青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かけ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~かぎり かぎり~ ~かく かく~ ~かくし かくし~ かくして~ ~かくれ かくれ~ ~かけ
かけ~
~かけた かけた~ ~かける かける~ ~かげ かげ~ ~かし かし~ ~かしい かしい~

「かけ~」 23812, 247ppm, 392位

▼ かけ~ (16596, 69.7%)

695 いた 391 いる 212 いるの 134 ゐた 114 来た 98 ある 96 ゐる 93 いたの 81 いたが 78 きた 77 いて 75 いました 67 来て 61 いると 58 いるよう, おいて 57 あった 55 ゐるの 47 みた 45 います, いるところ 44 みると 43 あるの 42 やった, 彼は 41 しまいました 40 しまった 37 いること 35 くれた 34 いるん 33 やって 31 きたの, 来たの 29 きて 28 いるので, それを 27 くる, みたが 26 いるが, きました, 居る, 急に 25 行った 24 來た, 出て, 私は, 置いて 23 やる 22 いなかった, 見ると 21 ください, やりました, 行って 20 いるという, 来ました, 来る, 自分の, 行く 19 いたので, みたり, みました, 何か, 行きました 18 あって, いきました, いたもの, いった, いって, 口を, 外へ, 待って 17 見た, 顔を 16 あつた, いない, いましたが, いるもの, やると, ゐました, 来たよう 15 いたところ, みても, 居た 14 あります, いたん, 居るの, 見たが, 足を, 首を 13 いたよう, いるから, おくの, 下さい, 來る, 彼女は, 来ると, 煙草を 12 いても, いるうち, やつた, ゐると, 出します, 外に, 私の, 見て 11 いる人, いる椅子, いる男, おいた, くれ, 一面に, 居りました, 居るのに, 火を, 私を

10 [14件] ありました, いたから, いる様子, おくと, みたの, やれば, やろうと, ゐたので, ゐるん, 來て, 半七, 彼の, 来たので, 行つた

9 [16件] あったの, いたこと, いた手, いるとき, いるのに, おりました, くるの, みましたが, やつて, やるの, ゆくの, ゐたの, 歩いて, 話して, 身を, 食べるの

8 [25件] いたと, いた椅子, いた頃, いないよう, いるその, いる伸子, いる姿, いる私, くれたの, くれて, くれと, くれる, しまって, しまつ, みて, みますと, みようと, ゆく, ゐたが, ゐるやう, 居ります, 新聞を, 来たが, 自分を, 食べます

7 [29件] あるが, いたお, いたし, いながら, いるか, いる事, いる者, おきました, おく, おけば, くると, その上, もらって, やろう, ゐて, ゐること, ゐるもの, 仕事を, 使って, 彼を, 手を, 持って, 斜めに, 来た時, 来るの, 水を, 済みませんでした, 立って, 見ようと

6 [42件] あとは, あるから, あるので, あるん, いたという, いたのに, いる女, いる間, きいて, きたが, きたので, きたよう, くれました, くれる者, しまったの, すみません, すみませんでした, その中, なき玉菊, みる, ゐます, ゐるので, 休んで, 居たの, 庭の, 戸を, 斜に, 来たところ, 来ます, 死んで, 済まなかった, 済みません, 無理に, 自分が, 茶を, 行きます, 見せて, 見ました, 訊いた, 部屋の, 非常に, 食う

5 [61件] あわてて, いく, いたそう, いたり, いた彼, いた時, いた男, いないの, いるそう, いるだけ, いるらしい, いる時, いろいろの, おいたの, おいで, おいでに, おくこと, おります, くれるもの, こちらへ, こちらを, しまう, すまなかった, それで, みよう, みること, やったり, やっと, やめた, やりながら, やるから, ゆすぶった, グイと, グッと, テンピの, 一人の, 二人は, 云った, 人の, 今の, 家の, 居たが, 彼女の, 探して, 机の, 来たこと, 来たころ, 来たもの, 来たん, 来た頃, 汗を, 相済みません, 眼を, 行くと, 行くの, 行ったの, 裏口から, 見たり, 静かに, 飛んで, 食べても

4 [105件] あげて, あげるから, あたりを, あったが, あったり, ある時計, ある鍋, いそいで, いた自分, いた若い, いた黒い, いないが, いますが, いらっしゃるの, いらつし, いるお, いるとは, いるに, いる所, いれば, おいたもの, おきながら, おくん, おやりなさい, おりますが, お菊, くること, くるよう, くれたので, くれたり, くれる人, くれ給え, これを, ごらん, しまったもの, すぐに, そこに, そこへ, それが, である, ねて, はいって, みろ, やること, やるよう, やれ, ゆきました, ゆくと, よこした, ゐたお, ゐたもの, ゐても, ゐるから, ゐるところ, ゐるのに, 一と, 下さるの, 下すった, 両手で, 中を, 二人の, 人を, 何の, 何も, 力任せに, 参りました, 右の, 吉五郎は, 女の, 女を, 寝て, 居たといふ, 居ました, 居ると, 彼が, 愛して, 懐中から, 日の, 月の, 朝の, 来たから, 来たとき, 横に, 焼いて, 物を, 私に, 窓から, 編物を, 置いた, 置けば, 老人は, 耳を, 聞いて, 色々な, 表に, 見ても, 見る, 話を, 足の, 途中で, 銀河が, 門の, 雑誌を, 駒下駄の, 魚を

3 [208件] あいすみません, あげようと, あること, あるし, ある三味線, ある石橋, いたに, いたにも, いた一人, いた竜, いないらしかった, いなかったが, いますから, いるころ, いるし, いるすぐ, いるため, いるとも, いるわけ, いるベンチ, いる一人, いる二人, いる人間, いる家, いる弥生, いる彼, いる時代, いる最中, いる素子, いる老, いる自分, いる蜂谷, いる風, いろ, おいたり, おいても, おきましょう, おきます, おまけに, おりて, お中, かれは, きそう, きましたが, きます, くるので, くれたが, くれたまえ, くれます, くれれば, ここの, さすがに, さらさらと, しまったが, しまってから, そそくさと, その答, それから, そろそろと, どうした, どうしよう, どこかへ, なんと解く, ひとりで, ひどく濡れ, ふと気, ふと見かえる, ほこりは, みたところ, みたん, みようか, もらうこと, もらったの, やったが, やったという, やったの, やったん, やってから, やって来た, やめて, やるが, やるよ, ゆっくりと, ゐたこと, ゐたその, ゐたところ, ゐるうち, ゐるが, ゐるし, ゐるわけ, ゐる時, 一同の, 一面の, 丁寧に, 三人は, 下さいます, 下さるな, 下りて, 丹念に, 五本の, 何とも, 元の, 入って, 入つて, 入口の, 出しますが, 出しますと, 出すと, 出ました, 出ようと, 前の, 力の, 力まかせに, 動かして, 口の, 呉れた, 嘘は, 四辺を, 土間へ, 声を, 大變, 奥の, 妙な, 姿は, 姿を, 婦人は, 富子は, 居たと, 居りましたが, 居るので, 居眠りを, 山の, 帰って, 帽子を, 店の, 往来の, 待つ間, 後の, 後は, 思ひ出し, 急いで, 怪我を, 恋して, 我が弱い, 戴くと, 押して, 斑, 斜め一文字に, 断続し, 昨夜の, 暑さ, 最後の, 本を, 来い, 来そう, 来たと, 来るやう, 母の, 毎年の, 気が, 済みませんが, 湯を, 片手で, 片手に, 猿の, 生きて, 登って, 皮を, 目を, 相手の, 眞一文字に, 真白な, 知らせて, 石炭を, 私が, 窓を, 立ち去った, 立派な, 縁側から, 縊死し, 縊死しよう, 美登利が, 考えて, 肩を, 膝の, 膝を, 自分で, 草鞋を, 行く風, 袖を, 裏の, 見せた, 見ろ, 見事に, 訊いて, 貰つた, 身体を, 車を, 近づいて, 逢ふ, 門を, 鞘に, 音の, 頭を, 額を, 食った, 食べる, 鼈甲の

2 [802件 抜粋] あげる, あった二枚, あった大, あつて, あり, ありましたので, ありますよ, ありません, あるぢ, あるのに, あるばかり, ある以上, ある座, ある猟銃, ある鉄砲, あんぐりと, いいやら, いくと, いたため, いただけに, いたとき, いたペン, いたン, いた人間, いた体, いた小さな, いた当時, いた所, いた手紙, いた時分, いた期待, いた神経, いた私, いた財布, いた連中, いっぱいの, いつて, いつでも, いては, いないこと, いないと, いましたから, いましたけれど, いますね, いられる, いるあの, いるこの, いるだけさ, いるでは, いるな, いるふう, いる事実, いる仕事, いる何, いる僕, いる処, いる宏子, いる少女, いる後, いる新しい, いる母, いる白い, いる目, いる細君, いる若, いる若い, いる証拠, いる部屋, いる青年, おいただけ, おいたので, おかないと, おきますと, おけ, おやん, おらたちに, お上げ, お前を, お妙, お庄, お店, お綱, かい抱き, かえりは, かけて, かねてより, きく, きたこと, きたと, きた時, きても, きりきりと, くださるに, くるし, くる足音, くれさうな, くれって, くれないの, くれなかった, くれること, くれるし, くれると, くれる女, くれる時分, ぐつすりと寝た, こ, ここは, ここを, ことの, この美しい, これだけの, こんなに大きく, ごらんに, さまざまな, ざくざく流し込む, しきりと, しばらく待っ, しまえば, しまったと, しまったり, しまひました, じっとし, すまないよう, そこい, そのままに, その方, その日, その部屋, その鍵, それからバス, それも, たべた, ちらと, つかつかと, つくづくと, つごうを, つた, であった, であって, なか, のど自慢が, のぼりけむ, はやりません, はらはらと, ひげ, びっしょり毛, ぴたりと, ふっと口, ふと, ふるさとの, ぼうと, ぼんやりし, まいりましたので, また, みたいよう, みなければ, みましたの, みます, みようかと, みれば, もって, もどった, もらいます, やい, やっただけ, やっても, やめる, やらうかしら, やらうと, やりしも, やりたかったろう, やりてえが, やりましたよ, やります, やる事, やれよ, やろうか, やろうという, ゆく彼, ゆすぶると, ようすが, よかった, よこしたの, よした, らあ, ゐたやう, ゐたらしい, ゐた時, ゐた矢先, ゐた私, ゐた顔, ゐないの, ゐら, ゐるんで, ゐる始末, エンヤサエンヤサと, ガラリと, キリキリと, スイッチを, スルスルと, セエラは, ダンスを, ドレゴは, バターを, パーヴェル・パーヴロヴィチは, ヒラリと, ベットリと, 一の, 一個の, 一戦を, 一晩置く, 一生懸命に, 一筋血が, 七十郎は, 七堂伽藍に, 三度も, 三杯, 下さいますな, 下さらない, 下さる方, 下され御, 下の, 両足を, 主人の, 久吉の, 事情を, 二人を, 二階の, 五六人の, 京都の, 今や舟, 伊豆は, 休んだ, 会釈を, 体を, 何心なく, 例の, 俄に, 俺を, 偲びつ, 傷の, 働かせて, 僕は, 元気よく, 兄は, 八十嶋かけ, 其蔭に, 出して, 出づ, 出ると, 刑事は, 前に, 力を, 努力し, 勉強し, 博士は, 口ごもり, 口ごもりながら, 句を, 右へ, 同じ言葉, 向うを, 呉れたが, 呉れるの, 呉れ私, 周平は, 呼んで, 呼寄せたか, 善八は, 喰べ, 四つの, 地べたに, 地図を, 坐って, 埋めて, 場所の, 外の, 多少の, 夢中に, 大きく青, 大きな切疵, 大勢の, 大火傷, 大見得を, 天窓から, 夫人は, 契った主さん, 女に, 妙に, 室の, 室を, 寄らば, 寝るの, 尋ねて, 小泉氏は, 小石川の, 少しばかり, 少しも, 居たので, 居た筈, 居て, 居るけれど, 居るん, 屋根へ, 履いた具合, 山葵を, 巡拝し, 左右に, 己の, 帰ろうと, 干して, 平次は, 幾度か, 庄吉が, 庭に, 庭へ, 廂の, 建てたもの, 引いて, 引っ立てて, 引出したところ, 弱るを, 強く締めつけた, 彼も, 彼等の, 往來を, 後ろへ, 志保は, 応援し, 怪しい金象眼, 恐れ入ります, 惨忍, 懇ろに, 成佛する, 戦つてゐる, 戸毎を, 戻って, 手に, 手ばなしで, 打って, 打撲傷を, 抱いて, 持つて, 指で, 挺身隊に, 掌で, 揺る, 星の, 暖まるの, 書類を, 木鉢の, 来たかと, 来たほど, 来たやう, 来たり, 来たわ, 来た男, 来ても, 来なければ, 来ましたね, 来るお客, 来ること, 来るもの, 来るん, 松の, 枕元に, 案内に, 棟梁の, 椅子に, 楽しんで, 次の, 止めに, 母衣かけ, 毛が, 江戸へ, 波の, 波状の, 津波の, 海と, 涙が, 涼んで, 済まない, 渡して, 湯の, 火の, 火鉢の, 焚火を, 無邪気に, 煙の, 熟睡する, 燗を, 父に, 片方は, 物音とか, 狩暮しつ, 玄関を, 生々しい紅, 甲斐は, 申し訳が, 番傘を, 疲れた足, 病気を, 盛んに, 目のあたりに, 相すみませんでした, 相済まぬ, 相濟, 真っ赤な, 眺めて, 眼ばかりと, 知らむと願はず, 研究を, 秀吉は, 秋の, 穴の, 突き傷が, 立ち止まった, 立上った, 立戻る, 答の, 細い雨, 紺の, 網を, 縊れ死んだの, 置かれて, 置くの, 置こうと, 美味いもの, 聴いて, 肉の, 背を, 胴一杯に, 腰を, 自分は, 花嫁が, 茄子大根の, 茶の間へ, 莨を, 葉子は, 蒲団の, 藍の, 蘆の, 血飛沫を, 行くとき, 行くところ, 行くよう, 行けば, 行こうと, 行つたのだ, 行つて引ず, 表へ, 被害の, 裁縫を, 裾を, 襖を, 見たところ, 見たらどう, 見に, 見ますと, 見ようかしら, 親しみを, 親仁は, 言った, 誓はん, 誰も, 豚の, 貰って, 賑やかに, 起こそうと, 足が, 身体の, 身悶を, 透間もなく, 通り魔の, 通る, 道を, 遣れと, 酒の, 鍋の, 長吉が, 門口に, 降りて, 降り立ちました, 雪なす, 雪を, 電灯が, 靴の, 頂いて, 頤の, 頭の, 顔の, 風呂場から, 飛びこもうと, 飛び散る碧血, 飛沫いた, 飯を, 馬を, 髪を, 魚の, 鹿に

1 [8196件 抜粋] ああきょう, あげますから, あちらに, あった丸善, あった油, あった鍋, あなたが, あの窓, ありいや, あり異人墓, あるそして, あるズック, ある八角時計, ある小, ある梯子段, ある物, ある総監, ある西洋手拭, ある麥酒, いい気持, いくらか貸せ, いたお父さん, いただきますよう, いたぼく, いたらほんとに, いたプラチナ, いた三位卿, いた人々, いた八人組, いた商人, いた学生, いた市場, いた志村浩太郎氏, いた新, いた栄三郎, いた沢庵, いた生活, いた秀吉袋攻め, いた翁, いた葉巻, いた道庵, いた陰謀僧, いちいち値段, いつに, いないので, いまいが, いやがる, いらっしゃいましたか, いるいじらし, いるこったろう, いるはず, いるらしかった, いるスウェター, いる七兵衛, いる二十五六, いる兄, いる叫び声, いる大, いる客室, いる少年, いる床几, いる愛, いる旅川周馬, いる末期, いる横磯, いる深い古い, いる珠数, いる相, いる筥もの, いる背後, いる葬式彦兵衛, いる車, いる際, いろいろな, うつら, えいと, おいた外套, おいた餉台, おきまして, おく吸入器, おせい様, おやり, おりましたが, おります醜い, おるうち, お互に, お喜びになったものでござんしょう, お忘れくださいます, お歯黒を, お苦しみ, かえって自分, かなり手広く, が私ども, きたね, きた時代, きっとです, きょうか明日かと, ぎりぎり繃帯, くだされる, くるという, くる子供, くれたし, くれた声, くれなかったらおそらくとうに, くれよ, くれるの, くれ小石, ぐつとつまると白の, こう優しく, こないの, この地, この精神, これの, ごく緩い, さしもに, さびしき妻, しかし佐伯, しっかりつかまり出した, しばらく黙った, しまったらどの, しや, じゃぶじゃぶと, すっと糸, すまないわ, ずっと鞘ぐるみ刀, そう皮肉った, そっとあたり, そのながい, そのまま正面, その場, その昔山崩れ, その趣向, それからは, そんなに沢山貰う, ただ男, たまらずわ, だんだん火鉢, ちょっと猶予, つかまって, つまさき立て, であろうが, とんとん床, どこから, なかの, なるたけ沢山塩, ぬれたくつ, のぼって, はすかい, はるばる東海, ひっぱった, ひどく皮膚, びっしり髯, ふつと, ふと打つ, ぶつぶつ呟い, ほして, ぽかんとし, またすぐ, また凍った, また歯, まだいくら, まるでゴッタ, みずから縊れ, みたら一時間, みましても, みるまでも, むしり始めたもの, もう一度自分, もとどおりに, もらいました, もんを, やったよう, やって来ました, ややしばし佇ん, やりそこ, やりたかつた, やりゃ女, やるので, やれとは, ゆく兵, ゆっくり問答, よいやら, よく筌, よじのぼるしかけ, わが眺め, われ, ゐたまひ, ゐた土地, ゐた老, ゐながら, ゐるかも, ゐるガマ口, ゐる場所, ゐる様, ゐる見たいな, ゐる頭髮, エッベと, ガタ, グイグイと, サックリ木刀で, シチューされた, スパセニアが, タバコの, トーマスは, ハタと, パリまで, フと, ヘクトール我を, マスクを, モスク, ライターの, ワリワリワリドカンと, 一ノ宮へ, 一処浦の, 一寸の, 一日中遊ばせ, 一渡り麻布を, 一行の, 丁度ぶらんこ, 三千両ほども, 三浦老人は, 上げるよ, 下さいと, 下さらないの, 下すったら, 不幸な, 両脚を, 丸くしゃがみ込ん, 乗車を, 了う, 二カ月間悪, 二十五六の, 二町計りの, 五十分間も, 亭主と, 人道主義者の, 今月いっぱい帰らない, 付け髭を, 伊勢参宮を, 伸び上がった, 体験し, 何やら池, 何處へ, 使の, 信じ思ふところ, 借金も, 僅か一ヵ年間, 充分手玉, 入れて, 八方に, 其上に, 写した, 凱旋祭の, 出たの, 出戦, 分布し, 別れて, 前面幾つもの, 助走する, 勝負の, 十五六軒も, 半分お, 南縁から, 去定, 又何, 又追って, 受けて, 叱る様, 同人雑誌で, 向島の, 呉へ, 呶鳴っ, 咽喉と, 問うなどと, 喰ふ, 四五日の, 困る, 土足の, 城を, 塀に, 変に, 外側へ, 大きい蓮池, 大きな袂, 大島バクハツか, 大阪冬の, 太田弥兵衛が, 奥羽行脚を, 女湯の, 始末し, 存分に, 宝市の, 室町時代の, 密と, 寝たり, 實驗し, 小さな本, 小田さんの, 少し休む, 尾上河岸あたりの, 居た穴, 居られその, 居るこの, 居る処, 居る絲瓜, 屋守の, 屹と, 川へ, 巳の, 帰ったという, 平原を, 幾度も, 店頭に, 廻して, 引き倒す, 引っ剥がした, 弘が, 彼らの, 待ち焦れ, 御免下さい, 微笑し, 心當り, 忠相は, 思はず, 急なうごき, 恒雄は, 悪辣に, 愛惜みき, 成仏する, 戸棚の, 手前の, 打微笑み, 折り摺ん, 押えるよう, 押せば, 持ち出したの, 振返つて, 探したらしい, 掻込んだ, 揺り動かした, 放って, 敷居の, 斬つて, 新九郎を, 旋る, 日本艦隊の, 明るい日, 昼間は, 智恵という, 暫らく銘々の, 書物を, 朝茶の, 本子奥さんは, 条野採菊翁に, 来たならば, 来た咳, 来た武者, 来た顔回, 来られるに, 来るトラック, 来る気配, 松だけでも, 柳橋の, 桶の, 棺の, 極く短い, 横山町を, 檜山啓三は, 欺し損じ, 此の, 歩いても, 歸つて來た, 段々内容, 毬栗頭を, 水田と, 江戸方面へ, 沖へ, 泊つて療す, 泥だらけに, 津々と降り積った, 流行ったお召, 消した, 深い皺, 済まないな, 湖水の, 滅多打ちに, 漸く一ぱい, 濕つた徃來に, 灼け燃えるよう, 無抵抗に, 焼けつくよう, 煮くたらかしたかの, 燃料を, 片っ, 物々しい姿, 狂喜の, 猥らな, 玉葱の, 現実的な, 生え際の, 産み落とした筈, 男は, 當時ヨーロツパの, 発売の, 白い屍衣一枚, 白牡丹の, 目当として, 相手を, 真っ黄いろ, 眠るの, 着物に, 短い着物, 破いたばかり, 祈り居り, 私たちみんなで, 稽古した, 突き刺した, 立ちあがると, 立つたまま, 笑って, 答へ, 米友を, 紅雀の, 細雨に, 絵の具箱を, 縁側へ, 繪具箱を, 置いた台, 置く, 美しい顔, 老父の, 聞かせたらうっかり, 肌を, 背戸口から, 腫起りまし, 自分に, 自白させる, 花壇へ, 苦しむること, 茶碗を, 萩の, 蒸し暑い夕なぎ, 薄紅く, 蜂の巣の, 行かざるを, 行きゃせぬわい, 行く必要, 行ったが, 行つた主人が, 行末祝ふ, 裂いたが, 西洋へ, 見たくなった, 見つ, 見よう, 見度, 親戚の, 言はば, 記事の, 詰問に, 誤魔, 諸学者, 豆腐は, 貰ったらどんなに, 贅沢に, 走り出すの, 越年の, 踊って, 身震る, 軽く突く, 追いまくせ, 逃げのびよう, 這い上った, 通れるなら通って, 遊びに, 遠い類似, 部将は, 醫師が, 針を, 錠を, 長く渡っ, 閉めて, 附合せには, 陳宮を, 隱居の, 雨後の, 電気で, 青っぽい廊下草履, 音も, 頻りと, 風合羽の, 飛び降りようと, 食う癖, 食べる贅澤, 餓死するであろう, 駒を, 高らかに, 鰻を, 鷲鼻で, 黒ぐろと

▼ かけ~ (578, 2.4%)

13 原稿を 10 ように 6 ところに, ような, 手紙を 5 ものを, 仕事を, 原稿が, 松の 4 上に, 下から, 小説を

3 [13件] こだ, 人形の, 原稿は, 原稿用紙を, 原稿紙を, 嫌や, 時次郎が, 画を, 絵を, 縫物に, 茶碗を, 酒を, 髪を

2 [36件] ままに, まま開かれ, ものであった, やうな, よろしく遠, スケツチ板を, パンも, パンを, 中へ, 人形が, 使者が, 出る時刻, 原稿の, 原稿や, 原稿用紙に, 垂れた部屋, 子だ, 文章に, 方へ, 松など, 松を, 松鞍かけの, 水の, 煎餅を, 煙草を, 疑念も, 盃を, 答案を, 紙を, 絵は, 肉を, 英作文にも, 茶を, 茶碗や, 袖を, 頃

1 [394件] あの草, あるのに, あるもの, ある水門, ある自動人形, いいの, おとしを, お茶を, お菜を, お道具, かひこ, きかい, くせに, くだらない手紙, けがらわしい特質, ことしな, ことに, ことを, そのふた, そばで, たがた, たまって, ために, たりをのみたれ, ときそれは, ところが, ところ故, ない御方, なま, はしごね, はしを, ひしゃくを, びっくり箱だった, びんかんな稜は, ほうは, ほうへ, ぼつて, ままで, ままよみました, まま卓子の, まま放り出され, まま框へ, むすびを, むれさく花, もじゃもじゃを, ものも, やうに, やつを, よろしく, わる者かなんぞの, を, を抜い, を捨て, アイスコーヒーの, アクアラングを, アンペラの, イナリずしの, ウヰスキーを, オモチャは, カンバスを, カンヴァスとか, ガンドウが, ゲームを, コップを, コルクを, スイッチな, スリルが, スーツの, チョコレートと, デルス, ノーソフが, バイヤバスが, バケモノが, パンよ, パン片手に, フルスカップなどが, ブラウス読みかけ, プウシュキンの, ボタンが, ボタンを, ミロクにも, モスク, モノノケの, ライス・カレエには, ラブレターを, ラヴレーターを, レター紙が, レースで, ローブを, ワイシャツの, 一字だけで, 一本の, 一枚は, 一種と, 上げ壺を, 上には, 上の, 上まで, 下に, 下駄を, 丹前茶いろ, 丼の, 九月七日頃から, 事に, 五布蒲團を, 人を, 人家が, 人形を, 仕事しまう, 仕事などが, 仕事に, 仕事も, 仕事や, 仕事即ち, 仕返しを, 仮面を, 件あなたも, 伝説を, 何かの, 作り物です, 作品が, 作品を, 使いに, 兄い, 先の, 刀までが, 利かない古, 前で, 半分にも, 半襟なぞが, 半襟を, 単衣, 卷烟草を, 卷紙に, 原稿と, 原稿などを, 原稿紙が, 原稿紙に, 口か, 口が, 口で, 口では, 口鬚でも, 古けっとの, 向日葵の, 噴水が, 四軒長屋の, 土木工事が, 地下工事場の, 地蔵に, 坑道の, 垂り, 堀端へ, 堤を, 墨が, 外が, 大きなフールスカップ, 大きな戸, 大きな鉄の, 大蛇は, 太陽が, 女である, 婦人帽の, 嬰児帽が, 子だって, 子供な, 子供の, 子熊, 家に, 小さいの, 小さくくずれる, 小屋が, 小屋を, 小説, 小説すら, 小説原稿を, 崖の, 工合を, 巻煙草は, 巻煙草を, 布が, 布を, 帯封が, 干し藷, 形で, 彫金下絵へ, 役まで, 後に, 復旧から, 徳利, 急使を, 恐怖事件であっ, 房に, 手紙が, 手紙の, 手繰りに, 手足などが, 手鞠が, 折り目の, 抽斗へ, 文句を, 文章が, 文章を, 旅人が, 日蓮の, 星が, 星座表が, 時が, 時の, 時分の, 時次郎, 時次郎てめえも, 時次郎という, 時計の, 暗さ, 書きもの, 書簡箋手すき紙の, 書類から, 月に, 月の, 月は, 月光や, 朝飯を, 木が, 木がた, 木によ, 木は, 木片を, 材料を, 村は, 松, 松と, 林檎や, 林檎一個が, 枝に, 枝には, 桜を, 椀, 標本を, 機械の, 機械も, 歯型が, 残したお菜, 毛布に, 毛糸の, 気の, 水彩画を, 水彩畫を, 氷の, 泥の, 泥炭にな, 洗ひざらした, 海苔畳み, 海苔畳み折っ, 滝を, 漸, 火が, 炭を, 炭車を, 煎餅は, 煙草の, 熱い熔岩, 燒芋を, 爆発薬を, 爲事を, 猿は, 玉子色の, 玩具と, 珠数を, 瓢箪の, 生花月並の, 画面を, 発火器を, 皿などが, 皿を, 盃の, 目まで, 眼覚時計に, 着物を, 石鹸や, 碁盤に, 碁譜が, 穴に, 窓だけは, 立派な, 竹竿に, 箱を, 米の, 糞の, 糸の, 糸を, 紅皿が, 紅茶を, 細道が, 経文に, 絨毯を, 絵の, 絵へ, 絵も, 絹やら, 綴れの, 緑色の, 繪の, 繪を, 繪筆も, 老人の, 肖像画が, 胡瓜さえ, 胡瓜さへ, 自伝の, 自分の, 自画像で, 色ある, 芝居に, 芝草が, 花, 花活に, 芽生えの, 茶碗と, 草鞋がの, 莫迦, 菓子パンを, 落とし穴だ, 著述が, 蔭に, 薊の, 蛙に, 蜆汁を, 蝋燭を, 装置こそ, 製粉所の, 見巡り, 親子丼に, 観音像を, 記録が, 訳詩を, 詩の, 話を, 豊麗な, 象牙が, 貧乏徳利が, 赤と, 赤黒の, 農村にまで, 農村へ, 部分が, 部分を, 酒が, 金具が, 金属片は, 針が, 錠を, 鏡の, 鑪の, 長いの, 長い手紙, 長篇が, 長篇の, 長篇小説と, 長篇小説の, 長篇評論の, 長靴下が, 間に, 陰に, 障子の, 雪, 雪丘の, 雲が, 霊香薫ずべき, 非常ば, 靴下を, 韈を, 頁へ, 頭髪の, 風景画を, 風景畫を, 風邪よろしく, 飯の, 飯を, 飴玉を, 餅が, 餡ころだの, 餡ぱんを, 馬の, 鬼灯なんか, 鯰を, 鳥の, 鳥も, 鳥を, 鶏舎が, 鷄舍が, 麥煎餅の, 麦煎餅の, 黒い線

▼ かけながら~ (538, 2.3%)

10 言った 6 云った 3 咄嗟に, 声を, 彼女の, 私は, 立って, 言つた

2 [29件] いった, うしろを, その儘硬直, その少女, それを, ひろ子は, ふといつもの, よく見る, 一語も, 二人の, 二階の, 云う, 伸子が, 信一郎は, 優しく訊いた, 入って, 大股に, 帰る事, 廊下を, 彼は, 慰め顔に, 無造作に, 答えました, 自分の, 自分は, 訊いた, 金物の, 障子を, 顔を

1 [446件] あらためてつくづくと, あれから, いいました, いかにも珍奇, いきなり話し出す, いっぱいに, いつしかうとうとと, いつた, いつのまにか死人形, いまも, うしろの, うっすり流れ出した, うながしました, うんお前, おいしい肉片, おかみが, およそ一時間半, お照, お縫, お隣の, かう信子, かん高く叫んだ, がらりと, きいた, こう話し, ここを, こちらを, こっちを, これも, こわらしい顔, こんなに遅く, ごくり, さっさと伝馬町, さっそうとし, さっと引き, さっと韓嵩, しかし声, しきり, しきりに遠吠え, しばらく世間話, しゃなしゃなと, じっと考えこん, じゃん拳を, じやん拳, じりじりと, すぐ傍, すこし離れ, するめ, するり, ずいとくぐりぬけ, ずかずかはいっ, ずっと玄関, せいせい言っ, せつせ, せわしく立働く, そういう, そうして若い, そうなる, そこに, そそくさと, そっと内, そのほう, その中, その堀久太郎, その指先きが, その男, その眼, その鈍二兵衛, それが, そんな空想, たたずんで, ただ逃げ出さう, ただ逃げ出そう, だ, ちょいと, ちょうど出かけよう, ちょっとばかり, ちょっと米友, ちょっと言葉, ちょっと首, ちよつと, ちらちらし, つ, ついて, つい送つ, てれかくし, とぎれとぎれに, どなった, どんどん玄関, なおあと, なぎさ, にたにたと, にやにや笑っ, にやにや笑つて, ひと足ひと足と, ひょいと角, ひろ子が, ふくふくと, ふとおもいつい, ふとすれちがっ, ふふん, ぼんやりアンデルセン, またしずか, また二人, また別れ, また立ちどまった, まるで後見, もうとても自分, もしその, やっとの, やっと自分, ゆき子は, ゆっくりあけ, ゆるやかに, より添った, れんげ草の, わが物顔に, わざと, わざわざ友達, エヂプトの, カラス面の, クタクタの, クナアク先生が, ズーと, ソロッと, ダルクローゼ体操を, チビリチビリと, チョイチョイチョイと, テーブルの, ナターシャは, フェルフィーチキンは, ベンチから, ペンを, ボンヤリと, ポケットの, ヨシ子さんの, 一パイに, 一同に, 一方私, 一段ずつ, 一生の, 上から, 上げ鬢の, 下座に, 下流の, 不図, 不意に, 両手で, 並んで, 主人に, 云ったが, 云つた, 京都に, 人が, 人ごみの, 今にも階段, 今夜の, 仰る, 仲居は, 伊賀方面を, 伸子は, 体を, 何で薄情, 何ともわけ, 何の, 何時の間にか往来, 來る, 傍へ, 傘を, 傲然と, 僅かに, 働いて, 僕は, 元気を, 兄さんに, 兄の, 先ず青木, 兎の, 六十近くな, 冗談の, 冷水摩擦が, 出刃庖丁の, 切れ目の, 初めて会心, 初めて嗚咽, 初めは, 初瀬は, 前より, 副院長, 努力で, 勝手口から, 医師に, 十九日の, 半ばは, 半ば往来の, 半七, 半七郎, 半面には, 又もと, 又候あれこれ, 又八が, 又八は, 又太郎, 叔父の, 口の, 口汚なく挑みかかりました, 右手の, 右門は, 向うでは, 喚叫し, 喜三郎の, 器用に, 噪いで, 四方山の, 土間の, 垂直に, 執拗い, 堂上の, 境内を, 変な, 外に, 大声に, 大岡越前は, 大島司法主任は, 大廊下, 夫が, 女の子の, 女は, 如何にも, 子供らしい, 学課を, 宇治は, 室の, 家の, 寝た草花, 寿平次は, 将曹, 小茶ちゃん, 少しく前, 少しばかり, 尚ほ, 屏風を, 山の寺へ, 岸本の, 川下の, 左の, 左へ, 左手に, 左衛門橋の, 平次, 幾度にも, 店員の, 店屋の, 座敷に, 座蒲団の, 庭の, 庵の, 引き廻しの, 引き戻さうと, 強い信念, 強火で, 彼女に, 彼等は, 後ろが, 後を, 心の, 忙しさうに, 思わず笑った, 急に, 恩を, 悠然として, 感激で, 懇願した, 我が艦上機, 扉を, 手に, 手を, 手下の, 挨拶した, 振りむく, 振り向いた, 振り袖の, 振り返って, 振り返りました, 振向いて, 揺られて, 故人の, 教壇へ, 文句も, 新しい麻裏ぞうり, 新たな, 方々を, 旦那は, 早う雪どの, 早や, 明かるい, 明智の, 暇さえ, 暫らく踏みとどま, 松浦頼母の, 栄介は, 格子先に, 梯子段から, 此方に, 武士の, 歩いた, 歩いても, 歩み寄って, 段々に, 段梯子を, 気付を, 水に, 水面の, 沖を, 泉水池庭を, 注意ぶ, 浪々の, 涼み台に, 深水の, 渡るの, 湧き立って, 湯殿の, 漕ぎ始めた, 濃い房, 瀬川が, 炭酸水を, 焼きます, 燃えて, 物々しい衣ずれ, 犬が, 犬の, 猿の, 玄関を, 珠数屋の, 現はれる, 現れた良人, 甥の, 異常な, 白麻の, 皆は, 皮肉な, 目を, 眠って, 眼を, 着々と, 矢張り慌た, 矢張り私と, 知りたがって, 知人から, 短く彼女, 短冊や, 石碑の, 砂の, 祖母に, 私の, 私を, 空想した, 窓から, 窓ぎわに, 立ち上がって, 立った, 立つて, 筏を, 答えた, 答へ, 紀子が, 素氣なく, 組立艀の, 続いた, 練吉は, 縊死を, 罵るその, 考えた, 肩で, 胸壁へ, 臍の, 自分たち二人と, 自分自身に, 自動車を, 艶かしい, 苛, 茫然と, 荒あらしくそれ, 葎の, 薄恕一, 薄暗がりに, 蜂谷は, 表門の, 袖口で, 裏の, 襟く, 西へ, 言う, 訊きました, 訊くと, 訊ねた, 証跡収集に, 話して, 話の, 話仲間に, 読経いたしましょう, 謙造は, 豆太郎は, 走り出した, 走り込んで, 起きあがつて塵, 起き返って, 足を, 足早に, 身を, 軒の, 近づいて, 近よっ, 近付きやはり, 近寄った, 近寄って, 這ひ, 這入って, 進行する, 鄭寧に, 釣るが, 銀煙管で, 錯乱した, 長くのばした, 門を, 開こうと, 降りた, 隊伍堂々, 隣の, 雨の, 電話室にと, 青柳は, 静かに, 面当, 面白がっ, 鞭を, 音叉を, 顔は, 顫え, 顫える, 駈けて, 體操を, 鮫鞘の, 鮮かに, 黒い法衣, 黙って

▼ かけての~ (429, 1.8%)

3 一面の, 噂に, 間を

2 [26件] ことであった, 一帯の, 低い山脈, 円み畳附の, 句である, 多数の, 大飢饉, 実験です, 尾根, 尾根尾根にも, 幽邃な, 彼に, 旅を, 植物界の, 民家の, 浴客を, 火事で, 皮膚, 祝言ばかりを, 神事では, 線である, 肉の, 若い男, 諸藩, 赤痣は, 間が

1 [368件] あたたかいお, あの血汐, あわただしい時代, いやな, いろいろな, うすい痣, おびただしいこまかい決闘, おもな, お継ぎ所, お頼み, お願いです, かがやかしかった, かっちりと, ことである, ことらしい, ころだった, さまざまの, なよやかな, まだない, まる一ヶ月, もので, ような, わずか数日間, ギヤムブルがは, シェークスピアの, シナ文化の, スミレの, バクチじゃ, パトロンでは, ブラブラ病ひで酒といふ, ブリッと, 一帯東海岸は, 一筋の, 一部分を, 三年を, 下つ, 不景気は, 丸一ヶ年の, 丸味が, 乱世に, 争いが, 事だ, 事である, 事を, 事実は, 二三篇, 二十年であった, 二回の, 五年間二十五編の, 交歓場と, 人ごみの, 人の, 人出は, 人氣を, 今の, 仏教美術特に, 仕事かならず, 仕事が, 以前の, 伝説が, 伸縮であった, 低地から, 佐竹一帯の, 作である, 作品で, 作品である, 作者の, 信心は, 修復で, 修法, 偉人たちは, 傷の, 光景も, 公表な, 具合剃り毀つ, 冬枯れには, 凄まじい斑點, 凝脂の, 出来事を, 刀痕だった, 切疵, 刻んだよう, 創が, 努力が, 南欧の, 南風が, 参詣を, 叔父の, 史上の, 名与力, 名所を, 和と, 唐の, 噂が, 四ヵ月間の, 回数徒等に, 固めを, 地方の, 地盤は, 坂徑の, 埃を, 堀端には, 堅気の, 堅氣の, 場面だ, 塔の, 塩じゃけの, 境遇が, 変遷は, 夜ハンブルクから, 夜景など, 夜更けで, 夜死人は, 大事な, 大事業, 大人物の, 大和路は, 大小諸藩, 大復讐, 大捜索, 大洪水, 大火傷, 大為事, 大通などは, 天地が, 契りまで, 妙技無用主義ジャズ, 季節を, 宮川は, 家々の, 宿, 密貿易たちの, 寺町では, 対称的な, 対話, 少部分, 屋外労働者の, 屋根, 屋根の, 山々には, 山と, 山上へ, 崎嶇たる, 市街が, 幕末風景と, 平田門人らとも, 平田門人を, 平野は, 平野地方, 幻術横行時代においては, 幾人もの, 幾年かに, 広つ, 弟子だけでも, 形に, 彼の, 後ろ姿にも, 御申込み, 御精進, 心の, 恋なら, 恋中に, 恋人である, 恐ろしい世, 悩みを, 悪性感冒の, 惡い, 意気込みも, 愛だの, 慰労の, 成功者として, 戦争などで, 手の, 手堅い力, 打身の, 折ほど, 抛物線と, 政変の, 数年を, 数日間の, 文学には, 斑鳩の, 斑點が, 斜一文字で, 新田には, 新緑は, 旅は, 旅時もちや, 旅行も, 旅路とは, 日夜行に, 日本海側は, 日盛に, 旦那衆には, 早稻田, 明治中葉期の, 春祭りである, 時代が, 時代だけ, 時代である, 時代には, 時分母は, 時期と, 時間には, 普通品で, 景色を, 暴風雨の, 曠野の, 曲線と, 曲線などは, 曲線の, 曲線は, 最初の, 月も, 期間が, 木更津は, 木曾街道筋には, 東京の, 東山の, 柔い, 柔かくゆたか, 柔らかい曲線, 柔和な, 棟つ, 森の, 植物の, 横顔の, 櫓, 武田上杉北条その他の, 殷賑街のみに, 毛は, 気候が, 気持を, 気苦労の, 汗を, 江戸, 波打際と, 洋袴は, 海である, 海の, 海上に, 海岸の, 深い傷, 深い汐煙, 清らかさや, 清らかな, 渺茫と, 演奏では, 激しい歴史, 濡れたよう, 火傷などを, 火傷や, 火山の, 灯も, 烈しい不摂生, 照りふつくり, 燦然たる, 片側と, 物持で, 物持として, 狂信者で, 狂恋, 玩具屋にも, 生田の, 町, 疲れが, 痣が, 痴話喧嘩が, 発行もので, 白, 白山一華の, 百年間あまりが, 百舌鳥精進の, 皮膚が, 皮膚の, 皮膚ふっくら, 盛り場に, 眞晝の, 眺め広重が, 眺望で, 眺望を, 短い髭, 祝宴だった, 種々の, 空が, 空に, 笹村の, 素間抜け野郎で, 結合を, 線でした, 線など, 線の, 線を, 縦の, 美しい曲線, 美しい線, 肉つきという, 肉づき, 肉づけ, 肉に, 胆吹の, 胡地の, 自分の, 自然主義文学の, 航海者の, 良い店, 色々の, 芭蕉には, 苦鬪によ, 荒い瀬戸, 藝術, 血しおで, 行事である, 袈裟がけ斜一文字の, 西洋の, 西洋美術と, 見付きを, 見学を, 角屋敷で, 記憶が, 記憶の, 記録で, 記録を, 評判です, 詩壇全, 誠実ひれきし, 論争の, 諸々の, 諸仏像, 講談落語界には, 谷間には, 谷間の, 貴族は, 赤城が, 輪廓が, 輪郭と, 迎えを, 迎ひ, 近代日本文学の, 近年の, 通りお, 運河の, 遠山の, 部落は, 野原では, 鏑木さんの, 長い歳月, 間で, 阿漕ヶ浦は, 雨上りの, 雨宿り, 雨期を, 雪の, 霖雨は, 青年期の, 面影が, 頃であった, 頃には, 頃は, 頼母への, 飢饉である, 騒ぎは, 骨ぐみに, 骨も, 高原を, 高地の, 鬚髯は, 鳥形は

▼ かけたり~ (373, 1.6%)

63 して 27 した 8 する 4 した人たち, するの, どの人も 3 しては, すること, するよう

2 [15件] しが, したが, しました, しましたが, します, すると, するので, する時, はずしたり, 人を, 夜も, 巻煙草の, 立ったり, 腕を, 髪を

1 [224件] あきらめたり, あせつたりは, あっちこっちから, あるいたり, あるいは, あるいはすでに, あるいは突然, いたずらっ子は, いったいなん, いろいろの, いろいろ仕度しなく, うなずいて, おほさ, お世話に, お咲, お茶を, かくれんぼし, かけもどったり, かけられたりさ, かざして, くだんの, この世には, さう, さうでない, しことに, しその, したこと, したの, したへや, したを, した人達, した人間, した者, してから, してるうち大西, しないで, しなければ, しなさる, しに, しはじめたの, しますさかい, しやしまいし, し始めた, するかい, するのみ, するほか, するもの, するん, する場面, する婆娑羅, する気, する演習, する病状, する自分, そうして彫る, その肩, その辺, その鍵, その黒い, それを, そんなだいそれた芸当, そんなにまで, たたみもの, つかいを, つまらぬこと, ときには, なさる方, なすったこと, なすったとき, なぞし, なぞ致しました, なよなよしい, のろしを, ひもを, ぶら下げたり, ほかの, ぼんやりセーヌ河畔, またがったり, また冷まし, また参詣人, また手紙, また監督, また親切, まだ独身, まつかさを, まる一日, みんな馬の, むしったお, ゆいわ, わざと喉, わざと土塊, コーヒーの, サッと逃げ, ダームの, ナイフを, ネクタイに, ネクタイを, ブラブラ歩い, メリケン粉を, 一種の, 万国労働歌を, 三勝半七酒屋の, 上塗りする, 下の, 中に, 乳鉢を, 二階から, 人間わざでない, 佇んだり, 何か, 使を, 側近く, 僕宛ての, 光りの, 入れた足, 別離を, 割れたり, 包帯し, 十八世紀風の, 又そう, 又或, 口の, 口約束ばかり, 古新聞, 叱るよう, 各室を, 吸入し, 呉服反物を, 問題に, 喞筒を, 地謡を, 声を, 外したり, 大騒ぎを, 女の子が, 宵の, 寝台車へ, 寢室に, 屋根に, 巫山け, 庭を, 後方を, 怒ったり, 怒つたり, 怪しいこと, 悪人共と, 慣れ慣れしく動作, 或いは紙, 或は手, 手で, 手紙を, 指が, 掃除し, 散々退屈し, 数珠梯子を, 新聞に, 早足の, 時には立った, 時に微笑み, 本を, 机の, 林冲が, 格子を, 椅子の, 椅子を, 業平忌, 楽書を, 横槍を, 止めたり, 死んだあと, 水を, 河の, 活動写真を, 流石の, 火を, 焼いたり, 燃え上ったり, 片附け, 物指で, 瑠美子を, 田中家の, 白眼に, 目くばせし, 知らない人間, 石を, 砂利道掃い, 磨きを, 祖師様の, 秋山家, 突いた玉, 突っかかって, 粉を, 糸子の, 素手で, 紹介の, 絵草子屋に, 腕の, 腹這に, 自分でも, 自分を, 自動車を, 花櫛が, 茶を, 莚で, 蒲団を, 袖口に, 見廻りに, 解いたり, 警視庁の, 踵の, 蹲んだり, 迷惑を, 追はれ, 酒の, 醤油を, 陽に, 雪洞を, 露骨に, 風呂場で, 鶯籠やら, 黒いマント, 黒い眼鏡, 黒絹の, 黴の

▼ かけては~ (331, 1.4%)

4 ならぬ 3 いけない, むやみに, 大溝, 突羽根の, 置いたけれど

2 [18件] いけないと, いけません, いたが, いなかった, いるが, それを, なりません, なりませんよ, 人の, 何千とも, 全く沸, 弾くと, 恐ろしく淋しい, 水に, 消えまた, 済まないと, 済みません, 非常に

1 [276件] あいならんぞ, いけないもの, いけないよ, いけない明日, いけぬから, いけませんよ, いけん, いた, いたけれども, いつて, いつの間にか消える, いても, いないだろうからね, いやよ, いや何, いると, いろいろ良人, いわゆる奥地, おけませんね, かなりに, かなり居るらしく, くしゃくしゃに, くしや, くれない, くれなかった, くれなかったの, くれぬ, くれまいか, こがしとうとう, こき下しこき下して, こなかった, この国, この雨, こまるから, こわれて, こわれまとまり, さかなの, さすって, さすつて, すぐ後, すとんす, すまないから, すまないからね, すまん, すみません, すむまい, その絶頂, そろそろ縁日, ぞくぞくお, たくさんな, ただ漠々, ただ黒く, ためらった, とうとうこれ, ない, ならない, ならないという, ならなかった, ならぬぞ, ならぬと, ならんからな, ならんぞ, なりませぬ, なりません詞, なるまい, なれとも, ねること, はらりと落ちる, ぶつり, べつだん雨風, まことに済まんが, また, またあと, またうっとり, またもやなんともかとも, またやめた, また下へ, また先, また腰, また諸方, また黙っ, みたが, めずらしいほど, めまぐるしいほどの, もうお, もう夏草, もう少し, ものの, よく立話, よく降った, よろ, ゐなかつた, ゐるん, アメノウオまたは, アメリカ漁夫たちが, キット直方へ, ゴロットホーコーと, ジャックリーヌを, ロダンの, 一と, 一層壮観, 一度私, 一望広闊な, 一杯一杯泥を, 一流の, 一般に, 一面に, 一面の, 下に, 下水の, 主として二十尺前後, 主人の, 二人で, 二人の, 二階が, 仕事を, 他の, 低地に, 体と, 何か, 何かしらバタバタと, 何千本という, 何遍夢に, 僕と, 光り光っては, 全島ジャングルである, 冬の, 出憎い, 出来が, 到頭七里ヶ浜, 刻々と, 削り鑿, 前に, 前者が, 割合に, 南京虫に, 取りつきかかる正雄, 唇を, 四人か, 堀と, 堂本が, 堺の, 塔同様洋式建築のも, 大きな凧, 大変な, 大高原, 太子讃仰の, 導師以下の, 小作人が, 屁古垂れさせられ, 山と, 山女魚専門の, 山家らしい, 山川家の, 岩銀杏を, 岸本に, 岸本の, 巡査も, 差し控えて, 席次に, 幾多の, 幾度母の, 広々と, 広袤千里, 床に, 床の, 引きよせた, 引張られるので, 引返した, 彼も, 後を, 後生が, 御病気, 復た, 心を, 必ず僕, 忘れられて, 忘れられやきもき, 恐縮です, 悪いと, 悪いの, 所長の, 既に織物, 日本海から, 早や, 明け方までに, 明治文学者の, 昔から, 昔の, 時代錯誤だの, 最も進歩, 木綿問屋の, 本家の, 李の, 来たし風, 来ないで, 板の間を, 樹木に, 止めて, 殊にどの, 沢山に, 泣き泣いては, 泥棒の, 泥濘高下駄を, 海苔を, 消えて, 済ませぬ故, 済まぬ, 済まぬ自分, 済まねえ, 済まねえし, 済まん, 済みませんから, 済みませんけれど, 漸っと, 火災を, 熱心な, 特に急坂, 犬や, 申しわけが, 申し訳が, 申訳が, 男が, 町から, 登りな, 皆様にも, 皺を, 相済まぬ, 相済まん, 真白な, 破りしだいに, 破片岩の, 神經痛への, 立役畠では, 精神的文化の, 紀州尾州ご両, 結局十二日間見物し, 絡みつけられ果て, 総ての, 置きませんいずれ, 義清いかに, 羽搏き出される, 考えるべきこと, 聴いて, 肺炎カタルで, 脣を, 臺地也, 花も, 落ちる, 街は, 街を, 衣服の, 見たん, 見る見る間に魚籠, 計らずしっぽ, 誘拐や, 諸大名, 躊躇した, 逃がすお, 途中から, 途中で, 遠回しに, 錢形の, 長い雪田, 降って, 雨が, 雪子も, 雪解け水の, 面倒に, 顫える, 風が, 飲み飲みして, 駄目です, 高等尋常の, 魯達こそ, 鮎の

▼ かけても~ (311, 1.3%)

10 返事も 6 返事が 5 ようございます 4 返事を 3 一代さう, 彼は, 町に, 誰も

2 [19件] あなたは, いい, いいの, お前は, かけても, ただ, なかりき, なんの, やはり黙っ, 他人は, 同じこと, 彼女は, 惜しくない, 比ぶべき, 消されない火, 済まないから, 直ぐ尽きる, 答えない以上, 結構です

1 [236件] あたりは, あはう, ある判切, あんた取合わず, い, いいし, いいです, いいと, いいよう, いけませんか, いっこう返事, いのちを, うるさそう, お庄, かけないでも, かの女, かまいませんか, かまわないじゃ, き, くるし, このよう, この滔々, これは, これや, こんな大事, しらん顔, すぐ流され, すねたよう, すまないし, すまないと, せつないで, その内, その口, その媒溶劑, その流れ, その電流, それこそ, それを, たたかいを, だ, だめだ, だめで, だめです, つかまへること, ときどきいない, なお結構, ならぬし, なんとか口実, はっきりした, はなはだしい見当ちがい, ひりひりする, ふたたびたがい, ふりむきも, またぴしゃり, また近, まだことほぎ, まだすっかり身仕舞, まだは, まだ嬉し, まだ直らない, まるでつんぼ, もう返辞, もう遅い, やるかな, よいでは, よいはず, よかったろう, よかろう, よかろうに, よく消化, よしモット上等, よし外, よろしいから, ろくろく返事, ゐるし, ガラガラと, コツプでなく, スラリと, ダメ, ハルクは, ピョートルは, ペンが, 一メートルも, 一代そう, 一向に取合わない, 一度はしゃい, 一心に窓際, 一生さうし, 上れず枯れるそば, 下さらなかったじゃ, 不可ません, 不調和な, 並ぶ者, 二人の, 二度とここ, 人魚は, 何が, 何一つ本当につかむ, 偽は, 偽病を, 僕は, 先方は, 全然ムダ, 其書い, 内には, 冬の, 出て, 分れへ, 到る処, 勤王の, 北畠顕家の, 十分間ぐらい, 南京は, 博士は, 危くない, 及ばないこと, 及ばないところ, 及ぶまい人物, 反応が, 口実を, 同様だった, 吐きそう, 君は, 喉を, 噂に, 坊さんは, 壊れそう, 外しても, 夢中で, 太い皺, 奥に, 女絵師に, 好い街, 妻は, 娘は, 守って, 客の, 家一軒は, 寂と, 将来に, 少し微笑ん, 差支い, 帰って, 幕政に, 平家の, 平田は, 幸子は, 引き止めたい, 当分はげ, 彼等の, 御免蒙りましょう, 復一から, 必ずあいつ, 志を, 思ひよらざりしを, 思ひ寄らざりしを, 思わない, 思わぬ, 息が, 承知するこっ, 指折りの, 探さなければ, 揉み上げに, 春一が, 昼の, 暫くは, 有ろう筈, 望みえず, 来て, 来る, 枕元なる, 構いません, 構わないが, 気の, 気付くふう, 決して子, 決して快く, 炉へ, 無いそう, 無駄だ, 番場までは, 異様な, 相当です, 相手に, 相手は, 眉根一つ動かさなかった, 矢ツ張り, 知らぬ顔し, 知らん顔を, 砦の, 穴を, 窕子はた, 答えは, 答える者, 紫の, 細くなっ, 結構で, 縁先でも, 縮小する, 美和子は, 耳に, 聞えないよう, 脱されたころ, 自分は, 自村, 船が, 良いもの, 落ちたから, 薄く截っ, 行くもの, 袋づつみに将門を, 見ましたが, 見出されない, 言い分は, 言葉だけの, 評判が, 詰らないと, 誰れ, 起きて, 趣味を, 足りん, 身じろぎも, 車輪が, 返事一つしなかった, 返辞を, 通じなかったの, 配電盤の, 醒めない, 釣り場は, 開くん, 離れない, 面会に, 顫った, 飽き足らぬと, 驚く樣子, 黙って

▼ かけ~ (296, 1.2%)

6 のよう 4 が落ち, を, を拾っ 3 が, ではない, のこと, もない, を持っ

2 [13件] がある, がはいっ, が風, だの枯れた, なの, に船虫, の上, の中, の埋もれ, もなかっ, もながれ, を口, を持ち

1 [237件] かも知れない, からはズボン, から尚も, から相手, があつ, がいつ, がう, がかすか, ががらがら, がくずれ, がくちびる, がくつ, がごつ, がごろごろ, がさらさら, がずいぶん, がそそぐ, がその, がだらし, がだんだん, がとびちり, がどんなちいさな, がはこの, がひとつ, がぶっつかった, がアルキシー, がブロズキー, が一つ, が一方, が一番, が云いたかった, が今朝, が包ん, が右手, が壁, が大した, が小さい, が小屋, が山, が床, が忽ち, が植えつけ, が沢山, が海, が満員, が溶けかけ, が潮, が無, が無数, が産んだ, が白く, が道, が隠れ, が雪, が飛んだ, こぼれた酒, すら私, そんなもの, だ, だけで, だったの, だの何処, だの炭俵, だろう, で, であった, であっても, でありました, である, であろうと, でかみ, でその, ではなく, でめがね, でも, でもある, でもあろまい, でもいい, でもがのこっ, でも何, でも噛む, でも恵ん, でも見つけられ, でも閃いた, で一面, で寒山拾得, で急い, で手, で日光, とひょう, とまっ白, と一口, と同じ, と水銀, と覚しい, どころか地球, など, などくれる, などを並べ, などを少し, などを店さき, などを適宜, なのに, なん, にすがっ, になり, になれ, には恐しく, にまじりこん, にもかけず, にわれ, に御, に盛っ, に目, に磯, に羊, に過ぎなかった, に食い込んだ, の, のさせる, のせい, のそば, のほ, のやう, のスイートピー, のスウィートピー, の一つ, の他, の側, の小さい, の層, の方, の歴史, の浮いた, の系列, はいわば, はここ, はせいぜい, はつめたい, はどこ, はめたよう, は八方, は床, は永遠, は湿っ, ばかりで, ばかりの畑, までごく, まで純粋, みたよう, もて, もはいらなかった, も出, も影, も心, も残, も見当り, やこな, やこぼれ, やこわれた, やしんぞう, やはんけち, やら見分け, や砂, や硅石, や硫黄, や箭, や講義, や鉛筆, る, るべき木, るると, るるに, るるには, るる人, るる分, をお, をかの, をぎゅっと, をさがしはじめる, をすこし, をそ, をそっと, をちらちら, をつかん, をつまみあげ, をとりあげ, をとりだす, をなくなし, をのぞいた, をひとつ, をひろいあつめ, をひろはん, をふみ燃えあがる, をまき, をもっ, をも見のがすまい, をゆか, をパン切れ, を一つ, を交えた, を交へた程度, を何, を全部, を力まかせ, を取り出し, を取り落しました, を噛, を坂野, を大切, を得る, を抓み上げ, を投げ入れる, を拾, を拾い, を拾いあつめ, を指紋, を捜し, を搗き砕い, を木, を浴びました, を漆喰, を穴蔵, を空想, を細分, を見, を見つけ, を請求, を足もと, を返し, を道ばた, を集める, を頭, を飛ばし, を飛ばす, を食わし, を齧りつくし

▼ かけ~ (292, 1.2%)

22 して 19 なって 4 行って 3 いったの, 出したの, 平次は, 持って, 立って, 行った

2 [13件] いくの, かけた, かけて, なるなんて, 出て, 大人も, 彼は, 手綱を, 来た, 行きます, 行くの, 負って, 顔を

1 [203件] あった白地, あらたまって, いくよう, いたずらの, いちどに笑い出した, いった, いったこと, いったとき, いった刑事, いって, いつもなく, おでかけん, お先へ, お十夜, お米, お鈴, かかったまま, かかりましたところ, かけた外套, かねて, かねてからの, からだを, きたためし, きたサロン, きりりと結んだ, くる, くるかと, けり, こう小さい, この殺し, さう, さした, さわって, したくなりましたのに, しなければ, し涙, するつもり, するほどの, する女, ずらして, ずらりと山高帽, そちが, その日, たちまち呼応, だらりと, なった, なったなんて, なっためし茶碗, なつた, なつて, なりそれ以来, なりたくて, なります, なりますこと, なるが, なんかなつ, はずんだ語勢, びっくりし, ほこら回り, ほしいと, ほんたう, ほんとに連れ, またがらうと, みる, みんないそがしく, もつと, ゃあなるまいなあ, やってきたの, やっと一人, ゆかうと, ゆく, ゆくには, わざと強く, フト電柱に, 一つ江戸へ, 一寸出, 一寸門まで, 一層不平, 一文字の, 一行は, 一足店の, 一遍会った, 上つたんです, 下へ, 主人に, 主人の, 乗せて, 二人の, 五分四方くらゐ, 人間らしい口数, 今度は, 仰ぎながら, 伝七郎は, 佛法僧は, 作り芝口, 使は, 來た, 信吉は, 借部屋, 停った時, 傷痕らしい, 其當時一緒に, 再び住居, 凭れかかって, 出かけた, 出かけなさった留守中, 出した, 出たとき証拠, 出ましたの, 出掛けたの, 切支丹の, 勃凸は, 十二指腸虫の, 千種は, 参った, 参りました, 又一段, 反応し, 取りかからせまする, 四五日ぐっと, 土間を, 大小を, 大變, 富裕の, 寝かせつけた, 山口から, 山口が, 庇の, 廻つた, 思いも, 思ひも, 思ひ切つて座, 怪人の, 恐ろしい勢ひで, 恐ろしい破局, 憎惡, 手を, 打っ棄, 打切って, 投げて, 掛けた, 掛けようと, 摺り延ばして, 支離滅裂な, 断然やめる, 日常生活プログラムの, 曲者は, 来たと, 来たの, 来た湯浅さん, 来て, 来ること, 来る蜂, 案外面倒, 武大さんは, 段々どこ, 殿が, 沢山の, 湯屋の, 源氏は, 砂利で, 私達の, 立ち切られたよう, 立ち寄ったり, 立った, 答へ, 糸子さんが, 結びこまる, 結んだ黒繻子, 腰かけと, 行かなくても, 行きましたが, 行きや, 行くと, 行くにも, 行くよう, 行くん, 行こと, 行ったが, 行ったこと, 行ったもの, 行ったら先, 行っても, 行つた, 行つたのかも, 行つたのを, 行つたようす, 裂けて, 裏口から, 見たところ, 走った, 逃げたい心, 遍く射込ん, 部厚, 部屋を, 銀瓶の, 鍋島勢松倉勢みな追い落された, 長い一筋, 阿修羅の, 隣の, 頭を, 食附い, 駈け出した

▼ かけ~ (176, 0.7%)

5 かけて, して 3 したもん, 作つた籾山半 2 こしら, させて, したん, しても, 出して, 待つて, 拵へ, 羽織らせると

1 [144件] いそいで, うまうまと利用, おろして, お目, かけた四角い, かけた石, かけ茶, かこい芸者買い, かりて, こどもたちに, しこたま掴ませられ, したか, したり, した長椅子, しようか, しようと, しらべたり, じゅうぶん研究, すっかり切りかえ, するくだり, せずには, その上, たたんで, たぬきに, つかんで, つくったの, つくって, つくつたつ, つくつたの, つくつて, つくり気づかせて, つけた人, つけるの, つたの, つて, とって, どう思っ, ぬぎすてるが, はおりました, ひきずったよう, ひろげて, ひろげ食べもの, ふり乱しました, ふるって見, ぷつと掌に, まとった年, みんな口の, もって, もつ, もつて, やって, やること, よういし, わざ, 一つ, 一つづつ取つ, 一つ拾い, 一つ拾ひ, 一寸手で, 一層赤く, 一週間とか, 三四郎の, 上げよう, 上目づかい, 下した硝子窓, 二杯ずつ, 亡くしたところ, 作らせないもの, 作り出す男の子, 作ること, 促した, 内職に, 出来さなければ, 前に, 十枚ばかり, 又かきました, 取りあげて, 取りました, 取り換, 古外套, 含んだまま, 含んだ口, 呼ぶもの, 咽喉に, 喋りながら, 垂らして, 外して, 外しながら, 大急ぎで, 序でに, 度忘れて, 引いて, 引きはなしました, 得たこと, 必ず二三枚, 投げて, 抱かされちまったの, 拵えた訳, 拾つて力一ぱい海の, 持つたか, 持つたり, 持つなんて, 挙げ窓越し, 挟んで, 排する, 掛けて, 敷く余地, 映して, 求めさせそれ, 洩れる太陽, 深うし, 渡す状, 炉の, 片はじ, 着せて, 着た遊女, 着て, 着玉虫色, 知らせる合圖, 示したの, 積み重ねて, 立て, 纒うた尼さんの, 羽織って, 考えたもの, 胸に, 胸の, 舞臺の, 見つけたやう, 見つけた手柄者, 見つけられぬ工風, 見つめて, 見て, 話して, 説明し, 調べなければ, 買った, 起す, 越えて, 随身に, 隠しおく, 頭から, 食べる, 食べると

▼ かけ~ (109, 0.5%)

13 への 9 ねが 5 あって 3 なければ 2 ああいふ, あるの, さがって, ついて, ねが脱, 八厘種ものが, 度々ころがっ

1 [65件] あったっけ, あってね, ありましたが, ありますから, ありません, あり鉄砲, あるに, あるのに, あるはず, あるん, いくつも, いるの, おそいと, お嫂様, お約束, かかって, かけて, さわさわと, して, してないとも, たびたびころがっ, できた, できたやう, なくそれ, なくて, ねがかけられて, ぱたぱた云っ, ぱらりと落ちた, ひの, へがないん, ほどこされて, ほどこして, まちかまえて, よくない, よくに, よつやっ, 一枚置い, 一銭二厘から, 並べて, 丸めて, 乗って, 二杯で, 六つかしくて, 出て, 出来た以上, 出来て, 切れて, 動いた, 動きだしは, 大きな箱, 容易に, 幕の, 悪くって, 散って, 最初でありました, 歌で, 生返事, 着いたという, 與へられた, 見つめて, 起つて, 露路口に, 頓狂声を, 飛ばされました, 飛んで

▼ かけその~ (90, 0.4%)

8 上に 2 そばに, 上から, 下に, 中に, 鍵を

1 [72件] あとに, うへ, おかげで, おくに, かぎは, かわいらしい顔, しなびた顔, そばには, ために, ついでに, つめたい白い雪, ほうの, ま, まえに, まへに, めがねに, エックス・レッグスにかけて, チョコレートが, 一端を, 上の, 上を, 上原作に, 上鼻と, 下から, 下には, 下端に, 丘の, 両端を, 事務室に, 人は, 仕事に, 体から, 傍に, 儘発動機を, 刺戟慾は, 前に, 前の, 勢ひで, 受取り人, 向うの, 外に, 子供の, 屋敷へ, 幾割かを, 影響に, 折孫の, 斬口, 方を, 日のみ, 時に, 時は, 殘り, 気味の, 波は, 火の, 火尻を, 異様なよろこび, 硯の, 空缶を, 結果数名の, 羊皮紙を, 耳元で, 裾を, 通り自縄自縛という, 部分が, 重みで, 長梗, 頃の, 頃ほとんど, 顔を, 顔色を, 鼻眼鏡に

▼ かけ~ (66, 0.3%)

2 本服し

1 [64件] いようかと, お互, かざって, かべがすうっ, この弄獅子, こんなにつづく, さんざんに, しまって, しめつけられるので, その針, それは, はありません, はなくっ, は向う, ひきたつこと, ひとりで, ふたが, むかうざま, むこうざま, やはらげ, ゆき子が, カギが, クルッと, 下に, 両方の, 人形の, 入らぬから, 出血を, 動くよう, 動くロボット, 動く青銅, 却つて老婢の, 又僕, 取るよう, 喧嘩を, 増田屋へ, 外出出来ない, 山谷あたりへ, 彼も, 手と, 拍子を, 拭き取ってから, 放送開始と共に, 村で, 死ぬに, 死んで, 江戸の, 無口に, 熱出し, 男の, 発見した, 皿を, 空は, 窓の, 脚を, 艇のも, 見るやう, 負いなど, 質素な, 走るブリキ製, 遠くから, 釣り下げられて, 頂上に, 顎十郎さすが

▼ かけちゃ~ (65, 0.3%)

3 いけない 2 いけませんよ

1 [60件] あっしの, あれが, あれで, いけないぜ, いけないよ, いけないん, いけねえ, いけません, いないの, うちの, おれは, かなりの, こう見え, ここらきっ, この名古屋, この界隈, ずいぶん後れ, ずいぶん退け, だめよ, とてもすごい, なかなかの, ならない, ひとか, ふんお前さん, まったく國寶的存在, アカラだらしのね, ア凄い, ア天下無敵おっ, ア天才で, ア新選組一だ, ー, 不可い, 丹波彌, 何の, 俺たちは, 俺らは, 南佐久一番の, 君に, 困るじゃ, 天下一じゃ, 悪いです, 日本は, 日本人は, 江戸は, 江戸開府以来の, 波田君は, 済まないと, 済みません, 玄人だ, 申分の, 男よりも, 神様の, 私達より, 立派に, 笠の, 紫尾の, 脱落は, 舟幽霊じゃとか, 近藤元高は, 高等学校時代から

▼ かけてから~ (65, 0.3%)

2 でないと, 急に, 私は, 置いたなら櫛

1 [57件] おとなしく別れる, おなじもん, お店, しどろに, ずっと木戸口, たいへん後悔, ちょっと立ち止まっ, であった, はっとし, ふと思いついた, ぶら, また一人, やるやつ, クッションに, バスで, 一つの, 三人は, 三十分も, 三十秒と, 三日経つた, 二人の, 二十分ほども, 今日で, 伸子は, 再び驚かされた, 凡そ一時間を, 出して, 匙と, 千世子は, 取懸って, 取懸つて, 呼鈴を, 四時間の, 始まり翌日の, 家へ, 岩手山を, 崖っぷちへ, 己の, 庭に, 彼は, 後は, 恩田さんを, 抜け出しおる, 按吉の, 振り返つて, 源氏の, 炉の, 甥の, 窓枠へ, 立ちあがって, 立って, 縁側へ, 行かなければ, 訪問を, 警察へ, 隠居に, 青扇の

▼ かけ~ (60, 0.3%)

32 しなかった, しに

1 [53件] あのお經, いたしません, いってるぞ, いつて, いろいろある, おかしい, かけないで, かならず一人, きものの, この売場, こんな風, したが, しなかったかを, しなかったが, しなかったし, しなかつた, しになどは, しは, しましたが, しません, しめいたもの, しゃナアンアエ, し霞みに, そこらで, たま, ちょうど歯ぎしり, ぢめた, どうなす, どれも, ながれたまま, なく, はら, ほんの偶然, ぼってりと, もちろん蝋引, 一たいどこに, 下され中, 下手で, 中津の, 云うまでも, 何でも, 僕の, 別に半, 大小とも, 安東征伐手短かに, 川の, 成立した, 房一の, 日の, 無器用に, 直ぐに, 秋山技師が, 第四句

▼ かけ~ (42, 0.2%)

2 なつて

1 [40件] あらかじめ予備, いうから, いきくたびれちゃうわね, いって, おして八時間足らず, おっしゃいましたゆえ, おっしゃる, かつの, からかった, きなさりながら, けしかけたの, しまいよ, すすめるの, なった, なったの, なり百花園, なるかも, クッション, 云ったでしょうその, 云って, 云はれ, 云ふ, 化したその, 名を, 名分に, 呼ばれて, 呼ぶ, 啼くよう, 対照させ, 彼女を, 文法上の, 来るかも, 歌の, 注文され, 注文する, 称する野臭, 絹地に, 言った, 言って, 註文され

▼ かけひき~ (40, 0.2%)

3 をする 2 なしに, の妙

1 [33件] がある, がへた, が秘められ, だった, では学生たち, というやつ, と同時に, どうなる, などもつまり, には神出鬼没, に余念, に幾多, に誤算, に釣りこまれ, のすみやか, のない, の骨, はここ, はございません, はまま, は一切ぬき, は渡仙, まであらゆる, まで教える, やら政治的, をし, をやった, を理解, を白雲, を見, 牽制や, 雲泥の, 騎乗の

▼ かけ椅子~ (39, 0.2%)

5 に腰 2 が一つ, にかけ, にどっかり, の上, は黒ずんだ

1 [24件] からすっくと, から立ちがり, があった, が二つ, との間, とテーブル, など実に, に, にかけてまどろん, にぐったり, にもたれた, によった, にドッカリ腰, に伸子たち, に倚, に坐りこんだ, に残っ, に深々, に背, のところ, の背, の足許, へ移っ, を電燈

▼ かけ~ (37, 0.2%)

2 だ, で通っ, をくるみ, をする

1 [29件] がにが, さえできない, でまわる, でやってくる, でフハン, で三人, で三回, で天狗, で帰っ, で歩く, で申しあげました, には大口, には草鞋, には靴下, のやう, の下, の号令, の甲, の馬力, をかけ, をし, をぶらんと, をクッション, を外した, を托した, を氣, を海上, を踏みしめ, を離し

▼ かけ卜斎~ (34, 0.1%)

3 の八風斎 2 のお供

1 [29件] がある, がまじっ, が桜雲台, が腰, その腰, だ, だった, であった, である, でとおる, という鏃鍛冶, といわれ, とはよくも, と泣き虫蛾次郎, と綽名, にし, にひろわれた, に叱られやしない, の上部八風斎, の名, の屋敷, の弟子, の弟子鏃師, の越前落ち, の顔, はさて, はそこ, はその, も家

▼ かけつつ~ (33, 0.1%)

3 ある 2 片足を

1 [28件] あった, あっちの, くるりと, さっさと伝馬町, そして殆, ただほほえみ, ひれふしぬゑんじなればの, 一番大きい, 上手より, 坐りこんで, 妾には, 川水を, 廻り廻っ, 彼の, 徐々と, 敏捷に, 日々の, 書くもの, 異様な, 目は, 自分の, 蓬なぞを, 行き消えぬ, 身動きさえ, 近づきたれば, 頭から, 飽くところ, 馬上の

▼ かけ~ (33, 0.1%)

1 [33件] いいと, いいの, いくらでも, いたむし, かくので, こうなる, したしく虹, すが, ちゃんと書いた, つい横丁, なに近所に, まる一月, やはり自分, よいでは, よからう, わかると, 公平に, 助かるという, 千秋楽に, 午後は, 即ち闊, 字も, 小説が, 必ずよく出来る, 来ます, 浅間の, 浮き沈み浜尾組が, 画の, 目玉だって, 私は, 袁紹は, 読者は, 黒目を

▼ かけ~ (32, 0.1%)

3 せず我が 2 ない

1 [27件] ありませんが, ありません大蛇, ある, あるの, この動揺, した, してな, せずその, せずたがいに, せず私, その上, なくふと, なくぼんやり, なく男, なく突コツ, なしに, ならず御, 何もかも妾, 最早や, 椅子も, 止めました, 無いので, 無くて, 無く想, 脈絡も, 見えないので, 高雅だった

▼ かけ~ (30, 0.1%)

4 の蛙 3 に終る, に過ぎない 2 でこちら

1 [18件] がいつ, さ, じゃあねえこっち, だから, だが, だけれども, でいつ, で埒, で高声, とちが, にすぎないだらう, になっ, になり, になります, に我慢, のすこぶる, はやめ, をはじめた

▼ かけ~ (29, 0.1%)

6 はつて 2 はつた, はる, よ, んねん

1 [15件] つらむ, はし, はつたり, はりとんびの, はりました, はりましたが, はります, はりも, はることも, はる苦痛に, はる音が, はる風, へん, 杙に, 玉なす

▼ かけ~ (28, 0.1%)

6 ひの 2 ひに

1 [20件] にき, の呼聲, はせ, はみんな男, は一切, ひ, ひあの, ひすっかり, ひそこ, ひながら, ひなど, ひました, ひを, ひを以て, ひ事, ふ, ふと言っ, ふと言つて, へば地方, をやる

▼ かけもの~ (27, 0.1%)

6 の上 2 のよう

1 [19件] がいつの間にか, がそのまままざまざ, がひろげ, それより, と紫檀, なんかでなく, のやう, の下, はもしか, は息ぐるしく, もみんな, をかけ, をそここ, をはねのけ, をやりましょう, をわざと, を出しました, を直し, 月曜に

▼ かけ~ (24, 0.1%)

2 には白い, に数珠

1 [20件] で蟹, にした, には扇, には杖, に大きな, に御幣, に握, に杖, に檜扇, に釣竿, に長く, に額, の中の, の声, の秩序, は笹村, をおい, をおいた, をかけ, を客

▼ かけそう~ (23, 0.1%)

3 にし 2 にする

1 [18件] だった, です, で気, なそういう, なもの, な大, な権, な気配, な眼, な瞼, な表情, にした, にせられた, にその, になっ, に無, もない, 言いながらも

▼ かけそれ~ (22, 0.1%)

1 [22件] からはなり, から一寸, から柳下, がひとつ, がひょいと, が柔かく, が難なく, で宜しい, にラード, に含んでる, に火, へかしわ, へ縦横, をかかげよう, をしめ, をよじ登っ, をズボン, を戸棚, を押し, を炊きたて, を竹, を細めた

▼ かけ~ (22, 0.1%)

2 のところ

1 [20件] から一匹, から前, が付い, にはカーテン, によりかかつてどう, に倚, に肱, に袖, のある, のブラインド, の外, の帳, の方, の柱, の高い, は北, は硝子戸, ほそく開ら, まで愛馬, もみな

▼ かけまた~ (21, 0.1%)

1 [21件] お綱, しばしばまったく腰, その燈下, その皿, ほかの, 一手は, 並べて, 中尾山の, 併せて, 元の, 塩剤の, 広くアルタイ, 引返し, 時局下の, 水を, 私が, 翼と, 胸鰭が, 自分から, 自分の, 視線が

▼ かけ~ (21, 0.1%)

4 をかけ 2 をはずし

1 [15件] から取り, があり, がはずし, がひとりでに, が外れ, が外れる, だけかかっ, でこ, で頭痛, はいつもちゃんと, もかけず, よ釘, をはずした, を外し, を外す

▼ かけから~ (20, 0.1%)

3 何か 2 帽子を

1 [15件] おまるの, お仙は, さうなる, ずらし自然, だ, だつたか, ダラリと, 今夜も, 呼びさまされて, 新しい發展, 旅カバンまで, 花鳥ものを, 茶の, 見ず知らずの, 遠ざかつてゐるので

▼ かけ~ (20, 0.1%)

2 がつた

1 [18件] からりと, がつて, さんが, さんは, たまに旦那, めんどり, を打ち込ん, カーテンの, クッションや, テイブルかけや, 割りに, 家具の, 火山灰の, 石ころでない, 秋日に, 細そりした, 薙刀鉄弓鎖鎌見れ, 血海の

▼ かけてを~ (19, 0.1%)

3 りました, ります 2 ツさん呼ばう

1 [11件] いっそうテラテラ, その居所, つたぢや, られるらしい, りましたが, りましたもの, りますが, り村山, る, 女天下と, 学問宗教工芸商業なぞの

▼ かけ~ (18, 0.1%)

1 [18件] あなを, さと, のだ, のでございます, のでしょう, のです, よ子供, わ網, んだ, んです, んでせう, 奥の手とは, 婚礼の, 子どもだましだ, 実演に, 小説を, 発電系に, 盗賊団に

▼ かけ~ (18, 0.1%)

1 [18件] から廊下, がうまかっ, がさ, が拙くっ, ぐらいは心得, さえ自分, じゃ, で何処, で酒, などを少し, の自分, はなかろう, は一層, まで自分, もよく, も知らない, をする, を間違

▼ かけ~ (17, 0.1%)

5 へすれ 3 した 1 うして, うで, したと, したの, したん, して, せらるること, せらるるよう, っしゃる筈

▼ かけそして~ (17, 0.1%)

1 [17件] かえって来, すべての, その火花, ゆっくりどき, ハンドルを, 一同に, 乗り移ったとき, 二人とも, 何処とも, 始めて気, 歩き續けたまま, 海の, 焚付の, 藩士らが, 鉛筆の, 長い自然, 黒い見事

▼ かけちゃあ~ (16, 0.1%)

2 いられねえ

1 [14件] あたしも, お前が, ドコへ, 何にだって, 困るぜ, 大事な, 当時下谷の, 悪かろう, 日本一と, 済むめえが, 申し訳がねえ, 盛に, 相当な, 腕っこきの

▼ かけ自分~ (16, 0.1%)

2 もいっしょ

1 [14件] が先, が自由, で前, のすわる, のベッド, の前, の寝室, の破, の足, の身, は半日, は死ん, もたとえしばらく, をさしまねい

▼ かけやう~ (15, 0.1%)

3 とする 2 としたらしい, としてゐる, も知らない 1 かと思つて, がない, とした, として其の, のもの, もない

▼ かけ引き~ (15, 0.1%)

2 をする

1 [13件] がありまし, がのうて, が強く, と翻弄, と行きがかり, と騙し合い, なしに, の底, をさせ, をし, を主として, を妨げる, 実戦の

▼ かけ~ (14, 0.1%)

2 が頻りに

1 [12件] があっ, が数艘, が辷っ, だの, と行き逢った, の操縦, の数, の歴史, は見える, を何艘, を右舷, を見た

▼ かけでも~ (13, 0.1%)

1 [13件] かけた方, したかの, したであろうよう, して, しようもの, するが, すると, するよう, するより, 奥の, 拾いやんすそれ, 箸でも, 落ちてる間

▼ かけがねを~ (12, 0.1%)

3 はずして 1 おろして, おろすと, かけドア, はずしパッ, はめて, はめました, 入れやがった, 外させ高き, 落下させる

▼ かけよう~ (12, 0.1%)

3 もなく 2 ではない 1 でその, でもありません, として見る, にもどうにも, にも下, にも目, は

▼ かけ出し~ (12, 0.1%)

1 [12件] に出来る, のどしどし, のわれわれ, の三ン下, の初歩, の店, の新聞記者時代, の樣, の釣師, はする, もしない, 助教授

▼ かけっぱなし~ (11, 0.0%)

2 にし 1 でおかしな, で寝た, で来た, で甚だ, になっ, の有様, はいけない, はいけません, 忘れては

▼ かけ草履~ (11, 0.0%)

2 の勇み 1 か何, がおどろいた, で土間, で芳年, の大工, の江戸ッ児, の略装, 前鼻緒, 少し三枚目

▼ かけさえ~ (10, 0.0%)

4 すれば 1 あれば, したらすぐ, しないでしょう, すりゃ, すると, 出来ない様

▼ かけにな~ (10, 0.0%)

1 つてあつ, つてお, つてや, つて人手に, つて取りつけ, つて建具も, つて彼女は, つて彼等は, つて急に, つて路易は

▼ かけ~ (10, 0.0%)

2 は油断, をむい 1 かくし, を光らせ, を力一杯, を大袈裟, を細め, を騎者

▼ かけ~ (9, 0.0%)

2 の上手, 寄せて 1 なぞ全く, なども知らなけれ, は朝飯, をする, をみる

▼ かけ~ (9, 0.0%)

21 えったら, ひて, ふごと, ふにても, ふやう, ふ小松殿, へる御

▼ かけ~ (9, 0.0%)

1 が一つ中, が一艘, が上る, なり, の帆, の紋, の高い, よ, を彫っ

▼ かけ落ち~ (9, 0.0%)

1 して, してると, するなんて, する気, ってどこ, ている, までなすった, もいたし, をし

▼ かけいす~ (8, 0.0%)

2 にゆったり 1 からは怠惰, にし, にふかぶかと, に腰, はこの世, やはがね

▼ かけ~ (8, 0.0%)

3 まひの 1 ただつた, まいも, まひは, 一寸ほど, 地獄に

▼ かけこの~ (8, 0.0%)

1 ヤロー男が, 上げ板を, 下には, 仕事を, 座敷へ, 秘密の, 通知書を, 道庵から

▼ かけごえ~ (8, 0.0%)

2 をし 1 して, に迎えられ, のみ盛大, もいさましく, をかけ, をした

▼ かけそれから~ (8, 0.0%)

1 さぐりさぐりに, それを, ふとその, ふと思ひ出した, ガサ, 玄米と, 腰を, 頸から

▼ かけてと~ (8, 0.0%)

1 いう, いうよりは, ほる馬子, 一ぺん, 七つの, 書いて, 背部と, 見ると

▼ かけてまで~ (8, 0.0%)

1 ひとさまの, 外出し, 引き止めるわけ, 折々に, 排撃した, 数里の, 模糊と, 見せずに

▼ かけ片手~ (8, 0.0%)

1 でコーヒー, には最初, にも画架, をあげ, を柱, を細り, を翳した, を背後

▼ かけ~ (8, 0.0%)

2 の下 1 がはこばれ, が重く, であろう, とである, の毛布, は絵

▼ かけ~ (8, 0.0%)

1 が振りかえる, にもその, はこの, はばかばかしく, は少し, は足指, も直に, も行李

▼ かけ~ (8, 0.0%)

1 かけ香わせ, ひかけて, ひかけやつ, ひつめて, んまわす, ッかけ, ッかけ続い, ッとりつつん

▼ かけ~ (8, 0.0%)

1 の下, の細い, はコンクリートの, は白い, をかくし, をのぞき込む, を画, を覗き込ん

▼ かけ~ (7, 0.0%)

1 たが, 千代を, 吉の, 店の, 愛想もし, 琴を, 膳に

▼ かけたま~ (7, 0.0%)

51 はぬ, へば大村

▼ かけ~ (7, 0.0%)

2 ものの 1 しなん, とか恩知らず, のと, のという, もんで

▼ かけぶとん~ (7, 0.0%)

1 が出来る, だけで, のいたる, のなか, のふくら, もなく, を首

▼ かけ~ (7, 0.0%)

2 か小さな 1 かいわく, かの禁厭, かひそひそ, か品物, の必要

▼ かけ~ (7, 0.0%)

5 の手 1 に笠, の拳

▼ かけ大きな~ (7, 0.0%)

2 決意を 1 前掛で, 杉の, 煙管を, 生産地が, 金属製の

▼ かけ替え~ (7, 0.0%)

5 のない 1 がない, もない

▼ かけ白い~ (7, 0.0%)

2 口ひげと 1 あごひげが, あごひげの, あごひげを, 布で, 雪を

▼ かけ~ (7, 0.0%)

2 をし 1 がし, が合唱, して, ばかりをつづける, 高き

▼ かけ言葉~ (7, 0.0%)

1 が復活, と共に明治以来禁断同様, の意味, はマル, もここ, をかけ, を喜ぶ

▼ かけ豆腐~ (7, 0.0%)

1 が十銭, さは, です, で茶飯, にも何, を拵えましょう, を拵える

▼ かけ~ (7, 0.0%)

3 を食べ 1 で五膳, にし, をもっ, を食ってる

▼ かけ~ (6, 0.0%)

1 なりけり, りょんさんはまださっぱりせんらしいな, わりと, ゑかけてかつぎあげるは先祖代々の, ゑは, 自身ひとりで

▼ かけごと~ (6, 0.0%)

1 が大好き, である, と殺生, の方法, は戦前ヨーロッパ, をし

▼ かけさん~ (6, 0.0%)

1 が二人, だな, だの何, でも, といったふう, のところ

▼ かけそこ~ (6, 0.0%)

1 からは馬上, から仕事場, から必要, から自分, なったから, に集まった

▼ かけという~ (6, 0.0%)

2 ものは 1 ところだ, のは, 記念品も, 難題を

▼ かけながらも~ (6, 0.0%)

1 おっくうにばかり, この世にては, ゑんえ, 何分専門, 外なる, 音信さえ

▼ かけには~ (6, 0.0%)

3 駭然として 1 おとうさんの, パリの, 大きい水色リボン

▼ かけはし~ (6, 0.0%)

1 の上, は無い, ふめば, やあぶない, やいのち, や命

▼ かけ~ (6, 0.0%)

1 に居らせ, のかた, の枝, は激流, へ立てた, 頤に

▼ かけ~ (6, 0.0%)

2 のもと 1 のひき出し, をひかえ, を此処, を此處

▼ かけ~ (6, 0.0%)

2 の間 1 が麻, ぬれに, は柩, を床

▼ かけたる~ (5, 0.0%)

21 ことの, ことも, 船

▼ かけ~ (5, 0.0%)

2 やア 1 からといふ, やない, を秋霧

▼ かけづくり~ (5, 0.0%)

1 であ, になっ, のもの, をはしどの, を基

▼ かけてでも~ (5, 0.0%)

1 いたの, かきたいと, 取り戻せるもの, 将棋を, 来るよう

▼ かけであった~ (5, 0.0%)

1 かはあと, が薬, など取りとめ, 今の, 腹の

▼ かけとは~ (5, 0.0%)

1 いえ終身奉公, さすがあなた, 恐れ入りましたね, 言えぬ, 限らない

▼ かけにでも~ (5, 0.0%)

1 したら素敵, なつて, なる気, 行かなけりや, 行つて一つ工面を

▼ かけにも~ (5, 0.0%)

1 具合が, 手を, 老主人, 行かずそう, 行った

▼ かけわたし~ (5, 0.0%)

1 てあった, てあつて, に晩餐, を断頭, 来ります神

▼ かけドア~ (5, 0.0%)

2 には外 1 にも外, の所, は締り

▼ かけ三年~ (5, 0.0%)

1 いて, のあいだ, むつまじく連れ添っ, 勤めて, 見ないうち

▼ かけ~ (5, 0.0%)

1 だから, にする, に啣, のなか, を開き

▼ かけ~ (5, 0.0%)

1 のお, や帯締, をする, を片, を結ん

▼ かけ~ (5, 0.0%)

2 くは 1 いお漬物, い気持, くない

▼ かけ換え~ (5, 0.0%)

3 のない 1 がない, というもの

▼ かけ~ (5, 0.0%)

1 が出来る, と交ぜ, になります, を御飯, を拵える

▼ かけ茶屋~ (5, 0.0%)

1 があっ, で団子, に, の一, の前

▼ かけ蒲団~ (5, 0.0%)

1 が麻雀卓, のあつ, のひとつ, をかぶせ, をひきずり上げた

▼ かけ~ (5, 0.0%)

1 が, の呼び鳴く, の虔, はむきむき, は行き過ぎ

▼ かけあし~ (4, 0.0%)

1 だ, で三度, で過ぎた, を照らし

▼ かけある~ (4, 0.0%)

1 ところでは, 時は, 生ぬるい晩, 者は

▼ かけあるいは~ (4, 0.0%)

1 川崎の, 棚に, 足を, 関帝を

▼ かけこれ~ (4, 0.0%)

1 あいけないと, に緑, は茶箪笥, もメリメリ

▼ かけそうして~ (4, 0.0%)

1 お金を, こたつの, 眉間には, 餅の

▼ かけって~ (4, 0.0%)

1 云ったら僕, 来ました, 行く, 遊びました

▼ かけてさえ~ (4, 0.0%)

1 いた, いれば, しまえば, 置いたらなあ

▼ かけなど~ (4, 0.0%)

2 して 1 した, みな八十七歳まで

▼ かけなどに~ (4, 0.0%)

1 なつて, なんとし, 力を, 夢中に

▼ かけみたい~ (4, 0.0%)

1 なもの, な生活, になっ, になった

▼ かけものの~ (4, 0.0%)

1 下で, 下に, 下へ, 間へ

▼ かけわざと~ (4, 0.0%)

1 冗談めかし, 敵中深く, 目立つ白馬, 陽気に

▼ かけ~ (4, 0.0%)

2 放しに 1 放して, 放しで

▼ かけ一方~ (4, 0.0%)

1 の手, の目, の腕, は腰

▼ かけ~ (4, 0.0%)

2 つた 1 つて, のかた

▼ かけ下駄~ (4, 0.0%)

1 で土間, で通っ, の若い, をはい

▼ かけ二階~ (4, 0.0%)

1 から階段, が出来上り, の庇, の窓

▼ かけ伸子~ (4, 0.0%)

1 が, は小さな, へ送らせ, へ送らせた

▼ かけ~ (4, 0.0%)

1 も拭き, も熟し, を前屈み, を斜

▼ かけ~ (4, 0.0%)

1 ても兄, となら, へ共, よしを

▼ かけ~ (4, 0.0%)

2 を殘ら 1 を急いだ, を残らず

▼ かけ~ (4, 0.0%)

1 その燈下, 何くれと, 土を, 道頓堀のどぶ

▼ かけ四年~ (4, 0.0%)

1 かかって, たって, のあいだ, ばかり相州逗子

▼ かけ~ (4, 0.0%)

1 な賽の目, アジ釣は, 規模な, 鉞を

▼ かけ女房~ (4, 0.0%)

2 のお 1 の口, の許

▼ かけ~ (4, 0.0%)

1 が言った, の発病当日, の遺物, は涙

▼ かけ布団~ (4, 0.0%)

1 が身体, に裁った, をかけ, を注文

▼ かけ帽子~ (4, 0.0%)

1 と手套, をかぶり, を手, を脱い

▼ かけ廻つて~ (4, 0.0%)

1 さわいで, ゐた位, 下さつた, 叱られたり

▼ かけ~ (4, 0.0%)

1 が農家, の師, の折, は背

▼ かけ更に~ (4, 0.0%)

2 その上 1 新しい番号, 歐洲まで

▼ かけ梯子~ (4, 0.0%)

1 の上, より落ちし, をかけ, を使おう

▼ かけ次に~ (4, 0.0%)

1 その傍, まじめに, 両手にて, 薄い上衣

▼ かけ~ (4, 0.0%)

1 に嬰児, に抱いた, のボタン, へ白金

▼ かけ~ (4, 0.0%)

1 である, は此方面, は調子, を発達

▼ かけ通し~ (4, 0.0%)

1 だから, だからね, にかけられ, にし

▼ かけ~ (4, 0.0%)

1 で足, に咽び, のしみ, をふせぐ

▼ かけ~ (4, 0.0%)

3 をぬい 1 ばきで

▼ かけ~ (4, 0.0%)

1 には妙, をまげ, を少し, を青い

▼ かけ黒い~ (4, 0.0%)

1 ラッパを, 手套を, 流行服レイスの, 滑らかな

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 ひだから, ひなどもやはり, ひを

▼ かけあたり~ (3, 0.0%)

1 に聞く, に落し物, をぐるぐる

▼ かけこんな~ (3, 0.0%)

1 結集を, 調子に, 間違ったこと

▼ かけさて~ (3, 0.0%)

1 卓上の, 帰ろうと, 自分は

▼ かけさも~ (3, 0.0%)

1 丁寧に, 感に, 計算に

▼ かけすぐ~ (3, 0.0%)

1 に彼, 一日置いた, 服を

▼ かけずし~ (3, 0.0%)

1 て讀者, というの, もあらじ

▼ かけずつ~ (3, 0.0%)

2 パンを 1 製造所が

▼ かけそっと~ (3, 0.0%)

1 して, 探りを, 音の

▼ かけそのまま~ (3, 0.0%)

1 どこかへ, 東京駅から, 自動車に

▼ かけただ~ (3, 0.0%)

1 フラ, 惘然として, 簡単に

▼ かけたりなど~ (3, 0.0%)

1 して, する, するの

▼ かけたりなんか~ (3, 0.0%)

3 して

▼ かけたりも~ (3, 0.0%)

1 した, する, するの

▼ かけづら~ (3, 0.0%)

1 つては, ひ国力, ふうち

▼ かけてからの~ (3, 0.0%)

1 事和寇と, 副産物であった, 進退は

▼ かけてだけ~ (3, 0.0%)

1 だろう, 才腕が, 産業も

▼ かけである~ (3, 0.0%)

1 くよう, と思う, 方面は

▼ かけとの~ (3, 0.0%)

2 御言葉 1 こと

▼ かけとり~ (3, 0.0%)

1 にゆく, の下拵え, の面倒

▼ かけなんて~ (3, 0.0%)

2 しなくて 1 ありっこないよ

▼ かけひどい~ (3, 0.0%)

1 疲れで, 船酔でも, 鉤裂を

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 は歩かせる, は薄, は薄気味

▼ かけまことに~ (3, 0.0%)

1 失礼でございました, 相すまぬ, 相済まぬ

▼ かけやがて~ (3, 0.0%)

1 一場の, 木小屋から, 東から

▼ かけやを~ (3, 0.0%)

1 取巻いて, 持ったひとり, 用意し

▼ かけイス~ (3, 0.0%)

1 にぐったり, に身体, は目

▼ かけズボン~ (3, 0.0%)

1 のポケット, をひと, をまくり上げる

▼ かけタバコ~ (3, 0.0%)

1 ばかりふかし, を出し, を吸い

▼ かけトラック~ (3, 0.0%)

1 は老いぼれた, は走り出した, を停める

▼ かけ一人~ (3, 0.0%)

1 がこの, が組みつこう, の色情狂

▼ かけ七年~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, も勤め, を無事

▼ かけ三月~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, の今, の日

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 眼を, 膝を, 袖と

▼ かけ両手~ (3, 0.0%)

1 で頭, に端, を掻きいだく

▼ かけ乍ら云~ (3, 0.0%)

3 つた

▼ かけ二つ~ (3, 0.0%)

1 のグラス, のドア, の花輪

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 たあ, の電話, も述べた

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 に男, の三人, の衣類

▼ かけ代え~ (3, 0.0%)

2 のない 1 に商売道具

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 の白薩摩, の金剛杖, の鉄棒

▼ かけ入ろう~ (3, 0.0%)

1 という思し召し, とした, にも門

▼ かけ再び~ (3, 0.0%)

1 ユックリと, 沼地の, 立ち停り無意識

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 をいれ, を極め, を籠め

▼ かけ医者~ (3, 0.0%)

2 のところ 1 の手術

▼ かけ口ひげ~ (3, 0.0%)

1 がぴんと, と三角がた, をはやし

▼ かけ右手~ (3, 0.0%)

1 に風呂敷包み, を帽子, を握りしめ

▼ かけ四辺~ (3, 0.0%)

1 の景色, の風物, を

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 に出る, へ出, を見

▼ かけ太い~ (3, 0.0%)

1 杖を, 柱は, 煙管で

▼ かけ~ (3, 0.0%)

2 を呼びよせた 1 は立っ

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 ではあ, に行きます, の祝言

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 テーブルに, テーブルを, 春治兵衛は

▼ かけ少し~ (3, 0.0%)

1 低目, 揺りつつ, 離れたベンチ

▼ かけ工合~ (3, 0.0%)

1 であるという, の呼吸, は異常

▼ かけ左手~ (3, 0.0%)

1 には孔, の肱, を顔

▼ かけ~ (3, 0.0%)

2 のない 1 へ位

▼ かけ斜め~ (3, 0.0%)

1 に丁と, に揃えた, に見上げた

▼ かけ是非~ (3, 0.0%)

3 もら

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 の枝, の頂, 隠龍太郎

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 づいた長刀, をつき, を持った

▼ かけ~ (3, 0.0%)

2 の下 1 とも申します

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 に引く, に置い, 倒れに

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 とは相手, また一種, を催し

▼ かけ正太~ (3, 0.0%)

3 はかけ寄り

▼ かけ此方~ (3, 0.0%)

1 に走りし, は取ろう, を見

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 の乾いた, は青々, を見

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 と肩, をならべ, を張っ

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 のところ, の上, をこすっ

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 つぽい, のサージ服, を飮

▼ かけ茶碗~ (3, 0.0%)

1 が転がっ, や土瓶, を廻し

▼ かけ蒲團~ (3, 0.0%)

1 と敷き, のその, の端

▼ かけ蕎麦~ (3, 0.0%)

1 の一杯, を取っ, を註文

▼ かけ~ (3, 0.0%)

2 を端折った 1 をきりりと

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 かとウィスキイ, が世に, が話した

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 った鈴木姓, れた別, れた存在

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 をひるがえし, を固め, を示し

▼ かけ~ (3, 0.0%)

3 に姿

▼ かけ長い~ (3, 0.0%)

1 オーバーを, 白ひ, 間行方を

▼ かけ長靴~ (3, 0.0%)

3 をはいた

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 った別, った奥, ってはいなかったろう

▼ かけ電燈~ (3, 0.0%)

1 の光, をつけた, を消し

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 にかけ, にかけて捕り, を深く

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 から耳, と頬, に軽く

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 をかしげ, をくくっ, をたれ

▼ かけ~ (3, 0.0%)

1 は若衆髷, は額, を綺麗

▼ かけ~ (3, 0.0%)

2 の下 1 にかかる

▼ かけあつ~ (2, 0.0%)

1 てみる, てゆく

▼ かけあと~ (2, 0.0%)

1 はプカリプカリ, は車

▼ かけあらい~ (2, 0.0%)

1 ざらいを, 革の

▼ かけいかにも~ (2, 0.0%)

1 敗走し, 脱走し

▼ かけいきなり~ (2, 0.0%)

1 実力接収と, 殴りつけたもの

▼ かけいくらか~ (2, 0.0%)

2 前こごみ

▼ かけいつも~ (2, 0.0%)

1 うつ向き加減, の通り蒔田

▼ かけいま~ (2, 0.0%)

1 は落ちぶれ, まで崩れた

▼ かけいや~ (2, 0.0%)

1 に丁寧, はやお

▼ かけうどん~ (2, 0.0%)

2 をとった

▼ かけおもむろに~ (2, 0.0%)

1 前へ, 腰の

▼ かけかた~ (2, 0.0%)

1 をした, をはげしく

▼ かけかの~ (2, 0.0%)

1 ものいう, 美人を

▼ かけかへ~ (2, 0.0%)

1 きちんと疊, た

▼ かけがね~ (2, 0.0%)

1 がかかっ, でしまり

▼ かけがねの~ (2, 0.0%)

1 ついた帯革, はずれる

▼ かけくら~ (2, 0.0%)

1 で兎, のこと

▼ かけさうになつ~ (2, 0.0%)

1 た, たその

▼ かけさま~ (2, 0.0%)

1 だ, に出世

▼ かけしかも~ (2, 0.0%)

1 そうした期待, そんなこと

▼ かけしも~ (2, 0.0%)

1 力及ばず, 足を

▼ かけすみません~ (2, 0.0%)

2 でした

▼ かけそこら~ (2, 0.0%)

2 掃きゐる

▼ かけそつ~ (2, 0.0%)

1 と押しあける, と耳もと

▼ かけその間~ (2, 0.0%)

1 にうちしおれた, にムンムン

▼ かけそれに~ (2, 0.0%)

2 蕃菜の

▼ かけそ何~ (2, 0.0%)

2 といふ事

▼ かけたちまち~ (2, 0.0%)

1 のうち, 印を

▼ かけたりなんぞ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ かけたりは~ (2, 0.0%)

1 しなかったが, づしたりしてゐた

▼ かけだけ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ かけだった~ (2, 0.0%)

1 というの, のを

▼ かけちゃんと~ (2, 0.0%)

1 呼べば, 答えむろうさんと

▼ かけつぎ~ (2, 0.0%)

1 に室内, のお針

▼ かけてか~ (2, 0.0%)

1 かつてくる, ように

▼ かけてからは~ (2, 0.0%)

1 ベッドの, 娘を

▼ かけてずつと~ (2, 0.0%)

1 その漁場, 見渡して

▼ かけてだけは~ (2, 0.0%)

1 人間であった, 彼は

▼ かけてな~ (2, 0.0%)

1 ほして, ま暖かかっ

▼ かけてね~ (2, 0.0%)

1 取りに, 間違って

▼ かけてはと~ (2, 0.0%)

1 思って, 断った

▼ かけてまでも~ (2, 0.0%)

1 無理に, 逃げ出したくならせたの

▼ かけてもという~ (2, 0.0%)

1 のを, ような

▼ かけであっ~ (2, 0.0%)

1 たり男ども, てみれ

▼ かけとか~ (2, 0.0%)

1 ずるい考, なけゃ

▼ かけとにかく~ (2, 0.0%)

1 冷した方, 金の

▼ かけどうやら~ (2, 0.0%)

2 前の

▼ かけなお~ (2, 0.0%)

1 その下, めばりまで

▼ かけなども~ (2, 0.0%)

1 だれが, 高価な

▼ かけなん~ (2, 0.0%)

1 とする, の苦

▼ かけなんと~ (2, 0.0%)

1 いうこと, 云うの

▼ かけにくい~ (2, 0.0%)

1 ような, 背中の

▼ かけはなし~ (2, 0.0%)

1 にし, にする

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 の上, の音

▼ かけひろっ~ (2, 0.0%)

2 て持っ

▼ かけぴんと~ (2, 0.0%)

2 はねた口ひげ

▼ かけふたり~ (2, 0.0%)

1 の召使い, の書生

▼ かけふと~ (2, 0.0%)

1 狭山の, 考へて

▼ かけまわし~ (2, 0.0%)

1 てもう, て物

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 があつ, や

▼ かけもう~ (2, 0.0%)

1 一人の, 一軍は

▼ かけもし~ (2, 0.0%)

1 その密約, 聞入れねば

▼ かけもしくは~ (2, 0.0%)

1 軒下の, 迷惑を

▼ かけもち~ (2, 0.0%)

1 だったん, で何

▼ かけやあ~ (2, 0.0%)

1 かんじんの, っと掛声

▼ かけやっと~ (2, 0.0%)

1 のこと, 門前まで

▼ かけやつ~ (2, 0.0%)

1 とからだ, と旅

▼ かけゆっくり~ (2, 0.0%)

1 と体, 歌を

▼ かけよりも~ (2, 0.0%)

1 その多く, 大きい空中撮影写真

▼ かけら半分~ (2, 0.0%)

2 叱言

▼ かけら石~ (2, 0.0%)

1 をとりはずす, をも

▼ かけんで~ (2, 0.0%)

1 くさって, 間違いが

▼ かけウン~ (2, 0.0%)

1 とりきみます, と力

▼ かけシャツ~ (2, 0.0%)

1 の胸, も着ず

▼ かけステッキ~ (2, 0.0%)

1 の柄, を前

▼ かけスローアヘー~ (2, 0.0%)

2 にするだ

▼ かけバット~ (2, 0.0%)

1 に火, をぬいた

▼ かけヒラリ~ (2, 0.0%)

1 ととびのっ, と藪

▼ かけ一杯~ (2, 0.0%)

1 で蕎麥湯, と試合はじめ

▼ かけ一枚~ (2, 0.0%)

1 なんぞは刹那主義, のシオル

▼ かけ三年あまり独り~ (2, 0.0%)

2 で住ん

▼ かけ三年余り~ (2, 0.0%)

2 住んで

▼ かけ上っ~ (2, 0.0%)

2 て来る

▼ かけ世の中~ (2, 0.0%)

1 のこと, をただ

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 にも勝つ, による

▼ かけ事務所~ (2, 0.0%)

1 にあつまっ, にかけよう

▼ かけ二三~ (2, 0.0%)

2 の書類

▼ かけ二人~ (2, 0.0%)

1 の連れ, は腕

▼ かけ二台~ (2, 0.0%)

2 のタクシー

▼ かけ二年~ (2, 0.0%)

1 の食料, ほどの間

▼ かけ二銭~ (2, 0.0%)

2 とある

▼ かけ何度~ (2, 0.0%)

1 もくりかえす, も馬

▼ かけ何気なく~ (2, 0.0%)

1 カレンダーに, 彼の

▼ かけ先頭~ (2, 0.0%)

2 にいた

▼ かけ入口~ (2, 0.0%)

1 の方, をぐっと

▼ かけ六年~ (2, 0.0%)

1 この屋敷, になる

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 に反り, を引き付け

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 に小, へ引きよせた

▼ かけ十年~ (2, 0.0%)

1 ざっとまる, のあいだ

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 がわき, 醒半睡

▼ かけ半途~ (2, 0.0%)

1 にようやく, に漸く

▼ かけ古い~ (2, 0.0%)

1 石の, 竹の

▼ かけ可哀想~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ かけ合つて~ (2, 0.0%)

1 値切つて, 見ませうし

▼ かけ同じ~ (2, 0.0%)

1 ように, 文句を

▼ かけ土蔵~ (2, 0.0%)

2 を覘

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 にひきずる, をくぐり

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 に手, に貼つ

▼ かけ大丈夫~ (2, 0.0%)

2 では

▼ かけ大根~ (2, 0.0%)

1 などを買つて, に塩

▼ かけ奉公~ (2, 0.0%)

1 のよう, の口

▼ かけ奥さん~ (2, 0.0%)

1 の持っ, の端正

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 のお, をば別

▼ かけ学校~ (2, 0.0%)

1 で習った, 退けての

▼ かけ学生時代~ (2, 0.0%)

2 の僕

▼ かけ學校~ (2, 0.0%)

2 退けての

▼ かけ守袋~ (2, 0.0%)

2 と白木綿

▼ かけ小さい~ (2, 0.0%)

1 つや子が, 包み二つもっ

▼ かけ小さな~ (2, 0.0%)

1 のを, 空間を

▼ かけ小声~ (2, 0.0%)

1 で呼んだ, で彼

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 で明石町宗十郎店, の戸

▼ かけ屋佐平次~ (2, 0.0%)

1 が弱気, の唯一

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 の凄まじい, の雪

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 の手, の足

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 が郷里, れの

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 には盛夏, の境

▼ かけ廻し~ (2, 0.0%)

1 たりこれから, たりする

▼ かけ弁当~ (2, 0.0%)

1 をたべはじめましたら, を下げ

▼ かけ往来~ (2, 0.0%)

1 の方, へ運び出し

▼ かけ息子~ (2, 0.0%)

1 の褞袍, の顔

▼ かけ手中~ (2, 0.0%)

2 に見えざる

▼ かけ手桶~ (2, 0.0%)

1 の神水, をかつい

▼ かけ手綱~ (2, 0.0%)

1 と共に鬣, をうまく

▼ かけ指輪~ (2, 0.0%)

1 もよそいき, も穿め

▼ かけ故郷見物~ (2, 0.0%)

2 がてら来

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 の死骸負傷, をはねとばし

▼ かけ新聞~ (2, 0.0%)

1 がそれ, を見

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 えて, えました

▼ かけ時計~ (2, 0.0%)

1 の高, を持ち

▼ かけ景気~ (2, 0.0%)

2 はどう

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 を読ん, を開い

▼ かけ~ (2, 0.0%)

2 は燈籠

▼ かけ構図~ (2, 0.0%)

1 のため, の為め

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 の号令, の部屋

▼ かけ正面~ (2, 0.0%)

2 に紺暖簾

▼ かけ~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 のコツプ, をかけ

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 の沫, をしずめた

▼ かけ漸く~ (2, 0.0%)

1 に治まり, 幕を

▼ かけ煙管~ (2, 0.0%)

1 をくわえ, を掻き出し

▼ かけ煙草~ (2, 0.0%)

1 をふかし, 取り出して

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 はモスク, 御を

▼ かけ甲斐~ (2, 0.0%)

1 がこちら, のほう

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 として肉声化, と黄

▼ かけ白地~ (2, 0.0%)

2 の手拭

▼ かけ白粉焼け~ (2, 0.0%)

2 のした

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 の大きな, の少い

▼ かけ眼鏡~ (2, 0.0%)

1 のふち, のまま

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 のなか, をおい

▼ かけ私たち~ (2, 0.0%)

1 だけで先, はたいへん

▼ かけ竿~ (2, 0.0%)

1 にかけ, を肩

▼ かけ~ (2, 0.0%)

2 に包ん

▼ かけ絶えず~ (2, 0.0%)

1 四辺から, 旅行の

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 で括, を以て強く

▼ かけ置い~ (2, 0.0%)

1 てあ, てあった

▼ かけ羽織~ (2, 0.0%)

1 は袖疊, は黒縮緬

▼ かけ股立~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を括っ

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 の上, までのブラウス

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 に風笛, の赤い

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 をひねっ, をひねる

▼ かけ色々~ (2, 0.0%)

2 の物

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 の飾っ, をさし

▼ かけ草履切火~ (2, 0.0%)

2 を浴び

▼ かけ落葉~ (2, 0.0%)

1 を掻く, を敷い

▼ かけ~ (2, 0.0%)

2 のなみ

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 に入れた, を吹き渡る

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 の川, の物

▼ かけ褐色~ (2, 0.0%)

1 に沈ん, の髯

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 に両, を広げ

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 に, をした

▼ かけ調味料~ (2, 0.0%)

2 や燃料

▼ かけ足許~ (2, 0.0%)

1 の危険, の砂

▼ かけ違つて~ (2, 0.0%)

1 しばらく逢わなかつた, まだ此

▼ かけ遠く~ (2, 0.0%)

1 からかえる, エッフェル塔を

▼ かけ銀子~ (2, 0.0%)

1 を呼び出した, を椅子

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 はポケット, を持っ

▼ かけ~ (2, 0.0%)

2 で孔

▼ かけ門口出づる途端~ (2, 0.0%)

2 に今

▼ かけ間違~ (2, 0.0%)

2 ひだらけ

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 に譜面台, に陶器

▼ かけ隔つて~ (2, 0.0%)

1 ゐるから, ゐるすき

▼ かけ難い~ (2, 0.0%)

1 のであった, 気が

▼ かけ雨戸~ (2, 0.0%)

1 の開け放たれた, をあけ

▼ かけ食事~ (2, 0.0%)

1 の用意, の間

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 と称し, や大根

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 には乗らず, をとばし

▼ かけ鳴神~ (2, 0.0%)

1 おどろ, おどろおどろしくはためき渡りたる

▼ かけ~ (2, 0.0%)

1 とろ, の青み

▼ かけ黄金~ (2, 0.0%)

1 の円光, 鏤めの

▼ かけ黒繻子~ (2, 0.0%)

1 の粋, の襟

▼1* [1389件]

かけあくびの一つ, かけあぐらの中, かけあたらしいカラを, かけあちらに垣, かけあっという間にたちまちまた彼, かけあの洟たれ, かけあぶなく紳士に, かけあまつさえおくがた, かけあらゆる乱暴狼藉を, かけあれなる間道, かけあわや跳びかかって, かけいいの, かけいきなりサッと左右に, かけいくらみんなが, かけいずれの道場, かけいぜんとしてこちら, かけいそがしくまたかれ, かけいつまでも寝ない, かけいのちを消費, かけいわゆる現代的な, かけうす緑の羽織姿, かけうたをうたう, かけうっすり素焼の, かけうぶ毛のはえた, かけうまうま海老, かけうららかな陽, かけうれしそうに, かけうんと渋茶に, かけえいと引張っ, かけえつちやらおつ, かけおいしそうに, かけおかあさんとむかし話, かけおしげの堅い, かけおちをノラ, かけおなかをおさへ, かけおばさんの返事, かけおぼつかなげに, かけおまけに頬, かけおわびのしよう, かけお世話になった, かけお嬢さんが自分, かけお宮の背後, かけお寺には萩, かけかえって返り討ちの, かけかくの如き, かけかけと彼女, かけかなと思って, かけかばんをそば, かけかへがなければ, かけかへのない一女性, かけがかの女の, かけがねも皆かかっ, かけがへが無いので, かけがへのねえたつた一つ命, かけがんどう返し, かけきちんと締めた, かけきつと見え, かけきびしい育て方, かけきりでそれ, かけきれいなハンカチ, かけくさびがたの顎髯, かけくずしその, かけくらいまで気弱で, かけくりかへす, かけくるくるとそれ, かけくるりと壁, かけぐあいのおもしろいので有名である, かけえの, かけここまで来, かけここら町中までも, かけことによると, かけこのごろ流行る歌, かけこのごろ栗栖が帝劇, かけこれから藁が, かけこんぺいとふのいがたに一日のあいだ, かけごと勝負とだまし合い, かけさいはい, かけさいぜん横目に, かけさうな勢で, かけさうにするの, かけさぞ御不快, かけさっと抜くなり, かけさっぱりとなった, かけさながらまだ清童である, かけさんざんに牽制運動, かけざまやっと, かけざま大急ぎで參議院, かけざま庭をとおっ, かけざんの九九, かけざんの九九ばかりでした, かけところへ, かけしかしてかえって悪事を, かけしどろもどろの千鳥足, かけしぶしぶ懐中から, かけしわができない, かけじゃないよ, かけじょうぶな鉄鎖, かけすこし気づかわしげ, かけすらないこと, かけずつなもかけずて, かけずつを呈上した, かけせっかく努力中で, かけそいつはまだ, かけそういう婦人連が, かけそこそこに旅, かけそしてまた黙々と歩みつづけた, かけその他類似のこと, かけその後暁近くになっ, かけその後父上の御, かけその間ぼくはベッド, かけそりゃ丈夫だ, かけそれぞれ持ち場をきめ, かけそれで燗を, かけそれでも返事が, かけそれとなく左右に, かけそろそろと手, かけそんな気持ちは, かけなき, かけぞうりのきりりと, かけたくさんな松明, かけたちょび髯がその, かけたばこを仕入れ, かけたりとて到底別, かけたりなどもしたが, かけたるごとく前の, かけちからを込め, かけちごうて逢わざりければ, かけちびりちびりとグラス, かけちゃあかの他人より, かけちやならないツ, かけちや今朝四谷から新宿, かけちや笠の臺, かけちょっと蓋を, かけぢめもつかぬ, かけっ放しにし, かけついでだ, かけついに道を, かけついにっこりする笑顔, かけつつもいろいろの, かけつね日ごろにも, かけつばの深い, かけつまり自分で, かけづめでしたよ, かけづりまはつてゐるアメリカ人はステツキ一本, かけていう千鶴子に, かけてさ産後の, かけてしもうた, かけてしもといて, かけてぞ祈る神, かけてぞわぶる秋, かけてつッと立ち, かけてとは固より, かけてにほはん花, かけてのう大きに大きに, かけてははははと豪傑笑いの, かけてべツとりと, かけてほどきはじめました, かけてまでの願望と, かけてもと思って, かけてやしないよ, かけてわッと, かけであるくのさ, かけでかうした兵隊と, かけでございますからな値, かけでしょうそのくさり, かけですがそれら, かけででもある, かけでなけりやア, かけでは買い手も, かけでもと言ふ, かけでもねだいでも, かけで動いていた, かけで始まつたのだ, かけで防ぎ苦しめた赤坂城に, かけとうとう死んだ筈, かけとこか, かけところどころの野, かけとして使用する, かけとでもいいましよう, かけほしにかけて, かけどうしようかと, かけどうかすると, かけどうしても帰らなけれ, かけどうせガタガタし, かけどこかで鷄, かけどころか実に綿密, かけどんなよい着物, かけなかなか画面から, かけながらのお言葉, かけなしに揚幕, かけなどがころがって, かけなどで勝負に, かけなどを濡らして, かけなにげなく部屋に, かけならひ弓矢もて, かけならべてある, かけなんかねいほう, かけにか便所に, かけにかけ外套を, かけにかけてながめて, かけにこにこしながら, かけにて遠寄, かけにゃならん, かけにやならんから, かけにわッと, かけねえと顔色, かけのう篠かけのうであった, かけのこぎり山の頂上, かけのこらずその男, かけのんきな微笑, かけの女の汚れた, かけの晝飯の茶碗, かけはしごを中途, かけはじめはそつ, かけはたうとう亡くな, かけはっと居場所を, かけはでな錦紗, かけはやこの洲, かけひつかけて, かけひとなづける, かけひとつおふくろを驚かし, かけひと息ごとに顔, かけひと握りずつ手繰っ, かけひどくせめられました, かけひならでは露訪, かけひょろひょろになる, かけびっくりして, かけぴつたりと刃を当てる, かけふっと口を, かけふところから一巻, かけふり返り睨んだ武士, かけぶん撲ったあげく, かけほおをすりよせました, かけほかの手段, かけほとんど昼夜も, かけほどよい恰好, かけぼろをまとい, かけぼろぼろと涙, かけぼんやり天井を, かけおっと御, かけまさに外に, かけまず丸顔である, かけまたも眠りに, かけまたもや火刑が, かけまだ肩揚つけし, かけまっくらな, かけまっすぐに貴人達, かけまっ白なあごひげ, かけまっ青なそら, かけまでもって, かけまろんできたひとり, かけみじかい口ひげを, かけむき出しの木, かけむしろがにぶく, かけむとせしに急ち玄關, かけめかけと云, かけもう一度昔の, かけもちの木坂の登り, かけもの憂いような, かけやはり長戸検事たちである, かけよいんや, かけようようよじのぼって, かけよき注意を, かけよしや頭掻かず, かけよりざま, かけらくに手に, かけらさへも思ひ出せないじ, かけらだらけにした, かけらどんぶりこどんぶりこのどかに海上, かけらみたいなもの, かけら一つのこさぬ, かけら一つ発見されずただ, かけら水一ぱいも饗応, かけら海鳥の飛ぶ, かけら網の様, かけら鏡餅のかけら, かけりっぱなドレス, かけわずかに烏帽子, かけわたくしの耳, かけわたしたちに出かける, かけわたしみぎわには白い, かけわたし日満食堂, かけわたす加部島を, かけわりに厚ぼったい肉付, かけとうが, かけアッと声, かけアルゼンチンパラグァイボリヴィアの三か国, かけアルミニウムの粉間, かけアルミニュームのサジ, かけアンモを上った, かけエイと顔, かけエンジ色に黒, かけオカユのはい, かけオーバーのポケット, かけカアネエションの花, かけカゲに懸けた, かけガスの湯わかし, かけキットした様子, かけキャンデーを一つ, かけクッションなど毛糸刺繍, かけグッとひっぱりました, かけグルグルとしばりはじめました, かけグルッと廻す, かけケプラーが大公, かけゲートルを巻いた, かけコップを大事そう, かけコムソモーレツのミーチャ, かけコンロの世話, かけゴッコです, かけサムカッタの方, かけサモイレンコや補祭, かけサモワールを沸かし, かけサーッと四ツ塚, かけザムザ夫人はただ, かけザラはそれ, かけシャベルをフライパン, かけスウスウと高い, かけスサノヲの命, かけストラスナーヤに出会っ, かけスナップ三つあまくなった, かけスポーツ服を着, かけスミ子ちゃんの捜索, かけスルスルとよじのぼり, かけズクズクの女学生靴, かけセシルやアルノー夫人, かけソバを奢っ, かけソロソロと開い, かけタオルかけ歯医者, かけダブダブの洋服, かけダンテの半身像, かけチチチチと鳥, かけッくらだ, かけッこはありません, かけツこ見たやう, かけツカツカと象, かけテレフェンケンを命ず, かけテーブルの上, かけディヴァンに向っ, かけデザート用の小, かけデスクに凭れ, かけドドドと響, かけニッケルの番号札, かけニヤニヤ笑って, かけヌッと右足, かけネオンの色明り, かけネクタイを結びなおし, かけネヂを差しこみ, かけハイヒールの上, かけハンケチシャツ膚着耳輪かみそりせっけん, かけバクスターとガーネット, かけピアノが鳴り始める, かけピカ一もフウフウ一, かけピストルを腰, かけフェルト靴の先, かけフト靴と刀, かけフランスの財政, かけフーッと唇, かけプラトークで頭, かけベラボヲ口にておどし, かけベーリング海近くまでも飛行機, かけホンノリ頬を染め, かけポーランドを操る, かけマスクをはめ, かけマフラーに顔, かけミナトヤの主人, かけムダをする, かけメインタンクを開いた, かけモスクワまでも見える, かけモン・ブランの頂き, かけヤッと引きむしった, かけレースの頭飾り, かけは鳶ヶ巣, かけ一つ黒鉢巻の経木真田, かけ一人前の女形, かけ一人考へこん, かけ一休して, かけ一体の若葉, かけ一分も早く, かけ一千万枚のアンケート, かけ一声叫ぶと, かけ一度今にも転びさうな, かけ一御酒なしでも, かけ一心に写真ブツクの, かけ一息につるつる, かけ一日も早く, かけ一日仕事でよく, かけ一時間ほどおしゃべり, かけ一時頃三宅さんのところ, かけ一服やつた, かけ一気に飛び越えて, かけ一泡吹かして, かけ一行が近づい, かけ一行みなごろしに, かけ一見サラリーマン風に, かけ一面に流れかかっ, かけ一飛びに無理, かけ丁寧にそれ, かけ丁寧松は帳場, かけはかり八, かけ七八本のいも, かけ七宝の鞍, かけ七年前わたくしが十四, かけ七日伸子たちは新聞, かけ七蔵が種, かけ七重の塔, かけ丈夫に足, かけ三々五々ここへ, かけ三ヵ月かかって, かけ三万円の償金, かけ三十人もの生徒たち, かけ三四尺四方の穴, かけ三宅君にサボつて, かけ三年丸二年もあの, かけ三年目であった, かけ三方水で囲まれた, かけ三月目の五月頃, かけ三田村技手へあらたまった, かけ上つてジャンヌのお, かけ上つて一ばんたかい部屋, かけ上つて彼のマント, かけ上つて江原の寝室, かけ上つて焔を移し, かけ上つて行つたのは三日目, かけ上りゴーリキイの持ち物, かけ上体を捩っ, かけ上杉家へ人質, かけ下してき, かけ下し切天神割しのぶ割鹿子唐団扇結綿鹿子天神四ツ目崩し松葉蝶々, かけ下りながら叫ぶ, かけ下りたのか, かけ下水の側, かけ不快げに眉, かけへない, かけ且つ旋毛の, かけのなか, かけ世話をやいたら, かけ両刀を高く, かけ両足をあたたかい, かけへ桟敷, かけ中啓を以て踊り, かけ中村係長はすぐ, かけ中野さんにこっち, かけ主人藤吉郎秀吉様からきっと, かけ主君のかげ, かけ主婦に向う, かけ主張して, かけ乍らこれから金儲け, かけ乍ら不意に窓, かけ乍ら桂子が振り仰ぐ, かけ乍ら自分は初めて, かけ乍ら銀座の支那料理, かけ乗り寄せて, かけ乗客を入れる, かけ乙丑丸ニ御待申候間, かけ乞食のやう, かけ乾酪を肴, かけの成功, かけ予期以上の成功, かけ事務室のほう, かけ事務机の上, かけ二ツ三ツは手, かけ二三寸拔きかけたま, かけ二三日留守にし, かけ二三歩あるくと, かけ二三歩後すさりに, かけ二分間ほどじっと, かけ二十年の間, かけ二名の部下, かけ二度の逢曳, かけ二日のあいだ, かけ二時間ほど焦げ, かけ二本の金属, かけ二杯くらいで, かけ五つ月になります, かけ五カ月の後, かけ五円だと, かけ五年でした, かけ五年ぶりです, かけ五年間全く作品公表, かけ五色の糸, かけ井戸水を汲む, かけして, かけ交際いはしない, かけ京極家の控え所, かけか自然, かけ仄かに彼, かけ今日の朝, かけ今朝とった上等, かけ今頃はもう, かけ仏頂寺弥助は三谷一馬, かけ仙七が手首, かけへる不, かけ代え此処に在り, かけ代る代る宿直を, かけ仮綴の本, かけの小, かけ伯母と話し, かけのもの, かけ低くした電燈, かけ住職の伊藤老師, かけ余りきれいでない, かけ佳一は冷たい, かけ使いを飛ばし, かけり, かけ俊雄君はあの, かけ候人ニてことに, かけ候儘にて相, かけ候其方をのべさせ, かけ候処血気の頃, かけ候而また一夜, かけ候計と存じ, かけなしの, かけ値段書のぶらさげ, かけ健二をめがけ, かけへ来た, かけ傍らに粗朶籠, かけをくらくら, かけ僕たちをすこし, かけ元気もなく, かけは本, かけ先きの間違ひで無体に解雇, かけ先方が斬り込ん, かけに角金, かけ党類三十余人は誅せられ, かけはかぶらず, かけ全力をあげ, かけ全身に白粉, かけ全速力で南方, かけ兩方で二言三言, かけ八人のもの, かけ八年であった由, かけ公方様の還御, かけ六年私はうらぶれた, かけ六波羅諸門, かけ兵部は, かけ其一端で骨箱, かけ具合たれ醤油, かけ内的にも奏効, かけ円柱に手, かけ冗談みたいな細い, かけ凍って, かけ冷めがはげしく, かけ凛々しい様子で, かけ出入を許し, かけ出口の方, かけ出合いがしら, かけ出合ひがしら胡麻竹の杖, かけ刑事たちがはいっ, かけ初めと称し, かけ初めていたの, かけ到着を告ぐる, かけ前後五年に亙つ, かけを吊した, かけ創造の魂, かけ備にも, かけ力一杯横なぐりした, かけ勝頼は今, かけ勤勉な手, かけ勾欄に擬宝珠, かけ十一年の昔, かけ十三にし, かけ十三歳にし, かけ十二時間ほど眠りました, かけ十五号大のカンヴァス, かけ十四年めにあたっ, かけ十字架をつけ, かけ十年これには絶えず, かけ十里は人馬, かけ千之助は女中, かけ千二少年をゆるし, かけ千鶴子が持て来し, かけた時ビツクラ, かけ半町ほどある, かけの方, かけ卓上の器物, かけ卓子の上, かけ南条力が目, かけ斎っていう, かけ卜斎ダラリと右手, かけ卜斎先生が煙草, かけ卜斎唄はお, かけ卜斎懸河の弁, かけ卜斎泣き虫の蛾次郎, かけ占いも手当り次第, かけ即ち単に一枚, かけを産んだ, かけ厩侍所に至る, かけなら実力接収, かけ友達の名, かけの瞼, かけ閇を, かけ反射的にベル, かけ反射的にべルの鈕, かけ取りの苦労, かけ受信機をはたらかせ, かけ口中にナイフ, かけ口癖のよう, かけ口達者な長屋女房, かけ口銭をとり, かけ口髭をたくわえ, かけ成長い, かけに坐り, かけ右膝を折り曲げ, かけ司令部から島野参謀, かけ合つて夜を明かし, かけ合つて纔に未だ, かけ合つて貰ふやう, かけ合ひでもし, かけ合ひで何か言ってる, かけ合わせても一, かけ合セにて打, かけ合位ではさ, かけ吉之助はまじめ, かけ樣に, かけ同じく缶の, かけ同時に謎を, かけ同行おんぶで行きたい, かけ名のりかけ手取り, かけ吾儘をゆるし, かけ味噌汁をこしらえ, かけ呼吸の弾み上っ, かけ呼吸次第で何時, かけ咽喉を絞め, かけ品物を手, かけ喜びを見ん, かけ嘉右衛門はバラード, かけを絶えず, かけ器械を整え, かけして, かけ四ヵ月ぶりでモスク, かけ四五分経ってから, かけ四年目の十九, かけ四日目に阿, かけ四月頃にはすっかり, かけ四本の指, かけ四重五重の困難, かけ団扇太鼓を持っ, かけの毒, かけ国境の憲兵達, かけ土中に埋めた, かけ土人はわあわあ, かけ土瓶茶碗さくら餅など盆, かけ土鍋しちり, かけ地獄をも天国, かけ地蔵を並べれ, かけ地面に引きずらない, かけ坊主数千人をひ, かけしその, かけ城内狼狽を極め, かけ城壁をよぢ, かけ執念深く言い寄って, かけ執拗に乱れ, かけまる儘, かけに窮, かけ塩漬豚肉さえあれぁいいんだ, かけ塩野を覗いた, かけ壁のだんろ, かけ壁土が早く, かけ壁際の大きな, かけ夕方ひとやすみ, かけ外套の裾, かけ外敵に荒らされぬ, かけ外部だけきれい, かけ多額の費用, かけも十二時, かけ夜会服の裾, かけ夜床へ入らう, かけ夢想の中, かけ大きい塵芥箱の, かけ大きく坐り込んで, かけ大佐に居る, かけ大体楽をしよう, かけ大小幾多の島々, かけ大柄なガッシリ, かけ大殿の御, かけ大粒な黄ろ, かけ大袈裟に繃帯, かけ天日にかわかし, かけ天晴れ名誉の仕事, かけ天晴名誉の仕事, かけ天眼鏡で伴蔵, かけ天野川の流れ, かけ天鵞絨の鼻緒, かけ夫人と辞礼, かけ女中などに仕, かけ好い語学の, かけ妖怪のよう, かけ始終あの一禅門, かけ姿の太夫, かけ娘二は樽, かけ婦人兵士の最後, かけ嬰児を抱い, かけ子供が, かけ子供達がブランコ, かけ孵化場で孵化, かけ學生を使嗾, かけ宗伝唇茶の畳帯, かけ宗伝唐茶の畳帯, かけ宗太郎が龕燈, かけ官有針葉樹林の調査, かけ実際政治に対する, かけ客人をもてなす, かけを出た, かけ室内の花瓶, かけから持っ, かけ家じゅうの者, かけ家庭風の西洋料理, かけ家康の実検, かけ家族の者, かけ宿直の者, かけ寄りながら, かけ寅吉とつれ, かけ密室に於, かけ密封せられたる土蔵, かけの順禮, かけの名前, かけ尊氏の軍, かけ小僧をよん, かけ小姓役を見習わす, かけ小屋が幾つ, かけ小松菜やふだん草, かけ小鳥のくし, かけ尺八と笠, かけ履物は草鞋, かけ山の下あたりで, かけ山猫みたいな頬髯, かけの中腹, かけ島田髷に結わせ, かけをあ, かけへ向っ, かけ川島をせきたてる, かけをした, かけ布団十月ではおそい, かけ布袋を下げた, かけ帳場で辞職願, かけの結びかた, かけ常に万巻の, かけや板垣退助伯, かけ幅二十尺ほどの頑丈, かけ平常壮士頭の, かけ平気で火鉢, かけ年増はおさふ, かけ幽霊のごとくはいだし, かけ幾つかの小間, かけ幾度かふくろ叩き, かけ広大な地峡, かけ広重や国貞, かけ庄右衛門を切った, かけ度いものがありまし, かけ庭下駄を突っ, かけ廊下のほう, かけ廻すやうに, かけ廻るのを, かけ式家政学のこと, かけ引き上人をつれ, かけ引き自在に勝負, かけ引き進退の合図, かけ引取り而ハまたかけ仕, かけ弘法寺の楓, かけ強くゆすぶりながら, かけ当時西村渚山君が編輯, かけ当選すれば, かけ彫刻師自身の意匠, かけ彼女に向っ, かけ彼女たちは雲, かけ彼方此方へ身, かけにブルュッセル, かけ後ろ向きになっ, かけ徐々に向上し, かけ燈明の, かけ微笑しながら, かけ心地のよく, かけ心配そうに唇, かけ必死に美味い, かけ忍び足で廊下, かけ快い初夏の, かけ念入りに鼻紙, かけ念珠を持ち, かけにそわそわ, かけ恍惚して, かけを曝す, かけ悍馬をとばし, かけ悩みに悩み, かけ富豪や, かけ悪かった, かけ悲しそうに, かけ意地でも出, かけ感心だと, かけへ入れ, かけを忘れたるごとく抱き締めつ, かけ我々に手拭, かけ我武者羅にゆすぶつた, かけひは, かけ或は求婚手段と, かけをたたいた, かけ所書を貰っ, かけ扇子を使い, かけをグッ, かけ手ずから中篇や, かけ手伝いに来た, かけ手取りにせん, かけ手拭にて後ろ鉢, かけ手袋をはめた, かけ手足もきず, かけ手風琴を持った, かけ手首へかけ, かけ払子をもつ, かけを凝らした, かけから昇る, かけ折熨斗を附け, かけ押据ゑんとする, かけ拳銃を乱射, かけふやう, かけ持つて来た, かけにはこれ, かけ指先を痛い, かけ指揮官は刀, かけ振りむいて, かけふべ, かけ捜査主任を呼び出した, かけを合せ, かけ探偵の部下, かけへた, かけを少なく, かけ撃鐵を起した, かけ支局から支局, かけ支那の仙洞, かけ支那語にて何とか, かけ数人を解いた, かけ数年たんれん致し候間, かけ数百の馬, かけ敵影めがけて, かけ敷物にいたる, かけ數人を相手, かけ文庫の世界, かけに成, かけ斜陽をふせいだ, かけ断続した朝, かけ菜の, かけ新しい木や, かけ新聞紙をひき裂い, かけ方あたりのただ, かけ方一つにもちゃんと, かけ方天戟をさげ, かけ方等のこまかい, かけ施粥の手伝い, かけ旅姿の町人, かけ旅館とはみんな, かけ既此洲には用, かけ日増しに暖くなる, かけ日記をかりる, かけ早苗さんとそっくり, かけ明日は使わね, かけ明朝のあなた, かけ春琴の美貌, かけ昨夜来のこと, かけ時々強請が, かけ時によると, かけ時には憎いもの, かけ時日を費やし, かけ時節の花, かけ暁天の星, かけさの, かけ曇つた眼鏡を拭い, かけ曳やつといふ, かけ書斎の金庫, かけ書物を膝, かけ替えられた軸物を, かけ最後にはこの, かけ月々の仕送り, かけ月琴を弾い, かけ有明けの黒白, かけ服装は上, かけになっ, かけ朝六ツ時頃より此, かけ朝夕拝んで, かけ木下川から堀切, かけ木剣を杖, かけ木賃宿其れ等, かけに≪腹ぺこ≫, かけにのしかかり, かけ杖槍を拾い取っ, かけ束髪引つめ, かけを挙げ, かけから西, かけ東京じゅうに非常線, かけ松鎧かけ松, かけ板の間の框, かけ枕元のきまった, かけの全体, かけを供え, かけ果てはシンガポールの, かけを撓め, かけをつるす, かけ柳眉をあげ, かけ栄三郎血のしたたる, かけの木, かけ栗毛の馬, かけ根岸上野界隈の低地, かけ格子戸口を出よう, かけ桃子はすこし, かけに腰, かけの用材, かけ桔梗染めの手拭, かけの葉, かけであらう, かけ棟木から屋根, かけ検尿のやり, かけ楊柳の陰, かけ楊雄がたずさえ, かけ楕円を描い, かけ業務多端のため, かけ極めて簡潔に, かけ楽曲を読み始めた, かけ概数一千余の兵, かけひなく大, かけをつい, かけ槍弾正という名, かけの小筒, かけ権右衛門との間, かけ横丁の人通り, かけ横向きに洋書棚, かけ横笛を取っ, かけ橋向つ峰, かけの左右, かけ機械体操の要領, かけ次いで敷島ガレーヂへ, かけ正木の葛, かけの外銅, かけかけ大, かけ歯医者の手術室, かけ殊に地学博士は, かけはちょっと, かけ毎年鴨居前や竹岡前, かけの色, かけ毛深いはだ, かけを静めよう, かけ気持よく休み, かけ氣味の惡い, かけ水中聴音機のスウィッチ, かけ水出しのピストルを乱射, かけ水少量を加え, かけ水屋は障子屋根, かけ水腫がギッシリ, かけのかたまり, かけを拭, かけ汗止をし, かけの波, かけ江戸中の觀音, かけをほり武士, かけ沢庵は酒, かけ油断を窺い, かけ油絵を飾っ, かけ沿道には織田家, かけの素足, かけ泥まみれの手足, かけ注連飾にいそ, かけ洋刀をつけた, かけ洋服姿のスマート, かけ洋燈をつけ, かけ洋館の屋根, かけ洪君のうしろ, かけ派手な箱, かけ派手やかな小袖, かけ浄らかな焔, かけ浅草辺を見たる, かけ浮き浮きと弾ん, かけや山, かけ海道は敗走, かけを目, かけ深い髯の, かけ深刻な顔付, かけ混乱に乗じ, かけふる深き, かけ清らかな盆, かけの方, かけを越え, かけ渡し白衣干すかも, かけ温順しいお, かけの樋の口, かけ湯島台の家並, かけ湯気が立て, かけ湯治場近き小田原, かけ湿布の薬, かけ源さんは時々, かけ溶け崩れそう, かけ滑車から縄, かけ滝壺の方, かけ漬物をきる, かけ濃いむらさきだ, かけを点, かけ火中にて御, かけ火口をのぞい, かけ灯びにうしろを見せる時分, かけの前, かけ炎天を歩いた, かけ炭車に乗っ, かけ烈戦二十余合火をとばした, かけ烏帽子悪く謗ら, かけ赤くこれ, かけ無器用な手つき, かけ無言で皆, かけ無骨な矢代, かけ然しと思う, かけ焼香の準備, かけ煎薬の土瓶, かけ煎餅や菓子, かけをかかげ, かけの火, かけ爪紅を塗り, かけやが松林, かけ肱を, かけ片方の肘掛, かけ片足をかけた, かけ牛乳かクリーム, かけ物香のにおい, かけがかみつく, かけひは, かけ狐火の辺, かけ献立表を読ん, かけ猶も再びごじられて, かけのよう, かけ猿掛城あたりを中心, かけ玄関へと出, かけ玉蜀黍をゆする, かけ玉露か煎茶, かけ玩具の豆自動車, かけ珈琲を啜り, かけ理智的にとぎすまされた, かけ瓦焼場竈が幾つ, かけ竹を, かけ生徒に仕事, かけ産婆さんがこれ, かけゐしは, かけ甲高な調子, かけべし, かけ申譯も御座いません, かけ男の子が皮帯, かけ画室に入る, かけ画家もまた, かけ画材を探し, かけ異国めいた模様, かけ病氣すりや病院さ, かけ病状を報ず, かけ痩世帯に一日, かけ痩世帶に一日, かけ登つてまだ後向き, かけ白く新しい手拭を, かけ白昼でも必ず, かけ白洲の拷問, かけ白粉をつけた, かけ百合子は急, かけ百姓共の強訴, かけ皆殺しにし, かけの玉子焼き, かけ目高をすくっ, かけ基が, かけ直しをする, かけ相州屋の川上糸子, かけ相当よッぱらッ, かけの間, かけ看病夫に手, かけ看護婦にも来, かけ眞白な太い, かけを狙っ, かけ真っ直ぐに水, かけ真紅の靴下, かけ真面目であるべきこと, かけ眼ツパ跛蹇または藝者, かけ着物の襟, かけ瞬間癒着を行う, かけ矢文としてこれ, かけ胴服を, かけ破れになる, かけ祝ひといつ, かけの冥助, かけ神々しくした枝, かけ神様の御札, かけ秘密の地下道, かけ秘蔵の鉢植, かけ程遠からぬ富岡, かけ稽古槍を取り下ろしました, かけ積極的な機構, かけ空樽をさげる, かけ穿でストン, かけ伏せて, かけ突っかけ先, かけ突然主税, かけから戸棚, かけ立上り右に柄杓, かけ立小便をする, かけ立膝でお, かけ竝めぬほば, かけ竹光柳風軒の教え, かけ竹胴をつけ, かけ笑顔の恰好, かけの紐, かけすっかり調っ, かけをはめた, かけ箱膳を出し置き, かけのところ, かけ米友の走り去った, かけ粉チーズをふりかけた, かけ粟飯を茶碗, かけ精進火の物断, かけ紅手綱の白駒, かけ納豆に混和, かけに青貝, かけ純白の革手袋, かけ純粋にぺてん, かけ素子の蒐集, かけ素足に靴, かけ終つたと見え, かけ終つたのは二十分, かけ終つて静かにしかし, かけ結びにした, かけ結婚といふ神聖, かけ結局つかみ合いに, かけ結局人生はよく, かけ結跏趺座して, かけ絨毯などの色合, かけをかけられた, かけが水流, かけ綺麗にはし, かけ総身の力, かけ編笠をかぶ, かけ縁側に椅子, かけ縦横に布, かけ縮少いたしました, かけ繰返しハンデルのラルゴ, かけけてやう, かけを引っ, かけのない, かけ美しい口髭を, かけ美濃路へか, かけをまもる, かけ羽柴君から少年探偵団員, かけ昭和二十五年の, かけとなっ, かけに口, かけ聖体の前, かけ聖堂の前, かけの簸, かけ職場の作家, かけの豊か, かけ肉屋の籠, かけ肉張りが充分, かけ肘かけのところ, かけのあたり, かけ股引きに洗い立て, かけ背中を丸く, かけ背伸びをし, かけ脇息に倚, かけは既に, かけ脚絆をつけた, かけが横, かけ腎臓結核だと, かけ腕組みして, かけ腰ぎんちゃくとなる, かけの竹若, かけ腹巻したる体, かけ膃肭獣はひだる, かけは二つ, かけ自害して, かけ自己も苦しむ, かけ自由自在にそいつ, かけ自覚良心が芽生え, かけ自身も一陣, かけ舗装道路の上, かけ舞台よきところ, かけ舵手席に平静, かけ艫舵の下, かけの小, かけ色つけ経木造花で飾っ, かけ花壜が主たる, かけ花模様のついた, かけ花生けには白椿, かけ花盛りが過ぎ出した, かけ花色深川鼠路考茶などが流行りまし, かけ芸術を裏切った, かけ黨の, かけ苦しい妄想に, かけ茣蓙の上, かけ茫然して, かけ茶屋当り矢に坤竜丸, かけ茶盆を出す, かけ草履与吉が廊下, かけ草履真一文字に生, かけ荒々しき振舞いありし, かけ荒木村重をし, かけ菅笠若くは, かけのある, かけ落人の日下部欽之丞, かけ落日の射る, かけ落着いて, かけ落積った枯葉, かけ落葉松の長い長い, かけ之助, かけ澄んだ顏, かけをする, かけ蔦葛の岩根, かけ紅梅の, かけ薄い水の, かけ薄紫の半襟, かけで撫で廻される, かけ薔薇香水を頭, かけ藤棚のした, かけ藤次郎を脅かし, かけがあつまり, かけ蚊帳を釣っ, かけを注い, かけ血統的には血縁, かけに女房, かけ行かんとして女房幇間, かけ行つて見て, かけ行乞の深, かけ行商人と出張煙草商, かけ街道も次第に, かけの股立ち, かけをつけ, かけ裏木戸をあけ, かけ補陀洛山に居る, かけ西の方, かけ西洋の衣, かけ西瓜で客, かけもない, かけ覆いや枠, かけ見事にも描く, かけも息子, かけ親友の中村警部, かけ親父の顔, かけ観客がやって来た, かけ観音崎水道のあたり, かけ言ひまはしをのみつとめ, かけ詰めにかけ, かけや語感, かけかけては, かけ調子よくやっ, かけ調理場の土間, かけ諏訪湖の煮, かけ論説を以てする, かけ諸井看護婦を裸, かけ警官をひそか, かけ警視庁にあらわれた, かけ護送車に載り, かけには谷川, かけ象徴的な形, かけ豪華版として刊行, かけして, かけ販路拡張につとめる, かけ貯金をし, かけ貴婦人の手, かけ貴殿には累, かけ貴重なる学術参考, かけ買い足してやった, かけ資本に支える, かけ赤児の口, かけ赤縞の襟, かけ赤螺三平や阿, かけ走り廻りたい衝動, かけ趣味をよく, かけ足先に, かけ足等何といおう, かけ足袋の一足, かけ路地づたひに徃きて, かけ踊りの側, かけで蹴っ, かけ身おとろへてしのぶかたがたしげ, かけ身体を風, かけ身動きもせず, かけ軍資金を集め, かけがかけられ, かけ軽くゆすりながら, かけやいた眼, かけ近所の人, かけ返り討ちにしおった, かけ追手は城外, かけ途中からさげ, かけ速力をおとし, かけ絶えしより, かけ違いに倉地, かけ違ってちっとも, かけ違つた方法で成人, かけ違つて二度も續, かけ選手はほとんど, かけ配電盤のまえ, かけ酒壺を取っ, かけの味, かけ醤油があまり, かけ重い手錠の, かけ重みでもはかる, かけ重吉が黙っ, かけに伏し, かけ野上さんの行き, かけ野郎が朱, かけ金具にかけ, かけ金珠の首環, かけを腰, かけ鉢巻をさせ, かけの太い, かけ銀杏返しに白い, かけ銀色の轡, かけ銅壺に酒, かけ銘仙の鯉口, かけ銭受けの笊, かけを下し, かけ錠前直しがある, かけを持っ, かけ鎖股引に陣草鞋, かけがかかっ, かけ鐘巻流での荒陣, かけ鐵劑のヘモグロビン, かけ長々と足, かけ長久保小萩の退院, かけ長火鉢の向, かけをしめて, かけ門口に木, かけ閂子ははずれ, かけがな, かけ間貸しのおばさん, かけを切り抜けよう, かけ関白どのと和睦, かけ関白家の供, かけ防寒具を揃え, かけ陰毛が生え揃った, かけ陶然と彼, かけ階下の入口, かけ隔てのない, かけ隣人親友を裏切っ, かけの巣, かけ雑巾をかけ, かけるらん, かけ雨巡査は佇てり, かけ雲脚をばこし, かけ電灯を半分, かけ電車のり場の方, かけの中, かけ青地の服, かけ青空と大地, かけ青鉛筆を持っ, かけ静かに睡, かけ非常線をはる, かけ革提を持ち, かけ革袴の股立ち, かけ靴下は両方, かけを片付け, かけへソロリ, かけ鞦韆をやる, かけの毛, かけ頬ぺた押付けて, かけ頬髯を附け, かけづく私, かけへ指, かけ顎鬚はまばら, かけの細い, かけ顔立は可憐, かけ顔色のあさぐろい, かけ顔馴染の誰彼, かけい顫, かけが吹く, かけ風情は人, かけ養蠶用具の置き場所, かけ饂飩の餡, かけ香わせてある, かけ香水を振っ, かけ馬具はいらぬ, かけ馬足をしっかと, かけ馴れ馴れしいくらいなようす, かけから一つ手前, かけ駕籠より出, かけのやう, かけ高き山に, かけ高氏たちを見る, かけを剃り, かけ鬢止めの鉢巻, かけ鮎子さんとおしゃま, かけの鮮紅, かけの頭, かけの落ち, かけ鳴き立て金切声, かけ鶯妹は倒れ, かけ鹿島槍の尾根, かけ麦稈帽をかぶっ, かけ黄色いたまねぎや, かけ黒襟の衣物, かけ黙々と警視庁の, かけ黨類三十餘人は誅せられ, かけ鼠色シャツを着た, かけLSTはガラガラ