青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かげ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かくして~ ~かくれ かくれ~ ~かけ かけ~ ~かけた かけた~ ~かける かける~ ~かげ
かげ~
~かし かし~ ~かしい かしい~ かしこ~ ~かすか かすか~ ~かた かた~ かたち~

「かげ~」 4709, 51ppm, 2280位

▼ かげ~ (1362, 28.9%)

71 かくれて 66 身を 39 隠れて 38 なって 19 立って 9 潜んで 8 かくれました, 立つて 7 隠れた 6 たたずんで, 腰を 5 かくれるよう, しゃがんで 4 あって, いろいろの, かくされて, かくして, かくれた, ひそんで, 何か, 小さくなっ, 隠れるよう

3 [21件] いると, かくれたが, かくれる, きて, して, なりひな, なると, ひとりの, ゆらゆらとして, 一つの, 人の, 伏して, 入って, 寄って, 彼は, 忍んで, 沈んで, 消えて, 隠れながら, 隱れ, 顔を

2 [85件] あった, あつた, あの新聞, あらざるか, ありて, あるもの, あるベンチ, あるメリメエ, うぐひす, うずくまって, かくれたの, かくれたり, かくれながら, かくれよう, かくれようと, すわつて, そつと, その丸顔, それを, ちかく, ちらと, なつた, なつて, ならな, なりて, ぼんやりと, もう何となく冷, ゆきて, よく似たれ, チラと, 乗合馬車の, 仄かに, 今し, 休息し, 体を, 例の, 先刻から, 入りましたね, 出て, 坐って, 坐つて, 寝て, 小さい休み茶屋, 小さく横たわっ, 尺八の, 待って, 息を, 慵げなりや, 戻って, 散らばった, 斑牛ひとり居りけり, 曲って, 死んでしまつた, 沈もうと, 油すこし, 消えた, 淫らな, 添ひ, 渋面を, 漂って, 煙を, 生えて, 眠って, 立ち寄って, 立った, 立つ, 立寄って, 置いて, 而も, 落ちて, 葬りみ墓, 藤の, 見えて, 見し, 誰かが, 走って, 足を, 隠れたり, 隠れる, 隠れると, 隠れるの, 隱くれ, 隱れる, 靡いて, 黒い大きな

1 [806件 抜粋] あいつが, あたつ, あちこちと, あつまるもの, あらはれわたるよ, ありとも, あるか, あるじゃ, あるよう, ある佳一, ある口もと, ある大きな, ある日だまり, ある深い, ある穴あらば入り, ある素朴, いささかくすぐった, いた三人, いた女房ども, いつと, いつも何, いて, いまさらそんな, いましたので, いる, いる人等, いる連中, うずくまりました, うずくまり琴手フィンリイルひとり, うたた寝し, うつうつと, うもれた古い, おいこまれるところ, おいついて, おくふさ, おせい様, おとなしく隠れ, お芳, お近, かがまッ, かくさせて, かくしクルルッ, かくれたとしても, かくれたまま, かくれた白ちりめん, かくれむ, かくれるの, かくれるやう, かくれ一心天, かくれ浪, かくれ足, かくろ, かすむ, かたまって, からだを, かんざられ, きらきらと, こい色, こしを, この, この作, この哀切, この時, こんな仙境, ごくさわやか, さへ, しずかに, しとしとと春雨, しゃがみこんで, しゃがみました, しょんぼりと, じっとたたずん, じゃ, すかして, すかし見よ, すくんで, すこし見え, すっかり埋められた, すばやく身, すわって, そっちの, そっとしゃがんだ, そのまま徐, そのむかし, その夕べ, その時人影, その顔, そよぎところ, それらしい, たおれて, たたずんだ, ただひとり, ただよ, たちどまって, だん, だんだん隠れ, ちらつく眼, つ, つくばいながら, つつましく匂っ, つつまれたおま, つづみの与吉は, てらされて, とこなつの, とびこみました, とびこみ姿, とびこんだとき, とまりたり, とんで, どんな要素, ながい間役者, ながめるの, なったり, なったクリイム色, なった同じ, なった存外, なった狭い, なった膝, なった軒下, なってくらいから, なっとるか, なにか偏奇, ならぶ赤斑, なりかけた, なりつむじ風, なりひよどりの, なるの, ぬかづくもの, ぬるる獅子, ねころんだり, ねむったあ, ねむれども, のぞき見て, のばし夫, はやまり高まって, はりつめたほどに, ひき入れたまま, ひそんだ, ひそんだ熱, ひっぱって, ひとつの, ひろがる世界, ふたりの, ふてくされたる安住, ふと気づいた, ふわふわと, ほのめいて, ほへる此家, ぼろ布を, ぼんやり何, まいって, まことに印象深かっ, またも相, まだとけのこった, まだ去年, まばらな, まぼろし, みえあの, みたこと, みなたのし, みんな姿を, むつがたり, めしやと, もう一羽, もう三つ, もえいでし, もの悲しい光り, やすんで, やどらん, ゆらゆらと, よき香, よりそって, よろば, よんで, れいの, われながら, われわれは, ゐた男, ゐられる, ゐるお祖母さん, ゐるこの, イスを, クリイム色に, サンドウィッチや, ソッと, チカチカと, トニイは, ニッと, ピッタリと, ポチと, ポツチリと, 一つ小さい, 一二台の, 一人の, 一休みした, 一区画別棟に, 一本の, 一眼の, 一種独特な, 三つの, 下げ髪の, 世界平和の, 乞食ゆきか, 二人の, 二匹の, 二首の, 五重の塔の, 人を, 人間の, 今二つ, 今樣, 伏せて, 伝統的な, 伴奏く, 佇んで, 何事か, 何物か, 依存し, 停泊した, 僅かに, 光る鏡, 光君と, 入りあくがれゆ, 入る, 入墨の, 六尺ゆたかな, 六本の, 写真屋が, 凝然と, 出た, 初ほ, 別れを, 利用し, 助平根性を, 動かずに, 十一重の, 千葉先生の, 半ば隠れ立っ, 卓子の, 取り出して, 吉田行の, 同じ装束, 向かふ葵, 君と, 吸い込まれて, 吾が心臓, 和歌の, 咲いて, 咲き出でて, 咲く, 啼いて, 喪服の, 器用に, 土間に, 在って, 坐りました, 埋めて, 埋めました, 堀部君を, 壁すら, 声を, 変わりだしたよう, 夕暮の, 多計代, 夜露に, 大きい三日月, 大きく真一文字, 大きな家, 女の, 妙な, 始め二三十頭に, 嫋々と, 客待を, 寄り添, 寐所を, 寝ころがったまま帆村荘六おじさん, 寝台が, 小さい光, 小さい白いもの, 小さくなった, 小さく世, 小さな小さ, 小林君が, 小隠れ, 少しかびくさき, 尾を, 居て, 居るまんま, 居る女, 屋根の, 崩折れる, 左膳の, 平らかに, 平らな, 年と, 幼兒と, 幾百千万の, 廻って, 廻りて, 引っこむ, 引つ込んだ, 引張りこんだ, 弱つた身体, 当たる, 彳んで, 待ちかまえて, 待ちぶせしました, 待ち構えて, 待機し, 心苦しく存じました, 忘られし, 忙が, 思惑され, 恐怖が, 恭順が, 憂愁の, 憩ひ, 成って, 手堅いつつましい謙遜, 手招く, 投げひろげた花見筵, 抱えながら, 拡声器と, 指を, 揺曳し, 放して, 救うこと, 教えるよう, 斜に, 新吉, 於いて, 日本の, 日本帝国主義の, 早や, 早苗の, 映しだされて, 昨日の, 時には岩角, 時知らずの, 月は, 末たのもしく, 机の, 朽ち果てた薪小屋, 松千もとみる, 桑の, 梢を, 棺が, 椅子よせ春の, 槍ぶす, 横はる, 歌そめし, 武士の, 歴然たる憂色, 残つてゐる, 気がついて, 水が, 水無瀬川の, 水車が, 泉は, 浮かび出て, 浮かんで, 浮き名流さん, 浮びて, 浮ぶ妻, 消えぬ姿, 消えますが, 淫蕩的な, 湛えて, 溢れて, 潜ませ不意, 潜むどうしても, 激情を, 火星人の, 灯ともし, 無解決, 無限の, 照らされて, 照らして, 照らふつぶら玉豊後梅, 照りか, 熊川忠範は, 燦く, 父は, 物思わしげ, 犠牲の, 瓦斯を, 瓶子落し, 生け垣を, 生じて, 生育した, 田圃が, 申しわけの, 白いもの, 白い湯気, 白い着物, 百人の, 百舌鳥の, 真紅の, 眠ると, 眼を, 瞬目する, 石の, 神, 秘めて, 秘謀を, 穢き姿, 穴が, 立ちて, 立ちどまるよう, 立ったまま沈思, 立つたまま, 立つネエ将軍, 立つ婦子供, 立つ灰色, 立てたペンキ画, 竹一が, 粗末な, 紅い頬, 紅白さまざまの, 紫藤の, 組んだ小屋, 絹織, 緋毛氈敷いた, 置かれたし, 置かれた薄い, 耀ふうつ, 耳に, 聞いて, 背いて, 膝先つい, 臥す幼児, 至るまで, 舗石に, 芽を, 若い男女, 苦痛の, 茶店が, 萱の, 蒼白に, 行きその, 行った, 行ってから, 行われて, 裁縫通ひ, 見えつ隠れつして, 見えなくなった時, 見えなくなりました, 見えなくなるまで, 見た門司, 見ゆ, 見よ, 触れ彼, 誰か, 誰も, 豊島氏の, 費されたソヴェト農民集団, 起き上らなかった暫し, 跼って, 蹲ったまま, 身じろがなかった, 転って, 近く眺め, 追われて, 逃げこんだ, 這いかがんで, 這入って, 這入り, 道中の, 避難した, 銀の, 鋭い犬歯, 長々と, 長い髮, 閃いた白刃, 陣取って, 隠くれて, 隠された女らしい, 隠しただ, 隠そう隠そうと, 隠れこんだ相手, 隠れたこと, 隠れほとんど, 隠れるその, 隠れる嘘, 雁鳴き渡る, 集まり先生, 雨を, 青塗りの, 青黒い死人, 面ばゆく, 額に, 顫え, 風流な, 餌を, 馳け, 驚かされて, 魔女の, 魚の, 鳴く虫, 鼠なき

▼ かげ~ (475, 10.1%)

2412 ように 6 中に 5 ところに 4 やうに, ような

2 [45件] いろと, おもて, かけらが, かけらを, かつらを, こゑ, さした十二階, さした小さい, せいか, ないの, なかで, なかを, まんなかを, ゆらめきとも, 上に, 下で, 中を, 國戀ひ, 夏の, 夫婦は, 小さき苫舟, 小川か, 底に, 戀語り, 方に, 方へ, 明るさ, 暑くなる, 暗いところ, 毒舌を, 水に, 男は, 石に, 砂掻き, 私の, 花ならず, 花製本見本を, 草の, 見ゆる池水, 谷, 身で, 身に, 部屋で, 隣の, 雑草の

1 [330件] あとから, あとに, あひびき, ある上唇, ある青年, ある音楽家, あわれはかない, あを, いとして, いりまじり草, うす暗く水臭い流し元, うつりゆくを, うつるとろり, うつる夕なぎ, うつる家, うつろいゆく姿, かけ茶屋に, かげ, かげ仄か, かたちに, かづら, かづらなる, かづらは, かづらを, かれしより, かわりたれ, がわ, こぼるる, こみちを, ごと往来する, さきっぽ, さしたよう, さして居る, さしひきであり, さすとき, さす思い, されこうべなどという, しげりに, しげる, しづけきは, しめりに, する庭, せいかも, そばへ, たった一軒, ためか, ために, ちょっと離れた, てふてふ, ところから, ところな, とぼしいなぎ, ともったまま, と顏, ない実践的, ない文章, ない松, ない處, なかに, ひかりは, ひとりで, ひと屯ただ, ふかいあの, ふかみ, ほうへ, ほかあやしい, ほの, また二人, まつすぐ, まのあたりに, まま十時ごろまで, みょうな, むかしの, ものお, やうな, やみの, ゆきか, ゆれて, ようについて, わが髪, わずらい, キューピッド, チラチラする, ベンチに, 一人で, 一等へ, 一軒の, 一輪の, 三重塔を, 上から, 下では, 下に, 下の, 下女細君あれが, 世渡りとは, 世渡りゃ, 世界の, 丘なぞに, 中で, 中にも, 事務室に, 交った光景, 仇名を, 似た若, 何処には, 何處には, 俥に, 側が, 優しさ, 光, 光君に, 光君は, 八十島を, 公園で, 前に, 力として, 動き方が, 半分では, 南洋蔓草の, 南瓜に, 南瓜の, 卵塔場でした, 叢で, 古い水, 吾が宿ゆゑにふる雨, 土に, 土は, 地面に, 垣根道もどる, 境で, 声が, 変りたる, 多い人間, 多い坂路, 夜を, 大きな片足, 天幕の, 太刀川青年は, 失われたの, 女が, 妾宅は, 姿の, 守りとして, 家で, 家を, 寂しさ, 小さいくぐり, 小さい邸, 小さな磯, 小みち, 小屋には, 小屋は, 小暗いところ, 小河の, 小男は, 小藪に, 小雀だに, 少納言, 尾は, 山も, 山寄りに, 岩かげで, 川の, 差しただよう, 帽子の, 幾分を, 床几に, 庭は, 庵室を, 弱ぐさ, 彼を, 御生命, 応接間から, 応接間の, 恐怖に, 悩みと, 悲愁さそひ, 戀草に, 我心の, 斜面の, 新しき土, 方から, 方が, 方の, 方へと, 旅に, 明智は, 映った桃花心木, 暗い村, 暗がりの, 暗き青杉, 書き違, 最高顧問です, 木の実草の, 木賊に, 朱印を, 村に, 栄の, 根付の, 梟の, 棒石を, 橋ね, 残るわが, 残れるかた, 水面は, 池の, 泉, 泉は, 洩れる中二階, 洩れる弓形窓, 流れた庭さき, 涼しすぎる, 淡くさしてる, 深いところ, 深いプラタナス, 深みに, 淵に, 温い泉, 港に, 湿地に, 滅え, 滝, 濃いころ, 濃い上唇, 濃い冷, 濃い口元, 濃くうすく, 濃く見, 炬燵の, 点在を, 熊笹の, 物置小屋へ, 男に, 痛ましい, 白い家田, 白い瀟洒, 白煙も, 白雲は, 石の, 禁厭, 移りゆくさま, 穴の, 空に, 答え, 粗末な, 納屋では, 紫は, 細さ, 細道について, 絶えた寒い, 線路の, 縞目を, 繁華は, 美女, 胃の, 自分の, 花すみれ乏しく, 花で, 花なれ, 花の, 花パトロンと, 花上製本持參, 花校正刷を, 花校正刷持參, 花苑に, 苔の, 茶店で, 茶褐部落や, 草か, 草に, 草原には, 草原の, 菊いづれ, 落ちた岩, 落ちて, 蒼じ, 薄暗いところ, 薄闇の, 藍色の, 藤ちる, 見はり, 見られないこと, 見捨てられた古屋台, 谷を, 谿流が, 象牙ぼり, 赤い草花, 足許の, 身が, 身だ, 身の上である, 輪の, 近づきに, 道, 道を, 道路の, 部屋の, 部屋へ, 野に, 金博士の, 銀を, 鋪道を, 長き歌, 長さ, 門の, 闇がりから, 闇で, 闇に, 闇めいた, 闇を, 阿蘭陀人に, 陰翳とで, 隅に, 隙洩る, 際限なく, 隠れ家には, 雪, 雪は, 霜の, 青い暗がり, 静かな, 静寂が, 靜けさや, 頬は, 顔も, 風は, 高い榎木の下, 鬱憂の, 鬼灯ほどしか, 黒土に

▼ かげ~ (447, 9.5%)

8 見て 6 消して 5 うつして, 作って 4 みつめる 3 うけて, おとして, さまよ, つくって, つくつて, とどめて, ふむ, 利用し, 残して, 落して

2 [27件] うつしながら, かくして, かすめて, したふと, つけて, のこして, ひいて, もって, ゆく馬車, ゆらゆらと, 厭ひ, 噛む, 失って, 存し, 引いて, 往来した, 暗くさま, 月は, 眺めて, 示めさね, 茅蜩の, 見つけた, 見つめて, 見ながら, 見ると, 追いながら, 選み

1 [335件] あまねく後, ありありと, あるかなし, あるく方, いくらかでも, いま眼の, うけながら, うける自, うすめるの, うつしたの, うつしはじめた, うつし口, うつす大, うつす柳, うつせし水, うろうろし, えらんで, おそらく例, おっかけました, おとします, おとす, おとす樫, おぼろげに, かくして池一面, かけぬける, かさね十二時, かすかに, かれの, かんじた, きのふも, くぐって, くぐる庭, くぐる時, けちゆくごとし, こうたどっ, こくした, こしらえたよ, こしらえて, この八ヶ岳, さえもった謹厳, さがした, さしたのよ, さして, さまよって, して, しながら, しのぼう, しばらく見, じっと見ました, すえ, すかしたもの, すっかりしらべた, せめての, それに, ただよわせて, たちこめ枕, たどりて, つくりたい, つくりながら, つくりまことに, つくります, つくり水, つくるむぎわら帽, つくるよう, つくろうと, つけた若いおとなしい, つける, つたいながら, つたうよう, つたえて, つたつて, つたふべき, つたへた庭つくりの, つづった竹童, つとうて, とびまわって, とりかこめり, ながめてを, なげいれて, なげた, ぬけ丘, ぬすまうと, ぬひて, ねめまわして, のこしこころ, のぞいた, のぞいたが, のぞかう, のぞきのぞき清水, のぞきました, のぞき込みながら, のどやかに, はなれた一艘, はなれゆきて, ばひき, ひきながら, ひそめた, ひそめて, ひそめ一九二〇年代以前, ひらひら, ひろげて, ふかめて, ふつと, ふみつつ, ほうふつたらしめるべく, ほしがる, まきこむ簾, まして, まだじじ, まのあたりに, まばらに, まもりつ, みせて, みせ時には, みつめながら, みて, みるごとくであり帷幕, もった保, もとめ, もとめて, もとめては, やどした抒情詩, ゆく, ゆく人, ゆく和蘭人, ゆく日, ゆく身, ゆびさしながら, ガラス戸に, 七尺去る, 下から, 不図, 与えるもの, 二十日鼠の, 二重に, 仰いだ時, 伝えて, 何処かに, 作った, 作ったの, 作りだんだん, 作るよう, 偲ばせるには, 偲ぶこと, 偲ぶごと, 偲ぼうなどは, 其ま, 出たら前, 出たり, 出て, 出で, 出這入りした, 反射した, 受けるもの, 合掌し, 含み嶺, 土手の, 坂みちかけ, 夢に, 夢にでも, 失い楓, 失った, 家の, 宿して, 小舟は, 小魚, 履む雄馬には, 帯びて, 幾分か, 強いてさがせ, 彷彿させ, 心さびしく, 心に, 心ひそかに, 忍ぶこと, 忘じ, 忘れかねて, 思う, 思ひ浮べた, 恐れるよう, 惜めども, 想像する, 感じた, 慕いつ, 慕って, 慕ふ, 戯むれ走らせ, 戸棚の, 払いつつ, 投げあって, 投げた黒い, 投げて, 投げるの, 拾ふ, 持つ人, 指さしました, 指さし彼, 掃きうつり, 掃く, 掠めて, 探して, 描いて, 描くらん, 揺りみだす夜風, 斜に, 日本の, 早くに, 明石の, 映して, 映し何, 映す微笑, 曲ろうと, 曳かむ, 曳きけり, 楽もう, 次々と, 止めない位, 歩いてから, 歩きまわって, 歩き廻る時, 殘し, 水の上から, 求めて, 油絵具を以て, 泛べて, 浮かべた淵, 浮べた, 浮ませ, 浴びて, 浸して, 消したかと, 涼しく触れ, 深くする, 添えその, 漂わせて, 漲し, 濃くし, 片面に, 玉虫色に, 白い頁, 目がけて, 目に, 眺めた, 眺め南西, 睨んで, 知らない風, 窺うと, 立ち去ったかと, 立つて, 童子は, 籠めた, 絡ませながら, 縫うて, 翳らせながら, 背負って, 自分としては, 自分の, 舟に, 苔の, 落しその, 落したなり, 落として, 落としながら, 蒸して, 薄の, 薄白く, 血眼で, 行き涼し, 行く, 見うけ, 見えなくしたところ, 見おくる, 見すかして, 見せて, 見せる超, 見た, 見たが, 見たの, 見た樣, 見つけここ, 見つけて, 見まもって, 見る, 見るべき, 見る夜, 見る気, 見れども, 見わけること, 見付けて, 見出して, 見出すよう, 見守った, 見詰めて, 見送りながら, 見隱, 視さ, 許し添, 試みたが, 認められましょう, 負うて, 赤い小, 趁うてゐた, 踏まずの, 踏みわけて, 踏んで, 述べはじめた, 追い慕って, 追い続けましたが, 追って動い, 追って歩い, 追ひ, 逍遙し, 透かして, 透して, 通った, 通つた, 通りすがりに, 通るの, 道の, 遠くしずか, 遠く去り, 遮り昼, 選んで, 重ぬる, 銀の, 離れた侍, 離れて, 離れ尚も, 頭に, 頼むほどの, 風に, 髣髴たらしめ, 鮮かに, 黒いソフト, 鼬が

▼ かげ~ (386, 8.2%)

8 ある 7 あった, 残って 5 さして 4 何か, 見えた 3 あって, うつったの, うつって, なかった, はっきりと, 出る, 見えなくなって

2 [22件] ありました, うすいよ, きざしその, だんだん強く, なくなって, まっ黒に, スーッと, 動いて, 家の, 富岡の, 彼の, 映った, 映って, 流れて, 浮んで, 落ちて, 蝋燭の, 見えたの, 見えました, 見えます, 見え隠れ夜は, 見られようと

1 [286件] あちらからも, あったで, あったでしょう, あつた, あらわれこそこそ, あらわれたの, あらわれたもの, ありありと, ありませんでした, あり奥様, あるおべ, あること, あると, あるとかいうので, あるどことなく, あるよう, あるわけ, ある寒い, ある順二郎, いきなり飛びかかった, いやがるもん, いると, うごいた, うごきなお, うごくところ, うごめいて, うすくなる, うすぐらくなりはじめました, うつりました, うつるかと, おおくて, おどって, かさなり, かすめた, からかうよう, かわって, くっきり映っ, くもり硝子, こくなり, こっちへ, こっちを, この広い, こぼれ落ちて, さきに, さした, さしたとき, さしたよう, さしてだまり込ん, さしてアスファルト, さして淋しく美しく, さしよって, さし百万円, さすやう, さっとよ, さわさわ, しじゅう眼, した, して, します, じぶん, すうと, すがすがしい, すっかり消え, すべってるよ, すべて僕の, することに, そのま, そのガラス, その自動車, そびえて, そッくり湛って, たえず目, たくさん棒の, ただその, たった一ツ, だんだんこちら, だんだんに, ちらちら動い, ちらついて, つくの, できた, ところどころに, ところどころ夕霞, とぼとぼと, どこかに, ない, ないお蔭, ないから, ないの, ない寂々寥々, ながくすずしく, なくなり商店, なくはげ, なごやかにあたりの, はうふつ, はつきり, ひっこんで, ひろがる刻限, ふかい, ふたりの, ふつうと, ふるえた, ほしいね, まつ黄色, まつ黒, まばらに, まるで幽霊, みえます, みえる, みとめられた, やどって, やはり蒙, ゆらいで, ゆらめいて, ゆらりゆらりとゆれました, ゆれて, よう似, よぎったの, よく出, ろうたく映え, ウジャウジャと, カーテンを, コップの, サッとよこぎる, ソッと, チラと, チラッと, ヌーッと, パッと, ホーフツと, ワラワラと, 一つ動い, 一杯出, 一緒に, 三角形に, 二つ三つ流れ, 二月堂の, 人を, 伸子の, 似寄ったよう, 何時の間にか疎い, 催して, 働いて, 冬至に, 冴えか, 出て, 出る母さん, 出来た, 出来て, 出来る, 刀を, 動いたよう, 動かないと, 動きカンテラ, 反映し, 同じ沈黙, 同時に眼, 向こうに, 嚴重な, 地に, 壁を, 声を, 変ったの, 変り昔ながら, 大きくなっ, 大きく靡く, 大きな口, 大阪に, 天井へ, 娘たちの, 子供の, 家々を, 宿って, 幾つも, 庭に, 廃城の, 廊下の, 廻って, 彼女には, 彼女の, 忙が, 急に, 愈々濃く, 感じられて, 日ごとに, 映され生きられて, 映して, 映ったと, 映つて, 暗い橋ゲタ, 暗い車内, 曲って, 月あかり, 木の, 杏の, 極めて強い, 横切った, 樹間に, 次第, 歩いて, 残つてゐる, 殘つては, 毎日息苦しく, 沈んで, 泉の, 洩れた, 洩れて, 流れ矢, 浅黄色に, 浮いて, 浮びます, 海に, 消え紫色, 淋しくゆらめい, 淵の, 湖べりに, 湧き出した, 溢れ人声, 漂って, 漸く傾き, 潮けむる, 濃い, 濃く戦意, 濃く沼岸, 爽やかに, 瑠璃の, 疎らに, 白くなびい, 白く浮かんだ, 目く, 目の, 瞼に, 知識人の, 硝子戸の, 硝子越しに, 秋風, 移って, 突然ふたり, 窺われる, 笠の, 細い間, 細かくふるえ, 縮まって, 自分の, 自分を, 舳の, 艇の, 萌しはじめたの, 落ちる位, 蒼黒い, 見えたから, 見えだした, 見えなくなりました, 見えは, 見えふたり, 見える, 見えるよう, 見られないもの, 賑かに, 赤く水たまり, 赭く, 足りなくなっても, 踊る, 透いて, 透き通る細い, 這いつながった, 遠い潮鳴り, 遠くに, 遠く微か, 針の, 長々と, 長くのび, 長く地, 閃く, 開いたなりに, 障子に, 集まって, 雹の, 青い冬空, 青麦のうへに, 静かな, 高い高いテントの, 鳥では, 黄色く映っ, 黒いしま, 黒く横切った

▼ かげから~ (361, 7.7%)

15 出て 14 顔を 8 一人の 4 姿を, 見て 3 のぞいて, ひとりの

2 [15件] かくれ遊び, さっきの, その男, ひろびろと, もうひとり, 半身を, 女の, 女を, 忍び出, 急に, 死に瀕, 私の, 聞えた, 通つ, 飛び出しました

1 [280件] あいつが, あたま, あっさく空気を, あまり美しく, あらわれた, あらわれた槍組, あらわれだいたん, あらわれて, いきなり飛出し, いちじ, いつもの, いま一人の, おどり出して, お綱, お里は, かおだけを, かげに, かげへ, きらきらした, こっちへ, こっちを, こつそり和尚さん, これを, さらにりっぱ, しきりにぎょろぎょろと, しんぼうつよく, じっとその, じっと門, すこしは, するどい二つ, そこまで, そっとぬけでた, そっとのぞい, そっと怪物, そっと男, そっと立ち去ろう, そつと, その小柄, それらの, それを, ちらと, ついぞ見馴れぬ, つづけざま, であつ, とびだした火星兵, とびだしました, とびだしクマ, とび出した, とび出して, とび出すと, どたどた, なかなか出, なんだか灰色, にっと笑顔, ぬけて, ぬるぬると, ねっしんに, のびあがって, のぼって, はいだし自動車, ぱっととびだし, ぱつと躍り出し, ひょいとまっ, ぴよんと出, ふたりの, ふと目, まじまじと, またひとり, また一人, また出, まるで小さな, やはりボロボロ, やられて, ゆったりと, ようすを, よく見とります, らんらんたる, カルチーナ, ガサガサという, コソコソと, コックが, サチ子の, ツイとは, ニューッと, バラバラと, パンの, ヒラリと, ビラを, ブロンドの, ホールを, ボブが, ムックリ, モーターを, ヨロヨロと, リンゴの, リーズの, リーロフの, レコオドが, 一人そして, 一度に, 一心にこちら, 一羽の, 三, 三人の, 三角形の, 下足番の, 中の, 中を, 二つの, 二三人の, 二三匹の, 二三尾の, 人が, 人の, 人知れずじ, 今にも腐れはてた, 伊那丸の, 佃を, 何か, 何かの, 何物かを, 何者か, 佩剣を, 例の, 信二は, 催促し, 僅かの, 公園の, 冷たい硝子玉, 冷然として, 出臍, 十七八の, 十分察しられる, 千両ば, 午前六時の, 口笛が, 叫びました, 同じよう, 同じ兵士, 四五人の, 四十五六の, 声を, 外に, 外のけ, 外を, 大きな月, 姉たちの, 娘の, 寝ころんで, 寢ころん, 小山が, 小林少年が, 山の, 差し出して, 帆村が, 年月の, 幽霊の, 庭の, 庭へ, 弱々しい啜り, 彼は, 彼女たちの, 彼女の, 彼方の, 後の, 忍び寄って, 忽然とおどりだした, 悲鳴や, 意味あり, 感じられるの, 懐手を, 手を, 手招きし, 手招きした, 折竹が, 拍手が, 昔かけ, 書斎の, 月が, 松井田が, 槍の, 横柄な, 次郎の, 歓びを, 正太少年を, 歩いて, 母が, 母の, 水色の, 源三郎の, 漏れる鈍い, 無数の, 無邪気な, 物かげへと, 犬の, 珍しそう, 現れいでた顔, 現れた, 現れたもぐら, 現れた一つ, 現れた二人, 現れて, 現れました, 現われて, 現われねば, 生垣の, 産婦が, 異常な, 病室の, 登場, 白い港, 目ばかり, 真っ白な, 眼を, 着剣した, 突如躍り出た, 突然に, 突進し, 笑ひ, 米びつを, 素早く一人, 縁先に, 罪を, 美々しく着飾った, 聞えるばかり, 聞える晝間, 聞き覚えの, 聞こえて, 脊の, 膝で, 自在に, 自席の, 興梠の, 若い女, 虫の, 蝙蝠が, 蟹が, 見えたの, 見える長い, 見える頭数, 見るからに, 覗いて, 覗いてる母親, 覗けて, 覗けると, 起した, 起った声, 跳り出た, 躍りだした浪人三名, 躍り出て, 身を, 辷り出て, 迎合する, 這ひ出し, 這出す辻君, 過ぎた時代, 遠く白い, 重ね草履, 銃剣を, 閃めいた, 隈どられた, 隣りの, 隻眼が, 青頭巾, 靴を, 頼長が, 顔だけ, 風の音よりも, 飛びだして, 飛び出して, 飛来した, 首を, 馬に, 駆け出して, 鳥打帽を, 黄いろい眼, 黒い人影, 黒檀の, 黙って, 龍造寺主計が

▼ かげ~ (276, 5.9%)

16 かたちも 14 形も 8 ありません 6 ない 4 なく痩せ, なし 3 ないもの, なくなって, なく洗ひざ, なく痩せ衰え, なく貧乏, 消えて

2 [11件] かなしや, ないほど, ないよう, ない部屋, なくて, なく痩せこけ, 射して, 映るべしやなど, 洩れて, 見えません, 見ま

1 [184件] あつて, ありませんけれども, ありませんでした, ありゃせん, ある, いつしよに, いと淡かっ, いまは, うつらでやは, おちつかせないもの, おぼろげに, かすかな, ここの, ずるずると, そこに, ちがったであろうが, ちらちら映っ, できた, とまらぬ晴れやか, ないが, ないこの方連れ, ないし, ないの, ないま, ないまことに, ないむさくるしい小舎, ないやう, ないようす, ない一人, ない両側, ない侘しい着物, ない古, ない姿, ない家, ない小, ない小さな, ない小屋, ない小犬, ない山住い, ない広い原っぱ, ない日, ない有さま, ない有様, ない木の芽, ない此方連, ない残骸, ない汚いアパート, ない汚い女, ない湿疹, ない田舎娘, ない由良一座, ない男, ない畸形, ない破, ない私, ない程, ない老い木, ない老人, ない老爺, ない船, ない草, ない落ちぶれ, ない藪医者, ない血まみれ, なかった, なかりしが, なき生活, なくあれ, なくお, なくがらん, なくくすぶ, なくくずれ, なくぐしょぐしょ, なくさびれ, なくそれ, なくただ, なくな, なくなったドン, なくぶざま, なくやせさらばえ, なくやせちまっ, なくやつれ果て, なく京流吉岡, なく人, なく堕落, なく壊れ, なく寂れはて, なく小さく縮められた, なく小さな, なく平ら, なく損じ, なく改築, なく毀され, なく汚れ, なく泥, なく痩せさらばえ, なく痩せはて, なく痩せ衰えた, なく破られ本堂, なく破れ, なく私, なく窶れた, なく荒れはて, なく荒れはてた, なく荒れ廃れ, なく荒れ果てた, なく萎えしなびた, なく落, なく街灯, なく衰, なく衰退, なく貧しくなり果て, なく醜い老人, なく頽, なく顔, なく鬼蔦, なく鴎, なければ, なまめかしく打ど, ふえけり, ふとお, ぼんやりと, まきこまれるという, まばらでした, まばらに, みえません, みせない, むつまじく, よし釣, りすの, サーチライトの, 一層地べた, 乏しくいかにも, 人に, 伸子に, 入りこんで, 多くない, 天空はるかに, 姿も, 幽黝, 底の, 朱色の, 柳北の, 桃花心木の, 此処の, 残しは, 洩れなかった, 無い下女, 無い青道心, 無き老躯, 無き草, 無くさびれ, 無くシン, 無く今戸焼, 無く今戸燒, 痛々しく眼, 白雲も, 直ぐ消え, 知らで暮らしつる, 絶え夕顔, 絶え絶えに, 薄くなった, 衰へて, 褪せ空, 見あたりません, 見えずこの, 見えずなりしと, 見えない, 見えないのに, 見えなかった, 見えなかったの, 見えなくなった, 見えなくなりました, 見えぬ奥山, 見ず風, 見せず役人, 見のがすまいと, 見当らなかった, 誰か, 誰かき, 遂にひねもすの, 鄙びて, 野苺の, 靈も

▼ かげ~ (269, 5.7%)

2 [12件] お久美さん, ひとやすみ, まっくら, よく眠られました, 一人の, 手を, 暫く突っ, 本を, 汗を, 私達は, 聞いて, 舌を

1 [245件] あそぶにも, あつた, あなたへの, あらしをよ, ありがたがって, あんなこと, いくたび, いて, いとしいしおらしい姉, うごめいて, おそくまで, おもしろがっ, お待ちしましょう, お涌, お蓮様, かずを, かつて見た, かなり広い, きいて, こう言った, こそこそ僕, こっそり握る, こっそり贈り物, こつそり立, この人, この玄鶯院, この絶代, これから切符買い, ころびそう, ころりん, こんなよう, こんな馬鹿げた, ござります, さざんかが白, さまざまの, しかめっ面を, しかめ面, しかりつけ背, しげのの, しばし泣き合った, しばらく待っ, しめった, じつにきみ, すぐ下, ずるずると, そうせ, そっと立ち聞いた, そのかぶり, その美くし, それを, たくましい原始生活, たく山, たのしいゆめ, ため息が, ちらりと何, つぶやく声, とき子が, とばしりの, とやかくは, どんなに感心, なまけちや, ぬすみ聞きして, ねぎでも, ねむり寒い, のぞきながら, はげた黒, はねくり, はら, はらはらし, ひっそりし, ひとりこの, ぶつ, ぶつぶつ不平, ぷすぷすともえ出す, めずらしくも, めそめそと, もう時刻, よく働い, わたしに, アンリエツトの, ウイスキーの, ガン人の, チョコレートを, ドミトリーと, ネコが, ハラ, 一伍一什を, 一冊の, 一夜を, 一泊する, 一生懸命探偵小説の, 三つの, 三人の, 三吉正太の, 下婢の, 不意に, 乞食は, 乱闘の, 二人は, 云って, 云は, 云はば, 云ふ, 互に抱き合い泣かん, 人との, 仕事着の, 休もう, 何か, 何事かを, 全身の, 出会った, 包まれて, 半蔵と, 厚い着物, 厭な, 口を, 召されたとは, 吹矢で, 呼んだ時, 咲かして, 喋って, 団扇づかい, 執拗く, 夜業を, 大いに見直した, 大きい暗いかげ, 大きく笑う, 大きな数珠, 大の字なりに, 大変愉快でした, 大野は, 女の, 女は, 女中を, 始業の, 始終の, 嫌われたり, 実におびただしい, 密に, 小柄を, 小石を, 山茶花が, 常盤の, 弁当を, 弥助の, 彼が, 彼の, 待って, 御兄弟, 心と, 忍び笑いを, 怒りん, 息を, 息子の, 悪魔的舌を, 或る, 手詰めの, 抱かれた時, 握りしめた拳, 放送し, 散松葉, 敷いて, 新内を, 日向ぼっこを, 日当りの, 早速オリーヴ色, 昼寝, 時間を, 朝子に, 村の, 検めみる, 椿の, 様子を, 次第に濃く, 歌を, 歯ぎしりを, 死にました, 母の, 母も, 毎夜美くしい, 気持を, 水を, 水浴びも, 氷うりだした, 汗ふく, 沈着に, 泣いて, 泣きだした, 涙を, 清君に, 清少年と, 温かいぞと, 演じた, 無慘, 焼かれた, 熱心な, 燈が, 男の子女の子とりまぜ, 男を, 疲れやしたん, 白い襯衣, 着て, 着物を, 碇泊した, 窓の, 立ちぎき, 立ち聴き, 立話を, 素子の, 絵ばかり, 綻びかけて, 置いで, 羽太鋭治の, 聞くの, 聴いて, 胡弓を, 腕時計を, 腰を, 自分で, 若い地鶏, 茶道具などを, 落ち合って, 蓋を, 見つけた朴の木, 見るも, 角笛の, 読みながら, 軍事的暴圧を, 近い樹木, 遊んだ, 遊んで, 道具だてを, 郷里の, 酔って, 雪が, 雪袴の, 雲雀が, 静かに, 頬の, 頭巾を, 風当りは, 食べようと, 魚を, 鵞ペンを, MRAは

▼ かげ~ (202, 4.3%)

6 ありません 5 どこにも 4 なかった, 見えなかった 3 ない

2 [12件] うすく網, ひろがる, まだ暑い, みえけり, セザンヌ翁をも, 何の, 少しも, 早や, 曳かれけるかも, 残って, 白くながれ, 見えない

1 [156件] あざの, あたりの, あとかたも, ありませんでした, ある若, いったい何者, いつもすがすがしく, いまは, うらうらとして, うららかに, かう云, かげを, かつ晴れ, きえて, きのうに, ここだを, ここまで, この児, この平穏, これっぽ, これらの, さがるの, ささない, さしてゐない, さしてゐなかつた, さらになく, しるけれ, じっと頭, すっかりなくなっ, すべていと, そのよう, その後ろ, その構, その樹, それきり冬近い, だまって, ちっともさしこん, どこかに, どこから, どこやらに, ないの, なかつた, なく暖かい, なく頬, なし, なにかヒソヒソささやき, なるべき, なんともこたえません, にじみ出て, はじめて気がついた, はなれじ, ひとりで, ひよろ, ひり深う, ふけに, べつにおどろく, ほかならぬ, ほとんどない, まことに乏しい, またわらいました, まだ土, まだ霜柱, まばらだった, まるでしやもじ, まるでリス, まるで鼠, みえなくなった, みじんも, みせずに, むしろ年上, もうそこ, もう消え, もちろん道具, もはや探るべく, やがて暗黒, ゆらめきぬ, よると, わが, わきて, チラチラかがやい, 一つも, 一里ばかり, 九時頃すこし, 乱れた, 二つに, 云いました, 今も, 入る山の端, 全く失われ, 冑をまで, 前にも, 口を, 外へまで, 外曲輪の, 大江戸の, 失われます, 子等が, 幾分か, 彼女の, 心しずかに, 掩ひ, 日影の, 明るいところ, 映るとも, 時として, 木隠, 本郷台の, 松風の, 椎の, 楠の, 欄干近くその, 正しく此, 殘つてゐる, 洩れて, 消えたはず, 消滅し, 涼しいに, 涼しい風, 漉されて, 濃い頽廃, 灑され, 疎らであった, 益々砂利, 目下に, 真直に, 矢張その, 石炭殻の, 秋である, 移つて, 竿で, 胸を, 落日とともに, 見いだされなかった, 見えない松むし鈴むし, 見えなかったが, 見えなかったその, 見えなかつた, 見えなかつたに, 見えなくなった, 見えなくなりました, 見えません, 見えわかず, 見て, 見るよし, 見る由, 身をも, 遠ざかる, 酒や, 陸の, 障子を, 隠れきつ, 青々と, 青ぐろい池の, 風に, 風の, 黒く草

▼ かげ~ (94, 2.0%)

4 隠れて 3 行って, 身を 2 かげへと, はいって, まわって, まわると, 出た, 消えて

1 [72件] お藤, かくし込んだ金吾, かくれた, かくれて, かくれました, かくれましたが, このメバル号, しずかに, すみれぐさ, つれて, つッ, なにごとかと, のまれた, はいった, はいり漆, ひっぱって, まわる, まわれば, スッポリコと, ソウ, バラッと, 二人を, 向かって, 吸いこまれるよう, 呼びもどす傾向, 呼んだ, 呼んで, 坐り子供ら, 女ばかりの, 姿を, 寄った, 寝ころがって, 寝ころんで, 寝て, 廻っては, 廻ると, 引き込んで, 引っ張って, 引ッこもう, 引ッこん, 思い思いに, 早くはいっ, 暗がりから, 来て, 来ると, 来るまでは, 横たわってから, 歩んで, 物かげへと, 短い竿, 移した為, 立寄ったろう, 筏を, 裏返しの, 見えなくお, 豚を, 走りこんだかと, 足を, 跼んですうと, 逃げ込むよう, 這入ったおせん, 連れて, 連れ込むと, 連れ込んだ, 連れ込んで, 進んだ, 遁れよう, 錨を, 隠れるの, 雨を, 飛びついて, 飛び込みました

▼ かげには~ (76, 1.6%)

3 いって 2 さくらの, ベン蛙の

1 [69件] いってかべに, いつも光, いまだ夢, おそるべきスパイ, かつて自分, こうした苦心, このよう, つばくろの, どっさりの, どつか, はや新, ひそんで, もし生き, よく思いがけない, わたしたちの, 一八九四, 一本の, 中世の, 二三人の, 人生の, 伸子自身の, 保の, 出あいませんでした, 又二, 又次郎が, 大きな蜘蛛, 大内裏からの, 女が, 安倍源基の, 常に何となくギスギスした, 常に燦然, 幅の, 怖ろ, 息づかひの, 悲しい秋, 愉快に, 愛する弟, 数十年の, 旧芝居, 梅干を, 梅疑色づき初めぬ, 梳櫛すき油など, 殿中の, 気が, 泡寄りを, 深堀平九郎が, 清き女の童物縫ふけ, 漸っと, 火葬場が, 牛を, 犬眠り夜駕籠客を, 石が, 確に, 祝詞に, 竹を, 緑色の, 緩やかな, 美しき神, 自分の, 茗荷の, 落葉を, 記念の, 野菜の, 雪と, 霜こごる, 霜柱が, 風船あられ, 高慢心, 鼠の

▼ かげ~ (51, 1.1%)

4 共に歩み 2 なって, ひかりの, 仰ぎて, 孰れ

1 [39件] いうけれども, いっしょに, おふたり, かさなって, かたみに白き, その灯かげ, それに, たたかいつつ, なつたり, なりその, なりま, なり木, なり木かげ, なる, なるよう, ひなた, むべくも思, むる, ゆふ, 一しょに, 一しよ, 一所について, 人生的感想は, 今日の, 島々や, 手を, 日向との, 玄関の, 産婦たちの, 粉雪の, 見えるばかり, 言うた, 言うたの, 言ひ, 言ふ, 酒とが, 長い塀, 頬に, 頼まれて

▼ かげ~ (36, 0.8%)

2 うしろから, 玉石の, 草の, 鋼管の

1 [28件] そこに, わが身の, 一寸引こんだ, 下を, 人の, 今は, 低地にも, 先祖の, 共同便所の, 前後の, 壇の, 大地から, 家の, 小川の, 小暗い隅, 小石が, 広い野原, 朝日も, 枯野は, 温室の, 病的であった, 白衣水紅色水浅葱ちらちら, 石の, 砂丘の, 空いっぱいの, 竹蔵の, 草むらの, 遠くの

▼ かげでは~ (31, 0.7%)

1 [31件] お島, かなり真, きっと他, こんな女, さっきの, その客, ないか, なかっただろう, なにを, ひそかに, サボって, チャルメラを, 不隠, 中京の, 二人し, 人間性の, 嗤った, 嗤って, 変人呼ばわりを, 妙に, 彼の, 心経も, 惡口ばかり, 母が, 毒婦だの, 用便を, 眉山と, 祖父の, 自然に, 舌を, 見えた

▼ かげより~ (18, 0.4%)

2 うか, ふるしぐれ, また四十前後, 丘のは 1 今日も, 呪湧く, 大いなる平家蟹, 大いなる赤き, 巨大な, 思ひがけ, 現はれ, 蚊は, 蟹いず, 覗けりと

▼ かげにも~ (16, 0.3%)

2 鼠らしい

1 [14件] あはれ, あらそわれない物, あわれ, ここの, しるか, たとえ表面, もう右馬, 二人の, 勿論広い, 又いかばかり, 幽かに, 空中にも, 老いた男, 黒い岩

▼ かげ~ (12, 0.3%)

2 をきかれる 1 が, で有る, に増長天王, や偶然, をきいた, をささやいた, をぬき, を耳, を言う, を言われ

▼ かげ~ (11, 0.2%)

2 へあかき 1 うの, うを, えまばら, えも, へも見えなく, へ見え, へ見えない, へ見せず, まで

▼ かげぼうし~ (11, 0.2%)

2 のよう 1 かげぼうし, が四方, が自動車, が走り, でした, とはな, のこと, の寒い, の横

▼ かげさえ~ (9, 0.2%)

1 ありませんでした, ついに見る, ない, 浮べながら, 見えずマタン, 見えないの, 見えます, 見当らない, 醜い欲情

▼ かげでも~ (9, 0.2%)

1 あり仏教的静観, うるさく非難, それが, わかる, 何か, 何処にでも, 直ちにその, 見つけると, 言うな

▼ かげひな~ (9, 0.2%)

41 たが, たの, たもの, たを, た漫談

▼ かげ~ (8, 0.2%)

1 ねんねこばん, のだ, ので稗蒔屋, 口調を, 眼で, 観客の, 額を, 顔で

▼ かげなど~ (7, 0.1%)

2 うら淋しく寝られぬ, 賞しながら 1 いふもの, よく現れ, 見る可

▼ かげ~ (7, 0.1%)

1 いい丹下左膳, かなり正確, ちっとも損, わかるやう, 反射的に, 昔の, 春は

▼ かげまで~ (7, 0.1%)

1 あり, お出ましに, くまなく, たどりつくと, 忍んで, 行くと, 行った

▼ かげぐち~ (6, 0.1%)

1 がやかましく, なぞが生涯, などに乗せられる, も聞く, をきかれる, を叩く

▼ かげ見れ~ (6, 0.1%)

2 ば梅雨, ば秋空 1 ば, ば日

▼ かげからは~ (5, 0.1%)

1 ときおり陽気, 例の, 早くも, 線香の, 雀が

▼ かげからも~ (5, 0.1%)

1 ひよんな, ふたりの, やつと, 又ひとつ, 発射の

▼ かげと共に~ (5, 0.1%)

2 憩ふ 1 幾分づつの, 憇ふ, 憩う信仰

▼ かげのわ~ (5, 0.1%)

4 づらひ 1 づらひと

▼ かげへと~ (5, 0.1%)

2 まわって 1 孤独を, 身を, 這入って

▼ かげ一つ~ (5, 0.1%)

1 ない青空, 宿さないば, 見えないとき, 見えなかった, 見えません

▼ かげ~ (5, 0.1%)

1 でもいい, としての成功, となっ, になっ, のよう

▼ かげあたり~ (4, 0.1%)

1 から提燈, に例, に遊ん, を聞きなれない

▼ かげすら~ (4, 0.1%)

1 あった, そこへ, ないほど, 関東平野に

▼ かげ~ (4, 0.1%)

1 こうして死んだ, わたしは, 何者か, 見たて

▼ かげとも~ (4, 0.1%)

1 あらぬ, なく, ほしや, 称したこと

▼ かげなどに~ (4, 0.1%)

1 それは, とくにたまっ, よだれ, 汚なくよごれ

▼ かげなる~ (4, 0.1%)

1 光を, 司馬寮の, 小燈籠, 老鉄

▼ かげにでも~ (4, 0.1%)

1 かくれたでしょう, かくれて, すわらせて, 潜み隠れて

▼ かげまさしく~ (4, 0.1%)

3 水が 1 ここは

▼ かげ~ (3, 0.1%)

1 かしわが, 変はれる, 立つ

▼ かげとして~ (3, 0.1%)

1 のこって, トピック的な, 神様に

▼ かげなどは~ (3, 0.1%)

1 どこにも, 疾う, 露ほども

▼ かげにな~ (3, 0.1%)

1 つてし, つて漠々と, つて薄暗く

▼ かげばかり~ (3, 0.1%)

1 では, 好むぞ, 陽炎の

▼ かげ~ (3, 0.1%)

1 つと水仙, つと藪蘭, のと

▼ かげ~ (3, 0.1%)

1 かもしれない, 茶屋といふ, 茶屋色子比丘尼が

▼ かげらしい~ (3, 0.1%)

1 ものは, ものも, 者は

▼ かげをも~ (3, 0.1%)

1 てり, 求めない作家たち, 見なん

▼ かげ分明~ (3, 0.1%)

3 なり結城さん

▼ かげ少し~ (3, 0.1%)

2 暗きを 1 は残れる

▼ かげ暗き~ (3, 0.1%)

1 大黒金の, 恐怖の, 溝のに

▼ かげ涼しく~ (3, 0.1%)

2 見おろす町 1 われ獄を

▼ かげ~ (2, 0.0%)

2 をき

▼ かげあかく~ (2, 0.0%)

2 咲込めたる

▼ かげいつか月かげ~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ かげおの~ (2, 0.0%)

1 が放ちし, づから

▼ かげ~ (2, 0.0%)

1 どっかへ, 何かで

▼ かげくらき~ (2, 0.0%)

2 隱り

▼ かげこまやか~ (2, 0.0%)

1 な谿谷, に落ち葉

▼ かげすみれ~ (2, 0.0%)

1 なぞは花, まるばすみれ

▼ かげすゞ~ (2, 0.0%)

1 しくつく, しく石

▼ かげ~ (2, 0.0%)

1 から韮, すうっと

▼ かげだに~ (2, 0.0%)

1 なかつた, 見ること

▼ かげという~ (2, 0.0%)

1 ものが, 句の

▼ かげとは~ (2, 0.0%)

1 ちがったいうに, 元来蔓草である

▼ かげとを~ (2, 0.0%)

1 保存し, 持つ趙

▼ かげにけむ~ (2, 0.0%)

2 つてゐる

▼ かげについて~ (2, 0.0%)

1 伸子は, 大詩人ゲーテ

▼ かげにつつ~ (2, 0.0%)

1 伏したま, 込み眠つて

▼ かげにて~ (2, 0.0%)

1 きものも, ぷんぷんお

▼ かげによって~ (2, 0.0%)

1 生て, 落ち延びる事

▼ かげのみを~ (2, 0.0%)

2 見つめたり

▼ かげはと~ (2, 0.0%)

1 なりの門, びかふとんぼ

▼ かげはに~ (2, 0.0%)

2 ほひこめつつ

▼ かげほのぐらき~ (2, 0.0%)

1 清海波, 青海波

▼ かげもか~ (2, 0.0%)

2 はらけ

▼ かげわたし~ (2, 0.0%)

2 のかげ

▼ かげをば~ (2, 0.0%)

1 まのあたり見る, 見て

▼ かげ世に~ (2, 0.0%)

2 あさましき終り

▼ かげ何時~ (2, 0.0%)

2 までも何時

▼ かげ全く~ (2, 0.0%)

2 無し消し

▼ かげ又は~ (2, 0.0%)

2 沈床の

▼ かげ~ (2, 0.0%)

1 はこ, はそこ

▼ かげ囁き~ (2, 0.0%)

2 憂愁ま

▼ かげ夜寒ひそか~ (2, 0.0%)

2 に吾

▼ かげ~ (2, 0.0%)

1 が鮪, の自作

▼ かげ寒き~ (2, 0.0%)

2 池の

▼ かげ~ (2, 0.0%)

2 のかげ

▼ かげ暗く~ (2, 0.0%)

2 冷なる

▼ かげ~ (2, 0.0%)

1 かぜ寝ころんだ, のかげ

▼ かげ~ (2, 0.0%)

1 の根元, の根方

▼ かげ~ (2, 0.0%)

1 だ, であちらこちら

▼ かげ~ (2, 0.0%)

1 るらん, る武家

▼ かげ永し~ (2, 0.0%)

2 誰ならず

▼ かげ流し~ (2, 0.0%)

1 に残り, に殘

▼ かげ深海~ (2, 0.0%)

2 も光明

▼ かげ~ (2, 0.0%)

1 ひぬ, ひぬ斯く

▼ かげ~ (2, 0.0%)

2 いふやう

▼ かげ玉石~ (2, 0.0%)

2 の根まわり

▼ かげ~ (2, 0.0%)

1 か, にだってある

▼ かげ~ (2, 0.0%)

2 に転がる

▼ かげ絶え~ (2, 0.0%)

1 て, てただ

▼ かげ~ (2, 0.0%)

2 なり夜

▼ かげ自分~ (2, 0.0%)

1 の少年時, の書斎

▼ かげ花瓶~ (2, 0.0%)

2 のかげ

▼ かげ葱はか~ (2, 0.0%)

2 がよ

▼ かげ~ (2, 0.0%)

2 淋しき頃

▼ かげ薄き~ (2, 0.0%)

1 が情熱, 光を

▼ かげ藪蘭~ (2, 0.0%)

1 のひらい, の咲い

▼ かげ~ (2, 0.0%)

1 をいそぎ, を歸

▼ かげ~ (2, 0.0%)

2 じろ

▼ かげ長く~ (2, 0.0%)

2 なりにけり

▼ かげ黒き~ (2, 0.0%)

2 湖の

▼1* [279件]

かげあえかに人見せ, かげあかの他人, かげあかき砂の, かげあふるる夜の, かげあらはる, かげあるものも, かげあるおべん, かげいづる鶯を, かげうかべんと, かげうすい空, かげうすき秋のみ, かげうすくぼーっと見え, かげうち過ぐる, かげうつし給ひし, かげうつしほのに, かげ地蔵さまと, かげおそらく天地に, かげおぼろおぼろに低く, かげかがやく色に, かげかそけく枯れて, かげかたちも無くなっ, かげかつ公と, かげかとぞ思ふ, かげかなんぞだったの, かげかに早くかくれる, かげかもしれないぞと, かげがへさきから, かげきよき花の, かげづをれはてて, かげくらく池に, かげぐち嘲笑やおひゃらかし, かげこき雲とに, かげこくひそめて, かげここの草, かげこころに滅, かげこそ老が, かげこなたの谷間, かげごとぞうき, かげさえもおぼえては, かげさし振放見れば, かげさしたる沼尻の, かげさだまる夜の, かげてく, かげしのぶの, かげすなわち客間へ, かげすばらしくよし毛, かげするあひま, かげぜんを供え, かげそうやかたくりの花, かげその腰つきの, かげそのままでは, かげそれは実に, かげだけが静かに, かげだけはそこに, かげだけを殘し, かげだの音だの, かげつつむ朧の, かげであったかも知れない, かげでこそオッペケペなぞと, かげでと云ふ, かげでなくて, かげといふ言葉が, かげとおもひし, かげとか悲しみを, かげとかいう東洋的な, かげとかにあつて, かげとが写り時に, かげとともに騷騷しい, かげとどかぬ小暗さ, かげとなりにき, かげとに温泉らしい, かげとものごし, かげとやらまもなくきたりし, かげながうひいて, かげなし美しい日和, かげなどからたちまちむくむくと, かげなどの暗いところ, かげなども極く短い, かげなんかでなにを, かげにあたってゐるの, かげにかくる, かげにくつきり, かげにこそファーブルの, かげにすいかつらをかばっ, かげにすら影を, かげにぞありける, かげにばかりひそみしが, かげにまで濡雑巾を, かげにもなどや靜けさの, かげによつて次の, かげぬるに, かげのかずらを, かげのくらい沢水に, かげはなの花ば, かげはもうたそがれ, かげばかりがうかびつづけて, かげばかりになりおしまひ, かげひそかに苦笑, かげひとつない炎天, かげひとりの米, かげふかい水底の, かげふかきまで, かげふかくうもれて, かげふつと消え, かげふとしあな路は, かげへでもほうり出しさ, かげほしがるや, かげほどの弱い照明, かげまた何だ, かげまたは置き腐れ, かげまつすぐに, かげまねく尾花の, かげまばらなあと, かげみたいにあおい太虚, かげむくむく湧きあがるパイプ, かげむらさきの一もと, かげもう郵便が, かげもよかつた, かげやに身を, かげやへいの, かげやら空地の, かげよい顔の, かげよし且つ日向よし, かげよりは絶えず土, かげよりも色濃く鶴石, かげへば, かげわかずゆく舟も, かげわたくしのかげ, かげをぞたのむ, かげをだに見む, かげをとはにかしませ, かげをのみ遺し置きて, かげを通して心深, かげザラ場岩盤出水前出水後瀬脇の釣り場, かげススキの根もと, かげ・日のみかげ, かげと時代前, かげ一輪咲き出した白沈丁花, かげ二の, かげはのどか, かげ人通りもない, かげ仄かなわが, かげはハッキリ, かげたり, かげ位景色などというの, かげ余情等種々な符号, かげ僧服なれば, かげ六十と云う, かげ冬陽の名残, かげけく, かげしく見おろす町, かげ北極机の上, かげお姿, かげは見しちふ, かげ口半分はあう, かげ口露骨な誹り蔑しみなど, かげ地物の凹み, かげ垣根にまがり, かげの下, かげ夕かげの移りゆく, かげ夕方かけて, かげから覗き見られない, かげは花さく, かげ大きく咲きかけるか, かげより地, かげ靴の, かげ子野郎の上品下種, かげ守りゐむ, かげがくれ, かげ寒く代々木の, かげ寝ころんで, かげ小百合ゆすれて, かげ小雨に暮, かげ山すそに見え, かげ山松が間, かげ山蔭に見え, かげの向う, かげ川瀬の響, かげ干しにし, かげ度胸よく乗っ, かげ廊下の青き, かげられぬ篝火, かげ忘れえぬ戀人の, かげ忽ち小暗く盛, かげ思はれ候, かげ思ひやるも哀れ, かげ懺悔のたね, かげを招く, かげ支柱に映り, かげ改めていまの, かげ斑らな, かげ日向なくやる, かげ明く満ちに, かげはどう, かげ時には川の, かげ晴れそめて, かげ暗う過ぎゆきけんかげも, かげ暗し地に, かげの光, かげ月かげを掃く, かげ月かげ芋の葉豆, かげ月夜すがらに見え, かげ朧ろにさす, かげ木かげに倒れた, かげ木の間を漏れ, かげ来ぬひまは, かげの根もと, かげ桃龍の袂, かげのかげ, かげ椿いちりんの, かげ樹かげにチラチラ, かげ歌土屋伍一丸トチリもう怒る, かげ武者を持っ, かげのながれ, かげ水際まで石段, かげ永き柴の, かげ求めつつ目, かげ法師植木の巻藁, かげ浅草寺の四万六千日, かげ涼しげにながめ, かげ淡く勤めは, かげ深き小道あゆめ, かげ清しとふ, かげを深う, かげの香, かげ濃やかに竹, かげ濡れたるにもの言, かげ瀟洒なり, かげの音, かげ照り添ふ畑道, かげ玉だれの小, かげ現しき佐渡ヶ嶋見ゆ, かげ白し夜明けたら, かげ祇園は花, かげで樹間, かげに残り, かげ立たむ, かげ竹垣の下, かげにはどうしても, かげ紅し顔を, かげと卍, かげ紋装剣の美, かげになさいました, かげ舞台のゆか下, かげもいつ, かげ船艙の横, かげの葉豆, かげの木の間, かげ茶色のしみ, かげの中, かげ葦笛吹きて, かげばみ, かげ行く兵士, かげ表通りを見れ, かげ見せてあき, かげ調度のもの, かげ越しにお, かげからちらりと, かげ路のをぐらきには, かげにそ, かげ輪廻の千歳, かげ照りかがやくよう, かげ近き冬の, かげ部屋のなか, かげ長からず, かげ長閑に霞む, かげ隔てといへ, かげ隠す薄雲, かげしろきゆゑ, かげはつめたい, かげ霞んでさし, かげ青い象ひとつ童子に, かげ青く鐘は, かげ青銭一つ投げて, かげ馬車や自, かげほすと, かげのみを出す, かげよいづこ, かげ黒い