹, かけた聖母の画像, かけた職人などが幾度, かけた肉瘤盛り上がった前膊, かけた肉線の水, かけた肉附がすっきり, かけた肉體のすべて, かけた肖像画や諸国名勝, かけたを張りそろえ, かけた肥満漢であった, かけた肩先を斬り下げ, かけた肩掛けを強い, かけた背広服姿の竹内被告, かけたなしで, かけた脇差を押しのけ, かけた脊髄を冷いもの, かけたもブル, かけた脚絆を取っ, かけた脱俗振りで対局中, かけた腥いものが, かけた腫物がまた, かけた腰かけがズラリ, かけたらしいの, かけた腹の中での算段, かけた膝もとに転がる, かけた自伝の一部, かけた自動籾擂機, かけた自在鉤に鼻, かけた自由な海, かけた自画像をながめ, かけた臭いでもすべ, かけた臺帳を作り, かけた與吉の姿, かけた與田先生は時々, かけたをちょい, かけた舟舞台には桜, かけた舟舞臺には櫻, かけた色っぽい電気は, かけた色小袖に外套, かけた色気のついた, かけた色眼鏡を拜借, かけたを吹き出した, かけた芝草の上, かけた花びらのよう, かけた花屋の車, かけた花籠の中, かけた花衣が衣, かけた芸者になった, かけた若きプロレタリヤの, かけた若者が, かけた若葉の頃, かけた苦しみを忍びきれなかったでしょう, かけた英姿颯爽の一偉丈夫, かけた英語のぺらぺら, かけた茂太郎が, かけた茅舎の穀物納屋, かけた茅葺の門, かけた茶室めいた四阿, かけた茶屋の者, かけた茶店へはいった, かけた茶釜を見つめ, かけた草むらの中, かけた草屋根の軒, かけた草履をたたき, かけた草稿を机, かけた草鞋がけの脚, かけた荒物屋が町, かけた荒田老の表情, かけた荷馬車に搖, かけた菓子折の箱, かけた菖蒲の葉, かけた葉巻に火, かけたの花, かけたすだれ, かけた蒼白な馴染, かけた之助, かけた蕎麦を我慢, かけた蕎麦畑の間, かけた蕗味噌を見, かけた薄いものを, かけた薄墨の中, かけた薄暗い光で, かけた薄暮の川, かけた薄物をすけ, かけた薙刀を見つけ, かけた薩州だと, かけた薩摩の具合, かけたの処, かけたが身体, かけた薯蕷のやう, かけたの布, かけた藍縞のはんてん, かけたの花, かけた藤吉の言葉, かけた藤吉郎の口, かけた藤木の品, かけた藤蔓をそこら, かけた藪田助八, かけたはそのまま, かけたの皮, かけたは蜂, かけた蜘蛛の網, かけたのよう, かけた蝋涙で燈架, かけた蝋燭のよう, かけた蝋鞘の大小, かけた蝙蝠傘を手, かけたを手, かけた蠱惑は是, かけた血の池で足, かけた血漿が僅か, かけた行動をとれ, かけた行燈のまた, かけたを捲っ, かけた衣服に包まれた, かけた衣裄の中, かけた衣類の下, かけたの通り, かけたを開け, かけた袈裟のやう, かけた袈裟掛絡胸に下げた, かけたを圧, かけたのま, かけた製品はきつ, かけた襖越仄に玄関, かけた西洋風の梯子, かけた西羅馬の文明, かけた覆面を取去ろう, かけた見物がみすみす, かけた親父に長い, かけた親爺がどう, かけた親船に歸つて來, かけた観音開きの木戸, かけた解剖台面に水, かけたの下, かけた言い方をするであろう, かけた計画をその, かけた記憶を呼び覚まさう, かけた証拠である, かけた調子は宛然芭蕉, かけた談話はこれ, かけた論文もかうなれ, かけたが頑として, かけた警官隊に停車, かけた豪狗の喜び, かけた貧しげな, かけた買物籠がゆれぬ, かけたバンガローが, かけた賠償として上り, かけた質問であった, かけた質屋の店, かけたが一箇, かけた赤十字の徽章, かけた赤味の板, かけた赤褐けた焼物であります, かけた赤髯のせ, かけた起誓である, かけた階級的な, かけた越前守を裏切ろう, かけた趣味を思いきっ, かけた足元へ自分, かけた足跡がある, かけた路上は身動き, かけた路傍の草, かけたを起し, かけた身上が直, かけた車屋を急, かけた軒燈屋が縦横, かけた軒葱の玉, かけた軒行燈の下, かけたがわれ, かけた輪数珠を外す, かけたがぐわらっと車体, かけた農夫の方, かけたから二十間位, かけた辺りがすっきり, かけた近郊の兄ちやん, かけた迷説で自分, かけた退屈ゆえに一向, かけた途端それらの塵芥, かけた途端十重二十重に縛られた, かけた途端家の中, かけた途端次郎は何, かけた逞しい疑惑だ, かけたさで, かけた連中が木戸, かけた遊びである, かけた遊五に, かけた道庵が危なく, かけた道楽もので家, かけた道路が死ん, かけた遠路籠の中, かけた厚な, かけた部分大腿骨の部分, かけた部将の佐野十郎, かけた郵便行嚢の高い, かけた郵便貯金に預け入れた, かけた配下の善光寺辰, かけた酒宴の席, かけた酒田といふ男, かけた醜男な上, かけたへやる, かけた重い歩きつきとで, かけた野卑な雑言, かけた野末の果て, かけた野村の眼, かけた野鍛冶の半, かけた野面を眺め, かけた金文字の書い, かけた金籠の燭, かけた金網の上, かけた金縁の眼鏡, かけた金鎖のあと, かけた金鑛もある, かけた針葉の枝, かけた釣台をかつい, かけた釣燈籠も外し, かけた釣鐘がたちまち, かけた釣鐘マントの襟, かけた鈴木の家, かけたの戸, かけた鉄桿の上, かけた鉄瓶がシュンシュン, かけた鉄鉢の磚茶, かけたの木, かけたであった, かけたの嗅煙草入, かけた銀世界にはなおも, かけた銀包みがせっかく, かけた銀杏の木, かけた銀糸の乱れる, かけたの薬研, かけた銘仙の袷, かけたを置い, かけた鋤鍋へ平七, かけた鋭い声, かけた鋳物土に膝, かけた鍛冶屋の富五郎, かけた鍛練をした, かけたの左手, かけたを換気窓, かけたを外さず, かけた鐘巻自斎, かけたテーブルの, かけた長五郎の背, かけた長屋門があり, かけた長椅子だのソファー, かけた長火鉢は隅, かけた長者の一行, かけた長身の男, かけた長髪の若者, かけた門下中でも前記, かけた門下生が次ぎ, かけた閑枝はまた, かけた間一髪の際, かけた間際だったので, かけた関東新報の記者, かけた闇太郎がまた, かけた闘争をし, かけたから腰, かけた阿波祭文そのまた, かけた陥穽の中, かけた陰影の中, かけた陰謀の意地ずく, かけた陶器で出来, かけた陶器鍋の蓋, かけた陶椀に, かけた陶製のもの, かけた陽ざしを避け, かけた陽光を孕ん, かけた陽約束の八月十五日, かけた階子に留まっ, かけた階子段から降り, かけた隙半兵衛は, かけた隧道は物, かけた隻手がやっと, かけた集り勢これほどの数, かけた雑誌をめくっ, かけた雛形が使っ, かけたもよひらしい, かけた雨じみの魍魎, かけた雨水がいっぱい, かけた雪嶺の中, かけた雪解けのころ熊, かけたの海, かけた雲の上にうっとり, かけた雲水空善でした, かけた電気のスタンド, かけた電気スタンドと錫製, かけた電灯がなんだか, かけた電車にはぼつぼつ, かけたが時どき, かけた露店商人が客, かけた露払いの弥太一, かけたの上, かけた青い服に, かけた青山の家, かけた青年たち断髪洋装の女, かけた青柳はその, かけた青瓢箪のよう, かけた青簾越しに見えた, かけた靜子は, かけたにマスク, かけた面々も足, かけた音楽会の広告なぞ, かけた音蔵さんへのお, かけた頃さっきはあんなに, かけた頃一同は貧し, かけた頃何を斯, かけた頃俗に三把稲, かけた頃制服姿で現れた, かけた頃十風は又, かけた頃半兵衛重治の病, かけた頃友人井上唖々子が, かけた頃大体の話, かけた頃山麓の闇, かけた頃平次は八五郎, かけた頃本村町の貸間, かけた頃次男と三男, かけた頃脱衣場から下り, かけた頃腰をあげ, かけた頃芝田さんは文学者, かけた頃蒲團の一端, かけた頃藤枝は静か, かけた順二郎の顔, かけた頓悟だつた, かけた領巾を取つ, かけたと額, かけた頭目台の前, かけた額堂の欄間, かけた顎十郎に応待, かけたを僕, かけた顔つきで, かけた風呂屋町の地廻り, かけた風呂敷包を置いた, かけた風呂敷包混雑に職員の, かけた風波がもう少し, かけた飛鳥朝の頃, かけた食事を済まし, かけた食卓があり, かけた飯椀を急, かけた飲物に軽い, かけた飲食店へ入った, かけた餅屋が顫, かけた餉臺とその, かけた首桶を前, かけた香染の薄物, かけた馬丁風の若者, かけた馬子や荷持, かけた騒ぎであつ, かけた骸骨ソックリの表情, かけたさの, かけた高名な易者, かけた高柳君はまた, かけたに葉巻, かけた鬱悶はすっと, かけたはまた, かけた鬼使の手, かけた魔法の草汁, かけた魯粛もこの, かけた鮮海の漁業, かけたの干物, かけたのしっぽ, かけた鳥かごを見, かけた鳥獣を時々, かけた鳩時計が唄, かけた鴨居に帯, かけたのよう, かけたが中途, かけた鶴床は他愛, かけた麗しい未成の, かけた麦畑の間, かけた麦畠を渡っ, かけた黄昏を貫い, かけた黄浦江のどん, かけた黄金色のお, かけた黒いビロードの, かけた黒服の中老人, かけた黒河内総監が腰, かけた黒漆も剥げ, かけた黒眼鏡の男, かけた黒衣の警官, かけた鼈甲製品の販路, かけたの低い, かけた鼻提灯が急