青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かえ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~お願い お願い~ ~かい かい~ ~かいた ~かう かう~ かうし~ かうした~ ~かえ
かえ~
~かえって かえって~ ~かえる かえる~ ~かかえ かかえ~ ~かかっ かかっ~ ~かかった かかった~

「かえ~」 2162, 20ppm, 5705位

▼ かえ~ (1508, 69.8%)

34 いた 16 いる 15 しまった 11 いえば, いるの 10 出て 9 言えば 7 しまったの 6 いると, しまいました, やって, 彼の 5 しまうこと, 云えば 4 しまって, 私の, 自分の

3 [17件] いました, きたの, くる, くれた, みれば, やろう, 今では, 今は, 他の, 妙に, 戻って, 来た, 私に, 言った, 走って, 飛んで, 駈けて

2 [59件] あなたの, ある, あるし, いうと, いたの, いった, いるうち, いるが, いるところ, いる者, いろいろの, くれたので, くれるの, こころ細く, これを, して, しまえば, しまったもの, せき込んだ, そのほう, どこへ, にせの, みたり, みても, みる, やってきた, ゆく, ゆくと, サン・フランシスコへ, リット少将の, 一方の, 云った, 今でも, 今まで, 今度は, 今日は, 何か, 前に, 夜の, 妹の, 屹と, 床の, 座敷の, 庭へ, 彼に, 来る, 玄関に, 申しますと, 申しますれば, 病み臥せり, 立上った, 素子は, 舞台の, 行く人, 行った, 行って, 被害者宅へ, 言うと, 驚いて

1 [1180件 抜粋] あおむけの, あげて, あそこに, あって, あの古寺, あの雑草園, あります, あわてふためいて, いい出した, いく, いたが, いたもの, いた小, いって, いて, いましたが, いまでは, いるお, いるもの, いる年頃二十七八, いる時, いる自分, いる豊岡, うしろへ, うむと, おいて, おいでに, おこう, おつかい下さい, おめかしも, おやんなさい, おりますうち, お勝手へ, お吉, お夏, お母ちゃんを, お粂, お返しします, かえられた, かけずり廻って, かみの, きた事務長, きて, ください, くださらなきゃだめ, くり返さぬ, くると, くれたもの, くれと, くれねえか, くれませんか, くれるか, くれるよう, くれんわ, ける寝着, ここには, こっちへ, こなたは, このおばけ, このチョビ安, この不都合, この人間, この壺, この男, この種局外者, この老人河田翁, これも, ごかんべん, ご自由, さけんだ, さだめし蔭, さもさ, さらに有名, した話, しまいそれで, しまう, しまうぐらいは, しまうという, しまったのに, しまったシナ伝来, じぶん, すすめても, ずらかろうてん, せっせとお, そこへ, そちらへ, そのまま傘, その上, その婦人, その日, その熱, その金, その階段, その頃修行, それじゃ, そんな風, ただ大体, たとえば宿, たらしい, ちがったやりかた, ちょっと二階, つぎの, ていねいに, とうとう白状, とめた, どうしよう, どうなすった, どなりました, どの雑巾, どんなに淋しく, なさったの, ならという, なんのみ, のぞいて, はげしく抵抗, ひたぶるに, ひょこひょこ奥曲輪, ひろく全国, ふとん, ぶるぶると, ほかから, ほそいすき, まぎらかそうという, また聴こう, まるで女優, まわり道を, みた, みたの, みぬ訳, みようなどと, むこうの, めくら滅法, もう二三人, もし狂犬, もどる, もらいました, もらうの, もらったり, やがてひたひたと, やった, やって来た, やりドルス, やるという, ゆきそして, ゆくという, ゆくファアデット, ゆこうと, ゆりかさんの, よそいきの, わざと手足, われ一人去れ, アムバーの, カオルに, ガチャンと, キッピイの, コットンコットンどこかへ, サロンの, ステッキを, ソソクサと, ダビット技師の, テレ隠し, ドアを, ドノバンに, ビールを, ヘッドライトが, メグと, レーグルと, 一刻も, 一年中ぶらさげ, 一方から, 一行は, 七万を, 三十マイル行く, 三根夫に, 上山さんの, 上部を, 下された, 下へ, 下知を, 不意に, 世を, 中山道へ, 久世氏が, 九条光経に, 二コマずつ, 二人を, 二十銭位だろう, 二針三針返し, 五六時間地上の, 亭主の, 人の, 今ま, 仏頂寺の, 仕舞うに, 任意の, 伊勢路へ, 伸子が, 但馬守の, 何かに, 何処へ, 余りにも, 作った白粉, 俊夫君に, 修善寺の, 候補生の, 傷, 僕は, 兄に対しては, 入って, 入り来り, 入道姿は, 全体を, 六郷の, 内実が, 再び芽, 凭れると, 出かけるよう, 出したの, 出掛けた, 出迎へ, 刑事室を, 前の, 前を, 力を, 勝頼公を, 包みたそう, 北海道へと, 千々岩は, 半七, 半病人, 危うく落っ, 原宿へ, 去年秋現れた, 参るん, 又出, 受話器を, 右に, 右往左往し, 君に, 君を, 君前への, 呼吸杖を, 哲学的の, 唖の, 困って, 地下的に, 堤へ, 塀の, 塩鰯を, 壁に, 夕飯の, 外人たちは, 多年腐敗の, 夜と共に, 夜まで, 大きい声, 大きく脚, 大切に, 大月大佐に, 大谷石を, 天水城へ, 天目山から, 太白嶺の, 奥さんの, 奥へ, 女と, 嬉しかった, 孤城の, 守ること, 実験が, 室内に, 家を, 寝室を, 寿命を, 小妻, 小林君を, 小県, 尼に, 居たけど, 居間へ, 山伏と, 岩が, 川に, 工場に, 左膳の, 己は, 帰ったの, 帰りたくないなど, 平伏した, 広巳, 店先へ, 廊下を, 弥勒の, 彼女は, 後に, 後へ, 御たま, 御指導, 御目, 徳住寺から, 心あり, 怒るに, 思わずイス, 急がわ, 怪しい托鉢僧, 悄れ, 悴, 惨たる, 愛子に, 感謝する, 憤怒の, 憩うべし, 戦場の, 手を, 手洗を, 打ちくつろいだ姿, 挑発し, 振向くと, 探したこと, 揚げた新しい, 支払いますと, 数日の, 文章を, 新しく彼, 新茶屋あたりから, 日の, 日向の, 早くここ, 春の, 時間割を, 暮せる, 更に再, 書いて, 書きやはり, 書斎から, 月の, 朝公園の, 木屋町の, 本牧から, 本街道, 来たらしい上着, 来た中年, 来た葉子, 来て, 来るから, 来る間, 松村を, 校長細川繁は, 森具村と, 横に, 橋の, 次回からを, 此処は, 武者修行に, 歩きだした, 死せたま, 殺人容疑者として, 毎朝肩に, 民家でも, 民間に, 水中を, 水口から, 水戸街道, 汝南の, 江夏へ, 江戸じゅうそいつを, 江陵, 沖へ, 河の, 泊って, 泣くこと, 浅間山の, 浮かび上がった連中, 浴場に, 清三の, 渡辺という, 測距儀, 源太が, 演劇に, 炉の, 無理に, 無銘の, 父は, 狐塚方面の, 狼狽した, 現れて, 現今の, 生きぬいて, 用い浸出, 田山白雲は, 甲板へ, 発戸河岸の, 登子も, 目が, 相変らず, 真中のは, 矢の, 短波の, 研究所の, 社会悪と, 神田から, 秀吉が, 私も, 秋山の, 空は, 立ちながら, 立ち上り秋, 立ち騒いだ, 立窘んだ, 童話を, 簡単に, 糜芳を, 納屋の, 網に, 締めて, 縛り索, 置きますの, 美人に, 美術室は, 考えこんだ, 肘を, 胸を, 臥か, 自分が, 自分も, 自動車を, 自家用車の, 船内の, 花を, 英仏等の, 茶人気質明治の, 草庵の, 菱形と, 董卓の, 藤崎さんを, 蜀の, 行かねば, 行くその, 行くより, 行く機縁, 行ったとしても, 衣服の, 表現され, 装甲車の, 西に, 見たり, 見られないよう, 見直したり, 視野の, 言った方, 言葉に, 許都へ, 調べて, 貰います, 貴いもの, 走った, 走りだして, 趙雲と, 足利時代の, 身に, 車を, 農場に, 退かれたの, 逃げまわって, 逃出した, 通を, 進んだ, 遊ぶべくこの, 道理を, 部屋の, 酒を, 金の, 釘勘に, 釣竿を, 銃声の, 鎌倉に, 鏘, 長安へ, 降口, 陽平関へ, 雌雄を, 雲雀の, 青山辺へは, 頼み入る, 顔も, 顫えて, 風呂屋の, 飛び付くよう, 食卓に, 食物を, 馳走なり, 駈けこんで, 駈け出した, 駈け込んだ, 駭いた, 騒ぐこと, 驚くほど, 髪を, 魯粛と, 黄忠の

▼ かえたり~ (41, 1.9%)

8 して 2 した, するの

1 [29件] かえたり, しては, しながら, するくらいに, すること, にわかに足なみ, また自分, もそもそし, ものすごい追跡ぶり, よそ行きの, 不必要, 人間的妄想を以て, 出来にくい, 夜具蒲団の, 大胡坐, 大騒ぎだ, 押入から, 掃除を, 旅行し, 時間を, 楽節を, 欠伸を, 石垣を, 線の, 線香の, 繕ろい, 言葉を, 間隔を, 髪や

▼ かえだま~ (35, 1.6%)

4 をつかっ 2 だよ, なの, にし, につかわれた

1 [23件] がある, さえいなけれ, だったこと, だったん, だという, といれかえた, といれかわった, とは夢, とは気づかず, と入れかわっ, につかう, に使った, に気がつかない, のほう, のぼく, の人形, をたのむ, をつくった, をつとめた, をつれ, を使う, を煙突, を用意

▼ かえながら~ (25, 1.2%)

1 [25件] いつまでも, かかげた片, ききただすところ, せきたてた, それに, だんだんその, もじもじし, ヤッペの, 一心に, 下宿と, 下谷の, 人々は, 兇器を, 少し引きつる, 成長し, 河童路地へ, 漫然と漂っ, 百は, 相手に, 艇外へ, 薄ら眠い, 角町の, 訊いた, 鉢前の, 龍興の

▼ かえ~ (25, 1.2%)

21 をかえ 1 をかえやがっ, をかえる, をかえ揺すぶる, を代え

▼ かえても~ (24, 1.1%)

1 [24件] いいが, いいや, いい頃, お護りいたす, お願い致します, かまわない習慣, きみを, この塙江漢, たくさんの, よいが, 不便でならぬ, 信長公の, 再び相, 助命を, 好いから, 決してお前, 良い, 若君に, 若君を, 行われた, 見えないとき, 逃がして, 鉄斎は, 開けて

▼ かえ~ (22, 1.0%)

2 かかった

1 [20件] されて, しようという, すぎず社会, すると, なった, なった事, なるに, なるほどの, ゃいけんなあ, ポケットから, 散歩にでも, 日給が, 来た雇, 消える命, 番号の, 立った, 行くの, 遣わすぞ, 金を, 雇われて

▼ かえそう~ (21, 1.0%)

4 とした 3 とする 2 とし, とはしない 1 か, かえ良い, としてゆれる, として鈍重, としました, とは思わず, とは思わなくなった, と云っ, と努めた, と思っ

▼ かえでの~ (13, 0.6%)

3 木は, 木を 2 木の 1 婿, 木が, 木などを, 木に, 類が

▼ かえてから~ (12, 0.6%)

1 [12件] その応接室, また母, 又やって来た, 多計代, 昼餐が, 曹操は, 歩き出した, 沢村さんと, 着物と, 笹村の, 総監室へ, 高氏は

▼ かえ~ (12, 0.6%)

1 [12件] がいる, がきみ, がバレ, だという, ですって, とは気がつかない, とは知らない, にし, のこと, をつかう, をつくっ, を学校

▼ かえそれ~ (11, 0.5%)

2 じゃア 1 にいちいち, に奥様, は, はいい, はいけねえ, はお前さん, は何, は面白, を孵す

▼ かえ~ (10, 0.5%)

1 くろびいたや, さんの, それを, ちょっと唇, やっとやりくっ, よろしい, 叢の, 登場, 退場, 離れる

▼ かえがたい~ (9, 0.4%)

1 ものの, 喜びが, 大切な, 宝物です, 恋人を, 私の, 秘蔵の, 贈物である, 重要文書が

▼ かえ~ (8, 0.4%)

1 ために, ない息子, 時にも, 時の, 蝋燭が, 靴すら, 靴や, 靴下が

▼ かえこの~ (6, 0.3%)

1 劇場わきの, 地底の, 夜は, 島には, 津の, 頃の

▼ かえあの~ (5, 0.2%)

2 老妓は 1 おそろしい力, 正太郎には, 炭屋さんに

▼ かえ~ (5, 0.2%)

1 したもの, しむ, でや, にゃ, にゃなるまい

▼ かえ~ (5, 0.2%)

1 させたあの, したり, しなければ, せずとも, 依頼する

▼ かえてまで~ (4, 0.2%)

1 おしみませぬじゃ, 一人旅を, 庇おうと, 江戸へ

▼ かえ~ (4, 0.2%)

1 ここで, しなかった, しません, 後に

▼ かえ~ (4, 0.2%)

2 て戦争 1 て一同, て手前達

▼ かえそして~ (3, 0.1%)

1 こちらの, スピードを, 寝ること

▼ かえその~ (3, 0.1%)

1 上に, 方は, 近所の

▼ かえそん~ (3, 0.1%)

3 なら私

▼ かえつつ~ (3, 0.1%)

1 あるかという, あるの, 浸潤し

▼ かえての~ (3, 0.1%)

1 この不自由, 儀と, 心配顏嬉敷に

▼ かえては~ (3, 0.1%)

1 前回の, 如何, 気分を

▼ かえでは~ (3, 0.1%)

1 お止, 細工場へ, 縋りて

▼ かえでを~ (3, 0.1%)

2 やった 1 やり山田隆弥

▼ かえ実に~ (3, 0.1%)

1 堂々たる華々しい, 妾は, 有難う然

▼ かえ~ (3, 0.1%)

1 のよう, をかえ, を顫わせ

▼ かえ~ (3, 0.1%)

1 は恐怖, を出し, を洗う

▼ かえ~ (2, 0.1%)

1 はいり, 清は

▼ かえお前~ (2, 0.1%)

1 が私, に似

▼ かえかた~ (2, 0.1%)

1 というよう, をし

▼ かえがたく~ (2, 0.1%)

1 好きである, 思うたった

▼ かえたりなんか~ (2, 0.1%)

1 して, しながらも

▼ かえてもと~ (2, 0.1%)

2 思って

▼ かえ~ (2, 0.1%)

1 舐めるが, 言いながら

▼ かえどこ~ (2, 0.1%)

1 から見, で目付け

▼ かえ~ (2, 0.1%)

1 そうでも, 一休さんが

▼ かえひそか~ (2, 0.1%)

1 に冷汗, に尾行

▼ かえまた~ (2, 0.1%)

1 湯漬けを, 餞別の

▼ かえ~ (2, 0.1%)

1 がある, と云う

▼ かえ~ (2, 0.1%)

1 をかみしめ, をぶるぶる

▼ かえ~ (2, 0.1%)

1 として連絡, にきちんと

▼ かえ~ (2, 0.1%)

1 がこれ, は泣きたけれ

▼ かえ~ (2, 0.1%)

1 のカーテン, の側

▼ かえ~ (2, 0.1%)

1 がある, を知っ

▼ かえ~ (2, 0.1%)

1 には梨子打, に冠

▼ かえ~ (2, 0.1%)

1 も乱れた, も娘

▼1* [282件]

かえあした行くん, かえあらゆる進取的精神を, かえあるいははじきとばすであろう, かえあれは賊, かえいきなり獄門台の, かえいくらか沈んだ調子, かえいちもくさん, かえそうだ, かえおい若衆お頼, かえおおかたそんなところ, かえおのずからな身, かえお前さんのご, かえかねをたたい, かえがたかった, かえがたくいとしい命を, かえこんどは健, かえさあ遅くなる, かえさまに此方, かえさものうのうしたよう, かえさらにそれを, かえさんに附けられ, かえしかしお前は, かえしばらくの間, かえすこし坐って, かえすれすれに一杯, かえそうおまえの望む, かえそこらにわずか, かえそのままスーッと左, かえそれから乗り物先箱台傘で, かえそれぢや皆, かえそれでまた必要な, かえそれとなき一種快活, かえそれならいいけれど, かえたりなどなさるの, かえだけでもたいへんな, かえだま少年だったの, かえつよくなかった北軍封鎖線, かえてこそ生命も, かえてさえ再武装, かえてしもてまして, かえてでも流れ出ずるもの, かえてと泣きながら, かえてねお手伝, かえてまでの恋は, かえてれ臭そうに大きな, かえでかばならうる, かえでと太鼓持ちと, かえでなどの代わりに, かえでまでも触手を, かえでももっと太く, かえとなりは豪勢, かえともかくも髪, かえとんだ御邪魔, かえどうか私は, かえなお一段低い, かえなどされて, かえなに構ア事はなえ, かえなに気ない体, かえなんだ, かえにはどうにもなりません, かえにもまた何, かえふたりそろって, かえほんに好い景色, かえまあ危なかった, かえまあ一寸明けて, かえまず湯に, かえまったく静かで, かえまで何十何年ほど, かえまるで歌壇は, かえまア二百両あれ, かえせず依然として, かえもう勤めも, かえよくまア独り, かえよくよく物の, かえわが台湾や, かえわざと時間を, かえわずかに残っ, かえカズラ網の方, かえカンカン寅捕縛と共に, かえグシャグシャになった, かえサイゴンでしきりに, かえショウウインドーの飾りつけ, かえストラドヴァリウスの偽物, かえタクシーで公使館, かえドサリ縁にすわっ, かえフィーヨフィーヨフィーヨとしおらしく, かえフランソアーズをシエット, かえブルック氏の親切, かえブルブルと佗, かえリップに合図, かえ一ノ俣の小屋, かえ一旦泥水に, かえ一時的な喜び, かえ一朝雪崩の, かえ三浦半島の海釣り, かえ三角岳から引きあげる, かえ三軍のあいだ, かえ下民は常に, かえ不断でさえ, かえ丹造が広告材料, かえ主任の方, かえ九ツ刻の時計, かえ二年三年はそのまま, かえい人, かえ京都へ落ちられた, かえ人々は滝, かえ人間をかえ, かえは独国豆戦艦グラーフ・シュペー号上, かえ今度は自分, かえ今日はさっさと, かえ伊之さんと花魁, かえ佐竹ケ原をまわっ, かえが楽, かえでも然, かえ何と云う妙, かえ何人もの手, かえ何処までもと, かえ何百という千両箱, かえ余り早や, かえ使者へ会い, かえの柩, かえのこの, かえも角, かえ公園へ出た, かえ内玄関の方, かえ興行に, かえ再び膝を, かえ出席しないと, かえ初めまして孝助殿, かえ初めて瞬間的な, かえ別院の方, かえ千代重君はいつも, かえ千鶴子はかえって, かえ南西に転じた, かえすこし立っ, かえ叔母は髪の毛, かえ口実を作っ, かえ合戦を挑み来る, かえ同じ姻戚の, かえ名人だとな, かえ吸口の穴, かえ周囲を描い, かえ四時すぎにかえる, かえ地上をふさぎ, かえ地中深くから, かえ地獄の光景, かえは鼠色, かえ夕立雲のよう, かえ外套をも裾, かえはまことに, かえ夜具を押し入れ, かえ屋根の, かえ大丈夫かえ, かえ大胆にも軽, かえ天幕から二, かえ奈良の法華寺, かえ奥様の方, かえは馬, かえ女帝の生き方, かえと母, かえ子孫を後世, かえ孜々として東京市, かえ富士見にゃおら, かえ小粒に替え, かえ小鳥籠を前, かえ少しお聞き申す, かえ峰田で借り, かえ島吉兄哥俺はこれ, かえ工藝をかえた, かえにいた, かえ帯剣を鏘, かえ幇間の事, かえ店先きは, かえ度々人間の, かえ建築をかえる, かえをかえ, かえを置き去り, かえ彼女は掴みかかる, かえ彼等は郊外, かえ後姿ながらひどく, かえ得心ずくで斯ん, かえ応接室へ急いだ, かえ忽ち具足を, かえ思慮ぶかい, かえかす, かえ意地も張り, かえ成層圏飛行の研究, かえ或は中途で, かえ戦闘隊形へ移っ, かえ敷衍し潤色, かえ新しい芽の, かえ新たな尼院生活, かえ方法をかえ, かえをかうる, かえ日比谷まで車, かえ日浦坂の方, かえ旦那夜が明けました, かえ早々に兵, かえ早いもんだ, かえ普通以上の利益, かえ智恵子は鍵穴, かえては仲, かえ月面と平行, かえ當に, かえ桶狭間からこの, かえ権力を朝廷, かえ檀家の者, かえの芸当, かえをこしらえ, かえの娘, かえ気長に諦めさす, かえ水源地方の山塊, かえ江戸発足以来一泊もしない, かえ汽船が内, かえ沢山飲むと, かえ洗顔や髪, かえ混合気体の割合, かえ済まないねえ, かえ温顔に恐, かえ潔斎して, かえ烏帽子も新しく, かえ煙草を飲まん, かえ燕青を連れ, かえ爆音つよし, かえう, かえたらずして, かえ生涯弓矢を捨て, かえがえ, かえ病気をした, かえがねえ, かえ白雪をいただいた, かえ相手が何, かえのよう, かえ秀吉ずれに媚, かえ秀政は麾下六百, かえ私ゃ又今日, かえ窓外にほ, かえの中, かえに米, かえ綱吉殺しの下手人, かえ総監になりすまし, かえりと, かえ緩くりと, かえ縁側に手, かえ美濃方面の平野, かえ習慣をかえ, かえ自分の奪った, かえ致し方はない, かえ臼井の語る, かえ舌端には灼けつく, かえ良いお子, かえ花嫁はそれ, かえ蓑虫のよう, かえ虱潰しに調べ, かえやり香, かえ表徳だア, かえをかえた, かえの大, かえの陰, かえ西南戦争当時の官軍, かえ観客席の, かえ諸国修行せしより, かえ貴公些と遊び, かえ貴方は神幸, かえ赤い弁慶縞の, かえ足先を麻, かえ軍隊手袋と靴下, かえ輿にも乗らない, かえ農奴の一家, かえ道理で帰り, かえ里美かえ, かえ鉄符をたずさえ, かえ階下で今, かえ難い権威が, かえ難かろうに, かえをかく, かえ青梅は所詮, かえに附ける, かえさによって, かえ高め颯爽たる社会的, かえの血, かえの縄帯