青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かうした~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

お金~ お雪~ ~お願い お願い~ ~かい かい~ ~かいた ~かう かう~ かうし~
かうした~
~かえ かえ~ ~かえって かえって~ ~かえる かえる~ ~かかえ かかえ~ ~かかっ かかっ~

「かうした~」 1025, 11ppm, 9791位

▼ かうしたもの~ (27, 2.6%)

1 [27件] かと思ふ, が多い, が尚, が此, さびれた町, だ, だと, だらうし, であつ, であると, でさ, でなかつたこと, では, で蝉, で負けない, と子供心, と贔屓, になつたの, は段々, は詩, も亦, をどうして, を書いた, を書かう, を見る, を読ん, を造る

▼ かうしたこと~ (19, 1.9%)

2 で小さな

1 [17件] がかかれ, がしるされ, がなんぼ, が何, でさびれた輪廓, で郷里, に悲しん, の原因, はその, は彼, も亦, も何, をし, をする, をやる, を佛, を口早

▼ かうした場合~ (15, 1.5%)

2 にも平, にも平気

1 [11件] いつも過去, その場, などにも, に唯, に啄木, に流失, に燈火, の彼, の男, の説経, を言うた

▼ かうした~ (14, 1.4%)

1 [14件] が多く, が少し, が重り, で時々, にかけちや, の出来る, はない, は彼, は日本国中, は更に, をおなじ, を云, を考へ, を考へる

▼ かうした~ (10, 1.0%)

1 になつ, へから出た, へから夏祓, へが起る, へが醇化, へすらひらり, へに立つ, へのうち, へはまだ, を堅持

▼ かうした~ (9, 0.9%)

1 なら幾ら, には或は, に出会, はまだ, は彼, は拾, を多く, を見, を集め

▼ かうした方面~ (9, 0.9%)

1 からも見ね, から短詩形, から神職, から見れ, にすぐれた, にも大いに, に影響, に注意, の聯想

▼ かうしたところ~ (8, 0.8%)

2 で見る 1 で何, には人間, にゐる, に江戸住民, は日本, へ寄り集ま

▼ かうした意味~ (8, 0.8%)

1 からも漢書, で花, で門松, に於, の双紙, の物, の神, の花

▼ かうした~ (8, 0.8%)

1 のこの, の余技, の子供, の学業上, の度重なる, の心, の心境, の生活

▼ かうした自然~ (8, 0.8%)

2 の光耀, の制約 1 の本能, の生命力, の真実相, の脅威

▼ かうした事実~ (7, 0.7%)

1 がある, が一方, が此語, の根柢, は二人, は古代埃及人, や考へ

▼ かうした言葉~ (7, 0.7%)

1 が瞼, が言語以外, づかひで, に次いで, に私, の数, を使

▼ かうした信仰~ (6, 0.6%)

1 から出た, から悪い, から英雄, が平安朝, の残つて, は時代

▼ かうした生活~ (6, 0.6%)

1 がつ, がやはり, こそほん, の場所, をつづけ, をつづける

▼ かうした~ (5, 0.5%)

2 の哲学, の艶艶 1 だから

▼ かうした~ (5, 0.5%)

1 に傍, に恋, に腕, の事, の歌口

▼ かうした~ (5, 0.5%)

1 が出, の形, の方, は作者, を用

▼ かうした理由~ (5, 0.5%)

1 かも知れない, で家来, によるの, によるもの, を多少

▼ かうした人々~ (4, 0.4%)

1 の事, の芸能, の間, は同時に

▼ かうした場所~ (4, 0.4%)

1 だ對手, にぴつたりしてゐるのは徳川夢声, に落着, へ来る

▼ かうした~ (4, 0.4%)

1 の好き, の氣持, の用, は男

▼ かうした~ (4, 0.4%)

3 の中 1 の巫女

▼ かうした態度~ (4, 0.4%)

1 からよい, から見る, が常に, に出る

▼ かうした機会~ (4, 0.4%)

1 から川島先生, にノート, の度毎, を逸し

▼ かうした環境~ (4, 0.4%)

1 がぼく, に育つた, のかずかず, の事情

▼ かうしたわけ~ (3, 0.3%)

1 だつた, でこれ以上人氣, で何処

▼ かうした不安~ (3, 0.3%)

1 の上, は年, は幾度

▼ かうした事情~ (3, 0.3%)

1 から思ふ, は明治, を考慮

▼ かうした人達~ (3, 0.3%)

1 が偉く, は農耕, を好きません

▼ かうした人間~ (3, 0.3%)

1 の感情, の破産状態, の躓き

▼ かうした傾向~ (3, 0.3%)

1 があんなに, は王朝初期百年, や

▼ かうした反省~ (3, 0.3%)

1 が大事, に打たれる, はどう

▼ かうした変化~ (3, 0.3%)

1 の色々, はどの, を経験

▼ かうした~ (3, 0.3%)

1 が如何にも, の明け, の眞

▼ かうした失敗~ (3, 0.3%)

1 の生活, は七, は繰返す

▼ かうした少年~ (3, 0.3%)

1 だつた私, の古典欲, はしかし

▼ かうした彼女~ (3, 0.3%)

1 の不安, の狡獪邪智, の言葉

▼ かうした思想~ (3, 0.3%)

1 の傾向, の馬鹿らし, は今日真実

▼ かうした意義~ (3, 0.3%)

1 で若い, にも使, も一方

▼ かうした~ (3, 0.3%)

1 らしい局面, 文化には, 文化を

▼ かうした方法~ (3, 0.3%)

1 が段々, で宣り施された, を採つた

▼ かうした~ (3, 0.3%)

1 に來, に馴れなかつたせゐ, の泊り

▼ かうした時代~ (3, 0.3%)

1 に順應, も見る, を過ぎ

▼ かうした~ (3, 0.3%)

1 にこの, は, はお

▼ かうした~ (3, 0.3%)

1 の原型, の外, をお

▼ かうした物語~ (3, 0.3%)

1 があり, の分布, を伴

▼ かうした発想~ (3, 0.3%)

1 が作物, は煩, までは要求

▼ かうした発想法~ (3, 0.3%)

1 の自由さ, は短歌, を守つて

▼ かうした瞬間~ (3, 0.3%)

1 かうした瞬間, のある, は何回

▼ かうした美しい~ (3, 0.3%)

1 それ丈人目を, 身なりを, 部屋も

▼ かうした習慣~ (3, 0.3%)

1 から神聖観, が古く, の元

▼ かうした質問~ (3, 0.3%)

1 ならわりに, に依つ, に対してはつきり

▼ かうした長い~ (3, 0.3%)

1 交渉を, 副詞句が, 連続を

▼ かうした関係~ (3, 0.3%)

1 がある, に就い, は民間

▼ かうした~ (3, 0.3%)

1 に日本人, のチャップリン, の重い

▼ かうした題材~ (3, 0.3%)

1 の選択, を叙事式, を繪

▼ かうした~ (2, 0.2%)

1 でありませうが, より疵

▼ かうした不倫~ (2, 0.2%)

1 から自分, の関係

▼ かうした不幸~ (2, 0.2%)

1 を扱, を見る

▼ かうした不思議~ (2, 0.2%)

1 な因縁, な発想法

▼ かうした世界~ (2, 0.2%)

1 では正義, のよろこび

▼ かうした~ (2, 0.2%)

1 にあ, に生え

▼ かうした二つ~ (2, 0.2%)

1 の事件, の部分

▼ かうした些細~ (2, 0.2%)

2 な食膳

▼ かうした人生~ (2, 0.2%)

1 のどん底, の損

▼ かうした~ (2, 0.2%)

1 の子供たち, の生活

▼ かうした仕事~ (2, 0.2%)

1 にいま, を彼等

▼ かうした会話~ (2, 0.2%)

1 のがい, を耳

▼ かうした~ (2, 0.2%)

1 の性癖, の状態

▼ かうした儀式~ (2, 0.2%)

1 の目的, は必

▼ かうした先輩~ (2, 0.2%)

1 や教導者, を持つた

▼ かうした光景~ (2, 0.2%)

1 の中, は其処

▼ かうした~ (2, 0.2%)

1 から比喩, でお

▼ かうした友情~ (2, 0.2%)

2 は世にも

▼ かうした場合何時~ (2, 0.2%)

2 も無抵抗主義

▼ かうした境遇~ (2, 0.2%)

1 がめぐ, の多く

▼ かうした~ (2, 0.2%)

1 のやう, は兄

▼ かうした~ (2, 0.2%)

1 つ子, の心理

▼ かうした宿~ (2, 0.2%)

1 でも蚊帳, らしく人間

▼ かうした宿屋~ (2, 0.2%)

1 で決して, には鐵筋コンクリート

▼ かうした形式~ (2, 0.2%)

1 で己, で渡り歩いた

▼ かうした彼等~ (2, 0.2%)

2 の所謂亡者ども

▼ かうした御物~ (2, 0.2%)

2 が小杉博士

▼ かうした性格~ (2, 0.2%)

1 からよき, を持ちつづけた

▼ かうした恐ろしい~ (2, 0.2%)

1 洪水は, 發見から

▼ かうした情趣~ (2, 0.2%)

1 をこめた, を充分

▼ かうした愚痴~ (2, 0.2%)

1 が出, をこぼさした

▼ かうした感激~ (2, 0.2%)

1 の下, をその

▼ かうした時勢~ (2, 0.2%)

1 に伝習, は宮廷

▼ かうした景色~ (2, 0.2%)

1 が好き, だけで

▼ かうした正史~ (2, 0.2%)

1 とも言, を無視

▼ かうした気分~ (2, 0.2%)

1 は顕著, を味

▼ かうした気持ち~ (2, 0.2%)

1 でゐたい, のなか

▼ かうした気風~ (2, 0.2%)

1 であ, は吉原

▼ かうした気魄~ (2, 0.2%)

2 の歌

▼ かうした~ (2, 0.2%)

1 では, は彼

▼ かうした状態~ (2, 0.2%)

1 では何, は国

▼ かうした現象~ (2, 0.2%)

1 は平安朝, を示した

▼ かうした病人~ (2, 0.2%)

1 だ, のそば

▼ かうした~ (2, 0.2%)

1 そのものの, の意味

▼ かうした神名~ (2, 0.2%)

1 が単に, を表出

▼ かうした私共~ (2, 0.2%)

2 の要求

▼ かうした~ (2, 0.2%)

1 の仕打, の日

▼ かうした種類~ (2, 0.2%)

1 のもの, の人間

▼ かうした空想~ (2, 0.2%)

1 が次第に, は鳴き絶えぬ

▼ かうした策戦~ (2, 0.2%)

2 がまた案外

▼ かうした精霊~ (2, 0.2%)

1 が自分, の肉身

▼ かうした興味~ (2, 0.2%)

1 からだけで, を持つた

▼ かうした苦しみ~ (2, 0.2%)

1 がいつ, を味

▼ かうした苦痛~ (2, 0.2%)

1 の観念, を買つて

▼ かうした荒廢~ (2, 0.2%)

1 の前, の姿

▼ かうした落着~ (2, 0.2%)

1 いた会席, いた部屋

▼ かうした行事~ (2, 0.2%)

1 をした, を毎年

▼ かうした表現~ (2, 0.2%)

1 は万葉集, を採る

▼ かうした言語~ (2, 0.2%)

1 の成立, の簡潔化

▼ かうした記憶~ (2, 0.2%)

1 が寺, を朧ろげ

▼ かうした~ (2, 0.2%)

1 で大嘗祭, で祝詞

▼ かうした~ (2, 0.2%)

1 に作曲, の本然

▼ かうした調子~ (2, 0.2%)

1 が出た, を具体化

▼ かうした賑やかさ~ (2, 0.2%)

2 で多く

▼ かうした~ (2, 0.2%)

1 の言, 効果に

▼ かうした運命~ (2, 0.2%)

1 が九分, が来る

▼ かうした青春時代~ (2, 0.2%)

2 の花やか

▼ かうした非常~ (2, 0.2%)

1 な世の中, な場合

▼ かうした風物~ (2, 0.2%)

2 の動き

▼ かうした驚異~ (2, 0.2%)

2 は同時に

▼1* [583件]

かうしたあさましい人間の, かうしたあらゆる不足を, かうしたある人々には, かうしたいまは絶え, かうした世辞を, かうしたおとづれ人を豫期, かうしたかけ合ひを以て, かうしたかまはない, かうしたきれいに取り片づいた, かうしたきんに向, かうしたぐちを云, かうしたごみごみした敗戦下, かうしたしきたりを産んだ, かうしたつまらない出逢ひ, かうしたとか見當, かうしたとかと言つた連中が, かうしたどの話いづれ, かうしたどん底に生き, かうしたのでそれを, かうしたのりとが下る, かうしたはずみを食つて, かうしたほかひを, かうしたまつりを行, かうしたもどかしさも, かうしたもどきの對立, かうしたやうにいろいろ, かうしたわが国文化の発達, かうしたわきの為事, かうしたアパート住ひを, かうしたアルコールはいくら, かうしたオペラの歴史, かうしたコラージュ的な仕事, かうしたコース以外に僕, かうしたスタイルの口語詩, かうしたパツシヨネイトな心, かうしたフレーズに於ける, かうしたユニイクな筆致, かうしたリアルな傾向, かうしたロマンスに取材, かうした一如観を持つた, かうした一座の迎合, かうした一方米国の要求, かうした一道を開く, かうした一類の中, かうした下等な女, かうした似合な, かうした不平は今, かうした不快な通知書, かうした不意の出来事, かうした不時の急場, かうした不自然のなか, かうした不都合も食, かうしたに逢, かうした世の中で何, かうした世帯道具が出る, かうした世紀の修業, かうした世間から据ゑられた不自然, かうした世間的な悪評, かうした中年の女達, かうした中根靱負が江戸詰め中, かうした主人を産み出す, かうした主観を離れ, かうした事件は恐らく, かうした井戸でごく, かうした交声曲詩篇の創作, かうした人名が行, かうした人形遣ひが, かうした人情本の仇夢, かうした人気のない, かうした今川も徳川, かうしたの家庭内, かうした仲間の一人, かうした休暇をも何かしら他, かうした会合へ出る, かうした伝承が古代生活, かうした伝説を伴, かうした余技的作品は社交, かうした余計なこと, かうした作家たちの変質性, かうした作曲は流行小唄, かうした作風は空想, かうした侮辱を年老いた, かうしたは見られる, かうした修道生活の徒, かうした個々の研究, かうした偉力を認め, かうした偶然事が訪れ, かうした偽装は子供, かうした催しが後宮, かうした傳説となつ, かうした僕等の質疑, かうした共産的な考, かうした兵隊と仲良し, かうした内容については翌年, かうした内紛からだ, かうした内部的な苦悶, かうしたい風, かうした冷淡な芝居, かうした凡庸な外見, かうした処女の生活, かうした凱旋兵の眼, かうした出来事が無かっ, かうした出発点がある, かうした初歩の写生, かうした刹那の微妙, かうした前代の景情, かうした劇舞踊を一組, かうした力強さの, かうした努力に対して虔, かうした勤皇思想の鼓吹, かうした医者にか, かうした印象もある, かうした危急の場合, かうしたを持つた, かうした取引の九分九厘, かうした叙事詩が殊に, かうした口訳を作る, かうした口頭伝承の系図, かうした古めかしい心情を, かうした古人の詩歌, かうした古今と万葉, かうした古代から家々, かうした古風を超え, かうした句読の切り方, かうした同人雑誌によつて, かうした同僚にとりまかれ, かうしたはれた反省癖, かうした呪言の性質上氏, かうした呪詞のかけあひ, かうした和漢両様の古典, かうした咎め立てをし, かうした唱導の主題, かうしたひに対して, かうした問答を重ねた, かうした問題を全く, かうした善意の人達, かうした嘆息を洩らされました, かうしたを重ね, かうした嘲笑を正しい, かうした因明以前の感情, かうした因縁につながつ, かうした因縁語りが長い, かうした土台があつ, かうした土地にあ, かうした土地柄にのみ見出さる, かうした地下の歌風, かうした城塞の跡, かうした基督教徒らしい思ひに, かうした堂上の故実伝統者, かうした場合私は最も, かうした場面を見る, かうしたを造る, かうしたで揉み, かうした壮麗な輝, かうした声楽をとり込ん, かうした変態な施設, かうしたすがた, かうした外面と共に徐々に, かうした多くの月, かうした多数個人の協調, かうした多端な過程, かうした夜歩きが体, かうした夥しい男の, かうした大観の政治性, かうした大谷君の言葉, かうした天子様のお, かうした天文現象の文献, かうした奇遇は相手, かうした奇麗な水, かうした女君制度は九州, かうした女房歌から出, かうした妥当性も生じる, かうした姿を示す, かうした威力を持つ, かうした婦人の暗示, かうした子供の生活, かうした季節に際会, かうした學界の專門家達, かうした完全な形式, かうした宗教団体のどれ, かうした官吏としての豪華, かうした実生活がだしぬけ, かうした実証的な方法, かうした家庭の読む, かうした家庭生活に引き, かうした寂しさ苦し, かうした寂しい恋は, かうした尊敬と信頼, かうした動物の, かうした小品ものに多く, かうした小国寡民の国, かうした小説と記録, かうした小論文に一々, かうした少女が一人, かうした尖鋭な詩人, かうした山中のこと, かうした山人は初春, かうした山腹の湯, かうした巣窟にあり, かうした工事が天然, かうした巫術が発達, かうした差別の真理, かうした常世のまれびとと精霊, かうした平凡なテーマ, かうした平生の考, かうした幸福な状態, かうした幻影を被つ, かうした幻想が見た, かうした幻覚はおそらく, かうした広い世間からは, かうした序歌の断篇, かうした底意があつ, かうした廃寺にし, かうした廉価出版は今, かうした廣告文があらはれ, かうした建築への情熱, かうした強迫的機械的集合生活に階級的闘争, かうした形式以外に適当, かうした影響が此集, かうした彼我相對の事實, かうした径路を通つたの, かうした徒党の集ま, かうした禊は, かうした心持をいやしい, かうした心状に於, かうした必然の分子, かうした念仏職人の中, かうした念想に耽けりたくなかつた, かうしたを取集め, かうした思索の絲, かうした思量は, かうした性向は私, かうした性慾の発作, かうした性癖の発芽, かうした恭礼三昧の境地, かうした悪声を放つた, かうした悶著にはもう, かうした情愛のある, かうした情歡もひさしぶり, かうしたみに, かうした意気を抱い, かうした愚かしい仕事に, かうした愚者が多い, かうした愛妻を中心, かうした愛情はみだら, かうした感じをもつた, かうした感動の盛れる, かうした感情の発達, かうした感覚はどこ, かうした慰問袋をあなた方, かうした懺悔の歌, かうした所属の別々, かうした手法の類例, かうした手紙をあなた, かうした手順を潜つて, かうした批評は世間, かうした抄出をした, かうした抽象的なもの, かうした探査法は余りに, かうした改作は物, かうした改革が一応, かうした数字のスタンプ, かうした數百年にわたる家系, かうした文句の少い, かうした文字を使つて, かうした文学作品として扱, かうした文学者を相手, かうした文明は現在, かうした文明的新事物, かうした文法上の瘤, かうした文法組織が沖縄, かうした文物が輸入, かうした新しい因縁を, かうした新政に対する不平不満, かうした新渡の瓜, かうした新語を使用, かうした旅先きでこんな, かうした旅行異人の齎した, かうした日向は物悲しい, かうした日本の漢詩, かうした日本人を指揮, かうした日本語の不便, かうした生活の, かうした早春の空気, かうした明らかな屈折以上, かうした明治市井文化の一断片, かうしたの農作物祝福, かうした春嶽主従の思想, かうした時林のすみ, かうした時間の連続, かうしたさ寒, かうした暑い處では, かうした暗い光線は, かうした暗合は深く, かうした書き方をする, かうした最近の流行唄, かうした樣を, かうした朗らかな戯れも, かうした朝廷の仏教, かうした未練と混乱, かうした縁を, かうした机案の上, かうしたをやはり単に, かうした村田楽の念仏踊り, かうした村長になりたがらない, かうした束縛のない, かうした東京の喫茶店風景, かうした果物の供給, かうした根柢が凡, かうしたの神秘, かうしたを用, かうした植附は天津教, かうした楽しい小説も, かうした楽しみは壊れ, かうしたや丸太, かうしたにこんな, かうした樂器の音, かうした樂土への憧れ, かうしたな意味, かうした歌比丘尼の為事, かうした歌詞本位的流行歌曲の進む, かうした歌集を敕撰集, かうしたになる, かうした殻皮などの間, かうしたの言葉, かうした氏子の特徴, かうした民間伝承があつ, かうしたの利いた, かうした気分本位の歌風, かうした気持が暫く, かうした氣分を忘れ紛らしたい, かうした氣運を導いた, かうした水商売にも似た, かうした水草のかげ, かうした治外法権式の階級, かうした洋画批評を押しつける, かうした洒脱な江戸弁, かうした津和野のやう, かうした流行に圧され, かうしたの四周, かうした淋しさは, かうした淋しいやうな, かうした混雑のなか, かうした清泉が自然, かうした温泉地に來, かうした源氏の姿, かうした準備のあと, かうした漁村によく, かうした演出はでき得ない, かうしたを吹, かうした激しい活動の, かうした激情は青年男女, かうした瀕死の言葉, かうした災難を蒙る, かうした為方は今, かうした無差別なもの, かうした無感覚さとものぐささ, かうした無碍光明の無期, かうした熟語の形, かうしたと兄, かうした特異な自国, かうした特輯は今後, かうした独り住居に耐, かうした独善主義にはかならず, かうした狭い便所の, かうした玄人つぽい, かうした現実が歌, かうした理窟はとにかく, かうした証人中の, かうした生活以外に彼等, かうした産業革命を齎, かうした用語例が転じ, かうした田楽を, かうした田舍にゐたく, かうしたは一つ帰依, かうした界隈だけに嫉ましい, かうした畏怖を相手方, かうした留守居の心, かうした略語は非常, かうした異常な心理, かうした異状な景色, かうした疑惑が心, かうした病室に飼, かうした病気で動きたく, かうした療養所で送る, かうしたが好人物, かうした発作に似た, かうした發作を來, かうした白好みがその, かうしたの無言, かうした皮膚の違, かうしたを子ども, かうした目的を忘れた, かうした目端の利く, かうした真実の事, かうした瞑想によつて, かうした瞬間僕は何, かうしたに出会うた, かうした矛盾はあるべき, かうした知的な見かけ, かうした石川の半面, かうした石斧などを探す, かうした硬軟二様の心持, かうした社交談話会を, かうした祝詞が次第に, かうした神人村は後世特殊, かうした神嘗祭りの, かうした神意の戦争, かうした神秘の夜, かうした祭りが始ま, かうしたひに, かうした私たちの生活, かうした秘法が無限, かうした種々のもの, かうした種族の存在, かうした空気の中, かうした突風が屋, かうした窮屈な感覚, かうした立派な母, かうした競技に加, かうした第一義的の貴重, かうした簡単な形, かうした簡單な討論, かうした精神伝承に関してゐる, かうした紀綱の紊乱, かうした約束の錯綜, かうした素材をかう纏め, かうした経路をたどりつ, かうした経過を通つて, かうした結合は近代, かうした結婚の破局, かうした結婚法はどこ, かうした結婚風習は江戸時代, かうした結果になつ, かうした結構な魂, かうしたを作者, かうした緊密は霰, かうした総てのもの, かうした繊細な態度, かうした美点はあの, かうした群集の中, かうした義憤的な興奮, かうした羽目に陥つた, かうしたの役, かうした翻訳を通じて外国人, かうした老成期の痩せた, かうした聯想をもたらす, かうした職業の發達, かうした職業者以外で言, かうした肉体の苦悩, かうした肴屋の聲, かうした背景に情趣, かうした脆弱な文化意識, かうした自信を交, かうした自在な形, かうした自己防禦を意識, かうした自慰の愚劣さ, かうした自由な自然, かうしたの上, かうした色々の過去, かうした艶話かうした音楽, かうした芝居を見る, かうした芝居気を嘲笑, かうした花嫁の心持ち, かうした花柳の巷, かうした芸人は山奥, かうした芸術が行, かうした若い男の, かうした苦い経験が, かうした苦悩の場合, かうした草木のない, かうした華やかな群, かうした落着きの原因, かうした著作だ, かうした藤原氏の政権壟断, かうした虚しい思ひに, かうした蚊帳の中, かうした行動に出た, かうした行者側の勝つた, かうした術語の不, かうした表現法なので, かうした裁断を大, かうした要点だけは推察, かうした見地から精密, かうした見方の下, かうしたみは, かうした親和力なのに, かうした観察を終る, かうした觀察はあまり, かうした解説文も今六年以前, かうしたひ方, かうした言語現象に就い, かうした計画で観衆, かうした記事が出, かうした設備を整, かうした評判を残らず, かうした試みは望み, かうした詩語詩体論をする, かうした話術そのもの以外の大きな, かうした語尾は体, かうした語序変化は現れた, かうした語序錯雑は伝承, かうした語格の特種性, かうした語部の職掌, かうした説明からはこの, かうした説経には短篇, かうした論文からも書かれ, かうした論理の根拠, かうした譬喩ばかりから枕詞, かうした議論が一町村, かうした讃詞は従つて, かうした變則の生活状態, かうした讚辞を耳, かうした貧しい中にも, かうした貧寒困窮の生活, かうした責任の重い, かうした贈物は誠に, かうした起伏も自然, かうした趣向は或は, かうした躁狂団隊とは別個, かうしたも世, かうした身すぎを想像, かうした身の上でゐ, かうした軍人あがりは, かうした転変のにがり, かうした転換法さへ心得, かうした軽い調子による, かうした輸入の知識, かうした農村行事が固定, かうした迷惑は起らない, かうした通知状の来ない, かうした逞しい青年の, かうした造詣と鑑賞力, かうした連作の一首, かうした連歌の文学的位置, かうした連衆の中, かうした遊びといふもの, かうした過去の制約, かうした過程はつなる, かうした道化役が居, かうした達意で流暢, かうした遠くにある, かうした遠島抄と定家撰進, かうした選択の行, かうした遺蹟も訪ね, かうした邪信と見るべき, かうした邪霊悪神に媚び仕へる, かうした郊外の團欒, かうした部屋には出, かうした部類の立てられた, かうした重傷者に何, かうした重要な郵便物, かうしたの神, かうした錯誤のある, かうした長尻の客, かうした閑雅が見出される, かうした間柄の忠之, かうした限りに於, かうした階級の発生点, かうした隠れ里へもお初穂, かうした隠者が文学, かうした雑パクな云分, かうした離別を強行, かうした難関に直面, かうした零細な作品, かうしたの庭, かうした青い長雨の, かうした青蚊帳を持つ, かうしたな淋しい, かうした静かな夕暮時, かうしたかな學問, かうした音楽かうした環境, かうした順序を想像, かうしたでつか, かうした風格は隠者文学, かうした飛鳥末の御製, かうした飴うりになりました, かうした騒ぎの最中, かうした高級巫女に入らせられる, かうした鬪爭には頗る, かうしたを扱, かうしたのノスタルヂア, かうしたにも同