青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かすか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~かける かける~ ~かげ かげ~ ~かし かし~ ~かしい かしい~ かしこ~ ~かすか
かすか~
~かた かた~ かたち~ ~かつ かつ~ ~かつて かつて~ かな~ かなた~ かならず~

「かすか~」 3367, 36ppm, 3200位

▼ かすか~ (2003, 59.5%)

30 聞えて 23 聞こえて 22 かすかに 21 動いて 18 ふるえて 13 なって 12 残って 11 頭を 9 人の, 揺れて, 眼を, 覚えて, 顔を, 顫え, 首を 8 うなずいた, きこえて, ひびいて, 光って, 聞えた, 見える, 震えて 7 ゆれて, 口を, 微笑を, 洩れて, 笑って, 答えた, 聞える, 見えました, 響いて 6 ふるへて, 目を, 見えて, 身を 5 した, 微笑んだ, 流れて, 物の, 耳に, 鳴って

4 [21件] して, それと, なりて, なる, 伝わって, 動いた, 動いたよう, 息づいて, 息を, 意識し, 慄え, 漏れて, 琴の, 笑いながら, 笑った, 聞ゆる, 開いて, 音を, 頷いた, 顫へ, 顫へる

3 [35件] うなずいただけ, そよいで, それが, なりながら, なりやがて, ふるわせて, もれて, わらいました, 何か, 動くの, 咽喉を, 唇を, 彼の, 彼女の, 感じて, 感じながら, 湯気が, 漂って, 爆発し, 白くひらめきました, 皮肉な, 眉を, 立ち昇って, 笑ったよう, 聞いて, 虹の, 言った, 返事を, 酒の, 顔色を, 顫える, 顫へて, 鼻の, 鼻を, 鼾を

2 [143件] いった, うごいて, うごめいた, うごめいて, うなずいて, うなずきました, うなづく, うめきいづ, おはす, おぼえて, かすかな, きこえました, くされゆく白菊の, ごろごろ鳴い, さした, そして爽やか, その男, その響, それを, そんな気, ただよって, ついて, てらして, でしたけれども, では, ながれるもの, なった, ひ, ほ, ほんのりと, まじって, またたいて, ものの, わきあがる力, わらひました, ブル, モーターの, 一声を, 一点の, 人間の, 僕の, 僕を, 光りを, 光るの, 光る絹, 動いたの, 動かした, 動かして, 動悸が, 匂った, 匂って, 口の, 叫んで, 吠ゆる, 呻いて, 呻き声, 呻った, 唇が, 啼いて, 地上から, 声を, 夜の, 女の, 引いて, 彼女は, 後光を, 微笑い, 微笑した, 微笑ひ, 微笑んで, 心の, 意識した, 意識づいた, 慰めて, 揺いで, 揺れるの, 揺れ動いて, 揺れ雪, 日の, 明いて, 明るい, 星に, 泣いて, 流れこんで, 海を, 消えると, 混乱し, 渡って, 溜息を, 煙を, 照らして, 物のけ, 現にも, 痙攣する, 白い煙, 白き, 白く浮ん, 眉の, 眼で, 瞬いて, 私の, 立ち昇つて, 立てて, 笑いを, 笑う表情, 笑つてゐる, 笑ひ, 笑ふ, 笑顔を, 紅み, 緊張し, 耳へ, 聞えたが, 聞えるだけ, 聞こえる, 胸が, 菫草, 虫の, 見えます, 見えるだけ, 見えるの, 見せて, 見ゆる, 見られた, 言って, 言葉に, 記憶し, 赤らんで, 赤ん坊の, 身震いを, 開いた, 開いた唇, 雨の, 震えるの, 青い煙, 面を, 靴底の, 音する, 響く, 顫えた, 風が, 風に, 黄に

1 [1142件 抜粋] あからみその, あけた口, あしおとが, あたりを, あゆみ続ける時計位, あらまアどう, あわてた, いうと, いって, いッ, うごかし小さな, うごくの, うちふるへ, うつって, うなずいたが, うなずき, うなずく, うなずくの, うなって, うなづいたやう, うめいた, うらに, おごそかに, おののいた時, お久美, お腹の, かかる, かすめるほど, ききとれた, きこえる, きこゆる, きらめくの, きらめく姿, くさむら, くづれゆく, こう云いました, こそこそささやく, こぼれた千鶴子, これに, ごくかすか, さげて, ささやくコラム, さすったまま地上, さやぎ, さりげなく答えた, しかしはっきり, しかし絶え間, したかと, しました, しみて, すかして, すすり泣きながら, する, する浴室, そして途切れ途切れ, その余光, その匂い, その片鱗, その身, それに, たなびいて, ため息を, つたわって, てらすむこうの, できた掛癖, とばっちりを, ともって, どきつかせるの, どど, どれも, なったの, なった姉, なつた, なびいて, なりついにまったく, なりゆけり, なり消えるよう, なり行く浪子, なると, なるのに, にこりと, のこる舞扇, はかなくそして, ひかる一条, ひそかに, ひとりごとを, ひびく田蛙, ひろがったそして, ぴちゃという音が, ふくらませたり, ふるえ, ふるえながら, ふるえる体, ふるへる頬, ほほえみながら, ほほえんだ唇, ほほの, まだ御, まぶたを, みえる出来島, もれしと, ゆがませお祖母さん, ゆすぶって, ゆらいだ, ゆらめいて, ゆるがせる, ゆれるばかり, ゆれ動いて, よせて, りんごのに, わかったの, わたしは, わらったまま, わらって, ゐる雀, ウッと, ウンと, カサカサカサカサと, カチカチという, キイキイ鳴らし, ギァアと, クウクウ鳴きました, ザザザと, シチの, ジリリジリリと, バリバリと, ピカピカと, ミウと, モスク, ワナワナ泣い, 一めんに, 一条のぼった, 一縷の, 上へ, 上気した, 並んだ岬, 乾いて, 二三を, 二度三度湧きあがっ, 云って, 人らしい, 人声が, 人通りの, 他から, 会釈しました, 伝ひよる, 伝わること, 低く伝わっ, 体の, 何かを, 俗謡を, 傾き微風, 僕は, 光った, 光り出した, 光るので, 光る火山塊, 入口に, 其處に, 冴子は, 冷笑らしい, 出した三十恰好, 切り開かれた, 刻んで, 剽軽にさえ, 動いただけ, 動いたやう, 動いた部屋, 動かせども, 動きました, 動くかと, 動くやや, 匂いを, 匂う清潔, 匂つてゐる, 化粧の, 千浪さまの, 又階下, 反響に, 口ずさむの, 古韻, 叫びながら, 叫んだきり, 合図の, 名を, 吹きて, 吹き渡るの, 呟いて, 呻きを, 呼びつれ呼び交すうち, 呼吸し, 呼吸を, 唇から, 唸って, 唸るばかり, 啜り泣くよう, 嘆息した, 囁きはじめるとき, 地べたが, 壁土が, 夕燒の, 外見を, 夜霧の, 奥から, 妻の, 嬰児の, 存在し, 実を, 寂しい心もち, 寄せて, 射して, 射す, 小さくほた, 小鳥の, 山と, 岩瀬氏の, 左剣に, 帆柱の, 広く広く空, 床が, 引きつって, 弾きすまされた爪びき, 彎曲する, 彼れ, 微光が, 微温い, 微笑の, 心を, 応えせり, 思い出したふう, 思い当る節, 思ひ出すが, 息は, 悪夢の, 想像が, 感じた, 感じたの, 感じられほのか, 憎しみの, 戦かせながら, 手が, 手摺れ, 押しのぼりながら, 指さすこと, 振つたやうだつ, 捲毛, 揺く, 揺らぎ漂つて, 揺れたほどの, 揺動かす, 搖れたの, 放つて, 日は, 明るいところ, 明るかった, 明滅し, 星の, 映しながら, 春雄は, 曙いろ, 月も, 望まれた, 本尊の, 染まった, 極く, 横へ, 歌の, 歌声の, 歪む, 歯を, 残して, 残つてゐる, 残りまた, 段々に, 気がついて, 水が, 水面に, 汗ばんだ沈黙, 池に, 油煙を, 波うって, 波を, 泣きはじめた, 泣くやう, 洩すのみ, 洩らした吐息, 洩らしました, 洩れるの, 流れ込んで, 浪路が, 浮かびあがる, 浮び上って, 海鳴, 消ゆる, 涕泣き, 涙みたいな, 深い穴, 渚を, 満足の, 漂う死人, 漂ふ, 漏れはじめた, 潤んだ, 瀬川安子に, 火照って, 炭火の, 焦げる匂, 煙って, 煙突と, 照らした, 照らしてる奥, 燈が, 爆發し, 片頬, 物が, 物足らなく思うらしい, 猿の, 現われた安堵, 甘い憂愁, 生命の, 甲鎧の, 疵が, 痙攣させ, 痛みだした, 白, 白いもの, 白い衣服, 白い霧, 白っぽい色, 白み細々, 盗見する, 目に, 眺められ隣, 瞬き始めて, 瞼を, 知つてゐた, 破る, 程遠く, 空を, 空腹を, 竜涎香が, 笑い, 笑い何, 笑い声を, 笑う其目つき, 笑つ, 笑ひました, 笛の, 答えます, 答える声, 糸の, 紅いろ, 紅らんで, 紅潮し, 細眼を, 続いて, 続けながら, 繰返した, 耳には, 耳朶から, 聞いたかしら, 聞えたので, 聞えだして, 聞えます, 聞えるよう, 聞きとつ, 聞きとれたの, 聞きとれるので, 聞き得し, 聞くと, 聞こえたの, 聞こえぬ, 聞こえるよう, 聞ゆ, 聳えて, 聴いてやら, 聴える, 肌に, 肥料の, 肩のもだ, 背を, 胸に, 胸を, 腹に, 自分の, 自覚し, 興奮の, 舌打て, 色づいた藜, 花の, 苔が, 苦しい顔, 苦痛を, 英文らしい, 葉ずれの, 葉子を, 蒼ざめた太陽が, 薄く漂, 血の, 行手の, 西日を, 見えた, 見えるかも, 見えるその, 見えるという, 見えるほど, 見える木瘤, 見える薔薇色, 見え武蔵一えん, 見たとも, 見ました, 見ゆる敵, 見られただろう, 見られるそれから, 見分けら, 見透かされる, 覗かせて, 覗われる, 記憶に, 詫びごとを, 認められるところ, 認め得ら, 読まれた, 講堂と, 讃頌の, 赤いダァリヤ, 赤く跳ね, 赤らめながら, 赧らんだ, 足音が, 踊る心, 身うごき, 身ぶるいした, 身体に, 車の, 軽蔑を, 輝く蝋燭, 近づいて, 近江の, 通して, 通りぬける, 遠い闇, 遠のいて, 部屋の, 金の, 鈴を, 銃声と, 錆ど, 長唄の, 開き黄色い, 関節が, 陽炎が, 障子の, 雨あり, 雪白の, 雲煙を, 電車の, 震えた, 震えだしました, 震える, 震える手, 震え動きあたかも, 震わした, 震わして, 霞に, 霧が, 露を, 青ざめて, 青みどりの, 青んだ海, 青白く光っ, 音づれて虫の, 音楽らしい, 響いては, 響き来る, 頬うつ香ひあり, 頬に, 頬笑ん, 頷いたばかり, 頷かれた, 頷きながら, 頸を, 顫いを, 顫ふ, 顫へを, 食堂の, 餘韻を, 首肯きその, 香ばしい匂い, 香水の, 鮎と, 鳴いて, 鳴った, 鳴らした, 鳴りだしついで, 鳴り音を, 鳴る, 鴎の, 黄いろに, 黒く松

▼ かすか~ (1094, 32.5%)

42 音が 33 音を 20 かすかな, 声が 17 声で 15 光の 10 微笑を 9 光が, 光を 8 水の, 風が 6 声を, 寝息を, 息を, 笑ひ, 風に 5 光に, 叫び声を, 心の, 望みを, 燈火の, 物音が

4 [13件] においが, 不安を, 傾斜を, 光で, 匂を, 旋律が, 溜息を, 物音に, 笑みを, 震動が, 音の, 音も, 風の

3 [23件] いびきの, いびきを, ざわめきが, ざわめきを, においを, ほほ笑みを, 吐息を, 声, 寝息が, 希望を, 微笑が, 息が, 戦慄が, 気配に, 灯影が, 煙が, 笑いを, 笑を, 虫の, 足音が, 軽しめ, 音に, 顫え

2 [79件] けはい, しずくの, すすり泣きの, すゝり, ため息の, ため息を, のぞみが, ひかりを, もので, ものの, もの音が, エンジンの, 人声が, 伸び毛の, 僅に, 光は, 出来事の, 反射が, 呼吸が, 唸り声を, 声は, 夕日を, 夜風の, 失望を, 影を, 微笑の, 慄え, 戦慄の, 日の, 明りを, 明るみが, 月の, 楽の, 気配が, 水音, 波の, 泣き声が, 灯が, 灯の, 灯を, 物音を, 眼を, 秋の, 笑いが, 粥を, 美くしい, 羽音が, 羽音を, 聴覚で, 草の, 虹を, 血の, 言葉を, 記憶の, 赤味が, 足音, 足音など, 路の, 輕しめに, 輝きを, 返事が, 返事を, 鈍痛が, 雲の, 靄が, 音, 音であった, 音と, 音は, 風で, 風も, 風を, 香りが, 香りを, 香り同じ, 香水の, 驚きの, 鼾が, 鼾を

1 [564件 抜粋] あの胸, いい薫り, いかにも綺羅子, いびきをさえ, うめき声を, お燈明, かんだかい金属性, がらに, がらにも, きぬずれの, ぎごちない, くらいだった, こだまが, ささやき声で, さびの, ざわめきの, しかし力, しかし原因, しかし非常, しめっぽい苔, じゃこう, すきま, すきま風の, せせらぎの, そして最後, その意味, それ自体グニャ, ため息が, だけかえって, つぶやきの, といき, とぎれとぎれの, どよめきに, どよめきの, なつかしい微笑, ぬくもりを, ので自分, は, はかないもの, はやし, ほど遥か, ほほ笑みの, みみずばれ, ものであった, ものである, ものに, やさしい笑い, ゆらめきの, わらい, アンモニアの, シヴァリング砂州の, タイプライタアの, タイヤの, ニュアンスによって, ノスタルジイを, ノックの, バイオリンの, ピアノの, ブワワ, レミニスサンスとして, 一つの, 一と, 一抹の, 一条の, 一穂の, 三味線の, 不安が, 不安の, 不快が, 不愉快を, 不規則な, 丸い波紋, 亀裂が, 予感が, 京子の, 人のけ, 人名, 人声, 人間の, 伴奏の, 体臭の, 余韻である, 余響を, 侍従の, 信頼も, 修道の, 健康で, 傷まで, 傾きを, 光しか, 光にも, 光明をも, 光線が, 光線でも, 光線に, 光線の, 光線を, 冷たい音, 冷笑で, 凉味が, 切明けとに, 列の, 刺戟を, 動きをも, 動揺が, 匂い, 匂いを, 印象は, 卵の, 反省と, 反響の, 叫び声が, 叫び声は, 叫喚, 吐息には, 味ひ, 呻声を, 呼吸は, 呼吸を, 咳ばらいを, 哀れな, 哀惜の, 唸りを, 唸り声, 唸り声と, 嗚咽を, 囁きが, 囁きを, 囁き附け, 地震か, 埃り, 声でした, 声です, 声とが, 声ほど, 変化の, 夕日の, 夕明りを, 夜露が, 大小の, 大槻医師の, 大気の, 夫婦の, 失望と, 女の, 好奇心儀礼的な, 姿態を, 嫉妬を, 嫉妬心の, 子守唄の, 存在を, 安らけさを, 安堵で, 室内楽に, 家と, 寝息でも, 寝息も, 小さい運動, 小さな低い, 小皺を, 小音楽, 居心地わる, 岩の, 希望さえ, 希望までを, 希望も, 希願が, 幽愁を, 弛みを, 強味は, 当惑と, 影みたいな, 影響を, 彼の, 微笑さえ, 微笑み, 心配が, 快感を, 怒りを, 怖を, 思い出の, 思慕の, 怪しみ, 恐れが, 恐怖を, 息で, 息の, 悔恨が, 悪寒を, 悲しみの, 悲鳴に, 悲鳴を, 情熱を, 意識が, 意識だった, 愛の, 愛着が, 感じある, 感じさえも, 感情も, 憂鬱の, 憎しみと, 憐愍の, 憐憫の, 懸念が, 或は激しい, 戦慄さえ, 戦慄と, 戦慄を, 戦慄餓死跣足裸腕無産者孤児不幸なる, 所在な, 手応え, 指の, 挨拶を, 揶揄を, 救いだった, 救ひ, 救ひだつたのかも, 敵意さえ, 敵愾心さえ, 新月の, 旅情らしい, 日光が, 日照り雨が, 明かりに, 明りが, 明りで, 明るさ, 明るみさえ, 明るみと, 明色の, 星の, 星を, 春の, 暁の, 暗示的表出を, 曇は, 望みから, 望みが, 朝陽の, 期待が, 期待は, 木枯の, 東明の, 東風にか, 松明の, 梅の, 榾明りに, 樹液の, 欲望だ, 歎声を, 歔欷, 歪みが, 歯音すらもが, 残像の, 残忍な, 気づまりを感じ, 気を, 気息が, 気泡を, 気配では, 氣づまりを感じ, 水音が, 水音の, 汗の, 波に, 波動を, 波紋が, 波紋を, 泣き声を, 流れとの, 浪が, 海風の, 涙の, 涙を, 涼風でも, 深夜の, 混乱に, 満足を, 溜息, 溜息が, 溜息とが, 漣を, 潮の, 澱粉性の, 瀬の, 火の, 火山の, 火種では, 火花に, 灯かげで, 灯りが, 灯影は, 灰色の, 炎を, 焔の, 無言の, 煖炉の, 煙の, 煙は, 煙を, 燈に, 燈火が, 燎火そして, 燐光を, 燐憫の, 爆音が, 爽やかさが, 物の, 物音, 物音それらを, 物音にも, 物音まで, 物音も, 瑠璃色が, 瓦斯体を, 生ぶ, 生命の, 生存を, 生暖かいそよ風, 産声が, 異臭を, 疑いが, 疑いも, 疑惑だった, 疲れを, 痕跡と, 痙攣が, 痙攣を, 痛みが, 痛みは, 痣とも, 発音の, 白い一すじ, 白い泡沫, 白い煙, 白光の, 白鳥の, 皮肉を, 皺が, 眩暈から, 短い小さな, 砂煙の, 砲声時計の, 破れ行灯の, 社燈の, 祈りの, 私の, 空は, 空想の, 空明りに, 空気が, 空気の, 竪皺が, 笑いさえ, 笑いの, 笑い声が, 笑い声も, 笑い声を, 笑顔が, 筋が, 筋を, 筋肉の, 糸が, 紅ゐ, 紅を, 紅潮が, 紙燭を, 紫の, 細かい動き, 絶望で, 線条を, 縞を, 縦皺が, 羨望の, 翳が, 翳さえも, 聲が, 胴慄いを, 脈を, 腐朽の, 腹痛が, 舌打ちを, 舟脚を, 花弁の, 芳香を, 苔の, 苦悶の, 苦悶を, 苦扁桃の, 苦渋という, 苦笑を, 落書きに, 落葉の, 蔀明りを, 薫りであり, 虹の, 虹も, 蝋燭の, 蟋蟀の, 蟲の, 血の気を, 血痕を, 衝動と, 衝撃の, 衣ずれが, 衣被, 表情の, 表情を, 襞を, 規則ただしい, 親しみを, 角燈の, 記憶が, 記憶であった, 記憶に, 記憶にしか, 記憶を, 話し声が, 話声ばかりに, 誇りとが, 誇りの, 豆ランプを, 豆電球が, 赤い光, 赤い炎, 赤みが, 赤みの, 起伏の, 足跡だ, 足音きこえてる, 足音とともに, 足音の, 足音を, 跡が, 跡を, 路でありました, 身ぶる, 身ぶるいに, 身ぶるいの, 身動き一つしよう, 身悶えと共に, 身振りを, 身震いと共に, 軽蔑と, 辛辣さで, 返事, 逆光線の, 道の, 遠い幽鬱, 遠い軍隊, 遠い音, 遠さ, 遠雷の, 遺言の, 郷愁を, 重みの, 金属の, 銅鑼の, 鐘の, 鐵瓶の, 長い汽笛, 陰影を, 隈が, 雨の, 雲間から, 電扇の, 震えが, 震えによって, 震えを, 震動と, 露気を, 靄の, 音である, 音でも, 音にさえ, 音のみ, 音ばかりに, 音まで, 音や, 音楽を, 響きを, 響に, 頬紅それから, 顫きが上っ, 風は, 風をも, 驚きが, 驚きさえも, 鳴き声が, 鳴き声や, 鹹気と, 黄いろの, 黄昏の, 鼓の, 鼓動が, 鼾さえ, 鼾は, 鼾声に, 鼾声を

▼ かすかなる~ (48, 1.4%)

2 むぎぶ, 声にて, 花栗の, 身を, 黄なる

1 [38件] ことおそろし, ものかもの, ものよ, 中空に, 人の, 住居推し量り給え, 光海より, 内殿の, 力も, 噂に, 声を, 妄覚は, 市人の, 微咲, 息吹を, 惨虐性, 所に, 望みの, 朧銀の, 楽しさ, 毛埃も, 水の, 満足が, 程の, 窓の, 笛の, 節は, 素足の, 草の, 薄墨の, 虫捕, 記憶に, 陸影の, 陽の, 霧雨ふり, 音を, 音楽, 響を

▼ かすかながら~ (43, 1.3%)

1 [43件] ある反響, きわめて上品, この言, こんな反省, しないでは, しんと, そこここから, ため息を, ふたたび希望, まだ女たち, 不思議な, 予感しなかった, 人の, 伝承され, 力ある, 勇ましい一番鶏, 動いて, 好もしさ, 妙な曇り, 対手が, 待ち望んで, 想像しない, 感じ始めて, 憎悪の, 木村の, 歴々と, 気分の, 流れて, 発見した, 白壁に, 知覚される, 私の, 絶ゆる, 聞えて, 聞きとれます, 聴き取れます, 血の, 見て, 覚えて, 読みとれる, 返事が, 鋭く私, 青味が

▼ かすか~ (37, 1.1%)

25 はある 6 はあった 1 すぐにも, にわかに判じ, はありました, 一語一語骨が, 次にはっきりと, 蒼く

▼ かすかながらも~ (18, 0.5%)

1 [18件] ある期待, その姿, その解決, それと, ふれ奉ること, 不完全ながらも, 伝わって, 兎に, 悟道に, 掴み得て, 残って, 無線電話が, 盜伐者の, 記憶の, 認められた, 身に, 違った色, 鳴って

▼ かすかにも~ (16, 0.5%)

2 ふるものの, 靡くもの

1 [12件] しろ頬笑み, せよ個性, ものの, やの, 囃子は, 彈き鳴らす, 濃やかに, 胡弓まさぐり, 色映り消え, 草より, 雪煙り立ち, 雪煙立ち

▼ かすか~ (11, 0.3%)

31 がいま, が湯, が物々しく, が耳, が薔薇, が薔薇の, けれど, けれど水

▼ かすかにしか~ (8, 0.2%)

1 しなかった, 動かない, 意識し, 感じなかった, 現されないこと, 聞えなかった, 聞こえなかった, 見えない闇

▼ かすかな呻き~ (4, 0.1%)

3 声が 1 が洩れる

▼ かすかなうなり~ (3, 0.1%)

2 声が 1 声を

▼ かすかだった~ (2, 0.1%)

1 ので水, 人声は

▼ かすかなうめく~ (2, 0.1%)

1 やうな, ような

▼ かすかなおののき~ (2, 0.1%)

1 寒さ, 時間や

▼ かすかなとどろき~ (2, 0.1%)

1 がきこえ, が聞こえ

▼ かすかなふるえ~ (2, 0.1%)

1 がつたわっ, 声を

▼ かすかなり~ (2, 0.1%)

1 星の, 波の

▼ かすかなりし~ (2, 0.1%)

1 ろがねの, 燭火の

▼ かすかな光り~ (2, 0.1%)

1 が彼, を見

▼ かすかな澄んだ~ (2, 0.1%)

1 声は, 音で

▼ かすかな苛立ち~ (2, 0.1%)

1 があった, で眉

▼ かすかにでも~ (2, 0.1%)

1 そう感ぜね, 転機の

▼ かすか~ (2, 0.1%)

1 ように, 顫え

▼ かすか~ (2, 0.1%)

1 くらがりに, ひでり

▼1* [56件]

かすかです, かすかだに仰ぎまつらばただに涙, かすかであってこの, かすかであったが言葉, かすかであり小鳥の, かすかであるが底, かすかという字里は, かすかなうなりを立て, かすかなおとずれのよう, かすかなおどろきの叫び, かすかなかがやきがある, かすかながらでも残して, かすかながらの光芒を, かすかなきざしから肉体, かすかなくぼみがうすく, かすかなこえを響かせ, かすかなささやきを立てた, かすかなしゃがれた声が, かすかなそよぎそれと, かすかなひびきもすべて, かすかなひらがなを読む, かすかなまばたきをします, かすかなるうめきをやする, かすかなるとどろき仔細に, かすかなる光りのなか, かすかな乾いた笑いが, かすかな傾け方とで, かすかな凹みに微笑, かすかな呼ばわる声が, かすかな唸きをもらした, かすかな啼き声が, かすかな戦ぎを見せる, かすかな押しつぶされたような, かすかな擦音が, かすかな曇りも今, かすかな枯れたやうな, かすかな温もりさへも, かすかな焦げる匂いで, かすかな煙りをたてた, かすかな疑ひを持つ, かすかな絶えいるような, かすかな訴えるような, かすかな鳴声を, かすかにかかつてゐる, かすかにといきしたので, かすかににほふ, かすかによりは見えなかったが, かすかはるかに千古, かすかわからないししかた, かすか知らず因果, かすか乍ら聽き取れます, かすか分らないと思った, かすかこの年, かすか成といへども人, かすか知れたもので, かすか知れないような