青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かくれ~ ~かけ かけ~ ~かけた かけた~ ~かける かける~ ~かげ かげ~ ~かし
かし~
~かしい かしい~ かしこ~ ~かすか かすか~ ~かた かた~ かたち~ ~かつ かつ~

「かし~」 3028, 33ppm, 3589位

▼ かし~ (1267, 41.8%)

27 くれ 17 くれと 9 ください, 下さい 7 くれた 6 おくん, くれないか, 助けて, 自分の 5 いた, くれると, ごらん, それを, やる 4 あげて, おけば, くれい, ここを, やって, ゐた, 出て

3 [19件] あの子, いる, いるよう, おいたの, くれたまえ, くれぬか, くれませんか, くれよ, みると, 一刻も, 兄を, 壺を, 彼の, 彼を, 手に, 此の, 死の, 置いて, 船を

2 [63件] あいつを, あげましょう, あげるよ, いて, いるの, いるん, うまく書き直し, おいて, おいても, おくと, おくわけ, お父さんに, くれたま, くれた人, くれて, くれない, くれました, くれるかも, くれん, この場, これを, ごらんなさい, その上, それに, どんなこと, ほしいと, ますね, もらいたいと, もらいました, やった, やったこと, やりました, やるから, やると, やろう, やろうと, わたしは, 一種の, 下さいな, 下さいまし, 他の, 仲, 元の, 呉れないかなあ, 命だけは, 大尉が, 天窓を, 少しでも, 居る, 日光御, 日本が, 暇を, 水の, 永久に, 生きて, 私の, 私を, 立直ろうと, 罪を, 芥川の, 記事の, 貰は, 足を

1 [938件 抜粋] あげたいと, あげたの, あげたらあの, あげてねと, あげなかったの, あげましょうかと, あげられないか, あげると, あげるわ, あそびをのみぞしたまふ, あたりまえの, あなたに, あのころ, あの一八郎, あの壺, あの娘, あの萩乃様, あの飛行機, あやなす気, あるの, ある薔薇, あれに, あんな様式, いいもの, いい落語家, いずれかの, いただいたかと, いただきたいもの, いただけたらと, いたならば, いたら久原川, いたわりたかった, いた女, いちばん奥まで, いないよう, いのちを, いますと, いられるの, いるうち, いるそろそろ, いるとき, いる川波, いる葉巻家, うそにも, うまく演, うわば, おあげなさい, おいたら一ヶ月, おいたん, おきさ, おくか, おくがい, おくれ, おくれなと, おくれんか, おこして, おばさんや, おまけに, おられたの, おりますの, お助けいたしたい, お助けくださる, お父上, お米, お金が, かきたて仕事, かげを, からくも, くださいこの, くださいな, くださいよ, くださらないこと, くだされば, くだせえよ, くれそう, くれたの, くれたらどんなに, くれたん, くれた同胞たち, くれた薄い, くれても, くれとかいふ, くれないから, くれない中, くれなくちゃ, くれまいか, くれる, くれるだろう, くれるに, くれるはず, くれる女房, くれれば, くれ給え, くんなされ, こいつを, ここから, ここへ, こつちの満足, この, この不幸, この中毒, この人, この住職, この危難, この宅助, この島, この幽霊, この怪塔ロケット, この感情, この戸, この時計, この白, この空っぽ, この誓言, この飜訳文, ござり, ごらんな, ごろうじろなんて, しがみついた熊, しまいには, しまったの, しょうつかの, じいっと腕組み, すこぶる威厳, せめてお, そこから, そこには, そこを, そとへ, そのため離婚, そのわけ, その一人, その前, その外套, その外店先, その字書, その敵, その日, その檻, その死骸, その漆喰, その真相, その禍い, その老婆, その運, そらそうと, それが, ただ十一本, たとい二, つくること, つけて, できるもの, とにかく夜通し明るい, とんでもなき, どうにかやっ, ねばって, はぐらかさうと, はらいおとさねば, ひとつでも, ほしいもの, ぼっちゃ, みずからは, みましょう, むかしの, もう一度つかまえる, もっと適当, もらいたいという, もらいたかったの, もらう, もらうん, もらえん, もらつた, やたらと, やったり, やった時, やっつけて, やっと生活, やらう, やらないでも, やらねば, やりこの, やりたくなるん, やりな, やるからね, やる理由, やれ斬り伏せても, やろうかという, よく高熱, らッし, わが大事, わが息, わしから, わたされたり, われわれが, ゐたよ, ゐますと, ゐるの, アベコベに, ウラゴーゴルの, オレを, ガツガツ食, クリーム色の, コントロールしない, ニッコリ笑わせよう, ハルクを, ヒサが, ヒルミ夫人の, ボーキサイトの, ミドリに, ロベエル・コンシャアルから, 一つ手に, 一人前の, 一度やっ, 一度白足袋, 一房でも, 一日でも, 一日を, 一本でも, 一矢左膳に, 三百八十兩の, 上げたいもの, 上演し, 下さいおたがいに, 下さいと, 下さいよう, 下さった, 下さらない, 下さるかしら, 下さるまいかと, 下さるよう, 下すった, 不快に, 世の中の, 世帯を, 主人に, 主馬を, 二三千圓も, 二葉亭四迷と, 二階の, 亡夫の, 人造人間の, 人間に, 今一ど, 今年は, 仏蘭西語を, 仕舞ふ, 付き物に, 仲間の, 伸びようと, 何とかで, 作り出さうでは, 來た, 俺に, 倉地を, 健康を, 僅かばかりの, 元気を, 先代の, 兎角お客, 公演不能に, 六幕ぐらいの, 円盤の, 出来ること, 切りぬけさせるつもり, 前の, 加十さんに, 助かりたいもの, 助けたいもの, 助けなければ, 助けようと, 勝を, 北さんの, 医者を, 半端な, 取戻す方法, 合理化しよう, 君の, 呉れた人, 呶鳴り返しました, 呼吸を, 哺乳類で, 四方より, 国民として, 土井は, 地上へ, 城中の, 壊して, 売って, 外米を, 夢中に, 大島へ, 大砲の, 天幕を, 天罰を, 女を, 奴の, 妻子を, 娘を, 嫁を, 存命中に, 孤独を, 守ろうと, 定刻までに, 実地に, 客の, 家光に, 寒う住ん, 導くに, 少しこの, 少年僧黙, 居ります, 居る留守, 工夫を, 帆村に, 平地に, 平馬, 庄之, 引き留めて, 弟を, 当てようと, 当選させたい, 彼が, 彼女と, 御らん, 御来会, 徳政令の, 忘れさせようと, 応援が, 怒りを, 急に, 悔いの, 意趣返しを, 懲らさなければ, 成り上がろうとして, 我利を, 戴けないでしょうか, 手っ取り早く探し出す, 手を, 打開しよう, 抜け出そうと, 押し片付けて, 捜してなど, 撒く才覚, 支えて, 救い出して, 教会へ, 教室に, 文次郎を, 断固たる処分, 日光さまの, 日本人全体に, 早くお, 早く一度, 早く帰っ, 早く美代, 昨日茶席での, 最後の, 月給制度に, 服に, 朝湯にだけは, 木村に, 本流へ, 村民の, 東海道を, 林の, 栄三郎の, 栄三郎様へ, 梨枝子の, 標す, 橋渡しされなけれ, 機嫌を, 欣之介の, 正しいみち, 正体を, 正常な, 武揚の, 死ねんもの, 殺したい, 母子が, 毛一筋動かす, 気持を, 求められうる性質, 江戸攻撃を, 江樹に, 河縁の, 流しを, 湲水音を, 漏らさず, 漕ぎ抜けられない事, 無実の, 無遠慮に, 片手突き, 片輪, 猫又を, 玉子と, 現在の, 瓦町へ, 生きたい, 生きる力, 生命を, 生活せね, 甲は, 痛い目, 登りましょう, 皆の, 監視人の, 直接犯人と, 相手の, 県立高女に, 睡らない工夫, 知らせて, 知りたかった, 社交的な, 私に, 私犯人さが, 空の, 立派に, 笑い茸という, 第六号艇, 素晴しい, 終わなく, 結局私たちの, 続けて, 緩和すべき, 縛めを, 纏まったお金, 置かせて, 置くと, 置ました, 老後の, 聞きほじりたいがと, 育てて, 脱れ出よう, 自ら悦ばなけれ, 自分を, 自分方へ, 自身の, 般若の, 薬に, 蟻田博士隊に, 血色を, 行けるの, 街を, 衰へる, 見せなければ, 見たいと, 見て, 見るの, 見イ, 見舞に, 解熱させた, 評判の, 話を, 読者諸君に, 諏訪栄三郎が, 警察行きを, 警戒の, 豊吉も, 豫定の, 貧乏根治の, 貰いたいという, 貰いたかった, 貰おうと, 貰ふ, 賜も, 賜わるか, 起さうと, 超越し, 踏み越えた, 近づいて, 返される金, 追い出すならやつら, 追い出そうと, 逃がさなければ, 逃げだせる工夫, 逢わないで, 道阿弥の, 遺書らしい, 邪魔し, 重い一つ, 鈴川様へ, 鉄軌と, 鍛へ, 開き直, 阪井を, 集めて, 電車や, 青木学士の, 面を, 響いた, 頂きたいん, 頂けたらと, 頂けませんでご, 頂戴な, 食う故, 飲めるよう, 餓ゑず凍えず, 馬を, 高めて, 默す

▼ かし~ (259, 8.6%)

65 を感じ 4 と恐ろし, に顫, のため, を知り初めた 3 が見える, に堪へない, に顔, を感じた

2 [21件] があり, がある, がどこ, である, とも怒り, と嬉し, と悲し, と母, に, に弾かれた, に急, に打ち, に過ぎない, に面, に面あかみ, もない, も失せ, も知りぬ, や, をしのん, を想像

1 [178件] あるべき, いはむ方, おもしろさ, からだろう, から彼, から笑い, から解放, から返事, か頬, がありました, がそこ, がつきまとっ, がなけれ, がぼく, がまるで, が一段, が先立ち, が原因, が叮嚀, が可笑しい, が度, が感じられない, が楯, が残る, が燃え上っ, が突き出, この納まり, そこはかとなく匂, たつた一人, だ, ても習慣, であると, である不安, であろう, です, ではなく, でもある, で今, で微笑ん, で手先, で火, で真っ, で赤面, といと, とかがやかし, とが私, とそれから, とに喉, とも言, とを覚え, と不憫さ, と口惜し, と同時に, と嘆か, と妙, と尊, と怒り, と怖, と憤り, と死ぬ, と申す, と落胆, と落膽, と飛びかゝり度, など夏, なれど, にうつむいた, には再び, には辛抱, にまぎれ, にプンプン, に一刀斎どの, に一寸, に一時, に俯, に又, に咄嗟, に図書館行き, に堅く, に堪えられない, に堪へね, に心, に我, に手, に暮らさね, に比べれ, に笑, に耐えなくなった, に自分, に落着けないらしく, に赤く, に身, に迫られた, に鏨, に顏, ねんじあへて, のあまり, のあまり真赤, のあまり顔, のかけ, のせゐか, のなか, のまじった憤り, のまま一歩, のみ, の以外, の余り, の余り身, の形, の極, の極み, の汗, はいつ, はさすが, は別, は媚, は後者, は無く, は無垢, は田舎源氏, は画, またただ, また真個, もある, も催され, も忘れ, も暫く, も見えた, やキマリ, や僻み, や屈辱, や鷹ヶ峰, よとそれ, よと生体, よりは痛々し, よ誰, をこらへ, をたたえ, をつくづく, をつぐなう, をなだめる, をマスター, を二人, を具備, を受け, を噛み殺し, を失わない, を孕ん, を彼, を思ひ出したらしく, を感じさせた, を感じます, を感じる, を感ぜし, を感ぜしめ, を感ぜず, を抱かせられる, を持たない, を持っ, を持った, を月, を水, を湛へた姿, を漂わし, を生ぜしめ, を發散, を笑い, を考へ, を與, を蒙り, を裏切っ, を見せ, を覚えた, を覚える, を長吉, 念じあへで, 気まずさ, 腹立たしさ

▼ かし~ (158, 5.2%)

4 ことに, ことを, ものが, ものだ, 話だ 3 ことには, 事が, 顔を

2 [13件] ことだ, ことで, ものである, ものです, ものに, もんだ, 事に, 事を, 奴が, 奴だ, 形の, 話で, 話です

1 [103件] いひ方, きのこが, くらゐ, けりや, こといふ, ことであります, ことである, ことは, ことばっか, ごたごたが, とうと, はがきが, はなしだ, ばその, ものであります, ものでございます, ものね, ものを, もんぢや, もんで, もんでございます, やつらだらう, よ, 予想が, 事には, 人, 人だ, 人である, 人ね, 人は, 人形だ, 今は, 傲慢さの, 兄さん恍けとる, 光る長い, 円いもの, 十ばかりの, 厭に, 反感だ, 可い, 可哀そうな老いぼれ, 名の, 名前で, 名前を, 器械が, 声だ, 声で, 夢を, 女が, 奴ぢやあありません, 娘さんだ, 娘に, 子が, 子だ, 子供どんな, 官僚ぶりを, 小屋がけの, 少しトボけたイキ, 山羊です, 幽靈ぢ, 廊下に, 悪魔だ, 戰ひ, 手眞似, 智慧を, 樣子で, 次第である, 気持に, 氣が, 氣持ちが, 犬も, 狐狸のに, 猫だ, 男, 男だ, 真似を, 神聖が, 緑褐に, 考へが, 考へで, 考への, 聯想を, 舟です, 言ひ, 言葉に, 言葉遣, 話が, 話である, 話でし, 話では, 話は, 譯です, 賀状の, 踊りなどを, 踊りを, 遠慮がちの, 雜書が, 雲が, 音を, 顔です, 風に, 魚だ, 鳥が

▼ かし~ (150, 5.0%)

4 待ち構えて 3 念じて

2 [16件] 両手を, 分別らしき異見, 奉存候, 奉存候事, 望んだこと, 期待し, 祈りて, 祈ること, 祈るの, 笑はれ, 謂つた顏で, 謂つた顔で, 身をかへ, 雖も, 願うの, 願って

1 [111件] いたってさ, いつも何事かまちかま, いて, いと切め, いのり申候, いひ延年舞, いふ, おもしろと, おゆ, ここに, し泣きて, するところ, する文明, それは, なって, なつて, ひたすら御, よそをや, わが家の, 云うだけの, 云う語, 云へば, 冀うの, 千万の, 危き望みを, 口惜くも御, 名をば, 告げ渡る, 宣給ふ, 密かに, 居合腰を, 希い愛情, 希う意, 希ひたがる, 希望給ふなり, 帰京後男泣きに, 常々多少, 引っぱって, 待ちかまえて, 待ちしが, 待ち構えた迷亭君, 待って, 待つま, 待構え, 待構へて, 心から, 心に, 忍びぬ, 念じたが, 念ずるばかり, 念ずる人, 念ずる様子, 思う, 思えるは, 思ったって, 思って, 思つた, 思ひ給うての, 思ふ, 思ふなり, 思ふもの, 思ふ一念, 思ふ話, 携へ, 明くる, 望むよう, 木村常陸介を, 浴客や, 涙おとし, 然り, 物言わぬうち, 狙って, 玄徳を, 知りながら, 砂に, 祈った, 祈ったか, 祈りたくなります, 祈りつつ, 祈ります, 祈る, 祈るが, 祈るにも, 祈るほか, 祈るもの, 祈るよう, 祷るもの, 秘かに, 窺いおりしが, 笑ひ, 聞き給, 茶化しの, 虚を, 裏口から, 見し絹布, 見つ, 見る此, 見る目, 覗って, 覘って, 言つても, 言ふ, 謂うの, 謂った顔, 身を, 身を以て, 道徳振りとは, 願いそれ, 願う夢, 願う微意, 願った

▼ かし~ (106, 3.5%)

15 木は 8 木が, 木の 5 木に 4 木の下に, 木を 2 人ごとよな, 木の頭が, 葉の

1 [56件] あまりただちに, いよこの, おかげで, お髪, たくらみに, びねに, ふに, やうです, ように, 一ト旗を, 三ツ指を, 世間は, 丸太を, 切れ話を, 古き愁, 場合だ, 大樹高き, 實と, 實の, 實は, 式まがいに, 彌次馬に, 態度を, 手だった, 新聞記者なぞに, 日本へ, 時分どき, 木, 木と, 木などで, 木の下で, 木の下へ, 木の葉が, 木も, 木や, 木やくす, 木等の, 森の, 気味も, 猛烈な, 田畝道へ, 男うれたき, 皮肉に, 睫の, 網に, 興行政策を, 表情にて, 言葉だけでも, 讚同を, 連中が, 遊女屋, 道徳振りは, 野次馬に, 限りに, 際だ, 類が

▼ かしかつ~ (51, 1.7%)

236 たの 4 たが, たので 2 たと, たんです 1 たかして, たから, たぜ, たでござんせうね, たといふ, たもの, たよ, たらしく聡明, たんで, ぺな

▼ かし~ (44, 1.5%)

5 して 2 されて

1 [37件] あんなもの, かかった, かからない内, かかるが, きたん, してるん, しゃべらなければ, しゃべり散らすの, すましたらちゃんと, たらし込もうと, なったり, なって, なってるの, はぐらかして, 乗ったふう, 云って, 仲屋の, 会ったよう, 僕自身の, 勢い猛, 口を, 女房にまで, 彼を, 御坐, 手繰りよせると, 放たらかして, 来たらしい荒くれ男, 来たり, 来る, 無いもの, 素噺として, 行く, 誘拐する, 貧乏な, 責めたてるので, 貸しつけて, 騙りに

▼ かし~ (42, 1.4%)

4 ばやしの 3 手を 2 むせぶここら, 葉に, 葉の

1 [29件] いけねえ, かしは, がかれはを, ざき, しないよ, せぬだろうかと, せん, せんかと, で, でと, なさいませんね, ならく, のしづく, はいちめんさらさら, はかんかの, もち今日, もち食ふもく, らの, らを, 大木だ, 屋ばかりとは, 此から, 神の, 私あ, 餅かい, 餅とて, 餅の, 餅ばかり, 餅鶯餅などを

▼ かし~ (33, 1.1%)

3 つてゐる 2 りやの

1 [28件] あり好い, あるので, ついて, つた, つたものだ, つたものも, つたやう, つてでも, つてひつこん, つてるね, つてゐ, つてゐた, つてゐたい, つてゐます, つて執拗く, つて散々慰むで, つて碌に, つて笑ひだしました, ましい女, ましい瀬戸物, ましく, まし一疊半, もと, らんでも, りやだ, ッて, 二人乗っ, 思はぬ結果

▼ かし~ (32, 1.1%)

2 かなざものしんたてまつる, がる, しないか, アがって, 障子の

1 [22件] がったし, がら, がらあ, がらヘッ馬鹿にすら, がるの, がるん, がれ, そのやう, だから御, べれん, アヽ心なき, 世の, 俺が, 其やうに, 城外に, 我ながら, 早これ, 札, 札も, 櫻木海軍大佐の, 白粉刷毛で, 雨の

▼ かし~ (20, 0.7%)

4 顔を

1 [16件] しかし黙殺, 上に, 事で, 事も, 事を, 人でない, 余は, 困難な, 家の, 所が, 法樂とか, 無暗, 羽でも, 道小説を, 面が, 面を

▼ かしがって~ (19, 0.6%)

2 顔を

1 [17件] おいででしょう, お止し, だんなわしが, どこへも, なるべく姿, もじ, 下を, 人の, 尋ねると, 居るの, 或る, 東京へ, 法水と, 真赤に, 謙遜する, 起き直ろうと, 返事が

▼ かし~ (17, 0.6%)

2 して

1 [15件] かえて, くったまま, くわせました, さき廻り, しちまうん, すべし, するので, らしい詫び言, 信じなかつた, 冗談と, 稼がせるよう, 見たし, 言つて逃がした, 述べて, 鳩歩み居れり

▼ かし~ (15, 0.5%)

2 に唇

1 [13件] だから, なもの, な顏, な顔, にいった, に云, に低く, に姉よう, に武村兵曹, に眺め, に葉, に顏, に顔

▼ かしそう~ (14, 0.5%)

2

1 [12件] だから, だ兎, であった, ですね, な題目, に坐った, に微笑んだ, に素直, に肯, に読み下した, に頬, に顔

▼ かし~ (14, 0.5%)

2 に首, もなく 1 な本, な白い, に, にしなだれる, にじろりと, に尚も, に歩い, に覗きましたら, に訊く, に顔

▼ かしから~ (11, 0.4%)

3 まし 2 う, で慘まし 1 うしお, で惨, ましを, め

▼ かしいくら~ (10, 0.3%)

3 ゐだ 1 いなんですけれど, ゐこの, ゐだわ, ゐである, ゐどぎまぎ, ゐの, ゐ正反対

▼ かしがり~ (10, 0.3%)

2 もせず 1 からもき, で孤独, になる, の性分, の模倣, の襟足, もしなかった, も怖

▼ かし~ (10, 0.3%)

1 あつた, まだ決つて, まだ決らない, 一寸次の, 何う, 昔の, 犯しである, 祝はれ, 良い縁談, 逃げた

▼ かし~ (10, 0.3%)

2 であった 1 からである, がまた, であったの, であるに, に捉, の気象, の理窟屋, は世間普通

▼ かしさうに~ (9, 0.3%)

2 思はれたから 1 した, して, なると, もしません, 少し腰, 擦つて, 笑って

▼ かしたり~ (9, 0.3%)

1 した揚句, するそんな, する性分, それを, まずく漬け, 垣根を, 思いびとを家に, 賢女なり, 音楽を

▼ かしながら~ (9, 0.3%)

1 うっとりと, んと, 云った, 冷静に, 受け取った, 大急ぎで, 歩いた, 煙草を, 西田の

▼ かしまだ~ (9, 0.3%)

2 ち, ちひと 1 ちするよう, ちて, ちの前の, つ, つ橇

▼ かし~ (9, 0.3%)

2 もなく 1 なる顏, な眼, な知識, に倚子, に私, に進み寄る, に顏

▼ かしづかれ~ (8, 0.3%)

2 おはし 1 ていた, ていづれ, てゐる, ながら屠蘇, ほんとに世, 給ひ

▼ かしづく~ (8, 0.3%)

2 絹屋と 1 いかでこの, ことを, すが, 下僕で, 人々も, 武士も

▼ かしはの~ (8, 0.3%)

2 木は 1 なかには, もちひ見れ, 木の, 木らしい, 木大王が, 鍋屋さへ

▼ かしむる~ (8, 0.3%)

3 に足る 1 が如き, に絳雪俄, に足らざる, の挙, を休めよ

▼ かし~ (7, 0.2%)

4 かしま 2 私は 1 ぼろしの

▼ かし~ (7, 0.2%)

2 の札 1 が如何, であったが, の死んだ, はちょい, を探し

▼ かしさうに笑~ (6, 0.2%)

2 つたり, ひながら 1 ひ声, ふ

▼ かし~ (6, 0.2%)

1 がその, ここの, と云う, のは, よからかっ, よ分らねえ

▼ かしづき~ (5, 0.2%)

1 この寺, てあなた, て既に, て来, 麻布や

▼ かしては~ (5, 0.2%)

1 おけないので, くれません, こわされて, 人間業で, 安土の

▼ かしとて~ (5, 0.2%)

1 丁所つげ給はね, 持参り, 決然袂, 鏡餅搗きで, 雲井と

▼ かし~ (5, 0.2%)

2 れを, れ寮住居 1 はふみ立て

▼ かしけれど~ (4, 0.1%)

1 お前さまは, お糸, 何とか名, 何にも

▼ かしてあつ~ (4, 0.1%)

1 たらセル, た七つ, た床, た碁盤

▼ かしてら~ (4, 0.1%)

31 あな

▼ かしという~ (4, 0.1%)

1 ことを, 事も, 商売も, 様子で

▼ かしはは~ (4, 0.1%)

1 すっかりうぬぼれ, せなか, みんなざわざわ言ひ, 何べ

▼ かしめん~ (4, 0.1%)

2 とす 1 といひぬ, とした

▼ かし~ (4, 0.1%)

1 があつ, のなか, もう, を有つて

▼ かし~ (4, 0.1%)

2 にて 1 なる可, に復

▼ かし~ (3, 0.1%)

1 に眉, に言った, もなく

▼ かしさうに首~ (3, 0.1%)

1 を垂れました, を垂れます, を縮めた

▼ かしされど~ (3, 0.1%)

2 も心用 1 もお

▼ かしつかりした~ (3, 0.1%)

1 ところの, 奴に, 思想を

▼ かしづい~ (3, 0.1%)

1 てゐた, てゐる, て見たい

▼ かしてかの~ (3, 0.1%)

1 女を, 娘の, 少女を

▼ かしても~ (3, 0.1%)

1 いいと, よいと, 一度あてたい

▼ かしなく~ (3, 0.1%)

1 てはならぬ, ては刺激, ては大変

▼ かしなすった~ (3, 0.1%)

2 かえ 1

▼ かしむれ~ (3, 0.1%)

1 ばたちまち, ば唾, ば男星女星

▼ かし~ (3, 0.1%)

1 しねえが, ゴマかし, 出来るもん

▼ かしやが~ (3, 0.1%)

1 つたな, つて顏へ, らい

▼ かしやの~ (3, 0.1%)

1 三字であった, 作家達の, 奴

▼ かしよう~ (3, 0.1%)

1 が娘, といふ議さ, としてやめる

▼ かし~ (3, 0.1%)

1 とつね子, のやるせない, よりも爲

▼ かし~ (3, 0.1%)

1 が器用, で将軍, をした

▼ かし氣味~ (3, 0.1%)

2 です 1 な平次

▼ かし~ (3, 0.1%)

2 ひし 1

▼ かし~ (3, 0.1%)

2 吹く風 1 となれ

▼ かし~ (3, 0.1%)

1 える数刻, ふ, へや

▼ かしいこった~ (2, 0.1%)

1 けれど全く, と云った

▼ かしいんだ~ (2, 0.1%)

1 そんな大きい, わ

▼ かしかう~ (2, 0.1%)

2 やつて

▼ かしからう~ (2, 0.1%)

2 奇麗な

▼ かしがっては~ (2, 0.1%)

1 いけない, 上達は

▼ かしくっ~ (2, 0.1%)

1 ちゃ駄目, てなりませぬだ

▼ かしぐゆふべの煙庭~ (2, 0.1%)

2 に這

▼ かしけむ~ (2, 0.1%)

1 影も, 銃もて

▼ かしけれども~ (2, 0.1%)

1 なにか笑, 三人まで

▼ かしこの~ (2, 0.1%)

1 かすかなる, 先きどんなこつ

▼ かしこの世~ (2, 0.1%)

2 の乱れ

▼ かしこれ~ (2, 0.1%)

1 もこの, を認めし

▼ かしさうな~ (2, 0.1%)

1 ことが, 顔を

▼ かしさうなうれしさうな~ (2, 0.1%)

2 顔が

▼ かしさらば~ (2, 0.1%)

2 南国の

▼ かしさ家~ (2, 0.1%)

1 へ帰つて, へ歸つて

▼ かしさ言~ (2, 0.1%)

2 ふばかり

▼ かしじゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんです, せに

▼ かしすこやか~ (2, 0.1%)

2 なれかし

▼ かしそれ~ (2, 0.1%)

2 を見込み

▼ かしたて~ (2, 0.1%)

2 のかえ

▼ かしたる~ (2, 0.1%)

1 ことあり, 女かな

▼ かしちや~ (2, 0.1%)

1 いけませんよ, よくねえ

▼ かしづかれる~ (2, 0.1%)

1 と假定, 愛娘達の

▼ かしてと~ (2, 0.1%)

1 引留め策, 言うから

▼ かしてね~ (2, 0.1%)

1 働いて, 原稿を

▼ かしてひどく~ (2, 0.1%)

1 わかりにくかっ, 貧血し

▼ かしてわ~ (2, 0.1%)

1 あっ, づかな部數

▼ かしでは~ (2, 0.1%)

1 あるが, 飢ゑは

▼ かしでも~ (2, 0.1%)

1 あるまいが, して

▼ かしといふ~ (2, 0.1%)

1 心で, 猿の

▼ かしとお~ (2, 0.1%)

1 もはる, もひ

▼ かしとけ~ (2, 0.1%)

1 だってさ, ばよかっ

▼ かしとも~ (2, 0.1%)

1 祈りたいの, 言ひます

▼ かしとりまぜ~ (2, 0.1%)

2 て摘む

▼ かしなど~ (2, 0.1%)

1 その後も, 慰めたること

▼ かしはを~ (2, 0.1%)

1 かしがらせること, つぶす暇

▼ かしばかり~ (2, 0.1%)

1 おっしゃいまして, でも

▼ かし~ (2, 0.1%)

1 をまじ, を加

▼ かし~ (2, 0.1%)

2 たり是

▼ かしめまい~ (2, 0.1%)

1 といふ働き, とする

▼ かしやあ~ (2, 0.1%)

2 がつた

▼ かしやを~ (2, 0.1%)

2 かしや

▼ かしゆう~ (2, 0.1%)

1 厶います, 存じます

▼ かしより~ (2, 0.1%)

2 三月しばりと

▼ かしをと~ (2, 0.1%)

1 なって, 名乗るタクシー運転手

▼ かし一軒~ (2, 0.1%)

2 ならず二軒

▼ かし三嶋さま小野照さまお隣社~ (2, 0.1%)

2 づから負け

▼ かし上着~ (2, 0.1%)

2 は魚

▼ かし乍ら~ (2, 0.1%)

1 も平次, 訊き出すと

▼ かし乍ら自白~ (2, 0.1%)

2 すると

▼ かし付け~ (2, 0.1%)

1 てさて, て來

▼ かし~ (2, 0.1%)

1 へと申, 得ども

▼ かし~ (2, 0.1%)

1 にし, を彩れ

▼ かし加減~ (2, 0.1%)

1 でした, にかう

▼ かし南無~ (2, 0.1%)

2 や大鳥大明神

▼ かし多く~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ かし~ (2, 0.1%)

2 は大

▼ かし~ (2, 0.1%)

2 子の

▼ かし~ (2, 0.1%)

1 と云う, の峠

▼ かし彼等~ (2, 0.1%)

1 の協力, は熊ぢ

▼ かし~ (2, 0.1%)

1 おもかげ, 無心

▼ かし~ (2, 0.1%)

1 と心今, は彼

▼ かし恐ろし~ (2, 0.1%)

1 のその, の其時締め

▼ かし~ (2, 0.1%)

2 の光

▼ かし~ (2, 0.1%)

1 はた, れ一

▼ かし時秒~ (2, 0.1%)

2 のみ

▼ かし~ (2, 0.1%)

1 の字, の紙

▼ かし気分~ (2, 0.1%)

1 ともつかず, を封じられ

▼ かし現在~ (2, 0.1%)

2 うけ合

▼ かし田中~ (2, 0.1%)

2 の正太

▼ かし甲府~ (2, 0.1%)

1 はさすが, は流石

▼ かし~ (2, 0.1%)

2 翳しお

▼ かし目見え~ (2, 0.1%)

1 の済み, の濟

▼ かし給う~ (2, 0.1%)

1 ものだ, ものも

▼ かし~ (2, 0.1%)

1 うして, して

▼ かし色白~ (2, 0.1%)

2 に鼻筋

▼ かし表町~ (2, 0.1%)

2 とて横町

▼ かし~ (2, 0.1%)

2 に長し

▼ かし踏む~ (2, 0.1%)

2 霜ば

▼ かし近づか~ (2, 0.1%)

1 ば喰, ば喰い

▼ かし近田~ (2, 0.1%)

2 の蛙

▼ かし難く~ (2, 0.1%)

2 純白に

▼ かし~ (2, 0.1%)

1 の便り, の鳴く

▼ かし鳴き~ (2, 0.1%)

2 鳴ける咽喉

▼ かし龍華寺~ (2, 0.1%)

2 の大和尚身代

▼1* [349件]

かしあまの子, かしありがたし練兵場では, かしいかしてこんど, かしいこたあねえ, かしいこだはりを, かしいこっちゃありゃしない, かしいこんでねえだ立派な, かしいその音声, かしいために技, かしいったって誰, かしいでや二十餘年, かしいとさへ, かしいまにみるみる, かしいもの, かしいも打忘れ武家, かしいんですよ矢鱈, かし御坐います, かしうき世の, かしうつせみの世, かしうなりて言, かしうもなつかしうも, かしおどけしあかき, かしお前が褒められな, かしあない, かしかはしかす, かしがきがつく, かしがらなくても, かしがらないで, かしきのうごく白き, かしぎぼふこふする事ハできずいつたい医者, かしくす等, かしくらいがなけりゃならないでしょう, かしくりの木, かしこの間も御存知, かしさうに一寸鏡を見る, かしさうに二三間追つかけ, かしさうに云つた, かしさうに体をねぢ, かしさうに佛蘭西式調練の小, かしさうに全身に波, かしさうに口元を掩うた, かしさうに子供のやう, かしさうに横を向いた, かしさうに母の坐, かしさうに笑つて云はれたが, かしさうに笑つて肩をすくめた, かしさうに言つて築山の彼方, かしさうに音をたて, かしさうに顏を赤く, かしさうに鼻に皺, かしさそなたの, かしさだつたでせう, かしさりながら此後, かしさる歌よみと, かしされば徃時, かしさ十倍であろうと, かしさ口措しさ総身, かしさ手古奈は顏, かしさ敵慨心を刺戟, かしさ無念さに生き, かしさ爪紅の咲く, かしさ穴あらば, かしさ踊りで鍛えた, かして人間, かししかは云, かししひくす等, かししら蓮の池, かしすき間もる風霜夜さ, かしそっと息を, かしその期おくれたる, かしたつてちつ, かしたまえ警視のジャヴェル, かしたらしくブランブランに, かしだの立ご, かしだらけの市会, かしちゃいけねえ, かしちや村の耻, かしって産所へ, かしつかりやつて, かしつく意の, かしつくづくと眺めた, かしつくりした空氣が, かしつつ旧勢力, かしづいたが其の, かしづかずアトリエに, かしづかれたものである, かしづきゐる婦人の, かしてかへつて喜ん, かしてとか何とか何, かしてながまさ公を, かしてらつしやる, かしである土地だ, かしでない僕一個の, かしでへエ, かしといへり, かしとかなけゃいいじゃないか, かしとくなんて平気, かしとぞ輝きぬ, かしとど右の, かしとのたまひぬ, かしとのみ念じつつ, かしとは眼皮と, かしとよ早や, かしなお菓子な, かしながく住ままし, かしなければならぬ, かしなどがわきの下に, かしなほどこまかな, かしなめてんぢ, かしにても一つと, かしには俊乗も, かしにも因るの, かしのき等家の, かしのわざおぎではあったろうがその, かしはかなき中に, かしはが云ひました, かしはと云つた, かしはらからよ, かしはるばるとたずね, かしみ, かしばっかりして, かしひろ子が時, かしア, かしほらしいぢ, かしほんの貼札, かしまたその上, かしまりのない, かしむるかの年へし, かしむるときは悦び多きデルフォ, かしむるとも天下の人, かしむるのである, かしむるやグイリエルモその亂, かしむる行為あらば, かしめんための, かしめ凭らしめ親しましめ相, かしもう斯うなる, かしもしさる事, かしゃあがらヘッ旦的めえ汝, かしゃくなくあばいて呉れたなら私たち自身, かしやうはねえ, かしやがて伍長の, かしやくなく添削, かしやつたか, かしやでとおって, かしやと云うだろう, かしやみなむ, かしやれた一篇の, かしゅうがすそれだのに, かしゅうござりますが路銀も乏しく, かしゅうてなりきれぬわいっその, かしゅうてなりませぬがわたくしの大事, かしゅくさんせえ落第したん, かしの語原, かしれんがこんなこと, かしれんが海老茶とか庇髪, かしわが腕に, かしわれを, かしゐたさ, かしですよ, かしイ世の中になつ, かしジッと合掌, かしスープが冷め, かしと長靴, かしトロイアの, かしちを, かしベアトリーチェのまだ, かし一体の風俗よそ, かし一向につらからば, かし一通は手もと, かし一體の風俗よそ, かしの襟, かし不動堂やさしき主, かし与えた資料を, かし丸部家を横領, かし乍ら伽羅や沈香, かし乍ら何の手掛り, かし乍ら何千兩といふ金, かし乍ら刀の中味, かし乍ら腰を抜かし, かし二人の君, かし二尺の中, かし仏蘭西の岸, かし付けようと思ふ, かし体躯は以前, かしとせん, かしの事, かしれかし, かし候儀しかと御, かし借りのできる, かしが若し, かし其んな物好き, かし其御恩を何とも, かし到底遁れぬ, かし前後に同, かしふ如し秋雨, かし勇猛の意氣, かし勿躰なや, かし千早振る神, かし去れよかし, かし合せて管, かし同僚の物笑い, かしはアカイア, かし吹風すずしき夏, かし吹風すゞしき夏の夕ぐれ, かしるるも, かし咲かせの白き, かし唸るかのよう, かしを割かしめ, かし壊れた橋桁の, かしのアカイア, かしは長し, かしの跡, かし大和君は我, かし失礼の様, かし姉さん旧思想, かし姉樣と熱心, かし孔雀の刺とり, かし安藤氏は代々薬屋, かし実に此の, かし家出をいたす, かし家札のよう, かし容貌よき女太夫, かし容顏よき女太夫, かし尽し世の, かし尾張の方, かして待つ, かし山木君もナカ, かし島原の里, かし左様心配した日, かし広げてい, かしいと云, かし庭山にまさり, かし引きずり廻すには充分, かしもいたげし, かし彼女が彼, かし往きたがるよ, かし御身の骸, かし心すべき事にこそ, かし思つて居たの, かし恥づかしいまに, かし感情の, かし慶福の, かし我両方ははやく, かしはかりに, かし文句を聞い, かし斯くの如く, かし斯やうの文, かし早くも厭世観念, かしは桜, かし書けるけれど縫物, かし本屋の店頭, かし本当のサンキライ, かして居らし, かし松島才色兼備の花嫁, かし松本君余りに意外, かし柔かなこの, かしの白い, かし極りの悪き, かし歌よみがましき, かし正直安兵衛とて神, かし正直安兵衞とて神, かしのあたり, かし此処へ我, かし此處へ我, かし此頃娘共の話し, かし武蔵野の月, かし歩く鶺鴒に, かし殺し奪ひ取りし, かし気味です, かし江戸ものからに京, かし決して御心配, かしの宿, かし激しき息づかいを, かし火山のごと, かし無き名なり, かし父さまのお, かしの葉, かし物狂おしい光君の, かし犠牲となりし, かし率先して, かし玳瑁の櫛, かし生き死にを君, かし甲斐もなく, かし申し何とも相, かし申す物も, かし申すべけれども参らすべき, かし畫工は大息, かし盛り不二屋の, かし真白き灰の, かしゆき白光, かしに物, かし瞞らかすやう, かし瞞らかし引きずり廻すには, かし破滅させる根源力, かしの妹, かし種々の感情胸, かし立てるように, かし篠田は覚つて, かし篠田君山木の梅子, かし給い毛利に, かし総領と名, かし總領と名, かし無き汝, かし罪人で有れ, かしたる人, かしの袖, かし美くしき歯, かし美しく照し, かしあるもの, かし聞えて傍, かし肝腎の翻訳, かし胸中の心, かし能くしたもので, かし腹の中には余計, かしを顏, かし若き日を, かしなどの如, かし行かんように, かし表店の沢屋, かし見てるべ, かし見よかしと, かし親しく之を, かし言わないで自分, かし貴様剛造の様, かしを爪立つれ, かし足利時代は慥か, かしにや迷ふた, かし踏みすべりまっくろぐろ, かし車屋がある, かし込み宜い, かし過失を父, かし道具を列べる, かし遠く離れて, かし郎君を良人, かしの入用, かし揉むと, かし門司にとどまる, かしの一つきり, かし閣下御本尊, かし限りある身, かし難い気品が, かしには折れぬ, かしの前, かし鞣皮細工のよう, かしもぞ引く, かし食事の支度, かしを喰ってる, かし飽ける男の, かし黒髪が艶