青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かくし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かかり~ ~かかる かかる~ かかわらず~ かき~ ~かぎり かぎり~ ~かく かく~ ~かくし
かくし~
かくして~ ~かくれ かくれ~ ~かけ かけ~ ~かけた かけた~ ~かける かける~ ~かげ

「かくし~」 1726, 18ppm, 6398位

▼ かくし~ (864, 50.1%)

46 しまった 38 いるの 33 しまいました 28 いた 23 いたの 19 おいて 17 いる, おいたの 14 しまったの 13 ある 12 あるの 10 あったの, いると, いるよう 9 いたが, しまうの 7 いて, いること, しまう 6 あった, いたこと, おくの, しまって 5 おくこと, しまったん, しまつ 4 あること, あるん, いました, いるに, いるので, おけば, しまうよう, しまったこと, ゐる 3 あると, いるから, いるという, いるところ, いるもの, いるん, おいた, おいたもの, おくと

2 [36件] ありました, あります, あるかも, あるから, あるやう, あるボタン, いたん, いた大きな, いた鞍馬, いようとは, いらつし, いるか, いるが, いるようす, いる山, おいたこと, おいた子どもたち, おいた宝物, おいた金剛石, おいても, おきました, おく, おくもの, くれと, くれました, しまいましたが, しまったので, しまふ, しまふの, みたり, もって, ゐるとは, ゐるので, 彼の, 持って, 過ぎた

1 [361件] あったか, あったし, あったせむし, あったん, あった二十面相, あった人形, あった大きな, あった石, あった肉片, あとで, ありますから, ありますと, あるか, あるかを, あるが, あるくれえのこ, あるさびついた鐘, あるしだい, あるぜんぶ, あるぞ, あるたなを, あるだろうという, あるといふの, あるところ, あるなんて, あるに, あるのよ, あるべき臓品, あるもの, ある一軍, ある万吉, ある半分, ある場所, ある小さな, ある物, ある賭金, ある軽, ある鍵, ある電気鳩, ある靴, ある風呂敷, あんなかげ, いいところ, いくこと, いくよう, いく子ども, いたいならそれ, いたうちわ, いたお, いたかつたの, いたかという, いたから, いたさまざま, いたそう, いたその, いただけ, いたと, いたという, いたので, いたのに, いたばっかりに, いたもみくちゃ, いたり, いたわけ, いたカミソリ, いた一つ, いた一日, いた五人, いた劉備玄徳, いた大刀, いた孝行, いた家, いた林檎, いた父, いた甲斐, いた目賀田又右衛門, いた短刀, いた羊羹, いた自分, いた鈴木重行, いた長い, いた雲, いった, いったから, いないかと, いないであろうかと, いないと, いないとも, いないの, いましょうか, います, いません, いやがるよ, いらっしゃるつもり, いられなかった, いるあいだ, いるあなた, いるくせ, いるこの, いるそう, いるだけ, いるだろう, いるでしょうきっとそう, いるとき, いるとも, いるな, いるなと, いるはず, いるらしい, いるわけ, いるポーラ, いるマダム・ベルネ, いるモデル, いる事, いる場所, いる大麦, いる天国, いる始末, いる姿, いる婦人, いる将, いる少女, いる巌みたい, いる所, いる手塚, いる数寄屋暖簾, いる方, いる様, いる様子, いる皺, いる種類, いる細川藤孝, いる結果, いる考, いる若い, いる裏庭, いる間, いる黒, うちの人が, おいたあの, おいたかと, おいたその, おいただろうと, おいたという, おいたところ, おいたはず, おいたほう, おいたむらさき, おいたらという, おいたり, おいたん, おいたキカイ, おいたハタ, おいたブリキカン, おいたプレゼント, おいた一, おいた二銭銅貨, おいた漁師, おいた狐, おいた玉乗り, おいた石田, おいた穴, おいた聖母像, おいた金, おいた金塊, おいた銀色, おいた隠密, おいた飛行具, おいては, おいらが, おおきになった, おきそこ, おきたかったん, おくため, おくという, おくなんて, おくよう, おくわけ, おくん, おく場所, おけ, おけないお, おけるもの, おこう, おこうじゃ, おそらくはかおり, おられます, おられる, おられるの, おりましたが, おりましたなれど, おり中, おる鬱憤, かけた土, かしこまって, きたの, きました, くださる, くれ, くれないか, くれます, くれようと, くれる, くれるの, この命がけ, しまいこんで, しまいたかった, しまいましょう, しまいますわ, しまい今村, しまい以來十年, しまい屋根, しまい度そう, しまうある, しまうかも, しまうこと, しまうし, しまうそう, しまうという, しまうところ, しまうわ, しまう仕掛け, しまおうもの, しまったか, しまったもの, しまったらしくもと, しまった板, しまった橇, しまってから, しまひました, しまふから, しまふさ, しまふし, しまふといふ, しまふん, しまふ砂埃, しまわないかぎり, しまわなくても, しまわれたあの, しまわれる, じぶん, せつ, そしらぬ顔, そっと顔, そのかくし, たちまち勇ましい, つかんで, つみこんだトラック, ないしょで, なお刻々, なにか, ぬき足を, ぴったりと, もらいてえん, もらいました, もらおうか, もらわなければ, やっても, やりたかった, やりながら, やりますし, やるの, ゆくことなほ, よく袂, わずかに, ゐるで, ゐると, ゐるに, ゐるの, ゐるやう, ゐるらしい真弓, ゐるんで, ゐる人, ゐる山, ゐる村, ゐる様, ゐる様子, ゐる男, ゐる蝋色, ゐる貴婦人たち, 不図私, 与助は, 世間へは, 乗り移る哀れさ, 乱るる, 云わないこと, 仕舞って, 何食わぬ, 使って, 僕を, 入りし時, 到るところ鉄砲玉, 半分吸いのこり, 卦を, 呉れた蘆荻, 四方を, 夜も, 夢中で, 客間へ, 少しも, 居ること, 居るん, 帰れと, 常盤橋の, 彼は, 思いなやんで, 急き立てる, 悲しく笑った, 悲しげ, 抱いて, 持ち歩いて, 敵が, 有る所, 朝の, 来た, 気取って, 治郎君と, 泣き伏した, 演じるでしょう, 父の, 申しました, 町へ, 畳を, 矢の, 知らない顔, 神田川に, 立って, 笑った, 答える, 縋るさま, 縋る状, 置いたの, 置いたり, 置いた銀貨, 置いて, 美しい自由, 肩から, 背中に, 薄い紫, 虎の子の, 行きて, 行きました, 行けんからよ, 裏の, 見るとて, 見ろ, 見当らない, 誰だ, 貰ったもの, 近かより, 近づいて, 送って, 逃がして, 逃げるやう, 遊べる, 過ぎなば, 過ぎ去った, 金を, 門外へ, 関羽は, 静まって

▼ かくし~ (147, 8.5%)

9 入れて 5 手を 4 入れました 3 いれて 2 して, しまいこんだ, どんぐりだの, なって, わざと道化け, 入って, 入れた, 突っこんだ, 苦笑せず

1 [108件] ある固い丸い, いったのに, いったんだ, いっぱいお菓子, いっぱい小石, おさまって, おしこもうと, お菊, かくして, されたの, しまいばら, しまうと, するの, せつせ, ただ小さな, たった十一スー, つけた葭戸, つっこみ腕組み, つっこむと, つっこんだ, つっ込んで, つと和尚さん, つッ, なったこと, なったって, なったと, なったという, なったよう, なっては, なっても, なるの, なろうと, ねじ込みながら, ねじ込んで, また取っ, ゆう, りょう手を, ナイフに, ニヤニヤ笑つた, ハサんで, 丁度よ, 三スーの, 下手な, 云つ, 五六スーしか, 五十八スー残っ, 似て, 傍らの, 入れたかな, 入れたまま, 入れ時計, 入れ金入れ, 兩手を, 十レース分二百円を, 十レース分二百圓を, 十七フランの, 午後の, 収めた, 収め残, 古風な, 坑内を, 子どもたちに, 安いお菓子, 安煙草, 寧子は, 当てて, 愛想笑を, 押さえつけられて, 捻じ込むと, 探るところ, 植物図鑑を, 池上は, 潜ませて, 片手を, 片目を, 白砂糖を, 盃を, 眼鏡を, 空騒ぎの, 突っ込んだまま, 突込ん, 立ち上ったの, 笑いながら, 笑いました, 笑った, 笑ったって, 笑ったの, 笑って, 笑つた, 米の, 結い飛模様, 結って, 結つたお嬢さんなどが, 結つて巧みに, 色変りの, 苦笑した, 英雄らしく振舞っ, 葡萄酒を, 袂から, 言って, 返そうと, 這入って, 過ぎないの, 金貨に, 電磁回線の, 頭髪の, 髪を, 黙らなくとも

▼ かくし~ (73, 4.2%)

8 ように, 中に 4 中から 3 福笑ひ 2 中には, 冗談を, 布を

1 [44件] あたりへ, お体裁, ために, つもりか, なかの, キャラメルを, ハンカチの, ハンケチの, ボイコットが, 下で, 中で, 中の, 中へ, 中を, 前に, 動作でも, 味は, 女も, 如しと, 布の, 役には, 忍び返しなど, 意図を, 手では, 挨拶を, 板越しに, 椎の, 様に, 為に, 為めに, 紙を, 紙入れから, 花が, 花嫁の, 裏に, 詩を, 金髪に, 間に, 隙から, 隙間から, 霧が, 革を, 髪が, 黒布が

▼ かくし場所~ (66, 3.8%)

5 をしるした 2 でしょう, になっ, をあばい, をたしかめ, をわし, を知っ

1 [49件] がある, がきまりました, がひらく, がわかった, がわからない, がわかる, が見つからなかった, だ, だね, とはじつに, なん, にある, にあるだろう, にえらばれた, にこまりまし, にしまっ, にたっしなかったら, についてはまた, について相談, にもひとくみ, に入れ, に目印, に返し, のある, の秘密, はからっぽ, はどうしても, はどこ, は園田さん, は知りません, へかくし, への道, まで気がつく, もちゃんと, をいろいろ, をいわない, をお, をおしえ, をおしえる, をきめました, をみつけ出す, を三つ, を利用, を少し, を教えない, を気づく, を知らない, を聞かず, を見つける

▼ かくしから~ (54, 3.1%)

3 小さな紙きれ 2 ハンカチを, 手帳を, 時計を

1 [45件] あの大, うすい黄色, こんなもの, つまみ出したライタア, なにかとりだしました, よごれたハンカチ, キャラメルだの, コンパクトを, ナイフを, ニッケルめっきの, ブロミディアの, ライターを, 一本煙草を, 一枚の, 一葉の, 何やら書きつけ, 例の, 光ったべ, 出しては, 出て, 半巾を, 取り出して, 取出して, 向日葵の, 塩の, 大きながま口, 小さい状袋, 小さく折りたたんだ, 小さな紙片, 帳面を, 引っぱり出せ, 掴み出した金銀銅銭, 掴み出して, 杯を, 燧袋まで, 用箋に, 疎い紫, 茶色の, 草稿を, 角柄の, 転げだしたの, 鎖も, 首と, 黄いろの, 黒い紐

▼ かくし~ (53, 3.1%)

5 がある 3 の中, をひらい 2 がスウッ, です, らしいもの, をひらく

1 [34件] かもしれない, からぬけ, から部屋, があっ, があった, がつい, がぱっと, がひらい, がむこう, がスーッ, が開いた, が音, だっ, でもある, と板壁, なの, なんかぜったいに, なんかない, になっ, のあけ, のあたり, のところ, の外, はありません, は電気, もある, も床板, やぬけ, や抜け道, をしめ, をひらくしかけらしく, をもと, をもとどおり, を開く

▼ かくしながら~ (33, 1.9%)

1 [33件] あちらに, これ又, そのつぎ, どこまでも, ばち, ほの暗い灯り, わなわなと, 二人は, 光って, 几帳面な, 土地の, 大理石の, 座を, 思い切って, 急ぎ足で, 様子や, 涼しげな, 瀧子は, 目だけ, 相手を, 空咳を, 立つて, 苑門の, 草の, 虎視眈々と, 言った, 訊ねた, 踞って, 逃げるの, 運び去られた, 階下に, 頭を, 黒羽二重を

▼ かくし~ (22, 1.3%)

2 なくその, 無い自分

1 [18件] ありき庭, おとろへ, せずこう, せず叫んだ, とって, ないその, ないところ, ないところ文楽, ないめぐりあひだ, なく, なくしんしん, なくホッ, なく新旧, なければ, ならぬアバタ面, 其のま, 拒絶すべき, 聞くと

▼ かくしボタン~ (21, 1.2%)

3 をおし 2 をおしました, をおす

1 [14件] があっ, があった, がつい, がみつかりました, でした, でも押した, などはどういう, は入口, をおします, をおせ, をはずせ, をみつける, を押し, を押しました

▼ かくしたり~ (17, 1.0%)

7 して 1 あの妖婦, しては, すると, する丈, する偽, する者, 偽ったり, 偽つ, 本を, 胸に

▼ かくしされ~ (14, 0.8%)

5 ている 2 てぐるぐる 1 て, ていた, ていたんだ, てゐる, オーソリティの, 十年いきのばされた, 首に

▼ かくしても~ (13, 0.8%)

1 [13件] おられないので, かくしきれないほど, かくし切れないので, ふたたび元, わかって, チャンと, 像が, 幼き涙, 心は, 真実の, 膝の, 隠然天下に, 音だけは

▼ かくし~ (13, 0.8%)

4 探って 1 あらためると, さぐり鉛筆, たたいた, 一つ一つ外から, 上から, 捜って, 探して, 探りました, 軽くたたいた

▼ かくし~ (12, 0.7%)

4 手を 3 若干金かを 1 だての, ウォツカ瓶を, 大きな紙入, 押し入れて, 突込んだ

▼ かくし~ (11, 0.6%)

2 さるぐつわを 1 あらは, おしておける, きらびやかな, なる木立, ほして, よばれる髪, 女の, 寒さ凌ぎ, 極まって

▼ かくし~ (11, 0.6%)

2 とれた 1 いつのまにか取れ, いつも小さな, おかしいと, しませぬ, その小さな木ぎれでいっぱいになった, なさらないわけ, ぼくの, 用意の, 致しません

▼ かくし~ (10, 0.6%)

1 して, たれて, なくなっても, ふくらんで, ゆるくなる, 下りて, 取りさられました, 支那あたりから, 映えて, 楽に

▼ かくし~ (6, 0.3%)

1 てする, てなさる, てなんかしず, と思っ, と時間, 七三だ

▼ かくしだて~ (6, 0.3%)

1 がない, なくいっしょ, なんかしない, もいたしません, もしない, をする

▼ かくしては~ (6, 0.3%)

1 いなかったから, いるが, しまわなかった, ならない, 吾, 折角の

▼ かくしには~ (6, 0.3%)

1 いって, ボブの, 信用手形を, 旅券を, 猛者どもを, 石ころが

▼ かくし立て~ (6, 0.3%)

2 をし 1 がいる, しようとは, ということ, は致しません

▼ かくしつつ~ (5, 0.3%)

2 人の 1 年毎に, 弟を, 邸内深く

▼ かくしでも~ (5, 0.3%)

2 するよう 1 されたやう, されたよう, するやう

▼ かくしまで~ (5, 0.3%)

4 されて 1 かぶって

▼ かくしされた~ (4, 0.2%)

1 ままで, ように, 早苗さんの, 蠅が

▼ かくしつつこそ~ (4, 0.2%)

2 かれにしか, 秋も

▼ かくしてから~ (4, 0.2%)

1 七十年ほどの, 二十日ほど, 二日めに, 後ろ向きに

▼ かくし~ (4, 0.2%)

1 である如くゆき子, のため, のもと, を

▼ かくしその~ (3, 0.2%)

1 あとの, 罪を, 軍勢は

▼ かくしそれ~ (3, 0.2%)

1 から急い, から清岡, を青布

▼ かくし~ (3, 0.2%)

1 あつたの, 如何にも如才, 顔の

▼ かくしどころ~ (3, 0.2%)

1 のここ, も燦ら, をもつた

▼ かくし~ (3, 0.2%)

1 をきわめて, をつくり, を平気

▼ かくし金庫~ (3, 0.2%)

1 なの, におさめる, をまもる

▼ かくしそう~ (2, 0.1%)

1 なよう, な雑草

▼ かくしそして~ (2, 0.1%)

1 人は, 氷上へ

▼ かくしたりなんか~ (2, 0.1%)

1 して, しやしないの

▼ かくしてこそ~ (2, 0.1%)

1 わが国が, 確固たる信念

▼ かくしとも~ (2, 0.1%)

1 つかぬ板, 違ふも

▼ かくしなりとて~ (2, 0.1%)

2 持てるを

▼ かくし~ (2, 0.1%)

1 しょに, しょを

▼ かくしまるで~ (2, 0.1%)

1 人形の, 泥棒かなんぞの

▼ かくしよう~ (2, 0.1%)

1 のない, もなく

▼ かくしより~ (2, 0.1%)

1 ちよつと, 美しき銀

▼ かくし且つ~ (2, 0.1%)

1 泣く聲, 訂正した

▼ かくし~ (2, 0.1%)

1 せぬ素姓, へられる

▼ かくし~ (2, 0.1%)

1 に沿うた, の下

▼ かくし大きな~ (2, 0.1%)

1 手袋で, 足袋で

▼ かくし申す~ (2, 0.1%)

1 こと, 事は

▼ かくし真赤~ (2, 0.1%)

1 なひきずるやう, なひきずるよう

▼ かくし~ (2, 0.1%)

2 の半分

▼ かくし~ (2, 0.1%)

1 また長, を出しぬ

▼ かくし~ (2, 0.1%)

1 こそあれ, なんかより以上

▼ かくし部屋~ (2, 0.1%)

1 がある, だ

▼1* [173件]

かくしあんなに本気で, かくしいかにも狼狽した, かくしうちのもの, かくしおおゆきの, かくしおとうさんにもその, かくしお互いに他人, かくしかも尖って, かくしがたいのである, かくしきれいにかざりたてた, かくしこのはじめからの, かくしさえして, かくしさらに自分全体を, かくししばらくようすを, かくしすぐ火を, かくしすばやくれいの, かくしすゑられて, かくしぜひ忘れては, かくしそこの窓, かくしそっとようすを, かくしそつと建物, かくしそれからかばんの, かくしそれで多分忙, かくしただ上下に, かくしたまはば汝, かくしたりとも遂ひ, かくしたるを山人, かくしだろうとか人, かくしちゃために, かくしつぎには懐中電燈, かくしつつというのは, かくしつとめて元気らしく装っ, かくしてあつたか, かくしてぞ得し, かくしてまでの宮仕えは, かくしとけつてあれ, かくしとやらに結いあらい, かくしとをはずされました, かくしどこにでも全身, かくし豪笑を, かくしながらも自然の, かくしなすっていらっしゃる, かくしなどがあらうと, かくしなにかあやしいこと, かくしにかの女の, かくしにも用意の, かくしにもをか鬼にも, かくしはじめからその, かくしひとはねむれり, かくしふたをしめ, かくしふたたび蕭々の, かくしまたその麦藁帽, かくしまったくちがった顔, かくしみたいにストーヴ, かくしみんなが死体, かくしもうしたんだす, かくしその他並ん, かくしづらふ, かくしわざと驚いたよう, かくしカーキ色の職工服, かくしキツと頭, かくしソフト帽のひさし, かくしトランクの中, かくしドアをほそめ, かくしハンカチを眼, かくしポケットがほうぼう, かくしメスを取っ, かくしロザリオをつまぐっ, かくし一日部屋にとじこもっ, かくし一種の景色, かくし一足さきに上方, かくし七星の座, かくし三度々々の食事, かくし両手を袖, かくし丸の内へと移っ, かくしの子, かくしのある, かくし二十めんそうがあな, かくし人目も忍び, かくしは又, かくし代りに出た, かくし伏せ外に弱卒三百, かくしくわぬ顔, かくし六百万ドルを寄附, かくし六里ヶ原は半ば影, かくしを求めし, かくし勝ちなの, かくし十二ノットの水中速力, かくし叔父さまのお, かくし取つていい, かくしに惜別, かくし吹風に烈しく, かくし和泉屋の女房, かくし地雷を埋め, かくしとする, かくしつを, かくし天目山や仙, かくし姿をかくして, かくしの上っ, かくし富士春は編笠, かくし居ゑられて花紅葉月雪ながめて, かくし島田髷の浮んだ, かくしもかくし, かくし巡査が多勢, かくしの手, かくし弁解しようと, かくしに不意打ち, かくし御子であったと, かくし怒鳴りつけて喧嘩, かくしを殺し, かくし戸棚があっ, かくし手すりにも旗, かくし手下どもが用意, かくし手袋をはめた, かくし技吹針の術, かくし掠奪すべきもの, かくしをした, かくし松明もつけず, かくし毎夜幾たびか咳, かくし江戸へは戻らぬ, かくし浮織琥珀の膝行袴, かくしの口, かくし深い雲の, かくしの此方, かくしをさき, かくし然し甚だ不器用, かくし片手で兎, かくし物干し竿で追い廻された, かくし現代物もい, かくし生死さえも分らない, かくし申していた, かくし白いチョッキが, かくし百歩離れて, かくしだけを出し, かくしの前, かくしの茶色, かくし社交性を発揮, かくしがひとり, かくしの狭くるしい, かくしを遊ばし, かくし笑い声をたて, かくし筆つきに癖, かくし素知らぬ顔で, かくし素足に草履, かくしして, かくし經文の讀誦, かくし置あらはるる, かくし置きあらは, かくし美しい人間像だけを, かくしを一本, かくし腐敗させるところ, かくし自らまづ, かくしの花, かくし若年におわし, かくしをとじ, かくしなぞといふやう, かくし介は, かくしも世, かくし軍国主義への献身, かくし通すことが, かくし還俗して, かくし部隊があらわれ, かくし金員を問う, かくし金縁薄色の黒眼鏡, かくしは人間, かくしをかけ, かくし長兄の出奔後, かくし電球がつい, かくしもげっそり, かくし食糧を求める, かくしに鞭打っ, かくし高地にも兵, かくしの遊戯, かくしのすり減つた日和