青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かえる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~かいた ~かう かう~ かうし~ かうした~ ~かえ かえ~ ~かえって かえって~ ~かえる
かえる~
~かかえ かかえ~ ~かかっ かかっ~ ~かかった かかった~ かかり~ ~かかる かかる~ かかわらず~

「かえる~」 1391, 15ppm, 7458位

▼ かえる~ (410, 29.5%)

9 それは 7 云って 4 すぐに, 私は 3 今度は, 自分の

2 [21件] あわてて, いうので, そこに, その女, なると, 云い出した, 云うので, 何の, 入口の, 半七, 女の, 女は, 彼女は, 彼女達は, 後に, 思って, 机の, 母は, 父が, 落ちついた私, 隣の

1 [338件] あとから, あとに, あの茶店, いいけれども, いい出しました, いう, いうから, いうて, いうの, いうのでね, いえる理, いってたよ, いつのまにか僕, いつの間にかそこ, いつの間にかデザート皿, いつの間に来, いつの間に窺い寄った, いねちゃんが, いまいましそう, いまの, うしろの, うす暗いところ, うち二人でしょう, おしつけるよう, お母さんに, お玉さんは, お福, かして, かたわらの, かの女, かの芸妓, かれは, かれも, きっと一度, きみの, くつくつ忍び笑いを, けがらわしいもの, この入口, この展覧会非常, この混雑, この説, この間トルストイの, これと, こんどは, さっそくきれい, さっそく薬, さらに改まった, しますかな, じぶん, すぐずけずけと, すぐつかえる, すぐ二人, すぐ孝之進, すぐ寝室, すぐ弟, すぐ机, すぐ母親, すぐ藤枝, すぐ誰, すぐ赤児, すぐ頭, すぐ鶏舎, すこし汗ばみました, すっかりきめ, すれば, そこで展開, そこで盃, そこには, そそり立つ山, そのくつ, そのゆるんだ, その一団, その人, その刻限, その古道具屋, その朝顔屋敷, その産院, その眼, その芒, その鏡, それを, ただちに供, だしぬけに, ちょうど, つくなん, てんで我が, どこかの, なんにも見えない, にわかに大, ひとりの, びやろかァ, ふくが, ぺっとりと糊の, ほっと息, ほとんど陣屋, まず自分, まず見物席, またおなじ, また他, また彼, まっくら, まめ粥が, まもなくご, まもなく国技館, まるで金色, みんなに, みんな調べを, もういちど, もうそこ, やがて奥書院, よく, れいの, アコ長が, アサカから, アダは, イヴォンヌさんに, エミリーを, カルピスを, キャラコさんは, クツクツと, サト子は, サンドリヨンは, スミ子ちゃんも, ズルズルと, ズーッと, テーブルが, ドアは, ノミに, パンを, ベッドに, ホッと, 一人の, 一人ぼんやり, 一斉に, 一段と声, 七日の, 三沢来夕飯, 主婦は, 二の矢が, 二階から, 云い二人, 云い自分, 云うこと, 云う日, 云ったが, 井戸端で, 人の, 人形町通の, 今から, 今通っ, 仕事の, 仕立屋も, 他にも, 仰云, 住職の, 何か, 何とこは, 何とそれ, 何も, 何時の間に來, 侍従は, 僕の, 先が, 先きで, 先変な, 先生の, 兜形を, 八橋は, 八百屋と, 再び熟睡, 冷る, 出るだけ, 出来る結晶, 前屈みに, 勇猛を, 勉強など, 十七八の, 卓上電話で, 南方の, 又バタバタ, 古い傷, 右側の, 各種の, 同時にふだん, 吐き出すよう, 君の, 君らには, 君らは, 吾家も, 咲耶子, 喜平は, 土蔵の, 圧しつけるよう, 堤の, 塩冶の, 壁の, 夜は, 夜具の, 夢を, 夫婦で, 奥がたは, 女中の, 妻は, 娘は, 子供達は, 孫の, 家から, 家の, 家族と, 宿の, 尊氏の, 小さなシャベル, 小規模な, 尼は, 山へ, 岩公が, 島田髷の, 工事場へ, 左右の, 巻煙草を, 帆村は, 師直は, 床が, 底意の, 庭の, 彼の, 彼は, 彼女を, 後で祖母, 後見る, 御てらし, 思いがけず西村さん, 思いますが, 思い楽しみ, 思うと, 思うん, 思えば, 思えばこそ, 思ったら妻君, 思ったん, 思わず俺, 思われるか, 急に, 悪い夢, 悪寒殆ど, 手拭で, 手拭を, 手旗信号で, 折れ曲った生垣, 押流され, 敬四郎の, 敵の, 朝倉先生に, 本ばかり, 村の, 松田は, 林檎畑の, 校庭の, 案の定, 桜のかげから, 母が, 母ちゃんが, 母なる, 水津さんが, 決定が, 沿道の, 洗いますゴロゴロ, 津の, 渚に, 滝の, 焼きはらわれた水村, 父には, 父の, 犬が, 玄関が, 由次が, 申しまして, 申しますから, 男の, 男は, 疲れて, 癇の, 白粉も, 目を, 直ぐに夫婦づれ, 知識も, 石だたみの, 神楽場の, 私が, 私に, 私も, 稲子さんは, 空を, 立ち木の, 精神的な, 罐係を, 羞明しい, 翌日は, 老母さんは, 肖像画を, 自分が, 芝の, 花屋の, 花火の, 茶の間では, 蒲団が, 薩張り見えない, 虚無僧らの, 袂の, 裾から, 覆面の, 見えて, 見ぬよう, 親の, 親分の, 谷を, 赤壁の, 赤外線男の, 近来の, 退屈まぎれ, 通しを, 道誉は, 部屋から, 門の, 門は, 門を, 開封の, 間もなく死んだ, 零度の, 露路の, 露骨な, 非常に, 頬が, 額縁めいた, 顔を, 食後の, 髪しあげ, A子なら

▼ かえる~ (151, 10.9%)

9 であった, である 64 だった, です 3 がいや, だけれども, を待っ, 声が 2 いうとおり, かい, だったが, だと, だよ, では, も無理, を忘れ, 声の

1 [89件] おとがい, かと思う, かと思っ, かと見, が, がおそく, がつね, がほんとう, が一月, が一番, が厭, が大層, が待ちきれなかった, が惜しい, が洋服暮し, が目的, が雨乞い, が面倒くさく, くせに, ことなんか, だが, だそう, だそうして, だという, だろうが, つらに, でした, でしょうかと, でしょうね, ですって, とびこむ音, なくよう, なら安い, にひどく, に大塚終点, に左様, に文芸春秋社, に長く, はありふれた, はいや, はうれしい, はつまらない, はもとより, は九時, は勿論いろいろ, は困る, は士官, は大変, は女, は道, は面倒, は面白い, もある, もこの, もめんどう, も余り, も出る, も面白く, やれ転地, ような, ように, をこっち, をしり目, をどこ, をびっくり, をやめよう, を何, を守っ, を待ち, を待ちました, を待った, を思わず, を望んだ, を止めた, を牢獄, を見, を見た, 世の中に, 哀れ故, 声を, 姿に, 娘が, 子でも, 待って, 時々眺め, 殿御, 親類か, 足は, 鳴き声やら

▼ かえること~ (118, 8.5%)

7 ができる 5 になっ 4 が出来る, になった, はできない 3 ができた, にし 2 があります, だ, にした, になり, になりましょう, になる, もない, も出来る

1 [72件] ができないだろう, ができなかった, ができなかったら, ができました, ができません, ができるなら, が出来たろう, が出来ます, が話し, さえありました, だけで, である, でしか, です, ですから, では, で着て, と一日, などでき, にきめた, にきめます, にきめる, にしましょう, にしよう, にする, になさる, になりました, には大いに, によっても装い, によって何らかの, によって困難, に今日, のできない, のできる, の出来た, の方, はできなかった, はない, はなりません, はむろん, はマルクス主義文學, は中止, は出来, は出来ませぬ, は可能, までを意味, も, もあった, もありませんでした, もそれ, もできました, もできるだろう, も敢, も直, をいい, をおそれなかった, をどうして, をまた, をまだ, をゆるされない, を主張, を信じ, を忘れなかった, を想像, を承知, を楽しみ, を知らぬ, を祈ります, を私, を考える, を許された, を願います

▼ かえるよう~ (73, 5.2%)

3 な騒ぎ 2 なこと, にし

1 [66件] だ, だった, であった, であつ, では, なさわぎである, なさわぎです, なペンキ画, な乱痴気さわぎ, な事件, な人気, な前景気, な四月, な大騒ぎ, な子供たち, な季節, な実に, な屠殺場, な強い, な心, な心持ち, な拍手, な掛け声, な暑, な様子, な歓呼, な歓声, な気, な気分, な気持, な泡, な泰軒, な満員, な激痛, な熱気, な爆笑, な生臭い, な真夏, な習い, な胸, な若葉, な賑かさ, な軽薄, な迂回, な音, な音響, にした, にしたら, にしましょう, にする, にということ, にとせつない, にと云う, になっ, によく, にグルグル, にハンカチ, に云っ, に云った, に思い, に新しい, に美しい, に見られた, に言っ, に起っ, に踊る

▼ かえる~ (24, 1.7%)

3 いい

1 [21件] いいそう, うしろで, おひめ, おまい, この女, しつっこく, じつはその, ぬま, ぴちゃぴちゃさもおいし, ぶよぶよふくれ, ぺっちゃりすわっていました, またいいました, 余は, 例の, 出て, 夜が, 早いか, 来て, 水の, 社長森永氏が, 長閑に

▼ かえる~ (21, 1.5%)

1 [21件] いいました, これからなきだす, さっそくのこのこはいだし, しかたが, すんで, そこに, たべるだけ, でも約束, ひどく投げつけられました, ぴょこんととびこん, ほんとうに, ゆかの, 人間の, 入り口からは, 又投げつけられました, 坂の, 大へん, 大声を, 思いました, 真っ赤だった, 自分の

▼ かえる~ (21, 1.5%)

4 だよ 3

1 [14件] じゃ, だから, だけれど, だとか, だな, だね, だもの, だもん, だろ, だろう, です, ですか, ですが, ですけれど

▼ かえるつもり~ (20, 1.4%)

2 だったの, であったが, です, のところ

1 [12件] か急, だったが, だと, だな, で, ですが, で居ます, で行った, にする, のよう, はありません, はない

▼ かえるという~ (20, 1.4%)

2 ことは, のは, ような

1 [14件] ことが, ことな, ことに, のも, ふうでございました, ものは, わけだ, 作者によって, 十二日の, 意味でしょう, 母親と, 線, 調子です, 風な

▼ かえるとき~ (18, 1.3%)

2 はいつも

1 [16件] から妙, がある, に, にこの, にはきまって, にひどく, の嬉しい, の顔, はかならず, はすっかり, はまだ, は再び, は國会, は居眠り, もその, 忘れて

▼ かえるまで~ (18, 1.3%)

1 [18件] あいつを, どんなこと, もつか, モヤに, 一寸眠った, 三年もとう, 作り田は, 八年間カプリに, 少し間, 帰えっ, 延期である, 熟睡される, 私は, 罪は, 船の, 誰とも, 誰にも, 身代りに

▼ かえるため~ (13, 0.9%)

1 [13件] です, にあと, にこんな, にとそれ, にね, にやってのけました, に何とか, に栄さん, に海, に着, に私, に私達, に絵具

▼ かえるもの~ (12, 0.9%)

2 か, では 1 がある, がたりについて書い, でした, といい, と思っ, と見えます, もある, もなかっ

▼ かえる~ (11, 0.8%)

2 見て 1 いすに, つかまえること, つかみ上げて, つって, つまみあげて, テーブルに, 往来の, 打つため, 棒の

▼ かえる~ (11, 0.8%)

1 [11件] が近づく, が迫った, このビョウ, だと, だの何処, に多く, のステーション, はそう, はたちまち, はミゾレ, まで一寸

▼ かえるところ~ (10, 0.7%)

1 だ, だったん, であった, で同じ, なの, にある, までかえった, まで通っ, を巡査, を廻り道

▼ かえる~ (10, 0.7%)

1 いいが, うしろで, うつつな, へびも, また天理, 去年の, 敵地という, 淋しい, 詮なき, 都へ

▼ かえる~ (9, 0.6%)

2 どうかは 1 あるいは一種, いずれに, する, すれば, 一寸不明, 分らぬぞ, 徳川の

▼ かえる~ (9, 0.6%)

2 を歌っ 1 が出来る, であった, にした, の出来る, もあった, もできない, や器械

▼ かえるので~ (8, 0.6%)

1 お茶を, そのお礼, 亢奮し, 其処で, 夕方から, 戸塚の, 足代が, 馴染も

▼ かえる~ (8, 0.6%)

2 もしなかった 1 か, がせず, になった, になれず, はない, はなかっ

▼ かえるほど~ (6, 0.4%)

1 おどろいたの, たたきながら, 嬉しがりました, 新しいいい商品, 深刻に, 芳烈な

▼ かえる~ (6, 0.4%)

1 が来た, が近づいた, なので, にその, はない, までい

▼ かえる~ (6, 0.4%)

1 いて, その間, 三時間近くあい, 待たせて, 生きて, 第一期

▼ かえる~ (5, 0.4%)

1 されて, なった, 約束し, 老年の, 過ぎないが

▼ かえる~ (5, 0.4%)

1 にもう一度, に棚, に皆, に行っ, の晩

▼ かえる時間~ (5, 0.4%)

2 となる 1 がない, と余裕, も気

▼ かえる~ (5, 0.4%)

1 だったところ, だったの, だった荷物, でした, ですわ

▼ かえる~ (5, 0.4%)

1 にもその, に松吉, は, も待ち遠し, も遅く

▼ かえるから~ (4, 0.3%)

1 おじさま温和し, 二十銭おくれ, 垢が, 油断が

▼ かえるだけ~ (4, 0.3%)

1 だ, である, では, なん

▼ かえるには~ (4, 0.3%)

1 どうしたら, どうしてもその, 何ヶ月かかる, 六リーヴル金貨二枚くらいは

▼ かえるまでは~ (4, 0.3%)

1 全く知らなかった, 帰っちゃ, 我ま, 衆議院の

▼ かえるわけ~ (4, 0.3%)

1 だった, では, に参りません, は自分

▼ かえる~ (4, 0.3%)

1 な思潮, にとすすめた, になった, に引っ

▼ かえる~ (4, 0.3%)

2 もなかっ 1 はない, も無い

▼ かえる迄に~ (4, 0.3%)

1 びっこは直さなけれ, もう何度, もし天気, 一月三十日に

▼ かえる~ (4, 0.3%)

1 がふさがっ, の不快, は短篇小説, をおしえ

▼ かえるかも~ (3, 0.2%)

1 しれない, しれないと, しれませんね

▼ かえるとは~ (3, 0.2%)

1 いくら母, 休息の, 天が

▼ かえるなり~ (3, 0.2%)

1 いきを, 早速他, 歯が

▼ かえるのいや~ (3, 0.2%)

2 なん 1 だった

▼ かえるのに~ (3, 0.2%)

1 切符も, 又面倒く, 本所なぞへ

▼ かえるやら~ (3, 0.2%)

1 大騒ぎした, 山陰伝う, 禊祓いを

▼ かえる~ (3, 0.2%)

1 はかわいそう, は思った, は鳴い

▼ かえる予定~ (3, 0.2%)

1 だそう, だったの, であった

▼ かえる~ (3, 0.2%)

1 なら死んで, にはいっ, ゆっくりカーブ

▼ かえる余裕~ (3, 0.2%)

1 もある, もなかっ, も与えない

▼ かえる場合~ (3, 0.2%)

1 である, にはその, ははなはだ

▼ かえる~ (3, 0.2%)

1 なしに, はなかっ, もなくふとん

▼ かえる気持~ (3, 0.2%)

1 にはなれない, はよかっ, は今

▼ かえる決心~ (3, 0.2%)

1 であるな, をした, をする

▼ かえる~ (3, 0.2%)

1 はすなわち, は見出し, もあろう

▼ かえる~ (3, 0.2%)

1 がし, で下, などを聞きつけ

▼ かえる~ (3, 0.2%)

1 には不可能, には六区, までも止めなかった

▼ かえるこの~ (2, 0.1%)

1 空間は, 身は

▼ かえるころ~ (2, 0.1%)

1 でございましょう, はもう

▼ かえるしか~ (2, 0.1%)

1 しかたが, ないでしょう

▼ かえるその~ (2, 0.1%)

1 時間まで, 生活の

▼ かえるだけの~ (2, 0.1%)

1 仕事に, 気力が

▼ かえると共に~ (2, 0.1%)

1 一日ごとに, 慄え

▼ かえるどころか~ (2, 0.1%)

1 そのまま課長, 縫子と

▼ かえる~ (2, 0.1%)

1 がれを, それじゃ

▼ かえるなどという~ (2, 0.1%)

1 ことは, 予断が

▼ かえるはず~ (2, 0.1%)

1 だけれど, だったの

▼ かえるほか~ (2, 0.1%)

1 に仕方, の女

▼ かえる~ (2, 0.1%)

1 否や, 当然土居画伯

▼ かえるより~ (2, 0.1%)

1 外ない, 道が

▼ かえる~ (2, 0.1%)

1 の感情, もあら

▼ かえる人々~ (2, 0.1%)

1 の重い, もあり

▼ かえる~ (2, 0.1%)

1 には何, の一人

▼ かえる初春~ (2, 0.1%)

1 の朝, の空

▼ かえる~ (2, 0.1%)

1 は今, もなく

▼ かえる可能性~ (2, 0.1%)

1 が敗戦, をもっ

▼ かえる~ (2, 0.1%)

1 でよう, の酒

▼ かえる~ (2, 0.1%)

1 の内, の前

▼ かえる必要~ (2, 0.1%)

1 からし, がある

▼ かえる手数~ (2, 0.1%)

1 がもう少しなんとか, はいとわなかった

▼ かえる~ (2, 0.1%)

1 がよい, が適当

▼ かえる時分~ (2, 0.1%)

1 には又, を合図

▼ かえる~ (2, 0.1%)

1 の底, の音

▼ かえる~ (2, 0.1%)

1 に女学校, のつけ髭

▼ かえる男女~ (2, 0.1%)

1 の産業戦士, の産業戦士たち

▼ かえる習慣~ (2, 0.1%)

1 だから, になっ

▼ かえる見込~ (2, 0.1%)

2 がつい

▼ かえる迄には~ (2, 0.1%)

1 どんな模様, もう一度かくでしょう

▼ かえる間もなく~ (2, 0.1%)

1 彼は, 谷川に

▼1* [202件]

かえるうち巡行の巡査, かえるかしらとそればかり, かえるかと長嘆直言した, かえるかということです, かえるがからの中に, かえるくらいなら最初, かえるぐらい怒った, かえるな, かえるこういう困難な, かえることあい成り候えば, かえること七度拝伏して, かえるごとに安全地帯, かえるさっきの野武士, かえるじゃないの, かえるすこし前の, かえるすべのない, かえるそうですから, かえるうっ, かえるたびにそういう, かえるため休館になっ, かえるため雪のふる, かえるついでに島田, かえるというのみならず, かえるときお母さんのおびあげ, かえるときグズついたよう, かえるときハルピン虎を正当防衛, かえるとき二人で送っ, かえるとき何かかんちがえを, かえるとき巴里に置い, かえるとき慎一はいつも, かえるとき私は御, かえるところあたりに執念, かえるとしても悠暢に, かえるとともにいつもの, かえるとのことです, かえるどころでは, かえるなかなかくたびれました, かえるなぞはひきょうだぞっておっしゃったけれど, かえるなどともいって, かえるなどはもうすぐ暗算, かえるなどを追いかけたの, かえるなんざ潰れちまえ, かえるなんて乱暴な, かえるにつれて輪廻説の, かえるによってさらに百名, かえるのと私は, かえるはからの中に, かえるばか野郎, かえるばかりであつ, かえるばかりの草いきれを, かえるふうもなかっ, かえるほうがいい, かえるほどに思い候, かえるほんの少し心細かっ, かえるに戸, かえるまでのあいだ私は, かえるまねをし, かえるみちにもその, かえるやいなやゆうべ露子が, かえるやつを玄海灘あたり, かえるやらと妙な, かえるようすはすこしも, かえるよしもない, かえるガードの下, かえるゴンドラのクッション, かえるマイクロフォンさ, かえる一寸まえまで, かえる一面をもっ, かえるからも, かえる不断の火, かえる世話もなかっ, かえるを手探り, かえる人々解除の人々, かえる伝右衛門氏を東京駅, かえる伝道の熱心さ, かえるのため, かえるの中, かえるに袂, かえる再び上京し, かえるの富士, かえるで雪, かえる凱旋の途中, かえる紋日, かえる前泰造は丸ビル, かえる前確めて訊い, かえる前週の金曜日, かえる勇気がなかっ, かえる勘助流陣貝吹き, かえる十円とみやげ, かえる御はん, かえる古巣として見直された, かえるの動揺, かえる場合飛行機はよく, かえる夕方の騒音, かえるはありません, かえる勇猛心は, かえる失業生活について引揚者, かえる女性の芳香, かえる姿一寸情なかっ, かえる娘二人は姉妹, かえる子ども七人が一, かえる季節は梅雨時, かえる線香の, かえる家々を廻っ, かえる寒月は川, かえる寒気だ, かえる少女だ, かえる師匠を見送り, かえる平さんにもたせ, かえる平一郎はまだ, かえる度毎に装い, かえる役目もします, かえる相談か, かえる心持せず, かえる心配はございませぬ, かえる恰好になり, かえる情報によれ, かえるとは思わない, かえるつづきは, かえる手袋のこと, かえる挨拶がはじまる, かえる支度をはじめた, かえる数時間も日, かえる新吉が, かえる方向が別々, かえる方角とは逆, かえる旅仕度をはじめ, かえる旅費千位出しても, かえるの山, かえる時おれはおこわめし, かえる時お母さまは笑っ, かえる時山本先生泣きながら, かえる時彼は何物, かえる時節もあろう, かえる更衣の頃, かえる朝鮮人の酒盛り, かえる機会を失った, かえる母親や民衆, かえる気持ちもなく, かえる水面から底, かえる水音をのぼれ, かえる決意をした, かえる汽車まで送っ, かえる汽車賃も子供ら, かえるを教え, かえる海人か晦日, かえる海原をながめ, かえる清三の顔, かえるもだんだん, かえる満足を感じた, かえる準備に取りかかった, かえるは一羽, かえる瓦斯仕掛の大, かえるです, かえる由あとでどう, かえるであった, かえるの玉ねぎ, かえる百姓が池, かえる着物を着, かえるをじ, かえるの香り, かえる素朴な母, かえるへはいっ, かえるのぐや, かえる絹地の日本画, かえる繁雑さは無用, かえる群集で混雑, かえる胸中を思う, かえる船何度となく, かえるが出る, かえるを見, かえる草ブドウの根, かえる行事が厳存, かえる行列を仕立てた, かえるにゃなにか, かえる覚悟をし, かえる親戚のもの, かえるりだけ, かえるをし出す, かえる足溜りには持っ, かえるも笑った, かえる迄は居りますから, かえる途中再びこの, かえる途中せんちなこと, かえる途中よその家, かえる途中乃木坂行電車の近く, かえる途中伸子はサラファン, かえる途端に何者, かえる通りに今, かえる道中がたいへん, かえる道道も往来, かえる道順をとるらしゅうございます, かえる金属の摩擦音, かえる限りあれも小春これ, かえる隆ちゃんと訣れました, かえるには諸, かえるはまるで, かえる須美子は伸子, かえる飛行班の兵員たち, かえる馬鹿がある, かえる騒ぎになっ, かえるの姿