青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かかり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~かえって かえって~ ~かえる かえる~ ~かかえ かかえ~ ~かかっ かかっ~ ~かかった かかった~
かかり~
~かかる かかる~ かかわらず~ かき~ ~かぎり かぎり~ ~かく かく~ ~かくし かくし~

「かかり~」 1261, 14ppm, 8141位

▼ かかりながら~ (87, 6.9%)

3 半蔵は

1 [84件] いった, いつかまた, うつうつと, お城, きょうは, この問題, この街道筋, さうし, さけんだり, しきりに品物, じっと目, そうしてときどき, そこを, その場, その夢, それでいて良人, それらの, それを, それ以上その, たいがい我流で, だらしない, ちょっと後ろ, どうしても降り, どうも病気, まじまじと, まるで自失, ものを, やはり母親, わたくしは, オヤアラと, ガラス越しに, ゴットフリートが, レエスの, 一塊の, 七兵衛が, 上段の, 丑寅の, 世間話を, 主君の, 云う, 会所の, 出来るだけ, 勝治は, 又それ, 口を, 呆れ返って, 周囲に, 喋って, 坪庭へ, 姉の, 宮本百合子の, 対岸の, 居ねむりを, 帯を, 彼を, 彼女は, 徐々と, 心持眉を, 捏山太郎嶽などの, 月を, 月丸の, 横坐りに, 武蔵が, 私が, 私の, 私は, 立って, 立てた両, 腕を, 膝を, 膳所の, 自分だけは, 苦心惨憺の, 茫然外面を, 茶色の, 葉子は, 見るとも, 言うこと, 言った, 赤い月, 赦しを, 遽て, 顔だけは, 黙って

▼ かかり~ (76, 6.0%)

2 ほととぎすの, 姉上は

1 [72件] あたりを, ありき, ありしとなり, あれば, いかで古今, いきなり逆手, お客の, かの息子, これを, その傍, それは, ともすれば母様, なお帰る, なにほど, ならず, やつさ, より今, ゐたり, ゐる, 一年うち通しの, 二十八字ずつ, 人の, 今にも落ち, 今日の, 例の, 僵れ, 全治おぼつかなき, 古物存する, 困りおるゆえ, 壇に, 夢の, 少し遠き, 山門に, 岩窟の, 庄太郎はむ, 後に, 忽ちに, 思わず源五郎, 恐れ老い, 振り向けば, 撥ね飛ばされ, 旅心定まりぬ, 星かとばかり, 曰く汝の, 月の, 朝日に, 朧, 枯し, 栽培せられ, 次の, 死後までを, 水際には, 池の, 潜り抜け偃松帯, 玉虹の, 皺よりて, 窓に, 繕はれたる, 聞きたくは, 臥戸に, 臥褥の, 舞ふ, 草刈りの, 西向きの, 足は, 足も, 金を, 響く奈智, 頂上見えず, 食事は, 鹿の, 黄ばみけり秋

▼ かかりそう~ (67, 5.3%)

4 もない 3 です, なもの, になった 2 である

1 [52件] かな, だ, だから, だぞ, だった, だったけれど, だと, だな, であった, であったが, ですね, で不気味, で気の毒, なくぐり門, なけしき, なので, なもん, な人, な勢い, な大川べり, な姿勢, な恐れ, な息, な息苦し, な或は又, な擬兵, な断崖, な有様, な権幕, な気勢, な波打ち際, な激しい, な無気味さ, な疑い, な眩暈心地, な眼, な血相, な長い, な顔, な風, な髪恰好, にする, にな, になっ, にもなく, に思われた, に思われます, に思われる, に成る, に見える, もありませんでした, もなかっ

▼ かかり~ (51, 4.0%)

6 なりました 4 なって 3 なったの, 来たの 2

1 [33件] あって, あるが, いいつけて, うせると, これを, なった, なったお供, なったが, なったこと, なったのね, なっても, なつた, ならないお方, なりながら, なりひそか, なりますと, なると, なる以前, ジッと, 何となくむかし, 出て, 廻して, 往くところ, 来そう, 来た獣, 来るよう, 来るん, 来る様子, 気を, 縁先に, 色の, 行くもの, 通ります

▼ かかり~ (51, 4.0%)

5 人が 3 人に 2 仕事を, 夕餉どき, 小舟寂し, 本が, 音立て

1 [33件] あるいす, あるうち, お医者, お医者様, ついた椅子, ないまるい事務いす, ない避難所, ジャックの, 七条油小路四辻に, 上の, 中村係長が, 人たちに, 人の, 人間が, 円い首ふりスタンド, 前へ, 天鵝絨で, 小山の, 店員の, 役人達も, 或る, 時代の, 木下検事から, 棺桶の, 検事が, 検事に, 検事の, 毬を, 水の, 者位であろう, 肩を, 銀行員でも, 頭舌った

▼ かかりその~ (40, 3.2%)

2 中の, 中門から

1 [36件] すぐ上, ために, どっしりした, ななめな, 上に, 上には, 上ヒポコンデリアだ, 上乗なる, 上後に, 下に, 下には, 前に, 大半は, 奥に, 年の, 従者であろう, 御指図, 怪物から, 恐ろしい爪, 手は, 打撃から, 文句が, 日に, 暇に, 様子を, 無知に, 男も, 病気には, 肩を, 蒼茫と, 袂に, 角で, 訳を, 鍵盤の, 頸には, 顔は

▼ かかり~ (24, 1.9%)

3 しません, せぬかと 2 しないかと

1 [16件] お父さんの, したであろうが, したものの, しないかという, しないだろう, しないだろうか, しないの, しなかったが, しなかったの, しなかつたが, しまい活動, するものの, せずやと, 中村翁に, 紫の, 致しませぬ

▼ かかりきり~ (21, 1.7%)

7 になっ

1 [14件] だった, でしたから, でしたが, ですし, でそれ, で一気呵成, で封筒, で新, ということ, という有様, なの, にさせられるまえ, になり, の仕事

▼ かかり~ (15, 1.2%)

2 あれば

1 [13件] あって, あってよございます, あつて, あるから, いいよう, かからないとは, できたら, 二倍に, 四十五分, 大変だ, 抜けて, 芸者でない, 高いの

▼ かかり~ (13, 1.0%)

1 [13件] から働く, がある, だその, だ身体, になる, のかかり, のこと, のねえ, は免れぬ, は大, ひては, ひに, をつけようた

▼ かかりながらも~ (11, 0.9%)

1 [11件] お艶, これを, しばらく故郷, それを, ついに向こう岸, つい延び延び, 寝床には, 心が, 忘れるとも, 時に忘れる, 黙って

▼ かかりそれ~ (10, 0.8%)

1 がす, がすむ, ができあがる, が一日, が言行, ではやっ, へ照子, より適当, をずっと, をのがれよう

▼ かかり~ (10, 0.8%)

1 が二人, が月, でありました, との揃った, におなり, になっ, のこと, はパン, は情, までこの

▼ かかりこの~ (9, 0.7%)

1 上も, 伯父は, 日この, 春から, 時代の, 江戸だけでも, 洞門の, 籠裏に, 頃に

▼ かかりまた~ (9, 0.7%)

1 いつの, えりもとへ, しばらくし, その目的, 借家なら, 川には, 日子も, 東京は, 栄養失調を

▼ かかり~ (8, 0.6%)

2 する 1 するの, せずに, せぬ前, なし, ほんとうは, 尠か

▼ かかりうど~ (7, 0.6%)

1 という感じ, なの, にしろ物語り, になっ, に過ぎない, の娘, の御

▼ かかりさえ~ (7, 0.6%)

6 すれば 1 しなけりゃ今年

▼ かかりっきり~ (7, 0.6%)

1 だった, でとても, でやっ, で構いつけない, になっ, にならね, に彫刻

▼ かかり~ (7, 0.6%)

1 いって, 云い汗ばんだ顔, 我れ知り, 擦れ擦れに, 申します, 聞きし心変はり, 違って

▼ かかりやすい~ (7, 0.6%)

1 のだ, 倦怠だ, 場所で, 度なども, 彼であった, 病気の, 盲目的な

▼ かかり~ (7, 0.6%)

1 作つたといふ, 作つてゐた, 失う, 待って, 忘れて, 越して, 造って

▼ かかり~ (7, 0.6%)

1 ては朝夕, はこの, は亥, へどもこの, へば村方, まで泣きい, 故そり

▼ かかりつつ~ (6, 0.5%)

1 ある, あるの, ある将来, みるみる染みひろがっ, 抱き運ばれて, 明けて

▼ かかりあい~ (4, 0.3%)

2 のない 1 のある, をつける

▼ かかりあるいは~ (4, 0.3%)

1 小麦粉などの, 死亡する, 盗賊に, 頭のみを

▼ かかりこれ~ (4, 0.3%)

1 がしんぞう, は官, をなお, を仕上げた

▼ かかり~ (4, 0.3%)

1 うして, うだな, うで, うなる気色

▼ かかりやすく~ (4, 0.3%)

1 なおしにくく, なるだろう, なるの, 無理な

▼ かかり~ (4, 0.3%)

1 かも知れない, には睡蓮, の枝, 玄関から

▼ かかり~ (4, 0.3%)

1 がそれ, の杖, の気もち, は無慙

▼ かかり~ (4, 0.3%)

1 はなし申し, 依頼したい, 話申度由につき, 謀反組の

▼ かかり易い~ (4, 0.3%)

2 わたしは 1 ために, 娘と

▼ かかり~ (3, 0.2%)

1 あした見, つては, つてゐたら

▼ かかりある~ (3, 0.2%)

1 厳角の, 巌角の, 時何故か

▼ かかり~ (3, 0.2%)

1 ほきな, 京や, 国の

▼ かかりすべて~ (3, 0.2%)

1 が塵埃, が実に, のドア

▼ かかりそうして~ (3, 0.2%)

1 このじめじめ, その歯医者, 再び地

▼ かかりたちまち~ (3, 0.2%)

1 に胸算, 二人の, 滅し

▼ かかりなすった~ (3, 0.2%)

1 ことは, のです, ようね

▼ かかりにくい~ (3, 0.2%)

1 のであります, 人たちでも, 性質を

▼ かかりよう~ (3, 0.2%)

1 がない, がなかっ, がなけれ

▼ かかり~ (3, 0.2%)

1 しも日ながの手, の速力, も現に

▼ かかり付け~ (3, 0.2%)

2 のお 1 の医師

▼ かかり~ (3, 0.2%)

1 に行く, の山, の釣

▼ かかり合つて~ (3, 0.2%)

1 は大変, ゐると, ゐるの

▼ かかり同じ~ (3, 0.2%)

1 ころに, ように, 幻覚を

▼ かかり幾片~ (3, 0.2%)

3 かの蝋

▼ かかり~ (3, 0.2%)

1 が付い, が遠く, の強い

▼ かかり~ (3, 0.2%)

1 の全身, の肩, の近来

▼ かかり~ (3, 0.2%)

1 になった, の模様, を包んだ

▼ かかり~ (3, 0.2%)

1 に顔, のなか, を支え

▼ かかり~ (3, 0.2%)

1 にて, をあらし, を左右

▼ かかり遂に~ (3, 0.2%)

1 それを, 一昨日探し出した, 両眼

▼ かかりあたり~ (2, 0.2%)

1 には暑い, は薄

▼ かかりいざ~ (2, 0.2%)

1 急用という, 書くと

▼ かかりかつ~ (2, 0.2%)

1 一方の, 日本で

▼ かかりがち~ (2, 0.2%)

1 なもの, なりしかど

▼ かかりそして~ (2, 0.2%)

1 いい加減な, 忽ち町中

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 から差越願, とわたし

▼ かかりだんだん~ (2, 0.2%)

1 借金が, 古いうえ

▼ かかりという~ (2, 0.2%)

1 のは, 切っぷ

▼ かかりときどき~ (2, 0.2%)

1 吉田君吉田君と, 屋根の

▼ かかりどこ~ (2, 0.2%)

1 かで馬, までひろ子

▼ かかりなお~ (2, 0.2%)

1 ぐずついて, 脚の

▼ かかりまっ黒~ (2, 0.2%)

2 な南

▼ かかりやがて~ (2, 0.2%)

1 夜は, 目標の

▼ かかりやっと~ (2, 0.2%)

1 その頃, 六時半すぎ七時近くだった

▼ かかり一方~ (2, 0.2%)

1 はまだ, 城外の

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 は何度, は薄目

▼ かかり先生~ (2, 0.2%)

1 の前, の御作

▼ かかり入院~ (2, 0.2%)

1 させたとき, して

▼ かかり切り~ (2, 0.2%)

2 になっ

▼ かかり同時に~ (2, 0.2%)

2 時代の

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 の穴, の色

▼ かかり~ (2, 0.2%)

2 の富士見ゆ

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 は足, も昼

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 によろこび, 烏は

▼ かかり大きな~ (2, 0.2%)

1 ロンドン市紋章が, 難儀を

▼ かかり太陽~ (2, 0.2%)

2 は白い

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 の曾恵子, の菊子

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 にしよう, の亥

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 が身寄り, れに

▼ かかり常盤橋~ (2, 0.2%)

2 が見え

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 いという, く存候

▼ かかり彼女~ (2, 0.2%)

1 の集めた, も一応

▼ かかり忽ち~ (2, 0.2%)

1 勇気の, 四辺は

▼ かかり或は~ (2, 0.2%)

1 出来たばかり, 額を

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 のこんだ, 焙りは

▼ かかり日本~ (2, 0.2%)

1 のそれ, を逃げだし

▼ かかり早速~ (2, 0.2%)

1 に身うけ, 起きて

▼ かかり易く~ (2, 0.2%)

1 てなおり, なる

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 の光, を眺め

▼ かかり暫く~ (2, 0.2%)

1 の後, 何を

▼ かかり~ (2, 0.2%)

2 の門

▼ かかり次第に~ (2, 0.2%)

1 不安に, 時や

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 を放っ, を消し申した

▼ かかり~ (2, 0.2%)

2 はすまねえ

▼ かかり発熱~ (2, 0.2%)

1 して, しました

▼ かかり相国寺~ (2, 0.2%)

2 のみにても二百貫文

▼ かかり~ (2, 0.2%)

2 光りが

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 ふが, へれば

▼ かかり~ (2, 0.2%)

2 を逃れ

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 がかかる, がこるらしい

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 には沢山, へも散りかかり

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 つぽい, も黒く

▼ かかり蝋燭~ (2, 0.2%)

1 の灯, の長い

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 は乱れ, は崩れ

▼ かかり~ (2, 0.2%)

2 兄弟の

▼ かかり長い~ (2, 0.2%)

1 あひだ生, 吐息を

▼ かかり非業~ (2, 0.2%)

1 にも最期, の最期

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 は塵, やサンダル

▼ かかり~ (2, 0.2%)

1 のあたり, の肉

▼1* [487件]

かかりあえないご最期, かかりあえなく閉店の, かかりあつている, かかりあれから木曾路, かかりあんまり綺麗でない, かかりいまは訥吃, かかりいろいろな曲芸, かかりうつとりとそれ, かかりうど衆じゃある, かかりお願いをいたしたい, かかりかたもその, かかりかちかちという音, かかりから今度は, かかりからの仰せつけで, かかりきっと割合腰抜けだった, かかりきょうはおのずから, かかりぎわなどの美し, かかりぎわのあざやかさもすぐれて優美な中将, かかりさの, かかりくらくなったので, かかりぐあいだけは平生美人だと, かかりけむと思い紛う, かかりけむと思ひ紛, かかりこうして東京に, かかりここまで来た, かかりこちら合せでスレ鈎, かかりことにベスが, かかりさうなのでどこ, かかりさうになつて, かかりさてどちらに, かかりさながら波濤を, かかりさま向うを覗い, かかりさも得意げな, かかりさんざん悪口を, かかりざままさにその, かかりしか臈たけ, かかりしかも落ちないで, かかりしごく曖昧な, かかりしばらく躊躇した, かかりずんぐりした手足, かかりそいつが立ち去った, かかりそこに苦心, かかりそこここに玩具, かかりそこでちょっと戸惑い, かかりそこらの草木, かかりそっと頬笑ん, かかりそのうえに感冒性, かかりそれから我々は, かかりそれだけ食事が, かかりそれだけよけい評判も, かかりそれでもまだ半分以上, かかりそれに馬籠と, かかりそれ以来脈搏に結滞, かかりたった五日間横浜に, かかりたまいぬ, かかりためにその, かかりたより待たるる, かかりちやんと仕立て, かかりちょうど今日が, かかりちょっとはなしが, かかりっぱなしの人物, かかりついに小次郎には, かかりつつも余りに浅間, かかりづめでしたよ, かかりてとまでは推せねど, かかりても決して分かろう, かかり人一人や, かかりですか, かかりでもすると, かかりとかくする中, かかりとても天狗には, かかりどうかすると, かかりどうも心が, かかりどころがない, かかりなかなか死切れなかった, かかりなどする隠居, かかりなほとやかく, かかりなるべく長く時間, かかりにはとかくに, かかりにもこの話, かかりの勘定は帳場, かかりはげしい断末魔の, かかりはるばる光善寺まで, かかりに, かかりひとつずつ烏, かかりひどい力で, かかりふり仰ぐと, かかりぶとんがつい, かかり行きたがる人, かかりべとべと光つてゐる, かかりほととぎすの啼き渡る, かかりほどなく仮粧坂, かかりぼろぼろ涙を, かかりへん, かかりまさにはい出し終わろうと, かかりまだ古びねばにや, かかりまっしゃろ, かかりまっかなア, かかりまったく灰燼と, かかりまつ黒な南, かかりまで一夏中を通して, かかりまではいつもその, かかりみたいに唇, かかりもはや父の, かかり家建の, かかりやあ衛生舎社長どの, かかりやがッた, かかりやむを得ずこの故郷, かかりようやく詫びを, かかりよう頭の形, かかりよってわしは, かかりよっぽど丈夫な, かかりよりももっと上, かかりわずかばかりの粮米, かかりわたしはさっき, かかりわなはめちゃめちゃ, かかりアラグヴァの流れ, かかりエンジンの音, かかりガチャンと云う, かかりデリカシーを欠いた, かかりナタアシャは小, かかりピアノが置かれ, かかりポッと開けた, かかりムシャぶりかかるよう, かかりヤット一声船長を斬り, かかりリバプール港から船, かかり一刀にし, かかり一切は自分, かかり一家挙げて, かかり一封の書面, かかり一度などは小刀, かかり一昼夜非常に苦しん, かかり一時重患におち入った, かかり一時間あまりたっても, かかり一点を見つめ, かかり一種の耕作整理, かかり一見わが豊後玖珠郡内, かかり一週間前に世, かかり一部分は雲, かかり一部屋に満, かかり丁寧に主屋, かかり万事不束で人, かかり万力などという道具, かかり三つの小さな, かかり三十分に至り, かかり三時に花婿, かかり上着やら帯, かかりまえの, かかり申今に, かかり不屈の一念, かかり世界大戦争, かかり眼は, かかり両手で顔, かかり主君の梅雪, かかり乍ら躊躇った, かかり九日もその, かかり事態は日, かかり二年かかっても, かかり二閃さッ, かかり五カ月以前からは夫, かかり五六町もとろとろ, かかり人事不省になった, かかり人出も多かっ, かかり人家の前, かかり今井の方, かかりは蒼, かかり令二だけがまだ, かかり伊那丸ははからずも, かかり休学入院中で家, かかり低きに糸檜葉, かかり体温の四十度, かかりか探そう, かかり何んとも云えず, かかり作者の批判, かかり価格も大きい, かかりに村, かかり値打ちのある, かかりに二三羽餌, かかりは元, かかり八月三十日から電磁気, かかりは急, かかり其他は一面, かかり内側の白い, かかり内科医に診, かかり内部の電燈, かかり再びなおること, かかりの陣, かかり冬牡丹寒菊白玉乙女椿の咲満, かかり冷たきものと, かかり刀斧鉄弓をたずさえた, かかり判断力がいります, かかり前後に大きく, かかり剣銃の兵士, かかり力まかせにグイグイ, かかり効果はその, かかり勝ちなの, かかり勲章はネネム, かかり十日も夜昼, かかり死の, かかり半ばは紐, かかり半分は舗石, かかり卓子を横, かかり南方の海岸, かかり危く近所の土人, かかり危険を冒す, かかり五分間室内を, かかり双子山の蒼い, かかりで銅像, かかり口先の慰撫, かかり台座の上, かかりの方, かかり同体となっ, かかりはイ, かかり呂布自身は関羽, かかり周囲が真暗, かかり呼吸力学的な機微, かかり喚叫んで暫時, かかり喫茶店で少し, かかり嘉門の肩, かかり四年の十二月, かかりと植物, かかり地べたと並ん, かかり地震がこれ, かかり地面はぎらぎら, かかりのごとく, かかりの青草, かかり夏侯徳を馬, かかり夕飯時になった, かかり大いに苦しんで, かかり大金を捲き上げよう, かかり天子を押領致候, かかりの首, かかり奸賊紋太夫を抜打, かかり威しすかしあやなす事, かかり嬲り殺しにされる, かかり安岳の山々, かかり安戸に至る, かかり宏大無辺の穹窿, かかり実に苦しいおもひ, かかり将来は皆, かかり小さい霧粒なら, かかり少し風が, かかりを晒さなけれ, かかり展望が得られない, かかり工合といい, かかり左右に従行一同, かかり左手で刀, かかりは二十, かかり幽玄に姿なだらか, かかり幾度も呻き, かかりは食器炊事道具, かかりを見下せ, かかり庭一面が銀色, かかり廊下の奥, かかり弓矢のつづく, かかり引取人の現れる, かかり張翼は司馬懿, かかり後陣は鳥雲, かかり徐々として東方, かかり従って財産家の, かかり御飯がすん, かかり快からず思へるまま, かかり念仏を怠る, かかり忿怒のあまり身, かかり思わせ振りして, かかりに死す, かかり怪物が窓, かかり恐らく一段も, かかり恐ろしい幻影に, かかり息子の家, かかり惨憺たる敗北, かかり成吉思可汗の死後十年, かかり成吉思汗の死後十年, かかり我々軽禁錮, かかりる者, かかりのない, かかり所存を申し上げ, かかり扁桃腺を脹らし, かかり手数もかかる, かかり拘引せられること, かかり拙者と小平太どの, かかり指図をし, かかり捕縛ってはくださるまい, かかり提灯の光, かかり数万の蜂, かかりの陣構え, かかり斬殺でもされましょうなら, かかり発明の, かかりが猶, かかり方星宿の手水鉢, かかり旅出の前, かかり早く決心せよ, かかり早晩これを, かかり明日会う約束, かかり明朝卯の刻, かかり易い弱い性格を, かかり星影がしだいに, かかり春日山のお, かかり昨夜ついに死せり, かかり時には岩を, かかり時日を費す, かかり時間がかかり, かかりの星, かかり最後にはその, かかり望みを果たさなかった, かかり朝めし前に小城一つ, かかり朝子も出かけ, かかり木漏れ陽を割っ, かかり本命の楽勝, かかり本堂の中, かかり東京の様子, かかり東京大学病院で数回手術, かかりの葉, かかり枕許の風呂敷, かかり柴船が川, かかり栗栖のこと, かかり核心に迫る, かかり桔梗が原, かかりに茶碗, かかりの木, かかり槍ヶ岳方面を抛棄, かかりを渡る, かかり檜木六本杉六本都合十二本の大木, かかり次に引き上げた櫛, かかり次第予が屋敷, かかり次第圜を揚げね, かかり次第引ッ捕えるの, かかり次第極刑に行わるべき, かかり歓びのある, かかり正中上方一線の霞, かかり正面に立つ, かかり死刑ということ, かかり気管支から肺尖, かかり氣味になツ, かかり水面も曇り, かかり永い間寝床から, かかり汽船のサーチライト, かかりから漁舟, かかり油壺の南岸, かかり法輪寺の塔婆, かかり泣き声喚き声呪咀, かかり活路相開き右人員, かかり流れは林, かかり海上千里月明の色, かかりゆる路上, かかり渓谷も森林, かかり渡舟の上, かかり渡良瀬川を渡り, かかり渦巻の多い, かかり洲では, かかりを奇麗, かかり潺湲たる清流, かかり火箸は自然, かかりが運悪く, かかり無駄な費用, かかり煉瓦造りの便所, かかり熱心に働く, かかり片手に紙巻, かかり甘酢の鶏肉, かかり擒り, かかりはべつ, かかり男娼の写真, かかりに据えた, かかり畳屋町笠屋町玉屋町を横筋, かかりが癒え, かかり白堊の櫓, かかり白絹の小袖袴, かかり百両の金, かかり百十枚ほどの作品, かかり百難をこえ, かかり皇太子さまにも会っ, かかり皮膚を襲い出した, かかり盗難よけの御札, かかりがぎょろりと, かかり目つき愛嬌がある, かかり目前だけを見れ, かかり真暗な中, かかり真白き雪の, かかり真面目に彼, かかりを開いた, かかり短くせまった眉, かかりをごっそり, かかり砂丘の万波, かかり神妙にお, かかり神様を主, かかり私たちをし, かかりは十月, かかり競輪にも出かけました, かかりと太鼓, かかり管理人の腕, かかりが動きだした, かかり箱丁もてんてこまい, かかり一ヶ年という, かかり素晴らしい勢で, かかり経費の収入, かかり結局はお前, かかり綱伝い後退りにそろそろ, かかりを損じた, かかり総体に鬼気, かかり縄目の恥なんど, かかり聴衆と警官, かかりは昼飯, かかり胆気力の充ちみなぎった, かかり背後から一刀, かかりが前屈み, かかり能登守の運命, かかりの袋, かかり自分は拘引, かかり自己の立場, かかり自由自在に行きつもどりつし, かかり自身失敗するに, かかり自転車は普及, かかり船大工の槌, かかりの梢, かかり芸者に喰われ, かかりを青々, かかりの中, かかり茅野雄の友人, かかりの葉, かかり草鞋を脱いだ, かかり付けず快活さ, かかり蒼茫と煙った, かかり虚ろのさま, かかり虫声露光あたかもわが, かかりの軍勢, かかり衣裳の袖, かかり表口で調子, かかり裏梯子を下りる, かかりといっしょ, かかり覘違はず忽ちに, かかり試みに押す, かかりも構っ, かかり調味のあんばい, かかり謂れない悪罵, かかり議長の注意, かかり負けするの, かかり赤いちゃんちゃんこを, かかり赤土の切立地, かかりには足械, かかり足もとに海, かかり路傍に薄く, かかりで行っ, かかり輸出物のあくどい, かかり返り討ちになった, かかり途中敵の舟陣, かかり通しにかかっ, かかり通称七曲と言う, かかり遊ばしたらお味方, かかり遊行上人に道しるべ, かかり遠い故郷へ, かかり部下の将, かかり酷い痛みに, かかり重い両手は, かかり野分のあと, かかり金持ちの犬, かかり金色にやや, かかり釣徒の難所, かかり銀子の後見, かかり鐘楼の鐘, かかり門長屋の武者窓, かかりが白みはじめた, かかり障子はやぶれ, かかりにうたれ, かかりが舞い, かかり電灯がかすか, かかり青い透きとおった光りを, かかり青山に来る, かかり青銅の花瓶, かかり頃日来机に離れ, かかり頬杖を突い, かかりをたれ, かかりや腕, かかり頸脚の白く, かかりは血の気, かかりが一段と, かかり風鈴の赤い, かかり食事の用意, かかり食糧として小麦粉, かかりを切る, かかり馬車道の近く, かかり脚の, かかりの勢, かかりの啼き, かかり鳰鳥を捉えよう, かかり黄いろな板, かかりのまわり, かかりは紫色