青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かかった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かえ~ ~かえって かえって~ ~かえる かえる~ ~かかえ かかえ~ ~かかっ かかっ~ ~かかった
かかった~
かかり~ ~かかる かかる~ かかわらず~ かき~ ~かぎり かぎり~ ~かく かく~ ~かくし

「かかった~」 3900, 42ppm, 2753位

▼ かかった~ (477, 12.2%)

45 である 42 です 2411 であった 10 でした, では 8 であります 6 か, だが, だった, だと, であるが 5 ですが 4 でございます, を見 3 がこの, さ, だそう, でしょうか, ですか, ですよ, は, はその, を見た

2 [15件] が, がもう, だったが, であったが, でありました, であろうか, でしょう, ですから, でも, はもう, は今, をぐっと, を右, を感じた, を画いた

1 [227件] かいずれ, かこの, かそれとも, かときかれ, かと思い, かね, かもしれない, かも知れない, か目, があった, があらた, がかれ, がかれこれ, がこっち, がこの程ヶ谷, がその, がちょうど, がはいっ, がはッきり, がまちがい, がようやく, がわかった, が一隻, が丁度, が与八, が九段下, が今, が何度, が保険会社社長, が兵馬さん, が十二日, が十字四十五分, が向う, が四時頃, が垂水村, が外国語, が多かっ, が女, が嬉しかっ, が当った, が急, が我が身, が拙者, が最初, が月見橋橋畔, が案, が災難, が目, が目ちげえさ, が米友, が葉, が蔦, が重なった, が鍋久, が阿鼻, が静か, じゃ, じゃない, だから, だからなあ, だからね, だけれど, だそして, だったけれども, だったら同じ, だという, だよ, だろう, だろうぐらいに, だろうけど, だろうと, だろう女の子, であったならば, であるから, であろうかな, であろうと, であろう少し, であろう障子いっぱい, でございますが, でございますよ, でござる, でしょうけれども, ですからね, ですな, でないから, でないこと, で御座います, と, と上野介, と重吉, どうだった, なら大して, なら遮二無二, におどろい, におびえ, には感心, に驚い, に驚く, はあなた, はあります, はうつらうつら, はかなり, はここ, はこっち, はこの, はこのごろ, はこんな, はそりゃ, はそれ, はそれから, はなぜ, はなん, はふたり, はむり, はアルデシュ, はクリストフ, は一つ, は丁度, は中村捜査係長はじめ, は五時すぎ, は亥, は何, は例, は元, は先, は先程取次, は八丁堀, は前後, は北町奉行所, は右, は夕遊び, は夜, は大名, は奈良, は女, は屠殺場, は嶽, は年, は役割, は彼, は恐らく, は手落ち, は日本, は昨, は是非, は昼, は桜田門, は次, は残念, は無理, は玄長法師, は甚だ, は神様, は空馬, は翌, は翌朝, は虚空, は蝙蝠傘, は衣食, は鉱石, は馬子, は髪, もあった, もその, もてんで, もまだ, もまったく, もみんな, ももの, もやっと, も偶然, も宵, も少く, も当然, も無理, も真に, も色々, も里, やあるいはまた, をかんびょう, をこの, をさも, をその, をふと, をふみ止っ, をまた, をみの, をみる, をやあ, をやめた, をよく, をエマニュエル, をデパート, をブドリ, を不思議, を何, を危く, を圧, を嫌っ, を定, を居合せた, を彼, を思う, を愛吉, を感じる, を懐中, を手のひら, を手先, を支える, を根, を知る, を神田, を結び直す, を聞きつけ, を若い, を荒削り, を見かける, を見さだめる, を見たら, を見つけた, を見る, を覚え, を認むるや, を踏みつけ, を食べさせられ, んが, 見合を

▼ かかった~ (226, 5.8%)

5 それは 4 どうした 3 彼女は 2 これは, すぐに, それが, それも, それを, ふとその, 夫人は, 彼は, 私の, 近所の

1 [194件] あぶないところ, あぶなく長靴, あまりな, いっこうにきき, いつも軍功帳, いよいよと, うまく行かず, おとっさん, お内儀さん, お前暗, お寅, お釜, かえって黄忠, ここで, こちらが, こっちで, このよう, この両雄, この際彼, こま鼠の, こんどは, こんな事, さすがに, しかしその間, すぐ加えた, そのあいだ, そのうち, そのかたわら, そのころ米ソ, そのとき, そのまま泳ぐ, その夜, その工事, その度びにも女, その時, その最後, その薄手, その辺, その間も, それだけは, それでもまだ, それより, たちまち一人, ついに及ばず, てめえ何か, とにかく酒, とろうと, どうしても, どうしてもとく, どうしてもねむれない, どうにもこうにも, どうにも身体, どうもそわつい, どうやらずぶずぶ, どちらからも, どっこいそう, なお心配, なにしろ進駐, なんなく菅原, にわかに足, ひどく不満, ふと見れ, ふッ, ほとんどジャン, また支え直す, また酔, まだ宵の口, もうだめ, もう久慈, もう年, もとより関羽, やがて姿, やっとヴァルセ, やはり躊躇, やはり駄目, ようやく踏み止まる, よく三木城, オヤジの, カラーが, ツイと, フト私の, モチ竿の, ヴェリチャーニノフは, 一目見, 一行の, 三平の, 三浦さんは, 丸木の, 事務長は, 井汲さん親子一生懸命掘る, 人の, 今は, 今年は, 体に, 何一つそれ, 何度たたい, 俺も, 再び病室, 到底姜維, 十分ほど, 十日あまりで, 半七ら, 南海真珠の, 危うくも, 危ない, 反対に, 営業用に, 囂々として, 夜中に, 大熱, 大衆は, 安房守の, 容易に, 小僧が, 少年は, 届かないため, 屠殺は, 幸いに, 彼の, 後足は, 恋人同志だ, 手形が, 手摺へ, 折ふし山中では, 折も, 折よく, 折りよく, 振り上げたこぶし, 敵方に, 料理すべき, 新夫婦, 春では, 時々相手, 暗さ, 最後だ, 最後まるで, 最後山県紋也は, 最後必らず, 最後手前の, 最後昼夜ブッ通しに, 最後百人の, 最後駕籠の, 期日が, 李典に, 板橋では, 権之, 櫛を, 残念だ, 毎日の, 気がついて, 浮腫は, 漱石は, 父の, 男は, 皆目知れなかった, 目の, 直ぐまた起き直った, 直ちに甚, 相生町の, 真弓は, 祖母に, 窓の, 米友は, 終日終夜この, 結局またも, 結局チベット政府が, 結局ドコかで, 結局二倍の, 結果が, 絹ハンカチに, 織だか, 美和子は, 脆くも, 舟が, 航路の, 芸もねえ, 蝙蝠傘を, 装置が, 西涼軍の, 見届けの, 貞之助も, 足軽鑑札を, 踏みとどまって, 近習の, 追手が, 通算し, 酔どれの, 障子に, 雀が, 雪之, 青年ボーイの, 風俗を, 魚は, 龍造寺主計の

▼ かかったよう~ (178, 4.6%)

8 になっ 7 なもの 5 だ, な気 3 です

2 [13件] であった, である, でも, な姿勢, な家, な恰好, な瞳, な色, にからだ, にブルブル, に思う, に思った, に見え

1 [124件] じゃのう, だった, だわ, てんでに何, でうっかり, でしたが, では, ではっきり, で細そり, な, なあるイングランド, なこと, なするどい, なそれでいて, なたった, なとろんと, なふう, なタイプライタア, な事件, な何とも, な作品, な古い, な塀際, な容貌, な寺院, な小さな, な工合, な工場, な形, な影法師, な彼女, な心地, な心持, な心持ち, な恐怖, な感, な振り, な振動, な暗, な本棚, な気持ち, な爛漫, な状態, な男, な異様, な箱, な純朴, な素肌, な細い, な背景, な薔薇, な表情, な裾, な調子, な身動き, な銀子, な面, な響, な頼り, な麦畑, に, にうかがわれます, にうす, にしばらく, にその, にたちすくんだ, につぎつぎ, にとびあがった, になか, になった, になり, になる, にひきつけられた, にぴょんと, にやわらか, にサッと, にヒョイ, にピタリ, にピッタリ, にピリピリ, にボンヤリ, に一面, に人, に半信半疑, に咲い, に四季, に四辺, に大, に影, に思い, に思いました, に思われ, に思われた, に慄, に我, に捜索, に描かれ, に時々, に暗みかけ, に次, に疲れる, に病褥, に痺れ上っ, に眼, に硬直, に神, に私, に私達皆んな, に籐椅子, に細い, に美しく, に自, に萱, に薄暗く, に虫蝕, に見えた, に見せかけ, に触れ歩き, に身, に長い, に開かね, に飛びたちました, に飛び上る, に鯱張っ

▼ かかった~ (105, 2.7%)

7 だった 6 であった 3 である 2 お秀, であったと, に, に父, のよう

1 [79件] あいにくトイレット, あの二人, ある冷たい, ある居酒屋, かつて覚えない, からその, から今, から伊那丸, じらして, すぐ来よう, すでにお, その菰張り, だ, だっていう, だ山内伊賀, つと木陰, であった入口近く, でございます, でした, です, でサイ, で目, どういう仕方, どういう風, にあ, にお雪ちゃん, にここ, にさっき, にした, にすぐ, にそち達, にその, にはさすが, には勿論, には声, には異常, にひょこひょこ, にむこう, にもたとえ, にもゆる, にゃもう, に天災, に娘, に宇治, に少し, に彼, に日, に最初, に桃色, に線路, に織衛, に行動, に覆面, に運, に門口, に雪, に馬車, の, のこと, の光, の光景, の懸, の相手, はさすが, はじめて下, はたしかに, は別に, は危険, は受付, は彼, は此, ふと本能的, ゆく先, わっし, パラパラ雨, 其の墓, 図らずも, 絞め損, 見つけて

▼ かかったもの~ (92, 2.4%)

5 である, ですから 3 だ, だから, だが, であります, です 2 と見えます

1 [65件] か少し, か頭部, がありました, があります, がない, がわずか, が人間, が今年, が常々自分, が欲, が谷, じゃ, そして恐ろし, その青み, だけ数えれ, だったに, で, であったが, であった気づかいは, であるが, であるし, であろう, でございます, でございますよ, ですが, でそれ, でなければ, では, で元就, で法衣, で流れて, と, とする, とも見られる, と思っ, と思われます, と自嘲, と見なし, と見る, ならば, には不平, には領主, に相違, のみが人生, はいまだ, は倒れ, は凡て, は天然痘, は死ん, は皆謹慎, もあった, も少なく, も辟易, よりも大, をじっと, をやめ, をわたくし, を三ヵ月, を何, を全部証書, を幾品, を持っ, を泥, を見る, を重ねる

▼ かかったので~ (91, 2.3%)

3 彼は 2 今度は

1 [86件] いそいで, お駒, かなりつかれた, きゃっと, この一例, この大学, さしもの, すくなからず, その方, その晩, その船, それに, だいぶ時間, ちょっとした好奇心, どんな者, はっと眼, びっくりした, もう十二月, ブリュジョンと, 三四日遊ん, 主人も, 今までも, 伝六は, 何事かと, 何十人の, 分かりました, 勇二は, 卜斎は, 右手で, 吉乃は, 名人も, 周は, 土塀の, 坊主は, 堪りかねて, 外出する, 大将は, 始は, 学校から, 家に, 巡査は, 建物の, 彼に, 思わず両, 我等の, 手燭を, 手許に, 拾い上げて, 文字春は, 早く湯, 暗中模索これは, 暗号の, 本当に助かった, 杜は, 染吉は, 森戸崎に, 水上さんは, 漁師らも, 牢人たちは, 狐らは, 珍らしい, 田原警部が, 矢鏃は, 私たちは, 私は, 笑顔を, 自分は, 苦も, 蔦の, 薄暗い屋内, 証拠なんかは, 貝を, 身ぶるいし, 郵便配達手君も, 野も, 鈴江が, 銀三は, 長三郎は, 陶の, 離室の, 雨の, 雪頽を, 風雲が, 食事に, 駕籠屋どもも, 鰻は

▼ かかった~ (85, 2.2%)

7 思うと 5 すれば 3 いう, 言って 2 なると, 云うこと, 思われる頃, 見せかけて, 見るま, 見るや

1 [55件] いいますが, いうだけ, いうでも, いうと, いうので, いうのに, いうべきだと, いうよりか, いうよりは, いえないこと, いって, おっしゃいましたが, かからないと, このとき電柱, こぼして, したならば, したら妻, せえ, みえて, みえる, みせて, 云うと, 同じ方向, 同時に他, 大げさな, 女中が, 思いましたが, 思う, 思うけど, 思うん, 思う時分, 思った, 思ったが, 思ったけどねえ, 思ったとき, 思ったら何, 思った刹那, 思っても, 思や, 早打が, 気づいた時, 申します, 申すか, 知ったら彼, 聞いて, 見えて, 見たもの, 見るべきである, 言うの, 言うので, 言えば, 言えるだろう, 言え可, 言ったの, 言っても

▼ かかったこと~ (80, 2.1%)

11 がある 6 があった 4 はない 3 がなかっ 2 さえある, であった, であろう, のない, もあった, を思う

1 [44件] がありました, があります, がこうした, がございました, がごわせん, がそもそも, が重大, その電話, だが, だろうと, である, でござった, でした, では, など一大事, なん, になります, に気が付かない, のある, はありました, はしない, はそれら, はなく, は内々, は想像, は明らか, は珍しい, は直ちに, は真実, もある, も一再, も不思議, も帰, も度度, も有った, も白状, や女中, を後悔, を思い出し, を思い出した, を思っ, を悟った, を悟りました, 従って謙吉

▼ かかった~ (54, 1.4%)

175 です 3 だよ 2 だからね, だが, ですか, ですが

1 [21件] じゃありません, じゃねえ, だいったん, だから, だからなあ, だそう, だその, だっておっしゃる, だと, だもちろん, だろう, だろうって, だろうと, だネエ, でございますよ, でしょう, ですかい, ですから, ですけど, ですって, ですよ

▼ かかったという~ (45, 1.2%)

3 ことが 2 ことだ, ことは, のじゃ, のである

1 [34件] ことで, ことによって, その情婦, のかい, のかネ, のであろう, のでございます, のです, のと, のは, のも, ふうに, ものです, ものを, ような, わけだ, わけです, んだ, んです, 事だけが, 噂を, 工合で, 牢屋医者からの, 羽振りの, 訳で, 話, 話だった, 話である, 話を, 通知を, 順序を, 顔つきで, 風に, 騒ぎです

▼ かかったとき~ (42, 1.1%)

2 である, に見える, のこと

1 [36件] その時, その顔, たった一人, でした, などはその, にはその, には外, には花後, にふしぎ, にわたしたち, に呼び止めました, に男, に身, に軽い, の心持, の記念, はあの, はちょうど, はどう, は三千人, は先, は夢, は手紙, は武器, ひょっくりと, ふいと, ふとした出来心, も銀角大王, やっぱりこの, や非常, 使った本物, 全隊, 再び顔, 御話した, 早くも, 薄暗り

▼ かかったところ~ (35, 0.9%)

1 [35件] かちょっと, から入っ, があっ, がある, その門側, だった, でここ, です, でその, でどう, でふと, でほんの, でわれわれ, で与右衛門, で半白半分, で彼女, で思いの外, で空中, で誰, で駕籠, と見え, にはいっ, は今, へかの, へまた, へももんがあ, へ女中, へ平吉, へ幸い, まで長く, や梢, を兄さん, を出た, を見, 突如五百

▼ かかったまま~ (26, 0.7%)

4 になっ 2 で破れた

1 [20件] うとうとと, おいおい泣い, じっと濃, そうでしょう, だったそう, だんだん左舷, でした, です, でもすぐ, で問うた, で眠り死, ながらなお, なので, のもの一本, の竹刀, またきちんと, ウトウトと, 時々ひくい, 死んで, 黙って

▼ かかった~ (25, 0.6%)

2 のよう

1 [23件] があっ, がこの, がする, がそれ, がふと, が投げ落した, が逆, こそしあわせ, だったの, でなかったらこんな, としてはこんな, と争っ, にいきなり, にこの, に助け, に尋ねる, のうみ, のごとき, はそこ, は低い, は藁, をたずねだし, を抱い

▼ かかったから~ (24, 0.6%)

2 である

1 [22件] いけなかったん, うちへ, こんな行違い, それですっかり, だ, ちょっと寄っ, であった, であります, であろう, でござる, でした, でしょう, です, では, 五十六歳に, 寄って, 寝ずに, 手を, 早速馴じみ, 船は, 金持ちは, 静かに

▼ かかった~ (23, 0.6%)

1 [23件] から見知らぬ, があった, がありました, がある, がない, が何度, が御座いませんでした, が時々, が無い, とこの, などを自分, にし, になる, のある, のない, の体, までも事件, もあった, もなく, も度々, をも零した, を記臆, を辛

▼ かかった~ (20, 0.5%)

2 の入口

1 [18件] が多かっ, である, で彼, で通れない, などが化物屋敷, などこまごま, などは一軒, には妻, のよう, の前, の窓, の簷, はまた, は思い出す, は水, もあった, もあります, を見る

▼ かかった~ (20, 0.5%)

1 [20件] あの方, お花, から南, から急, から長い, から雨, から雲, だった, である, で子供, になっ, には三月末, には夜, には彼, には日, に塔, に本郷東片町, に知らず, のこと, はまだ

▼ かかった~ (18, 0.5%)

2 巡査さんに

1 [16件] 君さんは, 屋敷は, 役所の, 愛妾, 月様を, 歳暮が, 白粉が, 米が, 米の, 納戸茶の, 組屋敷の, 美代も, 角は, 道さんの, 銀様, 雪を

▼ かかったかと~ (17, 0.4%)

10 思うと 1 おもうと, 云うと, 仰っしゃるか, 思う, 思う姿, 思われたが, 見るま

▼ かかったその~ (17, 0.4%)

1 [17件] ためだ, 刹那, 刹那に, 刹那耳慣れぬ, 千種屋に, 卓面には, 夫に, 家も, 扉を, 時に, 木立の, 橋で, 真中へ, 縁側に, 罰は, 船は, 言葉を

▼ かかった~ (15, 0.4%)

2 して, 知らないが

1 [11件] お敏自身, してなあ, それは, であろうチュッ, どうかは, 三日目から, 云って, 分るであろう, 知れないが, 知れなかった, 知れぬ

▼ かかった~ (15, 0.4%)

2

1 [13件] だから, であって, である, でいう, でいった, ではぐらかし, でゆっくり, で不明瞭, で云った, で言っ, という, をだし, を呑ん

▼ かかった~ (14, 0.4%)

1 [14件] がある, がさして, がすべて, であった, である一人, で店さき, にはたまらない, には存外, には打っ, にゃそれ, のこと, の光, はいっそう, も途中幾たび

▼ かかった~ (14, 0.4%)

1 [14件] がある, がこの間, がふとした, が火事, でも, などが幸い, のあった, のよう, の一人, の注意, はある, はみな赫々, を見, 或は彼

▼ かかったけれど~ (13, 0.3%)

1 [13件] いずれへ, こんな風, ついに悪性, 別に, 姿が, 彼女は, 新しい主, 月々の, 本当に愉快, 構うもの, 治療の, 病魔には, 賊の

▼ かかったのに~ (13, 0.3%)

1 [13件] その規模, もう洒, 一向にもうけ, 兄は, 少しも, 干物を, 引ッかけに, 腰を, 船体は, 落胆し, 近いもの, 驚かされたから, 高音さまが

▼ かかった時分~ (12, 0.3%)

2 に雪 1 が日盛り, でありました, にそこで, にはいかに, には太陽, には既に, に不意, に何者, に日, に源氏ら

▼ かかった~ (11, 0.3%)

1 [11件] があった, が一人, が立ち止っ, にその, の一念, の内部, の心もち, の腕, の足駄, はビックリ, もたんと

▼ かかったそう~ (10, 0.3%)

32 です 1 だな, である, でございます, ですが, です席

▼ かかった一人~ (10, 0.3%)

4 の男 1 ですが, のその, の人, の婦人, の少年, の農夫

▼ かかった~ (10, 0.3%)

1 が無類, である, でとても, にもさ, に時節がら次男, は研出し, へ又もや, へ泡立てた, へ餌, をず

▼ かかった大きな~ (10, 0.3%)

2 橋のや 1 一枚の, 建物が, 掛額を, 時間表の, 月が, 楡の, 蜂の巣は, 額が

▼ かかった~ (10, 0.3%)

1 の小屋, の戸口, の眼, の胸, の血液, の貌, はその, は夜, は急, は赤座

▼ かかった~ (10, 0.3%)

1 には豆ランプ, に山々, のトラック, の辻馬車, はまた, を, を御簾, を眺め, を背, を見上げ

▼ かかった~ (10, 0.3%)

1 がつやつや, に櫛, の下, の中, の美し, の黒, をあげ, を丸櫛, を吹い, を頭

▼ かかったもん~ (9, 0.2%)

32 ですから 1 じゃありません, だから, だわ, でどうして

▼ かかったわけ~ (9, 0.2%)

3 である 2 では 1 だ, だが, でありましょう, であります

▼ かかったころ~ (8, 0.2%)

1 から夜, から彼, にわかに空, にボーボー, に降り出される, は一族主従離れ離れ, 堂々と, 漸く月

▼ かかったとは~ (8, 0.2%)

2 思われない 1 いえヨーロッパ, ずいぶん大がかり, どこを, 信じられない, 思いなされしませんさかい, 教えて

▼ かかった~ (8, 0.2%)

2 違いない 1 しても, じの, ちがいない, 相違ありません, 相違ない, 違いありません

▼ かかった二人~ (8, 0.2%)

1 の娘, の捕手, の浪士, の県庁吏員, の遊び人, は忽ちに, は恰, は自分たち

▼ かかった仕事~ (8, 0.2%)

1 がテン, だよ, とはいい, のあと, はこの, をくだらない, を中止, を終った

▼ かかった~ (8, 0.2%)

2 の上 1 から見る, のたもと, の方, の欄干, は世界, を渡る

▼ かかった着物~ (8, 0.2%)

2 の上 1 に黒繻子, の裏, の裾, を着, を着た, を詰めこん

▼ かかった言葉~ (8, 0.2%)

1 につり込まれた, をぐっと, をばあや, をもぐもぐ, をグッ, を呑ん, を急, を殺し

▼ かかったあの~ (7, 0.2%)

1 ころは, でんで, 右側が, 愚かしい不正, 老人であった, 若造に, 足の

▼ かかったこの~ (7, 0.2%)

1 仕事なかばに, 努力に, 大問題, 奉仕に対して, 娘が, 方が, 紙入れ過分には

▼ かかったため~ (7, 0.2%)

3 である 1 であった, であります, に危く, 全軍

▼ かかったばかりの~ (7, 0.2%)

1 お茶の水橋は, ところで, 処だ, 初冬の, 時じゃ, 有名な, 浪路の

▼ かかったテーブル~ (7, 0.2%)

1 がある, でジャガイモ, にグリーゼル, に向う, に着く, の前, の屋台

▼ かかった人間~ (7, 0.2%)

2 が思わず 1 が先, が潜伏, が藁, の前, の生理的

▼ かかった古い~ (7, 0.2%)

1 円柱にも, 小さな礼拝堂, 揺り椅子が, 木造の, 沓を, 籐椅子の, 部屋を

▼ かかった~ (7, 0.2%)

1 が, がで, が身の上, です, は, は数えきれない, を房枝

▼ かかった小さな~ (7, 0.2%)

3 林の 1 出来事が, 獣の, 美しい木箱, 部屋の

▼ かかった~ (7, 0.2%)

1 だ, で, の色, をし, をひたり, をやわらげ, を洗い

▼ かかったけれども~ (6, 0.2%)

1 その両端, それでも念, それよりも, どうしても, 吹き始めた暴風, 夜襲の

▼ かかった~ (6, 0.2%)

1 いね公曰く, きてからも, この先自分, なかなかむずかしかっ, またその, 内容が

▼ かかったって~ (6, 0.2%)

1 しようがねえ, ビクとも, 丹下様には, 主人の, 五円とられる, 歯が

▼ かかった人々~ (6, 0.2%)

1 がその, などが相談, のみんな, の顔, ばかりで, を驚かせた

▼ かかった~ (6, 0.2%)

2 の端 1 が飛び廻っ, と長襦袢, をダラリ, を取上げ

▼ かかった~ (6, 0.2%)

1 がいい, がどれ, がまた, が出, が勝, が答

▼ かかった椅子~ (6, 0.2%)

2 に腰 1 が二脚, に傲然, の上, の背頸

▼ かかった様子~ (6, 0.2%)

2 である, です 1 で列車, に見えた

▼ かかった~ (6, 0.2%)

1 がふるい落とされ, が靴, に覆われ, の街路, の足袋, を払おう

▼ かかった~ (6, 0.2%)

1 が二つ, が後, の毛, へ手, を光らし, を柿色

▼ かかったばかり~ (5, 0.1%)

1 だから, である, で裏, なの, なん

▼ かかった~ (5, 0.1%)

1 からはこの, でなければ, に今日明日, の橋, は仔細

▼ かかった時彼~ (5, 0.1%)

1 はまた, は例, は急, は指, は既に

▼ かかった~ (5, 0.1%)

1 いいを, がありました, でも, は何, もある

▼ かかった病人~ (5, 0.1%)

1 で翌日, にお前, の枕元, の脈搏みたい, を疲らし

▼ かかった白い~ (5, 0.1%)

1 建物の, 炭が, 菊や, 薄雲, 顔の

▼ かかった~ (5, 0.1%)

1 のよう, の美し, の莟, を子細, を鄭寧

▼ かかった~ (5, 0.1%)

2 のよう, や蜻蛉 1 なの

▼ かかったからと~ (4, 0.1%)

1 いうので, お立ち寄りに, 云うて, 召使の

▼ かかったからには~ (4, 0.1%)

2 どんなこと 1 のがすもの, 色めきたたぬという

▼ かかっただけ~ (4, 0.1%)

1 お手拍子喝采, それだけ余, であったのに, です

▼ かかったなり~ (4, 0.1%)

1 何度も, 応待し, 抱き据えて, 頭が

▼ かかったほど~ (4, 0.1%)

1 であった, であったが, で警官隊, 驚いた様子

▼ かかった~ (4, 0.1%)

1 ぐらいな大き, に土, は直ちに, を小走り

▼ かかった以上~ (4, 0.1%)

1 たとえ人工流産, どうともし, は商売, は笑っ

▼ かかった円タク~ (4, 0.1%)

1 を呼びとめ, を呼びとめる, を呼び止め, を止め

▼ かかった夕陽~ (4, 0.1%)

1 が赤, のわびしい, は遠い, をまとも

▼ かかった~ (4, 0.1%)

1 丸髷が, 仕事である, 床づたいに奥の, 通行の

▼ かかった女中~ (4, 0.1%)

1 が吃驚, が驚い, に催促, の耳

▼ かかった~ (4, 0.1%)

1 だの丘, ね, の峰, の色

▼ かかった~ (4, 0.1%)

1 にようやく, に気づい, の形, までもいまだに

▼ かかった~ (4, 0.1%)

2 の光 1 が無気味, の蒼白い

▼ かかった瞬間~ (4, 0.1%)

1 いきなりいきおいよく入口, にはね飛ばされ, に私, の心持

▼ かかった~ (4, 0.1%)

2 泥が 1 土が, 土を

▼ かかった自分~ (4, 0.1%)

1 の気持, の脚, の身体, は今

▼ かかった~ (4, 0.1%)

1 のお, を低い, を故意, を音

▼ かかった薄い~ (4, 0.1%)

1 写真は, 唇を, 幕の, 氷の

▼ かかった~ (4, 0.1%)

1 だとか, との二重写し, に出, を眺めた

▼ かかった~ (4, 0.1%)

1 のあいだ, のよう, は東方, を一つ一つ指摘

▼ かかった食卓~ (4, 0.1%)

2 の上 1 に夫, のまわり

▼ かかった~ (4, 0.1%)

3 のよう 1 の様

▼ かかった~ (4, 0.1%)

1 にキューピーさん, のよう, の様, を眺める

▼ かかったあと~ (3, 0.1%)

1 がない, の寄席, を見せました

▼ かかったかは~ (3, 0.1%)

1 わからぬが, 知らないけれども, 私には

▼ かかったくらい~ (3, 0.1%)

1 その香り, だから, で人夫

▼ かかったせい~ (3, 0.1%)

1 かし, かそれほど, で鶴谷

▼ かかったとか~ (3, 0.1%)

1 念入りな, 改築する, 申して

▼ かかったとしても~ (3, 0.1%)

1 必ずしもそれ, 相手の, 種が

▼ かかったとたん~ (3, 0.1%)

1 がーん, にお, にどう

▼ かかったなどと~ (3, 0.1%)

1 いいがち, 言う, 途方も

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 月の, 笑止千万乗主殿には, 芝三角札の辻刃の

▼ かかったはず~ (3, 0.1%)

1 でありそうして, でごぜ, の仕事

▼ かかったほう~ (3, 0.1%)

2 がいい 1 がより

▼ かかったほどの~ (3, 0.1%)

1 大がかりな, 激しさ, 熱演で

▼ かかったやう~ (3, 0.1%)

1 に, に思ひました, に萱

▼ かかったんで~ (3, 0.1%)

1 そなた, どうなった, 身体中の

▼ かかったランプ~ (3, 0.1%)

1 がつい, のしん, の灯

▼ かかった一つ~ (3, 0.1%)

1 のテーブル, の山駕籠, の柴折戸

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 に焚火, の橋, 葉の

▼ かかった人形~ (3, 0.1%)

1 の顔, はあなた, を拾いあげた

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 のあらゆる, の一人, の御

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 である, ならまだ, に過ぎぬ

▼ かかった午後~ (3, 0.1%)

1 でした, の一時ごろ, の事

▼ かかった双子~ (3, 0.1%)

1 の上, の半纏, の薄

▼ かかった土塀~ (3, 0.1%)

1 があっ, ではその, のわれ目

▼ かかった場合~ (3, 0.1%)

1 でもそれから, にわれわれ, の注意

▼ かかった太陽~ (3, 0.1%)

1 が海面, の赤い, はこの

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 だから, のあばた, はぎゅうも

▼ かかった家具~ (3, 0.1%)

1 のよう, の据えつけられた, や道具

▼ かかった広い~ (3, 0.1%)

1 胸に, 額と, 額を

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 る一秘策, る仕事, る夜

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 に日, に生活, へ丁度

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 があい, の外, をはさん

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 が胸, は知覚, をとった

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 の捕虜, はちょうど, は凡者

▼ かかった旅人~ (3, 0.1%)

1 のよう, の跫音, を襲い

▼ かかった時私~ (3, 0.1%)

1 が, の行く手, は

▼ かかった最初~ (3, 0.1%)

2 の電車 1 の日

▼ かかった板橋~ (3, 0.1%)

1 を使っ, を渡る, を跨い

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 から鍵, に頭, を

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 の木, の林, はジウジウ汁

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 なそれでいて, な様子, に思いません

▼ かかった気持ち~ (3, 0.1%)

1 がどういう, もようやく, を享

▼ かかった漆喰~ (3, 0.1%)

1 の壁, の床, の横腹

▼ かかった火の粉~ (3, 0.1%)

2 を払った 1 は払わね

▼ かかった災難~ (3, 0.1%)

1 とでもいうなら, をとりあげ, を今更

▼ かかった煉瓦~ (3, 0.1%)

2 の肥溜 1 の塀

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 はそれなり, を叱り付けました, を溝

▼ かかった甘ったるい~ (3, 0.1%)

2 声で 1 少女の

▼ かかった白粉~ (3, 0.1%)

1 の顔, を緑青色, を軽く

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 であったはず, で色, の前

▼ かかった石段~ (3, 0.1%)

2 の上 1 に腰

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 からさしこむ, である, の処

▼ かかった~ (3, 0.1%)

2 二の 1 三の

▼ かかった篝火~ (3, 0.1%)

1 の傍, の前, をたより

▼ かかった美しい~ (3, 0.1%)

1 トンボの, 一匹の, 箱入の

▼ かかった自動車~ (3, 0.1%)

1 に乗っ, の中, の内部

▼ かかった~ (3, 0.1%)

2 がいかにも 1 の液

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 のいい, のよい, やかなおくれ毛

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 のよう, は度, を針

▼ かかった襦袢~ (3, 0.1%)

1 などをきちんと, などを着込ん, の上

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 だね, でございます, でも

▼ かかった赤い~ (3, 0.1%)

1 日が, 石がきの, 花が

▼ かかった身体~ (3, 0.1%)

1 だ, を無理, を片手

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 ちかく縫いもの, の低い, の桜

▼ かかった連中~ (3, 0.1%)

1 が多い, が矢, だけあっ

▼ かかった部屋~ (3, 0.1%)

1 があります, に入っ, へ這入っ

▼ かかった鏡台~ (3, 0.1%)

1 があった, の前, やがあった

▼ かかった~ (3, 0.1%)

1 には葎, の廡, を見あげ

▼ かかった髪の毛~ (3, 0.1%)

1 の一筋, の長い, を二

▼ かかった髪毛~ (3, 0.1%)

1 の下, の中, を撫で上げた

▼ かかったあたり~ (2, 0.1%)

1 がきれい, の梢

▼ かかったある~ (2, 0.1%)

1 偉大な, 店先で

▼ かかったいい~ (2, 0.1%)

1 セットでした, 考えが

▼ かかったうすい~ (2, 0.1%)

1 壁一重で, 茶色の

▼ かかったおじいさん~ (2, 0.1%)

1 の漁師, までやってきました

▼ かかったかも~ (2, 0.1%)

1 知れないが, 知れません

▼ かかったきり~ (2, 0.1%)

1 ですが, 会いませんでしたか

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 としてやっさもっさ, やなどがあっ

▼ かかったご飯~ (2, 0.1%)

1 や餅, を食べ

▼ かかったじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, アねえか

▼ かかったそうして~ (2, 0.1%)

1 その崩れ目, その機材

▼ かかったとき俄~ (2, 0.1%)

2 に途方

▼ かかったとき急~ (2, 0.1%)

1 にいや, に矢代

▼ かかったところが~ (2, 0.1%)

1 もとより丈助, 恐ろしい殺人事件

▼ かかったにも~ (2, 0.1%)

1 何にも, 拘わらず女

▼ かかったまで~ (2, 0.1%)

1 そのご, 花の

▼ かかったみたい~ (2, 0.1%)

1 で心, になっ

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 同様もはや, 同然です

▼ かかったもう~ (2, 0.1%)

1 一匹の, 一本

▼ かかったものの~ (2, 0.1%)

1 勘定あれや, 生じた場合

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 恐ろしい魚, 自慢じゃ

▼ かかったわり~ (2, 0.1%)

1 には急, に思う

▼ かかったタクシー~ (2, 0.1%)

1 に乗っ, を

▼ かかったドア~ (2, 0.1%)

1 や上げぶた, を軽く

▼ かかったルミ~ (2, 0.1%)

1 の体, を全身

▼ かかった下駄~ (2, 0.1%)

1 ばき, をはい

▼ かかった不幸~ (2, 0.1%)

2 のうち

▼ かかった二つ~ (2, 0.1%)

1 の塔, の岐

▼ かかった二三人~ (2, 0.1%)

1 の人々, の学生

▼ かかった仁丹~ (2, 0.1%)

1 がいくつ, が劇薬

▼ かかった倉庫~ (2, 0.1%)

1 のよう, の立並ぶ

▼ かかった入口~ (2, 0.1%)

1 から暖簾, の戸

▼ かかった八角時計~ (2, 0.1%)

1 に眼, の針

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 は一, を盛返す

▼ かかった勢い~ (2, 0.1%)

1 でないこと, はどうしても

▼ かかった千浪~ (2, 0.1%)

1 はいつしか, をやっといきなり

▼ かかった去年~ (2, 0.1%)

1 の小屋, の秋

▼ かかった古家~ (2, 0.1%)

2 の薄暗い

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 だった, とどこ

▼ かかった外套~ (2, 0.1%)

1 のボタン, を掛けまし

▼ かかった大きい~ (2, 0.1%)

1 円テーブルを, 卓子が

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 にこう, もある

▼ かかった女たち~ (2, 0.1%)

1 は初めそれ, をあわれむ

▼ かかった姿見~ (2, 0.1%)

1 がうっすり, を見た

▼ かかった子供~ (2, 0.1%)

1 がこんど, が眼

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 から背, で婦人党員

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 藤次の, 蝶と

▼ かかった小橋~ (2, 0.1%)

1 の袂, をわたり

▼ かかった帳場~ (2, 0.1%)

1 にで, の奥

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 になる, の若い

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 に催される, へまた

▼ かかった床の間~ (2, 0.1%)

1 の置物, を背

▼ かかった徳川~ (2, 0.1%)

1 の家, の腹

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 も又, をじっと

▼ かかった患者~ (2, 0.1%)

1 のよう, の身体

▼ かかった悪い~ (2, 0.1%)

1 やつが, 花を

▼ かかった感じ~ (2, 0.1%)

1 がする, です

▼ かかった提灯~ (2, 0.1%)

1 のよう, の蝋燭

▼ かかった敬遠~ (2, 0.1%)

2 だったこと

▼ かかった新しい~ (2, 0.1%)

1 橋を, 生活は

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 の人, の者

▼ かかった日本~ (2, 0.1%)

1 の自由民権時代, の鉄製

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 時代の, 神田川の

▼ かかった時前~ (2, 0.1%)

2 の車夫

▼ かかった時彼女~ (2, 0.1%)

1 は丁度, は急

▼ かかった暖炉~ (2, 0.1%)

1 のそば, のまわり

▼ かかった有様~ (2, 0.1%)

1 にはさすが, を見る

▼ かかった朱塗~ (2, 0.1%)

1 の丸籠, の脇息

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 が見え, の上

▼ かかった松明~ (2, 0.1%)

1 が再び, が赫

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 の樹齢, や銀杏

▼ かかった梯子~ (2, 0.1%)

1 へかけ上ろう, を掛け直し

▼ かかった死体~ (2, 0.1%)

1 が外れ, に触れた

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 のよう, の痕跡

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 を吹い, を焚き付ける

▼ かかった火鉢~ (2, 0.1%)

1 の火, へ手

▼ かかった~ (2, 0.1%)

2 が霜柱

▼ かかった焚火~ (2, 0.1%)

1 にあたっ, の光り

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 でも見る, のよう

▼ かかった~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ かかった玉子~ (2, 0.1%)

1 でも何でも, を材料

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 のあたり, を二人

▼ かかった番頭~ (2, 0.1%)

1 が一人, は二等品

▼ かかった疑い~ (2, 0.1%)

1 がまた, をごま

▼ かかった疑惑~ (2, 0.1%)

1 など私, をお

▼ かかった病気~ (2, 0.1%)

1 である, の話

▼ かかった皮膚~ (2, 0.1%)

1 に真黒い, のそれ

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 で石灰俵, は最後

▼ かかった相手~ (2, 0.1%)

1 ですが, は

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 の五輪塔, の門

▼ かかった筒袖~ (2, 0.1%)

1 を一枚素肌, を帯

▼ かかった箪笥~ (2, 0.1%)

1 があっ, でも長持

▼ かかった籐椅子~ (2, 0.1%)

1 が一脚そこ, が置い

▼ かかった米友~ (2, 0.1%)

1 が右, の頭

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 がヘルメット帽, の横

▼ かかった老人~ (2, 0.1%)

1 は, や歯齦

▼ かかった老婆~ (2, 0.1%)

1 がすれちがった, が咳き

▼ かかった肺臓~ (2, 0.1%)

1 のよう, は低い

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 の上, の関節

▼ かかった舞台~ (2, 0.1%)

1 の傍, の羽衣

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 の葉, の葉末

▼ かかった葉巻~ (2, 0.1%)

1 を口, を吸

▼ かかった薄暗い~ (2, 0.1%)

1 家の, 部屋で

▼ かかった藁屋根~ (2, 0.1%)

1 に初, 黄色い幌

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 の気持ち, の飛ぶ

▼ かかった被害者~ (2, 0.1%)

1 のすべて, の女

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 をひきずり, を内

▼ かかった足駄~ (2, 0.1%)

1 に足, をはい

▼ かかった路傍~ (2, 0.1%)

1 の小児, の街燈

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 があった, にのる

▼ かかった車掌~ (2, 0.1%)

1 に向っ, を捕え

▼ かかった軟かい~ (2, 0.1%)

1 着物の, 袷を

▼ かかった過去~ (2, 0.1%)

1 の技術, の音楽

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 を行った, を逆

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 の雫, を斯

▼ かかった鉄瓶~ (2, 0.1%)

1 の湯気, を取っ

▼ かかった長い~ (2, 0.1%)

1 土手を, 白壁の

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 と露, の音

▼ かかった電灯~ (2, 0.1%)

1 が置い, の光

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 をあげ, を燈火

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 でのっそり, の下

▼ かかった額つき~ (2, 0.1%)

1 が美しい, が貴女らしく

▼ かかった額縁~ (2, 0.1%)

1 のない, の中

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 だの, は二百匹

▼ かかった駕籠~ (2, 0.1%)

1 に乗っ, を停めさせる

▼ かかった~ (2, 0.1%)

2 の腹

▼ かかった黄色~ (2, 0.1%)

1 だの, な土

▼ かかった黒雲~ (2, 0.1%)

1 のため, を払いのける

▼ かかった黒鹿毛~ (2, 0.1%)

1 がまた, のうしろ脚

▼ かかった~ (2, 0.1%)

1 はいつ, まがりの

▼1* [1208件]

かかったあぶない橋を, かかったいよいよ魔法に, かかったうえに南雲さん, かかったおおかた今夜は, かかったおくれ毛を耳, かかったおまわりさんが二人, かかったお人好しらしい主人, かかったお婆さんの傍, かかったお店者らしい一人, かかったお方でございますねえ, かかったお松の眼, かかったかけ言葉の意味, かかったかて遣りや, かかったかのように, かかったからとて歯も, かかったからは紅玉と, かかったかを見わけること, かかったがんりきの百, かかったきょうもまた, かかったぐらいの程度だろう, かかったこざっぱりした半纏, かかったことこれを船上, かかったことご存知か, かかったこれは併, かかったこれぞまぎれもないこけ猿, かかったころ二人は扉, かかったころ国清寺の三門, かかったころ大塚窪町に住む, かかったころ彼は抗し, かかったころ栖方は梶, かかったころ瀬川雅夫が, かかったしかし一向表情, かかったしかも魂の, かかったすっかり入れあげた底, かかったすゝきだの, かかったそれがため, かかった逃すな, かかったぞうりの鼻緒, かかったたくましい巡査を, かかったたくましき海軍士官の, かかったたけ高い羊歯, かかったたとえば癩病とか, かかったたぶん宿屋と, かかったため上陸を見合わせ, かかったため水の中, かかったため白木綿のところ, かかっただけに特に刀, かかっただけにてその不明, かかっただけのものです, かかったちょっと土の, かかったつたが赤く, かかったでもあろう, かかったとある叢の, かかったとかいうことであった, かかったときこれも臨時, かかったときひろ子の顔つき, かかったときレスパネエ夫人の家, かかったとき一台の高級自動車, かかったとき丁度一人の若い, かかったとき事変になっ, かかったとき五人の使部, かかったとき他人の子, かかったとき伸子たちの前, かかったとき入院して, かかったとき前夜道路を横切っ, かかったとき天空高く放つ, かかったとき婆さんがひょいと, かかったとき家康から援軍, かかったとき尾のある, かかったとき平野少年はなにげなく, かかったとき引田妙源は尊氏, かかったとき彼は突然, かかったとき彼女は鋭い, かかったとき最後にその, かかったとき枯松葉にまみれた, かかったとき母親と車夫, かかったとき渡舟を待つ, かかったとき玉宝堂の事件, かかったとき碓氷峠の陣中, かかったとき私たちはどういう, かかったとき竹童がふと, かかったとき縫子は, かかったとき自動車が音, かかったとき蜂葉はもう, かかったとき西の空, かかったとき足音が聞えた, かかったとき重吉はやはり, かかったとき風が吹い, かかったとき麻糸がつき, かかったところ下から加十, かかったところ大変なやつ, かかったところ目付かりましたよ, かかったとて貧乏ゆるぎ, かかったとばかりで二十五両, かかったともなくたちまち, かかったどこかの金持ち, かかったなとむやみに, かかったなどの関係上爾後の, かかったなまめかしい声が, かかったなりをした四十あまり, かかったには相違ない, かかったのみだった, かかったのみか焼け出された貧民街, かかったのよそしてすぐ, かかったはえのよう, かかったはじめて霞が, かかったはでなお召, かかったはり切れそう, かかったばかりか賤ヶ嶽方面に, かかったひとときの花底, かかったふだん着に素足, かかったふりをし, かかったほそびきで, かかったほどにも思わないという, かかったぼろ布のよう, かかったまでのことです, かかったままぐんなり俯向いて, かかったまま不寝番して, かかったまま入口と直角, かかったまま夫を見上げた, かかったまま女の出, かかったまま宙乗りして, かかったまま左あらんとのみ, かかったまま月の出らしい, かかったまま朝をむかえた, かかったまま水に洗われ, かかったまま独りで腕, かかったまま珍らしく時間, かかったまま篝へ向っ, かかったまま身動きもしなかった, かかったまま酒盞や祝瓮, かかったまま雨の中, かかったまんま信吉の顔, かかったまんま目をつぶっ, かかっためずらしい食べ物が, かかったものたちの上ずった, かかったもの憂い暗い寂寞と, かかったもの無益なもの, かかったやつをゆっくり, かかったゆえ勘弁ならぬと, かかったゆるやかな声, かかったよし子に, かかったりっぱな物, かかったろうそくの鬼気あたり, かかったわい残念じゃ, かかったわが畑の, かかったわずかな興味, かかったわたしの作劇熱, かかったわびしさから, かかった幸いに, かかったアパートがあった, かかったアメリカ人らしい若者, かかったアーチが今にも, かかったアーチ形の入口, かかったカテリーナ・リヴォーヴナの部屋, かかったカルネラの頽勢, かかったカレンダーを振り返った, かかったガラス戸の外, かかったガラ焼の焔, かかったキリスト一切の人々, かかったグラチアが音楽会, かかったシャンデリアの枠, かかったジェッシイは立ち止っ, かかったジャズの騒音, かかったスッキリした形, かかったステッキで今しがたアンガス, かかったストーブの前, かかったスペインの帆船, かかったスペイン語らしいこと, かかったスープでルピック夫人, かかったスープなべむちヴィタリス老人あの気, かかったセイロン茶を注ぐ, かかったセルロイドの玩具, かかったソンキの岡田磯吉, かかったタイプライタアだの, かかったタンクや転轍台, かかったダブルベッドと衣裳箪笥, かかったダリアだの色, かかったテムポである, かかったテーゼが内的所与, かかったデスクの上の電燈, かかったトマトのにおい, かかったドイツの医者, かかったニナ・ペインのアクロバチック, かかったネーお前にもいろいろ, かかったノズドゥリョフは手, かかったハエにとびかかる, かかったバンドをしめ, かかったパッサージの食堂, かかったパニュルジュを救い, かかったパンの香いが, かかったビスケットを一つ二つミツ子, かかったビリダリアの夜, かかったフグや漁師, かかったブリキの老いぼれた, かかったプールの廃墟, かかったベッドの上, かかったベンチに二人, かかったボロ家で, かかったボンノクボを枕, かかったボールドにチョーク, かかったボール箱に入った, かかったマットに留め, かかったマラソン競走の中, かかったメカニズムであるが, かかったメダルじゃねえ, かかったヤカンをとり出した, かかったラジエーターの傍, かかったラッベクの奥さん, かかったラムプは海, かかったリビドウのゆらぎ, かかったロシア風の木柵, かかったかたまりと, かかった一丁の夜駕籠, かかった一個のテーブル, かかった一刷灰色の靄, かかった一台の空自動車, かかった一名の西洋紳士, かかった一団だから, かかった一坪小屋がしょんぼり, かかった一宇の古い, かかった一幅の白い, かかった一年だ, かかった一座が救われた, かかった一方の貉, かかった一片の雲, かかった一等三角点の大きな, かかった一軒の旧家, かかった一連の勾玉, かかった一閑張の机, かかった七万余という海鼠, かかった七時二三十分頃といえ, かかった七輪が置かれ, かかった万年青棚の前, かかった万葉びとたちにただ綺麗, かかったである, かかった三つ叉の路, かかった三人の旅僧, かかった三尺をしめた, かかった三島と云う, かかった三河の松平勢, かかった三河島の納豆, かかった三番町の四辻, かかった三筋ばかりの長い, かかった三蔵法師が五行山頂, かかった三角頭に陽射し, かかった三軒長屋の端, かかった三造の裾, かかった上り列車が玩具, かかった上品な墓, かかった上框へ助五郎, かかった上流の山, かかった上流人とそう, かかった上野行の電車, かかった不安を感ぜず, かかった不思議な朦朧, かかった不規則形な池, かかった丑為の雲助, かかった扉の, かかった両手で顔, かかった中学生を救った, かかった中年の男, かかった中程で足, かかった中耳炎に悩まされ, かかった中部ヨーロッパ諸国の人民生活, かかった丸い脊を, かかった丸テーブルが一面, かかった丸太の門柱, かかった丸山技師と工手, かかった丸形の顔, かかった主人公女主人公たちはこん, かかった乗り手を手, かかった乗合自動車を見る, かかった乱刀が一瞬, かかった了哲をよびとめ, かかった事情は次, かかった二三本の遅れ髪, かかった二人づれの同心, かかった二十六歳のバルザック, かかった二号艇の中, かかった二度目の恐ろしい, かかった二引藤右衛門でございますが, かかった二本の薪, かかった二階のバルコン, かかった五人の遊女, かかった五十がらみの半白, かかった五本の指, かかった五銭喫茶店へはいれ, かかった亡者が嬉し, かかった京子にかかわる, かかった京弥の女装姿, かかった人たちも多い, かかった人影がある, かかった人物の別宅, かかった人達は焦熱地獄, かかった人間みたいに硬直, かかったでも怪談, かかった仏像を媒, かかった仏像傷ものの陶磁器, かかった仏頂寺の動静, かかった仔鹿の首, かかった仕掛花火のよう, かかった代物ではない, かかった以上それが跡方, かかった以上元より彼等, かかった伊達巻きとそれから, かかった伝六太鼓がまた, かかった伝統的なもの, かかった住宅はどっさり, かかったがどんどん, かかった体操の教師, かかった体裁にお, かかった何人かの袴, かかった作り声で滑る, かかった作戦は根本, かかったしは, かかったの遠乗り, かかった係蹄から脱, かかった俎形の石橋, かかった保険の集金人, かかった信徒みたいに主人, かかった信長が天下, かかった倭文子の匂わしき, かかったをつぼめ, かかった僧兵の一隊, かかったの夫, かかった兇悪な方, かかった兇漢の両手, かかった先生の帽子, かかった先生方左右の形, かかった追いの, かかった八丁堀の与力井上藤吉, かかった八月の暑, かかった六角時計がガタン, かかった其処は左, かかったが五六段石段, かかった内儀さんが何, かかった内閣に猟官者, かかった円い影を, かかった円命阿闍梨立出る, かかった処世的な苦悩, かかった出来かけの作品, かかった出発準備であった, かかっただった, かかったを二, かかった切りなん, かかった刑事の一人, かかった列車は轟然, かかった世紀の, かかった前額をツルリ, かかった前髪のはずれ, かかったのない, かかった勇士がある, かかった勇者もある, かかった勝負じゃ緑, かかった北側の草屋根, かかった北山は窩人達, かかった区劃の前, かかった区劃石の上, かかった十三ばかりの男, かかった十数年の旅, かかった十日目の夜, かかった十銭丸二つと其, かかった千縞の半, かかった午餐に招かれ, かかった半分黒い歯, かかった半白の髪, かかった半纏を着, かかった卑俗なぜいたくさ, かかった卓子のある, かかった南天もすこし, かかった南部ちりめんもしくはその, かかった単行本はない, かかった博徒である, かかった危難を知っ, かかった厚い黒雲が, かかった厚子の鯉口, かかったもその, かかった参道の傍, かかった友だちから近所, かかった双子縞の袷, かかった口元を楽し, かかった椅子に, かかった古漬の沢庵, かかった合図を信長, かかった吉良の手, かかった吊橋を渡っ, かかった呉一郎の両手, かかった呉羽之介, かかった味わい淡きにも, かかった味方に百倍, かかった呼吸もひきとめ, かかった哀れな花, かかった唐桟柄の双子, かかった唐紙を, かかった商店が林, かかった問題であった, かかった善光はふと, かかったを途中, かかった四つの壁, かかった四五日は寝る, かかった四六版型ではどうも, かかった四台の旧式, かかった四名の者, かかった四郎兵衛の胸ぐら, かかった四阿や老い, かかった回転椅子の上, かかった図書館だけあっ, かかったをよそ, かかった土地の女, かかった土手際に達し, かかった土蜘蛛を引, かかった圭太に渡れない, かかった地上調査の方, かかった地方に住ん, かかった地方ソヴェトの役員, かかった地球の皮, かかった埠頭ではやがて, かかった基督の姿, かかった基督殉難の図, かかった場内が引, かかった塗板を真直, かかった増長心に可, かかった売れのこり品だけ, かかった売笑婦の肉体, かかったに未練, かかった夕ぐれにひとり, かかった夕日が赤く, かかった多くの人, かかったの夢, かかった夜着の端, かかったのよう, かかった夥しい髪毛が, かかった大作は何ん, かかった大兵の男, かかった大吉は腹, かかった大声でよびとめる, かかった大川の眺め, かかった大鷲の影, かかった太い白縮緬の, かかった奉書は薄っぺら, かかったの間, かかった奥州街道の薄暗い, かかった女中頭の幾, かかった女性に聞く, かかった女給としてお, かかった女軽業の小屋, かかった好天の日, かかったな家, かかったに先刻, かかった妻戸のかげ, かかった姥ざくら見向きも, かかった姿を見られる, かかった娘達ですから, かかった嫌疑が全く, かかったで書い, かかった字体をきっと, かかった学校なんかつまらない, かかった安吉に背後, かかった宗家を支え, かかった宗門奉行井上河内守とその, かかった実例がある, かかった家屋の前, かかった寝台が並ん, かかった寝室の側, かかったの門, かかった寺門がある, かかった対子を読む, かかった将校に男, かかった小さい百姓家が, かかった小便桶が並ん, かかった小六が後ろ, かかった小刀細工それで俺, かかった小切手帳の問題, かかった小娘のお, かかった小宮山はあッ, かかった小屋の方, かかった小川で尻, かかった小平の死骸, かかった小林は案外, かかった小柄を押え押え, かかった小袖の褄, かかった小雨の中, かかった小鳥の弱, かかった少し大きい花瓶, かかった少年時代の苦しみ, かかった尺取り虫のよう, かかったを離さざる, かかった尾根は, かかった屋根がわらの上, かかった屋根裏も安全地帯, かかった山犬の群, かかった山男が光る, かかった山門と山門, かかった山高帽を阿弥陀, かかった岡郷介は何, かかった岸本がこれ, かかったの山, かかった島山夫人早瀬の二人, かかった島民の男, かかった島田をぐらつかせ, かかったを越え, かかった川上の遠い, かかった川俣と伴, かかった川向うには野草, かかった川面をその, かかった川魚みたいな欠伸, かかった巡査が悲鳴, かかった小文治, かかった希望を繋い, かかった帳台の中, かかった帽子とに特に, かかった幌馬車が影, かかったを揚げ, かかった幕末に日本中, かかった馬自身の, かかった平四郎に釣道具, かかった平民の名, かかった平素着でやってきた, かかった平馬の手, かかった幸子の背なかつき, かかった幾人は驚き, かかった幾分甲高い声, かかった庄吉のこと, かかったの方, かかった座敷で二月, かかった座蒲団の重ね, かかったの木立, かかった庭園ではなく, かかった廚裡の戸口, かかった建物であって, かかった建築を見, かかった弁当飯を取寄せ, かかったを抱い, かかった弱い者が, かかった当局はこの, かかったではあるまい, かかった彼女の平気, かかった彼方を眺め, かかった彼自身とそう, かかった往来の人影, かかった後ろ髪を細かく細かく細かく, かかった後正三君は裕, かかった後毛が次第に, かかった後老に萎れた, かかった後頭部などを見る, かかった縁が, かかった御法破りに類し, かかった笑みも, かかった微笑を慌て, かかった徳川慶喜が江戸城, かかった思想拒絶症自身の機械主義, かかった怪事件をとこう, かかった恐ろしい災禍について, かかった息子はついに, かかった悠々とした, かかった悪意がなく, かかった悪態の馬子, かかった悪臭にも僕, かかった意識がすうっ, かかった感受性に富んだ, かかった態度である, かかった成上り貴族をこしらえはじめ, かかったの所, かかった戸棚から物, かかった房枝が見かけた, かかった手先から洩れた, かかった手厳しい薫育を, かかった手拭などが眺められる, かかった手櫃を二つ矢代, かかった手箱を取る, かかった手綱をペガッサス, かかった掛に, かかっただった, かかった抽斗のよう, かかったがグーッ, かかった指紋をつぶさない, かかった振りをし, かかったを合わせ, かかった掘割さえ大川, かかった控室の中, かかった支那風の石橋, かかった政府の罷業委員, かかったか仕事, かかったある卓子, かかった数個の文字, かかった文壇に挑戦, かかった文字を辛うじて, かかった文科の生徒, かかった料理を四五品, かかった料理ストオヴだの, かかった斜線状の平原, かかった斜陽が微, かかった新九郎も矢車, かかった新橋の辺り, かかった新米らしい若い, かかった新茶屋で美濃, かかった方丈である, かかった旅興行師に拾われ, かかった旅行はなかっ, かかった旗本屋敷の一族, かかった日和下駄をはい, かかった日暦の頁, かかった日本遊廓の根元地, かかった旦那らしいの, かかったの光, かかった星団があっ, かかった星座早見表は午前三時, かかったの光, かかった時あたしは橋, かかった時うしろから彼, かかった時おのれ妖怪ござんなれと, かかった時そこには大勢, かかった時ガヴローシュは後ろ, かかった時タクシと市電, かかった時ダントンやロベスピエール, かかった時ドイツ式の宣誓, かかった時リャボーヴィチは外周り, かかった時一つの事件, かかった時不意に部屋, かかった時今まで晴れ, かかった時代の政治, かかった時先刻の電話, かかった時先方もさる, かかった時光線に遭い, かかった時分中ではこんな, かかった時分紳士もあれ, かかった時勢が生んだ, かかった時北から来た, かかった時十内は息, かかった時吉田は呆れた, かかった時向こう岸へはいあがっ, かかった時君江は折, かかった時周囲の人, かかった時子供もその, かかった時年よりの方, かかった時弓子はいきなり, かかった時弘はこう, かかった時後ろから呼ぶ, かかった時援兵を乞うた, かかった時期に遺憾, かかった時木の間に音, かかった時此世に現われ, かかった時武子さんにモデル, かかった時火の子, かかった時玄竜は一寸, かかった時生欠伸を一つ, かかった時相手が此処, かかった時神使下って, かかった時筆を執っ, かかった時紅木大臣は室, かかった時納戸の障子, かかった時街路にはただ, かかった時計の色模様, かかった時計屋と左官, かかった時豫告でもする, かかった時金右衛門の第六感, かかった時雨を合羽, かかった時風呂では苦い, かかった時驚目に値する, かかった晩飯も食べたい, かかった景色なぞ, かかった暗い水口の, かかった暮しをし, かかった更紗の座布団, かかった服装だ, かかったの町, かかった朝父と彼, かかった朝顔の鉢, かかったがこんなによく, かかった木枯しがまた, かかった木樵にたのん, かかった木綿夜具の方, かかった木造の二階建, かかった本人がノホホン, かかった本体の曲者, かかった本場ものの英語, かかった本棚が見える, かかった朱葉も翻らず, かかった朱鞘とじ, かかったの葉, かかった杉垣の間, かかった杞人でない限り, かかった束髪の頭, かかったのよう, かかった東京湾の水, かかった東郷大将の石版摺り, かかったの枝, かかった板どこから素早く, かかった板チョコレートを取り出し, かかった板垣の中, かかった板塀の根, かかった板戸をくも, かかったやものすごい, かかった林房雄その他の作家, かかった果敢なさを, かかったを足場, かかった枝ぶりが面白く, かかった柱時計がカッタルそう, かかった柱茶室造りに似た, かかったの火, かかった栄三郎満身の力, かかったから美しい, かかったのよう, かかった桃色の花弁, かかったの葉, かかったは虫, かかった梧桐が槇, かかったの上, かかったがあった, かかった植込越しに隣, かかった業態をし, かかった極めて粗製らしい, かかった楽屋番が注意, かかったの木, かかったとのこと, かかった模型もあった, かかった横腹で青みどろ, かかった横顔も非常, かかったの下, かかった樺色と白, かかった橋廊下の欄干, かかった機械のよう, かかったやたけ, かかったも落さず, かかった櫺子ごし, かかった欠呻噛みしめ, かかった次第である, かかった欧州移民の若い, かかった正三が事務室, かかった正宗やサイダ, かかったの辺り, かかった武家長屋がそのまま, かかった武者は宮, かかった武運長久の掛軸, かかった歩き姿をちっとも, かかった歩度を早めた, かかったを動かしてる, かかった歯齦でいや, かかった歴史の相貌, かかったを抱い, かかった毛唐と女唐, かかった気もちが心, かかった気合傷だ, かかった気持でしょうな, かかったの始末, かかった水沫集だのはんぱものの紅葉全集, かかった水無瀬女は穴, かかった水色の細紐, かかった水車がごとごと音, かかったをみなわれわれ, かかった氷室を前, かかったない寝床, かかった江戸大公儀, かかった江戸弁のいなせ, かかった江戸紫の襟, かかった汽笛が鳴った, かかった汽車やその, かかった沙魚釣り帰りの二名, かかった治郎をあぶなっかしく, かかった泣き虫の蛾次郎, かかったを一層, かかった泥水の上, かかった泥跡を指した, かかった泰親に救われた, かかった泰造に発見, かかった洋燈で自分, かかった洋装です, かかった津田の身体, かかった津軽の行列, かかった派手な波斯模様, かかったがしら, かかった海草のよう, かかった海面をじっと, かかったを慌て, かかった涓滴をはたいた, かかった涼しそうな, かかった淀屋橋の上, かかった淡紅色の大理石, かかった渋い縞お召に, かかったに集まった, かかったの岸, かかった湖面に一艘, かかった湯屋があった, かかった湯気を噴く, かかった満月が年少, かかった準備の上, かかった溝板を踏む, かかった漬物だの, かかった瀬戸物の大, かかった灌木の蔭, かかった火の番小屋の中, かかった火事を知らせる, かかった火桶を引寄せ, かかった火種に新, かかったの向う, かかった灯かげの姿, かかった灰色のゴム, かかったは余, かかったの火, かかった炬燵の中, かかったを熨斗, かかった炭火の上, かかったを連ねた, かかった焜炉を持ち出した, かかった無知な獣, かかった煖炉に両手, かかった臭い榾, かかった煤まみれの低い, かかった照常様が, かかった煩悩の綱, かかった煮豆屋を頼ん, かかった熱射病の後遺症, かかったがひっそり, かかったや母, かかったに圧しつぶされ, かかった片手を橋, かかった牛乳をぐっと, かかった牛乳屋が発見, かかった牛引の若者, かかった牛肉の上面, かかった物体のよう, かかった犬小屋があるでしょう, かかった狐めも引っ込ん, かかった狭苦しい玄関には, かかったのよう, かかった狼藉者は, かかった将佐久間玄蕃の, かかったの屍骸, かかった猿子橋という木造, かかった獅子のよう, かかった獲物があったらしい, かかったがぱっと, かかったはやっと, かかった王冠堂の番頭久四郎, かかった王子や王女たち, かかった玩具ばかりである, かかったのよう, かかった理性の際限, かかった瓦斯ストウヴのよう, かかった甘いことが, かかった甚吉をこの, かかった生垣または貧しい, かかった生存席を占める, かかった生活状態に多少, かかった町人ていの男ふたり, かかった町民の迷惑, かかった番傘をさし, かかった異様な苦悶, かかった痛みを胸, かかった癩者であった, かかったおおかみブランカ, かかった白唐桟の半, かかった白木の細い, かかった白椿の花, かかった白髪と確か, かかった百万ドル映画だそういう, かかった百代の声, かかった皮付きの柱, かかった皮帯はたいてい, かかった監督の腕, かかった盲目の者, かかった直接の指揮者, かかった相川良之介の折目, かかった省線へいそい, かかった看板が多かっ, かかったとは彼女, かかった知己の者, かかった石だたみ目金橋へ飛, かかった石榴に石, かかった石橋を前, かかった石祠がある, かかった石造りの目鏡橋, かかったを払おう, かかった砂浜の小さな, かかった研究は電流, かかった砲塁のよう, かかった硝子で外光, かかった硝子窓の棚, かかったは使い古し, かかった磯五に見えた, かかったと寂, かかった社会の悲しむべき, かかった社会科学思想の発展, かかった神官たちに救い, かかった神経を鋭く, かかった神経的熱病を思いかえし, かかった祭典は幾ら, かかった福の神も何, かかった福の神様が素通り, かかった福次郎の着物, かかった秀吉はあの, かかった秀吉軍とのあいだ, かかったは立ち止まっ, かかった私たちよりも背, かかった私服の手, かかった私達の気, かかったの穂, かかったが霧, かかった穴山梅雪入道は馬, かかった空き屋敷が幾ら, かかった空しい義理の, かかった空家があっ, かかった空屋敷が幾ら, かかった空車を呼, かかった空駕籠をよび留め, かかった窓際で千鶴子, かかった窪地のどこ, かかったがあり, かかった竜泉寺の横町, かかったの厚い, かかった端緒は実に, かかったその上, かかった竹童がギョッ, かかった竹縁の下, かかった竹藪を一叢, かかった笑顔の収まり, かかったのはこび, かかった範囲の広かっ, かかった簀子が張られ, かかった籠手の気構え, かかった米不足の声声, かかった粗野な音, かかったのよう, かかった糸底の中, かかった紀久子は離れ, かかった紅葉の枝, かかった紙板表紙であり和装, かかった素戔嗚の手, かかった素袷で立膝, かかった紫色のインキ, かかった細君に, かかった細川忠興蒲生氏郷らの軍勢, かかった細竹の杖, かかった紳士があそこ, かかった絆纏を着た, かかった結綿は袖, かかった絵馬を視, かかった絶叫を私, かかった綱吉は, かかったの真, かかった綺麗な部屋, かかった綿のふかふか, かかった緋毛氈の上, かかったの檐, かかった縁板もやがて, かかった縁談であるだけに, かかった縄目は一層ひしひし, かかったの小袖, かかった縮れ毛の束髪, かかったい月, かかったがあり, かかった置炬燵に頬杖, かかったい女, かかった群盗にまちがい, かかった羽根枕に満足そう, かかったを鳴らし, かかった翌日の朝, かかったが真, かかった老中水野越前忠邦の世, かかった職人風の人, かかった職工のひとり, かかったを見つめ, かかった肘掛椅子とがある, かかったの高い, かかった背並を狙っ, かかった背中を汗, かかった能弁でまくし立てるよう, かかったの低い, かかった脊筋から振上げる, かかったなの, かかった自我を激しい, かかったさと, かかった興味ある問題, かかった興奮を新た, かかったと諦めました, かかった良人の方, かかった色事でしょうから, かかった色彩のぐあいに眼, かかった芝居をした, かかった花びらがあっ, かかった花弁のよう, かかった苔だらけの塀, かかった若者が景気, かかった苦悩には執拗, かかったが出た, かかったの雲, かかった茜色の夕雲, かかった茴香は容易, かかった茶の間に集まっ, かかった茶屋の軒下, かかった茶煉瓦の立体, かかった草履の片足, かかった荒い竪縞の, かかった荒くれどもがたちまち, かかったとを数える, かかった落着きのいい, かかった落葉樹の下, かかった葉柳に蒼, かかった葛籠笠がはたと, かかった葡萄棚が影, かかった蒼白の顔, かかった蒼白い明るみと, かかった蒼鷺めにうまく, かかった蓄音機の音, かかったが垂らし, かかった蓮華から出現, かかった蔦紅葉の色, かかった蕎麦の四半分, かかった紅い花群, かかった薄暗の空, かかった薄笑いがつい, かかったをそえ, かかった薬鑵が妙, かかった藁葺の農家, かかった藁靴の爪先, かかったの花, かかった藤三郎の肩, かかった藤十郎の部屋, かかった藤椅子へ腰, かかったの皮, かかったは消えない, かかった蚊遣を吹いた, かかったのよう, かかったのよう, かかったの魏延, かかった蝋燭の火, かかった蝶々のよう, かかった蟋蟀のよう, かかったのよう, かかったのよう, かかった血糊のよう, かかった街路の雪, かかったに前垂がけ, かかった衣類の重い, かかったの扉, かかった袂落しの煙草入れ, かかったのシャツ, かかったである, かかった装置というの, かかったの羽二重, かかったに大, かかった覆面の遊魂, かかった見ごとなもの, かかった見事なの, かかった見知らぬ人が, かかった規則はないでしょう, かかった視界から消え, かかった覚悟で仕事, かかった観相を本師, かかった観音開きでさびた, かかった角テーブルがあり, かかった言葉つきつやつやした, かかった記憶の糸, かかった設計図を工藤, かかった証拠だ, かかった試しがない, かかった話題のこと, かかった説明からはいかなる, かかった課題を復習, かかった調戯半分の叔父, かかった謝罪の言辞, かかった谷川の岸, かかった貂とり小屋があった, かかった責任は重かっ, かかった贅沢な室内着, かかった赤坊の声, かかった赤子の着物, かかった赤狐が風, かかった赤蜻蛉は眼, かかった赤電車の方, かかった赤黒い液体の, かかったなぞは知ろう, かかった足指には力, かかった足許の躍り, かかった足跡らしいもの, かかった足音を耳, かかった踏切板をコツンコツン, かかった車夫のすね, かかった軟かものの, かかった輓牛のよう, かかった農夫の与作, かかったもある, かかった辻車が一台, かかった近所の酒屋, かかった途中なの, かかった途端に南, かかった進物の包, かかった進路のいと, かかった遅い月に, かかった運命が少々, かかった運転手までいた, かかった道庵先生の家, かかった遮断機が上っ, かかった邸宅という邸宅, かかった部分の粘着力, かかった郵便局左の角, かかった都会の月光, かかった鄂煥はたちまち, かかった酔漢であった, かかった采女はその, かかった重病者の股間, かかった重症者がその, かかった重蔵は千浪, かかった野次馬がワアー, かかった野郎で尺八, かかったのつる, かかった金字塔のよう, かかった金属の音, かかった金棒ひきを見つける, かかった金看板がぞろりと, かかった金魚の運命, かかったをはずそう, かかった針先をとろう, かかった鉄橋こそは絶好, かかった鉄気水の流れ, かかった鉄製の寝台, かかった鉛筆の文字, かかった銀杏の街路樹, かかった銀杏並木の上, かかった銀杏返しの鬢, かかった銀行屋さんが来, かかった銘仙のどてら, かかったの帯, かかった錦絵のなか, かかったの蓋, かかったの歪み, かかったのよう, かかった鎧兜を今, かかった鎧戸を押し, かかったイスが, かかった長太に向っ, かかった長押次の間仲の間奥の間, かかった門柱が見える, かかっためきを, かかったから涙, かかった間際になっ, かかった陶器で絵, かかった階段を私, かかったを寄附, かかった雑木林の梢, かかった雑魚のよう, かかった雨ゴートを着, かかった雨戸の隙間, かかった雨雲の尾, かかった雲雀を抑える, かかった雷洋丸のマスト, かかったで泥だらけ, かかったがえるだ, かかった青山百人組の同心, かかった青年の姿, かかった青松葉の火, かかった青白い月に, かかった青銅銭が落ち散っ, かかった静かな部屋, かかった非凡な犬, かかった面白くも何とも, かかった靴磨きの子供, かかったを縄, かかったの出し, かかった頃前方から, かかった頃行手から鉦, かかった頭山先生は御, かかった頭脳はもはや, かかったを燃える, かかった額ぎわに大きい, かかったをなで, かかった顔面の中, かかった類話もある, かかったの吹い, かかった風景やが, かかった飛行島を後, かかった食事をし, かかった食堂で矢代, かかったをいつも, かかった飯食にありつきたい, かかった首飾りをし, かかった香魚やなも, かかった馬勒の金, かかった駒井能登守と面, かかった高力家の家来達, かかった高官は誰, かかった高尚高貴高価な品物, かかった高札の前, かかった髪の毛みたいな苦しいみっともない, かかった髪頭つきはその, かかったが頬, かかったの毛, かかった鬼女の面, かかったは終に, かかった魚汁を御馳走, かかったも忘れる, かかった鮮やかな緑色, かかったのよう, かかった鴨居と隅, かかった鵞鳥のよう, かかったが美くし, かかった麦稈帽子を脱い, かかった黄包車を呼びとめ, かかった黄葉を低, かかった黄金と黒, かかったんぼ, かかった黒い菌の, かかった黒塀のある, かかった黒板塀を透し, かかった黒覆面の部下, かかった黒髪を手, かかった鼠色のジャケツ