青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かかっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かうした~ ~かえ かえ~ ~かえって かえって~ ~かえる かえる~ ~かかえ かかえ~ ~かかっ
かかっ~
~かかった かかった~ かかり~ ~かかる かかる~ かかわらず~ かき~ ~かぎり かぎり~ ~かく

「かかっ~」 8797, 87ppm, 1278位

▼ かかっ~ (8226, 93.5%)

668 いた 514 いる 341 いるの 164 いて 161 来た 102 きた 94 いたの 87 いました 73 いると 71 いるよう 60 います 57 いたが, 来て 48 いること, いるので 40 いるん 35 来る 31 来たの 30 くる, 来るの 29 きました 25 しまった 24 きたの 23 いなかった 22 いたので, いるから, いるところ, いるもの, 来ると 21 きて 20 いるが 18 いるという, くるの, 行った 17 いたこと, 居る 16 いるのに, 来るよう 15 いたから, みると, 来い 14 いるし, おります, しまいました, 来たので 13 いるか, きたので 12 いるその 11 いるらしい, いる者, 来ました 10 いたもの, いるとは, いる人, いる橋, いる鏡, くると, 仕方が, 命を, 来そう, 来ても 9 いたと, いたよう, いるだけ, いる所, おりました, くれ, しまう, 居ります, 私の, 自分の 8 いたん, いる時, こい, ゆく, 居るの, 来たが, 死んだの, 死んで

7 [13件] いたし, いたところ, いたり, いても, いるわけ, いる時計, くるよう, ならない, ならないの, ならなかった, 来たよう, 殺されて, 行く

6 [13件] いたという, いった, いない, いるこの, いるに, いるばかり, いるらしかった, しまったの, しまって, それが, 来たこと, 来ない, 来るか

5 [28件] いないの, いなかったの, いながら, いなければ, いましたが, いますよ, いません, いるうち, いるとき, いる大きな, いる様子, いる自分, いる間, いる額, おりますが, きたとき, その下, それを, やっと, 何を, 同じよう, 居た, 来ること, 来るに, 私は, 立って, 見て, 見ると

4 [33件] いないこと, いないよ, いましたので, いまして, いますが, いるあたり, いるある, いる下, いる人間, いる僕, いる女, いる子供, いる小さな, いる窓, いる筈, いる鍋, いれば, おりましたが, おる, おるの, きたこと, くるかも, くること, くるに, そこに, 居ると, 来たから, 来たという, 来たもの, 来た時, 来ます, 来るもの, 行くの

3 [86件] いその, いたか, いたけれど, いたそう, いたため, いないが, いないで, いましたから, いますから, いるかという, いるじゃ, いるせい, いるそう, いるため, いるでは, いるとも, いるな, いるはず, いる事, いる命, いる家, いる柱時計, いる点, いる由, いる美しい, いる部屋, おいで, おりますので, お果て, きたから, きたが, きたよう, きたん, くるか, くれと, くれれば, ござれ, しようがなかった, すぐに, ならないので, なりません, ぼんやりし, ます, みたが, やっとの, ようやくそれ, ゐるの, 一命を, 人の, 仕事を, 何か, 何も, 坐って, 家の, 居眠って, 帯の, 帰って, 床に, 彼の, 彼を, 或る, 戸の, 書いた, 来たらどう, 来たり, 来ようと, 来るかも, 来るから, 来るので, 来るわけ, 来れば, 桂川の, 死にました, 死んだと, 海に, 海の, 男の, 目を, 腕を, 落ちて, 落命した, 行くこと, 行け, 見れば, 調べて, 首を

2 [252件] ある, いきましたが, いそれ, いたお, いたとき, いたに, いたにも, いたらお, いた時, いた柱, いた筈, いた釘, いた頃, いって, いつもの, いては, いないので, いないドア, いましたし, いますので, いますわ, いませんから, いませんでした, いまは, いるあの, いるかね, いるかも, いるからにゃ, いるくせ, いるけれど, いるだろう, いるであろう, いるでしょう, いるとの, いるなどという, いるのよ, いるよ, いるらしいから, いるらしい話声, いるらしかったが, いるドア, いる一枚, いる上, いる中, いる人々, いる仕事, いる以上, いる位, いる佐竹君, いる友達, いる問題, いる壁, いる変, いる外套, いる夫, いる室, いる家具, いる床の間, いる彼女, いる忍剣, いる悪, いる戦争, いる方, いる様, いる気持, いる炉, いる父, いる男, いる病人, いる眼, いる空, いる紐, いる絵, いる若い, いる襖, いる言葉, いる訳, いる運命, いる部落, いる鉄橋, いる鉄瓶, いる長髪, いる雲, いろいろの, おいでな, おいでに, おりその, おりまして, おりません, おるとか, きたかを, きたと, きた時, きましたが, ください, くるあらゆる, くるもの, くる租税, くれい, くれたまえ, くれなければ, こないの, これに, これを, ごらんなさい, しまうの, しまったので, するよりも, せっぱつまり見えすいたつらい, そこの, そのため子, その前, その辺, その霧, その首, それでもう, それに, とんと片づかなかった, なにも, なにを, ならぬ, ふと見る, へこんで, ぼくが, ぼんやりしてる, みた, みたん, みようと, やって, やっとそれ, ゐました, ゐる, モスク, 一つの, 一頭の, 下さい, 了った, 二人が, 亡くなったの, 人に, 今の, 今日の, 倒れるよう, 働いて, 光って, 刀を, 助けて, 危うく踏みとまった, 困るの, 土に, 外の, 夢の, 大分軟化し, 女の, 始めて, 家に, 容易に, 居なかったので, 居ます, 居りその, 居りました, 居りましたが, 居り書院, 島田の, 左の, 彼が, 彼女の, 彼女は, 往った, 必要な, 思うとおり, 悪寒が, 手に, 手を, 故郷の, 斜めに, 日に, 最後の, 月の, 来いっ, 来いと, 来たと, 来たとき, 来たところ, 来たのに, 来たわけ, 来た事, 来た女, 来ないの, 来なかった, 来ましたよ, 来るうち, 来るし, 来るという, 来るはず, 来る時, 来る者, 来る花びら, 来る電話, 来る髪, 東京へ, 東海道へ, 栽培し, 横に, 死にたいと, 死んだ, 殺されようと, 殺される時, 気が, 海を, 海辺の, 涙が, 溜めた金, 漸くに, 焼土, 煙を, 熱心に, 父は, 生えて, 畑の, 病院に, 眠って, 眼の, 眼を, 研究し, 研究した, 経験する, 編物を, 老梟寒飢, 聞いた, 聞いて, 膝を, 自分が, 苦しんで, 血を, 行く恰好, 行けば, 行ったの, 行って, 話を, 読んだ, 賑わって, 足の, 車夫が, 金の, 金を, 電子の, 非業な, 非業の, 顫え, 食って, 高い薬

1 [3514件 抜粋] あえない最期, あたしを, あなたを, あの時, あり御, あれから, あんな酷い, いかな, いくの, いざ紙, いたお嬢さん, いたくぼ地, いたって, いたばかり, いたらしいから, いたら錠, いたコケット, いた主人, いた六, いた和歌, いた外套, いた女房, いた少年, いた座敷箒, いた慢心和尚, いた暗雲, いた村人, いた歩, いた洗濯物, いた玉, いた白い, いた秘蔵, いた翻訳, いた見窄, いた鉄びん, いっそう凄, いつのまにかぬ, いないかの, いないところ, いない時, いなかったという, いまお座敷へ, いましたよ, いませんか, いままでの, いようという, いられました, いるお前, いるきみたち, いるころ, いるそういう, いるだけが, いるであろうか, いるなど, いるは, いるもん, いるらしい子供, いるらしく松, いるわね, いるキズ, いるドレス, いるリス, いる一老翁, いる主人, いる人夫, いる余, いる光景, いる円光, いる剣道, いる古い, いる四斗樽, いる坊主, いる大きい, いる大木, いる女助医, いる寄席, いる小橋, いる山寺源太夫様, いる幕, いる引きだしは, いる徳川末期, いる或, いる敵地, いる是非, いる最後, いる本質的, いる柱, いる気分, いる汽船, いる流行, いる父親, いる現在, いる疑惑, いる真紅, いる祭壇画, いる紙, いる美術室, いる自室, いる菜っ葉, いる蚊帳, いる見事, いる責任, いる部屋以外, いる錠, いる雲霧, いる頃, いる馬, いる黒船, いろいろ念入り, い小路, うすら寒い西山, おあつめ, おそらくは目立たぬ, おまけに, おられるよう, おりましたならば, おりますわ, おりやぶ蚊, おり切れ, おり時無し大根, おり荒く, おるだかや, おる者, お別れ, お嬢さんを, お礼申上げる, お誂え, かえれないの, かっ色, かれの, きたかと, きたもの, きたわ, きた幸福, きた豕, きましたの, きめ付けて, き往来, くるからと, くるその, くるとは, くるやら, くる報告電話, くる自殺, くれば, けいれんが, ここの, こしらえ上げた, この, この十七人, この寺, この研究, こられない, これも, こんな姿, ごらんに, さほどうまく, さんざん涙, しきりに尋ねだした, しばらく椅子, しまうこと, しまえ, しまったわけ, しようがない, じっと動かない, すこしの, すっかり調べあげ, すみからすみまで, せんないから, そうして自分, そこでわたしたち二人, そのあと, そのままで, そのまま見過ごし, その人影, その喉首, その拍子, その根, その白い, その群落, その都度脈, それから右手, それで, それは, たそうだった, たちまち五人, たった今藤田老人, たまるもん, ちょいと, ついて, つくりあげたもの, でれでれと, とうにこの世, ともかく仕上げる, どうにかしよう, どっさり床, なかなか先, ならない不安, ならぬもの, ぬらぬらする, はじめて人間, ぱっと紋太夫, ひどい万年筆, ふいと, ふらふらと, ほとんど篩, ぽす, ますぜ, まだこれ, まだ捗々しく, まぼし, みたの, みよ二つ, もう一杯くん, もしもこの, やあ親分, やっとだ, やっと七, やっと八つ, やっと張り, やっと真似, やっと辿りついた, やられて, やろう, ゆきたい腹立たし, ゆくよう, ゆく黄色い, ようやくその, ようやく作りあげた, ようやく日本語, ようやく運び終った, よくわからない, よろずの, わたしたちの, アイスクリームなめ, ガラガラと, コクリコクリと, スシを, テレク河を, ヒマラヤ山中の, メキネズの, 一かいと, 一人も, 一声言葉を, 一座を, 一晩中ねも, 一段落が, 一週間程, 丁寧に, 三ノット三チェーンを, 三時頃家に, 上ざまに, 下に, 下駄が, 世にも人, 両方で, 丸薬を, 九時半正午三時の, 了いました, 二十七軒目の, 云い出し難く, 五寸釘を, 亡くなって, 仆れた, 今日は, 介抱した, 仕様が, 以来幾たびと, 体験から, 何一つ君, 作り上げたあらゆる, 倒れかかって, 傑作を, 兄の, 先生は, 入院しました, 八月ごろにと, 其の辺, 再読三読した, 出たかと, 出来るもの, 刈り溜めた柴, 判らんこと, 到頭抑えつけ, 助かった奴, 匂いの, 医師から, 十分ほど, 半ズボン, 半蔵は, 危く拾いものを, 参りました, 参るよう, 友人は, 口の, 右近の, 吊下って, 吟声は, 呶鳴り散らす, 咲いて, 喰い取られたよう, 嚇し付けた, 四方が, 困ります, 土間に, 地頭そのものが, 埒口の, 塔のね, 外務次官オールセン令嬢と, 大きい杉, 大分頭を, 大部の, 太田成子や, 女が, 妻女山に, 娘の, 子どもを, 安心し, 実の, 寒そう, 尋ねたが, 小声で, 小高原の, 少量より, 居たのに, 居た私, 居ましたが, 居りますから, 居り空, 居る事, 居る運命, 展げて, 岸本は, 左右は, 市中の, 幕面より, 年を, 座敷の, 引いたと, 引揚げられた, 強いられどうして, 彼らに対する, 径を, 徒歩で, 御厄介, 心ひかれた, 忙しい時, 思い出そうと, 性質を, 悩める男, 愈々型, 憂愁の, 戦死し, 手で, 手縫いで, 抜けて, 押し通ろうと, 拵え家, 捗らない, 探して, 損な, 支那人だって, 教室が, 敵の, 斬られちゃ, 新橋に, 日吉は, 明日の, 時々鏡, 暮れかかる, 書いた長い, 書物を, 服を, 杏を, 来たかっ, 来たって, 来たよ, 来た不幸, 来た問題, 来た子守, 来た忌まわしい, 来た浅井, 来た第, 来た長距離電話, 来ないとは, 来ぬとも, 来ますさかい, 来ようとは, 来るつもり, 来るのに, 来る事, 来る始末, 来る有様, 来る疑問, 来る菊水, 来漁夫, 枕に, 格納庫まで, 植え込まれた知識, 樹, 次第によっては, 此ような, 歩調に, 死ぬか, 死んだという, 死罪か, 殺されたこと, 殺されるかの, 殿堂を, 氏の, 永久に, 沈んだり, 泣きました, 洋装本と, 浸蝕した, 淡紅の, 渾然と, 溶いて, 漸く一本, 漸く築きたてた, 火事に, 無意識の, 煤けきった天井, 燈火が, 物を, 独り歩きの, 玉藻の, 瓦斯の, 生活し, 男は, 疲れて, 発酵させた, 百余枚ほど, 目の下に, 相果てた, 眼は, 矢橋から, 破られたの, 祖母へ, 私たちを, 稲荷の, 空壕の, 築きあげた一家, 紀伊見の, 終るもの, 組立てた極, 絶えず軽微, 練薬だの, 美濃路へ, 耕や, 育てた新しい, 脅して, 腰を, 自分と, 臭いにおい, 芝居半ばに, 苅った柴, 苦しめられて, 莨を, 薄い痩身, 虹の, 行かなければと, 行きな, 行くつもり, 行く方, 行ったか, 行った時, 表現し, 襟髪を, 見たか, 見られました, 見世物小屋が, 見透しの, 言い募ります, 討って, 説明した, 調べたのち, 貞光は, 貴邸, 踏み潰すに, 身心ともに, 辛うじて退かしめた, 逃げ回って, 速力が, 遊ぶよう, 遠目に, 郷里の, 鉄の, 間接に, 雀一羽も, 雨水よけの, 震動を, 非常な, 音立てる, 頸低れた, 飛び出しました, 飲みながら, 駿河国庵原郡へ, 鳥居峠まで, 黒い長い髪

▼ かかっても~ (203, 2.3%)

3 いいから, いいん, 構わないから 2 よいから, 三日かかっ, 分りそう, 遅くは, 関いません

1 [184件] ああいう, あっさり片づけられちまう, い, いいで, いいです, いいと, いいとは, いいよう, いいわ, いい頃, いえないで, いけねえ, いないわけ, います, いまだに納得, いられませんよ, うまく留めた, おらは, おれは, お前ばかりは, かき集めること, かまいませんから, かまわぬこれから, からきし感じねえ, きっとしまいには, きびしい戒律, ここへ, こしらえて, このからだ, このまま, このアドリナ・パティ, この塔, この穴, しようがない, すぐに, すっかりわたし, そうな, そう簡単, そこを, その全部, その宝, それが, それと, それらしい, そんな深い, そんな男, たいていは, だめさ, だれにでも, ついに忠明, できあがらないぞ, できませんわ, とうとうしまい, とうとうその, どうしてもそこ, なおらない, なお泳ぎつづける, なかなかいい, ぬけだすあて, ひとつところに, まさか親, またあとまわり, まだこの, まだ一部, まだ休まず働い, まだ切れなかった, まだ饒舌, もとより目的, もはやその, やれるだけ, よいと, よう分るまい, よく治らない, よろしい, よろしいあの, わからないこと, わからないもん, キキメが, ノミは, ハラハラする, 一切責任負う, 一向好き, 一枚も, 上段の, 二年目の, 人家が, 人間の, 今までは, 休まずに, 佃は, 作り出せるもの, 使いきれないほど, 俺達が, 僕が, 元より, 元気よく, 全身わなわな, 全部廻れない, 其処まではと, 出来ないだろうと, 出来るまでは, 分からぬこと, 分りっこない文句, 初段にも, 前途の, 勝つこと, 匙を, 十両かかっ, 半年かかっ, 君子は, 地図の, 地蔵一つ動かす, 大丈夫でげす, 大丈夫な, 宜う, 宜しゅうござる, 実地には, 小宰相, 少し多い, 山越えし, 帰って, 幼ごころに, 座敷へ, 弁済する, 弁護士試験を, 彼の, 彼は, 心からお, 必ずみんな, 怖ろ, 手に, 批弁の, 折合の, 探して, 探し出すまでの, 敵うまい, 早晩絶頂に, 昭公に, 暴れて, 有りつけんぞ, 枝は, 桶狭間や, 楽に, 構わない, 気の, 汗の, 油断は, 消えては, 涼しい太平洋, 濠の, 牧を, 物を, 疲れは, 百尺の, 直らぬとの, 知らないで, 私の, 私は, 窓を, 胸に, 脇本君が, 茶店へ, 蝶が, 見て, 見付かりそう, 見終ること, 解らないと, 豆腐が, 足りない, 足りません, 辷らぬよう, 返せないよう, 返せるか, 追いつくまい, 追っ付きません, 逃がして, 遂に関羽, 道は, 関わぬの, 難しいこと, 難しいであろう, 頑としている, 食いきれないほどの, 駄目な

▼ かかっては~ (140, 1.6%)

3 いなかった, さすがの, 堪らない, 手も 2 いたが, いないの, いやよ, かなわない, どうする

1 [118件] あのかよわい, あわれな最期, いかな, いかな君, いかにゆう, いかに馬場信房, いかんこの, いくら機敏, いけない, いないこと, いない針, いやはや, いられぬから, いるが, いるし, かないません, かなわないぞという, こぢんまりした, こっちは, さしもの, すまないと, せんすべ, その微細, それこそ, たいへんだ, たいへんです, ただ鍋, たわいも, とんと利き, どんな用心, どんな科学, ならないという, ならぬ, ならぬし, ならぬと, なりませぬゆえ, なりません, なんにも, ほとんど人間らしい, ほとんど手, まことにたわい, まず助かりっ, またどう, まったく面倒, みな疵物だ, むやみに, めんどうじゃ, もうどうする, もちろんしまいには, やはり, よくない, よほどの, ティンダルの, マルは, 一夜の, 一本の, 三文文士の, 上るので, 下さるまいか, 人の, 仕方が, 何かと困り申す, 何とも仕方, 何の, 何ひとつ神聖な, 北条早雲の, 危ないので, 及ぶべくも, 受けきれないから, 口を, 同志討に, 哲学的, 商人も, 問題に, 困る, 困ると, 堪ま, 夕日で, 大きな誤算, 大変だ, 大阪の, 太平洋の, 女形は, 妻ある, 妻は, 子どもみたいな, 店の, 弱りました, 後の, 御城主, 意気地が, 折角の, 折角稀, 敗れる猛獣, 敵わ, 来ましたが, 森羅万象も, 江川蘭子の, 滑稽な, 眠るいと, 竿の, 羽ネを, 草木の, 行ったものの, 裏の, 解剖の, 警察でさえ, 警察も, 迂濶, 迷惑と, 道徳も, 鉄拳制裁でなくっ, 降参である, 隠しきれなかったの, 雪が, 雪に, 面倒じゃ, 面白くありません

▼ かかったり~ (77, 0.9%)

14 して 5 すると 3 しました, すること, するよう 2 した, する, するの

1 [43件] いきなり真赤, いろいろの, さてはまた, したんで, しない限り, しましてね, しますので, するので, する魚, そして両, それや, とんとする, はれたり, または絶壁, または非常, また操り人形, 下等な, 写真機に, 又いつ, 又は迅, 又ひどい, 四季時々, 悔めど遅し, 意見が, 手紙が, 朝日新聞が, 東京の, 毒蛇に, 玄関の, 畷道へ, 白木の, 知らずに, 脳脊髄に, 膝の, 膝を, 薄の, 蹲んだり, 遊んだり, 障子紙が, 雨に, 頬が, 飛騨の, 高い塔

▼ かかっちゃ~ (43, 0.5%)

3 かなわない

1 [40件] いかんぞよ, いけない, いないこと, おめ, かなわないなんて, かなわないね, かなわねえ, かなわねえな, かなわんだろう, しかたが, たいていの, たまったもん, たまらないわ, たまらんじゃ, ったらしいん, とても遣りきれません, のがれっこ, まるでおもちゃ, アかないません, ア甘えもんだ, ナメクジに, 人間も, 今にもう僕ら, 可哀相だ, 叶いません, 叶わねえな, 問題に, 型なし, 堪ま, 往生です, 手の, 手も, 政府も, 日本人も, 旦那方も, 泣いても, 流石の, 真相を, 赤子の, 鼻先で

▼ かかってから~ (36, 0.4%)

2 でしょうか

1 [34件] あんなに早く, お嬢さんの, かれの, して, ずっと続い, だ中おできだらけ, ちょうど半年, であった, とみに落陽寂寞, ほど近いじ, また後, むすこは, ようやく寝, メキメキと, 一応覚束, 三日めの, 不断腸, 二三分も, 二人は, 云った, 今迄, 初めて潜在意識, 別人の, 十町許りで, 半刻以上, 啼きしきる鳥, 大ロシア, 左に, 急に, 新九郎の, 書きあげなければ, 私の, 自殺しよう, 軽蔑の

▼ かかったって~ (28, 0.3%)

2 何一つ掴めない

1 [26件] あなたこっちは, あの杖, あんたの, あんなにジャム, いいじゃ, いいや, いいわ, いいん, おぼえられやしない, おれの, かなわないのよ, この構成, しょうがねえじゃあねえか, できるか, とてもかなう, まずいもの, ものに, ムダは, 仕方が, 到底得られ, 帰ってから, 知れっこない指紋, 福本にかな, 秘密を, 草を, 駄馬一つ手に

▼ かかっちゃあ~ (9, 0.1%)

1 こんなもの, たまらねえあいつ, 堪らねえ, 大変だ, 大抵の, 子供, 意気地が, 災難よなあ, 身体は

▼ かかってからは~ (7, 0.1%)

1 いっこう振, いや更に, みんなの, 傾斜の, 提燈が, 病気に, 草藪の

▼ かかっての~ (5, 0.1%)

1 ことであろう, ことに, 三人の, 仕事だ, 無理難題

▼ かかってはと~ (3, 0.0%)

1 ひとりで, 云うので, 思ったに

▼ かかってでも~ (2, 0.0%)

1 いるの, 来たら叩き切って

▼ かかってね~ (2, 0.0%)

1 それなーにと, 編集長に

▼ かかってや~ (2, 0.0%)

1 がら, 魂が

▼1* [14件]

かかったかき根と, かかったりなんかして, かかったりはしない, かかっちゃからたあいねえ, かかってからのッそり出かけ, かかってからも手間どり今, かかってからよりは途中が, かかってさえいる様子, かかってぜいぜ, かかってなそれであの, かかってなあうちの人帰っ, かかってばかりいるの, かかってよ死ぬまでに, かかっするもの