青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~かかえ かかえ~ ~かかっ かかっ~ ~かかった かかった~ かかり~ ~かかる かかる~ かかわらず~
かき~
~かぎり かぎり~ ~かく かく~ ~かくし かくし~ かくして~ ~かくれ かくれ~ ~かけ

「かき~」 1363, 15ppm, 7597位

▼ かきながら~ (133, 9.8%)

2 ひと膝ゆすり, 云った, 又しきりに, 掛声を, 編物を, 自分の

1 [121件] あっと云う, いうの, いただいて, いった, いろんな事, おろおろ声, かかる想像力, がまん強くその, ぐるぐる三十分近く, こぼした, これから帰る, こんな事, しきりと, しばらくためらっ, すごすご竜宮, すすったり, そのわたりの, その日, その金, それに, つけ加えた, なかなか爆弾, ぬれねずみ, また帳面, まるで番頭, まんなかへ, みて, もうすこし詳しく, もしかしたら死ぬ, よろこぶよう, わかり切ったこと, 三人が, 三十年近くも, 三毛の, 三沢へ, 云う, 五十嵐君の, 作者は, 働いて, 出社する, 前よりも, 又匍匐, 口癖に, 同情を, 塀に, 夢も, 大国主神に, 大沢の, 太陽の, 夫は, 姉夫婦の, 姿の, 家に, 家へ, 寝入って, 帰って, 帰つて来た, 引き下って, 彼は, 思います, 思うよう, 急いで, 悪口を, 悲鳴を, 戻つて, 握り拳を, 昏倒しました, 本気に, 本部に, 楊枝を, 極り悪, 楽屋へ, 歩き出しましたが, 歸つて行つた, 死にものぐるいで, 死んで, 母親まで, 決心しかね, 洞窟に, 海老屋へ, 涙を, 湯に, 湯殿の, 父の, 物語の, 生きた心地, 由三が, 白く濁った, 白は, 白状した, 目を, 眠つてゐる, 眼を, 立ち上ろうとして, 立つて, 笑って, 答えた, 答えてるの, 紙を, 素子は, 絵を, 苦しみもがき, 苦笑いを, 苦笑し, 苦笑した, 草の, 蚤の, 言いだすの, 貞世と, 赤いムッツリ, 踊って, 車道の, 逐い攘, 道を, 部屋に, 重いさび, 銀貨の, 食った, 首を, 黙って, 鼻唄を

▼ かき~ (103, 7.6%)

7 木が 6 木を 5 木の 4 木に 3 木も, 葉を 2 一人が, 木は, 老画伯, 老画家

1 [67件] ある手足, いい住家, うちでは, くせに, ことだけを, ことを, する写生旅行, ついた後差し, ほうだった, ほそくこまかい, むき身を, やうな, よい香り, ように, ピチピチ弾んだ, 一人だつた, 中を, 九郎助など, 九郎助にまで, 人足まで, 代金に, 仲間は, 偶人に対する, 先で, 八重子の, 具合も, 分量は, 名人で, 図等いづれ, 圓太郎は, 土人に, 大男が, 子でも, 実も, 布波夜賀斯多尓むしふす, 影を, 悪者に, 拙者だけが, 書くよう, 書生は, 木ぐみの木などが, 木と, 木の下に, 木の実が, 枝に, 此頃かく, 渡辺の, 溜りが, 男も, 登勢だった, 真似を, 種子を, 群れは, 群れも, 肩を, 背で, 背中に, 背後を, 脚が, 葉は, 貝殼の, 足どりが, 足どりは, 足音が, 阿父さん, 顔を, 風味と

▼ かき~ (55, 4.0%)

4 出精させよう 3 来たよう 2 なるとき, びようびようと猛ける, ほひの, 頼んで

1 [40件] いらしって, きまったもの, しても, ついて行きました, なつた, なるワ, なれと, なれますワ, なろうが, ゆくという, わざわざ宝蔵, ローマへ, 上州の, 二階に, 來た, 來て, 出かけたり, 出かけて, 出るよう, 吐く幻影, 囲まれて, 夢中に, 来て, 来ました, 来られるの, 相当な, 立ち働きました, 行くと, 行くより, 行く事二回, 行った人たち, 行った日記, 行って, 襲われた話, 言いました, 買はれた, 返ったり, 過ぎません, 過ぐる場合, 金を

▼ かき~ (44, 3.2%)

2 おくれよ, きを, して, 感ずるに, 感ずれば, 相手に, 食うの

1 [30件] うばいとって, えてゐない, おくれよお, きかきな, こしらえて, こなから買うとい, これで, ごじ, したり, せしめられたはらいせに, はると, ひいさま, ひとつとり出し, ふいに, へて, もいで, 一つあげよう, 三味線と, 偸んで, 出して, 勉強させよう, 投げて, 押したり, 持って, 放り出し両手, 根抜きに, 相手の, 買いに, 途方に, 食ひ

▼ かき~ (30, 2.2%)

4 ついて

1 [26件] ありますよ, あるよう, いって, うまく片足, すこしくたびれ, なって, ねだりましたそうして, ひに, ほしいだけ, みか, 一と, 一人当り駕籠の, 五本も, 供へて, 出来ないので, 大川筋, 奈良あたりから, 屯し, 幾人ある, 無言の, 肩がわりを, 自由でない, 見えるほど, 赤くうれ, 赤くみのっ, 送って

▼ かき~ (28, 2.1%)

2 気味よき

1 [26件] あり, ありき, さあこれから, まろらかな, 上を, 仰げる広き, 出す, 出せる歌, 分なき, 參らせん夫れ, 墓畔の, 墨にて, 小尼公, 居ぬ, 居り, 広き額, 慰めまつりし, 手鎖はめられし, 枕の, 治する, 炉の, 玉われ, 苧を, 賜はりし, 陸奥先生に, 面白げに

▼ かき~ (27, 2.0%)

12 はし 5 はした 2 はしに 1 はさう, はさなけれ, はされる, はしナゲシの, はすと, はすとか, はすの, はす時に

▼ かき~ (26, 1.9%)

1 [26件] あれは, いさぎよく杖, いつの間にかいなくなっ, かくと, かけと, しきりに雪解, しないかという, しめにて, それぞれ長い, どこへ, にわかに清作, 優しいもの, 垣といふ, 大嫌ひと力, 大變靜, 心持は, 春の, 暖る, 煮過ぎないこと, 目が, 目を, 石火の, 空駕の, 褌一筋で, 連れて, 駕籠かき

▼ かきねの~ (24, 1.8%)

1 [24件] あたり草ぼうぼう, きわに, こっち側を, すきから, ずうっと, そばに, そばへ, そばまで, そばを, ところで, はずれから, ひば, ように, 上から, 上で, 中とから, 前に, 外から, 外が, 外と, 後ろには, 方へ, 檜が, 破れを

▼ かき~ (17, 1.2%)

2 されて

1 [15件] されたやう, された闇, され神祕, し, した, したやう, した中, した八五郎親分, して, しは, す, す惡, す時, れた髮, れると

▼ かき~ (16, 1.2%)

4 うな 3 がし 1 いて, うして, うで, がさず, がした, がしつ, がしました, がす, がすま

▼ かき~ (16, 1.2%)

2 一年中いつでも, 出た

1 [12件] あげで, いたしました, いる, しそう, しませう, なって, まだ進まず, 今更家へ, 周りの, 群衆も, 重い鉄槌, 駕に

▼ かきそう~ (15, 1.1%)

3 な顔 2 だった, にし 1 だな, でしようが, なようす, な不安, になった, になり, に呟いた, に沈みこんだ

▼ かきその~ (15, 1.1%)

1 [15件] そばに, ために, 一つであった, 中に, 中の, 前には, 四月には, 手で, 指を, 歯にて, 汽罐車の, 系列として, 蜘蛛の, 過程で, 雪は

▼ かきもの~ (15, 1.1%)

4 をし 2 ありと, あるを以て 1 がたまっ, の中, をよむ, を守り神, を終え, を読み始め, 所の

▼ かき~ (15, 1.1%)

1 [15件] ぐらといふ, つきやつ笑, とちなど, べつ玉葱と, またたびまで, みかんや, 上がり框で, 人足に, 町内の, 秦野屋も, 茶亭の, 蛤の, 貝類を, 通行の, 馬の

▼ かき廻し~ (15, 1.1%)

3 ていた, て手拭 1 ちゃ何, ていらっしゃる, てみる, て参ります, て居りました, て歩い, て注射器, て見る, ながら陸

▼ かきかた~ (14, 1.0%)

2 がむずかしい, をし 1 がされる, がやっぱり, です, では叱られ, でわかっ, で四十枚余, で大人, についてもっと, のやさしい, をすこし

▼ かきども~ (13, 1.0%)

2

1 [11件] がひとり残らず, が何, が数珠つなぎ, が来かかった, の考え, の行く, はいねえ, はそれ, は鼻寺, を振り向い, を締めあげた

▼ かき~ (12, 0.9%)

1 [12件] ほすこと, またたびを, みえて, めは, よく出合う, 何か, 全く同じ, 極まつた, 芋を, 言うた人形舞はし, 言ふ, 長屋の

▼ かき~ (10, 0.7%)

2 り, る老 1 りに, り厳か, り家屋, り尾羽, り父, り齒脱

▼ かき~ (10, 0.7%)

4 がし 2 を教え 1 が少し, で面白, はここ, は長い

▼ かき口説く~ (9, 0.7%)

2 のだ 1 とタヌ, のだった, のでした, のです, やうな, 様な, 言葉だ

▼ かき~ (8, 0.6%)

1 からねじたばた, からのう容貌見識, が一方, が肌, つとで, とて恥じる, よ, わ

▼ かき~ (8, 0.6%)

3 はせて 2 はした, はせ 1 ひが

▼ かき~ (8, 0.6%)

1 でたたき落とした, で掻回そう, をにぎりしめ, をにぎりしめた, を前, を手, を持っ, を突

▼ かきおき~ (6, 0.4%)

1 かいて, などにこの, にあった, にございました, はまた, 御すらん

▼ かきそれ~ (6, 0.4%)

1 につづい, にひと, も長男, を見せ, を説明, を貴方

▼ かきぶり~ (6, 0.4%)

1 が自分, であるから, にもあらわれ, のうち, は簡明, を大変心

▼ かき~ (6, 0.4%)

1 が群衆, の説明, は, はどっと, は曼舟氏, は浜川

▼ かき~ (5, 0.4%)

1 ぴっしり書き埋めた, 唇の, 我儘, 生涯を, 麦っ

▼ かきねに~ (5, 0.4%)

1 からんで, ぶつかって, 二本のく, 人でも, 立てば

▼ かき入れ~ (5, 0.4%)

2 を致し 1 だ, なしの, もない

▼ かきかき~ (4, 0.3%)

1 なるほどねえ, やってくるもの, 新しくスタート, 言った

▼ かきそれから~ (4, 0.3%)

1 その本, 両手を, 小説に, 肱を

▼ かきまた~ (4, 0.3%)

1 あの司馬道場, あるもの, ちがった婦人雑誌, 生駒郡富郷村三井の

▼ かき上る~ (4, 0.3%)

4 段に

▼ かき~ (4, 0.3%)

2 は結ばず 1 のひとり, は燭火

▼ かきかけ~ (3, 0.2%)

1 の原稿, の絵, の長い

▼ かきって~ (3, 0.2%)

2 なあに 1 精進料理な

▼ かきでも~ (3, 0.2%)

2 一週間で 1 なにかたべる

▼ かき~ (3, 0.2%)

1 ので切り抜かれた, のに今夜, 今更江戸

▼ かきにくい~ (3, 0.2%)

1 でしょう場面的, のよ, ものだろう

▼ かきには~ (3, 0.2%)

1 その重, もったいない, 壁の

▼ かき~ (3, 0.2%)

2 かれ慰められ力づけられる言葉 1

▼ かき~ (3, 0.2%)

1 の心うた, の悲しき, の薄暮

▼ かき~ (3, 0.2%)

1 についてここら, には竿, や家

▼ かき~ (3, 0.2%)

3 へ下

▼ かき煙ら~ (3, 0.2%)

3 へり

▼ かき~ (3, 0.2%)

1 の顔, はこの, はまつたく

▼ かき終り~ (3, 0.2%)

1 これを, そーらすんだ, 夢中で終っ

▼ かき自分~ (3, 0.2%)

1 のべにを, の愛児, をかき

▼ かき~ (3, 0.2%)

1 で酢, に一緒, の一番奥

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 ぐる, ぐる手の

▼ かきいだき~ (2, 0.1%)

1 五月蠅きものに, 學生は

▼ かき~ (2, 0.1%)

2 へん

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 とじを, 酒を

▼ かきがねを~ (2, 0.1%)

1 外すと, 外す音

▼ かきがら~ (2, 0.1%)

1 の中ニ, をお

▼ かきこれ~ (2, 0.1%)

1 はこれ, も丸坊主

▼ かきさえ~ (2, 0.1%)

1 すれば, なければ

▼ かきさちよ~ (2, 0.1%)

2 の置き忘れた

▼ かきさん~ (2, 0.1%)

1 が徴用, はこの世

▼ かきする~ (2, 0.1%)

1 ことの, には今

▼ かきそこ~ (2, 0.1%)

1 なって, なひながら

▼ かきたち~ (2, 0.1%)

1 がささやき合っ, は

▼ かきつけ~ (2, 0.1%)

1 はさらに, を読む

▼ かきつつ~ (2, 0.1%)

1 ある, 好い気持

▼ かきつぶし~ (2, 0.1%)

1 たりし, である

▼ かきてや~ (2, 0.1%)

1 まむ, 遣らむ

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 なんかにも, 疾く飛びすがへば

▼ かきねは~ (2, 0.1%)

1 いっぱいに, いつもの

▼ かきひく~ (2, 0.1%)

2

▼ かきべの~ (2, 0.1%)

1 民, 独立した

▼ かきもち~ (2, 0.1%)

1 かりんとう, だの草餅

▼ かきやも~ (2, 0.1%)

2 知るべからず伯

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 くるひと足ごと, くる見ゆ

▼ かき一人~ (2, 0.1%)

1 のこらずたちあがった, は音樂家

▼ かき一寸~ (2, 0.1%)

1 したギム的執筆, 休んで

▼ かき上げ~ (2, 0.1%)

1 が悪かっ, もせず

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 におしん, にクミチンキ

▼ かき乍ら~ (2, 0.1%)

1 うんと食った, も時代

▼ かき二人~ (2, 0.1%)

1 が附添, 御草履取大小二人

▼ かき人物~ (2, 0.1%)

2 は素描

▼ かき人足~ (2, 0.1%)

1 に雇われ, に雇われた

▼ かき代議士~ (2, 0.1%)

2 を包

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 をつくっ, を拵えた

▼ かき入れ時~ (2, 0.1%)

1 である, で夏

▼ かき初めて~ (2, 0.1%)

1 いたら太郎, から一年

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 へたり始めた, へなけれ

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 もう一つ, 議論を

▼ かき合わせ~ (2, 0.1%)

1 が済ん, に過ぎぬ

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 いといろ, いと思つて

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 のほう, の草

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 の下, の熱

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 のごとく, の別れ

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 こもるうばら, をはあはあ

▼ かき息張る~ (2, 0.1%)

1 その中, 其中に

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 だが, と与次郎

▼ かき抱き~ (2, 0.1%)

1 て其の, て間

▼ かき抱く~ (2, 0.1%)

2 ように

▼ かき~ (2, 0.1%)

2 ふれば

▼ かき時日内~ (2, 0.1%)

2 に遂行

▼ かき更に~ (2, 0.1%)

1 十二月十日頃までに, 印刷工を

▼ かき未來~ (2, 0.1%)

1 に於ける, の政局

▼ かき未来~ (2, 0.1%)

1 に於ける, の政局

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 が自分, には又

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 のこころ, を蹴っ

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 がでました, にまじり

▼ かき濁り霾~ (2, 0.1%)

2 る春

▼ かき熱燗~ (2, 0.1%)

2 のお

▼ かき~ (2, 0.1%)

2

▼ かき~ (2, 0.1%)

2 のお

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 の旅, の泉

▼ かき直し~ (2, 0.1%)

1 したり, に当面

▼ かき短い~ (2, 0.1%)

1 小説を, 眞鍮の

▼ かき立つる竹~ (2, 0.1%)

2 の縁

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 に誘った, を出

▼ かき衣類~ (2, 0.1%)

1 にてもかさね, にても重ね

▼ かき赤い~ (2, 0.1%)

1 舌嘘か, 顔を

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 となる, の匂い

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 にし, の悲しき

▼ かき~ (2, 0.1%)

1 などであった, をさらり

▼ かき麦生~ (2, 0.1%)

1 のなか, の靄

▼1* [431件]

かきあめりかの, かきあらはせり, かきあれから毎日落, かきあわし佇む女, かきあんなつまらねえ物, かきいまは真夏, かきうつしたヴォルテールの, かきおき書きかへておく, かきおまけに脚気, かきおも影は, かきお盆には娘さん, かきお話した件, かき記, かきかきハンドルの自由, かきかき一円盗んだの, かきかき司令塔の中, かきかき唐紙をあけ, かきかき商売をし, かきかき正視して, かきかき矢代たちの方, かきかき苦笑をし, かきかき退却しながら, かきかき逃げて行く, かきかき雑草を靴, かきかぞふれば, かきかねて別の, かきからしの, かきがら町に私娼, かききょうは, かきくちばしをさ, かきくんだけれど, かきぐずぐず鼻を, かきここに幾年, かきこし召して, かきことさら寝返りを, かきこの心持明け方を, かきさうなもので, かきさうにちぢこまつて, かきさけとなる, かきさばきても身, かきさまと稱, かきさまひと言でもきょう, かきさらって我がち, かきさらうような, かきさらえるものを, かきざまのため, かきした丈は, かきじゃアねえぞ, かきすえてある, かきすがるようにする, かきすぐ使いの, かきすこしは本, かきすすみ中断しない, かきずれの者, かきそういう家族の, かきそうしておそらくすぐに, かきそしてあれが, かきそちらでは覚え, かきそのまま壁にも, かきそのものがこの, かきその他準備して, かきその間に浪, かきそれ以外の読者, かきそろばんという口調, かきめを, かきたつかぎり, かきためあかつきの霜, かきだけは二人でなく, かきだったからねそれ, かきだって話だ, かきだの百までの, かきついでに背中, かきつと美くしいお, かきてのつかまったとき, かきても慰さめられまする, かきであれ病魔を, かきでしたがその, かきですますそしてすぐ, かきというものだった, かきとともに呼吸を, かきとはここの, かきふ鍋, かきどうしさぎごげ, かきながらけえって, かきながらもわたしは, かきなぞの隠れたところ, かきなどになると, かきなどは提灯の, かきなにか操られて, かきなめりと点頭, かきなやむ四人の, かきなるほどねえ考えれ, かきなんかこれまで, かきなんぞを呼び集めて, かきにくそうだ, かきにくくって困る, かきになどかまつて, かきにも俳優にも, かきによって軽い塵埃, かきねからうら庭, かきねができたらもう, かきねには白い野ばら, かきねも倒れたろうと, かきのせて道, かきはじめだという, かきはに浮かめ, かきはにはかに清作の, かきはのまぶた, かきばかりが目について, かきひつじがこなぬり, かきひとり眺めて, かきふうふう言って, かきふみよみをれ, かき八ところに, かきほりのどにかがめる, かきぼんやり庭を, かきまつた形, かきまりがつけ, かきみんなのしずまる, かきが, かきもち添へて出されけり, かきもとに, かきもらした南京虫が, かきやがてそういう滑らかさ, かきやってくるものも, かきゆうべのウイスキイ, かきゆめの曲節, かきようにもよる, かきよく詩を, かきらしい男の, かきらひなのか少し, かきれいでせう, かきわりのよう, かきわれ等は身, かきカキツバタを燕子花, かきクダラヌ不合理をデッチ, かきクリストを画き, かきコルデリアを描いた, かきシトロンの大きな, かきシャツの袖, かきジンのグラス, かきとうまく, かきデューイ氏断然勝たん, かきハンドルの自由, かきフライであらう, かきマアその感想, かきマジョリカの灰皿, かきメグはそれ, かき一つまとめた手帖, かき一円盗んだの, かき一室です, かき三冊の詩集, かきを塗るなり, かき上げたものを, かき上り内に飛, かき上目をば, かき下ろしよた, かき与謝野晶子が, かき世界的な著者, かき腕を, かき両側にいつか, かき両手に頬, かき中身のきれい, かき中野重治がそれ, かき乍ら太閤記十段目だけは一寸, かき乍ら縦横に舟, かき乍ら話が始まっ, かき乗りながら治子, かき亂さないやう, かき亂すだらうこと, かきると, かき二十日すぎに七信, かき五つ並べて, かきの住居, かき大家である, かきくるやう, かき休息して, かき佐々皆々様という宛名, かき何やらひどく切迫, かき使者にいく, かき供給によるもの, かき偶然にとびこん, かきを見, かきはあれ, かき光りとろめ, かき全く病弱な, かき申候, かき別に肩代りが, かき前後不覚に眠っ, かきの術, かき十が, かき労働者階級の歴史的役割, かき効果をクラシック, かき半年前よりは発展, かき即時に羹, かき反せどあはれ, かき取材としては一風変, かき口角に泡, かき口説いたのは, かき口説き乍らお鮒樣, かき口説き乍ら一生懸命兄の手, かき古い時計の, かきを題せよ, かき司令塔の中, かき合す五衣, かき同士の高, かき名簿を綴じはじめた, かき吐息もて地, かき唐紙をあけ, かき商売をし, かき喘ぐ事遠方へ, かき喜劇をああ, かきりつつ, かき四五の女童, かき四十何年かに, かき図画の時間, かき国文学の専門, かきにまみれ, かき坐り仰げば, かき坐り夏おそし種人蔘, かき坐り言黙しを, かき坐り言默しをり子らぞたた, かきから夕方, かき夜音楽をききました, かき大いなる心臓の, かき天井板を張る, かき天窓からポツポ, かき天苑の余光, かき契りに淺, かき姉さんはお父さん, かき姿の子, かきはノラノラ, かき孤児院の保姆, かき守り本尊を念じ, かき安房の外浦, かき宴すぎ去りしか, かき寢床の中, かき寿江とかき, かき将来までは暫らく政界, かき將來までは暫らく政界, かき小さな扇を, かき小僧が口, かき小児と見くびりし, かき小説をかき, かき女ごころは, かき少女が胸, かきをまた, かき居眠りをし, かきのさ, かき山羊の乳, かき岸辺をさかり, かき島田に働く, かき工合はまだ, かき左手はやや, かき廻しすぎはしない, かき廻し地獄の騒ぎ, かき廻すやうな, かき彫刻に彫った, かきは端坐, かき彼女に捧げた, かきに会津, かき微熱を出した, かき心持はし, かき志望であ, かき急須みたいな書判, かき恭子とかいた, かきひに, かきひを, かきの心, かき態度自他に対して生活的, かき我々は彼等, かき戯曲を書く, かき房雄の顔, かきにおいて路傍, かき手套とかき, かき手提電燈の光, かきひて, かき払ったあとの, かき抱いてゆく, かき抱かれたような, かき抱きたい気に, かき抱擁に微睡む, かき担架には阿, かき掃きて吾, かき揚以上に珍味, かきして, かき散らしてあった, かき文科会雑誌をのぞいた, かき新しい社会と, かき新しくスタートを, かき昇天の支度, かき明盲にし, かき昏す恐しい, かきの間, かき曇つて雨がぽつり, かきに, かき杉山平助氏から近頃, かきのなか, かき村塾を開く, かき来月から又すこし沢山, かき枯葉を蹴っ, かき棄てたり, かきしきみ椿, かき様々に思わせます, かき權三下の方, かき次に又寒, かきのうち, かき歡樂あかぬ契, かき正視して, かき残忍ともいえる, かき毛むくじゃらの脛, かき毫末も区別, かき決して脱いだ例, かき沫那藝沫那美と記す, かき流せる筆の, かきの景色, かきゆる人, かき渡世の人足, かき温泉にし, かきばし, かき火打袋の口, かき火鉢にしがみつき, かき無言でおかみさん, かき煙草の味, かき熱演するほど, かき片手に盃, かき片方は振, かきの柔毛, かき書きたい, かきの椀, かき瓶子の栓, かき生涯はその, かき生計をたて, かきと存, かき発表すること, かきがくらん, かき眞砂地に, かき真中に四角, かき着物を着かえ, かき矢代たちの方, かき知識である, かき私語まじり, かき空想の山河, かき空気なるらし, かきられて, かき竹久夢二が美しい, かき笑いをします, かき筮竹を立て, かきすやう, かき細く白い指に, かきへて落ちつい, かき終る時九時, かき経済の必要, かきはれとて, かき給はん事を希望, かき絵取る術も, かき置きぬ思い残せし, かきの蝶, かきの身, かきかたむけば, かき肉塊の残らぬ, かきをうかせ, かき腕まくりして, かき臥床の中, かき苦しそうに, かき苦笑をし, かき茄子の皮, かきのうねり, かき茶菓子の椿餅, かき落して調べた, かき落葉を興, かき落葉松の落葉, かきをも言, かき葬儀に参列, かき虫の息をころし, かき蝦蟇の彫刻, かき衣紋を壊し, かき裂いてやらね, かきに墨繪, かきの勿体, かきをかい, かき読者はこの, かき調子をつけ, かきなり, かき賑やかな時, かき贈物を置い, かき走り陸へ, かき起したのは, かきの裏, かき身体じゅうを痙攣, かき輝きをのせ, かき辻占が悪い, かき退却しながら, かき送りし文に, かきを全部, かき過去の記録, かき郵便物の保管, かき酒酒と言, かき重吉に対しては具体的, かき釣糸を垂れ, かき長い顎の, かき長老の傍, かき関翁が婆, かき雑炊の粥, かき雑草を靴, かきの中, かき雲母おとせし鰈, かき縞の, かきになっ, かき面白かった, かきの上, かきけるよう, かきからぽっと, かきを土, かき顎鬚をむしっ, かきをお, かき顔色さえ蒼ざめて, かき風采を称えた, かき飯堅魚の刺肉, かきに堪へず, かき香りを放つ, かき香以が暫, かきを強いる, かき馬上でも居眠り, かきなびかせし人, かきの煮付け, かき鳩とらへ罪, かき鴎外全集中短篇小説, かき黒子をつけ, かきがストーヴ, かき鼻毛抜き爪切り